FC2ブログ
2017 09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 11
やる夫ブログヘッドライン



【お気に入りサイト新着記事】 【カテゴリー一覧】

    
   
【最新エントリ】



スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




カテゴリー「スポンサー広告」内の最新記事

だ

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | はてなブックマークに追加

やる夫はプロ野球選手になるようです 第1.5話 できる夫とやる夫 

733 ◆oLG9iWoh0E:2010/02/14(日) 21:57:37 ID:gMxVmojQ
よし全裸待機







734名無しのやる夫だお:2010/02/14 (日) 21:59:33 ID:R2OUMrFk
ふぅ。

間に合ったぜ。







735名無しのやる夫だお:2010/02/14 (日) 21:59:46 ID:Ke57xOl6
>>1
まて、あんたが全裸でどうするwwwww







736名無しのやる夫だお:2010/02/14 (日) 21:59:52 ID:C4SDAH2c
おっと、一人で脱がせないぜ







737 ◆oLG9iWoh0E:2010/02/14(日) 22:00:22 ID:gMxVmojQ
たまには自分だって脱いでいいじゃないッスカ!w

それじゃ始めます。
今回地味です。








739 ◆oLG9iWoh0E:2010/02/14(日) 22:00:49 ID:gMxVmojQ

どこまでも、自分の足跡を辿ってくる奴を、貴方はどう見るだろうか。


        __
      /..::::::::::::::..\
    /..:::::::::::::::::::::::::.\
   /..::::::::::::::::::::::::::::::::::::.__
   | :::::::::::::::::::::::::::::::::::/..::::::::::::::..\
   \:::::::::::::::::::::::::::/..:::::::::::::::::::::::::.\
  ,. -‐'´..::::::::::::::/..::::::::::::::::::::::::::::::::::::.\
  ノ .:::::::::::::::::::::::::| :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: |
          \:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
          ,. -‐'´..:::::::::::::::::::::...`丶、
         ノ .:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::....ヽ




どうやっても、自分の背中を追ってくる奴を、貴方はどう感じるだろうか。




                         ____
                       /⌒三 ⌒\
                      /( ○)三(○)\
                    /::::::⌒(__人__)⌒:::::\
                    |     |r┬-|    ____
                    \      `ー'´  /     \
                    /        /        \
                            /  \    /  \
                           |    (●)   (●)   |
                           \      ´   U /
                           /      ̄ ̄    \







740 ◆oLG9iWoh0E:2010/02/14(日) 22:01:20 ID:gMxVmojQ

出自が違う、

        / ̄ ̄ ̄\
      /        \
     /  \   /   ヽ
     |  (_)  (_)   |
     \  、__',_,    __,/
     /         \


             待遇が違う、
                            ____
                           /     \
                          / _,ノ  ⌒ \
                         /   (●)  (●)   \
                    |     、 ´       |  (( ∩))
                     \       ̄ ̄   /    ( ⌒)
                     /          \


                                   才能が違う。
                                                 ____ _
                                               /          \
                                             /              \
                                            /    _            丶
                                           l    ノ }    ⌒\   /⌒ l
                                           |   / .ハ ::;;(  ●)  ( ●)|
                                           .l   // .ム-,..,. ´"''"  , "''"´ l
                                           \ ヽ! ' ' ! ヽ  、__ ,_,   /
                                             |フ入     l       /
                                            ,ヘ ヘ      ト 、 _ 、´
                                           /   ヽ ',    jァ / / ! ヽ
                                         /     /ゝ.._..ノ`Y Y /   }
                                       / ,..........    ',       l}_|./   j
                                      /, '´     `ヽ  ハ_    ノ  l   /
                                     //         ∨ ``  ̄    l  ./〉
                                     j j       、    l        l ,._ll′
                                     l |      `ヽ  ヘ        l! /
全てにおいて自分が前にいる。







741 ◆oLG9iWoh0E:2010/02/14(日) 22:01:50 ID:gMxVmojQ

でもひたすらに、自分に勝る事を目標とする奴を、



                             /.: ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
                            /: : :            \
                          /: : : :            \
                         /: : : : : :              \
                        / : : : : : : : ..               \
                        |: : : : : :  ,,,,ノ⌒" '' ``⌒\,,,        l
                        |: : : ::;; ( (・) ) ノヽ ( (・) );;:::    |
                        |: : : : :  ´"''"        "''"´       l
                       . \ : : : : . .(     j     )      /
                          \: : :: : >ー-‐'=ー-ー<    /
                         /ヽ: : : : : : : : : : : : : : : : : : イ\
                         : : : : : : : : :``ー- -‐'"´      \
                         : : : : . : : . : : .                \


.







742 ◆oLG9iWoh0E:2010/02/14(日) 22:02:04 ID:gMxVmojQ




                       ┌─────────────┐
                       │貴方は、どう思うだろうか    .│
                       └─────────────┘



.







743 ◆oLG9iWoh0E:2010/02/14(日) 22:02:17 ID:gMxVmojQ

                                                       
        .iiiiiiiiiiiii,、     .iiiiiiiiiiiiiiiiiir,iiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiii,,,,,、  .,iiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiii,,,,,         ,. -─- 、_
        .'lllllllllli,      `llllll!゙’  `゚lllllll!゙゙゙゙゙゙゙゙゙!!llllllli,   `゙lllllll゙゙”゚゙゙゙゙゙゙!llllllli,      ,.::'";_-;;;:ミ':::::::::::::::`:丶、
         ,illl!llllllll,      ,illl!′   ,lllllll゜    llllllll!   ,illlll!゜    .,lllllll     |::::::::/しノ゙':::::::::::::::::::::::::::!
        ,llll゙ ゙lllllllli,     ,llll゙    .,lllllll゜    ,,llllll!′ ,illllll゙     .,llllllll゜     ,!: -‐゙:::'-:::;_::::::::::::::::::::::::|
       ,illll゜ ゙llllllll,、   ,illll゜   .,lllllll゜    ,,illllll!゙   ,lllllll゜  ._,,,,,,iilllll!゙゜    /:::::::::::::::::::::::::`:丶;;:::,;--‐!
      ,llll゙   '!llllllli―やる夫がプロ野球選手になるようです―lllllllll゙°    └-;;;;,,,,, _::::::::::::,,;;;_",,;;;'ヽ   |
      ,illll゜   ゙lllllllli、 ,illll゜   .,llllll!!!!!!!!!!゙゙゙゙”    .,lllllll゜   ゙゙゙゙!llllllli、      | ''''''''>''" ヽ、゙"ノ  |
     ,llll゙     .lllllllll,,.,llll゙    .,llllll!′           ,illlll!゜     .lllllllll    _  \  (__,,;、_.ノ   /
     ,illll゜     '!lllllllllll!`   ,lllllll゙             lllllll゙     .,illlllll゙   /,∠ヽ,.-‐>-.,,、_,,;._,, 、∠‐-、
    .,,lllll゜      ゙llllllll!゜   ,llllllll′           ,illlll!゜    .,,,illllll!゙゜   |  -イ  /^\Y´/  \  ヘ
  .,,,,iiillllllli,,,,      ゙lllll゙  .,,,,,iilllllllllli,,,,:      ,,,,,,iiilllllllliiiiiiiiiiiiiiillllll!!゙゙゜    !  ノ'" /    | !     Y'' ヘ
  .'゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙′     .゙゙° ゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙°     '゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙″                

                    ―第1.5話 できる夫とやる夫―

         注) ・この話はプロ野球を元にした、作者のプロ野球妄想ストーリーです。
           ・このスレのやる夫は捻くれています。やる夫の性格改変(?)にご容赦下さい。







744 ◆oLG9iWoh0E:2010/02/14(日) 22:03:10 ID:gMxVmojQ

そいつを初めて見たのは中学三年の夏、地区大会の2回戦。
できる夫が鼻歌交じりに完封したコールドゲーム。


         ___
       /     \
      /   \ , , /\  ~♪
    /   (●)  (●) \
    |       、__',_,    |
     \         , /
.      /⌒~" ̄, ̄ ̄〆⌒,ニつ                     == ○
      |  ,___゙___、rヾイソ⊃
     |            `l ̄
.      |          |


その終りの整列で、目つきの悪い彼を始めて見た。


      ___
    /     \
   /  _ノ '' 'ー \
 /  (●)  (●)  \
 |      (__人__)    |
 \      ` ⌒´   /


試合に登場しなかった、15番をつけた男。


       ___ 
      /      \
    /           \
   /              \
   |             |
   \               /
  ,. -‐'´         `丶、
  ノ.     1   5      .ヽ







745 ◆oLG9iWoh0E:2010/02/14(日) 22:03:56 ID:gMxVmojQ

試合終りの整列の際に、強烈に睨みつけられた。

      ____
     /      \
   / ヽ、   _ノ \
  /   (●)三(●)   \
  |      (__人__)     |
  \     ` ⌒´     /ヽ
   /              \
  (  ヽγ⌒)        ヘ   \
   \__/




         ____
       /     \
.    /   ノ '  ヽ\
.  / /)(ー) (ー)u\
  | / .イ    '       |   (なんでしょうか彼は・・・)
.   /,'才.ミ).  ⊂つ  /
.   | ≧シ'        \
 /\ ヽ          ヽ


悪人相のその男は、試合に出てもいないくせにそんな事をしてくれて、
それができる夫に、鮮烈な印象を植え付けた。







746 ◆oLG9iWoh0E:2010/02/14(日) 22:04:57 ID:gMxVmojQ

再開は、それから半年ちょっと。

   ,,;;;-''^"""`;;;:,,,,
    ''''''''''  ''''''''
      /| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
    /  |     ,.-―=-、  |    ,,;;;'''''`ー;
   /   |    /   |  `;. |   ""`'' ;;;;;;''''''
 /     |    l   \ l. |
        |    `、_  _,ノ' |――――――┐
        |       ̄~'    |   _ _ _ |
        |              |   | | .| | .| | .|


野球推薦で野球名門、毘都附学院大付属高等学校に進学したできる夫が、
初めて毘都附のグラウンドに立った時の事。


            ____
           /     \
          /  \   /\
        /   (●)  (●) \
      |         ´     |      (ここから・・・私の本当の野球人生が始まる!)
      \       ⌒    /
    / ̄ ̄ヽ           \
   (「    `rノ          \
    ヽ   ノ              \
     |   |             「\   \



         ____   ,
       /     \  -
     /  ⌒   ⌒\`
    /   ( ●)  (●) \     「オヤっ?」
    |      ___´___    |
    ヽ、    `ー '´   /



一列に並んだ推薦枠の選手の、一列後ろ。
別揃いの一般入部部員。その中に、そいつはいた。


  NVVVVVVV\
  \        \                         / ̄ ̄\       ,.f"ミミヾ、
  <         `ヽ、            ____      / 「  へ \    f";;;;ノ^〃=ミミ;、、
  </ /"" \ .ノヽ. \       /      \      |  (●)(●) |   ノ彡リノ/\中/\
   //, '〆     )  \ ヽ     /  \   /   \    |    |   |   |リ||リ/ (●) (●) \
  〃 {_{   ノ    ─ │i|    /   (●)三(●)   \.  |   __´___  ノ  (川/   /_人_\   \
  レ!小§ (○)  (○)  | イ   |      (__人__)      |.  |   `ー'´  }   ||ト|   §` ⌒´§   |
   レ § u (__人__)   |ノ    \     `⌒´    ,/  ヽ       }   iリ\          ,/
    /⌒゜。  ー‐  。゜ィヽ    /     ー‐    \   ヽ     ノ     /     | | |    ヽ
   / rー'ゝ∞   ∞ 〆ヽ   /              ヽ   ./    く      /   _  | | |    ヽ
   /,ノヾ ,> ∞∞  ヾ_ノ,|   |  |           |  |  |     |     丶    ̄| ̄|| ̄| ̄   )
   | ヽ〆        |∞|.  |  |           |  |  |     |      丶__|_||_|___ ノ







747 ◆oLG9iWoh0E:2010/02/14(日) 22:05:37 ID:gMxVmojQ

毘都附学院大付属高等学校は、野球名門校と呼ばれる学校だ。


          | ̄l\     .| ̄l\
      | ̄l`|  | | ̄ ̄ ̄ ̄|  |  \
     TTTTT.|  | | (┘)   |  | TTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTlヽ
    [二二二|  | |        |  | [二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二]\lヽ
    `l []l[] .|  | | 日日日 |  | | 田田 田田 田田 田田 田田 田田 田田 |   \l
    [二二二|  | |        |  | [二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二]   |i-i-i-i-i、
    `l []l[]. |  | | 日日日 |  | | 田田 田田 田田 田田 田田 田田 田田 |     |二二二]\
    [二二二|  | |        |  | [二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二]   | 田田 |  |
    `l []l[] .|  | | 日日日 |  | | 田田 田田 田田 田田 田田 田田 田田 |     l二二二]  |
    [二二二|  | |        |  | [二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二]   | 田田 |  |
    `l []l[]. |  | l| ̄| ̄|ニl .|  | | 田田| ̄| ̄| 田田 田田 田田 田田 田田 l     l二二二]  |
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|  |  |] _|_| [二二二|  | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
               |  |  |/         |  |   _____________
               |  |  |           |  | |毘都附学院大付属高等学校 |
               |  |  |____, _ _ |  |    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
               |  |  |           |  |
 _______|_l/        .    .|_|__________________________


高校球児の夢――甲子園に、常連という程でもないが多々出場した実績を誇り、
県下でも強豪校として名が知られている。







748名無しのやる夫だお:2010/02/14 (日) 22:05:53 ID:A5gE3onw
全員やる夫の派生キャラなんだなw







749名無しのやる夫だお:2010/02/14 (日) 22:06:12 ID:48X2seIE
野球の名門だから推薦枠と、名ばかりの一般枠があるのか。







750 ◆oLG9iWoh0E:2010/02/14(日) 22:06:20 ID:gMxVmojQ

強豪校にありがちな事なのだが、
野球推薦で選手を各地から掻き集める事にも積極的だった。


                         ______
                         |  ,.へ、__,.ヘ/
                         | / \  ∠ヽ
                         |i^|「::::::ノ=l:::::ィ
   ,. -‐- 、               |ヽ|   r_ \l 
  _/       \     ____/| ∧. (二二7!     「ハイお一人様ご案内~」
∠   ハヾミニ.r-、\∠L:r‐-‐-、:::::::::|/ ヽ_‐__.」`ー- 
. /ィ ,L V∠ \l \\.)j j j j`二i\    /:|::::::::::::
  W、ゞi ,、~ __ 「 ̄∧ ヾ´´´   |.  \ / |::::::::::::
    ,ゝし'/ ,ノ.|  / i  l.     l    \、.|:::::::::::: 
   l 、`ヾニンl\./\|l、_」     ヽ、 /  ヾ:::::::::::: 
.    | l    | _l\ト、  | \r──‐┐ト/ / r‐┴-、:::
.   |. |    7 l  ヽ | /☆☆☆.| | ∨ {ニニヾヽ



中学で活躍した選手に目をつけて、主力選手としてスカウトし、チームの基盤となしていく。


:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
:::::::::::::::::::::\ー、ーi、\:::::::::_::::::::::::::::::::::::::::::/ /
:::::::::::\ ̄ ̄     ´ ̄ ーイ;;;;;;::::::::::::::::::/
:::::::< ̄             ∠;:::::::::::::/
_::::∠´               <::::::/
ヽ::r'' ̄゛' ー-、_____ /    __,,,,-、_ |::::/
、ヽ| /アつヽx  / /,ィウ 入ヽ、 l:::/
ー    |:TT::::| :     ,トイ::l カ //
、    、y二イ      l;;::::::/ " /7
ー、,     ̄       =-'、  / j         「俺を……毘都附にですか?」
  |、    ,-    ゝ      //
  |\    r-、___     /
/|  \    ー-----'   /
     \      _ィ、 __
       ヽ  イ ヽ::::::::::ヽ
    \     /   l::::::::::::|ヽ


他県から選手を連れてくる事も辞さない。

                               ,           __,
               l          __  ト、       _,.r'/
                {ヽ、____,._-ニ´ニー-ミ``、 ̄ヽ、   ///
                ヽ、-_-‐_― ニニヽ丶、ヾ ',  lハヽ-‐シ',リ
          ,r      ∠="--ニー ` ヽ-、 ヽ } | ノノ,r' ,. く
          /- 、__,. -‐'_/'フ ̄_二ミ、=ミ `ヽN /ノ/,.==ニ_ヽ'、
          \ `ー-='‐'_ /_,...二ミヽ`      ´ '´'='彡ニ=、`ヽ
             >≡ニ",.-'´ _,.=_‐                `‐ミヽ`ト` 、
          /二ニ二....-ァミ彡'‐''' "二`ヽ、           ミヽ'、}〈 ', }
         /'´/´-=、,ノfrヽY´ -=ァ:;;r-、、`   ,,..、、、_ ミ=}}レ′,リ
         ! /'´  ∠._r{ {' _ ,ィ  `` `  /z,ニ、ヽ.ヽ}レソ  /
             l!  /´ _ニイ ト、ィ  `ソ::r'''      .' `''゙‐ヽ イ
              ,r'ニ´ ノノハ'、,」  '´ヽ        !    ,! //       「そうだよ?悪いようにはしないさ」
           {/,. -'ニ ノイ} | |       '" r'、   /;! ,'/
           /',ニニ-‐'´/'/,' !   `'''ー‐- 、_   `' /′
           '{   /r",'  ヽ        ̄`'' ``   /
             `  ヽゝ ,'   :.:\           /
             ,rー―='-、_  :.:.:.:.\._    ,.イ
          ,. -'′      ``ヽ-、,_ ``¨´::.::|
  _,,..、、. --―''く、              `''‐- 、;;_ト、_
"´         ``'‐                     \







751名無しのやる夫だお:2010/02/14 (日) 22:07:19 ID:Ia/o1xcY
ヒソカがスカウトかよwwwww







752 ◆oLG9iWoh0E:2010/02/14(日) 22:07:21 ID:gMxVmojQ

結果スカウトから漏れている地元の選手、一般入部の部員は、余り重要視されない。


         ____
       / ノ   ヽ、_ ヽ
     / ( ○)}liil{(○)ヽ\
    / /::::::⌒(__人__)⌒::::\\      「一般入部の面子濃すぎだろおおおお!!!」
  /  ./  ヽ |.!!il|!|!l| /   |  \
 (___ノ(⌒)⌒)⌒)ェェェ|/⌒)⌒)⌒)  )← 一般入部



推薦枠と区別されているのがいい証拠で、伸びてくれれば儲けもの。
その程度に見られている。


                  ,ィイ、;;.:.:;:.:;!;:.:!;:;::;:;:;:::;:;ミ、
                  ,彡;:;;ヽ;:;j;;;|;:;j;;ノ;;,r'´;;;;:;:ミ
                 ゞミ,r''ヾ゙,Njィイ'゙´ ``ゞミミ{
                  `ト;;j_,,、-- 、  ,rー-、 ミ;;N
                     ゙i;;| ,,ィェテ`j  'テェュ, ミ;jリ
                  ,N , , ,  ノ  , , , j!ハ
                  lハ!    ヽ     j/,ノ       (今年はどれだけ辞めていくかな?)
                     ヾ、  ー==‐'  ,斤リ
                        `ト、       ,イ |'′
                       ,〕` ー─ './  |‐、_
                 ,r‐、ノ ヽ .:.:.:.::::/ ,、 ' ノ7`ーr 、
                 ,イ   ト、 \  ,r'´   /:/  i  `''ー- 、_
               _//    | \,ヘV/ヘ 、_/:/   |       \
             _/ /     |    !⌒7   /   _」        〉、
           _/  ,/      !    〉^{   /  <        , イ /i
          _/       ̄`フ   !  /.:.:.:i  ./    〉      /  / !


その、一般部員の中にそいつはいた。

          ____      
        /      \     
       /  \   /   \   
     /   (●)三(●)   \. 
     |      (__人__)      |. 
     \     `⌒´    ,/  
     /     ー‐    \  
    /              ヽ 
     |  |           |  |
     |  |           |  |







753 ◆oLG9iWoh0E:2010/02/14(日) 22:08:06 ID:gMxVmojQ

彼は、とても目立っていた――


.      r⌒ヽ
.     (_.  _) ブッ
      \(   __、
     ,r´⌒ヽ,⌒ヽ,ヽ
   (⌒)、   .人  λ\、 ._____
    \. \    、 ヽ./ ー  ー\
     |\ \    ヽ./ ( ゚) ( ゚)\   ハヨーーッス!
     |  \  \ /     (__人__) \
     |.   \   |       \   |  |
  .   |.   |.\_ノ\       \_| /
  .   |.   |   |   \______/
  .   |   )  .|     . . ̄ ̄
  .   |   |  .|
     |   |.|  .|
  .   |  | .| .|
     /  / / ヽ,
    (__ノ  ヽ、__つ

                  ―――勿論、悪い意味で。







755 ◆oLG9iWoh0E:2010/02/14(日) 22:08:55 ID:gMxVmojQ

名門校で野球をやるには明らかに実力が足りていなかった。
ストレートが遅い、変化球も曲がらない。コントロールも禄に無い。

                                __/ ̄/__ .            / ̄/ ./''7
                               /__  __  /   ____     ̄  / /
                               _./  //  /  ./____/   ___ノ /
                               |___ノ.|___,/.           /____,./

                                      __/ ̄/__ .            / ̄/ ./''7
                                     /__  __  /   ____     ̄  / /
         ___                        _./  //  /  ./____/   ___ノ /
        / .u   \                      |___ノ.|___,/.           /____,./
      /((○)) ((○))\
/⌒)⌒)⌒. ::::  (__人__) l_j :::\     /⌒)⌒)⌒)                  __/ ̄/__ .            / ̄/ ./''7
| / / /     |r┬-|     | (⌒)/ / / //                 /__  __  /   ____     ̄  / /
| :::::::::::(⌒) U .| |  |    /   ゝ  :::::::::::/                   _./  //  /  ./____/   ___ノ /
|     ノ    | |  |    \  /  )  /                   |___ノ.|___,/.           /____,./
ヽ    /    └ー.┘    ヽ /    /



だけどそいつは、自分を投手と言い張った。


      *   ____
    + 。 / \  /\ キリッ
       / (ー)  (ー)\+ 。 *
     /   ⌒(__人__)⌒ .\
  + 。|      |r┬-|    |  + 。
     \     `ー'´   /
       \ ,,,,    ,,, / + 。
       /        \
     / ,、      .l> ,>       「自分、投手ですから」
     \ リ       l <
      <_/       ト-'
       i        l
.       l        l
       l   、__.    l
       l    ∧    l
.      l    / l.   l
    ,、-'"l   /' ̄l   l'-、
  /  (__ノ   ゙'-、,_) \






757 ◆oLG9iWoh0E:2010/02/14(日) 22:09:55 ID:gMxVmojQ

投手――

数ある野球のポジションの中、最も能力の必要なポジション。
野球の中心とされるそのポジション。



                   ___
.                 /;;;;;;;;;; Y ;;;\
                 /;;;<二二二二二>
                /  ( ●)  (●)
.               | ::::::⌒(_人__)⌒ヽ 
            ,ヘ  」     |r┬-|   |
           ()_()`ヽヘ     `ー'´  _∠,_
             'ー-‐'"/7´ ̄  | .|二二 _>、   ┼┼``
                | |. | .| ___.n/_,, ‐'⌒ヽ   ノ  ツ
                .|g.e.r/   へ||(_____/
                |   '、_r 彡/.|.|
               .|    .| `ー、_.l.|
               .|   | .| .|    .|
               ./〉 、 | .| .|    |
              // .ヽニロニlTlニl ̄|
             //         ヽ`ヽ
           //  / ∧ \    "''‐'、
           ./////           '、
         /  .//  .,,-''"⌒''-,,    \ .i
      / ̄   / ,, -''"      `'-,    ', |
    ///  _,, -'"           `i    ',
   //  ,, -''"                | | .|  .|


その投手だと、彼は言い張った。






759 ◆oLG9iWoh0E:2010/02/14(日) 22:10:49 ID:gMxVmojQ

1月も経たないうちに、そいつは部員からとてつもない反発を喰らった。

――当然だった。


   / ̄ ̄\
 / \ 三へ\
 | ノ((●)(●) |
. |⌒    |    |            \、.  j、_人_,.ィ,__,人.
  |   ___´___   ノ             _) ̄          `て
.  |  `ー ‐´  }             J   やる夫!!   {
.  ヽ       }             )             〔
   ヽ       ノ              ´⌒ヽ'´  `' ̄`v'"`v'``
   /    く
   |     \
    |    |ヽ、二⌒)


             ,.f"ミミヾ、
  ,,.,__  ,,,, _  ,,f";;;;]ノ^〃=ミミ;、、            \、.  j、_人_,.ィ,__,人.
  `ーミ彡-ミ、;;ヽf;;;;;;;j  / \ 中/\             _) ̄          `て
          ``ー-‐"/  (●) (●)\           J   やる夫!!   {
             /     /_人_\   \          )             〔
            |     §|!!il|!|!l|§  |          ´⌒ヽ'´  `' ̄`v'"`v'``
               \      |ェェェェ|  ,/l!| !
            /           \ |i
          /          ヽ !l ヽi
          (   丶- 、       しE |そ  ドンッ!!
           `ー、_ノ       ∑ l、E ノ <
                      レY^V^ヽl




皆が皆希望したポジションをできるわけではない。

能力が無いのにポジションに固執するのは、
1人我侭を言うのと同じだった。
                                                    ____
                                                   /     \
                                                 /_ノ  ヽ、_   \
                                                /(●)三(●))   .\
                                                |   (__人__)      |
                                                \ ヽ|r┬-| /   /
                                                /   `ー'´      \ シラーンプリッ!







760 ◆oLG9iWoh0E:2010/02/14(日) 22:11:56 ID:gMxVmojQ

監督は、彼に外野の練習を命じたが、彼はそれを拒否する。


        ,.、--‐‐─‐-:. ,
       .,.':::::::::,,,:、::;;;,,,ノソ:::::)
      /::/ .\,,lll,,/ ゞ´
     /:/  <●>::::<●>\ ビキビキ
     !/ ノ L  (__人__)  \
     |  ⌒   `⌒´     |
     \            /       「やる夫は投手だっていってるお?」
    ./⌒          ヽ
   ./   /、 。    。 r  \
  (_ ̄ ̄\'        |)   .)
    /⌒ヽJ三三三三三/  /
   /:::::::::::::::::::;;; ::::::::::::::::::::: し^⌒ヽ
  ./::::::::::::::::::::ノ::::::::::::::::::::: 、:::::::::::::::.)
  .|:::::::::::::::::::::|ヽ、::::::::,,:::::ノi:::::::::::::::/
 . i::::::::::::::::::ノ    ̄^ ̄  \:::::::/
   ヽ,::::::::/          .ヽ、__つ
   .ノ.^/
  .|_/



監督が彼を叱り飛ばすと、彼は両方やるとのたまった。
暴言である。


        ノ L____
       ⌒ \ / \
      / (○) (○)\
     /    (__人__)   \
      |       |::::::|     |         「そこまでいうなら外野手もやるお!
     \       l;;;;;;l    /l!| !        でも練習時間外は好きにさせてもらうお!」
     /     `ー'    \ |i
   /          ヽ !l ヽi
   (   丶- 、       しE |そ  ドンッ!!
    `ー、_ノ       ∑ l、E ノ <
               レY^V^ヽl







761 ◆oLG9iWoh0E:2010/02/14(日) 22:12:24 ID:gMxVmojQ

話下手な性格もあり、すぐに彼は孤立した。


.      /  ̄ ̄ ̄\
      /   . . . : : : :\
    /     . . :: : : : : :\
.   |         . : : : : : : : :|
    \_    . : :〃: : : :,/
     /⌒` . . : : : : : : :`ヽ.
    / . . . . : : : :..: : : : : ,: :\
.   / . : :/`: : : :..::: ::..: : : :i\: ::




                                          / ̄ ̄\
                                   ∩_   / -‐'  ー \
                       NNNNNN\   〈〈〈: :ヽ  | ⌒    ⌒  |
                       <      `ヽ、  〈⊃  }   | //  |   //│            、ッミミ゛ヽ.,
                      </ / " `\ ヽ\ |   |   |   ___`___  ノ         ,.、;ミミ=゙ッ^;;;;゛ヽ
                    〃レノ§( ●)  (●)\ヽ !   !   |        }        /⌒Φ ⌒\リミノ
                    〃レノ§::⌒(__人__)⌒::::\|   l . (⌒)      (⌒)  〃   / ●   ●  \リ|  ミ
                     川    |r┬-|       |  /  ./ iヽ    ノi ヽ  /⌒ヽ|⊃ /_,、_ヽ ⊂⊃ |/⌒i
                     \     ` ー'´     //   l___ノ|     |ヽ___i  \ll|l   .§ヽ._)§  l|lll  /
                      / __        /        |     |      人l||l         |l||l 从
                      (___)      /        |     |      ( ⌒ )        ( ⌒ )







762 ◆oLG9iWoh0E:2010/02/14(日) 22:12:57 ID:gMxVmojQ

公然と批判されたし、暴力も時々目撃した。


      \\ ,-、               | || !| |
\\   、,、-' 弋              | || || | !   ./
  _,、-'      (              ! || || | |   / / ̄ ~/   __ __
 (_          ヽ、           | l ! || | | /  /   /___./  //  /
.\ ¨''、         ヽ、,_          || !| |  // ̄ ̄       /  //  /
    ヽ、    _,、―--、,__)         ! | || .|  //__   __ /  //  /
  \\.ヽ  /      ヽ\\      || || |  /    /   / / /._M//_M/
    \ | .f         }        ! | || | /    /   / /   /
      し|  _      ノ  \\   | |  !  !    /   / /   /
       .ゝ_____,、-'´      .\  !   !    ./   / /   /
       \\    ¨¨・・,\\    |   | /  /μM/ /   / _ _ _
        \   \   ;,       . し'/      ./μM/ / // // /
                      。     て_         ./M//M// /
                           て                / /
                          ~  

けれど彼は、変わらなかった。


          ____      
        /      \     
       /  \   /   \   
     /   (●)三(●)   \. 
     |      (__人__)      |. 
     \     `⌒´    ,/  
     /     ー‐    \  
    /              ヽ 
     |  |           |  |
     |  |           |  |


目元口元ひん曲げて、黙って練習続けていった。

      ___
    /     \
   /  _ノ '' 'ー \
 /  (●)  (●)  \
 |      (__人__)    |
 \      ` ⌒´   /







763 ◆oLG9iWoh0E:2010/02/14(日) 22:13:19 ID:gMxVmojQ



        ☆        ☆        ☆        ☆        ☆


日が沈む頃――

;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::::::::::: :::::::::::::::::: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :::
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::::::::::: :::::::::::::::::: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :::
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;: : ...: : : : : :   : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :::
: :::::::::::::::: : : : :,/゙` ``''-、:: : : : : : : : ..: : :    : : : : : : : : : : : : :::::::::::::: : : : : : : :::::
.:   : : : : : : ,i´      ゙l:: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :  : : : : : : :::::::::::
:   : : : : : : :::|       .l゙:: ::::::::::::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;::::::::::::: : : : : : :: : : : : : : : : : : ::::::::::
  : : : : : : : :ヽ、      : ::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:;::::;: : : : : : : : : : : : : : : .: : :::::::::::::::
: : :  :   : : : : :`'----‐′:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;: : : : : : : : : : : : : : : : : ::::::::::::::::: : : :::::::::
: : .:    : :  : ::: ::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:;: : : : : : ....: : : ::::::::::::::: : : : : : : : : : : ::::::::::
: : .:    : :  : ::: ::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:;: : : : : : ....: : : ::::::::::::::: : : : : : : : : : : ::::::::::    /::ヽ
                   I員TTTTTTTTTTTI  _|_    ______   |FF|ニ|
    _____________           /| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄~! iニi  . .| FFFFFFFFF |  /二ニ,ハ
    . |IIIIlミ|三三|゙ ____|ミ| LL LL LL LL LL | iニi,___| FFFFFFFFF |  |EEE|日
 ̄ ̄|!|IIIIlミ|三三| |田田田田|ミ| LL LL LL LL LL |ll.|__|.|==/\==|.| ̄ ̄|「| ̄ ̄
lllllllll |!|IIIIlミ|三三| |田田田田|ミ| LL LL LL LL LL |ll.| ロ ロ 「 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| | 田 |「|  田
 ̄ ̄. |IIIIlミ|三三| | ̄ ̄: ̄ ゙̄|ミi LL LL LL LL LL |ll.| ロ ロ .|.l⌒l l⌒l l⌒l l´| |    |「|
  . . . |IIIIlミ|三三||    :   :゙| | LL LL LL LL LL |ll.| ロ ロ .|.l⌒l l⌒l l⌒l l´| | 田 |「|  田







764 ◆oLG9iWoh0E:2010/02/14(日) 22:14:11 ID:gMxVmojQ

できる夫が練習を切り上げるあたりで、旧ブルペンに、入れ替わりに彼が姿を現す。

旧ブルペンとは、毘都附学院が既に放棄したブルペンの事だ。
施設が古すぎ消防法に触れるため、放棄した事になっている。


◇◇◇◇◇◇◇◇| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|>┃        丶   |   | |
◇◇◇◇◇◇◇◇| 旧ブルペン  |>┃          \ |   | |   :::::::::::::: |:::::::::::::::::::|::::::::::::::::::::
◇◇◇◇◇◇◇<.└─────┘ ┃             |   | | ::::[「())」]::|::::[「())」]::|::::[「())」]:::
◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇┃              "^゛"\|________________
◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇┃
━━━━━━━━━━━━━━━┛
                      ,,,  ..              ゞゞヾ;ゞゞ
             ____                 ヾゞ;ゞヾ;ゞゞ ゞ
            /      \                  ヾ;" "ヾ;" i   l ";;ヾ ;;"
          /  \   /   \    ヌッ           ゞヾゞ;ゞヾ; ヾ|i  i|/"/ヾ ;;;"
         /   (●)三(●)   \.               .ゞヾゞ;ゞ" ヾ|ll l|/"
         |      (__人__)      |.                   ||\ヾゞヾ.,
         \     `⌒´    ,/                   ゞ;ゞ \ ヾ
        /     ー‐    \                   ||\ヾゞヾ
        /              ヽ                 ヾゞヾ\:ヾゞヾ.,
        |  |           |  |                  ||\ゞ;ゞ
        |  |           |  |                  ",;;:;\
                                           ":;:;

しかし取り壊す事もなく、グラウンドやブルペンをあてがわれない、新人の投手が使っていた。







765 ◆oLG9iWoh0E:2010/02/14(日) 22:14:34 ID:gMxVmojQ

練習を終えたできる夫と、出入り口で交錯する。
彼は、ちらりともできる夫を見ない。そんな日が、続いた。


                                    ___
                                  /     \
                                /   ⌒  ⌒\
                               /   ( ●)  (●)\
                                |       ___´___   |
                                 ヽ、    `ー '´  /
                             /          \
          ____
        /     \
       /  ─     \
        ' (●)       \
      (l、__)          |
        ⌒´         /
       `l          \
        l           \







766 ◆oLG9iWoh0E:2010/02/14(日) 22:14:58 ID:gMxVmojQ

ある日できる夫は、ブルペンに留まる。
興味本位の行動だった。彼が何者かに興味が会った。


         ___
       /     \
      /   \ , , /\
    /   (_)  (●) \
    |       、__',_,    |
     \         , /



いつも通りの何時もの時間。
のっそりと現れた彼は、やはりできる夫に視線をくれず、



          ____      
        /      \     
       /  \   /   \    ヌッ
     /   (●)三(●)   \.                             ___
     |      (__人__)      |.                           /     \
     \     `⌒´    ,/                           / /      \
     /     ー‐    \                         / (●)        \
    /              ヽ                        |'__,            |
     |  |           |  |                        \           /
     |  |           |  |                        /            \


黙々と投球練習を開始する。


         ___
       /     \
      /   \ , , /\
    /    (●)  (●) \
     |       (__人__)   | オラッシャ!
      \      |r┬-|  ,/
     , -‐ (_).ヽ`ー'´   ィヽ
      l_j_j_j と)         i
       ̄`ヽ        | l






―――誰もいないネットに向かい。


.







767 ◆oLG9iWoh0E:2010/02/14(日) 22:15:31 ID:gMxVmojQ

ネットが揺れる音が耳に残る。


     .,-イ .,,,、、 ,,,,、
     .,l゙ .゙‐'` ゙l |,,,|^|
  ./'゙_,、.r‐',i´.l゙ ゙ .""
  .ト'",l゙ l゙ l゙ │
    l゙ ,l゙ .l゙‐'"
   .レ'"  _,,、,,r、,ーjl'
       {-!ト''゙l゙,i´
            ,レ"
           l"


ロクでもない球だった。

球速も、キレも無い。フォームも十分固まっていない。
そもそも硬球を投げ慣れていない、そんな投げ方だった。


                                                 ___
                                                /      \
                                              /_,ノ   \  \
                                             / (ー)  (ー)   \
                                            |      '         |
                                       ,'⌒ _ \   ⊂ニニ⊃   /
                                       ヽ_ノ   /          \







768 ◆oLG9iWoh0E:2010/02/14(日) 22:17:15 ID:gMxVmojQ

中学野球と高校野球では、使用するボールが変わる。
硬式球と呼ばれる高校から使用され始めるボールは、中学野球までのゴムボールと違い、硬く、重い。


     .:: ___:.   
  .::x<,    `>、 
.::〃   》   《 ハ 
::::{   》'   《  }::
:八  》'      《 ハ
 ::ヽ.》'     .イ:.
    `ト=‐ァ≦-、:



リトルリーグやシニアリーグ等、硬式球を使用する外部団体に所属しなければ、
中学生が硬式球に触れる機会は無い。


                  ,})
           ,. -‐===-、イ{__
         ,.ィ::::::::::::::::::::::::::::::r=‐=ヾ
      _zァf:::::::::::::::::::::::::::::::::リ:::::}ヽ::::㍉ーz__,                ヽ `"          ̄く    'ー‐,-
    __≧=‐::::::::::::::::::::zイ::::ノ::l::::ハ:::::}:::kく                -=彡      /ァ ∧ハ!    弋_
   z≧ミーラ::::::::::::::::::::::::::::::::孑::::::}イ:::}::/:::::ハ                 ._`ラ      ´ ハ,V 、 ト、   ヽ、_ 及
     r彡=-:::::/:::::ォ:::::::::::;>ァ::/:::ハ::l/:\:::N               >      刈/  ! ∧!ヽ!云k  トヽく_
     /ィ:::::rイ:/::::ァ辷㍉ リ:/:::}l:|l:::}|:::l:::ヽ|                、_   , ノ / /' - 、 レ   , ´  ヾ!ハ!  之
     ノl::::{ {/ kィハfc:}`ヽ刈/,リニリト:::{:::::廴               _ノ  7∧i  n ヽ    fi    た、_ミ
    ー乏:::ヽ 、.t ""  ̄ ̄ "  iヒ::ラ`,}l:::ヽ::|                7   ,メ、!.`   !j      !j   ヒ心i`
      -=ラ;::|`┐u       ヽ ̄リ ル/リ'                '久_ l k  、 _ ノ    ` - ′レ ノ 
       ム::} 丶  、____  ´""iー'                     廴ヘ夂、;;;;;;        ;;;;;;;l"
    。 ゜  リ   ヽ  `''ー‐`'  ィ'         ,.ィ‐             `ー 、    /\    '
      __ ノ   、  \   ̄, ィ´          ,{;;;;;;;;;;;                 、   \/   /
ー=-へーイllll==..____ }   `ー "          イ;;;;;;;;;;;;;;;                  ,ニ!   ‐  イー、
: :`:ー== ̄`>ー-=;ミ‐-;__⊥__      ___,,.:ァ';/{;;;;;;;;;;                  / ト、     .l  i
: : : : : : :`:ー‐-ニニ=‐`ニ=┐llllll___  ,ィ´;;;;;;;;;;;;;;r' 1ニ=ヽ;;;              _, - ‐ヘ  ∧   //^i |`ー 、
: : : : : : : : : : : : : :`:ニ;‐:-=lニ====='Yr‐' ⌒゙ァ);;;;;i;;;;;;//;;;;;;;            , ´     ハ/ヽ\ /〈  ヽ!   ヽ
    【中学から硬球(シニアリーグ)】                       【中学は軟球(部活動)】







769 ◆oLG9iWoh0E:2010/02/14(日) 22:17:53 ID:gMxVmojQ

そのためできる夫のような野球エリートは、早くから硬式球に慣れる工夫をする。

特に投手には必要な事で、軟式球と硬式球には感覚に相当な差異があり、
早めの対処が必要となる。


            ____
           /     \
          /  \   /\
        /   (●)  (●) \
      |         ´     |       「私は中三夏の大会後から硬球に専念していました」
      \       ⌒    /
    / ̄ ̄ヽ           \
   (「    `rノ          \
    ヽ   ノ              \
     |   |             「\   \


変化球の曲がり具合が変わる、そういうレベルでは無く、ボールの重さの差によって、
肩を引っこ抜かれるような感覚を味わったりする。


         ___
        / .u   \
      /((○)) ((○))\
/⌒)⌒)⌒. ::::  (__人__) l_j :::\     /⌒)⌒)⌒)
| / / /     |r┬-|     | (⌒)/ / / //      (硬球半端ねえお!!!)
| :::::::::::(⌒) U .| |  |    /   ゝ  :::::::::::/
|     ノ    | |  |    \  /  )  /
ヽ    /    └ー.┘    ヽ /    /


それほどの差異がある。






771 ◆oLG9iWoh0E:2010/02/14(日) 22:18:45 ID:gMxVmojQ

初めて、できる夫は彼に向けて口を開く。


         ____
       /     \
      / _,ノ    \ \
    /  (●)   (●) \
    |      ´       |     「硬球を甘く見てますと、肩壊しますよ」
    \      ⌒     /



彼はできる夫を見ずに、短く答える。


          ____
        /     \
       /  ─     \
        ' (●)       \
      (l、__)          |       「投げなきゃ、慣れないお」
        ⌒´         /
       `l          \
        l           \



できる夫は、それはそうだと頷いた。


          _.. ‐'''''''''''' ‐ 、
         ,r'        \
        / ⌒         ヽ,
          ( ●)   `―    ..i
        i.      ( ●)    |
          \ _´___       /
           \`ー'´   __/
         /       \


最初の邂逅は、そんな他愛の無いものだった。







772 ◆oLG9iWoh0E:2010/02/14(日) 22:19:34 ID:gMxVmojQ



        ☆        ☆        ☆        ☆        ☆




その後も、彼の独演は続いた。

できる夫からしたらみっともないフォームで投げ、出来損ないの球を放る。
ただ、できる夫はそれを尊いものだと感じた。


         ___
       /     \ 
      /   \ , , /\
    /    (●)  (●) \
     |       (__人__)   |
      \      ` ⌒ ´  ,/
.      /⌒~" ̄, ̄ ̄〆⌒,ニつ        ~~~~○
      |  ,___゙___、rヾイソ⊃             ヘロンチョ
     |            `l ̄
.      |          |


我が強いが、向上心の高い奴だと思ったし、
投手に拘る投手のプライドは、理解できるものだった。


できる夫は、つい手を差し伸べる。


         ____   ,
       /     \  -
     /  ⌒   ⌒\`
    /   ( ●)  (●) \
    |      ___´___    |     「肘が下がってますよ」
    ヽ、    `ー '´   /



       ___
     /     \
    /  \   /\
  /   (●)  (●) \
  |       __',_,    |       「頭が揺れていますね」
   \     /__/   /


       ____
     /      \
    /  ─    ─\
  /    (_)  (_) \
  |        '      |       「上半身がちっとも定まらないですね」
  \      ⌒   /







773 ◆oLG9iWoh0E:2010/02/14(日) 22:20:07 ID:gMxVmojQ

彼は言葉の度に鬱陶しそうに顔を歪めるが、


       ____
     /     \
   /_ノ  ヽ、_   \
  /(●)三(●))   .\
  |   (__人__)      |
  \ ヽ|r┬-| /   /
  /   `ー'´      \



意外と聞く耳持つようで、それらを気にするそぶりを見せた。


      _____     ━┓
    / ―   \    ┏┛
  /ノ  ( ●)   \  ・
. | ( ●)   ⌒)   |
. |   (__ノ ̄    /      (う~ん、こんな感じかお?)
. |             /
  \_    ⊂ヽ∩\
    /´     (,_ \.\
.    |  /     \_ノ







774名無しのやる夫だお:2010/02/14 (日) 22:20:14 ID:U6nnmaL2
これはウザいwwww







775 ◆oLG9iWoh0E:2010/02/14(日) 22:20:31 ID:gMxVmojQ

そんな日が、暫く続く。

,.:,; ' ''.. .,;.'..:⌒`;,: .  ..;;.,                              ` 、  '
 ,,.;. ; :.,   .. .''... .. '   ..;,):.,,                         ‐―  ○ - ‐
        ''  '.': ;,::. .  ..., ;)                         , ' ヽ
 .''.:.:´⌒`.: .: ...    . ...,. . ,;                             ,.    ヾ
.''':. .,'''.:;. .:: .'. ,.:,;  ...,; ''                          , '
-'' ' '   ー'' ー  ''' ''
                                       .:: ..'...:⌒`  : .: ..,,;.,
                                 .: ...:::⌒` ''           '.':. .,.; ,..
                             (    .: .....:   ...:.: .: ⌒` .: ..:.: .: ... .  .:.:.
                              (., .: ... : .  .:  .  ::: ....::.. :  . .: ... .. .
                                 ` . :. .;;,  .:;.   .  .  .:    . ..::
                                      '' ' 'ー '''  '' ―''' '' ‐-''
       ;"ヾ;   ;"ヾ ;"     ;:;:.;:ヾ     ノ ;ヾ
  ;"ヾ  ;":;:.;:ヾノ)) " ;";  "ヾ ;" "  ;ヾ " ;  ヾ ;ヾ    ;;;ヾ ";;;ヾ";""
    ;ヾ ;ヾ ;";ヾ;"  ;ヾ ;ヾ ;  r""ヾ ;))ヾ ;":;:.;:ヾ ; ;ヾ     ;ヾ ;;: ノ
  ;"ヾノ:;:.;: ;ヾ r:;:.;:;":;:.;:;ヾ ;ヾ ;"ヾ ;:;:.:;:))      ";ヾ   ":(^);r ;ヾ  ;   ";:""; ";
:;:.;: ; " ;;" ヾ((ヾ:;:.;: ;"  ;ノヾ" ; ;:(^) ヾ ;";ヾ ;ヾ   "〃;ヾ ;ヾ":;:.;: ; ;ヾr ;;"  ..,,







776名無しのやる夫だお:2010/02/14 (日) 22:20:51 ID:NqxoqZGk
いや、これはありがたいだろ
意外だ







777名無しのやる夫だお:2010/02/14 (日) 22:20:56 ID:WIrlJ1Eg
意外と悪くない関係じゃないの







778名無しのやる夫だお:2010/02/14 (日) 22:21:10 ID:Ke57xOl6
最初は友好的だったんだね







779 ◆oLG9iWoh0E:2010/02/14(日) 22:21:18 ID:gMxVmojQ

――そしてある日できる夫は、気が乗ってきて、彼にこう尋ねる。


       _________
      /     \
    /   ⌒  ⌒\
   /   ( ●)  (●)\
   i   ::::::*  __´___ *  .i        「君は、どんな投手になりたいんだい?」
   ヽ、    `ー'´  /
   /         \



やはり彼は、振り返りもせずこういった。

                                                   ____
                                                 /       \
                                                /   ─     ―
                                              /     ( ●)  (●)'
                         「・・・・・・おめーより、凄い投手だお」    |         (__人__)  |
                                              \        ` ⌒´ /
                                              /       ー‐  '

         ,___
       /     \
      /  ⌒  ⌒ \
    /    (⌒)  (⌒) \
    |       、__',_,    |      「ハハ、それは怖い」
    \       `‐'´  ,/


できる夫は、それを一笑した。







782 ◆oLG9iWoh0E:2010/02/14(日) 22:22:10 ID:gMxVmojQ



        ☆        ☆        ☆        ☆        ☆



――1年目の、冬――

゚   。     ゜  ゚   。        ゜ ゚   。        ゜
         ゜  。   。       ゜    ゜     ゚ ゜  。   。
 ゜  。   。       ゜
゚   。     ゜ ゜  。   。       ゜  ゚   。        ゜ ゚   。
        ゜  。   。       ゜  ゜  。
  。       ゜    ゜     ゚ ゜  。   。
 ゜   。   。   ゜  。   。       ゜     ゜
    ヘ l ノ r  ゝYイソ。       ゜  ゚   。
   ゜ ゜ヽYソ   ヾvノ/ ゜  。   。       ゜
      |i|     ||i。                 ゜  ゚   。
''"""'''''"""''""''''""''"''''"""''"""'''、.''"""'゙゙''''''''"""'、. ""''"''''"""''"""'''''"""''""
. ..:.:.:.。.. . .. .:.o:.. . .. . ..:.:. .゚.O.:.:..。..゙゙゙゙''''''''''‐-- 、,,,,,_  .~゙"'ー-. . ..:.:.:.。.. ..:.:. .゚.O.:.:..。.. .. .
..:.:. . 。   。       ゜    ゜    ゚ ゜  。`゙''ー-、   。 `'‐.、,,
 ゜  。   。    ゜  ゜  ..: . .. .:.o:.. . .. . ..:.:. . ,,,,-‐'゛     . ,,'' ゜  ゚
  :..。. . .. . :.  .゚.O       .:.:..。.. .. ._,,.--ー''''''"゙゙         ,,-‐'゛
。       ゜  。   。       ゜  . .:.o:.. . .. . ..:.:. .  ゜     ゚ ゜
  。   。 . .:.o:.. . .. . ..:.:. .。

秋季大会が終り、霜が頭を覗かせると、プロ同様に高校野球もシーズンオフとなる。







784 ◆oLG9iWoh0E:2010/02/14(日) 22:23:22 ID:gMxVmojQ

室外競技ならどの部活動も同じだろう。

この時期は身体を壊しやすくなる事から、基礎体力のトレーニングが多くなり、
野球自体の練習量は減る。


                ,___
               /     \
             /  ⌒  ⌒ \
            /    (●)  (●) ヽ
            |       、__',_,    |           「室内練習場もありますが・・・
                \            ,/            筋トレに励むのが一般的ですよね」
            /_\::  ヽ ノ  .:::` `ー-、__
        ,. -‐'´.: : .:|!:.:ヽヽ、ヾ__ ー ::|::...         ̄``ー-、
    _,. --r'´.:.:.:.::  ..:.:∧:.:.:.:  (__) ::::::::|:.:.:.:...    r       \
 r‐'´ _:.:.:ヽ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l |!:.::   ハ  ::: |;;;;:.:.:.:>....:.|:..       、 ヽ
:.:.:.:.::.´:.:.:.:.:.:.:.:\_____ヾ:.:.:.:.:.|  ∨ >:┴…'´ー‐-、|:.:.:.. \:   |:.:.: |、
:. /了:.:.:.:.:.:.:.:.: /:.:.:.:.:.:.:. ``ー-、L.. __〉.'"        \:.:.:.:.:.:.ヽ:.:./:.:.:/: \
/__/:.:.:./:.:.:.:/-、:.:.:...     __  .:Y´:: _,.     =ミ:.:\_;;;;;V;;;/ヽ  l
:.:.:.:.:.,.イ:.:.:.:.:.:ノ|! _}‐‐::.:.:.. ,r‐'´ ノ. . ::lr'´::"          :;;;|:.:.`ー'⌒  |  |
:.:.:.:厶;;辷==' /⌒|::.:_;. -'´...:/   :.:l!:.:::            :;;;;;|:.:.:    ',     ∧
:.::イ:.:.:.:´ `ヾ|::  レ'ヽ:.:.:.:/ .:.:.:.:.:.:.:.:.|!:.:.:...     rぅ...:.;;;;;:∧:.:.:.   ヽ.  |: \
:.:/:.:.:     :.:.|::/ /r─  ̄〉.:.:.:.:.:.:.人;;;;;;;;;,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,;;;;;/::∧:.:.:.:...... ヾ \
:.:.:.:.:.:   :.:/: :/.:.:/__ノィ' ̄〉‐一'´___  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄lヾ、:/ :::\_::::::.: . l|  :ヽ







785名無しのやる夫だお:2010/02/14 (日) 22:23:44 ID:mJKZae7M
キメェwww







786 ◆oLG9iWoh0E:2010/02/14(日) 22:23:56 ID:gMxVmojQ

今日も、ランニング中心の間ニューが組まれていた。
グラウンドに全員が集められ、まずは全員で揃ってグラウンドを10週する。



                  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
                  |  キーーーン!!       |
           _    __   \_    __________/
         / ヽ   /  |    /  /
           ∥ ∥/l  ∥   / /
        _||__||_||___||  // ―――――――
       (((        ヽ ――――――――――――――
       Щ‐∩ー ∩‐彡 | ―――――――――――――
     /~l щー、щ―、 彡│――――――――――――――
     lノヽ、|{{}|{} } ||  /   ――――――――――――――
     ヽノ ` .=ニ^ニ=, ´ノ /   _/^l ――――――――――――――
      ヽ,_/ l二ロ二lTl ̄|| ̄(__ノ  ―――――――――――――
  /lヽ  __lo\ |:l ___||  lV ̄  /⌒) ―――――――――――――
  | | | ̄|     ̄ ̄ O ̄|=ニニ二_ノ~ ―――――――――――――
  V__ノー|_         ~|ー| ̄|| - ―――――――――――
        ̄ ̄`ー、__ノ___|≡||  ――――――――――――――
                  |__ノ  ―――――――――――――
                              ___
                             /    \
                           /  '⌒   \
                           |'". .. ・    |
                           |  ー‐'      |
                        / ̄∩\____/( ̄""''ヽ    ̄_ ̄二-  ̄_ _ _
                        ゝ_冫!__   ____\/_  〉
                         \_!:::|  |:::::::::::::::::::::::ヽ_冫ノ
                            |___,,.. -‐'''"ノ ̄.i     _ ̄三二- ̄-  ̄_ _ _ ̄
                          (⌒ 、`ー、./-‐''" |7_|
                           \__"''__〈      ゝ-‐'
                              ̄"´


その後、競争形式のランニングに切り替わり、下位には罰として追加でのランニングが命ぜられる。







788 ◆oLG9iWoh0E:2010/02/14(日) 22:24:23 ID:gMxVmojQ

できる夫が、好きではないメニューが始まった。



.        / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
.       /:.               \
     /: : :               \
.     / : : :                  ヽ
    | : : : :  ,.r-===='   ヾ=⌒    l
    |: : : ::;  ( ○ )   ( ○ ) .;:: |
    |: : : : :    ´"''"      "''"´     l
  ,_ ヽ___        ゝ       /__
/:: r' | r' ̄二ユ   --、__      / : :: :: :`:、__
: : : :::| .| | /  ) `)         /: :.ヘ : :: :: :: :: :: :\__
 : : |.ノ. ノ /  ⌒ヽ_  _  , ´ |: : : :ヘ: :: :: : : : : : : : .ハ
 : :: ::\         `ト、   /: :、 : : \: :: :: : .i i: :/: ::ヘ
 : :: :: :l: `ー┬-、      |ii入 /|:: :: :\/: : : : {. レ /: :: : ヘ
  : :┐|: :: :: :: :\)  7 ./iiii〈    |: :: :: :: :\: :: :: :V /: :: :: :: :}
 : :イ .|__/ ,へ/⌒\ ./iiiiiiii}   | : : : : : ::/: :: :: : V: :: :,イ: : :!
 イノ: : / /: :: :\_  ̄\iiii}   |: :: :: :: :/----: : .| /ノ: :: :|







790 ◆oLG9iWoh0E:2010/02/14(日) 22:24:46 ID:gMxVmojQ

競争形式のランニングが開始するや否や、先頭集団が飛び出していく。
2年のレギュラーで構成された先頭集団に、ただ1人やる夫が混じって飛び出していく。


                                                 ____
                                         ―― [] ] /      三\
                                         | l ̄ | | . 三     \ 三/
                                         |_| 匚. | 三  .   ( ○) (○)'
                                            | |  三  u   (__人__)  |
                                            |_|   三    .  ` ⌒´ /
                                       [] [] ,-    r⌒ヽ  rヽ,  }
                                        //   三    i/ | ノヽ
                                       匚/     三   三   /    )≡
                                              三  三  /   /≡
                                             ニ三   ./   /
                                            二≡、__./    /、⌒)
                                           三          \  ̄
                                          三     /\    \
                                         三     /ニ ヽ 三   三
                                         三    /  ニ_二__/
                                        三  ./ .
                                       ≡  /  |
                                      ≡ /
                                     三_ノ


ギュンギュンと差が伸びていく。
できる夫は、やる夫の背を見ている事しかできない。


           ____
         /     \
       /        \
      /  \    /  \
     |    (●)   (●)   |        「・・・」
     \      ´     /
     /      ̄ ̄    \







791 ◆oLG9iWoh0E:2010/02/14(日) 22:25:42 ID:gMxVmojQ

普段の実力さとは異なる境遇が、そこには置かれている。
ランニングに関しては誰もが、やる夫に一目置かざるを得なかった。


          ____
        /     \
      /        \
     /  \    /  \
    |    (●)   (●)   |
    \      ´   u /
    /     ⌒     \



冬に差し掛かるまで、ランニングは皆でペースを合わせて行っていた。

やる夫の1年生離れした体力に皆が目を丸くしたのは最近の事、
このメニューが始まってからの事だ。


         ___
        /⌒  ⌒\         ━━┓┃┃
       /(  ̄)  (_)\         ┃   ━━━━━━━━
     /::::::⌒ __´___ ⌒:::: \         ┃               ┃┃┃
    |    ゝ'゚     ≦ 三 ゚。 ゚                       ┛
    \   。≧       三 ==-
        -ァ,        ≧=- 。
          イレ,、       >三  。゚ ・ ゚
        ≦`Vヾ       ヾ ≧
        。゚ /。・イハ 、、    `ミ 。 ゚ 。
                               \    \
  NVVVVVVV\                     ヽ\、  ^\
  \        \                 \ .\\ヽ、   ^\、
  <         `ヽ、                \ .\\ヽ \    |\
  </ /"" \ .ノヽ. \                \. \  \ \    λ\、 
   //, '〆  ノ  )  \ ヽ   「ちょwwwはええッス!!」  \ \      \、
  〃 {_{  ( ○)}liil{(○)| i|                 \.  \   \ \      ^ー)\   「オラッシャ!」
  レ!小§    (__人__)  | イ━                 \  \.  ´⌒ヽ,⌒ヽ,_       ^)\、
   レ §  ヽ |!!il|!|!l| /|ノ ┃┃                 \  \.    人  λ\  ____   ^)\λ
  /   ゜。   |ェェェェ|。゜ ∩ノ ⊃                  \.  「\    、  ヽ./ _ノ ヽ、\     |
  (受\  ∞   ∞  /_ノ                      \ \ \    ヽ./ ( ○)}liil{( ○)   て
  .\ “  _∞∞_ノ∞/                      \  \ .\ ./     (__人__) .\   (
    \。____  /                        \  \ ^|       |!!il|!|!l|   |   r'"
                                         Z_ . ヽ、_\     |ェェェェ|   /   て
                                           Z_   .\______/    (
                                             Z_               r'"
                                               Z、、            (
                                                ⌒ゝ人/^ゝ人/^ゝ人/^







792名無しのやる夫だお:2010/02/14 (日) 22:26:00 ID:Mx8xFWnI
そういえばやる夫ができる夫に勝てるのはスタミナだけだったか







793 ◆oLG9iWoh0E:2010/02/14(日) 22:26:11 ID:gMxVmojQ

できる夫はというと、2番手集団の先頭を走っている。
それができる夫の最速のペース。できる夫の限界だった。

                   ハア
                     _____
           r⌒ヽ、   .  /ノ '  ヽ\
          / \  \. / ( ー) ( ●)
         _/ / ヽ   /    U   ___`___ \
        〈__/  . |  |       `ー '´  |
             /  .\     i⌒\   / ハア
              /   / ⌒ヽ, _.ヽ  .\/
        .__   r  /     |/ー、\   \
          "ヽ |  i,        ノ   .\^ U i
            | ヽ./ ヽ、_../   /     .  ヽ、__ノ
            i /  //  ./
            ヽ、_./ ./  /
                / /
              ノ.^/   ダッ
           |_/



そして悔しい事に、この位置は、やる夫の背中がよく見える。

                                                   ___
                                                  /     \
                                                /::::::::::::::::    \
                                               /::::::::::::::::       \
                                               |::::::::::::::::::::::::   U     | ハッ
                                               \::::::::::::::::        /
                                           ハッ    | :::::::::::::::    | iヘ 
                                                |  :::::::::::::    ゝ__/
                                                | U::::::::::     /







794名無しのやる夫だお:2010/02/14 (日) 22:26:14 ID:A5gE3onw
面白くなさそうな顔だなw







795 ◆oLG9iWoh0E:2010/02/14(日) 22:27:00 ID:gMxVmojQ

このランニングの何回目かに、やる夫が酷く頑丈な足腰をしているのに気が付いた。


           ヽ   ` /  '}
            >   /ごノ
        __,∠     /    キュムキュム
      〈、    /
       \、__ノ



しまらない上半身とは対照的に、下半身にはむっちり肉がつき、
ズボンがはちきれそうに浮いている。

陸上でもやっていたのか?

                 |::::::::::::::      ( / ̄ ̄\
                 |:::::::::::       /      `、
                 |::::::::::.      /  .....     ヽ    ―、_
                 `、:::::::::     / ...:::::::、:::..    \   | _) )、
                  |:::::::::::::      :::::::::::`、::::...   ヽ  |  `'、ノ )
                  ):::.:::::..........  .....::::::::::::/ヽ::::....   `、 ノ ノ::::::`'ノ
                /::::::::::::::;;;;;;;;;;;;;::::::::::::::::;/   \::::::..   ::::::::::_;;ノ
              /::    ::::::::::;;; ――--‐'      \::: ....ヾ:::(
            /::      ..:::::/             ヽ :::::::::::ノ
           /:      ..::;;::'"                `――'
           |:::    ..::::::/
           |     ;:<
           ヽ ,,,,,.....   \
            `ヽ、:::::::::::....  \_
              `ヽ、:::::::::......  !
                 `ヽ、::::::: ノ
                   );;:: (
                  ノ::::  |
               (_(_(_(_(_ノ


皆がそう噂するほど、やる夫は走りこんだ下半身を持っていた。







796 ◆oLG9iWoh0E:2010/02/14(日) 22:27:39 ID:gMxVmojQ

その肉体は嘘をつかない。
やる夫は今日もレギュラー陣を相手取り、熾烈な首位争いを行っていく。

                                               _____
                                     r⌒ヽ、   .  / ー  ー\
                                    / \  \. / ( ●) ( ●)
                                   _/ / ヽ   /     (__人__) \
                                  〈__/  . |  |       ` ⌒´   |
                                       /  .\     i⌒\   /
                                      /   / ⌒ヽ, _.ヽ  .\/
                                  .__   r  /     |/ー、\   \
                                 "ヽ |  i,        ノ   .\^   i
                                   | ヽ./ ヽ、_../   /     .  ヽ、__ノ
                                   i /  //  ./
                                   ヽ、_./ ./  /
                                       / /
                                     ノ.^/   ダッ
                                     |_/


普段の鬱屈をぶつけるかのように、やる夫はいつもこのランニングにムキになる。



::::::... ..丶
:::::::.... ...\
:::.' ──-.. \
:::::::... ⌒__丶 \
:::::::::.... .'::. ).ヽ  .ヽ
:::::::::::.... __ ..丿   ヽ
:::::::::::...    ヽ   .ヽ
:::::.._ ノ ヽ.____丿   .丶
::::::::::::::.... ..::ノ      .)      (・・・)
:::::::::::..   ../       .ノ
:::::::::.⌒ "       ..ノ
:::::::::::::::::....    ....::::::../
:::::::::::::::::::::.. ......::::./







797 ◆oLG9iWoh0E:2010/02/14(日) 22:28:10 ID:gMxVmojQ

一度やる夫が勝った時、全員を見回し、フンと鼻息挙げて見せた。


       ____
     /     \
   /_ノ  ヽ、_   \
  /(●)三(●))   .\
  |   (__人__)      |
  \ ヽ|r┬-| /   /  フンッ
  /   `ー'´      \



その日の事は皆目に焼きついている。

                                                           ,..----r____
                                                       _.ヘrヘ_/. :: :/1::: ::_人
/::/:::::/厂|h{ 三≧>l:::::::::::冂::::二ニ->                               {_ :: :/ / .::: ::: ::: .: .: : , :: :: ::}
l:/::::::/三 |{ ヘ レr' ,弌廾::|::l:::::::::∠,-‐ 、_rー-t                         ,r´.:::::/ /:::ノ ̄ ̄` ー-、;;:: ::: :::ノ
|/;:::::/>‐〒ヽY =≠ 乂リうV,-‐イ  ::::::/ ..::::/:                      (⌒:{ .:::{. !::( ,  /ヽ   \ ;;: :}
:l:::::ハ「__’イ ノ!\     _ h;ノ   /__ノ-、:_                        7_|∧ :::| 「::ノ| ∨  i! / ! |ト;::ノ
ハ::::小  ̄ ', ヾL \  = レ∠‐ 个  / /  ノ                         |  Y.:! lイl li ノ::::::::::::::`ヽ| 从〈
―l:;代_   ヽ ,、==、  Ξ,/   '  /   /..::                         |  :i {薔. |  (⑪):::(⑪)|l小iv
  |::ト、ぃ、  Y::::::::::\ =,/    ___  ..::::::     ((あのクソガキ・・・))       |  :| ゞ!. |   (_人_)│|ノ
  l  `^\   V⌒ ⌒| /|,、'` ̄      `ヽ、:::                         |  :|    |     ` ⌒´  |
  ヽ  /: :/i;h .V__ノ /:ノ____  .:::::::::::\                         |  :!    |           |
    /: : :{:::ハ`ヽ, ― ノ         \‐ 、::::::::::                         |  :!   .  ヽ      /
   /: :: :/ |::::|:\:`' T        .:::::::\:::::L                          |  :!      :| ̄(*) ̄|:
   |:::// |:::::|: : \: L__   ..::::::::::::::::::::|::::|⌒                        |  :!     .::l_,.イト、__l


2年のレギュラー総出になり、歯を食いしばってやる夫に勝たせまいとした。
皆、必死であった。







798 ◆oLG9iWoh0E:2010/02/14(日) 22:28:35 ID:gMxVmojQ

やる夫がスパートに入ると、先頭集団全員が合わせてスパートを切る。

                                                  ____
                                        r⌒ヽ、   .  /ノ   ヽ、_\
                                       / \  \. / ( ○)}liil{(○)
                                      _/ / ヽ   /     (__人__) \
                                     〈__/  . |  |     ヽ |!!il|!|!l| / |
                                          /  .\     i⌒ェェ|   /
                                         ./   / ⌒ヽ, _.ヽ  .\/
                                     .__   r  /     |/ー、\   \
                                    ."ヽ |  i,        ノ   .\^ U i
                                      .| ヽ./ ヽ、_../   /     .  ヽ、__ノ
                                      .i /  //  ./    
                                      .ヽ、_./ ./  /       
                                          ./ /         
                                        .ノ.^/
                                        |_/


できる夫は更に置いてかれていく。
やる夫はこの時間だけ、常にできる夫の前にいた。


          ____
        /     \
      /        \
     /  \    /  \
    |    (●)   (●)   |    「・・・」
    \      ´   u /
    /     ⌒     \







799名無しのやる夫だお:2010/02/14 (日) 22:28:40 ID:G2hhkRMY
不謹慎ながら、この下半身はきめえww







800名無しのやる夫だお:2010/02/14 (日) 22:28:43 ID:A5gE3onw
本当性格悪いやつだw







801名無しのやる夫だお:2010/02/14 (日) 22:28:45 ID:okqW/4to
やる夫協調性なさすぎるwwww







802名無しのやる夫だお:2010/02/14 (日) 22:28:54 ID:CBI8UJws
そういえば子供の頃に見たヒーローインタビューで走り込みを続けてたんだよな、やる夫







803 ◆oLG9iWoh0E:2010/02/14(日) 22:29:06 ID:gMxVmojQ



        ☆        ☆        ☆        ☆        ☆



1年の終り。桜が新入生を迎える準備を整えた頃。

ゞ:ヾゞ゛;ヾ;ゞ  ,',;:ゞヾゞ;ゞヾ.:     ヾ:ヾゞヾ., .ゞヾゞ;ゞ   ヾ;ゞゞ;ゞ `  ``
,,ゞ.ヾ\\ ゞヾ:ゞヾ ノノ ゞヾ .  ゞヾ ゞヾ  .ゞ;ゞヾ;ゞゞ;ゞ ヾ;ゞゞ;ゞ    `
ゞヾ ,,.ゞヾ::ゞヾゞ:ヾ ゞ:.y.ノヾゞ..ヾ .ゞ,'ヾ  ゞヾゞ ;ゞヽ,.ゞ:,,ヾゞヾ;ゞゞ;ゞゞヾゞ;    `
ゞヾゞ;ゞゞヾゞ;ゞiiiiii;;;;::::: イ.ヾゞ, .,;  ゞヾゞ___// ;ゞ   ゞヾゞ;ゞ  ヾ;ゞゞ;ゞ    `
ゞヾ   ゞ;ゞ iiiiii;;;;;::::: :)_/ヽ,.ゞ:,,ヾゞヾゞ__;::/      ゞヾゞ;ゞヾ;ゞゞ;ゞ
  ゞヾゞ;ゞ   iiiiii;;;;::::: :|;:/    ヾ;ゞゞ;ゞ   ヾゞ  ,            `
ヾ;ゞゞヾ;ゞゞ |iiiiii;;;;::: : |:/ ヾゞ        `
  ヾ    |iiiii;;;;;::::: ::|       `   `             `             `
  `    |iiiiiiii;;;;;;::: :| `      `            `    ` ,
 `     ,|i;iiiiiii;;;;;;::: :| `    `         `     `      ` `   `
     `  |ii,iiiiiii;;;;;;::: ::| `    ,
      ,|iiii;iiii;;;;:;_ _: :|        `        `        `,
 `    |iiiiiii;;;;;;((,,,)::.::|  `       ` ,
  `   |iiiiiiii;;ii;;;;;;~~~:|`               `
,       |iiiiii;iii;;;;i;;:: :: ::| `    `        ,
   `  |iii;;iiiii;::;:;;;;::: :::|     `
,,.,.. ,..M|M|iMiiii;;ii:i;;:;i:i;;:;ヘヘ ,.,.. ,...... ,....~,,,.,..,,,.,.. ,.. ,.. ,,.,..,.,.. ,.... ,,,.. ,.... ,,,.,..

できる夫は久しぶりにやる夫の投球を見た。






806 ◆oLG9iWoh0E:2010/02/14(日) 22:30:03 ID:gMxVmojQ

変化球の調子に納得がいかず、居残りの練習をする事に決めた。

できる夫は既に認められ、ブルペンの使用を許可されている。
しかし偶々混み合っていたがために、久しぶりに旧ブルペンを訪れる。



       ____
     /      \
    /  _,ノ   \ \
  /    (●)  (●) \         (今日は・・・イマイチですね)
  |        '      |
  \      ⌒   /


幸い翌日は練習が休みで、それなりのオーバーワークもカバーできるはずという計算だ。
無茶をして身体を壊す事は望んでいない。


          _.. ‐'''''''''''' ‐ 、
         ,r'        \
        / ⌒         ヽ,
          ( ●)   `―    ..i
        i.      ( ●)    |      「トレーニングは頭脳的に。あたりまえの事です」
          \ _´___       /
           \`ー'´   __/


それは自分の長い野球人生を狂わすもののはずだったから。
できる夫は、練習のやりすぎに殊更注意する性格であった。







807 ◆oLG9iWoh0E:2010/02/14(日) 22:30:32 ID:gMxVmojQ

久しぶりに交錯する、2人。

          ____
        /     \
       /  ─     \
        ' (●)       \
      (l、__)          |
        ⌒´         /
       `l          \
        l           \


                                    ___
                                  /     \
                                /   ⌒  ⌒\
                               /   ( ●)  (●)\
                                |       ___´___   |
                                 ヽ、    `ー '´  /
                             /          \







808 ◆oLG9iWoh0E:2010/02/14(日) 22:30:59 ID:gMxVmojQ

オウ、だのアア、だのどうでもいいやり取りをして、

      ___
    /     \
   /  _ノ '' 'ー \
 /  (●)  (●)  \
 |      (__人__)    |    「オウ」
 \      ` ⌒´   /

                             ____
                            /     \
                          / ⌒   ⌒ \
                         /   (●)  (●)  \
               「ア―ッ!」   |      __´___     |
                         \      `ー'´    /


できる夫が軽く肩を回していると、


            ____
           /     \
          /  \   /\
        /   (●)  (●) \
      |         ´     |      (さて、やりますかね!)
      \       ⌒    /
    / ̄ ̄ヽ           \
   (「    `rノ          \
    ヽ   ノ              \
     |   |             「\   \







809名無しのやる夫だお:2010/02/14 (日) 22:31:04 ID:mJKZae7M
なにもかもがやる夫と正反対な訳か







810 ◆oLG9iWoh0E:2010/02/14(日) 22:31:18 ID:gMxVmojQ

ネットが、爆ぜる音がした。

                                    _,,...._
                                 r‐''ir'',.-,  )           __       /``' ァ
                            _,. ,  _,.!.  ! (..ノ,.r'            /   /        /  /
                           l  lr',.´-ァ  i,,ー '        _,,,... 、.  /  ./       /  ./
                     .      l  l   ,.-'  r''  _,,.. -‐ _,,ニ" -‐ ‐ ' /  /'"! /\ /_/
                           l  l /,.r'i ./   !-‐ ''"         /   /l `'  ,. ' r‐‐r
                     .     l  l( '-'゙ノ                 '-- '´  '-‐'   '‐-'
                          !,. - `'' ´

         ____     l_
       /   u \    /
      /  \   / \   >
    / U (○)  (○) \ \
    |    u  __´,_  U |
     \u    /__/   /







811 ◆oLG9iWoh0E:2010/02/14(日) 22:31:42 ID:gMxVmojQ

できる夫が身体をやる夫に向ける。


          ____ 
        /     \
       /  u   ⌒  \
     /      u (●)  \
     |           __´_ |
      \    u   .``ー/
     ノ           \
                                      ____
                                     /:::::::::  u\
                                   /ノ└ \,三_ノ\   ,∩__
                                  /:::::⌒( ●)三(●)\ fつuu
                                  |::::::::::::::::⌒(__人__)⌒ | |   |
                                  \:::::::::   ` ⌒´   ,/_ |   |
                                   ヽ           i    丿
                                  /(⌒)        / ̄ ̄´
                                  / /       /

やる夫は、続けてボールを放った。
再び、乾いた音を散らして爆ぜるネット。







812名無しのやる夫だお:2010/02/14 (日) 22:31:49 ID:I1Nm6r.M
待て、その返事はおかしいw







813 ◆oLG9iWoh0E:2010/02/14(日) 22:32:01 ID:gMxVmojQ

視線が、やる夫に集中する。
できる夫は、やる夫を凝視した。


           ____
         /     \
       / \   / \
      /  (●)  (●)  \
     |        ´      |       「・・・」
     \      ⌒     /



春に見たやる夫の球とは、雲泥の差があった。
球速が、格段に上がっている。


                                         ___
                                       /     \ 
                                      /   \ , , /\
                                    /    (●)  (●) \
                                    |       (__人__)   |
                                    \      ` ⌒ ´  ,/
                                .      /⌒~" ̄, ̄ ̄〆⌒,ニつ        三三三三○
                                     |  ,___゙___、rヾイソ⊃               ビュッ!
                                     |            `l ̄
                                .      |          |


それでも、野球部の誰よりも球は遅いだろう。

ストレートばかり投げている事をみると、変化球はまだ上手くいっていないのかもしれない。







814名無しのやる夫だお:2010/02/14 (日) 22:32:02 ID:A5gE3onw
アーッじゃねぇよw







815 ◆oLG9iWoh0E:2010/02/14(日) 22:32:38 ID:gMxVmojQ

だけどこの一年で最も球速が上がったのは、やる夫だろう。


          ___
       /     \
      /\   /  \
    / (_)  (_)    \      (中々やるじゃないですか)
    |    、_',__,       |
      \           /


できる夫は素直な感想を思い浮かべる。


冬の事があったからか、できる夫は初めてやる夫の体躯に気付いた。
強靭な下半身は、既に野球部一であることは証明されている。

     ____
   /      \
  /  ─    ─\
/    (●)  (●) \  ジー
|        ___'___    |
/     ∩ノ ⊃  /
(  \ / _ノ |  |
.\ "  /__|  |
  \ /___ /

                                        ヾ___,ソl          │(、__,ノ
                                            |          |
                                            l    Y´     /
                                            ヽ,   (     ,/
                                             ヾ  |   |
                                              ≒;|   |
                                              (.("_`゙_)

問題は上半身がそれについていかなかった事なのだろう。
春のやる夫を思い出し、できる夫はそう考えた。


        ____
      /     \
    /  -     - \
  /   (一)  (一)  \
 |      __´___     |    (フォームがガックンガックンしてましたからねえ・・・)
 \      `ー'´     /
 /     ∩ノ ⊃   /
 (  \ / _ノ |  |
. \ “  /__|  |
   \ /___ /







816 ◆oLG9iWoh0E:2010/02/14(日) 22:33:01 ID:gMxVmojQ

けれどそれが改善されている。
硬球を投げ込む事によって鍛えられた上半身が、土台となる下半身を使い始めている。


                                       /'´ ̄ )/ヽ
                                      ./  Y/´ /,へ、
                                      く、 {./  // ├(⌒ヽ
                                       \ ヽ ヾ」  | ./  /
                                        ヽ ヽ !! /Y  {
                                         `ヽヽノヽ( ( )ヽ
                                          \       i ____
                                      .      i      }  \ / \
                                           |     :{ (●)三(●)\
                                      .     |:      :|   (__人__)   \
                                           |: :     :|    |::::::|     |
                                          i.| ::     |__   l;;;;;;l    /
                                      .    |  :      |  \´ ̄`/ ´ .ヽ
                                         /        .|::... ヾ  ゙ヾ;;::;" ..::\
                                         /       ヽ...}゙l:::::::::::...   : :;"  :::: 、
                                        {  . ノ      ヽノ :、:::::::::・;: ;;;;''、,::::・ ;:ノ.. ヽ
                                        ヽ::/:  ヽ.........::ソ "゙''ー--'''''" ゛::; "゛'...}、:::: |
                                         ヽ:::...:::::::::::::_/::゛'ー_  ,,;;;!、  ,,;;;  ,、:::ノ
                                           ̄ー─'i::::::: .゙゙,,、  ;::''"`;:::;'''゛゛` /'

球威が上がっているのも当然だった。







817 ◆oLG9iWoh0E:2010/02/14(日) 22:33:22 ID:gMxVmojQ

できる夫が気付いたのは、それだけではない。
やる夫の体格。それに目を留めた。

                                         .        ____
                                        ..          /        \
                                               / _ノ   ヽ_   \
                                             / (●)三(●)    \
                                             |     (__人__)       |
                                             \   `ー ´     /
                                              / ゝ         ィ'ヽ
                                            /                 \
                                           /   ィ          r   \
                                           |   `||           |ヽ  ヽ
                                           /⌒ヾ|          | |,  |
                                           ヾ___,ソl          │(、__,ノ
                                               |          |
                                               l    Y´     /
                                               ヽ,   (     ,/
                                                ヾ  |   |
                                                 ≒;|   |
                                                 (.("_`゙_)







818 ◆oLG9iWoh0E:2010/02/14(日) 22:33:45 ID:gMxVmojQ

やる夫が言葉の悪い奴らに、ちょくちょくメタボと陰口叩かれていたのを知っていた。
鼻で笑っていたものだ。

--------------------------------------------------------
           ____
          /_ノ   ヽ \
        /( ●)三(●)\       rっ
      /::::::⌒(__人__)⌒::::: \    / ^゙''_つ
      |     |r┬-|     |   /゚。 / ̄
      .\      `ー'´     /''"´、   /
     /u゚ `ー ----一-一''´u 。 ゚  /
   / 。 ゚。 r u゚  ゚。 u  ゚  イ_,,r-''"
   ( ゚。 `ヽ、_,r-っ 、   ・ /´
   ヽ、 __,、_,ニつ `゙ ''''" i
       ノ  。 ゚ u  ゚ 。 u゚ ヽ
     _ト-───────-イ_
  /´  `ー-、__   __,r- '"u ゚ `ヽ
  (  ノ ゚ u 、_  | ̄´|   _,,  ヽ )
  ヽ、_____  ̄`t-r'´ ̄__゚_u__,ノ
          )_/ \_(
--------------------------------------------------------


あれだけ走りこんでいる奴が、メタボな訳ないではないかと。


だけどやる夫の体躯は、パッと見ではそう見えなくも無い。
余程の大食漢かと思っていたのだが、それは全くの勘違いだったと気付く。


       ____
..     /      \
    /   \   /\
  /    (●)  (●) \
  |        '      |       (・・・)
  \      ⌒   /
.  /⌒ヽ         ィヽ
 /      ,⊆ニ_ヽ、  |
./    / r─--⊃、  |
| ヽ,.イ   `二ニニうヽ. |







819 ◆oLG9iWoh0E:2010/02/14(日) 22:34:16 ID:gMxVmojQ

身長は大きい方ではない。
けれど、身体が日本人離れしてガッチリとしている。

肩幅が広く、肋骨のラインが太く、肉が分厚い。
                                          .           ____
                                       ..        /        \
                                                   / _ノ   ヽ_   \
                                            / (●)三(●)    \
                                              |     (__人__)       |
                                            \   `ー ´     /
                                                 / ゝ         ィ'ヽ
                                           /                 \
                                              /   ィ          r   \
                                          |   `||           |ヽ  ヽ

沖縄地方や、南国の人間に時折見られる体格だった。
一見鈍重に見える、強靭な骨格。

やる夫の肉体が恵まれているものである事に、できる夫はようやく気付いた。


     ____
   /     \
  /::::::::::..   \ \
/:::::::::::::::::::..  (ー) \
|:::::::::::::::::::::::::::..    、__|       (・・・)
\:::::::::::::::::::::::::::..   /







820 ◆oLG9iWoh0E:2010/02/14(日) 22:35:02 ID:gMxVmojQ

だけど依然、上半身は仕上がりきってはいなかった。

                                                  / ̄ ̄ ̄\
                                                 / ─    ─ \
                                               /  (●)  (●)  \
                                               |  \ (__人__) /  |
                                               \_ | ` ⌒´ | _/
                                                /        |
                                               (_)| ・    ・ ||


できる夫は、それを悟ったとき、背筋に嫌な汗が流れたのを感じた。


       ____
     /⌒  ⌒\
   /(○) (○ ) \
  /    __´__      \
 |      -      |     (これは・・・)
 \            /


地肩の強さを鑑みて、自分程の才能を持っているとは思えない。

優れた投手は、大抵の場合図抜けた才能が一目で解る。
そういう素質は持っていない。


.        / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
.       /:.               \
     /: : :               \
.     / : : :                  ヽ
    | : : : :  ,.r-===='   ヾ=⌒    l
    |: : : ::;  ( ○ )   ( ○ ) .;:: |
    |: : : : :    ´"''"      "''"´     l
  ,_ ヽ___        ゝ       /__
/:: r' | r' ̄二ユ   --、__      / : :: :: :`:、__
: : : :::| .| | /  ) `)         /: :.ヘ : :: :: :: :: :: :\__
 : : |.ノ. ノ /  ⌒ヽ_  _  , ´ |: : : :ヘ: :: :: : : : : : : : .ハ
 : :: ::\         `ト、   /: :、 : : \: :: :: : .i i: :/: ::ヘ
 : :: :: :l: `ー┬-、      |ii入 /|:: :: :\/: : : : {. レ /: :: : ヘ
  : :┐|: :: :: :: :\)  7 ./iiii〈    |: :: :: :: :\: :: :: :V /: :: :: :: :}
 : :イ .|__/ ,へ/⌒\ ./iiiiiiii}   | : : : : : ::/: :: :: : V: :: :,イ: : :!
 イノ: : / /: :: :\_  ̄\iiii}   |: :: :: :: :/----: : .| /ノ: :: :|


恵まれていたとしても、自分と比較する程では無い。
そう思えたが、それでも。







821 ◆oLG9iWoh0E:2010/02/14(日) 22:35:27 ID:gMxVmojQ

そしてできる夫は、口を開く。

          ____
        /     \
      /        \
     /  \    /  \
    |    (●)   (●)   |       「随分・・・できるようになりましたね」
    \      ´   u /
    /     ⌒     \


彼は、一度だけ振り向き、

                                                   ____
                                                  /     \
                                                /_ノ  ヽ、_   \
                                               /(●)三(●))   .\
                                               |   (__人__)      |
                                               \ ヽ|r┬-| /   /
                                               /   `ー'´      \



                                                  / ̄ ̄ ̄ \
                                                /::::::::::::::::    \
                                               /::::::::::::::        \
                         「すぐに、追い越してみせるお」      |:::::::::::::::::::::          |
                                               \:::::::::::::::        /
                                               /           \

ポツリとそう呟いた。







823 ◆oLG9iWoh0E:2010/02/14(日) 22:35:43 ID:gMxVmojQ

ひたり。












          |::::::::::::::::::::::::::::::|                                  |::::::::::::::::::::::::::::|
         ノ:::::::::┌─┐::::i                             i:::::┌─┐::::::::ヽ
        /::::::::::::|   .|::::::|                             |::::::|.   |::::::::::::|
        l /二i ̄ ̄iミヽi                                 .ir'ミi ̄ ̄i二\ l
        iシ ̄ .i   iヽヽi                              i,r',ri   i.  ̄シi
.        /    !   | ヽi                               i,r' |   !    ゙i        ( ⌒ヽ
         /      |   |  i                               i.   |   |      ゙i      (    )
      丿     |   |   i                                 i   |   |       \    )   )
     r´        !   !   }                                {   !   !        `ヽ  ノ  ノノ
     ト-‐ '´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄7 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄V ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`' ‐イ ∠ノ ゞ゙´、
       `────────';.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.'────────´
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;


足音が、聞こえた気がした。







825 ◆oLG9iWoh0E:2010/02/14(日) 22:36:11 ID:gMxVmojQ



        ☆        ☆        ☆        ☆        ☆



2年になって、やる夫とできる夫は、同じクラスになる。


┏─────┓  . . ..::::::::::|  ||  ./
│≡≡≡≡≡│  . . ...:::::::|  ||/     ||
┗─────┛    . . . .:::|  ||       ||  |  .
    (◎)         . ..:::|  ||/     ||  .! :   :
    ヽ|ノ          . .::|  ||       ||   | :   :
__(__)_________|  ||       ||  | :   :
                \|  ||    / ||  ,i :    :
 ̄|| ̄ ̄|| ̄ ̄|| ̄ ̄|| ̄ ̄||.  \. // ,|i〕  | :    :
==||====||=〔 ̄ ̄ ̄〕||====||    \.    ||  ,| ::   ::
\||__\ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\,||.      \  ||  i ::   :::
  \  ||\______\        \,||  | :::   .:::
 ̄||.   ||\||   :=:   || ̄        \ | :::   ::::
 ̄||:   ||  || ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|| \         ノ .::::   :::::
  ||      ||          ||..  \         ゙^ヽ,  .:::::::
           〔 ̄ ̄ ̄〕.    \         `~、
 ̄ ̄\    \ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\.. \
     \.    ||\______\ . \
 ̄ ̄ ̄||~     ||\||   :=:   || ̄.   \
 ̄ ̄ ̄||    ||  || ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||        \
      ||.       ||          ||


ただ、できる夫は少し前のように、やる夫に話しかける事は無くなった。






827 ◆oLG9iWoh0E:2010/02/14(日) 22:36:34 ID:gMxVmojQ

意識してしまったからだ。ライバルとして、やる夫を。


          ,..¨ ̄ ̄¨丶
.         /        \
        / ⌒、:::::::      ヽ,
         /( ○)::::::::::::⌒    ..i
.        i     ::::: ( ○)     |
       \  ´           /
           \ ⌒    .__/
          /        \




1年も経てば、同じチーム同士でも格付けは済む。



          ∧_∧        「できる夫には敵う気がしないな兄者」
    ∧_∧  (´<_`  )
   ( ´_ゝ`) /   ⌒i
   /   \     | |        「元から素質が違うのだよ弟者」
  /    / ̄ ̄ ̄ ̄/ |
__(__ニつ/  FMV  / .| .|____
    \/____/ (u ⊃



中学の頃から名を轟かせたできる夫は、瞬く間に居並ぶ同級生を置き去りにした。







828 ◆oLG9iWoh0E:2010/02/14(日) 22:36:56 ID:gMxVmojQ

『別格』。
その評価に多少の満足を覚えるが、そんな所はそもそも見ていない。


                _.. ‐'''''''''''' ‐ 、
               ,r'        \
              / ⌒         ヽ
                ( ●)   `―    ..i
              i.      ( ●)    |
                \ _´___       /
                 \`ー'´   __/
               ,-'"X ヽ  ̄,イ !:: ヽ __.
             __イ:::::::|l, \/  | !:::::ゝ::::::::::::::~゙l
             ,-‐'":r┤::::/|,イソ\ ! ヽ: ̄!::::::::::::::::ヽ
         |::::::::|:::::::::,! .' / l     〈:::::::|:::::::::::::::!::::``ー-、
          |:::::::::::|:::::::j    !-|     ', :::: !:::::::::::: !:::::::::::::::::::`ー 、_
          !::::::|:::|:::::::j    |-┤     !:::::l,:::::::::::::,!:::::::::::::::::::::::::::::::::`ー-、
         ,!:::::::,|:::|::::::|    ├┤      l,::::|:::::::::::::|_:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
         !:::::::::l:::l:::::,!    |─|      ', : !::::::::::!  ``‐--、__::::::::::::::::::::::::ヽ
         ,!:::::::::::l:: !:::|     ├┤      .!::,|:::::::::|        .~`ー-┐:::::::::::`、
         !::::::::::::|::,|:::,!    |-┤      .!:::l::::::::,!           ~ !:::::::::::::ヽ
        |::::::::::::::j:::l::,|    ├┤       .:|:::::::::|               ヽ::::::::::::::ヽ
        ,|::::::::::::::::|:: !,!     |‐┤      .|l::l::::::::|.           ィ=r=ーi'~=二l7
        !:::::::::::::::::|:::|j      | │      .八:l:::::::|.         /≡≡= !  r'´
        !:::::::::::::::::|:::,||    ヽ./      / ̄ !j:::::::ゝ        `ーーf´---'"


できる夫の目標はプロのエースになることにある。
端から同じチームメイトなど、眼中に無い。







830 ◆oLG9iWoh0E:2010/02/14(日) 22:37:59 ID:gMxVmojQ

才能に加え、努力家で、理論家だ。
慢心も、欠片も無い。素質が素直に伸びていく。

今年は3年生を差し置いてエースナンバーを手にすると、誠しやかに噂されているが、
できる夫からすれば――


        ___
       /      \
     /   ⌒  ⌒ \
    /   ( ー)  (ー) ヽ
    |      ___`___     |     「あたりまえでしょう?」
    ヽ、    `ー '´   /
 ⊂⌒ヽ 〉         く /⌒つ
   \ ヽ  /      \ ヽ /


――という事になる。


同じチームの投手に、全ての成績でできる夫が勝っていた。
考慮される時点で腹立たしい。


          ,..¨ ̄ ̄¨丶
.         /        \
        / ⌒、:::::::      ヽ,
         /( ○)::::::::::::⌒    ..i
.        i     ::::: ( ○)     |      (それが事実ですから)
       \  ´           /
           \ ⌒    .__/
          /        \


そんな感情すら持っている。







832 ◆oLG9iWoh0E:2010/02/14(日) 22:38:25 ID:gMxVmojQ

誰もが、できる夫を特別扱いした。


       ,.f"ミミヾ、
     f";;;;ノ^〃=ミミ;、、
    ノ彡リノ/   中 \
    |リ||リ/  ─   ─ \
    (川/    (●) (●) \
    ||ト|     /_人_\   |         (できる夫は・・・別アル)
    iリ\   §` ⌒´§ ,/
      /     ┌─┐
      i   丶 ヽ{beer}ヽ
      r     ヽ、__)一(_丿


        ____
      /  ノ  \\
    /  (●)  (●)\ヽ
   / /∪  (__人__)   \\
 /  ./             | \
(___ノ\  /⌒)⌒)⌒)   //⌒)⌒)⌒)    「いや、できる夫と比べられても・・・」
    ノ  | / / /   (⌒) ./ / /
  /´    | :::::::::::(⌒)  ゝ  ::::::::::/
 |    l  |     ノ  /  )  /
 ヽ    ヽ_ヽ    /'   /    /
  ヽ __     /   /   /


それはできる夫にとって当然の事だったが、1人、異なる感想を持つ男がいた。


      ___
     /     \
   /::::::::::::::::    \
  /::::::::::::::::       \
  |::::::::::::::::::::::::         |
  \::::::::::::::::        /
   | :::::::::::::::    | iヘ
   |  :::::::::::::    ゝ__/
   |  ::::::::::     /







834 ◆oLG9iWoh0E:2010/02/14(日) 22:38:50 ID:gMxVmojQ

できる夫を抜き去り、自分がエースになろうという男。

----------------------------------------------------------------------------------------


                                                  / ̄ ̄ ̄ \
                                                /::::::::::::::::    \
                                               /::::::::::::::        \
                         「すぐに、追い越してみせるお」      |:::::::::::::::::::::          |
                                               \:::::::::::::::        /
                                               /           \

----------------------------------------------------------------------------------------


野球部から半ば外れたところにいるあいつは、チームの外にいようとも、実力が足りずとも、
ただ1人、できる夫が意識する存在だった。


     /.: ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
    /: : :            \
  /: : : _       _   \
/: : : : ´  , `      ´   `    \
: : : : :/´ `ヽ      r´ `ヽ.     \
: : : ::(  f;;;;j l,     l f;;;;j )      l
: : : : ヽ_ ` _ノ     ヽ_ ´_ ノ;;:::    |
: : : : : : ´"''"   '   "''"´        l      (・・・・・・)
: : : : : : . .    `           /
\: : : : : : :. ー -- - -     /
/ヽ: : : : : : : : : : :       イ\
: : : : : : : : : :.``ー- -‐'"´      \
: : : : . : : . : : .                 \







836 ◆oLG9iWoh0E:2010/02/14(日) 22:39:34 ID:gMxVmojQ

2年の夏。
大方の予想通りできる夫はエースナンバーを手に入れる。


            (ヽ三/) ))
         ,___ ( i)))
       /     \ \
      /   ⌒  ⌒ \ )
    /     (>)  (●)ヽ
    |    //  、__',_, // | =3    「えー?わたしですかー?まさかー!!?」
    \            ,/
  ⊂ヽ γ         ヽ
  i !l ノ ノ            !
  ⊂cノ´



快投を続け県大会決勝まで進んだが、打線の援護無く敗れた。


       ____
     /     \
   / _,ノ  ⌒ \
  /   (●)  (●)   \
 |     、 ´       |  (( ∩))     「私は打たれてませんよ?
  \       ̄ ̄   /    ( ⌒)    打たれたのは2番手です」
  /          \



この頃から、できる夫は県下ナンバー1投手と囁かれ始め、
プロのスカウトからも注目を集め始めた。







837 ◆oLG9iWoh0E:2010/02/14(日) 22:40:09 ID:gMxVmojQ

2年の秋。
秋季地区大会でもできる夫は、段違いのパフォーマンスを見せ付けた。


                / ̄ ̄ ̄\
.                 /ヘ、  _ノ  \
             /(●)  (●) 八. \_
             |   __`__    ⌒  :|ヽ、
              \  ´  `       イ:!::. :. . ....::===‐- 、
             _/ .:ヽ :i::::::::    /.: /:::':.. .:..,. ''.   . :.:.:`ヽ
      , --―'´;.:.、... .: .:i :i::    /:  .:::..:,.‐''". .      .:、  :.:::}     「フンッ!!」
     /   . :.:.ノ:. ..\.ヽヽ:  , -‐''´ .    .   :     .::l . :.:.::|
   /   . .:.:.:./:.     `ヽ、::/         .:::、:.. ..  :.  .::i ...:.::!
    |  . . .:.:.:;イ::      .:i::.          . .::`''‐-、ヽ、.:.. . .:: .:ノ: :!
  /{::. : : .: '´.:.i::.       . :|:      . .:: :.::::::::::::/゙"ヽ、:..:.::´::..: :|
  ,' `: :...:.:.:.::.::;!::.. .    .:.:|:     . . . :: :.:.:::::::::{::. .::;'`:‐ .::.: ;!:|.
 {   :. `''''゙´|:::.:.:. : . . . .:::l::.   . .. .. .:.::..:.:::::::::::|::. . ::i   ..:::iく ::|
  {:.:.. .:.. . .:.:::ト、:.:.. . .  . .:.:;!、::.. . . . ... .:.::..:::::::_;;.ゝ、..:|    ..:ノ
 /`'''  、,,,___:ノ \::. :.....:.:ノ::..`'ー::.....;;;_;;:.-‐''....:...:::,>'=、  .::i :.::}     ┓ ┃┃   ━┓.   .      /| . 
. {:.:. .   ___\   ` ‐-=、:::.:.. ..::r ー-=、.....:...::..::::/      . .:::! :; ::|     ┃ ┗╋  ━┫|   レγヽ   / |⌒i
 !ー: . /:::___;>┐    \:.. :! ,.-―:‐、:: ,,.:‐''´    . . :__;ノ.イ.:.::|       ┻   ┃  ━┛|< | | |.  / |  |
 ';.:../:::::/´、   ̄)ヽ. _,r―‐亠- 、!::::::::::::::|「:     . . - '''´. : :丿.:/


2番手投手が育っていないためチームは勝ち進まなかったが、
最速140キロを超えるその投球内容に、毘都附でただ1人全国レベルを囁かれ始めた。







838 ◆oLG9iWoh0E:2010/02/14(日) 22:40:32 ID:gMxVmojQ

あいつは、依然誰の注目も集めていない。










----------------------------------------------------------------------------------------


                                                  / ̄ ̄ ̄ \
                                                /::::::::::::::::    \
                                               /::::::::::::::        \
                                                 |:::::::::::::::::::::          |
                                               \:::::::::::::::        /
                                               /           \

----------------------------------------------------------------------------------------







839名無しのやる夫だお:2010/02/14 (日) 22:40:47 ID:I1Nm6r.M
何度見てもキメェw







840 ◆oLG9iWoh0E:2010/02/14(日) 22:40:52 ID:gMxVmojQ

2年の冬。
再び、できる夫はあいつの後塵を拝む。

             ___
           / ヽ  / \
      r⌒ヽ / ;;( >) (<)
      / /\ .| l|lii!:::::: __´,_ ::i
     〈__/  }| ::::::u; /  / ;::::|
         / \     `⌒´_/
        /           \                                        i^ヽ
       /      / ̄ ̄ヽ )                                       ノ .|
   _  r  /⌒ヾ/   //                               _____   / ./
  "ヽ |  i,     i    (_ノ                               / ー  ー\. /. /
    | ヽ/ ヽ、_/  /::::::::::::::::::::::::::                             / ( ●) ( ●) /
    ヽ、_/ / /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::                         /     (__ 人__) \
        (/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::                           |       ` ⌒´   |
                                  <\_______\            /
                                   ヽ_______,_\______/
                                              /      /
                                              /     /
                                             /     /
                                       rー、   {    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
                                       | ヽ \ / ヽー―─―/  /
                                       匕iヽ, /  ./    /. /
                                          ヽ、_./      / /
                                                  / ヽ,
                                                  ヽ、__つ


一年ぶりに立ち塞がったあいつ。
今年の冬、誰にも前を許さなかった。


        ___
    /      \
   / ::\::::::/::: u\
 /  (⌒):::::::(⌒)  ヽ
..|       、__',_,   u.   |      「ハハ、誰でも一芸はあるものですよね」
...\    `‐'´     /
.  /⌒ヽ   ー‐   ィヽ







841 ◆oLG9iWoh0E:2010/02/14(日) 22:41:21 ID:gMxVmojQ

そして必ず、できる夫を睨みつける。

                                             ____
                                            /⌒三 ⌒\
                                          /( ○)三(○)\
                                         /::::::⌒(__人__)⌒:::::\
                                         |     |r┬-|     |
                                         \      `ー'´     /

       ,. -―- 、
      /        \
    /  -‐    ‐-  \
   i  ::(◯)ililili(◯)::: ヽ
   {       `      }
    ゝ   `‐‐--   ノ
     >ー       ゝ、
   /´             ヽ
   l    i          l  i
  .l    l        .l  .i
  l    l         l  .i


言葉は無くとも、言いたい事は解る。



あいつはまだ、少しも諦めてはいないのだ。


     /.: ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ \
    /: : :             \
  /: : : :              \
/: : : : : :                 \
: : : : : : : :.._        _      \
: : : : : : : ´⌒\,, ;、、、/⌒`       l
: : : : ::;;( ○ )::::ノヽ::::::( ○ );;:::    |
: : : : : : ´"''",       "''"´       l
: : : : : : . .      ゝ         /
\: : : : : : :.  ー--- ‐'       /.
/ヽ: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : イ\
: : : : : : : : : :.``ー- -‐'"´        \
: : : : . : : . : : .                   \


               ――――そういう、事だ。






844 ◆oLG9iWoh0E:2010/02/14(日) 22:41:53 ID:gMxVmojQ



        ☆        ☆        ☆        ☆        ☆



そいつがようやく皆に姿を見せたのは、3年の春休みだった。
やる夫が2年ぶりに、皆の前でマウンドに立つ。


          ____
        / _ノ   ヽ\ ギロッ
       / (●)三(●)\
     /   ⌒(__人__)⌒ .\
     |      |r┬-|    |
     \     `ー'´   /
       \ ,,,,    ,,, /
       /        \
     / ,、      .l> ,>
     \ リ       l <
      <_/       ト-'
       i        l
.       l        l
       l   、__.    l
       l    ∧    l
.      l    / l.   l
    ,、-'"l   /' ̄l   l'-、
  /  (__ノ   ゙'-、,_) \
  /                 i


練習後延々と投球練習を続けるやる夫を、監督は無視し続けていた。
自分の命令に背く行動だと思っていた。

                                           ,,、、、ィ イr.ィ;;;ィ.、、、
                                         ,ィイ、;;.:.:;:.:;!;:.:!;:;::;:;:;:::;:;ミ、
                                        ,彡;:;;ヽ;:;j;;;|;:;j;;ノ;;,r'& acute;;;;;:;:ミ
                                        ゞミ,r''ヾ゙,Njィイ'゙´ ``ゞミミ{
                                        `ト;;j_,,、-- 、  ,rー-、 ミ;;N
                                 (( ィヘ     ゙i;;| ,,ィエコ`j  'エユュ, ミ;jリ
                                   !..レ'⌒\...,N , , ,  ノ  , , , j!ハ
                                   .ヽー⌒ヽ .ヽl    ヽ     j/,ノ
           「悔い改めるまで起用しない。            .! ..lヾ、  ェェェェァ  ,斤リ
            指導者として当然だよね?」             ! ..!、..ヽ_ノ _/ .. ,イ |'′
                                        .. \..`</.ー─ './  |‐、_
                                         ,r‐ー''´ヽ .:.:.:.::::/ ,、 ' ノ7`ーr 、
                                        ,イ   ト、 \  ,r'´   /:/  i  `''ー- 、_
                                      _//    | \,ヘV/ヘ 、_/:/   |       \
                                    _/ /     |    !⌒7   /   _」






847 ◆oLG9iWoh0E:2010/02/14(日) 22:42:43 ID:gMxVmojQ

やる夫は野手の居残り練習を一切しない。

野球部の規則が、練習時間は17時まで。


.      /  ̄ ̄ ̄\         ┃|
      /    . . :; : : :\       ┃|
    /      . . : : : : : :\        ┃|
.   |         . : : : : : : : :| .       ┃|      「・・・お疲れ様ですお」
    \_    . : :〃: : : :,/         ┃|
     /⌒` . . : : : : : : :`ヽ.      ┃|
    / . . . . : : : :..: : : : : ,: :\   ,rっ┃|
.   / . : :/`: : : :..::: ::..: : : :i\: ::`≠⌒⊇ |

その後は自主練習という“名目”になっているのをいい事に、
サッと切り上げ、勝手に旧ブルペンに入っていく。



      / ̄ ̄\    γ⌒))⌒) ))
    /ノ( :::\:::/::::i  / ⊃    ゞ
   / ⌒( ●)::::( ●)\ ∩⌒)彡⌒)
   |      (__人__) 〃/ ノ
   |      |r┬-|   / / ))    γ⌒))⌒) ))
   \::::::;:::....  `ー'´  _/( ⌒)ミ⌒) _/ ⊃
   / _ ̄""   / \/ /    __ノノ  ))
  (___)    /      ))


そんな奴を認めるわけにはいかなかった。
それを認めては、チームの和が崩れる可能性もあった。







850 ◆oLG9iWoh0E:2010/02/14(日) 22:43:18 ID:gMxVmojQ

けれど、それが2年も続くとなるとどうだろうか。

やる夫は練習をサボっていたわけではなかった。
寧ろ練習後を本番と捉えているようなやる夫の練習量は、誰よりも多いものだ。


  _______ /⌒ii⌒l_________
  _______≫≪≫≪        ヽ
               /   | .i  i  ̄ ̄|  ̄ ̄ ̄.| ̄ ̄ ̄
            /   | .l  .l   r:'ニ二ニ |.;:、
            /    ⌒  `、  |`ーー‐‐彡|
          |        |  |     ..|
            |         |  !      ,!
         /         ゝ  ゙ー‐‐‐‐''’
        /            \
      /  /    、_ ,    \\       <フン!フン!
   ⊂⊃  /| u  ( ̄Y ̄)    |  ⊂⊃
   ゝ__ノ/  \  (●)  (●) /\ゝ__ノ
.           \ /   \ /
     ⊂二⊃   \___/    ⊂二⊃
     /====\            /====\
    (= ==== ==)  ::::::::::::::::::::::   (= ==== ==)
     \__/ ::::::::::::::::::::::::::::::::::::: \__/
   :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


従順さは欠片も無いが、真面目に野球に取り組んではいた。


故に梅岡は、やる夫に一つご褒美を与えた。

皆が昼の休憩を取る中、やる夫に投げてみろと声をかけた。
投球を見てやる気になったのだ。


                                              ,,、、、ィ イr.ィ;;;ィ.、、、
                                            ,ィイ、;;.:.:;:.:;!;:.:!;:;::;:;:;:::;:;ミ、
                                           ,彡;:;;ヽ;:;j;;;|;:;j;;ノ;;, r'´;;;;:;:ミ
                                           ゞミ,r''ヾ゙,Njィイ'゙´ ``ゞミミ{
                                           `ト;;j_,,、-- 、  ,rー-、 ミ;;N
                                            ゙i;;| ,,ィェテ`j  'テェュ, ミ;jリ
                                            ,N , , ,  ノ  , , , j!ハ
                                            lハ!    ヽ     j/,ノ
                   「やる夫、ちょっと投げてみろ」       ヾ、  ー==‐'  ,斤リ
                                              `ト、       ,イ |'′
                                              ,〕` ー─ './  |‐、_
                                           ,r‐、ノ ヽ .:.:.:.::::/ ,、 ' ノ7`ーr 、
                                          ,イ   ト、 \  ,r'´   /:/  i  `''ー- 、_
                                        _//    | \,ヘV/ヘ 、_/:/   |       \
                                      _/ /     |    !⌒7   /   _」        〉、
                                    _/  ,/      !    〉^{   /  <        , イ /i







851 ◆oLG9iWoh0E:2010/02/14(日) 22:43:58 ID:gMxVmojQ

やる夫はギラリと目を輝かせると、のそのそとマウンドに向かう。

  .        ____
 ..          /        \
        / _ノ   ヽ_   \
      / (●)三(●)    \
      |     (__人__)       |
      \   `ー ´     /
       / ゝ         ィ'ヽ
     /                 \
    /   ィ          r   \
    |   `||           |ヽ  ヽ
    /⌒ヾ|          | |,  |
    ヾ___,ソl          │(、__,ノ
        |          |
        l    Y´     /
        ヽ,   (     ,/
         ヾ  |   |
          ≒;|   |
          (.("_`゙_)


梅岡の、気まぐれのように与えたチャンスを、遅い、と罵るかのように、
ふてぶてしくマウンドでそっくり返る。


肩を暖め始めたやる夫を、できる夫は苦々しく見つめる。


              ( ヽ、
     /.:. ̄ ̄__\ \
    /: : :    <__ \ \
  /: : : _  <__ \ \ ヘ /⌒/
/: : : : ´  , `└--ミ ヽ、\ - \ |
: : : : :/´ `ヽ    丶  -     〉
: : : :.( ー‐ l    ( \        !
: : : : ヽ_ ` _ノ      \_ヽ     {
: : : : : : ´"''"   '   "''ヘ      > 、
: : : : : : . .    `     \   ∠/ヽヘ
\: : : : : : :. ⊂ニニつ    \(⌒)   ノ \
/ヽ: : : : : : : : : : :         ヾ、 /    \
   /: : : :``ー- -‐'"´     \/ \(
,'⌒ ゝ ハァ
ヽ_ノ


これで奴が出てきてしまう。
そう思った。







853 ◆oLG9iWoh0E:2010/02/14(日) 22:44:22 ID:gMxVmojQ

やる夫の投げるボールは、梅岡を驚愕させるものだった。
放物線を描く綺麗なカーブ。


               .,..-''''"´. ̄  ̄ ̄"゙''''― ..,_
              /            _,..,,,,..,,,__`゙''''ー ,,_
            ./          ,/´      . ´゛'''ー-..,,゙'''ー..,,
            l゙         /               `゙''ー ミヘ..、
            !            !                   `''' `'‐、、
            !            .|                       ゛
            .!         ..l,
             |,          ヽ
             . l          ヽ
              ヽ          ヽ
              .ヽ           ヽ,
               ヽ           \
                ヽ.           .\
                 ヽ,            \
                     ヽ                \
                      ヽ                   \
                     ヽ                 `'-、
                         ヽ               `'-、
                          \                ゙'-、
                        \                `'-、
                          \                   、\
                              \                   \、
                               \             :  \\
                                 \  .、          \\\
                                  \ .\ \ \  .、 \ \\
                                 `  \ \. \\\ \\、
                                        ゛  .\ .\  .\ \

我流のはずのそのカーブは、大きく割れて、沈む。

誰にも教えられていないはずなのに、リリースも、肘の使い方も変化球とバレない使い方。
―――作りこまれたフォームだった。






855 ◆oLG9iWoh0E:2010/02/14(日) 22:44:52 ID:gMxVmojQ

次に投げたストレート。130キロは優に出ていただろう。
当然だとできる夫は思う。

`'-、   \    \. .\    .ヽ  ヽ .ヽ   !  ││ |  ! .!  l   /    /  ./  /   . /  .,/
   `'-、.  `'-、  `'-、 \   .ヽ ヽ .l   !  .l |  !  .! l  l   ./   /   /   /   .../  ,/゛  .,..‐″
`'‐、、  `''-、  \   \ \   .\ .ヽ .ヽ  .l  .! .| .!  l ,!  /  ./   ./  ./  /   . / ,/゛ .,..r'"
...,,  `''-..、 `''-、 ゙'-、  `'、. \   ヽ, .ヽ ヽ .ゝ  ! .! ′.| .l゙  ′ /   /  / /  ./ . /  _..‐'゛ ._..-'″
  `''ー、,、 ゙''-、、 .`'-、. `'-、 .\ \  ヽ. " ゙ヽ    l     .!    /  ./ ./ ,./  ,/. / . ,..r'" .,..-'″  _
- ..,_   `'''-、、`'‐、、 `'-,,. \ .`'‐.\  `-                 : '"/ .‐゛ ,/ / ._..‐″_..-'″ . _.. -'"゛
   .`'''ー ,,_  `''-..,,`''-、. `''     ゛                      '"  . / .'"._..‐"._..-'" ._..-‐″
~ ,,,_   .`''ー ,,. `''ー、,゙'-.                             . ‐゙_..-'".._.. ‐'"     _,, ー
    .`゙'''ー ..,,、 `'''ー ..,,                                 .゛ .‐'"゛  . _,, -''''"   ._,,,..
‘''''―- ..,,,,_,   `゙"'ー-..                                  : .-‐'''"゛_,,,.. -ー''"´    
        `゙゙"''―- .                                      .‐'''"´.__,,,.... -―''''''゙゙ ̄
"'''''¬――-.... ........,,,,,,_.                   ._..、- ー、             .__二,゙,゙,,............---―ー''''''
__________                /     /               _________
_____,,,,,,,,,,,.............. ----                 /     . /
         _,,,,.... --‐             ゝ.... -'"゛                    ゙゙̄"''''''―ー-..........,,,,
..... --ー¬''^゙゙´_.. -ー                                    . `゙゙'''― ..,,,_
  _,,,.. -‐'''"´ _,,, ー''二-                                  `゙'''ー ,,_   .`゙゙''''―
`   ._,,, ー'''"_,, ‐''"゛                                      ー、,,. .`゙''ー ,,,、
-‐''"゛._.. -''''"   _.. ‐'"_..-'"                                    ,,.   `''ー .._   `゙'''ー
. -'''"    ._..-'"´._..-'",..-'´ /                                   ゙''-、、    `''ー .._
   . _..-'"´ ,..-'" ,..-'´ .,/     .,,‐                        `-、 .\、  .`''-、.     `゙
.. -'"  ._..-'" ,/´ . /   ./ / 、 ,,   /  .,i      i  .、           '、、 \   \    .`''-、,
  _..-'" ._/´ . /    ,/  /  ./  ,/  ./  /  !  . │  !   '、 \  .\  \.  `'-、    `'-、、
'"゛ . ,..-'´  . /    /  ,./   /   /   ./   !  .! │  l  .l   .ヽ  ヽ   .\  `'-、  ゙'-、     `
._/´   /     ,/  ./  ./   ./    ./   l゙  .|  .,!   .!  .l    .ヽ  \   \  . \    \
   . /     /  /  . /   /    /   /  ,!  !   !   l    ヽ  ヽ    \.  .\.   `'-

あれだけ強靭な下半身。

そして作りこみ、上乗せされた頑丈な上半身。







856 ◆oLG9iWoh0E:2010/02/14(日) 22:45:12 ID:gMxVmojQ

その程度、あいつならやってくるだろう。



     /.: ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
    /: : :            \
  /: : : _       _   \
/: : : : ´  , `      ´   `    \
: : : : :/´ `ヽ      r´ `ヽ.     \
: : : ::(  f;;;;j l,     l f;;;;j )      l
: : : : ヽ_ ` _ノ     ヽ_ ´_ ノ;;:::    |
: : : : : : ´"''"   '   "''"´        l
: : : : : : . .    `           /
\: : : : : : :. ー -- - -     /
/ヽ: : : : : : : : : : :       イ\
: : : : : : : : : :.``ー- -‐'"´      \
: : : : . : : . : : .                 \


できる夫からすれば、当たり前の事だった。






860 ◆oLG9iWoh0E:2010/02/14(日) 22:45:43 ID:gMxVmojQ

梅岡が思わず立ち上がる。

                                     ,、、-‐.:.:.:;;;:;:. 、、、
                                    ィ彳.:.:.:.:.::;:;;;jリ;:;;;:;:;:.ヾ
                                   ィイ.:::;;、;:;:;:;:;;',;1j;:;:;:ノ;:;;:;:;;ト、
                                   ィ:;:;;;,r'"`ヾ;:j;llk''''`ヾミミ、;::;ミ
                                   ヾ;j!   U     `、.;:;:;ミ
                                    リ , --    ─-  ト;:;シ
                                    ハ ,rェェ、  rェュ  Y
                                    ヽ!    l     り
                                     ゙、    `  U ノソ
                  「今のが最高か?」         `、 ー ‐  ,.イリ
                                       ,ト、 _ /  l|
                                     , イノ      ,介、
                                   , ィ´i   \   _/ /| \
                               , ィ"´  i l    ,ヘ ∠  / 1   `ヽ、
                           ,,、-‐''´ iii|   | ト、  |1:;;;;;ハ /  !     `ヽ、
                          / i  1   |     | ヽl 〉;;l V  !  i      \
                         ,/  .:l  |   |        l:;;;;|    !  |:       \
                        /  .:.::|  |lllii !  i  !.    |;;;;:|   l   |:.        ハ


      ___
    /     \
   /  _ノ '' 'ー \
 /  (●)  (●)  \
 |      (__人__)    |     「肩が暖まりきれば、もう少しは早くなりますお」
 \      ` ⌒´   /



やる夫は無表情にそういうと、固まっているチームメイトを流し見して、

       ____
     /     \
   /_ノ  ヽ、_   \
  /(●)三(●))   .\
  |   (__人__)      |
  \ ヽ|r┬-| /   /
  /   `ー'´      \

フン、と鼻で笑ってみせる。







862 ◆oLG9iWoh0E:2010/02/14(日) 22:46:15 ID:gMxVmojQ

この時梅岡は、練習試合で1度やる夫を試す事を考え始め、


                                           ,,、、、,,,, ,,,,、、、、,,
                                        ,,、 ‐'.:.:::;:;:;:::;:;::::::::.:.:::ゞ、
                                       ,イ.:;:;:;、:;:;:;:;;:;:;;:;;:;:;:::::::;:;::::`ト、
                                     ィイ.::::;:;;;:;`i、;:;;;:ji!;:;:; リ;:;:;;:;:;:;:::.:::.:゙、
                                     ゙ゞ.:.`ミゞ.::ゞ;:;;;ノk;;;jii!彡.:.:.:ヾ ミ.:;/
                                      i.:;:;;j′   ``""´ ̄  `ヾ;:;::j
                                      l.:;;リ              リ;;!
                                      ヾj! ´ ̄``   "´  ̄`  j!リ
                                       ハ  ==ミ、 ヽ  ==、 jj;!
                                       〈カ                l !
               (悩みの種の2番手投手が・・・       `1. ////   '゙  //// /′
               解決か!?)                  ト、    、__,   ,イ′
                                         ヾ::.、       /リ
                                          | .::.\ _ ,/  1
                                         ,.イ:::.:.:       ト、
                                      , _ ..ノ⊥:::.:.:.      ,、‐'´ ハ、_
                                _,,、、-‐'"´   i   `ヽ、  ,、‐'´  /  i  ``''ー-、、
                              ''"´          .:|\    ハ ハ   /i  l       ``ヽ
                                      i::.:.:|  \.  l;:;;;;;;;;l  /.::l  |
                                      |.:.:::|   \ト、;:;;;ハ/ .:.:::|   |
                                      |.:::::|      l;;;;;〉  .:.::::|   |


できる夫は、ついにアイツが同じ土俵に乗ってきたのを悟った。


          ,..¨ ̄ ̄¨丶
.         /        \
        / ⌒、:::::::      ヽ,
         /( ○)::::::::::::⌒    ..i
.        i     ::::: ( ○)     |        (・・・・・・)
       \  ´           /
           \ ⌒    .__/
          /        \







866 ◆oLG9iWoh0E:2010/02/14(日) 22:46:41 ID:gMxVmojQ

ひたり。












          |::::::::::::::::::::::::::::::|                                  |::::::::::::::::::::::::::::|
         ノ:::::::::┌─┐::::i                             i:::::┌─┐::::::::ヽ
        /::::::::::::|   .|::::::|                             |::::::|.   |::::::::::::|
        l /二i ̄ ̄iミヽi                                 .ir'ミi ̄ ̄i二\ l
        iシ ̄ .i   iヽヽi                              i,r',ri   i.  ̄シi
.        /    !   | ヽi                               i,r' |   !    ゙i        ( ⌒ヽ
         /      |   |  i                               i.   |   |      ゙i      (    )
      丿     |   |   i                                 i   |   |       \    )   )
     r´        !   !   }                                {   !   !        `ヽ  ノ  ノノ
     ト-‐ '´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄7 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄V ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`' ‐イ ∠ノ ゞ゙´、
       `────────';.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.'────────´
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;


足音が、大きくなる。







867 ◆oLG9iWoh0E:2010/02/14(日) 22:47:13 ID:gMxVmojQ


        ☆        ☆        ☆        ☆        ☆



3年、夏の大会前。


できる夫は、当たり前のようにエースナンバーを手にした。
そんなことはどうでもよかった。

           ____
         /     \
       /        \
      /  \    /  \
     |    (●)   (●)   |
     \      ´     /
     /      ̄ ̄    \


もっと気になる事があった。


       ____
     /      \
    /  ─    ─\
  /    (_)  (_) \
  |        '      |       「・・・」
  \      ⌒   /




奴が、15番の背番号を手に入れた。

        __
      /..::::::::::::::..\
    /..:::::::::::::::::::::::::.\
   /..::::::::::::::::::::::::::::::::::::.\
   | :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: |
   \:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
  ,. -‐'´..:::::::::::::::::::::...`丶、
  ノ .::::::::::::1:::::::::::5:::::::::::....ヽ


それができる夫に気にかかった。






869 ◆oLG9iWoh0E:2010/02/14(日) 22:48:19 ID:gMxVmojQ

3年になってから、やる夫は、ようやく投手としてのメニューを許された。
練習試合で時折、できる夫を差し置いて先発した。

                   ___
.                 /;;;;;;;;;; Y ;;;\
                 /;;;<二二二二二>
                /  ( ●)三(●) 
.               | ::::::⌒(_人__)⌒ヽ 
            ,ヘ  」     |r┬-|   |
           ()_()`ヽヘ     `ー'´  _∠,_
             'ー-‐'"/7´ ̄  | .|二二 _>、   ┼┼``     \、.  j、_人_,.ィ,__,人.
                | |. | .| ___.n/_,, ‐'⌒ヽ   ノ  ツ      _) ̄          `て
                .|g.e.r/   へ||(_____/           J  グハハハハハ   {
                |   '、_r 彡/.|.|                  )             〔
               .|    .| `ー、_.l.|                  ´⌒ヽ'´  `' ̄`v'"`v'``
               .|   | .| .|    .|
               ./〉 、 | .| .|    |
              // .ヽニロニlTlニl ̄|
             //         ヽ`ヽ
           //  / ∧ \    "''‐'、
           ./////           '、
         /  .//  .,,-''"⌒''-,,    \ .i
      / ̄   / ,, -''"      `'-,    ', |
    ///  _,, -'"           `i    ',
   //  ,, -''"                | | .|  .|

そして結果を残した。







870 ◆oLG9iWoh0E:2010/02/14(日) 22:48:44 ID:gMxVmojQ

毘都附の2番手投手の座を実力でもぎ取ったやる夫は、薄く笑ったが、


       ____
    //   \\
   /( ●)  (●) \
 /::::::⌒  、_!  ⌒::::: \
 |     'ー三-'     |
 \              /



それを歓迎するチームメイトは一人もいなかった。

                                           NVVVVVVV\
       ,.f"ミミヾ、                   / ̄ ̄\        \        \
     f";;;;ノ^〃=ミミ;、、              /      \      <         `ヽ、
    ノ彡リノ/   中 \             |    -‐'  へ l      </ /"" \ .ノヽ. \
    |リ||リ /  ─   ─\         | u(● )(● )|       //, '田     )  \  n:
    (川/ u (●)  (●) \        |      | u |      〃 {_{    ノ    ─    ||
    ||ト|     /_人_\   |         | .U  __´___   }      レ!小§  (●)三(●) | 「| |^|`|
    iリ\   §` ⌒´§ ,/         ヽ        !       レ §   (__人__)  |ノ| !  : ::}
     /           \          ヽ       ノ       /   ゜。  `ー'´ 。゜  ヽ  ,イ
   /          ヽ  ヽ         /      く        (愛\  ∞   ∞  /_ノ
   (   丶- 、      __ノ  )        /        ヽ       .\ “  _∞∞_ノ∞ /
    `ー、_ノ     (_,,-─´                         \。_\\\\\/







871名無しのやる夫だお:2010/02/14 (日) 22:49:07 ID:49vVQTpI
というかヤだよこんなチームメイト







872 ◆oLG9iWoh0E:2010/02/14(日) 22:49:21 ID:gMxVmojQ

できる夫は、ここで妙な責任感を持つ。


         ____
       /::::::::::::::::::\
     /::::-::::::::::::-:::\
    / ( ○ ):::::( ○ ) \
   |    :::::::__´___:::::::   |   (チームのためにも……
   \    ::::::::::::::::::::   /    奴を登板させるわけにはいかない)
    / ::::::::::::::::::::::::::::::: \
   ...|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: |


勝手にやってきた奴に背番号を明け渡し、泣いた奴がいるはずだった。
そいつに報いるためにも、やる夫を登板させまいとした。


       ,. -―- 、
      /        \
    /  -‐    ‐-  \
   i  ::(◯)ililili(◯)::: ヽ
   {       `      }
    ゝ   `‐‐--   ノ       (やるべき事は・・・唯一つですね)
     >ー       ゝ、
   /´             ヽ
   l    i          l  i
  .l    l        .l  .i
  l    l         l  .i


簡単な話だ。
自分が全て勝ち続ければいい。



その考えは、できる夫のライバル心に理屈を与え――


     /.: ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ \
    /: : :             \
  /: : : :              \
/: : : : : :                 \
: : : : : : : :.._        _      \
: : : : : : : ´⌒\,, ;、、、/⌒`       l
: : : : ::;;( ○ )::::ノヽ::::::( ○ );;:::    |
: : : : : : ´"''",       "''"´       l      「・・・」
: : : : : : . .      ゝ         /
\: : : : : : :.  ー--- ‐'       /.
/ヽ: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : イ\
: : : : : : : : : :.``ー- -‐'"´        \
: : : : . : : . : : .                   \


――できる夫は、密かにやる夫を敵視するようになる。







875 ◆oLG9iWoh0E:2010/02/14(日) 22:50:47 ID:gMxVmojQ

歪んだ責任感で、使命感だった。

ただしやる夫を敵視する者は、できる夫に限った事でなく、

                           ._ _ _
                         (ヽl_l_ll_l,l
                          ヽ  r
  NVVVVVVV\                │ |
  \        \               |/ ̄ ̄\
  <         `ヽ、           /    \ ノ
  </ /"" \ .ノヽ. \          |    ( ●)(●)
   //, '田     )  \ ヽ      .   | ノ(     | |
  〃 {_{    ノ    ヽ_│i|         | ⌒    ___´__|
  レ!小§ ( ○) 三(()) | イ      .    |    /__ }
   レ §    (__人_)  |ノ      .    ヽ       }
  /   ゜。   `⌒ 。゜ ∩          ヽ     ノ
  (愛\  ∞   ∞  f^ ' ソ          l/   く
  .\ “  _∞∞  / /           |     \
    \。_\\\\/             |    |ヽ、二⌒).、 


できる夫のその感情は、皆が支持するものではあった。






877 ◆oLG9iWoh0E:2010/02/14(日) 22:51:51 ID:gMxVmojQ

それでも、奴は1人どこ吹く風で――


          ____
        /     \
       /  ─     \
        ' (●)       \
      (l、__)          |
        ⌒´         /
       `l          \
        l           \


勝ち続け、居場所を確保するやる夫を見て――



        __
      /..::::::::::::::..\
    /..:::::::::::::::::::::::::.\
   /..::::::::::::::::::::::::::::::::::::.__
   | :::::::::::::::::::::::::::::::::::/..::::::::::::::..\
   \:::::::::::::::::::::::::::/..:::::::::::::::::::::::::.\
  ,. -‐'´..::::::::::::::/..::::::::::::::::::::::::::::::::::::.\
  ノ .:::::::::::::::::::::::::| :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: |
          \:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
          ,. -‐'´..:::::::::::::::::::::...`丶、
         ノ .:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::....ヽ

できる夫は背中に、奴の息がかかるのを感じた。







879 ◆oLG9iWoh0E:2010/02/14(日) 22:52:36 ID:gMxVmojQ

そして甲子園。
やる夫に登板を許さず、完全無欠の勝利を演じきる。



                         / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ \
                        /             \
                       /       " ̄ ̄`    \
                       l  '´ ̄`   (  ●);;:::    ヽ
                      l ;::( ●)    "''"´       l
                      |  ´"',                |
                      l    ヽ              i   (6連投… 我ながら無茶を……)
                       \   、__,__,         丿
                        \             /
        r- 、        ,-‐ ‐- 、_,,i-'"i`i、  ‐  /_,,| ヘ、    _ . -‐ 、
        ヽ、 \__   /:::::::::::::::::::::::::/::;;;;| ヘ、 ー',, / i;;;;;ヽ`' ̄::::::::::::::::::::: ヘ      __
     {ヽ、!゙`、.ゝr、  l`Y\:::::::::::::::::::::/:::::::::;i  rゝ"、    !;;::::::ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::i  ,.、r-ィ'ヽ }ィヽ
     .|  |  ll  Y´ l  !  ヽ-、  ::::::\:::_/! , '!::::::::入   /::::::::::::ヽ::::::::::::::::::::::::,., ィ´f  i  l  i´ i l
     .ヽ、゙、 ゙i  ヘ  |  i     ヽ::::r-‐'´:::::|/ l };:::::/ k. /i:、:::::::::_r':::::::::::::::, -‐ f | }  }´ l  ! ,! i
       `゙、. ヘ   `"ヘ `l_      !、_r 、::::::::l  Y:::::::l   V/ 、/::::::::::::::::r´    ! ! !  | ソ  .|' /
          `ー'‐―、_   !     //´:` 、i  /:::::::::|  /:::::::`` 、::::::::::rr|::::.....r'゙  |'´  /´ //



できる夫は使命の達成を密かに満足する。


          _.. ‐'''''''''''' ‐ 、
         ,r'        \
        / ⌒         ヽ,
          ( ●)   `―    ..i
        i.      ( ●)    |     (やってやりましたよ)
          \ _´___       /
           \`ー'´   __/







882 ◆oLG9iWoh0E:2010/02/14(日) 22:53:05 ID:gMxVmojQ

ドラフト。
競合が起こったが、1位で希望球団に入団する。


       _________
      /     \
    /   ⌒  ⌒\
   /   ( ●)  (●)\
   i   ::::::*  __´___ *  .i    「ツキまで周ってきたじゃないですか!」
   ヽ、    `ー'´  /
   /         \




全ては順風。そう思った、が――

――カイザースのスカウト、円堂から嫌な事を聞き、


          ____
        /     \
      / ⌒   ⌒::::\
     /   (●)}ili{(●)::::::\
    |       __´___   :::::::|      「・・・それ、本当ですか?」
    \      `ー'´  ...:::::/







883 ◆oLG9iWoh0E:2010/02/14(日) 22:53:35 ID:gMxVmojQ

更に、それが本当だと偶然耳にする。


                          \.      |
________   ________.    | ̄ ̄| |
| //. .:; ||      ||   |   |.  |.  |  |   |    | |. l二| ̄ ̄|| ̄ ̄|
|.//   .||      ||   |   |.  |.  |  |   |__| |   |    ||    |
|     ||      ||   |   |.  |.  |/  ./.    |   |    ||    |
|     ||      ||   |   |.  |/    /       \.  |l   . ||    |
|     ||      ||   |   | /    /         .\|    ||    |
|     ||      ||   |  /    /              \  ||.   ]|
|      〔i|      ||   |,/    /                     \||    |                   ^
|     ||   // ||       /             / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\//
|     ||.  //./      /       ,. -―- 、    |  やる夫君がプロ入りするんだってさぁ!  ./
|     || . /      /       /        \   \_________________/
|     ||/     /     /  -‐    ‐-  \
|    ./ '       /      i  ::(◯)ililili(◯)::: ヽ
|   /        /        {       `      }
|,/        /          ゝ   `‐‐--   ノ
        /            >ー       ゝ、
      /            /´             ヽ
    /             l    i          l  i
.  /               .l    l        .l  .i
./                l    l         l  .i






886 ◆oLG9iWoh0E:2010/02/14(日) 22:54:01 ID:gMxVmojQ

殴られたような衝撃を受けた。
完全に振り切ったと思った奴は、まだ後ろを追おうというのだろうか。


                                   ____
                                 /      \
                                     /:::::::::::::::::::::::::::::\
                              /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
                              |      (__人__)     |
                              \     `⌒´    ,/
                              /     ー‐    \



       ____
     :/::::::::::::::::\:
   :/ ⌒三 ⌒::::::\
  /  (○)}ililli{(○ ):::\:
 :|      __´___::::::::::::::::::|
  \      `ー'´::::::::::::/:







887名無しのやる夫だお:2010/02/14 (日) 22:54:10 ID:A5gE3onw
突き放したと思ったらまた近づいてきやがったかw







888名無しのやる夫だお:2010/02/14 (日) 22:54:34 ID:.ACiwak6
まさに亡霊







889 ◆oLG9iWoh0E:2010/02/14(日) 22:54:35 ID:gMxVmojQ

やる夫がプロを志望しているなどとは、誰からも聞いた事が無い。
そういうそぶりも見たことが無い。


           ____
         /   ∪  \
       γ⌒) ノ三三三ゞ(⌒ヽ
      / _ノ (>)三(<) \ `、
     (  <:::∪::::  __',__::::∪|  )
      \ ヽ ::∪:: `ー'´∪:://


ならばその理由を、自分に勝るためと考えるのは、自意識過剰なのだろうか。



そんな事は、ありえないはずだ。
お互い意識しているといっても、投手同士である。


         ____
       /     \
.    /   ノ '  ヽ\
.  / /)(ー) (ー)u\
  | / .イ    '       |
.   /,'才.ミ).  ⊂つ  /
.   | ≧シ'        \
 /\ ヽ          ヽ

明確な勝ち負けなどつけようが無いではないか。







890 ◆oLG9iWoh0E:2010/02/14(日) 22:55:02 ID:gMxVmojQ

プロに入るというならば、もっと他に理由がいくつもあるはずだ。

自信の栄達を望むでも、野球を生涯の仕事とするためでも、野球を楽しんでいくためでも、
理由などいくらでも思い浮かぶ。


        ____
      /     \
    /  -     - \
  /   (一)  (一)  \
 |      __´___     |        (色んな理由があるはずです)
 \      `ー'´     /
 /     ∩ノ ⊃   /
 (  \ / _ノ |  |
. \ “  /__|  |
   \ /___ /




          ____
        /     \
      /        \
     /  \    /  \
    |    (●)   (●)   |      (普通に、考えれば)
    \      ´   u /
    /     ⌒     \


でも、奴の事を考えると、可能性が否定できない。







891名無しのやる夫だお:2010/02/14 (日) 22:55:26 ID:fzIL/mxk
こええな…恐怖を持っても仕方ないよこれ







893 ◆oLG9iWoh0E:2010/02/14(日) 22:55:32 ID:gMxVmojQ

暗い目――

    |: : : : : :  ,,,,ノ⌒" '' ``⌒\,,,        l
    |: : : ::;; ( (・) ) ノヽ ( (・) );;:::    |
    |: : : : :  ´"''"        "''"´       l




めったに言葉を発さない、その口――

   . \ : : : : . .(     j     )      /
      \: : :: : >ー-‐'=ー-ー<    /
     /ヽ: : : : : : : : : : : : : : : : : : イ\




静謐だけど、熱狂的な、矛盾したその雰囲気――

        __
      /..::::::::::::::..\
    /..:::::::::::::::::::::::::.\
   /..::::::::::::::::::::::::::::::::::::.\
   | :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: |
   \:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
  ,. -‐'´..:::::::::::::::::::::...`丶、
  ノ .:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::....ヽ


奴なら、自分を追うためだけにプロ野球に入る。
そんな事も、ありうると思えた。







894 ◆oLG9iWoh0E:2010/02/14(日) 22:55:55 ID:gMxVmojQ

できる夫は頭痛を覚える。
もし仮定が当たっていたなら、何から何まで間違っていると、やる夫の事をそう判断した。


        ___
       /      \
     /   ⌒  ⌒ \
    /   ( ー)  (ー) ヽ
    |  u   ___`___     |       (いやいや、あるわけありませんよそんな事)
    ヽ、    `ー '´   /
 ⊂⌒ヽ 〉         く /⌒つ
   \ ヽ  /      \ ヽ /


授業を抜け出し、フラフラと部室に向かう。


.     / ̄ ̄ ̄\
     / ⌒   ⌒ \
   / (ー)三(ー)   ヽ
   |    __'__  U  |           (まさか、まさか・・・)
,ィTl'ヽ\  `ー´   /`ヽー;、
kヒヒど,           {⌒Yィ 、 ソ
  `´ ̄ヽ      ハヽ `^ー′
       ヽ      /  '}
        >   /ごノ
    __,∠     /    
   〈、    /
    \、__ノ







895 ◆oLG9iWoh0E:2010/02/14(日) 22:56:15 ID:gMxVmojQ

部室で1人、少し考え直すつもりだった。

                 .|     ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ
                 .|    ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄
                 .|   ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ
                 .|  @==@==@==@==@==@==@==@==@==@==@==@==@==@==
   ┌────┐     |      |             ┌─────────┐
   |  ∧w∧....│     |      |    ┌──┐ │  野球部  〈部室〉  |
   | (,, ゚Д゚) .|     |      |    │  目│ └─────────┘
   |  /   |   |     |      |    │甲指│  :========:.:========:  
   | 野球部 │     |      |    │子せ│  |i.     l||i.     l| 
   | 部員募集 |    |     |   │園  │  |i.     l||i.     l|
   └────┘     |      |    └──┘  |i_____l||i_____l| .
.                 |    /|              |┬┬┬┬||┬┬┬┬| 
.                 |  /  |              |┼┼┼┼||┼┼┼┼| 
__________|/    |_________________|┼┼┼┼||┼┼┼┼|_______
.                                  ̄ ̄ ̄ ̄  ̄ ̄ ̄ ̄
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 ̄ ̄| ̄ ̄ ̄| ̄ ̄ ̄| ̄ ̄ ̄| ̄ ̄ ̄| ̄ ̄ ̄| ̄ ̄ ̄| ̄ ̄ ̄| ̄ ̄ ̄| ̄ ̄ ̄| ̄ ̄ ̄

やる夫という男の事を。





その歪んだ勝利条件が、どこから出て来ているのかを。


              ( ヽ、
     /.:. ̄ ̄__\ \
    /: : :    <__ \ \
  /: : : _  <__ \ \ ヘ /⌒/
/: : : : ´  , `└--ミ ヽ、\ - \ |
: : : : :/´ `ヽ    丶  -     〉
: : : :.( ー‐ l    ( \        !
: : : : ヽ_ ` _ノ      \_ヽ     {    (何故、何が、奴を?)
: : : : : : ´"''"   '   "''ヘ      > 、
: : : : : : . .    `     \   ∠/ヽヘ
\: : : : : : :. ⊂ニニつ    \(⌒)   ノ \
/ヽ: : : : : : : : : : :         ヾ、 /    \
   /: : : :``ー- -‐'"´     \/ \(
,'⌒ ゝ ハァ
ヽ_ノ







896名無しのやる夫だお:2010/02/14 (日) 22:56:33 ID:HCZnxnLA
なるほど、ここで部室につながるのか







897名無しのやる夫だお:2010/02/14 (日) 22:56:44 ID:VpRtFf.k
ああ・・・あの発言に繋がるのか・・・







898名無しのやる夫だお:2010/02/14 (日) 22:56:57 ID:5Br08XKA
邂逅







899名無しのやる夫だお:2010/02/14 (日) 22:57:01 ID:uGv9xfz.
あ、繋がった







900 ◆oLG9iWoh0E:2010/02/14(日) 22:57:10 ID:gMxVmojQ



        ☆        ☆        ☆        ☆        ☆



できる夫は、やる夫から逃げたはずの部室でやる夫と顔をあわせる事になった。

そして逃げ出した。




        ___
    /      \
   / ::\::::::/::: u\
 /  (⌒):::::::(⌒)  ヽ
..|       、__',_,   u.   |
...\    `‐'´     /
.  /⌒ヽ   ー‐   ィヽ


胃にムカムカしたものを覚えながら、授業に向かう。



また、アイツは言ったのだ。

-------------------------------------------------------------------------------------

             __
            -´   ``ヽ
          /::::::::::|::::::    `ヽ
         /:::\::::::::<● >   `ヽ   「そんなちんたらしたペースでやる気はないお
    ((   / <●>::::::::::⌒      )   野球しかない生活で、すぐさまお前を抜いて見せるお!」
        |  ⌒(_人__)       ノ | |
        ヽ    )vvノ:      / ノノ
          ヽ (__ン       人
           ヽ          \

-------------------------------------------------------------------------------------


“お前を抜いて見せる”、と。
まだ、アイツは言ったのだ。


       ____
     /      \
    /  ─    ─\
  /    (_)  (_) \
  |        '      |
  \      ⌒   /


できる夫は、奴の考えが、自分の予想通りであったのだと思う。







903 ◆oLG9iWoh0E:2010/02/14(日) 22:57:55 ID:gMxVmojQ

そして、憤怒の感情が芽生える。

アイツに勝りたい、その感情はわかる。向上心にも変えられる、原始的な感情だ。
それは解る。


         ____
       /::::::::::::::::::\
     /::::-::::::::::::-:::\
    / ( ○ ):::::( ○ ) \
   |    :::::::__´___:::::::   |
   \    ::::::::::::::::::::   /
    / ::::::::::::::::::::::::::::::: \
   ...|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: |


だけど、それを最終目標に置く事は、全く理解できない。



そしてそれは、野球を馬鹿にしてやしないかと思うのだ。



          ,..¨ ̄ ̄¨丶
.         /        \
        / ⌒、:::::::      ヽ,
         /( ○)::::::::::::⌒    ..i
.        i     ::::: ( ○)     |   (私に勝てればそれでいいんですか?
       \  ´           /    馬鹿ですか奴は!!)
           \ ⌒    .__/
          /        \


砂を蹴り上げ、荒々しく歩く。






905 ◆oLG9iWoh0E:2010/02/14(日) 22:58:39 ID:gMxVmojQ

そして、決める。


         ____
       /::::::::::::::::::\
     /::::-::::::::::::-:::\
    / ( ○ ):::::( ○ ) \
   |    :::::::__´___:::::::   |     「―――!」
   \    ::::::::::::::::::::   /
    / ::::::::::::::::::::::::::::::: \
   ...|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: |





     /.: ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ \
    /: : :             \
  /: : : :              \
/: : : : : :                 \
: : : : : : : :.._        _      \
: : : : : : : ´⌒\,, ;、、、/⌒`       l
: : : : ::;;( ○ )::::ノヽ::::::( ○ );;:::    |       ――奴には、絶対に負けない――
: : : : : : ´"''",       "''"´       l
: : : : : : . .      ゝ         /
\: : : : : : :.  ー--- ‐'       /.
/ヽ: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : イ\
: : : : : : : : : :.``ー- -‐'"´        \
: : : : . : : . : : .                   \



           /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`-、
          /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::       \
         /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::           ヽ
         /:::::::::::::::::::::::::::::::::__,         i
         }:::::::::::::::::::::::::::::::::__ ,,             }
           }:::::::::::::::::::::::::::::'``'(;;;;;)ヾ\     \ |
           |:::::::::::::::::::::::::     ' ̄´    ..,,_=ミ、 i
         }:::::::::::::::::::::::::::::            ̄`V l.
            }:::::::::::::::::::::ヽ      '´ ’/'_,.     !
         !:::::::::::::::::::::::::..          ..   _   |   ――奴には、一度たりとも前に行かせない―――
            }:::::::::::::::::::::::::::‘ー-‐==ニ=:、__j:)  l
           人:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ー、 `'''´   /
           /::::... ...::::::::::::::::::::::::::::/ ̄´     /
         / :::::::::::\::::::::::::::::::::::{        /
           ::::::::::::::\::::::::::::::::::}     ,./
               :::::::::\__:::::::::`'-‐::"/
                「`''''''''"´:::::::;;:" 人
                        .:.::::::::;;″ /' \
                  .:.:::::::::::::i' .:/'"´







906 ◆oLG9iWoh0E:2010/02/14(日) 22:59:00 ID:gMxVmojQ

--------------------------------------------------------------------------------------


できる夫に、再び使命感が、宿る―


--------------------------------------------------------------------------------------


                                                  第1.5話 できる夫とやる夫 終







907名無しのやる夫だお:2010/02/14 (日) 22:59:14 ID:ogrd7Gbs








908名無しのやる夫だお:2010/02/14 (日) 22:59:20 ID:KjKb.65w
乙でした!







909名無しのやる夫だお:2010/02/14 (日) 22:59:34 ID:ycK8B5WA
乙ー。いよいよ次回は直接対決かな?







910 ◆oLG9iWoh0E:2010/02/14(日) 22:59:43 ID:gMxVmojQ
本日の投下は以上になります。

ご観覧アザーっシた!







911名無しのやる夫だお:2010/02/14 (日) 22:59:47 ID:tfd8084U
乙です!







912名無しのやる夫だお:2010/02/14 (日) 22:59:56 ID:zYcY1UEc
乙!面白かった。







913名無しのやる夫だお:2010/02/14 (日) 23:00:01 ID:XHUe3rA6

やる夫の暗い情熱が今度はどこへ向くのか
楽しみだ







914名無しのやる夫だお:2010/02/14 (日) 23:00:09 ID:7hZQr1uY








915名無しのやる夫だお:2010/02/14 (日) 23:00:26 ID:zYcY1UEc
乙!面白かった。







916名無しのやる夫だお:2010/02/14 (日) 23:00:29 ID:dhnoF2ZI
乙です!







917名無しのやる夫だお:2010/02/14 (日) 23:00:37 ID:gSdXDHeM
そういや好敵手同士がもし違う出会い方をしてたら
親友になれただろうって言うのは良く聞くきがする







918名無しのやる夫だお:2010/02/14 (日) 23:00:39 ID:A5gE3onw
乙!
できる夫はやる夫と反対のようで似てるのかもしれないね







919名無しのやる夫だお:2010/02/14 (日) 23:00:40 ID:KjKb.65w
絶妙な複線を貼りおってー







920名無しのやる夫だお:2010/02/14 (日) 23:00:43 ID:/IkCK8so
乙。面白かったぜ!







921名無しのやる夫だお:2010/02/14 (日) 23:00:42 ID:Y0p464Qg
乙~







922名無しのやる夫だお:2010/02/14 (日) 23:00:48 ID:vNtFIlvc








923名無しのやる夫だお:2010/02/14 (日) 23:00:53 ID:zVDS3qsQ
乙っした。やる夫はプロ入り後、
歪みがドンドン矯正されていってるけど
できる夫はどうなんだろう・・・







924名無しのやる夫だお:2010/02/14 (日) 23:00:58 ID:mdsVSPIU
乙でした!







925名無しのやる夫だお:2010/02/14 (日) 23:01:26 ID:0ixHxMOE
全力で乙!!







926名無しのやる夫だお:2010/02/14 (日) 23:01:27 ID:LSmIUMn6

最近丸くなってきてたけど、やる夫の根本はやはりできる夫との因縁だよな







927名無しのやる夫だお:2010/02/14 (日) 23:01:28 ID:BTqpDcMg
乙でした!







928名無しのやる夫だお:2010/02/14 (日) 23:01:35 ID:49vVQTpI
できる夫はストーカーの被害者かw







929名無しのやる夫だお:2010/02/14 (日) 23:01:36 ID:ruFM0Nq6
乙!







930名無しのやる夫だお:2010/02/14 (日) 23:01:42 ID:VpRtFf.k
乙でした

次の話も楽しみに待ってます







931名無しのやる夫だお:2010/02/14 (日) 23:01:52 ID:mJKZae7M

やる夫はともかくできる夫がここまでやる夫を意識してたとは思わなかったぜ







932名無しのやる夫だお:2010/02/14 (日) 23:01:54 ID:TFUxzvNQ
おつっした







933名無しのやる夫だお:2010/02/14 (日) 23:02:30 ID:CBI8UJws
おつおつ
やる夫時空に最初に捕らわれたのはできる夫だったか







934名無しのやる夫だお:2010/02/14 (日) 23:02:37 ID:maOHatG6
できる夫がカッコいい……







935名無しのやる夫だお:2010/02/14 (日) 23:02:38 ID:.ts8/v3o
乙でした!







936名無しのやる夫だお:2010/02/14 (日) 23:03:31 ID:PkBI8MX2
乙でした!
できる夫のやる夫に対する執念もそうとうなものだったんだなあ







937名無しのやる夫だお:2010/02/14 (日) 23:03:44 ID:rVdShIBc
乙でした
ある意味誰よりもやる夫の事を認めていたのはできる夫だったんだな







940名無しのやる夫だお:2010/02/14 (日) 23:04:48 ID:852pasps
超乙







941名無しのやる夫だお:2010/02/14 (日) 23:04:50 ID:TngrjUzY
おつ







942名無しのやる夫だお:2010/02/14 (日) 23:04:54 ID:0arK5Sks
おつー
意外と監督がまともだった







943名無しのやる夫だお:2010/02/14 (日) 23:05:17 ID:xNQjLnOI
乙でした!

後ろを振り向くとマッチョな根暗が。そりゃあ怖いわw







944名無しのやる夫だお:2010/02/14 (日) 23:05:30 ID:U6nnmaL2
歪んでるけどお互いに切磋琢磨してるんだな







945名無しのやる夫だお:2010/02/14 (日) 23:05:30 ID:y4ySbbkk
乙!
シーズン終了後にでもできる夫がやる夫にあったら印象がだいぶ変わったと感じるんだろうなぁ







946名無しのやる夫だお:2010/02/14 (日) 23:05:33 ID:Twh75OGk

追われる側は追う側より相手を意識しちゃう事って多いよな







947名無しのやる夫だお:2010/02/14 (日) 23:05:42 ID:I1Nm6r.M
乙でした

できる夫が力の差があるやる夫に対する意識すごく伝わってきた
これはいやだわw








948名無しのやる夫だお:2010/02/14 (日) 23:06:02 ID:MC8vVT96
乙でした

この頃のやる夫は「チームの勝利<<<超えられない壁<<<できる夫からの勝利」に凝り固まってるようでしたからね
チームが負けてもできる夫に勝てさえすればいい。と思っているウチは、やる夫をプロ野球選手とは認めたくない







949名無しのやる夫だお:2010/02/14 (日) 23:06:23 ID:Mx8xFWnI

確かにこのやる夫は恐ろしいな……。







950名無しのやる夫だお:2010/02/14 (日) 23:06:47 ID:GhEihRrs

たしかにできる夫からすれば、
このやる夫は不気味というか受け入れがたいよなぁ






952名無しのやる夫だお:2010/02/14 (日) 23:08:35 ID:LV581kZU
乙。
やる夫の歪みの根源と恐るべき成長力が垣間見れました。
性格の歪みも酷いが、育成の方も歪みが酷かったんだなぁ。







960 ◆oLG9iWoh0E:2010/02/14(日) 23:17:39 ID:gMxVmojQ

次回は最終回となりまして、基本的には再来週。
進みまくれば来週という日程でやりたいと思っています。

ラスト1話、どうぞお付き合い下さい。








961名無しのやる夫だお:2010/02/14 (日) 23:19:30 ID:Ia/o1xcY
乙でした~

次で最終回・・・だと?
再来週まで全裸待機しとくか








962名無しのやる夫だお:2010/02/14 (日) 23:19:32 ID:Ke57xOl6
乙でした!
やっぱり面白いです。ぐいぐい読ませてくれますね。
次も期待しています。ブレスユー!







963名無しのやる夫だお:2010/02/14 (日) 23:20:36 ID:R2OUMrFk
どうオチをつけるのかな?

期待と共に寂しさを抱えながらも乙でした。







968名無しのやる夫だお:2010/02/14 (日) 23:27:39 ID:W56RVOIw
次でラストか。
寂しいな…







969名無しのやる夫だお:2010/02/14 (日) 23:40:05 ID:VE5LMgXM
超乙!今回も確かに面白かったけど、更に次回に繋がる面白さだな。次が楽しみで仕方ない
けど、最終回なのか・・・。終わりが見たいのにいつまでも続いてほしいという矛盾した感情は名作に出会ったときいつも付きまとうな







970名無しのやる夫だお:2010/02/14 (日) 23:40:15 ID:TrYGD2Z.
乙!
ついに最終回か~
やる夫もできる夫もピッチャーらしくていいねえ







971名無しのやる夫だお:2010/02/14 (日) 23:51:22 ID:dI85/L6c

最終……え?







972 ◆oLG9iWoh0E:2010/02/14(日) 23:55:48 ID:gMxVmojQ
あそだ忘れてた。

最終回やった後にやってほしい事等ありましたら、雑談所の方に書き込んでおいて下さい。
できる限りのリクエストは答えようと思いますので。







973名無しのやる夫だお:2010/02/15 (月) 00:06:14 ID:mu0sc4mI
寂しいが長々と続けてgdgdになったりエターになるくらいなら、
このまま超名作で終わってくれて嬉しいかも;







974名無しのやる夫だお:2010/02/15 (月) 00:10:25 ID:RMmEUkjA
まあ、最終回前編、中編、後編、完結編1・・・とすればなんら問題は(ry







975名無しのやる夫だお:2010/02/15 (月) 00:12:43 ID:QjbIZMZk
乙でヤンス

次回で終わりか…








976名無しのやる夫だお:2010/02/15 (月) 00:58:03 ID:r1WsVv2s
乙。最終回は寂しいけど応援します。






984名無しのやる夫だお:2010/02/15 (月) 02:16:26 ID:t/.ftlUQ
乙でした。この時期にできる夫の過去編をやるなんてニクい演出だぜ!







白黒ダイニング





関連記事
スポンサーサイト
[PR]





カテゴリー「やる夫はプロ野球選手になるようです」内の最新記事

だ

    うあー、ついに最終回か。でもひとつの物語としてはちょうどいい長さかもしらんね。
    最終回一歩手前でライバル視点から初期の伏線を回収するって、心憎い演出だな。すごい構成力だ。
    [ 2010/03/05 23:25 ] [ 編集 ]
    続きがすごい気になるな。
    [ 2010/03/05 23:54 ] [ 編集 ]
    嫌な予感がしてたが、やっぱりか…
    やる夫とできる夫の関係が熱いな、てか逆にできる夫の方が囚われてね?w

    ウマが合わなくてもコミュニケーションをとる、それが出来なくても
    実力は認めるってのが組織(共同体)だと思うが、高校生じゃ難しいかな。
    [ 2010/03/06 00:17 ] [ 編集 ]
    本スレだとやる夫ができる夫につっかかったから嫌われたと読み違いをしてるのが結構いたけど
    読み返して見るとやっぱりできる夫の性格によるものなんだな
    選手としてそれなりに才能があることに気づいてから気にし始めてるし
    [ 2010/03/06 01:28 ] [ 編集 ]
    できる夫も、やる夫が2番手になったせいで泣いた奴に報いるとか、物凄い身勝手なこと言ってるしなw
    今回の話で一番まともだったのは梅岡だな。
    やる夫の頑丈さを見抜く鋭さがなかっただけで、最低スペックだった時のやる夫をピッチャー候補にしないのは当たり前。
    やる夫の成長自体はきちんと認めて、練習態度も水に流して抜擢してるし。
    [ 2010/03/06 02:11 ] [ 編集 ]
    ばかな!もう最終回だと!!
    やらない夫の1軍での活躍の活躍は期待できないのか!!
    お願いだから考え直せぇぇぇぇぇ!!!!!!
    [ 2010/03/06 05:30 ] [ 編集 ]
    もう最終回とかいやあああああああああああ
    [ 2010/03/06 08:07 ] [ 編集 ]
    こんな梅岡、梅岡じゃねえw
    [ 2010/03/06 09:43 ] [ 編集 ]
    1年目ですでに1軍抜擢でチームもリーグ優勝の可能性ありだし
    2年目はたしかに話を作りにくいよなあ
    あとは番外編で蒼い子との恋の行方とかぐらいか
    [ 2010/03/06 11:37 ] [ 編集 ]
    やだな 昔のやる夫はw
    [ 2010/03/06 13:04 ] [ 編集 ]
    世界中で誰よりも互いを認めている存在。まさにライバル!

    でも精神的に変わったやる夫を見てできる夫がヤンデレないか心配だぜ
    [ 2010/03/06 13:29 ] [ 編集 ]
    雰囲気がでてる話だな
    読み応えがパネェっす
    [ 2010/03/06 17:36 ] [ 編集 ]
    休まないウサギVS諦めず周囲にも迷惑をかける亀、みたいな感じなのかな
    できる夫視点からだと。
    この時点では、やる夫は才能を加味しても問題児でしかないし

    どっちにとっても問題なのは、この関係がプロ入りしてからも続いたことなんだろうなぁ
    [ 2010/03/06 19:00 ] [ 編集 ]
    精神的なすれ違いからこうなったとも取れるな
    社交性が致命的に足らずに攻撃性が高めなやる夫
    最低限社交性はあるが少々自分に篭りがちなできる夫
    交わり難い二人だわ
    [ 2010/03/06 23:30 ] [ 編集 ]
    あれ、いぬ夫は?
    [ 2011/05/29 17:43 ] [ 編集 ]
    このコメントは管理者の承認待ちです
    [ 2012/05/04 05:24 ] [ 編集 ]
    コメントの投稿













    管理者にだけ表示を許可する
やる夫ブログについて
20101110:「やる夫はロス市警の警部のようです」を掲載させていただきます。本当にお待たせして申し訳ございません。これ以降も随時、更新の途絶えていた作品を掲載していきたいと考えております。ご迷惑をおかけして申し訳ありませんが、どうか長い目で見ていただければ幸いです。

20101030:「やる夫のサクラ大戦」にて、記事の掲載順序を誤りました。 作者様、および楽しみにしていた読者様にお詫び申し上げます。 申し訳ございませんでした。

20101004:「やる夫たちが夢の国で遊ぶようです」につきまして、こちらの不具合で記事が切れてしまっております。作者様、及び楽しみに読んでくださっている読者の皆様にご迷惑をおかけしてしまい、申し訳ありません。
一度下書きに戻させていただきます。よろしくご了承ください。
「やる夫で学ぶことわざ」の作者様より、やる夫ブログ用のスポンサー案内をいただきました!本当にありがとうございます!さっそく使わせていただきます!

20100811:皆様、大変ご無沙汰しておりました。ぼちぼち更新を再開できればと考えております。
「やる夫がDQⅢの勇者になるようです」についてですが、コメントを頂けるのは大変うれしいのですが、他作品のコメント欄での投稿はご遠慮願えれば幸いです。
恐縮ですが、ご協力よろしくお願いいたします。

20091222:年末なので順調に更新量が減っております。今日明日はお休み、再開一発目は「やらない夫の超兄貴」になる予定です。作者様、まとめが遅くなり申し訳ございません。

20091208:今週クソ忙しいので、かなり更新が減ります。ご了承ください。

20091116:更新の調子にもよりますが、週末をめどに、カテゴリを追加する予定。前回追加からだいぶ間隔開いたんで、かなり溜まってます。

やる夫ブログについて

姉妹ブログというか同一人物ブログ。
やる夫ブログ(裏)(18禁です)


 ネ タ 投 稿 お 待 ち 
 し て い ま す ! 
(↑結構心から待ってますw)

 ネタ投稿の他、転載お断りの記事、相互リンクのご希望等ございましたら、お手数ですが下のメールフォームよりお知らせください。なお、http:を付けるとエラーになってしまうようなので、ご投稿いただける際にはhttp:を抜いていただきますよう、よろしくお願いいたします。
相互リンクの反映に時間がかかってしまい申し訳ありません。気長にお待ちください。


嬉し泣き
美麗なタイトル画像を描いてくださっているのは、こちらの方々です。
本当にありがとうございます。


七市様
Shadow3_convert_20091008101141.jpg
ハルヒとやる夫、やらない夫の表情が最高のタイトル画像。冬にぴったりの美しい作品です。


1様
http://blog-imgs-15.fc2.com/y/a/r/yaruomatome/yaruoblog_title_convert_20091026144430.jpg
柔らかで暖かい雰囲気がたまらない作品。みゆきさんヤバすぎで管理人狂喜の舞を舞っておりますwww

1様のプロフィールはこちら


65様
securedownload_convert_20091008101321.jpg
同じく「やる夫がチェルノブイリに旅立つようです」より。元ネタの雰囲気をビンビンに伝えるダークな作品。


草葉様
Shadow3_convert_20091008101141.jpg 「やる夫がチェルノブイリに旅立つようです」をモチーフにしたタイトル画像です。物語の後、このタイトルを見て吹きました。

219c0c442.jpg

草葉式


味噌様
yaruoblog_convert_20090519194443_convert_20091008101235.jpg
やる夫ブログ初!物語とタイトル画像のコラボレーション!快く、最高に美しいタイトル画像を描いて下さった味噌様に感謝です!




トンボ様
minamike_convert_20090519194731_convert_20091008101216.jpg
夏にぴったりの逸品を、トンボ様よりいただきました!水着ハァハァ(´Д`;)


トンボのかんさつ日誌


ヒジキ様
nagato_convert_20091008101341.jpg
管理人のツボにはまりまくりの長門!大好きだ!結婚してくれー!



ヒジキ煮


aro様
yaruo_blog_fix_convert_20090210225801_convert_20091008101403.jpg
らきすた勢の見事な描写もさることながら、このやる夫にしてやられました。


Charged time-out


Yutaka様
RMm06_convert_20090127165950_convert_20091008101426.jpg
個人的に水銀燈が一番好きです。タイトルのセンスも◎。本当に有難うございます。





マブチョコ_m様

この魅力的なボディにくらくら!管理人はこの人の同人誌が大好きです!やる夫ブログの記念すべき初タイトル画像。全てはここから始まりました。



うにゃらら大飯店



イチオシ

やる夫がDQⅢの勇者になるようです

自らを成長させる姿に心震える
作品。普通の掛け合いなのに、
自然と笑みがこぼれる構成と
演出は見事の一言。
自分を好きになれる、極上の映
画を見た後のような読後感は、
自信を持って「最高だ!」と賞
賛できる作品です。





過去の「イチオシ」一覧を作りました。
管理人オススメ記事

管理人が抱きしめたいほど好きなやる夫作品

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。