FC2ブログ
2017 07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 09
やる夫ブログヘッドライン



【お気に入りサイト新着記事】 【カテゴリー一覧】

    
   
【最新エントリ】



スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




カテゴリー「スポンサー広告」内の最新記事

だ

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | はてなブックマークに追加

やる夫が学校であった怖い話を聞くようです 二週目 第三話「長門 有希」 

475 : ◆ZaaHKEqOhw [saga]: 2009/04/13(月) 22:31:19.57 ID:Hp9VUg.0
それでは再開します






476 :以 下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]: 2009/04/13(月) 22:31:55.06 ID:IXCkqZ.0
待ってました!






477 :以 下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]: 2009/04/13(月) 22:34:06.87 ID:CFXMMGE0
まってました!






478 :以 下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]: 2009/04/13(月) 22:34:48.42 ID:QnjZ5Doo
キタ━━━(゚∀゚)━━━ !!






481 : ◆ZaaHKEqOhw [saga]: 2009/04/13(月) 22:38:15.28 ID:Hp9VUg.0
―新校舎 1F―

    , ⌒ハ           ハ⌒ 、
    j:::::::::ヽ ,ヘ^ ⌒ Y ⌒ヽ/ .::::::::i
   ノ:::::::::j(ノ ..::::....::::..:::: ::. .ヾ)':::::::::::i
   ル:::::リγ::..:::::..:::...ヘ、: : : :: ノy:::::::リ
    Yyノ ノ :ノ...:ノ ノ  ヽ ::::::) ルリノ
      リ::::::( ( ●) (●::(
.      ハ::::ハ u,,  r‐ァ リ) )   …………
       ) ) )、    ̄ノくハ(
      (,(.( ' ヘ ∩ ノ ⊃
      /     ./ _ノ
      (.  \ / ./_ノ │
      \  “ /___|  |
.        \/ ___ /






482 : ◆ZaaHKEqOhw [saga]: 2009/04/13(月) 22:47:45.17 ID:Hp9VUg.0

     _  ,,.. --─‐-._,.
   , ⌒ハ '"::::::::::::::::::::::::`ヽハ⌒ ゝ
   i:::::::ヽ|::i:;::'"::::::::::::::::::::::`ヽ!:::::::`ヽ
  /:::::: ://::::/::::::i::::::;:::ハ:::i::::ヽ.ハ::::ノ
  イ::::::: :7:::/ヽ!、/|::::ハ/,!ィ i:::ハ::! i/
 ノ!:::/::::::Y' (●)レ' (●)iハ/Y〈|          ……アッチ?
  レ' i:: :::ハ"U  r‐ァ "ノハト、   _,..-'‐'"つ
    ノ ::!:::ヽ、   ̄`,.イ::::ハ>‐''"´ つ´`.)   
   〈,ヘ  、レヘr7  r‐く>'"´r7   _,.-‐`r-''
      _  r/!x!_/x/:/  ト}-r'"´
    {´  i)./7:|x|/x/::::!   `ソ´
    ゝr.r'rイ{:::||/x/、::::::`7'´
      `':r‐=◎=ニ二{、
      ー,イ/´ ̄  i ハヽ、
    ,. '´/  /  !  ',:::::\

       ,. ⌒ハ           ハ⌒ ,
       i::::::::. ゙i,r'⌒ Y ⌒ ^ヘ, ,r':::::::::j
       i:::::::::::'(ッ. .:: ::::..::::....::::.. )j:::::::::(
       リ:::::::y(, :: : : : ,.ヘ...:::..:::::..::ヾ:::::ル
       iリル (::::::: ノ  ヽ ゝ,:...::. NY
          )::●) (● ) )::::::リ
             ( (i ヤコ  ,,  ハ::::ハ       い、いや こっちかしら?
              )ハゝ.  u( ( (( ((\
         ((:::(/l\j  」' ).),),),) ',
               〈/ ├'´ |    \〕    、
              /  /‐ '´ヘ    , -'\  \
                |_」    | / ,ィ'´  ヽ.   \
           └┬'    ヽ/|    \   ヽ_
               /        イ      >'´  _〕
       / ̄ ¨ ー-'、 ̄ ̄ `丶、 〈      〈 ,イ´ ヽ
      ,'     、  `丶r= 、   \〕     `  ト、 ',
      l       \   ´\ \_}__         しlー|
        l\     ヽ    l|  l \_\      └‐'
        l \     ',    ヽ.」   ヽ7}
        └/\    V-、― '´丶二二/  スタッ
         /    ゝ、_) )_
     /    /{ _. / \\
    /    /  `ーく.    ヽ ヽ






483 : ◆ZaaHKEqOhw [saga]: 2009/04/13(月) 22:54:06.07 ID:Hp9VUg.0
      , ⌒ハ           ハ⌒ 、
      j:::::::::ヽ ,ヘ^ ⌒Y   ⌒ヽ/ .::::::::i
     ノ:::::::::j(ノ ..::::....: :::..:::: ::. .ヾ)':::::::::::i
     ノ:::::::::j(ノ ..::::....: :::..:::: ::. .ヾ)':::::::::::i
      ル:::::リγ::.....ヘ、: : : : : : :: ノゝァ:‐、 _
      Yyノ ノ :ノ...:ノ  ヽ  ヽ ::::::,/:.:.:.:7:.:``ー──────-、
        リ:::::: ー) (ー ) (ハン:.:.:.:.:.:.:l:.l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..!   ど、どうなってんのよ一体……
         ハ::::ハ  r‐;  ,,u ハ,イ:.ヽ:.:.:.:.:.:l:.:/:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/
          ) ) ))、 ̄   >l  !:.:.冫:.:.:.ヾ、/:.:.:.:.:.:.:_,.. -='.:.:.:.:/   そこら中に霊気が拡散していて、私達を襲った霊が
         /:.:.:.`:...-r~ヘ-、∠_l}  l:.:'ー─:.、:.:ヽ,. -‐ '/:.:.:.:.:.:.:.:.:,.'
      .  〈:.:.:.:.:.:.:.:..l:.:.:.V(__ !ト、 !:.:.:.:.:./:.:.:.:.ト、 /:.:.:.:.:.:.:.:/     どこへ行ったのか見当が付かないわ……
         ',:.:.:.:.:、〈_:.:.ヽ l〃 ヽ !:.:.:./:.:.:.:.:.:./:.:.:.Y⌒ヽ、-く
         /:.`:.、.,_ヽ:/:.:.:.ヾ、  l|:.:/:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:\  `l-{
         !:.:.:.:.:.:.:.l、_:.:.:.:.:.:.`>!/:.,.-O':.:.:.ヽ:.:.:.:.:.:.\_,.イ、
        /::.:.:.:.:.:.:ヽ:.:.:.: ̄ ̄:.;イO´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. ',:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ
        ゙l:.:.:.:.:.:.:.:.:.`‐r-‐ '''´`1:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:Ol:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/、
          |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:!       7:.:.`:.:ー‐:.:.:.:.:.:ト、:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.',
          |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.l     l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l:.ヽ,. r'´:.:.:.:.:.:l、:、
           |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.l      !:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:_,.」:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ハ:.:
           |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.l     l:.:.:.:._,,. -‐ ''´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.,'  l:.:l
           !:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.!      !ィ´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./  |:.:l
           !:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l      l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/   L;」
         l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.j        !:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:._,. -‐ ''´     !
        .l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:!       ,'.:.:.:.:._,,,.. -‐ '' !´     _,,,... l -‐ ''"
        .!:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.l      1''' ´    _,.. l -‐ ''' "´
        |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:!    _,,.. l -‐ ''' "´
    , -r‐y'´〉く``ヽ_;,:. '-‐ '' ´
   ./ l´| ! /-‐ '''´
‐ ''" ‐'l_j-'`′






484 : ◆ZaaHKEqOhw [saga]: 2009/04/13(月) 23:03:07.64 ID:Hp9VUg.0
             , ⌒ハ           ハ⌒ 、
             j:::::::::ヽ ,ヘ^ ⌒ Y ⌒ヽ/ .::::::::i
            ノ:::::::::j(ノ ..::::....::::..:::: ::. .ヾ)':::::::::::i
            ル:::::リγ::..:::::..:::...ヘ、: : : :: ノy:::::::リ    とりあえず霊気の偏っている場所は幾つか見つけることが
             Yyノ ノ :ノ...:ノ ノ  ヽ ::::::) ルリノ     出来たけど……ここ全部回るにはちょっと根気がいるわね
               リ::::::( ( ●) (●::( __ _,   
         .      ハ::::ハu ,,  r‐ァ リ) ):::::::\ l \                    ,- 、
                ) ) )、    ̄ノくハ(\::::::::ヽ.  \                 ,ィ「゙V 卜.
                ( ( (_/ ::> 二 い ノ:::))ヽ:::::::ヽ ーへ、                / / }しi |Y¨l
                  //::::/l /\ l ∠_ ∧::::::::V    \         イ个ノ  イ  し' カ|
                |l /::::/ l/}-、/ V     〉ー∧::::::::V 、   \ . ‐-一'"´  / /   ノ /{ノ└'
                |`l::::::l7|逢 | l   /   | lハ::::::::V \  /         | {ヒフ´ ̄
               〈l l::::::| ヽ!  ∨  /   ,' lハ:/ヘト、           ゝ-┘
                  l l::::::|、  \ { / \_/  l:::|[_/l  \_,. -‐   ̄
                   l  l:::::l \ ヽ}/       /::::T:::/」         1.1階のトイレ
               l  lト-ヽ   ̄ヘ      l::::://´          2.体育館
   _            r'  \_l}   0     /l/             3.体育館脇の水道
  /r 、 \    _..  个ー   /ー人 \      /ハ             4.正門前
  {/ヽ \ lー「         // \〉   0   〈/ \.            5.三階廊下
  しく.ヽ._」 l    .. =-‐''ニ"/     --   |        〉           安価↓5
       ̄└ '-‐  ´ /: : : : :|  / ̄ ̄ >、|     人






489 :以 下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]: 2009/04/13(月) 23:05:26.38 ID:Hc8KVB6o
2






492 : ◆ZaaHKEqOhw [saga]: 2009/04/13(月) 23:13:04.94 ID:Hp9VUg.0
    , ⌒ハ           ハ⌒ 、
    j:::::::::ヽ ,ヘ^ ⌒ Y ⌒ヽ/ .::::::::i
   ノ:::::::::j(ノ ..::::....::::..:::: ::. .ヾ)':::::::::::i
   ル:::::リγ::..:::::..:::...ヘ、: : : :: ノy:::::::リ
    Yyノ ノ :ノ...:ノ ノ  ヽ ::::::) ルリノ
      リ::::::( ( ●) (●::(       とりあえず、動かないことには変わりが無いわね
.      ハ::::ハu ,,  r‐ァ リ) )
       ) ) )、    ̄ノくハ(       体育館側から順々に回っていこうかしら
      (,(.( ' ヘ   い ノ:::))
      ノ/)`   ヾ ソ ̄(( 、
       ,'   ノ    Y    Y
       l: ( ......    .....  i
       lヾ. .. ::::::::   ::::: .ノ

       , ⌒ハ      ハ⌒ 、
     j::::::::: ,:: ⌒Y ⌒/ .::  i
      ノ::::::::( ..:::   ヾ)':::   i
      ル:::::γ::::::    ノy:  :リ
     Y ノ ::::::::::::::    :ルリノ )
         リ::::::::::::::      (   (…………でも、なーんか引っかかるわね、この5つの場所
       (::::::::::::::        )    何かの噂で聞いたことあったかしら?)
         ):::::::        (
        (,(.(  ル リ ルリ いノ ))
            ):::   (
           /::::::::    ヽ
-───―――|::::::::::::::    \―──────
          |::::::::::::::      二つ






493 :以 下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします :2009/04/13 (月) 23:14:14.20 ID:Pohv/Mo0
体育館か・・・






494 : ◆ZaaHKEqOhw [saga]: 2009/04/13(月) 23:15:45.66 ID:Hp9VUg.0
二週目 第三話 「長門 有希」

         ____
       /   u \
      /  /    \\
    /  し (○)  (○) \  ……
    | ∪    (__人__)  J |
     \  u   `⌒´   /






495 : ◆ZaaHKEqOhw [saga]: 2009/04/13(月) 23:19:12.99 ID:Hp9VUg.0
           / ̄ ̄\
         /       \
        / ヽ   ノ  u  \
       /´| fト、_{ル{,ィ'eラ,   |    あ、ありのまま
     /'   \ .(__人__)⌒`  /
    ,゙  / )ヽ(,`⌒ ´    / ヾ、
     |/_/  /  ̄ ̄ ̄      ヽ
    // 二二二7      __    `ヽ
   /'´r -―一ァ‐゙T´ '"´     -‐  \
   / //   广¨´  /'       ´ ̄`ヽ ⌒ヽ
  ノ ' /  ノ `ー- 、___            ヽ  }
_/`丶 /         ̄`ー-- {.       イ

     / ̄ ̄\
   /   _ノ  \
   |    ( ー)(ー)
.   |     (__人__)  今起こったことを話さなくても分かるだろ……
    | u   ` ⌒´ノ
   .l^l^ln      }.   お前の言いたいことは予想が付いてる
.   ヽ   L     }
    ゝ  ノ   ノ
   /  /    \
  /  /       \
. /  /      |ヽ、二⌒)、
 ヽ__ノ






496 : ◆ZaaHKEqOhw [saga]: 2009/04/13(月) 23:22:34.12 ID:Hp9VUg.0
     ____
   /      \
  /ノ    \u  \
/ (ー)  (ー)   \  や、やらない夫 やる夫達は……
| u  (__人__)  u   |
\   ⊂ ヽ∩     <
  |  |  '、_ \ /  )
  |  |__\  “  /
  \ ___\_/

      / ̄ ̄\
    /     _ノ\
    |   u   (ー)  ああ、間違いない。「演じさせ」られている
.    |       (___ノ)
     | u      ´ノ   一年前と配役と内容が変わっているが、間違いない
.     |         }
.     ヽ        }   
      ヽ     ノ






497 : ◆ZaaHKEqOhw [saga]: 2009/04/13(月) 23:26:10.89 ID:Hp9VUg.0
          _____
         /       \
       i,-'´}        ヽ 
      .,-' ,‐i" _ノ  ヽ、_   i
     ./ //´l (ー) (ー)   i 
    .l  '- ' , l (__人___)    i   真紅さんは……この茶番劇に「用済み」となった
    l   ,〈,'   `⌒ ´    i
    l   i i          ,i   だから姿を消したんだろ 出番の無い役者は早々と舞台から立ち去る
    /   / iヽ,        /
  .,、 i   .' /,‐'.l\     /l )),
  .l \  .i、 ム `‐、_` ̄ ̄´-‐'´ .ヽ
  .l   `‐-'i _.-ヽ .,-、i  i,‐、 . /  .`‐、_
  .l     .i   l l  l  l  l /     `‐、_
  .l     .l   .l/  ヽ ,'  .l/     ,  , `‐、_
 /l     .l      /‐-l  .     .,.' .,'  ,-‐`i
. i.,'     .l 、     l;;;;;;;;l  '    , '  ,.'  .,.'   .i
. /     .l  、    l;;;;;;;;l    , .'   i  ,.'    i






498 : ◆ZaaHKEqOhw [saga]: 2009/04/13(月) 23:30:19.98 ID:Hp9VUg.0
         ___
       / ノ  ヽ_\
      / (●)  (●) \
    /     (__人__)    \  で、でもやらない夫はもう話し終わったのに
     |   u.  `Y⌒y'´ u   |
      \      ゙ー ′   ,/   どうしてここにまだいるんだお?す、水銀燈だって……
      /⌒ヽ   ー‐  u ィヽ
      / rー'ゝ       〆ヽ
    /,ノヾ ,>      ヾ_ノ,|
    | ヽ〆        |´ |

     / ̄ ̄\
   / ._ノ  ヽ、\
   |  (●)(●) |
   |  (__人__)  |  まだ俺やアイツにはやらなきゃならん事があるってことだろうな
   |   ` ⌒´  }
    |         }  それがなんだかは分からんが……
    ヽ      /
    __ヽ    ノ__
  /         .ヽ
  ||        ||
  ||        ||
  ||        ||
  ||        ||
(⌒.l⌒ヽ     ._ノ |
  ̄|  r `    )__)
  (_ノ  ̄  / /
        ( _)






499 : ◆ZaaHKEqOhw [saga]: 2009/04/13(月) 23:35:09.36 ID:Hp9VUg.0
.        ___
.       / ―\
     ./ノ  (●)\
     |  ( ●)   ⌒)l  ともかく、俺とお前が消えるまでが勝負だ
     }   (_ノ ̄  i
     |         /  それまでにこの部室から脱出することが出来れば俺達の勝ち
     \      _ノ.  
      /´     `、  もしも脱出できなかったら……
      / ,___  ,. i  
     ( 、__⌒) ノ
      ヽ、 i⌒i⌒i
         i  i  i_
   .       \_)_)

      / ̄ ̄ ̄\
   γ⌒)      (⌒ヽ
   / _ノ ノ    \  \ `、   そ、そういうネガティブな考え方は止そうお……
  (  < (●)  (●)u  |  )
  \ ヽ (__人__)   / /   とりあえず、これ以上こそこそやってると怪しまれるお
                   次の人にお話を聞かせてもらうお






500 : ◆ZaaHKEqOhw [saga]: 2009/04/13(月) 23:38:50.74 ID:Hp9VUg.0
              / ̄ ̄\
              /  ヽ_  .\
             ( ●)( ●)  |
            (__人__)      |  おっと、それもそうだな
             l` ⌒´    |
            {         |   (またいけない癖が出ちゃっただろ)
            {       /
        _. -: ´Λ     _.へ` 、
       r<: : : : /:|: :、  ̄r'    \ :\_
     /: : :l : : : : : :\`IエL>、    >ヘ::Λ
     |: : : ト、: : : : : : : ,-、 : : : `ー/ : : V |
      〈: : : :|:::: _ -¬-┴┴-、: : く:r 、: : : V }
     /: : :_ン´: : : : \ ,___, ィ ): : :`く : : : ヘ|
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

                   n
                   l^l.| | /)
                   | U レ'//)
      ___      ノ    /
    / ⌒  ⌒\  rニ     |
   / (⌒)  (⌒)\  ヽ   /    え、えーと 皆さんすみませんでしたお
 /   ///(__人__)///\ / `   /
 |       `Y⌒y'´    |   /     今やらない夫とちょっとした打ち合わせをしていましたお
 \.  u    ゙ー ′  ,/  /
  /⌒ヽ   ー‐   ィ  /        それでは、次の方お願いしますお
  / rー'ゝ        /
 /,ノヾ ,>         イ           どなたがお話しますかお?
 | ヽ〆          |






501 : ◆ZaaHKEqOhw [saga]: 2009/04/13(月) 23:43:29.02 ID:Hp9VUg.0
             ___
           ,ノ' ´    ` ''ヾ、
         /            ヽ
        }f^'^^了t^'^'`'ー1  l
        |L_ ! ___ { ,..、|
         }f'tr'i  ''^'tォー` }j/i',|
          l.| ´ |    ̄  vijソ.!
         丶 └、     Fイ l′   なに、打ち合わせ?おいおいつれないな
     /    ',  ‐--‐  ,イ ケ|
   , ,/.       ヽ `''"´,/ !  ^|ー、   俺も混ぜてくれよ
  / /      _,,」、'....ィ'       '|. \、_
. /./  ,. ‐'''"´    ! /   ,  _」__ヾ',
.,'.,'  /´   └ 、_ ノi   ノ  (、_  ``ヾ!
,'/ /     ヽ、 ` ''ー 、ィ-─'' r`'^    `
l|  !            リ    `ぅ ー=、_
| |          サ     〉
  ト             ′    ./''ー- 、,.._
  |  ヽl            (B     /    ヽ、
  |     !,、      !     /     ∠_
  ,イ     ヾ'     ィ 、   . /   ,,ィ'´
        ゙、      :::/::::::|::::::
    `ヽ、  ゙、     ./  .|  ,-、、

          ____
       / ノ  \\
      / (●)  (●)\
    / ∪  (__人__)  \  阿部先輩の打ち合わせっていつもケツの弄り合いじゃないですかお……
    |      ` ⌒´    |  あれじゃ掘り合わせですお
     \ /⌒)⌒)⌒)   //⌒)⌒)⌒)
    ノ  | / / /   (⌒) / / / /
  /´    | :::::::::::(⌒)  ゝ  :::::::::::/
 |    l  |     ノ  /  )  /
 ヽ    ヽ_ヽ    /'   /    /
  ヽ __     /   /   /






502 : ◆ZaaHKEqOhw [saga]: 2009/04/13(月) 23:46:32.59 ID:Hp9VUg.0
         _,r'´::::::::::::::::::::::::::`'、.     
        {::::::::rr-‐-‐'^i::::::::::::::i.   
         ゙l'´゙《   __,,,ゝ:::r、:::::l  
         ト=r;、 ゙"rィァ‐リメ }:::::}      確かに言われてみればそうだな
          ゙i`"l   ̄    ソ::::ヽ      ぶっちゃけ打ち合わせとか建前だし
          ゙i. ゝ^   ,  /ヾヾヾ、   
           ヽ ゙こ´  /     ヽ、    ……ま、それはともかくだ。
            ヽ、  /__,∠、    `'-、 今回は一年だけに出来る限り任せるつもりなんだから
             `゙ク'゙´   `    ゙'、 ヽやらない夫はあんまり介入しないよう頼むぜ?
              /           〉 ヽヽ
            ィ               ヽヽ
         _,,-'´:::                 ゙i
        /    `                  }
      /         ,-ィ‐r'´´      /   l
   __r'〈      ,ノ   / ```l       /     l
-‐ ´      ‐ '' ´  /l:::    l     ー'´      l

             / ̄ ̄\
            / ノ     ヽ
            |  (ー)(ー) |
            |  (__人__) | ああ、分かったよ。気をつける
            |   ` ⌒´   |
            ヽ        }
          __,, -ヽ     ノ -、
         /⌒ヽ  | \><ヘl ヽ \ .
         {:::   l  \ ヽ };;{ |   | i  }
        {:::::.. 〈;;,,  ヽ V;;;}ノ  l彡 ヽ
   _,,.-‐''" |::::::::  ヽ--、 \ >--'⌒ヽ::.  }
   || |_,,.ィ'|::::.....   }_,,.-‐''"~ヽ_,,.-し'::  )_,
   || | || !::   /      .::ノ::::::::::.  ノ
   || | || _ヽ,, .;:::   _,,.-‐''"ー''--'' ̄
   _,,. -‐''"  `ー---''"






503 : ◆ZaaHKEqOhw [saga]: 2009/04/13(月) 23:50:22.04 ID:Hp9VUg.0
         ,,, -ニ三三三三ニ         / \
      ,,;;;'''ニ二三三三二ニー   ヽ , ヽ- '    ヽ
    , ', -=ニニ三三三三ニニ/=ニニ二ヽ, ヽ---――-ヘ
   イ '´  ,r'三三三ニニ/ 三/  、 ヽ ヘニ ヽ      ヘ
      //三三三ニ/ 三/   ハ   i  }三 ヘ   ヽ   ヽ
      ,ィ'三/三ニニ/三ニ{  ,'  V | 斗t‐ニヘ ヘ ヽ ヾ\__
    ,ィ三,ィ'三三ニニ,'三三ハ  |   ! '丁ノ  \ニ ヘニ ヘ  ヾ ̄
   ,'ニ//三/ニニiニァ'厂'弋 i   ゝ ,zモ示了、! ハニ |  ト ゝ
    レ' ./三,イ三三lノ l,ィ≠z>{       Vfzjソ !  !ニ !ヘヘ
     lニ,イ/三三ニ\ll Vfzjハ         ̄  | ,'三 ハ |ヾ   ……あの、次は私が
      レ' l三ハ三三ヘ ` ー'"  、        ノノニニ! レリ
       レ'  V三三ヘ      _      /三ニハ !
           _」三三ニ丶、        /i三三/ .リ
          |     `丶 > 、 __ , < {ニ三/
          |        \三ヘ      , - ' ´ ̄ ̄ ̄\
      / ̄ ̄ ̄ ̄` ' ー- 、 \〉  , - '´ ,,ィニニニニニニニニヘ
     iニニニニニニニニニニニへ   ` v'  ,, ィ''"             ヘ
     V          ` ー 、====<´             ヘ
     ,-V            ヘ  _ V      , ---------ヘ
    {  V------------、 「ヽ V l `V , -‐' ´            ヘ

       /..:::::::::::::::::::::::::::..ヽ、
       (,、:::::::::::_::::_,、::::::::::::::..゙:、
       .l `'^'´     }::::::::::::::::::i
       ._  、__,、 〈:::::::_::::::::::|
        !)  ヘラヾ´ ゙! /ベ!::::::|
       .ソ   ``` i  ソ,iノノ::::::|   ん?ああ。身内の話をしてしまって悪いね
       ヽ,-     !  シ_,イ、:::::l
         i==-    イ   ヾヘ   次は長門くんが話してくれるのかな?
        , ゝ. ̄  _,.ィ  i
       , ´  ゙'ーイシ″ ,
     /   、 \ヾ   /
     i    `  \,メ--─
     ハ.  y     /
    /   i     ミ






504 : ◆ZaaHKEqOhw [saga]: 2009/04/13(月) 23:55:42.28 ID:Hp9VUg.0
          ,, r一-- 、 ,,
        /´         ``ヽ、
      /'               \
     ,;'                  ヽ
.    ノ ,  i      /    ,,   / |ヽ ゙ヽ
    イ i  |   i ,'`メ //  /i  .ト ヽ ヽ
    レ| {   i   |//'´ `メ / / /|  } ト 1
     ',イ   i   r+テ=ミメイ   //'"|´/ / ハ|
      `、ヽ r'メ,  {。;;;;'ソ `   ' ,rz;,y'ノi〃イ .'  任せて
       `ハヾ ヘ   i'ー''-    /。シ゚ク /'"
         レ',`'';  i     , `'' / /
          ' i∧ト i,   -   ,イ{ ./
.          ,y}`ヽ |ゝ, _, r '´ リ |/
         ,ノ.:.:.ヽ `', {;;ヽ、.   |i
       ,;<、.:.:.:.:.:.:.`v'" ^,ヽミ、,
.      /,ニヾ`ヽ.:.:.:.:.:.`彡=ヾ}:||i、
..     //  ` `\\.:.:.:.ヘ  i|:||i丶
     ,' f     ヽ \\:.:.:i  i|.||i ',

            ___ _
         -‐''"´ ̄ `  `''ヽ=、
     ,.‐''"´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
   r(:::::::::::::::::,、_ィ::::::::::::::::::::::::::::::::::
   ゞ, rr~ヅ   ミ:::::::::::::::::::::::::::::::::
    フハ       ミ::::::::::::::::::::::::::::::
.    l __,,. -─¬,〈::::::::::::::::::::::::::::::  フフン 頼もしいね 前立腺が縮こまるような怖 い話を期待しているよ
     〉゙゙`'''Tjフ ̄   ヽ::::::,ィ ,、ヽ:::::::
.    /   ,.‐'"      }:::/ /ヽ ハ:::::::  ほらやる夫。しっかりエスコートしてやれ
    /..             "´ 2ノ/ l:::::
.   ヽ.ニ,`           __/ :l::::
.     'ーr_‐;ァ       ィ    l:::
      〈..        /:{      ヽ
        `}     /:: ! i
        丶、,、. イ::::::    !






505 : ◆ZaaHKEqOhw [saga]: 2009/04/14(火) 00:03:17.28 ID:iE9sDN20
       ___
     /   ヽ、_ \
    /(○ ) (○ ) \
  /:::⌒(__人__)⌒::::: \    はいはい、分かりましたお……
  |  l^l^lnー'´       |
  \ヽ   L        /   それじゃあお願いしますお、長門さん
     ゝ  ノ
   /   /

               _. --- ._
.         ,..イ´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:´ ̄`丶、
       /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\
      /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
.    /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. ヘ
  ∠:ィ:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ:.:.:.',:.:.:.:.: ハ:.:.:.:.:.:\
    /:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:!:.:.:.:.:.|:.:.:.:.:.:.:.ハ:.:.:|:.:.:.:.:.: |:.:.:.:.:.:.:トゝ
.   |:.:':.:.:.:.:.:.:.:|:.:∧:.:.:.:.:!、:.:.!.、:._」',...L:.:.:.:.: |:.:.:.:.:.N
.   l:.:l:.:.:.:|:.:.:下'ト ヽ:.:.:| x|'´\! ',:l:.:.:.:.:.:|:.:.:.:.:.|
    V||:.:.:.V:.:.|,ィ=ミ、\!  ィイ¨'トヽ:.:.:.:.:ハ:.:トソ
      リ、:.:.:.\|:{ ヒ,ハ     ら、j.| |:.:.:.:.,'ノ〉:|′
        ヽN:.:.:.:| ー‐'     ー-' ,!:.:.:./イ/ヾ   了解した
        l∧:.:.ヽ   '_     /:.:.// '′
           \:.|`  _,..__ .ィ ./:.:./ー、
          `rァ ´ /  l  ,./:.:/  ∧
            /′ /三ミ 、///     ヽ
         / .′ /   `y ´      ヘ.
        ,′|  |   /     .ィ´ ̄ヽ.〉
          /  .|  |  /      ,.'´    |
       ,.'   l  | ./    /         |
.       /    '、  ! /    .イ           ,!
      |       \l/ ィ´ ./        /
      |    / 〉t'^ヽ! ./           ,′
.      ,|   /  ,//|.  ∨          ,′






506 : ◆ZaaHKEqOhw [saga]: 2009/04/14(火) 00:06:13.33 ID:iE9sDN20
            _,,,......,,, ,--‐-、__
           /: : : : : : : : : : : : : : : : :\
        /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : \
       /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :\
      /  .: : : : : : : : : : : l: : ::|: : ::l: : : : : : : : :ヽ
       /........  l   /  |  l   !  l  i   ヘ
     /: : : :i: : ::i: : ::./i: : : :.i: : ::イ: : ::.!: : :|........!...: : .ヘ
   _〆'!: : ::l.....:::l...:::/ l....:::;イ:....../|::..../!::....l: : : |: : : ト..!
     l::i::|..!......l!..7‐ゥ.、x'´!::.../ !.:,/__!:...イ::. : :!:: : .|ヽ!
     l::|..::!.ヘ....!,r≠、.  !./  /./  l.` | i: : :|::!:: :| |
      !!i: :|: ::`.!'i゜::::.j` '´  '´r≠ヽ、 |:::::/::!i:::/
       !ヘ..!: : ::|.廴;.ノ      {゜::::::ソ イ/:::/ !'   それでは、話を始めようと思う
       ヘ!.i: :.l      !     ー' /: : ; :/
          !.!: :ト     __       /: : /!/      私は二年B組の長門 有希
         l.ト、|..\        /.!: / |'
         ヘヘl.ト..| ヽ    , r‐,'イイ:/  '
           ,ゝti    ̄ |./、' ソ         ……貴方達は、自殺を見たことがある?
         /:::r'´     └、:\
       _, r'´:::::::|_ __,,..,,_ _ |::::::`ヽ、_
    , ィ:´|: : : : : : : レ'´: . : . :`ヽ、|: : : : : : : |`jヽ
   r'|: :!:::::i: : : : : : :|:_;. -‐' '‐- 、;:!: : : : : : : l:::l : :ト、
  !::::|: :|:::::|: : : : : : :`l _r-‐- 、 /: : : : : : :/::/: :/::::|
  |:::::::!: :l::::::l: : : : : : : |´: : : : : :/: : : : : : :/:::/: :/::::::`i






520 : ◆ZaaHKEqOhw [saga]: 2009/04/15(水) 22:14:41.74 ID:80dd79Y0
   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ●)(●)
. |     (__人__)     ????????ッ!!!
  |     |r┬-|
.  |      `ー'´}     (おちんぽカタストロフィ!!!)
.  ヽ       }
   ヽ     ノ
   /    く  \
   |     \   \
    |    |ヽ、二⌒)、






521 :以 下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]: 2009/04/15(水) 22:16:10.67 ID:mAyxc7Y0
>>520
いきなりなんぞwwwwww






522 : ◆ZaaHKEqOhw [saga]: 2009/04/15(水) 22:16:47.74 ID:80dd79Y0

   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ー)(ー)
. |  U  (__人__)  (……駄目か、やはり役どころでは無い時は
  |     |r┬-|
.  | ι   `ー'´}   何一つ喋ることが出来ない。アドリブが効くのは
.  ヽ     u  }
   ヽ     ノ    自分の出番の時のみってわけか……)
   /    く  \
   |     \   \
    |    |ヽ、二⌒)、



       ____
     /     \
   /_ノ  ヽ、_   \  じ、自殺?そんなもん見たことありませんお
  /(○)  (○)    .\
  |   (__人__)   u   |
  \  |r┬-|     /
  /   `ー'´      \






524 : ◆ZaaHKEqOhw [saga]: 2009/04/15(水) 22:18:46.80 ID:80dd79Y0
        /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ:.:.:、:.:.:.:.:.:.:ヽ、
       /:.:.:.:./.:,:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ:.:.ヽ:.、:.:.:.ヽ:.\
      /,:.:.:.:/:./:.:.:.:.:.:./:.:.!:.:.:.!:.:.:.l:.:.l:.ヽヽ:.:.:.:.:ヽ:.ヽ
.    //:.:.:.,':./:.:.:.:.:.:./:.:./:.:.:.:|:.:.:.|:.:.|:.:. l:.:.!:.:.、:ヽ:.ト. ',
.    /」:|:.:.:.|:.|:.:.:.:.:,.イ:.:./|:.:.:.:,!:.:./:.:.l:.:.:|:.:.|:.:.:!:.:. l:.:.! 1
   ノ''|:.|:.:.:l:.:|:.-rーァx...」:_:.ノ!:.:.ハ:.A ォ-:!:.:.:.|:.:}:.:.| !
      |:.|:.:.:|:.l:|V|;ォf==レ 'ル'  /ィ-ヘ|:./:.:.,!:./|:./
     1l、:.l:.ハl:.:.|` {゚: ::|      {゚: ::ル',!:.:.ィ:/ ,リ    そう。私は見たことがある
      ゙ ',:.トl、!:.:.|  ゙-┘   、 `ー' /:イ,シ /
.      ヽヽヽ:.l、     _ _    /:.:.!        それも二度
        ` lハ:lヽ、       ,.-1:./
          ヽN |` ‐ 、__,. ィw  '/
           ,r'^,!       「ヽ、''
        _,.-'  |       ヽl ヽ、.._
    _,. r '     |   _...._  |   l. `ヽ.._
   r{. l. |        |-‐ ' _...._` -|   |   l. ト、
  / ヽヽヽ      |-‐ ' ,.- 、`ー|   |   | l ヽ






525 : ◆ZaaHKEqOhw [saga]: 2009/04/15(水) 22:26:46.88 ID:80dd79Y0
 /,           |      /:: , l:: i::. }::ヽヽ::.ヽ \
.//        .:! :| :    /:::/:/::/i: /: !: }i:',ヽ:|
i,i        .::| :|: ::   !,/_ム/_ l:/::: l:: !l::! i::!
. ! l .:     : .::::| :i:.::   レ',ソ,_/`!::/i:/ i:! |
. !.:! ::.   : .:.::/'', !:::  | ! ヾ.i':i` !/ /  !    一度目はもうすでに飛び降りた後だった。
 i:l', :::::. :. ::. ::〈 、'_゙il::::.  |.|   j_ソ ゙、_
 ヽヽ、:::::::::. :::.::::\ニ',::. ii::!      ノ      数十メートルの高さから飛び降りたのか、男性なのか女性なのか
    ヾ、i::::l::::l::::',:|  ',::. !',!     ィ'
      i|ヾ:!:::i::::/ヽ  ヽ. l 丶.   /       いや、人間であるのかすら分からないほどに身体が四散していた
       ノ /ii/lノ     ヽ:r‐y┬ '
      イ'"`'‐- 、    / ヽl/ '         
      /      \__{ヽ、
    /_,, -‐‐‐-- ,,_  \_,ヽ‐、


      / /   /   /  / /  /!   /  l   !  l  、 丶    丶 ヽ
   _∠‐ 7  /   /  / /  / l  /!  ハ  l  ハ l  l   丶ヽ\!
     /   /!   '  / /  / l / l  ハ  / /  l l、 l    〉、l '
      /   / l    '/ /‐‐/- .l / l /  l / /-‐-l Lヽ !   ハl
.    / _ / /l   ' /l/l /  l/  l /   ! /   |ハ Y !  | '
   // / / !  l / リ l /___    '   '   __」/_ l l l  ヘ
    '   /イ  ',  l'   fr"チ卞ミヽ        ,rチ千卞>y j ! 、 _\
     // !  ハ  ヘ  l.バrj::::.::ト         lr,:::::.::j /,/  l 、\ `  ただ一つ、そんな血生臭い現場でも面白い事を一つ発見した。
_     /' l / Y^、 ', ハ ゙ぃ_シ        ヒ_.ソ /}  lヽl\. \
        !/  ト ヘ ',  ハ        ,        /イヘ. ! `  \. ヽ 人間というのは不思議な生き物。『嫌だ嫌だ』と顔も背けながらも
        ' l/ヽ_ヘ. ',  ヘ               / /  ', l      \ヽ
            ' ,' }、ヽヽ丶       rヽ      イV    ',l        ``横目でチラチラと広範囲に飛び散った肉片を見つめながら歩いていた
           l   い,、\ヽ> _       , イ、/     '!
          l  l '\Nヽヽ`コ ー-‐ ' ' {`>'-----‐ ! 丁卞ー-、
          l  j  __ヽ‐''_rノ       Y        | | |   \
         _ _」、 ヽ'      /'  ___   |        | | |     `丶‐- 、
      ,r‐-''`'  ;  ゙!      |  /   `‐-l         | | |    /     \
     j  、  i'    V _, -‐亠、' / ̄`‐-|         l l l    l
     rr'   ヽ  ヽ   '  _, イ ' / ̄丶 」         l l l    l
    ハ  '、 ヽ、_冫  _ イ'  l_/       |         / / /      l     \
    /ハ、_ハー‐'ニ‐--‐'' /     l        |        / / /      l       ヽ
   // 厂  `ー-- ' l     l       l       / / /       l!      ヽ
   ///             〉      !        l      / / /     / !----  _






526 : ◆ZaaHKEqOhw [saga]: 2009/04/15(水) 22:37:27.75 ID:80dd79Y0
         / , /,  、   \. ヽ、
        /// / / |  \  .} lヽ、
      ノ // / /、 | '、\  ヾ. | l lへ、
       /j/{ |/ノ_.lル' `_≧_ヽ}ル',、ヽr'ー`
       ' !ィ|Y{ ィ五`  ' r‐ァ| /_ハ,lYゝ
         リヽヘ匕!   匕メ/,ノ)/リ   そして二度目は、飛び降りた瞬間を目撃した
          }、!、 '_   //ll//
          ,、    レ l>ェ .ィレリ人l.      小さなビルの三階で男女がもつれ合っていた。
    f冫^ソ/ ,-'T ̄∠' __,/`!、
    /   / /.| ll ヒニ二コ/   へ.._    痴話喧嘩の類だったと思われる
  ,,ェl   / ./ ::| ll |イ⌒ヘ/    〃7、
  Y::`' ̄丿|::::::|.ll |  l /   //l }
  /:::::::::::::゙iノ::::/|ll | ,n、.レ' //:::::|_⊥
  ゝ;:::::::::::::l:::::|::::lll.| |jl./  //::::::::::/
   |:::::::::::::ヾ丿::::lll| /イ</:::::::::::::/
    l:::::::::::::::ヾ::::::ヾllイ::::::::/_::::::::::::::|
   |::::::::::::::/::≧Z厶}カ-弋ヽ :::::::::|

         /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\    
         /::::::::::::::::::::::::::::::\::::::::::::::::::::\::::\  
        /::::::/:!:::::::::、:::::::::\:::::ヽ:::::::::::ヽ:::::::\_::ヽ 
      /:::::::/:::l:::::::::::ヽ、:::::::::\:::ヽ::::::::::::ヽ::::::::\゙`  
.     /:::::::::l:::::lヽ:::::、:::\`ーニ _=ヽVl:::::::::::l:::::::::::::ト._
    /::::::::::::lヘ::l ヽ::l:\:::::x ''   _.⊥_:::::l::l_::::::::i::|
   ,':::::::::::::::l ヾ!  \、 ``ヾ ,r''::::::ヤ;::::l::ト }::::|リ   女性が何かを喚き散らした後、そのベランダから垂直に落ちた
   l:l::::ヽ::ヽ:l ,x‐  ヽ    ' ゙'r,:::_;ィl::;:::!::l'/ll:/
    !ト、:::\:Xヽ _,...-、        `   l !::l::l'::l'     おそらく本当に飛び降りる気は無かったのだろう。
    ヾ \:::`゙ミ ,ハr、::::〉        / l::l/:::トl.
     \ ヾ::ヾヽ `"   '   _    /リヘハ!     ただ行き掛かり上、引くに引けなくなった……。
        ヾ::ヾ:\     '     //'ハ!\
         l::l \::丶.、.__  __,ィ'  /  l  `丶、_ 亡くなった女性に対して何だか、正直阿呆としか言い様がない
   r 、fヘ、   l::l  ヽミ、\ ヾ「イl ____.〉      /:7ュ_
    ヽヽ 丶    l::l  ヾヽヾ / /' ___/      /:/ /
  (⌒ヽ、i  \  l:l   ヽ. / / /___/      /:/ / /
  \=こ、  ヽ '  _イ  |'/    /      /:/ / /  ̄






527 : ◆ZaaHKEqOhw [saga]: 2009/04/15(水) 22:42:17.76 ID:80dd79Y0
      /: : /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : /   / _{ /  / | /    `     / ヘ    
      l: :/: : : : : : : : : : : : : : : : : : : :, /    {/ /7'  / ハ!            '7 、   
      {:/: : : : : : : : : : : : : : : : : : /:ハ\   l! {/.l .//.  |      、  '  ,ム、 メ>、      
      /: : : : : : : : : : : : : : : : : :/: : /}: :l f、   ノ| //: : .        `  弋-タv/|ハ    
       , : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : /: l: : } .| l丶、_' ?': : : : : : : : .         ..'>イ  /ハ       飛び下りる瞬間、彼女は鬼のような顔をしていた
      {: : : : : : : : : : : : : : : : : : _ノ: :/|: : l l '.    ̄{!: : : : : : : : : : : .        /ノ_. ィ'l: { \   人間あのような顔になるのかと、少し興味も沸いた……
      丶、: : : : : : : : : : : : -: ': : : /: j: : ハ '. :}    ト、____: : : : : : : :      _ノ' / /  ヘ:|  
        `....ゝ────-: : : : : /: : : :ハ '. '.    V---- 、ヽ , 、..___ ,. <'  //   ヽ     
            \: : : : : : : : : : : : _: : : : :ハ '. '.   '. ̄ ̄ヽ }l' ̄7/ /  _ イ/         
             , ': : : : : : :_: -: : : : : : : : ム'. '.  l    lリ`ヽ_ ィ_ - '  '             
           /: : : : _: -: ' : : : : : : : : : / ヽ 、  } _   V  |                    __ -\
           _': : - ': : : : : : : : : : : : : /, 、.  `、l V7'7j /  ` 、                    /: : : : : : :ヽ
        _ - ' : : : : : : : : : : : : : : : ://  `丶ハj/ .>''      >、                /: : : : : : : : : :
   _ . : :' : : : : : : : : : : : : : : : : : : : /  {     vヘ|<_>=、-...' _ ハ、          _ ィ: : : : : : : : : : : :
- ' : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :/   `....>>く_ノ^ OR  `7 - 、二 - ': : :ヽ         ノ: : : : : : : : : : : : : : :
: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : / 、    / /  /{ }  '. /: : : : : : l: : : : : : |     _ . :': : : : : : : : : : : : : : : : :
: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : />、- } ./ /   , '| l   V: : : : : : : :l:ー-─ ..>'⌒7': : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
: : : : : : : : : : : : : : : : : : :./ / {,  '' /   /  / し__ ノ: : : : : / /: -: : : ': /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
: : : : : : : : : : : : : : : : :/ ヽく _ '  /    , '  /  /: : : : : : /:/: : : : : : : / : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :/
: : : : : : : : : : : : : : : ノ    /   /ヽ!  /  . '   , ': : : : : : : :/:/: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : , '
: : : : : : : : : : : : :./    〈  , ヘ 、  } .>' , ' /: : : : : : : : :j/: :、: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : /
: : : : : : : : : : :/       ヽ''  \>'  / 1 ./: : : : : : : : : /`....ヽ: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :_, ''






528 : ◆ZaaHKEqOhw [saga]: 2009/04/15(水) 22:49:29.20 ID:80dd79Y0

         , ‐''            `ヽ、
        _/   /    /         \
     ー=ァ''/ /.., '  〃  /   ヽ:..   ::::::ヽ
     /イ/ .:/ .::/: .::/ /  .,'   ..:ハ::..  :::::::::
     〃 / .:/ .::/:: .:::/.:::l:::  ::| {:.  .::::|::::::::::::   l
      /' ,'.:::l .:::l::.__:/ !:/{:::. .::! ::ヽ:.  ::::|::::::::::::::.....|
     | ::/:::j ::::l:::::/゙`i:ト ',:::..::::l、.:::!ヽ::...:::|:::::::::::::::::::|
     l ::{:::!ハ::::|代尓ミkハ::::::::iム七弋 :::l:::::::::::::::::::l  ……冗談。幾一見なくとも、あの顔は脳裏に焼きついている
       N':::ヽ:{' rf;;;i./` \:::{ ィテ与、:j::::,::::::j :::八 
         l :::::lヽゝー'       rf;;j /リ::,' :::/:/l:!   ……彼女は生きていた。半死半生と言ったところ
        ハ::::::l       '    ''‐ ' /:::/:::/}/. リ
        _,   .::ト、     _      :::/:::/ノ      飛び下りて地面に落ちたあと倒れたまま動かないのに
         ,   :ヽ \        ィ':/;イ(: 、     呻き声だけは聞こえて来る
            \l/}iヽ、 _,, <〃::/ "   .    本当に苦しそうだった

          ,, r一-- 、 ,,
        /'         ``ヽ、
      /'               \
     ,;'                  ヽ
.    ノ ,  i      /    ,,   / |ヽ ゙ヽ
    イ i  |   i ,'`メ //  /i  .ト ヽ ヽ
    レ| {   i   |//'' `メ / / /|  } ト 1
     ',イ   i   r+テ=ミメイ::::::://'"|'/ / ハ|
      `、ヽ r'メ,  {。;;;;'ソ `:::::::::' ,rz;,y'ノi〃イ .' そして、足から落ちたせいか 膝の部分から骨が突き出している
       `ハヾ ヘ   i'ー''-:::::::::::::/。シ゚ク /'"
         レ',`'';  i     , `'' / /      真っ白い骨と飛び散る真紅の血の色が交じり合って、まるで桜が咲いているようだった
          ' i  ト i,   -   ,イ{ ./
.          ,y}`ヽ |ゝ, _, r '' リ |/        彼女は助かったが、内臓に大きな損傷を受けて
         ,ノ.:.:.ヽ `', {;;ヽ、.   |i
       ,;<、.:.:.:.:.:.:.`v'" ^,ヽミ、,          まともに食事も出来ない体になったらしい
.      /,ニヾ`ヽ.:.:.:.:.:.`彡=ヾ}:||i、
..     //  ` `\\.:.:.:.ヘ  i|:||i丶






529 : ◆ZaaHKEqOhw [saga]: 2009/04/15(水) 22:53:27.41 ID:80dd79Y0
.        /     .: / .:.:.:.:.: /.:.:.:. ;イ.:.:.: j:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..::\.:.:.:.:.:.:.:.:\ .:.:.|.:.:.:.:.:.  |.:.:.:.:.:.:ヽ
       / /  .:.:/ .:.:.:.:.:.:.:l.:.:.: / .|.:.:.::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. l\.:.:.:.:.:.:.:.ヽ.:.|.:.:.:.:.:.  |!.:.:.:.:.:.:.:\
       ,' l  .:.:.l  :.:.:.:.:.:.: j:.:. /  |:.:. | ヽ .:l\.:.:.:.:.:.:.|  \.:.:.:.:.:.:.',:!.:.:.:.:.:.   |:l:.:.:.:.:.:. ト ヽ、
        l :/|   :.:.:|  :.:.:.:.:. /|:.:/   !:.: |.  ヽ:{  \.:.:.:.:|    \ .:.:.:.l|.:.:.:.:.:  i |.:.l:.:.:.:.:.:.| `ーゝ
        | / !   :.| l::.:.:.:.:.l V    l:.:.l    \   >┼ ── \‐:.! .:.:.:.:. i |.:.:.l.:.:.:.:.:|
        レ'  l   l l:.:.:.'丁 j ̄ ̄ `ヽ{     \'  >l _ -==r 、│.:.:.:.:. i |.:.:.:|:. :.l
           l   |ハ ヽ .:.:.:|〃チ不テミ、ヽ       ァ彳゚ア千.ハヾ}! :.:.:.:. i |ヽ:.:|/ V
           ヽ  .|i.: ヽ\:.:lヾハ_j::::::::ハ           | _j:::::::::} j " |.:.:.:.:.: i | }j:|
           \  :.:l \ヽl  う、:::イi|          'う、:::::イ./  j :.:.:.:.: / レ':/リ
            ヽヽ|:.:.:. \l. _ヽ辷_リ           ゞ 辷='  l.:.:.:.:. / /     ところで、貴方は飛び降り自殺の音を知っている?
            /::/ l:.:.:.:.: 小          ,           ,'.:.:.:.:./
              /::/  l:.:.:.:.:.:.lハ                       /.:.:.:.,イ        地面に叩きつけられる瞬間のあの音……
        _, -、 /::/__,ム:.:.:.:.:.l::.:lゝ       -        , イ.:.:.:./ j/  }
ー-、厂 ̄了::::/:: ̄:::::::::::::::: :.:.:.:l:.:|  丶、             / /.:.:. / l
  〃:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ :.:.:l.:| ヘ {{> _        イ  ./:. /  }    |
  {{:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ:.:.:l:| ヘヽ|l  /:`irー-r<.     /:/   /   |
  ll::::::::: /' ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: \八   |l  /:/ /  〉    /    /     |
- ヾ}:::::: j ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ヘ:> |l // ノ   /            /       |
ー‐‐ヘ_/ー<:::::::::_二>─-、::::::::::::: {  |l //          , -‐''        |
       /::/  ̄      `ー‐一ヘ__jレ      \   ,,-‐''             |
        /::/               /   ヽ   >ー''            │

           ___
       /      \
      /ノ  \   u. \ 
    / (○)  (○)    \  そ、そんなもん聞いたこともないですし聞きたくもねーですお
    |   (__人__)    u.   | 
     \ u.` ⌒´      /
    ノ           \
  /´               ヽ






531 : ◆ZaaHKEqOhw [saga]: 2009/04/15(水) 22:59:02.58 ID:80dd79Y0
.  / / /       l    ヽ     \ \   \      \ \
  / / /           l     ヽ     \ \ _  +-ヽ  ヽ  ヽ
. / / l          l ヽ    \  \   x 'ヽ ヽ\ ヽ ヽ l、  \
/ // |      l    !  l、 ト、  \ 、  く ヽ\、ヽト、ヽ l  l l\ ヽ
_ //  |     l    L -┼、 \  \`‐-ミx〉 _」,. -ヽ \  !! ヽ ミ、
∠l    |     _+ 「, ! l ! \ `ー-ヘ  / ,ニ,.-‐':ヽヽ l\ ! l  ヽlヽ
/ :l l   |     l l l l V _           クf;::::::;:::::.::l | !   ! l トヾ
_ィ | l  l     l l ハ/ __`          つ.:.:::::.::j | |   l!l
 /l |  ト l ヽ lハ/ ,rニ--:::::ミ、           ヾ_ - 'l l  .! トN   トタン板を知っている?
../ | ハi  ハ l  V/〈〈 ら::::':::::.::l                 //!  ト、|  薄い板で、表面が波打っている鉄板
/ | / ll  | ヽ l  ト ヽ. ゛う:.:.:.:.:::j                  //ll   ! l |
.  l/ リ  | f、ヽ \ ヽ. ヽ-‐'        '       /j   ハ N   あれを柔らかい地面の上に置き、漬物石並の大きさの石を
    l リ, 〉ヽヽ  \\           _      ///  / ,リ '
       V ヽヽ\  \ミ、、         '    / /l l /.     人の胸の辺りの高さから落とす。
         ヽlヽ ヽ、  \` 、 _         イ /i ////
           ヽ:、\  \ト\「 !‐--‐ '' l l/ リ/ツ'

            _,,,......,,, ,--‐-、__
           /: : : : : : : : : : : : : : : : :\
        /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : \
       /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :\
      /  .: : : : : : : : : : : l: : ::|: : ::l: : : : : : : : :ヽ
       /........  l   /  |  l   !  l  i   ヘ
     /: : : :i: : ::i: : ::./i: : : :.i: : ::イ: : ::.!: : :|........!...: : .ヘ
   _〆'!: : ::l.....:::l...:::/ l....:::;イ:....../|::..../!::....l: : : |: : : ト..!
     l::i::|..!......l!..7‐ゥ.、x''!::.../ !.:,/__!:...イ::. : :!:: : .|ヽ!
     l::|..::!.ヘ....!,r!=、.  !./:::::/./  l.` | i: : :|::!:: :| |
      !!i: :|: ::`.!'i゜::::.j` '':::::::''r!=ヽ、 |:::::/::!i:::/
       !ヘ..!: : ::|.廴;.ノ::::::::::::::::::::{゜::::::ソ イ/:::/ !'.   この時の音が
       ヘ!.i: :.l      !     ー' /: : ; :/
          !.!: :ト     __       /: : /!/     人間が地面に叩きつけられる時の音と同じらしい
         l.ト、|..\        /.!: / |'
         ヘヘl.ト..| ヽ    , r‐,'イイ:/  '      
           ,ゝti    ̄ |./、' ソ
         /:::r''     └、:\
       _, r'':::::::|_ __,,..,,_ _ |::::::`ヽ、_
    , ィ:'|: : : : : : : レ'': . : . :`ヽ、|: : : : : : : |`jヽ
   r'|: :!:::::i: : : : : : :|:_;. -‐' '‐- 、;:!: : : : : : : l:::l : :ト、
  !::::|: :|:::::|: : : : : : :`l _r-‐- 、 /: : : : : : :/::/: :/::::|
  |:::::::!: :l::::::l: : : : : : : |': : : : : :/: : : : : : :/:::/: :/::::::`i






532 : ◆ZaaHKEqOhw [saga]: 2009/04/15(水) 23:03:01.16 ID:80dd79Y0
               / .:::::::::::::::::::::::::::  /:   ..:: |:.  l:.   ヽ  ヽ、  、\
           //.::::::/::::::::::::::::::  /:::::  ..::::::::: !::.  !:. ヽ  ヽ  ヽ  ヽ、 ヽ
             //.:::::::i:::::::::::::::::::  /:::::..:::::::::::::::: i:::::  |:::. ',:.  !.   ',  ヾ、
         ノノ!.::::::::|::::,::::::::::::  /::::/::::::/::: /:::::::  !::::: |:::. |::.  |   i
              |:::::::::::!::|::::::::::  /:::/::::::/i:::::/ }:::::: ハ:::: ハ::: l::::  !:.  |
              |::l::::::::',::|:::::::::_!ム_∠__/;/  !:::: /  l:::/ !: /i::::: /!::::  |
           !:i!:::::r‐t:::::::::: |/_ //`ヽ /:/::::_,,ム'-‐lメ‐|:::: /: |:::::  !
           ヽ', !/`!::::::::: !,r=〒〒ミ==ヽ/':::::::::,,r'===ヾ-、!::/l::: ハ:::: !
             ヽヽ(_!::::::::. |《 i、ヒ''ィノ   ゝ-‐-《 !;;.q,ノ '/レ:: |:: i .l:::::/
              ヽ{ トヘ::::::. | \  ̄   ノ:::::::::::ヘ_. ̄  /:ノ::: /!:::l !::/
               `ヽト、::: l   ̄ ̄ ̄   `;    ̄ 7:::::: / .i:/ /  人間の体はほぼ水分で構成されていると言うが
                    ハヽ:::l\      r_ァ    /!::::: / /
                /ハ:ト、! ` 、       _, < |イ::::: /  '      ある程度の高さから落ちれば、そんな水のクッションも
               /.:::::rノ. \  ` ‐r-‐<    'l::: /
           _,, -'"..:::::::::::l         {、ヽ:. \   ',/          肉のクッションも意味を成さない。硬い骨と硬い地面がぶつかり合い
       _,,_-'"‐、:::::::::::::::::::::::ヘ ___   ___ i::.  `ーt、_
     /',-、 ̄`\\:::::::::::::::::::::ヘ _,, -‐" ̄ ゙ ‐-ヽ:::.   l `iヽ_        聞くに堪えない、重く鈍い音を発する
     ム   \   \ヘ::::::::::::::::::: ヘ_,, -‐  ̄ ゙‐-.__i:::::   !  | !ヘ
.    i'     \  ヽ\::::::::::::::. ヽ_,, -‐ ゙̄‐-.__|::::   |  | | \
    l       \  \\:::::::::::.  \      |:::    !. l. l l  ヽ






534 : ◆ZaaHKEqOhw [saga]: 2009/04/15(水) 23:12:31.92 ID:80dd79Y0
      ,'     /  /            l    \  ヽ
      !     /  /     /  ,'    |  l   ハ  ヘ、ヽ、_,
.     | !   l   l     /  /   ,イ !   i   ! l ヽ ',` ̄
.     l |   l   l  ,/  〃 ,/   /│ l  j   l│  ! l
    ノ | ! │   | /_// //  / ,'   / |  / j   l│
     ノ l ァ|   |尢/‐=乞t/ / /∠ニ「厂! / ,/  / リ
     イ 八{'l  !|<f{矛:下 '    イ孑代フ イ } /
.        Vハ  |  r';;z j       r';;zリ /}, '//
        ヽ ',  |    ̄      ,   ̄  チ' /    ただ私の見た飛び降り自殺では、先程の話した通り
         `ヘ lヽ       _     厶 ./
             ', {.代ト、         , イ | /.      本人は死亡しなかった。その程度の高さであった
           \_'i| > 、 _ , イ/ V l./
            / ヽj       {`ヽ   '       音もそこまで重いものではなく、乾いた音だった
.        _ /  「'        ヽ} \
    _, -‐ '     l‐--‐、 _ -‐ |   ` ー- 、    それでも十分、耳に嫌な感触を残しているが
. r<\\        ヽ '' ̄ ___ `ヽl|     / /ヽ
 y⌒ヽ \\      V  ̄ _ `ヽl|     / / 
./    ヽ. \\        ̄  `ヽ |     / / /  l
{      ヽ \\    ヽ     /    / / /  │

         / , /,  、   \. ヽ、
        /// / / |  \  .} lヽ、
      ノ // / /、 | '、\  ヾ. | l lへ、
       /j/{ |/ノ_.lル' `_≧_ヽ}ル',、ヽr'ー`
       ' !ィ|Y{ ィ五`:::::' r‐ァ| /_ハ,lYゝ
         リヽヘ匕!:::::::::::匕メ/,ノ)/リ    ……しかし、もっと高さのある建物から落ちたら
          }、!、 '_   //ll//
          ,、    レ l>ェ .ィレリ人l       一体どんな音がするのだろうか?例えば、この新校舎の屋上
    f冫^ソ/ ,-'T ̄∠' __,/`!、
    /   / /.| ll ヒニ二コ/   へ.._     四階建ての建物の屋上。この高さから落ちると人間はどうなるのか?
  ,,ェl   / ./ ::| ll |イ⌒ヘ/    〃7、
  Y::`' ̄丿|::::::|.ll |  l /   //l }    何とか一命を取り留める?それとも即死?
  /:::::::::::::゙iノ::::/|ll | ,n、.レ' //:::::|_⊥
  ゝ;:::::::::::::l:::::|::::lll.| |jl./  //::::::::::/     どちらだと思う?
   |:::::::::::::ヾ丿::::lll| /イ</:::::::::::::/
    l:::::::::::::::ヾ::::::ヾllイ::::::::/_::::::::::::::|
   |::::::::::::::/::≧Z厶}カ-弋ヽ :::::::::|

1.即死はしないと思う
2.即死すると思う
3.そんなこと分からないお






538 :以 下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]: 2009/04/15(水) 23:13:42.62 ID:xT9tHsEo
2






541 : ◆ZaaHKEqOhw [saga]: 2009/04/15(水) 23:18:43.64 ID:80dd79Y0
         / , /,  、   \. ヽ、
        /// / / |  \  .} lヽ、
      ノ // / /、 | '、\  ヾ. | l lへ、
       /j/{ |/ノ_.lル' `_≧_ヽ}ル',、ヽr'ー`
       ' !ィ|Y{ ィ五`  ' r‐ァ| /_ハ,lYゝ
         リヽヘ匕!   匕メ/,ノ)/リ
          }、!、 '_   //ll//    そう……。貴方はそう思うの
          ,、    レ l>ェ .ィレリ人l
    f冫^ソ/ ,-'T ̄∠' __,/`!、.     実は昔、それを実際に試した生徒が一人居た
    /   / /.| ll ヒニ二コ/   へ.._
  ,,ェl   / ./ ::| ll |イ⌒ヘ/    〃7、 
  Y::`' ̄丿|::::::|.ll |  l /   //l }
  /:::::::::::::゙iノ::::/|ll | ,n、.レ' //:::::|_⊥
  ゝ;:::::::::::::l:::::|::::lll.| |jl./  //::::::::::/
   |:::::::::::::ヾ丿::::lll| /イ</:::::::::::::/






542 : ◆ZaaHKEqOhw [saga]: 2009/04/15(水) 23:27:30.03 ID:80dd79Y0
        ____
      /⌒  ⌒\  
    /仟?ト ?心  \     名前はおれ夫。
  /  弋cソ  cソレ  \  
  |  ///(__人__) ///  |   別に学校や私生活に不満があったとか、悩みごとがあったわけではない
  \    )γ(    /  
  /     ⌒      |    友人とも上手くやっていた
 (_ )          ||  
   l⌒ヽ        _ノ |    ただ、あの高さから落ちたら一体どうなってしまうのか
    |  r        )__)  
  (_ノ  ̄ ̄/ /      それだけが気になって仕方が無かったそう。
         ( _)






543 :以 下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]: 2009/04/15(水) 23:32:11.40 ID:T6psig.o
!?なんじゃこりゃ






544 : ◆ZaaHKEqOhw [saga]: 2009/04/15(水) 23:36:36.63 ID:80dd79Y0
               ,.  ' ̄ ̄ ̄`  、_
               / /          \
             /  / /          ヽ ヽ
                / / / / /    ヽ ヽ  、  '. ハ
             / / / / /ト、 i    |   i  i  |   !
          /,イi | ! | ! ヽ \  ト、 | i ! !   \
          〃 || 「「><ヽ|\| \!_>v1ハイ  ト-ヽそれを考えると、気になって気になってどうしても確かめたくなったらしい
        /   !ト、ト、! ̄ ̄`ヽ  f'〃 fr示 !  i !  ……彼のことを変だと思う?
           〃トr 斗  //  |-、 !  r' ,イ rY 从
          / レヘ|ヽ __,.ノ ; ヽ __ ̄_ jイノ〃    私はそうは思わない。むしろ彼の気持ちが少し分かる
              V ト、     _    乂 /レ'
               ヽ! >  _ _,. イ!/ /
                ヽレ'' j    「メ、
              _,. ':.:.:.:.:r- 、  -‐〉:.:.:.ヽ
            r'「!:.:.:.:.:.:.:.:.:.L-  ----!:.:.:.:.:.:.:.\
            :.!:!:.:.:.:.:.:.:.:.ヒ二二ニ」:.:.:.:.:.:.:.:.//>、
            |  :.!|:.:.:.:.:.:.:.:|      !:.:.:.:.:.:.:///  ヽ

                  ____________
              _.-'' ̄:::::::::::::::::::\、
            /'::::::::/::/:::::::::::::::::::::::::::::`ヽ、
          ノ'ノ ///:|:::|::::,:::::::\:::::::::::::::::\
        //:/::/::/:::/::::| |  ,   ヽ''''''''''''''''''''ヽ
        ///::::/:/:::/:::/|:::::|:::|ヽ:ヽヽ:::::ミ:::::::::::,,,,,,,,,,,,}
        " {::::/|:|:::::|.|::| .|::::|ヽヽヽ:ヽ ヽ:::}:::::::::|::::|::::::}
         {::::|.|:::|:::| ヽ| ヽ:::| ヽ| ヽミ \{::::::::|:::|::::::|、
         {:::| |::::ヽ{ 〆丶ミ  '  γ ̄ヽ|:::::::|:::|::::::|ヽ、
         .{:| |::::::::{ ヽな|     |ガト/.}:::::::}-、::::}
         ヾ. {:|{:::::{ ヽ'     `- ' }::,::::} .):::/   たまに、針とか持っているときにこれを爪の間に突き刺したら痛いだろうな
           {:|ヽ:ヽ   。      }:/::/.ノ/|/
           ヾ ヽ:ヽ、        //:/::|ヽ/    なんてことを考えてみたりすることはない?
            .ヾ ヽ:::|ヽ、     ノソ:::|ヽ:| '
             ヽ |/  ヽ┬彡'::::: }::| ヾ      料理で揚げ物をしているときに
                ノ' ̄|:::::::::::::/ヾ、       この油の中に手を突っ込んだらどんなことになるだろう
        彡-------っ'~::/:ヽ、::::/::::::::::(ヾ\    料理している時、片手に持っている包丁を目に突き立ててみたら
      / --''二~つ / /  /      ξヾ、ヽ--、 一体どれほどの痛みが生じるのだろう
    /~   -彳っ   / ./  ノ      ./\_   \
   /    γ--''.}   / ./ ./     ./⊂二、    \人間誰しも、自虐的になってしまう瞬間があるのではないだろうか
  /;|    ノ'~丿/;;|;;} /   /     /;;//;;;;\     ヽ






545 : ◆ZaaHKEqOhw [saga]: 2009/04/15(水) 23:39:17.69 ID:80dd79Y0

        , -‐: ..: ̄: ̄:~`..:ー‐-. .、
       / : : : : : : : : : : : : : : 、 : : : :\
     /: : : : : : : : : : : :\: \ : \: \: \
    /: : : : : : : : : : : : ヽ :ヽ :ヽ : : ヽ : ヽ:ヾゝ
   /: : : : : : : : : /: !: :| : :| : : L.;,ム: : : }: : ト、|
   |: : : : : : !: : : |: :ム:」   !: | ヽ: : |: ! :| リ
   | : : : : : |: : : :!ノ V  lノ  イチリ>レi: ハノ
   |: : : :ヽ |: : : :|,,イテカ     ゞ:」  |レ:|   そして、実際にそうなってしまったことを考えてみてははゾクゾクする
  .ノィ: : : :` !: : : !`ゞ:::」     ,    }: /.|
    ヾ!: : : ヽ: : :ヽ       rァ   /:/ リ .  私はそういう経験がよくある。
      \: : : \: :ヽ        /: :|
       リヽNレゞヽゝー--┬‐_' !ハ|     あなたはないの?ニュー速 デ やる夫
       ,,==ヘ^ヾヘ \   l ヾヽー-- 、
     /::::::::::::\\\ `く ̄t---、| | |\
     /::::::::::::::::::::::ヽ ヽ } r'ミ/7) `</:::::|
     |:::::::::::::::::::::::::::| | | ヽ〈 ヾ   }:::::::::\
     {:::::::::::::::::::::::::::! ヾ\ L ___   /\:::::::::|
     ヽ:::::::::::::::::::::::ヽ \〈:::::::::::ヽ! /^ヘ::ヽ
.
1.ある
.
2.ない
.
安価↓3






548 :以 下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]: 2009/04/15(水) 23:40:21.36 ID:/ymCArko
ない






550 :以 下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします :2009/04/15 (水) 23:45:18.26 ID:80dd79Y0
         / , /,  、   \. ヽ、
        /// / / |  \  .} lヽ、
      ノ // / /、 | '、\  ヾ. | l lへ、
       /j/{ |/ノ_.lル' `_≧_ヽ}ル',、ヽr'ー`
       ' !ィ|Y{ ィ五`  ' r‐ァ| /_ハ,lYゝ
         リヽヘ匕!   匕メ/,ノ)/リ
          }、!、 '_   //ll//
          ,、    レ l>ェ .ィレリ人l   ……そう、無いの。
    f冫^ソ/ ,-'T ̄∠' __,/`!、
    /   / /.| ll ヒニ二コ/   へ.._ では私や彼の嗜好が貴方とは少しだけズレているのだろう
  ,,ェl   / ./ ::| ll |イ⌒ヘ/    〃7、
  Y::`' ̄丿|::::::|.ll |  l /   //l }人間だったら誰でもそういうことを考える一瞬があると、私は信じている
  /:::::::::::::゙iノ::::/|ll | ,n、.レ' //:::::|_⊥
  ゝ;:::::::::::::l:::::|::::lll.| |jl./  //::::::::::/ それが人間の弱さ
   |:::::::::::::ヾ丿::::lll| /イ</:::::::::::::/
    l:::::::::::::::ヾ::::::ヾllイ::::::::/_::::::::::::::|  そしてこれから話す リア充 デ おれ夫は、そういう人間の弱味が
                       過分に働いてしまったのだろう






571 :1 ◆ZaaHKEqOhw [saga]: 2009/04/26(日) 21:37:40.69 ID:qwk29nM0
        _____________
    |  /|:::::∥:::::∥:::::∥:::::∥:::::∥:::::∥:::::|\   \|
    | /  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄.|   \   . |
    |./  _____________    .\  .|
    |  /|:::::∥:::::∥:::::∥:::::∥:::::∥:::::∥:::::|\   \|
    | /  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄.|   \   . |   彼が彼女と二人で校舎の屋上へ
    |./  _____________    .\  .|
    |  /|:::::∥:::::∥:::::∥:::::∥:::::∥:::::∥:::::|\   \|   風景を見に行った時のこと だった
    | /  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄.|   \   . |
    |./  _____________    .\  .|
    |  /|:::::∥:::::∥:::::∥:::::∥:::::∥:::::∥:::::|\   \|       ヒュ~……
 __________________________
 :::::::::::::::∥:::::::::::::::∥:::::::::::::::∥:::::::::::::::∥:::::::::::::::∥:::::::::::::::∥::::::::::::::::||
 :::::::::::::::∥:::::::::::::::∥::::::::::::::::||::::::::::::::::∥:::::::::::::::∥:::::::::::::::∥:::::::::::::::∥
 :::::::::::::::∥:::::::::::::::∥::::::::::::::::||::::::::::::::::∥:::::::::::::::∥:::::::::::::::∥:::::::::::::::∥

      ___
     /     \
   /::::::::::::::::    \   「…………」
  /::::::::::::::::       \
  |::::::::::::::::::::::::         |
  \::::::::::::::::        /






572 :1 ◆ZaaHKEqOhw [saga]: 2009/04/26(日) 21:42:09.36 ID:qwk29nM0
        ____
      /―  ―\  )) クルッ
    / 仟?ト  心 \     
  /  弋cソ  cソレ  \    「なあめぐる、この校舎の屋上から飛び降りたら
  |  ///(__人__) ///  |    助かると思う?
  \    )γ(    /  
  /     ⌒      | 

              γ´/ 丿ヽ
           -‐ '´ ̄ ヽソ ` 丿
          / //" `ヽ ヽ ヽ\
        //, '//レ´/ノ ヽハ  `、ヽ
        〃 {_{   ノ  ヽ リ| l │ i   「は?いきなり真顔でアンタ……彼女に向かって何てこと聞いてんのよ
        レ!小l (⌒) (⌒)从 |、i|   頭のネジがどっか飛んでったんじゃない?」
       丿ル|   、_,、_,    |ノレ リ
          ヽ  ゝ._)  u j /.     他愛も無い男女の会話。この時はまだ
            ゝ ,、__,  イ       屋上への関心は、ほんの些細な好奇心の内の一つでしかなかった
           .y' |ヽ/ | \






573 :1 ◆ZaaHKEqOhw [saga]: 2009/04/26(日) 21:46:29.34 ID:qwk29nM0
        ____
      /⌒  ⌒\  
    / 仟?ト  / \     「いやーwwwははは みんなからかわないでくれよ
  /  弋cソ  \   \    でも気にならない?」
  |  ///(__人__) ///  |  
  \    )γ(    /    同級生にも同じような話題を振った時も、同じく彼は真顔で質問していたらしい
  /     ⌒      \   だがあまりにも馬鹿げた内容だったため、話のネタにしかされなかった
                   当人も深くは考えておらず、友人と一緒に自分の言ったことを嘲笑し合っていた
                                             
                            もっと話に華咲かせろよなーwww暗い話題振ってんじゃねーぞwww>
                                             彼女に同じ質問とかすんじゃねーぞwww>






574 :1 ◆ZaaHKEqOhw [saga]: 2009/04/26(日) 21:52:57.67 ID:qwk29nM0

        ____
      /―:::::::―\  
    / 仟?ト:::::心 \     しかしいざ一人になってみると、彼はいつも思い悩んでいた
  /  弋cソ:::::cソレ  \    
  |  ///(__人__) ///u |   (何故生活の充実している僕が飛び降り自殺を連想するかのようなことを
  \           /   考えてしまうんだろうか?自分の心の奥底にそういう欲求があるから?
  /            |.    いっそ自分で飛び降りてみるか……それとも誰か突き落としてみるか……)

        ____
      /―  ―\  て
    / 仟?ト  心 \ そ   
  /  弋cソ  cソレ  \    「ハッ! お、俺は一体何を考えてたんだ……」
  |  ///(__人__) ///u |   
  \    )γ(    /    何を馬鹿なことを、こんなことを考えてはいけないと
  /     ⌒      |    彼は屋上のことが頭に浮かぶと、すぐに消し去ろうとしていた
                   だが、日に日に 我慢すればするほどその欲望は抑えきれなくなっていった






575 :以 下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]: 2009/04/26(日) 22:02:48.44 ID:qwk29nM0
        _____________
    |  /|:::::∥:::::∥:::::∥:::::∥:::::∥:::::∥:::::|\   \|
    | /  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄.|   \   . |
    |./  _____________    .\  .|
    |  /|:::::∥:::::∥:::::∥:::::∥:::::∥:::::∥:::::|\   \|
    | /  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄.|   \   . |  
    |./  _____________    .\  .|
    |  /|:::::∥:::::∥:::::∥:::::∥:::::∥:::::∥:::::|\   \|  
    | /  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄.|   \   . |
    |./  _____________    .\  .|
    |  /|:::::∥:::::∥:::::∥:::::∥:::::∥:::::∥:::::|\   \|       ヒュ~……
 __________________________
 :::::::::::::::∥:::::::::::::::∥:::::::::::::::∥:::::::::::::::∥:::::::::::::::∥:::::::::::::::∥::::::::::::::::||
 :::::::::::::::∥:::::::::::::::∥::::::::::::::::||::::::::::::::::∥:::::::::::::::∥:::::::::::::::∥:::::::::::::::∥
 :::::::::::::::∥:::::::::::::::∥::::::::::::::::||::::::::::::::::∥:::::::::::::::∥:::::::::::::::∥:::::::::::::::∥

      ___
     /     \
   /::::::::::::::::    \   「ハァ……ハァ……」
  /::::::::::::::::       \
  |::::::::::::::::::::::::    u    |
  \::::::::::::::::        /  カリカリ カリカリ






576 :1 ◆ZaaHKEqOhw [saga]: 2009/04/26(日) 22:06:07.14 ID:qwk29nM0
              γ´/ 丿ヽ
           -‐ '´ ̄ ヽソ ` 丿
          / //" `ヽ ヽ ヽ\
        //, '//レ´/ノ ヽハ  `、ヽ
        〃 {_{ u ノ  ヽ リ| l │ i
        レ!小l (●) (<)从 |、i|  「ふーぅ……。あ、やっぱここにいたのね
       丿ル|   、_,、_,    |ノレ リ
          ヽ  ゝ._) u j /.     おれ夫」
            ゝ ,、__,  イ
           .y' |ヽ/ | \

        ____
      /―  ―\  )) て
    / 仟?ト  心 \   そ   
  /  弋cソ  cソレ  \   
  |  ///(__人__) ///u |     「め、めぐる!?な、なんで屋上に君がッ!?」
  \    )γ(    /    
  /     ⌒      |彡サッ






577 :1 ◆ZaaHKEqOhw [saga]: 2009/04/26(日) 22:10:02.59 ID:qwk29nM0
              γ´/ 丿ヽ
           -‐ '´ ̄ ヽソ ` 丿
          / //" `ヽ ヽ ヽ\
        //, '//レ´/ノ ヽハ  `、ヽ
        〃 {_{  ノ  ヽ リ| l │ i
        レ!小l (ー) (ー)从 |、i|  「だ、だっていつまで経っても約束の場所に来ないから……
       丿ル|   、_,、_,    |ノレ リ
          ヽ  ゝ._) u j /.     アンタ最近屋上の話ばかりしてるから、もしかしたらと思って」
            ゝ ,、__,  イ
           .y' |ヽ/ | \

        ____
      /ノ  ヽ \  
    / 仟?ト  心 \    
  /  弋cソ  cソレ  \   
  |  ///(__人__) ///u |     「わ、悪いけど今日はデートできそうにないんだ……
  \    )γ(    /    
  /     ⌒      |     屋上から見える景色をスケッチするって美術の課題があることを忘れてたんだ」
                    
                     もちろん嘘。しかし彼が屋上で何かを書いていた、ということは事実
                     何を書いていたと思う?

1.学校に登校するあらゆる人間の名前を書き綴っていた

2.人間が屋上から飛び降りた後の事を想像し、スケッチしていた

3.分からない
安価↓3






580 :以 下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]: 2009/04/26(日) 22:13:46.51 ID:/nVqMaUo
3






581 :1 ◆ZaaHKEqOhw [saga]: 2009/04/26(日) 22:18:54.73 ID:qwk29nM0
          ,, r一-- 、 ,,
        /´         ``ヽ、
      /'               \
     ,;'                  ヽ
.    ノ ,  i      /    ,,   / |ヽ ゙ヽ
    イ i  |   i ,'`メ //  /i  .ト ヽ ヽ
    レ| {   i   |//'´ `メ / / /|  } ト 1
     ',イ   i   r+テ=ミメイ   //'"|´/ / ハ|
      `、ヽ r'メ,  {。;;;;'ソ `   ' ,rz;,y'ノi〃イ .'
       `ハヾ ヘ   i'ー''-    /。シ゚ク /'"
         レ',`'';  i     , `'' / /    ……貴方は、少しは想像力を働かせたほうがいい
          ' i∧ト i,   -   ,イ{ ./
.          ,y}`ヽ |ゝ, _, r '´ リ |/     彼がとっさに彼女から隠した物は
         ,ノ.:.:.ヽ `', {;;ヽ、.   |i
       ,;<、.:.:.:.:.:.:.`v'" ^,ヽミ、,
.      /,ニヾ`ヽ.:.:.:.:.:.`彡=ヾ}:||i、
..     //  ` `\\.:.:.:.ヘ  i|:||i丶
     ,' f     ヽ \\:.:.:i  i|.||i ',

       __________
    r´ ´\                \
    (    \                \    クラスメイトを初めとした、学校の関係者を
     \     \              \
      \     \                 \  乱雑に書き綴った日記帳だった
        \     \                 \
          \    \                 \上級生や下級生や、先生の名前まで。
          \    \_________\
                \   r´=========r´
                 \ 《 三三三三三三三三三=
                ヽゝ==========ゝ






582 :1 ◆ZaaHKEqOhw [saga]: 2009/04/26(日) 22:25:34.44 ID:qwk29nM0
        ____
      /  ノ  ヽ\
     /  (○)}liil{(○)
   /     (__人__) ヽ  な……なんでそんな物を!?
   | u      |!!il|l|   |
   \        lェェェl /

        /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ:.:.:、:.:.:.:.:.:.:ヽ、
       /:.:.:.:./.:,:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ:.:.ヽ:.、:.:.:.ヽ:.\
      /,:.:.:.:/:./:.:.:.:.:.:./:.:.!:.:.:.!:.:.:.l:.:.l:.ヽヽ:.:.:.:.:ヽ:.ヽ
.    //:.:.:.,':./:.:.:.:.:.:./:.:./:.:.:.:|:.:.:.|:.:.|:.:. l:.:.!:.:.、:ヽ:.ト. ',
.    /」:|:.:.:.|:.|:.:.:.:.:,.イ:.:./|:.:.:.:,!:.:./:.:.l:.:.:|:.:.|:.:.:!:.:. l:.:.! 1
   ノ'´|:.|:.:.:l:.:|:.-rーァx...」:_:.ノ!:.:.ハ:.A ォ-:!:.:.:.|:.:}:.:.| !
      |:.|:.:.:|:.l:|V|;ォf==レ ´ル'  /ィ-ヘ|:./:.:.,!:./|:./
     1l、:.l:.ハl:.:.|` {゚: ::|      {゚: ::ル',!:.:.ィ:/ ,リ   貴方は自分で考えるということを知らないの?
      ゙ ',:.トl、!:.:.|  ゙-┘   、 `ー' /:イ,シ /
.      ヽヽヽ:.l、     _ _    /:.:.!
        ` lハ:lヽ、       ,.-1:./       ……話を続ける
          ヽN |` ‐ 、__,. ィw  '/
           ,r'^,!       「ヽ、'´
        _,.-'  |       ヽl ヽ、.._
    _,. r ´     |   _...._  |   l. `ヽ.._
   r{. l. |        |-‐ ´ _...._` -|   |   l. ト、
  / ヽヽヽ      |-‐ ´ ,.- 、`ー|   |   | l ヽ






583 :1 ◆ZaaHKEqOhw [saga]: 2009/04/26(日) 22:29:04.98 ID:qwk29nM0

       ____
     /⌒三 ⌒\
   /( ○)三(○)\    ……………
  /::::::⌒(__人__)⌒:::::\  
  |     |r┬-|     |  
  \      `ー'´     /

          __   __
       ,  ´    `´   `'' 、
     /  /      ヽヽ  \
    .'/ /         ヽ ヽ  ヽ
   ノィ  ' /  / / ,     !  l ヽ ゙
   ./ f,' i  ││ |! 丶.   |  |  | |   ……欲望に耐え切れず、彼のタガは外れた
   f  | l l  ,イ |ヽ!、.  ト、. |  |  ! |
   l ,.イ ヘ l ー!‐_、ト ヾ\ l ≠.jト、,l /! ,   その指は、屋上から突き落とすべき人材の選択を始めた
   |ハ ,!ゞV´!:::_j`    `'イ::_j`メ|/,.-、l!
     f ト, ! ー'      ー'  ' !.ノゞ
     `Viヾ.!     '      j /| /
      !ハ !ゝ.    ´`    ..イ /
        \ルヽ .    ,.イノレ'
         ` rノ ` ´  |' -..
       / |‐-   -‐ヽ  \_ __
    rィl´    |-- ― -- /     //ァ
   .イ ||.     |ニ ニニ ニ! __ // ハ






584 :1 ◆ZaaHKEqOhw [saga]: 2009/04/26(日) 22:33:52.15 ID:qwk29nM0
___________________
\ リア充 デ おれ夫\               \
.. \            \                \    そのリストの一番上には自分自身の名前が記載されていた
    \              \                 \
     \              \                \ 彼に残った、ほんのわずかな理性による罪悪感がそうさせたのかもしれない
       \               \             \
        \              \             \しかし もう、我慢できない
         \_________\_________\
                        \   r´=========r´
                        \ 《 三三三三三三三三三=
                        ヽゝ==========ゝ


        ____
      /―:::::::―\  
    / 仟?ト:::::心 \    
  /  弋cソ:::::cソレ  \    「どうしても屋上から人が落ちるのを見たい
  |    (__人__)      |    落ちたら助かるのか、それとも死ぬのか
  \    )γ(    /    早く見たい……!」
  /     ⌒      |   
                    欲望だけに目を向けた彼は、誰にも止めることは出来ない






585 :1 ◆ZaaHKEqOhw [saga]: 2009/04/26(日) 22:42:01.33 ID:qwk29nM0
        ____
      /―:::::::―\  
    / 仟?ト:::::心 \    
  /  弋cソ:::::cソレ  \    おれ夫の体は欲望の赴くままに動く
  |    (__人__)      |    
  \    )γ(    /    そして、彼は踏み出してはならない一歩を踏み出す決意を固めた
  /     ⌒      |   

     ____
   /_ノ ヽ__\
  /  仟?ト:::::心 \
/    弋cソ:::::cソレ \  問題は、一体誰をその実験の犠牲者にするのか
|       (__人__)    |
./     ∩ノ ⊃  /  このような発想をする時点で 彼は完全に人の道を踏み外していたのだろう
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |    誰を最初の犠牲者にしたと思う?
  \ /___ /

1.自分
2.気に入らない生徒
3.めぐる

安価
↓3






588 :以 下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]: 2009/04/26(日) 22:43:02.85 ID:vfUTpzco
1






591 :1 ◆ZaaHKEqOhw [saga]: 2009/04/26(日) 22:48:53.57 ID:qwk29nM0

     ____
   /_ノ ヽ__\
  /  仟?ト:::::心 \
/    弋cソ:::::cソレ \  もちろん彼も他の人間を突き落とすそうかとも考えた
|       (__人__)    |
./     ∩ノ ⊃  / けれども、自分でそれを試すことがもっとも近道であるという結論に達した
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |  他人で試すには、リスクが多過ぎると考えたのだろう
  \ /___ /   相手に抵抗されたり人に見つかったりしたら、失敗しないとは限らない
              もし失敗してしまった時のことを考えると、やはり自身で試したほうが一番手っ取り早い






592 :1 ◆ZaaHKEqOhw [saga]: 2009/04/26(日) 22:54:30.23 ID:qwk29nM0

        \              /
         \           /
          \_____________/
          |  ______  |
          |  |    |  |    そう決心した彼は、早速校舎の屋上へと向かった
          |  |    |  |
          |  |    |  |    幸い……と言っていいのかは分からないが、その日は日曜日。
           ,__|_|______,|_|__
        /i==============iヽ  人目は少なく、簡単に忍び込むことが出来た
       ./f───────┴iヽ
        ./ト────────┴iヽ
      /. |  .  . ... .....:..:.:.:.::.::.:::.:::|;::ヽ
     ./[ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄]ヽ
      ./ | . . : : : : : :.:.:.:.::.::::::::::::::;|;;:::ヽ
    /| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|:ヽ
   ./ | . . ..: .::.: :::::::::: ::::::::::::::::::;::;:;;;;;;|i;;;::ヽ
   /.i‐┴――――――――――'―‐┴―i::ヽ
  ./ |  . . ..: .:: .::: ::::: ::::::::::::::::;::;;::;;;;;;:;;;;;;;;;:|ii;;::ヽ






593 :1 ◆ZaaHKEqOhw [saga]: 2009/04/26(日) 23:01:28.24 ID:qwk29nM0
        __
      /..::::::::::::::..\
    /..:::::::::::::::::::::::::.\
   /..::::::::::::::::::::::::::::::::::::.\  どことなくカビ臭いにおいのする階段を
   | :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: |  一歩一歩踏みしめながら彼はこんなことを考える
   \:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
  ,. -‐'´..:::::::::::::::::::::...`丶、   (……そういえば、死臭というものはどのようなにおいなんだろう
  ノ .:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::....ヽ   飛び下りて死んだら、死臭は地面にしみつくだろ うか)
                   
             __
            -´   ``ヽ
          /::::::::::|::::::    `ヽ
         /:::\:::::::: 心    `ヽ    そんなことをふと考えてしまって事に気付いた彼は
    ((   /仟?ト::::::::::::cソレ      )
        |弋cソ(_人__)       ノ | |  「自分はなんて貴重な実験を試みようとしているのだろう」
        ヽ    )vvノ:      / ノノ
          ヽ (__ン       人     と、一種の優越感に浸っていた
           ヽ          \    ……道を踏み違えなければ、彼は有名な学者になっていたのかもしれない
                           学者には、変人が多いと聞くから






594 :1 ◆ZaaHKEqOhw [saga]: 2009/04/26(日) 23:06:54.03 ID:qwk29nM0
        _____________
    |  /|:::::∥:::::∥:::::∥:::::∥:::::∥:::::∥:::::|\   \|
    | /  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄.|   \   . |
    |./  _____________    .\  .|
    |  /|:::::∥:::::∥:::::∥:::::∥:::::∥:::::∥:::::|\   \|
    | /  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄.|   \   . |  
    |./  _____________    .\  .|
    |  /|:::::∥:::::∥:::::∥:::::∥:::::∥:::::∥:::::|\   \|  
    | /  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄.|   \   . |
    |./  _____________    .\  .|
    |  /|:::::∥:::::∥:::::∥:::::∥:::::∥:::::∥:::::|\   \|       ヒュ~……
 __________________________
 :::::::::::::::∥:::::::::::::::∥:::::::::::::::∥:::::::::::::::∥:::::::::::::::∥:::::::::::::::∥::::::::::::::::||
 :::::::::::::::∥:::::::::::::::∥::::::::::::::::||::::::::::::::::∥:::::::::::::::∥:::::::::::::::∥:::::::::::::::∥
 :::::::::::::::∥:::::::::::::::∥::::::::::::::::||::::::::::::::::∥:::::::::::::::∥:::::::::::::::∥:::::::::::::::∥

      ___
     /     \
   /::::::::::::::::  u \   「…………!!!」
  /::::::::::::::::       \
  |::::::::::::::::::::::::    u    |
  \::::::::::::::::        /  そして彼は屋上へ着いた。
                 ……しかし、そこにはすでに先客がいた






595 :1 ◆ZaaHKEqOhw [saga]: 2009/04/26(日) 23:10:45.24 ID:qwk29nM0
              γ´/ 丿ヽ
           -‐ '´ ̄ ヽソ ` 丿
          / //" `ヽ ヽ ヽ\
        //, '//レ´/ノ ヽハ  `、ヽ
        〃 {_{  _ノ  ヽ、_リ| l │ i
        レ!小l (⌒) (⌒)从 |、i|
       丿ル|  ゜、_,、_,  ゜ |ノレ リ   
          ヽ  ゝ._)    j /.
            ゝ ,、__,  イ
           .y' |ヽ/ | \
           /{ <l∽ />  ヽ
           l .!  l//  / }
           l/.j l/[ ▽] 7!/
           {; 。l     l/
        ,  ´ヽ 。l     }
          /"''ー―-'''"ヽ、
         / / i!  l i ヽ ヽ ヽ,
         / / !|  !  ヽ ヽヽ、ヽ.
         |  |  ヽ   ヽ  ヽ _,ゝ

        ____
      /―:::::::―\  
    / 仟?ト:::::心 \ 
  /  弋cソ:::::cソレ  \    「め……ぐる……!?」
  |    (__人__)   u |   
  \    )γ(    /    
  /     ⌒      |






596 :以 下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]: 2009/04/26(日) 23:12:02.04 ID:zKgUo6ko
いちゃダメー!






597 :1 ◆ZaaHKEqOhw [saga]: 2009/04/26(日) 23:19:51.65 ID:qwk29nM0

              γ´/ 丿ヽ
           -‐ '´ ̄ ヽソ ` 丿
          / //" `ヽ ヽ ヽ\
        //, '//レ´/ノ ヽハ  `、ヽ
        〃 {_{  _ノ  ヽ、_リ| l │ i
        レ!小l (⌒) (⌒)从 |、i|
       丿ル|  ゜、_,、_,  ゜ |ノレ リ   「おれ夫……今日も来なかったね……
          ヽ  ゝ._)    j /.
            ゝ ,、__,  イ       そして……やっぱりここに来たね……」
           .y' |ヽ/ | \
           /{ <l∽ />  ヽ

        ____
      /―:::::::―\  
    / 仟?ト:::::心 \     「…………ああ。ごめん
  /  弋cソ:::::cソレ  \    
  |  ///(__人__) ///  |    今日は、科学の課題でここへ来たんだよ」
  \           /    
  /            |.    彼女の泣き顔を見た彼に、再び悪魔が舞い降りた
                   すでにおれ夫の目には、めぐるが実験のモルモットとしか映っていなかったのだ






598 :以 下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]: 2009/04/26(日) 23:21:04.41 ID:4v5udaY0
なんて・・・こったい・・・






599 :1 ◆ZaaHKEqOhw [saga]: 2009/04/26(日) 23:24:50.27 ID:qwk29nM0
       ____
     / ―:::::::―\    (何をあわてているんだ俺は。
   / 仟?ト:::::心  \    好都合じゃないか。ここまで実験体を連れて来る手間が省けた
  /  弋cソ:::::cソレ   \  それに他の人間に見られる心配も100%ないだろう
  |      (__人__)      |  これで、俺と彼女。二つの検体で実験が出来るぞ)
  \     |++++|」_  /
       `ー''´ l.      自身すら実験の一部としか考えていないおれ夫。
                 .彼の留まることの知らない好奇心は、即刻行動へ移された

              γ´/ 丿ヽ
           -‐ '´ ̄ ヽソ ` 丿
          / //" `ヽ ヽ ヽ\
        //, '//レ´/ノ ヽハ  `、ヽ
        〃 {_{  _ノ  ヽ、_リ| l │ i ´‐
        レ!小l (⌒) (●)从 |、i| `
       丿ル|  ゜、_,、_,  ゜ |ノレ リ  
          ヽ  ゝ._)    j /.
            ゝ ,、__,  イ     
           .y' |ヽ/ | \
           /{ <l∽ />  ヽ                    ……めぐる>






601 :1 ◆ZaaHKEqOhw [saga]: 2009/04/26(日) 23:29:03.77 ID:qwk29nM0
        ____
      /―:::::::―\  
    / 仟?ト:::::心 \     「今までかまってやれなくて悪かったよ。すまないと思ってる
  /  弋cソ:::::cソレ  \    
  |  ///(__人__) ///  |    ……そうだ。これから一緒に課題の実験でもしないかい?
  \           /    きっと楽しいよ」


              γ´/ 丿ヽ
           -‐ '´ ̄ ヽソ ` 丿
          / //" `ヽ ヽ ヽ\
        //, '//レ´/ノ ヽハ  `、ヽ
        〃 {_{  _ノ  ヽ、_リ| l │ i
        レ!小l (⌒) (⌒)从 |、i|
       丿ル|  ゜、_,、_,  ゜ |ノレ リ   「か、悲しかったんだよ……いつもここばっかり来て
          ヽ  ゝ._)    j /.
            ゝ ,、__,  イ       私の相手してくれなくて……今日は一日中相手してよ……?」
           .y' |ヽ/ | \
           /{ <l∽ />  ヽ






602 :1 ◆ZaaHKEqOhw [saga]: 2009/04/26(日) 23:33:28.75 ID:qwk29nM0
        ____
      /―:::::::―\  
    / 仟?ト:::::心 \     「うん。もちろんだよ」
  /  弋cソ:::::cソレ  \    
  |  ///(__人__) ///  |    
  \           /  


        ____
      /―:::::::―\  
    / 仟?ト:::::心 \     「一日どころか、永遠にかまってあげるさ」
  /  弋cソ:::::cソレ  \    
  |  ///(__人__) ///  |    
  \           /






603 :以 下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]: 2009/04/26(日) 23:34:56.35 ID:FVu3mPQo
こえ・・・






604 :1 ◆ZaaHKEqOhw [saga]: 2009/04/26(日) 23:36:59.45 ID:qwk29nM0
            :,:           :(::)
            /⌒''⌒) :,,゜      '         ,,,,,,,
           (:::::::::::::::!'                 (::::::)
           ヽ::::::::';'''                 ''``   。
           τ'::/ .;:
            )/
         。            '  、       ;: 。
                               `'''`~''・    ' `
     f''`⌒(     ,,,,               !:(',,,,、              ::,,,,,、...
     ,!,,,、(     /::τ             ノ:::::::::::::::::)          。  !::::::::::`! 、
 :.、          !:::(     ノ::`!   o   (::::::::::::::::::τ            (:::,,;,;,、; 。
       ゜     (/      ⌒・ .   ・、;::::::::::::;;.;`` ''
     ,,、..   //   ノ'          //'''`'`'` `       ..,,.. _,,,.、 ・         ,, ...:・..
  π /;::::::::(,.,.(;;;::::(   ,,.,  ・っ                    ;,;;( ):::::;.    c::── '`'''::::::::::;''
   ):::::::::::::::::::::::::::/  '''''`   `        '`                      ⌒ ` !.:::τ'' ``
 τ !::::::::::::::::::::::::::::)/,,,,, γ               :'`'``:!
   (::::::::::::::::::::::::::::冫 `'`'    、,:'::::::`:::,,,,        !:::::ノ         ・
 :::':'::::::::::::::::::::::::::::;(,,,,,,,、:::::::-ー''''`'`''''''''"
 :::''´::::::::::::::::::::::::::;o
     ̄     ̄´     ゝ;:ヽ-‐―r;;,               。
           ,,_____冫;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:\      ,,,,,,,, o  /
           "`ヽ;:;:;;;:::;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:从    (;:;:;:;:ヾ-r
              〈;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:) 0  ソ;:;:;:;:;:;:;:}
             ,,__);:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:ノ     ゞイ"ヾ,:;:,ソ
             (;:;:ノr-´^~;;r-ー⌒`    ,.、
             "  ,,,,      _;:;:⌒ゝソ;:/
               (;:;:丿    (;:;:;:;:;:;:;:;:;:)
                       ヾ;;;;;;;;;;;;/; \
                       ´  /;:ノ 。  。
                           ()






605 :以 下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします :2009/04/26 (日) 23:37:38.89 ID:9FOHsN20
怖いぞ






606 :以 下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]: 2009/04/26(日) 23:38:12.73 ID:g/c1Si20
あああああああ






607 :1 ◆ZaaHKEqOhw [saga]: 2009/04/26(日) 23:42:13.02 ID:qwk29nM0
           _ ---─── - . _
        / ̄             丶.
       ;                  ` .
      イ                     \.
    /           .             ヽ
    .           /              \.
   /           /        i    .  .ヽ  .ヽ
  /    i       /    .  /ソ  !   | .ヽ  ゝ.
  |     .     !  |  / /´/  ノ |  .|   ヘ  |
 ノ|     !    |  | /./ =. /  / /  / |  i .!  !
  |     |    丶 |ノ ´    /  .イ  / /__|   | |  |
  ヾ|   丶.    ソイ==__ / /:::://:::::::::::::::|  / /| /
   ハ   i ヾ    |;;;;;ъ0ミ:::::::::::::/::::::::::::::::::::| // ||
    \ ヽ rヽ    |∂;;;;;;/::::::::::::::::::::::-==ミ |//   |  ……後日、男子生徒と女子生徒の遺体が
     .|   《( |   |ゞ-- ´::::::::::::::::::/ .;;;;δア//
     \  |ゝ |   |         ;;;;;;ο /  /      校庭の隅の方で見つかった。
       ヾ  丶|   |       ,  - /  /
        从  ヽ  |     __     /  イ       誰の遺体かは、幾ら貴方といえどわざわざ口にせずとも分かるはず
         ル\|丶 |        /|   |
           ソ ハ |ゝ .. .. r ´ ソ | |
         /\  ヽ|  |       |/






608 :1 ◆ZaaHKEqOhw [saga]: 2009/04/26(日) 23:47:20.21 ID:qwk29nM0
            _,,,......,,, ,--‐-、__
           /: : : : : : : : : : : : : : : : :\
        /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : \
       /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :\
      /  .: : : : : : : : : : : l: : ::|: : ::l: : : : : : : : :ヽ
       /........  l   /  |  l   !  l  i   ヘ
     /: : : :i: : ::i: : ::./i: : : :.i: : ::イ: : ::.!: : :|........!...: : .ヘ
   _〆'!: : ::l.....:::l...:::/ l....:::;イ:....../|::..../!::....l: : : |: : : ト..!
     l::i::|..!......l!..7‐ゥ.、x'´!::.../ !.:,/__!:...イ::. : :!:: : .|ヽ!
     l::|..::!.ヘ....!,r≠、.  !./  /./  l.` | i: : :|::!:: :| |
      !!i: :|: ::`.!'i゜::::.j` '´  '´r≠ヽ、 |:::::/::!i:::/
       !ヘ..!: : ::|.廴;.ノ      {゜::::::ソ イ/:::/ !'   彼ら二人は頭から見事に地面に叩きつけられており
       ヘ!.i: :.l      !     ー' /: : ; :/
          !.!: :ト     __       /: : /!/      それは色鮮やかに血や臓器、骨が四散していたらしい。
         l.ト、|..\        /.!: / |'
         ヘヘl.ト..| ヽ    , r‐,'イイ:/  '      おれ夫の実験の結果は出たというワケ
           ,ゝti    ̄ |./、' ソ
         /:::r'´     └、:\
       _, r'´:::::::|_ __,,..,,_ _ |::::::`ヽ、_
    , ィ:´|: : : : : : : レ'´: . : . :`ヽ、|: : : : : : : |`jヽ
   r'|: :!:::::i: : : : : : :|:_;. -‐' '‐- 、;:!: : : : : : : l:::l : :ト、

                 __
                 ´: : : : : : : ̄ ̄  、
             / : : : : : : : : : : : : : : : : : :\
.           /   : : : : : : : : : : : :     . . .\
      、__//. /. . . . . . .    . . . . : : ! : : : : ヽ
        ̄/. : /. : : : :/ : : : : : : : : : : : \l: : : : : : :ヽ
.         l : : l : / : /. :/ : : ヽ、: : : `ヽ : !: :l: : : : : ヽ、
        l :/ l : l: : :l :∧: :ト、: lヽ、: : : :ヽ!: :l: :l: : : l  ̄
        l/!: ! : l: :/l/‐-ヽ! ヽ !  _ヽ-―!‐ !: :l: : : !
         ヽ! : l : ! rfチミ、  ヽ´ fr旡ミ! : ト、l : : ′……しかし、死後もなお
.           ヽ !: :l  rっソ     匕り !: : !丿/j/
.            j∧ :ト、 `¨   .      l l :l j/    彼の好奇心は留まることを知らない。
              V: :lヽ、   _     /j/!/
               ヽ: ! >   __.. ィ ト、〃      校舎の屋上へ向かう時には、貴方も注意したほうがいい
                ヽ!  //j     ト!/\
                 _/ :/-―――-l : : : :ヽ、__
               /|::|: : : :! -―――-! : : : : : :/∧






609 :1 ◆ZaaHKEqOhw [saga]: 2009/04/26(日) 23:54:48.12 ID:qwk29nM0
 /,           |      /:: , l:: i::. }::ヽヽ::.ヽ \
.//        .:! :| :    /:::/:/::/i: /: !: }i:',ヽ:|
i,i        .::| :|: ::   !,/_ム/_ l:/::: l:: !l::! i::!
. ! l .:     : .::::| :i:.::   レ',ソ,_/`!::/i:/ i:! |
. !.:! ::.   : .:.::/´', !:::  | ! ヾ.i´:i` !/ /  !
 i:l', :::::. :. ::. ::〈 、'_゙il::::.  |.|   j_ソ ゙、_   リア充 デ おれ夫は、未だに実験の結果に満足していない
 ヽヽ、:::::::::. :::.::::\ニ',::. ii::!      ノ
    ヾ、i::::l::::l::::',:|  ',::. !',!     ィ´    たった二人の検体では物足りなかったのだろう。
      i|ヾ:!:::i::::/ヽ  ヽ. l 丶.   /
       ノ /ii/lノ     ヽ:r‐y┬ '      だからつぎつぎと人を招き、飛び下りた結果を知ろうとしている
      イ'"`'‐- 、    / ヽl/ '
      /      \__{ヽ、         屋上に近付いた者を
    /_,, -‐‐‐-- ,,_  \_,ヽ‐、.      冷たく、人の命などには無頓着な地面へと誘い込もうとしている


      /                ヽ    \  \
      ,'     /  /            l    \  ヽ
      !     /  /     /  ,'    |  l   ハ  ヘ、ヽ、_,
.     | !   l   l     /  /   ,イ !   i   ! l ヽ ',` ̄
.     l |   l   l  ,/  〃 ,/   /│ l  j   l│  ! l
    ノ | ! │   | /_// //  / ,' ∧ / |  / j   l│
     ノ l ァ|   |尢/‐=乞t/ / /∠ニ「厂! / ,/  / リ
     イ 八{´l  !|<f{矛:下 ':::::::::::::::イ孑代フ イ } /        貴方も十分気をつけたほうがいい
.        Vハ  |  r';;z j::::::::::::::::::::::r';;zリ /}, '//
        ヽ ',  |    ̄::::::::::::::::,   ̄  チ' /          死者が呼びかけるならまだ良い
         `ヘ lヽ       _     厶 ./           しかし時に、強い思いを持つ死者は
             ', {.代ト、         , イ | /            高い所から下を見ている人を後ろからつき落とすことがあるそう
           \_'i| > 、 _ , イ/ V l./
            / ヽj       {`ヽ   ′            ……そう
.        _ /  「´        ヽ} \
    _, -‐ ´     l‐--‐、 _ -‐ |   ` ー- 、
. r<\\        ヽ '´ ̄ ___ `ヽl|     / /ヽ
 y⌒ヽ \\      V  ̄ _ `ヽl|     / / ∧
./    ヽ. \\     ∨ ̄  `ヽ |     / / /  l
{      ヽ \\    ヽ     /    / / /  │






610 :1 ◆ZaaHKEqOhw [saga]: 2009/04/26(日) 23:57:32.00 ID:qwk29nM0
        ____
      /⌒:::::::⌒\  
    /仟?ト:::::::?心 \     
  /  弋cソ:::::cソレ   \  
  |  ///(__人__) ///  |   リア充 デ おれ夫は、今も屋上で待っている
  \    )γ(    /  
  /     ⌒      |     新たな検体がのこのことやって来るのを。
 (_ )          ||  
   l⌒ヽ        _ノ |  
    |  r        )__)  
  (_ノ  ̄ ̄/ /     
         ( _)






611 :1 ◆ZaaHKEqOhw [saga]: 2009/04/26(日) 23:58:47.30 ID:qwk29nM0
         / , /,  、   \. ヽ、
        /// / / |  \  .} lヽ、
      ノ // / /、 | '、\  ヾ. | l lへ、
       /j/{ |/ノ_.lル'::`_≧_ヽ}ル',、ヽr'ー`
       ' !ィ|Y{ ィ五`:::::´ r‐ァ| /_ハ,lYゝ
         リヽヘ匕!:::::::::::匕メ/,ノ)/リ
          }、!、 '_   //ll//
          ,、    レ l>ェ .ィレリ人l
    f冫^ソ/ ,-'T ̄∠' __,/`!、       これで私の話は終わり……
    /   / /.| ll ヒニ二コ/   へ.._
  ,,ェl   / ./ ::| ll |イ⌒ヘ/    〃7、    次は誰が話す?
  Y::`' ̄丿|::::::|.ll |  l /   //l }
  /:::::::::::::゙iノ::::/|ll | ,n、.レ′ //:::::|_⊥
  ゝ;:::::::::::::l:::::|::::lll.| |jl./  //::::::::::/
   |:::::::::::::ヾ丿::::lll| /イ</:::::::::::::/
    l:::::::::::::::ヾ::::::ヾllイ::::::::/_::::::::::::::|
   |::::::::::::::/::≧Z厶}カ-弋ヽ :::::::::|
   ヽ,r冖ナ´:::::::::::::::::|.|::::::::::::::::::::r'′
    r'  ( :::::::::::::::::::::∥:::::::::::::;:/
    ゙l, ,ィ´`'ーff─f─.}!-‐一'´}
    ゝY::::::::/|| 〈::::::||:::::::::::::::|
     /::::::::{.|{  `!::|」::::::::::::::`l
     ヌ._:::::::|∥  |:::::::::::::::::::::::ゝ
    /   ̄` ||   L⊥..-‐ 'i´',
    /   | |」\   l    | ヽ
  //   |    \. | │    \
  `''/_/_  |      | l      ,ゝ
     ', `'ーL_  _,.⊥!ー'ー1-‐ ' ´
      l    |  ̄ ',    |
        !    |   l    l
      l    .!   l    │






6121 ◆ZaaHKEqOhw [saga]:2009/04/27(月) 00:00:06.22 ID:TdVL6920
やる夫「……次は誰が話すかお」

1.阿部高和

2.ドクオ

3.キバヤシ

4.泉 こなた

5.翠星石

                           to be continued……→
安価下7






619 :以 下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]: 2009/04/27(月) 00:03:08.21 ID:l3PI8RIo
4






621 :以 下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]: 2009/04/27(月) 00:04:46.27 ID:fBuxwPQo
次はこなたか。
どんな話になるのかな。






622以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/04/27(月) 00:05:01.81 ID:d2k/Z8co


次はこなたか






6231 ◆ZaaHKEqOhw [saga]:2009/04/27(月) 00:05:39.45 ID:TdVL6920
次回は泉 こなたです
長い間お付き合いありがとうございました。
次回は5/1の22:00を予定しています






625 :以 下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします :2009/04/27 (月) 00:06:45.72 ID:dv3NL6I0






626 :以 下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]: 2009/04/27(月) 00:07:24.60 ID:l3PI8RIo
乙!!!






628 :以 下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]: 2009/04/27(月) 00:11:11.99 ID:n5BFry2o
おつかれさま~






629 :以 下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]: 2009/04/27(月) 00:42:56.18 ID:4OujfpUo
おつです~






よくわかる実験計画法
よくわかる実験計画法中村 義作

近代科学社 1997-05
売り上げランキング : 144298

おすすめ平均 star
star入門書として最適

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
関連記事
スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
[PR]





カテゴリー「やる夫が学校であった怖い話を聞くようです」内の最新記事

だ

    このコメントは管理者の承認待ちです
    [ 2009/05/10 23:22 ] [ 編集 ]
    ・・・ということは、もう4話までは終わっているということか?
    [ 2009/05/11 00:03 ] [ 編集 ]
    いや開始日が4/13で終了日が4/27だからまだ真っ最中じゃないか?
    途中何度か小分けのようだし
    [ 2009/05/11 00:20 ] [ 編集 ]
    Amazonの商品www
    [ 2009/05/11 00:33 ] [ 編集 ]
    遅いと思ったら本スレのほうから遅かったんですね
    管理人さんすいませんでした
    [ 2009/05/11 00:40 ] [ 編集 ]
    しかし、2週目の怪談の話の主人公は皆やる夫系キャラなんだな

    この伏線の終着点がやる夫・やらない夫に掛かっているのかどうなのか・・・怖いが次が楽しみだな
    [ 2009/05/11 00:40 ] [ 編集 ]
    最初はオリジナル展開いれて大丈夫なのかと思ってたが今のところ期待できそうだ。
    [ 2009/05/11 01:02 ] [ 編集 ]
    面白いのぉ
    [ 2009/05/11 02:41 ] [ 編集 ]
    コレと洒落怖の話読んでる時に買い物袋が動かされた音や
    2階なのに網戸の外から音がした
    一度でかい音立てて反応見てから窓開けても何もいなかったけど
    マジ怖かった、どうせ泥棒か何かだろうけど
    [ 2009/05/11 03:11 ] [ 編集 ]
    泥棒だったら「どうせ」どころじゃねーぞ。
    [ 2009/05/11 04:26 ] [ 編集 ]
    たしかにw
    [ 2009/05/11 08:49 ] [ 編集 ]
    話の主人公がやる夫をなぞらえてる点からして、でっていうと道下の「やる夫殺す」の意志がビンビン伝わって来るぜ・・・
    [ 2009/05/11 09:49 ] [ 編集 ]
    ちんこがねぇ!w
    やらない夫とやる夫のAAが・・・
    所で選択肢の多数決は集計というか結果表示したほうがよくない?
    まとめ見てるからかもしてれんがどっちが多いのか微妙な時がある。
    [ 2009/05/11 16:06 ] [ 編集 ]
    >>19364
    多数決じゃなくて安価っしょ?
    [ 2009/05/11 18:24 ] [ 編集 ]
    現時点で開始予定日を十日過ぎてるが始まってないしスレ主からの連絡もないわけで
    [ 2009/05/11 19:53 ] [ 編集 ]
    その間大作を期待していようぜ
    [ 2009/05/12 01:35 ] [ 編集 ]
    怖い話ってさ
    語ったり書いたりするとさ
    ホラ、言うじゃん?な?
    [ 2009/05/12 16:07 ] [ 編集 ]
    今まで見てきた訳ですが・・・・
    配役って
    やる夫=坂上 やらない夫=新堂さん
    水銀燈=岩下さん でっていう=風間
    長門=荒井 こなた=福沢 道下=細田
    阿部=日野様 後はオリジナル展開キャラと物語に出てくる登場人物
    ・・・でしょうか?
    というか、原作(SFC、PS、アパ)知らない人には
    なんのこっちゃって話ですね
    すいません
    [ 2009/05/14 17:43 ] [ 編集 ]
    やらない子の行動はもう少しボカしておいたほうが
    怖さがあがったかも。
    [ 2009/06/17 20:04 ] [ 編集 ]
    コメントの投稿













    管理者にだけ表示を許可する
やる夫ブログについて
20101110:「やる夫はロス市警の警部のようです」を掲載させていただきます。本当にお待たせして申し訳ございません。これ以降も随時、更新の途絶えていた作品を掲載していきたいと考えております。ご迷惑をおかけして申し訳ありませんが、どうか長い目で見ていただければ幸いです。

20101030:「やる夫のサクラ大戦」にて、記事の掲載順序を誤りました。 作者様、および楽しみにしていた読者様にお詫び申し上げます。 申し訳ございませんでした。

20101004:「やる夫たちが夢の国で遊ぶようです」につきまして、こちらの不具合で記事が切れてしまっております。作者様、及び楽しみに読んでくださっている読者の皆様にご迷惑をおかけしてしまい、申し訳ありません。
一度下書きに戻させていただきます。よろしくご了承ください。
「やる夫で学ぶことわざ」の作者様より、やる夫ブログ用のスポンサー案内をいただきました!本当にありがとうございます!さっそく使わせていただきます!

20100811:皆様、大変ご無沙汰しておりました。ぼちぼち更新を再開できればと考えております。
「やる夫がDQⅢの勇者になるようです」についてですが、コメントを頂けるのは大変うれしいのですが、他作品のコメント欄での投稿はご遠慮願えれば幸いです。
恐縮ですが、ご協力よろしくお願いいたします。

20091222:年末なので順調に更新量が減っております。今日明日はお休み、再開一発目は「やらない夫の超兄貴」になる予定です。作者様、まとめが遅くなり申し訳ございません。

20091208:今週クソ忙しいので、かなり更新が減ります。ご了承ください。

20091116:更新の調子にもよりますが、週末をめどに、カテゴリを追加する予定。前回追加からだいぶ間隔開いたんで、かなり溜まってます。

やる夫ブログについて

姉妹ブログというか同一人物ブログ。
やる夫ブログ(裏)(18禁です)


 ネ タ 投 稿 お 待 ち 
 し て い ま す ! 
(↑結構心から待ってますw)

 ネタ投稿の他、転載お断りの記事、相互リンクのご希望等ございましたら、お手数ですが下のメールフォームよりお知らせください。なお、http:を付けるとエラーになってしまうようなので、ご投稿いただける際にはhttp:を抜いていただきますよう、よろしくお願いいたします。
相互リンクの反映に時間がかかってしまい申し訳ありません。気長にお待ちください。


嬉し泣き
美麗なタイトル画像を描いてくださっているのは、こちらの方々です。
本当にありがとうございます。


七市様
Shadow3_convert_20091008101141.jpg
ハルヒとやる夫、やらない夫の表情が最高のタイトル画像。冬にぴったりの美しい作品です。


1様
http://blog-imgs-15.fc2.com/y/a/r/yaruomatome/yaruoblog_title_convert_20091026144430.jpg
柔らかで暖かい雰囲気がたまらない作品。みゆきさんヤバすぎで管理人狂喜の舞を舞っておりますwww

1様のプロフィールはこちら


65様
securedownload_convert_20091008101321.jpg
同じく「やる夫がチェルノブイリに旅立つようです」より。元ネタの雰囲気をビンビンに伝えるダークな作品。


草葉様
Shadow3_convert_20091008101141.jpg 「やる夫がチェルノブイリに旅立つようです」をモチーフにしたタイトル画像です。物語の後、このタイトルを見て吹きました。

219c0c442.jpg

草葉式


味噌様
yaruoblog_convert_20090519194443_convert_20091008101235.jpg
やる夫ブログ初!物語とタイトル画像のコラボレーション!快く、最高に美しいタイトル画像を描いて下さった味噌様に感謝です!




トンボ様
minamike_convert_20090519194731_convert_20091008101216.jpg
夏にぴったりの逸品を、トンボ様よりいただきました!水着ハァハァ(´Д`;)


トンボのかんさつ日誌


ヒジキ様
nagato_convert_20091008101341.jpg
管理人のツボにはまりまくりの長門!大好きだ!結婚してくれー!



ヒジキ煮


aro様
yaruo_blog_fix_convert_20090210225801_convert_20091008101403.jpg
らきすた勢の見事な描写もさることながら、このやる夫にしてやられました。


Charged time-out


Yutaka様
RMm06_convert_20090127165950_convert_20091008101426.jpg
個人的に水銀燈が一番好きです。タイトルのセンスも◎。本当に有難うございます。





マブチョコ_m様

この魅力的なボディにくらくら!管理人はこの人の同人誌が大好きです!やる夫ブログの記念すべき初タイトル画像。全てはここから始まりました。



うにゃらら大飯店



イチオシ

やる夫がDQⅢの勇者になるようです

自らを成長させる姿に心震える
作品。普通の掛け合いなのに、
自然と笑みがこぼれる構成と
演出は見事の一言。
自分を好きになれる、極上の映
画を見た後のような読後感は、
自信を持って「最高だ!」と賞
賛できる作品です。





過去の「イチオシ」一覧を作りました。
管理人オススメ記事

管理人が抱きしめたいほど好きなやる夫作品

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。