FC2ブログ
2017 031234567891011121314151617181920212223242526272829302017 05
やる夫ブログヘッドライン



【お気に入りサイト新着記事】 【カテゴリー一覧】

    
   
【最新エントリ】



スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




カテゴリー「スポンサー広告」内の最新記事

だ

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | はてなブックマークに追加

やる夫はプロ野球選手になるようです 第5.5話 「東方不敗とやる夫」 

243 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/29(日) 22:36:28 ID:2c7y2lAw
-やる夫がプロ野球選手になるようです-

第5.5話 「東方不敗とやる夫」


注) ・この話はプロ野球を元にした、作者のプロ野球妄想ストーリーです。
   ・このスレのやる夫は捻くれています。やる夫の性格改変(?)にご容赦下さい。








244名無しのやる夫だお:2009/11/29 (日) 22:36:39 ID:1GN6h82A
っしゃキタコレ!







245名無しのやる夫だお:2009/11/29 (日) 22:37:01 ID:kKiYjIhI
きたーー







246名無しのやる夫だお:2009/11/29 (日) 22:37:19 ID:sS0pE3Wg
待ってたよん







247 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/29(日) 22:37:19 ID:2c7y2lAw

【3月末 第三練習場】

          ,. ‐==:┬┬ .、
          ,イミ∠⌒ヽ_⊥∠}
        /三V >、 、,  j.
        r=三〈  `ー゚` l L..=〉
       ,仆、j川    ._| 「゚-j
       ,tノ`i | |l  仁二`-' 、/             「・・・」
   _   tノ リ| | |    ー- `"ハ
ー-< `ー- 、 ,/レ'^_:、j    } /l_j.
ヽ、.:\: : :  ̄`ー二_ `rー-r┘
‐- 、.:..:.:.:.:.:ー-.:.:.:.  ` ┴-、|7
 r‐―‐ 、.::.:.:.:ヽ       `ー¬
/   r一爿.:.:.:.  \ ー‐- .__」_
ヽ/ r―┴ 、.:.:.:... `ー        \ _
.(_,>人__,.―^ー-、__,..  _.. > 、___,.... - ヽ


その日、第三練習場コーチ・東方不敗は憮然とした表情でグラウンドを見渡していた。







248 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/29(日) 22:37:44 ID:2c7y2lAw

グラウンドでは練習生達が、だらだらと練習する姿があった。

       ネミ~                              オ イマミラレテナイゾ!
  ∧_∧  ∧_∧    ∧_∧                  ∧_∧
  ( ´∀`) ( ´Д⊂ヽ ~(‐∀‐*∩  〃 ⌒ 、フ ∠, ⌒ ヽ   (;´Д`)
  (    )⊂    ノ ~⊂     ノ , ( 〇  つ と   ○ ) ⊂   ⊂ )
.  / / /   人  Y   ~ ノ ノ〉 〉   ノ  ノ  ノ   ( ( (   〉 〉\\
 (_)_)  ,し (_)     (__) (_) (_(__)   (__)_) (_) (_)
                  ファ~ア・・・


地獄のシゴキを、少しでも楽にこなそうという姿勢が、ありありと見える。
            






;:;:;:;:;:;:;: ;  |V:;:;:;::::::::::::::::''   ..:::::::::::::::::::::. |
;:;:!i:;:;:;: '  l:::::;:;:''::::::::::::'....::::::::::::::::::/´::::::::::::.  |             ┌────────┐
;:;:!i:;::;:;  i |:,:;:;'':::::::::::::::::::''iiilll|l|ll|llll|liiii,,:::::::::. |.             │馬鹿どもが―  .....│
;:;: ;:;:;:;:  /i!::;:;:::::::::::::::::,,iiiiiiiillll|ll||ll||ll||l|lllllii-- '´            └────────┘
;:;:;:;:;:;:;! /::::::::::::::::::::::::i:::::::::::::::::::::::: l゙゙゙゙゙゙゛゛
..:;:;:;:;:;:i /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::''/
ヽ:;:;:;:;:!/i,,、:::::::::::::::::::::::::::::::::::.' |
:::::ヽ;:/i||iiiii,,::::::::::::::::::::::::::::::::::. |

東方不敗は心の内で吐き捨てた。







249 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/29(日) 22:38:03 ID:2c7y2lAw

辛いのは解る、苦しいのも解る。
でも、それが自分のためだと何故解らないのだろうか?

             ヽヽ|   |         、-‐ >   )
             人|   ヽ   、-二'-‐‐‐‐‐-、、   /
             ( |   ヽ .|  | |,,,,、、、、、、、、,,,,,,.ヽヽ/|
            (ヽ |    | | |.    、,,,,,、、、、,,,,、"''./ .|.|
            (ヽ <| |  || ヽヽ       、   /  ||
           (ヽ )|| |  ||             )  .( | ||
           (ヽ ) | 丶| \        /   .)/||
          (ヽ ) .|   \  \____  .ノ |
          (ヽ ) .|______      ̄| ヽ|
         (ヽ )┌''"        | ̄ ゛"''‐-.|、、
         (ヽ ) /          .|      | |

普通に生きて、普通に死ぬのなら、まだいいかもしれない。

苦しみを避け、楽に生きていくのも、それもまたその人の選択で、人生だ。
それを否定するつもりは毛頭無い。


でも―



  |\∧_∧   ∧_∧          ∧_∧     ∧_∧    ∧_∧
  | (\´∀`)  (   ;,,)  ∧_∧   (,,*´∀`)   (´∀` )   ( ´∀`)
  | (,つ\ )  (  ○ ) ( ´∀`)  と    つ  と    丿つ (⊃⌒) つ ))
 J | | |    |.  |  |  (つ  つ   |  つ))    人 γヽ    (_イ |_)
    (__)_)   (__)___) と___)_)  (__)_) 〃,(__人__ノ ))   ー

彼らはプロなのだ。







251 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/29(日) 22:38:40 ID:2c7y2lAw


                      
               ┌──────────────────┐
               │困難を超え、栄光を掴みたい。        │
               │自分達でそう選択したのではないか―  ....│
               └──────────────────┘







252 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/29(日) 22:39:02 ID:2c7y2lAw

練習生の明るい声が、グラウンドで弾んでいた。


       ,tノ`i | |l  仁二`-' 、/ 
   _   tノ リ| | |    ー- `"ハ
ー-< `ー- 、 ,/レ'^_:、j    } /l_j.            「・・・」
ヽ、.:\: : :  ̄`ー二_ `rー-r┘
‐- 、.:..:.:.:.:.:ー-.:.:.:.  ` ┴-、|7
 r‐―‐ 、.::.:.:.:ヽ       `ー¬
/   r一爿.:.:.:.  \ ー‐- .__」_
ヽ/ r―┴ 、.:.:.:... `ー        \ _
.(_,>人__,.―^ー-、__,..  _.. > 、___,.... - ヽ

東方不敗の目は、既にグラウンドを見ていない。







遠い昔を見ていた。
                    |〉 | ! 〈  `¨  / ,' :/:l:::::|' /'´V::}
                    |:.:V、_,ノ´`ヽ、_ ,'  !:/.: !:イ|1   {::;ハ
                    |:|:ヘ ̄¨¨''ー 、', l ,'|1:|: l:||ノ|   ソ:/
                    VV 〉 ̄¨''ー'' `,' / Vl: リ' |   ソ:}   「・・・」
                      i  |   ,ノ _, ィ | V_,.ノ|  {, イ
.        _____           `ゝr_、___/_,.‐ ¨´  ヽ、 {::ハ
     ,.ィ¨ ̄.::.::.::.::. ̄¨'' -、_,.---――} |:::::::r'´ ̄     __/  ̄ ̄ ̄
    /.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::. ̄.::.::.::.::.::.::.::._人|:::::::}  ___,.-‐'¨.::.::.::.::.::.::.::.::.:/
.   /::.::.::.::.:|.::.::.::.::.::.::.::.::.______} ̄¨¨{ ̄- ‐'´.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::./.::.
   i ::.::.::.::.::|.::.::.::.::.::.::. /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: /.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::./.::.::.::.

本物のプロになれた男達。
そういう奴らを見ていた時のことを―






254 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/29(日) 22:39:54 ID:2c7y2lAw
---------------------------------------------------------------------------------------------
                λ,
            ヾ-、 .|::::ヽ   ノ    i
           ヽ i::::ヽ|::::::::ヽ-'":::|_ _/{    ノ
           i_}V:::::::::|::::::/::::::::::::::::V:::::::i _,,-'"/
           |;::::|:::::::::ヽ:/::::::::::::::::::::|::::::::|":::::∠/
           ノ:::::::::::::::::Λ:::::::::::::::::/:::::::::i::::/::::/ __
           〈::::::::::::,,-/::/vW-v,Λ::::::/::/:::/=''"
           ヽ:::::i. /:/ :::::::::::: |::|"i::::/::://
           〈ヽ:i--|x   ̄ヾ |/__ゝ:::::/::,-"
            i-| 、'~'iッ、 ,-=二,=,  〉/::/-''"
            ! .|  i ̄''_,  `-,-"` /'^i:/                   「こうか?」
            ヽi   ヽ   ノ  /6/"
              ヽ `i-、,,___ ,   ///
     __,,--,,___     i、 `=-'~,, イVv
  ,-'"/     ."''--ノ ̄| ''ー--'":::i"-、___,,-----、
 ./:::::/ ,'"⌒ヽ   /  |ー―-----〉 {___/-、ヽ
../::::::::ヽ 、∬_ノ /◎  i-------/  i    ./   ヽ i
.|:::::::::::::|    ∠   ◎|::::::::::::::::/◎  ヽ--- |   ノ i

カズマは疑問系でスイングをする。
出鱈目なスイングだった。

.~"'''''' '"................................................;'  ,.-'"
................................................................'.:::'."     ,::'  ,.:'
.................................................   ,:: ''''''''''''''' ::.;'.....'::::'::'          ;:'
............................................'   /   .__   ''''''''''''''::;;;,,       ,;;,
..........................................;'_,,./  .,ィ''''"ー'- 、       '''::;;;,,;;,,,,..::''""""''''::;;
.::' ..........: '",''--,、......:'  llヽ / ,.、 l!  l .lヽ
 /.....:'   / l '::'  l l l/}ミ 、 ヽ、__,,.-iノo、             / ̄
./;.....'  /    ;   l llヾl '~ 。、,__/ `9o     _,,. -―ー/ア'
 ...' ,/         l ll l lィー、' l_ ゚'/l -ー'''ー-y'''"      l          「違う!脇が空いている!」
、: ̄           l ll lリヾニフテ'、 l     /        l
ヽ            / l llヽ `ーi'ノl ヽ! ヽ  /           __
 \         ,/ /;'/二o ̄l      ヽ  /     _,. ー'
   `丶 、_,,... -''"/  // l ̄P        ヽ,./―--ー''"
        `ー/  /  l l   _     l   8
        / //ヽ  / / ―  ―  ―'/    8
      /  ///  ―〉 〉  ̄       l      9o
    /   / /   ― l l         l        ∞∞∞ .リ
  /   /l        l l         l             9ゝ
 ̄__/   l       l l        /

これで教えなおすのは何度目だろうか。
東方不敗は苛立ちを隠せない。

---------------------------------------------------------------------------------------------







255 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/29(日) 22:40:22 ID:2c7y2lAw
---------------------------------------------------------------------------------------------
           / "'''- .._
         / .. ::::::::::........~"Y"'''- .._
       , -'"..;::::::::::::::::::::::::: |\,、::::.....  `ヽ
      / ....::::::::::::::::::::::::::::::::|゛゛ |::::::::::::::::.. `,
     | ;::::::::::::::::::::::::::::::::::::|  ` 、 _::::::::::::: |
     | ::::::::::::::::::::::::l1 , -'" _,..‐‐、l |::::: |
     |   :: ::::::: -_|_`_    ′___.  lノ,、. |                   「いや~むっずいねぇ。
     / :::::::::::::::: l´   __`   ´  ` | .l、'"                    こりゃなかなか覚えられ無そうだわ」
_,..-'''"j :::::::::::::::: ,、ヽ '" ` ,      .|_/、ゝ
    ヽヽへ :::::::::l  `、    _,..-'''l  /ヽ
    _,..-'''` 、/l"'- 、`、  `、__,.. /ゝ`
 , -'"      .jノlノl/l"'''-..._ ./ |  ,‐、
/  ______  /"'-|  `´  | | ̄| `l、
 ̄  | , ‐‐‐、  `‐´  ヽ|    |..| 丿  ヽ``‐、__

カズマはヘラっと笑うと、後ろ手で頭を掻く。

御手上げ。
そういう態度に感じた。

          , ‐'´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
          〈ゝ、゛、〈 /  /-______ヽ
          у゛ ̄`´ ̄ ̄`\ー-- ト┐
          /    、 ,-‐ー >=-- |_.|~ト、
          〈´>-。|_〈ノ  ゚̄ヽ \ーr-'、`'l_.ト、
   λ       〉 ヽ-// `ー‐′ ノ |-, l  l._ト,                「戯けがっ!」
   N ゝ,     .λ __〈__、__.-‐‐、 〃|  |_./   l_ノ  
  .l   ヽ、   / |└┬====T゛゛l |  レ′  [、7  
   \゛  .〉7 ル' |  L______.l   |  l|   〈_7  
    ` 、[ル'   レ| | `‐┬‐‐´  イノ|  |   〈_7   
      l._|   レ'^ヽ,______,/   レ|/  ,〈ン   
       レ'┐    _|_    ̄ ̄`Tl'┴rヒコ┘
   , ー‐--'‐┴‐‐<  `'ー-、   __| |_ |┴---、

東方不敗はその顔に激昂した。
その軟弱な根性を、叩きなおしてやろうと画策する。
---------------------------------------------------------------------------------------------






257 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/29(日) 22:41:13 ID:2c7y2lAw
---------------------------------------------------------------------------------------------

そう言ったのは昼間、そのまま時間は深夜に遷る。






┌───────────────────────────┐
│先に白旗を上げたのは、あろうことか東方不敗自身だった。  ....│
└───────────────────────────┘


       ,. -ー_ゝ-、
    , _''"= .ノ 、`ゞ、`
   / ,=ィi'" _ゝ ィ。7;'ヾl
  ./ 彡'"l l ,.ィi ; \ー !、
  l  / l l ,ィ ゚ノ ヽ  ,ノ;;ァヽ
  !/ / `ヘ,  ~ / /7;/'ノ ヽ'                            「いつまで続ける気だ・・・?」
 / / r=、 ト- 、  .{/"/、/ヾ
./   l ヽ_-ゝ、`ー-yべ  ヾ_,,.--、
' /   l  丁ヽ,/   ゝ''" ヽ -  `ー-=ヽ__
/l   ll  ll l/\,. -ニ~ー ̄ ̄~`丶 、    ヽ `ヽ、\ヽ
 l   l  ll l .// ,      __ヽ  ー `ヽ、\l、ヽ
 ll   l   lγヽ' /          ̄=-、_    \ヽ
    l  ll l             ニニ  =ー、    \ヽ
 l   l l  ll {                     `ー-、_ .\\
 !l  l   {                           ヽヽ \


        ,..-''゙:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`'''- ,,,
      ./::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`' -、
     ./ ::::::::::::::::::::::::::::::::./ ''^"ゝ:::::::::::::::::::::::::::ヽ
    ./:::::::::::::::::::::::::::::::::_ノ    |:::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
    l::::::::::::::,,::./|゙,i、/゛  _,, -‐ヽ,::::::::::::::::::::::::::::::::::.l
    .l,、:::::::::/.l|´.l!.ゞ  ‐゛ ._,,..,,、.ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::.!
     ゙ |j'、:.::::!.-¬、       '゛  `'、,|i{:i、::::::::::::::::::::::::::|
     ! .!!゙/  ,i            !! .!,,::::::::::::::::::::::,!              「決まってんだろう?」
       !   "                "l::::::::::::::::::::::.!
       .|   .i;;;;ニニ;;;; ..、           !.,ilしjl!、::::::/
       ヽ  l ..―-ミ./         !冫 `、/::::/
        l,  .|′  /         ー .シ":./
         ゙l,  `^゙´        /´厂::::,r!'"
            l、         -‐"  l:,ノ゙ゞ
          `'―vー…           |~'''、
             ,..-'''!            ,/:::::::ヽ
       ._..-'"゛:::::::,,!       /:::::::::::::::::: l,,,,,,,,,,,,,,_,
.. -―''フ'":::::::::::::,/       ,/::::::::::::::::::::::::/:_,,.... |v..,,_´゛

昼間と少しも変わらぬバカ面で、カズマが言う。
---------------------------------------------------------------------------------------------







258 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/29(日) 22:42:25 ID:2c7y2lAw
---------------------------------------------------------------------------------------------
ただ、目だけがギラリと輝く―

ヽ、:::::\l::ヽ、 /:::::::::::ヽ|ヽ/::::::|
ヽ|::::::::::::::::::::::\L:::::::::::::::::::::::::::::::|  /|
:::::::::::::::::::::::::::::::::/::::/\::::::::::::::::::::| /::::l     /i
:::::__:::::::::::::::::::::/::::::::::\:::::::::::::ヽ|::::::l   /::::|
::::\   ̄ヽ::::::::/::::::::::::::::::::>::::::::::::::::::ヽ、  /::::::|
::::::::/,'::::::::::::::::::::/:::::::::::::::: //|:::::::::::::::::::::ヽ/:::::::/
::::::::::::::::::iヽ、:::::l:::::::::::/i::::|i |:::::::::::::\:::::::::::::::::::|
::::::::::::::::::| ,、\::|::::::/,、, l|::::|l`::::::::::::::::::|::::::::::::::::ヽ、
:::::::::::::<´|/ \\/ 川ヾ, ,、::::::::::::::::::::/::::/\::::/
:::::::::∠ `  /`ヘヽ、゙  ´i/|::::::::::::::://:::::::::::::\
:::::::/    /::::/ ヾ |;:;: ;:;:;::|/i::::::::∠―- 、__:::::::::::\
::::ヾ    ==-、ヽ、i | ゙'ヽ、;:;:;ヾ-ヽ、,、-i:::::::::::\::::::::::::/
/    / ,ヾ、 `い,ゞ、、 ヾ ゙:;:;;゙' ,;:;:;:::|:::::::::::::::|`ー、'                「できるまで、だ」
     // .,,.` ー-ヽヾ.、 :l ゙:; ,,::;:____|::::::::::::::∧:::::|
     // ";::゙"' ,;:;:; `゙"/_∠_,//i/::::/\/ |:::::|
    |/     ;:"'    i<_ ゙゙' ブ _j--' /_   |:::::|
    ||          ヽ、 ̄ /:,-、::::::::/  |:::::|
    ||ヽ、          〉 /::_:フ `-´   ノ:::ノ
    || i\       - / /(´_/     / /
     | ヽ、 `ヽ、__   ヽ' /:::::::/    / /     
     ヽ ,.,., ` 、__二T´  /'\/___//
      "゙;;::;::;;:;:.    /     ̄ ̄ ´
\     ;:''"'""'"  /  '/彡
  \        /     三'
  /\      /      =三
/   `ーーー'  ,,    ミ二==
            "川 l|ミ\ヽ\




┌────────────┐
│馬鹿を相手にしている。   │
│そう慄いた―          │
└────────────┘

---------------------------------------------------------------------------------------------







260 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/29(日) 22:42:54 ID:2c7y2lAw
[10]
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

グラウンドを走り回る一人の練習生が見えた。
普通なら問題はない。しかし、その練習生には別の練習を命じたはずだった―


東方不敗の怒声が響く。
グラウンド中の人間が竦み上がるような怒声だった。

                       _, -―- 、
                    , イ/, -―、  \
                   /r-‐ '´   _く‐-=、ヘ
                     j/ 、 ! _,∠ , \  ヽ|
                   〈ーァ。! | ` °′ / 〈⌒l
                   l  l_」 _」__  〃  lう ハ           「クーガー!走りこみは野球の基礎と言うが、
                   ∧ / -- 、} lイ   lイ ハ           モノには限度がある!
                   l/ハ '´-― '   レVリ l/ レ-―-、 __
                    |ハ  }     //  l/    _/    \ オマエの課題である打撃をもっとだな・・・」
                      L〈__ ∠ -―≠   /    /
                      r 7  レ-‐ ′   /    /
       r=、__               _|_」./   /  /     / ̄\
  /⌒ヽ.」_ 廴_)        厂 ̄      _/    / ̄ ̄\  \
 _ハ    \l  l`ヽ   / ̄ ー――=ニ    /   / ̄ ̄\   ヽー'
|       l  l   〉ー┘       _ -‐ ′_   l/´ ̄\  \__ノ
」         /  }/⌒ ー―――ァ= --――――=ニ  ̄ >、   )ー ' \



その中で、怒鳴られた張本人は、悪びれもしない。
ふざけた様子で言ってのける。

                 y、-'"゙"゙-、 l'゙、
               ,r":::::::::::::::::::::`'::::':vi
               lV::::::::":::::::::::::::::::゙,::::〉/
             ゙i゙、゙、:::r‐‐-------、//:l
              j ヽv"  /~'i    l/:::l"
              ゙!:::/,.-‐‐//゙''‐--、_j::::::l  
              ゙ri:{ ",ニ/、 -''ニ、'' },、/ 
              ,i、':゙,  /  i ´ ` l)l               「だから打撃練習をしてるんじゃないですかぁ」
   ,.,r、   r、      {(ヽv /、 、l,  _, l_/)、       ,.,
   ゙、ヽヽ, ゙i ゙i     l `ヽ!,/ .i`゙''''' i" ///      r"/  ,.-、,..,
    ゙、ヽ '、 ゙i ゙i-‐'''フ"~ヽ   ヽ,゙、;;;;;;/ ,.'" / `ヽ-、.,_/ / /,r"/
 r-、 ヽ, ゙、'、_i ゙l ,-"   `  ゙、ヽ.,_,.r'i      ゙、:::/ / / ,/ /
 `ヽヽ、_l    ヽ, ,.-''")    ゙i...,,___j   (~ヽ  ゙/ ゙‐",." /ヽ   <そうカリカリするのはよくないですよ~
    lヽ,      V ,r'"     ゙'、,.ノ     ゙、 ヽ/     (,.、-''"´)  南方不敗さ~ん
    {;;;;゙、 ヽ、    i"‐、     //   __,,,..}     _,.   ,.r‐i"´
   j;;;;;;}   ヽ   j::::/ ̄``゙゙`>'  {  <:::::::::゙i   r"   /:::::/
   /;;/i{     ,-"/    /   ゙、   ヽ,::::::ヽ、     /`)/
 /;丿 `ヽ、  / /    /    __,,.>    \:::/゙、   ,j,r"l`i
/ /    ..:゙'‐''"ア. ○ /  ,,.、-="--、,,、-‐''''‐-;}`''‐--‐"  ゙i::゙i

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~







261 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/29(日) 22:43:35 ID:2c7y2lAw
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

東方不敗の怒鳴り声は、更に跳ね上がる。


          , ‐'´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
          〈ゝ、゛、〈 /  /-______ヽ
          у゛ ̄`´ ̄ ̄`\ー-- ト┐
          /    、 ,-‐ー >=-- |_.|~ト、
          〈´>-。|_〈ノ  ゚̄ヽ \ーr-'、`'l_.ト、
   λ       〉 ヽ-// `ー‐′ ノ |-, l  l._ト,
   N ゝ,     .λ __〈__、__.-‐‐、 〃|  |_./   l_ノ       「走りこみの、どこが打撃練習だというのだ!」
  .l   ヽ、   / |└┬====T゛゛l |  レ′  [、7  
   \゛  .〉7 ル' |  L______.l   |  l|   〈_7  
    ` 、[ル'   レ| | `‐┬‐‐´  イノ|  |   〈_7  
      l._|   レ'^ヽ,______,/   レ|/  ,〈ン     
       レ'┐    _|_    ̄ ̄`Tl'┴rヒコ┘
   , ー‐--'‐┴‐‐<  `'ー-、   __| |_ |┴---、


クーガーの胸元を掴み上げる。
それでもクーガーは、ニヤケ顔を崩すことは無い。


            _,. -‐'´:::::::::::::::::::::::ヽ、
        ヽ、/l'__,..‐‐-v<ニ二ニニ、'~`ー-ァ
      _,. -‐‐`ー'_,..‐ニニヽ、`、::::::::::::`ー、<_
     /_,..‐:r-v' V/ ___ ヽヽヽ:::::::::::::::::::`‐:/
  r-_',‐'´‐、/|/_,.r' ´ィ_''o/  〉::`;ィメ^l:::::::::::::::>.       
  ヘ ヽ ヽ }ヽ>,.r'        .l/〉/ i) /|:::::::::::(                (全く五月蝿い爺さんだ).
   Y .} ,ィi _l/ノヽ   _,.-‐r'ヽ '´ r' <,v‐、,r'ヽ       
   `'lフ ,lフ`/ \‐,='-‐'´   __,.⊥‐'´ ̄ ̄l
    ノ ___ノ   ヽ"~ ̄ ,.-‐'´        |
 ヽ ' /       〉   |           |
  `'='|      `'ー-<´|        _,.‐'´`‐、
   _/    __〈 ̄"~lヽ|    _,..‐'´;;;;;;;;;;;;;;;;;;
 _/  _,..‐'´;;;;;;;;;>`\_/|   /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;

クーガーは肩をすくめる代わりに、サングラスをちょいと動かすと―

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~







262 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/29(日) 22:44:08 ID:2c7y2lAw
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ノjノ                        ,,..-'" //
'                  _ ,,,,,,;;;r-'"゙´  ///
ー--、           ,,,,,,;ミ;'"´ ̄ ;;;/    / / /
)   `゛ヽ、   ,,,,,r;;:r"//ノ"´   ;::,,  / / ミ|
ヾ、   、|l川-;//""''' ´"´     <;,r- '´ / 彡/
  {-|l`ヽ∧川!       ,,,r=''''T""   /    /
  ヽ|,, / ヾ;;  ,r=''""ニ`゛ll|  |___/ _.、  /
   | { ;;;;/`"''´   //三ソ    /  /(' `}  }
-、__/ | ;;/ヾ川,.,..,.,.,=イ'  /ヽ、ミ= /ヾ / へ |  〉
___ 〉 l ;;/_|l l./l,   _,..-'´/ ̄ // |l | 、) }  /
,__` ト | /;;;;;;;;ヾ ''7ニr‐-r。fー'f´ ,// j  }  /  { 
 `lヾ|i/ニ===-====`ニニニ´-rjl'彡/ /`´   |
  | |.;|:::..:.:::::::l^l:::::::::::::.::::.:::.:.:.:/  // | |;;;;ヽ } 
  l、|l'| |'ー、_| lヽ::::::::_,,,.-―‐'  /  l l /|;;;;;;;〉`゛‐、
ヽ / | | |、  j ミ ,li ̄´  -,r、    /   {;;;/:::ミ: ::::|l
  ) } | 〈 ヽヽノノ___/l   //    | .:ミ: :::::::::ヽ、
/  | l / ::: ヽ `゙ー‐---''´   /;;;;/      } ::ミ:::::::::::::::::`\
   `|{ ::::: ヽ ゙===='  /;;;;;/    /::ト::::::::::::::::::::::::::::
   y-'ヾ、::::  ヽ  );;, /´;;;;;;/    / ::ミ:::::::::::::::::::::::::::::
  ノ....::::::::ヽ、::::::`l___/;;;;;;;;;/ ノ // ::ミ:::::::::::::::::.:.:.:::::::::
,-r'.:::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ `゙"'ー――'´ / :;;ヽ::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:::::::::
_ノ|::.:.:.:.:.:::::::::::::::::::::::::::::|`゙"'―-----イ'''  ミ::::: :::::::::::: ::::::

┌──────────────────┐
│一転真剣な表情に変わり語り始める。  ....│
└──────────────────┘

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~







263 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/29(日) 22:44:36 ID:2c7y2lAw
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
自分の掌をそっと見やり、クーガーが言った―


      、\:::::::::::::::\\:::::::\
      `ミヘ、ヽ::::::::::\\:::::::\
      ィく、:`ヽ、:、:::ミヽ\\:゙、::\
        フ、::::::::r‐、_;;:r-‐‐┴-、',:`l!
-‐‐‐‐- 、/  ゙、_.r|{´/:,:'/``ヽ、   \j
\     |    ゙、 .〉 '|::/ ヽr‐、\/´ヽ
::::::\   l     ヾ '´    `゚、'_ノ"ヽ::゙:、
 ̄``ヽ.        〉.  r‐、__、 |   ゙,::| 
    ヽ    ,.イ‐|   `ァ l``'     l::! 
    /    /、ノ ヽ.__/  |.ヽ、    l:| 
.  /   ヽ. |‐'゙_____  /l::::|      リ   r‐、_ :
/       l | ´!     ,`´ノ::/       : rr‐-、`、             「・・・自分にバッティングセンスが無いのは、
ヽ、      ,' ! ゙、   / //         _ `'r‐、ヽ|              もうわかってるんですよ」
  `''ー‐--/ |__'、 /  |〈       r'´ノ、__ノ ) ゙, :
      /  | O`〉/  |:::|       : l ´  rヽ  /
     〈    | //    ゙l:|         |  /   |
      \ |'´/   |  l|       ヽ、(   /
       // ´|    ヽ |       /´{ `ヾ. /
‐-、  O/::/  |     ヽ|、     /  ゙、  /、
   _O /::/    |      `、   /    \/ ゙、
''"´   〈::〈   |      /-‐'´       ` _,〉
   O |::|   |    /           /´


この練習場に来て暫く経った人間が持つ、弱気。
そう考えた。


            に二二二丶、{ー'",ヽ、_        ̄`"ー<ファ-,、_/〃 / /  `ヽ     / l   {
            {,..----―-、ヽ `ー'---、\            ̄~"7/\/ /,,.. -、 - ヽ  /// ,. r┴- /
            `ー--rー-、 ` _   ヽ   ヽ.             {、、i '',二   ゝ ,、| - く (/ / , フー'
               `丶、 `ヽ  ----、  }、            l r。、! l,,-。< ネ;くリ    (ノ//\ ̄
                 {ミ}`丶、    ヽ |`\           ,! ~l l、ヾ ´ , | ヾ    ゞー'"   \/
                  {ミ}   `ヽ     ヽ;;;l\        ,r-'/ l (ヽ-へ、ヽ ノ ト lゝ     |   /
                  「~\   |ヽ     ヽ| ヽ   _rー= ヽl ! 二 ̄ノ/ リノリ     l| /
                  l  ヾヽ |`     |   ト、/_     ̄`ー'ー'"┴┼――┐   l/   「泣き言か!?」
                  ヽト、 \  |     |   | \、  ̄ヽ    \     ̄~|  」   ヽ
                    \ヽ}  |     |     |   |l ヽ   \        6==9  ヽ
                        |    /    /  | ヽ 、  \        6==9  }

東方不敗はそれを許す気は無い。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~







264名無しのやる夫だお:2009/11/29 (日) 22:44:49 ID:ktPKIcDc
あいかわらずおもしろすぎるな







265名無しのやる夫だお:2009/11/29 (日) 22:44:46 ID:9srxx2.Q
またクセ者が増えやがった・・・







266名無しのやる夫だお:2009/11/29 (日) 22:45:03 ID:splyZmfw
クーガーwwwwwwww
1番センターだな







267 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/29(日) 22:45:04 ID:2c7y2lAw
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

_,.:::::::::.::.:::\   ::ノ "\::::::::::::::`゙''ー   ::: ,、 ゝ
 \.:::::::::.::ヾ`ヽ-'゙    \:::::::::::::::::::::`、-‐''":::::〉、___
ヽ、. |゙、 /''`',ノ       \:::::::::::::::/ヽ:::::::::ノ::::/
ミ`ァ | ゙く   ____,,.      \::::/  ::ヾイ:"レi
,l r| |:,:'/ニ==ヽ``'ー--、ヽ、.,_    ´`‐'´ヽ :::レ ゙/
 ソ||:、:|   `l´ ̄``'''‐ト、.,_ヽ  j /  \:::`ゞ、ソ
__人::::|    |、       ゙''┬_-、_,,,,__ ノ‐'´ヽi
‐' ムヾ     \      ノ |   /   ノ リ    「違います」
7/ ヽi       `ー、.,,__/   | ,.、イ゙    |::::|
l .l                  | /     l:::::!
ヽl             l    | ´      !:::l
.  ゙、     ゙ヽ、     `ヽ、,___|        !:!
   ヽ      `''ー、..._.,./         .l|
.     ヽ、        /           |
      \      /
        ヽ、  _,,ノ


┌───────────────────────┐
│東方不敗の追求を、クーガーは力強く否定する。     .│
└───────────────────────┘

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~







268名無しのやる夫だお:2009/11/29 (日) 22:45:16 ID:1GN6h82A
間違いない、これは盗塁王www
見れば分かるwww








269名無しのやる夫だお:2009/11/29 (日) 22:45:25 ID:5Eur5h4Y
これはリードオフマンの予感







270 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/29(日) 22:45:53 ID:2c7y2lAw

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

             |  | ヽ                 /  |   |
             |  |  \\\ ヘ|    /// /  |   |
             |  | ヾZ"""''''/  )www----''''"""Z〃 |   |
             |  |ヾ Z:::::|::/  /    ::::::::::::|   Z〃|   |
             ヽ\\ Z;;;;;;;|/  /::::|:::::::::::::|::::::|::::|;;;;;;Z // /     「ボテボテのゴロしか打てないのなら、
             /\>ミ"''/   /__::::|;;;;;;;;;;;|:::::|_-''"彡</ヽ       そのゴロをヒットにしてしまえばいい。
             ヽヽ|ヽ ─|  /─=,,,,_,,,,=──'' " /|///
             ヽ|d| \ |  / | || |     | |   / |6|/       私の言っていることは、
              ヽヽ | ヽ| / .| || |┌┐  | | / | / /        間違っていますかねぇ?」
                ヽり  | / "''-,,_./| |ヽ_,,-''"  //|ノ   
                |ヽ | |..:::::::/  | |  \:::::: ノ | 
               / | | |::::    / .| | ヽ   :::::: | \
  .――――''"" ̄ ̄ ̄||  .|ヽ| |::    \|_|/   ::  /|  || ̄ ̄ ̄""''――――
              | |   | リ   "''――――''"  / |  | |
              | ヽ  |  |ヽ   "''ーーー''"  /  | / .|
              |   ̄\   ヽ   /⌒\  /  / ̄  .|
              |     \  ヽ  ;;;;;;;;;;  / /     .|
              |      |   "''―――''"  |      |
              ヽ      |           |      /
               ヽ     |          |     / 

野太く、微笑む。


                               (   < ‐-、         |   |,r',r'
                                ゙i   、、-‐‐‐‐‐-'二-、   ,r'   |人             
                                |゙i,r',r'.,,,,,,、、、、、、、、,,,,| |  |. ,r'   | )   「―!」       
                               |.|. ゙i.''゛、,,,,、、、、,,,,,、    .| | |    | ,r')            
                                ||  ゙i   、       ,r',r' ||  | |> ,r')            
                                || | ).  (             ||  | ||( ,r')           
                                ||゙i(.   ゙i        / |, '  | ( ,r')           
                                  | !、.  ____/  /   |. ( ,r')          
                                  |,r' | ̄     ______|. ( ,r')          
                                   、、|.-‐''゛"  ̄|        ゛''┐( ,r')         
                                   | |      |.          ゙i ( ,r')         


クーガーの見せる一瞬の本気に、震える。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~







271 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/29(日) 22:46:42 ID:2c7y2lAw

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

      ,r''゙:::::::::::::::::::::::_r'´__,,.-‐:::/
    ノ´゙::::::::::::::.r'‐‐'' !,,ィ'´:::::::::::/
     ヽ,.:::;;;; ∠;: r==ヒ、:r- 、::/::r
     /;イ_、  .::/´__   |::トヒj:::〈~
     |::! `ヽ=ミ‐ rニ゚;.'´  !ヘ_リ^ヽ ___
.     !|   }~'i     、  .!Y-‐´ イ
     !!   ヽト- __.ノ_! イ'´/  i
          ヽ,~ ̄ ´/ r''´    .!      「課題の打撃練習をしているだけですよ。
          r'::!__,.イ:::: |  .:::: _!       自慢の足を使った、打撃練習を、ね―」
   ,-、  __,.--‐''_,イ ヽ .! ,.__,//
  ノ_,..ゝ'"::::::.∠;-ゝ__  y‐!∠ ,._/___
  ヽ,___i''!ヽ/   〈 V´  /::::: ̄:/
. r''、 | | r'''   /// !  \::::::::/:::
. ,ゝ、>〉 ヽ!、. r'"//_ |___,..-ヽヘ::::
 !、_!〈 イ r::::::/ / ∥i:::  0|::;;:::::::
 ヽ__ノ::::_!,!ヽ !0/ /´::::   !:::::::::::
  r!_,.,'´  |:{ !//       .i::::::::::::
  {     !.::V0       0 .|:::::::::::
.  }     !.イ        r'´:::::::::::::
  !     { !0      0|:::::::::::::/
  {     ヽ|...::::.............;:::: !::::::::::::i
.  {     ハ:::::::::::::: 0 r'´::::::::::::!
   |   :::r'..    ::::::: !┘::::::::::::ゝ

そう話すクーガーの声色は、既におちゃらけた男のものに戻っているのだった―

                                           __,.ァァ ー-- ._
.                                         r:i´:.:.:/:, '.:.:.:.:.:.:.__> 、
                                         ノ:.j:.:.:.:|/:.:.:.:.://_____ヽ.-、
.                                         |:j'´ヽ∠.-‐''¨´ ̄   ヽ.___, ヘノ_
.                                         |'           /.:.:.:.:.:.:.:〉: 〉
.                                        /_   | /      ーァ___,ノ:|/、
                                        ヽ.ゝ、_ノ ノ __,. -‐''ヾ.__:::___::::|,ノ、
                                         ハヾ〉 ゝ'<ゞ.フ¨フ゛ /:l:::{,.イ Y::::/
.                                        〈 ´7 ' .ヘ `‐'´| /.:.:!:: Yァ l:::/:〉
                                        |〉 | ! 〈  `¨  / ,' :/:l:::::|' /'´V::}
                                        |:.:V、_,ノ´`ヽ、_ ,'  !:/.: !:イ|1   {::;ハ
                                        |:|:ヘ ̄¨¨''ー 、', l ,'|1:|: l:||ノ|   ソ:/
                                        VV 〉 ̄¨''ー'' `,' / Vl: リ' |   ソ:}
                                          i  |   ,ノ _, ィ | V_,.ノ|  {, イ
.                            _____           `ゝr_、___/_,.‐ ¨´  ヽ、 {::ハ
                         ,.ィ¨ ̄.::.::.::.::. ̄¨'' -、_,.---――} |:::::::r'´ ̄     __/  ̄ ̄ ̄
                        /.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::. ̄.::.::.::.::.::.::.::._人|:::::::}  ___,.-‐'¨.::.::.::.::.::.::.::.::.:/


笑うしか、無い。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~







274名無しのやる夫だお:2009/11/29 (日) 22:47:16 ID:UcJLNYqA
そういやイチローもわざと狙ってゴロを打ってるという話があるね







275 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/29(日) 22:47:39 ID:2c7y2lAw

==============================================================================================

┌────────────────────┐
│血染めのバットを、カミナは振り続けていた    .│
└────────────────────┘

テーピングが剥がれているのかと思ったら、剥がれ、爛れているのはカミナの手の皮だ。
東方不敗は制止の声を上げるが―

         l      |          /   /  ヽ-     |(/ヽ
          !        !;;,         /'  / __   !       ! ヽ  !
       |、       l;;;;;;..     ,'/./ ,、_) ヽ  「     |/ /
        | ヽ      !;;;l;;;;;;,.   //    ゝ二ノ /ヽ     | / /
         !、 ,;,    | '!;;;;;;;;, //       /ヽ       !/   /
      ├ ` =、   | ヽゝ;;;;∠ 'ノ` ー┬┐_ニ´/        !  ノ
       !  ト-ヘ  ハ |, ヘ;;;;;;;;,,,`ニ三二 ニ¨       ├'´|         「うるせぇ!黙ってみてろ!」
      iヽ、  ̄ ∨/ノ「、 「 ̄ ゙';;;;;;;;,,, ̄ ̄ -┬n     !  |
       | ';;;;三ニ;;;//  ヽ     ゙゙';;;;,゙゙''゙゙    / !|      !
      !  ゙;; ̄';;;/     !  ,.    ゙゙''   / 」´ }    !   l
        |  ;;  ;;,       ト. ' r‐     / / r' /       !
       ハ ';;, ';;;,      `  _ -‐ ~_/ ̄ //   /
     /  \;;,, ゙';;,、\、_ -‐ ¨ __ -‐'´   ノ /   /
     ハ    / \ ';;,  \Y´ ̄    _ - ´ /

気迫に飲まれ、一瞬体が凍りつく。
だが、慌てて再び制止の声を上げる。

                      ___
                  ,、-‐''"゛     ゛"''‐-、,
                /  ‐''"""""''‐-、、 |/ /\
               /  ∠     、、  |"''‐''""''、|
              /   ∠‐‐‐--、、、. ゛"'| .|、-‐ ヽ|
             /、-、  /  ‐''""●''>ノ、、|,,,,、、、、ヽ
                |/⌒/ |    ヽ--‐''"‐/ ヽ"●ヽ /
             | | //  |    、、-‐'''"  ヽ.ヽ''‐-‐ヽ
             ヽヽ|   |         、-‐ >   )           「ー!・・・・・・ば、馬鹿いうでない!
             人|   ヽ   、-二'-‐‐‐‐‐-、、   /            やめろカミナ!やめろ!」
             ( |   ヽ .|  | |,,,,、、、、、、、、,,,,,,.ヽヽ/|
            (ヽ |    | | |.    、,,,,,、、、、,,,,、"''./ .|.|
            (ヽ <| |  || ヽヽ       、   /  ||
           (ヽ )|| |  ||             )  .( | ||
           (ヽ ) | 丶| \        /   .)/||
          (ヽ ) .|   \  \____  .ノ |
          (ヽ ) .|______      ̄| ヽ|
         (ヽ )┌''"        | ̄ ゛"''‐-.|、、
         (ヽ ) /          .|      | |
==============================================================================================







276 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/29(日) 22:48:15 ID:2c7y2lAw

==============================================================================================

      /:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. |::::::::::::::::...||   \:.:.:.\:.:..:./´
     ./:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: |:::::::::::::::::::||....     ∨:.:/^〈
     /:.:.:.:.: /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:.:.|::::::::::::::::::: ||:::::.    |:.:.| / |
    ./:.:.://:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.l.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: ∧.:.:.:|:::::::::::::::::/ ̄:::`  |:.:ハ/ Y |
   /:/ イ :.:..:.:.:.:..:.:.:.:.:|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/.. V:.:.| :/:://z≦v 7   |∧l //
         |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./:::::、V:.l:/:/弋仍' ム   |l / /、
        |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l:.:.:.:.:.:.:.:. /:::::::::::::ヘ|ヾ、:≧=≠彡シ   | /l:.:.:.:. ヽ、      「やらせろよ・・・
       |:.:.:.:.:.:.:.:/l:.:.:.|:.:.:.:.:.:.:.:/:::::::::}:.  `:::::   `ヾ、::::::::::; ハ/:::|:.:.:.:..  ヽ、     もうちょっとで掴めそうなんだ。
         .|:.:.:.:.:.:./ :|:.:.::|:.:.:.:.:.: /:::::::: }.   :::::     ニ´:::::ハ::::::::|:.:.:.:     \
        .|:.:.:.:.:/  |:. /|:.:.:.:.:./:::::::: 〈            ::::::ハ::|:.:.:.|:.:.:.:.     :::::\ ヘッ・・・打撃の真髄ってヤツをよ!」
          |:.:.:.//: |:/:::|:.:.:.:/ :::::::.  \ _      ノ〉 ::::/::::::|:.:.:.|:.:.::.:    .::::::::::::
         |:.:/:::::   :::::|:.:./、 .:::.: _______,. <</  ::/:::::::/:.:.: |:.:.:.:.:    .:::::::::::::
   ____,/|/::::::  ::::::::l:/  \:::. `ヾニニニニ  イ  :::/::::::::/:.:.:.:.:;:.:.:.:.:.:.  .::::::::::::::::
 /:::::::::::  :::::::::::::::::::::::   ヘ:.:.:.\.     ‐-   .:::: ::/::::::::/::::::. /:.:.:.:.::.  .::::::::::::::::::
/ ::::::::::   :::::::::::::::::     ',:.:.:.:.:.\         :::/ :::::::/:::::::::/:.:.:.:.:.:.:  .::::::::::::::::::
 ::::::::::    :::::::::::::::       ヘ:.:.:.:.:.:.:.:ヽ、 __/  :::::/:::::::::〈:.:.:.:.:.::  .:::::::::::::::::

カミナは聞く耳を持たない。

.~"'''''' '"................................................;'  ,.-'"
................................................................'.:::'."     ,::'  ,.:'
.................................................   ,:: ''''''''''''''' ::.;'.....'::::'::'          ;:'
............................................'   /   .__   ''''''''''''''::;;;,,       ,;;,
..........................................;'_,,./  .,ィ''''"ー'- 、       '''::;;;,,;;,,,,..::''""""''''::;;
.::' ..........: '",''--,、......:'  llヽ / ,.、 l!  l .lヽ
 /.....:'   / l '::'  l l l/}ミ 、 ヽ、__,,.-iノo、             / ̄ 
./;.....'  /    ;   l llヾl '~ 。、,__/ `9o     _,,. -―ー/ア'
 ...' ,/         l ll l lィー、' l_ ゚'/l -ー'''ー-y'''"      l
、: ̄           l ll lリヾニフテ'、 l     /        l        「その前に潰れるというのがわからんか!」
ヽ            / l llヽ `ーi'ノl ヽ! ヽ  /           __
 \         ,/ /;'/二o ̄l      ヽ  /     _,. ー'
   `丶 、_,,... -''"/  // l ̄P        ヽ,./―--ー''"
        `ー/  /  l l   _     l   8
        / //ヽ  / / ―  ―  ―'/    8
      /  ///  ―〉 〉  ̄       l      9o
    /   / /   ― l l         l        ∞∞∞ .リ

東方不敗は体を使ってカミナの制止に動くが―
カミナに簡単に振り払われる。

==============================================================================================







277 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/29(日) 22:48:42 ID:2c7y2lAw

==============================================================================================

                ハ                、ニ三/
                   l\  ー―‐ ¬Tフ勺三,,イ
                     i .\  `'‐―― ≦三/少、       
                      ,ヘ  \  ヾ   三/三 |三\      「そんときゃそん時さ―」
           _,..-―¬"  ',   ヽ   ,ィ三三ニl三三≧、.    
         /:::/             ̄     〉 |ニ三三三\
    ,..―7¬:::::::/         \        /   三三三ニ`'‐.、
   ̄/::::/  {:::::/                        三三三三三三

カミナは笑う。

         /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/::::::三三三 `ヽ、
       -―¬/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/:::::: _:::::::ニ三三三∧
           /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::イ::::_,::- ―::、三三ニ',
         /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ト、::::,z ム‐z三三三三ミ'
           /::::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::|―'     三>三三ニト、
        /::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|       三\三三三≧z
         /::::::_,.r::::::/::::::::::::::::::::∧:::::::::::::::::|       ニ三}三三三>
      /,.ィ´ }:::::/::::::l:::::::::::::/  ∨::::::::::::l    ,r=―ニニi三Y⌒
      /     i::::/,.ィ´}:::::::::::/ `≧、∨::::::::i   ∠_ 三三|`≧
          i::/:::::,r-l:::::::::/r云:::フソ\:::::i≦'弋z::フ㍉、三}三ニi
          l:::::::/  |:::::::/ ^ゝ辷ノ^  \{  ト≧≠イニニ∧三,'    「死んで華実が咲くものか―
          |::::∧  |:::::/       }  丶      三ニ∧ニ/     なんていうけど、ありゃ嘘だな」
          |:::/ ヽイ::∧       |         三三ト- '
          |/.   レ' ヘ       、 ,     ,三ニ/
                ハ                、ニ三/
                   l\  ー―‐ ¬Tフ勺三,,イ 
                     i .\  `'‐―― ≦三/少、
                      ,ヘ  \  ヾ   三/三 |三\
           _,..-―¬"  ',   ヽ   ,ィ三三ニl三三≧、
         /:::/             ̄     〉 |ニ三三三\
    ,..―7¬:::::::/         \        /   三三三ニ`'‐.、
   ̄/::::/  {:::::/                        三三三三三三

痛みを見せぬその顔は、力強さに満ちている。
実際の身体とは、間逆だろうに―だ。
==============================================================================================







279 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/29(日) 22:49:15 ID:2c7y2lAw

==============================================================================================

意味が、理解しかねた。

::::ヽ、;::;:;:;:;:;:;:;:;:, ...:'´.::::::::::::::`ヽ、.:::::::::::::::   |
;:;:;:::ゝ;::;:;:;:;:;:;/.:::::::::::::::::::::::::::::: \.:::::::::::. i |
;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::. `ヽ、.:::::  l |
;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;::|::::::::::::::::::::::::::::::::::、--==`、,  ,,,l |
;:;:;:;:;:;:;:;:;:゙;:;:;; |::::::::::::::::::::::::::::'.:::::`..  (/”="_/
;:;:;:;:;:;:;:;:;:  :;: |:::::::::::::::::::::::::::::   `-'´;::"~:. i
;:;:;:;:;:;:;:;:;:;  ;: |:;:;:::::::::::::::::::::::.   '´.:::::::::::. |
;:;:;:;:;:;:;: ::;  l; |:;:;:,::::::::::::::::::::''   ..::::::::::::::::::.. |           「なん・・・じゃと?」
;:;:;:;:;:;:;: ;  |V:;:;:;::::::::::::::::''   ..:::::::::::::::::::::. |
;:;:!i:;:;:;: '  l:::::;:;:''::::::::::::'....::::::::::::::::::/´::::::::::::.  |
;:;:!i:;::;:;  i |:,:;:;'':::::::::::::::::::''iiilll|l|ll|llll|liiii,,:::::::::. |
;:;: ;:;:;:;:  /i!::;:;:::::::::::::::::,,iiiiiiillll|ll||ll||ll||l|lllllii-- '´
;:;:;:;:;:;:;! /::::::::::::::::::::::::i:::::::::::::::::::::::: l゙゙゙゙゙゙゛゛
..:;:;:;:;:;:i /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::''/
ヽ:;:;:;:;:!/i,,、:::::::::::::::::::::::::::::::::::.' |
:::::ヽ;:/i||iiiii,,::::::::::::::::::::::::::::::::::. |


气三三三三三.::|   \ …-   __  r -           _,ィ=ャ、
.  ` ーァ'三三.::::|  /  ̄ヽ       ̄¨ ー 、      /.三三恥.
    /三三:ヽ.:::|   ル'´迅!\         ヽ ,.--.、イ ニ三三三ト、 __
   .f三::/l:::.:.l:`∧ / ;´ ̄ヽ \    ,zニ三三三三/ ! Y二二_ミニY 三ヽ
   |三7 V::.|、迅!\  ノ¨ヽ  ヽ     三三三:/ i l\      ノ 三ニノ
   |/´   V小. z 、 // _,ム.  ∨ __,三三∠ ノ ヽ. ` ーr .壬三三/{_      「プロ野球選手なんだぜ?
       ヽト∧  んイノ   i   レ´             \  {/ .::ニ三ム三`Y    子供がみーんな憧れる、
___,. -‐ 壬  \ ` 、// / ゝ .._   , --<_ ,z=ニ三,イ 、 .ニ三|三ニハ    ヒーローみてぇな商売だ。 
三三三三三三三三 .\ ` ´ /{ ,ィ }   /三//7ーォ    ̄ ̄/  ヽ.\ニ/三:/三ヽ
ヽ三三三三三三三 .三\..ィ  `! /-ォ'三/l! {{  ヽ、   , ′    _ノ.ニ三|三:/   だったらよお・・・」
  ` <三三三三    三ニ|  ィァ' / ニ/  l! {{   ` ー/     /   ニ/三ノ、
     ` ー‐‐ 、  三/´ナ//{-彡 / ヽ.l! {{     ゝ'ニ …く 、_,. ¨´ヽニ/  \
       ,. z=!. /´   // /   /- 、 i \\     ーァ ´  ̄ ` ̄  ̄
      /三,ィ=V/.   //  ∧_/ ヽ.:.:ヽ! - ヽ.≧z--イ ヽ:、
.     /三ニ/ ノヘ!> './  /      V.:.:|:\ _ _ ___,.り   ヽ\
.     /三ニ/ヌ ヽ._ , イ  /    , -┐ ハ、.:.:.:.:.:.:.:.:.://    ヽ \

==============================================================================================







281 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/29(日) 22:49:43 ID:2c7y2lAw

==============================================================================================
}  : .          : : : .   : : ::       : :. \::::\_.,  '.      : :: :.     . :: . :::/
             : : . : : :. : : ::      : ::.   Y::::.lトi 、 ' 、   .: :: :    . :: . ::,′
`⌒ ̄ <         : : : . : : : ::         : ::::. ' 、::\`'\ゝ、  .: ::    : :::.:: :{
      レ          : : .. : : ::        : : ..  }::::::::\_   '.  : ::    : :::: ::::|
     Y  . .          : :: :: .    r─‐- 、: :: / ::::::::::::::(  ', .:::    : :: ::: ::l
      ∨ : : :..  : : ..       : :: :.    l    :`:イf{`ーr─- 'ァ ` 、:   . ::: :: :: :|
      \: : :: : :: ..r≠x      : ::.  `  ー 、  `ー'- 、 ..     {    .:::: :: :::: }
        `  、: : ::ゝ、 }: .    . : ::: .      :::`ヽ、   Y::::. .   l   . :: :::: :. ,′
            ̄ ̄  ` /ト、_,.ィ : : :: .     : :: :: ゝ、_{:: :: .::  |   . :: : :: ::/
          _____,. -/:/r '::::ゝ: :: : :: .., -──- / Y:: ':、:::::::. |  . :::: ::::::::,’
         ` ーァ:::::::::::::{`ー─≠. :: :: ::/     / /|:: ̄ ̄ ̄{ . ::::::::::::::/
          /:::::::rレ/: :Y     . ::/  . :  ∠ - '´::::::ハZ_ _<∧:::::::::::::::Y
          /:::::::::ノ {/ : : ト 、  ./ ,/.   .f⌒ー-- 、∧   ̄ ̄彡ハ::::::::::, ´
      __,/::::::ァ:/::ヘ/!ィツ:/   }}/  /:  /三三/ /≧xー─=キ }:::/
         ̄ ̄/:/:/\ト _ノ,1  〈 {   l: , ' 」三三{ /三/ヘ`',<__,>彳/  「死んででも、華実は咲かせなきゃなあ?」
        /:/レ'   廴 /ノ  / `ヽrf }:./三≦x三l |三{  ヾ≧x≦彡l/
          /´       `Y  /    {∧/三三三Z`ゝⅥ{_   {/   /
                    `ー′   jハ |  、   ̄ ̄     /「 }ト 、_/
                      // }lト、 } ′    /,ィ/Z|
                     f/  ||J l     /≦{{ Ⅵ|
                     |l ノノ、_.ィ  }     {三≧彡}     __
                          `  \} ノ,  -‐- ,\三三l     \Zヘ __
                            |/, -─- 、ヾ三Z|       \く/7、_
                            |/}─- 、  \ \∧        / Y_イ、}、
                      _/:::/__ \  `Y  }     ,′ r=≠x
                      r‐  ´::::::::::::::::::::::::::::`丶\/ ノ}}__ イミx__f´ r‐┐ハ
                   }::::,.  。──- 、:::::::::::`Y}彡Ⅳ }}1 | }/ 弋_ハ-ヘ:ソ
                 ,  7。゚  o   。゚  \:::::::::|ト彳  /Z}ノ ´     ',:::{ ヘ
                / /´ ̄ ̄ ̄ ̄`丶、。 ゚`Y:人__,.  ´ ̄          }::ヘ ヘ
                /゚ /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\ /:::}::/               ∨:ヘヘ
==============================================================================================







282名無しのやる夫だお:2009/11/29 (日) 22:49:49 ID:X0JNr1k6
なにこのマグマの血潮の男たち。






285名無しのやる夫だお:2009/11/29 (日) 22:49:53 ID:tLu1VNpk
こういったシーンを見せられるとやる夫の性格は一流の物なんだと思えるわ







286名無しのやる夫だお:2009/11/29 (日) 22:49:58 ID:l8pZDSf2
今度はカミナかw
漢臭がどんどんやばい事に







287 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/29(日) 22:50:24 ID:2c7y2lAw

==============================================================================================

            /ニ|三二三二三二三二三二|:.:.:.:{     | l|   ヽ! {z彡}.リ
         /二l二三二三二三二三二三ニ!:.:.:.:.:ヽ      !       }z /
          /./,|.三二三二三二三二三二 |:.:.:.:.:.:.:.\   三zx_    じ/
       ///_|ニ三二三二三二三二三二|`ヽ:.:.:.:.:.:.:ヽ.__ z=―‐     ト-′
        /' /イ:.|三ニ三二三二三二三二三|三}:.:.:.:z-¨z≦´  z._   |z
       /:.:.:.斗ニ三二三二三二三A三二.|三:./彡‐__:.:.,;:/:.:三:`ヽ. l三
.      // |三二 l二三二三ニ!∧ニ三l三{:.:.:}:.:-ァ=デ'´-‐ 、:三:.:.:∧三  「黙ってみてろよ・・・
        ,′   |三二 /!ニ三二三二|zz:.l三.ド=三三zzヽ:.:.:{    ヽ:.:.:ハ三   本物のプロになったら、
      l  ,. z= |ニ三l/ハ三二三二.ト、三.! ト:.:`i      `ヾ - ァ .z.V:.:.:{三   高っけぇ寿司奢ってやっからさぁ」
      //'´   |三/.| ,三!ニ三二|ニ/三トミ| |∧:.j  '´ /     /   /-ミ:.:ヽz
    /´    |./ 三三.lニ三二!z|.:.三:.:{ヘ「`ハ:{   /_ 彡'   /三 ヽ:.{  /
   /     _  !/ 三三.A三ニハ |:.:.三:{二二∧_. く 、二´z彡  /三三 j:.:ン'
. /     {:.:.:.:}._|  三三z∧三|\三三.l二二.    ` ミ __ イ `ヽ  /:.:.:.:.ヽ
.'イ:/     `j:.:.:.:.`:ーz三../ lニ.|   \三:ヽ二二      ` ‐<三  '/:.:.:.:.:.::.:.
:.:./ー- .._   ̄ 7三三/  lz.|    \三:.}二二z_   r:i   ヽ r..‐.}:.:.:.:.:.:.ヾ、:
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`:.ヽ、 {:.三z/    V      ` <二二二z_       `ヽ!:.:.:.:.:.:.:.:.:.


┌───────────────────────────────┐
│カミナは、ズル剥けた手の皮を喰い千切ると、再びバットを手にした。   ..│
└───────────────────────────────┘

==============================================================================================







290名無しのやる夫だお:2009/11/29 (日) 22:51:25 ID:PtoVRA9Q
とんでもない野球バカばっかのチームだな







291名無しのやる夫だお:2009/11/29 (日) 22:51:29 ID:b8CUi/zo
下位でもコアなファンが付きそうな球団だ







292 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/29(日) 22:51:32 ID:2c7y2lAw

結果を出した男たちの顔が、浮かんでは、消えた。

;:;:!i:;:;:;: '  l:::::;:;:''::::::::::::'....::::::::::::::::::/´::::::::::::.  |
;:;:!i:;::;:;  i |:,:;:;'':::::::::::::::::::''iiilll|l|ll|llll|liiii,,:::::::::. |
;:;: ;:;:;:;:  /i!::;:;:::::::::::::::::,,iiiiiiillll|ll||ll||ll||l|lllllii-- '´
;:;:;:;:;:;:;! /::::::::::::::::::::::::i:::::::::::::::::::::::: l゙゙゙゙゙゙゛゛
..:;:;:;:;:;:i /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::''/
ヽ:;:;:;:;:!/i,,、:::::::::::::::::::::::::::::::::::.' |
:::::ヽ;:/i||iiiii,,::::::::::::::::::::::::::::::::::. |


東方不敗の誇りである選手達。
プロ中のプロである選手達。

          ,. ‐==:┬┬ .、
          ,イミ∠⌒ヽ_⊥∠}
        /三V >、 、,  j.
        r=三〈  `ー゚` l L..=〉
       ,仆、j川    ._| 「゚-j
       ,tノ`i | |l  仁二`-' 、/         (馬鹿ばかりじゃった・・・)
   _   tノ リ| | |    ー- `"ハ
ー-< `ー- 、 ,/レ'^_:、j    } /l_j.
ヽ、.:\: : :  ̄`ー二_ `rー-r┘
‐- 、.:..:.:.:.:.:ー-.:.:.:.  ` ┴-、|7
 r‐―‐ 、.::.:.:.:ヽ       `ー¬
/   r一爿.:.:.:.  \ ー‐- .__」_
ヽ/ r―┴ 、.:.:.:... `ー        \ _
.(_,>人__,.―^ー-、__,..  _.. > 、___,.... - ヽ


良い面も思い浮かぶが、同じくらい悪い面が思い起こされる。
馬鹿と天才は紙一重。

その言葉の地を行く男達でもあったから―







293名無しのやる夫だお:2009/11/29 (日) 22:52:09 ID:xv8n69rs
やだ……このチーム、凄く漢臭い……(ドキドキ)







294名無しのやる夫だお:2009/11/29 (日) 22:52:15 ID:UcJLNYqA
一流の選手というのはみんな独自のこだわりをもってるものだよなw







298 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/29(日) 22:52:49 ID:2c7y2lAw
---------------------------------------------------------------------------------------------

┌───────────────────┐
│カズマが掴んだボールをポロリとこぼす    .│
└───────────────────┘

    、     ,.   / _/{         /    /
     l゙、   ,/{  ,.r'i r":::/ /   ,.r   /    /     /
     ノ:::`、∧l:::゙、i"::::|/:":レ'"l、-''""/  /   /    /
    {:::::::、:::::::::∧'"゙`::::::::"::::{:::::::::::ノ     /   /
  ヽ、 ゙、:::/ヘ/:::゙、:::r"゙ヽ、::::::::,","/‐ニ="´     /
 __l゙=vニ-‐"~゙i、::゙,:::/:::::`ヽ‐-、_r、/-、    /
 ゙、:::::<,-‐''"~、 ゙'‐-=彡ゝ、_::::::::,.-''l    `''‐-、___,,.
  ):::::| ノ''''‐、 ,.〃-‐'''‐=、ヽ‐'゙'ゝ !、‐-、 _、-‐'''"´       (やっべ・・・!)
  〈:::r' "-‐‐'/,゙i、 _,.-‐-、ミ ゙、ノl  |\ >ニ=‐''"
  l/ 〃 ,.-‐   '、 ゙、 (・) }::::::/゙,〈  ゙、  ゙i、
  ,i"〃 r'"゙゙'ヽ,  ヽ `'‐-'::i、./::j `ヽ、ヽ  ヽ、_,.        「おっとー!グラブの紐が緩んでたぜぇ!?」
..y'i.   ノ" ̄`、l   ゙、=‐-''" ゙}:::l ヽ  `ヽ r‐''"
〈, i / i'::::::::::;;;;/    `‐'" r'‐、゙、 ゙、,.、‐'"
/゙l/  /、:::::::::;/  // / /ra } ヽ, \__
:::::'i/ ゙'‐、__r" ι   /="/゙ 、 `ヽ'/
,.r"l  `'‐   ι    /、__,,./   ヽ , '"
  !       __,,,,...ノ ゙i、,__゙‐、 ,.、‐'"
 / ゙'''-r==‐'''"/ / ./}''" |   ̄
‐'   l | | / / / l j ヽ、
"~゙> /  / /r''‐''" `'-‐''"`゙゙

カズマが守備でミスした時の、常套文句だ。

            _, -zーァ―-、            l   レi
          ∠ィf´ ̄「 ̄ ̄¨丶_          {    レ!
         // li   |       | l\         ヘ     !
          / l _」.、      ' /  \      / :.    レ!
       /`Y l   \     /  / ハ     /  ::     i 
      l / , ト|    \    /  / /  }    /   ハ     {
     /  / ー 、   l, \____,  /   /   / l     '
___ _ /イ  /   ̄\  li       //  /   /  l       「ほう・・・グラブの手入れも出来ない野球選手には、|
三二ニ/  / l  \__゚ヘ_ノ ,,, - '   〃  _ ノ  / /   !     ,   キツイ練習が必要そうじゃのう・・・」
ニ¨ ̄/ /リ /   -―= yケー。=、 テ! 二三≧彡'     ,     リ
   7/l  } j/⌒丶k / / ヽー' /ノ               /     j
    | :.  V"`>、__\_/},__   /|           〃,    l
     ヽ l  {_ー- `ーュ-、〉 イ  l|             /    /
       `{_ー ̄ヽ二ノ/ jハ  |              /    〉
           ィ少く __/   ハ !           /    ,イ
       x彡ソ          ヽ|         /    /

東方不敗も慣れたもの、連続50本捕れるまで続くノックをカズマに課すが―

---------------------------------------------------------------------------------------------







299 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/29(日) 22:53:24 ID:2c7y2lAw
---------------------------------------------------------------------------------------------
 λ |\),、  lヽ、/ | /"i、 ./i≡≡≡≡≡≡
 )ヽ、ヽ::`''-,, |::::ヽ,(ノ:::::(/::(__ノ|≡≡≡
`i:::::::::::\::::::::\:::::::\::\:::;;;;;;;;;;;:ノ≡≡≡
 )\:::::ノ;;;;Wヽ__ノ ヽ::::):::::::::::::"''-、≡≡≡
:::::::::::::;;;;;;;::::::::::::"''-i--'"::}'/:::;;;;;;;::::::::;;;;;二= =、≡≡≡    ∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧
::::::::/:::::\---" ̄"ヽ''-/::::::"''<__≡≡≡       <                      >
:::::/:::::::::/ ,  :::::::::::::::::::: 、\::::::::;;;;;;;;;;;;"''---、≡≡≡   <  体で止めりゃあいいんだろ?   >
/::::::ノ   ヽ, ヽ''''''ヽ  |::: \/::∠___"''-、::::ヽ≡≡≡  <  はははははははははは!!  >
|::::::::{     \,,__ 、ヽ .i ,,ノ .}::::::::::/≡≡ヽ::::|≡≡≡ <                      >
:::::::://|   -'''''iッ=、'ー- ノ_, 。-、|:::::/≡≡≡}::::}≡      ∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨
:::::::i:::/  _二二---ヾ 'ー-ー- .v_≡≡≡ /::::|≡
:::::/::::|  i "''---、      ノ> ヽ\ヽ,≡ /:::::/
:::::|:::::/            ´ `;;;,, ヽil|.}\/::/≡≡≡
:::/::λ    `,―--、___二_,,  V≡ヽ/≡≡≡
/:::::{〃     ''-,,---- -   --(  i≡≡≡
:::::::ヽdi     ''- 二二二二二"  i≡
::::::::::::::ヽ        :::::::::::::::   /≡≡
::::::::::ノ   `'-,,      _,,---、 i≡≡≡
 ̄    "''---、,,,ー-,,  :::::::::::: i≡≡≡≡
ヽ      --=三三三i"'-----"≡≡≡≡≡≡
 ヽ          三|__,,--、____/\≡≡≡≡≡≡
---------------------------------------------------------------------------------------------








300 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/29(日) 22:53:58 ID:2c7y2lAw


---------------------------------------------------------------------------------------------
   i          |              /       /
    i         |      /       /       /
    i         |      /       /
                  /            ,,,、、---、、,,,
                             、-'"/ .i.i //. /\
\    i        、-‐-、      /   / r /、、 i.i  /,,、='''ヽ
  \   i        i   .iヽ    /   |ミ//  "'''‐'''"" /"ヽ=|
       i      .| .i   i i    /    iミ.レ       /  ヽ|彡
    、'''""'i、      | i  .i i        ト、>、-、、,,__ .| | ,,、、-、<人
\  .(   i.ヽ    |.i 、,、-.i        |ト/| .-、,,、-"ト.|"-、、- ヽヽ)
  \ .ヽヽ   ヽ   .|i    i  /   / ヽ彡/ -‐'''ノ| .|"''‐-  / |"     「弛んでいるのは貴様のネジじゃ!」
   \ ヽヽ   ヽ  .i    i /   /   | へ   .ゝ| |.>   /|i|
      ヽ -''" .ヽ  .i .i  .i /       '"| |.|.、 、‐二二二‐、 /|人  .,,,、-‐''"
   、    ヽ   i ヽ、丿 i  ヽ、    、-   .|.|ト,_. ̄'-‐‐--' ̄.|、|ノ)''"
.   >-、\ヽ  .i    i、,,、 × ,,-''    ,,-''" ̄ヽ '''""''" / |ノ )
-、, /"  "ゝ''‐ヽ\.i .|  / / ヽ<  .,,,、‐'' ,,,、-‐'''人,,,,、、,,,,ノ‐─|ノ)
  ヽ、‐'  ) 丿、ヽヽ .|  /  /    ̄  、     /   |  |    |_人
   |  .,,,、\ヽ、\\| / ./  -‐''" ̄   \.,,,、-'''‐--|.  |、--‐''""  "'''‐--、,,,_,,,、、、、,,
─- \( )-)─ / >*<.i二_    、、,,,r二─''''"" ̄   .|、、,,,    ,,,,,,___      ヽ、
   r'''".ヽ、丿,,,、///|ヽ i "‐、,   、、,,_ノ   __,,,,,,,、、、、|                   ヽ
  ./,,、、ヽノ  -/ / | | i       /''‐|" ̄、,                           ヽ
-‐'< ─ --、// / .i. .|  フ'''‐--‐''"\二二| | "'''‐--、                  |    ヽ
  \─、-、\ /   r‐''" / /  ノ \|             ‐-、、          |     )
  /"\丿丿    ノ  /  ./  /|  .|                  "'''‐--      | ./   /
./    |''‐''"''''''<"‐'''"  i /  /二二二二|| -- "‐、                  | /   /
   / ヽ    / ヽ、i_、/  ./ |\ |        "‐、               .|./    >
 /   /\ ./   i     /   | \|          "‐、                 レ     ヽ
    /   "/''‐--┼┬-''"─   |   |\                        |      __>''"\
   /    /      .|.─ .i   .ヽ  ヽ     、-‐''"、-‐''''     ''‐、,,      ./     rソ 、''"\|
  /           .|   i    ヽ  ヽ .、-‐''"、、-''"           ''    /     r" ̄\  \

東方不敗が奥義、石破天驚拳が炸裂した。
---------------------------------------------------------------------------------------------







301名無しのやる夫だお:2009/11/29 (日) 22:53:58 ID:ymCBfGwE
お前のバットは天を切り裂くバットだとか言いそうだなカミナw







302名無しのやる夫だお:2009/11/29 (日) 22:53:59 ID:mKPixBgw
そりゃ怪我もするわこの馬鹿wwwww







303名無しのやる夫だお:2009/11/29 (日) 22:54:30 ID:THeGrk0Q
ちょwww







304名無しのやる夫だお:2009/11/29 (日) 22:54:34 ID:splyZmfw
競技が変わってるwwwwwwwww







305名無しのやる夫だお:2009/11/29 (日) 22:54:37 ID:g8XpVyFI
まったくこいつらときたら……
格好良いじゃねえか







306名無しのやる夫だお:2009/11/29 (日) 22:54:46 ID:IOzC8dOE
奥義を出すなwww







307名無しのやる夫だお:2009/11/29 (日) 22:54:47 ID:b8CUi/zo
死ぬwww







308 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/29(日) 22:55:07 ID:2c7y2lAw

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

┌──────────────────────────────────┐
│バク転からのキャッチを試みたクーガーが、イージーフライをポテンと落とす。  ....│
└──────────────────────────────────┘


            ,.. -イィ'-――-z._
          ,.-′ .' . '     `'ー、
        rイ  '. / /   ..:::::::;;::-へ、.ィ
     _. -‐'''"´ ̄\j|〃 _,,.. -‐‐ァ'": : : :;; : :`ーイ
 -‐ ''''""´ ̄ミ゙゙7 ̄``''"´´    ノ__,.-‐'"::::`゙ '''゙ /
        V-ー-、  _,._-_ー=、ヽ::::::::::::::::::::::::ムィ
        レ'" ̄`:    __ ̄`':::ヽ:::::::::::::::::::::::ノ
   .     } ィ⌒uj:   '´u `>::::::::}::::lへ;::::::::/
         r|  ̄/ .::.    ̄   ::::|::/ヘ::::l::::::了        「・・・いやー!やけに難しい打球でしたねえ!」
        l{  ヽ        ::::::レj^7:/:::::∠
          l rー---‐―'''^l  :::::::i、_,/:::::::r'"`
           l. 「 ̄,二二ニ´|  ::::::::ト、_;;;;;:く~
      r.-ー‐l |::/    _,.l ..;;;:∠-┴`‐┐
       |`i:::::::::l. `ニニニ-''´「:       |l
       |. |::::::::::〉 ー‐  .::|:         ||
    -‐''フ |::::::::::`iー--‐‐''"|:       ‐''^''ー-


アッハッハーと明るい笑い声を上げ、他人事のようにクーガーが言う。


       ,. -ー_ゝ-、
    , _''"= .ノ 、`ゞ、`
   / ,=ィi'" _ゝ ィ。7;'ヾl
  ./ 彡'"l l ,.ィi ; \ー !、
  l  / l l ,ィ ゚ノ ヽ  ,ノ;;ァヽ
  !/ / `ヘ,  ~ / /7;/'ノ ヽ'                   「・・・その口、聞けんようにしてやろうか」
 / / r=、 ト- 、  .{/"/、/ヾ
./   l ヽ_-ゝ、`ー-yべ  ヾ_,,.--、
' /   l  丁ヽ,/   ゝ''" ヽ -  `ー-=ヽ__
/l   ll  ll l/\,. -ニ~ー ̄ ̄~`丶 、    ヽ `ヽ、\ヽ
 l   l  ll l .// ,      __ヽ  ー `ヽ、\l、ヽ
 ll   l   lγヽ' /          ̄=-、_    \ヽ
    l  ll l             ニニ  =ー、    \ヽ
 l   l l  ll {                     `ー-、_ .\\
 !l  l   {                           ヽヽ \







309 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/29(日) 22:55:31 ID:2c7y2lAw

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ヽ::::.',ミ ゝi     :::::;;;;:::.ヽ、/............./;;::::::     ;;;;;::   彡 彳:::::::::/
  〉::.',ミ   >      ::::::;;;;:: /....::::::/;;;;;::::::    ;;;;;;:::::   ラ  イ:::::::::i
 /::::::::`Y´ヽ、   :. ::;;; /..:::::/;;;;;;;;;;;;;;;::::.........;;;;::    ルム `Y ..:::::::/
 ト::::入{  人 __    /:::::::/,:::::::;;;;;;;;;;::::..:;;;;;;;::   /::::::::::7 i ..::::::::〉
 ヽY nヾi=《:::::::::::.\_/:::::::/;;:::::::;::;;;;;::;:::::;;;;;;;;;:....._ ノ:::シ" ̄´ /r ⌒Y  <キリッ!
  `l 人 ゙i  ̄` ミ‐- /:::::::/‐-、;;::;:......;:::;;;, -‐"二 ィ,_Ζ    ハi人レ´
  、i イレl ',     ヽ ̄ヾ=ランァ‐ン;::≡::;ツ ='二ヌ゚ツ" ,ノ´   l"/Vl i
  ム! くヽl      ` ̄ ̄´,.::,;;;;i `l::::l´i;;;;;:::... ̄ ̄´       ,'ソレ 〉ノ      「プロにはファンを楽しませる心・・・
  ゞ::.、 i  i:.、    ,'.::::::/ ..:;;;;:...  |::::| ;;;::...;;;;;::.       /:l l /´       パフォーマンスの精神も大切です。
   `;::'.,   !:i   !:::::::l ..:;;;:::...i  |::::| i;::.....;;;;:::..     イ:::,'/
    ヽ:'., i:::ト  !:::::::! :::...  i  |:::::| i .......::...     /.::,'::i、         このキャッチが成功した際には、
     ' ,::.__〉::、  !::::::i ::..  l  |:::::::| l   ....:...    /.:::ソ― 、        大勢のファンが沸き立つことでしょう」
      /ヾト `  !:::::l :.   ヽ !:::::::i 丿   .:...   i:/,,;;;;;;;;;,\
     /;;;;;;;;;;| l、  !:::::l  .     ` ―       ..   / |,,;;;;;;;;;;; /|
     ト、 ;;;;;;;;;|  、 i:::::l  `t - ,,____,, - ァ'´   /  |,,;;;;; /  |
    | `―‐-、 ヘ !:::l     `''‐-----‐''´     /:   |, /   |
    l      l :.` !::l     `゙ ̄ ̄"´    /.:::  /     |
    |       | ::::. ',:ト、     ..::::;;;;;::::..     , '.::::::.  |        |

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~







310名無しのやる夫だお:2009/11/29 (日) 22:55:56 ID:ktPKIcDc
ばかばっかw







311名無しのやる夫だお:2009/11/29 (日) 22:56:05 ID:6ZAkzpvg
…投手陣もアレだが野手の守備力も駄目っぽいな(w







313名無しのやる夫だお:2009/11/29 (日) 22:56:07 ID:PtoVRA9Q
バク転からのキャッチて…







314 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/29(日) 22:56:21 ID:2c7y2lAw

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
   i          |              /       /
    i         |      /       /       /
    i         |      /       /
                  /            ,,,、、---、、,,,
                             、-'"/ .i.i //. /\
\    i        、-‐-、      /   / r /、、 i.i  /,,、='''ヽ
  \   i        i   .iヽ    /   |ミ//  "'''‐'''"" /"ヽ=|
       i      .| .i   i i    /    iミ.レ       /  ヽ|彡
    、'''""'i、      | i  .i i        ト、>、-、、,,__ .| | ,,、、-、<人
\  .(   i.ヽ    |.i 、,、-.i        |ト/| .-、,,、-"ト.|"-、、- ヽヽ)
  \ .ヽヽ   ヽ   .|i    i  /   / ヽ彡/ -‐'''ノ| .|"''‐-  / |"     「顔芸で誤魔化すな!」
   \ ヽヽ   ヽ  .i    i /   /   | へ   .ゝ| |.>   /|i|
      ヽ -''" .ヽ  .i .i  .i /       '"| |.|.、 、‐二二二‐、 /|人  .,,,、-‐''"
   、    ヽ   i ヽ、丿 i  ヽ、    、-   .|.|ト,_. ̄'-‐‐--' ̄.|、|ノ)''"              芸?俺の顔が芸っ!?>
.   >-、\ヽ  .i    i、,,、 × ,,-''    ,,-''" ̄ヽ '''""''" / |ノ )
-、, /"  "ゝ''‐ヽ\.i .|  / / ヽ<  .,,,、‐'' ,,,、-‐'''人,,,,、、,,,,ノ‐─|ノ)
  ヽ、‐'  ) 丿、ヽヽ .|  /  /    ̄  、     /   |  |    |_人
   |  .,,,、\ヽ、\\| / ./  -‐''" ̄   \.,,,、-'''‐--|.  |、--‐''""  "'''‐--、,,,_,,,、、、、,,
─- \( )-)─ / >*<.i二_    、、,,,r二─''''"" ̄   .|、、,,,    ,,,,,,___      ヽ、
   r'''".ヽ、丿,,,、///|ヽ i "‐、,   、、,,_ノ   __,,,,,,,、、、、|                   ヽ
  ./,,、、ヽノ  -/ / | | i       /''‐|" ̄、,                           ヽ
-‐'< ─ --、// / .i. .|  フ'''‐--‐''"\二二| | "'''‐--、                  |    ヽ
  \─、-、\ /   r‐''" / /  ノ \|             ‐-、、          |     )
  /"\丿丿    ノ  /  ./  /|  .|                  "'''‐--      | ./   /
./    |''‐''"''''''<"‐'''"  i /  /二二二二|| -- "‐、                  | /   /
   / ヽ    / ヽ、i_、/  ./ |\ |        "‐、               .|./    >
 /   /\ ./   i     /   | \|          "‐、                 レ     ヽ
    /   "/''‐--┼┬-''"─   |   |\                        |      __>''"\
   /    /      .|.─ .i   .ヽ  ヽ     、-‐''"、-‐''''     ''‐、,,      ./     rソ 、''"\|
  /           .|   i    ヽ  ヽ .、-‐''"、、-''"           ''    /     r" ̄\  \

東方不敗が奥義、石破天驚拳が(ry

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~







315名無しのやる夫だお:2009/11/29 (日) 22:56:22 ID:uyf4uvDY
みんなバカスw







316 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/29(日) 22:57:08 ID:2c7y2lAw

==============================================================================================

┌───────────────────────────────┐
│レフト線に上がった打球は、カミナの頭上を越えてポテンと落下した。   ..│
│カミナは、反応すらしていない―                         ...│
└───────────────────────────────┘


ポカンと口を開けるピッチャーに向かい、カミナは明るい声で言い放つ。

. /: : : ://: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :/: : : : : : : :/l/__: : : : : : :l
/: : / / : : : : : : : /: : : : : : : : : : : ;ィ: : : : : : : : /´  `ーァ : : : l
: /  ./ : : : : : : : ,': : : : : : : : : :/ /: : : : : : /:/     ,イ : : : : L _
´   /: : : : : : : : ,' : : : : : : : /  /: : : : : 〃:/      〈ミ: : : : : <_
   /: : : : : : : : :,': : : : : : : /\  i: : : :///   /`ヽ  !ヽ. \---‐´
.  /: : : : : /! : i: : : : : : :/ァ云≧!: : /  ´ z=≦.._    l_ : ヽr-`
 /: :〃 / .l: : !: : : : :.:/、弋タ_ l : /   ´ ´{rネハヽ,   ハ/
.////   l: /l : : : : / " ̄  l:./l  /  ``ニ"- ゛  ,'イ !        「ドンマイ!打たれても気にするな!
"  ´   ,, l/-l: : : :,イ.     l/ .l ,'         ,'〉 !ノ         俺がすぐに取り返してやる!」
    ,, ''   l: : ∧_!       l            ,'/,ィ`丶、
 ,, ''       l: /   .l       ` -       ,'_/     `丶 、
''         l/   i、   、______,、   ,'          \
                !ヽ、   、   ,      ,イ              \
`丶、          l  ヽ      ̄ ̄    / l                \
   `ヽ,      /  l ', ヽ       /  l .l          , - ... _   \
  _ .. -'     ,' /!. ',  ヽ、____/ /   ト、!       /    ¨ ‐ -


            _, -zーァ―-、            l   レi
          ∠ィf´ ̄「 ̄ ̄¨丶_          {    レ!
         // li   |       | l\         ヘ     !
          / l _」.、      ' /  \      / :.    レ!
       /`Y l   \     /  / ハ     /  ::     i
      l / , ト|    \    /  / /  }    /   ハ     {
     /  / ー 、   l, \____,  /   /   / l     '
___ _ /イ  /   ̄\  li       //  /   /  l     |
三二ニ/  / l  \__゚ヘ_ノ ,,, - '   〃  _ ノ  / /   !     ,   「貴様のミスじゃろうが!」
ニ¨ ̄/ /リ /   -―= yケー。=、 テ! 二三≧彡'     ,     リ
   7/l  } j/⌒丶k / / ヽー' /ノ               /     j
    | :.  V"`>、__\_/},__   /|           〃,    l
     ヽ l  {_ー- `ーュ-、〉 イ  l|             /    /
       `{_ー ̄ヽ二ノ/ jハ  |              /    〉
           ィ少く __/   ハ !           /    ,イ
       x彡ソ          ヽ|         /    /

東方不敗の繰り出す拳を、颯爽とカミナはかわしてみせる。

==============================================================================================






319 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/29(日) 22:57:41 ID:2c7y2lAw

==============================================================================================


气三三三三三.::|   \ …-   __  r -           _,ィ=ャ、
.  ` ーァ'三三.::::|  /  ̄ヽ       ̄¨ ー 、      /.三三恥.
    /三三:ヽ.:::|   ル'´迅!\         ヽ ,.--.、イ ニ三三三ト、 __
   .f三::/l:::.:.l:`∧ / ;´ ̄ヽ \    ,zニ三三三三/ ! Y二二_ミニY 三ヽ
   |三7 V::.|、迅!\  ノ¨ヽ  ヽ     三三三:/ i l\      ノ 三ニノ    「細けぇ事気にすんなっ!
   |/´   V小. z 、 // _,ム.  ∨ __,三三∠ ノ ヽ. ` ーr .壬三三/{_     打って返す!それでいいだろ!?」
       ヽト∧  んイノ   i   レ´             \  {/ .::ニ三ム三`Y
___,. -‐ 壬  \ ` 、// / ゝ .._   , --<_ ,z=ニ三,イ 、 .ニ三|三ニハ
三三三三三三三三 .\ ` ´ /{ ,ィ }   /三//7ーォ    ̄ ̄/  ヽ.\ニ/三:/三ヽ
ヽ三三三三三三三 .三\..ィ  `! /-ォ'三/l! {{  ヽ、   , ′    _ノ.ニ三|三:/
  ` <三三三三    三ニ|  ィァ' / ニ/  l! {{   ` ー/     /   ニ/三ノ、
     ` ー‐‐ 、  三/´ナ//{-彡 / ヽ.l! {{     ゝ'ニ …く 、_,. ¨´ヽニ/  \
       ,. z=!. /´   // /   /- 、 i \\     ーァ ´  ̄ ` ̄  ̄
      /三,ィ=V/.   //  ∧_/ ヽ.:.:ヽ! - ヽ.≧z--イ ヽ:、
.     /三ニ/ ノヘ!> './  /      V.:.:|:\ _ _ ___,.り   ヽ\
.     /三ニ/ヌ ヽ._ , イ  /    , -┐ ハ、.:.:.:.:.:.:.:.:.://    ヽ \

==============================================================================================







320名無しのやる夫だお:2009/11/29 (日) 22:57:41 ID:X0JNr1k6
駄目だこの球団。早くなんとかしないと……w







322名無しのやる夫だお:2009/11/29 (日) 22:57:58 ID:xB4rz47Y
守備がダメなのか? この3バカはw







323名無しのやる夫だお:2009/11/29 (日) 22:58:00 ID:b8CUi/zo
これはひでぇw







324名無しのやる夫だお:2009/11/29 (日) 22:58:13 ID:1GN6h82A
駄目にきまってるだろwwwwwww







325 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/29(日) 22:58:14 ID:2c7y2lAw

==============================================================================================
   i          |              /       /
    i         |      /       /       /
    i         |      /       /
                  /            ,,,、、---、、,,,
                             、-'"/ .i.i //. /\
\    i        、-‐-、      /   / r /、、 i.i  /,,、='''ヽ
  \   i        i   .iヽ    /   |ミ//  "'''‐'''"" /"ヽ=|
       i      .| .i   i i    /    iミ.レ       /  ヽ|彡
    、'''""'i、      | i  .i i        ト、>、-、、,,__ .| | ,,、、-、<人
\  .(   i.ヽ    |.i 、,、-.i        |ト/| .-、,,、-"ト.|"-、、- ヽヽ)
  \ .ヽヽ   ヽ   .|i    i  /   / ヽ彡/ -‐'''ノ| .|"''‐-  / |"     「ただしイケメンに限る!」
   \ ヽヽ   ヽ  .i    i /   /   | へ   .ゝ| |.>   /|i|
      ヽ -''" .ヽ  .i .i  .i /       '"| |.|.、 、‐二二二‐、 /|人  .,,,、-‐''"
   、    ヽ   i ヽ、丿 i  ヽ、    、-   .|.|ト,_. ̄'-‐‐--' ̄.|、|ノ)''"
.   >-、\ヽ  .i    i、,,、 × ,,-''    ,,-''" ̄ヽ '''""''" / |ノ )
-、, /"  "ゝ''‐ヽ\.i .|  / / ヽ<  .,,,、‐'' ,,,、-‐'''人,,,,、、,,,,ノ‐─|ノ)              俺はイケメ・・・アベシッ!>
  ヽ、‐'  ) 丿、ヽヽ .|  /  /    ̄  、     /   |  |    |_人
   |  .,,,、\ヽ、\\| / ./  -‐''" ̄   \.,,,、-'''‐--|.  |、--‐''""  "'''‐--、,,,_,,,、、、、,,
─- \( )-)─ / >*<.i二_    、、,,,r二─''''"" ̄   .|、、,,,    ,,,,,,___      ヽ、
   r'''".ヽ、丿,,,、///|ヽ i "‐、,   、、,,_ノ   __,,,,,,,、、、、|                   ヽ
  ./,,、、ヽノ  -/ / | | i       /''‐|" ̄、,                           ヽ
-‐'< ─ --、// / .i. .|  フ'''‐--‐''"\二二| | "'''‐--、                  |    ヽ
  \─、-、\ /   r‐''" / /  ノ \|             ‐-、、          |     )
  /"\丿丿    ノ  /  ./  /|  .|                  "'''‐--      | ./   /
./    |''‐''"''''''<"‐'''"  i /  /二二二二|| -- "‐、                  | /   /
   / ヽ    / ヽ、i_、/  ./ |\ |        "‐、               .|./    >
 /   /\ ./   i     /   | \|          "‐、                 レ     ヽ
    /   "/''‐--┼┬-''"─   |   |\                        |      __>''"\
   /    /      .|.─ .i   .ヽ  ヽ     、-‐''"、-‐''''     ''‐、,,      ./     rソ 、''"\|
  /           .|   i    ヽ  ヽ .、-‐''"、、-''"           ''    /     r" ̄\  \

東方不敗が(ry

==============================================================================================







326名無しのやる夫だお:2009/11/29 (日) 22:58:56 ID:VZ60jeSM
こりゃ失点多いわけだわwww







327名無しのやる夫だお:2009/11/29 (日) 22:58:57 ID:Q5CSXAQU
なんかべジータ達に同情したくなってきたwww







328名無しのやる夫だお:2009/11/29 (日) 22:59:20 ID:5Eur5h4Y
試合中ベジータさんが叫んでる姿が目に浮かぶw







329名無しのやる夫だお:2009/11/29 (日) 22:59:30 ID:w3CUk4/2
ああベジータの防御率が悪くないわけが解った希ガス







333 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/29(日) 23:00:04 ID:2c7y2lAw

感傷に浸っていたはずの東方不敗の目は、いつしか楽しげなものになっていた。

                       __,.ァァ ー-- ._
.                     r:i´:.:.:/:,'.:.:.:.:.:.:.__> 、
                     ノ:.j:.:.:.:|/:.:.:.:.://_____ヽ.-、
.                     |:j'´ヽ∠.-‐''¨´ ̄   ヽ.___, ヘノ_
.                     |'           /.:.:.:.:.:.:.:〉: 〉
.                    /_   | /      ーァ___,ノ:|/、
                    ヽ.ゝ、_ノ ノ __,. -‐''ヾ.__:::___::::|,ノ、
                     ハヾ〉 ゝ'<ゞ.フ¨フ゛ /:l:::{,.イ Y::::/
.                    〈 ´7 ' .ヘ `‐'´| /.:.:!:: Yァ l:::/:〉
                    |〉 | ! 〈  `¨  / ,' :/:l:::::|' /'´V::}      「・・・」
                    |:.:V、_,ノ´`ヽ、_ ,'  !:/.: !:イ|1   {::;ハ
                    |:|:ヘ ̄¨¨''ー 、', l ,'|1:|: l:||ノ|   ソ:/
                    VV 〉 ̄¨''ー'' `,' / Vl: リ' |   ソ:}
                      i  |   ,ノ _, ィ | V_,.ノ|  {, イ
.        _____           `ゝr_、___/_,.‐ ¨´  ヽ、 {::ハ
     ,.ィ¨ ̄.::.::.::.::. ̄¨'' -、_,.---――} |:::::::r'´ ̄     __/  ̄ ̄ ̄
    /.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::. ̄.::.::.::.::.::.::.::._人|:::::::}  ___,.-‐'¨.::.::.::.::.::.::.::.::.:/
.   /::.::.::.::.:|.::.::.::.::.::.::.::.::.______} ̄¨¨{ ̄- ‐'´.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::./.::.
   i ::.::.::.::.::|.::.::.::.::.::.::. /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: /.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::./.::.::.::.

栄光を掴み取ったものもいた。怪我で球界を去ったものもいた。
だけど、結果など、ある意味ここではどうでもいい。

ここは実力を付けるための場、それだけの意味しかないのだから。
だからこそ―



::::ヽ、;::;:;:;:;:;:;:;:;:, ...:'´.::::::::::::::`ヽ、.:::::::::::::::   |
;:;:;:::ゝ;::;:;:;:;:;:;/.:::::::::::::::::::::::::::::: \.:::::::::::. i |
;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::. `ヽ、.:::::  l |
;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;::|::::::::::::::::::::::::::::::::::、--==`、,  ,,,l |
;:;:;:;:;:;:;:;:;:゙;:;:;; |::::::::::::::::::::::::::::'.:::::`..  (/”="_/
;:;:;:;:;:;:;:;:;:  :;: |:::::::::::::::::::::::::::::   `-'´;::"~:. i
;:;:;:;:;:;:;:;:;:;  ;: |:;:;:::::::::::::::::::::::.   '´.:::::::::::. |       ┌──────────────────────────┐
;:;:;:;:;:;:;: ::;  l; |:;:;:,::::::::::::::::::::''   ..::::::::::::::::::.. |        │プロの名に恥じぬ、がむしゃらさを、見せて欲しかった―    │
;:;:;:;:;:;:;: ;  |V:;:;:;::::::::::::::::''   ..:::::::::::::::::::::. |       └──────────────────────────┘
;:;:!i:;:;:;: '  l:::::;:;:''::::::::::::'....::::::::::::::::::/´::::::::::::.  |
;:;:!i:;::;:;  i |:,:;:;'':::::::::::::::::::''iiilll|l|ll|llll|liiii,,:::::::::. |
;:;: ;:;:;:;:  /i!::;:;:::::::::::::::::,,iiiiiiillll|ll||ll||ll||l|lllllii-- '´
;:;:;:;:;:;:;! /::::::::::::::::::::::::i:::::::::::::::::::::::: l゙゙゙゙゙゙゛゛
..:;:;:;:;:;:i /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::''/
ヽ:;:;:;:;:!/i,,、:::::::::::::::::::::::::::::::::::.' |
:::::ヽ;:/i||iiiii,,::::::::::::::::::::::::::::::::::. |







337 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/29(日) 23:00:45 ID:2c7y2lAw

春の空を心地よく、飛行機が飛んだ。
頭上を通り過ぎる飛行機のジェット音に、東方不敗は現実に引き戻される。

慌ててグラウンドに目をやると、だらけた練習生と、その輪を外れる3人の練習生。

                       _, -―- 、
                    , イ/, -―、  \
                   /r-‐ '´   _く‐-=、ヘ
                     j/ 、 ! _,∠ , \  ヽ|
                   〈ーァ。! | ` °′ / 〈⌒l
                   l  l_」 _」__  〃  lう ハ          (サボリか?)
                   ∧ / -- 、} lイ   lイ ハ
                   l/ハ '´-― '   レVリ l/ レ-―-、 __
                    |ハ  }     //  l/    _/    \
                      L〈__ ∠ -―≠   /    /
                      r 7  レ-‐ ′   /    /
       r=、__               _|_」./   /  /     / ̄\
  /⌒ヽ.」_ 廴_)        厂 ̄      _/    / ̄ ̄\  \
 _ハ    \l  l`ヽ   / ̄ ー――=ニ    /   / ̄ ̄\   ヽー'
|       l  l   〉ー┘       _ -‐ ′_   l/´ ̄\  \__ノ
」         /  }/⌒ ー―――ァ= --――――=ニ  ̄ >、   )ー ' \







338 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/29(日) 23:01:10 ID:2c7y2lAw

3人の練習生はご存知この3人。
サボリかと思いきや、真剣な表情で言い合いをしている。


           ∨‐' ´ ̄ ̄二二ユ_                                     / ̄ ̄\
       r==ニ二ニ三三三三三二≧            ノ L____                  / ヽ、_   \
        `ヽ三斗‐〒:: ̄`::.:‐<三/            ⌒ \ / \              . ( (● )    |
         ./::.::/::;:: |l::.::.ヽ.::.::.ヽ::.::ヽ            / (○) (○)\.           . (人__)      |
         l::.::;':://:八::ト、::\::.::.}::.::.|           /    (__人__)   \          r-ヽ         |
          |::.::レ':∠ -ヘ:ヽ`≦ニ|::.::.|            |       |::::::|     |.          (三) |        |
          ∨::.l:代j歹 \ 它フj::.}:/           \       l;;;;;;l    /l!| !         > ノ       /
         }:l::.|:ゝ       /:/:,'_ ,.‐ 、        /     `ー'    \ |i         /  / ヽ     /
          /人:ドヽ、_ r¬ 彡l::リl !   rf:ヽ     /          ヽ !l ヽi       /  / へ>    <
        ′ `ヽ _r┴ミ_T´レ' |/ |. ヽ,. ナ/ /     (   丶- 、       しE |そ      |___ヽ  \/  )
          rt<   /ニ7弌ー、 ㌦ .!/ /      `ー、_ノ       ∑ l、E ノ <          |\   /|
         / :.`ヾ、 く〈 //|ト、〉〉ハ 'ミヾ! ィ、.        │        レY^V^ヽl          |  \_/ |








340 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/29(日) 23:01:59 ID:2c7y2lAw

東方不敗の笑みは、より強くなる。

             ヽヽ|   |         、-‐ >   )
             人|   ヽ   、-二'-‐‐‐‐‐-、、   /
             ( |   ヽ .|  | |,,,,、、、、、、、、,,,,,,.ヽヽ/|
            (ヽ |    | | |.    、,,,,,、、、、,,,,、"''./ .|.|
            (ヽ <| |  || ヽヽ       、   /  ||
           (ヽ )|| |  ||             )  .( | ||
           (ヽ ) | 丶| \        /   .)/||
          (ヽ ) .|   \  \____  .ノ |
          (ヽ ) .|______      ̄| ヽ|
         (ヽ )┌''"        | ̄ ゛"''‐-.|、、
         (ヽ ) /          .|      | |

最近の練習生で変り種と言えばこの3人。
特にやる夫は、ガムシャラさだけで言えば、過去の練習生と比べても遜色無い。


プロ意識とは別のものだと思うが、強烈な上昇志向を持つこの3人なら
サボリなどありえまい。

東方不敗は暫く3人の会話に聞き耳を立てる。







341 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/29(日) 23:02:30 ID:2c7y2lAw

      ____
    /:::::::::  u\
   /ノ└ \,三_ノ\   ,∩__
 /:::::⌒( ●)三(●)\ fつuu
 |::::::::::::::::⌒(__人__)⌒ | |   |   「だからやる夫は新しい変化球を試すお!
 \:::::::::   ` ⌒´   ,/_ |   |    もう1種使える球が無ければ、正直なにもできないお!」
   ヽ           i    丿
  /(⌒)        / ̄ ̄´
 / /       /

やる夫の声にはウンザリしたものが含まれていた。

                                                    __
                                                   /  . \
                                                 /._ノ三ニヽ、\
                                                 |  (⑪)(⑪) .|
                                                . |  (__人__).. |「rー__ヽヽ
                    「明らかにストレート強化の方が最優先だろ!  .|   ` ⌒    |  .\  \┌ーz__ ┐
                     ストレートが無きゃリードなんてできないだろ! ヽ      , ィ==‐、/ / ̄ ̄乙/ /
                     キャッチャー的に考えて!」             ヽ    ノ⌒) ∨/  / ̄ ̄/|
                                                   /   (_ ̄__/ ̄`く._ __∠ -┘」
                                                   |     /〃 \   '"  \    -┘
                                                    |    ./¨\    \,_ ``ヾ}
                                                     . 人''" \  、__ ` 、_/ ノノ
                                                      〈 " \ __.ヽ ヾ、._,)'´
                                                    /,ハ.  ヽ.  、__`ン{ 〃
                                                く / ∧ !、_  `'_,/

やらない夫の声も興奮している。







342 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/29(日) 23:02:56 ID:2c7y2lAw

             __ __
         ,.. -‐':.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.::: 、
       /:.:.:.:.::.:.:.:.:.::.:.:.:.::.:.:.:.::.::.\
       ':.:.:.:.:/:.:.:.:|:.:.l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:...:.:.ヽ
      ':.:.:.:.:::':.:.:.:.:.:.:|:.:.|:!.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:..:.',
     .'.:.:.:.:./:.:.://ハ:.:|:lヾ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l.:.:.::|
     l:.:.|:.:.レナナ'‐  l:.ト! \:.__:.:.:.:|.:.:.:|
     |:.:.:ィ升Krォァ=、 ヾ!\´ _ゝ_ ` .:, .:.:.,'
     |:.:.ハ:.:|  辷'ノ   丶 イt::_iヾレ:.::.::,   「やらない夫のリードはあってないが如し。」
     |:.:.:.:l:.| ::::::        ゞ-' !:.:.:.:.:イ 
     l.:i:.:.:.|ヽ.    _  ′ :::::  ハ:..:./  <なーんてね
.     |:l:.:.:.|:.:.\     ̄    イ:::::/
     ヾ!.:,|ハ..:.:.|ゝ、  _ ...ィ/:.:.レ:j/ ニコッ
    _ _ _ゞ\ー- 、   |:./レl:.:..:/
   _レーハヽ     ヽォ_ー 、. |:.:/
   /::::::::::つ    /,イjくヾ\'_

                                         ___
                                         /::::::::::::::\
                                      /::::::::::::::::::::::::\
                                       |:::::─三三─::::::|         :∴: :;. ;. .: :`:: ∵:゛
                                      | ( ○)三(○)|    :゛;∴゛` ;`: :゛;:`´..;.∴;.`:':
                                      |::::::::::::(__人__):::|  ゛;.゛;. ; :″:: :゛;. :∵゛ ;. :'-、
                                       |:::::::::::::|r┬-|' ;`∵: ;`;.:`´..; ` ;.゛;.: ::゛;.゛;.
                                       |:::::::::::;::`ー;:: :゛;.・:゛∴;.゛;.: ::゛;.″:: :゛;∵゛ ;
                                       \::::::::::::::::::∵∴゛;.゛;.:: `;  :; `,  ・
                                       >::::::::::::::::::& lt;∴;.゛;.: ::゛;.″:: :゛;∵
                                      /::::::::::::::::::::::::\
                                      |:::::::::::::::::::::::::::::::::|
.                                     【痛恨の一撃!】







343 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/29(日) 23:03:36 ID:2c7y2lAw

                                                         / ̄ ̄\
                                                      /# ヽ、_  \
                                                     (○)(< ) u |
                  「俺の課題がリードだって事はわかりきってるだろ。     (__人__)    |
                  そんな事より今はやる夫と蒼星石がこれからどうするか   (`⌒ ´  #  |
                  って話だろ?話の流れ的に考えて!」        .     {           |
                                                      {        ノ
                                                       ヽ     ノ
                                                      i        、\ ;
                                                      |   !    /__} ;
                                                     ,-| . |ー-、/ ゞノヽ
                                                    {_ i、___,l   |    | ;
                                                     )ソ(___i)---|    |
                                                            ゝ-i--i´ ;
                                                              `-゙
やらない夫がめげずに訴えかけるが―

       , ―――― 、
     /  _ノ ' ;、ヽ_ \
    /   ( ●)  (●) \
   /      (__人__)   )
   |      / | | | | |ゝ   ノ ,.、,_ ,..._
   _ヽ、   、`ー―'´,)r‐ァ‐''"/ _/ >-‐ 、
  '/ / \     ̄ ̄ (゙\`マ -‐ト-.r '`';ーく__\
, '/  '、   ゞ  __ ,ィ ヽ \\ ,)/ ノ / ノ  「だからやる夫は新しい球種を覚えるって言ってるお」
/    `' ーァ、  ;;:/  / ̄iヽ `々゛  、   /
       | ヽ  ;ノ 〈  ',ヽ `、  :i ノ    |
       l  \    ヽ /, \l    ! /   |
       ヽ ,、 -〉  , --〉/⌒i'ハ    ;      ト、

やる夫は聞く耳を持たない。
話は終わりだという風に、首を振った。







344名無しのやる夫だお:2009/11/29 (日) 23:03:59 ID:IOzC8dOE
あいかわらず蒼ひでえwww







345名無しのやる夫だお:2009/11/29 (日) 23:04:19 ID:ScLml0xg
ストレートは若いうちに伸ばしてほしい気はするじぇ







346 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/29(日) 23:04:20 ID:2c7y2lAw

やらない夫は食い下がる。
                                                     / ̄ ̄\
                                                   / ヽ、. _ノ \
                                                   |  (●)(●) |
                                                   |  (__人__) |
                       「その方針が間違ってるって言ってるだろ!」 |   ` ⌒´  |
                                                    |        }
                                                    ヽ       }
                                                    人_____ノ"⌒ヽ
                                                  /           \
                                                 /            へ  \
                                                 (  ヽγ⌒)     |  \   \
                                                 \__/

どうやら、話は同じところをグルグル回っているようだった。







348 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/29(日) 23:05:05 ID:2c7y2lAw

             _____
            ┌<二三三三三≧
            ∨三三三三三三7
           ∨‐' ´ ̄ ̄二二ユ_
       r==ニ二ニ三三三三三二≧
          `ヽ三斗‐〒:: ̄`::.:‐<三/
.          /::.::/::;:: |l::.::.ヽ.::.::.ヽ::.::ヽ
         l::.::;':://:八::ト、::\::.::.}::.::.|
          |::.::レ':∠ -ヘ:ヽ`≦ニ|::.::.|  「うるさいなあ・・・
          ∨::.l:代j歹 \ 它フj::.}:/   やる夫もボクも、もう方針は決まってるんだよ?
         }:l::.|:ゝ       /:/:,′  ケチ付けないでよ」
          /人:ドヽ、_ r¬ 彡l::リ
        ′ `ヽ _r┴ミ_T´レ' |/
          rt<   /ニ7弌ー、
         / :.`ヾ、 く〈 //|ト、〉〉ハ
          /:.:/:.:.:.{ } ヽ/| |}{∨ |l:|

                                                      / ̄ ̄\
                                                     _ノ  ヽ、  \
                                                   ( ●)( ●)   |
                                                   (__人__)      | ../}
              「蒼星石の方針はもっと問題があるだろ!      _       ヽ`⌒ ´     | / /    __
               コントロールとスローカーブを良くして     (^ヽ{ ヽ      {        ./ /  . / .ノ
               変化球を1個覚えるなんて、        ( ̄ ヽ ヽ i      ヽ      / 厶- ´ /
               欲張りすぎもいいところだろ!」      .(二 ヽ i i |,r‐i    ノ.   ヽ /     /
                                         ヽ   /  ノ  /    r一'´ ー 、   ̄ ̄ ̄)
                                          i   {   イ―イ /   .`ー―. 、__ .〈 ̄ ̄
                                          ヽ. `ー '/   /           /\ \
                                             `ー '  ̄ ̄!           |  ヽノ







349 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/29(日) 23:05:35 ID:2c7y2lAw

        ノ L____
       ⌒ \ / \
      / (○) (○)\
     /    (__人__)   \           「欲張りでもしねーと蒼星石はショボイんだから、
      |       |::::::|     |           しょうがないお!
     \       l;;;;;;l    /l!| !
     /     `ー'    \ |i           蒼星石のショボイ実力を考えてモノを言うおっ!」
   /          ヽ !l ヽi
   (   丶- 、       しE |そ  ドンッ!!
    `ー、_ノ       ∑ l、E ノ <
               レY^V^ヽl


.   ___
  |───|
 <二二二二>
 (i,ノo レ'oリ,)
.  lル Д lノ   しょ・・・ ぼ・・・
  /|~介~|\
. <ヽ l__||__,l_/ >
  l` lニ爻ニl,´|
  l,/::::::::::::::', |
. /:::::::::l:::::::::',
. 〈:::::::::::l:::::::::::〉

揉めている理由は簡単、今後の方針が仲間内で一致しないようだ。

そう、いつの間にかこの3人は仲間内の、チームとして動き始めている。






351名無しのやる夫だお:2009/11/29 (日) 23:05:46 ID:UcJLNYqA
やらない夫の言い分も一理あるな。ストレートがよくないと変化球も簡単に見極められる







352名無しのやる夫だお:2009/11/29 (日) 23:05:56 ID:kMOdHJBA
うん、それは欲張りすぎだ







353 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/29(日) 23:06:08 ID:2c7y2lAw

┌────────────┐
│あの、やる夫が、だ―     .│
└────────────┘
       ____
     /     \
   /_ノ  ヽ、_   \    
  /(●)三(●))   .\   
  |   (__人__)      |   
  \ ヽ|r┬-| /   /   
  /   `ー'´      \







357 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/29(日) 23:06:46 ID:2c7y2lAw
       ____
     /     \
   /_ノ  ヽ、_   \                     「オメーは蒼星石がショボ~いままで
  /(●)三(●))   .\                    良いと思ってるのかお?
  |   (__人__)      |                    蒼星石だってショボ~いなりに何とかしようと
  \ ヽ|r┬-| /   /                    頑張ってるんだお!」
  /   `ー'´      \


           ', ニ三三三   '"´ ̄ ̄ ̄ ̄|
            ',ニ '"´  ,.  -────┴──┐
            V ,.  ニ三三三三三三三三二ニ 〉
           ノニ二三三三三三三三三三二二/
         / ニ三三 ,. ..:"´.:.:.:.::::::::::::::::::::::::::::.:.:.V
        く ニ三三 ,ィ´.:.:.:.:.:.:.:.:.:l.:.:.:.l.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
          ヽニ,.ィ´.:.:.:.:/.:/ /.::/l.:.:.:.ト、.:ヽ.:.:.:.:.:.l.:.:.:.:.:!
          V.:/.:.:.:.:V::/ /.:./ /:ハ::| \.:\.:.:l.:.::l.:.:|
            /:/.:/.:.:.:.V /.:ノ`メ、ヽl/   \⊥:l.::/.:. !
             |.:l.::ハ.:.',.:.:Vノ ィ行ミヽ    仁ミ V:/.:.:.:.|   「やる夫!」
             |.:|.:トぃ.:',.:.:', ゝ廴ソノ    1りノ/.:.:./ 
             |.:|.:l.`ト、:ヽ.:.、 , , , ,   .:、 , , イ;.イ 
           N/l.:.l:.:.\:.::.\   、_ _,   ,.イ::l/
                |人..:::ト、:l\|ヽ    ,. イ.:/.:.l
              \l _ハ    `丁 `ヽl/.:./
             , ィ´  L_  _/  ,   |/
            ノ(  V/   `Y´   /  ,rく⌒L_  <ピンピロリン♪ ソウセイセキ ノ コウカンド ガ 1 アガッタ!
           /l.:.:.:) リ  /`7介ヽ  ′ / /.:.:.:.:V
            /.:l.:.:(``y' /〃〈〈ハ、:.\  /`7.:.:.:.:.:.:',


              / ̄ ̄\
         rヽ  / ノ  \ \
         i !  |  (●)(●) |
      r;r‐r/ |.  |  (__人__)  |             (何で好感度が上がるのか、さっぱりわかりません)
      〈_L (`ヽ .}  |   ` ⌒´  ノ
     l` ( ``/ .  |        }
     ヽ   l  .  ヽ       }
      |,.   l   /⌒   ー‐  ィ ヽ

つるんで練習をしている所は良く見かけていたが、チームとして共に歩み始めたのはここ最近。







360名無しのやる夫だお:2009/11/29 (日) 23:07:29 ID:UcJLNYqA
蒼星石√にまた一歩近づいたなw







364 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/29(日) 23:07:55 ID:2c7y2lAw

┌──────────────────────────┐
│やる夫が第三練習場に帰ってきた日からのことだった―   ...│
└──────────────────────────┘





;:;:;:;:;:;:;:;:;:;  ;: |:;:;:::::::::::::::::::::::.   '´.:::::::::::. |
;:;:;:;:;:;:;: ::;  l; |:;:;:,::::::::::::::::::::''   ..::::::::::::::::::.. |
;:;:;:;:;:;:;: ;  |V:;:;:;::::::::::::::::''   ..:::::::::::::::::::::. |
;:;:!i:;:;:;: '  l:::::;:;:''::::::::::::'....::::::::::::::::::/´::::::::::::.  |
;:;:!i:;::;:;  i |:,:;:;'':::::::::::::::::::''iiilll|l|ll|llll|liiii,,:::::::::. |
;:;: ;:;:;:;:  /i!::;:;:::::::::::::::::,,iiiiiiillll|ll||ll||ll||l|lllllii-- '´
;:;:;:;:;:;:;! /::::::::::::::::::::::::i:::::::::::::::::::::::: l゙゙゙゙゙゙゛゛
..:;:;:;:;:;:i /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::''/
ヽ:;:;:;:;:!/i,,、:::::::::::::::::::::::::::::::::::.' |
:::::ヽ;:/i||iiiii,,::::::::::::::::::::::::::::::::::. |


再び、東方不敗の瞳孔は、過去の日を映す。






370 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/29(日) 23:08:42 ID:2c7y2lAw

---------------------------------------------------------------------------------------------
やる夫が二軍落ちを通達されたその日。
やる夫は二軍に行くことを拒否し、この第三練習場に戻ってきた。

:::::... .... ..::::::::::::::::....::::::........ . .::::::... ....::::::::::.. .. . ... .::::.. . . .:: : :.. . ... ::: :::.. ... .. .. . ... ... ..::. .. . .. . .. .
::::: :: :  .                   ... .::::: :... .
  .:::: .. . .... .. ..   . ... ...    ..::   . .. . .. ... .. ..   . ... ...    ..::   . .. . .. ... .. ..   . ... ...    ..::   . .. . .. :...
... ...    ..::     . .. . ..
 .:::: .. . .... .. ..   . ...  ...    ..:           . .. . .. ..   . .. ..     . ...
 ...    ..::   . .. . .. ... .. ..    . ... ...    ..::   . .. . ..
 .:::: .. . .... .. ..   . ... ...    ..::   . .. .     .. ... .. ..   . ... ...    ..::   . .. . .. ... .. ..   . ... ...
... ...    ..::     . .. . ..
 .:::: .. . .... .. ..   . ...  ...      ...    .  .::   . .. . .. .    . .. ..   . ..    . ...    ..::      . .. . ..
゙`,:`:,`,:`'
'' ;~'',;''゚ ;~'',;'  ',;;~,;''゚ ;~`゙  ...    ..::   . .. . .. ... ..    ..   . ... ...    ..::   . .. . ..
`:、 ゙''、,, ヽレ'``'.、レ',ィ!ゞヾゞYゞ                          ,,,,.ィ;;wリ゙W゛jリwj
":;;;wリ゙W゛jリwj从リj  从 MwM 从 ゙''、,,_.,.__,..,._,.,_.,...,_..,._,.__,..,._,.,_.,,,,-‐'゛wj从 W:;, ':,:;.,:;.:从wW从リj
 从 wwリ゙W゛jリwj,、,、,、从リj"W゙リw;yノw''"                 ゙''、,,゛jリwj从リj  :;.: ".:;.:'"゙:.:゙,:;、,"'.:.:;,`
wMwM 从;: `:、 ゙''、,, ``'.、 ,:`:,,,,‐'゛' ~    ~    '' ゚   ;~ ,;    wwリ゙W゛jリwj,、,、,、从リj",:.:.、;:...:;;wリ゙W゛jリwj.:,:.:.
 `:、,, `wリ゙W゛jリwj从リj`'.、 ,:                          `゙''、:::.. リ wj,、,、,、从リj"::::::
 ''wリ゙.,.,.,.,..wj从リj`'.、 ,:,-‐'゛            .,.,.,.,..,.,  ~' ',;    ''"'     `:、 ゙''、,,'.、゛jリwj从リj `:、 ;;wリ゙W゛jリwj ,:`:、
 '' ;~'',;''',;' jリw j ;: ー''' "゙゙     ''"'      ;';';';';';';';';';';';              ``'‐.、 :;.:".:;.: '"゙:.:゙,:;、,"'.:.:;,`
W゛jリ wj 从,,,,;~'',;''゚                 ;';';';';';';';';;';'    ~' '  ,;''         ~'ー:;.:;;wリ゙W゛jリwj".:;.:'"゙:.:゙,:;、,"'.
,;'',;' v'゚ ;~,;''゚ ;  '゚ ;      ~' ',;   ''    ;';';';';';'            ~'   '      ``リ゙W゛jリwjr'
,;'',;''゚ ;~                       ;';';';';';';';';';';';'        '゚   ;  ~' ',;''       `゙''、:::.. リwj'゚    ;
                    '゚   ;   ;';';';';';';';';';';';';'; ~' ',;''                     `゙'':::.. wj
             ''"  '"   ~'     ;';';';';';';';';';';';';';';'             '゚   ;  ~' ',;''       `゙''、
   ''   "  '   "        ~'   ;';';';';';';';';';';';';';';';';';';

意図は、やる夫を知らない人にとっては、想像しかねた―
---------------------------------------------------------------------------------------------






373 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/29(日) 23:09:27 ID:2c7y2lAw

---------------------------------------------------------------------------------------------

その夜、東方不敗は自室―管理人室―にやる夫を呼び出した。

' ̄ ̄ ̄||| | ┏━┯┯━┳━┯┯━┳━┯┯━┳━┯┯━┓
     || | ┠─┼┼─╂─┼┼─╂─┼┼─╂─┼士─┃
     || | ┠─┼┼─╂─┼┼─╂─┼┼─╂─┼|\, ̄■]\,
     || | ┠─┼┼─╂─┼┼─╂─┼┼─╂─┼||\\    \
、   _,,|| | ┠─┼┼─╂─┼┼─╂─┼┼─╂─┼||\l\| ̄ ̄ ̄|
  'ヽ,/ || | ┣━┷┷━╋━┷┷━╋━┷┷━╋━┷||\l\||     |
./″' ..|| | ┃|      ┃      |┃|      ┃    ||\l\||    |
     || | ┃|      ┃      |┃|      ┃    ||\\.||     |
     / ̄ ̄jl ━━━┻━━━━┻━━━━┻━━ヽ、| 。}||    |
   /    /i___,,;;;;;:| ;;;          ;;;;;;\;;;;;;;;;;;;::. \|  ||    |
. ,.∠___/ ´x  /,,,,;||__________\;;;;;;;;;;;;;.  \ ||    |
´ || ̄ ̄ ̄||ー―‐',, ,,,,:.|| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  \:::::::::::  ~  ̄ ̄ ̄


尋ねなければならない事があった。

       / ̄ ̄ ̄ \
     /       . \
    /  _ ノ   ヽ、_   \
   .|   (ー)  (ー) .  |             「・・・」
    \    (__人__) .  /
     /    `⌒´    ヽ
    ヽ、二⌒)   (⌒ニノ


          ,. ‐==:┬┬ .、
          ,イミ∠⌒ヽ_⊥∠}
        /三V >、 、,  j.
        r=三〈  `ー゚` l L..=〉
       ,仆、j川    ._| 「゚-j
       ,tノ`i | |l  仁二`-' 、/             「やる夫、何故戻ってきた」
   _   tノ リ| | |    ー- `"ハ
ー-< `ー- 、 ,/レ'^_:、j    } /l_j.
ヽ、.:\: : :  ̄`ー二_ `rー-r┘
‐- 、.:..:.:.:.:.:ー-.:.:.:.  ` ┴-、|7
 r‐―‐ 、.::.:.:.:ヽ       `ー¬
/   r一爿.:.:.:.  \ ー‐- .__」_
ヽ/ r―┴ 、.:.:.:... `ー        \ _
.(_,>人__,.―^ー-、__,..  _.. > 、___,.... - ヽ

開幕1軍に残れなかった若手は、2軍で実績を上げることで1軍への道が開かれる。
東方不敗が推薦でもしない限り、2軍の試合にでることがない第三練習場の選手達。

1年目での1軍入りを目指すやる夫が戻ってくる理由は、無いはずだった。
---------------------------------------------------------------------------------------------







374 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/29(日) 23:10:09 ID:2c7y2lAw

---------------------------------------------------------------------------------------------

無音の空間ができた。

東方不敗がお茶を啜る音が、時折聞こえた。

      ___
    /     \
   /  _ノ '' 'ー \                  「・・・」
 /  (●)  (●)  \
 |      (__人__)    |
 \      ` ⌒´   /


       ,tノ`i | |l  仁二`-' 、/
   _   tノ リ| | |    ー- `"ハ
ー-< `ー- 、 ,/レ'^_:、j    } /l_j.
ヽ、.:\: : :  ̄`ー二_ `rー-r┘              「・・・」
‐- 、.:..:.:.:.:.:ー-.:.:.:.  ` ┴-、|7 





カチコチと鳴る古い時計の針の音は、少々無粋に感じる。

---------------------------------------------------------------------------------------------







375名無しのやる夫だお:2009/11/29 (日) 23:10:14 ID:N7tgwj3o
ああ、やはり意図的に戻ってきてたのか







376 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/29(日) 23:10:47 ID:2c7y2lAw

---------------------------------------------------------------------------------------------

突然、やる夫が吐き捨てるように、言った。

       ____
     /     \
   /_ノ  ヽ、_   \
  /(●)三(●))   .\                             「実力不足だからですお」
  |   (__人__)      |
  \ ヽ|r┬-| /   /
  /   `ー'´      \


                        , ィーr―- 、
                       /ヽ l l  /ハ
                        l7⌒' ー' ⌒v|
                          〔リ ≧、l |,≦ 7|〕
          _ __ __    _   r ┐l 二,j |二 l:h            「・・・実力が認められたからこそ、
        _ / | 〈 |  〈 ⌒⌒{ ヒ」ーーーーー'イl|            2軍に行った。
        |、_)ー'⌒^ー'ァァーl    〉 レ勹ーーrーァーr′
     /´ ̄`Yーf⌒⌒二コニ|      ∠!ート--イ  ̄{__, -―- 、     違うかな?」
     /,   /リークー'/  八  -―く  ー‐|  |ー一'/  /     \
    ノイ /|  / | ̄  ヘ   \ /⌒\ ̄_」 / / ̄ ̄ ̄      l
   〈 lイ  \/ /      V [lー}/  /⌒\    / ̄ ̄ ̄ 丶   /
   /}ノ \  Vl      |    |  /      ̄ ̄\_         /
  ,     \/|       /  [lー|  |          l\         /
  |     /´ 〉    _」   ハ  \         l  |     /,
  丶      /   / \  {  \_l             / V
     \_∠ -   ̄     ト \ ヽ \             /   /
                 l  ̄ |  |  ̄ \       /    /
                  l   |  |     ̄\__/    /

答えは、想像ができていたが、東方不敗はあえて尋ねた。

---------------------------------------------------------------------------------------------







377 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/29(日) 23:11:34 ID:2c7y2lAw

---------------------------------------------------------------------------------------------

当然だというように、やる夫が言う。

      ___
    /     \
   /  _ノ '' 'ー \
 /  (●)  (●)  \                 「”2軍で通用する実力”なんていらねーお」
 |      (__人__)    |
 \      ` ⌒´   /


                                           __,.ァァ ー-- ._
                    .                     r:i´:.:.:/:, '.:.:.:.:.:.:.__> 、
                                         ノ:.j:.:.:.:|/:.:.:.:.://_____ヽ.-、
                    .                     |:j'´ヽ∠.-‐''¨´ ̄   ヽ.___, ヘノ_
                    .                     |'           /.:.:.:.:.:.:.:〉: 〉
                    .                    /_   | /      ーァ___,ノ:|/、
                                        ヽ.ゝ、_ノ ノ __,. -‐''ヾ.__:::___::::|,ノ、
                                         ハヾ〉 ゝ'<ゞ.フ¨フ゛ /:l:::{,.イ Y::::/
                    .      「・・・そうか」       〈 ´7 ' .ヘ `‐'´| /.:.:!:: Yァ l:::/:〉
                                        |〉 | ! 〈  `¨  / ,' :/:l:::::|' /'´V::}
                                        |:.:V、_,ノ´`ヽ、_ ,'  !:/.: !:イ|1   {::;ハ
                                        |:|:ヘ ̄¨¨''ー 、', l ,'|1:|: l:||ノ|   ソ:/
                                        VV 〉 ̄¨''ー'' `,' / Vl: リ' |   ソ:}
                                          i  |   ,ノ _, ィ | V_,.ノ|  {, イ
                    .        _____           `ゝr_、___/_,.‐ ¨´  ヽ、 {::ハ
                         ,.ィ¨ ̄.::.::.::.::. ̄¨'' -、_,.---――} |:::::::r'´ ̄     __/  ̄ ̄ ̄
                         /.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::. ̄.::.::.::.::.::.::.::._人|:::::::}  ___,.-‐'¨.::.::.::.::.::.::.::.::.:/
                    .   /::.::.::.::.:|.::.::.::.::.::.::.::.::.______} ̄¨¨{ ̄- ‐'´.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::./.::.
                       i ::.::.::.::.::|.::.::.::.::.::.::. /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: /.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::./.::.::.::.

想像通りの、答えであった。

---------------------------------------------------------------------------------------------







378 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/29(日) 23:12:10 ID:2c7y2lAw

---------------------------------------------------------------------------------------------

       ____
      /      \
     / ⌒  ⌒   \              「それに2軍にいたら、2軍の試合にでなきゃいけないし、
   /  (ー) (ー) /^ヽ              2軍の試合用の調整もしなきゃいけねーお」
  |   (__人__)( /   〉|
  \   ` ⌒´  〈 / ⌒^ヽ
―――――――― \ _ _ _ )

さも面倒臭そうに、やる夫が言う。


          ,. ‐==:┬┬ .、
          ,イミ∠⌒ヽ_⊥∠}
        /三V >、 、,  j.
        r=三〈  `ー゚` l L..=〉
       ,仆、j川    ._| 「゚-j
       ,tノ`i | |l  仁二`-' 、/             「・・・邪魔かね」
   _   tノ リ| | |    ー- `"ハ
ー-< `ー- 、 ,/レ'^_:、j    } /l_j.
ヽ、.:\: : :  ̄`ー二_ `rー-r┘
‐- 、.:..:.:.:.:.:ー-.:.:.:.  ` ┴-、|7
 r‐―‐ 、.::.:.:.:ヽ       `ー¬
/   r一爿.:.:.:.  \ ー‐- .__」_
ヽ/ r―┴ 、.:.:.:... `ー        \ _
.(_,>人__,.―^ー-、__,..  _.. > 、___,.... - ヽ

やる夫の言いたいことは解っていた。

---------------------------------------------------------------------------------------------







379 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/29(日) 23:13:10 ID:2c7y2lAw

---------------------------------------------------------------------------------------------
         ___
      /)/ノ ' ヽ、\
     / .イ '(●)  .(●)\
  .  /,'才.ミ).  (__人__)   \             「邪魔だお」
  .  | ≧シ'   ´ ⌒`     |
  . \ ヽ           /


                                           __,.ァァ ー-- ._
                    .                     r:i´:.:.:/:, '.:.:.:.:.:.:.__> 、
                                         ノ:.j:.:.:.:|/:.:.:.:.://_____ヽ.-、
                    .                     |:j'´ヽ∠.-‐''¨´ ̄   ヽ.___, ヘノ_
                    .                     |'           /.:.:.:.:.:.:.:〉: 〉
                    .                    /_   | /      ーァ___,ノ:|/、
                                        ヽ.ゝ、_ノ ノ __,. -‐''ヾ.__:::___::::|,ノ、
                                         ハヾ〉 ゝ'<ゞ.フ¨フ゛ /:l:::{,.イ Y::::/
                    .      「・・・そうか」       〈 ´7 ' .ヘ `‐'´| /.:.:!:: Yァ l:::/:〉
                                        |〉 | ! 〈  `¨  / ,' :/:l:::::|' /'´V::}
                                        |:.:V、_,ノ´`ヽ、_ ,'  !:/.: !:イ|1   {::;ハ
                                        |:|:ヘ ̄¨¨''ー 、', l ,'|1:|: l:||ノ|   ソ:/
                                        VV 〉 ̄¨''ー'' `,' / Vl: リ' |   ソ:}
                                          i  |   ,ノ _, ィ | V_,.ノ|  {, イ
                    .        _____           `ゝr_、___/_,.‐ ¨´  ヽ、 {::ハ
                         ,.ィ¨ ̄.::.::.::.::. ̄¨'' -、_,.---――} |:::::::r'´ ̄     __/  ̄ ̄ ̄
                         /.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::. ̄.::.::.::.::.::.::.::._人|:::::::}  ___,.-‐'¨.::.::.::.::.::.::.::.::.:/
                    .   /::.::.::.::.:|.::.::.::.::.::.::.::.::.______} ̄¨¨{ ̄- ‐'´.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::./.::.
                       i ::.::.::.::.::|.::.::.::.::.::.::. /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: /.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::./.::.::.::.






               ┌──────────────────────┐
               │1軍で戦う実力を身につける練習だけをしたい。  ....│
               │やる夫はそう言っている。                 │
               └──────────────────────┘

要は、駄々をこねている―

---------------------------------------------------------------------------------------------






381 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/29(日) 23:14:00 ID:2c7y2lAw

---------------------------------------------------------------------------------------------

東方不敗の穏やかな顔を見たやる夫は、ニコっと笑う。

       ___
      /     \
    /   ⌒  ⌒\
   /   ( ⌒)  (⌒)\
   i  ::::::⌒ (__人__) ⌒:: i
   ヽ、    `ー '   /
     /     ┌─┐
     i   丶 ヽ{ .茶 }ヽ
     r     ヽ、__)一(_丿
     ヽ、___   ヽ ヽ
     と_____ノ_ノ

口をつけていなかった、お茶に手を伸ばした。


       ____
     /⌒  ⌒\
   /( ―)  (―)\
  /::::::⌒(__人__)⌒:::::\
  |             |
  \              /

暫くモジモジとしていたが、ねだるように言葉を紡ぐ。
---------------------------------------------------------------------------------------------







383 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/29(日) 23:14:31 ID:2c7y2lAw

---------------------------------------------------------------------------------------------

         ____
       /     \
.    /       \
.  / /) ノ '  ヽ、 \                「我侭言ってるのは解ってますお。
  | / .イ '(ー) (ー) u|                だけど・・・」
.   /,'才.ミ). (__人__)  /
.   | ≧シ'  ` ⌒´   \
 /\ ヽ          ヽ


         .____    .i^マ'フ
 モジモジ  ./⌒  ⌒\  レ' /
       /( ―)  (―) ./ ,イ ヽ、
     //// .(__人__) ./ 、 /ーヘ_,.ヽ,         「置いて貰う訳にはいきませんかお?」
     |     .´ ⌒` ./ 、\`ヽ´__ .`t
.     \      .../   ヽ r'´_}__,   {
            ./  {'T /`7/ _,ノ  !
          .-'     `7'/ヽY´   |


こっちの答えは解っているだろうに。
東方不敗は笑う。

                                              |〉 | ! 〈  `¨  / ,' :/:l:::::|' /'´V::}
                                              |:.:V、_,ノ´`ヽ、_ , '  !:/.: !:イ|1   {::;ハ
                     「構わんよ。.                  |:|:ヘ ̄¨¨''ー 、', l ,'|1:|: l:||ノ|   ソ:/
                     やる気のある選手なら、置いてやる」.   VV 〉 ̄¨''ー'' `,' / Vl: リ' |   ソ:}
                                                i  |   ,ノ _, ィ | V_,.ノ|  {, イ 
                          .        _____           `ゝr_、___/_,.‐ ¨´  ヽ、 {::ハ
                               ,.ィ¨ ̄.::.::.::.::. ̄¨'' -、_,.---――} |:::::::r'´ ̄     __/  ̄ ̄ ̄
                               /.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::. ̄.::.::.::.::.::.::.::._人|:::::::}  ___,.-‐'¨.::.::.::.::.::.::.::.::.:/
                          .   /::.::.::.::.:|.::.::.::.::.::.::.::.::.______} ̄¨¨{ ̄- ‐'´.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::./.::.
                             i ::.::.::.::.::|.::.::.::.::.::.::. /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: /.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::./.::.::.::.

孫に玩具をねだられている様な錯覚を、東方不敗は覚えた。

---------------------------------------------------------------------------------------------







384名無しのやる夫だお:2009/11/29 (日) 23:14:42 ID:UcJLNYqA
一軍で通用する練習がしたいから二軍の試合には出たくないとか・・・その発想はなかったわww






386 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/29(日) 23:16:04 ID:2c7y2lAw

---------------------------------------------------------------------------------------------

言質を取り、やる夫の瞳が熱を持った。

 ・ ・ ・
可愛い孫の雰囲気は消し飛んで、ギラついた野球人の顔が剥き出される。
       ____
     /⌒三 ⌒\
   /( ○)三(○)\
  /::::::⌒(__人__)⌒:::::\
  |     |r┬-|     |
  \      `ー'´     /


東方不敗からも、それまでの好々爺の雰囲気が消し飛んで、
野球人の顔が暴かれる―
                                   / |  `Y //ミリ ,二.._j/| !     l| j/  |/
                                    |  |   | l|` /   _儿 Ⅳ|    l||  j/
                                    l      |   7  /_/\、 |    l|/ヘ  /          /
                                        j__ /}彡'┘\/\|    l|l  ∨         /
                                         `        〈_八   l||  |          /
                                                 [_/  ',   /ハ  \      /   /
                                              └‐く _| /l |  \ |   /   /
                                                    l /  ト、  l/´ ̄    /
                                                    |'   / \/
                                                      ト、   |  /
                                                      / \//
                                                       {  /
                                                     \/



┌───────────────────────┐
│     ・ ・ ・ ・                         .│
│実に、可愛がりようがある選手だと、そう思った―  ......│
│                                  │
└───────────────────────┘

---------------------------------------------------------------------------------------------






388 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/29(日) 23:17:13 ID:2c7y2lAw

瞳の焦点が戻り、3人の姿が眼に映る。
東方不敗が現実に戻ってきても、3人の言い合いはまだ続く―

            _____
          ┌<二三三三三≧
          ∨三三三三三三7
         ∨‐' ´ ̄ ̄二二ユ_
.       r==ニ二ニ三三三三三二≧
       `ヽ三斗‐〒:: ̄`::.:‐<三/
        /:: /:: | !|゙\::.、 \:. :.ヘ
        |::. i::.::.: l   ノ_ ヽ,,  ト、ハ
        !::.:|:.:.从 ≦゚≧ミ:≦゚≧トN
.          |:.(|:.⊂⊃ 、_,、_, ⊂⊃i/
          '、:ヽ:. :.!   |r┬|  j:|ソ
           ヽ ヽ:|>、 `ニニイ!//
.            ( ⌒ ){i <,!トゝ `l( ⌒ )


                   ___
                  /     \
            /ノ   \   \
  、nnn       / (○)}liil{(○)   \       nnn、
  | l l l        |   (__人__) _     |      l l l |
 と  ノ‐─‐─-、\ ヽ |!!il|!|!l|      /、-─‐─‐!、  つ
    ヽ___      |ェェェェ|       ___,r'
            │  ・        ・  │
         │             │
          │ 蒼の子 規 制   │
          │                │


           / ̄ ̄ ̄ヽ
          /::::  |||||   ヽ
        /:::   __ノ::::::ゞ;;:)
        /    ( ;:;:;:;ノ:::::<->
      /;:;:;:;;;:;  (_ _人 __)
    .///ヾ     .`┃ノ
   / /| ヽ/ / ∧ |
   / /_|  \/ / | |
  ヽ、//////)/  | |
   /  ̄ ̄ ノ   | |
____,/  )--- ヽ   ヽ つ


だが、聞き耳を立てていたことで大体の話は理解できた。
東方不敗は、3人に歩み寄る。







393 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/29(日) 23:18:05 ID:2c7y2lAw

                      ___
                  ,、-‐''"゛     ゛"''‐-、,
                /  ‐''"""""''‐-、、 |/ /\
               /  ∠     、、  |"''‐''""''、|
              /   ∠‐‐‐--、、、. ゛"'| .|、-‐ ヽ|
             /、-、  /  ‐''""●''>ノ、、|,,,,、、、、ヽ
                |/⌒/ |    ヽ--‐''"‐/ ヽ"●ヽ /
             | | //  |    、、-‐'''"  ヽ.ヽ''‐-‐ヽ
             ヽヽ|   |         、-‐ >   )
             人|   ヽ   、-二'-‐‐‐‐‐-、、   /
             ( |   ヽ .|  | |,,,,、、、、、、、、,,,,,,.ヽヽ/|           「やっとるな」
            (ヽ |    | | |.    、,,,,,、、、、,,,,、"''./ .|.|
            (ヽ <| |  || ヽヽ       、   /  ||
           (ヽ )|| |  ||             )  .( | ||
           (ヽ ) | 丶| \        /   .)/||
          (ヽ ) .|   \  \____  .ノ |
          (ヽ ) .|______      ̄| ヽ|
         (ヽ )┌''"        | ̄ ゛"''‐-.|、、
         (ヽ ) /          .|      | |
       __(ヽ/"''./           .|      .| |
__,,,,、--/     "''‐-、、__,     |      | |─、,,,,,
                    ̄゛゛"'''|      └┤   ヽ、、_



           / ̄ ̄\      *'``・* 。
         /   _ノ  \     .★     `*。
         |   ミィ赱、i .i_r赱   |       *
         |  ::::::⌒ (__人__)   .|       *
         |     トエエエイ ./⌒l|       +゚
        . |     `""´} /  ノ       ゚*                「東方不敗コーチ!」
        . ヽ        }/   /      +゚
          ヽ     ノ'  /     。*゚
.  , -―――一 ´        /   。*・ ゚
 ( _   _         /  。*・ ゚
    ""''',。 ヽ       。*・ ゚
      +  │  。*・ ゚ 〈 * 。
      `・+。。*・ ゚  ヽ_ ヽ、   `*。
         ヽ      \l     *
          \__、   |     *
            /  〉   く     ゚*
           _ノ   \__) ~。*゚
         (   /     ☆
          |_ノ''

縋る様に飛びついてきたのはやらない夫。
こちらへの期待がありありと見える。






396名無しのやる夫だお:2009/11/29 (日) 23:18:32 ID:do/PIWF6
きめえwwww







397名無しのやる夫だお:2009/11/29 (日) 23:18:36 ID:l8pZDSf2
やらない夫不憫過ぎるw
言ってることは間違ってないだろうに







398 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/29(日) 23:18:36 ID:2c7y2lAw

後の二人は何しに来たとでも言いたげな態度をとった。


           |三三三三三三三|
       ┌―! ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄i=¬
        ヽ三三二ニニニニ二三三/
            /.:.:.:.:ハ、.:.:\.:.:.:.ヾ.:.:.:.:ヽ
         l.:.:|:_/∠_`\ヽ  ̄ \.:ヽ.:
          ヽ/____   ヾ┬―ゥ ヽ.:.:
          !`、ヽ.__ノ    ヽ-‐' /レ'
  r"´     |.:.:.:ゝ    _     /.:.:|
 (   =‐'   ヽ.:.:l|ヽ、___ヽノ_ ,ィ i:|.:l|.::,'
  ゝ-'         \:ト、}-‐斤ヒl、レl/|/
    r、         /}} l|》o《|! {{`lヽ
   __ゝ |i}^ヽ._/  }}  ハ  {{ |
   ヽ  ノ'  `j  `ヽ、}}  /X |  {{  |




特にこの男なぞ、ついこの間の話し合いは何だったのかと思う程、
迷惑そうな面をぶら下げている。
             __
            -´   ``ヽ
          /::::::::::|::::::    `ヽ
         /:::\::::::::<● >   `ヽ
    ((   / <●>::::::::::⌒      )
        |  ⌒(_人__)       ノ | |
        ヽ    )vvノ:      / ノノ
          ヽ (__ン       人
           ヽ          \







400 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/29(日) 23:19:19 ID:2c7y2lAw

この馬鹿どもに、前置きは必要無い。
東方不敗は、いきなり切り込んだ。

.~"'''''' '"................................................;'  ,.-'"
................................................................'.:::'."     ,::'  ,.:'
.................................................   ,:: ''''''''''''''' ::.;'.....'::::'::'          ;:'
............................................'   /   .__   ''''''''''''''::;;;,,       ,;;,
..........................................;'_,,./  .,ィ''''"ー'- 、       '''::;;;,,;;,,,,..::''""""''''::;;
.::' ..........: '",''--,、......:'  llヽ / ,.、 l!  l .lヽ
 /.....:'   / l '::'  l l l/}ミ 、 ヽ、__,,.-iノo、             / ̄
./;.....'  /    ;   l llヾl '~ 。、,__/ `9o     _,,. -―ー/ア'
 ...' ,/         l ll l lィー、' l_ ゚'/l -ー'''ー-y'''"      l     「蒼星石。
、: ̄           l ll lリヾニフテ'、 l     /        l      コントロールとカーブ以外の練習に手を出すな」
ヽ            / l llヽ `ーi'ノl ヽ! ヽ  /           __
 \         ,/ /;'/二o ̄l      ヽ  /     _,. ー'
   `丶 、_,,... -''"/  // l ̄P        ヽ,./―--ー''"
        `ー/  /  l l   _     l   8
        / //ヽ  / / ―  ―  ―'/    8
      /  ///  ―〉 〉  ̄       l      9o
    /   / /   ― l l         l        ∞∞∞ .リ
  /   /l        l l         l             9ゝ
 ̄__/   l       l l        /


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                   l/l:;|.:/N  ,ィ≦二l!::/.::::!::|;:;:;;:;;:y'´
           ___∧,、 `ト、:fリ  {カj 7 |:/:::::::|:::!;:;:;:;:,____
             ̄ ̄ ̄`'`    ソ  ´ ̄  リi::::::::!;;,!;:;;:/ ̄ ̄ ̄ ̄
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

蒼星石の瞳に、様々な感情が宿る。

話を聞かれていたことに対する不快さ。
自分の考えを否定されたことに対する反発。

どれも東方不敗に対しての悪感情だった。






402 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/29(日) 23:20:18 ID:2c7y2lAw

蒼星石は剣呑な顔を見せた。
                                                    r'''´ ̄_,,._´~"''‐- /
                                                    >'´ ~:::::::::::::::``ヽ.、``>
                                                     /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ/
                                                   /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`、
                                                 /:::::::::::i| ト |、::::ヽ、:::::::::::::::.l
                                   「・・・」          f:::::::i ,::_,l,_ヾト、ヽ._,,ェ,,__:::::.i:::::!
                                                i|:::::/ノ _,,!;;;;;;;;ヽ;;;;_,,..,,_ヾ:::::!:::::j
                                                .l| ノ! l.fー-、;;;;;;;;;f⌒ヤヽノ:::::/
                                                 !i .、ゝゞー' '''''''''''`ー'' ノィ::::/
                                                  ヾ ト、k"" ー‐ ""イ´ノ
                                                   ヾトri>ーr-‐‐i''´ノノュ、
                                                  r'´>ヾ  ,ィoニ´ ノ r'´`ヽ
が―
次の瞬間にっこり笑って吹いて見せる。
                                           / /.::;  .:; .:.:::;::/i .:.:.:.:.:::::::::::::::::.:.:.``ヽ、
                                         / /.:::;′,.::/.:.::://.::l::i .:.:.:.:::::::::::i:::i .:.:.:::::::.:.`ヽ __/
                                         ,' /.:.:;′/:/.:.:::/:/!::::|::ト、 .:.:.:.:::::::|::|::i .:.::::::::::::::.:「
                                          l/.:.::;'.:.:/./.:::ノ::/ |:::::|::ト、ヽ.:.::::::|:::|::|::| .:.::::.:::::::::::|
                                         |:l:::::l::::|:::レ':ナナヽ|:::::l::l\ヽ.:‐:十:|十!、.::::::::::::::/
                                         lハ::l::::|:::レ'´ ‐- |:::/l/  \::::::|:::|::|::| .:.::::.:::|:./
                「解りました、気をつけます!」          ',l::::|:::|  _  |/       `` ``7!.:.:::::.:::|/
                                            ト、ト::ト、´ ̄`ヽ     ‐==ミ、 ./:!:.:.::::::::|
                                             ヽ:|:::|::!             /./.:.:::::::::;′
                                               `l:::|::ト、    _`_      /::/.:::::::/l/
                                            |:::!.l.:::>、     `   ,..イ::/::::::::/  <ジュンスイムク~
                                            |.::::::/:::/ニ>.--‐ <ニ7⌒:::::/   _ _
                                         ,r‐r‐- 、|::::/´l/  L_      /   |::/ ̄`ヽ   `」
                                        ノ:いぃ ̄|:/ヽ     `ーrrrt7′  l/    V ̄``






404名無しのやる夫だお:2009/11/29 (日) 23:20:44 ID:miCDlQ1Q
従う気0かよwwwwww







405 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/29(日) 23:21:35 ID:2c7y2lAw

しかし、東方不敗の次の言葉で、蒼星石は心臓を一突きにされる。

::::ヽ、;::;:;:;:;:;:;:;:;:, ...:'´.::::::::::::::`ヽ、.:::::::::::::::   |
;:;:;:::ゝ;::;:;:;:;:;:;/.:::::::::::::::::::::::::::::: \.:::::::::::. i |
;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::. `ヽ、.:::::  l |
;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;::|::::::::::::::::::::::::::::::::::、--==`、,  ,,,l |
;:;:;:;:;:;:;:;:;:゙;:;:;; |::::::::::::::::::::::::::::'.:::::`..  (/”="_/
;:;:;:;:;:;:;:;:;:  :;: |:::::::::::::::::::::::::::::   `-'´;::"~:. i
;:;:;:;:;:;:;:;:;:;  ;: |:;:;:::::::::::::::::::::::.   '´.:::::::::::. |           「貴 様やる夫と同じ練習量がこなせると思うたか?」
;:;:;:;:;:;:;: ::;  l; |:;:;:,::::::::::::::::::::''   ..::::::::::::::::::.. |
;:;:;:;:;:;:;: ;  |V:;:;:;::::::::::::::::''   ..:::::::::::::::::::::. |
;:;:!i:;:;:;: '  l:::::;:;:''::::::::::::'....::::::::::::::::::/´::::::::::::.  |
;:;:!i:;::;:;  i |:,:;:;'':::::::::::::::::::''iiilll|l|ll|llll|liiii,,:::::::::. |
;:;: ;:;:;:;:  /i!::;:;:::::::::::::::::,,iiiiiiillll|ll||ll||ll||l|lllllii-- '´
;:;:;:;:;:;:;! /::::::::::::::::::::::::i:::::::::::::::::::::::: l゙゙゙゙゙゙゛゛
..:;:;:;:;:;:i /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::''/
ヽ:;:;:;:;:!/i,,、:::::::::::::::::::::::::::::::::::.' |
:::::ヽ;:/i||iiiii,,::::::::::::::::::::::::::::::::::. |


                                      \:::;イ '   、       ヽ `ヾ;:;:;:;:;:;:;.ヽ
                                      /  , :!:i トヽ、 `ヾ.、 __.. :. V  ::::V;:;:;:;: 〉
                                       , ' .:' .;' :ハトヽ`ヽ`z≦=ァ  ::::l   :::::V /
.                                      /イ.:i :/::メ、_! \ ´'トtjハ `Y :::l :. :::::::「
                                      ' l.::|レ'.:イrft!i    ヽゞ‐'   ! ::;' ::::i::::::}
                                        Xイ ::ハ ゞ'、         /,:イ  ::::|:::::j
                                         ヾ V!   r=ニヽ     '´}::! .::::;':::/
                         「!―」          `Tト   Y´::::〉   /;イ .:i::/レ'
                                             |i \  ゝ-'    '´7 .:::ル
                                            l :::::>、 __.     ! ::/'´ヽ._ ,ヘ__..ィ、
                                            リ! ::::i::ハ:!  _! /l:/    r-' /-!/`ヽ
.                                            ', :::l'   「 レ'   !'    _〉、/ _ノ,:,:,:,:,:
                                              ハ::::!  ,イ!「jト}!\    !_ / 7,:,:,:,:,:,:;:
                                           ハjzY/ / { iト、  \  ヘ/ Y´,:,:,:,:,:,:,:;:
                                             r' V/ / {`i´} ハ   〉 ,'´_j,:,:,:,:,:,:,:,:,:;:
                                            } ハV/ {`i´}  ヾ='   ! r',:,:,:,:,:,:,:,:,:,:;:

何か言いたげに、口をパクパク動かすが―







406 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/29(日) 23:23:31 ID:2c7y2lAw

┌─────┐
│黙る―   │
└─────┘

                                      ./:::::i:::::l::::::::::::|::::::::::::::::;l;:::::::::::::::::::::::::::::::、;;::::::::::::::::::::::::::::: ヘ
                                    ./:/::::|::::::;ヘ;;;::::: ヘ;;;;::::::::::::;|;;:::::::::::::;::::::::::::::::l;;;;;::::::::::::::;:::::::::::;;l
                                    /:/:::::;|::::i:::;;;゙ i、;;;::::ヽ;;;;:::::::::;|;;|::::::::::;|:::::::::::::::: |;;;;;;::::::::::::;;:::::::::;;;;|
                                    /;/|::::;;;|::: ヘ::;;;;;|\::::::\::::::::::|;|::::::::;;|:::::::::::;:::;; |;;;;;;;;;:::::::::;;;:::::::;;;;:l
                                   .|:;| |::::;;;|l:::::;ヘ:;;;;|.  \::::\;r::::l;|::::::;;;|::::::::::;;::;;;; |;;;;;;;;;;;::::::;;;;:::::;;;;;l
                                   |:;| |:::;;;|.|::i::;;;ヘ;;ヘ   ,×、\;;|::::;;;;/:::::::::;;;::;;;;; |;;;;;;;;;;;;;::::;;;;;:;;;;;;;l
                                   |;;| .|:::;;|. l::ト;:;;;ヘ;;ヘ/ .,rl' `''|:::;;;/:::::::::;;;;;;:;;;i;;ト:;;;;;;;;;;;;;:;;;;;;;;;;;;;l
                                  |;;|  .l:::;;| ヘ:、ト;;;ヘ\,ィく. |  /:;;;/:::::::::;;;;;;;;;;;;;|;;| };;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|
                                  .|;|  ヘ:;;l ヘ.l::lヽヘ ヽヾレ /;;;ィ::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;|;;レ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;l
                                   ヘ、  ヘ;;l  .リ |l\.   .///;:::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;|l;;|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ト:;|
                                        \''  ノ  ゙  ´  l:|::::::;;;;;;;;;;;;;;/;;|'|;;|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|. ゙
                                           ゙iヽ、  _   .l:|:::::;;;;;;;;;;;;;/;;;;l .|;i;|ヾ;;;;;゙i、;;;;;|
                                           .|::;ィ::゙::´   |l|:::;;;;;;;;;;;;;/.l;;/ l| l| ヾ、|.\|
                                          // |;l;;;::゙ヽ   |;:;;;;;;;;;;/ l;/   ゙  .|、,,_
                                          /'  .l|ヘ::::;;;ヽ‐'i'|;;;;;;;;/| /'   _;,:. -‐': : :ヽ
                                             .' ヘ::::;;;;;;;;| |::::/,rl  ,, -:'''´: : : : : : : : : ヘ.
                                               ヘ::::_;;l-'V/_;,〉'& acute;: : : : : : : : : : : : : : : : ゙ヽ、
                                               .,r,r´,r''゙´ ゙、' : : : : : : : : : : : : : : :___ ヽ、
                                              /  ゙):{   (´.|  : : : : : : _,, -'''´ :r'''ヽ  `-ヽ
男女差を差し置いても、やる夫の体力と頑丈さは別格だ。
やらない夫ですら、やる夫の練習量には1日もついていけない。
当然蒼星石とは比類にならない。

希望として、やる夫に付いて行きたい心がある。

ただ、心と体は別問題である。







407名無しのやる夫だお:2009/11/29 (日) 23:24:13 ID:N7tgwj3o
まぁ基礎体力的に無理なのは判ってるしねー。<同じ練習量







408 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/29(日) 23:24:15 ID:2c7y2lAw

東方不敗が、静かに言う。
┌───────────────────┐
│出来ることと出来ないことを見極めろ―     │
└───────────────────┘


その声を、俯いたままで聞く。
                                           ゙iヽ、  _   .l:|:::::;;;;;;;;;;;;;/;;;;l .|;i;|ヾ;;;;;゙i、;;;;;|
                                           .|::;ィ::゙::´   |l|:::;;;;;;;;;;;;;/.l;;/ l| l| ヾ、|.\|
                                          // |;l;;;::゙ヽ   |;:;;;;;;;;;;/ l;/   ゙  .|、,,_
                                          /'  .l|ヘ::::;;;ヽ‐'i'|;;;;;;;;/| /'   _;,:. -‐': : :ヽ
                                             .' ヘ::::;;;;;;;;| |::::/,rl  ,, -:'''´: : : : : : : : : ヘ.
                                               ヘ::::_;;l-'V/_;,〉'& acute;: : : : : : : : : : : : : : : : ゙ヽ、
                                               .,r,r´,r''゙´ ゙、' : : : : : : : : : : : : : : :___ ヽ、
反発をしたい。
出来ないことの提示などに、従いたくない。
                                      /::::::::::::l::::::ヽ::\ \::::::::::ヾヽヽ _:::::::|::::::::::::::::::::::::ヽ 三三三
                                      ':::/::::::::ノ:::人:::\:\ ヽ-‐:::ハ!´ ヽ :: l:::::::::::::::::::::::::::::∨三三
                                      |::l!:::::::/::::|, -‐、'l ヽ-ゝ ゝォ=、=ァ:::ノ::::::::::::::::::::::::::::::::∨..三
                                      |::ハ::::/:イ::|_,.= 、\     r:::ハリ イ::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::゙ 三
                                      ゞ! V/::::ハ! ハリ!       ゝ- ' j/!イ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::|,,/
                                       /へ:::::l:|  -'            /|:::::::::::::::::::::::::::::::::::: l
                                     /  l:::ヽ:::ヽ ヽ            / ':::::::::::::::,:::::::::::::::::: ノ
                                        ヽ:::::トー`   _ _         /:::::::::::::::/:::::::::::::::::,
                                         ):::ヘ     -         /:/::::::/:::/:::::::::::::::/
                                         /::!:::::ハ.              /:/::::::ハ:::::::::::::::::, ´
                                        /::ィ::::::::::ヽ..          /:/:::::/ ノ:/!::l::ハ::/
                                        ,ノ/|::::::::::::!::!へ _ _    レ''!::/ ,/|リハリ '
                                           |:::::ハ::::::ハ     |     |/  __│
.                                             l:::::ヽヾ`'       |  _.. ィ ´    ヽ _    _
                                           ヽ::_ゝ      r'レ ´           _`>'_ハr_ァ
                                                  rァ======ォ     /ァ_ノ:.:.:.:.:.ヽ
                                                 /ィ!|    //     /ノー' :.:.:.:.:.:.:.::.:.::\
ただ、視線を上げるとそこには―







409名無しのやる夫だお:2009/11/29 (日) 23:24:15 ID:IOzC8dOE
体が頑丈なのがやる夫の才能だったな







410名無しのやる夫だお:2009/11/29 (日) 23:24:17 ID:b8CUi/zo
スタミナおばけだからな、やる夫







411 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/29(日) 23:24:52 ID:2c7y2lAw

┌────────────────┐
│東方不敗の真摯な瞳があった。    │
└────────────────┘
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
::::ヽ、;::;:;:;:;:;:;:;:;:, ...:'´.::::::::::::::`ヽ、.:::::::::::::::   |
;:;:;:::ゝ;::;:;:;:;:;:;/.:::::::::::::::::::::::::::::: \.:::::::::::. i |
;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::. `ヽ、.:::::  l |
;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;::|::::::::::::::::::::::::::::::::::、--==`、,  ,,,l |
;:;:;:;:;:;:;:;:;:゙;:;:;; |::::::::::::::::::::::::::::'.:::::`..  (/”="_/
;:;:;:;:;:;:;:;:;:  :;: |:::::::::::::::::::::::::::::   `-'´;::"~:. i
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



.                                           |、 _ミミミミミミミミミミミミミ彡‐''"」_
                                          _|  ヽ、ミミミミミミミ彡'''"´ _,.-''彡ミハ
                                          に_`ミー  ..____,,... -.'彡´ミミ彡'<
..                                           /`ヽミ_ミミミミ.ミミミミミ_彡: :‐''": : : : iヘ
                                          , : : : : :l: |: : 「 ̄: : : :'; : : : \: : : : : : : l: ,
                                          |: : : : : |: !: :ト、: : :ト、: :ヽ:. : : :.ヽ.| : : : : |: |
                                          |: : : : : |: l : | ヘ: : .';.ヽ: : ヽ: : : : l: : : : : |: |
                          「解りました―」       |、: : : :.|: l : |  ヽ : ヽ ヾ,,..\‐テ: : : :. :.|: |
                                           |:ハ: : : : 「| ̄!`   \: ´ _ヾ,.ニゞ: : : : : :| :|
                                          ′ヽ: ト、 k`rェ‐ュ、  ``´}k. zリイ : : : : : !|
                                              \:.ヘ`ゞ-`'     ` "´.|: : : /:l:ハ|
                                                |`.ヘ''''  ` _    ```l: : :/: ./. ′
                                               lルヽ`> 、 ___,.. イ´.|/:/ル/
                                               __,ヽィ-イ >ュ ''´ _ルソ`>、
                                              /´:.:.:r '//イ/| ト<"´ // ):.:.:.ヽ<フショーブショー
.                                             /:.:.:.にr'"// Z! ト、ヽ .// に:.:.:.:.:.:.:\
.                                            ,.:.:.:.:r ソ ハ:.ヽ'/ヘ l:.| l:.|// ク、:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
                                          /:.:.:.:.:.:)./.ハ_/;ス/.|:.|ニノ. / に:.:.:.:.:.:.:ヽ:.:.:.:.:.:.\
蒼星石は、今度こそ承知した。







413 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/29(日) 23:25:54 ID:2c7y2lAw

東方不敗は矛先を変える。

                      ___
                  ,、-‐''"゛     ゛"''‐-、,
                /  ‐''"""""''‐-、、 |/ /\
               /  ∠     、、  |"''‐''""''、|
              /   ∠‐‐‐--、、、. ゛"'| .|、-‐ ヽ|
             /、-、  /  ‐''""●''>ノ、、|,,,,、、、、ヽ
                |/⌒/ |    ヽ--‐''"‐/ ヽ"●ヽ /
             | | //  |    、、-‐'''"  ヽ.ヽ''‐-‐ヽ
             ヽヽ|   |         、-‐ >   )
             人|   ヽ   、-二'-‐‐‐‐‐-、、   /
             ( |   ヽ .|  | |,,,,、、、、、、、、,,,,,,.ヽヽ/|       「やらない夫!」
            (ヽ |    | | |.    、,,,,,、、、、,,,,、"''./ .|.|
            (ヽ <| |  || ヽヽ       、   /  ||
           (ヽ )|| |  ||             )  .( | ||
           (ヽ ) | 丶| \        /   .)/||
          (ヽ ) .|   \  \____  .ノ |
          (ヽ ) .|______      ̄| ヽ|
         (ヽ )┌''"        | ̄ ゛"''‐-.|、、
         (ヽ ) /          .|      | |
       __(ヽ/"''./           .|      .| |
__,,,,、--/     "''‐-、、__,     |      | |─、,,,,,
                    ̄゛゛"'''|      └┤   ヽ、、_


   / ̄ ̄\
  / _ノ  ヽ、_ \
. | ( ●)(● ) |
. |  (__人__)  │
  |   `⌒ ´   |                              「・・・」
.  |           |
.  ヽ       /
   ヽ      /
   >     <
   |      |
    |      |


     / ̄ ̄\
   / ._ノ  ヽ、\
   |  ( ) ( ) ((●  ((●
   |∪(__人__)   |                             「え!俺っすか!」
   |   |   |   }
    |   |   |   }
    ヽ |r┬-|  /
    __ヽ `ー'´ ノ__                                             そうだ!>(東方不 敗)


やらない夫は自分が怒鳴られる可能性を考えていなかったようで、
ビクリと身体を竦み上がらせた。







417 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/29(日) 23:26:45 ID:2c7y2lAw

東方不敗は問いかける。

          ,. ‐==:┬┬ .、
          ,イミ∠⌒ヽ_⊥∠}
        /三V >、 、,  j.
        r=三〈  `ー゚` l L..=〉
       ,仆、j川    ._| 「゚-j
       ,tノ`i | |l  仁二`-' 、/             「やる夫の提案を却下した理由を教えてもらおうか・・・」
   _   tノ リ| | |    ー- `"ハ
ー-< `ー- 、 ,/レ'^_:、j    } /l_j.
ヽ、.:\: : :  ̄`ー二_ `rー-r┘
‐- 、.:..:.:.:.:.:ー-.:.:.:.  ` ┴-、|7
 r‐―‐ 、.::.:.:.:ヽ       `ー¬
/   r一爿.:.:.:.  \ ー‐- .__」_
ヽ/ r―┴ 、.:.:.:... `ー        \ _
.(_,>人__,.―^ー-、__,..  _.. > 、___,.... -


   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ⌒)(⌒)
. |  u  (__人__)
  |      |r┬|}                     「そ、そりゃストレートをまずプロレベルにしなきゃ、
  |      | | |}                      プロで通用しないのはわかりますよね・・・
.  ヽ     `ニ}                      常識的に考えて。」
   ヽ     ノ
   /    く  \
   |     \   \
    |    |ヽ、二⌒)、

東方不敗は静かに頷く。







421 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/29(日) 23:28:25 ID:2c7y2lAw

東方不敗の同意に力を得たように、やらない夫が言う。


      (ヽ三/) ))
       ( i)))
   / ̄ ̄\ \
 /   _ノ  \ )
 |    ( >)(<)
. |  ///(__人__)
  |     ` ⌒´ノ                    「だったらストレートの強化から始めるのはあたりまえだろ。
.  |         }                     常識的に考えて!」
.  ヽ        }
   ヽ     ノ
⊂ヽ γ    く
i !l ノ ノ    |
⊂cノ´|     |


          , ‐'´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
          〈ゝ、゛、〈 /  /-______ヽ
          у゛ ̄`´ ̄ ̄`\ー-- ト┐
          /    、 ,-‐ー >=-- |_.|~ト、
          〈´>-。|_〈ノ  ゚̄ヽ \ーr-'、`'l_.ト、
   λ       〉 ヽ-// `ー‐′ ノ |-, l  l._ト,
   N ゝ,     .λ __〈__、__.-‐‐、 〃|  |_./   l_ノ  「たわけが!2つ間違えておるわ!」
  .l   ヽ、   / |└┬====T゛゛l |  レ′  [、7
   \゛  .〉7 ル' |  L______.l   |  l|   〈_7
    ` 、[ル'   レ| | `‐┬‐‐´  イノ|  |   〈_7
      l._|   レ'^ヽ,______,/   レ|/  ,〈ン
       レ'┐    _|_    ̄ ̄`Tl'┴rヒコ┘
   , ー‐--'‐┴‐‐<  `'ー-、   __| |_ |┴---、


    __
   /ノ ヽ\
 /.(○)(○)\
 |. u. (__人__) |
. |        |
  |        |
.  ヽ      ノ
   ヽ     /
   /    ヽ
   |     |
    |    .   |

一喝で、やらない夫は黙り込んだ。







423 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/29(日) 23:29:14 ID:2c7y2lAw

                      ___
                  ,、-‐''"゛     ゛"''‐-、,
                /  ‐''"""""''‐-、、 |/ /\
               /  ∠     、、  |"''‐''""''、|
              /   ∠‐‐‐--、、、. ゛"'| .|、-‐ ヽ|
             /、-、  /  ‐''""●''>ノ、、|,,,,、、、、ヽ
                |/⌒/ |    ヽ--‐''"‐/ ヽ"●ヽ /
             | | //  |    、、-‐'''"  ヽ.ヽ''‐-‐ヽ
             ヽヽ|   |         、-‐ >   )    「まず1つ。
             人|   ヽ   、-二'-‐‐‐‐‐-、、   /     ”常識的な”といったが、貴様一番身近にいた癖に、
             ( |   ヽ .|  | |,,,,、、、、、、、、,,,,,,.ヽヽ/|     やる夫の特徴をまだ掴んでおらぬか?」
            (ヽ |    | | |.    、,,,,,、、、、,,,,、"''./ .|.|
            (ヽ <| |  || ヽヽ       、   /  ||
           (ヽ )|| |  ||             )  .( | ||
           (ヽ ) | 丶| \        /   .)/||
          (ヽ ) .|   \  \____  .ノ |
          (ヽ ) .|______      ̄| ヽ|
         (ヽ )┌''"        | ̄ ゛"''‐-.|、、
         (ヽ ) /          .|      | |
       __(ヽ/"''./           .|      .| |
__,,,,、--/     "''‐-、、__,     |      | |─、,,,,,
                    ̄゛゛"'''|      └┤   ヽ、、_


              , n / ̄ ̄\ .n
           . / / j.´_ノ  ヽ、u'l lヽ、
           /,イ / (○)(○) .l i i i
            〈 .r {u (__人__) .i. } } 〉
          ', i.  ',   ` ⌒´ /   /              「やる夫の・・・特徴?」
           .i   l.      ,'  ./
         .  ヽ、_.イ、.    人 ノ
             ヽ     〈_ノ ノ
              |     ./
               |    .   |







428 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/29(日) 23:30:14 ID:2c7y2lAw

            _, -zーァ―-、            l   レi
          ∠ィf´ ̄「 ̄ ̄¨丶_          {    レ!
         // li   |       | l\         ヘ     !
          / l _」.、      ' /  \      / :.    レ!
       /`Y l   \     /  / ハ     /  ::     i
      l / , ト|    \    /  / /  }    /   ハ     {   「頑丈さじゃ!
     /  / ー 、   l, \____,  /   /   / l     '   明らかにオーバーワークと言える練習でも
___ _ /イ  /   ̄\  li       //  /   /  l     |   怪我一つせず、コンディションを保っていられる
三二ニ/  / l  \__゚ヘ_ノ ,,, - '   〃  _ ノ  / /   !     ,    その頑丈さと回復力じゃ!」
ニ¨ ̄/ /リ /   -―= yケー。=、 テ! 二三≧彡'     ,     リ
   7/l  } j/⌒丶k / / ヽー' /ノ               /     j
    | :.  V"`>、__\_/},__   /|           〃,    l
     ヽ l  {_ー- `ーュ-、〉 イ  l|             /    /
       `{_ー ̄ヽ二ノ/ jハ  |              /    〉
           ィ少く __/   ハ !           /    ,イ
       x彡ソ          ヽ|         /    /


      / ̄ ̄\
     /  u  ノ \
     |    .u ( ●) |
.     |      (__人_)
     |      ` ⌒ノ                          「た、確かに・・・」
      |        }
      ヽ u      }
       ヽ     ノ
      ノ     \
     /´        ヽ

思い当たる節はいくつもある。
やる夫はピンピンしているが、最近やらない夫と蒼星石の体は悲鳴を上げている。

1月末にも2人は体調を崩したし、2月の紅白戦も最初は兎も角終盤はグダグダだった。
全てハードワークからくるコンディショニングの問題だった。







430 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/29(日) 23:30:49 ID:2c7y2lAw

          ,. ‐==:┬┬ .、
          ,イミ∠⌒ヽ_⊥∠}
        /三V >、 、,  j.
        r=三〈  `ー゚` l L..=〉
       ,仆、j川    ._| 「゚-j                  「それを考慮に入れての提案で、反対か?
       ,tノ`i | |l  仁二`-' 、/                   やる夫の体ならば、
   _   tノ リ| | |    ー- `"ハ                   ストレートの改善、新球種の取得、スライダーの改善。
ー-< `ー- 、 ,/レ'^_:、j    } /l_j.                  全部やれる可能性を考えなかったか?」
ヽ、.:\: : :  ̄`ー二_ `rー-r┘
‐- 、.:..:.:.:.:.:ー-.:.:.:.  ` ┴-、|7
 r‐―‐ 、.::.:.:.:ヽ       `ー¬
/   r一爿.:.:.:.  \ ー‐- .__」_
ヽ/ r―┴ 、.:.:.:... `ー        \ _
.(_,>人__,.―^ー-、__,..  _.. > 、___,.... - ヽ


     __
..:...::./:..:..:..:: \.::..:..:..::::..:..::.:..:...::..::..:..:..::::...:.....
.::./.:..:.._ノ::::..:.. \.:..:...::.:..:..::::....:::..:..::::..:.:..:....
:..|:::....  ( ○)(○).::..:..:..:..::::..:..::.:..:...::...::::..:.:..:....
.: |:::.... u (__人__).::..:..:..:………。..:.::..:.:..:....
::. |::u:.    (.::..:..:..::::..:...:..::::::::..:..::.:...:..::::..:..::.::..:....           「考えて・・・ません・・・」
.::. |:::.....u  ` ⌒´ノ.::..:...:..::::..:..::.:...:..::::..:...:....
::..:.ヽ:::.....     }.::..:..:..:..::::..:..::..::::..:..::.:..:...::..:....
.::..:...ヽ::.....   ノ         \
::..:..:..:/::..   く  \        \
.::..:..: |::...   \  \        \
::..:..:..:|:::.....  |ヽ、二⌒)、           \

考えた上での結論なら、やらない夫は反論して良い。
ただ、考えてなかったやらない夫には、反論の権利など、無い。







431 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/29(日) 23:31:55 ID:2c7y2lAw

┌────────────────────────────┐
│常識的に、標準の物差しで、全てを均一的に見ていたからだ。    .│
└────────────────────────────┘

            _, -zーァ―-、            l   レi
          ∠ィf´ ̄「 ̄ ̄¨丶_          {    レ!
         // li   |       | l\         ヘ     !
          / l _」.、      ' /  \      / :.    レ!
       /`Y l   \     /  / ハ     /  ::     i
      l / , ト|    \    /  / /  }    /   ハ     {   「選手の体はそれぞれ別個のものじゃ!
     /  / ー 、   l, \____,  /   /   / l     '    ”常識的”なぞ関係ない!
___ _ /イ  /   ̄\  li       //  /   /  l     |    指針にはなる、それだけじゃ!
三二ニ/  / l  \__゚ヘ_ノ ,,, - '   〃  _ ノ  / /   !     ,
ニ¨ ̄/ /リ /   -―= yケー。=、 テ! 二三≧彡'     ,     リ    やる夫の体と蒼星石の体!
   7/l  } j/⌒丶k / / ヽー' /ノ               /     j     それぞれ考えて意見を言わんか!」
    | :.  V"`>、__\_/},__   /|           〃,    l
     ヽ l  {_ー- `ーュ-、〉 イ  l|             /    /
       `{_ー ̄ヽ二ノ/ jハ  |              /    〉
           ィ少く __/   ハ !           /    ,イ
       x彡ソ          ヽ|         /    /

       ./ ̄ ̄\
       / ヽ、_   .\
     . ( (● ) .   |
     . (人__)     |
     r‐-、    .   |                          「・・・その通りです」
     (三))   .   |
     > ノ       /
    /  / ヽ、 .   /
    /  / ⌒ヾ   .〈
    (___ゝ、  \/. )
      . |\    ,.1
      . |  \_/...|

やらない夫は考え込みながら、そう口にした。







434名無しのやる夫だお:2009/11/29 (日) 23:32:15 ID:UcJLNYqA
なるほど、やる夫はキャパがでかいから同時にいくつもの課題に取り組めるということか







435 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/29(日) 23:33:11 ID:2c7y2lAw

別に全部やれとは言わんが、な―

そう口にした後、東方不敗は2つめの間違いを指摘する。

          ,. ‐==:┬┬ .、
          ,イミ∠⌒ヽ_⊥∠}
        /三V >、 、,  j.
        r=三〈  `ー゚` l L..=〉
       ,仆、j川    ._| 「゚-j
       ,tノ`i | |l  仁二`-' 、/           「2つ。
   _   tノ リ| | |    ー- `"ハ            常識的なら、ストレートとスライダーを真っ当にするべきだろう。
ー-< `ー- 、 ,/レ'^_:、j    } /l_j.
ヽ、.:\: : :  ̄`ー二_ `rー-r┘             だが、それはやる夫の希望に沿っているか?」
‐- 、.:..:.:.:.:.:ー-.:.:.:.  ` ┴-、|7
 r‐―‐ 、.::.:.:.:ヽ       `ー¬
/   r一爿.:.:.:.  \ ー‐- .__」_
ヽ/ r―┴ 、.:.:.:... `ー        \ _
.(_,>人__,.―^ー-、__,..  _.. > 、___,.... - ヽ


               / ̄ ̄\
             / ノ  \ \
             |  (●)(●) |
.             | u.(__人__) .|        「やる夫の、希望!?」
        r、      |   ` ⌒´  .|
      ,.く\\r、   ヽ      ノ
      \\\ヽ}   ヽ     /
       rヽ `   ヽ  /   ァ'´ヽ
        └'`{  .   \.|   /   i
            ヽ、._   ヽ、_,r'   .|
            `ヽ、   /'  |
               `'ー'´

そんな言葉が東方不敗からでるとは予想外だった。
技術的な指導ではない。

やらない夫は驚きの顔で東方不敗を見る。






438 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/29(日) 23:34:24 ID:2c7y2lAw

.~"'''''' '"................................................;'  ,.-'"
................................................................'.:::'."     ,::'  ,.:'
.................................................   ,:: ''''''''''''''' ::.;'.....'::::'::'          ;:'
............................................'   /   .__   ''''''''''''''::;;;,,       ,;;,
..........................................;'_,,./  .,ィ''''"ー'- 、       '''::;;;,,;;,,,,..::''""""''''::;;
.::' ..........: '",''--,、......:'  llヽ / ,.、 l!  l .lヽ
 /.....:'   / l '::'  l l l/}ミ 、 ヽ、__,,.-iノo、             / ̄
./;.....'  /    ;   l llヾl '~ 。、,__/ `9o     _,,. -―ー/ア'
 ...' ,/         l ll l lィー、' l_ ゚'/l -ー'''ー-y'''"      l      「やる夫は1年目から1軍で投げたがっている。
、: ̄           l ll lリヾニフテ'、 l     /        l       それをわかった上で、意見しているか?」
ヽ            / l llヽ `ーi'ノl ヽ! ヽ  /           __
 \         ,/ /;'/二o ̄l      ヽ  /     _,. ー'
   `丶 、_,,... -''"/  // l ̄P        ヽ,./―--ー''"
        `ー/  /  l l   _     l   8
        / //ヽ  / / ―  ―  ―'/    8
      /  ///  ―〉 〉  ̄       l      9o
    /   / /   ― l l         l        ∞∞∞ .リ
  /   /l        l l         l             9ゝ
 ̄__/   l       l l        /



::::ヽ、;::;:;:;:;:;:;:;:;:, ...:'´.::::::::::::::`ヽ、.:::::::::::::::   |
;:;:;:::ゝ;::;:;:;:;:;:;/.:::::::::::::::::::::::::::::: \.:::::::::::. i |
;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::. `ヽ、.:::::  l |
;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;::|::::::::::::::::::::::::::::::::::、--==`、,  ,,,l |
;:;:;:;:;:;:;:;:;:゙;:;:;; |::::::::::::::::::::::::::::'.:::::`..  (/”="_/
;:;:;:;:;:;:;:;:;:  :;: |:::::::::::::::::::::::::::::   `-'´;::"~:. i            「それは我侭だろう。常識的でもないだろう。
;:;:;:;:;:;:;:;:;:;  ;: |:;:;:::::::::::::::::::::::.   '´.:::::::::::. |            だけど、オマエはそれを汲み取り、汲み取った上で
;:;:;:;:;:;:;: ::;  l; |:;:;:,::::::::::::::::::::''   ..::::::::::::::::::.. |            言葉を、意見を伝えなくてはならない。
;:;:;:;:;:;:;: ;  |V:;:;:;::::::::::::::::''   ..:::::::::::::::::::::. |           
;:;:!i:;:;:;: '  l:::::;:;:''::::::::::::'....::::::::::::::::::/´::::::::::::.  |           やる夫を、コントロールしなければならないのじゃ。
;:;:!i:;::;:;  i |:,:;:;'':::::::::::::::::::''iiilll|l|ll|llll|liiii,,:::::::::. |
;:;: ;:;:;:;:  /i!::;:;:::::::::::::::::,,iiiiiiillll|ll||ll||ll||l|lllllii-- '´           なぜならおまえは、やる夫の親友で―」
;:;:;:;:;:;:;! /::::::::::::::::::::::::i:::::::::::::::::::::::: l゙゙゙゙゙゙゛゛
..:;:;:;:;:;:i /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::''/
ヽ:;:;:;:;:!/i,,、:::::::::::::::::::::::::::::::::::.' |
:::::ヽ;:/i||iiiii,,::::::::::::::::::::::::::::::::::. |







440 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/29(日) 23:35:18 ID:2c7y2lAw




┌───────────┐
│キャッチャーだろう?  .....│
└───────────┘







東方不敗の言葉は、あくまで静かだった。



やらない夫は、暫く俯き考え―
          _______
        /          \
      __/             \
    /.            、    |
    |.         ,(⌒(○)ヽ    |
    l  lヽ      )>       /
   /    ヽ\   `(__,(○) / /
   |      \  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  \
   |     |ヽ、二⌒)、          \

言う。
                                                  _________
                                                /       'r r.r.r.i
                                               /        | | | | |
                                              /     u  .ノ.ノ.ノノノ
                                              ハ_ノ  ヽ、__  /   /ノ
                                             / (●)(● ) .(    l ヽー―ー-、
                                            /  .(__人___)  ム   イ    r    ヽ
                       「キャッチャー、難しいッスね」   /   / ヽ`⌒´   |   .l    /     、 l
                                          /    /  八_ 、__ /l   |   ,'      l  l
                                        .  /   ,'       ヽ|   | ノ      ハ   l
                                          /    .l   ∧    |    レ'     ノ     l
                                        /     l  ノ  ヽ   |     |     ノ       }
                                       ∧     / ,〆     ヘ  l       , '       l
                                        ヽ、_,ノ'´        ヘ .l      /        ノ
                                                     ', |     /         ,'
                                                       ト、   ノ          ノ



そういうものだ―    東方不敗はそう言って、笑う。







441 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/29(日) 23:35:59 ID:2c7y2lAw

最後は、やる夫だ。

          , ‐'´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
          〈ゝ、゛、〈 /  /-______ヽ
          у゛ ̄`´ ̄ ̄`\ー-- ト┐
          /    、 ,-‐ー >=-- |_.|~ト、
          〈´>-。|_〈ノ  ゚̄ヽ \ーr-'、`'l_.ト、
   λ       〉 ヽ-// `ー‐′ ノ |-, l  l._ト,
   N ゝ,     .λ __〈__、__.-‐‐、 〃|  |_./   l_ノ    「やる夫!」
  .l   ヽ、   / |└┬====T゛゛l |  レ′  [、7
   \゛  .〉7 ル' |  L______.l   |  l|   〈_7 
    ` 、[ル'   レ| | `‐┬‐‐´  イノ|  |   〈_7   
      l._|   レ'^ヽ,______,/   レ|/  ,〈ン   
       レ'┐    _|_    ̄ ̄`Tl'┴rヒコ┘
   , ー‐--'‐┴‐‐<  `'ー-、   __| |_ |┴---、


東方不敗の一喝に、少しも怯まずやる夫はただずむ。

    _.. ‐'''''''''''' ‐ 、
   ,r'        \
  /_,ノ  ,,       ヽ,
  ( о) ミ ヽ、,,,_    ..i
  i.   ミミ( ○)    .|
  \(_入_ノ      /
    ノ__,,/,____/
    ./ゝ/ノ:::::::::::::::::\
    |ノ//::::::::::ヽ,::::::::::|
    |^::::::::::::::::::::::|::::::::::|
    |^::::::::::::::::::::::|::::::::::|

下らぬお節介など無用。全身が、そう語っている。







442 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/29(日) 23:36:31 ID:2c7y2lAw

しかし、東方不敗の言葉は、やる夫が予想していなかったものだ。
                                                    __,.ァァ ー-- ._
                             .                     r:i´:.:.: /:,'.:.:.:.:.:.:.__> 、
                                                  ノ:.j:.:.:.:|/:.:.:.:.://_____ヽ.-、
                             .                     |:j'´ヽ∠.-‐''¨´ ̄   ヽ.___, ヘノ_
                             .                     |'           /.:.:.:.:.:.:.:〉: 〉
                             .                    /_   | /      ーァ___,ノ:|/、
                                                 ヽ.ゝ、_ノ ノ __,. -‐''ヾ.__:::___::::|,ノ、
                          「何故、ワシの所に来なかった」     ハヾ〉 ゝ'<ゞ.フ¨フ゛ /:l:::{,.イ Y::::/
                             .                    〈 ´7 ' .ヘ `‐'´| /.:.:!:: Yァ l:::/:〉
                                                 |〉 | ! 〈  `¨  / ,' :/:l:::::|' /'´V::}
                                                 |:.:V、_,ノ´`ヽ、 _ ,'  !:/.: !:イ|1   {::;ハ
                                                 |:|:ヘ ̄¨& uml;''ー 、', l ,'|1:|: l:||ノ|   ソ:/
                                                 VV 〉 ̄¨''ー'' `,' / Vl: リ' |   ソ:}
                                                   i  |   ,ノ _, ィ | V_,.ノ|  {, イ
                             .        _____           `ゝr_、___/_,.‐ ¨´  ヽ、 {::ハ
                                  ,.ィ¨ ̄.::.::.::.::. ̄¨'' -、_,.---――} |:::::::r'´ ̄     __/  ̄ ̄ ̄
                                  /.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::. ̄.::.::.::.::.::.::.::._人|:::::::}  ___,.-‐'¨.::.::.::.::.::.::.::.::.:/
                             .   /::.::.::.::.:|.::.::.::.::.::.::.::.::.______} ̄¨¨{ ̄- ‐'´.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::./.::.
                                i ::.::.::.::.::|.::.::.::.::.::.::. /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: /.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::./.::.::.::.

     ____    ━┓
   /      \   ┏┛
  /  \   ,_\.  ・
/    (●)゛ (●) \
|  ∪   (__人__)    |
/     ∩ノ ⊃  /
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /

やる夫は言葉が返せない。







443名無しのやる夫だお:2009/11/29 (日) 23:36:45 ID:miCDlQ1Q
東方不敗かっけぇなぁ・・・







445 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/29(日) 23:37:07 ID:2c7y2lAw

                       に二二二丶、{ー'",ヽ、_        ̄`"ー<ファ-,、_/〃 / /  `ヽ     / l   {
                       {,..----―-、ヽ `ー'---、\            ̄~"7/\/ /,,.. -、 - ヽ  /// ,. r┴- /
                       `ー--rー-、 ` _   ヽ   ヽ.             {、、i '',二   ゝ ,、| - く (/ / , フー'
                          `丶、 `ヽ  ----、  }、            l r。、! l,,-。< ネ;くリ    (ノ//\ ̄
                            {ミ}`丶、    ヽ |`\           ,! ~l l、ヾ ´ , | ヾ    ゞー'"   \/
                             {ミ}   `ヽ     ヽ;;;l\        ,r-'/ l (ヽ-へ、ヽ ノ ト lゝ     |   /
 「貴様、コーチを何だと思っているのだ?」   「~\   |ヽ     ヽ| ヽ   _rー= ヽl ! 二 ̄ノ/ リノリ     l| /
                             l  ヾヽ |`     |   ト、/_     ̄`ー'ー'"┴┼――┐   l/
                             ヽト、 \  |     |   | \、  ̄ヽ    \     ̄~|  」   ヽ
                               \ヽ}  |     |     |   |l ヽ   \        6==9  ヽ
                                   |    /    /  | ヽ 、  \        6==9  }
                                     ト、  /    /    |l   \`ヽ、 \        |  |  /\
                                    ヽヽ/   /     |l ヽ   \  \       | | /  \

やる夫は東方不敗の言葉が、ようやく飲み込めた。
コーチである東方不敗に相談せず、何故自分で方針を決めるのかということだろうと推測した。

         ___
      /)/ノ ' ヽ、\
     / .イ '(●)  .(●)\      「・・・やる夫の体は、やる夫が一番知ってますお。
  .  /,'才.ミ).  (__人__)   \     やる夫は1人でできますお」
  .  | ≧シ'   ´ ⌒`     |
  . \ ヽ           /

平然とやる夫が言ったが、その理屈はもう通用しない。




┌────────┐
│なぜならば―  ......│
└────────┘







446 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/29(日) 23:37:45 ID:2c7y2lAw

                                         / /,≦.._ //   , -― 、/ / / ト     l  l/
                                        // //ヘ    >     | / ̄ V / l|  \ | /
                                        // / /  . < _,  /  V_丶  |  /h   V |
                                        { //|j/   ',     ̄/    V / / / / 丶   ! |
                                      /⌒メ、V / |  / / l     V  l'   /   ',  l/
                                      | /ハ l |// ̄´ /// / |    vイ _〈     l/ 
                                      l / ! }_」!\ 、|l //  | /j '     ', \/ !  /
                                      / |  `Y //ミリ ,二.._j/| !     l| j/  |/
                    「打たれたではないか!」.   .|  |   | l|` /   _儿 Ⅳ|    l||  j/
                                       l      |   7  /_/\、 |    l|/ヘ  /      
                                           j__ /}彡'┘\/\|    l|l  ∨      
                                            `        〈_八   l||  |         
                                                    [_/  ',   /ハ  \      /
                                                 └‐く _| /l |  \ |   /  
                                                       l /  ト、  l/´ ̄   
                                                       |'   / \/
                                                         ト、   |  /
                                                         / \//
                                                          {  /
                                                        \/
       ____
     /ノ   ヽ、_\
   /( ○)}liil{(○)\
  /    (__人__)   \
  |   ヽ |!!il|!|!l| /   |
  \    |ェェェェ|     /

やる夫の表情が、凍りついた。







447名無しのやる夫だお:2009/11/29 (日) 23:37:59 ID:b8CUi/zo
まぁ、確かにコーチに聞くべきだわ名w














450名無しのやる夫だお:2009/11/29 (日) 23:38:28 ID:7U.vBJm.
ぐうの音も出ないw






449 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/29(日) 23:38:18 ID:2c7y2lAw

                                         / /,≦.._ //   , -― 、/ / / ト     l  l/
                                        // //ヘ    >     | / ̄ V / l|  \ | /
                                        // / /  . < _,  /  V_丶  |  /h   V |
                                        { //|j/   ',     ̄/    V / / / / 丶   ! |
                                      /⌒メ、V / |  / / l     V  l'   /   ',  l/
                                      | /ハ l |// ̄´ /// / |    vイ _〈     l/ 
                                      l / ! }_」!\ 、|l //  | /j '     ', \/ !  /
                 「一人でやって・・・           / |  `Y //ミリ ,二.._j/| !     l| j/  |/
                 通用しなかったではないか!」   |  |   | l|` /   _儿 Ⅳ|    l||  j/
                                       l      |   7  /_/\、 |    l|/ヘ  /      
                                           j__ /}彡'┘\/\|    l|l  ∨      
                                            `        〈_八   l||  |         
                                                    [_/  ',   /ハ  \      /
                                                 └‐く _| /l |  \ |   /  
                                                       l /  ト、  l/´ ̄   
                                                       |'   / \/
                                                         ト、   |  /
                                                         / \//
                                                          {  /
                                                        \/
      ____
    /:::::::::  u\
   /ノ└ \,三_ノ\   ,∩__
 /:::::⌒( ●)三(●)\ fつuu
 |::::::::::::::::⌒(__人__)⌒ | |   |  「次は!次は違うお!」
 \:::::::::   ` ⌒´   ,/_ |   |
   ヽ           i    丿
  /(⌒)        / ̄ ̄´
 / /       /

慌てて、やる夫が反論する。
しかしそれは、子供じみた反論だった。

口答えと言ってもいい―







451 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/29(日) 23:38:49 ID:2c7y2lAw

                                                    _, -―- 、
                                                 , イ/, -―、  \
                                                /r-‐ '´   _く‐-=、ヘ
                                                  j/ 、 ! _,∠ , \  ヽ|
                                                〈ーァ。! | ` °′ / 〈⌒l
                                                l  l_」 _」__  〃  lう ハ
           「次は違う、次は違うと、言い続けるのではないか?」     ∧ / -- 、} lイ   lイ ハ
                                                l/ハ '´-― '   レVリ l/ レ-―-、 __
                                                 |ハ  }     //  l/    _/    \
                                                   L〈__ ∠ -―≠   /    /
                                                   r 7  レ-‐ ′   /    /
                                    r=、__               _|_」./   /  /     / ̄\
                               /⌒ヽ.」_ 廴_)        厂 ̄      _/    / ̄ ̄\  \
                              _ハ    \l  l`ヽ   / ̄ ー――=ニ    /   / ̄ ̄\   ヽー'
                             |       l  l   〉ー┘       _ -‐ ′_   l/´ ̄\  \__ノ
                             」         /  }/⌒ ー―――ァ= --――――=ニ  ̄ >、   )ー ' \

        ノ L____
       ⌒ \ / \
      / (○) (○)\
     /    (__人__)   \
      |       |::::::|     |   「違う!」
     \       l;;;;;;l    /l!| !
     /     `ー'    \ |i
   /          ヽ !l ヽi
   (   丶- 、       しE |そ  ドンッ!!
    `ー、_ノ       ∑ l、E ノ <
               レY^V^ヽl

やる夫は、”違う”としか言わない。言えない―







452名無しのやる夫だお:2009/11/29 (日) 23:38:52 ID:g.j9tX4U
これ以上ない正論だな







453名無しのやる夫だお:2009/11/29 (日) 23:39:09 ID:8i1gMPsI
これはきついなw







454 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/29(日) 23:39:12 ID:2c7y2lAw

それまでの挑発的な口調から変わり、静かに東方不敗が問いかける。

                                                 |〉 | ! 〈  `¨  / ,' :/:l:::::|' /'´V::}
                                                 |:.:V、_,ノ´`ヽ、 _ ,'  !:/.: !:イ|1   {::;ハ
                                                 |:|:ヘ ̄¨& uml;''ー 、', l ,'|1:|: l:||ノ|   ソ:/
                    「人の手を借りるのは、そんなに無様か?」   VV 〉 ̄¨''ー'' `,' / Vl: リ' |   ソ:}
                                                    i  |   ,ノ _, ィ | V_,.ノ|  {, イ
                             .        _____           `ゝr_、___/_,.‐ ¨´  ヽ、 {::ハ
                                  ,.ィ¨ ̄.::.::.::.::. ̄¨'' -、_,.---――} |:::::::r'´ ̄     __/  ̄ ̄ ̄
                                  /.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::. ̄.::.::.::.::.::.::.::._人|:::::::}  ___,.-‐'¨.::.::.::.::.::.::.::.::.:/
                             .   /::.::.::.::.:|.::.::.::.::.::.::.::.::.______} ̄¨¨{ ̄- ‐'´.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::./.::.
                                i ::.::.::.::.::|.::.::.::.::.::.::. /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: /.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::./.::.::.::.
          ___
         /     \
       /   \ , , /\
     /    (●)  (●) \
      |       (__人__)   |   「一人でやれない男が!
     \      ` ⌒ ´  ,/    プロで戦えるはずがないお!」
      ノ          \
    /´      _i⌒i⌒i⌒i┐ ヽ
    |    l  ( l / / / l
     l    l  ヽ       /

やる夫は躊躇わず答えた。






456 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/29(日) 23:39:58 ID:2c7y2lAw

その答えに、核心を返す。
今のやる夫なら、伝わるかもしれない事を、返した。
                                                    __,.ァァ ー-- ._
                             .                     r:i´:.:.: /:,'.:.:.:.:.:.:.__> 、
                                                  ノ:.j:.:.:.:|/:.:.:.:.://_____ヽ.-、
                             .                     |:j'´ヽ∠.-‐''¨´ ̄   ヽ.___, ヘノ_
                             .                     |'           /.:.:.:.:.:.:.:〉: 〉
                             .                    /_   | /      ーァ___,ノ:|/、
                                                 ヽ.ゝ、_ノ ノ __,. -‐''ヾ.__:::___::::|,ノ、
                   「では、やらない夫も蒼星石も             ハヾ〉 ゝ'<ゞ.フ¨フ゛ /:l:::{,.イ Y::::/
                    おまえには不必要か?」      .         〈 ´7 ' .ヘ `‐'´| /.:.:!:: Yァ l:::/:〉
                                                 |〉 | ! 〈  `¨  / ,' :/:l:::::|' /'´V::}
                                                 |:.:V、_,ノ´`ヽ、 _ ,'  !:/.: !:イ|1   {::;ハ
                                                 |:|:ヘ ̄¨& uml;''ー 、', l ,'|1:|: l:||ノ|   ソ:/
                                                 VV 〉 ̄¨''ー'' `,' / Vl: リ' |   ソ:}
                                                   i  |   ,ノ _, ィ | V_,.ノ|  {, イ
                             .        _____           `ゝr_、___/_,.‐ ¨´  ヽ、 {::ハ
                                  ,.ィ¨ ̄.::.::.::.::. ̄¨'' -、_,.---――} |:::::::r'´ ̄     __/  ̄ ̄ ̄
                                  /.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::. ̄.::.::.::.::.::.::.::._人|:::::::}  ___,.-‐'¨.::.::.::.::.::.::.::.::.:/
                             .   /::.::.::.::.:|.::.::.::.::.::.::.::.::.______} ̄¨¨{ ̄- ‐'´.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::./.::.
                                i ::.::.::.::.::|.::.::.::.::.::.::. /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: /.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::./.::.::.::.

         ____
       /   u \
      /  /    \\
    /  し (○)  (○) \
    | ∪    (__人__)  J |
     \  u   `⌒´   /

やる夫の顔色が変わった。







458 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/29(日) 23:40:49 ID:2c7y2lAw

この間までならば、躊躇わず言い放っていただろう。

必要、無いと。










┌─────┐
│でも―  .....│
└─────┘

----------------------------------------------------------------------------------------
        /             ̄ /     |     \ ̄             .\
      /               /      ∧      ',               .\
     /                {      / ヽ     }                .\
    |             ヽ    ヽ___/ __ \___ノ    /             |
    |              ヽ    .|!!il|!|!l!l!il|!|!!!i!l|!|!lll!!il|!|!l|    /              |
    |.                 . .|!!il|!|!ll!!lil|!|!l!l!il|!|!ll!!il|!|!l|                   |
    |                   .|!!il|!|!ll!!lil|!|l!l!!lil|!|!l!!il|!|!l|                  |
    \                  .|!!il|!l|!l!!il|!|l!l!l!il|!|!l!!lil|!|!l|                 /
      .\                |工工工工工工工工工|               /
----------------------------------------------------------------------------------------







459 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/29(日) 23:41:12 ID:2c7y2lAw

----------------------------------------------------------------------------------------
  /::::::::::         \
  |:::::::::::::::         |
  \::::::::::::::       /ヽ
   /:::::::::        くゝ  )
  ;|::::::::::::          / ;
  ;|::::::::::::::       イ ;
----------------------------------------------------------------------------------------





┌────┐
│今は    │
└────┘





----------------------------------------------------------------------------------------
..... ..........|::::::::::::::::::         |.... .. ... .... .. ..... .... .. ..... ............. .
 ..... .......\:::::::          /.... .. ........ .... ............. .. . ........ .....
  ... ..........>::::        < .... .. .:.. .... ..... ............. .. . ........ ......
  ... ........( |::        / ).... ..  .:.... .... .. ......... .. . ........ ......
... ...   .......`|:::::::     /'.... .. ...... . .. ..... ............. .. . ........ ......
  ... ...... ....|:::::::::人  /::.. .... ....... .... .. ..... .... ......... .. . ........ ......
  ...  ..........ヽ::::::ヽ,.L_).... .. .:.... .... .. ..... .... .. ..... ............. .. . .....
 ... ...... ....  >__ノ三三.... .. .:.... .... .. ..... .... .. ..... ............. .. . .......
.. ........ ..........三三三三.... .. .:.... .... .. ..... .... .. ..... ............. .. . .......
. ..    ... 三三三三三.... .. .:.... .... .. ..... .... .. ..... ............. .. . ......
----------------------------------------------------------------------------------------







460名無しのやる夫だお:2009/11/29 (日) 23:41:20 ID:UcJLNYqA
やる夫が他人に言い負かされるところを始めてみたww







461名無しのやる夫だお:2009/11/29 (日) 23:41:21 ID:9srxx2.Q
ちゃんとやる夫の精神面も成長するのか・・・感動だ







462 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/29(日) 23:41:38 ID:2c7y2lAw

----------------------------------------------------------------------------------------
     |:.:.:.:l:.| ::::::        ゞ-' !:.:.:.:.:イ            |:::::⌒(__人__)⌒::|
     l.:i:.:.:.|ヽ.    _  ′ :::::  ハ:..:./               |   「匸匸匚| '"|ィ'
.     |:l:.:.:.|:.:.\     ̄    イ:::::/.        , ヘー‐- 、 l  | /^''⌒|  |
     ヾ!.:,|ハ..:.:.|ゝ、  _ ...ィ/:.:.レ:j/.       -‐ノ .ヘー‐-ィ ヽ  !‐}__,..ノ  ||
    _ _ _ゞ\ー- 、   |:./レl:.:..:/        ''"//ヽー、  ノヽ∧ `ー一'´ / |
   _レーハヽ     ヽォ_ー 、. |:.:/          //^\  ヾ-、 :| ハ   ̄ / ノ |
   /::::::::::つ    /,イjくヾ\'_.        ,ノ   ヽ,_ ヽノヽ_)ノ:l 'ーー<.  /  |.
----------------------------------------------------------------------------------------





┌────┐
│今は    │
└────┘





----------------------------------------------------------------------------------------

               ____
    , ヘー‐- 、    /ヽ  / \
  -‐ノ .ヘー‐-ィ  /(●.)  (● )ヽ
 ''"//ヽー、  ノ ./:::⌒(__人__)⌒::::::ヽ
  //^\  ヾ-、.|    |r┬-|     |              「練習、やるお!」
,ノ   ヽ,_ ヽノヽ_)\   `ー'´    /
/    <^_,.イ `r‐'゙ ::::ヽー‐-..、  ,..-‐|、
\___,/|  !  ::::::l、:.:.:.:.:.ヽ /:.:.:.:.| \

----------------------------------------------------------------------------------------






465 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/29(日) 23:42:17 ID:2c7y2lAw

やる夫は暫く頭を抱えた後に、小さな声で言った。

           _-─―─- 、._
         ,-"´     ゝ   \
        /              ヽ
         /       ::::/::::::::\::ヽ
       |       / ヽ `::::´ /`ヽ      「そんなこと・・・ 無いお・・・」
        l       ( ○ノ::::::::::ヽ○.;l
       ` 、        (__人_)  .;/
         `ー,、_         /
         /  `''ー─‐─''"´\











             __ __                                / ̄ ̄\
         ,.. -‐':.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.::: 、                           /   _ノ  \
       /:.:.:.:.::.:.:.:.:.::.:.:.:.::.:.:.:.::.::.\                         |    (⌒ )(⌒)
       ':.:.:.:.:/:.:.:.:|:.:.l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:...:.:.ヽ                       |     (__人__)
      ':.:.:.:.:::':.:.:.:.:.:.:|:.:.|:!.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:..:.',                        |     ` ⌒´ノ
     .'.:.:.:.:./:.:.://ハ:.:|:lヾ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l.:.:.::|,                      |         }
     l:.:.|:.:.レナナ'‐  l:.ト! \:.__:.:.:.:|.:.:.:|.                     ヽ     ヘミ|
     |:.:.:ィ升Krォァ=、 ヾ!\´ _ゝ_ ` .:, .:.:.,'                         /,` 、` -`,--` ,
     |:.:.ハ:.:|  辷'ノ   丶 イt::_iヾレ:.::.::,                __,---/;;;;;`  `-,-/ニニ |
     |:.:.:.:l:.| ::::::        ゞ-' !:.:.:.:.:イ               /;;;;;::::、:::::::::|、_ ,>、 /::l,_l・ ,<、__
     l.:i:.:.:.|ヽ.    _  ′ :::::  ハ:..:./               ノ;;;;;;;;;;;;:::|::::::::::<:::::::ヽ``l::::|  |`l,::::ヽ
.     |:l:.:.:.|:.:.\     ̄    イ:::::/                   |;;;;;;;;;;;;;;:::::|:::::::::::::ヽ:::::::\|:::|`-‐'/::ヽ::::|
     ヾ!.:,|ハ..:.:.|ゝ、  _ ...ィ/:.:.レ:j/                     ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|;:::::::::::::::::::-、:::`;:ヽ;-';;;;;:::ヽ::l
    _ _ _ゞ\ー- 、   |:./レl:.:..:/                    ;;;;;;;;;;;;;;;;;;/;;;;;;:::::::::::::::::::::`、;`l;;;;;8;;;;;::::`ヽ
   _レーハヽ     ヽォ_ー 、. |:.:/                   ;;;;;;;;;;;;/、;;;;;;;;;;;;::::::::::::::::::::::;`l;;;|;;;;;;;;;;;::::: `l|、
   /::::::::::つ    /,イjくヾ\'_                      ;;;;;/'  `,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::::|;;;::l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::l
   /:::::::::::::::L   レ' //}ヽ.j\ヽ7                       ;;;く   ';;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::::::::::;;;;;;;l;;;;;;;;;;;;;;;;;;/

2人が、こっそりと笑う。






467 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/29(日) 23:43:08 ID:2c7y2lAw

::::ヽ、;::;:;:;:;:;:;:;:;:, ...:'´.::::::::::::::`ヽ、.:::::::::::::::   |
;:;:;:::ゝ;::;:;:;:;:;:;/.:::::::::::::::::::::::::::::: \.:::::::::::. i |
;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::. `ヽ、.:::::  l |
;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;::|::::::::::::::::::::::::::::::::::、--==`、,  ,,,l |
;:;:;:;:;:;:;:;:;:゙;:;:;; |::::::::::::::::::::::::::::'.:::::`..  (/”="_/
;:;:;:;:;:;:;:;:;:  :;: |:::::::::::::::::::::::::::::   `-'´;::"~:. i       「人の手は借りれるのだな?
;:;:;:;:;:;:;:;:;:;  ;: |:;:;:::::::::::::::::::::::.   '´.:::::::::::. |       だったら何故 ワシを尋ねなんだ。
;:;:;:;:;:;:;: ::;  l; |:;:;:,::::::::::::::::::::''   ..::::::::::::::::::.. |       
;:;:;:;:;:;:;: ;  |V:;:;:;::::::::::::::::''   ..:::::::::::::::::::::. |       練習のことなら、コーチが一番知っていると、
;:;:!i:;:;:;: '  l:::::;:;:''::::::::::::'....::::::::::::::::::/´::::::::::::.  |      そう考えることもしなかったのか!」
;:;:!i:;::;:;  i |:,:;:;'':::::::::::::::::::''iiilll|l|ll|llll|liiii,,:::::::::. |
;:;: ;:;:;:;:  /i!::;:;:::::::::::::::::,,iiiiiiillll|ll||ll||ll||l|lllllii-- '´
;:;:;:;:;:;:;! /::::::::::::::::::::::::i:::::::::::::::::::::::: l゙゙゙゙゙゙゛゛
..:;:;:;:;:;:i /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::''/
ヽ:;:;:;:;:!/i,,、:::::::::::::::::::::::::::::::::::.' |
:::::ヽ;:/i||iiiii,,::::::::::::::::::::::::::::::::::. |

           ____
         /   ∪  \
       γ⌒) ノ三三三ゞ(⌒ヽ
      / _ノ (>)三(<) \ `、
     (  <:::∪:::::(__人__):::::∪|  )
      \ ヽ ::∪::::` ⌒´∪:://

理屈は全て東方不敗が正しい。
やる夫は答えられない。







468名無しのやる夫だお:2009/11/29 (日) 23:43:12 ID:MHByu.5Q
アマとプロの境界線がよく分かる図だな







469 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/29(日) 23:43:37 ID:2c7y2lAw

            _, -zーァ―-、            l   レi
          ∠ィf´ ̄「 ̄ ̄¨丶_          {    レ!
         // li   |       | l\         ヘ     !
          / l _」.、      ' /  \      / :.    レ!
       /`Y l   \     /  / ハ     /  ::     i
      l / , ト|    \    /  / /  }    /   ハ     {
     /  / ー 、   l, \____,  /   /   / l     '  「答えんかやる夫!
___ _ /イ  /   ̄\  li       //  /   /  l     |  貴様まだ自分でやるのが一番最善だと、
三二ニ/  / l  \__゚ヘ_ノ ,,, - '   〃  _ ノ  / /   !     ,   うぬぼれておると言うのか!」
ニ¨ ̄/ /リ /   -―= yケー。=、 テ! 二三≧彡'     ,     リ
   7/l  } j/⌒丶k / / ヽー' /ノ               /     j
    | :.  V"`>、__\_/},__   /|           〃,    l
     ヽ l  {_ー- `ーュ-、〉 イ  l|             /    /
       `{_ー ̄ヽ二ノ/ jハ  |              /    〉
           ィ少く __/   ハ !           /    ,イ
       x彡ソ          ヽ|         /    /


         __,‐⌒ヽ、
         /   '─ \
        ノ ノ-、 (○) \
        | 。(○)  、゚ ヽ, ヽ
        ヽ  ヽ__,,,トー'i   )
         ノ    ` ⌒''  ノ
        (           }
        ヽ         /
         ヽ     /
       ./ー-.l`‐-‐< ̄``ヽ
      (   ⌒⌒ ̄ ̄`r:ュ〈
       ´`´ー-、_,. -‐'´/l .ト''ヽ

やる夫は答えられない。
理屈は通っていないし、結果もだせていないのだから―







470 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/29(日) 23:44:17 ID:2c7y2lAw

東方不敗はやる夫の言葉を待った。

やる夫の言葉は、何時も遅い。
体の底から絞りだすようにして、やる夫が言葉を発するのに、相当の時間を要した。

      / ̄ ̄ ̄\
   γ⌒)      (⌒ヽ
   / _ノ ノ    \  \ `、           「そうしてきたから・・・ですお」
  (  < (○)  (○)   |  )
  \ ヽ (__人__)   / /


       / ̄ ̄ ̄ \
     /       . \
    /  _ ノ   ヽ、_   \          「ずっと・・・1人でやってきたからですお・・・
   .|   (ー)  (ー) .  |
    \    (__人__) .  /          すみませんお。
     /    `⌒´    ヽ          コーチに頼るって発想が、ありませんでしたお」
    ヽ、二⌒)   (⌒ニノ

やる夫は、素直に頭を下げた。

                                                     / ̄ ̄\
                                                   /       \
                                                   |   u     |
                                                   | ヽ   ノ  u |
                                                 /´ fト、_{ル{,ィ'eラ,  |
                          「なんだって・・・?」          /'   ヾ| .(__人__)⌒`/ |
                                              ,゙  / )ヽ(,`⌒ ´   | | ヾ、
                                               |/_/  ハ      /:}  V:::::ヽ
                                              // 二二二7  /u' __ /:::::::/`ヽ
                                             /'´r -―一ァ‐゙T& acute; '"´ /::::/-‐  \
                                             / //   广¨´  /'   /:::::/´ ̄`ヽ ⌒ヽ
                                            ノ ' /  ノ:::::`ー-、___/::::://       ヽ  }
                                          _/`丶  /:::::::::::::::::::::::::: ̄`ー-{:::...       イ
声を上げたのは、やらない夫だった。







471 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/29(日) 23:44:50 ID:2c7y2lAw

                                                     / ̄ ̄\
                                                    /  \    \
                                                  .(●)(● )  u. |
                                                   (__人__)  u   |
                           「毘都附学院だろ?            .(`⌒ ´     |
                            監督とか、コーチとかいただろ?」    {         |
                                                    {      u. /
                                                    \     /
                                                    ノ     \
                                                   /´        ヽ

       / ̄ ̄ ̄ \
     /       . \
    /  _ ノ   ヽ、_   \    「やる夫は・・・
   .|   (ー)  (ー) .  |    毘都附学院の人には殆ど指導をうけてないんだお」
    \    (__人__) .  /
     /    `⌒´    ヽ
    ヽ、二⌒)   (⌒ニノ

                                                      , n / ̄ ̄\ .n
                                                   . / / j.´_ノ  ヽ、u'l lヽ、
                                                   /,イ / (○)(○) .l i i i
                                                    〈 .r {u (__人__) .i. } } 〉
                                                  ', i.  ',   ` ⌒´ /   /
                                                   .i   l.      ,'  ./
                                                 .  ヽ、_.イ、.    人 ノ
                                                     ヽ     〈_ノ ノ
                                                      |     ./
                                                       |    .   |
やらない夫はショックを受けているが、その事実に東方不敗は気付いていた。







473 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/29(日) 23:45:15 ID:2c7y2lAw

---------------------------------------------------------------------------------------------

初めてやる夫を見た時の、感想といっていいだろう。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
             /、-、  /  ‐''""●''>ノ、、|,,,,、、、、ヽ
                |/⌒/ |    ヽ--‐''"‐/ ヽ"●ヽ /
             | | //  |    、、-‐'''"  ヽ.ヽ''‐-‐ヽ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


         ___
       /     \ 
      /   \ , , /\
    /    (●)  (●) \
     |       (__人__)   |
      \      ` ⌒ ´  ,/
.      /⌒~" ̄, ̄ ̄〆⌒,ニつ
      |  ,___゙___、rヾイソ⊃
     |            `l ̄
.      |          |

つくりこまれた、乱れの無いフォームだった。

しかし、なにかと無駄の多いフォームだった。
---------------------------------------------------------------------------------------------







474名無しのやる夫だお:2009/11/29 (日) 23:45:27 ID:X0JNr1k6
これは一皮むけるチャンスかもね、やる夫。







475 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/29(日) 23:45:51 ID:2c7y2lAw

---------------------------------------------------------------------------------------------

フォームこそ、最も作りこむのに時間のかかる動作である。
1球1球、完全な同じフォームで投げることが、どれだけ難しいことか。

だから指導員は、最初に正しく、利点のあるフォームを教え、徹底的にそれを染み込ませる。




その男は、作りこまれたフォームを持っていた。
         ___
       /     \
      /   \ , , /\
    /    (●)  (●) \
     |       (__人__)   |
      \      |r┬-|  ,/
     , -‐ (_).ヽ`ー'´   ィヽ
      l_j_j_j と)         i
       ̄`ヽ        | l





┌───────────────────────┐
│だけど、その作りこみに意味が見出せなかった。   ....│
│綺麗だが、利点の無いフォームだった―         │
└───────────────────────┘

---------------------------------------------------------------------------------------------







478 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/29(日) 23:46:15 ID:2c7y2lAw

┌────────────┐
│故に、独学だと判断した    │
└────────────┘

;:;:;:;:;:;:;:;:;:;  ;: |:;:;:::::::::::::::::::::::.   '´.:::::::::::. |
;:;:;:;:;:;:;: ::;  l; |:;:;:,::::::::::::::::::::''   ..::::::::::::::::::.. |
;:;:;:;:;:;:;: ;  |V:;:;:;::::::::::::::::''   ..:::::::::::::::::::::. |
;:;:!i:;:;:;: '  l:::::;:;:''::::::::::::'....::::::::::::::::::/´::::::::::::.  |
;:;:!i:;::;:;  i |:,:;:;'':::::::::::::::::::''iiilll|l|ll|llll|liiii,,:::::::::. |
;:;: ;:;:;:;:  /i!::;:;:::::::::::::::::,,iiiiiiillll|ll||ll||ll||l|lllllii-- '´
;:;:;:;:;:;:;! /::::::::::::::::::::::::i:::::::::::::::::::::::: l゙゙゙゙゙゙゛゛
..:;:;:;:;:;:i /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::''/
ヽ:;:;:;:;:!/i,,、:::::::::::::::::::::::::::::::::::.' |
:::::ヽ;:/i||iiiii,,::::::::::::::::::::::::::::::::::. |

その見込みは間違っていなかった。




        ____
      /     \
    /    ;   _ノ′
   /     ∪ :::(●
   |         "`(__)           「毘都附学院なんて、腐るほど中学校のエースが入学してくるお。
   \、          /´ヽ           入部してすぐに、やる夫はピッチャー失格を言い渡されたお。
     )       ィ ("_ノ
      / /⌒ヽ    ヽ ) |           ただ―」
      i l   |     |  |







479 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/29(日) 23:47:01 ID:2c7y2lAw

::::::... ..丶
:::::::.... ...\
:::.' ──-.. \
:::::::... ⌒__丶 \
:::::::::.... .'::. ).ヽ  .ヽ                「やる夫は逆らったお。
:::::::::::.... __ ..丿   ヽ               練習はきちんと、外野手の練習を受けたお。
:::::::::::...    ヽ   .ヽ
:::::.._ ノ ヽ.____丿   .丶             でも、17時以降の自主トレ時間は、全部ブルペンに篭ったお」
::::::::::::::.... ..::ノ      .)
:::::::::::..   ../       .ノ
:::::::::.⌒ "       ..ノ
:::::::::::::::::....    ....::::::../
:::::::::::::::::::::.. ......::::./




蒼星石は手で顔を覆う。

         !      ,.  -‐── ────┴ ─‐┐
         ',  ,.  '´                 /
         > ´                    /
      く         . -‐====== ー-く
          \  ,. . :"´: : : : : : : : : : : : : : l: : : : : : :ヽ
         >'´ .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: ./ハ: :.l: :!: : : : : :l
          i: : : .: : . :. {: : : : : : : :./ii|l|ハ: l.: !: : : : : :}
          |: : |: :.|: : : |::.:.:.:.:.:.`メ_.|=l||/Vl :l: : : l : ;′
          |: : |: :.|: : : |::|: : :∠イ. |.ソ/ /Vく: :./}:/
            \|: :.|: : : |:.|: : : : : | | / /l||、: :/
           \|ヽ: :|.:|: : : :.i.:|.. ´ ヾ/ ,l:/
             }ヽ仆ヽ: : : :lN    /: :l
             / ̄ ̄``ヽ、::|      |: : : :l
            /        |     ノ ヽ.:.|
        ,ん子こ`ヽ    | ̄ ̄ ̄ ̄|、l./
       ,ん'´: : : : `ヽヽ   |。     l ハ'

全力で学校に、チームに逆らっている。
投手であるために。

そんなことをしては、チームに居場所などなくなるではないか―







480 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/29(日) 23:47:40 ID:2c7y2lAw

┌────────┐
│自分のように  ......│
└────────┘

                                                       r‐- 、 /        `ヽ
                                                       |   \     .:.:.:.:.::::.\
                                                      ,.」__    \     .:..:.:::::::.\
                                                     /.:::::::::::.:..\  \   .:.:.:.::::::::/
                                                    /.:::,.::::::l:::::::::.:.:. \  \  .:.:::/
                                                     |.::/i.:::/、!.::::::.:.:l::::i::ヽ   \/
                                                    l/ Vj _ヽ.::::::l.::::|::::l:.\  \
                                  「・・・嫌われちゃったか」    _ノ 1ソヾ::/.::::|::/:::l::::.ヽ   〉
                                                      l       /.:.:.::l/.:;;/:::::::::厂´
                                                         }‐-  /::i .:.::/;:;;;:.::.:./
                                                        ヽ _ _ |.:::ィィハ,./
                                                         ] 」/_⊥_
                                                       <77´     `ヽ
                                                          リ/  ,r─‐- 、ハ
                                                      //  ,fソ.::7.:.:::::.:.ヽ!

蒼星石は軽い口調で言った。


       ____
    //   \\
   /( ●)  (●) \             「これはしかたねーお。ルールを破ったやる夫が悪いお」
 /::::::⌒  、_!  ⌒::::: \
 |     'ー三-'     |
 \              /

やる夫も、薄く笑う。

       ____
     /⌒  ー、\
   /( ●)  (●)\
  /::::::⌒(__人__)⌒:::::\           「むしろ3年の時には登板機会を貰えて、ありがたかった位だお」
  |     |r┬-/ '    |
  \      `ー'´     /


通じるものがあったのだろう、2人は小さく笑いあった。







481名無しのやる夫だお:2009/11/29 (日) 23:48:30 ID:/jS7nTjQ
うわあ、今までが独学なら、このやる夫、究極とも言える未完の大器じゃないか、才能を考えると







482名無しのやる夫だお:2009/11/29 (日) 23:48:37 ID:miCDlQ1Q
だから15番だったのかもね
2番手ピッチャーだったのに







483 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/29(日) 23:48:42 ID:2c7y2lAw
[89]

その感傷を断ち切るのは、東方不敗。

やる夫を、その場で殴りつけた。

            _, -zーァ―-、            l   レi
          ∠ィf´ ̄「 ̄ ̄¨丶_          {    レ!
         // li   |       | l\         ヘ     !
          / l _」.、      ' /  \      / :.    レ!
       /`Y l   \     /  / ハ     /  ::     i
      l / , ト|    \    /  / /  }    /   ハ     {
     /  / ー 、   l, \____,  /   /   / l     '
___ _ /イ  /   ̄\  li       //  /   /  l     | 
三二ニ/  / l  \__゚ヘ_ノ ,,, - '   〃  _ ノ  / /   !     ,
ニ¨ ̄/ /リ /   -―= yケー。=、 テ! 二三≧彡'     ,     リ
   7/l  } j/⌒丶k / / ヽー' /ノ               /     j
    | :.  V"`>、__\_/},__   /|           〃,    l
     ヽ l  {_ー- `ーュ-、〉 イ  l|             /    /
       `{_ー ̄ヽ二ノ/ jハ  |              /    〉
           ィ少く __/   ハ !           /    ,イ <ダークネスフィンガーじゃ!
       x彡ソ          ヽ|         /    /



                     ,;;----―――――--,,,
                    /              \  <指じゃな・・・ メメタアッ!
 , ;                /                 \
        c==ー^      /li   <こ_ .:; イ.:.:.:.:.::.:\ : :    \:.:.:.::;;;;>'"
    z        ,ィ≦    ム}|/__/´⌒  /.:.:::::.:.:::.:.:.:.:ヽ    .::.:.:;;ィ'"  /
           __ -一   .:fr'/{ミ ,彡/ ,/.:.:.::::/.:.::::ノ_,,,:::-一宀 ´    {
    c== ¨¨       /^{ノ ilil// /⌒´ ̄ ̄ ̄`7´ /     /         ',
       c に≠==ー 厶-  il,/   〃    ー/, {  {     i          ヽ
               `ート、   〃   {i         ヘ. :丶ヽ: : :ヽ: : : : : : : : : : { :\
   C °。 : .      ヘ にヘ,{i   ヽ.i{   . . . . . : : : : ヽ、:\: : : :\: : : : : : : : ヽ. : :
                 : ', ,〉ィヘ  ヾミ{!. : : : : : : : : : : : : : :\. :\: : : 丶: : : : : : : : \
          . ィー- く {^ヽ人   ヘ≧ー‐rー宀7⌒ヽ. : : ヽ、__. : : : : :\. : : : : : : :
         / :` 、: :トこ´  ヾ     ¨>く__ノ _,人___/, ¨¨¨"¬r一=,,___ : :
       / ,        ヘ、__       彡彡 ´ _ ー
      /           . : : : ´¨¨¬     , /
     ./                  ヽ、   /







486 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/29(日) 23:49:27 ID:2c7y2lAw

      \\ ,-、               | || !| |
\\   、,、-' 弋              | || || | !   ./
  _,、-'      (              ! || || | |   / / ̄ ~/   __ __
 (_          ヽ、           | l ! || | | /  /   /___./  //  /
.\ ¨''、         ヽ、,_          || !| |  // ̄ ̄       /  //  /
    ヽ、    _,、―--、,__)         ! | || .|  //__   __ /  //  /
  \\.ヽ  /      ヽ\\      || || |  /    /   / / /._M//_M/
    \ | .f         }        ! | || | /    /   / /   /
      し|  _      ノ  \\   | |  !  !    /   / /   /
       .ゝ_____,、-'´      .\  !   !    ./   / /   /
       \\    ¨¨・・,\\    |   | /  /μM/ /   / _ _ _
        \   \   ;,       . し'/      ./μM/ / // // /
                      。     て_         ./M//M// /
                           て                / /
                          ~               /M/

予想だにしない鉄拳制裁に、やる夫は倒れこむ。



              ____
            /      \_
           / /   \( ;:;:;)
         /( ;:;:;:;:;ノ   (=)  \
        (;:;:;:;;;:;  (__人__)    .:::::)            「な・・・何するお!」
        / ||    ` ⌒|||   ,/
        / / |\/ /  /l |  ̄
        / /__|  \/ / | |
       ヽ、//////) /  | |
        /  ̄ ̄ /   | |
      __/  )--- ヽ   ヽ つ
    ⊂---― 'ー----'

やる夫が抗議の声を上げる。
だが―







488 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/29(日) 23:50:23 ID:2c7y2lAw

抗議の声を上げ返すのは、東方不敗。
                                        // //ヘ    >     | / ̄ V / l|  \ | /
                                        // / /  . < _,  /  V_丶  |  /h   V |
                                        { //|j/   ',     ̄/    V / / / / 丶   ! |
                                      /⌒メ、V / |  / / l     V  l'   /   ',  l/
                                      | /ハ l |// ̄´ /// / |    vイ _〈     l/ 
                                      l / ! }_」!\ 、|l //  | /j '     ', \/ !  /
                                      / |  `Y //ミリ ,二.._j/| !     l| j/  |/
              「ワシは侮辱されるのが嫌いでな・・・」.   .|  |   | l|` /   _儿 Ⅳ|    l||  j/
                                       l      |   7  /_/\、 |    l|/ヘ  /      
                                           j__ /}彡'┘\/\|    l|l  ∨      
                                            `        〈_八   l||  |         
                                                    [_/  ',   /ハ  \      /
                                                 └‐く _| /l |  \ |   /  
                                                       l /  ト、  l/´ ̄   
                                                       |'   / \/
                                                         ト、   |  /
                                                         / \//
                                                          {  /
                                                        \/

すぐさま蒼星石が反応した。

     〉′::::::::::::::::::::::::.,.  -‐…'' ¨  ̄ i    ̄ ¨ …-.. _/
     ′:::::::::::::::::::::: /    ::::/     |        \\'
     l :::::::::::::::::::: , ′   :::::/  ,   ∧  i:::  ,     \
     | ::::::::::::::::::/     ::::/ i/   /  i   :::: \     ,. ヽ
     ` …- 、/      :::::i-'―/-/..__  ヽ \ :::::::ヽ.   l::::  ',
          '::  /    レ ' ィ /___-`ヽ \ \::::::::丶 |:::::   .
         |:::  i  ー…丁イ´ヽ fィ弋バ   ` ー\-:::  |::::::::| |
         |:::  |  i   ::::: l   _ゝフ'       ォ=、ヾ:::::Y::::::ハノ  「やる夫がいつコーチを侮辱したって言うのさ!」
         |:::::::::......i:...  :::::ヽヽ          iハ::ハ!ハ:::::l::::/
         ∨:::::ヽ:::ヽ:::::::::::::|\       _ ' `  ∧':::::レ'
          . :::::::::\ ::::::::::::|         / ∨    レ::/
            N::::::::::::::ヽ::::::::|         `ー′   ハ::l
            V小::::V!::::::| 、            イ! V
                V !:::::リ       _ ..  イ∧:::!|
              /⌒!::/、    /        ∨
             /    '′ \  /







493 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/29(日) 23:51:28 ID:2c7y2lAw

蒼星石を無視して、倒れたやる夫に言葉を浴びせる。
熱気の篭った言葉だった―

::::ヽ、;::;:;:;:;:;:;:;:;:, ...:'´.::::::::::::::`ヽ、.:::::::::::::::   |
;:;:;:::ゝ;::;:;:;:;:;:;/.:::::::::::::::::::::::::::::: \.:::::::::::. i |
;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::. `ヽ、.:::::  l |
;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;::|::::::::::::::::::::::::::::::::::、--==`、,  ,,,l |
;:;:;:;:;:;:;:;:;:゙;:;:;; |::::::::::::::::::::::::::::'.:::::`..  (/”="_/     「一度認められず、一度仲間から外された。
;:;:;:;:;:;:;:;:;:  :;: |:::::::::::::::::::::::::::::   `-'´;::"~:. i 
;:;:;:;:;:;:;:;:;:;  ;: |:;:;:::::::::::::::::::::::.   '´.:::::::::::. |      だから、全ての 監督、コーチが信用できんとでもいうのか?
;:;:;:;:;:;:;: ::;  l; |:;:;:,::::::::::::::::::::''   ..::::::::::::::::::.. | 
;:;:;:;:;:;:;: ;  |V:;:;:;::::::::::::::::''   ..:::::::::::::::::::::. |      だから、全てのチームメイトが信用できんとでもいうのか!
;:;:!i:;:;:;: '  l:::::;:;:''::::::::::::'....::::::::::::::::::/´::::::::::::.  |
;:;:!i:;::;:;  i |:,:;:;'':::::::::::::::::::''iiilll|l|ll|llll|liiii,,:::::::::. |     子 供の理屈だとは、思わんか?」
;:;: ;:;:;:;:  /i!::;:;:::::::::::::::::,,iiiiiiillll|ll||ll||ll||l|lllllii-- '´
;:;:;:;:;:;:;! /::::::::::::::::::::::::i:::::::::::::::::::::::: l゙゙゙゙゙゙゛゛
..:;:;:;:;:;:i /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::''/
ヽ:;:;:;:;:!/i,,、:::::::::::::::::::::::::::::::::::.' |
:::::ヽ;:/i||iiiii,,::::::::::::::::::::::::::::::::::. |


        ____
       /    \
.    /          \
.  /    ―   ー  \
  |    (●)  (●)  |               「・・・」
.  \    (__人__)  /
.   ノ    ` ⌒´   \
 /´             ヽ







494 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/29(日) 23:52:00 ID:2c7y2lAw

一転、落ち着いた声で、やる夫に訴える―
                                                    __,.ァァ ー-- ._
                             .                     r:i´:.:.: /:,'.:.:.:.:.:.:.__> 、
                                                  ノ:.j:.:.:.:|/:.:.:.:.://_____ヽ.-、
                             .                     |:j'´ヽ∠.-‐''¨´ ̄   ヽ.___, ヘノ_
                             .                     |'           /.:.:.:.:.:.:.:〉: 〉
                             .                    /_   | /      ーァ___,ノ:|/、
                                                 ヽ.ゝ、_ノ ノ __,. -‐''ヾ.__:::___::::|,ノ、
                   「ワシは・・・                       ハヾ〉 ゝ'<ゞ.フ¨フ゛ /:l:::{,.イ Y::::/
                    そんなに信用できないか?」            〈 ´7 ' .ヘ `‐'´| /.:.:!:: Yァ l:::/:〉
                                                 |〉 | ! 〈  `¨  / ,' :/:l:::::|' /'´V::}
                                                 |:.:V、_,ノ´`ヽ、 _ ,'  !:/.: !:イ|1   {::;ハ
                                                 |:|:ヘ ̄¨& uml;''ー 、', l ,'|1:|: l:||ノ|   ソ:/
                                                 VV 〉 ̄¨''ー'' `,' / Vl: リ' |   ソ:}
                                                   i  |   ,ノ _, ィ | V_,.ノ|  {, イ
                             .        _____           `ゝr_、___/_,.‐ ¨´  ヽ、 {::ハ
                                  ,.ィ¨ ̄.::.::.::.::. ̄¨'' -、_,.---――} |:::::::r'´ ̄     __/  ̄ ̄ ̄
                                  /.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::. ̄.::.::.::.::.::.::.::._人|:::::::}  ___,.-‐'¨.::.::.::.::.::.::.::.::.:/
                             .   /::.::.::.::.:|.::.::.::.::.::.::.::.::.______} ̄¨¨{ ̄- ‐'´.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::./.::.
                                i ::.::.::.::.::|.::.::.::.::.::.::. /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: /.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::./.::.::.::.

       ___
      /     \
    /  一'  `ー\
   /   ( ○)  (○)\   「そんなことな・・・」
   i       (__人__)   i
   ヽ、    |r┬-|  /
     /    `ー'´  く

やる夫は途中で言葉を止めた。







495名無しのやる夫だお:2009/11/29 (日) 23:52:35 ID:UcJLNYqA
東方不敗熱いな、いいコーチだ







496名無しのやる夫だお:2009/11/29 (日) 23:52:57 ID:X0JNr1k6
サイドスローって言う武器を授けてくれたの、東方先生だもんな。







497 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/29(日) 23:52:58 ID:2c7y2lAw

気付いたのだろう。
東方不敗の存在を、コーチがいる存在を無視し続けてきたのだ。
自分以外を、無視し続けてきたのだ―



気付いたのだろう。


      / ̄ ̄ ̄\
   γ⌒)      (⌒ヽ
   / _ノ ノ    \  \ `、  「・・・」
  (  < (○)  (○)   |  )
  \ ヽ (__人__)   / /





┌──────────────────────────────┐
│自分のやっていたことが、東方不敗を蔑ろにするものだったことを    │
└──────────────────────────────┘







498 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/29(日) 23:53:25 ID:2c7y2lAw

           ____
         /   ∪  \
       γ⌒) ノ三三三ゞ(⌒ヽ
      / _ノ (>)三(<) \ `、
     (  <:::∪:::::(__人__):::::∪|  )
      \ ヽ ::∪::::` ⌒´∪:://

やる夫が黙り込むのを見て、


    __                    _ __ __
   /ノ ヽ\                l``ー-- ---- 一'1
 /.(○)(○)\               L_ __ __ _ |
 |. u. (__人__) |.           〈こL_ __/ _// _,ノ::7
. |        |.    .       ヽ     .:.:.:.:.:::::::,::;イ
  |        |             /.:::T:.;:ー-----‐:.:i::::|
.  ヽ      ノ.              i.:.::::l::-‐'、.::ヽjー-、|::::!
   ヽ     /              |.:::::lヾ不` ``ネネ7::::,
   /    ヽ     .         ト、:::::、  _'_  , イ::/
   |     |              ヽN>_-_<ィイ/
    |    .   |     .         , ィ  ,r‐ 6-、``T :、

2人も黙り込む―







499 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/29(日) 23:53:54 ID:2c7y2lAw

言葉を待つ間、東方不敗は顔を上げた。

少し気の早い桜が、華をつけていた―
      _ 丶ヽ _,.`ヽ` `、 ....._ :  `´ .  .: ゙..:  .:.:` `ヽ...:.:ヽ:.`.:''´ ;.ニ
       ヽ;゙ ''  ヽ`´` ー='´,. '´ 、ヽ .::  :. .::  ‐   ;; : . :.:. ゙:.;.:.:.:;.:'.:.: ;:'... _,:`
     ...._ ト.. ゙ ...ゞ´ゝ,. ''´ :'⌒ヽ ヾ..:;:゙゙ヽ:.  ..  ..ゞ、:..:.:.::: :゙:.:´.:::.:; '..;'´;;..::'_,,.. -
    `ヽ.: .':、 丶..i  ,' ,:' i,. =、..ゝ、ヾ,,;:゙ゞ::;';゙  ;'゙ゝ::''゙; ;;.:.:::;ニ.:_;;..-''.:=':;.:'::ニ´__
     ゞ,.: .:.. ゙:.:.:...';. ::{ i''、ノ:::;;:'""ヾ;:`ヾヾ:;;::ゞ=''::i::;;'':::ソ;゙:.:.:;゙:'´ノ.:.;.: ':;.:'´_::`;,´_;,,..ニ::‐
   丶.._,:'': :.ゝ、ゞ;;ゝ、_i.ゝ;;(゙ヾヾ;;::=、::;;;,,_`ヾ::゙ゝ:゙::/;':::ノ;i:シ:;:'":::;'& acute;::.<:.:_::.`ニ::ー..::´...,, __..
  、ヽ,''::ー ;;ー-.:.゙:;;ゝゝ:::''::;;.:.:ヽ;::\_ー‐-::、}:、{:{;;'//イ::シ;;:ゾi::ソ::ノ:: .:、ヽ`ニ、:.´ ̄ヽ:<´
  ;:゙ヾ..二フ.:¬;;='':ゞ;;.゙:;;:゙.:`ゞ、_ヾ;`ヾニヽ、\;>';∠=-‐…'∠;;ヾヾ丶,:: :゙:、`::,,ヽ:. :. ::..:゙、`:..
  `;;.:.: .:,,:''ヽ.:.::、`=-::ニ:::ゞ::(_::゙:、:`¨¨¨);r =、ヾ::::::{':::/ア´ヾ゙:;ヾヾ:、::゙.:.ヽ::.;;.ヽ:.ヽ::´`゙ ゙ `ヽ
  ;''=''"::,, .:.:、、::ゞ,,.:.::=;;..''´..'';;_ヾ::''=、゙..::` }::}:.:.::!:/:;ノ:;':ソ:;'.:.;.';;_';:゙;;`丶;;:`ヾ;.:.、:.`::、._
  _;,:.''"´:.:.:.::_;;.. ::'';; .:.'': ...:.:`:、:;;''´ ''";;::_;;'.::|::|::.i.::{゙;;_;.''_::..:゙;;/´.:.:'';; .: .:..::´ヾ._ヾ:i゙:;, .:',.._
    ゙丶;;.:''´,:´:.:.;;゙、:.:.';;'' "⌒''      ,:゙::|::i:.:i.::|  '´ `''´   ,:'' ヽ:;:'⌒丶; `゙  `ヾ
         ;: ''´   '´             '゙´ |::i : .:.|            _,.:'
                        li :!.:.:l
                         l:! .:{ :.:l
                        ,':j :.:!:.',:',
                         /:,'  i: ',ヽ
           ... .... ..... .......,.,.,,,,,./ノ ノ..:ヽ、::ヽ\.,,,.,.,.,. ....... ..... .. .
                . .: .: .:.::::´.:::´ ' ..:.::.. .:`.:.::.:.`:..:. . .

桜が、鮮やかに微笑む。






513 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/30(月) 00:01:07 ID:MB8jbDPw

やる夫は言葉を発さない。
変わりに沈黙を破ったのは東方不敗だった。

          ,. ‐==:┬┬ .、
          ,イミ∠⌒ヽ_⊥∠}
        /三V >、 、,  j.
        r=三〈  `ー゚` l L..=〉
       ,仆、j川    ._| 「゚-j
       ,tノ`i | |l  仁二`-' 、/
   _   tノ リ| | |    ー- `"ハ              「やらない夫、構えろ」
ー-< `ー- 、 ,/レ'^_:、j    } /l_j.
ヽ、.:\: : :  ̄`ー二_ `rー-r┘
‐- 、.:..:.:.:.:.:ー-.:.:.:.  ` ┴-、|7
 r‐―‐ 、.::.:.:.:ヽ       `ー¬
/   r一爿.:.:.:.  \ ー‐- .__」_
ヽ/ r―┴ 、.:.:.:... `ー        \ _
.(_,>人__,.―^ー-、__,..  _.. > 、___,.... - ヽ


     / ̄ ̄Y ̄ ̄\
    /  ヽ,_.   ノ  \
   (●)(● )  ( ●)(●)
   (__人__)     (__人__)                「へ?俺?」
   {`⌒ ´   彡 ` ⌒´ノ
    {             }
     {      彡    }
     ヽ、    /   ノ
       .ン    ヽ
      //    |
  (⌒二_/ |  .  |


          , ‐'´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
          〈ゝ、゛、〈 /  /-______ヽ
          у゛ ̄`´ ̄ ̄`\ー-- ト┐
          /    、 ,-‐ー >=-- |_.|~ト、
          〈´>-。|_〈ノ  ゚̄ヽ \ーr-'、`'l_.ト、
   λ       〉 ヽ-// `ー‐′ ノ |-, l  l._ト,
   N ゝ,     .λ __〈__、__.-‐‐、 〃|  |_./   l_ノ
  .l   ヽ、   / |└┬====T゛゛l |  レ′  [、7    「キャッチャーは貴様だけじゃろが!
   \゛  .〉7 ル' |  L______.l   |  l|   〈_7     とっととホームに向かわんか!」
    ` 、[ル'   レ| | `‐┬‐‐´  イノ|  |   〈_7
      l._|   レ'^ヽ,______,/   レ|/  ,〈ン   
       レ'┐    _|_    ̄ ̄`Tl'┴rヒコ┘
   , ー‐--'‐┴‐‐<  `'ー-、   __| |_ |┴---、

東方不敗の怒声が、張りあがる。






515 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/30(月) 00:01:29 ID:MB8jbDPw

やらない夫が疑問を顔に貼り付けながら、慌てて走り出す。

        / ̄ ̄\
       ノ  `ヽ   \
     ( ●)( ●) u |
      (__人__)     |
      (`⌒ ´ U  .|                  「は・・・ハイ!」
       {       |
       {       .ノ/⌒ ̄ ̄' ̄ ̄) 三 二
      ヽ          / ̄¨ ̄ ̄
 (⌒ヽ、 / ヽ        く
  \  ヽ  /\      \
   \__/     \        \
            /    ノ   \三 二
          /    /\    \
         {  ────ヘ    \
          \____ソ ヽ   \ 三 二
                  ヽ、_ソ \    \
                       )   __〉 三 二
                      (___ノ



対して悠然と、東方不敗はマウンドへと歩いていく。

                        , ィーr―- 、
                       /ヽ l l  /ハ
                        l7⌒' ー' ⌒v|
                          〔リ ≧、l |,≦ 7|〕
          _ __ __    _   r ┐l 二,j |二 l:h
        _ / | 〈 |  〈 ⌒⌒{ ヒ」ーーーーー'イl|
        |、_)ー'⌒^ー'ァァーl    〉 レ勹ーーrーァーr′
     /´ ̄`Yーf⌒⌒二コニ|      ∠!ート--イ  ̄{__, -―- 、
     /,   /リークー'/  八  -―く  ー‐|  |ー一'/  /     \
    ノイ /|  / | ̄  ヘ   \ /⌒\ ̄_」 / / ̄ ̄ ̄      l
   〈 lイ  \/ /      V [lー}/  /⌒\    / ̄ ̄ ̄ 丶   /
   /}ノ \  Vl      |    |  /      ̄ ̄\_         /
  ,     \/|       /  [lー|  |          l\         /
  |     /´ 〉    _」   ハ  \         l  |     /,
  丶      /   / \  {  \_l             / V
     \_∠ -   ̄     ト \ ヽ \             /   /
                 l  ̄ |  |  ̄ \       /    /
                  l   |  |     ̄\__/    /
                   l  |  |                 |
                       〕  |  |             〔
                  く \j |          /こ寸
                     /\ \」____  -―イ /l ト、
                 /\ \_    ――  ̄/||し' 、\
                 /    ̄ト、_ ̄   / ̄  リ  |\ } |
                /      |  |   ̄ ̄       |l  |  | ノ
                /      |  |             |l  廴ノイ
                  l      |  |         jj  |「 |







518 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/30(月) 00:03:18 ID:MB8jbDPw

やらない夫と数分、キャッチボールを行った後、東方不敗は響き渡る声で言った。


┌───────────┐
│見ておれ、やる夫―   ...│
└───────────┘







そういって東方不敗は振りかぶると、投球を開始した。

フォームは驚きの、右のサイドハンド―

  に二二二丶、{ー'",ヽ、_        ̄`"ー<ファ-,、_/〃 / /  `ヽ     / l   {
  {,..----―-、ヽ `ー'---、\            ̄~"7/\/ /,,.. -、 - ヽ  /// ,. r┴- /
  `ー--rー-、 ` _   ヽ   ヽ.             {、、i '',二   ゝ ,、| - く (/ / , フー'
     `丶、 `ヽ  ----、  }、            l r。、! l,,-。< ネ;くリ    (ノ//\ ̄
       {ミ}`丶、    ヽ |`\           ,! ~l l、ヾ ´ , | ヾ    ゞー'"   \/
        {ミ}   `ヽ     ヽ;;;l\        ,r-'/ l (ヽ-へ、ヽ ノ ト lゝ     |   /
        「~\   |ヽ     ヽ| ヽ   _rー= ヽl ! 二 ̄ノ/ リノリ     l| /  「フンッ!」
        l  ヾヽ |`     |   ト、/_     ̄`ー'ー'"┴┼――┐   l/
        ヽト、 \  |     |   | \、  ̄ヽ    \     ̄~|  」   ヽ
          \ヽ}  |     |     |   |l ヽ   \        6==9  ヽ
              |    /    /  | ヽ 、  \        6==9  }
                ト、  /    /    |l   \`ヽ、 \        |  |  /\
               ヽヽ/   /     |l ヽ   \  \       | | /  \







519名無しのやる夫だお:2009/11/30 (月) 00:03:32 ID:B/hVXtJw
520 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/30(月) 00:03:47 ID:MB8jbDPw

投ぜられた球は、唸りを上げてやらない夫のミットに襲い掛かった。
                         _..-'"    _....丶                      _,,,.... -ー'''''"゛
_____             /   _.. -'"´...ー丶.' ゛        .,,,.... -―''''"゙゙´    ._,,       .,,,
                     /  .,.. -''″        .´`".'.'''―- ..,,_         " ...xr=ニ二, ̄'!=,,,_ .'"//
.-‐.''' '''              /    ゛                       `゙'''ー ..,,  Y゛     >`゙''-、,`゙!ヘ,, /
                /    ._,,.. -ー ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄―- __          `''-、,._>-'"´  :   \  `'/
                /   ,..-'"´                  `゙''ー ..,,         -,,. `''-..、       .\
            " . /                     .. ー''"゛ .゙>、,     .`''-、 ゙''-、.     ./l,
--.‥         /                             _..-'″  `'-、     `'-、 `'-、 /  .゛
             ,/,,....-ヽ`_,.....--″              _..-'´  ._.. / .,.、`'-.      `'-、 . \
,,.....      ./ ./    " ´                     .// ‐ン'ン"  ,-ン'冫ノ''、         \.  `'-、
         i /                        /  .'" '"       ."  ./  : \       \
.丶‐''     /./                   ィ/ン / /ン'゙_.     , 'ン ,. ,/ヽ,       .\
   . _,,   .ゾ               ,. ///´'´ '" . / //./_.    ..ノ./ ./ /..ヽ         -,`‐
-''二-   ,.! !             ,/゙,/゛ .゛         '゙,/,/    ./ '" /    .ヽ     .ヽ `
"゛     、│           / /                  ゛ / ./._. ./ヾ     ヽ      ヽ
 、    'i ,!             /                      / , ‐ : ./ ,. '、        ,/゛.ヽ      ヽ
″       ".冫       ./ン                   / ,/.゛ .ヾ/..l      ./   . l
        ″     ."./ .,/                      /,//    l.      .i   .l,
. _..                 / / 、                     ''//"     l      ./. .r.l
゛               //                    ,. /       |      !"    ″
                   '" /                     ンン'゙、       .|     .!′   ''.
                    / ./.,                ,. /         |     .,′     .:.
 ._..-              '゛ '゙ /  .,.        ,. .,- ,,./ "             !     .:i    i゙  ."
'"     _..           / /./  ,   ,/ ./ / /"             !     !   /
   .,..-'"                /.//./ ./ ./ /  ″              /     / .,, / /  /
..-'"                      / / /                    /    .,iシ'゙./ . l  /
                          .                    /     '". /   l  .l゙  .i
               /              \                    /      /   l  !  !
,..-'´             /                 .\           __ '"※注 イメージ図です







521 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/30(月) 00:04:16 ID:MB8jbDPw

受け止めたやらない夫は言葉を発さない。

     __
..:...::./:..:..:..:: \.::..:..:..::::..:..::.:..:...::..::..:..:..::::...:.....
.::./.:..:.._ノ::::..:.. \.:..:...::.:..:..::::....:::..:..::::..:.:..:....
:..|:::....  ( ○)(○).::..:..:..:..::::..:..::.:..:...::...::::..:.:..:....
.: |:::.... u (__人__).::..:..:..:………。..:.::..:.:..:....
::. |::u:.    (.::..:..:..::::..:...:..::::::::..:..::.:...:..::::..:..::.::..:....
.::. |:::.....u  ` ⌒´ノ.::..:...:..::::..:..::.:...:..::::..:...:....
::..:.ヽ:::.....     }.::..:..:..:..::::..:..::..::::..:..::.:..:...::..:....
.::..:...ヽ::.....   ノ         \
::..:..:..:/::..   く  \        \
.::..:..: |::...   \  \        \
::..:..:..:|:::.....  |ヽ、二⌒)、           \


やる夫も、唖然とした様子で口をだらしなく開いている。


       ___
      /     \
    /  一'  `ー\
   /   ( ○)  (○)\  「・・・」
   i       (__人__)   i
   ヽ、    |r┬-|  /
     /    `ー'´  く


東方不敗の投げたストレートは、どう見てもやる夫のストレートより早かった。

老人の投げたストレートが、である。







523 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/30(月) 00:04:40 ID:MB8jbDPw

馬鹿げた曲芸を見でもしたかのように、投げやりに蒼星石が言う。

              r─────-、、
                |          .:.:.::::.`ヽ,
                |____.:.::.:.:.::::::::::::::/
             _ノ_____  ̄``丶、/
        r'´     _ __ _  ̄``丶〈_
        ヽ,. .:.:.:.::::::::::::::::、::::ー- 、  \
        /.:,.::::::ハ:::::ヽ::.ヽ::.\.::ヽ:::.\/
         /::/.::::::|:::ト、:::::仁ニーミ:::|:::::::::|     「東方コーチって、プロ選手でしたっけ?」
          |.::|.:.::|_ノノ´`ヽ` ◯ `1::|::::::l::|
          |.::|:::::K´ ◯      |//::/:/
         ヽト、::::ヘ         /::/:/
            ``1:ヘ  r─っ , イ::/,イ
           |/|.:::>r‐r<  |/イ´
                |.::/^l/l:/_/⌒ヽ
                |/ , ィ´y'´   ,r=ヘ
              // /介1  ,fj.:.:.:.:::.\


       ,. -ー_ゝ-、
    , _''"= .ノ 、`ゞ、`
   / ,=ィi'" _ゝ ィ。7;'ヾl
  ./ 彡'"l l ,.ィi ; \ー !、
  l  / l l ,ィ ゚ノ ヽ  ,ノ;;ァヽ             「心臓が弱くてなあ・・・
  !/ / `ヘ,  ~ / /7;/'ノ ヽ'             野球の実力如何ではなく、プロでやることは無理じゃった」
 / / r=、 ト- 、  .{/"/、/ヾ
./   l ヽ_-ゝ、`ー-yべ  ヾ_,,.--、
' /   l  丁ヽ,/   ゝ''" ヽ -  `ー-=ヽ__
/l   ll  ll l/\,. -ニ~ー ̄ ̄~`丶 、    ヽ `ヽ、\ヽ
 l   l  ll l .// ,      __ヽ  ー `ヽ、\l、ヽ
 ll   l   lγヽ' /          ̄=-、_    \ヽ
    l  ll l             ニニ  =ー、    \ヽ
 l   l l  ll {                     `ー-、_ .\\
 !l  l   {                           ヽヽ \


              _,‐''´´ ̄ ̄ ̄```丶、
             │, --‐‐─― ---、_ _ ゝ
            _, ヽ'  ̄´´ ̄ ̄`‐―-、/
           ヽ             `/
             ゝ-‐―" ̄ ̄`丶、___/
           /   │  | ヽ ヽ 丶、
          / / / |  /ヽ 丶 ヽ   l
          |/  /l/ | /   \|\ l  |
          ヽ/|  ○l/   ○ 丶ゝ|  |
          /  |          lヽ、l  |  (絶対医者に騙されてるよ?)
          |/|  ヽ、  (_,、_,)    ,,l   /
           ヽ|\/ `‐-y-‐'''"~ゝ| /
            /:::: |  《 小、}}  ゝl/ヽ 
           ヽ/_:::::|       i::::::/
            __/::::::丶‐‐--‐‐"::::::ヽ、,、
          __,l:::::::::::/:::,、二二、__',::::::::::::/_
       (( 〈_,ヽ、:::::l/::::::::::::::丶ヽ、___/_ ノ ))
               ̄/::::::::::、-:::::::::::ゝ
             _,,ゞ::::::::::::: ̄,ゝ:/_____
             丶-┬-、__,''ヽ /___/_/
                |/l
                l/







524名無しのやる夫だお:2009/11/30 (月) 00:05:34 ID:OXIimZqA
どう考えてもこの人の心臓は鋼鉄製だよな







525名無しのやる夫だお:2009/11/30 (月) 00:05:36 ID:PggDu5X6
防弾ガラスの肘の持ち主の主人公思い出した(www







526 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/30(月) 00:05:41 ID:MB8jbDPw

          , ‐'´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
          〈ゝ、゛、〈 /  /-______ヽ
          у゛ ̄`´ ̄ ̄`\ー-- ト┐
          /    、 ,-‐ー >=-- |_.|~ト、
          〈´>-。|_〈ノ  ゚̄ヽ \ーr-'、`'l_.ト、
   λ       〉 ヽ-// `ー‐′ ノ |-, l  l._ト,
   N ゝ,     .λ __〈__、__.-‐‐、 〃|  |_./   l_ノ  「まあ、そんな虚弱体質で病弱キャラのワシでも
  .l   ヽ、   / |└┬====T゛゛l |  レ′  [、7   きちんとした指導の下鍛え続ければ、こんくらいやれるのじゃ!
   \゛  .〉7 ル' |  L______.l   |  l|   〈_7   
    ` 、[ル'   レ| | `‐┬‐‐´  イノ|  |   〈_7    やる夫も蒼星石も、覚えておけよ?」
      l._|   レ'^ヽ,______,/   レ|/  ,〈ン 
       レ'┐    _|_    ̄ ̄`Tl'┴rヒコ┘
   , ー‐--'‐┴‐‐<  `'ー-、   __| |_ |┴---、

得意げな顔で東方不敗が言う。





デビガン細胞持チト イッショニスンナオ
             ____                    ∨‐' ´ ̄ ̄二二ユ_
           /      \              r==ニ二ニ三三三三三二≧
          / ─    ─ \                `ヽ三斗‐〒:: ̄`::.:‐<三/
        /   (●)  (●)  \    .          /::.::/::;:: |l::.::.ヽ.::.::.ヽ::.::ヽ
        |      (__人__)     |.             l::.::;':://:八::ト、::\::.::.}::.::.|
        \     ` ⌒´    ,/              |::.::レ':∠ -ヘ:ヽ`≦ニ|::.::.|
 r、     r、/          ヘ.              ∨::.l:代j歹 \ 它フj::.}:/
 ヽヾ 三 |:l1             ヽ            }:l::.|:ゝ       /:/:,'_ ,.‐ 、
  \>ヽ/ |` }            | |             /人:ドヽ、_ r¬ 彡l::リl !   rf:ヽ
   ヘ lノ `'ソ             | |           ′ `ヽ _r┴ミ_T´レ' |/ |. ヽ,. ナ/ /
    /´  /             |. |             rt<   /ニ7弌ー、 ㌦ .!/ /
    \. ィ                |  |            / :.`ヾ、 く〈 //|ト、〉〉ハ 'ミヾ! ィ、
        |                |  |             /:.:/:.:.:.{ } ヽ/| |}{∨ |l:{|`~~~´ i
                                     コンピューター オジイチャン 乙







528名無しのやる夫だお:2009/11/30 (月) 00:06:08 ID:iRIbtQ3A
DG細胞扱いw







529名無しのやる夫だお:2009/11/30 (月) 00:06:11 ID:Twr8Px1c
医者wwww






532名無しのやる夫だお:2009/11/30 (月) 00:06:37 ID:2WdS20OA
心臓に毛が生えてる持病か・・・







533 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/30(月) 00:07:29 ID:MB8jbDPw

                      ___
                  ,、-‐''"゛     ゛"''‐-、,
                /  ‐''"""""''‐-、、 |/ /\
               /  ∠     、、  |"''‐''""''、|
              /   ∠‐‐‐--、、、. ゛"'| .|、-‐ ヽ|
             /、-、  /  ‐''""●''>ノ、、|,,,,、、、、ヽ
                |/⌒/ |    ヽ--‐''"‐/ ヽ"●ヽ /
             | | //  |    、、-‐'''"  ヽ.ヽ''‐-‐ヽ
             ヽヽ|   |         、-‐ >   )   「まあ、こんなものは余興じゃ」
             人|   ヽ   、-二'-‐‐‐‐‐-、、   /
             ( |   ヽ .|  | |,,,,、、、、、、、、,,,,,,.ヽヽ/|
            (ヽ |    | | |.    、,,,,,、、、、,,,,、"''./ .|.|
            (ヽ <| |  || ヽヽ       、   /  ||
           (ヽ )|| |  ||             )  .( | ||
           (ヽ ) | 丶| \        /   .)/||
          (ヽ ) .|   \  \____  .ノ |
          (ヽ ) .|______      ̄| ヽ|
         (ヽ )┌''"        | ̄ ゛"''‐-.|、、
         (ヽ ) /          .|      | |
       __(ヽ/"''./           .|      .| |
__,,,,、--/     "''‐-、、__,     |      | |─、,,,,,
                    ̄゛゛"'''|      └┤   ヽ、、_

東方不敗の表情が、真剣なものに引き締まったのを見たやる夫は、
思わず姿勢を改める。

                                                   ____
                                                  /― ― \
                                                /(●)  (●) \
                                               /   (__人__)     \
                                                |    ` ⌒´      |
                                                \           /
                                                  /         \
                                                 |   ・    ・     )
.                                               |  |         /  /
                                                 |   |       /  / |
                                                 |  |      /  /  |
                                                (YYYヾ  Y (YYYヽ |
                                               (___ノ-'-('___)_ノ







538 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/30(月) 00:08:16 ID:MB8jbDPw

          ,. ‐==:┬┬ .、
          ,イミ∠⌒ヽ_⊥∠}
        /三V >、 、,  j.
        r=三〈  `ー゚` l L..=〉
       ,仆、j川    ._| 「゚-j          「やる夫よ・・・
       ,tノ`i | |l  仁二`-' 、/          貴様、新しい変化球を覚えたいそうだが、
   _   tノ リ| | |    ー- `"ハ           何を覚えるか決めているのか?」
ー-< `ー- 、 ,/レ'^_:、j    } /l_j.
ヽ、.:\: : :  ̄`ー二_ `rー-r┘
‐- 、.:..:.:.:.:.:ー-.:.:.:.  ` ┴-、|7
 r‐―‐ 、.::.:.:.:ヽ       `ー¬
/   r一爿.:.:.:.  \ ー‐- .__」_
ヽ/ r―┴ 、.:.:.:... `ー        \ _
.(_,>人__,.―^ー-、__,..  _.. > 、___,.... - ヽ

                                                   ____
                                                 /      \
                                                /─    ─  \
                                              / (●)  (●)   \
                         「いや、特には。           |    (__人__)      |
                          有効ならなんでもいいですお」   \   ⊂ ヽ∩     <
                                                |  |  '、_ \ /  )
                                                |  |__\  “  /
                                                \ ___\_/

嘘の無いやる夫の言葉があった。
心からそうなのだ。1軍で使える球なら、なんでもいいのだ。






542 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/30(月) 00:08:54 ID:MB8jbDPw

::::ヽ、;::;:;:;:;:;:;:;:;:, ...:'´.::::::::::::::`ヽ、.:::::::::::::::   |
;:;:;:::ゝ;::;:;:;:;:;:;/.:::::::::::::::::::::::::::::: \.:::::::::::. i |
;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::. `ヽ、.:::::  l |
;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;::|::::::::::::::::::::::::::::::::::、--==`、,  ,,,l |
;:;:;:;:;:;:;:;:;:゙;:;:;; |::::::::::::::::::::::::::::'.:::::`..  (/”="_/
;:;:;:;:;:;:;:;:;:  :;: |:::::::::::::::::::::::::::::   `-'´;::"~:. i 
;:;:;:;:;:;:;:;:;:;  ;: |:;:;:::::::::::::::::::::::.   '´.:::::::::::. |      「ならばこの球 を覚えるがいい。習得に、ワシも全力で協力しよう」
;:;:;:;:;:;:;: ::;  l; |:;:;:,::::::::::::::::::::''   ..::::::::::::::::::.. |
;:;:;:;:;:;:;: ;  |V:;:;:;::::::::::::::::''   ..:::::::::::::::::::::. |
;:;:!i:;:;:;: '  l:::::;:;:''::::::::::::'....::::::::::::::::::/´::::::::::::.  |
;:;:!i:;::;:;  i |:,:;:;'':::::::::::::::::::''iiilll|l|ll|llll|liiii,,:::::::::. |
;:;: ;:;:;:;:  /i!::;:;:::::::::::::::::,,iiiiiiillll|ll||ll||ll||l|lllllii-- '´
;:;:;:;:;:;:;! /::::::::::::::::::::::::i:::::::::::::::::::::::: l゙゙゙゙゙゙゛゛
..:;:;:;:;:;:i /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::''/
ヽ:;:;:;:;:!/i,,、:::::::::::::::::::::::::::::::::::.' |
:::::ヽ;:/i||iiiii,,::::::::::::::::::::::::::::::::::. |


                                                  ____
                                                /      \
                                               / ─   ─   \
                                              /( ●)  ( ●)    \
                                              |  (__人__)       |
                                               \ ` ⌒´       /
                                                /  ー‐      ヽ
                                               /            `

何て球ですかお?
やる夫がそう聞く前に、東方不敗が振りかぶる。




┌───────┐
│見ておれ―    .│
└───────┘

小さな声だったが、やる夫には確かにその言葉が聞こえた。






552 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/30(月) 00:10:41 ID:MB8jbDPw

東方不敗が振りかぶる。
天をも驚かすワインドアップモーション。

                        , ィーr―- 、
                       /ヽ l l  /ハ
                        l7⌒' ー' ⌒v|
                          〔リ ≧、l |,≦ 7|〕
          _ __ __    _   r ┐l 二,j |二 l:h
        _ / | 〈 |  〈 ⌒⌒{ ヒ」ーーーーー'イl|
        |、_)ー'⌒^ー'ァァーl    〉 レ勹ーーrーァーr′
     /´ ̄`Yーf⌒⌒二コニ|      ∠!ート--イ  ̄{__, -―- 、
     /,   /リークー'/  八  -―く  ー‐|  |ー一'/  /     \
    ノイ /|  / | ̄  ヘ   \ /⌒\ ̄_」 / / ̄ ̄ ̄      l
   〈 lイ  \/ /      V [lー}/  /⌒\    / ̄ ̄ ̄ 丶   /
   /}ノ \  Vl      |    |  /      ̄ ̄\_         /
  ,     \/|       /  [lー|  |          l\         /
  |     /´ 〉    _」   ハ  \         l  |     /,
  丶      /   / \  {  \_l             / V
     \_∠ -   ̄     ト \ ヽ \             /   /
                 l  ̄ |  |  ̄ \       /    /
                  l   |  |     ̄\__/    /
                   l  |  |                 |
                       〕  |  |             〔
                  く \j |          /こ寸
                     /\ \」____  -―イ /l ト、
                 /\ \_    ――  ̄/||し' 、\
                 /    ̄ト、_ ̄   / ̄  リ  |\ } |
                /      |  |   ̄ ̄       |l  |  | ノ
                /      |  |             |l  廴ノイ
                  l      |  |         jj  |「 |






560 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/30(月) 00:11:48 ID:MB8jbDPw

東方不敗が投ず。
石をも砕かんいう迫力のボールが飛んで行く。

   i          |              /       /
    i         |      /       /       /
    i         |      /       /
                  /            ,,,、、---、、,,,
                             、-'"/ .i.i //. /\
\    i        、-‐-、      /   / r /、、 i.i  /,,、='''ヽ
  \   i        i   .iヽ    /   |ミ//  "'''‐'''"" /"ヽ=|
       i      .| .i   i i    /    iミ.レ       /  ヽ|彡
    、'''""'i、      | i  .i i        ト、>、-、、,,__ .| | ,,、、-、<人
\  .(   i.ヽ    |.i 、,、-.i        |ト/| .-、,,、-"ト.|"-、、- ヽヽ)
  \ .ヽヽ   ヽ   .|i    i  /   / ヽ彡/ -‐'''ノ| .|"''‐-  / |"
   \ ヽヽ   ヽ  .i    i /   /   | へ   .ゝ| |.>   /|i|
      ヽ -''" .ヽ  .i .i  .i /       '"| |.|.、 、‐二二二‐、 /|人  .,,,、-‐''"
   、    ヽ   i ヽ、丿 i  ヽ、    、-   .|.|ト,_. ̄'-‐‐--' ̄.|、|ノ)''"
.   >-、\ヽ  .i    i、,,、 × ,,-''    ,,-''" ̄ヽ '''""''" / |ノ )
-、, /"  "ゝ''‐ヽ\.i .|  / / ヽ<  .,,,、‐'' ,,,、-‐'''人,,,,、、,,,,ノ‐─|ノ)
  ヽ、‐'  ) 丿、ヽヽ .|  /  /    ̄  、     /   |  |    |_人
   |  .,,,、\ヽ、\\| / ./  -‐''" ̄   \.,,,、-'''‐--|.  |、--‐''""  "'''‐--、,,,_,,,、、、、,,
─- \( )-)─ / >*<.i二_    、、,,,r二─''''"" ̄   .|、、,,,    ,,,,,,___      ヽ、
   r'''".ヽ、丿,,,、///|ヽ i "‐、,   、、,,_ノ   __,,,,,,,、、、、|                   ヽ
  ./,,、、ヽノ  -/ / | | i       /''‐|" ̄、,                           ヽ
-‐'< ─ --、// / .i. .|  フ'''‐--‐''"\二二| | "'''‐--、                  |    ヽ
  \─、-、\ /   r‐''" / /  ノ \|             ‐-、、          |     )
  /"\丿丿    ノ  /  ./  /|  .|                  "'''‐--      | ./   /
./    |''‐''"''''''<"‐'''"  i /  /二二二二|| -- "‐、                  | /   /
   / ヽ    / ヽ、i_、/  ./ |\ |        "‐、               .|./    >
 /   /\ ./   i     /   | \|          "‐、                 レ     ヽ
    /   "/''‐--┼┬-''"─   |   |\                        |      __>''"\
   /    /      .|.─ .i   .ヽ  ヽ     、-‐''"、-‐''''     ''‐、,,      ./     rソ 、''"\|
  /           .|   i    ヽ  ヽ .、-‐''"、、-''"           ''    /     r" ̄\  \







567 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/30(月) 00:13:17 ID:MB8jbDPw

速い球だと、蒼星石は思った。
しかしストレートではない。速い変化球なのだ。

        \:::;イ '   、       ヽ `ヾ;:;:;:;:;:;:;.ヽ
        /  , :!:i トヽ、 `ヾ.、 __.. :. V  ::::V;:;:;:;: 〉
         , ' .:' .;' :ハトヽ`ヽ`z≦=ァ  ::::l   :::::V /
.        /イ.:i :/::メ、_! \ ´'トtjハ `Y :::l :. :::::::「
        ' l.::|レ'.:イrft!i    ヽゞ‐'   ! ::;' ::::i::::::}
          Xイ ::ハ ゞ'、         /,:イ  ::::|:::::j          「!」
           ヾ V!   r=ニヽ     '´}::! .::::;':::/
          `Tト   Y´::::〉   /;イ .:i::/レ'
               |i \  ゝ-'    '´7 .:::ル
              l :::::>、 __.     ! ::/'´ヽ._ ,ヘ__..ィ、
              リ! ::::i::ハ:!  _! /l:/    r-' /-!/`ヽ
.              ', :::l'   「 レ'   !'    _〉、/ _ノ,:,:,:,:,:
                ハ::::!  ,イ!「jト}!\    !_ / 7,:,:,:,:,:,:;:
             ハjzY/ / { iト、  \  ヘ/ Y´,:,:,:,:,:,:,:;:
               r' V/ / {`i´} ハ   〉 ,'´_j,:,:,:,:,:,:,:,:,:;:
              } ハV/ {`i´}  ヾ='   ! r',:,:,:,:,:,:,:,:,:,:;:



ストレートに近い変化球だと、やる夫は思った。
しかし回転が違う。あからさまな、変化球の回転なのだ。

         ____
        /ノ   ヽ、_\    r ⌒j
      /( ○)}liil{(○)\  /   /
     /    (__人__)   \/   /   /  )
    |     |i|||||||i|     /  /  /  /
    \     |ェェェェ|     /   '` ´  /             「!!」
      r´  (⌒'ー―- イ′     ´廴
     /    > 、     ヽ      _  ̄ ̄ ̄)
    /        -、      }        (  ̄¨´
   /           ヽ._       __  \
                `   --‐'´ `゙' 、_.)







572 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/30(月) 00:13:55 ID:MB8jbDPw

高速で飛翔したそのボールは、突如曲がり、沈む。

     `"'― ..,,_.     `''ー..,,.   ゙'-、     l  .|    ./   ,/゛     ._,, ー''"゛     _,,,,.. -ー''''"´
               `゙゙'''ー ..,,_.  ..`''ー..,、 ゙'-、  .ゝ |   ./ . ,/゛   ._,, ー''"゛ . _,,,,.. -ー''''"゙´
                   `゙゙'''ー.             ‘  .. -'二.. -ー''''"゙´

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄          \       ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                                 \\    `゙"''― ..,,,_
                _,, -''''"              \.\.    .、、    `゙"''― ..,,,_
             _,, ー'''"゛   ._..-'" 、              ヽ. `'-、 /|  .`''ー..,,,        `゙゙''''― ..,,,_
     _,, -''''"      _..-'"゛ . /                 ヽ  .V f゙     `゙'ー 、、           `゙゙'''
,,.. -‐''"゛          _..-'"゛  . / ,/              │   .て .\、      `''ー..,,,
            ,..-'"゛   . / /  . /                /    .,/  \. ゙'-、           `''ー ,,_
      _..-'"     . /  /   ./                 /    /     .\. `'-、          `''ー、,、
   ._..-'"゛      /   /    /                /   ./        \.  \               `゙'‐
..-'"゛       /   .,/    ./                /    /     ヽ.    ..\,  `'-、
       ,/゛  .,/    /            /    /       .ヽ     \   \
     . /    /      /                /    . /         .、 ヽ.     .\   `'-、
   ,,/   ./      /                /     /          ヽ .ヽ.      `'-,   . \
. /    . /       ./            /      /            ヽ .\       \    .`'-、
    /       ./           _/      /                 ヽ ヽ,       \.    `'-.
  . /        /             /       ./                    ヽ \        `'、.
.,/          /         /       . /                    ヽ  ヽ           \.
        /        /           /                      ヽ  \            \
       /       ./         /                        ヽ  .ヽ
      ,./       ,/           /                           ヽ  .\
     /       /         /                             ヽ  ヽ
   . /           //,  ./ //                                   ヽ  ヽ
  /         .,/./ ./ "                                     ヽ.  ヽ,
./              ″                                           ヽ   ヽ
゛                                                           ヽ   ヽ.

利き腕側に、鋭く曲がる。地面を穿たんと、急激に沈む。






574名無しのやる夫だお:2009/11/30 (月) 00:14:11 ID:bdoHUJGU
高速シンカーか!!







580 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/30(月) 00:14:47 ID:MB8jbDPw

やらない夫は身体で止めるのが精一杯。
初見で球種も知らされていなくては、ミットでの捕球など不可能だった。

 ─ = ニ ニ _三 三 ニ ニ  .       / ̄ ̄\
             `  (⌒ 、    .     /   ノ 丶\
- - ── = ニ 三   `ヽ \     .|   (○)(○)| <アブネ!
   (⌒)ヽ     (⌒ -、.  /  ´`ヽ--- . |.   (__人_)│
  ─ == ニ 三 ヽ:::::::      .     .|    `i  i´ |
 (⌒) .。; ゚ ,,     \.           `'''⌒)   `⌒  | '⌒)
(⌒・⌒ ・ = ニ 三 三` -、  、    :::::,,.r        / ,.r'
 '';:. ,、,,・:・ 、、,,==ニニニニ` ー三-------- `''ー─‐'"


やらない夫の身体に弾かれたボールが、転がって、やる夫の足元で止まる。



無表情を装いつつ、ボールを拾う。
ライトのリカットボールを見た時と、同じか、それ以上の衝撃だった。

      / ̄ ̄ ̄\
    / -―、  ―-\
   / ィてフ> i iィてフ> \
   |    (__人__)    |
   \      ^     /
   /             \

内心の激烈な感動を隠すので、精一杯だった。






-内心の激烈な感動---------------------
 *o ゚ |+|   。*゚  +゚ } o  |*  o。!    |!
 o○+ | ∨    | {r|! *l:     + |!*l::j o ○。
・+     ,-i| o.+  ___  。*゚}‐ 、゚ + |
゚ |i   | {r|! *l:  /_ノ ' ヽ_\   ノヾ}  |
o。!    |! * .゚ /(≡)::::::(≡)\  レ ノ  ゚|
  。*゚  l ・ / /// (__人__) ///\o  ゚。・ ゚
 *o゚ |   |     |r┬-|      |   *|
。 | ・   o ゚ l\     ` ー'´    /*゚・+゚ ||
 |o   |・゚ ,.‐- .ハ       イ | * ゚   |
* ゚  l| /    、` ニ ´ ノ  ノ   o.+ | ・
 |l + ゚o i     ` -、{! /_   \  ○・ |o゚
 o○ |  | ヽ.     ヾ´    ̄  `ヽ  *。
・| + ゚ o }  }                ヽ O。
 O。 |  | リ、  ..:::        ..   l 。
 o+ |!*。| / `ー::::       , ヘ:::::..  | *
 |・   | ゚・ |/   /  :::... ..   /:::/ | ::..... { |
--------------------------------------







582名無しのやる夫だお:2009/11/30 (月) 00:15:19 ID:6cn2rYTU
なんて分かりやすい奴だw







583名無しのやる夫だお:2009/11/30 (月) 00:15:22 ID:i4xnXbg6
ヘヴン状態かwww







584 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/30(月) 00:15:25 ID:MB8jbDPw

ボールを掴んだ手に、力が篭る。
道が見えたからだ。

道を提示して、進み方まで伝えてくれようという人がいたことに、
ようやく気付けたからだ―

          ___
         /     \
       /   \ , , /\
     /    (●)  (●) \
      |       (__人__)   |      「シンカー・・・ ですかお?」
     \      ` ⌒ ´  ,/
      ノ          \
    /´      _i⌒i⌒i⌒i┐ ヽ
    |    l  ( l / / / l
     l    l  ヽ       /


┌────────────────────┐
│東方不敗は、ニヤリと笑いつつ、深く頷く。    .│
└────────────────────┘






586名無しのやる夫だお:2009/11/30 (月) 00:15:50 ID:iRIbtQ3A
シンカーか







587名無しのやる夫だお:2009/11/30 (月) 00:15:57 ID:ZEmEdMlY
いよっしゃ!シンカーきた!







588名無しのやる夫だお:2009/11/30 (月) 00:16:00 ID:M1AGMm2g
やった!シンカーだあああ







590 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/30(月) 00:16:15 ID:MB8jbDPw

                                                    __,.ァァ ー-- ._
                             .                     r:i´:.:.: /:,'.:.:.:.:.:.:.__> 、
                                                  ノ:.j:.:.:.:|/:.:.:.:.://_____ヽ.-、
                             .                     |:j'´ヽ∠.-‐''¨´ ̄   ヽ.___, ヘノ_
                             .                     |'           /.:.:.:.:.:.:.:〉: 〉
                             .                    /_   | /      ーァ___,ノ:|/、
                                                 ヽ.ゝ、_ノ ノ __,. -‐''ヾ.__:::___::::|,ノ、
                   「サイドスローの代名詞。                ハヾ〉 ゝ'<ゞ.フ¨フ゛ /:l:::{,.イ Y::::/
                    そしてワシのフィニッシュボール。          〈 ´7 ' .ヘ `‐'´| /.:.:!:: Yァ l:::/:〉
                    覚える気はあるか?」                 |〉 | ! 〈  `¨  / ,' :/:l:::::|' /'´V::}
                                                 |:.:V、_,ノ´`ヽ、 _ ,'  !:/.: !:イ|1   {::;ハ
                                                 |:|:ヘ ̄¨& uml;''ー 、', l ,'|1:|: l:||ノ|   ソ:/
                                                 VV 〉 ̄¨''ー'' `,' / Vl: リ' |   ソ:}
                                                   i  |   ,ノ _, ィ | V_,.ノ|  {, イ
                             .        _____           `ゝr_、___/_,.‐ ¨´  ヽ、 {::ハ
                                  ,.ィ¨ ̄.::.::.::.::. ̄¨'' -、_,.---――} |:::::::r'´ ̄     __/  ̄ ̄ ̄
                                  /.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::. ̄.::.::.::.::.::.::.::._人|:::::::}  ___,.-‐'¨.::.::.::.::.::.::.::.::.:/
                             .   /::.::.::.::.:|.::.::.::.::.::.::.::.::.______} ̄¨¨{ ̄- ‐'´.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::./.::.
                                i ::.::.::.::.::|.::.::.::.::.::.::. /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: /.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::./.::.::.::.

          ___
         /     \
       /   \ , , /\
     /    (●)  (●) \
      |       (__人__)   |      「ぜひ!教えてもらいたいですぉ!」
     \      ` ⌒ ´  ,/
      ノ          \
    /´      _i⌒i⌒i⌒i┐ ヽ
    |    l  ( l / / / l
     l    l  ヽ       /

やる夫は勢い込んで、そう言った。







591名無しのやる夫だお:2009/11/30 (月) 00:16:18 ID:PcLT6mx6
しかも、高速でまがるタイプか







596 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/30(月) 00:17:00 ID:MB8jbDPw
                                                    _, -―- 、
                                                 , イ/, -―、  \
                                                /r-‐ '´   _く‐-=、ヘ
                                                  j/ 、 ! _,∠ , \  ヽ|
                                                〈ーァ。! | ` °′ / 〈⌒l
                                                l  l_」 _」__  〃  lう ハ
            「それは、ワシのコーチングを受けるということじゃな?」.  ∧ / -- 、} lイ   lイ ハ
                                                l/ハ '´-― '   レVリ l/ レ-―-、 __
                                                 |ハ  }     //  l/    _/    \
                                                   L〈__ ∠ -―≠   /    /
                                                   r 7  レ-‐ ′   /    /
                                    r=、__               _|_」./   /  /     / ̄\
                               /⌒ヽ.」_ 廴_)        厂 ̄      _/    / ̄ ̄\  \
                              _ハ    \l  l`ヽ   / ̄ ー――=ニ    /   / ̄ ̄\   ヽー'
                             |       l  l   〉ー┘       _ -‐ ′_   l/´ ̄\  \__ノ
                             」         /  }/⌒ ー―――ァ= --――――=ニ  ̄ >、   )ー ' \

やる夫ははっきりとした声で、言った。

         ___
       /     \ キリッ
      /   \ , , /\
    /    (●)  (●) \
     |       (__人__)   |   「ハイ。東方不敗コーチの指導を、受けたいですお!」
      \      ` ⌒ ´  ,/
.      /⌒~" ̄, ̄ ̄〆⌒,ニつ
      |  ,___゙___、rヾイソ⊃
     |            `l ̄
.      |          |







598 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/30(月) 00:17:35 ID:MB8jbDPw

            に二二二丶、{ー'",ヽ、_        ̄`"ー<ファ-,、_/〃 / /  `ヽ     / l   {
            {,..----―-、ヽ `ー'---、\            ̄~"7/\/ /,,.. -、 - ヽ  /// ,. r┴- /
            `ー--rー-、 ` _   ヽ   ヽ.             {、、i '',二   ゝ ,、| - く (/ / , フー'
               `丶、 `ヽ  ----、  }、            l r。、! l,,-。< ネ;くリ    (ノ//\ ̄
                 {ミ}`丶、    ヽ |`\           ,! ~l l、ヾ ´ , | ヾ    ゞー'"   \/
                  {ミ}   `ヽ     ヽ;;;l\        ,r-'/ l (ヽ-へ、ヽ ノ ト lゝ     |   /
                  「~\   |ヽ     ヽ| ヽ   _rー= ヽl ! 二 ̄ノ/ リノリ     l| /
                  l  ヾヽ |`     |   ト、/_     ̄`ー'ー'"┴┼――┐   l/  「ワシは厳しいぞ?」
                  ヽト、 \  |     |   | \、  ̄ヽ    \     ̄~|  」   ヽ
                    \ヽ}  |     |     |   |l ヽ   \        6==9  ヽ
                        |    /    /  | ヽ 、  \        6==9  }

そこで言葉を切ると、笑みを一層濃いものとして、言った。






604 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/30(月) 00:18:26 ID:MB8jbDPw

                                         / /,≦.._ //   , -― 、/ / / ト     l  l/
                                        // //ヘ    >     | / ̄ V / l|  \ | /
                                        // / /  . < _,  /  V_丶  |  /h   V |
                                        { //|j/   ',     ̄/    V / / / / 丶   ! |
                                      /⌒メ、V / |  / / l     V  l'   /   ',  l/
                                      | /ハ l |// ̄´ /// / |    vイ _〈     l/ 
┌───────────────────────┐  l / ! }_」!\ 、|l //  | /j '     ', \/ !  /
│貴様の、一人よがりな自主トレーニングよりもな―  .....│  / |  `Y //ミリ ,二.._j/| !     l| j/  |/
└───────────────────────┘  |  |   | l|` /   _儿 Ⅳ|    l||  j/
                                       l      |   7  /_/\、 |    l|/ヘ  /      
                                           j__ /}彡'┘\/\|    l|l  ∨      
                                            `        〈_八   l||  |         
                                                    [_/  ',   /ハ  \      /
                                                 └‐く _| /l |  \ |   /  
                                                       l /  ト、  l/´ ̄   
                                                       |'   / \/
                                                         ト、   |  /
                                                         / \//
                                                          {  /
                                                        \/

       ____
     /⌒  ー、\
   /( ●)  (●)\ ニヘラッ
  /::::::⌒(__人__)⌒:::::\
  |     |r┬-/ '    |
  \      `ー'´     /

やる夫は照れたような、困ったような顔を見せた後、勢い良く言った。







606 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/30(月) 00:19:04 ID:MB8jbDPw


                   /: ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
                 /: : :               \
                / : : :: :: : :               \
              / : : : : : : : : : :             \
             /: : : : : : : : : : : :.:.:.:.:  _        _  \
          _,. -'" l: : : : : : : : : : : :.:.::.:.:´⌒\,, ;、、、/⌒`    }        「お願いしますお!」
      _,. -‐'"_ 'フ:ハ: : : : : : : :.::::::::::::;;( ● ) ノヽ ( ● );;: l゙ ヽ、
     / 〃-'  /│,.',ヾ: : : : : : : : : : : ´"''",      "''"´  .l ',ヽ, ` 、
  __. -テ{ ヽ='¨ / ./ ll',: : ヾ : : : : : : : . . . (    j    )    l゙ i 〉 ヽi l`ヽ、
-´ : : : : l ! ' i   ヽ\ ',:',: : : :\: : : : ::.:.:.:.:.:.`ー-‐'´`ー-‐'′  /i / / ゙ l: : : :`ヽ、
: : : : : : : :゙l  イ   , 、ヽヽ ',:ハ: : : : :`ヽ、:;:;:;:;:;:;:;_:_   _,.=- 、  イ: : j  ', / i . l: : : : : : : `ヽ、
、: : : ', : : : ゙i i  /  \  ∨ハ: : : : : : :`ヽ、ー=r‐',ニ-──゙ー《: : j  イ ゙i ./ l: : : : : : : : : : : `ヽ、
:ヽ: : : i : : : ゙i  / , ヽ   j ∨`ヽ: : : : : : : : ¨7゙ ノ   ィ_,.-----ヽ<  { i   l: : : : : : : : i: : : : : :ヽ
: : ヽ: : l: : : : ゙i  {  i   i  ∨ヾヽ: : : : : : / r'  _,/   _____',.    / l: : : : : : : : :l : : : : : : ヽ
: : : :ヽ: l: : : : :゙i __j l  、 j 、 ∨ヽ: : `ー 7´  `¨<    _ノ    ,`ー-、 / .l: : : : : : : : : l: : : : : : : : ヽ
: : : : :ヾ:゙i: : : : :゙i ヽ、 ゙i  '  _j ∨:ヽ: : :/      `ー‐'"_,.-=¨¨゙ヽ、___,イ   l: : : : : : : : : :l: : : j : : : : : ヽ
、: : : : : ゙i:l: : : : : ヽ  ゙ヽ  / / ヽ: : 7゙        <  __ノ、__    ゙ヽ.  j: : : : : : : : : :l: : : j: : : : : : : :|
、ヽ: : : : ヾi: : : : : :ヽ ヾ  /    } 〉'          `7゙    i`¨    ', /: : : : : : : : : ::l:/:/: : : : : : : :::|
: ヽ\: : : :゙i: : : : : : :゙i  `       /           ,イ    l      ヾ、: : : : : : : : : :l゙:/: : ::_; -=7::::|
: : : `ヽヽ: :゙i: : : : : : : ヽ    _,.-'"¨ヽ、           />ヽ   {        }`ヽ、: : : : : :j:/: :/: : : ::'::::::|
: : : : : : \:::゙i: : : : : : : :ヽ  /: : : : : : : :`ヽ、.      /r': : :ヽ  ',      /: : : :`ヽ、: : j'゙/: : : : : : :::::::|

言葉だけが丁重だ。
ギラついた目も、熱気が漲るその姿も、まるで野盗のようだった。

東方不敗のその球を盗もうと、それだけに心が奪われている。







607名無しのやる夫だお:2009/11/30 (月) 00:19:18 ID:usbliVlk
すでにやる夫のスライダーは他の球を意識しているとなかなか打てないレベルにあるから、
逆方向に曲がるシンカーはすごく有効だろうな。








608 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/30(月) 00:19:41 ID:MB8jbDPw

思わず苦笑が零れる。

       ,tノ`i | |l  仁二`-' 、/
   _   tノ リ| | |    ー- `"ハ
ー-< `ー- 、 ,/レ'^_:、j    } /l_j.
ヽ、.:\: : :  ̄`ー二_ `rー-r┘
‐- 、.:..:.:.:.:.:ー-.:.:.:.  ` ┴-、|7
 r‐―‐ 、.::.:.:.:ヽ       `ー¬
/   r一爿.:.:.:.  \ ー‐- .__」_
ヽ/ r―┴ 、.:.:.:... `ー        \ _
.(_,>人__,.―^ー-、__,..  _.. > 、___,.... - ヽ

やる夫のためにシンカーを教えることは吝かでは無いが、
自分はもっと大切なものを教えたかったのだ。


しかし餌が旨過ぎた。
やる夫の視線はそっちばかりに眼が眩んでいる。

                                                ̄
             ::ノ⌒'Z::        ::___::         :: -^)::
              ::八  '(::      ::/ヽ,,)ii(,,ノ\::      ::/  /::
                 ::\ \ ::  ::/( ゚ )))((( ゚ ) \::     ::′ /::
                ::\ \:/:::::⌒(__人__)⌒::::: \:: ::/ ,.イ::
                  ::ヽ   |  ヽ il´|r┬-|`li  r  |/ /::
                   ::ヘ \ .!l ヾェェイ l!   / /::
                    ::`ヽ  `=≧r ‐i彡''´  /::
                      ::\ヽ   ` ´   / /::
                       ::          ,′::
                       ::i  :;     :;  i::
                       ::|          |::
                       ::l         |::
                         ::j            ::
                        ::,′           l::
                         ::/           |::
                     ::/              !::
                       ::/    〉┴r      ::
                       ::,′    /:: ::|     |::






610 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/30(月) 00:20:13 ID:MB8jbDPw

いつしか、人だかりが出来ていた。
練習を差し置いて盛り上がっていた4人を、練習生が取り巻いて眺めている。

                      ,!ヽ
                  ,!ヽ、    ,!  ヽ
            _,..ィ´ ̄`)-‐‐‐''   ヽ
            /  ´`)'´   _     !、
          /  i-‐'´   , `     `!
   lヽ、  /  Y    ,! ヽ-‐‐/          l 
.  l >‐'´`   l   ノ   ヽ_/          ノ
  ,ノ    o   ヽ  l            _,イ
 i'.o  r┐      ヽ、 ヽ、_      ,..-=ニ_
 l   ,!-l、      ノヽ、,           ヽ
 ヽ        _,.ィ'.  ,!         、   `!、
  `ー-、_    く´    l          ヽ    l
     ,!    `!   l              ヽ、__ノ
     l   `!  `!  !              l
      l  l. l  , l  ヽ、 、_ ,ィ      ノ
     l、_,!  し'  l   l   `l


今日何度目になるか解らない苦笑を、東方不敗が零す。
熱意に絆されて、仕事を放り出していたのは自分なのだ、怒るわけにはいかなかった。







   ,.rfコココ、
   タhミ = ,=〉《つ
  タ 从_''''''ム/
  8(__((つ   <とりあえず踊って誤魔化すのじゃ!
  8 {北}三ヨ
  ,ツくハ」_』__.ゝ
  ,く ,/ ゝ_ )
  ヽ、)  ヽ、)






612 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/30(月) 00:20:56 ID:MB8jbDPw

慌てて練習を再開しようとするが―

    ,、-┬‐、,
   ./ ミ二'二<
   .|Cリ、゚━゚.)
    δト-iii┤   <よし、せいれ―・・・
   /⌒ ̄ |||. ̄"i
   |  | 三||| .| |
   |  | |||   .| |
   \_|二二@|./
     | |||____| |
     | ̄ | |.|.|
     |   | |_|_|
     |   |  |
     |   |  |
.    ⊂⊇⊆⊃








非常に面倒な男が、こちらをガン見し続けている。

        .                             ィ彡三ミヽ  `ヽ      !   !.   .|
        .                            三彡'⌒ヾミヽ   `ー.    `ヽ..     .|
        .                                   ヾ、     '           ..|
        .                                   _   ` -ー――'⌒       .|
                                       三彡三ミミヽ                   |
                                         三彡'   ヾ、   _ノ⌒         .|
                                          `ー '         / ̄ ̄ ̄ヽ|
                                     ,ィ彡三ニミヽ __ノ    / ::\:::::/:::: |
                                     彡'      ` ̄     / <◎>::::::<◎>|
                                          _ __ノ |    (.__人__)  |
                                       ,ィ彡'   ̄    \__  `⌒´  .|
                                    ミ三彡'       /⌒  / ̄ ̄ ̄ ̄(三)
                                           ィニ=- '      ヽ      .(二)
                                         ,ィ彡'          ヽ      |
どうやらすぐにでも教えろと言いたいらしい。







613名無しのやる夫だお:2009/11/30 (月) 00:21:16 ID:COJAEATA
やる気があるのはいいがウゼぇw







614 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/30(月) 00:21:37 ID:MB8jbDPw

東方不敗はまたしても苦笑する。
まあコーチングを受けるというだけ、大きな進歩なのだろう。
チームメイトを信じ、監督、コーチを信じれるようになれば、やる夫も大切なことを理解するようになるだろう。

                                                 |:.:V、_,ノ´`ヽ、 _ ,'  !:/.: !:イ|1   {::;ハ
                                                 |:|:ヘ ̄¨& uml;''ー 、', l ,'|1:|: l:||ノ|   ソ:/
                                                 VV 〉 ̄¨''ー'' `,' / Vl: リ' |   ソ:}
                                                   i  |   ,ノ _, ィ | V_,.ノ|  {, イ
                             .        _____           `ゝr_、___/_,.‐ ¨´  ヽ、 {::ハ
                                  ,.ィ¨ ̄.::.::.::.::. ̄¨'' -、_,.---――} |:::::::r'´ ̄     __/  ̄ ̄ ̄
                                  /.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::. ̄.::.::.::.::.::.::.::._人|:::::::}  ___,.-‐'¨.::.::.::.::.::.::.::.::.:/
                             .   /::.::.::.::.:|.::.::.::.::.::.::.::.::.______} ̄¨¨{ ̄- ‐'´.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::./.::.
                                i ::.::.::.::.::|.::.::.::.::.::.::. /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: /.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::./.::.::.::.


ただ、馬鹿はいつの時代もいなくならないと、そう思った時、
苦笑は大笑いへと変わっていた。

   N ゝ,     .λ __〈__、__.-‐‐、 〃|  |_./   l_ノ  
  .l   ヽ、   / |└┬====T゛゛l |  レ′  [、7  
   \゛  .〉7 ル' |  L______.l   |  l|   〈_7  
    ` 、[ル'   レ| | `‐┬‐‐´  イノ|  |   〈_7     「ワッハッハッハッハ」
      l._|   レ'^ヽ,______,/   レ|/  ,〈ン   
       レ'┐    _|_    ̄ ̄`Tl'┴rヒコ┘
   , ー‐--'‐┴‐‐<  `'ー-、   __| |_ |┴---、

東方不敗は、腹を抱えて、笑う。






617 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/30(月) 00:22:06 ID:MB8jbDPw

東方不敗の大笑いなど、練習生は皆見たことがない。
軽いパニックに陥った。

         ___
        / .u   \
      /((○)) ((○))\
/⌒)⌒)⌒. ::::  (__人__) l_j :::\     /⌒)⌒)⌒)
| / / /     |r┬-|     | (⌒)/ / / //
| :::::::::::(⌒) U .| |  |    /   ゝ  :::::::::::/
|     ノ    | |  |    \  /  )  /
ヽ    /    └ー.┘    ヽ /    /


激怒の前兆かと思ってしまったのだ。

     / ̄ ̄\
    /   _ノ  \
    |    ( ○)(○)
 .   | U   (__人__)
    |  U  |r┬-|  彡
 .   |     ` ⌒}   彡
 .   ヽ        }
     ヽ     ノ
     /     \
    / /\   / ̄\____l⌒l
     | |  \ /  ヽ \_____|
 Σ(⌒ノ   ゝ    \__)







618 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/30(月) 00:22:29 ID:MB8jbDPw

そんな練習生達を見て、東方不敗の笑いは更に強くなる。

                                      / |  `Y //ミリ ,二.._j/| !     l| j/  |/
                    「ワッハッハッハッハッハ!」.   .|  |   | l|` /   _儿 Ⅳ|    l||  j/
                                       l      |   7  /_/\、 |    l|/ヘ  /      
                                           j__ /}彡'┘\/\|    l|l  ∨      
                                            `        〈_八   l||  |         
                                                    [_/  ',   /ハ  \      /
                                                 └‐く _| /l |  \ |   /  
                                                       l /  ト、  l/´ ̄   

練習生は恐慌を起こし始めた。


    r '´ ̄ ̄ ̄ ̄`¨i
    |_, -――― - L.
  r'´           /
  ヽ._, -――――‐ -'、
   / / \\ \ \ ',
   イ / > ヽ `<ヽ\l l          (とりあえず逃げとこう!)
    イ|  、_   | トレ'´{ー、_./ ̄l
     |l> 、\__) ィ/} _」 | ||_フノ
     と.」_|{ {_」}_} |   }ー' ̄´
       \ヽ.」._ノ_/
       / ̄l凶/   \- 、
   _    ハ   -z. __ .ノ}   ヽ
  / ヽzく.厶_/     \_.ノ
  \     }
      ̄' ┘







619名無しのやる夫だお:2009/11/30 (月) 00:23:07 ID:12OrbR.k
この蒼はww







620名無しのやる夫だお:2009/11/30 (月) 00:23:36 ID:/4KYdXm6
蒼い子はかわいいなぁ







621 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/30(月) 00:23:36 ID:MB8jbDPw

ジェット機が、頭上を通過した。

風が吹き、咲き始めた桜の花びらが舞い上がる。
ゞ:ヾヾ.: ; ;ヾ ; ; :ヾゞヾ., .ゞヾゞ;ゞヾ;ゞゞ;ゞ   `  `       ゙ィ,;゙.ィ゛ ゙ィ; ッ ; ; ッ; ; ゙ィ ; ; ; ゙ィ゛ ゛; ゙ィ; ;ッ;゛; ッ,,
,,ヾ ;";ヾ; ;ゞ ;" "ゞ ; ; ; ゞ ; ;ヾ ; ; ヾ ;ゞ "ゞ;ゞ    `       ..:.゙ィ ;゛;" ゛゛ ッ; ッ; ; ゛゙i゛; ;ッ;゛; ; ッ; ゛; ゙ィ; ;
; ;ゞ ;" ;ヾ ; ;";ヾ; ;"/" ; ;ヾ ;ヾ "" ゛;"; ゞ:.  ゛    ` ; ; ; ゙ィ゛ ゛; ゙ィ; ッ ゛゙i゛; ; ゙ィ゛ ゛; ゙ィ; ;゙ィ゙ィ; ッ ; ; ッッ; ゛
" ;ヾヾ ; ; ヾ ;ゞゞ; ;ゞ ;" "ゞ ; ;"/" ヾ ;ゞ ;" "ゞ ; ; ;     ,.゙ィ゙ィ; ;"゙ィ ; ; ;゙ィ゛ ゛; ゙ィ; ; ッ; ; ゙ィノ.y.:゙ィ ッ:゙ィッ;ッ゙ィ
ゞヾ;ヾゞ:ヾ ゞ:.y.ノゞ ; ;ヾ ; ;ゞ ;" "ゞ; ; ; ゞ゛; ;ゞゞ.;;.ッ ィ゛ ;;; ゙ィ ; ; ; ゙ィ゛ ゛; ゙ィ; ッ;;"゙ィ ; ; ;゙ィ゛ ゛; ゙ィ; ; ッ; ; ゙ィノ.y.: ィ
ゞ:.y.ノゞ ; ;ヾ ; ;ゞ ;" "ゞ; ; ; ゞ゛;;ヾ ;ゞ ;" "ゞ ; ; ; ゞ ;;; "ゞ;ヾ; ;"゙; ; ;.:゙ィノ.y.:゙ィ;"゙ィ ; ; ;゙ィ゛ ゛;  ;;゙ィ; ; ッ; ; ゙ィノ.y.:: ィ
ゞ:.y.ノゞ ; ;ヾ ; ;ゞ;;  ;" "ゞ; ; ; ゞ゛;ゞ:.y.ノゞ ; ;ヾ ; ;ゞ ;" "ゞ; ; ; ゞ;.;;.; ゙ィノ.y.:゙ィ;"゙ィ ; ; ;゙ィ゛ ゛; ゙ィ゙i_:; ; ッ; ; ゙ィノ.y.:゙ィ:
:ゞ:.y.ノゞ ; ;ヾ ; ;:_/ゞ ;" "ゞ; ; ; ゞ゛;ゞ:.y.ノゞ ; ;ヾ ; ;ゞ ;""ゞ;.,., ; ; ; ゙ィ゛ ゛; ゙ィ; ッ ゛゙i゛; ; ゙ィ゛゙i;_;;:ッ゙ィ゛゛;;;;゛; ; ゙ィ゛
"ゞ ; ;";;;;""ゞヾ:;;_;/"ゞ ; ;"/" ヾ ;ゞ ;" "ゞ ; ; ;                      `    ″!、;;!、;;゙ィ; ; ;;;;;;
 ;;;;;; ; ;ゞ;;ノ;ノ″     `         `        `    `       `     `    i ::.....;;;; ;;;:
:;;; ;;;;.....:::/    `                                            i:::.....;;;; ;;;:
;....;;;::::;i;..ii|            `       `    `       `     `               |ii..;i;::::;;;....;
:::: ;;;..;.ii:i|    `    `     `                                       |i:ii.;..;;; ::::
::..;;;.::.. :ii| `                   `          `         `        ` |ii: ..::.;;;..::
:::.::;.;;;.:i;:iii|      `                                              |iii:;i:.;;;.;::.:::
:;;.:. ..;;.ii;i|           `        `       `     `                |i;ii.;;.. .:.;;:
;;;....;;::;...;;ii|                `           `          `           |ii;;...;::;;....;;;
::;...;;:..;i...iii|    `  `       `               `      `                |iii...i;..:;;...;::
:..;;;.;;;.:;:;i.;ii|           `        `                                  |ii;.i;:;:.;;;.;;;..:
::;...;;.;;ii:i;;;:;i|                                                   |i;:;;;i:ii;;.;;...;::
.;... .;;:.;:;iii;i|                                                 |i;iii;:;.:;;. ...;.
iii;;ii:i;;i:i;:;iii;;ii                                                 ii;;iii;:;i:i;;i:ii;;iii
"゙"゙"゙"゙"゙"゙"゙"゙"゙"゙"゙"゙"゙"゙"゙"゙"゙"゙"゙"゙"゙"゙"゙"゙"゙"゙"゙"゙"゙"゙"゙"゙"゙"゙"゙"゙ "゙"゙"゙"゙"゙"゙"゙"゙"゙"゙"゙"゙"゙"゙"゙"゙"゙"゙"゙







625 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/30(月) 00:24:24 ID:MB8jbDPw

今年は、仕事が多そうだと、東方不敗は予感した。

桜は順当に蕾から、華へと遷って行く。
しかし、VIPスターズの桜は、依然咲いてはいない。

                 """   ;"ヾ ;"ヾ ;   ;ヾ";  ;ヾ ;ヾ;";ヾ
                     ;ヾ ヾ ;ヾ ヾ ;ヾ;" ;";ヾ  ";ヾ ;;ヾ ;ヾ
                     "ヾ;" ; ヾ  ;"ヾ ; ;ヾ ;ヾ;"  ";ヾ ;"
                   "" ;ヾ ;";"ヾ;";ヾ ;ヾ__ ;;"ヾ ;ヾ; " ;ヾヾ
                  ;"ヾヾ;"ヾ ;ヾ;"ヾ;;"ヾ;\\  ;"ヾ ヾ ;ヾ
                """ "ヾ ;ヾ ;" ;";ヾ ;ヾ ;ヾ ;ヾ ;  ;"ヾ
                  " " " "ヾ ;ヾ ;ヾ;" ;;" ;"ヾ __ ;;"   ";ヾ ;
                      " ;ヾ ;ヾ ;";ヾ ;ヾ ;" ";ヾ ;"  ;ヾ ;
               "ヾ ; "     ;;"ヾ;"〃  ";ヾ ;ヾ ;ヾ ; ;ヾ" ;
                     ";ヾ ;ヾ ;;"ヾ ;ヾ;"ヾ;  " ;ヾ ;ヾ;_"  ; ;";
                 " ヾ ;ヾ ヾヾ   ;ヾ ;ヾ ;ヾ ;ヾ ;";ヾ ;ヾ ;"ヾ
                 ;"";""; " " ;_; " ";  ;"ヾ ;ヾ ;ヾ;" "ヾ;" i
                    ";ヾ  ;ヾ ; ";  " ;ヾ ;ヾ;_"  ; ;ヾ|i   l
                                    " ;ヾ ;ヾ; " ヾ|ll l  ゙
                                 ヾ;".ヾ゛    || i l ゙
                                       |l | i
                                       || l | i
                                       |l | i
                                      |l│ |゙
                                       || .l l i
                                      | l | l│゙
                                      ;|||| i
               、                       || | i│゙
                    (;)    、        、          || l | i
            ,,,,       (;)       (ノ)       ノノ 人,;ヽ
            、 ,,,,,,    "             、   ,,,,,,,,,,   ,,,,,, "
           (ノ)         "   ,,,, (ゝ) ,,, " 、  ,,,,,   ,,,,,    ,,,,,,,, "
           ,,,  ゙     ,,,,,,  、 "     (/)
              ,,,,,  "    (ゞ)     ,,,,

華を咲かすのが、自分の仕事だった。







627 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/30(月) 00:24:55 ID:MB8jbDPw

華にも、様々な種類がある。


┌───────────┐
│自然に咲く華もある     .│
└───────────┘
                                 __
                                 〈/x仭
                ____          〈/x仭 x仭
              /      \        /x仭_/
             /  ⌒  ⌒ \      ///
           /  (●)  (●)  \   //ミ)
             |     ___´__  /\ | ////
           \    ヽ__ノ /   [_/// ノ
             /      ,ノ,o。´/// ̄
              |  |   イ/o///ヽ__
             |  | ´ {_///ヽ ーフ
              /\ ヽーっXX/   ゝ‐
           /  /ヽ_ヨXl  o/.
           |   \::ヾ//l|l‐/ヽ
           \   \/ /!::!|  \
              \   !::。゚ノ/ ヽ   )







628 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/30(月) 00:25:22 ID:MB8jbDPw

┌───────────┐
│自ら咲いた、華もある    │
└───────────┘

      /                `ヽ `ヽ
.     /  , '´              ヽ`ヽ   、 、_    ,. -‐
    / 〃 , ´                 ヽ ハ \ ` 7´  /
    ,' / /     , ' ´ ハ              ト、 \〈   i
    l   ,'    ,' /  ハヘ1  、  ヽ `ヽ  、 i l个、  ヽ  ノ
   ノ ! l    i ,'  /^´`li  i    l 、 ハ !i lト1!ハ    Y
    l j! l  ,イ l i  Y    ll   l    i ハ iト ト!ハi仆     ヽ
    ! 仆 i| ハl | l  } 、 ,. l ! ハ   ノl ! !ヘilイ l }ハ       、
   ノイ |l |i l| !N l  ノj    ハ、i | lイハN孑1NiJr'  l    
     リハ! !Nィハ1イ イ  _,,..厶斗1ト、iイハ!リTノ´  |     
     ,イ トルハーリl `=ィィtrッ-、ト仆刈 ノ イ     |
   /     ハ ,'    ` ー'´、、i|    ,'  !    l
  〃      ト/                ノ  !   l
  /          |`ーr ____,,..イ!   /    l     ヽ
. 〈        |  ヽ`iL.._ノ  ∠ _    !     l   /
  ヽ、       |    ヽ`ニ´ , イ   `ヽ   j  /  l <
    ト、     └-- 、_l`ー´  ト 、ー‐-、  '´  ,.个   `7
   | \                l  `ヽ、 ___ ..ノ  l   /
   ヽ  \               l           |.  /







629 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/30(月) 00:25:52 ID:MB8jbDPw

┌────────────────────┐
│だけど、手を加えねば、咲かぬ華もある―  ......│
└────────────────────┘
                       _____
        ,..-‐-、__       / ヽ   /  \
       /       ヽ    // ,.-、ヽ  ' /,..-、 ヽ
      /  '´`ー―-イ    /  ヽゞ-' ノ   ヽゞ-' ノ ヽ  
     . / ./ ̄ \   }  ./:::::::⌒ i´  人  `i ⌒::::::::::ヽ
     / ', -、   \.ノ―、|      `‐‐'  `--'       |  
    . / /   \    ヽ   l|       |-‐┬‐-|         |
   /   ヽ   \  /  l \     ヽ___/       /
  ./     入   .}‐〈   } __\              /
  /       <  _,イ__,-`ー ':.:.:.:.:.:.:.ヽ`ー―‐.、    .,..-‐‐ト、
  \      ̄ /|:.:.:.:.|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\  /:.:.:.:.:.:l:.:.\
   `ー――‐ '   |:.:.:.:.|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ト、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ':.:.:.:.:.:.:. l:.:.:.:.:.ヽ
---------------------------------------------------
      華を咲かすのが仕事ならば、   
      そういう華を咲かせてこその仕事ではないか―
---------------------------------------------------







630 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/30(月) 00:26:47 ID:MB8jbDPw

ジェット機が、遠い空に飛び去った。
遠い空の下では晴れやかな舞台で戦う、この空を飛び去った男たちがいるはずだった。

今日は今年度のプロ野球、開幕戦の日である。

                                                |:.:V、_,ノ´`ヽ、_  ,'  !:/.: !:イ|1   {::;ハ
                                                |:|:ヘ ̄¨¨ ''ー 、', l ,'|1:|: l:||ノ|   ソ:/
                                                VV 〉 ̄¨''ー'' `,' / Vl: リ' |   ソ:}
                                                  i  |   ,ノ _, ィ | V_,.ノ|  {, イ
                            .        _____           `ゝr_、___/_,.‐ ¨´  ヽ、 {::ハ
                                 ,.ィ¨ ̄.::.::.::.::. ̄¨'' -、_,.---――} |:::::::r'´ ̄     __/  ̄ ̄ ̄
                                 /.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::. ̄.::.::.::.::.::.::.::._人|:::::::}  ___,.-‐'¨.::.::.::.::.::.::.::.::.:/
                            .   /::.::.::.::.:|.::.::.::.::.::.::.::.::.______} ̄¨¨{ ̄- ‐'´.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::./.::.
                               i ::.::.::.::.::|.::.::.::.::.::.::. /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: /.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::./.::.::.::.




晴れの舞台に上れなかった、プロの蕾達を見回して、声を張り上げる。


                     に二二二丶、{ー'",ヽ、_        ̄`"ー<ファ-,、_/〃 / /  `ヽ     / l   {
                     {,..----―-、ヽ `ー'---、\            ̄~"7/\/ /,,.. -、 - ヽ  /// ,. r┴- /
                     `ー--rー-、 ` _   ヽ   ヽ.             {、、i '',二   ゝ ,、| - く (/ / , フー'
                        `丶、 `ヽ  ----、  }、            l r。、! l,,-。< ネ;くリ    (ノ//\ ̄
                          {ミ}`丶、    ヽ |`\           ,! ~l l、ヾ ´ , | ヾ    ゞー'"   \/
                           {ミ}   `ヽ     ヽ;;;l\        ,r-'/ l (ヽ-へ、ヽ ノ ト lゝ     |   /
 「よし!練習を始めるぞ!」          「~\   |ヽ     ヽ| ヽ   _rー= ヽl ! 二 ̄ノ/ リノリ     l| /
                           l  ヾヽ |`     |   ト、/_     ̄`ー'ー'"┴┼――┐   l/
                           ヽト、 \  |     |   | \、  ̄ヽ    \     ̄~|  」   ヽ
                             \ヽ}  |     |     |   |l ヽ   \        6==9  ヽ
                                 |    /    /  | ヽ 、  \        6==9  }
                                   ト、  /    /    |l   \`ヽ、 \        |  |  /\
                                  ヽヽ/   /     |l ヽ   \  \       | | /  \







631名無しのやる夫だお:2009/11/30 (月) 00:27:26 ID:L...5dsA
いいわー。ホントにいいわー。
スポ根ってホントにいいなー。







632 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/30(月) 00:27:37 ID:MB8jbDPw

            ___
          / ⌒  ⌒\   __
        / (⌒)  (⌒) \〈〈〈 ヽ
      /   ///(__人__)/// 〈⊃  }
      |   u.   `Y⌒y'´    |   |
     \       ゙ー ′   ,/   !
     /⌒ヽ   ー‐    ィ    l
     / rー'ゝ           /
    /,ノヾ ,>         /
     | ヽ〆         |

                                             /:::::::/   `ト 、:.:::ヽ:\
                                         \  /:/::::/     -ト ヾ:.::.ヽ::.l
                                            〃:::/l /     ●  :ヾ:ヽ:|
                                            l/i::::i ●     , ⊂⊃|:l:i:|
                                         ―    レ|l⊃  r´`´ヽ   l`メノ
                                        .      | 、  ヽ、_,ノ  /:/:ト 、
                                        . r- .,_   レ'__ヽ ., __,、__,. イ レ:::::::::::`丶
                                        . l、  ~'''T l:::::::\ヽ 〈/iトゝヽ \::::::::::::::
                                          ヽ、  l l::::::::::::\ヽ ヾ  ヽ \::::::::::
                                            `ーl__l:::::::::::::::::\丶 ヾ  丶 \::::::::

              __       r、//,'n
            /ノ ヽ、 \     ',   /
           | (●)(●)|     / ,r'
            |  (_人_)│    / /
           |   ` ⌒´ |    / ./
            |         |   /  /
           ヽ      /  ,r" .,r'
              ヽ    / ./ ./
              >   `'"  /
             ,.-'     ./
          ,r'"       ',
         / ,r、 。   ゚  i
       ,.r'" ,r'"  ',       i


┌───────────────────┐
│蕾達は、大きな声を上げて返事をした―   .│
└───────────────────┘







634 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/30(月) 00:28:48 ID:MB8jbDPw

--------------------------------------------------------------------------------------


201X年。プロ野球、開幕―


--------------------------------------------------------------------------------------







656 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/30(月) 00:41:04 ID:MB8jbDPw
夜―

一日の練習が終わった。
実に濃い一日だった。東方不敗はそう思う。
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::...:::...   ...:: :........ ... .  .....:::...   ...::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::.:::.. .......  .....::             ..  ...:: :.... .... ....:::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::..:::.. ... ....:::::... ...─- 、    .. .. ...:::.. ... ....:::::... ...:::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::...::: .........:::: :......    /      ヽ   ..:: :.... ...:::.. ... ....:::::... ..::::::::::::::::::::::::
::::::::::::.. ...: :.... .::::..... ...:::..       l     ..... ...:::.. ... ....: ::::... .::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::.:::.........: ::... ...     ヽ       /   .. ... ...:::.. ... ....:::::... ...: :..::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::. :. .:::::: ::.... .::::.....     ` ー--‐'  .... ...:::.. ... ....:::::......:: :::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::..... ...:::.. .... ...  ..  .: ..  ..: .:::.. ... :. .:::::: ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::. .:::::: ::.... .::::..... . :: :.. . ... :. .::::: ::.... .::::..::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ____________
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: /\_\_\_\_\_\_
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: //:::::::\_\_\_\_\_\_
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: //:::::::::::::::::::\_\_\_\_\_\_







658 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/30(月) 00:42:08 ID:MB8jbDPw

┌──────┐
│コーチ!  .....│
└──────┘

若い声が響く。



;:;:;:;:;:;:;: ;  |V:;:;:;::::::::::::::::''   ..:::::::::::::::::::::. |
;:;:!i:;:;:;: '  l:::::;:;:''::::::::::::'....::::::::::::::::::/´::::::::::::.  |
;:;:!i:;::;:;  i |:,:;:;'':::::::::::::::::::''iiilll|l|ll|llll|liiii,,:::::::::. |      「?」
;:;: ;:;:;:;:  /i!::;:;:::::::::::::::::,,iiiiiiillll|ll||ll||ll||l|lllllii-- '´
;:;:;:;:;:;:;! /::::::::::::::::::::::::i:::::::::::::::::::::::: l゙゙゙゙゙゙゛゛
..:;:;:;:;:;:i /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::''/
ヽ:;:;:;:;:!/i,,、:::::::::::::::::::::::::::::::::::.' |
:::::ヽ;:/i||iiiii,,::::::::::::::::::::::::::::::::::. |

自室―管理人室―に戻ろうとしていた東方不敗は、
ドアの前で呼び止められた。


         ____
       /   u \
      /  \    /\
    /  し (○)  (○) \
     | ∪    (__人__)  J |
    \  u   `⌒´   /

やる夫であった。







660 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/30(月) 00:42:52 ID:MB8jbDPw

ゼイゼイと息を切らすその姿は、汗まみれ。
今日の練習に、どれだけ精力をかけていたかが良く解る。

その証拠という訳ではないが、息を切らせたやる夫は話すのも辛そうだ。

         ____
       /   u \
      /  \    /\
    /  し (>)  (<) \      「・・・」
     | ∪    (__人__)  J |
    \  u   `⌒´   /


よく頑張ったな―
心の中で声をかける。
                                                  _, -―- 、
                                               , イ/, -―、  \
                                              /r-‐ '´   _く‐-=、ヘ
                                                j/ 、 ! _,∠ , \  ヽ|
                                              〈ーァ。! | ` °′ / 〈⌒l
                                              l  l_」 _」__  〃  lう ハ
                 「練習のことなら明日にしろ。            ∧ / -- 、} lイ   lイ ハ
                  今日はもう休め」                   l/ハ '´-― '   レVリ l/ レ-―-、 __
                                               |ハ  }     //  l/    _/    \
                                                 L〈__ ∠ -―≠   /    /
                                                 r 7  レ-‐ ′   /    /
                                  r=、__               _|_」./   /  /     / ̄\
                             /⌒ヽ.」_ 廴_)        厂 ̄      _/    / ̄ ̄\  \
                            _ハ    \l  l`ヽ   / ̄ ー――=ニ    /   / ̄ ̄\   ヽー'
                           |       l  l   〉ー┘       _ -‐ ′_   l/´ ̄\  \__ノ
                           」         /  }/⌒ ー―――ァ= --――――=ニ  ̄ >、   )ー ' \







661 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/30(月) 00:43:17 ID:MB8jbDPw

やる夫は首を振る。

      / ̄ ̄ ̄\
   γ⌒)      (⌒ヽ
   / _ノ ノ    \  \ `、
  (  < (○)  (○)   |  )
  \ ヽ (__人__)   / /

ここで気付く。
息を切らせていたのではなく、ただ単に、話し辛かったのだと。







662 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/30(月) 00:43:41 ID:MB8jbDPw

┌───────────────────┐
│何が話し辛いのかは、解らなかったが―    .│
└───────────────────┘
                        , ィーr―- 、
                       /ヽ l l  /ハ
                        l7⌒' ー' ⌒v|
                          〔リ ≧、l |,≦ 7|〕
          _ __ __    _   r ┐l 二,j |二 l:h 
        _ / | 〈 |  〈 ⌒⌒{ ヒ」ーーーーー'イl|              「どうした?」
        |、_)ー'⌒^ー'ァァーl    〉 レ勹ーーrーァーr′
     /´ ̄`Yーf⌒⌒二コニ|      ∠!ート--イ  ̄{__, -―- 、
     /,   /リークー'/  八  -―く  ー‐|  |ー一'/  /     \
    ノイ /|  / | ̄  ヘ   \ /⌒\ ̄_」 / / ̄ ̄ ̄      l
   〈 lイ  \/ /      V [lー}/  /⌒\    / ̄ ̄ ̄ 丶   /
   /}ノ \  Vl      |    |  /      ̄ ̄\_         /
  ,     \/|       /  [lー|  |          l\         /
  |     /´ 〉    _」   ハ  \         l  |     /,
  丶      /   / \  {  \_l             / V
     \_∠ -   ̄     ト \ ヽ \             /   /
                 l  ̄ |  |  ̄ \       /    /
                  l   |  |     ̄\__/    /
                   l  |  |                 |

東方不敗が、水を差し向ける。







663 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/30(月) 00:44:17 ID:MB8jbDPw

やる夫はそれでも話し辛そうに考え込んだが―

         ____
       /     \
.    /       \
.  / /) ノ '  ヽ、 \
  | / .イ '(ー) (ー) u|   「・・・」
.   /,'才.ミ). (__人__)  /
.   | ≧シ'  ` ⌒´   \
 /\ ヽ          ヽ



      ____
    /ヽ  /\
   /(●) (●)丶
  /::⌒(__人__)⌒:::uヽ 
  l    |r┬-|     l
  \   `ー'´   /
  /         ヽ
  し、       ト、ノ
    |   _    l
    !___/´ ヽ___l

意を決したように、顔を上げて言った。







664 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/30(月) 00:44:36 ID:MB8jbDPw

       / ̄ ̄ ̄ \
     /       . \
    /  _ ノ   ヽ、_   \
   .|   (ー)  (ー) .  |            「すみませんでしたお―」
    \    (__人__) .  /
     /    `⌒´    ヽ
    ヽ、二⌒)   (⌒ニノ


::::ヽ、;::;:;:;:;:;:;:;:;:, ...:'´.::::::::::::::`ヽ、.:::::::::::::::   |
;:;:;:::ゝ;::;:;:;:;:;:;/.:::::::::::::::::::::::::::::: \.:::::::::::. i |
;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::. `ヽ、.:::::  l |
;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;::|::::::::::::::::::::::::::::::::::、--==`、,  ,,,l |
;:;:;:;:;:;:;:;:;:゙;:;:;; |::::::::::::::::::::::::::::'.:::::`..  (/”="_/
;:;:;:;:;:;:;:;:;:  :;: |:::::::::::::::::::::::::::::   `-'´;::"~:. i
;:;:;:;:;:;:;:;:;:;  ;: |:;:;:::::::::::::::::::::::.   '´.:::::::::::. |
;:;:;:;:;:;:;: ::;  l; |:;:;:,::::::::::::::::::::''   ..::::::::::::::::::.. |
;:;:;:;:;:;:;: ;  |V:;:;:;::::::::::::::::''   ..:::::::::::::::::::::. |    「!」
;:;:!i:;:;:;: '  l:::::;:;:''::::::::::::'....::::::::::::::::::/´::::::::::::.  |
;:;:!i:;::;:;  i |:,:;:;'':::::::::::::::::::''iiilll|l|ll|llll|liiii,,:::::::::. |
;:;: ;:;:;:;:  /i!::;:;:::::::::::::::::,,iiiiiiillll|ll||ll||ll||l|lllllii-- '´
;:;:;:;:;:;:;! /::::::::::::::::::::::::i:::::::::::::::::::::::: l゙゙゙゙゙゙゛゛
..:;:;:;:;:;:i /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::''/
ヽ:;:;:;:;:!/i,,、:::::::::::::::::::::::::::::::::::.' |
:::::ヽ;:/i||iiiii,,::::::::::::::::::::::::::::::::::. |

言葉に,、詰まる。







665 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/30(月) 00:44:57 ID:MB8jbDPw

やる夫は言葉を続けた。

       ____
     /⌒  ー、\
   /( ●)  (●)\
  /::::::⌒(__人__)⌒:::::\              「そんで・・・」
  |     |r┬-/ '    |
  \      `ー'´     /



晴れやかな、子供らしい顔を見せて、言った。

         ___
       / ⌒  ⌒\
      / (⌒)  (⌒)\
    /   ///(__人__)///\
     |   u.   `Y⌒y'´    |           「ありがとうございますお!」
      \       ゙ー ′  ,/
      /⌒ヽ   ー‐    ィヽ
      / rー'ゝ       〆ヽ
    /,ノヾ ,>      ヾ_ノ,|
    | ヽ〆        |´ |







666名無しのやる夫だお:2009/11/30 (月) 00:45:09 ID:PggDu5X6
なん…だと?







667 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/30(月) 00:45:19 ID:MB8jbDPw

何も声が出せなかった。






ただ、コーチとして生きていて良かったと思う瞬間だった。
                                        __,.ァァ ー-- ._
.                                      r:i´:.:.:/:, '.:.:.:.:.:.:.__> 、
                                      ノ:.j:.:.:.:|/:.:.:.:.://_____ヽ.-、
.                                      |:j'´ヽ∠.-‐''¨´ ̄   ヽ.___, ヘノ_
.                                      |'           /.:.:.:.:.:.:.:〉: 〉
.                                     /_   | /      ーァ___,ノ:|/、
                                     ヽ.ゝ、_ノ ノ __,. -‐''ヾ.__:::___::::|,ノ、
                                      ハヾ〉 ゝ'<ゞ.フ¨フ゛ /:l:::{,.イ Y::::/
.                                     〈 ´7 ' .ヘ `‐'´| /.:.:!:: Yァ l:::/:〉
                                     |〉 | ! 〈  `¨  / ,' :/:l:::::|' /'´V::}
                                     |:.:V、_,ノ´`ヽ、_ ,'  !:/.: !:イ|1   {::;ハ
                                     |:|:ヘ ̄¨¨''ー 、', l ,'|1:|: l:||ノ|   ソ:/
                                     VV 〉 ̄¨''ー'' `,' / Vl: リ' |   ソ:}
                                       i  |   ,ノ _, ィ | V_,.ノ|  {, イ
.                         _____           `ゝr_、___/_,.‐ ¨´  ヽ、 {::ハ
                      ,.ィ¨ ̄.::.::.::.::. ̄¨'' -、_,.---――} |:::::::r'´ ̄     __/  ̄ ̄ ̄
                      /.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::. ̄.::.::.::.::.::.::.::._人|:::::::}  ___,.-‐'¨.::.::.::.::.::.::.::.::.:/
.                    /::.::.::.::.:|.::.::.::.::.::.::.::.::.______} ̄¨¨{ ̄- ‐'´.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::./.::.
                    i ::.::.::.::.::|.::.::.::.::.::.::. /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: /.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::./.::.::.::.



長い沈黙の後、辛うじて言った。







668名無しのやる夫だお:2009/11/30 (月) 00:45:25 ID:XVl4FVmg
あの倣岸不遜を絵に描いたような男が謝るだと!?







670 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/30(月) 00:45:50 ID:MB8jbDPw

--------------------------------------------------------------------------------------


雨が降るわ―


--------------------------------------------------------------------------------------







                                                   第5.5話 やる夫と東方不敗 終






672 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/30(月) 00:46:12 ID:MB8jbDPw
本日の投下は以上になります。

ご観覧アザーっしたー!







673名無しのやる夫だお:2009/11/30 (月) 00:46:20 ID:/4KYdXm6
乙乙







675名無しのやる夫だお:2009/11/30 (月) 00:46:38 ID:Twr8Px1c
雨がふるわーwwww

乙でしたwww面白かったwwwww







676名無しのやる夫だお:2009/11/30 (月) 00:46:39 ID:oH.c23Es
乙!







677名無しのやる夫だお:2009/11/30 (月) 00:46:42 ID:dVPlJtMo
乙!!
良い方向に予想を裏切られたぜ!







678名無しのやる夫だお:2009/11/30 (月) 00:46:56 ID:/kRXjdgg
褒められたり人に構ってもらった経験が少ないだけに一度心開いたらもう一気にw







679名無しのやる夫だお:2009/11/30 (月) 00:47:05 ID:4q66DWTg
乙!







680名無しのやる夫だお:2009/11/30 (月) 00:47:07 ID:3GQ2XZAo
乙でした!
今回も面白かったです!







681名無しのやる夫だお:2009/11/30 (月) 00:47:19 ID:JJM6STx2
>>1ーーー!俺だーー!結婚してくれえー!




乙!







682名無しのやる夫だお:2009/11/30 (月) 00:47:38 ID:Ay8tFXv2
乙っした!
今回も面白かったです!







683名無しのやる夫だお:2009/11/30 (月) 00:47:44 ID:eZ/a5ixI
乙です
そういやこのやる夫18歳なんだよな
良い笑顔だ







684名無しのやる夫だお:2009/11/30 (月) 00:48:05 ID:RxfCBe4I
今、まさしく雨が降っているw







687名無しのやる夫だお:2009/11/30 (月) 00:48:40 ID:L...5dsA
乙でしたーw

やる夫が一枚皮がむけたなw
いやー、ホントにいい作品だわ。







688名無しのやる夫だお:2009/11/30 (月) 00:48:53 ID:RqK7CJKc

このやる夫はこれから絶対伸びる







689名無しのやる夫だお:2009/11/30 (月) 00:50:35 ID:2Z13sgmg
乙でした

やる夫、シンカーをモノに出来ると良いな








690名無しのやる夫だお:2009/11/30 (月) 00:50:58 ID:/00jFx4M
乙でした
今回も目頭が熱くなった







691名無しのやる夫だお:2009/11/30 (月) 00:51:00 ID:LxB6My9I
乙!







692名無しのやる夫だお:2009/11/30 (月) 00:51:15 ID:5jKx1e4Q
乙!







695名無しのやる夫だお:2009/11/30 (月) 00:52:27 ID:u6NG7z0c
乙でしたー







696名無しのやる夫だお:2009/11/30 (月) 00:52:28 ID:XVl4FVmg
乙でしたー。やる夫にはまだまだ伸びシロがあることが分かったので非常に嬉しいw







697名無しのやる夫だお:2009/11/30 (月) 00:52:36 ID:WISk25yU
初めてリアルタイムで見れた。

乙です!
ものすごい引き込まれる…
このやる夫のキャラがものすごく好きです。
考え方から何からすべて俺の好みですw







698名無しのやる夫だお:2009/11/30 (月) 00:52:52 ID:cwPNFkcw

東方さんはよくいう育成コーチって立場かな







699名無しのやる夫だお:2009/11/30 (月) 00:53:39 ID:B/hVXtJw
乙。
やる夫は独力で野球に取り組む理由がわかる良い回だったぜ。
少しずつ、チームメイトやコーチを信頼していくようになるんだろうな。
少し我が強すぎる気もするが、負けん気の強い18歳ならこのくらいの方がよい気がする。
若いうちから丸くなるよりは、20代前半くらいまではエゴイストの方が選手としても
伸びるだろうし。







700名無しのやる夫だお:2009/11/30 (月) 00:54:10 ID:hzGuizbI
乙です。
これがコーチの幸せってやつだな!







701名無しのやる夫だお:2009/11/30 (月) 00:55:44 ID:d1YKofm2
乙でした
やる夫がまさかこんなに精神的に成長しようとは
いいコーチもったなあ







709名無しのやる夫だお:2009/11/30 (月) 01:18:00 ID:vBxBD6z.
乙でした
あのスライダーにシンカーか
その上恐ろしいタフさ
怖い中継ぎだよな、完成したら、楽しみだ






786 ◆oLG9iWoh0E:2009/11/30(月) 23:48:03 ID:MB8jbDPw
肝心なことを書き忘れました。

次回本編はおそらく2、3週間後になるかと思います。

昨日の投下で話に一区切りが付いたので、構成の再考や、AA作成、基本的な事項の押さえ等を
行いたいと思ってます。

まあ、小ネタと、幕間は落とそうと思っているので、そんなに間が空いた感じはしないかもしれませんが、
本編をご期待の方は暫くお待ち下さい-。



あと、次回投下予告タイトルだけ


「-幕間- VIPスターズ出陣」

ご期待下さい!







人生を変える言葉「ありがとう」





関連記事
スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!




カテゴリー「やる夫はプロ野球選手になるようです」内の最新記事

だ

    右殺しのサイドスローには必須のシンカーきたあ

    やらない夫は あれだな リードが常識的過ぎて裏をかけないんだな
    [ 2009/12/02 13:09 ] [ 編集 ]
    いぬ夫・月・東方コーチ←NEW
        ↑ キュンキュン
       やる夫
        ↑ キュンキュン
    やらない夫・蒼星石
    [ 2009/12/02 13:10 ] [ 編集 ]
    クーガーとカミナのWアニキとか、どーなってんだこの球団はwww
    [ 2009/12/02 13:16 ] [ 編集 ]
    クーガとカミナもいたのか~
    まだ現役だったらポジションが気になるなあ
    [ 2009/12/02 13:17 ] [ 編集 ]
    二軍とはいえ試合しないと「野球」が巧くならないんだけど、その前段階なのか。
    [ 2009/12/02 14:00 ] [ 編集 ]
    やはりシンカーきたか
    [ 2009/12/02 14:55 ] [ 編集 ]
    ピッチャーは三振か一、二遊間ぐらいしか安心できないじゃねーかw
    [ 2009/12/02 14:58 ] [ 編集 ]
    シンカーきたあああ!! 梅津じゃあああああ!!!
    やべえ、熱くて面白すぎるぜ!
    [ 2009/12/02 16:00 ] [ 編集 ]
    ※37111殿
    >「野球」が巧くならない
    この時点のやる夫の場合、ピッチャーである故の『ワンマン野球』思考だから
    自分(だけ)が強くなれば「野球」も巧くなる、と思っていたのかと。
    その認識を改める意味でも確かに、『前段階』と言えるでしょうかね。
    [ 2009/12/02 16:41 ] [ 編集 ]
    古き良き時代のスポ根だな
    胸が熱くなる
    [ 2009/12/02 17:04 ] [ 編集 ]
    やる夫がただの林から梅津にランクアップするのか…
    楽しみだわー
    [ 2009/12/02 17:08 ] [ 編集 ]
    おもしろいのに、笑っているのに、視界がにじんで困っちまうぜ。まさに感動を与えてもらった気分だ……!
    [ 2009/12/02 17:10 ] [ 編集 ]
    クーガとカミナ現役だったら、
    1番クーガ
    2番キョン
    3番カミナ
    4番カズマ

    ・・・何この爆弾打線
    ガチホモ?シラネ
    [ 2009/12/02 17:49 ] [ 編集 ]
    相変わらず話のクオリティがパねぇ
    [ 2009/12/02 18:42 ] [ 編集 ]
    ていうか流れ的にカミナがカナミって書いてあるように見えたw
    [ 2009/12/02 19:42 ] [ 編集 ]
    大好物な路線(熱血スポ根)と
    キャラクター(マスターアジア)というのもあるが、
    久し振りに「ヤバイ」ってくらいのヤツきたわ。
    オアソビの良い意味でのバカらしさと、
    この暑苦しいまでの熱気の使い分けに嫉妬すら覚える。
    [ 2009/12/02 20:22 ] [ 編集 ]
    東方不敗のAA Gガン思い出して胸がつまる
    [ 2009/12/02 21:27 ] [ 編集 ]
    「広島の選手が全員衣笠・金本クラスの頑強な体の持ち主だったら」てパラレル世界みたいで熱いぜ!
    [ 2009/12/02 21:49 ] [ 編集 ]
    次からが本番だな。
    ペナントレースにやる夫がどう絡んでいくのか、
    敢えて予想せずに楽しみにしていよう
    [ 2009/12/02 21:52 ] [ 編集 ]
    マジこれおもしれぇわ
    精神論というのか話に説得力があるし1は天才なんですか?ww
    てかリカットボール?は覚える気なくしたのかね?w
    [ 2009/12/02 22:01 ] [ 編集 ]
    さすが師匠だ・・・
    [ 2009/12/02 22:57 ] [ 編集 ]
    パワプロのみずきの逆バージョンだなw
    あとはクロスファイヤーでもあれば心強いな
    [ 2009/12/02 22:58 ] [ 編集 ]
    個人的にはやらない夫が捕手のままで行くのか、打撃を生かしてコンバートするのかが非常に気になる。
    [ 2009/12/02 23:09 ] [ 編集 ]
    面白い。一気読みしたよ。
    「キャットルーキー」を思い出した。
    やる夫とミケ、ちょっと似すぎじゃないかとも思ったけど。
    次の変化球がシンカーで良かったよ。
    ウィザード・ライザーだったらどうしようかと。www

    読み返したいけど、どこにしまったかなぁ。

    [ 2009/12/02 23:14 ] [ 編集 ]
    サイドスローで変化量が凄まじいスライダーに高速シンカー
    岩崎みたいになってきたな
    [ 2009/12/02 23:23 ] [ 編集 ]
    ※37138
    なぜそこであおいが出てこない?
    [ 2009/12/02 23:31 ] [ 編集 ]
    前半腹筋崩壊
    後半涙腺崩壊
    な回でしたな。

    やるおの投球フォームのイメージがWBCキューバ代表のゴンザレス(中継ぎ)という私って・・・w
    [ 2009/12/03 00:29 ] [ 編集 ]
    最近「グレンラガン」一気見したんでカミナ登場に感激しました、エラーは10倍返しってことですね~
    こうなるとヨーコ登場にも期待します
    [ 2009/12/03 01:04 ] [ 編集 ]
    いやいや、師匠は一片たりともDG細胞には侵されてはおらんぞぉ!
    本人談だがね
    [ 2009/12/03 02:01 ] [ 編集 ]
    いっそウェブみたいなシンカーボーラーで。
    [ 2009/12/03 05:12 ] [ 編集 ]
    ※37123
    キョンは打順を2番にしてくれって言ってなかったか?
    で、前が阿部さん後ろが小泉だったはず。
    1番クーガ
    2番
    3番カミナ
    4番カズマ
    5番阿部
    6番キョン
    7番小泉
    8番ロビンマスク
    じゃねーの?
    [ 2009/12/03 10:50 ] [ 編集 ]
    怪我で球界を去った者もいた……ってモノローグにあるし、
    カミナは八年目くらいで故障して引退してそう。
    [ 2009/12/03 11:02 ] [ 編集 ]
    ※37133殿
    いやいやいや。そこはリカットボール『も』覚える気でしょうよ、やる夫は。(w
    スライダーとシンカー、そして(ライト程では無くても)リカットボールを覚えれば
    逆に普通のストレートなんざ不要だ、とかなりそう。
    [ 2009/12/03 13:11 ] [ 編集 ]
    面白いと言わざるをえないだろう!
    [ 2009/12/03 14:42 ] [ 編集 ]
    シンカーではここ20年に限ってはこの人がNo.1
    ttp://www.youtube.com/watch?v=4ZLGQ6pXCMI&feature=related
    の3:50秒付近
    以前インタビューでは「カーブの逆バージョン」を投げることを
    意識して生み出したと言っていた
    [ 2009/12/04 21:39 ] [ 編集 ]
    楽天の小山だっけな、140キロ台のシンカー放るのは
    シンカーかどうかすら怪しいが…
    [ 2009/12/05 06:51 ] [ 編集 ]
    そういえばやる夫は梅津がモデルなんだよな
    シンカーの次はスライダーをジャイロさせるとかあるかもなw
    [ 2009/12/06 23:42 ] [ 編集 ]
    本編レス番号670の

    「雨が降るわ―」

    この後のレスに
    「地が固まる」ってレスがないのに絶望した!
    [ 2009/12/26 18:55 ] [ 編集 ]
    カミナの血染めバット、正田耕三のエピソードと一緒だ。
    出血して右手がバットに貼りついたから左手で右手をひき剥がしたというマジキチな伝説。しかも両打ちだから両方そうなる。
    その半端ない領域まで乗り込む>>1も伝説もんだな。
    [ 2009/12/30 22:31 ] [ 編集 ]
    血染めのバットか。落合は練習でバットが両手から離れなくなったといってたな。
    当時監督だった稲尾が見守っていて、最後にそっと取り外してくれたという。
    [ 2010/02/25 14:03 ] [ 編集 ]
    防弾ガラス~ってのはH2かな
    [ 2010/03/03 17:01 ] [ 編集 ]
    >37149
    ノルベルト・ゴンザレスは典型的なサイドスローのスライダー投手だから(やる夫と違って左だけど)
    別におかしなイメージじゃないと思う
    [ 2010/03/14 00:21 ] [ 編集 ]
    >>37142
    だよなみずきよりあおいだよな!!
    [ 2010/07/10 22:13 ] [ 編集 ]
    このぐいぐいとした熱気
    上質な物語構造より何よりのご馳走だ……!
    [ 2010/07/21 20:10 ] [ 編集 ]
    このコメントは管理者の承認待ちです
    [ 2012/05/02 03:37 ] [ 編集 ]
    コメントの投稿













    管理者にだけ表示を許可する
やる夫ブログについて
20101110:「やる夫はロス市警の警部のようです」を掲載させていただきます。本当にお待たせして申し訳ございません。これ以降も随時、更新の途絶えていた作品を掲載していきたいと考えております。ご迷惑をおかけして申し訳ありませんが、どうか長い目で見ていただければ幸いです。

20101030:「やる夫のサクラ大戦」にて、記事の掲載順序を誤りました。 作者様、および楽しみにしていた読者様にお詫び申し上げます。 申し訳ございませんでした。

20101004:「やる夫たちが夢の国で遊ぶようです」につきまして、こちらの不具合で記事が切れてしまっております。作者様、及び楽しみに読んでくださっている読者の皆様にご迷惑をおかけしてしまい、申し訳ありません。
一度下書きに戻させていただきます。よろしくご了承ください。
「やる夫で学ぶことわざ」の作者様より、やる夫ブログ用のスポンサー案内をいただきました!本当にありがとうございます!さっそく使わせていただきます!

20100811:皆様、大変ご無沙汰しておりました。ぼちぼち更新を再開できればと考えております。
「やる夫がDQⅢの勇者になるようです」についてですが、コメントを頂けるのは大変うれしいのですが、他作品のコメント欄での投稿はご遠慮願えれば幸いです。
恐縮ですが、ご協力よろしくお願いいたします。

20091222:年末なので順調に更新量が減っております。今日明日はお休み、再開一発目は「やらない夫の超兄貴」になる予定です。作者様、まとめが遅くなり申し訳ございません。

20091208:今週クソ忙しいので、かなり更新が減ります。ご了承ください。

20091116:更新の調子にもよりますが、週末をめどに、カテゴリを追加する予定。前回追加からだいぶ間隔開いたんで、かなり溜まってます。

やる夫ブログについて

姉妹ブログというか同一人物ブログ。
やる夫ブログ(裏)(18禁です)


 ネ タ 投 稿 お 待 ち 
 し て い ま す ! 
(↑結構心から待ってますw)

 ネタ投稿の他、転載お断りの記事、相互リンクのご希望等ございましたら、お手数ですが下のメールフォームよりお知らせください。なお、http:を付けるとエラーになってしまうようなので、ご投稿いただける際にはhttp:を抜いていただきますよう、よろしくお願いいたします。
相互リンクの反映に時間がかかってしまい申し訳ありません。気長にお待ちください。


嬉し泣き
美麗なタイトル画像を描いてくださっているのは、こちらの方々です。
本当にありがとうございます。


七市様
Shadow3_convert_20091008101141.jpg
ハルヒとやる夫、やらない夫の表情が最高のタイトル画像。冬にぴったりの美しい作品です。


1様
http://blog-imgs-15.fc2.com/y/a/r/yaruomatome/yaruoblog_title_convert_20091026144430.jpg
柔らかで暖かい雰囲気がたまらない作品。みゆきさんヤバすぎで管理人狂喜の舞を舞っておりますwww

1様のプロフィールはこちら


65様
securedownload_convert_20091008101321.jpg
同じく「やる夫がチェルノブイリに旅立つようです」より。元ネタの雰囲気をビンビンに伝えるダークな作品。


草葉様
Shadow3_convert_20091008101141.jpg 「やる夫がチェルノブイリに旅立つようです」をモチーフにしたタイトル画像です。物語の後、このタイトルを見て吹きました。

219c0c442.jpg

草葉式


味噌様
yaruoblog_convert_20090519194443_convert_20091008101235.jpg
やる夫ブログ初!物語とタイトル画像のコラボレーション!快く、最高に美しいタイトル画像を描いて下さった味噌様に感謝です!




トンボ様
minamike_convert_20090519194731_convert_20091008101216.jpg
夏にぴったりの逸品を、トンボ様よりいただきました!水着ハァハァ(´Д`;)


トンボのかんさつ日誌


ヒジキ様
nagato_convert_20091008101341.jpg
管理人のツボにはまりまくりの長門!大好きだ!結婚してくれー!



ヒジキ煮


aro様
yaruo_blog_fix_convert_20090210225801_convert_20091008101403.jpg
らきすた勢の見事な描写もさることながら、このやる夫にしてやられました。


Charged time-out


Yutaka様
RMm06_convert_20090127165950_convert_20091008101426.jpg
個人的に水銀燈が一番好きです。タイトルのセンスも◎。本当に有難うございます。





マブチョコ_m様

この魅力的なボディにくらくら!管理人はこの人の同人誌が大好きです!やる夫ブログの記念すべき初タイトル画像。全てはここから始まりました。



うにゃらら大飯店



イチオシ

やる夫がDQⅢの勇者になるようです

自らを成長させる姿に心震える
作品。普通の掛け合いなのに、
自然と笑みがこぼれる構成と
演出は見事の一言。
自分を好きになれる、極上の映
画を見た後のような読後感は、
自信を持って「最高だ!」と賞
賛できる作品です。





過去の「イチオシ」一覧を作りました。
管理人オススメ記事

管理人が抱きしめたいほど好きなやる夫作品

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。