FC2ブログ
2017 07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 09
やる夫ブログヘッドライン



【お気に入りサイト新着記事】 【カテゴリー一覧】

    
   
【最新エントリ】



スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




カテゴリー「スポンサー広告」内の最新記事

だ

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | はてなブックマークに追加

やる夫はプロ野球選手になるようです 第2.5話 「カズマとやる夫」 

203 ◆oLG9iWoh0E:2009/10/29(木) 21:00:33 ID:ybkPaR.w
-やる夫がプロ野球選手になるようです-

第2.5話 「カズマとやる夫」


注) ・この話はプロ野球を元にした、作者のプロ野球妄想ストーリーです。
   ・このスレのやる夫は捻くれています。やる夫の性格改変(?)にご容赦下さい。
   ・スレ主はやる夫初心者です。ご指導ご鞭撻の程よろしくお願いします。







204 ◆oLG9iWoh0E:2009/10/29(木) 21:01:04 ID:ybkPaR.w
12月 中旬 ???
    ;;;;;;;.........;;;;........::::::::::::::........;;;;.........;;;;;;;;.......
   ";;;;;;;;....::::.....::::!、........::........ ノ::::.....::::....;;;;;;;;ji :.:.: .: . :. :. : .. : . :.
.   .....:::::::::.....:,',;;;;;;;;ヽヽ;;;;;;;;,',:.....:::::::::....  .:::;l :.:...:..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
     ;;;;.;;;;........;;;;;;;;....::::..::::....;;;;;;;;........;;;;.;;;...::....::li :.:.....:::::::....:..::..:.:.:...:.:.:.:  li;;;;;;::::;;;.,....;;;:::;;;.;:i:;;:;:::;
   y;wリ゙W゛jリwj从リ j"W.......:::::::::......:::::::::..jl ::::::::::::::::::::::::::::::::.....::::::::::: li;;;;...;;;;::;;....;:::;;...ji::::;;:
   ::゙i........ト ;i:iii;:::;iii:i;::'':;iノ,.,;;;;;;;..:::::::::....;;k  :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: Z;;;wWti ijk:;;;k;;;,,::;
   ::.゙゙ヽ(. | ..;;;ii;:'':ii;;;.. | ヾ゙リw;y.ノ,w'ハ    :.:.:.:. :.:. :.:.:. :.: . :.. :.:.:. :.: :; ; | ll;;;;~::|::::::|lki;;;:|
     :::::::::|;;;;..:;;;::゙ :: ::..゙|:::::: |. :;ii;::.|`:;,':,”'' ;~'',;''゚ ;~'',;'',;';;;,,,,,,__,,___,_::;.:".:;.:'"゙:.:゙,:;、,"'.:.:;,`:;
     :: : : |. :;ii;:.゙゙,;ii;;ii::゙i:: :: :| ;::.゙゙,゙|'゚ ;~,;''゚ ;~゚''゚ ;~'',;~゚''゚ ;~'',;;;;;;;;,,,__,,__,ヽ::;.:".:;.:'"゙:.:゙,:;、,"'.:|
        |.ii゙:;''゙;.;::;:.; (;|:::  |;::.゙゙,゙゙|:',;''゚ ;~,;;”:;,`:;,':;~゚''゚ ;~'',_,,_ヽ__,,_____ヽ,,__,,i;::;.:".:;.:'"゙:.:゙,:;、::;i
       l゙゙゙゙, ; iii::゙,; ,゙| ::  〉;.::.;ii;..''  ~'',;''゚ ;~'',;'',;'; ,,,_/,,___,,____/_,,____,,_;ii'"゙:.:゙,:;、,"'.:.: .
     : .ノ;;゙゙゙:;i;;;i:;;;i:゙゙゙;;ヾ :;ノ;;゙゙゙:;i;;;v'゚ ;~,;''゚ ;~゚''゚ ;;,,,/_,,___,,_____/,___λ,__,__ノ'"゙:.:゙,:;、,"'.:.: ;i:
:    ; :.ヘ; ヽ,.ル;nノ;;;l;;l;rw. :;:;: ;: ;:;'',;'',;''゚ ;~,;;;;;;,___,,_____,,___,___,,____;,`:'.:.:;,`:;,':,:;.,:;.: '  ;T:;:
     rw. :;:;: ;: ;:;'',;'',;''゚;:;'',;'',;''゚ ;~ ;~,;;;,___,,____/_,,___,___,,____;,`:'.:.:;,`:;,':,:;.,:;.: '  ;T:;:
      ;: ;: ;:;'',;'',;''゚;:;'',;'',;''゚ ;~ ;~,;;;,____/_,,___,____/,,____;____/,`:'.:.:;,`:;,':,:;.,:;.:

吐いた息が白く散って、季節が冬に差し掛かっていたことに気づく。
鬱蒼とした木々に囲まれた山道を登りながら、上着を持って来るべきだったと少し後悔した。







205 ◆oLG9iWoh0E:2009/10/29(木) 21:01:43 ID:ybkPaR.w

それにしてもここはこんなに寒かっただろうか?自分たちがここで練習していたときはもっと・・・

;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::::::::::::::::::::::::::::;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::......................................      ....................................   ..................::::::'''':;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
:::::::::::::::::::::::::::::::.....................................................   .................................................................... .................................::::::::::::::::::
::::::::::::::......................................                   ............................................... .'''''''''''.....................................
   ................................................................................................................................
       .........................................................                    .......................................  .................
     
         
         
         
;;:.. ..,,., ..,;;iルv,.. ..,....,;:. .....,;:. ..,;;:;';,,.. ..,.,, ..,.,;;:: .,,.:;: ..,.,wiレノvv;,... .,, ;::,,:;' ,,.., .,,, .;;;;:, ..,.. ...,..,;; :;:,::,, ..,. :;;, ::;.,, ..,,.:.,
    . .;. . .  ,;;:.';'"" '  .,     .      . .;'' ' .   ' ; :'    . .        ,

-いや-







206 ◆oLG9iWoh0E:2009/10/29(木) 21:02:08 ID:ybkPaR.w

           ヾ、〉!       '         /_ノ/
            `ーl.     rー-----一ォ     ,'_/
              ヽ、   ヽニ二ニニノ    ,イ´            ―寒かったな
               l\   ー-     //ー-、
           ,,.-‐''"´|  \       /  .l    \
          /       l   `ー-‐''´    |      ヽ
          __/      l              ,'        ゙、
  _,,. -‐''"´ /      |          /       ヽー-、
/       /         ト、_        /         ゙、
       /        |::::::::: ̄`ー--一/           ゙、
      /         l::::::::::::::::::::::::::::::/            ゙、

悴んだ手をズボンのポケットに突っ込み、少し歯を見せた。







207 ◆oLG9iWoh0E:2009/10/29(木) 21:02:33 ID:ybkPaR.w

VIPスターズ第3練習場は切り開かれた山の中腹にある。
山といっても1000mもない小山だが、木々や岩が作り出す独特の冷気がこの地方の空気と混ざると、
思った以上に冷えてくる。
     .,,.    '" ろ,,,..;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
,,,,..  ..,;;;;;;;;iiii;;;,,... ....,,;;" そ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::::::::::::::::::.......................::::::::::::::::::::::::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
||iiiiiiiiiiiiiiiiii|||iiiiii;;;;;;,,...  ...,"て '''''':::::::::::::::::....................        .......................................::::::::::::::''''''''
||||||||||||||||||||||iiiiiiiiiiiii"",,,...'"ろ:::::::................                   .........................::::::::::::::
!!||||!!!!||||||||||||||||||||||iii;iiii!!!'"........                              ..................
::レ∠ii||||||||||!!!!!!!!ii;;~^''"
:: /|||||||||||!!!!,,.'''"~"''~................................                       .....................:::::::::::::::
: |'''''''""~~''"                        r´`;
: |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::             `゙´       _,、‐" ̄ ̄'''‐-、、__
: |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::     ここらへん         ,,,-'`"´ ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;  `'ー
iii;,                    ↓      __,,、‐‐'"& acute;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
|||i               _,、‐"~`'''-,,..._ ,,,、r'''´    ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
||||              ‐';;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;"=,,,,_   ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
|||||  ノノノノ          ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;``''‐-,, _;;;;;;;;;;;;;;;;; ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
―ヽ (:::__゚∋          ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;     ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
::::: (::::::::⌒\ (::::::: )    ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;         ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;     ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
:::::::: ヽヽ个彡~""∧,,∧'シ Π   「,,\ 「Π    「「//「 「「「 「「  Π
    )):::|    (:::::::: ) 'ソ   「「「「「 ヽヽ  Π     ||  「Π  Π_   「「 「
   ((::: |   @::::::::) ~ツ Π_   「「 「  ||  「Π   ヽヽ  Π   「「「「「







208 ◆oLG9iWoh0E:2009/10/29(木) 21:03:14 ID:ybkPaR.w

気密性の低い、掘っ立て小屋のような合宿所では布団の奪い合いが日常茶飯事だった。

                       DEAD or FUTON?
    ∧_∧                  ∧ ∧_
 Σ ( ´Д`)   +         ____(゚Д゚,,) ヾ
   /    ヽ  `========ll⊂| >    | ∨/| ̄`ヽ
   | | 1 | |            | >  i | // |  i  |
   | |   | |              ̄ ̄| |//.  |  |へ|
    ∪ イ ∪               | |=∞==|  |ナ
    | || |                  l___|  i  |_|
    | || |                   /    |   ヽ
    | || |                   L__⊥___」
.    (_)_)                /Y_l   〈_Y`、







209 ◆oLG9iWoh0E:2009/10/29(木) 21:03:48 ID:ybkPaR.w

雪が降った日などは耐え難く、男同士1つの布団で寝ることもざらだった。
  あ  )     __      r(    ,、_         /い 寒
  た (_ , ‐''" ̄    ̄ `''‐、 ゞ, rr~ヅ´ ミ        ,'. れ い
  た  /            ヽ フハ    _ ミ        {. て か
  か.  (     i j ///j } ト、} ミ|_.. -'_"-'´\  r'⌒ヽ  {.  く ら
  い   )  ノ}. j/ノノ〃 jノ jハリ ゙i`'''Tjフ   } ミトー } l  れ
   !!  (   }ノノ _.’- 'ノノ 冫=}  ,' ,.‐'"    { {い) / ノ_ よ
Vヽハj⌒    i〃ー_''ニ ,、:: {ニ'”{ ,'        ゞ゙ f クァ ―`‐- 、.._,、-'´
   l.  f⌒ヽ.{ ”´-'' "    `、 ',〈.、,..        ,.‐'´      `' 、``丶、
    i、 i ⌒>    l!   r, ノ  l  )__.. -ァ   /
    i \((    lj  , ‐--.ィ  !   Y´_   ./   \    \\
     `、  こ、.       {   j  i j   ゙i゙   {     \    \\
      ヽ リ \    `_'二. ,' /ノ   丶、,、イ       \    \\
       V     ヽ      /         {        \    \\







210 ◆oLG9iWoh0E:2009/10/29(木) 21:04:19 ID:ybkPaR.w
 " ./ / / ._,..‐、.ゝ        ../゛  、  'i, .l.   '.  l   /  /  ./'-_
  .'゙ .'´_.. -ー'″.、 `'           ,ノ″.'-,、 `'-..,_.ゝ l   ′ ‘  < /   ._,/. "        ー-
| ̄| ̄ヽ .゙'  `          ̄   .゛.‐''-、_ : 二_‘  `゛        _,,,, ‐''`-、、  __─────、
                    -  : ''`゙ツー-i―-___ -‐''゙ /  .,/_,, ‐‐   .i  /  . .´`''~ ..、
  -'"`''―  ._, __,..、 ¬──   `ー ...  ..,,'"- ,l,,,l,,'\ `       _,,-" '-ヽ ″ .l゙ ./ ,/ . / ,. ヽ
              `゛                 ` 丶 . .i . ´ ゙゙̄ ̄/> ..,,__;;‐        .__二,゙ニ彡-‐''" .\.
.___ ------___、                     ''''      .`   ‐ :  ̄、゙.゙.' ゙゙̄'"゙´. ヽ  '. ゝ .` ゛
..,  .     i'    .`゙'''''-.._          .           ―ー
..′ /    ,ノ  ,/  ..    `ヽ.    ,, -───,_.   ,, ー-           ___
 l,  ′ .,./ . / ,/゛. /   /.゙'、                   ,.. -―ー-'''`゙゙´  , ; .` ̄`"''ー..,、    ̄´
` .゙‐     ゛ ".ー''゙゙..-'',゙,, -" .、゙'`'              / 、  l  ; t  |  .| |   ./   ,- .`゙'''‐、
.__   .____ ー''"、  `       ー-          _./ '、、 .\ \  ! .!  .!  !/  ,/ .,..-"  _... .ヽ
.  ゙̄ ̄ 、.  .'、 ."      ..      .__. -―‐'''"゛ .'ー., \ ,.`'-、´        .`  ´,,.. -‐'',゙.  .,ノ. \
゛ `  "  ゛″      .--     ._/^゛      、 、! .i  .`'ー.、~゙'¬          .ー ゙̄,゙,, '''"゛ ゝ
  : . ‐'''   ...-ー ̄ ̄    . /   、.  l ヽ   .! ./  :!    i‐   ゙~'''―ー.  -.~―.''''''″.-. "
., , ._,                  / i 、、  \ \ ヽ  .l..ゝ  !   /   ,/  ,,,-'" ,..  ゙ミ-゛ .゛  .__、_
    .`''― - .、           '゙.r' `'、, `'ー ..,,゙'‐゙'. ゛          ,,,.. -‐'',゙.. -‐'″  / 、
.!  .i   .   .`'''、        ″| `'';;- ,,,,.__                '.,゙ニ‐' l, ヽ  ―
│ ! ./ . /   .,! `'-、      .‘  ! ゝ .l  .! `i^"''―ー¬―';;.¬'¬''/゙゙.l .ヽ .′      _ ..,,_

第3練習場の環境は劣悪だ。グラウンドはボコボコだし、照明設備も申し訳程度。
練習生は全員そろって大部屋に詰め込まれ、プライバシーなどあったものではない。

そういえば寒いというのも、練習場としては致命的な気がする。







211 ◆oLG9iWoh0E:2009/10/29(木) 21:05:18 ID:ybkPaR.w

そんな練習場に普通は貴重な選手を放り込んだりしない。
しないのだが、VIPスターズはある面球界で最も非常識な球団であった。

二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二 ̄\
\三三三\三三三\三三三\三三三\三三三\三三三\三三三\三三三\三三三\\
三\三三三\三三三\三三三\三三三\三三三\三三三\三三三\三三三\三三三\\
三三\三三三\三三三\三三三\三三三\三三三\三三三\三三三\三三三\三三三\\
三三三\三三三\三三三\三三三\三三三\三三三\三三三\三三三\三三三\三三三\\
\三三三\三三三\三三三\三三三\三三三\三三三\三三三\三三三\三三三\三三三\\
三\三三三\三三三\三三三\三三三\三三三\三三三\三三三\三三三\三三三\三三三\\
二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二)_)
__|__|__|__|__|__|__|__|__|__|__|__|__|__|__|__|__|__|
__|__|__|__|__|__|__|__|__|__|__|__|__|__|__|__|__|__|
__|__|__|__|__|__|__|__|__|__|__|__|__|__|__|__|__|__|
__|| |三三三三三| |┌─────┐|┌─────┐|| |三三三三三| |\|\|\|__|__|__|
__|| |三三三三三| |│       .│|│       .│|| |三三三三三| |\|\|\|__|__|__|
__|| |三三三三三| |│       .│|│       .│|| |三三三三三| |\|\|\|__|__|__|
__|| |三三三三三| |│       .│|│       .│|| |三三三三三| |\|\|\|__|__|__|
__|| |三三三三三| |│       .│|│       .│|| |三三三三三| |\|\|\|__|__|__|
__|| |三三三三三| |│       .│|│       .│|| |三三三三三| |\|\|\|__|__|__|
__|| |三三三三三| |│       .│|│       .│|| |三三三三三| |\|\|\|__|__|__|
\┏━━┳━━┳━━┳━━┳━━┳━━┳━━┳━━┳━━┳━━┳━━┓\__|__|
\|二二|二二|二二|二二|二二|二二|二二|二二|二二|二二|二二|二二|二二|二二|二二|二|___|__|
\|__|__|__|__|__|__|__|__|__|__|__|__|__|__|__|_|___|__|
\|__|__|__|__|__|__|__|__|__|__|__|__|__|__|__|_|___|__|
\|__|__|__|__|__|__|__|__|__|__|__|__|__|__|__|_|___|__|







212 ◆oLG9iWoh0E:2009/10/29(木) 21:05:58 ID:ybkPaR.w

-いわば、根性論で動いている球団なのである。

           ____ , 彡三l
          く川三三三≡ヽ彡シ
       , - 彡=≡ 三彡彡彡` <        / ̄ ̄ ̄
    , ' 彡彡彡彡彡彡彡彡彡シシl   , '⌒  /
  /ノノl〈〈从川シシ彡彡彡彡シシl_ノ    /  覚 痛
,'`〈ミミミミl|l|//彡 '´:::):::::`彡彡シシシソト、    |   え  く
  ミミ゙゙゙l゙゙"     / :::::::::=彡彡彡シ_シl ヽ、_  |   ま  な
 /:ミ  ヽ、    l ::::::::::::::::::::::彡/r.ヽ|     |   せ け
 ! l   `    !._z‐'´;::::::::::::::〉/i : }|    |  ぬ れ
   ヽ....__   、..,zィ て刀´::::/::!! )ソ/ノ   ∠      ば
    ∧fてハ.、 :::::`ゝ' ´:::::::/:::::::::::/,イト、    \
    l ヽ‐ '´:l ::::..    ::::::::::::::::::y'´:::F 、     ー----
   l   '、  } ::::: ::   :::::::::::::::::l::::::::∧ !
   `  \ ゝ-:'´     ::::::::::::;:::::::::/:::ヽ
        \ ←-..→  ::::::/::  ::!:::::::ヽ
           \`´   .:/ ::  :::::::::::::\-、
            ゝ-- イ::  :  ::::::::::::::/  \
                 l   :   .:::::::/     \
           ,  - //|::  :  .:/      /  ̄ ̄` ー
         /  / / ! : :: /      /







213 ◆oLG9iWoh0E:2009/10/29(木) 21:07:07 ID:ybkPaR.w

完封勝利を収めた翌日再び先発のマウンドに立ち、延長18イニングを投げきってリーグ優勝を勝ち取った"炎の男"炎尾燃。

  / ̄            \        |           ─ ̄∠_  \ \       ── ̄ ̄
./   ─── ̄/       \       |      __/ /ヽ  / ヽ    |── ̄T ̄ / |
/ / ̄    /  ─ ̄       ̄──  |   ── / / \   ̄ /   / |   | / /| |/ |
|/      /  /              ̄ ̄ ̄─ ̄ ∠ ──  ̄ ̄    / |  /|  / |   |
       / //     ─     ─ ̄  ─ ̄|          ̄ ̄ ̄ ̄ /  | / / |  | / / |
       / /   ─ ̄    ─ ̄  ─ ̄   /             /    |  |/ |  | | / \
        / /     ─ ̄| ─ ̄     /        \   ̄ ̄ //  |   | |  |  |    \
        | /   ─ ̄ ─ ̄|       ∠     ─     ̄ ̄ ̄/    |  / | |  |  |    ─ ̄
          / / ─ ̄  / |       \       ̄── ̄ ̄      | | / | / / |    \
          //     /   |                 ̄ ̄──   / | |/ / |  |      |
           \ ̄─ ̄     |      ヽ─ ────一      ̄ ̄/ |  / / / /      | |
             ̄─       |         __           ̄ /  | |/ / /       | |
           \  ─ ̄  /   |       \  /         /    \  /   |   /
        \     ̄  ─ ̄     \        ̄         /       / ̄     | |   /
           ̄── ̄      /   \              /        |   /|   | | | /







214 ◆oLG9iWoh0E:2009/10/29(木) 21:07:37 ID:ybkPaR.w

日本シリーズ第7戦。
第6戦で受けたデットボールが元で、砕けたままの肘で打席に立ち、
2打席連続ホームランを放った"豪腕"榊原豪。
 ──┐               !                ヽ/
                .i    l|i               ー─'フ
 ───      .   i   il|ヽ.   |ヽli                └─
  ─‐|ァ'  . !i.  、i|li ( \__ ,| `ー-l `ー、  ∧          ─‐|ァ
   ,/|/ ̄|_ |`ー‐トト'ゞ  ヽ、   ヽ  )j|,r‐"lノ|           /|/ ̄|_
    ̄.|   il|i    i|li    |   )ト |,|     ,ノ i
      ─┼ \. .   、  ||. || .|| (  j|li| 'i|  ノ ri|  ヽ/  │ ─┼
   │ ┌┼'   ≧ >.\从从八ヾ` 、 ヽ八ノ( ミレ  ー─'フ  L  匸「
   │ └┘ .   彡 )、  ,.r‐' ̄ ̄ラ'ーイー、 三  |レ゙   └─
        _ノ  )  ,メ人,イ,r‐、Z.、r` ノi =  V    ─‐|ァ
          ̄三 ) ̄iZ,、r(`.|  `゙‐!‐'" ,トて ト-`    ./|/ ̄|_
  ──┐     .<__)ハ  ! └` _、 <   ,! i|i
            i|li,ノ ハ  iト''二-、,il|  )  ( |i        ││
  ────‐    `'ーァ川:、 l|_____j く ∧ ハ.      ││
   ─‐|ァ       .<__ ハ  ー‐   ノ 川 ,j∧      ・ ・
    ,/|/ ̄|_      彡ラハ._,.---、__/  Y-‐'ノ     /,
     ̄.|       l ._,r-彡、 |        .|  |ー──///
     ││    、l|  ̄\  |         ノ/
     ││     .l|il / \ l      ,r'"~
      ・ ・   、/^ll i   <≧ー、  ,/~ 
                     >'"  

過去、この球団には限界を超えてまで勝利を掴んだ選手達がいた。
ファンは彼らの姿を見て感動し、球場に押しかけ、彼らが引退をした後はじっと彼らの再来を待つ。







215 ◆oLG9iWoh0E:2009/10/29(木) 21:08:25 ID:ybkPaR.w

伝説を持った選手達は監督・コーチとなり、今の選手にその精神を伝えていく。
この循環はフロントをも巻き込み、いつしか球団のカラーとして定着していた。

時代から大きく遅れた根性主義球団。それがVIPスターズだ。

        V (/  /  ヽ \  ヽ ヽ    }  } }     \ \、_ハノ
             (//     \ ヽ  ヽ |  / / ノ     ヽ\)
    俺       /   /___,ヽ }_ノ ,ノ,/ //      \  
    に       (_// ̄       ´"''<"´        ヽ,)   
    投       /,.、-‐'''"゙`` ̄````''"⌒\        _)   
    げ       (_   _       、   \     `ヽ   俺が投げる!
.    さ       /´ -''⌒\\   `ヽ川,}.}j__ヽ_   _) 
    せ      ∠_ _,r''',.ニニ、ヾ_ヾ廾T// ̄`ヽ.}!     )  
    ろ      <‐'''"´|`《 n \-'|ノ 巛{:{、_ノ:::リ   /-、  
    ぉ      / ̄ ..::\:三::二`.ノ彡'"`ヾ_);;;::::ノ、    /ヘ   . .        、
    ぉ       (´..:::::::::   ̄ ̄´ u  /::/ ̄ |   /  //7/ヘ /l ト、 |\
    ぉ        乙_u   U  ... .. .. く:::::/ 、、、ヽ|\._   ___,/ _____V__ | l ヽ|
.    ッ       < //〃///〃'゙_"_"___, -、ヽヾト、_  ̄ ̄    ̄`ー- 、 ||
.    !!      (^/〃/ //, ̄i_,i_,i_i_,{ ヾ{   ̄`ーニ二.. ̄`‐-、 \|
          __\/   //一' ̄....::::::::::::::::::r' ノ ヾ〉、         \   ヽ |
,          (\ // | {:::::::::::::::::::::::::::::::::::::{ { ヾハ、`ー‐=ニ二二     |/
7'          _\l'X/ ` ヽ_, -r¬'⌒'⌒'⌒'{. ヾ/、 `ー―--、ー-、 `ヽ  l/
/ 7 /l lヽ. |\ \`\X//;   `ー‐'''""´´ ̄ ̄` ヾ{、\_       `丶\   /
 //' | | ヽ|  \ヽ   'ヾ//,     ‐=ニ三三'  ヾ| \、__`ー=ニニ.ー-、
__/ /||_//_ノノ \   `ヾ;//,      、、 、 、ヾ}   ` ̄`ー-、 ヽ \
-‐'''""~|´ ̄ ̄ ̄~"'''- .._    ヾ〃;j i j }:川 川 },!メ、       )八
                 `丶、  `"''┴'┴'┴'‐''" ト、\

※選手があまりに不甲斐無いため、自分で投げようとする富士鷹前監督(55)の図







216名無しのやる夫だお:2009/10/29 (木) 21:08:31 ID:hYTLL2mM
なんという根性論。
だがいいな。







217 ◆oLG9iWoh0E:2009/10/29(木) 21:09:58 ID:ybkPaR.w
その象徴たるものが第3練習場である。
ここに集められるのはドラフト下位、もしくはテスト生あがりの無名若手選手のみである。

  ____ ∧ ∧
~' ____(,,#゚Д゚) <こいつテスト生かよ!使えんのか?
  UU    U U
 (昨年度ドラフト7位)                        いい加減にしてほしいよね
               テストセイハカイコ               ̄ ̄ ̄ ̄∨ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                                        ∧_ ∧ _∧ ウザイヨネ-
                   バーカ                 (´∀`(・∀・ ) <またドラフト外がきた よ
                                       (   (    )
                         ∧_∧          || |   | |  (一昨年度ドラフト5位)
  ∧_∧                   (; ´Д`)         (__)_)_)_) (一昨年度ドラフト7位)
 (   ´A) <さっさと消えろ       (テスト入団)
 (    )                   | | | モウクンナ
. (今年度ドラフト6位)             (__)_)           (^ω^ ) <はいはいドラフト6位が何か言ってますよー。
                     ____∧______     (    )
       ツマンネ          いや、正直かわらんだろ・・・   (昨年度ドラフト6位)
                                        ∧_∧
                                       (・ω・` ) ドラフトカカラナイデイイノハショウガクセイマデダヨネー
                                        ⊂旦⊂ )
   ____ ∧ ∧  >>1ハハヤクカイコサレテネ               (__(__ ̄)  (昨年度ドラフト8位)
  ~' ____(,,*゚ー゚)                          
   UU    U U
 (一昨年度ドラフト外)







218名無しのやる夫だお:2009/10/29 (木) 21:10:35 ID:b.ALs92w
ちょwww 暑苦しいくらいの熱さなんですがw







219 ◆oLG9iWoh0E:2009/10/29(木) 21:10:41 ID:ybkPaR.w

一般にプロ野球では入団後、解雇されることの無い猶予期間というべきものが存在する。
例えば、普通即戦力とはみられていない高卒ルーキーには4、5年といったように、若いほど猶予期間は長い。

何年かのうちに芽を出せばまたプロに残れ、結果を残せば一軍へのチャンスが生まれるというわけだ。
   _ρ_
  / ⊥ \
  |____|
  ∥∧ ∧¶  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
   ( ゚∀゚)/ <  成績悪くても今年は大丈夫!
   /  /    \_____________
  〈  (
  ∫ヽ__)
    U U
  | ̄ ̄ ̄ ̄|  ←ギコ君19歳
  \__人__/







220 ◆oLG9iWoh0E:2009/10/29(木) 21:11:49 ID:ybkPaR.w
>>皆さん
 ご観覧アザーッス。レスもらえるとメチャクチャやる気でるっすw



しかしここ第3練習場に集められた選手には、年齢に関わらず猶予は与えられない。

努力は評価される。

結果だけを見られる訳ではない事が唯一の救いだが、厳しいことに代わりは無い。
下手するとプロ入り1年での解雇もありうるのだ。

           斬ってよし!!
───────────────────────────-──────―
────────‐───────────-────────────―─‐
─‐────────────‐────────‐∧_∧ ───‐──―──‐
─────‐∧ ∧,~ ────────────‐(; ´Д`)<え・・・?俺まだ二年目・・・
──-──‐( (⌒ ̄ `ヽ───_ ───────‐ /    /─―/ヽ────―─‐
──―───‐\  \ `ー'"´, -'⌒ヽ──────‐| | 1/‐─‐/ | | ─────―
―‐――──‐ /∠_,ノ    _/_───‐―──―─‐| |  /─―/ | |―────―‐
─────‐ /( ノ ヽ、_/´  \―────‐──‐∪ ./──,イ ∪ ────―─
────‐ 、( 'ノ(     く     `ヽ、 ―────―‐| /-─/|| | ──-───―
───‐‐/` ―\____>\___ノ ──────‐|/──/ || | ────‐─―‐
───/───―‐/__〉.───`、__>.―‐―───‐─―‐| || | ─────―─
──/──‐──────────────―-───‐(_)_)─────―─
─/────────-────────────‐──────────―‐
───────────────────‐─────────―─────‐

年俸も規定で決められている最低の金額が払われるだけである。







221 ◆oLG9iWoh0E:2009/10/29(木) 21:12:15 ID:ybkPaR.w
そしてそこではプロに入るまでに名を売れなかった、
これという武器のない選手達を短期間で生まれ変わらせようとする強引な練習が日々行われるのだ。

その練習量は非常識の一言につきる。
         r--、_
        r´<ヽ、)
        `「 '  /
        `!  ヘ
.           l   !
          l   l
            l   ヽ、.._
           l   ヽ ヽ、
             lヽ、_   !  l`i         ,..---、
            `!. `ヽ....ソ´ !        _,ィ´`ー、 `ヽ
.             l          l       /ツ ......  ゝ.  !
             l       l    /` - '``  .!   .!
           l       l-‐、 ,!⌒ヽ l   ./   ,!
             l      /_ ノY `ー‐' '   '⌒) ノ
             l    ,../ ./´ ,ゝ、_    _,.=ニ´ l´
             l   r'-、ヾ,/  l_,..ニ=‐'´.    ̄!
              l r´`   li,r'"´       _,...-‐┤
               ! ヽ.   ,!     _,.-‐''´     ヽ、
                 l.l/ヽ  ,!、__,.r '´           ヽ
               i´,∧ /  `ー、              l
               ll l. ∨      `'´          l
               l'´  /                     l
                 /l ,ィ´                  l
            (/ l'´                     /
             `! l                    /
                 l l                   /
            ,r'´.ト、_________           /
               /   l _     ̄`ー-、__,、  /´
            l!    ll ``ー-、___     `ーノ
           /l   ./l       ̄``ー‐―l
             l .ト、,r'´ l            l
            l ,!   l               l
            l,!     l              /
           l!    l             l

※第3練習場前コーチ キア・イ・ダー(58)







222 ◆oLG9iWoh0E:2009/10/29(木) 21:12:35 ID:ybkPaR.w

劣悪な環境と厳しい練習のため、あっさりとケガで球界を去る選手も多い。

        ∧∧  ミ _ ドスッ
        (   ,,)┌─┴┴─┐
       /   つ.  終  了 │
     ~′ /´ └─┬┬─┘
      ∪ ∪      ││ _ε3
               ゛゛'゛'
しかし、追いつめられた中での野球漬けの毎日で、拙かった才能を開花させるものもいる。







223 ◆oLG9iWoh0E:2009/10/29(木) 21:12:51 ID:ybkPaR.w
今、第3練習場に向かう男、カズマもその一人だった。

-第3練習場 BEFORE-
           / "'''- .._
         / .. ::::::::::........~"Y"'''- .._
       , -'"..;::::::::::::::::::::::::: |\,、::::.....  `ヽ
      / ....::::::::::::::::::::::::::::::::|゛゛ |::::::::::::::::.. `,
     | ;::::::::::::::::::::::::::::::::::::|  ` 、 _::::::::::::: |
     | ::::::::::::::::::::::::l1 , -'" _,..‐‐、l |::::: |
     |   :: ::::::: -_|_`_    ′___.  lノ,、. |       「ノック100本・・・!? きっついなあ」
     / :::::::::::::::: l´   __`   ´  ` | .l、'"
_,..-'''"j :::::::::::::::: ,、ヽ '" ` ,      .|_/、ゝ
    ヽヽへ :::::::::l  `、    _,..-'''l  /ヽ
    _,..-'''` 、/l"'- 、`、  `、__,.. /ゝ`
 , -'"      .jノlノl/l"'''-..._ ./ |  ,‐、
/  ______  /"'-|  `´  | | ̄| `l、
 ̄  | , ‐‐‐、  `‐´  ヽ|    |..| 丿  ヽ``‐、__


-第3練習場 AFTER-
../:::::::;:へヾ、ヽ\/、,/l//'"\:::::::゙、_,,、-、.__::ヾ;;;;;::
/::;:';:'/゙、 `| 〈 | l l::l///:|:: /,.ヽ;::::::|  __,,,.`''',r|"
::;:';:'/、_,へ\゙、':,l:l::l///l |  l  |::::::|r‐'"/7 / :|
:::,:'/-、〈゙`''l: |: l l、  l l'"//   ヽ;::ヽ、,/゙ /,./|'゙
::::/\ `y‐、ヾヽ、_l  ノ _,l_,/_,,/_゙、:::\,//''":|-
::〈、`|`ly',`''‐==、l.|:::|/_,:';r‐、。ッ" //ヽ;:::|/!‐-、|、
:::ヽ\゙V ゙y---‐'"=ァ''-、 ゙''‐‐-‐'" '/ !:::| |´ヽ、_|     「1000本ノック?キリが悪ぃ・・・ 万本だ!」
、::::゙, |__|_/ _r‐ィ'゙:l/   `''‐、゙'‐-、´l,/ |:::!/‐-、:;;l  
..l:::::| ヽ,  ̄r'゙ / /     ::::``ヽ、`!./|::|`'‐-、./
. |::::|ヽ、゙'‐-l、〈:::''゙          `'"´//ヽ. l/
、.|::::'、'" ̄ \l::.`ヽ,         , //、 〈,.ィ゙ヽ、
/ \::\  //. \:. ´、,,,__,,.、-/' |:| l//ヽ、
.   \:\l | :::.. \ ヾ..,,,_,,.r''"  /゙ /:/\
     \\::::::::::.. \'ーァ-、‐''"   //:::/   `ヽ
,.、-‐-、//`゙\::::::::... ヾ   ヽ  ,.‐''"、ヽ、.__
r┬‐y'゙/   `` ::::::...\,_/  .! ::\.__ \
l (//-‐''''‐''''''‐‐-、 :::::..... ..::  .;;; :::`‐-二ニ-、







224名無しのやる夫だお:2009/10/29 (木) 21:13:34 ID:hYTLL2mM
変わり過ぎだろw
何があったw







225 ◆oLG9iWoh0E:2009/10/29(木) 21:14:26 ID:ybkPaR.w

坂道を登り終えると凸凹とした砂利道に出る。
200mほど先に、懐かしい練習場がみえた。

   ;;;;;..:;;;;:..::::..:.:::....;;;;ゞ;;;;ゝ
  ;;;;;;;.,.,;;;;.::..:;;;..::..:::..::::....;;k
   ヾW゛jリwj从゙iノ,゙゙                            
    .|;;;;..:;;;::゙ :: ゙|                              
    |.ii゙:;''゙;.;::;:; (;|.                              
   ,〈゙i゙゙゙, ; ii::゙,; ,.゙|从  . ..______,_______、______,,wviwviw:.. .. .__ . ..  
  ;:.ノヘヽ,.ル;nノ;;;l;;l;rw ~""''  ,,',          `,',,_ ',    
        ゙゙''   viw  ,,'、               `       ,',,_ ',
 Mw M从    ,.,vw _、-''      ゙゙''   
         ,,、-‐'' "                    '''""''  w M从
 ,,.、 '''""'' _、-'                        
    _、-'                 '''""''               
 ,,.、,,、''                                     '''""''  
 、-'                   

                   
学校のグラウンドのような練習場は、10年前から全く変わっていないように見える。







226 ◆oLG9iWoh0E:2009/10/29(木) 21:14:48 ID:ybkPaR.w

蔦の絡まった門を抜けグラウンドに入ると、10人にも満たないまばらな練習生が一斉に振り返った。

             /         〃´:::::::::::::::::::.    ::ヽ、
            /          l::::::::;r‐--、::::::::.. ::.. .::::::.l
         /           ノ::::j´     〉::::::::::::::::::::::::::l
         ,'        .:  /l /:::::::/     l:::::::::,::::::::::::::::::::l
.        ll ,   l トレ:| /‐l/l、/  _,,,.、-l::::!:::l、::::::::::::::::::|
       |i l l l |i lソV/ _l/`    __ ヽト、| |::!:::::::::::::::!
        l! ! l |ト、 l、 r''"レサj`     '´ィr。r‐-、 ソl::::::::::::::|
        リト、l〃、l!` ` ̄´    ,     ̄``'´  リrw、::/
            `| rj.|        l          /⌒ソ     (人が来るの、珍しいんだよな)
           ヾ、〉!       '         /_ノ/
            `ーl.     rー-----一ォ     ,'_/
              ヽ、   ヽニ二ニニノ    ,イ´
               l\   ー-     //ー-、
           ,,.-‐''"´|  \       /  .l    \
          /       l   `ー-‐''´    |      ヽ
          __/      l              ,'        ゙、
  _,,. -‐''"´ /      |          /       ヽー-、
/       /         ト、_        /         ゙、
       /        |::::::::: ̄`ー--一/           ゙、
      /         l::::::::::::::::::::::::::::::/            ゙、

カズマは小さく笑った。







227 ◆oLG9iWoh0E:2009/10/29(木) 21:15:18 ID:ybkPaR.w

      /三三三三三=-: :´: : : : : : : 、: `: : ー.、三三三三三ヽ
.      (三三三ニ. :'´: : :|: : : : : : : : : : :\: : : : : `: .、三三三ニ)
      ー</: : : : : : {: : 、\:.:. : : : : :丶: : : : : : :.\ニニ/
       /: : : : :/:.:.:.八: : \: \: _: : : : :ヽ:.:. : : l: : : :ヽ/
.       /://: : :.:7:.卞、 ノヽ:.:.{ \:.:\\:.:.:._」≧: :.|: : : : : ',
      /:/: |: : : :.|:.:/ //\_、:ヽ  \:<,ィ<: :| _V: |: :.|: : : :'
       |:ハ: :|: :{: : |:kメテ=ミ \',   ォ夕テハ}^∧:.}: :.|: : :| |
       {ハ: |: :ハ: :.{ヘうんソ}    \  弋ゞ' ノ ′}/:.:/:. : :}:.!     「カズマだ・・・」
      {! ヾ!:.:.:ヽ:.', `冖´   {  `  `¨^´  /:.:./:.: :.:/:/
         |:.:|:.:ヽ:.、      _       /:/:.:.:..:/:/
            }:.:!:.:.:.:ト\     V⌒       /イ:.:.:.:.:.: /:/
          |:∧:.:.:.ヽ.     ‘ _ノ        //:.:.:.:.:/:/
          レ ヽ:.:.ト、{>..   ー     . イ:/:.:.:.:.;.':, ′
        , - 、  \{ ` }ヘ`ト __ -‐ 7:.:/:./:.:.:.:/レ'
         /二、_≧ー―‐ ´ ̄ \    {:./|ノ|:,イ/ ′
      /    )_ヽ        \r‐'⌒\_'__
    /       )__ヽ     / ̄ ̄)又\`< )__
   /'          _〕ヘ   / r' ̄ 7イヘ \\ \ )_
 / /            (_ }  \ヽ ノ /|ミ}!  ヽ}  ハア∧

キャッチボールの手を止め、ポカンとした顔で練習生が言う。
手を振ると慌てて頭を下げたのが、若手の初々しさを感じさせて面白い。







228 ◆oLG9iWoh0E:2009/10/29(木) 21:15:44 ID:ybkPaR.w

               /〃 //    .:.ヽ、ノ  ! `ヽ、 `ヽ
           ,'     / 〃 .:.:.:/ } ノ l ヽ.:.:.:.:.:ト
            i  .:i:.:... /:.:./:./  .l!.:.:.:.:.:... .:.:.:.:.:.:.|l
            |:.:.:.:l:|:.:.:ハ:.:/:/    |!ト、:.:.:.:.:.k:.l::!:.:.:.|l
           l:!:.!:l:i:.:/从レヽ  フノハlト、 ハ.从l |!:.:.:|!
           リト|ハトリィtゥヮ    ィrァ‐ 、从lレノリト、ム、
        , -一 7ノi!ヾl        ` ´''"  r+、ソ ノl  \    (いかん、考え方がおっさんっぽくなってるな)
        /   /    l    /      f'-j个!Y  |
    /    /      ヽ、  ヽ       } l l | !   l
   〈     /      lト、 ー -、   / ///ノ   !
    lヽ.    /       \ ヽ-r ´ ̄     /   l
    |:.:ヽ  /            ` Lソ   , -一 '     l
    l:.:.:.:.ヽ  ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ、  r┴─┴┐< ̄ ̄`ヽ、|
    ',:.:.:.:.:.:\       /  〈 ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ \     /
    〉:.:.:.:.:.:.:.\   <    l          ヽ/ _/ /
    /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\   `ヽ、 |        |/ / ̄

思わず苦笑すると練習生がもの問いたげな顔をする。

        |              \
       , -┴==――-  .. _        〉
.    //´             、 、 /
    { /   , -‐ァ===‐- .._   ヽ ∨
    \/  /   /, {     `ヽ  !
     , '   , '    // ハ   |  ト、 |
   /   /_, / //∠=ヽ、 }   lハl
    l / { ,ィf´ ノノ 7f_j`ゞV   } |
   j∧ 「{kツ     ゙ー'  /   ,′i
      ヽ{   `    u. ノ   / /
       八   ´`     ー=イ  fl /
      ハ\     ...::::::|  jハ{
        \{` ー‐、.:::::::::::| /
           `    」::::::/j /\
          /x=く  ´ _f~、
         f^ア 〃ノハ ヽ  ノメ~ヽ







229 ◆oLG9iWoh0E:2009/10/29(木) 21:16:02 ID:ybkPaR.w
       ,___,,,,,,、--―----------、
.      / .___,,,,,,,,,.----------‐-i |
     /. /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`.!、-,
    i'´ /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::'./、ヽ、
    ヽ,.!'"´ ヽ------,::::::::::::::::::::i、::::::::ヽ_ヽ、
.   / ,.-、_/_/_/_//:::::::::,ii::::::::l. ヽ=::::::/ /
.  ー'-っ'´::::::::::::::::::::/i::::::/:::/ |l:::::/  ヽ::::i /
、--='´,:::::::::::, -、::/__|:::/」:/ .|l::/    |::::l.|
    \:::::::l. l_l:l'  /'´ /ー'"l:/ー‐‐‐/:::、l.|
.     \::`、 、|   ー---‐ '´ 、__, /::/ヽ`
      ヽ::!、_',.           /l/
       l:::,,::::',.        '  |'´           「いや、なんでもない。爺さんいるかな?」
       '´ l:/lヽ、  l`ー--  ./
--、__.    _'´/  ヽ、`ー _,.-'´
:.:.:.:.:.:`ー‐'".、 `<、    7''"´

           _」, -─  .:. :. :. :.::::::::::::::::::::::::.:.`ヽ
          〈  ,.'"´ ̄      ̄`ヽ、.:::::::.:.:./
           V´ .::l:|:.  `、ヽミミヽ、  ヾ:./
              / .::l::从ト、   `ヾ_ミミヽ.、  \
          l/l.:l.:リ仁リニトト、仁≧ミヽ:::ト、 .:::|
           `Y::{fトッソ ``ト。ッソ` 1:l:|::.`、::::!
            |.::l´¨ 、  ´ ̄  /::リ:::::::::V
             ヽ:ヽ、  ー     , タ::l:;::::::::/      「はい、すぐによんできます!」
            , -─-、 __ , イ/.::j:|:::/l/
           /.,    `トい、_,/^i.:l:|/
          /.:::/  .:i   {{i^Y^YYy'l/
          /.:.::::/  .:.::|   k1 |:l ,ム;、ハ、
        L.::::厂ヽ .:.:::::|  / {j! ーイ:介;l/ ,ハ
         {7 / \::::! /  jfl  |:1j! |:|{ V
       //   ,.イ:::l/  jf|  l;」jl j:」| |
    /´ ̄    /::::|:;:;.\  kiL,  H  fj 〉
    _>ーー-  ,.イヽ、::l;;;:;:;:;(:::/タ^Tニム、_ ,';{
   /。 ̄`¨`ヽ_ソ  `1>‐-ヽ{:::::/><!::::::7
  ,/。     /      〉ニ三云\:.ヽ<ノ::::::」ヽ
 /     /       /¨´ ̄ ̄`ヽ、三三ミ<  \







230 ◆oLG9iWoh0E:2009/10/29(木) 21:16:36 ID:ybkPaR.w

-自分で行くからいいよ。

その言葉をかけるより先に小柄な練習生は走り出していた。

打点王2度。オールスター常連。
かつてVIPスターズの顔だった自分の顔が、いらない威厳を感じさせたようだ。

困った顔で周りを見ると皆露骨に視線をそらす。
そのわりにチラチラとこちらを窺う好奇の視線はビシビシと感じ、思わず失笑が漏れる

        _  ._
  _, -‐''"´  ',/ `ー――‐i
''"´,.....-...'"´::::ヽ、/´ ̄ ̄"'', ',/ヽ,
'"´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::', _/`ヽ.`i
::::::::::::::::::::::::::::::::::::i‐ii!ニ!:ニ!ニニニ==´  .|
::::::::::::::::::::::::::::::::::::`"´::::::::i::::::::::::::::::: `i . |
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/l::::::ノ|`i::::::::i . |
:::::::::::::::::::::::::::::::::::/i::::/__|:::Z,. | |:::::::ノ| |
::::::::::::::::::::::::::::::::/. /::/" |/ ` | |:::/ !/
:::::::::::::::::::::::::::/ /´7    / /
::::::::::::::::::::::::/        | .|
:::::::::::::/,ニ`',|.      _, - ',
::::::::::::| -L.l !     `""    `ー,
::::::::::::',.!.,イ!   .=‐''"       /   , -、 
、::::::::::::',ヽ__.           |  _|  |
∠::::::::::::`>ー、      ._,, -/  `ーi  |
/::::/|:::/   .',      ´  /      ̄
:/  |:/    `ー,-----―′
   /      /







231 ◆oLG9iWoh0E:2009/10/29(木) 21:17:22 ID:ybkPaR.w

耐え難くなりカズマは合宿所に歩き出した。

10年前ですでにボロボロだった合宿所は今や無残な体を見せている。
隙間風を埋めるためだろうか、打ち付けられた板が哀れみを誘った。
  __    ___       ___   ______
   :||  |      |      |      |  ||┌────┐||
   :||  |___|      |___|  ||│:::#;;.    │||::
   :||  |___|      |___|  ||│        │||
   :||:  ̄ ̄ ̄ ̄        ̄ ̄ ̄ ̄   ||│     ;,   │||;
   :||::   :;  ; ,,       ::     :||│        │||  ::
   :||::   :;           :    ..;||◎ニニニニニ ||
   :||.:,,'';                   ...:;;;  :||│::::/    │||:
   :||:;;;:                  .::||│    ;;; ,,│||:;;;
   :||;::: #   ..:            ,, ;;....;:||│        │||;;:..::
   :||;:::      ..:   ..:   . ,,, ;;#....;:||│        │||;;;k、,,,







232 ◆oLG9iWoh0E:2009/10/29(木) 21:17:41 ID:ybkPaR.w
      /            __  `ヽ
     /    /   、     , - 、`ヽ ヘ
   /   , '       } 、 /    l ト  li
   ,'   イi  ,イ  ノ レ ⌒ヽ l i i |l
   ! i! i l ! ! ハl ムィイ   ⌒}ノ 从 八
   i ii l l l l/⌒! 八ハi    ムイi ノ个ヽ
   レi| l | トl ィ^fアjヽ    イアヽ lリイソノ     (カンパでもして建て直してやろうか?)
   レ仆vトl、!  ー-‐     ー-‐ l}}ノ
    lハ{弋冫       ゝ   lノ
      lゝァz、       __    ノ
        〉l `ヽ   ´   /
      /.:ノ    `ヽ、 ___ ハ
        |.:.` ー- 、  ∧:::::i!
       /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:::` ー ´:::::i}
     /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:::::::::::::::::ハ                                              <シュッ


いや、ハングリー精神を養うためにはこっちのほうがいいのかもしれない。
カズマが思い直した時、少し離れた場所で風切り音がした。







233 ◆oLG9iWoh0E:2009/10/29(木) 21:18:40 ID:ybkPaR.w

音のしている場所は合宿所の横手に作られたマウンドのほうで、
覗き込むと一人黙々とシャドウピッチングをする練習生がいる。

         ___
       /u    \ 
      /   \ , , /\
    /    (●)  (●) \
     |       (__人__) u .|
      \ u    ` ⌒ ´  ,/
.      /⌒~" ̄, ̄ ̄〆⌒,ニつ
      |  ,___゙___、rヾイソ⊃
     |            `l ̄
.      |          |







234 ◆oLG9iWoh0E:2009/10/29(木) 21:19:07 ID:ybkPaR.w

         |   (__人__)      |       -食いしばったような口元-
        \ ヽ|r┬-| /   /
        /   `ー'´      \


          /::::::::::|::::::    `ヽ
         /:::\::::::::<● >   `ヽ      -睨み付ける様なその目-
        ./ <●>::::::::::⌒      )


なにが引っかかったのかはわからない、わからないが、
カズマはその練習生に声をかけていた。







235 ◆oLG9iWoh0E:2009/10/29(木) 21:19:30 ID:ybkPaR.w

           / "'''- .._
         / .. ::::::::::........~"Y"'''- .._
       , -'"..;::::::::::::::::::::::::: |\,、::::.....  `ヽ
      / ....::::::::::::::::::::::::::::::::|゛゛ |::::::::::::::::.. `,
     | ;::::::::::::::::::::::::::::::::::::|  ` 、 _::::::::::::: |
     | ::::::::::::::::::::::::l1 , -'" _,..‐‐、l |::::: |
     |   :: ::::::: -_|_`_    ′___.  lノ,、. |       「よお。やってんな~」
     / :::::::::::::::: l´   __`   ´  ` | .l、'"
_,..-'''"j :::::::::::::::: ,、ヽ '" ` ,      .|_/、ゝ
    ヽヽへ :::::::::l  `、    _,..-'''l  /ヽ
    _,..-'''` 、/l"'- 、`、  `、__,.. /ゝ`
 , -'"      .jノlノl/l"'''-..._ ./ |  ,‐、
/  ______  /"'-|  `´  | | ̄| `l、
 ̄  | , ‐‐‐、  `‐´  ヽ|    |..| 丿  ヽ``‐、__

       ____
     /     \
   /_ノ  ヽ、_   \
  /(●)三(●))   .\                  「すみませんお。あとにしてもらえるかお?」
  |   (__人__)      |
  \ ヽ|r┬-| /   /
  /   `ー'´      \







236名無しのやる夫だお:2009/10/29 (木) 21:19:48 ID:xoD0DwQo
カズマさんマジパネェな







237 ◆oLG9iWoh0E:2009/10/29(木) 21:19:55 ID:ybkPaR.w

一瞬振り返って無愛想にそう告げた練習生は、すぐさま顔を正面に向け練習を再開する。
2回、3回。風切り音が鳴った。
         ___
       /u    \ 
      /   \ , , /\
    /    (●)  (●) \
     |       (__人__) u .|
      \ u    ` ⌒ ´  ,/
.      /⌒~" ̄, ̄ ̄〆⌒,ニつ
      |  ,___゙___、rヾイソ⊃
     |            `l ̄
.      |          |

そこで弾けた様に振り返る。
        ____
      /  ノ  ヽ\
     /  (○)}liil{(○)
   /     (__人__) ヽ
   |       |!!il|l|   |
   \        lェェェl /
    /         ヽ
    しヽ        ト、ノ
      |    __    |
      !___ノ´  ヽ__丿

ばっちりとあった目が、驚きの表情をありありと浮かべていた。







238 ◆oLG9iWoh0E:2009/10/29(木) 21:20:27 ID:ybkPaR.w
        ____
      /      \
     /⌒  ⌒    \
   /( ・ ) ( ・ )    \                     「カズマ・・・!?」
    |   (__          |
   \   _l        /
   /  ー        \

             /         〃´:::::::::::::::::::.    ::ヽ、
            /          l::::::::;r‐--、::::::::.. ::.. .::::::.l
         /           ノ::::j´     〉::::::::::::::::::::::::::l
         ,'        .:  /l /:::::::/     l:::::::::,::::::::::::::::::::l
.        ll ,   l トレ:| /‐l/l、/  _,,,.、-l::::!:::l、::::::::::::::::::|
       |i l l l |i lソV/ _l/`    __ ヽト、| |::!:::::::::::::::!
        l! ! l |ト、 l、 r''"レサj`     '´ィr。r‐-、 ソl::::::::::::::|
        リト、l〃、l!` ` ̄´    ,     ̄``'´  リrw、::/
            `| rj.|        l          /⌒ソ      「初対面の先輩を呼び捨てか?」
           ヾ、〉!       '         /_ノ/
            `ーl.     rー-----一ォ     ,'_/
              ヽ、   ヽニ二ニニノ    ,イ´
               l\   ー-     //ー-、
           ,,.-‐''"´|  \       /  .l    \
          /       l   `ー-‐''´    |      ヽ
          __/      l              ,'        ゙、
  _,,. -‐''"´ /      |          /       ヽー-、
/       /         ト、_        /         ゙、
       /        |::::::::: ̄`ー--一/           ゙、
      /         l::::::::::::::::::::::::::::::/            ゙、







239 ◆oLG9iWoh0E:2009/10/29(木) 21:20:58 ID:ybkPaR.w

冗談めかして言ったのだが、練習生はしっかりと頭を下げ「すみません」といってきた。

     ,r´⌒ヽ,⌒ヽ,ヽ
   (⌒)、   .人  λ\、 ._____
    \. \    、 ヽ./ ー  ー\
     |\ \    ヽ./ (●) (●)\
     |  \  \ /     (__人__) \
     |.   \   |              |
  .   |.   |.\_ノ\           /
  .   |.   |   |   \______/
  .   |   )  .|     . . ̄ ̄
  .   |   |  .|
     |   |.|  .|
  .   |  | .| .|
     /  / / ヽ,
    (__ノ  ヽ、__つ

これにはカズマのほうが少し調子がくるう。







240 ◆oLG9iWoh0E:2009/10/29(木) 21:21:32 ID:ybkPaR.w

         ____
        /― ― \
      /(●)  (●) \
     /   (__人__)     \
      |    ` ⌒´      |                        「それで、何か用なんですかお?」
      \           /
        /         \
       |   ・    ・     )
.     |  |         /  /
       |   |       /  / |
       |  |      /  /  |
      (YYYヾ  Y (YYYヽ |
     (___ノ-'-('___)_ノ

                       __,.ァァ ー-- ._
.                     r:i´:.:.:/:,'.:.:.:.:.:.:.__> 、
                     ノ:.j:.:.:.:|/:.:.:.:.://_____ヽ.-、
.                     |:j'´ヽ∠.-‐''¨´ ̄   ヽ.___, ヘノ_
.                     |'           /.:.:.:.:.:.:.:〉: 〉
.                    /_   | /      ーァ___,ノ:|/、
                    ヽ.ゝ、_ノ ノ __,. -‐''ヾ.__:::___::::|,ノ、
                     ハヾ〉 ゝ'<ゞ.フ¨フ゛ /:l:::{,.イ Y::::/   「カズマ!」
.                    〈 ´7 ' .ヘ `‐'´| /.:.:!:: Yァ l:::/:〉
                    |〉 | ! 〈  `¨  / ,' :/:l:::::|' /'´V::}
                    |:.:V、_,ノ´`ヽ、_ ,'  !:/.: !:イ|1   {::;ハ
                    |:|:ヘ ̄¨¨''ー 、', l ,'|1:|: l:||ノ|   ソ:/
                    VV 〉 ̄¨''ー'' `,' / Vl: リ' |   ソ:}
                      i  |   ,ノ _, ィ | V_,.ノ|  {, イ
.        _____           `ゝr_、___/_,.‐ ¨´  ヽ、 {::ハ
     ,.ィ¨ ̄.::.::.::.::. ̄¨'' -、_,.---――} |:::::::r'´ ̄     __/  ̄ ̄ ̄
    /.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::. ̄.::.::.::.::.::.::.::._人|:::::::}  ___,.-‐'¨.::.::.::.::.::.::.::.::.:/
.   /::.::.::.::.:|.::.::.::.::.::.::.::.::.______} ̄¨¨{ ̄- ‐'´.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::./.::.
   i ::.::.::.::.::|.::.::.::.::.::.::. /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: /.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::./.::.::.::.
練習生の声を吹き飛ばすしゃがれた声が響いた。
合宿所から出てきたのは髪の白くなった強面の老人-第三練習場コーチ 東方不敗と、先ほどの小柄な練習生である。

           _  -─-  _
         | , -──- 、|
        r/:::i:::::、::`ヽ::::::ト
          {:::::|ト、::\:::ヘ:::/
.           l::::if_テ f_テi}::l
          }リト、 -, イ/{
           r‐十示千、
            /,-、i }{ fj:.:\_
          く∧_ノj=''=┘:.:.厂
        〈__ノr‐r‐┬rr ヘ
          /__|爻|:」ハ ヘ







241 ◆oLG9iWoh0E:2009/10/29(木) 21:21:58 ID:ybkPaR.w

          /    ::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ''".::::::::::::::::::::::ヽ
         /     ..:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
        /    .::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,..,_......:::::::::: r''フ''i
        /  ..::::::::::::::_._,::::::::::::_,:::::::::::::::::::::::::/   |::.,, |.│ .|
        lノ",;;レ|:::.,-'テ'゙!ッ レ''゙!:,,ノ::::::::::::::::::::::::,!   '":::|│.|  |
         |//  !/   "γ.-ミヽレ !::::::r―¬''"_,,,/:::::::::| .| |  | ,r'^l
           l.! γ ,i    、!.,゙゙./ ` |/      /::::::::::::::| | |  フ /
          |゙、〃     ``          l}f::::::::::::::| | | / .!
         !、_l              .'ニ.ヽ'彳`'、:::::| | .| .|  |      「爺さん、ひっさしぶり」
    _..、,,、  .lj!|           !  <゙゙丿| |  l:::l } | /  |
__,/   ..:`''''/ l    ,‐、- 、 .‐    ` ‐ ", l,   !、l゙/ ".″ |
  .....::::::::::::::: /  l.    |  `ヽヽ、        ,/i'}  ゛      |
   :::::::::::::: !、   ヽ    \  ]/′    / / |    ''ソ゛    |
`゙゙゙^'ー- 、 :::: l    ヽ    `゙´    .,.-―''″ ,!   /     |
 ...::::::::::::::\::::ヽ     ゙'-、__,,,,. -'ァ("゙゛      |   l      |
    ::::::::::::\::\        /:::.. \_       l   |      |
  .....:::::::::::::::::::_ゝ::ヽ、     /..::::::::::::::...`'''‐、    ヽ  !      |
  :::::::::::: < ̄::::::::::::ヽ-、_ノ| ::::::::::::::::: / ヽ、   `┐'′    .|
    ::::::::::::::::\ ::::::::::ヽ    | ::::::::::::/    l\   |゙.、     |
     ::::::::::::::::\ :::::::`、   | :::::: /     /  ヽ   |      |

          ,. ‐==:┬┬ .、
          ,イミ∠⌒ヽ_⊥∠}
        /三V >、 、,  j.
        r=三〈  `ー゚` l L..=〉
       ,仆、j川    ._| 「゚-j
       ,tノ`i | |l  仁二`-' 、/                     「随分ぶりだな。それにしてもなぜ今更こんな所に来たのだ?
   _   tノ リ| | |    ー- `"ハ                      ここは1軍の人間がくる場所ではないぞ?」
ー-< `ー- 、 ,/レ'^_:、j    } /l_j.
ヽ、.:\: : :  ̄`ー二_ `rー-r┘
‐- 、.:..:.:.:.:.:ー-.:.:.:.  ` ┴-、|7
 r‐―‐ 、.::.:.:.:ヽ       `ー¬
/   r一爿.:.:.:.  \ ー‐- .__」_
ヽ/ r―┴ 、.:.:.:... `ー        \ _
.(_,>人__,.―^ー-、__,..  _.. > 、___,.... - ヽ







242 ◆oLG9iWoh0E:2009/10/29(木) 21:23:06 ID:ybkPaR.w

. /            / ̄`ゝ      |r-<  !
.,'       !入 ! !  i!    \  i!、  i/ヽ| i!ノ
.i       | ! i! !  /     _)! レ|  ,'! j .!/
.|  | i!  i! i! |_! |!. !    //!ノヘ //_ノ/'、
..! i! |、 k| ハ |ニ<!ヘ|  _/イし ̄! リ ,/::::::`ヽ
 i!ハ | !、|ヘi!ヽ `Uヽ`     ___/  i::::_:::::::::::|             「復帰前にここを見ておきたくてね」
  ヽヽ! >!:::: !.` ー'    、       / /_ `i_!
    ` /i:::::`、      レ       ,イ/:i::::ヽ|_ヽ
     /:::::::::::::ヽ、   ,__  - r‐'-'/:/:::::::/:::::::::|
    ,'::::::::::::::::::::::ヽ 、     !‐―:::::::::::::!:::::::::::|
     j:::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ、 /|::::::::/"/::::::::::::::::::|
   /:::::::::_:::::::::::::::::::::::::: ̄|ヲ|::::::,'..:./:::::: /`i::::::::!
    ̄ ̄ヽ、`ヽ _ ̄ ̄ ̄\!::::::i..:..i:::::::|..:...!::::::|
        \:::::::::\_:::::::::::::|:::::/        !:::/
          ヽ:::::!::::::\::::::::!:/ー- _  /::/
           \i:::::::::::::へ:::>::::::::::::::::::ヽ':::i
            \::::::::::::::::|::::::::::::::::::::::::::::|

カズマは2年前のシーズンオフに膝の手術をした。
壊れつつあることを自覚していながら、無茶な出場を続けた結果の怪我だった。

結果野球生命が危ぶまれる酷い故障を引き起こした。







243名無しのやる夫だお:2009/10/29 (木) 21:23:39 ID:xoD0DwQo
カズマ故障明けか







244 ◆oLG9iWoh0E:2009/10/29(木) 21:23:48 ID:ybkPaR.w

2年の間に2度の手術をしてその間延々とリハビリに明け暮れた。

もう一度グラウンドへ。
      〃 !  ノ 、 ハ   |l  ト、l
 l /  ! // / |l l'/ハヘノ レ^ヽル'´ l|
 !   l//!〃 ル、|!  ハ !/⌒   il
    _// l!ソl/ l l|    ノリ l .l    l
.  '´|l/``lヽ! l リ  厶イ⌒7!   l |
l  !l ll`ー‐' !      `ヽ o i |   从
l! ! :|l ル    , ' :!      ̄ ! !  l |ハl
|トl ソk / 7 ´ .:::|    ヽ  l /!l' |
l! !ヽ!ヽ、〃   '´ `      /l ,'l リ! !
   |トスx   、__  _    / メ/l !
   l! !入、       `  ィ7//!
    | lト、ヽ、 _ .. イ |ルイ l
      /| ヽ:::::::::::::''´ / l l/へ
  ,. イ/|ノ ヽ::::::'´  /   !l、  \
/ //l |   ヽ:   /  ノ::::〉    ヽー
 ´  ヽl           /::/      ヽ
     ヽ         ,/:/  __,,/ヽ
\     l      _ ノ:/    \
::::く      l⌒ ー'´ 〃    / ヽ
::::::::\   ト、__ノ´   /ヽ   \

真摯な思いが通じ、怪我はほぼ完治したと言えるようになった。
しかし2年もの間試合に触れていない。







245 ◆oLG9iWoh0E:2009/10/29(木) 21:24:12 ID:ybkPaR.w

気まぐれに足を運んだつもりだったのだが、
懐かしい雰囲気を感じ取ると自分が抱いていた不安の大きさが良くわかった。
今は、試合に出るのが正直怖い。だから-

''"'''''::----:: '''''''''''"''"~~~''"''~"''"''"^^^^'"""'"''"'~~'"''"''"''"''"'~"''"''::- --::''''''''''"
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
ii ll|ii !!ii ||ii i!!l |llli ii ll|ii !!ii ||ii i!!l |llli ii llii !!ii ii i!!l llli ii ll|ii !!ii ||ii i!!l |llli ||||ii!!liii!lli ||ii i!!l
wWiijiijwWWjwwjjiijijiwWjijjiijWWwjiijijijwwWWwjiiiijijiwwWWWwjiijijijwwwWWWWwjiij
        .,,.、,、,,,从仆ミ               ,,、,,、         `"''~
                  ,,、,,、     ,,、,,、           ,,、,,
   ,,::::,,::::::::::::::::::;;;,,::::,,:::::::::::::.........;;,,::::,,:;;,,::::,,:
"゙゙~  ~゙゙"''''''"゙゙~  ~゙゙"''''''"゙゙~   ::    "゙゙~"゙゙~~゙゙"''''''"゙゙~:: ::;;、,,::::. 
 ゙~     ::    ::   ゙~  ::    ::゙~              ::    ゙':;::::
      ::       ゙~    ::        ゙~        :: ::  ,,;;":::: 
゙~       ::   ゙~      ::              ゙~     :: :: ゙;;.,::::::::...
    ::            ::    :: ゙~               :: ::  ~゙゙"''i;、:::: 

. /            / ̄`ゝ      |r-<  !
.,'       !入 ! !  i!    \  i!、  i/ヽ| i!ノ
.i       | ! i! !  /     _)! レ|  ,'! j .!/
.|  | i!  i! i! |_! |!. !    //!ノヘ //_ノ/'、
..! i! |、 k| ハ |ニ<!ヘ|  _/イし ̄! リ ,/::::::`ヽ
 i!ハ | !、|ヘi!ヽ `Uヽ`     ___/  i::::_:::::::::::|
  ヽヽ! >!:::: !.` ー'    、       / /_ `i_!
    ` /i:::::`、      レ       ,イ/:i::::ヽ|_ヽ         -自信の源となった場所を見たかったのだ-
     /:::::::::::::ヽ、   ,__  - r‐'-'/:/:::::::/:::::::::|
    ,'::::::::::::::::::::::ヽ 、     !‐―:::::::::::::!:::::::::::|
     j:::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ、 /|::::::::/"/::::::::::::::::::|
   /:::::::::_:::::::::::::::::::::::::: ̄|ヲ|::::::,'..:./:::::: /`i::::::::!
    ̄ ̄ヽ、`ヽ _ ̄ ̄ ̄\!::::::i..:..i:::::::|..:...!::::::|
        \:::::::::\_:::::::::::::|:::::/        !:::/
          ヽ:::::!::::::\::::::::!:/ー- _  /::/
           \i:::::::::::::へ:::>::::::::::::::::::ヽ':::i
            \::::::::::::::::|::::::::::::::::::::::::::::|







246 ◆oLG9iWoh0E:2009/10/29(木) 21:24:47 ID:ybkPaR.w

少し無言が続いた後、昔と変わらない声で爺さんが言う。

                       __,.ァァ ー-- ._
.                     r:i´:.:.:/:,'.:.:.:.:.:.:.__> 、
                     ノ:.j:.:.:.:|/:.:.:.:.://_____ヽ.-、
.                     |:j'´ヽ∠.-‐''¨´ ̄   ヽ.___, ヘノ_
.                     |'           /.:.:.:.:.:.:.:〉: 〉
.                    /_   | /      ーァ___,ノ:|/、
                    ヽ.ゝ、_ノ ノ __,. -‐''ヾ.__:::___::::|,ノ、
                     ハヾ〉 ゝ'<ゞ.フ¨フ゛ /:l:::{,.イ Y::::/
.                    〈 ´7 ' .ヘ `‐'´| /.:.:!:: Yァ l:::/:〉       「ちょっとやってくか?」
                    |〉 | ! 〈  `¨  / ,' :/:l:::::|' /'´V::}
                    |:.:V、_,ノ´`ヽ、_ ,'  !:/.: !:イ|1   {::;ハ
                    |:|:ヘ ̄¨¨''ー 、', l ,'|1:|: l:||ノ|   ソ:/
                    VV 〉 ̄¨''ー'' `,' / Vl: リ' |   ソ:}
                      i  |   ,ノ _, ィ | V_,.ノ|  {, イ
.        _____           `ゝr_、___/_,.‐ ¨´  ヽ、 {::ハ
     ,.ィ¨ ̄.::.::.::.::. ̄¨'' -、_,.---――} |:::::::r'´ ̄     __/  ̄ ̄ ̄
    /.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::. ̄.::.::.::.::.::.::.::._人|:::::::}  ___,.-‐'¨.::.::.::.::.::.::.::.::.:/
.   /::.::.::.::.:|.::.::.::.::.::.::.::.::.______} ̄¨¨{ ̄- ‐'´.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::./.::.
   i ::.::.::.::.::|.::.::.::.::.::.::. /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: /.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::./.::.::.::.

             /         〃´:::::::::::::::::::.    ::ヽ、
            /          l::::::::;r‐--、::::::::.. ::.. .::::::.l
         /           ノ::::j´     〉::::::::::::::::::::::::::l
         ,'        .:  /l /:::::::/     l:::::::::,::::::::::::::::::::l
.        ll ,   l トレ:| /‐l/l、/  _,,,.、-l::::!:::l、::::::::::::::::::|
       |i l l l |i lソV/ _l/`    __ ヽト、| |::!:::::::::::::::!
        l! ! l |ト、 l、 r''"レサj`     '´ィr。r‐-、 ソl::::::::::::::|            「いや、遠慮しておく」
        リト、l〃、l!` ` ̄´    ,     ̄``'´  リrw、::/
            `| rj.|        l          /⌒ソ
           ヾ、〉!       '         /_ノ/
            `ーl.     rー-----一ォ     ,'_/
              ヽ、   ヽニ二ニニノ    ,イ´
               l\   ー-     //ー-、
           ,,.-‐''"´|  \       /  .l    \
          /       l   `ー-‐''´    |      ヽ
          __/      l              ,'        ゙、
  _,,. -‐''"´ /      |          /       ヽー-、
/       /         ト、_        /         ゙、
       /        |::::::::: ̄`ー--一/           ゙、
      /         l::::::::::::::::::::::::::::::/            ゙、

2人で大きく笑った。

爺さんの「ちょっとやってくか?」は昔からの口癖で、その「ちょっと」は、ぶっ倒れるまで続くのだ。







247 ◆oLG9iWoh0E:2009/10/29(木) 21:25:20 ID:ybkPaR.w

               /〃 //    .:.ヽ、ノ  ! `ヽ、 `ヽ
           ,'     / 〃 .:.:.:/ } ノ l ヽ.:.:.:.:.:ト
            i  .:i:.:... /:.:./:./  .l!.:.:.:.:.:... .:.:.:.:.:.:.|l
            |:.:.:.:l:|:.:.:ハ:.:/:/    |!ト、:.:.:.:.:.k:.l::!:.:.:.|l
           l:!:.!:l:i:.:/从レヽ  フノハlト、 ハ.从l |!:.:.:|!
           リト|ハトリィtゥヮ    ィrァ‐ 、从lレノリト、ム、
        , -一 7ノi!ヾl        ` ´''"  r+、ソ ノl  \ 
        /   /    l    /      f'-j个!Y  |
    /    /      ヽ、  ヽ       } l l | !   l
   〈     /      lト、 ー -、   / ///ノ   !
    lヽ.    /       \ ヽ-r ´ ̄     /   l
    |:.:ヽ  /            ` Lソ   , -一 '     l
    l:.:.:.:.ヽ  ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ、  r┴─┴┐< ̄ ̄`ヽ、|
    ',:.:.:.:.:.:\       /  〈 ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ \     /
    〉:.:.:.:.:.:.:.\   <    l          ヽ/ _/ /
    /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\   `ヽ、 |        |/ / ̄

昔に帰るつもりで「ちょっとやってみたい」のだが、この寒さが気になっている。
体が冷えている中では故障の可能性は上がる。

今は体に細心の注意を払いたいのがカズマの本音だった。







248 ◆oLG9iWoh0E:2009/10/29(木) 21:25:43 ID:ybkPaR.w

          ,. ‐==:┬┬ .、
          ,イミ∠⌒ヽ_⊥∠}
        /三V >、 、,  j.
        r=三〈  `ー゚` l L..=〉
       ,仆、j川    ._| 「゚-j     「ではコイツのことをちょっと見てもらえるか。
       ,tノ`i | |l  仁二`-' 、/      やる夫という。今年入った高校卒じゃ」
   _   tノ リ| | |    ー- `"ハ
ー-< `ー- 、 ,/レ'^_:、j    } /l_j.
ヽ、.:\: : :  ̄`ー二_ `rー-r┘
‐- 、.:..:.:.:.:.:ー-.:.:.:.  ` ┴-、|7
 r‐―‐ 、.::.:.:.:ヽ       `ー¬
/   r一爿.:.:.:.  \ ー‐- .__」_
ヽ/ r―┴ 、.:.:.:... `ー        \ _
.(_,>人__,.―^ー-、__,..  _.. > 、___,.... - ヽ

さっさと練習に戻りたそうにしていた練習生は急に話題が自分に向かって驚いたようだった。

         ___
        / .u   \
      /((○)) ((○))\
/⌒)⌒)⌒. ::::  (__人__) l_j :::\     /⌒)⌒)⌒)
| / / /     |r┬-|     | (⌒)/ / / //
| :::::::::::(⌒) U .| |  |    /   ゝ  :::::::::::/
|     ノ    | |  |    \  /  )  /
ヽ    /    └ー.┘    ヽ /    /







249 ◆oLG9iWoh0E:2009/10/29(木) 21:25:59 ID:ybkPaR.w

その驚いた顔を眺めて爺さんはニンマリと笑う。期待株ということだろう。

                    |〉 | ! 〈  `¨  / ,' :/:l:::::|' /'´V::}
                    |:.:V、_,ノ´`ヽ、_ ,'  !:/.: !:イ|1   {::;ハ
                    |:|:ヘ ̄¨¨''ー 、', l ,'|1:|: l:||ノ|   ソ:/
             ニッ     VV 〉 ̄¨''ー'' `,' / Vl: リ' |   ソ:}
                      i  |   ,ノ _, ィ | V_,.ノ|  {, イ
.        _____           `ゝr_、___/_,.‐ ¨´  ヽ、 {::ハ
     ,.ィ¨ ̄.::.::.::.::. ̄¨'' -、_,.---――} |:::::::r'´ ̄     __/  ̄ ̄ ̄
    /.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::. ̄.::.::.::.::.::.::.::._人|:::::::}  ___,.-‐'¨.::.::.::.::.::.::.::.::.:/
.   /::.::.::.::.:|.::.::.::.::.::.::.::.::.______} ̄¨¨{ ̄- ‐'´.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::./.::.
   i ::.::.::.::.::|.::.::.::.::.::.::. /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: /.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::./.::.::.::.







250 ◆oLG9iWoh0E:2009/10/29(木) 21:26:29 ID:ybkPaR.w

         /         .:::::::::.     \
        /     ,/ , '" .::::::::,. --、:::. 、ヽ、ヽ、 ヽ
       /  /´'´ /   .::::::/   /:::::::::::::.ヽ:.`::::',
       ,' 〃    .:::..:::::::::j゙     〈::::::/::::::::::::::::::::::',
        !      ./::/:::l:::/  '" ̄`l:::/j:::l::,::::::::::::::::::l
      l l:::、 .:l.::/l/ノノ|/′  __ ソノl!::l!:l:::::::::::::::::::!
      |:!イ:::ト:l:::レl ___、     ィ一'''tッ l/レl:::|,:::l!::::::::|
      lリノl:::l::!::l 'ー-゚' ,    ` ー'´   ヽll、:l:::|:::l|
       ´ヽ:l:|:jト、    、             Vヽl/|!   「はいはい。未来のVIPスターズのために何でも言って下さいよ」
          ヽ!                 )ゞl´
          '、    ,.-‐- 、         ,.r‐ノ
           ヽ   `ー‐‐'         /!:7´
              \            / |/
                \      ,,.、-''´  | ̄`ヽ、
              /「`ー-‐''"´     ノ::::::::::::::!
           /::::::::ヽ ヽ      /::::::::::::::::::|
            /:::::::::::::::::〉  l     /::::::::::::::::::::::::ト、
        ___/::::::::::::::::::::/     /:::::::::::::::::::::::::::::::ヽ::`ヽ、
   ,.、‐''´/,. -‐‐-、::::::/、___,,/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ::::::::`ヽ、 __
,.、‐'´::::::/'´:::::::::::/::::::/    /::::::::::::,,.、-―‐-- 、::::::::::ヽー''´ ̄
::::::::::::::::::::::::::::::::::〈:::::::::/   /:::::::::::<          ̄``ヽ

          ,. ‐==:┬┬ .、
          ,イミ∠⌒ヽ_⊥∠}
        /三V >、 、,  j.
        r=三〈  `ー゚` l L..=〉
       ,仆、j川    ._| 「゚-j
       ,tノ`i | |l  仁二`-' 、/                 「じゃあバッターボックスに入ってくれ。バットもってな。
   _   tノ リ| | |    ー- `"ハ                 ああ、振らなくていいぞ。見るだけでいい」
ー-< `ー- 、 ,/レ'^_:、j    } /l_j.
ヽ、.:\: : :  ̄`ー二_ `rー-r┘
‐- 、.:..:.:.:.:.:ー-.:.:.:.  ` ┴-、|7
 r‐―‐ 、.::.:.:.:ヽ       `ー¬
/   r一爿.:.:.:.  \ ー‐- .__」_
ヽ/ r―┴ 、.:.:.:... `ー        \ _
.(_,>人__,.―^ー-、__,..  _.. > 、___,.... - ヽ

               /〃 //    .:.ヽ、ノ  ! `ヽ、 `ヽ
           ,'     / 〃 .:.:.:/ } ノ l ヽ.:.:.:.:.:ト
            i  .:i:.:... /:.:./:./  .l!.:.:.:.:.:... .:.:.:.:.:.:.|l
            |:.:.:.:l:|:.:.:ハ:.:/:/    |!ト、:.:.:.:.:.k:.l::!:.:.:.|l
           l:!:.!:l:i:.:/从レヽ  フノハlト、 ハ.从l |!:.:.:|!
           リト|ハトリィtゥヮ    ィrァ‐ 、从lレノリト、ム、
        , -一 7ノi!ヾl        ` ´''"  r+、ソ ノl  \   「はいはい」
        /   /    l    /      f'-j个!Y  |
    /    /      ヽ、  ヽ       } l l | !   l
   〈     /      lト、 ー -、   / ///ノ   !
    lヽ.    /       \ ヽ-r ´ ̄     /   l
    |:.:ヽ  /            ` Lソ   , -一 '     l
    l:.:.:.:.ヽ  ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ、  r┴─┴┐< ̄ ̄`ヽ、|
    ',:.:.:.:.:.:\       /  〈 ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ \     /
    〉:.:.:.:.:.:.:.\   <    l          ヽ/ _/ /
    /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\   `ヽ、 |        |/ / ̄







251名無しのやる夫だお:2009/10/29 (木) 21:27:02 ID:hYTLL2mM
期待されてんなぁ。







252 ◆oLG9iWoh0E:2009/10/29(木) 21:27:43 ID:ybkPaR.w

VIPスターズの看板選手である自分に、まったく興味を示さなかった”やる夫”と呼ばれた練習生は、
投球を見てもらえると解った瞬間、瞳を輝かせて準備を始めた。

  \  /
    X
  / ∩
/ ( ⊂)     ____
   | |.    /⌒  ⌒\
   トニィ'  /( ●) (● ) \
   |   / :::⌒(__人__)⌒::::: \
   \  |     |r┬-|      |
    \\_  `ー'´    _/
       ン ゝ ''''''/>ー、_
      / イ( /  /   \
      /  | Y  |  / 入  \
      (   | :、 |  / /  ヽ、 l
       j  | :   | / ィ    |  |
      くV ヽヘ_ ヽ  \  仁 」
        ー 〕   \  〉(⌒ノ

        , -======|
      ィく三三三三三三二|
      ∨三三三三三三三|
      /Aー――――――.|
      ヽ=Aー------――‐ |
        \.A三三三三三三 |
        /`ー ---- -― .|     (同じチームの先輩って、サイン貰っていいものなのかな?)
       ,:. :. :.{!:.、:.\:. :. ヽ.:.:.|
       |:. :. :.ト、:.\: ヽ, - ',‐|
       |:. :.| :|!⌒、 ヽ _ヽrテ|
       |:.l: |:.ヽマl!ヽ   弋リ
        ヽ!:.|:.l:. ゝゞ'′,   |
        Nlハ:.ヽゝ . -_ .イ|
         じ \ヽ:.{{   ヽj |
         o /::\:j::ヽ  fil|
          .ノ:::::l::::;:::: ヽ Ll|
           /:::::::::i:::l:::::::: ヽlf"
         ヽ:::::::::l::::;ィヘ´ ̄ゝ
          `ー-.' };; V `r
             / ¨ ミー|
            , '::::::::::::::: `|
             /::::::::::::ヽ:\|
          /::::::::::::::::::::\|
          / : :::::::::::::::::::::::|
           /:::::::::::::::::::::::::::: |

用は済んだはずなのだが、遠目にこちらを伺う小柄な練習生とは、対照的な姿を見せている。







253名無しのやる夫だお:2009/10/29 (木) 21:28:12 ID:b.ALs92w
カズマがしっかりとしているというか……

野球に対して真摯だな、本当







254 ◆oLG9iWoh0E:2009/10/29(木) 21:28:17 ID:ybkPaR.w

いきなりの話だが練習生-やる夫は落ち着いて肩を温めなおしている。
           ____
         /      \
        / ─    ─ \
      /   (●)  (●)  \
      |      (__人__)     |
      \     ` ⌒´   ,/
      /     ー‐    \

いや、落ち着いているのは立ち振る舞いだけでその熱はビンビンに伝わってくる。
ここで一気に自分を売り込んでやろという気配が、少しも隠しきれていない。
            ____
          /⌒三 ⌒\
        /( ○)三(○)\
       /::::::⌒(__人__)⌒:::::\
       |     |r┬-|     |
       \      `ー'´     /
      /     ー‐    \







256 ◆oLG9iWoh0E:2009/10/29(木) 21:28:58 ID:ybkPaR.w

       ,___,,,,,,、--―----------、
.      / .___,,,,,,,,,.----------‐-i |
     /. /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`.!、-,
    i'´ /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::'./、ヽ、
    ヽ,.!'"´ ヽ------,::::::::::::::::::::i、::::::::ヽ_ヽ、
.   / ,.-、_/_/_/_//:::::::::,ii::::::::l. ヽ=::::::/ /
.  ー'-っ'´::::::::::::::::::::/i::::::/:::/ |l:::::/  ヽ::::i /
、--='´,:::::::::::, -、::/__|:::/」:/ .|l::/    |::::l.|      (爺さんの好きそうなピッチャーだな・・・)
    \:::::::l. l_l:l'  /'´ /ー'"l:/ー‐‐‐/:::、l.|
.     \::`、 、|   ー---‐ '´ 、__, /::/ヽ`
      ヽ::!、_',.           /l/
       l:::,,::::',.        '  |'´   
       '´ l:/lヽ、  l`ー--  ./
--、__.    _'´/  ヽ、`ー _,.-'´
:.:.:.:.:.:`ー‐'".、 `<、    7''"´

野心という言葉が悪い意味で捉えられやすい日本では、あまりいないタイプではないだろうか。

肩を温めるにも、ボールを投げるのではなく、全力でのシャドーをはじめている。
投げるための準備としては今一つだ。







257 ◆oLG9iWoh0E:2009/10/29(木) 21:29:39 ID:ybkPaR.w

だが、”対戦相手”に自分の投球を見られるのを懸念している。
ギラつくやる夫は見ているのが面白かった。

            `| rj.|        l          /⌒ソ
           ヾ、〉!       '         /_ノ/
            `ーl.     rー-----一ォ     ,'_/
              ヽ、   ヽニ二ニニノ    ,イ´
               l\   ー-     //ー-、     (爺さんだけでなく俺も好きなタイプだな・・・
           ,,.-‐''"´|  \       /  .l    \    夜神さんに似てるかな?)
          /       l   `ー-‐''´    |      ヽ
          __/      l              ,'        ゙、
  _,,. -‐''"´ /      |          /       ヽー-、
/       /         ト、_        /         ゙、
       /        |::::::::: ̄`ー--一/           ゙、
      /         l::::::::::::::::::::::::::::::/            ゙、







258名無しのやる夫だお:2009/10/29 (木) 21:29:53 ID:GwGQcADo
スポーツは上下関係厳しいからなあ
中日の浅尾は10も年上の井端と荒木にガチでタメ口らしい。何様だあいつww







259 ◆oLG9iWoh0E:2009/10/29(木) 21:30:01 ID:ybkPaR.w
                            ヾ(;ゝヾミ;;;ヽ ヽ::;;ヾ::;;;:;;`;;ヾヾ※ヽゞ;;ゞヾ|::i:i :ゞゝ/
                              ゝゝゞヾ;;::;"ゝゝ;;:※;;゚::ヾヾ※。ゝゝ;;:;;ヾヾ:|::;ii:: :;;ゞゝ
                                   ゝ;;ヾ::ヽゝ;;';ヾ;;ゞ::'ゞヾミミ;;:'ヽ;;゚ヾ⌒;;:ゞヾゝヾヾ
                                      ミゞゝ;;:;'';;ゝ;;:ヾ;;ヽ;;:;ゝヾゝ;ヾソ;;ヽソ;;'ヾ
                                          .ゞゝ;;::';:ミミヾヾ※ヾヾヾヾゝ":
                                               ゞゞ;;ヽヽ゚彡ヾ:;;ゞゝヽ
゙''、,,_,,,,-‐'゛``''、,....                                          |ii; :;;::;:iii:
;'' ;~'',;'''',;'';'' ;~'',;''゚ ;~'',;;..                                      |i ;;:::.:: ::ii::
,;'',;''゚ ;~,;":;;;: : ;: ;: ;::::::``゙''::;.-‐'゛~゙`゙''-、                             |:: ::;;ii:::::i;;:
::;.:".:;.:'"゙:.:゙,:;、,"'.:.:;,`:;,':,:;.,:;.:::;.:"゙ ''、,;.:'"゙:.:゙,:;、,"'.:.:`;'' ;``'‐.、                  |::;;:;::i:::i::::;;
:;,':,:;.,:;'' ;~'',;''゚ ;~'',;;~'',;';~.:.:;,`:;,':,:;.゙:.:゙,:;、,"'.:.:;,`:;,':,:;.゙:.:゙ :: :;":;; ~゙"'ー- ..,,_     γ;;⌒;; (;(;|;;::::;ii:::;:::;;







260 ◆oLG9iWoh0E:2009/10/29(木) 21:31:26 ID:ybkPaR.w

やる夫がゆっくりと両手を頭上で組み合わせた。
傲慢に見える程、堂々としたワインドアップモーションから、渾身のストレートが放たれる。

         ____
        /⌒  ⌒\
    (ヽ /( ●)  (●)\   /)
   (((i ):::::: ⌒(__人__)⌒::::\ ( i)))
  /∠ |     |r┬-|    |_ゝ\
  (___     `ー'´   ____ )
       |        /
       |       /         ←傲慢に見えるワインドアップモーション
         |   r  /
       ヽ  ヽ/
        >__ノ;:::......


何球かのストレートの後、カーブ、スライダー。そしてまたストレート。

          . -─‐- 、
      /        \
     /\  ||  /   ヽ. ○  
      /( ●)   (● )   ハ,4L_  
     : :::: (_ , 、 _)  :::::  ノ  /
     ゝ.  `ー'    _ <  /
      >,ー一 ""   ,/
   , <´ /         /
   1  _ イ        |
     ̄_i          ∧   
     .´              `ー-.
    i     r‐- -‐、       i
    ゝ、_i      `ー─一'

コンディションはきっちり整えていたのだろう。
目一杯と見える球が次々とミットに突き刺さった。







262 ◆oLG9iWoh0E:2009/10/29(木) 21:32:03 ID:ybkPaR.w

      / /,≦.._ //   , -― 、/ / / ト     l  l/   / /
     // //ヘ    >     | / ̄ V / l|  \ | / / /
     // / /  . < _,  /  V_丶  |  /h   V |
     { //|j/   ',     ̄/    V / / / / 丶   ! |/
   /⌒メ、V / |  / / l     V  l'   /   ',  l/   -――
   | /ハ l |// ̄´ /// / |    vイ _〈     l/ /
   l / ! }_」!\ 、|l //  | /j '     ', \/ !  /             「どう思う?」
   / |  `Y //ミリ ,二.._j/| !     l| j/  |/
    |  |   | l|` /   _儿 Ⅳ|    l||  j/
    l      |   7  /_/\、 |    l|/ヘ  /          /
        j__ /}彡'┘\/\|    l|l  ∨         /
         `        〈_八   l||  |          /
                 [_/  ',   /ハ  \      /   /
              └‐く _| /l |  \ |   /   /
                    l /  ト、  l/´ ̄    /
                    |'   / \/
                      ト、   |  /
                      / \//
                       {  /
                     \/
15球ほど投げたあたりで、爺さんが口元をいびつに歪ませながら聞いてくる。

昔から意地の悪さはさほども変わっていない。
カズマがあきれた顔になったのを見て、歪みはさらに大きくなった。







263 ◆oLG9iWoh0E:2009/10/29(木) 21:33:16 ID:ybkPaR.w

         /         .:::::::::.     \
        /     ,/ , '" .::::::::,. --、:::. 、ヽ、ヽ、 ヽ
       /  /´'´ /   .::::::/   /:::::::::::::.ヽ:.`::::',
       ,' 〃    .:::..:::::::::j゙     〈::::::/::::::::::::::::::::::',
        !      ./::/:::l:::/  '" ̄`l:::/j:::l::,::::::::::::::::::l
      l l:::、 .:l.::/l/ノノ|/′  __ ソノl!::l!:l:::::::::::::::::::!
      |:!イ:::ト:l:::レl ___、     ィ一'''tッ l/レl:::|,:::l!::::::::|
      lリノl:::l::!::l 'ー-゚' ,    ` ー'´   ヽll、:l:::|:::l|
       ´ヽ:l:|:jト、    、             Vヽl/|!         「ダメだろうね」
          ヽ!                 )ゞl´
          '、    ,.-‐- 、         ,.r‐ノ
           ヽ   `ー‐‐'         /!:7´
              \            / |/
                \      ,,.、-''´  | ̄`ヽ、
              /「`ー-‐''"´     ノ::::::::::::::!
           /::::::::ヽ ヽ      /::::::::::::::::::|
            /:::::::::::::::::〉  l     /::::::::::::::::::::::::ト、
        ___/::::::::::::::::::::/     /:::::::::::::::::::::::::::::::ヽ::`ヽ、
   ,.、‐''´/,. -‐‐-、::::::/、___,,/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ::::::::`ヽ、 __
,.、‐'´::::::/'´:::::::::::/::::::/    /::::::::::::,,.、-―‐-- 、::::::::::ヽー''´ ̄
::::::::::::::::::::::::::::::::::〈:::::::::/   /:::::::::::<          ̄``ヽ

その瞬間強烈な視線を感じてカズマは顔を引き締めた。

. /            / ̄`ゝ      |r-<  !
.,'       !入 ! !  i!    \  i!、  i/ヽ| i!ノ
.i       | ! i! !  /     _)! レ|  ,'! j .!/
.|  | i!  i! i! |_! |!. !    //!ノヘ //_ノ/'、
..! i! |、 k| ハ |ニ<!ヘ|  _/イし ̄! リ ,/::::::`ヽ
 i!ハ | !、|ヘi!ヽ `Uヽ`     ___/  i::::_:::::::::::|
  ヽヽ! >!:::: !.` ー'    、       / /_ `i_!
    ` /i:::::`、      レ       ,イ/:i::::ヽ|_ヽ
     /:::::::::::::ヽ、   ,__  - r‐'-'/:/:::::::/:::::::::|
    ,'::::::::::::::::::::::ヽ 、     !‐―:::::::::::::!:::::::::::|
     j:::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ、 /|::::::::/"/::::::::::::::::::|
   /:::::::::_:::::::::::::::::::::::::: ̄|ヲ|::::::,'..:./:::::: /`i::::::::!
    ̄ ̄ヽ、`ヽ _ ̄ ̄ ̄\!::::::i..:..i:::::::|..:...!::::::|
        \:::::::::\_:::::::::::::|:::::/        !:::/
          ヽ:::::!::::::\::::::::!:/ー- _  /::/
           \i:::::::::::::へ:::>::::::::::::::::::ヽ':::i
            \::::::::::::::::|::::::::::::::::::::::::::::|







264 ◆oLG9iWoh0E:2009/10/29(木) 21:33:35 ID:ybkPaR.w

::::::... ..丶
:::::::.... ...\
:::.' ──-.. \
:::::::... ⌒__丶 \
:::::::::.... .'::. ).ヽ  .ヽ
:::::::::::.... __ ..丿   ヽ
:::::::::::...    ヽ   .ヽ
:::::.._ ノ ヽ.____丿   .丶
::::::::::::::.... ..::ノ      .)
:::::::::::..   ../       .ノ
:::::::::.⌒ "       ..ノ
:::::::::::::::::....    ....::::::../
:::::::::::::::::::::.. ......::::./

やる夫がマウンドから、怒気を立ち上げ、睨みつけていた。







265 ◆oLG9iWoh0E:2009/10/29(木) 21:33:52 ID:ybkPaR.w
      / /,≦.._ //   , -― 、/ / / ト     l  l/   / /
     // //ヘ    >     | / ̄ V / l|  \ | / / /
     // / /  . < _,  /  V_丶  |  /h   V |
     { //|j/   ',     ̄/    V / / / / 丶   ! |/
   /⌒メ、V / |  / / l     V  l'   /   ',  l/   -――
   | /ハ l |// ̄´ /// / |    vイ _〈     l/ /
   l / ! }_」!\ 、|l //  | /j '     ', \/ !  /
   / |  `Y //ミリ ,二.._j/| !     l| j/  |/             「どこがダメじゃった?」
    |  |   | l|` /   _儿 Ⅳ|    l||  j/
    l      |   7  /_/\、 |    l|/ヘ  /          /
        j__ /}彡'┘\/\|    l|l  ∨         /
         `        〈_八   l||  |          /
                 [_/  ',   /ハ  \      /   /
              └‐く _| /l |  \ |   /   /
                    l /  ト、  l/´ ̄    /
                    |'   / \/
                      ト、   |  /
                      / \//
                       {  /
                     \/

空々しい質問に呆れるが、爺さんにも何か考えあってのことなのだろう。
正直に思った通りの答えを返す。

               /〃 //    .:.ヽ、ノ  ! `ヽ、 `ヽ
           ,'     / 〃 .:.:.:/ } ノ l ヽ.:.:.:.:.:ト
            i  .:i:.:... /:.:./:./  .l!.:.:.:.:.:... .:.:.:.:.:.:.|l
            |:.:.:.:l:|:.:.:ハ:.:/:/    |!ト、:.:.:.:.:.k:.l::!:.:.:.|l
           l:!:.!:l:i:.:/从レヽ  フノハlト、 ハ.从l |!:.:.:|!
           リト|ハトリィtゥヮ    ィrァ‐ 、从lレノリト、ム、
        , -一 7ノi!ヾl        ` ´''"  r+、ソ ノl  \    「よく鍛えてあると思うけどな。
        /   /    l    /      f'-j个!Y  |        どれも合格点。悪く言えば平均点。
    /    /      ヽ、  ヽ       } l l | !   l        プロで戦う”武器”が無い」
   〈     /      lト、 ー -、   / ///ノ   !
    lヽ.    /       \ ヽ-r ´ ̄     /   l
    |:.:ヽ  /            ` Lソ   , -一 '     l
    l:.:.:.:.ヽ  ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ、  r┴─┴┐< ̄ ̄`ヽ、|
    ',:.:.:.:.:.:\       /  〈 ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ \     /
    〉:.:.:.:.:.:.:.\   <    l          ヽ/ _/ /
    /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\   `ヽ、 |        |/ / ̄







266 ◆oLG9iWoh0E:2009/10/29(木) 21:34:42 ID:ybkPaR.w

我が意を得たり。
といった風にうなずく爺さんとは逆に、剣呑な表情のやる夫が言った。

       ____
     /⌒三 ⌒\
   /( ○)三(○)\                       「わかんねーぉ」
  /::::::⌒(__人__)⌒:::::\
  |     |r┬-|     |
  \      `ー'´     /

         /         .:::::::::.     \
        /     ,/ , '" .::::::::,. --、:::. 、ヽ、ヽ、 ヽ
       /  /´'´ /   .::::::/   /:::::::::::::.ヽ:.`::::',
       ,' 〃    .:::..:::::::::j゙     〈::::::/::::::::::::::::::::::',
        !      ./::/:::l:::/  '" ̄`l:::/j:::l::,::::::::::::::::::l
      l l:::、 .:l.::/l/ノノ|/′  __ ソノl!::l!:l:::::::::::::::::::!
      |:!イ:::ト:l:::レl ___、     ィ一'''tッ l/レl:::|,:::l!::::::::|
      lリノl:::l::!::l 'ー-゚' ,    ` ー'´   ヽll、:l:::|:::l|
       ´ヽ:l:|:jト、    、             Vヽl/|!      「ん・・・?」
          ヽ!                 )ゞl´
          '、    ,.-‐- 、         ,.r‐ノ
           ヽ   `ー‐‐'         /!:7´
              \            / |/
                \      ,,.、-''´  | ̄`ヽ、
              /「`ー-‐''"´     ノ::::::::::::::!
           /::::::::ヽ ヽ      /::::::::::::::::::|
            /:::::::::::::::::〉  l     /::::::::::::::::::::::::ト、
        ___/::::::::::::::::::::/     /:::::::::::::::::::::::::::::::ヽ::`ヽ、
   ,.、‐''´/,. -‐‐-、::::::/、___,,/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ::::::::`ヽ、 __
,.、‐'´::::::/'´:::::::::::/::::::/    /::::::::::::,,.、-―‐-- 、::::::::::ヽー''´ ̄
::::::::::::::::::::::::::::::::::〈:::::::::/   /:::::::::::<          ̄``ヽ







267 ◆oLG9iWoh0E:2009/10/29(木) 21:35:00 ID:ybkPaR.w
       ____
     /   ノ( \
   /  _ノ  ヽ、_ \                      「やってみなきゃわかんねーお?」
  / ノ( ●━━●   \
  |  ⌒ (__人__) ノ(  |
  \     ` ⌒´   ⌒/

               /〃 //    .:.ヽ、ノ  ! `ヽ、 `ヽ
           ,'     / 〃 .:.:.:/ } ノ l ヽ.:.:.:.:.:ト
            i  .:i:.:... /:.:./:./  .l!.:.:.:.:.:... .:.:.:.:.:.:.|l
            |:.:.:.:l:|:.:.:ハ:.:/:/    |!ト、:.:.:.:.:.k:.l::!:.:.:.|l
           l:!:.!:l:i:.:/从レヽ  フノハlト、 ハ.从l |!:.:.:|!
           リト|ハトリィtゥヮ    ィrァ‐ 、从lレノリト、ム、
        , -一 7ノi!ヾl        ` ´''"  r+、ソ ノl  \  「解るさ。俺が何年プロでメシ食ってると思ってんだ?」
        /   /    l    /      f'-j个!Y  |
    /    /      ヽ、  ヽ       } l l | !   l
   〈     /      lト、 ー -、   / ///ノ   !
    lヽ.    /       \ ヽ-r ´ ̄     /   l
    |:.:ヽ  /            ` Lソ   , -一 '     l
    l:.:.:.:.ヽ  ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ、  r┴─┴┐< ̄ ̄`ヽ、|
    ',:.:.:.:.:.:\       /  〈 ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ \     /
    〉:.:.:.:.:.:.:.\   <    l          ヽ/ _/ /
    /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\   `ヽ、 |        |/ / ̄

カズマは感心していた。
すぐに項垂れるタイプより、喰いかかってくるこの気骨は、プロの世界では頼もし-







268 ◆oLG9iWoh0E:2009/10/29(木) 21:35:38 ID:ybkPaR.w
       ____
     /     \
   /_ノ  ヽ、_   \
  /(●)三(●))   .\                        「2年タダ飯食ってる居候ってことは知ってるお?」
  |   (__人__)      |
  \ ヽ|r┬-| /   /
  /   `ー'´      \

   / .:/ ..::::::::::::;:::::::;:::;::::::;:::::::::r--‐'''''、:::::ヾ 'ヽ、::、::;:'::":::::::::::::::::..゙i
.  /:.:;/.;' ::::.:::::;:'":::::::::/::::/、:::::/     ゙:、::::!   ヾ`ヾ;:::::':"´:::::..:、:゙、
 ///,:'" :::::::::::::;'":::/!:::/、 ヾ゙       ゙、| ,,..‐-、 ミ;:':"´::::::::::..\`
. '" ,'::/! .,'゙,:::::::、::;'::l‐l::/:::ヽ、_ ヽ、  !/  _,;z::/'"` }:::::::;:':":::"´/ヾ、
.   |/ .|/'; .::r-、:l、:| ィ'‐‐--=、ー=j  y==r‐'''''''ヽ,   l!:::/、;;:'゙、:::/
    !    V l'‐ ゙| ゙! _',  O  }`ー  ''" ;'゙ O  ,:,_  |/l!‐l!.:/V゙
      /;i, !ヽ,'! '-`'ー=''"-  ;.    `''=‐''"'-' ,'‐''"l|/      「!」
       l:゙、\.|         |          | ) ,ィ'
         ヽ、.|          l            |''ノ/
           jvl',       __,,,,,,,__        ./'"/
          ,r''`ヽ      /-―‐-ヽ     /、
       ,.-'゙:::::::::::`l、    〈´ ̄ ̄`ノ    ,.イ:::::ヽ、._
      /:::::::::::::::::::::| \    `'ー‐‐''゙   ./ |:::::::::::::..`ヽ,
   ,,.-‐'゙::::::::::::::::::::::::/ !.  \   ` ´   /   .ト、:::::::::::::::::...\、._
-‐'/::::::::::::::::::::::::::::::::::|__     ヽ、.,_,,/     /::::::::::::::::::::::::.\`ヾ''ー
:/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::゙、.`''ー-、..,,,,__,,,,...、 -‐一/:::::::::::::::::::::::::::::::..\ヽ、







269 ◆oLG9iWoh0E:2009/10/29(木) 21:36:03 ID:ybkPaR.w
      ____
    /:::::::::  u\
   /ノ└ \,三_ノ\   ,∩__
 /:::::⌒( ●)三(●)\ fつuu                「試合に出たのが2年も昔なら、目が曇っててもおかしくないお!」
 |::::::::::::::::⌒(__人__)⌒ | |   |             
 \:::::::::   ` ⌒´   ,/_ |   |
   ヽ           i    丿
  /(⌒)        / ̄ ̄´
 / /       /

               、,,,_   ____
                >:::: ̄ ̄:::::::::r┐:`「|ヽ
           _,,.-‐''´,:':::::;;;;;;;r-、:::::::| .|::::/ l:::l゙l、
           `ヽ,:::::::;;;,':;イ;'::ヽ ゙、_,ノ '-' |:/ |::`ヽ、
             〉;;;;;;;;/ _.-、:::゙、      ノ ´ /::::ヽ::|
            〃、;;;;;l' ´=、 ヽ;;〉      〈_,,.-、::::|
             |::::リ:,,〉 i',.`/;;:{         .r''´::;;l
           _ノ:::::く´  ´  リ |    _,.-‐'´;;;:::::,:'  「あ゙あ゙あぁぁあー!!
           {l:::゙、::::└==、   l-‐'''''''ーlソ;;;;;;;;;;;;;/´
          /\:::::ー-j'、:::!   |´ ̄ ̄``l、;;;;、;;;/    俺だってね、マジにヤバイなって思ってんの!
        ,.ィ'゙   `‐ァ‐' l:::|   |:::::::::::::::::::| |,へ
      _ノ:.l    ./ ,_┌'  ,!::::::::::::::::::::|´__:::\    でも俺はお前と違ってもう1軍のピッチャー何人もみてんの!対戦してんの!
    /´:.:.:.:`ー-y'´-‐'":::::::::゙ー ‐'`|:::::::::::::::::::::|´\ ̄`ヽ
   r'´:.:.:.:.:.:.:::::::/`ヽ、::::::::::::::::::: /|::::::::::::::::::::::|  ヽ、.,__|  ルーキーが即戦力かどうか位はわかるってーの!」
  /.:.:.:.:.:.:.:::::::/:.:.:.:.:.:.| \::::::::/''"|:::::::::::::::::::::::|     `l
/.:.:.:.:.:.:::::::::/.:.:.:.:.:.:::::::!::::/::/ l‐' /|:::::::::::::::::::::::|_,,.、r‐-、_|
\.:.:.:::::::::‐'´::::::::_,,,...」:〈/''"´/ノ|::::::: l!::::::::::::::゙! `ヽ /|
   ̄``''ー‐''´ ̄    `}:::|::|_/ /::|:::::::|';:::::::::::::::|  ノ/:::|
            /:::/::l、_/::::::::|::::::| ゙、:::::::::::::l / |:::::|
            〉:/:::::Y:::::::::::::::l::::::| \:::::::::`l  |イ´
            //|:::::::|::::::::::::::::`ヽ:|   \:::://´:|
           //:|:::::::|::::::::::::::::::::::`l    `フ':::::::::|
           //::l::::::::|::::::::::::::::::::::::::\  /:`ヽ;::::|







270名無しのやる夫だお:2009/10/29 (木) 21:36:12 ID:mX96fkes
ケンカ売りやがったwww







271名無しのやる夫だお:2009/10/29 (木) 21:36:16 ID:xoD0DwQo
ああ…やる夫それは言っちゃいけな…







272名無しのやる夫だお:2009/10/29 (木) 21:36:35 ID:hYTLL2mM
やりやがったw







273 ◆oLG9iWoh0E:2009/10/29(木) 21:37:13 ID:ybkPaR.w
             __
            -´   ``ヽ
          /::::::::::|::::::    `ヽ
         /:::\::::::::<● >   `ヽ
    ((   / <●>::::::::::⌒      )               「やる夫は試してもいないことを”無理だ”とか”ダメだ”とか
        |  ⌒(_人__)       ノ | |              .いう奴を信用しませんお。
        ヽ    )vvノ:      / ノノ               ありがたいアドバイスは通用しなかった後に思い出すことにしますお」
          ヽ (__ン       人
           ヽ          \

急に丁寧になったやる夫の言葉は皮肉に彩られている。

        / Y i l ' ハ、ノ l!    _z─ - _  /  ' /  ノj
       ト-,J i     ,、  l,z,-‐"´ ヽ、   フ/     '"´ |
     l`ヽl、,ヽ、 l   l ,/   /^ーz-ヽ  /,//z_,.- /  |!
     l   ヾ、 >   ノl l   ノ, '"二   ミ、         lノj
     l!   ゝ'" /、 l l /,-'/´。  f'  ヽ、 ,-‐ 、     l
      l!、 / ,ィ'ニ,_ , 《l l' イ _ -''"    l, lヽ_ ヽ    /
    ヽ ̄y /イ,-'フ-<, ヽl‐- '"        ∨ 〉 ゝ》   Z_   「てめえ・・・」
     ヾ/ /_ヽ ィ ゚ ノ              ,_ノ/   ∠ヽ、
      /'ヾ、 ̄ル/1ヽ  ,-‐- 、        l─<   て::::::::
         了'´  / k<,.-‐''":::::へ       l   ヽ  >:::::::::
         `ー-〈  ヽ-'::::::::::::,、::,ヘ      l    `/:::::::::::::
           ,-‐'ヽ  ヽ::::::::,;'   ヘ    /  l  /:::::::::::::::::
        ,.‐''" , -' ヽ  l _,z==ミシ  /     ∨:::::::::::::::::::
 ヽ、_,.-‐'"  /    ∧、'´,-‐-、  /      /::::::::::::::::::::::
  ヽ、     / _,-‐''"`/::::::ヽ    ∠,_      /:::::::::::::::::::::::::
     ~`'"ソ'"´ : : : : /:::::::::::::`ー‐'"::/ヽ`、 _..,-'/::::::::::::::::::::::::::::
      /: : : : : : : : /:::::::::::::::::::::::::::::/:::::::ゝ/;;;;;; /::::::::::::::::::::::::::::::
    / ,-‐, : : : : : /::::::::::::::::::::::::::::::::l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/::::::::::::::::::,.-‐'"´
    //;;;::::l : : : : /:::::::::::::::::::::::::::::::::::l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/::::::::::,.-'"
    〃;;::: l : : : /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;l:::::::/






275 ◆oLG9iWoh0E:2009/10/29(木) 21:37:35 ID:ybkPaR.w

/,. --- 、`ヽ三彡'" \ \ ヽミ、¨゙ーニ三三三ミ|: : : : :/ヽ: : l: : : : :/l: : : : :/
/ / ̄¨ヽ 〉ル=‐\. \ ヽ i ミ, ヽ }¨ー、三ミl:: :: : :/  ∨::i: : : ///: : :/
./,.--、ヾ、} ///、 \\_i_ヽヽ  ヽ {  ∨/l: : : : i l  /:: :: : :i /: : :/
// ̄ヽ/ ./</  \  ̄iミ、r─‐‐ ミ辷__  ∨l: : : : l l. /: ∧:: ::l./: : :/
. / _ ノ ./>/     \ ミヾ  -、_ヽ、   Vl: : : :l l i::: :::∧l彡 _/
  -‐ァ  _>、     | ミi   \r‐`ヽ`ヽ ゙i: : : l l }〃  /--‐'"i
ヽ r'" /,. -‐、_,.\   lヽ  i     \P ) \ ', l: : lミl:{、  ./三三ミハ
__) ゝ/: : :    _i    \\    -、. ゙<  ミ ! l: : lミミ: : :/: : :7、: : :ハ     「いいだろう・・・やってやんよ。表にでな」
.  /: : =-‐ ¨ー" f     ヽ、___  ヽ、`¨ヽ!: : l: :lミ三/三ミ { }: : :ハ     
_/¨´ _,. =-‐'"¨ー{     : : : :/   ` ー 、、: :ニ   ヽ:ト、三彡' > l:: : :ハ     
三_, ¨       ゝ、__:: :// ̄`ー、ミヾ´ ̄   rヾ彡/レ'´  l: : : : i
〃       /´,  _f ̄`ー'       ミ     l l\      l: : : : :l
|     _,./  ///              ヾ     l ! \     .l: : : : : l
|           //                  \       }: : : : : l
|      ,. -‐‐ァ"        /             \_    l: : : : : :l
ハ     /   /          i/`ヽ、             /    /:: : : :/
ミヽ_/  //           ゝ、 `ヽ、      ___/    .// / 
 ミ\ /               `ヽ、   \    {      //-'"     ※グラウンドで野球勝負するぜ的な意味です

       , ―――― 、
     /  _ノ ' ;、ヽ_ \
    /   ( ●)  (●) \
   /      (__人__)   )
   |      / | | | | |ゝ   ノ ,.、,_ ,..._                      「怪我明けに新人相手に無理することありませんお?」
   _ヽ、   、`ー―'´,)r‐ァ‐''"/ _/ >-‐ 、
  '/ / \     ̄ ̄ (゙\`マ -‐ト-.r '`';ーく__\
, '/  '、   ゞ  __ ,ィ ヽ \\ ,)/ ノ / ノ
/    `' ーァ、  ;;:/  / ̄iヽ `々゛  、   /
       | ヽ  ;ノ 〈  ',ヽ `、  :i ノ    |
       l  \    ヽ /, \l    ! /   |
       ヽ ,、 -〉  , --〉/⌒i'ハ    ;      ト、
   ;     |  \  /_ノi\l ',\ ヽ,    ! \







276 ◆oLG9iWoh0E:2009/10/29(木) 21:37:56 ID:ybkPaR.w
     ト、
.     | `ヽ、  ,..l-―''Z-‐''Z._,.-(  ___,
 .   ト、|  ヽ`く ト、 ´    ′ `´ ∠_.ィ
     | |   l ヽl `i         ´  ム_.ィ
    l. |    l  l i |::.............._        {
  '、ー-ゝ、l.  |i l l| l |l:::::::::::::::::`'ーz__     |
  ヽ.   ミ>‐ッ、|,ィ-‐ッへィ-‐''¨了:::::::ーz    ム
 、_ヽ、ミ/ /    / /,.--―、`'j::::::::ーz   了
  ヽ、 ̄7´, イニミ-、i l /-┘jニ..⌒` }:::::::<_   ノ                「ぶっ飛ばす!」
   ヽ/∠_ミヽ/⌒〉 l/''¨ス  pゝ  `'j::iへ、Z  ぐ   ト、
    //  .`ー}`フ  l `'''  ̄'''"   jリ ヘ }Z /^    | lヽ
   /    .| \  __       r'フ /了/     | .|::|
           l l ̄――v`i     「ーt'´::::/^     .} |::|
         ヽヽ ,.-‐-‐ー}    /|__,,..ルヘL__    ノ .|::|
          ヽ`、_,,,,,__ノ_,,. -‐'¨´ _,.,.,.,.,.,.,,ヽ  /  ノミl
        _,,..〉-‐'',ニ¨-―-、''"""      〈 /  /ミ/
    _,.-‐''¨ ,.-‐'¨フ´      `ヽ        ∨  /ミ/
   `'ー、  y′ /       ミへ.._       ヽ/ミ/
      `ーィ   ゝ,       ミく  人二ヽ     li/             ※ボールを遠くに飛ばす的な意味です

           ,, -──- 、._
        .-"´         \.
       :/    _ノ    ヽ、_ ヽ.:
        :/   o゚((●)) ((●))゚oヽ:
      :|       (__人__)    |:                     「お手柔らかにお願いしますお?
      :l        )  (      l:                      あと、怪我には気をつけてくださいお?」
      :` 、       `ー'     /:
       :, -‐ (_).        /
       :l_j_j_j と)丶─‐┬.''´
          :ヽ   :i |:
             :/  :⊂ノ|:







277名無しのやる夫だお:2009/10/29 (木) 21:38:09 ID:xoD0DwQo
カズマキレたw







278 ◆oLG9iWoh0E:2009/10/29(木) 21:38:18 ID:ybkPaR.w

やる夫に背を向けて歩き出す。
やる夫への評価を改めなければならない。

反骨のある奴ではなかった。あれはただの臍曲がりの聞かん坊-

そこでなんと無しに、振り返る。

       ____
     /⌒  ⌒\
   / <・>  <・> \
  /::::::⌒(__人__)⌒:::::\
  |     トェェェイ     |
  \    ヽニニソ    /

やる夫は、ニヤリと笑っていた。






280 ◆oLG9iWoh0E:2009/10/29(木) 21:38:51 ID:ybkPaR.w

:::::!:゙、  \ `ヽ、  /゙ ,  |/     | |:::.:.:;':.:.:.;:.:.;::;:.'":.;::':":´::,:'l
::: |::::ヽ    l、   Y゙   ゙ 、 |\     ||:::,:゙:.::;:':.:,:':.:;:.:.:.;::':.:.:::,:':,:'!     /
ヽ.|:::::::゙、  / \  ゙l``ヽ、 ゙、 |. \  | |::.:.:::.:;'.:.:/:.:,:':;゙::.:.;:.:.:,:゙:.:;.:'l.   //
ヽ、:::::::::ヘ∠,_ \ ゙l  -‐==,l、   \|/、:.:::.:,':::/:.,:'::/:.:.;:':::;:゙::;.:':::.:゙、./:::/
:::::;ゞ、::/__l__  ヽ'、   `\    _,ノ:::;:',::'":':.:/:.:,゙/::'"::.:.:::;::::;::'゙::::::/
:::/:::::::{ r‐‐‐、  ゙, ̄`` ー--==ニ二-‐'"i/ ,,.::'゙::,:::'゙:.:.;;::'"::;:';::':::::::::/
"|::::::__| .|| ̄`ヽ  ゙、  ヽ‐‐ヽ、  ゙l,    . '|::..:.:.__,,.::-''"_::,,.::'゙:::;:':::::::/
-'‐'" ノ |l__〉、 ヽ  ゙、   o\ ゙,   ! └‐‐=、;:‐-、''":::::,::'゙:_;:/
   `ヽ.|     \ ヽ、._`' ‐-、 ゙!lヽ、_ ,.'     `ヽ:::::l;:::::::::_,,.ノ-‐''/
.     /`ヽ、   /`''‐--ニ=- `  -‐       /:::://'"´::::::::/       (はめられた、か)
  , ‐''/   ``''‐-ー‐''"´        二==‐-、/::::/_,,..-‐''"´
'"    {     ,.r,‐t          / :, o`ヽ,`y゙::/-‐'"
      ゙i     ゙、`ヽ、         ) '、__,,. '//
      |     ヽ.._ `ヽ、   -‐'"      //
     |       `ヽ、 `ヽ.__       /、
.     |     `:::::::  `ヽ''"´    _,/|  \
      l           _,. -‐'''"´   l    \
'"´``''‐--ヽ.     ,,.、-‐'"        ゙、     ヽ
    __,, -ァ'`''‐--‐''゙::::::::::::......        ゙、    ゙,
-‐'゙ ̄-‐ィ'゙:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.......     ゙、    |

そう気付く。実際に勝負して、かつての打点王の上に行こうというのだ。あのやる夫とかいうやつは。

カズマは再度、やる夫の評価を変更した。







281名無しのやる夫だお:2009/10/29 (木) 21:39:07 ID:mX96fkes
これはうぜぇwww







282名無しのやる夫だお:2009/10/29 (木) 21:39:17 ID:xoD0DwQo
やる夫、勝負に持ち込むための策か







283 ◆oLG9iWoh0E:2009/10/29(木) 21:39:41 ID:ybkPaR.w

   ;;;;;..:;;;;:..::::..:.:::....;;;;ゞ;;;;ゝ
  ;;;;;;;.,.,;;;;.::..:;;;..::..:::..::::....;;k
   ヾW゛jリwj从゙iノ,゙゙                            
    .|;;;;..:;;;::゙ :: ゙|                              
    |.ii゙:;''゙;.;::;:; (;|.                              
   ,〈゙i゙゙゙, ; ii::゙,; ,.゙|从  . ..______,_______、______,,wviwviw:.. .. .__ . ..  
  ;:.ノヘヽ,.ル;nノ;;;l;;l;rw ~""''  ,,',          `,',,_ ',    
        ゙゙''   viw  ,,'、               `       ,',,_ ',
 Mw M从    ,.,vw _、-''      ゙゙''   
         ,,、-‐'' "                    '''""''  w M从
 ,,.、 '''""'' _、-'                        
    _、-'                 '''""''               
 ,,.、,,、''                                     '''""''







284 ◆oLG9iWoh0E:2009/10/29(木) 21:40:00 ID:ybkPaR.w

グラウンドにでると練習生たちが何事かと集まってきた。

爺さんも止めるつもりは無いらしいし、見物を追っ払う気も無いらしい。

思う存分凹ませろ。そういうことだろう。

   、  Vヘ1 ヘ1:::::::::::iト、::::/::::::::::/    \::::::::::::::::jj/ /::/ノ !     _,. -,
    \  1:::, 、::1::::::::::≧Y:::::::::::::/ / ,. -一 \::::::::::l_,.z≠1f ,」  ,.  ´   i
     \j::/:::::::::,.'y'´::l::::j::::::::/ ,. ' ´ ___,z__, '´!:::::::::!z=- ' Y_,. '´jソ ,. ´7  !
   \ー/:::,. ´::::!:::::::!:::l , / /,.  ´ /   _!:::::::l -‐ ! 7ソ √ ! / !  l
    j::/::::::/!:::::::::::j::::: !::j j !i i! rッ ´ -‐ ´ ̄ '、:::!   |  /   j     !
   /ノ::::::/:::::__z=タ::.:.:. リ ィ' __ ' ´__,  __ _、 !:::::iz ュ __/    f 71  /
  /:::::::::/::::::::::::::/>z__  - '´` '´z=≠z、    、 !::::j \- 、 ,     / /
 ./:::::::::::::,!、:::::::::::/ ̄,.>,.z,   ̄    ::: : :`  、  Lj:::/ _  `1 、` 、i   ./
 .!::::::::::::::i  ,::::::>-く `::/       : : :     ` ,!::j、 ` 、{ z、 ,.!   /
  ,::::::::::::::!  V´  ヽ! '´                  /:/ `  ,、  fミ1\/
   ,:::::::::::'.      f\                /´      \  |
   、::::::::::'.      7 i7    _  ,_     /     ` 、\ ノ1
    .\::::::' 、     \!__,. ´_,.  ´ ̄     /        },./ '
       \::::\      ! 〉 '´       /       /:: . /
        \:::' 、     Y -─一              /::.:' : /
         ` 、ヘ     、 : : :: : :           /:: ::,':: : :!
             \    '、            ,.  :´::. :.,/:.:. ;: j
              ,    !       ,.  ´:: ::.::,:':::/:: :: :./
                   ' ,   _,.  ´:::,. -‐ 、::::::::::::::: {
                   `ー─ '´    ,. \:::::::: !

好奇の視線を感じているのか、無視しているのか、やる夫は平然としている。
いや、むしろ、口元は緩んでいる。
       ____
     /_ノ   ヽ_\
   /( ●)( ●)\
  /::::::⌒(__人__)⌒::::: \
  |     (  (      |
  \     `ー'      /







285 ◆oLG9iWoh0E:2009/10/29(木) 21:40:22 ID:ybkPaR.w
キャッチャーの準備が整った。

   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |   ( ●)(●)
. |    (__人__)
  |     ` ⌒´ノ
.  |         }
.  ヽ        }
   ヽ     ノ
   .>    <
   |     |
    |     |

こちらとやる夫が頷くのをみて、
                        , ィーr―- 、
                       /ヽ l l  /ハ
                        l7⌒' ー' ⌒v|
                          〔リ ≧、l |,≦ 7|〕
          _ __ __    _   r ┐l 二,j |二 l:h
        _ / | 〈 |  〈 ⌒⌒{ ヒ」ーーーーー'イl|
        |、_)ー'⌒^ー'ァァーl    〉 レ勹ーーrーァーr′
     /´ ̄`Yーf⌒⌒二コニ|      ∠!ート--イ  ̄{__, -―- 、
     /,   /リークー'/  八  -―く  ー‐|  |ー一'/  /     \
    ノイ /|  / | ̄  ヘ   \ /⌒\ ̄_」 / / ̄ ̄ ̄      l
   〈 lイ  \/ /      V [lー}/  /⌒\    / ̄ ̄ ̄ 丶   /
   /}ノ \  Vl      |    |  /      ̄ ̄\_         /
  ,     \/|       /  [lー|  |          l\         /
  |     /´ 〉    _」   ハ  \         l  |     /,
  丶      /   / \  {  \_l             / V
     \_∠ -   ̄     ト \ ヽ \             /   /
                 l  ̄ |  |  ̄ \       /    /
                  l   |  |     ̄\__/    /
                   l  |  |                 |
                       〕  |  |             〔
                  く \j |          /こ寸
                     /\ \」____  -―イ /l ト、
                 /\ \_    ――  ̄/||し' 、\
                 /    ̄ト、_ ̄   / ̄  リ  |\ } |
                /      |  |   ̄ ̄       |l  |  | ノ
                /      |  |             |l  廴ノイ
                  l      |  |         jj  |「 |

審判の位置に爺さんがつき、開始を宣言した。







286 ◆oLG9iWoh0E:2009/10/29(木) 21:40:43 ID:ybkPaR.w

初球インローへスライダー。
見逃してワンストライク。

    \:::::::::::::::::::::::::::::::::::〃:::::::::::::::::::::::::::::::::> ノ |
  ト、:::::\::::::/:::::::::::::,ィ /::::::, -―-、:::::::/::/:::::,'
  ト、\::::://:::::::::///:::/       l //::::::ハ:_ ノ
  ヽ::::::::://,-‐/ //::/         lハiト、:,ヘヘ`ヽ、
   \,イハ/⌒メ、l /  〈 _zrニゝ从:ヽ:::\\::}>
  / ̄`7/ ハ(´ o >    ̄rtテ=ァ   ,'ヽト、::::ゝY   
 ヘヘ::::〈:{ l〃  ̄         ̄ ヽ ,'ノ /::/⌒ヽ!
     `ヽ、イ /     |    \  ,'‐ '/
  ,.-‐'´ ̄ ヽ         '         //ー‐- 、
/        \   (二ニニニヲ ,ィ'´      `ヽ、
         |\ ` ̄ ̄ ̄´ //
          ヽ \    / /
          l  `ー-‐'´   /

打てない球ではなかったが、コースが良かった。
無理に打ちに行くことも無いと思い、見逃した。

       ____
     /⌒  ⌒\
   /( ―)  (―)\
  /::::::⌒(__人__)⌒:::::\
  |             |
  \              /

それをやる夫はどうとらえたのだろうか。







287 ◆oLG9iWoh0E:2009/10/29(木) 21:41:06 ID:ybkPaR.w

2球目。同じコースに同じ球。
先ほどより、ほんの僅かだが高く浮いた。

:::::!:゙、  \ `ヽ、  /゙ ,  |/     | |:::.:.:;':.:.:.;:.:.;::;:.'":.;::':":´::,:'l
::: |::::ヽ    l、   Y゙   ゙ 、 |\     ||:::,:゙:.::;:':.:,:':.:;:.:.:.;::':.:.:::,:':,:'!     /
ヽ.|:::::::゙、  / \  ゙l``ヽ、 ゙、 |. \  | |::.:.:::.:;'.:.:/:.:,:':;゙::.:.;:.:.:,:゙:.:;.:'l.   //
ヽ、:::::::::ヘ∠,_ \ ゙l  -‐==,l、   \|/、:.:::.:,':::/:.,:'::/:.:.;:':::;:゙::;.:':::.:゙、./:::/
:::::;ゞ、::/__l__  ヽ'、   `\    _,ノ:::;:',::'":':.:/:.:,゙/::'"::.:.:::;::::;::'゙::::::/
:::/:::::::{ r‐‐‐、  ゙, ̄`` ー--==ニ二-‐'"i/ ,,.::'゙::,:::'゙:.:.;;::'"::;:';::':::::::::/
"|::::::__| .|| ̄`ヽ  ゙、  ヽ‐‐ヽ、  ゙l,    . '|::..:.:.__,,.::-''"_::,,.::'゙:::;:':::::::/
-'‐'" ノ |l__〉、 ヽ  ゙、   o\ ゙,   ! └‐‐=、;:‐-、''":::::,::'゙:_;:/
   `ヽ.|     \ ヽ、._`' ‐-、 ゙!lヽ、_ ,.'     `ヽ:::::l;:::::::::_,,.ノ-‐''/
.     /`ヽ、   /`''‐--ニ=- `  -‐       /:::://'"´::::::::/    -見逃すカズマではない-
  , ‐''/   ``''‐-ー‐''"´        二==‐-、/::::/_,,..-‐''"´
'"    {     ,.r,‐t          / :, o`ヽ,`y゙::/-‐'"
      ゙i     ゙、`ヽ、         ) '、__,,. '//
      |     ヽ.._ `ヽ、   -‐'"      //
     |       `ヽ、 `ヽ.__       /、
.     |     `:::::::  `ヽ''"´    _,/|  \
      l           _,. -‐'''"´   l    \
'"´``''‐--ヽ.     ,,.、-‐'"        ゙、     ヽ
    __,, -ァ'`''‐--‐''゙::::::::::::......        ゙、    ゙,
-‐'゙ ̄-‐ィ'゙:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.......     ゙、







288名無しのやる夫だお:2009/10/29 (木) 21:42:05 ID:hYTLL2mM
さりげなくやらない夫が







289 ◆oLG9iWoh0E:2009/10/29(木) 21:42:06 ID:ybkPaR.w
快音一閃。

                                                          `、\N\
────────────────────────────────────────→    >
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄7 /7/
                                                          //

矢が放たれたかの如く、一直線に進んだ打球は、
レフトポールの僅か左に突き刺さる。

        ____
      /  ノ  ヽ\
     /  (○)}liil{(○)
   /     (__人__) ヽ
   |       |!!il|l|   |
   \        lェェェl /
    /         ヽ
    しヽ        ト、ノ
      |    __    |
      !___ノ´  ヽ__丿

ファール。だけど鮮烈なファール。

打球を目で追いつつ、やる夫の顔色が変わった。







290 ◆oLG9iWoh0E:2009/10/29(木) 21:42:30 ID:ybkPaR.w

カズマはご満悦だ。
      <       /´   ヽ、ヽ、ヽ
     /´   、   ll ヽ ヽ
     ,/     lトリ|ヽ、 |        |
    //     lト 、 ヽヽヽ      l
  //    l | ヽ ヽ. \ \    l!   _/
  //〃l | l! l ! ,     〉l  \_,/ 二ノノ
 //    ! ! |  l l  〃 |、〃  /,イヒン ミ
.〈〈     | |l l  l  l |! ヽ》  〃 `ー'´/、  //
 ヽ\ヽ lヽト ヽ l| l| |! l  ソ // ー-‐'´   /'       「なんだ、まだまだやれそうだな俺も」
   \ン〉  ヽ ヽヽ | リ ヽ-‐'"  `ヾ、
    /    \二_ へゝ十‐-      !
    〈 \ ヽ\_二ー- ノ         /|
      ヽ、 ヽ  ヽ、`ヽ、 ̄ 、_     _/ /
      \ヽ、_二ニ=-‐  -=二-‐ノ
        `ー=ニ二_ヽ、   ー- ̄    /
            彡     ミ`ヽ、     /
           /// l |、\   `ー-‐'´
          // / | l ヽ
           / /  l

この程度の投球ならいつでも仕留められる。
ツーストライクを取られた焦りは無かった。







291 ◆oLG9iWoh0E:2009/10/29(木) 21:42:51 ID:ybkPaR.w
            ____
         :/    \:
        :/ _ノ iiiii \. \
       /  (○)  (○)  \
      : |    (__人__)    |:
        \   ` ⌒´   /
        / ⌒ /⌒Y⌒ヽ ヽ
       :|  \|  .i  イ |
        |\ /   人  .\!
        |  \___/  \__/:
         |        /
         |         /

マウンド上でやる夫は竦んでいる様に見えた-

が。







292名無しのやる夫だお:2009/10/29 (木) 21:43:05 ID:xoD0DwQo
やらない夫影薄い登場だなw







293 ◆oLG9iWoh0E:2009/10/29(木) 21:43:12 ID:ybkPaR.w

やる夫の表情が、何かを決意したように変わったのを、カズマは見逃さなかった。

       ____
     /⌒三 ⌒\
   /( ○)三(○)\
  /::::::⌒(__人__)⌒:::::\
  |     |r┬-|     |
  \      `ー'´     /







294 ◆oLG9iWoh0E:2009/10/29(木) 21:44:23 ID:ybkPaR.w

3球目。ストレート。 

    、     ,.   / _/{         /    /
     l゙、   ,/{  ,.r'i r":::/ /   ,.r   /    /     /
     ノ:::`、∧l:::゙、i"::::|/:":レ'"l、-''""/  /   /    /
    {:::::::、:::::::::∧'"゙`::::::::"::::{:::::::::::ノ     /   /
  ヽ、 ゙、:::/ヘ/:::゙、:::r"゙ヽ、::::::::,","/‐ニ="´     /
 __l゙=vニ-‐"~゙i、::゙,:::/:::::`ヽ‐-、_r、/-、    /
 ゙、:::::<,-‐''"~、 ゙'‐-=彡ゝ、_::::::::,.-''l    `''‐-、___,,.
  ):::::| ノ''''‐、 ,.〃-‐'''‐=、ヽ‐'゙'ゝ !、‐-、 _、-‐'''"´ 
  〈:::r' "-‐‐'/,゙i、 _,.-‐-、ミ ゙、ノl  |\ >ニ=‐''" 
  l/ 〃 ,.-‐   '、 ゙、 (・) }::::::/゙,〈  ゙、  ゙i、
  ,i"〃 r'"゙゙'ヽ,  ヽ `'‐-'::i、./::j `ヽ、ヽ  ヽ、_,.
..y'i.   ノ" ̄`、l   ゙、=‐-''" ゙}:::l ヽ  `ヽ r‐''"
〈, i / i'::::::::::;;;;/    `‐'" r'‐、゙、 ゙、,.、‐'"
/゙l/  /、:::::::::;/  // / /ra } ヽ, \__
:::::'i/ ゙'‐、__r" ι   /="/゙ 、 `ヽ'/
,.r"l  `'‐   ι    /、__,,./   ヽ , '"
  !       __,,,,...ノ ゙i、,__゙‐、 ,.、‐'"
 / ゙'''-r==‐'''"/ / ./}''" |   ̄
‐'   l | | / / / l j ヽ、
"~゙> /  / /r''‐''" `'-‐''"`゙゙

コースは、顔面スレスレのインハイ。

倒れこみながら体をそらしたカズマをみて、爺さんの顔色が変わる。

::::ヽ、;::;:;:;:;:;:;:;:;:, ...:'´.::::::::::::::`ヽ、.:::::::::::::::   |
;:;:;:::ゝ;::;:;:;:;:;:;/.:::::::::::::::::::::::::::::: \.:::::::::::. i |
;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::. `ヽ、.:::::  l |
;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;::|::::::::::::::::::::::::::::::::::、--==`、,  ,,,l |
;:;:;:;:;:;:;:;:;:゙;:;:;; |::::::::::::::::::::::::::::'.:::::`..  (/”="_/
;:;:;:;:;:;:;:;:;:  :;: |:::::::::::::::::::::::::::::   `-'´;::"~:. i
;:;:;:;:;:;:;:;:;:;  ;: |:;:;:::::::::::::::::::::::.   '´.:::::::::::. |
;:;:;:;:;:;:;: ::;  l; |:;:;:,::::::::::::::::::::''   ..::::::::::::::::::.. |
;:;:;:;:;:;:;: ;  |V:;:;:;::::::::::::::::''   ..:::::::::::::::::::::. |
;:;:!i:;:;:;: '  l:::::;:;:''::::::::::::'....::::::::::::::::::/´::::::::::::.  |
;:;:!i:;::;:;  i |:,:;:;'':::::::::::::::::::''iiilll|l|ll|llll|liiii,,:::::::::. |
;:;: ;:;:;:;:  /i!::;:;:::::::::::::::::,,iiiiiiillll|ll||ll||ll||l|lllllii-- '´
;:;:;:;:;:;:;! /::::::::::::::::::::::::i:::::::::::::::::::::::: l゙゙゙゙゙゙゛゛
..:;:;:;:;:;:i /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::''/
ヽ:;:;:;:;:!/i,,、:::::::::::::::::::::::::::::::::::.' |
:::::ヽ;:/i||iiiii,,::::::::::::::::::::::::::::::::::. |

練習生からもどよめきが上がる。







295 ◆oLG9iWoh0E:2009/10/29(木) 21:44:54 ID:ybkPaR.w
                         ,,,,,
                      .,--s'~ ~l
                     ./'ヽ |::;';::::!∧
                    | |  ^';'''".|;:;|
                    / ./Vヽr-,7-w       「---------!!」
                   ./ ./  );;'-';-i"
                  /,.,イ ;-'^ヽ;;;--!,,,,,,__
                   V /'" ;;;;;;;;:::::::::::::::::~~"ヽ
                ,,,,,-|. |,,i-'"  """~''-/ lノ
               ,-'~ ,.-'| .|       ::丿 /
             / /  |,,,ヽ      / ,ノ
            .::ゝ,ノ   ||.|.レ    /"';ノ
                  .^~~    "''-,,"'i
                           ~~

::::ヽ、;::;:;:;:;:;:;:;:;:, ...:'´.::::::::::::::`ヽ、.:::::::::::::::   |
;:;:;:::ゝ;::;:;:;:;:;:;/.:::::::::::::::::::::::::::::: \.:::::u:::. i |
;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::. `ヽ、.:::::  l |
;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;::|::::::::::::::::::::::::::::::::::、--==`、,  ,,,l |
;:;:;:;:;:;:;:;:;:゙;:;:;; |::::::::::::::u:::::::::::'.:::::`..  (/”="_/
;:;:;:;:;:;:;:;:;:  :;: |:::::::::::::::::::::::::::::   `-'´;::"~:. i
;:;:;:;:;:;:;:;:;:;  ;: |:;:;:::::::::::::::::::::::.   '´.:::::::::::. |          「カズ マ!?」
;:;:;:;:;:;:;: ::;  l; |:;:;:,::::::::::::::::::::''   ..::::::::::::::::::.. |
;:;:;:;:;:;:;: ;  |V:;:;:;::::::::::::::::''   ..:::::::::::::::::::::. |
;:;:!i:;:;:;: '  l:::::;:;:''::::::::::::'....::::::::::::::::::/´::::::::::::.  |
;:;:!i:;::;:;  i |:,:;:;'':::::::::::::::::::''iiilll|l|ll|llll|liiii,,:::::::::. |
;:;: ;:;:;:;:  /i!::;:;:::::::::::::::::,,iiiiiiillll|ll||ll||ll||l|lllllii-- '´
;:;:;:;:;:;:;! /::::::::::::::::::::::::i:::::::::::::::::::::::: l゙゙゙゙゙゙゛゛
..:;:;:;:;:;:i /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::''/
ヽ:;:;:;:;:!/i,,、:::::::::::::::::::::::::::::::::::.' |
:::::ヽ;:/i||iiiii,,::::::::::::::::::::::::::::::::::. |







296 ◆oLG9iWoh0E:2009/10/29(木) 21:45:19 ID:ybkPaR.w

我知らず、口元が歪む。

:::::/::::|  i "''---、      ノ> ヽ\ヽ,≡ /:::::/
:::::|:::::/            ´ `;;;,, ヽil|.}\/::/≡≡≡
:::/::λ    `,―--、___二_,,  V≡ヽ/≡≡≡
/:::::{〃     ''-,,---- -   --(  i≡≡≡
:::::::ヽdi     ''- 二二二二二"  i≡
::::::::::::::ヽ        :::::::::::::::   /≡≡
::::::::::ノ   `'-,,      _,,---、 i≡≡≡
 ̄    "''---、,,,ー-,,  :::::::::::: i≡≡≡≡
ヽ      --=三三三i"'-----"≡≡≡≡≡≡
 ヽ          三|__,,--、____/\≡≡≡≡≡≡

視界に、帽子を被りっぱなしのやる夫が見えた。

       ____
     /⌒三 ⌒\
   /( ○)三(○)\
  /::::::⌒(__人__)⌒:::::\
  |     |r┬-|     |
  \      `ー'´     /


.~"'''''' '"................................................;'  ,.-'"
................................................................'.:::'."     ,::'  ,.:'
.................................................   ,:: ''''''''''''''' ::.;'.....'::::'::'          ;:'
............................................'   /   .__   ''''''''''''''::;;;,,       ,;;,
..........................................;'_,,./  .,ィ''''"ー'- 、       '''::;;;,,;;,,,,..::''""""''''::;;
.::' ..........: '",''--,、......:'  llヽ / ,.、 l!  l .lヽ
 /.....:'   / l '::'  l l l/}ミ 、 ヽ、__,,.-iノo、             / ̄
./;.....'  /    ;   l llヾl '~ 。、,__/ `9o     _,,. -―ー/ア'
 ...' ,/         l ll l lィー、' l_ ゚'/l -ー'''ー-y'''"      l
、: ̄           l ll lリヾニフテ'、 l     /        l     「こ、この勝負、中止に!」
ヽ            / l llヽ `ーi'ノl ヽ! ヽ  /           __
 \         ,/ /;'/二o ̄l      ヽ  /     _,. ー'
   `丶 、_,,... -''"/  // l ̄P        ヽ,./―--ー''"
        `ー/  /  l l   _     l   8
        / //ヽ  / / ―  ―  ―'/    8
      /  ///  ―〉 〉  ̄       l      9o
    /   / /   ― l l         l        ∞∞∞ .リ
  /   /l        l l         l             9ゝ
 ̄__/   l       l l        /







297 ◆oLG9iWoh0E:2009/10/29(木) 21:45:46 ID:ybkPaR.w

 λ |\),、  lヽ、/ | /"i、 ./i≡≡≡≡≡≡
 )ヽ、ヽ::`''-,, |::::ヽ,(ノ:::::(/::(__ノ|≡≡≡
`i:::::::::::\::::::::\:::::::\::\:::;;;;;;;;;;;:ノ≡≡≡
 )\:::::ノ;;;;Wヽ__ノ ヽ::::):::::::::::::"''-、≡≡≡
:::::::::::::;;;;;;;::::::::::::"''-i--'"::}'/:::;;;;;;;::::::::;;;;;二= =、≡≡≡    ∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧
::::::::/:::::\---" ̄"ヽ''-/::::::"''<__≡≡≡       <                      >
:::::/:::::::::/ ,  :::::::::::::::::::: 、\::::::::;;;;;;;;;;;;"''---、≡≡≡   <  しね―――――――よ!!   >
/::::::ノ   ヽ, ヽ''''''ヽ  |::: \/::∠___"''-、::::ヽ≡≡≡  <  はははははははははは!!  >
|::::::::{     \,,__ 、ヽ .i ,,ノ .}::::::::::/≡≡ヽ::::|≡≡≡ <                      >
:::::::://|   -'''''iッ=、'ー- ノ_, 。-、|:::::/≡≡≡}::::}≡      ∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨
:::::::i:::/  _二二---ヾ 'ー-ー- .v_≡≡≡ /::::|≡
:::::/::::|  i "''---、      ノ> ヽ\ヽ,≡ /:::::/
:::::|:::::/            ´ `;;;,, ヽil|.}\/::/≡≡≡
:::/::λ    `,―--、___二_,,  V≡ヽ/≡≡≡
/:::::{〃     ''-,,---- -   --(  i≡≡≡
:::::::ヽdi     ''- 二二二二二"  i≡
::::::::::::::ヽ        :::::::::::::::   /≡≡
::::::::::ノ   `'-,,      _,,---、 i≡≡≡
 ̄    "''---、,,,ー-,,  :::::::::::: i≡≡≡≡
ヽ      --=三三三i"'-----"≡≡≡≡≡≡
 ヽ          三|__,,--、____/\≡≡≡≡≡≡

本物だ!
久しぶりに本物が来た!

本物の負けず嫌い。
勝負に勝つためには何の遠慮もしない男。

その証拠にあの顔を見ろ!

       ____
     /     \
   /_ノ  ヽ、_   \
  /(●)三(●))   .\              「さっさと立ち上がれ。勝負はまだ終わっていない」
  |   (__人__)      |
  \ ヽ|r┬-| /   /
  /   `ー'´      \

顔に口に出してない言葉が張り付いているじゃないか!







298 ◆oLG9iWoh0E:2009/10/29(木) 21:46:52 ID:ybkPaR.w

怪我明けの相手だとか、先輩だとか、これが何も賭かっていないどうでもいい勝負だとかは関係ないのだ。
どんな時でも絶対に相手に負けたくないのだ!

        ____
      /      \
     / ヽ、   _ノ \
   /   (●)  (●)   \ 
   |      (__人__)     |
   \     ` ⌒´     /ヽ
    /              \
    (  ヽγ⌒)        ヘ   \
    \__/


面白い。楽しすぎる!

:;:::::;:::::::::;:'::,:':::::,r‐=--、::::::::```'''''''‐‐-‐''゙;、/
::i:: :';:::::,':::/:::/  ノ゙、:::`''‐-‐i'"`゙`ヽ, ::::::::::!
r、::、',::,'::/  l  /  ヽ:::::/l;;;;;;::〃:::', :::::::::l
 ゙、.l;l;l;l l / ,,l  _,-'''゙Xr/ l::、:::::;r''"゙, ::::::::!
:: ;;l;;l;.l;l: l /´  ll   _ニ-.l:::lヽ'   l :::::::l
゙l:::::/l /:::/   ,r''   /  /:::j__,./  ! :::::l
::l::::l l j::/ ,./´ _,.=‐',r ノ /:::r''"/   l::::::::!
 l l l /:r'ノ ,.-。=ァ''"// V:::r、::::/   l::::::::l
ヽ_}jノ/‐'," ` ´__//   V/ `'"    !::::::;'
ゞ、='〃へ `" ̄ _,,´_,,,..-ァ、_/!    /:::::/
::::::l l ´ `'‐、‐=、__  ノ/:;_,.-'    /:/         「本気でいくぜ、やる夫おおおおお!」
:::::::l l:     '‐-┐`´/::::`ァ   /´
::::::::l ! ,.      !、/l::;r'´   /
 \!l/    / / l/ '"
  _,.、-‐''"´l 、.,/       
‐''" __,,,,_ / /!
`'-'" _,.,_`´.イ/|
`''‐'"   `´//  l゙、
y、     //  l }!
\ヽ-‐''"//  /' l
  `-‐''''"´  / l

この瞬間にカズマも、相手が二軍以下のピッチャーだとか、寒いから無理をしたくないとか、自分が怪我明けだとか、
余計な思惑がすっ飛んだ。







299名無しのやる夫だお:2009/10/29 (木) 21:47:00 ID:xoD0DwQo
負けん気強いってレベルじゃねえよw







300 ◆oLG9iWoh0E:2009/10/29(木) 21:48:20 ID:ybkPaR.w
4球目-
            ____                      
           /     \                     
         /  ' "\ , 、/゙\             
       /   ( ◯)ヾ'(〇)ヽ            
       |  ij "⌒(__人__)⌒゙l           '    : `      
       \      `i ヾ/´ /            '、   ノヾ     '  
     γ⌒        ⌒` ̄ ̄二─=三───)ヽ/   ヽ、ノ|ノ´ 
    /                _≡三______'r       r`, 
   /           , ' ´ ̄       =三 ̄  )      ('`   
  (_/         /                  、 `⌒`Y`⌒`',.  
   /          /                          ,
 /          /                        
                                   

外、カーブ。

インハイ直球で仰け反らせた後の、外のゆるい球。
セオリー通りだが、最も効果的な配球。

-だけど-

  ‐--、 l ̄l、-、   ┻     /| //ソ//ソ/ ヽ| l ヽ--、、___    /|    //
  l   l l  ll l    ゞ6   ノ /ソ// / //l⌒ヽノソン\   ヽ 二白ケ/ /
   l   l l  ll__l 大      <ソ/〆/ノ/' / /  l / ,  人人ト\  ノ 方入   |
 ∂ |  l |/      人    ソ'`┘'/、| ├-/ヽ人ト/ / ノノ,ヽ`   千ナl    >
    l   ヽ--──ヽ        ゝ,_`ヽ\| |  ゝ、___,,、‐''` /ヽ  里/ |   |
♀   l      __,,,,___ゝ ヾ     ` ヽ_//|\ヽ、ノンヘノソノ   / ヽ    の     |
λ η l  l ̄ ̄         〆  `   ∧ レ入ノヽノ フ / ノ )    ノ \   (
  '   l   l   /⌒、"ヽ      γ   | | ノ-‐'''二二ノノ /  |  /    ヽ  |
      l  l  ヽ/⌒、 人   η   π ヽ/ /''" ̄/ ̄ノ' ♀ ノ     /    |
  〆   l_l ゝ/⌒ヽ )ノヽ,     ヽο、 |/< | // // β   ヽ   ノ|    |
   \●_  (ゝ/ヽ、)ヽゝヘ,,__  ハ   ( ヘ//へ/''ヘ、__|   ‐─┐l l (
    ■    ヽゝへ)ヘヘ) _ヽ,ヽ`'ー-、,_ノ人/ヽ⌒ノ )ヽ、,__,, |    ノ    ゝ
   //   大  </く ゝ人   `ヽ┌-、|(/( ⌒// ヘ, Λ Λ  |    |  |    |
               |ヽノ ヽ ヽイ ̄" `ヽソノノ___ヽl __■   |     ノ     |
      _,--、●/   ,-、 l‐lヽ|\`'ヽ /ヽ/ノ\____| ヽ ●/ | |     ツ    |
     |   |■    l__| |_|  ヽ ゝ '"‐/‐-'-,,ヘ==ゝ l/   | |     |      |
 廿    |   l-‐‐ ̄|"--‐=""|`|---/ -、,‐-ゝ   /    / |     | ̄    ヽ
   ┌-‐`  __  |---\二  二二|------ /     /   ノ     ×   (
    ヽ-‐┐ |   |  |‐'''" / /| |     __  |   /ヽ \ ヽ | ∩ ∩ ∩ (
      // |  | ̄ |  |  / / | |_,,,...‐‐''" "''|  / \   ヽ/ | ∪ ∪ ∪  |
  &/ ノ  |___|  /|/__,,ー--' ""|_|   人ζ◎|/\   ヽ //   ∨   ヽ\

ボール球になるとみたが、カズマは構わず踏み込んだ。







301 ◆oLG9iWoh0E:2009/10/29(木) 21:49:05 ID:ybkPaR.w

快音は無かった。
むしろバットが潰される、耳障りな音がした。

しかし、今度の打球はレフトスタンドに飛び込んでいった。
技術とかではない。力押しである。

ヽ、:::::\l::ヽ、 /:::::::::::ヽ|ヽ/::::::|
ヽ|::::::::::::::::::::::\L:::::::::::::::::::::::::::::::|  /|
:::::::::::::::::::::::::::::::::/::::/\::::::::::::::::::::| /::::l     /i
:::::__:::::::::::::::::::::/::::::::::\:::::::::::::ヽ|::::::l   /::::|
::::\   ̄ヽ::::::::/::::::::::::::::::::>::::::::::::::::::ヽ、  /::::::|
::::::::/,'::::::::::::::::::::/:::::::::::::::: //|:::::::::::::::::::::ヽ/:::::::/
::::::::::::::::::iヽ、:::::l:::::::::::/i::::|i |:::::::::::::\:::::::::::::::::::|
::::::::::::::::::| ,、\::|::::::/,、, l|::::|l`::::::::::::::::::|::::::::::::::::ヽ、
:::::::::::::<´|/ \\/ 川ヾ, ,、::::::::::::::::::::/::::/\::::/
:::::::::∠ `  /`ヘヽ、゙  ´i/|::::::::::::::://:::::::::::::\
:::::::/    /::::/ ヾ |;:;: ;:;:;::|/i::::::::∠―- 、__:::::::::::\
::::ヾ    ==-、ヽ、i | ゙'ヽ、;:;:;ヾ-ヽ、,、-i:::::::::::\::::::::::::/
/    / ,ヾ、 `い,ゞ、、 ヾ ゙:;:;;゙' ,;:;:;:::|:::::::::::::::|`ー、'
     // .,,.` ー-ヽヾ.、 :l ゙:; ,,::;:____|::::::::::::::∧:::::|
     // ";::゙"' ,;:;:; `゙"/_∠_,//i/::::/\/ |:::::|     「俺の、勝ちだ!」
    |/     ;:"'    i<_ ゙゙' ブ _j--' /_   |:::::|
    ||          ヽ、 ̄ /:,-、::::::::/  |:::::|
    ||ヽ、          〉 /::_:フ `-´   ノ:::ノ
    || i\       - / /(´_/     / /
     | ヽ、 `ヽ、__   ヽ' /:::::::/    / /   
     ヽ ,.,., ` 、__二T´  /'\/___//
      "゙;;::;::;;:;:.    /     ̄ ̄ ´
\     ;:''"'""'"  /  '/彡
  \        /     三'
  /\      /      =三
/   `ーーー'  ,,    ミ二==
            "川 l|ミ\ヽ\

           ____
         /:::     \
       /::::::::::     \
      /::::::::::         \
     |:::::::::::::::         |
    /⌒:::::::::      ⌒ヽ/
  ;/::::::::::::            \;
  ;/::::::::::::::          \ ヽ;

やる夫は顔をこちらに向けない。







302 ◆oLG9iWoh0E:2009/10/29(木) 21:50:49 ID:ybkPaR.w

立ちすくむやる夫に一声掛けようと、マウンドに歩み寄る。
                     , 、     ,.、
             _ ,. ヘ/:: ::\,ィ´:: :\
        ,..   ´:: :: :: :: :\:: :: :: :: :: :: :: ゝ'´
        / :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: ::`丶:: :,、:: :: ::.!
      / :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: ' 、
       !:: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: ::∧ヘ:: :、\
       !:: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: 1、:: :: ::ノ__〆j:: ::> `
        |:: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: : 小1:: :: !ヾ j斗:/
        |:: :: :: :: :: :: :: /:: :: :: :/_弍\:: '. /,イ'{
      !:: :: :: :: :: :: _{:: :: ::!:: ! r,ッ`,\! ゙´ | 
       、:: :: :: ::/r=丶:: :ド、ヽー ´   ー,〉
       '.:: :: :: ::ヾィ ヘ`ゞ、 `      '1 r-'⌒!
          \:: :: ::!:: >'ヘ、[_]   マzソ/'└、_,.ノ
           `1ヘド、|\(_>r==-  .,_/ ̄`丶、
             `   |、__ _,.イ \\ヘ   i
                jト、__,.r≠ヾ\'.X! |1  ト、
                  /   ,. `__ ,、_ イ ! |1| i ! \
                ,イ、  ' / フ'´  !1 N1 \  ヘ
            _/ヘ',\,/  /    | ! |1 N  \  i
          />ヘヘ'. \       |! | |1   !  !

       ____
     /:::     \
   /::::::::::     \
  /::::::::::         \
  |:::::::::::::::         |
  \::::::::::::::       /ヽ
   /:::::::::        くゝ  )
  ;|::::::::::::          / ;
  ;|::::::::::::::       イ ;

やる夫が、ゆっくりと顔を向ける。







303 ◆oLG9iWoh0E:2009/10/29(木) 21:51:23 ID:ybkPaR.w
         ____
       /   u \
      /  \    /\
    /  し (○)  (○) \                   「もう1回だお・・・」
     | ∪    (__人__)  J |
    \  u   `⌒´   /

      /       :::::::::::::....:::::  `ヽ
     /    、 ヽ  :::::::::::::::::::      、
   /    〃::l:.:.:.:}:! ::/⌒ヽ:..!.     ',
    |     |:.:.:ノ:.:./:.|::〃,.-‐‐-|:.|:.:i    ',
    |l  :ト li:::ムィイト、|/ '´ _、ヽ|.:.|::|:i:.   ',
    ハ! :!::::lレ1T7  l|  〈´ }b7ト、|::|:|::::::ト、
    |ト、:l::::ハ イ⌒b     -一'   |リソ7wト、
     lハ:|::::|:ト ー'            レ /:!|             「へっ?」
     リヽト|     〈       ヽ  /,ィl:::|:!
          `、    r‐ ニ三ヲ  ,イ〈:l|ト::lァ-、
          \  ` ̄     / | ヘ!y'  \
             `ヽ、 ´ ` /  ノ /    /ー-、
              >‐<、   /   /
         ,. -―ィ'´    | /   /
     , '´   /     レ′  /        /
    /    /      /    /\     , イ
   /l   /      /    /、   `ー--‐' /
  /:.:.:.|  ∠..,,     /       l ト、         /
  | :.:.:.|    `ヽ   /      | / ヽ     l
 ノ:.:.:.:.|      〉./         l'  /|      ヽ







304 ◆oLG9iWoh0E:2009/10/29(木) 21:51:41 ID:ybkPaR.w
      ____
    /:::::::::  u\
   /ノ└ \,三_ノ\   ,∩__
 /:::::⌒( ●)三(●)\ fつuu
 |::::::::::::::::⌒(__人__)⌒ | |   |                   「も・・・もう1回勝負だお!」
 \:::::::::   ` ⌒´   ,/_ |   |
   ヽ           i    丿
  /(⌒)        / ̄ ̄´
 / /       /

 λ |\),、  lヽ、/ | /"i、 ./i≡≡≡≡≡≡
 )ヽ、ヽ::`''-,, |::::ヽ,(ノ:::::(/::(__ノ|≡≡≡
`i:::::::::::\::::::::\:::::::\::\:::;;;;;;;;;;;:ノ≡≡≡
 )\:::::ノ;;;;Wヽ__ノ ヽ::::):::::::::::::"''-、≡≡≡
:::::::::::::;;;;;;;::::::::::::"''-i--'"::}'/:::;;;;;;;::::::::;;;;;二= =、≡≡≡    ∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧
::::::::/:::::\---" ̄"ヽ''-/::::::"''<__≡≡≡       <                      >
:::::/:::::::::/ ,  :::::::::::::::::::: 、\::::::::;;;;;;;;;;;;"''---、≡≡≡   <  しね―――――――よ!!   >
/::::::ノ   ヽ, ヽ''''''ヽ  |::: \/::∠___"''-、::::ヽ≡≡≡  <  はははははははははは!!  >
|::::::::{     \,,__ 、ヽ .i ,,ノ .}::::::::::/≡≡ヽ::::|≡≡≡ <                      >
:::::::://|   -'''''iッ=、'ー- ノ_, 。-、|:::::/≡≡≡}::::}≡      ∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨
:::::::i:::/  _二二---ヾ 'ー-ー- .v_≡≡≡ /::::|≡
:::::/::::|  i "''---、      ノ> ヽ\ヽ,≡ /:::::/
:::::|:::::/            ´ `;;;,, ヽil|.}\/::/≡≡≡
:::/::λ    `,―--、___二_,,  V≡ヽ/≡≡≡
/:::::{〃     ''-,,---- -   --(  i≡≡≡
:::::::ヽdi     ''- 二二二二二"  i≡
::::::::::::::ヽ        :::::::::::::::   /≡≡
::::::::::ノ   `'-,,      _,,---、 i≡≡≡
 ̄    "''---、,,,ー-,,  :::::::::::: i≡≡≡≡
ヽ      --=三三三i"'-----"≡≡≡≡≡≡
 ヽ          三|__,,--、____/\≡≡≡≡≡≡

やばい。楽しい。超楽しい。コイツは最高だ。







305 ◆oLG9iWoh0E:2009/10/29(木) 21:52:08 ID:ybkPaR.w

やる、やらないで言い合いを続けていると、爺さんが呆れたように歩いてきた。
目線で俺に外せと言いながら、やる夫に向かって声を掛ける。

          ,. ‐==:┬┬ .、
          ,イミ∠⌒ヽ_⊥∠}
        /三V >、 、,  j.
        r=三〈  `ー゚` l L..=〉
       ,仆、j川    ._| 「゚-j
       ,tノ`i | |l  仁二`-' 、/                   「やる夫、解ったか?」
   _   tノ リ| | |    ー- `"ハ
ー-< `ー- 、 ,/レ'^_:、j    } /l_j.
ヽ、.:\: : :  ̄`ー二_ `rー-r┘
‐- 、.:..:.:.:.:.:ー-.:.:.:.  ` ┴-、|7
 r‐―‐ 、.::.:.:.:ヽ       `ー¬
/   r一爿.:.:.:.  \ ー‐- .__」_
ヽ/ r―┴ 、.:.:.:... `ー        \ _
.(_,>人__,.―^ー-、__,..  _.. > 、___,.... - ヽ

       ____
     /     \
   /_ノ  ヽ、_   \
  /(●)三(●))   .\                      「今大事な話中だお。後にしてくれお?」
  |   (__人__)      |
  \ ヽ|r┬-| /   /
  /   `ー'´      \

やる夫の言い草に、カズマは吹き出してしまう。







306 ◆oLG9iWoh0E:2009/10/29(木) 21:52:29 ID:ybkPaR.w

      _ ノ ̄ ̄`ヽ、―ニ 二
     / / ´`ヽ _  三,:三ー二
   / ノヽ--/ ̄ ,    ` ̄ ̄ ̄
  /  }  ...|  /!
 |   _}`ー‐し'ゝL
 \  _,:ヘr--‐‐'´}    ;ー------
 /  ノ`ヾ:::-‐'ーr‐'"==-

          ,. ‐==:┬┬ .、
          ,イミ∠⌒ヽ_⊥∠}
        /三V >、 、,  j.
        r=三〈  `ー゚` l L..=〉
       ,仆、j川    ._| 「゚-j
       ,tノ`i | |l  仁二`-' 、/                   「やる夫、解ったか?」
   _   tノ リ| | |    ー- `"ハ
ー-< `ー- 、 ,/レ'^_:、j    } /l_j.
ヽ、.:\: : :  ̄`ー二_ `rー-r┘
‐- 、.:..:.:.:.:.:ー-.:.:.:.  ` ┴-、|7
 r‐―‐ 、.::.:.:.:ヽ       `ー¬
/   r一爿.:.:.:.  \ ー‐- .__」_
ヽ/ r―┴ 、.:.:.:... `ー        \ _
.(_,>人__,.―^ー-、__,..  _.. > 、___,.... - ヽ

       ____
     /      \
   /  ヽ  ノ    \
  /     米     \                      「何が・・・ですかお?」
  |     ノ  ヽ     |
  \             /







307 ◆oLG9iWoh0E:2009/10/29(木) 21:52:46 ID:ybkPaR.w

爺さんの声が真剣味を帯びる

          ,. ‐==:┬┬ .、
          ,イミ∠⌒ヽ_⊥∠}
        /三V >、 、,  j.
        r=三〈  `ー゚` l L..=〉
       ,仆、j川    ._| 「゚-j
       ,tノ`i | |l  仁二`-' 、/                   「お前の球が、何一つプロで通用しないということが、だ-」
   _   tノ リ| | |    ー- `"ハ
ー-< `ー- 、 ,/レ'^_:、j    } /l_j.
ヽ、.:\: : :  ̄`ー二_ `rー-r┘
‐- 、.:..:.:.:.:.:ー-.:.:.:.  ` ┴-、|7
 r‐―‐ 、.::.:.:.:ヽ       `ー¬
/   r一爿.:.:.:.  \ ー‐- .__」_
ヽ/ r―┴ 、.:.:.:... `ー        \ _
.(_,>人__,.―^ー-、__,..  _.. > 、___,.... - ヽ

           ____
         /      \
        / ─    ─ \
      /   (●)  (●)  \
      |      (__人__)     |
      \     ` ⌒´   ,/
      /     ー‐    \

やる夫の顔から表情が消えた。







308 ◆oLG9iWoh0E:2009/10/29(木) 21:53:12 ID:ybkPaR.w

                       __,.ァァ ー-- ._
.                     r:i´:.:.:/:,'.:.:.:.:.:.:.__> 、
                     ノ:.j:.:.:.:|/:.:.:.:.://_____ヽ.-、
.                     |:j'´ヽ∠.-‐''¨´ ̄   ヽ.___, ヘノ_
.                     |'           /.:.:.:.:.:.:.:〉: 〉
.                    /_   | /      ーァ___,ノ:|/、
                    ヽ.ゝ、_ノ ノ __,. -‐''ヾ.__:::___::::|,ノ、
                     ハヾ〉 ゝ'<ゞ.フ¨フ゛ /:l:::{,.イ Y::::/     「お前の球に悪いところは無い。が、いいところも無い。
.                    〈 ´7 ' .ヘ `‐'´| /.:.:!:: Yァ l:::/:〉     例え他の球全てが悪くても、1点ずば抜けていいものがあれば通用する。
                    |〉 | ! 〈  `¨  / ,' :/:l:::::|' /'´V::}     それがプロの世界というものだ」
                    |:.:V、_,ノ´`ヽ、_ ,'  !:/.: !:イ|1   {::;ハ
                    |:|:ヘ ̄¨¨''ー 、', l ,'|1:|: l:||ノ|   ソ:/
                    VV 〉 ̄¨''ー'' `,' / Vl: リ' |   ソ:}
                      i  |   ,ノ _, ィ | V_,.ノ|  {, イ
.        _____           `ゝr_、___/_,.‐ ¨´  ヽ、 {::ハ
     ,.ィ¨ ̄.::.::.::.::. ̄¨'' -、_,.---――} |:::::::r'´ ̄     __/  ̄ ̄ ̄
    /.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::. ̄.::.::.::.::.::.::.::._人|:::::::}  ___,.-‐'¨.::.::.::.::.::.::.::.::.:/
.   /::.::.::.::.:|.::.::.::.::.::.::.::.::.______} ̄¨¨{ ̄- ‐'´.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::./.::.
   i ::.::.::.::.::|.::.::.::.::.::.::. /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: /.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::./.::.::.::.

::::ヽ、;::;:;:;:;:;:;:;:;:, ...:'´.::::::::::::::`ヽ、.:::::::::::::::   |
;:;:;:::ゝ;::;:;:;:;:;:;/.:::::::::::::::::::::::::::::: \.:::::::::::. i |
;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::. `ヽ、.:::::  l |
;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;::|::::::::::::::::::::::::::::::::::、--==`、,  ,,,l |
;:;:;:;:;:;:;:;:;:゙;:;:;; |::::::::::::::::::::::::::::'.:::::`..  (/”="_/
;:;:;:;:;:;:;:;:;:  :;: |:::::::::::::::::::::::::::::   `-'´;::"~:. i                     「武器が無いお前は、プロでやっていくことはできん。
;:;:;:;:;:;:;:;:;:;  ;: |:;:;:::::::::::::::::::::::.   '´.:::::::::::. |                      それはわしにも、最初から解っていたことじゃ」
;:;:;:;:;:;:;: ::;  l; |:;:;:,::::::::::::::::::::''   ..::::::::::::::::::.. |
;:;:;:;:;:;:;: ;  |V:;:;:;::::::::::::::::''   ..:::::::::::::::::::::. |
;:;:!i:;:;:;: '  l:::::;:;:''::::::::::::'....::::::::::::::::::/´::::::::::::.  |
;:;:!i:;::;:;  i |:,:;:;'':::::::::::::::::::''iiilll|l|ll|llll|liiii,,:::::::::. |
;:;: ;:;:;:;:  /i!::;:;:::::::::::::::::,,iiiiiiillll|ll||ll||ll||l|lllllii-- '´
;:;:;:;:;:;:;! /::::::::::::::::::::::::i:::::::::::::::::::::::: l゙゙゙゙゙゙゛゛
..:;:;:;:;:;:i /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::''/
ヽ:;:;:;:;:!/i,,、:::::::::::::::::::::::::::::::::::.' |
:::::ヽ;:/i||iiiii,,::::::::::::::::::::::::::::::::::. |







309 ◆oLG9iWoh0E:2009/10/29(木) 21:54:09 ID:ybkPaR.w

           ____
         /      \
        /  ─    ─\
      /    (●)  (●) \          「だったら、やる夫をなんで取ったんですかお?」
      |     (__人__)   |
       \     ` ⌒´   ,/
      ノ      ー‐   \

                       _, -―- 、
                    , イ/, -―、  \
                   /r-‐ '´   _く‐-=、ヘ
                     j/ 、 ! _,∠ , \  ヽ|
                   〈ーァ。! | ` °′ / 〈⌒l           「投球に直結しているわけではないが、お前の基礎体力には目を見張るものがある。
                   l  l_」 _」__  〃  lう ハ           良い鍛錬を積み重ねてきたのだろうな・・・
                   ∧ / -- 、} lイ   lイ ハ           お前は大きな土台を自分で作り上げたのだ」
                   l/ハ '´-― '   レVリ l/ レ-―-、 __   
                      L〈__ ∠ -―≠   /    /
                      r 7  レ-‐ ′   /    /
       r=、__               _|_」./   /  /     / ̄\
  /⌒ヽ.」_ 廴_)        厂 ̄      _/    / ̄ ̄\  \
 _ハ    \l  l`ヽ   / ̄ ー――=ニ    /   / ̄ ̄\   ヽー'
|       l  l   〉ー┘       _ -‐ ′_   l/´ ̄\  \__ノ
」         /  }/⌒ ー―――ァ= --――――=ニ  ̄ >、   )ー ' \

          ,. ‐==:┬┬ .、
          ,イミ∠⌒ヽ_⊥∠}
        /三V >、 、,  j.
        r=三〈  `ー゚` l L..=〉
       ,仆、j川    ._| 「゚-j
       ,tノ`i | |l  仁二`-' 、/                        「その大きな土台の上にプロの技術を加えれば、
   _   tノ リ| | |    ー- `"ハ                         必ずお前は羽ばたくことができる。
ー-< `ー- 、 ,/レ'^_:、j    } /l_j.                         VIPスターズは今のお前を取ったのではない。
ヽ、.:\: : :  ̄`ー二_ `rー-r┘                          将来のお前を雇い入れたのだ」
‐- 、.:..:.:.:.:.:ー-.:.:.:.  ` ┴-、|7
 r‐―‐ 、.::.:.:.:ヽ       `ー¬
/   r一爿.:.:.:.  \ ー‐- .__」_
ヽ/ r―┴ 、.:.:.:... `ー        \ _
.(_,>人__,.―^ー-、__,..  _.. > 、___,.... - ヽ







310 ◆oLG9iWoh0E:2009/10/29(木) 21:54:37 ID:ybkPaR.w

    / ̄ ̄ ̄\
  /        \
 /    ─   ─ ヽ                              「具体的に、やる夫は何をすればいいんですかお?
 |    (●)  (●) |                               何も通用しないということじゃ、練習しても意味あるのかわからねーお」
 \  ∩(__人/777/
 /  (丶_//// \

::::ヽ、;::;:;:;:;:;:;:;:;:, ...:'´.::::::::::::::`ヽ、.:::::::::::::::   |
;:;:;:::ゝ;::;:;:;:;:;:;/.:::::::::::::::::::::::::::::: \.:::::::::::. i |
;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::. `ヽ、.:::::  l |
;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;::|::::::::::::::::::::::::::::::::::、--==`、,  ,,,l |
;:;:;:;:;:;:;:;:;:゙;:;:;; |::::::::::::::::::::::::::::'.:::::`..  (/”="_/
;:;:;:;:;:;:;:;:;:  :;: |:::::::::::::::::::::::::::::   `-'´;::"~:. i
;:;:;:;:;:;:;:;:;:;  ;: |:;:;:::::::::::::::::::::::.   '´.:::::::::::. |
;:;:;:;:;:;:;: ::;  l; |:;:;:,::::::::::::::::::::''   ..::::::::::::::::::.. |                    「うむ、そこでだ」
;:;:;:;:;:;:;: ;  |V:;:;:;::::::::::::::::''   ..:::::::::::::::::::::. |
;:;:!i:;:;:;: '  l:::::;:;:''::::::::::::'....::::::::::::::::::/´::::::::::::.  |
;:;:!i:;::;:;  i |:,:;:;'':::::::::::::::::::''iiilll|l|ll|llll|liiii,,:::::::::. |
;:;: ;:;:;:;:  /i!::;:;:::::::::::::::::,,iiiiiiillll|ll||ll||ll||l|lllllii-- '´
;:;:;:;:;:;:;! /::::::::::::::::::::::::i:::::::::::::::::::::::: l゙゙゙゙゙゙゛゛
..:;:;:;:;:;:i /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::''/
ヽ:;:;:;:;:!/i,,、:::::::::::::::::::::::::::::::::::.' |
:::::ヽ;:/i||iiiii,,::::::::::::::::::::::::::::::::::. |







311 ◆oLG9iWoh0E:2009/10/29(木) 21:55:05 ID:ybkPaR.w

            _, -zーァ―-、            l   レi
          ∠ィf´ ̄「 ̄ ̄¨丶_          {    レ!
         // li   |       | l\         ヘ     !
          / l _」.、      ' /  \      / :.    レ!
       /`Y l   \     /  / ハ     /  ::     i
      l / , ト|    \    /  / /  }    /   ハ     {
     /  / ー 、   l, \____,  /   /   / l     '       「貴様には今までの全てを捨ててもらう」
___ _ /イ  /   ̄\  li       //  /   /  l     |
三二ニ/  / l  \__゚ヘ_ノ ,,, - '   〃  _ ノ  / /   !     ,
ニ¨ ̄/ /リ /   -―= yケー。=、 テ! 二三≧彡'     ,     リ
   7/l  } j/⌒丶k / / ヽー' /ノ               /     j
    | :.  V"`>、__\_/},__   /|           〃,    l
     ヽ l  {_ー- `ーュ-、〉 イ  l|             /    /
       `{_ー ̄ヽ二ノ/ jハ  |              /    〉
           ィ少く __/   ハ !           /    ,イ
       x彡ソ          ヽ|         /    /

         ___
        /⌒  ⌒\         ━━┓┃┃
       /(  ̄)  (_)\         ┃   ━━━━━━━━
     /::::::⌒(__人__)⌒:::: \         ┃               ┃┃┃
    |    ゝ'゚     ≦ 三 ゚。 ゚                       ┛
    \   。≧       三 ==-
        -ァ,        ≧=- 。
          イレ,、       >三  。゚ ・ ゚
        ≦`Vヾ       ヾ ≧
        。゚ /。・イハ 、、    `ミ 。 ゚ 。

             /         〃´:::::::::::::::::::.    ::ヽ、
            /          l::::::::;r‐--、::::::::.. ::.. .::::::.l
         /           ノ::::j´     〉::::::::::::::::::::::::::l
         ,'        .:  /l /:::::::/     l:::::::::,::::::::::::::::::::l
.        ll ,   l トレ:| /‐l/l、/  _,,,.、-l::::!:::l、::::::::::::::::::|
       |i l l l |i lソV/ _l/`    __ ヽト、| |::!:::::::::::::::!
        l! ! l |ト、 l、 r''"レサj`     '´ィr。r‐-、 ソl::::::::::::::|
        リト、l〃、l!` ` ̄´    ,     ̄``'´  リrw、::/
            `| rj.|        l          /⌒ソ
           ヾ、〉!       '         /_ノ/             (おもしろくなってきたぜ・・・)
            `ーl.     rー-----一ォ     ,'_/
              ヽ、   ヽニ二ニニノ    ,イ´
               l\   ー-     //ー-、
           ,,.-‐''"´|  \       /  .l    \
          /       l   `ー-‐''´    |      ヽ
          __/      l              ,'        ゙、
  _,,. -‐''"´ /      |          /       ヽー-、
/       /         ト、_        /         ゙、
       /        |::::::::: ̄`ー--一/           ゙、
      /         l::::::::::::::::::::::::::::::/            ゙、

カズマは黙って事の推移を見守っている。







312 ◆oLG9iWoh0E:2009/10/29(木) 21:55:23 ID:ybkPaR.w

::::ヽ、;::;:;:;:;:;:;:;:;:, ...:'´.::::::::::::::`ヽ、.:::::::::::::::   |
;:;:;:::ゝ;::;:;:;:;:;:;/.:::::::::::::::::::::::::::::: \.:::::::::::. i |
;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::. `ヽ、.:::::  l |
;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;::|::::::::::::::::::::::::::::::::::、--==`、,  ,,,l |
;:;:;:;:;:;:;:;:;:゙;:;:;; |::::::::::::::::::::::::::::'.:::::`..  (/”="_/
;:;:;:;:;:;:;:;:;:  :;: |:::::::::::::::::::::::::::::   `-'´;::"~:. i
;:;:;:;:;:;:;:;:;:;  ;: |:;:;:::::::::::::::::::::::.   '´.:::::::::::. |                  「やる夫、おぬしサイドスローに転向しろ」
;:;:;:;:;:;:;: ::;  l; |:;:;:,::::::::::::::::::::''   ..::::::::::::::::::.. |
;:;:;:;:;:;:;: ;  |V:;:;:;::::::::::::::::''   ..:::::::::::::::::::::. |
;:;:!i:;:;:;: '  l:::::;:;:''::::::::::::'....::::::::::::::::::/´::::::::::::.  |
;:;:!i:;::;:;  i |:,:;:;'':::::::::::::::::::''iiilll|l|ll|llll|liiii,,:::::::::. |
;:;: ;:;:;:;:  /i!::;:;:::::::::::::::::,,iiiiiiillll|ll||ll||ll||l|lllllii-- '´
;:;:;:;:;:;:;! /::::::::::::::::::::::::i:::::::::::::::::::::::: l゙゙゙゙゙゙゛゛
..:;:;:;:;:;:i /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::''/
ヽ:;:;:;:;:!/i,,、:::::::::::::::::::::::::::::::::::.' |
:::::ヽ;:/i||iiiii,,::::::::::::::::::::::::::::::::::. |

       ____
     /     \
   /_ノ  ヽ、_   \                            「サイドスロー・・・かお?」
  /(●)三(●))   .\
  |   (__人__)      |
  \ ヽ|r┬-| /   /
  /   `ー'´      \







313 ◆oLG9iWoh0E:2009/10/29(木) 21:55:43 ID:ybkPaR.w

          ,. ‐==:┬┬ .、
          ,イミ∠⌒ヽ_⊥∠}
        /三V >、 、,  j.
        r=三〈  `ー゚` l L..=〉
       ,仆、j川    ._| 「゚-j                        「そうだ。
       ,tノ`i | |l  仁二`-' 、/                         本格派ピッチャーとなるにはお前は体が小さい。
   _   tノ リ| | |    ー- `"ハ                          軟投派といえるほど、器用でもない。
ー-< `ー- 、 ,/レ'^_:、j    } /l_j.                        ならばいっそ、変則派のピッチャーとして生まれ変わるがいい!」
ヽ、.:\: : :  ̄`ー二_ `rー-r┘
‐- 、.:..:.:.:.:.:ー-.:.:.:.  ` ┴-、|7
 r‐―‐ 、.::.:.:.:ヽ       `ー¬
/   r一爿.:.:.:.  \ ー‐- .__」_
ヽ/ r―┴ 、.:.:.:... `ー        \ _
.(_,>人__,.―^ー-、__,..  _.. > 、___,.... - ヽ

           ____
         /:::     \
       /::::::::::     \
      /::::::::::         \
     |:::::::::::::::         |                        「・・・」
    /⌒:::::::::      ⌒ヽ/
  ;/::::::::::::            \;
  ;/::::::::::::::          \ ヽ;

          ,. ‐==:┬┬ .、
          ,イミ∠⌒ヽ_⊥∠}
        /三V >、 、,  j.
        r=三〈  `ー゚` l L..=〉
       ,仆、j川    ._| 「゚-j                        「変則であるところのサイドスローは、それだけで既に
       ,tノ`i | |l  仁二`-' 、/                         右のワンポイントという武器になる。
   _   tノ リ| | |    ー- `"ハ                          今のままで武器が無いのならば、無理やりにでも武器を作るがいい!」
ー-< `ー- 、 ,/レ'^_:、j    } /l_j.                        
ヽ、.:\: : :  ̄`ー二_ `rー-r┘
‐- 、.:..:.:.:.:.:ー-.:.:.:.  ` ┴-、|7
 r‐―‐ 、.::.:.:.:ヽ       `ー¬
/   r一爿.:.:.:.  \ ー‐- .__」_
ヽ/ r―┴ 、.:.:.:... `ー        \ _
.(_,>人__,.―^ー-、__,..  _.. > 、___,.... - ヽ







314 ◆oLG9iWoh0E:2009/10/29(木) 21:56:06 ID:ybkPaR.w
           ____
         /:::     \
       /::::::::::     \
      /::::::::::         \
     |:::::::::::::::         |                        「・・・」
    /⌒:::::::::      ⌒ヽ/
  ;/::::::::::::            \;
  ;/::::::::::::::          \ ヽ;

                       __,.ァァ ー-- ._
.                     r:i´:.:.:/:,'.:.:.:.:.:.:.__> 、
                     ノ:.j:.:.:.:|/:.:.:.:.://_____ヽ.-、
.                     |:j'´ヽ∠.-‐''¨´ ̄   ヽ.___, ヘノ_
.                     |'           /.:.:.:.:.:.:.:〉: 〉
.                    /_   | /      ーァ___,ノ:|/、
                    ヽ.ゝ、_ノ ノ __,. -‐''ヾ.__:::___::::|,ノ、   「・・・今までの自分を捨てろといわれて、素直にウンと言う奴はいるまい。
                     ハヾ〉 ゝ'<ゞ.フ¨フ゛ /:l:::{,.イ Y::::/    きついことを言っていると言うのも解っておる。
.                    〈 ´7 ' .ヘ `‐'´| /.:.:!:: Yァ l:::/:〉    だがやる夫よ、今日の勝負でお前も今のままではダメだということが、
                    |〉 | ! 〈  `¨  / ,' :/:l:::::|' /'´V::}    よく解っただろう」
                    |:.:V、_,ノ´`ヽ、_ ,'  !:/.: !:イ|1   {::;ハ
                    |:|:ヘ ̄¨¨''ー 、', l ,'|1:|: l:||ノ|   ソ:/
                    VV 〉 ̄¨''ー'' `,' / Vl: リ' |   ソ:}
                      i  |   ,ノ _, ィ | V_,.ノ|  {, イ
.        _____           `ゝr_、___/_,.‐ ¨´  ヽ、 {::ハ
     ,.ィ¨ ̄.::.::.::.::. ̄¨'' -、_,.---――} |:::::::r'´ ̄     __/  ̄ ̄ ̄
    /.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::. ̄.::.::.::.::.::.::.::._人|:::::::}  ___,.-‐'¨.::.::.::.::.::.::.::.::.:/
.   /::.::.::.::.:|.::.::.::.::.::.::.::.::.______} ̄¨¨{ ̄- ‐'´.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::./.::.
   i ::.::.::.::.::|.::.::.::.::.::.::. /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: /.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::./.::.::.::.







315名無しのやる夫だお:2009/10/29 (木) 21:56:25 ID:hYTLL2mM
そういや足腰は走り込みで強靭だって書いてあったな。







316名無しのやる夫だお:2009/10/29 (木) 21:57:19 ID:jpuU4jGc
どんどん面白くなってくるな







317 ◆oLG9iWoh0E:2009/10/29(木) 21:57:51 ID:ybkPaR.w
          ,. ‐==:┬┬ .、
          ,イミ∠⌒ヽ_⊥∠}
        /三V >、 、,  j.
        r=三〈  `ー゚` l L..=〉
       ,仆、j川    ._| 「゚-j                         「悲しむのも解る、辛いのも解る。
       ,tノ`i | |l  仁二`-' 、/                         だが、その気持ちを捨て、明日に向かって羽ばたこうではないか!」
   _   tノ リ| | |    ー- `"ハ
ー-< `ー- 、 ,/レ'^_:、j    } /l_j.
ヽ、.:\: : :  ̄`ー二_ `rー-r┘
‐- 、.:..:.:.:.:.:ー-.:.:.:.  ` ┴-、|7
 r‐―‐ 、.::.:.:.:ヽ       `ー¬
/   r一爿.:.:.:.  \ ー‐- .__」_
ヽ/ r―┴ 、.:.:.:... `ー        \ _
.(_,>人__,.―^ー-、__,..  _.. > 、___,.... - ヽ

    _.. ‐'''''''''''' ‐ 、
   ,r'        \
  /_,ノ  ,,       ヽ,
  ( о) ミ ヽ、,,,_    ..i                            「なに勘違いしてんだお?」
  i.   ミミ( ○)    .|
  \(_入_ノ      /
    ノ__,,/,____/
    ./ゝ/ノ:::::::::::::::::\
    |ノ//::::::::::ヽ,::::::::::|
    |^::::::::::::::::::::::|::::::::::|
    |^::::::::::::::::::::::|::::::::::|







318名無しのやる夫だお:2009/10/29 (木) 21:58:00 ID:xoD0DwQo
サイドかぁ
これはやる夫にとっても簡単に受け入れられるもんじゃないだろうな…







319 ◆oLG9iWoh0E:2009/10/29(木) 21:58:11 ID:ybkPaR.w

          ,. ‐==:┬┬ .、
          ,イミ∠⌒ヽ_⊥∠}
        /三V >、 、,  j.
        r=三〈  `○` l L..=〉
       ,仆、j川    ._| 「○j                         「え?」
       ,tノ`i | |l  仁二`-' 、/
   _   tノ リ| | |    ー- `"ハ
ー-< `ー- 、 ,/レ'^_:、j    } /l_j.
ヽ、.:\: : :  ̄`ー二_ `rー-r┘
‐- 、.:..:.:.:.:.:ー-.:.:.:.  ` ┴-、|7
 r‐―‐ 、.::.:.:.:ヽ       `ー¬
/   r一爿.:.:.:.  \ ー‐- .__」_
ヽ/ r―┴ 、.:.:.:... `ー        \ _
.(_,>人__,.―^ー-、__,..  _.. > 、___,.... - ヽ

::::::... ..丶
:::::::.... ...\
:::.' ──-.. \
:::::::... ⌒__丶 \
:::::::::.... .'::. ).ヽ  .ヽ                                「やる夫は怒っているんだお?」
:::::::::::.... __ ..丿   ヽ
:::::::::::...    ヽ   .ヽ
:::::.._ ノ ヽ.____丿   .丶
::::::::::::::.... ..::ノ      .)
:::::::::::..   ../       .ノ
:::::::::.⌒ "       ..ノ
:::::::::::::::::....    ....::::::../
:::::::::::::::::::::.. ......::::./

          ,. ‐==:┬┬ .、
          ,イミ∠⌒ヽ_⊥∠}
        /三V >、 、,  j.
        r=三〈  `○` l L..=〉
       ,仆、j川    ._| 「○j                         「え?」
       ,tノ`i | |l  仁二`-' 、/
   _   tノ リ| | |    ー- `"ハ
ー-< `ー- 、 ,/レ'^_:、j    } /l_j.
ヽ、.:\: : :  ̄`ー二_ `rー-r┘
‐- 、.:..:.:.:.:.:ー-.:.:.:.  ` ┴-、|7
 r‐―‐ 、.::.:.:.:ヽ       `ー¬
/   r一爿.:.:.:.  \ ー‐- .__」_
ヽ/ r―┴ 、.:.:.:... `ー        \ _
.(_,>人__,.―^ー-、__,..  _.. > 、___,.... - ヽ







320 ◆oLG9iWoh0E:2009/10/29(木) 21:58:42 ID:ybkPaR.w

      ____
    /:::::::::  u\
   /ノ└ \,三_ノ\   ,∩__
 /:::::⌒( ●)三(●)\ fつuu     「最初からわかってんだったらなんで初日に言わなかったお!?
 |::::::::::::::::⌒(__人__)⌒ | |   |      少なくとも初日から今日までの2週間はサイドスローの練習ができたお?」
 \:::::::::   ` ⌒´   ,/_ |   |
   ヽ           i    丿
  /(⌒)        / ̄ ̄´
 / /       /

                      ___
                  ,、-‐''"゛     ゛"''‐-、,
                /  ‐''"""""''‐-、、 |/ /\
               /  ∠     、、  |"''‐''""''、|
              /  u∠‐‐‐--、、、. ゛"'| .|、-‐ ヽ|
             /、-、  /  ‐''""○''>ノ、、|,,,,、、、、ヽ
                |/⌒/ |    ヽ--‐''"‐/ ヽ"○ヽ /
             | | //  |    、、-‐'''"  ヽ.ヽ''‐-‐ヽ
             ヽヽ|   | u       、-‐ >   )  「・・・そ、そうじゃの」
             人|   ヽ   、-二'-‐‐‐‐‐-、、   /
             ( |   ヽ .|  | |,,,,、、、、、、、、,,,,,,.ヽヽ/|
            (ヽ |    | | |.    、,,,,,、、、、,,,,、"''./ .|.|
            (ヽ <| |  || ヽヽ       、  u./  ||
           (ヽ )|| |  ||             )  .( | ||
           (ヽ ) | 丶| \        /   .)/||
          (ヽ ) .|   \  \____  .ノ |
          (ヽ ) .|______      ̄| ヽ|
         (ヽ )┌''"        | ̄ ゛"''‐-.|、、
         (ヽ ) /          .|      | |
       __(ヽ/"''./           .|      .| |
__,,,,、--/     "''‐-、、__,     |      | |─、,,,,,
                    ̄゛゛"'''|      └┤   ヽ、、_







321 ◆oLG9iWoh0E:2009/10/29(木) 21:58:58 ID:ybkPaR.w
                  ___
                    /\:::::::::/\.
                   /:::<◎>:::<◎>:::\    
                  /::::::::⌒(__人__)⌒::::::\   「やる夫は2週間も無駄に過ごしたのかお?やってらんねーお?
                  |     ` ー'´  u   |    下手したらこの2週間の間にサイドスローで変化球の1個も覚えられたかもしんねーお?
                  \  u   :::::     /    この時間の無駄をどうしてくれんだお?」
                  /    :::::::::::::::::::    \
                /                 \  〈〈〈 ヽ
                               (〈⊃  } }

                      ___
                  ,、-‐''"゛     ゛"''‐-、,
                /  ‐''"""""''‐-、、 |/ /\
               /  ∠     、、  |"''‐''""''、|
              /  u∠‐‐‐--、、、. ゛"'| .|、-‐ ヽ|
             /、-、  /  ‐''""○''>ノ、、|,,,,、、、、ヽ
                |/⌒/ |    ヽ--‐''"‐/ ヽ"○ヽ /
             | | //  |    、、-‐'''"  ヽ.ヽ''‐-‐ヽ
             ヽヽ|   | u       、-‐ >   )  「・・・そ、そうじゃの」
             人|   ヽ   、-二'-‐‐‐‐‐-、、   /
             ( |   ヽ .|  | |,,,,、、、、、、、、,,,,,,.ヽヽ/|
            (ヽ |    | | |.    、,,,,,、、、、,,,,、"''./ .|.|
            (ヽ <| |  || ヽヽ       、  u./  ||
           (ヽ )|| |  ||             )  .( | ||
           (ヽ ) | 丶| \        /   .)/||
          (ヽ ) .|   \  \____  .ノ |
          (ヽ ) .|______      ̄| ヽ|
         (ヽ )┌''"        | ̄ ゛"''‐-.|、、
         (ヽ ) /          .|      | |
       __(ヽ/"''./           .|      .| |
__,,,,、--/     "''‐-、、__,     |      | |─、,,,,,
                    ̄゛゛"'''|      └┤   ヽ、、_







322名無しのやる夫だお:2009/10/29 (木) 21:59:07 ID:xoD0DwQo
東方先生が可愛いw







323名無しのやる夫だお:2009/10/29 (木) 21:59:19 ID:hYTLL2mM
あー、そっちの方に怒るか。
つくづく今後化けるのが楽しみなやる夫だw







324 ◆oLG9iWoh0E:2009/10/29(木) 21:59:39 ID:ybkPaR.w
        .____
     ;/   ノ( \;
    ;/  _ノ 三ヽ、_ \;
  ;/ノ(( 。 )三( ゚ )∪\;       「○×△□△□××○×△□!」
 ;.| ⌒  (__人__) ノ(  |.;
 ..;\ u. . |++++|  ⌒ /;

                      ___
                  ,、-‐''"゛     ゛"''‐-、,
                /  ‐''"""""''‐-、、 |/ /\
               /  ∠     、、  |"''‐''""''、|
              /  u∠‐‐‐--、、、. ゛"'| .|、-‐ ヽ|
             /、-、  /  ‐''""○''>ノ、、|,,,,、、、、ヽ
                |/⌒/ |    ヽ--‐''"‐/ ヽ"○ヽ /
             | | //  |    、、-‐'''"  ヽ.ヽ''‐-‐ヽ
             ヽヽ|   | u       、-‐ >   )  「・・・そ、そうじゃの」
             人|   ヽ   、-二'-‐‐‐‐‐-、、   /
             ( |   ヽ .|  | |,,,,、、、、、、、、,,,,,,.ヽヽ/|
            (ヽ |    | | |.    、,,,,,、、、、,,,,、"''./ .|.|
            (ヽ <| |  || ヽヽ       、  u./  ||
           (ヽ )|| |  ||             )  .( | ||
           (ヽ ) | 丶| \        /   .)/||
          (ヽ ) .|   \  \____  .ノ |
          (ヽ ) .|______      ̄| ヽ|
         (ヽ )┌''"        | ̄ ゛"''‐-.|、、
         (ヽ ) /          .|      | |
       __(ヽ/"''./           .|      .| |
__,,,,、--/     "''‐-、、__,     |      | |─、,,,,,
                    ̄゛゛"'''|      └┤   ヽ、、_

 λ |\),、  lヽ、/ | /"i、 ./i≡≡≡≡≡≡
 )ヽ、ヽ::`''-,, |::::ヽ,(ノ:::::(/::(__ノ|≡≡≡
`i:::::::::::\::::::::\:::::::\::\:::;;;;;;;;;;;:ノ≡≡≡
 )\:::::ノ;;;;Wヽ__ノ ヽ::::):::::::::::::"''-、≡≡≡
:::::::::::::;;;;;;;::::::::::::"''-i--'"::}'/:::;;;;;;;::::::::;;;;;二= =、≡≡≡    
::::::::/:::::\---" ̄"ヽ''-/::::::"''<__≡≡≡      
:::::/:::::::::/ ,  :::::::::::::::::::: 、\::::::::;;;;;;;;;;;;"''---、≡≡≡ 
/::::::ノ   ヽ, ヽ''''''ヽ  |::: \/::∠___"''-、::::ヽ≡≡≡ 
|::::::::{     \,,__ 、ヽ .i ,,ノ .}::::::::::/≡≡ヽ::::|≡≡≡ 
:::::::://|   -'''''iッ=、'ー- ノ_, 。-、|:::::/≡≡≡}::::}≡       -カズマは久しぶりに腹を抱えて爆笑している-
:::::::i:::/  _二二---ヾ 'ー-ー- .v_≡≡≡ /::::|≡
:::::/::::|  i "''---、      ノ> ヽ\ヽ,≡ /:::::/
:::::|:::::/            ´ `;;;,, ヽil|.}\/::/≡≡≡
:::/::λ    `,―--、___二_,,  V≡ヽ/≡≡≡
/:::::{〃     ''-,,---- -   --(  i≡≡≡
:::::::ヽdi     ''- 二二二二二"  i≡
::::::::::::::ヽ        :::::::::::::::   /≡≡
::::::::::ノ   `'-,,      _,,---、 i≡≡≡
 ̄    "''---、,,,ー-,,  :::::::::::: i≡≡≡≡
ヽ      --=三三三i"'-----"≡≡≡≡≡≡
 ヽ          三|__,,--、____/\≡≡≡≡≡≡







325 ◆oLG9iWoh0E:2009/10/29(木) 22:00:13 ID:ybkPaR.w

爺さんからしてみれば、18の子供を傷つけないための配慮だったのかもしれない。
しかしそんなものやる夫からしてみれば、大きなお世話以外の何者でもなかったのだろう。
やる夫の興奮は収まらない。
      ____
    /:::::::::  u\
   /ノ└ \,三_ノ\   ,∩__
 /:::::⌒( ●)三(●)\ fつuu           「○×△□△□××○×△□!」
 |::::::::::::::::⌒(__人__)⌒ | |   |
 \:::::::::   ` ⌒´   ,/_ |   |
   ヽ           i    丿
  /(⌒)        / ̄ ̄´
 / /       /

兎に角、一分一秒でも早く野球が上手くなりたいのだ。勝ちたいのだ。
こんな奴、上に上がってこないわけが無い。

        ,..-''゙:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`'''- ,,,
      ./::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`' -、
     ./ ::::::::::::::::::::::::::::::::./ ''^"ゝ:::::::::::::::::::::::::::ヽ
    ./:::::::::::::::::::::::::::::::::_ノ    |:::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
    l::::::::::::::,,::./|゙,i、/゛  _,, -‐ヽ,::::::::::::::::::::::::::::::::::.l
    .l,、:::::::::/.l|´.l!.ゞ  ‐゛ ._,,..,,、.ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::.!
     ゙ |j'、:.::::!.-¬、       '゛  `'、,|i{:i、::::::::::::::::::::::::::|
     ! .!!゙/  ,i            !! .!,,::::::::::::::::::::::,!
       !   "                "l::::::::::::::::::::::.!
       .|   .i;;;;ニニ;;;; ..、           !.,ilしjl!、::::::/
       ヽ  l ..―-ミ./         !冫 `、/::::/
        l,  .|′  /         ー .シ":./
         ゙l,  `^゙´        /´厂::::,r!'"
            l、         -‐"  l:,ノ゙ゞ
          `'―vー…           |~'''、
             ,..-'''!            ,/:::::::ヽ
       ._..-'"゛:::::::,,!       /:::::::::::::::::: l,,,,,,,,,,,,,,_,
.. -―''フ'":::::::::::::,/       ,/::::::::::::::::::::::::/:_,,.... |v..,,_´゛

想像以上に元気を貰った。
やる夫には、いろいろ思い出させてもらった気がしている。







326 ◆oLG9iWoh0E:2009/10/29(木) 22:01:06 ID:ybkPaR.w
原点を-

wW\wWWwWwW/:::|\iwWwWwWwW///|/\___::::::\WwWwW/wWwW
wWwW\WwWw./:::::|\\iWwWwW//wW/:::::::::::::::::::::::::::w\:::::::\ W/wWwWw
wWwWwW\w/::::/  {ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: /|:::::::w\::::::::\WwWw
wW/ ̄ ̄ ̄ /  { { ー-_::::::::::::::::::::::::::::/{_:::::::::::::::::::::::: Ww\::::::::::\w
w/::::::/| ̄ ̄`ー-_ `l  l:::::::::::::::::::::::::::::::/ /:::::::::::   二=7wW\:::::::::::\
./:::::::::/く _____|!-!!!!-`7 | l、i|  l|/:::::::::::/_,--一' ̄ ̄:::::::::::::::|―一l\::::::::::|
|:::::::::::|Nヽ`li\r=======,ヽヾ "  ":::::::/:/二二二二,-::::::::::::::::| /:::7 |w|::::::::::/
|:::::::::::|=ー-_=`\ミ! ||   \``{  V/:::::::::'/ ̄ ̄ ̄ ̄ヽヽ::::::'::::| 二 |w|::::::::/
.\::::::|`、\L_,,λ    Θ _~;=,{ l|r::::::: '=.~   Θ   〃:::/:::::::| /フ /w|::::/
  \| ヽ、\/ミ`、A-_=='_r=≡/ :::::::( (:::\;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,'~:::::/l:::::::|  /W//
    \ \ヽ一`_r--' ̄__≡/ ::::::::::::::::ヽー≡::::::::::::::::::/ /::::::|_/W/:::::::
       \\|  _r-'~ .彡/ ::::::::::::::::::::::ヽ≡::::::::::::::::彡 /\::|wWw::::::::::::::
        \、`,,,{    .く ::::::::::::::::::::::::::::::::: ̄~::::ヽ:::::::\:::/wW::::::::::::::::
          `l, i     \:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ\:://::::: /:::::::::::::::
           |/    r___三__ ::::::::::::::::::::::::::::::}::/:/::::::/::::::::::::::::
           `L|    |::::::::::::::::::::::::`i ::::::::::::::::::::::::::/:/::::::::/::::::::::::::
             \   |:::::::::::::::::::::::::| :::::::::::::::::::/:::/:::::::::::/::::::::::::::::
              `i,  |::::::::::::::::::::::::| }:::::::::::::/:::::/::::::::::::/::::::::::::::::::
               l、  L_::::::::::::::::::」/::::::::/:::::::/:::::::::::::::/:::::::::::::::::
                \, ~~二~~ ̄:::::::/:::::::::/:::::::::::::::::::/::::::::::::::::::
                  `L、____,/::::::::::::/::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::

勝つための執念を-







327 ◆oLG9iWoh0E:2009/10/29(木) 22:01:28 ID:ybkPaR.w

やる夫が爺さんの胸倉を掴み始めたのをみて、周りの練習生が慌てて止めに入った。
爺さんはすっかりやる夫に飲まれていて、鬼コーチのイメージはどこにもない。

そんな争いを背に、ニマニマとしながらカズマは第三練習場を後にした。
         、、
        ,/.l.l.lソ
        !   /
        ,lッ==il'"
        l;:;;;  .l゙             , - 、
       |;; 、│       /゛   `'、
        ',;;;; l', !       !         .l,
        .!;;;;:',,>',、、     l、;;;;;;;;...;;;;;;;;. iイ
        .',,;;;...',´`'' l>r;;-i,,,,/'¨゙゙゙^'''''- ..i!"
         `'-,.;.\. ヽ .,,,,,,,,_l゙       l,,、
              \.;;.\.! |  |            ,゙;;、
             \ ;;ヽ_|、 l    i  ./゛ /l,
                 ゙j;;;;;;;;`´'-.   ′ l   ./; |
                  |;;;;;;;;;;;;;;;;;;゙''-..-'''´;;.\./丶|
                  |;;;;;;;;;;;;;;;;;        . !;;;;;;;;|
                  ',、;;;;;;;;;;        l;;;;;;;;;.!
                `'|゙'- ,,、   _.. rii.!;;;;;;;;;:!
                 !;;;;;;;;;;;`゙゙゙゙゙´;; l . l;;;;;;│
                 !;;;_,,,,,,......,,,,,,_ !  .!;;;;;;;;.!
                 |~゛   、   .`', l;;;;;;;;;,!
                 !    .l    | l.;;;;;;;.!
                ,,'    l     ! .|`^゙フ
                ゙l  ....;;;;lii、    l'/  ,'
                   | .'"゙´  i     ゙l''ニ/、
                 !    !     ,!;;;;;; !
                 !    !    .!l/ミ.,'
                 l    !    l .´
                |   .!    !
--------------------------------------------------------------------------------------


カズマは今、試合にでたくてしょうがない。


--------------------------------------------------------------------------------------


                                                  第2.5話 カズマとやる夫 終







328 ◆oLG9iWoh0E:2009/10/29(木) 22:01:57 ID:ybkPaR.w
投下は異常になります。
ご観覧アザーしたー!








329名無しのやる夫だお:2009/10/29 (木) 22:01:57 ID:hYTLL2mM
乙ー
面白かったよ。








330名無しのやる夫だお:2009/10/29 (木) 22:03:22 ID:ac5733sA
乙!
展開が熱くて引き込まれるぜ!!







332名無しのやる夫だお:2009/10/29 (木) 22:05:16 ID:xoD0DwQo
乙乙
まさかあっさりサイドスロー転向を受け入れるとはw
次も楽しみにしてるんよ







334名無しのやる夫だお:2009/10/29 (木) 22:06:27 ID:b.ALs92w
乙!

これは熱い!
やる夫なんだけど、凄く勝利への執念がw
そうなると、このチームの水は肌に合いそうだ







336名無しのやる夫だお:2009/10/29 (木) 22:10:17 ID:McLHP0dg
乙でした!
このやる夫は面白いなwwww








339名無しのやる夫だお:2009/10/29 (木) 22:11:44 ID:xbhhY2DI
アツイわ
やる夫のキャラが魅力的過ぎる






341名無しのやる夫だお:2009/10/29 (木) 22:12:41 ID:L4CEJNm6
乙。
華は無くてもスポ根は大好きなんだぜ?







343名無しのやる夫だお:2009/10/29 (木) 22:17:27 ID:J.8ppXwQ
乙でした。
ちょっと、松井VS遠山を思い出したわ。







348名無しのやる夫だお:2009/10/29 (木) 23:30:29 ID:5MXJa.02
また一つ優良スレが出てきたな。
今後が楽しみになったのは久しぶりだ。







349名無しのやる夫だお:2009/10/29 (木) 23:56:20 ID:jGr9Sc6.
乙乙
どんどん話に引き込まれてくぜ







350名無しのやる夫だお:2009/10/30 (金) 00:21:29 ID:1wrqPwSY
これは面白れえわ。すっげえ熱いwww
全然折れないやる夫がカッコよすぎだろw







351名無しのやる夫だお:2009/10/30 (金) 01:45:27 ID:DfTm/pYQ
クオリティ高えw これで初心者とは凄いな






353名無しのやる夫だお:2009/10/30 (金) 10:05:41 ID:U2nej8fo
乙!
最近サイド転向で花開くタイプは少ないだけに楽しみだぜ
実戦回が待ち遠しいお







354名無しのやる夫だお:2009/10/30 (金) 12:14:55 ID:amNLNBy.
サイドとアンダーは肘に負担が来るって言うけど、大丈夫だろうか。






359名無しのやる夫だお:2009/10/30 (金) 21:59:37 ID:UBM7Zosw
熱血と狂気のバランスがとれてて面白い。
次回も期待します








ぐんぐんうまくなる!野球ピッチング





関連記事
スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
[PR]





カテゴリー「やる夫はプロ野球選手になるようです」内の最新記事

だ

    この>>1は詩人だな
    いいものを読ませてもらった
    [ 2009/11/12 12:34 ] [ 編集 ]
    このやる夫の餓狼っぷりはすごい
    [ 2009/11/12 12:51 ] [ 編集 ]
    やる夫の情熱がすごいな。
    [ 2009/11/12 13:52 ] [ 編集 ]
    自分に1つも通用する武器がないって事を理解できてなかったのか
    冷静に自分の事みればそれ位理解して何かしら行動でてそうだけど
    [ 2009/11/12 14:05 ] [ 編集 ]
    これは面白い。
    更新がこれだけ楽しみな作品が出てきた事が嬉しい。
    [ 2009/11/12 14:10 ] [ 編集 ]
    やる夫、凄いな。
    自分の武器の無さに怒りを感じるよりも、要らぬ気遣いに怒るとは。
    [ 2009/11/12 15:44 ] [ 編集 ]
    尻上がりに面白くなってきた。好きだわこれ
    プライドが高いから周りも気を遣ったのかもしれんが、可能性の為なら高いプライドを平気で捨てられるタイプなんだろうね。未来の自分へのプライドが今の自分へのプライドを凌駕してる感じで

    ※34458
    主観評価と客観評価を分けてたんだろうな
    自分に武器が無いと思っている。どうにかしたいと思っている。
    だが自分よりも圧倒的に「プロ」として生きてきた首脳陣がこのままの形で伸ばそうとしている。ならば今の自分の先に武器があるのだろう、と信じた
    そしたら首脳陣も実は別の形にこそ武器があると思ってた。だから早く言えやと怒った
    [ 2009/11/12 15:48 ] [ 編集 ]
    まさしく”いいから俺を早く強くしやがれ!そのための努力ならなんだってしてやる!”
    ってことだな。
    ライバルとの話の中でも”いまは通用しない”と自分で認めてるしね
    [ 2009/11/12 15:54 ] [ 編集 ]
    最高だよ。
    [ 2009/11/12 16:47 ] [ 編集 ]
    うはははw これいいww
    ラブコメ系以外のやる夫見て顔にやけたの初めてだww
    [ 2009/11/12 18:37 ] [ 編集 ]
    熱いなぁ…
    ツボ突きまくられだわ
    [ 2009/11/12 20:24 ] [ 編集 ]
    こんなやるおを見るのは初めてだ
    良い意味でw
    [ 2009/11/12 21:11 ] [ 編集 ]
    寧ろサイドとアンダーは下半身がしっかりしてれば負担は少ない。
    [ 2009/11/12 22:17 ] [ 編集 ]
    なんだろ・・・昔、学校のグラウンドに忘れてきたドキドキが蘇えってくるんだが
    [ 2009/11/12 22:56 ] [ 編集 ]
    サイド転向かw
    現実ではだいたいどうにもならなくなった投手がやって、ほとんど成功せずに転向して1・2年で引退していくが
    [ 2009/11/13 01:08 ] [ 編集 ]
    名作誕生の予感!
    [ 2009/11/13 02:42 ] [ 編集 ]
    本気で面白いな
    金払ってでも読みたいレベル
    野球の知識も結構しっかりしてるし作者は経験者かな?
    [ 2009/11/13 06:13 ] [ 編集 ]
    モデルは広島の由宇なのかなあ とか邪推してみる
    [ 2009/11/13 08:45 ] [ 編集 ]
    天才に凡才が勝つには奇策しかないわけだな!
    [ 2009/11/13 12:03 ] [ 編集 ]
    >なんだろ・・・昔、学校のグラウンドに忘れてきたドキドキが蘇えってくるんだが

    分かる気がする。好きな初めて試合出た時の勝ちたい、って気持ちを思い出した。
    [ 2009/11/13 12:56 ] [ 編集 ]
    >34556
    由宇はそんなにボコボコのグラウンドぢゃありません><
    [ 2009/11/14 11:36 ] [ 編集 ]
    勝利への執念が他のやる夫とは段違いだな
    そういうの大好きです
    [ 2009/11/14 15:02 ] [ 編集 ]
    久しぶりに本物の餓狼を見た
    [ 2009/11/15 11:31 ] [ 編集 ]
    巨人の斉藤もオーバーからアンダーに変えたんだよな、確か
    [ 2009/11/28 22:00 ] [ 編集 ]
    いいねいいね、野心あふれる野球選手。
    スマートなスポーツ選手が見たいんじゃない、俺はこういう野球選手が見たいんだよw
    [ 2010/01/19 15:39 ] [ 編集 ]
    どうしよう、なぜか涙が出た……
    [ 2010/01/30 01:48 ] [ 編集 ]
    こんなアパッチやアストロがまだ残っているとは・・・。
    [ 2010/02/24 21:40 ] [ 編集 ]
    野球を題材にしたのはいくつかあったけど、こういう毛色のは無かったから面白い
    いい感じだし期待してるよ!
    [ 2010/03/03 11:05 ] [ 編集 ]
    この話で既にライトの名前が出てたんだな
    [ 2010/03/15 23:06 ] [ 編集 ]
    いやーやる夫シリーズだから
    なんか適当に天才肌でプロで大活躍する話かと思ったら
    シリアスで面白いな
    [ 2010/07/04 08:18 ] [ 編集 ]
    また野球やりたくなってきた・・・

    だれかキャッチボールやらないか?
    [ 2010/07/10 15:36 ] [ 編集 ]
    このコメントは管理者の承認待ちです
    [ 2013/09/25 15:54 ] [ 編集 ]
    コメントの投稿













    管理者にだけ表示を許可する
やる夫ブログについて
20101110:「やる夫はロス市警の警部のようです」を掲載させていただきます。本当にお待たせして申し訳ございません。これ以降も随時、更新の途絶えていた作品を掲載していきたいと考えております。ご迷惑をおかけして申し訳ありませんが、どうか長い目で見ていただければ幸いです。

20101030:「やる夫のサクラ大戦」にて、記事の掲載順序を誤りました。 作者様、および楽しみにしていた読者様にお詫び申し上げます。 申し訳ございませんでした。

20101004:「やる夫たちが夢の国で遊ぶようです」につきまして、こちらの不具合で記事が切れてしまっております。作者様、及び楽しみに読んでくださっている読者の皆様にご迷惑をおかけしてしまい、申し訳ありません。
一度下書きに戻させていただきます。よろしくご了承ください。
「やる夫で学ぶことわざ」の作者様より、やる夫ブログ用のスポンサー案内をいただきました!本当にありがとうございます!さっそく使わせていただきます!

20100811:皆様、大変ご無沙汰しておりました。ぼちぼち更新を再開できればと考えております。
「やる夫がDQⅢの勇者になるようです」についてですが、コメントを頂けるのは大変うれしいのですが、他作品のコメント欄での投稿はご遠慮願えれば幸いです。
恐縮ですが、ご協力よろしくお願いいたします。

20091222:年末なので順調に更新量が減っております。今日明日はお休み、再開一発目は「やらない夫の超兄貴」になる予定です。作者様、まとめが遅くなり申し訳ございません。

20091208:今週クソ忙しいので、かなり更新が減ります。ご了承ください。

20091116:更新の調子にもよりますが、週末をめどに、カテゴリを追加する予定。前回追加からだいぶ間隔開いたんで、かなり溜まってます。

やる夫ブログについて

姉妹ブログというか同一人物ブログ。
やる夫ブログ(裏)(18禁です)


 ネ タ 投 稿 お 待 ち 
 し て い ま す ! 
(↑結構心から待ってますw)

 ネタ投稿の他、転載お断りの記事、相互リンクのご希望等ございましたら、お手数ですが下のメールフォームよりお知らせください。なお、http:を付けるとエラーになってしまうようなので、ご投稿いただける際にはhttp:を抜いていただきますよう、よろしくお願いいたします。
相互リンクの反映に時間がかかってしまい申し訳ありません。気長にお待ちください。


嬉し泣き
美麗なタイトル画像を描いてくださっているのは、こちらの方々です。
本当にありがとうございます。


七市様
Shadow3_convert_20091008101141.jpg
ハルヒとやる夫、やらない夫の表情が最高のタイトル画像。冬にぴったりの美しい作品です。


1様
http://blog-imgs-15.fc2.com/y/a/r/yaruomatome/yaruoblog_title_convert_20091026144430.jpg
柔らかで暖かい雰囲気がたまらない作品。みゆきさんヤバすぎで管理人狂喜の舞を舞っておりますwww

1様のプロフィールはこちら


65様
securedownload_convert_20091008101321.jpg
同じく「やる夫がチェルノブイリに旅立つようです」より。元ネタの雰囲気をビンビンに伝えるダークな作品。


草葉様
Shadow3_convert_20091008101141.jpg 「やる夫がチェルノブイリに旅立つようです」をモチーフにしたタイトル画像です。物語の後、このタイトルを見て吹きました。

219c0c442.jpg

草葉式


味噌様
yaruoblog_convert_20090519194443_convert_20091008101235.jpg
やる夫ブログ初!物語とタイトル画像のコラボレーション!快く、最高に美しいタイトル画像を描いて下さった味噌様に感謝です!




トンボ様
minamike_convert_20090519194731_convert_20091008101216.jpg
夏にぴったりの逸品を、トンボ様よりいただきました!水着ハァハァ(´Д`;)


トンボのかんさつ日誌


ヒジキ様
nagato_convert_20091008101341.jpg
管理人のツボにはまりまくりの長門!大好きだ!結婚してくれー!



ヒジキ煮


aro様
yaruo_blog_fix_convert_20090210225801_convert_20091008101403.jpg
らきすた勢の見事な描写もさることながら、このやる夫にしてやられました。


Charged time-out


Yutaka様
RMm06_convert_20090127165950_convert_20091008101426.jpg
個人的に水銀燈が一番好きです。タイトルのセンスも◎。本当に有難うございます。





マブチョコ_m様

この魅力的なボディにくらくら!管理人はこの人の同人誌が大好きです!やる夫ブログの記念すべき初タイトル画像。全てはここから始まりました。



うにゃらら大飯店



イチオシ

やる夫がDQⅢの勇者になるようです

自らを成長させる姿に心震える
作品。普通の掛け合いなのに、
自然と笑みがこぼれる構成と
演出は見事の一言。
自分を好きになれる、極上の映
画を見た後のような読後感は、
自信を持って「最高だ!」と賞
賛できる作品です。





過去の「イチオシ」一覧を作りました。
管理人オススメ記事

管理人が抱きしめたいほど好きなやる夫作品

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。