FC2ブログ
2008 02123456789101112131415161718192021222324252627282930312008 03
やる夫ブログヘッドライン



【お気に入りサイト新着記事】 【カテゴリー一覧】

    
   
【最新エントリ】



スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




カテゴリー「スポンサー広告」内の最新記事

だ

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | はてなブックマークに追加

やる夫はプロ野球選手になるようです 

1 ◆oLG9iWoh0E:2009/10/27(火) 21:54:42 ID:Lx7VJw3c
-やる夫はプロ野球選手になるようです-

第一話 「やる夫と甲子園」


注) ・この話はプロ野球を元にした、作者のプロ野球妄想(妄想)ストーリーです。
    話の都合上、旧制度(現制度に合わない)の記述が含まれたりすることもありますが、ご容赦下さい。
   ・このスレのやる夫は捻くれています。やる夫の性格改変(?)にご容赦下さい。
   ・スレ主はやる夫初心者です。ご指導ご鞭撻の程よろしくお願いします。








2 ◆oLG9iWoh0E:2009/10/27(火) 21:56:24 ID:Lx7VJw3c
--------------------------------------------------------------------------------------

 グラウンドに一歩踏み出すと、それだけで気分が安らいでいくのがわかる。
 ここは自分にとって特別な空間だった。この場所で生きてきた。自分が最も輝ける場所だと知っていた。
 まあ、そう思っているのは自分だけではないに違いないが。

--------------------------------------------------------------------------------------







3 ◆oLG9iWoh0E:2009/10/27(火) 21:57:05 ID:Lx7VJw3c
--------------------------------------------------------------------------------------

 一人一人が死に物狂いでしがみつき、振り落とされ、栄光を手にするのがグランドだ。
 選手、それを見守る家族。そして選手から何かを受け取った観客。
 長い年月をかけ、何万、何億の想いがグラウンドには集められてきた。

--------------------------------------------------------------------------------------







4 ◆oLG9iWoh0E:2009/10/27(火) 21:58:07 ID:Lx7VJw3c
--------------------------------------------------------------------------------------

 しかし、しかしだ。

 このグラウンドは、このグラウンドだけは自分のものだ。

 誰よりもこのグラウンドに接し、誰よりもこのグラウンドを誇り、そして誰よりもこのグラウンドを愛した。
 そう確信している。

--------------------------------------------------------------------------------------







5 ◆oLG9iWoh0E:2009/10/27(火) 21:59:25 ID:Lx7VJw3c
             ',:::::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: l.         ',::::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l
             ',:::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l        ',:::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:. l
             ',::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: l          ',::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.l
             ',:::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.l         /::::::::::.:.:.:.:.:.:.:.l
             ',:::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|       /:::::::::::::.:.:.:.:.:.:. !    ゆっくりと歩を進めると、自然と外野に向かっていた。
               i:::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l      /::::::::::::::::::::::::.:./
                 l:::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l     /:::::::::::::::::::::. /      3番センター赤木。自分の人生を象徴するポジションへ。
               l::::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l      i:::::::::::::::::::.: /
                l::::::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l      !::::::::::::::::::.:./
              l::::::::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.l       !:::::::::::::::::. /
                 l::::::i:::::::.:.:.:.:.:.:.: |.      i:::::::::::::::.:./
              l::::::l:::::::.:./:.:.:.:.:|     !::::::::::::::.:/
                 l::::::l:::::::/:.:.:.:.:.:|.    /::::::::::::::./
                l:::: |::::/:.:.:.:.:.:.:.|   /:::::::::::::::.:l
                    l:::::|:/:.:.:.:.:.:.:.:.:l   ∧:::::::::::::::.:〉
                   |::: l':.:.:.:.:.:.:.:.:. !   {i ー ⌒i´
                  l::/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: ',  ヾ、    !
                   /::ヽ:―‐:.、:.:.:.:.:.:〉   l!   ヽ
              〈:::::, ― 、:::.:.:.:.:!   l{     }
               V      ̄ ヽ   ヾ 、_ ノ
               ´          |     ` ー ´
              /          ‐'}
           { ` ー―――‐ ´ ‐'
            ー――――― ´







6 ◆oLG9iWoh0E:2009/10/27(火) 22:00:15 ID:Lx7VJw3c
  +     ゚  . +            . . .゚ .゚。゚ 。 ,゚.。゚. ゚.。 .。
   . .   ゚  . o    ゚  。  .  , . .o 。 * .゚ + 。☆ ゚。。.
             .  。          。  *。, + 。. o ゚, 。*,
  ゚  o   .  。   .  .   ,  . , o 。゚. ,゚ 。 + 。 。,゚.。
 ゚ ,   , 。 .   +     ゚   。  。゚ . ゚。, ☆ * 。゚. o.゚  。   
。 .  .。       . 。 ゚  ゚ , 。. o 。* 。 . o. 。 .
        。   .   。  . .゚o 。 *. 。 .. ☆ . +. .  .     
 。 .  . .   .   .  。 ゚。, ☆ ゚. + 。 ゚ ,。 . 。  , .。
    ゚  。   ゚  .  +。 ゚ * 。. , 。゚ +. 。*。 ゚.   . . .  .    
 。  .   . 。 。゚. 。* 。, ´。.  。。. ゚。+ 。 .。  .  。  ゚  ,
  .   。  ゚ ゚。 。, .。o ☆ + ,゚。 *。. 。 。 .    。    .
 ゚ .゚ ゚  。゚ + 。. +。 * 。゚。゚., ,+ 。゚. 。 . .   ,    ,   .
゚。゚+゚`, o。。.゚*。゚ 。.゚ 。 ☆+。。゚. ° 。 .   ,      ゚    ゚
 。, .゚。 + ☆。,゚. o。 。+ 。゚.,  . ゚   ,   。     。   .   .
 ゚. o * 。゚。゚.。゚。+゚ 。 。 ゚。 ゚ 。 ゚
゚` .゚ .゚. ゚. . ゚  .  ゚  .   ,  .     .  .   。      ゚ .
 .  .     . ,     。       .           .  ,    .

夜明け前に振った雨はしつこく芝に水滴をつけている。

軽くつま先で蹴飛ばすと、芝はキラキラと水滴を弾いてゆれた。

雨を吸った芝の独特の匂いが鼻腔に届く。表情は、自然と和らいでいた。







7 ◆oLG9iWoh0E:2009/10/27(火) 22:01:06 ID:Lx7VJw3c
   。      .     。          '           ☆       . ゚   
       ゚  .    。            ゜    +   ゜      。     。   
。   ' o ゜          ☆          ゜    +.      ;     ゜       
  ゚        。      .        +     。        +      ゜
。      +       。     *  .    ゜        ゜      ゜    。 
   ゚   ,;     。   .          +      。  .     '
  。   ゚   。.     +         。         .  ' ゚ 。     *  . ゜ 
     。          ,;    '   ゜             o     ゚   ゚   
 。             *''          *       .゜     。        
'      ゜       。   ゚        ゚  +   。   ゚        ゚      
        ゜       。  '   ゜゜       。  '   ゜゜            
                                                 
                                                 
                                                 
         _,..-'''""'''- .._ , -'"~""''' ‐- ...,,___,..-'''""'''- .._ ,
__,,.. .-‐ '''""~                      wwwwwwww
                     __,,.. .-‐ '''""~''' ´´´    ```゙
センターから見る眺めは野球場の中で、最高の眺めだと思う。

一般にはグラウンドの全てを見渡す役はキャッチャーだと言われている。
しかし、キャッチャーには仕事が多すぎると思うのだ。

ランナーを警戒し、リードを出し、投手を気遣い、打者を監視する。
その上細かい守備まで選手に指示をするのだ、
それだけ忙しいキャチャーは、楽しんでグラウンドを見られるものだろうか。







8 ◆oLG9iWoh0E:2009/10/27(火) 22:02:10 ID:Lx7VJw3c
  ̄l'" / ̄`ー     ゙ 「   レ' l/     投手と打者が対決を繰り広げるマウンドから80メートルほど離れたこの場所は、
.  |.    \  r  │          まさに野球場の全てを見渡せる場所だ。
.  !      \ ヽ │
. !_.」     ,へ._/\」 ┘          グラウンド上の全ての選手が見え、ベンチにいる仲間と相手チームの様子すら伺える。
 |│   ./
. l.l    /                   緊張している仲間を見るのは密かな楽しみだったし、
イ`!`ー-'                    ゲームの迫力というものがビンビンに伝わってくる場所だった。
. | |
 ||







9 ◆oLG9iWoh0E:2009/10/27(火) 22:03:15 ID:Lx7VJw3c
                       ∧∧,      λλ
         ∧∧  ,、,、 n n ∧∧(  ,,) (*´ロ`) (´v`*) ノリレ,, ノリルレ          
         (*´) (-^* )::::::::) ∧∧(∩_∩ (~ ノ-(  ノ (-・ (゚- ゚*ノリ
     ,-'" (   ヽ(゚*  ) )   ( `ー) (∀・,,) vvv 〉 ノ 〉   l i_)(Y ノ          
  ∧w∧  ▲,,,▲  (  (    (/`ヽ) 〈 ヽ (   )ノリルリ λλ (__) し`J (::::::::::).(:::::::::::) 
 ( ・∀・)(∀`  )    ∧_∧  ∩_∩  し' Jノリ゚ ー゚(ー ` )   ∧∧ ∧_∧::::::::つ
 と    )(    )    (@Д@* )(´∀`*)     ( つ (v,と)   (   ´)(゚   ):::::::::| 
  Y  人  Y  人    (つ<V>)と  <v>)    /~~~~ Y 人   と  | |   |∪∪
  (_)`J (_)`J    |  | |  人  Y     ^^Uヽ)(__)ヽJ   |   ~ |   ~    

そして何よりも、観客席の近さがある。

ほんの少し振り返れば自分達を見に集まった4万の観客がいる。
彼らの声は常に自分に届く。

叱咤激励悲鳴祈り。

一喜一憂する彼らの感情は、確かに自分たちに向けられていたのだ。







10 ◆oLG9iWoh0E:2009/10/27(火) 22:04:08 ID:Lx7VJw3c
--------------------------------------------------------------------------------------

試合中にこっそりと、彼らの表情を覗き見するのが自分は好きだった。

それが原因でミスをすることがしばしばあって、そのたびに散々罵られたものだったが---

--------------------------------------------------------------------------------------







11 ◆oLG9iWoh0E:2009/10/27(火) 22:05:09 ID:Lx7VJw3c
    |f_|.| `二ニ | | ニ二´ |.|f,|        いつしか、満面の笑みになっていた。
    ヽ_|| , -‐' 、|_レ ー-、 ||:ン
     ハ l ー───一 l ハ         一人で笑っているしているのが少し恥ずかしくなり、帽子を深めにかぶり直す。
_,.. -‐1:(:lヽ.   ==   /l:((!`''ー-
...l.....l....|::):l ::\    /  l::)):|....l.....l     だが、浮かんだ表情は消えない。 
...l.....l...|((:)l.  ::::`ー'´::   ,'((::(| ..l.....l
...l.....l...|::))(:ヽ.  ::::::   /;リ::)):|...l.....l
...l.....l..|::((::));.ヘ     /へ:((:(:|...l.....l







12 ◆oLG9iWoh0E:2009/10/27(火) 22:06:05 ID:Lx7VJw3c
全てがいい思い出だった。

       |  |l.0|:: |::         ::::|..|:::::     /   ::|:::|0 l|:::|
       |:::  |U|:: |:::::::      ::::|..|:::::::   ./ v   ::|: |U | ::|
       |:::   ヽ人 |::::::   U   :(__ :|..|::::__): ./     :::|:人ノ::: ::|      勝ったことや上手くいったことだけではない。
  .   |::  /|:: ::ヽ::::::::: _     ∪     ._  ::/:::   ::|\:::::|
      |:: / |:::  :::|\::::::\ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/ :/|::::  ::| \:::|
     |:::/  |::::: ::::|::::\:::::  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  /:::::|::::  :|   \:|
    |:/  ::::|:::   :::|::::::::\::::::   ___      /::::::::::|:::  :|     \
    /   ::::::|::  :|::::::::::::::\:::::  ::::::   /:::::::::::::::|::  :|:      \


.        | llllllllllllllllllllllllllllllj  丿lllllllllllllllll_lllllllllllll
      | :;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;(   (;;;;;;;;;;;;;;;;:::://v::;;;;;:::
       | ;:::::::::::::::::::::::::::::::)  ):::::::::::::/:::::::::::::::::::
        | ,:::::::::::::::::::::_;:::::::::ゝ )::::::/:::::::::::::::::::::::::
.      | ,::::::::U:::::::::::::)::::: ) )/ U ::::::::::::::::::::      負けたことも、悔し かったことも、涙を流したことも、全て。
.       | ,::::::::::::::::/::   (./)     ::::::::::::::::
..     | ,::::v:::::::/l     /( j      ::::::::::::::::
      | ,::::::::/ .丿  /ヽ ∪  ,ヘ   :::::::::::::::
       | ::::/   ̄ ̄   \_/  |   :::::::::::::::::
       し'´          `´.   |  :::::::::::::::::::::
                  ∪    | ::::U::::::::::::::::::
                      |::::::::::::::::::::::::::/
.                      |:::::::::::u::::::::/
                       |::::::::::::::::::/
.                       |::::::::::::::
                       \_ノ







13 ◆oLG9iWoh0E:2009/10/27(火) 22:06:56 ID:Lx7VJw3c
------------------------------------------------------------------------------------------------

大きく息を吸い込んだ後、顔を上げる。ぐるりと、球場を見回したあと、赤木はグラウンドに向けて深深と頭を下げた。

------------------------------------------------------------------------------------------------







14 ◆oLG9iWoh0E:2009/10/27(火) 22:08:05 ID:Lx7VJw3c
         __、─- 、
        > ,, `  ,, '´ ゙̄,Z._
       , ' i!i   i!i  !ii   !! <
.      / ii!  !! i! , ii ハ ii! ii! ヽ
     l i! i!! ,イ /l./--l ト ii ii l        11月。VIPスターズ 赤木シゲル監督(62)は来期限りでの引退を表明した。
      | i!,.、ii /‐l/-'、 ̄,V-|ハ ! N
      |!i.|.f1.| =。===.,, ,。===lW
      |.i!|.「l | `ニニ´  ヾ二 l
     |ii ヾlノ.  , -‐' r _ \l   (._ ⊂
      /| ii /'\ ′'フ",二二ニ⊃   ,)   )
   _/):| /    \/ ,. ´二ニゞくう ( r '´
‐..T....|((::K    / /./ ´, ─_'ニ\>,_'ノ
.....|.....|::)):l(ヽ.  / ' '  .仄l ..|.....|....T..‐
... |.....|((:(:l))(:><:\   ノ(:((:l...|.....|.....|....
....|.....|:)):)l/./..>、:`:く)::)):))l .|.....|.....|....







15 ◆oLG9iWoh0E:2009/10/27(火) 22:09:38 ID:Lx7VJw3c
11月末日―VIP球場

           ____
         /  15  \
        / ─    ─ \     ・・・
      /   (●)  (●)  \   
      |      (__人__)     |   (短距離走は苦手だお・・・ 最下位だけは避けたいお)
      \     ` ⌒´   ,/
      /     ー‐    \                              シコウチュウ

           ____
         /  15  \
        / ─    ─ \     ・・・
      /   (●)  (●)  \   
      |      (__人__)     |   (短距離は割り切って、最低評価じゃなければいいと思うお)
      \     ` ⌒´   ,/   
      /     ー‐    \                              NOW LOADING

           ____
         /  15  \
        / ─    ─ \     ・・・
      /   (●)  (●)  \   
      |      (__人__)     |   (できればおっせーピザと一緒に走りたいお)
      \     ` ⌒´   ,/   
      /     ー‐    \                                DREAMING!


<次!15番から20番!

オウッ!
                            ハイッ!







16 ◆oLG9iWoh0E:2009/10/27(火) 22:11:08 ID:Lx7VJw3c
         ____
        /ノ 15ヽ、_\    r ⌒j
      /( ○)}liil{(○)\  /   /
     /    (__人__)   \/   /   /  )
    |     |i|||||||i|     /  /  /  /   「ハイッ!オウッ!15番居るお!」
    \     |ェェェェ|     /   '` ´  /
      r´  (⌒'ー―- イ′     ´廴
     /    > 、     ヽ      _  ̄ ̄ ̄)
    /        -、      }        (  ̄¨´
   /           ヽ._       __  \
                `   --‐'´ `゙' 、_.)

<15番。気合が入ってんな。良しだ!気合に合った走りを見せろよ!







17 ◆oLG9iWoh0E:2009/10/27(火) 22:12:03 ID:Lx7VJw3c
            ____
         :/  15 \:
        :/ _ノ iiiii \. \
       /  (○)  (○)  \
      : |    (__人__)    |:  (しまった・・・悪目立ちしたお)
        \   ` ⌒´   /
        / ⌒ /⌒Y⌒ヽ ヽ
       :|  \|  .i  イ |
        |\ /   人  .\!
        |  \___/  \__/:
         |        /
         |         /

         ____
       /  15  \
      /  \    /\      (いや・・・)
    /  し (>)  (<) \
     | ∪    (__人__)  J |
    \  u   `⌒´   /

         ____
       /  15  \        (そんなこと気にしてる場合じゃねーお!)
      /  \    /\      
    /  し (○)  (○) \     「チョオオオオリイイイイッス!」
     | ∪    (__人__)  J |     
    \  u   `⌒´   /     

<す・・・すっげえ気合だな・・・







18 ◆oLG9iWoh0E:2009/10/27(火) 22:13:19 ID:Lx7VJw3c
-VIP球場 50メートルトラック スタートライン-

           _-─―─- 、._
         ,-"´         \
        /           15 ヽ  (うっわ。隣の16番クソ早そうな顔してるお・・・ 黒いし・・・
         /       _/::::::\_ヽ  黒い奴は大抵早いもんだって相場がきまってるお(偏見))
       |         ::::::::::::::  ヽ
        l  u    ( ●)::::::::::( ●)
       ` 、        (__人_)  /
         `ー,、_         /
         /  `''ー─‐─''"´\


       ` 、        (__人_)  / (隣が遅いとまだごまかしが聞くのに・・・)
         `ー,、_         /
         /  `''ー─‐─''"´\  (それに、さっきの返事のせいで変に注目されてるお・・・やりにくい お・・・)







19 ◆oLG9iWoh0E:2009/10/27(火) 22:14:06 ID:Lx7VJw3c
<よーい・・・ パン!

              >   /ごノ   ダダダッ
           __,∠     /
          〈、    / 彡
           \、__ノ  彡               クロイトヤッパハヤイオ! アカイトモットハヤイオ!

スタートは上手くいった。
予想通り隣の16番は早かったのだが、しばらくはついていくことができた。







20 ◆oLG9iWoh0E:2009/10/27(火) 22:15:08 ID:Lx7VJw3c
しかし自分のうかつさを痛感するのは残り20メートルをきったポイント。
靴紐が解けたのだ。
紐を踏みつけるということはなかったが、足をとられ、多少なりともスピードは落ちた。

           ヽ   ` /  '}   キュムキュム
            >   /ごノ
        __,∠     /    ブカブカ
      〈、    /
       \、__ノ

そういえばスタートの前には靴紐を締めなおしている奴がいた。
自分もそうしようと思っていたはずだったのに―







21 ◆oLG9iWoh0E:2009/10/27(火) 22:17:21 ID:Lx7VJw3c
「20番―、5秒8。17番―、6秒ジャストー。」
                  ___
                    /\::15:/\.       急に呼びやがって・・・
                   /:::<◎>:::<◎>:::\      あの試験官!
                  /::::::::⌒(__人__)⌒::::::\
                  |     ` ー'´  u   |
                  \  u   :::::     / 
                  /    :::::::::::::::::::    \
                /                 \  〈〈〈 ヽ
                               (〈⊃  } }

八つ当たりだなんて解っていたけれど、自分のミスを認め、落ち込んでいる暇はなかったのだ。







22 ◆oLG9iWoh0E:2009/10/27(火) 22:18:04 ID:Lx7VJw3c
        __
      /..::::::::::::::..\
    /..:::::::::::::::::::::::::.\    屈んで靴紐を直しつつ、結果に耳を澄ませる。
   /..::::::::::::::::::::::::::::::::::::.\   もっとも屈んだ理由には、顔を伏せたいという意味もあったのだけれど。
   | :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: |
   \:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
  ,. -‐'´..:::::::::::::::::::::...`丶、
  ノ .::::::::::::::::::::15::::::::::::::::....ヽ

 「15番―、6秒7―以上。」







23 ◆oLG9iWoh0E:2009/10/27(火) 22:19:10 ID:Lx7VJw3c
        __
      /..::::::::::::::..\
    /..:::::::::::::::::::::::::.\    最悪だ。
   /..::::::::::::::::::::::::::::::::::::.\    6秒7。    運動をやっている高校生なら出せる、平凡なタイムだろう。
   | :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: |
   \:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/   自分の中で最低限と思っていた、6秒5すら超えることはでき なかった
  ,. -‐'´..:::::::::::::::::::::...`丶、
  ノ .:::::::::::::::::::15:::::::::::::::::....ヽ







24 ◆oLG9iWoh0E:2009/10/27(火) 22:20:08 ID:Lx7VJw3c
           ____
         /:::     \    (こんなんで・・・やる夫は本当にプロになれるのかお・・・?)
       /::::::::::     \
      /::::::::::         \
     |:::::::::::::::         |
    /⌒:::::::::      ⌒ヽ/
  ;/::::::::::::            \;
  ;/::::::::::::::          \ ヽ;

 靴紐はすぐに結び終わったが、やるおが立ち上がるまでにはもう少し時間があった。







25 ◆oLG9iWoh0E:2009/10/27(火) 22:21:10 ID:Lx7VJw3c
同年8月―全国高校野球選手権決勝。

パアンと大きな音を立てて、ミットにボールが追突する。会心の球だった。肩が軽い。
生涯でも屈指のベストボールが、今日は次々と放たれていく。

                  ,ヘ
      ____      / /
     /\  /\   / /      調子は怖いほど快調である。
   /( ⌒)  (⌒)\/  /
  / :::::⌒(__人__)⌒:::::\ /        この日のために高校生活の全てを賭けてきただけはあった。
  |     |r┬-|       |
  \     ` ー'´     /
  /          \
 /             \
/  /\           ヽ
 /   \          ノ
U      ヽ        ノ ゼッコウチョウデアール!


          . -─‐- 、
      /        \
     / ̄       ̄   ヽ.
      / >    <     ハ,4L_    キャッチャーが首を振るのを目の端で捉えながら、
     :  (_ , 、 _)      ノ  /    やる夫は再びゆっくりと振りかぶり―
     ゝ.  `ー'    _ <  /
      >,ー一 ""   ,/
   , <´ /         /
   1  _ イ        |
     ̄_i          ∧
     .´              `ー-.
    i     r‐- -‐、       i
    ゝ、_i      `ー─一'

>やる夫!やる夫!







26 ◆oLG9iWoh0E:2009/10/27(火) 22:22:08 ID:Lx7VJw3c
        ノ L____
        ⌒   \   /\
     /  ( ○) (○)\ヽ
    / /     (__人__)  \\   やる夫!
  /  ./      |::::::|    | \
 (___ノ\       l;;;;;;l    /   )
     /      `ー'   \ |i
   /          ヽ !l ヽi
   (   丶- 、       しE |そ  ドンッ!!
    `ー、_ノ       ∑ l、E ノ <
               レY^V^ヽl

首を《横に》振りながら立ち上がったいぬ夫はミット下げてため息をついた。







27 ◆oLG9iWoh0E:2009/10/27(火) 22:23:03 ID:Lx7VJw3c
ワー!      ____
       /      \                 キャー!
     /     _ノ  ヽ、_ \ヽ      ・・・
    / /   (●)   (●) \\
  /  ./ u.  (__人__)     |  \
 (___ノ(⌒)⌒)⌒)  /⌒)⌒)⌒)  ) ワー!

やる夫に向き合うのを避けるようにそっぽを向き、疲れたような、寂しそうな表情をみせる
そして、視線を1点に集中した。

ワー!         ____
         /       \
        /   ─   ― ヽ               キャー!
      /    ( ●)  ( ●)'      ・・・
      |        (__人__)   |
      \       ` ⌒´  ,/
      /      ー‐   ヽ ワー!

受ける人間がいなければ投手はボールを投げられない。
やる夫はボールを手のひらでもてあそびながらいぬ夫の視線を追った。







28 ◆oLG9iWoh0E:2009/10/27(火) 22:24:05 ID:Lx7VJw3c
眩しいばかりに輝く、甲子園のフィールドを。
 ;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::               ..,, ....:,:.. .:::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;...;;;;;;;;;;;;;;;;;;
 ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:;:::              ,:;;;;;,...:::::::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
  ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::             .,;;;;;;;;;: ..:::::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
  ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::.  .           .:;;;;;;;;:;;:::::::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
  ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::   .          .;;;;;;;::,: .:::::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
  ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:..     .        .,;;;;;;;;;;;  ::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::::::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::
  ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:.     ;:       .;;;;:;;;;;;;  ::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::::::::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;::  ,,,,;;;;;;
 ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:.    .:;; .     ,:::::;;;;;;;; . ::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::::::::::::::::;;;;;;;;;;;;::::::.: .,,:;;;;;;;;;;;;;
 ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:   ...;;;;     ,,:;:::::;;;;;;;;;: :;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::::::::::::::::::::::::  :...  ,,,:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
 ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:.  .:;;;;     .,,;;;;;;::::;;;;;;;;;;:...:;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::::::::::::::.. ....    ,,,:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:
 ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::   .;;;;;  ..,,;;;;;;;;;:::::;;;;;;;;;;;:..;;;;;;;;;;;;;:::::::::::: . .      .,,:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::
 ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::   .:;;;;: ,,:;;;;;;;;;;;;:::::;;;;;;;;;;;;;:;;;;;;;;::::::::.          .,,,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::
 ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;   ..;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::;;;;;;;;;;;;;;:;;:::.:....         ,,,:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::    ....::
 ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;   ..:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::;;;;;;;::::::::::..          .,,:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::   .....::::::::
 ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; ,:, .:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::;;;;;;;;;;;;;::::        ...,,;;;;;;;;;;;;;;;;:::   ,,,:::::::::::::
  ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; :;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;: .:;;;;;;;;;;;;:::::::      ..,,:;;;;;;;;;;::::   ....::::::::::::::::     ..,,;;
 ;;;;;;;;;;;;;;;;;;     ..:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;: :;;;;;;;;;;;;::::::::     ..,,:::;:::::     ...:::::::::      ,,;;;;;;;
  :;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:,,  .:..:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;: ;;;;;;;;;;;;::::::::::..........       ....:::::::     ..,,,,:;;;;;;;;;;;;;;:
 ::::::;;;;;;;;;;;;;;:.:;;;; ..  .:;;;;;;;;;;;;;;;;:.:;;;;;:::::::           ....:::::   ...,,,,,,:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
 ::::::::::::::::::::::::::;;:,:;;;;;;:,,,::::. .  .,            ....:::::::,,,,,,,,::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::
  ::::::::::::::::::::::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;:,:..:...   .        ....:::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::: _,.、;‐'
   :.-.、、:.、:::::::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;:,....... ... ....  ..............::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::,.,.,、 -ヽ'; ´;;;;;;;::
 ;;;;;;;;;;:;;:;;;;``  'ヽヽ;.-;、:.、、.、:.::  :::::::::::::::::::.:::::::::::::::::::::::::::::_、、- …''`゙゙`;;;;;;;;;;;;;;;::::::::::::::
  ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;;::::::::::::::;:;:;`::`': :'':'  ':';'';';'' ;';;'':  ;;;;`:;;:;;;;;;;;;;:;:;::::::::::::::::::::::::::::::::::::







29 ◆oLG9iWoh0E:2009/10/27(火) 22:25:04 ID:Lx7VJw3c
            ____
           /     \       乾いた音が響き、球場を揺るがすような歓声が上がった。
          /  \   /\      小さくガッツポーズをとった後、白いユニフォームに背番号1をつけた男がゆっくりとマウンドから降りてくる。
        /   (●)  (●) \
      |         ´     |    ストライクバッターアウト、チェンジ。
      \       ⌒    /    8回にして、今日13個目の奪三振だった。
    / ̄ ̄ヽ           \
   (「    `rノ          \
    ヽ   ノ              \
     |   |             「\   \







30 ◆oLG9iWoh0E:2009/10/27(火) 22:26:03 ID:Lx7VJw3c
         ____
       /      \
     /    ─    ─ \ヽ     「今日もできる夫は完璧だ。お前の出番はねえよ」
    / /   (●)   (●) \\
  /  ./     (__人__)     |  \
 (___ノ(⌒)⌒)⌒)  /⌒)⌒)⌒)  )

視線をグラウンドに向けたままのいぬ夫の言葉は大歓声に半分かき消されていたはずだが、
その言葉はやる夫の耳でやけに大きく響く。

一番聞きたくない言葉だった。
そのことを、同じ補欠である所のいぬ夫も知っているはずの言葉だった。







31 ◆oLG9iWoh0E:2009/10/27(火) 22:27:05 ID:Lx7VJw3c
        ノ L____
       ⌒ \ / \
      / (○) (○)\
     /    (__人__)   \    「んーなのわからないお!」
      |       |::::::|     |
     \       l;;;;;;l    /l!| !
     /     `ー'    \ |i
   /          ヽ !l ヽi
   (   丶- 、       しE |そ  ドンッ!!
    `ー、_ノ       ∑ l、E ノ <
               レY^V^ヽl

         ____
       /      \
     /     _ノ  ヽ、_ \ヽ    「わかりきっているよ」
    / /   (●)   (●) \\
  /  ./ u.  (__人__)     |  \
 (___ノ(⌒)⌒)⌒)  /⌒)⌒)⌒)  )







32 ◆oLG9iWoh0E:2009/10/27(火) 22:28:03 ID:Lx7VJw3c
       ____
     /   ノ( \
   /  _ノ  ヽ、_ \      ・・・
  / ノ( ●━━●   \
  |  ⌒ (__人__) ノ(  |
  \     ` ⌒´   ⌒/

         ____
       /      \
     /     _ノ  ヽ、_ \ヽ  ・・・
    / /   (●)   (●) \\
  /  ./ u.  (__人__)     |  \
 (___ノ(⌒)⌒)⌒)  /⌒)⌒)⌒)  )







33 ◆oLG9iWoh0E:2009/10/27(火) 22:29:06 ID:Lx7VJw3c
--------------------------------------------------------------------------------------

甲子園にはしばしばヒーローが現れる。
それは毎試合のようにホームランを打つ怪物であったり、大会通産打率を5割に乗せる天才であったりする。

--------------------------------------------------------------------------------------







34 ◆oLG9iWoh0E:2009/10/27(火) 22:30:12 ID:Lx7VJw3c
          _.. ‐'''''''''''' ‐ 、
         ,r'        \
        / ⌒         ヽ,   そして今年現れた英雄は信頼度抜群の、完成された投手だった。
          ( ●)   `―    ..i
        i.      ( ●)    |
          \ _´___       /
           \`ー'´   __/







35 ◆oLG9iWoh0E:2009/10/27(火) 22:31:10 ID:Lx7VJw3c
       _________
      /     \          決勝まで全ての試合を一人で投げきり。3回戦は無失点の完封勝利。
    /   ⌒  ⌒\         準々決勝ではノーヒットノーランを達成した。
   /   ( ●)  (●)\
   i   ::::::*  __´___ *  .i       今大会での自責点は6で防御率は1.20。
   ヽ、    `ー'´  /       一試合の登板で1点しか取られないという、信じ難いほどの安定感を誇っていた
   /         \







36 ◆oLG9iWoh0E:2009/10/27(火) 22:32:05 ID:Lx7VJw3c
          ____
        /     \        できる夫18歳。
      / ⌒   ⌒ \       150キロ近い直球と130キロ後半の高速スライダーが武器の、野球名門校毘都附学院のエースである。
     /   (●)  (●)  \
    |      __´___     |
    \      `ー'´    /






38 ◆oLG9iWoh0E:2009/10/27(火) 22:33:03 ID:Lx7VJw3c
     ____              8回を終えて無四球無失点。
   /     \            
  /  \   /\           ベンチに戻り腰をかけたその顔には緊張感はなく、
/   (_)  (_) \         むしろこの大舞台を一人で任されているという充実感に満ち溢れた表情だ。
|       、__',_,    |        
\           /         普段無愛想気味なその顔にも、今は笑顔が浮かんでいる。







39 ◆oLG9iWoh0E:2009/10/27(火) 22:34:07 ID:Lx7VJw3c
       ____
     /     \
   /_ノ  ヽ、_   \         「4連投だお?疲れは絶対にあるはずだお?いつ崩れるかもわからないお。」
  /(●)三(●))   .\
  |   (__人__)      |
  \ ヽ|r┬-| /   /
  /   `ー'´      \

         ____
       /      \
     /    ─    ─ \ヽ     「例えそうだったとしてもねこ夫を使う。お前じゃないさ。」
    / /   (●)   (●) \\
  /  ./     (__人__)     |  \
 (___ノ(⌒)⌒)⌒)  /⌒)⌒)⌒)  )







40 ◆oLG9iWoh0E:2009/10/27(火) 22:35:13 ID:Lx7VJw3c

       ____
     /⌒三 ⌒\
   /( ○)三(○)\          断定するようないぬ夫の言葉に、やる夫の顔が赤くなる。
  /::::::⌒(__人__)⌒:::::\
  |     |r┬-|     |
  \      `ー'´     /

           ____
         /       \
        /       ― ヽ     しかしこんなところで殴りかかるわけにはいかない。
      /         ( ●) '、
      |             (__ノ_)   熱くなったやる夫の視線は、自然と誰もいないマウンドに向けられた。
      \            `_⌒
      /           \







41 ◆oLG9iWoh0E:2009/10/27(火) 22:36:08 ID:Lx7VJw3c
         ____
       /      \
     /     _ノ  ヽ、_ \ヽ      「こんなに人がいても、どうせ俺達のことなんか誰も・・・」
    / /   (●)   (●) \\
  /  ./ u.  (__人__)     |  \
 (___ノ(⌒)⌒)⌒)  /⌒)⌒)⌒)  )

 ポツリと、いぬ夫がひとりごちる。
 小さな声だった。

 いぬ夫も3年だ。
 今大会も代打で一度バッターボックスに立っただけ。その打席はひっぱっての平凡なショートゴロだった。







43 ◆oLG9iWoh0E:2009/10/27(火) 22:37:11 ID:Lx7VJw3c
        ____
       /    \
.    /          \
.  /    ―   ー  \
  |    (●)  (●)  |
.  \    (__人__)  /
.   ノ    ` ⌒´   \
 /´             ヽ

やる夫の頭に昇った血が引いていく。
バッターボックスに毘都附付属の選手が立ち、再びの大歓声とともに9回の表が始まった。
フィールドにいる選手が、観客が、熱くなればなるほど自分たちの感情は冷めていく。

もちろん、チームメイトが勝つことは嬉しい。素直にすばらしいと思う。

それでも、それだとしても―







44 ◆oLG9iWoh0E:2009/10/27(火) 22:38:09 ID:Lx7VJw3c
     ____
   /      \ ( ;;;;(
  /  _ノ  ヽ__\) ;;;;)
/    (─)  (─ /;;/  「・・・もしもということもあるお。控えのやる夫は、できる限りの準備をしておくだけだお。」
|       (__人__) l;;,´|
./      ∩ ノ)━・'/
(  \ / _ノ´.|  |
.\  "  /__|  |
  \ /___ /

         ____
       /      \
     /    ─    ─ \ヽ     ・・・
    / /   (●)   (●) \\
  /  ./     (__人__)     |  \
 (___ノ(⌒)⌒)⌒)  /⌒)⌒)⌒)  )

静かに、やる夫が言う。
何か押し殺したような雰囲気を感じ取ったか、いぬ夫は口元で小さな返事をするとミットを再び構えた。







45 ◆oLG9iWoh0E:2009/10/27(火) 22:39:28 ID:Lx7VJw3c
バンッ!      ____
      /  ノ   ヽ、_ ヽ
     /u ( >)}liil{(<)\\    すぐさま、勢いのいいボールがミットに飛び込んできて、
   / / ::::⌒(__人__)⌒::::\\   いぬ夫はボールを弾いて捕り損ねた。
  ./  ./  u          |  \
 (__ノ\              /(_ ノ
     /⌒ヽ   ー‐    ィヽ


           ____
          /         \
      // ─    ─    \    いい球だった。拾ったボールをしばらく見やる。
     // (●)   (●)  ヽ \
    /  |     (__人__)     ヽ  \
  (  (⌒(⌒(⌒ヽ  (⌒(⌒(⌒)i___)


         ____
       /      \
     /    _ノ  ヽ、_ \ヽ     「・・・俺より、練習してたものな。」
    / /  o゚⌒    ⌒゚o \\
  /  ./     (__人__)     |  \
 (___ノ(⌒)⌒)⌒)  /⌒)⌒)⌒)  )

 フィールドでやる夫の球を受けたい。いぬ夫はそう思った。







46 ◆oLG9iWoh0E:2009/10/27(火) 22:41:03 ID:Lx7VJw3c
           ____
         /       \     相手チームのエース、いく夫がマウンドに上がり、毘都附打線を相手に投球を始めた。
        /       ― ヽ    
      /         ( ●) '、   決勝の相手、入速工業は打撃のチームといわれている。
      |             (__ノ_)  
      \            `_⌒   裏を返せば絶対的なエースがいないということになり、
      /           \   できる夫一人で勝ってきた感のある毘都附とは対照的なチームだった。







47 ◆oLG9iWoh0E:2009/10/27(火) 22:42:07 ID:Lx7VJw3c
        _____
      /.::::::::::::::::::::::::::.ヽ 
      |.:::::::::γ⌒Y⌒ヽ::.|    
      |::::::::/ ⌒  ⌒ |   
      |:::::::〉 ( ●) (●)|                   ,. ‐- .. _
      (@ ::::⌒(__人__)⌒)                ./  __  `` ー- 、  マウンド上のいく夫が、ボールを放る。
      |     |r┬-|  |               , ィ/   ゝヽ ̄ヽ ー- '
       \    `ー'´ /             _ / { {ヽ、_   ヽ' ノ_,.〉
       イ.ヽヽ、___ ーーノ゙-_ -ァー- 、_ ... -‐ '    ヽヽ、`>、..ノ=┘   そこそこ威力のあるストレートがキャッチャー目掛けて飛んでいく。
       /j >-‐ ' ´/ /   /    /   _ノ      \ `ー '!
   , -‐ 7´/{⌒|  / _/   j                  >‐'
  / / //| 〉‐f/ \'    !                ,  ' ´
 / ,' > .|/ レ   ゚ノ    |           ,.. -‐ '"
/  {  ヽ |  〉  /__  t     ,. -‐ ' ´
  |   ヽ| / /  '   `  ヽ、  /
  |   `!//           /







48 ◆oLG9iWoh0E:2009/10/27(火) 22:43:10 ID:Lx7VJw3c

       / ̄ ̄ ̄ \
     /       . \
    /  _ ノ   ヽ、_   \     自分と同じ程度のストレートだと、やる夫はそう思った
   .|   (ー)  (ー) .  |
    \    (__人__) .  /
     /    `⌒´    ヽ
    ヽ、二⌒)   (⌒ニノ







49 ◆oLG9iWoh0E:2009/10/27(火) 22:44:14 ID:Lx7VJw3c
    i^,\ _,,_ /^l
    lノ  ⌒ i|l ⌒ヾノ        ねこ夫は毘都附の2年のピッチャーだ。
   シ " ( ●)  (● )ミ       背番号は10をつけ、実質的な2番手ピッチャーである。
  メ  = ⌒(__人__)⌒=ヽ
 彡     |r┬'|   ;ミ
   ヾ    `ー '   ン
   /     ""  |







50 ◆oLG9iWoh0E:2009/10/27(火) 22:45:04 ID:Lx7VJw3c
     i^,\ _,,_ /^lγ⌒)⌒) ビシッ
     lノ  \ i|l /ヾノ/⌒) ○ ^)  実力はやる夫と同程度かやや劣るというのが周囲の評価だ。
    シ " ( ●)  (● )ミヽ   /   その意味では、まだやる夫が登板する可能性はある。
   メ  = ⌒(__人__)⌒=    /
  彡           ;ミ   /
    ヾ         ン,   ノ
    /     ""







51 ◆oLG9iWoh0E:2009/10/27(火) 22:46:03 ID:Lx7VJw3c
 *o ゚ |+|   。*゚  +゚ } o  |*  o。!    |!
 o○+ | ∨    | {r|! *l:     + |!*l::j o ○。
・+     ,-i| o. 。* ,-i| o. 。*゚}‐ 、゚ + |      ただ、ねこ夫は来年できる夫がいなくなった毘都附のエースである。
゚ |i   | {r|! *l:  /\__/ヽ  ノヾ}  |
o。!    |! * .゚ /(≡)::::::(≡)\  レ ノ  ゚|     甲子園の連続出場を狙うだろう監督は自分か、ねこ夫
  。*゚  l ・ / /// (__人__) ///\o  ゚。・ ゚     どちらかを使わなければならなくなったとき、来年のためにねこ夫を使うだろう。
 *o゚ |   | 三   |r┬-|   三 |   *|
。 | ・   o ゚ l\     ` ー'´    /*゚・+゚ ||     人の成長にとって必須である、経験というものを与えるために。
 |o   |・゚ ,.‐- .ハ       イ | * ゚   |
* ゚  l| /    、` ニ ´ ノ  ノ   o.+ | ・
    |_|\∧∧∧MMMM∧∧∧/|_|
    >
 ─┬─    ──ヽ|  |ヽ  ム ヒ | |
   │  ──  / | ̄| ̄ 月 ヒ | |
 ─┴─    /\/ | ノ \ ノ L_い o o







52 ◆oLG9iWoh0E:2009/10/27(火) 22:46:54 ID:Lx7VJw3c
毘都附の最後の攻撃は、あっさりと3人で終わった。大歓声があがり、ゆっくりとできる夫がマウンドに向かう。
甲子園優勝を決めるべく。この試合最後のマウンドへ。
         ,___
       /     \
      /  \   / \
    /    (●) (●) \  
    |       ___'___    |                      チョォォォデンジ! ボォォォォォル!
    \       |il!|!il|  /
.      /⌒~" ̄, ̄ ̄〆⌒,ニつ
      |  ,___゙___、rヾイソ⊃
     |            `l ̄ 
.      |          |  
このイニングを抑えきれば、21年ぶりの甲子園優勝である。観客席にいる生徒、家族、OBが、
そしてできる夫のファンが、球場が一つになったような声の嵐を巻き起こす。

そして嵐の中、できる夫が終わりに向けてボールを放つ。







53 ◆oLG9iWoh0E:2009/10/27(火) 22:47:40 ID:Lx7VJw3c
いぬ夫の言った出番は無いという言葉は、おそらく当たっているのだろう。
できる夫が打ち崩されるところなど想像できないし、打ち崩されたとしてもねこ夫がいる。
3点差でリードしていて、9回の裏。自分の出番が回ってくる確立は、限りなく低い。
         ___
       /     \
      /   \ , , /\
    /    (●)  (●) \
     |       (__人__)   |
      \      |r┬-|  ,/
     , -‐ (_).ヽ`ー'´   ィヽ
      l_j_j_j と)         i
       ̄`ヽ        | l
しかし、やる夫の投球練習は熱を帯びていく。
もういぬ夫は何も言わなかった。
         _____
        /        \
      // \  / \\
     //  (●)  (●)  \\
    /  |     (__人__)     |  \
  (   (⌒(⌒)⌒)  (⌒(⌒)⌒)   )







54 ◆oLG9iWoh0E:2009/10/27(火) 22:49:04 ID:Lx7VJw3c
------------------------------------------------------------------------------------------------

高校野球の背番号は、残酷なものではないだろうか?
1から9番は、各ポジションのレギュラーを示す番号である。

10番以降、2桁の番号は、補欠を意味する番号となっている。

------------------------------------------------------------------------------------------------







55 ◆oLG9iWoh0E:2009/10/27(火) 22:49:53 ID:Lx7VJw3c
------------------------------------------------------------------------------------------------

2桁の番号の中、10番だけは明確な意味を持つ。
10番は控えピッチャー。2番手ピッチャーの背番号である。

一人のピッチャーが全てを回すなどということがありえなくなった近代野球においては、
唯一明確な役割を与えられた背番号と言えるだろう。

------------------------------------------------------------------------------------------------







56 ◆oLG9iWoh0E:2009/10/27(火) 22:51:06 ID:Lx7VJw3c
      /  ̄ ̄ ̄ \
      :/        ::::\   
     ; |          :::::::|     では15は何なのだろうか。
     \.....:::::::::    ::::, /     
     r "     .r  /       意味の無い背番号を背負う自分に、一体何の意味があるのだろうか。
    |::| 15  ::::| :::i
    |::|:     .::::| :::|        
    `.|:     .::::| :::|
     .,':     .::(  :::}
     i      `.-‐"







57 ◆oLG9iWoh0E:2009/10/27(火) 22:52:06 ID:Lx7VJw3c
                 _
             =〈〈〈≠=
      ____   〈⊃  }
     /⌒  ⌒\   |   |
   /( ●)  (●)\  !   !.ヽヽヽ    リーチです!
  /    ___'___    .\|   l. )))
  |     |r┬-|       |  X ///
  \     ` ー'´     /X  \
  / __        /  \  \_、バシ
  (___)      /   ゝ⊃=≠ヘ人人

できる夫のボールが吸い込まれるようにミットに納まった。
審判の声は歓声にかき消され聞こえない。バッターはうなだれながらベンチに戻る。
2者連続三振。『あと一人』のコールに、できる夫が頷いたように見えた。







58 ◆oLG9iWoh0E:2009/10/27(火) 22:53:03 ID:Lx7VJw3c
         ,___
       /     \
      /  \   / \
    /    (●) (●) \      
    |       ___'___    |                 
    \       |il!|!il|  /
.      /⌒~" ̄, ̄ ̄〆⌒,ニつ                     == ○
      |  ,___゙___、rヾイソ⊃
     |            `l ̄
.      |          |
遊び球はなし。あっという間にツーストライクまで追い込んだ。
コールはいつの間にか『あと一球』に変わっていた。







59 ◆oLG9iWoh0E:2009/10/27(火) 22:54:15 ID:Lx7VJw3c
         ___
       /     \
      /   \ , , /\
    /   (●)  (●) \
    |       、__',_,    |
     \         , /
.      /⌒~" ̄, ̄ ̄〆⌒,ニつ
      |  ,___゙___、rヾイソ⊃
     |            `l ̄
.      |          |

できる夫と同時に、やる夫は振りかぶる。
         ___
       /     \ 
      /   \ , , /\
    /    (●)  (●) \
     |       (__人__)   |
      \      ` ⌒ ´  ,/
.      /⌒~" ̄, ̄ ̄〆⌒,ニつ
      |  ,___゙___、rヾイソ⊃
     |            `l ̄
.      |          |







60 ◆oLG9iWoh0E:2009/10/27(火) 22:55:31 ID:Lx7VJw3c
         ___
       /     \
      /   \ , , /\
    /    (●)  (●) \
     |       (__人__)   |
      \      |r┬-|  ,/
     , -‐ (_).ヽ`ー'´   ィヽ
      l_j_j_j と)         i
       ̄`ヽ        | l
背番号15の控え投手は、堂々と、力強く踏み込み、右腕をしならせ、放つ。







61 ◆oLG9iWoh0E:2009/10/27(火) 22:56:10 ID:Lx7VJw3c
--------------------------------------------------------------------------------------


やる夫の渾身のストレートは、甲子園の歓声を切り裂いて、ミットへ突き刺さった―


--------------------------------------------------------------------------------------

                                                  第一話 やる夫と甲子園 終







62名無しのやる夫だお:2009/10/27 (火) 22:59:06 ID:BqXzhZOI
乙~
次回以降も期待







63名無しのやる夫だお:2009/10/27 (火) 23:02:20 ID:h/A1Phs2








64 ◆oLG9iWoh0E:2009/10/27(火) 23:04:08 ID:Lx7VJw3c
>>62

          / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 ΛΛ    <  アザース
(゚Д゚Λ)_Λ    \____________
( ̄⊃・∀・))
| | ̄| ̄
(__)_)

ご観覧ありがとうございました。
投下って緊張するものですねー。







65名無しのやる夫だお:2009/10/27 (火) 23:05:05 ID:XWisiFLw
おつー。
今回はプロローグみたいなもんかな?
期待してます。








66名無しのやる夫だお:2009/10/27 (火) 23:05:11 ID:7bGOt2QU
乙でした。
絶好調なのに出番がないという遣る瀬無さに物寂しさを感じました。
状況が目に浮ぶ細かい描写もよかったです。







世界と地球の困った現実





関連記事
スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!




カテゴリー「やる夫はプロ野球選手になるようです」内の最新記事

だ

    これは良いな
    どうしようもない鬱屈した青春が伝わってくるぜ
    [ 2009/11/10 12:23 ] [ 編集 ]
    学年で一番足の早くて運動のできる奴、
    を近隣の学校から集めて一番できる奴、
    を県の学校から集めて一番できる奴、
    を全国から集めて一番できる奴、
    が通用しなかったりするのがプロの世界。
    [ 2009/11/10 13:26 ] [ 編集 ]
    状況がよくわからんが、プロテストなら6秒7だと足切り食らうと思うんだが
    [ 2009/11/10 14:22 ] [ 編集 ]
    今一番楽しみなスレ
    [ 2009/11/10 15:00 ] [ 編集 ]
    このやる夫はとことん運に見放されているんだろうな
    野球名門校で実力的にはNo.2投手なのに
    超高校級の同期と有望株の後輩の間に挟まれて活躍の機会が与えられない
    プロテスト?では靴紐が解けて足切りライン割りしそう
    やるせねえなあ
    [ 2009/11/10 17:33 ] [ 編集 ]
    続きがすごく楽しみだ。
    毎年甲子園で将来を嘱望される球児が活躍するが、
    一体そのうちどれだけがプロとして成功できるか…。
    [ 2009/11/10 20:50 ] [ 編集 ]
    名スレの予感
    [ 2009/11/10 20:55 ] [ 編集 ]
    切ないな。すごくいい。
    [ 2009/11/10 23:22 ] [ 編集 ]
    背番号15は黒田の番号だ
    意味ないなんて言うとは許せんな
    [ 2009/11/11 01:30 ] [ 編集 ]
    プロの15と高校の15を同列に語るとかwww

    とはいえ、名門校のベンチ入り選手ならそれなりに実力はあるんだろうけど
    こんな思いをする選手がいるから野球留学なんかがまかり通るんだろうな
    [ 2009/11/11 07:42 ] [ 編集 ]
    やる夫がそれなりの実力を持つが一番ではないってのが
    実にいい。

    チートorカスなやる夫ばかりだったんで。
    [ 2009/11/11 17:54 ] [ 編集 ]
    ガサーラスレかと思ったw
    実力と環境と運がそろってても失敗するプロ界で、ココのやる夫みたいに運のない選手がうまくやれるとは思わんが・・・期待。
    [ 2009/11/11 18:39 ] [ 編集 ]
    2軍でやめたら、スポーツセンターの職員に転職できますかね?
    社会人球団の方がましっぽい
    [ 2009/11/13 09:15 ] [ 編集 ]
    でも名門校の2番手ピッチャーなら六大学にいけるんじゃね?
    [ 2009/12/18 10:17 ] [ 編集 ]
    「二番手として活躍した実績」があればな……
    [ 2009/12/28 15:04 ] [ 編集 ]
    甲子園出場校で番号貰えるのは凄いことなんだぜ。
    [ 2010/01/19 15:26 ] [ 編集 ]
    まさかこのタイトルそのものに
    あんな意味があったとは、この時点では気づかなんだ…
    [ 2010/03/02 01:09 ] [ 編集 ]
    ↑余計なこと書くなよ
    配慮したつもりかもしれないけどさあ
    [ 2010/08/26 00:55 ] [ 編集 ]
    このコメントは管理者の承認待ちです
    [ 2012/03/02 22:22 ] [ 編集 ]
    コメントの投稿













    管理者にだけ表示を許可する
やる夫ブログについて
20101110:「やる夫はロス市警の警部のようです」を掲載させていただきます。本当にお待たせして申し訳ございません。これ以降も随時、更新の途絶えていた作品を掲載していきたいと考えております。ご迷惑をおかけして申し訳ありませんが、どうか長い目で見ていただければ幸いです。

20101030:「やる夫のサクラ大戦」にて、記事の掲載順序を誤りました。 作者様、および楽しみにしていた読者様にお詫び申し上げます。 申し訳ございませんでした。

20101004:「やる夫たちが夢の国で遊ぶようです」につきまして、こちらの不具合で記事が切れてしまっております。作者様、及び楽しみに読んでくださっている読者の皆様にご迷惑をおかけしてしまい、申し訳ありません。
一度下書きに戻させていただきます。よろしくご了承ください。
「やる夫で学ぶことわざ」の作者様より、やる夫ブログ用のスポンサー案内をいただきました!本当にありがとうございます!さっそく使わせていただきます!

20100811:皆様、大変ご無沙汰しておりました。ぼちぼち更新を再開できればと考えております。
「やる夫がDQⅢの勇者になるようです」についてですが、コメントを頂けるのは大変うれしいのですが、他作品のコメント欄での投稿はご遠慮願えれば幸いです。
恐縮ですが、ご協力よろしくお願いいたします。

20091222:年末なので順調に更新量が減っております。今日明日はお休み、再開一発目は「やらない夫の超兄貴」になる予定です。作者様、まとめが遅くなり申し訳ございません。

20091208:今週クソ忙しいので、かなり更新が減ります。ご了承ください。

20091116:更新の調子にもよりますが、週末をめどに、カテゴリを追加する予定。前回追加からだいぶ間隔開いたんで、かなり溜まってます。

やる夫ブログについて

姉妹ブログというか同一人物ブログ。
やる夫ブログ(裏)(18禁です)


 ネ タ 投 稿 お 待 ち 
 し て い ま す ! 
(↑結構心から待ってますw)

 ネタ投稿の他、転載お断りの記事、相互リンクのご希望等ございましたら、お手数ですが下のメールフォームよりお知らせください。なお、http:を付けるとエラーになってしまうようなので、ご投稿いただける際にはhttp:を抜いていただきますよう、よろしくお願いいたします。
相互リンクの反映に時間がかかってしまい申し訳ありません。気長にお待ちください。


嬉し泣き
美麗なタイトル画像を描いてくださっているのは、こちらの方々です。
本当にありがとうございます。


七市様
Shadow3_convert_20091008101141.jpg
ハルヒとやる夫、やらない夫の表情が最高のタイトル画像。冬にぴったりの美しい作品です。


1様
http://blog-imgs-15.fc2.com/y/a/r/yaruomatome/yaruoblog_title_convert_20091026144430.jpg
柔らかで暖かい雰囲気がたまらない作品。みゆきさんヤバすぎで管理人狂喜の舞を舞っておりますwww

1様のプロフィールはこちら


65様
securedownload_convert_20091008101321.jpg
同じく「やる夫がチェルノブイリに旅立つようです」より。元ネタの雰囲気をビンビンに伝えるダークな作品。


草葉様
Shadow3_convert_20091008101141.jpg 「やる夫がチェルノブイリに旅立つようです」をモチーフにしたタイトル画像です。物語の後、このタイトルを見て吹きました。

219c0c442.jpg

草葉式


味噌様
yaruoblog_convert_20090519194443_convert_20091008101235.jpg
やる夫ブログ初!物語とタイトル画像のコラボレーション!快く、最高に美しいタイトル画像を描いて下さった味噌様に感謝です!




トンボ様
minamike_convert_20090519194731_convert_20091008101216.jpg
夏にぴったりの逸品を、トンボ様よりいただきました!水着ハァハァ(´Д`;)


トンボのかんさつ日誌


ヒジキ様
nagato_convert_20091008101341.jpg
管理人のツボにはまりまくりの長門!大好きだ!結婚してくれー!



ヒジキ煮


aro様
yaruo_blog_fix_convert_20090210225801_convert_20091008101403.jpg
らきすた勢の見事な描写もさることながら、このやる夫にしてやられました。


Charged time-out


Yutaka様
RMm06_convert_20090127165950_convert_20091008101426.jpg
個人的に水銀燈が一番好きです。タイトルのセンスも◎。本当に有難うございます。





マブチョコ_m様

この魅力的なボディにくらくら!管理人はこの人の同人誌が大好きです!やる夫ブログの記念すべき初タイトル画像。全てはここから始まりました。



うにゃらら大飯店



イチオシ

やる夫がDQⅢの勇者になるようです

自らを成長させる姿に心震える
作品。普通の掛け合いなのに、
自然と笑みがこぼれる構成と
演出は見事の一言。
自分を好きになれる、極上の映
画を見た後のような読後感は、
自信を持って「最高だ!」と賞
賛できる作品です。





過去の「イチオシ」一覧を作りました。
管理人オススメ記事

管理人が抱きしめたいほど好きなやる夫作品

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。