FC2ブログ
2017 07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 09
やる夫ブログヘッドライン



【お気に入りサイト新着記事】 【カテゴリー一覧】

    
   
【最新エントリ】



スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




カテゴリー「スポンサー広告」内の最新記事

だ

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | はてなブックマークに追加

やる夫はプロ野球選手になるようです 第7話 「やる夫とライバル」 

78 ◆oLG9iWoh0E:2010/01/11(月) 00:08:44 ID:PpxlFm/A
投下開始します。

今回はちょっと短めかな?








79名無しのやる夫だお:2010/01/11 (月) 00:09:06 ID:Gq3Cp9D.
よし来た!!







80 ◆oLG9iWoh0E:2010/01/11(月) 00:09:42 ID:PpxlFm/A

ベンチに、やる夫がちょこんと座っている。
姿勢は正しく、視線は真っ直ぐ。


         ____
        /― ― \
      /(●)  (●) \
     /   (__人__)     \
      |    ` ⌒´      |
      \           /
        /         \
       |   ・    ・     )
.     |  |         /  /
       |   |       /  / |
       |  |      /  /  |
      (YYYヾ  Y (YYYヽ |
     (___ノ-'-('___)_ノ


非常に神妙な態度に見えた。







82 ◆oLG9iWoh0E:2010/01/11(月) 00:10:16 ID:PpxlFm/A

そんなやる夫をカズマがつつく。
ロビンに諭された件は、詳しく事情を聞いていた。

緊張されすぎても困るのだ。
ちょっとからかって、ほぐしてやろうと考えた。
                                         /         〃´:::::::::::::::::::.    ::ヽ、
                                        /          l::::::::;r‐--、::::::::.. ::.. .::::::.l
                                       /           ノ::::j´     〉::::::::::::::::::::::::::l
                                      ,'        .:  /l /:::::::/     l:::::::::,::::::::::::::::::::l
                               .        ll ,   l トレ:| /‐l/l、/  _,,,.、-l::::!:::l、::::::::::::::::::|
                                      |i l l l |i lソV/ _l/`    __ ヽト、| |::!:::::::::::::::!
                                       l! ! l |ト、 l、 r''"レサj`     '´ィr。r‐-、 ソl::::::::::::::|
                                       リト、l〃、l!` ` ̄´    ,     ̄``'´  リrw、::/
                                         `| rj.|        l          /⌒ソ
                 「珍しく畏まってるな」             ヾ、〉!       '         /_ノ/
                                           `ーl.     rー-----一ォ     ,'_/
                                             ヽ、   ヽニ二ニニノ    ,イ´
                                              l\   ー-     //ー-、
                                          ,,.-‐''"´|  \       /  .l    \
                                         /       l   `ー-‐''´    |      ヽ
                                       __/      l              ,'        ゙、
                                 _,,. -‐''"´ /      |          /       ヽー-、
                               /       /         ト、_        /         ゙、
                                      /        |::::::::: ̄`ー--一/           ゙、
                                    /          l::::::::::::::::::::::::::::::/            ゙、


           ____
         /       \
        /   ─     ―
      /     ( ●)  (●)'
      |         (__人__)  |           「・・・ハイ」
      \        ` ⌒´ /
      /       ー‐  '







83 ◆oLG9iWoh0E:2010/01/11(月) 00:10:44 ID:PpxlFm/A

その声は無機質無感情。
                                            ,..- ''゙:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`'''- ,,,
                                          . /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`'-、
                                         ./ ::::::::::::::::::::::::::::::::./ ''^"ゝ:::::::::::::::::::::::::::ヽ
                                        . /:::::::::::::::::::::::::::::::::_ノ    |:::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
                                        l::::::::::::::,,::./|゙,i、/゛  _,, -‐ヽ,::::::::::::::::::::::::::::::::::.l
                                        .l,、:::::::::/.l|´.l!.ゞ  ‐゛ ._,,..,,、.ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::.!
                                        ゙ |j'、:.::::!.-¬、       '゛  `'、,|i{:i、::::::::::::::::::::::::::|
                                         ! .!!゙/  ,i            !! .!,,::::::::::::::::::::::,!
                                           !   "                "l::::::::::::::::::::::.!
        「ハハッ!                             .|   .i;;;;ニニ;;;; ..、           !.,ilしjl!、::::::/
         熊田さんに絞られて、少しは殊勝になったか?」     ヽ  l ..―-ミ./         !冫 `、/::::/
                                            l,  .|′  /         ー .シ":./
                                             ゙l,  `^゙´        /´厂::::,r!'"
                                              l、         -‐"  l:,ノ゙ゞ
                                              `'―vー…           |~'''、
                                               ,..-'''!            ,/:::::::ヽ
                                           ._..-'"゛:::::::,,!       /:::::::::::::::::: l,,,,,,,,,,,,,,_,
                                    .. -―''フ'":::::::::::::,/       ,/::::::::::::::::::::::::/:_,,.... |v..,,_´゛
                                       .'"       : ′     .‐''゙゛        ″     .´

           ____
         /      \
        /  ─    ─\
      /    (●)  (●) \
      |     (__人__)   |           「・・・ハイ」
       \     ` ⌒´   ,/
      ノ      ー‐   \

瞳は依然グラウンドに。







84 ◆oLG9iWoh0E:2010/01/11(月) 00:11:05 ID:PpxlFm/A

その視線の先を追って―
                                               /〃 //    .:.ヽ、ノ  ! `ヽ、 `ヽ
                                              ,'     / 〃 .:.:.:/ } ノ l ヽ.:.:.:.:.:ト
                                              i  .:i:.:... /:.:./:./  .l!.:.:.:.:.:... .:.:.:.:.:.:.|l
                                              |:.:.:.:l:|:.:.:ハ:.:/:/    |!ト、:.:.:.:.:.k:.l::!:.:.:.|l
                                              l:!:.!:l:i:.:/从レヽ  フノハlト、 ハ.从l |!:.:.:|!
                                              リト|ハトリィtゥヮ    ィrァ‐ 、从lレノリト、ム、
                                          , -一 7ノi!ヾl        ` ´''"  r+、ソ ノl  \
                                         /   /    l    /      f'-j个!Y  |
           「・・・・・・そいつは大変結構な事で」       /    /      ヽ、  ヽ       } l l | !   l
                                      〈     /      lト、 ー -、   / ///ノ   !
                                      lヽ.    /       \ ヽ-r ´ ̄     /   l
                                      |:.:ヽ  /            ` Lソ   , -一 '     l
                                      l:.:.:.:.ヽ  ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ、  r┴─┴┐< ̄ ̄`ヽ、|
                                      ',:.:.:.:.:.:\       /  〈 ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ \     /
                                       〉:.:.:.:.:.:.:.\   <    l          ヽ/ _/ /
                                      /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\   `ヽ、 |        |/ / ̄


カズマは今日も一騒動起きる事を確信する。


           ____
         /      \
        / ─    ─ \
      /   (●)  (●)  \
      |      (__人__)     |           「・・・ハイ」
      \     ` ⌒´   ,/
      /     ー‐    \







86 ◆oLG9iWoh0E:2010/01/11(月) 00:11:19 ID:PpxlFm/A

やる夫の視線を追えば―


         /.: ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
        /: : :            \
       /: : : :            \
     /: : : : : :              \
    / : : : : : : : ..               \
    |: : : : : :  ,,,,ノ⌒" '' ``⌒\,,,        l
    |: : : ::;; ( (・) ) ノヽ ( (・) );;:::    |
    |: : : : :  ´"''"        "''"´       l
   . \ : : : : . .(     j     )      /
      \: : :: : >ー-‐'=ー-ー<    /
     /ヽ: : : : : : : : : : : : : : : : : : イ\
     : : : : : : : : :``ー- -‐'"´      \
     : : : : . : : . : : .                \



                                              /.: ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ \
                                             /: : :             \
                                           /: : : :              \
                                          /: : : : : :                 \
                                          : : : : : : : :.._        _      \
                                          : : : : : : : ´⌒\,, ;、、、/⌒`       l
                                          : : : : ::;;( ○ )::::ノヽ::::::( ○ );;:::    |
                                          : : : : : : ´"''",       "''"´       l
                                          : : : : : : . .      ゝ         /
                                          \: : : : : : :.   、_,-‐'       /.
                                          /ヽ: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : イ\
                                          : : : : : : : : : :.``ー- -‐'"´        \
                                          : : : : . : : . : : .                   \

やる夫と同じ目をした奴が、敵軍ベンチでやる夫を見てた。







88 ◆oLG9iWoh0E:2010/01/11(月) 00:11:40 ID:PpxlFm/A

                                                       
        .iiiiiiiiiiiii,、     .iiiiiiiiiiiiiiiiiir,iiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiii,,,,,、  .,iiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiii,,,,,         ,. -─- 、_
        .'lllllllllli,      `llllll!゙’  `゚lllllll!゙゙゙゙゙゙゙゙゙!!llllllli,   `゙lllllll゙゙”゚゙゙゙゙゙゙!llllllli,      ,.::'";_-;;;:ミ':::::::::::::::`:丶、
         ,illl!llllllll,      ,illl!′   ,lllllll゜    llllllll!   ,illlll!゜    .,lllllll     |::::::::/しノ゙':::::::::::::::::::::::::::!
        ,llll゙ ゙lllllllli,     ,llll゙    .,lllllll゜    ,,llllll!′ ,illllll゙     .,llllllll゜     ,!: -‐゙:::'-:::;_::::::::::::::::::::::::|
       ,illll゜ ゙llllllll,、   ,illll゜   .,lllllll゜    ,,illllll!゙   ,lllllll゜  ._,,,,,,iilllll!゙゜    /:::::::::::::::::::::::::`:丶;;:::,;--‐!
      ,llll゙   '!llllllli―やる夫がプロ野球選手になるようです―lllllllll゙°    └-;;;;,,,,, _::::::::::::,,;;;_",,;;;'ヽ   |
      ,illll゜   ゙lllllllli、 ,illll゜   .,llllll!!!!!!!!!!゙゙゙゙”    .,lllllll゜   ゙゙゙゙!llllllli、      | ''''''''>''" ヽ、゙"ノ  |
     ,llll゙     .lllllllll,,.,llll゙    .,llllll!′           ,illlll!゜     .lllllllll    _  \  (__,,;、_.ノ   /
     ,illll゜     '!lllllllllll!`   ,lllllll゙             lllllll゙     .,illlllll゙   /,∠ヽ,.-‐>-.,,、_,,;._,, 、∠‐-、
    .,,lllll゜      ゙llllllll!゜   ,llllllll′           ,illlll!゜    .,,,illllll!゙゜   |  -イ  /^\Y´/  \  ヘ
  .,,,,iiillllllli,,,,      ゙lllll゙  .,,,,,iilllllllllli,,,,:      ,,,,,,iiilllllllliiiiiiiiiiiiiiillllll!!゙゙゜    !  ノ'" /    | !     Y'' ヘ
  .'゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙′     .゙゙° ゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙°     '゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙″                

                    ―第7話 やる夫とライバル―

         注) ・この話はプロ野球を元にした、作者のプロ野球妄想ストーリーです。
           ・このスレのやる夫は捻くれています。やる夫の性格改変(?)にご容赦下さい。







89名無しのやる夫だお:2010/01/11 (月) 00:11:50 ID:zeeVNUw.
ついにできる夫ktkr







90名無しのやる夫だお:2010/01/11 (月) 00:12:03 ID:yDQ7RZKo
できる夫やっと登場wwwww







92名無しのやる夫だお:2010/01/11 (月) 00:12:16 ID:tfOpBwXA
遂に相対する時が着たか







95 ◆oLG9iWoh0E:2010/01/11(月) 00:13:43 ID:PpxlFm/A

できる夫は今シーズン7勝5敗。防御率3.59。
3割近く打っている28歳のルーキーがいることを踏まえても、新人王の有力候補だ。


       ____
     /     \
   / _,ノ  ⌒ \
  /   (●)  (●)   \
 |     、 ´       |  (( ∩))
  \       ̄ ̄   /    ( ⌒)
  /          \



4月5月は苦戦した。
甲子園では無敵を誇ったストレートが、プロではきっちり打ち返された。


          ____
        /     \
      /        \
     /  \    /  \
    |    (●)   (●)   |
    \      ´   u /
    /     ⌒     \


しかしそれに対応するのができる夫の、10年に1人の逸材たる由縁だろう。
ピッチングをスライダー主体に切り替え、ストレートも球速でなく制球を重視するようになった。

            ____
           /     \
          /  \   /\
        /   (●)  (●) \
      |         ´     |
      \       ⌒    /
    / ̄ ̄ヽ           \
   (「    `rノ          \
    ヽ   ノ              \
     |   |             「\   \






97名無しのやる夫だお:2010/01/11 (月) 00:14:20 ID:uVdBxP62
できる夫きたか。
できる夫もやる夫のこと意識してるんだなー。


ま、当然だ罠。
同じ高校出身の同級生がプロの一軍にいるんだし。
元々仲が悪かったんだからそれもひとしおだよなぁ。







98名無しのやる夫だお:2010/01/11 (月) 00:14:25 ID:Gq3Cp9D.
7勝ってスゲェw







99 ◆oLG9iWoh0E:2010/01/11(月) 00:14:39 ID:PpxlFm/A

もともと150キロ近い速球をもっている。
制球重視にしても140キロ台の球速はキープする。プロで十分な球速だ。

そしてここぞというときは―


                / ̄ ̄ ̄\
.                 /ヘ、  _ノ  \
             /(●)  (●) 八. \_
             |   __`__    ⌒  :|ヽ、
              \  ´  `       イ:!::. :. . ....::===‐- 、
             _/ .:ヽ :i::::::::    /.: /:::':.. .:..,. ''.   . :.:.:`ヽ
      , --―'´;.:.、... .: .:i :i::    /:  .:::..:,.‐''". .      .:、  :.:::}
     /   . :.:.ノ:. ..\.ヽヽ:  , -‐''´ .    .   :     .::l . :.:.::|   「フンッ!」
   /   . .:.:.:./:.     `ヽ、::/         .:::、:.. ..  :.  .::i ...:.::!
    |  . . .:.:.:;イ::      .:i::.          . .::`''‐-、ヽ、.:.. . .:: .:ノ: :!
  /{::. : : .: '´.:.i::.       . :|:      . .:: :.::::::::::::/゙"ヽ、:..:.::´::..: :|
  ,' `: :...:.:.:.::.::;!::.. .    .:.:|:     . . . :: :.:.:::::::::{::. .::;'`:‐ .::.: ;!:|.
  {   :. `''''゙´|:::.:.:. : . . . .:::l::.   . .. .. .:.::..:.:::::::::::|::. . ::i   ..:::iく ::|                ストライク バッター アウッ!>
  {:.:.. .:.. . .:.:::ト、:.:.. . .  . .:.:;!、::.. . . . ... .:.::..:::::::_;;.ゝ、..:|    ..:ノ
 /`'''  、,,,___:ノ \::. :.....:.:ノ::..`'ー::.....;;;_;;:.-‐''....:...:::,>'=、  .::i :.::}
. {:.:. .   ___\   ` ‐-=、:::.:.. ..::r ー-=、.....:...::..::::/      . .:::! :; ::|     ┓┃┃ ┏━┓.   .      /| . 
 !ー: . /:::___;>┐    \:.. :! ,.-―:‐、:: ,,.:‐''´    . . :__;ノ.イ.:.:|     ┃┗╋ ┣━┫|   レγヽ   / |⌒i
 ';.:../:::::/´、   ̄)ヽ. _,r―‐亠- 、!::::::::::::::|「:     . . - '''´. : :丿.:/     ┻  ┃ ┗━┛|< | | |.  / |  |

このように、全力での力押しを混ぜてくる。
甲子園の英雄は、プロでも英雄たる素質を見せている。






102名無しのやる夫だお:2010/01/11 (月) 00:15:07 ID:zeeVNUw.
きめえw







103名無しのやる夫だお:2010/01/11 (月) 00:15:14 ID:6IbQp47U
できる夫キメェww






105名無しのやる夫だお:2010/01/11 (月) 00:15:53 ID:UTQBM1zY
できる夫も目がアマ(高校)の時と変わっている・・







106名無しのやる夫だお:2010/01/11 (月) 00:15:58 ID:bpyaeIWc
きめえwwwwwwww







107名無しのやる夫だお:2010/01/11 (月) 00:16:12 ID:yDQ7RZKo
できる夫すごすぎwww







108名無しのやる夫だお:2010/01/11 (月) 00:16:21 ID:ms44n9DY
これはひどいw







110 ◆oLG9iWoh0E:2010/01/11(月) 00:16:58 ID:PpxlFm/A

8月中旬。
碇カイザース本拠地で行われる、カイザース対VIPスターズの試合。
その試合の先発投手として、できる夫はスターズに相対した。


      ____
     /\:::::::::/\
   /:::<○>:::<○>::::\ ,. -- 、
  /::::::::⌒._´_ ⌒::::::/    __,>─ 、
  |     |r┬-|   /          ヽ
  \    ` ー'´   {            |__
              }  \       ,丿 ヽ
             /   、 `┬----‐1    }
            /   `¬|      l   ノヽ
           /    、 !_/l    l    /  }
           {       \     l   /  ,'
           \      ´`ヽ.__,ノ  /   ノ
             \     ヽ、\ __,ノ /
               ̄ ヽ、_  〉 ,!、__/


VIPスターズとの対戦は、今期3度目。
前回前々回と、スターズはできる夫を打ちあぐねている。



5回表の攻撃が終わった。
3者凡退。VIPスターズの打線は沈黙を続けている。


ヽ:::::::::::/::::::::|\ヽ::::::::::::::::::::/::::::i::/w/|/|:::::::::::: // ::: /
::::`、wv:::::::::::i ヽ\:::::::::::::::://i:::::::::|:::::::: ∠;;;;;::::::::::::::::: ∠/|
::::::::| |w |.v/|ヽヽ,V-'ヽ///,i:::::::::i:: /   ∠:::::::::,--、:::: /
:::::::::}.j:::::. V "''--,\/_,,, -''"i、:::::`,/ ::::::: /::::/^i .i:: /
、:::::::|/:::/`、  ;;;;; :::;;;;;;;;::::::::: ヽ∠,\   //> |.|/
.ヽ::://,,_  ヽ、  .|:::::// /:::::: _/:::::_,=〈ヽ、 |i ヽ ) }
  //| .i, ~io、_ヽ | .//ノ  ∠。-ァ''" / ヽ;::i />ヾv/
 .|::|ヾ,,_"'--―"-ヾ《<-=-'" `ー'__ ノ`  i:::|.i//:∠,__
―|:| .|::::  -'i," ̄::::}  "ヾ二, ̄     .|::::|__/::/
  |:| |::::   i ;;;;;;;;|     ノ"''--'    .|::/:::/          「クソ・・・新人の癖してよ!」
  リ/ヽ::::    :ノ       ::::::    //:::/   (○)
   (○ヽ、 i 、__ヾ        ::::  // |/
      ヽ  ヽ`= -二二`i }  /   /
ヽ、     ヽ、 `v_i__、__、ノ  /    /
  ヽ、  (◎)ヽ, ー--,,,   /     /
 ヽ,_ ヽ、    ヾ,    /      /    (○)
   ヽ、 ヽ、    |`--< ̄' --'   /
__  ヽ、ヽ    |::::::::::::`'--、___/   ,,--'' ,,--''"
\  二二ニ-"   \:::::::::::::::::::::::::::::/_,,-''"_,,-''"







112 ◆oLG9iWoh0E:2010/01/11(月) 00:17:52 ID:PpxlFm/A

一方のやる夫は唯今苦戦の真っ只中にある。
できる夫のデビューと異なり、やる夫のデビューは鮮烈だった。


       _____
       / _     _\
.    /      ̄` ´   \
.  /     (  ● )   ( ●)  \
. /         /   !   ヽ    \   ___,. -、
/           ゝ__ノ ゝ__ノ     ヽ ( ヽ-ゝ _i,.>-t--、
|           ` ⌒ ´       |  `''''フく _,. -ゝ┴-r-、
|                        |__,.-''"´ / ̄,./´ ゝ_'ヲ     「構わん。空振れ」
ヽ      _____      /   / _,. く  / ゝ_/ ̄|
:.ヽ‐'''!-‐''"´:::::::::::::::::::::::::::::: ̄ ̄`~''‐-、_/ にニ '/,.、-t‐┴―'''''ヽ
  \_::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/  /   .(_ヽ-'__,.⊥--t-⊥,,_
\    ̄\―-- 、 _::::::::::::::::::::__::/  /  /   ̄   )  ノ__'-ノ
  \    \::::::::::::::`''‐--‐''´::::::::::/  / / / ̄ rt‐ラ' ̄ ̄ヽヽ
ヽ  ヽ\   \:::::::::::::::::::::::::::::::::::::/      /   ゝニ--‐、‐   |
 l   ヽヽ   \:::::::::::::::::::::::::::::::/           /‐<_  ヽ  |ヽ


パイレーツのレイ・伴という強打者からの連続三振で幕を開けたやる夫は、その翌日、翌々日にも
ホールドをマークした。


      //  / ハ /       /  /         ∥`゙|    |
     //   / ∧ /       /   /         ∥ |   │
     //   / /  l      、/    /            ∥__|   │
    /   / ∧ l|      /ミ㍉、 /  l        ∠|l、│   |!
       /  ハ   |      / rッ ヾヘ、 _ト、  /.,.ィァ'´  ̄||ヽ,|    |゙,
       /  / ヽ |   / /、__ /ムヽヾ| l ル/イ   (ツ ∥ノ |    | ',
       /  l   Y|  / /ゝー / ー 、   ! | ´  ミー--彡´ |     | ',
     ノ  |   |  /  /   メ'´     | `´ ヽ、  ノ|| │    |  ',
         !    | /  /    /       |        ∥ │   |  ',
        l     | /  l    /       |       ∥ /!    |  ヽ     「クソ・・・あの新人め!」
         |    |'   |   /          |       ∥/:|   │  ヽ
        |   /   ハ  /      __ /        |f |     |   ヽ
        |.//    |:∧ /    /`´ ̄ ̄ ̄^´!       /|iヽ|    |     !
        | /    |:::::;ヽ    i  ..:::::::::::::::.  |    /l ∥ |      |    |
        | /     |:ヽl|:::ヽ.  |r‐‐'⌒ヽ ̄ ヽ|   イ/| l| l|    │   ハ
       ノ'      |::::||::::::::ヽ {l、        } /:::/:::| ∥|     |   / |´ ̄\
      〈/      |::::||::::::::::::\\二二 ニニソ/:::::::/:::::::|.∥|     │ノ  l    \
      /         |:: ||:::::::::::::::::ヽ  -─- /:::::/:::::::::::|∥|     :|     |      ト、
    、__/          |:: ||::::ヽヽ::::::::::i\ __ /::/::::::::::::::::/|l l|      |   |        | ヽ
      l         |:::||::::::::::\ヽ、|;;;;;;;;;;|::::/::::::::::::::::/::ノ| |      |   l       | ヽ







114 ◆oLG9iWoh0E:2010/01/11(月) 00:18:33 ID:PpxlFm/A

この時点での奪三振率は10点台オーバー。
スターズのファンだけでなく、球界全体から注目を浴びた。

これが悪かった。

   : : : : : : : : : : : : :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..... : 丶、::::/〃 / / |/: : : : : :
   : : ー: : : : -r─-、- 、: : : : : : : : : : : : : : : : `ー--、_/_/: : : : : : :
   _:_:_:/:::::::::::::l {:ミノ::::::::ハ`7ーァ 、_: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
     |:::::::::/::::| `l:::::::::::|: .ソ: .!‐ャ-ニト_、_ヽ: : : : : : : : : : : : : : . : : : : : :
     レ´j/|::::ヽ.:|::::::::::|.: . : . ` ー`ニ~ゝ\_: : : : : : : : : : : : . : : : : :
      |: : ∨´ヽ:::::::ヾ  . : . : . ~´: ^jノ》ヘ、: : : : : : : : : : . : : : :
      |/: : : ∧lヘ、ノ      . : . : . : . : l `:リヽ、: ヽ: : : : : . : : :
        l: . :  {. : : .                   |:. :/;;;;;ミ `丶、ヽ: : : : . : :   「落ち着けレイ。
       `, . : ヽ: . :               |/ヾソ     \: :  : : . :   ・・・打つ手はある。いくらでもな」
        `、: . : : \: :               |          ヽ: : : . :
        `、: . : : :ヽ :        ___´冫ー'ヽ           \: : :
         `、: . : : :ヽ.    ,. -‐´二二ン:.:.:.:.:./\ ギリッ        \:
       ト、   `、_,..- 、_: : 、 ゝ   . : : : /:::::.:.:.:.l/:.:.:.:.\
       l l   ∨     ̄|\      |:::::::.:.:.:.:|:.:.:.:.:.:.:/\
       \\  ヽ     |:::::\   _丿:::::.:.:.:.:.:|:.:.: : /: : : :ヽ



注目を浴びたやる夫は、すぐさま他球団の解析を受ける。
そして、あっけなく弱点が露呈した。



                     ┏.【VTR】━━━━━━━━━━┓
                     ┃      / ̄ ̄ ̄\       .┃
                     ┃    / ─    ─ \     .┃
                     ┃   /  (●)  (●)  \  .....┃
                     ┃   |  \ (__人__) /  |    .┃
                     ┃   \_ | ` ⌒´ | _/  ....┃
                     ┃    /        |    ......┃
                     ┃   (_)| ・    ・ ||     .┃
                     ┃   l⌒ヽΞ   Ξ/| |      .┃
                     ┃   | |\_(;;U;;;)_ ̄))    ..┃
                     ┃  (_)      //    ......┃
                     ┃         ( _)      ..┃
                     ┗━━━━━━━━━━━━━┛







115名無しのやる夫だお:2010/01/11 (月) 00:19:04 ID:v6ZuwerI
しまえwwwwwww







117 ◆oLG9iWoh0E:2010/01/11(月) 00:19:32 ID:PpxlFm/A

弱点とは言うまでも無く、左打者である。
左打者に対しての被安打率は3割超え。出塁率に至っては4割を超える。


        .____
     ;/   ノ( \;
    ;/  _ノ 三ヽ、_ \;           「覚えておけよ左打者ども・・・
  ;/ノ(( 。 )三( ゚ )∪\; 
 ;.| ⌒  (__人__) ノ(  |.;          例えやる夫が倒れても、今に次の右サイドスローが現れて、
 ..;\ u. . |++++|  ⌒ /;           球界をギッタンギッタンにしてやるわ!」



シンカーは左打者にも通用した。
ただ、シンカーだけではプロの壁は越えられない。

--------------------------------------------------------------------------------------
::::ヽ、;::;:;:;:;:;:;:;:;:, ...:'´.::::::::::::::`ヽ、.:::::::::::::::   |
;:;:;:::ゝ;::;:;:;:;:;:;/.:::::::::::::::::::::::::::::: \.:::::::::::. i |
;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::. `ヽ、.:::::  l |
;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;::|::::::::::::::::::::::::::::::::::、--==`、,  ,,,l |
;:;:;:;:;:;:;:;:;:゙;:;:;; |::::::::::::::::::::::::::::'.:::::`..  (/”="_/
;:;:;:;:;:;:;:;:;:  :;: |:::::::::::::::::::::::::::::   `-'´;::"~:. i
;:;:;:;:;:;:;:;:;:;  ;: |:;:;:::::::::::::::::::::::.   '´.:::::::::::. |
;:;:;:;:;:;:;: ::;  l; |:;:;:,::::::::::::::::::::''   ..::::::::::::::::::.. |
;:;:;:;:;:;:;: ;  |V:;:;:;::::::::::::::::''   ..:::::::::::::::::::::. |           (まだま だ・・・じゃの)
;:;:!i:;:;:;: '  l:::::;:;:''::::::::::::'....::::::::::::::::::/´::::::::::::.  |
;:;:!i:;::;:;  i |:,:;:;'':::::::::::::::::::''iiilll|l|ll|llll|liiii,,:::::::::. |
;:;: ;:;:;:;:  /i!::;:;:::::::::::::::::,,iiiiiiillll|ll||ll||ll||l|lllllii-- '´
;:;:;:;:;:;:;! /::::::::::::::::::::::::i:::::::::::::::::::::::: l゙゙゙゙゙゙゛゛
..:;:;:;:;:;:i /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::''/
ヽ:;:;:;:;:!/i,,、:::::::::::::::::::::::::::::::::::.' |
:::::ヽ;:/i||iiiii,,::::::::::::::::::::::::::::::::::. |
--------------------------------------------------------------------------------------

そしてやる夫のシンカーは、依然未完成である。
東方不敗のそれに、まだ遠く及ばない。






120 ◆oLG9iWoh0E:2010/01/11(月) 00:20:20 ID:PpxlFm/A

他球団のスタッフが思わず苦笑いを浮かべる程、弱点は簡単だ。


                     .l::l !'     \ ̄´            !::::l l::::://  ノ
                     .レ ./       `              l::/ l:::/-- イ /
                      ./    , -、               l/  .レ __  /
                     〈    /   ` ‐-- ---、           l 「:´:::::
                       `  ,/         --彡           l リ、:::::
                       , '     r‐-- ---- イ_          j   ',:::/
                      ./    /、_-==-‐ ´    ̄`ヽ     /   レ/
                      /     ,ム'´           ニ彳   /    /
                     .l  - '´      _,, -‐' ´ ̄ , ̄`,〉/    /
                     }      ,  <          孑'´     /
                     〈   -‐' ´       _斗=≦´<     /

更にそれは容易くつけるものだ。
左の代打を送ればいいだけの話であった。





やる夫は打たれた。
成績は、登板の度に悪くなる。

       ____
     /     \
   /_ノ  ヽ、_   \
  /(●)三(●))   .\
  |   (__人__)      |
  \ ヽ|r┬-| /   /
  /   `ー'´      \


これに対してやる夫は、何ら手が打てていない。







121 ◆oLG9iWoh0E:2010/01/11(月) 00:21:11 ID:PpxlFm/A

試合が進んでいく。
両先発がお互い1点も許さない投手戦。


ブルペンのやる夫は、時折動きが止まる。

           ____
         /       \
        /   ─     ―
      /     ( ●)  (●)'
      |         (__人__)  |            「・・・」
      \        ` ⌒´ /
      /       ー‐  '



普段の集中力がない。
歓声が起こるたびに、動きが止まった。

           ____
         /       \
        /       ― ヽ
      /         ( ●) '、
      |             (__ノ_)           「・・・」
      \            `_⌒
      /           \







122 ◆oLG9iWoh0E:2010/01/11(月) 00:22:07 ID:PpxlFm/A

スコアボードに初めて0以外の数値が浮かんだのは、5回裏だった。


   ' , \、 、|       ヽ   l / /    ヽ,   / /  /
  ``ヽ  ヽヽ! ,  lj   ヽ  i/ , '  u  !/ /  /
  、 ヽ\ ` l_/ /`ヽ、   ヽ/ / ,. ' ´ヽ l ,'/'´   /__
  、 ヽ、 ,へ、/ ,ヘ``ヽ、ヽ. ` / /,. -‐,´ _!,-、 / /'´/
 ヽ\`` l l^ヽ,',  ',  oヽ`、} レ/o   ,'  〉"^l//'´/
   \、 l l r' ',  ー―‐",`ー´`ー―‐'  //_',/_,. -;ァ
    ,.ゝ-\ー、 ','"""""  ノ_ ゛゛゛゛` /'_j /  /          「しまった!」
    ``,ゝ-ゝ、_',u     r====ョ    /-/_/
     ´ ̄``ー,ヘ    `====''    /=''"´
          ,'、 `ヽ、,:' -‐-  , '``>、
         ノ`::ー-、_\__,/_,. ::'´:::::冫二ニ77ー-
  ,...-、‐ニ二{{:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/ニニニ 〃::::::::
  :::::::::ヽニ二ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/二二ニ 〃:::::::::::


ベジータが失投を捕らえられた。
深い当たりのツーベースで、試合は1-0に。



しかしVIPスターズもすぐ返す。
6回表にエラーから傷口を広げ―


          /   _,,.-''゙/
         //,.-‐''"´,.-'゙:/     _,,.., 
        <.r'゙___,,..'r":::/  ,..,__,.r'"ノ:::/ `ヽ.
         l、_,.-''゙、.r‐゙''┬'"::::j::::`´,-''、  l,                          セーーーーーフ!>
         '-、''j  〉!  |:::-‐'''"´:<  ゙l  l       ,.、--――--、
          `j゙/‐'-、 '‐-、:::::::::::::`ヽ、_l._l  _,.、‐''",.:-‐‐'''‐=‐-、ヽ,
            ´   ヾ、''゙´`'‐---、  r'-、 /`''"::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/`
                ヽ‐''‐-、゚ ゚ `'‐゙uulj:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l ――
                     ``''‐、.__  `ヽ、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l
                      ,.-''":::::`ヽ、   `ヽ、::::::::::::::::::::::::::::::::,゙ ――――
                 __/  __/ `ヽ、    ``ヽ、:::::::::::::::::/
                  / ̄ ̄ ,.:-'" ―― `ヾ、-、  `'‐-、:;;/   ―――――――
           ―――‐‐/――,.-'"___,,,,,..lヽ__  \::`''''‐-、/
             三三' _,.-'"´` ̄、,.、,.、_ //゙:::l ― \_:::::::::`ヽ、=――
              ヽ、‐''゙_,,.、-‐‐‐‐‐‐‐-、.i,i,r'"´`''‐-、  `ヽ、:::::::::\≡≡=―
                  ̄  ―――――   `ヽ‐-、‐-ヽ、  `ヽ、::::::\
                       ―――――    `'''''''゙―― \::::: ===―――――
                                           \

クーガーの内野安打で1点。







123 ◆oLG9iWoh0E:2010/01/11(月) 00:22:30 ID:PpxlFm/A

相良の犠牲フライで1点。

                          \丶、
                 _. -‐::::::: ̄:::\:::\ }ヽ
            --==ニ::-‐::::::::::::::::::::::::::::::_:::ヾ::::}
            ..:::´:::::::::::::::::::::::::::::_::::::::;::::レ 1::ノ――‐-
          /::::::::::::::::::::::_.:.-‐:::;:::::::::::::::::::::|& acute;:::\::::\ー-ヽ
         /:::::::::::::::::::::::/:.:.:::::::::::::::::::::::::::::::: ノ::::::::::;}\:::ヽ
         /:::/:::::::::::::/:.:.::::::::/:.:::::::::::::::::/:::::::::::〃::::ヽソ
          //:::/::::/:::ノ::::::/:::::::/:::::::/::/:::.:.:::://:ヽ::::::.
         //::::/:::::::::/::/::::/::/::::::/::::::/:.:.:.:.:/:/ヽ:::::;:::i::,
        /::::/::::::/:://:::::/:::::/:://__.ィ/..:..:..:/:/ハ::::';:::i::ト:::、
        l:::/:::::イ/::/ /:::::/::::/´/ャテミ lッ:/:,イ:/jソ l ;::i:::|リ `
        |∧::::::ヽ/ /:/::/:::::l:::/ 込ソ |::// レ{´  | リソ        「任務完了」
     _. -┐ rハ:::::/:\!/:::イ::::/レ'      l〃   ヽ  l
     !   VL Vヽ::::::ヽヘl::/              _.ン/
     ヽゝ `7}   ';:::::i::ハ ヾ            ´_. /
     ヾ:、ヽ {、ヽ ___ハ/ソ }  \      '" 二 /
      _ ̄ \  /    \   丶       /l
   /   ヽ   }∧       丶.__ ` ーr---‐ } |
  /  /   ヾ-∧ ヽ          ̄ ̄ ̄「|// 〉
  /      /  \ \           l | /


たちどころに試合をひっくり返した。



         ____     l_
       /   u \    /
      /  \   / \   >
    / U (○)  (○) \ \      「さ・・・流石打撃のVIPスターズといったところですね」
    |    u  __´,_  U |
     \u    /__/   /







125 ◆oLG9iWoh0E:2010/01/11(月) 00:23:09 ID:PpxlFm/A

しかしベジータが崩れた。
元々終盤に行くほど調子を下げる投手だ。

6回裏はなんとか無失点で切り抜けたが、非常に危うい投球だった。


    .i      .    /      .\         ヽ 
   |\|          /        \    .ハ   .l
   l           /     u     i    / ヽ   lハ
   ヽ          i    u       i  /   i   |
    |         _」     __..._ u    | .|  u Y   |
   "\ `yヽ i^ヽ/    ;:lli__.._ \ u  .i .l   __ `i  |
     ヽ i `Yi 9ヽ       /"ヽ.ヽ   lノ / 」 リ. /
  /""ヽ-i .i  ヽこ/i   u  ii    ヽ'i..  .//^! ./ ./
 「    ”l .|   l.__J      iL ._____o.Yi:w'<o.__ノ .l ./
 |  ハ  | \__  'i    .u  し     ヽ、   i/    _____
 |   ァ  |     l              d  u. i    /^   \
 |  ハ  |       .        /⌒''---'^i  .l    i  ハ  i
 .l   ァ /               i⌒''T^^"Y  ノ    /   ァ  .l
  \______/           \ u.  \.____..ノ /    .|   ハ   |
                  .ヽ、     ー ,/      .|    ァ  |
                    \_________../       \  。o  /


ベンチは決断する。


::::::/∥  ∥   ヘヘ
:::::|//∥ // /   | |ヽ∥    ∥
::::::::::/ / / /--- | | ヽ ∧∥
::::::::::/ヽ//----- ||/ ∨ \
::::::::::ヽ  \   /|       |∥|
::::::::::::::|===== >  ゛======   | |⌒)
:::::::::::::::| ─゜-/    -゜-─   |│  |
::::::::::::::::| - /    丶-──   | |  ノ          「次の回からやる夫で行くぞ。
::::::::::::::::|  /          u  || ∥| 
:::::::::::::::::| し - )    ヽ     |  |           ライトにも、7回から行くこともあると伝えろ。
:::::::::::::::::::|/─────- |   / ∥           本格的なアップを始めろとな」
::::::::::::::::::::|   ≡       /| ∥|
:::::::::::::::::::::::ヽ        /  |\|
::::::::::::::::::::::::/ヽ      /   |≪\
:::::::::::──/≪ヽ   /     |≪≪\─
::::::::   /≪≪|\/

7回裏は1、2番から始まる上位打線。
ただし、カイザースの1,2番は幸運なことに右バッター。

やる夫で抑えられる場面だった。







127 ◆oLG9iWoh0E:2010/01/11(月) 00:23:58 ID:PpxlFm/A

1,2番をやる夫が討ち取ったなら、3番の左打者もやる夫に投げさせようと考える。
そのケースでは、3番が出塁したらすぐさまライトに交代だ。

     __   ___,  /!
.   /-、} / 、∠. イ  レ'|   |
  // // l   !\  |  \|. ! |
  l l//   \ ヽ >   __.」 1. ル'
  ̄l'" / ̄`ー     ゙ 「   レ' l/
.  |.    \  r  │           (最近のライトは疲れが見える。
.  !      \ ヽ │            できれば1イニングを超えて投げさせたく無い・・・
. !_.」     ,へ._/\」 ┘
 |│   ./                    もしやる夫が抑えてくれりゃ儲けもの・・・!)
. l.l    /
イ`!`ー-'
. | |
 ||


追加点が入らなかった場合、ライトには回跨ぎで8回も投げてもらう事になるが、
投手事情を考えると仕方ない。


         __、─- 、
        > ,, `  ,, '´ ゙̄,Z._
       , ' i!i   i!i  !ii   !! <
.      / ii!  !! i! , ii ハ ii! ii! ヽ
     l i! i!! ,イ /l./--l ト ii ii l
      | i!,.、ii /‐l/-'、 ̄,V-|ハ ! N
      |!i.|.f1.| =。===.,, ,。===lW
      |.i!|.「l | `ニニ´  ヾ二 l
     |ii ヾlノ.  , -‐' r _ \l   (._ ⊂        (投げさせたくない・・・投げさせたくないが、
      /| ii /'\ ′'フ",二二ニ⊃   ,)   )       それとこれは話が別!)
   _/):| /    \/ ,. ´二ニゞくう ( r '´
‐..T....|((::K    / /./ ´, ─_'ニ\>,_'ノ
.....|.....|::)):l(ヽ.  / ' '  .仄l ..|.....|....T..‐
... |.....|((:(:l))(:><:\   ノ(:((:l...|.....|.....|....
....|.....|:)):)l/./..>、:`:く)::)):))l .|.....|.....|....


シーズンは残り2ヶ月程度。
VIPスターズは現在首位のカイザースと、6ゲーム差の3位。

優勝に手が届く位置を、キープしている。



∠-'';::/ ,∠/ ./::   ::\.ヽ\ ヽ ヽ \ ヽ. \
::::r''∠- '´:∠ -ヘ::....... ,...:‐''7,ゝl‐-ヽ}   ト、 lヽ. !
:::l::::-===モ== _::::/:::::::::/_  ` / ,ヘ. | ヽ |. ヽ.!
: |:::: `ー =.=''"::´:::::::::::::/ニ´>,'/  ヽ | ヽ!  ゙l
::|:::::    /..::::::::::::::::::::::/ヽ   ハ     ヽ!
:|::::::    ...:::::::::::/::r:::::::i_:丶  ,'l }
|l::::::   /    `__:::  ヽ  /.|′         (・・・)
iヘ::::..   く  ̄ ̄     `ヽ/./^'
:|::ヽ:::..     ←‐==;;  ./
::l::::::ヽ::..        :::::::   /    ,.、
:::l::::::::::\.         /  /.:/:ヽ.
::::|:::: :::::::\.         ,イ /....::/::::::::ヽ.


多少選手にも、無茶をして貰わなければならない時期に来ていた。







129 ◆oLG9iWoh0E:2010/01/11(月) 00:24:47 ID:PpxlFm/A



        ☆        ☆        ☆        ☆        ☆



  ', ',`ヽ、,.'   丿 /   _,..-'''"´  , ', '´ ``ヽ`ヽ
   ', ',  i   '  ′'''''''´     , ', '      `、`、
   ', ', i       /´ ̄     , ', '        `、`、
    ', ', i    i !         , ', '           ', ',
    ', ',|    !〈         , ', '            ', ',
     ', ',``‐--冖--‐〝卩, ', '         _,..-'''" ̄
     ', ',i゛‐--|│´´´´ !i,' ,'       ,_,.ァ'´
        ', ',"'- 、___,,.. .-!,' ,'     , -'"ノ|
        ', ',`、  彡′ ,' ,'   , -'_,.イ" i
         ', ',ヽ、`´ ´ ,', '  ,-'", -'"    ,'i           「やる夫。出番だ」
       ', 'yヽ ,丶 // /_,.イ   /  / i
        ',7 !i i///i´´ , '  /   ,',ィ!
       ノ ノノi  !〆 }》, '   /  ,.'   !
      〈 〈 〈 〈 !|/i   , ,ノ  ,'    !
     ,'´!  ',│i  ',;,;,i 〈ン' ,'  , '  ,.' ',`ヽ
    /^ /| ', レ   ハ゛ヘン  ,' __,.イ  , -'|
    リ レ      ', ヘ' i_,..-'''"_,..-'''"  `ヽ
   /     ---   リ ',i ,_,.-'''"__,,.. .-‐'''"´  ̄`



        __
      /..::::::::::::::..\
    /..:::::::::::::::::::::::::.\
   /..::::::::::::::::::::::::::::::::::::.\
   | :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: |
   \:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
  ,. -‐'´..:::::::::::::::::::::...`丶、 ガタッ
  ノ .:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::....ヽ


その言葉を、待ちわびていた。
やる夫は一気にブルペンから駆け出した。







130 ◆oLG9iWoh0E:2010/01/11(月) 00:25:10 ID:PpxlFm/A

グラウンドに立つ直前で、歩みを止めた。

大きく息を吸い込み、吐き出す。

     ____
   /      \ ( ;;;;(
  /  _ノ  ヽ__\) ;;;;)
/    (─)  (─ /;;/
|       (__人__) l;;,´|
./      ∩ ノ)━・'/
(  \ / _ノ´.|  |
.\  "  /__|  |
  \ /___ /


念願叶う時が近づいていた。

                                  ┌────────────────────┐
                                  │           ____             .│
                                  │          /     \            .│
                                  │   .     / _,ノ  ⌒ \          │
                                  │       l^l^ln  (●)  (●) \       .....│
                                  │       ヽ   L   、 `       |        .│
                                  │        ゝ  ノ    ̄ ̄    /       ....│
                                  │      /   /          \       ....│
                                  │     /   /             \     ......│
                                  │   . /    /         -一'''''''ー-、.   .....│
                                  │   人__ノ        (⌒_(⌒)⌒)⌒))   │
                                  └────────────────────┘

         ____
       /      \
      / ─    ─ \
    /   (ー)  (ー)  \
    |      (__人__)     |
     \    ` ⌒´    ,/
     /⌒ヽ   ー‐    ィヽ
    /      ,⊆ニ_ヽ、  |
   /    / r─--⊃、  |
   | ヽ,.イ   `二ニニうヽ. |


あの男に勝つ時が、近づいていた。







133 ◆oLG9iWoh0E:2010/01/11(月) 00:25:34 ID:PpxlFm/A

マウンドに向かい、歩む。
敵軍のベンチを、睨みつける。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
               .キッ!   / \   / \
____________∧,、 /  (○)  (○)  \____
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`'` |    (__人__)    | ̄ ̄ ̄ ̄
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━





━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                      /  \   /\  !
____________∧,、 /   (○)  (○) \_____________
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`'` |       __',_,    | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                     \     /__/   /
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

視線が、交錯した。







134 ◆oLG9iWoh0E:2010/01/11(月) 00:26:08 ID:PpxlFm/A

マウンドに立ったやる夫は、笑っていた。


      _  \  (__,,;、_.ノ   /
     /,∠ヽ,.-‐>-.,,、_,,;._,, 、∠‐-、
     |  -イ  /^\Y´/  \  ヘ
      !  ノ'" /    | !     Y'' ヘ       (そこで・・・見ているといいお)
    /  ./  i,/     `      レ'  ヘ
   ./  i、ヽ /-,┬┬.、,-、"-,,-. -、,ヾi   ヘ
  《  ノ;;レ"|レ/i !|i; ノ、゙、'i | | i |レ,、、' レ',,イ


眉間が狭まる。顔の筋肉が硬直する。
その状態で、笑っていた。


         /.: ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
        /: : :            \
       /: : : :            \
     /: : : : : :              \
    / : : : : : : : ..               \
    |: : : : : :  ,,,,ノ⌒" '' ``⌒\,,,        l
    |: : : ::;; ( (・) ) ノヽ ( (・) );;:::    |     「どちらが上なのか・・・見てるといいお」
    |: : : : :  ´"''"        "''"´       l
   . \ : : : : . .(     j     )      /
      \: : :: : >ー-‐'=ー-ー<    /
     /ヽ: : : : : : : : : : : : : : : : : : イ\
     : : : : : : : : :``ー- -‐'"´      \
     : : : : . : : . : : .                \

歪な顔を、していた。







135 ◆oLG9iWoh0E:2010/01/11(月) 00:26:37 ID:PpxlFm/A


        ☆        ☆        ☆        ☆        ☆



碇カイザースの打順は、1,2番からの好打順。
そのはずだった――

しかし、打席に立ったのは代打、ジョン・バーツ。

''"" ̄ ̄___,...-一''">'_,.、'_" ヽ/ ./ / ./ //    `、丶、\\ヽ \`ヽ-、`-、`-ヽ
-ッッーt'フコ7/  _,.-_'"-'...___ヽヽ、///  / / //,.- __,..ッ-'ヽ l>、丶\、 、\\`ー、`ヽ、ヽ
'" ,.-'",} ',.! /,. ,.〃'"~「`Tー。..ー)//`、; // //'", ',.-一'" ̄'., | `.〉.\\\`ヽ'、  `ヽ、ヽ\
//'/'|,. ;='ヲ     'ゝ,`ー'7/ヽ`ヽンイ,!|'"_,-',_,=-。‐o‐ラ-| |  /i`〉、ヽヽ`、、``、  \ヽヽ\
/ /,.イ「|,./|      ´~'7''ニ二`>/,.!_/_'-;'='-`===',イヽ. | | | ||/ 冫、 ヽ`、、`ヽ.  `、、ヽ、`、
_/ /, {_`|/ |        /   /< 、`Tー;´ ``      .}j ' リ / ヽ   | ヽ }   `i | \
 / /' >、{/l|       /   /  `  | '"!          ,!' /||/ ノ\ `、  } } }    .|/  `
'" /-'",._,)、| |       _,. '"      |           ノ  ,!||_,.イ、ヽ'i, l  | リ    リ
/,.-',.-//} .|       "        |          ''"  j l|、! |ト,ヽ\ }、 |_ノ  __/
_,...ッ',//,../l`、           丿   | ,          /j ハヽヽ\ `、l |
.///イ / | 丶    ,.-     __  / | _ヽ          //イ `;ヽ.i \ヽ}}
 /./ , '/ ,! |  ヽ   “`‐、___  `、_ -’/   _ヽ    / /イ|  l l l   \l |ヽ
.//,-' / /     ヽ、    `ヽ_  ̄`ー----‐一ブ ’   /イ/,.!  l l l   /へ、\
.// / /   |     `i、     `ー-  ........ -'"    _///// ,!   l l l  -'"  \`、
./ /,イ    |     |\      _,,,,,,,,,,,,,, -   ///////    l l }      ヽヽ
 ///    ∧.    | `、            /  |////.    ,!,!,!    _,.-‐''"´ ̄``ー
'/ /    / l     |  ヽ          /   /ヽ/ ノ     ノノノ  _,.-‐'   ____,.......____
_,.-'    /  |     |   ヽ _      /     |   ̄`ー─-、///-‐'"  -一'"
     /   |     |     `ー―一'"     .|         ̄`ー


年齢による衰えから最近出番が減っているものの、
かつて盛んな成績を残した左打者である。


::::::/∥  ∥   ヘヘ
:::::|//∥ // /   | |ヽ∥    ∥
::::::::::/ / / /--- | | ヽ ∧∥
::::::::::/ヽ//----- ||/ ∨ \
::::::::::ヽ  \   /|       |∥|
::::::::::::::|===== >  ゛======   | |⌒)
:::::::::::::::| ─゜-/    -゜-─   |│  |
::::::::::::::::| - /    丶-──   | |  ノ        (1、2番を惜しげもなく変えてくるか・・・!)
::::::::::::::::|  /          u  || ∥|
:::::::::::::::::| し - )    ヽ     |  |
:::::::::::::::::::|/─────- |   / ∥
::::::::::::::::::::|   ≡       /| ∥|
:::::::::::::::::::::::ヽ        /  |\|
::::::::::::::::::::::::/ヽ      /   |≪\
:::::::::::──/≪ヽ   /     |≪≪\─
::::::::   /≪≪|\/

アカギは自分が読み間違えた事を悟る。







136名無しのやる夫だお:2010/01/11 (月) 00:26:58 ID:DPFDuTG2
おいおい優勝争いしてるのか、すげーなw







137名無しのやる夫だお:2010/01/11 (月) 00:27:34 ID:RgSjvnIw
上位打線でも代打か・・・
認められている証拠でもあるが







138 ◆oLG9iWoh0E:2010/01/11(月) 00:27:38 ID:PpxlFm/A

碇カイザースは、ここ10年で3度の日本一に輝いている名門球団だ。
大手貿易会社を母体とするこの球団は、プロ野球創設以来存在し、そして強くあり続ける。


                       ,.--、
                    , '⌒,"___ i
                    ,.ィ´  'y';; ;;i |
                  ,(     ゞ-ー、) !
               ,,.ィ / \ク/ス ̄ケミ  )
           ,,..ィ "  , ' : ; :///ゞ'_ ,i:j |='――----......,,_
        ==;彡'"    /,f⌒ヽヾゝ'イレ!:::::::::::::::::::::::::::::::::::::>:、
         く   , :' /, / |  i;;rfニ"!;;_;;:::::::;;_:::::::::::,.ィ:::::::::::::::、:\
         |   ///〈ハ  ヾゞーイ゙:、    ~~/-:-::、::::::::::::::ヽ:ヽ
          ゝ-'', -'二_):::::ヽ ヽ,;: ヘ ヽ=;、 i':::::::::::::::::ヽ:::::::::::::ヽ::ヽ
          ,.ィ"  ,. ,.r'^ゞ、,;::ヽ ヽ,...ゝ,r;;ヾi_l!:::/:::::`;:::::::i:;;;_::::::::::: i!::゙:、
        //   :;' ( ゞミ_〈;〉:: ヘ(  ;;  ;ヾ:::(r':::::::/:::::ノ´ `!:::::::::::i::::|
        ;' /    ヾ : : :彡フ  _`i    /リヾ;/` '''''"    ゙:;:::::::::l:::|
        //      = ",..-'"ヾ) 〉-^.ー::へ;;シ^ヽ        i:::::::::!::|
       ;!,'      ,.r/、:::::::::゙、(::::::  (^; ;ヾミ、、゙:,          |:::::::l::|
       |;!      ,:'/  ヾ:::::::::゙i;:ゞ:::::  `";:' l! ヾ:;|        |:::::;!:i!
        |:!    ,;;/       〉::::::::i::::::\::::: ::::ノ   `       ,;!::::;!:;'
       |i!  ,;/      / ..:::::ハ:::: i` '''''"          ,.ィ":::://
       ゙!:,、/,:'      ( ゝ-ャ'  ヾ::::::!            ;:::::::://
       ヾ;/        Y^ー'^!   l:::::::゙l              ;:::::://
                (ゞ....イ   ゙i,::::::'、             ;::://
                ゞ、_ノ    \:::ゝヘ_,,.....,_      レ'"
                          し彡'   ハ-ィ;、
                          \ゞ:;,__ノノ ノ;;;
                            `ゝ、_;彡'
              【現オーナー:碇芽衣さん】


名門故に人気があり、ドラフトでも良い人材が集まってくる。
また、補強にも積極的な球団だ。







142 ◆oLG9iWoh0E:2010/01/11(月) 00:28:08 ID:PpxlFm/A

それゆえに、有力選手でもレギュラーから弾かれることがある。
ジョン・バーツをはじめとする左の代打陣。

思えば、左の代打にこんなに恵まれた球団は無い――





      __
.     /     `v─- 、
.   /             <、
   l      ./レ'\  \
   |  _ ,ィノ─- 、`ニ>、「
   |. { rl |  ===。 く
   | じ|.| u `二  _ \               (ライトの投入を急ぐか――)
   |   ハl  r─‐' ‘ ‐、-'
  ,.へ / ヽ l  ⊂ニニ´
. ∧  \  \  ┌ ′
/  \   \  >、__j
     \   `く
.       \  ∧


そう考えた矢先、




                                    __/ ̄/__ .            / ̄/ ./''7
                                   /__  __  /   ____     ̄  / /
         ___                      _./  //  /  ./____/   ___ノ /
        / .u   \                    |___ノ.|___,/.           /____,./
      /((○)) ((○))\
/⌒)⌒)⌒. ::::  (__人__) l_j :::\     /⌒)⌒)⌒)
| / / /     |r┬-|     | (⌒)/ / / //
| :::::::::::(⌒) U .| |  |    /   ゝ  :::::::::::/
|     ノ    | |  |    \  /  )  /
ヽ    /    └ー.┘    ヽ /    /

やる夫が打たれた。







143名無しのやる夫だお:2010/01/11 (月) 00:28:33 ID:yDQ7RZKo
碇ってそっちかよwwww
エヴァだと思ってたのにwwwww







144名無しのやる夫だお:2010/01/11 (月) 00:28:34 ID:PsqcHXXI
やる夫ォーー!







145名無しのやる夫だお:2010/01/11 (月) 00:28:47 ID:DPFDuTG2
やる夫www







146名無しのやる夫だお:2010/01/11 (月) 00:28:49 ID:Gq3Cp9D.
やる夫の天敵みたいな球団だな







148 ◆oLG9iWoh0E:2010/01/11(月) 00:28:57 ID:PpxlFm/A

流石バーツというべきか、初球のスライダーを綺麗に捉えられた。
センター前へのシングルヒット。


::::::/∥  ∥   ヘヘ
:::::|//∥ // /   | |ヽ∥    ∥
::::::::::/ / / /--- | | ヽ ∧∥
::::::::::/ヽ//----- ||/ ∨ \
::::::::::ヽ  \   /|       |∥|
::::::::::::::|===== >  ゛======   | |⌒)
:::::::::::::::| ─゜-/    -゜-─   |│  |
::::::::::::::::| - /    丶-──   | |  ノ           (まずい・・・ライトの準備時間が・・・!)
::::::::::::::::|  /          u  || ∥|
:::::::::::::::::| し - )    ヽ     |  |
:::::::::::::::::::|/─────- |   / ∥
::::::::::::::::::::|   ≡       /| ∥|
:::::::::::::::::::::::ヽ        /  |\|
::::::::::::::::::::::::/ヽ      /   |≪\
:::::::::::──/≪ヽ   /     |≪≪\─
::::::::   /≪≪|\/


アカギが冷や汗を浮かべる。
あまりにも早くやる夫が崩れては、ライトの準備が整わない。



アカギが幾ら急いても、事態は止まらない。
続いてカイザースが送り込む刺客は、やはり左打者 グラフ。


      │  ,.r───一'''"´    彡                        `、  ゙、
       |  〃           彡     _,...--─一ー─-ッ、__         ヾ `、  `:、
       |  ||_,...----一''''''""}''''""}、-''"; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; /" ,.-'`ヽ.        ミ  ヽ、  `ヽ、
  ,.....-─┴'''"´     _,.-...-ー'´_,..-'´ノ; ; ; ; ; ; ; ; :イ;,/ゝ,..;.'::''"/;/ `ヽ.      ミ   `ヽ、  ``
-''"     i  _,..-''ー'''´__,..-''´ ̄ _,.-''ノ; ; ; ; ; ;;/li./::-;:'-'" _///.--、_`i、    ミミ     ``-、_
       `、_,...-''" ̄  ,..-''" ̄..-'''´; ; ; ; ;/:::::::::::;r'",=-、`フ,彡''ー-、 |`ヽ.   ミミ
  |゙、     .   _,.-''" ̄ ,..-''´; ; ; ; ; ;::-''":::::::::::::::/ ,r'' j  ,/ 、(;;;;;'y ゙、,! :|;゙、   ミ
 / ゙ヽ    `''''"  ,..-''''"; ; ; ; ; ; ; ィ7´::::::::::::::::::::/   l ´  ゙`ー``-"/. ,!; ;゙、
 !   |    _,... '⌒ヽ; ; ; ; ; ; ;-|' |:::::::::::::::::::;/  ,! /         /  /; ; ; ゙、
/ヽ、  ゙、 -/    ,.:::''; ; ; ; ; ;i´/| ,//`ー一''    -=;'',..         ,./;//; ; ;゙、         |
    /''" ̄   ,.::l; ; ; ; ; ; ; ; ;;|゙-//         `ー`       -"/:''',/; ; ; ; ゙、        |
   '    _/,//i; ;/.|;;/|; ; `-||      ,,,.. -一=ー--、__    ''" ,/; ; ; ; ;i、゙、       |
    ,..-''"  /|/ |;/ |;| |; ; ; ; ;゙:     ゙ー──-:、...__   `ヽ.,   ,.:',/; ; ; ; ; ;|-l; |、___ .|
``''''''"    /.   ゙|  |  |;゙、 ; ; |i、     \_       `ー/' -.,'.-"; ; ; ; ; ; ;| .|;|   \ ``ー
`ー---ー''''_      ゙、 ヽ |; ;∧;;|ヽヽ      ``ー──一  -一'',,,:-'/; ; ; ; ; |   |;|    \
    ./ ̄   ``ヽ、     ,l//;;;;/| `: \     `ー─--....-'' _,...-'''" /; ; ; ; ; ;|  ,リ     \
   /,.ニ--.._`ヽ:、. \  ''" / / | l|  \              _,,;;'////i;.||; |        _
  .//   ./ ゙ヽ、`ヽ ヽ.    / ll ;:゙、   ゙:、           ,.-' // //" ゙| |    ,.-''''  ̄__
 .;'/ |   ,/  / ゙ヽ.ヽ. ゙、  /    ;::゙、  ゙、ヽ        ,..ィ´ /  |      `,..-'´   ,...-一─
 ||  |  ,/  /    ヽ ゙、 ゙、 /    ;:::_|_  ゙、`ー-- ....... -'/  /   |      ,..'    ,..:'


10年前にはバーツと共にカイザースのクリーンナップを打った経験もある、好打者である。







149名無しのやる夫だお:2010/01/11 (月) 00:29:00 ID:GRQRfMco
フルアヘッドココのAAなんてあったのか







150名無しのやる夫だお:2010/01/11 (月) 00:29:38 ID:xMGSFOeY
フルココ投入とは予想だにしなかった







151名無しのやる夫だお:2010/01/11 (月) 00:30:02 ID:uVdBxP62
海賊関係のキャラばっかだなー。
ワンピキャラも出てくるのかね?


にしてもAAあったんだな、フルアヘッド・ココのキャラの。







152名無しのやる夫だお:2010/01/11 (月) 00:30:35 ID:4XVAoaf.
碇だから海賊軍団かw







153 ◆oLG9iWoh0E:2010/01/11(月) 00:30:45 ID:PpxlFm/A

疲労の溜まっているライトに、準備不足で投げさせたくは無い。
ライトのアップは、丁寧に行わせるべきと判断している。



                    〃´´´ `ミ 、
                〃,,  '''  ,,  ヘ
              /  ,,, '''  ,,,  ',
             i! ''' ,,, '''   ハj
              i '''  ,,, ,,f y´/ツ
                 i ''' ,,, ,,,''ル' /
              ィ壬乍卞、,,/ |. /
      _,,, --ー'''チ三三云瓜允yレ'         (抑えることは望まん・・・ただ、あと5分持たせろ!)
    /´.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`''ー-- 、,,_
    /.:.:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ノ.:
   /.:.::|.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: /.:.:.:
  丿.:.:.|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. ノ:.:.:.:.:


じりじりとした感情を覚えつつ、アカギはブルペンへの電話を手にする。
ライトの準備が万全かを確認するためだ。


            ┌────────────────────────────────────────┐
            │                                    ,、、、、.__                  .│
            │                               ,.....,_  ./. 、, ---  ̄ ̄\  ,.、、、,        ..│
            │                             ,/--、,ヽ<   `-、,_ _、-'´  'y ' ,r‐‐ヾ,       ..│
            │                            /'´   \\         ,/ /   .ヽ      ...│
            │                           ./      ヽ.ヽ       //      .':,      │
            │                           /        .':, ',      ././        .',      .│
            │                          ./   、、、,    い,     /./ U   ,、-'    .i    .....│
            │                          `''' ‐- 、,_`ヽ 、、  .い{}ニ{}ニl//  〃 /     l    .....│
            │                                `'kz.、ヽ、 い  ././ 彡' _,,、zt‐''''`` ̄     ....│
            │ 「やる夫が出て行ってから                 l \``'‐、i,ヽ、ノ,ノ,...- ' , -'´l           .│
            │  幾らなんでも時間が無さ過ぎます。          .',ヽ .し::::::`- '´::::、- '   l'          .....│
            │                                 ,l ヽ, `zゝ- '`´  /  l           ..│
            │  申し訳ございません、あと5分頂きたい!」     (` i ,_ ヽ, .{ {.○'  / ,rz .i'‐、           .│
            │                                ,./ ヽ`'‐ヽ>)   ,、- ' / い└、         │
            │                               ,/, -、_`ヽ、 (.{ ○'  ./ //  \,       .│
            │                             ,r '´ ヽ,_ヽニ‐、 //,-、_  //,r='"   `ヽ,    .....│
            │                          ,、-'`´     .`''‐  ヽ,'ゝ='、´''´ `        `ヽ,    .│
            └────────────────────────────────────────┘

ブラボーから返ってきたのは、予想通りの言葉だった。







156 ◆oLG9iWoh0E:2010/01/11(月) 00:31:12 ID:PpxlFm/A

    l: : : : : : : : : : : 彡                  ヽ
     |: :ミ: : : : : : : : : : :             ヽ       l
     |: : 彡: : : : : : : : : : : : : : : : :ノ  /  ハ: . l:、 ヽ  l |
    |: : : : : : 彡: : : : : : : : : : : : : : ./ /:::::::l:  |: ', |  |リ
    |: : : : : : : : : : : : : 彡: /: :///::::::::::::l: l/j/ヽノ
    |: : ソ: : : : : : : : ;. ''´:: ̄ ~" メ、::::::::::::  レイ f
    |: : : : 彡_:_: i:!:|:::::::::::::::::::::::::::::::ヽ::::::::..,,ム 'フ/
    :l: : : : / r‐|: : :| "、´ ̄(ッ ̄~"フシ  く'゙′ /
     l: : : :.| i: :lN: |:::: :::=≡≠::: .::::::::::', . /          (タイムかけりゃ5分なんぞすぐだな・・・)
     !: : i.!ヽ :、ヽ、:|::::    /  .::::::::::::::::', ./
     |N: : : :\_ノヘ::::::::.    .:::::/::::::::::::::::', .
     /|:!: : : : : /::::ヽ::::::::....:::::::/::_:`:-ァ.、_'、
   /  |l: : : /::::::::::::::ヽ::::::::::::く:'^::ー ´ /
  三三;;;;\´::::::::::::::::、::::::\::::::::::::::::-‐:: /
  三三三;;;;;:丶、:::::::: ヽ:::::::丶、::::::::   /
  三三三三;;;;;:::::`::-:、 ヽ:: /;;`丶、_/


そう考えた矢先、                           _,,...._
                                  r‐''ir'',.-,  )           __       /``' ァ
                             _,. ,  _,.!.  ! (..ノ,.r'            /   /        /  /
                             l  lr',.´-ァ  i,,ー '        _,,,... 、.  /  ./       /  ./
                       .      l  l   ,.-'  r''  _,,.. -‐ _,,ニ" -‐ ‐ ' /  /'"! /\ /_/
                            l  l /,.r'i ./   !-‐ ''"         /   /l `'  ,. ' r‐‐r
                       .     l  l( '-'゙ノ                 '-- '´  '-‐'   '‐-'
         ___              !,. - `'' ´
        / .u   \
      /((○)) ((○))\
/⌒)⌒)⌒. ::::  (__人__) l_j :::\     /⌒)⌒)⌒)
| / / /     |r┬-|     | (⌒)/ / / //
| :::::::::::(⌒) U .| |  |    /   ゝ  :::::::::::/
|     ノ    | |  |    \  /  )  /
ヽ    /    └ー.┘    ヽ /    /

やる夫が打たれた。







157名無しのやる夫だお:2010/01/11 (月) 00:31:27 ID:v6ZuwerI
やるお、踏ん張れるか…







158 ◆oLG9iWoh0E:2010/01/11(月) 00:31:35 ID:PpxlFm/A

    l: : : : : : : : : : : 彡                  ヽ
     |: :ミ: : : : : : : : : : :             ヽ       l
     |: : 彡: : : : : : : : : : : : : : : : :ノ  /  ハ: . l:、 ヽ  l |
    |: : : : : : 彡: : : : : : : : : : : : : : ./ /:::::::l:  |: ', |  |リ
    |: : : : : : : : : : : : : 彡: /: :///::::::::::::l: l/j/ヽノ
    |: : ソ: : : : : : : : ;. ''´:: ̄ ~" メ、::::::::::::  レイ f
    |: : : : 彡_:_: i:!:|:::::::::::::::::::::::::::::::ヽ::::::::..,,ム 'フ/   
    :l: : : : / r‐|: : :| "、´ ̄ ̄ ̄~"フシ  く   /  彡○ 彡○
     l: : : :.| i: :lN: |:::: :::=≡≠::: .::::::::::', . /            スポーン
     !: : i.!ヽ :、ヽ、:|::::    /  .::::::::::::::::', ./
     |N: : : :\_ノヘ::::::::.    .:::::/::::::::::::::::', .
     /|:!: : : : : /::::ヽ::::::::....:::::::/::_:`:-ァ.、_'、
   /  |l: : : /::::::::::::::ヽ::::::::::::く:'^::ー ´ /
  三三;;;;\´::::::::::::::::、::::::\::::::::::::::::-‐:: /
  三三三;;;;;:丶、:::::::: ヽ:::::::丶、::::::::   /
  三三三三;;;;;:::::`::-:、 ヽ:: /;;`丶、_/


たった2球でノーアウト1,2塁。
それは状況だけでなく、展開も最悪なもので、


∠-'';::/ ,∠/ ./::   ::\.ヽ\ ヽ ヽ \ ヽ. \
::::r''∠- '´:∠ -ヘ::....... ,...:‐''7,ゝl‐-ヽ}   ト、 lヽ. !
:::l::::-===モ== _::::/:::::::::/_  ` / ,ヘ. | ヽ |. ヽ.!
: |:::: `ー =.=''"::´:::::::::::::/ニ´>,'/  ヽ | ヽ!  ゙l
::|:::::    /..::::::::::::::::::::::/ヽ   ハ     ヽ!
:|::::::    ...:::::::::::/::r:::::::i_:丶  ,'l }
|l::::::   /    `__:::  ヽ  /.|′            「あのアホッ!」
iヘ::::..   く  ̄ ̄     `ヽ/./^'
:|::ヽ:::..     ←‐==;;  ./
::l::::::ヽ::..        :::::::   /    ,.、
:::l::::::::::\.         /  /.:/:ヽ.
::::|:::: :::::::\.         ,イ /....::/::::::::ヽ.


アカギはベンチで思わず口を滑らせた。







159名無しのやる夫だお:2010/01/11 (月) 00:31:41 ID:xMGSFOeY
打ち込まれてるな







160名無しのやる夫だお:2010/01/11 (月) 00:31:54 ID:bpyaeIWc
アカギの目がwww







161名無しのやる夫だお:2010/01/11 (月) 00:31:58 ID:DPFDuTG2
また打たれたww







162 ◆oLG9iWoh0E:2010/01/11(月) 00:32:07 ID:PpxlFm/A



        ☆        ☆        ☆        ☆        ☆



やる夫の想いは、実力とは関係ない。

最も見せ付けたいヤツの前での、無様な醜態。
途端に解け落ちる、自分のメッキ。

         ___
          /\:::::::::/\.
        /:::<◎>:::<◎>:::\
      /::::::::⌒(__人__)⌒::::::\
      |     ` ー'´  u   |
      \  u   :::::     /
      /    :::::::::::::::::::    \
    /                 \  〈〈〈 ヽ
                      (〈⊃  } }



やる夫はその双方に苛立った。


::::::... ..丶
:::::::.... ...\
:::.' ──-.. \
:::::::... ⌒__丶 \
:::::::::.... .'::. ).ヽ  .ヽ
:::::::::::.... __ ..丿   ヽ
:::::::::::...    ヽ   .ヽ
:::::.._ ノ ヽ.____丿   .丶           ――畜生、畜生、畜生。
::::::::::::::.... ..::ノ      .)                よりにもよって、奴の前で――
:::::::::::..   ../       .ノ
:::::::::.⌒ "       ..ノ
:::::::::::::::::....    ....::::::../
:::::::::::::::::::::.. ......::::./







165 ◆oLG9iWoh0E:2010/01/11(月) 00:32:43 ID:PpxlFm/A

一塁側ベンチを見やる。


           ____
         /       \
        /      ―   ‐ チラッ
      /        ( ●)  )
      |            (__ノ、_)
      \           `_⌒
      /           \


奴が哂った気がして――


                                                /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`-、
                                              /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::       \
                                               /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::           ヽ
                                          /:::::::::::::::::::::::::::::::::__,         i
                                          }:::::::::::::::::::::::::::::::::__ ,,             }
                                         }::::::::::::::::::::::::::::: '``'(;;;;;)ヾ\     \ |
                                         |:::::::::::::::::::::::::     ' ̄´    ..,,_=ミ、 i
                                            }:::::::::::::::::::::::::::::            ̄`V l.
                                               }:::::::::::::::::::::ヽ      '´ ’/'_,.     !
                                          !:::::::::::::::::::::::::..          ..   _   |
                                          }:::::::::::::::::::::::::::‘ー -‐==ニ=:、__j:)  l
                                           人:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ー、 `'''´   /
                                          /::::... ...::::::::::::::::::::::::::::/ ̄´     /
                                         / ::::::::::: \::::::::::::::::::::::{        /
                                            :::::::::::::: \::::::::::::::::::}     ,./
                                               :::::::::\__:::::::::`'-‐::"/
                                                「`''''''''";:::::::;;:" 人
                                                    .:.::::::::;;″ /' \



       ____
     /⌒三 ⌒\
   /( ○)三(○)\
  /::::::⌒(__人__)⌒:::::\
  |     |r┬-|     |
  \      `ー'´     /

やる夫はますますいきり立つ。






173 ◆oLG9iWoh0E:2010/01/11(月) 00:33:25 ID:PpxlFm/A

ロビンがやる夫に歩み寄った。
                                                 .         ∧
                                                       /|\| |
                                                     / |  \ ̄ ̄\
                                                    /  :|   \   \
                                                   /    |_∩  \   ',
                                                  /,_ | | | /:::::: 7| | _  V/7 l
                                                 V | || |∠:_:_:_.イ.| | | | |  /  |
                                                 〉 __L| |  |_| |_| |_| く.  |
                                                 | |  | \__|_ / ̄| ̄ | |.  │
                                   「やる夫!」       | |_`‐‐┘  └‐‐'   K.  :|
                                                 | レ1 `‐‐‐┬‐‐'´ ̄ ̄ | |.  |
                                                 レヘ.|.    │    |\| |__〈
                                                / ∧    │    レへ∧  \
                                                | / ∧.    |     ∧ / \ノ
                                             / ̄ /  .∧.   |    /  \  | \_

        .____
     ;/   ノ( \;
    ;/  _ノ 三ヽ、_ \;
  ;/ノ(( 。 )三( ゚ )∪\;       「ロ、ロビンさん・・・」
 ;.| ⌒  (__人__) ノ(  |.;
 ..;\ u. . |++++|  ⌒ /;


依然頭に血が上ったままだが、やる夫がロビンに応答する。






176名無しのやる夫だお:2010/01/11 (月) 00:34:08 ID:tfOpBwXA
名捕手の手管の見せ所だな







177 ◆oLG9iWoh0E:2010/01/11(月) 00:34:15 ID:PpxlFm/A

あの日以来やる夫は、ロビンの言う事はよく聞いた。
今回も、きちんと言葉を返す。


       ____
     /     \
   /_ノ  ヽ、_   \
  /(●)三(●))   .\
  |   (__人__)      |       「すいません。実力不足ですお」
  \ ヽ|r┬-| /   /
  /   `ー'´      \



                                               ∧
                                               〈 :::〉
                                            ,. -一にコー- 、
                                           /   r个 、   ヽ
                                /^ 、           {  /, /||ト、 \__L、       /\
                               /   \       r┴'n |:|| :|||::!「| 「!  /     /     ヽ
                               /              ヽ、l」 |:|l:::|||:j.|j└,ィ〈     /
          「済んだ事はいい。         i       i       rく|「辷‐ュ小t'ブィ ムヘ     /       i
          ベンチは続投させるようだ。   |        |    ,.一>、|ヽ ` ┬ '´ 〃|/ニヽ__/          !
                              |        | _,.-ベ¨  \_〕 |  r' /`ー-- 、ヽ      |
          次の打者に集中しろ」       |      「 __〉 ∨ハ  \_j__/「ヽ トヽ  | ト--=、     !
                              j∠ニニヽ  「  __〉  Vハ  ヽヽ ,' / ! ヽ ヽ\ | |二コ ヾ、  |
                            / /  ,.-ヘ   |ヽ. __〉ヽ〈  、  ヽ∨{|  ヽ_,コ |L_! ∥  !\
                           /     /⌒!  | ヽ !ヘ∨⊥ --ゝ、 〉! y'´  __ノ .ハ  | ∥  !  ヽ
                           /          ハ .|  └‐' ヘ ∟----、 ヽ'  /_/ /   ̄  |   |`ヽ、}
                          { /(    /ノ| .!    ___ゝ--`ニニニ二 -一__' . --,   ノ   |`丶ミヽ



              __
            -´   ``ヽ
          /::::::::::|::::::    `ヽ
         /:::\::::::::<● >   `ヽ
    ((   / <●>::::::::::⌒      )       「ハイ!ですお!」
        |  ⌒(_人__)       ノ | |
        ヽ    )vvノ:      / ノノ
          ヽ (__ン       人
           ヽ          \


言葉は素直だが、とても冷静になったとは思えない顔だった。







182 ◆oLG9iWoh0E:2010/01/11(月) 00:35:09 ID:PpxlFm/A

ロビンが、強い声で呼びつける。
                                                     ∧
                                                   /|\⌒`ヽ
                                                  v||.| |||\〃ヽ
                                                  |!‐,‐、,┐| ..::::|
                                                  l|`T ̄~| | :::::|
                                                  'λ|__/√ヽ/⌒ヽ
                                                  /`!___,ノ〃/ r ⌒`ヽ.
                                  「やる夫!」        /ヽrrrr‐、  (   〉``ヽ
                                                 |ト、i   ) ..:::γ    /
                                                  t ヾ  √⌒ヽヽ  .ゝ´
                                               (⌒oゞ _\   .:.\ノ
                                                 Y |¥彡 `ヽ、::::ノ┘
                                                 ` (○0ニニニニ;〔

      メ ,, -──- 、._\
    メ/ u       \\
  / /    ノ  ヽ、   \\
   ! |   ((●)) ((●))   |      「ハイ!」
  \\    (__人__)   /く<
   ノ メ/   ` ⌒´   ヽヽヾ


やる夫が身体を跳ねさせた。



叱り付けられるかと思ったが、ロビンから発されたのは力強い言葉。
                                                 .         ∧
                                                       /|\| |
                                                     / |  \ ̄ ̄\
                                                    /  :|   \   \
                                                   /    |_∩  \   ',
                                                  /,_ | | | /:::::: 7| | _  V/7 l
                                                 V | || |∠:_:_:_.イ.| | | | |  /  |
                                                 〉 __L| |  |_| |_| |_| く.  |
                                                 | |  | \__|_ / ̄| ̄ | |.  │
               「俺のリードを信じて、全力で投げ込むんだ!      | |_`‐‐┘  └‐‐'   K.  :|
               左といえども、2人で抑えて見せるぞ!」          | レ1 `‐‐‐┬‐‐'´ ̄ ̄ | |.  |
                                                 レヘ.|.    │    |\| |__〈
                                                / ∧    │    レへ∧  \
                                                | / ∧.    |     ∧ / \ノ
                                             / ̄ /  .∧.   |    /  \  | \_







183名無しのやる夫だお:2010/01/11 (月) 00:35:34 ID:yDQ7RZKo
ロビンさんかっけぇ







184名無しのやる夫だお:2010/01/11 (月) 00:35:43 ID:Gq3Cp9D.
さすがは名捕手ロビンさんカッケー







185 ◆oLG9iWoh0E:2010/01/11(月) 00:35:51 ID:PpxlFm/A

          ___
         /     \
       /   \ , , /\
     /    (●)  (●) \
      |       (__人__)   |     「ハ・・・ハイ!」
     \      ` ⌒ ´  ,/
      ノ          \
    /´      _i⌒i⌒i⌒i┐ ヽ
    |    l  ( l / / / l
     l    l  ヽ       /

やる夫の目がロビンを見据えた。
この様子なら大丈夫かと、ロビンが戻る。

                                                    ∧
                                                   /|\
                                                 V|l l| | |l |lV
                                           r‐‐、    |_|l_l|_|_|l_|l|{|  _    ,--:、
                                          /_.|__ レ イ||TニヽィニT| 〈_  / ̄ / __|_
                                         /r――┴  |.|レ|  ̄| ̄u/厂./ニ/へ.  //(\
                                        / 厂     }\へ_|_/ | _/   ̄ ̄}〈   ',
                          「・・・・・・!」       {  「_/ ,__ノ ノ  ̄ ̄\__ノへ\    二}::::〉  }
                                        |   V    \   __/   | 厂>ヘ_}:::/   /
                                        \  {      |/      //    ⌒ヽ イ
                                         |  ゝ     | ̄ \.    //        |
                                         |   \   厂\  ヽ.  //        /
                                         \         |  |//        /
                                      .     |\       | /\ |       /
しかし、定位置に戻ったロビンは目撃した。


           ____
         /       \
        /       ― ヽ
      /         ( ●) '、
      |             (__ノ_)
      \            `_⌒
      /           \


やる夫の視線が、明後日の方向を向いているのを――







197 ◆oLG9iWoh0E:2010/01/11(月) 00:37:08 ID:PpxlFm/A

ロビンはやる夫の意識が、ここに無いことに気付く。


           ∧
           | |   へ.
          .‐┴ /    \
       /   /// // ///..|
      / ハ/ /// // / // ハ
      |  〉____/ // / ハ
     /  / / U ト‐‐┘ `┬:、__V1
___./  .| | ―――― 、_ `‐‐ | /          (お前は、どこを見て野球をしているんだ・・・)
   /   | |      /  `‐‐/
  /    | レ^|.    /    //
  {___!_.ヘ」   /   ,_//\_
 /    ハ     /   /ハ|   |\








プレイがコールされるまで、そっぽを向き続けたやる夫を見て――


           ____
         /       \
        /       ― ヽ
      /         ( ●) '、
      |             (__ノ_)
      \            `_⌒
      /           \





――やる夫が、独りよがりな野球をしている事に、ロビンは気付いた。







200 ◆oLG9iWoh0E:2010/01/11(月) 00:38:00 ID:PpxlFm/A


        ☆        ☆        ☆        ☆        ☆



ノーアウト1,2塁。
ここで登場はカイザースの3番打者、サンジだ。
引っ張り打ち一辺倒な打撃スタイルだが、ミートが上手く打率は良い。

非常に厄介な事に、両打ちである。
当然、左打席に入る。


                _...............__
           ,.-‐'"⌒'´ ,. -‐''   ̄`'ー、                 . -‐-、
          .'´  _.~`ヽi´,. -‐''=、 ̄`ヽ,`ヽ              r'´    ヽ-、
         /  / ノ ,.‐ '´ ̄`ヽ`ヽヽ. '、 ヽ            ..-'′      ヽ
        ノ  ノ  / / /`''"ヽ,  ', ヽ ', ',  l          〈          l
          |  .l|  |  | i′    ヽ ',  ', l  l  |           )   (     ノ
        | l |  |  | |      `,| || | |         .-‐'′   ゝ、___..-'′
        ノィ′|  |  | 「゙ユ      || || | |        〈        〉
    .   ′l |  |  | |>ー‐-、   |ノ|  || レ′        ヽ     r‐'′
         |_il___l_ ト、| -o‐‐-   l | ||/           〉    ノ
     _,.-ッ''´λ -、`l   ー--‐   l   ヽルレ^ヽ     __....-'′   (
 _,.-‐''´:::::::|三〈 `'ー-ヽ、   、____‐ゝ /:::::::::::}    /          〉
"::::::::::::::::::::::ヾ彡ゝ、    `' ., ` ー‐、^X:::::::::::::::;l    〈    __.r--―'′
;::::::::::::::::::::::::::::::ヾ彡`'ッ、_ √ミ`'iー-‐'^ヽ,ゝ-=ニ二`ー-‐'   i
;:::::::::::::::::::::::::::::::::::\彡´イ只ヽ、 ノ::::::::::::::::::::::::;/   `ー--、__〉


やる夫にとって、正念場と言えた。

      ____
    /:::::::::  u\
   /ノ└ \,三_ノ\   ,∩__
 /:::::⌒( ●)三(●)\ fつuu
 |::::::::::::::::⌒(__人__)⌒ | |   |
 \:::::::::   ` ⌒´   ,/_ |   |
   ヽ           i    丿
  /(⌒)        / ̄ ̄´
 / /       /






202名無しのやる夫だお:2010/01/11 (月) 00:38:41 ID:DPFDuTG2
バットよりむしろ足で打ちそうな人だなあw







203名無しのやる夫だお:2010/01/11 (月) 00:38:42 ID:Gq3Cp9D.
足で打ちそうなバッターだwww







204名無しのやる夫だお:2010/01/11 (月) 00:38:46 ID:yDQ7RZKo
海賊ばっかだなwwww







205 ◆oLG9iWoh0E:2010/01/11(月) 00:38:51 ID:PpxlFm/A

やる夫は瞳を閉じる。


           ____
         /      \
        / ─    ─ \
      /   (ー)  (ー)  \
      |      (__人__)     |
      \     ` ⌒´   ,/
      /     ー‐    \

思い出す。


        ____
       /    \
.    /          \
.  /    ―   ー  \
  |    (●)  (●)  |              ――辛い練習の日々を――
.  \    (__人__)  /
.   ノ    ` ⌒´   \
 /´             ヽ



    / ̄ ̄ ̄\
  /        \
 /    ─   ─ ヽ
 |    (●)  (●) |               ――折れた、あの日の事を――
 \  ∩(__人/777/
 /  (丶_//// \



そして焼け付いた、甲子園を――


       / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`` 、
      / : : : : : :          \
    /: : : : : : : :             ヽ、
  / : : : : : : :.:.:.:     _       _  ゝ_                        ,.、 /'ハ
 |:::: : : : : : : : :.: :    ´⌒\,, ;、、、/⌒` l                          / ./  .|   /ハ
 |::: :: :: :. :: :: :. ::     ( ● ) ノヽ ( ● )                      / ./  ノ. ,/  ノ
 |:: :: :: :: : : : : : ::     ´"''",     "''"´l                       / ./  ./ /  ./
 \:: :.: : :: : : : : :.      (    j   ) /                       | /  .,'./   /
   \:::: : : : : : ::.:.:..     `ー‐'´`ー‐'/                       | |   l'/  ;'    _,..-‐''ヽ
  /´ ̄ ̄`゙'ー、:;:;:;:;:;.,.,___  ___ノ                         | l  ./  ;' .,.-'" _,..-'"
                 ``ヽノ                        |   ./   { /   ,.-'"
                   ヽ、`ヽ、       ___,...、            |   '    'イ  /
                     \\ `ヽ   ,( .,.-‐' ,\           l     '   r'
                      \\ ヽ,r" \,.ィ" ,. .ヽ         ,|         .l
                        ヽヽ ヽ '゙''ー'、.ノ  ,.イ        .ノ        .l
                          ))  l   l `'''´./        /         l
                         l l  l:、_   ,ノ        /          ノ


ここで負けたら、今まで自分は何のためにやってきたのだろうか。
1軍云々ではない。最早自分の行動の意義が問われている。






208 ◆oLG9iWoh0E:2010/01/11(月) 00:39:21 ID:PpxlFm/A

ハッ―!

やる夫が、鋭く息を吐き出した。
自分自身に鞭を入れる、やる夫の考えたおまじない。


                            ___
                      _,, -''''" ̄´     ̄ ̄''ー ,,
                   ,..-'"゛                `'‐
                 /        _ -ー¬-、        \
                  /         /       `'‐        ヽ,
            /            .,, / ̄ ̄ ̄ヽ   .、   .\.,_ ヽ
             /            ゛ ./    ●  ゝ   `  ′  `'-.ヽ
            /              ヘ ヽ,         ,ノ  .,!    .___.'.!
            ,!                    `―――/  .丿    ! ● `.リ
        │                   -ー¬'        ゙弋___ 〉
            |                   l\  、            `'-、 "ヽ
         ヽ                  "`.ァ._.(               .l  |
          ヽ                | ゞ弋,,,、  ± -'、     .} !
              \                 !`'''-、,.`'`-ニ二__'';;i__ソ  .!
             /\            | .、¬'''`-ニ―- ....二 /      |
      ._,,, ───/   `'-、          l ヽ、   .゙ ̄″.r‐./       !
  ._.. ー'"゛             `''-、、      \  ゙' ...,,___/ ./       ,./
''"                       `''ー..、    `'ー.____ノ    . /
                                       ... r''ヽ..,,、
                                ̄ ̄ ̄ ̄         ゙    `゙''ー 、、
                                                `ヘ、

あの日あの時あの場所から、燻り続ける体の熱を、吐き出す。







209名無しのやる夫だお:2010/01/11 (月) 00:39:33 ID:frQS/L0I
覚醒しそうだが、持ち球がなぁ‥‥。







210名無しのやる夫だお:2010/01/11 (月) 00:39:36 ID:uVdBxP62
ロビン、ようやく気づいたみたいだな。
うまく更生させられるかな?







212 ◆oLG9iWoh0E:2010/01/11(月) 00:39:39 ID:PpxlFm/A

ギンとサンジを睨みつけ、

                               __
                         _.. -''''゙゙゙´    ゙゙゙゙'''ー,,、
                      _..-'″             `゙'-、、
                    /                    `''-、
                  /                           \
                 /                              \
                /                               \
               ./                                 ヽ
              ./                                   ヽ
              !                                       l
             .!      `'ー ,,_                  _,,,___       !
             |     -.、   `''ー ..,、   | |   ...ーー''"´   ._,-       !
             l         广''┬--v-‐.   ゛    'i-----r‐''゙]         i!
           ,..-'".l      ヽ,、.ゝ-'゙ _./         ヽ_.゙ー'" ./         ,l~ ..,,
          ´    ヽ       .`゙゙゙゙゙./            弋゙゙゙゙゙゙゙          /     ゙゙'-、、
               .\       │                l              /
                .`'-、,     ゝ..____,..-ー .____イ           ,..-'´
                   `''- ..,_ .、 ゙匸.l二l二lニlニl二lニlニノ  i  _,,.. -'''"
                       ゛ヽ,__,二__________ッr'"

やる夫の戦いは再開した。







214 ◆oLG9iWoh0E:2010/01/11(月) 00:40:18 ID:PpxlFm/A

初球、スライダー。やる夫の中では抜群のキレ。
サンジから見て内に、内にと入るその球は―
                          / .                                ,ノ/
                         / /                                ,/ノ゛
                     / ./                                ノ./
                    /  /                                 / ./
                      /  /                                     / . /
                 /  /                                 /   .′
                ,ノ゛ ./                                 /    /
               /  ./                                   /    .l
              /  ,i′                                  /      l
               /  ./                                   / -、     l
              ノ, 、'"                                    ‐./   ヽ     l       ,
             /./                              / /     .l    .l          /
         ,r.゙‐'゙,i                              ,/ /      .|    .l      .,rソ゛
            ン.'i "                               /  /       |     .\__,.,,..‐ン"
          / /                                /   ./      │        /
       ,.!-‐゙,i'                              _....、    i′      /       ,/
      ./ ,, 、."                         、y'"  . !   /       .l゙     . /
     /'" ./                         //゛    .l   !       /    ./
    ./ _/-                       / . /      |   /      ./   . /
    r'"゛  l                        ,/゛  /      !   ./     ./ . ,/
   ./.,, '"゛〉                      ,..ニ,    ./      i′  !、  .,./ /゛
   /゛ ../ .                ,、.'゛  . l   .l゙      /    `'''''' /
  " ,..‐゛ |               ,..‐'./     │  .!      /     .,/゛
 .、゛゛ .,, ‐.''':           ,..-'´ ./      ./  ./     ./    .,/゛
 l゙ /  ./         _..;;./    /       !   !     ./  ,/゛
. `,i`   ./ ヽ _   ,... ‐'゙/ │  ./       !   .l   ./ /
..,″  ,./  ,r'" . l .゛   ./    .l   /      /     .`''_シ'´
..′,/  ./    |   ./     /   l゙      /    _..-'´
.i`゛  ./     ′ /     /   .|     ./  ._ /







216 ◆oLG9iWoh0E:2010/01/11(月) 00:40:33 ID:PpxlFm/A

僅かに外れ、ボール。

         .'     _ _―
    ___ノ  , '  ̄,,..-…''"~ ̄`'"´~`ヽ、
  ( ̄  ___ノ  /.  . '      . 、   ヽ.
  \ (      /.' . .'   , '"`〃ヘ  . .  i
 __) )     | : : i . i. i@    !. i :  !
(( . ̄ ̄      1 ;i_.l : !. |\,,_ '  l. | i ,!
  ξノヾ、       γ-、~`ヽ、N_=。=ミ   | ! ; !
  `ヽ、  `=.,  ,イ | |    i   ̄   、リ从!`ヽ
    ~ヽ、_ `-<  !_ノ   | 、,___'´ / `
       ~ッ、_ `ヾ、.__,,ノ \  ̄-‐ /
      .,;;,ヘ  ,,>-‐- 、ー、,,..:(`‐-'´  \           (今のはチョイト手が出なかったな・・・)
    ;il|||!ニ/ ' ;  f"i  ヽ. ~`く" ̄`ヽ   \
    i|||||!‐ヘ ,,   | |   i>、._ノ  ....::::!    ヾ `ヽー、
    l|||||;ニ/  `\ ー'   ノ::、::::::::::::::;ノ;.     ー、_,  ⌒Z .
    l|||||i-ヘ    `、ー‐´:::::::;;=-tT´!|||i       (      ヽ , .~
    !l|||i;ニ;|.`ヾ.'   ヽ、::::::::/;il; !||i. !||l        ` "⌒ー-~
     心|i;-ヽ \ .'  _ ` 、':l||||li. !||i. !||l)
      `'!|jミ`、 \ f `.   ヽ:!||li;、!||i,j||||i
       `!|i|i;ヽ  ヽ!_ノ   ノ;l||||||||||||||||||i
        `!l||li;`ヽ `ー-'"ヽ:|||||||||||||||||||l)
         !|||||||lii;` 、!_;!_,,ノ;i|||||||||||||||||||||i;、


                                               ____|__ハ
                                               \   〈
                                                \\\\ ∠\\     /
                                                  \\/./ノ  .へ \   /
                                                   \/) /   \\/
                                                     {/    | ̄ V
                                  /^', .ハ               \    V ̄|    /
                                |⌒|  | | |  ハ             \     |   /
                                |  |  | | |  | |              \   ハ  /
                                ヽ. \ \|⌒|」 {^ヽ_              ̄ ./V
                                 \ \ !   \_}_ \             / |
                                  \ \      ̄`ヽ             / ̄ |
                                    \        } |          /    |
思わずミット位置を確認するロビン。
ストライクと取られてもおかしくない、最高の球だった。







219 ◆oLG9iWoh0E:2010/01/11(月) 00:41:08 ID:PpxlFm/A

2球目、シンカー。
サンジ目掛けて飛んだ球が、急ブレーキをかけて逆方向に変化する。

     `"'― ..,,_.     `''ー..,,.   ゙'-、     l  .|    ./   ,/゛     ._,, ー''"゛     _,,,,.. -ー''''"´
               `゙゙'''ー ..,,_.  ..`''ー..,、 ゙'-、  .ゝ |   ./ . ,/゛   ._,, ー''"゛ . _,,,,.. -ー''''"゙´
                   `゙゙'''ー.             ‘  .. -'二.. -ー''''"゙´

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄          \       ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                                 \\    `゙"''― ..,,,_
                _,, -''''"              \.\.    .、、    `゙"''― ..,,,_
             _,, ー'''"゛   ._..-'" 、              ヽ. `'-、 /|  .`''ー..,,,        `゙゙''''― ..,,,_
     _,, -''''"      _..-'"゛ . /                 ヽ  .V f゙     `゙'ー 、、           `゙゙'''
,,.. -‐''"゛          _..-'"゛  . / ,/              │   .て .\、      `''ー..,,,
            ,..-'"゛   . / /  . /                /    .,/  \. ゙'-、           `''ー ,,_
      _..-'"     . /  /   ./                 /    /     .\. `'-、          `''ー、,、
   ._..-'"゛      /   /    /                /   ./        \.  \               `゙'‐
..-'"゛       /   .,/    ./                /    /     ヽ.    ..\,  `'-、
       ,/゛  .,/    /            /    /       .ヽ     \   \
     . /    /      /                /    . /         .、 ヽ.     .\   `'-、
   ,,/   ./      /                /     /          ヽ .ヽ.      `'-,   . \
. /    . /       ./            /      /            ヽ .\       \    .`'-、
    /       ./           _/      /                 ヽ ヽ,       \.    `'-.
  . /        /             /       ./                    ヽ \        `'、.
.,/          /         /       . /                    ヽ  ヽ           \.
        /        /           /                      ヽ  \            \
       /       ./         /                        ヽ  .ヽ
      ,./       ,/           /                           ヽ  .\
     /       /         /                             ヽ  ヽ
   . /           //,  ./ //                                   ヽ  ヽ
  /         .,/./ ./ "                                     ヽ.  ヽ,
./              ″                                           ヽ   ヽ
゛                                                           ヽ   ヽ.







220 ◆oLG9iWoh0E:2010/01/11(月) 00:41:24 ID:PpxlFm/A

しかしその球をサンジは、


               .ィ〃ハfニ|! l|! j//, / l|/: : :/リ!
             , ': : ¬-ヘYl l| /イ//l| !|: :./l|/.:}     _, 、    ____
         , -<: : : : : : : : : :l!|/l|/ /!/ノ川イ 〃/'   r‐'   ヽ  r' 、   ⊥ll `ヽ
       ,∠∠/ `> 、:   : :l /}/j/ イf| jノイ' ハ{  (      ヽ( `/ユ.小 ツ ノ
      /::::::::::::::` く/ `>、 r―ヘ. ぃ_、_,|!リ'ィ´{「__  _`つ    j >──── '
    /二二ヽ::::::::::::ヽ//^i〉  `ーヘV炒ノi⌒{ {!__,} ⌒)´     く
   /イ丁丁ヽ、ヽ::::::::::::「{ {ヽ:ノ!   ,r¬つ‐'={二二_}  ゝ- へ _,ノ
   /{!:.|:.:|:.:.|:.:.| |ヽ',::::::::::l | ||}:|::!  {      人_, - 、:.〉
   !::|!:.|:.:|:.:.|:.:.| | |l !::::::::::!| |リ:|::l   )  ノ: : : ノ:}ーr:.ノ
   l:::!l:.|:.:|:.:.|:.:.| | |リ:::::::::::ヽl::::!:::! ノ-- <: : : : : -{- '"
    !:::!l:.|:.:|:.:.|:.:.| | }!::::::::::::::::::::|::::l// //:.ハ,_,. -r ’          / ̄\
   l::::ll:.|:.:|:.:.|:.:.| | |!:::::::::::::::::::!/, ̄ Y://:::/           /   ビ  ヽ
    !:::::ll:|:.:|:.:.|:.:| | }!::::::::::::::// '/ '}':/        ‐=   ン  |
    ヽ::::ll|:.:|:.:.|:.:||{::::::::// '//, ':/            ヽ   ゴ   /
     }:::::l|:.:|:.:.|:.:||{!/r '/ '//:::/              \__/
     }:::::::l|:.:|:.:.|:.:| | ヾ<イ//:::/
      l::::::::::ll:.:|:.:.|:.:|:.|/ }ー}'}//::/
    」:::::::::::::l:.:|:.:.|:.:|:.し:.:ノ':/::::{
     {:::::::::::::::::ヽ!:.:ヽ.:ー:/:::::::::::',
    1::::::::::::::::::::\___/::::::::::::::::::ヽ
     }::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
     }::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::r~'
     }::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::r┘


逆らわず三塁線に打ち返す―







222 ◆oLG9iWoh0E:2010/01/11(月) 00:41:55 ID:PpxlFm/A

サードベースの僅かに外側。
ギリギリの線でファールになった。

         ___
        / .u   \
      /((○)) ((○))\
/⌒)⌒)⌒. ::::  (__人__) l_j :::\     /⌒)⌒)⌒)
| / / /     |r┬-|     | (⌒)/ / / //      (・・・今ので、ダメなのかお!)
| :::::::::::(⌒) U .| |  |    /   ゝ  :::::::::::/
|     ノ    | |  |    \  /  )  /
ヽ    /    └ー.┘    ヽ /    /



             ,.r'r-―-ミ r―-、ヽ、  \ ヽ \
        //r'"⌒ヽ,.r' ヽ、 \、ヽ  ヽ ヽヽ、\
        //r'´ /⌒ ,.、ヽ、 ヽ  \ヽ  ヽ丶 ヽ ヽ
      // / ,r'/ rヽ _ヽヽヽ ヽ 丶ヽ  i 、 、  ',
      ,'/  / 〃 //`゙ " ヽヾ、i  i  i i i  ll l i i ',
       li / 〃〃 //    ', i l l!  l!   l!l l  i! l l|! ! i
       !il //〃 i,'       ', i l i!  l|  li li  li !li! l |
       ! l l !i l!i  li __      i l l l!  li   !! il li! li|| !
       l | l!|l lil !「,. ヽ      l i l i!  l ! li il l| |l   !
      l | | lii |! i|ヾ.ノ     l ! ', i  li  l! l!l l| il  l
      |!|i!L!|i l! ||`>-、..__    !ト l   l|  | l! l!|レ、 |
       ハ{ rヾil! l|-―t;ァ‐ミ` 、 l|i ト、 l    lil/- N
        ヽ(ヾ ',|!``'' '''"´   l | ', | ',   li   /,'ァ ノ
          \ヘNl         |   l| ! /イ/!,.イノ/
           \',  _      '、,  l レ' /  //    ニヤリ
        `ー-、._ヽ, >‐、ー‐_-___-_--;‐='' /´
     ‐'⌒`ー、   r燃y'´ `¨ニニニ´  /!
          `ヽ--' iヽ、       /:. :トヾ'ヽ、
               _,|  ヾ、!.!.! -'´   ,、ヘ.l::::::::::`''ー-、._
                ,r;Zリ    :. :. :. : ,、ヘ`、ヽl::::::::::::::::::::::::::::`''ー-、._
         ,..-'´/´ヾ       ,..<ヽヽヽヽ!:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::``'ヽ.、
        ,.-‐'´::::::////`ヽ  ,..へ ヽ ヽヽヽヽl::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ、
   ,. -:'´:::::::::::::::///// rー`‐ヽヽヽ ヽ ヽヽヽ!:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
.-:'´::::::::::::::::::::::::///// ヘヽ::::::::::;ヘヽ ヽヽ ヽヽ!::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ


サンジが薄っすら、白い歯を見せる。







223 ◆oLG9iWoh0E:2010/01/11(月) 00:42:31 ID:PpxlFm/A

やる夫が左打者に対して投げれる有効な球は、シンカーだけだ。
ならば、シンカーのみに的を絞ればいい。


      / /  / ヽ         ヽ
     j | レ|┤   ヽ            |
     // | | |イ__  `、 ヽ   ヽ  |
   〃 | | | | | ___`ヽ||ヽ ヽ `、  || レ
   '″ ! | | | '"⌒  |ハヽヽ ヽ || /{
     // 二二つ  j  ヽヽト、ト、|リ r
      // ( -イ__ノ、_`_ _--ニ彡  /`        (変化量の少ないシンカーだ。
     〈ヽ', `、└ヽ ヽニニニ- '  /          他の球が無ければ狙い打つのは難しくない)
    />、',     `ー--、, , /
  // ヽ___         ||       /
 </   /   `ヽ    ノ}    /
     ノ     /   / 〈__/\
  __/      /メ    //Lへ \


やる夫に対しての、鉄板な攻め口だ。
実際に前の打席では、グラフがそうやってやる夫を打った。



             __
       /""| ̄ ̄──"\
      /   ヽ|// _─- \
    / / ̄ ヽ|//   \ \ \      /⌒ヽ__ノ ⌒ ⌒ヽ
    / /  // ヽ ̄ \  \ \ ヽ    (          丿
   /   / //ヾヘ|i l   \  \ ヽ|    (         ノ
   /   /  /    |l. l   ヽ  ヽ.  |    ゝ       丿
   |.   |  /     |l l   l ヽ ヽ |   (     ノ⌒
.   |   |  i | __    |l |   l  l  ヽ|    ヽ /⌒
    |    | |(<_).   || |  l  l  ヽ    ヽ (
   |i   _i| l | "'─- =  | |  l  | ヽゞ   丿 )    (1軍・・・まだ早かったんじゃねえのか?)
   \i ./.ヽ∧|,'- .ill'''',ヽ~ | | l  | ノゝ ノ⌒__丿
     ヽ|l ヘ |.ヽ "''""    |/ヾ|/ヽ//  )ノ⌒
      \ヽ|        ゝ__/__/▼
       _ /'ヽ  ゝ.,, ──/ _,,_∠ イ
     //ヽ  \    ̄ ノ   ──ヾ/
    /  |  \  ゝ-/      ̄""'''' )


7,8割仕留められる。
サンジはそう思った。






226 ◆oLG9iWoh0E:2010/01/11(月) 00:43:25 ID:PpxlFm/A

3球目、スライダー。


      / ̄ ̄\    γ⌒))⌒) ))
    /ノ( :::\:::/::::i  / ⊃    ゞ
   / ⌒( ●)::::( ●)\ ∩⌒)彡⌒)
  |      (__人__) 〃/ ノ
  |      |r┬-|   / / ))    γ⌒))⌒) ))
  \::::::;:::....  `ー'´  _/( ⌒)ミ⌒) _/ ⊃
  / _ ̄""   / \/ /    __ノノ  ))
 (___)    ./      ))


際どいコースを狙ったが、キッチリバットに当てられた。
ただしファール。サンジが少し打ち損じた。

不満げに、顎鬚に手をやるサンジ。

    //  ,-v-、        `、ヽ
   / / //   ヽ      `、ヽ',
   |/  |ト、    ヽ ヽ      | |
   || | |lニ-- 、  | | | | | | | |
   j| | || , -o‐  | | | | | | | |
   ハ」| || ー‐'´  |l| | | / jl レ┤
    { T ヽ    {| _ヽ|リ/)//)「j
    ヽ.ニヘ   , ----// /_/
        (⌒ヽ  ー  `,-くー、
      /ニ| |ヽ、, , ,/   レヘ
     /|二| ヽ--'´  /  ヽ__ト 、_
, -‐ '"  /ニ/     //   {ニヽ
      |二ヽ      /  ノニニ|







229 ◆oLG9iWoh0E:2010/01/11(月) 00:43:50 ID:PpxlFm/A

4球目、シンカー、外ボール球。
余裕の表情で見逃された。

カウント、2-2。


  //  // 〃^^ヽ   \  \   \
  //  // //   l |   `、  ヽ  ヽ
..// // //     | |   ヽ   ヽ  ヽ
 / // //___.    | |    l   l   |
 |/ィ  |/ r__)    | |    |   |   ||
ニ| ト、 ||`ヽ、     | |    |   |  /|
ニヘ {(Vリ| ─uヽィ  | | j|        |ル
  ハ ヽVl! `ー‐ ' } |ハ/|  j| | .ィnイ|/
  |  ヽ|     / !  l|| /| /|//ノ/
  |  |ヽ ヾ 、___`    レ'  ,ィ‐' / ニヤニヤ
  |  ヽ \ ` ー==' / '" ̄/
  ヽ  ヽ  \, , , , , /     / __
   \   \  ` "    /  // 八

                                                  ∧
                                                 /|\
                                               V|l l| | |l |lV
                                         r‐‐、    |_|l_l|_|_|l_|l|{|  _    ,--:、
                                        /_.|__ レ イ||TニヽィニT| 〈_  / ̄ / __|_
                                       /r――┴  |.|レ|  ̄| ̄u/厂./ニ/へ.  //(\
                                      / 厂     }\へ_|_/ | _/   ̄ ̄}〈   ',
                     (攻め手が無い・・・!)   {  「_/ ,__ノ ノ  ̄ ̄\__ノへ\    二}::::〉  }
                                      |   V    \   __/   | 厂>ヘ_}:::/   /
                                      \  {      |/      //    ⌒ヽ イ
                                       |  ゝ     | ̄ \.    //        |
                                       |   \   厂\  ヽ.  //        /
                                       \         |  |//        /
                                    .     |\       | /\ |       /
ロビンが焦りを覚える。







231 ◆oLG9iWoh0E:2010/01/11(月) 00:44:20 ID:PpxlFm/A

次の打者は、かつての三冠王の息子、モンキー・D・ルフィ。
現時点でホームラン数リーグトップの、球界を代表する選手である。

ノーアウト満塁などで、絶対に回したくない相手だ。


         ,  r::ム--‐ァ:::::;r‐ -==::;; 、,,_
        ,_、/''7゙::/ r‐'´::::;=- _  __ ``''-゙=;; 、
     ,. '゙|! l:V::::::l /::::::::::::/'::´;r‐''´:::::;:-''`、- ,  `ゞ、、
  ‐-<..,,,_!'、'、::::::::'::::::_;;::::;;__::´:::::::::::'& amp; acute;´::::'´''"‐-:..、
         ̄ ̄ ̄ ,     ̄`¨``'' '' ' ー‐---- 、,_
  三====:::;;;;;---く
  ─‐ァ 、、..,,,_,,,....、、..`二ヽ_、         /ノ
  //:::::::::::;r''ヽ、、 --- 、.,,_``'ー-、---ー='<._
   /:::::::;;:::::::i           _二"´   ゙ミ:::::::::::::::::::``
   !::::;/i::::::::l        ,.‐´ ,、.、.,_  ヾ、:::::::::::::::::::::
   l::/ l::::::::i r''''''‐       , '´     ヽ   ヽ::::::::::::::::
   レ=≡';:::lヾ、, '' ‐、      (_)       ';::::::::::::::      「三冠王に!俺はなる!」
  ヽ、≡=ヽい  O i    、  _,..ィ、、、   i:::::::::_:::
    ヽ、=≡ヽ ゙i 、 ,ノ    、ニ+-‐ヾ       !:;r'゙r‐`
      `ヽ、_= i " ヽ、‐_ ,. .--───--、 レ /,ニ、
         `f゙i ,-'' ´ _,,..、 --- 、,r _, / L..ゝ /,/
         '、! ゙、_,. ' ´  ,.、-‐ ''"""'''''ソ ノ_,,/
          ヾ、  r'´__,,..、、、、..,_/,. ':.:.:.:.:./;;;;/
             ヽ' <"´    _, -,´‐":.:.:.:.:.:./;;;;;;;!
               ` `、'' '',.´ィ''"ヽ :.:.:.:.; イ;;;;;;;;;;!
                /;;`´;;;;;l`ヽ、  / /;;;;;;;;;;;|
                  /;;;;;;;;;;;;;;;;!     /;;;;;;;;;;;;;;;!






236 ◆oLG9iWoh0E:2010/01/11(月) 00:44:46 ID:PpxlFm/A

ロビンは決断する。

                                               .         ∧
                                                     /|\| |
                                                    / |  \ ̄ ̄\
                                                  /  :|   \   \
                                                 /    |_∩  \   ',
                                                /,_ | | | /:::::: 7| | _  V/7 l
                                               V | || |∠:_:_:_.イ.| | | | |  /  |
                                               〉 __L| |  |_| |_| |_| く.  |
                                               | |  | \__|_ / ̄| ̄ | |.  │
                                      「・・・」      | |_`‐‐┘  └‐‐'   K.  :|
                                               | レ1 `‐‐‐┬‐‐'´ ̄ ̄ | |.  |
                                               レヘ.|.    │    |\| |__〈
                                               / ∧    │    レへ∧  \
                                               | / ∧.    |     ∧ / \ノ
                                           / ̄ /  .∧.   |    /  \  | \_

サインを見たやる夫の表情が変わる。

         ____
       /   u \
      /  \    /\
    /  し (○)  (○) \
     | ∪    (__人__)  J |
    \  u   `⌒´   /



要求は、インハイのストレート――







241名無しのやる夫だお:2010/01/11 (月) 00:45:30 ID:K/C3c21.
ゴクリ・・・







247 ◆oLG9iWoh0E:2010/01/11(月) 00:46:01 ID:PpxlFm/A



        ☆        ☆        ☆        ☆        ☆



脳裏に一瞬過ぎる、誘惑。
今まで幾度と無く投げた、顔面スレスレに投げ込むビーンボール。

あの球を使えたならば、サンジを討ち取れるかもしれない。


        __
      /..::::::::::::::..\
    /..:::::::::::::::::::::::::.\
   /..::::::::::::::::::::::::::::::::::::.\
   | :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: |
   \:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
  ,. -‐'´..:::::::::::::::::::::...`丶、
  ノ .:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::....ヽ



実際にぶつけた事は無い。
デットボールで怪我したやつも、目の前で見た事は無い。


    _.. ‐'''''''''''' ‐ 、
   ,r'  ::::::::::::::::::::::\
  /_,ノ  ,,   :::::::::::::::ヽ,
  ( о) ミ ヽ、,,,_ :::::::::::..i
  i.   ミミ( ○)::::::::::: .|
  \(_入_ ∧、  :::::::::::/           (やる夫なら・・・大丈夫なんじゃないかお?)
     ノ__,,/⌒ヽ\_/
    ./ゝ/|( ● )| i\
    |ノ//\_ノ ^i:::::|
    |^:::::::::::|_|,-''iつl/
    |^:::::::::::::::[__|_|/〉 .
         [ニニ〉
         └―'



第一手段を選んでいられる時か。

            __
          .-´   ``ヽ
          /::::::::::|::::::    `ヽ          __,. _=ニニ二二フ\
    ((  /:::\::::::::<● >   `ヽ ,.r''""⌒゙゙`ヽr-`---ッ___ _,. - '"  ヽ
       / <●>::::::::::⌒     ,.r'" _,.r‐'"⌒`っ) ̄\ニニニニ二ヘ         \.
        |  ⌒(_人__)   r-'γ/:::::/" ̄ ̄Y ̄7ヒi゙、       ヽ      レ
    ii ヽ    )vvノ:    ノレ'"!/ィ:/  .:::フ"フ{--{ O:::::`ー- 、___ヽ__ ,. ‐ ''" ヽ
    ``  ヽ (__ン:  ,// ! /:  /:: {:::::/ヽ ヽ__.Or、L__    `Y''"r'_⌒ミ゙、ヽ
        ヽ_ .,/イ/  ! /:: { :::{::ブイ:::::(〉ニ`r、_ヽ_   `ー--ソ { {::::::::} }ゝ
 ⌒`、~ー-__  フ"/::::{ j   ! /::::  { ::.{ヒ{ノ:j、{`ー-t) ___ ゝ`ー- 、__ メ ヽ└-‐'ソ ノ
    ゝ、__,,.r'''",、 1/.::::ノ   Y::::::::、 {:::゙、::::ノ:::::`ー´(::::::::\ノノ゙/゙)  `ーヽ、`,.-‐"
 :::...::: /  、( /:::} {::::::::.|   ゙、:::::::`ー、::::::::::::::::::::::::::/`ー=ニ-‐〈__/)
 :::::....ノ//::::\.::::....\:::::|    ゙、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::(`:::::::::::::::::::::::::::)

アイツの嘲笑をそんなに聞きたいとでもいうのか。







250 ◆oLG9iWoh0E:2010/01/11(月) 00:46:43 ID:PpxlFm/A

けれど実際怪我をした人がいて、

                              ∧
                               〈 :::〉
                            ,. -一にコー- 、
                        /   r个 、   ヽ
             /^ 、           {  /, /||ト、 \__L、       /\
              /   \       r┴'n |:|| :|||::!「| 「!  /     /     ヽ
               /              ヽ、l」 |:|l:::|||:j.|j└,ィ〈     /
           i       i       rく|「辷‐ュ小t'ブィ ムヘ     /       i
           |        |    ,.一>、|ヽ ` ┬ '´ 〃|/ニヽ__/          !
           |        | _,.-ベ¨  \_〕 |  r' /`ー-- 、ヽ      |
           |      「 __〉 ∨ハ  \_j__/「ヽ トヽ  | ト--=、     !   (やる夫・・・こい!)
            j∠ニニヽ  「  __〉  Vハ  ヽヽ ,' / ! ヽ ヽ\ | |二コ ヾ、  |
         / /  ,.-ヘ   |ヽ. __〉ヽ〈  、  ヽ∨{|  ヽ_,コ |L_! ∥  !\
        /     /⌒!  | ヽ !ヘ∨⊥ --ゝ、 〉! y'´  __ノ .ハ  | ∥  !  ヽ
          /          ハ .|  └‐' ヘ ∟----、 ヽ'  /_/ /   ̄  |   |`ヽ、}
       { /(    /ノ| .!    ___ゝ--`ニニニ二 -一__' . --,   ノ   |`丶ミヽ
      ,.‐'/ / ヽ--一 / | |  ___ヽ__´"''--.,,Y,.r''" ̄_,. -ァ′ }   /   ヽヽ、
     /      Vニ=ニ / ̄_ _丿ヽ  ̄´"''- 、レ''"´_   --!   ノ /       V ヽ


その人は自分に優しくしてくれて、


----------------------------------------------------------------------------------------------
                              〕_,,.;;-‐i;;;;;;;;/ `"''‐ォ 、;;;;;;;;;;;;;||  |     l
                              i、   /;;;;;;;;ヽ    l/、 ``//| |  |    !
                             _ |´  );;;;;;;;/``   ト   | | | | 、 |    |
                            | |`|   ゝ/|      ,__| ||/  ヽ     |
                            | | |  /|.   |      | lヽ_ ll |     |
                            | |_/|     / |  |  |i  | |/   ll |     |
                            ´/ヽ 、 ,  |  ヽ | |. | lr─、 lll/     |
                            /___ヽ// ヽ|    ヽヽ/ ヽ、`~        |
                        _, -‐//   /'ヾ__|_   , - 'ニ 、_/ /'i'ー- 、,__  |
                   _, -‐''´  //    / ,rー─- 、二,r'´   | ヽ / |    l l ` ー- 、 _
               _, -‐' ´     //     / /    /   |    | ヽ |    l l      ` ー- 、_
            -‐''´        //       |/      /  |      |  |/      l l         ` ー- 、_
                      //       /    / /   |     |   |       l l
----------------------------------------------------------------------------------------------






252 ◆oLG9iWoh0E:2010/01/11(月) 00:47:04 ID:PpxlFm/A

そして、汚い手である事は、自分でも知っていて。


           ____
         /   ∪  \
       γ⌒) ノ三三三ゞ(⌒ヽ
      / _ノ (>)三(<) \ `、
     (  <:::∪:::::(__人__):::::∪|  )
      \ ヽ ::∪::::` ⌒´∪:://


やる夫は、出さなければならない結果と、感情で揺れ動き――










           ____
         /:::     \
       /::::::::::     \
      /::::::::::         \
     |:::::::::::::::         |
    /⌒:::::::::      ⌒ヽ/
   /::::::::::::            \
  /::::::::::::::          \ ヽ

――決めた。







253名無しのやる夫だお:2010/01/11 (月) 00:47:14 ID:v6ZuwerI
いやな、予感…







254名無しのやる夫だお:2010/01/11 (月) 00:47:23 ID:2J7ATA5c
監督っぽいなw







256名無しのやる夫だお:2010/01/11 (月) 00:47:36 ID:7MJ3H4nE
ロビンからのテスト…かな?






258 ◆oLG9iWoh0E:2010/01/11(月) 00:47:43 ID:PpxlFm/A

そして、投げた。

                         __
                        /::::::::.i
                       /::::::::::::::::l
                      // ̄ ~ヽ::ヽ
                      l!      j!::::::l
                     l!     ノ:::::::j
                     ヾ、_,/:::::::ノ
          , -‐   ̄  `  、   `ー 一´      
        /       _ ―─ - 、       ヽ     才 _   -┼-.   -┼-.   -┼-.       |  
       /      /::/         \      ̄ ̄`i.  /|/  ヽ.. ,-┼/-、. ,-┼/-、. ,-┼/-、     |  
       ,/        /:::::/    \     ヽ     _/   |   ノ .ヽ__レ ノ .ヽ__レ ノ .ヽ__レ ノ あ. つ.  ・ 
 __ ./::l        /::::::|   (○ )::::::::::::ノ l
r´ / 7/~ |      {:::::::::\     :::::::::(○ )       __
 ̄ヽ、   i!     ∨:::::::::::\   (__人_)/      ̄` 、ヽ
   \_ , -\   ∠_ ∨:::::::::::::: ー─‐─''"´        ノ ミ、
         ` 、__― ヽ::::::::::::/     ̄ 二 ー -一′  }
           /  ̄/\ ∠:>ー - 三ニ三_     /l
            /   /              , ' /, ' ;’/
         /   ./               , '  /,,''
         /, ェェ、
         `、_ノ






261 ◆oLG9iWoh0E:2010/01/11(月) 00:48:40 ID:PpxlFm/A

コースはインハイ。

  .l,       .l       .,!          l             /                    /
  .ヽ         !         |          /            /                   /    .. ./゛
   ヽ      .|      ,!            /           /              /   .  /.//
    . l      .l      .!           /           /              /    . / ./././.// /
     ヽ     .!     |           /          /             /    .、.// / /./ //////
      .l     l     .,!       /         /            ,/゛   .,  / //./  /./ .// //
      ヽ     !     !       /        /             ,/   , / ././        /  //
       ヽ    .l    |      /           /             ,/   ,..-'´  .、/ .゛            //
        .ヽ    l    .!     ./       ./           ,/゛ ._ /     ./            //
         ヽ   .!   |     /      /        ,/゛ ,..-'´      ./            // ´
            ヽ   .l   .,!    /      /        / . ,..-'´           /               ./
-、            l.   !   !    ./    ./      / ._..-'´             /             /
 `'-、        ヽ  l  |   ./    ./      ,/゙_/´              _ ./             /
.,   . \       ヽ  |.  |   /   /    ,/ /         . _,, ‐''"゛ /                /
. `''-..、 `''-、    ..l. .! .!  i′ /   ., '彡'"      _,, -'''"      /               /   _,,,,
    .`''ー..、`'-、      .゛ "  ′ .ヾ   ;;シ'"    _,, ‐''"゛            /                / ."゙ ̄゛
       `''-、, \           : -'´ ._,, ー''"゛        _,,,,....  /                /
           ^             .. -''''"  ___,,,,.... --ー'''''''"゙ ̄゛    /             /
________             _____________/               /______
                 lヽ    ゙''''¬―--- ........,,,,,___、    /               /
            _.. ‐.,.     .l ヽ.、,''ー .,゙゙'''ー-、,,,_       . ̄ ̄../               ,/__
      _..-'"゙.,/゛ ,,    ,  ヽ .\゙'-、.`''ー ..、 .`゙'''ー ..,,、  /              /   ̄ ゙゙゙̄''''''''¬―--
   .,..-'"゛ ,/゛   /   i′|  .ヽ  ゙'-、    `''ー .    /               /
.-'"゛  . /     /   / |   .ヽ   `'-..,_      _..-'"               /
  _/゛     /    l  .!    .\    .`゙"'''''"´             _/゛ : ''ー ..,_
./       ./     /   |      .`-、                    ,..-'″        `゙'''ー-..,,,_
        /     /   !       '、 `'ー..,,,            _,, ‐'″  .`゙'ー .._              `゙'''ー-..,,,_
      . /      . !    !       ヽ    `゙''''¬―''''''',゙´           `゙''- ..、




                                               ――――ストライクゾーン。






263 ◆oLG9iWoh0E:2010/01/11(月) 00:49:09 ID:PpxlFm/A
やる夫の渾身の、心も振り絞った渾身のストレートを――

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓______________________________
┃  //  // 〃^^ヽ   \  \   \       ┃──────────────────────────────
┃  //  // //   l |   `、  ヽ  ヽ    ...┃ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
┃..// // // U   | |   ヽ   ヽ  ヽ     ┃______________________________
┃ / // //___.    | |    l   l   |   ...┃                  ,,. ‐゙            i          、
┃ |/ィ  |/ r__)    | |    |   |   ||   .┃          ,..;;iソ  `゙."゙゙´   \       .___ /      ヽ  、
┃ニ| ト、 ||`ヽ、     | |    | U |  /|    ┃         i'',゙i-;;,゙´           ヽ ._,, ‐''"   /     .ヽ   .ヽ \
┃ニヘ {(Vリ| ─uヽィ  | | j|        |ル  ....┃        レ゛... .., ⊥     ._r‐'゙'"     /        ヽ   .`  `
┃  ハ ヽVl! `ー‐ ' } |ハ/|  j| | .ィnイ|/     ┃        iケ ヽ `'〈    /         ./         _____-
┃  |  ヽ| U   / !  l|| /| /|//ノ/      ┃        /  .i|\  `'' /          /       ,,゙ヽ
┃  |  |ヽ ヾ 、___`    レ'  ,ィ‐' /     ...┃       l゙   ,!  、   \ _____ ,,.iL ........,,,,,,.- ir‐-.\
┃  |  ヽ \ ` ー==' / '" ̄/      ..┃        `'ー l  |    ゛./ ゛  .             'i 、   .゙i,
┃  ヽ  ヽ  \, , , , , /     /        .┃         /   |,,,    |   .ノ              " ゛   l
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛         /   l .`゙''ー-∟..__,                     l゙
                                          /    .!        ̄ ゙゙̄'''''¬ー- ..,,.,, -'''"゙゙.゛ ̄´~‐‐''''.'''. "
                                       ,!    .l            |
                                     l     !               !         ヽ   .
                                    l      !            |  \         ヽ  .ヽ
                                       !      .|            |  、\      .ヽ  ヽ.
                                      | .,.....,,,  .|            l.  .\ .\     ヽ.  ヽ
                                      ! "    ゙'‐.l             : ,i、  .\ `-     .ゝ  ヽ.
                                         l..     .,,"               / . \   \.  、       ゛
                                     `ー  ‐'´              ,-'" ,.`'-、 i゙''ー ..,,`'- `'-. 、,
                                                    /   /   .゛~、,,_ ゙''i- ..,,,_ `'-、
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
__________________________________________________
──────────────────────────────────────────────────
──────────────────────────────────────────────────
__________________________________________________

サンジは辛うじてバットに当てた。







266 ◆oLG9iWoh0E:2010/01/11(月) 00:49:52 ID:PpxlFm/A

完全に詰まった当たり。
ふらふらと、3塁線にボールが上がった。




               .:: ___:.   
             .::x<,    `>、 
           .::〃   》   《 ハ
           ::::{   》'   《  }
           :八  》'      《 ハ
             ヽ.》'     .イ:
              `ト=‐ァ≦
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.






269 ◆oLG9iWoh0E:2010/01/11(月) 00:50:27 ID:PpxlFm/A

カズマが焦った。
完全に討ち取った当たり、しかしカズマの頭を超えた。


    、     ,.   / _/{         /    /
     l゙、   ,/{  ,.r'i r":::/ /   ,.r   /    /     /
     ノ:::`、∧l:::゙、i"::::|/:":レ'"l、-''""/  /   /    /
    {:::::::、:::::::::∧'"゙`::::::::"::::{:::::::::::ノ     /   /
  ヽ、 ゙、:::/ヘ/:::゙、:::r"゙ヽ、::::::::,","/‐ニ="´     /
 __l゙=vニ-‐"~゙i、::゙,:::/:::::`ヽ‐-、_r、/-、    /
 ゙、:::::<,-‐''"~、 ゙'‐-=彡ゝ、_::::::::,.-''l    `''‐-、___,,.
  ):::::| ノ''''‐、 ,.〃-‐'''‐=、ヽ‐'゙'ゝ !、‐-、 _、-‐'''"´ 
  〈:::r' "-‐‐'/,゙i、 _,.-‐-、ミ ゙、ノl  |\ >ニ=‐''" 
  l/ 〃 ,.-‐   '、 ゙、 (・) }::::::/゙,〈  ゙、  ゙i、
  ,i"〃 r'"゙゙'ヽ,  ヽ `'‐-'::i、./::j `ヽ、ヽ  ヽ、_,.          「この位置は・・・ヤベエ!」
..y'i.   ノ" ̄`、l   ゙、=‐-''" ゙}:::l ヽ  `ヽ r‐''"
〈, i / i'::::::::::;;;;/    `‐'" r'‐、゙、 ゙、,.、‐'"
/゙l/  /、:::::::::;/  // / /ra } ヽ, \__
:::::'i/ ゙'‐、__r" ι   /="/゙ 、 `ヽ'/
,.r"l  `'‐   ι    /、__,,./   ヽ , '"
  !       __,,,,...ノ ゙i、,__゙‐、 ,.、‐'"
 / ゙'''-r==‐'''"/ / ./}''" |   ̄
‐'   l | | / / / l j ヽ、


カミナが叫んだ。
サンジのデーター上、カミナは随分と右寄りに守っていた。


         l      |          /   /  ヽ-     |(/ヽ
          !        !;;,         /'  / __   !       ! ヽ  !
       |、       l;;;;;;..     ,'/./ ,、_) ヽ  「     |/ /
        | ヽ      !;;;l;;;;;;,.   //    ゝ二ノ /ヽ     | / /
         !、 ,;,    | '!;;;;;;;;, //       /ヽ       !/   /
      ├ ` =、   | ヽゝ;;;;∠ 'ノ` ー┬┐_ニ´/        !  ノ
       !  ト-ヘ  ハ |, ヘ;;;;;;;;,,,`ニ三二 ニ¨       ├'´|
      iヽ、  ̄ ∨/ノ「、 「 ̄ ゙';;;;;;;;,,, ̄ ̄ -┬n     !  |     「切れろ!」
       | ';;;;三ニ;;;//  ヽ     ゙゙';;;;,゙゙''゙゙    / !|      !
      !  ゙;; ̄';;;/     !  ,.    ゙゙''   / 」´ }    !   l
        |  ;;  ;;,       ト. ' r‐     / / r' /       !
       ハ ';;, ';;;,      `  _ -‐ ~_/ ̄ //   /
     /  \;;,, ゙';;,、\、_ -‐ ¨ __ -‐'´   ノ /   /
     ハ    / \ ';;,  \Y´ ̄    _ - ´ /

誰でも取れそうな打球が向かう先は、誰もいない空白のスポット。







271名無しのやる夫だお:2010/01/11 (月) 00:51:17 ID:2tfCepc2
スターズの守備でこれはやべぇ







272名無しのやる夫だお:2010/01/11 (月) 00:51:19 ID:WoUUzwDk
カズマwww







273名無しのやる夫だお:2010/01/11 (月) 00:51:32 ID:sV7deviU
データとか関係なしにセンターに寄ってるレフトを思い出した







274名無しのやる夫だお:2010/01/11 (月) 00:51:33 ID:5mh7ADiU
小坂がいればっ・・・







277 ◆oLG9iWoh0E:2010/01/11(月) 00:52:16 ID:PpxlFm/A

打球は、ファールライン僅か内、フェアゾーンの末端にポトリと落ちた。


不運は重なる。

      /:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. |::::::::::::::::...||   \:.:.:.\:.:..:./´
     ./:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: |:::::::::::::::::::||....     ∨:.:/^〈
     /:.:.:.:.: /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:.:.|::::::::::::::::::: ||:::::.    |:.:.| / |
    ./:.:.://:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.l.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: ∧.:.:.:|:::::::::::::::::/ ̄:::`  |:.:ハ/ Y |
   /:/ イ :.:..:.:.:.:..:.:.:.:.:|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/.. V:.:.| :/:://z≦v 7   |∧l //
         |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./:::::、V:.l:/:/弋仍' ム   |l / /、
        |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l:.:.:.:.:.:.:.:. /:::::::::::::ヘ|ヾ、:≧=≠彡シ   | /l:.:.:.:. ヽ、
       |:.:.:.:.:.:.:.:/l:.:.:.|:.:.:.:.:.:.:.:/:::::::::}:.  `:::::   `ヾ、::::::::::; ハ/:::|:.:.:.:..  ヽ、      「畜生!」
         .|:.:.:.:.:.:./ :|:.:.::|:.:.:.:.:.: /:::::::: }.   :::::     ニ´:::::ハ::::::::|:.:.:.:     \
        .|:.:.:.:.:/  |:. /|:.:.:.:.:./:::::::: 〈            ::::::ハ::|:.:.:.|:.:.:.:.     :::::\
          |:.:.:.//: |:/:::|:.:.:.:/ :::::::.  \ _      ノ〉 ::::/::::::|:.:.:.|:.:.::.:    .::::::::::::
         |:.:/:::::   :::::|:.:./、 .:::.: _______,. <</  ::/:::::::/:.:.: |:.:.:.:.:    .:::::::::::::
   ____,/|/::::::  ::::::::l:/  \:::. `ヾニニニニ  イ  :::/::::::::/:.:.:.:.:;:.:.:.:.:.:.  .::::::::::::::::
 /:::::::::::  :::::::::::::::::::::::   ヘ:.:.:.\.     ‐-   .:::: ::/::::::::/::::::. /:.:.:.:.::.  .::::::::::::::::::
/ ::::::::::   :::::::::::::::::     ',:.:.:.:.:.\         :::/ :::::::/:::::::::/:.:.:.:.:.:.:  .::::::::::::::::::
 ::::::::::    :::::::::::::::       ヘ:.:.:.:.:.:.:.:ヽ、 __/  :::::/:::::::::〈:.:.:.:.:.::  .:::::::::::::::::



まるで、カミナから逃げるように、逃げるようにとボールが転がった。







279名無しのやる夫だお:2010/01/11 (月) 00:52:34 ID:WoUUzwDk
回転かかったか







280名無しのやる夫だお:2010/01/11 (月) 00:52:35 ID:frQS/L0I
ああああああああああ







281名無しのやる夫だお:2010/01/11 (月) 00:52:50 ID:DPFDuTG2
いやあああああああああああああああ







282名無しのやる夫だお:2010/01/11 (月) 00:52:59 ID:7MJ3H4nE
レフトに守備範囲広い人が居る事は少ないからなあ……







286 ◆oLG9iWoh0E:2010/01/11(月) 00:53:33 ID:PpxlFm/A



        ☆        ☆        ☆        ☆        ☆



転々と転がった打球は、ツーベースになった。
更にカミナがもたついた。

快速のグラムが滑り込み、走者一掃の2点タイムリー。

3対2と、逆転を許した。

       ____
     /:::     \
   /::::::::::     \
  /::::::::::         \
  |:::::::::::::::         |
  \::::::::::::::       /ヽ
   /:::::::::        くゝ  )
  ;|::::::::::::          / ;
  ;|::::::::::::::       イ ;


10分もたずに、やる夫はマウンドを降りる。


       /  ̄ ̄ ̄ \:
      ::/        ::::\:
     ;: |          :::::::| :
      \.....:::::::::    ::::, /
      r "     .r  /゚。
    :|::|     ::::| :::i
    :|::|:     .::::| :::|:
    :`.|:     .::::| :::|_:
     :.,':     .::(  :::}:
     :i      `.-‐"


視界が、霞んだ。







291 ◆oLG9iWoh0E:2010/01/11(月) 00:54:30 ID:PpxlFm/A

その後登板のライトも、1失点を許した。
4対2。リードは広がる。

     ノ           /            ___  _ヽ{ ___          ヽ
     ヽ             {        ,.イ /,二二フフ⌒ー‐、ミ...、         |
                 }      , '´,..イ{:.:/ニニ爪:.、`ヽ、:.:.:.:.ヽ、:`ー‐z    l
                 {   ,ィ彡´ ̄ ̄:.:.:./:.:.く:.l:.ヽヽ、:.ヽ、:.:.:.:.ヽ、: 下ヽ、__ !
                 }  /ノ,彡:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:/\ヽ、ヽ:.ヽ、:.\:.:.:.:.、ヽ:{ ヽヽ ヽ、
                 { / //7:.:./:.:.:.l:.:.:.:l::.:l:.:.:.:.「ヽミ丶ト、:ヽ、:.ヽ:.:.:ト、:.! i ノ`ー┐
     フ             レ //,..:':./:.:.:.l:.!:.:.:.:ト、ヽ、:!:.:.ヽ`T'ー-:.:ヽ、ヽ:!ハ! !/   ノ
     て            {/_./:.:/:./:.:.:.:ハ、、:.ヽ:ヽ:.ヽヽ:.:.:ヽ!}:.:.:.:.::.:.、ヽ(.   l   /
                  〉:/:./:.:/:.:.:.:.:!:.l:\ヽ、ヽ:ヽ:ヽヽ、:リ:.:.:.::.:.:.:.ヽト、     7
                    {:/:/!:.:,':.:.:.:.:.:l:.:.!:.:.:.ヽ、:.、`:.:.:.ヽー1:.:.::.:.:.:ト、:ヽ ヽ    フ
                    }:!/::!/!:.:.:.:.:.:.:l:.:.',:.:.:、:.: ̄:.`:.:.::.:.`ソ:.ノヽ:.:.:l:.:.:ハ:!      ´⌒⌒ヽ、,r―-....、__,
                   {:::::::!7:.:.:.:.:.:./,L、、:.:.トく,ィ=、ミ7:.ノ:.:.:.!:.:.:!りr‐}、     ;/:::::::;:::':`::;::::::::::'::::::::
                  }::::::::|:.:!、:.:.:.l:{!f;jヽト=ー/ {(;:) 入フιヽ/ ̄´;:':::::::\    ;/:::;:::'::::::::'::::::::::::::;::::::::'
     つ           〈::::::::::!:.Nヽ:.ヽ`¨´!`ヽ~ ` ̄      /:::::;::'::::;;;::::::::::`ヽ /:;::::::::::::::::::::::;::::':::::::::::::
                     /::::::::::::/::::::ヽ、:! |  ,r   _..   /::::;:':::::;;;;:::::::::::::::::::::ヽ、:::::::::::::::: ':::::::::::::;::::::::
                   {::::::::::::/:::::::::::::ヽト、ゝ..._     `  l:::;:':::::::::::::;:::':::::::::::::::::::::ヽ:::::::::::::::;::::::: ':::::::::::::
                   }:::::::::::|:::::::::::::::;::::!:::\ー、-‐¬´`ヽ /;:'::::::::::;:::':::::::::::::::::::::::::::::::〉::::::::':::::::: /7:__::::;::
                   {::::::::::::!::::::::::::::::::'::;:'::;:::ヽヾニ`ニン 7:::::::::::;::::::::::::::::::::::::::::::::::/:::::::/7:::::/ ///;:::::::
                  }::::::::::::!::::::::::::::::::;::::'::;':;::::::`T= .ノ:::::::;::':::::::::::::::::::::::::::::::::/::::::::::://___ L/ L!::::::::::
    ┃ ┃          {:::::::::::::|:`::::、::::::::l::::::::':::;:::::::ヽ、 /:::::;::':::::::::/:::::::::::::::::::::::/::r―‐┘ __ /:::::;:::::::::;:::::
    ┃ ┃         }::::::::::::::!:::、::::`:::::::!:::::::::::::::':::::/::;::: ':::::::::::/::::::::::::::::::::::: /:::└┐  // /:::,:::::::::':::::::::,
    ・  ・          )::::::::::::|:::::!:::::::::ノ:::, --、__/:::;:::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::/:::::::::::/  //_/:::;::::::::::::,  ´
                 }:::::::::::::l:::::!::::::::/ ̄   /::::;::::::::::::::::::: /:::::::::::::::::::::::/::::ヽ:::::: ̄:/ 二 7, ´
  ヽ、         ___{:::::::::::/:::/::::/     /::::::::::::::::::::::::/::::::::::::::::;:::'::/::::::::::!:::::::::/.└┘/
    |  , -- 、 /:::::::::::::`::::::::::::/::/ ̄`ー―/::::::::::::::::::::::::: /:::::::::::::;::'::::::/::::::::::/:::::::/_/`7 /
    └'´    ヽ´:::::::::::::::::::::::::::::::::/       /::::::::::::::::::::::::::::::::::::;:::':::::::::/::::::::::::::::/   / / /7/7∧
           ヽ::::::::::::::::::::::::/        /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/:::::::::, ';     ̄ ` ` //
    ´







292名無しのやる夫だお:2010/01/11 (月) 00:54:33 ID:yDQ7RZKo
これは…悔しい…







293名無しのやる夫だお:2010/01/11 (月) 00:54:37 ID:WoUUzwDk
あちゃー・・・






296名無しのやる夫だお:2010/01/11 (月) 00:55:15 ID:7uLwXTss
できる夫との邂逅がこれだとトラウマもんだな・・・







297名無しのやる夫だお:2010/01/11 (月) 00:55:18 ID:qPE.LjPs
1番、2番変えさせたのは大きいけどなぁ







298 ◆oLG9iWoh0E:2010/01/11(月) 00:55:40 ID:PpxlFm/A

やる夫は、ベンチでタオルを頭から被っていた。
人に顔を見せたくない。見られたくは無い。


        ィ-────-、
       /         ヽ
      /   i、____,、   ヽ
      /   /::::::::::::::::::::::::ト、  ヽ
    /   |:::::::(__人__):::::\   〉
    |   、 k:::::::`⌒:´:::::::::/  /
    \_  \`\__ー‐:::_/ ィェイ
     イ⌒ー ̄三 ̄二三[]=イ"ゝ
     /弋_ー  = ーノヤ彡ノヽ



失態だ。醜態だ。
何もかも放りだして、ここから逃げ出してしまいたかった。


        / ̄ ̄ ̄ `\
       /         ヽ、
      /         _  ヽ
     /       ,イ´::::::::ト、 ヽ
    {      /::::::::::(○)ヘl 〉
     ヽ   | /::::(__人__):::::::} /
      λ_ゞ\ゝ、.`_⌒´__,/У
     イ ー ̄三  ̄二三[]=イ"ゝ
     /弋_ー  = ー─ヤ彡ヽ






300 ◆oLG9iWoh0E:2010/01/11(月) 00:56:05 ID:PpxlFm/A

自分はまた負けた。
できる夫に劣っていることを、再び大観衆の前で証明した。


        / ̄ ̄ ̄ `\
       /         ヽ、
      /         _  ヽ
     /       ,イ´::::::::ト、 ヽ
    {      /:::::::::::::::::::::ヘl 〉
     ヽ   | /:::::::::::::::::::::::::::::} /
      λ_ゞ\ゝ、.:::::::::::::::::::,/У
     イ ー ̄三  ̄二三[]=イ"ゝ
     /弋_ー  = ー─ヤ彡ヽ


努力は無駄だったのだろうか?
最初からおこがましい願望だったのだろうか?何を考えてもやる夫の心は痛む。

            __
         / ̄´   `\
        /          \
       /    ィヘ、       ヽ
      /   /:::::::::::ヾ       ヽ
     / |/(○)::::::::::::\      ヽ
     { 〈  (__人__)  >  /  イ
      ト ゝ_ ` ⌒´ イ_∠_ィ_イ´
      イミ ー ̄フ二 ̄´_〆゛ゝ
      ん_ = ー三 イ、__─\







302 ◆oLG9iWoh0E:2010/01/11(月) 00:56:29 ID:PpxlFm/A

そして最後にたどり着くのは、絶対に認めたくない自分の不安。


        ィ-────-、
       /         ヽ
      /   i、____,、   ヽ
      /   /::::::::::::::::::::::::ト、  ヽ
    /   |:::::::(__人__):::::\   〉          (やる夫は・・・一生できる夫に勝てないのじゃないかお?)
    |   、 k:::::::`⌒:´:::::::::/  /
    \_  \`\__ー‐:::_/ ィェイ
     イ⌒ー ̄三 ̄二三[]=イ"ゝ
     /弋_ー  = ーノヤ彡ノヽ






打ち消したくても、打ち消せない。
少なくとも今は。






304 ◆oLG9iWoh0E:2010/01/11(月) 00:56:55 ID:PpxlFm/A

―――あれでよかったのかと、考える。
インハイに投げ込んだストレート、あれは正解だったのかと。


        / ̄ ̄ ̄ `\
       /         ヽ、
      /         _  ヽ
     /       ,イ´::::::::ト、 ヽ
    {      /::::::::::(○)ヘl 〉       (顔付近に投げ込んで・・・ 次のシンカーで・・・)
     ヽ   | /::::(__人__):::::::} /
      λ_ゞ\ゝ、.`_⌒´__,/У
     イ ー ̄三  ̄二三[]=イ"ゝ
     /弋_ー  = ー─ヤ彡ヽ



ビーンボールを投げるべきではなかったのかと、考える。


        / ̄ ̄ ̄ `\
       /         ヽ、
      /         _  ヽ
     /       ,イ´::::::::ト、 ヽ
    {      /:::::::::::::::::::::ヘl 〉
     ヽ   | /:::::::::::::::::::::::::::::} /       (負けたら・・・ 何も意味は無いお・・・)
      λ_ゞ\ゝ、.:::::::::::::::::::,/У
     イ ー ̄三  ̄二三[]=イ"ゝ
     /弋_ー  = ー─ヤ彡ヽ






306名無しのやる夫だお:2010/01/11 (月) 00:57:03 ID:6iKzsdT.
やる夫…






310 ◆oLG9iWoh0E:2010/01/11(月) 00:57:25 ID:PpxlFm/A
投げねば勝てないのなら、投げるべきなのではないだろうか?
ビーンボールはルールの観点から言えばグレーゾーンだ。

上手くやれば、言い訳が効く。

            __
         / ̄´   `\
        /          \
       /    ィヘ、       ヽ
      /   /:::::::::::ヾ       ヽ
     / |/(○)::::::::::::\      ヽ          「・・・」
     { 〈  (__人__)  >  /  イ
      ト ゝ_ ` ⌒´ イ_∠_ィ_イ´
      イミ ー ̄フ二 ̄´_〆゛ゝ
      ん_ = ー三 イ、__─\



勝たねば消える世界の中で、確たる反則でないのならば、
有効に使うべきものではないだろうか。

ただ、それはもう、捨てたつもりの理屈のはずで――


        ィ-────-、
       /         ヽ
      /   i、____,、   ヽ
      /   /::::::::::::::::::::::::ト、  ヽ
    /   |:::::::(__人__):::::\   〉          (やる夫はどうしたらいいんだお・・・?)
    |   、 k:::::::`⌒:´:::::::::/  /
    \_  \`\__ー‐:::_/ ィェイ
     イ⌒ー ̄三 ̄二三[]=イ"ゝ
     /弋_ー  = ーノヤ彡ノヽ







311 ◆oLG9iWoh0E:2010/01/11(月) 00:57:55 ID:PpxlFm/A

急に、タオルが剥がされた。
やる夫が慌てて顔を覆う。


          ____
        / _ノ ヽ_\
       / ∩l^l^lnnl^l^|\
     /  。ヽ   ∥  ノ \
     |   /   人   l   |
     \ /   /|ii!i!|\ \/
.      |    /. |;;;;;;|  \ |
            `ー´



苦労して表情を整え、ゆっくりと顔から手を離した。

           ____
         /      \
        / ─    ─ \
      /   (●)  (●)  \
      |      (__人__)     |       「何するんですかお・・・」
      \     ` ⌒´   ,/
      /     ー‐    \

                                                 _._.,,.、.-.ー.-..、_
                                             ゝ <;:::::::::::::::::::::::::::::`ー:.、
                                            /::::::::/::::::ヾ::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
                                           //::::::/::::/\!\_\::::i:::::::::::::::::\
                                          /´/:.:l::::レヘ! ヽ/__ \::::l::::::::::::i:::::::::}
                                           !l:l::l::へ ヾ `´ニfソゝ ∨::::::::l:::!::::::::l
                                            |:::レヘ f_))       レヘソヘ::!::::::!
                                            レヘハ く        |/ )ソ!:::::::!
                                               ! `        、//:::/リ
                            「試合、見ろよ」          、  - - 、    ′|/:::/
                                                ヽ    _ ´  ノ:::/
                                                 `ー、 ´     ∨_
                                                  _,∧  __,,、、<´ 〉、_
                                                //∨) /∧    /::::::i:::ヽ._
                                           _ ,,、-ー/ !/ヘヘ/ソ∧   /:::::::::l:::::::::::`:ー:.、
                                         ,´::::::::::::: く::::::::/ヽ(⌒ソ´´ヽ /::::::::::::::!:::::::::::::::::::ゝヽ.
                                         /::{::::::::::::::::>:i   l7i   /:::::\:::/::/:::/::::::::::::::::i
                                        ,'::::::i::::::::::/::::::l  /;;;;l  /::::::::::::::〉::::://::::::::::::::::::::::!
                                        /:::;::::∨:::::l::::::::::i /;;;;;;l. /::::::::::::::/::::::: /:::::::::::::::::::::::::/

タオルを奪い取ったのは、キョン。
禄に話したことの無い先輩。







313名無しのやる夫だお:2010/01/11 (月) 00:58:23 ID:yDQ7RZKo
キョンさん…







314 ◆oLG9iWoh0E:2010/01/11(月) 00:58:32 ID:PpxlFm/A

喋ることさえ、今は苦痛だった。
ふとした弾みで決壊しそうになる。

           ____
         /      \
        / ─    ─ \
      /   (●)  (●)  \
      |      (__人__)     |       「・・・もう少し、待ってもらえませんかお」
      \     ` ⌒´   ,/
      /     ー‐    \


やる夫は、なんとか喉を振り絞る。


だが、キョンは冷徹に言い放った。
                                     /´.:':.:.:.:. /:.:.:.:!:.:.:.: /:ハ:.:.:.:.ト、:.:.:.: |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.丶
                                      .:': / /:.:|:.:.: ハ:.:.:ハ! \:.:| i:.:.:.:l:.:.:.:.:.i、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ
                                .     /: ィ:.: i:.:.:!:.:./  :.:.|    ヽ! |:.: /:.:.i:.:. l:.ヽ:.:ハ:.:.:i:.:.: l
                                    /´ /:.:.:.!:.: ハ:.:!   ヘ{ イ´ ̄  l:./i:.:.:.l:.:.:|:.:.:ヾ:.:|:.ハ:.:.:|
                                      |:.:.ハヘ:.L_ヾ  ´  ィヤ::)フ  }:' !: ハ!:.:.l‐、:.:.:.:.!':.:.:|:.:.l
                                      |:/  :ハ ,ミ     ゞ ´      !':.:.:.:.:'´`ヽ:.:.:.:.:. ' i:l
                                      !'    ヽハヒ}            !:.:. /`) 丿:.:.:. /:/!'
                                          ヾノ               !:/‐' /:.:.:.:.:.:.:Ⅳ
                                           ゝ、            !ー i:.:.:.:.:.:.:.:i {
               「駄目だな。                       \ 、 __          /:. |:.ハ:.:.:.:.:.!
                試合を見るのはルーキーの仕事だ」        ヽ ー `      . : : i }:' \Ⅳ
                                .                 、      イ: : : :. l      `ヾ
                                               ー‐ ´ヘ: : : : : : l       >‐-、
                                                    ゝ: : : :  l     ...:.:´:.:.:.:.:.:.:.>‐
                                                   _..ィヽ: :  !   /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:´:.:.:.:.:
                                                _..:.:´{:.:./: :.}   .イ:.:.:.:.:.:.:.イ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
                                           ,....-:.:.:.:.:.:.:.:.i:.:.ゞ __ .才´:.:.:.:.:.:.:.´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
                                           /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:',:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: <:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.







316名無しのやる夫だお:2010/01/11 (月) 00:59:29 ID:frQS/L0I
キョン久々の登場だな。







317名無しのやる夫だお:2010/01/11 (月) 00:59:29 ID:uVdBxP62
キョン厳しいなー。
腹黒さえ発動しなければまともだからなー。このチームじゃ随一に。







318 ◆oLG9iWoh0E:2010/01/11(月) 00:59:40 ID:PpxlFm/A

やる夫のそばでドリンクを飲んでいたライトが、思わずムセた。


                 ____
              _,、r'´:::‐、`ヾ‐、`丶、
             /:::::l、:{⌒ヾヽ::ト、:ヽ:::::ヽ
            //!:::i:l:!::ヾ、::::::ヾ::!`ヽ:ヽ:::::ヽ  ━━┓┃┃
           〃:!:l::::l!:ト、::::liヽ、:::リ:!::i:::ヽ:ヽ::::i    ┃   ━━━━━━━━
           i:!::!i::i::::i::!:i:ヾ!:i::::!:、:::!:::l:i:!:ヽヽ:l:!.   ┃                ┃┃┃
           l!::!:!:iト:::!:i:j/代トト、l:ハ::升ト!:l::!:!lj  。                     ┛
           li::l::N{:ヾVヘ ー== 'ハ ソr=ハ!:l/
           !:l!:ト、l::l{`         !,、 j川/  ゚ 。
           ヾト辷N!      ,,'   ≦ 三
              Yl:ト、     ゝ'゚       ≦ 三 ゚。 ゚
              iN \ ゚ 。≧         三 ==-
              zh   丶、ァ,          ≧=- 。
           ノ ̄´"''‐ 、   イレ,、         >三  。゚ ・ ゚
        _rく    /癶V⌒!=| ̄ヾ        ヾ ≧
   __,、=T下、``ヽ  /‐''"_, -ヘ|  ハ 、、     `ミ 。 ゚ 。 ・
  /「 ̄´  ヽヽ \ ヽ/   ´  _,,厶ヘ     レ   ≦
  |八 \      __/      _,)ヽ___/ "ヾヽ。`=、、
 ∥ \ ! V´ ̄:::::/      _,ノk>、`T!::::::":::\_   ∥


自分もやる夫に、同じ事をやった事がある。
だけど、失態を犯した選手の気持ちが解らない訳ないと思う。

だから



         , ‐ ´. .::::::::::::::::::::::::` ‐ 、
.       // . : :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.、
     /. :/::::::::::::::::::::::::::::::::: i::::::::: : \::\
.     //. :/::::::::::::i :::::::::::::::::://:::::::::::::\:\::\
    //::::::l:::::::/:/{ :::::/:::::::://:/::::!::::l:::::::ト:::::ヽ::::.
.   l:l::::::/|:::::ハ/∧:V:::/:::/::::/::::/:::/::::::/::ヘ::::l::::ハ
.    |:l:::::::::|:::::|::!::::∧:V:::/::::/::::/:::/::::::/|::::::|::::|::|.!|
.    |:l:: |: :|:::::l::|::/:::ヘ::V::///:/ ::/:::|:: /!:: | l ||
    l::::l:::::ハ:::|∠:ィ7:::Y:/::イ::z≦ィ:::/::/::ハ/:リ |!
.    l::|:::::小:Π:/l/-=彡1 /艾ァテ`シ_:ィfチ::/:/
    V::l: :!::l:|い小/|:ハl:|/  `´    { }ノ´
     Ⅵ: l:::::`爪|            〈
      }:!: |::|:::l::| \            ‐ _ノ
      ぃ::|::|:::l::|   丶    __, ,/
      |:∧l\:{    \       /
      l′丶 ヽ     ト、_,ノ
     /           ,′
.  /\.____     人_
/  `-――‐‐- 、` ‐ 、  >、x‐ 、
          \     `ヽ ヽ、  | |   \
          \    \ ` ┘!  \ \


もう少しだけ、待ってあげて欲しかった。







319名無しのやる夫だお:2010/01/11 (月) 00:59:48 ID:sYwA7AT2
やだ、この先輩……かっこいい……(ドキドキ)







320名無しのやる夫だお:2010/01/11 (月) 01:00:22 ID:v6ZuwerI
ライトさんwwww







321 ◆oLG9iWoh0E:2010/01/11(月) 01:00:25 ID:PpxlFm/A

やる夫が、無表情にキョンを見た。

           ____
         /      \
        / ─    ─ \
      /   (●)  (●)  \
      |      (__人__)     |             「・・・」
      \     ` ⌒´   ,/
      /     ー‐    \


キョンはあっさりやる夫から視線を外す。


                                                 ___
                                               / : : : : : : :`¨ー-、
                                            ___/: : : : : : : : : : : : : : : ¨ー-、
                                          /: : : : : : : : : : ; : : : : : : : : : : : : :`¨ー、
                                         /: : : : : : : : : : :/: : : : : : : : : : : : : : : : : ヘ
                                        /: : : : : : : : : : : : :{: : : : : : ;イ : : : : : : : : : : :ヘ
                                       ./: : : : : : : : : : : : : :.',: : :ト、::/i: :/ヽ: : ト、: : : : :.ヘ
                                       i: : : : : : : : : : : : : : : ヘ:: :l !/ l/  ヽ::l i: :i: : |ヽ!
                                       l: : : : ヘ; : : : : : : : : : l-',:l──--、_,,!/ ヾ!l: :,' ヽ
                                       ノ: : : : : r、: : : : : : : : :l  ゞ-t‐jヾ   /'ー、l:i/
                                       !イ: : : :/ ヘ: ト; : : : ト; :l   ー¨-   〈ftヅ/|
              「ほら・・・                    i: : : ,'  ',:l ',: : : l ',:l         ', ̄,'ハ!
               8回はウチの4番様からだぜ」       ',: : :ヽヽ-、!: ',: : :l '!          丶、l
                                        ',ト、: : :ヽ__,,i ヽ: :l          /j
                                          :i: : : : : :i ', ヽ!       _  _ ,イ
                                          ',!i: : : : l ヽ、 ヽ    r'"   ∨∧;!
                                           ',::ト;::ト!  ヽ、    ` ̄二¨/
                                            レi ヾ!:             /
                                          __f´¨ー--、_     ー,--"
                                        /: j       `¨ー-,、  ,'ー--、_
                                       /: : : : `ヽ、        f´ ゝ._i    L_
                                     /::`ヽ、: : : : : : `ヽ、   i: i  `¨1i:  ,'  `ヽ
                                 _,/-: : : : : ::ヽ: : : : : : : : ::ヽ、/ j ○ /'j / ー /`ー-、


やる夫は黙って視線をグラウンドに向けた―

           ____
         /       \
        /      ―   ‐
      /        ( ●)  )
      |            (__ノ、_)
      \           `_⌒
      /           \






323 ◆oLG9iWoh0E:2010/01/11(月) 01:00:55 ID:PpxlFm/A


        ☆        ☆        ☆        ☆        ☆


グラウンドを見ているものの、やる夫はグラウンドを見ていない。
深く、考えに沈みこんでいる。


           ____
         /       \
        /      ―   ‐
      /        ( ●)  )
      |            (__ノ、_)
      \           `_⌒
      /           \



自分の何が正しいのか、正しくないのか、解らなくなっていた。

           ____
         /       \
        /   ─     ―
      /     ( ●)  (●)'
      |         (__人__)  |
      \        ` ⌒´ /
      /       ー‐  '


そして時折、心が痛む。

        ____
       /    \
.    /          \
.  /    ―   ー  \
  |    (●)  (●)  |
.  \    (__人__)  /
.   ノ    ` ⌒´   \ ズキン
 /´             ヽ






325名無しのやる夫だお:2010/01/11 (月) 01:01:01 ID:yDQ7RZKo
これは小泉達惚れるわwwww







326名無しのやる夫だお:2010/01/11 (月) 01:01:20 ID:Njw19DFg
さて、挽回できるか、我らの四番様







328 ◆oLG9iWoh0E:2010/01/11(月) 01:01:33 ID:PpxlFm/A

歓声が上がった。
先頭のカズマが三遊間を抜くシングルヒット。

先頭打者が出たのだ。


          ` 、  }V ソ ソ::V ン´,′ノl_,-''"/
   ( ̄´゙;`ー、_  ヽ V  / ノ ..::::V  |ノ/ / /
  _,.,ノ`゙´, 'ー、  ̄;ヽ ヽl / ノ ..::,ー‐'''" /   /  _,,..,
 ノ__,_ ハ、 、ノ^ヽ,,_ヽ }∨ヽ ..:://  / レ  /‐'''"/
 ヽ::ヽ{ー-{_i,、/^´..::/、ヽ、 ヽ::〃 , 1 /  ´ /_,,
  ヽ::ヽ ::{ ::::{`-´1ハヽ、 ヽ,〃/l |,/ / / '" /
   {ー´`´`、_,:、 ::::l レ}ヽヽ 、_,,...,,..| |''"´{   /
   ヽ___.:..   `゙´ヽ,l_,,〕,ゝ>::..  ...〉冫 / /'''フ
   〈ー  `、__::::::::丿 く 〈゙;;,, ,,;;::/ヒ0フ ;:',ヽ/ヽ
   人_,,..,,、_ __;;丿ヽ/.:::\ヽ ::i ゙゙〃:;,. |リノ ..:.:.:;;
   Y (:◎:)、~o:::::::〉/.:.:.:::::;;;`、く:.__,..ノ ,.イ / ..:.:.:::;;;
    〉} ::〈 ヽ_,,. -,ノ.:.:o..:.:::::;:;;;`ヽ._,.//...:.:.:::::;;;;;
   /.} ::::l 冫,,ノヽ ゚ ,/ヽ、.:.::;;;/ 冫...:.:.:.:.:::::;;;;;;;;         「舐められっぱなしで終わるかよ!」
   ,〉、.___;;; -‐´:::^V´ ,/.:.::;;;´  l ,.-'''" ̄"'- 、;;;
  / ,´冫  ヽ  :::::ハ<´.:.:.::::;;;{  〃      /
 / ,´ \  ハ  :::::l \.:.:.:::;;ヽ.〃/   ,
 { {  /   ハ  ..:::}  ヽ.:.:.:::;;》    __ノ
 \ヽ \   ノ ..:::ノ  /i!i!`、ハ    /
/ /ヽ「~~ヽ ノ ..:::ノ /ヽ、ii!i!/  }  / __,,.._,,ノ
( 冫〈  {|~""'フ/__,,.-'''"/ /.l  //   )
  丶、ヽ__}`i ノ \   〔´_`Y/´ ⌒     /
、   \_.ノ    "'''‐-..,,_ ソ  ∠_    / , -'"
 ""''‐-..,,_\      ハ ヽ  'ヽ `} / /
__,,..-‐'''"""'''-.    〃 i  `   レ´ /
        ヽ              /



歓声は、何時だってやる夫には疎ましいものだ。
今のような場合は、特に。


       ____
     /     \
   /_ノ  ヽ、_   \
  /(●)三(●))   .\
  |   (__人__)      |            (こんな時に・・・騒ぐんじゃねーお)
  \ ヽ|r┬-| /   /
  /   `ー'´      \







329 ◆oLG9iWoh0E:2010/01/11(月) 01:01:59 ID:PpxlFm/A

続く阿部が、ライトフライに倒れる。


             __
          ,.-''";;;;;;;;;;``'ヽ、
       /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ、
      /;;;;、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;、
      ,!;;;! '~  "~ `i||i"  '' `ヘ;;;!
      |;;;|     ヽ`   u ミ;;;|
     _ゞ;!,-;;;;;;;"フノ  ヾ`;;;ヽ 、ミ;リ
      !ヘl;|.,,_==-、く` ,>゙-== 、「ヽ
     !(,ヘ!   ̄'"  |ミ.' ̄" , ドリ
     ヾ、!      !ミ    ,レソ
       `|      ^'='^     ム'′
.       ト、   、,.-‐ 、,,  /|
       i| \  ' ニ   イ.:|
      ,イi| ゙、\  (   /リ.:;ト、
      ノ :.:i|  ゙、 `ー─''゙:::;:'::::::!:::\



できる夫が、少し笑みを浮かべたのを見て、
やる夫は余計気分が悪くなる。


       ____
     /   ノ( \
   /  _ノ  ヽ、_ \
  / ノ( ●━━●   \
  |  ⌒ (__人__) ノ(  |            (クソ・・・!)
  \     ` ⌒´   ⌒/







330 ◆oLG9iWoh0E:2010/01/11(月) 01:02:16 ID:PpxlFm/A

キョンが四球で出た。


. /:.,:.:. /:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.: /:.:.:.:.:.:,:.:.:l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.',:.:.:.:.:!:.:.:.:.:.:.:.',:.:.:.:.:.:.:. ',:.:.:.:.:.:.:',:.:.:.:.:.:ヽ
/ イ:.:./:.:.:.:.:./:.:.:.:.,:.:.:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:,イ:.,イ:.:.:.: イ:.:.:.:.:.:.:.:.:!:.:.:.:ト、:.:.:.:.:.:.:',、:.:.:.:.:. ',:.:.:.:.:.: ',:.:.:.:.:.:.
/ .|:./:.:.:.:.:./:.:.:.:./:.:.:.:.:.:./:.:.:.:.: / !/ !:.:.:/ l:.:.:.:.:.:.:.:.ハ:.:.:.'  ヽ:.:.:.:.:.:.iヽ:.:.:.:.:.i:.:.:.:.:.:.:.',:.:.:.:.:.
  |/:.,:.:.: /:.:.:.:./:.:.:.:.:.:./:.:.:.:/  /' !:.:/ .l:.:.:.:.:.:.:/ !:/   ヽ:.:.:.:.:l ヽ:.:.:.ト:.:.:.:.:.:.:.:l:.:.:.:.:
  |:.イ:.:.: ':.:.:.:./:.:.:.:.:,.イ:.:.:.:'      !:/  l:.:.:.:.:./   |'     ',:.:.:.!   ヽ: ! 、:.:.:.:.:.ト、:.:.:
―|:ハ:.:.i:.:.イl:.:.:.:.:/ l:.X _       l/   .l:.:.:.:.'         ',:/    ヾ_ 〉:.:.:.:.l‐ヽ:.
  |'  !: |/_.i.i:.:.:.:イ  |'  `丶、        l:.:.'            |' _, ‐ ´  .':',:.:.:.:'  ヾ
    `l.'  !l:.:. /:l   ィ===≧z.、   |'         _x≦==、  ':.:.:',:.:.'
      !  l:l:.:/:.:.l      弋{::}力ヾ>、_  /  i  _,.<こ{::}カ    .':.:.:.: l/l
     、 .!l/:.:.:.:i     ー`- '‐ _  ‐ '    ` ´ _ ` ー‐' ‐'   .':.:.:.:.イ ,'          (よし!)
      .i\|':.:.:.:..l!                    '             ':.:.:.:.:.' ´
     l   !:.:.:.:.:ハ                i:            ':.:.:.:.:イ
    .l   l:.:.:.:.!、_  !j                l.:.             /l:.:.:.:/ l
    l   .!:.:.:l:.:.ハ                l:.:.:.           / .l:.:./  l
     !     !:.:!ヾハ                !:.:.:.         /  |:/   l
    l       l:.!   ヽ                /:.:.          /  .!'    !



邪な感情が浮かぶ。

::::::... ..丶
:::::::.... ...\
:::.' ──-.. \
:::::::... ⌒__丶 \
:::::::::.... .'::. ).ヽ  .ヽ
:::::::::::.... __ ..丿   ヽ
:::::::::::...    ヽ   .ヽ
:::::.._ ノ ヽ.____丿   .丶
::::::::::::::.... ..::ノ      .)            (できる夫・・・打たれちまえばいいお)
:::::::::::..   ../       .ノ
:::::::::.⌒ "       ..ノ
:::::::::::::::::....    ....::::::../
:::::::::::::::::::::.. ......::::./






333 ◆oLG9iWoh0E:2010/01/11(月) 01:02:41 ID:PpxlFm/A

ただ、古泉は無抵抗に三振する。


                . .- ‐ : ..、
         .    _, ´: : : : : : : : : :_:::::ー....
           /: : : : : : ::::::::: : ::/: : : : \::::::::ヽ..._
          /: : : : :/: : /::ヽ:::/: :\ : : : : ヽ:::::::__::_ー-
         /: : : : :/ ::/ : : : : :Y: :: : ::::\: : : : :ヽ::::ヽ
         /   / /   ::::,、_:::   :::::ヽ   :::::ヽ:::ヽ
        /,: : : : : |: :|: . . ::/ /  | .:. :::::::ヽ : :::::::k:::::l
     /´i: : : : : :|: :| : : :::|::/_ _  | :::: ::::::::::l: : : :::| .|::|
       i:::'l: : r ヽ|: : :::ォ/ __ _ ヽ|:|、:::::::|,:、::l: : :::::l リ
       i/ l ::::t卩|| : ::/| '、k。カ `|ヽ:::::|Z|::l : ::ト、|
         t|::::::\| : :/         t::j ::f:l:: ::::| .|
         |:::::::::::::|: :|.         >:/:::|、::::/
         /}::::::::::| |::|     _ _ _ . '::::/::::/ |::/       「あっれー?マッガーリませんでしたねぇ」
        / レ|::/ `|\    ヽ--'::::/l::∧| レ
       /、 . ' \  :::::\   .:::, ' l/  |
     / ヽ     ` 、  .::.` -,'、、        , 、
   /     ヽ      A:::::::|/ ::}.::ヽ      / :::l
  /        \   /:::{o`::|__、l::::::}    , ' ..:::/    . - _´`,ー__、
/           ::::::\/ ::::| i::| /::::::::|  / __;;k'  --´‐‐ ... ̄....`::、:::`,
  , - ・・・ - 、          \`|| ::::::{ /       ..:::::::::::::_:: ‐  '  ̄
 /        `   .      `||   :l ./       ..:::::_:: -
/.         i     .     |、  l,/    .......::::::-
'           i     .     |.| l\ _  .:::::::::k'
           \        |. |/    ー‐:::::'/



やる夫は軽く眉をひそめた。
まあ、こんなものだと思う。

      ___
    /     \
   /  _ノ '' 'ー \
 /  (●)  (●)  \                    (・・・)
 |      (__人__)    |
 \      ` ⌒´   /







335 ◆oLG9iWoh0E:2010/01/11(月) 01:02:53 ID:PpxlFm/A

もとより他人に期待などしていない。
投手は1人だ。



        __
      /..::::::::::::::..\
    /..:::::::::::::::::::::::::.\
   /..::::::::::::::::::::::::::::::::::::.\
   | :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: |
   \:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
  ,. -‐'´..:::::::::::::::::::::...`丶、
  ノ .:::::::::::::1::::::::::5::::::::::::....ヽ



グラウンドの中で、仲間などいない。

投手を助けられるものなど、いない。







337 ◆oLG9iWoh0E:2010/01/11(月) 01:03:11 ID:PpxlFm/A

鼻で笑って、やる夫が一瞬視線を外した時――

                                 /          `'-、, ゙゙''''" /    ./      | ノ
        ,,              ,,.    ,.      /       ヽ,       ̄ ̄ .、   /      ./
.        / |   /| /|     _,,.r':/  /::|     l      .\ ヽ           /   │  ,_‐'゙゙゙゙~l,
.       /:::::i  /::i |:::::i  ./'''"´:::::/ ./:::::::|     l        ゛.-.       / /  !-'"゛  .i .、 l.
      /::::::::i  |::::! .i::::::i /::::::::::,,.//:::::::/     ヽ         r'"゙,゙.ミュ     .゛ _,` .i_,,,  ヽ .l, l l
.      i::::::::::i  i::::i i:::::::i/:::;.r''" /:::::::/        ヽ     ./ ./  .\、,,..-'"゛ 〉‐" l l. l,  .l ."._l゙ |
.        i:::::::::i. i::::i,/i:::::/'"´ ./:::::::/           \   .l゙ ./      i″._..-.l  l l゙ .l .l.,,..-'''"   |
.         i:::::::::i. i:::/::::i:::/  /:::::::/             \ .| |.、  ._,, -'''″ ._ !  / " .,.〉 ″    .l
.        i:::::::::i i/:::::::i/:| /::::::::/                   l .| l入‐'″ .,..-'"゙ /    .,/.、   .   .l.、
.       i:::::::::"::::::::::/ |:::::::/                _,,./ '″   .-ニ___,,, -'''"゙⌒″ ,r′  i゛    .| ヽ
       i:::::::::::::::/  i::/               ,,.. ..‐''    ._.../   /         /    !    │ l.
       i:::::::::/     i/           _,,.-‐'"     .,..-'"゛  ゙ー'゛         ,./      .l゙     :   . l
       i::::::::i          ,,..‐‐."゛       _..-'"      .|           /         "        /
.          i:::::::i       _.. -'''"            ,..-'"            |       /               / |
.        i:::::::i _,, -'"゛            _..-'″              !      /               / /
          _i:::::::i゛          ,..-'"゛             │                 _,, -''^゙'''ー-‐||.二
.          i::::/         _..-'"                 l             _. - .、'''|″ |_,,.. -‐''"゛  ''二
.         i/         ,..-'"                       l、     _.. ‐'"||._,.. -‐'''"゛  | |
 │  l       _..-'"゛                        `7=='゙_,,.. ‐゛          | |
  .!   .!    _..-'"                            i゙ 、  .〟     /     .| |   . /
  ヽ_ _,,..-'''″                              /゙ /  .,//    / -..、.._   .| ! ./._.. -



                     ┌──────────────┐
                     │白球が空に舞い上がった―    │
                     └──────────────┘







343 ◆oLG9iWoh0E:2010/01/11(月) 01:03:29 ID:PpxlFm/A

┌────────────────┐
│フルスイングしたロビンの打球が    │
└────────────────┘

                              ∧
                               〈 :::〉
                            ,. -一にコー- 、
                        /   r个 、   ヽ
             /^ 、           {  /, /||ト、 \__L、       /\
              /   \       r┴'n |:|| :|||::!「| 「!  /     /     ヽ
               /              ヽ、l」 |:|l:::|||:j.|j└,ィ〈     /
           i       i       rく|「辷‐ュ小t'ブィ ムヘ     /       i
           |        |    ,.一>、|ヽ ` ┬ '´ 〃|/ニヽ__/          !
           |        | _,.-ベ¨  \_〕 |  r' /`ー-- 、ヽ      |
           |      「 __〉 ∨ハ  \_j__/「ヽ トヽ  | ト--=、     !
            j∠ニニヽ  「  __〉  Vハ  ヽヽ ,' ィ! ヽ ヽ\ | |二コ ヾ、  |
         / /ヽ    、              //|  ヽ_,コ |L_! ∥  !\
        /   |  `ヽ、 ヽ\     /i   / / 〉! y'´  __ノ .ハ  | ∥  !  ヽ
          /   ヽ   ヽ、ノ  ヽ_ノL/  ー'´ 〈 ヽ'  /_/ /   ̄  |   |`ヽ、}
       { /(  i                 /ニニ二 -一__' . --,   ノ   |`丶ミヽ
      ,.‐'/ /  N                 |--.,,Y,.r''" ̄_,. -ァ′ }   /   ヽヽ、
     /     _ノ     / ̄_ _丿  ...:::::::::::|- 、レ''"´_   --!   ノ /       V ヽ
    /  /   _)   ,.ィ´   /  )_ :.: ...   ヽ 、j /  ___/  .ィ ∧ヽ、    }  」
  /   ノ!   \   ヽ{_,!   (,r   /   )_  ::::::. (._ノく__/         / /  ヽ ヽ.__ノ\ ヽ
  {ヽ/  、    __)   ノ} j  /   ノ  /  )::::.  〈..宀---ヘ._   _,ノT ヽ  ヽ`ヽ`ヽヘヽ人
   V/ヽ >-ヽ   ノy'|    /' /'  / }:::::  >r‐、\    ̄ //\ヽ._ ゝミ、ヽ}ト-ゝ \
  // _」L厶-ヽ '´ ! ∨ / / /ノ ' ノ::::  (/‐r‐ヽ ヽ       (   `ーニ>)/ム-┴┴‐- _、
 ,厶イ      `i    〉 ヽ ∠ -- ニ_/   /_r'   }_〉、ヽ._  _)   厶'´ ___  `ヽ
/ /         `ヽ、_  \ ヽニ=ィ´ ̄     ヽ-`ー‐イ  ヽ`T---r‐′  / / ̄ | !  / `ヽ、 ヽ
!           |!l )        ̄l!      iヾ    )、  ノ>r'V    / /           ヽ }
!|               ̄ ̄L -‐、( ̄i ̄`ー一′..>、_/`Y^ー'⌒Y 〉     ∨            }/
!!             /    ヽミゝヽ\  `Y     〉   ,ノ/         }              /
ヽ_\_________/       \>こニ>、__ト、_,. ‐'`ー-'          /           /

                                          ┌──────────────┐
                                          │レフトスタンドに飛び込んだ    │
                                          └──────────────┘






345名無しのやる夫だお:2010/01/11 (月) 01:03:42 ID:K./II7jk
ロビンさn!






347名無しのやる夫だお:2010/01/11 (月) 01:03:45 ID:frQS/L0I
キタ━━━━━━(*゚∀゚)━━━━━━ !!!!!







348名無しのやる夫だお:2010/01/11 (月) 01:03:47 ID:6iKzsdT.
ロビンさんかっけえええええええええええ







349名無しのやる夫だお:2010/01/11 (月) 01:03:51 ID:K/C3c21.
かっこよすぎるwwwww







350名無しのやる夫だお:2010/01/11 (月) 01:03:50 ID:XbhcUHjo
ロビンさーん!







351名無しのやる夫だお:2010/01/11 (月) 01:03:54 ID:Njw19DFg
きゃー、ロビンサーン、素敵ーーーwww







352名無しのやる夫だお:2010/01/11 (月) 01:03:57 ID:yDQ7RZKo
ロビンさんきたあああああああああああああ







353名無しのやる夫だお:2010/01/11 (月) 01:03:59 ID:uVdBxP62
さすがロビン!
やってくれるぜ!







354名無しのやる夫だお:2010/01/11 (月) 01:04:01 ID:tfOpBwXA
やべぇこれは惚れる







355名無しのやる夫だお:2010/01/11 (月) 01:04:03 ID:Gq3Cp9D.
ロビンさ~~~ん!!カッコよすぎ!!







356名無しのやる夫だお:2010/01/11 (月) 01:04:04 ID:5mh7ADiU
KAKKEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEE







357名無しのやる夫だお:2010/01/11 (月) 01:04:05 ID:nj0C9qdo
ドカンと一発毎度あり!!!!!!!!







358名無しのやる夫だお:2010/01/11 (月) 01:04:07 ID:/4h2qhSk
このロビンさんにならITBされても良い







359名無しのやる夫だお:2010/01/11 (月) 01:04:07 ID:Wjlv9dHs
ロビンさぁあああん!!







360名無しのやる夫だお:2010/01/11 (月) 01:04:07 ID:qPE.LjPs
さすが!







361名無しのやる夫だお:2010/01/11 (月) 01:04:08 ID:bpyaeIWc
ロビンさんやってくれたwwwwwwww







362名無しのやる夫だお:2010/01/11 (月) 01:04:12 ID:KbJwoolU
ああ、やっぱりか。ロビンさんだ・・・・・・これがロビンさんだよ。







363名無しのやる夫だお:2010/01/11 (月) 01:04:15 ID:vi13XQpE
ロビンさんマジかっけーっす!!!!!!!







364名無しのやる夫だお:2010/01/11 (月) 01:04:17 ID:Y/elIIxU
捕手の鑑ですな







365名無しのやる夫だお:2010/01/11 (月) 01:04:19 ID:zeeVNUw.
惚れてまうやろ!







366名無しのやる夫だお:2010/01/11 (月) 01:04:29 ID:v6ZuwerI
かっこよすぎるwwwwwwwwwwwww







367名無しのやる夫だお:2010/01/11 (月) 01:04:36 ID:6IbQp47U
ロビンさんキタ─wwwwヘ√レvv~(゚∀゚)─wwwwヘ√レvv~─!!






370 ◆oLG9iWoh0E:2010/01/11(月) 01:04:56 ID:PpxlFm/A
一瞬の静寂の後、


歓声が破裂した。


      ,r=ヽ、            r';;;:;:;;:::;;;;;;;;;;;;ヽ、
     j。 。゙L゙i     rニ二`ヽ.   Y",,..、ーt;;;;;;;;;;;)
 r-=、 l≦ ノ6)_   l_,.、ヾ;r、゙t   lヲ '・=  )rテ-┴- 、
 `゙ゝヽ、`ー! ノ::::::`ヽ、 L、゚゙ tノ`ゾ`ー ゙iー'  ,r"彡彡三ミミ`ヽ
  にー `ヾヽ'":::::::::::: ィ"^゙iフ  _,,ノ ,  ゙tフ ゙ゞ''"´   ゙ifrミソヘ,
 ,.、 `~iヽ、. `~`''"´ ゙t (,, ̄, frノ   ゝ-‐,i ,,.,...、  ヾミく::::::l
 ゝヽ、__l::::ヽ`iー- '''"´゙i, ヽ ヽ,/   /  lヲ ェ。、   〉:,r-、::リ
 W..,,」:::::::::,->ヽi''"´::::ノ-ゝ ヽ、_ノー‐テ-/ i / ,, 、   '"fっ)ノ::l
   ̄r==ミ__ィ'{-‐ニ二...,-ゝ、'″ /,/`ヽl : :`i- 、ヽ  ,.:゙''" )'^`''ー- :、
    lミ、  / f´  r''/'´ミ)ゝ^),ノ>''"  ,:イ`i /i、ヺi .:" ,,. /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`゙
    ! ヾ .il  l  l;;;ト、つノ,ノ /   /:ト-"ノ゙i  ,,.:ィ'" /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
.    l   ハ. l  l;;;;i _,,.:イ /   /  ,レ''";;;;`゙゙" ヽ_,,ノ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
   人 ヾニ゙i ヽ.l  yt,;ヽ  ゙v'′ ,:ィ"  /;;;;;;;;;;;;;;r-'"´`i,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
  r'"::::ゝ、_ノ  ゙i_,/  l ヽ  ゙':く´ _,,.〃_;;;;;;;;;;;;f´'     ll;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
  ` ̄´     /  l  ヽ   ヾ"/  `゙''ーハ.     l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
        /    l  ゙t    `'     /^t;\  ,,.ゝ;;;;;;;;;;;;;;;i;;;;;;;;;;;;



           __ _ _ .
         ヾ彡:.:.:.::::::::::``ヽ
        /^^`ヾ,,;:::::::::::::::::::.\
        /jト、    `ゞ;;;;;;;;;:::::::::::::\
    .  _,ゝ ト、\    ``ヲ;;;;;;;:::::::::::::ヽ
   r '"´   `ヾミゞ、  ,イ;;;;;;;;;;;;;;:::::::::::::゙,
   ト、  i  `ヽ    i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:;:;;;:::::::::i.
   ,}   ′    ,'  j;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:;:;:;:;:::::|        「―――――! 流石ロビンさんじゃないの!」
   j二ヽ.      ,'   /,r'⌒ヾ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:,'
  . /ー-'         ,イヲ/i!;;;;;;;:::.::.:.:::/
   )           ゞイソ´  ̄ ̄ ``ヽ、
  .( _ ____, イー-,イ´          \
       .  /  /



气三三三三三.::|   \ …-   __  r -           _,ィ=ャ、
.  ` ーァ'三三.::::|  /  ̄ヽ       ̄¨ ー 、      /.三三恥.
    /三三:ヽ.:::|   ル'´迅!\         ヽ ,.--.、イ ニ三三三ト、 __
   .f三::/l:::.:.l:`∧ / ;´ ̄ヽ \    ,zニ三三三三/ ! Y二二_ミニY 三ヽ
   |三7 V::.|、迅!\  ノ¨ヽ  ヽ     三三三:/ i l\      ノ 三ニノ
   |/´   V小. z 、 // _,ム.  ∨ __,三三∠ ノ ヽ. ` ーr .壬三三/{_
       ヽト∧  んイノ   i   レ´             \  {/ .::ニ三ム三`Y   「畜生!
___,. -‐ 壬  \ ` 、// / ゝ .._   , --<_ ,z=ニ三,イ 、 .ニ三|三ニハ   美味しいところもってかれたぜ!」
三三三三三三三三 .\ ` ´ /{ ,ィ }   /三//7ーォ    ̄ ̄/  ヽ.\ニ/三:/三ヽ
ヽ三三三三三三三 .三\..ィ  `! /-ォ'三/l! {{  ヽ、   , ′    _ノ.ニ三|三:/
  ` <三三三三    三ニ|  ィァ' / ニ/  l! {{   ` ー/     /   ニ/三ノ、
     ` ー‐‐ 、  三/´ナ//{-彡 / ヽ.l! {{     ゝ'ニ …く 、_,. ¨´ヽニ/  \
       ,. z=!. /´   // /   /- 、 i \\     ーァ ´  ̄ ` ̄  ̄
      /三,ィ=V/.   //  ∧_/ ヽ.:.:ヽ! - ヽ.≧z--イ ヽ:、
.     /三ニ/ ノヘ!> './  /      V.:.:|:\ _ _ ___,.り   ヽ\
.     /三ニ/ヌ ヽ._ , イ  /    , -┐ ハ、.:.:.:.:.:.:.:.:.://    ヽ \

ベンチで選手が飛び跳ねた。
4対5。試合はひっくり返された。







371名無しのやる夫だお:2010/01/11 (月) 01:04:59 ID:Y/elIIxU
打撃でも補佐できるのは超一流の捕手の証ですね







372名無しのやる夫だお:2010/01/11 (月) 01:05:06 ID:erfv4NPs
あれ、もしかしてこのチームメンバー、最高にカッコイイんじゃね?







373名無しのやる夫だお:2010/01/11 (月) 01:05:26 ID:DPFDuTG2
ロビンに惚れたwww







374名無しのやる夫だお:2010/01/11 (月) 01:05:32 ID:R2mYDeIM
ますますやらない夫(ry







375名無しのやる夫だお:2010/01/11 (月) 01:05:32 ID:yDQ7RZKo
流石恋女房ですなwww







376名無しのやる夫だお:2010/01/11 (月) 01:05:32 ID:tfOpBwXA
やる夫もできる夫も結局苦い登板になるのね







377 ◆oLG9iWoh0E:2010/01/11(月) 01:05:38 ID:PpxlFm/A

信じられない出来事が起こった。
あのできる夫が、無敵のできる夫が、逆転弾の被弾。

しかも、8番バッターに。


        ____
      /      \
     /⌒  ⌒    \
   /( ・ ) ( ・ )    \
    |   (__          |
   \   _l        /
   /  ー        \



マウンドのできる夫を見る。
声をかけてくる先輩に向け、笑っていたが、あの笑顔は強がりだ。


        ___
    /      \
   / ::\::::::/::: u\
 /  (⌒):::::::(⌒)  ヽ
..|       、__',_,   u.   |
...\    `‐'´     /
.  /⌒ヽ   ー‐   ィヽ


長距離走で、自分に負けたときに浮かべる笑い顔。
できる夫が、無理して浮かべる笑い顔だ。






381 ◆oLG9iWoh0E:2010/01/11(月) 01:06:09 ID:PpxlFm/A

視線を、ロビンに向ける。


           ____
         /       \
        /   ─     ―
      /     ( ●)  (●)'
      |         (__人__)  |
      \        ` ⌒´ /
      /       ー‐  '

                                                       /.|
                                                      / |
                                                     /  |
                                                     /   |
                                                 _,,,r‐- '、     i_
                                              , -'´r'´ |  ヽ     ヽ
                                             //`"   |  |       ヽ
                                           //_ i´|   |  |         ヽ
                                          r''.ri | |_ l | /  |          `ヽ
                                          | | |. i. |_ |. |´|   | |ヽ            i
                                          | | | i_i  ´. ,!、_  `' 'ー-、_   /l   |
                                          卜、´- , -‐'i´;;;;;;;;i` ‐- 、_   ー‐'  /    |
                                          |, -''´--一';;;;;;_ `ー‐--'`゙''-、  ヽ  .i   |
                                           〕_,,.;;-‐i;;;;;;;;/ `"''‐ォ 、;;;;;;;;;;;;;||  |     l
                                           i、   /;;;;;;;;ヽ    l/、 ``//| |  |    !
                             「・・・・・・」       _ |´  );;;;;;;;/``   ト   | | | | 、 |    |
                                         | |`|   ゝ/|      ,__| ||/  ヽ     |
                                         | | |  /|.   |      | lヽ_ ll |     |
                                         | |_/|     / |  |  |i  | |/   ll |     |
                                         ´/ヽ 、 ,  |  ヽ | |. | lr─、 lll/     |
                                         /___ヽ// ヽ|    ヽヽ/ ヽ、`~        |
                                     _, -‐//   /'ヾ__|_   , - 'ニ 、_/ /'i'ー- 、,__  |
                                _, -‐''´  //    / ,rー─- 、二,r'´   | ヽ / |    l l ` ー-
                            _, -‐' ´     //     / /    /   |    | ヽ |    l l    
                         -‐''´        //       |/      /  |      |  |/      l l   
                                   //       /    / /   |     |   |       l l
ロビンは、やる夫を見ていた。







382 ◆oLG9iWoh0E:2010/01/11(月) 01:06:25 ID:PpxlFm/A

視線が合う。
ロビンは、やる夫に向けて、握り拳を作って見せた。

                                                     ∧
                                                   /|\⌒`ヽ
                                                  v||.| |||\〃ヽ
                                                  |!‐,‐、,┐| ..::::|
                                                  l|`T ̄~| | :::::|
                                                  'λ|__/√ヽ/⌒ヽ
                                                  /`!___,ノ〃/ r ⌒`ヽ.
                                                 /ヽrrrr‐、  (   〉``ヽ
                                            グッ   |ト、i   ) ..:::γ    /
                                                  t ヾ  √⌒ヽヽ  .ゝ´
                                               (⌒oゞ _\   .:.\ノ
                                                 Y |¥彡 `ヽ、::::ノ┘
                                                 ` (○0ニニニニ;〔

       ____
     /_ノ   ヽ_\
   /( >)  (<)\
  /::::::⌒(__人__)⌒::::: \
  |     |r┬-/      |
  \     ` ̄'´     /

顔が、綻ぶ。







383名無しのやる夫だお:2010/01/11 (月) 01:06:28 ID:RgSjvnIw
これは惚れる







384名無しのやる夫だお:2010/01/11 (月) 01:06:55 ID:7MJ3H4nE
tanisigeを思い出すなあ







385 ◆oLG9iWoh0E:2010/01/11(月) 01:06:56 ID:PpxlFm/A

自分が負けた事に変わりは無いと思うけれど、心は一挙に軽くなる。
ロビンに素直に感謝して、


  ,r'ニニニ゙ヽ、
 ("´ ̄ ̄ヾ))  ___
 |   rー< ノと)/ ノ ′^ヽ\
 |   `フ"ノ /  (●)  (●)\
 ヽ、  ' ( l :::⌒(__人__)⌒゙::l
   \  \|   `i-┬y'´  |
     \  \   `'ー'   /
       \  ヽ ー─ィヽ


やる夫も、右拳を突き上げた。


                                                       ∧
                                                     /|\⌒`ヽ
                                                    v||.| |||\〃ヽ
                                               ニコッ   |!‐,‐、,┐| ..::::|
                                                    l|`T ̄~| | :::::|
                                                    'λ|__/√ヽ/⌒ヽ
                                                    /`!___,ノ〃/ r ⌒`ヽ.
                                                   /ヽrrrr‐、  (   〉``ヽ
                                                   |ト、i   ) ..:::γ    /
                                                    t ヾ  √⌒ヽヽ  .ゝ´
                                                 (⌒oゞ _\   .:.\ノ
                                                   Y |¥彡 `ヽ、::::ノ┘
                                                   ` (○0ニニニニ;〔

ロビンはそれを確認して、走り始め――







387名無しのやる夫だお:2010/01/11 (月) 01:06:56 ID:K/C3c21.
かっこwwwよすぎwwwwるwwwwww

このロビンになら掘られたい








389名無しのやる夫だお:2010/01/11 (月) 01:07:02 ID:v6ZuwerI
かっけーww惚れるww







390名無しのやる夫だお:2010/01/11 (月) 01:07:06 ID:qPE.LjPs
目頭が熱くなるな・・・・・・







391名無しのやる夫だお:2010/01/11 (月) 01:07:12 ID:uVdBxP62
ロビンさん男前すぎるだろ……

何でこんな男前なのにバツイチなんだ。






395 ◆oLG9iWoh0E:2010/01/11(月) 01:07:26 ID:PpxlFm/A

途端、グラウンドに蹲った。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
           ∧
           | |   へ.
          .‐┴ /    \
       /   /// // ///..|
      / ハ/ /// // / // ハ
      |  〉____/ // / ハ ウッ
     /  / / U ト‐‐┘ `┬:、__V1_____________
___./  .| | ―――― 、_ `‐‐ | /  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
   /   | |      /  `‐‐/
  /    | レ^|.    /    //
  {___!_.ヘ」   /   ,_//\_
 /    ハ     /   /ハ|   |\
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━





       ___
      /     \
    /  一'  `ー\
   /   ( ○)  (○)\
   i       (__人__)   i
   ヽ、    |r┬-|  /
     /    `ー'´  く
     i   丶 ヽ   ヽ   ガシャ
     r     ヽ、__) (_丿      , -っ ゚
     ヽ、___   ヽ ヽ  r. ― ┐ ー ュ '
     と_____ノ_ノ   | 水. | 。, つ o
                    ` ー‐┘‐- ´。







400名無しのやる夫だお:2010/01/11 (月) 01:07:43 ID:KbJwoolU
おい、嫌な所で切るな。おい







401名無しのやる夫だお:2010/01/11 (月) 01:07:47 ID:uVdBxP62
え?
何があったんだ、ロビンに!







402 ◆oLG9iWoh0E:2010/01/11(月) 01:07:50 ID:PpxlFm/A

      __
.     /     `v─- 、
.   /             <、
   l      ./レ'\  \
   |  _ ,ィノ─- 、`ニ>、「
   |. { rl |  ===。 く
   | じ|.| u `二  _ \
   |   ハl  r─‐' ‘ ‐、-'            「ロビン!」
  ,.へ / ヽ l  ⊂ニニ´
. ∧  \  \  ┌ ′
/  \   \  >、__j
     \   `く
.       \  ∧


::  ::::::/::::/::::::::::::::::::、:::::`ヽ、:::::::::::
  .:.:〃::/::::::::::::::::::::::::::::ヽ::::、:::ヽ::::::
 .:.:///イ::::::::,:::'´:::,ィi、:::::::::::::、:ヽハ:::
...:://:::::〃:::/:::::/彳个i:::::::::::l::::!l:ハ::
::://:::::/::/::::;ィ´⌒`ヽl lレ1:::::::l:::i:l::::!:
://::::::,::':::::::,个!    ノノ l!:::::::l:::l:!:::l:
:〈:::::/:/ ::::/ ノ l i / ´  |l:::::イ:::!ト、l:
::::::/ノムイヘヘl ト、   / / !lレ´|:::l,イl:l:
::;イl:レ´\、ヘハl! ! l  〃/ ノリ ノノ ノノ
,'::トリl 1ト、\l !  ハ∠彡 ィノ'´/ u
ヽlノ ! キ  tu、{  ,イム=''"´ __ノ<´
   ハ、>ー→ミ≡彡二 ̄ tテ  ム`       「ロビンさん!」
   ハ、´ ̄` }/⌒ヽ、` ー‐┬ィ^ヽ〃
    ヽ u   / u  }ミヘ、   ! ι
    | ヽ r‐'    〃´ `\ || /
  \ ||  ヽ`ヽ   /   ─=※=─
-─ ※‐-、ヽ{   u    / || \ U
::::::/ || \:_.ニTニュ、   u   ! ,.-'´
::r'´¨7⌒7´7´¨`}ァ‐     ,. -''´::::::;;;
:ハ  {{  l  ヽ=ノ、_,,. -‐'i´;;::''''"´
::/  >=''ニ¨´ (  ̄ `ヽ、_〉   u メ
〈       `''ー-、___ノ \. | /
/  =、__      }::\:::\_※___ノ
{      ` ̄`T´::::::::\::/:::|::\::_ノ


蹲るロビンが押さえるのは、腰。
ロビンが慢性的に痛めている箇所である。






404名無しのやる夫だお:2010/01/11 (月) 01:07:53 ID:Wjlv9dHs
え……?







405名無しのやる夫だお:2010/01/11 (月) 01:07:55 ID:bpyaeIWc
え?どうした?







406名無しのやる夫だお:2010/01/11 (月) 01:07:56 ID:nj0C9qdo
え? 何事!?







407名無しのやる夫だお:2010/01/11 (月) 01:07:56 ID:Gq3Cp9D.
ちょっ、ロビンさん!?







408名無しのやる夫だお:2010/01/11 (月) 01:07:59 ID:vi13XQpE
ロビンさぁん!!!???







409名無しのやる夫だお:2010/01/11 (月) 01:08:13 ID:Z/1T56Rg
なにこれ







410名無しのやる夫だお:2010/01/11 (月) 01:08:14 ID:yDQ7RZKo
まじかよ…







411 ◆oLG9iWoh0E:2010/01/11(月) 01:08:15 ID:PpxlFm/A

ロビンが立ち上がれない。
救護班が駆け寄った。アカギが代走を告げる。

歓声はどよめきへと変わっている。



やる夫は、グラウンドを呆然と眺める。
瞳が、揺れていた。


       ___
      /     \
    /  一'  `ー\                            ○×△○○○!!!>
   /   ( ○)  (○)\                              △□×△○○×!!!>
   i       (__人__)   i
   ヽ、    |r┬-|  /
     /    `ー'´  く
     i   丶 ヽ   ヽ                            ××□□△○○!!>
     r     ヽ、__) (_丿      , -っ ゚
     ヽ、___   ヽ ヽ  r. ― ┐ ー ュ '
     と_____ノ_ノ   | 水. | 。, つ o
                    ` ー‐┘‐- ´。



零したペットボトルの水が、足元を濡らす。
やる夫は、それに気付かない。







412名無しのやる夫だお:2010/01/11 (月) 01:08:16 ID:/4h2qhSk
ロビンさぁぁぁぁぁん!







413名無しのやる夫だお:2010/01/11 (月) 01:08:16 ID:frQS/L0I
ロビンさあああああああああああん







414名無しのやる夫だお:2010/01/11 (月) 01:08:19 ID:v6ZuwerI
え!?







416名無しのやる夫だお:2010/01/11 (月) 01:08:36 ID:Y/elIIxU
はい?嘘でしょ?







419 ◆oLG9iWoh0E:2010/01/11(月) 01:08:59 ID:PpxlFm/A



        ☆        ☆        ☆        ☆        ☆



ロビンが担架で運び出され、騒動は一段落する。
しかし、球場に依然どよめきは残る。


苛立たしげに、髪を掻き回しながら、カズマがベンチに戻ってきた。
この男無法にて、ベンチから飛び出しロビンの担架を自分で担ぎに行ったのだ。


::i::::::i:::::::::::i {:::::/ {:::::::::::〃:::::::::::::/〟〟       ノ 丿   〉::::::rィ^ヽ:::::::::::::::::::
://ヘ//ヘ/ト`、弋l、 l:::::::::::::::〃/レ~ll///    _,.‐'".'"   /彡ト:://儿l:::://〃/
::::::::::::l::::::::ト、 ヽ、`ヽ::::::::::::::::::l/〃〃/ _,.-‐'∠"´⌒二    ト/八}}  }::::::::::::::/
::::::::::::l:::::::l ` ̄ヾ叨ツヾi:::::::l _,.-‐'"´,.-‐'ヾ叨ツ ̄`‐'"    レ ィニ }  〉:::::::/
:::::::::::::ヾ:::l `ヽ‐---‐'"´ヾ::ヽミ-‐'"´ ヽ、__________,.-‐'"   // J//:::/
:::::ヾ:::::ト::::ヽ    _,〃"\::::::\   ミミヾ          /l ヾノ//:く 
::::::ト、::::ヽ-ト、ヽ、  ""  ミミミト-,.__\  ミミ〟       ////:::::::>      (ロビンさん・・・)
ヾ├"ヾ::} ヽ  ̄     (ミミノ        ゙       /しソ/〆´^了
 ヾi  ヾi ヽ      ゛゙´                /__/トヾト、  ヽト、___
   /〃  \     ィ、 匕              / 彡レヾ/ ミミ l \三
  /彡  彡  ヽ    i゛``'‐--,.____          / 〃彡/ミ  ミ \ \
/ミ         \  ト、      `i     /   彡〃〃ミ  ミ   \ /



固まり続けていたやる夫が、ようやく動き出す。

            ____
         :/    \:
        :/ _ノ iiiii \. \
       /  (○)  (○)  \
      : |    (__人__)    |:
        \   ` ⌒´   /            「ロビンさんは・・・大丈夫ですかお?」
        / ⌒ /⌒Y⌒ヽ ヽ
       :|  \|  .i  イ |
        |\ /   人  .\!
        |  \___/  \__/:
         |        /
         |         /






433 ◆oLG9iWoh0E:2010/01/11(月) 01:10:10 ID:PpxlFm/A

正直に答える。

:::::::::::::::::::::!  /:::::::::/(`'゙"`"'゙'"ヽ::::ヽ vV!:::::::/ /i
:::::::::::,--'"  ,'::::::::/ヽ-'       |::::::|  |::::://:::/
/\i、=ヽ、|::::::/           l::::::!ヘ/ヽ:::::∠
へ ||ヽ  /:::/ー、.__        _,../| / /:::::::/
("゙ |   ヽ--r。,-、_ヽ'  ,-,ニニ,、ニ-',::::|イ/::::: 二ノ
`、 (、  l::`i -`- ',-     'ヽ-゙’-'"::::|-':::::::∠,
::::ヽ )| l::::l、  ヽ'    |ヽ     l:::::|:::::::::/          「・・・わからん」
::::::`/| `、::l、      !、j     |::::/::/
ヽ:::/ !、  ヽ::|       /    /!:/'"
:::::/   \ ヽ、`、ー---- ァ' ///--、.__
::::ll、   \  ヽ ゙二二'  /:::ノヽ::i l  ゙ ̄`ーー----、_
::::l l,     \     /| l:::::::::::::ヽヽ、      ヽ、  `ヽ、
:::::l l、      `-----' ,l  |:::::::::::::::::::\\    ,ー十―― 、`ヽ、
:::::l lヽ、         ,./"|  |::::::,_:::::,_:\\_/  `ヽ、   \ ヽ、
:::::゙l l `゙' ------- '"   l  !::::(゚--゚)(゚--゚)::\\   _|       l
:::::::ヽl::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l /:::::::::` ̄::::` ̄::::::::::\\ /         |


ロビンの腰は、元々壊れている。

プレイに支障は見せないが、ロビンが腰を庇いながらプレーしていること。
そして、ロビンが全力を出せないことは周知の事実だ。


        ノ L____
       ⌒ \ / \
      / (○) (○)\
     /    (__人__)   \
      |       |::::::|     |
     \       l;;;;;;l    /l!| !               「わからんって!」
     /     `ー'    \ |i
   /          ヽ !l ヽi
   (   丶- 、       しE |そ  ドンッ!!
    `ー、_ノ       ∑ l、E ノ <
               レY^V^ヽl







436 ◆oLG9iWoh0E:2010/01/11(月) 01:10:49 ID:PpxlFm/A

ここ数年のロビンの打撃成績は、良いものとは言えない。

しかし、コンディションが良い時に見せるフルスイング――ロビンが若い頃のバッティング――は、
かつてベストナインに選ばれていた頃から、少しも陰りを見せていない。




ただ、それはあくまでコンディションが良い時だけできる事。


    ヽ,:::::::::::::/:::::ヽ,::::::ヽ!ヽl:::__::::::::::::::ク´ |::::::::::::::::::::::::::::::::::::
 、ー-.、 'i::::::/:::::::::,へ:',:::::::::::::!::l/::::i`ヽく'´:|.! ノ::::::::::::::::::::::::::::::::
  ヽ、::ヽ!:/:::::::::/、:::::ヽ、::::::::::::::::::|:::::::::: `"'',:::::::::::::::::::::::::::::::::::
_, -‐''ヽ:::/::::::::/ `´ヽ'`":'ヽ::::ノ、::::::ノ::::::::::::::::::', __::::::::::::::::::::::::::::::
. ``ヽ、::/::::::::/|       `´ ヽ/`ー'´ヽ:::::::ヽ7:::::_, -‐'ヽ、:::
.    ,'::::::::/:::!     ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.  ',::::::::ハー'´     ヽ:
.   ,':::::::/ヾ::ト、    ;;;;;;  ;;;;;;;;;;;;   |::::::::::|    _,-‐ _,ノ
.   |::::::,' Z::',.ヽ, ヽ     ;;;;;;;'    .',:::::::::|.  ノ´  `ー
.   |::::,'  `ー'、.ヽ, ',     ノ      ',_,-:t'"´
    |:::l    ii´iヾ、 ヽ  /    _,.-‐'"´|:::::|
.    l::|.     |!、`ーヽ_`i. ( 、__,ノ´____|:::::|--_
     ',:|    'i. `='´"'ヽ ミー.  "´ !、`".`テ ̄ `
     '|     |   /´  =  ヽ ヽ`ー.ニニ,__ノ            (無茶したんだな、ロビンさん・・・)
.     |.     ',.   /     ',;  `ヾ;; |::::|
.          ',  /      ;;;;;;;  ; |:::,'
          、ー"        ;;;;   /:/. ',
           ヽ、           /'´  ',         
            `i-         .ノ    |
              ',、       /    ./
.             ヽ`ー、―- __     ./        ./
               ',. 、.``ー - '´   ./        /
               ',  `        /    _, ‐'"´
                ヽ、      _, .-‐"´



ロビンから預かっていた言葉から、そう考える。

--------------------------------------------------------------------------------------------
        /   /   | \  |
       /    ./     |   \|
     /    /    ∧    \ ____
    /    /     | |__/      /
__/    /      /    />  />  /
\     /      / へ .</ // /
 X   /      //\ l\  </ /
\ X        / /  /\\\  /
  \ \     / /    /\ `|/            「・・・・・・やる夫に伝えてくれるか?」
   \  ̄ ̄ ̄| |        /
\   \   /|__>     /
  ヽ    \/  ||     /
  ハ    |   ヽ   /
--------------------------------------------------------------------------------------------







437名無しのやる夫だお:2010/01/11 (月) 01:11:13 ID:XbhcUHjo
ここでその全力出しちゃったのか…







438名無しのやる夫だお:2010/01/11 (月) 01:11:14 ID:uVdBxP62
やる夫の目を覚まさせるためにロビンは最後の輝きを放ったってのか?
何この男前すぎるほどの男前。







441 ◆oLG9iWoh0E:2010/01/11(月) 01:11:51 ID:PpxlFm/A

カズマが最近やる夫に感じていたものを、ロビンは読み取ったのだ。

やる夫の致命的な間違いを。



この若い、未成熟な人間に、教えたかったのだろう。
見せたかったのだろう。

          , 、、  ,,   
        , '  ____ " 、、
         , '   /⌒三 ⌒\  ',
       ;  /( @)三(@)\  ;
       ; /::::::⌒(__人__)⌒:::::\ ;
        |  u   |r┬-|  u  | ;       「大丈夫なんですかお!?
       \   u `,. -'"´´ ̄`ヽ ;       ロビンさんは大丈夫なんですかお!?」
    _   /    (___   | ',



そのために、自分の身体にあるルールを、ほんの少し破ったのだろう。


                               ┌──────────────────────────┐
                               │               ____|__ハ             .│
                               │               \   〈                   .│
                               │                 \\\\ ∠\\     /    ...│
                               │                  \\/./ノ  .へ \   /      .│
                               │                   \/) /   \\/      .....│
                               │                     {/    | ̄ V       .....│
                               │  /^', .ハ               \    V ̄|    /  ......│
                               │|⌒|  | | |  ハ             \     |   /      .│
                               │|  |  | | |  | |              \   ハ  /        │
                               │ヽ. \ \|⌒|」 {^ヽ_              ̄ ./V       ...│
                               │ \ \ !   \_}_ \             / |        ...│
                               │   \ \      ̄`ヽ             / ̄ |      ......│
                               │    \        } |          /    |       ....│
                               └──────────────────────────┘

:::::::::::::::::::::::::::::::\ /:::::|l|. i!|l:::::::::\::::`、
::::::_二 ̄ /ヽ"ニ=;;:::/ ゙"`"'-、::::::::\::::ヽ
_:::::::::ニー >ヽ' |::::lヽ、    i、ー、 ー' 〉
::::::::::;rー-、`7   ,-_=-、`ヽ、  i::;;ヽ:::_/
::::/::/ へ i/   `-゙’ーヾ ` ,-';゙ヽ、::::<`   r、
::::i::::ヽ i^i iミ      \ ヾ’"/ ヽ:::::ヽ | ハ、
_j:::::ヽ`|           ン|)  )::::/  i'-、|、        (男前すぎるんだよ・・・アンタ!)
、_,::/`-|      ーー-ィ  |  /:::/  /  l
:::::::::,ゝ  l、_      ` ̄_" / /::/_   )⌒'ヽ、
 ̄`゙ヽ、   ` 、_    ゙",, /  ノ/ ノ _,i_/ヽ /
:::::::::::::::ヽ、   `ヽ、  ゙j  _/゙ー|/  ⌒i`ヽ、
::::::::::::::::::::::\    r---'  〈/ , -ー―- 、_   ヽ
ニニニヽ--、__` ニー∠_,/ ̄,フ ̄`\ー―十ーヽ、/


ロビンの無謀の意味を、カズマは正しく理解している。







442名無しのやる夫だお:2010/01/11 (月) 01:11:58 ID:6iKzsdT.
やる夫の呪縛を軽くするために…
ロビンさん…漢だわ…







443 ◆oLG9iWoh0E:2010/01/11(月) 01:12:21 ID:PpxlFm/A

だから、ロビンの様態を聞きたがるチームメイトを抑え、
まずやる夫に呼びかける。


ヽ:::::::::::/::::::::|\ヽ::::::::::::::::::::/::::::i::/w/|/|:::::::::::: // ::: /
::::`、wv:::::::::::i ヽ\:::::::::::::::://i:::::::::|:::::::: ∠;;;;;::::::::::::::::: ∠/|
::::::::| |w |.v/|ヽヽ,V-'ヽ///,i:::::::::i:: /   ∠:::::::::,--、:::: /
:::::::::}.j:::::. V "''--,\/_,,, -''"i、:::::`,/ ::::::: /::::/^i .i:: /
、:::::::|/:::/`、  ;;;;; :::;;;;;;;;::::::::: ヽ∠,\   //> |.|/
.ヽ::://,,_  ヽ、  .|:::::// /:::::: _/:::::_,=〈ヽ、 |i ヽ ) }
  //| .i, ~io、_ヽ | .//ノ  ∠。-ァ''" / ヽ;::i />ヾv/
 .|::|ヾ,,_"'--―"-ヾ《<-=-'" `ー'__ ノ`  i:::|.i//:∠,__
―|:| .|::::  -'i," ̄::::}  "ヾ二, ̄     .|::::|__/::/
  |:| |::::   i ;;;;;;;;|     ノ"''--'    .|::/:::/            「やる夫!ロビンさんから伝言だ!」
  リ/ヽ::::    :ノ       ::::::    //:::/   (○)
   (○ヽ、 i 、__ヾ        ::::  // |/
      ヽ  ヽ`= -二二`i }  /   /
ヽ、     ヽ、 `v_i__、__、ノ  /    /
  ヽ、  (◎)ヽ, ー--,,,   /     /
 ヽ,_ ヽ、    ヾ,    /      /    (○)
   ヽ、 ヽ、    |`--< ̄' --'   /
__  ヽ、ヽ    |::::::::::::`'--、___/   ,,--'' ,,--''"
\  二二ニ-"   \:::::::::::::::::::::::::::::/_,,-''"_,,-''"



         ___
        / .u   \
      /((○)) ((○))\
/⌒)⌒)⌒. ::::  (__人__) l_j :::\     /⌒)⌒)⌒)
| / / /     |r┬-|     | (⌒)/ / / //
| :::::::::::(⌒) U .| |  |    /   ゝ  :::::::::::/             「や、やる夫にですかお!?」
|     ノ    | |  |    \  /  )  /
ヽ    /    └ー.┘    ヽ /    /






447 ◆oLG9iWoh0E:2010/01/11(月) 01:13:37 ID:PpxlFm/A

やる夫は、明らかにうろたえていた。
他の誰かを差し置いて、自分に伝言がある理由が解らない。


       ____
     /ノ   ヽ、_\
   /( ○)}liil{(○)\
  /    (__人__)   \           「・・・なんで、何でやる夫なんですかお?」
  |   ヽ |!!il|!|!l| /   |
  \    |ェェェェ|     /



ヽ、:::::\l::ヽ、 /:::::::::::ヽ|ヽ/::::::|
ヽ|::::::::::::::::::::::\L:::::::::::::::::::::::::::::::|  /|
:::::::::::::::::::::::::::::::::/::::/\::::::::::::::::::::| /::::l     /i
:::::__:::::::::::::::::::::/::::::::::\:::::::::::::ヽ|::::::l   /::::|
::::\   ̄ヽ::::::::/::::::::::::::::::::>::::::::::::::::::ヽ、  /::::::|
::::::::/,'::::::::::::::::::::/:::::::::::::::: //|:::::::::::::::::::::ヽ/:::::::/
::::::::::::::::::iヽ、:::::l:::::::::::/i::::|i |:::::::::::::\:::::::::::::::::::|
::::::::::::::::::| ,、\::|::::::/,、, l|::::|l`::::::::::::::::::|::::::::::::::::ヽ、
:::::::::::::<´|/ \\/ 川ヾ, ,、::::::::::::::::::::/::::/\::::/
:::::::::∠ `  /`ヘヽ、゙  ´i/|::::::::::::::://:::::::::::::\
:::::::/    /::::/ ヾ |;:;: ;:;:;::|/i::::::::∠―- 、__:::::::::::\
::::ヾ    ==-、ヽ、i | ゙'ヽ、;:;:;ヾ-ヽ、,、-i:::::::::::\::::::::::::/
/    / ,ヾ、 `い,ゞ、、 ヾ ゙:;:;;゙' ,;:;:;:::|:::::::::::::::|`ー、'
     // .,,.` ー-ヽヾ.、 :l ゙:; ,,::;:____|::::::::::::::∧:::::|         「決まってんだろ。
     // ";::゙"' ,;:;:; `゙"/_∠_,//i/::::/\/ |:::::|       お前に伝えたいことがあるからだ」
    |/     ;:"'    i<_ ゙゙' ブ _j--' /_   |:::::|
    ||          ヽ、 ̄ /:,-、::::::::/  |:::::|
    ||ヽ、          〉 /::_:フ `-´   ノ:::ノ
    || i\       - / /(´_/     / /
     | ヽ、 `ヽ、__   ヽ' /:::::::/    / / 
     ヽ ,.,., ` 、__二T´  /'\/___//
      "゙;;::;::;;:;:.    /     ̄ ̄ ´
\     ;:''"'""'"  /  '/彡
  \        /     三'
  /\      /      =三
/   `ーーー'  ,,    ミ二==
            "川 l|ミ\ヽ\



言葉は、伝わる時と伝わらない時がある。



カズマはやる夫に、この言葉を伝えられる時を探していた。

ロビンだけではない。カズマも、同じ気持ちだった。






449名無しのやる夫だお:2010/01/11 (月) 01:13:57 ID:IHkBzRfM
これで気付けなきゃ報われない所の騒ぎじゃないぞ







450 ◆oLG9iWoh0E:2010/01/11(月) 01:14:07 ID:PpxlFm/A

            ____
         :/    \:
        :/ _ノ iiiii \. \
       /  (○)  (○)  \
      : |    (__人__)    |:
        \   ` ⌒´   /            「やる夫に・・・伝えたい事?」
        / ⌒ /⌒Y⌒ヽ ヽ
       :|  \|  .i  イ |
        |\ /   人  .\!
        |  \___/  \__/:
         |        /
         |         /

                                              , へ..,,____
                                            / ::` ー - = - 、`¨ヽ
                                          Y´j::...  ..::::::::::::::::::::::::::::..... . .ヽ、
                                      ト、  トv!j::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.,ィ ニゝ、
                                      |:::::`ヽト:::::::::::::::::::::::::::::::::::::,r‐=:::::::::::...`ー、
                                      人:::::::::::::::::::::::::::::,.、::::,.へV:::::::::::::::::::::::: 、:::::`:  ト、
                                    〈 ::〃イ::::::::::::::::::/  Y::::::::::::::::::::::::、:::::::':´ヽ`ヽ::::}〉ゝ
                                 .   ハ:::::::〃:::::ハ:::::::::ト、::::: |l:!::::〃ハハ::ヽ`ヽ \::ヽ:'´ノ 〉
                                  __,,>:〃ハ:!ii|::lト、j l:!::!リWw::,イ17 ハ:ヾ::::::::::ヽ:ソノ::ノ
                                   Z > 、::::::::::::::::i!:jl、〃 l!   / /〃:!::i:::::::::ゝ:ィ´イ:く
                                   Z二イ:!:::::::::::::ノ/、vノ∠._,,ノ ノ:/:: /:::i!个Y::::/:::::レ1
                                     ^zLトト、::::く〈{、彳:rtッ─ァ¨´/:,イ:::ノヒ7〉}::/:::::::::::/
        「ああ、ロビンさんからの伝言は、1つだ。    .ィ´.:^:.ト、\ヽトハ/ ``ニ´〃ノ'´ノ'´ {し'イ:!{く::::∠Z
        聞きな――」                    〃:!:.  .:|:.:>'^y‐'   ` 、   〃´ノ ノ´ノiハヽく、
                                  〃.:::l:.:.::.::<::::○`¨ヽ、_ノ! `::.  /   |i:. | !::. ヽ
                                 ,.イ .:::::::、..  |:. \:::::○`T ¨´   ,..::´    ,イ!: l |::::... ヽ
                                 /{.:::::::::::::::、..|::..{}{}\:::::::: `ーr イ:、.       //:::. i |:::´  ヽ
                                  ヽ.:::::::::::,.ィ!!:.ト、{}{}\:::::::: l!、::ヽ、_   _ /::::: l |:      >-、
                                    `ヽ:/..::ili:::|「` ̄ ̄`::::i|:::ヽ、::::二:/○ ..:::l |    / ...:::ハ
                                       ::::ヽ:ヽ::::::::::..:::::: ii::::::::::::::/:::...  ○::i ! , ' ,  ' ´ ハ
                                          :::..ヽ:::::::::::::i|::::::::/:...::::::ト、 ...::::::l |´ ´ ....:::::::/⌒ヽ
                                           ::..ヽ::::::::l|::/.:::..  ..: |;;;;;\:::::i l  ..:::::::::::/::::::::::::

今なら、やる夫にも伝わるだろう。
そう考えながら、口を開く。






452名無しのやる夫だお:2010/01/11 (月) 01:14:25 ID:9842hef2
やばい、目の前が曇って。。。。







454名無しのやる夫だお:2010/01/11 (月) 01:14:29 ID:gAfaF.qg
ごくり







455 ◆oLG9iWoh0E:2010/01/11(月) 01:14:32 ID:PpxlFm/A

                                    ∧
                                   〈 :::〉
                                ,. -一にコー- 、
                               /   r个 、   ヽ
                    /^ 、           {  /, /||ト、 \__L、       /\
                    /   \       r┴'n |:|| :|||::!「| 「!  /     /     ヽ
                   /              ヽ、l」 |:|l:::|||:j.|j└,ィ〈     /
                   i       i       rく|「辷‐ュ小t'ブィ ムヘ     /       i
                   |        |    ,.一>、|ヽ ` ┬ '´ 〃|/ニヽ__/          !
                   |        | _,.-ベ¨  \_〕 |  r' /`ー-- 、ヽ      |
                   |      「 __〉 ∨ハ  \_j__/「ヽ トヽ  | ト--=、     !
                   j∠ニニヽ  「  __〉  Vハ  ヽヽ ,' ィ! ヽ ヽ\ | |二コ ヾ、  |
                 / /ヽ    、              //|  ヽ_,コ |L_! ∥  !\
                /   |  `ヽ、 ヽ\     /i   / / 〉! y'´  __ノ .ハ  | ∥  !  ヽ
               /   ヽ   ヽ、ノ  ヽ_ノL/  ー'´ 〈 ヽ'  /_/ /   ̄  |   |`ヽ、}
               { /(  i                 /ニニ二 -一__' . --,   ノ   |`丶ミヽ
              ,.‐'/ /  N                 |--.,,Y,.r''" ̄_,. -ァ′ }   /   ヽヽ、
            /     _ノ     / ̄_ _丿  ...:::::::::::|- 、レ''"´_   --!   ノ /       V ヽ
           /  /   _)   ,.ィ´   /  )_ :.: ...   ヽ 、j /  ___/  .ィ ∧ヽ、    }  」
          /   ノ!   \   ヽ{_,!   (,r   /   )_  ::::::. (._ノく__/         / /  ヽ ヽ.__ノ\ ヽ
          {ヽ/  、    __)   ノ} j  /   ノ  /  )::::.  〈..宀---ヘ._   _,ノT ヽ  ヽ`ヽ`ヽヘヽ人
          V/ヽ >-ヽ   ノy'|    /' /'  / }:::::  >r‐、\    ̄ //\ヽ._ ゝミ、ヽ}ト-ゝ \
          // _」L厶-ヽ '´ ! ∨ / / /ノ ' ノ::::  (/‐r‐ヽ ヽ       (   `ーニ>)/ム-┴┴‐- _、
         ,厶イ      `i    〉 ヽ ∠ -- ニ_/   /_r'   }_〉、ヽ._  _)   厶'´ ___  `ヽ
        / /         `ヽ、_  \ ヽニ=ィ´ ̄     ヽ-`ー‐イ  ヽ`T---r‐′  / / ̄ | !  / `ヽ、 ヽ
        !           |!l )        ̄l!      iヾ    )、  ノ>r'V    / /           ヽ }
        !|               ̄ ̄L -‐、( ̄i ̄`ー一′..>、_/`Y^ー'⌒Y 〉     ∨            }/
    :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

                     やる夫、グラウンドにも、お前の仲間はいるぞ

  _____________________________________________
   : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::







456名無しのやる夫だお:2010/01/11 (月) 01:14:48 ID:yDQ7RZKo
ロビンさん・・・







457名無しのやる夫だお:2010/01/11 (月) 01:14:54 ID:v6ZuwerI
やば、泣ける…







458名無しのやる夫だお:2010/01/11 (月) 01:14:55 ID:PsqcHXXI
ロビンさぁぁぁぁぁん







459名無しのやる夫だお:2010/01/11 (月) 01:14:59 ID:vi13XQpE
ロビンさん・・・







460名無しのやる夫だお:2010/01/11 (月) 01:15:00 ID:9842hef2
熱い、熱すぎるぞぉぉぉぉ







461名無しのやる夫だお:2010/01/11 (月) 01:15:01 ID:/4h2qhSk
ロビンさん、俺を掘ってくれ!







462名無しのやる夫だお:2010/01/11 (月) 01:15:03 ID:Gq3Cp9D.
これを聞いて変わらなきゃ男じゃないよな!







463 ◆oLG9iWoh0E:2010/01/11(月) 01:15:07 ID:PpxlFm/A

やる夫が、再び固まる。


       ___
      /     \
    /  一'  `ー\
   /   ( ○)  (○)\
   i       (__人__)   i
   ヽ、    |r┬-|  /
     /    `ー'´  く
     i   丶 ヽ   ヽ
     r     ヽ、__) (_丿
     ヽ、___   ヽ ヽ
     と_____ノ_ノ


                                              ≧:::::::/⌒ヽ:::∧ |::| \::::| i:::::∧:::/ ヾ、
                                              /:::::ミ    i::::::} }:i  ヽ:}  i:/ |/
                                              r"´::∧    i::::i i;;} _|!  }!  ´
                                              ´::::::::::::ヽ   }:/ /レ´ ̄` ,, ':::::
                                              :::::::::::::::::::ヽ  ! 〃ヾr、/:::::::::::::::::  
                                              l/∧l |ヘlヘ} -'´  `´::::::::     
                                              ト!ゝヾ::::::::::: ̄ ̄i   ::::::
                                              ト、::::{\::::::::::ヽヾ:i
                      「確かに伝えたぜ・・・」           ::i\:ヽ  ̄``i::} j       _
                                              :::\\\_  }!.ノ         /入
                                              、::::::\  ̄ r'´         / / |
                                               `丶-ヽ  ```丶、   // /
                                                         `‐´`ヾ/
                                                            ` ̄l
                                                               }    /
                                                               ヽ---'´
カズマはそれだけ言うと、やる夫の傍を去る。







464名無しのやる夫だお:2010/01/11 (月) 01:15:15 ID:WtPKYbcs
これで覚醒できなかったら、もう男じゃないぞやる夫







465名無しのやる夫だお:2010/01/11 (月) 01:15:16 ID:ePhZCPEA
かっこよすぎて涙でてきた







466名無しのやる夫だお:2010/01/11 (月) 01:15:17 ID:wC4oXkvk
ロビンさん!!







469名無しのやる夫だお:2010/01/11 (月) 01:15:21 ID:zyYB59fw
漢だな







470名無しのやる夫だお:2010/01/11 (月) 01:15:25 ID:nj0C9qdo
いかん・・・涙が止まらない。







471名無しのやる夫だお:2010/01/11 (月) 01:15:28 ID:uVdBxP62
うわー!!!!!
ロビンさんかっこよすぎるって!!!!!!
鳥肌たつぞこれ!!!!!!







472名無しのやる夫だお:2010/01/11 (月) 01:15:28 ID:9842hef2
仲間!!!!!!







473 ◆oLG9iWoh0E:2010/01/11(月) 01:15:36 ID:PpxlFm/A


        ☆        ☆        ☆        ☆        ☆



もとより他人に期待などしていない。
投手は1人だった。1人で投げてきた。



        __
      /..::::::::::::::..\
    /..:::::::::::::::::::::::::.\
   /..::::::::::::::::::::::::::::::::::::.\
   | :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: |
   \:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
  ,. -‐'´..:::::::::::::::::::::...`丶、
  ノ .:::::::::::::1::::::::::5::::::::::::....ヽ



グラウンドの中に仲間など、いなかった。

投手を助けられるものなど、いないと思っていた。







475名無しのやる夫だお:2010/01/11 (月) 01:15:47 ID:yDQ7RZKo
これで燃えなきゃ漢じゃねーだろ







476名無しのやる夫だお:2010/01/11 (月) 01:15:48 ID:sV7deviU
こちらのロビンさん絶対王位争奪戦時代の方だろ…







477名無しのやる夫だお:2010/01/11 (月) 01:15:53 ID:Y/elIIxU
やばい、目からお湯が・・・(ノ_・。)







478 ◆oLG9iWoh0E:2010/01/11(月) 01:16:01 ID:PpxlFm/A

1人でやって行く事が正しいと思って、それが自分の状況に丁度よくて、
そう思い込んで――



         __,‐⌒ヽ、
         /   '─ \
        ノ ノ-、 (○) \
        | 。(○)  、゚ ヽ, ヽ
        ヽ  ヽ__,,,トー'i   )
         ノ    ` ⌒''  ノ
        (           }
        ヽ         /
         ヽ     /
       ./ー-.l`‐-‐< ̄``ヽ
      (   ⌒⌒ ̄ ̄`r:ュ〈
       ´`´ー-、_,. -‐'´/l .ト''ヽ



そう信じ込んで――







479名無しのやる夫だお:2010/01/11 (月) 01:16:03 ID:u0Ce.8Pw
こんなに気にしてくれる人がいるって幸せだよな







480名無しのやる夫だお:2010/01/11 (月) 01:16:04 ID:9842hef2
キャー ロビンさぁーーーん







482 ◆oLG9iWoh0E:2010/01/11(月) 01:16:22 ID:PpxlFm/A

だけど今、確かに自分は仲間を感じた。
ロビンに対しての、信頼を覚えた。


         ┌────────────────────────────────┐
         │ ("´ ̄ ̄ヾ))  ___                               ..│
         │ |   rー< ノと)/ ノ ′^ヽ\                              .│
         │ |   `フ"ノ /  (●)  (●)\                           ......│
         │ ヽ、  ' ( l :::⌒(__人__)⌒゙::l                            ..│
         │   \  \|   `i-┬y'´  |                           ......│
         │     \  \   `'ー'   /                             .│
         │       \  ヽ ー─ィヽ                              .│
         │                                ∧            ......│
         │                              /|\⌒`ヽ           .│
         │                             v||.| |||\〃ヽ           │
         │                        ニコッ   |!‐,‐、,┐| ..::::|           .│
         │                             l|`T ̄~| | :::::|           │
         │                             'λ|__/√ヽ/⌒ヽ      ....│
         │                             /`!___,ノ〃/ r ⌒`ヽ.      │
         │                            /ヽrrrr‐、  (   〉``ヽ   ......│
         │                            |ト、i   ) ..:::γ    /    .....│
         │                             t ヾ  √⌒ヽヽ  .ゝ´      │
         │                          (⌒oゞ _\   .:.\ノ       .│
         │                            Y |¥彡 `ヽ、::::ノ┘        │
         │                            ` (○0ニニニニ;〔        │
         └────────────────────────────────┘







484 ◆oLG9iWoh0E:2010/01/11(月) 01:16:50 ID:PpxlFm/A

ならば、今までの野球は。


      / ̄ ̄ ̄\
   γ⌒)      (⌒ヽ
   / _ノ ノ    \  \ `、
  (  < (○)  (○)   |  )
  \ ヽ (__人__)   / /



自分は。
















   .       / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
.....       / °. . .: . . : . .゚: . . : .\
......     /;  . : : : : : : : : : : : : : : : :.\
  ....  /  .. : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :.\
    /   .: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :..\
  /  ;  : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : .\
  | ゚    : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : .:|
  |    :: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : .:|
  \   . :.: : : : : : : : : : : : : : ::,,:: : : : : : : : : : :/
    \   ::: : : : : : : : : : : : :〃:: : : : : : :、:/
      `ヾ/".: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : .\
     /´.: : : : : : : : : : : : : : : : :: : : : : : : : : .\
 . .  /   .: : : : : : : : : ┌─────┐: : : : : :.ヽ.
    /   :: : : : :.:::.: : : :│ ┐┌─   │ : : : : :: : : i       ――間違っていたのだろうか――
    |  :: : : : :::y::.: :: :│ │└┐   │: : : : ::i':: : !
...   |  :: : : : :.:i::.: : : :;│  ̄─┘   │ : : : : :|:.: :. l
 .  |  :: : : : :.:|:.: : : : └─────┘ : : : : :|:.: :: |
    |   :: : : : :.:|:.:.: : : : : : : : : : : .::: : : : : : : : : :.:|:. : : |
    |   :: : : : :.:|:: : : : : : : : : : : : ::.:: : : : : : : : : ::|:.: : : |
    |   ::. : : : ::l:.: : : : : : : : : : : : :: :.: : : : : : : : ::|:.: : : .|
    i  .:: : : : ;;:l :: : : : : : : : : : : : :.: : :: : : : : : : ::l:.: : : ;,!
   / .: : : .: .:/ :: : : : : : : : : : : .: :: :: :..: : : : : :::|゙:: : : /
  / .:: : : : :/   ;: : : : : : : : : : : :; :.:.: .:.; : : : : :::|:: : : /
 / :: : :.: .:/   .:: : .: : : : : : : : : :.:.ヾ.::.:;'. : : : : :.:l:: :. /






487名無しのやる夫だお:2010/01/11 (月) 01:17:07 ID:4XVAoaf.
──どこまでカッコイイ男なんだ。ロビンというやつは…。







488名無しのやる夫だお:2010/01/11 (月) 01:17:21 ID:erfv4NPs
そう、それだよやる夫!







489名無しのやる夫だお:2010/01/11 (月) 01:17:22 ID:9842hef2
涙が、鼻水がとまらねぇぇぇぇ







490名無しのやる夫だお:2010/01/11 (月) 01:17:37 ID:qPE.LjPs
自分だけの背番号か・・・・・・







491 ◆oLG9iWoh0E:2010/01/11(月) 01:17:38 ID:PpxlFm/A

答えはでない。

時間は流れる。



7回に引き続き、ライトが8回を投げた。
あわやという場面があったが――


    /::::i::::、:::ヽ、:::::\:ヽ:\::::::ヽ:::、::ヽ::、:',
    /::i|::l::ト、ヽ::、:::ヽ:、::::::\::ヽ::::l::::ヽ::i:::i:::!
   /:/:!:::!:|::ヽ:\ヽ::::、:\::::ヽ:::ヽ!::::::i::|:::!::!
   !ハ::|::::i::l:|心、:ヽ::\:ヽ_\、\:::ヽ:::|!::|:|i
    i、:!:|:、N{、ヒjヽゝ\ヾイ ヒj >、ヽi:、|!:|:l
     ヽ:!::トヽ ̄ l! `  ` ̄´ |::l::|:|j:,!:!          「しまった!」
      ト、::! u         j |::/lj:::!リ
        ヾ、  丶 -    u リイ:|リ
        リヽ ‐、ー- 、_   /イ:::i
       rー'"ト:l゙、   ̄   ./  , |::!
      / ヘ ヾ ヽ、 _,. '   / |:'




クーガーのダイビングキャッチにより失点を阻止。

  :  :  :j!   ' ;:#:;: :;::   :  :  :  :  :  :  :  :  :  :  :  : _,..-ヘ  ゙:;;;;;;ヾノ
 :  :  : l! : i : ドラマチーック!  :  :  :  :  :  :  :  :_,.-‐''"~   ヘ,__゙:;;;;;;;;∨
    :  :、l!_,.vl-、 ';;;: :  :  :  :  :  :  :  :  :  : ,.-‐'"~        _,..-‐': ヘ;;;;;;;;;;
:  :  : /,.‐'",ヘへ :;;:;,. :  :  :  :  :  :  :  : _,-‐'  ̄7     ,..-‐'      >、;;;
  :  :  l::Y'"_,...-ヘ ':. ,   :  :  :  :  :  : _,-‐'":.:.:.:.:.:.:.:.:/  ,.-‐'"  :  :  ,;::・;:,:>、
 :  :  l::l,、 Y´:::::゙、'; ,、:., :  : ,.-‐'⌒'v^ー'"~.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.,<,.:-''" :  :  , ;:' ":;:;;:’;#;;;:
  :  :  i>、ヽ ヽ-'" ゙, .i;:;:,._,-;;;'_,.../^´ヘ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:,.-‐''"  エスセ ティーック!;:: :;::;:::;::::;'
  :  :  :l:~:::::l゙‐、,._,ノ,>-‐'"  /--z_:.:ヘ:.:.:.:,.-‐'"´    ,、...,    ,...;::;:#,;:'"~''"   "''::;
:  :  :  ト,::::l  冫‐/`ヽ    /_,-‐'"\:ヘ'"     ,;:+;:,::' :; :;:,;:;,:、;'"
 :  :  :   i;.">.,-‐i   l  ./'´    ゚' l:.:i,...,.,..,.,,..,,.;::;:;'"
  :  :  : ,,.‐'":.:.:.:.:.:l ,z、 .l /     _,..ヘ:.;, :.:;: #:;∴;;;, :  :  :  :  :  :  :  _ ,,...
  ,.. :  : /;':.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l-─-l ,、  ,;:'"~  ゚'ヘ\;.ファンタスティーック!: _,..-‐'''""~´
、'"    l;:;i:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`ヽ, 。      ○へ   ,、     _,..-‐''"~´
 ' ;, : ノ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:'ー、        `'ー'ヘ:.:.:.>-‐'"
   ./:.:.:.:.:.:.:.:._,.-─-z_,:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ○     _,‐" -‐'"                   ,;"
,_ /:.:.:.:.:.:.:.:,-"      ゙""''''''ヽ、:.:.:.:.:ヽ,.._,.-‐'"        _,,,,,.......-──────-':.:.:
/:.:.:.:.:.:.:.:./      wwWWW  ヽ.:.:.:.:.:.:.:`ヽ, 。    _,..- ' "~^ヽ,:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
ヾ__,./ w Ww WWw         ヽ:.:.:.:.:.:.:.`'ヽ_,-‐'"        i!.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
   / WwW wW w          f:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|!          ゙,:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
  /  ラーンディーングー!     ヽ.:.:.:.:.:.:.:.:i!          ト-、,.________
/                wWWwwヽ:.:.:.:.:.:.:.l!          ゙;
                 WwWwwWW.|:.:.:.:.:.:.:.l!          ゙;, ┌-..,__
             wWwwwWw  wW|.:.:.:.:.:.:.:.l!            〉 .l     `~'‐--,、.
          wWWwwWwwWwwWWwl:.:.:.:.:.:.:.:.:ヾ      _,.-‐'"  l          /







492名無しのやる夫だお:2010/01/11 (月) 01:17:56 ID:qkvvoyzU
やばいやばい
今まじで目から何か出てる







493名無しのやる夫だお:2010/01/11 (月) 01:18:07 ID:F24TU8ds
クーガー・・・







494名無しのやる夫だお:2010/01/11 (月) 01:18:09 ID:GRQRfMco
ロビンさんが格好よすぎるぜ……







495 ◆oLG9iWoh0E:2010/01/11(月) 01:18:10 ID:PpxlFm/A

さらに9回表には、カミナの一撃。


    ,r‐┐/)
    / ////>
  / イ └'´/
 ./  .\_.ンニニス_(\(ヽ                  __/ ̄/__ .            / ̄/ ./''7
../  .__...二つヽ、_(._'弋 \\               /__  __  /   ____     ̄  / /
(   / o゚( > ) ( <)\`┘ ヽ\              _./  //  /  ./____/   ___ノ /
.ヽ  .ヽ、 .  __´,_┌─‐' /   .ヽ、           |___ノ.|___,/.           /____,./
  \ ヽ  ノ  (`¨乙二..__/ ノ
  . |    ` ⌒´    `ー‐- ィ'



ライトポール際に飛び込むソロホームランで、点差を2点と広げる。

}  : .          : : : .   : : ::       : :. \::::\_.,  '.      : :: :.     . :: . :::/
             : : . : : :. : : ::      : ::.   Y::::.lトi 、 ' 、   .: :: :    . :: . ::,′
`⌒ ̄ <         : : : . : : : ::         : ::::. ' 、::\`'\ゝ、  .: ::    : :::.:: :{
      レ          : : .. : : ::        : : ..  }::::::::\_   '.  : ::    : :::: ::::|
     Y  . .          : :: :: .    r─‐- 、: :: / ::::::::::::::(  ', .:::    : :: ::: ::l
      ∨ : : :..  : : ..       : :: :.    l    :`:イf{`ーr─- 'ァ ` 、:   . ::: :: :: :|
      \: : :: : :: ..r≠x      : ::.  `  ー 、  `ー'- 、 ..     {    .:::: :: :::: }
        `  、: : ::ゝ、 }: .    . : ::: .      :::`ヽ、   Y::::. .   l   . :: :::: :. ,′
            ̄ ̄  ` /ト、_,.ィ : : :: .     : :: :: ゝ、_{:: :: .::  |   . :: : :: ::/
          _____,. -/:/r '::::ゝ: :: : :: .., -──- / Y:: ':、:::::::. |  . :::: ::::::::,’
         ` ーァ:::::::::::::{`ー─≠. :: :: ::/     / /|:: ̄ ̄ ̄{ . ::::::::::::::/
          /:::::::rレ/: :Y     . ::/  . :  ∠ - '´::::::ハZ_ _<∧:::::::::::::::Y
          /:::::::::ノ {/ : : ト 、  ./ ,/.   .f⌒ー-- 、∧   ̄ ̄彡ハ::::::::::, ´
      __,/::::::ァ:/::ヘ/!ィツ:/   }}/  /:  /三三/ /≧xー─=キ }:::/
         ̄ ̄/:/:/\ト _ノ,1  〈 {   l: , ' 」三三{ /三/ヘ`',<__,>彳/        「決まりだ。
        /:/レ'   廴 /ノ  / `ヽrf }:./三≦x三l |三{  ヾ≧x≦彡l/         そうだろ?――」
          /´       `Y  /    {∧/三三三Z`ゝⅥ{_   {/   /
                    `ー′   jハ |  、   ̄ ̄     /「 }ト 、_/
                      // }lト、 } ′    /,ィ/Z|
                     f/  ||J l     /≦{{ Ⅵ|
                     |l ノノ、_.ィ  }     {三≧彡}     __
                          `  \} ノ,  -‐- ,\三三l     \Zヘ __
                            |/, -─- 、ヾ三Z|       \く/7、_
                            |/}─- 、  \ \∧        / Y_イ、}、







496名無しのやる夫だお:2010/01/11 (月) 01:18:13 ID:TeX43lmI
やめて、アニキマデ







497名無しのやる夫だお:2010/01/11 (月) 01:18:15 ID:uVdBxP62
間違ってたんだよ。
でも、助けられるからには自分も仲間を助ければいいんだ。







498名無しのやる夫だお:2010/01/11 (月) 01:18:16 ID:2tfCepc2
真面目にやれ(wwwwww







499名無しのやる夫だお:2010/01/11 (月) 01:18:29 ID:yDQ7RZKo
クーガーさんナイス!!







500名無しのやる夫だお:2010/01/11 (月) 01:18:30 ID:Ngb4Hxko
やる夫…今までなかったものをプロに来て見つけたか…






503 ◆oLG9iWoh0E:2010/01/11(月) 01:18:49 ID:PpxlFm/A

┌─────┐
│――新城  │
└─────┘


                                     /  ,,,, -‐ '''' " ̄""''‐-,,_  \
                                    /  /´,,-‐'' """""'''' ‐- 、. \  \
                                   ,l 〆Θ='''' """ ン フ''ミ=oァ `\ヽ  l
                                   〈 (;;''" _,, -‐'",,=,,゙"'‐、 ヽ::::\ ヽヽ |
                                    〉'  _ェ、'ゝ;"´l  `i '  l:::::::::::\`i|ン'
                                  /´-イ,"-,l  ` ,ゝ・‐´    i:::::::::, 'ニ、ヽ,
                                  `´   l l ・'           ゙''..:::':::`::}..l..
                                      i´ ヽ、テ          ,:: -――‐- 、
                                      l   `  _.. -‐- 、 /;;;;;;;''''',, '':::::::::::`:ヾヽ、
                「まあ、そうなるだろうね」       `、  , ',´‐ '"´´ /;;;;;;'''''  ,,,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,,,\\
                                       `、. '´     .l;;;''''',,,,;;;;;;;;''';;;;;;;;;;;;;;;;;;,,,,,,'''';;;;;;ヾ.、
                                        ゝ    .::::|,/: : : : /`'';;;;> 、"''''''';;;;;;,,,;;;;;/
                                      ,r'´;;;;;;;ヽ-‐ '':::" |: : : : :l;;;;;;'''''''',,,,,,,,,,,,;;;;;;> \;;ヽ
                                     ':::::. ;;;;;;;;;;;l i;;;; :::::l|: : : :ノ'',,,,;;;;;;;;;;;;'''''''"   ,,,,,,,,,,
                                    ..::: . .:: ;;;;;;;;;;lリ;;;;;;;;;;/: : : i;;;;;;;;;;''''''  ,,,,,,;;;;;;;;;;;;;;;; ; ; ;
                                   :: ::. .:::: ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|: : :/;;;;''' c  ,,;;;;;;;;'';;;;;;;; ; ; ; ; ; ;
                                  ::::....::l‐- 、_ ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;l: :ノ;;''  , ',' ';;;''',, ,;;;; ; ; ; ; ; ; ; ;
                                 ,,,,,,,,,,,,,l   |;;;;;;;;;,-、;;''´‐'´;'' c , '',,'';;'',,;;'' ,;;;;; ; ; ; ; ; ; ; ; ;
                               /;;;;;;;;;;;;;;;;;|   l;;;;;;;;;ヽ';;;;;;;;r'´, -‐''//;',;;;'' /;;;;;; ; ; ; ; ; ; ; ; ;

最後は、当然新城直衛。







505名無しのやる夫だお:2010/01/11 (月) 01:18:58 ID:5mh7ADiU
魔王が・・・魔王が降臨するぞ







513名無しのやる夫だお:2010/01/11 (月) 01:19:28 ID:uVdBxP62
魔王登板で〆か。
ここまでくれば安心だよなぁ。







514名無しのやる夫だお:2010/01/11 (月) 01:19:32 ID:DPFDuTG2
魔王降臨!!







515名無しのやる夫だお:2010/01/11 (月) 01:19:36 ID:9842hef2
大魔王さまじゃぁぁ







516 ◆oLG9iWoh0E:2010/01/11(月) 01:19:38 ID:PpxlFm/A

カイザースですら寄せ付けず、試合をあっさり決めてみせた。


              __ / /  /        /    /)
    ___ - ― ニ二     /   /        |    / ヽ
―  ̄ _            /   /         |    /   |ヽ
  | __  ` 、  \      /   厶.     |  │       ト、
ヽ. ∧   ̄ ー 、 ヾ  ヽ   / /〃r‐\    l   |  〃    | \
:::∨::|  ハ     > \  ヽ //|:::::::i!::t虎|::::\  l  i   ∨     |   「\
:::::::::::∨/   ノ \ \ ∨/::{. ̄`ー―――\  \  |        |  ヽ
:/久:::( \(    \  /∧:ノトi__    ......,,,.  \    ト、 ∧  i / |    \
   ヾ:::ヽ  ゝ- _  /∧:::| {| T`ぅ、―一_=-rァーi\   / } ハレ  l      ト、
/ /ゝ::::|   ゞ ヾ `ーゝ_:::::ゝ| ーイ)  てゝ ー ´ El\〈〃/ /イ  /       | 丶
{  ゝ¬}::::l  彡  ヾ、  _ ̄ヽ∧  「_        上|_}| // / /      |
彡ゞw ミ ヾメ 彡   ゞ"  `ミ::{ノミハ ヽ>     __厶ャ-、 ヽ| /  /      ヘ  |
       /:::ミ   彡ヾヾヽ ヾ仆\ ___√\ \iレ  ∨  /  ノ /  ∧ l
  三ミミ  /:::彡㌧、 彡从 ヽ  ㌧ミ-\ ̄.フ´ \ \  `   ヽー―イ / ´ ̄   \|
ー、 二  ゞ彡   ミミ、__ _  ヾx、   `=ゞ〈_ ゝ、  `     ` 、 }  /          l
彡 三= 豸 彡 -=从 {::〈 ぶ、 ヽ ヾ、_ ゞ=、 \ ヽ 、ヽ  i    L∠     ___  │
彡==-彡 彡彳〈从ミミ  ゞハ 豸^\ 〉:::::>    \     . : .:.:.:|ミト、ー<__    ヽ l
 ̄フ:::::√  彡==-ァ,, ,,,,、   `, ー巡"´      ヽ\  . : . :.:.:.} : {\   二ゝ-   |
  ゞ::::::ー  彡戈`ー‐ミヽ ̄''''' "ヽ ミ、       ヽ `、 . : .:.:.:.:/ :. 人 \    下、  |
彡彡 二 ̄''''''心ミゞ   ゞメ゙゙`   ミ ヽ           ヽ .:.:.:ノ  /:::::::\\   ト、 ヽ |
 ノ 豕彡彡彡彡ヾ::::ハノノ       =三ヾ  _      マ =   /:::::ノ|:::::\ト、 | ヽ  |
  //ノ 彡彡   ̄ ̄彡―--二 ―- 、  `^( ` __- _  ヘ__,ノ::ノ /r、::::::::| \  |  |
//ノ/    |"ノ  彡二二ニニ二__ 冫 \ `´ーヽ   ̄,丿 \::....   リ ヽ::::|   \  \
/ 〃/     キ   ̄ ̄ /|  _ X  冫  `、   } j 〃ヾ.  \:::::...  |:::::l \  >   |
/〃/"""〃豸     〃 T ̄  /ヽ/ ー ニ   レ /ヌ       \::::......ヽ::ヽ    厶   │
 ///// ム    〃  |  / /L / / "    ソ.::厶        \::... ノー、 /  \  |
 ノ/  {{ /   丿〃/レ|   / ::/「アN=yvー^ーャ /ヽ ヽ         \:::::::::::::ト(    \
 厶/  ヽいゞ  ムi, `ー- |     ::/_∨:.......:::::::Y/:i:ハ              ̄ヽ::\
   ゞー  \ 彡 "`゙゙ー  |    ::/ レヽハNヽヘ/:::::∧                \::\
          彡ミ     │    ::/ミ=n二ニ=ゞイ::::/                   \:::\/
           彡_    |   .::/        ゞ/                    \
             `ー│  :.:::/         ミー-- _                 \
                 l   .::::ハ        ム「\    ミミミミミミ             ヽ
               l......::::/ ヽメヾ"wメヘノ`    \     ミミミミミ             ヽ







519名無しのやる夫だお:2010/01/11 (月) 01:20:03 ID:vi13XQpE
勝った!!!







520名無しのやる夫だお:2010/01/11 (月) 01:20:04 ID:9842hef2
なんという燃える展開







521名無しのやる夫だお:2010/01/11 (月) 01:20:05 ID:qPE.LjPs
勝ったああああああ






526 ◆oLG9iWoh0E:2010/01/11(月) 01:20:18 ID:PpxlFm/A

VIPスターズは勝利した。

..
           .|
 .        ._∧_ . 
           .∨     ☆.
  ゜    。    |   ☆      °
    ..           ゜
              *○○○○*
           ○○○ ☆☆☆ ○○○
          ○○ ☆☆☆☆☆☆☆☆ ○○    . ☆ 。
        ○☆☆◇◇ ◎◎◎◎ ◇◇☆☆○
       ○☆☆◇◎◎○○○○◎◎◇☆☆○
      ○☆◇ ◎◎○ ☆☆☆☆ ○◎◎ ◇☆○      ..
     ○☆◇◎ ○ ☆*※※※※*☆○◎◇☆○    .|
     ○☆◇◎○*※*【ネ 兄】*※*☆○◎◇☆○  ._∧_ . 
 ☆.   ○☆◇◎○☆*※*☆*※*☆○◎◇☆○ .   ∨   
     ○☆☆◇◎○☆※※※※※ ☆○◎◇☆○      |  ° ..
 ゜   。○☆☆◇◎ ○ ☆☆☆☆ ○ ◎◇◇☆○
       ○☆☆◇◎◎○○○○◎◎◇☆☆○
         ○☆☆◇◇ ◎◎◎◎ ◇◇☆☆○
           ○○ ☆☆☆☆☆☆☆☆ ○○
             ○○○☆☆☆ ○○○
               *○○○○*
                     ..
                   .|
        ☆         ._∧_ . 
                    ∨             ☆
          ゜    。    |   ☆      °

勝利投手ライト、セーブ新城。









敗戦投手、できる夫。






530名無しのやる夫だお:2010/01/11 (月) 01:20:49 ID:WoUUzwDk
できる夫完投負けかw







531 ◆oLG9iWoh0E:2010/01/11(月) 01:21:05 ID:PpxlFm/A

VIPスターズは勝った。
ただ、苦いものが多い勝利だった。


ロビンの故障。やる夫の脆さ。
今後の不安を感じさせる勝利であった。

    l: : : : : : : : : : : 彡                  ヽ
     |: :ミ: : : : : : : : : : :             ヽ       l
     |: : 彡: : : : : : : : : : : : : : : : :ノ  /  ハ: . l:、 ヽ  l |
    |: : : : : : 彡: : : : : : : : : : : : : : ./ /:::::::l:  |: ', |  |リ
    |: : : : : : : : : : : : : 彡: /: :///::::::::::::l: l/j/ヽノ
    |: : ソ: : : : : : : : ;. ''´:: ̄ ~" メ、::::::::::::  レイ f
    |: : : : 彡_:_: i:!:|:::::::::::::::::::::::::::::::ヽ::::::::..,,ム 'フ/
    :l: : : : / r‐|: : :| "、´ ̄(ッ ̄~"フシ  く'゙′ /
     l: : : :.| i: :lN: |:::: :::=≡≠::: .::::::::::', . /           (さてと、どうすっか)
     !: : i.!ヽ :、ヽ、:|::::    /  .::::::::::::::::', ./
     |N: : : :\_ノヘ::::::::.    .:::::/::::::::::::::::', .
     /|:!: : : : : /::::ヽ::::::::....:::::::/::_:`:-ァ.、_'、
   /  |l: : : /::::::::::::::ヽ::::::::::::く:'^::ー ´ /
  三三;;;;\´::::::::::::::::、::::::\::::::::::::::::-‐:: /
  三三三;;;;;:丶、:::::::: ヽ:::::::丶、::::::::   /
  三三三三;;;;;:::::`::-:、 ヽ:: /;;`丶、_/
   三三三三三;;;;;:::::::::`:.‐-'、::::_く


ロビンの離脱がどれだけ掛かるかわからないが、
当面捕手は、熊田でいいだろう。



ただ、問題はやる夫だ。
2軍に落とすか、リスクを承知で使い続けるか。





      / ̄ ̄ ̄\
   γ⌒)      (⌒ヽ
   / _ノ ノ    \  \ `、
  (  < (○)  (○)   |  )
  \ ヽ (__人__)   / /







535名無しのやる夫だお:2010/01/11 (月) 01:21:40 ID:9842hef2
やる夫はどうなるんだろうな。







536 ◆oLG9iWoh0E:2010/01/11(月) 01:21:46 ID:PpxlFm/A

ただ、右打者に限って言えば、やる夫の成績は優秀だ。



          _、ー 、_,. -- 、
       >  `       \
      ∠  "          ゙  ヽ
      /. " " " " ノヘ ゙ ゙ ゙ ゙ l
.      イ ." " ,イ ,イ|||l| ト、i、゙ ゙ ゙|
      lイ."ノlノ|レH|||||N||Nヘ.゙ ゙ |
      h |:=== u::_ ===::||^i│
       |f.||: `ニ゚´::|.| `゚ニ´ ||リ|:l
      ヾl| u , r|」、 、  |レ'/            (落とそうにも・・・変えがいねぇんだよな)
         !ヽ、l ──- | ,.イ '/ 
        `ヘl\ =  / |:\
       /::|::::::`ー ´   :|::::::ヽ、_
 _,. -‐'''"´|::::::::l::::       /:::::::::| : :``'''‐- 、.._
. : : : : : : : :|:::::::::ヽ.      / :::::::::::| : : : : : : : : :
: : : : : : : : : |::::::::::::::|    ,'::::::::::::::::| : : : : : : : : :
.: : : : : : : : :|::_;; -┐|   |:::ト、:_:::::::| : : : : : : : : :
.: : : : : : : : :´:|: : : |:::|    〉::| : : :「``: : : : : : : : :


寂しい台所事情を考えると、リスクを飲まざるをえないだろう。
最も、今後重要な場面での当番は減るだろうが。




熊田は自分の出番が来たことを、非常に寂しく思っていた。
ロビンは、彼の最も尊敬する捕手である。


       __,  -ー-  、__
       (_,'       ',_)
       l ●   ● l
       i  (_ ● _)   i
       ノ         ',
      /,, -ー 、  , -‐ 、
     (   , -‐ '"     )          (ロビンさん・・・)
      `;ー" ` ー- -ー;'"
      l          l
      |          |
      i          i
      ',     i!     ,'
       ',    i!     ,'
       ',    i!    ,'
        ',   i!   ,'
       (_⌒,,,,ノヽ,,,,⌒)


自分の出番うんぬんでなく、ロビンが欠場する事が嫌だった。
熊田は、こういう考えをする男だ。







537名無しのやる夫だお:2010/01/11 (月) 01:21:49 ID:frQS/L0I
VIPスターズスレは、やる夫を2軍に下ろせの書き込みで一杯だろうな。







538名無しのやる夫だお:2010/01/11 (月) 01:21:55 ID:6iKzsdT.
やっと自分を見てくれる仲間に出会えたんだよな…

ある意味湘北の赤木みたいなもんだろ
頼れる仲間がいなかったって意味で







545 ◆oLG9iWoh0E:2010/01/11(月) 01:22:49 ID:PpxlFm/A

寂しく思いつつも、同時にチームを顧みる。
控え捕手が必要だった。


             , ...、_  ,., - ''  ̄ ̄ ̄ ̄ '' - 、 _____
          ミ ' ' " 、 /             " ,.. --"',''''-、
          <ヽ / 7                ヽ、"ヽ| /
          丶 、/      、    ,       丶/ | /
           ヽ |     丶  ヽ,, ....... ,' 、  '     ヽ /
             〉     ● /,, ___,..ヽ ●     〈
            |       / (      ) \       |
            l      /   ヽ 、.  ''   ヽ      l
            |      (      Y      )     i       (Lか、それとも・・・)
           /       ヽ, ,..,- '""'-..,, ,, /       |
           {       ::;;;;ヽヽiーーーi '' /;;;;:       }
          /        ::;;;;;;ヽ、_____,, .. ';;;;:::        丶
          /        ::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::         ヽ
         /          :::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::          ヽ
        /            ::::::::::::::::::::             ゝ
        /                               ヽ
       /                                ヽ
      丿                                 丶
      /                                   ヽ
     /                                     ヽ,
    /                                       ヽ、

熊田は2軍選手の状態を、じっくり頭で考える。









そういうチームの考えを、やる夫は持っていない。
別の事に、意識が向いた。


      / ̄ ̄ ̄\
   γ⌒)      (⌒ヽ
   / _ノ ノ    \  \ `、
  (  < (○)  (○)   |  )           (できる夫が・・・負けたお)
  \ ヽ (__人__)   / /







550 ◆oLG9iWoh0E:2010/01/11(月) 01:23:47 ID:PpxlFm/A

あのできる夫が、2被弾で6失点。
敗戦投手。

       ____
     :/::::::::::::::::\:
   :/ ⌒三 ⌒::::::\
  /  (○)}ililli{(○ ):::\:
 :|      __´___::::::::::::::::::|
  \      `ー'´::::::::::::/:




目の前で見ても、信じられない部分があった。

        ____
       /    \
.    /          \
.  /    ―   ー  \
  |    (○)  (○)  |            (できる夫は・・・できる夫は・・・)
.  \    (__人__)  /
.   ノ    ` ⌒´   \
 /´             ヽ



すっと、導かれるように敵軍ベンチを見る。







551名無しのやる夫だお:2010/01/11 (月) 01:23:49 ID:Ngb4Hxko
まだそっちを考えるか!くそったれ!






553名無しのやる夫だお:2010/01/11 (月) 01:24:18 ID:AI8TiWgA
できる夫が活躍するのは嫌だけど、他の奴に負けるのも複雑なのか?







554 ◆oLG9iWoh0E:2010/01/11(月) 01:24:21 ID:PpxlFm/A

バッチリと、視線が合う。

                                                       ____
                                                      /::::::::::::::::::\
                                                    /::::-:::::::::::: -:::\
                                                   / ( ○ ):::::( ○ ) \
                                                  |    ::::::: _____:::::::   |
                                                   \    ::::::::::::::::::::   /
                                                    / ::::::::::::::::::::::::::::::: \
                                                   ...|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: |

       ___
      /\:::::::::/\.
    /:::<◎>:::<◎>:::\
  /::::::::⌒(__人__)⌒::::::\
  |     ` ー'´  u   |
  \  u   :::::     /
  /    :::::::::::::::::::    \
./                 \  〈〈〈 ヽ
                    (〈⊃  } }


そして絡み合う。


二人は、微動だにせず睨み合った。






558 ◆oLG9iWoh0E:2010/01/11(月) 01:24:45 ID:PpxlFm/A

再び、睨み合いを始めたやる夫を見て、カズマにピンと来たものがある。
やる夫が何に勝とうとしてるかに、カズマは気付いた。

そしてそれは、カズマを怒らせた。

ヽ:::::::::::/::::::::|\ヽ::::::::::::::::::::/::::::i::/w/|/|:::::::::::: // ::: /
::::`、wv:::::::::::i ヽ\:::::::::::::::://i:::::::::|:::::::: ∠;;;;;::::::::::::::::: ∠/|
::::::::| |w |.v/|ヽヽ,V-'ヽ///,i:::::::::i:: /   ∠:::::::::,--、:::: /
:::::::::}.j:::::. V "''--,\/_,,, -''"i、:::::`,/ ::::::: /::::/^i .i:: /
、:::::::|/:::/`、  ;;;;; :::;;;;;;;;::::::::: ヽ∠,\   //> |.|/
.ヽ::://,,_  ヽ、  .|:::::// /:::::: _/:::::_,=〈ヽ、 |i ヽ ) }
  //| .i, ~io、_ヽ | .//ノ  ∠。-ァ''" / ヽ;::i />ヾv/
 .|::|ヾ,,_"'--―"-ヾ《<-=-'" `ー'__ ノ`  i:::|.i//:∠,__
―|:| .|::::  -'i," ̄::::}  "ヾ二, ̄     .|::::|__/::/
  |:| |::::   i ;;;;;;;;|     ノ"''--'    .|::/:::/           (コイツ・・・)
  リ/ヽ::::    :ノ       ::::::    //:::/   (○)
   (○ヽ、 i 、__ヾ        ::::  // |/
      ヽ  ヽ`= -二二`i }  /   /
ヽ、     ヽ、 `v_i__、__、ノ  /    /
  ヽ、  (◎)ヽ, ー--,,,   /     /
 ヽ,_ ヽ、    ヾ,    /      /    (○)
   ヽ、 ヽ、    |`--< ̄' --'   /
__  ヽ、ヽ    |::::::::::::`'--、___/   ,,--'' ,,--''"
\  二二ニ-"   \:::::::::::::::::::::::::::::/_,,-''"_,,-''"



カズマはベンチを蹴り上がると、そのままやる夫に近づき、胸倉掴んで持ち上げた。


                                               ___
                                              ;/(>)^ ヽ\;
                                         ;/  (_  (<) \;
                                         /   /rェヾ__)⌒:::  ヾ;
                                         i   `⌒´-'´  u;  ノ;;
                 「な・・・何するんですかお!」       \ヽ 、  ,     /;
                                         / \-^^n ∠   ヾ、
                                         、 / ̄~ノ __/ i;
                                         ヽ二)  /(⌒    ノ
                                              /  ./   ̄ ̄ ̄/







564 ◆oLG9iWoh0E:2010/01/11(月) 01:25:23 ID:PpxlFm/A

     ヽ、:::::::::::::::... \\\::::::.ヽ:::::::::::::ヾヽ',ヽ:::ヾ:::ノ///彡彡彡
       \:::::::::::::::::..ミー、ヾミソ::::::::::::::::}::::',::>& amp; gt;:::/::/ / 彡彡彡
        ヾミ、::::::::ミ、`ー、二ミ、:::::::::::::ノ:::,':::Y/  /! y   彡彡
         ',ヾミ/ ̄>、ミミ:::ヾ、ミi:::(::ノ彡ノ.:::::::,.':::レ‐、__彡
          >´  /_ノ::::ヾ、::::::ト、:::',::ヾ:::..<<::::::/,.-//:::::::ァ ̄ _,彡
     /⌒////ミ:::::::::::::.... ,.ヘ、ミ\::ヾ>:::l:://::::::/、_ミ三彡彡
    / イ´彡ノ゙/、ミ::::::::::::::.. /  /ミミミ川川〃〃イ,'ゾフノ:::::::::;=-
   /  / /\__  | ヾ:::::::〃=/  ,/>ミミミ川彡" '´,' // 〃ミ/`i::'::そ
  ./  /, '   ,''.:::ノ  ):::::::::イ   /{::/'',, ヾミミヂノ _;彡' ,, ヾ/r;リ|:::::::て
 /ー / ;,    ,'.:::::| <:::::/ 〉  ,イミ/、 '' ,,`ヾ゙ソィ彡zテ彳 ,}ノン/:::/ ̄    「よかったな!
 |::::< ノ  〃.:::::::| ⌒ゞ/ ト、 ヽノ,イミニ≡㍉ヾ 彡彳_二ン、. ,'/(゙ソ川、,. ノ     勝てたじゃねえか!」
 |:::::;>´ 〃 ..::::ノ   l ' ,_ _/ |〃´¨⌒`ミ  "´"''    ,' l/.::彡イ
 |::::i  〃 ::::::イヘ ミミl     '', /::::',/⌒> ミ;〉       l.:彡イ ,.ィ´
 ト、 >-゙弋ニイ < ト、ミ',_ '; ;:::::::::イ/' ,_/  ヽ    ,,   ,イ::::::::彡イ
 | |:::::|[`',ー,' '´] :::::Y Y ,'_=/`>、/ヽ`ヾこ二ニ孑  /, ト、て_,.ィ´\
 `Tヾl、` i  ', 二、::::l ゞ ゝ-:::/ `ヽ、_/ 〉) ー -‐'' / , ' |::|ヾヽヽ、 /
 _∧::|[、 ,'  ', ー゙::::| ゞ .::::::/    i  /入ヽ '⌒ /:::::: / |::.ヾ )) }/
/   ヾ\:::::::::人 ,i::ノ>、.::::::::ト、; ,'_ノ く ', ヽ,`ー':::::::::: /  ヾ/ ///
レ'⌒`\二::::::::::ミ//| トミニ彡/ ,;ヘ_/ > /::::::::::::::  / _/∠イ



やる夫の顔が陰惨なものになる。
カズマは、自分の考えが的中したことを確信した。


       ____
     /⌒三 ⌒\
   /( ○)三(○)\
  /::::::⌒(__人__)⌒:::::\      「・・・!」
  |     |r┬-|     |
  \      `ー'´     /







566 ◆oLG9iWoh0E:2010/01/11(月) 01:25:52 ID:PpxlFm/A

       ____
     /     \
   /_ノ  ヽ、_   \
  /(●)三(●))   .\
  |   (__人__)      |      「何が・・・ですかお?」
  \ ヽ|r┬-| /   /
  /   `ー'´      \



しらばっくれたやる夫の胸元を、更に絞る。

        ___
     /(>)^ ヽ\;
  ;/  (_  (<) \;
  /   /rェヾ__)⌒:::  ヾ;
  i   `⌒´-'´  u;  ノ;;
  \ヽ 、  ,     /;       「ウッ」
  / \-^^n ∠   ヾ、
  、 / ̄~ノ __/ i;
  ヽ二)  /(⌒    ノ
   /  ./   ̄ ̄ ̄/

やる夫が、小さくうめき声を上げた。


:;:::::;:::::::::;:'::,:':::::,r‐=--、::::::::```'''''''‐‐-‐''゙;、/
::i:: :';:::::,':::/:::/  ノ゙、:::`''‐-‐i'"`゙`ヽ, ::::::::::!
r、::、',::,'::/  l  /  ヽ:::::/l;;;;;;::〃:::', :::::::::l
 ゙、.l;l;l;l l / ,,l  _,-'''゙Xr/ l::、:::::;r''"゙, ::::::::!
:: ;;l;;l;.l;l: l /´  ll   _ニ-.l:::lヽ'   l :::::::l
゙l:::::/l /:::/   ,r''   /  /:::j__,./  ! :::::l
::l::::l l j::/ ,./´ _,.=‐',r ノ /:::r''"/   l::::::::!
 l l l /:r'ノ ,.-。=ァ''"// V:::r、::::/   l::::::::l
ヽ_}jノ/‐'," ` ´__//   V/ `'"    !::::::;'
ゞ、='〃へ `" ̄ _,,´_,,,..-ァ、_/!    /:::::/
::::::l l ´ `'‐、‐=、__  ノ/:;_,.-'    /:/         「おめでとうって言ってるんだよ・・・
:::::::l l:     '‐-┐`´/::::`ァ   /´           よかったな。
::::::::l ! ,.      !、/l::;r'´   /
 \!l/    / / l/ '"                  ”できる夫に勝てた” ぜ?」
  _,.、-‐''"´l 、.,/      
‐''" __,,,,_ / /!
`'-'" _,.,_`´.イ/|
`''‐'"   `´//  l゙、
y、     //  l }!
\ヽ-‐''"//  /' l
  `-‐''''"´  / l






568 ◆oLG9iWoh0E:2010/01/11(月) 01:26:16 ID:PpxlFm/A

やる夫の顔が、見る見るうちに赤くなった。

        .____
     ;/   ノ( \;
    ;/  _ノ 三ヽ、_ \;
  ;/ノ(( 。 )三( ゚ )∪\;
 ;.| ⌒  (__人__) ノ(  |.;
 ..;\ u. . |++++|  ⌒ /;



        ノ L____
       ⌒ \ / \
      / (○) (○)\
     /    (__人__)   \
      |       |::::::|     |
     \       l;;;;;;l    /l!| !           「違うお!こんなもん勝ちじゃねーお!」
     /     `ー'    \ |i
   /          ヽ !l ヽi
   (   丶- 、       しE |そ  ドンッ!!
    `ー、_ノ       ∑ l、E ノ <
               レY^V^ヽl


胸元を引き絞られても、尚、やる夫が叫ぶ。







571 ◆oLG9iWoh0E:2010/01/11(月) 01:26:35 ID:PpxlFm/A

カズマは、やる夫を嘲笑う。


../:::::::;:へヾ、ヽ\/、,/l//'"\:::::::゙、_,,、-、.__::ヾ;;;;;::
/::;:';:'/゙、 `| 〈 | l l::l///:|:: /,.ヽ;::::::|  __,,,.`''',r|"
::;:';:'/、_,へ\゙、':,l:l::l///l |  l  |::::::|r‐'"/7 / :|
:::,:'/-、〈゙`''l: |: l l、  l l'"//   ヽ;::ヽ、,/゙ /,./|'゙
::::/\ `y‐、ヾヽ、_l  ノ _,l_,/_,,/_゙、:::\,//''":|-
::〈、`|`ly',`''‐==、l.|:::|/_,:';r‐、。ッ" //ヽ;:::|/!‐-、|、
:::ヽ\゙V ゙y---‐'"=ァ''-、 ゙''‐‐-‐'" '/ !:::| |´ヽ、_|
、::::゙, |__|_/ _r‐ィ'゙:l/   `''‐、゙'‐-、´l,/ |:::!/‐-、:;;l    「敗け投手はできる夫だろ?
..l:::::| ヽ,  ̄r'゙ / /     ::::``ヽ、`!./|::|`'‐-、./     おめえの勝ちじゃねぇのか?」
. |::::|ヽ、゙'‐-l、〈:::''゙          `'"´//ヽ. l/
、.|::::'、'" ̄ \l::.`ヽ,         , //、 〈,.ィ゙ヽ、
/ \::\  //. \:. ´、,,,__,,.、-/' |:| l//ヽ、
.   \:\l | :::.. \ ヾ..,,,_,,.r''"  /゙ /:/\
     \\::::::::::.. \'ーァ-、‐''"   //:::/   `ヽ
,.、-‐-、//`゙\::::::::... ヾ   ヽ  ,.‐''"、ヽ、.__
r┬‐y'゙/   `` ::::::...\,_/  .! ::\.__ \
l (//-‐''''‐''''''‐‐-、 :::::..... ..::  .;;; :::`‐-二ニ-、



その嘲笑が、その言葉が、益々やる夫を興奮させる。


      ____
    /:::::::::  u\
   /ノ└ \,三_ノ\   ,∩__
 /:::::⌒( ●)三(●)\ fつuu
 |::::::::::::::::⌒(__人__)⌒ | |   |             「違う!違うお!」
 \:::::::::   ` ⌒´   ,/_ |   |
   ヽ           i    丿
  /(⌒)        / ̄ ̄´
 / /       /


やる夫は、違う違うと喚き散らす。
それ以外の言葉を知らないように、連呼した。







573 ◆oLG9iWoh0E:2010/01/11(月) 01:26:55 ID:PpxlFm/A

-ーフ ::::::;.-‐'/:/ //  /::::::::::::::::. /Zrz、
 /:::::/´  (::::/   ||  /:::::::::::. /;; ; ;; ;; ; ヽ
 | ::/  __| {   i|! /:::::::: /::: :: ::;;;;;::: ;;;;
 |/ r'´ ̄ ̄l {`ヽ、i!|/:::::/´   ;;;; ;::: :: :
          |!  l| V:::/;;    ;;;;;:: ,//
     r、ri `   i! {::/; ;;     _//
   ヽ、ゞノ    'ト|::|ゞ/  ,.r-'´,./T
      ̄``ー-' _ミヽ!´' レ'-‐'´    》
      \彡 ´  ヽ  ry}    //::::::
             ヽ;;``'ー--' /::::ノ:::::      「だったら何がお前の勝ちだ!」
    ___       ヽ;;;;..,==ニニ二/::::/
 ,.-<、  \    ` r‐' "彡 /::::::::/:;ノ
/    ヽ、_ ``ー、      7r---‐‐'´
      ゙;;;;;`ヽ/      //
       ゙;;;/   __,...-‐'´
      /  , -‐´
    /, -‐'´
  ー‐' ´


カズマが、言葉を叩き付けた。



       ___
      /     \
    /  一'  `ー\
   /   ( ○)  (○)\
   i       (__人__)   i               「え・・・」
   ヽ、    |r┬-|  /
     /    `ー'´  く







574名無しのやる夫だお:2010/01/11 (月) 01:26:59 ID:R2mYDeIM
カズマ怖かっこいいw







578名無しのやる夫だお:2010/01/11 (月) 01:27:19 ID:uVdBxP62
ここで膿を出し切ってしまわないとな。
カズマ、徹底的にたたきのめせ。精神的に。







579 ◆oLG9iWoh0E:2010/01/11(月) 01:27:23 ID:PpxlFm/A

   `ヽ/:::::::`ヽ、  | |:::::r―'´|  /  _,ィ'´|    |::::::::::::::| |ーiヾ::: 
`ヽ、_/::`ー--、 L | |:::::|:::::::/,イ ノ´  _,レ''´ |:::::::::::::::| | ヽ::::
_:::::::::`ー---、 `ヽヽ、 L_  /´/_,ィ'´_, -―|:::: :::: ::::l ! i:::::
::::: ̄ ̄`rt‐―-、ヽ`ヾ┘:::::_/_,ィ'´-_, -tェテ一''´ ̄   :::| |ュ|√
::::::::::::::::::|/:::::::::::::_ゝミヽ:::::::彡='=、_     ノノiヽ  .::::l | / ..::    「何がお前の勝ちだ!
\:::::__;::-一''´「_,ィ´/ !:::::::「=二''z、 Z ̄ ̄T´   |::..::..:::::::リ′:::::     それを聞いてるんだよ!」
 | ̄:::::::_,ィ''´   /  |:::::::   `、::::\`ー、 | /r |:::::::::::::/:::
_」_,ィ'´:::::::   ,'   !::::::     `ヽ::`ヽ `f /、 |::::::::::/:::::::::
 l|::::::::::::::::    ト、  |: : :       ::::::`ヽ/ミ /::::::::/: : : : : 
::::::::::::::      | ヽノ          :::::::::| ト /::::::::/



やる夫は、答えることができない。


      / ̄ ̄ ̄\
   γ⌒)      (⌒ヽ
   / _ノ ノ    \  \ `、
  (  < (○)  (○)   |  )                      「・・・」
  \ ヽ (__人__)   / /



::::ト:、L.._|  |:::::::::::::::::::ノ /     ノ:::/  イ:::, -、::::::::::::::
::::l::::ト、T ート、_::::::::ィ´/〃 __,,..∠ ‐-、  V::/ハ !:::::::::::::
:::::!:::ト、 `弋ッー、::::i| ,'__,,.ィ´ーt‐。テ-、   }/厶 } }::::::::/
\::、l `ー--‐ァ:::::l{  - 、`ー--─ '´   ,' r j7 /:::/
!:::}ヘ:ゝ、   /´`ヽ、ヽ、__ ヽ       / j ノ ノ::〈           「勝ちがお前、負けができる夫。
l::::! ∧       ノ ` ̄  ヘ        / ー ∠ -く`           それならいいのか!?」
lV/   、    ヽ、              , 'ーィ´}、  ヘ、__  
_/   ヽ   ト、_ー         /  / /    ヽ ` ̄
      \  {ヽ、 ` ̄`!     /  //      \



           ____
         /   ∪  \
       γ⌒) ノ三三三ゞ(⌒ヽ
      / _ノ (>)三(<) \ `、                  「いや・・・」
     (  <:::∪:::::(__人__):::::∪|  )
      \ ヽ ::∪::::` ⌒´∪:://







582 ◆oLG9iWoh0E:2010/01/11(月) 01:27:42 ID:PpxlFm/A

`'`、lヽlヽ、l`l::::::::l l::::::::::::::::/::/:::::::::ヽ、::::/::://
      .l::::::::l`、lヽl'`、//'"´ヽ:::::ヽ/"´
`ー、_   l:::::::l         /lヽ:::ヽ
     ヽ、l:::::::l       /、.l:::::lヽ
  '""´  .`l::::::l_     .,r,'´  l l:/
ー`ー‐r.,----、ヽ、,,, .l'´ー--‐' l:::l
 ヽ、 `''′ ,,、‐ , ` l    . .l::/ 
   `ー--‐'"l:::l '´  ヽ、  .l:::l             「お前が無失点で勝てば、それならいいの か!?」
        l::l      .ヽ' /:/
         'li、       `,
、        `ヽ    .,-',´
. `-、,       .   .__, -//
    `‐、,_      -'-‐‐' /
       `‐、,_   ̄"´/
         /`"‐-‐'´
        /:::::::::::::/


      メ ,, -──- 、._\
    メ/ u    ゚ 。 \\
  / /    ノ  ヽ、   \\
   ! |  o゚((●)) ((●))゚o  |               「いや・・・」
  \\    (__人__)   /く<
   ノ メ/   ` ⌒´   ヽヽヾ






585 ◆oLG9iWoh0E:2010/01/11(月) 01:27:57 ID:PpxlFm/A

                                     /.::::::::::::::レ.::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::/::/ .::::::::::::l / !
                                  ト  /.:::::::::::::: /..:::::::::::::::/.::::::::::::::::::/::::/ ..:::::::::::::::::! /:::!-―‐--、
                                 i:', /::::::::::::::: /::::::::::::::/.::::::::::::::/:/ .::::/ .::::::::::::::::::::レ.:::::!   イ  ``
                             ト ヽ  !:::V :::::::::::::/::::::::::::::/..:::::::::::::/::::/ .::::/ :::::::::::::::::::::/ .:::::! //
                              l:゙、.i:、j:::::/::::::::::::::/::::::::::::::/..::::::::::/:::::::/ .:/ .::::::::::::::::::/ .:::::|/:::/
                             | ::', !::. :::l .::::::::::::/ ::::::::::::/ .:: .:::::/::::::::::l :::::.::::.::::::: . .::: . .:::::::/::::::/
                              l :::v ::. ::iヽ:::::::::::! ::::::: ::/ . ::::::::/:::::/::::l:::::::::::::::.. .:: ...::: .::::::::.::::::::/   ィ
                               l ::::::: ::::i.:::ヽ:: ::::!:::::::::::l:::: .::::::/:::::/::::::l::::::::::::::::::::::::::...::::::::::::::::::/  //
                              l :::::::..::i::::::::ヽ :::!::::::::::::::::::::::/::::: /::::::::l:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::レ':::::/_
                               l :::::::::i:::::::!ヽ\:::::::::::::::::::::::wv/ :::::::/,、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/:::::::/ "'''‐'''"
   「だったら何だってんだコノ野郎!」      \ ::::i ::::::!:::::::::\:::::::::r''"´ 〈 :::::::::lイ W,::::::::::::::::::::::::::::/ :::::/::ヽ、
                                >:i:::::::::!:::ヽ{‐-、:,/    ,>、:::i    ''}::::::_/^ヽ::::::::::::/:::::::::::::::::'‐'''
                       ---―、  厂/::/:::::::/:::>ミ       , / , r。ッ フ  |:/ ,ィ个 }:::::::/:::::::::::::::::::::::::::::
                      / __ .\ |/:::/:::::::/\}. ゙ヽ\    / ノ /  ,,. '"      )丿,ハ/::::::::::::::::::::::::::::::::::
                      / /::::::::::::`ヽ /l:::く ::::::::\:::`、 ヾ."ヽ、く∠ イ. ̄ |::|      (__ノ/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
                    _/  /:::::::::::::::::/ | レ'  `ヽ、:::ヽ:::ヽ  `‐'ヽ        l/      ,'´フ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
                 // ̄ ̄ ̄ ̄><| \    /.iヽ ゝ:\.   !      / /`ヽ   レ´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
                 | | ⌒   ⌒ | l└ |〔 二二、〕|:::::::::::::::ヽ、 l_,  __/jV´ ) /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
                  | |         | l┌ l ./i    i j:::::○::::::::::::\ヾvニ__ニ二--‐' /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
                  \\二二二二><ヽ.| |   lノ``ヽ::::::::::/:::::::::ヽ ̄   ,, -‐-‐--、__::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
                 /フ ̄ ̄ ̄ ̄ ><、 ̄| |  /ノ:::::::/ :::::::/:::::::::::::::::ヽ,-' ´   -‐'''"´     `ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::
                | |. ⌒   ⌒ . | !└l l .|.|  / \:::/ :::::::/:::::::::_,,.-‐'´-‐'''"´            ヽ:::::::::::::::::::::::::::::
                | |          | !┌//. ll__/   .// :::::::/:::>'´  /                 ',::::::::::::::::::::::::::







589名無しのやる夫だお:2010/01/11 (月) 01:28:26 ID:WtPKYbcs
一体何人のスターズ投手が、こうしてロビンさんに育てられたのだろうか。
やる夫が最後の一人にならないでくれ……。







590 ◆oLG9iWoh0E:2010/01/11(月) 01:28:29 ID:PpxlFm/A

カズマが右拳を握りこんだのを見て、二人の男が制止に入る。


.         /::::l:::l::、:::::、:::::ヽ::、::::::::::::\:::\::::::::ヽヽ::::::ヽ
       /:::!::::i:::!:::ヽ:::ヽ::::::ヽ::ヽ、::::::::::\:::ヽ:::::::ヽヽ::::::',
        /:l::::!::::ヽ!::ヽ:::::::ヽ:::::::\:::ヽ、::::::::ヽ:::ヽ::::::::!::i:::::::!
       ハ:::l:::::、::::ヽ::::\:::::\:::::::\:::`ヽ、:::ヽ::ヽ:::::!:::!:::::l
     /:::::::l::::::!ヽ:ヽ::::、:::::ヽ:::、:\::::: \::::::\::::!::::ヽ:!:::i:::l:l
     !:/!:::::!::::::!::ヽ:ヽ{:::\:::ヽ::::\:::\::ヽ:::::::ヽ!:::::::}!::::l:: li|
.     j/:::l:::::!:、:::!::ト、:、:ヽ:::::`ヽ{、::::::\::::\{、::::::::::::::::i::!:: l:l !
       l:i:l::::i::i:、:l::lテ=-、:ヽ、_、::\_,≧ェュ、_、\:::::::::i::li::!::リ
      !ハト:{:!:i:トN{、ヒ_ラヘ、{ >、{ 'イ ヒ_ラ 》\::l::!:ト!!:l::l!
      ヽ i、ヽ:ト{、ヾ ̄"´ l!\   `" ̄"´  |::!:l::! j:ll:!        「カズマ!落ち着け!」
.         !::、::::i      l             u |:::/lj/l:!リ
        ヾト、:!u                 j!/ j|:::リ
          ヾ!    ヽ  ‐       u /イ´lハ/
            }ト.、  -、ー-- 、__      /' !:://
             リl::l゛、  `二¨´    /  |/:/
         rー''"´ト!::i{\       /  / !:/
        / ^ヽ  ヾ!  ヽ _,,、'´    /  j/



             |  | ヽ                 /  |   |
             |  |  \\\ ヘ|    /// /  |   |
             |  | ヾZ"""''''/  )www----''''"""Z〃 |   |
             |  |ヾ Z:::::|::/  /    ::::::::::::|   Z〃|   |
             ヽ\\ Z;;;;;;;|/  /::::|:::::::::::::|::::::|::::|;;;;;;Z // /
             /\>ミ"''/   /__::::|;;;;;;;;;;;|:::::|_-''"彡</ヽ
             ヽヽ|ヽ ─|  /─=,,,,_,,,,=──'' " /|///
             ヽ|d| \ |  / | || |     | |   / |6|/
              ヽヽ | ヽ| / .| || |┌┐  | | / | / /
                ヽり  | / "''-,,_./| |ヽ_,,-''"  //|ノ          「やめろ、カズマ」
                |ヽ | |..:::::::/  | |  \:::::: ノ |
               / | | |::::    / .| | ヽ   :::::: | \
  .――――''"" ̄ ̄ ̄||  .|ヽ| |::    \|_|/   ::  /|  || ̄ ̄ ̄""''――――
              | |   | リ   "''――――''"  / |  | |
              | ヽ  |  |ヽ   "''ーーー''"  /  | / .|
              |   ̄\   ヽ   /⌒\  /  / ̄  .|
              |     \  ヽ  ;;;;;;;;;;  / /     .|
              |      |   "''―――''"  |      |
              ヽ      |           |      /
               ヽ     |          |     /







596名無しのやる夫だお:2010/01/11 (月) 01:29:16 ID:PsqcHXXI
クーガー兄貴が真面目モードだ…







597 ◆oLG9iWoh0E:2010/01/11(月) 01:29:27 ID:PpxlFm/A

カズマは驚きを見せた。
やる夫に甘いライトは別として、クーガーが制止に入るとは思わなかった。


::::::::::::::::::::::::::::::,イ     ./:/   ヽ、::::::::::
:::::::::::wwwW':/     /:/.     ヽ::::::::
wwW'::i:::::::::::|     /:/       l::::::::
::::::::::::/|:::::::::::|    /'´  ,____   |::::::::
::::::::::::l ',:::::::::::l  /-‐ '".{ー'ヽ` /:/l::
:::::::::::| ヽ、::::',./Y′   しiりー'´ ̄ /::
:::::::::::|ニ=、_、:::ヽ  ー‐''"´    ー'´ ̄
、:::::::::|.   Tワ`ー`  '''::;;       J             「ライトさんは兎も角・・・クーガーまでかよ!
',.ヽ、::!、-‐''"i       .:;     ヽ                止めるなよ!
::'、 ..ヽ、:`.、 ノ            .',
`丶  ', ̄. 、               ',                解るだろ!?あんたなら!」
.     ',  ヽ       _      .',
   l`ー.l      _, -‐''" ヽ     l
___ノ . ヽ、.   丶__,,、 --―′   |
.  ̄"'/.  .,ヽ、            .l /
   彡''""   ヽ、  `ー        /
          ヽ       . /



;:::\.  l   /::::;:へヘソ'"            |/::::::::::::::::,::
゙、:::::::ヽ、,〉 /:::::/             _,,. \::::::::::::,:'::::
ヾ、::::::::::/./::::::;:'゙           _,,.==ヽ、  l:::::::;r‐、::
 \::::::;゙/:::::,:'゙,,_      /   ,,.z''"´_,,,,.´ ̄ |::::::|'"ヽl:
  'yヾ/::::;/''‐-ヽ、.,__ヽ l、_,,. ‐',.-'''"´ ゚ /    !::::l! 〉 /:
   l !/:::;/ヽ ̄``・‐`"  ヽ.  ´`'‐--‐‐'゙    |:::/!/,/:::
.   Y::::/l  `'‐-‐''"  |              |/' /゙::::::
   ,'::::/、゙、        |                 !‐'゙ヽ:-、    「カズマ・・・」 
.  l:::/ k,ヽ,      l             l  ノ,.、‐
  |::;' 〈ヽ, ヽ     !            |  /
  |:l.  ゙、 \.|'、   ヽ、,__,/    ,,./  _,'.-'"
  |!  /!   ヽ,、  ‐----‐‐''''''''''"´   r''"
  !-‐''゙  ',   l`ヽ.  `''''''''""     |        /
'"´      ゙、  .|.  ゙、         /!         /







599 ◆oLG9iWoh0E:2010/01/11(月) 01:30:09 ID:PpxlFm/A

短く呟く。

                |、/! l、l、j,:/:l , .:: '" "´..::  '"´    .......:::::_,,
               l '::| ヽヽ/::/:::::::-‐''":::::::::::::::::::::::::::::::_,,. -‐''"´ _
               |:::::',/〃,.、---――''''''''ー‐‐-‐ァ‐'''"    ,,.-'"::
                   |:/.::/             /   _,,. -''"::::::::::::::
                 /.:/ー- 、_    _,,,..-ニミ、 〈ー‐'''"::::::::::;;〃‐''"::
               /.:/|   r-、  ̄`''ー┬r-,- 、,_ヾ::::`ヽ:::彡´::::''"::::::
             /.:/   l\./  ',       | | ll   ̄二r‐-、::、ヽ::::::_、
           /.:/  __j /   l____|_l-┴‐''7´::i r 、 `|::ミ、:::≦、_
        __,,. -/:/  ̄/ V             /〃/ ) /, /::;:'"、ー‐'"´
     r'"´:::::::://:::::/ __/',`ー''''‐         '´l/'ヽ‐'/!、:::/!`
    |::::::::::::::/'::::::/   〈    l`ー‐-、,_  ,、      r‐''´ ノ/ ,'`ー‐--     「やるなら奥でやれ」
.    |::::::::::::/:::::::::|    l__,j `ヽ、    ̄´      /   /    |
    l::::::::::::::::::::::::;l / ̄    `ヽ、       _,,.‐''゙,,. '´       !   /
   ノ:::::::::r―'''"´/   ,-‐'''7‐-‐'    _,,.ィ-‐''" ̄        /    |::
  /:::::::::::|   /   /'"´\`''--r-‐<  l           /      l:::
  !::::::::::::ノ  .| r''"´   ,、 入.フ|   、/         /      /:::
  〉:::::::〈    |   -‐''´ ̄  ヘ |   /                /::::::
. /::::::::::/     |      _,.-‐'⌒ヽ, |  /  ,,. -‐''"´      /::::::::::::
/::::::::::/    |          //| / /         ,. -‐'´ ̄`ヽ、:::



             , ‐‐- 、
             /    `ヽ、
          __..ノ  ,. -─-- 、V´ ̄`ー-、
          /   / ..:.:::::::::::::::ト、,ィ^ー-、 ヽ
         l!  /..:.:::::::::::::::::::::::lハヘ::::、:::::`ヘ. 〉
.        |l  /..:.:::::,. ィ:l::::::::__::ノ   ハ:::il:、、::::::}l
       〃 /ヘv1::レ'´l:|::ィ´    _}ノ|::l::!:::::l|
       ,イ ,'ノ∨.::::::::ノハ{   ィ´ __ 卞N::::::jj
       ノ/ ノ.:.::::::::::ィ´「 ̄_ヽ 、  r'⌒ヽ !ハY´
  ,.-‐'´{::〈 〈.:.:::::::::::::ト  r'⌒` j  """" l トk                   「ああ、なるほど」
ーく    ヽ`ー_.ニー-、:〈{ヽ """  __ ...、  ム介ヽ
::::::ヽ  , -‐ '´   `レ1:::Vム、   く::::::::ノ  ,イ「`
::::::::::V´        ノイ|レ个`ー、 `ニ´,ィ个ト
ー-∠..,,___         ,ィ^Tー| ` ¨´  |厂「`ヽ、
:::::::::::::`ヽ:::. 「 ̄ ̄ ̄``¨7:::::| .:j  ` ´  L_/:::::::::iトー-、__,,.. -─- 、
::::::.、 :::::::::ヽ::|(》《)::::::::::::/:::::::ヘ〈      /::::::::::::lト、.._::::::::::::::::::::::::::::ヽ、
\::::`::::::、::::.ヽ::::::(☆):/(O):::::::::\二二7:::::::::::::::ヘ、::::::::: `二´ ̄`ヽ:::::::::〉






601名無しのやる夫だお:2010/01/11 (月) 01:30:30 ID:2tfCepc2
だめだー(wwwwwww







602名無しのやる夫だお:2010/01/11 (月) 01:30:32 ID:9842hef2
クーガーアニキ・・







603名無しのやる夫だお:2010/01/11 (月) 01:30:33 ID:/0lFYNoo
なるほどじゃねーよw







604名無しのやる夫だお:2010/01/11 (月) 01:30:34 ID:erfv4NPs
ちょっと待てwwwwwwwww







605名無しのやる夫だお:2010/01/11 (月) 01:30:36 ID:tfOpBwXA
裏でフルボッコですね






609名無しのやる夫だお:2010/01/11 (月) 01:30:52 ID:PsqcHXXI
おいw







610名無しのやる夫だお:2010/01/11 (月) 01:30:53 ID:5mh7ADiU
おいwwwwwwwwwwww







611名無しのやる夫だお:2010/01/11 (月) 01:30:54 ID:bpyaeIWc
ちょwwwwwwwwwwwwwwwww







612名無しのやる夫だお:2010/01/11 (月) 01:31:04 ID:I.Oc7IGU
そうだねおくならあんしんだ






618 ◆oLG9iWoh0E:2010/01/11(月) 01:31:33 ID:PpxlFm/A

                  ,. -─- .、,
                     ,不:::く`ヽ;::、:::`丶
                   ハ:l::;;ヾ:ヽニヽ:ヽ::、ヾヽ
                   ,':::i:トヾヽ::ヽ:トヾ、ヽヽヾ`ヽ
               l::i::|l::卞ムヽ:;ヾY.ェYl::ト::ヽ
               |::l::ト;:::Kさ'く:::f ,`  リヽヾ',
                ';:';ヾトヽu `r'- 、  u|::ト`、
                ヾヽヘu  |';二::!  入',
                 `トk   ヽ、zソ ./::| ヾ
           ___._,r、   Y:j` ‐ 、 ー´/ トj                 「ちょっと、ちょっと待てお前ら!」
         /`ヽ_j'、_ノ ̄l!'´ヾ- 、_`_¨   」、
          ∧ ,ノ  Yヽ  l  ヽ     7ヽ~ヘヽ.、
       /-'´「 ヽ ヽj_. l   ト、  /〃ハ  | ヽ `ヾ 、_
      r'´, イ ヽ、 `,__,ィ、__)| l  ヾヽ∧'〃ノ゙ヽl  ヽ  ヽj`ヽ
      / '´  ト、  Yrイ  ∧l ',  ヽ  Tヘ',   l _..ノ   l j ',
      ,′   .}、二ィ } /   l ヽ   ', |、、ヘ. | \  / }. ヘ
      i     トz'_ノ,イ    |   ',.  ', l、ヽヘ |   |     j/ l
     |   ノ \¨7/     l  ト、  ヾ 、ヽ ',.l   lー- //  |
     ゝ─'-- -r-`'      l  ',.ヽ ヽ ヽヽ!  | ̄  /j   l


ライトの制止も振り切られ、やる夫はベンチ奥に引き摺られ――



         ,.ィ=ー、. r=- 、           l l、
     ,.へL二ニソ个Tニヽ、         l | ヽ
    r'ニソ 「´  〕ヘj   lli            | l
   ,rレ'´ 〕|〔   〕|{   l|!         | |!
  ,イ_j〔  〕l〔 rrク7.l rク7.ノト、          | ll
  {j{ ヽ、__人Y`ニ´ノ`ー'´¨` ハ       l |l
   ヽ、_.∠ニX´ーr'´二} ーァ´ハ        l |l
  ! リ く 匸二ニ、_¨二ーァ'´´  }-、.l、.ト、   j ,'
  V   }  `7¨`ヽニフ´    .ノ } l:! |::V ,'/ ,ィ
  { X   { ` ー --‐ ' ´   ノ j:| j:::::V/:/
   X    ヽ       __,,..イY::::レ'::/:::::/   ノ
  く ヘ     `ー┬ァ冖7ハ:::/::Ll_ ノ::/::::::,.ムィ1:::
   〉 }        ノヘ、__ノ___V::::ハY::::/::::,イ:::::::::/:::::
  ノ /        厶-‐‐'´, ニ、`¨7:::::{::::/::`7:::/:::::,'
  /V     !  /    〈 o ノ/厶、::Y::::::/::/:::::/     「プロ野球のまっただ中で…!!
 l|/ ヽ  l |/´ ,. -‐ィイr'´`ニ´ィ   L.._l:ィ´::/::::,イ::
 リ   } !/ ∠::r‐、:|_l   、({ト、`ヽ、ミレ1レ'´/:::
. 〈  / ノ ,イl´:::::l  }l_}  / `ヽ、 `ヽ、l N:l:::::/:::/
  〉く  { イ l ヘ._しイソ  {l O } !   } i lレ'::ノ:::      よそ見をするなッッ!!!」
  X´  ヽ、 ヽニ-‐ ¨´   ゝ、_,,..イノ 、_ノノリレ'´_ノ::
 { j    {`r 、   、__ ノ `    ∠才ィ::レ'⌒`
 ヽ 〉   〉::ヽ`ヽ、     _...∠-'´〈 `三 =-
  { \  ,':::::::::ヽ  `_二下、三二 ‐'´ヘ二>‐'´
  V 〈  {::::::::::,r=ニ´  , --、\二二ニニ=‐
  /  {  ヽ::/    /   ..`二二二 ヽ、







620 ◆oLG9iWoh0E:2010/01/11(月) 01:31:54 ID:PpxlFm/A

┌────────┐
│殴られた――   .│
└────────┘













       / ̄ ̄ ̄ \
     /       . \
    /  _ ノ   ヽ、_   \
   .|   (ー)  (ー) .  |
    \    (__人__) ;;#:::/
     /    `⌒´    ヽ
    ヽ、二⌒)   (⌒ニノ


けれどこの痛みは、納得できるものだった。






630 ◆oLG9iWoh0E:2010/01/11(月) 01:32:43 ID:PpxlFm/A

自分が、何か間違っていることに気が付き始めていた。



        __
      /..::::::::::::::..\
    /..:::::::::::::::::::::::::.\
   /..::::::::::::::::::::::::::::::::::::.\
   | :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: |
   \:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
  ,. -‐'´..:::::::::::::::::::::...`丶、
  ノ .:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::....ヽ



よしんば、自分が正しかったとしても――

         ____
       /     \
.    /       \
.  / /) ノ '  ヽ、 \
  | / .イ '(ー) (ー) u|
.   /,'才.ミ). (__人__)  /
.   | ≧シ'  ` ⌒´   \
 /\ ヽ          ヽ


カズマや、ロビンの方が正しく思えた。






633名無しのやる夫だお:2010/01/11 (月) 01:33:19 ID:yDQ7RZKo
やる夫が変わり始めた…







634名無しのやる夫だお:2010/01/11 (月) 01:33:21 ID:WtPKYbcs
本当なら中高時代にチームメイトから学ぶべきことを、ずっと孤立してたやる夫は今になって学んでるんだな。







635 ◆oLG9iWoh0E:2010/01/11(月) 01:33:26 ID:PpxlFm/A

やる夫は、頬を押さえながら球場を後にする。

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::。:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::。:::::::::::::::::::::::::::。:::::::::::::::::  :::::::::::::::::::: ..::::: . ..::::::::
::::::::::::::.....:☆ 彡:::::゜::::::::::::::::::::::::::::。:::::::::::::::::::::。:::::::::::::::::  ゜.::::::::::::
:. .:::::。:::..    :::::::::::::      ::::。::::::::::::::::::::::::::::::。::::::::::: . . . ..::::
 :::::::::::::::::: . . . ..: :::::::::::::::::::::::::::::。::::::::::::::::: :::::::::::.... .... .. .::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::  :::: ::::::::::::::::。::::::   :::::::::::..... . .::::::::::::........ ..::::
:.... .... .. .:::::::::::::    ::::::::::::::::::::::::  ::::::::。::::::::::::::::::.... .... .. .:.... .... ..
:.... .... ..:.... .... ..... .... .. .:.... .... .. ..... .... .. ..... ............. .. . ........ ......
:::::::::::::::::::: ..::::: ...___:::::::::::::::::::: ..::::: . ..:::::::::::::::::::::::::::: ..::::: . ..::::
:::::: ..::::: . ..::::: /::::::::: .  \:::::::::::::::::::: ..::::: . ..::::::::::::::::::: ..::::: . ..::::::::
  ... ........../::::::::::::    `゚ o:。.. .... .. ..... .... .......... .. . ........ ......
  ... ...../::::::::::::::::      \.... .. .:.... .... .............. .. . ........ ......
..... ..........|::::::::::::::::::         |.... .. ... .... .. ..... .... .. ..... ............. .
 ..... .......\:::::::          /.... .. ........ .... ............. .. . ........ .....
  ... ..........>::::        < .... .. .:.. .... ..... ............. .. . ........ ......
  ... ........( |::        / ).... ..  .:.... .... .. ......... .. . ........ ......
... ...   .......`|:::::::     /'.... .. ...... . .. ..... ............. .. . ........ ......
  ... ...... ....|:::::::::人  /::.. .... ....... .... .. ..... .... ......... .. . ........ ......
  ...  ..........ヽ::::::ヽ,.L_).... .. .:.... .... .. ..... .... .. ..... ............. .. . .....
 ... ...... ....  >__ノ三三.... .. .:.... .... .. ..... .... .. ..... ............. .. . .......
.. ........ ..........三三三三.... .. .:.... .... .. ..... .... .. ..... ............. .. . .......
. ..    ... 三三三三三.... .. .:.... .... .. ..... .... .. ..... ............. .. . ......


帰り道、いろんなことを考えたが――






637普通の名無しさん:2010/01/11 (月) 01:33:43 ID:98Ta4u8Y
やる夫、今こそ、そう今こそ「プロ野球選手になる」ときなんだぞ







638名無しのやる夫だお:2010/01/11 (月) 01:33:49 ID:Ngb4Hxko
やる夫は小さい頃は野球を純粋に楽しんでた感じだけど、やっぱり高校のあの三年間が歪みを作ったのかな…







639 ◆oLG9iWoh0E:2010/01/11(月) 01:33:50 ID:PpxlFm/A

--------------------------------------------------------------------------------------


できる夫の事は、頭に浮かばなかった――


--------------------------------------------------------------------------------------







                                                      第7話 やる夫とライバル 終







640名無しのやる夫だお:2010/01/11 (月) 01:34:02 ID:K/C3c21.
乙すぎた







641名無しのやる夫だお:2010/01/11 (月) 01:34:09 ID:xMGSFOeY
乙乙







642名無しのやる夫だお:2010/01/11 (月) 01:34:13 ID:4MODdbVk
いちおつ







643名無しのやる夫だお:2010/01/11 (月) 01:34:17 ID:K./II7jk








644名無しのやる夫だお:2010/01/11 (月) 01:34:18 ID:v6ZuwerI
乙です。







645 ◆oLG9iWoh0E:2010/01/11(月) 01:34:19 ID:PpxlFm/A
投下は以上になります。

ご観覧アザーッシタ!







647名無しのやる夫だお:2010/01/11 (月) 01:34:24 ID:T2971LNE
おつでした







648名無しのやる夫だお:2010/01/11 (月) 01:34:24 ID:vi13XQpE

今回も楽しく読ませてもらった








649名無しのやる夫だお:2010/01/11 (月) 01:34:24 ID:frQS/L0I
おつんこ







650名無しのやる夫だお:2010/01/11 (月) 01:34:27 ID:AI8TiWgA








651名無しのやる夫だお:2010/01/11 (月) 01:34:27 ID:lQvyRrh.
乙~
色々考えさせられるな








652名無しのやる夫だお:2010/01/11 (月) 01:34:31 ID:dVFx8ebM
やる夫は変わるで!







653名無しのやる夫だお:2010/01/11 (月) 01:34:38 ID:bpyaeIWc
お疲れ様っしたー







654名無しのやる夫だお:2010/01/11 (月) 01:34:39 ID:PsqcHXXI
乙でしたー







656名無しのやる夫だお:2010/01/11 (月) 01:34:40 ID:oXTcJThA
乙!!






658名無しのやる夫だお:2010/01/11 (月) 01:34:42 ID:tfOpBwXA
大儀であった!







659名無しのやる夫だお:2010/01/11 (月) 01:34:44 ID:0ld/4fZ2








660名無しのやる夫だお:2010/01/11 (月) 01:34:44 ID:Gq3Cp9D.

濃密すぎる1話だった








661名無しのやる夫だお:2010/01/11 (月) 01:34:48 ID:uw6Rn9nE
乙!  とうとう我を通すだけじゃすまないところまで来たか







662名無しのやる夫だお:2010/01/11 (月) 01:34:55 ID:6IbQp47U
いち乙






664名無しのやる夫だお:2010/01/11 (月) 01:35:01 ID:Z/1T56Rg
禿げ上がるほど乙







665名無しのやる夫だお:2010/01/11 (月) 01:35:02 ID:GRQRfMco

ロビンの漢っぷりに完全にやられたぜ








666名無しのやる夫だお:2010/01/11 (月) 01:35:02 ID:uVdBxP62
乙でしたー!

今日のロビンは最高だったぜ!
やる夫もより成長するフラグが立ったしすげー楽しみだ!







667名無しのやる夫だお:2010/01/11 (月) 01:35:00 ID:6iKzsdT.
乙ー

これでやる夫がどう変わるか…







668名無しのやる夫だお:2010/01/11 (月) 01:35:07 ID:QRXouDqQ
乙!







669名無しのやる夫だお:2010/01/11 (月) 01:35:07 ID:3XFj12S6
おつおつ







670名無しのやる夫だお:2010/01/11 (月) 01:35:13 ID:WtPKYbcs
今回は凄い激動の一話だった。乙!







671名無しのやる夫だお:2010/01/11 (月) 01:35:19 ID:wC4oXkvk
乙乙!!







674名無しのやる夫だお:2010/01/11 (月) 01:35:31 ID:yDQ7RZKo
乙です
今回も面白かったぜ!!







675名無しのやる夫だお:2010/01/11 (月) 01:35:38 ID:ePhZCPEA
乙です!
本当やる夫は恵まれとるで~~







676名無しのやる夫だお:2010/01/11 (月) 01:35:41 ID:9842hef2
乙!!







677名無しのやる夫だお:2010/01/11 (月) 01:35:46 ID:d9wWd1PY

やる夫がどう変わるのか楽しみだぜ!







678名無しのやる夫だお:2010/01/11 (月) 01:35:53 ID:DPFDuTG2
乙でした。やる夫が一つずつプロ野球選手としての課題に直面してるので成長を見守るのが楽しいです







679名無しのやる夫だお:2010/01/11 (月) 01:35:53 ID:Y/elIIxU

今回も期待以上でした!!!







680名無しのやる夫だお:2010/01/11 (月) 01:35:57 ID:oIR2JUrs
おつおつ
やる夫、ようやく野球選手になるのか







681名無しのやる夫だお:2010/01/11 (月) 01:35:58 ID:98Ta4u8Y
乙です

そしてロビンさん、お美事にござりまするm(__)m
貴方の言葉はきっとやる夫に伝わるはず







682名無しのやる夫だお:2010/01/11 (月) 01:36:00 ID:5mh7ADiU
乙!
相変わらず熱いなぁ・・・でもそういうところ好きだぜ!







683名無しのやる夫だお:2010/01/11 (月) 01:36:00 ID:zyYB59fw
乙です。







684名無しのやる夫だお:2010/01/11 (月) 01:36:03 ID:KgU5wQzQ
乙!おもしろかった!







685名無しのやる夫だお:2010/01/11 (月) 01:36:05 ID:qkvvoyzU

素直にわくわくして、面白くて、すばらしいとしか言いようがない









ロビンマスク





関連記事
スポンサーサイト
[PR]

FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!




カテゴリー「やる夫はプロ野球選手になるようです」内の最新記事

だ

    熱い
    [ 2010/02/05 08:17 ] [ 編集 ]
    ロビンさんの声の郷里さん亡くなられたからな・・・
    この話の6日後って、どれだけタイムリーなんだよ・・・

    それ含めて見たら不覚にも涙が止まらなかったぜ・・・
    [ 2010/02/05 10:09 ] [ 編集 ]
    これは熱い
    [ 2010/02/05 10:18 ] [ 編集 ]
    よし
    よし
    [ 2010/02/05 11:07 ] [ 編集 ]
    ロビン△すぎる・・・
    [ 2010/02/05 12:52 ] [ 編集 ]
    自らの存在が消えつつあるのに最期の力でロープワークタワーブリッジを決めた姿を思い出したぜ!
    [ 2010/02/05 13:56 ] [ 編集 ]
    ナイス更新!
    [ 2010/02/05 14:56 ] [ 編集 ]
    >ロープワークタワーブリッジ
    や、やめろよ……
    俺も浮かんでしまったけど、
    まだアイスロックジャイロの段階だと信じたい……
    [ 2010/02/05 15:06 ] [ 編集 ]
    これはヤバ過ぎる。仕事中なのに目から汗が
    [ 2010/02/05 15:12 ] [ 編集 ]
    ロビンカッケー
    [ 2010/02/05 17:37 ] [ 編集 ]
    やっぱこのシリーズ面白すぎる
    更新再開が嬉しすぎる
    [ 2010/02/05 17:38 ] [ 編集 ]
    >ロープワークタワーブリッジ
    やらない夫の出番フラグなんだろうか
    でもやらない夫はまだリードに不安がありそうなんだけど
    [ 2010/02/05 18:17 ] [ 編集 ]
    そういえばブシドーって何してんの?
    シーズン前の話以来出てきてない気が
    [ 2010/02/05 19:17 ] [ 編集 ]
    ブシドーは本スレでは出てきましたよ
    しばし待てばよろしいかと
    [ 2010/02/05 20:39 ] [ 編集 ]
    ロビンさんが格好良くてたまらんのはもちろんだが、地味に出塁して逆転劇に貢献してるキョンがまた良い
    キョンはキョンなりに、態度でやる夫に分からせたいものがあったんだろうな、と思った
    [ 2010/02/05 23:12 ] [ 編集 ]
    熱いじゃねえか
    かっけえじゃねえか
    [ 2010/02/05 23:26 ] [ 編集 ]
    すげーわくわくする
    成長物語ってこういうのだよ
    こういうのを読みたいんだ俺は!
    [ 2010/02/06 00:03 ] [ 編集 ]
    何でこんなところで終わってんだよ…
    ドキドキして心にドシッと来たものがあって…
    やる夫のその後が気になるじゃんか…

    がんばれ! やる夫!!!
    [ 2010/02/06 01:02 ] [ 編集 ]
    前のオアソビとの落差が凄まじいな
    [ 2010/02/06 02:43 ] [ 編集 ]
    途中ではさまれる感想レスがたまに邪魔だなぁと感じる。
    ガーっと一気にスクロールして読みたい場面もあるのに、
    読みとばすのすら鬱陶しいぐらい。
    [ 2010/02/07 03:58 ] [ 編集 ]
    米40054
    ブラウザのページ内検索で、「◆oLG9iWoh0E」
    で良いだろう。
    [ 2010/02/07 09:45 ] [ 編集 ]
    キャラクターの使い方が上手いな
    ライバルの扱い方といい、よく考えられている印象だ
    [ 2010/02/08 15:12 ] [ 編集 ]
    40054
    今までまとめてきているブログに対してその意見とはねぇ
    ◆oLG9iWoh0Eだけ抽出するか自分のブログにでも載せてろよ
    他の人の文句もないのに自分の都合ここでいう必要性はあるのか?
    [ 2010/02/08 20:57 ] [ 編集 ]
    名捕手は投手のために奮闘するものだな
    [ 2010/03/01 04:58 ] [ 編集 ]
    28歳のルーキーってあの人でいいのかな?
    [ 2010/03/18 16:00 ] [ 編集 ]
    泣けるほどの青春だな
    18歳……まだ、まばゆいばかりの濃密な時間の中で、取りこぼしたものも、多かろう……
    [ 2010/07/21 21:13 ] [ 編集 ]
    このコメントは管理者の承認待ちです
    [ 2012/02/16 11:09 ] [ 編集 ]
    コメントの投稿













    管理者にだけ表示を許可する
やる夫ブログについて
20101110:「やる夫はロス市警の警部のようです」を掲載させていただきます。本当にお待たせして申し訳ございません。これ以降も随時、更新の途絶えていた作品を掲載していきたいと考えております。ご迷惑をおかけして申し訳ありませんが、どうか長い目で見ていただければ幸いです。

20101030:「やる夫のサクラ大戦」にて、記事の掲載順序を誤りました。 作者様、および楽しみにしていた読者様にお詫び申し上げます。 申し訳ございませんでした。

20101004:「やる夫たちが夢の国で遊ぶようです」につきまして、こちらの不具合で記事が切れてしまっております。作者様、及び楽しみに読んでくださっている読者の皆様にご迷惑をおかけしてしまい、申し訳ありません。
一度下書きに戻させていただきます。よろしくご了承ください。
「やる夫で学ぶことわざ」の作者様より、やる夫ブログ用のスポンサー案内をいただきました!本当にありがとうございます!さっそく使わせていただきます!

20100811:皆様、大変ご無沙汰しておりました。ぼちぼち更新を再開できればと考えております。
「やる夫がDQⅢの勇者になるようです」についてですが、コメントを頂けるのは大変うれしいのですが、他作品のコメント欄での投稿はご遠慮願えれば幸いです。
恐縮ですが、ご協力よろしくお願いいたします。

20091222:年末なので順調に更新量が減っております。今日明日はお休み、再開一発目は「やらない夫の超兄貴」になる予定です。作者様、まとめが遅くなり申し訳ございません。

20091208:今週クソ忙しいので、かなり更新が減ります。ご了承ください。

20091116:更新の調子にもよりますが、週末をめどに、カテゴリを追加する予定。前回追加からだいぶ間隔開いたんで、かなり溜まってます。

やる夫ブログについて

姉妹ブログというか同一人物ブログ。
やる夫ブログ(裏)(18禁です)


 ネ タ 投 稿 お 待 ち 
 し て い ま す ! 
(↑結構心から待ってますw)

 ネタ投稿の他、転載お断りの記事、相互リンクのご希望等ございましたら、お手数ですが下のメールフォームよりお知らせください。なお、http:を付けるとエラーになってしまうようなので、ご投稿いただける際にはhttp:を抜いていただきますよう、よろしくお願いいたします。
相互リンクの反映に時間がかかってしまい申し訳ありません。気長にお待ちください。


嬉し泣き
美麗なタイトル画像を描いてくださっているのは、こちらの方々です。
本当にありがとうございます。


七市様
Shadow3_convert_20091008101141.jpg
ハルヒとやる夫、やらない夫の表情が最高のタイトル画像。冬にぴったりの美しい作品です。


1様
http://blog-imgs-15.fc2.com/y/a/r/yaruomatome/yaruoblog_title_convert_20091026144430.jpg
柔らかで暖かい雰囲気がたまらない作品。みゆきさんヤバすぎで管理人狂喜の舞を舞っておりますwww

1様のプロフィールはこちら


65様
securedownload_convert_20091008101321.jpg
同じく「やる夫がチェルノブイリに旅立つようです」より。元ネタの雰囲気をビンビンに伝えるダークな作品。


草葉様
Shadow3_convert_20091008101141.jpg 「やる夫がチェルノブイリに旅立つようです」をモチーフにしたタイトル画像です。物語の後、このタイトルを見て吹きました。

219c0c442.jpg

草葉式


味噌様
yaruoblog_convert_20090519194443_convert_20091008101235.jpg
やる夫ブログ初!物語とタイトル画像のコラボレーション!快く、最高に美しいタイトル画像を描いて下さった味噌様に感謝です!




トンボ様
minamike_convert_20090519194731_convert_20091008101216.jpg
夏にぴったりの逸品を、トンボ様よりいただきました!水着ハァハァ(´Д`;)


トンボのかんさつ日誌


ヒジキ様
nagato_convert_20091008101341.jpg
管理人のツボにはまりまくりの長門!大好きだ!結婚してくれー!



ヒジキ煮


aro様
yaruo_blog_fix_convert_20090210225801_convert_20091008101403.jpg
らきすた勢の見事な描写もさることながら、このやる夫にしてやられました。


Charged time-out


Yutaka様
RMm06_convert_20090127165950_convert_20091008101426.jpg
個人的に水銀燈が一番好きです。タイトルのセンスも◎。本当に有難うございます。





マブチョコ_m様

この魅力的なボディにくらくら!管理人はこの人の同人誌が大好きです!やる夫ブログの記念すべき初タイトル画像。全てはここから始まりました。



うにゃらら大飯店



イチオシ

やる夫がDQⅢの勇者になるようです

自らを成長させる姿に心震える
作品。普通の掛け合いなのに、
自然と笑みがこぼれる構成と
演出は見事の一言。
自分を好きになれる、極上の映
画を見た後のような読後感は、
自信を持って「最高だ!」と賞
賛できる作品です。





過去の「イチオシ」一覧を作りました。
管理人オススメ記事

管理人が抱きしめたいほど好きなやる夫作品

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。