FC2ブログ
2017 06123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 08
やる夫ブログヘッドライン



【お気に入りサイト新着記事】 【カテゴリー一覧】

    
   
【最新エントリ】



スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




カテゴリー「スポンサー広告」内の最新記事

だ

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | はてなブックマークに追加

やる夫の君主論とできる夫の批判 第二章 『世襲の君主国について』 

226  ◆mthS9vGGks:2011/05/07 (土) 20:03:49 ID:DfFDvqV6
    __       
 〃´  `ヽ
 、リノノ`ヽ)     第二章はじめるのでちょいまって
 ゝdレ゚ ヮ゚)ゝ
  /ニニ入 







227  ◆mthS9vGGks:2011/05/07 (土) 20:10:23 ID:DfFDvqV6
投下始めます 







228  ◆mthS9vGGks:2011/05/07 (土) 20:10:36 ID:DfFDvqV6

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 {三ニ≧ュ、: : : : : :i: : : : : :i: :寸
 |ミ/⌒寸}}: : : : :.:ト、: : : :.:ト、: :ヽ
 |,/: : : ///: : :i: :/ ‘,:.:/zxi: /:}    第二章
. /: : : //∧ : : |:/xf斧j:./ ヒリj/:八
/: : : :,{三ミ∧:.:.|{弋::リ /  、 i/: i    『世襲の君主国について』
: : : : :トミ三心:.ゝ    、_ /.:.:.:|
: : : : :|  `¨¨¨Y__≧   _, ′ : |
: : : : :|    /: : : : `:く : : : : : :.:|
: : : : :|     /=≠:'⌒>- 、:.: : :.:|
: : : : :|  f´: : : : : :/     Y: : :| />
: : : : :|  {! : : : : : {       |: : :.|./     ` 7´ ̄ ̄ ` 7
: : : : :|  |{ : : : : :.‘、ヽ    |: : :./     .::/      /
: : : : :|  |ト、: : : : : : :ヽ‘,クヘ:/〉     .::/      ,.イ
: : : : :|  |/∧: : : : : : :.:∨//∧} 、   ..::/     /´ノ }
: : : : :|  |//∧: : : : : : : ∨//,∧'__x≧≠―‐‐rf′ グ
: : : : :|  |///∧: : : : : : : ∨///ハ////////,へ <
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 







229  ◆mthS9vGGks:2011/05/07 (土) 20:10:57 ID:DfFDvqV6








                      ――― やる夫の主張 ―――







. 







230  ◆mthS9vGGks:2011/05/07 (土) 20:11:26 ID:DfFDvqV6
     ____
   /      \ 
  /   _ノ ヽ、_.\     先ずは世襲で君主になった場合だけど…
/    (●)  (●) \
|       (__人__)    |
/     ∩ノ ⊃  /    これに関してはハッキリ言ってそんなに語る事はないお。
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ / 







231  ◆mthS9vGGks:2011/05/07 (土) 20:12:17 ID:DfFDvqV6
          (ヽ三/) ))
      __  ( i)))     何故かって?
     /⌒  ⌒\ \
   /( ●)  (●)\ )   だって、その土地の人々は君主に統治される事に
 ./:::::: ⌒(__人__)⌒::::\
 |    (⌒)|r┬-|     |   慣れているからだお!
,┌、-、!.~〈`ー´/    _/
| | | |  __ヽ、    /
レレ'、ノ‐´   ̄〉  |   加えて、「君主の地位が世襲される事」にも慣れているんだお!
 `ー---‐一' ̄ 







232  ◆mthS9vGGks:2011/05/07 (土) 20:13:28 ID:DfFDvqV6
          . -─‐- 、
      /        \       
     / ̄       ̄   ヽ.
      / >    <     ハ,4L_  だから昔からの習慣をそのまま守れば、
     :  (_ , 、 _)      ノ  /
     ゝ.  `ー'    _ <  /  後は万事オッケーなんだお!
      >,ー一 ""   ,/     
   , <´ /         /
   1  _ イ        |      人並みの努力で十分統治できるんだお!
     ̄_i          ∧    
     .´              `ー-.
    i     r‐- -‐、       i 
    ゝ、_i      `ー─一' 







233  ◆mthS9vGGks:2011/05/07 (土) 20:14:32 ID:DfFDvqV6

                 政治でミスしても、とりあえず時間を稼いで…

                        ヾヽ'::::::::::::::::::::::::::'',    / 時 .あ ま ヽ
                         ヾゝ:::::::::::::::::::::::::::::{     |  間 .わ だ  |
                         ヽ::r----―‐;:::::|    | じ て    |
                         ィ:f_、 、_,..,ヽrリ    .|  ゃ る     |
                          L|` "'  ' " ´bノ     |  な よ     |
                          ',  、,..   ,イ    ヽ い う    /
                         _ト, ‐;:-  / トr-、_   \  な   /
                   ,  __. ィイ´ |:|: ヽ-- '.: 〃   `i,r-- 、_  ̄ ̄
                  〃/ '" !:!  |:| :、 . .: 〃  i // `   ヽヾ
                 / /     |:|  ヾ,、`  ´// ヽ !:!     '、`
                  !      |:| // ヾ==' '  i  i' |:|        ',
                 |   ...://   l      / __ ,   |:|::..       |
              とニとヾ_-‐'  ∨ i l  '     l |< 天  ヾ,-、_: : : .ヽ
             と二ヽ`  ヽ、_::{:! l l         ! |' 夂__ -'_,ド ヽ、_}-、_:ヽ

           自然と問題が解決or消滅するのを待てば良いんだお! 







234  ◆mthS9vGGks:2011/05/07 (土) 20:15:29 ID:DfFDvqV6
  /' /     / ,:'くヽ/ \ ,、 ヘ  /i
 ,: ' / ' / / ,:'/  /\丶\ゞ」 ノ 丿
/'  / ̄ ̄ ;;\\へ\  ||   |/ …ただまあ、どうしようもなく強大な敵に
  /(〇)  (●);\  Y´ |ノ
/ (__人__) :::::::;;;;;;;;;\  ,:'/,:   /'  君主の地位を追われる時はあるんだお。
|;;;; ::::` ⌒´:::::;;;;;;∪;;;;;;;;;;| ' / / ,:'/,:
\;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,/' /        例えば、フランスとかスペインとか教皇とか…
/  ∪ :::::::::;;;;;;;;;;;;;\'/  /'        
|::Y    ::::∪;;;;;;;|;;;;;|/ ,:'/,:
||∪ :::::::;;;;;;;;;;;;;;;|;;;;;|         運が悪けりゃそういうこともあるお… 







235  ◆mthS9vGGks:2011/05/07 (土) 20:18:58 ID:DfFDvqV6
     , --ー -- 、
  , ´           ヽ      
/            .........ヽ
           ..::::::::::::::::::::ヽ      でも、「世襲」してきたという事実は消せないお。
          :::::::::::::::::::::::::::::',
           :::::::::::::::::::::::::::::i     だから、征服者のちょっとしたミスにつけこめば、
    >ー--、 --ー''/ i|   ノ:::ト
    、●   `ヽ ,:::::::::::/ー´::::::::l ',   あっというまにそいつを追放してまた君主に
      `ー--=ァ'   :::::ヾ=='':::::! ハ
       イ´   ..:::::::::::ヽ::::::::::::l l   返り咲く事が可能なんだお。
、         {    ,、:::::::::::}:::::::::ノ  i
ヾー 、    r´ヽア ̄ ヽ- '::::,, イ   ト    
  \.:.:`.ー{ r-'  ィ、_`i`ー、    !.:.i
    ヽ.:.:.:.:ハ`ーフ´ ヽ_`ー, ヽ.:.:ヽ  ノ.:.:.:l   
    ハ.:.:.:.r゙ー'   ィー`゙´ }l.:.:.:i´.:.:.:.:.:.:i

       ___
     /   ヽ、_ \    
    /(● ) (● ) \       これは要するに「革新」がいかに難しいか、
  /:::⌒(__人__)⌒::::: \  
  |  l^l^lnー'´       |      ということの表れなんだお。
  \ヽ   L        /
     ゝ  ノ         
   /   / 







236  ◆mthS9vGGks:2011/05/07 (土) 20:19:46 ID:DfFDvqV6
       ____
    //   \\     だからよっぽど馬鹿みたいな振る舞いでもしない限り、
   /( ●)  (●) \ 
 /::::::⌒  、_!  ⌒::::: \
 |     'ー三-'     |  世襲君主を辞めさせられるということは無いんだお。
 \              /

               ____
    , ヘー‐- 、    /ヽ  / \ 
  -‐ノ .ヘー‐-ィ  /(●.)  (● )ヽ   世襲君主として上手くやった例としては、
 ''"//ヽー、  ノ ./:::⌒(__人__)⌒::::::ヽ  
  //^\  ヾ-、.|    |r┬-|     |  例えばフェッラーラ公の親子がいるお!
,ノ   ヽ,_ ヽノヽ_)\   `ー'´    /
/    <^_,.イ `r‐'゙ ::::ヽー‐-..、  ,..-‐|、
\___,/|  !  ::::::l、:.:.:.:.:.ヽ /:.:.:.:.| \ 







237  ◆mthS9vGGks:2011/05/07 (土) 20:20:38 ID:DfFDvqV6

―― フェッラーラ公エルコレ1世 ――     ―― フェッラーラ公アルフォンソ1世 ――

  /フ//`゙´`゙ヾ、ソベヽ´`;:´ ̄}ミ.ヽ.            '⌒ヽ、  ,ー-、__
 .. i彡/!    、   .,ヽl  l|  i,三 |            ,r‐'‐-v'   `   ̄ヽ
,/|7/,ノ    、!  ´, l|  l| , {   i .           /  , |ヽ,        \
,′ lソ シf==+、!  ;!r,|!=キz,、`゙; |           /  A、!A;l、     `i   ヽ
../7/z:{l´   `斗}=={シk!   l! l}"て ヘ           /   l |    `!  |;   !    `!
.|/Ki; `ー- ―"`|  f`゙十-十´  i lf´l|.        〃|  !|,!     i | !   |三ニニ.〉
,ゞ、ン、      ヽ| .|   !   | , l´ |ゞソ           | l'l|ュ_    _,..| !'_! i  |ニ三ニツ
l| | l ヽ     ,  i  |.  l   i/ |  !´            |i | ト ヒl` ´ '´|lヒソY   ilヽニ‐,l´
|l | ,|  ゙    ヾ.  i_,.: |  | ノ  |               '| ! i`ー     一' |  | !, )〈
|! | ,ゝzー‐ァ  `ー´  l -z:l-ソ,  k            | | !、 '、 .      |   | |'´))))ヽ
i! ,ノ   /,f=====!-、 |ヾ.   ヽ、           !,l ,.ヽ ー一'  _,..!  ,l !ニヽ〃)
.|_ソ   〈,    ,r==z、. |  l )   /゙             |l=!|;、ヽ、__,..イ-‐|/`!-一'´ノヾヽ
. ! ´ヾk \,  /¨\ |   |,.:゙  人.             `;;;i,1  |i l´ ̄;;;;;;;;;;;;;;;;;;!ヾ〃ノ
 l  ヘ ヾ、 ゙ヾ´    V-=´|  /!:::::.\            _ノ;;;;;! i'´^ ,! !;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヾ、ヽ)

      父親のエルコレはヴェネツィア、息子のアルフォンソは教皇という、

      強敵相手に、親子二人とも戦い抜いたんだお!

      二人が戦いぬけたのは、世襲で地盤がしっかりしていたからだお!!

      新興君主じゃ、こう上手くはいかなかったお! 







238  ◆mthS9vGGks:2011/05/07 (土) 20:21:47 ID:DfFDvqV6

  (( (ヽ三/)    (ヽ三/) ))
      (((i ) __  ( i)))
     /  /⌒  ⌒\ \ 
     ( /( ●)  (●)\ )     そこんとこ踏まえて、Let's世襲ライフだお!
     /::::::⌒(__人__)⌒::::: \
     |              |
     \             / 







239  ◆mthS9vGGks:2011/05/07 (土) 20:22:20 ID:DfFDvqV6








                  ――― やる夫の主張 終 ―――








. 







240  ◆mthS9vGGks:2011/05/07 (土) 20:23:28 ID:DfFDvqV6








                      ――― できる夫の反論 ―――








. 







241  ◆mthS9vGGks:2011/05/07 (土) 20:24:29 ID:DfFDvqV6
     ____
   /      \ ( ;;;;(
  /   \ , , /\) ;;;;)   …世襲の君主は、継いだ跡も地位を維持しやすい。
/    (_)  (● /;;/
|      、__',_,  l;;,´|    これには私も同感です。
./      ∩ ノ)━・'/
(  \ / _ノ´.|  |
.\  "  /__|  |      敢えて否定しようとする人は、まあ居ないでしょう。
  \ /___ / 







242  ◆mthS9vGGks:2011/05/07 (土) 20:25:46 ID:DfFDvqV6
     ____
   /      \     敢えて付け加えるとすれば…そうですね、
  /  ─    ─\
/    (●)  (●) \  そういった世襲君主とセットになる「歴代の家臣を輩出した一族」
|        ___'___    |
/     ∩ノ ⊃  /   というものがある筈です。
(  \ / _ノ |  |
.\ "  /__|  |

       ____
     /     \
    /  ⌒  ⌒ \   そういった一族は、もう君主と一蓮托生になっているでしょう。
  /    (⌒)  (⌒) \
  |       __´___    |  ですから、危急存亡の際には頼りになるでしょうね。
   \       `ー'´  ,/
    /⌒ヽ        ィヽ  君主の破滅は彼らの破滅でもあるんですから。
   / rー'ゝ       〆ヽ
  /,ノヾ ,>      ヾ_ノ,| 







243  ◆mthS9vGGks:2011/05/07 (土) 20:26:43 ID:DfFDvqV6
         ____
       /     \
     / ⌒   ⌒ \
    /   (⌒)  (⌒)  \   ―――さて、それは追いとくとして……
   |      __´___     |
   \      `ー'´    /
    ノ           \ 







244  ◆mthS9vGGks:2011/05/07 (土) 20:27:35 ID:DfFDvqV6

           /:.            \            ,,              ,,.    ,.
         / : :                  \         / |   /| /|     _,,.r':/  /::|
           / : : : : ._         _    \      /:::::i  /::i |:::::i  ./'''"´:::::/ ./:::::::|
        | : : : :   ´⌒\,, ;、  、、/⌒`.  l     /::::::::i  |::::! .i::::::i /::::::::::,,.//:::::::/
        |: : : ::;  ( ○ ) ノヽ ( ○ ).;;:: |    i::::::::::i  i::::i i:::::::i/:::;.r''" /:::::::/
        |: : : : :   ´"''"  ,   "''"´   l     i:::::::::i. i::::i,/i:::::/'"´ ./:::::::/
         \ : :       -――      /      i:::::::::i. i:::/::::i:::/  /:::::::/
        ,r''"\: :   .         /         i:::::::::i i/:::::::i/:| /::::::::/
        f!: : : : :: : :           ト、        i:::::::::"::::::::::/ |:::::::/
        i!: : : !: : : : :             ヽ.       i:::::::::::::::/  i::/
     ! i ./: : .i i: : : : :: : ;!ii:::i:      :i:i  i       i:::::::::/     i/
    | i!i/: : : : !l|r"-'"-i| i`i|‐、     :i'   i,        i::::::::i
    |,イ|,,..r''"!l|  i!  |ヽi  `i    :,./.   ',     / .  i:::::::i
   ,r'''! |i!       ii |  | |`i  i: :// ',   ヽ.,.r"/.    i:::::::i
  /  !       ,,,,.i! l-ー|--i!、 .i:/ ./ :'i,'.,.,,,.r'" /    .i:::::::i
  /i     ,,..r''"  i! i.   !  i! l .i  ./:: ;;ir''"  /ヽ  .   i::::/
.. / .:i.              |   i ヾ、./:r''"    /  ヽ.   i/
/ .::/             .!|,,.rヾ、,,ノ       /ヽ.   ヽ、
〈 .::::i  i  |    ,,..-‐ ''"|i   i       /  ヽ、   .ヽ、
 ヾ;::ヽ、i  !            /      /,,,,..... --''' "´
―ヾ;::::i   !   !|i        !|/ヾ;― ==
    ヾ:i,  |i.  !||    i |i ,,.r"!|   〉
     `i、 ||  |i   i ||'"    /
      .ヽ||           i|'
        i'ヽ、      ,,.r''"!i
      ....:::::::::ヽ|i,,,,,|,,..r''":::::::....... 







245  ◆mthS9vGGks:2011/05/07 (土) 20:28:43 ID:DfFDvqV6
      ..,z'"  _             ||
  _ _ _,"  /    ヽ            |||
≡ /  ̄  / (效)   `ー‐        |||
= 《|  ト、_`‐‐≠= = "           |||     「人並みの努力で統治」だと!?
  ∧     ̄¬-__            |||
  ∧           \\       |||
..  ∧                      |||
三∨ム                     |||         ふざけるな!!
____________________               |||
Y'`Y~Y~Y~Y~`マ', ミx_           |||
┼┼┼┼┼┤i!              /,ィ
人人人人人.ム"彡            //
===== "         // 







246 名無しのやる夫だお:2011/05/07 (土) 20:29:22 ID:NFI2whs.
実感こもってんなぁ……w 







247 名無しのやる夫だお:2011/05/07 (土) 20:29:38 ID:3D1XuPpo
大王、アナタ主君筋の皇帝と戦争しまくってますよね?ww 







248  ◆mthS9vGGks:2011/05/07 (土) 20:29:42 ID:DfFDvqV6

       , (⌒      ⌒)   ドカーン
     (⌒  (      )  ⌒)  
    (             )  )
      (_ヽ_ハ从人_ノ_ノ     常日頃から臣民の事を気遣い、
            | || | |
         ノ L,l ,|| |、l、         臣民が安心して暮らせるように心を砕く!
         ⌒::::\:::::、ノ\
        /:::(○)三(○)\     これが君主の大事な役目だろうが!!
       /)し   __'_    \
        | ⌒    |: :::|  ノ( |
       \       l;;; ;l  ⌒/l!| !
       /     `ー '    \ |i    それを「それなりでOK」の様な言い方をするとは
     /          ヽ !l ヽi
     (   丶- 、       しE |そ  お前は一体何様だ!?
      `ー、_ノ       ∑ l、E ノ < 







249  ◆mthS9vGGks:2011/05/07 (土) 20:30:43 ID:DfFDvqV6
          ____
        /     \     それにですね……
      / ⌒   ⌒::::\
     /   (●)}ili{(●)::::::\  君主が普段思っている以上に、民と言うものは、
    |       __´___   :::::::|
    \      `ー'´  ...:::::/  君主の事を気にかけているものなのですよ…… 







250  ◆mthS9vGGks:2011/05/07 (土) 20:31:23 ID:DfFDvqV6

     近年、リューネヴィルより、かのレオポルト公の未亡人が去るとき、
     ロレーヌの民がどれ程嘆き悲しんだか…

 ̄丁ヽf      _/_:_:_:_:_:_:;;..≠、ニ -‐ フ´: :/  / : . : l: . : . ヽ
三/:.:.:.{  、h,.  l:.:.: : : : : : :/ _ ..``' ´‐< ,, _ ../::イ:.:../: . : . : .l   お前達の忠信…
;;/:.:.:.:.:.} ⊂,. 、⊃{:.i:.: : : : : ´l `了''ゝ..、ー 、 _/ノ/: /:.:.:.: }: . : . !
: :.:.:.:.:.(   J   |:.l:.: : : : :l: |    { ノ:;;jハ ´   /:Xl l:.:.:.:.l : l. .:l     感謝するですよ
:.:.:.:.:.:.:/     ヽl: : : : : |!:l    ヾ'ソ     ノ _`ヘ:.:.:.:./:.:.:l:./
:.:.:.:.:.:.ヽ  「!   トヽ: : : : lヽ ヾヽヽハ      が;、∨:.:.:.;jノ
:.:.:.:.:.:.ハ ⊂,.、⊇ {  \: : '、             、 じ'/:/:.:.:.∧
:.:.:.:.:/:.:ヽ lJ   |: : :.丶、\            ///ノ:.:/
:.:.:.:./:.:.:.:ム    ヽ: : : .  `    ヽ、 _   人/
:.:./-‐≦ヽヽ  r、 }:: : : : .        ..ィ:::::::}
´〃     { c X'' ヽ: : ヽ:.:__:_ .   , イ:.:.※:.:.:}
 ll       ヽ ヾゝ ト、 /:::::.:.:.: ̄丁::l ヽ: : : : ノ
 ―― ロレーヌ公爵夫人エリザベート ――

      _,,....,,_  _人人人人人人人人人人人人人人人人_
   -''":::::::::::::`''>  エリザベート様さま行かないで!! <
   ヽ::::::::::::::::::::: ̄^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^ ̄
    |::::::;ノ´ ̄\:::::::::::\_,. -‐ァ     __   _____   ______
    |::::ノ   ヽ、ヽr-r'"´  (.__    ,´ _,, '-´ ̄ ̄`-ゝ 、_ イ、
   _,.!イ_  _,.ヘーァ'二ハ二ヽ、へ,_7   'r ´          ヽ、ン、
   ::::::rー''7コ-‐'"´    ;  ', `ヽ/`7 ,'==─-      -─==', i
   r-'ァ'"´/  /! ハ  ハ  !  iヾ_ノ i イ iレ__,イ人レ、_!_ルヽイ i |
   !イ´ ,' | /__,.!/ V 、!__ハ  ,' ,ゝ レリイi.旡≧/ /≦乏圷.| .|、i .||
   `!  !/レi''圷旡≧/ /≦乏レ'i ノ   !Y! |  |/ / / / | | 「 !ノ i |
   ,'  ノ   ! |  |/ / / / | |i .レ'    L.',|  | , --- 、 | | L」 ノ| .|
    (  ,ハ |  | , -- 、 | |人!     | ||ヽ、 ー⌒ ー'  ,イ| |イ| /
   ,.ヘ,)、  )>,、ー'⌒ー'_,.イ  ハ    レ ル` ー--─ ´ルレ レ´ 







251 名無しのやる夫だお:2011/05/07 (土) 20:31:50 ID:3D1XuPpo
ここらへんの苦労は当事者じゃないとわからんからな 







252  ◆mthS9vGGks:2011/05/07 (土) 20:32:18 ID:DfFDvqV6

ミ=孑 ::::::l|:l|:|l:::i|kl|::l||:|!l|::l|:|!トミ:、|! ミ三ソl|l|l  l|!
ミ三シソ   ,,,_!_l_|l ;lト、! l|l ljリ ル__,,,,、メ、 ミニジl| l|l  l|    ロレーヌ公レオポルト・ヨーゼフ
|ト刋'゙  彡ー-、_,`'ーij l| k'´_,、_-‐'ミシ  洲 l|! l |l
|l{刎  '''zテ'モッテ`tミメli flミツ'モッテ''メ   jl! | l| ! |l
l|l.冽    ´´"~´´_;;r''゙| |N;;_``~゙゙`   ,!' / ll| l |   オスマン帝国やフランスとの戦争において
トi,ヾ|!     ‐'''"´l! i! |  `"'''    / /リ jl|l l
派、_ i!         j! ノ い       /f"/ ノ川 l    活躍した人物。
l リチ^!        {r-{,_ノァ′    / |ト//// |
r/{::l! :!    、________,.    / /! K,/   |     
/;;;;li::li ::ヽ    `ヽ、, __/    / //:..l, `'ー
;;;;;;;;;li:::li::::`:、    `'‐--‐'    ,:':::://::::/;;;;;;;;;;;;;    彼がリューネヴィルに建てた城は
;;;;;;;;;;;;>t:、ヽ::\          ,:'::::://:::::/;;;;;;;;;;;;;;      
i;;;;<三X三>、ヽ:ヽ.      / ://::/V;;;;;;;;;;;;;;;     「ロレーヌのヴェルサイユ」と呼ばれた。
:!;;;'-7{.|.}`t‐':ヽ.\`'ー-'´ .//、‐{,|';;;;;;;;;;;;;;; 

    /´-、 i´ `‐` ~`´~~~~~´  |     "';,,,     "; ヽ,
    ~`´  `´          _,,ノ       ;,,,;';  ;'';  `‐-、ライン川
            i--、   /´          /::;,,,;,,,',;    )
             `i "‐-´              ゝ:::::::::::::::"''''''''/   じゃがいも
     ,-―‐~~ヽ,,,--!                \:::::::::::/  /
     つ                     ロレーヌ丶::::::i  i
     `‐`‐i_                       ̄  |_,,,,-、,,,,,,
          ヽ,,,                       ;''''"ようへい(
           )                      ,;" ,;   .,,-‐´
           \,_      かえる           ,;"
             )                   ;''"';,,  
             |                     ';",   ながぐつ
             |                     ,,,;'
             |                     "';    ,,,
             !                      ;,,,  ,i´ ~`‐ -,
―、,,_    ,,     ノ                       ,-"‐´      `i
   ` ―´ ` ‐--,,ノ,              ,,/`―‐、   /´ 







253  ◆mthS9vGGks:2011/05/07 (土) 20:33:32 ID:DfFDvqV6
        _______、     `ぃ 、
   _.. -‐''"´      ´゛'''ー..、  ) 丿i
.. -              `ヽ j//     彼の息子、フランツがオーストリア大公の娘と
  ′               '''ゝ
.                    ゙ 、    結婚する際、そのことをフランスに認めさせる
                      ヘ
 /      、           ヘ    |   為に、故国ロレーヌ公国を譲った。
// / i i i            |   |
' ヽ/∨∨∨ ヽ   |    l   |   |
  | ! !  ! ∨    i       i   │
.. j` -ト‐ト‐、小   |,ト-‐ト‐レ _ /    |   できる夫が述べたのはその時の地域住民と、
  |  | トモゞ i   ノ 7テトl |/レ,'    |
ヘ  |\l ;{i:ッ リ  ヽ/  トッ:i} l イ     |  レオポルト公の未亡人との美談である。
 \l  ヘツ      ヾニソノ  リ   i  j
  ヘ               /  / ノ
 l ヘ      `       /  / /     息子は、後に神聖ローマ皇帝フランツ一世
|  l ヘ\    ー─    /ノ|  y´
\   \ ` 、      , イ _/サ /ノ       となる。
  ソ〈 〈 \ |` ‐‐ ' i  /〈〈 ソ
,、--′  \′      `-、,-´" ン- 、
/_,, _``‐ -、 `ー..、   . ‐''_,,-‐'''''´_ヘ
../``''''‐ ―-- ニj <ニ- ---‐'' ニ ゛'ヘ )
'′   /     ! o   ヽ、  `゛''--ヽ、
  /       |      ゙ヽ       ヽ
    フランツ・シュテファン 







254  ◆mthS9vGGks:2011/05/07 (土) 20:34:39 ID:DfFDvqV6

          _.. ‐'''''''''''' ‐ 、      この様に臣民に思われるように、
         ,r'        \     
        / ⌒、:::::::      ヽ,    また、この思いに報いるために、
         /( ○)::::::::::::⌒    ..i   
        i.    ::::: ( ○)     |  日々心を砕くのが君主の在り方なのです…
       \ _´__         /   
           \  ̄    .__/    どの口開いて「人並み」とか言うんでしょうね? 







255  ◆mthS9vGGks:2011/05/07 (土) 20:35:42 ID:DfFDvqV6
             __ ,,, ,,, _
          _, - '´ ̄        ` <
        ,.イ                 `ヽ
      /.:                    \
   /:::::                      ヘ   「言語道断」
..  / .::::::                          ヘ
  /
  ,' ::::__、       _,ィェェュ、                「片腹痛い」とはこのことですよ…
i ,イ ・ヽ    ´_从爻
 { ' -≠:'
<~):::〈
/ ̄つ`_
 // _)                         /
. Y  〈     _                    /
 |  ヘ ̄ ̄ `                    /
      `> 、                 .´{_
         \           _ .<  ノ \
             ヘ     __,,...-<    /   `
              ゙¨~´ ̄::::::::::       /
 \          }:::::::::       / 







256  ◆mthS9vGGks:2011/05/07 (土) 20:36:04 ID:DfFDvqV6








                  ――― できる夫の反論 終 ―――








. 







257  ◆mthS9vGGks:2011/05/07 (土) 20:37:15 ID:DfFDvqV6








                    ―――なお余談はであるが―――







. 







258  ◆mthS9vGGks:2011/05/07 (土) 20:38:00 ID:DfFDvqV6

     ―――ロレーヌ公レオポルト、彼の息子フランツの妻となった女性こそ―――

        .  ',                                         /}
          メ                                          / ..,'
           マ、                                      / /
           マ、          シュレジエンおいてけ!!           / /
            } `ヽ                                ,r  /
           .i!  ヽ             ねえ!?                // /
            i! ァ ヘ                              ,.r'::_ノ ./
            .i!. ァ .ヘ      シュレジエンおいてくの!!   У/,r,/ /
            i!  ァ  .ヘ                        ム ././ /
            .i!   ァ  ヘ      r 、       ,/{.      /:::::::/,/,fヽ
             i!  〇   ミヽ    ヾ ヽ      / ,./    /::::::::::/./ノ:::::!
            r'´ ,f{ 王r 、 .、 ゝ, ,ィf≧ 、} 、 - ..,,,r' ,' レー 、  ノ:::::::::::①::::::::::i
            i!  / { マム ヽ マ ス{i!l ,ィ´      k´ ⌒,i!},ィ':::::/ 彡ミ:::::::::ハ
            } /.{! il { ∧ ゞ'" ` ヾ // ,  、  リ、ヽ.´∠::::/: ∧マ ∨::::::i!
            | / .ゝソ ∨ ∧     /《.レ|/。::::。!イ⌒ヽ      ∧マ  ∨:::i!
            レ     ∨ ∧ー- ,,..,ィ   》ー‐.'《    ゙ー- ..,,__,.ィヘ   }::::i!
                   { ミ )) __..,ィfゝ ({芥}) .>ー ^ヽ、 ((, !ミ/   .r|::::i!
                     マム ̄ "    〕 ,八  〔    `ー-/ /   .l::::::i!
                    マム    ,ィヽ  ∧  .,>     / /    i|,ィ″
                        マム  /  .ゞ  ヽ_ノ. ヽ.    / /
                       マム/  ,::::::'    ';:..   ヽ ./ /
                 ,,..-ー " マム  ,;:::::;'     ';:::.   ';:,/ /ヽ,,.._
                イレィ= 、  マムノ;:::::,'      ';::..   / /    ゛ー-.ァ__
              /ィー-..,,, ゙ー.、 マム:::,'       ';:::::;, / /  √¨"  リ/
            ∠ハ レ'´|,ヘ`ヽ,:::::::マム.          ':;:::,/ /  /    /_,>
             / ヽ:::::::::::::::l/,ィ:::::::,'マム       __ヽ/ /::::::.,    /ヽ
              7__,ヘ::::::::::::/_>;:::;' マム_,,..-‐'ヽ__/  ./ /::::::::::::.,  ソ 、¨
                /_`ー-..,,  '::ヽリ. マム       __ / /___,...-ヘ l"一
                 レ' ソミ.、 ,/   ∨∧__,,.- ''".∧∨`V`ヽ/ `゙
                     ,ィf_ ` リ.   ∨∧   .∧∨  }ハ,..-ハ
                  { レ' ,ィ,".    ∨∧   ∧∨   ゝ, ヽハ
                  ` ̄ "       ゞ-゛  ゞ-''    ヽミ三ソ

     ―――大王、終生最大のライバルである女帝マリア・テレジアであった――― 







259 名無しのやる夫だお:2011/05/07 (土) 20:39:00 ID:NFI2whs.
>>258
このテレジアには勝てねぇwww乙です 








260  ◆mthS9vGGks:2011/05/07 (土) 20:39:11 ID:DfFDvqV6
    ___                  
..\∠ _:. :. :. \                         ――― マリア・テレジア ―――
..>:':.  ̄ ̄:.ヽ、:. :ヽ.             /
:. :._:. :.--:. 、:. :. ヽ:. :.ー:. :.‐:.- 、      /  
: ¨:. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. : \   /     前述したフランツの嫁。
 :. :. /:. /:. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :.ヽ j /
  / :./:. :. /:/:. /:. :. :. :. :. :. :. :. :. :ヾム.   オーストリア大公の、箱入り娘なお嬢様…
....' :. /:. :. . /. ./. ./.. ..j  i   ヽヽ  : : マj- 
/ :. :/:{:. ; 斗:.十-j:、:. ハ:. , r‐-:.、!:.',:. :, :. } \  のはずなのだが、できる夫を初めとした
:. :. :,':. l:/ :/l: /l:. ∧:..l ヽ: l \::.iヽ}:. :.',: lヽ 
ハ:. :.lヽ:jl:. :.l l/ .j:/_ ヽj  ヽ!__ ',l:. l:. :. l:.j ヽ  周囲の国に攻め立てられた事で覚醒。
ム:. |,:. :.>、:j_r==ミ     z==.、j:./:. :.//\ 
レヘ:.!ヽ/: ハ´ wwx     xww ヽ/:. :〃     類稀な指導力によって危機を乗り切り、
  `j l:. :i:ハ      _' _    ∠: イl    
    |:. l:小、   l    〉     /:. //       いくつもの政治改革を行った名君。
    |:. l: |. 丶、 ヽ._ ノ   イ:. ,:./     
    ヽ l: |__ェ=i> _-_ <i=/:. :/       おかげで、旦那の影が薄いことこの上ない。
     ヽj  ̄ ̄ ̄   ̄ ¨/:./7 
    ィ7.ゝ- 、   z― ,〃=く     ただ、本人は旦那激Love。浮気されても大好き。
  /// ヽ二ヽ  z― 、//  _ ヽ
r≠ ┴'、     /   〈∠, /   ¨ マヽ

   「やる夫・テレジアが女帝と呼ばれるようです」は、やる夫をテレジアに当てはめる狂気と、
   歴史モノとしての面白さがシチューになった素晴らしい作品です。是非オススメ! 







261  ◆mthS9vGGks:2011/05/07 (土) 20:40:25 ID:DfFDvqV6
                                       _   _,
                                    ___,> Y´'ー-、
                                   _>z二_ ___`ー≧__
                                   >┴'´ ̄` ‐-、 ̄ 7 <
   まあ、なんだ…                      /        ヽ `Y′之>
                               .  /  ,  l、 、 , 、 |  ヽ }<
   とりあえずできる夫はもうちょっと落ち着け。  .  l ,ィ {7Tハ T寸寸 |  }ノ |
                                 |ハ |(●) (●) / / ,/レ′
                                   `|   ヽ    u「)'/|/
                                   ヽ、_  ―  _,.ィT/
                                     l 7Eニ::ィ1│
                                    └l´::::/ヽト
                                      |::::|´  ̄`i
                                      |::::|     |j
  __ ///: :.: : :.:/|: : :i: : : : : :.:|: : : : : : : :.V∧:'⌒ヽ
 /: :/// : : : : ;' |: : :|: : : : : :.:ト、:: : : : : : : V∧ : : :
./: :.{//!.:.: : : :.′ !.:.:.:|: :.: : : : :| ヽ: : : : : : :}//}: : :
′:.:{//}: : : : :i  、:.:.:ト、: :.: : :.:|__ヽ: : : : :.:}//}: : :
: : :.:{//} : : : i:|´ ̄ ヽ:! ヽ: : :.:|   `Y: : : :.}//}: : :       テンション高すぎ。
:.: : :{//}.:.: :.:从y'斧ミx   ヽ: |イ斧ミx!: : : :八:´: : :
: : :.:`¨´:Y^j/:.{ 弋::ソ    ヾ弋::ソ |: : :/ : : : : : :
: : : : : : :.ト、ヾ:.|  ,,,,,,,    :!   ,,,,, 厶イ: : : : : : : :
: : : : : : :.| `¨:.         _ ι/ |.: : : : : : : :
: : : : : : :.|   丶    ー=ニ ´ ' /   !: : : : : : : :
.: : : : : : :|       >   __  イ     !: : : : : : : :
: : : : : : :.|        r‐┤     :|;‐‐、   、.: : : : : : :
.: : : : : : :|        |: :` ーt_r‐ ´: : :.}   ヽ: : : : : :
: : : : : : :.|  ,,: :´:.:|: : : :j.}__{{: : : : /`: :ーtr - 、 







262  ◆mthS9vGGks:2011/05/07 (土) 20:41:34 ID:DfFDvqV6
        ,_   _       
     、-ー'`Y <,___    
  __≦ー`___ _二z<_    
  > 7  ̄、-‐ ´ ̄`'┴<   
 <之′Y´/        \   この第二章で、できる夫は統治に失敗した例として、
   >{  ,'  |、 , ,.  ,.l  ,   ゙i 
  | !、{  | 寸寸T ハT7} ィ, l 
  ′J゙i, ゙i ゙i (●) (●)| ハ| 
     ゙i|゙i'(1    ,    |    
     ゙iTィ.,_   ―   _ノ    
      │「ィ::∩ ノ ⊃
      /´:,r/:ヽ__ノ  
     (::::::V::::::/ `i:i  
      \:::/-‐::::::/ 







263 名無しのやる夫だお:2011/05/07 (土) 20:42:07 ID:JgNtawCg
妖怪シュレジエンおいてけだー逃げろー 







264  ◆mthS9vGGks:2011/05/07 (土) 20:42:54 ID:DfFDvqV6

     オランダが、スペインの圧政暴政に耐えかねて独立した事例を挙げたりも

     しているんだけど…

     /:/:.::/: : : : /..:/:.::.:.::.:......  ::.::.::.::.ヽ   
    ノィ:..::/:/:...::./::./::.: イ':..:/:.::.:.::.:...} :.::.::.::l   
     l:./.7.::.::./:イ/ /:イ:.::.::./::.:./::.:....:.::.:l  
      |:{/ 7:.::: イ′ー 、/´ /:.:. イ:::.:.:/:./:.:|:.:.:|:|  
    j,小.|:.:/   _  \_j/ /::/j:/::.:/:.:.:.!:!  
    /小.!/     ``=ミr‐ミ'/⌒} /イ::./:..|:.::ハ!  スペイン王はどうやらプロテスタントを
    ノイイ/!′       } ノ _ ムーノ:/:.:/|:/
__ /了|´ |       /ノ    ヽV:イ:./ j′  皆殺しにしないと気がすまないらしい…
:..}:..:..::| |  l       /       { ノ´
:..!:..:..:..|  l  l   く`{        i′
.:l:..:..:..:.|  l ハ  `ソ_       }       もはや戦争も已む無しか…
..:::.::.::.:.l   ヽ >≦--.、ヽ      /
>ー::´::| /ク′:..:..:..::.::.\ヽ  /
.::.::.::.::.::.|^>':..:..:..:..:..:..::.::.::.::.:ヽ V
:l::.::.::.::.::/:..:..:..:..:..:..::.::.::.::.::.::.::.ヽ〉
:.l::.::/:..:..:..:..::.:..:..::.::.::.::.::.::.::.::.::.::〉
   オラニエ公ウィレム 







265  ◆mthS9vGGks:2011/05/07 (土) 20:44:21 ID:DfFDvqV6

.: : : : : : :./: : : : : : : : : : : : : : : :.`ー 、        ――― オラニエ公ウィレム ―――
.  ./ .::/               :∧
 .::′.:::′l : : ::::::.: : : : : : :!::.:.: : : : : :.∧
.:::!: :.:::,l :| : : :::l::. 、:::.:.: : :|:::  : : : : : :∧    本当はスペイン側に立ってオランダを
:::;!: :::/.|.:∧: :.:::ト、:::|\:::.:.:|::::: !:::. : : : :
/ !:.:/ |/  ゙、:.:l ゙、l  ヽ:.:lヽ: : |:::.:.:.:.:.: :    統治する役目だったが、スペインの暴政を
. _|_'__l    ゙、|   l__゙L_ヽ::|::.:.:.:.:.: : 
´ __、  、 .l ´ z___ `゙:|::.:.:.:.:.:|:.    見かね、オランダ独立の為に戦う事となる。
! ´_辷.」`  ゛    ´_辷_リ_   :|::. /|/:.:.
!        !             ::|::./´!゙i:/    「オランダ独立の父」。
:!      .:;             :|:/i //
.l       、            ::|'ノ/:/      一言で言うと苦労人。簡潔に述べると苦労性。
|ハ                ,‐-'.:/
 ヽ               ./:.:.:/|′     軍才は正直パッとしなかったが、政治家としては
.  ヽ    ´ ̄ ̄゛    ./!:.:/
    \     ゛     . :´ : :l'|′       優れた才能を持っていた。
      |:\    . :'´: : :.::::|、
    r‐|  ` -''´ _... ‐ '"´ `、_
  /| ` ‐、   _.ノ´ヽ     /:::\      個人的には、もうちょっと嫁を気遣ってあげて、
_,./ : :|  /  >´i    〉、 /::::::::::::::i-..
/: : : :! .ハ.0l - !  /::::ヘ, '::::::::::::::::::::!::::    と思わなくも無い。特に二人目。
: : : :.:|∧:::゙、|_i/:::/ /.:::::::::::::::: : : |:: : 







266  ◆mthS9vGGks:2011/05/07 (土) 20:45:14 ID:DfFDvqV6
        ,_   _       
     、-ー'`Y <,___    
  __≦ー`___ _二z<_    
  > 7  ̄、-‐ ´ ̄`'┴<     でもさ、
 <之′Y´/        \  
   >{  ,'  |、 , ,.  ,.l  ,   ゙i  やる夫も「常軌を逸した悪行で憎まれない限り」
  | !、{  | 寸寸T ハT7} ィ, l 
  ′J゙i, ゙i ゙i (●) (●)| ハ|  って、一応言ってるんだよね。
     ゙i|゙i'(1u    ,    |    
     ゙iTィ.,_   ―   _ノ    
      │「ィ::∩ ノ ⊃
      /´:,r/:ヽ__ノ      
     (::::::V::::::/ `i:i      
      \:::/-‐::::::/      
                                                _
                                    _ ,. : :':´: : : : : `: : xュく⌒ヽ
                                 _///イ: : : : : : : : : : : : : : ヾヽヽ: :ヽ
  書いてる時に、                   ,.:´: :///: : : i: : : : : 、: : : : : : ヽ: :ヾヽヽ: ヘ
                              .: : :.///: : : :..ト、: : : : :iヽ、: : : : :、:__:///:..: :.
  思わず筆がノっちったんじゃないですか?   : : :〈〈fi: : : : : | .ヽ: : :..|ヽ_丶: :..: :i}}}}// : : : :
                             .: : : :`¨!:、: : : :| _ノヽ: :| xf笊ミ: :l:.l}}}/..: : : : :i
                             i: : : : :.从ヽ: : xf:㍉ ヾ ' 弋::ソ从{ソ: : :..: : : |
                             |: : : : :r'くヽ:.从弋::ソ       ,: } i: : : : : : |
  編集したヴォルテールさんも、それくらい   |: : : : :{ヽ _ノヽ: ヽ  `     ij/:/  |: : :..: : :.|
                             |: : : : く/////ヾ:ゝ  -‐ /;/   : : : : : : :
  突っ込んであげたらよかったのに…      |: : : : : {//////∧ ≧r ´ |_′   !: : : : : :∧
                             : : : : : : Ⅷ/////iハ {:≧t≦´: :i    : : : : : : :.∧
                              ′: : : :.,j////////i}: :{:::::::〉: : :.`>t_, -‐‐ 、: : :..:ヽ
                            ,: : : : : :..{ `ヾミ/////i}: :|_:_/}}: : /∧ヘ    : : : : : 







267  ◆mthS9vGGks:2011/05/07 (土) 20:46:31 ID:DfFDvqV6

     /: : /:: : : / : : :.!:: : : : !: : !: : : ヽ:: : : : : ',
   /: : /: : : 斗--、 :|: : : : :|: : | ,ィT: ',: : :ヽ : !
   |: : |: : : : : |: /  \: : /|:.ィ: :ヽ: : :.|.: : : ト、:|
   |: : |: : : : /!/ ⌒ヽ| :/ |:./⌒ヽV: |.: : : | V
  < : _: : : / 〈  ノ |/  レ ヽ }|:./ヽ: : :|    これはこれで、面白いからいいんじゃね?
  <:: |. 小{   _,,.. -    、-.,_ レ{: :.|ヽ:|
   厶ヘ ハ         、    {ハ,;' ((    それに、ケチつけたら煩そうだし。
      \_!         '    ! ( ( ヽ)
        ヽ    'ー―--    /  ヽノζ
      ___,r| \         /   | ̄ ̄ ̄|(^)
    /:/::::| \  ヽ _ , ィ´    | ''..,,''::;;⊂ニヽ
  /::::::/::::::|  \   ´ ∧>、  .| .,,:: ;;;;ン=- )
/:::::::::::/::::::::|    \  /  ! ,r-''⌒^ニ);;;;ヽニノ ヽ
     ―― ヴォルテール ――

            ―――と、思ったかどうかは定かではないが…――― 







268  ◆mthS9vGGks:2011/05/07 (土) 20:48:27 ID:DfFDvqV6
                                       _   _,
                                    ___,> Y´'ー-、
                                   _>z二_ ___`ー≧__
                                   >┴'´ ̄` ‐-、 ̄ 7 <  
    ま、あれですよ。                    /        ヽ `Y′之' ⌒ ヽ
                             .    /  ,  l、 、 , 、 |  ヽ }<つ イ
    親父を褒めた一年後に、息子とその嫁に    l ,ィ {7Tハ T寸寸 |  }ノ |て_!,
                                 |ハ |(●) (●) / / ,/レ′'   /
    殴りかかるとか…                    `|.  ヽ     「)'/|//  /  i
                                      ヽ、_  ―  _,.ィT/   /   l
    流石は大王?みたいな。                   , < ̄ヾヲ´  ̄  <´ 丶 ノノ
                                 ./ -ヽ |  `  ( ̄`ヽl ̄  )ノ ノ
                                 {  /⌒i ,r―て__ ィノ   ,彡
                                   ヽi__i  ノ)/    \ ヾ ̄
         /^>》, -―‐‐<^}
       /:::::::/,≠´:::::;::::::::ヽ.
.      /:::::::〃:::::::::/}::::丿ハ
     /:::::::::i{l|:::::< ノノ/}::::::}     生き方の歪みっぷりが歪みねぇですよねー
      /:::::::::::瓜イ○ ´○,':::::ノ
.     /:::::::::::::|ノヘ.{、 □ .ノノイ
   /:::::::::::::::| /}`不´} :::::::: 







269  ◆mthS9vGGks:2011/05/07 (土) 20:50:04 ID:DfFDvqV6
         、_  _
       ィ-‐ ` Y <__    大王はその辺で置いとくとして…
   _≦―'´__ _二z<_
    >ヾ  ̄, -‐ ´ ̄`┴<
  <戈、 Y  /        \  『君主論』を読んだ事がある人なら分かると思うけど、
    >{ /   l, 、 ,  ,l_   、 ヽ 
   | ゝ{   l`寸寸T ハT7 } ,、 l 『君主論』第二章って凄く短いんだよね。
   ∨ヾハ ∨ゝ (●) (●)|ハ|
      ヾi∨|     ,   |´   
       ヽT、,_  ―  _ ノ    かなり熱入ってるっぽい大王とは対照的に、
          | lヽ::ニヨ7l      
          └l´:::/ヽ |`      適当と言うかなんというか。
                                  __           _
                                /iiヘ,, ‐::----::‐.._ ///ヘ
                               ,/-:..´: : : : : : : : : : :::///_. ヾ\
  あー、確かに他の章のページ数と比べると   /::/: : : : : : : : : : : : ///|: : ヽ//
                               /// : : : ヘ : : i : : : :\ヾヽ|:: : ::×
  かなりアッサリした書き方の様な。       / /: : : :/ ヽ: ::|ヽ : :: : `,_ヽ',: : : : :ヽ
                              /{: : :´/ 丿 ヽi ヽ\`: ::|::::i ',: : : : : ヽ
                                /: :!: : /イ○     ○ i::::|:ヘ: : :::::: : : : ヽ
                            /: : :.!:./:::|  ′     u|:::|∠|ヽ::: : : : : : :ヽ
                              /: : : :|V |:::ト,  丶フ  .イ: |≦-,__',: : : : : : : :ヽ
                           /: : : : ,'  ヽ|  >-、-t ´ |::/|´:⌒:`',: : : : : : : : `、
                            /: : : : ,'    /::::::「ii | |// i⌒i>::',: : : : : : : : ::`、 







270  ◆mthS9vGGks:2011/05/07 (土) 20:51:13 ID:DfFDvqV6
       ,_   _
     、-ー'`Y <,___       この温度の差がどこから来ているかというと…
  __≦ー`___ _二z<_
  > 7  ̄、-‐ ´ ̄`'┴<   
 <之′Y´/        \    結論を言ってしまえば、
   >{  ,' | 、 , ,.  ,.l  ,   ゙i
  | !、{  | 寸寸T ハT7} ィ, l   『君主論』におけるやる夫の論点って「権力論」なのよ。
  ′J゙i, ゙i ゙i (●) (●)| ハ|
     ゙i|゙i'(1    ' /,〉.|      「統治論」に寄った観点から見て反論してる大王とは、
     ゙iTィ.,_   /´ ./ノ
      │「ィ:/,二ニソ      そもそも見ている場所が違うとも言える。
      └l´:/  ,-― 、}      
       /::ィ   ノーヘJ
                             r{///},.ィ: : : : : ;.-、: : : `:{////}: : ̄:}
                             ,: ∨/:..: :i : : 、: : : : :ヽ: : :.Ⅷ//i}:..: :..:|
                        .     /: : :/: :..: :|: : : :ヽ:_;.ィ:ヽ: : Ⅷ//}: : : :|
                            /: : : ; :..: :./|:i: : : :`ト、:_: : : '; : Ⅷ//}..: : :.
          「権力論」?       .   /: : : :.i: : : :i 从ヽ: :.i:|´ヽ: : : :.VxⅧ/i}: : : :ヽ
                          /: : : : :.{: : : xf㍉ `ヾ{'笊ミx: : :.i三}//}: : : : :
                        .  /: : : : : /ヽ: :.{弋ソ    弋::ソ }: :..|三} ̄ヽ: : : :
                        ./: : : : : /  iヾゝ  ,       ノイ: :|jリ   V: : 
                        : : : : : : :/   从ヘ  、       j;ノ¨´    V: :
                        : : : : : :/        丶      ィ´|ヾゝ      : : 
                        :..: :../           `r <  __:|-. 、       i: 
                        : /          ,.ィ|_, ィ:´: : : : :/       |: 
                        ´            f'r'´: : : : : : : _}        |: 







271 名無しのやる夫だお:2011/05/07 (土) 20:51:20 ID:3D1XuPpo
ハウツー本としたら、どうでも良いところだろうしね 







272  ◆mthS9vGGks:2011/05/07 (土) 20:52:11 ID:DfFDvqV6

    ―――そう、如何にして権力を掴むか、如何にしてそれを握り締めるか―――

                       ____
                   ,. -'"´      `¨ー 、
                 /   ,,.-'"      ヽ  ヽ、
               ,,.-'"_  r‐'"     ,,.-'"`     ヽ、
             /    ヾ (    _,,.-='==-、ヽ      ヽ、
             i へ___ ヽゝ=-'"/  ● _,,>       ヽ
             ./ /  ●> ='''"  ̄ ̄ ̄          ヽ 
            / .ヽ-‐´''"       ヽ             i
           ./    i   人_   ノ               ,r‐"':,  
           ,'     ' ,_,,ノエエエェェ了                ヾ;,::::::\
           i       じエ='='='" ',           ,r- ..,    ヽ::::::::ゝ  
           ',       (___,,..----'           (:::::::::::ヽ、   ゞ::: ヾ
            'ヽ、                     \:::::::::::\   'l:: -゛キ
              ヽ、_               i,""'::,  "i,,:::.  キ  /::   |
           'ュ,ノ'",;l `ゞ  ``ー- -‐'"´      i:::::::ヽ  'ヾ,"'" .ヽイ   ソ ⌒〉
           シニi;∠(ヽ、':..          ;;;'";;_,,_'l:::::::::::i;,  'l,,   l::::  i /
           ミ/::i:i:l'::::::\:::  ,,,__..  ;;,.::::i;::::::ヽ,,,_ 'キ:::-=.::\  l::.   "'i:::::  )
           /:::::/,l:::::::::::;;'i-:..,,_,,r‐‐'"::::::::,;ii;:r⌒ヽ:::::::\:::.... \r'-‐''" ..::::::::/
           ::::::l':;"';,,::::::::l'   l':::::::::::::;;;;ii//ヽ、:::ヽ、:::::\   "' ::::...:::::::::::::l'
           i:::::,l;;':::::"'i;;-l-..,,_,,..l;;;:::::r'":://:::::::ヽ,:::::::::,, _:::::::::>= ノ..::::::::::::::::::ノl;,
           l:::,ll::::ヽ:::l:o;;:::::::::ノii;;;.......;;;;//:::::::::::::.'i.::::: ノ..""'"-; ...::::::::::::::::;;:/ヽl;,
           :::::ll::::::::::l'::ヾ:::::::/:'"::'"::::;//,;.::::::::::::::"''‐- t..,, /::::::::::::::::::::::../ ノ i;;
           :::,;ll::ヽ:::l';;:::::::::/::::::::::::;;;; //::::::::::::::::::::::::::::::::::::"'';;":::::::::::::::::::ノ /;;;/;
           ::;;ll:::::ヽl,::;;;:::::/:::::;;:::::::: //::::;;;:::::::::::::::::::::::::::::::::/〆"''""" ̄ /;;;//;

          ―――それが『君主論』におけるやる夫の中心課題――― 







273  ◆mthS9vGGks:2011/05/07 (土) 20:52:57 ID:DfFDvqV6

                      /.: ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ \
                     /: : :             \
                   /: : : :            \
                 /: : : : : :               \
      r''‐,  ,,..,,    . ゙ / : : : : : : : .._         _    \    r'''''i ,ィ´゙',
   r‐‐,. ト、_,).ヘ  i .   |: : : : : :  ´⌒\,, ;、、、/⌒`        l   .(__ノl ゝ、,イ .,r‐、
    i、  i, i  Li 'i''゙     |: : : ::;; ( ● ) ノヽ ( ● );;:::     |    l ゙U゙ ィ_/i. /
    f‐'゙ `    l ))    |: : : : :  ´"''" ,      "''"´       l    .l      `i´   ))
(( r''''´ ,   ___ ', _,,,,,,,_ . \ : : : : . . (    j    )      / r -、_ ノ      ´``',
  ノ )‐'     `゙'´   )))  .\: : :: : :.`ー-‐'´`ー-‐'′   /   ゝ_,,,_  ゙   ゙',  `゙'i、 ゙ァ
 ゝ‐'゙'、   {    / ̄.     /ヽ: : : : : : : : : : : : : : : : : : \        ヽ,    ノ    / `

      ―――軍事も、政治も、謀略も、全てその為の手段に過ぎない――― 







274  ◆mthS9vGGks:2011/05/07 (土) 20:54:13 ID:DfFDvqV6
                                         _   _,
   やる夫が君主論で想定したのは「強い指導者」。       ___,> Y´'ー-、
                                      _>z二_ ___`ー≧__
                                      >┴'´ ̄` ‐-、 ̄ 7 <
   それも、ただ戦争が強いとかそういうことではなく    /        ヽ `Y′之>
                                 .   /  ,  l、 、 , 、 |  ヽ }<
   周囲からの軋轢に耐えて権力を維持し、       l ,ィ {7Tハ T寸寸 |  }ノ |
                                   |ハ |(●) (●) / / ,/レ′
   イタリアを嬲り者にしている外国勢力を              `|   ヽ    「)'/|/
                                          ヽ、_  ―  _,.ィT/
   叩きだせ、干渉から守れる様な人物。              / Eニ::ィ -、 |
                                          /::::;/ ヽ:::/:::/'::
   強くて、賢くて、神と教皇に唾を吐けるくらいに        /:::/へ ヘ/::::/:::
                                      /:::::\ ヾミ::::/|:::
   恐れを知らない人物。                     (;;;;/| \;;;;ノ/:::
                                       /    〈::: 







275  ◆mthS9vGGks:2011/05/07 (土) 20:55:35 ID:DfFDvqV6

        ―――例えば、やる夫がかつて望みを託した「彼」の如き悪漢―――

                      ,'   /    / l   l. il|i l  ∧メ !::::::::
                     ,'   ,'   . ,'i lハ ', i. ill    X ',、::::::::::
                   ,'f ,' ,'  i i i! ! i l  i il i   i l.l! iヽ::::::::
                    li'}  ハ: ,'i i、! ', ' ヾi  i i  i l l l ! i:::::::r^
                      i!.i ソ il ir !ミ、、 i  !、 ', ! ',l  i ', ',',::::i
                      l i ,' ハ i !! 廴ツ、ヾ  ':、 i i  i !ヽゝ::::l
                      !.li!.l|!| リ ` ェ、..ヾ ヾ、 ヽ:、 i ! ハ、!l ヾ、::l
                    ! !从      """ヾ:、ヾ: 、弌itーマ、:ヽi
                     ′ i           .:: ヽ ー`=.公、`:i
、、_                    _,r:::i     rー-‐ '''' ー ‐ --:: 、:ヽ::i
   `''''"'''ー- 、、、、、、、、、 -‐ー''''''' /:::'.     ``¨':':‐:::::::-::::::::、_  ヽ:;::l
               '"       ./" ゙:,  ゙、   ヽ、,..:::::::::::::::/ , ` 、  `
                __,      ',::、   ゙ヽ 、:_:::::::::::r ;´ ' ヽ、  ` -、
         `;;=--‐‐''''""         ',:::、  `'':::::::::::::;: '   i    ヽ、,
        i´          ,      ',::ヽ    ::::;::i  _ -t^ヽ、_   ゙`
           l          i       ヽ::`:ー ':::::i .ノ:i ノ:::::::: 〉
         '          il      ,.ゞ=ー'"メ /::::レ:::::::::::/
           i           il   _ ,ィニ´ ニヽ    ーヽ:::::::::::::::/
         i           ill ,イ:::::iニニニソ、     ヽ::::::::::/
            i       illl ´    lニニニ/ ヽ.    ',::::::::i
             i        illl    /ニヽン     ヽ   /::::::::!
          i.      illll  , ' \\ i      ヽ , ':::::::::::i
                  ―― チェーザレ・ボルジア ――

        ―――権力のためなら親兄弟、神すらも意に介さないような男――― 







276  ◆mthS9vGGks:2011/05/07 (土) 20:56:49 ID:DfFDvqV6
     ,_   _
   、-ー'`Y <,___        やる夫が望んでいたのはそういう人。
__≦ー`___ _二z<_       
> 7  ̄、-‐ ´ ̄`'┴<       「イタリアの為には彼の様な容赦無い人物が必要だ」
之′Y(ヽ三/) ))   \三/) )  
..>{  ,'  |( i))),.  ,.l  ,   ゙i )))   それがやる夫の後半生における信念。
| !、{  |' |::::|寸T ハT7} ィ, l     
′J゙i, ゙i ゙.|::::|●) (●)| ハ|
   ゙i|゙i' |::::|   ,    |::/      『君主論』における「理想の君主像」の半分は、
   ゙iTィ|::::| ―   _ノ/      
    │|::::|::ニE7,:::::/       このチェーザレが実際に行った事を下敷きにしているし
    └K:::゙,r'\ト:::/         
      l::::,´  ̄`Y.         後の章で具体例としても取り上げてる。
      i:/     |          
                                  r{///},.ィ: : : : : ;.-、: : : `:{////}: : ̄:}
                                ,: ∨/:..: :i : : 、: : : : :ヽ: : :.Ⅷ//i}:..: :..:|
                          .     /: : :/: :..: :|: : : :ヽ:_;.ィ:ヽ: : Ⅷ//}: : : :|
   半分……                     /: : : ; :..: :./|:i: : : :`ト、:_: : : '; : Ⅷ//}..: : :.
                          .   /: : : :.i: : : :i 从ヽ: :.i:|´ヽ: : : :.VxⅧ/i}: : : :ヽ
   えっと、一応聞いておきますけど、      /: : : : :.{: : : xf㍉ `ヾ{'笊ミx: : :.i三}//}: : : : : 
                          .  /: : : : : /ヽ: :.{弋ソ    弋::ソ }: :..|三} ̄ヽ: : : : 
   残りの半分って何ですか?       ./: : : : : /  iヾゝ  ,       ノイ: :|jリ   V: : 
                          : : : : : : :/   从ヘ  、       j;ノ¨´    V: :
                          : : : : : :/        丶      ィ´|ヾゝ      : : 
                          :..: :../           `r <  __:|-. 、       i: :
                          : /          ,.ィ|_, ィ:´: : : : :/       |: :
                          ´            f'r'´: : : : : : : _}        |: : 







277  ◆mthS9vGGks:2011/05/07 (土) 20:58:14 ID:DfFDvqV6
                                           _   _,
                                        ___,> Y´'ー-、
                                       _>z二_ ___`ー≧__
  そりゃあお前さん、あの時代において               >┴'´ ̄` ‐-、 ̄ 7 <
                                       /        ヽ `Y′之>
  歴史をかじった人間が憧れるものの         (⌒'Z   /  ,  l、 、 , 、 |  ヽ }< r-^)
                                  ',  '(   l ,ィ {7Tハ T寸寸 |  }ノ /::::/
  相場は決まってる。                    \:::\ |ハ |(●) (●) / / ,/レ′:/
                                   \:::\ `|   ヽ    「)'/|//::,.イ
                                     ヽ:::ヽヽ、_  ―  _,.ィT::::::/
  かの勇敢なるアレクサンドロス、あるいは…          ヘ:::`l 7Eニ::ィ1::|::::::/
                                       `ヽ:::'イ/ヽ::::'::::::/
                                         ` i´ ̄ `ヽ:::|
                                          j|      Y 







278  ◆mthS9vGGks:2011/05/07 (土) 20:59:20 ID:DfFDvqV6

               ―――偉大なるローマ帝国―――

:-、,,ヘ-´
`ヽ,   でっかいろーまです              _," ' ' "_,,-,. " ;       ,,、_,、
:::::::}           r-、, 、              r'::::`{, く、,-´ ; ,'     /'´::::、-‐"
--´    ,--、,,r‐´ヽ、 ヽ,::::\' ,        {´:::::::::::::`´::::~`'ヽ、,' ; , ,  `!、:::::ヽ、
    _,,,}::::::::::::::::,(}::::ヽ,,、`‐'-、`ヽ       ヽ,_,,,_,,r‐'''‐-、,,_ _ ゝ  ' ' ; , ,ヽ、:::::ヽ,
   /´::::::::::::::::::::::}~}:::::::::::`ヽ、{`" ヽ,  ヽ"~`{~‐'        ~ ~´       }:::::::::{,
  /::::::::::::::::::::::::::~´:::::::::、-‐= ´:::::::::ヽ, ~}:::::::{                   {,:::::::::::
‐'´_,,r--―''‐'''~`''´`{,:::::`'‐´::::::::::::::::::`":::::::::::::"'‐-‐ヽ --‐'`{           ; `'‐-
`;´            r´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::~=::::::::::::::::::::=~ }
               ~`'―-、,:::::::::::::::r--、,,,_::::::::::::::::::::::::::::::::/
           ;     `‐-、_ノ    `'‐--、r‐''‐--´

                 *o ゚ |+|   。*゚  +゚ } o  |*  o。!    |!
                 o○+ | ∨    | {r|! *l:     + |!*l::j o ○。
                ・+     ,-i| o.+  ___  。*゚}‐ 、゚ + |
                ゚ |i   | {r|! *l:  /_ノ ' ヽ_\   ノヾ}  | 
                o。!    |! * .゚ /(≡)::::::(≡)\  レ ノ  ゚|  
                  。*゚  l ・ / /// (__人__) ///\o  ゚。・ ゚
                 *o゚ |   |     |r┬-|      |   *|
                。 | ・   o ゚ l\     ` ー'´    /*゚・+゚ ||   
                 |o   |・゚ ,.‐- .ハ       イ | * ゚   |  
                * ゚  l| /    、` ニ ´ ノ  ノ   o.+ | ・
                 |l + ゚o i     ` -、{! /_   \  ○・ |o゚ 
                 o○ |  | ヽ.     ヾ´    ̄  `ヽ  *。  
                ・| + ゚ o }  }                ヽ O。
                 O。 |  | リ、  ..:::        ..   l 。
                 o+ |!*。| / `ー::::       , ヘ:::::..  | *
                 |・   | ゚・ |/   /  :::... ..   /:::/ | ::..... { |
                    |_|\∧∧∧MMMM∧∧∧/|_|
                    >                  
                ┌──┐       ───┐ヽ|  |ヽ  ム ヒ | |
                │   │ ───     /  | ̄| ̄ 月 ヒ | |
                └──┘         \ . / | ノ \ ノ L_い o o 







279  ◆mthS9vGGks:2011/05/07 (土) 21:00:27 ID:DfFDvqV6

.: ,': .:i: :/ |i ゞー==―-- : :. : : : : :. .', / マハ
: : : :」ィ  |i: : : : iL>‐\: :i|: :i: : :.:}: :∨/,' マ/
: :イ〔 {- ', : : : :ィ笊弄ミ刈: :}: : ,ハ: ::} /: :
: : l :|,x=ミ从: : :. ', {i゚fJ ,i}`ヾゝ: .: .:.:} iレ' /,'    うわぁ……
\N《 {゚fハ` \:∨ 辷 夕 , /. .:/. : .:.:リ^∨
: : }从 辷リ   j/  ー‐ '"/. .:/. : :.:.:,' い,'     あなたもローマ帝国病患者ですか…
: .::/∧ ー' ,    :::::::::厶イ. : : .::/シ∧
ト 、ヽハ:::::::   ,. ァ   u 〃|: : ,リ/-‐': : ',
| ハ: :八    'ー '     {{ ,イ: ∧イ: :', : :
i/ ; j/: : >   ゚゙゜    イ }/!^j} !: : : : :
: :,'.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|i ≧=≦    ' ト- 、: : ! :
:/. : : : .:.:.:.:.:.:.リ,任<:}     |ミ、ハ !:
{ : : : :.:.:.:.:.:.:./ {三三ニ≧x    `ーy:ハュ、_
.' , : : :.:.:.:.:ァュノ二ニニニi⌒':、   ,.イr寺:マ》
 _,..-=ニ《 }三三三ニ|ニニ℡ '",任i、ト℡マ》
                                        _   _,
                                    ___,> Y´'ー-、
                                   _>z二_ ___`ー≧__
   「アレクサンドロス症候群」               >┴'´ ̄` ‐-、 ̄ 7 <
                                  /        ヽ `Y′之>
   「ローマ帝国病」.                    /  ,  l、 、 , 、 |  ヽ }<
                                 l ,ィ {7Tハ T寸寸 |  }ノ |
                                 |ハ |(●) (●) / / ,/レ′
   この二つが、古代・中世・近世欧州における  .    |   ヽ    「)'/|/
                                   ヽ、_  ―  _,.ィT/
   欧州三大疾病の内二つ。                  / Eニ::ィ -、 |
                                   /::::;/ ヽ:::/:::/'::
                                  /:::/へ ヘ/::::/:::
   残り一つは「十字軍性疾患」ってとこか。       /:::::\ ヾミ::::/|:::
                                 (;;;;/| \;;;;ノ/::: 







280 名無しのやる夫だお:2011/05/07 (土) 21:00:47 ID:NFI2whs.
でっかいローマワロタw 







281  ◆mthS9vGGks:2011/05/07 (土) 21:01:29 ID:DfFDvqV6

                     「アレクサンドロス症候群」

       新領土の獲得と、戦争での勝利による栄誉を過剰に求める。
       若くして大事をなそうとすることも一つの特徴。
       また、自他の文化をやたら融合させようとする傾向を見せる場合もある。
       カエサル症候群ともいうが、そもそもユリウス・カエサル本人からして
       アレクサンドロス症候群の罹患者だという説もある。


                        「ローマ帝国病」

       かつてのローマ帝国の領土を獲得する事に異常な執念を燃やす。
       また、ローマの歴史、事物に異常な興味を示す。
       求めるものはローマの土地、ローマ(ギリシャ)の文化、そして何より、
       ローマ皇帝の帝冠である。
       有名な罹患者は大帝ユスティニアヌス。


                          「十字軍性疾患」

       三大疾病の中では、唯一中世期から罹患者が現れた。
       十字軍及び、宗教戦争における勝利をやたらと求める。
       また、異教徒・異端を敵とみなし、聖地奪回と異教徒討伐に
       情熱を燃やすようになる。酷い時は国政をも放り出す。
       有名な罹患者はリチャード獅子心王。


                               民明書房 『世界の厨二病』より一部抜粋 







282 名無しのやる夫だお:2011/05/07 (土) 21:02:33 ID:3D1XuPpo
最後が一番傍迷惑に見えるww 







283  ◆mthS9vGGks:2011/05/07 (土) 21:02:38 ID:DfFDvqV6
. .         ,〃 ' ,ハj ,}リ   j     
/   ,/  // / /  _} ,从_ ,,ノ}
  /  ∠/ / /   '7/^弋_ ,ノj|     
/ /_/__,,ノ}/  ,ノ乏式,j   ,リ     
../_y彡j'うj^′    '弋j}_, {__,ノ′ .   
  弐^'弋ツ   、   ¬^ ∨      厨二病は文化感染する恐ろしい病です。
   ´^'冖^`   i \__ ' ' ' i、__,     
   ' ' ' '       |  , /    j_ノ    特に抵抗力が下がる14歳程度において
..、                    厂´     
ヽ\___,       _,ノう   ′     罹患しやすいため、
ミ__,乙´      ⌒¨´   /         
_,、          ¨´  /          年頃のお子様がいらっしゃる方はご注意ください。
弋_,             ′           
く_      _ _____ ..,,<,__,.ノ          
iト ミ 、_   ,//  i{、__彡′         
j,   `  ミy' /※  弋フ′   . '⌒ヽ, 
ノ}  ※==={={彡' ※   マj__ __,/  /  'く⌒丶、 







284  ◆mthS9vGGks:2011/05/07 (土) 21:03:33 ID:DfFDvqV6







    ―――この作品は、エスニックジョーク含む色々なジョークで出来ています―――



        ―――お願いですから、マジにしないで下さい。勘弁してください―――






. 







285 名無しのやる夫だお:2011/05/07 (土) 21:04:19 ID:1BM8Fw/.
>アレクサンドロス
凡人が人生の参考にしてはいけない人の筆頭じゃないですかー!やだー! 







286  ◆mthS9vGGks:2011/05/07 (土) 21:04:23 ID:DfFDvqV6

         --                  , -'"  ̄ ` 丶、  /       ま
         ─--             /         \|     し  あ
                       /            |     な 
         ───            i   _ _ >>1  _ _   ヽ_  い 俺
          ̄ ̄          | /二`     "二ヽ、 |  〉  け は
                      _|  _,ィiュミ   r_,ィiュミ  レ-|   ど .自
         二二二          ヾ!   - ' r  `ヽ  ̄´  | ∧  な 重
         ──  ___      ゙!  〃  ^ ^  ヽ   l-/  〉 !
           ま             i   { ='"三二T冫  /´_ノ/\__
           さ  二ニ    _,ィヘ  ヽ ヾ== 彳   /:::/`ー- 、
           に     _, ィ´:::::/ l\ ト、 ー一 / /::/      \
           外     /  |::::::::: ̄ ̄ ̄::`ー=彳_∠ _      ヽ
           道   /   |::::::::::::::::::::::::::::(‥):::〈_      \       l
              r'"`丶、 |:::::::::/:::/::::´:::::::::::::::::(_      ト、      |
           / / `ー 、 \|::::/:::::/:::::::::::::::::::::::::::(_      \    \ 







287 名無しのやる夫だお:2011/05/07 (土) 21:04:37 ID:fojZ0.VE
獅子心王はアレクサンドロス症候群も併発していただろw 







288  ◆mthS9vGGks:2011/05/07 (土) 21:05:11 ID:DfFDvqV6








                    ――― 第三章へ続く ―――







. 







289  ◆mthS9vGGks:2011/05/07 (土) 21:07:11 ID:DfFDvqV6
    __       
 〃´  `ヽ
 、リノノ`ヽ)     投下終了。第三章の前に、補足説明の回を一回挟むかもしれない。
 ゝdレ゚ ヮ゚)ゝ
  /ニニ入 







290 名無しのやる夫だお:2011/05/07 (土) 21:07:37 ID:fojZ0.VE
乙ー
この第二章は、両者の立場の違いがはっきり出たポイントですな 








291 名無しのやる夫だお:2011/05/07 (土) 21:07:59 ID:f3qv3MXo
 







292 名無しのやる夫だお:2011/05/07 (土) 21:08:49 ID:3D1XuPpo
乙でした
ここらへんは作品のテーマが絡みますな
 







293 名無しのやる夫だお:2011/05/07 (土) 21:09:10 ID:hmnnyNeg
乙でした。

で、キリスト教という劇薬がこういう病気の苦痛に対してバッドトリップをさせてる感じだなー。 







294 名無しのやる夫だお:2011/05/07 (土) 21:09:16 ID:hfQb16PE
いちいち国名がヒデェww 







295 名無しのやる夫だお:2011/05/07 (土) 21:12:00 ID:bMVnG/36

まぁ、確かに厨二力では日本は外国に後れをとっていると言わざるおえない 








296 名無しのやる夫だお:2011/05/07 (土) 21:12:11 ID:NFI2whs.
乙乙
十字軍は異教徒どころか同盟者であるはずのビザンチンまでぶっ潰したからなぁ……w
あ、ビザンチンってカトリックからしたら異端だっけ?違うよな? 








297 名無しのやる夫だお:2011/05/07 (土) 21:18:01 ID:1BM8Fw/.
乙でした
世襲の持つ力というのは民主主義国家でも無視できないよなぁ 







298  ◆mthS9vGGks:2011/05/07 (土) 21:20:43 ID:DfFDvqV6
           >>296

    __      第4回十字軍の結果はヴェネツィア等の
 〃´  `ヽ
 、リノノ`ヽ)    「交易路ほちいのねん!ビザンツはじゃまなのねん!」
 ゝdレ゚ ヮ゚)ゝ
  /ニニ入     という欲望の発露なので、時の教皇イノケンティウス三世は

           当事者達を軽く破門にしてた筈です。


           >>295

           それでも…それでも太閤殿下ならきっと何とかしてくれる…! 







299 名無しのやる夫だお:2011/05/07 (土) 21:22:18 ID:fojZ0.VE
>>296
異端だよ、互いに破門しあっているし 







300 名無しのやる夫だお:2011/05/07 (土) 21:24:12 ID:DwW981QA
おつー

>281
民明書房ww 






SOULALIVE ONLINE
関連記事
スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
[PR]





カテゴリー「やる夫で学ぶ」内の最新記事

だ

    大王ってマリアテレジアの息子の代だと仲良く他国の領土を分け合ったりもしてるよな
    この辺りの政治センスとかがすごいのかねえ
    有名な「三枚の○○○ー○作戦」は話に出てくるんだろうか
    [ 2011/05/16 14:21 ] [ 編集 ]
    チェーザレ・ボルジアは塩野七生の本しか読んだけど
    たしかになかなかすごかった。
    おやじの法王の病死と自分の重病が重ならなければ
    ほんとにイタリア統一できたかもしれんと思ったからな。

    ビザンツはギリシャ正教会だからカトリックからすると
    異端。
    [ 2011/05/16 15:41 ] [ 編集 ]
    シュレジエン置いてけ
    なあ!
    フリードリヒだ!!

    フリードリヒだろう!?
    なあフリードリヒだろお前


    こんなマリア・テレジア、ペチコートの下に絶対色々仕込んでます(><)
    [ 2011/05/16 17:50 ] [ 編集 ]
    このコメントは管理者の承認待ちです
    [ 2011/07/04 09:30 ] [ 編集 ]
    このコメントは管理者の承認待ちです
    [ 2011/07/10 17:56 ] [ 編集 ]
    このコメントは管理者の承認待ちです
    [ 2011/10/24 22:35 ] [ 編集 ]
    このコメントは管理者の承認待ちです
    [ 2011/11/15 23:48 ] [ 編集 ]
    このコメントは管理者の承認待ちです
    [ 2011/11/16 12:25 ] [ 編集 ]
    このコメントは管理者の承認待ちです
    [ 2011/12/02 01:04 ] [ 編集 ]
    コメントの投稿













    管理者にだけ表示を許可する
やる夫ブログについて
20101110:「やる夫はロス市警の警部のようです」を掲載させていただきます。本当にお待たせして申し訳ございません。これ以降も随時、更新の途絶えていた作品を掲載していきたいと考えております。ご迷惑をおかけして申し訳ありませんが、どうか長い目で見ていただければ幸いです。

20101030:「やる夫のサクラ大戦」にて、記事の掲載順序を誤りました。 作者様、および楽しみにしていた読者様にお詫び申し上げます。 申し訳ございませんでした。

20101004:「やる夫たちが夢の国で遊ぶようです」につきまして、こちらの不具合で記事が切れてしまっております。作者様、及び楽しみに読んでくださっている読者の皆様にご迷惑をおかけしてしまい、申し訳ありません。
一度下書きに戻させていただきます。よろしくご了承ください。
「やる夫で学ぶことわざ」の作者様より、やる夫ブログ用のスポンサー案内をいただきました!本当にありがとうございます!さっそく使わせていただきます!

20100811:皆様、大変ご無沙汰しておりました。ぼちぼち更新を再開できればと考えております。
「やる夫がDQⅢの勇者になるようです」についてですが、コメントを頂けるのは大変うれしいのですが、他作品のコメント欄での投稿はご遠慮願えれば幸いです。
恐縮ですが、ご協力よろしくお願いいたします。

20091222:年末なので順調に更新量が減っております。今日明日はお休み、再開一発目は「やらない夫の超兄貴」になる予定です。作者様、まとめが遅くなり申し訳ございません。

20091208:今週クソ忙しいので、かなり更新が減ります。ご了承ください。

20091116:更新の調子にもよりますが、週末をめどに、カテゴリを追加する予定。前回追加からだいぶ間隔開いたんで、かなり溜まってます。

やる夫ブログについて

姉妹ブログというか同一人物ブログ。
やる夫ブログ(裏)(18禁です)


 ネ タ 投 稿 お 待 ち 
 し て い ま す ! 
(↑結構心から待ってますw)

 ネタ投稿の他、転載お断りの記事、相互リンクのご希望等ございましたら、お手数ですが下のメールフォームよりお知らせください。なお、http:を付けるとエラーになってしまうようなので、ご投稿いただける際にはhttp:を抜いていただきますよう、よろしくお願いいたします。
相互リンクの反映に時間がかかってしまい申し訳ありません。気長にお待ちください。


嬉し泣き
美麗なタイトル画像を描いてくださっているのは、こちらの方々です。
本当にありがとうございます。


七市様
Shadow3_convert_20091008101141.jpg
ハルヒとやる夫、やらない夫の表情が最高のタイトル画像。冬にぴったりの美しい作品です。


1様
http://blog-imgs-15.fc2.com/y/a/r/yaruomatome/yaruoblog_title_convert_20091026144430.jpg
柔らかで暖かい雰囲気がたまらない作品。みゆきさんヤバすぎで管理人狂喜の舞を舞っておりますwww

1様のプロフィールはこちら


65様
securedownload_convert_20091008101321.jpg
同じく「やる夫がチェルノブイリに旅立つようです」より。元ネタの雰囲気をビンビンに伝えるダークな作品。


草葉様
Shadow3_convert_20091008101141.jpg 「やる夫がチェルノブイリに旅立つようです」をモチーフにしたタイトル画像です。物語の後、このタイトルを見て吹きました。

219c0c442.jpg

草葉式


味噌様
yaruoblog_convert_20090519194443_convert_20091008101235.jpg
やる夫ブログ初!物語とタイトル画像のコラボレーション!快く、最高に美しいタイトル画像を描いて下さった味噌様に感謝です!




トンボ様
minamike_convert_20090519194731_convert_20091008101216.jpg
夏にぴったりの逸品を、トンボ様よりいただきました!水着ハァハァ(´Д`;)


トンボのかんさつ日誌


ヒジキ様
nagato_convert_20091008101341.jpg
管理人のツボにはまりまくりの長門!大好きだ!結婚してくれー!



ヒジキ煮


aro様
yaruo_blog_fix_convert_20090210225801_convert_20091008101403.jpg
らきすた勢の見事な描写もさることながら、このやる夫にしてやられました。


Charged time-out


Yutaka様
RMm06_convert_20090127165950_convert_20091008101426.jpg
個人的に水銀燈が一番好きです。タイトルのセンスも◎。本当に有難うございます。





マブチョコ_m様

この魅力的なボディにくらくら!管理人はこの人の同人誌が大好きです!やる夫ブログの記念すべき初タイトル画像。全てはここから始まりました。



うにゃらら大飯店



イチオシ

やる夫がDQⅢの勇者になるようです

自らを成長させる姿に心震える
作品。普通の掛け合いなのに、
自然と笑みがこぼれる構成と
演出は見事の一言。
自分を好きになれる、極上の映
画を見た後のような読後感は、
自信を持って「最高だ!」と賞
賛できる作品です。





過去の「イチオシ」一覧を作りました。
管理人オススメ記事

管理人が抱きしめたいほど好きなやる夫作品

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。