FC2ブログ
2017 09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 11
やる夫ブログヘッドライン



【お気に入りサイト新着記事】 【カテゴリー一覧】

    
   
【最新エントリ】



スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




カテゴリー「スポンサー広告」内の最新記事

だ

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | はてなブックマークに追加

やる夫がキリストになるようです。(4) 【完結】 

  • やる夫がキリストになるようです。
  • やる夫がキリストになるようです。(2)
  • やる夫と絵画で学ぶイエス・キリスト
  • やる夫がキリストになるようです。(3)
  • やる夫がキリストになるようです。(4) 【完結】






  • 11/415 [sage]:2008/06/25(水) 23:57:05.55 ID:LKJbX5Io

                                     | `ヽ、
                             ,r‐--}`ヽレ‐-、.`ヽ、
    .    \                 /    ,|   }`ヽ、.`ヽ、`ヽ、
    .     \                 /   / //|  | /|  `ヽ、`ヽ `ヽ、
             \          //  / // .l  l/| |、   ヽ ヽ  `i
              \         / /  / //| /|   | l| ヽ     ヽ ヽ   |
               \     l  |   / /,.. -、 l   | ,..-、 ヽ     ヽ ',  |
                \-、    ! / l //r`::r ヽ、.l lr:::ヽヽヽ   i ヽ .l |
                    r'{ヽ ',__  ヽ{ ト| l l.:::ノ i__,/ ゝ l:::::::r' 〉 ト、 ', ∨ |
                    {ニi//`ヽ、 l 、i. ___,ノ '、  `ー ,' / |) ) } | ヽ′
                 y /     ` <  |` 、_ ー `ー‐'_,/  |'´ | ,/ | ||
                    >'       ,/ /ヽ,.-、_>-‐ <)   l  レ'  | ||
                    \   ,/  /   ,//::/ /::/   /     | }{
                    \ /  ,.-‐'   ,∠ f=======┐   |( ヽ
                      { { i、___ / /|     ||    |   i   l ゙゙゙゙
                 __... -‐ヽヽ|′/l/⌒,ネ    ||    |  |  l
          ,.-‐ ´        / ///:::://ー┬-r、i´|`レ)_|,  |   ',

    【イントロダクション】

     これは、イエス・キリストの生涯を題材にした、AA歴史物語です
     西暦30年頃の現エルサレム、パレスティナ地方を舞台にしています
     「新約聖書」の「福音書」や、同時代の歴史資料を参考に、物語を構築しています

     イエス・キリストが実在したことを証明する、信用ある歴史資料は一つもありません
     ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
     しかも、「新約聖書」は矛盾した内容が多く、非常に読みづらい書物です
     ここでは、手塚治虫の「ブッダ」のように、物語性を重視して
     やる夫くんを主人公にして、キリスト教の成立過程をわかりやすく伝えています






    2 :2/415 [sage]:2008/06/25(水) 23:58:31.47 ID:LKJbX5Io

    【登場人物紹介(1)】

    <やる夫>
    ガリラヤ地方ナザレの元大工。洗礼者ヨハネ教団に弟子入りするが、のちに離脱
    洗礼者ヨハネの捕縛を知り、みずからの教えを広めるために立ち上がる

    <ヤコブ>(やらない夫)
    やる夫がいなくなったあとのナザレの家を継いだ弟。義理堅く、保守的な性格

    <洗礼者ヨハネ>(涼宮ハルヒ)
    地方祭司出身。
    ローマ帝国の軍事的および文化的侵略に危機感をつのらせ、在野の教団を結成
    数万の弟子を従えていたが、領主ヘロデ・アンテパスに捕縛され、処刑される

    <シモン・ペテロ>(ちゅるやさん)
    ガリラヤ地方ベツサイダの元漁師。
    もともと洗礼者ヨハネ教団でガリラヤ地方グループを結成していたが、
    同じ弟子であったやる夫の聡明さを見抜き、「師」とあおぐようになる
    やる夫教団の弟子のなかでは筆頭格。

    <ユダ・イスカリオテ>(長門有希)
    やる夫教団の会計。エルサレム近郊のイスカリオテ村の地方祭司出身







    3 :3/415 [sage]:2008/06/25(水) 23:59:13.07 ID:LKJbX5Io

    【登場人物紹介(2)】

    <大祭司カヤパ>(朝倉涼子)
    ユダヤ教総本山のエルサレム神殿の大祭司であり、ユダヤ衆議会の最高権力者
    ユダヤの平和を保つという名目で、反抗者への極刑をいとわない冷酷な性格

    <アンナス>(黄緑江美里)
    元大祭司。カヤパの義理の親であり、ユダヤ衆議会の影の実力者

    <???>(谷口)
    大祭司カヤパなどのユダヤ衆議会の意向を受けて、やる夫にたびたび論戦を挑む


    【過去スレッド】
    (1)http://ex25.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1208895438/
    (2)http://yutori.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1210006117/
    (3)http://yutori.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1212161063/

    【転載ブログ】
    <ワラノート>
    (1)http://waranote.blog76.fc2.com/blog-entry-1095.html
    (2)http://waranote.blog76.fc2.com/blog-entry-1118.html
    (3)http://waranote.blog76.fc2.com/blog-entry-1152.html
    <やる夫ブログ>
    (1)http://yaruomatome.blog10.fc2.com/blog-entry-240.html
    (2http://yaruomatome.blog10.fc2.com/blog-entry-273.html
    (3http://yaruomatome.blog10.fc2.com/blog-entry-314.html






    4 :4/415 [sage]:2008/06/25(水) 23:59:51.64 ID:LKJbX5Io

    ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
                第四章 聖都エルサレム
    ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


      「疲れた者、重荷を負う者は、だれでもわたしのもとに来るといい。

       わたしの説くことは、難しいものでも厳しいものでもないのだから。

       わたしの言葉を背負い、わたしの行為に学びなさい。

       そうすれば、あなたがたは安らぎを得ることができる」


                        新約聖書「マタイによる福音書11:28-30」






    6 :5/415 [sage]:2008/06/26(木) 00:00:38.12 ID:8LBOpBko

    ─────────────────────────────
                4-1. 知事ピラトとヘロデ・アンテパス
    ─────────────────────────────
                ,.--、,ー¬--、__ 
               /   く   /_ ‐ 
         ー′ヽ   \   ´ ̄ ヽ   (・・・エルサレム
        f´ \  \   \     ヽ     
       /    >、  ヽ ヽ  \ ヽ   l   この街はユダヤの民にとっては聖なる都だが
       〃 ヘ「 ヽヘ  ヽ  l、   l\ \  |  ローマ人の私にとっては薄汚い街でしかない
       | l 〈 `    ヽ  l  l ヽ lヽゝヽ\|    
       | l了       ヽ|、1 ヽ.l l l ヽ |  ローマ化を拒否し、みずからの民族文化に固執するあまり
       l l        ヽ l l !  ヽ! l_ l   !  公衆衛生が行き届かず、排泄物の匂いが鼻につく街
        l├- 、 _    ヽ l  _ ‐ ´  { _L_   
      f⌒l l    ` ヽ    ´     l yヽ } しかし、ユダヤ知事である私は
      ヽ´ハ( ̄ ̄ ̄ ヽ___、 ´  ̄ ̄ `/! ノ 過越祭が近づいたこの時期、
       \ l ` ー― ´  `` ー―¬7ン′  エルサレムに滞在し、監視をしなければならない
         `ヽ        !         /        
          ヽ       l_       /      なぜならば、この過越祭で
              \   ____   イ      ユダヤの民族感情は頂点に達するからだが・・・)
            イ,_ヽ、    / /lヽ、      
          _/ l `丶`_ー‐ ´_/ l  \  
         ノ7 l     ニ ´   l   \
    ---------------------------------------------------------------------------------
    【過越祭】 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%81%8E%E8%B6%8A

    【ピラト】(ポンティウス・ピラトゥス)
    ローマ帝国ユダヤ属州長官(知事)。他の属州と違い、シリア属州総督の管轄下に置かれた
    http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9D%E3%83%B3%E3%83%86%E3%82%A3%E3%82%A6%E3%82%B9%E3%83%BB%E3%83%94%E3%83%A9%E3%83%88%E3%82%A5%E3%82%B9
    ---------------------------------------------------------------------------------







    7 :6/415 [sage]:2008/06/26(木) 00:01:19.04 ID:8LBOpBko

           _,.-.:.:.:^ヽ.‐-...、.._       
         ,.-'´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.)'^:.ー、:.:.`''ー、    
       ,r'ァ´:.;.;r'´;.-.:,、.:,´:.:.:.:.:.:.`:.:.:.:.:-ヽ    過越祭では、羊やヤギを屠殺し、
    .     ,':.;ィ'/:.://ヽL|:.:.l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`ヽ.  その血を家の門に塗るのが習わし
        |/i':.;l.:/l〈    /:./:.:.:.:,!:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:  
         l/|リ/_.|  //!:.:.:/:.:.:.:.:,!:.:.:.:.:.:.:.:.:.:  これから、エルサレムでは無実な羊やヤギの
          V 似  '</_/!:./:.:.;/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.  悲鳴がとどろきわたることになるだろう
           / _ノ    Zヽ`7イ:.:,/:.:,:.:.:.:.:.:.:.:.:.:  
         | l     `¨´ /;/:.:.;/.:.;.:.:.:.:.:.:.:.:  そして、血の匂いが、このエルサレムを染めていく
          | r、      ´ /..-Z-く:.:.:.:.:.:.:.:.  
          | 、 `ヽ       ´ ノ7,. /:.:.:.:.:,:.;/  まったく、非文明的で野蛮な風習だな
          l   `¨′    _,.二r;‐' ィ//'′  
         ヽ、_ _,..  ´   ケ,!ヽ、      その思わないか、ピラト
    ___.......-‐::´/::〉、     / ,/:::::|::::ヽ、  
    ::::::::::::::::::/:::::/ ヽ   /   /::::::::|::::::::::\ 
    ---------------------------------------------------------------------------------
    【ヘロデ・アンテパス】(ヘロデ・アンティパス)
    ヘロデ大王の息子の一人で、ユダヤ属州ガリラヤ地方およびペレア地方の領主
    ローマ帝国の支配からは独立していたが、ローマ帝国は、彼らに「王」と称することを認めなかった
    http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9D%E3%83%B3%E3%83%86%E3%82%A3%E3%82%A6%E3%82%B9%E3%83%BB%E3%83%94%E3%83%A9%E3%83%88%E3%82%A5%E3%82%B9
    ---------------------------------------------------------------------------------







    8 :7/415 [sage]:2008/06/26(木) 00:02:53.09 ID:8LBOpBko

                ,.--、,ー¬--、__   
               /   く   /_ ‐  
         ー′ヽ   \   ´ ̄ ヽ    まったくだ、ヘロデ・アンテパスよ
        f´ \  \   \     ヽ   
       /    >、  ヽ ヽ  \ ヽ   l   そもそも、この過越祭の由来が野蛮だ
       〃 ヘ「 ヽヘ  ヽ  l、   l\ \  |  
       | l 〈 `    ヽ  l  l ヽ lヽゝヽ\|  君たちの昔の指導者モーセが
       | l了       ヽ|、1 ヽ.l l l ヽ |  エジプトから脱出するとき
       l l        ヽ l l !  ヽ! l_ l   !  神がエジプトの初子の命をすべて殺し
        l├- 、 _    ヽ l  _ ‐ ´  { _L_  逃亡に手を貸したことを祝うべし、と
      f⌒l l    ` ヽ    ´     l yヽ } 君たちの聖書に書かれているらしいが、
      ヽ´ハ( ̄ ̄ ̄ ヽ___、 ´  ̄ ̄ `/! ノ 
       \ l ` ー― ´  `` ー―¬7ン′  一方で、君たちの神は
         `ヽ        !         /     「[ピーーー] な」と十戒で伝えているじゃないか?
          ヽ       l_       /      
              \   ____   イ      「[ピーーー] な」という戒めに、
            イ,_ヽ、    / /lヽ、    「あくまでも神が選んだ人間にかぎる」と追記すべきだな
          _/ l `丶`_ー‐ ´_/ l  \   
         ノ7 l     ニ ´   l   \ まったく、君たちの神の不寛容さにはあきれかえる
       / /  l\   /--ヽ   /!  ヽ   
                            自分たちの民族のためなら
                            多民族の虐殺を鼻で笑うのが君たち、ユダヤの民だ
     






    9 :以 下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]: 2008/06/26(木) 00:03:21.39 ID:r9BHTXk0
    >>1さん乙です。
    ずいぶん待ち焦がれていましたよ。






    10 :8/415 [sage]:2008/06/26(木) 00:03:39.99 ID:8LBOpBko

           __,.k'"     "''''----、       
         /: : : : : :-=、:::/: : : : : : : : : : : :ヽ、       
       . /: : : : : : : : : : ヽ、: _: : : : : :.、  ヽ ヽ     おいおい、ピラト
       /:: : : : : : : /: : : : ,、: :.}:> ヽ. . . :ヽ: :.、 ヽ:ヽ    ローマの偉大さを知る私を
      /:::: : :.:/: : ::.{'' ' {' ' {:::ヽ|/:::>::}: ヽ: :ヽ:.ヽ:.ヽ:k    あんな連中と一緒にしないでくれよ
     ./ ''''' ' ''{ . ....{::: ::{::.: {-''''-""ヽ1::: 1:: l: : 1:: l 、1   
     { ...l.....:::|:. : l:::1:.: :l、:::{    . 1l 、l┤|::.: :l、:l \   私にとって「聖書」は
    ...{...l:::{::::::::k::.: :l::.l 、:::{ヽ:ヽ   _,>|"l:/.ヾ1:: }.|.l|     民を支配する道具としての意味しかない
     {::|::::{:::::::ヽ:::::{,,h-ヽl--ヽ''"   _/''""' l:/^、     
      {:{:::ヽ::l:::::>、::l ~,.-->-,、    ヽ.ll__,,..l.l\", }     ピラトだって、
      .\1:ヾ、l::、::ヽヾ/  lll ._|   .l  "  .' l/./      就任当初はエルサレム神殿に
       ヽヽ>__'ミ,ヽ:ヽ--''''     ヽ     l^      皇帝の彫像を持ちこもうとしたものだが
         l: :,lヽ、: : .        ' ,,    /ヾ.、     今では、ユダヤの民に
          ''-,,,,^ ,、::::j   . ,--'''''"" }  / l ヽヽ、   理解ある姿勢を取ってるじゃないか
          | l .::::::ヽ::::..   {     ヾl / l  }ヽ ヽ、  
          { | :::::::::::::>、_::.. ヾ、__,,,-'''ノ // /  }''ヽ  ヽ
          ヽl ::::::::::/:::::{ヽ-,,,_"''''''"- / /  |  l  
          .ヾ:::,:::::|::::::|  .ヽ::::~^---"  /   }    







    11 :9/415 [sage]:2008/06/26(木) 00:05:57.41 ID:8LBOpBko

                ,.--、,ー¬--、__ 
               /   く   /_ ‐  
         ー′ヽ   \   ´ ̄ ヽ    (ふ・・・・
        f´ \  \   \     ヽ   
       /    >、  ヽ ヽ  \ ヽ   l    ユダヤの民を文明化させることが
       〃 ヘ「 ヽヘ  ヽ  l、   l\ \  |   私の使命だと考えていたのだが、
       | l 〈 `    ヽ  l  l ヽ lヽゝヽ\|   反乱を起こされては元も子もない
       | l了       ヽ|、1 ヽ.l l l ヽ |  
       l l        ヽ l l !  ヽ! l_ l   !   首都ローマで絶対的な権勢をほこっていた
        l├- 、 _    ヽ l  _ ‐ ´  { _L_   セイアヌス様ですら、皇帝陛下は粛清した
      f⌒l l    ` ヽ    ´     l yヽ } 
      ヽ´ハ( ̄ ̄ ̄ ヽ___、 ´  ̄ ̄ `/! ノ   セイアヌス様という後ろ盾がいなくなった今
       \ l ` ー― ´  `` ー―¬7ン′    私がさらなる出世を遂げるためには
         `ヽ        !         /       どうしても、大祭司カヤパをはじめとした、
          ヽ       l_       /        ユダヤ衆議会と友好的な関係を保ち、
              \   ____   イ        ユダヤ知事としての実績を残さなければならない・・・)
            イ,_ヽ、    / /lヽ、   
          _/ l `丶`_ー‐ ´_/ l  \  
         ノ7 l     ニ ´   l   \
       / /  l\   /--ヽ   /!  ヽ 
     






    12 :10/415 [sage]:2008/06/26(木) 00:06:28.70 ID:8LBOpBko

     ヽ { レ'´  / /    /´ ̄ ̄`ヽ    
      >ゝ\  l / / /      ヽ丶   
     / {  > ヽ { /⌒V'´ ̄ヽヽ     ハ  
     ヽ ヘ ! 厶V{/ /l |    Vl≧   `ト、   く・・・
     〃オ''l 「 "゙`´   !l  , イ¨ jl ヽ   ヽヽ 
    _/イ | _{ l     、_リ/ ___,_  ミ_>‐マ仆j  大変なことになってしまった・・・
    / ハハ 下二ー、   ´仟歹 ’    匁} 〉 
    { l.  }∧tヘヒ弍 }   ´         r‐1イ'  
    ヽ!  ゙ヽ', ´  ノ           、_//  
         l     ヽ           ∧ /   
         ヽ             / Y   
          丶   rz=ニつ    ,イ  }八   
            \   ‐    /   /  〉 
             \    /    /  /  
               >ーく    /   /   
             / /   ,ハ  /    /   







    13 :11/415 [sage]:2008/06/26(木) 00:06:53.54 ID:8LBOpBko

              _,.-.:.:.:^ヽ.‐-...、.._
            ,.-'´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.)'^:.ー、:.:.`''ー、
          ,r'ァ´:.;.;r'´;.-.:,、.:,´:.:.:.:.:.:.`:.:.:.:.:-ヽ
    .        ,':.;ィ'/:.://ヽL|:.:.l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`ヽ.
            |/i':.;l.:/l〈    /:./:.:.:.:,!:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
            l/|リ/_.|  //!:.:.:/:.:.:.:.:,!:.:.:.:.:.:.:.:.:.:   おお、おまえはユダヤ衆議会関係の者
             V 似  '</_/!:./:.:.;/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
               / _ノ    Zヽ`7イ:.:,/:.:,:.:.:.:.:.:.:.:.:.:   そんな駆け足でどこに行くのだ?
            | l     `¨´ /;/:.:.;/.:.;.:.:.:.:.:.:.:.:
             | r、      ´ /..-Z-く:.:.:.:.:.:.:.:.    何か事件が発生したのか?
              | 、 `ヽ       ´ ノ7,. /:.:.:.:.:,:.;/
             l   `¨′    _,.二r;‐' ィ//'′
            ヽ、_ _,..  ´   ケ,!ヽ、
        __.......-‐::´/::〉、     / ,/:::::|::::ヽ、
     r::7::::::::::::::::::/:::::/ ヽ   /   /::::::::|::::::::::\







    14 :12/415 [sage]:2008/06/26(木) 00:07:33.23 ID:8LBOpBko

    ::::::::::::::::::::\::::::::::ヽ:::::::::::::/:ヽ 
    ――::::、::::::::::'::,::::::::}:::::::::,:'::::::}  
    ::::::::::::::/ > 、;; ;;ヘ;;;;'::::::::;ヘ:::::〈 
    ::::::、-'//    ,':/  `""ヾ∨:ヘ  これは、ヘロデ・アンテパス様
    :::r ' |::!   |::|       |::| }::ハ 
    ::>  」::|_   i!::!      _!」 !ハ}:| 実は、ナザレのやる夫一派が
    /   レ' ¨"≠レゝ  / リ/ j/ エルサレム神殿を占拠し、革命を訴えているみたいで
        "モテエ    ,'ェァ /    
                、   {    
                ヽ |    
    i            _ノ /    
    ヽ     ,  ____  /     
     \    ` ー--- ' , '     
       ヽ       /       
         ヽ __ノ        
                      







    15 :13/415 [sage]:2008/06/26(木) 00:07:58.74 ID:8LBOpBko

                ,.--、,ー¬--、__
               /   く   /_ ‐ ヽ
         ー′ヽ   \   ´ ̄ ヽ
        f´ \  \   \     ヽ  
       /    >、  ヽ ヽ  \ ヽ   l      ・・・・・武力蜂起か!
       〃 ヘ「 ヽヘ  ヽ  l、   l\ \  | 
       | l 〈 `    ヽ  l  l ヽ lヽゝヽ\| 
       | l了       ヽ|、1 ヽ.l l l ヽ | 
       l l        ヽ l l !  ヽ! l_ l   ! 
        l├- 、 _    ヽ l  _ ‐ ´  { _L_ 
      f⌒l l    ` ヽ    ´     l yヽ }
      ヽ´ハ( ̄ ̄ ̄ ヽ___、 ´  ̄ ̄ `/! ノ
       \ l ` ー― ´  `` ー―¬7ン′ 
         `ヽ        !         /    
          ヽ       l_       /    
              \   ____   イ
            イ,_ヽ、    / /lヽ、   
          _/ l `丶`_ー‐ ´_/ l  \
         ノ7 l     ニ ´   l   \
       / /  l\   /--ヽ   /!  ヽ 







    16 :14/415 [sage]:2008/06/26(木) 00:08:26.82 ID:8LBOpBko

    :::::::::::::::::::\::::::::::ヽ:::::::::::::/:ヽ   
    ――::::、::::::::::'::,::::::::}:::::::::,:'::::::}  
    ::::::::::::::/ > 、;; ;;ヘ;;;;'::::::::;ヘ:::::〈   ピ、ピラト様!
    ::::::、-'//    ,':/  `""ヾ∨:ヘ   そんなことはございません
    :::r ' |::!   |::|     U |::| }::ハ  
    ::>  」::|_   i!::!      _!」 !ハ}:|  あくまでも、祭司や学者相手に
    /   レ' ¨"≠レゝ  / リ/ j/  論争を挑んでいるだけであって
        "モテエ    ,'ェァ /     何らかの暴動を起こそうとしているわけではありません
      J        、   {     
           u    ヽ |     この問題はピラト様には関係ございません・・・
    i            _ノ /     
    ヽ     ,  ____  /      
     \    ` ー--- ' , '       
       ヽ  u    /       
         ヽ __ノ         
                       
    ---------------------------------------------------------------------------------
    知事ピラトには、州都カエサリアに駐屯する3,000人の兵力があり、
    また、彼の上司であるシリア総督は計6個軍団を配下におさめていた
    (1個軍団の兵力は、軍団兵6,000+補助兵4,000~6,000)
    ---------------------------------------------------------------------------------







    17 :15/415 [sage]:2008/06/26(木) 00:08:59.95 ID:8LBOpBko

            __,.k'"     "''''----、
          /: : : : : :-=、:::/: : : : : : : : : : : :ヽ、
        . /: : : : : : : : : : ヽ、: _: : : : : :.、  ヽ ヽ    
        /:: : : : : : : /: : : : ,、: :.}:> ヽ. . . :ヽ: :.、 ヽ:ヽ   
       /:::: : :.:/: : ::.{'' ' {' ' {:::ヽ|/:::>::}: ヽ: :ヽ:.ヽ:.ヽ:k   おい、
      ./ ''''' ' ''{ . ....{::: ::{::.: {-''''-""ヽ1::: 1:: l: : 1:: l 、1  ナザレのナントカっていえば、
      { ...l.....:::|:. : l:::1:.: :l、:::{    . 1l 、l┤|::.: :l、:l \  あの洗礼者ヨハネの
      .{...l:::{::::::::k::.: :l::.l 、:::{ヽ:ヽ   _,>|"l:/.ヾ1:: }.|.l|    生まれ変わりと聞いている!
      {::|::::{:::::::ヽ:::::{,,h-ヽl--ヽ''"   _/''""' l:/^、    
       {:{:::ヽ::l:::::>、::l ~,.-->-,、    ヽ.ll__,,..l.l\", }    いったい、どういうことだ!
       .\1:ヾ、l::、::ヽヾ/  lll ._|   .l  "  .' l/./    
        ヽヽ>__'ミ,ヽ:ヽ--''''     ヽ     l^     
          l: :,lヽ、: : .        ' ,,    /ヾ.、
           ''-,,,,^ ,、::::j   . ,--'''''"" }  / l ヽヽ、
           | l .::::::ヽ::::..   {     ヾl / l  }ヽ ヽ、
           { | :::::::::::::>、_::.. ヾ、__,,,-'''ノ // /  }''ヽ  ヽ
           ヽl ::::::::::/:::::{ヽ-,,,_"''''''"- / /  |  l  
           .ヾ:::,:::::|::::::|  .ヽ::::~^---"  /   }    







    18 :16/415 [sage]:2008/06/26(木) 00:09:25.77 ID:8LBOpBko

         /:.:.:_:.:.:.:.:.ヽ:.:.:.:.:.l:.:.〉:/:リ:ヽ、 
         ノ:.'´_:._`:.、:.;、ヽ:.:./:/:/'ノ:.:.:.:.i  
        ノ:´:.:.:,:/:rゝ/;tYl:Vム;.Y、ー':.ヽ;!  ・・・そんなことありませんよ
    .   l:.:,r:'´Y/   l:l ``′ ';.l ヽト:.:.:.:' 
    .   )k/:./l;'.__  l:!     リ ._リ';.`Y  従っている民衆の中には
    .   〉-;.:'l l∠ニ'==ァ   、==ニゞ-!  洗礼者ヨハネの霊がのりうつっていると
    .   l 'Y';.l.}. ´i┬r ヽ  ''~Tユ~` リ  信じている連中もいるでしょうが
    .   ヽ.ヽヽ ゙ ` ̄'"   l  ` ̄ l,ノ   そんなの、ただの迷信じゃないですか
    .     `';Y'      l,    j´    
    .     ,.rハi           ;    
        /: ヽヽ.  ー===-  /     .
    .  /:ヽ: : ヽ \   ー‐ ,イ      
     /: : : : ヽ: : :, ヽ、__/ 人     







    19 :17/415 [sage]:2008/06/26(木) 00:09:51.42 ID:8LBOpBko

            __,.k'"     "''''----、
          /: : : : : :-=、:::/: : : : : : : : : : : :ヽ、     
        . /: : : : : : : : : : ヽ、: _: : : : : :.、  ヽ ヽ   お前は無関係だから、余裕な言葉がいえるのだ!
        /:: : : : : : : /: : : : ,、: :.}:> ヽ. . . :ヽ: :.、 ヽ:ヽ   
       /:::: : :.:/: : ::.{'' ' {' ' {:::ヽ|/:::>::}: ヽ: :ヽ:.ヽ:.ヽ:k   だいたい、私はヨハネの処刑には反対だった!
      ./ ''''' ' ''{ . ....{::: ::{::.: {-''''-""ヽ1::: 1:: l: : 1:: l 、1  
      { ...l.....:::|:. : l:::1:.: :l、:::{    . 1l 、l┤|::.: :l、:l \  私個人は洗礼者ヨハネを義人だと思っている!
      .{...l:::{::::::::k::.: :l::.l 、:::{ヽ:ヽ   _,>|"l:/.ヾ1:: }.|.l|   
      {::|::::{:::::::ヽ:::::{,,h-ヽl--ヽ''"   _/''""' l:/^、    妻が望むから、そうしただけなんだ!
       {:{:::ヽ::l:::::>、::l ~,.-->-,、    ヽ.ll__,,..l.l\", }    
       .\1:ヾ、l::、::ヽヾ/  lll ._|   .l  "  .' l/./     し、しかし、
        ヽヽ>__'ミ,ヽ:ヽ--''''     ヽ     l^     我が偉大なる父上が建てたエルサレム神殿が
          l: :,lヽ、: : .        ' ,,    /ヾ.、    そのような者に占拠されているのを
           ''-,,,,^ ,、::::j   . ,--'''''"" }  / l ヽヽ、  黙って見過ごすというのも・・・
           | l .::::::ヽ::::..   {     ヾl / l  }ヽ ヽ、
           { | :::::::::::::>、_::.. ヾ、__,,,-'''ノ // /  }''ヽ  ヽ
           ヽl ::::::::::/:::::{ヽ-,,,_"''''''"- / /  |  l  
           .ヾ:::,:::::|::::::|  .ヽ::::~^---"  /   }    







    20 :以 下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]: 2008/06/26(木) 00:10:03.96 ID:nanbR96o
    ついに最終回か...。
    さみしいような楽しみなような不思議な気分だ。






    21 :18/415 [sage]:2008/06/26(木) 00:10:17.82 ID:8LBOpBko

    ::::::::::::::::::::\::::::::::ヽ:::::::::::::/:ヽ 
    ――::::、::::::::::'::,::::::::}:::::::::,:'::::::}  
    ::::::::::::::/ > 、;; ;;ヘ;;;;'::::::::;ヘ:::::〈    ・・・・・・。
    ::::::、-'//    ,':/  `""ヾ∨:ヘ 
    :::r ' |::!   |::|       |::| }::ハ  だいじょうぶですよ、ヘロデ・アンテパス様
    ::>  」::|_   i!::!      _!」 !ハ}:|  
    /   レ' ¨"≠レゝ  / リ/ j/  ナザレのやる夫教団の中にも
        "モテエ    ,'ェァ /     我々の理解者がいます
                、   {    
                ヽ |     そして、エルサレムの平穏を乱すことがあれば
    i            _ノ /     ただちに捕縛するよう
    ヽ     ,  ____  /      大祭司カヤパ様は指示しております
     \    ` ー--- ' , '     
       ヽ       /        どうぞ、ご安心ください
         ヽ __ノ        







    22 :19/415 [sage]:2008/06/26(木) 00:11:00.59 ID:8LBOpBko

                ,.--、,ー¬--、__
               /   く   /_ ‐ ヽ
         ー′ヽ   \   ´ ̄ ヽ
        f´ \  \   \     ヽ  
       /    >、  ヽ ヽ  \ ヽ   l   (過越祭が野蛮だと言いながら
       〃 ヘ「 ヽヘ  ヽ  l、   l\ \  |   「霊がのりうつる」という迷信は信じる
       | l 〈 `    ヽ  l  l ヽ lヽゝヽ\|   まったく、ヘロデ・アンテパスは
       | l了       ヽ|、1 ヽ.l l l ヽ |   ローマ人になりそこねた愚かなユダヤ人だ
       l l        ヽ l l !  ヽ! l_ l   ! 
        l├- 、 _    ヽ l  _ ‐ ´  { _L_  あの独裁者ヘロデ大王の息子というのに・・・
      f⌒l l    ` ヽ    ´     l yヽ }
      ヽ´ハ( ̄ ̄ ̄ ヽ___、 ´  ̄ ̄ `/! ノ  純粋なユダヤ人でないのに関わらず
       \ l ` ー― ´  `` ー―¬7ン′  ユダヤ全土を長期的に支配し
         `ヽ        !         /     重税と労役により
          ヽ       l_       /      国力に不相応なエルサレム神殿を建てつつ、
              \   ____   イ       他の有力者を皆殺しにした、
            イ,_ヽ、    / /lヽ、     冷血なヘロデ大王とはとても似つかない・・・)
          _/ l `丶`_ー‐ ´_/ l  \
         ノ7 l     ニ ´   l   \
       / /  l\   /--ヽ   /!  ヽ 







    23 :20/415 [sage]:2008/06/26(木) 00:11:29.23 ID:8LBOpBko

               ,   __,,::-:..、__     
              ./i__,,r''゙/::,,='''´:::.`''ヽ.    
             ∧゙、::i::〈::f::::::::_;;:-:::::、:.`:、     ピラト様もご心配なさらぬよう!
             /:::::ヾ;:!、:、i;::'ヘヽヽ;::::::::::、{   
            〈:::::/'!i゙    |::|. |:ト;::::::::〉     あらためて、ユダヤ衆議会のほうから
            /:、{.-|ト、,,_ 、,,|;'-‐jノ'ミ:::、{      報告があると思いますので、お待ち下さい!
            ヽ;:l i┬r ヽ ''~Tユ~`.},=〈  
             .iヘ  ̄ ,!      !゙ビi.〉     では!
             .{.「i  ヽ!.       _,,/    
              `'ヽ.  iラー''^ヽ  /     
                ヽ、 '-‐‐'''゙ /|      
                 .iヽ、__ ,,/./ヽ、   


              _,.-.:.:.:^ヽ.‐-...、.._
            ,.-'´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.)'^:.ー、:.:.`''ー、
          ,r'ァ´:.;.;r'´;.-.:,、.:,´:.:.:.:.:.:.`:.:.:.:.:-ヽ
    .        ,':.;ィ'/:.://ヽL|:.:.l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`ヽ.    た、頼んだぞ!
            |/i':.;l.:/l〈    /:./:.:.:.:,!:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
            l/|リ/_.|  //!:.:.:/:.:.:.:.:,!:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
             V 似  '</_/!:./:.:.;/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
               / _ノ    Zヽ`7イ:.:,/:.:,:.:.:.:.:.:.:.:.:.: 
            | l     `¨´ /;/:.:.;/.:.;.:.:.:.:.:.:.:.:
             | r、      ´ /..-Z-く:.:.:.:.:.:.:.:. 
              | 、 `ヽ       ´ ノ7,. /:.:.:.:.:,:.;/
             l   `¨′    _,.二r;‐' ィ//'′
            ヽ、_ _,..  ´   ケ,!ヽ、
        __.......-‐::´/::〉、     / ,/:::::|::::ヽ、
     r::7::::::::::::::::::/:::::/ ヽ   /   /::::::::|::::::::::\







    24 :21/415 [sage]:2008/06/26(木) 00:11:56.05 ID:8LBOpBko

                ,.--、,ー¬--、__
               /   く   /_ ‐ ヽ(ヘロデ大王の亡きあと、
         ー′ヽ   \   ´ ̄ ヽ    息子たちにユダヤ全土は四分割されたが
        f´ \  \   \     ヽ   子はこの男をはじめ暗愚なものばかり
       /    >、  ヽ ヽ  \ ヽ   l  
       〃 ヘ「 ヽヘ  ヽ  l、   l\ \  |   結局、我がローマ帝国が、エルサレム周辺を
       | l 〈 `    ヽ  l  l ヽ lヽゝヽ\|   直轄支配することになった
       | l了       ヽ|、1 ヽ.l l l ヽ | 
       l l        ヽ l l !  ヽ! l_ l   !   しかし、我々が
        l├- 、 _    ヽ l  _ ‐ ´  { _L_  大幅な減税政策を取っているというのに
      f⌒l l    ` ヽ    ´     l yヽ }  ユダヤの民は不満らしい
      ヽ´ハ( ̄ ̄ ̄ ヽ___、 ´  ̄ ̄ `/! ノ
       \ l ` ー― ´  `` ー―¬7ン′  カヤパたちユダヤ衆議会の連中は
         `ヽ        !         /     まだ、話が通じるが
          ヽ       l_       /      ローマ文明の偉大さを知らない下層民は
              \   ____   イ       ローマ帝国を悪魔の手先としか見ていない
            イ,_ヽ、    / /lヽ、   
          _/ l `丶`_ー‐ ´_/ l  \   そして、こんな時代遅れの汚らしい街を
         ノ7 l     ニ ´   l   \ 聖都として崇めている
       / /  l\   /--ヽ   /!  ヽ 
                            神に祝福されたユダヤ人が王になれば
                            たとえ、重税と圧政に苦しんでも
                            彼らは幸せなんだろうな

                            神のためなら喜んで死ぬのが、ユダヤの民だ
                           
                            なんとも、宗教というものは恐ろしいものだ
                            私はそんな神を信じる連中の気が知れんよ・・・)







    25 :22/415 [sage]:2008/06/26(木) 00:12:23.92 ID:8LBOpBko

    ================================================================================
                4-1. 知事ピラトとヘロデ・アンテパス (まとめ)
    ================================================================================

    紀元前37年、ローマ帝国軍隊の助力を得て、
    ヘロデ大王は「ハスモン朝」を滅ぼし、ユダヤ王となった

    (「ハスモン朝」は、エルサレム神殿大祭司が王を兼ねるという政教一致政権であった)

    紀元前4年、ヘロデ大王は死に、子どもたちに領土を四分割した
    ユダヤ衆議会(サンヘドリン)はこれに反対したが、ローマ帝国は相続を認めた
    ただし、ローマ帝国はヘロデ大王の子どもたちに「王」を称することを許さなかった

    西暦6年、ヘロデ大王の子のひとりであった、ヘロデ・アルケラオスは
    サマリア地方の民の訴えにより、ローマ帝国皇帝に追放させられる

    そして、アルケラオスが支配していたエルサレムを含む一帯を
    ローマ帝国は直接支配することになったのである

    ナザレのイエスが伝道していた西暦30年頃のパレスティナ地方の統治は次の通り

    ・ナザレを含むガリラヤ地方は、ヘロデ大王の息子ヘロデ・アンテパスの支配
    ・エルサレム一帯は、ローマ帝国ユダヤ属州長官(知事)の支配

    ただし、西暦70年以前のユダヤ属州長官は、エルサレムに官邸を構えず、
    二代皇帝ティベリウスの名を冠した「ティベリア」という街を州都としていた

    ユダヤの民族感情を配慮して、ローマ帝国はエルサレムに軍隊を置かず、
    サンヘドリン(ユダヤ衆議会)の自治にゆだねていたのである







    26 :23/415 [sage]:2008/06/26(木) 00:13:17.29 ID:8LBOpBko

    ユダヤ属州長官ピラトのことを、多くの資料は「ユダヤ総督」とする
    しかし、他の「属州総督」と違い、「ユダヤ属州長官」は「シリア総督」の管轄に置かれた

    西暦36年に、ピラトは大祭司カヤパとともにユダヤ長官を解任されるが、
    その命令はシリア総督ルキウス・ウィテリウスから発せられている

    一方、ヘロデ・アンテパスは西暦39年に追放されるが、
    ローマ帝国皇帝カリグラに「王位」を要求し、その野心を罰せられたためである

    ユダヤ長官の人事権はシリア総督にあり、
    領主ヘロデ・アンテパスは、ローマ帝国の従属的同盟諸侯という関係であったのだ

    なお、ネロ皇帝の時代、西暦52~66年間の14年間にユダヤ長官をつとめた
    フェリックス、フェストゥス、アルビヌス、フロールスの四人は
    タキトゥスやヨセフス・フラウィウスにその悪政を批判されている

    そして、西暦66年に勃発した(第一次)ユダヤ戦争は、
    長官フロールスの失政にあったと考えられている

    彼らに比べれば、大祭司カヤパとともに罷免させられたピラトは、
    ユダヤ衆議会と協調した統治を取っていたのではないか

    しかし、ピラトがユダヤの宗教に共感していたとは考えにくい

    ローマ人からすれば、多民族の神を認めない、一神教のユダヤ教は
    「不寛容」で「非文明的」な宗教としか見えなかったのである

    その分派であり、やがて世界宗教となった「キリスト教」についても
    ローマ帝国の知識人たちは「かたくなな思い込み」として、
    三百年もの間、その教えを受け入れることを拒んだ







    2
    28 :24/415 [sage]:2008/06/26(木) 00:16:06.24 ID:8LBOpBko

    ─────────────────────────────
                4-2. エルサレム神殿での弾劾演説
    ─────────────────────────────

           ____        
        /      \       神の教えを正しく導くはずの
       /   \  /\     祭司たち、学者たち
     /     (ー) (―)、\   
     |       (__人__)    |    確かに、彼らの教えるモーセの律法には
     \      ` ⌒´   /    耳を傾けるべきだ
      ノ           \  
                      しかし、
                      彼らの行為は決して見習ってはいけない!







    29 :25/415 [sage]:2008/06/26(木) 00:16:37.40 ID:8LBOpBko

              ____      
           /      \      うわべだけを飾る祭司たちよ!
          /   \  /\    
        /     (●) (●)、\  おまえたちは
        |       (__人__)    |  夫に先立たれて悲しみに包まれる女の
        \      ` ⌒´   /  魂の弱さにつけこんで 
         ノ           \  その財産をかすめ取る毒蛇だ! 


             ____        
           / \ /\       
         / (○) (○)\      祈りの長さを競い、
        /    (__人__)   \    衣の房飾りの大きさを競い、
       |       |::::::|     |     魂を癒されたいとすがりつく人々を
       \       l;;;;;;l    /l!| !    招き入れては
       /     `ー'    \ |i    「神の国」への入り口を閉ざす!
      /          ヽ !l ヽi    
     (   丶- 、       しE |そ   そんなおまえたちは
      `ー、_ノ       ? l、E ノ <   神から誰よりも厳しい裁きを
                  レY^V^ヽl   受けることになる!






    31 :26/415 [sage]:2008/06/26(木) 00:17:05.68 ID:8LBOpBko

            ____ 
          /      \     形式主義におちいった学者たちよ!
         /\  /    \      
       / (●)  (●)    \  おまえたちは 
       |   (__人__)       |  戒律を守ることにこだわるあまり 
       \  .` ⌒´      /  神の真意から遠ざかっている!
        /              ヽ  
                       なぜ、パンを食べるたびに
                       清めの儀式を遵守しなければならないのだ!


            ____       
          /      \      人の悪しきものは、
         / \    / \     すべて人間の内面から出てくるのだ!
       /  ( ●)  (●)  \   
       |      (__人__)     |    姦通、窃盗、殺人、貪欲、偽証、
       \     ` ⌒´    /   詐欺、好色、嫉妬、中傷、高慢、無分別!
       _ノ           \   
                        あらゆる種類の悪は人間の内から出てきて
                        その人をけがしている!
     
                        なぜ、おまえたちは、食事の作法にこだわり
                        心を清らかにする方法を教えないのか!






    33 :27/415 [sage]:2008/06/26(木) 00:18:14.51 ID:8LBOpBko

     ヽ { レ'´  / /    /´ ̄ ̄`ヽ    
      >ゝ\  l / / /      ヽ丶   
     / {  > ヽ { /⌒V'´ ̄ヽヽ     ハ  
     ヽ ヘ ! 厶V{/ /l |    Vl≧   `ト、   く・・・
     〃オ''l 「 "゙`´   !l  , イ¨ jl ヽ   ヽヽ 
    _/イ | _{ l     、_リ/ ___,_  ミ_>‐マ仆j  まさか、ナザレのやる夫が、
    / ハハ 下二ー、   ´仟歹 ’    匁} 〉   天下のエルサレム神殿で
    { l.  }∧tヘヒ弍 }   ´         r‐1イ'   こんな大演説をぶつ事態になるとは・・・
    ヽ!  ゙ヽ', ´  ノ           、_//  
         l     ヽ           ∧ /     あんな忠告をするべきではなかったのか・・・
         ヽ             / Y   
          丶   rz=ニつ    ,イ  }八   
            \   ‐    /   /  〉 
             \    /    /  /  
               >ーく    /   /   
             / /   ,ハ  /    /   







    35 :28/415 [sage]:2008/06/26(木) 00:18:40.58 ID:8LBOpBko

           ____      
        /      \     
       /   \  /\     祭司たちよ、学者たちよ
     /     (ー) (―)、\   虚栄と高慢にいろどられたおまえたちに
     |       (__人__)    |   すべてを知る神がどんな報いをもたらすか
     \      ` ⌒´   /   考えてみるがいい!
      ノ           \ 


           ____       
         /      \      聖書はおまえたちが正しい人間を殺した歴史だ!
        / \    / \      
      /  ( ●)  (●)  \   アベルからザカリヤに至るまで
      |      (__人__)     |    神殿と祭壇のあいだで彼らを殺したのは
      \     ` ⌒´    /   ほかならぬおまえたちだ!
      _ノ           \   







    34 :以 下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします :2008/06/26 (木) 00:18:17.72 ID:MQfTNK60
    それにしても全415レスとは・・・・
    >>1の意欲はすごいね






    36 :以 下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします :2008/06/26 (木) 00:19:11.34 ID:cOzeA5.0
    しかしレス数415ってスゴイな
    書きすぎだろww






    37 :1 [sage]:2008/06/26(木) 00:20:35.72 ID:8LBOpBko
    >>34
    その代り、制作時間がかかりすぎて
    人々が忘れた頃に、続編を立てるせいで
    このように過疎ってしまうわけですが

    415レスでなければ伝えられないものがありますので
    どうぞ気長にお付き合いください






    39 :29/415 [sage]:2008/06/26(木) 00:21:04.87 ID:8LBOpBko

          ノ L____        
          ⌒ \ / \       その結果が、この惨状だ!
         / (○) (○)\      エルサレム神殿を商売人の巣窟にし、
        /    (__人__)   \     貧しき者に祈りの場を与えようとしない!
       |       |::::::|     |     
       \       l;;;;;;l    /l!| !    おまえたちが学んだ神の教えは
       /     `ー'    \ |i     その程度のものなのか!
      /          ヽ !l ヽi    
     (   丶- 、       しE |そ   祈りの場を商売の道具にして
      `ー、_ノ       ? l、E ノ <   神が喜んでおられると思っているのか!
                  レY^V^ヽl  







    40 :30/415 [sage]:2008/06/26(木) 00:21:33.23 ID:8LBOpBko

       \\       マンセー! ナザレのナントカ先生、マンセー!        //
         \\                                         //

           _ _∩.     _ _∩.     _ _∩.     _ _∩.     _ _∩.     _ _∩.
         ( ゚∀゚)彡  ( ゚∀゚)彡  ( ゚∀゚)彡  ( ゚∀゚)彡  ( ゚∀゚)彡  ( ゚∀゚)彡
         (  ⊂彡.   (  ⊂彡.   (  ⊂彡.   (  ⊂彡.   (  ⊂彡.   (  ⊂彡
        _ _∩.     _ _∩.     _ _∩.     _ _∩.     _ _∩.     _ _∩.     _ _∩.
      ( ゚∀゚)彡  ( ゚∀゚)彡  ( ゚∀゚)彡  ( ゚∀゚)彡  ( ゚∀゚)彡  ( ゚∀゚)彡  ( ゚∀゚)彡
      (  ⊂彡.   (  ⊂彡.   (  ⊂彡.   (  ⊂彡.   (  ⊂彡.   (  ⊂彡.   (  ⊂彡.
       |   |     |   |     |   |     |   |    |   |     |   |     |   |
       し ⌒J.    し ⌒J.    し ⌒J.    し ⌒J.   し ⌒J.    し ⌒J.    し ⌒J







    41 :31/415 [sage]:2008/06/26(木) 00:22:00.19 ID:8LBOpBko

         -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、    
       / /" `ヽ ヽ  \  (・・・やる夫先生の激越な言葉が
      //, '/     ヽハ  、 ヽ   人々を熱狂させている
     〃 {_{       リ| l.│ i|  
     レ!小lノ    `ヽ 从 |、i|   でも、こんなのやる夫先生らしくない・・・
      ヽ|l --   --  | .|ノ│   まるでヨハネ先生になったみたいだ
      .|ヘ⊃ 、_,、_,⊂⊃j  | , |  
       | /⌒l,、 __, イァト |/ |   それに、神殿で商売している人たちを追いだして
    .  | /  /::|三/:://  ヽ |   演説を始めるなんて・・・)
      | |  l ヾ∨:::/ ヒ::::彡, |   







    42 :32/415 [sage]:2008/06/26(木) 00:22:25.55 ID:8LBOpBko

           ,.  ´ ̄ ̄ ̄`  、_        
           / /          \     (確かに、祭司たちや学者たちの不正や不実は
         /  / /          ヽ ヽ     声高に批難されるべきかもしれない
        / / / / /    ヽ ヽ  、  '. ハ    
        / / / / /ト、 i    |   i  i  |   !    しかし、もっと悪しき者は
      /,イi | ! | ! ヽ \  ト、 | i ! !   \   今、「マンセー」と盲目的な支持をしている
      〃 || 「「><ヽ|\| \!_>v1ハイ  ト-ヽ  民衆にあるのではないか?
    /   !ト、ト、! ̄ ̄`ヽ  f'〃 fr示 !  i !    
       〃トr 斗  //  |-、 !  r' ,イ rY 从     奴らは一人では何も言おうとしない
      / レヘ|ヽ __,.ノ ; ヽ __ ̄_ jイノ〃      群衆の中にまぎれこまないと自己主張できない
          V ト、     _    乂 /レ'        臆病で愚かな連中に過ぎないのに・・・)
           ヽ! >  _ _,. イ!/ /       
            ヽレ'´ j    「メ、       
          _,. ':.:.:.:.:r- 、  -‐〉:.:.:.ヽ     
        r'「!:.:.:.:.:.:.:.:.:.L-  ―--!:.:.:.:.:.:.:.\     
        ∧:.!:!:.:.:.:.:.:.:.:.ヒ二二ニ」:.:.:.:.:.:.:.:.//>、   







    43 :33/415 [sage]:2008/06/26(木) 00:22:52.56 ID:8LBOpBko

        /                  ヽ     
       /     ,     , '          ヽ   
      / / / /  /  ,  /        ヽ     !  
    ..〃/ / !  l   /  !  ! ヽ     |     !   (熱心党のバラバが捕まり
     │ !  ! │ {  !   |   ヽ   ! !   !  |   それに従っていた連中がついてきて
      ! /{  {.   ト` ト、 |ヽ  !\ ,ム‐ハ|   }  l   教団の風紀が乱れている。
      レ !  iヽ !,,====ミ、\l ,,====ミ !   l  l !   
        ヽ |.-ヽ!'<fえヶ.ll, - 、ll イkか>l  ,!、 ハl   彼らは血の飢えた、けだものだ
         /, ニヽト ゞ-' ノ   ヽ ゞ-' ,' / ノリ    
       ,'/ニヾ 人     `_      / /リ´      自分に心地のいい言葉を放つ
       { /ニヽ ヽへ          ィ ハl       リーダーを探しているだけだ
        ヽ、ヽ   } | >   _ , ィ´/ノ-、      
        _,'    レ′_,-‐l     /  ヽ       そして、一人では言えないことを大合唱して
       __/ |    /、‐'/ /   , '      \      その快感に酔いしれているだけなのだ)
      /    ─ '  } /へ、 /         \   
                               







    44 :34/415 [sage]:2008/06/26(木) 00:23:19.92 ID:8LBOpBko

    .  /                ヽ    \  \   
     ,'     /  /            l    \  ヽ   
     !     /  /     /  ,'    |  l   ハ  ヘ、  (なぜ、そんな連中を喜ばせる必要がある?
    . | !   l   l     /  /   ,イ !   i   ! l ヽ ',  
    . l |   l   l  ,/  〃 ,/   /│ l  j   l│  ! l  真に罵るべきは、風向きに従って
    ノ | ! │   | /_// //  / ,' ∧ / |  / j   l│  攻撃する標的を変えるだけの
     ノ l ァ|   |尢/‐=乞t/ / /∠ニ「厂! / ,/  / リ  芯のない愚かな「暴徒」ではないのか?)
    _イ 八{´l  !レ<f{矛:下 'ヽ _〃イ孑代勹 イ } /   
    .    Vハ  |{  r';;_zj  f} ⌒{! r';;zリ /}, '//     
        ヽ ',  | ` ー―‐‐ '  、 `ー-- チ' /       
         `ヘ lヽ       _      厶 ./        
            ', {.代ト、          , イ | /         
           \_'i| > 、 _ , イ/ V l./        
            / ヽj       {`ヽ   ′        
    .    _ /  「´        ヽ} \          
    , -‐ ´     l‐--‐、 _ -‐ |   ` ー- 、      







    45 :35/415 [sage]:2008/06/26(木) 00:23:45.82 ID:8LBOpBko

       ,   __,,::-:..、__     
      ./i__,,r''゙/::,,='''´:::.`''ヽ.    やる夫先生!
     ∧゙、::i::〈::f::::::::_;;:-:::::、:.`:、  あなたの言葉はもっともです
    ../:::::ヾ;:!、:、i;::'ヘヽヽ;::::::::::、{  
    〈:::::/'!i゙    |::|. |:ト;::::::::〉  しかし、神殿で商売する人間を追いだし
    /:、{.-|ト、,,_ 、,,|;'-‐jノ'ミ:::、{   説教するのはいかがなものでしょうか?
    ヽ;:l i┬r ヽ ''~Tユ~`.},=〈  
     .iヘ  ̄ ,!      !゙ビi.〉 
     .{.「i  ヽ!.       _,,/ 
      `'ヽ.  iラー''^ヽ  /    
        ヽ、 '-‐‐'''゙ /|     
         .iヽ、__ ,,/./ヽ、  







    46 :36/415 [sage]:2008/06/26(木) 00:24:17.23 ID:8LBOpBko

     ヽ { レ'´  / /    /´ ̄ ̄`ヽ    
      >ゝ\  l / / /      ヽ丶   
     / {  > ヽ { /⌒V'´ ̄ヽヽ     ハ  
     ヽ ヘ ! 厶V{/ /l |    Vl≧   `ト、   彼らにだって生活があるのです
     〃オ''l 「 "゙`´   !l  , イ¨ jl ヽ   ヽヽ 
    ../イ | _{ l     、_リ/ ___,_  ミ_>‐マ仆j  いったい、あなたはどんな権威があって
    / ハハ 下二ー、   ´仟歹 ’    匁} 〉  そんな暴力的なことができるのですか?
    { l.  }∧tヘヒ弍 }   ´         r‐1イ'  
    ヽ!  ゙ヽ', ´  ノ           、_//  
         l     ヽ           ∧ /   
         ヽ             / Y   
          丶   rz=ニつ    ,イ  }八   
            \   ‐    /   /  〉 
             \    /    /  /  
               >ーく    /   /   
             / /   ,ハ  /    /   


                  ____      
                / \  /\     
              / (ー)  (ー)\ .   ならば、この神殿を壊してみるといい
            /   ⌒(__人__)⌒ \.  
            |      |r┬-|     |.  三日でよみがえらせてみせよう(*)
            \     `ー'´    /  
            _ノ           \  

    ---------------------------------------------------------------------------------
    *マルコ伝14:58 マタイ伝20:19 ヨハネ伝2:19
    ---------------------------------------------------------------------------------






    47 :37/415 [sage]:2008/06/26(木) 00:24:41.92 ID:8LBOpBko

    ::::::::::::::::::::\::::::::::ヽ:::::::::::::/:ヽ 
    ――::::、::::::::::'::,::::::::}:::::::::,:'::::::}  
    ::::::::::::::/ > 、;; ;;ヘ;;;;'::::::::;ヘ:::::〈 
    ::::::、-'//    ,':/  `""ヾ∨:ヘ 
    :::r ' |::!   |::|       |::| }::ハ 
    ::>  」::|_   i!::!      _!」 !ハ}:|    ・・・・・・・!!
    /   レ' ¨"≠レゝ  / リ/ j/ 
        "モテエ    ,'ェァ /    
                、   {    
                ヽ |    
    i            _ノ /    
    ヽ     ,  ____  /     
     \    ` ー--- ' , '     
       ヽ       /       
         ヽ __ノ        







    48 :38/415 [sage]:2008/06/26(木) 00:25:05.16 ID:8LBOpBko

        /                  ヽ     
       /     ,     , '          ヽ   
      / / / /  /  ,  /        ヽ     !  
    ..〃/ / !  l   /  !  ! ヽ     |     !   
     │ !  ! │ {  !   |   ヽ   ! !   !  |  
      ! /{  {.   ト` ト、 |ヽ  !\ ,ム‐ハ|   }  l  ・・・・・・・・・!!
      レ !  iヽ !,,====ミ、\l ,,====ミ !   l  l !   
        ヽ |.-ヽ!'<fえヶ.ll, - 、ll イkか>l  ,!、 ハl  
         /, ニヽト ゞ-' ノ   ヽ ゞ-' ,' / ノリ    
       ,'/ニヾ 人     `_      / /リ´     
       { /ニヽ ヽへ          ィ ハl      
        ヽ、ヽ   } | >   _ , ィ´/ノ-、      
        _,'    レ′_,-‐l     /  ヽ      
       __/ |    /、‐'/ /   , '      \    
      /    ─ '  } /へ、 /         \   







    49 :39/415 [sage]:2008/06/26(木) 00:25:28.18 ID:8LBOpBko

          -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、      
      / /" `ヽ ヽ  \    (この神殿を作るのには
     //, '/     ヽハ  、 ヽ    43年の歳月がかかったと聞いているにょろ
     〃 {_\    /リ| l │ i|   
     レ!小l●    ● 从 |、i|    まさか、やる夫先生に
      ヽ|l⊃ 、_,、_, ⊂⊃ |ノ|    本当にそんな能力がそなわっていたとしたら・・・)
       |ヘ   ゝ._)   j.  | , |   
       | /⌒l,、 __, .イァト|/ |    
       | /  /::|三/:://  ヽ |    
       | |  l ヾ∨:::/ ヒ::::彡, |   







    50 :40/415 [sage]:2008/06/26(木) 00:25:51.37 ID:8LBOpBko

             /:.:.:_:.:.:.:.:.ヽ:.:.:.:.:.l:.:.〉:/:リ:ヽ、   
             ノ:.'´_:._`:.、:.;、ヽ:.:./:/:/'ノ:.:.:.:.i  
            ノ:´:.:.:,:/:rゝ/;tYl:Vム;.Y、ー':.ヽ;!  
              l:.:,r:'´Y/   l:l ``′ ';.l ヽト:.:.:.:', ・・・ふふふ、今の言葉、
            )k/:./l;'.__  l:!     リ ._リ';.`Y  覚えておきましょう
           〉-;.:'l l _`ヾ、 _, 、, r'´_/. !r-!  
           l 'Y';.l ´ 赱〕``    '近l ` リ< !  「三日でこの神殿を建て直すことができる」ですね
           ヽ.ヽヽ.       l     ,'-,ノ  
             `';Y',     l,     ,' ´    
             ,.rハ'´`丶、__ _  , ' __    
              /: ヽ \   ヽー  /〉′.〉   
          /:ヽ: : ヽ l  .!- ィ' 〉′ /ヽ、   
          /: : : : ヽ: : :,ツ__ ...'`-'.、'  /ヽ: : :`:、. 
      ,. :':´:-: 、: : : : :ヽ:〈       !ヽ .l:_: : :>: : :! 
    _f'´: : : : : : : :\: : :',:ノ ` ̄ ̄ `ヽ,' li: :`丶、: : :l 
    i: : : : : : : : : :-: :_ヽ: '、 ー----、ノ,イ l: : : : l: : :! 
    !: : : : : : ; :-:-: : : `/:.!l     ' ,ll!:::', l: : : : !: :.l:
    !: : : :./: : : : : : : /: : ',ヽ、ー ''ノ:!l::::',l: : : : l: :l: 







    51 :41/415 [sage]:2008/06/26(木) 00:26:18.90 ID:8LBOpBko

    .  /                ヽ    \  \   
     ,'     /  /            l    \  ヽ   
     !     /  /     /  ,'    |  l   ハ  ヘ、 
    . | !   l   l     /  /   ,イ !   i   ! l ヽ ',  
    . l |   l   l  ,/  〃 ,/   /│ l  j   l│  ! l  (・・・・これは危険な発言ではないか?
    ノ | ! │   | /_// //  / ,' ∧ / |  / j   l│ 
     ノ l ァ|   |尢/‐=乞t/ / /∠ニ「厂! / ,/  / リ   エルサレム神殿の権威を汚した言葉を
    _イ 八{´l  !レ<f{矛:下 'ヽ _〃イ孑代勹 イ } /     ユダヤ衆議会が許すとは思えない
    .    Vハ  |{  r';;_zj  f} ⌒{! r';;zリ /}, '//    
        ヽ ',  | ` ー―‐‐ '  、 `ー-- チ' /        ここまで好き勝手な演説を
         `ヘ lヽ       _      厶 ./         「彼ら」が許していたのは
            ', {.代ト、          , イ | /          失言を引き出すためだったのだ
           \_'i| > 、 _ , イ/ V l./           
            / ヽj       {`ヽ   ′          いや、でも・・・)
    .    _ /  「´        ヽ} \          
    , -‐ ´     l‐--‐、 _ -‐ |   ` ー- 、      







    52 :42/415 [sage]:2008/06/26(木) 00:27:39.46 ID:8LBOpBko

    =================================================================================
                4-2. エルサレム神殿での弾劾演説(まとめ)
    =================================================================================

    新約聖書マタイ福音書21章~23章でまとめられた
    イエス・キリストのサドカイ派(貴族祭司グループ)とファリサイ派(律法学者グループ)への弾劾が
    エルサレム神殿で行われたかどうかは疑問視されている

    成立時期がもっとも古いマルコ福音書では、これらのイエスの主張は断片的に語られている

    そもそも、これらの見解が、ナザレのイエスによるものかも疑わしい

    イエスの死後、原始キリスト教団は、サドカイ派およびファリサイ派から、批難と迫害を受けたが、
    それに反駁するべく積み重ねられた理論がこの部分に反映されていると思われる
    (ナザレのイエスの伝道は1~3年と短期間にすぎず、
     新約聖書の福音書が成立するまでには、以降30年の歳月がたっていると考えられる)

    一方、ヨハネ福音書では、「受難の一年前の過越祭」でのこととして
    エルサレム神殿入口の商人を追い出した出来事を伝えている(2章13節以降)

    福音書でもっとも過激な、そしてイエスらしからぬこれらの言動を、
    この物語では、指導者バラバが捕縛され、行き場をなくした熱心党の支持者たちを
    含めた結果であるとした

    「この神殿を壊してみよ。三日で建て直してみせる」という、
    ナザレのイエスにしては、いささか軽率な発言は
    エルサレム神殿の権威によってのみ成立している
    ユダヤ教の現状への痛烈な皮肉ではないだろうか
    (福音書では、もちろん「復活」の根拠として語られている)






    53 :43/415 [sage]:2008/06/26(木) 00:28:09.03 ID:8LBOpBko

    なお、サドカイ派とファリサイ派は、新約聖書ではともにに批判されているが
    ユダヤ衆議会(サンヘドリン)では、互いに対立する関係だった

    サドカイ派の特徴・・・・モーセの律法を重視し、復活・来世・天使を信じない合理主義者
                  エルサレム神殿の権威を強調することで、正統性を得ていた

    ファリサイ派の特徴・・モーセの律法以外の外伝も重視し、
                  それらを遵守する生活様式を確立し、庶民に伝えた
                  ただし、その教えはイエスが批判するように「形式主義」に陥っていた

    ひとことで形容するならば、サドカイ派=権威的、ファリサイ派=庶民的、となる

    ファリサイ派である律法学者の間では、ナザレのイエスの支持者が少なくなく、
    イエスがたびたび彼らの家に泊まり、教えを説いていた光景が福音書で語られている


    いずれも聖書(つまり「旧約聖書」)で神が人に命じた「律法」に定められた生活を続けることで
    いつか「救世主」があらわれ、ユダヤの独立国家を建設する日がくるという
    期待を抱かせることで、民衆の支持を得ていた







    54 :44/415 [sage]:2008/06/26(木) 00:29:50.86 ID:8LBOpBko

    ─────────────────────────────
                4-3. ユダの密約
    ─────────────────────────────

            r- 、..--/::::::::::丶,.__
         _,.イ:::::::::::::V :::::::::::::::::::::::` 、     
        r:::::::::::::::::::: ,.ヘ::/ヽ.:::::::::::::::::::::::ヽ.     ・・・洗礼者ヨハネを処刑したら、熱心党のバラバ
        ノ::::|:::::::::| ::::::l::ヾ/:::丶:::::::: |::::ヽ:::::ヽ    バラバを捕縛したら、ナザレのナントカ
       ,イ:::::::|:::::::::| :::::::トr'` "´|:::::::::ハ:::!|:::::l:::l    
    .  l::|:::::::|:::::::::ゝ::::::|    |:l::::::l| |::!|:::::|:::l    民衆の移り気の早さには
       | ! :::::|:|:::|::::ハ:::::|    |ィ!ニリ=j、レィ:r┘   まったく困ったものですね
       l !::l::::N:::ハ:::ィ!ニjlゞ     , ,.==..、 l:: |:: |    アンナス様
       ヽ::|:::::ゝ:〆           ヒf::j ' l::::l::: |   
       |ゞ`--ハ    ___      ー'   l::::|::: |   
       |:::|:::::::::ハ '" ̄     、     リ::ハ::: |   
       l::::|:::::::::ハ      -  '    イ:::::::|ハ::|   
       l:::ハ::::::::::l:::lヘ.          .イ:::|:::::::!:::|::',  
       |:::::∧::::::|:::|:::::ヘ   .. __ /l::l::::!::::ノ::: |:::ヘ  
       ' :::::|::::ゝ:::|::ハ|::| / |      Ll ::レイ :::::|::::::::ヽ
      /:_:rイ::/::::`:::::: //__      / l:::::/:::::::::|ヽ__ _:







    55 :45/415 [sage]:2008/06/26(木) 00:30:21.51 ID:8LBOpBko

           ___   ___
        ,.- ´   `l´   `ヽ、       
      / /      `ヽ.  ヽ      しかし、過越祭のために
     / j /   / ,∧ \. ヽ. ヘ     エルサレムに上京した者たちの間でも
    ハl/ _,-' , '  ヽ、 ヽ、. l _ハ    ナザレのやる夫の支持者が
    | ヽ.)ニ- ´        ` ‐ こ(ノ|    増え始めているみたいじゃない?
    | | | _..-‐ ´    ` ‐- .._ |   |    
    l j l. r1ス]`     ´[ヌトt,!/  |    どうするの、カヤパ?
    l. l. 、 l ヒソ  ,   ヒソ /ィ l  、   
    | l`ーヘ'、   ___     /- '/  ヽ   
    |/    、ヽ、     _ノ/  |   \ 
    ./  ,  | ,H` ー ´トL{   ヽ     `、
        l_ノ ´r'    ヽ ヽ   ヽ     | 
        ヽ   |>─‐<| ヽノ   ト、 .ノ、







    56 :46/415 [sage]:2008/06/26(木) 00:30:46.81 ID:8LBOpBko

                __
           _.、-' ,.- 、._     ‐ 、
        ,:ー 、'´  /    `ヽ、.._   ヽ_
       /   `ヽ、/    ヽ     ̄`ヽ 〉ヽ
     /       | 〉    '.   i     Y  |   
    /       .ト ハ     l   |   l. ', ト.    そうですね
    i       | lニ'^´ヽ |  ト.  1   .|  |   〉  
    |  | | | l     | |l.  |」.斗|ー | ! / 〉   熱心党のバラバのように
    |  | | | |   」斗ヒ] ヒ_ jハ.  ! リ、 ,ハ   増えすぎた部下をコントロールできず
    |  、´l ̄j.ニト    ´ ヘ´r‐、 iンL.ル | Y | ',  ナザレのやる夫が
    !、  |ヽゝfVrt.',      うッソ|.     レ  | ',  暴動を起こす可能性は否定できません
      ー\|ヽ. 込}         ̄ | l    l   ト. ',
        |  ',   '        | |  | l   | ヽ ' 
        |   ヽ    -    ,. |,'!  ,′′  !  ヽ
        ||   `ト,、._   /   | ./ ,′   |\
         、ト.  ハ.| l/ ヽ ´   .ノイ |/    .|ァー
         ハ   | ∨ //    , イノ       /|  
       rイ/  ヽ| / /'二.ー .._/,/     .// /







    57 :47/415 [sage]:2008/06/26(木) 00:31:13.12 ID:8LBOpBko

        /         \      \
      /            ヽ       ヽ 
     /              `´ ー-、_ ヽ、`、
    .i     / /          ヘ      ヽ!   そんなことよりも、このユダヤ衆議会の議員にも
    l     | l        /   ハ   \  ` 、 ナザレのやる夫の演説に
    |    i .| .|  /   /  / / \   `、 }  共感している人が出てきたことが問題よ
    |    l | |  /   /  ,イ ,r    ` ーァ _ノ  
    .|   |  ヽl.| / _, r"   //   、__,,,,jイ   彼の弾劾に反論できる者は少ない。
    ..|  |  尺゙ー、   _, r '´ _/  , -_,,rァ、/ |    さすが、民衆相手に伝道をしただけあり
    ..ソ  |  ,-、 ̄i´"´ _, -‐´_    ,似ソ / i ハ   ナザレのやる夫は口達者だわ
    /  |  i r|リ  i /,,ィ≠ェ `   ヾ''" ,' | ヽ   
       |  iヽlミヽ,. i 什弐´   丶  /  |   }  エルサレム神殿で、決まりきった説教をくりかえす
       j|  l `ーィゥゝ `"´   _ ,  /   '、 j  家柄だけは立派な祭司たちよりも、ずっとね
      _ノ i  ヽ 、 l `ー 、 _   ,.イ]       メ、
    ´ 、_i    `ー、_   l ̄ j、  \      )
    __,r< \      `ーx-、 ' ヽ  ヽi   ノ、_
    l,> -、 \ \    \  ヽ---'´l   }  i´ ヽヽ







    58 :48/415 [sage]:2008/06/26(木) 00:31:38.07 ID:8LBOpBko

                __
           _.、-' ,.- 、._     ‐ 、
        ,:ー 、'´  /    `ヽ、.._   ヽ_
       /   `ヽ、/    ヽ     ̄`ヽ 〉ヽ
     /       | 〉    '.   i     Y  |     ・・・田舎者だということで、
    /       .ト ハ     l   |   l. ', ト.    甘く見すぎたことは反省しています
    i       | lニ'^´ヽ |  ト.  1   .|  |   〉  
    |  | | | l     | |l.  |」.斗|ー | ! / 〉   でも、ナザレのやる夫教団の会計である
    |  | | | |   」斗ヒ] ヒ_ jハ.  ! リ、 ,ハ   イスカリオテのユダには
    |  、´l ̄j.ニト    ´ ヘ´r‐、 iンL.ル | Y | ',  すでに工作をかけているようですから
    !、  |ヽゝfVrt.',      うッソ|.     レ  | ',  弱体化をはかることはできるかと・・・
      ー\|ヽ. 込}         ̄ | l    l   ト. ',
        |  ',   '        | |  | l   | ヽ '
        |   ヽ    -    ,. |,'!  ,′′  !  ヽ
        ||   `ト,、._   /   | ./ ,′   |\
         、ト.  ハ.| l/ ヽ ´   .ノイ |/    .|ァー
         ハ   | ∨ //    , イノ       /|  
       rイ/  ヽ| / /'二.ー .._/,/     .// /







    59 :49/415 [sage]:2008/06/26(木) 00:32:05.65 ID:8LBOpBko

           ___   ___
        ,.- ´   `l´   `ヽ、       それにしても、ナザレのやる夫は
      / /      `ヽ.  ヽ      どうして、エルサレムに来たのかしら?
     / j /   / ,∧ \. ヽ. ヘ    
    ハl/ _,-' , '  ヽ、 ヽ、. l _ハ    いったい、何が目当てなの?
    | ヽ.)ニ- ´        ` ‐ こ(ノ|   
    | | | _..-‐ ´    ` ‐- .._ |   |    彼の「目的」さえわかれば
    l j l. r1ス]`     ´[ヌトt,!/  |     こちらも対処策がねられるというのに・・・
    l. l. 、 l ヒソ  ,   ヒソ /ィ l  、   
    | l`ーヘ'、   ___     /- '/  ヽ   
    |/    、ヽ、     _ノ/  |   \ 
    ./  ,  | ,H` ー ´トL{   ヽ     `、
        l_ノ ´r'    ヽ ヽ   ヽ     | 
        ヽ   |>─‐<| ヽノ   ト、 .ノ、







    60 :50/415 [sage]:2008/06/26(木) 00:32:31.79 ID:8LBOpBko

     ヽ { レ'´  / /    /´ ̄ ̄`ヽ    
      >ゝ\  l / / /      ヽ丶   
     / {  > ヽ { /⌒V'´ ̄ヽヽ     ハ   
     ヽ ヘ ! 厶V{/ /l |    Vl≧   `ト、  ・・・アンナス様、カヤパ様
     〃オ''l 「 "゙`´   !l  , イ¨ jl ヽ   ヽヽ 
    _/イ | _{ l     、_リ/ ___,_  ミ_>‐マ仆j 予想外の訪問客が参りました
    / ハハ 下二ー、   ´仟歹 ’    匁} 〉  
    { l.  }∧tヘヒ弍 }   ´         r‐1イ'  
    ヽ!  ゙ヽ', ´  ノ           、_//  
         l     ヽ           ∧ /    
         ヽ             / Y     
          丶   rz=ニつ    ,イ  }八   
            \   ‐    /   /  〉 
             \    /    /  /  
               >ーく    /   /   
             / /   ,ハ  /    /    







    61 :51/415 [sage]:2008/06/26(木) 00:33:00.30 ID:8LBOpBko

                __
           _.、-' ,.- 、._     ‐ 、
        ,:ー 、'´  /    `ヽ、.._   ヽ_
       /   `ヽ、/    ヽ     ̄`ヽ 〉ヽ
     /       | 〉    '.   i     Y  |   
    /       .ト ハ     l   |   l. ', ト.   
    i       | lニ'^´ヽ |  ト.  1   .|  |   〉  今は大事なことをアンナス様と話しているのよ
    |  | | | l     | |l.  |」.斗|ー | ! / 〉  追っ払いなさい
    |  | | | |   」斗ヒ] ヒ_ jハ.  ! リ、 ,ハ 
    |  、´l ̄j.ニト    ´ ヘ´r‐、 iンL.ル | Y | ', 
    !、  |ヽゝfVrt.',      うッソ|.     レ  | ', 
      ー\|ヽ. 込}         ̄ | l    l   ト. ',
        |  ',   '        | |  | l   | ヽ '
        |   ヽ    -    ,. |,'!  ,′′  !  ヽ
        ||   `ト,、._   /   | ./ ,′   |\
         、ト.  ハ.| l/ ヽ ´   .ノイ |/    .|ァー
         ハ   | ∨ //    , イノ       /|  
       rイ/  ヽ| / /'二.ー .._/,/     .// /







    62 :52/415 [sage]:2008/06/26(木) 00:33:27.63 ID:8LBOpBko

         /:.:.:_:.:.:.:.:.ヽ:.:.:.:.:.l:.:.〉:/:リ:ヽ、 
         ノ:.'´_:._`:.、:.;、ヽ:.:./:/:/'ノ:.:.:.:.i 
        ノ:´:.:.:,:/:rゝ/;tYl:Vム;.Y、ー':.ヽ;!  いえ、イスカリオテのユダから話があると・・・
    .   l:.:,r:'´Y/   l:l ``′ ';.l ヽト:.:.:.:' 
    .   )k/:./l;'.__  l:!     リ ._リ';.`Y 
    .   〉-;.:'l l∠ニ'==ァ   、==ニゞ-!  
    .   l 'Y';.l.}. ´i┬r ヽ  ''~Tユ~` リ  
    .   ヽ.ヽヽ ゙ ` ̄'"   l  ` ̄ l,ノ   
    .     `';Y'      l,    j´   
    .     ,.rハi           ;    
        /: ヽヽ.  ー===-  /     
    .  /:ヽ: : ヽ \   ー‐ ,イ      
     /: : : : ヽ: : :, ヽ、__/ 人     







    63 :53/415 [sage]:2008/06/26(木) 00:34:00.86 ID:8LBOpBko

             /  ̄'´ ̄` ヽ
             /   `´  ヽ  \
          //, '///`´| | | ヽ  、ヽ   ユダがここに?
          〃 {_{ レ|   レりりリ .l彡||   
          |!小 l━   ━レ| |、| |   なんで?
          ヽ| | ●   ● |.| |ノ.| |
           | |ヘ⊃ 、_,、_,⊂⊃| |i |
           | |/⌒l,、 __, イァト|/| |
           |./  /::|三/:://  ヽ||
           ||  l ヾ∨:::/ ヒ:::::彡,|


    ::::::::::::::::::::\::::::::::ヽ:::::::::::::/:ヽ
    ――::::、::::::::::'::,::::::::}:::::::::,:'::::::}
    ::::::::::::::/ > 、;; ;;ヘ;;;;'::::::::;ヘ:::::〈    
    ::::::、-'//    ,':/  `""ヾ∨:ヘ    くわしくは本人に聞いてみてください
    :::r ' |::!   |::|       |::| }::ハ   
    ::>  」::|_   i!::!      _!」 !ハ}:|   (あと、動転すると、無意味に変形する癖
    /   レ' ¨"≠レゝ  / リ/ j/    何とかしてください!)
        "モテエ    ,'ェァ /      
                、   {      
                ヽ |      
    i            _ノ /      
    ヽ     ,  ____  /       
     \    ` ー--- ' , '        
       ヽ       /
         ヽ __ノ          







    64 :54/415 [sage]:2008/06/26(木) 00:34:31.41 ID:8LBOpBko

               ,.- ,r'´
            ,.-'´ /     、
          //   {        `ヽ   
         ,r' /   , ゝ       \ 
        // ./   ,r'´  ヽ           では、私は向こうの部屋に行ってるわ
        |/ /   /       ` ミ._       
    .   |' |  /        ___ ̄     カヤパ、間違いのないようにね
        ハ |/ _,. -     ´       
        | ヽl」/         _    
        |  l l   ,.-¬、     ヘ:::::::¨ヽ  
       , l ! l. バ':::::::|      シ::: ,   
       / l. | rl.  'ニ-'        ̄   
    . / /   | ヾ      '          
    , ' ./   ,!  ト、    ‐-‐ '   ∠ 
    '  ,/   /j  | ヽ、_      /   
     /    / l.  |    ` ー,r ´   ノ 
     |   / ヽ  ヽ  _,.- _フ    /
    ヽ{.   l    ヽ_...ゝ'´,r ´    /    







    65 :55/415 [sage]:2008/06/26(木) 00:34:59.52 ID:8LBOpBko

           _.、-' ,.- 、._     ‐ 、
        ,:ー 、'´  /    `ヽ、.._   ヽ_
       /   `ヽ、/    ヽ     ̄`ヽ 〉ヽ
     /       | 〉    '.   i     Y  |     
    /       .ト ハ     l   |   l. ', ト.     ・・・・わかっています
    i       | lニ'^´ヽ |  ト.  1   .|  |   〉   
    |  | | | l     | |l.  |」.斗|ー | ! / 〉
    |  | | | |   」斗ヒ] ヒ_ jハ.  ! リ、 ,ハ   
    |  、´l ̄j.ニト    ´ ヘ´r‐、 iンL.ル | Y | ',  
    !、  |ヽゝfVrt.',      うッソ|.     レ  | ',
      ー\|ヽ. 込}         ̄ | l    l   ト. ', 
        |  ',   '        | |  | l   | ヽ ',
        |   ヽ    -    ,. |,'!  ,′′  !  ヽ 
        ||   `ト,、._   /   | ./ ,′   |\
         、ト.  ハ.| l/ ヽ ´   .ノイ |/    .|ァー-
         ハ   | ∨ //    , イノ       /|   . -
       rイ/  ヽ| / /'二.ー .._/,/     .// /  







    66 :56/415 [sage]:2008/06/26(木) 00:35:27.92 ID:8LBOpBko

           ,.  ´ ̄ ̄ ̄`  、_      
           / /          \     
         /  / /          ヽ ヽ    
        / / / / /    ヽ ヽ  、  '. ハ   
        / / / / /ト、 i    |   i  i  |   !   
      /,イi | ! | ! ヽ \  ト、 | i ! !   \  ・・・・・・・・・・・。
      〃 || 「「><ヽ|\| \!_>v1ハイ  ト-ヽ 
    /   !ト、ト、! ̄ ̄`ヽ  f'〃 fr示 !  i !   
       〃トr 斗  //  |-、 !  r' ,イ rY 从   
      / レヘ|ヽ __,.ノ ; ヽ __ ̄_ jイノ〃    
          V ト、     _    乂 /レ'    
           ヽ! >  _ _,. イ!/ /       .
            ヽレ'´ j    「メ、       
          _,. ':.:.:.:.:r- 、  -‐〉:.:.:.ヽ      
        r'「!:.:.:.:.:.:.:.:.:.L-  ―--!:.:.:.:.:.:.:.\    
        ∧:.!:!:.:.:.:.:.:.:.:.ヒ二二ニ」:.:.:.:.:.:.:.:.//>、  







    68 :57/415 [sage]:2008/06/26(木) 00:35:58.24 ID:8LBOpBko

           __/ ヽ―― x '\
         __/       \/    ̄ヽ
        /   , / ,'  !       ヽ   ハ__
       /  / | |  | /ヽ  , ヘ.  !   !   ヘ
      |   |  | |  | |,,, 、,, 、,,,|  |   |  i ハ  
      ,'|   |  | |  | |      |  |   |  | i| | 
    .  | !   ! ∧_! -i! !      ! 」_ / / i |   ユダ、ひさしぶりね
      | ヽ  i| !tニムヱ}」    ム旡ニzx_/  ィ ! 
      |  ヘ_ハ__|            '¬' |___/j/   どうしたの?
      | ( i   |z==ミ      ィ==z|  | |    前に借りたお金を返しにきたの?
      | /│  |      ,        !  ! |  
     | | i!   |     __      |  |  !  
    ..│ |  !   |ヽ    `ー'    , イ   !!  |
     | | │  !   > 、     , < │  ||   !
     | |  ヽ  |-‐ri|  >‐< |ー- |  リ  │
    │ | |   ヘ|  |ノ      {   ム‐'´    !
    ..| | |    |  |       `i  |      |
    ┴.| |      !  !, -―― --、|  |      |t 、
    ヾ| |     |  |イニニニニミ|  |      | | ヘ







    67 :以 下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします :2008/06/26 (木) 00:35:53.16 ID:9rM/P8.0
    ところでやる夫の言葉って原典通りなのか?






    69 :1 [sage]:2008/06/26(木) 00:42:11.85 ID:8LBOpBko

    >>67
    変更している箇所が少なからずあります

    ・当時の文化でなければ理解できないたとえ
    ・聖書作家の文章表記の乱れ

    イエスの言葉をより理解しやすいように、言葉をやわらげています

    今回は「まとめ」で、それぞれの部分の引用元を書いていますので、
    以下のサイトから調べていただければ、と思います

    【電脳聖書】
    http://www.cozoh.org/denmo/

    【JBS日本聖書協会 / 聖書全文検索】
    http://www.bible.or.jp/vers_search/vers_search.cgi

    日本語訳もそれぞれです

    正直いって、ラテン語やギリシャ語の語学力と、その他予備知識がなければ、
    原典どおりに伝えることは不可能です

    かなりの意訳が入っていることを承知してください


    それに、後述するとおり
    新約聖書の成立過程から
    「福音書を言葉どおり」に受け止めることが、
    必ずしもキリスト教の本質に触れることができないという事情もあります






    71 :58/415 [sage]:2008/06/26(木) 00:42:54.01 ID:8LBOpBko

        /                  ヽ   
       /     ,     , '          ヽ  
      / / / /  /  ,  /        ヽ     ! 
    ..〃/ / !  l   /  !  ! ヽ     |     !  そんなことではない
     │ !  ! │ {  !   |   ヽ   ! !   !  | 
      ! /{  {.   ト` ト、 |ヽ  !\ ,ム‐ハ|   }  l  ある人物の告発にきた
      レ !  iヽ !,,====ミ、\l ,,====ミ !   l  l ! 
        ヽ |.-ヽ!'<fえヶ.ll, - 、ll イkか>l  ,!、 ハl 
         /, ニヽト ゞ-' ノ   ヽ ゞ-' ,' / ノリ  
       ,'/ニヾ 人     `_      / /リ´    
       { /ニヽ ヽへ          ィ ハl     
        ヽ、ヽ   } | >   _ , ィ´/ノ-、      
        _,'    レ′_,-‐l     /  ヽ     
       __/ |    /、‐'/ /   , '      \   
      /    ─ '  } /へ、 /         \  
                              







    72 :59/415 [sage]:2008/06/26(木) 00:43:29.05 ID:8LBOpBko

           __/ ヽ―― x '\
         __/       \/    ̄ヽ
        /   , / ,'  !       ヽ   ハ__
       /  / | |  | /ヽ  , ヘ.  !   !   ヘ
      |   |  | |  | |,,, 、,, 、,,,|  |   |  i ハ  
      ,'|   |  | |  | |      |  |   |  | i| |   いったい誰の告発なの?
    .  | !   ! ∧_! -i! !      ! 」_ / / i | 
      | ヽ  i| !tニムヱ}」    ム旡ニzx_/  ィ ! 
      |  ヘ_ハ__|            '¬' |___/j/  
      | ( i   |z==ミ      ィ==z|  | |  
      | /│  |      ,        !  ! |  
     | | i!   |     __      |  |  !  
    _│ |  !   |ヽ    `ー'    , イ   !!  |
     | | │  !   > 、     , < │  ||   !
     | |  ヽ  |-‐ri|  >‐< |ー- |  リ  │
    │ | |   ヘ|  |ノ      {   ム‐'´    !
    _| | |    |  |       `i  |      |
    ┴.| |      !  !, -―― --、|  |      |t 、
    ヾ| |     |  |イニニニニミ|  |      | | ヘ







    75 :60/415 [sage]:2008/06/26(木) 00:44:30.58 ID:8LBOpBko

    .  /                ヽ    \  \  
     ,'     /  /            l    \  ヽ ナザレのやる夫だ
     !     /  /     /  ,'    |  l   ハ  ヘ、 
    . | !   l   l     /  /   ,イ !   i   ! l ヽ ', 彼はこう言った
    . l |   l   l  ,/  〃 ,/   /│ l  j   l│  ! l 
    ノ | ! │   | /_// //  / ,' ∧ / |  / j   l│「エルサレム神殿を壊してみるといい
     ノ l ァ|   |尢/‐=乞t/ / /∠ニ「厂! / ,/  / リ 三日で建て直して見せよう」
    _イ 八{´l  !レ<f{矛:下 'ヽ _〃イ孑代勹 イ } /  
    .    Vハ  |{  r';;_zj  f} ⌒{! r';;zリ /}, '//    これは神殿侮辱罪にあたる
        ヽ ',  | ` ー―‐‐ '  、 `ー-- チ' /     
         `ヘ lヽ       _      厶 ./      そうではないのか、大祭司カヤパ?
            ', {.代ト、          , イ | /       
           \_'i| > 、 _ , イ/ V l./        
            / ヽj       {`ヽ   ′       
    .    _ /  「´        ヽ} \         
    , -‐ ´     l‐--‐、 _ -‐ |   ` ー- 、     







    76 :61/415 [sage]:2008/06/26(木) 00:44:59.94 ID:8LBOpBko

            r- 、..--/::::::::::丶,.__
         _,.イ:::::::::::::V :::::::::::::::::::::::` 、     
        r:::::::::::::::::::: ,.ヘ::/ヽ.:::::::::::::::::::::::ヽ.     
        ノ::::|:::::::::| ::::::l::ヾ/:::丶:::::::: |::::ヽ:::::ヽ    へえ、師匠を裏切るつもりなの?
       ,イ:::::::|:::::::::| :::::::トr'` "´|:::::::::ハ:::!|:::::l:::l    
    .  l::|:::::::|:::::::::ゝ::::::|    |:l::::::l| |::!|:::::|:::l    まあ、あんな田舎者に従う連中の気が知れないから
       | ! :::::|:|:::|::::ハ:::::|    |ィ!ニリ=j、レィ:r┘   
       l !::l::::N:::ハ:::ィ!ニjlゞ     , ,.==..、 l:: |:: |    あんたは、やっと、まともになったといえるけれど
       ヽ::|:::::ゝ:〆           ヒf::j ' l::::l::: |   
       |ゞ`--ハ    ___      ー'   l::::|::: |   
       |:::|:::::::::ハ '" ̄     、     リ::ハ::: |   
       l::::|:::::::::ハ      -  '    イ:::::::|ハ::|   
       l:::ハ::::::::::l:::lヘ.          .イ:::|:::::::!:::|::',  
       |:::::∧::::::|:::|:::::ヘ   .. __ /l::l::::!::::ノ::: |:::ヘ 
       ' :::::|::::ゝ:::|::ハ|::| / |      Ll ::レイ :::::|::::::::ヽ
      /:_:rイ::/::::`:::::: //__      / l:::::/:::::::::|ヽ__ _:







    77 :62/415 [sage]:2008/06/26(木) 00:45:28.35 ID:8LBOpBko

        /                  ヽ   
       /     ,     , '          ヽ  
      / / / /  /  ,  /        ヽ     ! 
    ..〃/ / !  l   /  !  ! ヽ     |     ! ・・・そんなことはどうでもいい
     │ !  ! │ {  !   |   ヽ   ! !   !  | 
      ! /{  {.   ト` ト、 |ヽ  !\ ,ム‐ハ|   }  l  問題はこの発言が神殿侮辱罪にあたるかどうかだ
      レ !  iヽ !,,====ミ、\l ,,====ミ !   l  l ! 
        ヽ |.-ヽ!'<fえヶ.ll, - 、ll イkか>l  ,!、 ハl 
         /, ニヽト ゞ-' ノ   ヽ ゞ-' ,' / ノリ  
       ,'/ニヾ 人     `_      / /リ´    
       { /ニヽ ヽへ          ィ ハl     
        ヽ、ヽ   } | >   _ , ィ´/ノ-、      
        _,'    レ′_,-‐l     /  ヽ     
       __/ |    /、‐'/ /   , '      \   
      /    ─ '  } /へ、 /         \  
                              






    78 :63/415 [sage]:2008/06/26(木) 00:45:54.12 ID:8LBOpBko

           __/ ヽ―― x '\
         __/       \/    ̄ヽ
        /   , / ,'  !       ヽ   ハ__    そうね
       /  / | |  | /ヽ  , ヘ.  !   !   ヘ
      |   |  | |  | |,,, 、,, 、,,,|  |   |  i ハ  その場合だと、
      ,'|   |  | |  | |      |  |   |  | i| |  むち打ちのあと投獄ね
    .  | !   ! ∧_! -i! !      ! 」_ / / i | 
      | ヽ  i| !tニムヱ}」    ム旡ニzx_/  ィ !  でもね、ユダヤ衆議会の間で
      |  ヘ_ハ__|            '¬' |___/j/  「神殿侮辱罪」だけで捕まえるのは
      | ( i   |z==ミ      ィ==z|  | |   惜しいって話になってるのよ
      | /│  |      ,        !  ! |  
     | | i!   |     __      |  |  !   ナザレの田舎者には
    _│ |  !   |ヽ    `ー'    , イ   !!  |   極刑を与えるべしってね
     | | │  !   > 、     , < │  ||   !
     | |  ヽ  |-‐ri|  >‐< |ー- |  リ  │
    │ | |   ヘ|  |ノ      {   ム‐'´    !
    _| | |    |  |       `i  |      |
    ┴.| |      !  !, -―― --、|  |      |t 、
    ヾ| |     |  |イニニニニミ|  |      | | ヘ







    79 :64/415 [sage]:2008/06/26(木) 00:46:19.77 ID:8LBOpBko

           ,.  ´ ̄ ̄ ̄`  、_      
           / /          \     
         /  / /          ヽ ヽ    
        / / / / /    ヽ ヽ  、  '. ハ   
        / / / / /ト、 i    |   i  i  |   !   ・・・・・・!
      /,イi | ! | ! ヽ \  ト、 | i ! !   \  
      〃 || 「「><ヽ|\| \!_>v1ハイ  ト-ヽ やはり、それ以上の刑を!
    /   !ト、ト、! ̄ ̄`ヽ  f'〃 fr示 !  i !   
       〃トr 斗  //  |-、 !  r' ,イ rY 从   
      / レヘ|ヽ __,.ノ ; ヽ __ ̄_ jイノ〃    
          V ト、     _    乂 /レ'    
           ヽ! >  _ _,. イ!/ /       .
            ヽレ'´ j    「メ、       
          _,. ':.:.:.:.:r- 、  -‐〉:.:.:.ヽ      
        r'「!:.:.:.:.:.:.:.:.:.L-  ―--!:.:.:.:.:.:.:.\    
        ∧:.!:!:.:.:.:.:.:.:.:.ヒ二二ニ」:.:.:.:.:.:.:.:.//>、  







    80 :65/415 [sage]:2008/06/26(木) 00:46:46.02 ID:8LBOpBko

            r- 、..--/::::::::::丶,.__
         _,.イ:::::::::::::V :::::::::::::::::::::::` 、     
        r:::::::::::::::::::: ,.ヘ::/ヽ.:::::::::::::::::::::::ヽ.     
        ノ::::|:::::::::| ::::::l::ヾ/:::丶:::::::: |::::ヽ:::::ヽ    熱心党のバラバに従っていた連中も
       ,イ:::::::|:::::::::| :::::::トr'` "´|:::::::::ハ:::!|:::::l:::l    多いらしいじゃない?
    .  l::|:::::::|:::::::::ゝ::::::|    |:l::::::l| |::!|:::::|:::l     
       | ! :::::|:|:::|::::ハ:::::|    |ィ!ニリ=j、レィ:r┘   バラバはすでに死刑判決が下されて
       l !::l::::N:::ハ:::ィ!ニjlゞ     , ,.==..、 l:: |:: |    十字架刑に処すことが決まっている
       ヽ::|:::::ゝ:〆           ヒf::j ' l::::l::: |     
       |ゞ`--ハ    ___      ー'   l::::|::: |   そのバラバ一味を吸収して
       |:::|:::::::::ハ '" ̄     、     リ::ハ::: |   調子に乗っているナザレの田舎者が
       l::::|:::::::::ハ      -  '    イ:::::::|ハ::|    むち打ちと投獄だけですむのも
       l:::ハ::::::::::l:::lヘ.          .イ:::|:::::::!:::|::',   しっくりこないのよね
       |:::::∧::::::|:::|:::::ヘ   .. __ /l::l::::!::::ノ::: |:::ヘ 
       ' :::::|::::ゝ:::|::ハ|::| / |      Ll ::レイ :::::|::::::::ヽ
      /:_:rイ::/::::`:::::: //__      / l:::::/:::::::::|ヽ__ _:







    81 :66/415 [sage]:2008/06/26(木) 00:47:11.41 ID:8LBOpBko

    .  /                ヽ    \  \  
     ,'     /  /            l    \  ヽ 
     !     /  /     /  ,'    |  l   ハ  ヘ、 (・・・そう、ユダヤ衆議会には死刑執行権がない
    . | !   l   l     /  /   ,イ !   i   ! l ヽ ', 
    . l |   l   l  ,/  〃 ,/   /│ l  j   l│  ! l  死刑判決には、
    ノ | ! │   | /_// //  / ,' ∧ / |  / j   l│ ローマの知事の許可を得なければならない
     ノ l ァ|   |尢/‐=乞t/ / /∠ニ「厂! / ,/  / リ
    _イ 八{´l  !レ<f{矛:下 'ヽ _〃イ孑代勹 イ } /   今の段階ではやる夫先生に
    .    Vハ  |{  r';;_zj  f} ⌒{! r';;zリ /}, '//     「反ローマ」という名目を立てることはできず
        ヽ ',  | ` ー―‐‐ '  、 `ー-- チ' /      死刑にすることは難しいはず・・・)
         `ヘ lヽ       _      厶 ./      
            ', {.代ト、          , イ | /       
           \_'i| > 、 _ , イ/ V l./        
            / ヽj       {`ヽ   ′       
    .    _ /  「´        ヽ} \         
    , -‐ ´     l‐--‐、 _ -‐ |   ` ー- 、     







    82 :67/415 [sage]:2008/06/26(木) 00:47:38.84 ID:8LBOpBko

        /                  ヽ   
       /     ,     , '          ヽ  
      / / / /  /  ,  /        ヽ     !(今、やる夫先生の支持者が増え始めて
    ..〃/ / !  l   /  !  ! ヽ     |     ! 暴動が起こりかねない状態になっている
     │ !  ! │ {  !   |   ヽ   ! !   !  | 
      ! /{  {.   ト` ト、 |ヽ  !\ ,ム‐ハ|   }  l 彼らは「良かれ」と信じて、平和を乱そうとするだろう
      レ !  iヽ !,,====ミ、\l ,,====ミ !   l  l ! やる夫先生の関心を引くべく、
        ヽ |.-ヽ!'<fえヶ.ll, - 、ll イkか>l  ,!、 ハl 暴力沙汰を起こす連中もいるだろう
         /, ニヽト ゞ-' ノ   ヽ ゞ-' ,' / ノリ  
       ,'/ニヾ 人     `_      / /リ´    民族感情が高まる過越祭で
       { /ニヽ ヽへ          ィ ハl     何かが起きてしまっては遅いのだ
        ヽ、ヽ   } | >   _ , ィ´/ノ-、       
        _,'    レ′_,-‐l     /  ヽ     だから、やる夫先生を
       __/ |    /、‐'/ /   , '      \    「暴徒」から隔離しなければならない
      /    ─ '  } /へ、 /         \   
                              そのために、もっとも安全なのが「ここ」なのだ・・・)







    83 :68/415 [sage]:2008/06/26(木) 00:48:05.25 ID:8LBOpBko

           __/ ヽ―― x '\
         __/       \/    ̄ヽ
        /   , / ,'  !       ヽ   ハ__   まあ、あんたの目が覚めたのは喜ぶべきことだわ
       /  / | |  | /ヽ  , ヘ.  !   !   ヘ
      |   |  | |  | |,,, 、,, 、,,,|  |   |  i ハ  あんた、なかなか有能らしいじゃない
      ,'|   |  | |  | |      |  |   |  | i| | 
    .  | !   ! ∧_! -i! !      ! 」_ / / i | これからは、あんな田舎者のためではなく、
      | ヽ  i| !tニムヱ}」    ム旡ニzx_/  ィ ! ユダヤの平和のために身を捧げるべきね
      |  ヘ_ハ__|            '¬' |___/j/  
      | ( i   |z==ミ      ィ==z|  | |  
      | /│  |      ,        !  ! |  
     | | i!   |     __      |  |  !  
    _│ |  !   |ヽ    `ー'    , イ   !!  |  
     | | │  !   > 、     , < │  ||   !
     | |  ヽ  |-‐ri|  >‐< |ー- |  リ  │
    │ | |   ヘ|  |ノ      {   ム‐'´    !
    _| | |    |  |       `i  |      |
    ┴.| |      !  !, -―― --、|  |      |t 、
    ヾ| |     |  |イニニニニミ|  |      | | ヘ







    84 :69/415 [sage]:2008/06/26(木) 00:48:30.58 ID:8LBOpBko

           ,.  ´ ̄ ̄ ̄`  、_      
           / /          \     
         /  / /          ヽ ヽ    
        / / / / /    ヽ ヽ  、  '. ハ    ・・・・・・
        / / / / /ト、 i    |   i  i  |   !   
      /,イi | ! | ! ヽ \  ト、 | i ! !   \  あの人を、田舎者だと侮辱しないでほしい
      〃 || 「「><ヽ|\| \!_>v1ハイ  ト-ヽ 
    /   !ト、ト、! ̄ ̄`ヽ  f'〃 fr示 !  i !   
       〃トr 斗  //  |-、 !  r' ,イ rY 从   
      / レヘ|ヽ __,.ノ ; ヽ __ ̄_ jイノ〃    
          V ト、     _    乂 /レ'    
           ヽ! >  _ _,. イ!/ /       .
            ヽレ'´ j    「メ、       
          _,. ':.:.:.:.:r- 、  -‐〉:.:.:.ヽ      
        r'「!:.:.:.:.:.:.:.:.:.L-  ―--!:.:.:.:.:.:.:.\    
        ∧:.!:!:.:.:.:.:.:.:.:.ヒ二二ニ」:.:.:.:.:.:.:.:.//>、  







    85 :70/415 [sage]:2008/06/26(木) 00:48:58.70 ID:8LBOpBko

      /  〃/   イ f``ヾー "´´ | |   l |   │    !
      |   | !|    :| |        | |   l |   │   ! ! 
      |   | !|    :| |        | |   l |   │   ! | どうして?
      |   | !   | |_      、__| |   :j ! |    |   |i| | 
      l   _jzム≦た!ニf'"    ヾにj≧kムj、|     j   リ| | あなたはナザレの田舎者が嫌いだから
      ヽ'" | j \  l {        / /  /丁7    /   / | |  ここに来たんでしょう?
      __トィ''チ示アミー       フイ''テ圷、/   :/  ,' / j/ 
    _,,ム<{イ f::::`イ}         { f:::::`イハ>┬='_/ノ    そして、むちを打たせて苦しむ姿を見て
       ! V^tzc'         V^tzc'  /!¨´  「     それを楽しみたいだけなんでしょう?
        l  ゝ=='-            ゝ=='´ / i     |      
        |!           !          / !     |      それ以外に
        ハ、        '        /  i.    |      あなたがここにきた理由があるの?
         !ゝ、       ー ‐       ,. イ  i    |      
        ',   i> 、       , ィ<1/  /     i|      
    ∧.   ∨ i|.  > 、 __,. < l //  /     i|
     ヽ    Vi|             | {/   /     八     







    86 :71/415 [sage]:2008/06/26(木) 00:49:23.36 ID:8LBOpBko

           ,.  ´ ̄ ̄ ̄`  、_      
           / /          \     
         /  / /          ヽ ヽ    ・・・・・・・
        / / / / /    ヽ ヽ  、  '. ハ   
        / / / / /ト、 i    |   i  i  |   !   私はこれが「神殿侮辱罪」にあたるかどうかを
      /,イi | ! | ! ヽ \  ト、 | i ! !   \  確かめたかっただけ
      〃 || 「「><ヽ|\| \!_>v1ハイ  ト-ヽ 
    /   !ト、ト、! ̄ ̄`ヽ  f'〃 fr示 !  i !   やる夫先生のことをとやかく言われる筋合いはない
       〃トr 斗  //  |-、 !  r' ,イ rY 从   
      / レヘ|ヽ __,.ノ ; ヽ __ ̄_ jイノ〃    
          V ト、     _    乂 /レ'    
           ヽ! >  _ _,. イ!/ /       .
            ヽレ'´ j    「メ、       
          _,. ':.:.:.:.:r- 、  -‐〉:.:.:.ヽ      
        r'「!:.:.:.:.:.:.:.:.:.L-  ―--!:.:.:.:.:.:.:.\    
        ∧:.!:!:.:.:.:.:.:.:.:.ヒ二二ニ」:.:.:.:.:.:.:.:.//>、  







    88 :72/415 [sage]:2008/06/26(木) 00:50:08.30 ID:8LBOpBko

           __/ ヽ―― x '\
         __/       \/    ̄ヽ
        /   , / ,'  !       ヽ   ハ__   
       /  / | |  | /ヽ  , ヘ.  !   !   ヘ
      |   |  | |  | |,,, 、,, 、,,,|  |   |  i ハ  
      ,'|   |  | |  | |      |  |   |  | i| |  やる夫「先生」ですって?
    .  | !   ! ∧_! -i! !      ! 」_ / / i | 
      | ヽ  i| !tニムヱ}」    ム旡ニzx_/  ィ ! なぜ、裏切る人に「先生」とつけるの?
      |  ヘ_ハ__|            '¬' |___/j/  
      | ( i   |z==ミ      ィ==z|  | |  
      | /│  |      ,        !  ! |  
     | | i!   |     __      |  |  !  
    _│ |  !   |ヽ    `ー'    , イ   !!  |  
     | | │  !   > 、     , < │  ||   !
     | |  ヽ  |-‐ri|  >‐< |ー- |  リ  │
    │ | |   ヘ|  |ノ      {   ム‐'´    !
    _| | |    |  |       `i  |      |
    ┴.| |      !  !, -―― --、|  |      |t 、
    ヾ| |     |  |イニニニニミ|  |      | | ヘ







    89 :73/415 [sage]:2008/06/26(木) 00:50:40.63 ID:8LBOpBko

    .  /                ヽ    \  \  
     ,'     /  /            l    \  ヽ 
     !     /  /     /  ,'    |  l   ハ  ヘ、 
    . | !   l   l     /  /   ,イ !   i   ! l ヽ ', 
    . l |   l   l  ,/  〃 ,/   /│ l  j   l│  ! l  ・・・・・・・・・。
    ノ | ! │   | /_// //  / ,' ∧ / |  / j   l│
     ノ l ァ|   |尢/‐=乞t/ / /∠ニ「厂! / ,/  / リ
    _イ 八{´l  !レ<f{矛:下 'ヽ _〃イ孑代勹 イ } /  
    .    Vハ  |{  r';;_zj  f} ⌒{! r';;zリ /}, '//   
        ヽ ',  | ` ー―‐‐ '  、 `ー-- チ' /     
         `ヘ lヽ       _      厶 ./      
            ', {.代ト、          , イ | /       
           \_'i| > 、 _ , イ/ V l./        
            / ヽj       {`ヽ   ′       
    .    _ /  「´        ヽ} \         
    , -‐ ´     l‐--‐、 _ -‐ |   ` ー- 、     







    90 :74/415 [sage]:2008/06/26(木) 00:51:06.25 ID:8LBOpBko

            r- 、..--/::::::::::丶,.__
         _,.イ:::::::::::::V :::::::::::::::::::::::` 、     
        r:::::::::::::::::::: ,.ヘ::/ヽ.:::::::::::::::::::::::ヽ.     
        ノ::::|:::::::::| ::::::l::ヾ/:::丶:::::::: |::::ヽ:::::ヽ    ・・・・まあ、いいわ
       ,イ:::::::|:::::::::| :::::::トr'` "´|:::::::::ハ:::!|:::::l:::l    
    .  l::|:::::::|:::::::::ゝ::::::|    |:l::::::l| |::!|:::::|:::l    あなたが告発するならば、
       | ! :::::|:|:::|::::ハ:::::|    |ィ!ニリ=j、レィ:r┘   ユダヤ衆議会は協力しましょう
       l !::l::::N:::ハ:::ィ!ニjlゞ     , ,.==..、 l:: |:: |   
       ヽ::|:::::ゝ:〆           ヒf::j ' l::::l::: |   しかるべき警備兵を用意するから、
       |ゞ`--ハ    ___      ー'   l::::|::: |   そのときは連絡お願いするわね
       |:::|:::::::::ハ '" ̄     、     リ::ハ::: |   
       l::::|:::::::::ハ      -  '    イ:::::::|ハ::|   
       l:::ハ::::::::::l:::lヘ.          .イ:::|:::::::!:::|::',  
       |:::::∧::::::|:::|:::::ヘ   .. __ /l::l::::!::::ノ::: |:::ヘ 
       ' :::::|::::ゝ:::|::ハ|::| / |      Ll ::レイ :::::|::::::::ヽ
      /:_:rイ::/::::`:::::: //__      / l:::::/:::::::::|ヽ__ _:







    91 :75/415 [sage]:2008/06/26(木) 00:51:38.26 ID:8LBOpBko

           ,.  ´ ̄ ̄ ̄`  、_      
           / /          \     
         /  / /          ヽ ヽ    
        / / / / /    ヽ ヽ  、  '. ハ   ・・・・了承した
        / / / / /ト、 i    |   i  i  |   !   
      /,イi | ! | ! ヽ \  ト、 | i ! !   \  
      〃 || 「「><ヽ|\| \!_>v1ハイ  ト-ヽ 
    /   !ト、ト、! ̄ ̄`ヽ  f'〃 fr示 !  i !   
       〃トr 斗  //  |-、 !  r' ,イ rY 从   
      / レヘ|ヽ __,.ノ ; ヽ __ ̄_ jイノ〃    
          V ト、     _    乂 /レ'    
           ヽ! >  _ _,. イ!/ /       .
            ヽレ'´ j    「メ、       
          _,. ':.:.:.:.:r- 、  -‐〉:.:.:.ヽ      
        r'「!:.:.:.:.:.:.:.:.:.L-  ―--!:.:.:.:.:.:.:.\    
        ∧:.!:!:.:.:.:.:.:.:.:.ヒ二二ニ」:.:.:.:.:.:.:.:.//>、  







    87 :以 下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします :2008/06/26 (木) 00:49:58.62 ID:9rM/P8.0
    陰湿だな・・・






    92 :1 [sage]:2008/06/26(木) 00:53:45.92 ID:8LBOpBko
    >>87
    朝倉さんに演じてもらうと、こんなふうになりましたww

    新約聖書の記述では、大祭司カヤパなんて「悪の権化」という扱いで
    どんな人物像なのかはほとんどわからないので、好き勝手にしています






    93 :76/415 [sage]:2008/06/26(木) 00:54:16.83 ID:8LBOpBko

               ,.- ,r'´
            ,.-'´ /     、
          //   {        `ヽ   
         ,r' /   , ゝ       \ 
        // ./   ,r'´  ヽ           ・・・・・・なかなか見事だったじゃない、カヤパ
        |/ /   /       ` ミ._       
    .   |' |  /        ___ ̄     
        ハ |/ _,. -     ´       
        | ヽl」/         _    
        |  l l   ,.-¬、     ヘ:::::::¨ヽ  
       , l ! l. バ':::::::|      シ::: ,   
       / l. | rl.  'ニ-'        ̄   
    . / /   | ヾ      '          
    , ' ./   ,!  ト、    ‐-‐ '   ∠ 
    '  ,/   /j  | ヽ、_      /   
     /    / l.  |    ` ー,r ´   ノ 
     |   / ヽ  ヽ  _,.- _フ    /
    ヽ{.   l    ヽ_...ゝ'´,r ´    /    







    94 :77/415 [sage]:2008/06/26(木) 00:54:46.46 ID:8LBOpBko

            r- 、..--/::::::::::丶,.__
         _,.イ:::::::::::::V :::::::::::::::::::::::` 、     
        r:::::::::::::::::::: ,.ヘ::/ヽ.:::::::::::::::::::::::ヽ.     ふふふ
        ノ::::|:::::::::| ::::::l::ヾ/:::丶:::::::: |::::ヽ:::::ヽ    ユダったら、
       ,イ:::::::|:::::::::| :::::::トr'` "´|:::::::::ハ:::!|:::::l:::l    愛ゆえにあやまちをおかしたみたいですね
    .  l::|:::::::|:::::::::ゝ::::::|    |:l::::::l| |::!|:::::|:::l   
       | ! :::::|:|:::|::::ハ:::::|    |ィ!ニリ=j、レィ:r┘   これからユダの苦しむ姿が見られると思ったら
       l !::l::::N:::ハ:::ィ!ニjlゞ     , ,.==..、 l:: |:: |    私、張りきっちゃうわ
       ヽ::|:::::ゝ:〆           ヒf::j ' l::::l::: |   
       |ゞ`--ハ    ___      ー'   l::::|::: |   
       |:::|:::::::::ハ '" ̄     、     リ::ハ::: |   
       l::::|:::::::::ハ      -  '    イ:::::::|ハ::|   
       l:::ハ::::::::::l:::lヘ.          .イ:::|:::::::!:::|::',  
       |:::::∧::::::|:::|:::::ヘ   .. __ /l::l::::!::::ノ::: |:::ヘ 
       ' :::::|::::ゝ:::|::ハ|::| / |      Ll ::レイ :::::|::::::::ヽ
      /:_:rイ::/::::`:::::: //__      / l:::::/:::::::::|ヽ__ _:







    95 :78/415 [sage]:2008/06/26(木) 00:55:16.73 ID:8LBOpBko

    :::::::::::::::::::\::::::::::ヽ:::::::::::::/:ヽ   
    ――::::、::::::::::'::,::::::::}:::::::::,:'::::::}  
    ::::::::::::::/ > 、;; ;;ヘ;;;;'::::::::;ヘ:::::〈   
    ::::::、-'//    ,':/  `""ヾ∨:ヘ   
    :::r ' |::!   |::|     U |::| }::ハ  や、やはり、
    ::>  」::|_   i!::!      _!」 !ハ}:|   ナザレのやる夫は・・・・・・
    /   レ' ¨"≠レゝ  / リ/ j/  
        "モテエ    ,'ェァ /    
      J        、   {     
           u    ヽ |     
    i            _ノ /     
    ヽ     ,  ____  /      
     \    ` ー--- ' , '       
       ヽ  u    /       
         ヽ __ノ         







    96 :79/415 [sage]:2008/06/26(木) 00:55:41.95 ID:8LBOpBko

         /         \      \
       /            ヽ       ヽ 
      /              `´ ー-、_ ヽ、`、
      .i    / /          ヘ      ヽ!   イスカリオテのユダとの密約により
      l    | l        /   ハ   \  ` 、 ナザレのやる夫を平和的に
      |   i .| .|  /   /  / / \   `、 }  捕縛するチャンスが訪れた
      |   l | |  /   /  ,イ ,r    ` ーァ _ノ  
      .|  |  ヽl.| / _, r"   //   、__,,,,jイ    そうなれば、
       |  |  尺゙ー、   _, r '´ _/  , -_,,rァ、/ |    私たちの取るべき道は一つしかない
    _ ィ-ソ  |  ,-、 ̄i´"´ _, -‐´_    ,似ソ / i ハ   
      /  |  i r|リ  i /,,ィ≠ェ `   ヾ''" ,' | ヽ  
    _/   |  iヽlミヽ,. i 什弐´   丶  /  |   }  
        j|  l `ーィゥゝ `"´   _ ,  /   '、 j  
       _ノ i  ヽ 、 l `ー 、 _   ,.イ]       メ、
    ,-´ 、_i    `ー、_   l ̄ j、  \      )
    !  _,r< \      `ーx-、 ' ヽ  ヽi   ノ、_
    _ヽl,>-、 \ \    \  ヽ---'´l   }  i´ ヽヽ







    97 :80/415 [sage]:2008/06/26(木) 00:56:06.45 ID:8LBOpBko

     ヽ { レ'´  / /    /´ ̄ ̄`ヽ    
      >ゝ\  l / / /      ヽ丶   
     / {  > ヽ { /⌒V'´ ̄ヽヽ     ハ   そして、我々は
     ヽ ヘ ! 厶V{/ /l |    Vl≧   `ト、  また義人を
     〃オ''l 「 "゙`´   !l  , イ¨ jl ヽ   ヽヽ 血で染めるというのですか!
    _/イ | _{ l     、_リ/ ___,_  ミ_>‐マ仆j 
    / ハハ 下二ー、   ´仟歹 ’    匁} 〉 
    { l.  }∧tヘヒ弍 }   ´         r‐1イ'  
    ヽ!  ゙ヽ', ´  ノ           、_//  
         l     ヽ           ∧ /   
         ヽ             / Y   
          丶   rz=ニつ    ,イ  }八   
            \   ‐    /   /  〉 
             \    /    /  /  
               >ーく    /   /   
             / /   ,ハ  /    /   







    98 :81/415 [sage]:2008/06/26(木) 00:56:35.79 ID:8LBOpBko

           ___   ___
        ,.- ´   `l´   `ヽ、       
      / /      `ヽ.  ヽ      ええ
     / j /   / ,∧ \. ヽ. ヘ     権力者は生きのびるためには
    ハl/ _,-' , '  ヽ、 ヽ、. l _ハ    悪にも手を染めなければならない
    | ヽ.)ニ- ´        ` ‐ こ(ノ|   
    | | | _..-‐ ´    ` ‐- .._ |   |    それが自分と
    l j l. r1ス]`     ´[ヌトt,!/  |     自分の支持者を守る唯一の道なのよ
    l. l. 、 l ヒソ  ,   ヒソ /ィ l  、   
    | l`ーヘ'、   ___     /- '/  ヽ   
    |/    、ヽ、     _ノ/  |   \ 
    ./  ,  | ,H` ー ´トL{   ヽ     `、
        l_ノ ´r'    ヽ ヽ   ヽ     | 
        ヽ   |>─‐<| ヽノ   ト、 .ノ、







    99 :82/415 [sage]:2008/06/26(木) 00:57:03.92 ID:8LBOpBko

               ,.- ,r'´
            ,.-'´ /     、
          //   {        `ヽ      義人と呼ばれている者たちは
         ,r' /   , ゝ       \    結局のところ、歴史の敗北者にすぎない
        // ./   ,r'´  ヽ           
        |/ /   /       ` ミ._       自分の支持者を守りきれなかった弱者にすぎない
    .   |' |  /        ___ ̄     
        ハ |/ _,. -     ´         義人と民衆に称賛される人の中で
        | ヽl」/         _      手足をもがれるほどの苦渋の決断を
        |  l l   ,.-¬、     ヘ:::::::¨ヽ    何度も乗り越えた強さを持ち合わせた人が
       , l ! l. バ':::::::|      シ::: ,     どれぐらいいるか考えたことある?
       / l. | rl.  'ニ-'        ̄     
    . / /   | ヾ      '            そんなフィクションに陶酔するほど
    , ' ./   ,!  ト、    ‐-‐ '   ∠     あなたも子供じゃないでしょう? サウロ
    '  ,/   /j  | ヽ、_      /   
     /    / l.  |    ` ー,r ´   ノ    あなたはこのエルサレムで何を学んだというの?
     |   / ヽ  ヽ  _,.- _フ    /
    ヽ{.   l    ヽ_...ゝ'´,r ´    /    







    100 :83/415 [sage]:2008/06/26(木) 00:57:28.82 ID:8LBOpBko

         /:.:.:_:.:.:.:.:.ヽ:.:.:.:.:.l:.:.〉:/:リ:ヽ、 
         ノ:.'´_:._`:.、:.;、ヽ:.:./:/:/'ノ:.:.:.:.i  
        ノ:´:.:.:,:/:rゝ/;tYl:Vム;.Y、ー':.ヽ;!  
    .   l:.:,r:'´Y/   l:l ``′ ';.l ヽト:.:.:.:'   ・・・・・・・・。
    .   )k/:./l;'.__  l:!     リ ._リ';.`Y  
    .   〉-;.:'l l∠ニ'==ァ   、==ニゞ-!  
    .   l 'Y';.l.}. ´i┬r ヽ  ''~Tユ~` リ  
    .   ヽ.ヽヽ ゙ ` ̄'"   l  ` ̄ l,ノ   
    .     `';Y'      l,    j´    
    .     ,.rハi           ;    
        /: ヽヽ.  ー===-  /     .
    .  /:ヽ: : ヽ \   ー‐ ,イ      
     /: : : : ヽ: : :, ヽ、__/ 人     







    101 :84/415 [sage]:2008/06/26(木) 00:57:54.93 ID:8LBOpBko

         /         \      \
       /            ヽ       ヽ 
      /              `´ ー-、_ ヽ、`、
      .i    / /          ヘ      ヽ!   まあ、ナザレのやる夫が
      l    | l        /   ハ   \  ` 、 やりたいこともわからないでもない
      |   i .| .|  /   /  / / \   `、 } 
      |   l | |  /   /  ,イ ,r    ` ーァ _ノ  神が定めた律法をつつましく守っていても、
      .|  |  ヽl.| / _, r"   //   、__,,,,jイ    報いはいつまでたっても訪れない
       |  |  尺゙ー、   _, r '´ _/  , -_,,rァ、/ |   
    _ ィ-ソ  |  ,-、 ̄i´"´ _, -‐´_    ,似ソ / i ハ   来るべき救世主は
      /  |  i r|リ  i /,,ィ≠ェ `   ヾ''" ,' | ヽ   いつまでたっても来やしない
    _/   |  iヽlミヽ,. i 什弐´   丶  /  |   }  
        j|  l `ーィゥゝ `"´   _ ,  /   '、 j   そんな神と人間との関係を、
       _ノ i  ヽ 、 l `ー 、 _   ,.イ]       メ、  彼は改めようと考えたのでしょうね
    ,-´ 、_i    `ー、_   l ̄ j、  \      )
    !  _,r< \      `ーx-、 ' ヽ  ヽi   ノ、_
    _ヽl,>-、 \ \    \  ヽ---'´l   }  i´ ヽヽ







    102 :85/415 [sage]:2008/06/26(木) 00:58:24.52 ID:8LBOpBko

           ___   ___
        ,.- ´   `l´   `ヽ、       律法の解釈で日々紛糾している私たちの姿を見て、
      / /      `ヽ.  ヽ      神は喜んでいるのか?
     / j /   / ,∧ \. ヽ. ヘ    
    ハl/ _,-' , '  ヽ、 ヽ、. l _ハ    真の人間らしさとは何か?
    | ヽ.)ニ- ´        ` ‐ こ(ノ|   
    | | | _..-‐ ´    ` ‐- .._ |   |    彼はその疑問を民衆に訴えかけている
    l j l. r1ス]`     ´[ヌトt,!/  |    
    l. l. 、 l ヒソ  ,   ヒソ /ィ l  、    ただ、彼には神の恩寵を得ているという証がない
    | l`ーヘ'、   ___     /- '/  ヽ   
    |/    、ヽ、     _ノ/  |   \  田舎町の大工職人である彼には、
    ./  ,  | ,H` ー ´トL{   ヽ     `、人々を従わせるだけの「正統性」がない
        l_ノ ´r'    ヽ ヽ   ヽ     | 
        ヽ   |>─‐<| ヽノ   ト、 .ノ、今のところ、民衆の本心は半信半疑というところでしょう
                          あのイスカリオテのユダも含めてね







    103 :86/415 [sage]:2008/06/26(木) 00:59:01.65 ID:8LBOpBko

               ,.- ,r'´
            ,.-'´ /     、
          //   {        `ヽ   
         ,r' /   , ゝ       \ 
        // ./   ,r'´  ヽ         だから、チャンスを与えてはならない
        |/ /   /       ` ミ._     
    .   |' |  /        ___ ̄   彼が何かの事件をきっかけに、
        ハ |/ _,. -     ´       神と人間との関係を改めるようとする前に
        | ヽl」/         _    彼を滅ぼさなければならない
        |  l l   ,.-¬、     ヘ:::::::¨ヽ  
       , l ! l. バ':::::::|      シ::: ,   エルサレム神殿を介在とする宗教システムにより
       / l. | rl.  'ニ-'        ̄    我々は「神殿税」という財源を確保することができる
    . / /   | ヾ      '          
    , ' ./   ,!  ト、    ‐-‐ '   ∠   エルサレム神殿の権威を否定しようとする彼の教えは
    '  ,/   /j  | ヽ、_      /    ユダヤの民のために許してはならないのよ
     /    / l.  |    ` ー,r ´   ノ 
     |   / ヽ  ヽ  _,.- _フ    /
    ヽ{.   l    ヽ_...ゝ'´,r ´    /    







    104 :87/415 [sage]:2008/06/26(木) 00:59:28.17 ID:8LBOpBko

    ::::::::::::::::::::\::::::::::ヽ:::::::::::::/:ヽ 
    ――::::、::::::::::'::,::::::::}:::::::::,:'::::::}  
    ::::::::::::::/ > 、;; ;;ヘ;;;;'::::::::;ヘ:::::〈   (・・・アンナス様の言うとおりなのだろう
    ::::::、-'//    ,':/  `""ヾ∨:ヘ  
    :::r ' |::!   |::|       |::| }::ハ   民を支配するためには
    ::>  」::|_   i!::!      _!」 !ハ}:|   財力がなければ意味がない
    /   レ' ¨"≠レゝ  / リ/ j/   
        "モテエ    ,'ェァ /     正義感にかられた安易な公約を掲げたところで
                、   {      人々を動かすには、権威と資金が必要なのだ
                ヽ |      
    i            _ノ /      しかし、それでは正義はどうなるというのだ?
    ヽ     ,  ____  /      
     \    ` ー--- ' , '        私の心がナザレのやる夫の言葉にひかれているのは、
       ヽ       /        政治を知らない若者の無知にすぎないのか?)
         ヽ __ノ        







    105 :以 下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします :2008/06/26 (木) 00:59:57.68 ID:9rM/P8.0
    >>102
    何を以って正当性と為すの?
    質問ばかりでスマソ






    108 :1 [sage]:2008/06/26(木) 01:05:30.20 ID:8LBOpBko
    >>105

    当時のユダヤでは「家父長」が絶対的な権限を持っており
    「家柄」が尊重されていました

    祭司などは、決められた家柄の人しかなることができませんでした

    息子が父の仕事を継ぐのが当たり前の時代だったのです
    (大工職人の家に生まれたイエスが、大工に継いだように)


    新約聖書をご覧になれば、
    最初の1ページ目から、イエスの父系の系図がえんえんと語られています
    しかし、新約聖書ではイエスは処女懐胎により生を受けたとあります

    本当に処女懐胎であるならば、父系の血統は関係ないはずですが
    「どのような家」に生まれたかについては、当時は非常に重要でした

    わかりやすく言うならば「三国志」の「劉備」みたいに
    今は貧しいけど、皇帝の血縁に生まれた、というようなものです


    ナザレのイエスの伝道は、そのように家柄や出身地により
    少なからずの迫害を受けていたと考えられています






    106 :88/415 [sage]:2008/06/26(木) 01:00:10.70 ID:8LBOpBko

    ===========================================================================
                4-3. ユダの密約 (まとめ)
    ===========================================================================

    イスカリオテのユダが、なぜ、ナザレのイエスを裏切ったかについては、
    新約聖書では「お金」と「悪魔」のせいになっている

    古来から人々を魅了した「裏切り者」の代名詞である「イスカリオテのユダ」について、
    新約聖書からくわしい事実を読み取ることはできない

    はっきりとわかるのは次の二つ

    ・教団の会計であった (ヨハネ福音書13:29)
    ・名前からイスカリオテ村の出身であったかと考えられる(その所在地には諸説ある)

    すべての福音書にて、イスカリオテのユダは「十二使徒の一人」であり
    ナザレのイエスが迫害されていた間も、ペテロたちと一緒に、教団に留まり続けていたのだ

    そんなユダが師を裏切った理由はなにか?

    その一つとして、考えられるのは
    当時の「ユダヤ衆議会(サンヘドリン)には死刑執行権がなかった」という史実である

    これから語る「受難物語」にて、いかに大祭司カヤパたちが
    ナザレのイエスを超法規的に死刑に処したかが、おわかりになるだろう

    そして、それはおそらく、イスカリオテのユダの望む結果ではなかったはずだ

    (なお、福音書では、ユダは「祭司長」に話を持ちかけたとあり
     「大祭司」カヤパと直接会ったとは史実では考えにくい)






    107 :89/415 [sage]:2008/06/26(木) 01:00:50.63 ID:8LBOpBko

    また、この物語では、かなり強引であるが、
    サウロ(パウロ)をユダヤ衆議会のスパイであるとした

    サウロは現在のトルコの生まれで、ファリサイ派に属し、
    エルサレムの高名な学者ガマリエルの下で学んだとされる

    新約聖書では、イエスの処刑後のことを書いた「使徒行伝」で登場する
    (サウロの経歴は「使徒行伝」22章3節以降にある)

    当初、原始キリスト教団を迫害していた彼は、
    キリストとなったイエスに会って回心し、原始キリスト教の熱心な布教者となった

    新約聖書に収録されたパウロ書簡を読むかぎり、
    彼が生前、つまり人間であったイエスに会ったと言及した箇所はない

    また、ファリサイ派であった彼が、犬猿の仲であったサドカイ派の大祭司と
    このように接触していたとも考えにくい

    しかし、原始キリスト教団を迫害するうえで
    サウロはサドカイ派と接点を持っていたことは間違いない

    正義心だけで人々を迫害することはできず、その背後には必ずやスポンサーがいる

    回心してからのサウロの行動力・組織力からして
    彼がただの「熱心なファリサイ派」であったとは考えにくい

    もちろん、サウロをユダヤ衆議会のスパイとしたのは、
    原始キリスト教団の成立過程をわかりやすく伝えるための舞台装置であり
    完全なフィクションであることは承知していただきたい







    109 :90/415 [sage]:2008/06/26(木) 01:06:09.02 ID:8LBOpBko

    ─────────────────────────────
                4-4. 最後の晩餐
    ─────────────────────────────


       \\       マンセー! ナザレのナントカ先生、マンセー!        //
         \\                                         //

           _ _∩.     _ _∩.     _ _∩.     _ _∩.     _ _∩.     _ _∩.
         ( ゚∀゚)彡  ( ゚∀゚)彡  ( ゚∀゚)彡  ( ゚∀゚)彡  ( ゚∀゚)彡  ( ゚∀゚)彡
         (  ⊂彡.   (  ⊂彡.   (  ⊂彡.   (  ⊂彡.   (  ⊂彡.   (  ⊂彡
        _ _∩.     _ _∩.     _ _∩.     _ _∩.     _ _∩.     _ _∩.     _ _∩.
      ( ゚∀゚)彡  ( ゚∀゚)彡  ( ゚∀゚)彡  ( ゚∀゚)彡  ( ゚∀゚)彡  ( ゚∀゚)彡  ( ゚∀゚)彡
      (  ⊂彡.   (  ⊂彡.   (  ⊂彡.   (  ⊂彡.   (  ⊂彡.   (  ⊂彡.   (  ⊂彡.
       |   |     |   |     |   |     |   |    |   |     |   |     |   |
       し ⌒J.    し ⌒J.    し ⌒J.    し ⌒J.   し ⌒J.    し ⌒J.    し ⌒J







    110 :91/415 [sage]:2008/06/26(木) 01:06:36.16 ID:8LBOpBko

         -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、   
       / /" `ヽ ヽ  \   支持者が増えるのはうれしいはずだけど
      //, '/     ヽハ  、 ヽ  彼らは、やる夫先生の言葉に耳をかたむけようとしない
     〃 {_{       リ| l.│ i| 
     レ!小lノ    `ヽ 从 |、i|  やる夫先生が説く「永遠の命」を得る教えに
      ヽ|l --   --  | .|ノ│  まるで興味を持とうとしない
      .|ヘ⊃ 、_,、_,⊂⊃j  | , | 
       | /⌒l,、 __, イァト |/ |  それにしても、いい加減、やる夫先生の名前ぐらいは
    .  | /  /::|三/:://  ヽ |  覚えてほしいにょろ・・・・
      | |  l ヾ∨:::/ ヒ::::彡, | 







    111 :以 下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします :2008/06/26 (木) 01:07:04.05 ID:9rM/P8.0
    ナントカってwwwwwwww






    112 :92/415 [sage]:2008/06/26(木) 01:07:06.26 ID:8LBOpBko

        /                  ヽ     
       /     ,     , '          ヽ   
      / / / /  /  ,  /        ヽ     !  
    ..〃/ / !  l   /  !  ! ヽ     |     !   
     │ !  ! │ {  !   |   ヽ   ! !   !  |  ・・・彼らが熱狂するのも無理はない
      ! /{  {.   ト` ト、 |ヽ  !\ ,ム‐ハ|   }  l  
      レ !  iヽ !,,====ミ、\l ,,====ミ !   l  l ! 彼らの指導者であった熱心党のバラバの処刑が
        ヽ |.-ヽ!'<fえヶ.ll, - 、ll イkか>l  ,!、 ハl 明日にせまっている
         /, ニヽト ゞ-' ノ   ヽ ゞ-' ,' / ノリ  
       ,'/ニヾ 人     `_      / /リ´    彼らは自分たちが従っていたリーダーが
       { /ニヽ ヽへ          ィ ハl     殺されるという現実に恐怖し
        ヽ、ヽ   } | >   _ , ィ´/ノ-、      やる夫先生の支持をアピールすることで
        _,'    レ′_,-‐l     /  ヽ     その感情をごまかしているにすぎない・・・
       __/ |    /、‐'/ /   , '      \    
      /    ─ '  } /へ、 /         \   
                               


             -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、    
          / /" `ヽ ヽ  \   
         //, '/    ヽハ  、 ヽ    
         〃 {_{ノ    `ヽリ| l │ i|  ・・・・うぅ、ユダの言うことは相変わらずキツいにょろ
         レ!小l--    -- 从 |、i|  
          ヽ|l⊃ 、_,、_, ⊂⊃ |ノ│  でも、やる夫先生もやる夫先生にょろ
      /⌒ヽ__|ヘ   ゝ._)   j /⌒i !  
      \ /:::::| l>,、 __, イァ/  /│  神の教えを求める人たちを受け入れるのは当然だけど
    .    /:::::/| | ヾ:::|三/::{ヘ、__∧ |  こんな武力運動をしていた人たちも弟子入りさせるなんて
       `ヽ< | |  ヾ∨:::/ヾ:::彡' |  






    113 :93/415 [sage]:2008/06/26(木) 01:07:43.59 ID:8LBOpBko

    .  /                ヽ    \  \   
     ,'     /  /            l    \  ヽ   (そして、今日が約束の日
     !     /  /     /  ,'    |  l   ハ  ヘ、 
    . | !   l   l     /  /   ,イ !   i   ! l ヽ ',   今夜、私はやる夫先生を
    . l |   l   l  ,/  〃 ,/   /│ l  j   l│  ! l   「彼ら」に引き渡さなければならない
    ノ | ! │   | /_// //  / ,' ∧ / |  / j   l│ 
     ノ l ァ|   |尢/‐=乞t/ / /∠ニ「厂! / ,/  / リ   過越祭が始まり、
    _イ 八{´l  !レ<f{矛:下 'ヽ _〃イ孑代勹 イ } /     民衆の歯止めがきかなくなっている
    .    Vハ  |{  r';;_zj  f} ⌒{! r';;zリ /}, '//    
        ヽ ',  | ` ー―‐‐ '  、 `ー-- チ' /        このままでは、
         `ヘ lヽ       _      厶 ./          暴動が起きる可能性はきわめて高い
            ', {.代ト、          , イ | /        
           \_'i| > 、 _ , イ/ V l./           しかし、明日ならば、
            / ヽj       {`ヽ   ′          正当な裁判が行われ、
    .    _ /  「´        ヽ} \            私も法廷に立ち、証言することができる)
    , -‐ ´     l‐--‐、 _ -‐ |   ` ー- 、      







    114 :94/415 [sage]:2008/06/26(木) 01:08:18.51 ID:8LBOpBko

           ,.  ´ ̄ ̄ ̄`  、_      
           / /          \    (本当ならば、こんなことはしたくない
         /  / /          ヽ ヽ   
        / / / / /    ヽ ヽ  、  '. ハ    しかし、あの人は政治的なことに無関心すぎる
        / / / / /ト、 i    |   i  i  |   !  
      /,イi | ! | ! ヽ \  ト、 | i ! !   \  あの人はこう言うだろう
      〃 || 「「><ヽ|\| \!_>v1ハイ  ト-ヽ
    /   !ト、ト、! ̄ ̄`ヽ  f'〃 fr示 !  i !    「ヨハネ教団の弟子を受け入れたのに
       〃トr 斗  //  |-、 !  r' ,イ rY 从    熱心党の人たちを拒む必要がどこにある?
      / レヘ|ヽ __,.ノ ; ヽ __ ̄_ jイノ〃   
          V ト、     _    乂 /レ'       私は彼らのさまよえる魂を
           ヽ! >  _ _,. イ!/ /         なぐさめなければならない」
            ヽレ'´ j    「メ、       
          _,. ':.:.:.:.:r- 、  -‐〉:.:.:.ヽ       でも、それを黙って見るほど
        r'「!:.:.:.:.:.:.:.:.:.L-  ―--!:.:.:.:.:.:.:.\    大祭司カヤパは甘い人間ではないのだ
        ∧:.!:!:.:.:.:.:.:.:.:.ヒ二二ニ」:.:.:.:.:.:.:.:.//>、  
                              だから、私が行動を起こさなければならない

                              私は間違っていないはずだ。絶対に・・・・)







    115 :95/415 [sage]:2008/06/26(木) 01:08:51.17 ID:8LBOpBko

              ____        
           /      \      
          /   ─   ─\     ペテロもユダも何してるんだお
        /     (●) (●) \   
        |       (__人__)    |   
        \      ` ⌒´   /   
        _ノ           \  


             -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、  
            / /" `ヽ ヽ  \  
         //, '/     ヽハ  、 ヽ  やる夫先生は、どうも思わないのですか?
         〃 {_{\    /リ| l │ i|  
         レ!小l●    ● 从 |、i|  やる夫先生の福音を聞こうともせずに
          ヽ|l⊃ 、_,、_, ⊂⊃ |ノ│  ただ徒党を組んで叫んでいるだけの
    .  /⌒ヽ__|ヘ   ゝ._)   j /⌒i !  彼らのことを!
      \ /:::::| l>,、 __, イァ/  /│ 
    .    /:::::/| | ヾ:::|三/::{ヘ、__∧ |  
       `ヽ< | |  ヾ∨:::/ヾ:::彡' |  







    116 :96/415 [sage]:2008/06/26(木) 01:09:19.47 ID:8LBOpBko

         ____       
       /⌒  ⌒\      彼らだって、いつかは「神の国」の教えに
      / (―)  (―) \    目覚めることになる
    /  ⌒(__人__)⌒:::::\  
    |                 |   そうすれば、やる夫の言葉を思い出し
    \           /   生き方を改めてくれるはずだお
    _ノ            \  


          ____      
        / ⌒  ⌒\      それよりも、ペテロ、
      / (●)  (●)\ .   ちょっと、足を出してくれないかお?
    /   ⌒(__人__)⌒ \.  
    |      |r┬-|     |.  
    \     `ー'´    /  
    _ノ           \  







    117 :97/415 [sage]:2008/06/26(木) 01:09:44.09 ID:8LBOpBko

          , -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
         / :/" `ヽ ヽ  \   足?
        /  /     ヽ ヽ..  ヽ  なんでですか?
        l  { l ,    ー-j从:ヽ.. ヽ 
        | i ル{レ'     ●` li! ト、 ',
       /⌒)i"●     ⊂l| ||ノ l
      /   yi ヘ⊃   ,__,   l| |   l
      (  /ス、,ゝ、_ `´   ィ<| |   l


            ____       
          /⌒  ⌒\     
         / (―)  (―) \    これから、やる夫が
       /  ⌒(__人__)⌒:::::\   ペテロたちの足を洗ってあげるお
       |                 |  
       \           /  
       _ノ            \  







    119 :98/415 [sage]:2008/06/26(木) 01:10:12.66 ID:8LBOpBko

             -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、  て
            / /" `ヽ ヽ  \ て  
         //, '/     ヽハ  、 ヽ   ええ!
         〃 {_{ノ    `ヽリ| l │ i|   そんな、やる夫先生が
         レ!小l●    ● 从 |、i|   わざわざ、私の汚い足を洗うなんて・・・
          ヽ|l⊃ 、_,、_, ⊂⊃ |ノ│  
    .  /⌒ヽ__|ヘ   ゝ._)   j /⌒i !   
      \ /:::::| l>,、 __, イァ/  /│   
    .    /:::::/| | ヾ:::|三/::{ヘ、__∧ |   
       `ヽ< | |  ヾ∨:::/ヾ:::彡' |   


              ____      
            / ⌒  ⌒\      なにを言うんだお
          / (●)  (●)\ .  
        /   ⌒(__人__)⌒ \.  やる夫と一緒に歩いてきたのは、この足じゃないかお?
        |      |r┬-|     |.  
        \     `ー'´    /   ほら、足を出して
        _ノ           \  







    120 :以 下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]: 2008/06/26(木) 01:10:22.89 ID:JQ6Qu46o
    ユダは衆議会に死刑執行の権限が無いと知っていたから
    信者の暴走でイエスへ反ローマの疑いがかかる前に罪の軽い神殿侮辱罪で告発して信者と切り離そうということ?






    122 :1 [sage]:2008/06/26(木) 01:13:01.03 ID:8LBOpBko
    >>120
    二行にまとめられたとは見事です。その通りです

    ユダの裏切りについては、新約聖書をいくら読んでもわかりませんので、
    この物語では、そのような「仮定」で進めています






    118 :以 下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]: 2008/06/26(木) 01:10:10.54 ID:r9BHTXk0
    ああ、やっぱり谷口がパウロなんだ・・
    でも、それでいいじゃないか・・






    121 :1 [sage]:2008/06/26(木) 01:11:26.47 ID:8LBOpBko
    >>118
    実は第三章までの谷口の言動には「パウロ」らしさというのが欠如しているので
    書きなおしたい気持ちでいっぱいなんです><







    123 :99/415 [sage]:2008/06/26(木) 01:13:49.46 ID:8LBOpBko

            -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、    
          / /" `ヽ ヽ  \   ・・・・・・・・・
        //, '/     ヽハ  、 ヽ 
        〃 {_{       リ| l.│ i| (そうだ、この足で、
        レ!小lノ    `ヽ 从 |、i|  私はやる夫先生とともに歩いてきたんだ
         ヽ|l --   --  | .|ノ│   
         |ヘ⊃ 、_,、_,⊂⊃j  | , |  つらいときもあった、苦しいときもあった
         | /⌒l,、 __, イァト |/ |    
         | /  /::|三/:://  ヽ |   でも、やる夫先生がいたから、
        | |  l ヾ∨:::/ ヒ::::彡, |   こんな私でも、ここまでがんばれたのだ・・・)







    125 :100/415 [sage]:2008/06/26(木) 01:14:17.03 ID:8LBOpBko

          ____       
        /\  /\     みんな、このことを覚えておくんだお
       /( ●)  (●)\    
     /   ⌒(__人__)⌒  \   何度も言うように「神の国」では、みずからを低くした者が高くなる
     |      |r┬-|       |  
     \    `ー'´     /  「神の国」で栄光を受けるためには、
     _ノ           \  人々に仕える気持ちを忘れてはならない
                     
                     すべてを知る神は、その義を喜ばれるだろう
                     
                     だから、みんなも互いの足を洗いあうことを忘れてはいけないお!


          , '´ ̄ ̄` ー-、     
        /   〃" `ヽ、 \    やる夫先生の言葉は
       / /  ハ/     \ハヘ   やっぱりすばらしいにょろ!
       |i │ l |リ       }_}ハ  
       |i | 从 \    /l小N  たしかに、
       |i (|  i ●    ● li|ノ   私はおごりたかぶっていたにょろ
       |  i ⊂⊃ 、_,、_, ⊂ノi|    
       |  l  x>、 __, イl |    これからも
       |  lくミヽ::::ヘ三l:::::ノl lヽ   みんなで足を洗いあう気持ちを忘れないようにするにょろ!
       |  l( ⌒ )..::::V::/ ( ⌒ )  







    126 :以 下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします :2008/06/26 (木) 01:15:23.86 ID:9rM/P8.0
    >みずからを低くした者が高くなる

    禅問答みたいだな






    136 :1 [sage]:2008/06/26(木) 01:25:10.80 ID:8LBOpBko
    >>126
    僕も仏教徒として生まれ育って現在に至るので、
    福音書のイエスの言葉から、
    禅問答みたいなものばかりが頭に入ってくるんですよね

    文化は違えど、人類であることは同じなので
    それぞれの宗教にも、達する境地は同じようなものだと感じることがあります






    124 :以 下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]: 2008/06/26(木) 01:14:00.46 ID:72jjCuoo
    イスカリオテのユダとか熱心党とか聞くと、ヘルシングを連想する不埒者のオレ






    127 :1 [sage]:2008/06/26(木) 01:18:30.83 ID:8LBOpBko
    >>124
    僕はヘルシングは未読ですが
    聖書のモチーフは、いろんな作品に使われているので
    調べてみると、いろいろ楽しいですよね

    ただし、新約聖書内でも、それぞれの書で矛盾があります

    例えば、下のページをご覧になれば
    同じ新約聖書に収録された「福音書」同士で、系図すら違うことがわかるのでは、と

    ttp://www.geocities.jp/todo_1091/bible/jesus/013.htm






    128 :101/415 [sage]:2008/06/26(木) 01:19:14.98 ID:8LBOpBko

                ____      
              / ⌒  ⌒\     
            / (●)  (●)\ .   ほら、ユダも足を出して
          /   ⌒(__人__)⌒ \.  
          |      |r┬-|     |.  
          \     `ー'´    /  
          _ノ           \  
          


           ,.  ´ ̄ ̄ ̄`  、_      
           / /          \    
         /  / /          ヽ ヽ   
        / / / / /    ヽ ヽ  、  '. ハ   
        / / / / /ト、 i    |   i  i  |   !   ・・・・・・・・・・
      /,イi | ! | ! ヽ \  ト、 | i ! !   \  
      〃 || 「「><ヽ|\| \!_>v1ハイ  ト-ヽ
    /   !ト、ト、! ̄ ̄`ヽ  f'〃 fr示 !  i !   
       〃トr 斗  //  |-、 !  r' ,イ rY 从   
      / レヘ|ヽ __,.ノ ; ヽ __ ̄_ jイノ〃   
          V ト、     _    乂 /レ'    
           ヽ! >  _ _,. イ!/ /       
            ヽレ'´ j    「メ、       
          _,. ':.:.:.:.:r- 、  -‐〉:.:.:.ヽ      
        r'「!:.:.:.:.:.:.:.:.:.L-  ―--!:.:.:.:.:.:.:.\    
        ∧:.!:!:.:.:.:.:.:.:.:.ヒ二二ニ」:.:.:.:.:.:.:.:.//>、  







    129 :102/415 [sage]:2008/06/26(木) 01:19:44.06 ID:8LBOpBko

               ____        
            /      \      
           /   ─   ─\     
         /     (●) (●) \    ・・・・・・・・・・
         |       (__人__)    |   
         \      ` ⌒´   /   
         _ノ           \  
         
         
              ____       
            /      \      ・・・・・ユダよ
           /  _ノ  ヽ__\     いつか話したことがあると思うが
         /    (●)  (●) \.   
         |       (__人__)    |   「神の国」に入るためには、
         \      ` ⌒´   /.   幼子のような心を持たなければならない
         _ノ           \   みずからの知に頼ってはいけない・・・・







    130 :103/415 [sage]:2008/06/26(木) 01:20:19.45 ID:8LBOpBko

           ,.  ´ ̄ ̄ ̄`  、_      
           / /          \    
         /  / /          ヽ ヽ   
        / / / / /    ヽ ヽ  、  '. ハ   
        / / / / /ト、 i    |   i  i  |   !   
      /,イi | ! | ! ヽ \  ト、 | i ! !   \  (・・・・・・!
      〃 || 「「><ヽ|\| \!_>v1ハイ  ト-ヽ
    /   !ト、ト、! ̄ ̄`ヽ  f'〃 fr示 !  i !    この人は、
       〃トr 斗  //  |-、 !  r' ,イ rY 从    私がしようとしていることを知っている?)
      / レヘ|ヽ __,.ノ ; ヽ __ ̄_ jイノ〃   
          V ト、     _    乂 /レ'    
           ヽ! >  _ _,. イ!/ /       
            ヽレ'´ j    「メ、       
          _,. ':.:.:.:.:r- 、  -‐〉:.:.:.ヽ      
        r'「!:.:.:.:.:.:.:.:.:.L-  ―--!:.:.:.:.:.:.:.\    
        ∧:.!:!:.:.:.:.:.:.:.:.ヒ二二ニ」:.:.:.:.:.:.:.:.//>、  







    131 :104/415 [sage]:2008/06/26(木) 01:20:51.14 ID:8LBOpBko

    .  /                ヽ    \  \   
     ,'     /  /            l    \  ヽ   (・・・・しかし
     !     /  /     /  ,'    |  l   ハ  ヘ、    私が行動を起こさないと、
    . | !   l   l     /  /   ,イ !   i   ! l ヽ ',   事態は確実に悪化する
    . l |   l   l  ,/  〃 ,/   /│ l  j   l│  ! l ..
    ノ | ! │   | /_// //  / ,' ∧ / |  / j   l│  だいたい、幼子が尊いとするならば
     ノ l ァ|   |尢/‐=乞t/ / /∠ニ「厂! / ,/  / リ   私の学んだことが
    _イ 八{´l  !レ<f{矛:下 'ヽ _〃イ孑代勹 イ } /     すべて無意味だということではないか
    .    Vハ  |{  r';;_zj  f} ⌒{! r';;zリ /}, '//    .
        ヽ ',  | ` ー―‐‐ '  、 `ー-- チ' /        もし、私が知識を失ったら、
         `ヘ lヽ       _      厶 ./         私は私ではなくなるのではないか?
            ', {.代ト、          , イ | /        
           \_'i| > 、 _ , イ/ V l./        .. 「神の国」に入って、
            / ヽj       {`ヽ   ′          「永遠の命」を得たとしても、
    .    _ /  「´        ヽ} \           私が私でなくなるのならば、
    , -‐ ´     l‐--‐、 _ -‐ |   ` ー- 、       そんな楽園に何の意味がある?)



                 ____       
               /      \      
              /  _ノ  ヽ__\     
            /    (ー)  (―) \.   ・・・・・・・・・・・・
            |       (__人__)    |   
            \      ` ⌒´   /.   
            _ノ           \   







    132 :105/415 [sage]:2008/06/26(木) 01:21:21.43 ID:8LBOpBko

            ,. -───- 、
           /'´       `ヽ、    
            シ~ /" `ヽ ヽ `'、 ト、   
         //, '/     ヽハ  、_Vヽ   では、先生の足を洗うのは、私の役目にょろ!
         〃 {_{\    /| l |、,i|   
         レ!小l●    ● 从 | } i|    どうぞ、先生、足を出してください
         ヽ|l⊃ 、_,、_,   ⊂⊃jノ}j|   
     r‐‐-、__|ヘ  ゝ._)   /|  ! |   
    _{ (` /:::::| l>,、 __, イァ_i  ||   
      "ヽ /:::::/| | ヾ:::|三/ / //ァ||   
          ヽ< | |  ヾ∨_:/ // ハ||   







    142 :以 下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]: 2008/06/26(木) 01:32:58.16 ID:eN3HOpAo
    ちゅるやさんと足の洗いあいするなんてうらやましすぎる
    やる夫め…






    148 :1 [sage]:2008/06/26(木) 01:37:46.78 ID:8LBOpBko
    >>142
    僕はちゅるやさんの頭をなでなでしたいです

    ハルヒ本編のキョンになりたい気持ちは半々ですが
    えれっとさんハルヒのキョンにはぜひともなってみたい

    個人的には、ちゅるやシリーズでは、谷口の意味不明さが好きです






    133 :106/415 [sage]:2008/06/26(木) 01:21:52.41 ID:8LBOpBko

    .         / :/ / :.:/ .:.{ :.{:.:  {:.:.:..  ヽ:.:.:ヽ:. \
            / :/〃:.:.:.l :.:.八.:ヽ:. ',:.:.:.:..  '.:.:.:.|:.:.l:. l
             l | l | :.:. |, /-‐ヽ.:\:.:\´:. ̄ ヽ:.:l:.:.j:. |
             | | i l :. /! { __ \{ \ヽ>=くハ:/:./:./
             | N八 :.:.l{ イテ下    `'f_:::: }V/イ /|     その必要はありません!
             | / {ヘ:.ト、:':{ハi_::::j      r':;;ソ 〃{:. |
           j/  ヾイ゙ヽゝ v:ソ     '   `´ 厶 |:. l     先生のような偉大な方のために
           /   .:.:.:/| :.:ヘ、    ー '   ,イ:.:. |:.:. ハ     ずっと用意してきた、香油があります
    .       /  .:.:;:'イ| :.:小> 、      イ |:.:  ド、 い
    .     /  ,/  .| :.:.:| \.   ̄´/〈 .!:.:  l  \ヽ   ぜひ、私に洗わせてください
        /  /    | :.:.:|  \ ー ´ / ヽl:.:.  |   l い
    .   /  /      !:. :.:.{     ー'  〇}リ:. /  , |:. l
       /  .:l   ヽ  ヽ:.:.:ハ        __{__}:./__ /  l:.:i |
    .  ,'/ .:.:.:j     Y  \!    ヽ、/ ├───┤ イ:.:i |
     〃! :.:.:./`     |!i   r=====┬‐─┤ V* ,,, |  Vリ:l
     l /!:.:.:/      |l  /      V===.| *ヽ";;./゙|  Vノ
     |ハ:.:.{_     __ |l  {      } l/∧ {;.Y,,、∨__, -ゝ、
     ヽ ヽ:.:.丁¬‐厶__ヽ== ゝf士土,イ 三{==ヽェェェェ/=と∠='=ァ
        ヽ:.l  ィ{>ーァ‐‐ァ‐ッ────t─zr‐t―‐r‐v―、ャ厂
         `| / \ '´ //イ`      ハ Lムヘ 'ヽ_〉_\_/
         ヽ   `ー^T´‐┘    (⌒)! ヽ  ヽ\   /







    134 :107/415 [sage]:2008/06/26(木) 01:22:16.25 ID:8LBOpBko

                  ____       
                /⌒  ⌒\     
               / (―)  (―) \    では、お願いするお
             /  ⌒(__人__)⌒:::::\  
             |                 |  
             \           /  
             _ノ            \  







    135 :108/415 [sage]:2008/06/26(木) 01:22:47.67 ID:8LBOpBko

                 -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、      
            / /" `ヽ ヽ  \    
            //, '/     ヽハ  、 ヽ   ベタニアのマリアさん
            〃 {_{ノ    `ヽリ| l │ i|   
            レ!小l●    ● 从 |、i|   これはまた、
             ヽ|l⊃ 、_,、_, ⊂⊃ |ノ|   ずいぶん気合いの入った香油みたいですが
             |ヘ   ゝ._)   j.  | , |   いったい何ですかにょろ?
             | /⌒l,、 __, .イァト|/ |   
             | /  /::|三/:://  ヽ |   
             | |  l ヾ∨:::/ ヒ::::彡, |   


             /                     \
           /        /           ヽ  ヽ
           //   /  / /         \     l  ',
          /,'    |  /ハ  l         ヽ   │  ハ
          |ハ   | |┼‐ト l \  ┼‐ 、|    l│ / |
          l ヽ   | |   ヽ!\! \_|\ !l   │/ ∧     ふふふ、禁則事項です
            \  ヽ!        丁5ド リ  r‐く イ│ ヽ
             \ト ! `=     トッゾ ル l ) 爪  |  、
               | ハ    '     ̄` /  レイ   | | | )
              / ,' ヽn `_ー     / /川    ∨((
             / /   | l | 、 __.  イ  厶⊥.     V
           /  /    |/ |∧   / /    `、   ヽ
         /    /  / / ┴   / /        |    `、
       //   ∧ / /  ーう / / /      | \   ',
      / //   / ∨厶!  二)~|///         ,'   ヽ. |
      l/ |  /  ン :}  ノ‐─/〉-‐   ̄ ̄    /|    | |
        | / ´ ̄   〈  /|   //          / |    | |







    137 :109/415 [sage]:2008/06/26(木) 01:25:43.22 ID:8LBOpBko

        /                  ヽ   
       /     ,     , '          ヽ  
      / / / /  /  ,  /        ヽ     ! 
    ..〃/ / !  l   /  !  ! ヽ     |     !   ・・・・こ、これは
     │ !  ! │ {  !   |   ヽ   ! !   !  | 
      ! /{  {.   ト` ト、 |ヽ  !\ ,ム‐ハ|   }  l   ナルドの純油!!
      レ !  iヽ !,,====ミ、\l ,,====ミ !   l  l ! 
        ヽ |.-ヽ!'<fえヶ.ll, - 、ll イkか>l  ,!、 ハl 
         /, ニヽト ゞ-' ノ   ヽ ゞ-' ,' / ノリ  
       ,'/ニヾ 人     `_      / /リ´    
       { /ニヽ ヽへ          ィ ハl     
        ヽ、ヽ   } | >   _ , ィ´/ノ-、     
        _,'    レ′_,-‐l     /  ヽ     
       __/ |    /、‐'/ /   , '      \   
      /    ─ '  } /へ、 /         \  


                ,. -───- 、
               /'´       `ヽ、   
                シ~ /" `ヽ ヽ `'、 ト、  
             //, '/     ヽハ  、_Vヽ  ユダ、何を驚いているにょろ?
             〃 {_{ノ    `ヽ | l |、,i|   
             レ!小l●    ● 从 | } i|  
             ヽ|l⊃ 、_,、_,   ⊂⊃jノ}j|   
         r‐‐-、__|ヘ  ゝ._)   /|  ! |  
         { (` /:::::| l>,、 __, イァ_i  ||  
          "ヽ /:::::/| | ヾ:::|三/ / //ァ||  
              ヽ< | |  ヾ∨_:/ // ハ||  







    138 :110/415 [sage]:2008/06/26(木) 01:26:10.65 ID:8LBOpBko

    .  /                ヽ    \  \  
     ,'     /  /            l    \  ヽ 
     !     /  /     /  ,'    |  l   ハ  ヘ、 
    . | !   l   l     /  /   ,イ !   i   ! l ヽ ', 
    . l |   l   l  ,/  〃 ,/   /│ l  j   l│  ! l  この香油を売れば、
    ノ | ! │   | /_// //  / ,' ∧ / |  / j   l│  銀貨300枚になるだろう・・・・
     ノ l ァ|   |尢/‐=乞t/ / /∠ニ「厂! / ,/  / リ
    _イ 八{´l  !レ<f{矛:下 'ヽ _〃イ孑代勹 イ } /    300人の日給に相当する・・・
    .    Vハ  |{  r';;_zj  f} ⌒{! r';;zリ /}, '//   
        ヽ ',  | ` ー―‐‐ '  、 `ー-- チ' /     
         `ヘ lヽ       _      厶 ./      
            ', {.代ト、          , イ | /       
           \_'i| > 、 _ , イ/ V l./        
            / ヽj       {`ヽ   ′       
    .    _ /  「´        ヽ} \         
    , -‐ ´     l‐--‐、 _ -‐ |   ` ー- 、     







    139 :111/415 [sage]:2008/06/26(木) 01:26:36.45 ID:8LBOpBko

           ,.  ´ ̄ ̄ ̄`  、_      
           / /          \    
         /  / /          ヽ ヽ   
        / / / / /    ヽ ヽ  、  '. ハ    マリア、
        / / / / /ト、 i    |   i  i  |   !   いったい、なんてことを!
      /,イi | ! | ! ヽ \  ト、 | i ! !   \  
      〃 || 「「><ヽ|\| \!_>v1ハイ  ト-ヽ この香油を売れば
    /   !ト、ト、! ̄ ̄`ヽ  f'〃 fr示 !  i !    どれだけの人の餓えを満たすことができるか
       〃トr 斗  //  |-、 !  r' ,イ rY 从    考えなかったのか!
      / レヘ|ヽ __,.ノ ; ヽ __ ̄_ jイノ〃   
          V ト、     _    乂 /レ'    
           ヽ! >  _ _,. イ!/ /       
            ヽレ'´ j    「メ、       
          _,. ':.:.:.:.:r- 、  -‐〉:.:.:.ヽ      
        r'「!:.:.:.:.:.:.:.:.:.L-  ―--!:.:.:.:.:.:.:.\    
        ∧:.!:!:.:.:.:.:.:.:.:.ヒ二二ニ」:.:.:.:.:.:.:.:.//>、  







    140 :以 下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします :2008/06/26 (木) 01:26:52.50 ID:d0w5j6.0
    しえん。

    え?あれ?
    イエスってこのころにはキリストっていう呼び名がついてたの?
    それって以前にも触れたっけ?
    あと、イエスも男だから、やっぱセクロスとかしてたんだよね?
    そういう情報無いけど






    143 :1 [sage]:2008/06/26(木) 01:34:01.76 ID:8LBOpBko
    >>140
    キリストと呼ばれるようになったのは、まだ後です

    キリストとは「救世主」のギリシャ語読みで、ヘブライ語では「メシア」

    ただし、これは諸説あります。
    福音書には、イエスが生前に、弟子たちに「メシア」と言われたときは
    否定しているようですが・・・


    イエスは性的にはかなり厳しい発言をしております

    「あなたがたも聞いているとおり、(神は)『姦淫するな』と命じられている。
     しかし、わたしは言っておく。
     みだらな思いで他人の妻を見る者はだれでも、
     既に心の中でその女を犯したのである。

     もし、右の目があなたをつまずかせるなら、えぐり出して捨ててしまいなさい。
     体の一部がなくなっても、全身が地獄に投げ込まれない方がましである。

     もし、右の手があなたをつまずかせるなら、切り取って捨ててしまいなさい。
     体の一部がなくなっても、全身が地獄に落ちない方がましである。」

    ユダヤの神様は自慰行為どころか膣外射精も許さないという
    精液の無駄づかいを禁じた恐るべき存在です

    くわしくは、次の二つの語句をググってください

    「オナン」 「割礼」

    そんな神様の教えを守っていたイエスが
    もし独身だったとしたら、性行為はしていなかったんじゃないでしょうか?

    生殖行為以外の性行為は許さないのが、ユダヤの神様です

    (独身でないという資料はどこにもありませんが)






    141 :112/415 [sage]:2008/06/26(木) 01:27:18.99 ID:8LBOpBko

                ____
             __,,/  _, ----`ヽ  :.
         :.  / _     ___   、\
           / /   i      \   \\ :.
         :. ,'./       i  ヽ:.   ヽ:.:.. ヽ.ヽ      
          ,'/    / .ハ ヽ ヽ:.:.:.:. ヽ::.. ヽヽ :.
         :. |i .i i  .i /  ヽ ト 、 \、:.:.:. ',:.',:.:.lヽ}     ・・・でも、やる夫先生のために
           |i .i l  :N_, -弋 \弌弋ナ:}:.:}       ずっととっておいたのです
        :. |i∧ ', :{ ,ィjモト \  イjミトイイV :.  
           .|  :メヽ.', `ozZ}      izN。ハ::{        今夜が、それを使う絶好の機会だと・・・
          :. |  :ヾ_! ゝ "゙゙    '  `゙ ハ.:', :.   
          |  :.:_イ .:.ヽ.   (二フ , イ :.:.:!:.ヽ    
       :.  / rィイ | :.:.ヽ: >r/`<ノ .:.::.}ヽ、\:.  
          / ∧l;l ! :.:.:.://{二 ̄ .} ..:..::リ//ハ.:\
     :.  / .{. ',ヾ、ヽi .:.:.{ /(^`  |.:.:.:.//: : :.}: . ヽ.:.
       / /  ) ヽ ヾ、ヽ:.ハ ヤ{   ∧/.-‐'": : |:.:. i ',
      ./ .,イ .:..} : :\ヾレ'ハ ∧__ノノハヾ、  : : : l:.:.: .ハ ',
      { /| .:.:ハ : : :i Y {ヾ`Yヽニン'ノ}: : } : : : :/:.:.:/ }:.}
      V | .:.:/:.:|_,ィ' ̄  ヽ三{ `ー-ノ : イ : : :/:.:i.:{  リ
        ヽ:.:{、.:.V     : : ヘ     : : {: : :/:.::∧|
         ヽ! )人    : : :人      : : : / \! :.
          "  ヽ : : : : :/イ{     :.ノ: : : :.\ :.
           :.  \__///: :\______/: : : : : : : ヽ







    144 :113/415 [sage]:2008/06/26(木) 01:34:38.70 ID:8LBOpBko

        /                  ヽ   
       /     ,     , '          ヽ  おまえのように後先のことを考えず
      / / / /  /  ,  /        ヽ     ! 感情に身を任せたところで何になる?
    ..〃/ / !  l   /  !  ! ヽ     |     ! 
     │ !  ! │ {  !   |   ヽ   ! !   !  | そんなことは信仰で示せばいい
      ! /{  {.   ト` ト、 |ヽ  !\ ,ム‐ハ|   }  l 
      レ !  iヽ !,,====ミ、\l ,,====ミ !   l  l ! なぜ、こんな高価な香油を使う必要がある?
        ヽ |.-ヽ!'<fえヶ.ll, - 、ll イkか>l  ,!、 ハl 
         /, ニヽト ゞ-' ノ   ヽ ゞ-' ,' / ノリ   このような自己満足に等しい行為が
       ,'/ニヾ 人     `_      / /リ´    飢えた人を満たす結果に勝るとでも思うのか!
       { /ニヽ ヽへ          ィ ハl     
        ヽ、ヽ   } | >   _ , ィ´/ノ-、     
        _,'    レ′_,-‐l     /  ヽ     
       __/ |    /、‐'/ /   , '      \   
      /    ─ '  } /へ、 /         \  







    145 :114/415 [sage]:2008/06/26(木) 01:35:13.15 ID:8LBOpBko

                           \
                           ヽ
                       ____ }
                   _, -‐ 二 -―‐- 、`ヽ、_
                 ィ=ー-、/        ヽ  `ヽ、
              , '´               \  \
             /       /       `ヽ   丶  ヽ
       , '⌒ /  /:  /   /! l       丶   ヽ   ',   ふえーーーん
       /  /// / /  / /  l  ヽ \     ハ    l   l
         〃 / l l  | l   ∨' ヽ ヽー-、   lヽ  l   l
    .      !l l  | |   j_{ _,ノ \  l\`ー弋ニ T l  j |   |
    .      !{ |  l l  l 乏≠ミ  \l  >fテ示ヾjl | ./ l  i l、
          ヽ ヽ .N ヽ l{i |ヘiii::l      lヘiii:::} i}| j∧リ.   i lヘ
              \ヽ j小 と)_;ソ      r'_;;(つ/ イノ    ヽjハ
                `ト ハ ゚:::::::.  '   .:::::゚ __/‐<ヘ     ヽ ヽ
               l: 八   (⌒¨¨⌒ヽ 〃´ ̄`ヽ、ム      \ヽ
               ノ  l> 、 ´ ̄ `´ /      `ヘ       ヾ',
                 /    l    {>ー <{        ∧  i     \
              l   /l    l    / l          / ∧ l        \
              |    l∧ ` ヽ _ /  l       // ヽ |ヽ、       ヽ







    146 :115/415 [sage]:2008/06/26(木) 01:35:50.40 ID:8LBOpBko

               ____       
            /      \      ユダよ
           /   ─   ─\    人の思いの強さは、お金にかえることはできない
         /     (●) (●) \   
         |       (__人__)    |   それに、これはしかるべき準備のために
         \      ` ⌒´   /   必要なことだったのだ
         _ノ           \  
                         


           ,.  ´ ̄ ̄ ̄`  、_      
           / /          \    
         /  / /          ヽ ヽ   
        / / / / /    ヽ ヽ  、  '. ハ   し、しかし
        / / / / /ト、 i    |   i  i  |   !  このようなことを認めてしまっては
      /,イi | ! | ! ヽ \  ト、 | i ! !   \ 教団の示しがつかないのでは?
      〃 || 「「><ヽ|\| \!_>v1ハイ  ト-ヽ
    /   !ト、ト、! ̄ ̄`ヽ  f'〃 fr示 !  i !   
       〃トr 斗  //  |-、 !  r' ,イ rY 从   
      / レヘ|ヽ __,.ノ ; ヽ __ ̄_ jイノ〃   
          V ト、     _    乂 /レ'    
           ヽ! >  _ _,. イ!/ /       
            ヽレ'´ j    「メ、       
          _,. ':.:.:.:.:r- 、  -‐〉:.:.:.ヽ      
        r'「!:.:.:.:.:.:.:.:.:.L-  ―--!:.:.:.:.:.:.:.\    
        ∧:.!:!:.:.:.:.:.:.:.:.ヒ二二ニ」:.:.:.:.:.:.:.:.//>、  







    147 :以 下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします :2008/06/26 (木) 01:36:55.12 ID:d0w5j6.0
       /⌒ヽ
      / ´_ゝ`)勉強になる…
      |    /
      と__)__) 旦






    149 :116/415 [sage]:2008/06/26(木) 01:38:23.71 ID:8LBOpBko

              , '´ ̄ ̄` ー-、     
            /   〃" `ヽ、 \    
           / /  ハ/     \ハヘ    ユダ!
           |i │ l |リ       }_}ハ    
           |i | 从 \    /l小N   お金のことで頭を悩ましているのはわかるけど
           |i (|  i ●    ● li|ノ    ベタニアのマリアさんの献身的な行為を責めるのは
           |  i ⊂⊃ 、_,、_, ⊂ノi|     間違っているにょろ!
           |  l  x>、 __, イl |    
           |  lくミヽ::::ヘ三l:::::ノl lヽ   
           |  l( ⌒ )..::::V::/ ( ⌒ )  


    .  /                ヽ    \  \  
     ,'     /  /            l    \  ヽ 
     !     /  /     /  ,'    |  l   ハ  ヘ、 
    . | !   l   l     /  /   ,イ !   i   ! l ヽ ', 
    . l |   l   l  ,/  〃 ,/   /│ l  j   l│  ! l ・・・・・・・・・・・・
    ノ | ! │   | /_// //  / ,' ∧ / |  / j   l│ 
     ノ l ァ|   |尢/‐=乞t/ / /∠ニ「厂! / ,/  / リ
    _イ 八{´l  !レ<f{矛:下 'ヽ _〃イ孑代勹 イ } /   
    .    Vハ  |{  r';;_zj  f} ⌒{! r';;zリ /}, '//   
        ヽ ',  | ` ー―‐‐ '  、 `ー-- チ' /     
         `ヘ lヽ       _      厶 ./      
            ', {.代ト、          , イ | /       
           \_'i| > 、 _ , イ/ V l./        
            / ヽj       {`ヽ   ′       
    .    _ /  「´        ヽ} \         
    , -‐ ´     l‐--‐、 _ -‐ |   ` ー- 、     







    150 :以 下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]: 2008/06/26(木) 01:38:26.37 ID:eN3HOpAo
    なんだか最近はユダに凄く共感できるようになってきた






    156 :1 [sage]:2008/06/26(木) 01:42:18.96 ID:8LBOpBko
    >>150
    ユダに共感してしまうと、この後で悲惨な展開が!!!

    まあ、新約聖書では、ユダの人間性を知る記述はほとんどないので
    好き勝手やっております

    聖書どおり書くならば「ユダに悪魔が入って、イエスを裏切った、以上!」となりますww






    151 :117/415 [sage]:2008/06/26(木) 01:38:58.34 ID:8LBOpBko

         ____       
       /      \      
      /  _ノ  ヽ__\     ・・・・・・
    /    (●)  (●) \.   
    |       (__人__)    |   ユダ、おまえが感情を乱している理由は知っている
    \      ` ⌒´   /.   
    _ノ           \   


       / ̄ ̄ ̄\      
      /        \    食事のあと、やる夫はゲッセマネ(*)に行く
    /::::::::::::::       \   
    |::::::::::::::::::::        |.  だから、ユダはユダのやりたいことをすればいい
    \::::::::::::::::::::     /   
    /::::::::::::::::::::::::::     \   
                    

    --------------------------------------------------------------
    【ゲッセマネ】 オリーブ山の斜面にある園
    --------------------------------------------------------------







    152 :118/415 [sage]:2008/06/26(木) 01:39:35.54 ID:8LBOpBko

        /                  ヽ   
       /     ,     , '          ヽ  
      / / / /  /  ,  /        ヽ     ! 
    ..〃/ / !  l   /  !  ! ヽ     |     !  ・・・・・・
     │ !  ! │ {  !   |   ヽ   ! !   !  | 
      ! /{  {.   ト` ト、 |ヽ  !\ ,ム‐ハ|   }  l  本当に、いいのですか?
      レ !  iヽ !,,====ミ、\l ,,====ミ !   l  l ! 
        ヽ |.-ヽ!'<fえヶ.ll, - 、ll イkか>l  ,!、 ハl 
         /, ニヽト ゞ-' ノ   ヽ ゞ-' ,' / ノリ  
       ,'/ニヾ 人     `_      / /リ´    
       { /ニヽ ヽへ          ィ ハl     
        ヽ、ヽ   } | >   _ , ィ´/ノ-、     
        _,'    レ′_,-‐l     /  ヽ     
       __/ |    /、‐'/ /   , '      \   
      /    ─ '  } /へ、 /         \  


                ____       
             /      \      
            /   ─   ─\    ・・・・・・・・・
          /     (●) (●) \   
          |       (__人__)    |   
          \      ` ⌒´   /   
          _ノ           \  
                          






    153 :119/415 [sage]:2008/06/26(木) 01:40:07.94 ID:8LBOpBko

          , -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
         / :/" `ヽ ヽ  \   
        /  /     ヽ ヽ..  ヽ   あれ? ユダが出ていくにょろ
        l  { l ,    ー-j从:ヽ.. ヽ 
        | i ル{レ'     ●` li! ト、 ', それにしても
       /⌒)i"●     ⊂l| ||ノ l 「やりたいことをやれ」ってどういうことにょろ?
      /   yi ヘ⊃   ,__,   l| |   l
      (  /ス、,ゝ、_ `´   ィ<| |   l


          / ̄\
          |    |       うーん、ユダに思いどおりに施しをしろ、ということじゃないか
          \_/
            |          おそらく、ユダは教団の資金を必死でやりくりしていたんだろう
        /  ̄  ̄ \     
       /  ⌒  ⌒  \    だから、向こう見ずなマリアの行為に腹を立てたんじゃないかな?
     /  .<●>::::::<●>  \  
     |    (__人__)     |  でも、お金と良心との間で苦しむぐらいだったら
     \    ` ⌒´    /  善行をした方が良いとやる夫先生は伝えたかったんだよ
      / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ \  
                     ユダも口調は厳しいやつだけど
                     俺たちと一緒に苦難に耐えた、良心の強い仲間だからさ
                     
                     (・・・しかし、今回の俺のセリフ、これだけかよ)







    154 :以 下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします :2008/06/26 (木) 01:40:38.27 ID:9rM/P8.0
    さすがワゴン組wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww






    157 :1 [sage]:2008/06/26(木) 01:43:22.73 ID:8LBOpBko
    >>154
    たまたま、セリフが一つあまったので、
    第一章の序盤から大活躍(?)のオプ○ナさんに
    今回も出てもらうことになりましたww






    158 :120/415 [sage]:2008/06/26(木) 01:43:57.01 ID:8LBOpBko

         -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、    
       / /" `ヽ ヽ  \  
      //, '/     ヽハ  、 ヽ  (確かに、そう言われてみれば、つじつまがあう
     〃 {_{       リ| l.│ i|  
     レ!小lノ    `ヽ 从 |、i|   でも、もう夜になったというのに
      ヽ|l --   --  | .|ノ│   施しに行くなんて、おかしいけれど)
      .|ヘ⊃ 、_,、_,⊂⊃j  | , |  
       | /⌒l,、 __, イァト |/ |  
    .  | /  /::|三/:://  ヽ |  
      | |  l ヾ∨:::/ ヒ::::彡, |  







    159 :121/415 [sage]:2008/06/26(木) 01:44:26.35 ID:8LBOpBko
      
            ____      
          / ⌒  ⌒\     
        / (●)  (●)\ .    ほら、ペテロ、食事の用意ができてるみたいだお
      /   ⌒(__人__)⌒ \.  
      |      |r┬-|     |.   では、神に感謝の祈りを捧げて、食べるんだお
      \     `ー'´    /  
      _ノ           \  


             -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、  
            / /" `ヽ ヽ  \  
         //, '/     ヽハ  、 ヽ   はい、わかりました
         〃 {_{\    /リ| l │ i|   
         レ!小l●    ● 从 |、i|   では、皆さんご一緒に!
          ヽ|l⊃ 、_,、_, ⊂⊃ |ノ│  
    .  /⌒ヽ__|ヘ   ゝ._)   j /⌒i !   
      \ /:::::| l>,、 __, イァ/  /│   
    .    /:::::/| | ヾ:::|三/::{ヘ、__∧ |   
       `ヽ< | |  ヾ∨:::/ヾ:::彡' |   







    160 :122/415 [sage]:2008/06/26(木) 01:44:51.26 ID:8LBOpBko

             -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、  
            / /" `ヽ ヽ  \     天にまします我らの父よ
         //, '/     ヽハ  、 ヽ   
         〃 {_{\    /リ| l │ i|   願わくは
         レ!小l--    -- 从 |、i|   
          ヽ|l⊃ 、_,、_, ⊂⊃ |ノ│   み名をあがめさせたまえ
    .  /⌒ヽ__|ヘ   ゝ._)   j /⌒i !   
      \ /:::::| l>,、 __, イァ/  /│   み国を来たらせたまえ
    .    /:::::/| | ヾ:::|三/::{ヘ、__∧ |   
       `ヽ< | |  ヾ∨:::/ヾ:::彡' |   み心の天に成る如く地にもなさせたまえ
                          
                          我らの日用の糧を今日も与えたまえ
                          
                          我らに罪を犯す者を
                          我らが赦す如く我らの罪をも赦したまえ
                          
                          我らを試みに遭わせず悪より救い出したまえ
                          
                          国と力と栄えとは限りなく汝のものなればなり
                          
                          アーメン







    161 :123/415 [sage]:2008/06/26(木) 01:45:34.23 ID:8LBOpBko

    ===========================================================================
                4-4. 最後の晩餐 (まとめ)
    ===========================================================================

    レオナルド・ダ・ヴィンチの絵で有名な「最後の晩餐」だが、福音書によってその経緯は異なる

    この物語は「ヨハネ福音書」での記述を中心に描いているが、
    ベタニアのマリアがナルドの純油をイエスの足にかけたのは
    「最後の晩餐」とは違う日である(ヨハネ伝12章、マルコ伝14章など)

    イスカリオテのユダの心境をわかりやすく伝えるため、
    あえて聖書の記述に反していることをご理解いただきたい

    なお、ベタニアのマリアの行為を叱責したのは、ヨハネ福音書以外では
    「弟子たち」と曖昧に書かれている

    そのため、イエスの裏切りはイスカリオテのユダの単独行動ではなく、
    ユダを中心としたグループが、教団で結成されていて
    イエスと対立した結果、教団を離れたとも考えられる

    (だが、そのグループは、その後の原始キリスト教団の歴史で出てくることはない)


    ベタニアのマリアについて、6世紀末のローマ教皇グレゴリウス一世は
    マグダラのマリアと同一人物であるとした

    福音書をどう読んでも、マグダラのマリアとベタニアのマリアが同じとは考えにくいが、
    カトリックの正統な見解には、このような聖書の独自解釈が多く含まれている







    162 :124/415 [sage]:2008/06/26(木) 01:47:54.77 ID:8LBOpBko

    最後のペテロの祈りは、キリスト教でもっとも有名な「主の祈り」である

    口語訳は次の通り

    「天におられるわたしたちの父よ、
     み名が聖とされますように。
     み国が来ますように。
     みこころが天に行われるとおり地にも行われますように。
     わたしたちの日ごとの糧を今日もお与えください。
     わたしたちの罪をおゆるしください。わたしたちも人をゆるします。
     わたしたちを誘惑におちいらせず、
     悪からお救いください。
     国と力と栄光は、永遠にあなたのものです。
     アーメン 」

    英文は次の通り

    「Our Father in heaven,
     hallowed be your Name,
     your kingdom come,
     your Will be done on earth as in hearven.
     Give us today our daily bread.
     Forgive us our sins as we forgive those who sin against us.
     Lead us not into the temptation,
     but deliver us from evil For the kingdom,
     the power, and the glory are yours now and forever.
     Amen」

    キリスト教の信者でなくとも、この英語は暗記しておくと、役立つときがくるだろう

    (なお、この祈りが「ナザレのイエス」の生前に成立したかどうかは定かではない)







    155 :以 下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]: 2008/06/26(木) 01:41:06.61 ID:eN3HOpAo
    >>1さん。ちょくちょく詳しいレスありがと うございますm(_ _)m
    今日は最後までお付き合いさせていただきますので
    がんばってください!






    163 :1 [sage]:2008/06/26(木) 01:49:18.76 ID:8LBOpBko
    >>155
    まだ半分も行っていないのですが・・・

    あまり敷居は高くしたくないのですが
    ある程度の論証がないと、信用されないと思って
    かなり文章量が多く
    理解しづらいところもあると思います

    つっこみたくてたまらないときは、どうぞお願いします






    164 :125/415 [sage]:2008/06/26(木) 01:49:52.23 ID:8LBOpBko

    ─────────────────────────────
                4-5. ゲッセマネでの捕縛
    ─────────────────────────────


            ,. -───- 、
           /'´       `ヽ、   
            シ~ /" `ヽ ヽ `'、 ト、  やる夫先生、
         //, '/     ヽハ  、_Vヽ  今夜のベッドは
         〃 {_{ノ    `ヽ | l |、,i|   用意されていたのに
         レ!小l●    ● 从 | } i|   どうして、こんなところで野宿するんですか?
         ヽ|l⊃ 、_,、_,   ⊂⊃jノ}j|   
     r‐‐-、__|ヘ  ゝ._)   /|  ! |  
    _{ (` /:::::| l>,、 __, イァ_i  ||  
      "ヽ /:::::/| | ヾ:::|三/ / //ァ||  
          ヽ< | |  ヾ∨_:/ // ハ||  







    165 :126/415 [sage]:2008/06/26(木) 01:50:30.30 ID:8LBOpBko

               ____        
            /      \      
           /   ─   ─\     みんなに迷惑をかけるわけにはいかないんだお
         /     (●) (●) \   
         |       (__人__)    |   それよりもペテロにお願いがあるんだお
         \      ` ⌒´   /   
         _ノ           \  


             -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、  
            / /" `ヽ ヽ  \  
         //, '/     ヽハ  、 ヽ   なんですか?
         〃 {_{\    /リ| l │ i|   
         レ!小l●    ● 从 |、i|   何なりとお申し付けくださいにょろ
          ヽ|l⊃ 、_,、_, ⊂⊃ |ノ│  
    .  /⌒ヽ__|ヘ   ゝ._)   j /⌒i !   
      \ /:::::| l>,、 __, イァ/  /│   
    .    /:::::/| | ヾ:::|三/::{ヘ、__∧ |   
       `ヽ< | |  ヾ∨:::/ヾ:::彡' |   







    166 :127/415 [sage]:2008/06/26(木) 01:50:59.08 ID:8LBOpBko

              ____      
            / \  /\      これから、やる夫は一人で祈ってくる
          / (ー)  (ー)\ .  
        /   ⌒(__人__)⌒ \.  ペテロはここにいて
        |      |r┬-|     |.  一緒に祈ってほしいんだお
        \     `ー'´    /  
        _ノ           \   決して眠ってはいけないお!

       
             , '´ ̄ ̄` ー-、     
           /   〃" `ヽ、 \    
          / /  ハ/     \ハヘ   
          |i │ l |リ       }_}ハ  はい、わかりました!
          |i | 从 \    /l小N  
          |i (|  i ●    ● li|ノ  
          |  i ⊂⊃ 、_,、_, ⊂ノi|    
          |  l  x>、 __, イl |    
          |  lくミヽ::::ヘ三l:::::ノl lヽ   
          |  l( ⌒ )..::::V::/ ( ⌒ )  







    167 :128/415 [sage]:2008/06/26(木) 01:51:27.67 ID:8LBOpBko

            -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、    
          / /" `ヽ ヽ  \   ・・・・・・・・・・・・
        //, '/     ヽハ  、 ヽ 
        〃 {_{       リ| l.│ i| (一緒に祈れ、と言われたけれど、
        レ!小lノ    `ヽ 从 |、i|  私は何を祈ればいいのだろう
         ヽ|l --   --  | .|ノ│   
         |ヘ⊃ 、_,、_,⊂⊃j  | , |  やる夫先生の教団がもっと勢力を増して
         | /⌒l,、 __, イァト |/ |   一人でも多くの人に信者になってもらうことを
         | /  /::|三/:://  ヽ |   祈ればいいのだろうか
        | |  l ヾ∨:::/ ヒ::::彡, |   
                        そして、ユダヤ衆議会ですら
                        やる夫先生に教えを乞うようになって
                        ユダヤの民がやる夫先生のもとに団結することを・・・)







    168 :129/415 [sage]:2008/06/26(木) 01:52:00.51 ID:8LBOpBko

          -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、     
      / /" `ヽ ヽ  \    (やる夫先生の説く
     //, '/     ヽハ  、 ヽ    「神の国」で「永遠の命」を得るための福音は
     〃 {_\    /リ| l │ i|    やがて、すべてのユダヤの民が信じるようになるだろう
     レ!小l--    -- 从 |、i|   
      ヽ|l⊃ 、_,、_, ⊂⊃ |ノ|    私は確信している
       |ヘ   ゝ._)   j.  | , |    やる夫先生には必ずや、神様が味方をしてくれる!
       | /⌒l,、 __, .イァト|/ |  
       | /  /::|三/:://  ヽ |    まちがいなく、やる夫先生はヨハネ先生よりも偉大な方
       | |  l ヾ∨:::/ ヒ::::彡, |   神様の栄光を、やる夫先生が受ける日は遠くないはずだ

                       やる夫先生に従ったことで報われる日が近づきつつある
                      
                       こんな野宿をしていたことも、
                       数年後には笑い話になるに違いない)







    169 :130/415 [sage]:2008/06/26(木) 01:52:36.09 ID:8LBOpBko

             -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、      (そして、ローマ帝国にも対抗できる強さを
            / /" `ヽ ヽ  \      ユダヤの民は持つことができるだろう
         //, '/     ヽハ  、 ヽ   
         〃 {_{\    /リ| l │ i|    やる夫先生の教えのもとに、人々は結集して
         レ!小l--    -- 从 |、i|    ローマ帝国のいいなりにならない強い国家ができるのだ
          ヽ|l⊃ 、_,、_, ⊂⊃ |ノ│  
    .  /⌒ヽ__|ヘ   ゝ._)   j /⌒i !    そうすれば、やる夫先生は
      \ /:::::| l>,、 __, イァ/  /│    かの偉大なダビデ王やソロモン王とともに
    .    /:::::/| | ヾ:::|三/::{ヘ、__∧ |    歴史に名を残す存在となる
       `ヽ< | |  ヾ∨:::/ヾ:::彡' |   
                           そのときは、私だって、
                           やる夫先生の一番弟子として・・・・)


              -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
             / /" `ヽ ヽ  \
          //, '/     ヽハ  、 ヽ    ・・・・・・・・・・・
          〃 {_{ノ    `ヽリ| l │ i|
          レ!小ll--    --从 |、i|    Zzzzzzzz
           ヽ|l⊃     ⊂⊃ |ノ│
       /⌒ヽ__|ヘ    ¬   j /⌒i !
       \ /:::::| l>,、 __, イァ/  /│
    .     /:::::/| | ヾ:::|三/::{ヘ、__∧ |
        `ヽ< | |  ヾ∨:::/ヾ:::彡' |







    170 :132/415 [sage]:2008/06/26(木) 01:53:04.05 ID:8LBOpBko

              ____       
            /      \      ・・・ペテロ
           /  _ノ  ヽ__\    
         /    (─)  (─) \.   どうして眠っているのだ?
         |       (__人__)    |   
         \      ` ⌒´   /.   やる夫は「起きて一緒に祈ってくれ」と言ったはずだ
         _ノ           \   


       _l      -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
       \   / /" `ヽ ヽ  \
       <  //, '/     ヽハ  、 ヽ
       / 〃 {_{ノ    `ヽリ| l │ i|  ・・・・・こ、これは!
          レ!小l●    ● 从 |、i|   
           ヽ|l⊃ 、_,、_, ⊂⊃ |ノ| ペテロ、一生の不覚にょろ!
           |ヘ   ゝ._)   j.  | , |
           | /⌒l,、 __, .イァト|/ |  そんなつもりはなかったのですにょろ!
    .       | /  /::|三/:://  ヽ |
           | |  l ヾ∨:::/ ヒ::::彡, |  






    171 :133/415 [sage]:2008/06/26(木) 01:53:39.18 ID:8LBOpBko

       \      ザッ      ザッ        /
        \ ザッ     ザッ     ザッ   /

            -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
         / /" `ヽ ヽ  \   
        //, '/     ヽハ  、 ヽ  そ、それにしても
        〃 {_{    U  リ| l.│ i|   この音は何ですかにょろ?
        レ!小l\    / 从 |、i|  
         ヽ|l ○   ○u | .|ノ│  大勢の人の足音が聞こえてくるのですが
          |ヘ⊃ 、_,、_,⊂⊃j  | , |  
         | /⌒l __, イァト |/ |  
    .     | /  /::|三/:://  ヽ |   
         | |  l ヾ∨:::/ ヒ::::彡, |   


               ____        
            /      \      
           /   ─   ─\     ・・・・いよいよ、「彼ら」が来たようだ
         /     (●) (●) \   
         |       (__人__)    |   
         \      ` ⌒´   /   
         _ノ           \  







    172 :以 下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]: 2008/06/26(木) 01:54:00.66 ID:eN3HOpAo
    >>168
    さすが信仰の岩(?)とよばれるだけありますなww






    173 :134/415 [sage]:2008/06/26(木) 01:54:07.28 ID:8LBOpBko

            ザッ        ザッ      ザッ      ザッ       
                  ザッ     ザッ     ザッ   

                    ,. ー- 、 ,. ー- 、,. ー- 、,. ー- 、.ー- 、 ,. ー- 、   
                 / ̄ ヽ,   / ̄ ヽ,   / ̄ ヽ, ̄ ヽ, / ̄ ヽ
           / ̄ ヽ,   / ̄ ヽ,   / ̄ ヽ, ̄ ヽ, / ̄ ヽ, / ̄ ヽ
         / ̄ ̄ ヽ,   / ̄ ̄ ヽ,   / ̄ ̄ ヽ, ̄ ̄ ヽ, / ̄ ̄ ヽ,  ',    
        /    / ̄ ̄ ヽ,.   / ̄ ̄ ヽ,   / ̄ ̄ ヽ, ̄ ̄ ヽ, / ̄ ̄ ヽ,
        {0}  /'/        ',./'/        ',/'/        ',.     /        ',
        l   ヽ{0}  /¨`ヽ {0}, {0}  /¨`ヽ {0}',.{0}  /¨`ヽ {0} /¨`ヽ{{0}  /¨`ヽ {0}', 
        |    l   ヽ._.ノ   l i   トェェェイ   l.l   ヽ._.ノ   ',ヽ._ノ l///トェェェイ/// ',
    .  /´   リ   `ー'′  ヽ   `ー'′  リ   `ー'′   !.ー′!   `ー'′   !
         /´           `\    /´          `\/          `\







    179 :以 下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします :2008/06/26 (木) 01:58:25.50 ID:9rM/P8.0
    ジュウシマツwwwwwwwwwwwwwwww
    仏教徒かwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww






    181 :1 [sage]:2008/06/26(木) 01:59:41.14 ID:8LBOpBko
    >>179
    なぜかサンヘドリン(ユダヤ衆議会)の連中が
    ジュウシマツ和尚なのかは、ご愛敬願います

    (とあるAAを使いたかったゆえ)






    174 :135/415 [sage]:2008/06/26(木) 01:55:33.40 ID:8LBOpBko

                 -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、   っ っ
                 / /" `ヽ ヽ  \   っ っ っ
             //, '/     ヽハ  、 ヽ  っ っ っ
             〃 {_{\    /リ| l │ i|
             レ!小l●    ● 从 |、i|   にょ、にょろ~
              ヽ|l⊃ 、_,、_, ⊂⊃ |ノ│  
            /⌒ヽ__|ヘ   ゝ._)   j /⌒i !   ユダヤ衆議会の連中が
          \ /:::::| l>,、 __, イァ/  /│  やる夫先生を捕まえに来たみたいにょろ!
    .        /:::::/| | ヾ:::|三/::{ヘ、__∧ |  
           `ヽ< | |  ヾ∨:::/ヾ:::彡' |


               , '´ ̄ ̄` ー-、     
             /   〃" `ヽ、 \    
            / /  ハ/     \ハヘ   こうはしておられないにょろ!
            |i │ l |リ       }_}ハ  
            |i | 从 \    /l小N  このペテロ
            |i (|  i ●    ● li|ノ   命に代えても、やる夫先生を守ってみせるにょろ!
            |  i ⊂⊃ 、_,、_, ⊂ノi|    
            |  l  x>、 __, イl |    
            |  lくミヽ::::ヘ三l:::::ノl lヽ   
            |  l( ⌒ )..::::V::/ ( ⌒ )  







    175 :136/415 [sage]:2008/06/26(木) 01:56:02.73 ID:8LBOpBko

           ,.  ´ ̄ ̄ ̄`  、_      
           / /          \     
         /  / /          ヽ ヽ    
        / / / / /    ヽ ヽ  、  '. ハ   
        / / / / /ト、 i    |   i  i  |   !   ・・・・・・・・。
      /,イi | ! | ! ヽ \  ト、 | i ! !   \  
      〃 || 「「><ヽ|\| \!_>v1ハイ  ト-ヽ 
    /   !ト、ト、! ̄ ̄`ヽ  f'〃 fr示 !  i !   
       〃トr 斗  //  |-、 !  r' ,イ rY 从   
      / レヘ|ヽ __,.ノ ; ヽ __ ̄_ jイノ〃    
          V ト、     _    乂 /レ'    
           ヽ! >  _ _,. イ!/ /       .
            ヽレ'´ j    「メ、       
          _,. ':.:.:.:.:r- 、  -‐〉:.:.:.ヽ      
        r'「!:.:.:.:.:.:.:.:.:.L-  ―--!:.:.:.:.:.:.:.\    
        ∧:.!:!:.:.:.:.:.:.:.:.ヒ二二ニ」:.:.:.:.:.:.:.:.//>、  







    176 :以 下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]: 2008/06/26(木) 01:56:37.10 ID:r9BHTXk0
    人間臭いというか、単純というか、
    ペテロはちゅるやさんのキャラに見事マッチしてるなww






    190 :1 [sage]:2008/06/26(木) 02:05:48.73 ID:8LBOpBko
    >>172
    >>176

    当初は、やる夫とちゅるやペテロが良いコンビだったのですが、
    さすがに、やる夫を成長させないとどうにもならないので
    ちゅるやペテロに人間くささが目立っている感じです

    まあ「ペテロの否認」など、いろんな場面を考慮したうえで
    最初からペテロはちゅるやさんしかいない、と思っていたのですが






    177 :137/415 [sage]:2008/06/26(木) 01:57:25.43 ID:8LBOpBko

            -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
         / /" `ヽ ヽ  \   
        //, '/     ヽハ  、 ヽ  
        〃 {_{    U  リ| l.│ i|   ユダ?
        レ!小l\    / 从 |、i|  
         ヽ|l ○   ○u | .|ノ│  ユダがなんでユダヤ衆議会の連中と一緒に??
          |ヘ⊃ 、_,、_,⊂⊃j  | , |  
         | /⌒l __, イァト |/ |  
    .     | /  /::|三/:://  ヽ |  
         | |  l ヾ∨:::/ ヒ::::彡, |  







    178 :138/415 [sage]:2008/06/26(木) 01:58:06.04 ID:8LBOpBko

              ____       
            /\  /\     
           /( ●)  (●)\    ナザレのやる夫はここにいるお
         /   ⌒(__人__)⌒  \   
         |      |r┬-|       |   みんな、剣を鞘におさめるんだお!
         \    `ー'´     /  
         _ノ           \  


              -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
             / /" `ヽ ヽ  \   えーと、これは
          //, '/     ヽハ  、 ヽ  どういうことにょろ??
          〃 {_{ノ    `ヽリ| l │ i|  
          レ!小l○   ○ 从 |、i|  やる夫先生が、捕まることになって
           ヽ|lij       |ノ |ノ│  ユダがあっちの方にいて
        /⌒ヽ__|ヘ  Д    j /⌒i !  
       \ /:::::| l>,、 __, イァ/  /│ ということは、ユダが裏切ったとか
    .     /:::::/| | ヾ:::|三/::{ヘ、__∧ |  でも、まさかユダが・・・・
        `ヽ< | |  ヾ∨:::/ヾ:::彡' |  







    180 :139/415 [sage]:2008/06/26(木) 01:58:43.93 ID:8LBOpBko

                ____        
             /      \      
            /   \   /\     ペテロ!
          /     (●) (●) \    急いでここを離れるんだ!
          |       (__人__)    |   
          \      ` ⌒´   /   
          _ノ           \  


               -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
             / /" `ヽ ヽ  \
           //, '/   U ヽハ  、 ヽ
           〃 {_{\u   /リ| l │ i|  にょ、にょろ~
           レ!小l○    ○u从 |、i|
            ヽ|l⊃ 、_,、_, ⊂⊃ |ノ│  皆の者!
        /⌒ヽ__|ヘ   ゝ._)   j /⌒i !
        \ /:::::| l>,、 __, イァ/  /│  戦略的転進だにょろ!!
      .    /:::::/| | ヾ:::|三/::{ヘ、__∧ |
         `ヽ< | |  ヾ∨:::/ヾ:::彡'   







    182 :140/415 [sage]:2008/06/26(木) 02:00:13.00 ID:8LBOpBko

    .  /                ヽ    \  \    
     ,'     /  /            l    \  ヽ   
     !     /  /     /  ,'    |  l   ハ  ヘ、   
    . | !   l   l     /  /   ,イ !   i   ! l ヽ ',  ・・・・・・・・・・・・・
    . l |   l   l  ,/  〃 ,/   /│ l  j   l│  ! l .
    ノ | ! │   | /_// //  / ,' ∧ / |  / j   l│ (あっさり捕まえることができた
     ノ l ァ|   |尢/‐=乞t/ / /∠ニ「厂! / ,/  / リ  
    _イ 八{´l  !レ<f{矛:下 'ヽ _〃イ孑代勹 イ } /     流血があるかと恐れていたのだが
    .    Vハ  |{  r';;_zj  f} ⌒{! r';;zリ /}, '//      この人は、
        ヽ ',  | ` ー―‐‐ '  、 `ー-- チ' /        犠牲者を一人も出さなかった・・・)
         `ヘ lヽ       _      厶 ./        
            ', {.代ト、          , イ | /        
           \_'i| > 、 _ , イ/ V l./        ...
            / ヽj       {`ヽ   ′         
    .    _ /  「´        ヽ} \          
    , -‐ ´     l‐--‐、 _ -‐ |   ` ー- 、      .







    183 :141/415 [sage]:2008/06/26(木) 02:00:41.65 ID:8LBOpBko

                ____       
              /      \      
             /  _ノ  ヽ__\     ・・・・ユダよ
           /    (●)  (●) \.   
           |       (__人__)    |   どうして、みずからの限界に気づかなかったのだ?
           \      ` ⌒´   /.   
           _ノ           \   言っただろう、幼子のような心を持て、と







    184 :142/415 [sage]:2008/06/26(木) 02:01:09.19 ID:8LBOpBko

        /                  ヽ     
       /     ,     , '          ヽ   
      / / / /  /  ,  /        ヽ     !  
    ..〃/ / !  l   /  !  ! ヽ     |     !   
     │ !  ! │ {  !   |   ヽ   ! !   !  |  
      ! /{  {.   ト` ト、 |ヽ  !\ ,ム‐ハ|   }  l  
      レ !  iヽ !,,====ミ、\l ,,====ミ !   l  l !   ・・・・・・・!
        ヽ |.-ヽ!'<fえヶ.ll, - 、ll イkか>l  ,!、 ハl  
         /, ニヽト ゞ-' ノ   ヽ ゞ-' ,' / ノリ    
       ,'/ニヾ 人     `_      / /リ´     
       { /ニヽ ヽへ          ィ ハl      
        ヽ、ヽ   } | >   _ , ィ´/ノ-、      ..
        _,'    レ′_,-‐l     /  ヽ      
       __/ |    /、‐'/ /   , '      \    
      /    ─ '  } /へ、 /         \   







    185 :143/415 [sage]:2008/06/26(木) 02:01:34.02 ID:8LBOpBko

         /:.:.:_:.:.:.:.:.ヽ:.:.:.:.:.l:.:.〉:/:リ:ヽ、 
         ノ:.'´_:._`:.、:.;、ヽ:.:./:/:/'ノ:.:.:.:.i 
        ノ:´:.:.:,:/:rゝ/;tYl:Vム;.Y、ー':.ヽ;!  
    .   l:.:,r:'´Y/   l:l ``′ ';.l ヽト:.:.:.:' では、ユダさん
    .   )k/:./l;'.__  l:!     リ ._リ';.`Y  やる夫を連れて行きましょう
    .   〉-;.:'l l∠ニ'==ァ   、==ニゞ-!  
    .   l 'Y';.l.}. ´i┬r ヽ  ''~Tユ~` リ  
    .   ヽ.ヽヽ ゙ ` ̄'"   l  ` ̄ l,ノ   
    .     `';Y'      l,    j´   
    .     ,.rハi           ;    
        /: ヽヽ.  ー===-  /     
    .  /:ヽ: : ヽ \   ー‐ ,イ      
     /: : : : ヽ: : :, ヽ、__/ 人     







    186 :144/415 [sage]:2008/06/26(木) 02:02:01.66 ID:8LBOpBko

           ,.  ´ ̄ ̄ ̄`  、_      
           / /          \     
         /  / /          ヽ ヽ    
        / / / / /    ヽ ヽ  、  '. ハ   (・・・今のやる夫先生の言葉は何?
        / / / / /ト、 i    |   i  i  |   !   
      /,イi | ! | ! ヽ \  ト、 | i ! !   \   私の計画のために協力しながらも
      〃 || 「「><ヽ|\| \!_>v1ハイ  ト-ヽ  あんなことを言うなんて・・・
    /   !ト、ト、! ̄ ̄`ヽ  f'〃 fr示 !  i !   
       〃トr 斗  //  |-、 !  r' ,イ rY 从    みずからの限界?
      / レヘ|ヽ __,.ノ ; ヽ __ ̄_ jイノ〃    
          V ト、     _    乂 /レ'      いったい、どういうことなのだ?)
           ヽ! >  _ _,. イ!/ /       .
            ヽレ'´ j    「メ、       
          _,. ':.:.:.:.:r- 、  -‐〉:.:.:.ヽ      
        r'「!:.:.:.:.:.:.:.:.:.L-  ―--!:.:.:.:.:.:.:.\    
        ∧:.!:!:.:.:.:.:.:.:.:.ヒ二二ニ」:.:.:.:.:.:.:.:.//>、  







    187 :145/415 [sage]:2008/06/26(木) 02:02:48.48 ID:8LBOpBko

    ===========================================================================
                4-5. ゲッセマネでの捕縛 (まとめ)
    ===========================================================================

    「ヨハネ福音書」以外では、イスカリオテのユダは「接吻により」師イエスを裏切ったとされる

    以下、マタイ福音書26:46-50

     「立て、行こう。見よ、わたしを裏切る者が来た。」
     イエスがまだ話しておられると、十二使徒の一人であるユダがやって来た。
     祭司長たちや民の長老たちの遣わした大勢の群衆も、剣や棒を持って一緒に来た。
     イエスを裏切ろうとしていたユダは、「わたしが接吻するのがその人だ。それを捕まえろ」と、
     前もって合図を決めていた。
     ユダはすぐイエスに近寄り、「先生、こんばんは」と言って接吻した。
     イエスは、「友よ、しようとしていることをするがよい」と言われた。
     すると人々は進み寄り、イエスに手をかけて捕らえた。

    以下、ヨハネ福音書18:3-5

     ユダは、一隊の兵士と祭司長たちやファリサイ派の人々の遣わした下役たちを引き連れて、
     そこにやって来た。松明やともし火や武器を手にしていた。
     イエスは御自分の身に起こることを何もかも知っておられ、進み出て、
     「だれを捜しているのか」と言われた。
     彼らが「ナザレのイエスだ」と答えると、イエスは「わたしである」と言われた。
     イエスを裏切ろうとしていたユダも彼らと一緒にいた。

    「主よ、安からなれ」とキスをしてユダを裏切ったという描写は、受難物語の幕開けとなる劇的な場面だが
    この物語では、諸般の事情により、ヨハネ福音書の描写を取り入れた







    188 :146/415 [sage]:2008/06/26(木) 02:03:24.86 ID:8LBOpBko

    福音書では、その後、イエスの弟子の一人が剣で祭司長の奴隷の耳を切り落としたとある
    (ヨハネ福音書では「シモン・ペテロ」による行為だと特定している)

    しかし、すぐに、弟子たちは、イエスを見捨てて、逃げ去った

    この描写と以降の裁判の経緯から、イエスが武力闘争をたくらんでいたと考える説もある
    しかし、イエスの教えは暴力を否定したものであり、そのようなことは考えにくい
    むしろ、弟子たちがユダの裏切りを微塵も予想せず
    混乱状態に陥っていたことをこの場面から読み取るべきであろう

    (余談だが、サウロ役に抜擢した谷口の当初の配役は、
     ペテロに耳を切り落とされた奴隷マルコスであった)


    また、捕縛の直前のイエスの「ゲッセマネでの祈り」の描写は有名である

     イエスは苦しみもだえ、いよいよ切に祈られた。汗が血の滴るように地面に落ちた。
                                             ルカ福音書22:44

    だが、なぜ、イエスが一人で神に祈った様子を、聖書作家が記述できたのかは謎である

    ここでは、あえて、弟子側の視点で描写した

    「受難物語」を読む人は誰もが
    「なぜ、ユダの裏切りをイエスは知りつつも、それを許したのか」という疑問を持つと思われるが
    筆者はその理由を安易な言葉で解決したくはない

    ゆえに、以降の物語は、ペテロやユダ、そしてサウロの視点から語ることを承知されたい







    189 :以 下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]: 2008/06/26(木) 02:05:22.38 ID:eN3HOpAo
    やる夫と長門の接吻…
    興味あるようなないような






    191 :1 [sage]:2008/06/26(木) 02:07:13.01 ID:8LBOpBko
    >>189
    最初はキスさせる計画だったんですが
    「ハルヒの消失」を読んでいる僕からすれば
    やる夫ごときが長門と! と描写することをためらったため、キスをやめました
    (↑諸般の事情)






    195 :以 下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]: 2008/06/26(木) 02:09:09.77 ID:eN3HOpAo
    >>191
    その気持ちはよく分かりますww






    192 :147/415 [sage]:2008/06/26(木) 02:07:52.11 ID:8LBOpBko

    ─────────────────────────────
                4-6. アンナスとの対面
    ─────────────────────────────


    ::::::::::::::::::::\::::::::::ヽ:::::::::::::/:ヽ 
    ――::::、::::::::::'::,::::::::}:::::::::,:'::::::}  
    ::::::::::::::/ > 、;; ;;ヘ;;;;'::::::::;ヘ:::::〈   アンナス様
    ::::::、-'//    ,':/  `""ヾ∨:ヘ 
    :::r ' |::!   |::|       |::| }::ハ  ナザレのやる夫を連れて参りました
    ::>  」::|_   i!::!      _!」 !ハ}:| 
    /   レ' ¨"≠レゝ  / リ/ j/ 
        "モテエ    ,'ェァ /    
                、   {    
                ヽ |    
    i            _ノ /    
    ヽ     ,  ____  /     
     \    ` ー--- ' , '     
       ヽ       /       
         ヽ __ノ        
                      


              ____        
           /      \      
          /   ─   ─\     ・・・・・・・・・
        /     (●) (●) \   
        |       (__人__)    |   
        \      ` ⌒´   /   
        _ノ           \  







    193 :148/415 [sage]:2008/06/26(木) 02:08:33.42 ID:8LBOpBko

           ___   ___
        ,.- ´   `l´   `ヽ、       
      / /      `ヽ.  ヽ      
     / j /   / ,∧ \. ヽ. ヘ    
    ハl/ _,-' , '  ヽ、 ヽ、. l _ハ    ・・・・なるほどね
    | ヽ.)ニ- ´        ` ‐ こ(ノ|   
    | | | _..-‐ ´    ` ‐- .._ |   |    
    l j l. r1ス]`     ´[ヌトt,!/  |    
    l. l. 、 l ヒソ  ,   ヒソ /ィ l  、   
    | l`ーヘ'、   ___     /- '/  ヽ   
    |/    、ヽ、     _ノ/  |   \ 
    ./  ,  | ,H` ー ´トL{   ヽ     `、
        l_ノ ´r'    ヽ ヽ   ヽ     | 
        ヽ   |>─‐<| ヽノ   ト、 .ノ、


         /:.:.:_:.:.:.:.:.ヽ:.:.:.:.:.l:.:.〉:/:リ:ヽ、 
         ノ:.'´_:._`:.、:.;、ヽ:.:./:/:/'ノ:.:.:.:.i  
        ノ:´:.:.:,:/:rゝ/;tYl:Vム;.Y、ー':.ヽ;!  
    .   l:.:,r:'´Y/   l:l ``′ ';.l ヽト:.:.:.:' 
    .   )k/:./l;'.__  l:!     リ ._リ';.`Y  どうかしましたか?
    .   〉-;.:'l l∠ニ'==ァ   、==ニゞ-!  
    .   l 'Y';.l.}. ´i┬r ヽ  ''~Tユ~` リ  
    .   ヽ.ヽヽ ゙ ` ̄'"   l  ` ̄ l,ノ   
    .     `';Y'      l,    j´    
    .     ,.rハi           ;    
        /: ヽヽ.  ー===-  /     .
    .  /:ヽ: : ヽ \   ー‐ ,イ      
     /: : : : ヽ: : :, ヽ、__/ 人     







    194 :149/415 [sage]:2008/06/26(木) 02:09:02.05 ID:8LBOpBko

               ,.- ,r'´
            ,.-'´ /     、     私はナザレのやる夫の支持者たちに疑問を抱いていた
          //   {        `ヽ   
         ,r' /   , ゝ       \  あなたの報告によると
        // ./   ,r'´  ヽ         ナザレのやる夫の言葉は
        |/ /   /       ` ミ._      知恵にあふれ、魅力あるものに思えた
    .   |' |  /        ___ ̄   
        ハ |/ _,. -     ´        なぜ、そんな彼が民衆に迫害されていたのか
        | ヽl」/         _     私にはわかりかねていた
        |  l l   ,.-¬、     ヘ:::::::¨ヽ  
       , l ! l. バ':::::::|      シ::: ,   ところが、目の前にいるこの男には
       / l. | rl.  'ニ-'        ̄    その言葉にふさわしい品格がまったく見受けられない
    . / /   | ヾ      '          
    , ' ./   ,!  ト、    ‐-‐ '   ∠   やはり、言葉でいくらとりつくろったところで
    '  ,/   /j  | ヽ、_      /    生まれの卑しさを隠すことはできないのね
     /    / l.  |    ` ー,r ´   ノ 
     |   / ヽ  ヽ  _,.- _フ    /
    ヽ{.   l    ヽ_...ゝ'´,r ´    /    


                ____       
              /      \     
             / ─    ─ \    ・・・・・・・・・
           /  ( ●)  (●)  \.  
           |      (__人__)     |.  
           \     ` ⌒´    /.  
           _ノ           \  
                    






    196 :150/415 [sage]:2008/06/26(木) 02:09:36.52 ID:8LBOpBko

         /         \      \      人は自分に似た者を
       /            ヽ       ヽ    指導者にあおいだりはしない
      /              `´ ー-、_ ヽ、`、
      .i    / /          ヘ      ヽ!   自分と同じような立場の者に
      l    | l        /   ハ   \  ` 、  命を捧げようとしない
      |   i .| .|  /   /  / / \   `、 } 
      |   l | |  /   /  ,イ ,r    ` ーァ _ノ  そのために、権威と財産と気品が必要となる
      .|  |  ヽl.| / _, r"   //   、__,,,,jイ     
       |  |  尺゙ー、   _, r '´ _/  , -_,,rァ、/ |    人々はそこから「強さ」を見出し
    _ ィ-ソ  |  ,-、 ̄i´"´ _, -‐´_    ,似ソ / i ハ   その者にみずからの運命を託す
      /  |  i r|リ  i /,,ィ≠ェ `   ヾ''" ,' | ヽ  
    _/   |  iヽlミヽ,. i 什弐´   丶  /  |   }  田舎町の大工職人にすぎなかった
        j|  l `ーィゥゝ `"´   _ ,  /   '、 j    ナザレのやる夫にはそのひとつもなかった
       _ノ i  ヽ 、 l `ー 、 _   ,.イ]       メ、 
    ,-´ 、_i    `ー、_   l ̄ j、  \      )   洗礼者ヨハネより
    !  _,r< \      `ーx-、 ' ヽ  ヽi   ノ、_   ナザレのやる夫の支持者が
    _ヽl,>-、 \ \    \  ヽ---'´l   }  i´ ヽヽ 少なかった理由はそこにある







    197 :151/415 [sage]:2008/06/26(木) 02:10:13.66 ID:8LBOpBko

               ,.- ,r'´
            ,.-'´ /     、     ナザレのやる夫
          //   {        `ヽ   
         ,r' /   , ゝ       \  あなたとイスカリオテのユダが
        // ./   ,r'´  ヽ         何を考えたかは知らないけれど
        |/ /   /       ` ミ._      私たちはあなたを処刑する
    .   |' |  /        ___ ̄   
        ハ |/ _,. -     ´       「神殿侮辱罪」という小賢しい罪ではなく
        | ヽl」/         _     「反ローマ運動の首謀者」として
        |  l l   ,.-¬、     ヘ:::::::¨ヽ  政治犯として処刑する
       , l ! l. バ':::::::|      シ::: ,   
       / l. | rl.  'ニ-'        ̄    どうして、あなたが反ローマ運動家に
    . / /   | ヾ      '          仕立て上げられるのか
    , ' ./   ,!  ト、    ‐-‐ '   ∠   あなたには理解できないかもしれない
    '  ,/   /j  | ヽ、_      /    
     /    / l.  |    ` ー,r ´   ノ  しかし、あなたの存在は
     |   / ヽ  ヽ  _,.- _フ    /   私たちにとっては害悪でしかない
    ヽ{.   l    ヽ_...ゝ'´,r ´    /    
                           だから、ローマの役人の手を借りてでも
                           私たちはあなたを死刑に処す







    198 :152/415 [sage]:2008/06/26(木) 02:10:45.83 ID:8LBOpBko

         /:.:.:_:.:.:.:.:.ヽ:.:.:.:.:.l:.:.〉:/:リ:ヽ、 
         ノ:.'´_:._`:.、:.;、ヽ:.:./:/:/'ノ:.:.:.:.i  
        ノ:´:.:.:,:/:rゝ/;tYl:Vム;.Y、ー':.ヽ;!  
    .   l:.:,r:'´Y/   l:l ``′ ';.l ヽト:.:.:.:'   ・・・・・・・・・・
    .   )k/:./l;'.__  l:!     リ ._リ';.`Y  
    .   〉-;.:'l l∠ニ'==ァ   、==ニゞ-!  
    .   l 'Y';.l.}. ´i┬r ヽ  ''~Tユ~` リ  
    .   ヽ.ヽヽ ゙ ` ̄'"   l  ` ̄ l,ノ   
    .     `';Y'      l,    j´    
    .     ,.rハi           ;    
        /: ヽヽ.  ー===-  /     .
    .  /:ヽ: : ヽ \   ー‐ ,イ      
     /: : : : ヽ: : :, ヽ、__/ 人     







    199 :153/415 [sage]:2008/06/26(木) 02:11:11.86 ID:8LBOpBko

           ___   ___
        ,.- ´   `l´   `ヽ、       
      / /      `ヽ.  ヽ      あなたは神の教えを庶民的なたとえを用いて
     / j /   / ,∧ \. ヽ. ヘ     神の報いを得る方法を説いていた
    ハl/ _,-' , '  ヽ、 ヽ、. l _ハ    
    | ヽ.)ニ- ´        ` ‐ こ(ノ|    それを信じれば、祭司たちや学者たちの助けを借りずに
    | | | _..-‐ ´    ` ‐- .._ |   |    民衆は自力で神を信仰することができるようになるでしょう
    l j l. r1ス]`     ´[ヌトt,!/  |    
    l. l. 、 l ヒソ  ,   ヒソ /ィ l  、    しかし、神と人との関係が近くなったところで
    | l`ーヘ'、   ___     /- '/  ヽ   民衆が幸せになるとでも思っているの?
    |/    、ヽ、     _ノ/  |   \ 
    ./  ,  | ,H` ー ´トL{   ヽ     `、
        l_ノ ´r'    ヽ ヽ   ヽ     | 
        ヽ   |>─‐<| ヽノ   ト、 .ノ、







    200 :154/415 [sage]:2008/06/26(木) 02:11:42.94 ID:8LBOpBko

         /         \      \       
       /            ヽ       ヽ     歴史が証明するように
      /              `´ ー-、_ ヽ、`、    神の裁きと報いは人智をこえたもの
      .i    / /          ヘ      ヽ!    
      l    | l        /   ハ   \  ` 、  だから、
      |   i .| .|  /   /  / / \   `、 }    神は「知られざる神」でなければならない
      |   l | |  /   /  ,イ ,r    ` ーァ _ノ   
      .|  |  ヽl.| / _, r"   //   、__,,,,jイ     無知な民衆が、
       |  |  尺゙ー、   _, r '´ _/  , -_,,rァ、/ |     己のつたない経験で
    _ ィ-ソ  |  ,-、 ̄i´"´ _, -‐´_    ,似ソ / i ハ    神のことを知れば知るほど
      /  |  i r|リ  i /,,ィ≠ェ `   ヾ''" ,' | ヽ    気まぐれな神を疑い
    _/   |  iヽlミヽ,. i 什弐´   丶  /  |   }   やがて、神を喪失することになる
        j|  l `ーィゥゝ `"´   _ ,  /   '、 j    
       _ノ i  ヽ 、 l `ー 、 _   ,.イ]       メ、   神を喪失した者は、分裂し
    ,-´ 、_i    `ー、_   l ̄ j、  \      )    社会の不穏分子となる
    !  _,r< \      `ーx-、 ' ヽ  ヽi   ノ、_   
    _ヽl,>-、 \ \    \  ヽ---'´l   }  i´ ヽヽ 







    201 :155/415 [sage]:2008/06/26(木) 02:12:13.64 ID:8LBOpBko

               ,.- ,r'´
            ,.-'´ /     、    
          //   {        `ヽ   我々にはすでに「モーセの律法」がある
         ,r' /   , ゝ       \ 
        // ./   ,r'´  ヽ         いくら、時代が望ましくなかったとしても
        |/ /   /       ` ミ._     都合のいい神を作り上げるなど
    .   |' |  /        ___ ̄   人間の傲慢にすぎない
        ハ |/ _,. -     ´       
        | ヽl」/         _    自分の物差しで神を測ろうとする愚者は
        |  l l   ,.-¬、     ヘ:::::::¨ヽ  すべての事象を人間の所業のせいとする
       , l ! l. バ':::::::|      シ::: ,   
       / l. | rl.  'ニ-'        ̄   しかし、人々が信仰を改めたところで
    . / /   | ヾ      '          世界が変わる保障など、どこにもない
    , ' ./   ,!  ト、    ‐-‐ '   ∠  
    '  ,/   /j  | ヽ、_      /    己の狭い料簡で神を知ろうとする傲慢な人間が
     /    / l.  |    ` ー,r ´   ノ  残されし証明は「神の不在」でしかないのだから
     |   / ヽ  ヽ  _,.- _フ    /  
    ヽ{.   l    ヽ_...ゝ'´,r ´    /    
                          






    202 :156/415 [sage]:2008/06/26(木) 02:13:18.70 ID:8LBOpBko

         ____       
       /      \      
      /  _ノ  ヽ__\    
    /    (ー)  (―) \.   ・・・・・・・・・・・・
    |       (__人__)    |   
    \      ` ⌒´   /.   
    _ノ           \   







    203 :157/415 [sage]:2008/06/26(木) 02:13:48.02 ID:8LBOpBko

           ___   ___
        ,.- ´   `l´   `ヽ、       田舎者のあなたにはわからないことだろうけど
      / /      `ヽ.  ヽ      我がユダヤの民は、
     / j /   / ,∧ \. ヽ. ヘ     地中海の多くの都市に離散している
    ハl/ _,-' , '  ヽ、 ヽ、. l _ハ    
    | ヽ.)ニ- ´        ` ‐ こ(ノ|    彼らはその地で「モーセの律法」を信じ、
    | | | _..-‐ ´    ` ‐- .._ |   |    「エルサレム神殿」への神殿税をおさめている
    l j l. r1ス]`     ´[ヌトt,!/  |    
    l. l. 、 l ヒソ  ,   ヒソ /ィ l  、    彼らはそうすることで
    | l`ーヘ'、   ___     /- '/  ヽ   異国の地でもユダヤの民であり続けている
    |/    、ヽ、     _ノ/  |   \ 
    ./  ,  | ,H` ー ´トL{   ヽ     `、「エルサレム神殿」を介在しないあなたのやり方では
        l_ノ ´r'    ヽ ヽ   ヽ     | 異国の地にいる彼らとエルサレムを結びつける絆を
        ヽ   |>─‐<| ヽノ   ト、 .ノ、保つことはできない
                          
                          そして、彼らの寄付金の一つ一つは
                          あなたたちガリラヤ地方の貧乏人が
                          一生働いてもはるかに及ばない高額
                          
                          だから、私たちは聖都エルサレムを
                          精神のよりどころとする体制づくりを最優先している







    204 :158/415 [sage]:2008/06/26(木) 02:14:19.14 ID:8LBOpBko

         /         \      \       
       /            ヽ       ヽ    私たちがユダヤの民である理由
      /              `´ ー-、_ ヽ、`、   それは「モーセの律法」と「エルサレム神殿」との
      .i    / /          ヘ      ヽ!   微妙な共存ゆえに成り立っている
      l    | l        /   ハ   \  ` 、  
      |   i .| .|  /   /  / / \   `、 }  あなたが「良かれ」と説き続ける教えは、
      |   l | |  /   /  ,イ ,r    ` ーァ _ノ  その体制を根底から崩すことになる
      .|  |  ヽl.| / _, r"   //   、__,,,,jイ     
       |  |  尺゙ー、   _, r '´ _/  , -_,,rァ、/ |    あなたは、くだらない暴動を起こした
    _ ィ-ソ  |  ,-、 ̄i´"´ _, -‐´_    ,似ソ / i ハ   熱心党のバラバより、はるかに危険な人物
      /  |  i r|リ  i /,,ィ≠ェ `   ヾ''" ,' | ヽ    
    _/   |  iヽlミヽ,. i 什弐´   丶  /  |   }  ユダヤの民が、ユダヤの民である理由を
        j|  l `ーィゥゝ `"´   _ ,  /   '、 j   あなたは否定しようとしている
       _ノ i  ヽ 、 l `ー 、 _   ,.イ]       メ、   
    ,-´ 、_i    `ー、_   l ̄ j、  \      )   
    !  _,r< \      `ーx-、 ' ヽ  ヽi   ノ、_   
    _ヽl,>-、 \ \    \  ヽ---'´l   }  i´ ヽヽ 







    205 :159/415 [sage]:2008/06/26(木) 02:14:49.53 ID:8LBOpBko

               ,.- ,r'´
            ,.-'´ /     、    ローマ帝国は
          //   {        `ヽ   地中海全域を支配し、強大な文明と軍事力を持つ
         ,r' /   , ゝ       \ 
        // ./   ,r'´  ヽ         その中で自治を続けながら
        |/ /   /       ` ミ._     ユダヤの民の教えを保ちつづけるために
    .   |' |  /        ___ ̄   私たちは最善の努力を尽くしている
        ハ |/ _,. -     ´       
        | ヽl」/         _    あなたの説く教えはそれを壊そうとするもの
        |  l l   ,.-¬、     ヘ:::::::¨ヽ  
       , l ! l. バ':::::::|      シ::: ,   私たちが必死で築きあげた自治を壊そうとするもの
       / l. | rl.  'ニ-'        ̄   
    . / /   | ヾ      '          だから、私たちはあなたを死刑に処す
    , ' ./   ,!  ト、    ‐-‐ '   ∠  
    '  ,/   /j  | ヽ、_      /    
     /    / l.  |    ` ー,r ´   ノ 
     |   / ヽ  ヽ  _,.- _フ    /  
    ヽ{.   l    ヽ_...ゝ'´,r ´    /    
                          






    206 :160/415 [sage]:2008/06/26(木) 02:15:14.82 ID:8LBOpBko

          ____      
       /      .\     
      /u  ノ  \  \    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    /   u (―) (―)  .\  
    |      (__人__) u  |  
    \  u  .` ⌒     /  
    _ノ            \ 







    207 :161/415 [sage]:2008/06/26(木) 02:15:41.27 ID:8LBOpBko

         /         \      \     
       /            ヽ       ヽ    
      /              `´ ー-、_ ヽ、`、   あなたの物語は楽しんだ
      .i    / /          ヘ      ヽ!   
      l    | l        /   ハ   \  ` 、 放蕩息子の話や、銀貨をなくした女の話・・・
      |   i .| .|  /   /  / / \   `、 }  
      |   l | |  /   /  ,イ ,r    ` ーァ _ノ  あなたの才能の豊かさには
      .|  |  ヽl.| / _, r"   //   、__,,,,jイ    敬意を抱いているつもりよ
       |  |  尺゙ー、   _, r '´ _/  , -_,,rァ、/ |    
    _ ィ-ソ  |  ,-、 ̄i´"´ _, -‐´_    ,似ソ / i ハ   かつて、ギリシャには
      /  |  i r|リ  i /,,ィ≠ェ `   ヾ''" ,' | ヽ   イソップという名の奴隷がいて
    _/   |  iヽlミヽ,. i 什弐´   丶  /  |   }  教訓を織り交ぜて
        j|  l `ーィゥゝ `"´   _ ,  /   '、 j  多くの物語を作った人がいるという
       _ノ i  ヽ 、 l `ー 、 _   ,.イ]       メ、 
    ,-´ 、_i    `ー、_   l ̄ j、  \      )  あなたもユダヤの民でなければ
    !  _,r< \      `ーx-、 ' ヽ  ヽi   ノ、_  その才能を生かし、思い存分
    _ヽl,>-、 \ \    \  ヽ---'´l   }  i´ ヽヽ物語を作りつづけることができたでしょう







    208 :162/415 [sage]:2008/06/26(木) 02:16:16.11 ID:8LBOpBko

           ___   ___
        ,.- ´   `l´   `ヽ、       
      / /      `ヽ.  ヽ      
     / j /   / ,∧ \. ヽ. ヘ     しかし、あなたはユダヤの民であり
    ハl/ _,-' , '  ヽ、 ヽ、. l _ハ    私たちの裁きに従わなければならない立場
    | ヽ.)ニ- ´        ` ‐ こ(ノ|   
    | | | _..-‐ ´    ` ‐- .._ |   |    あなたは、もうすぐ死ぬ
    l j l. r1ス]`     ´[ヌトt,!/  |    
    l. l. 、 l ヒソ  ,   ヒソ /ィ l  、    私があなたと対面するのは、これが最初で最後
    | l`ーヘ'、   ___     /- '/  ヽ   
    |/    、ヽ、     _ノ/  |   \  なにか、言葉はない?
    ./  ,  | ,H` ー ´トL{   ヽ     `、
        l_ノ ´r'    ヽ ヽ   ヽ     | 
        ヽ   |>─‐<| ヽノ   ト、 .ノ、







    209 :163/415 [sage]:2008/06/26(木) 02:16:45.73 ID:8LBOpBko

          ____      
       /      .\     
      /u  ノ  \  \    ・・・・・あなたに
    /   u (●) (●)  .\  神のご加護を・・・・・・
    |      (__人__) u  |  
    \  u  .` ⌒     /  
    _ノ            \ 







    210 :164/415 [sage]:2008/06/26(木) 02:17:20.51 ID:8LBOpBko

               ,.- ,r'´
            ,.-'´ /     、    ふふふ
          //   {        `ヽ   その言葉、そっくりお返ししてあげるわ
         ,r' /   , ゝ       \ 
        // ./   ,r'´  ヽ         これから、あなたは不当な裁判で
        |/ /   /       ` ミ._     死刑が言い渡され
    .   |' |  /        ___ ̄   人々の嘲笑の中
        ハ |/ _,. -     ´       苦しみに悶えながら死ぬことになるでしょう
        | ヽl」/         _    
        |  l l   ,.-¬、     ヘ:::::::¨ヽ  そのときに、神に祈っておきなさい
       , l ! l. バ':::::::|      シ::: ,   
       / l. | rl.  'ニ-'        ̄    もし、神があなたの望む存在であったのなら
    . / /   | ヾ      '          きっとあなたを助けてくれるでしょう
    , ' ./   ,!  ト、    ‐-‐ '   ∠  
    '  ,/   /j  | ヽ、_      /    そんな淡い期待を胸に死をむかえればいいのよ
     /    / l.  |    ` ー,r ´   ノ 
     |   / ヽ  ヽ  _,.- _フ    /  
    ヽ{.   l    ヽ_...ゝ'´,r ´    /    カヤパ、ナザレのやる夫を「手厚く」してあげなさい!
                          






    211 :165/415 [sage]:2008/06/26(木) 02:17:51.08 ID:8LBOpBko

            r- 、..--/::::::::::丶,.__
         _,.イ:::::::::::::V :::::::::::::::::::::::` 、     
        r:::::::::::::::::::: ,.ヘ::/ヽ.:::::::::::::::::::::::ヽ.     
        ノ::::|:::::::::| ::::::l::ヾ/:::丶:::::::: |::::ヽ:::::ヽ    はい、わかりました!
       ,イ:::::::|:::::::::| :::::::トr'` "´|:::::::::ハ:::!|:::::l:::l    
    .  l::|:::::::|:::::::::ゝ::::::|    |:l::::::l| |::!|:::::|:::l   
       | ! :::::|:|:::|::::ハ:::::|    |ィ!ニリ=j、レィ:r┘   
       l !::l::::N:::ハ:::ィ!ニjlゞ     , ,.==..、 l:: |:: |   
       ヽ::|:::::ゝ:〆           ヒf::j ' l::::l::: |   
       |ゞ`--ハ    ___      ー'   l::::|::: |   
       |:::|:::::::::ハ '" ̄     、     リ::ハ::: |   
       l::::|:::::::::ハ      -  '    イ:::::::|ハ::|   
       l:::ハ::::::::::l:::lヘ.          .イ:::|:::::::!:::|::',  
       |:::::∧::::::|:::|:::::ヘ   .. __ /l::l::::!::::ノ::: |:::ヘ 
       ' :::::|::::ゝ:::|::ハ|::| / |      Ll ::レイ :::::|::::::::ヽ
      /:_:rイ::/::::`:::::: //__      / l:::::/:::::::::|ヽ__ _:







    212 :166/415 [sage]:2008/06/26(木) 02:18:16.98 ID:8LBOpBko

         /:.:.:_:.:.:.:.:.ヽ:.:.:.:.:.l:.:.〉:/:リ:ヽ、 
         ノ:.'´_:._`:.、:.;、ヽ:.:./:/:/'ノ:.:.:.:.i  
        ノ:´:.:.:,:/:rゝ/;tYl:Vム;.Y、ー':.ヽ;!  
    .   l:.:,r:'´Y/   l:l ``′ ';.l ヽト:.:.:.:' ・・・・・アンナス様
    .   )k/:./l;'.__  l:!     リ ._リ';.`Y  
    .   〉-;.:'l l∠ニ'==ァ   、==ニゞ-!  
    .   l 'Y';.l.}. ´i┬r ヽ  ''~Tユ~` リ  
    .   ヽ.ヽヽ ゙ ` ̄'"   l  ` ̄ l,ノ   
    .     `';Y'      l,    j´    
    .     ,.rハi           ;    
        /: ヽヽ.  ー===-  /     .
    .  /:ヽ: : ヽ \   ー‐ ,イ      
     /: : : : ヽ: : :, ヽ、__/ 人     







    213 :161/415 [sage]:2008/06/26(木) 02:18:42.11 ID:8LBOpBko

         /         \      \     
       /            ヽ       ヽ    
      /              `´ ー-、_ ヽ、`、   サウロ
      .i    / /          ヘ      ヽ!   
      l    | l        /   ハ   \  ` 、 あなたには人並みはずれた
      |   i .| .|  /   /  / / \   `、 }  知識・行動力・正義感がある
      |   l | |  /   /  ,イ ,r    ` ーァ _ノ  
      .|  |  ヽl.| / _, r"   //   、__,,,,jイ    そのため、私はエルサレムで就学中だった
       |  |  尺゙ー、   _, r '´ _/  , -_,,rァ、/ |    あなたの身柄を引き受け
    _ ィ-ソ  |  ,-、 ̄i´"´ _, -‐´_    ,似ソ / i ハ   多くのことを命じてきた
      /  |  i r|リ  i /,,ィ≠ェ `   ヾ''" ,' | ヽ  
    _/   |  iヽlミヽ,. i 什弐´   丶  /  |   }  しかし、あなたはこの世界には向いていない
        j|  l `ーィゥゝ `"´   _ ,  /   '、 j  
       _ノ i  ヽ 、 l `ー 、 _   ,.イ]       メ、  だから、あなたをこの仕事から解放しようと思う
    ,-´ 、_i    `ー、_   l ̄ j、  \      )  
    !  _,r< \      `ーx-、 ' ヽ  ヽi   ノ、_ 
    _ヽl,>-、 \ \    \  ヽ---'´l   }  i´ ヽヽ







    214 :162/415 [sage]:2008/06/26(木) 02:19:14.68 ID:8LBOpBko

    :::::::::::::::::::\::::::::::ヽ:::::::::::::/:ヽ   
    ――::::、::::::::::'::,::::::::}:::::::::,:'::::::}  
    ::::::::::::::/ > 、;; ;;ヘ;;;;'::::::::;ヘ:::::〈   
    ::::::、-'//    ,':/  `""ヾ∨:ヘ   
    :::r ' |::!   |::|     U |::| }::ハ  ・・・・クビ、ですか?
    ::>  」::|_   i!::!      _!」 !ハ}:|  
    /   レ' ¨"≠レゝ  / リ/ j/  
        "モテエ    ,'ェァ /    
      J        、   {     
           u    ヽ |     
    i            _ノ /     
    ヽ     ,  ____  /      
     \    ` ー--- ' , '       
       ヽ  u    /       
         ヽ __ノ         
                       






    215 :163/415 [sage]:2008/06/26(木) 02:19:43.92 ID:8LBOpBko

           ___   ___
        ,.- ´   `l´   `ヽ、       これまで、あなたはユダヤ衆議会の代弁者として
      / /      `ヽ.  ヽ      自分の望まない言葉を話しつづけてきたことでしょう
     / j /   / ,∧ \. ヽ. ヘ    
    ハl/ _,-' , '  ヽ、 ヽ、. l _ハ    だが、あなたにはカヤパのような欲望がない
    | ヽ.)ニ- ´        ` ‐ こ(ノ|   
    | | | _..-‐ ´    ` ‐- .._ |   |    みずからの地位への欲望がない人間は
    l j l. r1ス]`     ´[ヌトt,!/  |     権力の世界では翻弄されるだけ
    l. l. 、 l ヒソ  ,   ヒソ /ィ l  、   
    | l`ーヘ'、   ___     /- '/  ヽ   あなたはきっとユダヤ衆議会では失敗する
    |/    、ヽ、     _ノ/  |   \ 
    ./  ,  | ,H` ー ´トL{   ヽ     `、でも、あなたの正義を愛する心は
        l_ノ ´r'    ヽ ヽ   ヽ     | 多くの人々の支持を得ることができるでしょう
        ヽ   |>─‐<| ヽノ   ト、 .ノ、
                          やはり、あなたは律法学者への道に戻るべきね







    216 :164/415 [sage]:2008/06/26(木) 02:20:16.50 ID:8LBOpBko

               ,.- ,r'´
            ,.-'´ /     、    ただ、このナザレのやる夫の処刑は見ておきなさい
          //   {        `ヽ   
         ,r' /   , ゝ       \ あなたがこの裁判の経緯を知ることは
        // ./   ,r'´  ヽ         あなたが立派な学者になるための社会勉強になるはずよ
        |/ /   /       ` ミ._     
    .   |' |  /        ___ ̄   学者たちの中では、私たちの置かれた現状を理解せずに
        ハ |/ _,. -     ´       理想論で人々を惑わせようとする者が多い
        | ヽl」/         _    
        |  l l   ,.-¬、     ヘ:::::::¨ヽ  あなたにはそうなってほしくない
       , l ! l. バ':::::::|      シ::: ,   
       / l. | rl.  'ニ-'        ̄    私のもとで学んだことは
    . / /   | ヾ      '          必ずや今後のあなたの財産となるでしょう
    , ' ./   ,!  ト、    ‐-‐ '   ∠  
    '  ,/   /j  | ヽ、_      /    
     /    / l.  |    ` ー,r ´   ノ 
     |   / ヽ  ヽ  _,.- _フ    /  
    ヽ{.   l    ヽ_...ゝ'´,r ´    /    
                          






    217 :165/415 [sage]:2008/06/26(木) 02:20:48.44 ID:8LBOpBko

    ::::::::::::::::::::\::::::::::ヽ:::::::::::::/:ヽ   
    ――::::、::::::::::'::,::::::::}:::::::::,:'::::::}   
    ::::::::::::::/ > 、;; ;;ヘ;;;;'::::::::;ヘ:::::〈   
    ::::::、-'//    ,':/  `""ヾ∨:ヘ  
    :::r ' |::!   |::|       |::| }::ハ  ・・・・・・・・・・・・・・・・
    ::>  」::|_   i!::!      _!」 !ハ}:|  
    /   レ' ¨"≠レゝ  / リ/ j/  
        "モテエ    ,'ェァ /     
                、   {     
                ヽ |     
    i            _ノ /     
    ヽ     ,  ____  /     
     \    ` ー--- ' , '       
       ヽ       /       
         ヽ __ノ         







    218 :166/415 [sage]:2008/06/26(木) 02:22:35.38 ID:8LBOpBko

    ================================================================================
                4-6. アンナスとの対面 (まとめ)
    ================================================================================

    イエスの捕縛後の推移は、それぞれの福音書で異なる

    マルコ伝、マタイ伝
    (1)捕縛後、イエスを大祭司の邸に連行する
    (2)ユダヤ衆議会(サンヘドリン)の議員たちが全員集まる
    (3)大祭司により、イエスの死刑が確定する
    (4)ペテロの否認
    (5)夜が明け、全議員との協議のあと、ユダヤ知事(長官)ピラトにイエスの死刑を訴える

    ルカ伝
    (1)捕縛後、イエスを大祭司の邸に連行する
    (2)ペテロの否認
    (3)夜が明け、ユダヤ衆議会で、イエスの死刑が確定する
    (4)ユダヤ知事(長官)ピラトにイエスの死刑を訴える

    ヨハネ伝
    (1)捕縛後、イエスを大祭司の邸に連行する
    (2)アンナスとの対面
    (3)ペテロの否認
    (4)夜が明け、ユダヤ知事(長官)ピラトにイエスを裁くよう訴える

    サンヘドリン(ユダヤ衆議会)は定員71名で、貴族祭司や律法学者を議員とした
    宗教問題の処理だけでなく、様々な裁判や徴税などにも携わっていた
    宗教的かつ政治的な自治組織である

    マルコ伝、マタイ伝の「夜のうちに全議員が集まった」ということは、史実とは考えられない







    219 :167/415 [sage]:2008/06/26(木) 02:24:28.68 ID:8LBOpBko

    さて、ヨハネ伝では、アンナスも大祭司であったような書き方をされている
    当時の大祭司はカヤパであり、アンナスの任期は西暦15年までであるはずだが
    娘婿であるカヤパの時代も、アンナスが権力を持っていたことを暗示していると思われる

    また、ヨハネ伝では、サンヘドリンの同意なしに、イエスをピラトに引き立てたとある

    しかし、後のペテロ、ステファノ、パウロらが、サンヘドリンで裁判を受けたことを考えると
    イエスにも同じくサンヘドリンで裁かれたと考えるのが妥当ではないだろうか

    ただ、その前段階として、夜が明ける前に、アンナスと大祭司カヤパが
    腹心の議員たちと、何らかの打ち合わせをしたことは間違いないだろう


    なお、このアンナスとの対面は、ドストエフスキーの「カラマーゾフの兄弟」の中で
    有名な章「大審問官」からヒントを得た

    「大審問官」は「魔女狩り」で知られる「異端審問」がさかんな中世に
    もし、イエス・キリストが再臨したらどうなるかという物語

    「カラマーゾフの兄弟」もそうだが
    欧米文学を読むうえで、新約聖書の知識は欠かせないものになっている、







    220 :168/415 [sage]:2008/06/26(木) 02:25:04.62 ID:8LBOpBko

    ─────────────────────────────
                4-7. ユダの証言、ペテロの証言
    ─────────────────────────────


            r- 、..--/::::::::::丶,.__
         _,.イ:::::::::::::V :::::::::::::::::::::::` 、     
        r:::::::::::::::::::: ,.ヘ::/ヽ.:::::::::::::::::::::::ヽ.     
        ノ::::|:::::::::| ::::::l::ヾ/:::丶:::::::: |::::ヽ:::::ヽ    ユダヤ衆議会の皆さん
       ,イ:::::::|:::::::::| :::::::トr'` "´|:::::::::ハ:::!|:::::l:::l    
    .  l::|:::::::|:::::::::ゝ::::::|    |:l::::::l| |::!|:::::|:::l    今日は朝早くから
       | ! :::::|:|:::|::::ハ:::::|    |ィ!ニリ=j、レィ:r┘   ユダヤの平和のために集まってくれて
       l !::l::::N:::ハ:::ィ!ニjlゞ     , ,.==..、 l:: |:: |    ご苦労様
       ヽ::|:::::ゝ:〆           ヒf::j ' l::::l::: |   
       |ゞ`--ハ    ___      ー'   l::::|::: |   
       |:::|:::::::::ハ '" ̄     、     リ::ハ::: |   
       l::::|:::::::::ハ      -  '    イ:::::::|ハ::|   
       l:::ハ::::::::::l:::lヘ.          .イ:::|:::::::!:::|::',  
       |:::::∧::::::|:::|:::::ヘ   .. __ /l::l::::!::::ノ::: |:::ヘ 
       ' :::::|::::ゝ:::|::ハ|::| / |      Ll ::レイ :::::|::::::::ヽ
      /:_:rイ::/::::`:::::: //__      / l:::::/:::::::::|ヽ__ _:







    221 :169/415 [sage]:2008/06/26(木) 02:25:35.54 ID:8LBOpBko

           __/ ヽ―― x '\
         __/       \/    ̄ヽ
        /   , / ,'  !       ヽ   ハ__   
       /  / | |  | /ヽ  , ヘ.  !   !   ヘ
      |   |  | |  | |,,, 、,, 、,,,|  |   |  i ハ  
      ,'|   |  | |  | |      |  |   |  | i| |  では、これから「ナザレのやる夫」の裁判を
    .  | !   ! ∧_! -i! !      ! 」_ / / i |  始めることにします
      | ヽ  i| !tニムヱ}」    ム旡ニzx_/  ィ ! 
      |  ヘ_ハ__|            '¬' |___/j/  まず、弟子だったユダ・イスカリオテの証言を
      | ( i   |z==ミ      ィ==z|  | |   聞いてもらいましょうか
      | /│  |      ,        !  ! |  
     | | i!   |     __      |  |  !  
    _│ |  !   |ヽ    `ー'    , イ   !!  |  
     | | │  !   > 、     , < │  ||   !
     | |  ヽ  |-‐ri|  >‐< |ー- |  リ  │
    │ | |   ヘ|  |ノ      {   ム‐'´    !
    _| | |    |  |       `i  |      |
    ┴.| |      !  !, -―― --、|  |      |t 、
    ヾ| |     |  |イニニニニミ|  |      | | ヘ







    222 :170/415 [sage]:2008/06/26(木) 02:26:04.99 ID:8LBOpBko

    .  /                ヽ    \  \   
     ,'     /  /            l    \  ヽ   
     !     /  /     /  ,'    |  l   ハ  ヘ、 
    . | !   l   l     /  /   ,イ !   i   ! l ヽ ',  
    . l |   l   l  ,/  〃 ,/   /│ l  j   l│  ! l 
    ノ | ! │   | /_// //  / ,' ∧ / |  / j   l│ (・・・やる夫先生、しばらくの間の辛抱です
     ノ l ァ|   |尢/‐=乞t/ / /∠ニ「厂! / ,/  / リ 
    _イ 八{´l  !レ<f{矛:下 'ヽ _〃イ孑代勹 イ } /    できるだけ罪を軽減できるようにしますから
    .    Vハ  |{  r';;_zj  f} ⌒{! r';;zリ /}, '//    . 安心してください・・・)
        ヽ ',  | ` ー―‐‐ '  、 `ー-- チ' /      
         `ヘ lヽ       _      厶 ./        
            ', {.代ト、          , イ | /        
           \_'i| > 、 _ , イ/ V l./        ..
            / ヽj       {`ヽ   ′        
    .    _ /  「´        ヽ} \          
    , -‐ ´     l‐--‐、 _ -‐ |   ` ー- 、      







    223 :171/415 [sage]:2008/06/26(木) 02:26:44.40 ID:8LBOpBko

                ____
              /      \     
            /  _ノ  ヽ、_  \   
           /   (―)  (―)  \    ・・・・・・・・・・
           |  ノ  (__人__) ヽ、  |  
           \     ` ⌒´     /  
           ノ           \  


           ,.  ´ ̄ ̄ ̄`  、_      
           / /          \     
         /  / /          ヽ ヽ    
        / / / / /    ヽ ヽ  、  '. ハ   (・・・・・・!
        / / / / /ト、 i    |   i  i  |   !   
      /,イi | ! | ! ヽ \  ト、 | i ! !   \   あれは、暴行を受けた傷跡!
      〃 || 「「><ヽ|\| \!_>v1ハイ  ト-ヽ 
    /   !ト、ト、! ̄ ̄`ヽ  f'〃 fr示 !  i !    まだ、裁判は始まっていないのに・・・)
       〃トr 斗  //  |-、 !  r' ,イ rY 从   
      / レヘ|ヽ __,.ノ ; ヽ __ ̄_ jイノ〃     
          V ト、     _    乂 /レ'    
           ヽ! >  _ _,. イ!/ /       .
            ヽレ'´ j    「メ、       
          _,. ':.:.:.:.:r- 、  -‐〉:.:.:.ヽ      
        r'「!:.:.:.:.:.:.:.:.:.L-  ―--!:.:.:.:.:.:.:.\    
        ∧:.!:!:.:.:.:.:.:.:.:.ヒ二二ニ」:.:.:.:.:.:.:.:.//>、  







    224 :172/415 [sage]:2008/06/26(木) 02:27:13.45 ID:8LBOpBko

      /  〃/   イ f``ヾー "´´ | |   l |   │    !
      |   | !|    :| |        | |   l |   │   ! ! 
      |   | !|    :| |        | |   l |   │   ! |
      |   | !   | |_      、__| |   :j ! |    |   |i| | 
      l   _jzム≦た!ニf'"    ヾにj≧kムj、|     j   リ| | どうしたの、ユダ?
      ヽ'" | j \  l {        / /  /丁7    /   / | |  
      __トィ''チ示アミー       フイ''テ圷、/   :/  ,' / j/ 言うべき台詞を忘れちゃったの?
    _,,ム<{イ f::::`イ}         { f:::::`イハ>┬='_/ノ    
       ! V^tzc'         V^tzc'  /!¨´  「     あなたは、ナザレの田舎者が犯した罪を
        l  ゝ=='-            ゝ=='´ / i     |      証言すればいいのよ
        |!           !          / !     |      
        ハ、        '        /  i.    |
         !ゝ、       ー ‐       ,. イ  i    |      
        ',   i> 、       , ィ<1/  /     i|      
    ∧.   ∨ i|.  > 、 __,. < l //  /     i|
     ヽ    Vi|             | {/   /     八     







    225 :173/415 [sage]:2008/06/26(木) 02:27:40.28 ID:8LBOpBko

    .  /                ヽ    \  \   
     ,'     /  /            l    \  ヽ   
     !     /  /     /  ,'    |  l   ハ  ヘ、 
    . | !   l   l     /  /   ,イ !   i   ! l ヽ ',  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・。
    . l |   l   l  ,/  〃 ,/   /│ l  j   l│  ! l 
    ノ | ! │   | /_// //  / ,' ∧ / |  / j   l│ ナザレのやる夫はこう言った
     ノ l ァ|   |尢/‐=乞t/ / /∠ニ「厂! / ,/  / リ 
    _イ 八{´l  !レ<f{矛:下 'ヽ _〃イ孑代勹 イ } /   「エルサレム神殿を壊してみるといい
    .    Vハ  |{  r';;_zj  f} ⌒{! r';;zリ /}, '//    .三日で建て直して見せよう」
        ヽ ',  | ` ー―‐‐ '  、 `ー-- チ' /      
         `ヘ lヽ       _      厶 ./        この発言は「神殿侮辱罪」に当たるはず・・・・
            ', {.代ト、          , イ | /        
           \_'i| > 、 _ , イ/ V l./        ..
            / ヽj       {`ヽ   ′        
    .    _ /  「´        ヽ} \          
    , -‐ ´     l‐--‐、 _ -‐ |   ` ー- 、      







    226 :174/415 [sage]:2008/06/26(木) 02:28:08.29 ID:8LBOpBko

           __/ ヽ―― x '\
         __/       \/    ̄ヽ
        /   , / ,'  !       ヽ   ハ__
       /  / | |  | /ヽ  , ヘ.  !   !   ヘ  なるほどね
      |   |  | |  | |,,, 、,, 、,,,|  |   |  i ハ  
      ,'|   |  | |  | |      |  |   |  | i| | エルサレム神殿を新たに建て直す
    .  | !   ! ∧_! -i! !      ! 」_ / / i | 
      | ヽ  i| !tニムヱ}」    ム旡ニzx_/  ィ ! そこには「ユダヤの王」になろうとする野心が
      |  ヘ_ハ__|            '¬' |___/j/  見え隠れするわ
      | ( i   |z==ミ      ィ==z|  | |  
      | /│  |      ,        !  ! |  我々、ユダヤ衆議会の許可を得ずに
     | | i!   |     __      |  |  !  そんなことを発言するとは
    _│ |  !   |ヽ    `ー'    , イ   !!  |  まるで「救世主」であると詐称したのと同じ
     | | │  !   > 、     , < │  ||   !
     | |  ヽ  |-‐ri|  >‐< |ー- |  リ  │ 彼はみずからを「救世主」と偽り
    │ | |   ヘ|  |ノ      {   ム‐'´    !  「ユダヤの王」をめざし
    _| | |    |  |       `i  |      |  「反ローマ帝国運動」をたくらんでいたと思うのが妥当
    ┴.| |      !  !, -―― --、|  |      |t 、
    ヾ| |     |  |イニニニニミ|  |      | | ヘ







    227 :175/415 [sage]:2008/06/26(木) 02:28:46.92 ID:8LBOpBko

           _.、-' ,.- 、._     ‐ 、
        ,:ー 、'´  /    `ヽ、.._   ヽ_
       /   `ヽ、/    ヽ     ̄`ヽ 〉ヽ
     /       | 〉    '.   i     Y  |     彼は伝道活動のふりをして
    /       .ト ハ     l   |   l. ', ト.     多くの暴徒たちの身柄を引き受け
    i       | lニ'^´ヽ |  ト.  1   .|  |   〉    大規模な反乱をたくらんでいた
    |  | | | l     | |l.  |」.斗|ー | ! / 〉
    |  | | | |   」斗ヒ] ヒ_ jハ.  ! リ、 ,ハ   そのたくらみが未然に防げたのは幸運だけど
    |  、´l ̄j.ニト    ´ ヘ´r‐、 iンL.ル | Y | ',   その指導者を裁かなければ
    !、  |ヽゝfVrt.',      うッソ|.     レ  | ',  ユダヤの平和は保たれない・・・
      ー\|ヽ. 込}         ̄ | l    l   ト. ', 
        |  ',   '        | |  | l   | ヽ ',
        |   ヽ    -    ,. |,'!  ,′′  !  ヽ 
        ||   `ト,、._   /   | ./ ,′   |\
         、ト.  ハ.| l/ ヽ ´   .ノイ |/    .|ァー-
         ハ   | ∨ //    , イノ       /|   . -
       rイ/  ヽ| / /'二.ー .._/,/     .// /  







    228 :176/415 [sage]:2008/06/26(木) 02:29:14.04 ID:8LBOpBko

            r- 、..--/::::::::::丶,.__
         _,.イ:::::::::::::V :::::::::::::::::::::::` 、     
        r:::::::::::::::::::: ,.ヘ::/ヽ.:::::::::::::::::::::::ヽ.     
        ノ::::|:::::::::| ::::::l::ヾ/:::丶:::::::: |::::ヽ:::::ヽ    だから、私はナザレのやる夫を
       ,イ:::::::|:::::::::| :::::::トr'` "´|:::::::::ハ:::!|:::::l:::l    ローマの長官ピラトに身柄を引き渡し
    .  l::|:::::::|:::::::::ゝ::::::|    |:l::::::l| |::!|:::::|:::l    十字架刑に処すように訴えようと考えます
       | ! :::::|:|:::|::::ハ:::::|    |ィ!ニリ=j、レィ:r┘   
       l !::l::::N:::ハ:::ィ!ニjlゞ     , ,.==..、 l:: |:: |    皆さん、いかがでしょうか?
       ヽ::|:::::ゝ:〆           ヒf::j ' l::::l::: |   
       |ゞ`--ハ    ___      ー'   l::::|::: |   反対のかたは挙手をしてください!
       |:::|:::::::::ハ '" ̄     、     リ::ハ::: |   
       l::::|:::::::::ハ      -  '    イ:::::::|ハ::|   
       l:::ハ::::::::::l:::lヘ.          .イ:::|:::::::!:::|::',  
       |:::::∧::::::|:::|:::::ヘ   .. __ /l::l::::!::::ノ::: |:::ヘ 
       ' :::::|::::ゝ:::|::ハ|::| / |      Ll ::レイ :::::|::::::::ヽ
      /:_:rイ::/::::`:::::: //__      / l:::::/:::::::::|ヽ__ _:







    229 :177/415 [sage]:2008/06/26(木) 02:29:41.94 ID:8LBOpBko

                    ./" ̄ ̄"''ヽ       _,, -‐- ,,_
            ./ ̄"ヽ    i        .|    ./
         / ̄'',!-、d |  ./¨ヽ {0}   .|   ./
         ,!-、dヽニ,'  ',  i_,.ノ      |   /¨`ヽ  {0}     ・・・・・・・・・・
        ヽニ,  ,'  /´ \ `‐-    _,,,,..|  i__,,.ノ
         l´  >、_/    \__,>、,r'''"   |   `ー-
        . l   l /      /〈 ー'      ヽ   |
         l   ノ l .l    / /        l,r‐';"´〉  ,r'",r''"
        l,--、l / l     ,l     /     / 〈 /'-'フ" <
    _,r=='  ノ`〉 l   / /    /      l   ヽl/"''''''''"
    _,r‐'"  / 〈  l''''''フ´ l    /      ノ   l/ /
    ‐‐''''フ"  ,r''l_,.ノ/  .(    ./     /   / /
    ‐<ニ--‐‐''" /   /   /`''ヽ、,_ ノ   / /
    _r=ニ>-==‐'フ   /  ,..ノ     >'   ,-ム、'







    230 :以 下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]: 2008/06/26(木) 02:30:09.59 ID:r9BHTXk0
    >>229
    ちょwwwwwwwwwwww






    232 :以 下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします :2008/06/26 (木) 02:30:33.61 ID:9rM/P8.0
    また出やがったwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww
    やべぇ悲壮な場面なのに吹いちまうwwwwwwwwwwwwwwww






    231 :178/415 [sage]:2008/06/26(木) 02:30:11.61 ID:8LBOpBko

           ,.  ´ ̄ ̄ ̄`  、_      
           / /          \    
         /  / /          ヽ ヽ   
        / / / / /    ヽ ヽ  、  '. ハ   ・・・・・な、なにを言っている?
        / / / / /ト、 i    |   i  i  |   !  
      /,イi | ! | ! ヽ \  ト、 | i ! !   \ 反ローマ運動?
      〃 || 「「><ヽ|\| \!_>v1ハイ  ト-ヽ
    /   !ト、ト、! ̄ ̄`ヽ  f'〃 fr示 !  i !   政治犯?
       〃トr 斗  //  |-、 !  r' ,イ rY 从  
      / レヘ|ヽ __,.ノ ; ヽ __ ̄_ jイノ〃   十字架刑?
          V ト、     _    乂 /レ'    
           ヽ! >  _ _,. イ!/ /       どうして、やる夫先生が?
            ヽレ'´ j    「メ、       
          _,. ':.:.:.:.:r- 、  -‐〉:.:.:.ヽ      
        r'「!:.:.:.:.:.:.:.:.:.L-  ―--!:.:.:.:.:.:.:.\   
        ∧:.!:!:.:.:.:.:.:.:.:.ヒ二二ニ」:.:.:.:.:.:.:.:.//>、 
                             






    233 :179/415 [sage]:2008/06/26(木) 02:30:55.78 ID:8LBOpBko

           __/ ヽ―― x '\
         __/       \/    ̄ヽ
        /   , / ,'  !       ヽ   ハ__   まあまあ、落ち着いてよ、ユダ・イスカリオテ
       /  / | |  | /ヽ  , ヘ.  !   !   ヘ  
      |   |  | |  | |,,, 、,, 、,,,|  |   |  i ハ  衆議会の皆さんの前で
      ,'|   |  | |  | |      |  |   |  | i| | 師を思う優しい弟子を気取ろうとするのは
    .  | !   ! ∧_! -i! !      ! 」_ / / i | 仕方ないことだけど
      | ヽ  i| !tニムヱ}」    ム旡ニzx_/  ィ ! あなたは決して「裏切り者」ではない
      |  ヘ_ハ__|            '¬' |___/j/ 
      | ( i   |z==ミ      ィ==z|  | |  ユダヤの正義のために師を告発したという
      | /│  |      ,        !  ! |  とても勇気のある行為をしたのよ
     | | i!   |     __      |  |  !  
    _│ |  !   |ヽ    `ー'    , イ   !!  |  
     | | │  !   > 、     , < │  ||   !
     | |  ヽ  |-‐ri|  >‐< |ー- |  リ  │ 
    │ | |   ヘ|  |ノ      {   ム‐'´    !  
    _| | |    |  |       `i  |      |  
    ┴.| |      !  !, -―― --、|  |      |t 、
    ヾ| |     |  |イニニニニミ|  |      | | ヘ







    234 :1 [sage]:2008/06/26(木) 02:32:51.61 ID:8LBOpBko
    >>230
    >>232
    あんな彼らに見つめられたユダの心境やいかに?
    という感じで楽しんでくださいな

    実際、偉い人たちが不気味に沈黙している様子は
    他人事としてみれば、かなり笑える光景ですし






    235 :180/415 [sage]:2008/06/26(木) 02:33:21.94 ID:8LBOpBko

           ,.  ´ ̄ ̄ ̄`  、_      
           / /          \    
         /  / /          ヽ ヽ   
        / / / / /    ヽ ヽ  、  '. ハ  
        / / / / /ト、 i    |   i  i  |   !  ち、違う!
      /,イi | ! | ! ヽ \  ト、 | i ! !   \ 
      〃 || 「「><ヽ|\| \!_>v1ハイ  ト-ヽ私は「神殿侮辱罪」として・・・・
    /   !ト、ト、! ̄ ̄`ヽ  f'〃 fr示 !  i !  
       〃トr 斗  //  |-、 !  r' ,イ rY 从  
      / レヘ|ヽ __,.ノ ; ヽ __ ̄_ jイノ〃   
          V ト、     _    乂 /レ'    
           ヽ! >  _ _,. イ!/ /      
            ヽレ'´ j    「メ、      
          _,. ':.:.:.:.:r- 、  -‐〉:.:.:.ヽ     
        r'「!:.:.:.:.:.:.:.:.:.L-  ―--!:.:.:.:.:.:.:.\   
        ∧:.!:!:.:.:.:.:.:.:.:.ヒ二二ニ」:.:.:.:.:.:.:.:.//>、 







    236 :181/415 [sage]:2008/06/26(木) 02:33:58.40 ID:8LBOpBko

                    ./" ̄ ̄"''ヽ       _,, -‐- ,,_
            ./ ̄"ヽ    i        .|    ./
         / ̄'',!-、d |  ./¨ヽ {0}   .|   ./
         ,!-、dヽニ,'  ',  i_,.ノ      |   /¨`ヽ  {0}     ・・・・・・・・・・
        ヽニ,  ,'  /´ \ `‐-    _,,,,..|  i__,,.ノ
         l´  >、_/    \__,>、,r'''"   |   `ー-
        . l   l /      /〈 ー'      ヽ   |
         l   ノ l .l    / /        l,r‐';"´〉  ,r'",r''"
        l,--、l / l     ,l     /     / 〈 /'-'フ" <
    _,r=='  ノ`〉 l   / /    /      l   ヽl/"''''''''"
    _,r‐'"  / 〈  l''''''フ´ l    /      ノ   l/ /
    ‐‐''''フ"  ,r''l_,.ノ/  .(    ./     /   / /
    ‐<ニ--‐‐''" /   /   /`''ヽ、,_ ノ   / /
    _r=ニ>-==‐'フ   /  ,..ノ     >'   ,-ム、'







    237 :182/415 [sage]:2008/06/26(木) 02:34:31.40 ID:8LBOpBko

    .  /                ヽ    \  \    
     ,'     /  /            l    \  ヽ   
     !     /  /     /  ,'    |  l   ハ  ヘ、   
    . | !   l   l     /  /   ,イ !   i   ! l ヽ ',  
    . l |   l   l  ,/  〃 ,/   /│ l  j   l│  ! l 
    ノ | ! │   | /_// //  / ,' ∧ / |  / j   l│  ・・・・・・・・・・・・・・・・
     ノ l ァ|   |尢/‐=乞t/ / /∠ニ「厂! / ,/  / リ  
    _イ 八{´l  !レ<f{矛:下 'ヽ _〃イ孑代勹 イ } /    
    .    Vハ  |{  r';;_zj  f} ⌒{! r';;zリ /}, '//    .
        ヽ ',  | ` ー―‐‐ '  、 `ー-- チ' /       
         `ヘ lヽ       _      厶 ./        
            ', {.代ト、          , イ | /        
           \_'i| > 、 _ , イ/ V l./        ...
            / ヽj       {`ヽ   ′         
    .    _ /  「´        ヽ} \          
    , -‐ ´     l‐--‐、 _ -‐ |   ` ー- 、      .







    238 :183/415 [sage]:2008/06/26(木) 02:34:56.12 ID:8LBOpBko

           __/ ヽ―― x '\
         __/       \/    ̄ヽ
        /   , / ,'  !       ヽ   ハ__   
       /  / | |  | /ヽ  , ヘ.  !   !   ヘ  そうそう、肝心なことを忘れてたわ
      |   |  | |  | |,,, 、,, 、,,,|  |   |  i ハ  
      ,'|   |  | |  | |      |  |   |  | i| | これを受け取りなさい
    .  | !   ! ∧_! -i! !      ! 」_ / / i | 
      | ヽ  i| !tニムヱ}」    ム旡ニzx_/  ィ ! 
      |  ヘ_ハ__|            '¬' |___/j/ 
      | ( i   |z==ミ      ィ==z|  | |  
      | /│  |      ,        !  ! |  
     | | i!   |     __      |  |  !  
    _│ |  !   |ヽ    `ー'    , イ   !!  |  
     | | │  !   > 、     , < │  ||   !
     | |  ヽ  |-‐ri|  >‐< |ー- |  リ  │ 
    │ | |   ヘ|  |ノ      {   ム‐'´    !  
    _| | |    |  |       `i  |      |  
    ┴.| |      !  !, -―― --、|  |      |t 、
    ヾ| |     |  |イニニニニミ|  |      | | ヘ







    239 :184/415 [sage]:2008/06/26(木) 02:35:22.36 ID:8LBOpBko

           ,.  ´ ̄ ̄ ̄`  、_      
           / /          \    
         /  / /          ヽ ヽ   
        / / / / /    ヽ ヽ  、  '. ハ  
        / / / / /ト、 i    |   i  i  |   !  ・・・・・これは何の真似?
      /,イi | ! | ! ヽ \  ト、 | i ! !   \ 
      〃 || 「「><ヽ|\| \!_>v1ハイ  ト-ヽ
    /   !ト、ト、! ̄ ̄`ヽ  f'〃 fr示 !  i !  
       〃トr 斗  //  |-、 !  r' ,イ rY 从  
      / レヘ|ヽ __,.ノ ; ヽ __ ̄_ jイノ〃   
          V ト、     _    乂 /レ'    
           ヽ! >  _ _,. イ!/ /      
            ヽレ'´ j    「メ、      
          _,. ':.:.:.:.:r- 、  -‐〉:.:.:.ヽ     
        r'「!:.:.:.:.:.:.:.:.:.L-  ―--!:.:.:.:.:.:.:.\   
        ∧:.!:!:.:.:.:.:.:.:.:.ヒ二二ニ」:.:.:.:.:.:.:.:.//>、 







    240 :185/415 [sage]:2008/06/26(木) 02:35:47.24 ID:8LBOpBko

            r- 、..--/::::::::::丶,.__
         _,.イ:::::::::::::V :::::::::::::::::::::::` 、     
        r:::::::::::::::::::: ,.ヘ::/ヽ.:::::::::::::::::::::::ヽ.     
        ノ::::|:::::::::| ::::::l::ヾ/:::丶:::::::: |::::ヽ:::::ヽ    あなたが師匠を告発した報酬よ
       ,イ:::::::|:::::::::| :::::::トr'` "´|:::::::::ハ:::!|:::::l:::l    
    .  l::|:::::::|:::::::::ゝ::::::|    |:l::::::l| |::!|:::::|:::l    銀貨30枚入っているから、
       | ! :::::|:|:::|::::ハ:::::|    |ィ!ニリ=j、レィ:r┘   どうぞ確認してみてね
       l !::l::::N:::ハ:::ィ!ニjlゞ     , ,.==..、 l:: |:: |   
       ヽ::|:::::ゝ:〆           ヒf::j ' l::::l::: |   
       |ゞ`--ハ    ___      ー'   l::::|::: |   
       |:::|:::::::::ハ '" ̄     、     リ::ハ::: |   
       l::::|:::::::::ハ      -  '    イ:::::::|ハ::|   
       l:::ハ::::::::::l:::lヘ.          .イ:::|:::::::!:::|::',  
       |:::::∧::::::|:::|:::::ヘ   .. __ /l::l::::!::::ノ::: |:::ヘ 
       ' :::::|::::ゝ:::|::ハ|::| / |      Ll ::レイ :::::|::::::::ヽ
      /:_:rイ::/::::`:::::: //__      / l:::::/:::::::::|ヽ__ _:







    241 :186/415 [sage]:2008/06/26(木) 02:36:14.27 ID:8LBOpBko

           ,.  ´ ̄ ̄ ̄`  、_      
           / /          \    
         /  / /          ヽ ヽ   
        / / / / /    ヽ ヽ  、  '. ハ  ・・・・・き、貴様
        / / / / /ト、 i    |   i  i  |   !  
      /,イi | ! | ! ヽ \  ト、 | i ! !   \ 私がこんな金で裏切ったとでも!
      〃 || 「「><ヽ|\| \!_>v1ハイ  ト-ヽ
    /   !ト、ト、! ̄ ̄`ヽ  f'〃 fr示 !  i !  
       〃トr 斗  //  |-、 !  r' ,イ rY 从  
      / レヘ|ヽ __,.ノ ; ヽ __ ̄_ jイノ〃   
          V ト、     _    乂 /レ'    
           ヽ! >  _ _,. イ!/ /      
            ヽレ'´ j    「メ、      
          _,. ':.:.:.:.:r- 、  -‐〉:.:.:.ヽ     
        r'「!:.:.:.:.:.:.:.:.:.L-  ―--!:.:.:.:.:.:.:.\   
        ∧:.!:!:.:.:.:.:.:.:.:.ヒ二二ニ」:.:.:.:.:.:.:.:.//>、 







    242 :187/415 [sage]:2008/06/26(木) 02:36:47.84 ID:8LBOpBko

           __/ ヽ―― x '\
         __/       \/    ̄ヽ
        /   , / ,'  !       ヽ   ハ__   なにを言ってるの?
       /  / | |  | /ヽ  , ヘ.  !   !   ヘ  
      |   |  | |  | |,,, 、,, 、,,,|  |   |  i ハ  私はちゃんと言ったわよね
      ,'|   |  | |  | |      |  |   |  | i| | 銀貨「30枚」って
    .  | !   ! ∧_! -i! !      ! 」_ / / i | 
      | ヽ  i| !tニムヱ}」    ム旡ニzx_/  ィ ! 
      |  ヘ_ハ__|            '¬' |___/j/  確かにあなたのやったことは
      | ( i   |z==ミ      ィ==z|  | |  ユダヤの平和を守った勇敢なことだけど
      | /│  |      ,        !  ! |  これ以上は出せないわ
     | | i!   |     __      |  |  !  
    _│ |  !   |ヽ    `ー'    , イ   !!  |  約束は約束だからね
     | | │  !   > 、     , < │  ||   !
     | |  ヽ  |-‐ri|  >‐< |ー- |  リ  │ 
    │ | |   ヘ|  |ノ      {   ム‐'´    !  
    _| | |    |  |       `i  |      |  
    ┴.| |      !  !, -―― --、|  |      |t 、
    ヾ| |     |  |イニニニニミ|  |      | | ヘ







    243 :以 下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします :2008/06/26 (木) 02:36:53.82 ID:9rM/P8.0
    これが一般的に「裏切り者」扱いされてるんだな・・・






    244 :188/415 [sage]:2008/06/26(木) 02:37:15.77 ID:8LBOpBko

           ,.  ´ ̄ ̄ ̄`  、_      
           / /          \    
         /  / /          ヽ ヽ   
        / / / / /    ヽ ヽ  、  '. ハ  
        / / / / /ト、 i    |   i  i  |   !  ・・・・・ち、違う!
      /,イi | ! | ! ヽ \  ト、 | i ! !   \ 
      〃 || 「「><ヽ|\| \!_>v1ハイ  ト-ヽ
    /   !ト、ト、! ̄ ̄`ヽ  f'〃 fr示 !  i !  
       〃トr 斗  //  |-、 !  r' ,イ rY 从  
      / レヘ|ヽ __,.ノ ; ヽ __ ̄_ jイノ〃   
          V ト、     _    乂 /レ'    
           ヽ! >  _ _,. イ!/ /      
            ヽレ'´ j    「メ、      
          _,. ':.:.:.:.:r- 、  -‐〉:.:.:.ヽ     
        r'「!:.:.:.:.:.:.:.:.:.L-  ―--!:.:.:.:.:.:.:.\   
        ∧:.!:!:.:.:.:.:.:.:.:.ヒ二二ニ」:.:.:.:.:.:.:.:.//>、 







    245 :189/415 [sage]:2008/06/26(木) 02:37:44.22 ID:8LBOpBko

            r- 、..--/::::::::::丶,.__
         _,.イ:::::::::::::V :::::::::::::::::::::::` 、      ああ、そうか
        r:::::::::::::::::::: ,.ヘ::/ヽ.:::::::::::::::::::::::ヽ.     
        ノ::::|:::::::::| ::::::l::ヾ/:::丶:::::::: |::::ヽ:::::ヽ    人前で報酬を受け取るのが恥ずかしいのね
       ,イ:::::::|:::::::::| :::::::トr'` "´|:::::::::ハ:::!|:::::l:::l    
    .  l::|:::::::|:::::::::ゝ::::::|    |:l::::::l| |::!|:::::|:::l    でもね、こういうのは、ちゃんとしておかないと
       | ! :::::|:|:::|::::ハ:::::|    |ィ!ニリ=j、レィ:r┘   あとで「もらってない」とか「少ない」とか
       l !::l::::N:::ハ:::ィ!ニjlゞ     , ,.==..、 l:: |:: |    抗議されると困るのよ
       ヽ::|:::::ゝ:〆           ヒf::j ' l::::l::: |   
       |ゞ`--ハ    ___      ー'   l::::|::: |   この銀貨30枚だって
       |:::|:::::::::ハ '" ̄     、     リ::ハ::: |   ちゃんと経費として計上しなくちゃいけないから
       l::::|:::::::::ハ      -  '    イ:::::::|ハ::|   議員の皆さんに納得しなければいけないの
       l:::ハ::::::::::l:::lヘ.          .イ:::|:::::::!:::|::',  
       |:::::∧::::::|:::|:::::ヘ   .. __ /l::l::::!::::ノ::: |:::ヘ ユダヤの平和を保つための
       ' :::::|::::ゝ:::|::ハ|::| / |      Ll ::レイ :::::|::::::::ヽ貴重な財源から出したのよ
      /:_:rイ::/::::`:::::: //__      / l:::::/:::::::::|ヽ__ _:
                               感謝して、受け取りなさい







    246 :以 下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]: 2008/06/26(木) 02:38:07.71 ID:eN3HOpAo
    恥ずかしながらおいらは太宰さんの小説で初めてユダを知りましたww
    ただの裏切り者じゃなく、いろんな苦悩があったんですね






    247 :190/415 [sage]:2008/06/26(木) 02:38:15.96 ID:8LBOpBko

           ,.  ´ ̄ ̄ ̄`  、_      
           / /          \    
         /  / /          ヽ ヽ   
        / / / / /    ヽ ヽ  、  '. ハ   ・・・・・・・・・・・・
        / / / / /ト、 i    |   i  i  |   !  
      /,イi | ! | ! ヽ \  ト、 | i ! !   \ わ、私は・・・・・
      〃 || 「「><ヽ|\| \!_>v1ハイ  ト-ヽ
    /   !ト、ト、! ̄ ̄`ヽ  f'〃 fr示 !  i !  
       〃トr 斗  //  |-、 !  r' ,イ rY 从  
      / レヘ|ヽ __,.ノ ; ヽ __ ̄_ jイノ〃   
          V ト、     _    乂 /レ'    
           ヽ! >  _ _,. イ!/ /      
            ヽレ'´ j    「メ、      
          _,. ':.:.:.:.:r- 、  -‐〉:.:.:.ヽ     
        r'「!:.:.:.:.:.:.:.:.:.L-  ―--!:.:.:.:.:.:.:.\   
        ∧:.!:!:.:.:.:.:.:.:.:.ヒ二二ニ」:.:.:.:.:.:.:.:.//>、 







    248 :191/415 [sage]:2008/06/26(木) 02:38:52.10 ID:8LBOpBko

                    ./" ̄ ̄"''ヽ       _,, -‐- ,,_
            ./ ̄"ヽ    i        .|    ./
         / ̄'',!-、d |  ./¨ヽ {0}   .|   ./
         ,!-、dヽニ,'  ',  i_,.ノ      |   /¨`ヽ  {0}     ・・・・・・・・・・
        ヽニ,  ,'  /´ \ `‐-    _,,,,..|  i__,,.ノ
         l´  >、_/    \__,>、,r'''"   |   `ー-
        . l   l /      /〈 ー'      ヽ   |
         l   ノ l .l    / /        l,r‐';"´〉  ,r'",r''"
        l,--、l / l     ,l     /     / 〈 /'-'フ" <
    _,r=='  ノ`〉 l   / /    /      l   ヽl/"''''''''"
    _,r‐'"  / 〈  l''''''フ´ l    /      ノ   l/ /
    ‐‐''''フ"  ,r''l_,.ノ/  .(    ./     /   / /
    ‐<ニ--‐‐''" /   /   /`''ヽ、,_ ノ   / /
    _r=ニ>-==‐'フ   /  ,..ノ     >'   ,-ム、'







    249 :192/415 [sage]:2008/06/26(木) 02:40:27.77 ID:8LBOpBko

    .  /                ヽ    \  \   
     ,'     /  /            l    \  ヽ   
     !     /  /     /  ,'    |  l   ハ  ヘ、  (・・・すべては仕組まれていたのか
    . | !   l   l     /  /   ,イ !   i   ! l ヽ ',  
    . l |   l   l  ,/  〃 ,/   /│ l  j   l│  ! l  私はそんな罠に気づかず
    ノ | ! │   | /_// //  / ,' ∧ / |  / j   l│  むしろ、みずから進んで
     ノ l ァ|   |尢/‐=乞t/ / /∠ニ「厂! / ,/  / リ  やる夫先生を差し出してしまったのか・・・
    _イ 八{´l  !レ<f{矛:下 'ヽ _〃イ孑代勹 イ } /   
    .    Vハ  |{  r';;_zj  f} ⌒{! r';;zリ /}, '//    . ユダヤ衆議会の議員たちに根回しもせず
        ヽ ',  | ` ー―‐‐ '  、 `ー-- チ' /        私は裁判の「公正」さを信じきっていた・・・
         `ヘ lヽ       _      厶 ./         
            ', {.代ト、          , イ | /         しかし、議員たちは沈黙を保つだけ)
           \_'i| > 、 _ , イ/ V l./          
            / ヽj       {`ヽ   ′          
    .    _ /  「´        ヽ} \          
    , -‐ ´     l‐--‐、 _ -‐ |   ` ー- 、      







    250 :193/415 [sage]:2008/06/26(木) 02:41:08.26 ID:8LBOpBko

           ,.  ´ ̄ ̄ ̄`  、_      
           / /          \    
         /  / /          ヽ ヽ   
        / / / / /    ヽ ヽ  、  '. ハ  
        / / / / /ト、 i    |   i  i  |   !  (何と愚かなことだ
      /,イi | ! | ! ヽ \  ト、 | i ! !   \  私は何を期待していた?
      〃 || 「「><ヽ|\| \!_>v1ハイ  ト-ヽ
    /   !ト、ト、! ̄ ̄`ヽ  f'〃 fr示 !  i !   なぜ、なぜ
       〃トr 斗  //  |-、 !  r' ,イ rY 从   こんな結末を私は・・・・・)
      / レヘ|ヽ __,.ノ ; ヽ __ ̄_ jイノ〃   
          V ト、     _    乂 /レ'    
           ヽ! >  _ _,. イ!/ /      
            ヽレ'´ j    「メ、      
          _,. ':.:.:.:.:r- 、  -‐〉:.:.:.ヽ     
        r'「!:.:.:.:.:.:.:.:.:.L-  ―--!:.:.:.:.:.:.:.\   
        ∧:.!:!:.:.:.:.:.:.:.:.ヒ二二ニ」:.:.:.:.:.:.:.:.//>、 







    251 :194/415 [sage]:2008/06/26(木) 02:41:39.05 ID:8LBOpBko

      /  〃/   イ f``ヾー "´´ | |   l |   │    !
      |   | !|    :| |        | |   l |   │   ! ! 
      |   | !|    :| |        | |   l |   │   ! | ねえ、
      |   | !   | |_      、__| |   :j ! |    |   |i| | ユダ・イスカリオテ
      l   _jzム≦た!ニf'"    ヾにj≧kムj、|     j   リ| | 
      ヽ'" | j \  l {        / /  /丁7    /   / | |  あなたの出番はもう終わったから
      __トィ''チ示アミー       フイ''テ圷、/   :/  ,' / j/ 退去してよね
    _,,ム<{イ f::::`イ}         { f:::::`イハ>┬='_/ノ    
       ! V^tzc'         V^tzc'  /!¨´  「     邪魔だから
        l  ゝ=='-            ゝ=='´ / i     |     
        |!           !          / !     |      
        ハ、        '        /  i.    |
         !ゝ、       ー ‐       ,. イ  i    |      
        ',   i> 、       , ィ<1/  /     i|      
    ∧.   ∨ i|.  > 、 __,. < l //  /     i|
     ヽ    Vi|             | {/   /     八     







    252 :195/415 [sage]:2008/06/26(木) 02:42:07.74 ID:8LBOpBko

    .  /                ヽ    \  \   
     ,'     /  /            l    \  ヽ   
     !     /  /     /  ,'    |  l   ハ  ヘ、 
    . | !   l   l     /  /   ,イ !   i   ! l ヽ ',  
    . l |   l   l  ,/  〃 ,/   /│ l  j   l│  ! l  
    ノ | ! │   | /_// //  / ,' ∧ / |  / j   l│ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
     ノ l ァ|   |尢/‐=乞t/ / /∠ニ「厂! / ,/  / リ 
    _イ 八{´l  !レ<f{矛:下 'ヽ _〃イ孑代勹 イ } /   
    .    Vハ  |{  r';;_zj  f} ⌒{! r';;zリ /}, '//    .
        ヽ ',  | ` ー―‐‐ '  、 `ー-- チ' /      
         `ヘ lヽ       _      厶 ./        
            ', {.代ト、          , イ | /        
           \_'i| > 、 _ , イ/ V l./         
            / ヽj       {`ヽ   ′        
    .    _ /  「´        ヽ} \          
    , -‐ ´     l‐--‐、 _ -‐ |   ` ー- 、      







    253 :196/415 [sage]:2008/06/26(木) 02:42:45.72 ID:8LBOpBko

           ____
         /      \     
       /  _ノ  ヽ、_  \   (・・・・・ユダよ)
      /   (―)  (―)  \  
      |  ノ  (__人__) ヽ、  |  
      \     ` ⌒´     /  
      ノ           \







    254 :197/415 [sage]:2008/06/26(木) 02:43:17.71 ID:8LBOpBko

            r- 、..--/::::::::::丶,.__
         _,.イ:::::::::::::V :::::::::::::::::::::::` 、      
        r:::::::::::::::::::: ,.ヘ::/ヽ.:::::::::::::::::::::::ヽ.     
        ノ::::|:::::::::| ::::::l::ヾ/:::丶:::::::: |::::ヽ:::::ヽ    では、次に犯罪者ナザレのやる夫一味の
       ,イ:::::::|:::::::::| :::::::トr'` "´|:::::::::ハ:::!|:::::l:::l    幹部に来てもらいましょう
    .  l::|:::::::|:::::::::ゝ::::::|    |:l::::::l| |::!|:::::|:::l   
       | ! :::::|:|:::|::::ハ:::::|    |ィ!ニリ=j、レィ:r┘   
       l !::l::::N:::ハ:::ィ!ニjlゞ     , ,.==..、 l:: |:: |   
       ヽ::|:::::ゝ:〆           ヒf::j ' l::::l::: |   
       |ゞ`--ハ    ___      ー'   l::::|::: |   
       |:::|:::::::::ハ '" ̄     、     リ::ハ::: |   
       l::::|:::::::::ハ      -  '    イ:::::::|ハ::|   
       l:::ハ::::::::::l:::lヘ.          .イ:::|:::::::!:::|::',  
       |:::::∧::::::|:::|:::::ヘ   .. __ /l::l::::!::::ノ::: |:::ヘ 
       ' :::::|::::ゝ:::|::ハ|::| / |      Ll ::レイ :::::|::::::::ヽ
      /:_:rイ::/::::`:::::: //__      / l:::::/:::::::::|ヽ__ _:







    255 :1 [sage]:2008/06/26(木) 02:46:20.92 ID:8LBOpBko
    >>243
    >>246

    この物語のユダの描写は、かなり大胆な仮説です

    ただし、新約聖書にあるような「悪魔が入ったせい」だの
    「銀貨30枚がほしかった」だのいうことが
    裏切った理由とはとても思えないので、
    当時の歴史背景も考慮に入れ、このような筋書きにしました

    まあ、歴史小説として楽しんでいただけたら、と思います







    256 :以 下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]: 2008/06/26(木) 02:46:32.84 ID:r9BHTXk0
    >>251
    残酷だけど、華のあるシーンだと関心してしまった・・
    >>1さんの才能に嫉妬ww






    257 :198/415 [sage]:2008/06/26(木) 02:46:54.79 ID:8LBOpBko

               -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、    
             / /" `ヽ ヽ  \   
           //, '/     ヽハ  、 ヽ 
           〃 {_{       リ| l.│ i|   ・・・・・・・・・・・
           レ!小lノ    `ヽ 从 |、i|  
            ヽ|l ●   ●  | .|ノ│ 
            |ヘ⊃ 、_,、_,⊂⊃j  | , |  
            | /⌒l,、 __, イァト |/ |  
            | /  /::|三/:://  ヽ |  
           | |  l ヾ∨:::/ ヒ::::彡, |  


               ____
            /      \    
          /u  ノ  \ \    (・・・・ペテロ
        /   u (●) (●) \     どうして、ここに?)
        | u  ノ  (__人__) ヽ、 |  
         \  u  .` ⌒    /
        ノ            \  







    258 :199/415 [sage]:2008/06/26(木) 02:47:31.53 ID:8LBOpBko

           __/ ヽ―― x '\
         __/       \/    ̄ヽ
        /   , / ,'  !       ヽ   ハ__   
       /  / | |  | /ヽ  , ヘ.  !   !   ヘ  
      |   |  | |  | |,,, 、,, 、,,,|  |   |  i ハ  この者はガリラヤ地方のしがない漁師ですが、
      ,'|   |  | |  | |      |  |   |  | i| | ナザレのやる夫にたぶらかされて
    .  | !   ! ∧_! -i! !      ! 」_ / / i | 反ローマ運動に手を貸そうとしていました
      | ヽ  i| !tニムヱ}」    ム旡ニzx_/  ィ ! 
      |  ヘ_ハ__|            '¬' |___/j/  身の程知らずもいいところですね
      | ( i   |z==ミ      ィ==z|  | |  
      | /│  |      ,        !  ! |  
     | | i!   |     __      |  |  !  
    _│ |  !   |ヽ    `ー'    , イ   !!  |  
     | | │  !   > 、     , < │  ||   !
     | |  ヽ  |-‐ri|  >‐< |ー- |  リ  │ 
    │ | |   ヘ|  |ノ      {   ム‐'´    !  
    _| | |    |  |       `i  |      |  
    ┴.| |      !  !, -―― --、|  |      |t 、
    ヾ| |     |  |イニニニニミ|  |      | | ヘ







    259 :200/415 [sage]:2008/06/26(木) 02:48:15.00 ID:8LBOpBko

               -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
            / /" `ヽ ヽ  \   
           //, '/     ヽハ  、 ヽ  ・・・・・・・・・・・・
           〃 {_{    U  リ| l.│ i|   
           レ!小lノ    `ヽ 从 |、i|  
            ヽ|l --   --u | .|ノ│  
             |ヘ⊃ 、_,、_,⊂⊃j  | , |  
            | /⌒l __, イァト |/ |  
       .     | /  /::|三/:://  ヽ |  
            | |  l ヾ∨:::/ ヒ::::彡, |  







    260 :201/415 [sage]:2008/06/26(木) 02:48:44.91 ID:8LBOpBko

           _.、-' ,.- 、._     ‐ 、
        ,:ー 、'´  /    `ヽ、.._   ヽ_
       /   `ヽ、/    ヽ     ̄`ヽ 〉ヽ
     /       | 〉    '.   i     Y  |     田舎のしがない漁師のくせに
    /       .ト ハ     l   |   l. ', ト.     なぜ、こんな大胆な計画に身を投じたのか?
    i       | lニ'^´ヽ |  ト.  1   .|  |   〉   
    |  | | | l     | |l.  |」.斗|ー | ! / 〉    すべての元凶は、ナザレのやる夫にあります
    |  | | | |   」斗ヒ] ヒ_ jハ.  ! リ、 ,ハ   
    |  、´l ̄j.ニト    ´ ヘ´r‐、 iンL.ル | Y | ',   無知なこの漁師は
    !、  |ヽゝfVrt.',      うッソ|.     レ  | ',  ナザレのやる夫にそそのかされて
      ー\|ヽ. 込}         ̄ | l    l   ト. ',  愚かにも反ローマ運動に身を投じたのです
        |  ',   '        | |  | l   | ヽ ',
        |   ヽ    -    ,. |,'!  ,′′  !  ヽ 
        ||   `ト,、._   /   | ./ ,′   |\
         、ト.  ハ.| l/ ヽ ´   .ノイ |/    .|ァー-
         ハ   | ∨ //    , イノ       /|   . -
       rイ/  ヽ| / /'二.ー .._/,/     .// /  







    261 :202/415 [sage]:2008/06/26(木) 02:49:16.14 ID:8LBOpBko

            r- 、..--/::::::::::丶,.__
         _,.イ:::::::::::::V :::::::::::::::::::::::` 、      
        r:::::::::::::::::::: ,.ヘ::/ヽ.:::::::::::::::::::::::ヽ.    だから、私は
        ノ::::|:::::::::| ::::::l::ヾ/:::丶:::::::: |::::ヽ:::::ヽ   彼が「ナザレのやる夫のことは知らない」といえば
       ,イ:::::::|:::::::::| :::::::トr'` "´|:::::::::ハ:::!|:::::l:::l   寛大な心で、この漁師と一味を許そうと考えています
    .  l::|:::::::|:::::::::ゝ::::::|    |:l::::::l| |::!|:::::|:::l   
       | ! :::::|:|:::|::::ハ:::::|    |ィ!ニリ=j、レィ:r┘  反対のかたは挙手をどうぞ
       l !::l::::N:::ハ:::ィ!ニjlゞ     , ,.==..、 l:: |:: |   
       ヽ::|:::::ゝ:〆           ヒf::j ' l::::l::: |   
       |ゞ`--ハ    ___      ー'   l::::|::: |   
       |:::|:::::::::ハ '" ̄     、     リ::ハ::: |   
       l::::|:::::::::ハ      -  '    イ:::::::|ハ::|   
       l:::ハ::::::::::l:::lヘ.          .イ:::|:::::::!:::|::',  
       |:::::∧::::::|:::|:::::ヘ   .. __ /l::l::::!::::ノ::: |:::ヘ 
       ' :::::|::::ゝ:::|::ハ|::| / |      Ll ::レイ :::::|::::::::ヽ
      /:_:rイ::/::::`:::::: //__      / l:::::/:::::::::|ヽ__ _:







    262 :203/415 [sage]:2008/06/26(木) 02:49:49.99 ID:8LBOpBko

                    ./" ̄ ̄"''ヽ       _,, -‐- ,,_
            ./ ̄"ヽ    i        .|    ./
         / ̄'',!-、d |  ./¨ヽ {0}   .|   ./
         ,!-、dヽニ,'  ',  i_,.ノ      |   /¨`ヽ  {0}     ・・・・・・・・・・
        ヽニ,  ,'  /´ \ `‐-    _,,,,..|  i__,,.ノ
         l´  >、_/    \__,>、,r'''"   |   `ー-
        . l   l /      /〈 ー'      ヽ   |
         l   ノ l .l    / /        l,r‐';"´〉  ,r'",r''"
        l,--、l / l     ,l     /     / 〈 /'-'フ" <
    _,r=='  ノ`〉 l   / /    /      l   ヽl/"''''''''"
    _,r‐'"  / 〈  l''''''フ´ l    /      ノ   l/ /
    ‐‐''''フ"  ,r''l_,.ノ/  .(    ./     /   / /
    ‐<ニ--‐‐''" /   /   /`''ヽ、,_ ノ   / /
    _r=ニ>-==‐'フ   /  ,..ノ     >'   ,-ム、'






    263 :204/415 [sage]:2008/06/26(木) 02:50:16.04 ID:8LBOpBko

           __/ ヽ―― x '\
         __/       \/    ̄ヽ
        /   , / ,'  !       ヽ   ハ__   
       /  / | |  | /ヽ  , ヘ.  !   !   ヘ  
      |   |  | |  | |,,, 、,, 、,,,|  |   |  i ハ  じゃあ、漁師
      ,'|   |  | |  | |      |  |   |  | i| | 
    .  | !   ! ∧_! -i! !      ! 」_ / / i | 罪を許してもらいたければ
      | ヽ  i| !tニムヱ}」    ム旡ニzx_/  ィ ! こう言うことね
      |  ヘ_ハ__|            '¬' |___/j/ 
      | ( i   |z==ミ      ィ==z|  | |  「ナザレのやる夫のことは知らない」と
      | /│  |      ,        !  ! |  
     | | i!   |     __      |  |  !  
    _│ |  !   |ヽ    `ー'    , イ   !!  |  
     | | │  !   > 、     , < │  ||   !
     | |  ヽ  |-‐ri|  >‐< |ー- |  リ  │ 
    │ | |   ヘ|  |ノ      {   ム‐'´    !  
    _| | |    |  |       `i  |      |  
    ┴.| |      !  !, -―― --、|  |      |t 、
    ヾ| |     |  |イニニニニミ|  |      | | ヘ







    264 :205/415 [sage]:2008/06/26(木) 02:52:10.32 ID:8LBOpBko

            -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
         / /" `ヽ ヽ  \    (・・・・・・もし、私の命を引きかえに
        //, '/     ヽハ  、 ヽ   やる夫先生のことを許してくれるのならば
        〃 {_{    U  リ| l.│ i|    私だって命を差し出しただろう
        レ!小lノ    `ヽ 从 |、i|  
         ヽ|l --   --u | .|ノ│  しかし、私は弟子たちの命をあずかって
          |ヘ⊃ 、_,、_,⊂⊃j  | , |   今、ここにいる・・・
         | /⌒l __, イァト |/ |  
    .     | /  /::|三/:://  ヽ |   私の言葉次第では
         | |  l ヾ∨:::/ ヒ::::彡, |   弟子たちが連座して処刑されてしまう・・・)







    265 :206/415 [sage]:2008/06/26(木) 02:53:43.55 ID:8LBOpBko

           __/ ヽ―― x '\
         __/       \/    ̄ヽ
        /   , / ,'  !       ヽ   ハ__   
       /  / | |  | /ヽ  , ヘ.  !   !   ヘ  
      |   |  | |  | |,,, 、,, 、,,,|  |   |  i ハ  なに、ぐずぐずしてるの?
      ,'|   |  | |  | |      |  |   |  | i| |  
    .  | !   ! ∧_! -i! !      ! 」_ / / i | あなたもナザレのやる夫と
      | ヽ  i| !tニムヱ}」    ム旡ニzx_/  ィ ! 一緒に処刑されたいの?
      |  ヘ_ハ__|            '¬' |___/j/ 
      | ( i   |z==ミ      ィ==z|  | |  
      | /│  |      ,        !  ! |  
     | | i!   |     __      |  |  !  
    _│ |  !   |ヽ    `ー'    , イ   !!  |  
     | | │  !   > 、     , < │  ||   !
     | |  ヽ  |-‐ri|  >‐< |ー- |  リ  │ 
    │ | |   ヘ|  |ノ      {   ム‐'´    ! 
    _| | |    |  |       `i  |      | 
    ┴.| |      !  !, -―― --、|  |      |t
    ヾ| |     |  |イニニニニミ|  |      | | ヘ







    266 :207/415 [sage]:2008/06/26(木) 02:54:08.69 ID:8LBOpBko

         , '´ ̄ ̄` ー-、     
       /   〃" `ヽ、 \    
      / /  ハ/     \ハヘ   
      |i │ l |リ   U   }_}ハ  
      |i | 从 ノu    `ヽ l小N  ・・・・わ、私は、やる夫先生のことは知りません
      |i (|  iu●    ● li|ノ  
      |  i ⊂⊃ 、_,、_, ⊂ノi|    
      |  l  x>、 __, イl |    
      |  lくミヽ::::ヘ三l:::::ノl lヽ   
      |  l( ⌒ )..::::V::/ ( ⌒ )   







    267 :208/415 [sage]:2008/06/26(木) 02:55:22.60 ID:8LBOpBko

      /  〃/   イ f``ヾー "´´ | |   l |   │    !
      |   | !|    :| |        | |   l |   │   ! ! 
      |   | !|    :| |        | |   l |   │   ! | 
      |   | !   | |_      、__| |   :j ! |    |   |i| | なんで、知らない人に「先生」とつけるの?
      l   _jzム≦た!ニf'"    ヾにj≧kムj、|     j   リ| | 
      ヽ'" | j \  l {        / /  /丁7    /   / | |  呼び捨てにしないとおかしいじゃない?
      __トィ''チ示アミー       フイ''テ圷、/   :/  ,' / j/ 
    _,,ム<{イ f::::`イ}         { f:::::`イハ>┬='_/ノ    ほら、やり直し!
       ! V^tzc'         V^tzc'  /!¨´  「     
        l  ゝ=='-            ゝ=='´ / i     |      これで間違ったら許さないからね?
        |!           !          / !     |      
        ハ、        '        /  i.    |
         !ゝ、       ー ‐       ,. イ  i    |      
        ',   i> 、       , ィ<1/  /     i|      
    ∧.   ∨ i|.  > 、 __,. < l //  /     i|
     ヽ    Vi|             | {/   /     八     







    268 :209/415 [sage]:2008/06/26(木) 02:55:58.31 ID:8LBOpBko

             -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
           / /" `ヽ ヽ  \
         //, '/   U ヽハ  、 ヽ
         〃 {_{ノu   `ヽリ| l │ i|   わ、私は、やる夫のことは知りません!
         レ!小l●    ●u从 |、i|
          ヽ|l⊃ 、_,、_, ⊂⊃ |ノ│ 
      /⌒ヽ__|ヘ   ゝ._)   j /⌒i !
      \ /:::::| l>,、 __, イァ/  /│ 
    .    /:::::/| | ヾ:::|三/::{ヘ、__∧ |
       `ヽ< | |  ヾ∨:::/ヾ:::彡'   







    269 :210/415 [sage]:2008/06/26(木) 02:56:23.45 ID:8LBOpBko

            r- 、..--/::::::::::丶,.__
         _,.イ:::::::::::::V :::::::::::::::::::::::` 、      
        r:::::::::::::::::::: ,.ヘ::/ヽ.:::::::::::::::::::::::ヽ.     
        ノ::::|:::::::::| ::::::l::ヾ/:::丶:::::::: |::::ヽ:::::ヽ    うーん、イマイチね
       ,イ:::::::|:::::::::| :::::::トr'` "´|:::::::::ハ:::!|:::::l:::l    
    .  l::|:::::::|:::::::::ゝ::::::|    |:l::::::l| |::!|:::::|:::l    あと、二回、はっきりと言ってもらいましょうか
       | ! :::::|:|:::|::::ハ:::::|    |ィ!ニリ=j、レィ:r┘   
       l !::l::::N:::ハ:::ィ!ニjlゞ     , ,.==..、 l:: |:: |   
       ヽ::|:::::ゝ:〆           ヒf::j ' l::::l::: |   
       |ゞ`--ハ    ___      ー'   l::::|::: |   
       |:::|:::::::::ハ '" ̄     、     リ::ハ::: |   
       l::::|:::::::::ハ      -  '    イ:::::::|ハ::|   
       l:::ハ::::::::::l:::lヘ.          .イ:::|:::::::!:::|::',  
       |:::::∧::::::|:::|:::::ヘ   .. __ /l::l::::!::::ノ::: |:::ヘ 
       ' :::::|::::ゝ:::|::ハ|::| / |      Ll ::レイ :::::|::::::::ヽ
      /:_:rイ::/::::`:::::: //__      / l:::::/:::::::::|ヽ__ _:







    270 :以 下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします :2008/06/26 (木) 02:56:50.21 ID:9rM/P8.0
    鬼畜すぎる・・・






    274 :以 下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]: 2008/06/26(木) 02:57:48.86 ID:eN3HOpAo
    >>269
    冷酷無比ってこういうことですよね…






    271 :211/415 [sage]:2008/06/26(木) 02:56:54.04 ID:8LBOpBko

            / /" `ヽ ヽ  \    
          //, '/   U ヽハ  、 ヽ   
          〃 {_{ノu   `ヽリ| l │ i|   
          レ!小l●    ●u从 |、i|   私は、やる夫のことは知りません!
          ヽ|l ||、_,、_ ||⊃ |ノ│  
    .  /⌒ヽ__|ヘ || ゝ._) ||j /⌒i !    私は、やる夫のことは知りません!!
      \ /:::::| l>,、 __, イァ/  /│   
    .   /:::::/| | ヾ:::|三/::{ヘ、__∧ |.   
       `ヽ< | |  ヾ∨:::/ヾ:::彡' |   







    272 :212/415 [sage]:2008/06/26(木) 02:57:21.38 ID:8LBOpBko

           __/ ヽ―― x '\
         __/       \/    ̄ヽ
        /   , / ,'  !       ヽ   ハ__   
       /  / | |  | /ヽ  , ヘ.  !   !   ヘ  ふふふ
      |   |  | |  | |,,, 、,, 、,,,|  |   |  i ハ  
      ,'|   |  | |  | |      |  |   |  | i| | なんで涙を流しているのかよくわからないけど
    .  | !   ! ∧_! -i! !      ! 」_ / / i | 寛大な心で許してあげましょう
      | ヽ  i| !tニムヱ}」    ム旡ニzx_/  ィ ! 
      |  ヘ_ハ__|            '¬' |___/j/  では、あなたたち一味の罪は不問にするわ
      | ( i   |z==ミ      ィ==z|  | |  
      | /│  |      ,        !  ! |  
     | | i!   |     __      |  |  !  
    _│ |  !   |ヽ    `ー'    , イ   !!  |  
     | | │  !   > 、     , < │  ||   !
     | |  ヽ  |-‐ri|  >‐< |ー- |  リ  │ 
    │ | |   ヘ|  |ノ      {   ム‐'´    !  
    _| | |    |  |       `i  |      |  
    ┴.| |      !  !, -―― --、|  |      |t 、
    ヾ| |     |  |イニニニニミ|  |      | | ヘ






    275 :213/415 [sage]:2008/06/26(木) 02:57:49.12 ID:8LBOpBko

           _.、-' ,.- 、._     ‐ 、
        ,:ー 、'´  /    `ヽ、.._   ヽ_
       /   `ヽ、/    ヽ     ̄`ヽ 〉ヽ
     /       | 〉    '.   i     Y  |     
    /       .ト ハ     l   |   l. ', ト.    
    i       | lニ'^´ヽ |  ト.  1   .|  |   〉    でも、また変なことをやらかしたら
    |  | | | l     | |l.  |」.斗|ー | ! / 〉    今度は容赦しないわよ
    |  | | | |   」斗ヒ] ヒ_ jハ.  ! リ、 ,ハ   
    |  、´l ̄j.ニト    ´ ヘ´r‐、 iンL.ル | Y | ',   おとなしく故郷に帰って、漁師でもやってなさい
    !、  |ヽゝfVrt.',      うッソ|.     レ  | ',  
      ー\|ヽ. 込}         ̄ | l    l   ト. ',  
        |  ',   '        | |  | l   | ヽ ',
        |   ヽ    -    ,. |,'!  ,′′  !  ヽ 
        ||   `ト,、._   /   | ./ ,′   |\
         、ト.  ハ.| l/ ヽ ´   .ノイ |/    .|ァー-
         ハ   | ∨ //    , イノ       /|   . -
       rイ/  ヽ| / /'二.ー .._/,/     .// /  


                 -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
              / /" `ヽ ヽ  \   
             //, '/     ヽハ  、 ヽ  (・・・やる夫先生
             〃 {_{       リ| l.│ i|   
             レ!小lノ    `ヽ 从 |、i|   ごめんなさい・・・)
              ヽ|l --   --  | .|ノ│ 
               |ヘ ||、_,、_ | |⊃j  | |  
              | /⌒l __, イァト |/ |  
         .     | /  /::|三/:://  ヽ |  
              | |  l ヾ∨:::/ ヒ::::彡, |  







    276 :以 下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします :2008/06/26 (木) 02:58:08.89 ID:NJ0Hwxoo
    心が削られる思いがする
    十字架刑まで耐えられるかな






    277 :1 [sage]:2008/06/26(木) 02:59:04.60 ID:8LBOpBko
    >>256
    >>270
    ここから、カヤパ朝倉のターンがひたすら続きますので、ご了承を
    (受難物語とはこういうもの)






    278 :214/415 [sage]:2008/06/26(木) 02:59:39.77 ID:8LBOpBko

            r- 、..--/::::::::::丶,.__
         _,.イ:::::::::::::V :::::::::::::::::::::::` 、      
        r:::::::::::::::::::: ,.ヘ::/ヽ.:::::::::::::::::::::::ヽ.     
        ノ::::|:::::::::| ::::::l::ヾ/:::丶:::::::: |::::ヽ:::::ヽ   では、ナザレのやる夫
       ,イ:::::::|:::::::::| :::::::トr'` "´|:::::::::ハ:::!|:::::l:::l   あなたは「ユダヤの王」と自称したことを認めるわね
    .  l::|:::::::|:::::::::ゝ::::::|    |:l::::::l| |::!|:::::|:::l   
       | ! :::::|:|:::|::::ハ:::::|    |ィ!ニリ=j、レィ:r┘  
       l !::l::::N:::ハ:::ィ!ニjlゞ     , ,.==..、 l:: |:: |   
       ヽ::|:::::ゝ:〆           ヒf::j ' l::::l::: |   
       |ゞ`--ハ    ___      ー'   l::::|::: |   
       |:::|:::::::::ハ '" ̄     、     リ::ハ::: |   
       l::::|:::::::::ハ      -  '    イ:::::::|ハ::|   
       l:::ハ::::::::::l:::lヘ.          .イ:::|:::::::!:::|::',  
       |:::::∧::::::|:::|:::::ヘ   .. __ /l::l::::!::::ノ::: |:::ヘ 
       ' :::::|::::ゝ:::|::ハ|::| / |      Ll ::レイ :::::|::::::::ヽ
      /:_:rイ::/::::`:::::: //__      / l:::::/:::::::::|ヽ__ _:


                   ____
                /      \    
              /u  ノ  \ \    ・・・・・あなたがそう言ったんだお
            /   u (●) (●) \   
            | u  ノ  (__人__) ヽ、 |  
             \  u  .` ⌒    /
            ノ            \  







    279 :215/415 [sage]:2008/06/26(木) 03:00:15.43 ID:8LBOpBko

           __/ ヽ―― x '\
         __/       \/    ̄ヽ
        /   , / ,'  !       ヽ   ハ__   
       /  / | |  | /ヽ  , ヘ.  !   !   ヘ  
      |   |  | |  | |,,, 、,, 、,,,|  |   |  i ハ  
      ,'|   |  | |  | |      |  |   |  | i| |   何を言ってるの?
    .  | !   ! ∧_! -i! !      ! 」_ / / i | 
      | ヽ  i| !tニムヱ}」    ム旡ニzx_/  ィ ! 
      |  ヘ_ハ__|            '¬' |___/j/ 
      | ( i   |z==ミ      ィ==z|  | |  
      | /│  |      ,        !  ! |  
     | | i!   |     __      |  |  !  
    _│ |  !   |ヽ    `ー'    , イ   !!  |  
     | | │  !   > 、     , < │  ||   !
     | |  ヽ  |-‐ri|  >‐< |ー- |  リ  │ 
    │ | |   ヘ|  |ノ      {   ム‐'´    !  
    _| | |    |  |       `i  |      |  
    ┴.| |      !  !, -―― --、|  |      |t 、
    ヾ| |     |  |イニニニニミ|  |      | | ヘ


               ____
            /      \    
          /u  ノ  \ \    ・・・あなたが、
        /   u (ー) (―) \   やる夫が「ユダヤの王」と自称したと言ってるだけだお
        | u  ノ  (__人__) ヽ、 |  
         \  u  .` ⌒    /
        ノ            \  







    280 :216/415 [sage]:2008/06/26(木) 03:00:48.50 ID:8LBOpBko

           _.、-' ,.- 、._     ‐ 、
        ,:ー 、'´  /    `ヽ、.._   ヽ_
       /   `ヽ、/    ヽ     ̄`ヽ 〉ヽ
     /       | 〉    '.   i     Y  |     ふうん、うまいこと言ってるつもり?
    /       .ト ハ     l   |   l. ', ト.    
    i       | lニ'^´ヽ |  ト.  1   .|  |   〉    あなたはどうやらまともな弁解する気ないのね
    |  | | | l     | |l.  |」.斗|ー | ! / 〉    
    |  | | | |   」斗ヒ] ヒ_ jハ.  ! リ、 ,ハ   
    |  、´l ̄j.ニト    ´ ヘ´r‐、 iンL.ル | Y | ',  
    !、  |ヽゝfVrt.',      うッソ|.     レ  | ',  
      ー\|ヽ. 込}         ̄ | l    l   ト. ',  
        |  ',   '        | |  | l   | ヽ ',
        |   ヽ    -    ,. |,'!  ,′′  !  ヽ 
        ||   `ト,、._   /   | ./ ,′   |\
         、ト.  ハ.| l/ ヽ ´   .ノイ |/    .|ァー-
         ハ   | ∨ //    , イノ       /|   . -
       rイ/  ヽ| / /'二.ー .._/,/     .// /  







    281 :217/415 [sage]:2008/06/26(木) 03:01:17.83 ID:8LBOpBko

            r- 、..--/::::::::::丶,.__
         _,.イ:::::::::::::V :::::::::::::::::::::::` 、      
        r:::::::::::::::::::: ,.ヘ::/ヽ.:::::::::::::::::::::::ヽ.     
        ノ::::|:::::::::| ::::::l::ヾ/:::丶:::::::: |::::ヽ:::::ヽ   民衆の前では偉そうなことをしゃべるくせに
       ,イ:::::::|:::::::::| :::::::トr'` "´|:::::::::ハ:::!|:::::l:::l   ユダヤ衆議会に来たら、委縮しちゃったのかしら?
    .  l::|:::::::|:::::::::ゝ::::::|    |:l::::::l| |::!|:::::|:::l   
       | ! :::::|:|:::|::::ハ:::::|    |ィ!ニリ=j、レィ:r┘  まあ、所詮は田舎町の大工のせがれだからね
       l !::l::::N:::ハ:::ィ!ニjlゞ     , ,.==..、 l:: |:: |   
       ヽ::|:::::ゝ:〆           ヒf::j ' l::::l::: |   せっかく、議員の皆さんに来ていただいて
       |ゞ`--ハ    ___      ー'   l::::|::: |   公正に裁いているというのに
       |:::|:::::::::ハ '" ̄     、     リ::ハ::: |   そのありがたさがわからないとはね
       l::::|:::::::::ハ      -  '    イ:::::::|ハ::|   
       l:::ハ::::::::::l:::lヘ.          .イ:::|:::::::!:::|::',  
       |:::::∧::::::|:::|:::::ヘ   .. __ /l::l::::!::::ノ::: |:::ヘ 
       ' :::::|::::ゝ:::|::ハ|::| / |      Ll ::レイ :::::|::::::::ヽ
      /:_:rイ::/::::`:::::: //__      / l:::::/:::::::::|ヽ__ _:







    282 :218/415 [sage]:2008/06/26(木) 03:01:47.69 ID:8LBOpBko

     ヽ { レ'´  / /    /´ ̄ ̄`ヽ    
      >ゝ\  l / / /      ヽ丶   
     / {  > ヽ { /⌒V'´ ̄ヽヽ     ハ  
     ヽ ヘ ! 厶V{/ /l |    Vl≧   `ト、 
     〃オ''l 「 "゙`´   !l  , イ¨ jl ヽ   ヽヽ 
    _/イ | _{ l     、_リ/ ___,_  ミ_>‐マ仆j   ・・・カ、カヤパ様
    / ハハ 下二ー、   ´仟歹 ’    匁} 〉   大変です
    { l.  }∧tヘヒ弍 }   ´         r‐1イ'  
    ヽ!  ゙ヽ', ´  ノ           、_//  
         l     ヽ           ∧ /   
         ヽ             / Y   
          丶   rz=ニつ    ,イ  }八   
            \   ‐    /   /  〉 
             \    /    /  /  
               >ーく    /   /   
             / /   ,ハ  /    /   







    283 :219/415 [sage]:2008/06/26(木) 03:02:14.25 ID:8LBOpBko

           __/ ヽ―― x '\
         __/       \/    ̄ヽ
        /   , / ,'  !       ヽ   ハ__   
       /  / | |  | /ヽ  , ヘ.  !   !   ヘ  
      |   |  | |  | |,,, 、,, 、,,,|  |   |  i ハ  
      ,'|   |  | |  | |      |  |   |  | i| | 
    .  | !   ! ∧_! -i! !      ! 」_ / / i | 
      | ヽ  i| !tニムヱ}」    ム旡ニzx_/  ィ !   サウロ、どうしたの?
      |  ヘ_ハ__|            '¬' |___/j/ 
      | ( i   |z==ミ      ィ==z|  | |  
      | /│  |      ,        !  ! |  
     | | i!   |     __      |  |  !  
    _│ |  !   |ヽ    `ー'    , イ   !!  |  
     | | │  !   > 、     , < │  ||   !
     | |  ヽ  |-‐ri|  >‐< |ー- |  リ  │ 
    │ | |   ヘ|  |ノ      {   ム‐'´    !  
    _| | |    |  |       `i  |      |  
    ┴.| |      !  !, -―― --、|  |      |t 、
    ヾ| |     |  |イニニニニミ|  |      | | ヘ







    284 :220/415 [sage]:2008/06/26(木) 03:02:39.28 ID:8LBOpBko

    :::::::::::::::::::\::::::::::ヽ:::::::::::::/:ヽ   
    ――::::、::::::::::'::,::::::::}:::::::::,:'::::::}  
    ::::::::::::::/ > 、;; ;;ヘ;;;;'::::::::;ヘ:::::〈   
    ::::::、-'//    ,':/  `""ヾ∨:ヘ   
    :::r ' |::!   |::|     U |::| }::ハ  
    ::>  」::|_   i!::!      _!」 !ハ}:|  ・・・その、
    /   レ' ¨"≠レゝ  / リ/ j/  ユダ・イスカリオテが、首を吊ったようです・・・
        "モテエ    ,'ェァ /    
      J        、   {     
           u    ヽ |     
    i            _ノ /     
    ヽ     ,  ____  /      
     \    ` ー--- ' , '       
       ヽ  u    /       
         ヽ __ノ         
                       






    285 :221/415 [sage]:2008/06/26(木) 03:03:10.26 ID:8LBOpBko

           __/ ヽ―― x '\
         __/       \/    ̄ヽ
        /   , / ,'  !       ヽ   ハ__   
       /  / | |  | /ヽ  , ヘ.  !   !   ヘ  
      |   |  | |  | |,,, 、,, 、,,,|  |   |  i ハ  どうしたのかしら?
      ,'|   |  | |  | |      |  |   |  | i| | 
    .  | !   ! ∧_! -i! !      ! 」_ / / i | あの子ったら
      | ヽ  i| !tニムヱ}」    ム旡ニzx_/  ィ ! あげた銀貨の数が不服だったのかしら?
      |  ヘ_ハ__|            '¬' |___/j/ 
      | ( i   |z==ミ      ィ==z|  | |  
      | /│  |      ,        !  ! |  
     | | i!   |     __      |  |  !  
    _│ |  !   |ヽ    `ー'    , イ   !!  |  
     | | │  !   > 、     , < │  ||   !
     | |  ヽ  |-‐ri|  >‐< |ー- |  リ  │ 
    │ | |   ヘ|  |ノ      {   ム‐'´    !  
    _| | |    |  |       `i  |      |  
    ┴.| |      !  !, -―― --、|  |      |t 、
    ヾ| |     |  |イニニニニミ|  |      | | ヘ







    286 :以 下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]: 2008/06/26(木) 03:03:29.23 ID:eN3HOpAo
    ゆきちゃぁあああああぁん・゚・(つД`)・゚・






    287 :222/415 [sage]:2008/06/26(木) 03:03:36.67 ID:8LBOpBko

    :::::::::::::::::::\::::::::::ヽ:::::::::::::/:ヽ   
    ――::::、::::::::::'::,::::::::}:::::::::,:'::::::}  
    ::::::::::::::/ > 、;; ;;ヘ;;;;'::::::::;ヘ:::::〈   
    ::::::、-'//    ,':/  `""ヾ∨:ヘ   いえ、銀貨は、すべて神殿に寄付して
    :::r ' |::!   |::|     U |::| }::ハ  それからその近くの樹で・・・
    ::>  」::|_   i!::!      _!」 !ハ}:|  
    /   レ' ¨"≠レゝ  / リ/ j/  
        "モテエ    ,'ェァ /    
      J        、   {     
           u    ヽ |     
    i            _ノ /     
    ヽ     ,  ____  /      
     \    ` ー--- ' , '       
       ヽ  u    /       
         ヽ __ノ         
                       







    288 :223/415 [sage]:2008/06/26(木) 03:04:13.19 ID:8LBOpBko

            r- 、..--/::::::::::丶,.__
         _,.イ:::::::::::::V :::::::::::::::::::::::` 、      
        r:::::::::::::::::::: ,.ヘ::/ヽ.:::::::::::::::::::::::ヽ.     ふうん
        ノ::::|:::::::::| ::::::l::ヾ/:::丶:::::::: |::::ヽ:::::ヽ   
       ,イ:::::::|:::::::::| :::::::トr'` "´|:::::::::ハ:::!|:::::l:::l   暴徒一味の考えてることはよくわからないわね
    .  l::|:::::::|:::::::::ゝ::::::|    |:l::::::l| |::!|:::::|:::l   
       | ! :::::|:|:::|::::ハ:::::|    |ィ!ニリ=j、レィ:r┘  私たちには全然関係ないことだけどね!
       l !::l::::N:::ハ:::ィ!ニjlゞ     , ,.==..、 l:: |:: |   
       ヽ::|:::::ゝ:〆           ヒf::j ' l::::l::: |  
       |ゞ`--ハ    ___      ー'   l::::|::: |   
       |:::|:::::::::ハ '" ̄     、     リ::ハ::: |   
       l::::|:::::::::ハ      -  '    イ:::::::|ハ::|   
       l:::ハ::::::::::l:::lヘ.          .イ:::|:::::::!:::|::',  
       |:::::∧::::::|:::|:::::ヘ   .. __ /l::l::::!::::ノ::: |:::ヘ 
       ' :::::|::::ゝ:::|::ハ|::| / |      Ll ::レイ :::::|::::::::ヽ
      /:_:rイ::/::::`:::::: //__      / l:::::/:::::::::|ヽ__ _:







    289 :以 下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします :2008/06/26 (木) 03:04:38.86 ID:9rM/P8.0
    ・・・なんかすげーな






    290 :224/415 [sage]:2008/06/26(木) 03:04:50.41 ID:8LBOpBko

                ____
              /      \
            /  _ノ  ヽ、_  \   (・・・・・ユダよ)
           /  o゚⌒   ⌒゚o  \  
           |  ノ  (__人__) ヽ、  | 
           \     ` ⌒´     /
           ノ           \  


           __/ ヽ―― x '\
         __/       \/    ̄ヽ
        /   , / ,'  !       ヽ   ハ__   
       /  / | |  | /ヽ  , ヘ.  !   !   ヘ  あら、この田舎者ったら
      |   |  | |  | |,,, 、,, 、,,,|  |   |  i ハ  自分を裏切った人のために泣いてるのかしら?
      ,'|   |  | |  | |      |  |   |  | i| | 
    .  | !   ! ∧_! -i! !      ! 」_ / / i | さすが暴徒の指導者
      | ヽ  i| !tニムヱ}」    ム旡ニzx_/  ィ ! 義理の堅さだけは見上げたものね
      |  ヘ_ハ__|            '¬' |___/j/ 
      | ( i   |z==ミ      ィ==z|  | |  
      | /│  |      ,        !  ! |  まあ、涙を流したところで、
     | | i!   |     __      |  |  !  何の救いにもならないけどね
    _│ |  !   |ヽ    `ー'    , イ   !!  |  
     | | │  !   > 、     , < │  ||   !
     | |  ヽ  |-‐ri|  >‐< |ー- |  リ  │ 
    │ | |   ヘ|  |ノ      {   ム‐'´    !  
    _| | |    |  |       `i  |      |  
    ┴.| |      !  !, -―― --、|  |      |t 、
    ヾ| |     |  |イニニニニミ|  |      | | ヘ







    291 :225/415 [sage]:2008/06/26(木) 03:05:26.81 ID:8LBOpBko

            r- 、..--/::::::::::丶,.__
         _,.イ:::::::::::::V :::::::::::::::::::::::` 、     
        r:::::::::::::::::::: ,.ヘ::/ヽ.:::::::::::::::::::::::ヽ.    
        ノ::::|:::::::::| ::::::l::ヾ/:::丶:::::::: |::::ヽ:::::ヽ   では、皆さん
       ,イ:::::::|:::::::::| :::::::トr'` "´|:::::::::ハ:::!|:::::l:::l   
    .  l::|:::::::|:::::::::ゝ::::::|    |:l::::::l| |::!|:::::|:::l   これからローマの知事ピラトに会って
       | ! :::::|:|:::|::::ハ:::::|    |ィ!ニリ=j、レィ:r┘  ユダヤの平和のために
       l !::l::::N:::ハ:::ィ!ニjlゞ     , ,.==..、 l:: |:: |   ナザレのやる夫を十字架で処刑するよう
       ヽ::|:::::ゝ:〆           ヒf::j ' l::::l::: |   許可をえましょう!
       |ゞ`--ハ    ___      ー'   l::::|::: |  
       |:::|:::::::::ハ '" ̄     、     リ::ハ::: |  
       l::::|:::::::::ハ      -  '    イ:::::::|ハ::|  
       l:::ハ::::::::::l:::lヘ.          .イ:::|:::::::!:::|::', 
       |:::::∧::::::|:::|:::::ヘ   .. __ /l::l::::!::::ノ::: |:::ヘ 
       ' :::::|::::ゝ:::|::ハ|::| / |      Ll ::レイ :::::|::::::::
      /:_:rイ::/::::`:::::: //__      / l:::::/:::::::::|ヽ__







    292 :226/415 [sage]:2008/06/26(木) 03:06:14.61 ID:8LBOpBko

     ヽ { レ'´  / /    /´ ̄ ̄`ヽ    
      >ゝ\  l / / /      ヽ丶   
     / {  > ヽ { /⌒V'´ ̄ヽヽ     ハ  (・・・・これが、カヤパ様のやり方なのか
     ヽ ヘ ! 厶V{/ /l |    Vl≧   `ト、 
     〃オ''l 「 "゙`´   !l  , イ¨ jl ヽ   ヽヽ  心底憎まなければならないはずの
    _/イ | _{ l     、_リ/ ___,_  ミ_>‐マ仆j  不当な判決なのに
    / ハハ 下二ー、   ´仟歹 ’    匁} 〉  この場を支配したカヤパ様の権威に
    { l.  }∧tヘヒ弍 }   ´         r‐1イ'   ただ、圧倒されてしまった自分がいる・・・)
    ヽ!  ゙ヽ', ´  ノ           、_//  
         l     ヽ           ∧ /   
         ヽ             / Y   
          丶   rz=ニつ    ,イ  }八   
            \   ‐    /   /  〉 
             \    /    /  /  
               >ーく    /   /   
             / /   ,ハ  /    /   







    293 :227/415 [sage]:2008/06/26(木) 03:06:54.48 ID:8LBOpBko

      ,/::::..:;;;:::..::.:;:;:;;;;;;;;:.:.:.:;;:;:.:.:.::;:;::;.:ヾ,,    
     メ..:;;;:.;:..::;;;..:.:;:;:::::::::::::;.....:;:.::;.;:.::;:.:;:.;:.:ソ、    
     {`;.::;;;:;:;::;.;;;.::::.:;.:;.:;.:.:.:.::.:.:.;:.;:.;:.;:.;.:;:.:.;.:;.:;:}  (私はカヤパ様のようにはなりたくない
    . ,ゝ:;:;:へvヽへ、、.;;:.:;::.;:.:;;.;:.;.:;..:;.;.:;.:;:.;:.;:;彡  
    (∧,メ`ヾ:\.\ソ `ヽ,.;:;.:;.:;.:;:.:;.:.:;.:.:.:..:.;.;::;:ゞ  ・・・でも、やる夫のような立場には絶対になりたくない
    //f.   `、|  リ  ヽ.;:.;::./テミヾ,;:;.::;.:.::;;:.}  
    / {    レ      メ;:/〃 i| }.::;.::.;;:::;..}   所詮、権威や地盤のない人間が正義を唱えたところで
     `、   ,,,,,,.彡     y イ,,//:;:.;;:;;.;:.:;彡  権力者に排除されるのが現実なのだ
      ト、.ゞ"'、,_ニ-=     , こ八.::;;:.:.;:;.:;.}  ..
       、;}           rソ  ヾ,;,;;;:;.:.}   私はこのことを教訓としなければならないのか・・・)
       y           i   ヽ:;:;::リ    
       <  ,         .ノ.    ヾルi    
       `ゝ"       . /:;.:     >、|    
        ` k=--    /:.;:;.:      ヽ,,  
          ゝ    /:;::;:;       / ゝ 
       ,, -=^ヽー へ、        /    
     ,-""        ヽ     /      







    294 :228/415 [sage]:2008/06/26(木) 03:08:35.59 ID:8LBOpBko

    ================================================================================
                4-7. ユダの証言、ペテロの証言 (まとめ)
    ================================================================================

    イスカリオテのユダが、イエスを裏切った報酬の銀貨30枚をいつ受け取ったかは
    福音書には書かれていない

    マタイ伝では、ピラトに引き立てられるイエスを見て
    「私はおそろしい罪を犯しました」と銀貨を返そうとするが祭司長に断られ
    その銀貨を神殿に投げ込んで、自殺したとある

    一方、ルカ伝と同じ作者が書いた使徒行伝では
    その報酬で畑を買ったものの、その地で事故により死んだとある

    福音書では「預言が成就するため」に、イスカリオテのユダは裏切る必要があったとされるが
    そんな理由は、信者ではない人間には、とても納得できないことだろう

    この物語では、イスカリオテのユダは「正当な裁判が開かれる」ことを条件に
    イエスを差し出したと設定した

    しかし、イエスは前夜に大祭司邸で暴行を受けており
    この裁判は大祭司カヤパの意向に従っただけの不当なものだった

    ユダヤ衆議会(サンヘドリン)の議員の中には、
    アリマタヤ出身のヨセフのような、イエスの支持者もいたのだが
    彼らが抗議する余裕を、大祭司カヤパは与えなかったのだろう







    295 :229/415 [sage]:2008/06/26(木) 03:09:44.29 ID:8LBOpBko

    また「ペテロの否認」については
    「おまえはニワトリが鳴く前に三度、私のことなど知らないというだろう」
    という福音書のイエスの警告から、夜明け前とするのが一般的見解である

    福音書では、イエスの捕縛を後ろから見守っていたペテロは
    大祭司邸宅の奴隷に「イエスの仲間ではないか?」と指摘され
    それを三度否定したとある

    ただし、イエスが政治犯として死刑に処せられるなか
    ペテロたち弟子に迫害の手が及ばなかったのは、おかしい

    おそらく、ペテロは大祭司カヤパと屈辱的な交渉をし
    自分たちの身柄の保全をはかったのではないか?

    この物語ではわかりやすく、ペテロの否認もサンヘドリンで行われたとした
    (なお、この設定のヒントは、遠藤周作の「沈黙」から得た)

    福音書では「三日間で神殿を~」のくだりをもとに
    大祭司カヤパは自分の服を切り裂くほどの怒りをもって
    イエスを処刑にしたとされる

    しかし、実際は、すでに暴行を受けていたイエスのうなだれた顔をよそに
    大祭司カヤパが強引に、イエス死刑の判決を下したのではないか?

    そのため、彼らは「預言者」ではなく、
    イエスがユダヤの王の意味もある「救世主」を詐称したと
    論点をしぼることにより、政治犯として処刑しようとしたのだ

    余談だが、なぜ、「やる夫」に、イエスの生涯を演じさせるのかと批判する人もいるだろうが
    そうしたほうが、受難物語をわかりやすく伝えることができるという筆者の考えによる







    296 :230/415 [sage]:2008/06/26(木) 03:10:59.28 ID:8LBOpBko

    ─────────────────────────────
                4-8. ユダヤの王
    ─────────────────────────────


                ,.--、,ー¬--、__
               /   く   /_ ‐ ヽ
         ー′ヽ   \   ´ ̄ ヽ   
        f´ \  \   \     ヽ  
       /    >、  ヽ ヽ  \ ヽ   l   ・・・・大祭司カヤパよ
       〃 ヘ「 ヽヘ  ヽ  l、   l\ \  |  
       | l 〈 `    ヽ  l  l ヽ lヽゝヽ\|   
       | l了       ヽ|、1 ヽ.l l l ヽ |   私はローマ帝国ユダヤ知事として
       l l        ヽ l l !  ヽ! l_ l   !   この男の処刑は認めない
        l├- 、 _    ヽ l  _ ‐ ´  { _L_ 
      f⌒l l    ` ヽ    ´     l yヽ } 
      ヽ´ハ( ̄ ̄ ̄ ヽ___、 ´  ̄ ̄ `/! ノ
       \ l ` ー― ´  `` ー―¬7ン′ 
         `ヽ        !         /     
          ヽ       l_       /     
              \   ____   イ      
            イ,_ヽ、    / /lヽ、   
          _/ l `丶`_ー‐ ´_/ l  \   
         ノ7 l     ニ ´   l   \ 
       / /  l\   /--ヽ   /!  ヽ 
                            







    297 :231/415 [sage]:2008/06/26(木) 03:11:30.99 ID:8LBOpBko

           _.、-' ,.- 、._     ‐ 、
        ,:ー 、'´  /    `ヽ、.._   ヽ_
       /   `ヽ、/    ヽ     ̄`ヽ 〉ヽ
     /       | 〉    '.   i     Y  |     なんですって!
    /       .ト ハ     l   |   l. ', ト.     さきほど説明したとおり
    i       | lニ'^´ヽ |  ト.  1   .|  |   〉    彼は反ローマ運動の首謀者なのよ
    |  | | | l     | |l.  |」.斗|ー | ! / 〉
    |  | | | |   」斗ヒ] ヒ_ jハ.  ! リ、 ,ハ   
    |  、´l ̄j.ニト    ´ ヘ´r‐、 iンL.ル | Y | ',  
    !、  |ヽゝfVrt.',      うッソ|.     レ  | ',  
      ー\|ヽ. 込}         ̄ | l    l   ト. ', 
        |  ',   '        | |  | l   | ヽ ',
        |   ヽ    -    ,. |,'!  ,′′  !  ヽ 
        ||   `ト,、._   /   | ./ ,′   |\
         、ト.  ハ.| l/ ヽ ´   .ノイ |/    .|ァー-
         ハ   | ∨ //    , イノ       /|   . -
       rイ/  ヽ| / /'二.ー .._/,/     .// /  







    299 :232/415 [sage]:2008/06/26(木) 03:12:17.83 ID:8LBOpBko

                ,.--、,ー¬--、__
               /   く   /_ ‐ ヽ
         ー′ヽ   \   ´ ̄ ヽ   
        f´ \  \   \     ヽ  (・・・・何を言う
       /    >、  ヽ ヽ  \ ヽ   l  
       〃 ヘ「 ヽヘ  ヽ  l、   l\ \  |    いくら話を聞いてみたところで
       | l 〈 `    ヽ  l  l ヽ lヽゝヽ\|   ローマの法律ではとても認めらない判決だ
       | l了       ヽ|、1 ヽ.l l l ヽ |  
       l l        ヽ l l !  ヽ! l_ l   !   大祭司の権威をふりかざした
        l├- 、 _    ヽ l  _ ‐ ´  { _L_  裁判という名のリンチではないか
      f⌒l l    ` ヽ    ´     l yヽ } 
      ヽ´ハ( ̄ ̄ ̄ ヽ___、 ´  ̄ ̄ `/! ノ
       \ l ` ー― ´  `` ー―¬7ン′  なぜ、我々ローマ帝国が
         `ヽ        !         /     ユダヤ衆議会から「死刑執行権」を取り上げたのか
          ヽ       l_       /      カヤパはわかっていないのか?)
              \   ____   イ      
            イ,_ヽ、    / /lヽ、   
          _/ l `丶`_ー‐ ´_/ l  \   
         ノ7 l     ニ ´   l   \ 
       / /  l\   /--ヽ   /!  ヽ 
                            






    298 :以 下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]: 2008/06/26(木) 03:12:17.77 ID:eN3HOpAo
    そっか
    新約聖書は物語色が強すぎて史実が曖昧なんですね






    300 :1 [sage]:2008/06/26(木) 03:17:07.41 ID:8LBOpBko
    >>298
    イエスの受難については、他の歴史書では、何一つ記されていませんが
    (キリスト教徒による後世の偽作はある)
    当時の社会制度と比べて「これは違うだろう」と突っ込める部分が満載なんです

    そして、他の文献がないために、
    新約聖書の「イエスはキリストであり、神の子であり、神と同位格である」という主張で
    語られたイエスの生涯しかないわけです

    この物語だって、あながち間違ってないと思っちゃうぐらい
    新約聖書で語られたイエスの生涯は、矛盾と混沌に満ちています

    (多くの「聖人伝説」を一つでも多く、イエスの生涯に詰めこんだせいもあります






    301 :233/415 [sage]:2008/06/26(木) 03:17:34.02 ID:8LBOpBko

           ____
         /      \     
       /  _ノ  ヽ、_  \   
      /   (―)  (―)  \    ・・・・・・・・・・
      |  ノ  (__人__) ヽ、  |  
      \     ` ⌒´     /  
      ノ           \  







    302 :234/415 [sage]:2008/06/26(木) 03:18:21.79 ID:8LBOpBko

                ,.--、,ー¬--、__
               /   く   /_ ‐ ヽ
         ー′ヽ   \   ´ ̄ ヽ   (だいたい、この男
        f´ \  \   \     ヽ   威厳も何もなく
       /    >、  ヽ ヽ  \ ヽ   l   とても反乱をたくらむような器量があるとは思えない
       〃 ヘ「 ヽヘ  ヽ  l、   l\ \  |  
       | l 〈 `    ヽ  l  l ヽ lヽゝヽ\|   どうせ、身分の卑しい貧しい男なのだろう
       | l了       ヽ|、1 ヽ.l l l ヽ |  
       l l        ヽ l l !  ヽ! l_ l   !   カヤパにあらぬ罪を着せられて
        l├- 、 _    ヽ l  _ ‐ ´  { _L_  民衆を満足させるために処刑されるのだろう
      f⌒l l    ` ヽ    ´     l yヽ } 
      ヽ´ハ( ̄ ̄ ̄ ヽ___、 ´  ̄ ̄ `/! ノ  過越祭で、ヤギや羊を生贄にするだけではなく
       \ l ` ー― ´  `` ー―¬7ン′  こんな弱き男をも犠牲にしようとするのか
         `ヽ        !         /     
          ヽ       l_       /       私はローマ人として、文明の民として
              \   ____   イ       このような不当判決は認めるわけにはいかない)
            イ,_ヽ、    / /lヽ、   
          _/ l `丶`_ー‐ ´_/ l  \   
         ノ7 l     ニ ´   l   \ 
       / /  l\   /--ヽ   /!  ヽ 
                            







    303 :235/415 [sage]:2008/06/26(木) 03:18:53.78 ID:8LBOpBko

           _.、-' ,.- 、._     ‐ 、
        ,:ー 、'´  /    `ヽ、.._   ヽ_
       /   `ヽ、/    ヽ     ̄`ヽ 〉ヽ
     /       | 〉    '.   i     Y  |     でも、これはユダヤ衆議会で
    /       .ト ハ     l   |   l. ', ト.     民主的に決定したことなのよ?
    i       | lニ'^´ヽ |  ト.  1   .|  |   〉    
    |  | | | l     | |l.  |」.斗|ー | ! / 〉    それを認めないなんて
    |  | | | |   」斗ヒ] ヒ_ jハ.  ! リ、 ,ハ   ユダヤ衆議会の自治を認めないのと同じ
    |  、´l ̄j.ニト    ´ ヘ´r‐、 iンL.ル | Y | ',  
    !、  |ヽゝfVrt.',      うッソ|.     レ  | ',  そうでしょう?
      ー\|ヽ. 込}         ̄ | l    l   ト. ', 
        |  ',   '        | |  | l   | ヽ ',  
        |   ヽ    -    ,. |,'!  ,′′  !  ヽ 
        ||   `ト,、._   /   | ./ ,′   |\
         、ト.  ハ.| l/ ヽ ´   .ノイ |/    .|ァー-
         ハ   | ∨ //    , イノ       /|   . -
       rイ/  ヽ| / /'二.ー .._/,/     .// /  







    304 :236/415 [sage]:2008/06/26(木) 03:19:21.76 ID:8LBOpBko

                ,.--、,ー¬--、__
               /   く   /_ ‐ ヽ
         ー′ヽ   \   ´ ̄ ヽ   
        f´ \  \   \     ヽ   
       /    >、  ヽ ヽ  \ ヽ   l   (く・・・・
       〃 ヘ「 ヽヘ  ヽ  l、   l\ \  |    面倒なことになりそうだな
       | l 〈 `    ヽ  l  l ヽ lヽゝヽ\|  
       | l了       ヽ|、1 ヽ.l l l ヽ |   どうやら、カヤパは引く気がないらしい
       l l        ヽ l l !  ヽ! l_ l   !  
        l├- 、 _    ヽ l  _ ‐ ´  { _L_  それにしても、この程度の者を処刑することに
      f⌒l l    ` ヽ    ´     l yヽ }  いったい何の意味があるというのか)
      ヽ´ハ( ̄ ̄ ̄ ヽ___、 ´  ̄ ̄ `/! ノ 
       \ l ` ー― ´  `` ー―¬7ン′ 
         `ヽ        !         /     
          ヽ       l_       /     
              \   ____   イ      
            イ,_ヽ、    / /lヽ、   
          _/ l `丶`_ー‐ ´_/ l  \   
         ノ7 l     ニ ´   l   \ 
       / /  l\   /--ヽ   /!  ヽ 







    305 :237/415 [sage]:2008/06/26(木) 03:19:45.29 ID:8LBOpBko

           ____
         /      \     
       /  _ノ  ヽ、_  \   
      /   (―)  (―)  \    ・・・・・・・・・・
      |  ノ  (__人__) ヽ、  |  
      \     ` ⌒´     /  
      ノ           \  







    306 :以 下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします :2008/06/26 (木) 03:19:58.25 ID:MQfTNK60
    ピラトに共感したww






    307 :238/415 [sage]:2008/06/26(木) 03:20:09.12 ID:8LBOpBko

                ,.--、,ー¬--、__
               /   く   /_ ‐ ヽ
         ー′ヽ   \   ´ ̄ ヽ   
        f´ \  \   \     ヽ   
       /    >、  ヽ ヽ  \ ヽ   l   
       〃 ヘ「 ヽヘ  ヽ  l、   l\ \  |  
       | l 〈 `    ヽ  l  l ヽ lヽゝヽ\|  そういえば、この者
       | l了       ヽ|、1 ヽ.l l l ヽ |  
       l l        ヽ l l !  ヽ! l_ l   !  ナザレの出身だったな
        l├- 、 _    ヽ l  _ ‐ ´  { _L_ 
      f⌒l l    ` ヽ    ´     l yヽ } 
      ヽ´ハ( ̄ ̄ ̄ ヽ___、 ´  ̄ ̄ `/! ノ 
       \ l ` ー― ´  `` ー―¬7ン′ 
         `ヽ        !         /     
          ヽ       l_       /     
              \   ____   イ      
            イ,_ヽ、    / /lヽ、   
          _/ l `丶`_ー‐ ´_/ l  \   
         ノ7 l     ニ ´   l   \ 
       / /  l\   /--ヽ   /!  ヽ 
                            







    308 :239/415 [sage]:2008/06/26(木) 03:20:48.94 ID:8LBOpBko

           __/ ヽ―― x '\
         __/       \/    ̄ヽ
        /   , / ,'  !       ヽ   ハ__   
       /  / | |  | /ヽ  , ヘ.  !   !   ヘ  
      |   |  | |  | |,,, 、,, 、,,,|  |   |  i ハ  
      ,'|   |  | |  | |      |  |   |  | i| |   ええ
    .  | !   ! ∧_! -i! !      ! 」_ / / i |   そうだけど・・・・
      | ヽ  i| !tニムヱ}」    ム旡ニzx_/  ィ ! 
      |  ヘ_ハ__|            '¬' |___/j/ 
      | ( i   |z==ミ      ィ==z|  | |  
      | /│  |      ,        !  ! |  
     | | i!   |     __      |  |  !  
    _│ |  !   |ヽ    `ー'    , イ   !!  |  
     | | │  !   > 、     , < │  ||   !
     | |  ヽ  |-‐ri|  >‐< |ー- |  リ  │ 
    │ | |   ヘ|  |ノ      {   ム‐'´    !  
    _| | |    |  |       `i  |      |  
    ┴.| |      !  !, -―― --、|  |      |t 、
    ヾ| |     |  |イニニニニミ|  |      | | ヘ







    309 :240/415 [sage]:2008/06/26(木) 03:21:13.49 ID:8LBOpBko

                ,.--、,ー¬--、__
               /   く   /_ ‐ ヽ
         ー′ヽ   \   ´ ̄ ヽ   
        f´ \  \   \     ヽ   
       /    >、  ヽ ヽ  \ ヽ   l   ナザレといえば、ガリラヤ地方の町
       〃 ヘ「 ヽヘ  ヽ  l、   l\ \  |   ガリラヤ地方といえば、ヘロデ・アンテパスの管轄
       | l 〈 `    ヽ  l  l ヽ lヽゝヽ\|  
       | l了       ヽ|、1 ヽ.l l l ヽ |  彼に裁いてもらうんだな
       l l        ヽ l l !  ヽ! l_ l   !  
        l├- 、 _    ヽ l  _ ‐ ´  { _L_ 
      f⌒l l    ` ヽ    ´     l yヽ } 
      ヽ´ハ( ̄ ̄ ̄ ヽ___、 ´  ̄ ̄ `/! ノ 
       \ l ` ー― ´  `` ー―¬7ン′ 
         `ヽ        !         /     
          ヽ       l_       /     
              \   ____   イ      
            イ,_ヽ、    / /lヽ、   
          _/ l `丶`_ー‐ ´_/ l  \   
         ノ7 l     ニ ´   l   \ 
       / /  l\   /--ヽ   /!  ヽ 
                            







    310 :241/415 [sage]:2008/06/26(木) 03:21:40.09 ID:8LBOpBko

           _.、-' ,.- 、._     ‐ 、
        ,:ー 、'´  /    `ヽ、.._   ヽ_
       /   `ヽ、/    ヽ     ̄`ヽ 〉ヽ
     /       | 〉    '.   i     Y  |     (・・・・く、逃げたわね。ピラト
    /       .ト ハ     l   |   l. ', ト.    
    i       | lニ'^´ヽ |  ト.  1   .|  |   〉     私たちがヘロデ・アンテパスと
    |  | | | l     | |l.  |」.斗|ー | ! / 〉     不仲なのを知っているくせに
    |  | | | |   」斗ヒ] ヒ_ jハ.  ! リ、 ,ハ   
    |  、´l ̄j.ニト    ´ ヘ´r‐、 iンL.ル | Y | ',     しかし、彼の言うことには一理ある・・・)
    !、  |ヽゝfVrt.',      うッソ|.     レ  | ',  
      ー\|ヽ. 込}         ̄ | l    l   ト. ', 
        |  ',   '        | |  | l   | ヽ ',  
        |   ヽ    -    ,. |,'!  ,′′  !  ヽ 
        ||   `ト,、._   /   | ./ ,′   |\
         、ト.  ハ.| l/ ヽ ´   .ノイ |/    .|ァー-
         ハ   | ∨ //    , イノ       /|   . -
       rイ/  ヽ| / /'二.ー .._/,/     .// /  







    311 :以 下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします :2008/06/26 (木) 03:21:55.81 ID:9rM/P8.0
    転嫁か・・・






    312 :242/415 [sage]:2008/06/26(木) 03:22:06.77 ID:8LBOpBko

           __/ ヽ―― x '\
         __/       \/    ̄ヽ
        /   , / ,'  !       ヽ   ハ__   わかったわ
       /  / | |  | /ヽ  , ヘ.  !   !   ヘ  
      |   |  | |  | |,,, 、,, 、,,,|  |   |  i ハ  じゃあ、ヘロデ・アンテパスの元に、
      ,'|   |  | |  | |      |  |   |  | i| | ナザレのやる夫が向かわせましょう
    .  | !   ! ∧_! -i! !      ! 」_ / / i | 
      | ヽ  i| !tニムヱ}」    ム旡ニzx_/  ィ !  サウロ
      |  ヘ_ハ__|            '¬' |___/j/  先に伝えておきなさい!
      | ( i   |z==ミ      ィ==z|  | |  
      | /│  |      ,        !  ! |  
     | | i!   |     __      |  |  !  
    _│ |  !   |ヽ    `ー'    , イ   !!  |  
     | | │  !   > 、     , < │  ||   !
     | |  ヽ  |-‐ri|  >‐< |ー- |  リ  │ 
    │ | |   ヘ|  |ノ      {   ム‐'´    !  
    _| | |    |  |       `i  |      |  
    ┴.| |      !  !, -―― --、|  |      |t 、
    ヾ| |     |  |イニニニニミ|  |      | | ヘ







    313 :243/415 [sage]:2008/06/26(木) 03:22:35.04 ID:8LBOpBko

         /:.:.:_:.:.:.:.:.ヽ:.:.:.:.:.l:.:.〉:/:リ:ヽ、 
         ノ:.'´_:._`:.、:.;、ヽ:.:./:/:/'ノ:.:.:.:.i  
        ノ:´:.:.:,:/:rゝ/;tYl:Vム;.Y、ー':.ヽ;!  
    .   l:.:,r:'´Y/   l:l ``′ ';.l ヽト:.:.:.:'   ・・・はい、カヤパ様
    .   )k/:./l;'.__  l:!     リ ._リ';.`Y  
    .   〉-;.:'l l∠ニ'==ァ   、==ニゞ-!  
    .   l 'Y';.l.}. ´i┬r ヽ  ''~Tユ~` リ  
    .   ヽ.ヽヽ ゙ ` ̄'"   l  ` ̄ l,ノ   
    .     `';Y'      l,    j´    
    .     ,.rハi           ;    
        /: ヽヽ.  ー===-  /     .
    .  /:ヽ: : ヽ \   ー‐ ,イ      
     /: : : : ヽ: : :, ヽ、__/ 人     







    315 :244/415 [sage]:2008/06/26(木) 03:23:15.23 ID:8LBOpBko

              _,.-.:.:.:^ヽ.‐-...、.._
            ,.-'´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.)'^:.ー、:.:.`''ー、
          ,r'ァ´:.;.;r'´;.-.:,、.:,´:.:.:.:.:.:.`:.:.:.:.:-ヽ
    .        ,':.;ィ'/:.://ヽL|:.:.l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`ヽ.
            |/i':.;l.:/l〈    /:./:.:.:.:,!:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: それで、ナザレのやる夫がこちらに来る、と
            l/|リ/_.|  //!:.:.:/:.:.:.:.:,!:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
             V 似  '</_/!:./:.:.;/:.:.:.:.:.:.:.:.:.: .しかし、彼は
               / _ノ    Zヽ`7イ:.:,/:.:,:.:.:.:.:.:.:.:.:.: 洗礼者ヨハネの生まれかわりとも聞いている
            | l     `¨´ /;/:.:.;/.:.;.:.:.:.:.:.:.:.:
             | r、      ´ /..-Z-く:.:.:.:.:.:.:.:.  私に危害を加えるつもりはないだろうな
              | 、 `ヽ       ´ ノ7,. /:.:.:.:.:,:.;/
             l   `¨′    _,.二r;‐' ィ//'′
            ヽ、_ _,..  ´   ケ,!ヽ、
        __.......-‐::´/::〉、     / ,/:::::|::::ヽ、
     r::7::::::::::::::::::/:::::/ ヽ   /   /::::::::|::::::::::\ 







    317 :245/415 [sage]:2008/06/26(木) 03:26:08.93 ID:8LBOpBko

    ::::::::::::::::::::\::::::::::ヽ:::::::::::::/:ヽ   
    ――::::、::::::::::'::,::::::::}:::::::::,:'::::::}   
    ::::::::::::::/ > 、;; ;;ヘ;;;;'::::::::;ヘ:::::〈   
    ::::::、-'//    ,':/  `""ヾ∨:ヘ   ええ、ご心配なさらずに
    :::r ' |::!   |::|       |::| }::ハ  ヘロデ・アンテパス様
    ::>  」::|_   i!::!      _!」 !ハ}:|  
    /   レ' ¨"≠レゝ  / リ/ j/  すでに身体は縛っておりますので
        "モテエ    ,'ェァ /     ご安心してください
                、   {     
                ヽ |    
    i            _ノ /     
    ヽ     ,  ____  /    
     \    ` ー--- ' , '       
       ヽ       /      
         ヽ __ノ         
                       






    318 :246/415 [sage]:2008/06/26(木) 03:26:33.72 ID:8LBOpBko

              _,.-.:.:.:^ヽ.‐-...、.._
            ,.-'´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.)'^:.ー、:.:.`''ー、
          ,r'ァ´:.;.;r'´;.-.:,、.:,´:.:.:.:.:.:.`:.:.:.:.:-ヽ
    .        ,':.;ィ'/:.://ヽL|:.:.l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`ヽ.  そうだな、一度は顔を見ておきたかった しな
            |/i':.;l.:/l〈    /:./:.:.:.:,!:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: 
            l/|リ/_.|  //!:.:.:/:.:.:.:.:,!:.:.:.:.:.:.:.:.:.:  できれば、
             V 似  '</_/!:./:.:.;/:.:.:.:.:.:.:.:.:.: . 奇跡などの不思議な業を
               / _ノ    Zヽ`7イ:.:,/:.:,:.:.:.:.:.:.:.:.:.:  見せてくれたら面白いのだが・・・
            | l     `¨´ /;/:.:.;/.:.;.:.:.:.:.:.:.:.:
             | r、      ´ /..-Z-く:.:.:.:.:.:.:.:. 
              | 、 `ヽ       ´ ノ7,. /:.:.:.:.:,:.;/
             l   `¨′    _,.二r;‐' ィ//'′
            ヽ、_ _,..  ´   ケ,!ヽ、
        __.......-‐::´/::〉、     / ,/:::::|::::ヽ、
     r::7::::::::::::::::::/:::::/ ヽ   /   /::::::::|::::::::::\ 







    319 :247/415 [sage]:2008/06/26(木) 03:27:00.81 ID:8LBOpBko

           ____
         /      \     
       /  _ノ  ヽ、_  \   
      /   (―)  (―)  \    ・・・・・・・・・・
      |  ノ  (__人__) ヽ、  |  
      \     ` ⌒´     /  
      ノ           \  







    320 :248/415 [sage]:2008/06/26(木) 03:27:24.42 ID:8LBOpBko

            __,.k'"     "''''----、
          /: : : : : :-=、:::/: : : : : : : : : : : :ヽ、
        . /: : : : : : : : : : ヽ、: _: : : : : :.、  ヽ ヽ    
        /:: : : : : : : /: : : : ,、: :.}:> ヽ. . . :ヽ: :.、 ヽ:ヽ   
       /:::: : :.:/: : ::.{'' ' {' ' {:::ヽ|/:::>::}: ヽ: :ヽ:.ヽ:.ヽ:k   
      ./ ''''' ' ''{ . ....{::: ::{::.: {-''''-""ヽ1::: 1:: l: : 1:: l 、1  なんだ、大物かと思ったら
      { ...l.....:::|:. : l:::1:.: :l、:::{    . 1l 、l┤|::.: :l、:l \  こんな貧相な顔をしてるとはな!
      .{...l:::{::::::::k::.: :l::.l 、:::{ヽ:ヽ   _,>|"l:/.ヾ1:: }.|.l|   
      {::|::::{:::::::ヽ:::::{,,h-ヽl--ヽ''"   _/''""' l:/^、    とんだ期待外れだな、おい!
       {:{:::ヽ::l:::::>、::l ~,.-->-,、    ヽ.ll__,,..l.l\", }    
       .\1:ヾ、l::、::ヽヾ/  lll ._|   .l  "  .' l/./    
        ヽヽ>__'ミ,ヽ:ヽ--''''     ヽ     l^     
          l: :,lヽ、: : .        ' ,,    /ヾ.、
           ''-,,,,^ ,、::::j   . ,--'''''"" }  / l ヽヽ、
           | l .::::::ヽ::::..   {     ヾl / l  }ヽ ヽ、
           { | :::::::::::::>、_::.. ヾ、__,,,-'''ノ // /  }''ヽ  ヽ
           ヽl ::::::::::/:::::{ヽ-,,,_"''''''"- / /  |  l  
           .ヾ:::,:::::|::::::|  .ヽ::::~^---"  /   }    







    328 :以 下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]: 2008/06/26(木) 03:30:35.37 ID:eN3HOpAo
    >>320
    見た目だけで人を判断するなんて孔明みたいな香具師だぜまったく…






    321 :以 下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします :2008/06/26 (木) 03:27:41.44 ID:9rM/P8.0
    まるで見世物だな・・・






    322 :249/415 [sage]:2008/06/26(木) 03:27:55.90 ID:8LBOpBko

         /: : : : : : : : : : : _: : : : : : :\
        /: : :.; : : : :/ヽ: :/: :`ヽ: : :.、: :ヽ
       ノ/: : / / ;r': : :,-V,、: : : : ヽ.: :ヽ: :トヽ       そのくせに「ユダヤの王」を自称しただと?
      ∠イ ;/ | / /: :r'/ヽ-'-ヽ: : :.ト. l ト:ヽ |ヽ!         
        |;/l: :| | l: ;イ/     ヽ: :.lヽ.l |: :.ヽ|        私ですらローマ帝国に認めてもらっていない
       _!__|: :V{ソヽ'       」ィ'' ヽ|、 ハj        「ユダヤの王」を自称しただと? 
    ___r´:;:;:;:;:N{ / <弋ト、.   ィニセヽ N jL --- ,_      
    ´:;:;:;:;:;:;:;:;ヾ |   ̄  i   ゙¨´ //:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;`ヽ  ふざけるな!
    :;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:入    |       /゙:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;l.   
    ;:;:;:;:;:;:;:;:;:/:;:;ヽ   r--=ニつ. / |:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;| おい、こいつをムチでひっぱたいてやれ!
    :;:;:;:;:;:;:;:;ヽ、:;_〉、 l'´     `ソイ:;:;|:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;ヽ
    :;:;:;:;:;:;:;:;「 ̄:;:;:;:,'| ヽ. ̄`ブ´ /:;:;:ゝ:;:;:;:;|:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;`ヽ、
    :;:;:;:;:;:;:;:;!;:;:;:;:;:;:;' レ' l. `´ヽ /:;`<:;:;:;:;:;|:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;_;: ‐- .;_:;ヽ
      l:;:;:;:;:|:;:;:;:;:;′ | / |  l:;:;:;:;:;:l:;:;:;:;:;:;|:;:;:;:;:;:;:;/  /      ヽ.、
      l:;:;:;:;|;:;:;:'   ∨ .l.  |:;:;:;:;:l:;:;:;:;:;:;:;l、:;:;:;:;/ ,/        Lヽ  __
     l:;:;:;:;:;:|:;:;:;:l   /  |   ハ:;:;:;:;|--一1:;l、:;/ /     ン、     ̄  `!
    _|:;:;:;:;:;:;:l:;:;:;|   ′ |   ハ:;:;:;|:;:;:;:;:;:;:;|:;:;∨ l′     l.  ヽ.、__     _ ノ
    |:;:.,.:;:;:;:;:l:;:;|   ,′ .l.  / l:;:;:|:;:;:;:;:;:;:;:;|:;:;:ヽヘ       ヽ.__,r゙  丁¨´l
    |:;:;|:;:;:;:;:;:;l:;|   ′  | ./  l:;:|:;:;:;:;:;:;:;:;,!:;:;:;:;:;:;l、     ヽ   /  ,.ィ
    |:;:;|:;:;:;:;:;:;ヽ|   l   | /   ';:ト、:;:;:;/:;:;:;:;:;:;:;:;:`ーrV   }ー<__/-┘







    323 :250/415 [sage]:2008/06/26(木) 03:28:21.43 ID:8LBOpBko

               ____
            /      \    
          /u  ノ  \ \    
        /   u (ー) (―) \   ・・・・・・・・・
        | u  ノ  (__人__) ヽ、 |  
         \  u  .` ⌒    /
        ノ            \  







    324 :251/415 [sage]:2008/06/26(木) 03:28:44.61 ID:8LBOpBko

    :::::::::::::::::::\::::::::::ヽ:::::::::::::/:ヽ   
    ――::::、::::::::::'::,::::::::}:::::::::,:'::::::}  
    ::::::::::::::/ > 、;; ;;ヘ;;;;'::::::::;ヘ:::::〈   
    ::::::、-'//    ,':/  `""ヾ∨:ヘ   
    :::r ' |::!   |::|     U |::| }::ハ  ヘロデ・アンテパス様
    ::>  」::|_   i!::!      _!」 !ハ}:|   怒りをおさめてください!
    /   レ' ¨"≠レゝ  / リ/ j/  
        "モテエ    ,'ェァ /      
      J        、   {     
           u    ヽ |     
    i            _ノ /     
    ヽ     ,  ____  /      
     \    ` ー--- ' , '       
       ヽ  u    /       
         ヽ __ノ         
                       






    325 :252/415 [sage]:2008/06/26(木) 03:29:12.57 ID:8LBOpBko

              _,.-.:.:.:^ヽ.‐-...、.._
            ,.-'´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.)'^:.ー、:.:.`''ー、
          ,r'ァ´:.;.;r'´;.-.:,、.:,´:.:.:.:.:.:.`:.:.:.:.:-ヽ     ・・・そうだな
    .        ,':.;ィ'/:.://ヽL|:.:.l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`ヽ. 
            |/i':.;l.:/l〈    /:./:.:.:.:,!:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:   実際の刑はピラトに任せたほうがいい
            l/|リ/_.|  //!:.:.:/:.:.:.:.:,!:.:.:.:.:.:.:.:.:.: 
             V 似  '</_/!:./:.:.;/:.:.:.:.:.:.:.:.:.: .  こんな男でも、殺されたうらみで
               / _ノ    Zヽ`7イ:.:,/:.:,:.:.:.:.:.:.:.:.:.:    私を呪ったりしたら割に合わぬ
            | l     `¨´ /;/:.:.;/.:.;.:.:.:.:.:.:.:.:
             | r、      ´ /..-Z-く:.:.:.:.:.:.:.:. 
              | 、 `ヽ       ´ ノ7,. /:.:.:.:.:,:.;/
             l   `¨′    _,.二r;‐' ィ//'′
            ヽ、_ _,..  ´   ケ,!ヽ、
        __.......-‐::´/::〉、     / ,/:::::|::::ヽ、
     r::7::::::::::::::::::/:::::/ ヽ   /   /::::::::|::::::::::\ 







    326 :253/415 [sage]:2008/06/26(木) 03:29:39.32 ID:8LBOpBko

         /: : : : : : : : : : : _: : : : : : :\
        /: : :.; : : : :/ヽ: :/: :`ヽ: : :.、: :ヽ
       ノ/: : / / ;r': : :,-V,、: : : : ヽ.: :ヽ: :トヽ       では、ユダヤ王らしい格好をしてもらおうか
      ∠イ ;/ | / /: :r'/ヽ-'-ヽ: : :.ト. l ト:ヽ |ヽ!         
        |;/l: :| | l: ;イ/     ヽ: :.lヽ.l |: :.ヽ|        茨の冠をかぶせ
       _!__|: :V{ソヽ'       」ィ'' ヽ|、 ハj         紫のマントを着せてやれ!
    ___r´:;:;:;:;:N{ / <弋ト、.   ィニセヽ N jL --- ,_      
    ´:;:;:;:;:;:;:;:;ヾ |   ̄  i   ゙¨´ //:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;`ヽ  
    :;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:入    |       /゙:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;l.   
    ;:;:;:;:;:;:;:;:;:/:;:;ヽ   r--=ニつ. / |:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;| 
    :;:;:;:;:;:;:;:;ヽ、:;_〉、 l'´     `ソイ:;:;|:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;ヽ
    :;:;:;:;:;:;:;:;「 ̄:;:;:;:,'| ヽ. ̄`ブ´ /:;:;:ゝ:;:;:;:;|:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;`ヽ、
    :;:;:;:;:;:;:;:;!;:;:;:;:;:;:;' レ' l. `´ヽ /:;`<:;:;:;:;:;|:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;_;: ‐- .;_:;ヽ
    `:ヽ;/:;:;|:;:;:;:;:;'  |  L__/ ヽ|:;:;:;:;:;:l:;:;:;:;:;|:;:;:;:;:;:;:;:;/ ,.-‐…=ヽ:;',
      l:;:;:;:;:|:;:;:;:;:;′ | / |  l:;:;:;:;:;:l:;:;:;:;:;:;|:;:;:;:;:;:;:;/  /      ヽ.、
      l:;:;:;:;|;:;:;:'   ∨ .l.  |:;:;:;:;:l:;:;:;:;:;:;:;l、:;:;:;:;/ ,/        Lヽ  __
     l:;:;:;:;:;:|:;:;:;:l   /  |   ハ:;:;:;:;|--一1:;l、:;/ /     ン、     ̄  `!
    _|:;:;:;:;:;:;:l:;:;:;|   ′ |   ハ:;:;:;|:;:;:;:;:;:;:;|:;:;∨ l′     l.  ヽ.、__     _ ノ
    |:;:.,.:;:;:;:;:l:;:;|   ,′ .l.  / l:;:;:|:;:;:;:;:;:;:;:;|:;:;:ヽヘ       ヽ.__,r゙  丁¨´l
    |:;:;|:;:;:;:;:;:;l:;|   ′  | ./  l:;:|:;:;:;:;:;:;:;:;,!:;:;:;:;:;:;l、     ヽ   /  ,.ィ
    |:;:;|:;:;:;:;:;:;ヽ|   l   | /   ';:ト、:;:;:;/:;:;:;:;:;:;:;:;:`ーrV   }ー<__/-┘







    332 :以 下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]: 2008/06/26(木) 03:32:01.12 ID:eN3HOpAo
    >>326
    へぇ~
    茨の冠にはそういう意味があったんすか






    327 :254/415 [sage]:2008/06/26(木) 03:30:13.84 ID:8LBOpBko

                ,.--、,ー¬--、__
               /   く   /_ ‐ ヽ
         ー′ヽ   \   ´ ̄ ヽ   
        f´ \  \   \     ヽ  ・・・そして、私のところに戻ってきたわけか
       /    >、  ヽ ヽ  \ ヽ   l   
       〃 ヘ「 ヽヘ  ヽ  l、   l\ \  |  
       | l 〈 `    ヽ  l  l ヽ lヽゝヽ\|  
       | l了       ヽ|、1 ヽ.l l l ヽ |  
       l l        ヽ l l !  ヽ! l_ l   !  
        l├- 、 _    ヽ l  _ ‐ ´  { _L_ 
      f⌒l l    ` ヽ    ´     l yヽ } 
      ヽ´ハ( ̄ ̄ ̄ ヽ___、 ´  ̄ ̄ `/! ノ 
       \ l ` ー― ´  `` ー―¬7ン′ 
         `ヽ        !         /     
          ヽ       l_       /     
              \   ____   イ      
            イ,_ヽ、    / /lヽ、   
          _/ l `丶`_ー‐ ´_/ l  \   
         ノ7 l     ニ ´   l   \ 
       / /  l\   /--ヽ   /!  ヽ 







    329 :255/415 [sage]:2008/06/26(木) 03:30:38.14 ID:8LBOpBko

           ____
         ノ++++++++ヽ     
       /  _ノ  ヽ、_  \   
      /   (―)  (―)  \    ・・・・・・・・・・
      |  ノ  (__人__) ヽ、  |  
      \     ` ⌒´     /  
      ノ           \  







    330 :256/415 [sage]:2008/06/26(木) 03:31:11.05 ID:8LBOpBko

                ,.--、,ー¬--、__
               /   く   /_ ‐ ヽ
         ー′ヽ   \   ´ ̄ ヽ   (なんとも悪趣味な男だ
        f´ \  \   \     ヽ  
       /    >、  ヽ ヽ  \ ヽ   l   しかも肝心なことは何ひとつやっていない
       〃 ヘ「 ヽヘ  ヽ  l、   l\ \  | 
       | l 〈 `    ヽ  l  l ヽ lヽゝヽ\|  あいつは政治というものがわかっているのか?
       | l了       ヽ|、1 ヽ.l l l ヽ | 
       l l        ヽ l l !  ヽ! l_ l   !  そんないい加減なことばかりやっているから
        l├- 、 _    ヽ l  _ ‐ ´  { _L_  ガリラヤ地方の民は出すぎた真似をしてしまうのだ)
      f⌒l l    ` ヽ    ´     l yヽ }
      ヽ´ハ( ̄ ̄ ̄ ヽ___、 ´  ̄ ̄ `/! ノ
       \ l ` ー― ´  `` ー―¬7ン′ 
         `ヽ        !         /    
          ヽ       l_       /    
              \   ____   イ     
            イ,_ヽ、    / /lヽ、   
          _/ l `丶`_ー‐ ´_/ l  \  
         ノ7 l     ニ ´   l   \
       / /  l\   /--ヽ   /!  ヽ 







    331 :257/415 [sage]:2008/06/26(木) 03:31:53.75 ID:8LBOpBko

            r- 、..--/::::::::::丶,.__
         _,.イ:::::::::::::V :::::::::::::::::::::::` 、     
        r:::::::::::::::::::: ,.ヘ::/ヽ.:::::::::::::::::::::::ヽ.    
        ノ::::|:::::::::| ::::::l::ヾ/:::丶:::::::: |::::ヽ:::::ヽ   
       ,イ:::::::|:::::::::| :::::::トr'` "´|:::::::::ハ:::!|:::::l:::l   では、ガリラヤ領主も
    .  l::|:::::::|:::::::::ゝ::::::|    |:l::::::l| |::!|:::::|:::l   彼が「ユダヤの王」と自称したことを
       | ! :::::|:|:::|::::ハ:::::|    |ィ!ニリ=j、レィ:r┘  認めたようだし・・・・
       l !::l::::N:::ハ:::ィ!ニjlゞ     , ,.==..、 l:: |:: |   
       ヽ::|:::::ゝ:〆           ヒf::j ' l::::l::: |  
       |ゞ`--ハ    ___      ー'   l::::|::: |  
       |:::|:::::::::ハ '" ̄     、     リ::ハ::: |  
       l::::|:::::::::ハ      -  '    イ:::::::|ハ::|  
       l:::ハ::::::::::l:::lヘ.          .イ:::|:::::::!:::|::', 
       |:::::∧::::::|:::|:::::ヘ   .. __ /l::l::::!::::ノ::: |:::ヘ 
       ' :::::|::::ゝ:::|::ハ|::| / |      Ll ::レイ :::::|::::::::
      /:_:rイ::/::::`:::::: //__      / l:::::/:::::::::|ヽ__







    333 :258/415 [sage]:2008/06/26(木) 03:32:17.74 ID:8LBOpBko

                ,.--、,ー¬--、__
               /   く   /_ ‐ ヽ
         ー′ヽ   \   ´ ̄ ヽ   
        f´ \  \   \     ヽ   ・・・今は過越祭だ
       /    >、  ヽ ヽ  \ ヽ   l  
       〃 ヘ「 ヽヘ  ヽ  l、   l\ \  |  恩赦をしてもいいのではないか?
       | l 〈 `    ヽ  l  l ヽ lヽゝヽ\| 
       | l了       ヽ|、1 ヽ.l l l ヽ |  たとえ、この男に罪があったとしても
       l l        ヽ l l !  ヽ! l_ l   !  祭りということに免じて、
        l├- 、 _    ヽ l  _ ‐ ´  { _L_  ゆるしてやってもいいのではないか?
      f⌒l l    ` ヽ    ´     l yヽ }
      ヽ´ハ( ̄ ̄ ̄ ヽ___、 ´  ̄ ̄ `/! ノ
       \ l ` ー― ´  `` ー―¬7ン′ 
         `ヽ        !         /    
          ヽ       l_       /    
              \   ____   イ     
            イ,_ヽ、    / /lヽ、   
          _/ l `丶`_ー‐ ´_/ l  \  
         ノ7 l     ニ ´   l   \
       / /  l\   /--ヽ   /!  ヽ 







    334 :259/415 [sage]:2008/06/26(木) 03:32:54.87 ID:8LBOpBko

           __/ ヽ―― x '\
         __/       \/    ̄ヽ
        /   , / ,'  !       ヽ   ハ__   
       /  / | |  | /ヽ  , ヘ.  !   !   ヘ   そうね、恩赦があるわよね
      |   |  | |  | |,,, 、,, 、,,,|  |   |  i ハ   では、今日処刑するはずだった
      ,'|   |  | |  | |      |  |   |  | i| |  熱心党バラバのほうをお願いするわ
    .  | !   ! ∧_! -i! !      ! 」_ / / i | 
      | ヽ  i| !tニムヱ}」    ム旡ニzx_/  ィ ! 
      |  ヘ_ハ__|            '¬' |___/j/ 
      | ( i   |z==ミ      ィ==z|  | |  
      | /│  |      ,        !  ! |  
     | | i!   |     __      |  |  !  
    _│ |  !   |ヽ    `ー'    , イ   !!  |  
     | | │  !   > 、     , < │  ||   !
     | |  ヽ  |-‐ri|  >‐< |ー- |  リ  │ 
    │ | |   ヘ|  |ノ      {   ム‐'´    !  
    _| | |    |  |       `i  |      |  
    ┴.| |      !  !, -―― --、|  |      |t 、
    ヾ| |     |  |イニニニニミ|  |      | | ヘ







    335 :260/415 [sage]:2008/06/26(木) 03:33:20.10 ID:8LBOpBko

                ,.--、,ー¬--、__
               /   く   /_ ‐ ヽ
         ー′ヽ   \   ´ ̄ ヽ   
        f´ \  \   \     ヽ  
       /    >、  ヽ ヽ  \ ヽ   l  
       〃 ヘ「 ヽヘ  ヽ  l、   l\ \  |   ・・・バラバを?
       | l 〈 `    ヽ  l  l ヽ lヽゝヽ\| 
       | l了       ヽ|、1 ヽ.l l l ヽ |   バラバはお前たちが毒蛇のごとく嫌っている
       l l        ヽ l l !  ヽ! l_ l   !   熱心党の指導者ではなかったのか?
        l├- 、 _    ヽ l  _ ‐ ´  { _L_ 
      f⌒l l    ` ヽ    ´     l yヽ }
      ヽ´ハ( ̄ ̄ ̄ ヽ___、 ´  ̄ ̄ `/! ノ
       \ l ` ー― ´  `` ー―¬7ン′ 
         `ヽ        !         /    
          ヽ       l_       /    
              \   ____   イ     
            イ,_ヽ、    / /lヽ、   
          _/ l `丶`_ー‐ ´_/ l  \  
         ノ7 l     ニ ´   l   \
       / /  l\   /--ヽ   /!  ヽ 







    336 :261/415 [sage]:2008/06/26(木) 03:34:11.14 ID:8LBOpBko

            r- 、..--/::::::::::丶,.__
         _,.イ:::::::::::::V :::::::::::::::::::::::` 、     
        r:::::::::::::::::::: ,.ヘ::/ヽ.:::::::::::::::::::::::ヽ.    
        ノ::::|:::::::::| ::::::l::ヾ/:::丶:::::::: |::::ヽ:::::ヽ   じゃあ、民衆に聞いてみたらどうでしょう?
       ,イ:::::::|:::::::::| :::::::トr'` "´|:::::::::ハ:::!|:::::l:::l   
    .  l::|:::::::|:::::::::ゝ::::::|    |:l::::::l| |::!|:::::|:::l   バラバのほうか、やる夫のほうか
       | ! :::::|:|:::|::::ハ:::::|    |ィ!ニリ=j、レィ:r┘  
       l !::l::::N:::ハ:::ィ!ニjlゞ     , ,.==..、 l:: |:: |   
       ヽ::|:::::ゝ:〆           ヒf::j ' l::::l::: |  
       |ゞ`--ハ    ___      ー'   l::::|::: |  
       |:::|:::::::::ハ '" ̄     、     リ::ハ::: |  
       l::::|:::::::::ハ      -  '    イ:::::::|ハ::|  
       l:::ハ::::::::::l:::lヘ.          .イ:::|:::::::!:::|::', 
       |:::::∧::::::|:::|:::::ヘ   .. __ /l::l::::!::::ノ::: |:::ヘ 
       ' :::::|::::ゝ:::|::ハ|::| / |      Ll ::レイ :::::|::::::::
      /:_:rイ::/::::`:::::: //__      / l:::::/:::::::::|ヽ__







    337 :以 下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします :2008/06/26 (木) 03:34:37.22 ID:NJ0Hwxoo
    ピラトは政治家としては有能だな






    338 :262/415
    346 :1 [sage]:2008/06/26(木) 03:43:57.17 ID:8LBOpBko
    >>328
    いやー、見た目で人を判断するのがほとんどでしょう
    漫画でもあるじゃないですか
    あいつは「大物」とか、あいつは「小者」という、主人公の決めつけが

    >>332
    ユダヤの王としての証らしいです。

    後述しますが、これがヘロデ・アンテパスによるものか
    ピラトによるものかは、聖書のそれぞれの書物で異なっています

    >>337
    トラブル続きのユダヤ長官(知事)を10年近くつとめていたからたいしたもんです

    ピラトが良い政治をしたとする歴史書はないのですが
    以降の長官に比べると、格段にマシな統治をしていました

    聖書作家はピラトが「いい人」であったかのように書いているのですが
    それはただのピラトの「怜悧さ」ではないかと思います







    [sage]:2008/06/26(木) 03:34:40.86 ID:8LBOpBko

                ,.--、,ー¬--、__
               /   く   /_ ‐ ヽ
         ー′ヽ   \   ´ ̄ ヽ   ・・・わかった
        f´ \  \   \     ヽ  
       /    >、  ヽ ヽ  \ ヽ   l  では、熱心党のバラバを呼び
       〃 ヘ「 ヽヘ  ヽ  l、   l\ \  |  二人を民衆の前に出せ!
       | l 〈 `    ヽ  l  l ヽ lヽゝヽ\| 
       | l了       ヽ|、1 ヽ.l l l ヽ | 
       l l        ヽ l l !  ヽ! l_ l   !  
        l├- 、 _    ヽ l  _ ‐ ´  { _L_ 
      f⌒l l    ` ヽ    ´     l yヽ }
      ヽ´ハ( ̄ ̄ ̄ ヽ___、 ´  ̄ ̄ `/! ノ 
       \ l ` ー― ´  `` ー―¬7ン′ 
         `ヽ        !         /    
          ヽ       l_       /    
              \   ____   イ     
            イ,_ヽ、    / /lヽ、   
          _/ l `丶`_ー‐ ´_/ l  \  
         ノ7 l     ニ ´   l   \
       / /  l\   /--ヽ   /!  ヽ 






    339 :263/415 [sage]:2008/06/26(木) 03:35:18.97 ID:8LBOpBko

    【審議中】

            ∧,,∧ ∧,,∧       おいおい、
       ∧,,∧ (´・ω・)(・ω・`)∧,,∧   バラバさんが釈放されるのかよ
      ( ´・ω)(∧,,∧) (∧,,∧(ω・` )  
       l U l (  ´・) (・`  )l と ノ   そうと聞いてたら、
       .u-u (   l). (l   ) u-u'    ナザレのナントカの支持なんかしてなかったよな?
            `u-u'   `u-u'       







    340 :264/415 [sage]:2008/06/26(木) 03:35:44.00 ID:8LBOpBko

    【審議中】

            ∧,,∧ ∧,,∧       
       ∧,,∧ (´・ω・)(・ω・`)∧,,∧   ああ、あんな田舎町の大工に従うつもりはなかった
      ( ´・ω)(∧,,∧) (∧,,∧(ω・` )   
       l U l (  ´・) (・`  )l と ノ   俺達は元からバラバさんについていたんだ
       .u-u (   l). (l   ) u-u'   
            `u-u'   `u-u'        ナザレのナントカなんて、どうでもいいぜ!







    341 :265/415 [sage]:2008/06/26(木) 03:36:08.77 ID:8LBOpBko

       \\       マンセー! 我々の指導者バラバ マンセー!        //
         \\                                         //

           _ _∩.     _ _∩.     _ _∩.     _ _∩.     _ _∩.     _ _∩.
         ( ゚∀゚)彡  ( ゚∀゚)彡  ( ゚∀゚)彡  ( ゚∀゚)彡  ( ゚∀゚)彡  ( ゚∀゚)彡
         (  ⊂彡.   (  ⊂彡.   (  ⊂彡.   (  ⊂彡.   (  ⊂彡.   (  ⊂彡
        _ _∩.     _ _∩.     _ _∩.     _ _∩.     _ _∩.     _ _∩.     _ _∩
      ( ゚∀゚)彡  ( ゚∀゚)彡  ( ゚∀゚)彡  ( ゚∀゚)彡  ( ゚∀゚)彡  ( ゚∀゚)彡  ( ゚∀゚)
      (  ⊂彡.   (  ⊂彡.   (  ⊂彡.   (  ⊂彡.   (  ⊂彡.   (  ⊂彡.   (  ⊂彡
       |   |     |   |     |   |     |   |    |   |     |   |     |   |
       し ⌒J.    し ⌒J.    し ⌒J.    し ⌒J.   し ⌒J.    し ⌒J.    し ⌒J







    342 :266/415 [sage]:2008/06/26(木) 03:36:33.63 ID:8LBOpBko

     ヽ { レ'´  / /    /´ ̄ ̄`ヽ     
      >ゝ\  l / / /      ヽ丶   ...
     / {  > ヽ { /⌒V'´ ̄ヽヽ     ハ   .
     ヽ ヘ ! 厶V{/ /l |    Vl≧   `ト、   あいつらは
     〃オ''l 「 "゙`´   !l  , イ¨ jl ヽ   ヽヽ  昨日までは、ナザレのやる夫の支持者だったはず・・・
    _/イ | _{ l     、_リ/ ___,_  ミ_>‐マ仆j ..
    / ハハ 下二ー、   ´仟歹 ’    匁} 〉  なんという軽薄さだ!
    { l.  }∧tヘヒ弍 }   ´         r‐1イ'   
    ヽ!  ゙ヽ', ´  ノ           、_//   
         l     ヽ           ∧ /    
         ヽ             / Y     
          丶   rz=ニつ    ,イ  }八   ...
            \   ‐    /   /  〉  .
             \    /    /  /   
               >ーく    /   /   ..
             / /   ,ハ  /    /    







    343 :267/415 [sage]:2008/06/26(木) 03:37:00.20 ID:8LBOpBko

      ,/::::..:;;;:::..::.:;:;:;;;;;;;;:.:.:.:;;:;:.:.:.::;:;::;.:ヾ,,    
     メ..:;;;:.;:..::;;;..:.:;:;:::::::::::::;.....:;:.::;.;:.::;:.:;:.;:.:ソ、    
     {`;.::;;;:;:;::;.;;;.::::.:;.:;.:;.:.:.:.::.:.:.;:.;:.;:.;:.;.:;:.:.;.:;.:;:}   
    . ,ゝ:;:;:へvヽへ、、.;;:.:;::.;:.:;;.;:.;.:;..:;.;.:;.:;:.;:.;:;彡  
    (∧,メ`ヾ:\.\ソ `ヽ,.;:;.:;.:;.:;:.:;.:.:;.:.:.:..:.;.;::;:ゞ  (・・・・しかし、ナザレのやる夫は
    //f.   `、|  リ  ヽ.;:.;::./テミヾ,;:;.::;.:.::;;:.}   これで、すべてを失ったのだ
    / {    レ      メ;:/〃 i| }.::;.::.;;:::;..}   
     `、   ,,,,,,.彡     y イ,,//:;:.;;:;;.;:.:;彡   弟子も支持者も、そして生命も・・・
      ト、.ゞ"'、,_ニ-=     , こ八.::;;:.:.;:;.:;.}  ..
       、;}           rソ  ヾ,;,;;;:;.:.}    哀れなものだな・・・)
       y           i   ヽ:;:;::リ    
       <  ,         .ノ.    ヾルi    
       `ゝ"       . /:;.:     >、|    
        ` k=--    /:.;:;.:      ヽ,,  
          ゝ    /:;::;:;       / ゝ 
       ,, -=^ヽー へ、        /    
     ,-""        ヽ     /      







    344 :以 下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]: 2008/06/26(木) 03:38:00.44 ID:eN3HOpAo
    >>339-341
    ゆきちゃんが軽蔑してたのも分かるわww






    345 :以 下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします :2008/06/26 (木) 03:40:31.91 ID:MQfTNK60
    ローマにとっては民衆に支持されている方が危険なんじゃないの?
    どっちにせよ小物って事?






    360 :1 [sage]:2008/06/26(木) 03:54:41.85 ID:8LBOpBko
    >>345
    民衆の支持というのも、それほどあてにならないものです

    バラバの名が歴史書に残っていないことから
    彼の起こした反乱は、それほど大規模なものではなく
    政治家であり、ユダヤ州三千の兵を率いていたピラトからすれば
    怖るるに足らず、と政治的判断を下したのでしょう






    347 :268/415 [sage]:2008/06/26(木) 03:44:40.67 ID:8LBOpBko

           __/ ヽ―― x '\
         __/       \/    ̄ヽ
        /   , / ,'  !       ヽ   ハ__   
       /  / | |  | /ヽ  , ヘ.  !   !   ヘ  では、民衆の答えも出たようだし
      |   |  | |  | |,,, 、,, 、,,,|  |   |  i ハ  
      ,'|   |  | |  | |      |  |   |  | i| | 
    .  | !   ! ∧_! -i! !      ! 」_ / / i | バラバを釈放して
      | ヽ  i| !tニムヱ}」    ム旡ニzx_/  ィ ! やる夫を処刑してもらいましょうか
      |  ヘ_ハ__|            '¬' |___/j/ 
      | ( i   |z==ミ      ィ==z|  | |  
      | /│  |      ,        !  ! |  
     | | i!   |     __      |  |  !  
    _│ |  !   |ヽ    `ー'    , イ   !!  |  
     | | │  !   > 、     , < │  ||   !
     | |  ヽ  |-‐ri|  >‐< |ー- |  リ  │ 
    │ | |   ヘ|  |ノ      {   ム‐'´    !  
    _| | |    |  |       `i  |      |  
    ┴.| |      !  !, -―― --、|  |      |t 、
    ヾ| |     |  |イニニニニミ|  |      | | ヘ







    348 :269/415 [sage]:2008/06/26(木) 03:45:25.50 ID:8LBOpBko

                ,.--、,ー¬--、__
               /   く   /_ ‐ ヽ 
         ー′ヽ   \   ´ ̄ ヽ   
        f´ \  \   \     ヽ  
       /    >、  ヽ ヽ  \ ヽ   l  (民衆の支持を得ていないということは
       〃 ヘ「 ヽヘ  ヽ  l、   l\ \  |   ナザレのやる夫の無実を潔白しているはずなのだが
       | l 〈 `    ヽ  l  l ヽ lヽゝヽ\|   それを処刑の理由にするとは、さすがカヤパだ
       | l了       ヽ|、1 ヽ.l l l ヽ | 
       l l        ヽ l l !  ヽ! l_ l   !  伝統にこりかたまった非文明的な生活をしているくせに
        l├- 、 _    ヽ l  _ ‐ ´  { _L_  ユダヤの民というのは、なかなかずる賢い
      f⌒l l    ` ヽ    ´     l yヽ }
      ヽ´ハ( ̄ ̄ ̄ ヽ___、 ´  ̄ ̄ `/! ノ まあ、無理にさからう必要性もあるまい
       \ l ` ー― ´  `` ー―¬7ン′ 
         `ヽ        !         /     熱心党のバラバは見たところ、将帥の器はない
          ヽ       l_       /    
              \   ____   イ      バラバが指揮をとるかぎり
            イ,_ヽ、    / /lヽ、    今後、反乱が起きたとしても
          _/ l `丶`_ー‐ ´_/ l  \   州都カエサリアに駐屯する三千の兵士で
         ノ7 l     ニ ´   l   \ 十分、鎮圧することはできるだろう
       / /  l\   /--ヽ   /!  ヽ 
                            無罪の男を処刑するのは心苦しいものだが・・・)







    349 :270/415 [sage]:2008/06/26(木) 03:46:00.33 ID:8LBOpBko

            r- 、..--/::::::::::丶,.__
         _,.イ:::::::::::::V :::::::::::::::::::::::` 、     
        r:::::::::::::::::::: ,.ヘ::/ヽ.:::::::::::::::::::::::ヽ.    
        ノ::::|:::::::::| ::::::l::ヾ/:::丶:::::::: |::::ヽ:::::ヽ   では、まずはむち打ちからね
       ,イ:::::::|:::::::::| :::::::トr'` "´|:::::::::ハ:::!|:::::l:::l   そのあと、十字架を持たせて引き回しの上、
    .  l::|:::::::|:::::::::ゝ::::::|    |:l::::::l| |::!|:::::|:::l   ゴルゴダの丘で処刑、と
       | ! :::::|:|:::|::::ハ:::::|    |ィ!ニリ=j、レィ:r┘  
       l !::l::::N:::ハ:::ィ!ニjlゞ     , ,.==..、 l:: |:: |   十字架に手足を釘で打ちつけて
       ヽ::|:::::ゝ:〆           ヒf::j ' l::::l::: |  そのまま放置するなんて
       |ゞ`--ハ    ___      ー'   l::::|::: |   ローマ帝国の処刑は残忍なものね
       |:::|:::::::::ハ '" ̄     、     リ::ハ::: |  
       l::::|:::::::::ハ      -  '    イ:::::::|ハ::|  
       l:::ハ::::::::::l:::lヘ.          .イ:::|:::::::!:::|::', 
       |:::::∧::::::|:::|:::::ヘ   .. __ /l::l::::!::::ノ::: |:::ヘ 
       ' :::::|::::ゝ:::|::ハ|::| / |      Ll ::レイ :::::|::::::::
      /:_:rイ::/::::`:::::: //__      / l:::::/:::::::::|ヽ__







    350 :271/415 [sage]:2008/06/26(木) 03:46:35.88 ID:8LBOpBko

                ,.--、,ー¬--、__
               /   く   /_ ‐ ヽ 
         ー′ヽ   \   ´ ̄ ヽ   
        f´ \  \   \     ヽ  (・・・貴様らだって
       /    >、  ヽ ヽ  \ ヽ   l   これまで、石を投げつけて
       〃 ヘ「 ヽヘ  ヽ  l、   l\ \  |   多くの異端者を殺してきたではないか!
       | l 〈 `    ヽ  l  l ヽ lヽゝヽ\|  
       | l了       ヽ|、1 ヽ.l l l ヽ |   まあ、この男の死を見て
       l l        ヽ l l !  ヽ! l_ l   !   人々がローマ帝国にさからう愚かさを知れば
        l├- 、 _    ヽ l  _ ‐ ´  { _L_  幸いではないか
      f⌒l l    ` ヽ    ´     l yヽ } 
      ヽ´ハ( ̄ ̄ ̄ ヽ___、 ´  ̄ ̄ `/! ノ  そういう意味では
       \ l ` ー― ´  `` ー―¬7ン′  何の価値もないようなこんな男でも、
         `ヽ        !         /     存在価値はあったというものだ)
          ヽ       l_       /    
              \   ____   イ      
            イ,_ヽ、    / /lヽ、    
          _/ l `丶`_ー‐ ´_/ l  \   
         ノ7 l     ニ ´   l   \ 
       / /  l\   /--ヽ   /!  ヽ 
                            






    351 :272/415 [sage]:2008/06/26(木) 03:47:03.42 ID:8LBOpBko

           ____
         ノ++++++++ヽ     
       /  _ノ  ヽ、_  \   
      /   (―)  (―)  \    ・・・・・・・・・・
      |  ノ  (__人__) ヽ、  |  
      \     ` ⌒´     /  
      ノ           \  







    352 :273/415 [sage]:2008/06/26(木) 03:47:39.77 ID:8LBOpBko

                ,.--、,ー¬--、__
               /   く   /_ ‐ ヽ 
         ー′ヽ   \   ´ ̄ ヽ   
        f´ \  \   \     ヽ  
       /    >、  ヽ ヽ  \ ヽ   l   罪状は「ユダヤの王 ナザレのやる夫」でいいな
       〃 ヘ「 ヽヘ  ヽ  l、   l\ \  |   
       | l 〈 `    ヽ  l  l ヽ lヽゝヽ\|  
       | l了       ヽ|、1 ヽ.l l l ヽ |  
       l l        ヽ l l !  ヽ! l_ l   !  
        l├- 、 _    ヽ l  _ ‐ ´  { _L_ 
      f⌒l l    ` ヽ    ´     l yヽ } 
      ヽ´ハ( ̄ ̄ ̄ ヽ___、 ´  ̄ ̄ `/! ノ 
       \ l ` ー― ´  `` ー―¬7ン′  
         `ヽ        !         /     
          ヽ       l_       /    
              \   ____   イ      
            イ,_ヽ、    / /lヽ、    
          _/ l `丶`_ー‐ ´_/ l  \   
         ノ7 l     ニ ´   l   \ 
       / /  l\   /--ヽ   /!  ヽ 







    353 :以 下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします :2008/06/26 (木) 03:47:50.40 ID:9rM/P8.0
    やる夫・・・(´・ω・`)






    354 :274/415 [sage]:2008/06/26(木) 03:48:18.77 ID:8LBOpBko

           _.、-' ,.- 、._     ‐ 、
        ,:ー 、'´  /    `ヽ、.._   ヽ_
       /   `ヽ、/    ヽ     ̄`ヽ 〉ヽ
     /       | 〉    '.   i     Y  |     
    /       .ト ハ     l   |   l. ', ト.    
           | lニ'^´ヽ |  ト.  1   .|  |   〉    ちょっと待ってよ
      | | | l     | |l.  |」.斗|ー | ! / 〉                        
      | | | |   」斗ヒ] ヒ_ jハ.  ! リ、 ,ハ   「ユダヤの王を自称した者 ナザレのやる夫」
      、´l ̄j.ニト    ´ ヘ´r‐、 iンL.ル | Y | ',   と書いてもらわないと
    、  |ヽゝfVrt.',      うッソ|.     レ  | ',  
      ー\|ヽ. 込}         ̄ | l    l   ト. ', 
        |  ',   '        | |  | l   | ヽ ',
        |   ヽ    -    ,. |,'!  ,′′  !  ヽ 
        ||   `ト,、._   /   | ./ ,′   |\
         、ト.  ハ.| l/ ヽ ´   .ノイ |/    .|ァー-
         ハ   | ∨ //    , イノ       /|   . -
       rイ/  ヽ| / /'二.ー .._/,/     .// /  






    355 :275/415 [sage]:2008/06/26(木) 03:48:56.49 ID:8LBOpBko

                ,.--、,ー¬--、__
               /   く   /_ ‐ ヽ
         ー′ヽ   \   ´ ̄ ヽ   
        f´ \  \   \     ヽ  いいではないか
       /    >、  ヽ ヽ  \ ヽ   l  
       〃 ヘ「 ヽヘ  ヽ  l、   l\ \  |  死ぬときぐらいは、ユダヤの王でいさせてやれ
       | l 〈 `    ヽ  l  l ヽ lヽゝヽ\| 
       | l了       ヽ|、1 ヽ.l l l ヽ | 
       l l        ヽ l l !  ヽ! l_ l   ! では、刑を始める!!
        l├- 、 _    ヽ l  _ ‐ ´  { _L_ 
      f⌒l l    ` ヽ    ´     l yヽ } 
      ヽ´ハ( ̄ ̄ ̄ ヽ___、 ´  ̄ ̄ `/! ノ
       \ l ` ー― ´  `` ー―¬7ン′ 
         `ヽ        !         /    
          ヽ       l_       /    
              \   ____   イ     
            イ,_ヽ、    / /lヽ、   
          _/ l `丶`_ー‐ ´_/ l  \  
         ノ7 l     ニ ´   l   \
       / /  l\   /--ヽ   /!  ヽ 







    356 :276/415 [sage]:2008/06/26(木) 03:49:26.40 ID:8LBOpBko

               ____
            ノ++++++++ヽ   
          /u  ノ  \ \    
        /   u (ー) (―) \   ・・・・・・・・・・
        | u  ノ  (__人__) ヽ、 |   
         \  u  .` ⌒    /
        ノ            \  







    357 :277/415 [sage]:2008/06/26(木) 03:50:04.66 ID:8LBOpBko

    ================================================================================
                4-8. ユダヤの王 (まとめ)
    ================================================================================

    ルカ伝のみ、知事(長官)ピラトが、イエスの身柄を一度ガリラヤ領主ヘロデ・アンテパスに
    あずけたと書いてある

    マルコ、マタイ、ヨハネの福音書よりも、ルカ伝のほうが、
    このような法的措置に関する描写は説得力があるので、ルカ伝を採用した

    しかし、ガリラヤ領主であるヘロデ・アンテパスが
    この時期にエルサレムに来ていたという確たる証拠はない

    また、マルコ、マタイ、ヨハネの福音書では
    イエスに茨の冠とマントを着せたのは、ピラト配下のローマ兵にあるとしている

    だが、マルコではマントの色を紫としているのに対し、マタイでは紅色としている
    紅色のマントはローマ皇帝のものであり、皇帝への服従を誓うローマ兵が
    そのような不遜なことができたとは思えない

    もちろん、ローマ帝国では、のちのローマ大火での迫害のように
    死刑を民衆の見せしめとして、また娯楽として、公開していたため
    茨の冠とマントを着せたのがローマ兵であることは、おかしいものではない

    なお、福音書では、ユダヤ知事(長官)ピラトがエルサレムに官邸を持ち
    ローマ兵が駐屯していたかのような描写がされているが
    当時、ピラトが官邸をかまえたユダヤ州都は、エルサレムではなく、カエサリアである







    358 :278/415 [sage]:2008/06/26(木) 03:50:34.65 ID:8LBOpBko

    新約聖書では「強盗」としか記されていないバラバについて
    この物語ではユダヤ民族主義者「熱心党」の指導者の一人としている

    大祭司たちサドカイ派は、熱心党とは良好的関係にあるとはいえず
    西暦66年からはじまる「ユダヤ戦争」の際も、祭司たちは穏健派が多く
    過激派によって、次々と謀殺されたという経緯がある

    バラバを許そうとしたのは、彼らがバラバよりイエスを危険視したためであり
    また、バラバのほうが民衆の支持が高いと計算したためであろう
    (もちろん、民衆の間に回し者もいたであろう)

    新約聖書ではピラトに同情的に書かれているが
    ピラトがイエスの処刑にためらったのは
    特にイエスが聖なる存在と認めたのではなく
    ローマ法にもとづいた判決を要請したためであろうと思われる

    イエスは弁解を求められても、ほとんど無言で通した
    (使徒行伝23章以降で語られるパウロの捕縛時と比べると、その違いがうかがえる)

    福音書では、受難物語に至るまでのイエスは権威に満ち、数々の奇蹟を行ったが
    一転して、受難物語では無力な人間となっている

    果たして、イエスが死刑にどのような心境で望んだか?
    数多くの小説家がそれに挑んだが、ことごとく失敗したと思う
    筆者は、証言者の口を通して、そのことを伝えていこうと考える







    359 :以 下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします :2008/06/26 (木) 03:53:04.72 ID:9rM/P8.0
    証言者とな!?






    361 :279/415 [sage]:2008/06/26(木) 03:55:22.81 ID:8LBOpBko

    ─────────────────────────────
                4-9. エリ、エリ、レマ、サバクタアニ
    ─────────────────────────────

              ┌────────────┐
                      数日後
              └────────────┘


        j:::::::::ヽ ,ヘ^ ⌒ Y ⌒ヽ/ .::::::::i
       ノ:::::::::j(ノ ..::::....::::..:::: ::. .ヾ)':::::::::::i
       ル:::::リγ::..:::::..:::...ヘ、: : : :: ノy:::::::リ
        Yyノ ノ :ノ...:ノ \  / ::::::) ルリノ 
          リ::::::( ( ●) (●::(     こんなところにいたのね、ペテロ!
    .      ハ::::ハ  ,,  r‐ァ リ) )     
           ) ) )、    ̄ノくハ(     
          (,(.( ' ヘ   い ノ:::))  
          ノ/)`   ヾ ソ ̄(( 、  
           ,'   ノ    Y    Y 
           l: ( ......    .....  i
           lヾ. .. ::::::::   ::::: .ノ     







    362 :280/415 [sage]:2008/06/26(木) 03:55:49.01 ID:8LBOpBko

            -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
         / /" `ヽ ヽ  \   
        //, '/     ヽハ  、 ヽ  ・・・・・・・・・・・・・・
        〃 {_{    U  リ| l.│ i|   
        レ!小lノ    `ヽ 从 |、i|  
         ヽ|l --   --u | .|ノ│ 
          |ヘ⊃ 、_,、_,⊂⊃j  | , |  
         | /⌒l __, イァト |/ |  
    .     | /  /::|三/:://  ヽ |  
         | |  l ヾ∨:::/ ヒ::::彡, |  







    363 :281/415 [sage]:2008/06/26(木) 03:56:28.51 ID:8LBOpBko

         , '´ ̄ ̄` ー-、     
       /   〃" `ヽ、 \    
      / /  ハ/     \ハヘ   ・・・わ、私は悪くないにょろ
      |i │ l |リ   U   }_}ハ  
      |i | 从 ノu    `ヽ l小N  私がああ言わなければ
      |i (|  iu●    ● li|ノ    私たちみんなが殺されたんだにょろ・・・
      |  i ⊂⊃ 、_,、_, ⊂ノi|    
      |  l  x>、 __, イl |    マグダラのマリアだって
      |  lくミヽ::::ヘ三l:::::ノl lヽ    あの場に立てば・・・
      |  l( ⌒ )..::::V::/ ( ⌒ )   







    364 :282/415 [sage]:2008/06/26(木) 03:56:59.43 ID:8LBOpBko

        j:::::::::ヽ ,ヘ^ ⌒ Y ⌒ヽ/ .::::::::i
       ノ:::::::::j(ノ ..::::....::::..:::: ::. .ヾ)':::::::::::i
       ル:::::リγ::..:::::..:::...ヘ、: : : :: ノy:::::::リ
        Yyノ ノ :ノ...:ノ ノ   \::::::) ルリノ ・・・そうやって自分を責めてばかりで
          リ::::::( ( ●) (●::(     やる夫先生が亡くなった現実を直視できないの?
    .      ハ::::ハ  ,,  r‐ァ リ) )     
           ) ) )、    ̄ノくハ(     
          (,(.( ' ヘ   い ノ:::))  
          ノ/)`   ヾ ソ ̄(( 、  
           ,'   ノ    Y    Y 
           l: ( ......    .....  i
           lヾ. .. ::::::::   ::::: .ノ     


              , '´ ̄ ̄` ー-、
             /   〃" `ヽ、 \
            / /  ハ/  U  \ハヘ
            |i │ l |リノu    `ヽ}_}ハ   ・・・・な、なんとでも言えにょろ
            |i | 从 ●    ●l小N
            |i (| ⊂⊃ 、_,、_, ⊂li|ノ    私はもう、
            |  i  ノ、     ノi|     やる夫先生の弟子でも何でもないにょろ!
            |  l  x>、 __, イl |
            |  l( ⌒ )..::::V::/ ( ⌒ )







    365 :283/415 [sage]:2008/06/26(木) 03:57:36.53 ID:8LBOpBko

        j:::::::::ヽ ,ヘ^ ⌒ Y ⌒ヽ/ .::::::::i
       ノ:::::::::j(ノ ..::::....::::..:::: ::. .ヾ)':::::::::::i
       ル:::::リγ::..:::::..:::...ヘ、: : : :: ノy:::::::リ
        Yyノ ノ :ノ...:ノ ノ   \::::::) ルリノ 
          リ::::::( ( ●) (●::(     ・・・ねえ、やる夫先生がどのように息を引き取ったか
    .      ハ::::ハ  ,,  r‐ァ リ) )     聞きたくないの?
           ) ) )、    ̄ノくハ(     
          (,(.( ' ヘ   い ノ:::))  
          ノ/)`   ヾ ソ ̄(( 、  
           ,'   ノ    Y    Y 
           l: ( ......    .....  i
           lヾ. .. ::::::::   ::::: .ノ     


            / /" `ヽ ヽ  \      
          //, '/     ヽハ  、 ヽ    
          〃 {_{ノ    `ヽリ| l │ i|    そんなこと聞かされたって
          レ!小l●    ● 从 |、i|    もうどうしようもないんだにょろ!
          ヽ|l ||、_,、_ ||⊃ |ノ│   
    .  /⌒ヽ__|ヘ || ゝ._) ||j /⌒i !      どんなことがあっても
      \ /:::::| l>,、 __, イァ/  /│    私は、やる夫先生についていくと言ったのに
    .   /:::::/| | ヾ:::|三/::{ヘ、__∧ |.    先生を守るどころか
       `ヽ< | |  ヾ∨:::/ヾ:::彡' |     あんな偽りの証言までやってしまったんだにょろ!







    366 :284/415 [sage]:2008/06/26(木) 03:58:07.55 ID:8LBOpBko

            -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、    ・・・やる夫先生がかわいそうにょろ
         / /" `ヽ ヽ  \   
        //, '/     ヽハ  、 ヽ  あれほどまでに私たち弟子を愛して下さったのに
        〃 {_{       リ| l.│ i|  弟子たちみんなに裏切られて
        レ!小lノ    `ヽ 从 |、i|  あんな残酷な処刑をされたなんて・・・
         ヽ|l --   --  | .|ノ│ 
          |ヘ ||、_,、_ | |⊃j  | |   きっと、やる夫先生は
         | /⌒l __, イァト |/ |  私たちに失望し、そして憎んだに違いないにょろ
    .     | /  /::|三/:://  ヽ |  
         | |  l ヾ∨:::/ ヒ::::彡, |  私はそれを聞くことに
                        耐えるほど強い人間じゃないにょろ
                        
                        だから、放っておいてほしいにょろ・・・







    367 :285/415 [sage]:2008/06/26(木) 03:58:48.16 ID:8LBOpBko

        j:::::::::ヽ ,ヘ^ ⌒ Y ⌒ヽ/ .::::::::i
       ノ:::::::::j(ノ ..::::....::::..:::: ::. .ヾ)':::::::::::i
       ル:::::リγ::..:::::..:::...ヘ、: : : :: ノy:::::::リ
        Yyノ ノ :ノ...:ノ ノ   \::::::) ルリノ ・・・やる夫先生はペテロのことをうらんでなかったわよ
          リ::::::( ( ●) (●::(     
    .      ハ::::ハ  ,,  r‐ァ リ) )     最後まで立派な心で死をむかえたわ・・・
           ) ) )、    ̄ノくハ(     
          (,(.( ' ヘ   い ノ:::))  
          ノ/)`   ヾ ソ ̄(( 、  
           ,'   ノ    Y    Y 
           l: ( ......    .....  i
           lヾ. .. ::::::::   ::::: .ノ     


              , '´ ̄ ̄` ー-、     
            /   〃" `ヽ、 \    
           / /  ハ/     \ハヘ   
           |i │ l |リ       }_}ハ  ・・・・・・・・・・・・・
           |i | 从ノ    `ヽl小N  
           |i (|  i --    -- li|ノ  
           |  i ⊂⊃ 、_,、_, ⊂ノi|    
           |  l  x>、 __, イl |    
           |  lくミヽ::::ヘ三l:::::ノl lヽ   
           |  l( ⌒ )..::::V::/ ( ⌒ )  







    368 :286/415 [sage]:2008/06/26(木) 03:59:15.75 ID:8LBOpBko

        j:::::::::ヽ ,ヘ^ ⌒ Y ⌒ヽ/ .::::::::i
       ノ:::::::::j(ノ ..::::....::::..:::: ::. .ヾ)':::::::::::i
       ル:::::リγ::..:::::..:::...ヘ、: : : :: ノy:::::::リ そりゃ、人々の嘲笑はすさまじいものだった
        Yyノ ノ :ノ...:ノ ノ   \::::::) ルリノ 
          リ::::::( ( ●) (●::(     やる夫先生は人々の罵声を受けながら
    .      ハ::::ハ  ,,  r‐ァ リ) )     重い十字架を背負い、処刑地ゴルゴダの丘に向かった
           ) ) )、    ̄ノくハ(     
          (,(.( ' ヘ   い ノ:::))  
          ノ/)`   ヾ ソ ̄(( 、     そのなかで、やる夫先生はこう言いつづけていた・・・
           ,'   ノ    Y    Y 
           l: ( ......    .....  i     「神よ、彼らを許してください
           lヾ. .. ::::::::   ::::: .ノ      彼らは自分が何をしているのかわかっていないのです」







    369 :287/415 [sage]:2008/06/26(木) 04:01:10.01 ID:8LBOpBko

        j:::::::::ヽ ,ヘ^ ⌒ Y ⌒ヽ/ .::::::::i
       ノ:::::::::j(ノ ..::::....::::..:::: ::. .ヾ)':::::::::::i
       ル:::::リγ::..:::::..:::...ヘ、: : : :: ノy:::::::リ こうして、やる夫先生は十字架にかけられた
        Yyノ ノ :ノ...:ノ ノ   \::::::) ルリノ 
          リ::::::( ( ー) (―::(     太陽の照りつけるなか、私は先生のお母様たちと一緒に
    .      ハ::::ハ  ,,  r‐ァ リ) )     それを見届けていた
           ) ) )、    ̄ノくハ(     
          (,(.( ' ヘ   い ノ:::))     やる夫先生は苦痛にうめきながら
          ノ/)`   ヾ ソ ̄(( 、     やがて、こう言ったの
           ,'   ノ    Y    Y 
           l: ( ......    .....  i     「エリ、エリ、レマ、サバクタアニ」
           lヾ. .. ::::::::   ::::: .ノ     


             -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、    
           / /" `ヽ ヽ  \    うぅ、それは
          //, '/     ヽハ  、 ヽ   「神よ、神よ、どうして私を見放したのですか」という意味
         〃 {_{       リ| l.│ i|  
         レ!小lノ    `ヽ 从 |、i|   ・・・あれほど信仰のあったやる夫先生をも
          ヽ|l ●   ●  | .|ノ│   神様は救って下さらなかったのだ・・・
          .|ヘ⊃ 、_,、_,⊂⊃j  | , | 
           | /⌒l,、 __, イァト |/ |   どれほどの失意で最期をむかえられたか・・・
        .  | /  /::|三/:://  ヽ |  
          | |  l ヾ∨:::/ ヒ::::彡, |  







    370 :288/415 [sage]:2008/06/26(木) 04:01:37.20 ID:8LBOpBko

        j:::::::::ヽ ,ヘ^ ⌒ Y ⌒ヽ/ .::::::::i
       ノ:::::::::j(ノ ..::::....::::..:::: ::. .ヾ)':::::::::::i
       ル:::::リγ::..:::::..:::...ヘ、: : : :: ノy:::::::リ  違うわよ
        Yyノ ノ :ノ...:ノ \  / ::::::) ルリノ  私、調べたんだけど
          リ::::::( ( ●) (●::(       これは詩篇22章のはじめの言葉でしょ
    .      ハ::::ハ  ,,  r‐ァ リ) )     
           ) ) )、    ̄ノくハ(      それから、やる夫先生は、
          (,(.( ' ヘ   い ノ:::))      その続きを祈りつづけたのよ
          ノ/)`   ヾ ソ ̄(( 、  
           ,'   ノ    Y    Y 
           l: ( ......    .....  i
           lヾ. .. ::::::::   ::::: .ノ     







    371 :289/415 [sage]:2008/06/26(木) 04:02:06.43 ID:8LBOpBko


                           「わたしの神よ、わたしの神よ
                            なぜ、わたしをお見捨てになるのか
                           
                            なぜ、わたしから遠く離れ、救おうとせず
                            うめきも嘆きも聞いてくださらないのか
                           
                            けれども、
                            わたしたちの先祖はあなたを信じ、救われてきました
                           
                            だから、わたしはあなたにすがります
                           
                            神よ、わたしのそばにきてください
                            苦難が近づき、助けてくれる者はいないのです」








    372 :290/415 [sage]:2008/06/26(木) 04:02:35.26 ID:8LBOpBko


                           「犬たちがわたしを取り囲み
                            さいなむ者が群がってわたしを囲み
                            獅子のようにわたしの手足を砕きます
                           
                            骨が数えられるようになったわたしのからだを
                            彼らはさらしものにして眺め
                            わたしの着物を分け
                            衣を取ろうとしてくじを引きます
                           
                            主よ、あなただけは、わたしを遠く離さないでください
                            わたしの神よ わたしを助けてください!」








    373 :291/415 [sage]:2008/06/26(木) 04:03:06.03 ID:8LBOpBko


                            「主は貧しい人の苦しみを
                             決して侮らず、さげすまれません
                            
                             御顔を隠すことなく
                             助けを求める叫びを聞いてくださいます。
                            
                             だから、わたしはあなたを賛美します
                            
                             貧しい人が満ち足り
                             いつまでも健やかな命が与えられるよう
                            
                             地の果てまで
                             すべての人が主を認め
                             国々の民が御前にひれ伏すよう
                            
                             わたしの魂が永遠の命を得て
                             主のことを来るべき代に語り伝え
                             なしとげてくださった恵みの御業を
                             人々に告げ知らせるよう」








    374 :292/415 [sage]:2008/06/26(木) 04:03:38.92 ID:8LBOpBko

        j:::::::::ヽ ,ヘ^ ⌒ Y ⌒ヽ/ .::::::::i
       ノ:::::::::j(ノ ..::::....::::..:::: ::. .ヾ)':::::::::::i
       ル:::::リγ::..:::::..:::...ヘ、: : : :: ノy:::::::リ 
        Yyノ ノ :ノ...:ノ ノ   \::::::) ルリノ そして「神よ、すべてをあなたにゆだねます」
          リ::::::( ( ●) (●::(     
    .      ハ::::ハ  ,,  r‐ァ リ) )     最期にそういって、息を引き取られたの
           ) ) )、    ̄ノくハ(     
          (,(.( ' ヘ   い ノ:::))  
          ノ/)`   ヾ ソ ̄(( 、    
           ,'   ノ    Y    Y 
           l: ( ......    .....  i    
           lヾ. .. ::::::::   ::::: .ノ     


               -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、    
            / /" `ヽ ヽ  \   
           //, '/     ヽハ  、 ヽ  
           〃 {_{       リ| l.│ i|   ・・・・・・・・・・・・
           レ!小lノ    `ヽ 从 |、i|  
            ヽ|l --   --  | .|ノ│ 
             |ヘ ||、_,、_ | |⊃j  | |   
            | /⌒l __, イァト |/ |  
       .     | /  /::|三/:://  ヽ |  
            | |  l ヾ∨:::/ ヒ::::彡, |  







    375 :293/415 [sage]:2008/06/26(木) 04:04:06.80 ID:8LBOpBko

        j:::::::::ヽ ,ヘ^ ⌒ Y ⌒ヽ/ .::::::::i
       ノ:::::::::j(ノ ..::::....::::..:::: ::. .ヾ)':::::::::::i
       ル:::::リγ::..:::::..:::...ヘ、: : : :: ノy:::::::リ  そこにいたローマ帝国の百人隊長は言ったわ
        Yyノ ノ :ノ...:ノ \  / ::::::) ルリノ  「この人こそ、本当に義人だった」って
          リ::::::( ( ●) (●::(     
    .      ハ::::ハ  ,,  r‐ァ リ) )       神の教えを知らないローマ帝国の人ですら
           ) ) )、    ̄ノくハ(       やる夫先生の最期に感動したのよ
          (,(.( ' ヘ   い ノ:::))    
          ノ/)`   ヾ ソ ̄(( 、  
           ,'   ノ    Y    Y 
           l: ( ......    .....  i
           lヾ. .. ::::::::   ::::: .ノ     







    376 :294/415 [sage]:2008/06/26(木) 04:04:36.24 ID:8LBOpBko

        j:::::::::ヽ ,ヘ^ ⌒ Y ⌒ヽ/ .::::::::i
       ノ:::::::::j(ノ ..::::....::::..:::: ::. .ヾ)':::::::::::i
       ル:::::リγ::..:::::..:::...ヘ、: : : :: ノy:::::::リ 
        Yyノ ノ :ノ...:ノ ノ   \::::::) ルリノ あの人は、ペテロたちを憎んでいなかった・・・
          リ::::::( ( ー) (―::(      
    .      ハ::::ハ  ,,  r‐ァ リ) )     あの人は言ったじゃない?
           ) ) )、    ̄ノくハ(     多く許す者は、多く許されるのだ、ということを
          (,(.( ' ヘ   い ノ:::))    
          ノ/)`   ヾ ソ ̄(( 、    
           ,'   ノ    Y    Y 
           l: ( ......    .....  i    
           lヾ. .. ::::::::   ::::: .ノ     
    ┌────────────────────────────────┐







    377 :以 下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします :2008/06/26 (木) 04:04:53.65 ID:MQfTNK60
    へぇそうだったのか
    最初の言葉しか知らなかった






    378 :295/415 [sage]:2008/06/26(木) 04:05:02.88 ID:8LBOpBko

                ,. -───- 、
               /'´       `ヽ、   
                シ~ /" `ヽ ヽ `'、 ト、 
             //, '/     ヽハ  、_Vヽ 
             〃 {_{`ヽ   ノ | l |、,i|  それでは、やる夫先生
             レ!小l●    ● 从 | } i|  何度、人を許せばいいのですか?
             ヽ|l⊃ 、_,、_,   ⊂⊃jノ}j|  
         r‐‐-、__|ヘ  ゝ._)   /|  ! |  
        _{ (` /:::::| l>,、 __, イァ_i  || 
          "ヽ /:::::/| | ヾ:::|三/ / //ァ|| 
              ヽ< | |  ヾ∨_:/ // ハ|| 
        
        
                ____        
              /      \      
             /   ─   ─\     ペテロは何度までと思うんだお?
           /     (●) (●)、\   
           |       (__人__)    |   
           \      ` ⌒´   /   
            ノ           \   







    379 :296/415 [sage]:2008/06/26(木) 04:05:30.26 ID:8LBOpBko

              , -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
             / :/" `ヽ ヽ  \   
            /  /     ヽ ヽ..  ヽ  
            l  { l ,    ー-j从:ヽ.. ヽ   うーん
            | i ル{レ'     ●` li! ト、 ',  七回ぐらいが限度では、と
           /⌒)i"●     ⊂l| ||ノ l
          /   yi ヘ⊃   ,__,   l| |   l
          (  /ス、,ゝ、_ `´   ィ<| |   l
        
        
                 ____       
               /⌒  ⌒\     
              / (―)  (―) \    では、それに70をかけた数にしよう
            /  ⌒(__人__)⌒:::::\  
            |                 |   ペテロよ、7の70倍、人を許すように!
            \           /  
            _ノ            \  







    380 :297/415 [sage]:2008/06/26(木) 04:05:55.47 ID:8LBOpBko

                 -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、  て
                / /" `ヽ ヽ  \ て  
             //, '/     ヽハ  、 ヽ   そ、そんな~
             〃 {_{ノ    `ヽリ| l │ i|   すべてのことを許せってことですかにょろ
             レ!小l●    ● 从 |、i|   
              ヽ|l⊃ 、_,、_, ⊂⊃ |ノ│  
        .  /⌒ヽ__|ヘ   ゝ._)   j /⌒i !   
          \ /:::::| l>,、 __, イァ/  /│   
        .    /:::::/| | ヾ:::|三/::{ヘ、__∧ |   
           `ヽ< | |  ヾ∨:::/ヾ:::彡' |   







    381 :298/415 [sage]:2008/06/26(木) 04:06:21.74 ID:8LBOpBko

               ____       
              / \  /\      ペテロよ
            / (ー)  (ー)\    多く許す者は、多く許されるのだ
          /   ⌒(__人__)⌒ \  
          |      |r┬-|     |  神の国で報いを受けるためには
           \     `ー'´   /   いつでもいつまでも
          ノ            \  人を許すことを忘れてはいけないお!







    382 :299/415 [sage]:2008/06/26(木) 04:06:53.93 ID:8LBOpBko

    └────────────────────────────────────┘

            -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、    
         / /" `ヽ ヽ  \   
        //, '/     ヽハ  、 ヽ  
        〃 {_{       リ| l.│ i|  ・・・・やる夫先生
        レ!小lノ    `ヽ 从 |、i|  
         ヽ|l --   --  | .|ノ│  先生は最期まで
          |ヘ ||、_,、_ | |⊃j  | |   自分の義を貫いたのですね・・・
         | /⌒l __, イァト |/ |  
    .     | /  /::|三/:://  ヽ |  
         | |  l ヾ∨:::/ ヒ::::彡, |  


        j:::::::::ヽ ,ヘ^ ⌒ Y ⌒ヽ/ .::::::::i
       ノ:::::::::j(ノ ..::::....::::..:::: ::. .ヾ)':::::::::::i
       ル:::::リγ::..:::::..:::...ヘ、: : : :: ノy:::::::リ きっと、ペテロのことも許したはずよ
        Yyノ ノ :ノ...:ノ ノ   \::::::) ルリノ 
          リ::::::( ( ●) (●::(     それに、ペテロはほかの人たちの命も救うために
    .      ハ::::ハ  ,,  r‐ァ リ) )     あんなことを言ったんでしょう?
           ) ) )、    ̄ノくハ(     
          (,(.( ' ヘ   い ノ:::))     
          ノ/)`   ヾ ソ ̄(( 、    
           ,'   ノ    Y    Y 
           l: ( ......    .....  i    
           lヾ. .. ::::::::   ::::: .ノ     







    383 :300/415 [sage]:2008/06/26(木) 04:07:26.21 ID:8LBOpBko

          , '´ ̄ ̄` ー-、     
        /   〃" `ヽ、 \    
       / /  ハ/     \ハヘ   (やはり、やる夫先生は偉大な方だった・・・
       |i │ l |リ       }_}ハ  
       |i | 从ノ    `ヽl小N    しかし、私はそれに似合う弟子ではなかった
       |i (|  i --    -- li|ノ  
       |  i ⊂⊃ 、_,、_, ⊂ノi|     臆病者なのに、自分に不相応な夢を抱いていたのだ・・・)
       |  l  x>、 __, イl |    
       |  lくミヽ::::ヘ三l:::::ノl lヽ   
       |  l( ⌒ )..::::V::/ ( ⌒ )  


        j:::::::::ヽ ,ヘ^ ⌒ Y ⌒ヽ/ .::::::::i
       ノ:::::::::j(ノ ..::::....::::..:::: ::. .ヾ)':::::::::::i
       ル:::::リγ::..:::::..:::...ヘ、: : : :: ノy:::::::リ 
        Yyノ ノ :ノ...:ノ ノ   \::::::) ルリノ 私たちは、これから、やる夫先生の墓参りに行く
          リ::::::( ( ●) (●::(     
    .      ハ::::ハ  ,,  r‐ァ リ) )     ペテロ、あなたにも一緒に来てほしいんだけど
           ) ) )、    ̄ノくハ(     
          (,(.( ' ヘ   い ノ:::))    
          ノ/)`   ヾ ソ ̄(( 、    
           ,'   ノ    Y    Y 
           l: ( ......    .....  i    
           lヾ. .. ::::::::   ::::: .ノ     







    384 :301/415 [sage]:2008/06/26(木) 04:07:54.64 ID:8LBOpBko

           -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、    
         / /" `ヽ ヽ  \   
        //, '/     ヽハ  、 ヽ  ・・・やっぱり、私はガリラヤに帰るにょろ
       〃 {_{       リ| l.│ i|  
       レ!小lノ    `ヽ 从 |、i|  私には、やる夫先生に合わせる顔がないにょろ
        ヽ|l ●   ●  | .|ノ│ 
        .|ヘ⊃ 、_,、_,⊂⊃j  | , |  おとなしく漁師に戻ることにするにょろ・・・
         | /⌒l,、 __, イァト |/ |  
      .  | /  /::|三/:://  ヽ |  
        | |  l ヾ∨:::/ ヒ::::彡, |  


        j:::::::::ヽ ,ヘ^ ⌒ Y ⌒ヽ/ .::::::::i
       ノ:::::::::j(ノ ..::::....::::..:::: ::. .ヾ)':::::::::::i
       ル:::::リγ::..:::::..:::...ヘ、: : : :: ノy:::::::リ ・・・どうして?
        Yyノ ノ :ノ...:ノ \  / ::::::) ルリノ
          リ::::::( ( ●) (●::(     そんなに後悔したところで
    .      ハ::::ハ  ,,  r‐ァ リ) )     そんなに卑屈になったところで
           ) ) )、    ̄ノくハ(     自己満足にすぎないじゃない!
          (,(.( ' ヘ   い ノ:::))    
          ノ/)`   ヾ ソ ̄(( 、     そうやって、また逃げるというの!
           ,'   ノ    Y    Y 
           l: ( ......    .....  i
           lヾ. .. ::::::::   ::::: .ノ     







    385 :302/415 [sage]:2008/06/26(木) 04:08:28.24 ID:8LBOpBko

             -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
           / /" `ヽ ヽ  \
         //, '/   U ヽハ  、 ヽ
         〃 {_{ノu   `ヽリ| l │ i|   な、なんとでも言えにょろ!
         レ!小l●    ●u从 |、i|
          ヽ|l⊃ 、_,、_, ⊂⊃ |ノ│  私はガリラヤに戻るにょろ~!
      /⌒ヽ__|ヘ   ゝ._)   j /⌒i !
      \ /:::::| l>,、 __, イァ/  /│ 
    .    /:::::/| | ヾ:::|三/::{ヘ、__∧ |
       `ヽ< | |  ヾ∨:::/ヾ:::彡'   






    387 :303/415 [sage]:2008/06/26(木) 04:09:08.15 ID:8LBOpBko

        j:::::::::ヽ ,ヘ^ ⌒ Y ⌒ヽ/ .::::::::i
       ノ:::::::::j(ノ ..::::....::::..:::: ::. .ヾ)':::::::::::i
       ル:::::リγ::..:::::..:::...ヘ、: : : :: ノy:::::::リ 
        Yyノ ノ :ノ...:ノ ノ   \::::::) ルリノ ・・・・・・・・・ペテロ
          リ::::::( ( ー) (―::(     
    .      ハ::::ハ  ,,  r‐ァ リ) )     
           ) ) )、    ̄ノくハ(     
          (,(.( ' ヘ   い ノ:::))    
          ノ/)`   ヾ ソ ̄(( 、    
           ,'   ノ    Y    Y 
           l: ( ......    .....  i    
           lヾ. .. ::::::::   ::::: .ノ     







    388 :304/415 [sage]:2008/06/26(木) 04:09:34.50 ID:8LBOpBko

        J('ー` )し   マリアちゃん
         (  )     ペテロさんは、あの子がもっとも信頼していた人
          |│
                 誰よりも正直だからこそ
                 深い傷をおっているのよ
                 
                 許してあげなさい







    389 :305/415 [sage]:2008/06/26(木) 04:10:16.22 ID:8LBOpBko

        j:::::::::ヽ ,ヘ^ ⌒ Y ⌒ヽ/ .::::::::i
       ノ:::::::::j(ノ ..::::....::::..:::: ::. .ヾ)':::::::::::i
       ル:::::リγ::..:::::..:::...ヘ、: : : :: ノy:::::::リ そうですね、お母様
        Yyノ ノ :ノ...:ノ ノ   \::::::) ルリノ 
          リ::::::( ( ●) (●::(     お心遣い、ありがとうございます
    .      ハ::::ハ  ,,  r‐ァ リ) )     
           ) ) )、    ̄ノくハ(     それにしても、
          (,(.( ' ヘ   い ノ:::))     慰めなければならない立場の私が
          ノ/)`   ヾ ソ ̄(( 、     お母様に励まされるなんて
           ,'   ノ    Y    Y 
           l: ( ......    .....  i    
           lヾ. .. ::::::::   ::::: .ノ     







    390 :306/415 [sage]:2008/06/26(木) 04:10:54.54 ID:8LBOpBko

        J('ー` )し   そんなこと、どうでもいいでしょう?
         (  )     これから、私たちは助けあって
          |│     やる夫のいない世界を生きていくんだから







    391 :307/415 [sage]:2008/06/26(木) 04:11:19.28 ID:8LBOpBko

        j:::::::::ヽ ,ヘ^ ⌒ Y ⌒ヽ/ .::::::::i
       ノ:::::::::j(ノ ..::::....::::..:::: ::. .ヾ)':::::::::::i
       ル:::::リγ::..:::::..:::...ヘ、: : : :: ノy:::::::リ  ええ!
        Yyノ ノ :ノ...:ノ ⌒  ⌒ ::::::) ルリノ 
          リ::::::( ( ●) (●::(      お母様!
    .      ハ::::ハ  ,,  r‐ァ リ) )     
           ) ) )、    ̄ノくハ(     
          (,(.( ' ヘ   い ノ:::))  
          ノ/)`   ヾ ソ ̄(( 、  
           ,'   ノ    Y    Y 
           l: ( ......    .....  i
           lヾ. .. ::::::::   ::::: .ノ  







    392 :308/415 [sage]:2008/06/26(木) 04:11:57.39 ID:8LBOpBko

    ================================================================================
                4-9. エリ、エリ、レマ、サバクタアニ (まとめ)
    ================================================================================

    イエスの最期については、マルコ伝とマタイ伝の比較がもっともわかりやすい

    マルコ伝15:37-39

     しかし、イエスは大声を出して息を引き取られた。
     すると、神殿の垂れ幕が上から下まで真っ二つに裂けた。
     百人隊長がイエスの方を向いて、そばに立っていた。
     そして、イエスがこのように息を引き取られたのを見て、
     「本当に、この人は神の子だった」と言った。

    マタイ伝27:50-54

     しかし、イエスは再び大声で叫び、息を引き取られた。
     そのとき、神殿の垂れ幕が上から下まで真っ二つに裂け、地震が起こり、岩が裂け、
     墓が開いて、眠りについていた多くの聖なる者たちの体が生き返った。
     そして、イエスの復活の後、墓から出て来て、聖なる都に入り、多くの人々に現れた。
     百人隊長や一緒にイエスの見張りをしていた人たちは、地震やいろいろの出来事を見て、
     非常に恐れ、「本当に、この人は神の子だった」と言った。

    マタイ伝はこのように、マルコ伝と同じ構成ながら、表現が過剰になった箇所が多い
    特に百人隊長の「本当に、この人は神の子だった」と言わせた動機が
    マタイ伝とマルコ伝では、かなり異なっている







    393 :309/415 [sage]:2008/06/26(木) 04:12:37.50 ID:8LBOpBko

    なお、ヨハネ福音書は、イスラム教コーランと同じく、グノーシス派の影響をくんでいるため
    十字架でのイエスには肉体での苦しみはなかったとされる


    また、マルコ福音書15:44に次のようにある

    「ピラトは、イエスがもう死んでしまったのかと不思議に思い、
     百人隊長を呼び寄せて、既に死んだのかどうかを尋ねた。」

    十字架刑では数日間生き延びる者もいたが、イエスは六時間で息を引き取った
    この描写から、イエスは頑強な肉体の持ち主ではなかったと考えられる


    信者の方には申し訳ないが、筆者はイエスの死で
    超自然的現象は何ひとつ起こらなかったと考える

    むしろ、詩篇22章を最後の祈りの言葉を選んだことに
    イエスの神への絶対的帰依を読み取り、そこに感動を見出すべきであろう







    394 :310/415 [sage]:2008/06/26(木) 04:13:28.34 ID:8LBOpBko

    ─────────────────────────────
                4-10. 復活
    ─────────────────────────────

         -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、    
       / /" `ヽ ヽ  \   (・・・希望のない未来、誇りのない日常
      //, '/     ヽハ  、 ヽ   そんな人生を変えようと決心して
     〃 {_{       リ| l.│ i|   私はヨハネ先生の弟子になった
     レ!小lノ    `ヽ 从 |、i|  
      ヽ|l --   --  | .|ノ│   そして、そこで、やる夫先生と出会った・・・
      .|ヘ⊃ 、_,、_,⊂⊃j  | , |  
       | /⌒l,、 __, イァト |/ |   私はこの人こそ
    .  | /  /::|三/:://  ヽ |   世界を救いをもたらすことができると信じていた
      | |  l ヾ∨:::/ ヒ::::彡, |  
                      私はやる夫先生の弟子として
                      身を粉にして、従ったつもりだった
                      
                      でも、何ひとつを残すことができなかった
                      
                      まるで、すべては夢であったかのように・・・)







    395 :311/415 [sage]:2008/06/26(木) 04:13:56.75 ID:8LBOpBko

          , '´ ̄ ̄` ー-、     
        /   〃" `ヽ、 \    (ヨハネ先生も、やる夫先生も
       / /  ハ/     \ハヘ    ・・・・そして、ユダも
       |i │ l |リ       }_}ハ   みんな死んでしまった
       |i | 从ノ    `ヽl小N  
       |i (|  i --    -- li|ノ    私よりも立派な人がいなくなって
       |  i ⊂⊃ 、_,、_, ⊂ノi|     ずっと卑しい自分のような人間が
       |  l  x>、 __, イl |     生き残ってしまったのだ・・・・)
       |  lくミヽ::::ヘ三l:::::ノl lヽ   
       |  l( ⌒ )..::::V::/ ( ⌒ )  







    396 :312/415 [sage]:2008/06/26(木) 04:14:25.67 ID:8LBOpBko

         -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、    
       / /" `ヽ ヽ  \   (すべてを捨てて従っていたはずの私は
      //, '/     ヽハ  、 ヽ   今、ガリラヤ湖畔に戻って漁師をしている
     〃 {_{       リ| l.│ i|  
     レ!小lノ    `ヽ 从 |、i|   やる夫先生は自分の教えに命をかけて
      ヽ|l ●   ●  | .|ノ│   何一つ弁解せず、何一つ自分を曲げず
      .|ヘ⊃ 、_,、_,⊂⊃j  | , |   堂々と死をむかえなさった
       | /⌒l,、 __, イァト |/ |  
    .  | /  /::|三/:://  ヽ |   私にはとてもそんな勇気はなかった
      | |  l ヾ∨:::/ ヒ::::彡, |   自分の言葉に命をかけることなんてできなかった

                       結局、私は一介の漁師にすぎなかったのだ・・・)







    397 :313/415 [sage]:2008/06/26(木) 04:15:02.24 ID:8LBOpBko

          , '´ ̄ ̄` ー-、     
        /   〃" `ヽ、 \    
       / /  ハ/     \ハヘ   (もう夢を見るのは忘れよう
       |i │ l |リ       }_}ハ   やる夫先生のことも忘れよう
       |i | 从ノ    `ヽl小N  
       |i (|  i ●    ● li|ノ    そして、日々の糧を得られることに感謝して
       |  i ⊂⊃ 、_,、_, ⊂ノi|     慎ましく生きていこう・・・)
       |  l  x>、 __, イl |    
       |  lくミヽ::::ヘ三l:::::ノl lヽ   
       |  l( ⌒ )..::::V::/ ( ⌒ )  







    399 :314/415 [sage]:2008/06/26(木) 04:15:32.06 ID:8LBOpBko



                 「どうして、そんな悲しい顔をしているのかお?」









    400 :315/415 [sage]:2008/06/26(木) 04:16:10.67 ID:8LBOpBko

             -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、      
         / /" `ヽ ヽ  \    
        //, '/     ヽハ  、 ヽ   ・・・・・・!
        〃 {_{ノ    `ヽリ| l │ i|   
        レ!小l●    ● 从 |、i|   こ、この口調は!
         ヽ|l⊃ 、_,、_, ⊂⊃ |ノ| 
         |ヘ   ゝ._)   j.  | , |   
         | /⌒l,、 __, .イァト|/ |   
         | /  /::|三/:://  ヽ |   
         | |  l ヾ∨:::/ ヒ::::彡, |   







    401 :316/415 [sage]:2008/06/26(木) 04:16:39.85 ID:8LBOpBko

          /⌒ヽ   
         ( ^ω^)   どうしたんだお?
          / つ )_   
          し-‐一┘



           -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
         / /" `ヽ ヽ  \  
       //, '/     ヽハ  、 ヽ   す、すみませんにょろ
       〃 {_{    U  リ| l.│ i|    人違いでしたにょろ
       レ!小l\    / 从 |、i|   
        ヽ|l ○   ○u | .|ノ│  
         |ヘ⊃ 、_,、_,⊂⊃j  | , |   
        | /⌒l __, イァト |/ |
    .    | /  /::|三/:://  ヽ |
        | |  l ヾ∨:::/ ヒ::::彡, |







    402 :317/415 [sage]:2008/06/26(木) 04:17:11.50 ID:8LBOpBko

            ,. -───- 、
           /'´       `ヽ、   
            シ~ /" `ヽ ヽ `'、 ト、  
         //, '/     ヽハ  、_Vヽ  それにしても、この近くで見かけない顔ですね
         〃 {_{ノ    `ヽ | l |、,i|   
         レ!小l●    ● 从 | } i|   あなたは旅人なんですか?
         ヽ|l⊃ 、_,、_,   ⊂⊃jノ}j|   
     r‐‐-、__|ヘ  ゝ._)   /|  ! |  
    _{ (` /:::::| l>,、 __, イァ_i  ||  
      "ヽ /:::::/| | ヾ:::|三/ / //ァ||  
          ヽ< | |  ヾ∨_:/ // ハ||  







    403 :318/415 [sage]:2008/06/26(木) 04:17:39.23 ID:8LBOpBko

           
       /⌒ヽ    そうだお
       ( ^ω^)    これから世界中をまわるところなんだお!
      ⊂    つ  
       ( つノ     それにしても、どうして、あなたは悲しみに包まれてるんだお?
        (ノ







    404 :以 下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]: 2008/06/26(木) 04:17:49.82 ID:eN3HOpAo
    >>401
    人違いwwwwwwwwww






    405 :319/415 [sage]:2008/06/26(木) 04:18:21.22 ID:8LBOpBko

          , '´ ̄ ̄` ー-、     
        /   〃" `ヽ、 \    
       / /  ハ/     \ハヘ   私が師事していた偉大な人が亡くなったんです・・・
       |i │ l |リ       }_}ハ  
       |i | 从ノ    `ヽl小N  今でも気がつくと、私はその人のことばかり考えてしまって
       |i (|  i ●    ● li|ノ  
       |  i ⊂⊃ 、_,、_, ⊂ノi|    私はその人を忘れるためにここに来たのに・・・
       |  l  x>、 __, イl |    
       |  lくミヽ::::ヘ三l:::::ノl lヽ   
       |  l( ⌒ )..::::V::/ ( ⌒ )  







    406 :320/415 [sage]:2008/06/26(木) 04:18:53.54 ID:8LBOpBko
       
         /⌒ヽ    どうして、忘れる必要があるんだお?
        ( ^ω^)   
        ⊂   つ   どうしても忘れられないということは
         しーJ    忘れてはいけないことじゃないんかお?







    407 :以 下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします :2008/06/26 (木) 04:19:22.46 ID:9rM/P8.0
    ブーン・・・






    408 :321/415 [sage]:2008/06/26(木) 04:19:23.65 ID:8LBOpBko

            / /" `ヽ ヽ  \      
          //, '/     ヽハ  、 ヽ    
          〃 {_{ノ    `ヽリ| l │ i|    でも、その人はもういないんですにょろ!
          レ!小l●    ● 从 |、i|    
          ヽ|l ||、_,、_ ||⊃ |ノ│   いまさら、その人のことを考えたって
    .  /⌒ヽ__|ヘ || ゝ._) ||j /⌒i !     どうしようもないんですにょろ!
      \ /:::::| l>,、 __, イァ/  /│    
    .   /:::::/| | ヾ:::|三/::{ヘ、__∧ |.    私には、その人のことを語る資格はないにょろ
       `ヽ< | |  ヾ∨:::/ヾ:::彡' |    







    409 :322/415 [sage]:2008/06/26(木) 04:19:53.85 ID:8LBOpBko

         /⌒ヽ    どうして、語る資格がないんだお?
        ( ^ω^)   
    .     (⊃⊂)    そんなに悲しみに包まれているのに
         しーJ     そんなにその人のことを思っているのに







    410 :323/415 [sage]:2008/06/26(木) 04:20:22.62 ID:8LBOpBko

         -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、    
       / /" `ヽ ヽ  \   
      //, '/     ヽハ  、 ヽ  
     〃 {_{       リ| l.│ i|  だって、私は・・・・・・
     レ!小lノ    `ヽ 从 |、i|  
      ヽ|l ●   ●  | .|ノ│ 
      .|ヘ⊃ 、_,、_,⊂⊃j  | , |  
       | /⌒l,、 __, イァト |/ |  
    .  | /  /::|三/:://  ヽ |  
      | |  l ヾ∨:::/ ヒ::::彡, |  







    411 :以 下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]: 2008/06/26(木) 04:20:24.79 ID:eN3HOpAo
    >>408
    ちゅるやさんは一途でかわいいな…






    412 :324/415 [sage]:2008/06/26(木) 04:20:50.56 ID:8LBOpBko

          , -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
         / :/" `ヽ ヽ  \   
        /  /     ヽ ヽ..  ヽ  
        l  { l ,    ー-j从:ヽ.. ヽ  あれ? あの人はどこに行ったにょろ?
        | i ル{レ'     ●` li! ト、 ',
       /⌒)i"●     ⊂l| ||ノ l さっきまで、ここにいたはずなのに?
      /   yi ヘ⊃   ,__,   l| |   l
      (  /ス、,ゝ、_ `´   ィ<| |   l







    413 :325/415 [sage]:2008/06/26(木) 04:21:21.40 ID:8LBOpBko



                      「わたしはここにいる
                       そして、そこにもいる
                       あそこにもいる」









    414 :326/415 [sage]:2008/06/26(木) 04:21:46.68 ID:8LBOpBko

             -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、      
         / /" `ヽ ヽ  \    
        //, '/     ヽハ  、 ヽ   
        〃 {_{ノ    `ヽリ| l │ i|   ・・・・え?
        レ!小l●    ● 从 |、i|   
         ヽ|l⊃ 、_,、_, ⊂⊃ |ノ| 
         |ヘ   ゝ._)   j.  | , |   
         | /⌒l,、 __, .イァト|/ |   
         | /  /::|三/:://  ヽ |   
         | |  l ヾ∨:::/ ヒ::::彡, |   







    415 :327/415 [sage]:2008/06/26(木) 04:22:13.20 ID:8LBOpBko



                      「思いだすんだ、ペテロよ
                       やる夫が言ったことを」









    416 :328/415 [sage]:2008/06/26(木) 04:22:39.07 ID:8LBOpBko

           -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
         / /" `ヽ ヽ  \ 
       //, '/     ヽハ  、 ヽ
       〃 {_{    U  リ| l.│ i|    ま、まさか・・・・!
       レ!小l\    / 从 |、i|
        ヽ|l ●   ●u | .|ノ
         |ヘ⊃ 、_,、_,⊂⊃j  | ,|
        | /⌒l __, イァト |/ |
    .    | /  /::|三/:://  ヽ |
        | |  l ヾ∨:::/ ヒ::::彡, |







    417 :329/415 [sage]:2008/06/26(木) 04:23:09.07 ID:8LBOpBko



                      「何かを言おうとするとき思いわずらうな
                      言葉はそのときにおまえに下されるのだ
                      おまえは霊感のおもむくまましゃべればいい」









    418 :330/415 [sage]:2008/06/26(木) 04:23:36.64 ID:8LBOpBko

          , '´ ̄ ̄` ー-、     
        /   〃" `ヽ、 \    
       / /  ハ/     \ハヘ   
       |i │ l |リ U     }_}ハ  ・・・・・・!
       |i | 从\     /l小N  
       |i (|  i ●    ● li|ノ  
       |  i ⊂⊃ 、_,、_, ⊂ノi|    
       |  l  x>、 __, イl |    
       |  lくミヽ::::ヘ三l:::::ノl lヽ   
       |  l( ⌒ )..::::V::/ ( ⌒ )  






    419 :以 下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします :2008/06/26 (木) 04:23:58.98 ID:9rM/P8.0
    ・・・!






    420 :331/415 [sage]:2008/06/26(木) 04:24:02.06 ID:8LBOpBko



                     「ペテロよ
                      今、おまえの胸の中に、
                      熱いものが宿っているはずだ
              
                      それがあるかぎり
                      おまえは人の魂を癒すことができる」









    421 :332/415 [sage]:2008/06/26(木) 04:24:31.87 ID:8LBOpBko

             -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、      
         / /" `ヽ ヽ  \    
        //, '/     ヽハ  、 ヽ   
        〃 {_{\    /リ| l │ i|   
        レ!小l●    ● 从 |、i|    先生!
         ヽ|l⊃ 、_,、_, ⊂⊃ |ノ|    わたしは・・・・!
         |ヘ   ゝ._)   j.  | , |   
         | /⌒l,、 __, .イァト|/ |   
         | /  /::|三/:://  ヽ |   
         | |  l ヾ∨:::/ ヒ::::彡, |   







    422 :333/415 [sage]:2008/06/26(木) 04:25:20.50 ID:8LBOpBko



                              / ̄ ̄ ̄\     
                            /        \   
                           /::::::::::::::        \.  
                           |::::::::::::::::::::        | 
                           \::::::::::::::::::::     /  
                           /::::::::::::::::::::::::::     \ 
                                          








    423 :334/415 [sage]:2008/06/26(木) 04:25:50.76 ID:8LBOpBko



                      「やる夫はもう行かなければならない
                       さらに多くのさまよえる魂を慰めなければならない
                
                       ペテロ、おまえの身体の中には
                       すでに、やる夫の言葉が多く刻まれているはずだ
                
                       おまえはおまえの信じるもの、愛するものを
                       力のかぎり人々に語りついでいけばいいのだ」









    424 :以 下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]: 2008/06/26(木) 04:25:52.90 ID:eN3HOpAo
    >>422
    おおっ!?






    425 :335/415 [sage]:2008/06/26(木) 04:26:24.64 ID:8LBOpBko




                
                      「何も恐れることはない

                       おまえは喜ばしき知らせを伝えるのだから!」










    426 :336/415 [sage]:2008/06/26(木) 04:26:54.53 ID:8LBOpBko

            / /" `ヽ ヽ  \    
          //, '/     ヽハ  、 ヽ   
          〃 {_{\    /リ| l │ i|   やる夫先生!
          レ!小l●    ● 从 |、i|   
          ヽ|l ||、_,、_ ||⊃ |ノ│  わかりましたにょろ!
    .  /⌒ヽ__|ヘ || ゝ._) ||j /⌒i !   
      \ /:::::| l>,、 __, イァ/  /│   私は一人でも多くの人に
    .   /:::::/| | ヾ:::|三/::{ヘ、__∧ |.   私が聞いたあらゆる福音を伝えていくにょろ!
       `ヽ< | |  ヾ∨:::/ヾ:::彡' |   







    427 :337/415 [sage]:2008/06/26(木) 04:27:37.92 ID:8LBOpBko

    ================================================================================
                4-10. 復活 (まとめ)
    ================================================================================

    イエスは復活し、救世主となったとされる。
    そのことを信じ、主としてあがめることが「キリスト教」である。
    そのような、キリスト教の根底に関わる「復活」だが、それぞれの福音書での記述は大きく異なる

    もっとも成立が早いとされるマルコ福音書では次の通り

    以下、マルコ福音書16:1-8

      安息日が終わると、マグダラのマリア、ヤコブの母マリア、サロメは、
      イエスに油を塗りに行くために香料を買った。
      そして、週の初めの日の朝ごく早く、日が出るとすぐ墓に行った。
      彼女たちは、「だれが墓の入り口からあの石を転がしてくれるでしょうか」と話し合っていた。
      ところが、目を上げて見ると、石は既にわきへ転がしてあった。
      石は非常に大きかったのである
      墓の中に入ると、白い長い衣を着た若者が右手に座っているのが見えたので、
      婦人たちはひどく驚いた。
      若者は言った。「驚くことはない。
       あなたがたは十字架につけられたナザレのイエスを捜しているが、
       あの方は復活なさって、ここにはおられない。御覧なさい。お納めした場所である。 
       さあ、行って、弟子たちとペトロに告げなさい。
       『あの方は、あなたがたより先にガリラヤへ行かれる。
        かねて言われたとおり、そこでお目にかかれる』と。」
      婦人たちは墓を出て逃げ去った。震え上がり、正気を失っていた。
      そして、だれにも何も言わなかった。恐ろしかったからである。

    このあとの「結び」は後世の追補であると考えられている






    428 :338/415 [sage]:2008/06/26(木) 04:29:37.33 ID:8LBOpBko

    以上の記述から、ペテロ(ペトロ)たち弟子は、一度、ガリラヤに戻り
    そこで復活を経験したと考えられる

    ルカ福音書では、24章13節以降で、有名な「エマオの旅人」というエピソードが語られている
    それによると、使徒たちはすぐにエルサレムに戻ったとある

    ヨハネ福音書では、エルサレムにて復活を経験したペテロたちは
    ガリラヤ湖畔に戻り、そこで再度、復活を経験したとある

    この物語では「エマオの旅人」をヒントに、登場人物をペテロに置きかえて描いた

    果たして「復活」が実際にどのようなものであったかを知る資料はどこにもない

    しかし、一度は離散した使徒たちが
    「復活」を体験することにより、ふたたび結集し
    原始キリスト教団と呼ばれるべき組織を築いたのは歴史的事実であり
    以降の彼らの教えでは「イエスの復活を信じること」が重視して語られるようになる

    もし「復活」がなければ、ナザレのイエスの死とともに、彼らの伝道は終わっていたはずだ

    「福音書」における使徒たちは、イエスの考えを理解できず
    「弟子の中で誰が一番偉いか」を論争するような、未熟な者たちだった

    そんな彼らが、なぜ「復活」を経験したことで、みずからの教えに命をかけるようになったのか?

    このAA物語で描写した「復活」は、その一つの可能性にすぎない







    429 :339/415 [sage]:2008/06/26(木) 04:30:11.81 ID:8LBOpBko

    ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
                 エピローグ
    ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


      わたしたちは皆、このかたの満ちあふれる豊かさの中から、

      恵みの上に、更に恵みを受けた。

      律法はモーセを通して与えられたが、

      恵みと真理はイエス・キリストを通して現れたからである。

      いまだかつて、神を見た者はいない。ひとりもいない。

      ただ、父なる神のすぐそばにいて、その父と一体である、ひとり子だけが、

      その姿を示されたのである。


                               新約聖書「ヨハネによる福音書1:16-18」







    430 :340/415 [sage]:2008/06/26(木) 04:31:27.96 ID:8LBOpBko

    ─────────────────────────────
                キリスト教の成立
    ─────────────────────────────
                               ヘ
                       /゙  ̄ ̄ `ヽ|: : :\ー- 、
                          /: : : : : : : : : : :|: : : : : : : : : : ヽ、
                      /: : '´ : : : : : /: :l : : : : : : : : : : : :.\
                     / : : : : : /: :/: :/: : : : : :/|: : : : : : : : :ヽ
                     / : : : : : : /: : _/:_:/ !: : : : / |: | : : : : : : : : ',
                     /: : : : : : : : /: :'´/|: / |: : : : |  l:丁`ヽ: : :ヽ: : :i
                 /: //: : : : ,': : : / .|/  :l: : : : |  ヽ|: : : : : : :.∨ |
                    // ,' : : : : i: : :/ ,ィ≠k ',: : : :.| z=kVヽ: : : : : ∨
                      | : : : : :|: ://代 ノハ  ヽ:..:::| f..う?ハ: : : : : :l
              | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|小 {i ::::::j} } ∨:| {i:::::::ハヾ|: : :|:: :│
              |  ━━━━━  l{ハ V廴ソ f==fヾ Vヒ ソ j: :.∧:: :|
              |   使徒行伝.  |ヘ}、 _ _ ノ ' ヽ、 `¨ ノ| :/小: :|
    .         /^) ~~∴~~  |: :ゝ _ ::.:.  こフ   ̄.:.:::/ :|/: : | ∨
           {/ ス          |: :.|: :.|> ,  __    </: : :|: :.│
            {/ _ノ           |: :.|少'   r|   ?\ /: : : :l: :.│
            ヽ'´_フ             |: :.|    |_   |  ノ: : : :/ : :│
            V|              |: :.|    |  `7 /: : : : /: : : : l
    ┌────────────────────────────────┐
       こうして、やる夫の復活を体験したペテロは
       かつての弟子たちに会いに行きました

       はじめはペテロの言葉を疑っていた彼らも、
       やがて、やる夫の復活を信じるようになりました

       そして、ペテロはガリラヤ地方のナザレに向かいます
    └────────────────────────────────┘






    431 :341/415 [sage]:2008/06/26(木) 04:32:03.86 ID:8LBOpBko

             -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、 
            / /" `ヽ ヽ  \  
         //, '/     ヽハ  、 ヽ   ヤコブさん
         〃 {_{\    /リ| l │ i|   
         レ!小l●    ● 从 |、i|   やる夫様は復活されたんですにょろ!
          ヽ|l⊃ 、_,、_, ⊂⊃ |ノ│  
    .  /⌒ヽ__|ヘ   ゝ._)   j /⌒i !   死からよみがえり
      \ /:::::| l>,、 __, イァ/  /│   私たちに姿を現したんですにょろ!
    .    /:::::/| | ヾ:::|三/::{ヘ、__∧ |   
       `ヽ< | |  ヾ∨:::/ヾ:::彡' |   


       / ̄ ̄\
     /   _ノ  \    復活?
     |    ( ●)(●)  
    . |     (__人__)    モーセもダビデ王も
      |     ` ⌒´ノ   そのような栄光を授けられてはいない
    .  |         }   
    .  ヽ        }    兄貴がそんな人たちよりも偉大なわけないだろう?
       ヽ     ノ    
       /    く      常識的に考えて・・・・
       |     \      







    432 :342/415 [sage]:2008/06/26(木) 04:33:11.24 ID:8LBOpBko

    ┌────────────────────────────────┐
       ペテロは生前のやる夫の教えには共感していなかった
       弟ヤコブに会いに行ったのです

       「モーセの律法」を遵守する保守的な弟ヤコブにとって
       ペテロたちの説く「やる夫の復活」は、とても受け入れられないものでした

       しかし、ペテロたちは、感情だけで
       「やる夫の復活」を説こうとしていたのではありません
    └────────────────────────────────┘

            ,. -───- 、
           /'´       `ヽ、   
            シ~ /" `ヽ ヽ `'、 ト、  
         //, '/     ヽハ  、_Vヽ  
         〃 {_{\    / | l |、,i|   ヤコブさん
         レ!小l●    ● 从 | } i|  
         ヽ|l⊃ 、_,、_,   ⊂⊃jノ}j|   聖書のこの部分を読んでくださいにょろ
     r‐‐-、__|ヘ  ゝ._)   /|  ! |  
    _{ (` /:::::| l>,、 __, イァ_i  ||  
      "ヽ /:::::/| | ヾ:::|三/ / //ァ||  
          ヽ< | |  ヾ∨_:/ // ハ||  







    433 :343/415 [sage]:2008/06/26(木) 04:33:45.73 ID:8LBOpBko

       / ̄ ̄\
     /   _ノ  \    
     |    ( ○)(○)   ・・・・本当だ
    . |     (__人__)    
      |     ` ⌒´ノ   『私(神)が羊飼いを打ち[ピーーー] とき、
    .  |         }     羊はちりぢりに逃げ去る』と書かれている
    .  ヽ        }    
       ヽ     ノ     兄貴とペテロたちのことを語っているとしか・・・
       /    く      

    ┌────────────────────────────────┐
      ペテロは、当時の聖書、つまり現在の「旧約聖書」を引用し
      やる夫の生涯がその「預言」どおりに遂行されたことを説明したのです

      ペテロたちは、みずからの信仰に正統性を持たせるべく
      預言書の神の言葉から、やる夫を指したと思われる箇所を抜き出し
      その生涯が預言どおりに成就したことを裏づけていったのです

      やがて・・・・
    └────────────────────────────────┘







    435 :1 [sage]:2008/06/26(木) 04:35:53.55 ID:8LBOpBko
    >>433

    NGワードを忘れておりました

    二行目の訂正です

    『私(神)が羊飼いを打ち殺 すとき、






    434 :344/415 [sage]:2008/06/26(木) 04:34:37.17 ID:8LBOpBko

        / ̄ ̄\
      /       \     
      |::::::        |    ・・・・・・
      |:::::::::::     |    ペテロ、やっと俺にも兄貴の教えがわかった
      |::::::::::::::    |     
       |::::::::::::::    }      
       ヽ::::::::::::::    }      
        ヽ::::::::::  ノ      
        /:::::::::::: く       
        |:::::::::::::::: \      
         |:::::::::::::::|ヽ、二⌒)  


          , '´ ̄ ̄` ー-、     
        /   〃" `ヽ、 \    
       / /  ハ/     \ハヘ   ヤコブさん、あなたにも復活したやる夫様に
       |i │ l |リ       }_}ハ   会うことができたのですか?
       |i | 从\    /l小N  
       |i (|  i ●    ● li|ノ  
       |  i ⊂⊃ 、_,、_, ⊂ノi|    
       |  l  x>、 __, イl |    
       |  lくミヽ::::ヘ三l:::::ノl lヽ   
       |  l( ⌒ )..::::V::/ ( ⌒ )  







    436 :345/415 [sage]:2008/06/26(木) 04:36:49.12 ID:8LBOpBko

       / ̄ ̄\
     / ノ  \ \   ああそうだな
     |  (●)(●) |   もう兄貴と呼んではいけないな
    . |  (__人__)  |   
      |   ` ⌒´  .|   俺はやっと
    .  |         }   やる夫様の教えが理解できるようになった 
    .  ヽ        }   
       ヽ     ノ    「神の国」で「永遠の命」を得る真理が何であるかを・・・
       /    く     


            ,. -───- 、
           /'´       `ヽ、   
            シ~ /" `ヽ ヽ `'、 ト、  
         //, '/     ヽハ  、_Vヽ  では、ヤコブさん
         〃 {_{\    / | l |、,i|   
         レ!小l●    ● 从 | } i|   私たちと一緒に教団を結成しましょう
         ヽ|l⊃ 、_,、_,   ⊂⊃jノ}j|   
     r‐‐-、__|ヘ  ゝ._)   /|  ! |  
    _{ (` /:::::| l>,、 __, イァ_i  ||  
      "ヽ /:::::/| | ヾ:::|三/ / //ァ||  
          ヽ< | |  ヾ∨_:/ // ハ||  







    438 :346/415 [sage]:2008/06/26(木) 04:37:34.39 ID:8LBOpBko

    ┌────────────────────────────────┐
       弟ヤコブも、ペテロたちの教えを信じるようになり
       ペテロたちはエルサレムに向かい、教団を作ります

       その数120人程度であったと「使徒行伝」では記されています

       彼らは私有財産を持たず、互いに助け合うコミュニティを結成しました
    └────────────────────────────────┘

             -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、 
            / /" `ヽ ヽ  \    やる夫様は、ここ、エルサレムで十字架刑に処せられた
         //, '/     ヽハ  、 ヽ   
         〃 {_{\    /リ| l │ i|   しかし、神はやる夫様を死から生き返らされたのだ!
         レ!小l●    ● 从 |、i|   
          ヽ|l⊃ 、_,、_, ⊂⊃ |ノ│   私たちがその証人にょろ!
    .  /⌒ヽ__|ヘ   ゝ._)   j /⌒i !   
      \ /:::::| l>,、 __, イァ/  /│   やる夫様が説いていた福音に耳を傾け、
    .    /:::::/| | ヾ:::|三/::{ヘ、__∧ |   やる夫様の復活を信じなさい
       `ヽ< | |  ヾ∨:::/ヾ:::彡' |   
                          そうすれば、あなたも永遠の命を得ることができるにょろ!







    439 :347/415 [sage]:2008/06/26(木) 04:38:18.91 ID:8LBOpBko

    【審議中】

            ∧,,∧ ∧,,∧       
       ∧,,∧ (´・ω・)(・ω・`)∧,,∧   ・・・たしかに、やる夫の処刑は不正なものだった
      ( ´・ω)(∧,,∧) (∧,,∧(ω・` )   だけど、復活したというのはどうなんだろう?
       l U l (  ´・) (・`  )l と ノ   
       .u-u (   l). (l   ) u-u'    ガリラヤ地方の田舎町の大工職人が
            `u-u'   `u-u'       そんな神の栄光を受けるとは・・・







    441 :348/415 [sage]:2008/06/26(木) 04:38:52.84 ID:8LBOpBko

    【審議中】

            ∧,,∧ ∧,,∧       
       ∧,,∧ (´・ω・)(・ω・`)∧,,∧   ・・・でも、彼らの言うとおり
      ( ´・ω)(∧,,∧) (∧,,∧(ω・` )   我々の先祖が
       l U l (  ´・) (・`  )l と ノ   「迫害された者に神の栄光が与えられる」と
       .u-u (   l). (l   ) u-u'    伝えているのは事実だ・・・
            `u-u'   `u-u'       

    ┌────────────────────────────────┐
       エルサレムの庶民たちは、熱狂から覚め、
       大祭司カヤパが強引に、無罪の義人、ナザレのやる夫を処刑したことに
       気づき、良心の呵責を感じていたのでしょう

       少しずつ、ペテロの言葉に耳を傾ける人も、出てきました
    └────────────────────────────────┘







    443 :349/415 [sage]:2008/06/26(木) 04:41:11.22 ID:8LBOpBko

     ヽ { レ'´  / /    /´ ̄ ̄`ヽ    
      >ゝ\  l / / /      ヽ丶   
     / {  > ヽ { /⌒V'´ ̄ヽヽ     ハ  
     ヽ ヘ ! 厶V{/ /l |    Vl≧   `ト、 
     〃オ''l 「 "゙`´   !l  , イ¨ jl ヽ   ヽヽ あいつら、今度は死者を持ち上げるのか!
    _/イ | _{ l     、_リ/ ___,_  ミ_>‐マ仆j 
    / ハハ 下二ー、   ´仟歹 ’    匁} 〉  肝心なときには逃げ散ったくせに・・・
    { l.  }∧tヘヒ弍 }   ´         r‐1イ'  
    ヽ!  ゙ヽ', ´  ノ           、_//  
         l     ヽ           ∧ /   
         ヽ             / Y   
          丶   rz=ニつ    ,イ  }八   
            \   ‐    /   /  〉 
             \    /    /  /  
               >ーく    /   /   
             / /   ,ハ  /    /   
    ┌────────────────────────────────┐
       一方で、ペテロの言葉に不快感を抱いた人もいました

       主流派にとっては、「ナザレのやる夫」が聖なる存在になることは
       許せないことでした

       やがて、ペテロはユダヤ衆議会に捕縛されてしまいます
    └────────────────────────────────┘







    444 :350/415 [sage]:2008/06/26(木) 04:41:37.61 ID:8LBOpBko

           _.、-' ,.- 、._     ‐ 、
        ,:ー 、'´  /    `ヽ、.._   ヽ_
       /   `ヽ、/    ヽ     ̄`ヽ 〉ヽ
     /       | 〉    '.   i     Y  |     
    /       .ト ハ     l   |   l. ', ト.     ほら、漁師!
    i       | lニ'^´ヽ |  ト.  1   .|  |   〉    
    |  | | | l     | |l.  |」.斗|ー | ! / 〉    「ナザレのやる夫のことを知らない」と言わないと
    |  | | | |   」斗ヒ] ヒ_ jハ.  ! リ、 ,ハ   いつまでもムチを打ちつづけるわよ!
    |  、´l ̄j.ニト    ´ ヘ´r‐、 iンL.ル | Y | ',    
    !、  |ヽゝfVrt.',      うッソ|.     レ  | ',  
      ー\|ヽ. 込}         ̄ | l    l   ト. ', 
        |  ',   '        | |  | l   | ヽ ',  
        |   ヽ    -    ,. |,'!  ,′′  !  ヽ 
        ||   `ト,、._   /   | ./ ,′   |\
         、ト.  ハ.| l/ ヽ ´   .ノイ |/    .|ァー-
         ハ   | ∨ //    , イノ       /|   . -
       rイ/  ヽ| / /'二.ー .._/,/     .// /  







    445 :351/415 [sage]:2008/06/26(木) 04:42:18.59 ID:8LBOpBko

            -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
         / /" `ヽ ヽ  \   
        //, '/     ヽハ  、 ヽ  ・・・・・・・・・・!
        〃 {_{    U  リ| l.│ i|   
        レ!小lノ    `ヽ 从 |、i|  (やる夫様が受けた苦しみに比べたら
         ヽ|l --   --u | .|ノ│  この程度で音を上げるわけには・・・)
          |ヘ⊃ 、_,、_,⊂⊃j  | , |  
         | /⌒l __, イァト |/ |  
    .     | /  /::|三/:://  ヽ |  
         | |  l ヾ∨:::/ ヒ::::彡, |  
    ┌────────────────────────────────┐
       大祭司カヤパは、ペテロに「やる夫」の名を語ることを禁じようとしました

       しかし、以前と違い、ペテロはかたくなにそれを否定しました

       やる夫の立派な最期に、自分を重ねたのかもしれません

       死刑にする理由を見つけることができなかったユダヤ衆議会は
       サウロの師(と伝えられる)学者ガマリエルの言葉を受け入れ
       ペテロを釈放することにしました
    └────────────────────────────────┘







    446 :352/415 [sage]:2008/06/26(木) 04:43:03.84 ID:8LBOpBko

        / ̄ ̄\
      /       \     
      |::::::        |    ・・・・・ペテロ
      |:::::::::::     |    おまえの福音を伝えようとする強い気持ちはわかるが
      |::::::::::::::    |     このようなことが続くと
       |::::::::::::::    }      俺達はみんな迫害され、殺されてしまうだろう
       ヽ::::::::::::::    }      
        ヽ::::::::::  ノ      そんなことを兄貴、
        /:::::::::::: く       いや、やる夫様が望んでいると思うか?
        |:::::::::::::::: \      
         |:::::::::::::::|ヽ、二⌒)  


            -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、    
          / /" `ヽ ヽ  \   
        //, '/     ヽハ  、 ヽ  ・・・・・・・・・
        〃 {_{       リ| l.│ i| 
        レ!小lノ    `ヽ 从 |、i|  
         ヽ|l ●   ●  | .|ノ│ 
         |ヘ⊃ 、_,、_,⊂⊃j  | , |  
         | /⌒l,、 __, イァト |/ |  
         | /  /::|三/:://  ヽ |  
        | |  l ヾ∨:::/ ヒ::::彡, |  
    ┌────────────────────────────────┐
        ただ、ヤコブの忠告もあり
        彼らは、あくまでも「モーセの律法」を説くことを第一にするよう
        方針を転換したのです
    └────────────────────────────────┘







    447 :353/415 [sage]:2008/06/26(木) 04:43:46.43 ID:8LBOpBko

                 _
            _ - ´::::,.:.:.:.:..` ー 、
          , ‐'´.:.:.:.:::、:::/:::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\
        /..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..Y.:.:.:.` ヽ 、.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\     あなたたちは
      /.:.:.:.:.:._.:.-.:.´ l.:.:.:ヽ.:.:.:.:..、::\.:.:.:.:.:.:.:.::::\    やる夫様の復活を目撃したではありませんか?
     /.:.:.:.:.:.:/.:.:.:.:.:.:.:.!.:.:.:..ヽ.:.:.:.:::ヽ:::ヽ.:.:.:.:.:.:.:.:: ヘヽ   
    /.:.:.:.:.:.:/.:.:/.:.:.:.:/.:.:!.:.:.:.:.:...',.:.:.:.:::ヘ.:::: ヘ.:.::.:.:.:::.::::!..:、  どうして、それを声高に主張なさらないのです?
    .:.:.:.:.:.:,.:.:.:.l.:.:.:.:.::!.:.:..!.:.:.:.:.:.::.l.:.:.:.:.::::i:::::::: i.:.:.:.:.:.::::::!..::ヽ  
    .:.:.:.:.:.i.:.:.:..!.:.:..:.::l.:.:.:.:!.:.:.:.:.:.:.:i.:.:.:.:.:. ヘ.:::::::!.:.:.:.:.:::::::|..::  やる夫様は死を恐れずに
    .:.:.:.:.:l.:.:.:.:.!.:.:.:.:.:l.:.:..:.',.:.:.:.:.:.:.:',.::::::::::::l:::::::}.:.:.:.:.:::::::!..::::  真理を説き続けました
    :.:.:.:.:.:!.:.:',.ヘ.:.:.:.:.l.:.:.:.:.ヘ.:.:.::.:.:.::!._,,;::-t‐:::: i.:.:.:.:.:::::::l..::::::::
    :.:.:.:.:.:ヘ.:.:x-、‐‐-!‐ 、 ヘ;::;-'_´_,,,..rzャ ,'.:.:.:.:.:::::::l.::::::: 「人は安息日のためにあるのではない
    .:.:.:.:.:.:.:ヽ、ヽ,xヘ'。¨゙ケ ̄ ̄  ヘr_;ソイ´/.:.:.:.:.:::::::/.:::::::  人のために安息日はあるのだ」
    ',.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ ` ¨´           ,イ./.:.:.:..:.:.::::/.:::::::::::::
    .ヘ.:::',.:..::.:.:.:.:.:..ヽ、    ′  /::|'.:.:.:.:.:.:.::::/.:::::::::::::  あなたはその言葉を、やる夫様から
    :.:.ヽ.:ヘ:.:.:.:.:.:.:::.:.ヘ` - _  ̄_ イ_::::::|:.:.:.:.:.:.::::/:::::::::::::::: 直々に聞いたはずでは?
    :.:.:.:\ヘ.:.:.:.:.:.::.:.::ヘ:::::r<} `  /〈::.|.:.:.:.:.:.:::/::::::::::::::::::::::
    :.:.:.:.:.:.\、.:.:.:.:.:::.:.::Y__ヽ、7イ、/-l.:.:.:.:.:.:: /::::::::::::::::::::::: 聖なるものを伝えるために
    :.:.:.:.:.:.:.:.::,>.:.:.:.:.:.::::.:'.  rヘ´ 〉ッ  l.:.:.:.:.::./ヽ、:::::::::::::::::: 律法を優先するのはいかがなものかと
    :.:.:.:.:.:.::/::::::ヽ.:.:.:.:.:.:.:'.  ,イT ト、. l.:.:.:.::.,'::::::::::ヽ、:::::::::::::::::.:.:.:.:.::;:::::.:.ヘ
    :.:.:.:.:.::/:::::::::::ト;.:.:.:.:.:.:..レ´ | i ! .Y.:.:.:.:.:i::::::::::::::::: |..:::::::::::::::.:.:.:.:.:.::;:::::.:.ヘ
    .:.::.:.:..:}::::::::::::〈:ヽ.:.:.:.:.:.:!  l i  l  i.:.:.:.:.,'::::l:::::::::::::!:::::::::::::.:.:.:.:.:.:.:..:::;::::::.. ヘ
    .:.:.:.:.:.:.l::::::::::::,':\、.:.:.:..i  ! i 〉ィ.:.:.:.:. ∧:::!::::::::::::!:::::::::::::::.::.:.:::.:.:.:.:.:;::::::.. ヘ







    448 :以 下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします :2008/06/26 (木) 04:44:03.95 ID:9rM/P8.0
    やらない夫・・・
    いい奴だぜ・・・






    449 :354/415 [sage]:2008/06/26(木) 04:44:16.22 ID:8LBOpBko

         , '´ ̄ ̄` ー-、     
       /   〃" `ヽ、 \    
      / /  ハ/     \ハヘ   
      |i │ l |リ   U   }_}ハ  
      |i | 从 ノu    `ヽ l小N  ・・・ステファノ
      |i (|  iu●    ● li|ノ  
      |  i ⊂⊃ 、_,、_, ⊂ノi|    そんなに焦っても仕方ないんだにょろ・・・
      |  l  x>、 __, イl |    
      |  lくミヽ::::ヘ三l:::::ノl lヽ   
      |  l( ⌒ )..::::V::/ ( ⌒ )   

    ┌────────────────────────────────┐
       しかし、そんなヤコブの方針に異を唱える者たちも出てきました
       使徒行伝では「ギリシャ語を話す者たち」と書かれるグループです

       パレスティナ地方以外での生活を送っていた彼らは
       「エルサレム神殿」の権威を掲げたり、
       モーセの律法に縛られた生活様式を守らせる、主流派に否定的でした

       彼らのほとんどは、イエスの死後、ペテロの言葉によって弟子入りしました
       家柄ではなく、義によって、復活し、「聖なる存在」となったやる夫の福音を
       彼らはガリラヤ地方グループ以上の熱心さで信仰していきました
        
       使徒行伝第6章以降で、この「ギリシャ語を話す者たち」が
       会計を司るようになった経緯が書かれています

       原始キリスト教団では、使徒たちガリラヤ地方出身者グループと
       これら、ギリシャ語を話す者たちとが、対立するようになりました
    └────────────────────────────────┘






    450 :355/415 [sage]:2008/06/26(木) 04:45:14.71 ID:8LBOpBko

        / ̄ ̄\
      /       \     ・・・・ペテロ
      |::::::        |    
      |:::::::::::     |    彼らは危険だ
      |::::::::::::::    |     
       |::::::::::::::    }      そのうち、彼らは暴走して
       ヽ::::::::::::::    }      ユダヤ衆議会だけではなく
        ヽ::::::::::  ノ      一般の人々の反感を買うようになる
        /:::::::::::: く       
        |:::::::::::::::: \      彼らは「モーセの律法」を軽視しすぎている
         |:::::::::::::::|ヽ、二⌒)  
                    やる夫様は、まず「律法」を守る大切さを
                    教えていたはずなんだ
                    
                    だから・・・・







    451 :356/415 [sage]:2008/06/26(木) 04:45:43.39 ID:8LBOpBko

            -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
         / /" `ヽ ヽ  \   
        //, '/     ヽハ  、 ヽ   ・・・・・・・・・・・
        〃 {_{    U  リ| l.│ i|    
        レ!小lノ    `ヽ 从 |、i|  
         ヽ|l --   --u | .|ノ│  
          |ヘ⊃ 、_,、_,⊂⊃j  | , |   
         | /⌒l __, イァト |/ |  
    .     | /  /::|三/:://  ヽ |   
         | |  l ヾ∨:::/ ヒ::::彡, |   

    ┌────────────────────────────────┐
       結局、ガリラヤ地方グループと、ギリシャ語を話すグループの対立を
       ペテロは止めることができませんでした

       使徒行伝ではきちんと書かれていませんが
       弟ヤコブやペテロは、暴走するステファノたちと
       行動を別にしたと考えられます
    └────────────────────────────────┘







    452 :357/415 [sage]:2008/06/26(木) 04:46:34.21 ID:8LBOpBko

            _ - ´::::,.:.:.:.:..` ー 、
          , ‐'´.:.:.:.:::、:::/:::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\        救世主を殺した愚かな民よ!
        /..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..Y.:.:.:.` ヽ 、.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\      
      /.:.:.:.:.:._.:.-.:.´ l.:.:.:ヽ.:.:.:.:..、::\.:.:.:.:.:.:.:.::::\     おまえたちは
     /.:.:.:.:.:.:/.:.:.:.:.:.:.:.!.:.:.:..ヽ.:.:.:.:::ヽ:::ヽ.:.:.:.:.:.:.:.:: ヘヽ    やる夫様の到来を預言した者を殺し
    /.:.:.:.:.:.:/.:.:/.:.:.:.:/.:.:!.:.:.:.:.:...',.:.:.:.:::ヘ.:::: ヘ.:.::.:.:.:::.::::!..:、   やる夫様をも十字架にはりつけた
    .:.:.:.:.:.:,.:.:.:.l.:.:.:.:.::!.:.:..!.:.:.:.:.:.::.l.:.:.:.:.::::i:::::::: i.:.:.:.:.:.::::::!..::ヽ
    .:.:.:.:.:.i.:.:.:..!.:.:..:.::l.:.:.:.:!.:.:.:.:.:.:.:i.:.:.:.:.:. ヘ.:::::::!.:.:.:.:.:::::::|..::   律法ばかりを守ることばかりに心を奪われ
    .:.:.:.:.:l.:.:.:.:.!.:.:.:.:.:l.:.:..:.',.:.:.:.:.:.:.:',.::::::::::::l:::::::}.:.:.:.:.:::::::!..::::   神の栄光を受けた者に気づかぬとは
    :.:.:.:.:.:!.:.:',.ヘ.:.:.:.:.l.:.:.:.:.ヘ.:.:.::.:.:.::!._,,;::-t‐:::: i.:.:.:.:.:::::::l..:::::::: 本末転倒! 笑止千万!
    :.:.:.:.:.:ヘ.:.:x-、‐‐-!‐ 、 ヘ;::;-'_´_,,,..rzャ ,'.:.:.:.:.:::::::l.::::::: 
    .:.:.:.:.:.:.:ヽ、ヽ,xヘ'。¨゙ケ ̄ ̄  ヘr_;ソイ´/.:.:.:.:.:::::::/.:::::::  悔い改めよ!
    ',.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ ` ¨´           ,イ./.:.:.:..:.:.::::/.:::::::::::: 神の国の到来は近い!
    .ヘ.:::',.:..::.:.:.:.:.:..ヽ、    ′  /::|'.:.:.:.:.:.:.::::/.:::::::::::::
    :.:.ヽ.:ヘ:.:.:.:.:.:.:::.:.ヘ` - _  ̄_ イ_::::::|:.:.:.:.:.:.::::/::::::::::::::::  やる夫様の復活を信じぬ者は
    :.:.:.:\ヘ.:.:.:.:.:.::.:.::ヘ:::::r<} `  /〈::.|.:.:.:.:.:.:::/:::::::::::::::::::::  神の国で罰せられるだろう!
    :.:.:.:.:.:.\、.:.:.:.:.:::.:.::Y__ヽ、7イ、/-l.:.:.:.:.:.:: /::::::::::::::::::::::::::::::;:::.:.:ヘ
    :.:.:.:.:.:.:.:.::,>.:.:.:.:.:.::::.:'.  rヘ´ 〉ッ  l.:.:.:.:.::./ヽ、::::::::::::::::::::::..::::;:::::.:ヘ
    :.:.:.:.:.:.::/::::::ヽ.:.:.:.:.:.:.:'.  ,イT ト、. l.:.:.:.::.,'::::::::::ヽ、::::::::::::::::::..:.:::;:::.:.:ヘ
    :.:.:.:.:.::/:::::::::::ト;.:.:.:.:.:.:..レ´ | i ! .Y.:.:.:.:.:i::::::::::::::::: |..::::::::::::.:.:.:.:.::;:::::.:.ヘ
    .:.::.:.:..:}::::::::::::〈:ヽ.:.:.:.:.:.:!  l i  l  i.:.:.:.:.,'::::l:::::::::::::!::::::::::::::::::.:.:.:.:.:.::;:::::.:.ヘ
    .:.:.:.:.:.:.l::::::::::::,':\、.:.:.:..i  ! i 〉ィ.:.:.:.:. ∧:::!::::::::::::!::::::::::::::.:.:.:.:.:.:.:..:::;::::::.. ヘ
    ┌────────────────────────────────┐
       こうして、ステファノは、ヤコブやペテロにはばかることなく
       「やる夫の復活を信じることこそが、もっとも大切な信仰である」という
       みずからの主張をくりひろげました
    └────────────────────────────────┘







    453 :358/415 [sage]:2008/06/26(木) 04:47:10.87 ID:8LBOpBko

       ,   __,,::-:..、__      
      ./i__,,r''゙/::,,='''´:::.`''ヽ.   
     ∧゙、::i::〈::f::::::::_;;:-:::::、:.`:、  
    _/:::::ヾ;:!、:、i;::'ヘヽヽ;::::::::::、{   なぜ、やる夫だけが復活できたのだ?
    〈:::::/'!i゙    |::|. |:ト;::::::::〉  
    /:、{.-|ト、,,_ 、,,|;'-‐jノ'ミ:::、{   なぜ、モーセの律法を軽視するのだ?
    ヽ;:l i┬r ヽ ''~Tユ~`.},=〈  
     .iヘ  ̄ ,!      !゙ビi.〉  ナザレのやる夫の言葉を掲げて
     .{.「i  ヽ!.       _,,/   お前たちはユダヤの民の分裂をはかっているのか!
      `'ヽ.  iラー''^ヽ  /    
        ヽ、 '-‐‐'''゙ /|     
         .iヽ、__ ,,/./ヽ、   







    454 :以 下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]: 2008/06/26(木) 04:47:28.70 ID:eN3HOpAo
    >>446>>450
    やらない夫は冷静でかつキレる男ですね






    462 :1 [sage]:2008/06/26(木) 04:54:26.12 ID:8LBOpBko
    >>>454
    イエスの弟ヤコブについては「保守的で義人」ぐらいしか語られていませんが、
    原始キリスト教の初期時代では、その判断で何度も危機を救っています

    ただし、その性格のため、革新派と保守派に
    原始キリスト教は分裂するのですが・・・






    455 :359/415 [sage]:2008/06/26(木) 04:47:58.34 ID:8LBOpBko

               ,.- ,r'´
            ,.-'´ /     、    
          //   {        `ヽ   
         ,r' /   , ゝ       \  ふふふ・・・
        // ./   ,r'´  ヽ         
        |/ /   /       ` ミ._      生前のやる夫を知らない者のほうが
    .   |' |  /        ___ ̄    やる夫の復活を力強く主張する
        ハ |/ _,. -     ´       
        | ヽl」/         _     人間とは不思議なものね
        |  l l   ,.-¬、     ヘ:::::::¨ヽ  
       , l ! l. バ':::::::|      シ::: ,    でも、彼らを放置することは許されない・・・
       / l. | rl.  'ニ-'        ̄   
    . / /   | ヾ      '           外国で生きるユダヤの民が
    , ' ./   ,!  ト、    ‐-‐ '   ∠    モーセの律法を守りつづけ
    '  ,/   /j  | ヽ、_      /     エルサレム神殿を崇めつづけるために
     /    / l.  |    ` ー,r ´   ノ   彼らの存在を許してはならない!
     |   / ヽ  ヽ  _,.- _フ    /   
    ヽ{.   l    ヽ_...ゝ'´,r ´    /     
    ┌────────────────────────────────┐
       ステファノの過激な発言は、学者や祭司の反感を買いました
       ステファノがユダヤ衆議会に捕縛されるのは、時間の問題でした
    └────────────────────────────────┘







    456 :360/415 [sage]:2008/06/26(木) 04:49:07.38 ID:8LBOpBko

                 _
            _ - ´::::,.:.:.:.:..` ー 、
          , ‐'´.:.:.:.:::、:::/:::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\
        /..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..Y.:.:.:.` ヽ 、.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\     
      /.:.:.:.:.:._.:.-.:.´ l.:.:.:ヽ.:.:.:.:..、::\.:.:.:.:.:.:.:.::::\    
     /.:.:.:.:.:.:/.:.:.:.:.:.:.:.!.:.:.:..ヽ.:.:.:.:::ヽ:::ヽ.:.:.:.:.:.:.:.:: ヘヽ   
    /.:.:.:.:.:.:/.:.:/.:.:.:.:/.:.:!.:.:.:.:.:...',.:.:.:.:::ヘ.:::: ヘ.:.::.:.:.:::.::::!..:、 
    .:.:.:.:.:.:,.:.:.:.l.:.:.:.:.::!.:.:..!.:.:.:.:.:.::.l.:.:.:.:.::::i:::::::: i.:.:.:.:.:.::::::!..::ヽ  
    .:.:.:.:.:.i.:.:.:..!.:.:..:.::l.:.:.:.:!.:.:.:.:.:.:.:i.:.:.:.:.:. ヘ.:::::::!.:.:.:.:.:::::::|..::   なぜ、やる夫様が復活されたことを認めない?
    .:.:.:.:.:l.:.:.:.:.!.:.:.:.:.:l.:.:..:.',.:.:.:.:.:.:.:',.::::::::::::l:::::::}.:.:.:.:.:::::::!..::::  
    :.:.:.:.:.:!.:.:',.ヘ.:.:.:.:.l.:.:.:.:.ヘ.:.:.::.:.:.::!._,,;::-t‐:::: i.:.:.:.:.:::::::l..:::::::: こうして、あなたの罪は重ねられ
    :.:.:.:.:.:ヘ.:.:x-、‐‐-!‐ 、 ヘ;::;-'_´_,,,..rzャ ,'.:.:.:.:.:::::::l.:::::::  神の国で悲惨な裁きを受けるのに・・・
    .:.:.:.:.:.:.:ヽ、ヽ,xヘ'。¨゙ケ ̄ ̄  ヘr_;ソイ´/.:.:.:.:.:::::::/.:::::::
    ',.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ ` ¨´           ,イ./.:.:.:..:.:.::::/.::::::::::::: 実に愚かね、あなたたちは
    .ヘ.:::',.:..::.:.:.:.:.:..ヽ、    ′  /::|'.:.:.:.:.:.:.:::: /.:::::::::::::::;:::.:.:ヘ 
    :.:.ヽ.:ヘ:.:.:.:.:.:.:::.:.ヘ` - _  ̄_ イ_::::::|:.:.:.:.:.:.::::/::::::::::::::::.::;:::::.:.ヘ: 
    :.:.:.:\ヘ.:.:.:.:.:.::.:.::ヘ:::::r<} `  /〈::.|.:.:.:.:.:.:::/::::::::::::::::::::::::::::::;:::.:.:ヘ
    :.:.:.:.:.:.\、.:.:.:.:.:::.:.::Y__ヽ、7イ、/-l.:.:.:.:.:.:: /:::::::::::::::::::::::::::::..::::;:::::.:ヘ
    :.:.:.:.:.:.:.:.::,>.:.:.:.:.:.::::.:'.  rヘ´ 〉ッ  l.:.:.:.:.::./ヽ、:::::::::::::::::::::::::..:.:::;:::.:.:ヘ
    :.:.:.:.:.:.::/::::::ヽ.:.:.:.:.:.:.:'.  ,イT ト、. l.:.:.:.::.,'::::::::::ヽ、:::::::::::::::::.:.:.:.:.::;:::::.:.ヘ
    :.:.:.:.:.::/:::::::::::ト;.:.:.:.:.:.:..レ´ | i ! .Y.:.:.:.:.:i::::::::::::::::: |..:::::::::::::::.:.:.:.:.:.::;:::::.:.ヘ
    .:.::.:.:..:}::::::::::::〈:ヽ.:.:.:.:.:.:!  l i  l  i.:.:.:.:.,'::::l:::::::::::::!:::::::::::::.:.:.:.:.:.:.:..:::;::::::.. ヘ
    .:.:.:.:.:.:.l::::::::::::,':\、.:.:.:..i  ! i 〉ィ.:.:.:.:. ∧:::!::::::::::::!:::::::::::::::.::.:.:::.:.:.:.:.:;::::::..







    457 :361/415 [sage]:2008/06/26(木) 04:49:42.59 ID:8LBOpBko

           _.、-' ,.- 、._     ‐ 、
        ,:ー 、'´  /    `ヽ、.._   ヽ_
       /   `ヽ、/    ヽ     ̄`ヽ 〉ヽ
     /       | 〉    '.   i     Y  |     ・・・・・・貴様!
    /       .ト ハ     l   |   l. ', ト.    
    i       | lニ'^´ヽ |  ト.  1   .|  |   〉    わかったわ
    |  | | | l     | |l.  |」.斗|ー | ! / 〉    あんたの望むどおりに!
    |  | | | |   」斗ヒ] ヒ_ jハ.  ! リ、 ,ハ   
    |  、´l ̄j.ニト    ´ ヘ´r‐、 iンL.ル | Y | ',    
    !、  |ヽゝfVrt.',      うッソ|.     レ  | ',  
      ー\|ヽ. 込}         ̄ | l    l   ト. ', 
        |  ',   '        | |  | l   | ヽ ',  
        |   ヽ    -    ,. |,'!  ,′′  !  ヽ 
        ||   `ト,、._   /   | ./ ,′   |\
         、ト.  ハ.| l/ ヽ ´   .ノイ |/    .|ァー-
         ハ   | ∨ //    , イノ       /|   . -
       rイ/  ヽ| / /'二.ー .._/,/     .// /  
    ┌────────────────────────────────┐
       死をも恐れぬステファノの主張に危機感を抱いたユダヤ衆議会は
       ステファノたちの迫害を決意しました
    └────────────────────────────────┘







    458 :362/415 [sage]:2008/06/26(木) 04:50:21.64 ID:8LBOpBko

           ,   __,,::-:..、__
         ./i__,,r''゙/::,,='''´:::.`''ヽ
        ∧゙、::i::〈::f::::::::_;;:-:::::、:.`:、
        /:::::ヾ;:!、:、i;::'ヘヽヽ;::::::::::、{    あの不信心者を石で打ちすえよ!
       〈:::::/'!i゙    |::|. |:ト;::::::::〉
       /:、{.-|ト、,,_ 、,,|;'-‐jノ'ミ:::、{    たとえ死んだとしても
       ヽ;:l i┬r ヽ ''~Tユ~`.},=〈    ただの「事故」だ
        .iヘ  ̄ ,!      !゙ビi.〉   
        .{.「i  ヽ!.       _,,/    あのようなモーセの律法を軽視する者の
         `'ヽ.  iラー''^ヽ  /      口をふさぐことが、おまえたちの信仰の証明だ!
           ヽ、 '-‐‐'''゙ /|
            .iヽ、__ ,,/./ヽ、 __ ,,.、
           ,.-|  __,,r‐゙‐''''i~`i. |. l,,,___
           /,f〈   | / ー{. l  | l  l;;r‐-゙、 、_
       ,,.::-///゙'ヾ、ノ/  r┴ ノ .ノ ノ./゙ ,,ィ''゙:::::::゙i、
    -‐''゙:::::ヽ::/';:-y-;;/゙   .~''ラ`''`''゙~  ,,::''::::::::::::::::l::{
    ::::::::/;;r''::::::i¨ !゙     '    ,,x''゙:::::::::::::::::::::l::::l、
    ;;;='''~..::::::::::::|. l  '''' ,,:::--‐7'´:::::::::::::::::::::::::: j:::::::}ヽ
    ::::::::::::::::::::::::.ヽ.oヽ、_x''゙::::::: ∠.:::::::::::::::::::::::::::::/::;:;::: :!:.







    459 :363/415 [sage]:2008/06/26(木) 04:51:00.96 ID:8LBOpBko

                 _
            _ - ´::::,.:.:.:.:..` ー 、
          , ‐'´.:.:.:.:::、:::/:::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\
        /..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..Y.:.:.:.` ヽ 、.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\     
      /.:.:.:.:.:._.:.-.:.´ l.:.:.:ヽ.:.:.:.:..、::\.:.:.:.:.:.:.:.::::\    
     /.:.:.:.:.:.:/.:.:.:.:.:.:.:.!.:.:.:..ヽ.:.:.:.:::ヽ:::ヽ.:.:.:.:.:.:.:.:: ヘヽ   
    /.:.:.:.:.:.:/.:.:/.:.:.:.:/.:.:!.:.:.:.:.:...',.:.:.:.:::ヘ.:::: ヘ.:.::.:.:.:::.::::!..:、 
    .:.:.:.:.:.:,.:.:.:.l.:.:.:.:.::!.:.:..!.:.:.:.:.:.::.l.:.:.:.:.::::i:::::::: i.:.:.:.:.:.::::::!..::ヽ   ・・・ああ、神よ お許しください!
    .:.:.:.:.:.i.:.:.:..!.:.:..:.::l.:.:.:.:!.:.:.:.:.:.:.:i.:.:.:.:.:. ヘ.:::::::!.:.:.:.:.:::::::|..::    
    .:.:.:.:.:l.:.:.:.:.!.:.:.:.:.:l.:.:..:.',.:.:.:.:.:.:.:',.::::::::::::l:::::::}.:.:.:.:.:::::::!..::::    彼らは自分がやっていることが
    :.:.:.:.:.:!.:.:',.ヘ.:.:.:.:.l.:.:.:.:.ヘ.:.:.::.:.:.::!._,,;::-t‐:::: i.:.:.:.:.:::::::l..::::::::  理解できていないのです!
    :.:.:.:.:.:ヘ.:.:x-、‐‐-!‐ 、 ヘ;::;-'_´_,,,..rzャ ,'.:.:.:.:.:::::::l.:::::::  
    .:.:.:.:.:.:.:ヽ、ヽ,xヘ'。¨゙ケ ̄ ̄  ヘr_;ソイ´/.:.:.:.:.:::::::/.:::::::
    ',.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ ` ¨´           ,イ./.:.:.:..:.:.::::/.::::::::::::: 
    .ヘ.:::',.:..::.:.:.:.:.:..ヽ、    ′  /::|'.:.:.:.:.:.:.:::: /.:::::::::::::::;:::.:.:ヘ 
    :.:.ヽ.:ヘ:.:.:.:.:.:.:::.:.ヘ` - _  ̄_ イ_::::::|:.:.:.:.:.:.::::/::::::::::::::::.::;:::::.:.ヘ: 
    :.:.:.:\ヘ.:.:.:.:.:.::.:.::ヘ:::::r<} `  /〈::.|.:.:.:.:.:.:::/::::::::::::::::::::::::::::::;:::.:.:ヘ
    :.:.:.:.:.:.\、.:.:.:.:.:::.:.::Y__ヽ、7イ、/-l.:.:.:.:.:.:: /:::::::::::::::::::::::::::::..::::;:::::.:ヘ
    ┌────────────────────────────────┐
       「使徒行伝」第7章で、ステファノが民衆のリンチにより
       石を投げつけられて殺された経緯が書かれています

       「使徒行伝」はステファノの描写に同情的であり
       まるで、福音書の受難を再現するかのような記述がされています

       この原始キリスト教団最初の殉教は、西暦35-36年頃といわれています
    └────────────────────────────────┘







    460 :364/415 [sage]:2008/06/26(木) 04:51:32.01 ID:8LBOpBko

         , '´ ̄ ̄` ー-、     
       /   〃" `ヽ、 \    
      / /  ハ/     \ハヘ   ヤコブ
      |i │ l |リ   U   }_}ハ  
      |i | 从 ノu    `ヽ l小N  ステファノが殺されたにょろ・・・・
      |i (|  iu●    ● li|ノ  
      |  i ⊂⊃ 、_,、_, ⊂ノi|    
      |  l  x>、 __, イl |    
      |  lくミヽ::::ヘ三l:::::ノl lヽ   
      |  l( ⌒ )..::::V::/ ( ⌒ )   


        / ̄ ̄\
      /       \     
      |::::::        |    ・・・・俺の言ったとおりだろ
      |:::::::::::     |    今はじっくり耐えなくちゃいけない
      |::::::::::::::    |     
       |::::::::::::::    }      モーセの律法を正しく守り
       ヽ::::::::::::::    }      人々の模範となる生き方を続けて
        ヽ::::::::::  ノ      はじめて、やる夫様のことを語ればいいんだ
        /:::::::::::: く       
        |:::::::::::::::: \      
         |:::::::::::::::|ヽ、二⌒)  







    461 :365/415 [sage]:2008/06/26(木) 04:52:10.18 ID:8LBOpBko

    ┌────────────────────────────────┐
      「使徒行伝」8:14から推測するに、このとき迫害を受けたのは
      ステファノたち「ギリシャ語を話す」グループに限定されていて
      ペテロやヤコブたち、ガリラヤ地方グループには
      迫害が徹底されなかったようです

      使徒行伝12章では十二使徒のひとりであるゼベダイの子ヤコブが
      「ヘロデ王」の迫害により殺されたとあります

      このような「使徒」の被害者が、ステファノ迫害のときはありませんでした

      (このヘロデ王とは、ヘロデ大王の孫、アグリッパ一世のことで
       知事ピラトと大司祭カヤパの追放後、37年~44年の間の統治者でした)
      

      なぜ、使徒たちガリラヤグループに、捕縛の手が及ばなかったのでしょうか?

      その理由の一つとして、弟ヤコブがモーセの律法を遵守し
      人々に「義人」と尊敬されていたことがあります

      過激な発言をくりかえすステファノたちをよそに
      ガリラヤ地方グループは、口を閉ざし、古くからの教えに忠実であろうとしました

      ペテロはステファノの言葉の強さにひかれていながらも
      弟子たちの犠牲を出さないために、ヤコブの方針に従ったと思われます
    └────────────────────────────────┘







    463 :366/415 [sage]:2008/06/26(木) 04:54:59.97 ID:8LBOpBko

             /:.:.:_:.:.:.:.:.ヽ:.:.:.:.:.l:.:.〉:/:リ:ヽ、     
             ノ:.'´_:._`:.、:.;、ヽ:.:./:/:/'ノ:.:.:.:.i     
            ノ:´:.:.:,:/:rゝ/;tYl:Vム;.Y、ー':.ヽ;!     
              l:.:,r:'´Y/   l:l ``′ ';.l ヽト:.:.:.:',   
            )k/:./l;'.__  l:!     リ ._リ';.`Y    .ステファノ一味を捕らえよ!
           〉-;.:'l l _`ヾ、 _, 、, r'´_/. !r-!     
           l 'Y';.l ´ 赱〕``    '近l ` リ< !     彼らはユダヤの伝統を破壊し
           ヽ.ヽヽ.       l     ,'-,ノ     ユダヤの平和を乱す危険な存在だ
             `';Y',     l,     ,' ´      
             ,.rハ'´`丶、__ _  , ' __       我々の教えを守るために
              /: ヽ \   ヽー  /〉′.〉      彼らは根絶やしにしなければならぬ!
          /:ヽ: : ヽ l  .!- ィ' 〉′ /ヽ、     
          /: : : : ヽ: : :,ツ__ ...'`-'.、'  /ヽ: : :`:、.、   
      ,. :':´:-: 、: : : : :ヽ:〈       !ヽ .l:_: : :>: : : !:.', 
    _f'´: : : : : : : :\: : :',:ノ ` ̄ ̄ `ヽ,' li: :`丶、: : :l: :l  
    i: : : : : : : : : :-: :_ヽ: '、 ー----、ノ,イ l: : : : l: : :!: :.l 
    !: : : : : : ; :-:-: : : `/:.!l     ' ,ll!:::', l: : : : !: :.l: : :! 
    !: : : :./: : : : : : : /: : ',ヽ、ー ''ノ:!l::::',l: : : : l: :l: : : i 







    464 :以 下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]: 2008/06/26(木) 04:56:06.48 ID:eN3HOpAo
    「ギリシャ語を話す」グループは
    行ってしまえば寺と喧嘩別れしたみたい創価学会な奴らですね






    467 :1 [sage]:2008/06/26(木) 04:57:37.52 ID:8LBOpBko
    >>464
    結局、どちらかが滅び、どちらかが正統になります
    果たして、どちらが勝つか
    以降の展開をお楽しみください






    465 :367/415 [sage]:2008/06/26(木) 04:56:10.01 ID:8LBOpBko

     ヽ { レ'´  / /    /´ ̄ ̄`ヽ    
      >ゝ\  l / / /      ヽ丶   (・・・しかし、なぜ彼らは信仰を捨てないのだ
     / {  > ヽ { /⌒V'´ ̄ヽヽ     ハ  
     ヽ ヘ ! 厶V{/ /l |    Vl≧   `ト、   我々の迫害が強まれば強まるほど
     〃オ''l 「 "゙`´   !l  , イ¨ jl ヽ   ヽヽ  彼らの信仰は強まっていく・・・
    _/イ | _{ l     、_リ/ ___,_  ミ_>‐マ仆j 
    / ハハ 下二ー、   ´仟歹 ’    匁} 〉  ナザレのやる夫と同じように死ぬことが
    { l.  }∧tヘヒ弍 }   ´         r‐1イ'   神の栄光を得る近道と考えているのか・・・)
    ヽ!  ゙ヽ', ´  ノ           、_//  
         l     ヽ           ∧ /   
         ヽ             / Y   
          丶   rz=ニつ    ,イ  }八   
            \   ‐    /   /  〉 
             \    /    /  /  
               >ーく    /   /   
             / /   ,ハ  /    /   
    ┌────────────────────────────────┐
      サウロはサマリア地方に逃れたステファノグループを追いつづけます
      
      ただ、表面の強気な言葉にかかわらず
      サウロは、内面で死を恐れぬ彼らの信仰の「強さ」に
      動揺を感じていたのでしょう
    └────────────────────────────────┘







    466 :368/415 [sage]:2008/06/26(木) 04:56:50.02 ID:8LBOpBko

       \\ サ、サウロ先生! //

         ∧_∧      ∧_∧
        ( `・ω・)     ( `・ω・)
        (  ∪ ∪     (  ∪ ∪
        と_)_)     と_)_)


      ,/::::..:;;;:::..::.:;:;:;;;;;;;;:.:.:.:;;:;:.:.:.::;:;::;.:ヾ,,    
     メ..:;;;:.;:..::;;;..:.:;:;:::::::::::::;.....:;:.::;.;:.::;:.:;:.;:.:ソ、    
     {`;.::;;;:;:;::;.;;;.::::.:;.:;.:;.:.:.:.::.:.:.;:.;:.;:.;:.;.:;:.:.;.:;.:;:}   
    . ,ゝ:;:;:へvヽへ、、.;;:.:;::.;:.:;;.;:.;.:;..:;.;.:;.:;:.;:.;:;彡  
    (∧,メ`ヾ:\.\ソ `ヽ,.;:;.:;.:;.:;:.:;.:.:;.:.:.:..:.;.;::;:ゞ  ・・・・・・・・・・・・・・・・・
    //f.   `、|  リ  ヽ.;:.;::./テミヾ,;:;.::;.:.::;;:.}  
    / {    レ      メ;:/〃 i| }.::;.::.;;:::;..}   
     `、   ,,,,,,.彡     y イ,,//:;:.;;:;;.;:.:;彡  
      ト、.ゞ"'、,_ニ-=     , こ八.::;;:.:.;:;.:;.}  ..
       、;}           rソ  ヾ,;,;;;:;.:.}   
       y           i   ヽ:;:;::リ    
       <  ,         .ノ.    ヾルi    
       `ゝ"       . /:;.:     >、|    
        ` k=--    /:.;:;.:      ヽ,,  
          ゝ    /:;::;:;       / ゝ 
       ,, -=^ヽー へ、        /    
     ,-""        ヽ     /      
    ┌────────────────────────────────┐
      ダマスカスに向かう途上、サウロは雷を受けたかのように、馬から転げ落ち、
      数日間、目を覚ますことはありませんでした
    └────────────────────────────────┘






    468 :以 下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]: 2008/06/26(木) 04:58:08.90 ID:eN3HOpAo
    そういえば残り50切りましたね
    がんばってください!






    469 :369/415 [sage]:2008/06/26(木) 04:58:16.46 ID:8LBOpBko

          ∧_∧   
         ( ´・ω・)   ・・・・サウロ先生、やっと目を覚まされましたか!
         (_U_U 


         /:.:.:_:.:.:.:.:.ヽ:.:.:.:.:.l:.:.〉:/:リ:ヽ、 
         ノ:.'´_:._`:.、:.;、ヽ:.:./:/:/'ノ:.:.:.:.i  
        ノ:´:.:.:,:/:rゝ/;tYl:Vム;.Y、ー':.ヽ;!  
    .   l:.:,r:'´Y/   l:l ``′ ';.l ヽト:.:.:.:'    ・・・・・・・・・・
    .   )k/:./l;'.__  l:!     リ ._リ';.`Y  
    .   〉-;.:'l l∠ニ'==ァ   、==ニゞ-!    ちょっと「彼ら」を呼んでくれないか?
    .   l 'Y';.l.}. ´i┬r ヽ  ''~Tユ~` リ  
    .   ヽ.ヽヽ ゙ ` ̄'"   l  ` ̄ l,ノ   
    .     `';Y'      l,    j´    
    .     ,.rハi           ;    
        /: ヽヽ.  ー===-  /     .
    .  /:ヽ: : ヽ \   ー‐ ,イ      
     /: : : : ヽ: : :, ヽ、__/ 人     


          ∧_∧   
         ( ´・ω・)   ・・・・・・・・?
         (_U_U 
    ┌────────────────────────────────┐
      目を覚ましたサウロが呼んだのは
      それまで迫害していたはずのステファノグループの一人でした
    └────────────────────────────────┘







    473 :以 下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]: 2008/06/26(木) 05:00:08.08 ID:eN3HOpAo
    >>469
    その顔だと谷口が阿部さんに見えて仕方ないwwwwwwwwwwww






    475 :1 [sage]:2008/06/26(木) 05:01:08.03 ID:8LBOpBko
    >>473
    いいのかい、こんなスレにホイホイついてきちまって






    480 :以 下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]: 2008/06/26(木) 05:03:40.68 ID:eN3HOpAo
    >>475
    こんなこと初めてだけどいいんです…
    僕、このスレ好きですから






    470 :370/415 [sage]:2008/06/26(木) 04:58:48.98 ID:8LBOpBko

           r'  /:.::.::.::.::.::.::.::.:`丶、ヽ_
          /,.-‐''".::.::.::.::.::.:ヽ:.::ヽ:.::.::.:丶 `i
         ,ヘ':.::.::.::.::.::,、:.::.::.::.::.:ヽ.::.ヽ:i:.::.::.:、ゝ   私を殺したいならかまいませ ん
        !、/:.::.::.::.::./ ヽ:.::.:、:.::.::.::ヽ.::i.:i.::.:: i:ヽ   
         f i:.::.::.:l.::./  _'_、:.:'、.:: ェキ:ti_:i::l.::i.:、!   でも、かわりに仲間たちの命は・・・
        <l:.::.::.::l.::l,,=ニ-_' `‐`- _,∨jノjルイl
         l:.::.::.::ヽl ,,-ェ、`   ´lヲiil| ' !f、j
          l:.:トヽ:、<iラllノ!       ^='  l レ'
          ヽl.^ヽ:l  '''"   `      l,ノ、
           ¨>-ヽ      r.つ   ,イ.::.::ヽ
          , . '^:.:::ン'`, 、    "  /、」:.::.::.::.:゙、
        /:.::.::.::.:/ ,,ノ ` `、‐- ''"ノ ∨¨T´ ゙̄丶
       /:.::.::.::._,,,/‐''l     ` ><    l::::::l    ヽ
      /:,, -‐''"∨:::::::::l\    /  \ /l::::::l    l


         /:.:.:_:.:.:.:.:.ヽ:.:.:.:.:.l:.:.〉:/:リ:ヽ、 
         ノ:.'´_:._`:.、:.;、ヽ:.:./:/:/'ノ:.:.:.:.i  
        ノ:´:.:.:,:/:rゝ/;tYl:Vム;.Y、ー':.ヽ;!  
    .   l:.:,r:'´Y/   l:l ``′ ';.l ヽト:.:.:.:'    それよりも、
    .   )k/:./l;'.__  l:!     リ ._リ';.`Y     私はあなたたちが信じる教えが聞きたい
    .   〉-;.:'l l∠ニ'==ァ   、==ニゞ-!    
    .   l 'Y';.l.}. ´i┬r ヽ  ''~Tユ~` リ  
    .   ヽ.ヽヽ ゙ ` ̄'"   l  ` ̄ l,ノ   
    .     `';Y'      l,    j´    
    .     ,.rハi           ;    
        /: ヽヽ.  ー===-  /     .
    .  /:ヽ: : ヽ \   ー‐ ,イ      
     /: : : : ヽ: : :, ヽ、__/ 人     







    471 :371/415 [sage]:2008/06/26(木) 04:59:25.86 ID:8LBOpBko

             /⌒y―― -- 、ク\
           「 ン‐'   :...   \ヘ
           レ'  .::! 、:.ヽ::::... 、 、}    ・・・・・・・・?
          ,'  .::::∧ ハ::.. \:::..ヽ !
           {! .:::,'/--ゞ \:.-ハ::..} i}    どういうことでしょうか?
          i!V .if.,r=j u   イ=z、ルリi
             `(ii 辷i     辷!〃     まあ、かまいませんけれど
              ,ヘ u  ヮ u  ∧、
             /::::/>、 _ , イ`、::ヘ
          〃::::{__, ‐k_,j‐、__}::::}
          /⌒T:::|ヽ/\/ |::::! ⌒ヽ
        /    i::::!____ !:::!   ヘ
    .   /    ,'::::::::::, 'ニ ヽ::::::::ヽ   ヽ
    ┌────────────────────────────────┐
      サウロはアナニアをはじめとしたダマスカスのステファノグループの者たちに
      数日間、教えを乞いました
    └────────────────────────────────┘







    472 :372/415 [sage]:2008/06/26(木) 05:00:00.64 ID:8LBOpBko

         /:.:.:_:.:.:.:.:.ヽ:.:.:.:.:.l:.:.〉:/:リ:ヽ、 
         ノ:.'´_:._`:.、:.;、ヽ:.:./:/:/'ノ:.:.:.:.i  
        ノ:´:.:.:,:/:rゝ/;tYl:Vム;.Y、ー':.ヽ;!  
    .   l:.:,r:'´Y/   l:l ``′ ';.l ヽト:.:.:.:'    ・・・・・わかった
    .   )k/:./l;'.__  l:!     リ ._リ';.`Y    
    .   〉-;.:'l l∠ニ'==ァ   、==ニゞ-!     では、洗礼を受けさせてくれないか
    .   l 'Y';.l.}. ´i┬r ヽ  ''~Tユ~` リ  
    .   ヽ.ヽヽ ゙ ` ̄'"   l  ` ̄ l,ノ      私もあなたたちの仲間になりたい
    .     `';Y'      l,    j´    
    .     ,.rハi           ;    
        /: ヽヽ.  ー===-  /     .
    .  /:ヽ: : ヽ \   ー‐ ,イ      
     /: : : : ヽ: : :, ヽ、__/ 人     


           r'  /:.::.::.::.::.::.::.::.:`丶、ヽ_
          /,.-‐''".::.::.::.::.::.:ヽ:.::ヽ:.::.::.:丶 `i
         ,ヘ':.::.::.::.::.::,、:.::.::.::.::.:ヽ.::.ヽ:i:.::.::.:、ゝ   
        !、/:.::.::.::.::./ ヽ:.::.:、:.::.::.::ヽ.::i.:i.::.:: i:ヽ   ・・・あなた、私の敵ですよね?
         f i:.::.::.:l.::./  _'_、:.:'、.:: ェキ:ti_:i::l.::i.:、!   
        <l:.::.::.::l.::l,,=ニ-_' `‐`- _,∨jノjルイl    迫害をやめて下さるのは
         l:.::.::.::ヽl ,,-ェ、`   ´lヲiil| ' !f、j    ありがたいのですが
          l:.:トヽ:、<iラllノ!       ^='  l レ'     洗礼を受けるって、どういうことですか?
          ヽl.^ヽ:l  '''"   `      l,ノ、    
           ¨>-ヽ      r.つ   ,イ.::.::ヽ
          , . '^:.:::ン'`, 、    "  /、」:.::.::.::.:゙、
        /:.::.::.::.:/ ,,ノ ` `、‐- ''"ノ ∨¨T´ ゙̄丶
       /:.::.::.::._,,,/‐''l     ` ><    l::::::l    ヽ
      /:,, -‐''"∨:::::::::l\    /  \ /l::::::l    l







    474 :373/415 [sage]:2008/06/26(木) 05:00:29.95 ID:8LBOpBko

             /:.:.:_:.:.:.:.:.ヽ:.:.:.:.:.l:.:.〉:/:リ:ヽ、     
             ノ:.'´_:._`:.、:.;、ヽ:.:./:/:/'ノ:.:.:.:.i     
            ノ:´:.:.:,:/:rゝ/;tYl:Vム;.Y、ー':.ヽ;!     
              l:.:,r:'´Y/   l:l ``′ ';.l ヽト:.:.:.:',    実は私、復活したやる夫様に会ったのです
            )k/:./l;'.__  l:!     リ ._リ';.`Y    .
           〉-;.:'l l _`ヾ、 _, 、, r'´_/. !r-!     「サウロ、サウロ、どうして私を迫害するのか?」
           l 'Y';.l ´ 赱〕``    '近l ` リ< !     
           ヽ.ヽヽ.       l     ,'-,ノ     確かに私はその言葉を聞いたのです
             `';Y',     l,     ,' ´      
             ,.rハ'´`丶、__ _  , ' __      
              /: ヽ \   ヽー  /〉′.〉      あなたの教えを聞いて
          /:ヽ: : ヽ l  .!- ィ' 〉′ /ヽ、     私が進むべき道を知ることができました
          /: : : : ヽ: : :,ツ__ ...'`-'.、'  /ヽ: : :`:、.、   
      ,. :':´:-: 、: : : : :ヽ:〈       !ヽ .l:_: : :>: : : !:.',  今後、私はやる夫様のことを説くことで
    _f'´: : : : : : : :\: : :',:ノ ` ̄ ̄ `ヽ,' li: :`丶、: : :l: :l  これまで迫害した者たちの償いがしたいのです 
    i: : : : : : : : : :-: :_ヽ: '、 ー----、ノ,イ l: : : : l: : :!: :.l  
    !: : : : : : ; :-:-: : : `/:.!l     ' ,ll!:::', l: : : : !: :.l: : :! 
    !: : : :./: : : : : : : /: : ',ヽ、ー ''ノ:!l::::',l: : : : l: :l: : : i 







    476 :374/415 [sage]:2008/06/26(木) 05:01:44.00 ID:8LBOpBko

             /⌒y―― -- 、ク\
           「 ン‐'   :...   \ヘ
           レ'  .::! 、:.ヽ::::... 、 、}   
          ,'  .::::∧ ハ::.. \:::..ヽ !   ・・・・・・・・・マジっすか?
           {! .:::,'/--ゞ \:.-ハ::..} i}   
          i!V .if.,r=j u   イ=z、ルリi   あなたのモーセの律法に対する知識は
             `(ii 辷i     辷!〃    豊富ですので、味方になってくれるのは
              ,ヘ u  ヮ u  ∧、   うれしいんですけれど・・・
             /::::/>、 _ , イ`、::ヘ
          〃::::{__, ‐k_,j‐、__}::::}
          /⌒T:::|ヽ/\/ |::::! ⌒ヽ
        /    i::::!____ !:::!   ヘ
    .   /    ,'::::::::::, 'ニ ヽ::::::::ヽ   ヽ

    ┌────────────────────────────────┐
      「やる夫」の名を語る者を迫害していたはずのサウロの突然の回心は
      ダマスカスのステファノグループに混乱をもたらしました

      しかし、それに臆するサウロではありませんでした
    └────────────────────────────────┘







    477 :375/415 [sage]:2008/06/26(木) 05:02:26.11 ID:8LBOpBko

           ,   __,,::-:..、__
         ./i__,,r''゙/::,,='''´:::.`''ヽ
        ∧゙、::i::〈::f::::::::_;;:-:::::、:.`:、    モーセの律法で人は救われるのか?
        /:::::ヾ;:!、:、i;::'ヘヽヽ;::::::::::、{    
       〈:::::/'!i゙    |::|. |:ト;::::::::    いくら律法を守ろうとしても
       /:、{.-|ト、,,_ 、,,|;'-‐jノ'ミ:::、{    私の体は、欲する善をなさず
       ヽ;:l i┬r ヽ ''~Tユ~`.},=〈    欲しない悪をなそうとする
        .iヘ  ̄ ,!      !゙ビi.〉   
        .{.「i  ヽ!.       _,,/    律法を知れば知るほど
         `'ヽ.  iラー''^ヽ  /      人は自分の悪に気づくだけなのだ
           ヽ、 '-‐‐'''゙ /|
            .iヽ、__ ,,/./ヽ、 __ ,,.、  だが、神はやる夫様をつかわすことで
           ,.-|  __,,r‐゙‐''''i~`i. |. l,,,___その罪の連鎖から救ってくださったのだ
           /,f〈   | / ー{. l  | l  l;;r‐-゙、 、_
       ,,.::-///゙'ヾ、ノ/  r┴ ノ .ノ ノ./゙ ,,ィ''゙:::::::゙i、
    -‐''゙:::::ヽ::/';:-y-;;/゙   .~''ラ`''`''゙~  ,,::''::::::::::::::::l::{
    ::::::::/;;r''::::::i¨ !゙     '    ,,x''゙:::::::::::::::::::::l::::l、
    ;;;='''~..::::::::::::|. l  '''' ,,:::--‐7'´:::::::::::::::::::::::::: j:::::::}ヽ
    ::::::::::::::::::::::::.ヽ.oヽ、_x''゙::::::: ∠.:::::::::::::::::::::::::::::/::;:;::: :!:.







    478 :376/415 [sage]:2008/06/26(木) 05:03:18.99 ID:8LBOpBko

             /:.:.:_:.:.:.:.:.ヽ:.:.:.:.:.l:.:.〉:/:リ:ヽ、     
             ノ:.'´_:._`:.、:.;、ヽ:.:./:/:/'ノ:.:.:.:.i     神は人々の罪により殺されたやる夫・キリストを
            ノ:´:.:.:,:/:rゝ/;tYl:Vム;.Y、ー':.ヽ;!     復活させることで、罪深い我々を許して下さった
              l:.:,r:'´Y/   l:l ``′ ';.l ヽト:.:.:.:',   
            )k/:./l;'.__  l:!     リ ._リ';.`Y    .やる夫・キリストをとおして
           〉-;.:'l l _`ヾ、 _, 、, r'´_/. !r-!     神は永遠の命を授かる道を教えて下さったのだ
           l 'Y';.l ´ 赱〕``    '近l ` リ< !     
           ヽ.ヽヽ.       l     ,'-,ノ     だから、あなたもやる夫・キリストの復活を信じよ
             `';Y',     l,     ,' ´      
             ,.rハ'´`丶、__ _  , ' __       そして、やる夫・キリストを主と崇めよ
              /: ヽ \   ヽー  /〉′.〉      
          /:ヽ: : ヽ l  .!- ィ' 〉′ /ヽ、     そうすれば、誰もが救いを得ることができる!
          /: : : : ヽ: : :,ツ__ ...'`-'.、'  /ヽ: : :`:、.、   
      ,. :':´:-: 、: : : : :ヽ:〈       !ヽ .l:_: : :>: : : !:.', 
    _f'´: : : : : : : :\: : :',:ノ ` ̄ ̄ `ヽ,' li: :`丶、: : :l: :l  
    i: : : : : : : : : :-: :_ヽ: '、 ー----、ノ,イ l: : : : l: : :!: :.l 
    !: : : : : : ; :-:-: : : `/:.!l     ' ,ll!:::', l: : : : !: :.l: : :! 
    !: : : :./: : : : : : : /: : ',ヽ、ー ''ノ:!l::::',l: : : : l: :l: : : i 
    ┌────────────────────────────────┐
      サウロの洗礼に半信半疑だった彼らもサウロの言葉に感銘を受けました

      他の弟子たちと違い、エルサレムで一流の教育を受けた彼は
      弁才、文才ともに人々を圧倒していました

      たちまち、彼はダマスカス教会で頭角をあらわし、指導者の一人となります

      (これ以降、サウロのギリシャ語読みである「パウロ」と彼を表記します
       また「キリスト」とは、救世主のギリシャ語読みで、ヘブライ語では「メシア」)
    └────────────────────────────────┘






    479 :以 下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします :2008/06/26 (木) 05:03:22.54 ID:MQfTNK60
    この転向は理解できん・・・






    487 :1 [sage]:2008/06/26(木) 05:08:50.52 ID:8LBOpBko
    >>479
    パウロの回心の理由は
    本人によれば「復活したイエスに会ったから」の一点ばりです

    そして、困ったことに「復活したイエスに会ったから」という理由で
    他の使徒たち(ペテロのぞく)の教えに従おうとしませんでした

    当時も、まわりの人すべてが回心を理解できなかったのですから
    その本心はパウロのみぞ知る、です






    481 :377/415 [sage]:2008/06/26(木) 05:03:53.04 ID:8LBOpBko

       / ̄ ̄\
     /   _ノ  \    ステファノたちを迫害していたパウロが
     |    ( ●)(●)   いつの間にか洗礼を受けて
    . |     (__人__)     今や指導者の一人になっているらしい・・・
      |     ` ⌒´ノ   
    .  |         }    しかし、彼の教えは我々とは異なるところが多い
    .  ヽ        }    それが「正統なもの」か戸惑う人が多いようだ
       ヽ     ノ    
       /    く      彼は「復活したやる夫様」から霊感を授かっているというが・・・
       |     \      


            -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、    
          / /" `ヽ ヽ  \   
        //, '/     ヽハ  、 ヽ  ・・・・私も他の弟子からパウロの話を聞いたにょろ
        〃 {_{       リ| l.│ i| 
        レ!小lノ    `ヽ 从 |、i|  彼は本心で教えを説いているみたいにょろ
         ヽ|l ●   ●  | .|ノ│ 
         |ヘ⊃ 、_,、_,⊂⊃j  | , |  一度会って、話をしてみたいんだけれど
         | /⌒l,、 __, イァト |/ |   私たちのほうからダマスカスに出向くわけには・・・
         | /  /::|三/:://  ヽ |  
        | |  l ヾ∨:::/ ヒ::::彡, |  







    482 :378/415 [sage]:2008/06/26(木) 05:04:59.26 ID:8LBOpBko

              ┌────────────┐
                      3年後
              └────────────┘

    ::::::::::::::::::::\::::::::::ヽ:::::::::::::/:ヽ   
    ――::::、::::::::::'::,::::::::}:::::::::,:'::::::}   
    ::::::::::::::/ > 、;; ;;ヘ;;;;'::::::::;ヘ:::::〈   
    ::::::、-'//    ,':/  `""ヾ∨:ヘ  
    :::r ' |::!   |::|       |::| }::ハ  
    ::>  」::|_   i!::!      _!」 !ハ}:|  
    /   レ' ¨"≠レゝ  / リ/ j/  ペテロさんはここにいないのですか?
        "モテエ    ,'ェァ /     
                、   {      せっかく、エルサレムに来たというのに
                ヽ |    
    i            _ノ /     
    ヽ     ,  ____  /     ...
     \    ` ー--- ' , '       
       ヽ       /       ..
         ヽ __ノ         
                       







    483 :379/415 [sage]:2008/06/26(木) 05:05:37.08 ID:8LBOpBko

       / ̄ ̄\
     / ノ  \ \   
     |  (●)(●) |   
    . |  (__人__)  |   代わりに俺が話を聞こう
      |   ` ⌒´  .|   
    .  |         }   パウロ
    .  ヽ        }   あんた、ダマスカスで派手な事をしているらしいが
       ヽ     ノ   
       /    く     


       ,   __,,::-:..、__     
      ./i__,,r''゙/::,,='''´:::.`''ヽ.   お心遣いありがとうござます
     ∧゙、::i::〈::f::::::::_;;:-:::::、:.`:、 
    _/:::::ヾ;:!、:、i;::'ヘヽヽ;::::::::::、{  確かに、捕縛は何度も経験しております
    〈:::::/'!i゙    |::|. |:ト;::::::::〉 
    /:、{.-|ト、,,_ 、,,|;'-‐jノ'ミ:::、{   しかし、一人でも多くの魂に
    ヽ;:l i┬r ヽ ''~Tユ~`.},=〈   やる夫・キリストの復活を伝えるという
     .iヘ  ̄ ,!      !゙ビi.〉  使命のためならば
     .{.「i  ヽ!.       _,,/    命など惜しくないと思っております
      `'ヽ.  iラー''^ヽ  /    
        ヽ、 '-‐‐'''゙ /|     
         .iヽ、__ ,,/./ヽ、  







    484 :380/415 [sage]:2008/06/26(木) 05:06:09.03 ID:8LBOpBko

       / ̄ ̄\
     /   _ノ  \     だが、
     |    ( ●)(●)   あんたはモーセの律法を知らぬ者たちにも
    . |     (__人__)     教えを説いている
      |     ` ⌒´ノ   
    .  |         }    やる夫様はモーセの律法を守ることが
    .  ヽ        }    「永遠の命」を得る方法だと教えていた
       ヽ     ノ    
       /    く      まずは、モーセの律法を徹底すべきでは?
       |     \      


         /:.:.:_:.:.:.:.:.ヽ:.:.:.:.:.l:.:.〉:/:リ:ヽ、 
         ノ:.'´_:._`:.、:.;、ヽ:.:./:/:/'ノ:.:.:.:.i  
        ノ:´:.:.:,:/:rゝ/;tYl:Vム;.Y、ー':.ヽ;!  ヤコブ様
    .   l:.:,r:'´Y/   l:l ``′ ';.l ヽト:.:.:.:' 
    .   )k/:./l;'.__  l:!     リ ._リ';.`Y  神は我々の神でありますが
    .   〉-;.:'l l∠ニ'==ァ   、==ニゞ-!  異邦人の神でもあります
    .   l 'Y';.l.}. ´i┬r ヽ  ''~Tユ~` リ  
    .   ヽ.ヽヽ ゙ ` ̄'"   l  ` ̄ l,ノ   なぜなら、神は唯一無二の存在だからです
    .     `';Y'      l,    j´    
    .     ,.rハi           ;    それがモーセの律法の根本の教えです
        /: ヽヽ.  ー===-  /     .
    .  /:ヽ: : ヽ \   ー‐ ,イ      私は他の神を信じるという誘惑を取りのぞくために
     /: : : : ヽ: : :, ヽ、__/ 人     やる夫様の話をしているだけなのです






    485 :以 下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします :2008/06/26 (木) 05:06:34.05 ID:NJ0Hwxoo
    今更だが「やる夫・キリスト」に違和感がww






    486 :以 下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします :2008/06/26 (木) 05:07:29.58 ID:MQfTNK60
    >>485
    俺もww






    493 :1 [sage]:2008/06/26(木) 05:13:04.15 ID:8LBOpBko
    >>485
    >>486

    RPGで友人の名前をつけたものの、姓が別に設定されていて
    「たかし・シュナイダー」みたいになったようなものです

    油断しておりました







    489 :381/415 [sage]:2008/06/26(木) 05:09:43.29 ID:8LBOpBko

        / ̄ ̄\
      /       \     
      |::::::        |    
      |:::::::::::     |    ・・・・なぜ、エルサレムで律法を学び
      |::::::::::::::    |     富と成功を得ていたあんたが
       |::::::::::::::    }      我々の仲間になったのか・・・
       ヽ::::::::::::::    }      
        ヽ::::::::::  ノ      俺はずっとその理由を考えているのだが・・・
        /:::::::::::: く       
        |:::::::::::::::: \      
         |:::::::::::::::|ヽ、二⌒)  


       ,   __,,::-:..、__     
      ./i__,,r''゙/::,,='''´:::.`''ヽ.   
     ∧゙、::i::〈::f::::::::_;;:-:::::、:.`:、 もちろん、復活したやる夫様に会ったからです
    _/:::::ヾ;:!、:、i;::'ヘヽヽ;::::::::::、{  
    〈:::::/'!i゙    |::|. |:ト;::::::::〉 私はやる夫様の霊感をもとに
    /:、{.-|ト、,,_ 、,,|;'-‐jノ'ミ:::、{  みずからの教えを説いているのにすぎません
    ヽ;:l i┬r ヽ ''~Tユ~`.},=〈  
     .iヘ  ̄ ,!      !゙ビi.〉 
     .{.「i  ヽ!.       _,,/ 
      `'ヽ.  iラー''^ヽ  /    
        ヽ、 '-‐‐'''゙ /|     
         .iヽ、__ ,,/./ヽ、  







    492 :382/415 [sage]:2008/06/26(木) 05:11:08.02 ID:8LBOpBko

       / ̄ ̄\
     /   _ノ  \    ・・・・・・・・・・・・・
     |    ( ●)(●)   
    . |     (__人__)     (この男はステファノとは違う
      |     ` ⌒´ノ   
    .  |         }     何度か捕えられそうになったと聞くが
    .  ヽ        }     その弁舌で逃れることができたらしい
       ヽ     ノ    
       /    く       明らかにこの男の考えと
       |     \       俺の考えは異なるんだが
                   口下手な俺では
                   論争を挑んでも負けるだろうな・・・)







    494 :383/415 [sage]:2008/06/26(木) 05:13:43.48 ID:8LBOpBko

          , '´ ̄ ̄` ー-、     
        /   〃" `ヽ、 \    
       / /  ハ/     \ハヘ   
       |i │ l |リ       }_}ハ  ・・・ヤコブさん
       |i | 从\    /l小N  
       |i (|  i ●    ● li|ノ   それで、パウロは
       |  i ⊂⊃ 、_,、_, ⊂ノi|    何か我々に要求したのですか?
       |  l  x>、 __, イl |    
       |  lくミヽ::::ヘ三l:::::ノl lヽ   
       |  l( ⌒ )..::::V::/ ( ⌒ )  


             / ̄ ̄\     いや、なにも
           / ノ  \ \   
           |  (●)(●) |   どうやら、お前と話をしたかっただけらしいな
          . |  (__人__)  |   
            |   ` ⌒´  .|   
          .  |         }   しかし、我々エルサレムの教団の手を借りずに
          .  ヽ        }   あそこまで組織を確立するとはたいしたやつだ
             ヽ     ノ   
             /    く     







    495 :384/415 [sage]:2008/06/26(木) 05:14:13.73 ID:8LBOpBko

            -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、    
          / /" `ヽ ヽ  \   (・・・私はヤコブさんに教団の運営を任せて
        //, '/     ヽハ  、 ヽ   やる夫先生の教えを各地で必死で説いている
        〃 {_{       リ| l.│ i| 
        レ!小lノ    `ヽ 从 |、i|   しかし、パウロほど、布教には成功していない
         ヽ|l --   --  | .|ノ│ 
         |ヘ⊃ 、_,、_,⊂⊃j  | , |   私には、やる夫様に
         | /⌒l,、 __, イァト |/ |   ずっと従ったという強みがあるのに
         | /  /::|三/:://  ヽ |   我々を迫害していたパウロのほうに人が集まっている
        | |  l ヾ∨:::/ ヒ::::彡, |  
                         私のやり方は間違っているのだろうか・・・)







    496 :385/415 [sage]:2008/06/26(木) 05:14:46.76 ID:8LBOpBko

          , '´ ̄ ̄` ー-、     
        /   〃" `ヽ、 \    
       / /  ハ/     \ハヘ    (ただ、私はパウロのように割りきることができない・・・
       |i │ l |リ       }_}ハ  
       |i | 从lノ    `ヽl小N   「やる夫様を信じればどんな人でも救われる」
       |i (|  i --    -- li|ノ    
       |  i ⊂⊃ 、_,、_, ⊂ノi|     そう断言するほどの確信を、
       |  l  x>、 __, イl |     私は持つことができない・・・・)
       |  lくミヽ::::ヘ三l:::::ノl lヽ   
       |  l( ⌒ )..::::V::/ ( ⌒ )  







    497 :386/415 [sage]:2008/06/26(木) 05:15:33.80 ID:8LBOpBko

                               ヘ
                       /゙  ̄ ̄ `ヽ|: : :\ー- 、
                          /: : : : : : : : : : :|: : : : : : : : : : ヽ、
                      /: : '´ : : : : : /: :l : : : : : : : : : : : :.\
                     / : : : : : /: :/: :/: : : : : :/|: : : : : : : : :ヽ
                     / : : : : : : /: : _/:_:/ !: : : : / |: | : : : : : : : : ',
                     /: : : : : : : : /: :'´/|: / |: : : : |  l:丁`ヽ: : :ヽ: : :i
                 /: //: : : : ,': : : / .|/  :l: : : : |  ヽ|: : : : : : :.∨ |
                    // ,' : : : : i: : :/ ,ィ≠k ',: : : :.| z=kVヽ: : : : : ∨
                      | : : : : :|: ://代 ノハ  ヽ:..:::| f..う?ハ: : : : : :l
              | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|小 {i ::::::j} } ∨:| {i:::::::ハヾ|: : :|:: :│
              |  ━━━━━  l{ハ V廴ソ f==fヾ Vヒ ソ j: :.∧:: :|
              | ガラテヤ書簡 |ヘ}、 _ _ ノ ' ヽ、 `¨ ノ| :/小: :|
    .         /^) ~~∴~~  |: :ゝ _ ::.:.  こフ   ̄.:.:::/ :|/: : | ∨
           {/ ス          |: :.|: :.|> ,  __    </: : :|: :.│
            {/ _ノ           |: :.|少'   r|   ?\ /: : : :l: :.│
            ヽ'´_フ             |: :.|    |_   |  ノ: : : :/ : :│
            V|              |: :.|    |  `7 /: : : : /: : : : l
    ┌────────────────────────────────┐
      新約聖書で作者がはっきりわかっているのは、パウロ書簡のみです
      その一つ「ガラテヤへの手紙」で、パウロの初期活動を知ることができます

      回心してからも、彼はエルサレムにのぼろうとしませんでした
      三年後、彼はケファ(ペテロのギリシャ語読み)に会うべく
      エルサレムに行きますが、伝道に出ていたペテロは不在。
      彼が会ったのは、使徒の中で、弟ヤコブのみだったと記しています

      それから、パウロがエルサレム会議に参加して
      原始キリスト教団から福音を述べる権威が認められたのは十四年後のことです







    498 :387/415 [sage]:2008/06/26(木) 05:16:32.71 ID:8LBOpBko

      「使徒行伝」では弟ヤコブのことは、あまり書かれていませんが
      パウロ書簡などを見るに、原始キリスト教団の指導者は弟ヤコブだったとみられます

      ガラテヤ書2:9にパウロはこう書いています

      「ヤコブとケファとヨハネ、つまり柱と目されるおもだった人たち」

      使徒ヨハネについては、この物語では取り上げていませんが、
      この序列からして、使徒の筆頭格のペテロ(ケファ)よりも、
      弟ヤコブの立場が高かったことがうかがえます

      また、ヨセフス・フラウィウスの「ユダヤ古代誌」にも、ヤコブは出てきます
      そこでは、ユダヤの民の尊敬を得ていたヤコブの姿が書かれています

      モーセの律法に忠実な生活を送ることで「義人」と呼ばれていた彼の影響で
      原始キリスト教団のエルサレム教会は、きわめて保守的であり
      ユダヤ教の分派にすぎなかったと考えられています







    499 :388/415 [sage]:2008/06/26(木) 05:17:00.82 ID:8LBOpBko

      「使徒行伝」11:26にて「キリスト教徒」という言葉が初出します
      それはシリア州都アンティオキア教会にて、パウロとバルナバの支持者のことを
      指して呼ばれるようになったと書かれています

      そう、パウロの弟子たちのことを形容するために
      人々は、初めて「ユダヤ教」と「キリスト教」を分けたのです


      その後、パウロは弟子たちの分裂を避けるために
      ペテロには会い、自分の布教の保証人のような立場になってもらいましたが
      指導者ヤコブをはじめ、他の使徒と関係を深めることはありませんでした

      「ガラテヤ書」でも、ペテロのことは親しみをこめて書いていますが
      他のエルサレム教会のことは、事務的に伝えているだけの印象を受けます
    └────────────────────────────────┘







    500 :389/415 [sage]:2008/06/26(木) 05:17:35.77 ID:8LBOpBko

                             ,r‐--}`ヽレ‐-、.`ヽ、
    .    \                 /    ,|   }`ヽ、.`ヽ、`ヽ、
    .     \                 /   / //|  | /|  `ヽ、`ヽ `ヽ、
             \          //  / // .l  l/| |、   ヽ ヽ  `i
              \         / /  / //| /|   | l| ヽ     ヽ ヽ   |
               \     l  |   / /,.. -、 l   | ,..-、 ヽ     ヽ ',  |
                \-、    ! / l //r`::r ヽ、.l lr:::ヽヽヽ   i ヽ .l |
                    r'{ヽ ',__  ヽ{ ト| l l.:::ノ i__,/ ゝ l:::::::r' 〉 ト、 ', ∨ |
                    {ニi//`ヽ、 l 、i. ___,ノ '、  `ー ,' / |) ) } | ヽ′
                 y /     ` <  |` 、_ ー `ー‐'_,/  |'´ | ,/ | ||
                    >'       ,/ /ヽ,.-、_>-‐ <)   l  レ'  | ||
                    \   ,/  /   ,//::/ /::/   /     | }{
                    \ /  ,.-‐'   ,∠ f=======┐   |( ヽ
                      { { i、___ / /|     ||    |   i   l ゙゙゙゙
                 __... -‐ヽヽ|′/l/⌒,ネ    ||    |  |  l
          ,.-‐ ´        / ///:::://ー┬-r、i´|`レ)_|,  |   ',
    ┌───────────────────────────────────┐
      さて、ここでクエスチョンです

      「キリスト教」の創始者は誰なのでしょうか?

      あなたが教会に行っても、モーセの律法を遵守することは教わらないでしょう
      あなたが神父や牧師から聞く神の教えの根底にあるのはパウロ神学なのです

      著作を残さず、複数の福音書の矛盾に満ちた形で伝わる「ナザレのイエス」に比べ
      パウロには著作が多く、その教えはわかりやすく、「キリスト教」の根幹となっています

      もしも、パウロがいなければ、キリスト教そのものが成り立っていたかも
      疑問視されているのです
    └────────────────────────────────────┘







    501 :以 下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします :2008/06/26 (木) 05:19:31.22 ID:9rM/P8.0
    そうなのか・・・






    503 :以 下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]: 2008/06/26(木) 05:19:56.08 ID:eN3HOpAo
    >>500
    あれだけやる夫にたてついてたパウロがこんな大物に…






    502 :390/415 [sage]:2008/06/26(木) 05:19:32.84 ID:8LBOpBko

    ─────────────────────────────
              ヤコブの死、ペテロの死、パウロの死
    ─────────────────────────────

              ┌────────────┐
                      西暦64年
              └────────────┘


         /:.:.:_:.:.:.:.:.ヽ:.:.:.:.:.l:.:.〉:/:リ:ヽ、 
         ノ:.'´_:._`:.、:.;、ヽ:.:./:/:/'ノ:.:.:.:.i  
        ノ:´:.:.:,:/:rゝ/;tYl:Vム;.Y、ー':.ヽ;!  
    .   l:.:,r:'´Y/   l:l ``′ ';.l ヽト:.:.:.:' ペテロ、あなたに巻きこんで、申し訳ない
    .   )k/:./l;'.__  l:!     リ ._リ';.`Y  
    .   〉-;.:'l l∠ニ'==ァ   、==ニゞ-!  あなたが私に会いにローマに来なければ
    .   l 'Y';.l.}. ´i┬r ヽ  ''~Tユ~` リ  あなたは殺されることはなかっただろうに・・・
    .   ヽ.ヽヽ ゙ ` ̄'"   l  ` ̄ l,ノ   
    .     `';Y'      l,    j´    
    .     ,.rハi           ;    
        /: ヽヽ.  ー===-  /     .
    .  /:ヽ: : ヽ \   ー‐ ,イ      
     /: : : : ヽ: : :, ヽ、__/ 人     







    504 :391/415 [sage]:2008/06/26(木) 05:20:06.65 ID:8LBOpBko

            ,. -───- 、
           /'´       `ヽ、   
            シ~ /" `ヽ ヽ `'、 ト、  
         //, '/     ヽハ  、_Vヽ   何を言うにょろ
         〃 {_{⌒   ⌒ | l |、,i|   私は導かれてここに来たにょろ
         レ!小l●    ● 从 | } i|  
         ヽ|l⊃ 、_,、_,   ⊂⊃jノ}j|   人生の最後に
     r‐‐-、__|ヘ  ゝ._)   /|  ! |   私はパウロの話がいっぱい聞けて
    _{ (` /:::::| l>,、 __, イァ_i  ||   幸せいっぱいにょろ
      "ヽ /:::::/| | ヾ:::|三/ / //ァ||  
          ヽ< | |  ヾ∨_:/ // ハ||  


         /:.:.:_:.:.:.:.:.ヽ:.:.:.:.:.l:.:.〉:/:リ:ヽ、 
         ノ:.'´_:._`:.、:.;、ヽ:.:./:/:/'ノ:.:.:.:.i  
        ノ:´:.:.:,:/:rゝ/;tYl:Vム;.Y、ー':.ヽ;!  
    .   l:.:,r:'´Y/   l:l ``′ ';.l ヽト:.:.:.:'   だが・・・・
    .   )k/:./l;'.__  l:!     リ ._リ';.`Y  
    .   〉-;.:'l l∠ニ'==ァ   、==ニゞ-!  
    .   l 'Y';.l.}. ´i┬r ヽ  ''~Tユ~` リ  
    .   ヽ.ヽヽ ゙ ` ̄'"   l  ` ̄ l,ノ   
    .     `';Y'      l,    j´    
    .     ,.rハi           ;    
        /: ヽヽ.  ー===-  /     
    .  /:ヽ: : ヽ \   ー‐ ,イ      
     /: : : : ヽ: : :, ヽ、__/ 人     







    505 :以 下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします :2008/06/26 (木) 05:20:21.25 ID:9rM/P8.0
    ちょwwwwwwwwwwww
    みんな死んどるwwwwwwwwww






    506 :以 下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします :2008/06/26 (木) 05:20:42.77 ID:NJ0Hwxoo
    ある意味パウロ教だな






    507 :392/415 [sage]:2008/06/26(木) 05:20:46.43 ID:8LBOpBko

         -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、    
       / /" `ヽ ヽ  \   それに、エルサレムはどうしようもない状況にょろ
      //, '/     ヽハ  、 ヽ  
     〃 {_{       リ| l.│ i|  ヤコブさんですら殺された
     レ!小lノ    `ヽ 从 |、i|  
      ヽ|l ●   ●  | .|ノ│  エルサレムの人たちはローマ帝国に
      .|ヘ⊃ 、_,、_,⊂⊃j  | , |  本気に逆らおうとしているみたいにょろ
       | /⌒l,、 __, イァト |/ |  
    .  | /  /::|三/:://  ヽ |  そのため、思想の純化と称して
      | |  l ヾ∨:::/ ヒ::::彡, |  非主流派の多くの教団が迫害を受けている

                     私たちとて、その例外ではなかった・・・







    508 :393/415 [sage]:2008/06/26(木) 05:21:35.66 ID:8LBOpBko

      ,/::::..:;;;:::..::.:;:;:;;;;;;;;:.:.:.:;;:;:.:.:.::;:;::;.:ヾ,,    
     メ..:;;;:.;:..::;;;..:.:;:;:::::::::::::;.....:;:.::;.;:.::;:.:;:.;:.:ソ、    
     {`;.::;;;:;:;::;.;;;.::::.:;.:;.:;.:.:.:.::.:.:.;:.;:.;:.;:.;.:;:.:.;.:;.:;:}   
    . ,ゝ:;:;:へvヽへ、、.;;:.:;::.;:.:;;.;:.;.:;..:;.;.:;.:;:.;:.;:;彡  
    (∧,メ`ヾ:\.\ソ `ヽ,.;:;.:;.:;.:;:.:;.:.:;.:.:.:..:.;.;::;:ゞ  (我々の指導者であり
    //f.   `、|  リ  ヽ.;:.;::./テミヾ,;:;.::;.:.::;;:.}   やる夫様の弟であったヤコブと
    / {    レ      メ;:/〃 i| }.::;.::.;;:::;..}    私は最後までわかりかえることはなかった
     `、   ,,,,,,.彡     y イ,,//:;:.;;:;;.;:.:;彡  
      ト、.ゞ"'、,_ニ-=     , こ八.::;;:.:.;:;.:;.}  .. もう10年以上前の
       、;}           rソ  ヾ,;,;;;:;.:.}    エルサレム会議のときも・・・)
       y           i   ヽ:;:;::リ    
       <  ,         .ノ.    ヾルi    
       `ゝ"       . /:;.:     >、|    
        ` k=--    /:.;:;.:      ヽ,,  
          ゝ    /:;::;:;       / ゝ 
       ,, -=^ヽー へ、        /    
     ,-""        ヽ     /      

    ┌───────────────────────────────────┐







    509 :394/415 [sage]:2008/06/26(木) 05:22:18.45 ID:8LBOpBko

            / ̄ ̄\
          /ノ( _ノ  \  
          | ⌒(( ●)(●) そんなことを兄貴、
          |     (__人__) いや、やる夫様が望んでいると思っているのか!
          |     ` ⌒ノ  
         . |         }  ユダヤの民を正しく導くために
           ヽ       }  やる夫様の教えはあるはずなんだ!
           ヽ     ノ  
            /    く     パウロの権威を認め、布教の代表者にすることは
            |     ヽ   我々の教えの根底をくつがえすことになる!
         
         
               , '´ ̄ ̄` ー-、     
             /   〃" `ヽ、 \    
            / /  ハ/     \ハヘ   し、しかし
            |i │ l |リ       }_}ハ  パウロの功績を抜きにして
            |i | 从\    /l小N   我々の繁栄を語ることはできないにょろ
            |i (|  i ●    ● li|ノ  
            |  i ⊂⊃ 、_,、_, ⊂ノi|    
            |  l  x>、 __, イl |    
            |  lくミヽ::::ヘ三l:::::ノl lヽ   
            |  l( ⌒ )..::::V::/ ( ⌒ )  
         






    510 :395/415 [sage]:2008/06/26(木) 05:22:43.70 ID:8LBOpBko
         
            / ̄ ̄\
          / ノ  \ \   ・・・・・・・・・
          |  (●)(●) |   
         . |  (__人__)  |   では、こうしよう
           |   ` ⌒´  .|   
         .  |         }   モーセの律法の民への伝道の責任者は、ペテロ
         .  ヽ        }   異邦人への伝道の責任者は、パウロ
            ヽ     ノ    
            /    く      今後の布教活動は、そう二人を分けることにする
         
         
                  -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、 
                 / /" `ヽ ヽ  \  
              //, '/     ヽハ  、 ヽ   にょろ~!
              〃 {_{\    /リ| l │ i|   
              レ!小l●    ● 从 |、i|   ヤコブさん、ありがとうございます!
               ヽ|l⊃ 、_,、_, ⊂⊃ |ノ│  
         .  /⌒ヽ__|ヘ   ゝ._)   j /⌒i !   パウロ、
           \ /:::::| l>,、 __, イァ/  /│   これで、あなたも
         .    /:::::/| | ヾ:::|三/::{ヘ、__∧ |   エルサレム教会に認められたにょろ!!
            `ヽ< | |  ヾ∨:::/ヾ:::彡' |   







    511 :以 下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]: 2008/06/26(木) 05:22:53.92 ID:eN3HOpAo
    ヤコブってこんなに大きな功績残してたんだ






    512 :396/415 [sage]:2008/06/26(木) 05:23:11.57 ID:8LBOpBko

    └────────────────────────────────────┘

         /:.:.:_:.:.:.:.:.ヽ:.:.:.:.:.l:.:.〉:/:リ:ヽ、 
         ノ:.'´_:._`:.、:.;、ヽ:.:./:/:/'ノ:.:.:.:.i  (ヤコブは私のことを憎んでいたのだろうか?
        ノ:´:.:.:,:/:rゝ/;tYl:Vム;.Y、ー':.ヽ;!  
    .   l:.:,r:'´Y/   l:l ``′ ';.l ヽト:.:.:.:'  ヤコブのグループが口出しするせいで
    .   )k/:./l;'.__  l:!     リ ._リ';.`Y   私が組織した教会は何度も分裂した
    .   〉-;.:'l l∠ニ'==ァ   、==ニゞ-!  
    .   l 'Y';.l.}. ´i┬r ヽ  ''~Tユ~` リ   私よりヤコブの教えのほうが「正統」であると
    .   ヽ.ヽヽ ゙ ` ̄'"   l  ` ̄ l,ノ    一転して私を批判するようになった者は多かった
    .     `';Y'      l,    j´    
    .     ,.rハi           ;     でも、それはヤコブの嫌がらせではなかったと信じたい
        /: ヽヽ.  ー===-  /     
    .  /:ヽ: : ヽ \   ー‐ ,イ       私も、ヤコブのグループの批判があったからこそ
     /: : : : ヽ: : :, ヽ、__/ 人      自分の教えを貫く強さを持つことができたと思う・・・)







    513 :397/415 [sage]:2008/06/26(木) 05:24:08.88 ID:8LBOpBko

          , '´ ̄ ̄` ー-、     
        /   〃" `ヽ、 \    ヤコブさんは
       / /  ハ/     \ハヘ   口で語らず常に行動で示して
       |i │ l |リ       }_}ハ   人々の信用と尊敬を得ていた
       |i | 从ノ    `ヽl小N   偉大な人格者だったにょろ
       |i (|  i ●    ● li|ノ  
       |  i ⊂⊃ 、_,、_, ⊂ノi|    そんなヤコブさんを殺 すとは
       |  l  x>、 __, イl |    もうエルサレムは尋常な状態ではない
       |  lくミヽ::::ヘ三l:::::ノl lヽ   
       |  l( ⌒ )..::::V::/ ( ⌒ )  きっと、近く反乱が起きるだろう

                       まるで、やる夫様の預言が
                       成就するかのように・・・







    514 :398/415 [sage]:2008/06/26(木) 05:24:39.08 ID:8LBOpBko

    ::::::::::::::::::::\::::::::::ヽ:::::::::::::/:ヽ   
    ――::::、::::::::::'::,::::::::}:::::::::,:'::::::}   (・・・エルサレムはひどいようだ
    ::::::::::::::/ > 、;; ;;ヘ;;;;'::::::::;ヘ:::::〈   
    ::::::、-'//    ,':/  `""ヾ∨:ヘ    アンナス様のような冷徹な人間が
    :::r ' |::!   |::|       |::| }::ハ   もう、ユダヤ衆議会にはいないのだろうか?
    ::>  」::|_   i!::!      _!」 !ハ}:|  
    /   レ' ¨"≠レゝ  / リ/ j/   彼らはエルサレム神殿を守るかぎり
        "モテエ    ,'ェァ /      「救世主」が降臨すると本気で信じているのだろうか?
                、   {     
                ヽ |      やる夫様はずっと早くから
    i            _ノ /      エルサレム体制の限界に気づき
    ヽ     ,  ____  /       その危険性を伝えて下さったのだ
     \    ` ー--- ' , '       
       ヽ       /         私はそれを悟るには遅すぎたが・・・)
         ヽ __ノ         







    515 :以 下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします :2008/06/26 (木) 05:24:39.39 ID:MQfTNK60
    なんだよこの良いライバル関係・・・






    516 :399/415 [sage]:2008/06/26(木) 05:25:32.57 ID:8LBOpBko

      ,/::::..:;;;:::..::.:;:;:;;;;;;;;:.:.:.:;;:;:.:.:.::;:;::;.:ヾ,,    
     メ..:;;;:.;:..::;;;..:.:;:;:::::::::::::;.....:;:.::;.;:.::;:.:;:.;:.:ソ、    (しかし、私たちは
     {`;.::;;;:;:;::;.;;;.::::.:;.:;.:;.:.:.:.::.:.:.;:.;:.;:.;:.;.:;:.:.;.:;.:;:}     ローマ皇帝のネロに
    . ,ゝ:;:;:へvヽへ、、.;;:.:;::.;:.:;;.;:.;.:;..:;.;.:;.:;:.;:.;:;彡   先日の大火の放火犯に でっちあげられ
    (∧,メ`ヾ:\.\ソ `ヽ,.;:;.:;.:;.:;:.:;.:.:;.:.:.:..:.;.;::;:ゞ   処刑されることになった・・・
    //f.   `、|  リ  ヽ.;:.;::./テミヾ,;:;.::;.:.::;;:.}  
    / {    レ      メ;:/〃 i| }.::;.::.;;:::;..}    弁解する機会も与えられなかった
     `、   ,,,,,,.彡     y イ,,//:;:.;;:;;.;:.:;彡  
      ト、.ゞ"'、,_ニ-=     , こ八.::;;:.:.;:;.:;.}  .. ユダヤ衆議会に訴えられたときと違って
       、;}           rソ  ヾ,;,;;;:;.:.}    私たちは人間扱いすらされず、死をむかえる
       y           i   ヽ:;:;::リ    
       <  ,         .ノ.    ヾルi     ローマでの布教はこれからだというのに
       `ゝ"       . /:;.:     >、|     このような結末をむかえるとはな・・・)
        ` k=--    /:.;:;.:      ヽ,,  
          ゝ    /:;::;:;       / ゝ 
       ,, -=^ヽー へ、        /    
     ,-""        ヽ     /      







    517 :400/415 [sage]:2008/06/26(木) 05:26:24.13 ID:8LBOpBko

             -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、 
            / /" `ヽ ヽ  \    パウロ、私はあなたに感謝してるにょろ
         //, '/     ヽハ  、 ヽ   
         〃 {_{⌒   ⌒ リ| l │ i|   もし、あなたが回心し
         レ!小l●    ● 从 |、i|   モーセの律法を知らない異邦人に布教しなければ
          ヽ|l⊃ 、_,、_, ⊂⊃ |ノ│   やる夫様の教えは途絶えていたかもしれないにょろ
    .  /⌒ヽ__|ヘ   ゝ._)   j /⌒i !   
      \ /:::::| l>,、 __, イァ/  /│   私は世界各地で、あなたに導かれて
    .    /:::::/| | ヾ:::|三/::{ヘ、__∧ |   やる夫様をあがめる人々の声を聞いた
       `ヽ< | |  ヾ∨:::/ヾ:::彡' |   
                          すべて、あなたの功績にょろ!







    518 :401/415 [sage]:2008/06/26(木) 05:26:50.40 ID:8LBOpBko

     ヽ { レ'´  / /    /´ ̄ ̄`ヽ     
      >ゝ\  l / / /      ヽ丶   ..
     / {  > ヽ { /⌒V'´ ̄ヽヽ     ハ   
     ヽ ヘ ! 厶V{/ /l |    Vl≧   `ト、   だが、私もあなたも死んでしまうのだ
     〃オ''l 「 "゙`´   !l  , イ¨ jl ヽ   ヽヽ 
    _/イ | _{ l     、_リ/ ___,_  ミ_>‐マ仆j .競技場で、民衆の見世物として!
    / ハハ 下二ー、   ´仟歹 ’    匁} 〉  
    { l.  }∧tヘヒ弍 }   ´         r‐1イ'  このような形で死ぬのならば
    ヽ!  ゙ヽ', ´  ノ           、_//   せめて、自分の正しさを主張しながら
         l     ヽ           ∧ /    最期をむかえたかった・・・
         ヽ             / Y     
          丶   rz=ニつ    ,イ  }八   
            \   ‐    /   /  〉 
             \    /    /  /   
               >ーく    /   /   .
             / /   ,ハ  /    /    
                             






    519 :402/415 [sage]:2008/06/26(木) 05:27:24.85 ID:8LBOpBko

            ,. -───- 、
           /'´       `ヽ、   
            シ~ /" `ヽ ヽ `'、 ト、   なに言ってるんだにょろ
         //, '/     ヽハ  、_Vヽ  
         〃 {_{\    / | l |、,i|   やる夫様だって、民衆の罵声の中
         レ!小l●    ● 从 | } i|   息を引き取られたんだにょろ
         ヽ|l⊃ 、_,、_,   ⊂⊃jノ}j|   
     r‐‐-、__|ヘ  ゝ._)   /|  ! |   私たちなんて
    _{ (` /:::::| l>,、 __, イァ_i  ||   仲間と一緒に死ぬことができるだけで
      "ヽ /:::::/| | ヾ:::|三/ / //ァ||   はるかに恵まれているにょろ
          ヽ< | |  ヾ∨_:/ // ハ||  







    520 :403/415 [sage]:2008/06/26(木) 05:29:03.79 ID:8LBOpBko

            -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、    
         / /" `ヽ ヽ  \   
        //, '/     ヽハ  、 ヽ  
        〃 {_{       リ| l.│ i|  もう、あれから三十年たった
        レ!小lノ    `ヽ 从 |、i|  
         ヽ|l --   --  | .|ノ│ やっと私はやる夫様の
          |ヘ ||、_,、_ | |⊃j  | |   苦しみを味わい
         | /⌒l __, イァト |/ |  そのもとに行くことができる・・・
    .     | /  /::|三/:://  ヽ |  
         | |  l ヾ∨:::/ ヒ::::彡, |  







    521 :以 下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]: 2008/06/26(木) 05:29:12.72 ID:eN3HOpAo
    なんかこのスレ一つ一つの言葉が重いですね
    大したもんだわ






    522 :404/415 [sage]:2008/06/26(木) 05:29:29.50 ID:8LBOpBko

         /:.:.:_:.:.:.:.:.ヽ:.:.:.:.:.l:.:.〉:/:リ:ヽ、 
         ノ:.'´_:._`:.、:.;、ヽ:.:./:/:/'ノ:.:.:.:.i  ・・・ペテロ
        ノ:´:.:.:,:/:rゝ/;tYl:Vム;.Y、ー':.ヽ;!  正直いって、あなたがここにきてくれて
    .   l:.:,r:'´Y/   l:l ``′ ';.l ヽト:.:.:.:'  私は助かった
    .   )k/:./l;'.__  l:!     リ ._リ';.`Y  
    .   〉-;.:'l l∠ニ'==ァ   、==ニゞ-!  弱音をはける人間がそばにいて
    .   l 'Y';.l.}. ´i┬r ヽ  ''~Tユ~` リ  本当に良かった・・・
    .   ヽ.ヽヽ ゙ ` ̄'"   l  ` ̄ l,ノ   
    .     `';Y'      l,    j´    もし、私にペテロより優れたところがあっても
    .     ,.rハi           ;     死を前にする潔さでは
        /: ヽヽ.  ー===-  /      とても、あなたにかなわない
    .  /:ヽ: : ヽ \   ー‐ ,イ      
     /: : : : ヽ: : :, ヽ、__/ 人     ・・・・・・・・?







    523 :405/415 [sage]:2008/06/26(木) 05:30:00.43 ID:8LBOpBko

            -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
         / /" `ヽ ヽ  \    (・・・やる夫様
        //, '/     ヽハ  、 ヽ   
        〃 {_{    U  リ| l.│ i|    やっぱり、私は臆病者ですにょろ
        レ!小lノ    `ヽ 从 |、i|   死をむかえるのはとても怖いことですにょろ
         ヽ|l --   --u | .|ノ│  
          |ヘ⊃ 、_,、_,⊂⊃j  | , |    でも、私はあなたの愛を信じます
         | /⌒l __, イァト |/ |  
    .     | /  /::|三/:://  ヽ |    あなたが私たちを愛して下さったように
         | |  l ヾ∨:::/ ヒ::::彡, |    神も私たちを愛して下さっているはず・・・
                         
                          そのことを人々に伝えるために
                          私に最後の勇気をください・・・)







    524 :406/415 [sage]:2008/06/26(木) 05:30:39.70 ID:8LBOpBko

    ::::::::::::::::::::\::::::::::ヽ:::::::::::::/:ヽ 
    ――::::、::::::::::'::,::::::::}:::::::::,:'::::::}  
    ::::::::::::::/ > 、;; ;;ヘ;;;;'::::::::;ヘ:::::〈 
    ::::::、-'//    ,':/  `""ヾ∨:ヘ  ・・・もう、三十年たったのだな
    :::r ' |::!   |::|       |::| }::ハ 
    ::>  」::|_   i!::!      _!」 !ハ}:| たった一人の死から、すべては始まったのだ
    /   レ' ¨"≠レゝ  / リ/ j/ 
        "モテエ    ,'ェァ /    そして、私たちの死も、きっと・・・
                、   {    
                ヽ |    
    i            _ノ /    
    ヽ     ,  ____  /     
     \    ` ー--- ' , '     
       ヽ       /       
         ヽ __ノ        







    525 :以 下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします :2008/06/26 (木) 05:31:06.06 ID:9rM/P8.0
    (´・ω・`)






    526 :407/415 [sage]:2008/06/26(木) 05:31:08.44 ID:8LBOpBko

      |\_/ ̄ ̄\_/|   おい、おまえら
      \_| ▼ ▼ |_/   そろそろ出番だぜ
         \ 皿 /     
         /    \     観客を楽しませるよう
                    せいぜい長生きしてくれよ!







    528 :以 下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします :2008/06/26 (木) 05:31:51.39 ID:9rM/P8.0
    マwwwwwwwwモwwwwwwwwwwノwwwwwwwwww
    ここでかwwwwwwwwwwwwww






    527 :408/415 [sage]:2008/06/26(木) 05:31:36.77 ID:8LBOpBko

         , '´ ̄ ̄` ー-、     
       /   〃" `ヽ、 \    
      / /  ハ/     \ハヘ   
      |i │ l |リ   U   }_}ハ  
      |i | 从 ノu    `ヽ l小N  (・・・・やる夫様
      |i (|  iu--    -- li|ノ    私を守ってください・・・)
      |  i ⊂⊃ 、_,、_, ⊂ノi|    
      |  l  x>、 __, イl |    
      |  lくミヽ::::ヘ三l:::::ノl lヽ   
      |  l( ⌒ )..::::V::/ ( ⌒ )   







    529 :409/415 [sage]:2008/06/26(木) 05:32:04.55 ID:8LBOpBko

         /:.:.:_:.:.:.:.:.ヽ:.:.:.:.:.l:.:.〉:/:リ:ヽ、 
         ノ:.'´_:._`:.、:.;、ヽ:.:./:/:/'ノ:.:.:.:.i  ペテロ、堂々と行こう
        ノ:´:.:.:,:/:rゝ/;tYl:Vム;.Y、ー':.ヽ;!  
    .   l:.:,r:'´Y/   l:l ``′ ';.l ヽト:.:.:.:'  これまで、私たちは
    .   )k/:./l;'.__  l:!     リ ._リ';.`Y  義のために殺されれば殺されるほど
    .   〉-;.:'l l∠ニ'==ァ   、==ニゞ-!  勢力を強めることができた
    .   l 'Y';.l.}. ´i┬r ヽ  ''~Tユ~` リ  
    .   ヽ.ヽヽ ゙ ` ̄'"   l  ` ̄ l,ノ   神を知らない人たちのために
    .     `';Y'      l,    j´    不正な罪で殺される私たちの
    .     ,.rハi           ;     誇り高き最期を見せてやろう
        /: ヽヽ.  ー===-  /     
    .  /:ヽ: : ヽ \   ー‐ ,イ       そうすれば、彼らも
     /: : : : ヽ: : :, ヽ、__/ 人     いつか神の教えに目覚めるかもしれない







    530 :410/415 [sage]:2008/06/26(木) 05:33:00.14 ID:8LBOpBko

             -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
           / /" `ヽ ヽ  \
         //, '/     ヽハ  、 ヽ
         〃 {_{{\    /リ| l │ i|  パウロ! そのとおりだにょろ!
         レ!小l●    ● 从 |、i|
          ヽ|l⊃ 、_,、_, ⊂⊃ |ノ│  私たちも人々の心に残るよう
      /⌒ヽ__|ヘ   ゝ._)   j /⌒i !  最期まで信仰を保ち
      \ /:::::| l>,、 __, イァ/  /│  立派に死をむかえようにょろ!
    .    /:::::/| | ヾ:::|三/::{ヘ、__∧ |
       `ヽ< | |  ヾ∨:::/ヾ:::彡'   







    531 :411/415 [sage]:2008/06/26(木) 05:33:57.24 ID:8LBOpBko

                               ヘ
                       /゙  ̄ ̄ `ヽ|: : :\ー- 、
                          /: : : : : : : : : : :|: : : : : : : : : : ヽ、
                      /: : '´ : : : : : /: :l : : : : : : : : : : : :.\
                     / : : : : : /: :/: :/: : : : : :/|: : : : : : : : :ヽ
                     / : : : : : : /: : _/:_:/ !: : : : / |: | : : : : : : : : ',
                     /: : : : : : : : /: :'´/|: / |: : : : |  l:丁`ヽ: : :ヽ: : :i
                 /: //: : : : ,': : : / .|/  :l: : : : |  ヽ|: : : : : : :.∨ |
                    // ,' : : : : i: : :/ ,ィ≠k ',: : : :.| z=kVヽ: : : : : ∨
                      | : : : : :|: ://代 ノハ  ヽ:..:::| f..う?ハ: : : : : :l
              | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|小 {i ::::::j} } ∨:| {i:::::::ハヾ|: : :|:: :│
              |  ━━━━━  l{ハ V廴ソ f==fヾ Vヒ ソ j: :.∧:: :|
              |   年 代 記   |ヘ}、 _ _ ノ ' ヽ、 `¨ ノ| :/小: :|
    .         /^) ~~∴~~  |: :ゝ _ ::.:.  こフ   ̄.:.:::/ :|/: : | ∨
           {/ ス          |: :.|: :.|> ,  __    </: : :|: :.│
            {/ _ノ           |: :.|少'   r|   ?\ /: : : :l: :.│
    ┌───────────────────────────────────┐
      タキトゥスの「年代記」に、西暦64年のローマ大火の放火犯として、
      時のローマ皇帝ネロがキリスト教徒を処刑したとあります

      使徒行伝の結末およびヨハネ福音書21:18から、
      このとき、パウロとペテロが殉教したと考えられています

      彼らキリスト教徒200~300人は、大競技場(チルコ・マッシモ)にて
      大火事で被災したローマ市民を満足させるべく見世物として処刑されました

      しかし、キリスト教にまったく共感を示さなかったタキトゥスですら、
      その処刑が失敗に終わったを記しています







    532 :以 下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]: 2008/06/26(木) 05:34:26.81 ID:eN3HOpAo
    もう後4レスか
    サビシス…






    533 :412/415 [sage]:2008/06/26(木) 05:34:27.26 ID:8LBOpBko
      
      以下、タキトゥスの「年代記」より

      「この人々がより重い罰に値したとしても、処刑のしかたの残酷さは
       それを見る市民たちの胸を同情の念で満たした。
       市民たちは知っていたのだ。
       キリスト教徒と呼ばれるこれらの人々への残酷な運命は、
       公共の利益のためでなく、
       ただ一人の人の残忍なき欲求を満足させるためであることを知っていたのだ」

       なぜ、剣闘士の死闘ですら娯楽として鑑賞していたローマ市民たちが
       キリスト教徒の処刑を見て、興奮ではなく冷静さを取り戻したのでしょうか?

       おそらく、それはペテロやパウロの死に方にあったのでしょう

       その死を目撃したローマ市民は、キリスト教徒に責任を転嫁したことに気づき
       ネロ皇帝を批判するようになったのです

       もし、ペテロやパウロの最期に、人間としての矜持がなく
       人々の同情を勝ち取らなければ
       おそらくローマ市民はこの処刑に疑問の声を出さず、
       娯楽を提供した皇帝ネロに感謝しただけで終わったのでしょう
       
       多くのローマ市民にとって、これがキリスト教徒の出会いでした







    534 :413/415 [sage]:2008/06/26(木) 05:35:08.17 ID:8LBOpBko

       一方、エルサレムでは、西暦62年に弟ヤコブが殺されました
       ヨセフス・フラウィウスの書物によれば「城壁から投げおろされた」とあります

       エルサレムではユダヤ知事(長官)の悪政により
       人々の「反ローマ気運」が高まっていました

       戦争の歴史を調べればわかるように
       戦争状態になると、人間は「思想の一本化」をはかろうとします

       ユダヤ教の分派の一つであり、「義人」と敬意を抱かれていた弟ヤコブが率いる
       「原始キリスト教団」もその標的になりました

       「救世主」が降臨すれば、ローマ帝国との戦争にも勝てる!

       そんな盲信がエルサレムを支配し、人々は思想の純化をはかり、
       エルサレムでの原始キリスト教団は、ほぼ壊滅状態に陥りました

       そして、ユダヤの民は
       ローマ帝国への大規模な反乱「ユダヤ戦争」を起こします

       しかし、ローマ帝国将軍であり、後の皇帝となるヴェシパシアスの堅実な作戦に
       ユダヤの民は追い詰められ、西暦70年エルサレムは落城、神殿は炎上しました

       エルサレム神殿を喪失したことにより
       その権威に頼っていた貴族祭司グループ、サドカイ派は滅び
       律法学者たち、ファリサイ派がユダヤ教の主流派になり、現在でも続いています







    535 :414/415 [sage]:2008/06/26(木) 05:36:03.29 ID:8LBOpBko

       「パウロ書簡」をのぞき、新約聖書の数々の書物は、
       これら指導者の死と、エルサレム神殿炎上という劇的な事件のあとに
       書かれたといわれます

       ヤコブ、ペテロ、パウロの死後、弟子たちは資料をかき集め
       みずからの信仰を確かにするべく、彼らが主とあおぐ、キリストの生涯を作り上げました

       それが、皆さんが現在手に取ることができる「新約聖書」の「福音書」です

       このような経緯があり、「ルカ福音書」と同じ作者が書いた「使徒行伝」では
       指導者ヤコブの描写がほとんどなく、中盤以降はパウロが主人公のように語られています

       それは、西暦70年以降、生き残ったキリスト教が、
       エルサレムを中心としたヤコブ派ではなく
       諸外国で信者を獲得したパウロ派であったからです

       ヤコブ、ペテロ、パウロの三者は、それぞれ考えを異としていましたが
       パウロの神学が引き継がれ、現在でいうところの「キリスト教」となりました

       もちろん、それからローマ帝国がキリスト教を受け入れるのには、
       200年以上の長い歳月を費やすことになり、
       その間でも、様々な変遷をとげるわけですが・・・
    └────────────────────────────────────┘







    536 :415/415 [sage]:2008/06/26(木) 05:37:23.22 ID:8LBOpBko

                  r-、
               rー―― !: : `´ ̄`. .' . 、
             ,!: : : : : : :!: i : i、: : : : : : : :ヽ、
             /: : : : : / /|: | : l:!ヽ : : : : ヽ : :ヽ
           / : : : : : ,': ,' .! l: : !| l: i、: : : ヽi : ',  この物語では
            / : : : ,: : ,!-!‐ !,l: : l:! !‐!- 、 : : ヽ : !  数多くの独自解釈を含んでいますが
    .      ,': i: : : i: : :l :l  lノ!: : !! |/ ヽ : : i: ',: |  「新約聖書」では語られていない
          l : |: : : !: : :N  _! : リ ' _ ヽ: :|: :V  その時代の背景を重視して構成しています
           |: /!: : :|: : l. ,´== `r‐{. ==ミ!i: :h: !
          l/ !: : i、:i'{ ''''   ノ ,.ヽ  ''''ノ,ハ:l,ハ,!  これまで、多くの人には知られなかった
            ヽ: l ヽ!:`iー‐‐' r‐┐`''''",!,! :i' :|:i   「キリスト教」の成立過程を
             ヽ! ,|: |:i`'ー- `_‐',., イ: !': : !: :!:!  この物語を読むことで知っていただけたら
          r 、     /|: :!|: : |, '^'、 ,ハl:/: : :,! : ',|  これ以上の幸いはありません
         ヽ ヽ_r_v r! :ヾ―l,  V  /: : : ハ: :ヽ
            Y,. -{ Y!:',: :ヽ:.:.V´,フ、ヽ/ : : /:.:`i,: : :',  ご愛読、ありがとうございました!
           l、/´)ハヽ'、 :ヽ:.ヾイ|.!|、! : :, ':.:.:./ ! : : ヽ
          / `ュ,ノ }i 〉ヽ :ヽ:ヾ|,|,!'l: :/:/:., '  !: : : : ヽ
            ト´、  ノ l':.:.:.:ヽ:}:.:.::.:.:.:|/:.:i//  l: : : : : : i
            !  `    !:.:.:.:.:lノ:.:.i:.:.:.:.:.:.,' /  l: : : : : : |

    ┌───────────────────────────────────┐
               やる夫がキリストになるようです。   終
    └───────────────────────────────────┘






    537 :以 下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]: 2008/06/26(木) 05:39:15.96 ID:eN3HOpAo
    乙でした!
    ペテロたちはどうやって処刑されたんすか?






    538 :以 下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします :2008/06/26 (木) 05:40:16.78 ID:MQfTNK60

    面白かった






    539 :以 下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします :2008/06/26 (木) 05:41:27.16 ID:9rM/P8.0
    全力で>>1乙!!!!!
    難解な聖書をよくぞこんだけ簡潔に書いたもんだぜ・・・






    540 :1 [sage]:2008/06/26(木) 05:42:28.03 ID:8LBOpBko
    ご愛読、ありがとうございました

    しかし、このスレで一番反応が良かったのが、カヤパ朝倉の鬼畜モードだったのが
    なんとも・・・・・


    >>528
    最後のAAということで、いわば、最終兵器でございます

    >>537
    ヨハネ福音書21:18によると、逆さ十字架刑だったと推測されています

    ちなみに、ネロ皇帝が命じた処刑方法は次の三つだったとのこと

    (1)野獣の毛皮をかぶせられ、野犬の群れに食い殺 された
    (2)十字架刑
    (3)杭に一人ずつくくりつけられ、生きたまま火をつけられた

    使徒行伝がパウロの死を描いていないのは、
    おそらく(1)か(3)だと思われます






    541 :1 [sage]:2008/06/26(木) 05:43:33.92 ID:8LBOpBko
    >>540の訂正です

    ペテロがおそらく十字架刑(しかも逆さ)でパウロがそれ以外ではないかと







    542 :以 下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]: 2008/06/26(木) 05:44:09.18 ID:eN3HOpAo
    レス?です。
    色々と質問したいことはありますが
    もう>>1さんは寝なきゃいけませんよね?






    544 :1 [sage]:2008/06/26(木) 05:46:42.20 ID:8LBOpBko
    >>542
    今日は一日フリーなので、もうしばらく起きてます

    何か質問があればどうぞどうぞ

    (ただし、他のサイトを見ていたりするので、返信遅れたりするでしょうが)






    543 :以 下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします :2008/06/26 (木) 05:44:20.49 ID:NJ0Hwxoo
    乙!
    改めて聖書の面白さを感じられたよ






    545 :以 下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]: 2008/06/26(木) 05:49:01.49 ID:eN3HOpAo
    >>544
    ありがとうございます!
    二つ質問させていただきます

    十字架というキリスト(神の子)の恥辱の証ともいえるようなものを
    何故キリスト教徒は崇高なシンボルとして拝めるんですか?

    ここまでの話だと新約聖書にならった記述ばかりですが、
    ローマ帝国の正史にはキリストのこと書いていないんですか?






    548 :1 [sage]:2008/06/26(木) 05:59:02.38 ID:8LBOpBko
    >>545
    キリスト教はユダヤ教の流れをくんでいます

    ユダヤ教の十戒では「偶像崇拝すんな」とあります

    ゆえに、初期キリスト教会では、イエスの顔を描くことが禁じられていました

    かわりのシンボルとして「十字架」をシンボルにしたのです

    それは、人類がイエス・キリストの肉体を殺したことの戒めなのかもしれません


    ローマ史の中のキリスト教は、
    タキトゥスによる「西暦64年ローマ大火」が初出です。もちろん、パウロやペテロの名も出ません

    いくら、ローマの資料を調べても「ナザレのイエス」のことはでてきません

    ヨセフス・フラウィウスの「ユダヤ古代誌」には聖書の登場人物の中で、次の3人が出てきます

    ・洗礼者ヨハネ
    ・イエス・キリスト
    ・義人ヤコブ

    ところが、このイエス・キリストの記述は、新約聖書をなぞったマンセー記事であり、
    明らかに後世の偽作とされています
    (ただ、ヨセフス・フラウィウスはイエスのことを書いていたが、
     内容が好ましくなかったために、後世で改変された、という意見もあります)

    洗礼者ヨハネは、イエスの師であり、その規模はイエス教団をしのいでいたと思われます
    義人ヤコブは、イエスの兄弟であり、30年もの間、原始キリスト教団の指導者であり続けました






    551 :以 下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]: 2008/06/26(木) 06:09:13.02 ID:eN3HOpAo
    >>548
    凄く…分かりやすいです…
    レス?でした!
    また>>1さんがなんか面白いやる夫スレを立てて くれるのを期待してます






    546 :以 下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします :2008/06/26 (木) 05:52:53.04 ID:MQfTNK60
    ユダヤ戦争の時に当時の大祭司は何をしてたんですかね?
    それと戦後も大祭司という役職は続いたんでしょうか?






    547 :以 下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします :2008/06/26 (木) 05:56:47.83 ID:9rM/P8.0
    大祭司は今もいるんじゃないか?






    549 :以 下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします :2008/06/26 (木) 06:01:18.35 ID:MQfTNK60
    >>547
    そうなの?
    いまググってみたがよく分からん・・・






    550 :1 [sage]:2008/06/26(木) 06:05:58.59 ID:8LBOpBko
    >>546
    大祭司について

    英語ですが
    http://en.wikipedia.org/wiki/List_of_High_Priests_of_Israel

    大祭司というのは、ユダヤ教の総本山であった
    エルサレム神殿の大祭司ということです

    西暦70年にエルサレム神殿は炎上して、なくなり、
    それとともになくなったのでしょう

    以降は、律法学者である「ラビ(教師の意)」が
    権威を持つようになり、現在に至ると思います
    (あまりきちんと調べていませんが)






    552 :以 下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします :2008/06/26 (木) 06:14:27.52 ID:MQfTNK60
    >>550
    サンクス
    なるほど。一神殿の長という立場だったんですね。






    553 :1 [sage]:2008/06/26(木) 06:17:40.05 ID:8LBOpBko
    >>551
    次スレのネタはあるんですが、制作に時間がかかりそうです

    あまり「○○入門」というものよりも、じっくり読ませるものを書きたいもので


    まあ、次はコミカルにいきたいですね
    やる夫を主人公にするなら、もっとやる夫らしく

    >>552
    しかし、実際の権威は、一神殿の長にはおさまりませんけどね
    ヘロデ・アンテパスの父であるヘロデ大王が滅ぼした「ハスモン朝」では
    王と大祭司は同一人物であるのが基本でした

    まあ、そういうエルサレム神殿の権威を高めすぎたことが、
    ユダヤ戦争の勃発とその敗北の原因だと思いますけどね






    554 :以 下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします :2008/06/26 (木) 06:20:38.32 ID:MQfTNK60
    何かおすすめの本とかありますか?
    これまでの内容をさらに深く理解するための。






    555 :以 下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします :2008/06/26 (木) 06:26:14.99 ID:MQfTNK60
    あと、ユダヤ衆議会とヘロデ・アンテパスの力関係ってどうだったんでしょう?
    上下関係とかあったんですかね?






    556 :1 [sage]:2008/06/26(木) 06:35:52.18 ID:8LBOpBko
    >>554
    以前のスレで出てきましたが
    田川健三「書物としての新約聖書」が良いのでは、と
    http://www.amazon.co.jp/%E6%9B%B8%E7%89%A9%E3%81%A8%E3%81%97%E3%81%A6%E3%81%AE%E6%96%B0%E7%B4%84%E8%81%96%E6%9B%B8-%E7%94%B0%E5%B7%9D-%E5%BB%BA%E4%B8%89/dp/432610113X/ref=sr_1_2?ie=UTF8&s=books&qid=1214429487&sr=1-2

    このスレの内容を深く掘り下げたというよりも
    このスレで口をにごしていたいろんなことがわかると思いますww

    >>555
    どうなんでしょう??

    エルサレム神殿の大祭司という権威を
    ヘロデ・アンテパスは無視することができなかったでしょうから

    (大祭司は宗教的にユダヤの民を率いる。
     ヘロデ・アンテパスは政治的に一地方を支配する)







    557 :1 [sage]:2008/06/26(木) 06:37:41.29 ID:8LBOpBko
    では、疲れたので、寝ます

    長い間付き合って下さったかたがた、ありがとうございました!






    私のしたことまちがってる?―良心がとがめた時の相談室 (ヴィレッジブックス)私のしたことまちがってる?―良心がとがめた時の相談室 (ヴィレッジブックス)
    Randy Cohen 小川 敏子

    ソニーマガジンズ 2004-04
    売り上げランキング : 506365
    おすすめ平均

    Amazonで詳しく見る
    by G-Tools
    関連記事
    スポンサーサイト
    [PR]





    カテゴリー「やる夫がキリストになるようです。」内の最新記事

    だ

      これ完結してなかったのか
      [ 2008/06/26 12:24 ] [ 編集 ]
      なかなか、読み応えが在って良かったな。
      [ 2008/06/26 12:52 ] [ 編集 ]
      おまえら・・・これドウ思う?信じるか? 一回みてみてくれ。
      [ 2008/06/26 14:06 ] [ 編集 ]
      完結か、面白かった
      [ 2008/06/26 14:08 ] [ 編集 ]
      ずっと待ってたぜ。ずっとユダに感情移入してたら……(´;ω;`)
      [ 2008/06/26 15:15 ] [ 編集 ]
      読み物として面白いな。
      流石は2千年近く語られてきた男の物語って感じだ。
      [ 2008/06/26 16:13 ] [ 編集 ]
      単なる薀蓄の羅列じゃなくて
      読み物としても楽しめる大作だったなあ。
      作者の次回作に期待大。
      [ 2008/06/26 17:51 ] [ 編集 ]
      昔教会に行って聖書読まされたんだが全くわからなかった
      俺でも普通に面白くてわかりやすかった
      [ 2008/06/26 18:02 ] [ 編集 ]
      面白かった。ペテロとパウロの最期らへんは胸に来るものがあった。
      読み物としても面白い。
      [ 2008/06/26 18:36 ] [ 編集 ]
      >やる夫ごときが長門と! と描写することをためらった
      >ため、キスをやめました
      ストーリーより個人的感情を優先させたこれさえなければ
      素直にしまいまで感動出来たものを・・・。

      >福音書では「預言が成就するため」に、イスカリオテの
      >ユダは裏切る必要があったとされるが
      >そんな理由は、信者ではない人間には、とても納得でき
      >ないことだろう

      いい話の多い福音書で一番納得出来なかった話がこれ。
      イエスからは「(地獄で受ける責め苦を思えば)生まれて
      こない方がましだった」とまで言われている。
      そういう人間は救えないのか、と不満に思いました。
      ユダが気の毒です。
      仏教だとダイバダッタにも救済される未来があった訳で。
      [ 2008/06/26 18:40 ] [ 編集 ]
      ユダは、日本だと聖人扱いにょろー。
      [ 2008/06/26 20:05 ] [ 編集 ]
      >>2189
      まあフィクショナルな点も多いだろうからな
      [ 2008/06/26 20:35 ] [ 編集 ]
      とうとうやるキリも最終回か感慨深いなー

      >>2194
      mjd?
      基督教圏内ではユダが赤毛だった事から赤毛が馬鹿にされたり
      黄色い服を着てたってんでyellowに「臆病者」って意味がついたり散々なのにな
      [ 2008/06/26 21:29 ] [ 編集 ]
      超人のような奇跡を描かず現実的にありそうな流れで描いてるのがいいな。
      (悪霊追い出しとか即病気完全治癒とかなくて復活後も姿は出てこないし)

      ちゅるやペテロとWAWAWAパウロの潔い最期は涙腺にきた。
      [ 2008/06/26 22:31 ] [ 編集 ]
      読むだけでも時間かかった。
      作者さん本当にお疲れ様でした。
      [ 2008/06/26 22:37 ] [ 編集 ]
      欧州でもこーゆー話が出てきたのは戦後、すなわち1900年(死海文書を契機とした
      異端福音書の見直し)も経ってからだし、
      これだけの高度な話をやる夫でやるってのが信じられん…

      パウロに対する伏線の張り方とかは(3)あたりからニヤニヤできたけど。
      (自分がやる夫のように評議会でしゃべるとか)

      いや、面白かった。学問とストーリーテリングここまでバランス取れてるのはすごいよ、ほんとに。
      [ 2008/06/27 00:01 ] [ 編集 ]
      >>2194
      てか、同じ名前の別人の使徒がいるんでなかったか?
      それはそうと谷口ってニコデモじゃなかったんか。
      [ 2008/06/27 00:23 ] [ 編集 ]
      >>1さん大作乙です。待った甲斐がありました。
      名シーンは数あれど、その中でも特に好きな箇所は、
      「復活」の>>399から、>>426までの流れです。
      旅人ブーン(?)の簡潔だけど深い言葉の一言一言が、
      心の底に突き刺さりました。
      良い読み物を見せてもらって、本当にありがとう。
      [ 2008/06/27 01:18 ] [ 編集 ]
      構成もしっかりしてて読んでて面白かった。
      作者は本当にお疲れ様です。
      [ 2008/06/27 01:29 ] [ 編集 ]
      長いけど、面白かった
      しかしさすがに量が多すぎて表示が重い・・・
      [ 2008/06/27 02:26 ] [ 編集 ]
      満足であるぞ
      [ 2008/06/27 02:28 ] [ 編集 ]
      キリスト教も自分の欲望を聖書の解釈で正当化し好き勝手やる道具に成り下がってる。
      日蓮宗しかり
      宗教の開祖は偉大かもしれないが、その末端は所詮人
      [ 2008/06/27 06:20 ] [ 編集 ]
      滅びとけばよかったのにな。
      [ 2008/06/27 11:10 ] [ 編集 ]
      面白かった。
      うーむ、物語としては、現実に負けた理想主義とその復活って感じだったんだな。
      [ 2008/06/27 13:37 ] [ 編集 ]
      イエスキリストの生涯なんて、現実離れしたファンタジーばかりかと思ってたけど、
      人間関係で苦労したり、明日の生活を心配したり、政治に翻弄されたりと、
      実は今も昔もそんなに変わらない、普遍的な物語だったんだね。
      良いやる夫シリーズでした。>>1乙!
      [ 2008/06/27 17:46 ] [ 編集 ]
      こりゃもう小説の域に達してるな
      これだけの物を書くってのは凄いわ
      感服した
      くぁwせdrftgyふじこlp;@:「」
      [ 2008/06/28 00:59 ] [ 編集 ]
              / /" `ヽ ヽ  \    
            //, '/   U ヽハ  、 ヽ   
            〃 {_{ノu   `ヽリ| l │ i|   
            レ!小l●    ●u从 |、i|   私は、やる夫のことは知りません!
            ヽ|l ||、_,、_ ||⊃ |ノ│  
      .  /⌒ヽ__|ヘ || ゝ._) ||j /⌒i !    私は、やる夫のことは知りません!!
        \ /:::::| l>,、 __, イァ/  /│   
      .   /:::::/| | ヾ:::|三/::{ヘ、__∧ |.   
         `ヽ< | |  ヾ∨:::/ヾ:::彡' |   

      ここが最高に来たなぁ…
      [ 2008/06/28 04:51 ] [ 編集 ]
      「磔のイエス」が飾られるのは、あの時に「神の子」が「人の罪」を贖い、それによって我ら咎人(キリスト教徒)が赦されたと信じるからこそのシンボル化なのでは?
      派閥毎の解釈次第でどうにでもなる話ではあるが
      [ 2008/06/28 12:21 ] [ 編集 ]
      宗教毛嫌いしている俺も奇蹟とかそういうので有耶無耶に得を上げないで
      人間としての動きで見ると興味深い。
      やる夫が人間的肉体が脆弱と言うと言い過ぎるかもしれないが
      そこら辺も素直に見れた。

      ちゅるやさんが凄くマッチしてていいねいいね。
      [ 2008/06/28 16:22 ] [ 編集 ]
      連コメスマソだけどマルコムXでキリストが黒人だってのが印象に残ってる
      黒人のキリスト教徒は崇める存在が白人になってても気にしないのだろうか…
      [ 2008/06/28 16:25 ] [ 編集 ]
      50%も理解できていないのではないかと思うが、
      面白かった、胸を打った。
      特に復活の部分が素晴らしかった。

      ペテロが人間くさくてとても良い。
      [ 2008/06/29 13:19 ] [ 編集 ]
      >>2311
      なにをもって白人と黒人と言うかは分からんが、
      普通に考えれば、アラブ人の顔と体だよ、きっと。
      当時の生活を考えれば、柔とはいえかなりごつい感じの。

      …まあ、人種、既存宗教囚われず布教できるという
      キリスト教の(もともとの)強み考えると黒とか白とか
      「犬の作る神様は犬、人の作る神様は人」並みの
      低レベルだよねえ…
      [ 2008/06/29 23:31 ] [ 編集 ]
      もしやるおキリスト他登場人物たちが
      1000年後と1900年後、2000年後に自分の弟子たちが
      やらかしたことを知ったら、と思うと非常に
      むなしさがこみ上げる
      [ 2008/06/30 11:06 ] [ 編集 ]
      ユダにここまで萌えたのは初めて
      [ 2008/06/30 17:25 ] [ 編集 ]
      イエスの如きテロリストを美化する物語の為に
      私の嫁を愚か者として裏切りの汚名を着せた>>1に呪いあれ
      [ 2008/07/03 18:04 ] [ 編集 ]
      面白かった

      本に出していいレベルだろ
      作者に還元できるならな
      [ 2008/07/23 05:08 ] [ 編集 ]
      悪魔や奇跡などのファンタジーを
      ナシにしてくれたおかげで素直に読む事ができた。
      ユダが単なる裏切り者でないという解釈も
      面白みが感じられたし、心から乙を言いたい
      [ 2008/10/28 03:14 ] [ 編集 ]
      これは面白い。まず話としていいね。
      作者も述べてるように、キリスト教に対する解釈は遠藤周作の著作にあるような感じ(日本の風土の中で理解される許しを中心としたキリスト教)。
      朝倉さん側にカラマーゾフの兄弟の大審問官で説かれる教説(神の奇跡より現実的な政治こそが多くの人間を救っているというもの)をあてているのも深さをましている。
      ヤコブ・ペテロ・パウロの3人の視点から描かれ、そこに集約されていくあたりすごい構成力でもあり。ともあれGJ! 
      [ 2008/10/29 04:28 ] [ 編集 ]
      素晴らしい物語だったが、これもまた一解釈であり、他にも数多くの解釈・読み取り方が存在し、果たして真実はきっとそれらやこれとは大きく異なったものであったのだろう。
      しかし、読み物として、物語として純粋に面白かったから、これでいいのだ。
      貴重な3時間をありがとう、1乙!
      [ 2008/11/02 04:17 ] [ 編集 ]
      ユダには泣いた
      [ 2008/12/24 00:14 ] [ 編集 ]
      やる夫、もといキリストが死ぬ時の言葉で泣いた……
      仏教徒なのになんでだ……
      [ 2009/02/05 21:59 ] [ 編集 ]
      めっちゃ面白かった!

      ただ教会によってはモーセの律法も教えてくれますよ。
      (小さい十戒の書かれたカードをもらった事があった。)
      [ 2009/02/18 12:13 ] [ 編集 ]
      >>2255
      それ言ったら大乗仏教そのものが仏陀の教えとは何にも関係なくなっちゃう気がするけど。

      キリスト教以上に原始仏教の教えって原形とどめて無い気がする
      なんつーか、キリストと違って元王子様だけに品の良すぎるんだよね。4諦とか8正道とか見るに

      だから後世の人がそれに仮託してわかりやすい救世主や救いがもたらされる凄い仏様や凄い教えみたいなのが出来てそれが中国や日本を伝わってくる間にどのお経が優れているかなんて事が起こって更にその国の神様やら仙人の伝説まで取り込んで酷い事になってる
      (ここら辺はキリストのクリスマスやクリスマスツリー、ハロウィンなんかも似たようなものですけど)



      [ 2009/03/03 05:57 ] [ 編集 ]
      これは感動した。
      ドラマとしても無論だが、作劇のテクニックという意味で、
      イスカリオテのユダの扱いが最高だ。

      作品の方向性は全然違うが、
      道原かつみ「ノリ・メ・タンゲレ」を思い出した。
      [ 2009/03/04 11:35 ] [ 編集 ]
      まさかやる夫スレで涙を流すことになるとは
      宗教とか神とかや史実がどうのこうのになるとアレだけど単純に読み物として面白かった
      キリストを信仰はしないけどイエスの人物像には魅かれるものがあるなぁ
      [ 2009/03/08 04:38 ] [ 編集 ]
      面白かった。
      なんとなくしか理解してなかったキリスト教の始まりも、深く理解できた気がする。
      [ 2009/05/20 03:45 ] [ 編集 ]
      イエスの教えを信じなさい。

      日本人は大きな罪に苦しんでいます

      誰もが意味を見失い

      誰もが愛を知りません

      日本人は愛というものを肉欲と履き違え

      神に仕えず、彼らは金銭に仕えています

      日本人は金銭の奴隷です、そして

      自らの罪を肯定し、正しい教えに耳を傾けず

      毎日地獄のように苦しんでいるのに関わらず

      それに気づきません。

      日本人よ、主の教えを受け入れなさい。

      忘れてはならない

      悔い改めなさい

      救いを差し伸べなさい

      主はあなたたちを奴隷にはしない

      主はあなたがどれだけお金を儲けるか

      主はあなたがどれだけ頭がよいのか

      主はあなたがどれだけ働けるのか

      主はそんな価値観であなたがたを見る事はしません

      日本人よ、金銭の奴隷になるな

      一瞬の快楽に身をまかせるな

      あなたは知っているだろうどのような悪逆をつくした

      性欲を満たしても満たし終えたあとの虚しさを

      あなたは知っているだろうどのようにお金を持ち

      贅沢を尽くしても贅沢に限りが無いことを

      日本人よ、目覚めなさい。

      今日も人が地獄から逃れるため電車に飛び込む

      この世は地獄ですか?

      あなたの住む日本は地獄ですか

      神よ、どうかお救いください。

      アーメン
      [ 2009/05/27 16:08 ] [ 編集 ]
      ペテロのやる夫への思いに打たれたな。
      面白かった。本になれば買うレベル。
      [ 2009/06/14 04:25 ] [ 編集 ]
      書物としての新約聖書
      8400円

      TAKEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEE
      [ 2009/06/14 04:27 ] [ 編集 ]
      一年以上ぶりに読み返したけどやはり読み応えのある力作ですな。

      しかし新約を元に世界中で虐待されるユダヤ人はちょっと悲惨。
      [ 2009/08/24 02:17 ] [ 編集 ]
      ユダヤ人は別に新約のせいだけで虐待されてるわけじゃないぞ・・・
      [ 2009/10/01 03:28 ] [ 編集 ]
      よかったです。感動しました、作者様ありがとうございます。
      [ 2009/10/08 00:52 ] [ 編集 ]

              ,. -───- 、
             /'´       `ヽ、   
              シ~ /" `ヽ ヽ `'、 ト、   なに言ってるんだにょろ
           //, '/     ヽハ  、_Vヽ  
           〃 {_{\    / | l |、,i|   やる夫様だって、民衆の罵声の中
           レ!小l●    ● 从 | } i|   息を引き取られたんだにょろ
           ヽ|l⊃ 、_,、_,   ⊂⊃jノ}j|   
       r‐‐-、__|ヘ  ゝ._)   /|  ! |   私たちなんて
      _{ (` /:::::| l>,、 __, イァ_i  ||   仲間と一緒に死ぬことができるだけで
        "ヽ /:::::/| | ヾ:::|三/ / //ァ||   はるかに恵まれているにょろ
            ヽ< | |  ヾ∨_:/ // ハ||  


           /:.:.:_:.:.:.:.:.ヽ:.:.:.:.:.l:.:.〉:/:リ:ヽ、 
           ノ:.'´_:._`:.、:.;、ヽ:.:./:/:/'ノ:.:.:.:.i  ・・・ペテロ
          ノ:´:.:.:,:/:rゝ/;tYl:Vム;.Y、ー':.ヽ;!  正直いって、あなたがここにきてくれて
      .   l:.:,r:'´Y/   l:l ``′ ';.l ヽト:.:.:.:'  私は助かった
      .   )k/:./l;'.__  l:!     リ ._リ';.`Y  
      .   〉-;.:'l l∠ニ'==ァ   、==ニゞ-!  弱音をはける人間がそばにいて
      .   l 'Y';.l.}. ´i┬r ヽ  ''~Tユ~` リ  本当に良かった・・・
      .   ヽ.ヽヽ ゙ ` ̄'"   l  ` ̄ l,ノ   
      .     `';Y'      l,    j´    もし、私にペテロより優れたところがあっても
      .     ,.rハi           ;     死を前にする潔さでは
          /: ヽヽ.  ー===-  /      とても、あなたにかなわない
      .  /:ヽ: : ヽ \   ー‐ ,イ      
       /: : : : ヽ: : :, ヽ、__/ 人     ・・・・・・・・

              -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
           / /" `ヽ ヽ  \    (・・・やる夫様
          //, '/     ヽハ  、 ヽ   
          〃 {_{    U  リ| l.│ i|    やっぱり、私は臆病者ですにょろ
          レ!小lノ    `ヽ 从 |、i|   死をむかえるのはとても怖いことですにょろ
           ヽ|l --   --u | .|ノ│  
            |ヘ⊃ 、_,、_,⊂⊃j  | , |    でも、私はあなたの愛を信じます
           | /⌒l __, イァト |/ |  
      .     | /  /::|三/:://  ヽ |    あなたが私たちを愛して下さったように
           | |  l ヾ∨:::/ ヒ::::彡, |    神も私たちを愛して下さっているはず・・・
                           
                            そのことを人々に伝えるために
                            私に最後の勇気をください・・・)

      この部分おそらくは創作だと思うが、なんだか凄く共感するものを感じた。
      <死>という一生において最大の恐怖を前にして、「自身の心を保つ」
      と言うことは、こういう心境なのだろうな・・・と素直に思えた。
      [ 2009/11/11 22:30 ] [ 編集 ]
      神学を学んだ事があるが、あれは完全に点取りでやってたし、このスレで結構学べたことも多いわ。
      ちょっと聖書読めるサイト行ってくる。当時の聖書は焚書しちゃったもので、えへへ
      [ 2009/11/28 14:50 ] [ 編集 ]
      >朝倉さん側にカラマーゾフの兄弟の大審問官で説かれる教説(神の奇跡より現実的な政治こそが多くの人間を救っているというもの)をあてているのも深さをましている。

      サドカイ派は自分たちの利害もあったとはいえ、
      ローマ帝国内のユダヤ人を束ねる政治的なセンターとして
      エルサレム神殿が必要という現実政治的な部分での妥当性があった

      信仰で急進化すると、せっかく商業民として帝国から付与された特権をユダヤ人が維持できなくなる

      そこまでいかなくても、日常生活での戒律遵守で済ませる
      ファリサイ派=現行ユダヤ教だと、特定の土地がセンターである必然性が無い。エルサレムの反乱以降、ユダヤ人が散り散りになったのは、別にローマ帝国が追放したからじゃなく、単に経済的に立ち行かなくなったから(エルサレムへの立ち入りは一時禁止された)。


      パレスチナが楽に暮らせる土地なら、中世、近代での欧州やロシアでのポグロムのとき、移住先に選ばれていないはずがない。ムスリムが、キリスト教徒やユダヤ教徒とも平和共存しているパレスチナは、中世以降、迫害の心配ならもっとも少ない地域でありつづけた。
      [ 2009/12/24 13:35 ] [ 編集 ]
      パウロの転向は、ずっと心の中にユダヤ教側の強硬なやり方に対する疑問があって、
      とうとうそれにはっきり反対する決心がついたとかじゃないかと思ってた。
      タイムマシンでもなきゃ2000年も前の人の性格なんてわからんけどな…
      [ 2010/06/29 21:18 ] [ 編集 ]
      これは純粋に感動した。自分は日本人の大多数がそうであるように仏教徒だけど、純粋に「人間・キリスト」の生きざまに感動した。
      しっかしその後のキリスト教徒たちの他教徒への迫害、十字軍の蛮行などを、キリストは天からどのような気持ちで見ていたのだろうか…
      [ 2010/07/02 18:58 ] [ 編集 ]
      本気で面白かった。
      やるおシリーズって本当にすごいと思う。
      学校でもこう面白く教えてくれればいいのに
      [ 2010/10/01 23:48 ] [ 編集 ]
      朝倉と黄緑がどのような末路を辿ったか知りたい

      ぐぐってもでてこねぇし・・・
      [ 2010/12/29 22:07 ] [ 編集 ]
      このコメントは管理者の承認待ちです
      [ 2011/10/31 03:55 ] [ 編集 ]
      このコメントは管理者の承認待ちです
      [ 2011/12/19 21:35 ] [ 編集 ]
      このコメントは管理者の承認待ちです
      [ 2012/01/21 11:57 ] [ 編集 ]
      このコメントは管理者の承認待ちです
      [ 2012/07/17 22:45 ] [ 編集 ]
      このコメントは管理者の承認待ちです
      [ 2012/12/09 23:10 ] [ 編集 ]
      このコメントは管理者の承認待ちです
      [ 2015/06/04 10:25 ] [ 編集 ]
      コメントの投稿













      管理者にだけ表示を許可する
    やる夫ブログについて
    20101110:「やる夫はロス市警の警部のようです」を掲載させていただきます。本当にお待たせして申し訳ございません。これ以降も随時、更新の途絶えていた作品を掲載していきたいと考えております。ご迷惑をおかけして申し訳ありませんが、どうか長い目で見ていただければ幸いです。

    20101030:「やる夫のサクラ大戦」にて、記事の掲載順序を誤りました。 作者様、および楽しみにしていた読者様にお詫び申し上げます。 申し訳ございませんでした。

    20101004:「やる夫たちが夢の国で遊ぶようです」につきまして、こちらの不具合で記事が切れてしまっております。作者様、及び楽しみに読んでくださっている読者の皆様にご迷惑をおかけしてしまい、申し訳ありません。
    一度下書きに戻させていただきます。よろしくご了承ください。
    「やる夫で学ぶことわざ」の作者様より、やる夫ブログ用のスポンサー案内をいただきました!本当にありがとうございます!さっそく使わせていただきます!

    20100811:皆様、大変ご無沙汰しておりました。ぼちぼち更新を再開できればと考えております。
    「やる夫がDQⅢの勇者になるようです」についてですが、コメントを頂けるのは大変うれしいのですが、他作品のコメント欄での投稿はご遠慮願えれば幸いです。
    恐縮ですが、ご協力よろしくお願いいたします。

    20091222:年末なので順調に更新量が減っております。今日明日はお休み、再開一発目は「やらない夫の超兄貴」になる予定です。作者様、まとめが遅くなり申し訳ございません。

    20091208:今週クソ忙しいので、かなり更新が減ります。ご了承ください。

    20091116:更新の調子にもよりますが、週末をめどに、カテゴリを追加する予定。前回追加からだいぶ間隔開いたんで、かなり溜まってます。

    やる夫ブログについて

    姉妹ブログというか同一人物ブログ。
    やる夫ブログ(裏)(18禁です)


     ネ タ 投 稿 お 待 ち 
     し て い ま す ! 
    (↑結構心から待ってますw)

     ネタ投稿の他、転載お断りの記事、相互リンクのご希望等ございましたら、お手数ですが下のメールフォームよりお知らせください。なお、http:を付けるとエラーになってしまうようなので、ご投稿いただける際にはhttp:を抜いていただきますよう、よろしくお願いいたします。
    相互リンクの反映に時間がかかってしまい申し訳ありません。気長にお待ちください。


    嬉し泣き
    美麗なタイトル画像を描いてくださっているのは、こちらの方々です。
    本当にありがとうございます。


    七市様
    Shadow3_convert_20091008101141.jpg
    ハルヒとやる夫、やらない夫の表情が最高のタイトル画像。冬にぴったりの美しい作品です。


    1様
    http://blog-imgs-15.fc2.com/y/a/r/yaruomatome/yaruoblog_title_convert_20091026144430.jpg
    柔らかで暖かい雰囲気がたまらない作品。みゆきさんヤバすぎで管理人狂喜の舞を舞っておりますwww

    1様のプロフィールはこちら


    65様
    securedownload_convert_20091008101321.jpg
    同じく「やる夫がチェルノブイリに旅立つようです」より。元ネタの雰囲気をビンビンに伝えるダークな作品。


    草葉様
    Shadow3_convert_20091008101141.jpg 「やる夫がチェルノブイリに旅立つようです」をモチーフにしたタイトル画像です。物語の後、このタイトルを見て吹きました。

    219c0c442.jpg

    草葉式


    味噌様
    yaruoblog_convert_20090519194443_convert_20091008101235.jpg
    やる夫ブログ初!物語とタイトル画像のコラボレーション!快く、最高に美しいタイトル画像を描いて下さった味噌様に感謝です!




    トンボ様
    minamike_convert_20090519194731_convert_20091008101216.jpg
    夏にぴったりの逸品を、トンボ様よりいただきました!水着ハァハァ(´Д`;)


    トンボのかんさつ日誌


    ヒジキ様
    nagato_convert_20091008101341.jpg
    管理人のツボにはまりまくりの長門!大好きだ!結婚してくれー!



    ヒジキ煮


    aro様
    yaruo_blog_fix_convert_20090210225801_convert_20091008101403.jpg
    らきすた勢の見事な描写もさることながら、このやる夫にしてやられました。


    Charged time-out


    Yutaka様
    RMm06_convert_20090127165950_convert_20091008101426.jpg
    個人的に水銀燈が一番好きです。タイトルのセンスも◎。本当に有難うございます。





    マブチョコ_m様

    この魅力的なボディにくらくら!管理人はこの人の同人誌が大好きです!やる夫ブログの記念すべき初タイトル画像。全てはここから始まりました。



    うにゃらら大飯店



    イチオシ

    やる夫がDQⅢの勇者になるようです

    自らを成長させる姿に心震える
    作品。普通の掛け合いなのに、
    自然と笑みがこぼれる構成と
    演出は見事の一言。
    自分を好きになれる、極上の映
    画を見た後のような読後感は、
    自信を持って「最高だ!」と賞
    賛できる作品です。





    過去の「イチオシ」一覧を作りました。
    管理人オススメ記事

    管理人が抱きしめたいほど好きなやる夫作品

    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。