FC2ブログ
2017 04123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 06
やる夫ブログヘッドライン



【お気に入りサイト新着記事】 【カテゴリー一覧】

    
   
【最新エントリ】



スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




カテゴリー「スポンサー広告」内の最新記事

だ

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | はてなブックマークに追加

やる夫はプロ野球選手になるようです 第6.75話 「やらない夫とL」 

828 ◆oLG9iWoh0E:2009/12/29(火) 23:03:02 ID:1DUm0cmM
よっしいくぞー







829名無しのやる夫だお:2009/12/29 (火) 23:03:26 ID:Joj.q9m2
来る~きっと来る~♪







830名無しのやる夫だお:2009/12/29 (火) 23:03:51 ID:RwsUxft2
っしゃーこい!







831名無しのやる夫だお:2009/12/29 (火) 23:04:06 ID:lIFHUVA6
よっしゃキタ







832 ◆oLG9iWoh0E:2009/12/29(火) 23:04:15 ID:1DUm0cmM

┌────────────┐
│やらない夫、ごめんね     .│
└────────────┘





                                                   . __
                                                   ./::::::. \
                                                  /::::::ヽ;;:   \
                                                 . (:::::(::::冫    |
                                                 . (:人;;;) .    |
                                                 r‐-;::::::. .     |
                                                (三)):::::.. .   |
                                                 >::::ノ:::::::::.    /
                                                /::: / ヽ;:::::::::   /
                                               /::::/ ⌒ヾ:::::::::::.〈
                                               (;;;;__ゝ:;;:::::\/:::::)
                                                  . |\::::::::::::;;:1
                                                  . |:::::\;;/:::|

その言葉を、どう解釈するべきだろうか。







834 ◆oLG9iWoh0E:2009/12/29(火) 23:04:41 ID:1DUm0cmM

態度も、丁寧そのもの。

┌────────────────────┐
│感情的になりすぎちゃったよ。本当にゴメン  ....│
└────────────────────┘
        ┌─────────────────┐
        │・・・付き合ってくれてありがとうね。     │
        └─────────────────┘
              ┌──────────────────────┐
              │やらない夫が居てくれて、本当に良かったよ!   ....│
              └──────────────────────┘





深々と頭を下げた。
真っ直ぐと目を見た。

非の打ち所の無い、完璧な謝罪だった。





        ./ ̄ ̄\
      ./      \
      |     ー  ‐ i
      |   ( ●) ( ●)
      |     (__人__)
      |      `⌒´i
      ヽ.       ノ
       ヽ     ノ
    /   \       \
     |     \, -‐- 、-‐- 、
     |\     \.  (" ̄ .入
    |  \    "  ̄ ̄ ̄  )
    |  / \,,_______人
     |      /\    \  \
    ヽ,____/;___\    \,,_ \,,__
              (______)___)


それなのに、なんだろう これは。







835 ◆oLG9iWoh0E:2009/12/29(火) 23:05:08 ID:1DUm0cmM

┌─────────────┐
│ごめんね、やらない夫―     .│
└─────────────┘












言葉が―

      __
    .,/,-、  \
  / ノ:/ ノfヽ.. \
  | /:/ /...| |  |
  l レ ./..ノ .,''´} i
  l   ' ´ .〃 / |
  ヽ.     . 〈 .ノ
    \.,_  ._ノ /
     /  /  ヽ
    ./  /   |
    i ./  .  |


こんなにくだらないものだと、知らなかった―――――






837 ◆oLG9iWoh0E:2009/12/29(火) 23:05:25 ID:1DUm0cmM


                                                       
        .iiiiiiiiiiiii,、     .iiiiiiiiiiiiiiiiiir,iiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiii,,,,,、  .,iiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiii,,,,,         ,. -─- 、_
        .'lllllllllli,      `llllll!゙’  `゚lllllll!゙゙゙゙゙゙゙゙゙!!llllllli,   `゙lllllll゙゙”゚゙゙゙゙゙゙!llllllli,      ,.::'";_-;;;:ミ':::::::::::::::`:丶、
         ,illl!llllllll,      ,illl!′   ,lllllll゜    llllllll!   ,illlll!゜    .,lllllll     |::::::::/しノ゙':::::::::::::::::::::::::::!
        ,llll゙ ゙lllllllli,     ,llll゙    .,lllllll゜    ,,llllll!′ ,illllll゙     .,llllllll゜     ,!: -‐゙:::'-:::;_::::::::::::::::::::::::|
       ,illll゜ ゙llllllll,、   ,illll゜   .,lllllll゜    ,,illllll!゙   ,lllllll゜  ._,,,,,,iilllll!゙゜    /:::::::::::::::::::::::::`:丶;;:::,;--‐!
      ,llll゙   '!llllllli―やる夫がプロ野球選手になるようです―lllllllll゙°    └-;;;;,,,,, _::::::::::::,,;;;_",,;;;'ヽ   |
      ,illll゜   ゙lllllllli、 ,illll゜   .,llllll!!!!!!!!!!゙゙゙゙”    .,lllllll゜   ゙゙゙゙!llllllli、      | ''''''''>''" ヽ、゙"ノ  |
     ,llll゙     .lllllllll,,.,llll゙    .,llllll!′           ,illlll!゜     .lllllllll    _  \  (__,,;、_.ノ   /
     ,illll゜     '!lllllllllll!`   ,lllllll゙             lllllll゙     .,illlllll゙   /,∠ヽ,.-‐>-.,,、_,,;._,, 、∠‐-、
    .,,lllll゜      ゙llllllll!゜   ,llllllll′           ,illlll!゜    .,,,illllll!゙゜   |  -イ  /^\Y´/  \  ヘ
  .,,,,iiillllllli,,,,      ゙lllll゙  .,,,,,iilllllllllli,,,,:      ,,,,,,iiilllllllliiiiiiiiiiiiiiillllll!!゙゙゜    !  ノ'" /    | !     Y'' ヘ
  .'゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙′     .゙゙° ゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙°     '゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙″                

                    ―第6.75話 やらない夫とL―

         注) ・この話はプロ野球を元にした、作者のプロ野球妄想ストーリーです。
           ・このスレのやる夫は捻くれています。やる夫の性格改変(?)にご容赦下さい。







838名無しのやる夫だお:2009/12/29 (火) 23:06:04 ID:lIFHUVA6
まったく感情がこもってなかったんだろうな







839 ◆oLG9iWoh0E:2009/12/29(火) 23:06:11 ID:1DUm0cmM


       / ̄ ̄\
     /     _ノ ヽ
     |     ( ○) |
     |      (__人)
     |        ⌒ノ        「失礼します・・・
     ン        ノ         すいません、遅れました」
    /⌒ヽ、    _ノ
   /   ノ \__ィ ´
  /  /    '|.
 (  y      |.
   \ \    |
    \ィン、__)、
     .|     ij ,ノ


ドアが開き、やらない夫が姿を現す。

                                         (( //  へ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::<
                                        /^\:::::\::::::::\::::::::::::::::::::::::::::::\\:::::::
                                      丶\:::::\::::::::\::::: \:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
                                     /丶:::::::\:::\:::::::\::::::::::::::::::\::::::::::::::::::::::::::::
                                    │:::::::\\:::::::\\::::::\:::::::::::::::::::\:::::::::::::::::::::::
                                    /\::::::::::::\:::::::::::\:::::::::::::::::: \::::::::::::::::::::::::::::::::::
                                   /│\ヾ:::\::|\:::::::::::\:\:::::::::::\:::::::::::::::::::::\::::
                                  │/|:|丶 \:::::::|  \:::::::::::::\::::::丶:::::::::::::::::::::::::::::::::::
                                  |/ ||丶\丶::::|  ,イ\::::::::::::::\::\:::::::::::::::::::::::::::::::::
                                  │  ||:ヾ:::::丶 |  ハ..,/\::::::::丶\丶:::::::::::::::::::::::::::::::
                                  丶 /|:::::::川:::入|   ..ノ"\::::::ゝ \丶::::::::::::::::::::::::::
                                     /入||:::/ \|        \ヾ  \:::::::::::::::::::::::::
                                    ル |::::/   \        \ |/ \::::::::::::::::::::
                     「こんばんわ」      ノ   |\ -、            /  ト:::::::::::__/
                                       ||:::::ゝ                ∧|/
                                       │入...___             /
                                        丶  \─ゝ          /   /
                                         |   |,           /| //
                                        /  |        ....////
                                       /= --┴-、    ...:::::::: /  /
                                     /       \<\:::::::/ /      ノ
                                    /   , ----= 、 \// /      //
                                   / >           /  /      /

生気の無いやらない夫を、椅子から見上げる。







840 ◆oLG9iWoh0E:2009/12/29(火) 23:06:39 ID:1DUm0cmM

愛想笑いを絶やさぬその顔から、表情が消えている。
会話一つ挟まずに、無言でソファーに腰掛けた。


          _______
        /          \
      __/             \
    /.            、    |
    |.         ,(⌒(○)ヽ    |         「・・・」
    l  lヽ      )>       /
   /    ヽ\   `(__,(○) / /
   |      \  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  \
   |     |ヽ、二⌒)、          \

                                      /!/ヽ::::\::ヽ\ヽ、::::::\ヽ::::::::::: ミ./
                                      /::::!i::::',ヽ::iヽ\:\!::\ヽ::ヽ`::::::::::ヽi.
                                     //:::::i:::::::'.,ヽ:i::::::: `::ヽ::::ヽ\:\:::::::::ヽi
                                    /::::::::::l:::∧:、::、:!::iヽ _::::::ヽ:::ヽ\:ヾ:::::≦
                                    iソ:::::::::!:i{:)ヾヾヽ::i {:ソヽ、::::::::ヽ\::\::::::i
                                    リ i!:::i:::::!゙=ツ` `ヾ!="  i::::::::`::ヽ:::::::ヾ',
                                    ! i:::!i::::i ヽ 、       i::::::::::::::::`:::、::ヽゝ
                                     リ i!'i:',  `       i::::::::::::::::::::::::\ミ、
                                      !  ! ハ. ヾニ=       !:へ:::、:::::::::ヽ\`
                                         i:i  ー     ,..ィリ  ヾ、シァヾミ、
                                         リヽ    ,..::'"  ! :  /'"/  `ーェ、
                                           `""´ヽ    :. // /    r'´  `- 、._
                                               ヽ、  :/ /ン    i       `ヽ
                                                 ヽ'  /     i         ',
そんなやらない夫にLは、






842 ◆oLG9iWoh0E:2009/12/29(火) 23:07:12 ID:1DUm0cmM

普段と変わらぬ態度で授業を始める。

                                      /:::〃i::::',::::ヽヾヽ::ヽ\:、\:'.,', `ヽ::::::::::ミェ、、、
                                     /::::/::!::'::::::':,: '.,::::ヽヽ、::::::::::\\',:::::::::::::::ヽ ̄
                                     /::::::i:::::::i:::、::::::::ヽ:::、、:::ヽ::::、::::::\ヽ、:::::::::ヽ:ミー
                                    ,'::;::::i:::::::l!::!ァ、:::::::::ヾ:、 r゙=、::::ヽ::::::::::ヽ::::::::::::`、ヾ、
                                    /シi::::i::i::::!:ii (::メヾ、::'.,メ (::ソ,゙i::::ヽ:::::::::ヽ::::::::::::ヽ、
                                   /' i:::i::!::::::i '=テ' ` ヾ::ミ=" リ::::ヽ::::、:::::::::::::::::::::ヽ、
                                      i:::!:::i:::::!. ヾ .、  `    l!i:::::::::::::'::::::::::::::ミ`ヽ
             「では、さっそく始めましょうか」       'i::::l !i:::'、 `        ! i:::::l::::::::::::::::::::ヽ`ヽ
                                      'i::l i;lヾ、. ==-     , イリ,:::i゙テ、::::::::::::ミヾ、
                                       ';i il 'i:ヽ 'ー    ,...:': : i! ';:i'シ' `` ー-=:、ヽ
                                        ! ! 'i:::'、   ,...:'::::::  : ! // , ', -‐'''''ー 、\
                                           リ `ー ヽ、::::::   ; ,'//〃     ` ヽ
                                                 ``ヽ、 //  〃         ヽ






844 ◆oLG9iWoh0E:2009/12/29(火) 23:07:40 ID:1DUm0cmM
授業とは、Lの打者研究を指す。

Lは毎日自室でスコアブックを片手に、打者のビデオを見る。
試合全体を映すビデオとは異なり、あくまで打者個人のビデオになる。


            ┏【本日のピックアップ】━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
            ┃            、                          .┃
            ┃            、ヽヽ、,                     ......┃
            ┃        ‐==、''‐ヽ.:l::ヽ,.. -‐‐- 、                 .┃
            ┃        ,. r‐'':::::`''‐::::::::::::::::::::` '' ‐ 、               .┃
            ┃     ,.r ',. r ''´:::::::::::::::::::::::::::::::::., ' ‐、::`ヽ、            ...┃
            ┃   /イ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::、::::::::::ヽ、 `ヽ、::ヽ、          .....┃
            ┃   ./::::/::::::::::::::::::i::::: i::、::::::ヽ:::::::::::ヽ、:::`ヽ::',          .....┃
            ┃   ./.:..../. .:/ .../.:l .:.l ..:.l:.ヽ ....:ヽ....  .: ヽ. .:.ヽ.l            ┃
            ┃  /.::::イ:... .:l..... lト:::l:::::ト::::::ト::ヽ、::::::',:::::::::::::::',:::::::::l          ......┃
            ┃.  |://.l:::::::::|:::::il__l::l l:::l ヽ::l ,.>r‐''':::l::ヽ:::::::::::l::::::::l          .┃
            ┃.  |:/ .|::::::::::l::::il、ミュ、ヽl  -'ヤ;ハ'7ヽ::l::::ヽ:::::::::l:l:::::l         ....┃
            ┃.  レ .|::::::::l::l::il `´ i. ヽ  ` "   〉:::::::::',::::::::l l::::|         ..┃
            ┃    |::::::l::::ヽi'i. /    ヽ、 / ゝ''ニ l:::l::::::l l::|        ......┃
            ┃    .|:::::ll:::::::.!:'、`ヽ__    X  ./li::::::ll:::l::::| レ          .┃
            ┃     l::::l ',:::::::::l ヽ、 ‐ ` ./ '/ .|i:::/::〉::::::l `:' ‐ 、_      ....┃
            ┃     ヽl ヽ:::::l  ヽ  '  ,. '   .|i//rl::::l -‐- .,,_::`'' ‐ 、    ┃
            ┃         ヽ::l   ヽ-ィ      ,.. !-l:::レ-::::ヽ::`ヽ、`'‐-、   ..┃
            ┃          ヽ    i  ,.r ' ´ r ''' .|::::::|'‐ュ::::`ヽ:::`ヽ、   ...┃
            ┃                  !r',.r ' ´    |l:l:::| l:::',.. :.:ヽ::::::::ヽ    .┃
            ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛







845 ◆oLG9iWoh0E:2009/12/29(火) 23:08:11 ID:1DUm0cmM

最初に、過去1月で打者が打った場面のビデオを見る。
打った場面以外、このビデオには映らない。


             ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
             ┃                                       .┃
             ┃                          _.. -‐            ┃
             ┃                   _,,..、ヽ、i´ム-‐、            ┃
             ┃                  ,フ'⌒  ソ ∠⌒ヽ\        .....┃
             ┃                   /         `ヽ \        ...┃
             ┃                 /  /        ∧ ヘ ヽ       ..┃
             ┃               /   ,' ,'   i   i l  i∧ ヘ  ゙、     .....┃
             ┃   r-‐ ¨ ̄¨ ヽ、.    ,'/ / i ,1 i l l. l l l  i ',  ハ  ト、     .┃
             ┃ トく/`<⌒ヽ `¨ヽ、 レ! i . l. ト、i l l i l l  l i   ', l', ゙、     .┃
             ┃  \ \   ̄\',   i`レl ll li lー-Vl ∧ハム l  l. ! i  i. l ', ゙、    .┃
             ┃  l \ ゙丶   ヽ   l  i.ハ llヽ!  /lノ ´‐-lノ! ll jイ !  l i i /   .┃
             ┃ l l   \ ゙丶 i  l ll  ',! ト、!、 _ ′  /レ! / ノ! / ノ i l /    .┃
             ┃ l l    \  \ l    ヽ!  ヽ  `/イノ イ/! / j/l ./lノl l/     .┃
             ┃ .! \      \  \   l }、', `ー ''"ノクノjノ !/ / /イ .l ll /   ......┃
             ┃ .l  \`>--─‐\  \ l.l \ /  i.l   /  /イ i /!      .┃
             ┃  i    `¨ニヽ、  ヽ  \l   ^¨7/   ∧/ / /  l /    ┃
             ┃ . l       \\  \  ヽ   //     ∧ノ /   / /     ┃
             ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


このビデオで打者の強みを確認し、打者のヒットコースを頭に入れる。







846 ◆oLG9iWoh0E:2009/12/29(火) 23:08:35 ID:1DUm0cmM


次に、同じく過去1月で、その打者が打ち取られた時のみ写ったビデオを確認する。


            ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
            ┃           l/l//   ,. --- .. __        /          ┃
            ┃  な  絶       / /         `ヽ、_人/  ご   打   ....┃
            ┃  い  対    //  /         \    ざ   て     ┃
            ┃  で  に    /_   .′       ヽ、\  \   る  な   .....┃
            ┃  ご  打      / ,,″ / ,ィ | l ll |l l ぃ ヽ <_ ///  い   ....┃
            ┃  ざ  て   ∠ 〃 -/、/ ! | l ll ll | l i   '. / ’’’   で   ....┃
            ┃  る        ///  ,.イfr㍉i、| | ll |l |,-H‐  i ′           ......┃
            ┃ ///      /  l i  //|/`┴1| |/|ィ乏了ト、 ///         ....┃
            ┃. ’’’     .′ l|/,小、    _⊥ _   リ,ハ l .' /|  ∧    .┃
            ┃  /`Vヽ. /\  | | | |八   /ー--‐1`メ、厶ィi |/,.イ|  l  / ∨    .┃
            ┃∠__  ∨  ヽ.} | | }川ヽ. ト、  ,ィ}/ //リ l/i/リ | ′     .┃
            ┃ ゝ   `V , ‐ァ .' メ、トく\/ヽヽ辷ク ,ィ'/‐-/リ,∠..._ l//     .....┃
            ┃  \  // / //  丶 \\ \_/// / / /  `メ、      ┃
            ┃ ー- ヽ/   / // /〉   \ ヽ.ヽ    /{丁iヽ /  /   \     ┃
            ┃  // ー- / // /// ̄ ヾ 、 ヽ}     `l | ィ\ / /   /∧    ┃
            ┃./ /   / /ー//,′   }`ヾ i|  L___// | ,.へ,.イ/} // ,     .┃
            ┃  /   / /  //7    /  !`ヽ、 // ,.ィ' / ト、く  /     .┃
            ┃. /‐- / /  ///    /  /   ├く// l     l 丶>'  ノ   ...┃
            ┃.    / ー-///    /   ′  /  |   /     ヽ/ ̄/     ..┃
            ┃        //´    /  /    '   /ー-' .. _         ̄l    ..┃
            ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

打者の弱みを探索し、抑える構想を練るというわけだ。







847 ◆oLG9iWoh0E:2009/12/29(火) 23:09:11 ID:1DUm0cmM

このビデオは三振編とゴロ編、フライ編の三種類ある。
Lはこのビデオのための専属スタッフを雇い、このビデオを作製する。


--------------------------------------------------------------------------------------
            , -‐-、
         _/: : : : : : ヽ、
         ∧: : ∨//77ァ: ; :;i!
       ∧7: : :∨///∧ : ;i!
      ,.才ァ;斗、: ∨//;∧: ilL斗-- 、_
      } くrイノノ;;;: ∧//;∧/jム`"イ''"ミヽ
        j / /,/,ィフ//////// ,.、 ,、 ;ミ、
      Y i '" r'7//////// ィ¨ヘ "ヾ、 ミ;ヽ
.       |    }ンー=ニ二ニィレィ辷厂辷rーrが
      j   /      ヾミ  ;j`,, ´i  〃,i         「L様専属スタッフの、ワタリと申します」
     jく、 k         ヽt.〈;"゙`"゙ゞj} レ’
     ∧;、`ヾ≧      ,ィ!ミ 、.__,  ,ト、
    /∨/7ゝイv'´`¨ニ=ニ7 1`ーミニ彡"};八、_
    / ;厂////::ヽ;////////ヘ  大  ハ////7ァァュ、
    /::::j/////:::::::};////////∧ /Y::<ヽ///////////ハ
  /::::::{;////:::::::::j;'/////////∧/:::::∨////////////}
  ム;、:;///〈::::::::::::レ//////////∧:::::∧//////\////イ
  ∨ヽ;////∨:::://///////////∧∧//////777'////|     ,ィニ=、
  ∨//////∨ァ'///////////」 ////////////////|    /,.气. )
   `¨¨´ ̄`´ ∨////////   ,/////////////////|  // く/
          ∨,'////   //////////////////;i,ィミァ"
              Y;///   //////////////////  /
           レ'"    //////////////////"ミ   /
             /    ,/////////////////∧ ;彡1
        r="ヘ、   ////////////////////7/::::{
       厂彡 ヽ //////////////////////ハ///イ
      /     ∨///////////////////////;///|

--------------------------------------------------------------------------------------

Lにとってはそれだけの価値があるビデオだ。





常日頃のこの研究で、Lは捕手としての自分を支える。
Lの売りはリード面のみ。

リードが卓越していなければ、翌年Lは球団に居ない。


ニ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::-=ニン':::::::,':: '::::::::::::::::::::::i
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::_、 /:::::::::::::.:::::i:::::::::i
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/::::::::::_ェZ_,リ゙ i::::::::::/i::::::i:::::::i!  . ‐、
"::::::::::::::::::::::::::/tニ::::::::´::,ニ-‐'i し'j /::ン:::ィ jl:::::::!:!i::i i´ ,: .ン"j、、
:::::::::::::/:::::ン::ヽ!:::,::::::;:,'.   ヽ= '/´/Lソ,':::::::り:i ノ  i/  /  ,}、
""ヽ‐-、:/_/ン'7/i:::://           i ,'::::::,' 'ソ /┐,' ,i{、 ,r' ,_'ヽ
、、  ヾ、 ヾ.  !´ .l::://         ,. _,:' /:ハ::i ,rーY'7-、yゝ'ィ'ヽ ヽ  ヽ.
 ヽ   ゙:、 ゙,;    l::iヽ.        ,:'  ,: /:/ リ `ー//ゝ:' `ヽ、、ィ:ヽヽ=' i
  ヽ.   '、 i',.  !:l  `::.、   ‐'"`゙¨´ヘ、|!    //      `i ゙'  i
   ヽ  ヽ.i ゙  リ  :::::ヽ、    , '´F====゙=ヲ      i    .i
     `,  . ヽ!ヽ  ..::'''''':,',' ``'' ",r‐;fテ''j~ ̄ ̄ ̄ ,'      i    i
     ゙,  i  i ヾェ、_,ン ,' ; _,:r'´   '´-,    /        .i    .i
     i  i ,' ヽ、___,ン .ir'~´      ニ;―― '       .i     i


このビデオでの研究は、Lの頼みの綱にして最低条件である。







848名無しのやる夫だお:2009/12/29 (火) 23:09:11 ID:q1P9Su36
やらない夫はやらない夫で
キャッチャーの修行してんだな
当然っちゃ当然だけど






850 ◆oLG9iWoh0E:2009/12/29(火) 23:09:51 ID:1DUm0cmM

やらない夫が二軍に帯同するようになってから、
Lは夜、この時間にやらない夫を呼ぶ。

--------------------------------------------------------------------------------------------
     ._ _ _
   (ヽl_l_ll_l,l
    ヽ  r
    │ |
     |/ ̄ ̄\
   /    \ ノ
   |    ( ●)(●)
.   | ノ(  (__人__)
    | ⌒    ` ⌒´ノ             「え・・・L先輩!俺にキャッチャーの何たるかを教えてもらいたいだろ!」
.    |         }
.    ヽ        }
     ヽ     ノ       
     l/   く   \      
     |     \  \     
      |    |ヽ、二⌒).、   

--------------------------------------------------------------------------------------------


3月に、やらない夫が言った若い言葉を、Lは覚えていた。


だから、やらない夫が言う”キャッチャーの何たるか”を、
自分のできる範囲で教えている。


    i:: ::::::::::::::::::、:::、:、:::、:::、:::::::::::,:::::::ヽ:::゙::::::ヽヽ:: \::::::ヽ:::::',ヽ:::
    i::: ::::i::::::: ::::l\、ヽ::::ヽ::::::::::::',ヽ',ヽ、:::::、:::::::ヽ:::ヽ:ミ、:::ヽ、:::::
   i::::l:ヽ::::!::::::!:::l ッtー゙、:::::::::ヽ::'、::', ゙ヽ.ォ-=-、:::::::::::::ヽ:::ヽ:::',:::::
.  i:::!l:::::ヽ::::::::::::l.il k::::::ハ\:::::::、:、ヾ:、〃k:::::::ソヾ、:::::::::::ヽ:::ヽ::::::
. ,ィ''i:l' !i::::::',:::::::i::::iヾ-.ニ_-' :ヽ:::',ヾ、ヽ.゙ 、..二...;シ ゙i:::::::::ヽ、::::::::::::
イ l リ  'i::l::::',::::::':,':! ゛""   i ヾ:、 ヽ` `""""  .li'i::::::::::::ヽ::::::::   「緋村剣心。
..ヽ/ ',  i:il:::::',::::::kヾ、    !    ヽ           l!.l::::::::::::::::ヽ、    一般的には内角の直球に弱いといわれていますが、
  ヽ ;  ii i::::、:::::', `     、              ! !:::;:::lヽ::',i!`    最近克服しつつあります。
   ヽ ', ':, ',::i 'i::::':,     ヾ、 -‐           /.l::ハ::l ヽ::i !、
    ', ', ヽヾi ',:::::i、  ヽ、 ..__         , ' .i:l. リ /入',    この場面なんていい例ですね。
    il ', ,ン''ヽ-'i:::l._ヽ   `.{i ゙マ''"""    /   i! ,/./ i`    覚えて置いてください」
   ,-┴'゙ ' ー ゙ 'i:l、 ゙\.  リ   i     ,..:''    ! , ' "  .i
  /          ゙! ゙ヽ、 ヽ/   i  ,..::'::''     /, '  /.!
..r'゙_  il. ,          ノ゛   i'.、イ:::'''      //  ノ







851 ◆oLG9iWoh0E:2009/12/29(火) 23:10:30 ID:1DUm0cmM

自分のできる範囲は、これ位しかないが―


      ,' i l::::::入:::::::、:::::::ヽ::::::::ヾ ::',:::ミニ-、_::::::::::::::::::::::::::::::::
.     /,i! l:::ン ヽミ::::iヽミ::::、:::::::::ヽ::',:',::::`ー-`:.、::::::::::::::::::::::::
.     iソl|./      `゙'、` ヾ::::ヽ:::::::'::',!',::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
.      l!. l!ヽ、_ ー    ヽ \':,ヾ:::::::'!i'::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,-
      ! 'i!; l|!゙i         ゙'ャ,\、:::::::::::::i::::::ャ::ヾ、:::::: //
       li、 l!:i           ヽ `゙Yi:::::::ili:::::i',ヾi;,'//     「打ち方が少し変化しているんですよ。
         ゙!ヽ::`ャ-⊆=ッ-       i:!;:::::i! ',:::l ' ,Y /       昔より軸足に体重が残っていて、
         ヾ、,ヘ ァ'`           l!';::::i  ソ! /!         スムーズに身体が開けるようになりました」
            ヽ、          ン'i:リ  リ'/!i
              ,'       _,.-'"' ソ   '/il _
                l      _,_'"::::   ゙ ,r '  ̄  ` ヽ、
              ヽ、__、シ'゙'"マTミヽ /         `ヽ
                        ヽ ヽソ


そこまで言って、ため息を付く。
ビデオの、停止ボタンを押した。

               /|:::::::::::::::::::::ヽ.:.:.:.:、:.:.:.:、:.:.:.、.:.、.:.:.:.:.:.::`゛>
           /{::|:\:::::::\.:.:.:\.:.:.ヽ::.::.ヽ:.:.ヽ::::::::::.:.`゛ー- ..,__
         /:|::',:ト、::::::ヽ、:.\:.:.:.\:.:.ヽ:.:.: \.:.:.:.:.:::.:.:.:.:::.::::_;:-'´
        //:/:::|::',|::'、:::::::::\:.:\.:.:.ヽ:.:.:\:.:..\::::::::::::\、::::\
       /!::|::l::::/|:::l:ヽ:\::ヽ:.:\:.:\.:::ヽ:.:.:ヽ:.:.:.:\::::::::::::\  ̄
       |/l::|::|::|:ト、:::::::::、、:ヽ、:.:.:.:::::::::::::::ヽ::::.:ヽ:.:.:.:. \:.:.:.ヽ:::\.
       |::|::/l::|::|r‐ヽ:::::ヽ(ヽー,―\::::::、::::::::::ヽ::.:.::::::.:::::::ヾ. ̄
        }//l::|:::|{(:::)ヾ、:::ヽ \!(:::) ヽ,:::ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::ヾ、        「・・・聞こえていませんね。
       |/l::|::|:::|ヽ==''" \:ヽ、ヽ=='" |:::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ、::::\        休憩にしましょうか」
        / ',|::|:::|   /   `゛       |!::::::::::::::::::::::::::::ト、::ト、_` ゛`
         l::!::::ト、  '、 _         ||::::::::::::::::::::::::ト:ヽヾ| | ̄ ̄ ̄`ヽ、
         r'"´||',::::',                 |:::::/l:::::|\:::ト、ヾ | |     / / \
       /   ll ',::', 、 ーこニ=-       /!::/ ヽ:::|  ヾ、  ノ ノ  /  ,イ   ヽ、
       ,'    |  '、:, \ --       ,. '´ |;'  l ヾ、.   //     / |    l: l
      |   |!  ヽ;  ヽ       /.:    i!  /   ゛// |l      / |      | |






854 ◆oLG9iWoh0E:2009/12/29(火) 23:11:46 ID:1DUm0cmM

やらない夫の頭に、Lの声は届いてないようだった。
慌ててやらない夫が先を促すが、


      / ̄ ̄\
     /  u  ノ \
     |    .u ( ●) |
.     |      (__人_)            「あ、スイマセン・・・続けて下さい」
     |      ` ⌒ノ
      |        }
      ヽ u      }
       ヽ     ノ
      ノ     \
     /´        ヽ



  ヽ、 ヽ:.、、,
、、  ヾ、:、.ヾ::::ミー:.、、,,
、::::`=:..、_ヾミ::`:::::::ヽ、:::::`:ー.、.ヽ、 、
.`ヽ、:::::::::三"ニー-::...ニ=-:、::、::ヽヽ .i:!
-ー '''''ーニ三ニ‐:::-ニ三ニ::::::::ヽ::::iノ::i
::::::::::: ̄::::::::::::::ン:三=ー-:::::::::::::::::::リ
::::::::::::::::::::ン:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ソ、
ッ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,:::,::::::ンノソ
::::::::::::::::::::/::::ン::::::::::::::ェ= "::://::::ハ
:::::/::::::::::::::ン:::::::::::::/::::::///:::::::::::::i
::::::::::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::'::::::::::::::,:':/:::: i
::::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::ン:::::,::':::::::,':::::i!      「私は、無駄な練習をしません」
::::::::::,:::::::':::::::::::::::::::ッ::::::;ン::::::::::/:::::::::f'i:!
=ィ::::〃:::::::::::::::,:::'ン-'''//::::/ ヤ::::/ i:!
./ハ:::::::〃:::::::/ '"   /"  .. ,ソiリ !
ヾ. l::::/' ',::il::/ヽ        _... ン i  '
.ヾ、リi  リ ソ  :::ヽ、  ̄‐'/   i
  ','ソ ヾ、_,... ッィ'ノ´. ` ../ /  k
  i ヽ、__ ,ノ /  , / /     i      _
   i '' ‐-‐ '   //, ' , ' ⌒  i    /  `ヽ、    , -‐=-、
  i:: '     / .ィ , ', ' ,r-‐---、、、 /!   へ 、-ヽ、 / /  `! i
 ィ:    ,..::' ,.:':::i //_r/二二二ェッ、ヽリ     ヽ `/ /     l .l
  ヽ   ' ::  /  Y/´         ヾヽヽrヽ、 iヘ / / )  __、、l l

Lはスコアブックのチェックに練習を移す。





スコアブックのチェックなぞ、Lならとっくに終わらしているだろう。
やらない夫は知っている。これはLの優しさだ。


          _______
        /          \
      __/             \
    /.            、    |
    |.         ,(⌒(○)ヽ    |         「・・・」
    l  lヽ      )>       /
   /    ヽ\   `(__,(○) / /
   |      \  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  \
   |     |ヽ、二⌒)、          \


優しさに甘え、やらない夫は机に突っ伏した。







855 ◆oLG9iWoh0E:2009/12/29(火) 23:12:43 ID:1DUm0cmM

目を閉じても、耳を塞いでも、蒼星石との会話が思い浮かぶ。

不快だった。

       __
      / ./}\
    / ,r'"/  .\
   ハ / / ヽ、 /"i 
  .ソ ノ / / (○/ ..,ィ´ 
  |  レ'   '- '~  /..|_               (・・・)
  l        t".,.-┘.)
.  ',        、-ーr'、
   .\       ゛''´.ノ
    )      /`´
    /     /ヽ
  . /    /  │




理屈は、やらない夫が正しい。蒼星石が全て間違っている。
モノにあたる、仲間にあたる。今回の件に関係ないことまで文句をつける。

典型的なヒステリーだ。


           / ̄ ̄\
         /   _ノ  \
         |    ( ○)(○
.         |      (__人__)
           |,      ` ⌒´ノ
          │         }
           ヽ、      ソ           (俺は・・・悪くない)
          イ斗┴r┐` .;
    / ̄`ーゞ、  / |__ 〈ー─r、
   /     \ ∨\  |,ベ._ / |
   {    . : : : . ヽ>ー\[ ̄{ 〉\|、_
   |        `丶}\  __\_]~∨'\`ヽ
   :|   ._    \_}/r‐-}\ ゙,`''く l ゙,
    ト、: :./ / ̄`` ぐ└f'二)::{  ',  | !,ゞ┐
    `、∨ ´ ,.、-''"~ ̄}_{‐''く:::{_  ', _|_|_,rー'、_
     }{ / _、-'''"~ ̄{_\;;;;;j;><;:::::\:::ヘ}\
      }∨: /  _、-''゙~ ̄ ̄     \::::},之_ ヽ
       〉∨   /           ,.、イ;;ノ_   `ヽ}
     {: \,/\  -‐ '"   /` ̄      :.:}


今回の件でやらない夫が責められるいわれなど、無い。
でも―







856 ◆oLG9iWoh0E:2009/12/29(火) 23:13:48 ID:1DUm0cmM

蒼星石は友達だった。
そして蒼星石のボールを、一番受けているのも自分だ。



               / ̄ ̄\
              _ノ  ヽ、  \
            ( ○)( ○)   |
            (__人__)      | ../}     
      _       ヽ`⌒ ´     | / /    __ 
   (^ヽ{ ヽ      {        ./ /  . / .ノ
 ( ̄ ヽ ヽ i      ヽ      / 厶- ´ /     (俺はアイツの気持ちを・・・
.(二 ヽ i i |,r‐i    ノ.   ヽ /     /        受け止めてやらなきゃならなかったんじゃないか?)
  ヽ   /  ノ  /    r一'´ ー 、   ̄ ̄ ̄)
   i   {   イ―イ /   .`ー―. 、__ .〈 ̄ ̄
   ヽ. `ー '/   /           /\ \
      `ー '  ̄ ̄!           |  ヽノ


その気持ちが拭えない。

東方不敗の言葉が、ズキズキと頭を刺す。


---------------------------------------------------------------------------------------------

;:;:;:;:;:;:;:;:;:;  ;: |:;:;:::::::::::::::::::::::.   '´.:::::::::::. |
;:;:;:;:;:;:;: ::;  l; |:;:;:,::::::::::::::::::::''   ..::::::::::::::::::.. |
;:;:;:;:;:;:;: ;  |V:;:;:;::::::::::::::::''   ..:::::::::::::::::::::. |
;:;:!i:;:;:;: '  l:::::;:;:''::::::::::::'....::::::::::::::::::/´::::::::::::.  |        「それは我侭だろう。常識的でもないだろう。
;:;:!i:;::;:;  i |:,:;:;'':::::::::::::::::::''iiilll|l|ll|llll|liiii,,:::::::::. |
;:;: ;:;:;:;:  /i!::;:;:::::::::::::::::,,iiiiiiillll|ll||ll||ll||l|lllllii-- '´        だけど、オマエはそれを汲み取り、汲み取った上で
;:;:;:;:;:;:;! /::::::::::::::::::::::::i:::::::::::::::::::::::: l゙゙゙゙゙゙゛゛           言葉を、意見を伝えなくてはならない。
..:;:;:;:;:;:i /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::''/
ヽ:;:;:;:;:!/i,,、:::::::::::::::::::::::::::::::::::.' |
:::::ヽ;:/i||iiiii,,::::::::::::::::::::::::::::::::::. |

---------------------------------------------------------------------------------------------






858 ◆oLG9iWoh0E:2009/12/29(火) 23:14:26 ID:1DUm0cmM

やる夫への電話は、正しい事だったのだろうか。
その疑問が拭えない。

                                                ―― 、
                                           / 〉 ´      \
                                         / /'  __ ノ   ゝ.__ ヽ
                                         / //〉  ( ー) (ー )  l
                                         l  ´ イl   (___人___)  l
                                 .        l    iYl    ` ⌒ ´   l
                                 .       /   ハ !.!          !
                                 .        /  /  ' ヽ           /
                                       l   // 、ゝ       / ヽ_
                                      ´` ー‐ '`./  `ー、  ,-´  /   \
                                 .     i      ii   / `:.i   i´ヽ.  /     `  、
                                 .     , 'l     l.!  /   l   ! ハ /        \
                                    / ,:|     | ヽ/   !_'   V       ,  ,    ヽ
                                 .  / / l     |     /:.:.:.:ヽ       / /  /  i
                                 .  !/  !      l\.   i:.:.:.:.:.:.i      / /  /   l
                                   /        !  ヽ.  !:.:.:.:.:. !      ´   !  /     !
結果は上手くいった。

でも、あれは、俺がやるべき事ではなかったか。

---------------------------------------------------------------------------------------------

             ヽヽ|   |         、-‐ >   )
             人|   ヽ   、-二'-‐‐‐‐‐-、、   /
             ( |   ヽ .|  | |,,,,、、、、、、、、,,,,,,.ヽヽ/|
            (ヽ |    | | |.    、,,,,,、、、、,,,,、"''./ .|.|     「やる夫を、コントロールしなければならないのじゃ。
            (ヽ <| |  || ヽヽ       、   /  ||     なぜなら、おまえはやる夫の親友で―」
           (ヽ )|| |  ||             )  .( | ||
           (ヽ ) | 丶| \        /   .)/||
          (ヽ ) .|   \  \____  .ノ |
          (ヽ ) .|______      ̄| ヽ|
         (ヽ )┌''"        | ̄ ゛"''‐-.|、、
         (ヽ ) /          .|      | |
       __(ヽ/"''./           .|      .| |

---------------------------------------------------------------------------------------------







859 ◆oLG9iWoh0E:2009/12/29(火) 23:15:02 ID:1DUm0cmM

だって、どんな言葉をかけられても、どんなに嫌な思いをしても、俺はあいつの親友で―


                ̄    、
            ´          \
     /                ヽ
      /           、_  ヽ
    '            :::::::::`ゝ"ヽ
    l             ::::::::::::::::,、__
.   l             ::::::::::::::::| ', ',`,
.    l              冫.:::::| ', ', ',
   l               l  ::::l   ', ', ',
   l           {`ヽ  u   ::::}  ヽヽヽ
   l            ',´ ヽ J   /     }
   !              ',  ヽ、_/     ./
   ,'             ヽ           ./
 ̄ `ー -            `,           ,'
        `  、       ゝ         ,'
:.:.:.:.:.:...        、      /ヽ      〈
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..      .:.:ヽ _ ´   |     .i
ー- :.:.:.:.:.:.:.:..   ..:.:.:.:.:.:ヽ    |     |
    ` 、:.:.:.:.:.:.:...:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ   |     |
       、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\  |     |

                   ┌──────────────┐
.-------------------------│キャッチャーだろう?―――  .....│------------------------ ----------
                   └──────────────┘

                                              |〉 | ! 〈  `¨  / ,' :/:l:::::|' /'´V::}
                                              |:.:V、_,ノ´`ヽ、_ , '  !:/.: !:イ|1   {::;ハ
                                              |:|:ヘ ̄¨¨ ''ー 、', l ,'|1:|: l:||ノ|   ソ:/
                                              VV 〉 ̄¨''ー'' `,' / Vl: リ' |   ソ:}
                                                i  |   ,ノ _, ィ | V_,.ノ|  {, イ
                          .        _____           `ゝr_、___/_,.‐ ¨´  ヽ、 {::ハ
                               ,.ィ¨ ̄.::.::.::.::. ̄¨'' -、_,.---――} |:::::::r'´ ̄     __/  ̄ ̄ ̄
                               /.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::. ̄.::.::.::.::.::.::.::._人|:::::::}  ___,.-‐'¨.::.::.::.::.::.::.::.::.:/
                          .   /::.::.::.::.:|.::.::.::.::.::.::.::.::.______} ̄¨¨{ ̄- ‐'´.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::./.::.
                             i ::.::.::.::.::|.::.::.::.::.::.::. /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: /.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::./.::.::.::.
-------------------------------------------------------------------------------------------

知らず、声を洩らした。







861 ◆oLG9iWoh0E:2009/12/29(火) 23:15:32 ID:1DUm0cmM

ボソっと囁かれたその言葉を、Lは聞き逃さなかった。


                               ,ハ :::: :::: :::::::::::.::::::::::::::::ヽ::::::::、::::::::::::ヽ ::::::..ヽ::::::`、 :. ::::::ヽ :::::.:.::`ヽ、
                               |/| ::: :::リ、:::rNヽ\::::ヽ、::::ヽ、::::::丶\ ::.\:::::ヽ .:. :::::`ヽ‐- 、_:::\
                               /  ハ ::.:.::! V /  \ヽ::i ヽ:::| `ヽ::、::`ヽ丶、:::丶、::、 :::::...、::::\ ``ヽゝ
                                 { ヽ.: ::l   /     ヾ ヽ:i  i| ヽ::::ヽ\``'' ‐---::::ヽ:::\rヽ、
                                   ';:: :!  〈  __     ヽ  |  ',::::::: :\:.::、`ヽ:\::::::ト 、::丶、
                                   |:: ハ  `              }:::::::. ::::ヽ::ヽ::.:\:ヽ、ヽ `` ー-
                                   |/l:ハ   、 __       ハ:::::.::| :i:.:ヽ.:i::: :、:ヽ} ``
                                  ノ ノ' l心  `ー‐一`      ,. '|:::::::| :| :.::.N :;、!`、ヽ
                                      |ハ         , '´ i!:::::: | ::| :.ハ | \ヽ!
                                       リ ヽ      ,. '´   ,/!/ |: :::、 !  i|
                                  __  __,.ノ/   ヽ __,,. '´      ノ l,イ:: ハ:{   |
                              ,..、,.ィ"r''"´  .:::    r         / / |、:! ヽ、
                         ,,.. -‐''"´ {   ヽ   r   i ヽ\       /   : ヾ丶、
                             l   |  ヽ \    l  \!     /       ヽ `ヽー-、_
                           | |      ヽ  \   ヽ        i           ノ /  ヽ、
                         、  | |       、   \          ノ        / / r   ``丶、

やらない夫は依然考え込んでいる。
                                            _, -‐
                                       _, -‐  ̄ ‐=ニ=-
              / ̄ ̄ ̄\           _, -‐  ̄‐=ニ二ニ=- _, -‐  ̄
             /         ヽ        ,~'_, -‐  ̄`ー-----― '
            /         丶    _,~'_ッ'-
            |     _ノ  ( ●)  .厂
            i     ( ●)  !  .⊃
             |       (__人_) /〉
           /∧     ,.<))/´二//⊃
         / : | ヽ  / /  '‐、二ニ⊃`
     , -‐'´: : : : :l   丶l    ´ヽ〉: : : : \
    /: : : : : : : : :|  /_/    __人〉|: : : : :|
   「ヾ: : : : : : : : : :l_/:_/ヽ.   /´     | : : : : :|
  〈\ : : : : : : : :,、: :/´∨/`ー'〉 |_| |: : : : :|
   !: : :ミヽ: : :/ `y′.: ',ゝ、_/     l: : : : : :|
   ! ⌒ヽ: : : :.ヾ/: ://: : : :|      l: : : : : :|


ただ、目が生き始めたのが見て取れた。






863 ◆oLG9iWoh0E:2009/12/29(火) 23:15:57 ID:1DUm0cmM

Lはやらない夫に声を掛ける。

                                        , '::::::::〃:::::::::::.i::::::::ヽヽ:ヽ ::::::、::::::::::::::::':::、、,__
                                       _ィ:::::::::〃:::::::::::: l!::!:::::::::::\ヽヽ:::::ヽ:::::::::::::::::::t=ー-.
                                     _ィシ='7:::〃::::ィ''|!i:::! i::,::::::、::::::ヽ::::::':,',、;,:::::::::::::::::::::ンッy、,_
                                    ´"  /::::::/:::/,.-ャj:::l 'i!';::::i\::::ヽ:::::::',',',i!::::::::::::::f"''''==-''
                                      ,.シィ::::::::ソ !. (::)リ! ヘ',:::l,,、ヌ;:::ヽ::::::',',',':::::::::::::::',
                                     〃 シi::::::::l  `""゛  ` 'リ (:::)ヤ、:ヽ:::!:','::::::::::::::::',
                                     ' ' .l::::::::l          ヾ'''''" Y:::::::::::::!::::::::::::::::',
                                        i::/l::::!   ヽ 、       l:::::::::::::::'::::::::ッ::::::',
                  「キャッチャー、難しいですよね」    l/ !:::'、   ァ、.        !:::::::::::::::::ォ:::::!';::::::',
                                  .       ,!.  |/ ';、. ヾミ.`j       ,イ::ァ:::::::::::::::i '、::',ヤ::::、
                                          " . ';ヽ     ,、y'´ /シ l::::::ヽ:::::l ヾ; ゛丶
                                             '|!`=tー:::'"/  /'  ハ::;::::il!';::!
                                  .              'i::: '       リ ソ ヽ'リ、
                                                !'i   j       ~ヽ
                                                リ 、 /  ―ー '''"""f,
                                               / _冫'''~            ',
                                              / ´   ,、     ̄~ ヽ  'i
                                             l!~    /         ヽ. !
                                             ソ.    /   ン      、 ', l
        ./ ̄ ̄\
      ./      \
      |     ー  ‐ i
      |   ( ●) ( ●)
      |     (__人__)
      |      `⌒´i       「ハイ、凄く難しいです」
      ヽ.       ノ
       ヽ     ノ
    /   \       \
     |     \, -‐- 、-‐- 、
     |\     \.  (" ̄ .入
    |  \    "  ̄ ̄ ̄  )
    |  / \,,_______人
     |      /\    \  \
    ヽ,____/;___\    \,,_ \,,__
              (______)___)

やらない夫はしみじみと頷く。







864 ◆oLG9iWoh0E:2009/12/29(火) 23:16:20 ID:1DUm0cmM

答えた後に顔色が変わる。
先程の件が知れ渡っている。そう考えた。


           / ̄ ̄\
         /       \
         |   u     |
         | ヽ   ノ  u |
       /´ fト、_{ル{,ィ'eラ,  |          「!」
     /'   ヾ| .(__人__)⌒`/ |
    ,゙  / )ヽ(,`⌒ ´   | | ヾ、
     |/_/  ハ      /:}  V:::::ヽ
    // 二二二7  /u' __ /:::::::/`ヽ
   /'´r -―一ァ‐゙T´ '"´ /::::/-‐  \
   / //   广¨´  /'   /:::::/´ ̄`ヽ ⌒ヽ
  ノ ' /  ノ:::::`ー-、___/::::://       ヽ  }
_/`丶 /:::::::::::::::::::::::::: ̄`ー-{:::...       イ
                                          ,r':i::::、::::、:::::ヽ::::::::::::::ヽ、::ヾヽ::::::::、:::::::ヽ、、、:::::::::
                                         i::: i:::!::ヾヽ、::ヽ、::::::::::::::::::::::ヽ:::::、ヽ:::::::::ヽ、::::::::::::::
                                         i:::i::::',:::::::`' -.:::::ヽ、、::::::::::::::::::::::::::::ヽ、::::::::::::::::::::::
                                          !:、i::::ヽ:::::、:::::__ヾ::::`::::::::::::::::::、::::::::::::::: `ヽ::::::::::::::
                                .           l:! ki::、:ヽ::',ヽ|}`ikj、:::`:::::::::::::::ヽミ、:::::::::::::::::::::::::::
                                          i! ヾ:、:::::::::、 ゙、.;::" ゙ヽ::i、:::::::::::::ヽ9`i、::::::::::::::::::
                                          !  ヾ ソ\::、 '"     ヾ!ヽ::i::、::::::;X"、:::::::ヽ:::::::
      「そんな顔しないでくださいよ。                     /   ヽ、       l! ';:iヽヾ:::'rヽ.`ヾ::::::、:::
       別にあなたに何があったのかを知っている訳でないし、      '、_-‐       !  リ ヽヾ:', ::   ヾ:',`
       思考を読んだという訳でもありません」                 `i         ′ ソヾ; ';   ヾ',
                                       ,、..、         'ー‐ァッ        ,:':  ヽ ',  //
                                       f " ,`;ー 、      ヽ、、      /::::    : //
                                       ーア::ヾミッ、` 、_       i    ., '""'-、,,__.._ //
                                   ,:-、 ,x、, 〈::::::::::::r'^,ニ'ー `=r-、、. ゙ー-‐ "    〈'i ヾ:、::ソ/
                                  /   iヽ `'ヾー "{ノ ノ    `  ヽ.         |.  ヾ、:/






866 ◆oLG9iWoh0E:2009/12/29(火) 23:16:46 ID:1DUm0cmM

                                          ,r':i::::、::::、:::::ヽ::::::::::::::ヽ、::ヾヽ::::::::、:::::::ヽ、、:::::::::::
                                         i::: i:::!::ヾヽ、::ヽ、::::::::::::::::::::::ヽ:::::、ヽ:::::::::ヽ、::::::::::::::
                                          i:::i::::',:::::::`' -.:::::ヽ、、::::::::::::::::::::::::::::ヽ、::::::::::::::::::::::
                                          !:、i::::ヽ:::::、:::::__ヾ::::`::::::::::::::::::、::::::::::::::: `ヽ::::::::::::::
                                .           l:! ki::、:ヽ::',ヽi,、`ikj、:::`:::::::::::::::ヽミ、::::::::::::::::::::::::::::
                                          i! ヾ:、:::::::::、 'J ;::" ゙ヽ::i、:::::::::::::ヽ9`i、:::::::::::::::::::
                                          !  ヾ ソ\::、 '"     ヾ!ヽ::i::、::::::;X".i`:::::::ヽ:::::::
     「1つ良い所があればいい他のポジションと違って、         /   ヽ、       l! ';:iヽヾ:::'rヽ.`ヾ::::::、::::
      キャッチャーに求められるものは多すぎる。             '、_-‐       !  リ ヽヾ:', ::   ヾ:',`
                                                `i         ′ ソヾ; ';   ヾ',
      キャッチャーの悩みなんて、皆同じようなものですよ」           'ー‐ァッ        ,:':  ヽ ',  //
                                                  ヽ、、      /::::    : //
                                                    i    ., '""'-、,,__.._ //
                                                     ゙ー-‐ "    〈'i ヾ:、:::i`/
                                                             |.  ヾ、:/


         / ̄ ̄\
       /   _ノ  \
       |    ( ー)(ー)
       .|     (__人__)
       /     ` ⌒´ノ      「・・・そうなんでしょうか?」
     /  ヽ ⊂二二 ̄\
   /     \  ⊂、'    ヽ
  /        \_, `7  /
 /    へ     \ !/  /
 |      \    Υ  /
 |        \     /\
 |        / \__/.,,_r ヽ、


とてもじゃないけどそうは思えなかった。
それにこれは、自分達の問題だと、そう思う。







867名無しのやる夫だお:2009/12/29 (火) 23:17:03 ID:lIFHUVA6
さすがL、すさまじい」洞察力だな






869 ◆oLG9iWoh0E:2009/12/29(火) 23:17:23 ID:1DUm0cmM

やらない夫を見て、Lは顎に手をやった。
12歳も下のこの後輩を、Lは歳の離れた弟のような目で見ている。


                                 ',::::::::::ヽ :::::::::::ヽ :::::::、:::::::::::::. '::::::::、ヽ、ヽ::::ヽ\:::、::::::::::ヽ、
                                 .ヾ 、::::::::'.,::::、::::ヽ、::::::::::::へ::::ヽ':::::'.,ヽ\':,':,:::ヽヾ:: ':,::.:::::::::;_`;;,、,
                                 :'::\ヾ::::::ヽ'::::ヽ::::\::::::::: `:::ヽ:::`、::::'.,:ヽ.ヽヽ:::::':,ヽ::`:::、::、ミ;;,、.``''ー
                                 ::',::',:,ヽヽ、:::\ '::::ヽ::::ヽ,::::、::::::ヽ、\:::::'::::'., ':,ヽ:::::':,:ヽ:::ヽ:', ``>
                                 、:',:::',:':;:`::.`、;_:ヽ、::::\:ヽ:',ヽ; '::、;;;;ヽ`、::::::::'., ':,゛,'::::::::::',:::::::':,
                                 .!:::゛::',::ヽ:::\::::::::::ヽ:::::`:、: 'yッンァ::::ヾ;\';::::::ヽ':,::',,::ヾ::::',:::::
                                 ::::::::::::'::::\::::ヾ:::::::::、、: `:::::::i! !::::::::::メ'ッ、`:::::::::':,:::',,::ヽ::::::
                                 ::::::::、::::',:、:::::ヽ\::::::::'., \::::,ヽ ` ー "/ `;:ヽ::::'.,:::l!:::ヽ,
                                 :::ハi!ハ::、 ヽ:::ヽ. i ヽ、::ヽ ヽ::',`''、'''"    !:',::、::::::::!:::、
                                 :::i,丶'、 ヾ  `'、`;、 `'-`、  ヽ、     i:::',:!:、::::::::::::i
     「やれやれ・・・                    ::::!   `  `   `iヽ、     ヽ          i::::',:i:ヽ:::::::::!
     じゃあ推理でも一つ披露しましょうかねぇ」   :::::l,        !             i!.ノ';,:::;::':,::::::l
                                 :::、:i      ..、ヽ、 _,,,..         !,、: '::::::'::::':,::::!
                                 ::::.、',         ´          /::::::::::::::',.:::::::::'
                                 ::::::ヾ'、     ..、、......            ,;:'i:::::::::::::::::',.::、:::::',
                                 ::::::::::ヽ   ''``ア`'''マ''''``''ー     ,;:': .i:::::::::::::::::::',:ト、:::::',
                                 ';::::::::::::`;;、   /    l:.     ,;:''   .l:::::::::::::::::::::::i \::',、
                                 . !:lヾ:::i :. ;ヽ/   ノ:     /'    i:::::::::::::::!';ヽ::',  ヽ;ヽ
                                  ';! ヾ'i: : /    /    ,.ィ'´'    ..  !:::::i::::::::', '、 ヾ    ヽ
                                  '、. ソイ'    /‐-ー;:シ'      ::/  i:::::!':,:x:::',   `
                                   /:. !    /:. :._、-'´       .::/  ',:::! ':;ヾ;
                                 、='´:. :. '   ン:. :,'´         /  ':;:.ヾ'、 ヽ `
                                 :. :. :. :    ,':. :. ',           /   ';: `ヾ、


悩みや壁なんてものはとっとと乗り越えて、限りない成長を見せてもらいたかった。







871 ◆oLG9iWoh0E:2009/12/29(火) 23:17:50 ID:1DUm0cmM

                                i:: ::::::::::::::::::、:::、:、:::、:::、:::::::::::,:::::::ヽ:::゙::::::ヽヽ:: \::::::ヽ:::::',ヽ:::
                                i::: ::::i::::::: ::::l\、ヽ::::ヽ::::::::::::',ヽ',ヽ、:::::、:::::::ヽ:::ヽ:ミ、:::ヽ、:::::
                               i::::l:ヽ::::!::::::!:::l ッtー゙、:::::::::ヽ::'、::', ゙ヽ.ォ-=-、:::::::::::::ヽ:::ヽ:::',:::::
                             .  i:::!l:::::ヽ::::::::::::l.il k::::::ハ\:::::::、:、ヾ:、〃k:::::::ソヾ、:::::::::::ヽ:::ヽ::::::
                             . ,ィ''i:l' !i::::::',:::::::i::::iヾ-.ニ_-' :ヽ:::',ヾ、ヽ.゙ 、..二...;シ ゙i:::::::::ヽ、::::::::::::
                             イ l リ  'i::l::::',::::::':,':! ゛""   i ヾ:、 ヽ` `""""  .li'i::::::::::::ヽ::::::::
  「キャッチャーに求められるものを考え、   ..ヽ/ ',  i:il:::::',::::::kヾ、    !    ヽ           l!.l::::::::::::::::ヽ、
  それを消去法で消していけば、         ヽ ;  ii i::::、:::::', `     、              ! !:::;:::lヽ::',i!`
  あなたの悩みは浮かび上がります」        ヽ ', ':, ',::i 'i::::':,     ヾ、 -‐           /.l::ハ::l ヽ::i !、
                                ', ', ヽヾi ',:::::i、  ヽ、 ..__         , ' .i:l. リ /入',
                                 il ', ,ン''ヽ-'i:::l._ヽ   `.{i ゙マ''"""    /   i! ,/./ i`
                                ,-┴'゙ ' ー ゙ 'i:l、 ゙\.  リ   i     ,..:''    ! , ' "  .i
                               /          ゙! ゙ヽ、 ヽ/   i  ,..::'::''     /, '  /.!
                             ..r'゙_  il. ,          ノ゛   i'.、イ:::'''      //  ノ

     / ̄ ̄\
   /   _ノ  \
   |    ( ー)(ー)
.   |     (__人__)
    |     ` ⌒´ノ          「・・・」
   .l^l^ln      }
.   ヽ   L     }
    ゝ  ノ   ノ
   /  /    \
  /  /       \
. /  /      |ヽ、二⌒)、
 ヽ__ノ

やらない夫が不満そうな顔をする。
それを無視してLは続けた。







872 ◆oLG9iWoh0E:2009/12/29(火) 23:18:14 ID:1DUm0cmM

つらつらとスムーズに、Lは話す。
                                           /!/ヽ::::\::ヽ\ヽ、::::::\ヽ:::::::::::ミ./
                                          /::::!i::::',ヽ::iヽ\:\!::\ヽ::ヽ `::::::::::ヽi.
                                         //:::::i:::::::'.,ヽ:i::::::: `::ヽ::::ヽ\:\:::::::::ヽi
                                         /::::::::::l:::∧:、::、:!::iヽ_::::::ヽ:::ヽ\:ヾ:::::≦
                                         iソ:::::::::!:i{:)ヾヾヽ::i {:ソヽ、::::::::ヽ\::\::::::i
                                        リ i!:::i:::::!゙=ツ` `ヾ!="  i::::::::`::ヽ:::::::ヾ',
           「まずキャッチングを含んだ守備。          ! i:::!i::::i ヽ 、      i::::::::::::::::`:::、::ヽゝ
           これは確かにまだまだですが、            リ i!'i:',  `       i::::::::::::::::::::::::\ミ、
           技術面での物足りなさは納得済みでしょう。     !  ! ハ. ヾニ=       !:へ:::、:::::::::ヽ\`
           これは除きます」                        i:i  ー     ,..ィリ  ヾ、シァヾミ、
                                              リヽ    ,..::'"  ! :  /'"/  `ーェ、
                                               `""´ヽ    :. // /    r'´  `- 、._
                                                   ヽ、  :/ /ン    i       `ヽ
                                                     ヽ'  /     i         ',


                                          /:::〃i::::',::::ヽヾヽ::ヽ\:、\:'.,',`ヽ::::::::::ミェ、、、
                                         /::::/::!::'::::::':,:'.,::::ヽヽ、::::::::::\\',:::::::::::::::ヽ ̄
                                        /::::::i::::::: i:::、::::::::ヽ:::、、:::ヽ::::、::::::\ヽ、:::::::::ヽ:ミー
          「次に肩を含めた盗塁阻止技術。         ,'::;::::i:::::::l!::!ァ、:::::::::ヾ:、r゙ =、::::ヽ::::::::::ヽ::::::::::::`、ヾ、
          これはそんなに考えていないでしょう。      /シi::::i::i::::!:ii (::メヾ、::'.,メ (::ソ,゙i::::ヽ:::::::::ヽ::::::::::::ヽ、
                                       /' i:::i::!::::::i '=テ' ` ヾ::ミ=" リ::::ヽ::::、:::::::::::::::::::::ヽ、
          あなたは相当地肩がいい。              i:::!:::i:::::!. ヾ .、  `    l!i:::::::::::::'::::::::::::::ミ`ヽ
          スローイングや捕球から投げるまでは微妙ですが、  'i::::l !i:::'、 `        ! i:::::l::::::::::::::::::::ヽ`ヽ
          それを補う地肩の強さがある。             'i::l i;lヾ、. ==-     , イリ,:::i゙テ、::::::::::::ミヾ、
                                           ';i il 'i:ヽ 'ー    ,...:': : i! ';:i'シ' `` ー-=:、ヽ
          これも、消しです」                      ! ! 'i:::'、   ,...:'::::::  : ! // , ', -‐'''''ー 、\
                                               リ `ー ヽ、::::::   ; ,'//〃     ` ヽ
                                                    ``ヽ、 //  〃         ヽ
キャッチャーの悩みとやらを、スラスラと述べていった。







873 ◆oLG9iWoh0E:2009/12/29(火) 23:19:15 ID:1DUm0cmM

                                                        ,ィ
                                                   /  ,// _、-
                                                 , '/ /‐'::::,、ン'/
                                               , ./:::レ:::::::::::::´::::::ー--...、.._
                                               _iV::::::::::::::::_::_::_::::::::::::::::::::::::::::::::::=-
                                             r::'::::::::::::`ヽ三ニー-::::ニ:::::::::-=ニ´
                                           /::/三:::\\ヽ::::::::: ミ、::::::::::::::_:::=≧ー
                                           /:::::/:::::ンヘ\\ ヽ:::::::::::`ヽ:::::::::::::ニ三三ェ-
                                          //i:/://:::,'i::::ヽ\\ ',、::::ヽ:::::::::::::::::::::<'´
                                          !' /::;:':::/:::,'::i i:::ヽ:::::::ヽ:ミミ:::::ヽ、:::::::::::k-ニヽ、
                                           /::i::::l:i:::i、::',. ',::::::ヽ::::::::ヽ::::::::::::`::::::::::ミヽ、
           「打撃は・・・                         /:::ii:::l::i:::L::::':,::i:::::::\、_:::ヽ::::::::::、::::::::::ヾ、
           悩んでるって言ったら私が怒ります。         /::/i:i::l::i::i f:::j、:;::::',ヾ:::,rt:::j、\:::::::::::::::::i、\
                                       _,rーァ'/'´ i:ハ:l::lリ`=‐ヾ'、::、゙ヾ、ニノヽ::::::::::::::ヾヽ、.
           これも当然消し」                ,r''"     i.リ/リ::',゙     ゙ヽ     .,!::;:::::iヾ::',ヽ、 ``ー-
                                    / ',  -、    i//::l:l゙、     、 ..    ..:':l::i!ヾl:::l lヽi ', `ヽ
                                   ∧  ',   i i   i i: リ ヽ. ‐-- 、   / /リ / !/./ ' '  ゙ヽ
                                   ,' ヽ  ', i 〈   ,i i::.、 \\   ..::'::: / !   , ', ' .i
                                   、 ヽ  i     'ヽゞミヽ、ゞ: `ニ:´:::::'' _,. -//  i
                                  .  ヽ、ヽヽ  i    ',ヽ、`ヽミヽ、    ,.:-'´,. '´/   ノ     /
                                  .   iヽ \i .i!ヽ     ` 、`'-、、、、、- ',ン''           /〃
                                     i  ヽ.\ !        ` ー-ー '´          , ' //

やらない夫は現在、2軍の本塁打王争いで第3位。
高校卒ルーキーとしては破格の打撃力を見せている。


       / ̄ ̄\
      /  \    \
    .(●)(● )  u. |
     (__人__)  u   |
     .(`⌒ ´     |       「・・・」
     {         |
      {      u. /
      \     /
      ノ     \
     /´        ヽ


その打撃成績は、Lを上回る。







874 ◆oLG9iWoh0E:2009/12/29(火) 23:19:42 ID:1DUm0cmM

                                           ,,,-''"´   __,,,,,- ―,'"´
                                       ,   ,,=:::::!'ニ-'''"'"´,=-''"´
                                      ,i:| /::::::::´::::::::::::::::::::::::::::‐-、,,
                                      /::i/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`=-、
                                     (::::::::::::::::-、 :::::'ー-、:::::::::::::::::::::::::::::::ヾ゙'-、
                                   ,=''::"::::::::ヽ::::::::::::、\:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\ "'-、
                                 / ,-'::::::::!\::::ヽ::::::::::、 :ヽ:::丶::::::::::::::::::::::::::::::::::\ `
  「リード面。                         //:::,:::::::/:::::、、:丶:\: \:ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
  これは私がこうやって直々に教えています。    //:::: /:::::,:::::::::ヽ::\ :\::::::\:::\:::\:::::::::::::::::::::::::::::i、::\
                                ,! i::: /::::::/=、::::!::::\:\ ..::::::::::::::::::\ ::\:::::::::::::::::::::::丶ヽ、、〈
  不満だというならぶっ飛ばします。          ! .i: /::::::/' i゙:i\:::::i,/フ7:\::\:::::::::::::丶 ::::::::::::::::::::::::::'i,  ``
  これも消しで。                      ' i::!i::::::iヽ-''  丶::!i、''-;ノヽ\\::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::丶
                                 i:! !::::i〈     ` `"゙´  '!:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::'i,
  ・・・そうなったら、捕手に求められるものは     ! '!:::i ` `         '!:::::::::::i::::!::::::::::::::::\::::::::::::::\ヽ
  残り1個しかないじゃないですか」           '   !:l l'ー----、       !::::::::::|:::i::::::!::ヽ:::::::::丶::::::::\ ``
                                   ':i .|7 ̄ ̄`ヽ      !::::::::/'!::l:::::|,:::::,、:::::::i,`''''ー-\
                             ,―''''j,,,-‐-‐'‐‐、      i      !::::::/ iンヽ:::!!::::i \::::l      `''ヽ、
                           ー'´  /:::::::::::::::::::::::::ヽ   /     /'!:::/ !i  !:i ,イ:i  丶!        \
                             ,-(:::::::::::,=-‐iTTTl几_,,ィ'  ,,.<_.  !/ /   レ゙ !i  ,,   ´ ̄ ゙̄''-、   ヽ
                           _/-‐'" ̄lニ)| .| | l,!/ー‐' _ ,-'゛  l、 `''l! 、,,_   | !  /         \ ヽ、
                           _,,,,,,,.. -‐'゙゙フ /゙l'''"´ `"゛´    〈 !, "  'l,゙\ l゙   /             `''ー
                           ..-''" .,ン'゙ i  !   __,,,,、-‐-、,, ∧ヽ、、  \__/|  /
                            _ -'″  / /゙  /:::::::::::::::::::::::ヽ、`  ヽ 、 ヽ 丿  i
                           l<   ,/ / _,,./::_;;_::::::::_::::::_:::.-‐';‐'゛'ー、\    |
                           ´゙'l'ー''"`゙ ̄   \ヽ !TT l´Tン‐'´,ノ'ー、  `\ー、ヽ
                            ヽ        `ー――‐゛''''"´'   )    \

Lは断定的に、言い切った。







875名無しのやる夫だお:2009/12/29 (火) 23:19:52 ID:q1P9Su36
意外と凄いやらない夫







876 ◆oLG9iWoh0E:2009/12/29(火) 23:20:12 ID:1DUm0cmM

                               .  /,/;:;:;:;/;:;:;/;:;:;:;l;:、;:;ヽ;:;:;:;:ヽ;:;:;:ヽ;:;:;\;:;:;:;:;:; l;:;:;:;:;:!`'\
                                / l;:;:;:/ //;:;:!;:;:;ヘヽ;:;:;:;\;:;:;:\;:;:;\;:;:ヽ;:;:;:;:!;、;:;:|
                               ./ /;:;:;/ //;:;:;:|ヽ;:;:'、;:;\;:;:;l;:;ヽ;:;:\;:;:ヘ i',:;:;:;| ヽ:;:;i
                                 |;:;:/l;:l/;:;:l;:;:!ヽ\.\;:;:\ヽ、\;:;:\ ', | i;:;:;i':,::\|
                                 | /;:;:/l |;:l;:;:| i´ f::::j 、\;:\ ,rt:::j フl .! |ヽ:! !;:ヽi\
                                 | ヽ/ |、ヽヽ { `=‐' ヽ|`ー ゝ`ー=' l ! |;:;:;l !ヽ\- ゝ
                                 |  |;:;l ヽ\ ヽ                / | i;:;:;:!.|:;::|:;:!
  「女房役・・・                          |;:;l |\ヽ_,ゝ     i         / ,! :;:! !;:;:l;/
   いったい誰がそんなこと言い始めたんでしょうね。   | ∧ |;:;:ヽ' 、      ` ´     /|/ l;:;:;ヘ;:;:i
                                   |/ ヽ ∧ヽ,\  ‐‐---‐‐   イ/;:;:;:|;:;:/ ヽ!.
   リーダーシップや、投手とのコミュニケーション。      |/ |∧| \         / .| / l/;:;:l
                                        |'  l   ヽ、   /   l'/ ヽ/
   やらない夫君、あなたが悩んでるのは、そこですね」        l     ` ̄´    l、
                                        ,. '´            ヽ、_
                                  __ ,.. '' ´   ヽ          /   `'ー- ..__
                               -‐ '´ {´        ヽ       /         `}  ̄ 'ー- 、
                                   ヽ          ヽ       /          / /     ヽヽ
                                 ヽ  \                         / /       | ヽ
                                     \                   /       /     ',
                                       `'ー-  _         _  -‐ '´        /      l
                                 /           `'ー----‐ '´         /    l     l   !

     __
..:...::./:..:..:..::\.::..:..:..:
.::./.:..:.._ノ::::..:..\.:..:...::.:.
:..|:::....  ( ○)(○).::..:..:
.: |:::.... u (__人__).::..:..:..:
::. |::u:.   (.::..:..:..::::..:...:..:          「・・・ハイ、そうです」
.::. |:::.....u  ` ⌒´ノ.::..:..
::..:.ヽ:::.....     }.::..:..:..:..:
.::..:...ヽ::.....   ノ         \
::..:..:..:/::..   く  \        \
.::..:..: |::...   \  \        \
::..:..:..:|:::.....  |ヽ、二⌒)、           \


Lの真剣な瞳に押され、素直にやらない夫は答えてしまう。







877名無しのやる夫だお:2009/12/29 (火) 23:20:25 ID:h7nR4Btc
なんという有望株w







878名無しのやる夫だお:2009/12/29 (火) 23:20:39 ID:ukM77iVo
というか5年後以降、確実にチームの柱だろやらない夫。







879 ◆oLG9iWoh0E:2009/12/29(火) 23:20:42 ID:1DUm0cmM

                                               /, '"´:/,.. -‐ニ ___
                                             / ///::‐''"_;:ニ=== ``ヽ、``
                                             {レ:1:::∠二::__::::::::::__:::::`ヾ.ニ._ゝ
                                            ,.ゝ::_:; -──- ニ:_:::::::''::‐ニ__:::::\
                                           /::::/:、::::::::``ヽ、:ヽ::::` 丶、:::::─--`ヾ__
                                           /;:イ:l:::|::ヽ、:::::::`ヽ::ヽ\::ヽ::`丶、:::::< ̄
                                          〃/::::/:l:::、:ヽ:`::ー-:::::ヽ::: \::::、:::::::::::::::\
                                          / /1l!:|:i::|:i心::\:::ミ_ヽ、:ヽ::::\::::::::弋_⌒`
          「ついでに言っちゃえば、蒼星石さんでしょ?      ! |l::|!::!::|{.Oヽ:、:::ヽ{.Oヽ::::::::::ヽ::::ゞヾゝー
          あなたはやる夫君とは上手くやっている。       | /!::|i:::::i`"´ .;!` `ヾ" |:!:::::::::::ト、|`ヽ、
                                       _, ‐'7´   !ハ::N   〈l,. _     ハト、!`iヽ、`  `丶、
          あの子も相当屈折してますからね。       / 〃     | |:ハヽ _,,.......__   / :: ヽ::!       ヽ
          大変ですね。頑張って下さい」          // ̄ ``ヽ、   {. ヽ ー   / .::: / ,. -- 、   /  ',
                                     ,: ′      ヽ _ \. ` -‐ '′  :/./   |  \/  iハ
                                    ./        い   `ヽヽ、__ , ‐-'-./    l |   ヽ  || |
                                   .! 1         i !、 | | !   //  / /    | |.     ', || {
                                   ,|  |        | !| | |. i| / /〈 、t'レ'′   | |   | iノ }
                                   / !          | |' i〉 l | ヽヽ ヽ/      |l |   | |__`'}
                                   |! ヽ|         | |,.イl | !  ヽ.∨       il  |   .! | 〉 !
                                   | ヽ.|           | |ハ!r|.r|     /       |  |   ! /|V._ 

図星を突かれたやらない夫は、目に見えて慌てたが―


              , n / ̄ ̄\ .n
           . / / j.´_ノ  ヽ、u'l lヽ、
           /,イ / (○)(○) .l i i i
            〈 .r {u (__人__) .i. } } 〉
          ', i.  ',   ` ⌒´ /   /         「―――!」
           .i   l.      ,'  ./
         .  ヽ、_.イ、.    人 ノ
             ヽ     〈_ノ ノ
              |     ./
               |    .   |







880 ◆oLG9iWoh0E:2009/12/29(火) 23:21:14 ID:1DUm0cmM

次の瞬間、これだけ解っているLならば、と
疑問をぶつけた。

.        / ̄ ̄\
     . / ノ  \ \/`i
     |  (●)(●)./  リ
    . |  (__人__)..|  /
      |   ` ⌒´ リ  ヒ
    .  ヽ     //  ,`弋ヽ             「Lさん!俺どうしたらいいんですかね?」
   __ ヽ  - ′.Y´  , `ヽ`.l
  / :  : :介〈  `ー〈::....ノ   Vヽ
  | : : : : ::〈 「`ヽ_ー 、 `ヾ_/ //:|
  | : : : : : /: | {::::} フ-、`ー┴‐- │
  | : : : 〈: :│ {::::l /. :`ー‐一′ ::|


                                          , '::::::::〃:::::::::::.i::::::::ヽヽ:ヽ ::::::、::::::::::::::::':::、、,__
                                        _ィ:::::::::〃:::::::::::: l!::!:::::::::::\ヽヽ:::::ヽ:::::::::::::::::::t=ー-.
                                       _ィシ='7:::〃::::ィ''|!i:::!i::,::::::、::::::ヽ::::::':, ',、;,:::::::::::::::::::::ンッy、,_
                                     ´"  /::::::/:::/,.-ャj:::l 'i!';::::i\::::ヽ:::::::',',',i!::::::::::::::f"''''==-''
                                        ,.シィ::::::::ソ !. (::)リ! ヘ',:::l,,、ヌ;:::ヽ::::::',',',':::::::::::::::',
                                       〃 シi::::::::l  `""゛  ` 'リ (:::)ヤ、:ヽ:::!:','::::::::::::::::',
                                       ' ' .l::::::::l          ヾ'''''" Y:::::::::::::!::::::::::::::::',
               「知りませんよそんな事。           i::/l::::!   ヽ 、       l:::::::::::::::'::::::::ッ::::::',
               人間性を私に求めないで下さい」      l/ !:::'、   ァ、.        !:::::::::::::::::ォ:::::!';::::::',
                                   .       ,!.  |/ ';、. ヾミ.`j       ,イ::ァ:::::::::::::::i '、::',ヤ::::、
                                           " . ';ヽ     ,、y'´ /シ l::::::ヽ:::::l ヾ; ゛丶
                                              '|!`=tー:::'"/  /'  ハ::;::::il!';::!
                                   .              'i::: '       リ ソ ヽ'リ、
                                                 !'i   j       ~ヽ
                                                 リ 、 /  ―ー '''"""f,
                                                 / _冫'''~            ',
ばっさりと、自分を切って捨てるL。







881名無しのやる夫だお:2009/12/29 (火) 23:21:19 ID:lIFHUVA6
Lすごすぎwww







882名無しのやる夫だお:2009/12/29 (火) 23:21:48 ID:q1P9Su36
そりゃそうだw







883 ◆oLG9iWoh0E:2009/12/29(火) 23:21:49 ID:1DUm0cmM

やらない夫は困った顔をした。

               / ̄ ̄\
             /  \    \
            .(●)(● )  u. |
            (__人__)  u   | アルぇ~?
            .(`⌒ ´     |
             {         |
             {      u. /
.             __\     /リ 厂`'‐- .._
         / :  : :介ーz<__」// |: : : : : : :ヽ
          | : : : : ::〈 「`乂/  / 丿: : : : : : : |
         | : : : : : /: | {::::} / `7: : : : : : : :│
.           | : : : 〈: :│ {::::l /. :/. : : : : : : : : |

                                                          ,ィ
                                                     /  ,// _、-
                                                   , '/ /‐'::::,、ン'/
                                                 , ./:::レ:::::::::::::´::::::ー--...、.._
                                                 _iV::::::::::::::::_::_::_::::::::::::::::::::::::::::::::::=-
                                               r::'::::::::::::`ヽ三ニー -::::ニ:::::::::-=ニ´
                                             /::/三:::\\ヽ::::::::: ミ、::::::::::::::_:::=≧ー
                                             /:::::/:::::ンヘ\\ ヽ:::::::::::`ヽ:::::::::::::ニ三三ェ-
                                            //i:/://:::,'i::::ヽ\\ ',、::::ヽ:::::::::::::::::::::<'´
                                            !' /::;:':::/:::,'::i i:::ヽ:::::::ヽ:ミミ:::::ヽ、:::::::::::k-ニヽ、
       「私の最も駄目な部分でもありますから。              /::i::::l:i:::i、::',. ',::::::ヽ::::::::ヽ::::::::::::`::::::::::ミヽ、
       私が上手く操縦できるのなんて、ライトくらいです。        /:::ii:::l::i:::L::::':,:: i:::::::\、_:::ヽ::::::::::、::::::::::ヾ、
                                            /::/i:i::l::i::i f:::j、:;::::',ヾ:::,rt:::j、\:::::::::::::::::i、\
       ・・・一度、あなたを1軍に上げたいですね」        _,rーァ'/'´ i:ハ:l::lリ`=‐ヾ'、::、゙ヾ、ニノヽ::::::::::::::ヾヽ、.
                                       ,r''"     i.リ/リ::',゙     ゙ヽ     .,!::;:::::iヾ::',ヽ、 ``ー-
                                      / ',  -、    i//::l:l゙、     、 ..    ..:':l::i!ヾl:::l lヽi ', `ヽ
                                     ∧  ',   i i   i i: リ ヽ. ‐-- 、   / /リ / !/./ ' '  ゙ヽ
                                     ,' ヽ  ', i 〈   ,i i::.、 \\   ..::'::: / !   , ', ' .i
                                     、 ヽ  i     'ヽゞミヽ、ゞ: `ニ:´:::::'' _,. -//  i
                                    .  ヽ、ヽヽ  i    ',ヽ、`ヽミヽ、    ,.:-'´,. '´/   ノ     /
                                    .   iヽ \i .i!ヽ     ` 、`'-、、、、、- ',ン''           /〃
                                       i  ヽ.\ !        ` ー-ー '´          , ' //
Lは考え込む。







884名無しのやる夫だお:2009/12/29 (火) 23:21:53 ID:h7nR4Btc
容赦ねぇw







885名無しのやる夫だお:2009/12/29 (火) 23:22:13 ID:RwsUxft2
技術やらは教えられても対人スキルは教えてどうにかなるもんでもないしなぁ







886 ◆oLG9iWoh0E:2009/12/29(火) 23:22:15 ID:1DUm0cmM

ポカンとした表情でやらない夫が答えた。
自分が捕手としてLより優秀と思えなかった。

自分が1軍に上がるのはまだまだ先だとやらない夫は考えている。


             / ̄ ̄\ ?
            / ノ     ヽ
            |  (●)(●) |
            |  (__人__) |
            |   ` ⌒´   |
            ヽ        }            「一軍に・・・ですか?」
          __,, -ヽ     ノ -、
         /⌒ヽ  | \><ヘl ヽ \ .
         {:::   l  \ ヽ };;{ |   | i  }
        {:::::.. 〈;;,,  ヽ V;;;}ノ  l彡 ヽ
   _,,.-‐''" |::::::::  ヽ--、 \ >--'⌒ヽ::.  }
   || |_,,.ィ'|::::.....   }_,,.-‐''"~ヽ_,,.-し'::  )_,
   || | || !::   /      .::ノ::::::::::.  ノ
   || | || _ヽ,, .;:::   _,,.-‐''"ー''--'' ̄
   _,,. -‐''"  `ー---''"

                                     __             /
                                /l.   i´ `i           , l
                               < > .|   |       r,シ,..:':レ'l
                                V   |   .|         /::::':::::::::::::',   はい、そうです
                                    |   .l      i::::ニ_:::::::、:::',
                                    |    !     ,r':::、::_:ミ:::ヽ、::ヽ、
                                 、、 i   |     /:::i:::::::::\:::::::::ヽ::::`- ___  __
                              ___ i´  `1   .l    ,リ:::!::::l゙_、::::::、::::::::::ヾ::::::::ヾ l /
                       .       /  `'l:   iー- |_  __!_l:::::',l゙i oヽ\ i`o、::::::::::::ヾ '
                          / ̄、i   i.',   ',__... l  `'´、 ノ::::::i `'''´   `''''"゙i::::::ハ-、
                          /   i   ゙';    i   !、   ヽ !ハ::、  ´ `   ,从::l ゙  l
                          〉、  ヽ、   ヽ.   i   ヽ`ー‐-=--―=._‐=‐ ,ィ'1!リヾ   l
                          ゙ーヽ、_:ii.r''''ソiニフ             `iェ‐ニ'ノ  〃 |i
                            i   ``'''": '´       _,.-ッー-――‐'ー''"   jt.   l
                            i     _、__  ,.-‐'´r-'i '         , ' / i   l
                            ``ー-''''´ヽ、_ニ‐'''´~   i    _    , ' /  ア-‐ .l
                                          く_,.-‐'´      / / ̄ , !
                                          / ``   '    l! /  /






888 ◆oLG9iWoh0E:2009/12/29(火) 23:22:37 ID:1DUm0cmM

Lは自分が持っているものと持たないものを綺麗に把握している。
                                          i:::i::::',:::::::`' -.:::::ヽ、、::::::::::::::::::::::::::::ヽ、::::::::::::::::::::::
                                           !:、i::::ヽ:::::、:::::__ヾ::::`::::::::::::::::::、::::::::::::::: `ヽ::::::::::::::
                                 .           l:! ki::、:ヽ::',ヽ|}`ikj、:::`:::::::::::::::ヽミ、:::::::::::::::::::::::::::
        「ロビンさんにしろクマーさんにしろ、             i! ヾ:、:::::::::、 ゙、.;::" ゙ヽ::i、:::::::::::::ヽ9`i、::::::::::::::::::
         うちの一軍のキャッチャーが、                 !  ヾ ソ\::、 '"     ヾ!ヽ::i::、::::::;X"、:::::::ヽ:::::::
         非常に上手いところなんですよ。                  /   ヽ、       l! ';:iヽヾ:::'rヽ.`ヾ::::::、:::
                                              '、_-‐       !  リ ヽヾ:', ::   ヾ:',`
         私では教えれませんが、彼らからは学べる」             `i         ′ ソヾ; ';   ヾ',
                                        ,、..、         'ー‐ァッ        ,:':  ヽ ',  //
                                        f " ,`;ー 、      ヽ、、      /::::    : //
                                        ーア::ヾミッ、` 、_       i    ., '""'-、,,__.._ //
                                    ,:-、 ,x、, 〈::::::::::::r'^,ニ'ー `=r-、、. ゙ー-‐ "    〈'i ヾ:、::ソ/


                                            !:、i::::ヽ:::::、:::::__ヾ::::`::::::::::::::::::、::::::::::::::: `ヽ::::::::::::::
                                  .           l:! ki::、:ヽ::',ヽi,、`ikj、:::`:::::::::::::::ヽミ、::::::::::::::::::::::::::::
                                            i! ヾ:、:::::::::、 'J ;::" ゙ヽ::i、:::::::::::::ヽ9`i、:::::::::::::::::::
        「他にも、ロビンさんの肩が衰えたのにも関わらず、     !  ヾ ソ\::、 '"     ヾ!ヽ::i::、::::::;X".i`:::::::ヽ:::::::
         変わらず盗塁を刺すスローイングテクニック。                /   ヽ、       l! ';:iヽヾ:::'rヽ.`ヾ::::::、::::
                                               '、_-‐       !  リ ヽヾ:', ::   ヾ:',`
         クマーさんの読みを活かした理性的なバッティング。           `i         ′ ソヾ; ';   ヾ',
         1軍捕手から覚えられる事は多いと思いますよ?」            'ー‐ァッ        ,:':  ヽ ',  //
                                                    ヽ、、      /::::    : //
                                                      i    ., '""'-、,,__.._ //
                                                       ゙ー-‐ "    〈'i ヾ:、:::i`/
                                                               |.  ヾ、:/
自分の持たぬものをスラスラと述べた。







891 ◆oLG9iWoh0E:2009/12/29(火) 23:23:39 ID:1DUm0cmM

やらない夫に有用だと思う技術を並べたが、
やらない夫は拒絶する。


              _________
            /       'r r.r.r.i
           /        | | | | |
          /     u  .ノ.ノ.ノノノ
          ハ_ノ  ヽ、__  /   /ノ
         / (●)(● ) .(    l ヽー―ー-、
        /  .(__人___)  ム   イ    r    ヽ
         ./   / ヽ`⌒´   |   .l    /     、 l    「一軍に行ってからじゃなくて、
      /    /  八_ 、__ /l   |   ,'      l  l    今できなきゃ・・・意味がないんです」
    .  /   ,'       ヽ|   | ノ      ハ   l
      /    .l   ∧    |    レ'     ノ     l
    /     l  ノ  ヽ   |     |     ノ       }
   ∧     / ,〆     ヘ  l       , '       l
    ヽ、_,ノ'´        ヘ .l      /        ノ
                 ', |     /         ,'
                   ト、   ノ          ノ


どうやら悩みは深刻らしい。
仕方ないなとLはため息をつく。






893 ◆oLG9iWoh0E:2009/12/29(火) 23:24:40 ID:1DUm0cmM

できれば自分で思いついて貰いたい所だったが、
今回ばかりは助け舟を出す事にする。
                                    /|:::::::::::::::::::::ヽ.:.:.:.:、:.:.:.:、:.:.:.、.:.、.:.:.:.:.:.::`゛>
                                   /{::|:\:::::::\.:.:.: \.:.:.ヽ::.::.ヽ:.:.ヽ::::::::::.:.`゛ー- ..,__
                                  /:|::',:ト、::::::ヽ、:.\:.:.:.\:.:.ヽ:.:.:\.:.:.:.:.:::.:.:.:.:::.::::_;:- '´
                                 //:/:::|::',|::'、:::::::::\:.:\.:.:.ヽ:.:.:\:.:..\::::::::::::\、::::\
                                /!::|::l::::/|:::l:ヽ:\::ヽ:.:\:.:\.:::ヽ:.:.:ヽ:.:.:.:\::::::::::::\ ̄
                                |/l::|::|::|:ト、:::::::::、、:ヽ、:.:.:.:::::::::::::::ヽ::::.:ヽ:.:.:.:. \:.:.:.ヽ:::\
                                |::|::/l::|::|r‐ヽ:::::ヽ(ヽー,―\::::::、::::::::::ヽ::.:.::::::.:::::::ヾ. ̄
      「まあ・・・解決策も、                 }//l::|:::|{(:::)ヾ、:::ヽ \!(:::) ヽ,:::ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::ヾ、
       なんとなく予想が付きますけどね。」   |/l::|::|:::|ヽ==''" \:ヽ、ヽ=='" |:::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ、::::\
                               / ',|::|:::|   /   `゛       |!::::::::::::::::::::::::::::ト、::ト、_` ゛`
                                  .l::!::::ト、  '、 _         ||::::::::::::::::::::::::ト:ヽヾ| | ̄ ̄ ̄`ヽ、
                                r'"´||',::::',                 |:::::/l:::::|\:::ト、ヾ | |     / / \
                               /   ll ',::', 、 ーこニ=-       /!::/ ヽ:::|  ヾ、  ノ ノ  /  ,イ   ヽ、
                               ,'    |  '、:, \ --       ,. '´ |;'  l ヾ、.   //     / |    l: l
                               |   |!  ヽ;  ヽ       /.:    i!  /   ゛// |l      / |      | |


             / ̄ ̄\
            ノし. u:_ノ` ,,\.
            /⌒`  ( ◯)(O):
           .:|   j(   (__人__)
          :|   ^  、` ⌒´ノ:
          |  u;     ゙⌒}:
          ヽ     ゚  " }:
            ヽ :j    ノ: i |i |            「お、教えてくださいだろ!」
         /⌒      ヽ  | || |  |
     :: / ̄ ̄ヽ ::       \ ||     |i
    :: (「    `rノ ::      \   ||i  \
     :: ヽ   ノ ::          \       \
ガタッ!  |   | r         「\   \       \
       |   | |       ノ  \   \__   \
          ヽ_ノ       /||| l   \_,       `ヽ   \
     || i  /         | ||| |    (_つ ̄と_ノ)    \
     || ||  |         | ||| |                    \


思った以上に、やらない夫は反応した。






895 ◆oLG9iWoh0E:2009/12/29(火) 23:25:24 ID:1DUm0cmM

やらない夫は詰め寄る。
テーブルを乗り越え、Lに詰め寄る。

    __
   /  . \
 /._ノ三ニヽ、\
 |  (⑪)(⑪) .|
. |  (__人__).. |「rー__ヽヽ
  |   ` ⌒    |  .\  \┌ーz__ ┐7
.  ヽ      , ィ==‐、/ / ̄ ̄乙/ /
   ヽ    ノ⌒) ∨/  / ̄ ̄/|         「教えてください!
   /   (_ ̄__/ ̄`く._ __∠ -┘」         教えてください!」
   |     /〃 \   '"  \    -┘
    |    ./¨\    \,_ ``ヾ}
     . 人''" \  、__ ` 、_/ ノノ
      〈 " \ __.ヽ ヾ、._,)'´
    /,ハ.  ヽ.  、__`ン{ 〃
   く / ∧ !、_  `'_,/


    i:: ::::::::::::::::::、:::、:、:::、:::、:::::::::::,:::::::ヽ:::゙::::::ヽヽ:: \::::::ヽ:::::',ヽ:::
    i::: ::::i::::::: ::::l\、ヽ::::ヽ::::::::::::',ヽ',ヽ、:::::、:::::::ヽ:::ヽ:ミ、:::ヽ、:::::
   i::::l:ヽ::::!::::::!:::l ッtー゙、:::::::::ヽ::'、::', ゙ヽ.ォ-=-、:::::::::::::ヽ:::ヽ:::',:::::
.  i:::!l:::::ヽ::::::::::::l.il k::::::ハ\:::::::、:、ヾ:、〃k:::::::ソヾ、:::::::::::ヽ:::ヽ::::::
. ,ィ''i:l' !i::::::',:::::::i::::iヾ-.ニ_-' :ヽ:::',ヾ、ヽ.゙ 、..二...;シ ゙i:::::::::ヽ、:::::::::::: 
イ l リ  'i::l::::',::::::':,':! ゛""   i ヾ:、 ヽ` `""""  .li'i::::::::::::ヽ::::::::
..ヽ/ ',  i:il:::::',::::::kヾ、    !    ヽ           l!.l::::::::::::::::ヽ、
  ヽ ;  ii i::::、:::::', `     、              ! !:::;:::lヽ::',i!`   「・・・あなたが良い人だからだと、思いますよ」
   ヽ ', ':, ',::i 'i::::':,     ヾ、 -‐           /.l::ハ::l ヽ::i !、
    ', ', ヽヾi ',:::::i、  ヽ、 ..__         , ' .i:l. リ /入',
    il ', ,ン''ヽ-'i:::l._ヽ   `.{i ゙マ''"""    /   i! ,/./ i`
   ,-┴'゙ ' ー ゙ 'i:l、 ゙\.  リ   i     ,..:''    ! , ' "  .i
  /          ゙! ゙ヽ、 ヽ/   i  ,..::'::''     /, '  /.! 
..r'゙_  il. ,          ノ゛   i'.、イ:::'''      //  ノ


Lはあらかじめ練っていた、取っておきの言葉を口にした。







898 ◆oLG9iWoh0E:2009/12/29(火) 23:26:09 ID:1DUm0cmM

予想通り、やらない夫が沈黙する。


   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ○)(○)
. |  U  (__人__)           「え・・・?」
  |     |r┬-|
.  | ι   `ー'´}
.  ヽ     u  }
   ヽ     ノ
   /    く  \
   |     \   \
    |    |ヽ、二⌒)、


.  /,/;:;:;:;/;:;:;/;:;:;:;l;:、;:;ヽ;:;:;:;:ヽ;:;:;:ヽ;:;:;\;:;:;:;:;:; l;:;:;:;:;:!`'\
 / l;:;:;:/ //;:;:!;:;:;ヘヽ;:;:;:;\;:;:;:\;:;:;\;:;:ヽ;:;:;:;:!;、;:;:|
./ /;:;:;/ //;:;:;:|ヽ;:;:'、;:;\;:;:;l;:;ヽ;:;:\;:;:ヘ i',:;:;:;| ヽ:;:;i
  |;:;:/l;:l/;:;:l;:;:!ヽ\.\;:;:\ヽ、\;:;:\ ', | i;:;:;i':,::\|
  | /;:;:/l |;:l;:;:| i´ f::::j 、\;:\ ,rt:::j フl .! |ヽ:! !;:ヽi\
  | ヽ/ |、ヽヽ { `=‐' ヽ|`ー ゝ`ー=' l ! |;:;:;l !ヽ\- ゝ
  |  |;:;l ヽ\ ヽ                / | i;:;:;:!.|:;::|:;:!
     |;:;l |\ヽ_,ゝ     i         / ,! :;:! !;:;:l;/
     | ∧ |;:;:ヽ' 、      ` ´     /|/ l;:;:;ヘ;:;:i
     |/ ヽ ∧ヽ,\  ‐‐---‐‐   イ/;:;:;:|;:;:/ ヽ!.         「連想ゲーム、しましょうか」
       |/ |∧| \         / .| / l/;:;:l
         |'  l   ヽ、   /   l'/ ヽ/
              l     ` ̄´    l、
         ,. '´            ヽ、_
   __ ,.. '' ´   ヽ          /   `'ー- ..__
-‐ '´ {´        ヽ       /         `}  ̄ 'ー- 、
    ヽ          ヽ       /          / /     ヽヽ
  ヽ  \                         / /       | ヽ
      \                   /       /     ',
        `'ー-  _         _  -‐ '´        /      l
  /           `'ー----‐ '´         /    l     l   !


Lは片手を上げて提案した。







899 ◆oLG9iWoh0E:2009/12/29(火) 23:26:46 ID:1DUm0cmM

Lの意図が読めない。
そんなゲームしている暇はないと思う。

     ._ _ _
   (ヽl_l_ll_l,l
    ヽ  r
    │ |
     |/ ̄ ̄\
   /    \ ノ
   |    ( ●)(●)
.   | ノ(  (__人__)                       「え、Lさん!今はそんな場合じゃ―」
    | ⌒    ` ⌒´ノ
.    |         }
.    ヽ        }
     ヽ     ノ         \
     l/   く   \          \
     |     \  \         \
      |    |ヽ、二⌒).、           \


             /:::::::::::::::::::::ヽ::::::::::::::、::::::、::ヽ、::ヽ\
         //N/l:l、:::::::::::、::ト、:::::::::::|l:::トl\〉 W\ヽ
.        ///l | l:l└ヘl\v l`¬v::|l:::V  へ Vヽ、:l
.          /イ/::レl ハ l\トト、l| トl\ V l::::∨l::_;r1::::::::ヽ
         ゚ {l|::::::l'::A`l::::::::|ヽN::::::::ヽv:::::::::://, 1::::::::::::l
         l゙|::|::::l:|{i::::::::N〃\::::l::::l|::::::::,' ' ' rヘ::::::ト。l
.          l/l::::トト∧、:l| i、 {;;)ヽ|::::'l::::::::| | | | l::::::l ゚i     「蒼星石さんと一番仲が良い人は、誰ですか?」
          ゚ l::::lン  lヘl| `三彡/!::::::::::::;j|| | ';:::::|
.          ヽ:|ヽ、.     //ィ::::::::/ | | 、 、 Vトl\
           l'l::ハ t. 、__, ///::!::::::{ _j ヽヽヽ V` /\
.              |' lヘ ニ¨´ / 从|::l::/ / 、     ∨  ̄ \
           |  ト _ .</。 ノ/ソ ∧ ∨    〉    丶
                l、 |    |、 ヽ{/ .イ ハ  \   /     ∧
               | \|    ∧ヽ {    , }   ` /  _  ――ヘ


Lは無視して続ける。
計算ずくの連想ゲームを。







902 ◆oLG9iWoh0E:2009/12/29(火) 23:27:28 ID:1DUm0cmM

Lの質問に、何かの意図を感じた。
やらない夫は、思わずLに従う。


    __
   /ノ ヽ\
 /.(○)(○)\
 |. u. (__人__) |
. |        |
  |        |                          「・・・やる夫です」
.  ヽ      ノ
   ヽ     /
   /    ヽ
   |     |
    |    .   |


簡単な質問だった。


       , '::::::::〃:::::::::::.i::::::::ヽヽ:ヽ ::::::、::::::::::::::::':::、、,__
     _ィ:::::::::〃::::::::::::l!::!::::::::::: \ヽヽ:::::ヽ:::::::::::::::::::t=ー-.
    _ィシ='7:::〃::::ィ''|!i:::!i::,::::::、::::::ヽ::::::':, ',、;,:::::::::::::::::::::ンッy、,_
  ´"  /::::::/:::/,.-ャj:::l 'i!';::::i\::::ヽ:::::::',',',i!::::::::::::::f"''''==-''
     ,.シィ::::::::ソ !. (::)リ! ヘ',:::l,,、ヌ;:::ヽ::::::',',',':::::::::::::::',
    〃 シi::::::::l  `""゛  ` 'リ (:::)ヤ、:ヽ:::!:','::::::::::::::::',
    ' ' .l::::::::l          ヾ'''''" Y:::::::::::::!::::::::::::::::',
      i::/l::::!   ヽ 、       l:::::::::::::::'::::::::ッ::::::',
        l/ !:::'、   ァ、.        !:::::::::::::::::ォ:::::!';::::::',      「はい正解。
.       ,!.  |/ ';、. ヾミ.`j       ,イ::ァ:::::::::::::::i '、::',ヤ::::、
        " . ';ヽ     ,、y'´ /シ l::::::ヽ:::::l ヾ; ゛丶     では、やる夫君はどんな人ですか?」
           '|!`=tー:::'"/  /'  ハ::;::::il!';::!
.              'i::: '       リ ソ ヽ'リ、
              !'i   j       ~ヽ
              リ 、 /  ―ー '''"""f,
              / _冫'''~            ',
            / ´   ,、     ̄~ ヽ  'i
           l!~    /         ヽ. !


Lは簡単に質問を返す。







903 ◆oLG9iWoh0E:2009/12/29(火) 23:27:47 ID:1DUm0cmM

これもやらない夫は、簡単に答えた。


   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ⌒)(⌒)
. |  u  (__人__)
  |      |r┬|}                         「えーと、頑張りやで、野球に対して一生懸命で、
  |      | | |}                          意外と素直な―」
.  ヽ     `ニ}
   ヽ     ノ
   /    く  \
   |     \   \
    |    |ヽ、二⌒)、



            /:::〃i::::',::::ヽヾヽ::ヽ\:、\:'.,',`ヽ::::::::::ミェ、、、
         /::::/::!::'::::::':,:'.,::::ヽヽ、::::::::::\\',:::::::::::::::ヽ ̄
           /::::::i:::::::i:::、::::::::ヽ:::、、:::ヽ::::、::::::\ヽ、:::::::::ヽ:ミー
         ,'::;::::i:::::::l!::!ァ、:::::::::ヾ:、r゙=、::::ヽ::::::::::ヽ:::::::::::: `、ヾ、
         /シi::::i::i::::!:ii (::メヾ、::'.,メ (::ソ,゙i::::ヽ:::::::::ヽ::::::::::::ヽ、
       /' i:::i::!::::::i '=テ' ` ヾ::ミ=" リ::::ヽ::::、:::::::::::::::::::::ヽ、  「ストップ」
            i:::!:::i:::::!. ヾ .、  `    l!i:::::::::::::'::::::::::::::ミ`ヽ
          'i::::l !i:::'、 `        ! i:::::l::::::::::::::::::::ヽ`ヽ
          'i::l i;lヾ、. ==-     , イリ,:::i゙テ、::::::::::::ミヾ、
              ';i il 'i:ヽ 'ー    ,...:': : i! ';:i'シ' `` ー-=:、ヽ
            ! ! 'i:::'、   ,...:'::::::  : ! // , ', -‐'''''ー 、\
                 リ `ー ヽ、::::::   ; ,'//〃     ` ヽ
                     ``ヽ、 //  〃         ヽ

Lが厳しい視線をやらない夫に投げた。







905 ◆oLG9iWoh0E:2009/12/29(火) 23:28:13 ID:1DUm0cmM

Lは突如雰囲気を変えた。
Lが始めた軽い雰囲気なのだ。当たり前だがやらない夫は戸惑う。


       / ̄ ̄\
      /  \    \
    .(●)(● )  u. |
     (__人__)  u   |
     .(`⌒ ´     |              「え・・・?」
     {         |
      {      u. /
      \     /
      ノ     \
     /´        ヽ



     ,ハ :::: :::: :::::::::::.::::::::::::::::ヽ::::::::、::::::::::::ヽ ::::::..ヽ::::::`、 :. ::::::ヽ :::::.:.::`ヽ、
      |/| ::: :::リ、:::rNヽ\::::ヽ、::::ヽ、::::::丶\ ::.\:::::ヽ .:. :::::`ヽ‐- 、_:::\
      /  ハ ::.:.::! V /  \ヽ::i ヽ:::| `ヽ::、::`ヽ丶、:::丶、::、 :::::...、::::\ ``ヽゝ
        { ヽ.: ::l   /     ヾ ヽ:i  i| ヽ::::ヽ\``'' ‐---::::ヽ:::\rヽ、
          ';:: :!  〈  __     ヽ  |  ',::::::: :\:.::、`ヽ:\::::::ト 、::丶、
            |:: ハ  `              }:::::::. ::::ヽ::ヽ::.:\:ヽ、ヽ `` ー-
            |/l:ハ   、 __       ハ:::::.::| :i:.:ヽ.:i::: :、:ヽ} ``
          ノ ノ' l心  `ー‐一`      ,. '|:::::::| :| :.::.N :;、!`、ヽ     「ストップです。
               |ハ         , '´ i!::::::| ::| :.ハ | \ヽ!     そういう良い人っぽい事を聞いていません。
              リ ヽ      ,. '´   ,/!/ |: :::、 !  i|
         __  __,.ノ/   ヽ __,,. '´      ノ l,イ:: ハ:{   |         残酷でも、悪口でもいいです。
     ,..、,.ィ"r''"´  .:::    r         / / |、:! ヽ、          冷静に、その人を分析したらどうなるか。
,,.. -‐''"´ {   ヽ   r   i ヽ\       /   : ヾ丶、
    l   |  ヽ \    l  \!     /       ヽ `ヽー-、_      それを聞いています」
  | |      ヽ  \   ヽ        i           ノ /  ヽ、
、  | |       、   \          ノ        / / r   ``丶、

口調はあくまで簡単。
しかしその内容は厳しいものだ。







906 ◆oLG9iWoh0E:2009/12/29(火) 23:28:48 ID:1DUm0cmM

やらない夫は言葉に詰まる。
冷静な分析をしたその人の性格。それには何かしら悪口に近いものが含まれるだろう。

それを言葉に出すことを、躊躇った。

     __
..:...::./:..:..:..:: \.::..:..:..::::..:..::.:..:...::..::..:..:..::::...:.....
.::./.:..:.._ノ::::..:.. \.:..:...::.:..:..::::....:::..:..::::..:.:..:....
:..|:::....  ( ○)(○).::..:..:..:..::::..:..::.:..:...::...::::..:.:..:....
.: |:::.... u (__人__).::..:..:..:………。..:.::..:.:..:....
::. |::u:.    (.::..:..:..::::..:...:..::::::::..:..::.:...:..::::..:..::.::..:....
.::. |:::.....u  ` ⌒´ノ.::..:...:..::::..:..::.:...:..::::..:...:....
::..:.ヽ:::.....     }.::..:..:..:..::::..:..::..::::..:..::.:..:...::..:....
.::..:...ヽ::.....   ノ         \
::..:..:..:/::..   く  \        \
.::..:..: |::...   \  \        \
::..:..:..:|:::.....  |ヽ、二⌒)、           \



  ヽ、 ヽ:.、、,
、、  ヾ、:、.ヾ::::ミー:.、、,,
、::::`=:..、_ヾミ::`:::::::ヽ、:::::`:ー.、.ヽ、 、
.`ヽ、:::::::::三"ニー-::...ニ=-:、::、::ヽヽ .i:!
-ー '''''ーニ三ニ‐:::-ニ三ニ::::::::ヽ::::iノ::i
::::::::::: ̄::::::::::::::ン:三=ー-:::::::::::::::::::リ
::::::::::::::::::::ン:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ソ、
ッ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,:::,::::::ンノソ
::::::::::::::::::::/::::ン::::::::::::::ェ= "::://::::ハ
:::::/::::::::::::::ン:::::::::::::/::::::///:::::::::::::i
::::::::::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::'::::::::::::::,:':/:::: i
::::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::ン:::::,::':::::::,':::::i!
::::::::::,:::::::':::::::::::::::::::ッ::::::;ン::::::::::/:::::::::f'i:!               「解りましたか?では再スタートで」
=ィ::::〃:::::::::::::::,:::'ン-'''//::::/ ヤ::::/ i:!
./ハ:::::::〃:::::::/ '"   /"  .. ,ソiリ !
ヾ. l::::/' ',::il::/ヽ        _... ン i  '
.ヾ、リi  リ ソ  :::ヽ、  ̄‐'/   i
  ','ソ ヾ、_,... ッィ'ノ´. ` ../ /  k
  i ヽ、__ ,ノ /  , / /     i      _
   i '' ‐-‐ '   //, ' , ' ⌒  i    /  `ヽ、    , -‐=-、
  i:: '     / .ィ , ', ' ,r-‐---、、、 /!   へ 、-ヽ、 / /  `! i
 ィ:    ,..::' ,.:':::i //_r/二二二ェッ、ヽリ     ヽ `/ /     l .l
  ヽ   ' ::  /  Y/´         ヾヽヽrヽ、 iヘ / / )  __、、l l

Lは、ゲームを再開する。






908 ◆oLG9iWoh0E:2009/12/29(火) 23:29:26 ID:1DUm0cmM

やらない夫は悩む。
Lには何かの意図がある。

              _________
            /       'r r.r.r.i
           /        | | | | |
          /     u  .ノ.ノ.ノノノ
          ハ_ノ  ヽ、__  /   /ノ
         / (●)(● ) .(    l ヽー―ー-、
        /  .(__人___)  ム   イ    r    ヽ
         ./   / ヽ`⌒´   |   .l    /     、 l         「あいつは・・・
      /    /  八_ 、__ /l   |   ,'      l  l           あいつは・・・」
    .  /   ,'       ヽ|   | ノ      ハ   l
      /    .l   ∧    |    レ'     ノ     l
    /     l  ノ  ヽ   |     |     ノ       }
   ∧     / ,〆     ヘ  l       , '       l
    ヽ、_,ノ'´        ヘ .l      /        ノ
                 ', |     /         ,'
                   ト、   ノ          ノ



ならば、Lの言うとおりにやろうと素直に応じた。



                ./ ̄ ̄\
               ./     _ノ ⊂_ ‐-' <
               |     ( ―)  λ   ヽ
             ,ヘ__|      (__人)  ヽ  ',         「野球に対しては、ストイックで、
           __,/   ` <    ⌒ノ  . r'-‐¬         真剣で、努力家です。
         /---‐――--.、ゝ\  ノ   」-‐>ヽ
       /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./⌒ヽ. ´_ノ   /  ´   l        何をやっても勝つというスタンスを持っていて、
      /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/ /´ `ヽ     ヽ.  , , .!        そこが酷く嫌われる事もあると思います」
    /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/ /     ヽ     l` / / /!
    /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./  ./    _ __ヽ-、   !/. ,' l !
  /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l _十''''''''""     \ <   ' l


仲間の事を少しでも悪く言うのは、気が引けることだったが。







909 ◆oLG9iWoh0E:2009/12/29(火) 23:29:46 ID:1DUm0cmM

Lは追求する。

    i:: ::::::::::::::::::、:::、:、:::、:::、:::::::::::,:::::::ヽ:::゙::::::ヽヽ:: \::::::ヽ:::::',ヽ:::
    i::: ::::i::::::: ::::l\、ヽ::::ヽ::::::::::::',ヽ',ヽ、:::::、:::::::ヽ:::ヽ:ミ、:::ヽ、:::::
   i::::l:ヽ::::!::::::!:::l ッtー゙、:::::::::ヽ::'、::', ゙ヽ.ォ-=-、:::::::::::::ヽ:::ヽ:::',:::::
.  i:::!l:::::ヽ::::::::::::l.il k::::::ハ\:::::::、:、ヾ:、〃k:::::::ソヾ、:::::::::::ヽ:::ヽ::::::
. ,ィ''i:l' !i::::::',:::::::i::::iヾ-.ニ_-' :ヽ:::',ヾ、ヽ.゙ 、..二...;シ ゙i:::::::::ヽ、::::::::::::
イ l リ  'i::l::::',::::::':,':! ゛""   i ヾ:、 ヽ` `""""  .li'i::::::::::::ヽ::::::::
..ヽ/ ',  i:il:::::',::::::kヾ、    !    ヽ           l!.l::::::::::::::::ヽ、   「では、人間的には?」
  ヽ ;  ii i::::、:::::', `     、              ! !:::;:::lヽ::',i!`
   ヽ ', ':, ',::i 'i::::':,     ヾ、 -‐           /.l::ハ::l ヽ::i !、
    ', ', ヽヾi ',:::::i、  ヽ、 ..__         , ' .i:l. リ /入',
    il ', ,ン''ヽ-'i:::l._ヽ   `.{i ゙マ''"""    /   i! ,/./ i`
   ,-┴'゙ ' ー ゙ 'i:l、 ゙\.  リ   i     ,..:''    ! , ' "  .i
  /          ゙! ゙ヽ、 ヽ/   i  ,..::'::''     /, '  /.!
..r'゙_  il. ,          ノ゛   i'.、イ:::'''      //  ノ



           / ̄ ̄\
         /       \
         |   u     |
         | ヽ   ノ  u |
       /´ fト、_{ル{,ィ'eラ,  |
     /'   ヾ| .(__人__)⌒`/ |                    「に・・・人間的には・・・」
    ,゙  / )ヽ(,`⌒ ´   | | ヾ、
     |/_/  ハ      /:}  V:::::ヽ
    // 二二二7  /u' __ /:::::::/`ヽ
   /'´r -―一ァ‐゙T´ '"´ /::::/-‐  \
   / //   广¨´  /'   /:::::/´ ̄`ヽ ⌒ヽ
  ノ ' /  ノ:::::`ー-、___/::::://       ヽ  }
_/`丶 /:::::::::::::::::::::::::: ̄`ー-{:::...       イ


言葉につまる。額に汗がにじんだ。







911 ◆oLG9iWoh0E:2009/12/29(火) 23:30:11 ID:1DUm0cmM

いろんなやる夫が浮かんでいく。

┌──────────────────────┐
│       , ―――― 、                 │
│     /  _ノ ' ;、ヽ_ \                 .│
│    /   ( ●)  (●) \               │
│   /      (__人__)   )             ...│
│   |      / | | | | |ゝ   ノ ,.、,_ ,..._          .│   その人間性を初めて知った、あの日のやる夫―
│   _ヽ、   、`ー―'´,)r‐ァ‐''"/ _/ >-‐ 、     │   ふてぶてしく図々しく、カズマに喧嘩を吹っかけた。
│  '/ / \     ̄ ̄ (゙\`マ -‐ト-.r '`';ーく__\  ......│
│, '/  '、   ゞ  __ ,ィ ヽ \\ ,)/ ノ / ノ     │
│/    `' ーァ、  ;;:/  / ̄iヽ `々゛  、   /    ..│
│       | ヽ  ;ノ 〈  ',ヽ `、  :i ノ    |    ......│
└──────────────────────┘


                                    ┌────────────────┐
                                    │            ____        │
                                    │         :/    \:       │
                                    │        :/ _ノ iiiii \. \     .│
                                    │       /  (○)  (○)  \    .│
  自分の気持ちをぶつけたあの日のやる夫―       .│      : |    (__人__)    |:   │
  女々しく弱弱しく、戸惑いを顕にした。            │        \   ` ⌒´   /   ....│
                                    │        / ⌒ /⌒Y⌒ヽ ヽ    ....│
                                    │       :|  \|  .i  イ |      .│
                                    │        |\ /   人  .\!      .│
                                    │        |  \___/  \__/:     │
                                    └────────────────┘


┌────────────────────┐
│               ___             │
│            /\  /\         .....│
│           / (●)  ( ● )\         .│
│         /:.   (__人__,)   ヽ       .│
│         /::::...          |      ......│    紅白戦のあの日のやる夫―
│         |::::::::::....        /        .│    打たれても、堂々たる立ち振る舞いで
│         ヽ:::::::::::::::....,,,ィ-イ ̄´|_       ...│    自分とチームを 鼓舞していた。
│          / ;;ィ"フ´/  (;/\,,\     ....│
│        /ヾイ´〉Y /    ,i人 .ヽ ゝ、    │
│        (ヽノ   / ,,/,,,,;;;;;;;;;;;;;;;;;〈X,,;;""ヽ,    .│
│        ヾ( ,,,;;;(( ノノ"    ;ヘ,,〈_, ,ノ  .....│
└────────────────────┘







912 ◆oLG9iWoh0E:2009/12/29(火) 23:30:29 ID:1DUm0cmM

いろんなやる夫が浮かんで消えて―


          / ̄ ̄\
        /   _ノ  \
        |    ( ー)(ー)
        .|     (__人__)
        /     ` ⌒´ノ
      /  ヽ ⊂二二 ̄\
    /     \  ⊂、'    ヽ
   /        \_, `7  /
  /    へ     \ !/  /
  |      \    Υ  /
  |        \     /\
  |        / \__/.,,_r ヽ、



やらない夫はやる夫という人間を結論づける。


         / ̄ ̄\
       /   _ノ  \
       |    ( ⌒)(⌒)
          |     (__人__)
        |      ` ⌒´ノ          「やりたい放題の人間だろ。
          ,|         }           自分のしたいことに正直だ。
       / ヽ       }
     く  く ヽ     ノ            ・・・良い意味でも、悪い意味でも」
       \ `'     く
        ヽ、      |
            |       |







913 ◆oLG9iWoh0E:2009/12/29(火) 23:30:50 ID:1DUm0cmM

ニ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::-=ニン':::::::,':: '::::::::::::::::::::::i
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::_、 /:::::::::::::.:::::i:::::::::i
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/::::::::::_ェZ_,リ゙ i::::::::::/i::::::i:::::::i!  . ‐、
"::::::::::::::::::::::::::/tニ::::::::´::,ニ-‐'i し'j /::ン:::ィ jl:::::::!:!i::i i´ ,: .ン"j、、
:::::::::::::/:::::ン::ヽ!:::,::::::;:,'.   ヽ= '/´/Lソ,':::::::り:i ノ  i/  /  ,}、
""ヽ‐-、:/_/ン'7/i:::://           i ,'::::::,' 'ソ /┐,' ,i{、 ,r' ,_'ヽ    「なるほど。
、、  ヾ、 ヾ.  !´ .l::://         ,. _,:' /:ハ::i ,rーY'7-、yゝ'ィ'ヽ ヽ  ヽ.   確かにそんな感じですね。
 ヽ   ゙:、 ゙,;    l::iヽ.        ,:'  ,: /:/ リ `ー//ゝ:' `ヽ、、ィ:ヽヽ=' i
  ヽ.   '、 i',.  !:l  `::.、   ‐'"`゙¨´ヘ、|!    //      `i ゙'  i   まあ、君の贔屓目を抜かすと、
   ヽ  ヽ.i ゙  リ  :::::ヽ、    , '´F====゙=ヲ      i    .i   悪い面の方が多いと思いますが」
     `,  . ヽ!ヽ  ..::'''''':,',' ``'' ",r‐;fテ''j~ ̄ ̄ ̄ ,'      i    i
     ゙,  i  i ヾェ、_,ン ,' ; _,:r'´   '´-,    /        .i    .i
     i  i ,' ヽ、___,ン .ir'~´      ニ;―― '       .i     i



      / ̄ ̄\
    /   _⌒  \
    |   (●)(ー)
    |   ⌒(_,,人__) ホジホジ                         「それは・・・
    |   ∩ノ |;;;| }                               Lさんの感想で、俺の感想とは違うだろ」
    |  /_ノ"' }
    /ヽ/  /    }
   (  ヽ  /_ ノ
   7.ヽ__/   \


やらない夫に何時もの調子が戻ってきた。
ユーモラスなその言い回しに少し笑い、解りましたとLは言う。






915 ◆oLG9iWoh0E:2009/12/29(火) 23:31:31 ID:1DUm0cmM

ただし、Lの厳しさは変わらない。


      ,' i l::::::入:::::::、:::::::ヽ::::::::ヾ ::',:::ミニ-、_::::::::::::::::::::::::::::::::
.     /,i! l:::ン ヽミ::::iヽミ::::、:::::::::ヽ::',:',::::`ー-`:.、::::::::::::::::::::::::
.     iソl|./      `゙'、` ヾ::::ヽ:::::::'::',!',::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
.      l!. l!ヽ、_ ー    ヽ \':,ヾ:::::::'!i'::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,-
      ! 'i!; l|!゙i         ゙'ャ,\、:::::::::::::i::::::ャ::ヾ、:::::: //
       li、 l!:i           ヽ `゙Yi:::::::ili:::::i',ヾi;,'//    「じゃあ何故、
         ゙!ヽ::`ャ-⊆=ッ-       i:!;:::::i! ',:::l ' ,Y /      そんなやる夫君を蒼星石さんは好きなんでしょうね」
         ヾ、,ヘ ァ'`           l!';::::i  ソ! /! 
            ヽ、          ン'i:リ  リ'/!i
              ,'       _,.-'"' ソ   '/il _
                l      _,_'"::::   ゙ ,r '  ̄  ` ヽ、
              ヽ、__、シ'゙'"マTミヽ /         `ヽ
                        ヽ ヽソ



    i:: ::::::::::::::::::、:::、:、:::、:::、:::::::::::,:::::::ヽ:::゙::::::ヽヽ:: \::::::ヽ:::::',ヽ:::
    i::: ::::i::::::: ::::l\、ヽ::::ヽ::::::::::::',ヽ',ヽ、:::::、:::::::ヽ:::ヽ:ミ、:::ヽ、:::::
   i::::l:ヽ::::!::::::!:::l ッtー゙、:::::::::ヽ::'、::', ゙ヽ.ォ-=-、:::::::::::::ヽ:::ヽ:::',:::::
.  i:::!l:::::ヽ::::::::::::l.il k::::::ハ\:::::::、:、ヾ:、〃k:::::::ソヾ、:::::::::::ヽ:::ヽ::::::
. ,ィ''i:l' !i::::::',:::::::i::::iヾ-.ニ_-' :ヽ:::',ヾ、ヽ.゙ 、..二...;シ ゙i:::::::::ヽ、::::::::::::
イ l リ  'i::l::::',::::::':,':! ゛""   i ヾ:、 ヽ` `""""  .li'i::::::::::::ヽ::::::::
..ヽ/ ',  i:il:::::',::::::kヾ、    !    ヽ           l!.l::::::::::::::::ヽ、  「何故、あなたは嫌われるんでしょうね」
  ヽ ;  ii i::::、:::::', `     、              ! !:::;:::lヽ::',i!`
   ヽ ', ':, ',::i 'i::::':,     ヾ、 -‐           /.l::ハ::l ヽ::i !、
    ', ', ヽヾi ',:::::i、  ヽ、 ..__         , ' .i:l. リ /入',
    il ', ,ン''ヽ-'i:::l._ヽ   `.{i ゙マ''"""    /   i! ,/./ i`
   ,-┴'゙ ' ー ゙ 'i:l、 ゙\.  リ   i     ,..:''    ! , ' "  .i
  /          ゙! ゙ヽ、 ヽ/   i  ,..::'::''     /, '  /.!
..r'゙_  il. ,          ノ゛   i'.、イ:::'''      //  ノ


嫌われていると、言い切った。







916 ◆oLG9iWoh0E:2009/12/29(火) 23:32:02 ID:1DUm0cmM

様々な疑問をやらない夫に投げる。


       , '::::::::〃:::::::::::.i::::::::ヽヽ:ヽ ::::::、::::::::::::::::':::、、,__
     _ィ:::::::::〃::::::::::::l!::!::::::::::: \ヽヽ:::::ヽ:::::::::::::::::::t=ー-.
    _ィシ='7:::〃::::ィ''|!i:::!i::,::::::、::::::ヽ::::::':, ',、;,:::::::::::::::::::::ンッy、,_
  ´"  /::::::/:::/,.-ャj:::l 'i!';::::i\::::ヽ:::::::',',',i!::::::::::::::f"''''==-''
     ,.シィ::::::::ソ !. (::)リ! ヘ',:::l,,、ヌ;:::ヽ::::::',',',':::::::::::::::',
    〃 シi::::::::l  `""゛  ` 'リ (:::)ヤ、:ヽ:::!:','::::::::::::::::',
    ' ' .l::::::::l          ヾ'''''" Y:::::::::::::!::::::::::::::::',
      i::/l::::!   ヽ 、       l:::::::::::::::'::::::::ッ::::::',
        l/ !:::'、   ァ、.        !:::::::::::::::::ォ:::::!';::::::',        「あなたの蒼星石さんに対する態度と、
.       ,!.  |/ ';、. ヾミ.`j       ,イ::ァ:::::::::::::::i '、::',ヤ::::、        やる夫君の蒼星石さんに対する態度。
        " . ';ヽ     ,、y'´ /シ l::::::ヽ:::::l ヾ; ゛丶
           '|!`=tー:::'"/  /'  ハ::;::::il!';::!             比べてみれば答えがでるんじゃないですか?」
.              'i::: '       リ ソ ヽ'リ、
              !'i   j       ~ヽ
              リ 、 /  ―ー '''"""f,
              / _冫'''~            ',
            / ´   ,、     ̄~ ヽ  'i
           l!~    /         ヽ. !
           ソ.    /   ン      、 ', l
           /    /   /          ', ', 'i
          /    '   /            i. ', l


答えは、全てお前が出せと投げかける。


        / ̄ ̄\
      /       \
      |::::::        |
     . |:::::::::::     |
       |::::::::::::::    |          ....,:::´, .
     .  |::::::::::::::    }          ....:::,,  ..      (俺とやる夫の・・・蒼星石に対する態度?)
     .  ヽ::::::::::::::    }         ,):::::::ノ .
        ヽ::::::::::  ノ        (:::::ソ: .
        /:::::::::::: く         ,ふ´..
-―――――|:::::::::::::::: \ -―,――ノ::ノ――
         |:::::::::::::::|ヽ、二⌒)━~~'´






918 ◆oLG9iWoh0E:2009/12/29(火) 23:32:27 ID:1DUm0cmM

  ┌──────────────────────────────┐
--│蒼星石が試合で結果を出せなかった時、俺は蒼星石を気遣った―  .....│---------------------------
  └──────────────────────────────┘

                                         / .:/:.:.::::::,r'´.:.:.:.:::::::.:.:.:.::::::::::.:.:. :.、\
                                        / .:/:.:.:::::::/.:.:.::::::::::.::.:.:.:::::::::.:.:..、..:.:.:.、:.ヽ\
                                       ,/ .:i:.:::::::::::|i.:.::::, ,ィイハト、:::::::::::::.:.`ヽ.:.:\:.\\
                                       l .:.::|::::::::::::||::::/::/ ハ!;;::::::ヾ::::::::::::.:.::ト、.:.:.:!:::::.:.i |
                                       | .:.::::|::::::::::::|!:/:://^i!;::::::::::ト、::::::::::.:.:|l:ヽ:.: |::::.:.| |
                                       |.::::::::|::::::::::::|/,イ/  |/\:.::i! \:::::::.:.l!::::!.i|l:.|:::!:|
                                        !.:::::::l:.::::::::,iイ/ー- 、、,_ ヾ! _,、ゞ-‐ト、:|ノ川:イリ
             「こんなんじゃ・・・全然駄目だ!」       !.:.::::!::::::::::|, - ==-ュ、    , .-=ュリ::ノ::!:/
                                        ト.::::::!:::::::::| `ヾ{dじリ >   <7いb;;7'::::/
                                        l/ヽ.::!:::::::::!   ´ ̄         ̄`/:;イ
                                           \:::::::ト.、         ′    /:::/|
                                         __, ィ´\:::!. \、     )‐'   , イ/l/7L_
                                      ,イ ^ヾ    ヾ!  \` ー -‐ '"´l/::/   「j「ト、
                                     //.:^ヾト厶         _\_ /   |:/   「j ト7:.ヽ


   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ⌒)(⌒)
. |  u  (__人__)
  |      |r┬|}                 「いや、ナイスボールだったろ・・・
  |      | | |}                  それに昨日より全然いいだろ!
.  ヽ     `ニ}                  進歩が見えるだろ!」
   ヽ     ノ
   /    く  \
   |     \   \
    |    |ヽ、二⌒)、


             ____
           /      \ ナイナイ
          / ─    ─ \
        /   (●)  (●)  \
        |      (__人__)     |
        \     ` ⌒´    ,/
 r、     r、/          ヘ      「カスみてーな球だお。
 ヽヾ 三 |:l1             ヽ      なんとかするお」
  \>ヽ/ |` }            | |
   ヘ lノ `'ソ             | |
    /´  /             |. |
    \. ィ                |  |
        |                |  |

---------------------------------------------------------------------------------------------







920 ◆oLG9iWoh0E:2009/12/29(火) 23:32:51 ID:1DUm0cmM

  ┌────────────────────┐
--│蒼星石が練習についてこれなかった時も、    │------------------------------------------------
  │やる夫より余程優しく接していたと思う――   .│
  └────────────────────┘
                                                 ,、 -──‐ ─- 、
                                              ,r'"& acute;.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\
                                             /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\.:.::.:.:.:.::ヽ
                                            /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`ヽ.:.:.:.:l.:.:.:.:.:.:.:.:::゙、
                                            /.:.:.:.:.:.:.:.:.:、.:.:.:.:.:.:.:.:.i.:.:.:.:|.:.:.:.:.:.:.:.:.:::!
                                          /.:.:.:.:!.:.:.:.:.:.:.: \.:.:.:.:.:.l.:.:.:.:.!.:.:.:.:.:.:. :.::|
                                         ,/.:.:.:j.:|.::ト、.:.:.:.:.:.:ヾ: i.:.:.:|.:.:.:.:.! .:.|::::::::::::| ゼイ
                                         i.:.:/川.:.:iト.\.:.:.:.:.:.: |.:.:.:|.:.:.:.:.!:.:.l.::::::::l:::!
                                         |.:,!|::l::ト.:ヽ.:.:ィ==- |.:.:.:!.:.:.:.:|.:.:i!::.:::::|/
                 「ボクは・・・足手まといかな?」      |/ ヽ!`ヾ:ヾ!弋tテナ !.:/!.:.:.:.:|.:/{、.:::::l
                                              ``ソ     l/ |.:.:.:.:l/  \,!
                                               <  __   |.:.:.:/レ'"´ ̄ \
                                          ゼイ    \ _ ,ノj.:.:/ , -‐─- 、 \
                                                   ノヌ_}7! ,/.:.:.:.::::::.:.:.:.\ \
                                                  ,f仄_}7 /.:.:.::::::::::::::::.:.:.:.\ |

         / ̄ ̄\
       /   _ノ  \
       |    ( ⌒)(⌒)
          |     (__人__)
        |      ` ⌒´ノ
          ,|         }   「全然そんな事無いだろ!
       / ヽ       }    一緒に頑張るだろ!」
     く  く ヽ     ノ
       \ `'     く
        ヽ、      |
            |       |


      ____
    /:::::::::  u\
   /ノ└ \,三_ノ\   ,∩__
 /:::::⌒( ●)三(●)\ fつuu      「足手まといだおっ!
 |::::::::::::::::⌒(__人__)⌒ | |   |
 \:::::::::   ` ⌒´   ,/_ |   |      へばったならとっとと休んで、
   ヽ           i    丿      それから合流するお!」
  /(⌒)        / ̄ ̄´
 / /       /

---------------------------------------------------------------------------------------------






924 ◆oLG9iWoh0E:2009/12/29(火) 23:33:34 ID:1DUm0cmM

必死に思い起こしていたが、Lが更に疑問を投げた。


  ヽ、 ヽ:.、、,
、、  ヾ、:、.ヾ::::ミー:.、、,,
、::::`=:..、_ヾミ::`:::::::ヽ、:::::`:ー.、.ヽ、 、
.`ヽ、:::::::::三"ニー-::...ニ=-:、::、::ヽヽ .i:!
-ー '''''ーニ三ニ‐:::-ニ三ニ::::::::ヽ::::iノ::i
::::::::::: ̄::::::::::::::ン:三=ー-:::::::::::::::::::リ
::::::::::::::::::::ン:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ソ、
ッ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,:::,::::::ンノソ
::::::::::::::::::::/::::ン::::::::::::::ェ= "::://::::ハ
:::::/::::::::::::::ン:::::::::::::/::::::///:::::::::::::i
::::::::::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::'::::::::::::::,:':/:::: i
::::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::ン:::::,::':::::::,':::::i!                「あぁ、そうそう。
::::::::::,:::::::':::::::::::::::::::ッ::::::;ン::::::::::/:::::::::f'i:!                 蒼星石さんって、どんな経歴の人でしたっけ?」
=ィ::::〃:::::::::::::::,:::'ン-'''//::::/ ヤ::::/ i:!
./ハ:::::::〃:::::::/ '"   /"  .. ,ソiリ !
ヾ. l::::/' ',::il::/ヽ        _... ン i  '
.ヾ、リi  リ ソ  :::ヽ、  ̄‐'/   i
  ','ソ ヾ、_,... ッィ'ノ´. ` ../ /  k
  i ヽ、__ ,ノ /  , / /     i      _
   i '' ‐-‐ '   //, ' , ' ⌒  i    /  `ヽ、    , -‐=-、
  i:: '     / .ィ , ', ' ,r-‐---、、、 /!   へ 、-ヽ、 / /  `! i
 ィ:    ,..::' ,.:':::i //_r/二二二ェッ、ヽリ     ヽ `/ /     l .l
  ヽ   ' ::  /  Y/´         ヾヽヽrヽ、 iヘ / / )  __、、l l



             / ̄ ̄\  ?
           / _ノ  ⌒ \
           | ( ●) (●) |
          . |   (__人__)  |
            |   ` ⌒´  |
          .  |         }
          .  ヽ        }                「蒼星石の経歴?
               ,、ヽ     ノ-、                蒼星石は初の女性選手で、人気があって――」
             /;;;i/      '、!\
         _,、-/;;;;;;;;| i      i  i;;;;;゙、-、_
    ,-‐'''";;;;;<;;;;;;;;;;;;;!、_`ヽ  、-'_/!;;;;;;ヽ;;;;;`'';;ー;;-,
.   !;;;|;;;;;;;;;;;;;;;\;;;;;;|'ーニ_ー_ニ゙/.|;;;/;;;;;;;;;;;;;;;;/;;;!
   |;;;;;i;;;;;;;;;;;;/´;;;;;;|           |;;;\;;;;;;;;;;;;;;/;;;;;|
.   |;;;;;;;゙i;;;;;;;;;'、;;;;;;;;;;;;!─┐  ┌─.|;;;;;;;;;ヽ;;;;;;;/;;;;;;;;i
  /;;;;;;;;;;;i;;;;;;;;;;;゙、;;;;;;;;;!  l   l   l;;;;;;;;;;/;;;;;;ノ;;;;;;;;;;|

そこで、身体が止まる。






927 ◆oLG9iWoh0E:2009/12/29(火) 23:34:09 ID:1DUm0cmM

            / ̄ ̄\
          _ノ  ヽ、  \
        (○)(○ )   |
.       (__人__)   u  .|
.        ヽ`⌒ ´    |                   「あ・・・」
        {       /
        lヽ、  ,ィ'.) ./
        j .}ン// ヽ
        ノ '"´  ̄〉  |
.        {     勹.. |
         ヽ 、__,,ノ . |


思考も、止まる。



蒼星石はプロ初の女性選手だ。
2軍戦にも大勢のファンが集まり、マスコミにもいつも注目されている。

---------------------------------------------------------------------------------
          ,.'´           .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::::::/
         く        ,.-────-、、、/
          \   ,..:´.::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ、
            `y'´.:.::::::::;ハ::::::::::::::::、\::::::::::::.:\
             /.:.:::;:::::::/.:トト、:::::::::、::ヽ::ヽ:::i::::|:|:::|
          /.:::::;::l:l.::::/:ハ::! \::‐ト‐ト-::|Vi::::|:|:::|
          ,':/ :::l::l:l:.:/;/-‐';|  `,.ィr==ァリ':::;::;:::l
           |,' |::|::|:|/:/rテテミ   _7込シ /.:://:::l
          |  |::|::|:|::::,弋zソ  .    ゙゙´ 7'´ ̄ ̄`ヽ
             ヽトト|.:::ハ    '_ _     /:',      ノ
                ``|.:;'l::::ヽ、       ..イ::::ノ ,...--..、ヽ __ノ⌒ヽ
                  l/ |.:.:::/l:::>ー <__/´ /.:::::::::::.:.\    ノ
                    |.::/.::レ'´ ̄`7l/ /.::::.:.::::::::::::i::::.:.\ 〈_
                    |/ (__   ,..ィ介ト、!.::::.:.:.:.::::::::::l:::::::.:.:.\  `ヽ
                    l::.:) 7/l l」 !.::: .:.:.:.::::::::::l::::::i:::::::.:.ヽ ノ
                  (     |:l l:|_/.:: .:.:.:.:.::::::::l::::::l:::::::::.:. V
                  ト.、   |:| |:リ.::: .:.:.:.:.:.:.::::::l::::::l::::::::.:.:.:.\
                   /i 〉、   /.::: .:.:.:.:.:.:.:.::::::|:::::|::::::::::::::::.:.:.
---------------------------------------------------------------------------------

本人はそれを毛嫌いし、自分の実力のみを見て欲しがっている。
そういう選手だった。







928 ◆oLG9iWoh0E:2009/12/29(火) 23:34:39 ID:1DUm0cmM

『解った』やらない夫に向かい、穏やかに言う。
辛辣に喋った先程までとは違い、穏やかになるように心がけて言う。


    i:: ::::::::::::::::::、:::、:、:::、:::、:::::::::::,:::::::ヽ:::゙::::::ヽヽ:: \::::::ヽ:::::',ヽ:::
    i::: ::::i::::::: ::::l\、ヽ::::ヽ::::::::::::',ヽ',ヽ、:::::、:::::::ヽ:::ヽ:ミ、:::ヽ、:::::
   i::::l:ヽ::::!::::::!:::l ッtー゙、:::::::::ヽ::'、::', ゙ヽ.ォ-=-、:::::::::::::ヽ:::ヽ:::',:::::
.  i:::!l:::::ヽ::::::::::::l.il k::::::ハ\:::::::、:、ヾ:、〃k:::::::ソヾ、:::::::::::ヽ:::ヽ::::::
. ,ィ''i:l' !i::::::',:::::::i::::iヾ-.ニ_-' :ヽ:::',ヾ、ヽ.゙ 、..二...;シ ゙i:::::::::ヽ、::::::::::::
イ l リ  'i::l::::',::::::':,':! ゛""   i ヾ:、 ヽ` `""""  .li'i::::::::::::ヽ::::::::
..ヽ/ ',  i:il:::::',::::::kヾ、    !    ヽ           l!.l::::::::::::::::ヽ、     「あなたは優しいから、私にもよく言いますね。
  ヽ ;  ii i::::、:::::', `     、              ! !:::;:::lヽ::',i!`
   ヽ ', ':, ',::i 'i::::':,     ヾ、 -‐           /.l::ハ::l ヽ::i !、     ’Lさんならすぐに一軍にあがれるだろ’って」
    ', ', ヽヾi ',:::::i、  ヽ、 ..__         , ' .i:l. リ /入',
    il ', ,ン''ヽ-'i:::l._ヽ   `.{i ゙マ''"""    /   i! ,/./ i`
   ,-┴'゙ ' ー ゙ 'i:l、 ゙\.  リ   i     ,..:''    ! , ' "  .i
  /          ゙! ゙ヽ、 ヽ/   i  ,..::'::''     /, '  /.!
..r'゙_  il. ,          ノ゛   i'.、イ:::'''      //  ノ



.  /,/;:;:;:;/;:;:;/;:;:;:;l;:、;:;ヽ;:;:;:;:ヽ;:;:;:ヽ;:;:;\;:;:;:;:;:; l;:;:;:;:;:!`'\
 / l;:;:;:/ //;:;:!;:;:;ヘヽ;:;:;:;\;:;:;:\;:;:;\;:;:ヽ;:;:;:;:!;、;:;:|
./ /;:;:;/ //;:;:;:|ヽ;:;:'、;:;\;:;:;l;:;ヽ;:;:\;:;:ヘ i',:;:;:;| ヽ:;:;i
  |;:;:/l;:l/;:;:l;:;:!ヽ\.\;:;:\ヽ、\;:;:\ ', | i;:;:;i':,::\|
  | /;:;:/l |;:l;:;:| i´ f::::j 、\;:\ ,rt:::j フl .! |ヽ:! !;:ヽi\
  | ヽ/ |、ヽヽ { `=‐' ヽ|`ー ゝ`ー=' l ! |;:;:;l !ヽ\- ゝ
  |  |;:;l ヽ\ ヽ                / | i;:;:;:!.|:;::|:;:!           「上がれませんよ。
     |;:;l |\ヽ_,ゝ     i         / ,! :;:! !;:;:l;/
     | ∧ |;:;:ヽ' 、      ` ´     /|/ l;:;:;ヘ;:;:i             私が上がるとしたら、誰か怪我するか、
     |/ ヽ ∧ヽ,\  ‐‐---‐‐   イ/;:;:;:|;:;:/ ヽ!.             ロビンさんが引退した後です。
       |/ |∧| \         / .| / l/;:;:l
         |'  l   ヽ、   /   l'/ ヽ/               プロですよ?
              l     ` ̄´    l、                  周りと自分のレベル差位、解ります」
         ,. '´            ヽ、_
   __ ,.. '' ´   ヽ          /   `'ー- ..__
-‐ '´ {´        ヽ       /         `}  ̄ 'ー- 、
    ヽ          ヽ       /          / /     ヽヽ
  ヽ  \                         / /       | ヽ
      \                   /       /     ',







932 ◆oLG9iWoh0E:2009/12/29(火) 23:35:39 ID:1DUm0cmM

今回の件で自分から言える事はこれが最後。
そんな風にLが言った。

            /:::〃i::::',::::ヽヾヽ::ヽ\:、\:'.,',`ヽ::::::::::ミェ、、、
         /::::/::!::'::::::':,:'.,::::ヽヽ、::::::::::\\',:::::::::::::::ヽ ̄
           /::::::i:::::::i:::、::::::::ヽ:::、、:::ヽ::::、::::::\ヽ、:::::::::ヽ:ミー
         ,'::;::::i:::::::l!::!ァ、:::::::::ヾ:、r゙=、::::ヽ::::::::::ヽ:::::::::::: `、ヾ、
         /シi::::i::i::::!:ii (::メヾ、::'.,メ (::ソ,゙i::::ヽ:::::::::ヽ::::::::::::ヽ、
       /' i:::i::!::::::i '=テ' ` ヾ::ミ=" リ::::ヽ::::、:::::::::::::::::::::ヽ、
            i:::!:::i:::::!. ヾ .、  `    l!i:::::::::::::'::::::::::::::ミ`ヽ     「昔の人の名言で、こんな言葉があります」
          'i::::l !i:::'、 `        ! i:::::l::::::::::::::::::::ヽ`ヽ
          'i::l i;lヾ、. ==-     , イリ,:::i゙テ、::::::::::::ミヾ、
              ';i il 'i:ヽ 'ー    ,...:': : i! ';:i'シ' `` ー-=:、ヽ
            ! ! 'i:::'、   ,...:'::::::  : ! // , ', -‐'''''ー 、\
                 リ `ー ヽ、::::::   ; ,'//〃     ` ヽ
                     ``ヽ、 //  〃         ヽ




      ,' i l::::::入:::::::、:::::::ヽ::::::::ヾ ::',:::ミニ-、_::::::::::::::::::::::::::::::::
.     /,i! l:::ン ヽミ::::iヽミ::::、:::::::::ヽ::',:',::::`ー-`:.、::::::::::::::::::::::::
.     iソl|./      `゙'、` ヾ::::ヽ:::::::'::',!',::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
.      l!. l!ヽ、_ ー    ヽ \':,ヾ:::::::'!i'::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,-
      ! 'i!; l|!゙i         ゙'ャ,\、:::::::::::::i::::::ャ::ヾ、:::::: //
       li、 l!:i           ヽ `゙Yi:::::::ili:::::i',ヾi;,'//
         ゙!ヽ::`ャ-⊆=ッ-       i:!;:::::i! ',:::l ' ,Y /     「『優しさよりも激しさが大事な時があるものさ』
         ヾ、,ヘ ァ'`           l!';::::i  ソ! /! 
            ヽ、          ン'i:リ  リ'/!i        ・・・意味は、お分かりですね?」
              ,'       _,.-'"' ソ   '/il _
                l      _,_'"::::   ゙ ,r '  ̄  ` ヽ、
              ヽ、__、シ'゙'"マTミヽ /         `ヽ
                        ヽ ヽソ



      __
    .,/,-、  \
  / ノ:/ ノfヽ.. \
  | /:/ /...| |  |
  l レ ./..ノ .,''´} i               「・・・・・・」
  l   ' ´ .〃 / |
  ヽ.     . 〈 .ノ
    \.,_  ._ノ /
     /  /  ヽ
    ./  /   |
    i ./  .  |


やらない夫は手で顔を覆う。






945 ◆oLG9iWoh0E:2009/12/29(火) 23:37:58 ID:1DUm0cmM

┌────────────────┐
│言葉に意味が無いことなんて―     .│
└────────────────┘



        / ̄ ̄\
      /       \
      |::::::        |
     . |:::::::::::     |
       |::::::::::::::    |          ....,:::´, .
     .  |::::::::::::::    }          ....:::,,  ..        「・・・」
     .  ヽ::::::::::::::    }         ,):::::::ノ .
        ヽ::::::::::  ノ        (:::::ソ: .
        /:::::::::::: く         ,ふ´..
-―――――|:::::::::::::::: \ -―,――ノ::ノ――
         |:::::::::::::::|ヽ、二⌒)━~~'


┌───────────────────┐
│彼女はとっくに知っていたのだろう――     .│---------------------------------------------------
└───────────────────┘
                                ./:/::::|::::::;ヘ;;;::::: ヘ;;;;::::::::::::;|;;:::::::::::::;::::::::::::::::l;;;;;::::::::::::::;:::::::::::;;l
                                /:/:::::;|::::i:::;;;゙ i、;;;::::ヽ;;;;:::::::::;|;;|::::::::::;|:::::::::::::::: |;;;;;;::::::::::::;;:::::::::;;;;|
                               /;/|::::;;;|::: ヘ::;;;;;|\::::::\::::::::::|;|::::::::;;|:::::::::::;:::;; |;;;;;;;;;:::::::::;;;:::::::;;;;:l
                               .|:;| |::::;;;|l:::::;ヘ:;;;;|.  \::::\;r::::l;|::::::;;;|::::::::::;;::;;;; |;;;;;;;;;;;::::::;;;;:::::;;;;;l
                              |:;| |:::;;;|.|::i::;;;ヘ;;ヘ   ,×、\;;|::::;;;;/:::::::::;;;::;;;;; |;;;;;;;;;;;;;::::;;;;;:;;;;;;;l
                               |;;| .|:::;;|. l::ト;:;;;ヘ;;ヘ/ .,rl' `''|:::;;;/:::::::::;;;;;;:;;;i;;ト:;;;;;;;;;;;;;:;;;;;;;;;;;;;l
                              |;;|  .l:::;;| ヘ:、ト;;;ヘ\,ィく. |  /:;;;/:::::::::;;;;;;;;;;;;;|;;| };;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|
                              .|;|  ヘ:;;l ヘ.l::lヽヘ ヽヾレ /;;;ィ::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;|;;レ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;l
                              ヘ、  ヘ;;l  .リ |l\.   .///;:::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;|l;;|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ト:;|
                                   \''  ノ  ゙  ´  l:|::::::;;;;;;;;;;;;;;/;;|'|;;|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|. ゙
                                      ゙iヽ、  _   .l:|:::::;;;;;;;;;;;;;/;;;;l .|;i;|ヾ;;;;;゙i、;;;;;|
                                      .|::;ィ::゙::´    |l|:::;;;;;;;;;;;;;/.l;;/ l| l| ヾ、|.\|
                                      // |;l;;;::゙ヽ   |;:;;;;;;;;;;/ l;/   ゙  .|、,,_
                                     /'  .l|ヘ::::;;;ヽ‐'i'|;;;;;;;;/| /'    _;,:. -‐': : :ヽ
                                        .' ヘ::::;;;;;;;;| |::::/,rl  ,, -:'''´: : : : : : : : : ヘ.
                                           ヘ::::_;;l-'V/_;,〉'´: : : : : : : : : : : : : : : : ゙ヽ、
                                          .,r,r´,r''゙& acute; ゙、' : : : : : : : : : : : : : : :___ ヽ、
                                         /  ゙):{   (´.|  : : : : : : _,, -'''´ :r'''ヽ  `-ヽ
---------------------------------------------------------------------------------------------







946 ◆oLG9iWoh0E:2009/12/29(火) 23:38:30 ID:1DUm0cmM

             / ̄ ̄\
            ノし. u:_ノ` ,,\.
            /⌒`  ( ◯)(O):
           .:|   j(   (__人__)
          :|   ^  、` ⌒´ノ:
          |  u;     ゙⌒}:            「すいません!今日はちょっとここまでにして下さい!」
          ヽ     ゚  " }:
            ヽ :j    ノ: i |i |
         /⌒      ヽ  | || |  |
     :: / ̄ ̄ヽ ::       \ ||     |i
    :: (「    `rノ ::      \   ||i  \
     :: ヽ   ノ ::          \       \
ガタッ!  |   | r         「\   \       \
       |   | |       ノ  \   \__   \
          ヽ_ノ       /||| l   \_,       `ヽ   \
     || i  /         | ||| |    (_つ ̄と_ノ)    \
     || ||  |         | ||| |                    \



         ,イ∠.-7_
          i::::::::::::::::::::ミー
        r'::::::::::::::::::::::::::ヽ
       n l:::::::::::::::::::::::::::::ヽ
     r ┘! !i:::::::;:-‐'''''''゙'´ ̄''ヽ
.     {__. i レ/ 丶        ヽ           「いってらっしゃい。頑張って下さい」
      ヽ ヽ_.|  ヽ  j       ゙、
        〉'´ ゙!  / ノ        冫――――――‐,
       ヽ   |   |ヽ、       // ・ ・ ・   ・ ・ ・/
        λ i、 .l゙l,         // ・ ・ ・   ・ ・ ・/
       | i ` .i \.      // ・ ・ ・   ・ ・ ・/
       ヽ、ヽ=ィ    l 、   // ・ ・ ・   ・ ・ ・/
         \_.\___|___// ・ ・ ・   ・ ・ ・/
         '―r―┬‐┬―.l l ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・l
           \ |  .|``ー l.l   ・ ・ ・   |
             〉ニ|  .|=-ェ-l.l   ・ ・ ・   |

慌しく立ち去るやらない夫に背を向ける。
やらない夫に顔を見せれる気がしない。







948 ◆oLG9iWoh0E:2009/12/29(火) 23:39:08 ID:1DUm0cmM

推理などは、嘘っぱちだ。
自分は人の気持ちを知ることに長けていない。勿論蒼星石の気持ちなど解らない。

やらない夫に語ったのは、やる夫がライトに話した話を、電話で聞いて知った話。
捕手として推理した話などでは無い。


      ,' i l::::::入:::::::、:::::::ヽ::::::::ヾ ::',:::ミニ-、_::::::::::::::::::::::::::::::::
.     /,i! l:::ン ヽミ::::iヽミ::::、:::::::::ヽ::',:',::::`ー-`:.、::::::::::::::::::::::::
.     iソl|./      `゙'、` ヾ::::ヽ:::::::'::',!',::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
.      l!. l!ヽ、_ ー    ヽ \':,ヾ:::::::'!i'::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,-
      ! 'i!; l|!゙i         ゙'ャ,\、:::::::::::::i::::::ャ::ヾ、:::::: //
       li、 l!:i           ヽ `゙Yi:::::::ili:::::i',ヾi;,'//     (私も悪い癖が抜けませんね・・・)
         ゙!ヽ::`ャ-⊆=ッ-       i:!;:::::i! ',:::l ' ,Y /
         ヾ、,ヘ ァ'`           l!';::::i  ソ! /!
            ヽ、          ン'i:リ  リ'/!i
              ,'       _,.-'"' ソ   '/il _
                l      _,_'"::::   ゙ ,r '  ̄  ` ヽ、
              ヽ、__、シ'゙'"マTミヽ /         `ヽ
                        ヽ ヽソ



ただ、捕手としては投手の気持ちが解る方が、優れているに決まっている。
やらない夫にはそういう捕手になって欲しかった。


     ,ハ :::: :::: :::::::::::.::::::::::::::::ヽ::::::::、::::::::::::ヽ ::::::..ヽ::::::`、 :. ::::::ヽ :::::.:.::`ヽ、
      |/| ::: :::リ、:::rNヽ\::::ヽ、::::ヽ、::::::丶\ ::.\:::::ヽ .:. :::::`ヽ‐- 、_:::\
      /  ハ ::.:.::! V /  \ヽ::i ヽ:::| `ヽ::、::`ヽ丶、:::丶、::、 :::::...、::::\ ``ヽゝ
        { ヽ.: ::l   /     ヾ ヽ:i  i| ヽ::::ヽ\``'' ‐---::::ヽ:::\rヽ、
          ';:: :!  〈  __     ヽ  |  ',::::::: :\:.::、`ヽ:\::::::ト 、::丶、
            |:: ハ  `              }:::::::. ::::ヽ::ヽ::.:\:ヽ、ヽ `` ー-
            |/l:ハ   、 __       ハ:::::.::| :i:.:ヽ.:i::: :、:ヽ} ``
          ノ ノ' l心  `ー‐一`      ,. '|:::::::| :| :.::.N :;、!`、ヽ     (自分に出来ない事を他人に期待する。
               |ハ         , '´ i!::::::| ::| :.ハ | \ヽ!      我ながら浅ましい事です)
              リ ヽ      ,. '´   ,/!/ |: :::、 !  i|
         __  __,.ノ/   ヽ __,,. '´      ノ l,イ:: ハ:{   |
     ,..、,.ィ"r''"´  .:::    r         / / |、:! ヽ、
,,.. -‐''"´ {   ヽ   r   i ヽ\       /   : ヾ丶、
    l   |  ヽ \    l  \!     /       ヽ `ヽー-、_
  | |      ヽ  \   ヽ        i           ノ /  ヽ、
、  | |       、   \          ノ        / / r   ``丶、


Lは、ライトに掛ける期待と同等の期待を掛けて、やらない夫を見守っている。







949 ◆oLG9iWoh0E:2009/12/29(火) 23:39:47 ID:1DUm0cmM

もしやらない夫が、自分のリードと、ロビンの腕、熊田の技術を身に着けたならば、
最高のキャッチャーになれるのではないか。そう考えている。


           ,-=;,
          {__7!
          〔_ラレ          ,、_,-‐y;/ ̄ ̄\
           `y"l       rヲレへシ/ ー  ー \
           iト-ヘ、      (_;フイ | (●) (●) |    r;_/iレソ
            l  'ヽ      ル || | (__人__)   |     し ン′
              ヽ   ヽ     レ' ||! |  `i  i´   |   人_フ
             V  ヽ,    |   |.| |   .`⌒    }  _/ /
              ヽ   ヽ,  ト = }{iヽ       }/ /
               `i 、,  ヽ, }- ルハjヽ     ノ  シ´
                V   `;|   i∨  ̄~7  ン〈___/
                V丶  |   リ >,    ( <_/ ,_
                 ヾ  {   ソ レ  ン ;_ン'" ,r"<rn ゞミヽ
                  ゝ、ゝ = 〃ソノ__/   / y'"J | \` ヽ
   rn,              rfレ`ー-=-‐''~ ̄   /`7  `、|  ヽ-'ヽ
  rJllル7       rnh;   l´ ´'リ  ,rn     / r'ン==ト、!__  V ヽ
  〉__ソ       ヾヽ``ij'l 〉 /、,ハjjj し'l mhレ'   /f" |リレ7,,m〉  |  |
  |  {   rfjn   ,;'V _ン',/ //〉r>,、__//リリ ト  〈 }'=‐' ソ 〉トii,_/  j
  .|  i _,-;ゝ_ソ  {' ' 'V V /'ハ~ ' ノヽ ヽ,;ヾ レ'⌒jー'-ン Λ'ー'~ヽ,  /
    ! V;;;ゞ''~ ̄ヽ_〉_j,;|  ヽ/レ_>' ラ';;/;-‐-{〉⌒|!    / /     〉"
   }  V       }リ レヽ  ヽ彡';,、-l ・ ・ ゜j、=ヾヽ / / `` _,‐'"
   Y´~j!_    ji!_,-' ヾ,ヽ,=''`ヽ,;;; ;,トー-‐'j リヽ,;'_>' ,/ ‐= |
   .{   `ー=''" 、、 」、|/~`ヽ,;;;:;.〉、__,,ソ 〉‐''‐、. /   彡 |
    ヾ ``_  _  〃レ' jトヽ  ''"7~~ ̄ ~^'く   リ  - =' ‐ {
     V ~^ ̄ //,├'"   V/        、、ン'k  =-‐ ''j
     }      / |     Y         〃,;'{ニ二 jニi ̄]


そしてその最高のキャッチャーの誕生に自分が関われたなら――
自分も野球界に貢献できたと言えるのではないだろうか。そう思う。






953 ◆oLG9iWoh0E:2009/12/29(火) 23:40:32 ID:1DUm0cmM

ライトにしている都合のいい考えを、やらない夫にも押し付けていると思う。


             , ,. '    _,,,,、、yッ‐'´
              ,r/, _,、-='"´:::::::K..,,,,,,,____  __,,,,.....
         / ,、イシー''"´:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ̄:::: ン'"´
       / /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,、- '"
       ソ,:'::::,::::::::彡=:::: _:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`'=ェー   _,.
.       il!'::::ソ::, ェ=-ニ '゙:::::::::::::::::::::::::::::-ーニ三::::::::::::::::::::`ミェ<´
    ,..=゙::!:::レ:':::::::::::::::::::::::::::::::::::::三 ニ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::`=ミ云ミ'=、、._
   ,r'^チ;::::::::ー=ニニ  ニ==ー-:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ォr'''`゙゙゙'''ー-、
    メソヘ、:::::::'::.:.,::::::':::.:,:::::::::: '.::.::.,::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ、゙ヾ、
    イ!l ! !::ヽ、::::::::::::::::::::`::::::::'::.:.,::::::ヾ、::::::::::::::::::: _::::::::::::::::::ヽミキ=;'''`´
   ル'|.l!::l!::::::i:ヽミニェー- 、、、.._::::::::::ヽ、::\三ニ二_::::::::::::::::::::::::::ヽ=ー___
.  ソ .i.:::!::',: ',:::、:::::::::;::::::、:::::::::、、::::::::::::::::::::ヽ、:::::::::: `:::::::::::::::::ニ=二''"´
.  /  !:从::'.,:::!ヾ、:::::ヽミ ニィ弋;ッ'y、ヽ::::::::::::::::ヾ:::::::::ヽ:::::::::三天_ ~
 ノ  り !l::::ヾi゙代ッ、-::ヽ`  、 ノ   ゙i::、::::::::::::::::::ヽ::::::::::::::ミヽ、          「我ながら・・・浅ましい」
    !' !':;::ハ:;ゝ=‐  `゙`'‐      !:l メ、::::::::::::、,、:ヽ:::::::ヾッ、ヽ
.   ノ.   ヾ','!リ丶 |           !i,i: `ヾ、:::i 'i ゙ヾミ廷=-ヽ
   '     `、゙ャ、. ヽ、 ‐       リ'    ゙リ>・'"    ``ヽ、.,
            ` i! ヽ ___     /   ,, -'"           `ヾヽ,
          !  ゙ヽ`ニ´    /::   /´ '""'ー-、゙_ヽ、      `ヾ、
               `ヽ. __,. '^`'‐=./'´        `'ー゙ミ、,     \
                     /             ゙'ヽ、    ヽ
                     /              \ ヽ,     \
                        ゙|                   \ i       ヽ
                         l                 i   、.i.',     ヽ
                      i              !   ヽl ',     ヽ
                        !             ,' ,'.   ヘ : 、       \

Lは声に出して、自戒した。







954 ◆oLG9iWoh0E:2009/12/29(火) 23:40:55 ID:1DUm0cmM


        ☆        ☆        ☆        ☆        ☆


やらない夫は走った。
この時間なら蒼星石は、部屋に居るはずだ。

寮の隣にある寮長専用のプレハブ小屋。
蒼星石が2軍入りしてから、蒼星石専用の住居としてあてがわれたその部屋に、やらない夫は走った。



      ―― [] ]    / ̄三\
     | l ̄ | |    /   \三/\
     |_| 匚. |   三   ( ○) ( ○)
        | |   三 u    (__人__)
         |_|   ≡     ` ⌒´ノ
             二        }
   [] [] ,-    r⌒ヽ  rヽ,  }
     //   三    i/ | ノヽ
   匚/     三   三   /    )≡
           三  三  /   /≡
         ニ三   ./   /
        二≡、__./    /、⌒)
        三          \  ̄
      三     /\    \
      三     /ニ ヽ 三   三
     三    /  ニ_二__/
     三  ./ .
   ≡  /  |
   ≡ /
  三_ノ







956 ◆oLG9iWoh0E:2009/12/29(火) 23:41:42 ID:1DUm0cmM

走る必要など無かったろう。
蒼星石が寝る時間まで、まだ遠い。

でもやらない夫は走る。全力で走る。


しまいには、飛んだ。



      ―― [] ]      / ̄三\
     | l ̄ | |      /   \三/\
     |_| 匚. |     三   ( ○) ( ○)
        | |     三 u    (__人__)
         |_|     ≡      ` ⌒´ノ
               二        }
             r⌒ヽ       }
[] [] ,-       三       __ ノ
  //      三   /      )≡
匚/      三  ニヘヘヘ      /  ≡
          三ーヽJJJJ     / ̄、⌒)
             三      / ̄  ̄
             ニr     / ̄ ̄ ̄ヽ
            三    ニ_/    |
            三   三 三   /
     '     .三.  . 三 三 三 ̄ヽ
         三三    ニ≡ ニ _ノ
        二 三    /  三_ノ
  ヽ    ニ ニヽ_ ノ
     ノ  二
  ヽ
     ニ
    ヽ l
  ヽ\ | ノ/
 ヽ\   ノ/







960 ◆oLG9iWoh0E:2009/12/29(火) 23:42:03 ID:1DUm0cmM

夕食でも食べに行っていたのだろうか?
丁度蒼星石が、小屋のドアノブに手を掛けていた。

走り寄るやらない夫を、驚きの目で見る蒼星石。


        \:::;イ '   、       ヽ `ヾ;:;:;:;:;:;:;.ヽ
        /  , :!:i トヽ、 `ヾ.、 __.. :. V  ::::V;:;:;:;: 〉
         , ' .:' .;' :ハトヽ`ヽ`z≦=ァ  ::::l   :::::V /
.        /イ.:i :/::メ、_! \ ´'トtjハ `Y :::l :. :::::::「
        ' l.::|レ'.:イrft!i    ヽゞ‐'   ! ::;' ::::i::::::}
          Xイ ::ハ ゞ'、         /,:イ  ::::|:::::j
           ヾ V!   r=ニヽ     '´}::! .::::;':::/        「・・・ど、どうしたんだい?」
          `Tト   Y´::::〉   /;イ .:i::/レ'
               |i \  ゝ-'    '´7 .:::ル
              l :::::>、 __.     ! ::/'´ヽ._ ,ヘ__..ィ、
              リ! ::::i::ハ:!  _! /l:/    r-' /-!/`ヽ
.              ', :::l'   「 レ'   !'    _〉、/ _ノ,:,:,:,:,:
                ハ::::!  ,イ!「jト}!\    !_ / 7,:,:,:,:,:,:;:
             ハjzY/ / { iト、  \  ヘ/ Y´,:,:,:,:,:,:,:;:
               r' V/ / {`i´} ハ   〉 ,'´_j,:,:,:,:,:,:,:,:,:;:
              } ハV/ {`i´}  ヾ='   ! r',:,:,:,:,:,:,:,:,:,:;:


息が切れた、汗が浮かんだ、肺が痛む。


        . __
       ./::::::. \
       /::::::ヽ;;:   \
     . (:::::(::::冫    |
     . (:人;;;) .    |
     r‐-;::::::. .     |                      「ゼイ・・・ゼイ・・・」
     (三)):::::.. .   |
     >::::ノ:::::::::.    /
    /::: / ヽ;:::::::::   /
    /::::/ ⌒ヾ:::::::::::.〈
    (;;;;__ゝ:;;:::::\/:::::)
      . |\::::::::::::;;:1
      . |:::::\;;/:::|






962 ◆oLG9iWoh0E:2009/12/29(火) 23:43:08 ID:1DUm0cmM

でも、やらない夫は言葉を出す。
伝わらない、飾った言葉でなく、剥き出しの、自分の本心を言葉にする。


               / ̄ ̄\
             /       \
             | _ノ  ヽ、   |
             | (ー)(ー)  |
             |  (__人__)   |
.             l  `⌒ ´   }
              ヽ      ./    
             /:ヽ    .ノ,'ヽ、--、
         ,.-‐,ィ‐"/ゝ.ヽ.___ノゝ::::::::ヽ、:::ヽ.           「俺にはいくらあたってくれても構わない」
          //::_,、/,';;;;;;;゙;;;;;;;;;;;;;";;;;;|:゙、::::_::ゝ、ヽ.
       ノ:::i ̄//;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;l::::/::::::::::::l:::゙i
      /::::/::::`ヽ,';;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|/::::::::::::::: l:::゙,
      |:::::|::/::,ィ '";;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;゙、::::::::::::::::/::::、
      l:::::;/:/: :|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; |::::::::::::::::::l::::::゙,
      i::::/,': : |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; l゙,::::::::::::::::ト::::::}
      〉/,': : :/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; |ヽ.::::::::::::::::ゞイ
     /::/ト: : : ヾ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;゙、ヽ::::::::イ::::::|
     .',::::゙、ヾ: : :l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ:ヾ:::: l::::::|



        〉 <三三三三三三三三三三三三三三〉〉
      , <三三三三三三三三三三三三三三三7/´
    〈 〈三三三三≧.イ"´ ̄   ヽ.    、   i`Y/
     \、三三>7  i        、  '.   } ハ
       ヽ./  i  ハ \ 、     ヽ  '   ! .ハ
       / /   i/ /i ハ.  ヽ \、   ヽ  .   i i i
        ′  i′' j ' \ ヽ丶、\ ┼f ┼ :! :i i
       i  i  / /_/_/__ ヽ \ >x≧f斗}  i i i
       l  |i / イノ∠_云ミ、  \、 イ_ぃハ 癶 / l i      「!」
       { ハノ´ 小 {_゚}      弋__ノ イ i  l l
       V i  \ ヽ 弋ノ          /i !  | !
         i i   ハ\_     '      ハ i  li .′
         i l   l ヽ     '- ’     ィ .ハi //
         l ト、  ハヽ >  _   _. イ/j/川 / ′
         |l  } ./   ヽ>ヽハ`¨´ _⊥` 、 l′
              i/ , v⌒ -‐' {_.  ´     `丶、   _
             ,孑'"´ /_ノ7ー 、       __>'´j、!
           /) /  // ハ 「ヽ }     /fゝイ丁! ハ


蒼星石が瞬きをした。






964 ◆oLG9iWoh0E:2009/12/29(火) 23:43:50 ID:1DUm0cmM

この言葉なら―伝わると信じる。


           / ̄ ̄\
         /   _ノ  \
         |    ( ●)(●
.         |      (__人__)
           |,      ` ⌒´ノ
          │         }
           ヽ、      ソ             「お前はどう思っているのかしらないけど、
          イ斗┴r┐` .;               俺はお前の事を仲間だと思ってるだろ。
    / ̄`ーゞ、  / |__ 〈ー─r、
   /     \ ∨\  |,ベ._ / |           だからお前が苦しい時に、あたられるなんてなんでもない。
   {    . : : : . ヽ>ー\[ ̄{ 〉\|、_          だけどな!・・・・・・2ついうぞ」
   |        `丶}\  __\_]~∨'\`ヽ
   :|   ._    \_}/r‐-}\ ゙,`''く l ゙,
    ト、: :./ / ̄`` ぐ└f'二)::{  ',  | !,ゞ┐
    `、∨ ´ ,.、-''"~ ̄}_{‐''く:::{_  ', _|_|_,rー'、_
     }{ / _、-'''"~ ̄{_\;;;;;j;><;:::::\:::ヘ}\
      }∨: /  _、-''゙~ ̄ ̄     \::::},之_ ヽ
       〉∨   /           ,.、イ;;ノ_   `ヽ}
     {: \,/\  -‐ '"   /` ̄      :.:}








全身を固め、肺の底から絞り上げる。
やらない夫は全力で言葉を吐いた。


          , -‐     `  、
        /           ヽ
                       ハ
        ,′                ,l
        |           _,,.ィ"゙    l 
.      |  =ニー=彡ニ''`ー--,  | 
        l,  _ノ⌒,,,_   ,ィ´● )'"゙ |.             「モノに当たるんじゃねえっ!」
       l  =( ●フ=、;  '"^'=''′ ,|
    ,,. -‐ゝハ,  `゙゙゙゙´      、  . : :!
 ~´ : : : : : `ヽ:.    i   i    }  : : ト、.、
  : : : : : : : : : ヽ、   '、_ノー-;ァ′. : :/ ヽ\、
  :f: r : : : : : : : !丶    ` ''ニ'´   ,/   !:: : :`丶、_
  : /: : : : : : : : :! ヽ、   ⌒   /  : ,i: : : l!: : : : :`ヽ、
 〃: :j: : : : : : : ゙i   `ヽ、..,,__,, :ィ"::   ,ノ:: : : : : : : : : : : :\
 ノ: : : : : : : : : : :丶   : : ::::::::: : : :   /: : : : : : : : : : : : : : : :\






967 ◆oLG9iWoh0E:2009/12/29(火) 23:44:41 ID:1DUm0cmM


そして大きく息を吸い込み、投げつけた。



         /ヽ l⌒l                l⌒l /ヽ
      ∧ /:::::/ |::::::|                |:::::| ヽ::ヽ ∧
     / / |  |  |   |     /ヽ      /ヽ     |  |  |  | ヽ ヽ
     | |  |  |  |  |    / /      ヽ ヽ    |  |  |   |  |  |   __
  ´、`ヽ \ \ヽ:::ヽ |:::::| / /       \ \ |::::::| /:::::://::/,-'' ~ ,-'
   ヽ `ヽ:::::::::::::::y::::::::v /           \ v::::::::y::::::::::::::::/´   ,'''
    ヽ_        /       __     ヽ         _/
       ヽ::::::::::::::::  / .     /   \.    ヽ::::::::::    /
        ヽ::::::::   |    /      \   |:::::::::  /
         |::::::::   |   /: ―  ―   \ .|:::::::::  |
          |::::::::   |  |:::::( ◎ ):::( ◎ )  | |::::::   |
          |::::::::  |  |:::::::(__人__)   | |:::::::  |           「金は関係ねぇだろおっ!」
       ,,-'' ̄ |:::::::  |  .|:::::::::::|┌┬┐|:::::  |.|:::::::::  |  ̄\
      /  ::::::: |:::::::   |  |::::::::::;|.| | | .|:::::::::::| |:::::::  ::|::::::::  ヽ
      | ::::::::::::::|:::::::   | |::::::::::`‐---‐'::::::::::::| |:::::::::::::|::::::::::   |
      | ::::::::::::::::|:::::::  | ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::/ |:::::::::::::|::::::::::   |
      ヽ :::::::::::::::|:::::::  |lll;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; lll|:::::::  |:::::::::::   /
       ヽ :::::::::::::|:::::::  |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; |:::::   |::::::::   /
        ヽ ::::::::::|::::::::  |;;;;;;;;;;;::::::::::::::;;;;;;;; |:::::::  |:::::::  ,-'´
         `ヽ、::::ヽ::::::: ノ;;;;;;;;;:::::::::::::::::::;;;;;;ヽ::::::  ヽ::::: ,-'´




ビクリと蒼星石が身体を震わせた。


        \:::;イ '   、       ヽ `ヾ;:;:;:;:;:;:;.ヽ
        /  , :!:i トヽ、 `ヾ.、 __.. :. V  ::::V;:;:;:;: 〉
         , ' .:' .;' :ハトヽ`ヽ`z≦=ァ  ::::l   :::::V /
.        /イ.:i :/::メ、_! \ ´'トtjハ `Y :::l :. :::::::「
        ' l.::|レ'.:イrft!i    ヽゞ‐'   ! ::;' ::::i::::::}
          Xイ ::ハ ゞ'、         /,:イ  ::::|:::::j
           ヾ V!   r=ニヽ     '´}::! .::::;':::/             「・・・!」
          `Tト   Y´::::〉   /;イ .:i::/レ'
               |i \  ゝ-'    '´7 .:::ル
              l :::::>、 __.     ! ::/'´ヽ._ ,ヘ__..ィ、
              リ! ::::i::ハ:!  _! /l:/    r-' /-!/`ヽ
.              ', :::l'   「 レ'   !'    _〉、/ _ノ,:,:,:,:,:
                ハ::::!  ,イ!「jト}!\    !_ / 7,:,:,:,:,:,:;:
             ハjzY/ / { iト、  \  ヘ/ Y´,:,:,:,:,:,:,:;:
               r' V/ / {`i´} ハ   〉 ,'´_j,:,:,:,:,:,:,:,:,:;:
              } ハV/ {`i´}  ヾ='   ! r',:,:,:,:,:,:,:,:,:,:;:







972 ◆oLG9iWoh0E:2009/12/29(火) 23:45:24 ID:1DUm0cmM

目を伏せる。


    ./:::::i:::::l::::::::::::|::::::::::::::::;l;:::::::::::::::::::::::::::::::、;;::::::::::::::::::::::::::::: ヘ
   ./:/::::|::::::;ヘ;;;:::::ヘ;;;;::::::::::::; |;;:::::::::::::;::::::::::::::::l;;;;;::::::::::::::;:::::::::::;;l
  /:/:::::;|::::i:::;;;゙i、;;;::::ヽ;;;;:::::::::;|;;|::::::::::; |::::::::::::::::|;;;;;;::::::::::::;;:::::::::;;;;|
  /;/|::::;;;|:::ヘ::;;;;;|\::::::\::::::::::|;|::::::::;; |:::::::::::;:::;;|;;;;;;;;;:::::::::;;;:::::::;;;;:l
 .|:;| |::::;;;|l:::::;ヘ:;;;;|. \::::\;r::::l;|::::::;;;|::::::::::;;::;;;; |;;;;;;;;;;;::::::;;;;:::::;;;;;l
 |:;| |:::;;;|.|::i::;;;ヘ;;ヘ   ,×、\;;|::::;;;;/:::::::::;;;::;;;;; |;;;;;;;;;;;;;::::;;;;;:;;;;;;;l
 |;;| .|:::;;|. l::ト;:;;;ヘ;;ヘ/ .,rl' `''|:::;;;/:::::::::;;;;;;:;;;i;;ト:;;;;;;;;;;;;;:;;;;;;;;;;;;;l
 |;;|  .l:::;;| ヘ:、ト;;;ヘ\,ィく. |  /:;;;/:::::::::;;;;;;;;;;;;;|;;| };;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|
 .|;|  ヘ:;;l ヘ.l::lヽヘ ヽヾレ /;;;ィ::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;|;;レ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;l
  ヘ、  ヘ;;l  .リ |l\.   .///;:::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;|l;;|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ト:;|
       \''  ノ  ゙  ´  l:|::::::;;;;;;;;;;;;;;/;;|'|;;|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|. ゙
          ゙iヽ、  _   .l:|:::::;;;;;;;;;;;;;/;;;;l .|;i;|ヾ;;;;;゙i、;;;;;|
          .|::;ィ::゙::´   |l|:::;;;;;;;;;;;;;/.l;;/ l| l| ヾ、|.\|
         // |;l;;;::゙ヽ   |;:;;;;;;;;;;/ l;/   ゙  .|、,,_
         /'  .l|ヘ::::;;;ヽ‐'i'|;;;;;;;;/| /'   _;,:. -‐': : :ヽ
            .' ヘ::::;;;;;;;;| |::::/,rl  ,, -:'''´: : : : : : : : : ヘ.
              ヘ::::_;;l-'V/_;,〉'´: : : : : : : : : : : : : : : : ゙ヽ、
              .,r,r´,r''゙´ ゙、' : : : : : : : : : : : : : : :___ ヽ、
             /  ゙):{   (´.|  : : : : : : _,, -'''´ :r'''ヽ  `-ヽ
            /   ゙ヾ\,,_,,r''゙l   _,,-'''´ _,,_ i⌒'''゙: : :゙⌒'': :ヽ



そして―――笑った。
軽く言う。

             __ __
         ,.. -‐':.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.::: 、
       /:.:.:.:.::.:.:.:.:.::.:.:.:.::.:.:.:.::.::.\
       ':.:.:.:.:/:.:.:.:|:.:.l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:...:.:.ヽ
      ':.:.:.:.:::':.:.:.:.:.:.:|:.:.|:!.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:..:.',
     .'.:.:.:.:./:.:.://ハ:.:|:lヾ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l.:.:.::|
     l:.:.|:.:.レナナ'‐'~ l:.ト! \:.__:.:.:.:|.:.:.:|
     |:.:.:ィ升Krォァ=、 ヾ!\` _ゝ_ ` .:, .:.:.,'
     |:.:.ハ:.:|  辷'ノ   丶 イt::_iヾレ:.::.::,
     |:.:.:.:l:.|         ゞ-' !:.:.:.:.:イ
     l.:i:.:.:.|ヽ.   r、_'_     ハ:..:./           「ハハっ ゴメン。」
.     |:l:.:.:.|:.:.\  `ー -'´   ,イ:::::/
     ヾ!.:,|ハ..:.:.|ゝ、  _ ...ィ/:.:.レ:j/
    _ _ _ゞ\ー- 、   |:./レl:.:..:/
   _レーハヽ     ヽォ_ー 、. |:.:/
   /::::::::::つ    /,イjくヾ\'_
   /:::::::::::::::L   レ' //}ヽ.j\ヽ7







974 ◆oLG9iWoh0E:2009/12/29(火) 23:45:51 ID:1DUm0cmM

┌───────────────┐
│その言葉は丁寧でなかったし、  ....│
└───────────────┘


        / ̄ ̄\
      /   _ノ  \
      |    ( ●)(●)     /
.      |     (__人__)     |   r―
       |     ` ⌒´ノ     r'  _ノ
.        |         }       |   l
.       ヽ        }     ) ノ
     /ノヘヽ     ノミヽ  丿 (
    片、 i | ヽ/ヽrフ |´ l/.| / _ノ             「オウ。これからもよろしく頼むだろ」
    }: `l   ト^ー┘ハj .丿 |,ッ´
.    ハ      ヽ   〉  r-//
   /.: ヽ iミヽ   ハ  {二. ヽ
   人-、 ∧::.     |.   ト- /iァ
.  〈_ン>_ }〈:::     く  介、_ノ!
  }:./-ィ.V ‐'     /   弋_ン
  ヽ:./、::. \へ  `ー子‐′〈
   `ーへ:. ヽ ヾ=┐ 〉    〉
    / :トl::.  〉\V  ハー、 ゝ
     ヽ 幺彡^i::.    |:.′  |
      l」:.:)、、i|:::::.  ト、   |



              !          .:.:.:::::::/
             _⊥  -‐    ── ‐-  ̄``ヽ
             〈    , - ── ──- 、、    /
            ヽ,.'´   .:.:::::;::::::.::::、.:::::::::.:.:.:.`く
            /:!    .:.:::;:::/::ハ.::ハ:l::::::..:.!:::::::.ヽ
             /.:.l   .:.:::ノ/:/  l::| |:ト、::.::::!.:::::ハ:!
           ′.:l  ,.ィ::レ'´ ̄`ヽ リ >く/.::::/l ′
             i:::l:::', .:::l:::|,.ィテテヽ   ,.ィハV:.:::/:/
           i:::l:::::',..:::l:::|ヽ辷ソ_   fリノ!::/:/
           l::ハ.:.ト、:l:::|. ' ' ' '   ` ' 'ノ1"´
             VVハ::::ト、     ー‐ '/.:::!
                「 ';:::|_ ``ーr ‐く::::::::::|         「ボクはすぐに1軍に行くから、
             ノ  ';::lニに7ニヽ ∩ハ::!         それまでの縁だけどね?」
           _ノ  〃.:.:.::::::.:.`ヽヽl |__
        r '¨´     f(.:.::::::::::::::::::.:.V  `L
        ハ、     f(.:.::::::::::::::::::.:.:に7ニ7ニヽ
        ノ::い     f(.:.:.::::/ .: :.  ``ヽ  。i{
      /.::::人_L_ __」ソ.:.:::/  .:: i::   .:::.\。i{
       `ヽ.:/.::::.`ー'ー'‐'.:.:/  .::::: |::   .:.::::::::::〉!
        ⌒`ヽ .:.:.:::::::/  .:::::::: |:::. .:::::::::/ 1
             ``ゝ‐{  .::::::::::: |::::. .::ィ´   l
             }≧L.:.:::::::::::: L::::く      !
             ノ三三二ニ三三「 `ー--‐'







975 ◆oLG9iWoh0E:2009/12/29(火) 23:46:19 ID:1DUm0cmM

┌────────────┐
│軽い言葉だったけど―    .│
└────────────┘



   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ー)(ー)
. |     (__人__)                        「そんときゃ俺も行くだろ。
  |     ` ⌒´ノ                        こんなめんどくさい奴ら、俺以外世話しないだろ」
.  |       nl^l^l
.  ヽ      |   ノ
   ヽ    ヽ く
   /     ヽ \



        /::::::.:.:.:.:.              |
       ./:::::::::::::::::.:.:., .-────‐-、|
      〈:::::::::::.:.:,r'"´  _   -─‐─‐-L_
      ヽ::::.:/ , -'"´              \
       Vr'´.:::::::::::::.:.:.,   - ─‐──‐‐- 、/
       /.::::::::.:.:.:.:., ィ:7::::::::::::::::::::.:.:.:.:.:.:.、:::.:.<
      \.::::::::::,ィ.:.:/:/::ヽ:::::、:::::::::::::::.、:.:.:.ヽ:.:.\
       \,::イ::|::/:/.::::::ト、:::ヽト、::::::::::i::l:::::|:::.:.i::|
          i.::i:::|/ー-、/ \::.\`> -‐'':|:::.:.|::|
           |:::|:::!/:::::''ー==z、 ヾ:、´,、-=ュ!::!::::::l/  r‐ 、   「ボクと誰がめんどくさいって?
         l:、!::ト、::〈ヾ_トッツ    〈じソ7l/:::/:/  !   |   その誰かにいいつけちゃおっかな?」
            !::ヽ:::`:、. , , ,    ′ , , , , /.:/:/  /   !
         ヽ.::ヽ:::.\    r ┐    /:,:::イ  /   /
            \ト、:::::: .、  ー′ , イ:::/l仁ニ7   /⌒ヽ
             \Nト> ー‐<'´ ̄17.:.:.:ノ   ,イ!  ノ⌒!
              _ノイ厂   (´ ̄ `ー'   イソ  /  /ヽ
              /イ夊刄   `ゝ─-、    > -‐< _ノ /
           ,イ7!ノネ;l/;/  /ソ.:.:.:.:〈/ 「ヽ ̄`ニ   >、/ヽ
             /ノj 〉;/,};;;/  /j}.:.:::::::::::i  \`Tにコソ´`Y^7
          /.ノj./;/j} |;;|  ,/ソ'.:.:.:::::::::::|    \。〉仁ここソ
            /::ノj l;/ j} !」 /j}.:.:::::::::::::::::| ___, イニニ7'´ ̄
          ,イ:〈/   _j}  , イソ'.:.::::::::::::::::::j /.:.:::::::.:.:.|







976 ◆oLG9iWoh0E:2009/12/29(火) 23:46:45 ID:1DUm0cmM

<や、やめるだろ!
 それは本当にめんどくさいだろ! 

--------------------------------------------------------------------------------------


今までで、一番通じ合えたと思った――


--------------------------------------------------------------------------------------

                                                     あ、またいった!>
                                                     言ってやろ!言ってやろ!>



                                                 第6.75話 やらない夫とL 終







977名無しのやる夫だお:2009/12/29 (火) 23:47:11 ID:q1P9Su36
いやあ、今日も燃えたぜ!







978名無しのやる夫だお:2009/12/29 (火) 23:47:15 ID:wqu/NSP6
年末なのにわざわざ乙







979名無しのやる夫だお:2009/12/29 (火) 23:47:16 ID:i9Xb9Ab2
乙、乙だ!







980名無しのやる夫だお:2009/12/29 (火) 23:47:38 ID:akZ9JXGE
乙でした、今回も面白かった~







981名無しのやる夫だお:2009/12/29 (火) 23:47:40 ID:T3AQ3AGQ
乙でしたー







982名無しのやる夫だお:2009/12/29 (火) 23:48:01 ID:h7nR4Btc
乙!
やらない夫も成長していくねぇ







983名無しのやる夫だお:2009/12/29 (火) 23:48:08 ID:G967ue/c
先生に言ってやろー的なノリで吹いたwwww
乙です







984名無しのやる夫だお:2009/12/29 (火) 23:48:11 ID:lIFHUVA6

コイツらやっと本音を言い合える本当の仲間になったんだな







985名無しのやる夫だお:2009/12/29 (火) 23:48:22 ID:2Ky4BmZg
乙おつ~







986名無しのやる夫だお:2009/12/29 (火) 23:48:32 ID:UuYGKx4c
乙!
やらない夫は本当にいい奴なんだなぁ







987名無しのやる夫だお:2009/12/29 (火) 23:48:58 ID:eFbvc57w
乙っす







988名無しのやる夫だお:2009/12/29 (火) 23:49:02 ID:U6TuYm16
少しづつ歩み寄ってる感がたまらない
そしてLなら1軍の悪党トリオとも十分渡り合えるだけに
コーチとかになってとどまって欲しいモンです







990名無しのやる夫だお:2009/12/29 (火) 23:49:29 ID:Joj.q9m2
乙乙!
本当の意味での3人組になったか!







991名無しのやる夫だお:2009/12/29 (火) 23:49:48 ID:sVvsCbxA
乙でした。スレ建ても







992名無しのやる夫だお:2009/12/29 (火) 23:49:52 ID:rqzckXBY

イイハナシダナー







993名無しのやる夫だお:2009/12/29 (火) 23:50:05 ID:z2KN9i1w
おつかれー
今回も面白かったぞ!







994名無しのやる夫だお:2009/12/29 (火) 23:50:00 ID:kyVVLpZY
乙でしたー!

やらない夫も一皮むけたかな、これは。
将来のVIPスターズを支える柱の一つがその頭角を現し始めた……のか?







995名無しのやる夫だお:2009/12/29 (火) 23:50:05 ID:2P3UIFmM

やらない夫も成長したが、蒼もこれでだいぶ落ち着けそうだね







996名無しのやる夫だお:2009/12/29 (火) 23:50:26 ID:cxaCnVg2
乙でした!
やらない夫、ついに更なる一歩を踏み出せたな。確かに素質だけはあるんだから
Lが期待するのも分かるし、その過剰だとL本人も思ってる期待に見事応えて欲しい







997名無しのやる夫だお:2009/12/29 (火) 23:50:54 ID:q1P9Su36
なんだろ
やる夫には憧れるけど
俺が好きなのはやらない夫だ
ダイの大冒険でポップが好きな心境に似てるかもしれん







998名無しのやる夫だお:2009/12/29 (火) 23:51:28 ID:W9.eIETo
1000なら蒼の子が脱ぐ







999名無しのやる夫だお:2009/12/29 (火) 23:51:32 ID:akZ9JXGE
1000ならロビンがない夫にTB伝授イベント発生







1000名無しのやる夫だお:2009/12/29 (火) 23:51:42 ID:rDsgCsGs
2話連続きとぅわー 






情熱がなければ伝わらない!





関連記事
スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
[PR]





カテゴリー「やる夫はプロ野球選手になるようです」内の最新記事

だ

    仮面ラーイダーブラーックRX!!
    [ 2010/02/01 10:04 ] [ 編集 ]
    うおおおおおおお
    更新キタキタ━━━━━━(゚∀゚≡゚∀゚)━━━━━━!!!!!!!!
    ありがとうございます~
    [ 2010/02/01 12:14 ] [ 編集 ]
    これ待ってたのよー
    やる夫と蒼の子もいつかは人間性問われる時が来るのかな
    [ 2010/02/01 12:42 ] [ 編集 ]
    >やる夫と蒼の子もいつかは人間性問われる時が来るのかな
    やる夫はすでに危険球の件があったからな
    やる夫のようなスタミナもやらない夫のような才能もない蒼の子の一軍デビューは本当にきびしい
    左投げなのが唯一のメリットであとはフォーム変更前の劣化やる夫だし
    [ 2010/02/01 13:00 ] [ 編集 ]
    仮面ライダーから引用とはLめ...
    更新なくて寂しかったぜ
    [ 2010/02/01 13:29 ] [ 編集 ]
    やらない夫もLも大好きだああああああああ!!!
    [ 2010/02/01 14:00 ] [ 編集 ]
    今回の話は非常にスッキリしたわ

    確かに真剣にやってるときは中途半端に気遣われるより
    スッパリ言い切ってくれた方がいいわな
    [ 2010/02/01 14:43 ] [ 編集 ]
    蒼の子は何かしら覚醒イベントがないと
    一軍でやってくのは無理だろうなぁ、どうなるやら
    [ 2010/02/01 14:45 ] [ 編集 ]
    お色気で攻めれば三振とれるかもなぁ
    [ 2010/02/01 16:21 ] [ 編集 ]
    実際ああいう世界で優しいっていうのは邪魔だったりするんだろうなぁ。
    [ 2010/02/01 16:41 ] [ 編集 ]
    米39628
    お前は…一番言ってはならんことを…
    [ 2010/02/01 17:10 ] [ 編集 ]
    米39628
    おいおい、姉妹の中で一番それが欠けてる奴に言うか・・・
    [ 2010/02/01 18:19 ] [ 編集 ]
    久々の更新ktkr
    [ 2010/02/01 18:21 ] [ 編集 ]
    面白いな 下手なジャンプ漫画よりも面白い
    [ 2010/02/01 19:26 ] [ 編集 ]
    この熱さが終わるまで続くことを期待
    [ 2010/02/01 20:53 ] [ 編集 ]
    更新ナイスデース
    [ 2010/02/01 22:15 ] [ 編集 ]
    うーん 熱い
    [ 2010/02/02 12:57 ] [ 編集 ]
    つか、vipスターズの捕手陣のメンツを観ると
    近い存在が東尾・伊原時代の西武が浮かんでくるな
    ロビン・・・伊東勤(細かいモデル的には元巨人の村田真)
    クマー・・・中嶋(タイプは違うけどポジション的に)
    Lとやらない夫・・・二人(厳密にいえばロビンだけど)の壁に立ち向かってるが太刀打ちが出来ない若手・中堅組、Lはチームはヤクルトになるが古田全盛期の野口(現横浜)
    やらない夫は和田・高木大成になるのかそれとも正捕手の座を摑むのかが、気になる(つか、やる夫以上に気になるな自分が同じポジションしてただけに・・・・・)
    [ 2010/02/10 03:47 ] [ 編集 ]
    心太が敵チームなのか。
    そろそろ別チームの選手との絡みもみてみたいな
    [ 2010/03/01 03:30 ] [ 編集 ]
    やらない夫
    マジで良い奴だな…
    [ 2010/08/25 18:34 ] [ 編集 ]
    このコメントは管理者の承認待ちです
    [ 2011/12/02 12:31 ] [ 編集 ]
    このコメントは管理者の承認待ちです
    [ 2012/05/02 05:48 ] [ 編集 ]
    コメントの投稿













    管理者にだけ表示を許可する
やる夫ブログについて
20101110:「やる夫はロス市警の警部のようです」を掲載させていただきます。本当にお待たせして申し訳ございません。これ以降も随時、更新の途絶えていた作品を掲載していきたいと考えております。ご迷惑をおかけして申し訳ありませんが、どうか長い目で見ていただければ幸いです。

20101030:「やる夫のサクラ大戦」にて、記事の掲載順序を誤りました。 作者様、および楽しみにしていた読者様にお詫び申し上げます。 申し訳ございませんでした。

20101004:「やる夫たちが夢の国で遊ぶようです」につきまして、こちらの不具合で記事が切れてしまっております。作者様、及び楽しみに読んでくださっている読者の皆様にご迷惑をおかけしてしまい、申し訳ありません。
一度下書きに戻させていただきます。よろしくご了承ください。
「やる夫で学ぶことわざ」の作者様より、やる夫ブログ用のスポンサー案内をいただきました!本当にありがとうございます!さっそく使わせていただきます!

20100811:皆様、大変ご無沙汰しておりました。ぼちぼち更新を再開できればと考えております。
「やる夫がDQⅢの勇者になるようです」についてですが、コメントを頂けるのは大変うれしいのですが、他作品のコメント欄での投稿はご遠慮願えれば幸いです。
恐縮ですが、ご協力よろしくお願いいたします。

20091222:年末なので順調に更新量が減っております。今日明日はお休み、再開一発目は「やらない夫の超兄貴」になる予定です。作者様、まとめが遅くなり申し訳ございません。

20091208:今週クソ忙しいので、かなり更新が減ります。ご了承ください。

20091116:更新の調子にもよりますが、週末をめどに、カテゴリを追加する予定。前回追加からだいぶ間隔開いたんで、かなり溜まってます。

やる夫ブログについて

姉妹ブログというか同一人物ブログ。
やる夫ブログ(裏)(18禁です)


 ネ タ 投 稿 お 待 ち 
 し て い ま す ! 
(↑結構心から待ってますw)

 ネタ投稿の他、転載お断りの記事、相互リンクのご希望等ございましたら、お手数ですが下のメールフォームよりお知らせください。なお、http:を付けるとエラーになってしまうようなので、ご投稿いただける際にはhttp:を抜いていただきますよう、よろしくお願いいたします。
相互リンクの反映に時間がかかってしまい申し訳ありません。気長にお待ちください。


嬉し泣き
美麗なタイトル画像を描いてくださっているのは、こちらの方々です。
本当にありがとうございます。


七市様
Shadow3_convert_20091008101141.jpg
ハルヒとやる夫、やらない夫の表情が最高のタイトル画像。冬にぴったりの美しい作品です。


1様
http://blog-imgs-15.fc2.com/y/a/r/yaruomatome/yaruoblog_title_convert_20091026144430.jpg
柔らかで暖かい雰囲気がたまらない作品。みゆきさんヤバすぎで管理人狂喜の舞を舞っておりますwww

1様のプロフィールはこちら


65様
securedownload_convert_20091008101321.jpg
同じく「やる夫がチェルノブイリに旅立つようです」より。元ネタの雰囲気をビンビンに伝えるダークな作品。


草葉様
Shadow3_convert_20091008101141.jpg 「やる夫がチェルノブイリに旅立つようです」をモチーフにしたタイトル画像です。物語の後、このタイトルを見て吹きました。

219c0c442.jpg

草葉式


味噌様
yaruoblog_convert_20090519194443_convert_20091008101235.jpg
やる夫ブログ初!物語とタイトル画像のコラボレーション!快く、最高に美しいタイトル画像を描いて下さった味噌様に感謝です!




トンボ様
minamike_convert_20090519194731_convert_20091008101216.jpg
夏にぴったりの逸品を、トンボ様よりいただきました!水着ハァハァ(´Д`;)


トンボのかんさつ日誌


ヒジキ様
nagato_convert_20091008101341.jpg
管理人のツボにはまりまくりの長門!大好きだ!結婚してくれー!



ヒジキ煮


aro様
yaruo_blog_fix_convert_20090210225801_convert_20091008101403.jpg
らきすた勢の見事な描写もさることながら、このやる夫にしてやられました。


Charged time-out


Yutaka様
RMm06_convert_20090127165950_convert_20091008101426.jpg
個人的に水銀燈が一番好きです。タイトルのセンスも◎。本当に有難うございます。





マブチョコ_m様

この魅力的なボディにくらくら!管理人はこの人の同人誌が大好きです!やる夫ブログの記念すべき初タイトル画像。全てはここから始まりました。



うにゃらら大飯店



イチオシ

やる夫がDQⅢの勇者になるようです

自らを成長させる姿に心震える
作品。普通の掛け合いなのに、
自然と笑みがこぼれる構成と
演出は見事の一言。
自分を好きになれる、極上の映
画を見た後のような読後感は、
自信を持って「最高だ!」と賞
賛できる作品です。





過去の「イチオシ」一覧を作りました。
管理人オススメ記事

管理人が抱きしめたいほど好きなやる夫作品

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。