FC2ブログ
2017 04123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 06
やる夫ブログヘッドライン



【お気に入りサイト新着記事】 【カテゴリー一覧】

    
   
【最新エントリ】



スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




カテゴリー「スポンサー広告」内の最新記事

だ

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | はてなブックマークに追加

やる夫はプロ野球選手になるようです オアソビ 「蒼星石とMASA」 

104 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/10(火) 23:20:15 ID:C7K.VZog
-やる夫がプロ野球選手になるようです-

オアソビ 「蒼星石とMASA」


注) ・この話はMASA選手を知らない人にとっては、何も面白くありません。ご注意下さい。
   ・MASA選手は架空の選手です。架空の選手ったら架空の選手です。
   ・作者はMASA選手の大ファンです。誹謗中傷の意図は全くありませんが、
    不快になられた場合本当にすみません。あらかじめ謝罪申し上げます。

   ・この話は本編に少しも関係ございません。フィクションの中のフィクションです。








105 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/10(火) 23:20:39 ID:C7K.VZog
―2月中旬 2軍紅白戦後―

             ,、 -──‐ ─- 、
            ,r'"´.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\
            /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\.:.::.:.:.:.::ヽ
          /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`ヽ.:.:.:.:l.:.:.:.:.:.:.:.:::゙、
       /.:.:.:.:.:.:.:.:.:、.:.:.:.:.:.:.:.:.i.:.:.:.: |.:.:.:.:.:.:.:.:.:::!
        /.:.:.:.:!.:.:.:.:.:.:.:\.:.:.:.:.:.l.:.:.:.:.!.:.:.:.:.:.:. :.::|
      ,/.:.:.:j.:|.::ト、.:.:.:.:.:.:ヾ:i.:.:.:|.:.:.:.:.! .:.|::::::::::::|       (4回、2失点か・・・)
      i.:.:/川.:.:iト.\.:.:.:.:.:.:|.:.:.:|.:.:.:.:.!:.:.l.::::::::l:::!
      |.:,!|::l::ト.:ヽ.:.:ィ==- |.:.:.:!.:.:.:.:|.:.:i!::.:::::|/
      |/ ヽ!`ヾ:ヾ!弋tテナ !.:/!.:.:.:.:|.:/{、.:::::l
           ``ソ     l/ |.:.:.:.:l/  \,!
               <  __   |.:.:.:/レ'"´ ̄ \
                \ _ ,ノj.:.:/ , -‐─- 、 \
                    ノヌ_}7! ,/.:.:.:.::::::.:.:.:.\ \
                ,f仄_}7 /.:.:.::::::::::::::::.:.:.:.\ |
                ,f仄_}7 /.:_:_:/::::::::::::::::l:::::`i
               ,f仄_}7レ'´.:.::::::::::::::::::::::::/::::::::|

結果だけを見たら、まあ及第点に見えるかもしれない。
ただ、一軍入りをアピールするには遠く、自分の思ったようなピッチングもできていなかった。







106 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/10(火) 23:21:31 ID:C7K.VZog
最も不満が残るのが、自らの課題としたコントロールだ。

    ./:::::i:::::l::::::::::::|::::::::::::::::;l;:::::::::::::::::::::::::::::::、;;::::::::::::::::::::::::::::: ヘ
   ./:/::::|::::::;ヘ;;;:::::ヘ;;;;::::::::::::; |;;:::::::::::::;::::::::::::::::l;;;;;::::::::::::::;:::::::::::;;l
  /:/:::::;|::::i:::;;;゙i、;;;::::ヽ;;;;:::::::::;|;;|::::::::::; |::::::::::::::::|;;;;;;::::::::::::;;:::::::::;;;;|
  /;/|::::;;;|:::ヘ::;;;;;|\::::::\::::::::::|;|::::::::;; |:::::::::::;:::;;|;;;;;;;;;:::::::::;;;:::::::;;;;:l
 .|:;| |::::;;;|l:::::;ヘ:;;;;|. \::::\;r::::l;|::::::;;;|::::::::::;;::;;;; |;;;;;;;;;;;::::::;;;;:::::;;;;;l
 |:;| |:::;;;|.|::i::;;;ヘ;;ヘ   ,×、\;;|::::;;;;/:::::::::;;;::;;;;; |;;;;;;;;;;;;;::::;;;;;:;;;;;;;l
 |;;| .|:::;;|. l::ト;:;;;ヘ;;ヘ/ .,rl' `''|:::;;;/:::::::::;;;;;;:;;;i;;ト:;;;;;;;;;;;;;:;;;;;;;;;;;;;l
 |;;|  .l:::;;| ヘ:、ト;;;ヘ\,ィく. |  /:;;;/:::::::::;;;;;;;;;;;;;|;;| };;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|
 .|;|  ヘ:;;l ヘ.l::lヽヘ ヽヾレ /;;;ィ::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;|;;レ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;l
  ヘ、  ヘ;;l  .リ |l\.   .///;:::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;|l;;|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ト:;|
       \''  ノ  ゙  ´  l:|::::::;;;;;;;;;;;;;;/;;|'|;;|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|. ゙
          ゙iヽ、  _   .l:|:::::;;;;;;;;;;;;;/;;;;l .|;i;|ヾ;;;;;゙i、;;;;;|
          .|::;ィ::゙::´   |l|:::;;;;;;;;;;;;;/.l;;/ l| l| ヾ、|.\|
         // |;l;;;::゙ヽ   |;:;;;;;;;;;;/ l;/   ゙  .|、,,_
         /'  .l|ヘ::::;;;ヽ‐'i'|;;;;;;;;/| /'   _;,:. -‐': : :ヽ
            .' ヘ::::;;;;;;;;| |::::/,rl  ,, -:'''´: : : : : : : : : ヘ.
              ヘ::::_;;l-'V/_;,〉'´: : : : : : : : : : : : : : : : ゙ヽ、
              .,r,r´,r''゙´ ゙、' : : : : : : : : : : : : : : :___ ヽ、
             /  ゙):{   (´.|  : : : : : : _,, -'''´ :r'''ヽ  `-ヽ
            /   ゙ヾ\,,_,,r''゙l   _,,-'''´ _,,_ i⌒'''゙: : :゙⌒'': :ヽ

コントロールは一朝一夕で鍛えられるものではない。
常に4隅を意識した結果として、4回2四球。

これでは普通に投げていたほうがマシだったかもしれない。







107 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/10(火) 23:22:25 ID:C7K.VZog
むしろ、最近練習し始めたスローカーブの方が好調だった。

         !      ,.  -‐── ────┴ ─‐┐
         ',  ,.  '´                 /
         > ´                    /
      く         . -‐====== ー-く
          \  ,. . :"´: : : : : : : : : : : : : : l: : : : : : :ヽ
         >'´ .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: ./ハ: :.l: :!: : : : : :l
          i: : : .: : . :. {: : : : : : : :./ /ハ: l.: !: : : : : :}
          |: : |: :.|: : : |::.:.:.:.:.:.`メ、 // V: :l: : : l : ;′
          |: : |: :.|: : : |::|: : :∠イ_〃> Vく: :./}:/
            \|: :.|: : : |:.|: : :`弋夕ソノ` tり:.:/ l/
           \|ヽ: :|.:|: : : :.i.:| ̄    ヽjⅣ
             }ヽ仆ヽ: : : :lN   _ _/: :l
             / ̄ ̄``ヽ、: レ'´ ̄`): : : :l
            /        V  `ー ユヽ.:.|
        ,ん子こ`ヽ     |     ユ、l./
       ,ん'´: : : : `ヽヽ   |     l ハ'′

まだリリースに難が残るものの、打者のタイミングを外すことはできた。
改めて、緩急というものの大切さに気付かされたというものだ。

ただ、こんな付け焼刃では、どうにもならない―







108 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/10(火) 23:22:48 ID:C7K.VZog
      ___
    /     \
   /  _ノ '' 'ー \
 /  (●)  (●)  \                      「・・・石!蒼星石!」
 |      (__人__)    |
 \      ` ⌒´   /


        〉 <三三三三三三三三三三三三三三〉〉
      , <三三三三三三三三三三三三三三三7/´
    〈 〈三三三三≧.イ"´ ̄   ヽ.    、   i`Y/
     \、三三>7  i        、  '.   } ハ
       ヽ./  i  ハ \ 、     ヽ  '   ! .ハ
       / /   i/ /i ハ.  ヽ \、   ヽ  .   i i i
        ′  i′' j ' \ ヽ丶、\ ┼f ┼ :! :i i
       i  i  / /_/_/__ ヽ \ >x≧f斗}  i i i      「あ、やる夫」
       l  |i / イノ∠_云ミ、  \、 イ_ぃハ 癶 / l i
       { ハノ´ 小 {_゚}      弋__ノ イ i  l l
       V i  \ ヽ 弋ノ          /i !  | !
         i i   ハ\_     '      ハ i  li .′
         i l   l ヽ     '- ’     ィ .ハi //
         l ト、  ハヽ >  _   _. イ/j/川 / ′
         |l  } ./   ヽ>ヽハ`¨´ _⊥` 、 l′
              i/ , v⌒ -‐' {_.  ´     `丶、   _
             ,孑'"´ /_ノ7ー 、       __>'´j、!
           /) /  // ハ 「ヽ }     /fゝイ丁! ハ


       ____
     /     \
   /_ノ  ヽ、_   \
  /(●)三(●))   .\                      「あ、やる夫じゃねーお!
  |   (__人__)      |                       さっきっからずっと呼んでるお!」
  \ ヽ|r┬-| /   /
  /   `ー'´      \







109 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/10(火) 23:23:12 ID:C7K.VZog
            ____
          /      \
        /         \
      /   _ノ   ヽ、_   \
      |   ( ●)  (● )  |                  「・・・どうかしたのかお?」
      \    (__人__)    /
       γ⌒  ` ⌒´   ⌒\
       /  (___    __) \
      (____ ヽ γ' ___)
      /    ヽJ  し’    \
    /  ./   \  /  \  \
   ./ / \         / ..\ .\
 /' __)    ヽ、__人__ノ    (__  ’\
(_/                    \_)


            r‐- 、 /        `ヽ
            |   \     .:.:.:.:.::::.\
           ,.」__    \     .:..:.:::::::.\
          /.:::::::::::.:..\  \   .:.:.:.::::::::/
         /.:::,.::::::l:::::::::.:.:. \  \  .:.:::/
          |.::/i.:::/、!.::::::.:.:l::::i::ヽ   \/
         l/ Vj _ヽ.::::::l.::::|::::l:.\  \
          _ノ 1ソヾ::/.::::|::/:::l::::.ヽ   〉
           l       /.:.:.::l/.:;;/:::::::::厂´
              }‐-  /::i .:.::/;:;;;:.::.:./                「うん・・・今日の投球に納得がいって無くてね」
             ヽ _ _ |.:::ィィハ,./
              ] 」/_⊥_
            <77´     `ヽ
               リ/  ,r─‐- 、ハ
           //  ,fソ.::7.:.:::::.:.ヽ!
             //  ,fソ.::::i::::::::::::::::::ヽ
             //  ,fソ.::::::::::::::::::::::::::::.l

蒼星石の声には覇気がない。
干渉を拒む、そういう声をしていた。







110 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/10(火) 23:24:01 ID:C7K.VZog

蒼星石の表情は目にするが、やる夫は気にせず言い放つ。。

     ____
   /      \
  /   _ノ ヽ、_.\
/    (●)  (●) \                        「・・・今、考えてたかお? それとも悩んでたかお?」
|       (__人__)    |
/     ∩ノ ⊃  / 
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /


    _」こ二二 二__ __⊥_
   /;;;:;:;:;:;:;::::::.:.:.:.:.:.:.        〉
  /;;;;;;;:;:;::;:;.:.:.:.:.,.-── ‐‐─-<
  \;;;;;;:;:;:;:;:., ィ:7::l:i .:.:.:.::::::.:.:.ヽ.:.:.\
   `,n;;;;/.:.::/::::jiト、 .:、.:.:::::::.:.l:::.:.l::.ヽ
    ノ V .:::/,,_/:ハトト、 .:ヽ.:::.:::|.::::j::::/
  rん7‐、).:ノ::/イ二ニヽミ、 ィ二j:::/::/                  「え・・・、あ・・・、悩んでた、かな?」
. / o ̄ `Vヽ::〈〈fでソ`  ,rジソ !;.::/
/     .:.V 〉:::, ' ' ' '  `  ' ' /::/
     .:.:.::V.:::::ト、  ~~ , イ::/
    .:.:.::::ハヾトん> -- <l/l/_
   ̄\.:/:jこ{   ,ィ勺>.、 ヽこト、
     〉.:::〉‐j   //^j}ト、 j〉 1‐}::.\ー- 、_
    /.:.:::::〉‐j // /j}1 l」  i ‐}:::::.:.\:::::.:.ヽ
  _/i.::::::1.::} ‐j    j}1   | ‐}::::::::::.:.\:::.:.
/.:.:i::|.:::::::|:::ヽン、   j}1!  _ノ,ソ::::::::::::::::::::ヽ::
.:.::::::|::|:::::::::i::::::::`ー-- ─ イイ.:.:.:::::::::::::::::::::::::::

やる夫の言葉はいつも想像外から攻めてくる。
困惑しつつも、蒼星石は答えた。







111 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/10(火) 23:25:10 ID:C7K.VZog
         ___
      /)/ノ ' ヽ、\
     / .イ '(●)  .(●)\
  .  /,'才.ミ).  (__人__)   \                     「だったら止めるお。
  .  | ≧シ'   ´ ⌒`     |                     悩んでなんか意味あるのかお?」
  . \ ヽ           /


         !      ,.  -‐── ────┴ ─‐┐
         ',  ,.  '´                 /
         > ´                    /
      く         . -‐====== ー-く
          \  ,. . :"´: : : : : : : : : : : : : : l: : : : : : :ヽ
         >'´ .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: ./ハ: :.l: :!: : : : : :l
          i: : : .: : . :. {: : : : : : : :./ /ハ: l.: !: : : : : :}
          |: : |: :.|: : : |::.:.:.:.:.:.`メ、 // V: :l: : : l : ;′        「ん・・・」
          |: : |: :.|: : : |::|: : :∠イ_〃> Vく: :./}:/
            \|: :.|: : : |:.|: : :`弋夕ソノ` tり:.:/ l/
           \|ヽ: :|.:|: : : :.i.:| ̄    ヽjⅣ
             }ヽ仆ヽ: : : :lN   _ _/: :l
             / ̄ ̄``ヽ、: レ'´ ̄`): : : :l
            /        V  `ー ユヽ.:.|
        ,ん子こ`ヽ     |     ユ、l./
       ,ん'´: : : : `ヽヽ   |     l ハ'′

蒼星石にしては珍しいことに、やる夫の言葉に少し、反発を覚えた。

       , ―――― 、
     /  _ノ ' ;、ヽ_ \
    /   ( ●)  (●) \
   /      (__人__)   )                      「それくらいなら、今やってる練習をしたほうが
   |      / | | | | |ゝ   ノ ,.、,_ ,..._                  有意義だお?」
   _ヽ、   、`ー―'´,)r‐ァ‐''"/ _/ >-‐ 、
  '/ / \     ̄ ̄ (゙\`マ -‐ト-.r '`';ーく__\
, '/  '、   ゞ  __ ,ィ ヽ \\ ,)/ ノ / ノ
/    `' ーァ、  ;;:/  / ̄iヽ `々゛  、   /
       | ヽ  ;ノ 〈  ',ヽ `、  :i ノ    |
       l  \    ヽ /, \l    ! /   |
       ヽ ,、 -〉  , --〉/⌒i'ハ    ;      ト、
   ;     |  \  /_ノi\l ',\ ヽ,    ! \

やる夫は当たり前のように言う。







112 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/10(火) 23:26:23 ID:C7K.VZog

正論だと思うけど、そんなのそれを毎回実行できる奴なんていないとも思う。
歯を食いしばるような努力と、悔しさを耐えて、乗り越える忍耐。
苦しいじゃないか、そんなこと―

''"´ニニニニニニニニニニニニニニニニニ/
ニニニニニニニニニニニニ_ニニニニニ/
ニニニニニニ_,.. - ''': ´ ̄ : : : : : : : : : : : \
ヽニニニ: '"´: : : !:. : : : : : : : i: : : : :`ヽ : : : : ヽ
  >'´: : : : : : : : .|: : l : : i: : : '; : : : : : : ヽ.: : : : ヘ
 , : : : : : : .!: : : :ハ : :!: : '; : : : \ : : : : : '; : : ヽ : !
 |: : : : : : :i: : :./.ハ:.ヽ: : ヽ : :___lヽ.: : : : !: :i : :|!:.|
 | : : : : : / : :/  _,.ヽ ト、 .l\: : ヽ \ ̄「: |: : l !:|            「・・・最もだね。わかったよ」
 '; : ; : :./: : / ̄    ヾ:.\ヽ. >    ァ|: l: :/ リ
  V : :/: ;.イ          `` 、_,,  〉! ./;/
  l:/イ: 、ヽ ゞ=="          ̄  //ノ: :!:ヽ
.   |∧: ' : :ヘ.`           i     ,.イ ´: :|.|:.:.\
   ,.ヘ : : : : ヽ、     ー -  ./| |/!: :ハ |:.:.:./
-、/.  ヽ: : : :l l >t- .,,_,. イ:.  )! | / .レ:/
ヽ、⌒l   \: : | : . . >ァt<ヾヽ ( ト'´:.:,.イ
<´ヘ.`ーt  ヽ:| // //ト、ヽ! |  )!.).イ:. |
:.:.:じr.l :.ヽ    ヾ ー'/ | | ー' .( .ト、:.:.:.: |

けど、やる夫は多分ずっとそうやって来たのだ。

だから、蒼星石は素直に頷けた。

          ____
        /_ノ  ヽ\
      / ( ●) (●)、
    /::::::::⌒(__人__)⌒\                      「本当にわかったのかお?」
    |      |r┬-|    |
    \       `ー'´  /
⊂⌒ヽ 〉        <´/⌒つ
  \ ヽ  /         ヽ /
   \_,,ノ      |、_ノ

少し調子を軽くして、やる夫が言う。
やらない夫のマネで最近覚えた、やる夫精一杯の気遣いだ。







113 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/10(火) 23:27:25 ID:C7K.VZog

その気遣いに奮起した。

        \:::;イ '   、       ヽ `ヾ;:;:;:;:;:;:;.ヽ
        /  , :!:i トヽ、 `ヾ.、 __.. :. V  ::::V;:;:;:;: 〉
         , ' .:' .;' :ハトヽ`ヽ`z≦=ァ  ::::l   :::::V /
.        /イ.:i :/::メ、_! \ ´'トfj l `Y :::l :. :::::::「      
.      ' l.::|レ'.:イrfij.!    ヽゝ‐'   ! ::;' ::::i::::::}    
          Xイ ::ハ ゝ'、         /,:イ  ::::|:::::j     
           ヾ V!   , - = ヲ''  '´}:::! .::::;':::/        「勿論だよ!
          `Tト.  ` ー '     /;イ .:i::/レ'          今のボクに足りないのはMASA成分!
               |i \        '´7 .:::ル′           今すぐにMASA選手のビデオを100回見てくるよ!」
              l :::::>、 __.     ! ::/'´ヽ._ ,ヘ__..ィ、  
              リ! ::::i::ハ:!  _! /l:/    r-' /-!/`ヽ  
.              ', :::l'   「 レ'   !'    _〉、/ _ノ,:,:,:,:,:  
                ハ::::!  ,イ!「jト}!\    !_ / 7,:,:,:,:,:,:;: 
             ハjzY/ / { iト、  \  ヘ/ Y´,:,:,:,:,:,:,:;:  
               r' V/ / {`i´} ハ   〉 ,'´_j,:,:,:,:,:,:,:,:,:;:  
              } ハV/ {`i´}  ヾ='   ! r',:,:,:,:,:,:,:,:,:,:;:  

         ____
       /   u \
      /  /    \\
    /  し (○)  (○) \                  「だ・・・誰もそんなこと言ってねーお!」
    | ∪    (__人__)  J |
     \  u   `⌒´   /







114 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/10(火) 23:28:04 ID:C7K.VZog

    r '´ ̄ ̄ ̄ ̄`¨i
    |_, -――― - L.
  r'´           /
  ヽ._, -――――‐ -'、
   / / \\ \ \ ',                     「そうと決まれば善は急げだ!」
   イ / > ヽ `<ヽ\l l                     
    イ|  、_   | トレ'´{ー、_./ ̄l
     |l> 、\__) ィ/} _」 | ||_フノ
     と.」_|{ {_」}_} |   }ー' ̄´   <マーサマーサマサ アイクノコ-♪
       \ヽ.」._ノ_/
       / ̄l凶/   \- 、
   _    ハ   -z. __ .ノ}   ヽ
  / ヽzく.厶_/     \_.ノ
  \     }
      ̄' ┘


         ____
        /ノ   ヽ、_\    r ⌒j
      /( ○)}liil{(○)\  /   /
     /    (__人__)   \/   /   /  )
    |     |i|||||||i|     /  /  /  /
    \     |ェェェェ|     /   '` ´  /           「ちょっと待つお蒼星石!
      r´  (⌒'ー―- イ′     ´廴           蒼星石ーーー!」
     /    > 、     ヽ      _  ̄ ̄ ̄)
    /        -、      }        (  ̄¨´
   /           ヽ._       __  \
                `   --‐'´ `゙' 、_.)







115名無しのやる夫だお:2009/11/10 (火) 23:28:43 ID:6aODX2pw
なにそれこわいw







116 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/10(火) 23:28:56 ID:C7K.VZog


        ☆        ☆        ☆        ☆        ☆


   / ̄ ̄\
 / ノ  \ \
 |  (●)(●) |
. |  (__人__)  |                    「最近蒼星石を見ないだろ。
  |   ` ⌒´  ノ                    やる夫、どこいったか知らないか?」
.  |         }
.  ヽ        }
   ヽ     ノ        
   /    く  \       
   |     \   \       
    |    |ヽ、二⌒)、         

          , 、、  ,,                  
        , '  ____ " 、、              
         , '   /⌒三 ⌒\  ',         
       ;  /( @)三(@)\  ;       
       ; /::::::⌒(__人__)⌒:::::\ ;         「知らないお・・・やる夫は知らないお・・・」
        |  u   |r┬-|  u  | ;  
       \   u `,. -'"´´ ̄`ヽ ;  
    _   /    (___   | ',  
  ,、'  /              |  ; 
 、 ( ̄                |  ; 
     ̄ ̄ ̄|               | ;

------------------------------------------------------------
―その頃の蒼星石―
                 __
              __「ー--  '\
              |\ヽ_____/ヽ
<ウッター!          >、ー──‐ ' }    ジ-
 ハゲ、ギャクテンツーラン  /ィ ` ー──.'.´「               
 ホームラン!       リ,   : : : : : : 从
                 ,ゝイ ̄ ̄`ハ    (よし、このシーンあと100回見よう)
<MASA!         /!  |{〉   〈|
 マタシテモニホンシリーズ  〈{   L'====┤  
 ハツショウリナラズー!    /:`''ー┬──.イ
               ∧!  /: : : : : : l
              /::::{  ヽ; : : : : : l
              ゝ‐'\    ̄ ̄ ノ...
------------------------------------------------------------







117 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/10(火) 23:29:30 ID:C7K.VZog


        ☆        ☆        ☆        ☆        ☆


             __ __
         ,.. -‐':.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.::: 、
       /:.:.:.:.::.:.:.:.:.::.:.:.:.::.:.:.:.::.::.\
       ':.:.:.:.:/:.:.:.:|:.:.l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:...:.:.ヽ
      ':.:.:.:.:::':.:.:.:.:.:.:|:.:.|:!.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:..:.',
     .'.:.:.:.:./:.:.://ハ:.:|:lヾ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l.:.:.::|
     l:.:.|:.:.レナナ'‐  l:.ト! \:.__:.:.:.:|.:.:.:|
     |:.:.:ィ升Krォァ=、 ヾ!\´ _ゝ_ ` .:, .:.:.,'       「やる夫!ちょっと来てよ!」
     |:.:.ハ:.:|  辷'ノ   丶 イt::_iヾレ:.::.::,
     |:.:.:.:l:.| ::::::        ゞ-' !:.:.:.:.:イ
     l.:i:.:.:.|ヽ.    _  ′ :::::  ハ:..:./
.     |:l:.:.:.|:.:.\     ̄    イ:::::/
     ヾ!.:,|ハ..:.:.|ゝ、  _ ...ィ/:.:.レ:j/
    _ _ _ゞ\ー- 、   |:./レl:.:..:/
   _レーハヽ     ヽォ_ー 、. |:.:/
   /::::::::::つ    /,イjくヾ\'_
   /:::::::::::::::L   レ' //}ヽ.j\ヽ7


       ____
     /_ノ   ヽ_\  ホッ
   /( >)  (<)\
  /::::::⌒(__人__)⌒::::: \               「蒼星石!
  |     |r┬-/      |                久しぶりだお!どうしたお?」
  \     ` ̄'´     /







119 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/10(火) 23:29:52 ID:C7K.VZog

          _, -‐ ' ´ ̄ ̄ ¨ヽ
       , -'´:. :. :. :. :. :. ___」
     /:. :. :. :. _, - ' ´ ,r'´ ゙̄ヽ
    く:. :. :. :, -' __, -‐ '´____|
     ヽ/_, -'´, -ォi'¨´  \ ヽ \
      ,ゝ':. :./  /|lト、   ヽ \ ヽ ',
     \/    |-!|ー\、  \ ト、! i
  ミ ミ ミ : :!: :i:: lz=≡   ≡z. {: !l     ミ ミ ミ    「見て見て!ボクこんなにラジコン上手くなったよ!」
 /⌒)⌒)⌒.ハ :_ト:とつ \\\ C V     /⌒)⌒)⌒)
 | / / /: lヽ:|  \ヽ __,.   }l (⌒)/ / / //
 | :::::::::::(⌒) : :}\  /   1  // ゝ  :::::::::::/
 |     ノ ヽ lY `  {_  _,ノイ|://  /  )  /
 ヽ    /   ヘ,、   _「    l/!'   /    /     バ
  |    |   l||l 从人 l||l.!::|イ:::ヽ_./ l||l 从人 l||l  バ  ン
  ヽ    -一''''''"~~``'ー--、/:::::イ;  -一'''''''ー-、    ン
   ヽ ____(⌒)(⌒)⌒) ):::/}  (⌒_(⌒)⌒)⌒))

       ___
      /     \
    /  一'  `ー\
   /   ( ○)  (○)\
   i       (__人__)   i
   ヽ、    |r┬-|  /
     /    `ー'´  く
     i   丶 ヽ   ヽ   ガシャ
     r     ヽ、__) (_丿      , -っ ゚
     ヽ、___   ヽ ヽ  r. ― ┐ ー ュ '
     と_____ノ_ノ   | 茶. | 。, つ o
                    ` ー‐┘‐- ´。







120 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/10(火) 23:30:58 ID:C7K.VZog

―次の日―
      ____
        |三三三三|
        | ̄ ̄ ̄ ̄|
     [三三三三三]
     ,' ._ハヽ_ヽヽ  _
   _  レノ●   ○ ! lハ,/ノ                  「やる夫!クワガタ育てられるようになったよ!」
  ヽ.> 、lヘ ''' △ ''' ハ. l' /ヽヽ 
  i ! \. ゙w> --<レ'l/´ヽニ⊃
  l i l´l ̄|ヽイハヽヘ _,~ヽ' '
  ⊂ニ!.ト‐‐!_'! l__〉
   `       ./l><l ,ノヽ
         /.:ヽ/.:.:.:.:.:',
          |.:.:.:,.、.:.:.:.:.:.:.:|


―その次の日―
             _____
            ┌<二三三三三≧
            ∨三三三三三三7
           ∨‐' ´ ̄ ̄二二ユ_
          r==ニ二ニ三三三三三二≧
        `ヽ三斗‐〒:: ̄`::.:‐<三/
         /:::/.::/:ヾ.:ヽ::::ゞ:.::.ヽ、 ヽ           「やる夫!デットボールを当てた時、
         〃:/ト`ヾ `ヾ`ミ、ヾ:ヾ、:ヽ|            本当にすまなそうな顔ができるようになったよ!」
         レ!小lノ    `ヽ 从 |::l::i|
.           レ|l:! ●   ●  i::`メ:ノ
            |ヘ⊃ 、_,、_,⊂⊃ /:ノ´  マサ~ン
          レ'./⌒l,、 __, イレ'ト、
.             /  /〈iトゝ  |}:::::::::ヽ
             |  l. /|    |}:::::::::ノi


―その次の次の日―
        、::.,.. ----- !、__
         /   ,. -:::::::.::.-..、冫
         \,. '´::::il:ト、::、::、:、ヽ.
        ハ::i::::::!l+-ヾト、!:|:::;i  (ヽ三/) ))
          !l::::!i::::N>  くソ//   ( i)))
         ゙ヽ|:l::::!""r‐ュ ノィリ  / ,イ           「やる夫!
           lハ:::lゝ __ ,イ:/"  ,/ ,イ/           ズボンの腿の当たりがやたら気になって、
        /ヾ{lヾ!―ィト、|ん⌒/ ,イ/            ツマミツマミしながらキャッチャーのサインを見れるようになったよ!」
        ,/::.::.:{|} 〔/イト' {l}:ハ´ /〈
       ,/ィ::.::.::{|}  |:l !:i f}ハ/:::/
     く::.:/::.:/::.:{|}   l」 l」 f}::.::./
     ⊂ヽ ん;.-ゝZyニハニ,〈~~´
      i !l ノ  ノ ∀7ヽXV´
       ⊂cノ







121 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/10(火) 23:31:23 ID:C7K.VZog
         __,‐⌒ヽ、
         /   '─ \
        ノ ノ-、 (○) \
        | 。(○)  、゚ ヽ, ヽ
        ヽ  ヽ__,,,トー'i   )
         ノ    ` ⌒''  ノ
        (           }
        ヽ         /
         ヽ     /
       ./ー-.l`‐-‐< ̄``ヽ
      (   ⌒⌒ ̄ ̄`r:ュ〈
       ´`´ー-、_,. -‐'´/l .ト''ヽ







122名無しのやる夫だお:2009/11/10 (火) 23:32:04 ID:FhHV4tco
おい野球はどうしたwwwwwwwwwwww







123名無しのやる夫だお:2009/11/10 (火) 23:32:28 ID:eBshFEuo
どうしてこうなった…







124 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/10(火) 23:32:43 ID:C7K.VZog


        ☆        ☆        ☆        ☆        ☆


      メ ,, -──- 、._\
    メ/ u    ゚ 。 \\                                     <やる夫~!
  / /    ノ  ヽ、   \\  
   ! |  o゚((●)) ((●))゚o  |       (また来たおっ!)
  \\    (__人__)   /く<
   ノ メ/   ` ⌒´   ヽヽヾ
  


        /::::::.:.:.:.:.              |
       ./:::::::::::::::::.:.:., .-────‐-、|
      〈:::::::::::.:.:,r'"´  _   -─‐─‐-L_
      ヽ::::.:/ , -'"´              \
       Vr'´.:::::::::::::.:.:.,   - ─‐──‐‐- 、/
       /.::::::::.:.:.:.:., ィ:7::::::::::::::::::::.:.:.:.:.:.:.、:::.:.<
      \.::::::::::,ィ.:.:/:/::ヽ:::::、:::::::::::::::.、:.:.:.ヽ:.:.\
       \,::イ::|::/:/.::::::ト、:::ヽト、::::::::::i::l:::::|:::.:.i::|        「投球前にペロペロ指を舐めることを覚えたよ!」
          i.::i:::|/ー-、/ \::.\`> -‐'':|:::.:.|::|
           |:::|:::!/:::::''ー==z、 ヾ:、´,、-=ュ!::!::::::l/  r‐ 、
         l:、!::ト、::〈ヾ_トッツ    〈じソ7l/:::/:/  !   |
            !::ヽ:::`:、. , , ,    ′ , , , , /.:/:/  /   !
         ヽ.::ヽ:::.\    r ┐    /:,:::イ  /   /
            \ト、:::::: .、  ー′ , イ:::/l仁ニ7   /⌒ヽ
             \Nト> ー‐<'´ ̄17.:.:.:ノ   ,イ!  ノ⌒!
              _ノイ厂   (´ ̄ `ー'   イソ  /  /ヽ
              /イ夊刄   `ゝ─-、    > -‐< _ノ /
           ,イ7!ノネ;l/;/  /ソ.:.:.:.:〈/ 「ヽ ̄`ニ   >、/ヽ
             /ノj 〉;/,};;;/  /j}.:.:::::::::::i  \`Tにコソ´`Y^7
          /.ノj./;/j} |;;|  ,/ソ'.:.:.:::::::::::|    \。〉仁ここソ
            /::ノj l;/ j} !」 /j}.:.:::::::::::::::::| ___, イニニ7'´ ̄
          ,イ:〈/   _j}  , イソ'.:.::::::::::::::::::j /.:.:::::::.:.:.|


   /    /' /     / ,:'くヽ/ \ ,、 ヘ  /i
 ,:' /   ,: ' / ' / / ,:'/  /\丶\ゞ」 ノ 丿
'  ,:   /'   / ̄ ̄ ;;\\へ\  ||   |/
' / ,:'/,:  /(〇)  (●);\  Y´ |ノ
/,:     / (__人__) :::::::;;;;;;;;;\  ,:'/,:   /'
/ ,:'/,  |;;;; ::::` ⌒´:::::;;;;;;∪;;;;;;;;;;| ' / / ,:'/,:(ロージンは食べれませんお・・・
 /    \;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,/' /      MASA選手も、もう44歳。そろそ ろ気付いていい歳だお・・・)
/  /'  /  ∪ :::::::::;;;;;;;;;;;;;\'/  /'
/ ,:'/,: |::Y    ::::∪;;;;;;;|;;;;;|/ ,:'/,:
     ||∪ :::::::;;;;;;;;;;;;;;;|;;;;;|







126名無しのやる夫だお:2009/11/10 (火) 23:33:43 ID:MjazKj2U
アホの子すぎるwwwww







127名無しのやる夫だお:2009/11/10 (火) 23:33:54 ID:uQeEeeuM
だめだこりゃwwwww







128 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/10(火) 23:34:06 ID:C7K.VZog

―更にその次の日―
      ____
        |三三三三|
        | ̄ ̄ ̄ ̄|
     [三三三三三]
     ,' ._ハヽ_ヽヽ  _
   _  レノ●   ○ ! lハ,/ノ              「やる夫!コントロールが良くなったよ!
  ヽ.> 、lヘ ''' △ ''' ハ. l' /ヽヽ             やっぱりMASA選手は凄いよ!」
  i ! \. ゙w> --<レ'l/´ヽニ⊃
  l i l´l ̄|ヽイハヽヘ _,~ヽ' '
  ⊂ニ!.ト‐‐!_'! l__〉
   `       ./l><l ,ノヽ
         /.:ヽ/.:.:.:.:.:',
          |.:.:.:,.、.:.:.:.:.:.:.:|


         ____
       /      \
      / ─    ─ \
    /   (●)  (●)  \
    |      (__人__)     |             「え、なにこれ」
     \    ` ⌒´    ,/
     /⌒ヽ   ー‐    ィヽ
    /      ,⊆ニ_ヽ、  |
   /    / r─--⊃、  |
   | ヽ,.イ   `二ニニうヽ. |

                                                   第4話_オアソビ 蒼星石とヤマモト○サ






130名無しのやる夫だお:2009/11/10 (火) 23:35:05 ID:FhHV4tco
>コントロールが良くなったよ!
なん……だと……








131名無しのやる夫だお:2009/11/10 (火) 23:37:13 ID:6aODX2pw
やる夫にもMASAフラグが立ったなw







132 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/10(火) 23:38:23 ID:C7K.VZog
投下はこれだけです。
お付き合いアザーッしたw

野球ファンどころか、限定された野球ファン専用のネタで、スイマセンした~








133名無しのやる夫だお:2009/11/10 (火) 23:40:32 ID:JmZfbbyc
乙です







134名無しのやる夫だお:2009/11/10 (火) 23:41:08 ID:ZRtAGkLY
よし次はアメリカ留学でスクリュー取得だ
やる夫はMASAの高校の後輩のTATEYAMAのビデオ研究を







135名無しのやる夫だお:2009/11/10 (火) 23:47:51 ID:iFnbDuHE
せめてラジコンまでにしておけww







136名無しのやる夫だお:2009/11/10 (火) 23:49:58 ID:c38xlDUA
乙!
俺も他球団ファンだがMASAは大好きだw








137名無しのやる夫だお:2009/11/10 (火) 23:51:19 ID:yQ.HyYiY
乙でした~
なんというネタ投手www








138名無しのやる夫だお:2009/11/10 (火) 23:51:27 ID:zJBJne9.
クソ吹いたwww乙







139名無しのやる夫だお:2009/11/10 (火) 23:52:35 ID:C7NT8u6.
ラジコンで誰だかわかったwwww おつ!!







140名無しのやる夫だお:2009/11/10 (火) 23:57:50 ID:q0jJ8X1k
一番重要なことが最後www







142名無しのやる夫だお:2009/11/11 (水) 00:28:15 ID:JVEsPevI
大野の記録を抜いたんだよなあ
22年連続勝利ってすごいわ






144名無しのやる夫だお:2009/11/11 (水) 01:12:16 ID:Hp5mf9I.
乙でした
最後自重w






162名無しのやる夫だお:2009/11/12 (木) 01:40:13 ID:E760i.dE
本業ラジコン、副業クワガタ、趣味野球だからなぁw







200勝記念直筆サインフォト!※サイン執筆時の写真入りです!中日ドラゴンズ 山本昌





関連記事
スポンサーサイト
[PR]

デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!




カテゴリー「やる夫はプロ野球選手になるようです」内の最新記事

だ

    アマゾンwwwwwwwwww
    [ 2009/11/17 12:43 ] [ 編集 ]
    球界の何処を探してもブックオフでモデナの剣を探している男はMASAくらいだろう
    [ 2009/11/17 13:00 ] [ 編集 ]
    野球ときよりラジコンのときの方が笑顔が多いよなw
    あの良いときと悪いときの安定感の違いも魅力
    [ 2009/11/17 13:04 ] [ 編集 ]
    アマゾンモロバレwwww
    結果的にコントロール良くなったんならおkじゃねw
    [ 2009/11/17 13:29 ] [ 編集 ]
    MASAに大野・・・大好きだ。
    [ 2009/11/17 13:43 ] [ 編集 ]
    彼の趣味にかける情熱は天下一品だ
    趣味の野球でプロになれるなんて彼以外にいないだろう
    [ 2009/11/17 13:44 ] [ 編集 ]
    やる夫もシンカー覚えようぜ
    潮崎とかのビデオ見てw
    [ 2009/11/17 13:47 ] [ 編集 ]
    MASAは昔より速球速いんだぞwww
    ガンが変わったからだろうけど
    [ 2009/11/17 14:05 ] [ 編集 ]
    <マーサマーサマサ アイクノコ-♪

    作者は分かってるなw
    [ 2009/11/17 14:08 ] [ 編集 ]
    ジャーマンとMASAのホビーにかける情熱は異常
    [ 2009/11/17 14:49 ] [ 編集 ]
    MASAが指を舐めてるように見えるのは、実際は指のマメをたててカーブを投げる時に指のかかりをよくするためらしいぞw
    [ 2009/11/17 16:33 ] [ 編集 ]
    きっとラジコンの練習がコントロールの上達に繋がるに違いないw
    つーか本当MASAさんはいいキャラだよなぁ、他球団ファンだけど大好きだw
    [ 2009/11/17 19:22 ] [ 編集 ]
    アイクがさりげなくでてきて感動した
    [ 2009/11/17 20:19 ] [ 編集 ]
    MASAが打たれたビデオじゃなくて、抑えたビデオ100回見ろよぉ見てくれよぉ見てください
    ノーヒットノーランの試合とかさあ
    [ 2009/11/17 20:29 ] [ 編集 ]
    この作者はわかってるwwwww
    [ 2009/11/17 20:46 ] [ 編集 ]
    まさまさしたい
    [ 2009/11/17 20:48 ] [ 編集 ]
    次は、イ○ワ投手伝説ネタが来るかなwww
    [ 2009/11/17 23:58 ] [ 編集 ]
    指をなめる蒼い子に興奮したのは俺だけでいい
    [ 2009/11/18 05:21 ] [ 編集 ]
    35730
    絶対一人はいると思った。安心した
    [ 2009/11/18 10:49 ] [ 編集 ]
    アイクノコには感動した
    MASAさんは本当にいいキャラだよなww
    [ 2009/11/18 19:06 ] [ 編集 ]
    これはひどいwwww
    [ 2009/11/21 16:27 ] [ 編集 ]
    日シリでも勝った日にしてあげてください・・・・
    ってかノーノーか200勝にしてあげて・・・・・・
    (俺はベイファンだが山本昌は好きだ、正直山本昌が投げる時とら様だけは勝たせてあげたい・・・・けど番長が投げる時は別ですが)
    [ 2009/12/01 22:25 ] [ 編集 ]
    ってかやる夫はガッツあるキャラだから木塚辺りマネすれば?
    [ 2009/12/01 22:27 ] [ 編集 ]
    おまいらMASAさん好きすぎてわろた。
    何だかんだでコントロール良くなる所がすげぇw
    [ 2010/01/19 16:06 ] [ 編集 ]
    ラジコン職人は体でかくて打撃もいいんだよなぁ
    安易に真似出来る蒼はすごいのかもしれん
    [ 2010/02/25 01:49 ] [ 編集 ]
    やる夫シュート覚えればよくね?
    [ 2010/03/03 15:08 ] [ 編集 ]
    >37067
    >日シリでも勝った日にしてあげてください・・・・

    お前ちょっと表に出ろ
    あと北別府さんと斉藤和巳にも謝れ
    [ 2010/03/13 21:22 ] [ 編集 ]
    案の定今年も日シリで勝てなかったMASAwww
    [ 2010/11/04 17:44 ] [ 編集 ]
    パワポタだと、マイライフでラジコンやるとコントロールが上がるぞwww
    がんばれ

    やる夫はタテヤマン(燕の方)の研究をですね
    [ 2011/01/03 02:10 ] [ 編集 ]
    矢部君みたいな人なのか?
    [ 2011/05/28 21:43 ] [ 編集 ]
    このコメントは管理者の承認待ちです
    [ 2011/09/17 18:16 ] [ 編集 ]
    このコメントは管理者の承認待ちです
    [ 2012/12/14 01:14 ] [ 編集 ]
    このコメントは管理者の承認待ちです
    [ 2015/11/03 12:57 ] [ 編集 ]
    コメントの投稿













    管理者にだけ表示を許可する
やる夫ブログについて
20101110:「やる夫はロス市警の警部のようです」を掲載させていただきます。本当にお待たせして申し訳ございません。これ以降も随時、更新の途絶えていた作品を掲載していきたいと考えております。ご迷惑をおかけして申し訳ありませんが、どうか長い目で見ていただければ幸いです。

20101030:「やる夫のサクラ大戦」にて、記事の掲載順序を誤りました。 作者様、および楽しみにしていた読者様にお詫び申し上げます。 申し訳ございませんでした。

20101004:「やる夫たちが夢の国で遊ぶようです」につきまして、こちらの不具合で記事が切れてしまっております。作者様、及び楽しみに読んでくださっている読者の皆様にご迷惑をおかけしてしまい、申し訳ありません。
一度下書きに戻させていただきます。よろしくご了承ください。
「やる夫で学ぶことわざ」の作者様より、やる夫ブログ用のスポンサー案内をいただきました!本当にありがとうございます!さっそく使わせていただきます!

20100811:皆様、大変ご無沙汰しておりました。ぼちぼち更新を再開できればと考えております。
「やる夫がDQⅢの勇者になるようです」についてですが、コメントを頂けるのは大変うれしいのですが、他作品のコメント欄での投稿はご遠慮願えれば幸いです。
恐縮ですが、ご協力よろしくお願いいたします。

20091222:年末なので順調に更新量が減っております。今日明日はお休み、再開一発目は「やらない夫の超兄貴」になる予定です。作者様、まとめが遅くなり申し訳ございません。

20091208:今週クソ忙しいので、かなり更新が減ります。ご了承ください。

20091116:更新の調子にもよりますが、週末をめどに、カテゴリを追加する予定。前回追加からだいぶ間隔開いたんで、かなり溜まってます。

やる夫ブログについて

姉妹ブログというか同一人物ブログ。
やる夫ブログ(裏)(18禁です)


 ネ タ 投 稿 お 待 ち 
 し て い ま す ! 
(↑結構心から待ってますw)

 ネタ投稿の他、転載お断りの記事、相互リンクのご希望等ございましたら、お手数ですが下のメールフォームよりお知らせください。なお、http:を付けるとエラーになってしまうようなので、ご投稿いただける際にはhttp:を抜いていただきますよう、よろしくお願いいたします。
相互リンクの反映に時間がかかってしまい申し訳ありません。気長にお待ちください。


嬉し泣き
美麗なタイトル画像を描いてくださっているのは、こちらの方々です。
本当にありがとうございます。


七市様
Shadow3_convert_20091008101141.jpg
ハルヒとやる夫、やらない夫の表情が最高のタイトル画像。冬にぴったりの美しい作品です。


1様
http://blog-imgs-15.fc2.com/y/a/r/yaruomatome/yaruoblog_title_convert_20091026144430.jpg
柔らかで暖かい雰囲気がたまらない作品。みゆきさんヤバすぎで管理人狂喜の舞を舞っておりますwww

1様のプロフィールはこちら


65様
securedownload_convert_20091008101321.jpg
同じく「やる夫がチェルノブイリに旅立つようです」より。元ネタの雰囲気をビンビンに伝えるダークな作品。


草葉様
Shadow3_convert_20091008101141.jpg 「やる夫がチェルノブイリに旅立つようです」をモチーフにしたタイトル画像です。物語の後、このタイトルを見て吹きました。

219c0c442.jpg

草葉式


味噌様
yaruoblog_convert_20090519194443_convert_20091008101235.jpg
やる夫ブログ初!物語とタイトル画像のコラボレーション!快く、最高に美しいタイトル画像を描いて下さった味噌様に感謝です!




トンボ様
minamike_convert_20090519194731_convert_20091008101216.jpg
夏にぴったりの逸品を、トンボ様よりいただきました!水着ハァハァ(´Д`;)


トンボのかんさつ日誌


ヒジキ様
nagato_convert_20091008101341.jpg
管理人のツボにはまりまくりの長門!大好きだ!結婚してくれー!



ヒジキ煮


aro様
yaruo_blog_fix_convert_20090210225801_convert_20091008101403.jpg
らきすた勢の見事な描写もさることながら、このやる夫にしてやられました。


Charged time-out


Yutaka様
RMm06_convert_20090127165950_convert_20091008101426.jpg
個人的に水銀燈が一番好きです。タイトルのセンスも◎。本当に有難うございます。





マブチョコ_m様

この魅力的なボディにくらくら!管理人はこの人の同人誌が大好きです!やる夫ブログの記念すべき初タイトル画像。全てはここから始まりました。



うにゃらら大飯店



イチオシ

やる夫がDQⅢの勇者になるようです

自らを成長させる姿に心震える
作品。普通の掛け合いなのに、
自然と笑みがこぼれる構成と
演出は見事の一言。
自分を好きになれる、極上の映
画を見た後のような読後感は、
自信を持って「最高だ!」と賞
賛できる作品です。





過去の「イチオシ」一覧を作りました。
管理人オススメ記事

管理人が抱きしめたいほど好きなやる夫作品

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。