FC2ブログ
2017 051234567891011121314151617181920212223242526272829302017 07
やる夫ブログヘッドライン



【お気に入りサイト新着記事】 【カテゴリー一覧】

    
   
【最新エントリ】



スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




カテゴリー「スポンサー広告」内の最新記事

だ

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | はてなブックマークに追加

やらない夫が迷い込んだようです 

647 ◆g9D/uowH/A:2009/09/19(土) 22:41:59 ID:rMnJQSl2
投下します







648 ◆g9D/uowH/A:2009/09/19(土) 22:42:36 ID:rMnJQSl2
───────────────────────────────────────────────
  ─────────そして俺は「218回目」の結末を迎える。
                                カミサマ
   この光景も、もう218回目になる。くそったれの「作者」が作り出した、くそったれのエンディング。
───────────────────────────────────────────────
        / ̄ ̄\
      /       \
      |::::::        |
     . |:::::::::::     |
       |::::::::::::::    |          ....,:::´, .
     .  |::::::::::::::    }          ....:::,,  ..
     .  ヽ::::::::::::::    }         ,):::::::ノ .
        ヽ::::::::::  ノ        (:::::ソ: .
        /:::::::::::: く         ,ふ´..
-―――――|:::::::::::::::: \ -―,――ノ::ノ――
         |:::::::::::::::|ヽ、二⌒)━~~'´
───────────────────────────────────────────────
    彼女は今回も血塗れた姿で呆然と立ち尽くしていた。
                             俺はそろそろ覚悟を決めなくてはならない。
───────────────────────────────────────────────
/:l    \:.:.:.:.:.:.:.\                     。   /:.:.:.:./ /:.:.:.:.:.:.:
:.:.}     i:.ヽ:.:.:.:.:.:.:.>          i          。 ∠:.:.:.:./   i:.:.:.:.:.:.:.:.
:.:.:',     ',:.:.:.:.`T:.\        ャ─  ''フ      。  /:.:./     ;:.:.:.:.:.:.:.:.
:.:.:.:' ,.    ;:.:.:.:.:.:l:.:.:.l:.\         ヽ ...  '゛      。 イ:.:.:.;     ;:.:.:.:.:.:.:.:.  『見ていた……ですか』
:.:.:.:.:.:',     ',:.:.:.:.l:.:.:.l:.:.:.:.:` .._              ィ'゚゛:.:l:.:.:.:.:',    ,':.:.:.:.:.:.:.:.
:.:.:.:.:.:.:',    ',:.:.:l:.:.:.l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.> .._       _.. <:.:l:.。:.:l:.:.:.:.:::.;    ;:.:.:.:.:.:.:.:.:.
:.:.:.:.:.:.:.:' ,    ;:.:.l:.:.:l:.:.:.:.:.:.:.:/  |    --    |   \:.:.:.l:.:.:.:.:.:.;    ;:.:.:.:.:.:.:.:.:.
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:' ,   ;:.:l:.:.l:.:.:.:.:.:/   `l           レ    ヽ:.l:.:.:.:.:.:.;    ;:.:.:.:.:.:.:.:.:.
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.;   ;:.l:./:.:.:./      \     /      \:.:.:.;   ,':.:.:.:.:.:.:.:.:.:.







649 ◆g9D/uowH/A:2009/09/19(土) 22:42:57 ID:rMnJQSl2
───────────────────────────────────────────────
   俺はできるだけの悲哀と驚嘆と恐怖をこめて台詞を口にする。。
                ────血まみれの親友の部屋で、それでもはっきりと。
───────────────────────────────────────────────
     / ̄ ̄\
    /   _ノ  \
    |    ( ○)(○)
 .   | U   (__人__)
    |  U  |r┬-|  彡           『や、やる夫!!……す、翠星石、おまえ……』
 .   |     ` ⌒}   彡
 .   ヽ        }
     ヽ     ノ
     /     \
    / /\   / ̄\____l⌒l
     | |  \ /  ヽ \_____|
 Σ(⌒ノ   ゝ    \__)
───────────────────────────────────────────────
  彼女の手に力が入る。もちろんその手には、その機能を存分に発揮したあとの血濡れのナイフだ。
  この後彼女は何も言わずに俺の全身を切り刻む。まぁこれで218回目だ、慣れたもんだ。
───────────────────────────────────────────────
                    / ,'ヽ
                    ,' !:::::i,
                l l:::::::::l,
                  l |:::::::::::l
                 ! .|:::::::::::::l,
              | |:::::::::::::::l
              l |::::::::::::::::|
              l |:::::::::::::::::l              _,.---- .__
              | |::::::::::::::::::|       ,.ィ´ ̄ _____  `ヽ、
                  | l::::::::::::::::::l    /   ,.ィス゛__ 米 `¨''ェ,-、\
                 | |::::::::::::::::::|     / , /´__r‐'´/.:.:.:.:.`¨¨''ー-ニ、ヽ ヽ
                | |:::::::::::::;:::;|   ./ / /, //.:.:.:/.:.:.:.:.:.:.:,ノ.:./.:.:.:.:.:.:ヾヽ ',
               L_|::::::::::::::::::|  /.イ イk//.:.:.:/.:.:.:.:.:.//.:/:/.:..:.:.:.:.|:ヽ| ヽ
                  ̄,>'ー||=ー;'´ '.:i:-‐/\;:<.;.イ.:/.;ハ;/ .:.|.:.:i! /
                  (   ̄`¨.〉/ ,'.:.jィ,|.:.|__/_,∠__/ ノイ,イ二ヽ___`!!:.:|ノ
                {`ー---'V、 |,イホ !.:.!`Yひバヽ // ィアハY´||.:.:||
       .         ∧`¨'''ー'ハj j.:{  |.:.:!| ゙又_ツ   ,  又ツ゛`リ/.:!!
───────────────────────────────────────────────
 綺麗な顔と濁った眼差しが俺を射抜く。稀に俺に向けられたこともあるあの暖かい笑顔とは正反対の、
  絶望を知り尽くして狂うことすらできなかった壊れた彼女が俺に迫る。「いつも」の展開。
───────────────────────────────────────────────







650 ◆g9D/uowH/A:2009/09/19(土) 22:43:11 ID:rMnJQSl2
───────────────────────────────────────────────
218回目の俺の死は、前回より刺突が3回少なかった。薄れてく意識の中で、動かなくなったやる夫を見る。
────あの馬鹿も、218回殺されている。やれやれ、いつになったら終わるんだ、この物語は。
───────────────────────────────────────────────

       .l;;i′      /     .!;;/ .イ、;;;;;;;;;;;;;;./ |;;;;;; /         .r' /     ,イ゙ .,〃     ../; /
       .|/       ノ      .l;;; !  l;;;;;;;;;;;;;;;;ゝ !;;./           ,,ilr'"     ,i'./        ,./ ,/ .,.
       :l゙                 | !  /;;;;;;;;;;;; /  /./         '″      .,l./        ,,ノン"  .フ;;
              _,,          !゙.,,.,i";;;;;;;;;,./  .iУ                             ,i'/ .,..r'";;;;;
   .i}′        / ;;,! .,      /;゙;;;;;;;;; /   .l″            ,ν         / /_..-'";;;;;;;;;;;;;;
   `           i";;;,/ /      /;;;;;;;;;;;;/                   il l′         _..-";;;;;;";;;;;;;;;;;;;;;;;;_,,.
           l /  ."、    / ;;;;;;;;;;/               _    ,,i!!″     .,..r'";;;;;;;;;;;;;;;;;;.,,,r‐ー'″
          /./    l「    .../ ;;;;;;;;; /              ,,il″   .´     .,,./ ゙;;;;;;;;;;;;;;;;;_ン'"
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

            やる夫Ⅱ板 短編バトル投稿作   『やらない夫が迷い込んだようです』

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
. ,i|′ ,/;;;;;;;;l゙./ ;;;;;;";;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;'|  ,.il!ン''/...-彡'',゙..- '";;;;;;;;;,..;;二―'",,/'!'"
// ./;;;;;;;;;iレ゙;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; / .,. |/‐ンン'∠゙‐'゙´;;;;;;;;;;;;,i;;iU゙‐'''^゙゙''″         _..i
/r'";;;;;;;;;;; 〃;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;>'";;゙´,iテ '´;;;;´;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;フ"      _,,,...i;;;; iv=ゞ´
;;;;;;;;;;;;;;/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:'“;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; /   __..;;メ`-ー'"゛            _,,.. -ー'''''゙゙''゙ ̄,゙/
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;i 彡‐''゙,゙.. /               ,..-''゙´;;,,..、;;;;;;;;;;;___,,,,,,,
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,,,./ '´             _..- ._,,./ ;;;;_,,./   .゙'''゙゙゙´ ,,-''"
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,,./ ″   ._,,,,_,,,..;;ニニ!゙彡''彡-‐'"゛        ‐‐‐'"
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;i;;./ ._,, ー'''゙゙´;;;_.. ;;ニ`- ゙゙゙̄‐'"゛
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;_.. `-'''''"
───────────────────────────────────────────────
─────そして幕が閉じる。やっぱり終わらないんだろうな、今回も。
                                   とりあえず、このエンディングから俺の物語を語ろう。
───────────────────────────────────────────────







651 ◆g9D/uowH/A:2009/09/19(土) 22:43:25 ID:rMnJQSl2

───────────────────────────────────────────────
 いつもの脇役な俺に与えられた使命は、いつもの通り、アイツのサポート。
     ───カミサマが納得する結末を迎えられるように、あいつの道標となる仕事だ。
───────────────────────────────────────────────
      |┃三 ガラッ
      |┃  ____
      |┃/⌒  ⌒\
      |┃(●)  (●) \
───|┃:⌒(__人__)⌒:::::\
      |┃  |r┬-|     |⌒)
      |┃   `ー'ォ     //
      (⌒ヽ・    ・ ̄ /
      |┃ノ       /
      |┃   つ   <
      |┃  (::)(::)   ヽ
      |┃/    >  )
      |┃     (__)
───────────────────────────────────────────────
今回のカミサマはどうも初心者らしい。物語が放り出されるのが怖かったが、俺達はカミサマを選ぶ事はできない。
ストーリーは俺達とは無関係に進行していき、俺達は自然と台詞を口にする。それがこの世界のルール。
───────────────────────────────────────────────

     / ̄ ̄\
   /   _ノ  \
   |    ( ー)(ー)
.   |     (__人__)
    |     ` ⌒´ノ
   .l^l^ln      }
.   ヽ   L     }
    ゝ  ノ   ノ
   /  /    \
  /  /       \
. /  /      |ヽ、二⌒)、
───────────────────────────────────────────────
今回も、一番多いパターンだ。とりあえずやる夫は俺に相談しにくる。俺にはすでに引き出しが用意されていて、
当然ように偉そうな説明をする。テンプレ展開で始まったが、テンプレ蹴りは避けるとする。俺の気遣い。
今回のやる夫は彼女持ち。つまりリア充。ハッピーエンドから始まる物語。
───────────────────────────────────────────────







652 ◆g9D/uowH/A:2009/09/19(土) 22:43:40 ID:rMnJQSl2


      現在同棲中:翠星石                        クラブで知り合った女:真紅
               ___
          _, -' ´___\                              _r一':::::::`:ー-、
     ,  '´ _,-'´, -――- ゝ、                          f´:::::::::::::::::::::::::::{:ヽ __    ,、
    /  ./ /      l ト、\                        ノ:::::/  ̄'´ ̄ ̄`く\:::`ヽ〃》
   \__/ /l / /  , /l'| ト、l ',                       {::::::/  l         く::::ヽ、:::}≦、
     l | / l/|7ニイ´/〃| -L.l !                      〈::::::|l l !  l     ヽL:::::||:::ヽ=く
     l | l | ┬::cr / / ┬c」 |                       !::::|N|、|、  |\l、  __|_l〉::||:::::〈  ヽ
      l | l !  l:::::::j  '   l::::j.! /                       `ー|!ィf心\! ,.≦ミ、|/〉:@::ノ
      l | l l⊂⊃‐       ‐⊂/                        ,.-j{弋zリ  ´トrリ} }| ヽリノ!_〉
      ! | |ヽ|        -   リ                       / /{ v ー __  弋zソ /'_,.イ } {ヽ
      ! | lゝ、      n /|                      /   | 丶、 {  \  ̄z ´ノ__!ノ   ス
      ! | |::::::::::ー┐ r‐:::l !´l. |                      |      ` トァ=='rァ==く 〈_j   〈__}
     /| l::::::::::;ィ´ {X}i〈_〕l. !                             /{ ニ@二 }ヾ|    ,ハ
     l l__j::::::::/: i_lil__|: !: /. !                            〈/:ヽイ |\__'j:l:::〉   〈_ノ
        【BEFORE】                                  【AFTER】


───────────────────────────────────────────────
物語はこうだ。やる夫は既に愛し合う彼女がいた。でも他の女と関係を持ってしまった。
同棲までしていた今の女を捨て、新しい女と駆け落ちしたいらしい。二行で説明できてしまった。大丈夫か。
───────────────────────────────────────────────

         ____
        /― ― \
      /(●)  (●) \
     /   (__人__)     \
      |    ` ⌒´      |
      \           /
        /         \
       |   ・    ・     )
.     |  |         /  /
       |   |       /  / |
       |  |      /  /  |
───────────────────────────────────────────────
つまり俺は、やる夫と翠星石を別れさせ、真紅と上手く行く助けをしなければならない。
この時は疑問すら浮かばなかった。今回のカミサマは、どろどろの愛憎劇がお好みのようだ。
「やる夫ざまぁw」に持って行けばいいんだな、よしよし。
───────────────────────────────────────────────







653 ◆g9D/uowH/A:2009/09/19(土) 22:44:06 ID:rMnJQSl2
       ., ──‐、
      /     \
.     .|     _ノ  ヽ
     |     ( ●) (●)
     |       (__人__) , -―ーっ
      |     ` ⌒´ノ ( ゝ彡 ̄
.      ン         } ゙| ̄'|
    /⌒ヽ、     ノ  .|,  |
__/   ノ \_ィ ´ー‐ィ'   ∫
| |  /   /    r_____ ∬
| | /   /      |i    ┌‐┐
| | ( 〆⌒'──r─≒、.((|   |
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄└‐┘ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
───────────────────────────────────────────────
──真剣に話し合え、とか真摯に対応しろとか言った気がする。
おそらく俺の出番は少ない。彼らの愛憎が物語りを紡ぐものとばかり思っていた。
───────────────────────────────────────────────



         。            '  、       ;: 。
                               `'''`~''・    ' `
     f''`⌒(     ,,,,               !:(',,,,、              ::,,,,,、...
     ,!,,,、(     /::τ             ノ:::::::::::::::::)          。  !::::::::::`! 、
 :.、          !:::(     ノ::`!   o   (::::::::::::::::::τ            (:::,,;,;,、; 。
       ゜     (/      ⌒・ .   ・、;::::::::::::;;.;`` ''
     ,,、..   //   ノ'          //'''`'`'` `       ..,,.. _,,,.、 ・         ,, ...:・..
  π /;::::::::(,.,.(;;;::::(   ,,.,  ・っ                    ;,;;( ):::::;.    c::── '`'''::::::::::;''
   ):::::::::::::::::::::::::::/  '''''`   `        '`                      ⌒ ` !.:::τ'' ``
 τ !::::::::::::::::::::::::::::)/,,,,, γ               :'`'``:!
   (::::::::::::::::::::::::::::冫 `'`'    、,:'::::::`:::,,,,        !:::::ノ         ・
 :::':'::::::::::::::::::::::::::::;(,,,,,,,、:::::::-ー''''`'`''''''''"
───────────────────────────────────────────────
唐突な展開から迎えたエンディングは想像の範疇だった。
別れ話のもつれから、火サスよりも陳腐な展開でぶっ壊れた翠星石によって、
やる夫は肉の塊と化しついでに俺も解体されて幕が下りた。これはひどい。グロい。
───────────────────────────────────────────────







654 ◆g9D/uowH/A:2009/09/19(土) 22:44:20 ID:rMnJQSl2
     |川||      |::::::::::::::::::::::::::|        |::::::::::::::::::::::::::|       |::::::::::::::::::::::::::|   
     |川||      |::::::::::::::::::::::::::|        |::::::::::::::::::::::::::|       |::::::::::::::::::::::::::|   
     |川||      |::::::::::::::::::::::::::|        |::::::::::::::::::::::::::|       |::::::::::::::::::::::::::|   
     |川||      |::::::::::::::::::::::::::|        |::::::::::::::::::::::::::|       |::::::::::::::::::::::::::|   
     |川||      |::::::::::::::::::::::::::|        |::::::::::::::::::::::::::|       |::::::::::::::::::::::::::|   
     |川||      |::::::::::::::::::::::::::|        |::::::::::::::::::::::::::|       |::::::::::::::::::::::::::|   
     |川||      |::::::::::::::::::::::::::|        |::::::::::::::::::::::::::|       |::::::::::::::::::::::::::|   
      | 川|lilililililililililililililililililililililililililililililililililililililililililililililililililililililililililililililililililililililililililililililililililililililili
     |川||      |川| |川|
     |川||      |川| |川|
     |川||      |川| |川|
     |川||      |川| |川|
     |川||      |川|´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
     |川||     / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
     |川||   /
     |川||  /
     |川|l/____________________________________
     〔__________________//」______//」___________
───────────────────────────────────────────────
役目を終えて、俺はまた待機する事になる。「控え室」で、カミサマからお呼びがかかるのを待つわけだ。
最も、最近は休むヒマなんてない。幕が下りて気づいたら次の物語だ。さあ、次の物語へ───────
───────────────────────────────────────────────







655 ◆g9D/uowH/A:2009/09/19(土) 22:44:35 ID:rMnJQSl2



      |┃三 ガラッ
      |┃  ____
      |┃/⌒  ⌒\
      |┃(●)  (●) \
───|┃:⌒(__人__)⌒:::::\
      |┃  |r┬-|     |⌒)
      |┃   `ー'ォ     //
      (⌒ヽ・    ・ ̄ /
      |┃ノ       /
      |┃   つ   <
      |┃  (::)(::)   ヽ
      |┃/    >  )
      |┃     (__)
───────────────────────────────────────────────
───同じだった。こんな事は始めてだ。
俺は、全く同じ台詞を吐き同じリアクションを取り、そしてまた解体された。再び幕が下りて上がり──また死んだ。
───────────────────────────────────────────────
       ., ──‐、
      /     \
.     .|     _ノ  ヽ
     |     ( ●) (●)
     |     U (__人__) , -―ーっ
      |     ` ⌒´ノ ( ゝ彡 ̄
.      ン         } ゙| ̄'|
    /⌒ヽ、     ノ  .|,  |
__/   ノ \_ィ ´ー‐ィ'   ∫
| |  /   /    r_____ ∬
| | /   /      |i    ┌‐┐
| | ( 〆⌒'──r─≒、.((|   |
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄└‐┘ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄







656 ◆g9D/uowH/A:2009/09/19(土) 22:44:53 ID:rMnJQSl2




                   / ̄ ̄\
                 / ―  ― \
                  | (●) (●) |
                |  (__人__)  |  
        ぐ         |   ` ⌒´   ノ
    ぐ  る          |        } __     ∩2z、
    る   ん   _ -  ̄ ヽ        }   ― ニ二./  /
 十  ん       .     ヽ     ノ      /`/
      ,  '    _   l´   '⌒ヽ-‐ /  /  } }  +
    / /     /       リ     |  |   /  ノ
 C、/ /        ╋  /      |  |/  /  //
&  \____/     / ∩   ノ/ _/―''
 ⌒ヽ-、__/   ̄ ̄ ̄`ヽ|| '´   /   十
      /  ̄ ̄`ー- ...,,_災__,/| /        +
              /   ノ {=   | |

───────────────────────────────────────────────
10回目の死を迎えたあたりで、カミサマの意図を考える。俺がこの物語に対して、何かをすべきなのだろうか?
25回目の死を迎えるあたりで、俺は動く事にする。ルールの範疇で知識を総動員して、「アドリブ」をとる。
33回目。翠星石の殺し方に変化があると気づく。刺す回数がランダムに変化する。彼女も苛立ってるのだろうか?
───────────────────────────────────────────────
             / ̄ ̄\
           / ヽ,,,)ii(,,,ノ\
           | (●))((●) |
           |   (__人__)  |
           .| il´ |r┬-|`li }
            |!l ヾェェイ l! }
            ヽ      /
            .ヽ    /
           /⌒ヽゝ   <ノ~⌒ヽ
         l             |
         | ,Y        Y  |
          |  | ・     ・ |.  |
          |  l         |  |
         | .|     l   ノ  ノ
         {' `\      /  /
         ,>、   ヽ    /  /ヽ
     .   /  \ \  / /   ヽ   ))
    ((  / .   ◆◇◆◇◆   ヽ
     .  /     ◇◆◇◆◇    ヽ
      /      /◆◇◆◇      ヽ
   .  /      / ◆◇◆ \      ヽ







657 ◆g9D/uowH/A:2009/09/19(土) 22:45:06 ID:rMnJQSl2
───────────────────────────────────────────────
39回目、またいつもの台詞だった。俺個人の行動は、やる夫達への働きかけが無い限り効果は薄い。
42回目、翠星石に先に会おうとするが、どこにもいない。物語は、俺と翠星石を二人だけにしない。
50回目、血の味を覚えてきた頃、俺だけが記憶を引き継いでいるとようやく気づく。遅すぎるだろ俺。
───────────────────────────────────────────────
  ゝ _{  《 ー/: : : : : : //: : : : : : : : : : : : : : : :l: : : : : :',
    ' ∧ 《  /: : : : : : /': : : : /: : : : : :/: :/: : |: : : : : : ',
   / /: :ゝ《   ,: : : : : : /: : : :/: : : : : /: /: /: : /: :l: : : : : ',
   / /: : : : 《  l: : : : : : l: : /: : : : : /: /:/: : /: : l|: : : : : :l   どうして、どうして翠星石じゃ駄目なんですか?
  l: /: : : : : :》ー:!: : : :-‐1:´: :_; :-‐≠: ///: : :∧: : l|: : : :l : |
  l/: : : : : : :《 ∧: : : : : |三ー-/、/´  〃::/ ハ: :l|: : : :l : |    ────こんなに、愛してるのに。
  /: r ⌒)\: 《 ハ.: : : : :!ヘヤテ云圷ミー /イ示テイ: :∨: : :/: :/
 'r=',イ {  ヘ《  \: : |\とう斗′   辷ぅ イ:l: :/: :/l/:/
/f´/ l  レ⌒ヌ《   ーi\\ 丶      ,!   /、l:/://》 /'´
: }/  l     r' ヘ》   |トヽ  c- ァ    ィ》 /イ ー《
: :|   |     {   《     | > 、 _,. <´j_ 《      》
: :|   |    レ⌒l《   |\ /      ( / 》    《







658 ◆g9D/uowH/A:2009/09/19(土) 22:45:20 ID:rMnJQSl2
───────────────────────────────────────────────
55回目あたりから、エンディングの現場に先回りをする。ここで、やる夫の吐いた台詞の変化を見る。
66回目、アドバイスに応じてやる夫の台詞が変わる。これにより、翠星石の刺突回数が変わる。
88回目────駄目だ。やる夫が別れ話を持ちかけ、翠星石がやる夫に殺意を抱くのは変わらない。
───────────────────────────────────────────────
           ____
         /      \
        /  ─    ─\
      /    (●)  (●) \  『……飽きたんだお、おまえに。おまえの体にも』
      |     (__人__)   |
       \     ` ⌒´   ,/
      ノ      ー‐   \


           ____
         /      \
        /  ─    ─\
      /    (●)  (●) \  『お互いの気持ちが離れているお。
      |     (__人__)   |      しばらく、距離を置きたいんだお』
       \     ` ⌒´   ,/
      ノ      ー‐   \


           ____
         /      \
        /  ─    ─\
      /    (●)  (●) \  『ぶぶ漬け食べなはれ』
      |     (__人__)   |
       \     ` ⌒´   ,/
      ノ      ー‐   \


           ____
         /      \
        /  ─    ─\
      /    (●)  (●) \  『いつまでも手を繋いでいられると思ってた
      |     (__人__)   |          そんないつかのメリークリスマス』
       \     ` ⌒´   ,/
      ノ      ー‐   \

───────────────────────────────────────────────
108回目、やる夫は真紅の名前も存在も明かさない、明かそうとしない。これはおそらく巻き込みたくないからか?
115回目、とりあえず一発やってからにしろと18禁展開を勧めるも、俺への刺突回数が爆発的に増えただけだった。
138回目、ハッピーエンドは幸せの終わり、という言葉がふっと浮かんだ。方向性を変える。こっちが正解か!?
───────────────────────────────────────────────







659 ◆g9D/uowH/A:2009/09/19(土) 22:45:34 ID:rMnJQSl2
───────────────────────────────────────────────
145回目、何回か翠星石を煽る展開に持ち込んでみたが、やはり変わらない。俺の解体部品が増えるだけだ。
155回目、やる夫が来るのを防ごうと鍵をかけて見たが、やっぱり蹴破られた。逆キレされた。
163回目、開始直後におちんぽカタストロフィを始める。最終的に俺のおちんぽがカタストロフィした。部品追加。
───────────────────────────────────────────────
        ノ L____
       ⌒ \ / \
      / (○) (○)\
     /    (__人__)   \
      |       |::::::|     |
     \       l;;;;;;l    /l!| !
     /     `ー'    \ |i
   /          ヽ !l ヽi
   (   丶- 、       しE |そ 
    `ー、_ノ       ∑ l、E ノ <
               レY^V^ヽl


    /    /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. \   l
    l    ノ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ   l
.  l  /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./:.:.:.:.ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ  !
  l. /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. /:.:.:.:.:.i:.:.ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:',l
   l i:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./:.:.:.:.,、 '"   /:.:.:.:.:.:.,':.:.:/ \:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:',
.  l. l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./:.:, '"       /:.:.:.:.:.:./:.:./   ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.i
  l l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:i:.:.:.:.:/:.:/    ノ  /:.:.:./ /:./ ` ─--\:.:.:.:.:.:.:.:.:.i:.:.:.:.:.:.:.:.l
  ! l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.l:.:.:.://--─  '"  /:.:/  /:/  __.....    ヽ:.:.:.:.:.:.:.l:.:.:.:.:.:.:.:.l
. !  !:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l:.:./ _.... -─-、- //   //  ,、r‐──- .._ \:.:.:.:.l:.:.:.:.:.:.:.:/!
 l  ',:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.l:/ く i ..::::::::::ヽ     ,,.'''    i ...::::::::::} >>l:.:.:,':.:.:.:.:.:.:./:.i
 l   ',:.:.:.:.:.:.:.:.:.リ    ヽ::::::::::::/   ,,. ''      ',:::::::::::::ノ '"  l:./:.:.:.:.:.:/:.:.:',
 !    ヽ:.:.:.:.:.:.:.:ヽ    どニつ  , ''         どニつ'゛  /:.:.:.:.://:.:.:.:.:',
/:l    \:.:.:.:.:.:.:.\                     。   /:.:.:.:./ /:.:.:.:.:.:.:
:.:.}     i:.ヽ:.:.:.:.:.:.:.>          i          。 ∠:.:.:.:./   i:.:.:.:.:.:







660 ◆g9D/uowH/A:2009/09/19(土) 22:45:45 ID:rMnJQSl2
───────────────────────────────────────────────
178回目、   かゆ うま
───────────────────────────────────────────────

       / ̄ ̄\
     /  ─   \
    ( ●)    (●)
.    |   (入__,,ノ  i
     |   (  /u  |
.     |   |! |u   }
.      ヽ ι! .|   }
      _ヽ;:i;l 。゚・ ノ_
    ノ   i:;l|;:;::;     \
  /´   ι! :i;l 。゚     |ヽ
 |    l。,j i:i;l 。゚ i!、o     \
 ヽ    -一''''''"~~``'ー--、   -一'''''''ー-、.
  ヽ ____(⌒)(⌒)⌒) )  (⌒_(⌒)⌒)⌒)
───────────────────────────────────────────────
涙、なみだ、ナミダ、血、血、痛み。これ以上のバッドエンディングはあるのか?カミサマはどれだけの血をお求め?
そもそもここはどこなんだ?背景すら設定されてない。この空間で、やる夫と、俺と、翠星石が辿る可能性?
俺に何をさせたい?円満に分かれさせる手はやりつくした、残虐な展開もやりつくした。
───────────────────────────────────────────────







661 ◆g9D/uowH/A:2009/09/19(土) 22:45:59 ID:rMnJQSl2
───────────────────────────────────────────────
そして迎えた219回目、つまり今。やる夫に俺はふと呟く。あれ?これ言ってなかったな。
───────────────────────────────────────────────
          / ̄ ̄\
         /  _ノ  ヽ
         |  ( ●)(●)   ───殺されるかも、しれないだろ。
           _|    (__人_)
     r.:.:'"´/::|.    `⌒´|、_
    ハ::::::/__:'ヽ_.    _ノ.:.:/
     |::::',:::::::::'‐-ヾ' 7Υ} ...:.:{.
    }>‐'、:::::::::::::::∀.,ィt!.,へ:!
    }, -‐'―__,. - '´ 'ツ/(三ヽ
    Y ´ ̄__,.. -‐r-イ/`tミ_ソ


          , 、、  ,,       
        , '  ____ " 、、  
         , '   /⌒三 ⌒\  ',  
       ;  /( @)三(@)\  ;  
       ; /::::::⌒(__人__)⌒:::::\ ; 
        |  u   |r┬-|  u  | ; 
       \   u `,. -'"´´ ̄`ヽ ;  
    _   /    (___   | ', 
  ,、'  /              |  ;  
 、 ( ̄                |  ;  
     ̄ ̄ ̄|               | ;

───────────────────────────────────────────────
やる夫が、新しいリアクションを取った。俺は思わず期待した。この糞ッたれな物語は、ようやく終わってくれる?
発想すらしていなかったのだろう。このやる夫は、きっと他人の気持ちを思いやれないのだ。
まぁ、こいつの元々のキャラなんだけどな。どうやらカミサマは、それを知っているらしい。
───────────────────────────────────────────────







662 ◆g9D/uowH/A:2009/09/19(土) 22:46:09 ID:rMnJQSl2
      ===================i            |
      ||    ☆  |||    / ||              |
      ||      /|||  ☆   ||              |
      ||____|||________.||              |
        ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄~             |
                  ________     |        ||\
 ||―‐(⌒⌒)---||         l\         \    |        ||  \
 |,ノ´ ̄´⌒⌒⌒`ヽ、     |  \         \  |        ||   \
  ノ          ヽ、 ̄ ̄\  ||二二二|| ̄ ̄||_|| ̄\      ||     ||
 ヾ  ノ            ヽ,    \||::  |\||    || ||   \     ||     ||
   ゝ.  「| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄「|          || ̄ ̄||        \.  ||     ||
    ヽ,,ノ|」――――――|」                      \ ||     ||
───────────────────────────────────────────────
───記念すべき219回目の最後の舞台は、リビング。始めて俺達の所在地が分かった。
                       ドアを開けると─────
───────────────────────────────────────────────







663 ◆g9D/uowH/A:2009/09/19(土) 22:46:22 ID:rMnJQSl2
           
          / ̄ ̄ ̄ \
         /ヽ...._..._.... \
       /  <Θ>:::::::::<Θ> \
       |     (__人__)    |    『……殺してやるお。』
       \    ` ⌒ ´   /
       /          ヽ.
      / /|         i  i
     / / |       /|  |
∠二二[廴j≧ ヽ   r  / ハ .,)
         ヽ  |/
          >__ノ;:::......

───────────────────────────────────────────────
やる夫が、翠星石を殺そうとしていた。翠星石は、怯えている。別れ話はしたのか?展開が速すぎる。
どうしてこうなった?
───────────────────────────────────────────────

    l: : /: : /: : /: /: ハ :  : :ヽ  {    '、
    {: l!: :⊥、/: : /.:/. /|: : .l   ヽソ    ハ
    .l: |l: :l :トリ_`ー':^/: {、  ヽ: : : | : : |_,..ィ'´ ̄   『や、やる夫……』
     人:弋 じぇ、"´   、 `丶、_ヽ.:l: /: : l|:. |
      ム `ト `"'゙      '^ぅテォ-テ/./: /: /l.:..:.|
      ∧ 八     ,    ヾジ /.イ: :/. /: .l : |
    / こ}※ \__ トー‐、  __ ノ_ .イ//_:_:_l..|
    ノ  匸l/⌒ 、 )ヽ___ノ _ .. イ ̄※ ノ厂兀l.|
   /  て/  ´  ヽ`三/ ┴、 /    ノし  }: : l|
  /    (_{     }{"´  ヽ |〃_. イJ´   l: : : |
::/    /(\ _ ノ)ヽ___、._丿「 /勹     l: : : :|

───────────────────────────────────────────────
やる夫が、翠星石を殺そうとしていた。翠星石は、怯えている。別れ話は、したのか?展開が速すぎる。
───────────────────────────────────────────────







664 ◆g9D/uowH/A:2009/09/19(土) 22:46:35 ID:rMnJQSl2


        .__   r  /     |/ー、\   \
          "ヽ |  i,        ノ   .\^   i
            | ヽ./ ヽ、_../   /     .  ヽ、__ノ
            i /  //  ./
            ヽ、_./ ./  /
                / /
              ノ.^/   ダッ
           |_/

───────────────────────────────────────────────
やる夫が、翠星石に飛び掛る。この展開は、今まで無かった。
───────────────────────────────────────────────
                  , -──‐-‐-─ - 、
                /     ,.-─‐‐- 、  \
               /, -‐'"´  ‐米-    \_ \
                / / ‐寸r-ー-ー‐- 、_ 卞 \ \        ,rっヘへ、
              <  _/ , イ.:::,ィ彡´ .::::::::::i:`ヽ   i j \       / 〈 ーYノ乃
             `>y'′.:,r'´   .:.:::;:::i::::l|:::、::.\ |ノ  /    , ィイュ ノ>ー 〉ノ  『きゃあッ!?』
               / .::, .:/ .:.:/ .:,.::,::/::ノ::ノ||:::::`,:::.:ヽ|_ , イ   / /´Lヽ `ーイ/
            l/.::|.:.:::i.::::/::::::/:://::/:::ハ1|::::::::i:::::::: |::::::.:|  _/ / , イト、,ィソ、_
             |.:|.:.:::|:./::,:ィイ,イ/::/|:/ ヾ!:::::::|::::::::ト、:::.:トィ ´ヽ心ム  \ヽ   \
                 `ト、:::l/ィ'''"´ '′``ー- 、``y'::::::/仁7     NトVi:::.:.:. \\ _」
               |/ヾ::、z==     r≡=ミ /:::/:::.:.:.      ヽf」j!::::.:.:.:. .  _フ
                / , ィハ    '     ィ.:::,:イ;:;:;:::.:.:.:./    .:.::厂``ー‐ '´ー- 、
             /./ .::]jf\  「 `)  , イ `Yト、;:;:::.:.:/::.: .:.: . : . / `ー米- 、    _>
                !/   /〈 j!  > -- <,r=ーュ ヽfト、,イ:::::.:.:.:._/ー -==== '"´
               /   /:::::{,fj / , イ7不<  //  ヽfト、r'´ ̄.:.:.:.:.\
           /   / .::〈 j!L |_//jネjト、V /   」f/.:.:.::::::::::::::.:.:.:.\







665 ◆g9D/uowH/A:2009/09/19(土) 22:46:59 ID:rMnJQSl2
───────────────────────────────────────────────
気づけば、やる夫が翠星石首を絞めていた。
───────────────────────────────────────────────
 -‐ 、        !    ',                                      ,'    !        、 ‐-
    ヽ       ',.     !                                      !     .,'       ,r'
ヽ     \     ヽ、   !                                     !   、,r'     /     ,r'
 ヽ      ヽ      .! ゙''" .',                                    ,'. ゛''゙ !.      ,r'      ,r'
  .ヽ、__, __,.' \.    ',.   ',                                   ,'   .,'    ./ '.,__ ,__、,r'.
     ヽ.    `、   ! 、_,,. !                                       ! .,,_、 !   、´    .,r'
        ヽ、._,,. ' \  ',.    ',                                  ,'    .,'  / ' .,,_.、,r'
        \.   ゙'= _,!  ,,. ゙ヽ                              ,r'゙ .,,  !,_ ='゙   ./
  ゙丶 、     '., __,,    ̄   \                            /    ̄   ,,__ ,.'     、 , ' ゙
   ノ ゙ '',…-'" -‐'"       ,ヽ                           ,r',       ゛'‐- ゛'-…,'' ゙ !、
 ‐'"- ...,,ノ    ,.         ノ .\                            /. (,         、   !、,,... -゛'‐
      ゙゙''ヽ,. ノ      _,,;;/   \                      /   \;;,,_      (, .,,r'''゙゙
      _,,ノ      ノ  ,        \                    /        ,  !、      !、,,_
   ,.. - '"    ,    /    l!       ゙                  ゙       !l    \    ,    ゛' - ..,
───────────────────────────────────────────────
物語は、より糞ッたれな方向へと向かった。俺の一言が、この光景を演出した。何だ、この気分は。
───────────────────────────────────────────────
/:l    \:.:.:.:.:.:.:.\                     。   /:.:.:.:./ /:.:.:.:.:.:.:
:.:.}     i:.ヽ:.:.:.:.:.:.:.>          i          。 ∠:.:.:.:./   i:.:.:.:.:.:.:.:.
:.:.:',     ',:.:.:.:.`T:.\        ャ─  ''フ      。  /:.:./     ;:.:.:.:.:.:.:.:.
:.:.:.:' ,.    ;:.:.:.:.:.:l:.:.:.l:.\         ヽ ...  '゛      。 イ:.:.:.;     ;:.:.:.:.:.:.:.:. <パクパク
:.:.:.:.:.:',     ',:.:.:.:.l:.:.:.l:.:.:.:.:` .._              ィ'゚゛:.:l:.:.:.:.:',    ,':.:.:.:.:.:.:.:.
:.:.:.:.:.:.:',    ',:.:.:l:.:.:.l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.> .._       _.. <:.:l:.。:.:l:.:.:.:.:::.;    ;:.:.:.:.:.:.:.:.:.
───────────────────────────────────────────────
細い声で彼女はまた呟いた。219回目の「愛してる」。219回目にして、始めて訪れる死。
悪趣味も、ここまで行けば上等だ。ああ、口の中に鉄の味がする。
俺は心の中でカミサマに問う。あんたは本当にこんな物語が書きたいのか?答えは無い。
───────────────────────────────────────────────







666 ◆g9D/uowH/A:2009/09/19(土) 22:47:17 ID:rMnJQSl2


───────────────────────────────────────────────

                   ( い い か げ ん に し ろ よ !)

───────────────────────────────────────────────







667 ◆g9D/uowH/A:2009/09/19(土) 22:47:29 ID:rMnJQSl2
───────────────────────────────────────────────
220回の血の海と悲劇の繰り返しは、俺の心のダムを決壊させるに足る量のストレスを与えてくれた。
そして俺は静かにブチ切れる事を選択する。カミサマは選択を許容する。だから俺は動ける。
───────────────────────────────────────────────
          , --────-- 、
        /           \
       /              \
     /                  \
    ./         ───     ──\
   /                        \  <プッチーン
  |         //:::::::::丶\  ://::::丶丶
  .|        | {:::::::::::::::::|  |  | {:::::::::::::| |
   |          \ヽ:::::::/ /   \ヽ:::::::ノ/
   .|             ,/    |      \
    |            |     |     |
    |            |     |     |
    .|             \__/\__/
    |.             ヽ  , ─ 、 ノ '
    .|                           /
     |                          )
      丶                         l
      \                        )
       .\                  /







668 ◆g9D/uowH/A:2009/09/19(土) 22:47:43 ID:rMnJQSl2
───────────────────────────────────────────────
クソッタレな物語なんぞ関係あるか、幸せが終わるハッピーエンド?うまくねえから、それ!
ここから俺は俺の熱血物語でヒートエンドにしてやる!バトルだバトル!いいんだね?殺っちゃって?
───────────────────────────────────────────────
         |     (__人__)
         |      ` ⌒´ノ
         |        }
       r⌒ヽrヽ,    }
      /  i/ | __  ノヽ
     ./  /  /      )
     ./ /  /     //
    /   ./     / ̄、⌒)   ────女の涙は、見飽きたんだよ!常識的に、考えて!
    .ヽ、__./     / ⌒ヽ ̄
        r    /     |
      /          ノ
     /      /    /
    ./    //   /
    /.   ./ ./  /
   i   / ./ /
   i  ./ .ノ.^/
   i  ./  |_/ ダッ!
   i /
  / /
  (_/
───────────────────────────────────────────────
密かに黒歴史になりそうな臭い台詞をつけて、精一杯走りだす!
───────────────────────────────────────────────







669 ◆g9D/uowH/A:2009/09/19(土) 22:47:55 ID:rMnJQSl2



───────────────────────────────────────────────
           ここで俺はやっと気づく。俺が、この物語でしてないこと。すべきこと。
───────────────────────────────────────────────







670 ◆g9D/uowH/A:2009/09/19(土) 22:48:11 ID:rMnJQSl2


                     ,;;----―――――--,,,
                    /              \
 , ;                /                 \
        c==ー^      /li   <こ_ .:; イ.:.:.:.:.::.:\ : :    \:.:.:.::;;;;>'"
    z        ,ィ≦    ム}|/__/´⌒  /.:.:::::.:.:::.:.:.:.:ヽ    .::.:.:;;ィ'"  /
           __ -一   .:fr'/{ミ ,彡/ ,/.:.:.::::/.:.::::ノ_,,,:::-一宀 ´    {
    c== ¨¨       /^{ノ ilil// /⌒´ ̄ ̄ ̄`7´ /     /         ',
       c に≠==ー 厶-  il,/   〃    ー/, {  {     i          ヽ
               `ート、   〃   {i         ヘ. :丶ヽ: : :ヽ: : : : : : : : : : { :\
   C °。 : .      ヘ にヘ,{i   ヽ.i{   . . . . . : : : : ヽ、:\: : : :\: : : : : : : : ヽ. : :
                 : ', ,〉ィヘ  ヾミ{!. : : : : : : : : : : : : : :\. :\: : : 丶: : : : : : : : \
          . ィー- く {^ヽ人   ヘ≧ー‐rー宀7⌒ヽ. : : ヽ、__. : : : : :\. : : : : : : :
         / :` 、: :トこ´  ヾ     ¨>く__ノ _,人___/, ¨¨¨"¬r一=,,___ : :
       / ,        ヘ、__       彡彡 ´ _ ー
      /           . : : : ´¨¨¬     , /
     ./                  ヽ、   /
───────────────────────────────────────────────
                   『あ、そういえば、コイツをまだ殴っていなかった』
───────────────────────────────────────────────
      \\ ,-、               | || !| |
\\   、,、-' 弋              | || || | !   ./
  _,、-'      (              ! || || | |   / / ̄ ~/   __ __
 (_          ヽ、           | l ! || | | /  /   /___./  //  /
.\ ¨''、         ヽ、,_          || !| |  // ̄ ̄       /  //  /
    ヽ、    _,、―--、,__)         ! | || .|  //__   __ /  //  /
  \\.ヽ  /      ヽ\\      || || |  /    /   / / /._M//_M/
    \ | .f         }        ! | || | /    /   / /   /
      し|  _      ノ  \\   | |  !  !    /   / /   /
       .ゝ_____,、-'´      .\  !   !    ./   / /   /
       \\    ¨¨・・,\\    |   | /  /μM/ /   / _ _ _
        \   \   ;,       . し'/      ./μM/ / // // /
                      。     て_         ./M//M// /
                           て                / /
                          ~               /M/







671 ◆g9D/uowH/A:2009/09/19(土) 22:48:25 ID:rMnJQSl2
───────────────────────────────────────────────
 息も絶え絶えな彼女を抱きしめる。ここから愛と勇気のやらない夫物語の幕を開ける!開けていいだろ?
 ……カミサマは何も言わない。俺はここから甘いトークへ────
───────────────────────────────────────────────
                _,.⊥_-─‐- 、
              ,. イ7    ` x ‐- 、 `丶、
              / -──-、 ´ヾ   `ヽ、 `ヽ、
            /´       ゝ`、 、  、, ヽ   \
            , /  ,        l   ゝ、 ´` ハ     \
.         //  /   ,.ィ/    !   、 {    ハ    \
     、   / / // / ィ/ 从.   |   | {    }       >
__  、  ヽ、.__'_ イ__ '-=チ' / ,人.ハ   |   ! | {  ※ }  r‐ ' ´
  `ヽ`ヽ、 l イ //、_- '´// / |` ト、 l l l ! {     }ノ|‐┐    『や、やらない夫───』
    ヽ ヽ |/ | lイx、 __,. '  '  ト 、リ l` ト ! .| | |     !γ .ノ
‐- ニ_ 、ヽ ハ  l/.l    ,    z、_ ` | ハリ /ノ| l|   / ,ゝ' ノ
     ` 丶、l‐┘{    '     `^'F-Fイ/ ノリ   /,.(, イノ
      、 `ヽ.ヘ  ゝ、 _     ` ´ ノ イ/   /ゞ=ニチ
   ;  へ ',  l `ヽ. {f'´ ヽ     ´ ,. ケ/   /     |
   l     _;  l ; / `ヾ、-ノ   _,. ' , イ〃  /    |
    l __r f`l ヘ レ、'     `ヽニ´,. -‐'  //   |、    |
  \ ! ′    Y .l        , - ヽ、 ,ヘ. イ   | \  ヘ
  ,. -',       }    /    / ,ヘ. |   |    `ヽ、ヘ
 '  / ヽ     _.f__    /    / / ヘ|   |   ,. -‐ _二、`!
  / l  ,)‐ ' ´, ヘ |  /    / /   ヘ   |, ' ,. -' ´   l |
    l |  〈 〈 ◇ 〉!     / /    ヘ  / /        リ







672 ◆g9D/uowH/A:2009/09/19(土) 22:48:38 ID:rMnJQSl2
───────────────────────────────────────────────
「怖かったですぅ」「もう大丈夫だろ、俺がこれからずっと側にいる」「や、やらない夫」←キスシーンへ。AA作れ。
なんて展開を瞬時に妄想できる辺り、俺も流石だと自画自賛していたら驚きの台詞!壊れてました!
───────────────────────────────────────────────
  ! l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.l:.:.:.://--─  '"  /:.:/  /:/  __.....    ヽ:.:.:.:.:.:.:.l:.:.:.:.:.:.:.:.l
. !  !:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l:.:./ _.... -─-、- //   //  ,、r‐──- .._ \:.:.:.:.l:.:.:.:.:.:.:.:/!
 l  ',:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.l:/ く i ..::::::::::ヽ     ,,.'''    i ...::::::::::} >>l:.:.:,':.:.:.:.:.:.:./:.i
 l   ',:.:.:.:.:.:.:.:.:.リ    ヽ::::::::::::/   ,,. ''      ',:::::::::::::ノ '"  l:./:.:.:.:.:.:/:.:.:',  『殺して、やるですぅ……』
 !    ヽ:.:.:.:.:.:.:.:ヽ    どニつ  , ''         どニつ'゛  /:.:.:.:.://:.:.:.:.:',
/:l    \:.:.:.:.:.:.:.\                     。   /:.:.:.:./ /:.:.:.:.:.:.:
:.:.}     i:.ヽ:.:.:.:.:.:.:.>          i          。 ∠:.:.:.:./   i:.:.:.:.:.:.:.:.
:.:.:',     ',:.:.:.:.`T:.\        ャ─  ''フ      。  /:.:./     ;:.:.:.:.:.:.:.:.
:.:.:.:' ,.    ;:.:.:.:.:.:l:.:.:.l:.\         ヽ ...  '゛      。 イ:.:.:.;     ;:.:.:.:.:.:.:.:.
:.:.:.:.:.:',     ',:.:.:.:.l:.:.:.l:.:.:.:.:` .._              ィ'゚゛:.:l:.:.:.:.:',    ,':.:.:.:.:.:.:.:.
:.:.:.:.:.:.:',    ',:.:.:l:.:.:.l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.> .._       _.. <:.:l:.。:.:l:.:.:.:.:::.;    ;:.:.:.:.:.:.:.:.:.
:.:.:.:.:.:.:.:' ,    ;:.:.l:.:.:l:.:.:.:.:.:.:.:/  |    --    |   \:.:.:.l:.:.:.:.:.:.;    ;:.:.:.:.:.:.:.:.:.
───────────────────────────────────────────────
───────なんでだよ。カミサマ、あんたやっぱ嫌いだわ。これ以上の展開があるのか?
                  え?主役はやる夫?……ああ!そうか、そういうことね……
───────────────────────────────────────────────
.              /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::        \
              /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::           ゛、
           /:::::::::::::::::::::::::::::::  __,             i
.            i::::::::::::::::::::::::::::::: __ ,,,            ,,  }
           }:::::::::::::::::::::::::::   '``'(;;;;;)ヾ\     __\ .|  (ポカーン)
.          |:::::::::::::::::::::::::       ' ̄´     ヾ(;;;) ゝi 
          |::::::::::::::::::::::::: U                l. 
            |:::::::::::::::::::::::::::.             ::{        }  
            {:::::::::::::::::::::::::::、           ::}       }
            |:::::::::::::::::::::::::::ヽ、,           .:}     ,  |.
.         {::::::::::.i::::::::::::::::::::::ゝ、       :ノ、   /   ! 
           |:::::::::i:::::::::::::::::::::::::::::‘ー-‐===ニ=:、__,,ノ  ノ 
───────────────────────────────────────────────
俺は脇役で、やる夫を助けなくちゃならなくて、やる夫を蹴る必要があった。
───────────────────────────────────────────────







673 ◆g9D/uowH/A:2009/09/19(土) 22:48:50 ID:rMnJQSl2
───────────────────────────────────────────────
……結局の所、悪いのは俺だったか。やる夫が俺に相談に来た時点で、俺がアイツを止めなくちゃならんのだ。
カミサマは、やる夫を更生させる展開を欲しがっていたわけだ。空気を読んでないのは俺だったというオチだ。
───────────────────────────────────────────────
                    / ,'ヽ
                    ,' !:::::i,
                l l:::::::::l,
                  l |:::::::::::l
                 ! .|:::::::::::::l,
              | |:::::::::::::::l
              l |::::::::::::::::|
              l |:::::::::::::::::l              _,.---- .__
              | |::::::::::::::::::|       ,.ィ´ ̄ _____  `ヽ、
                  | l::::::::::::::::::l    /   ,.ィス゛__ 米 `¨''ェ,-、\
                 | |::::::::::::::::::|     / , /´__r‐'´/.:.:.:.:.`¨¨''ー-ニ、ヽ ヽ
                | |:::::::::::::;:::;|   ./ / /, //.:.:.:/.:.:.:.:.:.:.:,ノ.:./.:.:.:.:.:.:ヾヽ ',  ウッディィ!!
               L_|::::::::::::::::::|  /.イ イk//.:.:.:/.:.:.:.:.:.//.:/:/.:..:.:.:.:.|:ヽ| ヽ
                  ̄,>'ー||=ー;'´ '.:i:-‐/\;:<.;.イ.:/.;ハ;/ .:.|.:.:i! /
                  (   ̄`¨.〉/ ,'.:.jィ,|.:.|__/_,∠__/ ノイ,イ二ヽ___`!!:.:|ノ
                {`ー---'V、 |,イホ !.:.!`Yひバヽ // ィアハY´||.:.:||
       .         ∧`¨'''ー'ハj j.:{  |.:.:!| ゙又_ツ   ,  又ツ゛`リ/.:!!
───────────────────────────────────────────────
同棲中の彼女を捨てようとするやる夫に、俺は蹴りをブチ込んでやらにゃあならんかった。
カミサマの価値観に合わせて、思いっきり説教垂れなくてはならなかった。
───────────────────────────────────────────────







674 ◆g9D/uowH/A:2009/09/19(土) 22:49:03 ID:rMnJQSl2
───────────────────────────────────────────────
カミサマはやる夫じゃなくて、俺に自分を投影させていた。だから俺は動けた。俺は覚えていた。俺はカミサマの分身。
アドリブを取ってたんじゃなくて、物語の舵をとってた。展開や流行を気にして、やりたい事をやってなかった。
───────────────────────────────────────────────
                ̄    、
            ´          \
     /                ヽ
      /           、_  ヽ
    '               ` 、ヽ
    l              ,‐-,.._ ゞ
.   l              l 弋心 l   (どうせなら心臓刺してください)
.    l       u      冫.ー く
   l               l    ノ!
   l               `ー‐ f r'
   l              ┃   ノ'
   !                ┃    /
   ,'                   /
 ̄ `ー -               /
        `  、        /
:.:.:.:.:.:...        、      /
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..      .:.:ヽ _ ´
ー- :.:.:.:.:.:.:.:..   ..:.:.:.:.:.:ヽ
    ` 、:.:.:.:.:.:.:...:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ<ドス!ドス!
───────────────────────────────────────────────
ハッピーエンドのあとの蛇足譚。カミサマは、そこに至るまでの結末も書かず、続編から書こうとした。
それが話をややこしくさせた。カミサマは考えなさすぎて、俺は考えすぎた。テンプレで良かったんだね!
ハッピーエンドをぶち壊す展開じゃなく、更にハッピーを目指すのね。人類万歳!常識的に、考えてませんでした。
───────────────────────────────────────────────







675 ◆g9D/uowH/A:2009/09/19(土) 22:49:14 ID:rMnJQSl2
         ,,..、._,ii、 -,,..-'';,i'   |;;;;;;;;;;;;;.;v―ーi;;,,v-ー'"          ,,-- 、
         ヽ./   `゙ヽ,;;;;__ゝ,, ..,,l゙;;;;;;;;;;./              _,,iiiニソ一'" : ii
、             _,,ミ/゛  ヽ;;;;;;;;;;;;;;;;゙‐'―― .... r;;;;ッr‐'''''"゛  .y、_
;ヽ、  .,ノ7       ヽ‐゛   ,r''゙;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,i‐'"         ヽ;.|
'''-、゙゙ア'"             {,゙二、,,-、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;r‐┘ : :lニ;;.         ゛
  ...l′   :l";二゙''''┐       ,l´;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ-'''''-、           ['l、
._...   _.  ´ ,〉;;;;;;゙'ー、,  . _,._..ミ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;7            `゙"
;;;l゙   .ヽ;; ̄ ̄;;;;;;;;;;;;;;;;;.! . l、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.!                     _,,
.、!、   .,i┘;;;;;;;;;;;;;;;;;ノ^'''"  , |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,..;>ー'゙゙゙゙゙ヽ              ゙‐' |.l
..l;;;;゙ゝy レ;;;;广'L;;_..コ    l;;;;ン'ッ;;;;;;;;;;.,,.;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;./  `''、_;;;;;;;;|        .,,,     . l、;゙¬.
. ゙'''''″ .ミ、;;;;゙''''l:゙'"  ` .、  `''" : l.;;;;;;;;;;l゙ ゙'<;,v、;;;;;;;;;;/'    .`''''"        !;;゙''┐    .゙'ー'"
    ,-シ、;;_ノ   . _, `    .tナ‐' ̄″ ∥ .`'―ー!llt;;. .'          !、;;;丿
;/  ,r./  l;/    '!┘            リ'i                       ´   ,,、   ,、
,! ./  ,i";;{_                  =!.!.l               ,i''';     .|;;;;゙゙''''''";;.l、
!     ゙L;;;;;゙>                    マ , 、,,,           `''".ィ;;-一'´;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
..,i¬―''>.l..、/゙    i'゙゙~゙゙゙'-|!!ゝ         i'''j  .!、,,;l,゙,,r‐ー、         `''-、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ィ
: };;;;;;;;;;;'\_ ゛   .〈;;i ゝ、;;;;;;;;;.ア   ,......、   ,iミ;;/  ,r'''";;;;;;;;;;;;;} ._.. ;;i       .};;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;、
.l゙;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;!     .,ン-. : '!''L,l゙    l.;;;;;;゙ゝ、,i''";;;;; ! !;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; l!´二..,,,_,..--'''";;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;゛
.;;‐;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|  l゙;l ,!;;;;/   .|'ヘ,    `''''''i_;;;;;;;;;i;;,゙  l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,! ゙'―'''''''^゙゙゙゙゙゙'l,,_;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
..!、_;;;;;;;;;;;;;;;;;;;゙!-゙;|,`''″  .,/;;;;;ゝ..r‐┐   i";;;;;;;;i┘  ゝ、;____,,/´        : ,ii;;,゙;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
  .ィ";;;;;;;;;;;;;;;;;,,、;;;;;.! ---'''゙;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; !   .〔;;;;;;;;;;;;ヽ :lニ二'゙'';;.    .,.. -ニ=''"゛ ./;/''''i;;;;;;;;;;;;;;;;
.ー'゙;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;∨;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/     l;;;;;;;;;;;;;;;ヽ,  ヽ!      "'"     ..   . l-x,;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.;v ..,,,,、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;゙'―- -ヘ;;;;;;;;;;;;;;;;;゙'---、                "  .'|゙゙''、
───────────────────────────────────────────────
そして俺は219回目の「結末」を迎える。いつもより多めに切られております。気絶したまま殺されたやる夫南無。
幕が下りる寸前に「助けてくれてありがとうです」って聞こえた気がする。なら殺すな。そして220回目の幕へ。
───────────────────────────────────────────────







676 ◆g9D/uowH/A:2009/09/19(土) 22:49:28 ID:rMnJQSl2
───────────────────────────────────────────────
220回目の幕が上がった。てめえのチンコも220回目だ。準備オーライ。俺は俺の全神経を脚部に集中させる。
こちとら随分ご無沙汰なんだ、全力で行くぞ、覚悟はいいか?待ちに待った一撃だぜ……
───────────────────────────────────────────────

      |┃三 ガラッ
      |┃  ____
      |┃/⌒  ⌒\
      |┃(●)  (●) \
───|┃:⌒(__人__)⌒:::::\   おっす、やらない夫!
      |┃  |r┬-|     |⌒)
      |┃   `ー'ォ     //   相談があるお!
      (⌒ヽ・    ・ ̄ /
      |┃ノ       /
      |┃   つ   <
      |┃  (::)(::)   ヽ
      |┃/    >  )
      |┃     (__)
───────────────────────────────────────────────
くそったれの物語は前回で終わりだ。始めようじゃないかこの物語を。付き合うぜ、どこまでも。
カミサマのやりたい事が面白いか面白くないかは別にして、俺は俺のアドリブを決行する。
───────────────────────────────────────────────
               / ̄ ̄\
              /  !、_ 八\
             (◎)(◎ ))⌒ |         おう、どうしたやる夫。
             (__人__)     |
.               (,`⌒ ´      |   
              {         ト、_____
              {       ..:.::::::|ヽ、   ̄`ヽ、
              人     .:.:.:::::ノ:!::. :. . ..........:::=≧=‐- 、
             _/ .:ヽ :i::::::::/.: /:::':.. .:..,. ''. ::     . :.:.:`ヽ
      , --―'´;.:.、... .: .:i :i::/:  .:::..:,.‐''".    .      .:、  :.:::}
     /   . :.:.ノ:. ..\.ヽヽ:  , -‐''´ ..::: ..    :     .::l . :.:.::|
   /   . .:.:.:./:.     `ヽ、::/     .:::、:.. .. . :.  :.  .::i ...:.:∧
    |  . . .:.:.:;イ::      .:i::.       . .::`''‐-=、ヽ、.:.. . .:: .:ノ: :!
  /{::. : : .: '´.:.i::.       . :|:      . .:: :.::::::::::::/゙"ヽ、:..:.::´::..: :|







677 ◆g9D/uowH/A:2009/09/19(土) 22:49:39 ID:rMnJQSl2
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
         ____
        /ノ   ヽ、_\    r ⌒j
      /( ○)}liil{(○)\  /   /
     /    (__人__)   \/   /   /  )
    |     |i|||||||i|     /  /  /  /
    \     |ェェェェ|     /   '` ´  /
      r´  (⌒'ー―- イ′     ´廴
     /    > 、     ヽ      _  ̄ ̄ ̄
───────────────────────────────────────────────
───────ハッピーエンドは、幸せの終わり。
───────ハッピーエンドは、幸せな終わり。
                果たして俺の渾身の一撃は、どちらへ通ずるものか……カミのみぞ知る。俺は知らん。
───────────────────────────────────────────────
        三  j(  (__人__)
        三. ^ 、`l⌒/ノ ,rっっ
       三"⌒ヽ ソ ゙⌒ノ .i゙)' 'ィ´       ウッディィィ!!
      三      ゙ヾ ,,/ { ) 丿
     三  ィ二    `\ /'ニ7
    三::.:::三::三      \ ./
    三::.::.三  三::     __\___ ___   ____´_
    三::::.三   三ンィ⌒ ̄" ̄ ̄ ̄  ̄ ̄  ̄ ̄ ̄  ̄ ̄  ̄ ̄ニ≡─‐ー-,
     ''三三  三/            ≡''=三≡    ;;;;(( 三iiii_iiiiiii)))))i
          三         _____=≒=ー────;‐‐ ̄    ̄  ̄
           三、   ー ィ⌒ ̄
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                                                               おしまい







678 ◆g9D/uowH/A:2009/09/19(土) 22:50:15 ID:rMnJQSl2
以上です、読んでいただけた方、ありがとうございました







679名無しのやる夫だお:2009/09/19 (土) 22:53:34 ID:EgFQT5HE
乙。面白かった。やらない夫きついな。







680名無しのやる夫だお:2009/09/19 (土) 22:55:45 ID:/KjbhQwI
こえー……







682名無しのやる夫だお:2009/09/19 (土) 22:57:26 ID:/Rx2iakw
こういう舞台裏の話はやりつくされた感あったが
面白かったぜ。乙。








683名無しのやる夫だお:2009/09/19 (土) 22:59:41 ID:/1qBBEbU
乙。これも面白かったよ。







684名無しのやる夫だお:2009/09/19 (土) 23:01:36 ID:LZri/0u2
なんか素直に参ったって感じ。
乙!








685名無しのやる夫だお:2009/09/19 (土) 23:08:56 ID:BndLQuTg
乙!面白かった。
カミサマがやらない夫に自身を投影しているのか。そうだよな。






688名無しのやる夫だお:2009/09/19 (土) 23:37:47 ID:ym/aIYlY

なんかこういう舞台裏ネタはやらない夫視点で
語られることが多い気がする







689名無しのやる夫だお:2009/09/19 (土) 23:38:49 ID:EFsqDLxc
これはイイ!やらない夫は語り手にも最適なんだな。







690名無しのやる夫だお:2009/09/19 (土) 23:57:56 ID:DHxFZx1s
なるほど、乙
これは面白い








リピート





関連記事
スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
[PR]





カテゴリー「やらない夫」内の最新記事

だ

    三回目で発狂しそうだ
    [ 2009/10/19 00:39 ] [ 編集 ]
    迷い込んだのは自分の思考の中なのね
    [ 2009/10/19 00:43 ] [ 編集 ]
    エキストラ……
    [ 2009/10/19 01:08 ] [ 編集 ]
    面白かった。
    壊れてました! の所で予想が外れたと同時に吹いた。
    [ 2009/10/19 01:19 ] [ 編集 ]
    Fateかと思ったらそうでもなかったな
    でもBGMは合いそう
    [ 2009/10/19 01:26 ] [ 編集 ]
    うん、面白い。
    こういう部分に注目をするのは今ではそこまで珍しくはないが
    話の組み立て方が上手いなぁと感心した。
    読ませる力のある短編だと思う。
    [ 2009/10/19 02:01 ] [ 編集 ]
    前にも地獄変かどっかで見たが、防刃ベストでも装備しとけよと思った
    それか包丁よりリーチの長い武器装備して翠を殺すとか
    それがカミサマに許されてないなら、BADにしかならないにしても試す価値はある
    [ 2009/10/19 02:26 ] [ 編集 ]
    ついつい、ひぐらしを連想してしまった自分は現代っ子。

    [ 2009/10/19 02:37 ] [ 編集 ]
    なんとなく読んでみたら面白くてびっくりしたよ!
    こういうのは大好きだ
    才能の無駄使いとすら思う
    [ 2009/10/19 04:36 ] [ 編集 ]
    よそのまとめでも見たwww
    下手な度突き漫才に巻き込まれました、って感じだな
    [ 2009/10/19 04:39 ] [ 編集 ]
    俺ならすぐに発狂するな。
    [ 2009/10/19 05:41 ] [ 編集 ]
    いいんだね、殺っちゃって

    永田さん乙
    [ 2009/10/19 09:07 ] [ 編集 ]
    おちんぽがカタストロフィで不覚をとった
    [ 2009/10/19 22:16 ] [ 編集 ]
    俺はリトバスの沙耶ルートを思い出した
    [ 2009/10/20 10:44 ] [ 編集 ]
    何回も死ぬところと神様ってところにスマガを感じたけどな
    [ 2009/10/20 11:13 ] [ 編集 ]
    沙耶ルートが浮かんだ
    [ 2009/10/20 22:32 ] [ 編集 ]
    これ元ネタあるの?
    [ 2009/10/21 05:34 ] [ 編集 ]
    ※32218
    まあそこはほれ、
    防刃ベストは刃物で貫通しちゃうそうだから…
    [ 2009/10/21 11:56 ] [ 編集 ]
    コメントの投稿













    管理者にだけ表示を許可する
やる夫ブログについて
20101110:「やる夫はロス市警の警部のようです」を掲載させていただきます。本当にお待たせして申し訳ございません。これ以降も随時、更新の途絶えていた作品を掲載していきたいと考えております。ご迷惑をおかけして申し訳ありませんが、どうか長い目で見ていただければ幸いです。

20101030:「やる夫のサクラ大戦」にて、記事の掲載順序を誤りました。 作者様、および楽しみにしていた読者様にお詫び申し上げます。 申し訳ございませんでした。

20101004:「やる夫たちが夢の国で遊ぶようです」につきまして、こちらの不具合で記事が切れてしまっております。作者様、及び楽しみに読んでくださっている読者の皆様にご迷惑をおかけしてしまい、申し訳ありません。
一度下書きに戻させていただきます。よろしくご了承ください。
「やる夫で学ぶことわざ」の作者様より、やる夫ブログ用のスポンサー案内をいただきました!本当にありがとうございます!さっそく使わせていただきます!

20100811:皆様、大変ご無沙汰しておりました。ぼちぼち更新を再開できればと考えております。
「やる夫がDQⅢの勇者になるようです」についてですが、コメントを頂けるのは大変うれしいのですが、他作品のコメント欄での投稿はご遠慮願えれば幸いです。
恐縮ですが、ご協力よろしくお願いいたします。

20091222:年末なので順調に更新量が減っております。今日明日はお休み、再開一発目は「やらない夫の超兄貴」になる予定です。作者様、まとめが遅くなり申し訳ございません。

20091208:今週クソ忙しいので、かなり更新が減ります。ご了承ください。

20091116:更新の調子にもよりますが、週末をめどに、カテゴリを追加する予定。前回追加からだいぶ間隔開いたんで、かなり溜まってます。

やる夫ブログについて

姉妹ブログというか同一人物ブログ。
やる夫ブログ(裏)(18禁です)


 ネ タ 投 稿 お 待 ち 
 し て い ま す ! 
(↑結構心から待ってますw)

 ネタ投稿の他、転載お断りの記事、相互リンクのご希望等ございましたら、お手数ですが下のメールフォームよりお知らせください。なお、http:を付けるとエラーになってしまうようなので、ご投稿いただける際にはhttp:を抜いていただきますよう、よろしくお願いいたします。
相互リンクの反映に時間がかかってしまい申し訳ありません。気長にお待ちください。


嬉し泣き
美麗なタイトル画像を描いてくださっているのは、こちらの方々です。
本当にありがとうございます。


七市様
Shadow3_convert_20091008101141.jpg
ハルヒとやる夫、やらない夫の表情が最高のタイトル画像。冬にぴったりの美しい作品です。


1様
http://blog-imgs-15.fc2.com/y/a/r/yaruomatome/yaruoblog_title_convert_20091026144430.jpg
柔らかで暖かい雰囲気がたまらない作品。みゆきさんヤバすぎで管理人狂喜の舞を舞っておりますwww

1様のプロフィールはこちら


65様
securedownload_convert_20091008101321.jpg
同じく「やる夫がチェルノブイリに旅立つようです」より。元ネタの雰囲気をビンビンに伝えるダークな作品。


草葉様
Shadow3_convert_20091008101141.jpg 「やる夫がチェルノブイリに旅立つようです」をモチーフにしたタイトル画像です。物語の後、このタイトルを見て吹きました。

219c0c442.jpg

草葉式


味噌様
yaruoblog_convert_20090519194443_convert_20091008101235.jpg
やる夫ブログ初!物語とタイトル画像のコラボレーション!快く、最高に美しいタイトル画像を描いて下さった味噌様に感謝です!




トンボ様
minamike_convert_20090519194731_convert_20091008101216.jpg
夏にぴったりの逸品を、トンボ様よりいただきました!水着ハァハァ(´Д`;)


トンボのかんさつ日誌


ヒジキ様
nagato_convert_20091008101341.jpg
管理人のツボにはまりまくりの長門!大好きだ!結婚してくれー!



ヒジキ煮


aro様
yaruo_blog_fix_convert_20090210225801_convert_20091008101403.jpg
らきすた勢の見事な描写もさることながら、このやる夫にしてやられました。


Charged time-out


Yutaka様
RMm06_convert_20090127165950_convert_20091008101426.jpg
個人的に水銀燈が一番好きです。タイトルのセンスも◎。本当に有難うございます。





マブチョコ_m様

この魅力的なボディにくらくら!管理人はこの人の同人誌が大好きです!やる夫ブログの記念すべき初タイトル画像。全てはここから始まりました。



うにゃらら大飯店



イチオシ

やる夫がDQⅢの勇者になるようです

自らを成長させる姿に心震える
作品。普通の掛け合いなのに、
自然と笑みがこぼれる構成と
演出は見事の一言。
自分を好きになれる、極上の映
画を見た後のような読後感は、
自信を持って「最高だ!」と賞
賛できる作品です。





過去の「イチオシ」一覧を作りました。
管理人オススメ記事

管理人が抱きしめたいほど好きなやる夫作品

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。