FC2ブログ
2017 101234567891011121314151617181920212223242526272829302017 12
やる夫ブログヘッドライン



【お気に入りサイト新着記事】 【カテゴリー一覧】

    
   
【最新エントリ】



スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




カテゴリー「スポンサー広告」内の最新記事

だ

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | はてなブックマークに追加

やる夫はプロ野球選手になるようです 第4話_小話 「キョンとKYT」 

360 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/23(月) 21:31:43 ID:ianZlbSY

-やる夫がプロ野球選手になるようです-

第4話_小話 「キョンとKYT」


注) ・この話はプロ野球を元にした、作者のプロ野球妄想ストーリーです。
   ・このスレのやる夫は捻くれています。やる夫の性格改変(?)にご容赦下さい。
   ・スレ主はやる夫初心者です。ご指導ご鞭撻の程よろしくお願いします。








361 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/23(月) 21:32:12 ID:ianZlbSY



---------------------------------------------------------------------------------------

KYTと言う行為が昨今企業で流行している。

KYT。

”危険予知トレーニング”の頭文字を取って作られたこの言葉は、
事故や災害を未然に防ぐことを目的に、その作業に潜む危険を予想し、指摘しあう訓練である。by wiki


---------------------------------------------------------------------------------------







362 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/23(月) 21:32:43 ID:ianZlbSY


――この物語は、一人の青年が決して怠らないKYT活動を綴った物語である――







363 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/23(月) 21:33:39 ID:ianZlbSY
【2月初旬 沖縄VIPスターズ1軍キャンプ地】

今日もVIPスターズでは1軍キャンプ名物、地獄のノックが始まっていた。
若手には洗礼でしかない、ぶっ倒れるまで続く地獄のノック。

けれど、その中にやけにイキイキとノックを受ける、一人の男の姿があった―


     _. -‐- 、 ,. -─;-
     >- !i! ′ !i!  ̄`>
.    /  i!i  !ii  i!i  i!i \
   '7"´!i!  i!i  ,.、 i!i  !i! ゝ
.   イ !!i , ,ィ /-ヽ. ト、 ii! ii |゙
   | i!i /l/‐K ̄ ,ゝl‐ヽ!、i! |
   ,h ノ==。= ,  =。== i r〈         「・・・ほう」
    |f_|.| `二ニ | | ニ二´ |.|f,|
    ヽ_|| , -‐' 、|_レ ー-、 ||:ン
     ハ l ー───一 l ハ
_,.. -‐1:(:lヽ.   ==   /l:((!`''ー-
...l.....l....|::):l ::\    /  l::)):|....l.....l
...l.....l...|((:)l.  ::::`ー'´::   ,'((::(| ..l.....l
...l.....l...|::))(:ヽ.  ::::::   /;リ::)):|...l.....l
...l.....l..|::((::));.ヘ     /へ:((:(:|...l.....l


             /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ: ヘ:.:.:.:.:\
               /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.: :i:.:.:.i:.:ハ:.:.:.:.、:.ヽ
           /:.:.:.:.:.:.: :/:.:.:.:.:.:./:.:.:.:./:.:.;イ:. :/:∧:.:.ト、:.:!:.:.:. :',` 、
             i:.:.:.:.:.:.:.:.:i:.:.:.:.: :/:.:.:,イ:// イ:./ ∨! ヾi:.:.:. :i
            !:.:.:.:.:.:.:.:.:|:.:.:.:.:/:. :/ !' /'  !/   リ   |:.:.i: :l
              :.:.:.:.:.:.:.: :!:.:.:.:.i: :/.- ――‐ - 、  , ― 、!: :|、:.!
            ',: :i.:.:.:.:.:._:.:.:.:|:/   __    /_  ハ:.:! ヾ
              i:.:!:.:.:.:./ ∨:.!' :!  ´ ヒ:::} `    i ヒ::}`/' }/
            !:ハ: : :{  (', : :ド、          :.   i  '
              ∨:.:.ヽヾ',:.:|           、  l
              ヽト、:.:Y^ヘ!            ノ /
                 Ⅵ ヽ      r― ァ /
                   ___|   >.    ー  /_          <オーライ!
            ,. _´.:.:.:. : :!     >... __/ : `ヽ
             / : : `.: : :く          i、: : : :`:、:ハ  _
          / : : : : : : : : :丶       |  ー、 : ; : `:ミヽ`:、
       _/: __ : : : : : : : : :`: 、    丶   ヽ ; : : : :/: : : >― 、
      /: : : : : : : : : : `: : : 、.:.: : : : : \         ハ: : : /: :.; へ   ヽ
.       {:__ : : : : : : : : : : : : : : 丶.:.: : : : :\‐-  ´   !:. :;: :.:/: : : :ヽ   ハ_
     /    ̄` 、_: : : : : : : : : \: : : : : ヽ___ イ | : i: :/: : : : :/  ...:   ヽ
.    /        ヽ: :` 、: : : : : : : : \ : : : :ヘ      !:.:.!:.:i: : : :.:/ ..:.:.    ヽ

キョンである。







364 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/23(月) 21:34:33 ID:ianZlbSY

ノックが終わると、皆一同にグラウンドにへたばった。
その顔は皆、満身創痍で、若手などは腰が抜けたような、無様な姿を晒している。

そんな中、満面の笑顔で赤木に駆け寄り、声を掛けて来た男がいた――


         __、─- 、
        > ,, `  ,, '´ ゙̄,Z._
       , ' i!i   i!i  !ii   !! <
.      / ii!  !! i! , ii ハ ii! ii! ヽ
     l i! i!! ,イ /l./--l ト ii ii l
      | i!,.、ii /‐l/-'、 ̄,V-|ハ ! N
      |!i.|.f1.| =。===.,, ,。===lW         (?)
      |.i!|.「l | `ニニ´  ヾ二 l
     |ii ヾlノ.  , -‐' r _ \l   (._ ⊂
      /| ii /'\ ′'フ",二二ニ⊃   ,)   )
   _/):| /    \/ ,. ´二ニゞくう ( r '´
‐..T....|((::K    / /./ ´, ─_'ニ\>,_'ノ
.....|.....|::)):l(ヽ.  / ' '  .仄l ..|.....|....T..‐
... |.....|((:(:l))(:><:\   ノ(:((:l...|.....|.....|....
....|.....|:)):)l/./..>、:`:く)::)):))l .|.....|.....|....


                  __,,,、,,   ,,、- 、
               /´: : : : : `´: : : : :ヽ
            /: : : : : : : : : : : : : : : : : :\
              /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :.ヽ
           /: : : : : : :i: : : : :.∧: : :il: : i: : :ヾ: :',
          ,': : : : : : : l: : :/:./ ∨:ハ: :i!: :l: :::::::i
            l: l: i: : l /!/∨   |/ ∨∨!: :::::::l
           レ!: !: :l i"⌒"'-、   ,、-'''⌒`l: :::::ヘ!
           ∨ヘ i | でラ`   , r≡=、/::∧|
              !ヘ∨ゝ       .i     ∧ソ
            レヽi l       }     ∧ノ
               レヘ   ______   /ノ
              ∨\ ヽ __ / / ′=3
             /i{  \  ` /i
             /:::::l ヘ   ` ´ ∧\
          _,,-''/::::::::l  ` ー、 ,/ .i:::::\、,_
       _,..-.:":::::::/:::::::::::i   /;;ヘ__!入  l:::::::::\`::..、,,_
  _,..-.:":::::::::::::::::::::\:::/:|ヘ /`ヘ::::::::ソ´ヘ i::\::/::::::::::::`i:ー.,
 ,´ー-、::::::::::::::::::::::::::/:::::::::i    ∨:/    l::::::::\::::::::::::::i:::::::',
 l::::::::::::`::、::::::::::::::ヘ::::::::::::::::l     l::::i,   l::::::::::::::ゝ::::::::l:::::::::',
 l:::::::::::::::::::`:、:::;:::::::∨::::::::::::i    l;::::;l   i::::::::::::::/:::::::::!::::::::::i
 i:::::::::::::::::::::::::`ヘ::::::::∨:::::::::::l   l;:::::;i    l::::::::::::i:::::::::::l:i:::::::::l


キョンである。







365 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/23(月) 21:35:12 ID:ianZlbSY

キョンは乱れた息を隠そうともせず、勢いこんで言った。

     /´.:':.:.:.:./:.:.:.:!:.:.:.: /:ハ:.:.:.:.ト、:.:.:.: |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.丶
        .:': / /:.:|:.:.: ハ:.:.:ハ! \:.:| i:.:.:.:l:.:.:.:.:.i、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ
.     /: ィ:.: i:.:.:!:.:./  :.:.|    ヽ! |:.: /:.:.i:.:. l:.ヽ:.:ハ:.:.:i:.:.: l
    /´ /:.:.:.!:.: ハ:.:!   ヘ{ イ´ ̄  l:./i:.:.:.l:.:.:|:.:.:ヾ:.:|:.ハ:.:.:|
       |:.:.ハヘ:.L_ヾ  ´  ィヤ::)フ  }:' !: ハ!:.:.l‐、:.:.:.:.!':.:.:|:.:.l
       |:/  :ハ ,ミ     ゞ ´      !':.:.:.:.:'´`ヽ:.:.:.:.:. ' i:l
      !'    ヽハヒ}            !:.:. /`) 丿:.:.:. /:/!'
             ヾノ               !:/‐' /:.:.:.:.:.:.:Ⅳ   「監督!俺の外野守備見てくれました!?」
           ゝ、            !ーi:.:.:.:.:.:.:.:i {
            \ 、 __          /:. |:.ハ:.:.:.:.:.!
               ヽ ー `      . : : i }:' \Ⅳ
.                 、      イ: : : :. l      `ヾ
                  ー‐ ´ヘ: : : : : : l       >‐-、
                      ゝ: : : :  l     ...:.:´:.:.:.:.:.:.:.>‐
                      _..ィヽ: :  !   /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:´:.:.:.:.:
                  _..:.:´{:.:./: :.}   .イ:.:.:.:.:.:.:.イ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
           ,....-:.:.:.:.:.:.:.:.i:.:.ゞ __ .才´:.:.:.:.:.:.:.´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
          /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:',:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: <:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
            /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ゝ:.:.:.:.:.: /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.


       -:─- 、 ,. -─;z.. _
     ,  -‐ゝ. !i ′ i!i  ii  <
.  ∠..._  !!   !i   !i  i!i \
.   , ' ´!!   !ii  !ii  i!i  !i  ヽ
 ∠ -;:‐ !i  !i ,、!!  ii!  !i!   !i l
.  , ' i!i , ,ィ ./ーゝ.!ト、i、. 、 !ii   i!
  /.イ ,ィ'l/`K  ̄ ,ゝ!ヘ.「ヽ!\ !ii  !i|
.   l/ l===。、 ,, ===。=:| r=:、 :|               「見たぜ。素晴らしい・・・
.       l`ニ/   `ニ二´ |iFvリii|                本来のポジションでないというのに、
      l/  __-, ー- 、 :|l_ン |                あの反応、あの捕球。
       `i ー───一 l ,.ヘ !i i!ト                いつでも外野でやれそうだ・・・」
.        !   ---    /:: ヽ :|(:ヽ
       ゙、      /:::    ヽii|:))::\
.       _,.ヘ.  ./::::     ヽ!(:(:):):|`T''ー-
 _,, ..-‐..T"./)(:`イ::::       /::))((:(|....l.......l.
 .......l.......l.../(::))::):|       /::)):((:::):)|....l.......l.
 ......l.......l../)):((:((:|    /:((:((::))):((::|....l.......l.
 .....l.......l/((:::);.ベ|   /));.べ::)):((::)):):|....l.......l

珍しく、赤木は選手をベタ褒めした。







366 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/23(月) 21:35:56 ID:ianZlbSY

野球のポジションは専門性が高く、難しい。

専業でこなすのが普通だが、いろんなポジションを守れる選手がいるということは、
それだけ使える選手の幅が広がり、怪我等の突発的なアクシデントにも対応し易くなる。

           ___     ,.. -─z:._
        `~`''‐、 ``ヽ, ' ll  '´ lll ``ヽ、
.      ,. ‐''"~´ ̄ ` ll    lll   ll   `ゝ
    ∠.. --ー;:=‐ lll   lll    ll     ll ヽ
      ,r''´ ll    ll   ll      lll   ll i
      / ll ,.   lll   ll    lll      ll   !
   , ' ,. /  ll   , '|.ll ト. ll i    lll    lll |
.   / ' ´, ' ll lll ,イl/::::::l l:ヽ |ヽl!ト、 、   ll   |
    / イ / , '::l/ー--:ヽ.!::ヽ!;:ゝl-ヽヽ ll  ll  |
    //.イ ,イ ̄`ヽ、   ×´ヽ. ヽ::::::::`i   lll |
    / |/ l====。、   ,,,====。=:::|ll|'⌒i |
           l: ` ー-'/::::.   ー-‐ '´:::::::| !'`! | l|         (ククク・・・見事・・・)
.           l:`ー-/::::::::.    ー--‐:'´:::|l!'^l l |
         !::::/::::::::__-, ー-、 .::::::::|!_ン l|
           i.`"-----------ヽ:::/;ヽ lll |ヽ.
          !.   ___   ..:::::/;;  ヽ  |;';';ヽ.
              ヽ   ̄ ̄...::::::/;;;    ヽl |;';';';';'ヽ
.            /ヽ   ..:::::::/;;;;      ヽ|;';';';';';';|`:.ー
      _,, -‐''7;';';';';ヽ::::::/;;;;;;       /;';';';';';';';|`:.ー
  ‐''"~_,,:..:-‐/;';';';';';';';l`'´;'|;;;      /;';';';';';'; ';';';';|:..:..:.
  ''"~:..:..:..:..:/;';';';';';';';';l;';';';';|      /;';';';';';';';';';';';';' !:..:..:.
  :..:..:..:..:..:./;';';';';';';';';';l;';';';';'|   /;';';';';';';';'; ';';';';';';';';'|:..:..:..
  :..:..:..:..:./';';';';';;':'-‐''^ト;';';'|.   |;'^';‐-;';、;';';';';';';';';';';|:..:..:..
  :..:..:..:./-‐''"./:..:..:..:..:|;';';';';|   |;';';';';';';';';'「``:..‐-.i、|:..:..:..
  :..:..:..:..:..:..:..:/:..:..:..:..:..|;';';';';'|.  |;';';';';';';'; ';'|:..:..:..:..:..:.|:..:..:..:.

本職とは違うポジションの練習に精力的に取り込むキョンを、
赤木は頼もしげに思う。







368 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/23(月) 21:37:07 ID:ianZlbSY

しかし続くキョンの言葉は、支離滅裂なものだった。

. /:.,:.:. /:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.: /:.:.:.:.:.:,:.:.:l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.',:.:.:.:.:!:.:.:.:.:.:.:.',:.:.:.:.:.:.:. ',:.:.:.:.:.:.:',:.:.:.:.:.:ヽ
/ イ:.:./:.:.:.:.:./:.:.:.:.,:.:.:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:,イ:.,イ:.:.:.: イ:.:.:.:.:.:.:.:.:!:.:.:.:ト、:.:.:.:.:.:.:',、:.:.:.:.:. ',:.:.:.:.:.: ',:.:.:.:.:.:.
/ .|:./:.:.:.:.:./:.:.:.:./:.:.:.:.:.:./:.:.:.:.: / !/ !:.:.:/ l:.:.:.:.:.:.:.:.ハ:.:.:.'  ヽ:.:.:.:.:.:.iヽ:.:.:.:.:.i:.:.:.:.:.:.:.',:.:.:.:.:.
  |/:.,:.:.: /:.:.:.:./:.:.:.:.:.:./:.:.:.:/  /' !:.:/ .l:.:.:.:.:.:.:/ !:/   ヽ:.:.:.:.:l ヽ:.:.:.ト:.:.:.:.:.:.:.:l:.:.:.:.:
  |:.イ:.:.: ':.:.:.:./:.:.:.:.:,.イ:.:.:.:'      !:/  l:.:.:.:.:./   |'     ',:.:.:.!   ヽ: ! 、:.:.:.:.:.ト、:.:.:
―|:ハ:.:.i:.:.イl:.:.:.:.:/ l:.X _       l/   .l:.:.:.:.'         ',:/    ヾ_ 〉:.:.:.:.l‐ヽ:.
  |'  !: |/_.i.i:.:.:.:イ  |'  `丶、        l:.:.'            |' _, ‐ ´  .':',:.:.:.:'  ヾ
    `l.'  !l:.:. /:l   ィ===≧z.、   |'         _x≦==、  ':.:.:',:.:.'
      !  l:l:.:/:.:.l      弋{::}力ヾ>、_  /  i  _,.<こ{::}カ    .':.:.:.: l/l  「ですよね!だったら是非俺を外野手に!」
     、 .!l/:.:.:.:i     ー`- '‐ _  ‐ '    ` ´ _ ` ー‐' ‐'   .':.:.:.:.イ ,'
      .i\|':.:.:.:..l!                    '             ':.:.:.:.:.' ´
     l   !:.:.:.:.:ハ                i:            ':.:.:.:.:イ
    .l   l:.:.:.:.!、_  !j                l.:.             /l:.:.:.:/ l
    l   .!:.:.:l:.:.ハ                l:.:.:.           / .l:.:./  l
     !     !:.:!ヾハ                !:.:.:.         /  |:/   l
    l       l:.!   ヽ                /:.:.          /  .!'    !


      __
.     /     `v─- 、
.   /             <、
   l      ./レ'\  \
   |  _ ,ィノ─- 、`ニ>、「
   |. { rl |  ===。 く
   | じ|.| u `二  _ \             「・・・誰がセカンドやるんだ?」
   |   ハl  r─‐' ‘ ‐、-'
  ,.へ / ヽ l  ⊂ニニ´
. ∧  \  \  ┌ ′
/  \   \  >、__j
     \   `く
.       \  ∧

VIPスターズの選手に驚かされるのは良くあることだが、それにしても突拍子が無さすぎた。
キョンは派手さは無いが、確実で味のある守備をする。

それが評価され、去年ついに正二塁手の座を勝ち取った。
言わばセカンドは、VIPスターズにおけるキョンの存在意義である。







369 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/23(月) 21:37:45 ID:ianZlbSY

              _, -‐--....、
           /..:::::::::::::::::::::::::::.ヽ
              / .:.::::::::::::::::::::::::::::::::::::.ヽ
          /..:.:.:.:.::::/:::;i:::::,|:::::l:::::;::::::.ヽ
          l::::::l::::::/l::/ |::/{::/|::;/l::}:;::;::i
          l/i::l:::N`|メ、_|ム|/.,j/レ|::|::ト!
          f^i:::l ''ZTー   ィ'Zト.|::|::レ'^ヽ、
     ,...-',,⌒ゞミ、l::|.      l   l::!Y::::::::::::::.ヽ、        
    /::/..::::::::::::..ヽl_      〉   /v':::::::::::ノ::_;;:::::j,ト、
   /:::::::::::::::::::..`ー-、:l、  f===r  ,ヘ:::::;::::::/ ̄ ゙''ヘュ_ノ      「そこらへんの奴でいいんじゃないでしょうか!」
   /:::::::::::::::::::::::::::::::;;_ヾ;:、L_,,リ /:>:l/:::/
  ./:::i|:::::::::::::::::::::::::::::::..`''ヾ、ー_-イ, 〉<.|/ _ノ⌒ ー - ,,,__  _
  }:::::::l::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::..゙ヾ!、!;::|:|, r‐'゙           //   ヽ
 「::::ヾ|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;ヽf     ヽ        l /    l
../::::::::::l::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,,-''',ニ,-'"       \___        /
/:::::::::::..ヽ;::i:::::::::::::::::::::::::::::::::/ ./ l          \X=-、,,__/
:::::::::::::::::..ヽl;:::::::::::::::::::::::::::::::| |  ノ     ` 、      ヽ ,ヘ./
:::::::::::::::::::::..ヽ、:::::::::::::::::::::::::::| l i´        ` 、    ノ ヾ|
:::::::::::::::::::::::::::..`ヽ;::::::::::::::::::::| | |    、     `'rイ  ,ノ
::::::::::::::::::::::::::::::::.::..\∩:::::::::| l\      `=、..__,ノ   ̄
:::::::::::::::::::::::::::::::::l::::::::i\∩:/  | ヽ、_    ノ
::::::::::::::::::::::::::::::::|::::::::|  \:!`ー、  ,,=''::::`、'‐-'゙
:::::::::::::::::::::::::::::::::l::::::::l  l ヽ_;;ァ'~ヽ;::::::::::.ヽ
::::::::::::::::::::::::::::::::::|::::::::|  | i    ヽ;::::::::::..\


            -------
          /ヾ        ヽ
     ∠⌒ヽ/           ヾ ヽ
    < ミ    ヾ   ヾ       ヾヽ
    /             ヾ   ヾ  ヽ
   / /| ∧ ∧ |\ヾ|\ヽ     ヾ
  //  レ ∨ .\| \| .∨ヽレ     ヾ
      (              |  ⌒ヽ  |
      丶-─     ̄ ̄ ̄   | |  │ |
       | ─丶  ′ ̄ ̄    | |: ∩ | |           「却下」
        | ━/   ━      | | し  |
        | -/   丶 --    | | 丿:::|
 )     │ /            | |   :|
 (      | し ヽ ヽ       イ  ゛:|
  )     丶     \     / | ゛::|
  (    ノ )/タ─丶     ,,/  |  |
   )   | /// 丿      /   |  |
   (  //γ  レ/⌒   /   │|
    ~- | (    //ア
       |   (  レ /

激しいノックで一時的に気が触れた。
そう思うことにした。







370 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/23(月) 21:38:19 ID:ianZlbSY

赤木が呆れた表情で去ったのを目端で追いながら、キョンは考えた。
必死に取り組んできた外野へのコンバートが却下されたのだ。

別の手を考えなければならなかった。

        __ ... -‐ 、
    , -.::''.:::::::::::::::::::::..`ー-.、
   /::::::/:::::::;::::::,:::::::::::::::::::::..ヽ.
  イ/::/:::::::;ィ::::/::::::::::::::::::::::::::::.ヽ,
   /::::i::::/.l::/l::ハ:::::,i::::ヽ:::::::i:::::::l
  /;ィ::{:/ー、l/_.!' |:::ハ:;∧:::::l:::::::l
 / |::| テ''ッ、` 丶ー- 、 i;:::|::::::/
   .|::l    ,   'テ''z、 l:::リ::::::i             (・・・)
   .|/|   /   r.Kヽf''i/'lノリ
     ハ   `    | .| l .| |ノ
     ,小. - 、   .| .l/././、
 _,,ィ'´.H. ゙..   ,, -'"  ,/   ゙̄'ー、
''´ /  { '  `''r'´    /    / ヽ
 /   ヽ、 ,ィl   イ /     /   ヽ
./  .,ィ^i }_/_/l    |/     ,     i
'.‐'" ヾ{;:::;}::;;/|.   l.    /     |


補足しておくが、別にキョンはセカンドというポジションが嫌いではない。
高校から守り始めたこのポジションは、自分をプロの道に導いてくれた貴重なポジションである。

感謝しているし、大事にも思っている。

ただ一つ、気に入らないのは――







372 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/23(月) 21:40:05 ID:ianZlbSY
「ニ遊間って用語がありますし、私とキョン君がペアですね」
|                                _____                 _,r'´::::::::::::::::::::::::::`'、.     
|- 、_                      ..:.:.:´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`ー、               {::::::::rr-‐-‐'^i::::::::::::::i.    
|/`ヽ`¨ー-、_                    /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\               ゙l'´゙《   __,,,ゝ:::r、:::::l   
|ヘ:::::::::\:::::::::`ー- 、_,          /:.:.:.:.:.:.:.:i:.:.:.: i:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ            ト=r;、 ゙"rィァ‐リメ }:::::}   
|:ヽ:::::::::::ヽ:::::::: ヤ´ ̄             /:.:.i:.:.: i:.:ハ:.:.:.l、:.:.:i:.:.:,.:.:.:.:.:.:. i              ゙i`"l   ̄    ソ::::ヽ  
|::::::ヽ::::::::::ヽ::,、::ヽ.             / 〉:.:./l/  \:! ヽ:.!ヽト、:i:.:.:.:. l .             ゙i. ゝ^   ,  /ヾヾヾ、 
|:::l:::::ト、.:::::::::!::::!ヽ::i           / /:lイ '    `   `   l:.:.i:.:.l               ヽ ゙こ´  /     ヽ、   
|:::l::::::!_」.::::::::!::::| ヾ!         / //〉:.:.l __ ノ   ´  ̄ ヽl:.:.!ヽ!                 ヽ、  /__,∠、    `'-、
|:ハ::::ヒア!::::::::ト、::|.           l  ´ イ !:. ! ‐― '  `ー ‐ l / _ノ                `゙ク'゙´   `    ゙'、 ヽ
|  ヾ! l:::::::::! リ     .     l    i Y`ハ     i       !'7〃                /           〉 ヽヽ
|  _> ノ::/!:/      .      l    ' i.  ヽ    !     .イツ´                ィ               ヽヽ
|一 ./::/ |/      .      /  /  '   _> ―_- / !、             _,,-'´:::                 ゙i
|´/|∧!              l   /   / 、 i` 、 __ イ   / ヽ_           /    `                  }
|`ヽ              i       i‐ ´i   / ` i   i´ヽ.  /     `  、.   /         ,-ィ‐r'´´      /   l
|/ !             i       i‐ ´i   / ` i   i´ヽ.  /     `  、 __r'〈      ,ノ   / ```l       /     l
                                     「一二塁間って言葉もあるし、俺とキョンがペアじゃないの」


なんかヘンなの2人に挟まれている位置なトコである。







373 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/23(月) 21:40:55 ID:ianZlbSY
翌日。

赤木は黙々と居残り練習を続ける選手を見ていた。
VIPスターズの選手達が総じて好まないバントの練習。

3時間はやっているだろうか。汗すら拭わず黙々とバントを続ける男がいた―


     _. -‐- 、 ,. -─;-
     >- !i! ′ !i!  ̄`>
.    /  i!i  !ii  i!i  i!i \
   '7"´!i!  i!i  ,.、 i!i  !i! ゝ
.   イ !!i , ,ィ /-ヽ. ト、 ii! ii |゙
   | i!i /l/‐K ̄ ,ゝl‐ヽ!、i! |
   ,h ノ==。= ,  =。== i r〈         「・・・」
    |f_|.| `二ニ | | ニ二´ |.|f,|
    ヽ_|| , -‐' 、|_レ ー-、 ||:ン
     ハ l ー───一 l ハ
_,.. -‐1:(:lヽ.   ==   /l:((!`''ー-
...l.....l....|::):l ::\    /  l::)):|....l.....l
...l.....l...|((:)l.  ::::`ー'´::   ,'((::(| ..l.....l
...l.....l...|::))(:ヽ.  ::::::   /;リ::)):|...l.....l
...l.....l..|::((::));.ヘ     /へ:((:(:|...l.....l


               /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.>x
          , -‐ '′.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`ヽ、
           /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\.:.:.:.:.:\
         /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l.:.:.:.:.:.:.:.ヽ、
.        /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.l.:.:.:.:.:| :.;ハ.:.:∧ .::.|.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\
       /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. ト、 .:. |.:.l | リ V .ト、 .:.:.:.:.:.ト、.:.: l
       ,′.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. V.:.Ⅳ |/   V.| \.:.:.:.| \|
.     l.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: r‐∨─── ' |/ 、__ レヘ:|
     从.:.:.:.:.:., ┐:.:.:.:.:.:. イ .:.|  ' ̄じリ㍉   /_`,ハ/
       jイ.:.:.:.:/ -ミ.:.l.:.:.:.:.:.:| .: |  `ー‐'    j{ じ /.:.|
      |.:.:.:〈  (ヘ.:ト、 :.:.: ト、.:|          〈 ̄ レヘl
      ∨.:.:.\ ` リ、', .:.:| リ             \ |
         Vヘ.:.:.:ヽ __ ,ハ :|            ノノ
            Ⅵ.:.:.:. ∧ V           '´ イ
         リ|.:.:.:.:.川\      /´ ̄ ア /レ
           Ⅵ.:.:.:,イ  \      ` ̄二'"/
           イ^V      `:...         /
.         __r┴- .__         ‐ァ-- '′
       /',、|      ̄ ¬‐- 、 ├- _
       /','、,',、\        /L |   
.     /`ヽ、','、,',、',\     / `ー┐「  ̄ ̄ 7
  /','、,',、',、\','、,',、,'、\   /   ノ (`) 卜} =ニ 厶- .. __
<´','、,',、','、,',、',ハ','、,',、','、,',\/\ (    | |    /','、|','、,',、,\
','、,'ヽ、','、,',、','、,',|','、,',、','、,',/\. \    レ′  /','、,'|','、,',、','、,ト、

お察しの通り、キョンである――







374名無しのやる夫だお:2009/11/23 (月) 21:40:56 ID:/DpWaLfA
そこらへんの奴ってオイwww







375名無しのやる夫だお:2009/11/23 (月) 21:40:57 ID:rQ0u505g
阿部さんは想像通りだった







376 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/23(月) 21:41:20 ID:ianZlbSY

バントは、自らを殺してランナーを進める、そういう技術だ。
バットにボールを軽く当てるだけ。自分がアウトになること前提のため、当てさえすればいい。

口でいうのは簡単だが、150キロ近いストレートだったり、変幻自在に動くボールを
キッチリ捕らえるのは難しい。そして確実性が要求される。


         __、─- 、
        > ,, `  ,, '´ ゙̄,Z._
       , ' i!i   i!i  !ii   !! <
.      / ii!  !! i! , ii ハ ii! ii! ヽ
     l i! i!! ,イ /l./--l ト ii ii l
      | i!,.、ii /‐l/-'、 ̄,V-|ハ ! N
      |!i.|.f1.| =。===.,, ,。===lW
      |.i!|.「l | `ニニ´  ヾ二 l
     |ii ヾlノ.  , -‐' r _ \l   (._ ⊂
      /| ii /'\ ′'フ",二二ニ⊃   ,)   )
   _/):| /    \/ ,. ´二ニゞくう ( r '´
‐..T....|((::K    / /./ ´, ─_'ニ\>,_'ノ
.....|.....|::)):l(ヽ.  / ' '  .仄l ..|.....|....T..‐
... |.....|((:(:l))(:><:\   ノ(:((:l...|.....|.....|....
....|.....|:)):)l/./..>、:`:く)::)):))l .|.....|.....|....

バントが上手い選手がいるということは、確実な戦略を取れるということだ。
赤木はキョンの評価を上げようとするが――







377名無しのやる夫だお:2009/11/23 (月) 21:41:32 ID:KHa38Hzc
>そこらへんの奴でいいんじゃないでしょうか!

めっちゃ噴いたwwww








378 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/23(月) 21:43:11 ID:ianZlbSY

キョンは時折、不気味に微笑む。

                  _,..---、,..-‐.、_
             ,..‐:':.:.:.:.:.:.:.:,:.':.:.:.:.:.:.:.:.:.`:ー...、
             /:.:.:.:.:.:.:./:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.',:.:.:.:.:.:.、:.ヽ
           /:.:.:.:.:.:.,:.:./:.:.:l:.:,i:.:.: i: ',:.:.:',:.:.:.:.:.:.',:.:.:ヽ
         . /:;:':.:.,:': :/: :.l:.:./l:.ハ:.:.:ト、:',:.:.:',:.:.:.:.:.:.',:.:.:.:.ヽ
        /イ:.:.:/:.: :i:.:./l:/ !'  ヾ:! ヾ!ヽ:.!ヽ:.:.: ::',:.:.:.:.:',
         /'/:.:.:.':.:.:.:ハ/. !'__,,..-' ヾ ゝ、__゙:! ヽ:.: :l:.:.:.:.:.l
        l:.:.:.:.i:.:.:.:i'´ ̄           ̄`i: :l:.:.:.:.:.l
         l:.:.:.:.:ヽ: :l   __       _   l:.:.!: :i:.:.:l
        l:.ハ:',:.:.ヽ! -――-    -――- }イ:.:.:l:.:ハ!
        !' Ⅵ: :',`          i         i:.:.:ハ,' !
          { ミ,:.:',       .:|       ,':.:/ .}
           、ヽ,:.',        :!       ,':./ , ′ ニタア
           \ゝ',             ,':/メ
             ヾ:.、   ー ――    イイ/
              ヾ:i 、      ̄    イ:/ .'
                 :l ヽ      / l:'
              ,-┤  `ー-'   ├-、
              / ゝ、           才  ヽ
             _,-'´i    `ヽ     ,-‐'    iヽ、_
        _,..-'´   .l   /`ーヽ   / -‐ヘ   l   `ー、_
  _,...-‐'"´       l   ハ O |   | 〃 ハ   l      `ー-、_


::::::/∥  ∥   ヘヘ
:::::|//∥ // /   | |ヽ∥    ∥
::::::::::/ / / /--- | | ヽ ∧∥
::::::::::/ヽ//----- ||/ ∨ \
::::::::::ヽ  \   /|       |∥|
::::::::::::::|===== >  ゛======   | |⌒)
:::::::::::::::| ─゜-/    -゜-─   |│  |
::::::::::::::::| - /    丶-──   | |  ノ         (またなんか企んでやがるな・・・)
::::::::::::::::|  /          u  || ∥|
:::::::::::::::::| し - )    ヽ     |  |
:::::::::::::::::::|/─────- |   / ∥
::::::::::::::::::::|   ≡       /| ∥|
:::::::::::::::::::::::ヽ        /  |\|
::::::::::::::::::::::::/ヽ      /   |≪\
:::::::::::──/≪ヽ   /     |≪≪\─
::::::::   /≪≪|\/


キョンの表情を見て、慌ててその考えを取り消した。
そして閃く。






380 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/23(月) 21:43:52 ID:ianZlbSY

納得がいく成果が上がった―
そういう満足げな顔を見せた後、キョンは練習を切り上げる。

その際に赤木の姿を見止め、キョンは主人を見つけた犬のように駆け寄ってくる。


         /: : : : : : /: : : :/: : : : : : : ヽ: : : : :: : `、
        /: : : : : : : :/: : : /: : ,ィ: /l: : : l: : |: : : : : : ::ヽ
        ;´: : : : : : : /: : /|/ .|/ .!: : /i: : !: l: : : : : :丶
       .i: : : : :|: : : : |/      |/ | /|: :|: : i: : : :゙ヽ
       i: : : : ::i: : : ::/ ´ ̄ ̄ ̄`''''   ´ ヽ|: : | .|: :丶
       |: : : :,-リ: : : |  "疋;:ソ`     '`'-、_.i: : |: |: ヽ
       .|: : :/-、',: : |         , f:テリ` /: : |: i丶         「監督!」
       .ソ、::l,.( _ リ、:|         l .`   /l: :/| i
        ,|::\__ ヽ|          ,    //|/ |/
         リl: ::| |           ′  //
          l::|リ ヽ    ` ― - 、   //
          ,リ   `、    `"    /リ
      ,----亠--- 、_`.、      / 彡
      // ̄ ̄⌒`ヽ` \::`::-、,_, ´.


            -------
          /ヾ        ヽ
     ∠⌒ヽ/           ヾ ヽ
    < ミ    ヾ   ヾ       ヾヽ
    /             ヾ   ヾ  ヽ
   / /| ∧ ∧ |\ヾ|\ヽ     ヾ
  //  レ ∨ .\| \| .∨ヽレ     ヾ
      (              |  ⌒ヽ  |
      丶-─     ̄ ̄ ̄   | |  │ |
       | ─丶  ′ ̄ ̄    | |: ∩ | |             「打順は変えんぞ」
        | ━/   ━      | | し  |
        | -/   丶 --    | | 丿:::|
 )     │ /            | |   :|
 (      | し ヽ ヽ       イ  ゛:|
  )     丶     \     / | ゛::|
  (    ノ )/タ─丶     ,,/  |  |
   )   | /// 丿      /   |  |
   (  //γ  レ/⌒   /   │|
    ~- | (    //ア
       |   (  レ /

バントは2番バッターの得意技と言われている。
何故急にキョンがバント練習を始めたのか、赤木は察した。







381 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/23(月) 21:44:12 ID:ianZlbSY

     /´.:':.:.:.:./:.:.:.:!:.:.:.: /:ハ:.:.:.:.ト、:.:.:.: |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.丶
        .:': / /:.:|:.:.: ハ:.:.:ハ! \:.:| i:.:.:.:l:.:.:.:.:.i、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ
.     /: ィ:.: i:.:.:!:.:./  :.:.|    ヽ! |:.: /:.:.i:.:. l:.ヽ:.:ハ:.:.:i:.:.: l
    /´ /:.:.:.!:.: ハ:.:!   ヘ{ イ´ ̄  l:./i:.:.:.l:.:.:|:.:.:ヾ:.:|:.ハ:.:.:|
       |:.:.ハヘ:.L_ヾ  ´  ィヤ::)フ  }:' !: ハ!:.:.l‐、:.:.:.:.!':.:.:|:.:.l
       |:/  :ハ ,ミ     ゞ ´      !':.:.:.:.:'´`ヽ:.:.:.:.:. ' i:l
      !'    ヽハヒ}            !:.:. /`) 丿:.:.:. /:/!'
             ヾノ               !:/‐' /:.:.:.:.:.:.:Ⅳ
      チッ   ゝ、            !ーi:.:.:.:.:.:.:.:i {
            \ 、 __          /:. |:.ハ:.:.:.:.:.!
               ヽ ー `      . : : i }:' \Ⅳ
.                 、      イ: : : :. l      `ヾ
                  ー‐ ´ヘ: : : : : : l       >‐-、
                      ゝ: : : :  l     ...:.:´:.:.:.:.:.:.:.>‐
                      _..ィヽ: :  !   /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:´:.:.:.:.:
                  _..:.:´{:.:./: :.}   .イ:.:.:.:.:.:.:.イ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
           ,....-:.:.:.:.:.:.:.:.i:.:.ゞ __ .才´:.:.:.:.:.:.:.´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
          /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:',:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: <:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.


舌打ちをしたキョンは、赤木に目もくれず、宿舎に歩き始めた。


          _、ー 、_,. -- 、
       >  `       \
      ∠  "          ゙  ヽ
      /. " " " " ノヘ ゙ ゙ ゙ ゙ l
.      イ ." " ,イ ,イ|||l| ト、i、゙ ゙ ゙|
      lイ."ノlノ|レH|||||N||Nヘ.゙ ゙ |
      h |:=== u::_ ===::||^i│
       |f.||: `ニ゚´::|.| `゚ニ´ ||リ|:l                 (ウチの球団は、馬鹿しかいねえ・・・)
      ヾl| u , r|」、 、  |レ'/
         !ヽ、l ──- | ,.イ '/
        `ヘl\ =  / |:\
       /::|::::::`ー ´   :|::::::ヽ、_
 _,. -‐'''"´|::::::::l::::       /:::::::::| : :``'''‐- 、.._
. : : : : : : : :|:::::::::ヽ.      / :::::::::::| : : : : : : : : :
: : : : : : : : : |::::::::::::::|    ,'::::::::::::::::| : : : : : : : : :
.: : : : : : : : :|::_;; -┐|   |:::ト、:_:::::::| : : : : : : : : :
.: : : : : : : : :´:|: : : |:::|    〉::| : : :「``: : : : : : : : :

今更な事だ。







382 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/23(月) 21:44:47 ID:ianZlbSY

憮然とした表情で歩きながら、キョンは考えた。
必死に取り組んできたバント練習で、打順が変わるかと思ったが効果がなかった。

別の手を考えなければならなかった。

        __ ... -‐ 、
    , -.::''.:::::::::::::::::::::..`ー-.、
   /::::::/:::::::;::::::,:::::::::::::::::::::..ヽ.
  イ/::/:::::::;ィ::::/::::::::::::::::::::::::::::.ヽ,
   /::::i::::/.l::/l::ハ:::::,i::::ヽ:::::::i:::::::l
  /;ィ::{:/ー、l/_.!' |:::ハ:;∧:::::l:::::::l
 / |::| テ''ッ、` 丶ー- 、 i;:::|::::::/
   .|::l    ,   'テ''z、 l:::リ::::::i             (・・・)
   .|/|   /   r.Kヽf''i/'lノリ
     ハ   `    | .| l .| |ノ
     ,小. - 、   .| .l/././、
 _,,ィ'´.H. ゙..   ,, -'"  ,/   ゙̄'ー、
''´ /  { '  `''r'´    /    / ヽ
 /   ヽ、 ,ィl   イ /     /   ヽ
./  .,ィ^i }_/_/l    |/     ,     i
'.‐'" ヾ{;:::;}::;;/|.   l.    /     |


補足しておくが、別にキョンは今の打順が嫌いという訳ではない。
打撃はまだまだ未熟な面もあり、スタメンで使ってもらえるだけで十分だ。

感謝しているし、大事にも思っている。

ただ一つ、気に入らないのは――







383名無しのやる夫だお:2009/11/23 (月) 21:44:51 ID:lKTsFVwg
キョンおま、監督になんて態度をw







384名無しのやる夫だお:2009/11/23 (月) 21:44:55 ID:K1hfCdyI
パターンが読めたぞww







385名無しのやる夫だお:2009/11/23 (月) 21:44:54 ID:ZONZo7Gs
問題児しかいねえwwwwww







386 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/23(月) 21:45:32 ID:ianZlbSY

            , '´  ̄ ̄ ` 、
          i r-ー-┬-‐、i
           | |,,_   _,{|
          N| "゚'` {"゚`lリ
             ト.i   ,__''_  !  <俺が出して(出塁して)、キョンが入れる(ホームに)
          /i/ l\ ー .イ|、         なかなかたまらんじゃないの
    ,.、-  ̄/  | l   ̄ / | |` ┬-、
    /  ヽ. /    ト-` 、ノ- |  l  l  ヽ.
  /    ∨     l   |!  |   `> |  i
  /     |`二^>  l.  |  | <__,|  |
_|      |.|-<    \ i / ,イ____!/ \
  .|     {.|  ` - 、 ,.---ァ^! |    | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄l
__{   ___|└―ー/  ̄´ |ヽ |___ノ____________|
  }/ -= ヽ__ - 'ヽ   -‐ ,r'゙   l                  |
__f゙// ̄ ̄     _ -'     |_____ ,. -  ̄ \____|
  | |  -  ̄   /   |     _ | ̄ ̄ ̄ ̄ /       \  ̄|
___`\ __ /    _l - ̄  l___ /   , /     ヽi___.|
 ̄ ̄ ̄    |    _ 二 =〒  ̄  } ̄ /     l |      ! ̄ ̄|
_______l       -ヾ ̄  l/         l|       |___|


.        / ./フ 7  , -‐ x   l   i i i  ',
        / ,/ / / / / i i  j        |
         レ/ /  / 〆ー‐‐く. / /   i  |
         r/ ′ ′ '´ .ィ´厂l/! / }  / | }|  ハァー…
         !′     r__ 、j/` ̄厂ヽ! /j! j /}!
.       !       /  .}  ` ー‐''/〃 ハ ノ
       j     /   ノ        / /イ
      r‐‐'―- 、 /!    ___      / /
   厂 ̄ ̄`ヽ ゙> l\ ゞ二)  /jイヽ.
   ,′     X.  l  ヽ. ___ . イ  / .|  \
.  /        n /   !  /ー 、 r‐‐/ | ∨\
 /       n /   l /、c | |ー l`ヽ. |  .∨ \


       /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: |   人     ,.‐-、 _
     / .::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ト.、_ 手ヽ   ( ヾ, ( `)  o○
    ./  .:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;::::::::::::::::::::::: |:::::::::゙''ー、)  (⌒ヾ,;'"゙';,'-'、 ゚
    |........   :;:::::::::::/.:::::::::/:::::::::::::/::::::::: /::::::::::::|::::i:::::::.. ::|-、( シ';。,.;'、丶)
    .l::/:::::::::l::::/........./....  /............../........./........  ハ:::::|:::::: :|/⌒(  'ト、_ゝ<
    l::i::::::::::::|:::|:::::::/.:::::/:::::::::::::::/.:::::::/:::::::: /::::/ .|i ...| 、: .| __,.ノ`ー ' ヾヽミ}
   ./::l::::::::::::::l::|:::::/.::::/::::::::::::::;/..::::;/ /::::::::/,::::/ i.l:::::|:::::|::::|< ヽ)_   ヾシ
  /,:'|:::i:::::::/i|:::::l:::::/:::::::::::;≠‐-:Z._  /.:::://:::/ ,!::|:::::|:::::|:: l   ノ `-、
 ノ   |::l::::/.斤l::::|::;イ:::::::/_.|/ -、`メ::/ /::/-''7::::|::::|:::::|ヘ:lノ`'ゞ,,ノv_,r
    |::ト::ヽ,弋l:::|/:|::::;イ 攵;:cリ ̄`//  /,ィ-ァ/:::::|::::|:::::| |:! ;o" "';⌒ヽ___
    .i:| l:::l.:\,l::::::|::/:|    ̄      /'゙ー゙イ;':::::::l|:::l|::::|  ヾ ノ':。,.,:"く ノ巛くゝ
     l|.ノ::|::::l:::|i::::|/:::|          /、  /:::::::/.|::l.|:: l  `ー(_人_,ノ ヾ-'
    ,ィ''〈 |::::j:::l !:::::::::|            ヽ./:::::::/ jノ.l::/
   /,.;:;:;:;//jメ ヽ:::::|          -‐.T:::::/    j/
  /{,.;.;.;.;.;.;゙ヽ, \.ヽ;::ト、   `ー-- -‐ ,:イ l::::/      <キョン君が出して(ピュっと)、僕が入れる(ブスっと)
/,.;:;:;l,.;.;.;.;.;.;.;.;ヽ,  \N. ` 、  ー /|/ .|::/          いいですねー
;:;:;:;:;:;:;:l,.;.;.;.;.;.;.;.;.;.ヽ.  ヾ、 /、゙ ー '     |/
:;:;:;:;:;:;:;:;l,.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;:ヽ、  \__. ヽ、::,\

なんかヘンなの2人に挟まれている打順なとこである。







387 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/23(月) 21:46:05 ID:ianZlbSY

翌日、キョンは考え込んでいた。
危険予知は予知だから意味があることなのだ。

起きてからでは既に遅い。安全衛生的にもそういうものなのだ。

だからキョンは今日も考える。

                  _____
             ..:.:.:´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`ー、
              /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\
          /:.:.:.:.:.:.:.:i:.:.:.: i:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
            /:.:.i:.:.: i:.:ハ:.:.:.l、:.:.:i:.:.:,.:.:.:.:.:.:. i
           / 〉:.:./l/  \:! ヽ:.!ヽト、:i:.:.:.:. l
          / /:lイ '    `   `   l:.:.i:.:.l
       / //〉:.:.l __ ノ   ´  ̄ ヽl:.:.!ヽ!
        l  ´ イ !:. ! ‐― '  `ー ‐ l / _ノ
.      l    i Y`ハ     i       !'7〃
.       l    ' i.  ヽ    !     .イツ´
.       /  /  '   _> ―_- / !、
       l   /   / 、 i` 、 __ イ   / ヽ_
    ´ `ー‐'`   /  `ー、  ,-´  /   \
    i       i‐ ´i   / ` i   i´ヽ.  /     `  、
    l       l    !  /.   l   ! ハ /        \
.    ,|       |   ヽ/    !_'   V       ,  ,    ヽ                    おはよーございまーす>
   /.l       |       /:.:.:.:ヽ       / /  /  i
    !/!       l\       i:.:.:.:.:.:.i      / /  /   l
.   ,         !  ヽ      !:.:.:.:.:. !      ´   !  /     !






389 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/23(月) 21:46:46 ID:ianZlbSY

聞きなれない声に、挨拶を返しながら顔を向ける。

       / //〉:.:.l __ ノ   ´  ̄ ヽl:.:.!ヽ!
        l  ´ イ !:. ! 弋zア   `ー ‐ l / _ノ          「おはよーーっす・・・」
.      l    i Y`ハ     i       !'7〃
.       l    ' i.  ヽ    !     .イツ´


そこには、新人のルルーシュが、礼儀正しく頭を下げていた。


                /.::::::::::::::::::::::::::::::::::.`丶、
                /.:::::::::::::::::::/.:::::::::::::. :: ::::::. .ヽ.
             /.::/.:::::::.::::::::/. .:::!:::::::::::. : :. :::.:::::ヘ
               i′:′.: .:.::::::/.::::.:::l、:、:::::::. ::. l::::::::ハ
               |:::::i ::: :: :!:::/.:: .:/.:jヘ、\:: .::::::ト、:::::::ト、
               |:::::l: :. ::::l:/|::!::/}:/ ,rァ≠fト、::::::|/.::::ト| ニコッ
               |:::::|::::::::::|kl::|:{ /  ィ代fiツ:::::::::{::::::::ト|
               l:i{::ト、::ゝ㌘f沁′    ̄ |:::/:/ l::::i:|    <いい天気ですね!調子はどうですか?
               爪:l::::ヽ::::\¨´ }       |/l/  }:::ト!
             ノ ヘ.::.::トxヘ、 ` t一ァ  /  .イ|从
                メ、 ─‐`┐. _  /,r',仆、l、 ゙ー‐-   .._
                /      `二丁{、「 ̄ヾマヽ f           >‐‐、
                /      .イ」 /} }/〉、  ヽマk」`      /    i
           r'´     ∠  -‐〈/  {/iハ   メ}    i     .′     l サワヤカ~
           {   `rイ            } }  | |   i   /        l
           l__,/,小、        | |  | |   ',  /  /      |
         /{ // | ヽ        | |  { >ニニV  /    / j
        /__//   j      r‐─ 二ソ        「」 } .′    / /{
        {-- ´     ト、    { 「」´          | |/     / / }


          /      .: .: :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. ヽ、ヽ,
        / .: .: :. :. :. :. :. :. :. :. :. : i:. :. :. :. :. :. :ヽヽ
       ,' .: ,: .:. :. :. :. ;. :. :./l:. :. /l:. ;. :. :. :. :. :. l
       l .i :.l.: :. :.,.i:.., 'l:. :./ l:. / l:..lヽ;.. ;、:. :. :l
       l :l:. :l :. :.l l/ l/  l/  l/  l:/ l:. :. :,,!    <お、オウ・・・
         レl:.r.i :. :. l.  ̄`'ー_ 、 ,   ,._ ' ´^ !:. :./
         !l.'´!:. : l  ''!ニブ      '!ニフ` !:.,i/
        ヽーl:. :l'                ,':./'       (何でこんな奴がウチに来たんだ?)
          レヽl: l u      i     l:./
           〉N         '      ,i/
           /l l ヽ             , '
         ,.イ .:.:.! l  ヽ、 c. ニ っ ,イ.. ヽ、
    ,.. ' ´. l.:.:.:.:.l.  l   ヽ、 ´ /. !.:.:.l..`ヽ、
,.  '´ ...:.:.: .:!.:.:.:.:.:l  ヽ     ー './,'   !.:.:.:.!.:.:... `ヽ、
 ....:.:.:.:.:.:.:.:.:!.:.:.:.:.:.:l   ヽ、      /   !.:.:.:.:.!.:.:.:.:.:.:.....`ヽ、

礼儀正しいが、悪く言えば硬い。
VIPスターズみたいな球団では、逆に浮く。

ルルーシュが未だ球団に溶け込めていないのを、キョンは察していた。






391 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/23(月) 21:48:03 ID:ianZlbSY

その時降り立つ悪魔的閃き――

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.ヽ...:::::::::::::::...ヽ  l:. ./ l lヘ    \
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::. ::::::::::. :::::::::. ヽ .::/ / ト、     \
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ::::::::::. :::::::. k/l /  .|       .)
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::  ::::::::::. ::::. ノl |/ .:: l       /l
-,,_::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: .::::::::::::. .l/ .}:::. .: }ト:|      //
  ''''--,=,,,,,_::::::::::::::::::___:::=-=''" l ,,/|::,-.,/::...     / }
"''''-<=/_ /  ̄ ̄''''" ./,,,,,|--='''|"  .レ,- |:::::::::::..  / /
:::::::::;//::::/=,,,,,/,,,,,,=-''/:::::/l:::::: l:::  .ト::/ )::::::::::::::./ /l     (これだ・・・!)
:::/,,,/:::/|:::::::::::::::   /l:::::/,,,|:::: /:::  .|:/./:::::::::/"  ./ |
/_: : |::./、|::::::/:::::  ./-|:/": ::|::/:|:::: .|.|_./:::,:::://  /  l
""''-|/、:|:::/|::::: , .//,-l-'''''"l/"'|:: l.|::::::/-"::::::  ノ  }
-ゑ\-": :l/:::l:: /l/: : :-=,lゑ=-" l:..//:::/l::::::::::: /  /"
: : : : : : : : : ::|:/: : : : : : : : :    |/:':::(:::::::::   / //
: : : : : : : : : : :l:  : : : : : :   /l::::/^l::::::::..:: ....::/ l
: : : : : : : : : :::::l: : : : :   /:::/へ::::::::..      .|

キョンは口元が歪な形になるのを、俯くことでルルーシュに見せなかった。
瞳が怪しく揺らめく。







392名無しのやる夫だお:2009/11/23 (月) 21:48:39 ID:lKTsFVwg
キョンぜんっぜん常識人じゃねええええええ







393名無しのやる夫だお:2009/11/23 (月) 21:48:49 ID:o36yg3e2
ろくな奴がいねぇwwwだがそれがいいwww






395 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/23(月) 21:49:19 ID:ianZlbSY

顔を上げたキョンは、満面の笑み。弾んだ声。
好青年そのものだった――

             /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ: ヘ:.:.:.:.:\
               /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.: :i:.:.:.i:.:ハ:.:.:.:.、:.ヽ
           /:.:.:.:.:.:.: :/:.:.:.:.:.:./:.:.:.:./:.:.;イ:. :/:∧:.:.ト、:.:!:.:.:. :',` 、
             i:.:.:.:.:.:.:.:.:i:.:.:.:.: :/:.:.:,イ:// イ:./ ∨! ヾi:.:.:. :i
            !:.:.:.:.:.:.:.:.:|:.:.:.:.:/:. :/ !' /'  !/   リ   |:.:.i: :l
              :.:.:.:.:.:.:.: :!:.:.:.:.i: :/.- ――‐ - 、  , ― 、!: :|、:.!
            ',: :i.:.:.:.:.:._:.:.:.:|:/   __    /_  ハ:.:! ヾ
              i:.:!:.:.:.:./ ∨:.!' :!  ´ ヒ:::} `    i ヒ::}`/' }/
            !:ハ: : :{  (', : :ド、          :.   i  '
              ∨:.:.ヽヾ',:.:|           、  l        「硬いな、ルルーシュ」
              ヽト、:.:Y^ヘ!            ノ /
                 Ⅵ ヽ      r― ァ /
                   ___|   >.    ー  /_
            ,. _´.:.:.:. : :!     >... __/ : `ヽ
             / : : `.: : :く          i、: : : :`:、:ハ  _
          / : : : : : : : : :丶       |  ー、 : ; : `:ミヽ`:、
       _/: __ : : : : : : : : :`: 、    丶   ヽ ; : : : :/: : : >― 、
      /: : : : : : : : : : `: : : 、.:.: : : : : \         ハ: : : /: :.; へ   ヽ
.       {:__ : : : : : : : : : : : : : : 丶.:.: : : : :\‐-  ´   !:. :;: :.:/: : : :ヽ   ハ_
     /    ̄` 、_: : : : : : : : : \: : : : : ヽ___ イ | : i: :/: : : : :/  ...:   ヽ
.    /        ヽ: :` 、: : : : : : : : \ : : : :ヘ      !:.:.!:.:i: : : :.:/ ..:.:.    ヽ

キョンの声は明るい。話しかけやすいムードを全身から漂わせている。

       /:.:.:.l .:.:.:.:.:.:.:.ヽ :.:.: .:l|:.: .:. :.:.:.:.|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.}
       /:.:. :l| :.:.:./||ヽ:.:.:.:`、: .|:.: .: .:.:.:.|:.:.:.:.:.:.:.:. :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: .:|
      l:.:.: /l| :.:.:/ l|  ヾ_\\|:.:. : . .:.:.:l:.:.:.:.:.:.:.:l:.:. :.:.:.:.:.:.:. :. :.:|
      {:. /:.:l :.:/、 リ  ∠\ 丶}:.:. :. .:.:.|'^ヽ、:..:.|.. : .:.:.:.:.:.:.: .:.:.:.l
      |: l|:.:.| :.l:.:.:', /r彡戈ヽ |:.:. :.:.:.:.:ノ  )}:.:.:|:.: .: :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.l
      |l l|:.:.| :.|:.:.:.}  ,イレ}/ |:.:.:.:.:.:.:/ゝノ丿:.:.:l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l:.:|
      |! |!:.:l:.:.||:.:.:.} ノ }/  ,':.:.:.:.// __ノ|:.:.:::.l:.::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ll:.|
        |:.:|l:.{ヽ:./   ´   //:.:.//  l  |:.:.:.l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|:.l|:.|
        ヾヽ/      ///    } |:.:.:.l:.{:.:.:.:.:.:./:.:.|:.l|ソ    「硬い・・・ですか?」
           \      /       |:.:.l|:.:|:.:.:.:./|:.||:.l:.l
            |ヽrー--      _,   |:.l| l|:.|:.:.:./ l:.| |:|i|
            |/|ノ r      /    }ノ__l|_|:.:./‐‐リニソ
            l '  ヘ    <   _-ニニ─‐|/ ̄ ̄: : {
                `´  ,∨ニ‐´: : : : : : :': : : : : : : :l
      _--‐-、_       <∠: _: : : : : : : : : : : : : : : : : :ヽ
     /  ___、_ ノ、      ∨((: : : : / : : : : : : : : : : : : : \
   /  / /))─ー'       ∨乢-‐' : : : : : : : : : : : : : : : : : :\
  {  ヘ /  / ̄`l  _-ー一ニ ̄ ̄: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :\

ルルーシュは少し困惑した様子を見せる。







396 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/23(月) 21:49:44 ID:ianZlbSY

         /: : : : : : /: : : :/: : : : : : : ヽ: : : : :: : `、
        /: : : : : : : :/: : : /: : ,ィ: /l: : : l: : |: : : : : : ::ヽ
        ;´: : : : : : : /: : /|/ .|/ .!: : /i: : !: l: : : : : :丶
       .i: : : : :|: : : : |/      |/ | /|: :|: : i: : : :゙ヽ
       i: : : : ::i: : : ::/ ´ ̄ ̄ ̄`''''   ´ ヽ|: : | .|: :丶
       |: : : :,-リ: : : |  "疋;:ソ`     '`'-、_.i: : |: |: ヽ
       .|: : :/-、',: : |         , f:テリ` /: : |: i丶        「おう、礼儀正しいのはいいけど、
       .ソ、::l,.( _ リ、:|         l .`   /l: :/| i          それじゃあ仲良くはなりにくい。
        ,|::\__ ヽ|          ,    //|/ |/
         リl: ::| |           ′  //              俺達はチームなんだ、もっと仲良くやろうZE☆!」
          l::|リ ヽ    ` ― - 、   //
          ,リ   `、    `"    /リ ニャマリ
      ,----亠--- 、_`.、      / 彡
      // ̄ ̄⌒`ヽ` \::`::-、,_, ´.


    /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
    /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
   /::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::l
   //::/:l:::::::/::::::;/:::/::::;ヘ::::::::|::::::::::::::::}
 //:::|:::l:::::;ヘ/, '/:::/:::/  |::::::l:::::::::::::::;'
  /|:::l:::l/:/≠、///ニ ̄リ:::/::::::::::::::l
  { |:ハ::|:::l ゞ‐'' / '"てノン/:::::::/`i;':|
   l' |l::::!  !     ゙"/;::::::; '_..'´ハ{
     |::リヽ _    //://::l::/                  「あ・・・ありがとうございます!」
     l;'  |:;ヽ `  _,. /'´ _/::::l:l
        !' `ーニ-‐_''"´/イ:l!'
          _,|l ̄|| _,=_: : :| `
   ,.. -‐'''''""´ !l: : |l "}{`: : :\
   /:: : : : : : : : 〃: 〃: : : : : : : : :`- _
  /:: : : : : : : :〃: 〃: : : : : : : : : : : : ::`''
  |: : : : : : : :〃:: 〃: : : : : : : : : : : : : : ,: :
  l: : i'p=、_〃: 〃: : : : : : : : : : : : : : ´: : :
  l: :l::|l: : : : : : : ''==、、_: : : : : , ' : : : : : :
  ヽ!::|l:: : : : : : : : : : :0||: : : : / : : : : : : :

ルルーシュは素直に喜んだ。
球団で友人と呼べるような間柄も、可愛がってくれる先輩もいなかった。

キョンの言葉に、救われたようなものを感じたのだった。







399名無しのやる夫だお:2009/11/23 (月) 21:50:15 ID:50Xl5sHM
身代わりですね、分かります







400名無しのやる夫だお:2009/11/23 (月) 21:51:09 ID:KHa38Hzc
なんか…邪悪だ…







401 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/23(月) 21:51:10 ID:ianZlbSY

キョンは、親身になってルルーシュに語る――ように見える。

                  _,..---、,..-‐.、_
             ,..‐:':.:.:.:.:.:.:.:,:.':.:.:.:.:.:.:.:.:.`:ー...、
             /:.:.:.:.:.:.:./:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.',:.:.:.:.:.:.、:.ヽ
           /:.:.:.:.:.:.,:.:./:.:.:l:.:,i:.:.: i: ',:.:.:',:.:.:.:.:.:.',:.:.:ヽ
         . /:;:':.:.,:': :/: :.l:.:./l:.ハ:.:.:ト、:',:.:.:',:.:.:.:.:.:.',:.:.:.:.ヽ
        /イ:.:.:/:.: :i:.:./l:/ !'  ヾ:! ヾ!ヽ:.!ヽ:.:.: ::',:.:.:.:.:',
         /'/:.:.:.':.:.:.:ハ/. !'__,,..-' ヾ ゝ、__゙:! ヽ:.: :l:.:.:.:.:.l
        l:.:.:.:.i:.:.:.:i'´ ̄           ̄`i: :l:.:.:.:.:.l    「まあでも話掛けにくい人とか、
         l:.:.:.:.:ヽ: :l   __       _   l:.:.!: :i:.:.:l    打ち解けにくい人もいるからな・・・中々難しいけど、
        l:.ハ:',:.:.ヽ! -――-    -――- }イ:.:.:l:.:ハ!    古泉とか阿部さんとかはとても面倒見がいい から
        !' Ⅵ: :',`          i         i:.:.:ハ,' !    きっと仲良くしてくれるはずSA☆!
          { ミ,:.:',       .:|       ,':.:/ .}
           、ヽ,:.',        :!       ,':./ , ′     さっき向こうのトレーニングルームに2人で篭ってたぞ?
           \ゝ',             ,':/メ       挨拶しに行ってくればいい」
             ヾ:.、   ー ――    イイ/
              ヾ:i 、      ̄    イ:/ .'
                 :l ヽ      / l:'
              ,-┤  `ー-'   ├-、
              / ゝ、           才  ヽ
             _,-'´i    `ヽ     ,-‐'    iヽ、_
        _,..-'´   .l   /`ーヽ   / -‐ヘ   l   `ー、_
  _,...-‐'"´       l   ハ O |   | 〃 ハ   l      `ー-、_


                  __,,,、,,   ,,、- 、
               /´: : : : : `´: : : : :ヽ
            /: : : : : : : : : : : : : : : : : :\
              /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :.ヽ
           /: : : : : : :i: : : : :.∧: : :il: : i: : :ヾ: :',
          ,': : : : : : : l: : :/:./ ∨:ハ: :i!: :l: :::::::i
            l: l: i: : l /!/∨   |/ ∨∨!: :::::::l
           レ!: !: :l i"⌒"'-、   ,、-'''⌒`l: :::::ヘ! バチコーン
           ∨ヘ i | でラ`   , r≡=、/::∧| -☆
              !ヘ∨ゝ       .i     ∧ソ        「気のいい奴らだからな!
            レヽi l       }     ∧ノ         一度でも一緒にトレーニングでもすれば、
               レヘ   ______   /ノ           すぐに仲良くなれるさ!
              ∨\ ヽ __ / / ′
             /i{  \  ` /i              ただ、受身は駄目だZO☆?
             /:::::l ヘ   ` ´ ∧\           人間関係は積極性が肝心。自分からちゃんと
          _,,-''/::::::::l  ` ー、 ,/ .i:::::\、,_        ”一緒にトレーニングさせてください!”って言うんだ。
       _,..-.:":::::::/:::::::::::i   /;;ヘ__!入  l:::::::::\`::..、,,_
  _,..-.:":::::::::::::::::::::\:::/:|ヘ /`ヘ::::::::ソ´ヘ i::\::/::::::::::::`i:ー.,  わかるYOな?☆」
 ,´ー-、::::::::::::::::::::::::::/:::::::::i    ∨:/    l::::::::\::::::::::::::i:::::::',
 l::::::::::::`::、::::::::::::::ヘ::::::::::::::::l     l::::i,   l::::::::::::::ゝ::::::::l:::::::::',
 l:::::::::::::::::::`:、:::;:::::::∨::::::::::::i    l;::::;l   i::::::::::::::/:::::::::!::::::::::i
 i:::::::::::::::::::::::::`ヘ::::::::∨:::::::::::l   l;:::::;i    l::::::::::::i:::::::::::l:i:::::::::l







402名無しのやる夫だお:2009/11/23 (月) 21:51:47 ID:K1hfCdyI
ルルーシュ逃げてー







403名無しのやる夫だお:2009/11/23 (月) 21:51:52 ID:ekl11jf2
鬼かw







404名無しのやる夫だお:2009/11/23 (月) 21:51:56 ID:ZONZo7Gs
ひでえwwwwww







405名無しのやる夫だお:2009/11/23 (月) 21:51:57 ID:eoV6tDcI
鬼めwwwwww







406名無しのやる夫だお:2009/11/23 (月) 21:52:12 ID:H6giB37Y
生贄に差出しやがったwwwww







407名無しのやる夫だお:2009/11/23 (月) 21:52:38 ID:ddvxetdg
悪魔降臨w







408 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/23(月) 21:52:43 ID:ianZlbSY

ルルーシュは嬉しそうな顔で、答えた。
信用に値する先輩を見つけた。そう感じたのだ。

       /:.:.:l:.:.l:.:.:|:.:,'.:.:.:.:.:.:./.:.:.:.://:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. l:.:.:.:ハ:.:.:r 、:.:.:.:.:.:.:.:.:|:.:.:.:.ハ
       ,′:.:l:.:.|:.:.:|/ :.:.:.:.:.:/:.: /:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./!:.:/ |:.:.| ':,:.:.{ヽ:.:.:j:.:.:.:.|.:.:,
        |:.:.:.:.|:.:.|:.:.:l.:.:.:.:/.:/://:/|:.:.:.:.:.:.:.:.:./ //|l  |:.:.|  ∨:}、\:.:.:.:.l.:.:.:,
        |:.:.:.:.|:.:.l:.:.:.':.:.:/ //¨フ'イ廴|:.:.:.:.:.:.:/,  //_」レ''「.:.:、  ∨.:}、 '<:.:.:.:l
       |:.:.:.:.l.:.:.':.:.:.∨ /y=ミ:、,リ 寸:.:.:.:,イ!〃,ィ//´ノ,>==ミム  ヽ:.:.>:、 `ヽ|
      |:.:.:.:.l:.:.:.':.:.:.:∨ {{ fて心、 |:.:.:/ リ:{{彳:/ ,.ィ,ィ'Ⅴヽ }}ヽ |:i、:}.:.:.`!   !
      ハ:.:.:..':.:.:.:.:.:.:.:.',   辷zク_` |:.:ハ.  //  ヒ込ィツ ノ /〉.jノ l|、.:.:|  |    「ハイッ!
        ',:.:.:.l,:.:.:.:.':.:.:.:', `¨¨ ̄   |.;' }  /イ    ̄¨¨¨¨  //:.ハ リ \:|  |_    先輩!
        ',:.:.|∨:.:.:.':.:.:ハ      |' ノ          /´:./.:.:\   ` ー-:, \  本当にありがとうございます!」
        ',:.l |\:.:.:.',:.:.| \     :|         r───── '′  , ヽ \
         ':| |:./ \:.ヽ|\_|   ___`           }  _____       ' 、 \
            |;' /ハ:.:.:\ \ ヽ  /` ー--─=7 /  /:./.:.:.:.:>'
             | { ハ:.:.:.',.|二|、 ∨       / /  /.:> ' ´
             ム ∨ }:l:.:.}:.:.:.:.|ヽ.  、    /  / /    __,. く
______/  } V 从:.{ハ:.l:.:!  \  ̄ ̄   {/ .ィ'´厂    l \__
           /   \ リ 从:.!':   \    / / ,レ'′    ;|    \
            |    \  リ :,   ` ーく / /     / |

ようやく自分のプロ生活が上手く回り始める―
そう思った。


ペコリと一礼すると走り出す。

















誰も近寄らぬ、トレーニングルームへ

   ;ヾ、,.、,、.、rツ ッッシ、:':' r':' _,、-'゙_, 
 ,、,、,ミッン、,._        _,、-'゙_,、-'゙.  
 、ィッ ,:、 ゙''ゞ=ミ、~.: _,、-'゙_,、-'゙  __,  
 }; ヾ ゙' {!li;:,. _,、-'゙_,、-'゙ _,、-'゙,::|_|__l__,|⊥ |__ 
 ゞァ''゙ぐ _,、-'゙_,、-'゙ _,、-'゙,、-''" .|__|__| _|_|_
 ,ヘ:'_,、-'゙_,、-'゙..::「┴_,エ ┴  ''"_|_|__l__,|⊥ |__
  └i'゙-ニ,ニエ,.:|ニ「 _エ ┴  ''"_|__|__| _|_|_
    |エ | ニエ, |ニ「 _エ ┴  __.|_|__l__,|⊥ |__
    |エ | ニエ, |ニ「 _エ ┴ 「fj.||__|__| _|_|_
    |エ | ニエ, |[8] _エ ┴ └‐_|_|__l__,|⊥ |__
    |エ | ニエ, |二 _.エ 二.._ |__|__| _|_|_
    |エ | ニエ, |┴ _.エ 二.._ |_|__l__,|⊥ |__|
    |エ | ニエ, |工 _.エ 二.._ |__|__| _|_|_
    |エ | ニエ, |工 _.エ 二.._ |_|__l__,|⊥ |__
  -,-=''┷━━|┬ニエ ┬--  .|__|__| _|_|_
   ''ーニ_''ー::、_ ゙┷ 工_二'‐-、,_|_|__l__,|⊥ |__
  二二二`''ーニ`_''ー-、_¨''━、L|__|__| _|_|_
  二二二二二二二`''ーニ_''ー 、_       |⊥ |__







409名無しのやる夫だお:2009/11/23 (月) 21:52:47 ID:RQs1aRp6
最悪だw






411名無しのやる夫だお:2009/11/23 (月) 21:53:07 ID:/DpWaLfA
ひでえwwww







412名無しのやる夫だお:2009/11/23 (月) 21:53:18 ID:hci6TTEY
ホイホイとww







414名無しのやる夫だお:2009/11/23 (月) 21:53:33 ID:iu.Zm3X6
トイレじゃねえかwwwwwwww







416 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/23(月) 21:53:47 ID:ianZlbSY

人知が関与することができない天気は、無邪気なものである。

空は、変わらず気持ちの良いまでに青い。

   (⌒ 、    .. . ... :. .:.:.:.: .: .... ..:.:.:.:..       .:.:.:.. ..  .. .... .:.:.:...
 (     ヽ⌒ヽ 、            /   / .. .:.:.:..: .:.:.:.. ....:.:...
(             ) ... :. .:.:.:.: .: ..   ___┐     /     /ヽ
          `ヽ         /  |´            , へ
  , ⌒ヽ . .. :. .:.:.:.: .: .... .:.:.:. . |___/    / . ... ..   |   |  .. .... .. .:.:.:.
 (    '               /       ./       ヽノ
  ゝ     `ヽ          / .... .:.:.:.:.:... / .:.:.:..:.:. ..   | . ......  .. .
(⌒         ... .... . /... :. .:.:. ..     /         |
        .:.:.... .... /         /  .... .:.:.:. . ..  | ... :. .:.:.:.: .: ....
   .. .... .. .:.:.:..: /           / . .....:.:.:.:.:.:.:.. ...  |     . .. ...:.:.
.. ..... .. ..:.:.:.. ..:.:.:.:.:.:... ......  .. .... ..                 i
         /       (⌒ 、   .. .... ..  .:.:.:..: .:.:...  , ⌒ヽ . :. .:.:...
  . .. .... .. .:.:.:..: .:.. ... (     ヽ⌒ヽ 、         (      Y⌒ ヽ

黒い企みなど、そ知らぬ顔で空は空であり続ける。







417名無しのやる夫だお:2009/11/23 (月) 21:53:58 ID:l4dD81.Y
ひどすぎる・・・俺ルルに彼女いても、もげろだなんて言わないよ・・







418名無しのやる夫だお:2009/11/23 (月) 21:54:05 ID:K1hfCdyI
アッー!!






420名無しのやる夫だお:2009/11/23 (月) 21:54:20 ID:N8bPcxcY
最低すぐるwwwwwwwwwww







421名無しのやる夫だお:2009/11/23 (月) 21:54:35 ID:50Xl5sHM
ああ、やっぱりか……
この後の展開なんて一つしか無いよな






423 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/23(月) 21:55:13 ID:ianZlbSY

キョンはゆっくりと歩き出す。

     /.:イi:.i:.:.:.!:. i:.::.:.i:.:.:.:.:.:.i:.:.:ヽ:.:.:.:.:.:.:ヽ 、:.:.:.:i:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
     !' /:.:!:.!:.:.ハ:|、:.:.:|\:.:.: |:.:.:.:.i:.:.:.:.:.:.:. l 丶:.:.!:.:.:.:.:. ハ:.:.:.:.:.:.:.:l
      |:.:ハヘ:.:l  :! \! _ ヽ: l:.:.:.: l:.:.:.:.:.:.:.:|:.:.:.ヽハ:.:.:.:./:.:l:.:.:i:.:.:.:.|
      |/ |:ヾ!    ´   `:!ヽ:.: l:.:.:.i:. i: !⌒ 、:.:.V:./:.:.:l:.:/l:.:.:. |
           Ⅵ  /  _      Ⅵ:.:.:.|:. Ⅳ⌒ヾ、:.:!/:.:.:.:.!:':. |:.:.:.:l
          ヘ´,イヽ /     !ハ:.:l:.:.| ヽソ .}:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.!∧:!
            !  ゞ '       '  Ⅵ: l ) ! ./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: / }'
.           /              !:./ ´ , ':.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: l
.         /             !:' ┌┐:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.∧!
          丶              ./ : |:.:.:!:.:.:.:. i:.:.:.:.l
              ヽ    _          . :: : l:.:ハ:.:.:.:|:.:.:. l
              `┐´         . : : : :  V  \:.!ヽ:.:!
             ヽ´      . : : : : : :        `__Ⅵ=、
              i    <ヘ : : : : :    . . :´ : : : : : : l
                 ̄     ヽ: : :   . : ´: : : : : : : : : : :ヽ
                    ..‐ヘ : . : ´: : : : : : : : : : : : : : ´\
                  /: : : / : : : : : : : : : : : : ´: : : : : : :.\
                 /: : : /: : : : : : : : : : :/: : : : : : : : : : : : :ヽ
                   |: : :./: : : : : : : : : : :/: : : : : : : : : : : : : : : : !

そして再び考え始める。
KYTは日々の継続が大切なもの。

考えるのをやめた時、事故は起こる。






425名無しのやる夫だお:2009/11/23 (月) 21:55:52 ID:8iJwONCI
以後キョンには一切同情しねえぞ俺ww







426 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/23(月) 21:56:02 ID:ianZlbSY

キョンは噛み締めるように歩き続ける。
途中絹を裂くような悲鳴が上がったが、そんなものに心を取られるキョンではない。

                     _._.,,.、.-.ー.-..、_
                 ゝ<´:::::::::::::::::::::::::::::`ー:.、
                /::::::::/::::::ヾ::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
               //::::::/::::/\!\_\::::i:::::::::::::::::\
                /´/:.:l::::レヘ! ヽ/__\::::l::::::::::::i:::::::::}
               !l:l::l::へ ヾ `´ニfソゝ ∨::::::::l:::!::::::::l
                 |:::レヘ f_))       レヘソヘ::!::::::!
                 レヘハ く        |/ )ソ!:::::::!
                   ! `        、//:::/リ
                   、  - - 、    ′|/:::/
                    ヽ    _ ´  ノ:::/
                         `ー、 ´     ∨_
                       _,∧  __,,、、<´ 〉、_
                    //∨) /∧    /::::::i:::ヽ._
                  _ ,,、-ー/ !/ヘヘ/ソ∧   /:::::::::l:::::::::::`:ー:.、
             ,´:::::::::::::く::::::::/ヽ(⌒ソ´& acute;ヽ/::::::::::::::!:::::::::::::::::::ゝヽ.
              /::{::::::::::::::::>:i   l7i   /:::::\:::/::/:::/::::::::::::::::i
             ,'::::::i::::::::::/::::::l  /;;;;l  /::::::::::::::〉::::://::::::::::::::::::::::!
             /:::;::::∨:::::l::::::::::i /;;;;;;l. /::::::::::::::/::::::: /:::::::::::::::::::::::::/           え、あ、ちょっと・・・>
             /::::ヽ:::::〉:::::l:::::::::l /;;;;;;;;l. /:::::::::::/;;;;;i:::i::::::::::;;;;::::::::::::::>             まって! まって下さい!>
            <::::::::::ソi::::::::l:::::::::li;;;;;;;;;;;l/:::::::/,、;;,、;;: l!::l_/´::::::::::::::::ソ
           !:::::::ゝへ、;;;::::!::::::」--‐‐'''""゙゙`ヾゞMソ/::;;;;:::::::::::::::::l
           )::::::ゝ彳´:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヘノ /´ ̄::::::::::::::::::::l
          /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/ヘへ ̄::::  ̄:::::::::::::::::::::/                      アーッ>
          l:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/& acute;::::::::::::::::\::::::::::::::::::::::::::/
          l::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/& acute;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
            !::::::::::::::::::::::::;;;;、イ¨;;;;;; `i:::::、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/

KYTは日々己に課すもの。
あらゆる物事に備え、危険に備えることがその本質なのだから。

故に、キョンは考えることを止めない。






428名無しのやる夫だお:2009/11/23 (月) 21:56:23 ID:rQ0u505g
アッー!







429 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/23(月) 21:56:30 ID:ianZlbSY

--------------------------------------------------------------------------------------


キョンは、今日も万全だった――


--------------------------------------------------------------------------------------


                                                    第4話_小話 「キョンとKYT」 オワリ







430名無しのやる夫だお:2009/11/23 (月) 21:56:34 ID:eoJqmHHU
ルルーシュ!!!!







431名無しのやる夫だお:2009/11/23 (月) 21:57:05 ID:hPhpTovg
乙。
綺麗に締めるな(wwwwwwwww








432名無しのやる夫だお:2009/11/23 (月) 21:57:11 ID:KN0q/XIA
ルルの貞操がはじけ飛んだか







433名無しのやる夫だお:2009/11/23 (月) 21:57:22 ID:o36yg3e2
乙w イイハナシカナー?







434名無しのやる夫だお:2009/11/23 (月) 21:57:33 ID:ZONZo7Gs
乙www
ルルFA取るまでマジ頑張ってwwwwww








435名無しのやる夫だお:2009/11/23 (月) 21:57:33 ID:0/B4NlkE
ルルーシュにランナー2が付きました







436名無しのやる夫だお:2009/11/23 (月) 21:57:40 ID:8iJwONCI
糞野郎だキョンww
VIPの中で一番性格ひでえwww








437 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/23(月) 21:57:52 ID:ianZlbSY
投下は以上になります。

ご観覧アザーッシた!



あと、>>347様へのお礼に、できたらもう1本コ ネタを今晩投下したいと思います。
ヨロシクお願いします。







438名無しのやる夫だお:2009/11/23 (月) 21:58:28 ID:mxJ.Ay7g

馬鹿しかいねえとか前回まともっぽかった正捕手も
そのうち仮面の奇行士の本性を現すのか…







439名無しのやる夫だお:2009/11/23 (月) 21:58:50 ID:K1hfCdyI
乙でした。キョン達は立派なレギュラーなんだなー。やる夫が彼らをバックに投げるのはいつの日のことになるのだろうか







440名無しのやる夫だお:2009/11/23 (月) 21:58:50 ID:PU/75NSg
ルルの声で絹を裂くような悲鳴はちょっと違うだろw







441名無しのやる夫だお:2009/11/23 (月) 21:59:36 ID:ddvxetdg
乙でした
俺ルルーシュを応援することに決めたよ








443名無しのやる夫だお:2009/11/23 (月) 22:00:56 ID:eoJqmHHU
ルルーシュという尊い犠牲によってVIPスターズの
内野のレギュラーが判明しましたな







444名無しのやる夫だお:2009/11/23 (月) 22:01:20 ID:N8bPcxcY
乙!

これが生き馬の目を抜くプロの世界なんですね







445名無しのやる夫だお:2009/11/23 (月) 22:03:32 ID:KHa38Hzc
乙!
ありがとう!>>1
スッゲェ笑った!
>そこらへんの奴でいいんじゃないでしょうか!
のセリフが神過ぎてたまりません







446名無しのやる夫だお:2009/11/23 (月) 22:03:57 ID:lKTsFVwg
思ったんだが、ルルって完全に一軍でぼっちじゃね?

同期のやる夫と先輩月は先日の通りだし、
キョンにこんな目に合わされて・・・あ、阿部さんと古泉が構ってくれるか







447名無しのやる夫だお:2009/11/23 (月) 22:05:06 ID:.aU7.6Yc
乙でした
このキョンマジ外道すぐるwww







448名無しのやる夫だお:2009/11/23 (月) 22:06:17 ID:/DpWaLfA
乙でした
あーマジでモニターの前で大爆笑しちまったwww







449名無しのやる夫だお:2009/11/23 (月) 22:07:28 ID:c3w2f.1M
作者さん乙です。アザーッス!!

ルルもやる夫や蒼の子と同期で同じピッチャーなんだし、堅苦しさが砕けて仲良くなれるといいわな。
あと、赤木監督にキャットルーキーの水原監督みたいな悪魔の知恵者としての采配を期待したいわww







危険予知訓練第2版





関連記事
スポンサーサイト
[PR]

[PR]





カテゴリー「やる夫はプロ野球選手になるようです」内の最新記事

だ

    最悪だw
    [ 2009/11/26 12:08 ] [ 編集 ]
    キョン外道wwwwwww
    [ 2009/11/26 12:35 ] [ 編集 ]
           ヽ|/
         / ̄ ̄ ̄`ヽ、
        /         ヽ
       /  \,, ,,/    |
       | (●) (●)|||  |
       |  / ̄⌒ ̄ヽ U.|   ・・・・・・・・ゴクリ。
       |  | .l~ ̄~ヽ |   |
       |U ヽ  ̄~ ̄ ノ   |
       |    ̄ ̄ ̄    |

    [ 2009/11/26 12:56 ] [ 編集 ]
    相変わらず秀逸な楽天w
    [ 2009/11/26 14:45 ] [ 編集 ]
    捕手  ロビン
    一塁手 阿部 五番?
    二塁手 キョン 六番?
    三塁手 カズマ 四番
    遊撃手 古泉 七番?

    今んとこ出てきたのはこれくらいか
    [ 2009/11/26 15:02 ] [ 編集 ]
    冷静に考えるとキョン以上に問題は阿部さんと古泉なんだが、もうこの2人に関してはどうにもならんと皆思ってるんだろうなw
    [ 2009/11/26 15:30 ] [ 編集 ]
    ルルは彼女持ちだが、モゲロとは言わないよ……
    [ 2009/11/26 17:44 ] [ 編集 ]
    これが魔王ルルーシュ誕生の始まりである
    [ 2009/11/26 18:24 ] [ 編集 ]
    ※36513殿
    蛇足ながら、その表に一軍~一軍半の面子を少々追記してみます。

    三塁手 カズマ 四番 但し、2年ぶりの復帰

    投手 ベジータ  取り柄はやる夫並の頑健さ・・・だけ?
       新城直衛  絶対無敵のストッパー
       月(ライト)予備投手の一人

    捕手 L     予備捕手の一人

    後は監督のアカギ、コーチ?の銀など、濃い面子が鈴なり・・・ですね。(w

    話は変わるけど、考えてみりゃあ投手のルルを生贄にしてもキョンの現状(ポジション)には
    変化が無いんだよなぁ。つか、現時点で登場した一軍半~二軍の連中でキョンのポジションを
    肩代わり出来そうな奴は皆無という。まー、あの2人との腐れ縁はしばらく切れそうに無い罠。
    [ 2009/11/26 19:46 ] [ 編集 ]
    い~いオトコじゃないかあ~
    [ 2009/11/26 19:52 ] [ 編集 ]
    このスレの愛読者に堂場舜一の野球小説「8年」「いつか白球は海へ」がお勧め。
    淡々としながらも執念深い勝負を続けるキャラクターはかっこいい~。
    [ 2009/11/26 21:56 ] [ 編集 ]
    そーいや、外国人選手いるのか?

    チームカラー的に合わないと思うが
    感じとしちゃ、毎年ハズレ引いて(故障orゴタゴタで途中帰国)る気もする。
    [ 2009/11/26 22:47 ] [ 編集 ]
    現実でも執念深い選手はいただろう
    てことで『スローカーブをもう一球』に収録されている「江夏の21球」オススメ
    [ 2009/11/26 22:56 ] [ 編集 ]
    外野はまだ出てきてないってことはやらない夫は外野コンバート臭いな
    [ 2009/11/26 23:32 ] [ 編集 ]
    ※36549
    コーチ陣の中にパンタローネが居た事からして、アルレッキーノやハーレクインといった連中がいてもおかしくない気がします。
    ハーレクインなんてかなりイカれてますから、球団カラーに似合いそうなんですが。
    [ 2009/11/27 00:16 ] [ 編集 ]
    このキョンは元々こうなのか球団に入ってから変わったのか…多分球団に入ってからだろうな、なんたって阿部さんと古泉だし。
    [ 2009/11/27 00:31 ] [ 編集 ]
    何という外道……!w
    [ 2009/11/27 01:47 ] [ 編集 ]
    キョンとホモ二人は殺伐としたこの作品の清涼剤だなw
    [ 2009/11/27 02:52 ] [ 編集 ]
    アッー!
    [ 2009/11/27 09:01 ] [ 編集 ]
    “今更である” に大爆笑してしまった
    こういう小ネタもうまいなあ
    [ 2009/11/27 10:11 ] [ 編集 ]
    なんという悪魔的なキョンw
    努力の方向も恐ろしいw
    [ 2009/11/27 12:29 ] [ 編集 ]
    ルルーシュには美人の彼女がいるわけだが、その境遇はあまりうらやましくないな……。
    [ 2009/11/27 18:28 ] [ 編集 ]
    守備とバントが上手くてサブポジも平均以上か・・・。
    結果的に素晴らしいユーティリティープレイヤーになってるなw
    [ 2009/11/28 05:04 ] [ 編集 ]
    アルレッキーノが出る可能性は大いにあるな
    [ 2009/11/28 15:27 ] [ 編集 ]
    この性格はアレか、最近スキャンダルになってる某ワガママ女優の影響かなんかかw
    [ 2009/12/03 01:03 ] [ 編集 ]
    FA宣言する前にAFされたでござる
    [ 2009/12/18 16:31 ] [ 編集 ]
    キョンは別の道でも大成できそうな素質だなw
    [ 2010/01/19 16:29 ] [ 編集 ]
    こいつは今後二人をバックに投げることが出来るのか?
    いや逆に一段と奮い立つようになるのだろうか?
    [ 2010/02/25 12:25 ] [ 編集 ]
    このコメントは管理者の承認待ちです
    [ 2012/05/02 02:40 ] [ 編集 ]
    このコメントは管理者の承認待ちです
    [ 2013/06/21 17:28 ] [ 編集 ]
    コメントの投稿













    管理者にだけ表示を許可する
やる夫ブログについて
20101110:「やる夫はロス市警の警部のようです」を掲載させていただきます。本当にお待たせして申し訳ございません。これ以降も随時、更新の途絶えていた作品を掲載していきたいと考えております。ご迷惑をおかけして申し訳ありませんが、どうか長い目で見ていただければ幸いです。

20101030:「やる夫のサクラ大戦」にて、記事の掲載順序を誤りました。 作者様、および楽しみにしていた読者様にお詫び申し上げます。 申し訳ございませんでした。

20101004:「やる夫たちが夢の国で遊ぶようです」につきまして、こちらの不具合で記事が切れてしまっております。作者様、及び楽しみに読んでくださっている読者の皆様にご迷惑をおかけしてしまい、申し訳ありません。
一度下書きに戻させていただきます。よろしくご了承ください。
「やる夫で学ぶことわざ」の作者様より、やる夫ブログ用のスポンサー案内をいただきました!本当にありがとうございます!さっそく使わせていただきます!

20100811:皆様、大変ご無沙汰しておりました。ぼちぼち更新を再開できればと考えております。
「やる夫がDQⅢの勇者になるようです」についてですが、コメントを頂けるのは大変うれしいのですが、他作品のコメント欄での投稿はご遠慮願えれば幸いです。
恐縮ですが、ご協力よろしくお願いいたします。

20091222:年末なので順調に更新量が減っております。今日明日はお休み、再開一発目は「やらない夫の超兄貴」になる予定です。作者様、まとめが遅くなり申し訳ございません。

20091208:今週クソ忙しいので、かなり更新が減ります。ご了承ください。

20091116:更新の調子にもよりますが、週末をめどに、カテゴリを追加する予定。前回追加からだいぶ間隔開いたんで、かなり溜まってます。

やる夫ブログについて

姉妹ブログというか同一人物ブログ。
やる夫ブログ(裏)(18禁です)


 ネ タ 投 稿 お 待 ち 
 し て い ま す ! 
(↑結構心から待ってますw)

 ネタ投稿の他、転載お断りの記事、相互リンクのご希望等ございましたら、お手数ですが下のメールフォームよりお知らせください。なお、http:を付けるとエラーになってしまうようなので、ご投稿いただける際にはhttp:を抜いていただきますよう、よろしくお願いいたします。
相互リンクの反映に時間がかかってしまい申し訳ありません。気長にお待ちください。


嬉し泣き
美麗なタイトル画像を描いてくださっているのは、こちらの方々です。
本当にありがとうございます。


七市様
Shadow3_convert_20091008101141.jpg
ハルヒとやる夫、やらない夫の表情が最高のタイトル画像。冬にぴったりの美しい作品です。


1様
http://blog-imgs-15.fc2.com/y/a/r/yaruomatome/yaruoblog_title_convert_20091026144430.jpg
柔らかで暖かい雰囲気がたまらない作品。みゆきさんヤバすぎで管理人狂喜の舞を舞っておりますwww

1様のプロフィールはこちら


65様
securedownload_convert_20091008101321.jpg
同じく「やる夫がチェルノブイリに旅立つようです」より。元ネタの雰囲気をビンビンに伝えるダークな作品。


草葉様
Shadow3_convert_20091008101141.jpg 「やる夫がチェルノブイリに旅立つようです」をモチーフにしたタイトル画像です。物語の後、このタイトルを見て吹きました。

219c0c442.jpg

草葉式


味噌様
yaruoblog_convert_20090519194443_convert_20091008101235.jpg
やる夫ブログ初!物語とタイトル画像のコラボレーション!快く、最高に美しいタイトル画像を描いて下さった味噌様に感謝です!




トンボ様
minamike_convert_20090519194731_convert_20091008101216.jpg
夏にぴったりの逸品を、トンボ様よりいただきました!水着ハァハァ(´Д`;)


トンボのかんさつ日誌


ヒジキ様
nagato_convert_20091008101341.jpg
管理人のツボにはまりまくりの長門!大好きだ!結婚してくれー!



ヒジキ煮


aro様
yaruo_blog_fix_convert_20090210225801_convert_20091008101403.jpg
らきすた勢の見事な描写もさることながら、このやる夫にしてやられました。


Charged time-out


Yutaka様
RMm06_convert_20090127165950_convert_20091008101426.jpg
個人的に水銀燈が一番好きです。タイトルのセンスも◎。本当に有難うございます。





マブチョコ_m様

この魅力的なボディにくらくら!管理人はこの人の同人誌が大好きです!やる夫ブログの記念すべき初タイトル画像。全てはここから始まりました。



うにゃらら大飯店



イチオシ

やる夫がDQⅢの勇者になるようです

自らを成長させる姿に心震える
作品。普通の掛け合いなのに、
自然と笑みがこぼれる構成と
演出は見事の一言。
自分を好きになれる、極上の映
画を見た後のような読後感は、
自信を持って「最高だ!」と賞
賛できる作品です。





過去の「イチオシ」一覧を作りました。
管理人オススメ記事

管理人が抱きしめたいほど好きなやる夫作品

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。