FC2ブログ
2017 07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 09
やる夫ブログヘッドライン



【お気に入りサイト新着記事】 【カテゴリー一覧】

    
   
【最新エントリ】



スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




カテゴリー「スポンサー広告」内の最新記事

だ

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | はてなブックマークに追加

やる夫が薔薇屋敷に監禁されるようです 最終回 

113 : ◆86z7qPaqJU :09/02/08 18:14:49 ID:l075unsl
 
     〈:::::. :.::::::. :::::}:::::::::::ヽ,.イ     ` T´       /  .
     ヽ::::::::::::::  ::l:::::::;ァ'´  l       |     /::::.. ::::.
      `i::::::::::  .:i:::::/    ',     ,l     /`ヽ:::::. ::::
      l:::::::  .::l:l::l::!ー-、_   ',    / ',    l  __j:::;:::::           ~ 前回のあらすじ ~
.       ,{::::: .: ::::lヽヾ、   `゙ヾ   /  ',     ̄ ノ-jル'
     /';::::::::  :: '、 ィ`''ー-ヽ  〈   〉  ∠--- 、          やる夫は雪華綺晶を追い詰めた。
     /:::ヽト、::.   ヽ'、ヽ、   _,ゝ、 ヽ/  イ_    ノ/
     `ヽ:::`::ヽ:. :. :', `゙i ̄      |     ̄ ̄, ' /
       i:::::::::';:::.::  :l  l         |         !  l{::
       l:::::::::ハ:::::: ,'、  ト 、    |     _, イ   }::
       l::::::::{:::::::  { ヽ、l  `ヽ、  |  _,.- ´  l ,ィ´::
      ,1::::::::ヽ::. 、ヽ  `    `' ‐i‐''´     ´ l/:      < ついに最終回だ。正月の長期休暇や
.     /.:::::::::::/:::::: ',l丶、   ー------一    /!:         先月末の延期等、非常に申し訳ないと思っている。
    ノ.::::::::::::/..::::  l`ヽ、\    __     / _」
    ゙ヽ、::::::::/.::::::  .:::l`ー-ニヽ、       ∠‐ ニ-1./         そして、ここまで来れたのは読者の皆の支援が
   _,.-‐':::::::{ :::::::. :::::!     ̄ ヽ、    /‐,彳 _ //::: ::        あったからに他ならない。本当にありがとう。
  /イ::::::::::::::ヽ;::::::::... :{   ヽゝ ヽ |~「.「 / ´/彳l::::::
    `゙ゝ::::::::::::::ヽ:::lヽ:.ヽ  l`゙ヽ ,、l|.|| ̄フ `7 | ::l:::::







114 :名無しのやる夫さん :09/02/08 18:15:32 ID:l075unsl
 
 
   """  ; ;;; ;;;,, , ,  ,, , ,,,   ''''' """"    ""'' '
 、ミ゙゙         |. `く '/   l  レ'  /l. |/ l l ,.ィ
ゞミヾ.         ト、 |  │    l /  / |/  レ' /
.ミ   __,ヘ._    l `! . | |   l |レ'  |   // /.
ミ   「 /ヽ|    !. \ヽヽ l |  V//  /, ,//   /
゙   〈 〈 _     =ミ≧ _ゝ-゙>┴=v'〃 /" '∠= ニ彡    どうしてそんなに急かすんだお、やらない夫……
    ¬ レヘ_  \ ,ヘL / /__,  , ‐-  」r 、 ´/
        ヽ,勹 了  `!l.∨ /(●)   (●) | | } /     お前にとってもコイツは、真紅やできる夫の仇じゃないかお。
         '¬, 〈_   ヾ|./    (__人__)  y'ハ}/      もっと苦しめてやらないと、お前も気が済まんハズだお。
         `ー-ゝ  |レ     ´ ̄`    |
              \            /  r',ニ_マ
                _/ゝ        くヘ._ ,〃   ヽ了
           ! 、-ー'´::::::::|-ー-ヽ.∠-─ ./::::_」{::¨ス  }〈
           |/`i:::::::::::::::::l   }    /::::::::コ」:/ ヽ. jノ
             l::::::::::::::::::ゝ_     /:::::::::::::::/   j



      / ̄ ̄\
    /ノ(  ゝ 、_,ノヽ       確かにそうだが……
    | ⌒(( ●)::(●)     雪華綺晶が逆転の一手を持ってるかもしれない!
.    |     (__人__).
     | U ` |::::::::|´ノ.      焦らした挙句に失敗したら、元も子もないだろうが!
      |    `⌒´ }.
       | u     }
      |  u    ノ







117 :名無しのやる夫さん :09/02/08 18:16:20 ID:l075unsl
 
     / 〃 t(⌒´  ̄          ̄   ヾ一;、/ | ,
.    /   {し_)     /  i         ヽ   ノイ  ′ !
    /    /./ / / 〃     ハ | i  ∥   ゙,   ∨ /  j|
  /  / / , ,  ″: | |i  ?| |∥ ,  | i  ' /|   〃
    / イ | | ∥||| || ,..⊥l | |∥ |! | |  /' |  ||
   /   | | | ∥|l| | {f'´|メ | |∥ |! l/  /  |  ||
 /   /| ∥ | j⊥ヘ¬ ム)) |∧_/|_l_/j! /  /  i |  ||   (……あの方法で、不意を……)
    /  | 八 ∨{ ィrァミ くヾ ノ' 斗┬ャミ /  ,   i|  l|
   /   ヽ |ヘ トヽいYレ' ノ    ゝツノ / ′  l   l|
 /      イ  |`ヾ二 イ ,      / イ  i  |   l
      //  | 下 乙  ,._    / / |  |     |
      /__/  イ  |{>‐、 `    / /l | |  |   |
    / K⌒Y´  し¬ \ (>z<:/ />| |   |     l


     / ̄ ̄\
   /   _ノ  \
   |    ( ●)(●)
   | U    (__人__)    (ほら、何か考えてやがるぞ、あいつは……
.   |        ノ      できる夫を操ったりする狡猾な奴が、切り札も持って無いとは思えんだろ、jk)
    |      ∩ ノ ⊃
  /     ./ _ノ
  (.  \ / ./_ノ │
  \  “ /___|  |
.    \/ ___ /







119 :名無しのやる夫さん :09/02/08 18:17:12 ID:l075unsl
 
         _√ィ⌒)), < `ヽ /  `> 、((_r≦ヽ
       / 厶=ミ ∠__   `      ´── {f以}〉)\
.       /  《ゞツ辷ー           ニ 二 ̄ `ベ((_) 、\
      / / ((¨´   ̄        l     iト、   ∨  }  i
.     / / (__))    i   i | i l i| |li||il| | i   }  ,′|
     ' /     | i| l   i | | l l| |li||il| | l i /  {   ,
    〈 {  /  i| l| | l i | | l l| |li||il| | l i {  ヽ   ヽ
     , ', /  l| l| | | l | ))i l i| |li||il| | l lハ   .   }
      ハ i {   il| l| l |, =彳|! l| ,」li⊥⊥⊥L! l ト  }  ,′  (あなたも、あの下僕の所へ送ってあげる……
    / l i ヽ  il| ! | | r{辷ト、 | | l| | l⊥⊥_! l | l l }ヽ  /!    2人一緒なら、寂しくないでしょう……?)
.  /′ ! i  ト 、ハl| l/バY^ト{ | リi イf弐_ケ`l ヽl  / /  //
/ /   }∧ ヽ ヽヽ ゞ弋ソソ      ` 冖'^ ∧ l  { /  / ′
. /   /  ,  ) } ハ ` ̄))  . .       / }ハ ハ  ' |
 ′ (     } / // ∧ ((   _ ._     イ イ '、ハ l  !
      ヽ  / /  {   /  > 、  ` ´   イ ノ/,小、 \j l  、
      丿 '/{  ヽ { .ィ`Y´ > .. <ノ⌒´// i| `丶、\ヽ \



   / ̄ ̄\  て  ハッ
 /  ノ   \  (
 |  (○) (○)|
. |   (__人__) |     (ん? なんだアレ。
  |U  ` ⌒´  ノ     あいつの脚から出た茨が、地面に……)
.  |  U      }
.  ヽ     U }
   ヽ     ノ
   /    く
   |     \
    |    |ヽ、二⌒)







120 :名無しのやる夫さん :09/02/08 18:17:45 ID:l075unsl
 
      / ̄ ̄\  て
    /ノ(  _ノ  \ (      ……! そういうことか!
    | ⌒ ( ●)(●)
    |     (__人__)         やる夫ぉ! 下から来るぞ、気をつけろ!
     |      |r┬| .}
    |       | | | }
   ,..-'ヽ     `ニニ }
  ./::"::::`ヽ、.,__ __ノ ゙
 /::i::::::::::::"'弋'!ー',イ>|'_ノ´`ー -,,_ _
. }:::゙|::::::::::::::::::::~゙:_戈;f"  、    イ/ `i
/:::::::!;:::::::::::::::::::/',r.テ    \xー.ォ、__ノ
::::::::::::ヾ!:::::::::::::l .l r'   ` 、_冫y"
:::::::::::::::::\o:::::l .ト、  ヽ,_ノ"ー'
:::::::::::::::::{::::{\代 l>ー、,_ノ



   """  ; ;;; ;;;,, , ,  ,, , ,,,   ''''' """"    ""'' '
 、ミ゙゙         |. `く '/   l  レ'  /l. |/ l l ,.ィ
ゞミヾ.         ト、 |  │    l /  / |/  レ' /
.ミ   __,ヘ._    l `! . | |   l |レ'  |   // /. ,
ミ   「 /ヽ|    !. \ヽヽ l |  V//  /, ,//   /  -
゙   〈 〈 _     =ミ≧ _ゝ-゙>┴=v'〃 /" '∠= ニ彡 `
    ¬ レヘ_  \ ,ヘL / /__,  , ‐-  」r 、 ´/
        ヽ,勹 了  `!l.∨ /(●)   (●) | | } /     え? 何?
         '¬, 〈_   ヾ|./    (__人__)  y'ハ}/
         `ー-ゝ  |レ     ´ ̄`    |
              \            /  r',ニ_マ
                _/ゝ        くヘ._ ,〃   ヽ了
           ! 、-ー'´::::::::|-ー-ヽ.∠-─ ./::::_」{::¨ス  }〈
           |/`i:::::::::::::::::l   }    /::::::::コ」:/ ヽ. jノ
             l::::::::::::::::::ゝ_     /:::::::::::::::/   j







121 :名無しのやる夫さん :09/02/08 18:18:23 ID:l075unsl
 
 /   ,_{:::__ )ヽ、_                 ,,イ、ヽ_,-、ノ
  /   ゝ_jヽ   `                 r-r_イ\
:/   f r- '              ,、             ト-、.ヽ  \
      ゝ二ゝ'    /      / |   i    j      !  ノ ノ\ \
      / //     / ,    / /_ l  /   /!     ! ` T     ヽ ヽ
     / //i    / /  ,イ  λf' j ,ィ   / |!   /│ |     |  |
    / ///  ,,/j_/- /-l、i_/,ノj / / l j_/!_|_  //l |  |      |  |
  / / l   / /∧ /-f,j│fイ/ / iリ+/,. =j_/!/,リ   |.     |  |   もう……遅い……
/ /   !∧ !,ノ  トヘ_`少V j/   イ´ir,ノ/ / l     |     .|  |
/      `' ´   /、jfLー- '_/     ` ̄   ∧,│  、, i    │ |
           /\_f~ζ´    <i        /ノ| |   |、ヽ   ノ /
         /: : : : ヽ.       _      /: : .| |   |-! |  ̄_,/
        / : : : : : />ーr  ` ´  ..ィー-'ゝ: .| !   ト| |\
      /: : : : : : : / \   `ー-、<ノ  /: : リ|   |│|ヽ `ー -、
   /⌒`ヽ-、_/´ヽ  ノ\.   .ノ   ::く: : : : : : ! __.│| |   ̄ ̄\\




                ,. -‐──- ,,,
       ,,,-- ,_    /,/  ̄ ̄ ` \\
  イィ\ /,r'⌒ヾ゙i //          ゙i゙i
 !、゙i ゙i ∨.,r'   ,.゙i゙i、,r'、 -‐v─- ,,__   | |   ドシュッ
  ィ '-`、<ミ_辷`_,r'}}/,r'¨¨´ ̄`ヾ ゙i  /,/
   `¨'イ ニニニ -リー`       ヽ∨/
              ゙ッ__))     /,,Vr
               ` ̄´     // ヾ=ゞ
                    | (
                    ヽゝ







122 :名無しのやる夫さん :09/02/08 18:19:19 ID:l075unsl
 
       ____
     /ノ   ヽ、_\
   /( ○)}liil{(○)\
  /    (__人__)   \   うわぁぁぁぁぁぁ!!
  |   ヽ |!!il|!|!l| /   |
  \    |ェェェェ|     /




    あぁぁぁぁ!!

  `¨ - 、    _-‐' ̄ヽ         ヾ薔ゞ
       ` .ー´   く.          //
                `ヽ.       //  ズルッ
       .          ヽ   彡 //
 ーーー---ヽ          _j    //
         \      __j´
            ̄ーー'^´







123 :名無しのやる夫さん :09/02/08 18:19:57 ID:l075unsl
 
   / ̄ ̄\
 /ノ( _ノ  \
 | ⌒(( ○)(○)      げぇぇぇぇ!
. |     (__人__)    言わんこっちゃねぇ!
  | U   ` ⌒´ノ
.  |         }
.  ヽ  U     }
   ヽ     ノ
   /    く
   |     \
    |    |ヽ、二⌒)


       /   / // l/i /  l ,! ,  |   !   ||.:i 人式i| |
        /   /   ,イ /   l  )/   l  /   / l|::|! /^Y^i |
      ,/  / 1 !(( /  ,rr=' l/  /l  /  / / l::|  _ノノi |
      /  /  | |:.:〉こ二仆 l /1 / l /  / / |.:|(( _ ノ  |
    ,/ /   | |:〈{ (Y) ) )}l/ l / ─‐- 、./ / /^i^7     |.  
    / /     〉トト、ト、こ ニソ    r==ミ、 ヽ| ,/ / |/     ,′  ……さようなら、駒鳥さん……
   ,/ /     // V^l/ ー‐'′     { ,fか} 〉i::/ / /   , /
  / /     //  l{ _)           ゞ‐‐ < :/ィイイ /   / / |
 ,/ /    //  |,.ヘ   ヽ _,      /   / /   / / .!
 ′/   人//  /(⌒) 、          ,.ィ:/   / /   / /  .:|
  / /    >イ   入L1 >‐──一<⌒/   / //!// /  . :.|







124 :名無しのやる夫さん :09/02/08 18:20:45 ID:l075unsl
 

  `¨ - 、    _-‐' ̄ヽ  ヾ薔ゞ
       ` .ー´   く   //
                `ヽ//  ガシッ
       .          ヽ
 ーーー---ヽ          _j
         \      __j´
            ̄ーー'^´



 /   ,_{:::__ )ヽ、_                 ,,イ、ヽ_,-、ノ
  /   ゝ_jヽ   `                 r-r_イ\
:/   f r- '              ,、             ト-、.ヽ  \
      ゝ二ゝ'    /      / |   i    j      !  ノ ノ\ \
      / //     / ,    / /_ l  /   /!     ! ` T     ヽ ヽ
     / //i    / /  ,イ  λf' j ,ィ   / |!   /│ |     |  |
    / ///  ,,/j_/- /-l、i_/,ノj / / l j_/!_|_  //l |  |      |  |
  / / l   / /∧ /-f,j│fイ/ / iリ+/,. =j_/!/,リ   |.     |  |    え……ッ!?
/ /   !∧ !,ノ  トヘ_`少V j/   イ´ir,ノ/ / l     |     .|  |
/      `' ´   /、jfLー- '_/     ` ̄   ∧,│  、, i    │ |
           /\_f~ζ´    <i     xx  /ノ| |   |、ヽ   ノ /
         /: : : : ヽ.       _      /: : .| |   |-! |  ̄_,/ ビクッ
        / : : : : : />ーr  ` ´  ..ィー-'ゝ: .| !   ト| |\
      /: : : : : : : / \   `ー-、<ノ  /: : リ|   |│|ヽ `ー -、
   /⌒`ヽ-、_/´ヽ  ノ\.   .ノ   ::く: : : : : : ! __.│| |   ̄ ̄\\







125 :名無しのやる夫さん :09/02/08 18:21:28 ID:l075unsl
 
           /   /   `丶、 \::::/ゝ二火::::\イ   ハ
             l / /       _.二ニYス.   /ソヽ/    l |
              jノ イ   _      '     ヽヘイ /_  ヽ    ' :l
             〈 /{/          , _ノ_ノ└'´ \ ヽ l  / j
           {j:.:i  、_ 、      / 厶こr`Y    V>-、/  ,
               ヽVY〈 ハ         Vしり } '   く7゙/ヽ l /    茨が、止まった……?
              l} ヒr」       ゞー '´     l! ノ , / /
            _, | ゞ' .             /'_./, '
           /´  ',   ヽ       \_f´ ̄`¨ヽ /
           {!  ,.-\   マ二)         |    . : :ヽ, -―- 、
           ゞ、/  : .\   ::.       L-- 、: :/
               入 ̄ , -_‐≧:. 、    _ イ―-ゝ:_/
           /  \/´ . : : 〉   ̄イ⌒ト|   : :/


         ____
       /::::::::::  u\
      /:::::::::⌒ 三. ⌒\       はぁ、はぁ……あ、あれ?
    /:::::::::: ( ○)三(○)\     や、やる夫は何もしてないお……
    |::::::::::::::::⌒(__人__)⌒  |
     \::::::::::   ` ⌒´   ,/
    ノ::::::::::u         \







126 :名無しのやる夫さん :09/02/08 18:22:15 ID:l075unsl
 
             >'´ /   ∧    |    i| ヽ.      \
           /   /     /::::ヽ _,斗:.:.:.: :   |   !  :...   \
            〉       ::ー‐^´¨ |:.: : !:.:.. ト、  |   :.:.:... : :..`ー-、
              |   |  il  ::|       ! ::∧:. :.  ,=‐i   :.:.:.:.:...:.:.:..:.:./
             / .:.:.:.:|  i|   ::|       | / ,ィ|,.イ´__ ∧  ..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/
         / :::/イl|  l|  ::|=、>ー=、 i′|:rレ弍¨ヽ ト :.:.:.:.:.:.:.:.:./
        ./::/  /   |  |´戈¨T |ト==、|| 弋__ソ‐|/.:.:.:.:.:.:.:.:.:\
        レ'゜   / /  iヾヽ! 辷_ソ」|   ヽ=====' マヽ.:.:r-‐'´   ……そこまでだ、雪華綺晶。
              レ' レ'〉 ! ヾニ=== ′〈           'ノ::;;;>     これ以上好き勝手はさせない。
                  ̄ヾヌ、      `       ,/‐'´
                    ̄ヽ       ー‐      /          僕の作った下僕制度が君を生んだのなら、
                     \           _, ィ´          ケリをつけるのも僕の仕事だ……
                        `¨ニt-  -‐' ト-┐
                  _   /´iイ      |/ ヽ―-- 、__
                  /i  ゞ7″ | ′    /    |     `ヽ、


    r───────-、
.   ヽ,.ヘ、__,. '⌒,ゝ    l
. ヾ`く     /./ヽ.  |
  /\_]|  |「_ ∠_ _」 │
 「::==。lニニ「:==。=::|r=、 |     な……坊っちゃん、いつの間にそこへ!?
 ヽ:::: ̄:l  l:::: ̄:::::ノ||^!| |     さっきまで俺の横に……
  l  ̄ L___.」 ̄ ̄u ||ン│
   ! ⊂ニニニ⊃  .∧.  ト、
    !   --   u / ヽ !:::\
  __,∧____./   >|:::::::::`ー
 ::::::::::::| \      / l:::::::::::::::
 :::::::::::::l.  \  ./   l:::::::::::::::
 ::::::::::::::l   ンく    l:::::::::::::::







127 :名無しのやる夫さん :09/02/08 18:23:59 ID:l075unsl
 
: : : :',       .:.:.:.:.:  \      ',::::::::ト、.::::::::|  i:.:l
: : : : :',      .:.:.:.:.:.:.ト、 \     ',::::::lニ\:::::|  ||
: : : : : .',     .:.:.:.:.:.:l \ \/  ',::::l   ト、|
: : : : ::::::',     .:.:.:.:.:.:l   `y':/ニヽ ',::l1   l |
  .:.:.:.:::::::::∧     .:.:.:.:.:.:l  ///  い / l
:.:.:.::::::::/ ヽ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l ../∠    い /ハノ/
.:.::::::::./   \.:.:.:.:.:.:.:.:.:V彳o:::ヽ   j! !  `ヽ    さっきのいざこざの間に、やる夫の後ろに隠れておいたのさ。
.:::::::::〈       \.:.:.:.:.:.:.:}ム:::::::ノ´ //    /   
、::::::::::.\_,, -‐  \.:.:.:.:l  ̄ //     ,.イ    僕は同級生と比べても比較的チビだし、
 ヽ            \:L_//      /ヽ    やる夫は白饅頭のようなメタボ体型だからね……
  \          └=='     //     
    \                   /
     \                 ,′
       \               ,′
        \`ー--------r---‐‐'´


 , '  ,`l.__丿ゞ、_ ー-            -ー',,,lヽ___ノ \
'   /  ./_))    ""''             "" l ((__ゞヽ  ',
./   ((_"_         |  |    |      .l" l_)) .',  l
     /  ̄))    / i  l l  |    |       i((l   l  l
    / / /   ./  i  l ,._.l  l !   l !    ,   l `l    l   l
   / / /    / / / l (( !  l l  .l l   ノ l  ! l    l  .l
  / / /   , ' ./ /―i--l))| l .l-、-l―l― ,l .l l  l  l    l  l
 /././   /,' / /-,-、-,/┐! .l lノ_,.-=',"-,ノ.lノl レ'  .l   l  l   ……「責任者」……
ノ./ l ,  / l ∧.l〈`_∂ノ,} ノ レ'  '(::i:::ノ/ l .|     .l   l  l    桜田、ジュン……
/.  ∨∨  i/ /i((`<^_ノ      ̄``  l ! .l    .l l_,.-'" /
        /\l`)〉      〉    u  lノl .l    ll l_,.-'"
       /   ゝヾ     _ __     イ  l l    l l l''-.,_
      /   / \u        / \ l l    l l l''-.,_"''-.,_
     /     \ .└`ー 、 __ ,. -=´┘ / .l l    l .l l  "''-, "'',







128 :名無しのやる夫さん :09/02/08 18:24:41 ID:l075unsl
 
                  __
        ノ L____    〈〈〈〈
       ⌒ \ / \   〈⊃  ノ
      / (○) (○)\  |   |  誰がメタボ体型だお!
     /    (__人__)   \ノ   !  
     |       |::::::|     |   /   ……って、そうじゃない! ジュン、よくやったお!
     \       l;;;;;;l    /  /    お前がやる夫の代わりに、あいつを苦しめてやるんだお!
     /     `ー'    \ /
   /             /
  / _            /
  (___)         /



まだそんな事を言ってるのか!
相変わらず学習しないヤツだな!
    ___
    /    \       ___
  /ノし   u;  \   ;/(>)^ ヽ\;
  | ⌒        ) ;/  (_  (<) \;    うぐぐ……
  |   、       );/   /rェヾ__)⌒:::  ヾ;   だって、できる夫や蒼星石はあいつに……
  |  ^       | i   `⌒´-'´  u;  ノ;;
  |          | \ヽ 、  ,     /;
  |  ;j        |/ \-^^n ∠   ヾ、
  \       / ! 、 / ̄~ノ __/ i;
  /      ⌒ヽ ヽ二)  /(⌒    ノ
 /       r、 \ /  ./   ̄ ̄ ̄/







129 :名無しのやる夫さん :09/02/08 18:25:51 ID:l075unsl
 
   / ̄ ̄\
 / ノ  \ \/`i
 |  (●)(●)./  リ
. |  (__人__)..|  /      やる夫! 油断がどういう事態を招くか、知らんお前じゃないだろう!
  |   ` ⌒´ リ  ヒ
.  ヽ     //  ,`弋ヽ   小さい相手だからと侮って、水銀燈にボコボコにされた!
   ヽ  - ′.Y´  , `ヽ`.l  蒼星石から情報を聞き出す時は真紅達に盗み聞きされてたし、
   /〈  `ー〈::....ノ   V   「責任者」に会う約束を取り付けた時は大声で喋って薔薇水晶に聞かれただろ!
   | ヽ_ー 、 `ヾ_/ //
    |    フ-、`ー┴‐-〃
         `ー‐一′


         ____
        /ノ   ヽ、_三二ー-
       /(○)}liil{(○) \
       /  (__人__)   三二ー    いや、最後のはお前のせいだろーがお!
       | ヽ |!!il|!|!l| /   | ,,,, _
 .  r‐、 /)  |ェェェェ|    三二=''    それに死んだあいつらだって、雪華綺晶が苦悶の表情を浮かべる姿を
   } i/ //)ヘ` ニニ´__ ノ´ )  ̄    今か今かと待ち望んでるハズだお!
   l / / /〉 丶、_   _,ノ
   /|   ' /)  |       三二ー






132 :名無しのやる夫さん :09/02/08 18:26:42 ID:l075unsl
 
        ,' /.:.:;′/:/.:.:::/:/!::::|::ト、 .:.:.:.:::::::|::|::i .:.::::::::::::::.:
         l/.:.::;'.:.:/./.:::ノ::/ |:::::|::ト、ヽ.:.::::::|:::|::|::| .:.::::.:::::::::::|
        |:l:::::l::::|:::レ':ナナヽ|:::::l::l\ヽ.:‐:十:|十!、.::::::::::::::/
        lハ::l::::|:::レ'´ ‐- |:::/l/  \::::::|:::|::|::| .:.::::.:::|:./
            ',l::::|:::|  _  |/       `` ``7!.:.:::::.:::|/.
           ト、ト::ト、´ ̄`ヽ     ‐==ミ、 ./:!:.:.::::::::|     ごめん、望んでない……
            ヽ:|:::|::!             /./.:.:::::::::;′
              `l:::|::ト、    _`_   u  /::/.:::::::/l/
           |:::!.l.:::>、     `   ,..イ::/::::::::/
           |.::::::/:::/ニ>.--‐ <ニ7⌒:::::/


       ____
     /⌒  ⌒\
   /  ○  ○  \
  /::::::⌒(__人__)⌒::::: \    !?
  |     |r┬-|     |
  \      `ー'´     /







133 :名無しのやる夫さん :09/02/08 18:27:31 ID:l075unsl
 
            /  /        | l   | ハ   | }  ヾニィf′| |:|
        /  '        | | !  j/イ  川     |:|   | |:|
          /  |       | | |/} _L.// |      |:|   | |:|
        '    ||      / | /イ/ィ゙´〃 |   /|:|  | |:|
       l|   ||ヽ    / 〃 / イ_ソ 彡'′ |    , l::|   | レ
       | |     l ヽ \  {           ,   /| レ'   |     ふふ……いい間抜け面ね、白饅頭の下僕。
       ||ヽ  ト、 >≧            / / |     |
      |ヽ \ \ ヾヘ_ソ ,           //  |    |     それだけ驚かれたら、
          |\|\ >|  \      ィ         |    |      死人が戻ってきた甲斐もあるわねぇ?
          |:| 八  { ヽ    ∠ ィ´      |    |l\
   _     |:|  \ \\ _           |    ハ \
   \: : : .ー- レ    | ` ー┬‐<             l    厶┴ 、
    \: : : : : .` ー-|   | / `  ァー--‐く -‐7   /.:::::::::::..\
―――‐ `ー- 、: : : : :|   |./     / / /:「」:.ヽ′   /.:::::::::::::::::::::


          /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\        ヾヽ  \
      , イ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\       l }   \
      ./.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:../:.:.:.:.:.:..:.:.:ヽ _ヽl!/_  l }     \
      /:.,ィ :..|:.:.|:.|:.://ヽ:.ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:\. l!ヽ  l }   ゝ  \
    '::// :.:.|::.:|:.レ:/__  ヽl:.:.:.:.: .:.:.::.: l     l }    __    \
     l:.| {:.:.:.:|、:.l/ィ´ ̄ ´  lト,:.:./ :.:.:.:..:.!,    l }    _     \    死“人”じゃねーですよ。人形ですから。
    丶! ヽ :.|乂./ __    ヽV:.:.:.:.:.:.::/i    l }   √ .:.: ̄ ̄ ` ヽヽ
       へ!i.ソ ,,== ゝ   /:.:.:.:.:.::./ f! /   l }__ノ : .:.:.:.:|  ___\!  ……ジュン、その白薔薇を摘むのは
         r           /イ:.:.:.:.:./ = .=  l }ハ:.:.:.:.:.:.:.:.|!/        ちょっと待って欲しいですぅ。
        丶  _      '/:.:.:. _イ / i! ヽ /ノ:.::.:.:.:.::.:.:.:|
          \``   _,ノ-‐ ' ノ /      / ).: .l:.:.:.:.:.:.:.:|
           ヽ.       /       / ):.:.:.: |:.:.:.:.:.:.: |
           / ` ー─┐  '!l!/_   / フ:.:.:.:.: | :.:.:.:.:.:.:|
            /i!ヽ ノ  rー イ/ ヾ  / 7:.:.:.:.:.:.:.:ヽ:.:.:.:.:.:ヽ







134 :名無しのやる夫さん :09/02/08 18:28:14 ID:l075unsl
 
             >'´ /   ∧    |    i| ヽ.      \
           /   /     /::::ヽ _,斗:.:.:.: :   |   !  :...   \
            〉       ::ー‐^´¨ |:.: : !:.:.. ト、  |   :.:.:... : :..`ー-、
              |   |  il  ::|       ! ::∧:. :.  ,=‐i   :.:.:.:.:...:.:.:..:.:./
             / .:.:.:.:|  i|   ::|       | / ,ィ|,.イ´__ ∧  ..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/
         / :::/イl|  l|  ::|=、>ー=、 i′|:rレ弍¨ヽ ト :.:.:.:.:.:.:.:.:./
        ./::/  /   |  |´戈¨T |ト==、|| 弋__ソ‐|/.:.:.:.:.:.:.:.:.:\
        レ'゜   / /  iヾヽ! 辷_ソ」|   ヽ=====' マヽ.:.:r-‐'´   お、お前ら、無事だったのか!?
              レ' レ'〉 ! ヾニ=== ′〈           'ノ::;;;>
                  ̄ヾヌ、      `    u  ,/‐'´       それに「摘むのを待て」だって……?
                    ̄ヽ       ー‐      /             いきなり出てきて、何を……
                     \ u         _, ィ´
                        `¨ニt-  -‐' ト-┐
                  _   /´iイ      |/ ヽ―-- 、__
                  /i  ゞ7″ | ′    /    |     `ヽ、


        / ̄ ̄ ̄\
       ノし ゙\, .,、,/"\
     / ⌒ (●)ヾ'(●) \   ほら、やっぱりやる夫の言った通りだお!
      |    ⌒゙(__人__)"⌒  |   苦しめてからでないと、みんなも気が済まんってことだお!
       \    `ヾ,┬、/` , /
.       /⌒/^ヽ、 )__( ,ィヽ、
      /  ,ゞ ,ノ ゙⌒" ,  \
     l /  /      ト   >
       ヾ_,/         |/ /
       |         |/







135 :名無しのやる夫さん :09/02/08 18:29:27 ID:l075unsl
 
..       /`ヽミ_ミミミミ.ミミミミミ_彡: :‐''": : : : iヘ
      , : : : : :l: |: : 「 ̄: : : :'; : : : \: : : : : : : l: ,
      |: : : : : |: !: :ト、: : :ト、: :ヽ:. : : :.ヽ.| : : : : |: |
      |: : : : : |: l : | ヘ: : .';.ヽ: : ヽ: : : : l: : : : : |: |
      |、: : : :.|: l : |  ヽ : ヽ ヾ,,..\‐テ: : : :. :.|: |
       |:ハ: : : : 「| ̄!`   \: ´ _ヾ,.ニゞ: : : : : :| :|    だから、そんな事は望んでないって言ったじゃないか。
      ′ヽ: ト、 k`rェ‐ュ、  ``´}k. zリイ : : : : : !|   
          \:.ヘ`ゞ-`'     ` "´.|: : : /:l:ハ|   ……それに、無事だったのは僕達だけじゃないんだ。
            |`.ヘ''''  ` _    ```l: : :/: ./. ′
           lルヽ`> 、 ___,.. イ´.|/:/ル/
           __,ヽィ-イ >ュ ''´ _ルソ`>、
          /´:.:.:r '//イ/| ト<"´ // ):.:.:.ヽ


      _j /: : : : : :: ィ_j__r t,___r\ : : : : : : j: : : : ゞ
    r': : :\: : : :;/r′       \: : : ノ: : :,.ィ
    ヽ: : : : :\/_j´   ::;'    │   ~~\: :.∧
     入: : _ .ィr' T   :::l!     ::l:   ,   ∨   ヽ.
    ′ V`´ ,  | _i__/!     ::,' _ /j::::   i: i
 /    {  \l イゝト、l ゝ  ::::/j_./j メ  ノ  l
        ハ  トゝィ,二 ヽ ヽ..ノ ',..二ヽレイ::::ノ .     そうよー!
____   ::ゝ..ゝi! トrtレ!      トィt::! l!j ィ     ,.    ヒナ達だってちゃーんと生きてるの!
  ::::::::::: ヽ__:_ノム ゝ-'   .   ゞ- 少ーゝ . /:::::
____ :::::::: > -..> :::::  rー‐ .  :::: ゝ=--'_´_::::_
  ノ:::::::::....   フ ゝ、   、_ ノ   ,∠ト 、./´::::__
    ̄ ̄ _> ' ⌒`ヽ, -v- 、 ___ .ィ=v ´ ⌒ヽ二二r、_
      /: : : : : :/  へム  _r'_ヽヽ: : : : : :\







136 :名無しのやる夫さん :09/02/08 18:30:26 ID:l075unsl
 
        ̄>二ツ      ̄ ̄ ` ー-、
       //´ /   ̄`  --── 、 {ツ/二ニ=ー
     //   /     /   ヽ     ` く二ニ=ー
    //    /  l/\|    ||  |    |`ヽ\
  //.    /|   |   |\/   ||  | |   | |  ', ヽ
 / く   __   l | ||十ト、|\.!/L ___!/ .l | !    \\   ええ……壊されてなんか、いない……
 ` ̄ ̄`ヽ >  ゞ\く戈テミ、|/メ-≠/ミ////     ) 〉   ただ、時間を取られてしまっただけ……
    //   // 人| ゞー'゙ |/ ゝ伐ソj/イ/|   //
   //.   /─- 、∧   '   ` ̄∧/l. !  //
 //    /|\:.__r=≧ 、` ´ ,. イ´ |  ! | 〈 く
〈 く´     //|: : }: : : \} ノ´二/〈__l_,⊥L__ \\
 \\ -=/厶l: : {_-ー 「:} /´: :}/: : : ─-- 、/}. \\


                 __
           イ孑< ̄ヽ   入
          _く  ヽ \ ヽ.  そ\ __
         {  \  ゝ '―‐'‐-弋ヘヽ ノ‐.、
          /丶 、ゝ'        圦ミく   人
        7=-/      ヽ  ヽ  えこl! Y  ノ
       /   /    l l     ',  ', j YYノl! ; :Xー 、
       ∨ / / ; l! l!   | l./!ハ l l ソ.ノ∧   /.   だいたい、姉が揃いも揃って
          ∨  ! ! l! l!! ; .リイ,ィュト! l! |/:∧辷/、   末っ子に負けていられないのだわ。
          |! l ', l!斗十ヽソ ' ヘ.ソlノ| l!ノ l    ',
       . へ、 ヾ. ', ィ代? ,   ::::::: イ |  l  ',  ',
      /  . .へ ゝY ヘ :::::  _   .イ | l!__ |!  ',  ',
    /   /    ,j /`ー- 、 .._// :| |: ヽ!  ',  ',







137 :名無しのやる夫さん :09/02/08 18:31:56 ID:l075unsl
 
 , '  ,`l.__丿ゞ、_ ー-            -ー',,,lヽ___ノ \
'   /  ./_))    ""''             "" l ((__ゞヽ  ',
./   ((_"_         |  |    |      .l" l_)) .',  l.          やっぱり生きてたか、真紅ゥー! >
     /  ̄))    / i  l l  |    |       i((l   l  l          くっつかないで、暑苦しいのだわ >
    / / /   ./  i  l ,._.l  l !   l !    ,   l `l    l   l
   / / /    / / / l (( !  l l  .l l   ノ l  ! l    l  .l
  / / /   , ' ./ /―i--l))| l .l-、-l―l― ,l .l l  l  l    l  l   ……もしかして……
 /././   /,' / /-,-、-,/┐! .l lノ_,.-=',"-,ノ.lノl レ'  .l   l  l   先程のあれの所為で、お姉様方が……?
ノ./ l ,  / l ∧.l〈`_∂ノ,} ノ レ'  '(::i:::ノ/ l .|     .l   l  l
/.  ∨∨  i/ /i((`<^_ノ      ̄``  l ! .l    .l l_,.-'" /
        /\l`)〉      〉       lノl .l    ll l_,.-'"             蒼星石が生きてたなんて……  >
       /   ゝヾ     _ __     イ  l l    l l l''-.,_             ふふ、やる夫は大袈裟だなぁ  >
      /   / \         / \ l l    l l l''-.,_"''-.,_
     /     \ .└`ー 、 __ ,. -=´┘ / .l l    l .l l  "''-, "'',


.:::::_イ      |!     |      |  ハ l ト l l     |   l ヽ.
  ハ    i l i   ハ l __  ! ハ. |_.ィ |-j─l!   | ハ!   l_ \____
..イ | |   i ! ! !  l l | ! ( ⌒ゝ_l ィ_!´|,ニVノ_)从!ゞ ! ! |  ,. '´ ,. --──                  ピシッ
 レ'| |   | !::!ニ!ハ二!二_ヽlー|/'fー'(V≦(オjノ:::∧. ∨  {  く \ :::::ヽ                    ぐおふゥ! >
   l l.  | i::lヾ __V.=!≦ `ヽ! ` -、._`'≦乂_:/ ∨    ゝ、  ヽ :::::::::::::::
    l l ハ 丶 ゝく'´l -f!ハ         ̄`ーヽ!  Y:   !:: \  `ー- .
   l ゝヽ  | ゝ、  ゝ-‐'           ゝ=´ Vjハ:::   !::   ー─-
   ゝ  \ ハ         ヽ          ヒイ!::   !:::         『あれの所為で』……?
..--ュ/ \ |  ハ         _ -_,       /!::::::!::   i:::::
テ /'    ::|  ::::ハ         ー        /::|::::: !:.   i::::::::.
//    .:::|  :::::/:::ゝ、             イ__::| :::::!::   |::::::::__ゝ_..           やっと隣で朝飯が食えるお! >
../     .::::::|  :::/::::::::::|::>-__        r⌒フ__  ヽ:::!::   レ ´: : : : : : ::          そうだね。明日の朝とかさ  >
    :::::::::| :::イ :::::::: |::/  ノ_>ーr-√ __∠_ : : : `フヽ:::::/: : : : : : : : : :
     :::::::::|::::/::::::::::::::,::::〉:⌒≦_ー-`V´: : : ::/: : : ∠::::::/: : : : : : : : : : : :







138 :名無しのやる夫さん :09/02/08 18:32:51 ID:l075unsl
 
      _ }.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/   /  l   \ー 、:.:.:.:l:ヽ:くr..、
    {:.`:.:.:.:.:.:.:/     l         Y`:.:.:.:.|:..:l/.:.:.:}
     ⌒}:.:.:.:/      |    l    ト、:.:.:.:.l..:.l.:.:.イ
      {_:rュ/ /  /  !ハ   l l l  .::l _}:..ヽ|..:.|:._:小
   /  .V  .l  .:|:  | l  リ:| l .::ハ_:.:.:.リ:...l´.:ィ
  /  ...::/:{ .::| i ..:{::. !   /.::j ./ ノイ:::r‐':./:../:.:_レ
 /  ...: イ .:ハ  ト -┬ヽ、ト:.. / .:イ/jナ7:.不::.{__/:.:‐ァv'   突然、私達を拘束していた茨が外れたのよ……
/ /:// :/ トトヽト-ァテ=ミヽト/ノ ィテオく/イVrj、}:.:.{ィ    やはり、雪華綺晶に何かあったようね?
´ ..:::///    }ヽ ハヘ 赴ソ     ^ 赴ソイi :ト{にソ{^´
..::j//    ノイ /ヽ、   ′     ,リ /_:/⌒´
:/_ --_.ニイ//, -ァ >、  '=' _ /}/´
// ̄   /' <_:.ノ..: :`:._ァァ{、.:://:\
>‐`ー- ∠/   { :..:.:, =-Vォ}ソ/ :/:.:.:.:.:ヽ


         ____
       /      \
      /  u   ノ  \
    /      u (●)  \    ……拘束していた茨?
    |         (__人__)|    どういうことだお?
     \    u   .` ⌒/
    ノ           \







139 :名無しのやる夫さん :09/02/08 18:33:58 ID:l075unsl
 
           ,ィtvt‐z______
          ,> '´ 、    `丶、_`ヽ、r―‐r、
        //    }ヽ、  ヽ /7/|`ト、_} |
        ///    |l /| |l ト、  } ヽニ∧| ヽニヽ、
      / / l    l/ l| |l | _レ1ト、 ヽ |\ \_ヽ\
.     / / l l |   /  | ,化「 l ハl|   |ハ  ̄丁 \ヽ
    /  { | ト、l /| イ/ノ 」厶-刋  ,′ l   ヽ、 {ノ    雪華綺晶は茨で私達を絡め取った後、
     l l  | |{ L斗 l  / 彳」沙′/ /  l|    ト、     自身から切り離して、それを地面の奥深くに突き刺した。
     | |  ! 七´≧弍ヘ/      / イ   |    ヽ.`ヽ
    !ト、\ V´{沙        // l     |ヽ     \.   力が届く範囲……少なくともこの屋敷内なら、
 r、  l ヽヽ、ヾ二、  ヽ _,      |     ト、 \         茨は切り離されても実体化できるみたい……
__ヽ:\「\ \`ー=ニ   `       |    | ヽ、` r冖、
::.:ヽ.>:;: -―┴―个-、       _∠]   ,イ_,.. ‐'´::.::.::.:.
::._:/   , -ヘ_厂  、`ヽ ‐- イ、_::.:l , /::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.:


       、.::.:.  _ __ __  |
          > '"´            ̄``ヽ、
      /     . -‐.:::::::::::::.:.:.‐-....、 /
      \   ,. '´ .::::::l:l:::i:::::::、:、:::::::::::::く
        .`y' .:.:.:.:::::|:|:::|\::.\ヽヽ:、:::.\
          ,′.:.:i.:.:.:::::|:|‐i一'\::ト、|::|::l::::::::|    『茨を捕まえておけば逃げられない』って僕達は考 えていたけど、
         l:l:::::::l::::::::::|::r==ュ、  `十Nl:::;:/!    実際に捕まったのは雪華綺晶じゃなくて、僕達の方だったんだ。
         |:l:::::::l::i:::::::N辷ソ   ,tfソ////
         |ハ::::::l::l:::::::| ' ' ' '   、 ゙゙`レイ::|     雪華綺晶にとっては、一刻も早く「責任者」を消したい、
          ``l::l:::::::|、    -   ノ::::ハl     本体の白薔薇を攻撃される訳にはいかない……
              l∧:::::|:.\__ ,. イ::::/       そんな状況だったから、僕達を倒すより捕える方が早かったんだろう。
          ,. rryム:::L__ 」_.  |::/
          /.:.:`ヽい';|   ,.ィ介:、 |/`ヽ







140 :名無しのやる夫さん :09/02/08 18:34:30 ID:l075unsl
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

           |    /  _,. -ー ' ´ ̄` ー 、  \    /
           ヽ   l /  /         \ ヽ   /
            ',   {/   /  /   :l      ` 、 !  /
            ヽ  〉.:.: /  /   .:/.:  l.:. ヽ   l|/l
              Y .:.:. /.:  /  .:./,イ ハ.:. ...:|   :|:.:.:|
              | |.:.:. l.:.:. // , イ.:.//:.:/  \.:.:| ...:|:.:.:|   真紅やバカ苺はそれ(制限)を見抜けなかったから
              | |.:.:. |`'lメ∠_////__, -ー'ヾ:|:  :|:.:.:l   負けたんですかねぇ……?
              |、ヽ.:.:ヽィ圷ミ    ィ圷ヾ.:.:.:|::.::l
              | lヽ\| 弋r:シ      弋r:シ |.:.:.:ノ:.:.:.',
             /.:|  \ヽ;::::::::    ,  ::::::::::::ノ_/ |.:.:.:.:':、
              /.:.:.l   | 弋    ,. _    フl  /.:.:.:.:.:.:ヽ
.             /.:.:.:.:ヽ  ヽ __ >、___  `_,.ィ< /  /.:.:_.:.:.:.:',
            /:./:`∧  | |` ̄ \ヾ/ノ ̄ ∨  {'´: : : : :\.:.\

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


       .l |.:|.:l.:::l.:| .::|.:.::l::::|:::|.:.:::|:::ト、 .:.:::::.\
      | |.:|.:|.:::ト|、.:|.:.:l:::::|:::|.:.:::|:::|::::ト、:.:.::::/
        `V.{.:l.::lrr?l:::/l.::ナナ:::::l:::l:::l::::::::Y´
         V .:N じソl/ l/rr=ミ.:::!:::!::::::,′   今考えれば、あの時点で気付くべきだった。
           `11' ' ',    」いシ.l/::l:/.::::/
         |.:ト、       ' ' '/:::.:,.::,:::/      僕達はできる夫が言っていた『制限』を見つけられず、
         |.:!::::>、`    _ノ;.:::/:/ノ         攻撃が当たらないままだったけど、互角に戦う事ができた。
         l::::/l:/´ 丁二l:::::.:/´ ̄ユ、
         l:/ ',rチ7´ 」 |:::/ノ´~~ヽ」     だから……同じ薔薇乙女の真紅や雛苺が
         ' r='7::::フ fシ' l/      ヽ       あっさりと負けたという事に、何かしら疑問を抱くべきだったんだ。
         〃 /.:::/ fシ′    ',   ヽ







141 :名無しのやる夫さん :09/02/08 18:35:10 ID:l075unsl
 
    |    \      /  |
    |     \r rイ   |
  「 ̄  , ィ´ ̄`7ハ^X^ヽ  ̄`7
  」   ,//  //i::l::ノノl l:、  /
/ L_//, イ/::l:|::|:|::|ノノ::|:Vコ
    /|:.|.:|::|`ト、,|:|::|.|::|_;:イl::lヽ ヽ
     |.:!::|::|::!:0′.:.:::::.: 0′ |   \    だって……いきなりガシッて掴まれて、ギュウッて縛られちゃったの!
  .:.:.::::|     .:.:::::::::::.:.:.    l:.:.   ヽ    助けを呼んでも庭の隅っこだったから、誰も来ないし……
_.:.:.::::::::l       /ヽ    /::::.:.:.   /
二三三ヽ      ⌒    / ==ニイ
``>.::::フ^rrー - 、 _, -─-、ニ二<
 l::/   |:にニニ >>ェ<ニ二::| `ヽ
 〈    `ー一'77^トト ー一'  /
  >  /    //  l:| i  i    〉


              / /:::::,. :::´:::;. ,-―ベ" ̄  `
           /  /::::::/:::; イ  |    \ \   \
              /  /:::/:::/ /    |      ヽ  ヽ     ヽ
          /  |:/::::/  :′|  |        ヘ       ハ
        イ二 >r<   i  |          ,  i  |廴
      < </ / 不ヽ ヾ\ |  !ヽ  ヽ  \    l   |  |?
         \__'/ /|::| イ/| \\  \   ヽ  | ィハ  ハ|   あなたも真紅も、そのまま
         //  / |::|ー'   |、ヽ \\  \ |l /,.イ/ / / jノ    リタイアすれば良かったのに。
      //  /   |::| i    ', >\"\二  ヽ|レゞ'イ/ イ|、
      /::::/  /   i!::! ヽ   ヽ >イ l!ノ,.`      7  / | >.     集まったところで使えそうなのなんて、
  \.__/::::/  /    /::/   \  \ ` ´        〉/ /       せいぜい蒼星石と薔薇水晶くらいじゃなぁい?
   \ヾ{  /    /::/i    |イ\ \    _,. ィ /イ i\
    / \<..._∠ イ∧   Vヘ.` ー一    ̄ ´/:::| | ト \ ̄ヽ
ー===  ̄:::::::::::::::::ー―ヘ   ∨7`;―::>r―‐:'::.:::| | |:::> `  、







142 :名無しのやる夫さん :09/02/08 18:36:03 ID:l075unsl
 
       | |   |  | ‐、/| !        /   l
       | |   ト . |  |`ト、| .      〃  / /
       ヽ.|\ l ヽト .xィ士.j ト.| /    //  / /,′
        / / ヽ/ ハ.|ヽト辻}小∨j//./_/__,//_/__
     //   // /ヽi|  ^冖^      ‐テ士</-‐ ´
.     〃   // /|!  |     ,       ト辻}小>‐ /
    /′ // / |l ハ    ′      ^冖^ / /
.   /   // /  _!ヽ   \  r__,        / /|      ……なんですって?
   '   / | i  /'| ',  | i\        / 厶イ|      あなただって捕まった癖に、よくも抜け抜けと……
  l l   |,-l |‐厶-ヘ  }  V  >‐z――…/ /'   !
  | l  / N´ ,. -‐ヽハ  |-く^Y´       ' /\  |!
  | l<⌒ ‐-'---‐'_丿 小丕}|      |/   \.|l
-‐┴'´  \_ ̄  ̄ _/,小辻リ       l ! -――/.'
       | ̄ ̄/ / ヽ{__ソ\   /!l,. -―//


   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ー)(ー)
. | u.   (__人__)     ま、まあ落ち着け真紅……
  |     ` ⌒´ノ     今は仲間割れしてる場合じゃないだろ、状況的に考えて……
.  |         }
.  ヽ        }
   ヽ     ノ
    i⌒\ ,__(‐- 、
    l \ 巛ー─;\
    | `ヽ-‐ーく_)
.    |      l







143 :名無しのやる夫さん :09/02/08 18:36:48 ID:l075unsl
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

           ,ィtvt‐z______
          ,> '´ 、    `丶、_`ヽ、r―‐r、
        //    }ヽ、  ヽ /7/|`ト、_} |
        ///    |l /| |l ト、  } ヽニ∧| ヽニヽ、
      / / l    l/ l| |l | _レ1ト、 ヽ |\ \_ヽ\
.     / / l l |   /  | ,化「 l ハl|   |ハ  ̄丁 \ヽ
    /  { | ト、l /| イ/ノ 」厶-刋  ,′ l   ヽ、 {ノ     ……真紅が、あなたに負けた……?
     l l  | |{ L斗 l  / 彳」沙′/ /  l|    ト、      ふん、面白い冗談だこと……
     | |  ! 七´≧弍ヘ/      / イ   |    ヽ.`ヽ    おめでたいジャンクだわね、7番目。
    !ト、\ V´{沙        // l     |ヽ     \
 r、  l ヽヽ、ヾ二、  ヽ _,      |     ト、 \
__ヽ:\「\ \`ー=ニ   `       |    | ヽ、` r冖、
::.:ヽ.>:;: -―┴―个-、       _∠]   ,イ_,.. ‐'´::.::.::.:.
::._:/   , -ヘ_厂  、`ヽ ‐- イ、_::.:l , /::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.:

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

               ∩_
              〈〈〈 ヽ
      ____   〈⊃  }
     /⌒  ⌒\   |   |
   /( =)  (=)\  !   !   こんな事言ってたクセにwwwwww
  / :::::⌒(__人__)⌒:::::\|   l   このツンデレ銀ちゃんめwwwwww
  |     |r┬-|       |  /
  \     ` ー'´     //
  / __        /
  (___)      /







145 :名無しのやる夫さん :09/02/08 18:37:50 ID:l075unsl
 
   L_::::::.:::::.::/     |   ,' |     |    {::.::::::.::::.:::.:::::.:::::} : : :
      ̄l:::::::i    l |    i  |     !   ,ィト、:::::::::::::::::::::::::::|: : :
      \_| i     l |  i | l|    ノ_,ィ´/ ! メ -‐'j:::::::::::::::j,ェ、
         | |    l |  | ! l|  ィチ´//_,」_/_  (::::::::::::::::ハ{{
         | |i     i i _」 ト、|| /   ,ィZr'チ卞、`7 ト、::::::::::代`
        | l|    X´i l\l  レ'  /l {つk_j::::}/ | ト‐-,:::|:.`:    ……あら?
        ヽ!ヽ、 ト、 ,rz=、        弋:::::::シ'´ |l| 〈::::}: : :    少しは評価してくれてるみたいね、水銀燈。
         `  \| kイ、Vム          ̄    ! ハ  〉,': : :
               ハ `弋ノ              l i | |: : : :
               |     ヽ    _ _      // | |: : : :
               | `、    ィ_´-‐ツ      // /| |: ;/
              }  ト、    ` ´      ///__| |_:::::::
               / /| | ` .、        , ィ'//: ̄ : | |:|-;:::
                 / / .| |    _,>ー _ l´: :.//: : : : :.| |:|. L
            / / /ノ_, -'´: : : : : ;.メ!、//: : : : : :.| |:|::::::ヽ


                           ,.. -―_r,.-v‐_-_ァ、 __
         ヽ                /    r/:./.::/ァ´  、 , ` .
         ヽ              ′  / L':./:.:/ァ   l!  ヾ \
        / ノ \          /    / 「_ 水_フ /  / / ! l l  !.
                         .′   /   〃/:.:|!` /j∠j/j /| l! ! │.
          /           .′   .′ 「_jl><フイ/__' `く/_/jリ l    か、勘違いしないで欲しいわぁ。
          /'⌒V         /     / / ∧! |||| | l ' 、fijハ /x' / '′   7番目よりはマシだと思っただけ……
                    /    / .:: /l   |||| | |i! ::::::`   fiTイ
            つ       . '′   .  ::::://   |j`Nヾi     ィ::: │
                  /   / ::::./   .イ  |    r__、 /⌒i !
                 /   _/__ ::::/   / |:  |     /ーl | !
                     -‐:: :::::::: `ヽ--' 三ミ|:: へr‐  ´   . イ |
                   / ::::::::::::::::/!::::ll \三fl三|:: ト_j  _  イi::り ,!







146 :名無しのやる夫さん :09/02/08 18:38:31 ID:PE1s2zlt
本当にツンデレだなw







147 :名無しのやる夫さん :09/02/08 18:39:51 ID:l075unsl
 
  ,/  .:.:.:.:.:./.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./:.:.:. /:.:.:.:i.:.:.:.:.:.:.;イ:i:i:i:ii.:.:.:.:.:i.:.:.i.:ヘ
∠ - '  ̄ フ .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:i.:.:.:.:i!!~ヽi:i:i:i:.:.:.:.:i:.:..i:.:.ヘ
     /:.:.:.,/i:i/;.;.;.;:.:.:.:.:.:.:_, .-‐'_,,.-イ.:.:.::.:.:.:.:.:.:.:.:.i:..:.:.l   li:i:i:ii.:.:.:.:i:.:.:i\:.:\
    ./:.:.:.,ィi:i:i:i:i/.:.:._, -,ィi:i:i:i:i:i:i:i:i:並羽:.:.∧:.:.:.:.:.:.:.∧:.::|   li:i:i:ii:.:.:.:.|i:i:.ヘ   ̄
   /;./ イi:i:/‐'i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:/<凡 |:./ミ|:.:.:.:.:.:.:..l 入+===.}i:i:i:ii.:.:.. |i:i:i:.:ヘ
   /   |i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:‐i:i:i:i:i{ ト、_,ィレ 彡!:.:.:.:.:.:.:.|_,,,,送二_}i:i:i:ii:i:.:.: |\i.::.:ヘ
       /i:i:i:i:i/i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:ヽヾ;;(   |:.ト.:.:.:.:.:|`、.|i!}Y {}y'^ヽi::.:/   ヽ、ゝ
        //∠ --- 、i:i:i:i:/  : :\__.   V ヽ.:.:.:|::::゙ヾ'l 人  レ'
     /       /〃〃     : : : :',     \:!.   し'  ,>      ……お前らが生きてた理由は分かった。
           r┴┴ 、      : ::',   u      / ̄       僕だって、そりゃあ嬉しいさ。
           /     \_    : : :ヽ u      ー‐ァ'
            /...       ヽ、  : : ,: \      r'           でも、雪華綺晶を倒すのを止める理由は何だ?
        __/          `\_:./`゙ ーゝ、__,ノ            お前らだって良い印象は持って無いだろ?
       )_ つ、             \_


      rー-v一'⌒ヽノj:.:.: , イ  ̄ ̄` <三三三ニ)
      |匸7:.:.:.:.:.:.:/_7:.:/:r┘/        ヽ、三〔_
    /人/:.:.:.:.:.:.ハ7:.:.:.:.:.〈  ′     、   ヽ三フ
    \V{:.:.:.:.:. /ニ7.:.:.:.:.:_:ノ, l  |    、ヽ  ヽ ∨ 〉
     └う:.:.:.:.{三{:.:.:.:.:.:ヽ l | lト、\ヽ ヽ` 、`、Vニヽ、      私達は……薔薇乙女は……
      / {:.:.:.:.:.|三|:.:.:.:.r‐'∥ l | ',丶 l 川 l | l | !  ヽ\
    // ∧:.:.:.:.l三l:.:.:.:ヽ |ヽ」斗-ヘ }ノ,エZ{ノ/リヘ\ \ヽ    その子、雪華綺晶を引き入れるつもりなの。
.    | l / ヽ、:.:Vニヽ:.:r个ト,ィfl圷  ` 化ノケハ  `ヽ>└′   あなたは嫌でしょうけど……
   l|,'   「ヽ{lHlリ:{ 小 ` ゞ ′    八ヽ\
   |V  ,'  l| | ` <7/ | lヽ、    , .′, 仆 ヽ \ヽ
    `7 /  ,イ |    l├ヘヽ―ヘ、__,.:'⌒ヽ `、`、 ヽ\
    /   / ||   | |:./ヽ\::.::rヘ::.::.::.::.::\ヽ \ \ヽ
   ,' ′ / /|| /ヽ\::.::.::.) ){廴r-、__::.:rく  \ ヽノ /
   / /    /ハ !/:.:.:._:_;>=≠-‐、::.f‐ミ ヽV  \ } 〉 /







148 :名無しのやる夫さん :09/02/08 18:40:48 ID:l075unsl
 
     / ̄ ̄\
    /   _ノ  \
    |    ( ○)(○)   ひ、引き入れる!? 味方にするってことか!?
 .   | U   (__人__)   折角ここまで追い詰めたのに、何を言い出すんだ!
    |  U  |r┬-| 
 .   |     ` ⌒}
 .   ヽ        }
     ヽ     ノ


              _______
           : ./ /  #  ;,;  ヽ
           /ノ  ;;#  ,;.;:: \  :
        :  /  -==、   '==-  ..:::::|     そ、そうだお……ジュンはこいつに殺されそうになったし、
              | ::::::⌒(__人__)⌒ :::::.::::| :   やる夫もやらない夫も、まだできる夫の恨みが……
        :  ! #;;:..  l  |    .::::::/
           ヽ.;;;//;;.;`ー‐'ォ  ..;;#:::/
            >;;;;::..    ..;,.;-\  ハァハァ..
          : /            \  (久し振りにボコボコに……)







149 :名無しのやる夫さん :09/02/08 18:42:35 ID:l075unsl
 
      _ }.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/   /  l   \ー 、:.:.:.:l:ヽ:くr..、
    {:.`:.:.:.:.:.:.:/     l         Y`:.:.:.:.|:..:l/.:.:.:}
     ⌒}:.:.:.:/      |    l    ト、:.:.:.:.l..:.l.:.:.イ
      {_:rュ/ /  /  !ハ   l l l  .::l _}:..ヽ|..:.|:._:小
   /  .V  .l  .:|:  | l  リ:| l .::ハ_:.:.:.リ:...l´.:ィ
  /  ...::/:{ .::| i ..:{::. !   /.::j ./ ノイ:::r‐':./:../:.:_レ
 /  ...: イ .:ハ  ト -┬ヽ、ト:.. / .:イ/jナ7:.不::.{__/:.:‐ァv'   できる事なら、雪華綺晶を消したくは無いの……
/ /:// :/ トトヽト-ァテ=ミヽト/ノ ィテオく/イVrj、}:.:.{ィ
´ ..:::///    }ヽ ハヘ 赴ソ     ^ 赴ソイi :ト{にソ{^´     だって、やっと見つけた7番目の妹……
..::j//    ノイ /ヽ、   ′     ,リ /_:/⌒´       お父様の志を継ぐ、同じ薔薇乙女だもの。
:/_ --_.ニイ//, -ァ >、  '=' _ /}/´
// ̄   /' <_:.ノ..: :`:._ァァ{、.:://:\
>‐`ー- ∠/   { :..:.:, =-Vォ}ソ/ :/:.:.:.:.:ヽ


 , '  ,`l.__丿ゞ、_ ー-            -ー',,,lヽ___ノ \
'   /  ./_))    ""''             "" l ((__ゞヽ  ',
./   ((_"_         |  |    |      .l" l_)) .',  l
     /  ̄))    / i  l l  |    |       i((l   l  l
    / / /   ./  i  l ,._.l  l !   l !    ,   l `l    l   l
   / / /    / / / l (( !  l l  .l l   ノ l  ! l    l  .l   
  / / /   , ' ./ /―i--l))| l .l-、-l―l― ,l .l l  l  l    l  l   
 /././   /,' / /-,-、-,/┐! .l lノ_,.-=',"-,ノ.lノl レ'  .l   l  l   ……なに……を……
ノ./ l ,  / l ∧.l〈`_∂ノ,} ノ レ'  '(::i:::ノ/ l .|     .l   l  l
/.  ∨∨  i/ /i((`<^_ノ      ̄``  l ! .l    .l l_,.-'" /
        /\l`)〉      〉    u  lノl .l    ll l_,.-'"
       /   ゝヾ u   _ __     イ  l l    l l l''-.,_  
      /   / \         / \ l l    l l l''-.,_"''-.,_
     /     \ .└`ー 、 __ ,. -=´┘ / .l l    l .l l  "''-, "'',







150 :名無しのやる夫さん :09/02/08 18:44:07 ID:l075unsl
 
          ,. ,. -── -
            , '´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::`ヽ、
       /.:.:.:.:.:.、.:.:.:.:.:..:.:.:.:.:..:.:.:.:.:.:.:.:.\
        , '.:..:.:./:.:.:..:|.:.:.:.:.:.:..:..:..:..:.:.、:..:.:.:.:.:.:ヽ       
      /:..:..:..:/:.:.:..:..:|:.:.:.:、.:.:.:...:..:...:.:l:.:.:.:.:.:.:.:.:i       
    〃!.:..:.:/:.:.:.:.:.|:.:l!:.:.:.:ヽ.:.:.:.:.:.:.:.:|.:.:.:.:.:.:.:.:. |      
    || |:.:.:.:l:.:.:.:.:.:.|:.ハ、:.、:、\.:.:.:.:.:|:.:.:.:.:.:.:.:.:.|      雪華綺 晶……君との間には色々あったね。
    || |.:.:.:.|:.:.:.:.:/l7─‐ヾゝヽ\.:.:.|.:.:.:.:.:.:.:.:.}|      
    ヽヘ:.{、:!.:|,イ ノ ァd尓7!:.:``.:.:.| }.:.:.:.:.:.:.:l       だけど、やはり僕達が薔薇乙女である以上、
      ヽゞNハ〉.  ゞ-’ |/:.:.:.:.:.:l:'.:.:.:.ノ/`′      姉妹である君を見捨てる事はできない……
          ハ'、    /'|:.:.:.:.:.:/:.:.:!/'′         というのが、話し合った上での結論だ。
           ノl:.:\っ   ||:.:.:.l/ `W           
          |.:.:/リヽ_ ... -||:.:/|! ,..ゝ-、           
          ∨/ __ _ _,.ノ V ''´    ,_\__         
           n}イ''"/〔!\  r‐┘_テvぅフ‐ァ
          / ){. / /|ヽ ヽrヘ/J´   ハ


   /       ヽ ヽ     \、 _
  /        /\ \  、  ノr、L,
. /      _  ´ .::ノ`ヽ、.... \..フ  ハュ、
∧.    / ./::;;- ´     `丶、.. ゝヘ」八}
{::i::::. / .:::/"´  - 、      \「 「ヽ「     カナの知らない所で話が進んでるのかしら……
'、:、:::/.  .::::/   、、、.._\__,     トV「 /〉
.ヘ::V::::r'⌒i{   ´r弋い    -‐ v:::コ/V      ……あ、確かさっき、ジュンが下僕制度を止めるって言ってたかしら!
. \::::ゝr/__    弋フ    ,rぃ//ヒソ     こんな事になった原因の下僕制度が無くなるのなら、
  _.>‐i{ _>┐``    , ヒ/´           もうカナ達が戦う意味も無いのかしら!
. ヽ_ ‐ "´  `ヽ   , ‐、_ ´ "ハ \
. /       、 ヽ ゝ_ノ .∠. `ヽj}
/         ┴-  /







152 :名無しのやる夫さん :09/02/08 18:45:16 ID:l075unsl
 
 /   ,_{:::__ )ヽ、_                 ,,イ、ヽ_,-、ノ
  /   ゝ_jヽ   `                 r-r_イ\
:/   f r- '              ,、             ト-、.ヽ  \
      ゝ二ゝ'    /      / |   i    j      !  ノ ノ\ \
      / //     / ,    / /_ l  /   /!     ! ` T     ヽ ヽ
     / //i    / /  ,イ  λf' j ,ィ   / |!   /│ |     |  |
    / ///  ,,/j_/- /-l、i_/,ノj / / l j_/!_|_  //l |  |      |  |
  / / l   / /∧ /-f,j│fイ/ / iリ+/,. =j_/!/,リ   |.     |  |   戦う意味が無い……
/ /   !∧ !,ノ  トヘ_`少V j/   イ´ir,ノ/ / l     |     .|  |
/      `' ´   /、jfLー- '_/     ` ̄   ∧,│  、, i    │ |    それは雪華綺晶の生きる意味が無い、
           /\_f~ζ´    <i        /ノ| |   |、ヽ   ノ /    ということです、2番目のお姉様……
         /: : : : ヽ.       _      /: : .| |   |-! |  ̄_,/
        / : : : : : />ーr  ` ´  ..ィー-'ゝ: .| !   ト| |\
      /: : : : : : : / \   `ー-、<ノ  /: : リ|   |│|ヽ `ー -、
   /⌒`ヽ-、_/´ヽ  ノ\.   .ノ   ::く: : : : : : ! __.│| |   ̄ ̄\\


 < 二‐ 、ー-_/ ,   /  /    l      ヽ_ニ―<_
   /:::::_/::::_/ ./ /  ,'   !       !  !  ',   ヽ :\::::__`‐-、
. ∠ィ-,‐'´l// ./ | .|   l      |  l  !    !、::_ヽ_、 ̄``
. /./   / l  !l| l!  l,イ  ∩ | ,l ,l !l |  l    !l ヽ`ー 、_
 /     | l | ! -l┼'ト ll ',  .`乂/|ノ廾ナノイ.!|| l !  ヽ、  `ー-、    『生きる意味が無い』……
./     ,!',! l | |ヾl‐!lニ、ヽ ヽノ/'´r'イΞトlィノ|ノ / !/ |   `i   /
!     ,' ´ヽ|`ヽ! ` いソ`     ヽ)〈ヘ'ly''/'|/l ノ'   !   ,'  ./     雪華綺晶は、この屋敷に安寧を与える為に
_.ヽ   /   .| ,l l   ̄       `ヾ='<´\||    !   / /     目覚めた薔薇乙女……
 \ヽ /    |  !〈|         ′     、ノ' /l |    レ' /
   )ヽ   l  l'ー、     ─-       /,r||  /.,ィ'         下僕制度が無くなれば、あなたは……
  / 〉  |  |  |\              /|  ! |  / / ',
/  /   |  l|   ! _r‐ヽ、     _, -'ヽ、_|.  l|〈  \ ',
-'" /    l  l.|  .Κ._ ヽ.__`ーィ'"冫 __,∠   l !  `‐ 、_`ー─







153 :名無しのやる夫さん :09/02/08 18:46:48 ID:l075unsl
 
     / 〃 t(⌒´  ̄          ̄   ヾ一;、/ | ,
.    /   {し_)     /  i         ヽ   ノイ  ′ !
    /    /./ / / 〃     ハ | i  ∥   ゙,   ∨ /  j|
  /  / / , ,  ″: | |i  ?| |∥ ,  | i  ' /|   〃
    / イ | | ∥||| || ,..⊥l | |∥ |! | |  /' |  ||
   /   | | | ∥|l| | {f'´|メ | |∥ |! l/  /  |  ||
 /   /| ∥ | j⊥ヘ¬ ム)) |∧_/|_l_/j! /  /  i |  ||   ……お姉様方……お心遣いは、嬉しいです……
    /  | 八 ∨{ ィrァミ くヾ ノ' 斗┬ャミ /  ,   i|  l|
   /   ヽ |ヘ トヽいYレ' ノ    ゝツノ / ′  l   l|   でも、あの駒鳥さんを殺したのは、私……
 /      イ  |`ヾ二 イ ,      / イ  i  |   l    下僕達は、それを忘れる事は無いでしょう……
      //  | 下 乙  ,._    / / |  |     |
      /__/  イ  |{>‐、 `    / /l | |  |   |  ……雪華綺晶は、戦い続ける運命……
    / K⌒Y´  し¬ \ (>z<:/ />| |   |     l


      |:.:.:.:.:.::|:.:./__/_l:.:ヽ:.ヽ\:.:.:.\:.:.: l:.:. , :.:|
      |:.:.:.:.::.:レ´:.l/__-_ i`.|\:.ヽ弋:_十 !.:|:.::/.:.:.|
      |:.:.:.!/ィく7ァ¨Tヾ、:!  \! ,ォV== 、:./:.:.:.:.!
     l:.:.:イ:.: ! ゝうノ   \     tゞrケ j/::..:.:.: !   それが君の言う「運命の歯車」が廻った結果なのか?
      ,:.:.ハ:.ヽ        i     ` ´ /:./.:.:. ,
     !::.:.:..ヽ:_ゝ      __       , 'イ.:.:.: ,.'    君の白薔薇は、ジュン君の手の中にある。
      ヽ,:.:ヾ:.ヽ!ヘ.   ` ´    ,..イ:.: /.:.:.::/     こんな言い方は卑怯だけど、君の生死は彼にかかっているんだ。
       \:ヾ:.| γri 、    . ィ'__レ'j/!:.:.,
   __ ,r、  _..ゝ`´  \ ` ´ /  ` ヽj/  ,     戦う意味も無く、戦っても勝てないのに、それでも諦めないのかい?
   ノ_ヽ!ノ´       _ヽ,_,/__     ` {^Y _j








154 :名無しのやる夫さん :09/02/08 18:48:11 ID:l075unsl
 
       | |   |  | ‐、/| !        /   l
       | |   ト . |  |`ト、| .      〃  / /
       ヽ.|\ l ヽト .xィ士.j ト.| /    //  / /,′
        / / ヽ/ ハ.|ヽト辻}小∨j//./_/__,//_/__
     //   // /ヽi|  ^冖^      ‐テ士</-‐ ´
.     〃   // /|!  |     ,       ト辻}小>‐ /
    /′ // / |l ハ    ′      ^冖^ / /    生きる意味は私達が与えるわ。
.   /   // /  _!ヽ   \  r__,        / /|      大事な末っ子として、薔薇屋敷を守る薔薇乙女として。
   '   / | i  /'| ',  | i\        / 厶イ|
  l l   |,-l |‐厶-ヘ  }  V  >‐z――…/ /'   !       でも……どちらの結末を選ぶかは、あなたの自由。
  | l  / N´ ,. -‐ヽハ  |-く^Y´       ' /\  |!     ここで再び戦い、白い薔薇ごと消え去るか。
  | l<⌒ ‐-'---‐'_丿 小丕}|      |/   \.|l     それとも戦いを止めて、私達と共に生きるか。
-‐┴'´  \_ ̄  ̄ _/,小辻リ       l ! -――/.'
       | ̄ ̄/ / ヽ{__ソ\   /!l,. -―//


 〃///ヾ    i ll  i ! l   i   l |  l  ヽ  ヽ
. i:|//i::i  》  /| li  !メ l   l   ! i  |   ',   ',
 〆i !:L〃  i ', | !  | l ト,   !  /  l  ! i  }   !
// / |:|'" i  斗弋T、‐- ', | ヽ !  /i /! /! !  l.  } |
/ i |:l  ',  i弋ゝ‐-Y=、丶` ',.| /_.!ム、/_l /  /  ハ !
.  | !:l   ∧. !  ヒ_q )_ヽ   レ'  レ' 7 メ  .イ / l !
.  l |:|.   ,ヘヘ               ,r‐‐tァ/ /| ,/   レ      水銀燈は、別に戦う方でも良いのよぉ?
.  l l」   i  ヽゝ:::::::::::..      ゞ゚ノ//ノ |,イ            ただ、面倒だから引き入れた方が早そうってだけ……
  !    ト、           ! .:::::..´ソ"   l:」   ,-'´     
  i    |. 丶      、_ ,、_ ´    /',  ,    //      他の薔薇乙女やジュンは、どうか知らないけどねぇ。
.  ',    ト、  ゝ .     ‐/ フ_,, ィ ´  !,〃 ,..-'´:∠_
.   ',   |::::`:‐-.、`> . _ / /l´ ゙!i   lイ/:::::::::::::-= 二、_
、___ヘ   !::::::;ィ;==,‐、 ;_/ / !  !|    |::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::ff《ヘ  i::≪::::::〃!,ィ´`‐-ヾ、l_/_il    l、::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::ゞ》 ヘ. ト、::::゙彳/ゞ/r‐---、i/´::::|  /:::\:::::::::::::::::::::::::::







155 :名無しのやる夫さん :09/02/08 18:50:35 ID:l075unsl
 
           /   /     /::::ヽ _,斗:.:.:.: :   |   !  :...   \
            〉       ::ー‐^´¨ |:.: : !:.:.. ト、  |   :.:.:... : :..`ー-、
              |   |  il  ::|       ! ::∧:. :.  ,=‐i   :.:.:.:.:...:.:.:..:.:./
             / .:.:.:.:|  i|   ::|       | / ,ィ|,.イ´__ ∧  ..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/
         / :::/イl|  l|  ::|=、>ー=、 i′|:rレ弍¨ヽ ト :.:.:.:.:.:.:.:.:./
        ./::/  /   |  |´戈¨T |ト==、|| 弋__ソ‐|/.:.:.:.:.:.:.:.:.:\
        レ'゜   / /  iヾヽ! 辷_ソ」|   ヽ=====' マヽ.:.:r-‐'´
              レ' レ'〉 ! ヾニ=== ′〈           'ノ::;;>     皮肉な事だけど、雪華綺晶に襲われて初めて
                  ̄ヾヌ、      `       ,/‐'´        僕は自分の間違いに気付けた……
                    ̄ヽ       ー‐      /
                     \           _, ィ´         けど、その結果として下僕制度は終わる。
                        `¨ニt-  -‐' ト-┐         それが雪華綺晶に新たな選択肢を与えた……
                  _   /´iイ      |/ ヽ―-- 、__
                  /i  ゞ7″ | ′    /    |     `ヽ、


          / /           `ヽ   \
           〈 ム. '"´ ⌒⌒ ``ヽ    \  \
          V/   .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. \   ヽ  \
          〃.::.::!.l::!.:..:.:.:.;.::/.://.::l:::::::::.`、   ヽ  ヘ
           〃.:::l:::l::|:|::l:::::/:/:://:::ハ.:;.:.:::::.`,   V.:l:l`
         ./:::;:::::l:::l::|:|::l::/:/ //::::/ l:|:l:::::!::!::{!   !:::l:|   お前は自分で自分の道を切り拓いたんですよ、雪華綺晶。
        l::l::l:::::|:十ナl:< /::∠_ 」トト、:l::l:::{!   !:::l:|   まさかここまで計画通り、という訳では無いですよね?
         |::l::l:::::|:|:|yテ〒ミ/::/´,t==ミ、:ト、::{!   !::::l:!
         |::ト:ト、:|:|:| f辷ソ   _f辷シノl:l::l:::{!   !::::l:|    もっとも、選ぶ権利こそあるですが……
         ``Vハ1:ト、, , , 、    , , , , l::://{!   !:::l::!    「生き残りたい」って気持ちがあるなら、選択肢は……
           i `ヽ小、   _       ノ//.::{! i .j!:::l::|
           | ‐米 f{:.>.、  `   ,. イレハ.::::{! 米j!::::l::!
          ,/|    ,f{::l::l::>==<__ ノ⌒ヽ:::〉 !〈:::::l::|
        / .!   ! ,fレ'/``V,ィ介入      〈   〉:::l::|







156 :名無しのやる夫さん :09/02/08 18:51:20 ID:l075unsl
 
            ___
       /      \
      /ノ  \   u. \
    / (●)  (●)    \     でも……もし雪華綺晶が懐柔される方を選んだら……
    |   (__人__)    u.   |     そんなのできる夫が可哀相だお! あいつの行動が報われねーお!
     \ u.` ⌒´      /
    ノ           \


        / ̄ ̄\
      /       \:        ああ、その通りだ……
     :|::::::        |:     俺も、そんな結末には納得がいかん……
     .:|:::::::::::     |:    
      :|::::::::::::::    |:         ....,:::´, .
     . :|::::::::::::::    }:         ....:::,,  ..
     . :ヽ::::::::::::::    }:        ,):::::::ノ .
        ヽ::::::::::  ノ        (:::::ソ: .
       :/:::::::::::: く         ,ふ´..
       :|:::::::::::::::: \       ノ::ノ
       :|:::::::::::::::|ヽ、二⌒)━~~'´







157 :名無しのやる夫さん :09/02/08 18:53:14 ID:l075unsl
 
    / ̄ ̄\
   / ヽ、_    \    だが、だが……やる夫よ……
  (●)(● )    |    今までは、俺達の行動を正当化する『自分やジュンの身を守る』という名目があった……
  (__人__)゚o    │
   (,`⌒ ´      |     でもな……雪華綺晶が戦いを止め、他の薔薇乙女やジュンがあいつを許すのなら、
  . {        |   部外者で、しかもたかが下僕の俺達に、口を出す権利があると思うか……?
    {        ..:/
    ` ー     \
    /    _    l
   /  ̄`Y´   ヾ;/  |
  ,|    |    |´  ハ
  |    |    |-‐'i′l
  |__ |   _|   7'′
 (   (  ̄ノ `ー-'′


      ____,         
      /     ..\      
   :/       :::::i:.    ……やらない夫……
   :i          ::!,,     お前まで、そんな事を言うんじゃねーお……
     ヽ.....:::::::::  :::: _::    
    r "     .r  ノ~.     お前ややる夫を信じて、あいつは最後のメッセージまで残してくれたのに……!
  :|::|    ::::| :::i             
  :|::|    ::::| :::|:                 
  :`.|    ::::| :::|_:                    
   :.,'    ::(  :::}:                   
   :i      `.-‐"   







158 :名無しのやる夫さん :09/02/08 18:54:28 ID:l075unsl
 
        / ̄ ̄\
      /      \.........:::::::::::.... ....... ヽ  ,
      |::::::: :      | .... .........::::::::::.....r‐' _ノ
.      |:::::::::::::     | .... .........::::::::_ ) (_      ああ…
       |:::::::::::::      |.. ..... ......:::(⊂ニニ⊃)     無念…無念だ…!
.       |:::::::::::::::     }  ..... ......: ::::`二⊃ノ      言い分が通らないのは無念…!
.       ヽ____    }  ..... ......: :::: ((  ̄
        r'ニニヽ._\. ノ.. ..... ......: ::::::  ;;.        しかし…
      r':ニニ:_`ー三`:く._           [l、.       仕方ないのさ…これも…!
    /: : : : : : :`,ニ、: :_:_;>      /,ィつ  
.    /: : : : : : : : / : : : ヽ\     ,∠∠Z'_つ      無念であることが、そのまま俺達の「生の証」だ……!
   | : :.:.:.:.:.: . :/: : : : : : l : ヽ.   / .r─-'-っ
.    |:.:.:.:.:.:.:.:.:.,' ''" ̄: : :l: : : :l   /  ):::厂 ´       思うようにいかねえことばかりじゃねえか…
    |:.:.:.:.::.:.:.:l -─-: : /:_:_:_:_l / ̄`Y´          生きるってことは…!
.    |:.:.::.:.::.::l.__: : : :/::: : : : :l/⌒ヽ: :           不本意の連続…
    |::.:::.::.::l: : : : : : /:::: : : : : |: : : : ゙/







159 :名無しのやる夫さん :09/02/08 18:56:10 ID:l075unsl
 
      rー-v一'⌒ヽノj:.:.: , イ  ̄ ̄` <三三三ニ)
      |匸7:.:.:.:.:.:.:/_7:.:/:r┘/        ヽ、三〔_
    /人/:.:.:.:.:.:.ハ7:.:.:.:.:.〈  ′     、   ヽ三フ
    \V{:.:.:.:.:. /ニ7.:.:.:.:.:_:ノ, l  |    、ヽ  ヽ ∨ 〉
     └う:.:.:.:.{三{:.:.:.:.:.:ヽ l | lト、\ヽ ヽ` 、`、Vニヽ、      
      / {:.:.:.:.:.|三|:.:.:.:.r‐'∥ l | ',丶 l 川 l | l | !  ヽ\    (伊達に長くここにいないわね、やらない夫……
    // ∧:.:.:.:.l三l:.:.:.:ヽ |ヽ」斗-ヘ }ノ,エZ{ノ/リヘ\ \ヽ   分相応という言葉を良く分かっているわ。
.    | l / ヽ、:.:Vニヽ:.:r个ト,ィfl圷  ` 化ノケハ  `ヽ>└′  彼と付き合いの長かったあなたの方が辛いでしょうに)
   l|,'   「ヽ{lHlリ:{ 小 ` ゞ ′    八ヽ\
   |V  ,'  l| | ` <7/ | lヽ、    , .′, 仆 ヽ \ヽ
    `7 /  ,イ |    l├ヘヽ―ヘ、__,.:'⌒ヽ `、`、 ヽ\
    /   / ||   | |:./ヽ\::.::rヘ::.::.::.::.::\ヽ \ \ヽ
   ,' ′ / /|| /ヽ\::.::.::.) ){廴r-、__::.:rく  \ ヽノ /
   / /    /ハ !/:.:.:._:_;>=≠-‐、::.f‐ミ ヽV  \ } 〉 /


 , '  ,`l.__丿ゞ、_ ー-            -ー',,,lヽ___ノ \
'   /  ./_))    ""''             "" l ((__ゞヽ  ',
./   ((_"_         |  |    |      .l" l_)) .',  l
     /  ̄))    / i  l l  |    |       i((l   l  l
    / / /   ./  i  l ,._.l  l !   l !    ,   l `l    l   l
   / / /    / / / l (( !  l l  .l l   ノ l  ! l    l  .l
  / / /   , ' ./ /―i--l))| l .l-、-l―l― ,l .l l  l  l    l  l
 /././   /,' / /-,-、-,/┐! .l lノ_,.-=',"-,ノ.lノl レ'  .l   l  l    ……私は……薔薇乙女第7人形、雪華綺晶……
ノ./ l ,  / l ∧.l〈`_∂ノ,} ノ レ'  '(::i:::ノ/ l .|     .l   l  l
/.  ∨∨  i/ /i((`<^_ノ      ̄``  l ! .l    .l l_,.-'" /    私は、私は……
        /\l`)〉      〉       lノl .l    ll l_,.-'"
       /   ゝヾ     _ __   u イ  l l    l l l''-.,_
      /   / \         / \ l l    l l l''-.,_"''-.,_
     /     \ .└`ー 、 __ ,. -=´┘ / .l l    l .l l  "''-, "'',







160 :名無しのやる夫さん :09/02/08 18:57:20 ID:l075unsl
 
         / ̄ ̄ ̄ \
      /   :::::\:::/\  
     /    。<一>:::::<ー>。  ちくしょう……ちくしょう……!
     |    .:::。゚~(__人__)~゚j   薔薇乙女の……蒼星石の、馬鹿野郎……!
     \、   ゜ ` ⌒´,;/゜
    /  ⌒ヽ゚  '"'"´(;゚ 。
   / ,_ \ \/\ \
    と___)_ヽ_つ_;_ヾ_つ.;._


       /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :\
        , ':: : : : : : : ::/: : : : : : : : ::/::: : !: : : : :: : : : : : : : : :\
     /: : : : : : : : :./: : : : : : : : :./: : : ハ. : : : : : : : : : :ヽ: : : :::ヽ
     .': : : : : : : : : ,. : : : : : : : :レ':::/: / !:ヾ\: : : : : : :.:!: : : : : :!
    !: : : : : : : : : ::! : : : : : : /ィ:::/   !::| \ヽ::: : : : ::!:: : : :l:::!
.     !:: : : : : : : : :::|: : :_ ,./´, '/--─ ''、l   ゞ::、: :. :.l.: : : :イ.:!
      !::::: : : : : : : ::|: : : : :-ーイ      ヽ.\   \,: :..|::ィ:./'レ'
     !: : :: : : : ::/´|!: : : : :l:.l:.:|  、. _____ ,      ´ /::j: i/ノ
      〉: l!:::: : :.{ ィ!::: : : :.!:l!::|   `  ̄ `      '=jィ/´    やる夫……ごめん……
      ハ:l ::::::::メム::!:::::::ハ!`ヽ           / i:ハ
        l| ヽ ::::ハ:::!::::::| |!         -- イリ l!
           V ヾ!::::::| l'           .イ::: ' '
             ハ!: !  ゝ  ___ _, イ::::|::/
          ノ´ \ ヾ.   /'      |::://
    r v - < _      ヽ   /!      j/ '







161 :名無しのやる夫さん :09/02/08 18:58:41 ID:l075unsl
 
その日……下僕制度が終わると同時に、やる夫は夜の闇へと姿を消した……


;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/ ̄ ̄ ̄\  ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/       \        ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/          \.   ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|             |    ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\    ///    /__    ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/:: \:ノ|゙ x ''|ヽ!:::_,,,L,,ノ,,ノ_ノ゙>i、   ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.  i/ヘ:::::ノ::::::::::::::::::''"::::/    ゙ヾノヽ     ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/(:::::::゙ ソ"_:::::::::::::::::::::::.::''"ヽi、  をノ     ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;(::::ヽ, ノ"!,,_::::::::::::::::::::::::::::;:::::"ヽi、      ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;^゙''" /::::;シ::::::::::::::::::::::::::::::::;;ノ::::)         ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;(::::ヽ、; ; ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; ;''ヽ,/        ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ"―、_''' -r―'┬''        ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;| "''ヾ!|ヾー .|              ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|    i|   .|              ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|   /| , il |             ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|   |,|_、_ノ           ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.ヽ:.......:| ("::::::::y         ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;i::::::::::| i:::::::;r'          ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;i:::::::::| ゙''=i'             ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;i::::::::|         ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;i::::::::i         ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ト=-〈iiiii i i , , ,     ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;i i iiilll|||( __,ノ|||||lllllliiiiiii i i i , ,   ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;! ! ! !!lll||||!!!|||!!|||||||!!!!!!!! ! ! '   ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;







162 :名無しのやる夫さん :09/02/08 18:59:17 ID:oUZvM+PN
やる夫・゚・(つД`)・゚・







163 :名無しのやる夫さん :09/02/08 19:00:43 ID:l075unsl
 
~ 8月 やる夫の通う某大学 ~

    ____
   /      \
  /  /   \   ヽ   やっとテスト期間が終わった……
 |    /\      |   そ、その……久々にゲーセン行かない?
  ヽ  / ̄\   / 
   \       /
   ,r''"´l ̄´ ::ト、
  / r  `ー'''"  ヽ
  L_,l      、_,!
   | |       | l


   __
  /-  -ヽ
 /  (● ●) =3   嫌だね。お前弱いから。
 |   'ー=‐' i      ハトに餌でもやってろ。
  >     く







166 :名無しのやる夫さん :09/02/08 19:01:42 ID:l075unsl
 
~ やる夫のアパート ~

             ___
     _i_   _/:::|_  i   |:::::  i             __      /ヽ\  ____________
     |   ヽ |:::::::: |  i  i:::::::  i  ____  |::::::i i    /..:::::ヽ \i i i i i i  |
   _,_,_,_,_,_,_,_,_,_,_,_,_,_,_,_,_,_,__,_,_,_,_,_,_,_/~\\\,\\ ______________; ...|
  /,,,;;/,,,;;/,,,;;/,,,;;/,,,;;/,,,;;/,,,;;/,,,;;/,,,;;/ニ日ニ\\/,,,,;; /,,,;;/,,,;;/,,,;;/,,,,;;/,,,;;/,,,;;/,,,;;/,,,;;.//ヽ
  /;;/,,,;;/,,,;;/,,,;;/,,,;;/,,,;;/,,,;;/,,,;;/,,,;;/!|      |/,,,;; /,,,;;/,,,;;/,,,;;/,,,;;/,,,;;/,,,;;/,,,;;/,,,;;/,,// ヽ\
 /,,,;;/,,,;;/,,,;;/,,,;;/,,,;;/,,,;;/,,,;;/,,,;;/,,,;;/|       |,,;;/,,,;;/,,,;;/,,,;;/,,,;;/,,,;;/,,,;;/,,,;;/,,,;;/,,,;;// 三 ヽ\
  | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| :|王||王i |ニi ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ |三三三|
 ゞ;ミゞ |王|王| .  ||   |王|王| . |      |ニi  |王|王| .  ||   |王|王|.   |三ノヽミゞ;;;
 ソミゝ:ミゞ!LLLi   .||  .'LLLLLLi. .|      |ニi :.LLLLLLi  ||  LLLLLLi  |三;;;ミ;;ヽミゞ;;
 ;ノ:;:ヽミ;:;ミゞ;;;    ||        i=======i====i  .  .  . . ||  .    .    .|:ニノミヽミゞ;;;
 ソ;ノ:;ミ;;ゝ ミ;;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: || ̄ ̄ ̄|| ̄ ̄:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::; ソミヽミゞ;;;ミゞゞ
 ソミゝミゞ;;;;    ..    .i^^ii           .i^^ii                      ;ノノii;;;ヽミゞ;::;;
 i ̄i ̄i ̄i ̄i ̄i ̄i ̄|: |i         |: |i ̄i ̄i ̄i ̄i ̄i ̄i ̄i ̄i ̄i ̄i ̄i ̄i ̄i ̄i ̄i ̄i ̄
 .~i ̄i ̄i ̄i ̄i ̄i ̄i~i: |i'''''''''''''''''''''''''''''''''|:  |'~i ̄i ̄i ̄i ̄i ̄i ̄i ̄i ̄i ̄i ̄i ̄i ̄i ̄i ̄i ̄i ̄i ̄
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄' ' ' ' ' ' ' ' ' ' ' ' ' ' ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
   '" '':'.'   .   .   ::  :     ''  "  '    .''    " : ' ."'


     |┃
 ガラッ. |┃
     |┃  ノ//   ./ ̄ ̄ ̄ \
     |┃三    /  ̄    ̄  \       ただいまだお。
     |┃     /  (●)  (●)  \    (誰もいないけど……)
     |┃     |    (__人__)     |
     |┃三   \    ` ⌒´    /
     |┃三   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ \








167 :名無しのやる夫さん :09/02/08 19:02:33 ID:l075unsl
 
       ____
     /⌒  ⌒\
   /(ー )  (ー )\.    薔薇屋敷から解放されて数ヶ月……
  /::::::⌒(__人__)⌒:::::ヽ
  |     |r┬ |  (ヽ |   入学式以来まったく講義に出席してなかったせいで、出席が必要な授業は全滅。
  \γ⌒=/⌒ヽ_(⌒ |/    テストだけの講義も、授業のノートの大半が白紙だから悲惨。
  / ( ^=/   /  ヽ ノ\   おまけに最初の数ヶ月で友達グループができてて、完全にぼっち……
  | / ,(⌒ヽ/   \
  ヽ_ノ ー '


      / ̄ ̄ ̄\
    /  ⌒ 三. ⌒\
   /  o゚((●)) ((●))゚o   はっはっは、もう笑うしかないお!
   |    ⌒(__人__)⌒  |   あの屋敷に拉致られた所為で、やる夫のキャンパスライフはお先真っ暗だお!
   \     |r┬-|  /
   /       `ー'´   \







168 :名無しのやる夫さん :09/02/08 19:03:19 ID:l075unsl
 
     ____
   /      \
  /  \   ,_\     ああ、でも最初にやる夫が薔薇を摘んだりしなかったら、
/    (●)゛ (●) \   蒼星石と知り合う事も、あそこに拉致られる事も無かったのかお……
|  ∪   (__人__)    |
/     ∩ノ ⊃  /
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /



              / ̄ ̄ ̄\
         /   _ノ ,、ヽ、_\      なんか原因がやる夫にあると分かると、
       /  ;;;(ー)::::::(ー);;\     ますますやる気が無くなってきたお……
       |    :;:,~(__人__)";::  |
          \、    ` ⌒′ ,/     もう大学辞めようかお……
         /ヾ     イ" く     __
        /⌒ヽ        \ ,、jーi
.        |\ \.      ト、 ヽソ ⊆)     __
        | \_/⌒ヽ/⌒\( |酒⊂リ     jーi                 ピンポーン >
         | ,/   ,.  \i'  \|_とン    ノ空I
            |    人   \   \      | 瓶 |
         \__/__\,〆⌒)_〆⌒)     |___|







169 :名無しのやる夫さん :09/02/08 19:05:21 ID:PE1s2zlt
誰だ?







170 :名無しのやる夫さん :09/02/08 19:05:37 ID:l075unsl
 
/ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽミミ《ii(!!!/ヽ、/ヾ彡彡'三ミミヽノヽ
|  フンッ   |iッ、ヾ!i川( メ彡ミ彡'´,==ヾ巛彡
ゝ、____ノ  `゙''‐=ミヽ/=ヽi|//彡》ミ)、ヾ、メノ
ミミミミミミミミi       ヽ ヾミツ''' ヘ彡ヽ リ/
ミミミ/ ̄ヾツ     ヽ  ヽ   )  |三キ´((ミ、_ノ
ミミ/::::::::::          \ i  |    |、 ヾヽ
ミ/:::::::  ,ァェ三ミミミャ、  ヽ .i l / ri》ミニミャ、、
゙::::::::   '     ヾミッ、,, 丿i::i i ./,ッ彡ノ‐-─、ヽヽ、
::::::::::::    ‐-、__、ヽヾミミ彡ノノ彡'_ノミミミヽ-彡ヾ、
ヽ:::::::::.    ` `‐-',‐`ゝ、゙' /-‐'´)ミミミ=-`´ヽ  ヽ
:::::i-、:::::       ̄ノ  ..:ヽ !ヽ  |  ヾミミヽ
::: |:::::ヽ :::   /´/ ..:::::::_i i ::/ミ==-      やる夫さんよォ……
:::..ヽ::::__ノ 、       ( `  )/ミヾ)).        アンタに手紙が届いてるぜ?
:ヽ、>´: ! i        ⌒ ''´/ミ<ハ         郵便屋、間違えて隣に入れていきやがった。
:::::::ヽ:::: ヽ      ,/,二ニ'フ/!i|川  リ
::::::::::ヽ:::: )   , =ニ、_'ー-' .i'-‐┴‐-=、_
:::::::::.. ヽ、_ヽ     `ー‐,';;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`ヽ、
`'ヽ‐:::::  ゙ヽ、:: /ヽ、, /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ、
;;;;;;;;\     ヽ、;::....  ノ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;i


       ____
     / ノ  \\
    / (●)  (●)\    あ、お隣の範馬さん。わざわざすみませんお。
  /     (__人__)  \
  |      ` ⌒´    |    ……って、やる夫に手紙? 誰からだお?
  \           /
  /              \







171 :名無しのやる夫さん :09/02/08 19:05:58 ID:oUZvM+PN
まさかのオーガww







172 :名無しのやる夫さん :09/02/08 19:06:21 ID:ZYgS8ejK
隣人いやすぎるwwwwwwwww







173 :名無しのやる夫さん :09/02/08 19:06:31 ID:l075unsl
 
            f⌒ミ`ニキ'"三三ミミヽヽ`il))メナ彡ナシノノフイく,ノ三ノr=ヽ'
           ー=、 ゙ゝ'彡≫三≡ミ゙i`i l l lノ,r'リノッシノ彡ノノシ/F三ノニト
          ´~ゝ-ゝ<リ彡ノノ三ミミミfi l lゝi ノノノノニ彡三彡彡jノヨ'ノ巛ミ>'"二ヽ
          ^`ー三くj〃彡三≡ヾ.ゝt t )l ン"´ ゙ヽ、iミ彡ノシ人ミ三彡ニ=-
            、,:r''7ヘ又彡シ,r/'"~`゙゙゙`'二ニ:;、_,,.,.,  `゙゙ヾミミ三彡ブ>∈ニ
          ,'ニキ王彡彡彡;,fノ -=,=< l /,∠(_,.,.,、  ゙iミ彡彡三ノ∠ニ_
        、_,r=''7ヽ≡彡三彡'" '''"~,r''') `' ゙i  f‐-:,ニィ=、ヽ トミミミ三≫にニニ、ヽ
       =〃ーヽヽfrミ三f'f ,,r;;ニ彡'´ `ヽ,  ノ  ノ.'・'´ ̄  i,ミ三ヽフ<7、,.r--=、
       `ー=''"~`ヾミ》彡/'イ (:ノZニr・ゞ   i f   `"_,,二ニヽ┤ミミY人ノリへ,,.=、   知らねェよ。
           ,,ノ-r'彡〃:┤ ,,..,.  ̄",:' ,r j t`ヽ,、_,ニニヽ`t三彡彡メ>ノ、_`''",´   とにかく渡したからなッ!
         ,r''>=‐ナ〃フノノ:゙i'',r'',.=‐,'".ノ(_rゝ_ノ'" ,.,..,.、_´~)  l ) )ミミ彡==、、
       `~ f 、__,>ヲr7ノF彡 i ( r=''" _,.,.,.,.,.,.,.:ィ",.,-、=、,フ   イ ノミヘ三≡,.,、 ゙ヽ
        ゞ、_彡ナ7ノシノfr(ゝ、tヽ /,r‐―一 '"_,.,.,、ノノ^iフ′ l`ヾミr十=、``ヽ、)
           '"~フフr/ノミヽソ l'  ゙i〈〈(ヽノ'ー''"^´   ~`ヲ^i ,ノ :,ヾ''ー--==:、
            ニf‐ナ''チ,r=ゝノ、  ゙い''^',,.ィrー'='ーメ/ ,' ,/′':,  i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`ヽ、
           ( ,r''サ;;;;;;;;;;;,ィ 、.゙ヽ、゙tヾ、ー=''"゙゙~´,ノ ,' /   :  ノ,ヾ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\,,_
           /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/人 ':, `ヽ、 `゙゙゙゙´~´ ̄    /   ,:' /   l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`゙゙`'''ヽ、,,
         ,,ノ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;t ''"゙t  ゙;, `ヽ.        /  ,:'  /` /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
    ,.:ィ'''"~´;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;゙ゝノ\ ゙ヽ  ヽ、    _ノ  ,'   '^,,.ノ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
  ,:r'´;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽノヽ、、、  ヾ `''''''"´ /  ,' ,.:ィ ''";;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
. /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ、     ヽ   /   r''"/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;



    / ̄ ̄ ̄ \
   /        \       ありがとうございますお。
 /     ―   ― \
 |    ( ●)  ( ●) |      ……えーと、差出人は……
 \     (__人__) / ))
   リ     ` ⌒´/ ̄/ ̄/ チラッ
  (|        /  / と)
  と|       /  /  /







174 :名無しのやる夫さん :09/02/08 19:07:37 ID:l075unsl
 
       , -────- 、
     /. : : : : : : : : . .  \
    /:: : : : : : : : : : : : : : :. \
  /:: : : : : : : : : : : : : : : : : ::.  \
/:: : : : : : : : : : : : : : : : : : : ::.;   \     ……薔薇……水晶……?
|::.: : : : : : : : : : : : : : : : : : : :.::.:;    |
|::.: : : : : : : : :.: :. : : : : : : : : : : :.::    |
\::.: : : : : : .:.: :.: : : : : : : : : : :.::  /
  \:.:、: : : ::ヽヾ:.: : : : : : 、::.  /


          _____
         / ヽ____//
         /   /   /
        /   /   /     なんで薔薇水晶から……
        /   /   /      とにかく開けてみるかお。
       /   /   /
       /   /   /
      /   /   /
       ̄ ̄ ̄ ̄ ̄







175 :名無しのやる夫さん :09/02/08 19:07:42 ID:hwfcSRg0
オーガいい人







176 :名無しのやる夫さん :09/02/08 19:09:01 ID:l075unsl
 
       | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
       |                    |
       |                    |
       /    ̄ ̄ ̄ ̄      /_____    ―――立秋の候、やる夫様はお変わりございませんでしょうか。
       /              /ヽ__//
     /    やる夫様へ    /  /   /     さて、この度は先日の拉致監禁事件の謝罪兼、
     /              /  /   /     私共の近況報告という形でこの手紙を送らせていただきました。
    /   ____     /  /   /
   /             /  /   /       まず―――
 /             /    /   /
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/   /   /


       ______
     /:∪::─ニjjニ─ヾ
   /:::li|.:( ○)三 (○)\     ちょ、おま……なんでクソ真面目に定型文とか使ってるんだお……
  (:::||!.:∪::::: (__人__)):::: i|      薔薇水晶って、そんなヤツだったかお……?
    ):::::::::::::   |r┬-| li::::/
  /:::::::::::::::   `ー ' ::::::ヽ







177 :名無しのやる夫さん :09/02/08 19:10:18 ID:l075unsl
 
.:::::_イ      |!     |      |  ハ l ト l l     |   l ヽ.
  ハ    i l i   ハ l __  ! ハ. |_.ィ |-j─l!   | ハ!   l_ \____
..イ | |   i ! ! !  l l | ! ( ⌒ゝ_l ィ_!´|,ニVノ_)从!ゞ ! ! |  ,. '´ ,. --──
 レ'| |   | !::!ニ!ハ二!二_ヽlー|/'fー'(V≦(オjノ:::∧. ∨  {  く \ :::::ヽ
   l l.  | i::lヾ __V.=!≦ `ヽ! ` -、._`'≦乂_:/ ∨    ゝ、  ヽ :::::::::::::::  ―――まず、この時点で私がこんな文章を
    l l ハ 丶 ゝく'´l -f!ハ         ̄`ーヽ!  Y:   !:: \  `ー- .  書いている事が気に障ると思われますので、
   l ゝヽ  | ゝ、  ゝ-‐'           ゝ=´ Vjハ:::   !::   ー─-   丁寧語程度で書かせていただきます。
   ゝ  \ ハ         ヽ          ヒイ!::   !:::
..--ュ/ \ |  ハ         _ -_,       /!::::::!::   i:::::        「責任者」ジュンや「準責任者」水銀燈が書くと
テ /'    ::|  ::::ハ         ー        /::|::::: !:.   i::::::::.       もっと酷くなるので、これでもまだマシです。
//    .:::|  :::::/:::ゝ、             イ__::| :::::!::   |::::::::__ゝ_..
../     .::::::|  :::/::::::::::|::>-__        r⌒フ__  ヽ:::!::   レ ´: : : : : : :
    :::::::::| :::イ :::::::: |::/  ノ_>ーr-√ __∠_ : : : `フヽ:::::/: : : : : : : : : :
     :::::::::|::::/::::::::::::::,::::〉:⌒≦_ー-`V´: : : ::/: : : ∠::::::/: : : : : : : : : : : :

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


         / ̄ ̄\
        /      \
       /::::::::::::::     ヽ    薔薇水晶が面倒になっただけだお、絶対……
       |::::::::::::::   U   |
        ヽ::::::::::    /
        /::::::::::::   く
-―――――|::::::::::::::::   \ -―,――――
         |:::::::::::::::  |ヽ ⌒)







178 :名無しのやる夫さん :09/02/08 19:10:55 ID:BeuR9km2
あの中じゃ一番まともだったからな、ばらしーは







179 :名無しのやる夫さん :09/02/08 19:11:35 ID:oUZvM+PN
雛が書いたら多分一番ひどいだろうな







180 :名無しのやる夫さん :09/02/08 19:11:40 ID:l075unsl
 
             >'´ /   ∧    |    i| ヽ.      \
           /   /     /::::ヽ _,斗:.:.:.: :   |   !  :...   \
            〉       ::ー‐^´¨ |:.: : !:.:.. ト、  |   :.:.:... : :..`ー-、
              |   |  il  ::|       ! ::∧:. :.  ,=‐i   :.:.:.:.:...:.:.:..:.:./
             / .:.:.:.:|  i|   ::|       | / ,ィ|,.イ´__ ∧  ..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/
         / :::/イl|  l|  ::|=、>ー=、 i′|:rレ弍¨ヽ ト :.:.:.:.:.:.:.:.:./    まずは「責任者」ジュンについて。
        ./::/  /   |  |´戈¨T |ト==、|| 弋__ソ‐|/.:.:.:.:.:.:.:.:.:\    ジュンは下僕制度を廃止したあの日から、
        レ'゜   / /  iヾヽ! 辷_ソ」|   ヽ=====' マヽ.:.:r-‐'´    色々と変わりました。
              レ' レ'〉 ! ヾニ=== ′〈           'ノ::;;;>
                  ̄ヾヌ、      `       ,/‐'´        学校に通うようになり、薔薇乙女達は
                    ̄ヽ       ー‐      /              お父様に顔向けができると喜んでおります。
                     \           _, ィ´               雪華綺晶が居る事についても、
                        `¨ニt-  -‐' ト-┐               渋々ですが納得してくれました。
                  _   /´iイ      |/ ヽ―-- 、__
                  /i  ゞ7″ | ′    /    |     `ヽ、



                       / ̄\
                       ]皿皿[-∧-∧、
         ________∧_/\_|,,|「|,,,|「|ミ^!、      そして、下僕制度によって多くの人から
       /三三三三三三三 Π . ∩  |'|「|'''|「|||:ll;|      自由を奪った事を、ジュンは本当に反省しています。
    __| ̄同 ̄同 ̄同 / ̄ ̄∧ ̄ ̄ ̄ ̄∧ ̄\
...  _/__|==/\===ハ, ̄ ̄|「| ̄ ̄ ̄ ̄|「| ̄ ̄|     最初、彼は警察に出頭すると言っていましたが、
  /_| ロ ロ 「 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| | 田 |「|  田 田 |「|[[[[|     若い彼の未来を潰すのはあまりに酷だと思い、
  |ll.|ロ ロ /|.l⌒l l⌒l l⌒l l´| |    |「|        |「|ミミミミミミ、     私達はそれを止めてしまいました。過保護ですよね。
  /〃 ̄ /::|.| ,,|| ,;:'゙ ゙`ヾ,,.| | 田 |「|  田 田 |「|:::::::::::|     正しい事だったのかどうかは、今でも分かりません。
  | |  | :|.|,;ヾ゙゙ヾ゙゙゙'';;,,:::ヾ゙゙ヾ''""``ヾ;;,,""~`ヾ゙゙`ヾ、´゙゙ヾ"
''""``ヾ;,;ヾ゙゙ヾ







181 :名無しのやる夫さん :09/02/08 19:13:15 ID:PE1s2zlt
いやぁ、豚箱行きが世のため本人のためだよ







182 :名無しのやる夫さん :09/02/08 19:13:34 ID:l075unsl
 
       ,  -‐ ,.'"´       、`ヽ、
     /   /   i    リ ヽ 、  \
        /    .:レ′   j  i !.:.   i
         l    .:/   , /  i .::|:::.:l  |      お父様……薔薇水晶のお父様は、
        ノ    ,.ィイ.:::/  .::l.:|:|::::::|:::. ト、     いざという時の責任は大人が被れば良い、と仰っていました。
        彳  ,ィイ 1:|::,'  .:;ィイハi::::::|::.:.:.ヽ|
       |.:.:|, イ‐リ-トト、::.;ィイ仁=ト-ヾ::::.:.:.ト、    お父様はジュンが下僕制度を布いた事を知りながら、
       ト、:i { r‐ェテ ヽl/ ''テェ‐ァ .:!.:ト、:;!/    このような事態になるまで止められなかった事を悔いておられる
          ヾ::、    ,        !/::/     ようでしたから、その責任を一人で被られるおつもりなのでしょう。
          仆    :j 、      イ:/
             `、   _ _     /i,ハ      現状、警察の手が屋敷に入る様子はありませんが
            ヽ  ー `   / .|;;;:;:|      いずれ来るその日の為にも、この問題と向き合っていくつもりです。
             `ト、 ___ /   !;;:/、
              /.::::| ヽ   /   l::::.:.L
          , .イ .:.::::|    ,/  /.:.:::,! ``i::.、


      / ̄ ̄\
    /ノ(  _ノ  \
    | ⌒ ( ●)(●)         下僕と言えば、やらない夫をはじめとした一部の物好きな下僕達は、
    |     (__人__)         あのまま屋敷に残っています。もうニート生活はさせられませんが、
     |      |r┬| .}          彼らが稼いだお金を屋敷に納めてもらう事で、残る事を許しました。
    |       | | | }
   ,..-'ヽ     `ニニ }           ただし、やらない夫に限っては全く働いている様子がありません。
  ./::"::::`ヽ、.,__ __ノ ゙          納めているお金は、真紅が出しているのだと思います。
 /::i::::::::::::"'弋'!ー',イ>|'_ノ´`ー -,,_ _   人形の私が言うのも何ですが、それは人としてどうなのでしょうか。
. }:::゙|::::::::::::::::::::~゙:_戈;f"  、    イ/ `i
/:::::::!;:::::::::::::::::::/',r.テ    \xー.ォ、__ノ
::::::::::::ヾ!:::::::::::::l .l r'   ` 、_冫y"
:::::::::::::::::\o:::::l .ト、  ヽ,_ノ"ー'
:::::::::::::::::{::::{\代 l>ー、,_ノ







183 :名無しのやる夫さん :09/02/08 19:14:22 ID:ZYgS8ejK
やらない夫まだ居座ってるのかwwwwwwwww







184 :名無しのやる夫さん :09/02/08 19:14:39 ID:BeuR9km2
物好きにも程があるだろ







185 :名無しのやる夫さん :09/02/08 19:14:41 ID:eY8GktAW
やwwらwwwなwwwいwww夫wwwwwww







186 :名無しのやる夫さん :09/02/08 19:15:22 ID:r+6sJdTU
ダメ人間wwwww







187 :名無しのやる夫さん :09/02/08 19:15:33 ID:l075unsl
 
          ____
        /     \
      / ⌒   ⌒ \         できる夫はどうやらあの大怪我にもかかわらず生き延びたらしく、
     /   (●)  (●)  \     今は近くの病院に入院しています。驚きですね。
    |      __´___    . |
    \      `ー'´     /      割と元気なのですがまだ退院は無理だそうです。
 ⊂⌒ヽ 〉         <´/⌒つ    一度お見舞いに行ってあげてください。
   \ ヽ  /         ヽ /



  / `ー〈  `` ヽ            '¨´ `ヽY/´ ヽ
/    ノノ         /  |    !    ,)) |  |
     ((´     /  /  ./1  !  .::,′   .((  |  |
    //    /./ ,イ .:/ | ,′.::/i::.   l.::| |  |  !   それと、できる夫から伝言があります。
   .//,′ ,.イ:/__/_/ .:ノ) / /|_.:./_」:: .:/ /l.:| |  |  !
  // i  /.::ハ 7仁l7X / /´l//二「.:/l/ リ ',. |  |   「あまり雪華綺晶を責めないでください」だそうです。
 /l/ |/|/.:/′Vf.{.い.},':!〃  ィ.ヒiシフ:l::::l.:.   ! |  |   彼は殺されそうになった相手を許すつもりのようですね。
/       /((ヽ こノ   ,     ̄`,'.::.:|::.  | | |  |
    .:/   /.:.::))了´   _ _     /.::.:::i |  | | |  |    彼が生きていた以上、彼女は誰も殺していない……
   .::/   /.:.::/:::/\  `ー   , .イ.:.::::::| |  | |_/ /   終わり良ければ全て良しとする大物っぷりに、頭が下がります。
  .:::/   /.:.::/.::/:.:ヽ  ̄`ヽ__∠ ̄`7.:.:::l/  | |<
.:.::::/´ ̄`ー─- 、.:::::>    ) _, イ.:.:.::::L_LL_ \







188 :名無しのやる夫さん :09/02/08 19:16:52 ID:ZYgS8ejK
できる夫結局生きてたのか







190 :名無しのやる夫さん :09/02/08 19:17:54 ID:Oyradje7
できる夫マジパネェ







189 :名無しのやる夫さん :09/02/08 19:17:38 ID:l075unsl
 
    |    \      /  |
    |     \r rイ   |
  「 ̄  , ィ´ ̄`7ハ^X^ヽ  ̄`7
  」   ,//  //i::l::ノノl l:、  /
/ L_//, イ/::l:|::|:|::|ノノ::|:Vコ
    /|:.|.:|::|`ト、,|:|::|.|::|_;:イl::lヽ ヽ      
     |.:!::|::|::!:0′.:.:::::.: 0′ |   \     本当はその他大勢についても書きたいのですが、
  .:.:.::::|     .:.:::::::::::.:.:.    l:.:.   ヽ   手紙の分量的もありますし、控えさせていただきます。
_.:.:.::::::::l       /ヽ    /::::.:.:.   /
二三三ヽ      ⌒    / ==ニイ       ですが、最後にあなたの良く知る薔薇乙女についてだけ。
``>.::::フ^rrー - 、 _, -─-、ニ二<
 l::/   |:にニニ >>ェ<ニ二::| `ヽ
 〈    `ー一'77^トト ー一'  /   ← その他大勢
  >  /    //  l:| i  i    〉


  /:/:/. : : // _!:\/ ヽ::::::::::::ヽ: : : ヽ::::::::::::::::::l
∠/ : /. : ! /  (__ノ: /!ヽ ハ.:::::::::::::!: : : : l::::::::::::::::::l     蒼星石は、あれからずっと凹んでいます。
. /: / /!: :/j/// !/ l/l/: : !:::::::::::::l: : : : l:::::::::::::::::::!    約束を果たせなかったなどと訳の分からない事を
/イ: :i レ′/ /      l : : :!:::::::::::::l: : : : !::::::::::::::::::l    言っているのですが、何か心当たりはありますか?
 l: ! l  //\       !: :/:!:::::::::::::!: : : :l:::::::::::::::::::!
、!/!ハ//  __j  r =、∨! :!:::::::::::::!: : : l:::::::::::::::::::!    このままでは残った人間達にも示しがつかないので、
 ヽ、∧ ̄__r―┐  ゝ=く l/. :l:::::::::::::l: : : l_:::::::::::/     解決法をご存知でしたら教えて欲しいところです。
    ̄Y´ 厂:`ヽ_/_/ イ/:/:ト 、:::::::l ̄     ̄
\   ,ゝく::::::::::::::\: : :/:/:/|: : : ヽj







191 :名無しのやる夫さん :09/02/08 19:18:46 ID:Q2uwgkJd
一緒に朝食とれなくなったからか







192 :名無しのやる夫さん :09/02/08 19:19:11 ID:DEOkoYp8
蒼い子かわええww







193 :名無しのやる夫さん :09/02/08 19:19:41 ID:l075unsl
 
              ___
   ,r'"´「jヽ     /     \
  /   | | ゙,   / ─    ─ \
  l l | || |  ! ./   (●)  (●)  \
  ! 」」_」 |」/ |      (__人__)    |        あなたが掃除や洗濯をしている姿を見る事が無くなって、
     | |   \     ` ⌒´     /        私も少し残念に思います(少しだけですよ)。
    (ヨ r ) /           \
      !   ∨  イ        ヽ  i        一緒に散歩に出かけて迷った日の事を覚えていますか?
      \    /.|           |   l        あの時あなたを励まして「折れない意志」を持続させたのは、
       ` ‐´ l         l   |        実は私の意向ではなく、蒼星石の指示だったのです。
           !        ,rrソ_ノノ
           i     y  //  Tト、ヽ      それも含めて、蒼星石はあなたを事を大切に思っていました。
           |      i   」_L _丿 Lll      だからいずれ、少しでいいので屋敷に顔を出してあげてください。
           |     |  |U ̄^i  .:j|
              l     l  |   | _ __.,!
           ,!    ,!   `ー┬‐─ '
          (____(_____)

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


      _____
     / ノ' ^ヽ_\       な……なんかいろいろ……いろいろ大事な事、書き過ぎだお!
  ゚ / 。;'⌒)  (⌒ヽ\°
  / o'゚~(___人___)~o°\゜    蒼星石は、まだやる夫なんかを待ってるのかお!
.  |    ゚ |/⌒ヽ|  ゚    |    馬鹿野郎と罵って、逃げ出したやる夫なんかを……
  \     ` ⌒ ´    /







194 :名無しのやる夫さん :09/02/08 19:21:06 ID:BeuR9km2
>>(少しだけですよ)

カワユス








195 :名無しのやる夫さん :09/02/08 19:21:07 ID:l075unsl
 
~ 翌朝 ~


                       / ̄\
                       ]皿皿[-∧-∧、
         ________∧_/\_|,,|「|,,,|「|ミ^!、
       /三三三三三三三 Π . ∩  |'|「|'''|「|||:ll;|
    __| ̄同 ̄同 ̄同 / ̄ ̄∧ ̄ ̄ ̄ ̄∧ ̄\
...  _/__|==/\===ハ, ̄ ̄|「| ̄ ̄ ̄ ̄|「| ̄ ̄|
  /_| ロ ロ 「 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| | 田 |「|  田 田 |「|[[[[|
  |ll.|ロ ロ /|.l⌒l l⌒l l⌒l l´| |    |「|        |「|ミミミミミミ、
  /〃 ̄ /::|.| ,,|| ,;:'゙ ゙`ヾ,,.| | 田 |「|  田 田 |「|:::::::::::|
  | |  | :|.|,;ヾ゙゙ヾ゙゙゙'';;,,:::ヾ゙゙ヾ''""``ヾ;;,,""~`ヾ゙゙`ヾ、´゙゙ヾ"
''""``ヾ;,;ヾ゙゙ヾ


        ___
      /     \
     /─    ─  \    あーあ、結局来ちまったお……
   / (―)  (―)    \
   |    (__人__)  ∪   |  ここまで来てなんだけど、あの時飛び出してきた手前
   \  ⊂ヽ∩     /   どんな顔で蒼星石に会えと……
     |  | !、_ \     )







196 :名無しのやる夫さん :09/02/08 19:22:53 ID:l075unsl
 
   / ̄ ̄ ̄\
  / ─    ─ \         できる夫が死んだのに雪華綺晶を引き入れるのが納得できませんでしたが、
/  (⌒)  (⌒)  \.        実はできる夫が生きてたので戻ってきました!
|    (__人__)    |       
\    ` ⌒´    /    n    だから許してチョンマゲ!
 ̄           \.    ( E)
フ          /ヽ ヽ_//



             , -─‐──‐-、
         /             \         ……いやいや、ない……
        / ;              ヽ.        それはないお……
        l  U                l
        |      , 、     ;    |⌒´⌒`ヽ、
        !、  _ノ" "ヽ、__  ∪         \
        :ヽ。((◯)  (◯)。)::  /⌒゙`       l
        /ヽ~゚(__人___)~__ ,ノ|     ,       |
        /   /` ⌒ ´    |.    |    ,   !
       /   /    | `ー-,,,|"   |___,ノ   |
     . /   /     .|    |    |     ,lー─- 、
    , --‐-ー、_ /     l     ,|    |   ,/ )   )
   く / / ァ- ,ノ      \ノ^ノ^/⌒ヽ.j\   /^ー-‐'
    `ー' ー´ ̄        (_イ_,イ、_,ィ'´__/








197 :名無しのやる夫さん :09/02/08 19:23:57 ID:l075unsl
 
      |:.:.:.:.:.::|:.:./__/_l:.:ヽ:.ヽ\:.:.:.\:.:.: l:.:. , :.:|
      |:.:.:.:.::.:レ´:.l/__-_ i`.|\:.ヽ弋:_十 !.:|:.::/.:.:.|
      |:.:.:.!/ィく7ァ¨Tヾ、:!  \! ,ォV== 、:./:.:.:.:.!
     l:.:.:イ:.: ! ゝうノ   \     tゞrケ j/::..:.:.: !
      ,:.:.ハ:.ヽ        i     ` ´ /:./.:.:. ,   …………やる夫?
     !::.:.:..ヽ:_ゝ      __       , 'イ.:.:.: ,.'
      ヽ,:.:ヾ:.ヽ!ヘ.   ` ´    ,..イ:.: /.:.:.:/
       \:ヾ:.| γri 、    . ィ'__レ'j/!:.:.,
   __ ,r、  _..ゝ`´  \ ` ´ /  ` ヽj/  _
   ノ_ヽ!ノ´       _ヽ,_,/__     ` {^Y _j


            ___
       /      \
      /ノ  \   u. \
    / (◎)  (◎)    \    おうっ!?
    |   (__人__)    u.   |
     \ u.` ⌒´      /







198 :名無しのやる夫さん :09/02/08 19:26:05 ID:l075unsl
 
       、.::.:.  _ __ __  |
          > '"´            ̄``ヽ、
      /     . -‐.:::::::::::::.:.:.‐-....、 /
      \   ,. '´ .::::::l:l:::i:::::::、:、:::::::::::::く
        .`y' .:.:.:.:::::|:|:::|\::.\ヽヽ:、:::.\
          ,′.:.:i.:.:.:::::|:|‐i一'\::ト、|::|::l::::::::|   
         l:l:::::::l::::::::::|::r==ュ、  `十Nl:::;:/!   ……本当に、やる夫だ……
         |:l:::::::l::i:::::::N辷ソ   ,tfソ////    
         |ハ::::::l::l:::::::| ' ' ' '   、 ゙゙`レイ::|    久しぶりだけど……
          ``l::l:::::::|、    -   ノ::::ハl    その……もしかして、戻ってきて……
              l∧:::::|:.\__ ,. イ::::/
          ,. rryム:::L__ 」_.  |::/
          /.:.:`ヽい';|   ,.ィ介:、 |/`ヽ


          ____
         /.:.:.:.:.:.:.:.:: \
       /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.. \    あ、いや……何と言うか、
     /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::   \   通りすがりと言うか、顔見せと言うか……
.     |.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::; U |
     \.:.:_,.:.:ヾ丶.:.:.:.:;_.  /
     /.:.:..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.. ´⌒ヽ
    /;.:.:.:.:.:.:.:、.:,,.:.:.:.:.:.:.:.:.::     ヽ







199 :名無しのやる夫さん :09/02/08 19:27:45 ID:l075unsl
 
       レ'´    ,.-─‐ -⊥__
   r-──┴一''"´          `ヽ
   \  , .-─ ………‐- 、、,,_  /
    `V.:.:/.:.:,:.:.,:l:::.l:.:.:、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:く
      l.:.:.|.:./.://l.:.:ト.、:.\.:.:.:.:.l::.:.:.:',
      l.:.:.|/.:// ヽ:\\_ヽ:_:_|::.:l:.:|     ……なんだ、そうなのか……
      l.:.:.l.イ-一'´ `ヽ\`<:.|.:.:l:.:!
     |.:.:l:.:i  O      O  .l.:/.:;′   じゃあ……
     |.:.:l.:.l           //.::,′    約束を、果たしに来た訳じゃ……
     l.:.:l:.:.ト、     3   , .イ.:./
       V \::.:.> --- </l/|/


         ___
       /     \
      /   ─  ─\
    /    (●)  (●)\      いや、その……
    |       (__人__) ∪|
    \  ⊂ヽ∩     /     何も考えずに起きてすぐ出てきたから、朝飯抜きなんだお。
      |  | !、_ \     )     正直、腹が減ってしょうがないから、朝飯をいただけると嬉しい、なんて……
      |  |__ \   /







200 :名無しのやる夫さん :09/02/08 19:28:33 ID:l075unsl
 
        ,' /.:.:;′/:/.:.:::/:/!::::|::ト、 .:.:.:.:::::::|::|::i .:.::::::::::::::.:
         l/.:.::;'.:.:/./.:::ノ::/ |:::::|::ト、ヽ.:.::::::|:::|::|::| .:.::::.:::::::::::|
        |:l:::::l::::|:::レ':ナナヽ|:::::l::l\ヽ.:‐:十:|十!、.::::::::::::::/
        lハ::l::::|:::レ'´ ‐- |:::/l/  \::::::|:::|::|::| .:.::::.:::|:./
            ',l::::|:::|  _  |/       `` ``7!.:.:::::.:::|/.   ……ああ、そうなんだ? それは良くないね。
           ト、ト::ト、´ ̄`ヽ     ‐==ミ、 ./:!:.:.::::::::|
            ヽ:|:::|::!             /./.:.:::::::::;′   じゃあ、一緒に朝食にしない? っていうか、しよう。
              `l:::|::ト、    _`_      /::/.:::::::/l/     もう席は空けなくていいからさ。
           |:::!.l.:::>、     `   ,..イ::/::::::::/
           |.::::::/:::/ニ>.--‐ <ニ7⌒:::::/


       ____
     /⌒  ー、\
   /( ●)  (●)\    ……お? やる夫はともかく、蒼星石も朝飯抜きなのかお?
  /::::::⌒(__人__)⌒:::::\   あの早起きに定評のある蒼星石が?
  |     |r┬-/ '    |
  \      `ー'´     /








201 :名無しのやる夫さん :09/02/08 19:28:58 ID:l075unsl
 
  ,'  . .:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.:./:.:. |:|::.: |:.、:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ:.:.:`、:.:.:.:.:.:.:l::`、
. !..:.:.:.l:.:.:.:,':.:.:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.:./:.:.:./l:|::.:.: |:.:ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`、:.:l:.:.:.:.:.:.l.:ト、:|
 {.:.:.:.:.|:.:.:.:l:.:.:.:.:.:.:.:.:l:.:.:.:./:.:.:,イ:;ハ::.::、:.:.: \:.:.:.:.:.:.:.:.:l:.:.:.|:.:.:.:.|:.|:| l|
. l::.::.:.| .:.:.|:.:.:.:.:.l:.:.:.|:.:.:/:.:.:///_入:_ヽ:.\ヽ、:<´l ̄:|:.:.:.:.|:.l:| l|
  |::.::.::!::.: |::.:.:.:.:.|:.:.:|/;:∠イ/´   ヽ\:\ ヽ、 ,.=キミ!:.:.:.//l/ リ
.  l::.::.::.::.::l::.:.::.:.:.l//  _, -==rミ\\:ヽ 个tク}〃 :;〃 /
.  `、::.::.::. |::l::.∠イ::.| < V弋ス┤     ヽ └- ' リ::/  /    それがさ……
    `、::.:: l::|::.::.::.:|::.:ト、  ヾニ-‐'         イィ′
     ll::.::.|::|::.::.::. |::.lヽ\           /   /l:|        早起きしても一緒に食べる相手がいないと、
    ||::.::l::.|::.、::.::l::.`、`ヽ             ,   /::N        なんだか味気無くて。最近は大抵9時起きだね。
      lト、:レヘ::.|::.::.\::ヽ、           ̄  /::.::.;′
      \ ヽl::.::.::.::|ヽ:> 、       /!::.::.: ,′        変なものさ。誰かさんが来る前は、
           |::.::.::.:l `ヽ、 `¨¬ー-‐'´|/|::.::.:/             ずっと1人だったんだけどね……
          ヽ::.::.:「 ー- 、   ト、     !::.:/


       ____
     /-‐  ‐-\
   / ( ⌒) (● )\     ほほう……まったく、几帳面な蒼星石の生活リズムを狂わせるとは
  /::::::⌒(__人__)⌒:::::\   どこのどいつか知らんけど、けしからん奴だお!
  |     l/⌒ヽ    |
  \   /   /   /







202 :名無しのやる夫さん :09/02/08 19:29:32 ID:l075unsl
 
        / .:/:.:.::::::,r'´.:.:.:.:::::::.:.:.:.::::::::::.:.:. :.、\
      / .:/:.:.:::::::/.:.:.::::::::::.::.:.:.:::::::::.:.:..、..:.:.:.、:.ヽ\
     ,/ .:i:.:::::::::::|i.:.::::, ,ィイハト、:::::::::::::.:.`ヽ.:.:\:.\\
     l .:.::|::::::::::::||::::/::/ハ!;;::::::ヾ::::::::::::.:.:: ト、.:.:.:!:::::.:.i |
     | .:.::::|::::::::::::|!:/:://^i!;::::::::::ト、::::::::::.:.:|l:ヽ:.: |::::.:.| |
     |.::::::::|::::::::::::|/,イ/  |/\:.::i! \:::::::.:.l!::::!.i|l:.|:::!:|
      !.:::::::l:.::::::::,iイ/ー- 、、,_ ヾ! _,、ゞ-‐ト、:|ノ川:イリ
      !.:.::::!::::::::::|, - ==-ュ、    , .-=ュリ::ノ::!:/
      ト.::::::!:::::::::| `ヾ{dじリ >   <7いb;;7'::::/
      l/ヽ.::!:::::::::!   ´ ̄         ̄`/:;イ     ……それ、本気で言ってる?
         \:::::::ト.、         ′    /:::/|
      __, ィ´\:::!. \、     )‐'   , イ/l/7L_
    ,イ ^ヾ    ヾ!  \` ー -‐ '"´l/::/   「j「ト、
   //.:^ヾト厶         _\_ /   |:/   「j ト7:.ヽ


          ____
       / ノ  \\
      / (●)  (●)\           じょ……冗談だお! 人間のジョークってやつだお!
    / ∪  (__人__)  \
    |      ` ⌒´    |             ……自惚れるつもりはないけど、
     \ /⌒)⌒)⌒)   //⌒)⌒)⌒)   それが誰の所為かぐらい分かってるお……
    ノ  | / / /   (⌒) / / / /
  /´    | :::::::::::(⌒)  ゝ  :::::::::::/
 |    l  |     ノ  /  )  /
 ヽ    ヽ_ヽ    /'   /    /
  ヽ __     /   /   /







203 :名無しのやる夫さん :09/02/08 19:30:03 ID:l075unsl
 
             ,.. -―- ..、_
               ,.::'´::.::.:::/::.::.::.::.::`ヽ、
             /:::/::.::.:;:'::.::.::.::.:}::.::.:、::.:::ヽ
          /::.:::/::.::.:/::.::.::.:::/ハ::.::.::ヽ::.:::`、
          ,'::ヽ⊥_:_厶彡'::://l::|::.::.::.::';::.::、ヽ
           |::.::.:「:::┬=ニ>く l∧ヽ、::.::.:l::.::.:Vl
         l|:::/ |::.:::l:|「えメミ、 |ト V:_::.::.::|::.::.:::l:|    ふふ、こっちも冗談だよ。
        ノ|:人」::.:::|:l ゞミン  |l  ヽ:`ヽ|:l::.::;:l:|    僕も少し舞い上がってるみたい。
        ´ j从:::|:::|:トゝ     丶 芯刈:/::|::/〃
       _rヘ_}人:l::l   丶 _′`‐'/:/::l::|ー'′    やる夫は朝食に、何が食べたい?
      /7rぅ 、廴_ヽト\    >=彳:::|::|
       rう:.:ヽrヘヽく  `メこて´V{   |::l::|/


         ____
       ./ ⌒  ⌒\
      /  (>) (<)\      プフーwwwそんなの、今更訊いてどうするんだお?
    /  ::::::⌒(__人__)⌒ \
    |        ` Y⌒ l__   |   やる夫と蒼星石の朝食と言えば、あれしかないお!
    \       人_ ヽ /
     /,        ヽ \







204 :名無しのやる夫さん :09/02/08 19:30:43 ID:l075unsl
 
   ,        ,..__,..-、__,,..,,_
   |`:、      ゝ:: ::: ::..`:、_,,.へ`ヽ.
   };; ヽ  ,..,_/.:.にニ=-─ー;:-'`Y' `:、__,/~~)
   l;;;,  `:、 y`ー--'`ー-=-'~:::.ヽ.::::;/`' /`'  __,.,
   ヽ.;;,,  `';;;, `ー'"`-'" ,,,,.....  >'`-'─'''~  ト
    `;;;;,,  ;;;;;;,,    ;;;;;;;r-,,..--'"~,,;;;,,, /.:::  ∫ _,,..
     l;;;;,__  ;;;;;;,,   ;;;;;;/      ''''';;/.::::   l r',/
   ∧(,..-ニヽ.''';;;;,,  ;;;;/        ;;;;|::::::  ///             『もちろん、ベーコンエッグ!』
   ヽヽ.`:、 ゝヘ'';;;;, ;;;;/        ;;;;;|:::: ,//
    \,..ヘ `ゝ ヽ;;: ;;/        '';;l-'",/
      \ゝ ヘ__  } ;く      ,;;;;;, /''/
       `ヽゝ< レ ヽ    ,,;;;;;;;/'〆
         `ゝ_ `ヽ`ー-`,.,___,,-''_,ゝ
           `ー-,,.._../ `y.  ..:::`ー--..,,_               ┼ヽ  -|r‐、. レ |     (⌒)
              ヘ.:  / `ー‐-‐''~ ̄~ ̄                d⌒) ./| _ノ  __ノ ...  (
               /.: /                                             ・
              /.: /
             /.: /|







205 :名無しのやる夫さん :09/02/08 19:32:00 ID:l075unsl
 
~ 後日談 やらない夫と真紅 ~


::::\::/ / .:::::::/ .:/   :/  .:l:     ::l      l:.   l
\__/  l :::/.:::! .::!::  ::! .::/::l:.    :::l   ! :. !::   l
/´ /   l :/_l :::l:::. l:::l :::l::::!::.    .:::! :::! :l .::l:::   !:l
!{:V    l∧_l::l`::ト、l:::!:::∧!::::.  .:::〃.:/.:/.::/.::: /::!
!∨     !:::トミ<!:::::ト、!/::::l::::::::://.::/.:///.:::::::/:/
V   :∧lヽヽゞ`メヽl::::ソノ!::::∠.._/ -‐/∧:::::/j/
:l   ::l !l::::::::: ̄::::::::::::::::::j/rf_チァ// j/
:!  .::l  !!  :::::::::::::::::   :::::`¨::::///        いいかげん働きなさい!!
i  .::/:!\li        ノ.::::::::: /.:://
! .:::/:::l _ヽiト、  r=‐ 、_     /.::::l l
! /}/ 冫lヽヽ、 ̄   _ .. イ| :::::l l
/ /.::/冫、:∨ 二¨::/.:::/´`ヽ{ヽ、l !
:/ .::::::::::/.::::}ヽ:}/.::::/.::r┴′:::::ヽ 〉l


                   ,, -‐ 、
                  /'    ヽ
       / ̄ ̄\      ./      i
     / ._ノ  ヽ、\    /    ...........i
     |  (●)(●) |  /   ..:::::::::::::::|    だが断る!
     |  (__人__)  |  /  ..::::::::::::::::::l      俺はお前の脛をかじり続けるぞ!
     .|   ` ⌒´  .} ./  ..::::::::::::::::::::!
      |         }/  .::::::::::::::::::::/     事あるごとにお前に金を要求するから覚悟しておけ!!
      ヽ       ./   .:::::::::::::::::::/
      .ヽ    . ./  .:::::::::::::::::::/
   ,. ‐'"´  `'‐,r''"~   .:::::::::::::::::/
..:./,. -‐‐- 、 l′     ..:::::::::::::/|
:,'      /       !.:::::::/:i..:..l
r   、  /           !::::::::::: i..:..i
l  .......`:i    i         !:::::::::: ゙、:.i
!  ::::::::::/    i       i:::::::::: ヽ:i
.! ::::::::/     i      .....i::::::::::: ヽ
.ヽ ::::::|  `、   `、  .....::::::::::::l::::::::::::  `,
/ \:::l.   `、   ヽ::::::::::::::::::::l:::::::::::  /'''ー─----、
   `ヽ   `、  .::::\:::::::::::::::|::::::::: /,,   ,. ‐;''







206 :名無しのやる夫さん :09/02/08 19:32:52 ID:Nejf82BK
やwらwなwいw夫w







207 :名無しのやる夫さん :09/02/08 19:33:03 ID:BeuR9km2
駄目すぎるww







208 :名無しのやる夫さん :09/02/08 19:33:06 ID:7qGzT4r5
おまえはwwww







209 :名無しのやる夫さん :09/02/08 19:33:13 ID:hwfcSRg0
なんだこのだめ人間www







210 :名無しのやる夫さん :09/02/08 19:33:13 ID:oUZvM+PN
やらない夫さんマジパネェっす!







211 :名無しのやる夫さん :09/02/08 19:33:31 ID:PE1s2zlt
こっち指さすなwww







212 :名無しのやる夫さん :09/02/08 19:33:41 ID:l075unsl
 
~ 後日談 ジュンと水銀燈 ~

         /7、  ブ      ,-┘:::::::::::::::::::::::::::`>   .く   _
        〈〈::ヽ彡 ブ   ∠::::::/::::::::::::::::〉ヽ::::::::\   〉   ―、
         ヽヾ:;ヽ    ン   /::〈:::|^^|:::::/\ト、ヽ::::::>  /    __ノ
\        彡ヽヾ::ヽ彡   /::::::ハ|_l/l/.__-ヽ|:::」 //)   ‐┼‐
\\彡      彡ヽヾ::ヽ彡  . ̄7/.|__|─|__|- lj/彡///{    r‐lァ‐、
  \\       彡ヽヾ::ヽ     ヘ.  __;__、u/ミ  /// 〉   {ノl ノ
  彡\\彡       ヽヾ::ヽ     フヽ辷フイ{ヾ  ///彡l    ‐┼‐
   彡\\彡    彡ヽヾ::ヽ彡  /::::〈`l7:´::::::ヽ ///  <   r‐lァ‐、     なんでどこに行くのにもついてくるんだよ!
     彡\\彡    彡ヽヾ:ヽ ノ::::::::::::V::/:::::::::::〉//彡 /   {ノl ノ      ストーカーかお前は!
      彡\\彡 ブ  彡ヽヾ /:::::::::::7::ト/:::::::::::/ /  〈    ‐┼‐
        彡\\彡ン     /::::::::::/:::::/::::::::://  //ヽ.  r‐lァ‐、    金糸雀でもここまでしなかったぞ!
`丶、.彡        \\     /::::::::::/l /:::::::::/::l //彡 〉  {ノl ノ
`丶、`丶、 彡   ∠二フ /:::::::::::::/ /:::::::::/::::! /   /   ‐┼‐
 彡`丶、`丶彡  ヽ,'~つニ〉ヾ:::::::://::::::::::/::::::::j _,. - ' ´く   r‐lァ‐、
    彡`丶、`丶彡 ゙へノ7  ヽノ<::::::::::/ヾー--¬_,- ' ´  〉  {ノl ノ
       彡`丶、`丶、彡くヲ``  ヽ</^ヾフ=/{     /   ‐┼‐
           彡 _,. -ヾソ  ノ:::::::::::::::::::::::::::::::ヽ,   ヽ   r‐lァ‐、
           r ' ´:::::::::::::`ー‐'´:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::``丶、}   {ノl ノ


          /'::::rァー^ー^ー^ヽへ、:::::::::::\::::::V┐、
        /{:/    |  l!  `ーヘ>、::::::::ヽ:::::V┐',
        ,' /   /|  ||  | |  |  | `L>、::::ヽ:::::V! !
      l l ! | ! | | | | ||  ||  | || (>、:::ヽ:::}). !          だ、だってぇ……
        | l! |  |l  | |l| ! || ! | |_ |  |  `L_;::イ勹\!
        || |!|  ||  | |!| | |lイ「 レ1 /| l| {>||<}\\           あんな事もあったんだし、
       || ', 、 l|ヽ. l! |lリ´」斗ヤ刋 /! | |   〈\\ ヽ \      周りに誰かいないと危ないじゃない……
      ヽ ヽヘ {>ヽ{リ ´ `辷'ソ //l! ,'. /  | 《. \\ ヽ `ヽ、
         ヾ<ヽヘ';)     ノ' ,'./ /  || 》\ \\ ヽ  `ヽ、
           |:! |lハ〈    _    // / ,  | l《  》 《  》 ヽ   `ヽ、
          |:! ! |l ヽ、 ´ー   //'´| /  | |  《   》 《   ヽ     \
           〃 | /! |/ ||`iヽ-//'⌒| / /⌒''⌒ヽ.  《     ヽ     ヽ
        /〈 ノ' | | || | |://:::::::::l'′/::::::::::::::::::::ヽ    i     ヽ







214 :名無しのやる夫さん :09/02/08 19:34:14 ID:eY8GktAW
ちょw銀様www







215 :名無しのやる夫さん :09/02/08 19:34:52 ID:BeuR9km2
ちょっと待て、JUM死ね







216 :名無しのやる夫さん :09/02/08 19:34:54 ID:Q2uwgkJd
あらあら







217 :名無しのやる夫さん :09/02/08 19:34:58 ID:hwfcSRg0
過保護だなw







219 :名無しのやる夫さん :09/02/08 19:35:46 ID:iPuAuPIt
なんだこのモンスターベアレント予備軍みたいな銀ちゃんw







220 :名無しのやる夫さん :09/02/08 19:36:12 ID:PE1s2zlt
過去の罪はもういい
ただ俺は今ジュンに死んでもらいたい








218 :名無しのやる夫さん :09/02/08 19:35:19 ID:l075unsl
 
~ 後日談 金糸雀と薔薇水晶 ~

       / ´\   / 〃  ̄ ̄ 丶、r~'_ー、,>ー-\
       ` ー─`-' {   ̄ `丶 f´ 〃Y≠ミヽ  じ,
.            '  /\       } {{ {{f泌}}ソ〉 ハ
            |i l   \  \ゝ_ ゞ ゝ=ーイ/ r┘ i
            !l |  __  \ __\弋_`  ̄´_,.仆  l|
              、い `ヾ   '´-‐ ̄`ヽ`Y´  l ?
             ゝ',圷、、    , r 〒 ア Y ⌒Yl //       水銀燈に仕事を取られたせいで、
      ペ     〃´i `┘    ー┴'′ /ム^} /イ        やる事がなくなってしまったかしら……
       ッ       亅   ノ           / r‐ン 厶ヘ
              / \ `           , 「i/ /  \     とりあえず、厨房で余り物の
             _く   ヽ.\ゝ,      /  |' /   ∠-┐   カロリーメイトでもつまんでくるかしら。
            ハト\ / Xヽ、 _,.  ´    |「    //  |    まったく、どうしてあんなに余ってるのかしら。
         /,. -‐≠、  /__r┴‐_- 、   j}^Y.//  _⊥、
          /   /   丁\: : ̄: : \:\_ノ:_人¨´__イノ  }
         。ィ     l  Y´ ̄ ̄`Y⌒Y´ ̄`ヽ  ヽ  厶イ
          .じ


        //   /  / /  /             丶   V´ヽ
     ./// /   ′ /  l  l        l    l  ヽ   !\ \
   /  l/| l  ! !   ! /l  l  l    ! l   l  !    !  l、
 /    l/! ! l `/ト l ! /l  !  / !   l l  l l  ト ヽ
          l/! l /_l_ !`ヽl ト、 !〃ヽ ∧ / !  l l   ! ヽ\
            >、!∧! r三、ヽ!ヽ! lヽ/{!/_!/!_/   ! !  ! !
/     ///l ヽ 、! ・ ノヽ  レ′!V´,r=_-‐、ヽ ! / / / !l     ……もう少し、有効な時間の使い方をしたら……?
〉  / / / i 、!     ̄     j∧〈:i´r=ミ:〉/l/ /! /! / !
/ /     / ∧_|               Vl/ト彡l/// l/ l/  !
:::::`ヽ、   / / / ハ         ′   ヾ二 メ/l/        !
:::__::::\/ / |/  ヽ、    `  -   、_ノ /ノl /       ← 屋敷内を放浪するだけの人形
::::::\`ヽ:\  l     >、             ̄∠ ノl/   l    l
:::::::::::::∨.:::::::\! <´_ \ _  -‐__ ´ //.::::′   !    l
:::::::::::::::l:::::::::::::::ヽ<´:::\`ヽ _ `V´  `ヽ:::::/l:.        !







221 :名無しのやる夫さん :09/02/08 19:36:18 ID:zwRTL/zu
なんだこのダメ人間たちはwww







223 :名無しのやる夫さん :09/02/08 19:37:31 ID:Nejf82BK
意外とみんな下僕制度に依存してたんだなぁ。
制度が崩壊してやる事が無くなってるww







224 :名無しのやる夫さん :09/02/08 19:37:33 ID:H9vManYE
やさぐれんなw







222 :名無しのやる夫さん :09/02/08 19:37:01 ID:l075unsl
 
~ 後日談 翠星石と雪華綺晶 ~


. /  | /  / /  /  / // / ハ.    ヽ    ヽ. \
/' 丁|'  i l /   /// 〃/  \ ̄ \!     |\|
\/ j|  ,レ' _ / /.///./  _ \  |\. | |/
. /__」ヒ.´_彡'_>=,ニドノ'  //  'ァ,.'ニ=<} '  | |
/  {{ ̄ { \ P⌒!i  //    P⌒!i ノ ,'   /! /
,/  {ハ..  \__, ゞ冖^  /' !     ̄^` ブ ///
   ハ. \   く             __  ∠ イ ,ノ'      健やかに~伸びやかに~!
  ,/ ,ハ 7`ト _,>       __,. イ !   /〃/       翠星石の如雨露は今日も絶好調ですぅ!
f´ ̄ヽ ヾ、'.{}ヘ.     `'マ二..__ /   /{}ヽ》
_) >┴=く¨ヽ ヽ.、       --     , イ   }}       さーて、この白い薔薇にもたっっっっぷりと
/  '´   \レ-、V__. 、      _,. イ/{{ヽ{}/《         お水を与えないといけないですぅ! ねぇ、雪華綺晶?
  .'      `て{ ヽ\ `  -- /  / {{-- -}}
 '    '    __j| ,ヘ \.  ∧_/  {{ /{}ヽ }} ニヤッ
,'    ,'   (_ |ヽ{i,ハ   ヽ、」.  \ {{.    }}


          _r=く-=二 ̄二= 、)__
          | /¨´ ,     ヽ 、〈必 ヽ
            l/ l l l |  l| |l | r外、 |
            ,′|, | l |  l| |l |l |l |
          ハ  ハ{ィ|弋l|  リ丁Tヽ  l||
            || l |必!}}ヽ //●|/| ,ハ ヽ ヽ      ま、待って、お姉様……
.          |ト、{ |ト 彳u    u l / | |  l|∧      どうしてそれだけバケツ……あ
.           | l小! ヽ、u ー^ー'   // l l|  l| `、
         | l | | レ1>‐-  <レヘー、r|  l|   |
          | l | |〈  し1 7Y´rヘ(_,ィ´ l_  |   |
       __|,斗‐'′_ノ├ヘ∨/l|Y´   > || |
    r―ヘ.  /  ,ィ个y^┴ーヘ_V⌒ヽ  〈 l | |







225 :名無しのやる夫さん :09/02/08 19:38:09 ID:Q2uwgkJd
妹いじめるの、かこわるい







226 :名無しのやる夫さん :09/02/08 19:38:29 ID:KUiPL6iQ
なんだ・・・このオチは・・・
だが乙。







227 :名無しのやる夫さん :09/02/08 19:38:51 ID:POxn8uFS
始まってたと思ったらもう終わりか







229 :名無しのやる夫さん :09/02/08 19:39:07 ID:ZYgS8ejK
ひでぇwwwwww







228 :名無しのやる夫さん :09/02/08 19:38:52 ID:l075unsl
 
~ 後日談 やる夫・やらない夫・できる夫 ~


             (ヽ三/) ))
         __  ( i)))
        /⌒  ⌒\ \
      /( ●)  (●)\ )
    ./:::::: ⌒(__人__)⌒::::\     できる夫が案外元気そうで安心したお!
    |    (⌒)|r┬-|     |    もうすぐ退院だって聞いたけど……
    ,┌、-、!.~〈`ー´/   _/
    | | | |  __ヽ、   /
    レレ'、ノ‐´   ̄〉  |
    `ー---‐一' ̄

            ____
          /     \
        / ⌒   ⌒ \
       /   (⌒)  (⌒)  \   ええ、医者の話ではあと1週間もすれば。
      |      __´___     |   ところで、蒼星石さんとは仲直りしましたか?
      \      `ー'´     /
       /    ∩ノ ⊃ /
      (  \ / _ノ |  |
      .\ “  /__|  |
       . \ /___ /







230 :名無しのやる夫さん :09/02/08 19:39:57 ID:l075unsl
 
         / ̄ ̄\
        /      \      ……したことはしたけど……
       /::::::::::::::     ヽ     できる夫が生きてたと分かった瞬間手の平を返したのに
       |::::::::::::::       |    簡単に受け入れられて、ちょっと困惑してるお……
        ヽ::::::::::    /
        /::::::::::::   く
-―――――|::::::::::::::::   \ -―,――――
         |:::::::::::::::  |ヽ ⌒)


     / ̄ ̄\
   /   _ノ  \       お前が戻ってきたのがそれだけ嬉しいんだよ。
   |    ( ー)(ー)
.   |     (__人__)       それに、蒼星石だってお前の気持ちを知ってて雪華綺晶を引き込んだだろう?
    |     ` ⌒´ノ      譲れないものがあったのはお互い様、それでチャラってことさ。
   .l^l^ln      }
.   ヽ   L     }
    ゝ  ノ   ノ
   /   /   \
  /   /      \
. /    /     |ヽ、二⌒)、
 ヽ__ノ







231 :名無しのやる夫さん :09/02/08 19:41:09 ID:l075unsl
 
       _________
      /     \      終わり良ければ全て良し、ですよ。
    /   ⌒  ⌒\     私も雪華綺晶の事をとやかく言うつもりはありません。
   /   ( ●)  (●)\   
   i   ::::::    __´___   i    それはそうと、お二人に提案があるのですが……
   ヽ、    `ー'´  /


         ____
       /      \
      /  ─    ─\    ? なんだお?
    /    (●)  (●) \   やる夫達にできる事なら、何でも言ってくれお。
    |       (__人__)    |
     \      ` ⌒´   /
    ノ           \







232 :名無しのやる夫さん :09/02/08 19:42:25 ID:ylly9tRy
できる夫が生きていてくれた事が何より嬉しいわ







233 :名無しのやる夫さん :09/02/08 19:42:32 ID:l075unsl
 
  .: + ...:.    ..:...:.. :. +
  . ..: .. .   + .. : .. .
  ..  +   ..:.  ..  ..
 +     :.     .  +..        ――― 3人で、お墓参りに行きませんか?
  .    : ..    +  .. .
  .. :..      __  ..            やってられっか夫くんやギャル夫くん、そしていく夫くん。
  .    +   |: |                消えてしまった人間達に、下僕制度は終わったと……
          |: |
      .(二二X二二O        せめて同じ下僕だった私達の口から、そう伝えてあげたいのです―――
          |: |    ..:+ ..
         |: |
       ,.,,_,,_|; |,_,,
_,_,,_,ィ〃゛゙;;゙;:;:;; ;;;;:;:;;;;:::ヽ,、
"   "" """""""",, ""/;                ┼ヽ  -|r‐、. レ |
 "" ,,,  """  ""/:;;                d⌒) ./| _ノ  __ノ
 ""   ,,""""" /;;;::;;







235 :名無しのやる夫さん :09/02/08 19:43:44 ID:ZYgS8ejK
乙!







236 :名無しのやる夫さん :09/02/08 19:43:47 ID:Oyradje7
乙乙!







237 :名無しのやる夫さん :09/02/08 19:43:52 ID:l075unsl
 
これで「やる夫が薔薇屋敷に監禁されるようです」完結となります。

冒頭でも述べましたように、延期や不定期投下にもかかわらずこの作品を読み続けていただいた
読者の皆様のお陰で、無事に最後を迎える事ができました。心から感謝しております。

特にスレでいただいたコメント、やる夫ブログ様でいただいたコメント、雑談スレでいただいたコメントは
本作を構成する上で大きな参考となりました。本当にありがとうございます。

さらなる後日談や続編を作成する予定はありませんが、やる夫スレの作成は続けていくつもりです。
その折には、私の過去作や薔薇屋敷とは別の、1つの新しい作品として読んでいただけると嬉しいです。


――――――――――――チラ裏―――――――――――――――――
EDが結構あっさりしていたので、拍子抜けした方もいると思います。
また雪華綺晶の白薔薇をいじり倒す、白薔薇を使ってまさかのエロ展開と
予想した方も結構いたようです……ですが元々こういう結末を用意していたので
その期待には応えられませんでした。ごめんなさい。
――――――――――――チラ裏―――――――――――――――――








238 :名無しのやる夫さん :09/02/08 19:44:26 ID:k4h+InFg


これはハッピーエンドだったのだろうか…?








239 :名無しのやる夫さん :09/02/08 19:45:07 ID:oUZvM+PN
乙です!
このスレの蒼のかわいさは異常だった








240 :名無しのやる夫さん :09/02/08 19:46:02 ID:PWNnHmCR
お疲れ様でした。
やる夫スレではあまり見ない薔薇乙女の魅力がたまらんかったです。







241 :名無しのやる夫さん :09/02/08 19:46:14 ID:AhbLpOs1

根腐れ起させる気か翠www







242 :名無しのやる夫さん :09/02/08 19:46:22 ID:POxn8uFS
乙ー
次回作も楽しみにしてる
このスレに出会うまで蒼い子はいらない子だと思ってました







243 :名無しのやる夫さん :09/02/08 19:46:40 ID:OwuFCgZe








244 :名無しのやる夫さん :09/02/08 19:46:49 ID:Q2uwgkJd
乙でしたー

後味イイ(・∀・)!!







245 :名無しのやる夫さん :09/02/08 19:47:03 ID:hwfcSRg0








246 :名無しのやる夫さん :09/02/08 19:47:25 ID:ELGW7ypp
乙乙







247 :名無しのやる夫さん :09/02/08 19:48:05 ID:9i7VM3f3
あっさりしてたけどこれはこれでいいんじゃないかな
面白かったよ、おつかれー







248 :名無しのやる夫さん :09/02/08 19:48:44 ID:ylly9tRy

ひたすらに乙


スレタイからは一寸想像できない内容だったけど、すげぇ面白かったよ







249 :名無しのやる夫さん :09/02/08 19:49:32 ID:ed7L0e0l
>>1
完結おめでとうございます。
まさかついさっき投下したドクオAAが使われるとは予想外でしたぜ。
あなたの描く薔薇乙女がまた見れる日を楽しみにしています。
お疲れ様でした。







250 :名無しのやる夫さん :09/02/08 19:51:20 ID:LA1T/ayO








251 :名無しのやる夫さん :09/02/08 19:56:18 ID:zwRTL/zu
乙です
結構いいEDだと思いましたよ







252 :名無しのやる夫さん :09/02/08 19:57:25 ID:f5otHaMF
乙!
めでたしめでたしでよかった。







253 :名無しのやる夫さん :09/02/08 20:00:19 ID:HU5+4wBV
おつかれー







254 :名無しのやる夫さん :09/02/08 20:01:52 ID:BeuR9km2
乙!

次回作も期待だ







255 :名無しのやる夫さん :09/02/08 20:02:48 ID:EXNDoXHw
このスレのおかげでばらすぃーの魅力に目覚めました
ありがとうございました






258 :名無しのやる夫さん :09/02/08 20:09:00 ID:B+bWu1KW
1乙
ご飯なやる夫になったときは、ヒヤヒヤしたが
いいエンディングだったぜ







259 :名無しのやる夫さん :09/02/08 20:12:42 ID:zZuu7SnU

楽しませてもらいました







260 :ヒトデ ★ :09/02/08 20:16:44 ID:???
さーてローゼン買わなきゃ、全部







261 :名無しのやる夫さん :09/02/08 20:17:38 ID:ylly9tRy
本屋寄るの忘れてたああああああああ







262 :名無しのやる夫さん :09/02/08 20:18:43 ID:PE1s2zlt
>>260
お前ww







263 :名無しのやる夫さん :09/02/08 20:19:18 ID:r+6sJdTU
乙!
面白い作品読ませてくれてありがとうー








266 :名無しのやる夫さん :09/02/08 20:45:56 ID:QEQaj9EF
おつ







267 :名無しのやる夫さん :09/02/08 20:51:08 ID:bIWCMLDJ
お疲れ様でした~。

楽しい物語をありがとうございますw








268 :名無しのやる夫さん :09/02/08 20:59:32 ID:3uWMu9Mh
  \  /
    X
  / ∩
/ ( ⊂)     ____
   | |.    /⌒  ⌒\
   トニィ'  /( ●) (● ) \
   |   / :::⌒(__人__)⌒::::: \
   \  |     |r┬-|      |
    \\_  `ー'´    _/  お疲れさん!
       ン ゝ ''''''/>ー、_     薔薇乙女に魅力があって可愛かったお!最後まで、いいもん読ましてもらったお!
      / イ( /  /   \
      /  | Y  |  / 入  \
      (   | :、 |  / /  ヽ、 l
       j  | :   | / ィ    |  |
      くV ヽヘ_ ヽ  \  仁 」
        ー 〕   \  〉(⌒ノ






296 :名無しのやる夫さん :09/02/09 02:22:08 ID:h/L6pgGp
                   ,, -‐ 、
                  /'    ヽ
       / ̄ ̄\      ./      i
     / ._ノ  ヽ、\    /    ...........i
     |  (●)(●) |  /   ..:::::::::::::::|    
     |  (__人__)  |  /  ..::::::::::::::::::l      俺は1の脛をかじり続けるぞ!
     .|   ` ⌒´  .} ./  ..::::::::::::::::::::!
      |         }/  .::::::::::::::::::::/     事あるごとにお前にお話を要求するから覚悟しておけ!!
      ヽ       ./   .:::::::::::::::::::/
      .ヽ    . ./  .:::::::::::::::::::/
   ,. ‐'"´  `'‐,r''"~   .:::::::::::::::::/
..:./,. -‐‐- 、 l′     ..:::::::::::::/|
:,'      /       !.:::::::/:i..:..l
r   、  /           !::::::::::: i..:..i
l  .......`:i    i         !:::::::::: ゙、:.i
!  ::::::::::/    i       i:::::::::: ヽ:i
.! ::::::::/     i      .....i::::::::::: ヽ
.ヽ ::::::|  `、   `、  .....::::::::::::l::::::::::::  `,
/ \:::l.   `、   ヽ::::::::::::::::::::l:::::::::::  /'''ー─----、
   `ヽ   `、  .::::\:::::::::::::::|::::::::: /,,   ,. ‐;''






300ピース ふたりは一緒 030-164
300ピース ふたりは一緒 030-164
ビバリー 2004-11-04
売り上げランキング : 123401


Amazonで詳しく見る
by G-Tools
関連記事
スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!




カテゴリー「やる夫が薔薇屋敷に監禁されるようです」内の最新記事

だ

    これでまた楽しみが減ってしまった
    でも面白かった
    [ 2009/02/11 09:44 ] [ 編集 ]
    いやー面白かった…
    終わっちゃうのか…乙
    [ 2009/02/11 09:49 ] [ 編集 ]
    おもろかった
    [ 2009/02/11 09:49 ] [ 編集 ]
    働けよ・・・やらない夫
    [ 2009/02/11 10:23 ] [ 編集 ]
    おもしろかった
    作者乙
    [ 2009/02/11 11:13 ] [ 編集 ]
    まさに乙
    [ 2009/02/11 11:49 ] [ 編集 ]
    独特の世界観が面白かったよ、乙。
    [ 2009/02/11 11:58 ] [ 編集 ]


    楽しみがまた減るなぁ…
    1には、また話を書いてほしいもんだ
    [ 2009/02/11 12:45 ] [ 編集 ]
    中々面白かったw
    更新お疲れ様!>>1も乙
    [ 2009/02/11 12:50 ] [ 編集 ]
    やらない夫が最低すぎるwww
    [ 2009/02/11 14:04 ] [ 編集 ]
    できる夫生きてて良かったw
    [ 2009/02/11 16:03 ] [ 編集 ]
    ああ、楽しみが一つへっちゃった…
    [ 2009/02/11 16:03 ] [ 編集 ]
    完全オリジナルなのに面白かったです。>>1乙です
    [ 2009/02/11 16:26 ] [ 編集 ]
    呼び方が気に入らなかった、うるさかったから、
    それだけの理由で殺された奴らの事はなんだったんだろうな。
    [ 2009/02/11 16:28 ] [ 編集 ]
    今さっき初めて見つけて1からここまであっという間に読んじゃったよ。めっちゃ面白いじゃないかぁあああ!!>>1おつww
    [ 2009/02/11 16:29 ] [ 編集 ]
    最後にちと失速した気がするかな
    ED辺りは無理やり綺麗に見せてる感が拭えん

    序盤の何とも言えない閉鎖的な雰囲気が好きだったよ
    作者乙
    [ 2009/02/11 20:58 ] [ 編集 ]
    いっき読みした。面白かったーー!
    [ 2009/02/11 21:09 ] [ 編集 ]
    やらない夫www
    [ 2009/02/11 21:39 ] [ 編集 ]
    いやぁ、オリジナルでここまでやれるのはすごいわ。
    [ 2009/02/11 21:53 ] [ 編集 ]
    ※13608
    説明を入れると間が空くからじゃん?

    面白かったぜ!それとこの話の中でのエンジュは大好きだ。
    [ 2009/02/11 22:07 ] [ 編集 ]
    できる夫を好きになったw
    [ 2009/02/11 22:22 ] [ 編集 ]
    殺された3人は結局何だったの?
    殺人者と仲直りしてハッピーエンドですかwwwwwwwwwwwwwそwwwwwwwwwwww
    うwwwwwwwwwwwでwwwwwwすwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwかwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww
    [ 2009/02/11 22:58 ] [ 編集 ]
    >>1、おつかれさん。ちゃんと死者へも手向けがあって、ちょっと良かったかな。
    [ 2009/02/11 23:02 ] [ 編集 ]
    面白かったわ
    EDの雰囲気はかなり好きだなぁ
    [ 2009/02/11 23:47 ] [ 編集 ]
    乙!
    [ 2009/02/12 00:52 ] [ 編集 ]
    13621なみだ目wぷぎゃーww
    [ 2009/02/12 00:53 ] [ 編集 ]
    1&管理人乙乙!!

    ほんと後味のいい物語になったなあ。
    面白かった!
    次の作品も期待してます!!!
    [ 2009/02/12 01:03 ] [ 編集 ]
    いく夫達が殺されてるのにあっさり流してるのがなんだかな、、
    [ 2009/02/12 02:22 ] [ 編集 ]
    面白かった。乙!!
    [ 2009/02/12 06:00 ] [ 編集 ]
    やらない夫達は、殺された人間に関して単純に我慢してるんだろ。
    ジュンを責めても、途中で水銀燈が介入してくるだろうし。
    薔薇乙女に対しては、人間じゃないから法も道徳も良識も無縁だしジュンの命令に従ってただけ、と割りきってるんだろうな。
    [ 2009/02/12 10:40 ] [ 編集 ]
    しょうもない理由で殺された奴らが可愛そうだよな。
    やる夫達も長期間理不尽に拘束されたことをもっと怒って良いんじゃないか?
    「特にフォローも無く仲直り」はちょっと意外だった。
    [ 2009/02/12 19:07 ] [ 編集 ]
    いくお涙目wwwwww
    [ 2009/02/12 19:47 ] [ 編集 ]
    人が死んでるんだぞ・・・
    [ 2009/02/12 22:42 ] [ 編集 ]
    面白かったのに最後がいまいちだな
    呼び方が気に食わないってだけで銀様はいく夫殺してるのに、米欄でも出てたけど無理して綺麗に終わらせてる感がある
    とはいえ、最後以外は凄く面白くて毎回楽しみにしてたよ
    次回作も楽しみにしてます
    [ 2009/02/12 23:24 ] [ 編集 ]
    ま、素人作なんだしそこまで要求するのも・・・
    というか裏を返せば序盤でみんな引き込まれてたっていう証拠だな。
    [ 2009/02/13 00:30 ] [ 編集 ]
    蒼星石が好きになった
    [ 2009/02/13 00:31 ] [ 編集 ]
    1からぶっ続けで読んでこんな時間だよ!
    蒼星石好きだから嬉しかった、エンジュまで出てたし
    薔薇乙女がそれぞれ個性出てて良かったな。
    終盤は賛否あるけど13685の言う通りそれだけ読者が引き込まれてたんだと思うよ。
    自分は序盤の理不尽だったりホラーな雰囲気も好きだし、ラストの爽やかさも好きだ。
    1と管理人乙!
    [ 2009/02/13 02:16 ] [ 編集 ]
    蒼星石と水銀燈はトータルで何人くらい殺したんだろうね
    [ 2009/02/13 02:55 ] [ 編集 ]
    蒼星石と薔薇水晶がよかった。たまには変態じゃない蒼星石もいい
    殺人者を肯定するかどうかだな。真面目に言って問題はかなりあるだろう
    しかしできる夫がOKしたのが大きいんじゃないのかな。糾弾にせよ
    もう戦いたくないと思ったんだろう
    [ 2009/02/13 07:43 ] [ 編集 ]
    ばらしーが何よりも輝いていてよかった!
    作者に管理人乙です!
    [ 2009/02/13 16:46 ] [ 編集 ]
    ギャル夫達は、過程はどうあれ、捕虜の立場にありながらでしゃばった真似したんだから自業自得ではあるしなぁ。
    いく夫だって相応のリスクがあることは分かっていただろう。それでも、自分も何かをしようと選択したのはいく夫自身だ。復讐でこれ以上ごたごたするのはいく夫も望んでないだろうさ。
    [ 2009/02/13 16:58 ] [ 編集 ]
    議論したいんなら本スレ余ってるからそっちでやって来い
    [ 2009/02/13 18:02 ] [ 編集 ]
    >>13706
    銀行強盗が人質が暴れだしたんで撃ち殺したら
    人質の自業自得ってか?
    監禁を始めた時点で人形達やジュンが全部悪いんだよ
    [ 2009/02/13 21:04 ] [ 編集 ]
    多数犠牲者でてるのに割り切れるとか、
    常軌を逸した状況下に長く置かれたせいで、正常な判断が出来なくなったんだろうな。
    俺だったら、監禁された時点で屋敷に火をつけるだろjk‥‥
    だからってべ、別に面白くなかった訳じゃないんだからね///
    [ 2009/02/13 22:10 ] [ 編集 ]
    13717

    自業自得じゃのぉ

    [ 2009/02/14 01:30 ] [ 編集 ]
    >>俺だったら、監禁された時点で屋敷に火をつけるだろjk‥‥

    黒こげ死体かわいそす
    [ 2009/02/14 01:31 ] [ 編集 ]
    ゴジラがこの町に来たらしいが、避難なんてしてられるか、
    しこしこ、いいお、いいお、どぴゅ・・・・・・ふぅ・・・

    ドグシャ、私は家ごと踏まれて死んだ、ゴジラ許すまじ(笑)
    [ 2009/02/14 01:36 ] [ 編集 ]
    上手いこと言ったつもりなんだろうな・・・
    [ 2009/02/17 19:07 ] [ 編集 ]
    13717

    自業自得って言うか自分の行動のリスクを考えれない馬鹿

    それで殺されたからといって手放しで相手が全部悪いとうらむのはお門違い

    [ 2009/02/19 19:34 ] [ 編集 ]
    13903

    例としてはあってると思うにょ
    この場合被害者に問題はないの?って話だろ
    [ 2009/02/19 19:37 ] [ 編集 ]
    糾弾したら糾弾したでまた被害者がでる

    そしていたちごっこだ
    [ 2009/02/19 19:46 ] [ 編集 ]
    センスある話だった。面白かった。
    ただやっぱジュンは干されるべきだった。
    未成年&殺された何人かはジュンを苛めてたという情状酌量含めれば多少は罪軽くなっただろう…
    無論いく夫の死は許せんが
    [ 2009/02/19 20:26 ] [ 編集 ]
    なんにせよ面白かった。
    最後まで残ってた下僕って結局3人だけか?
    [ 2009/02/22 22:11 ] [ 編集 ]
    珍しく薄幸でないのにかわいい蒼星石
    そしてここのばらしーはかわいすぎた
    [ 2009/02/23 23:05 ] [ 編集 ]
    犯罪者は絶対に許すな
    絶対にだ
    目には目を、命は命で償え
    [ 2009/03/03 20:22 ] [ 編集 ]
    14813
    え?嫌です。あなたのちっぽけな正義でこれ以上の犠牲を出してほしくない。だから僕は許します。
    [ 2009/03/04 17:16 ] [ 編集 ]
    よし、1はとっとと次の作品を書いて下さい。
    おねがいします
    [ 2009/03/10 16:35 ] [ 編集 ]
    薔薇水晶ってこんなにかわいいんだな。
    知らなかったよ。
    話もおもしろかったし。ほんと作者さん乙!
    [ 2009/03/12 01:09 ] [ 編集 ]
    一気読みした
    面白かったが、その面白いという感想よりも
    「蒼い子が最後までメインヒロインとは珍しい」
    と思ったのは俺だけでいい
    [ 2009/03/18 15:36 ] [ 編集 ]
    精霊会議ばりのむちゃなオチに笑った
    [ 2009/03/18 22:44 ] [ 編集 ]
    人殺しは穢れてると感じるのが日本人。
    人殺しをヒーローにするにはそれなりの理由か、ミソギをさせる必要がある。

    癇癪おこす人コロスって、どこの英雄だよwww
    [ 2009/03/19 22:56 ] [ 編集 ]
    >>14813,>>14893
    罪を許せば、倒れていった者達の痛みを無視することになる。
    罪を咎めれば、憎しみが憎しみを生んで争いは絶えなくなる。
    …難しい問題だな。結局、加害者か被害者のどちらかないし両方が傷を背負わなければならない。
    背負った傷は憎しみを生み、憎しみを抱えた人間は誰かを傷つけ、その傷は再び憎しみを生む…。

    だから、その憎しみは抱え込むことなく、かつ押しつけることもなく、癒してやらなくちゃいけないと思うんだ。

    傷に傷で返すんじゃなく優しさに優しさで返していけば、優しさを返された相手もまた優しさを返して、被害者の受けた傷も加害者の受けるべき傷も癒えていくだろう。
    [ 2009/03/24 02:26 ] [ 編集 ]
    ここのローゼン達はジョジョ的な云い方をするならば、命を侮辱した。
    しかし、設定的にまだ生まれたてで善悪の判断が出来ないと考えれば、これからやる夫達と優しさ、真の強さを掴み取っていくのだなと自分を納得させてみるテスト。

    ラストの締め方で失敗したような気もするが・・・面白かったYO
    [ 2009/03/27 22:34 ] [ 編集 ]
    日曜の深夜なのに一気読みしてしまったほど面白かった
    スレタイや各話の冒頭だけを見てエログロかと思って避けてたのがもったいない良作だった
    他のやる夫スレと比べてもこれは間違いなく良作

    個人的感想だけども、この締め方はアリだと思う
    [ 2009/03/30 02:37 ] [ 編集 ]
    この水銀燈は好きになれんわ・・・
    [ 2009/03/31 23:25 ] [ 編集 ]
    命が助かっただけ良かったんじゃね?
    まぁ、確かに直接手を下してた水銀が壊れてればもっと丸く収まったかもな。
    [ 2009/04/08 00:43 ] [ 編集 ]
    良かっただけにやっぱシックリこないなー
    人殺した蒼と銀はお咎めなしなのも
    イジメた奴が死んだのは問題ないけど罪のない奴が死んだんだ
    あの世で恨んでるかもな
    [ 2009/04/09 14:35 ] [ 編集 ]
    珍しいぐらい後味悪い物語だな
    複数の人名に責任がある一人と二体が死なずに終わったんだから
    [ 2009/04/27 02:02 ] [ 編集 ]
    二次創作としてはよい出来だとおもうよ
    や、おつかれさまでした
    [ 2009/05/09 14:07 ] [ 編集 ]
    まぁ言ってしまえば監禁生活で皆常識が麻痺してるわけだしなぁ

    ・・・さてローゼン本編を見てこようか・・・
    [ 2009/05/25 02:38 ] [ 編集 ]
    やらない夫の脛かじりは今までの慰謝料みたいなもんだろw

    ただ死んだやつらはなんだったんだろうな、いく夫とかさ。
    JUMは豚箱で人形2つはぶっ壊れた方がよかったかもね。

    作者さんお疲れ様でした。
    [ 2009/05/30 07:09 ] [ 編集 ]
    13717
    運が悪いそれだけ。
    面白かった、軍人などは人を殺す事が商売だし気にすんな!
    さわやかな終り方だった、気分は爽快な作品だった!!
    [ 2009/08/06 02:04 ] [ 編集 ]
    全体的には面白かったがやはりジュンと銀は死ぬべき
    [ 2009/08/14 00:56 ] [ 編集 ]
    これは面白かった
    ドール全員が可愛い
    最後の締め方も素晴らしい
    [ 2009/09/07 00:36 ] [ 編集 ]
    こういうオチにするならいく夫たちは死なせるべきではなかったな
    [ 2009/09/09 07:26 ] [ 編集 ]
    人の死を軽く描くなら最後までそうして欲しかった。
    なんだかシックリこないEDのせいで読後感がないねw
    [ 2009/10/18 03:54 ] [ 編集 ]
    そんなに批判されるほどご都合で終わってるわけじゃないし
    面白かったよ
    [ 2009/10/20 22:47 ] [ 編集 ]
    実はギャル夫たちが騒いでたのってJUNの部屋の下だったんジャマイカ?
    そうでなくても声がその日に限って大きくてJUNの耳に入ったとか
    JUN自身は刑に服そうとして止められたみたいだし
    罪を自覚したまま償えないエンドぽい
    オリジナルで久々に良作を見たわ>>1超乙!
    [ 2009/10/24 21:24 ] [ 編集 ]
    閉鎖的な箱庭設定は素晴らしかった
    正直、かなり引き込まれた
    それだけに、オチが残念
    綺麗な締めではあるがどうにも納得できない
    [ 2010/01/09 20:32 ] [ 編集 ]
    できる夫達を殺しかけたきらきーに復讐心を燃やすやる夫の描写も違和感が大きかった
    お前それ以前に何人も人死に出てるだろうとw
    [ 2010/02/28 13:49 ] [ 編集 ]
    クソつまんねぇ作品作りやがって・・・

    さ~てもう一回読み直さないと
    [ 2010/04/18 13:42 ] [ 編集 ]
    どうしても、理不尽な理由で殺された奴らの事が忘れられんな・・・。
    [ 2010/05/25 22:02 ] [ 編集 ]
    中二に下手に権力を与えちゃダメってことだな
    [ 2010/06/28 21:31 ] [ 編集 ]
    ばらしーがかわいすぎて理不尽に死んだ人たちを気にかける余裕がなかった
    [ 2010/09/09 02:16 ] [ 編集 ]
    ツンデレな蒼い子が可愛かった
    [ 2010/10/06 17:14 ] [ 編集 ]
    お前らはハッピーエンドじゃねえと納得できないのかよwwwww
    理不尽や不本意の連続ってやらない夫も言ってたろww
    [ 2010/10/15 09:32 ] [ 編集 ]
    ご都合主義、下らない。

    これはBADEND以外の何者でもない。
    [ 2010/10/29 23:08 ] [ 編集 ]
    このコメントは管理者の承認待ちです
    [ 2011/01/18 00:22 ] [ 編集 ]
    このコメントは管理者の承認待ちです
    [ 2011/01/19 23:58 ] [ 編集 ]
    このコメントは管理者の承認待ちです
    [ 2011/08/16 14:29 ] [ 編集 ]
    このコメントは管理者の承認待ちです
    [ 2011/10/29 17:32 ] [ 編集 ]
    このコメントは管理者の承認待ちです
    [ 2012/08/20 04:16 ] [ 編集 ]
    このコメントは管理者の承認待ちです
    [ 2012/11/13 02:23 ] [ 編集 ]
    このコメントは管理者の承認待ちです
    [ 2013/03/30 05:20 ] [ 編集 ]
    このコメントは管理者の承認待ちです
    [ 2014/05/16 00:36 ] [ 編集 ]
    このコメントは管理者の承認待ちです
    [ 2014/07/09 05:42 ] [ 編集 ]
    コメントの投稿













    管理者にだけ表示を許可する
やる夫ブログについて
20101110:「やる夫はロス市警の警部のようです」を掲載させていただきます。本当にお待たせして申し訳ございません。これ以降も随時、更新の途絶えていた作品を掲載していきたいと考えております。ご迷惑をおかけして申し訳ありませんが、どうか長い目で見ていただければ幸いです。

20101030:「やる夫のサクラ大戦」にて、記事の掲載順序を誤りました。 作者様、および楽しみにしていた読者様にお詫び申し上げます。 申し訳ございませんでした。

20101004:「やる夫たちが夢の国で遊ぶようです」につきまして、こちらの不具合で記事が切れてしまっております。作者様、及び楽しみに読んでくださっている読者の皆様にご迷惑をおかけしてしまい、申し訳ありません。
一度下書きに戻させていただきます。よろしくご了承ください。
「やる夫で学ぶことわざ」の作者様より、やる夫ブログ用のスポンサー案内をいただきました!本当にありがとうございます!さっそく使わせていただきます!

20100811:皆様、大変ご無沙汰しておりました。ぼちぼち更新を再開できればと考えております。
「やる夫がDQⅢの勇者になるようです」についてですが、コメントを頂けるのは大変うれしいのですが、他作品のコメント欄での投稿はご遠慮願えれば幸いです。
恐縮ですが、ご協力よろしくお願いいたします。

20091222:年末なので順調に更新量が減っております。今日明日はお休み、再開一発目は「やらない夫の超兄貴」になる予定です。作者様、まとめが遅くなり申し訳ございません。

20091208:今週クソ忙しいので、かなり更新が減ります。ご了承ください。

20091116:更新の調子にもよりますが、週末をめどに、カテゴリを追加する予定。前回追加からだいぶ間隔開いたんで、かなり溜まってます。

やる夫ブログについて

姉妹ブログというか同一人物ブログ。
やる夫ブログ(裏)(18禁です)


 ネ タ 投 稿 お 待 ち 
 し て い ま す ! 
(↑結構心から待ってますw)

 ネタ投稿の他、転載お断りの記事、相互リンクのご希望等ございましたら、お手数ですが下のメールフォームよりお知らせください。なお、http:を付けるとエラーになってしまうようなので、ご投稿いただける際にはhttp:を抜いていただきますよう、よろしくお願いいたします。
相互リンクの反映に時間がかかってしまい申し訳ありません。気長にお待ちください。


嬉し泣き
美麗なタイトル画像を描いてくださっているのは、こちらの方々です。
本当にありがとうございます。


七市様
Shadow3_convert_20091008101141.jpg
ハルヒとやる夫、やらない夫の表情が最高のタイトル画像。冬にぴったりの美しい作品です。


1様
http://blog-imgs-15.fc2.com/y/a/r/yaruomatome/yaruoblog_title_convert_20091026144430.jpg
柔らかで暖かい雰囲気がたまらない作品。みゆきさんヤバすぎで管理人狂喜の舞を舞っておりますwww

1様のプロフィールはこちら


65様
securedownload_convert_20091008101321.jpg
同じく「やる夫がチェルノブイリに旅立つようです」より。元ネタの雰囲気をビンビンに伝えるダークな作品。


草葉様
Shadow3_convert_20091008101141.jpg 「やる夫がチェルノブイリに旅立つようです」をモチーフにしたタイトル画像です。物語の後、このタイトルを見て吹きました。

219c0c442.jpg

草葉式


味噌様
yaruoblog_convert_20090519194443_convert_20091008101235.jpg
やる夫ブログ初!物語とタイトル画像のコラボレーション!快く、最高に美しいタイトル画像を描いて下さった味噌様に感謝です!




トンボ様
minamike_convert_20090519194731_convert_20091008101216.jpg
夏にぴったりの逸品を、トンボ様よりいただきました!水着ハァハァ(´Д`;)


トンボのかんさつ日誌


ヒジキ様
nagato_convert_20091008101341.jpg
管理人のツボにはまりまくりの長門!大好きだ!結婚してくれー!



ヒジキ煮


aro様
yaruo_blog_fix_convert_20090210225801_convert_20091008101403.jpg
らきすた勢の見事な描写もさることながら、このやる夫にしてやられました。


Charged time-out


Yutaka様
RMm06_convert_20090127165950_convert_20091008101426.jpg
個人的に水銀燈が一番好きです。タイトルのセンスも◎。本当に有難うございます。





マブチョコ_m様

この魅力的なボディにくらくら!管理人はこの人の同人誌が大好きです!やる夫ブログの記念すべき初タイトル画像。全てはここから始まりました。



うにゃらら大飯店



イチオシ

やる夫がDQⅢの勇者になるようです

自らを成長させる姿に心震える
作品。普通の掛け合いなのに、
自然と笑みがこぼれる構成と
演出は見事の一言。
自分を好きになれる、極上の映
画を見た後のような読後感は、
自信を持って「最高だ!」と賞
賛できる作品です。





過去の「イチオシ」一覧を作りました。
管理人オススメ記事

管理人が抱きしめたいほど好きなやる夫作品

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。