FC2ブログ
2017 09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 11
やる夫ブログヘッドライン



【お気に入りサイト新着記事】 【カテゴリー一覧】

    
   
【最新エントリ】



スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




カテゴリー「スポンサー広告」内の最新記事

だ

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | はてなブックマークに追加

やる夫が学校であった怖い話を聞くようです 二週目 第一話「ニュー速 デ やらない夫」 

2 :1 ◆ZaaHKEqOhw [saga]: 2009/03/02(月) 22:11:50.00 ID:G1KO1jk0
二週目 第一話
「ニュー速 デ やらない夫」

―数分後―

                  _
               ,´ニ=`ー'´  ̄` ー- .
              /                 `ト、
           /                  ハ
            ,'                   lハ
             |                    ノ |ト、
.         , ヘ、     ,                   ,リ|
.          〈 ,ヘト 、__ ,,ノ爪ハ、             /,ィ
           ', {ュvヘヾ≧、\iヘ          彡'/
          __,ハヽ   ゝ◎`ヾミ込、ト廴_        ィァ
, -――一ァ'´ / `!   ii^=='^r仁Y,ィ。テr=x.、_辷,彡"
      /  /   l ij ゞ ___〈ノ  !ド=彡' ir'´   あqwせdrftgyふじこl;
.     /   〃    ',    ` ,二´-、_込、__ 〃
    /   /,'      '、   /ー-`ニ7 `7´
.   /   / l        \  {廴__,リ〃 /
  /     l          \`== " イ \
. /       l\          ` 7T´  ',   \
/        l ` 、       |   '、   ヽ

             ,r-‐‐-、
           /    Jヽ_
          /        〉l^l^)  
          l  /  \  //ノ ソl
          ハ  /\ _ u/   /
         /   / ̄ヽ  l    lヽ      (ど、どういうことだ!?
        /  ヘ \_    ム   イ  `ー?-、   死んだはずの阿部先輩がどうして目の前に!?
       /   /       ´ |   .l    /   ∨ ほ、他の面子もそうだ。泉こなただって昨年の事件で亡くなったって
      /    /   ヘ     l   |   ,'     l 聞いたぞ……)
    .  /   ,'   ∧     |   | ノ     ハ
      /    .l   / ヽ    |    レ'    ノ l
    /     l  ノ   ヽ   |        /  }
   ∧     / ,〆     ヘ  l      /   l
    ヽ、_,ノ'´         ∨l      /   ノ
                 ', |     /    ,'
                   ト、   ノ     ノ
                     `ー'






4 :1 ◆ZaaHKEqOhw [saga]: 2009/03/02(月) 22:13:27.80 ID:G1KO1jk0
   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ●)(●)
. |     (__人__)  …………
  |     ` ⌒´ノ
.  | u       }
.  ヽ        }
   ヽ     ノ        \
   /    く  \        \
   |     \   \         \
    |    |ヽ、二⌒)、          \

 l|   l  l_|_|_|! L.  |! | l|  l/ ̄ ヽ |
  l!  l ̄|´l  l  |! |´  |! l l| /       ∨
l  ',  !l _ , === 、:l l |! l l| 」  何    V
ヽ lヽ川ィ´, イ::::.ヽ ヽ! ',l|!.::l l|〈   故    }
l 丶 ハ. l! { 〕:::::..|       |   :    /
:|   ハハ  弋こtソ          \     」
| /.::::ハ  `¨¨ ´         /     /
| ,  .:: l ;;       ,     / そ あ {
::! _/ ̄ ̄\          {.  ん あ 〉
 / な ど こ ヽ    , -- 、 | な    |
 | の .う れ |     ヽ二ノ }   :   /
 }  : い. は ?_      ノ'´`ヽ.__.//
l〈. ? う    |´\     r ―― ----
||    こ     |:.:.:.: >‐-- |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
!: \.  と    /:.:.: :.:.:.:/こヘY}:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
-:― ヽ. ___/‐- 、:.:.:乂りソ」:.:.:.:.:.:.:.:.:: .:.:.






5 :1 ◆ZaaHKEqOhw [saga]: 2009/03/02(月) 22:15:16.37 ID:G1KO1jk0
::::::、::::::::ヽヽ:::::\:::::::::::ヽ:\|_=,__::::::::::::
::::::::l:ヽ::::ヽ:\:::::\:::::::::::ヽ::ヽl'-'´`::::::::
:::|:::l:|:ヽ::::::ヽ::\:::::\:::::::::/:ヽ`コ:::::::::::
::::|:::|:|::ヽ::::::ヽ::::\:::::\/::ヽ::::l`、=,:::::::
:::::|:::|:ヽ:::\:::ヽ::::::\/×=えT `、_/l::
::/||:::::::ヽ::::::\:ヽ::/="rて::、:ヽ  | '-、
/ \_,/ ヽ:\:::// ヽ:`:'´::,l  u ||   何故貴方がここにいるの……?
        :::\     ヾー´    ||
       \:\       u  , -―  やらない夫。死んだはずでは?
         ヽ,           ヽ:::::::
        ヽ /           ヽ:::::
         `ー、  _, --、    u ヽ::
          /|\  `ー'      |:::
         /::|::l:|゛ - 、     //:::
        /:::|:::|| l::::::| ヽ、_/:::/::::::
        ::::::/ |└‐'´ ̄´:::::/|::::::::

       , -――-、
     /      \
    /::::::::::::::     ヽ ……俺にだってわからない
   /::::::::::::::::::     ヽ 気が付いたら足が生えていた……
   |::::::::::::::::::::::    /
   .|          /
    \        /






7 :1 ◆ZaaHKEqOhw [saga]: 2009/03/02(月) 22:17:21.35 ID:G1KO1jk0
、´ , l::::::::::|ヽ::::|||`゛|‐ 、::::|||`、::::::::::::::::::::::::::::::/::,::::::::|::::::::::::::i|
||`´/|:::::::::| ヽ::|,|==-、::゛┼、l_::::::::,::::::::::::::::::/:::l:::::::: |:::::::::::::::||
||||/::|::::::::| -r" / 0 , 、l`,:|t、 lT、:::::::::::::::::::/|:::l::::::,::|::::::::::::::,
/::/|::::::::|  l l (::)、l |`′  ||`,:::::::/:::::/ |::/::::/:::::::::::
:/:/ |::::::::|  ヽ.ヾ、___,/       ′l:::/l::×、l:/:::::/:::::::
'::/ .|::::::::|   >‐- 、       |/_|/_  /|:::/::::::::
:/ |:::::::::|                '/,‐rT //l:::::::,
ヘ |:::::::::|             、 lU /,| /:::/:::
|||l |:::::::::|             ノ 、`‐' ' /:::/〆:/:   どうして今更になって!?
ー/:::::::||-、      ,-==-,  ` ‐ ハ '':::::×|   貴方の必死の看護に応えられなかった私を恨んで……?
||l:::::::::::|||||||l     /-、  /    /::|ヽ::_,.-
||l::::::::::::||||||ヘ   (   `/    /:::::| ヽ:::::`T
|||i::::::::::::||||||l    ヽ /    ./ |:::::| ヽ:::::::
||||l:::::::::::||||||||ヘ   ー`    , ‐l´l .|:::::| 丶::::::::ヽ
||||||l::::::::::|||||||||l     , -‐'´ -‐、:`、|:::::|  ヽ::::::::ヽl
|||||||l::::::::::l||||||||`ー-‐'´||||||||||||||ヽ:::`::::ヘ  ヽ::::::::ヽl 
|||||||||:::::::::|_,-‐',l||l、\||||||||||||||||||ヽ:::::::::::l   ヽ:::l::::::|  
 ̄`、 |:::::::::|  /||||||\ヽ|||||||||||||||||ヽ::::::::::|   \l:::::|

             / ̄ ̄\
           / . u:_ノ` ,,\.
            /    ( ◯)(O):
           .:|   j(   (__人__)
          :|   ^  、` ⌒´ノ:  そ、そんな理由で俺は化けて出たりしない!
          |  u;     ゙⌒}:   お、俺は……
          ヽ     ゚  " }:
            ヽ :j    ノ: i |i |
         /⌒      ヽ  | || |  |
     :: / ̄ ̄ヽ ::       \ ||     |i
    :: (「    `rノ ::      \   ||i  \
     :: ヽ   ノ ::          \       \
ガタッ!  |   | r         「\   \       \
       |   | |       ノ  \   \__   \
          ヽ_ノ       /||| l   \_,       `ヽ   \
     || i  /         | ||| |    (_つ ̄と_ノ)    \
     || ||  |         | ||| |                    \






8 :1 ◆ZaaHKEqOhw [saga]: 2009/03/02(月) 22:19:01.44 ID:G1KO1jk0
            _  -───-   _
            ,  '´           `ヽ
          /                 \
        /                    ヽ
      / __, ィ_,-ァ__,, ,,、  , 、,,__ -ァ-=彡ヘ  ヽ
       ' 「      ´ {ハi′          }  l
      |  |                    |  |
       |  !                        |  |
      | │                   〈   !
      | |/ノ二__‐──ァ   ヽニニ二二二ヾ } ,'⌒ヽ
     /⌒!|  =彳o。ト ̄ヽ     '´ !o_シ`ヾ | i/ ヽ !
     ! ハ!|  ー─ '  i  !    `'   '' "   ||ヽ l |
    | | /ヽ!        |            |ヽ i !  お、オイお前ら。落ち着けよ
    ヽ {  |           !           |ノ  /
     ヽ  |        _   ,、            ! , ′  何の話をしてるのか知らないが、やる夫が困ってるぜ?
      \ !         '-゙ ‐ ゙        レ'
        `!               u    /
        ヽ     ゙  ̄   ̄ `     / |
            |\      ー ─‐       , ′ !
           |  \             /   |
      _ -‐┤ ゙、 \           /  ! l  |`ーr─-  _
 _ -‐ '"   / |  ゙、   ヽ ____  '´   '│  !  |     ゙''‐- 、,_

      / ̄ ̄\
    /     _ノ\
    |       (○)   ううっ、クソッ……
.    | u     (___ノ)  阿部……元はといえばテメーが殺人クラブなんてモンを……!
     |        ´ノ
.     |  ノ(     }
.     ヽ  ⌒     }
      ヽ     ノ

       ____
     /ノ   ヽ、_\   ま、待つお!
   /( ○)}liil{(○)\  落ち着くお やらない夫
  /    (__人__)   \
  |   ヽ |!!il|!|!l| /u   |
  \    |ェェェェ|     /






9 :1 ◆ZaaHKEqOhw [saga]: 2009/03/02(月) 22:20:30.09 ID:G1KO1jk0
       ____
     /     \
   /_ノ  ヽ、_   \
  /(●) (●))   .\ (ちょ、ちょっとコッチ来いお……ドクオもくるお)
  |   (__人__)  u   |
  \  |r┬-|     /
  /   `ー'´      \ボソッ

    ____
   /      \
  /  /   \   ヽ 
 |    /\      | (なんなんだよ一体!?この状況は!?
  ヽ  / ̄\ u  /  死んだはずの阿部や泉らがどうして生きて
   \       /   新聞部の部室で悠々と喋ってんだよ!?)
   ,r''"´l ̄´ ::ト、
  / r  `ー'''"  ヽ
  L_,l      、_,!
   | |       | l

       / ̄ ̄\
      /  \    \
    .(●)(● )  u. |
     (__人__)      |  (俺だってわからないさ。どうして俺が生き返ったのか……
     .(`⌒ ´     |   そしてここがどこなのかも ここは、ただの新聞部の部室じゃあない
     {         |   俺の勘がそう言ってる)
      {       . /
      \     /
      ノ     \
     /´        ヽ






10 :1 ◆ZaaHKEqOhw [saga]: 2009/03/02(月) 22:22:06.46 ID:G1KO1jk0
     / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\    
     |    /    \ ヽ
     | u     /\.   |  (死人の勘なんてアテにならねーよ
     |    /  ̄ヽ  |   それにどこを見たってここは正真正銘新聞部の部室だ。
     \           /   部員じゃない俺にだってよく分かる。キバヤシと一緒によくここで
     /         \   遊んだりしてるしな)
   /           |
   (   丶- 、   
    `ー、_ノ   l

      / ̄ ̄\
    /     _ノ\
    |       (●)
.    |       (___ノ) (死人なりに直感ってヤツがあるんだよ……。独特の生臭い
     |        ´ノ   霊気の漂う感じっつーのか?こういうのを
.     |         }    何にしろ得体の知れない感じがするのは確かだ。
.     ヽ        }   とりあえず俺がこの場を繋げよう。あいつらをヘタに刺激は出来ない
      ヽ     ノ    やる夫、最初に俺を指名してくれ)






11 :1 ◆ZaaHKEqOhw [saga]: 2009/03/02(月) 22:25:59.55 ID:G1KO1jk0
      / ̄ ̄ ̄\
    / ─    ─ \
   /  (●)  (●)  \  (わ、分かったお)
   |    (__人__)    |  
   \    ` ⌒´  u /
   /              \

    ___ /\// / /           /' /    |    / /
    ヘ「/¨>ミメ∨イ        / / /_... -一 T¨ ̄ / /
  //   ´ ん??ー   ヽ _ /斗rヒ≦三z_ |  / /   /
 /| \__弋_リノ|  ,   ´  イ/ ̄ ,.ニニ、ヾメミ、 //   /
  ヽヽ      ̄  |/       _   | fj } ///   /
   /|\                  ̄    ̄”ミ=彡イ∠ --'
  ′l  \      j           >/          ……それで、内輪話は終わったのぉ?
  l   '.           |          //            早くお話を聞かせてもらいたいわねぇ
  |   ヽ        __        /       __ / ̄¨二二
  |     \       |>ー\       /  --ァ ´ / /.::.::.::.::.:::
\|  、<::..\     {    〉    //  /   / /.::.::.::.::.::.::.:::
 /.::.:.ヽ 二二\   ` ー‐ '         /    / /.::.::.::.::.::.::.::.::
/.::.::.::.::.::.::.::.::.//.::.\            /     / /.::.::.::.::.::.::.::.::.::
::.::.::.::.::.::.:: / /.::.::.::.:.丶---‐  ´ /       / /.::.::.::.::.::.::.::.::.::.:






12 :1 ◆ZaaHKEqOhw [saga]: 2009/03/02(月) 22:28:25.95 ID:G1KO1jk0
     ____
   /      \
  /  ─    ─\
/    (ー)  (●) \  わ、分かってますお それじゃあやらない夫さん
| u     (__人__)    |  お願いしますお
/     ∩ノ ⊃  /
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /






13sage :2009/03/02(月) 22:30:37.76 ID:eMZhmK.0
何とか間に合った






14 :以 下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]: 2009/03/02(月) 22:31:17.53 ID:s.NvxJAo
>>13
落ち着け






15 :1 ◆ZaaHKEqOhw [saga]: 2009/03/02(月) 22:32:13.65 ID:G1KO1jk0
     / ̄ ̄\
   /   _ノ  \
   |    ( ー)(●)
   |  u   (__人__)  あ、ああ
.   |        ノ  まずは自己紹介しないとな。俺は三年D組……の
    |      ∩ ノ ⊃ ニュー速 デ やらない夫だ。みんなよろしくな
  /     ./ _ノ
  (.  \ / ./_ノ | (とりあえず適当にでっちあげた話をしよう
  \  “ /___|  |  前に聞いた13日の金曜日の話でもするか?)
.    \/ ___ /

      / ̄ ̄\
    /     _ノ\
    |       (○)
.    |       (___ノ) それでは早速話そうと思う
     |        ´ノ  これは俺が一年の時実際に体験した話だ
.     |  u      }   ところでみんな、旧校舎には行ったことあるか?
.     ヽ        }  (……え?)
      ヽ     ノ






18 :1 ◆ZaaHKEqOhw [saga]: 2009/03/02(月) 22:33:55.49 ID:G1KO1jk0
         ____
       /     \
      /  /    \\
    /    (ー)  (ー) \  はは……ええ、ありますお
    |      (__人__)    |
     \  u   `⌒´   /


     / ̄ ̄\
   /   _ノ  \
   |    ( ー)(ー)
.   |     (__人__)  そうか、あそこは肝試しとかそういう事をするには
    |  u  ` ⌒´ノ  うってつけの場所だ。
   .l^l^ln      }   昼間でさえ薄気味悪い所だからな……
.   ヽ   L     }   だが、安易な覚悟で行くことはオススメしないぜ
    ゝ  ノ   ノ    なんせ旧校舎には、本物の霊がそれこそわんさか巣食ってるらしいからな
   /  /    \   (あ、あれ?)
  /  /       \
. /  /      |ヽ、二⌒)、
 ヽ__ノ






19 :1 ◆ZaaHKEqOhw [saga]: 2009/03/02(月) 22:35:09.62 ID:G1KO1jk0
  __________
/               \
| ////////////////////// .|
| ////////////////////// .|  みんな、三階に続く階段にある大きな鏡を知ってるか?
| ////////////////////// .|  人一人映せる大きな鏡だ。
| ////////////////////// .|  一度くらい旧校舎に行ったことのあるヤツなら
| ////////////////////// .|  絶対に見たことがあるはずだぜ、そういう異色な存在感を放つ
| ////////////////////// .|  鏡だからな。
| ////////////////////// .|  俺がこれから話すのは、この旧校舎の鏡に纏わる話だ
| ////////////////////// .|
| ////////////////////// .|
| ////////////////////// .|
| ////////////////////// .|
| ////////////////////// .|
| ////////////////////// .|
| ////////////////////// .|
| ////////////////////// .|
| ////////////////////// .|
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: \
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: \






201 ◆ZaaHKEqOhw [saga]:2009/03/02(月) 22:37:16.12 ID:G1KO1jk0
         ____
       /     \
     / ⌒   ⌒ \  俺のクラスにできる夫って奴がいてな。
    /   (●)  (●)  \ 勉強は随分出来たんだが、いまいちコミニュケーション能力に欠ける男でな
   |      __´___    . | いつもクラスの輪から一歩二歩引いている感じだった
   \      `ー'´     /

            ___
        /      \
       /ノ  \   u. \  そんなできる夫が、付き合いもなかった俺に
     / (●)  (●)    \ 突然話しかけてきたんだ
     |    __´___     .    | 何事かと思ったよ
      \ u. `ー'´       / どんな話をしてきたと思う?
     ノ           \






22 :1 ◆ZaaHKEqOhw [saga]: 2009/03/02(月) 22:37:46.62 ID:G1KO1jk0
1.勉強の話

2.彼女の話

3.旧校舎の鏡の話
安価下5






23以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/03/02(月) 22:38:35.78 ID:e.2kApQo
ksk 3






24 :以 下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]: 2009/03/02(月) 22:38:46.27 ID:eMZhmK.0
1!!






25以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/03/02(月) 22:39:15.03 ID:eMZhmK.0
2!!






26 :以 下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]: 2009/03/02(月) 22:39:52.19 ID:eMZhmK.0
3!!






27 :以 下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]: 2009/03/02(月) 22:39:57.24 ID:6xoVA5Uo






29 :以 下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]: 2009/03/02(月) 22:41:25.58 ID:eMZhmK.0
>>25
ちょっとまて






30 :以 下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]: 2009/03/02(月) 22:42:40.92 ID:5v3KrUQo
>>29
ちょっと落ち着け






31 :以 下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]: 2009/03/02(月) 22:42:42.84 ID:eMZhmK.0
>>29
すまんあせりすぎた
>>27です






32 :以 下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]: 2009/03/02(月) 22:44:31.09 ID:6xoVA5Uo
すまん、≫27です
3でお願いします。






36 :1 ◆ZaaHKEqOhw [saga]: 2009/03/02(月) 22:49:42.99 ID:G1KO1jk0
            ___
        /      \
       /ノ  \   u. \   あ?何ふざけたこと言ってるんだよやる夫。
     / (●)  (●)    \ そんなわけ無いだろ 常識的に考えて
     |    __´___    u.    | アイツはその時、旧校舎の鏡に関する話を俺にしてきたんだ
      \ u. `ー'´       /
     ノ           \

          γ〃三三三三三三三三三三三三三三三|
          |ヽ〃三三三三三三三三三三三三三三三ヽ_
          | | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
          | |                            |
          | |                            |
          | |                            | ふいにアイツは一冊の本を俺の机の上に置いた
          | |             ,,,_Λ           . | パラパラと捲ってみると、そこに見覚えのある写真が一つ載っていた
          | |              (#゚;;-゚)            |
          | |             /;;; ;つ             | そう、あの鏡の写真だよ。
          | |         ~;'; ;;';ノ               | ただ背景が違ってな。旧校舎じゃない
          | |           (/"J                 | 鏡の形状は同じなんだけどな
          | |                            |
          | |                           |
          | |                          |
          | |                            |
          | |                            |
          | |                            |
          | |                            |
          | |                 G・MONARL  |
          'ヽ|_________________|






37 :1 ◆ZaaHKEqOhw [saga]: 2009/03/02(月) 22:55:30.83 ID:G1KO1jk0
          ____
        /     \
      / ノ    ヽ \
     /   (●)  (●)  \ 「その本に載っている鏡、どこかで見たことありませんか?
    |      __´___  u  . |  旧校舎に行ったことありますよね?あそこの三階にある鏡に極似している
    \      `ー'´     /  と思うのですが」

   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ⌒)(⌒)   「まあ似てるっちゃあ似てるが、どこにでもある普通の鏡だろ?
. |     (__人__)    目立った装飾もされてないし、一般的に販売、量産されている鏡の一つだろう」
  |      |r┬|}    俺は笑って答えたよ。
  |      | | |}
.  ヽ     `ニ}
   ヽ     ノ     そしたら急にアイツ、大真面目な顔になって詰め寄ってきたんだ
   /    く  \
   |     \   \
    |    |ヽ、二⌒)、






38 :1 ◆ZaaHKEqOhw [saga]: 2009/03/02(月) 23:02:36.33 ID:G1KO1jk0
       ____
     /ノ ヽ、_\
   /(○) (○ )\  「アナタにはこれで普通の鏡に見えるのですか!?
  /     ´       \ 間違いない、これは霊界に続く鏡です!私には分かります
 |     |!!il|!|!l|      | って急に言い出すんだ。流石に吹き出しちまってさ
 \     |ェェェェ|    /  そしたらアイツついにプッツンしちまったらしくて

       ____
     /ノ ヽ、_\
   /(○) (○ )\  「私の話を信じないのですか!?この鏡、そして旧校舎の鏡は
  /     ´       \ 絶対に霊界に通じているんだッ!」
 |     |!!il|!|!l|  ノ(  | そんなことを怒鳴り散らすんだ。
 \     |ェェェェ|  ⌒ /  俺も真顔になって怒り出すもんだから驚いちゃってな
                 何もそこまで怒ることじゃないってなぐさめたんだ






39 :1 ◆ZaaHKEqOhw [saga]: 2009/03/02(月) 23:07:10.40 ID:G1KO1jk0
       / ̄ ̄ ̄ \
     / ノ    ヽ \  「ハァ……ハァ……。す、すみません
    /   (ー)  (ー)  \ とり乱してしまって」
    |      __´ _   u | やっと落ち着いたかと思って俺がホッとしたらだ
    \        ̄    / 

       / ̄ ̄ ̄ \
     / ノ    ヽ \  「……それでは、旧校舎に行ってみませんか?
    /   (●)  (●)  \ 今の話を証明してあげましょう」
    |      __´ _      | なんていいだすんだよ。俺もむきになって
    \        ̄    /  「ああ、いいぜ」と答えた。それで俺が早速行こうとすると

          ____
        /     \
      /  \   / \  「待ちなさい。今はまだ霊力が足りない
     /   (●)  (●)  \ 夜中の三時三十三分三十三秒じゃないと証明できないんです
    |      __´___    . | その時間でなければ霊界の扉は開きません」
    \      `ー'´     /






40 :1 ◆ZaaHKEqOhw [saga]: 2009/03/02(月) 23:10:49.86 ID:G1KO1jk0
     / ̄ ̄\
   /   _ノ  \
   |    ( ー)(ー)
.   |     (__人__)  ……流石に呆れちまってな。
    |     ` ⌒´ノ  それから俺はアイツを相手にしないようにした
   .l^l^ln      }   それきり、執拗にアイツが俺に話しかけることもなかったしな
.   ヽ   L     }
    ゝ  ノ   ノ
   /  /    \
  /  /       \
. /  /      |ヽ、二⌒)、
 ヽ__ノ

        / ̄ ̄\
      /       \
      |::::::        |
     . |:::::::::::     |
       |::::::::::::::    | あいつが俺に話しかけたちょうど三日経った日のことだ
     .  |::::::::::::::    }        
     .  ヽ::::::::::::::    }  それまでは何事もなかったのに、急にできる夫は俺に話しかけてきた
        ヽ::::::::::  ノ        
        /:::::::::::: く   今日の夜、旧校舎に行かないかってな
-―――――|:::::::::::::::: \
         |:::::::::::::::|ヽ、二⌒)






411 ◆ZaaHKEqOhw [saga]:2009/03/02(月) 23:19:05.82 ID:G1KO1jk0
     / ̄ ̄\
   /   _ノ  \
   |    ( ー)(ー)
.   |     (__人__)  その日は霊力が最も高まる日だとか何だとか
    |     ` ⌒´ノ  狂ったみたいに猛弁し始めるんだ。何かと思ったが
   .l^l^ln      }   ふと、三日前のことを思い出してな。
.   ヽ   L     }   そして俺が口を開こうとした瞬間
    ゝ  ノ   ノ
   /  /    \
  /  /       \
. /  /      |ヽ、二⌒)、
 ヽ__ノ

          ____
        /     \
      / ⌒   ⌒ \   「今日の夜中旧校舎に忍び込みませんか?」
     /   (●)  (●)  \  って言い出すんだよ。
    |      __´___    . |  おとなしそうな顔して大胆な野郎だと思ったぜ
    \      `ー'´     /   まあ冗談だと思ってな、軽くOKの返事を出したんだ






42 :1 ◆ZaaHKEqOhw [saga]: 2009/03/02(月) 23:25:49.38 ID:G1KO1jk0

                      i,,  1゙゙,,-ヽ,,,,             ..,,,,,゙゙゙リ  
                      ヽ ゙'' |ヽ''・,,,','-        ,,,,:/.,,,./:リノ 丿 
                       ゝ   fリt^-'',',,・-..,┬,,,,...--・・,゙゙_ リ//  /
                        ゝ,,丶\::v || |:∥ -__w ヽリ゙リ゙|j:∥//  /
                          ゝ''ヽヽ::,, --v,∥ :リ,,リ,゙,,,,,::://ノ /    
                         ヾ|ヽ,゙ヽヽ,,   ''|'''_  :::ソ/  /
                          | ゙ヽ.\゙Vri ri | ∥iヾソノ  / |
                          |   \,゙' ,,゙''''''゙゙''''''゙゙/ /   | 
                          |    \ ゙゙'''''゙゙'''''''゙ /    |
                          そしたらアイツニヤァって笑ってさ。
                          初めて見たぜ、アイツの笑う顔を
                   普段笑い慣れていないせいかひどく歪んでいてな
                          延々とそんな顔をしてるんだ。
                  気味悪かったな……。最初で最後のアイツの笑顔だった






431 ◆ZaaHKEqOhw [saga]:2009/03/02(月) 23:29:49.21 ID:G1KO1jk0
          _______
        /          \
      __/             \
    /.            、    |  それで俺は家に帰った。しばらく旧校舎のことなんて
    |.         ,(⌒(|)ヽ    |  忘れてたよ
    l  lヽ      )>       /
   /    ヽ\   `(__,(|) / /
   |      \  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  \
   |     |ヽ、二⌒)、          \

          _______
        /          \
      __/             \  それでそろそろ寝ようかと思ったときに、ふと約束のことを思い出したんだ
    /.            、    |
    |.         ,(⌒(|)ヽ    |  どうしようかと思ったんだがな。
    l  lヽ      )>       / 約束と一緒にあの不気味な笑顔のことも思い出しちまったんだよ
   /    ヽ\   `(__,(○) / /
   |      \  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  \
   |     |ヽ、二⌒)、          \

          _______
        /          \
      __/             \
    /.            、    | 「…………」
    |.     u   ,(⌒(|)ヽ    |
    l  lヽ      )>       / そうなるともう、眠れなくてな。時計を見ると2時30分。
   /    ヽ\   `(__,(○) / /  まだ間に合うと思って、俺は学校に向かい足を運んだ
   |      \  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  \
   |     |ヽ、二⌒)、          \






46 :1 ◆ZaaHKEqOhw [saga]: 2009/03/02(月) 23:37:50.29 ID:G1KO1jk0
 ヾ" ;ゞヾ"ゞヾ ゞヾヾ                       "ゞ;  ゞヾ" ヾ" ヾゞヾ;ヾ
ゞヾ  "ヾ;ゞ"ゞヾ ゞ;ヾヾ                      "ヾ ゞヾヾ"; ; ゞヾ ヾヾ: :ゞ;
 ヾゞ"ゞ;ヾ ゞヾ〃;ヾヾ ゞ;ヾ                    "ゞ::ヾヾ"ゞ 〃ゞヾ ゞ"ゞヾ::
ヾ  ゞ; ゞヾ"ゞヾ ゞヾ ; ヾ;ゞヾ                  "ゞ; ヾ  ;ヾゞ"ヾ; ; ゞヾ "ゞ; ;ヾ
ゞヾ"ゞヾ; ゞゞ"ゞ〃ヾ :ゞヾ                   ├─┤   ; "ヾゞ ;ゞ "ゞヾ :ゞ〃ゞヾ; ;ゞヾ;;
 ヾ\ヾゞ;::: y'ヾヾ; ;ゞ ヾ ;              || ◎ ||    "ヾ ;ヾ  ヾ\ヾゞ;::: y'ヾヾ; ;ゞヾ
ゞ; ; ゞ;ヾii;;:::: イ;//ゞ; ヾ  "ゞ  ___┬┬┬┬┬┬┬|| == ||┬┬┬┬"ヾ;;" ゞ";ゞ;ヾii;;:::: イ;//ゞ; ゞヾ
ヾ ヾ;ゞiii;;::: |/; "| ̄ ̄| ̄|  |二二二二二二二二|| 田 ||::::| ̄ ̄| ̄|ゞ; ヽiii;;::: |/;ヾ;ゞ "ヾ
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|    |  |  | 田 田 || 田 田||=:|| == ||゙=|    |  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  夜中の学校ってのは気味悪いぜ。
              |    |  |  |――――――――|| 田 ||::::|   | ______        できる夫がいなかったどうかと思ったが
              |    |  |  | ̄ ̄ ̄ || ̄ ̄ ̄|| ;;|| == ||::::|   | |        :|        アイツはいたよ。それこそ幽霊みたいにな
              |    |  |  | 田 田 || 田 田||=:|| == ||゙=|   | |私立VIP高校 |
              |    |  |  |――――――――|| 田 ||::::|   |  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄        緊張してるのかずっと無表情でな、まだ笑ってたほうが
              |    |  |                    |   |                 マシだったかもしれない
              |    |  |                    |   |
              |    |  |                    |   |






96 :1 ◆ZaaHKEqOhw [saga]: 2009/03/15(日) 21:28:31.02 ID:K76xEXE0
                     ヾ" ;ゞヾ"ゞヾ ゞヾヾ                       "ゞ;  ゞヾ" ヾ" ヾゞヾ;ヾ
                     ゞヾ  "ヾ;ゞ"ゞヾ ゞ;ヾヾ                      "ヾ ゞヾヾ"; ; ゞヾ ヾヾ: :ゞ;
                      ヾゞ"ゞ;ヾ ゞヾ〃;ヾヾ ゞ;ヾ                    "ゞ::ヾヾ"ゞ 〃ゞヾ ゞ"ゞヾ::
                    ヾ  ゞ; ゞヾ"ゞヾ ゞヾ ; ヾ;ゞヾ                  "ゞ; ヾ  ;ヾゞ"ヾ; ; ゞヾ "ゞ; ;ヾ
                    ゞヾ"ゞヾ; ゞゞ"ゞ〃ヾ :ゞヾ                   ├─┤   ; "ヾゞ ;ゞ "ゞヾ :ゞ〃ゞヾ; ;ゞヾ;;
                     ヾ\ヾゞ;::: y'ヾヾ; ;ゞ ヾ ;              || ◎ ||    "ヾ ;ヾ  ヾ\ヾゞ;::: y'ヾヾ; ;ゞヾ
                    ゞ; ; ゞ;ヾii;;:::: イ;//ゞ; ヾ  "ゞ  ___┬┬┬┬┬┬┬|| == ||┬┬┬┬"ヾ;;" ゞ";ゞ;ヾii;;:::: イ;//ゞ; ゞヾ
                    ヾ ヾ;ゞiii;;::: |/; "| ̄ ̄| ̄|  |二二二二二二二二|| 田 ||::::| ̄ ̄| ̄|ゞ; ヽiii;;::: |/;ヾ;ゞ "ヾ
                     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|    |  |  | 田 田 || 田 田||=:|| == ||゙=|    |  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                                  |    |  |  |――――――――|| 田 ||::::|   | 
          ____                      |    |  |  | ̄ ̄ ̄ || ̄ ̄ ̄|| ;;|| == ||::::|   | 
        /     \      .              |    |  |  | 田 田 || 田 田||=:|| == ||゙=|   | 
      / ―   ― \                |    |  |  |――――――――|| 田 ||::::|   |                 
     /   (○)  (○)  \  .             |    |  |                    |   |      / ̄ ̄\     
    |      __´___    . |                |    |  |                    |   |    /  `、   \   
    \      `ー'´     /                |    |  |                    |   |    (ー)(ー )    |  「……ああ」
「あなたなら来ると思っていました……      .                                 (__人__)     |   .
さあ、行きましょう。霊界をこの目で見ましょう」                                  (,`⌒ ´   u |    
                                                              {      nl^l^l.   
                                                               {     _l   ,r'   .
                                                              !、   (,  ゝ    
                                                              /    ゙i  \   
                                                             /       ゙i  \  
                                                         、(⌒二 ,.,r'|      ゙i  ゙i .
そう言ったアイツの顔は、幽霊みたいに不気味に見えた
俺たちはそれきりパタリと黙り込み
ゆっくりと夜の学校の土を踏みしめながら、旧校舎に向かった。






971 ◆ZaaHKEqOhw [saga]:2009/03/15(日) 21:30:19.64 ID:K76xEXE0
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: / ○ \:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: /.へ/:\へ.\:::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/ へ |l||l_^_l||l|へ \:::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/||.へ |_._|l|/\|l|_._|.へ||\:::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::||  |田|.|田田|.|田|  ||
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::||  |田|.|田田|.|田|  ||::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|| [_ [_〈___〉_]_] ||:::::
:::::::::::::/二二二二二二二二二||;;'   |l|    |l|゙    ||二二二二二二二二二\
:::::::/三三三三三三三三三三||  |田|.|田田|.|田|  ||二三三三三三三三三三\ 
:::::::二二二二二二二二二二二||  |田|.|田田|.|田|  ||二二二二二二二二二二二
:::::::三三三三三三三三三三三|| [_[_〈___〉_]_] ||三三三三三三三三三三三
::::::: ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄            #;  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
:::::::::::|田| |田|;' |田| |田| |田|   |田田| |田田|   |田| |田| |田| |田| |田|
:::::::::::|田| |田| |田| |田| |田|   |田田| |田田|   |田| |田| |田| |田| ;;|田|
:::::::???????????]   |田田| |田田|   [???????????
::::::: ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ '';;              ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
:::::::::::|田| |田| |田|  |田田|  | ̄ ̄| | ̄ ̄| | ̄ ̄|   |田田|  |田| |田| |田|
:::::::::::|田| |田| |田|  |田田|  |    | |    | |    |   |田田|  |田| |田| |田|
:::::::;;          ;;;,,    ii≡≡≡≡≡≡≡≡≡ii     ,;;         ,,..;
:::::::────────── ii ≡≡≡≡≡≡≡≡≡ ii ──────────
:::::::  ̄l´l^l´l ̄l`l ̄l´l^l´l ̄l`l ̄l´l^l´l ̄l`l ̄l´l^l´l ̄l`l ̄l^l´l ̄l`l ̄l´l^l´l ̄l`l ̄






98 :1 ◆ZaaHKEqOhw [saga]: 2009/03/15(日) 21:33:22.16 ID:K76xEXE0
旧校舎に入ったところで、不意にアイツが話かけてきた
___________________________________

============================
       |゚ ̄ ̄ ゚̄|       |   ______________
┌──┐   ̄ ̄ ̄~' ┌──   |    |┌───┐|┌───┐|    |
│====│     □   │三  | |    |│/./ . │|│/./ . │| ̄ ̄
│三  │   □     │  □│ |    |│/  /│|│/  /│|     コツ  コツ  
│[][]::::│   □ □   └──┘ |    |└───┘|└───┘|     
└──┘      l         |    |:[l         |         l]:|            「……霊界というのは、色々な形で現れるそうです」
============================:   |          |          |            
                            |          |          |            「色々な形?」
                            |          |          |     
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄






991 ◆ZaaHKEqOhw [saga]:2009/03/15(日) 21:36:07.34 ID:K76xEXE0
                          \.      |
________   ________.    | ̄ ̄| |
| //. .:; ||      ||   |   |.  |.  |  |   |    | |. l二| ̄ ̄|| ̄ ̄|
|.//   .||     ||   | " |., . |.  |  |     |__| |   |    ||    |
|     ||      ||   | □ |.  |.  |/  ./.    |   |    ||    |   「ええ、だから実際に自分で見てみるまでどんな物なのか
|     ||      ||   |   |.  |/    /       \.  |l   . ||    |   分からないんだとか」ガサゴソ
|     ||      ||   |   | /    /         .\|    ||    |
| /\ ||      ||   |  /    /              \  ||.   ]|   「何出してるんだそれ?鏡か?」
|   / 〔i|      ||   |,/    /                     \||    |
|   \ ||   // ||       /                   .\  |
|   / ||.  //./      /                          \,|
| /   || . /      /                             \  「……3時33分33秒に、自分がいつも使っている鏡を踊り場の鏡に
|/    ||/     /                                合わせるんです。そうすることで、見えてない物、いえ
|    ./ '       /                                 『見えてはいけない物』が見えてしまうんだそうです。
|   /        /                                  見えるだけでなく、出てくることもあるそうで」
|,/        /          コツ   コツ
        /                                     「……なるほどな」
      /                           コツ
    /          コツ               
.  /
./
内心びくついていた俺とは裏腹に、できる夫の奴は早足でぐんぐん踊り場の鏡目指して進んでいったぜ。
そしてまもなく、俺達は目的地に無事着いた






100 :1 ◆ZaaHKEqOhw [saga]: 2009/03/15(日) 21:38:22.09 ID:K76xEXE0
  __________
/               \
| ////////////////////// .|
| ////////////////////// .|  「……これか。埃だらけでよく見えないな」
| ////////////////////// .|  
| ////////////////////// .|  「このままで構いません。大事なのは合わせ鏡をすること……と、よし
| ////////////////////// .|   あとは3時33分33秒を待つだけです」
| ////////////////////// .|  
| ////////////////////// .|  「……よし、俺が時計で計っとくよ」
| ////////////////////// .|
| ////////////////////// .|
| ////////////////////// .|
| ////////////////////// .|
| ////////////////////// .|
| ////////////////////// .|
| ////////////////////// .|
| ////////////////////// .|
| ////////////////////// .|
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄






101 :1 ◆ZaaHKEqOhw [saga]: 2009/03/15(日) 21:40:25.42 ID:K76xEXE0

  __________
/               \
| ////////////////////// .|
| ////////////////////// .|  
| ////////////////////// .|  
| ////////////////////// .|  
| ////////////////////// .|  
| ////////////////////// .| 
| ////////////////////// .|  「………………」
| ////////////////////// .|
| ////////////////////// .|  「………………」
| ////////////////////// .|
| ////////////////////// .|
| ////////////////////// .|
| ////////////////////// .|
| ////////////////////// .|
| ////////////////////// .| チッ チッ チッ チッ チッ チッ チッ …………
| ////////////////////// .|
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄






102 :1 ◆ZaaHKEqOhw [saga]: 2009/03/15(日) 21:44:56.20 ID:K76xEXE0

  __________
/               \
| ////////////////////// .|
| ////////////////////// .|  
| ////////////////////// .|  
| ////////////////////// .|  「あと30秒ってところだな」
| ////////////////////// .|  
| ////////////////////// .| 
| ////////////////////// .|  「…………」
| ///////////////////////|
| ////////////////////// .|  できる夫は俺が話かけてもろくに聞いている様子もなく
| ////////////////////// .|  ただ何も写っていない鏡を見つめていた。
| ////////////////////// .|
| ////////////////////// .|
| ////////////////////// .|  そして、時間が来た。
| ////////////////////// .|
| ////////////////////// .|
| ////////////////////// .|
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄






103 :1 ◆ZaaHKEqOhw [saga]: 2009/03/15(日) 21:46:52.41 ID:K76xEXE0
  __________
/               \
| ////////////////////// .|
| ////////////////////// .|  
| ////////////////////// .|  
| ////////////////////// .|  
| ////////////////////// .|  
| ////////////////////// .| 
| ////////////////////// .|  「………………3」
| ////////////////////// .|
| ////////////////////// .|  
| ////////////////////// .|
| ////////////////////// .|
| ////////////////////// .|
| ////////////////////// .|
| ////////////////////// .|
| ////////////////////// .|
| ////////////////////// .| チッ
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄






104 :1 ◆ZaaHKEqOhw [saga]: 2009/03/15(日) 21:47:17.76 ID:K76xEXE0
  __________
/               \
| ////////////////////// .|
| ////////////////////// .|  
| ////////////////////// .|  
| ////////////////////// .|  
| ////////////////////// .|  
| ////////////////////// .| 
| ////////////////////// .|  「2」
| ////////////////////// .|
| ////////////////////// .|  
| ////////////////////// .|
| ////////////////////// .|
| ////////////////////// .|
| ////////////////////// .|
| ////////////////////// .|
| ////////////////////// .|
| ////////////////////// .| チッ
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄






1051 ◆ZaaHKEqOhw [saga]:2009/03/15(日) 21:47:40.45 ID:K76xEXE0
  __________
/               \
| ////////////////////// .|
| ////////////////////// .|  
| ////////////////////// .|  
| ////////////////////// .|  
| ////////////////////// .|  
| ////////////////////// .| 
| ////////////////////// .|  「1」
| ////////////////////// .|
| ////////////////////// .|  
| ////////////////////// .|
| ////////////////////// .|
| ////////////////////// .|
| ////////////////////// .|
| ////////////////////// .|
| ////////////////////// .|
| ////////////////////// .| チッ
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄






106 :1 ◆ZaaHKEqOhw [saga]: 2009/03/15(日) 21:50:10.47 ID:K76xEXE0
  __________
/               \
| ////////////////////// .|
| ////////////////////// .|  
| ////////////////////// .|  
| ////////////////////// .|  
| ////////////////////// .|  
| ////////////////////// .| 
| ////////////////////// .|  「0」
| ////////////////////// .|
| ////////////////////// .|  
| ////////////////////// .|
| ////////////////////// .|
| ////////////////////// .|
| ////////////////////// .|
| ////////////////////// .|
| ////////////////////// .|
| ////////////////////// .| チッ
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄






107 :1 ◆ZaaHKEqOhw [saga]: 2009/03/15(日) 21:51:32.41 ID:K76xEXE0
  __________
/               \
| ////////////////////// .|
| ////////////////////// .|  
| ////////////////////// .|  
| ////////////////////// .|  
| ////////////////////// .|  
| ///////____//////// ..| 
| //////     \////// .|  
| //// ―   ― \スゥッ ...|
| //   (○)  (○)  \/ ..|  
| /|     __´___      . |//.|
| /\              /// .|
| ////////////////////// .|
| ////////////////////// .|
| ////////////////////// .|
| ////////////////////// .|
| ////////////////////// .|
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄






108 :1 ◆ZaaHKEqOhw [saga]: 2009/03/15(日) 21:55:19.94 ID:K76xEXE0
  __________
/               \
| ////////////////////// .|
| ////////////////////// .|  
| ////////////////////// .|  
| ////////////////////// .|  「!?   何だ!?突然お前の顔が!?」
| ////////////////////// .|  
| ///////____//////// ..| 
| //////     \////// .|  
| //// ―   ― \////...|
| //   (○)  (○)  \/ ..|  
| /|     __´___      . |//.|
| /\              /// .|
| ////////////////////// .|
| ////////////////////// .|
| ////////////////////// .|
| ////////////////////// .|
| ////////////////////// .|   「…………やらない夫さん、貴方には何が見えますか?」
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄






109 :1 ◆ZaaHKEqOhw [saga]: 2009/03/15(日) 21:59:55.65 ID:K76xEXE0
       / ̄ ̄\
      /  \    \
    .(●)(● )  u. |
     (__人__)  u   |   「何ってそりゃあ お前の顔だよ!
     .(`⌒ ´     |    見えないのか!?」
     {         |
      {      u. /
      \     /
      ノ     \
     /´        ヽ  「……いえ、見えてますよ。表情は?」

       / ̄ ̄\
      /  \    \
    .(●)(● )  u. |
     (__人__)  u   |  「ひょ、表情? 口も開かず、無表情だが……」
     .(`⌒ ´     |
     {         |
      {      u. /
      \     /
      ノ     \
     /´        ヽ






110 :1 ◆ZaaHKEqOhw [saga]: 2009/03/15(日) 22:03:28.47 ID:K76xEXE0
       / ̄ ̄\
      /  \    \
    .(○)(○ )  u. |
     (__人__)  u   |  「……あれ?」
     .(`⌒ ´     |
     {         |
      {      u. /
      \     /
      ノ     \
     /´        ヽ






111 :1 ◆ZaaHKEqOhw [saga]: 2009/03/15(日) 22:06:07.51 ID:K76xEXE0
  __________
/               \
| ////////////////////// .|
| ////////////////////// .|  
| ////////////////////// .|  
| ////////////////////// .|  
| ////////////////////// .|  
| ///////____//////// ..| 
| //////     \////// .|  妙だと思わないか?できる夫は喋ってるはずなのに
| //// ―   ― \////...|
| //   (○)  (○)  \/ ..|  
| /|     __´___      . |//.|
| /\              /// .|
| ////////////////////// .|  鏡の中のできる夫は
| ////////////////////// .|  眉どころか、口すら動かしてないんだぜ
| ////////////////////// .|
| ////////////////////// .|
| ////////////////////// .|






1121 ◆ZaaHKEqOhw [saga]:2009/03/15(日) 22:08:27.18 ID:K76xEXE0
       / ̄ ̄ ̄\
     / ―   ― \
   / ;;;(◯)::::::(◯);;;\  「無表情……ですか。私の見えている顔は違います」
  |      __´___    |
  \     `ー'´   /

       ____
     :/::::::::::::::::\:
   :/ ⌒三 ⌒::::::\    「……紫色に染まっているんです、そして 眠るように目を閉じている
  /  (○)}ililli{(○ ):::\:  あの本で読みました。紫に変色した顔が鏡に映った場合、
 :|      __´___::::::::::::::::::|  それは自分がもうすぐ死ぬ証拠……」
  \      `ー'´::::::::::::/:
                  あいつの声は、震えていた






113 :1 ◆ZaaHKEqOhw [saga]: 2009/03/15(日) 22:11:14.19 ID:K76xEXE0

       / ̄ ̄\
      /  \    \
    .(●)(● )  u. |
     (__人__)  u   |  「紫色だって?そんな馬鹿な……」
     .(`⌒ ´     |  
     {         |   .そう思って俺はもう一度鏡を見たんだ
      {      u. /    すると……
      \     /
      ノ     \
     /´        ヽ






114 :1 ◆ZaaHKEqOhw [saga]: 2009/03/15(日) 22:15:30.08 ID:K76xEXE0
  __________
/               \
| ////////////////////// .|
| ////////////////////// .|  
| ////////////////////// .|  
| ////////////////////// .|  
| ////////////////////// .|  
| ///////____//////// ..| 
| //////::::::::::::::::::\////// ..|  鏡の中のあいつの顔は、紫色に変色して
| ////::::―:::::::::::―::::\////...|
| //:::::::(ー)  (ー):::::::\/ ....|  眠るように目を瞑っていた
| /|::::::::::::::::::__´___::::::::::::::::::. |//.|
| /\:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/// ..|
| ////////////////////// .|
| ////////////////////// .|  
| ////////////////////// .|
| ////////////////////// .|
| ////////////////////// .|






116 :1 ◆ZaaHKEqOhw [saga]: 2009/03/15(日) 22:20:45.74 ID:K76xEXE0
    ―― [] ]   / ̄三\
   | l ̄ | |   /u _ノ三 " \
   |_| 匚. |  三   ( ○) ( ○)
      | |  三 u    (__人__)
       |_| ≡       |r┬|ノ  「う、うわぁああああ!!!」
         二   し   | | |}
 [] [] ,-  r⌒ヽrヽ,   `ニ}
   //三  i/ | __  ノヽ
 匚/ 三  三  /      )≡
    三 三  /     //≡
 三三   ./     / ̄、⌒) 俺はとっさに逃げ出した。
  ≡、__./     / ⌒ヽ ̄   どうやって真っ暗な旧校舎から転びもせずに
       r    /     |    抜け出せたかは分からない
     三          ノ    とにかく必死で何も考えられなかった。
    三     三    /     唯一覚えていることといえば
   .三    三三  /
  .三.   .三三  /
 三   / .≡ /
 三  ./ .ノ.^/
 ≡  /  |_/
 ≡ /
 三 /
 =/


 .      ____
     /ノ ヽ、_\
   / (○) (○)\  「置いていかないでくれぇぇええええええ!!!」
  /     ´       \ 
 |      |!!il|!|!l|      | ……できる夫の叫び声だけだ。
 \     |ェェェェ|    /  






119 :1 ◆ZaaHKEqOhw [saga]: 2009/03/15(日) 22:26:18.95 ID:K76xEXE0

    / ̄ ̄\
   / ヽ、_ U \
  (○)(○ )    |
  (__人__)  u  │  そして俺は家に帰り、登校の時間までずっとベットの上で座っていた
   (,`⌒ ´      |   .できる夫を置いてきてしまった後悔の念と
  . {    u   |   鏡に映ったアイツの顔の恐ろしさでろくに眠れなかったんだ
    {        ..:/
    ` ー     \
    /    _    l
   /  ̄`Y´   ヾ;/  |
  ,|    |    |´  ハ
  |    |    |-‐'i′l
  |__ |   _|   7'′
 (   (  ̄ノ `ー-'′






120 :1 ◆ZaaHKEqOhw [saga]: 2009/03/15(日) 22:32:18.85 ID:K76xEXE0
       / ̄ ̄\
      /  \    \  そしてしばらくして登校の時間
    .(○)(○ )  u. |  
     (__人__)  u   |  学校に着いた俺は知った、できる夫が死んだことに。
     .(`⌒ ´     |
     {         |  
      {      u. /
      \     /
      ノ     \
     /´        ヽ






121 :1 ◆ZaaHKEqOhw [saga]: 2009/03/15(日) 22:34:29.41 ID:K76xEXE0
f ´ , -     ` ー 、        ,  ' ´    `丶、
l             丶     /   ,  '  ̄ ̄ ̄ ̄ `丶、
l       ヽ       ` 、 /   /            丶.
l        丶       /   / , -―‐--, 、.       )
l         、      i  /イ:´l-- 、._  l,:::| ` ヽ,、  /
l          、      l ,イ:::::::::::l'   ヽ〃リ_―- }::ヽ'
l          i` ー ---l /rl:ヘ::::ト、l    `/⌒i   ¨i:ハ::|
i           i     l:i ハヘl、:l ` ー---'   l.._  .l// '
.i           i     l:ヘ、 !  `      ,  ノ  ̄l¨  「またこんな……仕事変えようかな……」
. i           ト、   l:::::`-, u            .i  
 、          l ヽ  `ハ::::ト、      ̄     /   旧校舎の前で倒れていたのを朝早く警備員が見つけたそうだ
  、            ヾ 、  ヾ:;| 丶        /    
  、            、. 丶、.)  、 丶、___ノ
   、    、        i  丶  丶      i
   ヽ    ヽ       l   ヽ  ヽ     ト、     俺は知らない。アイツがどうやって旧校舎から出てきたのか
    ヽ    ヽ      l    \  ヽ    !|  丶、  それとも鏡の前で死んだできる夫を誰かが旧校舎の前まで運んできたのか
     i    ヽ     i      ヽ、     .l    丶. 
     l     i    ./       `丶、 _ .ノ     ヘヽ       俺は全く知らないよ。
     ト.     i   /        \   /      丶 ` ー 、   ただ、できる夫右手にしっかりと化粧鏡を持っていたそうだ
     i丶      /           \ ./       丶    `ヽ. メチャクチャに割れた、何も映らない化粧鏡をね。
     .l ヽ.   , '              iー、       丶     ヽ
      l    ̄ ´               l  l        丶     丶






122 :1 ◆ZaaHKEqOhw [saga]: 2009/03/15(日) 22:38:54.09 ID:K76xEXE0
            / ̄ ̄\
          /   _ノ  \
          | U  ( ー)(ー)
          |     (__人__)     ……次の日、俺はできる夫のお通夜に行くことになった
             |   u ` ⌒´ノ     クラスメート全員で行ったよ
              | u       }     特に交流もない仲間でも、死んだら悲しいんだろうな
              ヽ        }     女子なんかみんな泣いてたぜ
            ヽ、.,__ __ノ
   _, 、 -― ''"::l:::::::\ー-..,ノ,、.゙,i 、
  /;;;;;;::゙:':、::::::::::::|_:::;、>、_ l|||||゙!:゙、-、_
 丿;;;;;;;;;;;:::::i::::::::::::::/:::::::\゙'' ゙||i l\>::::゙'ー、
. i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|::::::::::::::\::::::::::\ .||||i|::::ヽ::::::|:::!
/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;!:::::::::::::::::::\:::::::::ヽ|||||::::: /::::::::i:::|
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|;;;;:::::::::::::::::::::::\:::::゙、|||::: /::::::::::|:::






123 :1 ◆ZaaHKEqOhw [saga]: 2009/03/15(日) 22:44:07.31 ID:K76xEXE0
            / ̄ ̄\
          / U _ノ  \
          |    ( ○)(○)
          | u    (__人__)  ……通夜ってよ、釘やらで打ちつけるまでは顔が見えるようになってるだろ?
             |  u  ` ⌒´ノ
              |         }
              ヽ        }  その時俺は見ちまったんだ、できる夫の顔を。
            ヽ、.,__ __ノ
   _, 、 -― ''"::l:::::::\ー-..,ノ,、.゙,i 、
  /;;;;;;::゙:':、::::::::::::|_:::;、>、_ l|||||゙!:゙、-、_
 丿;;;;;;;;;;;:::::i::::::::::::::/:::::::\゙'' ゙||i l\>::::゙'ー、
. i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|::::::::::::::\::::::::::\ .||||i|::::ヽ::::::|:::!
/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;!:::::::::::::::::::\:::::::::ヽ|||||::::: /::::::::i:::|
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|;;;;:::::::::::::::::::::::\:::::゙、|||::: /::::::::::|:::






1241 ◆ZaaHKEqOhw [saga]:2009/03/15(日) 22:44:54.49 ID:K76xEXE0
          ____
        /     \
      / ―   ― \
     /   (ー)  (ー)  \  鏡に映っていたアイツの顔、そのままだった
    |      __´___    . |  俺は場所も弁えずに叫んじまった。その瞬間
    \              /  


          ____
        /     \
      / ―   ― \  アイツの目が一瞬開いたような気がした。俺の見間違いかもしれないが
     /   (○)  (○)  \
    |      __´___    . | 「どうしてあの時一人で逃げた。何故自分を置いて行ったんだ」
    \              / そう責めるような目つきだった






125 :1 ◆ZaaHKEqOhw [saga]: 2009/03/15(日) 22:49:12.61 ID:K76xEXE0
     / ̄ ̄\
   /   _ノ  \
   |    ( ー)(ー)
.   |     (__人__)   それ以来、俺はもうすぐ死ぬ人間の顔を見ると
    |     ` ⌒´ノ   そいつの顔が紫色に見える能力が備わったんだ
   .l^l^ln      }
.   ヽ   L     }
    ゝ  ノ   ノ
   /  /    \
  /  /       \
. /  /      |ヽ、二⌒)、
 ヽ__ノ

   / ̄ ̄\
 / ノ  \ \
 |  (●)(●) |
. |  (__人__)  |   みんなの顔、見てやろうか?紫色になっているか見てやろうか?
  |   ` ⌒´  ノ
.  |         }   ……まあ、そんなこと言っても意味はないか
.  ヽ        }   死ぬ奴は死ぬし、生きる奴は生きる。そういうもんだ……
   ヽ     ノ    自分の未来なんざ知っても良い事はない、それだけは確かだ
   /    く  
   |     \  
    |    |ヽ、二⌒)






126 :1 ◆ZaaHKEqOhw [saga]: 2009/03/15(日) 22:50:24.45 ID:K76xEXE0
     / ̄ ̄\
   /   _ノ  \
   |    ( ー)(ー)
.   |     (__人__)   これで俺の話は終わりだぜ?記者さんよ
    |     ` ⌒´ノ
   .l^l^ln      }
.   ヽ   L     }    次は誰が話す……?
    ゝ  ノ   ノ
   /  /    \
  /  /       \
. /  /      |ヽ、二⌒)、
 ヽ__ノ






128 :1 ◆ZaaHKEqOhw [saga]: 2009/03/15(日) 22:53:14.16 ID:K76xEXE0
やる夫「……次は誰が話すかお?」

1.長門有希

2.阿部高和

3.ドクオ

4.キバヤシ

5.水銀燈

6.泉 こなた

7.真紅

8.翠星石

                           to be continued……→
安価下7






129 :以 下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]: 2009/03/15(日) 22:53:29.86 ID:aN5wqkko
3






130 :以 下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]: 2009/03/15(日) 22:54:00.82 ID:cfKfhF2o
8






131 :以 下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします :2009/03/15 (日) 22:55:06.06 ID:EVu75OU0
4






132 :以 下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]: 2009/03/15(日) 22:55:25.50 ID:.BdSpEwo






133 :以 下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします :2009/03/15 (日) 22:55:32.57 ID:/xRN8CAo
2






134 :以 下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [saga]: 2009/03/15(日) 22:55:43.95 ID:EmQYKak0
8






135 :以 下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]: 2009/03/15(日) 22:55:48.52 ID:.BdSpEwo






137 :以 下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]: 2009/03/15(日) 22:56:45.06 ID:lfvi.g.o
不人気か wwktk






139以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [saga]:2009/03/15(日) 22:58:36.22 ID:EmQYKak0
さてどんな話になるのやら、想像もつかんな。






140 :以 下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]: 2009/03/15(日) 22:58:52.33 ID:8LZ2NGso
不人気に期待






1411 ◆ZaaHKEqOhw [saga]:2009/03/15(日) 23:11:56.34 ID:K76xEXE0
不人気ですね、了解です 今回もお付き合い頂きありがとうございました
次回の投下は明日の22:30頃を予定しています






142 :以 下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]: 2009/03/15(日) 23:12:31.22 ID:/xRN8CAo






143 :以 下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]: 2009/03/15(日) 23:15:50.15 ID:cfKfhF2o






144 :以 下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]: 2009/03/15(日) 23:21:51.76 ID:Fnmfppoo
>>141

楽しみにしてるぜ






145 :以 下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]: 2009/03/15(日) 23:24:33.96 ID:/y14B3Qo
乙です

久々に怖かった・・・






10倍ミラー 10倍拡大メイクアップミラー 化粧鏡(化粧ミラー) ヤーマン 10倍 メーキャップミラー STA-5
10倍ミラー 10倍拡大メイクアップミラー 化粧鏡(化粧ミラー) ヤーマン 10倍 メーキャップミラー STA-5

売り上げランキング : 15963


Amazonで詳しく見る
by G-Tools
関連記事
スポンサーサイト
[PR]





カテゴリー「やる夫が学校であった怖い話を聞くようです」内の最新記事

だ

    このコメントは管理者の承認待ちです
    [ 2009/04/02 23:50 ] [ 編集 ]
    更新待ってたぞw以下(ry
    [ 2009/04/03 00:32 ] [ 編集 ]
    やらない夫の様子を見ると「喋らされてる」な
    さてどうなるか・・・
    [ 2009/04/03 10:20 ] [ 編集 ]
    やっと更新したあああああああ
    [ 2009/04/03 14:28 ] [ 編集 ]
    もう元々どんな話だったのか忘れちゃったよ
    [ 2009/04/03 15:09 ] [ 編集 ]
    出だしのこれからって時に
    >>13のsageクソワロタwwww
    管理人よく拾ったなGJ
    [ 2009/04/03 20:27 ] [ 編集 ]
    原作展開に戻ったな
    しかしこの作者はオリジナル展開が中二的というか無茶苦茶というか…
    原作まんまでもアレだけど
    [ 2009/04/04 04:12 ] [ 編集 ]
    誰もでっていうの行方に気にしないのは
    ウザイから忘れてるだけなんだよな!?

    そうなんだよな!?
    [ 2009/04/04 14:26 ] [ 編集 ]
    あれ・・・?
    でっていうもそうなんだが、もう一人居なかったか?
    [ 2009/04/04 17:11 ] [ 編集 ]
    二十歳すぎまで覚えていると脂肪フラグのはなしかね
    [ 2009/04/06 00:54 ] [ 編集 ]
    実機だと実写だったから
    葬式でいきなり目開いたときはマジびびった
    [ 2009/04/13 11:08 ] [ 編集 ]
    うちも同級生の通夜があったとき女子が泣いてて授業にならなかったな。
    昼休みになると和やかに談笑してたが。
    [ 2009/06/01 20:33 ] [ 編集 ]
    コメントの投稿













    管理者にだけ表示を許可する
やる夫ブログについて
20101110:「やる夫はロス市警の警部のようです」を掲載させていただきます。本当にお待たせして申し訳ございません。これ以降も随時、更新の途絶えていた作品を掲載していきたいと考えております。ご迷惑をおかけして申し訳ありませんが、どうか長い目で見ていただければ幸いです。

20101030:「やる夫のサクラ大戦」にて、記事の掲載順序を誤りました。 作者様、および楽しみにしていた読者様にお詫び申し上げます。 申し訳ございませんでした。

20101004:「やる夫たちが夢の国で遊ぶようです」につきまして、こちらの不具合で記事が切れてしまっております。作者様、及び楽しみに読んでくださっている読者の皆様にご迷惑をおかけしてしまい、申し訳ありません。
一度下書きに戻させていただきます。よろしくご了承ください。
「やる夫で学ぶことわざ」の作者様より、やる夫ブログ用のスポンサー案内をいただきました!本当にありがとうございます!さっそく使わせていただきます!

20100811:皆様、大変ご無沙汰しておりました。ぼちぼち更新を再開できればと考えております。
「やる夫がDQⅢの勇者になるようです」についてですが、コメントを頂けるのは大変うれしいのですが、他作品のコメント欄での投稿はご遠慮願えれば幸いです。
恐縮ですが、ご協力よろしくお願いいたします。

20091222:年末なので順調に更新量が減っております。今日明日はお休み、再開一発目は「やらない夫の超兄貴」になる予定です。作者様、まとめが遅くなり申し訳ございません。

20091208:今週クソ忙しいので、かなり更新が減ります。ご了承ください。

20091116:更新の調子にもよりますが、週末をめどに、カテゴリを追加する予定。前回追加からだいぶ間隔開いたんで、かなり溜まってます。

やる夫ブログについて

姉妹ブログというか同一人物ブログ。
やる夫ブログ(裏)(18禁です)


 ネ タ 投 稿 お 待 ち 
 し て い ま す ! 
(↑結構心から待ってますw)

 ネタ投稿の他、転載お断りの記事、相互リンクのご希望等ございましたら、お手数ですが下のメールフォームよりお知らせください。なお、http:を付けるとエラーになってしまうようなので、ご投稿いただける際にはhttp:を抜いていただきますよう、よろしくお願いいたします。
相互リンクの反映に時間がかかってしまい申し訳ありません。気長にお待ちください。


嬉し泣き
美麗なタイトル画像を描いてくださっているのは、こちらの方々です。
本当にありがとうございます。


七市様
Shadow3_convert_20091008101141.jpg
ハルヒとやる夫、やらない夫の表情が最高のタイトル画像。冬にぴったりの美しい作品です。


1様
http://blog-imgs-15.fc2.com/y/a/r/yaruomatome/yaruoblog_title_convert_20091026144430.jpg
柔らかで暖かい雰囲気がたまらない作品。みゆきさんヤバすぎで管理人狂喜の舞を舞っておりますwww

1様のプロフィールはこちら


65様
securedownload_convert_20091008101321.jpg
同じく「やる夫がチェルノブイリに旅立つようです」より。元ネタの雰囲気をビンビンに伝えるダークな作品。


草葉様
Shadow3_convert_20091008101141.jpg 「やる夫がチェルノブイリに旅立つようです」をモチーフにしたタイトル画像です。物語の後、このタイトルを見て吹きました。

219c0c442.jpg

草葉式


味噌様
yaruoblog_convert_20090519194443_convert_20091008101235.jpg
やる夫ブログ初!物語とタイトル画像のコラボレーション!快く、最高に美しいタイトル画像を描いて下さった味噌様に感謝です!




トンボ様
minamike_convert_20090519194731_convert_20091008101216.jpg
夏にぴったりの逸品を、トンボ様よりいただきました!水着ハァハァ(´Д`;)


トンボのかんさつ日誌


ヒジキ様
nagato_convert_20091008101341.jpg
管理人のツボにはまりまくりの長門!大好きだ!結婚してくれー!



ヒジキ煮


aro様
yaruo_blog_fix_convert_20090210225801_convert_20091008101403.jpg
らきすた勢の見事な描写もさることながら、このやる夫にしてやられました。


Charged time-out


Yutaka様
RMm06_convert_20090127165950_convert_20091008101426.jpg
個人的に水銀燈が一番好きです。タイトルのセンスも◎。本当に有難うございます。





マブチョコ_m様

この魅力的なボディにくらくら!管理人はこの人の同人誌が大好きです!やる夫ブログの記念すべき初タイトル画像。全てはここから始まりました。



うにゃらら大飯店



イチオシ

やる夫がDQⅢの勇者になるようです

自らを成長させる姿に心震える
作品。普通の掛け合いなのに、
自然と笑みがこぼれる構成と
演出は見事の一言。
自分を好きになれる、極上の映
画を見た後のような読後感は、
自信を持って「最高だ!」と賞
賛できる作品です。





過去の「イチオシ」一覧を作りました。
管理人オススメ記事

管理人が抱きしめたいほど好きなやる夫作品

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。