FC2ブログ
2017 07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 09
やる夫ブログヘッドライン



【お気に入りサイト新着記事】 【カテゴリー一覧】

    
   
【最新エントリ】



スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




カテゴリー「スポンサー広告」内の最新記事

だ

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | はてなブックマークに追加

やる夫はプロ野球選手になるようです 第3話 「やる夫とやらない夫」 

368 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/01(日) 20:59:53 ID:yTScZJmg
-やる夫がプロ野球選手になるようです-

第3話 「やる夫とやらない夫」


注) ・この話はプロ野球を元にした、作者のプロ野球妄想ストーリーです。
   ・このスレのやる夫は捻くれています。やる夫の性格改変(?)にご容赦下さい。
   ・スレ主はやる夫初心者です。ご指導ご鞭撻の程よろしくお願いします。








369 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/01(日) 21:00:19 ID:yTScZJmg
第三練習場の朝は早い。
高校球児が朝練を開始するような時刻から、地獄の練習はスタートする。

          , ‐'´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
          〈ゝ、゛、〈 /  /-______ヽ
          у゛ ̄`´ ̄ ̄`\ー-- ト┐
          /    、 ,-‐ー >=-- |_.|~ト、
          〈´>-。|_〈ノ  ゚̄ヽ \ーr-'、`'l_.ト、
   λ       〉 ヽ-// `ー‐′ ノ |-, l  l._ト,
   N ゝ,     .λ __〈__、__.-‐‐、 〃|  |_./   l_ノ   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  .l   ヽ、   / |└┬====T゛゛l |  レ′  [、7    | 見よ!
   \゛  .〉7 ル' |  L______.l   |  l|   〈_7  <  東方は 赤く燃えているっ!!
    ` 、[ル'   レ| | `‐┬‐‐´  イノ|  |   〈_7     |
      l._|   レ'^ヽ,______,/   レ|/  ,〈ン     \________
       レ'┐    _|_    ̄ ̄`Tl'┴rヒコ┘
   , ー‐--'‐┴‐‐<  `'ー-、   __| |_ |┴---、

 | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
 |    日の出から練習スタートの意味です  .|
 |__________________|
    ∧∧ ||
    ( ゚д゚)||
    / づΦ






371 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/01(日) 21:00:55 ID:yTScZJmg

第三練習場の夜は早い。
満足な照明設備が無いこと、そして冷え込みが一段と激しくなることから、
練習は比較的早い段階で切り上げられる。

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::。::::::::::::::::::::::::::::+:::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::+:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:゜:::::::::::::::::::。:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::゚::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::: :::::::: :::::::: :::::::: :::::::: :::::::: :::::::: :::::::: ::::::::_,,-- =-..、: :::::::: :::::::: :::::::::
  _,, ,,_::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :,,,r''";; ;; ;;,,  `::、_:: :::: :::: ::::::
''"" ;;,,  `::、:: :: :: :: :: :: :: :: :_,,..-‐''" ;; ;;      ;;;;,  `::、: : : : :
 ;; ,, ;;;,,, ; `‐- -__,, ''''""                  `':.、、__
;;;;   ,,,;;;   r'";;;;  ;; ;; ;;,,        ;;;,,,  ;;,







372 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/01(日) 21:01:35 ID:yTScZJmg

それでも1日の練習時間は”部活動”のレベルを遥かに超えるものだ。
皆一同に、練習が終わった後は魂の抜けたような顔を見せる。

  ∧_∧
 (ii!゚Д゚:;・ヽ。; ..;
  |つ |:・.ヽ;・.; :ヽ. :
~と_)__) :・: 。・; ;゚・ゲェログェゥグェァオェ
     =二三三三二

ゲェェェ
     ∧_∧
    (ill ´Д`)
    ノ つ!;:i;l 。゚・
   と__)i:;l|;:;::;:::⊃
    ⊂;::;.,.';;;;'::.:.;::.⊃







373 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/01(日) 21:02:07 ID:yTScZJmg

練習後の食事を終えた後は自由時間だ。
第三練習場に入れられて日が浅いものは、この時間で既に眠りに入る。

     _,,..,,,,_
   ./ ,  /⌒-、___ 
 / l. ,3⊃     / むにゃむにゃ
   `'ー-|___/
     _,,..,,,,_
   ./ ,' 3/⌒-、___ぐーぐー
 / l.  ⊃     /
   `'ー-|___/







374 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/01(日) 21:03:07 ID:yTScZJmg
しかし、(決して名誉な事では無いが)第三練習場のベテランは違う。
     _,,..,,,,_
   ./ ,  /⌒-、___
 / l. ,3⊃     / ZZZ
   `'ー-|___/

     _,,..,,,,_
   ./ 。゚ 3/⌒-、___ パチリ
 / l.  ⊃     /
   `'ー-|___/







375 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/01(日) 21:03:49 ID:yTScZJmg

仮眠をとった後、起き上がり。

   ムクッ     ,,,,,
        γ' - -ヽ,,
       ;  ω ; `ヽーっ
     彡 ゝU    ⌒_つ
         ''ー---‐'''''"
              ,,,,,
           γ' - -ヽ
           ;.  ω ;
.           ; U  ,/
            '人 Y
        .((((( (,ノ ヽ_)

一日のストレス解消に騒ぎ始める。

  ヨヨイノ ヨイ!    ___   ドン!ドンドドン!     ソレソレ     ソレソレ
     П∧_∧.ミ __ ヽ:::..ヽドンドン!ドンドン!     ∧_∧     ∧_∧
     ∩(# ・∀・) //  i::::::: |Σ           ∩ ・∀・)    ∩ ・∀・)
ドドンガ ヾ冫祭 ⌒lつ  l:::::::::|            ヽ ⊂丿    ヽ ⊂丿
  ドン! (__.八 _._ノ._ノ            ( ( ノ ))   ( ( ノ ))
       )_)_) 凵凵 凵              し'し'       し'し'







376 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/01(日) 21:04:40 ID:yTScZJmg

合宿所は大部屋の寝室を除けば、基本ロビーと食堂があるだけの簡素なつくりになっている。
娯楽といえば古いブラウン管テレビが一つ置いてあるだけだ。

したがって、遊びも限られる。

1にテレビ。
   ___
  / || ̄ ̄||   ∧∧
  |  ||__||  (   )
  | ̄ ̄\三⊂/ ̄ ̄ ̄/
  |    | ( ./     /

但し、最年長選手の見たい番組にあわせることが多いため、テレビで楽しめる人数は限られている。。
          ____                                              / ̄ ̄\
        /     \                                            /ヽ、_    \ ジーッ
       /  ─     \                                        .((● )     |
        ' (●)       \  「・・・」                                 . (ノ、__)      |
      (l、__)          |                                       .|⌒´       |
        ⌒´         /.                                        |        |
       `l          \.                                        ヽ      /
        l           \                                        ヽ     /
                                                             .>    <
                                                             |     |
                                                              |     |







377 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/01(日) 21:05:22 ID:yTScZJmg

次にギャンブル。
麻雀、ポーカー、花札などのギャンブルは日常的に行われる。

誰でも参加できる上、閉鎖された日常の中では刺激的な時間だ。
おそらく最も人気のある娯楽がこのギャンブルになる。

        | :|∩|:: |:::        :::|..|::       / :::|:: |∩|:|
       |  |l.0|:: |::         ::::|..|:::::     /   ::|:::|0 l|:::|
       |:::  |U|:: |:::::::      ::::|..|:::::::   ./ v   ::|: |U | ::|
       |:::   ヽ人 |::::::   U   :(__ :|..|::::__): ./     :::|:人ノ::: ::|        「奴隷は・・・2度刺す!」
  .   |::  /|:: ::ヽ::::::::: _     ∪     ._  ::/:::   ::|\:::::|
      |:: / |:::  :::|\::::::\ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/ :/|::::  ::| \:::|
     |:::/  |::::: ::::|::::\:::::  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  /:::::|::::  :|   \:|
    |:/  ::::|:::   :::|::::::::\::::::   ___      /::::::::::|:::  :|     \
    /   ::::::|::  :|::::::::::::::\:::::  ::::::   /:::::::::::::::|::  :|:      \

   / ̄ ̄\                                                
 /     _ノ \  ジーッ                                           
 |      ( ●))                                              
. |       (__ノ_).                                             
  |       `⌒ノ.                                                 ____
.  |         }                                               /       \
.  ヽ        }.                                              /   ─     ―
   ヽ     ノ.                                             /     ( ●)  (●)' 「・・・」
   .>    <                                              |         (__人__)  |
   |     |                                              \        ` ⌒´ /
    |     |                                              /       ー‐  '







378 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/01(日) 21:06:26 ID:yTScZJmg

3つ目は会話だ。
プロ野球選手といっても結局のところは人間の集合体。
人とのコミニュケーションは疲れた心を解してくれる。

最も、過酷な練習の弱音や待遇への不満、将来の不安など、
最終的に愚痴りあいになることが多い。

        ┌──────────.      ─────────┐
  ∧∧  │今日も練習キツ過ぎだよ・・     腰が痛い・・・・・   .│  ∧_∧
 (,,゚Д゚)<. てか練習方法原始的すぎね?  さっさと休みこねーかな>(・∀・  )
 (.   ) │ゴルァ、さっさと足揉め                      .│ (      )
  |   |. └─────────       ─────────┘  l    l
  し ヽj                                       (_ |_ )
         ┌────────       ─────────┐
  ∧_∧ │10円やるから        先輩お茶組んできました!.│ ∧_∧
  ( ´∀`)<. さっさと2軍に返せモナ  .エ?オマエハジブンデクメヨ    >(`・ω・´)
  (  ⊃⑩.└────────       ─────────┘ (つ旦~ サッ
  │   /                                     と_)_)
  し´ヽっ                
       ∧∧                      休養日マダ──(゚∀゚ )──?
       (*゚ー゚)オレ明日から二軍帯同♪ .       
       (   ) ココカラオサラバ♪             (・A・ )キビシスギイクナイ!
       ゝ  ノ                       ('A` )レンシュウマンドクセ
       ι J







379 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/01(日) 21:07:29 ID:yTScZJmg

最も、どの遊びにも混ざらない男も、いることにはいる-

                                 / ̄ ̄\     ジーッ
     カタ        ____             /ノ  ヽ、_  \
       カタ    /         \         . (●)(● )   |
  < ` ヽ 、    /\::::::::: /    \        . (人__)      |
  /`ヽ、  ` ヽ、  (●)  (●)      \        |⌒´      |
/    `ヽ、/ i   (__人__)      |      .  |        /
`ヽ、    / i  i、  ` ⌒´      ./       .  ヽ      /
ヽ  `ヽ/   i  i ヽ、 ̄ ̄ ̄      |           ヽ     /
.l `ヽ、 i      i  i#`ヽ<⌒ヽ、/ .ノ.|           .>    <
..l    .`i      i  i####>`ゞ_、_,,/ .|           |     |
 `ヽ、  i      i/ヽ//:::::::::`ヽ、  |            |     |
↑持込のノートパソコン







380 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/01(日) 21:08:20 ID:yTScZJmg

12月某日 日の出 第三練習場

     _,,..,,,,_     グー
   ./ ,  /⌒-、___  スー
 / l. ,3⊃     / 
   `'ー-|___/
     _,,..,,,,_
   ./ ,' 3/⌒-、___  <モウタベラレナイヨ・・・
 / l.  ⊃     /       (セイテキナイミデ)
   `'ー-|___/

           ____
          /      \
        /    ―  ―\
       /   ( ●)  (●) \   ムクリ
       |      (__人__)   |
       \       `⌒ ´  /
        /´⌒` ̄  ̄ ` 丶'
         |      _゙_ 、  \
        ヽ イ´ ̄ /  ヽて   〉
          l     /  r  ヽ彡'
         ヽ   /    ,ヽ  ヽ         _-‐、
         ,ィヽ      /  Y   ゝ‐-、 ──´  │
      r_-ィ__ノ_ヽ、__ノ__「___ノ______」







381 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/01(日) 21:08:52 ID:yTScZJmg

     |┃三   / ̄ ̄\
     |┃三 /  \,_.  \
     |┃  (ー)(ー )    | (うー・・・寒、寒。便所が外とか寒すぎるだろ、季節的に考えて・・・)
     |┃  (__人__)      |
 ガラッ .|┃  ヽ`⌒ ´     |
     |┃   {         |
     |┃三  {        /
     |┃    ヽ     /
     |┃  .   ン    ヽ
     |┃三   /     |
     |┃(⌒二_/|   . |

          ____
        /      \
       /  ─    ─\
     /    (●) (●) \
     |       (__人__)    |
      \      ` ⌒´   ,/
      /         ::::i \
     /  /       ::::|_/
     \/          ::|
        |        ::::|  キュム
        i     \ ::::/ キュム
        \     |::/
          |\_//
          \_/







383 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/01(日) 21:09:20 ID:yTScZJmg
                                                            / ̄ ̄\
                                                           /ヽ、_    \
                                                         . ((● )     |
                                                         . (ノ、__)      |
           ____                                           .|⌒´       |
         /       \                                        .  |        |
        /       ― ヽ     <あっ                    おっ>      .  ヽ      /
      /         ( ●) '、                                         ヽ     /
      |             (__ノ_)                                        .>    <
      \            `_⌒                                         |     |
      /           \                                          |     |







384 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/01(日) 21:09:52 ID:yTScZJmg

    ,rn    / ̄ ̄\
   r「l l h. / ノ  ヽ  \
   | 、. !j | ( ●) (●) |
   ゝ .f, |   (__人__)  |
   |  |  |  ` ⌒ ´  |     「寒いな。便所に行くのも一苦労だな」
   ,」  L_ |       |
   ヾー‐'|  ヽ      /
   |   じ_,,ゝ    (,_
   \   ´ `ー-一´`ヽ
    \         , |
     │         |  l
     │        l_ |
     │        |' }
      \ ー─‐一ヾ/
       |    ij  ノ
        |   |.   |
       |    |   l
         i'  ,}  ,ノ
        l   | /
        |,_、|,/
           (゙  ))

        ____
      /     \
    /    ;   _ノ′
   /     ∪ :::(●
   |         "`(__)    「・・・・・・だお」
   \、          /´ヽ
     )       ィ ("_ノ
      / /⌒ヽ    ヽ ) |
      i l   |     |  |
      | |   |      |-‐'
      |.|   |       |
      i〆  /       |
     ヾン´       l
      |     ィ  |
      l    |   /
        〉    ノ 丿
      /   //
      く、.,、,.,,(,≒,.,.,、 ,, ,. ,,, 、,,,., ,

やる夫の言葉は歯切れが悪い。







385 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/01(日) 21:10:41 ID:yTScZJmg

          / ̄ ̄\
        / _ノ  ヽ、.\
          |  (●)(●) .|
        !  (__人__)  |      「?」
          , っ  `⌒´   |
       / ミ)      /
      ./ ノゝ     /
      i レ'´      ヽ
      | |/|     | |

..      ____
     / ―  -\
.  . /  (-)  (-)
  /     (__人__) \       「・・・じゃあ」
  |       ` ⌒´   |
.  \           /
.   ノ         \
 /´            ヽ

やる夫が向かう先は便所では無い。







386 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/01(日) 21:11:13 ID:yTScZJmg

やる夫は毎朝、日が昇ると同時に練習を始めていた。
起きてすぐの運動が健康に悪いことを考え、自主トレ開始の30分前には起床する。

周囲の迷惑を考え、布団からは起き上がらない。
虎視眈々と、日が昇るのを待つ。

          __  ______           __
          | |/─  ─ \ ======| |
          |/ (●) (ー)  \       .| |
         /  (__人__)     ヽ      .| |
       _rーー‐‐- 、_       / ̄ヽ___| |
     __ノ ̄ ̄ ̄ ̄` ヽ__`-ー´⌒ヽ_ノ  /| |
  / ̄     ヽ_ _  ーー ヽ__ ヽ、. /  | |
 ノ                    `ヽ/|  /| |
/                      ) |/  |_|
                      / |  |
                    /   |/







387 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/01(日) 21:11:58 ID:yTScZJmg

カロリーメイトとスポーツ飲料水だけとると、その後入念はストレッチを行う。
冷えた外気に身体を蝕まれぬよう、ストレッチは身体が完全に解れるまで行う。

その時間は30分を越えることもある。

   ♪    ____
       /⌒  ⌒\    ♪
     / ( ●) ( ●)\
    /::::::⌒(__人__)⌒::::: \
    |     |r┬-|     |
    \      `ー'´     /
     /          \
 ( (( ( "―― ;;,      ヽ      ♪
     ヽ,___ノ ))    | )) )
      (( ( ̄ ̄   /  |
        /ヽ___ノ    |
  ♪   /           ヽ、
      |    | `'ヽ       \
      |     j   `'ー-=     \
      >    |       ヽ     } ) )) )
  ( (( (__ノ







388 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/01(日) 21:12:36 ID:yTScZJmg

その後、軽く球を放り始める。
通常ボールを放るまでの3倍以上の時間をかけ、フォームを確認しながらゆっくりと投げる。
ボールの行方やスピードなどは気にせず、ボールにかかったスピンだけを確認する。

一日でも早く改造したフォームを身体に染み込ませるための、やる夫が考えた練習だ。

         ___
       /     \    
      /   \ , , /\
    /    (●)  (●) \
     |       (__人__)   |
      \      ` ⌒ ´  ,/
.      /⌒~" ̄, ̄ ̄〆⌒,ニつ
      |  ,___゙___、rヾイソ⊃
     |            `l ̄
.      |          |

これを皆が起きる少し前の時間まで続け、その後やる夫は”普通の”練習生としての生活に戻る。







389 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/01(日) 21:12:53 ID:yTScZJmg

   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ○)(○)
. |  U  (__人__)
  |     |r┬-|
.  | ι   `ー'´}
.  ヽ     u  }
   ヽ     ノ
   /    く  \
   |     \   \
    |    |ヽ、二⌒)、







390 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/01(日) 21:13:31 ID:yTScZJmg

12月26日 第三練習場 合宿所

                      ___
                  ,、-‐''"゛     ゛"''‐-、,
                /  ‐''"""""''‐-、、 |/ /\
               /  ∠     、、  |"''‐''""''、|
              /   ∠‐‐‐--、、、. ゛"'| .|、-‐ ヽ|
             /、-、  /  ‐''""●''>ノ、、|,,,,、、、、ヽ
                |/⌒/ |    ヽ--‐''"‐/ ヽ"●ヽ /
             | | //  |    、、-‐'''"  ヽ.ヽ''‐-‐ヽ
             ヽヽ|   |         、-‐ >   )   「よし、それでは今年最後の練習を終了する!」
             人|   ヽ   、-二'-‐‐‐‐‐-、、   /
             ( |   ヽ .|  | |,,,,、、、、、、、、,,,,,,.ヽヽ/|
            (ヽ |    | | |.    、,,,,,、、、、,,,,、"''./ .|.|
            (ヽ <| |  || ヽヽ       、   /  ||
           (ヽ )|| |  ||             )  .( | ||
           (ヽ ) | 丶| \        /   .)/||
          (ヽ ) .|   \  \____  .ノ |
          (ヽ ) .|______      ̄| ヽ|
         (ヽ )┌''"        | ̄ ゛"''‐-.|、、
         (ヽ ) /          .|      | |
       __(ヽ/"''./           .|      .| |
__,,,,、--/     "''‐-、、__,     |      | |─、,,,,,
                    ̄゛゛"'''|      └┤   ヽ、、_

         _人人人人人人人人人人人人人人人_
           >    イエエエエエエエエエエイ♪  <
           ̄^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^ ̄
     ll     ll          ll     ll          ll     ll
     l| -‐‐- |l  __     l| -‐‐- |l  __     l| -‐‐- |l  __
    ,イ」_  |ヽ_| l、〈〈〈〈 ヽ  ,イ」_  |ヽ_| l、〈〈〈〈 ヽ  ,イ」_  |ヽ_| l、〈〈〈〈 ヽ
   /└-.二| ヽ,ゝl.〈⊃  } /└-.二| ヽ,ゝl.〈⊃  }./└-.二| ヽ,ゝl.〈⊃  }
   l   ,.-ー\/. 、l |   |. l   ,.-ー\/. 、l |   | l   ,.-ー\/. 、l |   |
  |  /.__';_..ン、!   ! |  /.__';_..ン、!   !|  /.__';_..ン、!   !
  / /<二>  <二>!゙、 // /<二>  <二>!゙、 // /<二>  <二>!゙、 /
 //--─'( _●_)`ーミ /.//--─'( _●_)`ーミ / //--─'( _●_)`ーミ /
<-''彡、   |∪|  / <-''彡、   |∪|  /  <-''彡、   |∪|  /
 / __  ヽノ /     / __  ヽノ /    / __  ヽノ /
 (___)   /     (___)   /     (___)   /

練習中にその声をださんか―。
内心東方不敗が腹を立てるほど、息の揃った喜びの声が上がる。







391 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/01(日) 21:14:34 ID:yTScZJmg

ただ気持ちは解る。
怒りを飲み込んで東方不敗は続ける。

          ,. ‐==:┬┬ .、
          ,イミ∠⌒ヽ_⊥∠}
        /三V >、 、,  j.
        r=三〈  `ー゚` l L..=〉
       ,仆、j川    ._| 「゚-j
       ,tノ`i | |l  仁二`-' 、/                    「練習の再開は1月4日からだ。
   _   tノ リ| | |    ー- `"ハ                     実家で浮かれすぎて練習に遅れるではないぞ!」
ー-< `ー- 、 ,/レ'^_:、j    } /l_j.
ヽ、.:\: : :  ̄`ー二_ `rー-r┘
‐- 、.:..:.:.:.:.:ー-.:.:.:.  ` ┴-、|7
 r‐―‐ 、.::.:.:.:ヽ       `ー¬
/   r一爿.:.:.:.  \ ー‐- .__」_
ヽ/ r―┴ 、.:.:.:... `ー        \ _
.(_,>人__,.―^ー-、__,..  _.. > 、___,.... - ヽ


         _人人人人人人人人人人人人人人人_
           >    イエエエエエエエエエエイ♪  <
           ̄^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^ ̄
     ll     ll          ll     ll          ll     ll
     l| -‐‐- |l  __     l| -‐‐- |l  __     l| -‐‐- |l  __
    ,イ」_  |ヽ_| l、〈〈〈〈 ヽ  ,イ」_  |ヽ_| l、〈〈〈〈 ヽ  ,イ」_  |ヽ_| l、〈〈〈〈 ヽ
   /└-.二| ヽ,ゝl.〈⊃  } /└-.二| ヽ,ゝl.〈⊃  }./└-.二| ヽ,ゝl.〈⊃  }
   l   ,.-ー\/. 、l |   |. l   ,.-ー\/. 、l |   | l   ,.-ー\/. 、l |   |
  |  /.__';_..ン、!   ! |  /.__';_..ン、!   !|  /.__';_..ン、!   !
  / /<二>  <二>!゙、 // /<二>  <二>!゙、 // /<二>  <二>!゙、 /
 //--─'( _●_)`ーミ /.//--─'( _●_)`ーミ / //--─'( _●_)`ーミ /
<-''彡、   |∪|  / <-''彡、   |∪|  /  <-''彡、   |∪|  /
 / __  ヽノ /     / __  ヽノ /    / __  ヽノ /
 (___)   /     (___)   /     (___)   /







392 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/01(日) 21:15:06 ID:yTScZJmg

                       __,.ァァ ー-- ._
.                     r:i´:.:.:/:,'.:.:.:.:.:.:.__> 、
                     ノ:.j:.:.:.:|/:.:.:.:.://_____ヽ.-、
.                     |:j'´ヽ∠.-‐''¨´ ̄   ヽ.___, ヘノ_
.                     |'           /.:.:.:.:.:.:.:〉: 〉
.                    /_   | /      ーァ___,ノ:|/、
                    ヽ.ゝ、_ノ ノ __,. -‐''ヾ.__:::___::::|,ノ、
                     ハヾ〉 ゝ'<ゞ.フ¨フ゛ /:l:::{,.イ Y::::/        (・・・話を聞いとらんな)
.                    〈 ´7 ' .ヘ `‐'´| /.:.:!:: Yァ l:::/:〉
                    |〉 | ! 〈  `¨  / ,' :/:l:::::|' /'´V::}         「ん・・・?」
                    |:.:V、_,ノ´`ヽ、_ ,'  !:/.: !:イ|1   {::;ハ
                    |:|:ヘ ̄¨¨''ー 、', l ,'|1:|: l:||ノ|   ソ:/
                    VV 〉 ̄¨''ー'' `,' / Vl: リ' |   ソ:}
                      i  |   ,ノ _, ィ | V_,.ノ|  {, イ
.        _____           `ゝr_、___/_,.‐ ¨´  ヽ、 {::ハ
     ,.ィ¨ ̄.::.::.::.::. ̄¨'' -、_,.---――} |:::::::r'´ ̄     __/  ̄ ̄ ̄
    /.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::. ̄.::.::.::.::.::.::.::._人|:::::::}  ___,.-‐'¨.::.::.::.::.::.::.::.::.:/
.   /::.::.::.::.:|.::.::.::.::.::.::.::.::.______} ̄¨¨{ ̄- ‐'´.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::./.::.
   i ::.::.::.::.::|.::.::.::.::.::.::. /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: /.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::./.::.::.::.                  <チョンチョン

解散の合図と共に、練習生達が飛び跳ねながら合宿所に向かう。
半ば呆れつつその背中を眺める東方不敗のジャージの裾を、誰かが小さく引っ張った。

引っ張ったのはやる夫である。

       / ̄ ̄ ̄ \
     /       . \
    /  _ ノ   ヽ、_   \
   .|   (ー)  (ー) .  |       「・・・」
    \    (__人__) .  /
     /    `⌒´    ヽ
    ヽ、二⌒)   (⌒ニノ







393 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/01(日) 21:15:55 ID:yTScZJmg
          ,. ‐==:┬┬ .、
          ,イミ∠⌒ヽ_⊥∠}
        /三V >、 、,  j.
        r=三〈  `ー゚` l L..=〉
       ,仆、j川    ._| 「゚-j
       ,tノ`i | |l  仁二`-' 、/             「・・・ん、やる夫か。どうした?」
   _   tノ リ| | |    ー- `"ハ
ー-< `ー- 、 ,/レ'^_:、j    } /l_j.
ヽ、.:\: : :  ̄`ー二_ `rー-r┘
‐- 、.:..:.:.:.:.:ー-.:.:.:.  ` ┴-、|7
 r‐―‐ 、.::.:.:.:ヽ       `ー¬
/   r一爿.:.:.:.  \ ー‐- .__」_
ヽ/ r―┴ 、.:.:.:... `ー        \ _
.(_,>人__,.―^ー-、__,..  _.. > 、___,.... - ヽ

やる夫は、この男にしては珍しく言い淀んだ。

         ____
       /   u \
      /  /    \\
    /  し (○)  (○) \             「えーと、えーと」
    | ∪    (__人__)  J |
     \  u   `⌒´   /

暫く逡巡するように無意味な言葉を紡ぎ、
そして何かを閃いたような表情を見せる。

      ____
    /    ⌒ \
   /      ( ●) )
  /       :::⌒ (__)                「!」
  |          |┬、|
  \          `ーノ







394 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/01(日) 21:17:03 ID:yTScZJmg
               ∩_
              〈〈〈 ヽ
      ____   〈⊃  }
     /⌒  ⌒\   |   |
   /( ●)  (●)\  !   !             「うち実家の両親が海外旅行行ってるんで、帰らなくてもいいですかお?」
  / :::::⌒(__人__)⌒:::::\|   l
  |     |r┬-|       |  /
  \     ` ー'´     //
  / __        /
  (___)      /

::::ヽ、;::;:;:;:;:;:;:;:;:, ...:'´.::::::::::::::`ヽ、.:::::::::::::::   |
;:;:;:::ゝ;::;:;:;:;:;:;/.:::::::::::::::::::::::::::::: \.:::::::::::. i |
;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::. `ヽ、.:::::  l |
;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;::|::::::::::::::::::::::::::::::::::、--==`、,  ,,,l |
;:;:;:;:;:;:;:;:;:゙;:;:;; |::::::::::::::::::::::::::::'.:::::`..  (/”="_/
;:;:;:;:;:;:;:;:;:  :;: |:::::::::::::::::::::::::::::   `-'´;::"~:. i
;:;:;:;:;:;:;:;:;:;  ;: |:;:;:::::::::::::::::::::::.   '´.:::::::::::. |
;:;:;:;:;:;:;: ::;  l; |:;:;:,::::::::::::::::::::''   ..::::::::::::::::::.. |
;:;:;:;:;:;:;: ;  |V:;:;:;::::::::::::::::''   ..:::::::::::::::::::::. |      「なんじゃと!?」
;:;:!i:;:;:;: '  l:::::;:;:''::::::::::::'....::::::::::::::::::/´::::::::::::.  |
;:;:!i:;::;:;  i |:,:;:;'':::::::::::::::::::''iiilll|l|ll|llll|liiii,,:::::::::. |
;:;: ;:;:;:;:  /i!::;:;:::::::::::::::::,,iiiiiiillll|ll||ll||ll||l|lllllii-- '´
;:;:;:;:;:;:;! /::::::::::::::::::::::::i:::::::::::::::::::::::: l゙゙゙゙゙゙゛゛
..:;:;:;:;:;:i /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::''/
ヽ:;:;:;:;:!/i,,、:::::::::::::::::::::::::::::::::::.' |
:::::ヽ;:/i||iiiii,,::::::::::::::::::::::::::::::::::. |

やる夫は実家に帰りたくなかった。
実家に帰っても野球の練習ができる場所は毘都附学園のグラウンドくらいしか心当たりが無い。
しかし毘都附学園監督、梅岡との関係に亀裂が入っている今は、グラウンドを貸してくれと頼み辛いのであった。







395 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/01(日) 21:18:00 ID:yTScZJmg
         ____
       /   u \
      /  \    /\
    /  し (○)  (○) \              「・・・」
     | ∪    (__人__)  J |
    \  u   `⌒´   /

必要限の休養しか取りたくない。練習がしたい。
それが今のやる夫の心境だ。

それに、毘都附学園のグラウンドでは、アイツと会う可能性もある―

          ,. ‐==:┬┬ .、
          ,イミ∠⌒ヽ_⊥∠}
        /三V >、 、,  j.
        r=三〈  `ー゚` l L..=〉
       ,仆、j川    ._| 「゚-j
       ,tノ`i | |l  仁二`-' 、/             「・・・」
   _   tノ リ| | |    ー- `"ハ
ー-< `ー- 、 ,/レ'^_:、j    } /l_j.
ヽ、.:\: : :  ̄`ー二_ `rー-r┘
‐- 、.:..:.:.:.:.:ー-.:.:.:.  ` ┴-、|7
 r‐―‐ 、.::.:.:.:ヽ       `ー¬
/   r一爿.:.:.:.  \ ー‐- .__」_
ヽ/ r―┴ 、.:.:.:... `ー        \ _
.(_,>人__,.―^ー-、__,..  _.. > 、___,.... - ヽ

そんなやる夫の心境が、東方不敗には手に取るように解る。







396 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/01(日) 21:18:31 ID:yTScZJmg

練習を止めても、無駄だろう。
止めようが必ず隠れてやるに違いない。 

そう判断した。
;:;:;:;:;:;:;:;:;:;  ;: |:;:;:::::::::::::::::::::::.   '´.:::::::::::. |
;:;:;:;:;:;:;: ::;  l; |:;:;:,::::::::::::::::::::''   ..::::::::::::::::::.. |
;:;:;:;:;:;:;: ;  |V:;:;:;::::::::::::::::''   ..:::::::::::::::::::::. |      「-・・・」
;:;:!i:;:;:;: '  l:::::;:;:''::::::::::::'....::::::::::::::::::/´::::::::::::.  |
;:;:!i:;::;:;  i |:,:;:;'':::::::::::::::::::''iiilll|l|ll|llll|liiii,,:::::::::. |
;:;: ;:;:;:;:  /i!::;:;:::::::::::::::::,,iiiiiiillll|ll||ll||ll||l|lllllii-- '´
;:;:;:;:;:;:;! /::::::::::::::::::::::::i:::::::::::::::::::::::: l゙゙゙゙゙゙゛゛
..:;:;:;:;:;:i /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::''/
ヽ:;:;:;:;:!/i,,、:::::::::::::::::::::::::::::::::::.' |
:::::ヽ;:/i||iiiii,,::::::::::::::::::::::::::::::::::. |

                       __,.ァァ ー-- ._
.                     r:i´:.:.:/:,'.:.:.:.:.:.:.__> 、
                     ノ:.j:.:.:.:|/:.:.:.:.://_____ヽ.-、
.                     |:j'´ヽ∠.-‐''¨´ ̄   ヽ.___, ヘノ_
.                     |'           /.:.:.:.:.:.:.:〉: 〉
.                    /_   | /      ーァ___,ノ:|/、
                    ヽ.ゝ、_ノ ノ __,. -‐''ヾ.__:::___::::|,ノ、
                     ハヾ〉 ゝ'<ゞ.フ¨フ゛ /:l:::{,.イ Y::::/
.                    〈 ´7 ' .ヘ `‐'´| /.:.:!:: Yァ l:::/:〉       「認めよう。ただ、1つ約束をしろ」
                    |〉 | ! 〈  `¨  / ,' :/:l:::::|' /'´V::}
                    |:.:V、_,ノ´`ヽ、_ ,'  !:/.: !:イ|1   {::;ハ
                    |:|:ヘ ̄¨¨''ー 、', l ,'|1:|: l:||ノ|   ソ:/
                    VV 〉 ̄¨''ー'' `,' / Vl: リ' |   ソ:}
                      i  |   ,ノ _, ィ | V_,.ノ|  {, イ
.        _____           `ゝr_、___/_,.‐ ¨´  ヽ、 {::ハ
     ,.ィ¨ ̄.::.::.::.::. ̄¨'' -、_,.---――} |:::::::r'´ ̄     __/  ̄ ̄ ̄
    /.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::. ̄.::.::.::.::.::.::.::._人|:::::::}  ___,.-‐'¨.::.::.::.::.::.::.::.::.:/
.   /::.::.::.::.:|.::.::.::.::.::.::.::.::.______} ̄¨¨{ ̄- ‐'´.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::./.::.
   i ::.::.::.::.::|.::.::.::.::.::.::. /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: /.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::./.::.::.::.







397 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/01(日) 21:18:58 ID:yTScZJmg
        ___
      /      \
   /          \
  /   ⌒   ⌒   \
  |  /// (__人__) ///  |                               「はいですお!」
. (⌒)              (⌒)
./ i\            /i ヽ

自分の我意が通った時のやる夫の表情は無邪気そのものだ。
その顔を見て思わず苦笑が零れるが、気を引き締めなおして東方不敗は言った。

                      ___
                  ,、-‐''"゛     ゛"''‐-、,
                /  ‐''"""""''‐-、、 |/ /\
               /  ∠     、、  |"''‐''""''、|
              /   ∠‐‐‐--、、、. ゛"'| .|、-‐ ヽ|
             /、-、  /  ‐''""●''>ノ、、|,,,,、、、、ヽ
                |/⌒/ |    ヽ--‐''"‐/ ヽ"●ヽ /
             | | //  |    、、-‐'''"  ヽ.ヽ''‐-‐ヽ
             ヽヽ|   |         、-‐ >   )
             人|   ヽ   、-二'-‐‐‐‐‐-、、   /            「無茶な練習は絶対に禁止だ。
             ( |   ヽ .|  | |,,,,、、、、、、、、,,,,,,.ヽヽ/|             自分を追い込む類の練習も許さぬ。
            (ヽ |    | | |.    、,,,,,、、、、,,,,、"''./ .|.|             もしワシがいない間に怪我をしたら、即効退団してもらう」
            (ヽ <| |  || ヽヽ       、   /  ||
           (ヽ )|| |  ||             )  .( | ||
           (ヽ ) | 丶| \        /   .)/||
          (ヽ ) .|   \  \____  .ノ |
          (ヽ ) .|______      ̄| ヽ|
         (ヽ )┌''"        | ̄ ゛"''‐-.|、、
         (ヽ ) /          .|      | |
       __(ヽ/"''./           .|      .| |
__,,,,、--/     "''‐-、、__,     |      | |─、,,,,,
                    ̄゛゛"'''|      └┤   ヽ、、_

           ____
         /      \
        / ─    ─ \
      /   (●)  (●)  \                          「―――!」
      |      (__人__)     |
      \     ` ⌒´   ,/
      /     ー‐    \







398 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/01(日) 21:19:57 ID:yTScZJmg
                       __,.ァァ ー-- ._
.                     r:i´:.:.:/:,'.:.:.:.:.:.:.__> 、
                     ノ:.j:.:.:.:|/:.:.:.:.://_____ヽ.-、
.                     |:j'´ヽ∠.-‐''¨´ ̄   ヽ.___, ヘノ_
.                     |'           /.:.:.:.:.:.:.:〉: 〉
.                    /_   | /      ーァ___,ノ:|/、
                    ヽ.ゝ、_ノ ノ __,. -‐''ヾ.__:::___::::|,ノ、
                     ハヾ〉 ゝ'<ゞ.フ¨フ゛ /:l:::{,.イ Y::::/     「・・・守ってくれるな?
.                    〈 ´7 ' .ヘ `‐'´| /.:.:!:: Yァ l:::/:〉     お前が怪我で野球人生を棒に振れば、
                    |〉 | ! 〈  `¨  / ,' :/:l:::::|' /'´V::}     入団テストでお前を推した赤木監督が悲しむ」
                    |:.:V、_,ノ´`ヽ、_ ,'  !:/.: !:イ|1   {::;ハ
                    |:|:ヘ ̄¨¨''ー 、', l ,'|1:|: l:||ノ|   ソ:/
                    VV 〉 ̄¨''ー'' `,' / Vl: リ' |   ソ:}
                      i  |   ,ノ _, ィ | V_,.ノ|  {, イ
.        _____           `ゝr_、___/_,.‐ ¨´  ヽ、 {::ハ
     ,.ィ¨ ̄.::.::.::.::. ̄¨'' -、_,.---――} |:::::::r'´ ̄     __/  ̄ ̄ ̄
    /.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::. ̄.::.::.::.::.::.::.::._人|:::::::}  ___,.-‐'¨.::.::.::.::.::.::.::.::.:/
.   /::.::.::.::.:|.::.::.::.::.::.::.::.::.______} ̄¨¨{ ̄- ‐'´.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::./.::.
   i ::.::.::.::.::|.::.::.::.::.::.::. /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: /.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::./.::.::.::.

..      ____
     / ―  -\
.  . /  (●)  (●)
  /     (__人__) \                             「赤木監督!?赤木監督がやる夫を推薦してくれたんですかお!?」
  |       ` ⌒´   |
.  \           /
.   ノ         \
 /´            ヽ

―初耳だった。







399 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/01(日) 21:20:48 ID:yTScZJmg
::::ヽ、;::;:;:;:;:;:;:;:;:, ...:'´.::::::::::::::`ヽ、.:::::::::::::::   |
;:;:;:::ゝ;::;:;:;:;:;:;/.:::::::::::::::::::::::::::::: \.:::::::::::. i |
;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::. `ヽ、.:::::  l |
;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;::|::::::::::::::::::::::::::::::::::、--==`、,  ,,,l |
;:;:;:;:;:;:;:;:;:゙;:;:;; |::::::::::::::::::::::::::::'.:::::`..  (/”="_/
;:;:;:;:;:;:;:;:;:  :;: |:::::::::::::::::::::::::::::   `-'´;::"~:. i
;:;:;:;:;:;:;:;:;:;  ;: |:;:;:::::::::::::::::::::::.   '´.:::::::::::. |                    「・・・守れるな?」
;:;:;:;:;:;:;: ::;  l; |:;:;:,::::::::::::::::::::''   ..::::::::::::::::::.. |
;:;:;:;:;:;:;: ;  |V:;:;:;::::::::::::::::''   ..:::::::::::::::::::::. |
;:;:!i:;:;:;: '  l:::::;:;:''::::::::::::'....::::::::::::::::::/´::::::::::::.  |
;:;:!i:;::;:;  i |:,:;:;'':::::::::::::::::::''iiilll|l|ll|llll|liiii,,:::::::::. |
;:;: ;:;:;:;:  /i!::;:;:::::::::::::::::,,iiiiiiillll|ll||ll||ll||l|lllllii-- '´
;:;:;:;:;:;:;! /::::::::::::::::::::::::i:::::::::::::::::::::::: l゙゙゙゙゙゙゛゛
..:;:;:;:;:;:i /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::''/
ヽ:;:;:;:;:!/i,,、:::::::::::::::::::::::::::::::::::.' |
:::::ヽ;:/i||iiiii,,::::::::::::::::::::::::::::::::::. |

静かに、東方不敗が念を押す。

          ___
         /     \
       /   \ , , /\
     /    (●)  (●) \
      |       (__人__)   |                        「ハイ!ですお!」
     \      ` ⌒ ´  ,/
      ノ          \
    /´      _i⌒i⌒i⌒i┐ ヽ
    |    l  ( l / / / l
     l    l  ヽ       /

やる夫が力強く答えた。







400 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/01(日) 21:21:12 ID:yTScZJmg

その返事を聞くと、東方不敗は穏やかに笑って立ち去った。
赤木監督についてもっと聞き出したかったのだが、声をかけるタイミングを逃してしまった。

        ____
      /     \
    /    ;   _ノ′
   /     ∪ :::(●
   |         "`(__) ・・・・・・
   \、          /´ヽ
     )       ィ ("_ノ
      / /⌒ヽ    ヽ ) |
      i l   |     |  |
      | |   |      |-‐'
      |.|   |       |
      i〆  /       |
     ヾン´       l
      |     ィ  |
      l    |   /
        〉    ノ 丿
      /   //
      く、.,、,.,,(,≒,.,.,、 ,, ,. ,,, 、,,,., ,

           ____
         /      \
        / ─    ─ \
      /   (●)  (●)  \        ―しかし―
      |      (__人__)     |
      \     ` ⌒´   ,/
      /     ー‐    \







401 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/01(日) 21:21:33 ID:yTScZJmg

誰かの期待など、禄に受けたことの無いやる夫だ。
自分に期待してくれている。それもプロの1軍監督が―。

               ____
    , ヘー‐- 、    /ヽ  / \
  -‐ノ .ヘー‐-ィ  /(●.)  (● )ヽ
 ''"//ヽー、  ノ ./:::⌒(__人__)⌒::::::ヽ
  //^\  ヾ-、.|    |r┬-|     |
,ノ   ヽ,_ ヽノヽ_)\   `ー'´    /
/    <^_,.イ `r‐'゙ ::::ヽー‐-..、  ,..-‐|、
\___,/|  !  ::::::l、:.:.:.:.:.ヽ /:.:.:.:.| \

やる夫の身体に力が漲ってくる。
今なら何百球という投げ込みも、何百キロというランニングも楽々こなせそうな気がする。







402 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/01(日) 21:22:32 ID:yTScZJmg

やる夫は逸る気持ちを何とか抑える。

少しでも早く1軍に上がれるように、少しでも早くできる夫に追いつくために、
やる夫は全力での投げ込みを増やしたい。

           ____
         /   ∪  \
       γ⌒) ノ三三三ゞ(⌒ヽ
      / _ノ (>)三(<) \ `、
     (  <:::∪:::::(__人__):::::∪|  )
      \ ヽ ::∪::::` ⌒´∪:://

でも、この気持ちを抑ようと誓う。

赤木監督の期待を受けてると知れたこと。それも嬉しかった、が―







403 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/01(日) 21:22:52 ID:yTScZJmg

―東方不敗の親身になった言葉も、同じ位嬉しかったのだ。

                       __,.ァァ ー-- ._
.                     r:i´:.:.:/:,'.:.:.:.:.:.:.__> 、
                     ノ:.j:.:.:.:|/:.:.:.:.://_____ヽ.-、
.                     |:j'´ヽ∠.-‐''¨´ ̄   ヽ.___, ヘノ_
.                     |'           /.:.:.:.:.:.:.:〉: 〉
.                    /_   | /      ーァ___,ノ:|/、
                    ヽ.ゝ、_ノ ノ __,. -‐''ヾ.__:::___::::|,ノ、
                     ハヾ〉 ゝ'<ゞ.フ¨フ゛ /:l:::{,.イ Y::::/
.                    〈 ´7 ' .ヘ `‐'´| /.:.:!:: Yァ l:::/:〉
                    |〉 | ! 〈  `¨  / ,' :/:l:::::|' /'´V::}
                    |:.:V、_,ノ´`ヽ、_ ,'  !:/.: !:イ|1   {::;ハ
                    |:|:ヘ ̄¨¨''ー 、', l ,'|1:|: l:||ノ|   ソ:/
                    VV 〉 ̄¨''ー'' `,' / Vl: リ' |   ソ:}
                      i  |   ,ノ _, ィ | V_,.ノ|  {, イ
.        _____           `ゝr_、___/_,.‐ ¨´  ヽ、 {::ハ
     ,.ィ¨ ̄.::.::.::.::. ̄¨'' -、_,.---――} |:::::::r'´ ̄     __/  ̄ ̄ ̄
    /.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::. ̄.::.::.::.::.::.::.::._人|:::::::}  ___,.-‐'¨.::.::.::.::.::.::.::.::.:/
.   /::.::.::.::.:|.::.::.::.::.::.::.::.::.______} ̄¨¨{ ̄- ‐'´.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::./.::.
   i ::.::.::.::.::|.::.::.::.::.::.::. /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: /.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::./.::.::.::.







404 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/01(日) 21:23:11 ID:yTScZJmg

皆が立ち去った後、ポツポツと雪が降り始めた。

/ / / / / /| 。                               o
/|/|/|/|/| /|      o          ゚       。
/ / / / / /|           。       。
/|/|/|/|三ll/|                          。
// /  |三||/|              。               ゜
/|/.   .|三||/|    。                   o
/|      .三||/|                ゚
/|     |三ll/|                      。
/|     |三ll/|  。                             。
/|/l/ / /./|    。
/ /l/ / /./|                         。
/|/l/ / /./|         o
/ / / / //|。                   o
/|/|/|/|/|/|                        。

軽いランニングをはじめていたやる夫だが、切り上げて宿舎に戻ることにする。







405 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/01(日) 21:24:00 ID:yTScZJmg
    /||ミ
   / ::::||
 /:::::::::::||____
 |:::::::::::::::||      || ガチャ
 |:::::::::::::::||      ||
 |:::::::::::::::||      ||
 |:::::::::::::::|| ̄ ̄\ ||
 |:::::::::::::::|| ノ  ヽ_\.                                           *
 |:::::::::::::::||●) (●) \                                   / ̄|  +   / ̄ ̄\     +
 |:::::::::::::::|| (_人_)    |.                                   | ::|   /   ⌒   \
 |:::::::::::::::||___   /                           よう>     | ::|x  ( へ)( へ)  |     .人
 |::::::::::::::(_____ノ´||                                  ,―    \  .(__人__)      |     .`Y´
 |::::::::::::::(_ノ / . . . ||                                 | ___)  ::| . l` ⌒´    .|
 |:::::::::::::::||/    ||                                 | ___)  ::| . l` ⌒´    .|
 |:::::::::::::::||      ||                                 | ___)  ::|+{          .|     十
 \:::::::::::|| ̄ ̄ ̄ ̄                                  | ___)  ::|  {       _ |
   \ ::::||.                                       ヽ__)_/   ヽ、ヽ   /  )|
    \||.                                                  ``ー―‐'| ..ヽ|
                                                              ヽ ノ

なぜか、やらない夫がいた。







406 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/01(日) 21:24:50 ID:yTScZJmg

やらない夫は高校卒の同期である。
名門BL工業で活躍したキャッチャーで、今年度ドラフト2位で入団した。

所謂2世選手でもあり、父親は羽亜速パイレーツのタイトルホルダーのため、入団早々注目度の高い選手である。

         / ̄ ̄\
        /   _ノ  \
        |    (⌒ )(⌒)
        |     (__人__)
          |     ` ⌒´ノ
        |         }
        ヽ     ヘミ|
        /,` 、` -`,--` ,
  __,---/;;;;;`  `-,-/ニニ |
 /;;;;;::::、:::::::::|、_ ,>、 /::l,_l・ ,<、__
ノ;;;;;;;;;;;;:::|::::::::::<:::::::ヽ``l::::|  |`l,::::ヽ
|;;;;;;;;;;;;;;:::::|:::::::::::::ヽ:::::::\|:::|`-‐'/::ヽ::::|
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|;:::::::::::::::::::-、:::`;:ヽ;-';;;;;:::ヽ::l
;;;;;;;;;;;;;;;;;;/;;;;;;:::::::::::::::::::::`、;`l;;;;;8;;;;;::::`ヽ
;;;;;;;;;;;;/、;;;;;;;;;;;;::::::::::::::::::::::;`l;;;|;;;;;;;;;;;::::: `l|、
;;;;;/'  `,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::::|;;;::l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::l
;;;く   ';;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::::::::::;;;;;;;l;;;;;;;;;;;;;;;;;;/

ただ、同じ合宿所にいながらやる夫との交流は無い。
寧ろやる夫が、誰とも交流を取っていないというのが正しいが。

           ____
         /      \
        / ─    ─ \
      /   (●)  (●)  \            「・・・」
      |      (__人__)     |
      \     ` ⌒´   ,/
      /     ー‐    \







407 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/01(日) 21:25:39 ID:yTScZJmg

          ____
        /      \
       ─   ─    \
      (●)  ( ●)      \           「・・・」
      | (_人__)        |
       \` ⌒´       /
        / ー‐       ヽ
       /            `

何故やらない夫がいるのか良くわからなかったが、どうでもいいことだった。
やる夫は風呂場に向かおうとする。

               / ̄ ̄\
             /  \    \
            .(●)(● )  u. |
            (__人__)  u   |
            .(`⌒ ´     |        「ちょちょちょ、ちょっと待ってくれ、話があるだろ」
             {         |
             {      u. /
.             __\     /リ 厂`'‐- .._
         / :  : :介ーz<__」// |: : : : : : :ヽ
          | : : : : ::〈 「`乂/  / 丿: : : : : : : |
         | : : : : : /: | {::::} / `7: : : : : : : :│
.           | : : : 〈: :│ {::::l /. :/. : : : : : : : : |

あわててやらない夫が引き止めてくる。







408 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/01(日) 21:26:42 ID:yTScZJmg

           ____
         /      \
        / ─    ─ \
      /   (●)  (●)  \            「・・・話?やる夫にかお?」
      |      (__人__)     |
      \     ` ⌒´   ,/
      /     ー‐    \

    / ̄ ̄\
  /   _ノ  \
  |    ( 一)(●)
  |     (__人__)
   |     `⌒´ノ                    「そうだ、大事な話だろ。運命的に考えて」
   |   ,.<))/´二⊃
   ヽ / /  '‐、ニ⊃
   ヽ、l    ´ヽ〉
''"::l:::::::/    __人〉
:::::::::|_/ヽ.   /|||||゙!:゙、-、_
:::::::/´∨/`ー'〉゙||i l\>::::゙'ー、
:::y′.: ',ゝ、_/ヽ.||||i|::::ヽ::::::|:::!
/: ://: : : :|:::ヽ|||||:::::/::::::::i::|

大仰に言う奴だ。やる夫はそう思った。







409 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/01(日) 21:27:27 ID:yTScZJmg

         / ̄ ̄\
        /   _ノ  \
        |    (⌒ )(⌒)
        |     (__人__)
          |     ` ⌒´ノ
        |         }              「てか、いきなりオレが残ってたらもっと驚いてもいいだろ?
        ヽ     ヘミ|               びっくりしなかったのかお前?」
        /,` 、` -`,--` ,
  __,---/;;;;;`  `-,-/ニニ |
 /;;;;;::::、:::::::::|、_ ,>、 /::l,_l・ ,<、__
ノ;;;;;;;;;;;;:::|::::::::::<:::::::ヽ``l::::|  |`l,::::ヽ
|;;;;;;;;;;;;;;:::::|:::::::::::::ヽ:::::::\|:::|`-‐'/::ヽ::::|
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|;:::::::::::::::::::-、:::`;:ヽ;-';;;;;:::ヽ::l
;;;;;;;;;;;;;;;;;;/;;;;;;:::::::::::::::::::::`、;`l;;;;;8;;;;;::::`ヽ
;;;;;;;;;;;;/、;;;;;;;;;;;;::::::::::::::::::::::;`l;;;|;;;;;;;;;;;::::: `l|、
;;;;;/'  `,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::::|;;;::l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::l
;;;く   ';;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::::::::::;;;;;;;l;;;;;;;;;;;;;;;;;;/

話を円滑に進めたいのだろう、やらない夫が笑顔で軽い話題を振る。
が。

           ____
         /      \
        / ─    ─ \
      /   (●)  (●)  \            「・・・なんの話だお?」
      |      (__人__)     |
      \     ` ⌒´   ,/
      /     ー‐    \

その話題には答えず、やる夫はとことんめんどくさそうな顔をしている。







410 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/01(日) 21:28:36 ID:yTScZJmg
       / ̄ ̄\
      /  \    \
    .(●)(● )  u. |
     (__人__)  u   |
     .(`⌒ ´     |        「あーと」
     {         |
      {      u. /
      \     /
      ノ     \
     /´        ヽ

      / ̄ ̄\
     /  u  ノ \
     |    .u ( ●) |        「えーと」
.     |      (__人_)
     |      ` ⌒ノ
      |        }
      ヽ u      }
       ヽ     ノ
      ノ     \
     /´        ヽ

これにはやらない夫も戸惑う。
合同生活の中で、やる夫がコミニュケーション能力の低い奴ということは理解していたが、
実際に話してみると異様な話しにくさを感じるのだ。







411 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/01(日) 21:28:56 ID:yTScZJmg

     / ̄ ̄Y ̄ ̄\
    /  ヽ,_.   ノ  \
   (●)(● )  ( ●)(●)
   (__人__)     (__人__)     「あ、あのな」
   {`⌒ ´   彡 ` ⌒´ノ
    {             }
     {      彡    }
     ヽ、    /   ノ
       .ン    ヽ
      //    |
  (⌒二_/ |  .  |

       ____
      /      \
     / ⌒  ⌒   \      「・・・」
   /  (ー) (ー) /^ヽ
  |   (__人__)( /   〉|
  \   ` ⌒´  〈 / ⌒^ヽ
―――――――― \ _ _ _ )

しかし、少し言いよどんだ後、思い切ってやらない夫は言う。







412 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/01(日) 21:29:55 ID:yTScZJmg

                  / ̄ ̄\
                / _ノ  .ヽ、\
                |  (●)(●) |
.                |  (__人__) .|      「お、オレを仲間にしてほしいだろ!」
                 |   ` ⌒´  ノ
.           r─一'´ ̄`<ヽ      }
.          `ー‐ァ   ,    )     , -'~⌒ヽ、
           ノ   {.   ,ヘ    ,l. ゝ、_ .'ヽ).
.            /, 、 _   /. |    . ',  . ..  .ヽ、
           (/ / // / / ...|      ...|\..\\ \_)
             / // / /         . . \_\_)、_)
            ー' {_/ノ              ."´

      ___
    /     \
   /  _ノ '' 'ー \                 「はぁ?」
 /  (●)  (●)  \
 |      (__人__)    |
 \      ` ⌒´   /

やらない夫にとっては、愛の告白並に緊張する、悩みに悩んだ末の言葉だった。
やる夫にとっては、何の関心も示さない言葉だった。







413 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/01(日) 21:30:44 ID:yTScZJmg

想像していた以上の反応の無さに、ちょっぴし心が折れかける。
縋りつくように言葉を続けた。

   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ○)(○)
. |  U  (__人__)                  「あ、仲間にしてくれってのは言い方が悪かっただろ。
  |     |r┬-|                   なんていったらいいかな・・・
.  | ι   `ー'´}                   お、俺をお前の練習に混ぜてほしいだろ!」
.  ヽ     u  }
   ヽ     ノ
   /    く  \      
   |     \   \
    |    |ヽ、二⌒)、                  チョ、チョットドラクエポッカッタカナーナンテ・・・

      ___
    /     \
   /  _ノ '' 'ー \                「・・・なんでだお?」
 /  (●)  (●)  \
 |      (__人__)    |
 \      ` ⌒´   /

やる夫の表情は変わらない。







414 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/01(日) 21:31:45 ID:yTScZJmg

    __
   /ノ ヽ\
 /.(○)(○)\
 |. u. (__人__) |
. |        |                   「そ、それは・・・」
  |        |
.  ヽ      ノ
   ヽ     /
   /    ヽ
   |     |
    |    .   |

.        / ̄ ̄\
     . / ノ  \ \/`i
     |  (●)(●)./  リ
    . |  (__人__)..|  /             「お前が凄い奴だからだろ!」
      |   ` ⌒´ リ  ヒ
    .  ヽ     //  ,`弋ヽ
   __ ヽ  - ′.Y´  , `ヽ`.l
  / :  : :介〈  `ー〈::....ノ   Vヽ
  | : : : : ::〈 「`ヽ_ー 、 `ヾ_/ //:|
  | : : : : : /: | {::::} フ-、`ー┴‐- │
  | : : : 〈: :│ {::::l /. :`ー‐一′ ::|

ストレートに自分の気持ちを相手に伝えることは、人間同士の関係では難しい。
悪感情にしろ、尊敬の念だろうとそれは同じだ。

不快な気持ちを伝えれば、言わずもがな喧嘩になる。
尊敬の念を伝えるのは、照れが入るし、おべっかとも取られかねない。

やらない夫は今、思っている通りの言葉を伝えた。
やる夫の反応は―







415 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/01(日) 21:32:32 ID:yTScZJmg

       ____
     /     \
   /_ノ  ヽ、_   \
  /(●)三(●))   .\              「はぁ?」
  |   (__人__)      |
  \ ヽ|r┬-| /   /
  /   `ー'´      \

やらない夫には理由がさっぱり検討がつかなかったが、やる夫は怒った。

               / ̄ ̄\
             /  \    \
            .(○)(○ )  u. |
            (__人__)  u   |
            .(`⌒ ´     |        (え、なにその反応。コワイ)
             {         |
             {      u. /
.             __\     /リ 厂`'‐- .._
         / :  : :介ーz<__」// |: : : : : : :ヽ
          | : : : : ::〈 「`乂/  / 丿: : : : : : : |
         | : : : : : /: | {::::} / `7: : : : : : : :│
.           | : : : 〈: :│ {::::l /. :/. : : : : : : : : |







416 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/01(日) 21:33:07 ID:yTScZJmg

       ____
     /   ノ( \
   /  _ノ  ヽ、_ \                 「高校通産本塁打数、50を超えてるって聞いてるお。
  / ノ( ●━━●   \                 名門BL学園の正捕手でキャプテン。
  |  ⌒ (__人__) ノ(  |                ドラフト2位のやらない夫様がやる夫のどこを凄いと思うんだお?」
  \     ` ⌒´   ⌒/

人はこんなに嫌味にしゃべる事ができるのか。
そういう口調でやる夫が言った。

           / ̄ ̄\
         /       \
         |   u     |
         | ヽ   ノ  u |
       /´ fト、_{ル{,ィ'eラ,  |
     /'   ヾ| .(__人__)⌒`/ |             (痛い、心が痛い!)
    ,゙  / )ヽ(,`⌒ ´   | | ヾ、
     |/_/  ハ      /:}  V:::::ヽ
    // 二二二7  /u' __ /:::::::/`ヽ
   /'´r -―一ァ‐゙T´ '"´ /::::/-‐  \
   / //   广¨´  /'   /:::::/´ ̄`ヽ ⌒ヽ
  ノ ' /  ノ:::::`ー-、___/::::://       ヽ  }
_/`丶 /:::::::::::::::::::::::::: ̄`ー-{:::...       イ

しかしやらない夫は察しがいい。
やる夫との会話の糸口を、今の言葉から掴んだ。







417 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/01(日) 21:33:27 ID:yTScZJmg
やる夫を刺激しないよう、落ち着いた口調で話す。

    / ̄ ̄\
  /   _ノ  \
  |    ( 一)(●)
  |     (__人__)
   |     `⌒´ノ             「たしかに、実績なら俺の方が凄いかもしれないだろ。
   |   ,.<))/´二⊃            でも、俺がやる夫を凄いって言っているのはそんなところじゃない だろ」
   ヽ / /  '‐、ニ⊃
   ヽ、l    ´ヽ〉
''"::l:::::::/    __人〉
:::::::::|_/ヽ.   /|||||゙!:゙、-、_
:::::::/´∨/`ー'〉゙||i l\>::::゙'ー、
:::y′.: ',ゝ、_/ヽ.||||i|::::ヽ::::::|:::!
/: ://: : : :|:::ヽ|||||:::::/::::::::i::|







418 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/01(日) 21:34:08 ID:yTScZJmg
      ____
    /:::::::::  u\
   /ノ└ \,三_ノ\   ,∩__
 /:::::⌒( ●)三(●)\ fつuu
 |::::::::::::::::⌒(__人__)⌒ | |   |        「へー、だったらやる夫の何が凄いんだお!言ってみるお!」
 \:::::::::   ` ⌒´   ,/_ |   |
   ヽ           i    丿
  /(⌒)        / ̄ ̄´
 / /       /

やる夫の口調は荒々しい。
その荒々しさを受け止めつつ、やらない夫が言った。

.        / ̄ ̄\
     . / ノ  \ \/`i
     |  (●)(●)./  リ
    . |  (__人__)..|  /
      |   ` ⌒´ リ  ヒ          「なら言うだろ!
    .  ヽ     //  ,`弋ヽ       俺が凄いと行っているのはまさに”やる夫”っていう人間そのものだろ!
   __ ヽ  - ′.Y´  , `ヽ`.l      俺はやる夫という人間を尊敬してる!
  / :  : :介〈  `ー〈::....ノ   Vヽ     近くにいて少しでもその凄さを見習わせてもらいたいと思ってるだろ!
  | : : : : ::〈 「`ヽ_ー 、 `ヾ_/ //:|      プロ野球選手的に考えて!」
  | : : : : : /: | {::::} フ-、`ー┴‐- │
  | : : : 〈: :│ {::::l /. :`ー‐一′ ::|

はっきりと、やる夫の目を見て噛み締めるように言う。







420 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/01(日) 21:35:08 ID:yTScZJmg
その後のやる夫は、面白かった。
       ___
      /     \
    /  一'  `ー\
   /   ( ○)  (○)\
   i       (__人__)   i
   ヽ、    |r┬-|  /
     /    `ー'´  く
     i   丶 ヽ   ヽ   ガシャ
     r     ヽ、__) (_丿      , -っ ゚
     ヽ、___   ヽ ヽ  r. ― ┐ ー ュ '
     と_____ノ_ノ   | 茶. | 。, つ o
                    ` ー‐┘‐- ´。







421 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/01(日) 21:35:27 ID:yTScZJmg
いつもの鉄面皮はどこへやら。
動揺をモロに出したその表情で、右に左に小刻みに揺れる。
          , 、、  ,,          
        , '  ____ " 、、        
         , '   /⌒三 ⌒\  ',   
       ;  /( @)三(@)\  ;   
       ; /::::::⌒(__人__)⌒:::::\ ; 
        |  u   |r┬-|  u  | ; 
       \   u `,. -'"´´ ̄`ヽ ;   
    _   /    (___   | ',    
  ,、'  /              |  ; 
 、 ( ̄                |  ;  
     ̄ ̄ ̄|               | ;
                   ,,  、、 ,
                  、、 ゛ ____  ' ,  
                 ,'  /⌒ 三⌒\  丶  
                  ;  /(@)三(@ )\  ;  
                 ; /:::::⌒(__人__)⌒::::::\ ;      
             ; |  u  |r┬-|   u  |    
             ; /´ ̄``゛'- ._‐´ u  /   
            ,' |   ___)    \   _    
               ;  |                \  '、,     
                ;  |                 ̄) 、     
             ; |               | ̄ ̄ ̄   ;







423 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/01(日) 21:35:42 ID:yTScZJmg

何かを言おうと口をパクパクさせるが、言葉を発しない。
       ____
     /ノ   ヽ、_\
   /( ○)}liil{(○)\
  /    (__人__)   \
  |   ヽ |!!il|!|!l| /   |
  \    |ェェェェ|     /







424 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/01(日) 21:36:07 ID:yTScZJmg

さんざんっぱら悩みに悩んで―
            ____
         :/    \:
        :/ _ノ iiiii \. \
       /  (○)  (○)  \
      : |    (__人__)    |:
        \   ` ⌒´   /
        / ⌒ /⌒Y⌒ヽ ヽ
       :|  \|  .i  イ |
        |\ /   人  .\!
        |  \___/  \__/:
         |        /
         |         /

導き出した答えは―
     ____       ヽ v /
   /⌒  ⌒\     -(m)-
  //・\ ./・\\       ≡
/::::::⌒(__人__)⌒:::::\
|      `ー'´     |
/     ∩ノ ⊃  /
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /







425 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/01(日) 21:36:23 ID:yTScZJmg

        ノ L____
       ⌒ \ / \
      / (○) (○)\
     /    (__人__)   \          「壷は買わねーおっ!」
      |       |::::::|     |
     \       l;;;;;;l    /l!| !
     /     `ー'    \ |i
   /          ヽ !l ヽi
   (   丶- 、       しE |そ  ドンッ!!
    `ー、_ノ       ∑ l、E ノ <
               レY^V^ヽl

               / ̄ ̄\
             /  \    \
            .(●)(● )  u. |
            (__人__)  u   |
            .(`⌒ ´     |      「いや、そんなこと考えてないだろ・・・」
             {         |
             {      u. /
.             __\     /リ 厂`'‐- .._
         / :  : :介ーz<__」// |: : : : : : :ヽ
          | : : : : ::〈 「`乂/  / 丿: : : : : : : |
         | : : : : : /: | {::::} / `7: : : : : : : :│
.           | : : : 〈: :│ {::::l /. :/. : : : : : : : : |







426 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/01(日) 21:36:40 ID:yTScZJmg

        ノ L____
       ⌒ \ / \
      / (○) (○)\
     /    (__人__)   \          「絵も買わねーおっ!」
      |       |::::::|     |
     \       l;;;;;;l    /l!| !
     /     `ー'    \ |i
   /          ヽ !l ヽi
   (   丶- 、       しE |そ  ドンッ!!
    `ー、_ノ       ∑ l、E ノ <
               レY^V^ヽl

   / ̄ ̄\
 /ノ( _ノ  \
 |,'⌒ (( ●)(●)                 「詐欺師じゃねえだろ!」
 |     (__人__)
 |     ` ⌒´ノ ,rっっ                    ,
/"⌒ヽ   ソ,ノ .i゙)' 'ィ´                `    ,. ____
      ゙ヾ ,,/ { ) 丿             ,  ゜;,/⌒    ⌒u:::\ 。
 ィ≒    `\ /'ニ7´     スパァァ────/(◯.;); :::::、;(;.◯));:'::::ヽ‐─────‐‐ ン
/^ヾ      \ ./              ゚ ;i`、 ⌒:(__人__) ⌒:::::;;,´:::|   .
   }      __\___ ___   ____´_;;{   ;` j|r┬-|:;〉::,,゚, 。;;:;;|
   )ンィ⌒ ̄" ̄ ̄ ̄  ̄ ̄  ̄ ̄ ̄  ̄ ̄  ̄ ̄ニ≡┴‐ー-,==ー--ァ人て゜ ゚;:,::|: ゜ .
   ノ/             ≡''        ;;;;(( 三iiii_iiiiiii)))))て,,;;/  。  ;
   ヾ         _____=≒=ー────;‐‐ ̄/i'只 ̄/ ̄|Y‐-<` `
    \、   ー ィ⌒ ̄            //   > |≡| / <〃  ヽ







427 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/01(日) 21:37:46 ID:yTScZJmg

―数分経過―

         / ̄ ̄\
        / _ノ ヽ_ \
       |  (●) (●) |
        |  (__人__)  |
        |    `⌒´  |             「・・・落ち着いたか?」
       |        }
       ヽ       .}
      __,_,,.ヽ_   ノー- 、
     ハ  /  V又イ ::::〉::::::i:
     } ヽ 〈   l |;;|ノ /::::::::::i  -,,_
  r iY'ノ.;;  }::ヽ  l|;;| /::::i::::::::}‐ | ||
 .|| | ノ::::   }:::::::\|;;;レ'ー'' ⌒.:::: ヽ | ||
 .|| | {,,;;;; .:::: ヽー---ケト、, へ、::::   | ||
―──.::::::::::::ノ.:::/ /   彡}――─────
     " ̄`゙゙ ''ー-、'ー----'

      ___
    /     \
   /  _ノ '' 'ー \               「・・・」
 /  (●)  (●)  \
 |      (__人__)    |
 \      ` ⌒´   /

やる夫がいつもの顔―いつもの、人の話を全く聞かなそうな、倣岸不遜な顔―に戻ったのを見て、
やらない夫が語りかける。







428 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/01(日) 21:38:08 ID:yTScZJmg

             / ̄ ̄\
            / ノ     ヽ
            |  (●)(●) |
            |  (__人__) |
            |   ` ⌒´   |        「まだ、俺の話を信用したわけじゃなさそうだろ。
            ヽ        }         だから、俺は暫く勝手に話す。
          __,, -ヽ     ノ -、       それを、黙って聞いててくれるか?」
         /⌒ヽ  | \><ヘl ヽ \ .
         {:::   l  \ ヽ };;{ |   | i  }
        {:::::.. 〈;;,,  ヽ V;;;}ノ  l彡 ヽ
   _,,.-‐''" |::::::::  ヽ--、 \ >--'⌒ヽ::.  }
   || |_,,.ィ'|::::.....   }_,,.-‐''"~ヽ_,,.-し'::  )_,
   || | || !::   /      .::ノ::::::::::.  ノ
   || | || _ヽ,, .;:::   _,,.-‐''"ー''--'' ̄
   _,,. -‐''"  `ー---''"

      ___
    /     \
   /  _ノ '' 'ー \               「・・・(コクリ)」
 /  (●)  (●)  \
 |      (__人__)    |            
 \      ` ⌒´   / 

不承不承。そんな顔でやる夫は頷いた。







429 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/01(日) 21:38:53 ID:yTScZJmg

       / ̄ ̄\
     /  ヽ、_  \
    (●)(● )   |
    (__人__)     |               「お前の凄いところは3つあるだろ。
    (          |                まず練習量。正直あり得ないだろ、あの練習量は」
.    {          |
    ⊂ ヽ∩     く
     | '、_ \ /  )
     |  |_\  “ ./
     ヽ、 __\_/

             ____
           /      \
          / ─    ─ \
        /   (●)  (●)  \       「やる夫は一番下手だから練習してるだけだお。
        |      (__人__)     |        フォームを改造したてのやる夫はまともに投げれる球がないお。
        \     ` ⌒´    ,/        だからあんなの当たり前だお」
 r、     r、/          ヘ
 ヽヾ 三 |:l1             ヽ
  \>ヽ/ |` }            | |
   ヘ lノ `'ソ             | |
    /´  /             |. |
    \. ィ                |  |
        |                |  |

   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ー)(ー)                 「んなことねーよ。」
. |     (__人__)
  |     ` ⌒´ノ
.  |       nl^l^l
.  ヽ      |   ノ
   ヽ    ヽ く
   /     ヽ \







430 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/01(日) 21:39:16 ID:yTScZJmg

やらない夫は諭すように言う。

   / ̄ ̄\
 /  ノ ヽ、\
. |   (●)(●)|
. |   (_人_)│                     「悪いがお前のことを観察させてもらっただろ」
 |     ` ⌒´  |
  |           |
.  ヽ      /
   ヽ     /
   .>    <
   |     |
    |     |

         ___
        / .u   \
      /((○)) ((○))\
/⌒)⌒)⌒. ::::  (__人__) l_j :::\     /⌒)⌒)⌒)  「観察かお!?」
| / / /     |r┬-|     | (⌒)/ / / //
| :::::::::::(⌒) U .| |  |    /   ゝ  :::::::::::/
|     ノ    | |  |    \  /  )  /
ヽ    /    └ー.┘    ヽ /    /

        / ̄ ̄\
       / ヽ、_   \
     . ( (● )    |
     . (人__)      |
     r-ヽ         |              「そうだ。そして、お前が1日を全て野球のために使っているのが解っただろ」
     (三) |        |              
     > ノ       /
    /  / ヽ     /
   /  / へ>    <
   |___ヽ  \/  )
       |\   /|
       |  \_/ |







431 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/01(日) 21:39:48 ID:yTScZJmg

観察していたということは本当なのだろう。
やらない夫はスラスラと、理路整然と喋り始める。

       ., ──‐、
      /     \
.     .|     _ノ  ヽ
     |     ( ●) (●)              「練習の時間。
     |       (__人__) , -―ーっ         一つ一つの練習に、お前は桁が違うほど真剣だろ。
      |     ` ⌒´ノ ( ゝ彡 ̄          無駄口の一つも叩かない代わりに、常に何か考えながら練習をしてる。
.      ン         } ゙| ̄'|             練習を”させられてる”俺達と、練習を”してる”お前との、
    /⌒ヽ、     ノ  .|,  |             .練習の質の差は明らかだろ。
__/   ノ \_ィ ´ー‐ィ'   ∫           この練習時間のお前を見て、俺はお前に興味を持った」
| |  /   /    r_____ ∬
| | /   /      |i    ┌‐┐
| | ( 〆⌒'──r─≒、.((|   |
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄└‐┘ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

     / ̄ ̄\
.   ./   _ノ  ヽ
    |    ( ●) (●)                「自由時間。
    |      (__人__)  ∫              誰の輪に加わるわけでもなくロビーにいるお前が不思議だった。
    |     `⌒´ノ ∬               お前は、パソコンの動画サイトでずっとサイドスロー投手の動画を眺めてい た。
.   ヽ         } | ̄|               目つきは、練習の時とおんなじものだったろ。
     ヽ     ノ |_|)               ・・・違うか、お前は身体を動かさず、練習してたんだ」
____/      イー┘ |
| |  /  /     ___/
| |  /  /      |
| | (    ̄ ̄ ̄⌒ヽ
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|

        / ̄ ̄\
      /   _ノ  \
      |    ( ●)(●)              「そして朝の時間。
     . |     (__人__)               隠れて、自主練してるって気付いたときは、本当に凄いと思った。
       |     ` ⌒´ノ               .この環境で自主練をやるってだけで尊敬するが・・・それだけじゃないだろ。
     .l^l^ln        }               お前はこの朝の時間で、夜の自由時間に見たサイドスロー投手のフォームを真似て、
     .ヽ   L       }                自分に何が一番しっくりくるかを模索してる。
       ゝ  ノ    ノ                この練習時間は自由時間と高いレベル繋がっているといえるだろ」
     /   /     \
    /   /        \
  . /    /        -一'''''''ー-、.
  人__ノ       (⌒_(⌒)⌒)⌒))







432 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/01(日) 21:40:33 ID:yTScZJmg

   / ̄ ̄\
  / _ノ  ヽ、_ \
. | ( ●)(● ) |
. |  (__人__)  │                   「だから・・・」
  |   `⌒ ´   |
.  |           |
.  ヽ       /
   ヽ      /
   >     <
   |      |
    |      |

               / ̄ ̄\
              _ノ  ヽ、  \
            ( ●)( ●)   |
            (__人__)      | ../}
      _       ヽ`⌒ ´     | / /    __ 「誰よりも多く、誰よりも質の高い練習をしてるお前を、
   (^ヽ{ ヽ      {        ./ /  . / .ノ 凄い!と思うだろ」
 ( ̄ ヽ ヽ i      ヽ      / 厶- ´ /
.(二 ヽ i i |,r‐i    ノ.   ヽ /     /
  ヽ   /  ノ  /    r一'´ ー 、   ̄ ̄ ̄)
   i   {   イ―イ /   .`ー―. 、__ .〈 ̄ ̄
   ヽ. `ー '/   /           /\ \
      `ー '  ̄ ̄!           |  ヽノ

         ___
        / .u   \
      /((○)) ((○))\
/⌒)⌒)⌒. ::::  (__人__) l_j :::\     /⌒)⌒)⌒)
| / / /     |r┬-|     | (⌒)/ / / //    「―――!」
| :::::::::::(⌒) U .| |  |    /   ゝ  :::::::::::/
|     ノ    | |  |    \  /  )  /
ヽ    /    └ー.┘    ヽ /    /







433 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/01(日) 21:41:02 ID:yTScZJmg

よくわからないが、やる夫はショックを受けている。
やらない夫は反応を気にせず、続けて話すことにした。

          / ̄ ̄\
        / _ノ  ヽ、.\
          |  (●)(●) .|
        !  (__人__)  |                「・・・次に凄いと思うのは、お前の執念だろ」
          , っ  `⌒´   |
       / ミ)      /
      ./ ノゝ     /
      i レ'´      ヽ
      | |/|     | |

      _____     ━┓
    / ―   \    ┏┛
  /ノ  ( ●)   \  ・
. | ( ●)   ⌒)   |
. |   (__ノ ̄    /                    「執念?」
. |         /
  \_      _ノ\
    /´         |
.     |  /       |

不思議なことをいう―
そんな顔を見て、やらない夫は心底驚いた。

   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ○)(○)
. |  U  (__人__)                      (こいつ無自覚かッ!)
  |     |r┬-|
.  | ι   `ー'´}
.  ヽ     u  }
   ヽ     ノ
   /    く  \
   |     \   \
    |    |ヽ、二⌒)、







434 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/01(日) 21:41:30 ID:yTScZJmg

いや、アスリートなんてものはちょっと位壊れている方が成功するものなのだ。
天才肌とかって言うし―

やらない夫は自分を無理やり納得させて、続ける。

    __
   /ノ ヽ\
 /.(○)(○)\
 |. u. (__人__) |                      「れ、練習にしたってそうだ。
. |        |                       お前は何かに取り付かれてるみたいに真剣だ。
  |        |                       あの練習量を支えている意思には驚かされるだろ」
.  ヽ      ノ
   ヽ     /
   /    ヽ
   |     |
    |    .   |

どうもやらない夫は喋っていると調子がでてくるタイプらしい。
段々と口調にリズムが乗ってくる。

     / ̄ ̄\
   /   _ノ  \
   |    ( ●)(●
   |      (__人__)                    「練習量にしたってそうだが・・・
.   |        ノ                     やっぱ一番驚かされたのはカズマさんとの対戦だろ」
    |      ∩ ノ ⊃
  /     ./ _ノ
  (.  \ / ./_ノ │
  \  “ /___|  |
.    \/ ___ /







435 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/01(日) 21:41:57 ID:yTScZJmg

      _____     ━┓
    / ―   \    ┏┛
  /ノ  ( ●)   \  ・
. | ( ●)   ⌒)   |                    「・・・やる夫が負けた、普通の勝負だったお?」
. |   (__ノ ̄    /
. |             /
  \_    ⊂ヽ∩\
    /´     (,_ \.\
.    |  /     \_ノ

               /7
                 //
             //
       __    //
.    /ノ ヽ\ .//
.   / (●)(●〉/
  l    (__人_,//l                       「そこだよ。お前の”普通”が凄いんだよ。
.  |    `⌒// ノ                       あの勝負で俺がキャッチャーをやってたことを覚えてるか・・・?」
   l       // ./ 
.   ヽ r-‐''7/)/
    / と'_{'´ヽ
    /  _.、__〉 ト,
    {  、__}  |.i
    ヽ _,.フ  .|.|

やる夫は正直覚えていなかった。
カズマしか見えていなかったというのが本当の所。しかしこれは黙っておくことにする。







437 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/01(日) 21:42:30 ID:yTScZJmg

あの勝負の3球目・・・
お前から出されたサインに、オレは驚愕しただろ。

-------------------------------------------------------------------------------------
     / ̄ ̄\
   / ._ノ  ヽ、\
   |  ( ) ( ) ((●  ((●
   |∪(__人__)   |
   |   |   |   }          (ビ、ビーンボールっすか!!!!)
    |   |   |   }
    ヽ |r┬-|  /
    __ヽ `ー'´ ノ__                                      ヤルオサンパネエッス!

-------------------------------------------------------------------------------------



      ____
    /_ノ   ヽ_\
   /( ●) ( ●)\             「・・・カズマさんと勝負するにはやる夫の実力が足りなかったお。
 / ::::::⌒(__人__)⌒::::\            勝つためにはあれしかなかったと思うお」
 |        ̄      |
 \               /

         / ̄ ̄\
       / ヽ、. _ノ \
       |  (●)(●) |
       |  (__人__) |
          |   ` ⌒´  |           「それだよ!」
        |        }
        ヽ       }
        人_____ノ"⌒ヽ
      /           \
     /            へ  \
     (  ヽγ⌒)     |  \   \
  ̄ ̄ ̄\__/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
           {;;;;;;;}
            L;;;;」

ドン、とやらない夫が机を叩く。
やらない夫の声が急に大きくなり、やる夫はビクリと身体を跳ね上らせた。







438 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/01(日) 21:43:20 ID:yTScZJmg

       ./ ̄ ̄\
       / ヽ、_   .\
     . ( (● ) .   |            「後で色々考えたが・・・勝つにはアレしか無かっと思うだろ。
     . (人__)     |             でも、相手は先輩で1軍の看板選手。
     r‐-、    .   |             ぶつけて怪我でもさせたら、正直お前の選手生命も終わってただろ。
     (三))   .   |             選手の価値的に考えて」
     > ノ       /
    /  / ヽ、 .   /
    /  / ⌒ヾ   .〈
    (___ゝ、  \/. )
      . |\    ,.1
      . |  \_/...|

         ____
       /      \エッ・・・
      / ─    ─ \
    /   (○)  (○)  \          ←そこまで考えてなかった人
    |     (__人__)    .|
     .\     ` ⌒┃   ,/







439 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/01(日) 21:44:05 ID:yTScZJmg

      / ̄ ̄\ ( ;;;;(
    / ._ノ  ヽ、\) ;;;;)
    |  (●)(●)/;;/
    |  (__人__)l;;,´|              「でもお前は”勝つ”ことを選んだ。
    | ./´ニト━・' .l               この、勝つ為の執念が、オレに欠けてて、お前が”凄い”ところだ ろ!」
    | .l _ニソ    }               
     /ヽ、_ノ    /
    __/  /    ノ__
  / /  /       `ヽ.
  /´  ./       ,.  ヽ.
  ト、_,/.       |、  ヽ
   |         |/  /

          ____
        / _ノ ヽ_\
       / ∩l^l^lnnl^l^|\
     /  。ヽ   ∥  ノ \         「――――!」
     |   /   人   l   |
     \ /   /|ii!i!|\ \/
.      |    /. |;;;;;;|  \ |

やる夫は顔を手で隠している。
さっきからやる夫の反応は良くわからない。が、気にしないことは既に決めている。

やらない夫は言葉を続けた。







440 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/01(日) 21:44:27 ID:yTScZJmg

     / ̄ ̄\
   /   _ノ  \  ( ;;;;(
   |    ( ─)(─  ) ;;;;)
   |      (__人__) /;;/           「やる夫、なんでドラフト2位の俺が、この第三練習場にいると思う?」
.   |        ノ l;;,´
    |     ∩ ノ)━・'
  /    / _ノ´
  (.  \ / ./   │
  \  “ /___|  |
.    \/ ___ /

           ____
         /      \
        / ─    ─ \
      /   (●)  (●)  \        「!」
      |      (__人__)     |
      \     ` ⌒´   ,/
      /     ー‐    \

そういえばおかしい。

第三練習場にいる人間は、基本的にドラフト下位指名の人間か、テスト入団のドラフト外の人間。
有望株であるところのドラフト2位のやらない夫がいる理由は無い。







442 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/01(日) 21:46:30 ID:yTScZJmg
第三練習場では散々噂になっていることだったが、やる夫の耳には入っていなかったらしい。
他人への関心がとことん薄いのか、それとも自分の事で手一杯なのか。

付き合いの浅いやらない夫には判断できなかった。


   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ー)(ー)        「赤木監督に直接言われたんだよ。
. |     (__人__)         お前には足らないものがある。第三練習場でそれを見つけて来い・・・ってな」
  |     ` ⌒´ノ
.  |       nl^l^l
.  ヽ      |   ノ
   ヽ    ヽ く
   /     ヽ \

-------------------------------------------------------------------------------------

   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ○)(○)
. |  U  (__人__)      マジッスカ
  |     |r┬-|
.  | ι   `ー'´}
.  ヽ     u  }
   ヽ     ノ
   /    く  \
   |     \   \
    |    |ヽ、二⌒)、

         __、─- 、
        > ,, `  ,, '´ ゙̄,Z._
       , ' i!i   i!i  !ii   !! <
.      / ii!  !! i! , ii ハ ii! ii! ヽ
     l i! i!! ,イ /l./--l ト ii ii l
      | i!,.、ii /‐l/-'、 ̄,V-|ハ ! N
      |!i.|.f1.| =。===.,, ,。===lW
      |.i!|.「l | `ニニ´  ヾ二 l          マジ!マジ!マ-ジレンジャー♪
     |ii ヾlノ.  , -‐' r _ \l   (._ ⊂
      /| ii /'\ ′'フ",二二ニ⊃   ,)   )
   _/):| /    \/ ,. ´二ニゞくう ( r '´
‐..T....|((::K    / /./ ´, ─_'ニ\>,_'ノ
.....|.....|::)):l(ヽ.  / ' '  .仄l ..|.....|....T..‐
... |.....|((:(:l))(:><:\   ノ(:((:l...|.....|.....|....
....|.....|:)):)l/./..>、:`:く)::)):))l .|.....|.....|....
-------------------------------------------------------------------------------------







443名無しのやる夫だお:2009/11/01 (日) 21:47:20 ID:hI20Yanw
この赤木ノリノリである。







444 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/01(日) 21:47:30 ID:yTScZJmg

      / ̄ ̄\
    /   _ノ  \
    |    ( ●)(●)
   . |     (__人__)
      |     ` ⌒´ノ             「そして、ここに来て、お前を見てて気付いただろ。
.     |         }              俺に足りないものが、野球に対する、勝負に対する執念だってことに」
   .  ヽ        }
   _/⌒ヽ     ィ
 i'⌒゙l |   l         \__ィ~っ
 |  |. |   |       ト、_"__冫く;'三}
 |  | ( " ̄⌒ヽ、 |____`ー‐"
 |.   ̄ ̄ ̄ ̄|ソノノ ̄`ヽ ̄⌒ヽ.'⌒lソ
 |        l  .| y  |_ィ   |  .||
 |        |  .|.|   |  |  |   ||
 |        |   |___|  |__|  ||
 |_______.|___(__゙)__{___゙)_||

      _____     ━┓
    / ―   \    ┏┛
  /ノ  ( ●)   \  ・
. | ( ●)   ⌒)   |               「・・・よくわからないお。
. |   (__ノ ̄    /                勝負に対する執念なんて、誰でももってるんじゃないかお?」
. |             /
  \_    ⊂ヽ∩\
    /´     (,_ \.\
.    |  /     \_ノ

      / ̄ ̄\
    /   _ノ  \
    |    ( ●)(●)
   . |     (__人__)
      |     ` ⌒´ノ              「・・・そうだな、ちょっと自分語りをさせてもらおうか。
.     |         }               ちょっと自慢話のようになるかもしれないが、許してほしいだろ」
   .  ヽ        }
   _/⌒ヽ     ィ
 i'⌒゙l |   l`ー-一´\
 |  |. |   |       ト \
 |  | ( " ̄⌒ヽ、 |_" ̄ ̄⌒ヽ、
 |.   ̄ ̄ ̄ ̄|ソ,),) ̄`ヽ ̄⌒ヽ|,),)ソ
 |        l  .| y  |_ィ   |  .|
 |        |  .|.|   |  |  |   |
 |        |   |___|  |__|  |
 |_______.|___(__゙)__{___゙)_|

やる夫がコクリと、子供のように頷いたのを見てから、やらない夫はポツポツ。
先ほどまでの悠長な話し方とはうってかわった様子で話はじめた。







445 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/01(日) 21:47:55 ID:yTScZJmg

―俺の親父は昔ホームラン王を取った事もあるプロ選手だ。
  ポジションはキャッチャー。
  現役生活は長くなかったが、その時代の野球ファンにとっては、誰でも聞き覚えのある類の選手だったろ―
        _         . , _ ,
     , - '`r‐'´        ` ‐r'`''‐、
    r'ヽ./             \,- 'ヽ
   i'  /                l   i
   l, -‐l    $$$$$$$$$$$     /` ‐、,l
   |   ヽ  $$$$$$$$$$$$$$$ /\  |
   ヽ / `-$$$$$$$$$$$$$$,rく     、/
    丶  $./ ̄ ̄| ̄ ̄\$$$\\  /
     ヽ/$|.   、Y     |$$$$ヽ, r'´
      `$| r'`‐、_,、,-─_,' .|$$$$$$$
       $|  ̄|./|_|` ̄|  |$$$$$$
       $| .| 、__,_ |  |$$$$$
       $\| `ー─‐"| /$$$$
        $$\ r‐ /$$$$
          $$$$$$$$

  やらない夫父 VIP・デ・バッファ郎







446 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/01(日) 21:48:32 ID:yTScZJmg
―早くに怪我でプロを辞めた親父だけど、すぐ生き甲斐を見つけただろ。
  それが俺の育成だ。
  短かった現役生活の穴埋めのように、俺は野球の英才教育を受けて育ったろ―
                                            
            __
          / ヽ \
         |   ● ●
       |⊂⊃ (_,、_,)         ハリケーンミキサー!
          |    {::::::}
         ヽ     ̄/
         >、 __∠___r‐-っ
          /  .    |    ゙i ,ノ~
       / /    "~| ̄ ̄
                                                    _         . , _ ,
                                                                                              , - '`r‐'´        ` ‐r'`''‐、
                                                r'ヽ./             \,- 'ヽ 
                                               i'  /                l   i
                                               l, -‐l    $$$$$$$$$$$     /` ‐、,l
                                               |   ヽ  $$$$$$$$$$$$$$$ /\  |
                                               ヽ / `-$$$$$$$$$$$$$$,rく     、/
                                                丶  $./ ̄ ̄| ̄ ̄\$$$\\  /
                                 <いいぞ!やらない夫! ヽ/$|.   、Y     |$$$$ヽ, r'´
                                                  `$| r'`‐、_,、,-─_,' .|$$$$$$$
                                                   $|  ̄|./|_|` ̄|  |$$$$$$
                                                   $| .| 、__,_ |  |$$$$$
                                                   $\| `ー─‐"| /$$$$
                                                    $$\ r‐ /$$$$
                                                      $$$$$$$$







447 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/01(日) 21:49:22 ID:yTScZJmg

―親父譲りのプロの身体・・・大きな身体を貰った俺は、すぐに才能を開花させた。
  小学校からは推薦で、オヤジの信頼する監督がいるリトルに預けられ、シニアまで一貫した教育を受けただろ―
         __
          /\ /\
         | ●  ● |
       |⊃(_,、_,)⊂|   グレートホーン!
          |  {:::::::}  }
         ヽ.  ̄  /
           ゝ  <

                     ヽ,.ヽ.、_
                      .ヽ、 ` ̄`゙゙''ヽ、
                        .゙''―-、,   ゙ヽ
                             ゙ヽ,  .゙i
                              :i   !
     -.、              ,、/‐--、.,_    ./   ,i
      ゙i ゙i         ,.、r'"i゙!´ .!     ,>-、/   ./
i、     | :!       /゙=" :|i  :|.,,ニ∧ :i,  i    ./    <違う!こうだ!
 \    | :!       /\ O i.i,/,、イ ゙i,゙i, ゙i, .ヽ, ,/
  \,、.,_ | :i、     /゙ヽ,,=i、_,、r' ;/゚ノ゙-‐//  ヽ、,゙フ
   ,イ, `゙゙'ヽ、.,_   ,ノ .//,-。-i゙´:)゙´´  i i,    .゙i,                ./
 /´ i,ヾ;::::..... `゙ヽ< i'、.i゙i,゙''"ブi;  ,r''⌒i,i,゙i,    .゙i,          __,,,,∠゙"⌒'
    ,イ  \:::::::::.... `ヽ,ヾ゙ヽ, ,、ン''゙ _,r''"゙i;゙i,゙i,    :i;   _   .,、-‐'"´   ``゙゙'ヽ
  / i,   ゙i,ヽ;、::::::::... `ヾi゙i,ヽ-‐'"__゙i .〉i;、-i;;;フ //'"゙゙/ ./      .,r‐''''''‐、
,/  ,/ii,   ゙i, ゙i,ヽ,''‐-、;... ゙ヽ,-゙‐'´    ゙'v゙,   i,// /'|,,/       / /⌒ヽ
   /./i:|   | i, :iヽ,  ゙ヽ、, .\‐'" ゙̄ヽ、, ゙ヽ、,r―'、 λ゙i, `゙゙'ヽ、,    i i,、. /゙´
 ./ ././j    | :! :゙! ヽ,   `ヽ、,ヽ,     ゙'ヽ、,,_.|  Y i, ゙i;゙'ヽ,  ゙ヽ,  i,  j | !
/ ///    i :! :|  ヽ     ゙ヽ,i_       ゙ヽ, ゙i, i、,) .,,、>、  ゙ヽ, ゙ー゙ .i, :i,
,;/.//    ,! j  i   i,   .,、-―''""'''''―---、、,,_.i  ヽレ‐'゙ ,、、r'ヽ,   ヽ,  .ヽ,
 //     / ./ /   i ./ .,、-――''''''――--、二゙''<, r'"  _,,,,\   ヽ、
'シ'゙      / / /    |'゙  / ,、-‐‐、      ,、、、_゙i, .゙i, ゙i, ./ .,,,,,,\   ゙'ヽ、
´      / / /    i  ./  i  /゙' .ノ    / ,.., ゙i,゙i, .゙! .゙!.!  ゙ヽ `゙ヽ、,
     ,/ / /     |  :|   .i, ゙iー'゙   ,ノ / i'" j i, .゙i, .i,゙‐=‐゙   ゙i `i.、,
_,,、、-‐゙  ,、r゙ /     |  :i   ヽ、 `゙''''''''゙´,ィ ! .ヽ-''  i ゙i .゙i      .i, .i,,-、゙
_,,,、、-'" ,、-'"       i,  ;i.    `ニ''''''''"ノ j      j  | L_     i、 ゙ )
,,,,,,、、-‐''゙          i,  i;.   ./ _゙.) ノ /   ,、-‐'  ,j、__ ゙''ヽ、,  `'''゙
::| i゙\,           ./゙i, ヾ,  .ヽ, `'‐''",/ .,.r'".,,、-‐'"´   `゙ヽ、 .゙ヽ,
ヽ!.゙i, `゙ヽ  、,     / .\ \  .゙'―''"  / / ,、-―-.、'"⌒゙'ヽ、゙ヽ, ヽ
、,,_!, i、     `ヽ、, ./     \ ゙ヽ、,    ,/ / /     ゙i;    ゙'i, ゙i  ゙-''"







448名無しのやる夫だお:2009/11/01 (日) 21:49:54 ID:ADYgOBMY
バッファ郎(wwwwwww







449 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/01(日) 21:50:15 ID:yTScZJmg

―最終的に野球名門校に推薦で入った。
  1年からレギュラーを取った。甲子園にもでて、結果を残した。
       f ̄`i
       |.  │
       |.  │ ,。-‐…‐。、
      |.  |/   ゚  ゚  ヽ
.      |.   |         ヘ
       |  │ミ三二二二二>
.       |.  | f´   \, /
        |.. |c j   ( ●)(●)
       |  |イ    (__人__)
.       |. | |     ` ⌒´ノ
        |. | ヽ.       }
.       (ミ ̄)_ゝ     ノ
      /´ 「ミ)      く
     ( . ´ ∧ \  ノ   / ヘ
     丶_/  \  Y    /  i
          i \ _ ノ   ∧
           i         i
           ヽ        ヘ
           ヘ         \
            │  丶 /    )
            .|   ./    /
.            |  (    .く
.            |   i\   \
.            |.   」  \   ヽ
             |.   |    \  ヘ
.             |   i    `ソ   )
             |   |    ゞ_ /
.             |   |
             (___)
  チームは負けたけど、俺自信は甲子園通算で4割を超える打率を残した。
  プロのスカウトからもすぐに誘いがきた。
  負けたって言うのに、後味は正直悪くなかったろ―







451 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/01(日) 21:51:32 ID:yTScZJmg

―身体とセンス。両方のギフトを貰った。
  その上、最高のコーチを常につけて貰った。
                  .___
                 / ノ  .\
                /  (●) ヽ、ヽ
               /   (⌒  (●)/
               /    ( ̄ヽ__)/∩m
.           /⌒ヽ(ふ.  ノ yノ/ (  ノ
            `ァー─⊇(_ノ´\_/ /
             /      /ヽ__/
           /       /
             /      /
          /      ⌒ヽ         ←普通の練習
      ___/  / ̄ ̄`)  ノ
     (__r___ノ     (.__つ

  だから、俺は普通にやってるだけでよかったんだ。
  普通にやってるだけで、レギュラーを譲ったことも無ければ、悔しい思いをしたことも無い。
  ありきたりに言えば、レールに乗った人生。
  そう、俺は―
                                            _, -‐
                                       _, -‐  ̄ ‐=ニ=-
              / ̄ ̄ ̄\           _, -‐  ̄‐=ニ二ニ=- _, -‐  ̄
             /         ヽ        ,~'_, -‐  ̄`ー-----― '
            /         丶    _,~'_ッ'-
            |     _ノ  ( ●)  .厂
            i     ( ●)  !  .⊃      「自分で決心して、自分で勝負をした経験がないんだろ・・・」
             |       (__人_) /〉
           /∧     ,.<))/´二//⊃
         / : | ヽ  / /  '‐、二ニ⊃`
     , -‐'´: : : : :l   丶l    ´ヽ〉: : : : \
    /: : : : : : : : :|  /_/    __人〉|: : : : :|
   「ヾ: : : : : : : : : :l_/:_/ヽ.   /´     | : : : : :|
  〈\ : : : : : : : :,、: :/´∨/`ー'〉 |_| |: : : : :|
   !: : :ミヽ: : :/ `y′.: ',ゝ、_/     l: : : : : :|
   ! ⌒ヽ: : : :.ヾ/: ://: : : :|      l: : : : : :|







452 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/01(日) 21:52:49 ID:yTScZJmg

    / ̄ ̄ ̄\
  /        \
 /    ─   ─ ヽ                   「・・・」
 |    (●)  (●) |
 \  ∩(__人/777/
 /  (丶_//// \

確かに、自慢話にも聞こえる話だった。
ただやらない夫の表情は苦痛をこらえるかの様に見え、やる夫はやらない夫が本気で話していることを理解する。

        / ̄ ̄\
      /       \
      |::::::        |
     . |:::::::::::     |
       |::::::::::::::    |          ....,:::´, .
     .  |::::::::::::::    }          ....:::,,  ..  「情けない話だが、俺は自力で掴み取るっていう経験がないだろ。
     .  ヽ::::::::::::::    }         ,):::::::ノ .     持っていて、勝てていたせいで、勝ちに対する執着が薄い・・・貪欲さが無い。
        ヽ::::::::::  ノ        (:::::ソ: .      これは、野球選手として致命的な欠点だろ」
        /:::::::::::: く         ,ふ´..
-―――――|:::::::::::::::: \ -―,――ノ::ノ――
         |:::::::::::::::|ヽ、二⌒)━~~'´







453 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/01(日) 21:53:47 ID:yTScZJmg

    /  ̄ ̄\
  /      ノ ヽ
  |::::::     (● )             「赤木監督はそんな俺のことを見抜いていた。
.  |:::::::::::   (__人)             だから、のし上がることに懸命な奴が集うここに、俺をやっただろ。
   |::::::::::::::   ⌒ノ             今なら解るけど・・・」
.   |::::::::::::::    }
.   ヽ::::::::::::::    }
    ヽ::::::::::  ノ
    /:::::::::::: く
    |::::::::::::::  |
     |:::::::::::::::| |
-------------------------------------------------------------------------------------
―もし俺が、第三練習場に行けといわれて、怒って詰め寄る気概があったなら―

             / ̄ ̄\
            ノし. u:_ノ` ,,\.
            /⌒`  ( ◯)(O):
           .:|   j(   (__人__)
          :|   ^  、` ⌒´ノ:
          |  u;     ゙⌒}:
          ヽ     ゚  " }:
            ヽ :j    ノ: i |i |
         /⌒      ヽ  | || |  |
     :: / ̄ ̄ヽ ::       \ ||     |i
    :: (「    `rノ ::      \   ||i  \
     :: ヽ   ノ ::          \       \
ガタッ!  |   | r         「\   \       \
       |   | |       ノ  \   \__   \
          ヽ_ノ       /||| l   \_,       `ヽ   \
     || i  /         | ||| |    (_つ ̄と_ノ)    \
     || ||  |         | ||| |                    \

―多分あの人は簡単に撤回しただろう―

     _. -‐- 、 ,. -─;-
     >- !i! ′ !i!  ̄`>
.    /  i!i  !ii  i!i  i!i \
   '7"´!i!  i!i  ,.、 i!i  !i! ゝ
.   イ !!i , ,ィ /-ヽ. ト、 ii! ii |゙
   | i!i /l/‐K ̄ ,ゝl‐ヽ!、i! |
   ,h ノ==。= ,  =。== i r〈
    |f_|.| `二ニ | | ニ二´ |.|f,|         シ!ン!ジーテ!フューチャー♪
    ヽ_|| , -‐' 、|_レ ー-、 ||:ン
     ハ l ー───一 l ハ
_,.. -‐1:(:lヽ.   ==   /l:((!`''ー-
...l.....l....|::):l ::\    /  l::)):|....l.....l
...l.....l...|((:)l.  ::::`ー'´::   ,'((::(| ..l.....l
...l.....l...|::))(:ヽ.  ::::::   /;リ::)):|...l.....l
...l.....l..|::((::));.ヘ     /へ:((:(:|...l.....l
-------------------------------------------------------------------------------------







454 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/01(日) 21:54:13 ID:yTScZJmg

―俺はあの時試されて、そして不合格を貰ったんだ―

..    |丶__:/:::::::::::::  _____/:::::::::::|:::::|/\:| |:::::|
.....   |   ::/:::::::::::::::          :::::::::::| :|:::::::::|// :::|
......   |.../:/::::::::::::::::::   \       ::::::::::| |√)// :::|
.......   |/:::/:::::::::::_::::)     ̄\    :::::::::::|:::|\//  ::|
.....    | (::::'''            \  :::::::::::|..|ヽノ  :::::|
.      |  ───────`   \::::::::/|/::::|  :::::::|
...      |    ___       ::::::::::/::  :::::| :::::::|       オーケーオーライユーキヲコノテ ニー♪
.....      |    ::::〓      :::::::::/::    :::::::| :::|
.......      |    :::      ::::::::/::
         |         :::::::/:::
....         |       :::::/:::
......     //::ヽ    ::::/::::
    /  /::::ヽ  :::/:::::
  /   ./ ::::::ヽ/::::::

                / ̄ ̄ ̄\
          /     :::::::::.ヽ
          /    :::::::::::::::::::: 〉
          |    ::::::::::::::::::/
          |     ::::::::::::::::::::l
          |   ::::::::::::::::::/              「そして本当にここに来ることになった」
           \__  :::::::::く
.            ,イ   :::::::::ヽ
           / `   :::::::::::}
            ,' :::j  .:::::::::/
         ,-´ :::ノ  .:::::::::{
       (,. - ―.i_   ::::::::::i                タビーダテー♪
          /      ::::::::::: }
.        l,. ----ゝ.ー―一´ー--.._
     _ _」.   `l ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄!
    {._  |    | 厂 ̄ ̄l ̄ ̄| |
.     `¨゙l____」__j    ∟..___|__j







455 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/01(日) 21:55:05 ID:yTScZJmg
     ._ _ _
   (ヽl_l_ll_l,l
    ヽ  r
    │ |
     |/ ̄ ̄\
   /    \ ノ
   |    ( ●)(●)                    「だけど俺は見つけた!俺に足りないものを!
.   | ノ(  (__人__)                     それはお前と一緒に進んでいくことで、満たされるとみただろ!
    | ⌒    ` ⌒´ノ                     つまり、お前の勝利への執念を見習いたいってことだろ!」
.    |         }
.    ヽ        }
     ヽ     ノ         \
     l/   く   \          \
     |     \  \         \
      |    |ヽ、二⌒).、           \

        ____
      /     \
    /    ;   _ノ′
   /     ∪ :::(●
   |         "`(__)                   「・・・・・・」
   \、          /´ヽ
     )       ィ ("_ノ
      / /⌒ヽ    ヽ ) |
      i l   |     |  |
      | |   |      |-‐'
      |.|   |       |
      i〆  /       |
     ヾン´       l
      |     ィ  |
      l    |   /
        〉    ノ 丿
      /   //
      く、.,、,.,,(,≒,.,.,、 ,, ,. ,,, 、,,,., ,







456 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/01(日) 21:55:26 ID:yTScZJmg

困惑しているやる夫をみながら、やらない夫は更に続けた。

     / ̄ ̄\
   /   _ノ  \
   |    ( ●)(●                   「最後のお前の凄さは、信じているところだろ」
   |      (__人__)
.   |        ノ
    |      ∩ ノ ⊃
  /     ./ _ノ
  (.  \ / ./_ノ │
  \  “ /___|  |
.    \/ ___ /

     ____
   /      \
  /         \                   「信じてる・・・?」
/ U  _ノ    ヽ_  \
|     (一)|lil|(ー)  |
/     ∩ノ ⊃_) /
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /







457 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/01(日) 21:55:51 ID:yTScZJmg

     / ̄ ̄\
   /   _ノ  \  ( ;;;;(
   |    ( ─)(─  ) ;;;;)              「練習は必ず実を結ぶ。
   |      (__人__) /;;/               頑張っていればいつかは必ず報われる」
.   |        ノ l;;,´
    |     ∩ ノ)━・'
  /    / _ノ´
  (.  \ / ./   │
  \  “ /___|  |
.    \/ ___ /

           _-─―─- 、._
         ,-"´     ゝ   \
        /              ヽ          「んなことねーお。
         /       ::::/::::::::\::ヽ          ただ、やらなきゃ何も始まらないだけだお」
       |       / ヽ `::::´ /`ヽ
        l       ( ○ノ::::::::::ヽ○.;l
       ` 、        (__人_)  .;/
         `ー,、_         /゚
         /  `''ー─‐─''"´\o

       (⊃ ̄ ̄\
     (⊃   _ノ  \
    (⊃   ( ●)(●)                「それを信じてるって言うだろ。俺的に考えて」
     |     (__人__)
     |     ` ⌒´ノ
       |         } \
     /ヽ       }  \
   /   ヽ、____ノ     )
  /        .   | _/
 |         / ̄ ̄(_)
  \   \ /| JJJ (
   \  /   /⊂_)







458 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/01(日) 21:56:51 ID:yTScZJmg

          / ̄ ̄\
        / _ノ  ヽ、.\
          |  (●)(●) .|              「練習はキツイし、効果が上がってるか毎日目に見えるわけじゃない。
        !  (__人__)  |               だからみんな、楽になるためにどうしても自分に言い訳しちゃうだろ。
          , っ  `⌒´   |               やっても無駄だ。こんなもんでいいか。以外となんとかなるもんさ」
       / ミ)      /
      ./ ノゝ     /
      i レ'´      ヽ
      | |/|     | |

       (⊃ ̄ ̄\
     (⊃   _ノ  \
    (⊃   ( ●)(●)                「お前にはそれがないだろ
     |     (__人__)                 やらなきゃ始まらないんだ、だからやる。徹底的にやる。
     |     ` ⌒´ノ                 ”やる”って事に関して、全く迷いが無いんだ」
       |         } \
     /ヽ       }  \
   /   ヽ、____ノ     )
  /        .   | _/
 |         / ̄ ̄(_)
  \   \ /| JJJ (
   \  /   /⊂_)







459 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/01(日) 21:57:27 ID:yTScZJmg

         / ̄ ̄\
       /   ⌒   \
      ( ●)( ●)  |                「それが出来る理由は多分・・・」
      .(__人__)      |
       l` ⌒´    .|
       {          .|
       {       _ |
      (ヽ、ヽ   /  )|
       | ``ー―‐'| ..ヽ|
       ゝ ノ    ヽ  ノ
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

         / ̄ ̄\
       /   ⌒   \
      ( へ)( へ)  |                「お前がお前自身を信じているんだろ」
      .(__人__)      |
       l` ⌒´    .|
       {          .|
       {       _ |
      (ヽ、ヽ   /  )|
       | ``ー―‐'| ..ヽ|
       ゝ ノ    ヽ  ノ
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
やらない夫は朗らかに言った。







460 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/01(日) 21:58:28 ID:yTScZJmg

         / ̄ ̄\
       /   _ノ  \
       |    ( ⌒)(⌒)
          |     (__人__)               「俺はまだだめだ。
        |      ` ⌒´ノ                本当に大丈夫か、本当にできるのか。
          ,|         }                そんなことを考えて、結局やらないでいてしまう。
       / ヽ       }                 でも、俺もそれができるようになりたいだろ」
     く  く ヽ     ノ
       \ `'     く
        ヽ、      |
            |       |

      / ̄ ̄\ ( ;;;;(
    / ._ノ  ヽ、\) ;;;;)
    |  (●)(●)/;;/
    |  (__人__)l;;,´|
    | ./´ニト━・' .l                   「―1度しかない人生・・・」
    | .l _ニソ    }
     /ヽ、_ノ    /
    __/  /    ノ__
  / /  /       `ヽ.
  /´  ./       ,.  ヽ.
  ト、_,/.       |、  ヽ
   |         |/  /

         / ̄ ̄\
       / ヽ、. _ノ \
       |  (●)(●) |
       |  (__人__) |
          |   ` ⌒´  |                 「自分を信じて見たいだろ!」
        |        }
        ヽ       }
        人_____ノ"⌒ヽ
      /           \
     /            へ  \
     (  ヽγ⌒)     |  \   \
  ̄ ̄ ̄\__/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
           {;;;;;;;}
            L;;;;」







461 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/01(日) 21:58:54 ID:yTScZJmg

やる夫には自分なんかを凄いというやらない夫の気持ちが解らなかった。

      / ̄ ̄ ̄\
   γ⌒)      (⌒ヽ                 「・・・」
   / _ノ ノ    \  \ `、
  (  < (○)  (○)   |  )
  \ ヽ (__人__)   / /

しかし、これだけは解る。

         / ̄ ̄\
       / ヽ、. _ノ \
       |  (●)(●) |
       |  (__人__) |
          |   ` ⌒´  |                 「・・・」
        |        }
        ヽ       }
        人_____ノ"⌒ヽ
      /           \
     /            へ  \
     (  ヽγ⌒)     |  \   \
  ̄ ̄ ̄\__/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
           {;;;;;;;}
            L;;;;」

やらない夫は、本気で自分と一緒に野球をしたがっている。







462 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/01(日) 21:59:59 ID:yTScZJmg

           _-─―─- 、._
         ,-"´     ゝ   \
        /              ヽ
         /       ::::/::::::::\::ヽ
       |       / ヽ `::::´ /`ヽ          「・・・」
        l       ( ○ノ::::::::::ヽ○.;l
       ` 、        (__人_)  .;/
         `ー,、_         /゚
         /  `''ー─‐─''"´\o

         / ̄ ̄\
       / ヽ、. _ノ \
       |  (●)(●) |
       |  (__人__) |
          |   ` ⌒´  |                 「・・・」
        |        }
        ヽ       }
        人_____ノ"⌒ヽ
      /           \
     /            へ  \
     (  ヽγ⌒)     |  \   \
  ̄ ̄ ̄\__/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
           {;;;;;;;}
            L;;;;」

少し、沈黙が流れる。







463 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/01(日) 22:00:14 ID:yTScZJmg

           _-─―─- 、._
         ,-"´     ゝ   \
        /              ヽ
         /       ::::/::::::::\::ヽ          「・・・やる夫なんかと一緒に練習しても、メリットは無いお?」
       |       / ヽ `::::´ /`ヽ
        l       ( ○ノ::::::::::ヽ○.;l
       ` 、        (__人_)  .;/
         `ー,、_         /゚
         /  `''ー─‐─''"´\o

         / ̄ ̄\
       / ヽ、. _ノ \
       |  (●)(●) |
       |  (__人__) |
          |   ` ⌒´  |                「ある。俺にはある。
        |        }                 やる夫だって、ボールを受ける奴や、バッターをやってくれる奴がいたほうが、
        ヽ       }                 練習にはいいはずだろ!」
        人_____ノ"⌒ヽ
      /           \
      /   {;;;;;;;}    \  \
      (  ヽγ⌒)         ゝ   i
   ̄ ̄ ̄\__/ ̄ ̄ ̄(⌒)__ノ ̄ ̄ ̄ ̄







464 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/01(日) 22:00:36 ID:yTScZJmg

           _-─―─- 、._
         ,-"´     ゝ   \
        /              ヽ
         /       ::::/::::::::\::ヽ          「やる夫にはメリットがあるけど、やらない夫にはメリットが無いお?」
       |       / ヽ `::::´ /`ヽ
        l       ( ○ノ::::::::::ヽ○.;l
       ` 、        (__人_)  .;/
         `ー,、_         /゚
         /  `''ー─‐─''"´\o


         / ̄ ̄\
       / ヽ、. _ノ \
       |  (●)(●) |
       |  (__人__) |
          |   ` ⌒´  |                「やる夫、俺にとってのメリットがある、ないを判断するのは俺だ。
        |        }                 お前じゃない。そして、その俺がメリットがあるって言ってるだろ。
        ヽ       }                 それにお前は一つ勘違いしてるだろ・・・」
        人_____ノ"⌒ヽ
      /           \
      /   {;;;;;;;}    \  \
      (  ヽγ⌒)         ゝ   i
   ̄ ̄ ̄\__/ ̄ ̄ ̄(⌒)__ノ ̄ ̄ ̄ ̄







465 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/01(日) 22:00:58 ID:yTScZJmg
━┓
┏┛    ⌒
・    .___ ⌒  ___   ━┓
   / ―\ / ―  \  ┏┛
 /ノ  (● X  (●)  \ヽ ・.
| (●)  /_  (⌒  (●) /.
|   (__/      ̄ヽ__) /
 \  /´    ___/
   \|        \
   /|´        |

       (⊃ ̄ ̄\
     (⊃   _ノ  \
    (⊃   ( ●)(●)
     |     (__人__)                  「練習を一緒にやらせてくれって頼んでるのは俺だろ。
     |     ` ⌒´ノ                   お前は自分のことだけを考えて、YESかNOかを言ってくれるだけでいい。
       |         } \                 まあ最も・・・」
     /ヽ       }  \
   /   ヽ、____ノ     )
  /        .   | _/
 |         / ̄ ̄(_)
  \   \ /| JJJ (
   \  /   /⊂_)

         / ̄ ̄\
       /   ⌒   \
      ( へ)( へ)  |
      .(__人__)      |                  「俺はお前がNOといってもお前にまとわりつくつもりだろ。
       l` ⌒´    .|                  野球人的に考えて」
       {          .|
       {       _ |
      (ヽ、ヽ   /  )|
       | ``ー―‐'| ..ヽ|
       ゝ ノ    ヽ  ノ
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
やらない夫の笑顔に嘘は無い。そう見えた。







466 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/01(日) 22:01:36 ID:yTScZJmg

      ____
    /_ノ   ヽ_\
   /( ●) ( ●)\                     「・・・ホントにやる夫のことを凄いって思ってるのかお?」
 / ::::::⌒(__人__)⌒::::\
 |        ̄      |
 \               /

         / ̄ ̄\
       /   ⌒   \
      ( ●)( ●)  |
      .(__人__)      |
       l` ⌒´    .|                  「おう、思ってる」
       {          .|
       {       _ |
      (ヽ、ヽ   /  )|
       | ``ー―‐'| ..ヽ|
       ゝ ノ    ヽ  ノ
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

         .____    .i^マ'フ
 モジモジ  ./⌒  ⌒\  レ' /
       /( ―)  (―) ./ ,イ ヽ、
     //// .(__人__) ./ 、 /ーヘ_,.ヽ,            「・・・ホントにやる夫と野球をやるのかお?」
     |     .´ ⌒` ./ 、\`ヽ´__ .`t
.     \      .../   ヽ r'´_}__,   {
            ./  {'T /`7/ _,ノ  !
          .-'     `7'/ヽY´   |

         / ̄ ̄\
       /   _ノ  \
       |    ( ⌒)(⌒)
          |     (__人__)
        |      ` ⌒´ノ                  「そうさせてもらえればと思ってるだろ」
          ,|         }
       / ヽ       }
     く  く ヽ     ノ
       \ `'     く
        ヽ、      |
            |       |







467 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/01(日) 22:02:31 ID:yTScZJmg
       ____
     /_ノ   ヽ_\
   /( >)  (<)\                     「し、しかたないから一緒にやってあげるお!
  /::::::⌒(__人__)⌒::::: \                   べ、別に嬉しくなんて無いんだぉ!」
  |     |r┬-/      |
  \     ` ̄'´     /

      (ヽ三/) ))
       ( i)))
   / ̄ ̄\ \
 /   _ノ  \ )
 |    ( ●)(●)
. |  ///(__人__)                        「お、おう。ありがとうやる夫!
  |     ` ⌒´ノ                        これからヨロシクな!」
.  |         }
.  ヽ        }
   ヽ     ノ
⊂ヽ γ    く  <キュン☆
i !l ノ ノ    |
⊂cノ´|     |            ナニコノキモチ・・・

やらない夫はようやく挙動不審だったやる夫を理解した。
あの奇妙な反応はおそらく、全力で照れていたのだ。

こいつは多分。

        ___
      /      \
   /          \
  /   ⌒   ⌒   \                   ―ロクに褒められた事が無いのだ―
  |  /// (__人__) ///  |
. (⌒)              (⌒)
./ i\            /i ヽ







468名無しのやる夫だお:2009/11/01 (日) 22:03:09 ID:0exgDYsE
えっ、なにこの甘酸っぱい関係www







469名無しのやる夫だお:2009/11/01 (日) 22:04:37 ID:CO9511o.
爽やかスポ根100%物語だなw







470名無しのやる夫だお:2009/11/01 (日) 22:05:10 ID:gRk/iAM2
こーゆー話すきすぎて困るww







471 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/01(日) 22:05:49 ID:yTScZJmg

考えてみれば友達の少なそうなタイプである。攻撃性が高いせいで、嫌われることも多いだろう。
好意を持たれるという経験に乏しいのだ。

そう解ると、今までのやる夫の行動のいろんなことに納得がいく。
敵意には過剰な敵意で返すが、好意に対する返し方を知らないのだろう。

照れに照れてるやる夫をみると、なんだかやらない夫も照れてきた。

      (ヽ三/) ))
       ( i)))
   / ̄ ̄\ \
 /   _ノ  \ )
 |    ( >)(<)
. |  ///(__人__)
  |     ` ⌒´ノ                         「さ、さっそくだが、軽くでいいから球を見せてくれないか?
.  |         }                          雪が降ってる中悪いんだけど、明日からの参考にしたいだろ」
.  ヽ        }
   ヽ     ノ
⊂ヽ γ    く
i !l ノ ノ    |
⊂cノ´|     |

         .____    .i^マ'フ
 モジモジ  ./⌒  ⌒\  レ' /
       /( ―)  (―) ./ ,イ ヽ、
     //// .(__人__) ./ 、 /ーヘ_,.ヽ,             「い、いきなりそんな恥ずかしいお?」
     |     .´ ⌒` ./ 、\`ヽ´__ .`t
.     \      .../   ヽ r'´_}__,   {
            ./  {'T /`7/ _,ノ  !
          .-'     `7'/ヽY´   |

   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( mn)(mn)
. | ////.|  |人|  |
  |    |  |⌒|  |                        (な、なんかドキドキするだろ)
.  |     |  |. |  |
.  ヽ.   / / }  /
   ヽ  / / ノ ノ       \
   / ノ,,ノ  |\ キュンキュン!  \
   |        |  \         \
    |       |   \          \







472 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/01(日) 22:06:51 ID:yTScZJmg
―同日同時刻 某居酒屋―
   | l
   | |  /     ヾソ   ヾソ   ヾソ
   | |. //     ミ爻彡wミ爻彡wミ爻彡w 、、
   | |//      r─────────、 /| |         r─────────
   | |/    ./| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄.゙| | | ./.          | | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
   | |   //|                 | | |/           | |__ ______
   | |  // ̄ 日  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/| ̄/.゙|/              | \___,||\
   | |//              /;;;||''''| /           \.. | ||__,;;\
   //               /;;;;;;||__|,/              \|__||_,,,;;;;\
 //|| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||                           || ̄ ̄







473 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/01(日) 22:07:25 ID:yTScZJmg
            _  -───-   _
            ,  '´           `ヽ
          /                 \
        /                    ヽ
      / __, ィ_,-ァ__,, ,,、  , 、,,__ -ァ-=彡ヘ  ヽ
       ' 「      ´ {ハi′          }  l
      |  |                    |  |
       |  !                        |  |
      | │                   〈   !
      | |/ノ二__‐──ァ   ヽニニ二二二ヾ } ,'⌒ヽ
     /⌒!|  =彳o。ト ̄ヽ     '´ !o_シ`ヾ | i/ ヽ !    「ん・・・?」
     ! ハ!|  ー─ '  i  !    `'   '' "   ||ヽ l |
    | | /ヽ!        |            |ヽ i !
    ヽ {  |           !           |ノ  /
     ヽ  |        _   ,、            ! , ′
      \ !         '-゙ ‐ ゙        レ'
        `!                    /
        ヽ     ゙  ̄   ̄ `     / |
            |\      ー ─‐       , ′ !
           |  \             /   |
      _ -‐┤ ゙、 \           /  ! l  |`ーr─-  _
 _ -‐ '"   / |  ゙、   ヽ ____  '´   '│  !  |     ゙''‐- 、,_

::|       i-ー'ーヽ  ヘ::..   \      i::.  i:. ヽ  ̄`ヽ=、
::|         !     ヽ.  ヽ:::..   ヽ      '::.  l::.  ヽ
::|      :   l     ヽ:.  ヽ、::..  ヽ:..   ':::.  !::.  i
::l  :   .:   !       ヽ:. ヽヽ、::.. ヽ::/  ':::.  !、:. |
:::i ::  :l:   l          \ ヽ \/ヽ:::.   ':.  | ヽ:. !
r┤:::  :l::  |  ̄ ̄```ー- \ ヽ ,r‐ァォヤ、::.  i::: |  ヽ|
.ト| ::::  :l::: | ,r≠T〒ト    \ヽ-┴'´ |、:::. !::: |
.i' i :::::.. :ヘ::. l `ー┴ー'      \、   !::l:::. |::::::|      「おっと・・・?」
ヽヾ, :、:. ::ヽ::.!            、 \. |:::ハ:::ハ:::::|
::::\!:::l::.::::::lヽヘ                 ヽ  i::/ }:;' ',::::|
::::ヽ:.::::ヘ:::::::! ヽ            / /::/ |'  ',::|
ヘ:::}ヽ::、::',:::::!               /!::{     ヾ
 '::| !::Xlヽ:::',、       -―‐‐'  ィ l::i
  '.i ';' ト ヽ:! ヽ、       -  / ! ヽ!ヽ_
  ,/  |  ヽ   ` 、      /  l    、`ー、
.//    !  \     ` ー-r-'   l    !   ` ヽ 、
 /     !     \     /       l      !        ̄ ` ヽ 、
./       l       \ /         !      !             ヽ、
      |    ,-‐‐'\        l      ',                | ヽ
      |  イ::::::::::::::::::ヽ        l      ',              |  i







474 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/01(日) 22:07:45 ID:yTScZJmg
           ,. '´ : : : : : : : :./: : : : : : : : : : : : : : : :.`ー 、
        , '       ./ .::/               :∧
          /.:/ .::/ .::′.:::′l : : ::::::.: : : : : : :!::.:.: : : : : :.∧
        ./"/. : ::′.:::!: :.:::,l :| : : :::l::. 、:::.:.: : :|:::  : : : : : :∧
        .′.:.::| : :::;!: :::/.|.:∧: :.:::ト、:::|\:::.:.:|::::: !:::. : : : :∧
        |.:.:.:.:.:|.:.:/ !:.:/ |/  ゙、:.:l ゙、l  ヽ:.:lヽ: : |:::.:.:.:.:.: : ハ
        | ;!.:.:.:|::/ _|_'__l    ゙、|   l__゙L_ヽ::|::.:.:.:.:.: : : :|
        |/l :.:.:|ハ´ __、  、 .l ´ z___ `゙:|::.:.:.:.:.:|:.:l:.:!
        l l:ハ::l:::! ´_辷.」`  ゛    ´_辷_リ_   :|::. /|/:.:.ハ:′
            l |:!: !        !             ::|::./´!゙i:/ !   「なんだ?どうした?」
           !l:::!      .:;             :|:/i //
              ゙l: l       、            ::|'ノ/:/
             |ハ                ,‐-'.:/
             ヽ               ./:.:.:/|′
                   ヽ    ´ ̄ ̄゛    ./!:.:/
                \     ゛     . :´ : :l'|′
                  |:\    . :'´: : :.::::|、
.                 r‐|  ` -''´ _... ‐ '"´ `、_
                  /| ` ‐、   _.ノ´ヽ     /:::\
             _,./ : :|  /  >´i    〉、 /::::::::::::::i-.._
         _. '´:/: : : :! .ハ.0l - !  /::::ヘ, '::::::::::::::::::::!::::::`: :- .._
      _... '´ : : : /: : : :.:|∧:::゙、|_i/:::/ /.:::::::::::::::: : : |:: : : : : : : :`: :- .._
  _... '"´: : : : : : :.:/: : : : :.:|  >'"´:::::`::'、 /::::::::: : : : : : : |: : : : : : : : : : : : : :`: :- .._







476 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/01(日) 22:08:55 ID:yTScZJmg
    〃                 i,   
   r'   ィ=ゝー-、-、、r=‐ヮォ.〈   
    !  :l      ,リ|}    |. }   
.   {.   |          ′    | }   
    レ-、{∠ニ'==ァ   、==ニゞ<                    「いや、いい男レーダーがおっ勃ったもんでね」
    !∩|.}. '"旬゙`   ./''旬 ` f^|   
   l(( ゙′` ̄'"   f::` ̄  |l.|   
.    ヽ.ヽ        {:.    lリ    
.    }.iーi       ^ r'    ,'  
     !| ヽ.   ー===-   / 
.   /}   \    ー‐   ,イ      
 __/ ∥  .  ヽ、_!__/:::|\      


   i: : : : : : ;;;;;;;;i     i : : : : : : : : : ;;;;;;,, : : : : : : : : : :
 .、  .i : : : : : ;;;;;;;i     i : : : : : : : : : :;;;;;;;, : : : : : : : : :
 ヾ;、 丶: : : : ;;;;;;;;i      i : : : : : : : : : ;;;;;;;;,, : : : : : : : :
   `、丶: : : : ;;;;;;i       丶: : : : : : : : : ;;;;;;;;;., : : : : : : :
..i`.、  ヽ丶: : : :;;;;;;;i      丶: : : : : : : : : ;;;;;;;;;;,, : : : : : :
...l b:`:.、i. 丶: : : :;;;;;;i       丶: : : : : : : : : ;;;;;;;;;;;;;,, : : : :
 l.t:::ty:l 丶: : : :;;;;,,i_, - ‐=======ッュr。_:_ ;;;;;;;;;;;;;;;,, : : : :   「阿部さんのもですか・・・
  ``ォ;;;j|  丶: : : ::;;;i : : :ェォ=- :\ : : : :  ̄: ̄;;;;;;;;;;、;;;;;;,, : :   僕のレーダーもビンビンですよ」
.    ;l   丶: : : :;;i: : :": :    \: : : : : : : : ;;;;;;;;l:\;;;;;;,, :
\   /   .∧: : : ;;i: _ィェェ、_      \: : : : : : : :;;;;;ヽ: :\;;;;;
  .\/   / : :ヽ: : :;;i :-`´`≡ョ、_     \: : : : : : :;;;;ヽ: : :\
   \  /: :  :ヽ: : ヽ : `、  |;;o`k‐y-r,,,,_`__、: : : : ::;;;丶: : : :
  .  `<: : :  : ヽ: :ヽ    ヾ、.ヽ;;;ヽ`' ノ;;;;'-'''''':\;;;; : : ;;;丶: : :
     ヽ : :  : 丶::ヽ    ` ` ー`´." : : : : \; ; ;;;;丶: : :
` 、.     ヽ: : :   丶ヽ      : : : : : : : : : \;;;;;;;丶: : :
. `、:.    ヽ: : :   丶、        . : : : : : : : \;;;丶: :
: : ヽ:.    ヽ: : :    丶、     . : : : : : : : : : : 丶`、: :
: : ヽ::.    ヽ: :      \ . : : : : : : : : : : : : : :  `: :
: :  :ヽ:::.    ヽ: :    . : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
`ヽ、:  :、::..    ヽ: :  . : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
   `ヽ、、::..     ヽ、: . : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :







477 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/01(日) 22:09:11 ID:yTScZJmg
     /´.:':.:.:.:./:.:.:.:!:.:.:.: /:ハ:.:.:.:.ト、:.:.:.: |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.丶
        .:': / /:.:|:.:.: ハ:.:.:ハ! \:.:| i:.:.:.:l:.:.:.:.:.i、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ
.     /: ィ:.: i:.:.:!:.:./  :.:.|    ヽ! |:.: /:.:.i:.:. l:.ヽ:.:ハ:.:.:i:.:.: l
    /´ /:.:.:.!:.: ハ:.:!   ヘ{ イ´ ̄  l:./i:.:.:.l:.:.:|:.:.:ヾ:.:|:.ハ:.:.:|
       |:.:.ハヘ:.L_ヾ  ´  ィヤ::)フ  }:' !: ハ!:.:.l‐、:.:.:.:.!':.:.:|:.:.l
       |:/  :ハ ,ミ     ゞ ´      !':.:.:.:.:'´`ヽ:.:.:.:.:. ' i:l
      !'    ヽハヒ}            !:.:. /`) 丿:.:.:. /:/!'    「カズマさん遅いっすね~」
             ヾノ               !:/‐' /:.:.:.:.:.:.:Ⅳ
           ゝ、            !ーi:.:.:.:.:.:.:.:i {
            \ 、 __          /:. |:.ハ:.:.:.:.:.!
               ヽ ー `      . : : i }:' \Ⅳ
.                 、      イ: : : :. l      `ヾ
                  ー‐ ´ヘ: : : : : : l       >‐-、
                      ゝ: : : :  l     ...:.:´:.:.:.:.:.:.:.>‐
                      _..ィヽ: :  !   /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:´:.:.:.:.:
                  _..:.:´{:.:./: :.}   .イ:.:.:.:.:.:.:.イ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
           ,....-:.:.:.:.:.:.:.:.i:.:.ゞ __ .才´:.:.:.:.:.:.:.´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
          /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:',:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: <:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
            /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ゝ:.:.:.:.:.: /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.

2人との付き合いは長い。キョンは貞操帯の準備を怠っていなかった。









479名無しのやる夫だお:2009/11/01 (日) 22:10:31 ID:CO9511o.






良い判断だw







480名無しのやる夫だお:2009/11/01 (日) 22:10:44 ID:25SgodzQ
>貞操帯の準備を怠っていなかった
おいw






478 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/01(日) 22:10:04 ID:yTScZJmg
―話は戻って 第三練習場 合宿所―

やる夫もやらない夫も、気持ちが高ぶりに高ぶっていた。
お互い、恥ずかしくって普段は口に出来ないような夢や、将来の展望を、子供のように語り合った。
その内容は笑い話にしかならない大仰なものだ。

           __                  γ⌒) ))
       γ⌒) ))\              / ⊃__
       / ⊃ _ノ  \ ∩⌒) ))   〃/ / ⌒  ⌒\         「俺は3000本安打だろ」
    〃/ /  ( ●)(●) / ノ     γ⌒)( ⌒)  (⌒) \ ∩⌒)    「じゃあやる夫は300勝だお!」
     γ⌒)  (__人__)/ / ))  / _ノ :::⌒(__人__)⌒ 〃/ ノ     「更に500本塁打だな」
    / _ノ   .` ⌒´ノ( ⌒)   (  <|  |   |r┬(    / / ))   「じゃあやる夫は更に200セーブだお!」
   (  <        }/ /.    ( \ ヽ \ _`ー‐'  /( ⌒)
  (( \ ヽ      . } /                    / /







481 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/01(日) 22:10:56 ID:yTScZJmg

しかし酷く楽しい。
仲間というより、同志というのだろうか。
辛い次期を共に越え、同じ目的にたどり着こうという相手が見つかった。

  \  /                 \  /
    X   / ̄ ̄ ̄\           X
  / ∩ / _ノ   ヽ、 \        / ∩                 「やる夫はやる夫だけの魔球を生み出すお!」
/ ( ⊂) |  ( ●)(● ) |      / ( ⊂)      ____       「カッコいいだろ!名前はどうする?」
     | | |   (__人__)  |         | |    /⌒  ⌒\      「やる夫ボール2号改!なんてどうだお?」
    トニィ'|   `⌒´   |        トニィ'. /( ●) (● ). \    「すんげーセンスだろ・・・やる夫の発想に脱帽だろ」
    |    |         }         |   / :::⌒(__人__)⌒::::: \   「だお!」
    \   ヽ        }         \  |     |r┬-|      |   「1号が無くて2号、更に”改”って部分に底知れぬ魅力を感じるだろ・・・」
     \  ヽ     ノ           \\_  `ー'´    _/
        ン ゝ ''''''/>ー、_           ン ゝ ''''''/>ー、_
       / イ( /  /   \        / イ( /  /   \
       /  | Y  |  / 入  \     /  | Y  |  / 入  \







482 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/01(日) 22:11:26 ID:yTScZJmg
そのことの興奮が、やる夫とやらない夫を包んでいる。

.     / ̄ ̄\     __人_
   /      \    `Y´                 _人_  
   | 仟ト  心                     `Y´
   | .弋cソ   cソレ.     / ̄ ̄ ̄\
   |     (__人__)    /  仟   心”     ηノノ     「俺達は2人でVIPの星になるお!」
   |      `i  i´ノ  /   .弋c    ソ.     ノ, ∃      「おう、まさにVIPスターだろ!球団名的に考えて!」
   |   .   `⌒ }  ./      (__人__) ヽ   ./ ./´
   ヽ       .}  |       `i  i´  | ./  /
    ヽ     ノ    \ _     `⌒  / ./
   /      ヽ   /       ⌒   /
  /         ヽ, ./  .         /
  /  /      }  | .|  |         |
 .|  .{.      .|  | ヽ、 \        |                                           ムクリ
 .|  .|.      .|  |   |\ ヽ      .ノ







483 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/01(日) 22:12:07 ID:yTScZJmg
        |              \
       , -┴==――-  .. _        〉  
.    //´             、 、 /
    { /   , -‐ァ===‐- .._   ヽ ∨
    \/  /   /, {     `ヽ  !
     , '   , '    // ハ   |  ト、 |                「ごめん、もう少し声落としてくれない?」
   /   /_, / //∠=ヽ、 }   lハl
    l / { ,ィf´ ノノ 7f_j`ゞV   } |
   j∧ 「{kツ     ゙ー'  /   ,′i
      ヽ{   `    u. ノ   / /
       八   ´`     ー=イ  fl /
      ハ\     ...::::::|  jハ{
        \{` ー‐、.:::::::::::| /
           `    」::::::/j /\
          /x=く  ´ _f~、
         f^ア 〃ノハ ヽ  ノメ~ヽ

         ___
        /⌒  ⌒\         ━━┓┃┃
       /(  ̄)  (_)\         ┃   ━━━━━━━━
     /::::::⌒(__人__)⌒:::: \         ┃               ┃┃┃
    |    ゝ'゚     ≦ 三 ゚。 ゚                       ┛
    \   。≧       三 ==-
        -ァ,        ≧=- 。
          イレ,、       >三  。゚ ・ ゚
        ≦`Vヾ       ヾ ≧
        。゚ /。・イハ 、、    `ミ 。 ゚ 。

       / ̄ ̄\
     /  ─   \
    ( ●)    (●)
.    |   (入__,,ノ  i          くぁw背drftgyふじこlp;@:「」
     |   (  /u  |
.     |   |! |u   }
.      ヽ ι! .|   }
      _ヽ;:i;l 。゚・ ノ_
    ノ   i:;l|;:;::;     \
  /´   ι! :i;l 。゚     |ヽ
 |    l。,j i:i;l 。゚ i!、o     \
 ヽ    -一''''''"~~``'ー--、   -一'''''''ー-、.
  ヽ ____(⌒)(⌒)⌒) )  (⌒_(⌒)⌒)⌒)







484 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/01(日) 22:13:14 ID:yTScZJmg
          ___ _
       . /  >‐-、\            「そ、そそそそs、蒼星石!なんでいるお!?いつからそこにいたお!」
     . /~ヾ, j|  。 } \
      /|_ ゚ .,.〉 .ゞー≠  ...\,
     ./ ヾ≦'(_人__)      .\
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

    _」こ二二 二__ __⊥_
   /;;;:;:;:;:;:;::::::.:.:.:.:.:.:.        〉
  /;;;;;;;:;:;::;:;.:.:.:.:.,.-── ‐‐─-<
  \;;;;;;:;:;:;:;:., ィ:7::l:i .:.:.:.::::::.:.:.ヽ.:.:.\        「え、最初からいたよ。隅で寝てたけどさ」
   `,n;;;;/.:.::/::::jiト、 .:、.:.:::::::.:.l:::.:.l::.ヽ
    ノ V .:::/,,_/:ハトト、 .:ヽ.:::.:::|.::::j::::/
  rん7‐、).:ノ::/イ二ニヽミ、 ィ二j:::/::/
. / o ̄ `Vヽ::〈〈fでソ`  ,rジソ !;.::/
/     .:.V 〉:::, ' ' ' '  `  ' ' /::/
     .:.:.::V.:::::ト、  ~~ , イ::/
    .:.:.::::ハヾトん> -- <l/l/_
   ̄\.:/:jこ{   ,ィ勺>.、 ヽこト、
     〉.:::〉‐j   //^j}ト、 j〉 1‐}::.\ー- 、_
    /.:.:::::〉‐j // /j}1 l」  i ‐}:::::.:.\:::::.:.ヽ
  _/i.::::::1.::} ‐j    j}1   | ‐}::::::::::.:.\:::.:.
/.:.:i::|.:::::::|:::ヽン、   j}1!  _ノ,ソ::::::::::::::::::::ヽ::
.:.::::::|::|:::::::::i::::::::`ー-- ─ イイ.:.:.:::::::::::::::::::::::::::

     / ̄ ̄\
    /   _ノ  \
    |    ( ○)(○)               「全然気付いてなかっただろ・・・」
 .   | U   (__人__)
    |  U  |r┬-|  彡
 .   |     ` ⌒}   彡
 .   ヽ        }
     ヽ     ノ
     /     \
    / /\   / ̄\____l⌒l
     | |  \ /  ヽ \_____|
 Σ(⌒ノ   ゝ    \__)







485 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/01(日) 22:14:12 ID:yTScZJmg
          , 、、  ,,         
        , '  ____ " 、、      
         , '   /⌒三 ⌒\  ',     
       ;  /( @)三(@)\  ;         「最初からって・・・最初から聞いてたのかお!?」
       ; /::::::⌒(__人__)⌒:::::\ ; 
        |  u   |r┬-|  u  | ;   
       \   u `,. -'"´´ ̄`ヽ ;   
    _   /    (___   | ',  
  ,、'  /              |  ;  
 、 ( ̄                |  ; 
     ̄ ̄ ̄|               | ;

           ∨三三三三三三三三三三ニ/
      __  lニ>‐ '´ ̄ ̄ ̄` ー<三三/
     〈三三二ニ―‐- 、 ___     `ヽ|
     ∨三三三三三三三三三三三三二二ニ¬
       ヽ三三二ニニニニニ二二三三三三三/
       Y´::.::.::.::.::/:l::.::.::.::.::.:\::.:`ヽ::<三/
.       ,'::.::.::.::.::.〃∧::l::ヽ::、::.::.ヽ、::.`、:l:T    「最初からだよ?騒がしくて眠れなかったしね。
      |::.::.::.フ7¬‐、ヾ、:\>、:|-ヘ::.::.}::!:|      ・やる夫が凄い! byやらない夫
       {::.::/代了圷ミヽ. \行‐t予l:ノ/::|      ・やらない夫自分を語る! byやらない夫
         !::.::.::.:| ゞ-'′  \  辷シ '/:/::./      . ・俺達の明日の夢と希望と妄想 byデュエット の三本立てだったね。
       |::.::.::.:ゝ       ,       厶ノ::.;′    
       ヽ.::.::l|ヽ、    r-、     /::.::/       というか声大きすぎなんだよ。特にやらない夫。
           \:ト、:j> 、   _,.ィ:´::;:l:: /       聞き耳立てるつもりは無かったけど、詳細に綿密に緻密に丸聞こえだったよ」
             ヽ ` ,.イ `¨´ ト、レ'|/ |:/
            __,. '´_>v< `ヽ、′
       ┌イ  //了,ハ\\ヽ `┬ァ
       /7 |  { く/ノ/引ヽヽノノ  | }-、
.      /:.:.:.:{ |  `ー'´//l弓| |`ー′  | } :.:l
     /:.:.:.:.:.{ |     // ]弓ト、ヽ     |「 :.:.|

         / ̄ ̄\
        / _ノ;jijii;丶_ !
          ,ク(゜_))ij(_゜))!`i
       | ヒlli(__人__).ソ /              「―――!!!」
       l \ .,キ呪カ'/ /
        .\ ヾ狂リ | {
        /ヽ |ー-イ!_ノ`、
       /::::/i_ノ|_/:;l:::::::|
       |::/:::;:/;;:::::::::;|:::::::i
       |/:::;:/;;:::::::::::;i;;::::ノ
       |:::::;;:|;;:::::::::::::::r
       \;;/;;::::::::::::::::!
         |:::::::::::::::::::/
         |:::::::::.::::::/
         |:::::::::::::イ







486 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/01(日) 22:15:27 ID:yTScZJmg
    _」こ二二 二__ __⊥_
   /;;;:;:;:;:;:;::::::.:.:.:.:.:.:.        〉
  /;;;;;;;:;:;::;:;.:.:.:.:.,.-── ‐‐─-<
  \;;;;;;:;:;:;:;:., ィ:7::l:i .:.:.:.::::::.:.:.ヽ.:.:.\
   `,n;;;;/.:.::/::::jiト、 .:、.:.:::::::.:.l:::.:.l::.ヽ
    ノ V .:::/,,_/:ハトト、 .:ヽ.:::.:::|.::::j::::/
  rん7‐、).:ノ::/イ二ニヽミ、 ィ二j:::/::/
. / o ̄ `Vヽ::〈〈fでソ`  ,rジソ !;.::/         「まあ、でも、なんというかさ・・・
/     .:.V 〉:::, ' ' ' '  `  ' ' /::/           余計なお世話だと思うんだけど・・・」
     .:.:.::V.:::::ト、  ~~ , イ::/
    .:.:.::::ハヾトん> -- <l/l/_
   ̄\.:/:jこ{   ,ィ勺>.、 ヽこト、
     〉.:::〉‐j   //^j}ト、 j〉 1‐}::.\ー- 、_
    /.:.:::::〉‐j // /j}1 l」  i ‐}:::::.:.\:::::.:.ヽ
  _/i.::::::1.::} ‐j    j}1   | ‐}::::::::::.:.\:::.:.
/.:.:i::|.:::::::|:::ヽン、   j}1!  _ノ,ソ::::::::::::::::::::ヽ::
.:.::::::|::|:::::::::i::::::::`ー-- ─ イイ.:.:.:::::::::::::::::::::::::::

     / ̄ ̄\
   /  ー  ‐\
   |   ( ●) ( ●)___
   |     (__人__)´ ー  ー\
   |      `i  i´ノ( ●) ( ●)         (やだ、聞くのが怖い)
   |   .   `⌒ }   (__人__) ヽ
   ヽ       .}    `i  i´  |
    ヽ     ノ、_    `⌒_/
    /⌒ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ⌒ `i
    /    r―――――――‐‐'
    l      ( ̄レワ   /  |
    |       \ \/ /  |
    |       | \_/   |







487 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/01(日) 22:15:56 ID:yTScZJmg

    /::::::::::::::::::::::::::::.....      |
   /::::::::::::::::::::::::::::.... _ -‐ 二>‐- __
.  /::::::::::::::::::::::::::::_ -‐'´_ -‐ ' ´          ̄ヽ
 /::::::::::::::::::::::; < , <              /
.〈:::::::::::::::::::/  /:::::::::...      _ - ‐ - 、 〈
 \::::::::/  /:::::::::::::.... , ‐ ' "´        `\
   \/  /:::::::::::.. , ' ´     l     \     ヽ
    `>'::::::::::.  /     . .l  |  i      ヽ    ` 、
    /:::::::::. /      |  .:::/ /、 |\  , -‐ ! :.. 、 !
.   /::::::::. ,.´:::::::.    | .::// _, V  _メ、_ i  ::: ハ !
   /:::::::.. /::::::::::::::.    |ー≠‐'´__ ヾ、 -≦ュ| ::::::イl l|
   |___」::::::::::::::::::.   .l/_≦==z ヽ  {ミカ ! .::/リ ′
       |::::::::::,:::::::- ' ´ト、 \_弋;ノ      ̄ |'´|      「もう一応社会人なんだから、厨二病は卒業したほうがいいよ?」
       ∨:::::::':;::::::::::. ヽヽ   ̄     .l  |. |
       ∨::::::::':;::::::::::. `N    r-─ァ   / i、|
          ヽ::::::|::':;::::::::::.. ヽ    ` ´  /. / `
         \l、::、':;:::::::::. i     _, イ::;、/
           `l/∨ヾ、:./     l´    V l/
               r-V _    |__
         rニ´ ̄ヾ´    `>、_ソ_`ー一'、⌒i、
        _)/´ ̄`ミ、       / 只__ヽ   ヽ八_
          ( i::::::..  )ト、   / /,仆、ヽ\   ヽ )
.        _)|:::::.    Yゝ / / i ハヽ__〉 〉    }(_
       ( |:::::.    }(_ 〈 〈_/ /l .ト、_/     | _)
         )|:::::.     | ) \_ノ|;| |;|       |(


        / ̄ ̄\
      / ⌒  ⌒\      ____
      |::::::(○)(○) |   /      \
.      |:::::::::::(__人__)|  /  ⌒  ⌒  \
       |::::::::::::::` ⌒´ |/   (○) (○)   \      「・・・・・あ・・・・あ」
.       |::::::::::::::    } |      (__人__)    |
.       ヽ::::::::::::::    } \    ` ⌒´    _/
        ヽ::::::::::  ノ   |           \
        /ヽ三\´     | |          |  |
-―――――|:::::::::::::::: \-―┴┴―――――┴┴――







488 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/01(日) 22:16:23 ID:yTScZJmg

      /三三三三三=-: :´: : : : : : : 、: `: : ー.、三三三三三ヽ
.      (三三三ニ. :'´: : :|: : : : : : : : : : :\: : : : : `: .、三三三ニ)
      ー</: : : : : : {: : 、\:.:. : : : : :丶: : : : : : :.\ニニ/
       /: : : : :/:.:.:.八: : \: \: _: : : : :ヽ:.:. : : l: : : :ヽ/
.       /://: : :.:7:.卞、 ノヽ:.:.{ \:.:\\:.:.:._」≧: :.|: : : : : ',
      /:/: |: : : :.|:.:/ //\_、:ヽ  \:<,ィ<: :| _V: |: :.|: : : :'
       |:ハ: :|: :{: : |:kメテ=ミ \',   ォ夕テハ}^∧:.}: :.|: : :| |
       {ハ: |: :ハ: :.{ヘうんソ}    \  弋ゞ' ノ ′}/:.:/:. : :}:.!    「あ?」
      {! ヾ!:.:.:ヽ:.', `冖´   {  `  `¨^´  /:.:./:.: :.:/:/
         |:.:|:.:ヽ:.、      _       /:/:.:.:..:/:/
            }:.:!:.:.:.:ト\     V⌒       /イ:.:.:.:.:.: /:/
          |:∧:.:.:.ヽ.     ‘ _ノ        //:.:.:.:.:/:/
          レ ヽ:.:.ト、{>..   ー     . イ:/:.:.:.:.;.':, ′
        , - 、  \{ ` }ヘ`ト __ -‐ 7:.:/:./:.:.:.:/レ'
         /二、_≧ー―‐ ´ ̄ \    {:./|ノ|:,イ/ ′
      /    )_ヽ        \r‐'⌒\_'__
    /       )__ヽ     / ̄ ̄)又\`< )__
   /'          _〕ヘ   / r' ̄ 7イヘ \\ \ )_
 / /            (_ }  \ヽ ノ /|ミ}!  ヽ}  ハア∧

           __                  γ⌒) ))
       γ⌒) ))\              / ⊃__
       / ⊃ _ノ  \ ∩⌒) ))   〃/ / ⌒  ⌒\
    〃/ /  ( ○)(○) / ノ     γ⌒)( ○)  (○) \ ∩⌒)
     γ⌒)  (__人__)/ / ))  / _ノ :::⌒(__人__)⌒ 〃/ ノ    「あ・・・あ・・・」
    / _ノ   .` ⌒´ノ( ⌒)   (  <|  |   |r┬(    / / ))
   (  <        }/ /.    ( \ ヽ \ _`ー‐'  /( ⌒)
  (( \ ヽ      . } /                    / /







489 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/01(日) 22:16:58 ID:yTScZJmg
               _,,-i、
              _,,―''"`  ゙l,                        __
        _,,-‐'″      ゙l、                         /| `゙'''ー-〟
    ,,,,-‐"`         _   |、                     ,i´l゙     .l゙
 .,,-''"`       _,/"|   ,li、                       丿 .l゙     ,l゙
..〔       _,,,-'"゛  .|   ,"|、                     ,/  │    │
 `ヽ   .,,-'"` ,,,-, ,l゙   │ ゙l、                 ,/   ,|    ,i´
   ヽ ,/  ./′ ゙ッ′  丿  .゙l                 ,/   ,l゜   │
    ゙'ヽ、   ヽ      .,/_,,,,,,,,-←i、  ,,-‐i、         丿    l゙    ,l゙
     `'-,、  ゙i、   .,,/` ゙l  |  .゙l  ゙l  ゙l .,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,ィニ,,,,,,,、 .|   ./
       `'-、 ゙l   ゙レ、 ゙l  .゙l  .゙l  |  .| .l゙゙l             |  .|   │
         `''-|    | \ │ .゙l  ゙l .|  .l .| ,←―――――-r",,-“',,,Z″
          /    |  `'i、l,--←'''''゙l /  .l│l゙        ,,-ンシ广゛ l゙
         丿    .|   ゙'ミヽ.__,,,,-'"  .,iト|│      ,,/ンシ'゛ .l゙   .|
           ,i´    /     `!|、    ,l゙l゙|.l゙     ,,r'/シ'".,,/゙~゙゙二''"
         `'ヽ,、 .,/       ゙゙l,_,,,,-''"` ||,l゙    .,,/゙lソ'゙,,-'"_,,,-‐'″
           `'ヘ-,,,、      `'i、   ,lリ   .,,,ji!'彡‐,ン‐'"
               `゙''ー-_   `ヽ  .l|" ,,,il|リニン''″
                   `゙'''ー-,,,,\ ,リ,,,終゙‐'゛







490 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/01(日) 22:17:17 ID:yTScZJmg

--------------------------------------------------------------------------------------


蒼星石の視線は、冬山の冷気よりも厳しかった―


--------------------------------------------------------------------------------------


                                                  第3話 やる夫とやらない夫 終







492 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/01(日) 22:18:12 ID:yTScZJmg
投下は以上になります ご観覧アザーっした。

やる夫に仲間が出来る回ということで、やる夫の活躍をご期待されてたかたすんませんです。







493名無しのやる夫だお:2009/11/01 (日) 22:18:23 ID:CO9511o.
乙w面白かったよ~







494名無しのやる夫だお:2009/11/01 (日) 22:18:58 ID:v2oPbGmc

やらない夫が実に爽やかな厨二青年で安心したw








495名無しのやる夫だお:2009/11/01 (日) 22:19:55 ID:heeQqgQY
乙。なんともいい話だった。
やらない夫好きな自分にとってはたまらんかった
(無論やる夫もみんな好きだが)。
今後やるやらがどう成長していくのか楽しみだ。








496名無しのやる夫だお:2009/11/01 (日) 22:21:39 ID:M4rhfFik
乙でした
シリアスのテンポのままなのにギャグも差し込んでくるとかすげー!







497名無しのやる夫だお:2009/11/01 (日) 22:21:49 ID:25SgodzQ

自分の長所短所を知ってる恋女房がいてくれると
ピッチャーとしては助かりそうだよな







499名無しのやる夫だお:2009/11/01 (日) 22:25:21 ID:bjS4wWx2
乙!
友情の深まる過程、いいね!








500名無しのやる夫だお:2009/11/01 (日) 22:25:23 ID:0exgDYsE

熱くも爽やかな話で今回も面白かったわwww







504名無しのやる夫だお:2009/11/01 (日) 23:29:41 ID:rZfIzMEU
遅ればせながら乙







505名無しのやる夫だお:2009/11/01 (日) 23:54:33 ID:kbEgYsHw
いいキャラだやらない夫。
乙でした。







506名無しのやる夫だお:2009/11/01 (日) 23:57:39 ID:iKiMF34.
乙。
しかし何だ、こいつら良いなw

蒼星石のポジションが気になるな……








バッテリー





関連記事
スポンサーサイト
[PR]

デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!




カテゴリー「やる夫はプロ野球選手になるようです」内の最新記事

だ

    蒼の子もレギュラーキャラっぽいな
    しかし、やる夫とやらない夫の名前に注目してくるとは珍しい
    [ 2009/11/13 12:27 ] [ 編集 ]
    あぁwなんかどっかでみたことあるような性格のやる夫かと思ったらバッテリーの主人公かw
    しかしこの作者は随分魅力的な書き方するな・・・話にのめり込んでいたわ。
    [ 2009/11/13 12:45 ] [ 編集 ]
    最高でした
    [ 2009/11/13 12:57 ] [ 編集 ]
    根性論の選手にギャンブラー監督か
    こういう球団の試合は楽しめるだろうな
    [ 2009/11/13 13:09 ] [ 編集 ]
    いいね、実にいい。
    それにしても尻の防御力も高めなきゃいけないプロチームだなここは。
    [ 2009/11/13 13:19 ] [ 編集 ]
    なるほど『やる』夫と『やらない』夫ね…
    [ 2009/11/13 14:45 ] [ 編集 ]
    この作者もそうだが、これを取り上げた管理人にも拍手。ありがとう。
    [ 2009/11/13 14:48 ] [ 編集 ]
    やらない夫の人の良さに惚れた。続きが楽しみだ
    [ 2009/11/13 15:41 ] [ 編集 ]
    何、このワクワク感。好きだ。すごく好きだよ、こーゆー話。 これからも取り上げていってほしい作品だ。
    [ 2009/11/13 16:27 ] [ 編集 ]
    おもしろいな。

    二人は、厨二病呼ばわりされているけど、むしろ蒼星石の方が厨二病のような気がする。

    18で夢語りがやめられるやつの方がどうかしている。
    [ 2009/11/13 16:31 ] [ 編集 ]
    厨二病を異常に嫌うってことも厨二病の一種だからね
    [ 2009/11/13 18:52 ] [ 編集 ]
    >※34601
    人はそれを高二病と呼ぶんだぜ。
    [ 2009/11/13 18:57 ] [ 編集 ]
    野球部だったからやる夫の気持ちはすごくわかる
    [ 2009/11/13 21:02 ] [ 編集 ]
    こういう話好きだ
    [ 2009/11/13 22:27 ] [ 編集 ]
    こんなにアツいやる夫が他で見れるだろうか
    [ 2009/11/13 23:55 ] [ 編集 ]
    このやる夫たちはやる夫スレ系屈指のかっこよさ!
    [ 2009/11/14 03:28 ] [ 編集 ]
    一瞬だがやらない夫がカツノリに見えた。
    [ 2009/11/14 03:44 ] [ 編集 ]
    プロ野球選手になった時点で他人とは明らかに逸脱してるし、厨二病患者としては十分成功してる
    [ 2009/11/14 07:13 ] [ 編集 ]
    このコンビは最高
    [ 2009/11/14 11:25 ] [ 編集 ]
    最高の相棒に出会えたなw
    [ 2009/11/14 11:56 ] [ 編集 ]
    1話目の淡々とした語り口と、今回のようなやる夫らしいノリが上手く合わさると傑作になりそうな予感。
    登場キャラのポジションと「右投げ・左打ち」みたいなプロフィールが見たいな
    [ 2009/11/14 13:10 ] [ 編集 ]
    やだ、なにこれ、面白い!
    [ 2009/11/15 12:24 ] [ 編集 ]
    大きく振りかぶってのサイドスロー
    小林繁チック
    [ 2009/11/17 13:27 ] [ 編集 ]
    人並みの意見で申し訳ないけど
    これを読む機会を与えてくれたUP主と管理人…ありがとう
    夢に向かって全力で突っ走る姿は読んでいてドキドキするしワクワクする
    [ 2009/12/03 00:10 ] [ 編集 ]
    >「それを信じてるって言うだろ。俺的に考えて」
    やばい、超かっこいいんですけど
    [ 2009/12/05 02:28 ] [ 編集 ]
    面白い!蒼星石はイメージで2番セカンド辺りかな?
    [ 2009/12/17 21:24 ] [ 編集 ]
    投手と捕手の関係をバッテリーと最初に言ったのは誰だろうな・・・?
    [ 2010/02/24 22:14 ] [ 編集 ]
    脱字があったり、流暢→悠長みたいな誤字があったりするのが気になる。
    でも面白いわこれ!間違いなんて些細なことだろ、常識的に考えて。
    [ 2010/03/03 16:47 ] [ 編集 ]
    なにこれ!キュンキュンする!
    [ 2010/09/14 11:37 ] [ 編集 ]
    実力的には平凡でも身近にこんな選手がいたなら、天才できる夫もそりゃあ意識せざるを得ないよなあ。
    超実力派選手を怪物と表現するなら、なんだかやる夫は妖怪って感じ。
    [ 2011/05/28 20:51 ] [ 編集 ]
    このコメントは管理者の承認待ちです
    [ 2014/01/01 05:31 ] [ 編集 ]
    コメントの投稿













    管理者にだけ表示を許可する
やる夫ブログについて
20101110:「やる夫はロス市警の警部のようです」を掲載させていただきます。本当にお待たせして申し訳ございません。これ以降も随時、更新の途絶えていた作品を掲載していきたいと考えております。ご迷惑をおかけして申し訳ありませんが、どうか長い目で見ていただければ幸いです。

20101030:「やる夫のサクラ大戦」にて、記事の掲載順序を誤りました。 作者様、および楽しみにしていた読者様にお詫び申し上げます。 申し訳ございませんでした。

20101004:「やる夫たちが夢の国で遊ぶようです」につきまして、こちらの不具合で記事が切れてしまっております。作者様、及び楽しみに読んでくださっている読者の皆様にご迷惑をおかけしてしまい、申し訳ありません。
一度下書きに戻させていただきます。よろしくご了承ください。
「やる夫で学ぶことわざ」の作者様より、やる夫ブログ用のスポンサー案内をいただきました!本当にありがとうございます!さっそく使わせていただきます!

20100811:皆様、大変ご無沙汰しておりました。ぼちぼち更新を再開できればと考えております。
「やる夫がDQⅢの勇者になるようです」についてですが、コメントを頂けるのは大変うれしいのですが、他作品のコメント欄での投稿はご遠慮願えれば幸いです。
恐縮ですが、ご協力よろしくお願いいたします。

20091222:年末なので順調に更新量が減っております。今日明日はお休み、再開一発目は「やらない夫の超兄貴」になる予定です。作者様、まとめが遅くなり申し訳ございません。

20091208:今週クソ忙しいので、かなり更新が減ります。ご了承ください。

20091116:更新の調子にもよりますが、週末をめどに、カテゴリを追加する予定。前回追加からだいぶ間隔開いたんで、かなり溜まってます。

やる夫ブログについて

姉妹ブログというか同一人物ブログ。
やる夫ブログ(裏)(18禁です)


 ネ タ 投 稿 お 待 ち 
 し て い ま す ! 
(↑結構心から待ってますw)

 ネタ投稿の他、転載お断りの記事、相互リンクのご希望等ございましたら、お手数ですが下のメールフォームよりお知らせください。なお、http:を付けるとエラーになってしまうようなので、ご投稿いただける際にはhttp:を抜いていただきますよう、よろしくお願いいたします。
相互リンクの反映に時間がかかってしまい申し訳ありません。気長にお待ちください。


嬉し泣き
美麗なタイトル画像を描いてくださっているのは、こちらの方々です。
本当にありがとうございます。


七市様
Shadow3_convert_20091008101141.jpg
ハルヒとやる夫、やらない夫の表情が最高のタイトル画像。冬にぴったりの美しい作品です。


1様
http://blog-imgs-15.fc2.com/y/a/r/yaruomatome/yaruoblog_title_convert_20091026144430.jpg
柔らかで暖かい雰囲気がたまらない作品。みゆきさんヤバすぎで管理人狂喜の舞を舞っておりますwww

1様のプロフィールはこちら


65様
securedownload_convert_20091008101321.jpg
同じく「やる夫がチェルノブイリに旅立つようです」より。元ネタの雰囲気をビンビンに伝えるダークな作品。


草葉様
Shadow3_convert_20091008101141.jpg 「やる夫がチェルノブイリに旅立つようです」をモチーフにしたタイトル画像です。物語の後、このタイトルを見て吹きました。

219c0c442.jpg

草葉式


味噌様
yaruoblog_convert_20090519194443_convert_20091008101235.jpg
やる夫ブログ初!物語とタイトル画像のコラボレーション!快く、最高に美しいタイトル画像を描いて下さった味噌様に感謝です!




トンボ様
minamike_convert_20090519194731_convert_20091008101216.jpg
夏にぴったりの逸品を、トンボ様よりいただきました!水着ハァハァ(´Д`;)


トンボのかんさつ日誌


ヒジキ様
nagato_convert_20091008101341.jpg
管理人のツボにはまりまくりの長門!大好きだ!結婚してくれー!



ヒジキ煮


aro様
yaruo_blog_fix_convert_20090210225801_convert_20091008101403.jpg
らきすた勢の見事な描写もさることながら、このやる夫にしてやられました。


Charged time-out


Yutaka様
RMm06_convert_20090127165950_convert_20091008101426.jpg
個人的に水銀燈が一番好きです。タイトルのセンスも◎。本当に有難うございます。





マブチョコ_m様

この魅力的なボディにくらくら!管理人はこの人の同人誌が大好きです!やる夫ブログの記念すべき初タイトル画像。全てはここから始まりました。



うにゃらら大飯店



イチオシ

やる夫がDQⅢの勇者になるようです

自らを成長させる姿に心震える
作品。普通の掛け合いなのに、
自然と笑みがこぼれる構成と
演出は見事の一言。
自分を好きになれる、極上の映
画を見た後のような読後感は、
自信を持って「最高だ!」と賞
賛できる作品です。





過去の「イチオシ」一覧を作りました。
管理人オススメ記事

管理人が抱きしめたいほど好きなやる夫作品

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。