FC2ブログ
2017 09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 11
やる夫ブログヘッドライン



【お気に入りサイト新着記事】 【カテゴリー一覧】

    
   
【最新エントリ】



スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




カテゴリー「スポンサー広告」内の最新記事

だ

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | はてなブックマークに追加

やる夫がプロ野球選手になるようです 第6.25話 蒼星石とやらない夫 

713 ◆oLG9iWoh0E:2009/12/15(火) 00:15:24 ID:NjX8dYtA
                                                       
       .iiiiiiiiiiiii,、     .iiiiiiiiiiiiiiiiiir,iiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiii,,,,,、  .,iiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiii,,,,,         ,. -─- 、_
        .'lllllllllli,      `llllll!゙’  `゚lllllll!゙゙゙゙゙゙゙゙゙!!llllllli,   `゙lllllll゙゙”゚゙゙゙゙゙゙!llllllli,      ,.::'";_-;;;:ミ':::::::::::::::`:丶、
        ,illl!llllllll,      ,illl!′   ,lllllll゜    llllllll!   ,illlll!゜    .,lllllll     |::::::::/しノ゙':::::::::::::::::::::::::::!
       ,llll゙ ゙lllllllli,     ,llll゙    .,lllllll゜    ,,llllll!′ ,illllll゙     .,llllllll゜     ,!: -‐゙:::'-:::;_::::::::::::::::::::::::|
       ,illll゜ ゙llllllll,、   ,illll゜   .,lllllll゜    ,,illllll!゙   ,lllllll゜  ._,,,,,,iilllll!゙゜    /:::::::::::::::::::::::::`:丶;;:::,;--‐!
      ,llll゙   '!llllllli―やる夫がプロ野球選手になるようです―lllllllll゙°    └-;;;;,,,,, _::::::::::::,,;;;_",,;;;'ヽ   |
      ,illll゜   ゙lllllllli、 ,illll゜   .,llllll!!!!!!!!!!゙゙゙゙”    .,lllllll゜   ゙゙゙゙!llllllli、      | ''''''''>''" ヽ、゙"ノ  |
     ,llll゙     .lllllllll,,.,llll゙    .,llllll!′           ,illlll!゜     .lllllllll    _  \  (__,,;、_.ノ   /
     ,illll゜     '!lllllllllll!`   ,lllllll゙             lllllll゙     .,illlllll゙   /,∠ヽ,.-‐>-.,,、_,,;._,, 、∠‐-、
    .,,lllll゜      ゙llllllll!゜   ,llllllll′           ,illlll!゜    .,,,illllll!゙゜   |  -イ  /^\Y´/  \  ヘ
  .,,,,iiillllllli,,,,      ゙lllll゙  .,,,,,iilllllllllli,,,,:      ,,,,,,iiilllllllliiiiiiiiiiiiiiillllll!!゙゙゜    !  ノ'" /    | !     Y'' ヘ
  .'゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙′     .゙゙° ゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙°     '゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙″                

                    ―第6.25話 蒼星石とやらない夫―

         注) ・この話はプロ野球を元にした、作者のプロ野球妄想ストーリーです。
           ・このスレのやる夫は捻くれています。やる夫の性格改変(?)にご容赦下さい。







714名無しのやる夫だお:2009/12/15 (火) 00:15:55 ID:tuN5FmFY
な、なんだと?!







715名無しのやる夫だお:2009/12/15 (火) 00:16:27 ID:FOQHpYBg
今から投下・・・だと・・・!?







716 ◆oLG9iWoh0E:2009/12/15(火) 00:16:41 ID:NjX8dYtA

【7月2週 VIPスターズ2軍グラウンド ロッカールーム】


急に雨音が強くなり、地面で大きな音を立てた時。
音に驚いてやらない夫が窓の外を振り返った時。

その時は―

 !| !| ゛ゞ.ヾゞヾヽ,.ゞ:,,ヾゞヾ;ゞゞヽ,.ゞ:,  ,ヾゞヾ;ゞゞ\ヾゞ: ヾヾ゛ ゞ.ヾゞヾヽ,.ゞ:,,ヾゞヾ;ゞゞノ | ! l
| ! ! ゛ゞ.ヾ  ゞヾゞ;ゞゞヾ  ゞ;,.ゞ :,,ヾゞヾ;ゞゞノヾゞ:ヾヾ  ゛ゞ.ヾ    ゞヾゞ;ゞゞヾ  ゞ;ゞヾ;; !|
! ! ヾ., .ゞヾゞ;ゞ  ヾ;ゞゞゞ;ゞ:ヾゞ゛;ヾ;ゞ  ,',;:ゞヾゞ;ゞヾ.:    ヾ:ヾゞヾ., .ゞヾゞ;ゞ   ヾ;ゞゞ; l |
 | !|   ゞヾ ゞヾ  .ゞ;ゞヾ;ゞゞ; ,,ゞ.ヾ\\ ゞヾ:ゞヾ ノノ ゞヾ . ゞヾ ゞヾ  .ゞ;ゞヾ;ゞゞ;ゞ ヾ;ゞゞ !
! !  | !| ヾゞ..ヾ .ゞ,'ヾ  ゞヾゞヾ ,,.ゞヾ::ゞヾゞ:ヾ ゞ:.y.ノヾゞ..ヾ .ゞ,'ヾ ゞヾゞ ;ゞヽ,.ゞ:,,ヾゞヾ ! |
| ! ! | ! |!l ゞヾゞ___\\ ゞ ゞヾゞ;ゞゞヾゞ;ゞiiiiii;;;;::::: イ.ヾゞ, .,; ゞヾゞ___// ;ゞゞゞ;ゞゞヾゞ;  | !|
 |! !  | !|  !l ;ゞヾゞ;ゞヾ;ゞゞヾ    ゞ;ゞ iiiiii;;;;;::::: :)_/ヽ,.ゞ:,,ゞヾゞ__;::/ ゞヾゞ;ゞヾ;ゞ  |!  !| !|!
!l |! !| !| !l |! ! | ! |!l |! !| lゞヾゞ;ゞ ヽ;iiiiii;;;;::::: :|;:/   ヾ;ゞゞ;ゞ ヾゞ ! | ! |!l |!l |!  l|!
 ! | ! |!l |!l |! !| !| !l |! !ヾ;ゞゞヾゞゞ\|iiiiii;;;;::: : |:/ ヾゞ  ! | ! |!l |!l |! !| !| ! ! |  !
 l ! | !  l | ! ! | !|  !l  |!  !| !|! l|! !| |i;iii;;; ; :::|/! !  | !|  ! l |!  |! ! | ! |!l ||! ! |
! !  | !|  ! l    _/__/_ //   !   | | |i;iii;; ;; :::|| ! ! | ! |!l |!l |! !| !| !l   |! ! |  l
| ! ! | ! |!l |!    / /       ー―――――――――――   ! | !|  !l  |!  !| !|! l|!
 |! !  | !|   !l    /   l|! !| ! | !l | |i;iii;;;;; ::::|! !  | !|  ! l |!  |! ! | ! |!l ||! !   |
!l |! !| !| !l |! ! | ! |!l |! !| l | !| ! !|i;iii;;;;; ::::|| ! ! | ! |!l |!l |! !| !| !l |! ! | ! |!l
 l ! | !  l | ! ! | !|  !l  |!  !| !|! l|! !| |i;iii;;;;; ::::| |! !  | !|   !l |!  !| ! !l|! !| ! | !l
| ! ! | ! |!l |!l |! !| !| !l |! ! | ! |!l |!.|i;iiiii;;;;; ;:::|!l |! !| !| !l |! ! | ! |!l |! !| l | !| !
 l ! | !  ,,((;;;ゝ);;));ヾ;;) l | ! ! | !|  !l  |i;iillii;;;; ::: |!l |! !| !| !l |! ! | ! |!l |! !| ((;;;ゝ);;)
、,,;;;ゝ;l))ゝ|;;ゝ))ゝ;;;ミ,,l,,;;;ゝ;;))ゝ;;;ゝ))ゝ;;ミ,,、l,;; |i;illiiii;;;; :: |、,,;;;ゝ;;))ゝ;;;ゝ))ゝ;;;ミ,,、,,;;;ゝ;;))ゝ;;;ゝ))ゝ;;ミ,,、
ゞ((;;ゝヾ;ヾ⌒; ;) ! !ヾミゞ((;;;ゝヾ;ヾ⌒;;)| ; ;ゝ;|i;iiillii;;;; ::: |((;;;ゝヾ;ヾ⌒;;;) ;;;)ヾミゞ((;;;ゝヾ;ヾ⌒;;)、, ;;ゝ
! !;;ゝヾ;ヽ ! !)ヾミ;ソ(;;;ゝヾ;))ゝ;ミ;;( ! !;ゝ))ゝヾ;.|i;i〈ii;;;;; :::: |ゝヾ;ヽソ;;;)ヾミ;ソ(;;;ゝヾ;))ゝ;ミ;;(::;ゝ;;;ゝ))ゝヾ;
"",,!l |! ,^^""",",,^^^^""""''",,,"^^" ",,""''""'|i;iiiiiii;;;; :::: |"",,^^""",,""''"",,^^""",,""'' バシャバシャ
!l 、|!, ""    ""   ""  ""        ~~"""~~~""  ""     ""    ""   バシャバシャ






719 ◆oLG9iWoh0E:2009/12/15(火) 00:17:32 ID:NjX8dYtA

2軍投手コーチ、一条が、蒼星石との会話を終えようとした時と同時だった。

             _   __
             /´=:ミ´二.ヾ\
            / '/ '´rー=、ヽ.ヽ 、ヽ
          i / 〃,イ|   | |_L| l l    
            |.l.l ル'__リヽ  ヘl_Nヽ!.l |   
          | |.バ ̄o`  ´o ̄,"|l |           「解りますか蒼星石さん?
.          レ1  ̄ 〈|:  ̄  !`|            要はもっと野球を楽しめって事ですよ」
          ド」 、ー-----‐ァ ,lイ!
      _,,... -‐| l ト、`¨二¨´ ,.イ.l lー- ...._
   ,ィ''"´:::::::::::::::| l.l ::::ヽ、__, .::´ :l.l |:::::::::::::::::`¨lヽ               r'つ
.  /:::|:::::::::::::::::::::::W \ ::::::::::: /lル:::::::::::::::::::::::|:::ヽ               / ∟、-‐''つ
  /:::::: |::::::::::::::::::::::::l.  \ /  .l::::::::::::::::::::::::|::::::ヽ         ,.<   )ヽヾニニ⊃
. /:::::::::::|:::::::::::::::::::::::::l  /\  .l:::::::::::::::::::::::: |::::::::::ヽ      /\\   i lニ二⊇
/:::::::::::::::|:::::::::::::::::::::::::l/\_/ \.!::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::ヽ    /::::::::::::\.ゝ-─'ー-- '
:::::::::::::::::::|:::::::::::::::::::::::::l  ハ   /:::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::::::\ /::::::::::::::::::::/
:::::::::::::::::: l:::::::::::::::::::::::::::! ./ ヽ ./::::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::::/
ヽ::::::::::::::;イ:::::::::::::::::::::::::::V   V::::::::::::::::::::::::::::ト、:::::::::::::/::::::::::::::::::::::/
:::::::::::::::/ |::::::::::::::::::::::::::::ヽ . /::::::::::::::::::::::::::::::| ヽ::::::::::::::::::::::::::::/



一条は話をそう締めくくり、蒼星石は素直に頷く。


       /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :\
      , ':: : : : : : : ::/: : : : : : : : ::/::: : !: : : : :: : : : : : : : : :\
     /: : : : : : : : :./: : : : : : : : :./: : : ハ. : : : : : : : : : :ヽ: : : :::ヽ
     .': : : : : : : : : ,. : : : : : : : :レ':::/: / !:ヾ\: : : : : : :.:!: : : : : :!
    !: : : : : : : : : ::! : : : : : : /ィ:::/   !::| \ヽ::: : : : ::!:: : : :l:::!
.     !:: : : : : : : : :::|: : :_ ,./´,/-―- ''、l:::::::: ゞ::、: :. :.l.: : : :イ.:!
     !::::: : : : : : : ::|: : : : :-ー 了''ゝ..、ー 、:::::::::::::: \,: :..|::ィ:./'レ'
     !: : :: : : : ::/´|!: : : : :l:.l:.:::::::{ ノ:;;jハ::´:::::::::::/ /::j: i/ノ
     〉: l!:::: : :.{ ィ!::: : : :.!:l!::|  `ー ´ ::::::::::::::ァえメィ/´
      ハ:l ::::::::メム::!:::::::ハ!` ///      、lじン::i:ハ           「はい。解りましたコーチ」
        l| ヽ ::::ハ:::!::::::| |!      r‐、_   //イリ l!
          V ヾ!::::::| l'         ` ー'  イ::: ' '
             ハ!: !  ゝ  ___ _, イ::::|::/
          ノ´ \ ヾ.   /'      |::://
    r v - < _      ヽ   /!      j/ '
  γマ_jr-、_ノrー、ゝ-、   \ヽL\
  f' /三/三三`~j 、ノ   , ィ'ニL!\\-v 、
  v' 三 / 三三 ゝー 1_} // /∧ヾ.\ > ム
 / 三 /三三三三「 | _!//  ! | ハ \!| } ノ


やらない夫は思う。
蒼星石の表情の無い声。その恐ろしさが、何故一条に伝わらないのだろうか―


          _______
        /          \
      __/             \
    /.            、    |
    |.         ,(⌒(○)ヽ    |
    l  lヽ      )>       /
   /    ヽ\   `(__,(○) / /
   |      \  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  \
   |     |ヽ、二⌒)、          \






721 ◆oLG9iWoh0E:2009/12/15(火) 00:18:09 ID:NjX8dYtA

蒼星石の素直な態度に、一条はご満悦だ。


        /  ̄ ヽ〆 ̄ニ=
       /    ,.ィm、  ヽ
      l     l゛  |    ',
        |    リ`ヽ ,ゝト、 |
        |  /!なラ  なラ|ノ
       ノ  イl    ,`> |
.      1   `|ヾ三三三フ|                    「よろしい。では今日はこのへんにしましょうか
.     /     ト、  =  ,.!_                     ではまた明日、よろしくお願いしますね?」
----―'―'´|  |. `' 、__、イ≡`''- 、
≡≡≡≡≡.l  |    / l ≡≡≡`''- 、
≡≡,r―っ≡|レリ\ / | ≡≡≡≡≡ r- 、
 //二つ、 |  /ヽ |≡≡≡≡⊂ニ、'ヽ \
/ / /二二) |/ 〉8〈ヽ| ≡≡≡⊂ニ、'ヽ ヽ .l


一方的に言い放つと、一条は部屋を後にする。




部屋には、やらない夫と蒼星石だけが残された。


         / ̄ ̄\
        / _ノ;jijii;丶_ !
          ,ク(゜_))ij(_゜))!`i
       | ヒlli(__人__).ソ /
       l \ .,キ呪カ'/ /
        .\ ヾ狂リ | {
        /ヽ |ー-イ!_ノ`、               (かんべんしてほしいだろ・・・!)
       /::::/i_ノ|_/:;l:::::::|
       |::/:::;:/;;:::::::::;|:::::::i
       |/:::;:/;;:::::::::::;i;;::::ノ
       |:::::;;:|;;:::::::::::::::r
       \;;/;;::::::::::::::::!
         |:::::::::::::::::::/
         |:::::::::.::::::/
         |:::::::::::::イ







722 ◆oLG9iWoh0E:2009/12/15(火) 00:18:46 ID:NjX8dYtA

やらない夫の見立てだと、蒼星石は爆発寸前―

               __,,,...,,,_
              f´ __,,,__ ~""''' ヽ
              ヤ'´__,,,__``ー-ュ,,_〉
             r'''´ ̄_,,._´~"''‐- /
             >'´~:::::::::::::::``ヽ.、``>
            /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ/
           /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`、
          /:::::::::::i| ト |、::::ヽ、:::::::::::::::.l
         f:::::::i ,::_,l,_ヾト、ヽ._,,ェ,,__:::::.i:::::!
         i|:::::/ノ _,,!;;;;;;;;ヽ;;;;_,,..,,_ヾ:::::!:::::j          「・・・」
         .l| ノ! l.fー-、;;;;;;;;;f⌒ヤヽノ:::::/
          !i .、ゝゞー' '''''''''''`ー'' ノィ::::/
           ヾ ト、k"" ー‐ ""イ´ノ
            ヾトri>ーr-‐‐i''´ノノュ、
           r'´>ヾ ,ィoニ´ ノ r'´`ヽ
           / く  //ノ|iヾ 、 r'  i !
          /  r' ((,イ|iト='ノ く    ! !


一条が立ち去った後も、ピクリとも動きやしない。


1秒1秒が、すさまじく重い。


              _________
            /       'r r.r.r.i
           /        | | | | |
          /     u  .ノ.ノ.ノノノ
          ハ_ノ  ヽ、__  /   /ノ
         / (●)(● ) .(    l ヽー―ー-、
        /  .(__人___)  ム   イ    r    ヽ
         ./   / ヽ`⌒´   |   .l    /     、 l     (ボクは大人しい漬物石!)
      /    /  八_ 、__ /l   |   ,'      l  l
    .  /   ,'       ヽ|   | ノ      ハ   l
      /    .l   ∧    |    レ'     ノ     l
    /     l  ノ  ヽ   |     |     ノ       }
   ∧     / ,〆     ヘ  l       , '       l
    ヽ、_,ノ'´        ヘ .l      /        ノ <あと今ならキンクリ大歓迎!
                 ', |     /         ,'
                   ト、   ノ          ノ







723名無しのやる夫だお:2009/12/15 (火) 00:18:51 ID:tuN5FmFY
空気悪いだろうなぁw







724名無しのやる夫だお:2009/12/15 (火) 00:19:27 ID:7T1AaBhY
お!二人とも2軍に上がってたか!







725 ◆oLG9iWoh0E:2009/12/15(火) 00:20:02 ID:NjX8dYtA

蒼星石がグラブをロッカーに叩き付けた。

                                                         /|
                                                      / | ,!  !
                                                     .l  l  ! /
                                            /!     ,,.rァ .l ,l .lr'
                                          / l゙  ,,、r'´ /  l゙/
                                          |  l_,.r''´   /
                                          |    ,.、r'!  /
                                          ,,l   ,,r'’  l  /
                                        ./   .l゙    l ./
                                       / ./!  l!    l゙/
                                     r'´  ./ .|  |
                                     |   ./  |  |
                                     | ./   |  |
                                     レ'     | /
                                          |./
                                                        _,,.rァ
                                                    r''´! ./゙ /
                                                 /| .| ,l / ./
                                                 |  | |/./ . /
                                                 .| ./  ./ ./
                                                 l/   / ./
                                                    ;'_/

強烈なノックだったのだろう。
突然の訪問者に驚いたロッカーはドアを開け、内容物を地面にぶちまけた。



     / ̄ ̄\
    /   _ノ  \
    |    ( ○)(○)
 .   | U   (__人__)
    |  U  |r┬-|  彡
 .   |     ` ⌒}   彡
 .   ヽ        }
     ヽ     ノ
     /     \
    / /\   / ̄\____l⌒l
     | |  \ /  ヽ \_____|
 Σ(⌒ノ   ゝ    \__)

何時見ても、蒼星石のヒステリーは、怖い。
やらない夫の背筋にぞっとしたものが走る。







726 ◆oLG9iWoh0E:2009/12/15(火) 00:20:57 ID:NjX8dYtA

蒼星石はロッカーがよっぽど嫌いらしい。

もう一度、今度はスパイクを叩きつけようとしているのをみて、
流石にやらない夫が止めに入る。


    __
   /ノ ヽ\
 /.(○)(○)\
 |. u. (__人__) |
. |        |
  |        |                 「落ち着くだろ蒼星石!野球道具をそんな風に使うのは―」
.  ヽ      ノ
   ヽ     /
   /    ヽ
   |     |
    |    .   |



                                            ,r ‐:;:;:;:;:;:;:;::;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:丶、 
                                             l:;:;:;:;:;:;:;:;:;::;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:::;:;\   
                                             \:::;イ '   、     ヽ `ヾ;:;:;:;:;:;:;.ヽ 
                                             /  , :!:i トヽ、 `ヾ.、 __..:. V ::::V;:;:;:;: 〉
                                            , ' .:' .;' :ハトヽ`ヽ`十‐H=ェ ::::l ::::V / 
                                           /イ.:i :/::≠-:_:\::& acute;::::_,_ `Y :::l :::「
                                           ' l.::|レ'.:イィ',ユ:::::::ヽl::'┴ -气:! ::;' :i:::::}
                             「・・・何?」    , 、     イ ::ハ           /,:イ ::::|:::::j 
                                        ヽ ヽ.  _ ヾ V!   ー=='  '´}::! .:::;':::/ 
                                         }  >'´.-!、`T丶、       /;イi::/レ' 
                                         |    -! |i::/ ヽ≧z,-‐ ''チ'´ l:ル     
                                         ノ    ,二!v⌒ -‐' {_.  ´⊥‐ -、  _  
                                        /\  /   '"´ /_ノ7ー 、    __>'´j、!
                                       / 、 `ソ!  /  // ハ 「ヽ }   /fゝイ丁! ハ

             ____
           /⌒  ⌒\
          /( ●)  (●)\
         |:::::⌒(__人__)⌒::|
           |   「匸匸匚| '"|ィ'
    , ヘー‐- 、 l  | /^''⌒|  |     「いやー、たまにはストレス解消って必要ですよね!」
  -‐ノ .ヘー‐-ィ ヽ  !‐}__,..ノ  ||
 ''"//ヽー、  ノヽ∧ `ー一'´ / |
  //^\  ヾ-、 :| ハ   ̄ / ノ |
,ノ   ヽ,_ ヽノヽ_)ノ:l 'ーー<.  /  |.
/    <^_,.イ `r‐'゙ :::ヽ  \ `丶、  |
\___,/|  !  ::::::l、  \  \|







727名無しのやる夫だお:2009/12/15 (火) 00:21:36 ID:tuN5FmFY
やらない夫よええww
でも気持ちは分かるw








728名無しのやる夫だお:2009/12/15 (火) 00:22:01 ID:k1sESKtA
ない夫wwwwwwwwww







729 ◆oLG9iWoh0E:2009/12/15(火) 00:22:03 ID:NjX8dYtA

しかし、やらない夫の制止は一応意味があったらしい。
空気が抜けたように、へなへなと、ロッカーに背を預けて蒼星石は座り込む。


暫く視線を宙に漂わせた後―

                                                  /三;ヽ、´ ヽ三三三、二二二\
                                                  |三三三l   ヽ三三三\二二二\
                                                /´!三三三ヽ  ヽ三三三三 \;二二ヽ
                                              /: : : : ヽ三三三ヽ  \三三三三三ー 、_)
                                              i: : : : : :ィ ヽ;三三三\    \三三三三三/
                                              l: :,.: : / |: :i \三三三三、   ` ー 三,イ
                                       .      | l l: :/: :| トiヽ \三三三三\_      l|
                                              ! 、 l ソl;| |;|\、、\;三三三三`゙ヽ--ッフ′
                                       .         | ! 「 !| `i;:;:ッ、`ー-=、三三三三:シ
                        「何が・・・楽しくだ・・・」           ゙ i   `゙'''‐/::. :. : : : :. ̄ ̄ ̄「
                                                 lヽ  /ノ: :__:: : : : : :: ::/
                                                 `ー―、///::.::.::.::.:`ヽ  ノ/
                                               ム}r' ̄iッレノィ i::.::.::.::.:..:..::├'ノ
                                              ム{/ ,.-―ヲ ノ!!::.::.::.::.::.::.::.:l
                                             ム┘/ ×_/ /::.::.::,::.::.::.>、::〉
                                            ム}  (/  / /::./::.:;;ヽ/:;:;シヽ\
                                           (ニ}  彡 ツ _,-―:::__;:;/:;:;:;:;:;:;:;フ::.::.、
                                         _/゙ー、_   L_{ i,. "ー-、 :;:;:ャ゙i ` ー≦- 」
                                       ニ三lミ ┼ `ー"ォ、>、:;:;:;:;:;:/ |     「
                                       三三、 ミ 三三三三 ヽ:;:ノ   {ミ、     |
                                       三三三ヾ 三三三;/二.-―´ ミヾ     l

そう呟くと、蒼星石は膝を抱えて丸くなった。


          / ̄ ̄\
         /  _ノ  ヽ
         |  ( ●)(●)
           _|    (__人_)
     r.:.:'"´/::|.    `⌒´|、_
    ハ::::::/__:'ヽ_.    _ノ.:.:/
     |::::',:::::::::'‐-ヾ' 7Υ} ...:.:{.           「・・・」
    }>‐'、:::::::::::::::∀.,ィt!.,へ:!
    }, -‐'―__,. - '´ 'ツ/(三ヽ          (やる夫なら・・・こんな時なんていうんだろうな)
    Y ´ ̄__,.. -‐r-イ/`tミ_ソ
.    └/⌒`ヽ、::::ノ::::ヽ`ー'´ __ ,. --‐、
     /    ヾリト从ン'´ ̄      ',
____,{   .:.:./ハ人/_,,.. -―_ッi:..   .:!
    |  :...:.:.//`""""´ ̄ ̄´ |:.:.  .:.:{―-、―
    |! .:.:.://〉         〈 :.:. /.:ノ

やらない夫はかける言葉を捜す―






732 ◆oLG9iWoh0E:2009/12/15(火) 00:23:23 ID:NjX8dYtA

蒼星石は今日、2軍戦に登板して2イニングを2失点。
最近の蒼星石の悪いパターンなのだが、コントロールを気にしすぎて四球を出し、打たれた。



                ―― 、
             / 〉 ´      \
            / /'  __ ノ   ゝ.__ ヽ
         / //〉  ( ー) (ー )  l
          l  ´ イl   (___人___)  l
.        l    iYl    ` ⌒ ´   l 
.       /   ハ !.!          !
.        /  /  ' ヽ           /            (悪い循環に入ってる・・・な)
       l   // 、ゝ       / ヽ_
      ´` ー‐ '`./  `ー、  ,-´  /   \
.     i      ii   / `:.i   i´ヽ.  /     `  、
.     , 'l     l.!  /   l   ! ハ /        \
    / ,:|     | ヽ/   !_'   V       ,  ,    ヽ
.  / / l     |     /:.:.:.:ヽ       / /  /  i
.  !/  !      l\.   i:.:.:.:.:.:.i      / /  /   l
  /        !  ヽ.  !:.:.:.:.:. !      ´   !  /     !


一条2軍投手コーチの言い分も、やらない夫にはわかる。
                                                    __,,,...,,,_
                                                   f´ __,,,__ ~""''' ヽ
                                                   ヤ'´__,,,__``ー-ュ,,_〉
                                                 r'''´ ̄_,,. _´~"''‐- /
                                                  >'´~:::::::::::::::``ヽ.、``>
                                                 /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ/
                                                /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`、
                                              /:::::::::::i| ト |、::::ヽ、:::::::::::::::.l
                                              f:::::::i ,::_,l,_ヾト、ヽ._,,ェ,,__:::::.i:::::!
                                              i|:::::/ノ _,,!;;;;;;;;ヽ;;;;_,,..,,_ヾ:::::!:::::j
                                  「・・・」         .l| ノ! l.fー-、;;;;;;;;;f⌒ヤヽノ:::::/
                                               !i .、ゝゞー' '''''''''''`ー'' ノィ::::/
                                               ヾ ト、k"" ー‐ ""イ´ノ
                                                ヾトri>ーr-‐‐i''´ ノノュ、
                                                r'´>ヾ ,ィoニ´ ノ r'´`ヽ
                                               / く  //ノ|iヾ 、 r'  i !
                                               /  r' ((,イ|iト='ノ く    ! !

最近の蒼星石には余裕がなさ過ぎた。
一度気分転換をさせた方がいい。

首脳陣がそう判断するほど、張り詰めている。







733名無しのやる夫だお:2009/12/15 (火) 00:24:29 ID:Q37XsAR6
蒼はやらない夫と同じロッカールームと言う事は
同室でお着替えイベント発生かよ・・・

蒼もげろ!







734 ◆oLG9iWoh0E:2009/12/15(火) 00:24:39 ID:NjX8dYtA

原因は、解っている。

どんなに頑張っても、結果がでないことが1つ。
そして、唯一の友達と逸れたことが、もう1つの理由。




              ./ ̄ ̄\
             ./     _ノ ⊂_ ‐-' <
             |     ( ―)  λ   ヽ
           ,ヘ__|      (__人)  ヽ  ',
         __,/   ` <    ⌒ノ  . r'-‐¬
       /---‐――--.、ゝ\  ノ   」-‐>ヽ       (クソ、上手い言葉が思いつかないだろ!)
     /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./⌒ヽ. ´_ノ   /  ´   l
    /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/ /´ `ヽ     ヽ.  , , .!
  /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/ /     ヽ     l` / / /!
. /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./  ./    _ __ヽ-、   !/. ,' l !
/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l _十''''''''""     \ <   ' l


やらない夫では、やる夫の変わりにならなかった。



やらない夫は、依然蒼星石に友人として認められていない。
そう思っているし、おそらくそうだ。







736 ◆oLG9iWoh0E:2009/12/15(火) 00:25:28 ID:NjX8dYtA

だが、やらない夫は蒼星石を友人だと思っている。

何故自分が蒼星石に認められないかは解らないが、
蒼星石の力になってやるつもりは、ある。


    / ̄ ̄\
  /   _ノ  \
  |    ( 一)(●)
  |     (__人__)
   |     `⌒´ノ                   「最近、ちょっと張り詰めすぎだろ」
   |   ,.<))/´二⊃
   ヽ / /  '‐、ニ⊃
   ヽ、l    ´ヽ〉
''"::l:::::::/    __人〉
:::::::::|_/ヽ.   /|||||゙!:゙、-、_
:::::::/´∨/`ー'〉゙||i l\>::::゙'ー、
:::y′.: ',ゝ、_/ヽ.||||i|::::ヽ::::::|:::!
/: ://: : : :|:::ヽ|||||:::::/::::::::i::|



         / ̄ ̄\
        /   _ノ  \
        |    (⌒ )(⌒)
        |     (__人__)
          |     ` ⌒´ノ
        |         }
        ヽ     ヘミ|
        /,` 、` -`,--` ,
  __,---/;;;;;`  `-,-/ニニ |            「一条コーチの言うとおり、楽しんで投げてみたらどうだ?」
 /;;;;;::::、:::::::::|、_ ,>、 /::l,_l・ ,<、__          
ノ;;;;;;;;;;;;:::|::::::::::<:::::::ヽ``l::::|  |`l,::::ヽ
|;;;;;;;;;;;;;;:::::|:::::::::::::ヽ:::::::\|:::|`-‐'/::ヽ::::|
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|;:::::::::::::::::::-、:::`;:ヽ;-';;;;;:::ヽ::l
;;;;;;;;;;;;;;;;;;/;;;;;;:::::::::::::::::::::`、;`l;;;;;8;;;;;::::`ヽ
;;;;;;;;;;;;/、;;;;;;;;;;;;::::::::::::::::::::::;`l;;;|;;;;;;;;;;;::::: `l|、
;;;;;/'  `,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::::|;;;::l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::l
;;;く   ';;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::::::::::;;;;;;;l;;;;;;;;;;;;;;;;;;/


やらない夫は、できる限りの柔らかな態度でそう言った。







737 ◆oLG9iWoh0E:2009/12/15(火) 00:26:11 ID:NjX8dYtA

その親切が、蒼星石の逆鱗に触れる―


                 /:: :: :: :: ::       、   ヽ
                /: :: :: :: :: :: : /:: ::    ',   ヽ
             / : :: :: :: :: :/!:: :: /:: ::  !
          ,':: :: :: :: :: /〉、| :: /! :: :: :: l
          !/! :: :: ::iフ´メミ、l|゙!:;!l:: :: :: :: ::
            l :: :: ,イl ヾ-''l !;' l|:: :: :: :: l ::   l
              レ:: :: | l      ! l_「l-!:: :: l ! :: ,'
    r―┬v‐ヘ/´l :: i'!   r、 ,  ヽソ!l:: レ' ::l ::/
   /`V')ヾ)  ヽ,、!:::lヽ_  `   ,. イフ:: :: |├'
_/ /   フ ! )   !l_!|;!、/  ̄ 77フ ::/ :: :: :;ィ ;!         「・・・もう一度言ってみろ。
´/    てl )  ` l,レ-,=、.,l/ / : :: :: :: :/ ! l          そしたらボクは君とは、二度と口を利かない」
_,,.-‐-、ヽ 「/)  ノ / !ト,..,‐、/::/ /:::::/ ,レ'
  、  ゙ヽ /  し‐' /!l/ 'ァ レ゙rv':/  /
   =、〈 y    c',-‐´ //、、 レ;イ
 __ __冫(l ,、     / /ァ ヾ!f! } ヽ、_
// /   )      tニノ /   { | }  ` `゙ヽ、_,,
      `フ   __,,.-‐'´ 〕  { | }/´lZ___,/    ,,..┐
、  |     ヾラ´ Yーヲ/゙r、  { | }l    ,,.ュァ―v‐' " /  /)


                                             |::      / ̄ ̄\
                                             |::     /  ヽ_  .\
                                             |::    ( ○)( ○)u |
                                             |::    (__人__) u   |
                                             |::      ` ⌒´ u  |
       「・・・野球を楽しむってのは、そんなにいけないことか?」    |:::     {         |
                                             |:::     {       /
                                             |::::   ╋ヽ     ノ  ╋
                                             |/⌒ ̄╋ ̄      ̄ ̄╋ ̄ ̄⌒ヽ
                                             |_ノ ̄ ╋ ̄|      | ̄╋ ̄ ̄ヽ_)


蒼星石の言葉は、良く解らない。
野球は、楽しんでやるものだと、ずっとそう思ってきたからだ。

蒼星石の鬼気たる迫力に押されながらも、辛うじて、反論を口にする。






739 ◆oLG9iWoh0E:2009/12/15(火) 00:26:50 ID:NjX8dYtA

それに答えたのは、悲鳴だった。


        / .:/:.:.::::::,r'´.:.:.:.:::::::.:.:.:.::::::::::.:.:. :.、\
      / .:/:.:.:::::::/.:.:.::::::::::.::.:.:.:::::::::.:.:..、..:.:.:.、:.ヽ\
     ,/ .:i:.:::::::::::|i.:.::::, ,ィイハト、:::::::::::::.:.`ヽ.:.:\:.\\
     l .:.::|::::::::::::||::::/::/ハ!;;::::::ヾ::::::::::::.:.:: ト、.:.:.:!:::::.:.i |
     | .:.::::|::::::::::::|!:/:://^i!;::::::::::ト、::::::::::.:.:|l:ヽ:.: |::::.:.| |
     |.::::::::|::::::::::::|/,イ/  |/\:.::i! \:::::::.:.l!::::!.i|l:.|:::!:|
      !.:::::::l:.::::::::,iイ/ ̄`メ、_, ヾ! 、_,ム=ニト、:|ノ川:イリ
      !.:.::::!::::::::::| ' ,.z_ミ      __ .zミリ::ノ::!:/
      ト.::::::!:::::::::| r づ ̄ `    ´  ̄`cぅ'::::/
      l/ヽ.::!:::::::::! ゚.j           ;. ソ:;イ
         \:::::::ト、     _′   。/:::/|
      __, ィ´\:::! \   〈´ `!  .,イ/l/7L_
    ,イ ^ヾ    ヾ!  `弋ニ=ー-='7'´l/::/   「j「ト、
   //.:^ヾト厶         _\_ /   |:/   「j ト7:.ヽ
  .!/.:.:.:::.:.1}: 入      /;;r介;;ト、  ′   「j ト7::::.:.',
  /.:.:.:.::::::::::Ti 入   /;;/´//^!ヾ;;|      「j ト7::::::.:.:l
 ./.:.::::::::::::::::::::T1入 /;/ // | l:;|     「j ト7::::::::::::|













┌─────────────┐
│楽しめるわけ無いだろう―    │
└─────────────┘




悲鳴はそう言った。







740 ◆oLG9iWoh0E:2009/12/15(火) 00:27:22 ID:NjX8dYtA












時間が、流れた。

蒼星石の、過呼吸のような荒い息が、ようやく治まりつつあった。
でも、荒い息が治まる前に蒼星石が口を開く。


                      _____
               ┌<二三三三三≧
               ∨三三三三三三7
                    ∨‐' ´ ̄ ̄二二ユ_
                r==ニ二ニ三三三三三二≧
             `ヽ三斗‐〒:: ̄`::.:‐<三/
                /::.::/::;´::.::.::.::.:.::.::.ヽ::.::ヽ
                  l::.::;'::/::.::,:::.::.:::.::.:.:::.::.}::.::.|
             |::.::レ'::.::::i:.::.::.::.:.i::.:.::.:.|::.::.|      「・・・や らない夫、3年後、ボクは何をしていると思う?」
             ∨::.l::.:::.:レ:.::.::.::;i::.::.::.j::.}:/
                  }:l::.|:::.::.:::.::.:::.::.:::.::.:/:/:,′
             /人:ドレ|::.::.::.:.::.::.::.:.l::リ
                 ′ `ヽ レ'|ゝ'V´| レ'|;/
               rt<         ー、
              / :.`ヾ、         ハ


                                                    / ̄ ̄\
                                                  /       \
                                                  |   u     |
                                                  | ヽ   ノ  u |
                                               /´ fト、_{ル{,ィ'eラ,  |
                                              /'   ヾ| .(__人__)⌒`/ |
                              「え・・・?」         ,゙  / )ヽ(,`⌒ ´   | | ヾ、
                                             |/_/  ハ      /:}  V:::::ヽ
                                             // 二二二7  /u' __ /:::::::/`ヽ
                                            /'´r -―一ァ‐゙T& acute; '"´ /::::/-‐  \
                                            / //   广¨´  /'   /:::::/´ ̄`ヽ ⌒ヽ
                                           ノ ' /  ノ:::::`ー-、___/::::://       ヽ  }
                                         _/`丶  /:::::::::::::::::::::::::: ̄`ー-{:::...       イ

野球選手以外のなんだというのか。やらない夫はそう思った。






742 ◆oLG9iWoh0E:2009/12/15(火) 00:28:11 ID:NjX8dYtA

蒼星石は笑って言った。
泣き笑いだと、やらない夫は思う。


          ,/ / /    /   , /!  ,!                ヾ、;;;;;;;;;;;;;;/
         /,イ /  ,   /  / / |  | l     \   |         \/
        i/l ,:.  !  / ''´,.ィ_/._ | ,/| |i \     ヽ.  |         ,
         |l | i::|  j// ̄/ ̄ |│| | \-、-- 、 ヾ./l!  i: |!.    /
         |! |_,ィニ イ |    ̄ `  | | ヽ,   \\、. . i: :;|  ,. |::!  , '
         ヾ   |│ ___-  | |   \´ ̄ヾi `ー、i/  / !::ヽ. /
          \,ハ, 、`´ ̄ `   ヾ     -__    /  /  i:::::::/
           |!:::::トゝ        \  ´  ̄ ヽ /  イ  i:::::,
           |!:::::ヽ.     ヽ           /,.イ:::|  ,:::/     「女子大生かな?
           |!::::::::::\    、 _        ,//:::::/ /:/      それともコンビニでアルバイトでもしてるかな?」
            jイ:::::::/::| \          ., イフ|::::/ /|/
     r‐r 、._   |!:::::/ V´ニ=\    _  イ r レi/〃/ /
     _j::::|r- 、`ニ'ヽ::::|   \/  ̄    /::/  イ:/ ,/ _, -、_
   /フー L_j    \     \    /:/    //`ーl  ´ ̄ヽ
   i/三三ゝ/`!         _ >-r‐iL___       |   ー┘
  /三三三三三|       /;;;;;;;;;;イ;;;;;;ト、;;;;`;.、     |     |



                                                       / ̄ ̄\
                                                      /       \
                                                      | _ノ  ヽ、   |
                                                      | (ー)(ー)  |
                                                      |  (__人__)   |
                                         .             l  `⌒ ´   }
                                                      ヽ      ./
                                                     /:ヽ    .ノ,'ヽ、--、
                                                 ,.-‐,ィ‐"/ゝ.ヽ.___ ノゝ::::::::ヽ、:::ヽ.
                   「な・・・なにいってるだろ。そんなことは・・・」    //::_,、/,';;;;;;;゙;;;;;;;;;;;;;";;;;; |:゙、::::_::ゝ、ヽ.
                                                ノ:::i ̄//;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;l::::/::::::::::::l:::゙i
                                               /::::/::::`ヽ,';;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|/:::::::::::::::l:::゙,
                                               |:::::|::/::,ィ'";;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;゙、:::::::::::::::: /::::、
                                               l:::::;/:/: :|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|:::::::::::::::::: l::::::゙,
                                               i::::/,': : |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;l゙,:::::::::::::::: ト::::::}


やらない夫はうろたえた。
野球選手で無くなる時など、まだ考えたこともなかったからだ。







743 ◆oLG9iWoh0E:2009/12/15(火) 00:29:00 ID:NjX8dYtA

   ヽ 三_,. - " 三三三三__三三_三_三三三ヽ
    ,V´三三三,. -─' ´ :.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:.:.:.ヽ 三 ノ
   |_三三 ,. イ,:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:.:.:.:.:.:.:.::.::.:\:.:.:.:Y
   l _三:: ':.:.:.:/:.:.:.:.:.:l!:.:.:.:.:.:.、:.:.:.:.:\:.:.:.:.ヽ:.::.゙
    ゝ三 |:.::./:.:.:./.:.:.ハ:.:l!:.:.: i -.- .、::ヽ:.:.:.:.!:.:.:|
     ヽll !:.イ::.!: ,. -,‐‐l:.i! :.: |  ヽ.:.:.::.:ハ:.:.:|:.:.:|
        Y:.|!:.:.|:.:|:./_  !:|!、:.:.|  ,._=ー,、:.:ヾl:.:.:l
      l:.イ!:.:.l.:.レ =_.、ゝ ゝ!   ォ::::リ !:.:.:..|:.,リ        「そんなことは、あるよね。
      ∨ V:.:イ! フ..ノ        ̄"イ:.:.:レ         このまま結果がでなければ、そうなる。
        _ゞ.:.:ゝ"    、      イ:.:/ 
       イ ハ:.:ハ!-、   ー '   ∠:l:/          ボクは2年契約だ。
     /: :.l r'{ レ l ´`ー-、 __ イ  l!' `ーr⌒ヽ
     , : : : :フ! ゝ. _      \ /      ヒ ハ     表にはだせないけれど、そういう約束がある」
     |: : : : ゝゝ   _>     ノr===,、    iト、〈: : ヽ
    人: : : : : \r‐'/´  ̄ `<.li!   |:!    !|_ノ : : :.1
   /: : : : : : : :「ヽ./ o     ヽヾ_ ノj  ノ`!  } : : : :|
  (: : : : : : : : : :: ン'        /!| ̄ r'__,-_、フ: : : : :.|
  ヽ: : : : : : : : ::L7         / !| r ´. .! : : :!` ! : : : |
    \: : : : : :イ        /.  !| |ゝー!`:‐::!: :| : : : :!
                                                   / ̄ ̄ ̄\
                                                 /     :::::::::.ヽ
                                                /    :::::::::::::::::::: 〉
                                                |    ::::::::::::::::::/
                                                |     ::::::::::::::::::::l
                                                |   ::::::::::::::::::/
                                                 \__  :::::::::く
                                     「・・・」          ,イ   :::::::::ヽ
                                                 / `   :::::::::::}
                                                 ,' :::j  .:::::::::/
                                              ,-´ :::ノ   .:::::::::{
                                              (,. - ―.i_   ::::::::::i
                                              /      ::::::::::: }
                                       .        l,. ----ゝ.ー―一´ー--.._
                                           _ _」.   `l ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄!
                                           {._  |    | 厂 ̄ ̄l ̄ ̄| |
                                       .     `¨゙l____」__j    ∟..___|__j

唖然とする。
もしその話が本当なら、蒼星石の時間はもう1年と少ししかないことになる。







744 ◆oLG9iWoh0E:2009/12/15(火) 00:30:14 ID:NjX8dYtA

言葉はきつくなるが、言わなければいけないことだと思った。
嫌味にならないよう、慎重に、言う。


    /  ̄ ̄\
  /      ノ ヽ
  |::::::     (● )
.  |:::::::::::   (__人)
   |::::::::::::::   ⌒ノ               「・・・でも、それはみんなそうだ。
.   |::::::::::::::    }                結果がでなければ終わり。そういう世界だろ。
.   ヽ::::::::::::::    }
    ヽ::::::::::  ノ                 いちいちお前が荒れていい理由には、ならんだろ」
    /:::::::::::: く
    |::::::::::::::  |
     |:::::::::::::::| |


やらない夫の正論に、蒼星石は嘲笑を浮かべた。


┌───────────────────────┐
│そうだね。その通りだよ。君は立派、君が正しい。  ......│
│でも、一つ違う。                        .│
└───────────────────────┘


                                                    __,,,...,,,_
                                                   f´ __,,,__ ~""''' ヽ
                                                   ヤ'´__,,, __``ー-ュ,,_〉
                                                  r'''´ ̄_,,._´~"''‐- /
                                                  >'´ ~:::::::::::::::``ヽ.、``>
                                                 /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ/
                                                /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`、
                                               /:::::::::::i| ト |、::::ヽ、:::::::::::::::.l
                                              f:::::::i ,::_,l,_ヾト、ヽ._,,ェ,,__:::::.i:::::!
                    「みんな同じでは、ないんだよ――」      i|:::::/ノ _,,!;;;;;;;;ヽ;;;;_,,..,,_ヾ:::::!:::::j
                                              .l| ノ! l.fー-、;;;;;;;;;f⌒ヤヽノ:::::/
                                               !i .、ゝゞー' '''''''''''`ー'' ノィ::::/
                                                ヾ ト、k"" ー‐ ""イ´ノ
                                                 ヾトri>ーr-‐‐i''´ノノュ、
                                                r'´>ヾ  ,ィoニ´ ノ r'´`ヽ
                                                / く  //ノ|iヾ 、 r'  i !
                                               /  r' ((,イ|iト='ノ く    ! !


┌────────────────┐
│やらない夫、君は、ドラフト2位だ   ..│
└────────────────┘



蒼星石は、静かにそう言った。







745 ◆oLG9iWoh0E:2009/12/15(火) 00:30:55 ID:NjX8dYtA

   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ○)(○)
. |  U  (__人__)
  |     |r┬-|                「それが、どうしたってんだろ」
.  | ι   `ー'´}
.  ヽ     u  }
   ヽ     ノ
   /    く  \
   |     \   \
    |    |ヽ、二⌒)、

                                 ./:::::i:::::l:::::::::::: |::::::::::::::::; l;:::::::::::::::::::::::::::::::、;;:::::::::::::::::::::::::::::ヘ
                                ./:/::::|::::::;ヘ;;;::::: ヘ;;;;::::::::::::;|;;:::::::::::::;::::::::::::::::l;;;;;::::::::::::::;:::::::::::;;l
                                /:/:::::;|::::i:::;;;゙i、;;;::::ヽ;;;;:::::::::;|;;|::::::::::; |::::::::::::::::|;;;;;;::::::::::::;;:::::::::;;;;|
                               /;/|::::;;;|:::ヘ::;;;;;|\:::::: \::::::::::|;|::::::::;;|:::::::::::;:::;;|;;;;;;;;;:::::::::;;;:::::::;;;;:l
                               .|:;| |::::;;;|l:::::;ヘ:;;;;|. \::::\;r::::l;|::::::;;;|::::::::::;;::;;;; |;;;;;;;;;;;::::::;;;;:::::;;;;;l
                               |:;| |:::;;;|.|::i::;;;ヘ;;ヘ   ,×、\;;|::::;;;;/:::::::::;;;::;;;;; |;;;;;;;;;;;;;::::;;;;;:;;;;;;;l
                               |;;| .|:::;;|. l::ト;:;;;ヘ;;ヘ/ .,rl' `''|:::;;;/:::::::::;;;;;;:;;;i;;ト:;;;;;;;;;;;;;:;;;;;;;;;;;;;l
                               |;;|  .l:::;;| ヘ:、ト;;;ヘ\,ィく. |  /:;;;/:::::::::;;;;;;;;;;;;;|;;| };;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|
                               .|;|  ヘ:;;l ヘ.l::lヽヘ ヽヾレ /;;;ィ::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;|;;レ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;l
                               ヘ、  ヘ;;l  .リ |l\.   .///;:::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;|l;;|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ト:;|
                                    \''  ノ  ゙  ´  l:|::::::;;;;;;;;;;;;;;/;;|'|;;|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|. ゙
                                       ゙iヽ、  _   .l:|:::::;;;;;;;;;;;;;/;;;;l .|;i;|ヾ;;;;;゙i、;;;;;|
  「そういうところが、お坊ちゃんで嫌いだっていうんだよ」    .|::;ィ::゙::´    |l|:::;;;;;;;;;;;;;/.l;;/ l| l| ヾ、|.\|
                                       // |;l;;;::゙ヽ   |;:;;;;;;;;;;/ l;/   ゙  .|、,,_
                                      /'  .l|ヘ::::;;;ヽ‐'i'|;;;;;;;;/| /'    _;,:. -‐': : :ヽ
                                         .' ヘ::::;;;;;;;;| |::::/,rl  ,, -:'''´: : : : : : : : : ヘ.
                                            ヘ::::_;;l-'V/_;,〉'´: : : : : : : : : : : : : : : : ゙ヽ、
                                           .,r,r´,r''゙& acute; ゙、' : : : : : : : : : : : : : : :___ ヽ、
                                          /  ゙):{   (´.|  : : : : : : _,, -'''´ :r'''ヽ  `-ヽ
                                         /   ゙ヾ\,,_,,r''゙l   _,,-'''´ _,,_ i⌒'''゙: : :゙⌒'': :ヽ

蒼星石は吐き捨てた。







746 ◆oLG9iWoh0E:2009/12/15(火) 00:31:32 ID:NjX8dYtA

しゃがみこんだ蒼星石が、やらない夫を睨み上げる。


       /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :\
        , ':: : : : : : : ::/: : : : : : : : ::/::: : !: : : : :: : : : : : : : : :\
     /: : : : : : : : :./: : : : : : : : :./: : : ハ. : : : : : : : : : :ヽ: : : :::ヽ
     .': : : : : : : : : ,. : : : : : : : :レ':::/: / !:ヾ\: : : : : : :.:!: : : : : :!
    !: : : : : : : : : ::! : : : : : : /ィ:::/   !::| \ヽ::: : : : ::!:: : : :l:::!
.     !:: : : : : : : : :::|: : :_ ,./´,/-―- ''、l:::::::: ゞ::、: :. :.l.: : : :イ.:!
      !::::: : : : : : : ::|: : : : :-ー 了''ゝ..、ー 、:::::::::::::: \,: :..|::ィ:./'レ'
     !: : :: : : : ::/´|!: : : : :l:.l:.:::::::{ ノ:;;jハ::´:::::::::::/ /::j: i/ノ
      〉: l!:::: : :.{ ィ!::: : : :.!:l!::|  `ー ´ ::::::::::::::ァえメィ/´
      ハ:l ::::::::メム::!:::::::ハ!` ///      、lじン::i:ハ      「君の今年度の年収は、ボクの10倍を超えるのを、
        l| ヽ ::::ハ:::!::::::| |!      r‐、_   //イリ l!      解っていっているのかな?」
           V ヾ!::::::| l'         ` ー'  イ::: ' '
             ハ!: !  ゝ  ___ _, イ::::|::/
          ノ´ \ ヾ.   /'      |::://
    r v - < _      ヽ   /!      j/ '
  γマ_jr-、_ノrー、ゝ-、   \ヽL\
  f' /三/三三`~j 、ノ   , ィ'ニL!\\-v 、
  v' 三 / 三三 ゝー 1_} // /∧ヾ.\ > ム
 / 三 /三三三三「 | _!//  ! | ハ \!| } ノ

                                                     / ̄ ̄\
                                                   /  \    \
                                                  .(●)(● )  u. |
                                                  (__人__)  u   |
                           「年収は・・・関係ないだろ?」      .(`⌒ ´     |
                                                   {         |
                                                   {      u. /
                                                    \     /
                                                    ノ     \
                                                  /´        ヽ







747 ◆oLG9iWoh0E:2009/12/15(火) 00:32:18 ID:NjX8dYtA

       /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :\
        , ':: : : : : : : ::/: : : : : : : : ::/::: : !: : : : :: : : : : : : : : :\
     /: : : : : : : : :./: : : : : : : : :./: : : ハ. : : : : : : : : : :ヽ: : : :::ヽ
     .': : : : : : : : : ,. : : : : : : : :レ':::/: / !:ヾ\: : : : : : :.:!: : : : : :!
    !: : : : : : : : : ::! : : : : : : /ィ:::/   !::| \ヽ::: : : : ::!:: : : :l:::!
.     !:: : : : : : : : :::|: : :_ ,./´, '/--─ ''、l   ゞ::、: :. :.l.: : : :イ.:!
      !::::: : : : : : : ::|: : : : :-ーイ      ヽ.\   \,: :..|::ィ:./'レ'
     !: : :: : : : ::/´|!: : : : :l:.l:.:|  、. _____ ,      ´ /::j: i/ノ
      〉: l!:::: : :.{ ィ!::: : : :.!:l!::|   `  ̄ `      '=jィ/´
      ハ:l ::::::::メム::!:::::::ハ!`ヽ           / i:ハ      「そーだね。お坊ちゃん」
        l| ヽ ::::ハ:::!::::::| |!         -- イリ l!
           V ヾ!::::::| l'           .イ::: ' '
             ハ!: !  ゝ  ___ _, イ::::|::/
          ノ´ \ ヾ.   /'      |::://
    r v - < _      ヽ   /!      j/ '
  γマ_jr-、_ノrー、ゝ-、   \ヽL\
  f' /三/三三`~j 、ノ   , ィ'ニL!\\-v 、
  v' 三 / 三三 ゝー 1_} // /∧ヾ.\ > ム
 / 三 /三三三三「 | _!//  ! | ハ \!| } ノ


そういうと蒼星石は、天岩戸の如く口を閉ざす。


やらない夫をバカに仕切った態度に、やらない夫は流石に怒った。

                                            __
                                           /  . \
                                         /._ノ三ニヽ、\
                                         |  (⑪)(⑪) .|
                                        . |  (__人__).. |「rー__ヽヽ
                                          |   ` ⌒    |  .\  \┌ーz__ ┐7
                                        .  ヽ      , ィ==‐、/ / ̄ ̄乙/ /
                 「年収と何が関係あるんだよ!」       ヽ    ノ⌒) ∨/  / ̄ ̄/|
                                           /   (_ ̄__/ ̄`く._ __∠ -┘」
                                           |     /〃 \   '"  \    -┘
                                           |    ./¨\    \,_ ``ヾ}
                                             . 人''" \  、__ ` 、_/ ノノ
                                              〈 " \ __.ヽ ヾ、._,)'´
                                            /,ハ.  ヽ.  、__`ン{ 〃
                                           く / ∧ !、_  `'_,/

思わず持っていた紙コップを握りつぶす。

血のように、水が滴った。







748名無しのやる夫だお:2009/12/15 (火) 00:32:33 ID:NurJJESY
こういうところが女なんだよなあ・・・・・・







749 ◆oLG9iWoh0E:2009/12/15(火) 00:32:48 ID:NjX8dYtA

天岩戸は、伝承通りあっけなく開く。

       /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :\
        , ':: : : : : : : ::/: : : : : : : : ::/::: : !: : : : :: : : : : : : : : :\
     /: : : : : : : : :./: : : : : : : : :./: : : ハ. : : : : : : : : : :ヽ: : : :::ヽ
     .': : : : : : : : : ,. : : : : : : : :レ':::/: / !:ヾ\: : : : : : :.:!: : : : : :!
    !: : : : : : : : : ::! : : : : : : /ィ:::/   !::| \ヽ::: : : : ::!:: : : :l:::!
.     !:: : : : : : : : :::|: : :_ ,./´,/-―- ''、l:::::::: ゞ::、: :. :.l.: : : :イ.:!
      !::::: : : : : : : ::|: : : : :-ー 了''ゝ..、ー 、:::::::::::::: \,: :..|::ィ:./'レ'
     !: : :: : : : ::/´|!: : : : :l:.l:.:::::::{ ノ:;;jハ::´:::::::::::/ /::j: i/ノ
      〉: l!:::: : :.{ ィ!::: : : :.!:l!::|  `ー ´ ::::::::::::::ァえメィ/´
      ハ:l ::::::::メム::!:::::::ハ!` ///      、lじン::i:ハ
        l| ヽ ::::ハ:::!::::::| |!      r‐、_   //イリ l!     「生きていけるじゃないか!
           V ヾ!::::::| l'         ` ー'  イ::: ' '       プロ野球選手じゃなくなっても、暫くの間は!」
             ハ!: !  ゝ  ___ _, イ::::|::/
          ノ´ \ ヾ.   /'      |::://
    r v - < _      ヽ   /!      j/ '
  γマ_jr-、_ノrー、ゝ-、   \ヽL\
  f' /三/三三`~j 、ノ   , ィ'ニL!\\-v 、
  v' 三 / 三三 ゝー 1_} // /∧ヾ.\ > ム
 / 三 /三三三三「 | _!//  ! | ハ \!| } ノ


ロッカールームが揺れるような大声で、蒼星石が言った。



               __,,,...,,,_
              f´ __,,,__ ~""''' ヽ
              ヤ'´__,,,__``ー-ュ,,_〉
             r'''´ ̄_,,._´~"''‐- /
             >'´~:::::::::::::::``ヽ.、``>
              /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ/
            /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`、
          /:::::::::::i| ト |、::::ヽ、:::::::::::::::.l
         f:::::::i ,::_,l,_ヾト、ヽ._,,ェ,,__:::::.i:::::!
         i|:::::/ノ _,,!;;;;;;;;ヽ;;;;_,,..,,_ヾ:::::!:::::j          「ボクは・・・首になったらそのままアルバイトだ」
         .l| ノ! l.fー-、;;;;;;;;;f⌒ヤヽノ:::::/
          !i .、ゝゞー' '''''''''''`ー'' ノィ::::/
           ヾ ト、k"" ー‐ ""イ´ノ
            ヾトri>ーr-‐‐i''´ノノュ、
           r'´>ヾ ,ィoニ´ ノ r'´`ヽ
           / く  //ノ|iヾ 、 r'  i !
          /  r' ((,イ|iト='ノ く    ! !


最も次の言葉は、聞き取るのに苦労する程だったが―







750名無しのやる夫だお:2009/12/15 (火) 00:33:08 ID:aPYNP7SQ
金の話はらめえ……







751名無しのやる夫だお:2009/12/15 (火) 00:33:45 ID:0siXlEeQ
感情を爆発させるのはいいけど、それが解決に向かわないのは本人にとっても、周りにとっても痛いわな。







752 ◆oLG9iWoh0E:2009/12/15(火) 00:33:52 ID:NjX8dYtA


そんな自分の不安定さに慌てたか、蒼星石は冗談染みた声で最後に言葉を付け加える。


       /::::::.:.:.:.:.              |
       ./:::::::::::::::::.:.:., .-────‐-、|
      〈:::::::::::.:.:,r'"´  _   -─‐─‐-L_
      ヽ::::.:/ , -'"´              \ 
       Vr'´.:::::::::::::.:.:.,   - ─‐──‐‐- 、/
       /.::::::::.:.:.:.:., ィ:7::::::::::::::::::::.:.:.:.:.:.:.、:::.:.<  
      \.::::::::::,ィ.:.:/:/::ヽ:::::、:::::::::::::::.、:.:.:.ヽ:.:.\
       \,::イ::|::/:/.::::::ト、:::ヽト、::::::::::i::l:::::|:::.:.i::|
          i.::i:::|/ー-、/ \::.\`> -‐'':|:::.:.|::| 
           |:::|:::!/:::::, -一'´ ヾ:、`ー、-ニ!::!::::::l/  r‐ 、     「打撃投手として雇ってくれるってのなら、
         l:、!::ト、::ィ弋::zソ`    弋辷7`/:::/:/  !   |      万々歳なんだけどね」
            !::ヽ:::`:、       ′   /.:/:/  /   !
         ヽ.::ヽ:::.\   、 _,    /:,:::イ  /   / 
            \ト、:::::: .、  ー′ ,イ:::/l仁ニ7   /⌒ヽ  
             \Nト> ー‐<'´ ̄17.:.:.:ノ   ,イ!  ノ⌒!
              _ノイ厂   (´ ̄ `ー'   イソ  /  /ヽ
              /イ夊刄   `ゝ─-、    > -‐< _ノ /
           ,イ7!ノネ;l/;/  /ソ.:.:.:.:〈/ 「ヽ ̄`ニ   >、/ヽ
             /ノj 〉;/,};;;/  /j}.:.:::::::::::i  \`Tにコソ´`Y^7
          /.ノj./;/j} |;;|  ,/ソ'.:.:.:::::::::::|    \。〉仁ここソ
            /::ノj l;/ j} !」 /j}.:.:::::::::::::::::| ___, イニニ7'´ ̄
          ,イ:〈/   _j}  , イソ'.:.::::::::::::::::::j /.:.:::::::.:.:.|


野球に関わっていたいからと、蒼星石は言う。


                                           / ̄ ̄\
                                          /       \
                                          |::::::        |
                                         . |:::::::::::     |
                                          |::::::::::::::    |           ....,:::´, .
                              「・・・」       .  |::::::::::::::    }          ....:::,,  ..
                                         .  ヽ::::::::::::::    }         ,):::::::ノ .
                                           ヽ::::::::::  ノ        (::::: ソ: .
                                            /:::::::::::: く         ,ふ´..
                                    -―――――|:::::::::::::::: \ -―,――ノ::ノ――
                                            |:::::::::::::::|ヽ、二⌒)━~~'´

その冗談すら痛々しい。





やらない夫は口を挟めない。

蒼星石の言う通りだ。
同じ2軍選手で、同じように1軍の試合経験が無い、同じ歳の選手。

でも、同じでは、無い―







755 ◆oLG9iWoh0E:2009/12/15(火) 00:35:01 ID:NjX8dYtA
                                                . __
                                               ./::::::. \
                                              /::::::ヽ;;:   \
                                             . (:::::(::::冫    |
                                             . (:人;;;) .    |
                                             r‐-;::::::. .     |
               (今日は、俺は黙り込んでばかりだ・・・)     (三)):::::.. .   |
                                             >::::ノ:::::::::.    /
                                            /::: / ヽ;:::::::::   /
                                           /::::/ ⌒ヾ:::::::::::.〈
                                           (;;;;__ゝ:;;:::::\/:::::)
                                              . |\::::::::::::;;:1
                                              . |:::::\;;/:::|

やらない夫は必死に、必死に、言葉を探す。


ただ、またしても蒼星石が喋るほうが、速い―

                      _____
               ┌<二三三三三≧
               ∨三三三三三三7
                    ∨‐' ´ ̄ ̄二二ユ_
                r==ニ二ニ三三三三三二≧
             `ヽ三斗‐〒:: ̄`::.:‐<三/
                /::.::/::;´::.::.::.::.:.::.::.ヽ::.::ヽ
                  l::.::;'::/::.::,:::.::.:::.::.:.:::.::.}::.::.|
             |::.::レ'::.::::i:.::.::.::.:.i::.:.::.:.|::.::.|     「やらない夫 に当たるのが、筋違いなんて知ってるよ。
             ∨::.l::.:::.:レ:.::.::.::;i::.::.::.j::.}:/      唯の、僻みだ」
                  }:l::.|:::.::.:::.::.:::.::.:::.::.:/:/:,′
             /人:ドレ|::.::.::.:.::.::.::.:.l::リ
                 ′ `ヽ レ'|ゝ'V´| レ'|;/
               rt<         ー、
              / :.`ヾ、         ハ


蒼星石の肩が震えている。






757 ◆oLG9iWoh0E:2009/12/15(火) 00:37:17 ID:NjX8dYtA

蒼星石は、泣いていた。


         ヽ 三三.,.. -─────── -- 、 三三三三三三三三
          > ':::::::::::::::::: ` 、::::::::::::::::::::::::::::::::::` 、三三三三三三三:
         , ':::::::::::::, ::::::::::::::::::: \::::::::::::::::ヽ:::::::::::::: ヽ 三三三三三三
          /:::::::::,::::::l::::ト、:::::::::::::::::::\ ::::::::::: !::::::::::::::::: \ 三三三三三
       /::::::::::::l::::::ヽ::\\::::::::::ヾヽ:`、::::::::: |::::::::::::::::::::::::ヽ 三三三三三
       ':::/::::::::ノ:::人:::\:\ ヾー--ト ,._ヾ:: l:::::::::::::::::::::::::::::∨三三三三
       |::l!:::::::/::::|,.-‐'、:l ヽ-ゝ ゝォ=ミ≡ァ::ノ::::::::::::::::::::::::::::::::∨..三三
       |::ハ::::/:イ::|,ィ= 、\     r::::ハリ イ:::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::゙ 三 /
       ゞ! V/::::ハ! ハリ!       ゝ-r'っj/!イ::::::::::::::::::::::::::::::::::::|,,/
        /へ:::::l:|rぅ-'         `.j /|:::::::::::::::::::::::::::::::::::: l
      /  l:::ヽ:::ヾ ヽ            / ':::::::::::::::,:::::::::::::::::: ノ    「練習は、楽しいよ。
         ヽ:::::トー`  r 、        ,   /:::::::::::::::/:::::::::::::::::,      やる夫とやらない夫と、3人で練習するのは
          ):::ヘ    ー'     u´ /:/::::::/:::/:::::::::::::::/      楽しいよ!好きだよ!」
          /::!:::::ハ.              /:/::::::ハ:::::::::::::::::, ´
          /::ィ::::::::::ヽ..          /:/:::::/ ノ:/!::l::ハ::/
         ,ノ/|::::::::::::!::!へ _ _    レ''!::/ ,/|リハリ '
            |:::::ハ:::::::ハ `;´  |     |/  __│
.              l::::::ヽヾ`'   u   |  _.. ィ ´    ヽ _    _
            ヽ::_ゝ      r'レ ´           _`>'_ハr_ァ
                   rァ======ォ     /ァ_ノ:.:.:.:.:.ヽ
                  /ィ!|    //     /ノー' :.:.:.:.:.:.:.::.:.::\

---------------------------------------------------------------------------------------------
           *                               (ヽ三/) ))
    / ̄|  +   / ̄ ̄\     +                __  ( i)))   
    | ::|   /   ⌒   \                   /⌒  ⌒\ \
    | ::|x  ( へ)( へ)  |     .人           /( ●)  (●)\ )
  ,―    \  .(__人__)      |     .`Y´        ./:::::: ⌒(__人__)⌒::::\
 | ___)  ::| . l` ⌒´    .|               |    (⌒)|r┬-|     |
 | ___)  ::|+{          .|     十        ,┌、-、!.~〈`ー´/    _/
 | ___)  ::|  {       _ |               | | | |  __ヽ、    /
 ヽ__)_/   ヽ、ヽ   /  )|              レレ'、ノ‐´   ̄〉  |
            ``ー―‐'| ..ヽ|               `ー---‐一' ̄
                 ヽ ノ
---------------------------------------------------------------------------------------------






759名無しのやる夫だお:2009/12/15 (火) 00:37:53 ID:vbrjaB/Y
やった!やらない夫も含まれてる!







760名無しのやる夫だお:2009/12/15 (火) 00:38:18 ID:k1sESKtA
よかったな!やらない夫!







761 ◆oLG9iWoh0E:2009/12/15(火) 00:38:19 ID:NjX8dYtA

声が震えている。割れている。


         !      ,.  -‐── ────┴ ─‐┐
         ',  ,.  '´                 /
         > ´                    /
      く         . -‐====== ー-く
          \  ,. . :"´: : : : : : : : : : : : : : l: : : : : : :ヽ
         >'´ .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: ./ハ: :.l: :!: : : : : :l
          i: : : .: : . :. {: : : : : : : :./ii|l|ハ: l.: !: : : : : :}
          |: : |: :.|: : : |::.:.:.:.:.:.`メ_.|=l||/Vl :l: : : l : ;′
          |: : |: :.|: : : |::|: : :∠イ. |.ソ/ /Vく: :./}:/      「でも試合は、絶対に勝たなきゃいけないんだ!
            \|: :.|: : : |:.|: : : : : | | / /l||、: :/         勝たなきゃ、あと1年で終わりなんだよ!」
           \|ヽ: :|.:|: : : :.i.:|.. ´ ヾ/ ,l:/
             }ヽ仆ヽ: : : :lN    /: :l
             / ̄ ̄``ヽ、::|      |: : : :l
            /        |     ノ ヽ.:.|
        ,ん子こ`ヽ    | ̄ ̄ ̄ ̄|、l./
       ,ん'´: : : : `ヽヽ   |。     l ハ'



    ./:::::i:::::l::::::::::::|::::::::::::::::;l;:::::::::::::::::::::::::::::::、;;::::::::::::::::::::::::::::: ヘ
   ./:/::::|::::::;ヘ;;;:::::ヘ;;;;::::::::::::; |;;:::::::::::::;::::::::::::::::l;;;;;::::::::::::::;:::::::::::;;l
  /:/:::::;|::::i:::;;;゙i、;;;::::ヽ;;;;:::::::::;|;;|::::::::::; |::::::::::::::::|;;;;;;::::::::::::;;:::::::::;;;;|
  /;/|::::;;;|:::ヘ::;;;;;|\::::::\::::::::::|;|::::::::;; |:::::::::::;:::;;|;;;;;;;;;:::::::::;;;:::::::;;;;:l
 .|:;| |::::;;;|l:::::;ヘ:;;;;|. \::::\;r::::l;|::::::;;;|::::::::::;;::;;;; |;;;;;;;;;;;::::::;;;;:::::;;;;;l
 |:;| |:::;;;|.|::i::;;;ヘ;;ヘ   ,×、\;;|::::;;;;/:::::::::;;;::;;;;; |;;;;;;;;;;;;;::::;;;;;:;;;;;;;l
 |;;| .|:::;;|. l::ト;:;;;ヘ;;ヘ/ .,rl' `''|:::;;;/:::::::::;;;;;;:;;;i;;ト:;;;;;;;;;;;;;:;;;;;;;;;;;;;l
 |;;|  .l:::;;| ヘ:、ト;;;ヘ\,ィく. |  /:;;;/:::::::::;;;;;;;;;;;;;|;;| };;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|   「楽しむなんて、
 .|;|  ヘ:;;l ヘ.l::lヽヘ ヽヾレ /;;;ィ::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;|;;レ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;l    結果を出した奴が上から目線で言っているだけだ!
  ヘ、  ヘ;;l  .リ |l\.   .///;:::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;|l;;|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ト:;|
       \''  ノ  ゙  ´  l:|::::::;;;;;;;;;;;;;;/;;|'|;;|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|. ゙    こっちは必死なんだよ!
          ゙iヽ、  _   .l:|:::::;;;;;;;;;;;;;/;;;;l .|;i;|ヾ;;;;;゙i、;;;;;|     全部を賭けてやっているんだっ!
          .|::;ィ::゙::´   |l|:::;;;;;;;;;;;;;/.l;;/ l| l| ヾ、|.\|
         // |;l;;;::゙ヽ   |;:;;;;;;;;;;/ l;/   ゙  .|、,,_      試合で、試合で――」
         /'  .l|ヘ::::;;;ヽ‐'i'|;;;;;;;;/| /'   _;,:. -‐': : :ヽ
            .' ヘ::::;;;;;;;;| |::::/,rl  ,, -:'''´: : : : : : : : : ヘ.
              ヘ::::_;;l-'V/_;,〉'´: : : : : : : : : : : : : : : : ゙ヽ、
              .,r,r´,r''゙´ ゙、' : : : : : : : : : : : : : : :___ ヽ、
             /  ゙):{   (´.|  : : : : : : _,, -'''´ :r'''ヽ  `-ヽ
            /   ゙ヾ\,,_,,r''゙l   _,,-'''´ _,,_ i⌒'''゙: : :゙⌒'': :ヽ


息がどんどん荒くなる。涙が次々と溢れ出す。







762 ◆oLG9iWoh0E:2009/12/15(火) 00:38:45 ID:NjX8dYtA



        / .:/:.:.::::::,r'´.:.:.:.:::::::.:.:.:.::::::::::.:.:. :.、\
      / .:/:.:.:::::::/.:.:.::::::::::.::.:.:.:::::::::.:.:..、..:.:.:.、:.ヽ\
     ,/ .:i:.:::::::::::|i.:.::::, ,ィイハト、:::::::::::::.:.`ヽ.:.:\:.\\
     l .:.::|::::::::::::||::::/::/ハ!;;::::::ヾ::::::::::::.:.:: ト、.:.:.:!:::::.:.i |
     | .:.::::|::::::::::::|!:/:://^i!;::::::::::ト、::::::::::.:.:|l:ヽ:.: |::::.:.| |
     |.::::::::|::::::::::::|/,イ/  |/\:.::i! \:::::::.:.l!::::!.i|l:.|:::!:|
      !.:::::::l:.::::::::,iイ/ ̄`メ、_, ヾ! 、_,ム=ニト、:|ノ川:イリ
      !.:.::::!::::::::::| ' ,.z_ミ      __ .zミリ::ノ::!:/
      ト.::::::!:::::::::| r づ ̄ `    ´  ̄`cぅ'::::/       ┌───────────────────┐
      l/ヽ.::!:::::::::! ゚.j           ;. ソ:;イ        │楽しめるわけなんかないじゃないかっ!    .│
         \:::::::ト、     _′   。/:::/|        └───────────────────┘
      __, ィ´\:::! \   〈´ `!  .,イ/l/7L_
    ,イ ^ヾ    ヾ!  `弋ニ=ー-='7'´l/::/   「j「ト、
   //.:^ヾト厶         _\_ /   |:/   「j ト7:.ヽ
  .!/.:.:.:::.:.1}: 入      /;;r介;;ト、  ′   「j ト7::::.:.',
  /.:.:.:.::::::::::Ti 入   /;;/´//^!ヾ;;|      「j ト7::::::.:.:l
 ./.:.::::::::::::::::::::T1入 /;/ // | l:;|     「j ト7::::::::::::|








その声が、叫び声だったか、泣き声だったかをやらない夫は覚えていない。







763 ◆oLG9iWoh0E:2009/12/15(火) 00:39:16 ID:NjX8dYtA











蒼星石の子供そのものの泣き声が、部屋で唯一の音だった。


            __,,,,...,,,,,__
           r'´;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;三ミ、
           ヤ;;;;三≡=≡三ェ、;;;;;;ミ
          _,,!´ィェェ≡≡ェェャ、..,,,_`'y'
         i´;;;;;;;;三≡≡ミミミ;;;;;;;;;;`く,_
         ヤ〃´ : : : : : : : : : ``ヾミ;;;/
        / : : : : : : : : : : : : : : : : : ヾ
       /: : : : : /: : : : : : : : : : : : : : : :ヽ
       /: :/: : : :|ィ: :ト、: : : : :ヾ : : l: : : : ヤ
      ,': :/: : / .|!i ! ヾ: : : : : :ヽ ノ: : : : l !
      !: :!: : /ナト、ヾ `、: :_,rュ=‐-、: : ノ .|
        |,イ: : /イ  __ュヤ  ヽ'y-   ヽ7くiノ
      |! |ノ´! o゚´ ̄`   '´ヤ,!ーr 、i7' oヾ           「──────────」
       ヾトゝ _, _,        ノ ム    ヤ
        `r7´/´/Z r'⌒ヽ "" 川∧   o .i>
       ry'z   .ィく .ヤ  ノ  _,イ ノノ イ     |7
      y'o ヾzr'´ヤ´`iーz‐'7´>'ノ_,,..,, _`y  o._,!
      i7    >'  _,,>()<´ノ   く r'´ヽ  /
     i7 o   /  r'/,イiト`ヽ、  r'~ |  _, イ
   ,ィく      /7  Lニイr|iト'_ノ  (:.:.:.`Y.:.:.:.:|
   ト'〈|    _/.:.Z    / | ||    Z.:.:.:.:.:.|:.:.ィ'
   ヽ、:.ヽ、_ノ !:.:.r'    r'      /.:.:.:.:././~
     ヤ.:.:.:.:.:.|:.:.7__,,..r、,_],,_r-、,,__y'.:.:.:.:.ノ´
      `、;:.:.:.:.ヤ.:.:.:.:.:.:.:.:.|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.y'´
       ```丶、._.::.:.:.:.;|:.:.:.:.:.:.:.:._,,/
           `Y`ー' `ー--' ´ |







764 ◆oLG9iWoh0E:2009/12/15(火) 00:39:46 ID:NjX8dYtA

悩みに悩んだ末に―










                                                ―― 、
                                           / 〉 ´      \
                                         / /'  __ ノ   ゝ.__ ヽ
                                         / //〉  ( ー) (ー )  l
                                         l  ´ イl   (___人___)  l
                                 .        l    iYl    ` ⌒ ´   l
                                 .       /   ハ !.!          !
                                 .        /  /  ' ヽ           /
                                       l   // 、ゝ       / ヽ_
                                      ´` ー‐ '`./  `ー、  ,-´  /   \
                                 .     i      ii   / `:.i   i´ヽ.  /     `  、
                                 .     , 'l     l.!  /   l   ! ハ /        \
                                    / ,:|     | ヽ/   !_'   V       ,  ,    ヽ
                                 .  / / l     |     /:.:.:.:ヽ       / /  /  i
                                 .  !/  !      l\.   i:.:.:.:.:.:.i      / /  /   l
                                   /        !  ヽ.  !:.:.:.:.:. !      ´   !  /     !
-------------------------------------------------------------------------------------------


やらない夫は、携帯電話をポケットから抜き出した―


-------------------------------------------------------------------------------------------







                                             第6.25話  蒼星石とやらない夫 終







767名無しのやる夫だお:2009/12/15 (火) 00:40:23 ID:tuN5FmFY
乙ー







768名無しのやる夫だお:2009/12/15 (火) 00:40:44 ID:FOQHpYBg








769名無しのやる夫だお:2009/12/15 (火) 00:40:49 ID:GIqLMeOw
うおおおいここで終わるのかよぉおおおおお








770名無しのやる夫だお:2009/12/15 (火) 00:41:06 ID:aWW2wZRQ

相変わらず面白いなあ
次も期待してます







771名無しのやる夫だお:2009/12/15 (火) 00:41:12 ID:XKpKIsFI








772 ◆oLG9iWoh0E:2009/12/15(火) 00:41:15 ID:NjX8dYtA
ご観覧アザーッス!

本日の投下は以上になります。
夜までお付き合いありがとうございました―。



次回の6.5話は、できるだけ早く投下したいと思います。







773名無しのやる夫だお:2009/12/15 (火) 00:41:26 ID:k1sESKtA
乙でした
蒼も必死なんだな







774名無しのやる夫だお:2009/12/15 (火) 00:41:36 ID:SZAd8dl6
次も番外編か乙!







775名無しのやる夫だお:2009/12/15 (火) 00:41:46 ID:mgcau3X2
乙!
いつか来ると思ってた蒼の話だけに面白かったです







776名無しのやる夫だお:2009/12/15 (火) 00:41:50 ID:Xv.GJT1k
乙です~







777名無しのやる夫だお:2009/12/15 (火) 00:42:14 ID:Zo56Uo8g







780名無しのやる夫だお:2009/12/15 (火) 00:43:05 ID:xva8uQGE
お疲れ様
面白かった
もっと見たい







781名無しのやる夫だお:2009/12/15 (火) 00:43:13 ID:7T1AaBhY








782名無しのやる夫だお:2009/12/15 (火) 00:43:52 ID:Gu953JY6
乙っした!







783名無しのやる夫だお:2009/12/15 (火) 00:44:30 ID:ML1uuN2g
寝る前に巡回してよかった!
乙!







784名無しのやる夫だお:2009/12/15 (火) 00:45:26 ID:dKPTEfqI
うおお、乙です
皆それぞれに深く考えつつも、本音でぶつかる話とか好きすぎる
キャッチャーやらない夫はいい味出してるなあ・・・







786名無しのやる夫だお:2009/12/15 (火) 00:46:00 ID:adlzWAEE
乙っした

こういうときこそ、東方不敗コーチを頼ろうぜ・・・







787名無しのやる夫だお:2009/12/15 (火) 00:47:05 ID:va8o1SN6
乙でした。やらない夫、男の見せ所だ。







788名無しのやる夫だお:2009/12/15 (火) 00:47:16 ID:7T1AaBhY
でも自分からドラフト蹴っておいていざとなったらこのヒステリーってのは、
なんていうか男だったら殴り飛ばしてるわ 
むしろやらない夫は蒼い子一回ぶん殴ってやったほうがいいんじゃね?







789名無しのやる夫だお:2009/12/15 (火) 00:49:16 ID:XKpKIsFI
逆に見れば、やらない夫だから吐露できた。信頼されてるよ、やらない夫。
クマーさんの様に懐深い女房役になってくれ。







790名無しのやる夫だお:2009/12/15 (火) 00:50:06 ID:j5xaXJvw
おつでした。
結局この話って、自分の中で苦しんでるヤツが当たり散らして、
周りで補修しようとするヤツがバカを見る話だよな。







791名無しのやる夫だお:2009/12/15 (火) 00:50:40 ID:IuE3zvR.
乙ー

でもこれはやらない夫と蒼のそれまでの結果に対する評価の差なんだから、今さら言っても仕方ない。
実力に差があるのはお坊ちゃんかどうかとは関係ない。結果が出せないのは現在の年棒とは関係ない。

そしていちばんズルいのは、自分で八つ当たりだと判っていることを、「八つ当たりをぶつけても反論されない」
と判っているやらない夫にぶつけている。厳しく言えば、甘えている。そしてそのことに気付いていない。
ほんと女って卑怯だよなー。







792名無しのやる夫だお:2009/12/15 (火) 00:51:58 ID:sXfE6lB2
乙でした
>>788
女だからの辛さもあるだろ
男だったら社会人野球に行くもサラリーマンになるもあるが
女は下手すりゃ風俗行きもある。それも寿命短いしな







793名無しのやる夫だお:2009/12/15 (火) 00:52:39 ID:BLXg6VgA
おお、番外編が投下されていた
乙でした
必死すぎて周りが見えなくなっているときに、道を指し示せる大人がいればねえ
やる夫ぐらい、東方不敗に心を開いていれば、話は別なのかも知れなかったのかもなあ
続きが楽しみです






801名無しのやる夫だお:2009/12/15 (火) 01:25:25 ID:xKq14/6o
乙でした!






806名無しのやる夫だお:2009/12/15 (火) 02:11:25 ID:aPYNP7SQ

クビになったらバイトとか生々しいのう








アルバイトの達人





関連記事
スポンサーサイト
[PR]





カテゴリー「やる夫はプロ野球選手になるようです」内の最新記事

だ

    蒼い子の話かぁ
    ない夫はどうするのかねぇ
    [ 2009/12/28 09:45 ] [ 編集 ]
    更新乙
    やっぱ2ちゃんて無駄に女に厳しい気がするなぁ…今更だが
    それはともかく、蒼い子や、ない夫と蒼の関係がどう変わっていくのか楽しみだ
    [ 2009/12/28 10:01 ] [ 編集 ]
    きついわなあ……蒼い子が男であれば、自分の実力不足と素直に認められるだろうに。
    生まれついての性別のハンデはどうしようもないが、それを主張すると「じゃあソフトボールやってろ」ってことになるし。
    周囲から認められずに野球やってきたのはやる夫と同じだもんな。だからやる夫になついてるのかね。

    でもヒステリーはマジ勘弁。やらない夫は怒っていいと思うぞ。
    [ 2009/12/28 10:06 ] [ 編集 ]
    今回も泥臭くて生臭いな(褒め言葉)
    [ 2009/12/28 10:24 ] [ 編集 ]
    これ、女男以前にウザイだろ。

    年収があるからやらない夫は恵まれてる、
    って言ってもその年俸を勝ち取ったのもやらない夫自身なわけで。
    [ 2009/12/28 10:26 ] [ 編集 ]
    生々しくていいなぁ
    [ 2009/12/28 10:51 ] [ 編集 ]
    否定したらキレて肯定したら卑屈になるヤツは
    まず大成しない
    [ 2009/12/28 12:16 ] [ 編集 ]
    蒼にも魔球を覚える時が来たようだな…!
    [ 2009/12/28 13:19 ] [ 編集 ]
    さぁ、朴念仁ない夫はどうする
    [ 2009/12/28 13:42 ] [ 編集 ]
    弱さまで見せられる本当の友達ってことじゃん
    友達じゃなきゃウザイだけだけど
    [ 2009/12/28 13:50 ] [ 編集 ]
    ヒロインにどんな偶像抱いてるのか知らないが,やる夫系スレだと女性キャラが嫌われる行動取ると異様なまでに叩くからなあ
    本スレの荒れっぷりは結構酷かったぞ,このとき.
    [ 2009/12/28 13:52 ] [ 編集 ]
    >さぁ、朴念仁ない夫はどうする
    やる夫に電話してやる夫と会うセッティングをするかやる夫と蒼に会話をさせる流れだろう
    蒼はこのまま二年契約で終わりそうな気がする
    やる夫と結ばれればまだハッピーエンドなんだろうけど
    [ 2009/12/28 13:57 ] [ 編集 ]
    将来的にキャッチャーを目指す以上
    やらない夫はこの件から逃げ出すわけにはいかないだろうな
    [ 2009/12/28 14:49 ] [ 編集 ]
    男だからとか女だからとか関係なく、勝負の世界で生きる人間として甘ったれんなと思うよなあ
    勝負の世界に限らず、社会に出たら自分の実力に対するケツを拭うのは自分なのは当然な訳だし

    まあパニクる気持ちはすっげー分かるし、一つ殻をやぶる為のイベントなんだろうから、別に騒ぐようなことじゃないけど
    [ 2009/12/28 15:36 ] [ 編集 ]
    覚醒フラグきたか
    [ 2009/12/28 15:53 ] [ 編集 ]
    >38369
    蒼の子をどういうキャラだと想定してるのか知らないが
    想定通りにキャラが動かないで癇癪起こして荒らすなんて、
    攻撃対象にされてる蒼の子と同じレベルかもっと酷いじゃないか…
    本スレ見てないけど、見ないほうが幸せっぽい?
    [ 2009/12/28 17:14 ] [ 編集 ]
    ウチの嫁に。
    [ 2009/12/28 17:43 ] [ 編集 ]
    >>38377
    概ね、こんな感じに批判的な感想が多かった。
    ・ない夫の金銭的余裕はない夫が実力で勝ち取ったもの
    ・蒼星石の悩みは、蒼星石が別のチームを選んでいればもっと軽かった
    ・女だからと見られるのが嫌だったんだから、自分の選択には責任を持て
    [ 2009/12/28 21:17 ] [ 編集 ]
    話のきり方が絶妙すぐる…
    生殺しだぜ…
    [ 2009/12/28 22:00 ] [ 編集 ]
    ああ、この二人はもう二軍へ上がって活動してるのか。
    いつまで戦力外キャンプに放置されてるのかと心配してた。
    本来はレギュラー候補だったはずの、やらない夫が特に。
    [ 2009/12/28 22:52 ] [ 編集 ]
    >>77
    固定の数人が喚き散らしてただけという印象
    しかもマニアックな野球の話になると、そのIDは途端に現れなくなるというオマケ付き
    [ 2009/12/29 01:53 ] [ 編集 ]
    やる夫も相当アレだけどなw
    [ 2009/12/29 03:20 ] [ 編集 ]
    おいおい、やる夫スレで話の感想(批判だとしても)を話すのに
    ネタ元のマニアックな話ができるかどうかなんて関係ないだろ。

    作者だって初心者が参加できるレベルの解説を前提に作ってるのがほとんどだし、
    野球ファンだけでやりたきゃ野球板でやれよ。
    癇癪持ちがウザイのはわかるけど、初心者はすっこんでろの選民思想もまたうざい。
    [ 2009/12/30 05:32 ] [ 編集 ]
    >38381
    >38391
    ありがとう。
    ソフトに報告してくれたのかもしれないが
    思ってたよりは酷くないかなとも思った。
    確認しに行く必要も無さそうだけど。

    >38430
    初心者は引っ込んでろっていうのは暴論だけど
    大口叩くなら大口に見合う知識は持って欲しいと思ったり。
    [ 2009/12/30 08:48 ] [ 編集 ]
    将来が不安になるのはまともな証。
    この球団は辞めた後のこと考えないやつが多すぎる
    [ 2010/03/01 02:20 ] [ 編集 ]
    「選択に責任を持て」は天から見下ろす神様視点だよな。
    俺の選んだ道だからどうなっても悔いは無い、なんて達観できる人間なんて100%いない。
    努力して結果が出せないと焦るのは当然だし、二軍に上がっても相変わらず周囲は色眼鏡で見てるだろうし…

    創作物のキャラクターが人間臭くてもいいじゃないの。
    焦ったり悩んだり理不尽だったり矛盾してたり、そういう登場人物も好きだね、私は。
    [ 2010/03/03 19:40 ] [ 編集 ]
    >俺の選んだ道だからどうなっても悔いは無い、なんて達観できる人間なんて100%いない。
    見当違いの意見。
    悔いるな、なんて誰もいっていない。
    他人と比して僻むなという話だよ。

    蒼に対する癇癪に癇癪起こしている奴らがいるが、
    感情移入の賜なんだから、作者としてはしシメシメといったところではないのか?
    作者叩きではなくて蒼叩きである間は。

    作者だって、それが嫌なら掲示板に貼らず、どっかにサイト作ってアップするだろ。
    荒らしでも無い限り、反応に対する反応は慎むべき。
    [ 2010/03/06 14:55 ] [ 編集 ]
    でもそういう読者を気にして
    創作物は人格者だらけになってしまうんだよなw
    [ 2010/08/23 00:37 ] [ 編集 ]
    このコメントは管理者の承認待ちです
    [ 2011/01/16 02:00 ] [ 編集 ]
    このコメントは管理者の承認待ちです
    [ 2011/05/01 05:46 ] [ 編集 ]
    このコメントは管理者の承認待ちです
    [ 2012/05/02 04:58 ] [ 編集 ]
    このコメントは管理者の承認待ちです
    [ 2014/01/01 08:29 ] [ 編集 ]
    コメントの投稿













    管理者にだけ表示を許可する
やる夫ブログについて
20101110:「やる夫はロス市警の警部のようです」を掲載させていただきます。本当にお待たせして申し訳ございません。これ以降も随時、更新の途絶えていた作品を掲載していきたいと考えております。ご迷惑をおかけして申し訳ありませんが、どうか長い目で見ていただければ幸いです。

20101030:「やる夫のサクラ大戦」にて、記事の掲載順序を誤りました。 作者様、および楽しみにしていた読者様にお詫び申し上げます。 申し訳ございませんでした。

20101004:「やる夫たちが夢の国で遊ぶようです」につきまして、こちらの不具合で記事が切れてしまっております。作者様、及び楽しみに読んでくださっている読者の皆様にご迷惑をおかけしてしまい、申し訳ありません。
一度下書きに戻させていただきます。よろしくご了承ください。
「やる夫で学ぶことわざ」の作者様より、やる夫ブログ用のスポンサー案内をいただきました!本当にありがとうございます!さっそく使わせていただきます!

20100811:皆様、大変ご無沙汰しておりました。ぼちぼち更新を再開できればと考えております。
「やる夫がDQⅢの勇者になるようです」についてですが、コメントを頂けるのは大変うれしいのですが、他作品のコメント欄での投稿はご遠慮願えれば幸いです。
恐縮ですが、ご協力よろしくお願いいたします。

20091222:年末なので順調に更新量が減っております。今日明日はお休み、再開一発目は「やらない夫の超兄貴」になる予定です。作者様、まとめが遅くなり申し訳ございません。

20091208:今週クソ忙しいので、かなり更新が減ります。ご了承ください。

20091116:更新の調子にもよりますが、週末をめどに、カテゴリを追加する予定。前回追加からだいぶ間隔開いたんで、かなり溜まってます。

やる夫ブログについて

姉妹ブログというか同一人物ブログ。
やる夫ブログ(裏)(18禁です)


 ネ タ 投 稿 お 待 ち 
 し て い ま す ! 
(↑結構心から待ってますw)

 ネタ投稿の他、転載お断りの記事、相互リンクのご希望等ございましたら、お手数ですが下のメールフォームよりお知らせください。なお、http:を付けるとエラーになってしまうようなので、ご投稿いただける際にはhttp:を抜いていただきますよう、よろしくお願いいたします。
相互リンクの反映に時間がかかってしまい申し訳ありません。気長にお待ちください。


嬉し泣き
美麗なタイトル画像を描いてくださっているのは、こちらの方々です。
本当にありがとうございます。


七市様
Shadow3_convert_20091008101141.jpg
ハルヒとやる夫、やらない夫の表情が最高のタイトル画像。冬にぴったりの美しい作品です。


1様
http://blog-imgs-15.fc2.com/y/a/r/yaruomatome/yaruoblog_title_convert_20091026144430.jpg
柔らかで暖かい雰囲気がたまらない作品。みゆきさんヤバすぎで管理人狂喜の舞を舞っておりますwww

1様のプロフィールはこちら


65様
securedownload_convert_20091008101321.jpg
同じく「やる夫がチェルノブイリに旅立つようです」より。元ネタの雰囲気をビンビンに伝えるダークな作品。


草葉様
Shadow3_convert_20091008101141.jpg 「やる夫がチェルノブイリに旅立つようです」をモチーフにしたタイトル画像です。物語の後、このタイトルを見て吹きました。

219c0c442.jpg

草葉式


味噌様
yaruoblog_convert_20090519194443_convert_20091008101235.jpg
やる夫ブログ初!物語とタイトル画像のコラボレーション!快く、最高に美しいタイトル画像を描いて下さった味噌様に感謝です!




トンボ様
minamike_convert_20090519194731_convert_20091008101216.jpg
夏にぴったりの逸品を、トンボ様よりいただきました!水着ハァハァ(´Д`;)


トンボのかんさつ日誌


ヒジキ様
nagato_convert_20091008101341.jpg
管理人のツボにはまりまくりの長門!大好きだ!結婚してくれー!



ヒジキ煮


aro様
yaruo_blog_fix_convert_20090210225801_convert_20091008101403.jpg
らきすた勢の見事な描写もさることながら、このやる夫にしてやられました。


Charged time-out


Yutaka様
RMm06_convert_20090127165950_convert_20091008101426.jpg
個人的に水銀燈が一番好きです。タイトルのセンスも◎。本当に有難うございます。





マブチョコ_m様

この魅力的なボディにくらくら!管理人はこの人の同人誌が大好きです!やる夫ブログの記念すべき初タイトル画像。全てはここから始まりました。



うにゃらら大飯店



イチオシ

やる夫がDQⅢの勇者になるようです

自らを成長させる姿に心震える
作品。普通の掛け合いなのに、
自然と笑みがこぼれる構成と
演出は見事の一言。
自分を好きになれる、極上の映
画を見た後のような読後感は、
自信を持って「最高だ!」と賞
賛できる作品です。





過去の「イチオシ」一覧を作りました。
管理人オススメ記事

管理人が抱きしめたいほど好きなやる夫作品

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。