FC2ブログ
2017 09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 11
やる夫ブログヘッドライン



【お気に入りサイト新着記事】 【カテゴリー一覧】

    
   
【最新エントリ】



スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




カテゴリー「スポンサー広告」内の最新記事

だ

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | はてなブックマークに追加

やる夫で楽しむ村上春樹【短編小説編】 

1以 下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2008/07/06(日) 09:36:16.29 ID:Ai+S0fq00
以前、やる夫で楽しむ村上春樹を書いた1です。

前回は、読んでくれた方から、オチが分かりづらいことや、補足が上手く入っていない等の
指摘をいただき、自分としても心残りの部分がありました。
(もちろん、村上春樹を読んでみようと思ったとか、楽しかったとか、温かく励まされる感想も
いただき、たいへんありがたく思っています。)
ここに書いているのは、あくまでも僕の「こう思った」「こうなんじゃないか?」ということであり、
統一した解答を示すものではありません。
(「学ぶ」ではなく「楽しむ」としたのはそういう理由もあります。。)

「もういいよ…」「小説は個人で楽しむものだ」「村上春樹自体が嫌い」「間違ってるよ」等
感じる方も多いとは思いますが、
もしよかったら短編小説編にもおつきあいいただければ幸いです。

では投下します。前回の続きからです。








6以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2008/07/06(日) 09:37:42.63 ID:A0DYa2yA0
>>1

こいつ村上春樹じゃね?








7カ ニ ◆KANI.TNAmg :2008/07/06(日) 09:37:48.69 ID:zRAn7iFE0
前のスレみてスプートニクの恋人買って、今読んでるよ!







8以 下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2008/07/06(日) 09:38:32.28 ID:Ai+S0fq00
       ____
     /      \
   /  _ノ  ヽ、_  \   電話をしてから1ヶ月。まだユキちゃんは帰ってこないお。
  /  o゚⌒   ⌒゚o  \.  
  |     (__人__)    |
  \     ` ⌒´     /  
      ____
     /⌒  ⌒\
   /( >)  (<)\    でも、やる夫が必死に作った小説ができたんだお!!
  /::::::⌒(__人__)⌒::::: \   図書館で、最後の清書に入るお!
  |    /| | | | |     |    
  \  (、`ー―'´,    /  

(図書館)
                 ___
            , 二¨-―-- 、`丶、
            /_ ..-――-.. 、十ヽ\
         //::.::,:.:.:./::/::.::.l::.::`ヽ、\ヽ
            〃::/:::/:.:.:/::/::.:/::|::.:、:.::.::ヽ ハ `、
        l::.:::l:: ,':l:::/::/::.:/::;小:::l::ト、::.:V l ヽ   やる夫!小説は書けたですか?
         {::.:::|:::l::|::l::/::.:/::/:/:_j⊥l::ヽ:!}  \  
.        ハ::.::l:::|┼く:/::/ /'´ノ ヽ:∨::.:l |  /  
        〈 l::.:|:::l::|∠、ノ   , =≡V::.::/|/    
        ヽヘ::ヽ::V⌒゙  ,   "゙ / :::,'  l〔 
        /rヘ::\ ゛゛ rーヘ  彡: /  /:::ヽ
         l冫/ }`ヽミヽ、ヽ、ノ, イ:`7十/::.::.:l
        // /:::_rヘ_`二√ __〉/  レヘ::}








9以 下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2008/07/06(日) 09:41:37.57 ID:Ai+S0fq00
/  | /  / /  /  / // / ハ.    ヽ    ヽ. \
/' 丁|'  i l /   /// 〃/  \ ̄ \!     |\|
\/ j|  ,レ' _ / /.///./  _ \  |\. | |/
. /__」ヒ.´_彡'_>=,ニドノ'  //  'ァ,.'ニ=<} '  | |    ちょっと、見せてみるですぅ。
/  {{ ̄ { \ P⌒!i  //    P⌒!i ノ ,'   /! /    
,/  {ハ..  \__, ゞ冖^  /' !     ̄^` ブ ///     
   ハ. \   く             __  ∠ イ ,ノ'       
  ,/ ,ハ 7`ト _,>       __,. イ !   /〃/
f´ ̄ヽ ヾ、'.{}ヘ.     `'マ二..__ /   /{}ヽ》        ああ!!何するんだお!>
_) >┴=く¨ヽ ヽ.、       --     , イ   }}
/  '´   \レ-、V__. 、      _,. イ/{{ヽ{}/《
         
【能率的なスパゲッティあるいは新月の馬たち】

「やれやれ」と僕は言った。
望むと望まざるに関わらず、すでに終わったことなのだ。
「ひどく寒いわ」と彼女が言った。
空から見た房総半島のごとき茫漠とした僕たちの性欲は、行き場を失って
部屋のなかに”ちり”のように漂っていた。

勃起不全は性欲の対照ではなく、その一部として存在している。

このことを初めて知ったのは僕が大学2年の春だったが、少なくとも慰めに
とることは可能だった。

完璧な性交など存在しない…と。

そんなわけで、僕たちはボンゴレ・ビアンコを作った後、グリーン・ピースサラダを作った。
オーケー、認めよう。僕 た ち は 腹 が 減 っ て い る 。
「かっこう」と彼女が言った。







10以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2008/07/06(日) 09:41:51.99 ID:RW7BrtJ40
ちょい期待







12以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2008/07/06(日) 09:44:17.74 ID:/j1VXYHV0
>>9

山田よりマシなレベルで日本語がおかしいのが村上春樹でOK?






11以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2008/07/06(日) 09:43:35.76 ID:Ai+S0fq00
':.:!:.:.:.:.:.:.:.:!:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:///,:.:./:.l:.:',:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:!:.:.:.:.:.:.:.:.l
:.:l:.:.:.:.:.:.:.:.!:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./// ,:.:/:./:.:.:.',:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|:.:.:.:.:.:.:.:.:!
/|:.|:.:.:.:.:.:.l:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::/イ/ /:/:./ト、:.:.:.ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:|:.:.:.:.:.:.:.:!|:、 
:.:!:.!:.:.:.:.:.:.l:`l丶、:.:.:.:.:.://., ' ./:/:./ !l ヽ:.:.:.:ヽ:_..- ':.:!:.:l:.:.:.:.:.l:.!:.ヽ
:.:.!:.!:.:.:.:.',:.',:.!:.:.:.:.:>'<、/ //,:./  !l _><\:.:.:.l:./:.:.:.:.://:.:.:.:
:.:.:',:',:.:.:.:.ヽV`ヾ〒_==ミー7/// ーrィ== 〒ア、/:':.:.:.:..://:.:.:.:.:
-、,.ヘヽ:.:.:.:ヽヽ ヾ、_ー'_ノ /'´〃    弋_ー'.ノ '  /:.:.:.:.:.//、:.:r‐‐ これは!!!ひどいです!!!
 ヽ.-l \:.:.:\、     /´        ヽ   /':.:.:.// ,.-J   パクリにしか思えねーし、
./  .!   ヽ、:.ヽヽ、      i        ‐,.'ィ":./   !/  `   全く意味がわからねーですぅ!!
ヽ、  ,!   l l`ヾ.=-    _._ _._   -‐"‐/l !   l )  / 〉
) .! へ!  //  `丶、      ...     ,. '´   l !  !< ,   く
  ヽ_ ̄l   l !       `丶、   _.. '"       !l   !  / -,.、ノ:
ヽ-、 ', !  !l      /::,二 `"´二、:\     ,イl  l  '  /: : : :


           ___
       /      \     そ、そうかお…結構自信作だったんだけどだお……
      /ノ  \   u. \   やっぱりやる夫に小説なんて無理なのかお……
    / (●)  (●)    \  
    |   (__人__)    u.   |   
     \ u.` ⌒´      /   
    ノ            \
  /´               ヽ







14以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2008/07/06(日) 09:45:43.86 ID:Ai+S0fq00
     /:.:.:.:.:.:/.:.:.:.:.:.:.:../.;イ.:ト、.:.:.:.:.:.:ヽ.:.:.:.:.:ヽ
    ,':.:.:.:.:.:.:!.:.:.:.:.:.:.,:イ:/ ;:/ ヽ.:..:.:.:.:.!:.:.:.:.:.:.'※.
    !:.:.:.:.:.:.:|.:.:.:.:/.// //   \:.:.:.:.|:.:.:.:..:.:i
     |:.!:.:.:.:.:.|;∠..-'" 〃゛` ―--\:.!:.:..:.:.::,' }甘ったれるなですぅ。何となく書いてるからですよ。
    !ハ:.:.:.:.:.!   _,,  /   、_    /:.:.:./:/∧いきなり小説を書くなんて無理ですぅ。
    i! \:.:.:\`=''"    `ー=''イ/:.ィ//:.:.何を書きたいのか?をまず考えねーとだめですよ。
       }ヾ、_\   '      //´ /:.:.:.
       ト、※,.>-―…―--<7´※ /:.:.:.:. これでも読んでろですぅ。
       !:.r(´.._'' ¨´ ̄ ̄`¨r-┴ 、  /ユュ_:.:. How to本じゃねーですから誤解は禁物ですぅ。


【一億三千万人のための小説教室】 作:高橋源一郎

.         /    // // l/         ヽ丶
        / l / r―/ l  | ハ l ヽ   ト、}
         l  l'   レ7l l  ハ !_ ヽ.ト、 |ハ、 l ノ
         l  l  / ハl l  { l/ `ヽ! ヽf,r、l  !
        /  l / 〃,くl !   レf示r'    lリ/ ! |
.       / // ∨lハ (_! l  ハト辷リ   、´l   l
      / // l   l \l |ノ〃ノ r'フ   _ ノ/ /
       |/ l  l   ヽ l | ||Y 〈__´/ ′/
.     | /{  ト、   ヽヽヽ、     `ヽ, ノ
前回、あたしが出てきてないってどういうことよ!?
今回は私、涼宮ハルヒが補足するわ!ちゃんとついてきなさいよね!!
小説を書く具体的な手法を書いた本はたくさん出てるし、役に立つ物も多いわ!
でも、感覚的に読める「小説の書き方」として、この本は名著だと思うのよ。
水とは何かを理解するために一番いいのは、ヘレン・ケラーのように井戸水の中に
手をつっこむことよね?
そうそう、やる夫のように、春樹信者はどうしても文体が春樹の劣化コピーに
なりがちだから、気を付けなさい!







15以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2008/07/06(日) 09:45:45.21 ID:KLOml1QI0
サンドウィッチとかスパゲティとかうどんとか食べたくなるよね







16以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2008/07/06(日) 09:47:18.34 ID:Ai+S0fq00
       ____
     /_ノ   ヽ_\
   /( >)  (<)\      わかったお!
  /::::::⌒(__人__)⌒::::: \     さっそく、向こうで読んでくるお!!
  |     |r┬-/      |
  \     ` ̄'´     /

--- ──ァ- 、
     /:.:./::>、
   /:.:.:.:/::/_ノヾ
,   /:.:.:.:/''´  0′',
:\{|:.:.:.:.i}      レ^)     もう戻ってこなくていいですぅ。
::l:::{|:.:.:.:.|}       〔
::l:::{|:.:.:.:.|}      人_) \ -、
::l:::{|:.:.:.:八    /     (__丿

        / l / r―/ l  | ハ l ヽ   ト、}
         l  l'   レ7l l  ハ !_ ヽ.ト、 |ハ、 l ノ
         l  l  / ハl l  { l/ `ヽ! ヽf,r、l  !
        /  l / 〃,くl !   レf示r'    lリ/ ! |
.       / // ∨lハ (_! l  ハト辷リ   、´l   l
      / // l   l \l |ノ〃ノ r'フ   _ ノ/ /
       |/ l  l   ヽ l | ||Y 〈__´/ ′/
.     | /{  ト、   ヽヽヽ、     `ヽ, ノ
やる夫と違って、主人公の良いところは、自分はかわいそうだとか、
孤独を抱えている自分カッコイイとか思ってないところね!
ま、ビール飲んで泣いたりしてるけど!!男なんてよわっちいもんよね!
ところで、ノルウェイの森の永沢さんを知らないわけないわよね!?
「自分に同情するのは下劣な人間だ」っていう思想は私も好きよ。
「周りに溢れる可能性を見過ごすことはできない」っていうのね!






18以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2008/07/06(日) 09:49:48.47 ID:Ai+S0fq00
1日目
夜の1時

         ____ ふぅ…何かやる気が失われたお…
       /      \ 1月かかって書いた小説が、2分で紙くずになったお……
      /  ─    ─\  借りた本も、「バカになれ」とか「鯨は何本足か考えろ」とか…
    /    (●)  (●) \ 早く書きたいのに、こんなんで上手くなるのかお……
    |       (__人__)    | ________
     \      ` ⌒´   ,/ .| |          |
    ノ           \ | |          |
  /´                 | |          |
 |    l                | |          |
 ヽ    -一ー_~、⌒)^),-、   | |_________|
  ヽ ____,ノγ⌒ヽ)ニニ- ̄   | |  |       ____


                               ピンポーン♪>

     ____
    / ⌒  ⌒  \
  ./( ―) ( ●)  \   ん?こんな夜更けに誰だお?
  /::⌒(_人_)⌒:::::  |.  
  |    ー       .|  
  \          /   







20以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2008/07/06(日) 09:52:37.77 ID:Ai+S0fq00

    /// /   イ l  | |  | |   ヽ ヽ ヽ、    乳酸菌とってるぅ?
ィニニ〔ゝノ_ノ   / ヽ\ヽヽ  | l    |l  |l  ヽ   
'´/ /| |7   r/'´ ̄ヽゝニヽ-ヽヽ  │ | | ヽ ヽ  私は誇り高き薔薇乙女の第一ドール、
イ/ / ! | |   ||-ャ─-,ニ、ミ‐`ヽ、ヽヽ / / /  | ヽヽ 水銀燈よぉ。
/ / / j |   l| `ー='-ニゝヽ`   |ノメ、/l  │ l | l
./  / / ヽ   l|           ィ_ミヽ`リ ハ || |
'  / /   ヽ  l          l、'rヽj`ァ' メ | / リ
  `,´l    lヽ ヽ         /ノ `'’,イ  /イ
  /| |   |  `丶ゝ    ー、ー- 、    lノ  ,イノ
. /│|   |          ニ ´   ノ イ |
/  ! |   !  、           ィニィ | |lハ
  | !   |   _`ト_、 _     , イ    ! |ル'   ,イ
  ハ ヘ  |‐'  ̄,.ィ´ヘ` ー- イ  |    |l |    /│
ノ  ヘ ヘ   | <´ィ´ /介「`ヽヽ│   ハ l   / ノ      _,
ゞ、_ゝヽ  !  \ー´/ハ トニノノ !   / ハ ト、//,ィ _ ,.-ィ´
  ヾゝヽ.ヽ lー-、  ̄ 1 |│|ヽハ 」  / _ハ _/ イィニィ'´    <
    ヾゝヽ. l^ーィ- 、|│ ! ト、>-リ  イニィー '^ヽ、
     ヾヽヽゝ   ̄! | | lヽヾ/  /        ヽ

           ___
       /      \      水銀燈!?ここに翠星石はいないお?
      /ノ  \   u. \     
    / (●)  (●)    \   
    |   (__人__)    u.   |   
     \ u.` ⌒´      /   
    ノ            \
  /´               ヽ







21以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2008/07/06(日) 09:54:11.94 ID:Ai+S0fq00
 , =/      /==' ' : l : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
|レ     ∠ノ: : : : : :..:.:l : : : : : : : : : : : :ヽ : : : : : : : :   :おばかさぁん。
.イ    /l|.: : : : : : : : : :.l l: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :翠星石から聞いて、来てやったのよぉ。
V  /=='': : : : : : : : : : :.l: :l:.: : : : : : :..:. : | l : : : : : : : : : :感謝しなさぁい。
ィ| /=イ: l : : │ : : : : !: : :l :.l..:: : : : : : : : : | |  : : : : : : : : :
,イ! ト ヽ.:.:|: : : :|..: : : : :| : :ト.ヽ : : : : : : : : .∧!ヽ:ヽ. : : : : : :l :ねぇ、やる夫の文章って、会話や文章はつながってるけどぉ、
::| |::ヽ V : : :│  : : :l、 : :l \i : : : : : : :. l__lj__j ハ : : : /ぼんやりしてるらしいわねぇ。なぜかしらぁ?
::| |: ::j  ヽ: :.:l\_:_:j__ヽl..__ \  : : : :ィ リ Y: .ヘ : : ,
::|  / /\ゝ´ \: :l ー\    \ : :/     l :/|  /
::|   /: :.|  \!  ゝ\   ヽ    ゝ/ ___,.ィ /:/ ! /
:: : 丁| : : :.ヽ.     _____`.,        ` ̄´ /  ..イイ
::.: : |│、  : :\ ´´  ̄ ´             //..: : :|
:: : : ゝ\:ゝ、. . :\              /   イ  ..: : : |
::ヽ: : : \\l `ー‐`          _     イ   .: : : : |
:: : \: : : \\            ̄     /│ : : : : : |


           ___
       /      \    そ、そんなの急に言われても分からないお……
      /ノ  \   u. \     
    / (●)  (●)    \   
    |   (__人__)    u.   |   
     \ u.` ⌒´      /   
    ノ            \
  /´               ヽ







22以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2008/07/06(日) 09:56:12.20 ID:Ai+S0fq00
'  l | !_/イl |,   l ',  | ヘ.   l     / |  ;i  ,    | l フフフ、まだ早いのかしらぁ。
  ,l/,r‐'´!.| ',|ヽ | ヽ  l ヽ |     l l /l  l,     l|じゃぁ、私が話すから、聞いてなさぁい。
 / /   ',| 十' 寸 二マT´ ヽ.|!    / ┼/-l、_,|    /! !
,/ /l    | 丶 \ _\   '|l  / ‐ナ'´ |/lj  / /'゙ 「様々な人間がやってきて、僕に語りかけ、
. / |'、    ', ‐、―r┬ャ、`     i/  ‐/_‐__/ /-‐'i /   まるで橋をわたるように音を立てて僕の上を通り過ぎ…」
/  ! ヽ.   ヘ ≧=一' ´          ゝ'-彡マ´ /      /'ヽ(風の歌を聴け)ってことねぇ。
   ! l \   ヽ                  〃  /!    /  |
  l | l   \  \        /      / /i|    /  /「中国行きのスロウボート」に収集されている
 l  l|   | ト ̄´   、_, _,  - '´-‐イ   l|.   /  /「午後の最後の芝生」って知ってるぅ?
ー 、 l l   | /\\     ´ 二´   /  |   l  /  /__, --ー
:::::::::::| l   |:::::: \ ゙  、   _ ィ ´|    l   , -:/ , ィ;:::::::::::::::::::::::え?
::::::::::::l|   !:::: ::::::::-_天    !   |   l/´::::::/ /´ |ー-、------なんでこれなのかですってぇ?
:::::::::::::', l   |: ::::::::/´:|:::/「l\   !   !   l__:://  /   \::::::::::私の趣味よ、おばかさぁん。
:::::::::::::::',    l ::::::/::::::l:/ l|::、 〉_;-:::|   !::::::::::;'/  ,:'  ∨ ./\::::
:\:::::::::∧  l、:::::::!:::::::l;'   l!::∧>:::::::::l   l::::::::::i/   」 ヽ/  /  /ヽ
::::::ヽ:::/:::::ト  V\:l__」|  lY、::l>|\::l   /:::::::::/  |   ! 、/___/ ノ1
::::::::::V:::::::::l\ ヽ‐ト、:::/|   ヽ\!>ーl| /l::::::::::l     、 l!_/ー'-イ /



(大まかなあらすじ)
    ____
   /      \
  /  ─    ─\    芝生を刈っていたのは、今から14年ぐらい昔のことだお…
/    (●)  (●) \   近くの中学校に行ったら、中2病患者ばっかりだったお…
|       (__人__)    |   (こいつら昔は精子だったくせに生意気だお)
/     ∩ノ ⊃  /    とにかく、19歳の時に、やる夫は芝生を刈っていたんだお
(  \ / _ノ |  |     
.\ “  /__|  |  
  \ /___ /







23以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2008/07/06(日) 09:58:59.19 ID:Ai+S0fq00
(14年前)
      / ̄ ̄ ̄\
    / ─    ─ \
   /  (●)  (●)  \.   夏に旅行に行こうって行ってた彼女から
   |    (__人__)    |   別れてほしいっていうメールがきたお。
   \    ` ⌒´    /  あなたのことは今でもだいすき云々……
   /              \  テラスイーツwwwww
                  やれやれ、バイトやって旅行代金貯めた意味ないお。


バイト先の社長(植木屋)
   / ̄ ̄\       
 /   _ノ  \     ほんとはやめてほしくないんだがな…
 |    ( ●)(●)   あんたの芝刈りは結構いいぞ。
. |     (__人__)    最後に1件だけやってくれないか?
  |     ` ⌒´ノ   
.  |         }   
.  ヽ        }    
   ヽ     ノ       
   /    く  \       
   |     \   \         
    |    |ヽ、二⌒)、     


      / ̄ ̄ ̄\
    / ─    ─ \
   /  (●)  (●)  \.   まぁいいお。
   |    (__人__)    |   
   \    ` ⌒´    / 
   /              \  







24以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2008/07/06(日) 10:01:39.75 ID:Ai+S0fq00
(その人の家に着くと…

       /:::::::::::::::::::::\
      /::/'' ̄^~''ゞ、ヘ
      |:/ ,--、 _, -、ミ:::!
      l:i ,ro、  ィo,、 |:| あんたが芝生の人?
      l:{  ~ ノ 、~  ri まぁ、好きにやんな。
      ゙l:.ヽ `゚__゚ ヽ  ソ
     ,r''ト、  〈 ̄ )' /
   ,/  ヽ\ `ニ'  / `ヽ
  /     ゙ヽ `ー- '、::::  ゙l

       ____
     /      \
   /  _ノ  ヽ、_  \   へんなおばさんだお…
  /  o゚⌒   ⌒゚o  \.  ぶっきらぼうだし、昼間から1人でウォッカ・トニックを飲んでショート・ホープ吸ってるお。
  |     (__人__)    |  しかたないから、芝生を刈る作業に戻るお…
  \     ` ⌒´     /  暑くて死にそうだお。(別れた彼女のことをやる夫は本当に愛していたんだろうかだお…)
                 仕事中でも別れのことが思い出されるお。

(作業を終えて)
       /:::::::::::::::::::::\
      /::/'' ̄^~''ゞ、ヘ
      |:/ ,--、 _, -、ミ:::!
      l:i ,ro、  ィo,、 |:| あんた、なかなかいい仕事をするよ。こんなのは死んだうちの亭主ぐらいだ。
      l:{  ~ ノ 、~  ri これから暇かい?見てほしいものがあるんだ。
      ゙l:.ヽ `゚__゚ ヽ  ソ                                       え?なんだお…>
     ,r''ト、  〈 ̄ )' /  ほら、こっちだよ!
   ,/  ヽ\ `ニ'  / `ヽ
  /     ゙ヽ `ー- '、::::  ゙l







25以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2008/07/06(日) 10:03:06.41 ID:Ai+S0fq00
      / ̄ ̄ ̄\
    / ─    ─ \
   /  (●)  (●)  \.   知らぬ間に、女の子の部屋に連れてこられたお。。。
   |    (__人__)    |  女の子らしい部屋だお。整頓されてるし、
   \    ` ⌒´    / 
   /              \  

       /:::::::::::::::::::::\
      /::/'' ̄^~''ゞ、ヘ
      |:/ ,--、 _, -、ミ:::!
      l:i ,ro、  ィo,、 |:| あんたはこの部屋を見てどう思った?
      l:{  ~ ノ 、~  ri 好きに言ってくれ。
      ゙l:.ヽ `゚__゚ ヽ  ソ
     ,r''ト、  〈 ̄ )' /
   ,/  ヽ\ `ニ'  / `ヽ
  /     ゙ヽ `ー- '、::::  ゙l

    ____
   /      \
  /  ─    ─\    ……普通の女の子の部屋だと思うお。
/    (●)  (●) \   でも、問題は…彼女がいろんなことになじめないことだお…
|       (__人__)    |   それくらいのことしか分からないお。
/     ∩ノ ⊃  /    (なんか考えてたら、その子が来たような感じだお…きまずいお)
(  \ / _ノ |  |     
.\ “  /__|  |  
  \ /___ /







26以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2008/07/06(日) 10:06:29.61 ID:Ai+S0fq00
       /:::::::::::::::::::::\
      /::/'' ̄^~''ゞ、ヘ
      |:/ ,--、 _, -、ミ:::! ふうん………。
      l:i ,ro、  ィo,、 |:| あんたの言いたいことは
      l:{  ~ ノ 、~  ri 分かる気がするよ。
      ゙l:.ヽ `゚__゚ ヽ  ソ 急にすまなかったね。
     ,r''ト、  〈 ̄ )' /  これは謝礼だよ。1万円。
   ,/  ヽ\ `ニ'  / `ヽ
  /     ゙ヽ `ー- '、::::  ゙l

(現在)
    ____
   /      \      (一万円は大金だったお…)
  /  ─    ─\    今でも、あの頃のことを思い出すことがあるお。。。
/    (●)  (●) \   あれ以来、芝生は刈っていないけど、多分刈ったら、
|       (__人__)    |   きれいにできるはずだお…
/     ∩ノ ⊃  /   
(  \ / _ノ |  |     
.\ “  /__|  |  
  \ /___ /

(あらすじ終わり)







27ホットカルピス(;´Д`)ハアハア ◆NPFA19Bf7o :2008/07/06(日) 10:08:20.83 ID:ZNE0d/i30
(;´Д`)ハアハア  ちゅとっと待った!!!!>>22

やる夫さん 今いくつだ??? 14年前に・・・19歳って・・・wwwおま・・・33歳かよww






30以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2008/07/06(日) 10:10:56.64 ID:Ai+S0fq00
※実際のやる夫は若いです。。午後の最後の芝生の主人公が33歳です。
わかりづらくてすみません!



 〃///ヾ    i ll  i ! l   i   l |  l  ヽ  ヽ あらすじだけ追うと、つまらないわねぇ。(AAはもうやめねぇ)
. i:|//i::i  》  /| li  !メ l   l   ! i  |   ',   ',
 〆i !:L〃  i ', | !  | l ト,   !  /  l  ! i  }   !芝刈りにぃ、アイロンがけでしょぉ、
// / |:|'" i  斗弋T、‐- ', | ヽ !  /i /! /! !  l.  } |ひげ剃り、パスタをアルデンテにゆでること、
/ i |:l  ',  i弋ゝ‐-Y=、丶` ',.| /_.!ム、/_l /  /  ハ !雪かき……突撃隊のラジオ体操…
.  | !:l   ∧. !  ヒ_q )_ヽ   レ'  レ' 7 メ  .イ / l !そうね。マラソンもそうねぇ。
.  l |:|.   ,ヘヘ               ,r‐‐tァ/ /| ,/   レ「単調で規律的で1人でできること」って
.  l l」   i  ヽゝ:::::::::::..      ゞ゚ノ//ノ |,イ    村上春樹的じゃなぁい?
  !    ト、           ! .:::::..´ソ"   l:」   ,-'´
  i    |. 丶      、_ ,、_ ´    /',  ,    //
.  ',    ト、  ゝ .     ‐/ フ_,, ィ ´  !,〃 ,..-'´:∠_
.   ',   |::::`:‐-.、`> . _ / /l´ ゙!i   lイ/:::::::::::::-= 二、_
、___ヘ   !::::::;ィ;==,‐、 ;_/ / !  !|    |::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::ff《ヘ  i::≪::::::〃!,ィ´`‐-ヾ、l_/_il    l、::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::ゞ》 ヘ. ト、::::゙彳/ゞ/r‐---、i/´::::|  /:::\:::::::::::::::::::::::::::


   /      \
  /  ─    ─\    そうかもしれないお。
/    (●)  (●) \   やる夫もお刺身にたんぽぽを載せる仕事をしてたから、
|       (__人__)    |   村上春樹的だといえなくもないお。
/     ∩ノ ⊃  /   
(  \ / _ノ |  |     
.\ “  /__|  |  
  \ /___ /







31以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2008/07/06(日) 10:13:03.03 ID:Ai+S0fq00
 , =/      /==' ' : l : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :  好きになさぁい。
|レ     ∠ノ: : : : : :..:.:l : : : : : : : : : : : :ヽ : : : : : : : :   :芝生を整える時のセリフとか、
.イ    /l|.: : : : : : : : : :.l l: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :暑い日差しの中での作業の様子が結構好きよぉ。
V  /=='': : : : : : : : : : :.l: :l:.: : : : : : :..:. : | l : : : : : : : : : 体を使ってる!って感じがするじゃなぁい。
ィ| /=イ: l : : │ : : : : !: : :l :.l..:: : : : : : : : : | |  : : : : : : : : :
,イ! ト ヽ.:.:|: : : :|..: : : : :| : :ト.ヽ : : : : : : : : .∧!ヽ:ヽ. : : : : : :l :日差しの感じ、別れた彼女、思い出す彼女の言葉…、
::| |::ヽ V : : :│  : : :l、 : :l \i : : : : : : :. l__lj__j ハ : : : /lどれも、もう失ってしまった青春って感じがするわねぇ。
::| |: ::j  ヽ: :.:l\_:_:j__ヽl..__ \  : : : :ィ リ Y: .ヘ : : , 
::|  / /\ゝ´ \: :l ー\    \ : :/     l :/|  /
::|   /: :.|  \!  ゝ\   ヽ    ゝ/ ___,.ィ /:/ ! /
:: : 丁| : : :.ヽ.     _____`.,        ` ̄´ /  ..イイ
::.: : |│、  : :\ ´´  ̄ ´             //..: : :|
:: : : ゝ\:ゝ、. . :\              /   イ  ..: : : |
::ヽ: : : \\l `ー‐`          _     イ   .: : : : |
:: : \: : : \\            ̄     /│ : : : : : |
         ____
        /⌒  ⌒\      やる夫がより感じたのは、後半の不気味さだったお。
    (ヽ /( ●)  (●)\   /) なんか生きてる感じがしなくて、極端なことを言えば
   (((i ):::::: ⌒(__人__)⌒::::\ ( i)))   ”死んでる”って感じなんだお。  
  /∠ |     |r┬-|     |_ゝ\ ”とろんとした目をした女”、”すぅっと息を吐いた”  
  (___     `ー'´   ____ ) ”家の中は相変わらずしんとしていた””ひやりとした感じ”  
       |        /        ”生活感があるのにカギのかかった女の子の部屋”
       |       /        ”両手に指輪をしていない女”なんか不思議と怖いお。
         |   r  /
       ヽ  ヽ/          「今」というより「ずっと昔から」変わらずに女の子の部屋は
        >__ノ;:::......         あったんじゃないかって思うお。
                      次に同じ場所にいったら、誰も住んでいない家だけがあるとか、
                      怪談に変えられるような雰囲気を感じたんだお。
                      やる夫もこんな雰囲気の文章を書きたいんだお。
                      読んだだけで感じが分かるようなやつだお。







32以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2008/07/06(日) 10:15:32.95 ID:Ai+S0fq00
         l  l'   レ7l l  ハ !_ ヽ.ト、 |ハ、 l ノ
         l  l  / ハl l  { l/ `ヽ! ヽf,r、l  !
        /  l / 〃,くl !   レf示r'    lリ/ ! |
.       / // ∨lハ (_! l  ハト辷リ   、´l   l
      / // l   l \l |ノ〃ノ r'フ   _ ノ/ /
       |/ l  l   ヽ l | ||Y 〈__´/ ′/
不気味さは、村上春樹がスティーブンキングが好きなところから来てるのかもしれないわね!
他にも、「納屋を焼く」もこの感じがするわ!
女性を殺すことのメタファーとして「納屋を焼く」が出てくるのでは?と考えたりもできる
不思議なお話よ。

'  l | !_/イl |,   l ',  | ヘ.   l     / |  ;i  ,    | l ふーーーん。さて、最後よぉ。
  ,l/,r‐'´!.| ',|ヽ | ヽ  l ヽ |     l l /l  l,     l|やる夫は雰囲気に注目して文章を書いたのかも
 / /   ',| 十' 寸 二マT´ ヽ.|!    / ┼/-l、_,|    /! ! しれないけど、「午後の最後の芝生」にあるのは
,/ /l    | 丶 \ _\   '|l  / ‐ナ'´ |/lj  / /'゙ 雰囲気だけかしらぁ?
. / |'、    ', ‐、―r┬ャ、`     i/  ‐/_‐__/ /-‐'i /   彼女と別れる、芝生を刈る、不思議なおばさんに会う
/  ! ヽ.   ヘ ≧=一' ´          ゝ'-彡マ´ /      /'ヽこれは全部、雰囲気じゃないわよねぇ。
   ! l \   ヽ                  〃  /!    /  |
  l | l   \  \        /      / /i|    /  /雰囲気を勘違いしちゃだめよぉ。
 l  l|   | ト ̄´   、_, _,  - '´-‐イ   l|.   /  /
ー 、 l l   | /\\     ´ 二´   /  |   l  /  /__, --ー私の話はこれでおしまいよぉ。
:::::::::::| l   |:::::: \ ゙  、   _ ィ ´|    l   , -:/ , ィ;:::::::::::::::::::::::ヤクルトの季節なんだし、
::::::::::::l|   !:::: ::::::::-_天    !   |   l/´::::::/ /´ |ー-、------ちゃんとこれ飲みなさぁい。
:::::::::::::', l   |: ::::::::/´:|:::/「l\   !   !   l__:://  /   \::::::::::じゃないとジャンクにしちゃうかも……
       ____
     /⌒  ⌒\
   /( ●)  (●)\   (ヤクルトの季節なんてあるのかお……?)
  /::::::⌒(__人__)⌒::::: \  水銀燈、あ、ありがとうだお…。
  |     |r┬-|     |  ヤクルトをもらったお!
  \      `ー'´     /







33以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2008/07/06(日) 10:17:24.00 ID:Ai+S0fq00
2日目 夜の2時
         ____
         / ̄ ̄ ̄ \
      /   :::::\:::/\  
     /    。<一>:::::<ー>。  また夜中までかかって書いてるけど、なかなか進まない お…。。。
     |    .:::。゚~(__人__)~゚j  雰囲気じゃなくて、何かが起こることを書く。。。。うーーん。。。
     \、   ゜ ` ⌒´,;/゜  もう2時かお。。。
    /  ⌒ヽ゚  '"'"´(;゚ 。  
   / ,_ \ \/\ \
    と___)_ヽ_つ_;_ヾ_つ.;._

                              ピンポーン♪>


     ,, - ―- 、
  ,. '" _,,. -…;   ヽ
  (i'"((´  __ 〈    }
  |__ r=_ニニ`ヽfハ  }
  ヾ|!   ┴’  }|トi  }  久しぶりだな、やる夫。
    |! ,,_      {'  }  その顔だとそうとう苦労していた
   「´r__ァ   ./ 彡ハ、 みたいだな。
    ヽ ‐'  /   "'ヽ どうだ?小説は?
     ヽ__,.. ' /     ヽ

       ____
     /      \     安部さん……!
   /  _ノ  ヽ、_  \   もう疲れて書けそうにないお…
  /  o゚⌒   ⌒゚o  \.  
  |     (__人__)    |  
  \     ` ⌒´     /  







34以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2008/07/06(日) 10:19:06.46 ID:Ai+S0fq00
   r'   ィ=ゝー-、-、、r=‐ヮォ.〈 そうか……  
    !  :l      ,リ|}    |. } いいこと思いついた。
.   {.   |          ′    | } お前、俺の話の感想を言え。 
    レ-、{∠ニ'==ァ   、==ニゞ< 男は度胸、何でもやってみるものさ。
    !∩|.}. '"旬゙`   ./''旬 ` f^| 
   l(( ゙′` ̄'"   f::` ̄  |l.|  「蛍・納谷を焼くその他の短編」の「踊る小人」だ。知ってるな。
.    ヽ.ヽ        {:.    lリ   俺はこれを読むと、無性にワクワクするんだ。
.    }.iーi       ^ r'    ,'   なんでだと思う?
     !| ヽ.   ー===-   /   
.   /}   \    ー‐   ,イ    純粋に、お話として面白いからじゃないかと俺は思ってる。
 __/ ∥  .  ヽ、_!__/:::|\    

            , '´  ̄ ̄ ` 、 文章構造が…とか、この背景には…とかヌキにして、話
          i r-ー-┬-‐、i を追っていくのが面白いって大事なことだ。
           | |,,_   _,{|
          N| "゚'` {"゚`lリ 教訓や生き方を学ぶだけが小説の読み方じゃないってことは、
             ト.i   ,__''_  ! 心のどこかにおいておいたほうがいい。
          /i/ l\ ー .イ|、
    ,.、-  ̄/  | l   ̄ / | |` ┬-、

        / l / r―/ l  | ハ l ヽ   ト、}
         l  l'   レ7l l  ハ !_ ヽ.ト、 |ハ、 l ノ
         l  l  / ハl l  { l/ `ヽ! ヽf,r、l  !
        /  l / 〃,くl !   レf示r'    lリ/ ! |
.       / // ∨lハ (_! l  ハト辷リ   、´l   l
      / // l   l \l |ノ〃ノ r'フ   _ ノ/ /
       |/ l  l   ヽ l | ||Y 〈__´/ ′/
これは私の存在を否定する発言じゃない?まったく!でも確かにそうなのよねぇ。
面白いか面白くないかで判断されるのよ、お話って。
こうした冒険活劇系のスピード感はハードボイルドワンダーランドに通じるものがあるわね!!







35以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2008/07/06(日) 10:21:12.24 ID:Ai+S0fq00
     ,, - ―- 、
  ,. '" _,,. -…;   ヽ
  (i'"((´  __ 〈    }
  |__ r=_ニニ`ヽfハ  }
  ヾ|!   ┴’  }|トi  }  あらすじを追うぞ、やる夫。
    |! ,,_      {'  }  
   「´r__ァ   ./ 彡ハ、 
    ヽ ‐'  /   "'ヽ 
     ヽ__,.. ' /     ヽ

1.主人公は、夢の中で踊りの上手な小人に出会う
2、象工場に勤めている主人公は、酒場の老人に、小人の話を聞く。
3.皇帝と革命軍と小人の話を聞かされる。
4.工場にものすごい美人が来るが、誰にもなびかない。
5.主人公はその子を踊りで落とすために、小人と取引をする。
6.小人が入った主人公は彼女とダンスを踊り、彼女を手に入れた後、小人との取引に勝つ。
7.小人を入れたことが革命軍にばれ、主人公は追われる身となる。
8.森の中で革命軍に追われ、息を潜める主人公の姿で終わる。

     ,, - ―- 、
  ,. '" _,,. -…;   ヽ  どんどん進んでいるだろう?読者を引っ張るストーリーだ。
  (i'"((´  __ 〈    } もちろん文章の質でスピード感は作られるし、皇帝、革命軍、
  |__ r=_ニニ`ヽfハ  } 象工場といった言葉が物語や昔話の良さを出している。
  ヾ|!   ┴’  }|トi  } 最後の終わり方も、主人公の暗い未来とスリルを暗示しているか
    |! ,,_      {'  } のようだな。
   「´r__ァ   ./ 彡ハ、 
    ヽ ‐'  /   "'ヽ ところでやる夫の小説を見てくれ、こいつをどう思う?
     ヽ__,.. ' /     ヽ







36以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2008/07/06(日) 10:23:17.57 ID:Ai+S0fq00
      ____
     /      \    すごく…面白くないです。
   /  _ノ  ヽ、_  \  
  /  o゚⌒   ⌒゚o  \.  
  |     (__人__)    |  
  \     ` ⌒´     /  

    〃                 i,   
   r'   ィ=ゝー-、-、、r=‐ヮォ.〈 そういうことだ。
    !  :l      ,リ|}    |. } もうちょっとストーリーを考えて書き直してみるんだな。
.   {.   |          ′    | } 文章にどうやってリアリティを出しているか?も見てもいいぜ。
    レ-、{∠ニ'==ァ   、==ニゞ< 読者がすんなり世界に入れるように、工夫されているはずだ。
    !∩|.}. '"旬゙`   ./''旬 ` f^|  ま、さらに教えてほしければ、公園で待ってるぜ。
   l(( ゙′` ̄'"   f::` ̄  |l.|  手取り足取り、穴掘り、教えてやるからな。
.    ヽ.ヽ        {:.    lリ  
.    }.iーi       ^ r'    ,'   
     !| ヽ.   ー===-   /   
.   /}   \    ー‐   ,イ    
 __/ ∥  .  ヽ、_!__/:::|\
    ____
   /      \    なんか*がキュッとしたお。。。
  /  ─    ─\   ストーリーかお…わかったお…
/    (●)  (●) \ って、阿部さん服置いていったお。。
|       (__人__)    |  
/     ∩ノ ⊃  /   
(  \ / _ノ |  |     
.\ “  /__|  |  
  \ /___ /








37以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2008/07/06(日) 10:26:04.44 ID:Ai+S0fq00
3日目
夜中の3時半
      ____
     /⌒  ⌒\
   /( >)  (<)\    雰囲気じゃなくて状況を作るんだお。
  /::::::⌒(__人__)⌒::::: \  そしてそれを組み合わせてストーリーを作る。
  |    /| | | | |     |   天才だお!!!
  \  (、`ー―'´,    /  これでもうユキちゃんのための小説がすぐに… 


                                  ピンポーン♪>

.          /7/:_:_:_:,:、:_: : : : : : 、: : :ハ: :.i
          'イ:`:7:77 !:i:、ニ、ニ:lニ: !l: :ハ やる夫さん、お久しぶりです♪
.          l |: :.:!: i:T l:ト、ト、:下、l: :i: |:レ':∧
         ヘ: :V:N 、ヽ `卞ト、 }: レト.!:/:!:ハ
.           ヾ: ト==' .   bソ レ':i: :ハ:{:.:ハ
              }: :ヽ n t_ァ   /: :爪: : :V.:ノリ
           _ノ/: :l「| ト、__ ..ィ7: :ノ- 、: : :ハ
.         .ィ:´: /: ;イレ ム_ /:/´    i: : :ハ
.     //: : .:/: /V .ニY /: :/ /   |:.: : :ハ
     レ' l: :.:〃V .イ  rり レ'ニ -‐   l:.:.:.: : : }
      レ'-‐ ´ :/_.ィ′ /'´      /:.:.:.: : :/
       ____
     /ノ   ヽ、_\
   /( ○)}liil{(○)\  何しにきたお!!ユキちゃんはどこだお!?
  /    (__人__)   \ 
  |   ヽ |!!il|!|!l| /   | 
  \    |ェェェェ|     /







38以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2008/07/06(日) 10:28:21.75 ID:Ai+S0fq00
    i   |/|  |  /|_,ム‐-!- .|   |    |  | l. !
    |.   _', |  /´V ___ V |\ |    |  | |  |
    |   / 〉 !、. | r'ヌ:::::::}ヽヽ.!  \|`t-、 |  | ト.  |
    |   〈. | ` トl  {:::::::/     _,..-、',. /  ./ ./|/
    |   `‐|.   |  ー-'        /::::::ケV / ./ .|/
    |     |.  !       、 {:::::/ ムィ /
    |. |    !   ',      ..,   ` ,〈. /ィ そんなに大きな声出さないでください♪
    / |    |   ', 、        _ノヽ`ー?.私はヒントを持ってきたんですよ。
    /  .|    |    ヽ\    _. r ´ __ `__┐ l組織(システム)だって一枚岩じゃないんです。
 /  /  ,r1 |    ', ` 下、_ |   ヽ ソ__ `ー「パン屋再襲撃」の「ファミリーアフェア」
                           って知ってますか?
 
         /    // // l/         ヽ丶
        / l / r―/ l  | ハ l ヽ   ト、}
         l  l'   レ7l l  ハ !_ ヽ.ト、 |ハ、 l ノ
         l  l  / ハl l  { l/ `ヽ! ヽf,r、l  !
        /  l / 〃,くl !   レf示r'    lリ/ ! |
.       / // ∨lハ (_! l  ハト辷リ   、´l   l
      / // l   l \l |ノ〃ノ r'フ   _ ノ/ /
       |/ l  l   ヽ l | ||Y 〈__´/ ′/
.     | /{  ト、   ヽヽヽ、     `ヽ, ノ
みくるちゃんも、単なる萌え系じゃないってことね!いいわねぇ!
ファミリーアフェアは、兄の「僕」と妹の、干渉がない平和な生活に、妹の婚約者の渡辺昇がやってくる話よ!
「干渉されないこと、干渉しないこと」を人生の指針にしてきた主人公にとって、婚約者は、
妹との関係を変えてしまうものだったの。
渡辺昇は悪い人じゃないし、むしろ善良な男だわ。でも主人公は許すことができない。
最後には「でも一族に一人くらいああいうのがいても悪くないだろう」と言うんだけどね。
主人公と妹のひねくれたやりとりも面白い小説よ!
この妹は、『ノルウェイの森』の「小林緑」っていう「現実的な女の子」の原型になっていると、
村上春樹自身が言っているわ!!(ちなみに、安西水丸の本名よ!>渡辺昇)







39以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2008/07/06(日) 10:31:06.85 ID:Ai+S0fq00
     //:.:.:.:./:.:./:/ |:.:.|:.、:.:.:.:.:.:.:.:\:.:.:.:.:.:.l|:.:.:.:ト!  渡辺昇は自由に生きてきた主人公の生活に入り込んでくる。
      |:|!:.:.:.:.:!:.:.|:/  !:.:|:.:l:.:.:._l:.:.:.:.l:.:.:.:.:.:.||:.:.:ノ|  (ように主人公には思えます。)
      |ハ:.:.:.:.:|:.:.|'| ̄ !:.:ト、\:.:.:.|l`ヽ|:.:.:|:.:/l:/ハ
      l! ヽ:.:.:.l:.:.l:|  ヽl ヽ=≠-、:.l|:.:.:|//彡/:|\ 妹の婚約者は、平和を乱す異物なんです♪  
       \:|:.:.|=-‐    トしrハ|:.:ノ|/! |´|:.:|:.:.:ヽ ちょうどやる夫さんにとっての私みたいに。 
          i`:.l     ,     ー‐' ,':.:.:.:トノ:!:.:l:.:|:.|:.l!| 渡辺昇が持ってきたはんだごてがあっただけで、
          |:ノ:.\iヽ ー‐    /:.:.:.:/:|:.:.:.|:.:|:.:lソレ'  主人公は自分の家が自分の家じゃなくなったかの様な
        //:.:.:.l「| ト、__,.. ィ/:.:.:.:斗-!:.:.:|:.:.:.:.ヽ   感覚を覚えてしまうほどです♪
        /:.:/:.:.:./l/ ノ,へ ! /:.:./   \l:.:.:.:.:.:.', そういう違和感を、主人公は抱えながら、
      /:.:.:/:.:.:./|/ 'ー-ri /:.:.:.:/  ,    |ヽ:.:.:.:.:.:', 最後には受け入れる=あきらめることにするんです。
    /:.:.:.:.ノ!:.:./ !  二j´ /:.:.:.:/ /       l:.:.\:.:.:.:.', 主人公が青春を諦めたともいえるかもしれませんね♪
  /:.:.:.:.:.:/ ∨ノ/  ,rノー|:.:/ノ´_,,. -‐  /!:.:.:.:.:ヽ:.:.:l
  !:.:.:.:/_, -‐' .〉 ,ィ´ ̄l:/ '´       /:.|:.:.:.:.:.:.:|:.:.:| やる夫さんが許せないこと、簡単に言えば
                                怖いことをもうちょっと考えてみたらどうしょう。
                                いまのやる夫さんは、目的に固執してるような気がするんです。
                                私が言えるのはこれくらいです♪
                                それじゃ、私がきた証拠を残しますね♪
       ____
     /ノ   ヽ、_\
   /( ○)}liil{(○)\  や、やめてくれだお!!
  /    (__人__)   \ 
  |   ヽ |!!il|!|!l| /   | 
  \    |ェェェェ|     /







40以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2008/07/06(日) 10:33:27.00 ID:Ai+S0fq00
  | :.:.:.:..:./ :.:.:.,′  :.:.:.j:. { :.:.:.ヽ  :.:.:..:丶.:.:.:.:...    ヽ .:.:.:.  l :.:.:.:. .:.:.:. |ふふふ♪
  | :.:.:.:. :i :.:.:. |  .:.:.:.:.:∧: ', :.:.:.l ヽ、 -‐弋ー- :._  .:ハ.:.:.:.:. l.:.:.:.:.i:.:.:.:. |今日は火を吐いたりしませんよ。これ、あげますね♪
  | :.:. i :.l :.:.:.:.|  .:.:_::斗‐ヽ:-ヽ :.:.:!   \  :.}`ヽ.:.:.:.:`ヽ.:.i| :.:.:.: ,'.:.:.:.: |.:.:.:.: |
  | :.:. | :.l :.:.:.:.|: :.:':.:.:/   }:.:ハ.:.:|    ヽ:';ィ=z、\:.:.:.:..:.l|.:.:.: /.:.:.:.:.:!l .:.:.:. |長門さんが帰ってくるといいですね。
.  l :.:..l.:.:.! :.:.:.:.:l :.:.: /   ''´  ヽj     乂fr?女ヾ:.:.:.l|.:.:./.:.:.:.:..:.リ.:.:.:.:. |
  ! :.:ハ:.:.ヽ:.:.:.:.l .:.: /                {i..::f心:..j〉:.:/|:.∧ヽ.:.:.:/.:.:i.:.:.: |
.  ', :.:.:.}ヽ .:ヽ:.: | :.ハ      -            'う:^ーイ/ ル':..j/:.:.! }}.:.'.:.:.:.:l.:.:.:. |
    :. /  ヾ:∧リ:/:.:∧ アケ=≡ミ           `‐=ィ'  リ:.:.. .:.:.:∨ .:.:.:.:.:.l.:.:.:. |
    V   /:.:.:Y.:.:.:.:ハ      ノ            /.:.:.: :.:.:.:l.:.:. .:.:.:.!.:.:.:.:l
.       / :.:.:.:|.:.:.:.:.:.:.ヘ       rx _  __,      .,'.:.:l:.:.  :.:.:.:l.:.:  .:.:.i .:.:.:.!
      / :.:.:.:. | .:.:.:.:.:.:.: ゝ 、  | ヽ:: ´    、 ィ.:.:.:.|.:.   :.:.:.:l.:.  .:.:'、:.::.|
      /:.:,' :.:.: |.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ:>、j  }       ,.イ /1.:.:.:|:.   .:.:.:.:.l.:.   ヽ:.:!
      /:.:,':.:.:.:.:i|.:.:.:.:..:.:.ヽ.:.:.:.∨ リ   k__,  <   ハ ! .:.:j! :.  .:.:.:.:.:i.:.:.   \
.    /:.:,.:.:.:.:.:.:リ:.:.:.:..:.:.:.:.ヽ:.:.:.:∨  /     __   | |:.:.:,' :.:  :.:.:.:..:.:l:.:.:..    ヽ
   _/ -'=ニ ̄/:.:.:. ..:.:.:.::.:.}:.:.:〃 /   / j}  l /!:./  :.:  :.:.:.::.:.:|:.:.:.:.     ヽ
 

       ____
     /⌒  ⌒\
   /( ●)  (●)\   メイドのフリルをもらったお。。。
  /::::::⌒(__人__)⌒::::: \ ありがとう…みくるちゃん。
  |     |r┬-|     |
  \      `ー'´     /







41以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2008/07/06(日) 10:35:05.83 ID:Ai+S0fq00
4日目
夜中1時半
         ____
       /      \
      /  ─    ─\  みくるちゃんのエロ画像すげえwwwww
    /    (●)  (●) \ ユキちゃんもあるかお???
    |       (__人__)    | ________
     \      ` ⌒´   ,/ .| |          |
    ノ           \ | |          |
  /´                 | |          |
 |    l                | |          |
 ヽ    -一ー_~、⌒)^),-、   | |_________|
  ヽ ____,ノγ⌒ヽ)ニニ- ̄   | |  |       ____


ガチャッ

   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ●)(●) 俺の出番が少なすぎだろうJK。
. |     (__人__) 
  |     ` ⌒´ノ    
.  |         }    
.  ヽ        }
   ヽ     ノ        
   /    く         
   |     \          
    |    |ヽ、二⌒)、







42以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2008/07/06(日) 10:37:29.61 ID:Ai+S0fq00
      ____
     /⌒  ⌒\
   /( >)  (<)\   なんだ、女の子じゃないのかだお
  /::::::⌒(__人__)⌒::::: \  (やらない夫!!来てくれたのかお!)
  |    /| | | | |     |  
  \  (、`ー―'´,    /  

      / ̄ ̄\   
    /ノ( _ノ  \
    | ⌒(( ●)(●)        せっかく来てやったのに!!
    .|     (__人__) /⌒l
     |     ` ⌒´ノ |`'''|
    / ⌒ヽ     }  |  |              
   /  へ  \   }__/ /             / ̄ ̄\      表情は合ってたお…
 / / |      ノ   ノ           / ●)) ((●\’, 
( _ ノ    |      \´       _    (   (_人_)’∴ ),  ’
       |       \_,, -‐ ''"   ̄ ゙̄''―---└'´ ̄`ヽ   て
       .|                  ______ ノ    (
       ヽ           _,, -‐ ''"  ノ       ヽ   r'" ̄
         \       , '´        し/..     | J
          \     (           /      |
            \    \         し-  '^`-J








43以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2008/07/06(日) 10:40:41.98 ID:Ai+S0fq00

   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ●)(●)
. |     (__人__)   小説で苦労してるらしいな。
  |     ` ⌒´ノ  パン屋再襲撃の話をしていいか?
.  |         }  もしかしたら、役に立つかもしれん。
.  ヽ        }    
   ヽ     ノ    
   /    く  
   |     \      
    |    |ヽ、二⌒)、       


         ____
        /⌒  ⌒\      今忙しいけど、少しなら聞いてやってもいいお。
    (ヽ /( ●)  (●)\   /) 
   (((i ):::::: ⌒(__人__)⌒::::\ ( i)))   
  /∠ |     |r┬-|     |_ゝ\  
  (___     `ー'´   ____ ) 
       |        /        
       |       /        
         |   r  /
       ヽ  ヽ/          
        >__ノ;:::......        







44以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2008/07/06(日) 10:42:32.84 ID:Ai+S0fq00
         /    // // l/         ヽ丶
        / l / r―/ l  | ハ l ヽ   ト、}
         l  l'   レ7l l  ハ !_ ヽ.ト、 |ハ、 l ノ
         l  l  / ハl l  { l/ `ヽ! ヽf,r、l  !
        /  l / 〃,くl !   レf示r'    lリ/ ! |
.       / // ∨lハ (_! l  ハト辷リ   、´l   l
      / // l   l \l |ノ〃ノ r'フ   _ ノ/ /
       |/ l  l   ヽ l | ||Y 〈__´/ ′/
.     | /{  ト、   ヽヽヽ、     `ヽ, ノ
パン屋再襲撃の話ね!
主人公の「僕」と「彼女」は新婚なんだけど、深夜に突然、耐え難い空腹に襲われるの!
妻は、かつて「僕」が「相棒」と行ったパン屋襲撃の失敗が、呪いになってるせいだと言うのよ。
二人は呪いを解くために散弾銃で武装し、再びパン屋を襲撃しようとするんだけど、深夜の東京でも、
開店してるパン屋なんてあるわけないわよね!
そこで妻はマクドナルドを襲うことを提案し、主人公はしかたなくそれを実行する。
ビックマックを30個もトランクに積んだ車で、妻はやっと安らかに寝始める。こんな小説よ!
糸井重里との共著「夢であいましょう」に原型の話があるわ。

   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ●)(●)
. |     (__人__)  俺とお前のコンビも、思えば結構長いよな。
  |     ` ⌒´ノ  (まるで僕と鼠みたいだと思うときもあるぐらいだ)
.  |         }  
.  ヽ        }   でも、この話で出てくるコンビは、途中で変わってしまっている。
   ヽ     ノ    親友から妻へと。男から女へと。
   /    く      これはさらっとかいてあるが、かなりすごいことだと思わないか?
   |     \      
    |    |ヽ、二⌒)、       







45以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2008/07/06(日) 10:44:57.99 ID:Ai+S0fq00
    ____
   /      \    やらない夫との腐れ縁もここまで来たかってくらいだお
  /  ─    ─\  主人公のコンビって鼠とか、太った女の子とか女の子とか、
/    (●)  (●) \緑とか直子とか…
|       (__人__)    | 女の子ばっかりだお!!!
/     ∩ノ ⊃  / コンビということは、お互いがお互いを補わなくてはならないんだお。
(  \ / _ノ |  |  常識的なやる夫と変態のやらない夫のように。。。
.\ “  /__|  |  
  \ /___ /

   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ●)(●)  (逆だろ、常識的に考えて…)
. |     (__人__)  まぁな。でも嫁はいないだろ?結婚の話が初めて出た話じゃないか?
  |     ` ⌒´ノ  結婚=高度資本主義社会への適応とか言う奴はいるかもしれないな。。
.  |         }  
.  ヽ        }   ところで、お前の書いた小説に、コンビとなる相棒はいるのか?
   ヽ     ノ    僕と鼠のように、相棒との関係がそのまま小説のテーマになったりするから、
   /    く     相棒の設定は重要だと思うぜ。常識的で、助言を与える相棒とかな。
   |     \      
    |    |ヽ、二⌒)、       
    ____
   /      \    うーん。確かに、会話の相手としか考えてなかったお。
  /  ─    ─\  女の子を出して、小難しいことを言っていればいいかと
/    (●)  (●) \思っていたこともあったお…
|       (__人__)    | 
/     ∩ノ ⊃  /
(  \ / _ノ |  |  
.\ “  /__|  |  
  \ /___ /







46以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2008/07/06(日) 10:45:36.42 ID:+KARCbvQ0
支援
春樹まだ読んだことないわ







47以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2008/07/06(日) 10:47:13.99 ID:Ai+S0fq00
   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ●)(●)
. |     (__人__)   キャラクターを考えることも大切だろJK。
  |     ` ⌒´ノ   たとえば、明日から俺じゃなくてやる美が相棒
.  |         }   になったら、お前はどう思う?
   ヽ     ノ    
   /    く  
   |     \      
    |    |ヽ、二⌒)、       
      ____
     /⌒  ⌒\
   /( >)  (<)\   最高だお!!
  /::::::⌒(__人__)⌒::::: \  
  |    /| | | | |     |  
  \  (、`ー―'´,    /  

      / ̄ ̄\   
    /ノ( _ノ  \
    | ⌒(( ●)(●)        せめてさびしいといえ!
    .|     (__人__) /⌒l
     |     ` ⌒´ノ |`'''|
    / ⌒ヽ     }  |  |              
   /  へ  \   }__/ /             / ̄ ̄\      わ、わるかったお…
 / / |      ノ   ノ           / ●)) ((●\’, 
( _ ノ    |      \´       _    (   (_人_)’∴ ),  ’
       |       \_,, -‐ ''"   ̄ ゙̄''―---└'´ ̄`ヽ   て
       .|                  ______ ノ    (
       ヽ           _,, -‐ ''"  ノ       ヽ   r'" ̄
         \       , '´        し/..     | J







48以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2008/07/06(日) 10:50:09.74 ID:Ai+S0fq00
   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ●)(●)  じゃあな。俺はもう帰るぜ。
. |     (__人__)  (真紅に怒られるからな…)
  |     ` ⌒´ノ  
.  |         }  
.  ヽ        }   
   ヽ     ノ   
   /    く     
   |     \      
    |    |ヽ、二⌒)、       

    ____
   /      \    やらない夫はいったい何をしに来たんだお?
  /  ─    ─\  あ!風の歌を聴けを忘れていったお!マヌケだお!!
/    (●)  (●) \
|       (__人__)    | 
/     ∩ノ ⊃  /
(  \ / _ノ |  |  
.\ “  /__|  |  
  \ /___ /







49以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2008/07/06(日) 10:52:34.01 ID:Ai+S0fq00
5日目
                    ピンポーン♪>
           早くあけるかしらーーー!!>
          早く開けるのーーーーー!!>

    ____
   /      \    まだ16時。今日は早いお。。。はいはいだお
  /  ─    ─\ 
/    (●)  (●) \えーと、誰?
|       (__人__)    | 
/     ∩ノ ⊃  /
(  \ / _ノ |  |  
.\ “  /__|  |  
  \ /___ /

         , '´   、     `ヽ `丶、
         , '´ /   ,'^丶、    丶  ヽrvx_rx
.      / /  ′  ,′   `丶、  \ { /了示k
      / 〃       l|       `丶、 {ヘ({_乂X} お約束かしらーーーーー!!!
.    ,'  /        リ    __     \ {/:7^ハ::〉
    ′ {  l  ,   /´ ̄ ̄ 、       `ヽ、ヽく∨r┘ 金糸雀かしら!!
.   l  l | ′/   >,ニ弌xヽ     ィニン∨彳
.    { 、 |  l レ'´   〃{フ癶j}`     /斤!Fハ /
.   ! ヽレー、j    l|l cゞ=′       辷j ル'__
   ! {∠、     川l         /   ∨  /
    ヽ弋/__ /       ___     }   レ'´ ̄ヽ
      厶イ,ゝ-‐¬      に= ―-′  , ′       /
, ' ´ ̄ ̄` く    _厶              ∠--、ヽ、_ /
          `く彡,二フヽ         / -‐=厶






52以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2008/07/06(日) 11:03:18.88 ID:Ai+S0fq00
 ( f´: : : : : : : : : : : :__ノ_工_不ユ辷ン、__)て_フ ̄\
  (_}: : : : _  -r≦_入ノ‐(⌒)ノ^ゝ┘ヽ,\ 下卞、[_ ̄
  (イ‐ハ__ノ`ー'>_T升  l i{   ヽ.  ヽ \ ヽ }  \
 く h{: : __,:ィ´r勹'  |    |   i   l   ヽ ヽ  冫雛苺なのーー!!
  `下不ンフ_√ |   |    |   | ,. -+- 、 ',  l \{ 翠星石が心配だからって…
.    j_:_:イ゙厂 !  、  ヽ_,⊥|i|   ! | _⊥_ハ ハ リ__})
   /レ^ 「|!  ヽ/ \_,.|从   ハ イテ'卞仆jイ `ー、
 / |   | ゙, ヽ × \x=ミ、 `´  ' {ゞィリ '|__,ン千´ ̄`ヽ
/   l|  ハ ヽ \_>〃{k_r1      `-´仁二亅_,二二}
ー=ミL.___≧ト、ート ヽ ゞン     '     ゙ハ三{_∠_ ̄
  \`Y二ニ=-Y´  ̄`Y    r   ̄}   .イ 厶イく_フノ
    ノ イ   ___ゝZ__,ラ、    ヽ __ ノ ∠,ノ┴‐┴<
     ゝ二三三ニハ=-=ァ≧ー ┬ --,イ: : | : : : : : : : : \

              ,/ ̄ヽ\
             //     V } こら!ヒナ!だめかしら!な、なんでもないかしら!
                { {rヘ,. -ー‐}/‐- ._ヒマだから邪魔しにきたかしら。
            /ヽ  `ヽノ    ヽ`ヽ、
             / / ヽ \ \    i |、ヽ
            / ///\、 \ \  l | ヽ ヽ                     _
            ,' ///   \、 \ n」^Y7ァ、ハ                   / }
         l.///      \\ 」 f⌒<_心rトヘT7┐       _     ,. '´ /
         !_彡 u  ヽ、    \辷{  _,>ェ<´_ ̄}_〈      / }‐-、,. '´  /
         ,?イ >;==、、      く.〈_ {仁ト廻ノ}コ} {_」   _ノY ノ<⌒ヽ  <
          {./!. {〈 ;::::::}.!     ,.二幺L ̄l7< ̄r<ノ  ,.イノ レ \ 、  V  ノ、
      _,./イ |  ゝ-'′      /::::ヽVL>《、__,》┘´  /, 〉  |   } }.ゝ┘ノ ,ノ
     rく |/、 ゝ! ///     '    廴':ノ } /!| 》 《r<}//-‐L_ 「  く   {二 ‐ ノ
    <ヽ\>''´ 、    「 ̄ 7  /// .イ._||_rへハ〈     =辷.    ト、_,.しイ 〉
    匸`ヽ∨_,.へ、\  ヽ ノ    /ヲ|! リ // 〉〉       〉   K 人   〈 | )
  (( >'´ ̄   r===、ー-  _,. ィ.三ニ{_   ∨ //      V/  ヽ  ) __ ノノ {







53以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2008/07/06(日) 11:07:24.72 ID:Ai+S0fq00
      / ̄ ̄ ̄\
    / ─    ─ \
   /  (●)  (●)  \.   (困ったお子様たちだお…)
   |    (__人__)    |  まぁ、中に入るお…
   \    ` ⌒´    / (人に見られたら逮捕されるお…)
   /              \  

   | !    .! |     ! !_        _/_/  !  l l  ! l
   ',|    ', l_.  '"「 ト、`     ´/' イ'`丶、/ ,/  / ,' ヒナは面白いお話が好きなのー!
    ',  l   'r"ト、 ,.ヽ、_\    /'/_/ //ヽ'  / /
    \ヽヽ \ /_"`ヽ` ` ー-'  イ,ィ_'`ヾ、/ // だから羊男のクリスマス読んでなのーー!!
\     > `ト イ |-イJ |       |-イJ !ヘイ !\
=`= -- K∠._!__, 弋_ン        弋_ン ' lヘ イ|    _
_-_‐‐''" ー- .,_|        __'__       r二_ -‐'_.. -="-
     _.. ∠∠、      i´   `i      rー`―ト .._
_.. -‐'"_/''",∠ヽ、     ',   /      />ニ「     ̄ ̄
' ヽ-‐<<_ ,  ̄ー' /丶、  `ー'   _.. < 、__) ̄ ``ト- ..__
      ̄     ',    `丶-- '"   /      ゙ー- 、..二

         ____         (しょうがないお…)
        /⌒  ⌒\        読んであげるから、
    (ヽ /( ●)  (●)\   /)   さぁ、二人とも、こっちに来てひざの上に座るお。
   (((i ):::::: ⌒(__人__)⌒::::\ ( i)))     
  /∠ |     |r┬-|     |_ゝ\                わーいなのー!!>
  (___     `ー'´   ____ )                楽しみかしら!!>  
       |        /
       |       /
         |   r  /
       ヽ  ヽ/
        >__ノ;:::......







54以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2008/07/06(日) 11:10:49.61 ID:Ai+S0fq00
(羊男のクリスマス)作:村上春樹 絵:佐々木マキ
          ____
       / \  /\ 
.     / (ー)  (ー)\.  羊男がクリスマスのための音楽を作曲して欲しいと頼まれたのは、
    /   ⌒(__人__)⌒ \. まだ夏の盛りのことだったお…
    |      |r┬-|    | 
     \     `ー'´   /                    気が早いのーーーー>
    ノ            \            私、暑いのはきらいかしら!>


……
………
…………
          ____
       / \  /\ 
.     / (ー)  (ー)\.  「僕はもう二度とあの人たちには会えないんだな」と羊男は思ったお。
    /   ⌒(__人__)⌒ \. そう思うと羊男の目から涙がこぼれたお。
    |      |r┬-|    | 羊男はみんなのことをとても好きになっていたのだお。
     \     `ー'´   /  下宿に戻ると、羊の絵のクリスマスカードが一枚郵便受けに入っていたお。
    ノ            \ そこのは「羊男世界がいつまでも平和でありますように」と書いてあったお。     
                   おわり。(ふぅ、やっと読み終わったお)







55以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2008/07/06(日) 11:13:38.63 ID:+KARCbvQ0
語尾におがwwwwwwww







56以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2008/07/06(日) 11:13:42.01 ID:Ai+S0fq00
  ,ll/   /lll /lll |  |  |  | | | | | | | | '''''l||l l||l l||l/  ./ / 羊男さんは、かわいそうなのー。
   .'リ|  | /lll /lll |  |  | | | | | |`‐|┼!┼|‐| |  |  / / / ̄`最後にみんないなくなっちゃうの。
   .:l|\| |lll /lll |   | | | | | | | || |_|// |  | // /  /
  .:l||/ | |lll |lll| | |  | | | ,| | | |. | ,イ::::::ヾ'| |  | / /  /  ヒナはジュンも真紅も翠星石もみんな
  l|/  | |lll |llll | |  |  |/| | | ′ 弋:::ン//  |//  /.,,   いなくなっちゃ嫌なのーーーー!!!
  `ヽ,、., \|lll |llll || |  |/ |_ _| |        \ /,,,,,_. | /l 
      `゙| `゚'゙/llll゙|/| '| /:::::ヽ      """ / /__ /\|,,//  
      ゚!、 /llll゙,ン  \゙x 弋:::ン  `  _     |∠'' ((,,(..,,,. '''''  
       \|llレ'/== ゙'\       丶 )   | _ ∨''      
        /  (__ ,,,,/ ゙'フ"       ,/  `、ヽ. . : '´` 、  


   /     \      `ー--イ  |     /`ソ、__/`> ! _  !∠
. ノヽ.     / /\         フ ヽ    /`!,ゞf@ノ〕`!<三三、 !ヒナ、大丈夫かしら!みんないなくなったりしないから。
// ヽ   / /   \     . -/. ゝ\∨:三\ >ーイ/ ̄\三/ でも、羊男さんは平気かしら。。。。
|`!/  !  / /      _>-‐' / | ` ̄L\=/ `ー- '   /ヽノ
|`!/  ! :/ /     ヽ=、─''  ノ`- _   |\\     ∠ソ
| ! /::. ! j         `  ̄        ̄` `フ\\  /∧ノ( 私もみっちゃんがいなくなったら悲しくて、生きていけないかしら!
ヽ,ソ ,::. ! /       __        ヽー─-- ` <ノr. `´/| |
 j|:::::!::::::/   /                         `^| レ/
  ヽ|::::::!'  /   _            /,..==と._  | //  やる夫は平気かしら?
   ヽ::::l    _ゝ== -`          イ:三三::ヽ`  レ/ヽ
    イ_ゝ  メ' /_三三ヽ         ⊃ゝノク  _∧| | ト 、
  , -‐':| //!   つゝニ!ク          `ー‐'    / ,| ト、 !\_\
 /   レ / j  ゝ--‐ '          i l  ! ヽ レ'/| |  \__`_フ
./::::::: / /ーヽ  / l  ! ヽ     !          /_∠.| |      \
!:::::::::::::| |ノ\_ヽ         , ── 、        /   //        \
.`ヽ :::::l l::/   \      ` ── ′    _∠--、 /´ :\      ヽ
   \:レ::::::::    > 、 _         イ\::::` ̄\\..::::::::!       |
    \ _:::::::::/_フ!/  \.>- - <- <___ノ-- 、::::::!:::!:::::::: !        |







57以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2008/07/06(日) 11:16:31.94 ID:Ai+S0fq00
     ____
     /      \    …やる夫も平気じゃないお…
   /  _ノ  ヽ、_  \  一人はさびしいお。
  /  o゚⌒   ⌒゚o  \. 特に、一緒にいてくれる人がいなくなるとつらいんだお…
  |     (__人__)    |  
  \     ` ⌒´     /  
                 


               ,‐-lゝ'ヘ
             ,,/''´   ヽ
          ,、、=/  , ‐=ゝ、-,
         ,=//- ,-'llll|/ ̄` ヘ ゝlll:.::l:.
      ..,,、/llゝ@<〆l/`´     |  、< -―-、
     ,:ll;/  〆'´ゝノlll/llll/;;;/;;;;=  ヽ'´'´ /( やる夫泣いてるのーー?
  ,..,:ll/  /ノ)‐-'´/ヽヽ ヽ `='ゝ=‐-ゝ/ /
  :ll/   /ノ'/ノヽヽ lヽ丶 丶ヽヽ ヽヽ`'´`l / ./┐
  \  /丿/ノ`´l ヽl ヽ ヽ _〆l l l l / // //>
   .:ll>、/:ノ /:)l l l l l  l-' ,==t l / l /l` // //
  ,:l|/ l |ノ l||)| l l l l ll ´(:::::ノ`/l'´( `┤/'/ __
  |/_ l ll) /ll) l | l l〆l l    ` ´ >/<=/|_//
     ヽヽ‐ゝ' l l '´ ,r=t、 、    。|,ヘ=/'´`- '´
      ヽ/ノl/ヾl l ll '(:::::)   r ,  , U,ー/
      /'´l  \ヽゝ,-´     ノ  ヽ=ー'´` 、
     (ー‐)===///ゝ‐- =ソ  _,-ゞ`'``ゝ,`ヽ
       ̄),='´=l/、/'´ ̄  ヽヽ/' 、 ̄`ヽ'  lー-`l
        ̄   (( / `'´ ヽ  ヽ'´`-l、lll:. )'´/、-、/








58以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2008/07/06(日) 11:20:11.37 ID:Ai+S0fq00
       / \  /\ 
.     / (ー)  (ー)\. (子供に慰められちゃお兄さんキャラのやる夫の立場がないお!!)
    /   ⌒(__人__)⌒ \.へ、平気だお!!これは心の汗だお!
    |      |r┬-|    | 
     \     `ー'´   /  でも、なんだか寂しいのに、どこか心が温かくなる
    ノ            \ 不思議なおはなしだったお。  



  r‐ _> '´: : : : : : : :\: :ヽ__/_ノ:_:_:_:_:_:_:_:_:_ノ_,イ
 ( f´: : : : : : : : : : : :__ノ_工_不ユ辷ン、__)て_フ ̄\
  (_}: : : : _  -r≦_入ノ‐(⌒)ノ^ゝ┘ヽ,\ 下卞、[_ ̄
  (イ‐ハ__ノ`ー'>_T升  l i{   ヽ.  ヽ \ ヽ }  \
 く h{: : __,:ィ´r勹'  |    |   i   l   ヽ ヽ  冫なんかジュンたちに会いたくなったのーーー!
  `下不ンフ_√ |   |    |   | ,. -+- 、 ',  l \{ カナーー!!ヒナたちと一緒にご飯食べるのー!
.    j_:_:イ゙厂 !  、  ヽ_,⊥|i|   ! | _⊥_ハ ハ リ__})
   /レ^ 「|!  ヽ/ \_,.|从   ハ イテ'卞仆jイ `ー、
 / |   | ゙, ヽ × \x=ミ、 `´  ' {ゞィリ '|__,ン千´ ̄`ヽ
/   l|  ハ ヽ \_>〃{k_r1      `-´仁二亅_,二二}
ー=ミL.___≧ト、ート ヽ ゞン     '     ゙ハ三{_∠_ ̄
  \`Y二ニ=-Y´  ̄`Y    r   ̄}   .イ 厶イく_フノ
    ノ イ   ___ゝZ__,ラ、    ヽ __ ノ ∠,ノ┴‐┴<
     ゝ二三三ニハ=-=ァ≧ー ┬ --,イ: : | : : : : : : : : \







59以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2008/07/06(日) 11:24:37.04 ID:Ai+S0fq00
            ,r<     `¨ー- 、
           ,.-' ´ ヽ. `ヽ、_     rヘ-、_,
          /      ヽ、 ヽ `ヽ、  ,}i'⌒'¨ヽみっちゃんも呼ぶかしら!
        /          ト、       {l ヽ,_rェノ、
.       /        i `ー'‐―、 ヾ、彡!薇i〉 あ、これは手向けかしら!
.     l|   ,′     丿      `ヽ、kソi〉)」大人のマナーかしらー!
       |  /  / / '´ ̄`    ,.-、l∨ lj′
       l   li  / /  、y'ー,ヽ       | ii「^
      i ヽ ! r-、l|   (if(Jl〉     ,r'ー、ヾソ
      ヽ ヽ | 6.ノ   、、, ̄       !iノ/ /
       \ハ `ゞ、           丿 ̄ l==、
          `ヽ,.-'⌒!      _,     ノ  .))
        /::.:..  ト、     `   /  _,ン
       ,.厶--、r‐'彡〉!> rーr‐ <

       ____
     /⌒  ⌒\
   /( ●)  (●)\   (手向けは間違ってるお……)
  /::::::⌒(__人__)⌒::::: \ 「くんくんハンドタオル」?
  |     |r┬-|     | ありがたく使わせてもらうお!
  \      `ー'´     / 気をつけて帰るんだお!







60以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2008/07/06(日) 11:27:13.68 ID:Ai+S0fq00
6日目

夜の2時
     ____  
   /      \
  /  ─    ─\    今日も、書かないとダメだお…
/    (ー)  (ー) \  書かないと…ZZZZZ…
|       (__人__)    |  
/     ∩ノ ⊃  /   
(  \ / _ノ |  |   
.\ “  /__|  |    
  \ /___ /    


       ____
     /ノ   ヽ、_\
   /( ○)}liil{(○)\ ハッ!!寝過ごしてしまったかお!?
  /    (__人__)   \ 
  |   ヽ |!!il|!|!l| /   |
  \    |ェェェェ|     /







62以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2008/07/06(日) 11:31:38.63 ID:Ai+S0fq00
     /.:.:.         \
      /:,:.:.:  /   ヽ    \   やる夫くん…
    /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`ー 夢のなかでしか…
    /!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ  会えないから…
  /イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l }
  N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j  私は戻れない…
   ヽム:.} c;_j    c;リ ル iレヽ   でも、会えて率直言って、嬉しい。
      `ヘ:ゝ    .'    小/     
        ヾ:{>、 _ ィ<}/|/      
    _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_


       ____      (ここはやる夫の夢の中かお…)
     /      \     小説ができてないからかお…
   /  _ノ  ヽ、_  \   本当の世界で会いたいお。。。
  /  o゚⌒   ⌒゚o  \.  
  |     (__人__)    |  
  \     ` ⌒´     /  
                 
     /.:.:.         \
      /:,:.:.:  /   ヽ    \ そうね……  
    /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`ー やる夫くん…「かえるくん東京を救う」は読んだ?
    /!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ  
  /イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l }
  N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j  
   ヽム:.} c;_j    c;リ ル iレヽ
      `ヘ:ゝ    .'    小/     
        ヾ:{>、 _ ィ<}/|/      
    _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_







63以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2008/07/06(日) 11:35:19.83 ID:Ai+S0fq00
.         /    // // l/         ヽ丶
        / l / r―/ l  | ハ l ヽ   ト、}
         l  l'   レ7l l  ハ !_ ヽ.ト、 |ハ、 l ノ
         l  l  / ハl l  { l/ `ヽ! ヽf,r、l  !
        /  l / 〃,くl !   レf示r'    lリ/ ! |
.       / // ∨lハ (_! l  ハト辷リ   、´l   l
      / // l   l \l |ノ〃ノ r'フ   _ ノ/ /
       |/ l  l   ヽ l | ||Y 〈__´/ ′/
.     | /{  ト、   ヽヽヽ、     `ヽ, ノ
いつの間にユキがインテリ担当になってるのかしら?私だって頭脳明晰よ!
これは、かえるくんと信用金庫融資係に勤務する主人公の片桐さんが、地下に住む邪悪なみみずくんと闘い、
東京を大地震の脅威から救うお話よ!
阪神淡路大震災で地下深くに暮らすみみずくんが目覚めたのだと聞いた片桐さんは、かえるくんと共に戦うことにする。
冴えないオヤジなんだけどね!
戦いの日、片桐さんは事件に巻き込まれ、かえるくんの所に行けなかったのよ!
病院で気づいた片桐さんは日付を確認して、戦いが終わったことを知るの。
でも、その夜、かえるくんは、みみずくんとの闘いで片桐さんが大きな助けになったと言いに訪れる。
どうやら想像力の中で戦いは行われていたようなの!
かえるくんは何とかみみずくんを眠りに戻すことができたけど、手ひどい傷を負い、片桐さんの目の前で邪悪なモノに食われ、
「崩れ落ち」てしまうのよ。
でも、最後には、かえるくんの犠牲によって東京は守られたことがわかるの。

       ____
     /⌒  ⌒\
   /( ●)  (●)\   やる夫は、「神の子供たちはみな踊る」の中で
  /::::::⌒(__人__)⌒::::: \ かえるくんが一番好きだお!!
  |     |r┬-|     |
  \      `ー'´     /







64以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2008/07/06(日) 11:43:19.83 ID:xUxq4KyyO
春樹は異形に可愛げのある名前を付けるのが巧い印象






68以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2008/07/06(日) 12:01:37.57 ID:Ai+S0fq00


     /.:.:.         \
      /:,:.:.:  /   ヽ    \   私もそう…
    /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`ー これは、メタファーとか寓話とか、そういうことを考えちゃダメな気がする…
    /!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ  おはなしとして面白い…
  /イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l } 存在理由とかそんなことを言い出したら、「断固粉砕してやります」と
  N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j  かえるくんに言われてしまう…そんな気がする。
   ヽム:.} c;_j    c;リ ル iレヽ  私、かえるくんは、好き…
      `ヘ:ゝ    .'    小/     
        ヾ:{>、 _ ィ<}/|/    (ロシア文学の知識がすごいのもある…)  
    _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_


       ____
     /⌒  ⌒\
   /( ●)  (●)\   やる夫も好きだお!
  /::::::⌒(__人__)⌒::::: \ (かえるくんと聞いてもでっていうwwwが思い出されてしまうお…
  |     |r┬-|     | でっていうしね!!)
  \      `ー'´     /

     /ニYニヽ
    /( ゚ )( ゚ )ヽ
   /::::⌒`´⌒::::\   かえるくんだっていうwwwwwwwwwwwwww
   | ,-)___(-、|
   | l   |-┬-|  l |
    \   `ー'´   /







71以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2008/07/06(日) 12:07:35.06 ID:Ai+S0fq00
       ____
     /⌒  ⌒\ かえるくんは、たくさんの人を守るところがかっこいいお!
   /( ●)  (●)\  片桐さんにもそれはあるお!子供たちに見向きもされなくても、
  /::::::⌒(__人__)⌒::::: \ 守りたいといえる強さがあるから、かえるくんは選んだんだと思うお!
  |     |r┬-|     |
  \      `ー'´     / でも、やる夫はユキちゃんを守れればそれでいいんだお。


     /.:.:.         \
      /:,:.:.:  /   ヽ    \   そう…
    /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`ー 誰かのために何かをすることは難しい。人数が増えればなおさら。
    /!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ  
  /イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l } やる夫くんの守るという気持ちは、とても嬉しい…
  N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j  でも…私だけを守ることはしないで欲しい…
   ヽム:.} c;_j    c;リ ル iレヽ ……私のためだけに、小説を書かないで欲しい…ということ。
      `ヘ:ゝ    .'    小/     私だけを見ることを、準備とは言わない…
        ヾ:{>、 _ ィ<}/|/      
    _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_      
                     
          ____
       / \ / \
      / (○) (○)\
     /    (__人__)   \  なんでだお!?やる夫はユキちゃんを助けたいから小説を!
     |       |::::::|     |  どうしてだお?分からないお…!!
     \       l;;;;;;l    /l!| !
     /     `ー'    \ |i  
   /          ヽ !l ヽi  
   (   丶- 、       しE |そ 
    `ー、_ノ       ? l、E ノ <
               レY^V^ヽl







72以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2008/07/06(日) 12:12:03.99 ID:Ai+S0fq00
     /.:.:.         \
      /:,:.:.:  /   ヽ    \  やる夫くん、ここ何日かをよく思い出してみて欲しい…
    /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`ー
    /!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ  
  /イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l }  私が言えるのはそれだけ…
  N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j
   ヽム:.} c;_j    c;リ ル iレヽ
      `ヘ:ゝ    .'    小/     さ…よ……  ら…
        ヾ:{>、 _ ィ<}/|/   
    _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_



     ____  
   /      \
  /  ─    ─\  うーーん…ユキちゃん、行かないでだお……
/    (ー)  (ー) \ 
|       (__人__)    |  
/     ∩ノ ⊃  /   
(  \ / _ノ |  |   
.\ “  /__|  |    
  \ /___ /    


       ____
     /ノ   ヽ、_\ ハッ!!夢だったのかお?でもユキちゃんのメガネはあるお…
   /( ○)}liil{(○)\ …前にも似たようなことがあった気がするお…
  /    (__人__)   \ 
  |   ヽ |!!il|!|!l| /   |でも、やる夫にとって小説を書くってなんなんだお?
  \    |ェェェェ|     /







73以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2008/07/06(日) 12:16:23.64 ID:Ai+S0fq00
7日目

           ___
       /      \   ユキちゃんの言葉。「私のためだけに小説を書かないで欲しい…」か…
      /ノ  \   u. \  うーん、もうちょっとで何かが出てきそうな…
    / (●)  (●)    \ 
    |   (__人__)    u.   |   
     \ u.` ⌒´      /   
    ノ            \
  /´               ヽ


ガラガラ!!ドサン!!!

       ____
     /      \
   / ─    ─ \
  /   (●)  (●)   \・・・おっ?
  |  u   (__人__)     | あああ、机の上にあるものを落としちゃっ……
  \     ` ⌒´     / …これは、ヤクルト…、服…、フリルも風の歌もタオルもあるお…


……
………
       ____
     /      \   そうか……
   /  _ノ  ヽ、_  \ 思い返してみれば、この一週間、色々な人が来てくれてる気がするお…
  /  o゚⌒   ⌒゚o  \ 水銀燈、安部さん、みくるちゃん、やらない夫、お子様2人も来たお…
  |     (__人__)    |
  \     ` ⌒´     /







74以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2008/07/06(日) 12:20:44.70 ID:Ai+S0fq00
         / ̄ ̄ ̄ \ 一人で小説を書いていたころは、ものすごい自信があったけど、根拠も何もなかったお…
      /   :::::\:::/\ ユキちゃんはきっとこの小説を気に入ってくれるっていう気持ちだけが先走ってたお。 
     /    。<一>:::::<ー>。でも今は…
     |    .:::。゚~(__人__)~゚j  
     \、   ゜ ` ⌒´,;/゜ そう、図書館で翠星石がボロクソに指摘してくれたのがきっかけで…
    /  ⌒ヽ゚  '"'"´(;゚ 。  
   / ,_ \ \/\ \
    と___)_ヽ_つ_;_ヾ_つ.;._

            , ‐ ' "´ ̄ ̄ ̄ 丶、
        ,  '´ _r─'´ ̄`ー-、_    ヽ
      r‐ ''"  ノ´ ※    ※   ヽ   丶
     | ..::::-┴´ ̄` ̄` ̄`ー、_   `ヽ  ヽ 別にやる夫のためじゃねーですよ!
      Y'´   : : : : : : : : ヽ ※ ヽ  '、相変わらずのドM発言ですぅ!
     ∧ /   /    : : : : l : :ゝ、  l.   ',
     /: : /:   / :/ : l : : ヽ ※ヽ  ',
    l: : /: : /: : /: /: ハ :  : :ヽ  {    '、
    {: l!: :⊥、/: : /.:/. /|: : .l   ヽソ    ハ
    .l: |l: :l :トリ_`ー':^/: {、  ヽ: : : | : : |_,..ィ'´ ̄
     人:弋 じぇ、"´   、 `丶、_ヽ.:l: /: : l|:. |
      ム `ト `"'゙      '^ぅテォ-テ/./: /: /l.:..:.|
      ∧ 八     ,    ヾジ /.イ: :/. /: .l : |
    / こ}※ \__ トー‐、  __ ノ_ .イ//_:_:_l..|
    ノ  匸l/⌒ 、 )ヽ___ノ _ .. イ ̄※ ノ厂兀l.|
       ____
     /⌒  ⌒\
   /( ●)  (●)\    翠星石!いつの間に!?
  /::::::⌒(__人__)⌒::::: \
  |     |r┬-|     |
  \      `ー'´     /







76以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2008/07/06(日) 12:25:41.37 ID:Ai+S0fq00
    /ノ´: /: : : : : : : : : : : : : :i: : : ::i: ::ヽ: : : : : :\   \
   /": : :/: : : : : : : : : : : : : : ::|: : :|: |: : : ヽ: : : : : : :ヽ  /ドアも開けっ放しで、ボーっとしてるからですぅ。
  /: : : ::/: : : : : : : : : : : : :/:/}: : i: :|: : : : :ヽ: : : : : : :V  危険なことこの上ないですぅ。
  /: : : : :|: : : : : : : /: ::/:: / /: :/: / ヽ: : : : }: : : : : : :l  それで、小説はどうなったですか?
`.{: : : : : :|: : : : : : : : ::/.// /://:/-―--:、; |: : : : : : :|
 |: : : :{: : |: : : :,斗ァ''フ"  /"  //    \ヽ|: : i : : ::|
 |:i: : :i: : :l r彡"´    "   /        }: :ノ : : ::|
 l: i: : { : : l |     __,..    /  ''ェ;___,ェ; /: : : : /∧
.  ',ヽ: : : : ヽl ,r==="         ̄ ̄ ./: : : :ノ/  l
   \\: : : \        !       /, r '´ }: : :ヽl
   |: : : { `ー >              /{ * }: :  ヽl
   |:/: : { __ i/ ヽ             ./: {   }:_:: : : : l
.  //: : : :{  "iヽ { :ヽ、    ⌒   /:__ : { / ノ: : : : :.'.,
  l/: : : : : :} r-┘、: ::r`vr‐ -  ´|: : : | _」_{./  ./: : : : : : : '.,


       ____
     /      \  それが…まだ完成してないんだお。
   /  _ノ  ヽ、_  \ 翠星石の指摘を受けて、書き直そうと思ってるんだけど…
  /  o゚⌒   ⌒゚o  \
  |     (__人__)    |
  \     ` ⌒´     /







77以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2008/07/06(日) 12:29:19.52 ID:Ai+S0fq00

   /           |   |            \     \  \ /
  /          |   |   i         \  \   \\  /
\/       /     ハ.   l\ ゝ、        \   ヽ     ', ゙く  まーだ甘ったれてるですか!?
. /       /     / ∧  ! \\\        ヽ   ',     l   ', そんなのは人から聞いて
/       |   / /  \. \  \ゝ、\       .ヽノ|    |  | 何とかなるもんじゃねーですぅ。
i        l\  //     ><\  \ゝ-\--─一'| |    |  |自分で書くことを見つけなきゃ駄目だと思うですよ!
l        | _>=ニニ<´   \\    ,ィチ示-ミ气> |    |  |
| |   | lく r'"/´ ̄`ヽ\   \ヽ 〃f。 f i .} jノ| |   /  |
| |   | i.ヽ! { ゚ ( ) }        \  ゝ ー' ノ   | /   /   .l
ゝヽ   ヽ ヽ  ゝ _ ノ           ー--‐'  ノ/  ./  / /
 lヽ\  \\__ー--‐ '       }     ヾヾヾ / // /./
 | \l\  ヽ-'〃〃〃  , -- 、___ノヽ       ∠/ // /
 '、  | | ゝー\     /      `ヽl      / 〃 //
  \ | |  | | ヽ、    {           }    /──‐く⌒}
   「⌒ >--、--<\   ヽ        /   /  ┌‐ノ⌒ヽ」\
  r「⌒/  l/`ヾ-、 ー-丶、___/-‐'     r‐'、 \  \ ヽ
 / 〉 |  /  / / `ヽ   ̄ヽ、ーイ __    / 、 ヽ    ', ',
/  ゝ. l            |   /ニ「}二、 \   〈 i  ヽ      } ゝ



         / ̄ ̄ ̄ \ ……確かにその通りだお。やる夫は、弱い男だお。
      /   :::::\:::/\ 
     /    。<一>:::::<ー>。
     |    .:::。゚~(__人__)~゚j  
     \、   ゜ ` ⌒´,;/゜ 
    /  ⌒ヽ゚  '"'"´(;゚ 。  
   / ,_ \ \/\ \
    と___)_ヽ_つ_;_ヾ_つ.;._






79以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2008/07/06(日) 12:34:17.09 ID:Ai+S0fq00
     /: : : : : : : : : : : : : : : : : :: l! : : \: : :: : : : :ヽ.  ヾ   だから、そんなんじゃ…!!
    /: : : :/:: : : : : : : : : :: : : :l: : :ハ: : : : ヽ: : : : : : :.:l!   !}
   ,.'.:. : : ,' : : : : :,/: : : : : : : l: :.:/:: :: : : : :.:!: : : : : : :|:   !}    ィ'"´
  ,' .:./: : l: : : :. / : : : : : : : : イ: :∧:.ヾ/: : ''! : : : : : :|.   !}   イ:! \
  |: :' : : :.l: : : :.' : : : :/: :,/ '::/  ,イ!\: :.:.l: : : : : : :!   !} /: : : | :::: \
.  |:.l!: : : :l: : :. ! : : :/::レ'   j/ ,/, =ヽ=、-、l: : : : : : !l / !}:..! : : : :.| :::: ノ
   |:ハ: : : :l: : : | 、_::/   ナ "  !っ::::r ! ' i: : : : : :'。 = !}:.:!: : : : :|./::::::::
    l! ' . ::∧:.:.:|/_´.二_ /     ゝ.`´ノ ノ/: : : / lj ヽ. !}.:.| : : :/::::::::::::
     ゝ: : \l!`  f't:l          ̄  /ィ : : , ′    !}: :!,:/:::::::::::::::::
      V!: :!: ハ  ゝ'           /, イ    _/,.ィ:::::::::::::::::::::::::/
          ゝ\トゝ   ヽ  _      '  f! ィ´:::::::::::::::::::::::::::::::::::/
         `ハハ    V  ヽ     ,.. ' ´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
         ∧:::ヾ ゝ、   ゝ_ノ    /:::::::::__::::::__:::::::_:::::::::::::::::::::/
        /_ハ:::::::L.  `  、    ../::::::::::'´::::::::::::::::::::::: `ー-- <
            ___
           /     \    ちょっと待ってくれ!最後まで、聞いてくれ。
         /  ::\:::/::  \  
        /  .<●>::::::<●>  \  
        |    (__人__)     |
        \    ` ⌒´    /
        /           \


       ____
     /⌒  ⌒\
   /( ●)  (●)\   でも……
  /::::::⌒(__人__)⌒::::: \ 弱いからこそ、周りの人に手助けしてもらって
  |     |r┬-|     | ここまで来れたんだと思うんだお。
  \      `ー'´     /








80以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2008/07/06(日) 12:38:05.66 ID:Ai+S0fq00

     /      \ やる夫は正直、自分が変われば、小説を書けばすぐに
   /  _ノ  ヽ、_  \ ユキちゃんは戻ってくると思ってたんだお。
  /  o゚⌒   ⌒゚o  \ でも、それは全然違ったお。独りよがりの文章に意味はないお。。
  |     (__人__)    | やる夫が書こうとしていたのは小説じゃなくて、コピーだったんだお。
  \     ` ⌒´     /  一人だったら、たぶんそんなことにも気づけなかったお。

           ヽ   l /  /         \ ヽ   /
            ',   {/   /  /   :l      ` 、 !  /  
            ヽ  〉.:.: /  /   .:/.:  l.:. ヽ   l|/lやる夫……
              Y .:.:. /.:  /  .:./,イ ハ.:. ...:|   :|:.:.:|
              | |.:.:. l.:.:. // , イ.:.//:.:/  \.:.:| ...:|:.:.:|
              | |.:.:. |`'lメ∠_////__, -ー'ヾ:|:  :|:.:.:l
              |、ヽ.:.:ヽィ?圷ミ    ィ?圷ヾ.:.:.:|::.::l
              | lヽ\| 弋r:シ      弋r:シ |.:.:.:ノ:.:.:.',
             /.:|  \ヽ;::::::::    ,  ::::::::::::ノ_/ |.:.:.:.:':、
              /.:.:.l   | 弋    ,. _    フl  /.:.:.:.:.:.:ヽ
.             /.:.:.:.:ヽ  ヽ __ >、___  `_,.ィ< /  /.:.:_.:.:.:.:',
            /:./:`∧  | |` ̄ \ヾ/ノ ̄ ∨  {'´: : : : :\.:.\
          /.:/: 、 : : ',  | |  __,r<_< ヽ,.__|  |.: : : : : : : :l.:.:. ヽ



       ____
     /⌒  ⌒\
   /( ●)  (●)\   でも、ここ一週間で、いろんな人から教えてもらったんだお。
  /::::::⌒(__人__)⌒::::: \ ここにある色んなモノがその証だお!!
  |     |r┬-|     | それで、頭の悪いやる夫でも、1つだけ分かったんだお。
  \      `ー'´     /








81以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2008/07/06(日) 12:42:42.18 ID:Ai+S0fq00
          ____
       / \  /\ 
.     / (ー)  (ー)\.  やる夫はさっき弱い男だって言ったけど、友達にはものすごく恵まれてるんだお!
    /   ⌒(__人__)⌒ \. 誇りだお!
    |      |r┬-|    | そういえば、翠星石が、水銀燈や雛苺や金糸雀に、頼んでくれたって聞いて、
     \     `ー'´   /  すごく嬉しかったお。
    ノ            \   


             、__ー────t-_- 、__
           , ':.:.:.:.:.:\    ´ li ヽ  f 「`ー、
          /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\        ヾヽ  \  べ、べつにそんなつもりじゃねーです。
      , イ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\       l }   \(水銀燈とヒナ・カナ、言いやがったですね…後で覚えてろですぅ…)
      ./.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:../:.:.:.:.:.:..:.:.:ヽ _ヽl!/_  l }     \
      /:.,ィ :..|:.:.|:.|:.://ヽ:.ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:\. l!ヽ  l }   ゝ  \
    '::// :.:.|::.:|:.レ:/__  ヽl:.:.:.:.: .:.:.::.: l     l }    __    \
     l:.| {:.:.:.:|、:.l/ィ´ ̄ ´  lト,:.:./ :.:.:.:..:.!,    l }    _     \
    丶! ヽ :.|乂./ __    ヽV:.:.:.:.:.:.::/i    l }   √ .:.: ̄ ̄ ` ヽヽ
       へ!i.ソ ,,== ゝ   /:.:.:.:.:.::./ f! /   l }__ノ : .:.:.:.:|  ___\!
         r           /イ:.:.:.:.:./ = .=  l }ハ:.:.:.:.:.:.:.:.|!/
        丶  _      '/:.:.:. _イ / i! ヽ /ノ:.::.:.:.:.::.:.:.:|
          \``   _,ノ-‐ ' ノ /      / ).: .l:.:.:.:.:.:.:.:|
           ヽ.       /       / ):.:.:.: |:.:.:.:.:.:.: |
           / ` ー─┐  '!l!/_   / フ:.:.:.:.: | :.:.:.:.:.:.:|
            /i!ヽ ノ  rー イ/ ヾ  / 7:.:.:.:.:.:.:.:ヽ:.:.:.:.:.:ヽ








84以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2008/07/06(日) 13:05:15.33 ID:Ai+S0fq00
    ____
   /      \    夜に、やる夫が許せないこと、怖いことを考えてみろというアドバイスを
  /  ─    ─\  もらって考えたこともあるお。
/    (●)  (●) \
|       (__人__)    | 今までは、ユキちゃんを失うことが怖かったはずなんだお。
/     ∩ノ ⊃  / でも、ユキちゃんに「私のためだけに小説を書かないで欲しい」といわれて考えたら、
(  \ / _ノ |  |  
.\ “  /__|  |   さっきわかった気がするんだお。
  \ /___ /   やる夫が絶対に失いたくないものは、他にもあるんだって!




                  ,_'rー冖¬ー-、_¨'ー-、_
              ,/   ___     └-、   ´`ー-、_     ふーーーーん。
              /!-‐:.;'´:.:.:.:.:.:i:.¨'ー、    L.     `ー-、_ それはなんですぅ?
            〔/:.:/:.:.:./:.:.l:.:.|:.:.:.:.:.:\   !        /
         /:.:.:/:.:.:.:.:/:.:.:/!:.:.l:.:.ヽ:.:.:.:.ヽ └i  ,  /
       __  /:.:.:.::/:.:_;.-;'_://:.:.:l:__:.:.:i:.:.:.:.:ヘ  」  /‐'´
     /、ヽ7!:.:.:.:.l_:.: イ/` イ:/´、:.:ヽ!:.:.ノ:.:.| 〕 イ
      l、 ヽ |_l:.:.l:.:l:| i f:t¨x/´ ,.二'.ー|´:.:.:.:l !:.:.:!
      ヽヽ´ ヽ:.:.:トl丶ゞ┘    乂ツ フ !/:.:./ /:.:.:.:|i
      ヽ.\  丶ト、  、'__    ´__/:.:/ |:.:.:.:.:l:ヽ
         ヽ     l'\  l 丿   /´7  /l_:.:.:l:.:.ヽ
         「L.__  /:ヘ l> --r イ´ ̄ハ  ノl}: : : ヽ:.:.:.:.:ヽ










85以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2008/07/06(日) 13:10:47.39 ID:Ai+S0fq00
          ____
       / \ / \
      / (○) (○)\
     /    (__人__)   \  それは……
     |       |::::::|     |  
     \       l;;;;;;l    /l!| !
     /     `ー'    \ |i   翠星石!!!
   /          ヽ !l ヽi  
   (   丶- 、       しE |そ 
    `ー、_ノ       ? l、E ノ <
               レY^V^ヽl



            ', ,. イ.::; .:.:.,     .:.:.::::::::::.`ゝ、
            V/.::/.:.:/      .:.:l:! .:.:::::::::.`ヽ _」   _やる夫!!
          /. .,.ィ.:.::/    .:.:::::::.:.  .l:! 、 .:.:.:::::::::.`、下 .!何言ってやがるですかーー!!
            /.:/ .::l:!.:./   .:.:.:.:::::::〃.:/::!::::.:.、 .:.:.:::::::.`、 /
          ./.:/ .::::l:|.:.:.  .:.:.:.:::::::::〃.:/.:::ト、::::.:.ヽ .:.:.::::::::Vヽ べっ別にやる夫にそんなこといわれても、
         /.:/ .:.:::::l:|.:.:. .:.:.::::::::://.:/.::::ハト、.:.:::::', .:.:.:::::::!.::.',かけらも嬉しくねーです!
        ./.:/ .:.:.::::::i:|.:.:'"´ ̄`>' /.:/.:::/´ ̄`ヽ .:.:l .:.:.:::::!::::::',
       l:::ハ .:.:.:::::::リ.:.:.:.:::::/ ノ.::/.:::/´ ¨`   V:l .:.::::::j:::::::::でも、どうしてもっていうなら…
       |::| ',.:.:.:::::.ヽ` `Y⌒? /:/ ,. ィ'⌒Y77 リ .:.:.:::/l.:::::::::
       |::|  ト、.:.:::::::.ヽ_ 辷_ソ       辷_ソノ ./ .:.:::/ リ::::::::::
       ヽ! {i \.:.::::V///// i     ///// /.:.::/ リ:::::::::::
          {i _」 _ハー--    `        /;:イ   リ.::::::::::::
         {i 下 j} 1.:::ト、   r‐---っ   ノノ_」 _  リ.:::::::::i::::
         {i   j}. \.:.:::>.、  ̄ ̄   ノノ 下 ,.イ|::::::::::|::::
         {i   j}  ,.'´   ``ニニニ"´ノノ   ,.イ:::i:l::::::::::|::::
            {i  jレ' -米‐ 「:に>介フノ_」_  ,..イ.:.:l::::l:l::::::::::|::::







86以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2008/07/06(日) 13:14:33.31 ID:Ai+S0fq00
       / \ / \
      / (○) (○)\
     /    (__人__)   \  、やらない夫!!水銀燈を始めとする姉妹のみんな!!阿部さん!!
     |       |::::::|     |  (みくるちゃんにも会いたいお…)
     \       l;;;;;;l    /l!| ! 友達こそ、やる夫の失いたくないものなんだお!!
     /     `ー'    \ |i  だから、やる夫は友達の話を書こうと思うんだお!!!
   /          ヽ !l ヽi   友達がいる嬉しさとか、楽しさとか、生きてるっていう、
   (   丶- 、       しE |そ  あの感じを書きたいんだお!!
    `ー、_ノ       ? l、E ノ <
               レY^V^ヽl ユキちゃんが戻ってくることも大切だけど、小説を書く方が先だお!
                     きっと、ユキちゃんが言いたかったのは、そういうことなんだお!!

      ____
     /⌒  ⌒\
   /( >)  (<)\   だから、翠星石もぜひ、助けてほし……
  /::::::⌒(__人__)⌒::::: \  
  |    /| | | | |     |  ……どうしたんだお?
  \  (、`ー―'´,    /  


   / /: :ゝ《   ,: : : : : : /: : : :/: : : : : /: /: /: : /: :l: : : : : ',   少しでも期待した翠星石が……
   / /: : : : 《  l: : : : : : l: : /: : : : : /: /:/: : /: : l|: : : : : :l  バカでした…
  l: /: : : : : :》ー:!: : : :-‐1:´: :_; :-‐≠: ///: : :∧: : l|: : : :l : | 
  l/: : : : : : :《 ∧: : : : : |三ー-/、/´  〃::/ ハ: :l|: : : :l : |   この…
  /: r ⌒)\: 《 ハ.: : : : :!ヘヤテ云圷ミー /イ示テイ: :∨: : :/: :/
 'r=',イ {  ヘ《  \: : |\とう斗′   辷ぅ イ:l: :/: :/l/:/
/f´/ l  レ⌒ヌ《   ーi\\ 丶      ,!   /、l:/://》 /'´
: }/  l     r' ヘ》   |トヽ  c- ァ    ィ》 /イ ー《
: :|   |     {   《     | > 、 _,. <´j_ 《      》
: :|   |    レ⌒l《   |\ /      ( / 》    《







87以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2008/07/06(日) 13:20:36.29 ID:Ai+S0fq00
                     _.. - .._
                   _.. - ,ニ-冖 ⌒ 冖-ニ - _     
               / ノ´,. .‐.: : : ̄: :、:‐. 、`ヽ \
            /   //: :./: : : : : : :l: : : :.\ヽ \
             <  ヽ/: : : :/: : : : : : /: :.l: : :、: : :ヽ/   >大バカ下ぶくれ饅頭ーーーーーー!!!!!!!!
              丶、/: : : ::/: : : : ::::〃:/:.|:: : :.l: : : :.', /
              l:l: :-:、l.: :::::::://://:∧:::._;l:-!: l:.|! 豆腐の角に頭ぶつけてしんじまえですーーーー!!!! 
             ,l:l: : : ::|><__/ ' / '_,. へ:.|: l: :|::!l
             l:.|:|: : : ::lz=ュ   ′ z=ュ.リ:://: l(やっぱりいつものやる夫ですぅ!!!!)
            l: :Nヽ: : :ヽ     '       /:://: : :.l
             l: : /il ヽ、ヽヽ   /二ヽ  / '// ̄`ヽ!
             l: /   il  li、``  |   |  /' li:.   ヽ
              l:/    il   li `丶、ヽ-- ,' ィ .il  li::.    ヽ
            ,/     il.※.li    ,.ィ`不ヽ、 il.※.li::::::..   ヽ


         __,;y'⌒((´;;;;;ノ、": `
       /⌒  ;'   ;:;;) ;⌒ ;、::::: 
      /( ●)  )´  从⌒ ;) `・”;
   ,;y'⌒((´;;;;;ノ、"、  (;;ノ;; (′‘ ・
    ;'   ;:;;) ;⌒ ;、:´;^`⌒)∴⌒`.・ 
   )´  从⌒ ;) `・”、´⌒,;y'⌒((´;;;;;ノ な、なんだお!?いきなりぶっ飛ばされたお!?!
   、  (;;ノ;; (′":;´'从 ;'   ;:;;) ;⌒  意味が分からないお……
    ´;^`⌒)∴⌒`.・  / )
    、´⌒,;y'⌒((´;;;;;ノ/'    (こんな毎日が、結構楽しいなって思ってるお、翠星石ありがとうだお)
    ":;´'从 ;'   ;:;;) ;⌒
       ヽ  ヽ/
        >__ノ;:::......







88以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2008/07/06(日) 13:24:16.27 ID:Ai+S0fq00
(そうして一ヵ月後……)

         ____  ふぅ…。
       /      \ 何とか自分なりにできたはずだお……
      /  ─    ─\  これに何を言われても、もうやる夫的には直しようがないお。。。
    /    (●)  (●) \
    |       (__人__)    | ________
     \      ` ⌒´   ,/ .| |          |
    ノ           \ | |          |
  /´                 | |          |
 |    l                | |          |
 ヽ    -一ー_~、⌒)^),-、   | |_________|
  ヽ ____,ノγ⌒ヽ)ニニ- ̄   | |  |       ____

         ____
       /      \  でも……!
     /  _ノ  ヽ、_  \  実際に人に読まれるかと思うと、緊張して見せられないお!
    / o゚((●)) ((●))゚o \ もうま一週間もPCの中に入れっぱなしだお!
    |     (__人__)    | どうやってユキちゃんに知らせればいいんだお??
    \     ` ⌒´     /
   /´           `\
  /  /          l  l

                                        ピンポーン♪>
     ____
     /⌒  ⌒\
   /( ●)  (●)\   誰だお?
  /::::::⌒(__人__)⌒::::: \ (もしかしてユキちゃん!?)
  |     |r┬-|     | (さすがやる夫の嫁、超空気が読めるお!!)
  \      `ー'´     /







89以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2008/07/06(日) 13:28:28.87 ID:Ai+S0fq00
  / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ●)(●)
. |     (__人__)  俺だ
  |     ` ⌒´ノ  
.  |         }   
   ヽ     ノ    
   /    く  
   |     \      
    |    |ヽ、二⌒)、       





          ____
       / \ / \
      / (○) (○)\
     /    (__人__)   \  やらない夫なんかに用はないお!!
     |       |::::::|     |  
     \       l;;;;;;l    /l!| !
     /     `ー'    \ |i   何の用だお!!
   /          ヽ !l ヽi   やる夫は忙しいんだお!!
   (   丶- 、       しE |
    `ー、_ノ       ? l、E ノ <
               レY^V^ヽl








90以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2008/07/06(日) 13:37:36.23 ID:Ai+S0fq00

   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ●)(●)
. |     (__人__)  こっちだって暇じゃねえよ。
  |     ` ⌒´ノ  お前、小説はどうなったんだ?
.  |         }   もう1月たつぞ
   ヽ     ノ   
   /    く     
   |     \      
    |    |ヽ、二⌒)、       

          ____
       / \  /\ 
.     / (ー)  (ー)\.  一週間も前に完成してるお!!
    /   ⌒(__人__)⌒ \. 
    |      |r┬-|    | これでユキちゃんを迎えられるお!
     \     `ー'´   /  後は連絡待ちだけだお!
    ノ            \  







92以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2008/07/06(日) 13:43:35.48 ID:Ai+S0fq00
   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ●)(●)
. |     (__人__)  そうか……
  |     ` ⌒´ノ  実はな…
.  |         }   
   ヽ     ノ   その原稿って、これか?
   /    く  
   |     \      
    |    |ヽ、二⌒)、       
         ___
        /⌒  ⌒\         ━━┓┃┃
       /(  ̄)  (_)\         ┃   ━━━━━━━━
     /::::::⌒(__人__)⌒:::: \         ┃               ┃┃┃
    |    ゝ'゚     ≦ 三 ゚。 ゚                       ┛
    \   。≧       三 ==-
        -ァ,        ≧=- 。
          イレ,、       >三  。゚ ・ ゚
        ≦`Vヾ       ヾ ≧
        。゚ /。・イハ 、、    `ミ 。 ゚ 。









93以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2008/07/06(日) 13:47:11.92 ID:Ai+S0fq00
          ____
       / \ / \
      / (○) (○)\
     /    (__人__)   \  なんでやらない夫が持ってるんだお!!
     |       |::::::|     |  感想を聞かせろだお!
     \       l;;;;;;l    /l!| !いや、早く返せだお!!
     /     `ー'    \ |i  あsdfghjkl;:」
   /          ヽ !l ヽi
   (   丶- 、       しE |
    `ー、_ノ       ? l、E ノ <
               レY^V^ヽl

   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ●)(●)
. |     (__人__)  落ち着け。
  |     ` ⌒´ノ  P2P経由でネット上に流出してるぞ?
.  |         }  大切なものじゃないのか?
   ヽ     ノ  、まぁ、ネット上ですごい評判になってるみたいだが。
   /    く  
   |     \      
    |    |ヽ、二⌒)、       

         ____
      /::::::─三三─\             な なんだお
    /:::::::: ( ○)三(○)\            これは……
    |::::::::::::::::::::(__人__)::::  | ________
     \:::::::::   |r┬-|  / | |          |
    ノ::::::::::::  `ー'´   \ | |          |








96以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2008/07/06(日) 13:51:46.83 ID:Ai+S0fq00
   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ●)(●)
. |     (__人__) お前セキュリティしっかりしとかないから…… 
  |     ` ⌒´ノ でも回りだした歯車は誰も止めることはできないだろ、JK。
.  |         }  
   ヽ     ノ  で、どうするんだ?
   /    く    遅かれ早かれ、出版社の人が話をしにくると思うぞ。
   |     \   というか、俺宛にすでに来てるから、今日お前に話に来たんだ。
    |    |ヽ、二⌒)、小さいところだけど、評判はいい会社だぜ。
       ____
     /      \
   / ─    ─ \  どうしようだお…
  /   (=)  (=)  \ 正直、やらない夫や翠星石なんかに読んでもらえて、
  |      (__人__)    |評判がよかったら、ユキちゃんを待つ予定だったんだお…
  \     ` ⌒´     /( たぶん阿部さんに会えれば、ユキちゃんの場所ぐらい教えてくれるかなー
               とか思ってたんだお…)
 

   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ●)(●)
. |     (__人__) お前の好きにすればいいさ。
  |     ` ⌒´ノ でもな、俺はお前の書いた話、好きだよ。
.  |         } 
   ヽ     ノ  なんか、小学校のころお前とか翠星石とかと一緒に遊んだ頃を
   /    く   思い出したよ。楽しかったな、みんなで仲良く帰ったりしてな。
   |     \       たくさんの人に読んで欲しいなって、正直、思った。
    |    |ヽ、二⌒)、       








98以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2008/07/06(日) 14:06:49.58 ID:Ai+S0fq00
       ____
     /⌒  ⌒\    ……
   /( ●)  (●)\   やらない夫!
  /::::::⌒(__人__)⌒::::: \ 嬉しいお!!!
  |     |r┬-|     | 本当に、嬉しいお!!!
  \      `ー'´     /


          ____
       / \ / \
      / (○) (○)\
     /    (__人__)   \  ……決めたお!!
     |       |::::::|     |  
     \       l;;;;;;l    /l!|  出版するお!!
     /     `ー'    \ |i  やらない夫の感想を聞いて、やる夫も嬉しかったんだお!
   /          ヽ !l ヽi  
   (   丶- 、       しE |  でも、 出版社には、ちょっとの数だけ特別な本を作ってもらうお!!
    `ー、_ノ       ? l、E ノ <
               レY^V^ヽl
          ____
       / \  /\ 
.     / (ー)  (ー)\.  この話を、書いたときにお世話になった人たちに配りたいんだお!
    /   ⌒(__人__)⌒ \. 
    |      |r┬-|    | それで感謝を示したいんだお!!!
     \     `ー'´   /  やる夫にできるのはそれぐらいしかないけど、ベストを尽くしたいんだお!
    ノ            \  







99以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2008/07/06(日) 14:12:41.59 ID:Ai+S0fq00
   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ●)(●) そうか……
. |     (__人__) わかった!話はしておくよ。
  |     ` ⌒´ノ 本が出来上がったら教えるぜ。
.  |         } 
   ヽ     ノ じゃあな
   /    く  
   |     \      
    |    |ヽ、二⌒)、      





(さらに日は経ち…)
近くのカフェレストラン「yaranaika」
                           _,
                __ ,.. z - __,,,,.....¨  ̄  ¨ ‐ ,_
      __,,... -- ‐ ¬ ¨  ̄     /.yaraヽ       ¨ - .,
    /_¨¬- .,_           |l naika_,.l! z - ‐¬ ¨  ̄ _,..i
    | ¨¬- .,_ ¬- ,___,,... -- ‐ ¬ ¨  ̄ __ ,.. z -‐¬ ¨  ̄   |
    |      ¬ .,__i__,,... -- ‐ ¬ ¨。 ̄            |礇;;、
    | l!       |       /.|  __,....,__    .i!⌒i  |鵺爪
  ,;il礇| l!     l!   |   l!⌒l  | l<.,_   ¨ ‐.,_ l!...::l  |l:i|'"
,;;i爪鵺|,,,l!  l! ,;il礇li;, |   l! .:l   |_,.lj  l¨yi-‐r''''7 l!..:;;lilllii;i' ''`
   lill l{?};,,l!爪徽?i |   l! ..::l ,,,,... |l__,,..i.z-|‐'  i'''''"""
     "''{?} |ii;l.... |lllllllii''l!  ''''''''''""     .!    '

「お客様へ:本日はパーティーのため、貸切にさせていただきます。」







101以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2008/07/06(日) 14:16:40.69 ID:Ai+S0fq00
             (ヽ三/) ))
         __  ( i)))
        /⌒  ⌒\ \
      /( ●)  (●)\ )
    ./:::::: ⌒(__人__)⌒::::\
    |    (⌒)|r┬-|     |本がバカ売れみたいだお!!うはwwww
    ,┌、-、!.~〈`ー´/   _/ だから、みんなを呼んで、美味しい料理を楽しんでもらってから、
    | | | |  __ヽ、   /   本を渡すことにしたお!(出版記念小パーティーにかこつけて
    レレ'、ノ‐´   ̄〉  |   経費はほとんど出版社もちにしてもらったお!)
    `ー---‐一' ̄



         /    // // l/         ヽ丶
        / l / r―/ l  | ハ l ヽ   ト、}
         l  l'   レ7l l  ハ !_ ヽ.ト、 |ハ、 l ノ
         l  l  / ハl l  { l/ `ヽ! ヽf,r、l  !
        /  l / 〃,くl !   レf示r'    lリ/ ! |
.       / // ∨lハ (_! l  ハト辷リ   、´l   l
      / // l   l \l |ノ〃ノ r'フ   _ ノ/ /
       |/ l  l   ヽ l | ||Y 〈__´/ ′/
.     | /{  ト、   ヽヽヽ、     `ヽ, ノ
やっと出番ね!!!もう帰ろうかと思ったわ!
実際は、こんな風にパーティーなんて夢のまた夢だから、誤解しないことね!!!
新人作家がこんな待遇なわけないわよ!







102以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2008/07/06(日) 14:21:17.45 ID:Ai+S0fq00

 く h{: : __,:ィ´r勹'  |    |   i   l   ヽ ヽ  冫ヒナが一番乗りなのーーーー!
  `下不ンフ_√ |   |    |   | ,. -+- 、 ',  l \{ ご飯いっぱい食べるのよー!
.    j_:_:イ゙厂 !  、  ヽ_,⊥|i|   ! | _⊥_ハ ハ リ__})
   /レ^ 「|!  ヽ/ \_,.|从   ハ イテ'卞仆jイ `ー、
 / |   | ゙, ヽ × \x=ミ、 `´  ' {ゞィリ '|__,ン千´ ̄`ヽ
/   l|  ハ ヽ \_>〃{k_r1      `-´仁二亅_,二二}
ー=ミL.___≧ト、ート ヽ ゞン     '     ゙ハ三{_∠_ ̄
  \`Y二ニ=-Y´  ̄`Y    r   ̄}   .イ 厶イく_フノ
    ノ イ   ___ゝZ__,ラ、    ヽ __ ノ ∠,ノ┴‐┴<
     ゝ二三三ニハ=-=ァ≧ー ┬ --,イ: : | : : : : : : : : \


        /          ト、       {l ヽ,_rェノ、 なかなかよさそうなお店かしら!!
.       /        i `ー'‐―、 ヾ、彡!薇i〉 レデイーの私にはちょうどいいかしら!!
.     l|   ,′     丿      `ヽ、kソi〉)」
       |  /  / / '´ ̄`    ,.-、l∨ lj′
       l   li  / /  、y'ー,ヽ       | ii「^
      i ヽ ! r-、l|   (if(Jl〉     ,r'ー、ヾソ
      ヽ ヽ | 6.ノ   、、, ̄       !iノ/ /
       \ハ `ゞ、           丿 ̄ l==、
          `ヽ,.-'⌒!      _,     ノ  .))
        /::.:..  ト、     `   /  _,ン
       ,.厶--、r‐'彡〉!> rーr‐ <
      ____
     /⌒  ⌒\
   /( >)  (<)\   二人ともきてくれたんだお!!
  /::::::⌒(__人__)⌒::::: \  美味しいご飯を用意したお!!
  |    /| | | | |     |  
  \  (、`ー―'´,    /  







103以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2008/07/06(日) 14:26:06.00 ID:Ai+S0fq00
ィニニ〔ゝノ_ノ   / ヽ\ヽヽ  | l    |l  |l  ヽ   乳酸菌あるぅ?
'´/ /| |7   r/'´ ̄ヽゝニヽ-ヽヽ  │ | | ヽ ヽ  水銀燈よぉ。妹たちのお守りでやってきのよぉ。
イ/ / ! | |   ||-ャ─-,ニ、ミ‐`ヽ、ヽヽ / / /  | ヽヽ 。(もちろん、タッパーも持ってきたわぁ)
/ / / j |   l| `ー='-ニゝヽ`   |ノメ、/l  │ l | l
./  / / ヽ   l|           ィ_ミヽ`リ ハ || | やる夫、あなた、私のミーディアムにしてあげても良くてよぉ?
'  / /   ヽ  l          l、'rヽj`ァ' メ | / リ
  `,´l    lヽ ヽ         /ノ `'’,イ  /イ
  /| |   |  `丶ゝ    ー、ー- 、    lノ  ,イノ
. /│|   |          ニ ´   ノ イ |
/  ! |   !  、           ィニィ | |lハ
  | !   |   _`ト_、 _     , イ    ! |ル'   ,イ

      , イ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\       l }   \  本当にやる夫が出版なんかできるですか… 
      ./.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:../:.:.:.:.:.:..:.:.:ヽ _ヽl!/_  l }     \  信じられないですぅ。
      /:.,ィ :..|:.:.|:.|:.://ヽ:.ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:\. l!ヽ  l }   ゝ  \ま、翠星石にできるのは、食べてやることだけですぅ。
    '::// :.:.|::.:|:.レ:/__  ヽl:.:.:.:.: .:.:.::.: l     l }    __    \(良く頑張ったなんて秘密ですぅ)
     l:.| {:.:.:.:|、:.l/ィ´ ̄ ´  lト,:.:./ :.:.:.:..:.!,    l }    _     \
    丶! ヽ :.|乂./ __    ヽV:.:.:.:.:.:.::/i    l }   √ .:.: ̄ ̄ ` ヽヽ
       へ!i.ソ ,,== ゝ   /:.:.:.:.:.::./ f! /   l }__ノ : .:.:.:.:|  ___\!
         r           /イ:.:.:.:.:./ = .=  l }ハ:.:.:.:.:.:.:.:.|!/
        丶  _      '/:.:.:. _イ / i! ヽ /ノ:.::.:.:.:.::.:.:.:|
          \``   _,ノ-‐ ' ノ /      / ).: .l:.:.:.:.:.:.:.:|
           ヽ.       /       / ):.:.:.: |:.:.:.:.:.:.: |
      ____
     /⌒  ⌒\
   /( >)  (<)\   水銀燈、ありがとうだお!!
  /::::::⌒(__人__)⌒::::: \  でも、やる夫はミディアムよりレアが好きだお!!
  |    /| | | | |     |  翠星石もたくさん食べてだお!(どうせやる夫が出す金じゃねーお!)
  \  (、`ー―'´,    /  








104以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2008/07/06(日) 14:31:56.88 ID:Ai+S0fq00
            / ̄ ̄\
          /   _ノ  \
          |     -□-□)
          |     (__人__)  よう、やる夫
             |     ` ⌒´ノ   ちゃんとした格好してきたぜ。
              |         }
              ヽ        }  出版社のコネで、格安らしいから、費用は
            ヽ、.,__ __ノ  心配しなくて良いぜ。
   _, 、 -― ''"::l:::::::\ー-..,ノ,、.゙,i 、
  /;;;;;;::゙:':、::::::::::::|_:::;、>、_ l|||||゙!:゙、-、_
 丿;;;;;;;;;;;:::::i::::::::::::::/:::::::\゙'' ゙||i l\>::::゙'ー、
. i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|::::::::::::::\::::::::::\ .||||i|::::ヽ::::::|:::!
/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;!:::::::::::::::::::\:::::::::ヽ|||||::::: /::::::::i:::|
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|;;;;:::::::::::::::::::::::\:::::゙、|||::: /::::::::::|:::

       ____
    /      \
   /  ─    ─\   これも、やらない夫のおかげだお。
 /    (●) (●) \  やる夫もやらない夫に合わせた格好にするお。
 |       (__人__)    |  (AAはこういうとき、らくだお)
 \     ` ⌒´   /   
,,.....イ.ヽヽ、___ ーーノ゙-、.
:   |  '; \_____ ノ.| ヽ i (阿部さんやみくるちゃんはやっぱり来ないお…)
    |  \/゙(__)\,|  i |
    >   ヽ. ハ  |   ||







105以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2008/07/06(日) 14:35:55.45 ID:Ai+S0fq00
        / ̄ ̄`ヽ :
      /. i /ヘ\ヽ\:
     ;| ! |/__.xト、L,_ ト}:
     ; |!ヘ cモリ  lモ!oV    
     ;| !|.ト" rっ ツ|.|、:   こ、ここでいいんですかー?阿部さーーん!
     ,',ノ 斗ャ fて`Y  トミヽ   
    / {トミトv|'´ゝ } ノノ:l }:
  :/イ { ゝィVr-ヘト、 ! ハ
.    | !|Y⌒'ミ{ヾ=' | /イ|

     ,, - ―- 、
  ,. '" _,,. -…;   ヽ
  (i'"((´  __ 〈    }
  |__ r=_ニニ`ヽfハ  }
  ヾ|!   ┴’  }|トi  }  はっはっは!
    |! ,,_      {'  }  こっちであってるぜ、みくるちゃん。
   「´r__ァ   ./ 彡ハ、 しかし不思議なもんだな。俺とみくるちゃんが
    ヽ ‐'  /   "'ヽ 一緒にいるなんてな。
     ヽ__,.. ' /     ヽ組織(システム)も寛容になったってことか?


.          /7/:_:_:_:,:、:_: : : : : : 、: : :ハ: :.i 
          'イ:`:7:77 !:i:、ニ、ニ:lニ: !l: :ハ 
.          l |: :.:!: i:T l:ト、ト、:下、l: :i: |:レ':∧いくら阿部さんだからって、
         ヘ: :V:N 、ヽ `卞ト、 }: レト.!:/:!:ハ禁則事項ですよ♪
.           ヾ: ト==' .   bソ レ':i: :ハ:{:.:ハ
              }: :ヽ n t_ァ   /: :爪: : :V.:ノリあ、やる夫さん、こんにちは♪
           _ノ/: :l「| ト、__ ..ィ7: :ノ- 、: : :ハ
.         .ィ:´: /: ;イレ ム_ /:/´    i: : :ハ
.     //: : .:/: /V .ニY /: :/ /   |:.: : :ハ







106以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2008/07/06(日) 14:40:24.20 ID:Ai+S0fq00
       ____
     /⌒  ⌒\    ……
   /( ●)  (●)\   二人とも!!!
  /::::::⌒(__人__)⌒::::: \ 来てくれたのかお!!
  |     |r┬-|     | うれしいお!!!
  \      `ー'´     / なかなか思ったとおりに会えないから心配だったお。
                (ユキちゃんの行方も後で聞いちゃうんだもんねだお。)

       ____
    /      \
   /  ─    ─\   全員そろったかお?
 /    (●) (●) \  じゃあ、そろそろ始めるお
 |       (__人__)    |  
 \     ` ⌒´   /   
,,.....イ.ヽヽ、___ ーーノ゙-、.
:   |  '; \_____ ノ.| ヽ i
    |  \/゙(__)\,|  i |
    >   ヽ. ハ  |   ||


 ちょっと待ちなさい!!!!!!!!!!!!!!!!!!>







107以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2008/07/06(日) 14:45:33.10 ID:Ai+S0fq00
             __ __ _
.        _ , '"´  ,. _ ___`丶、
       / ` /  /´-‐ァー-ヽ \
.      / /下7 ..///.:.::/ .:.:ト、 ヽ  
      / └イ_j/ .://;へ、/!.:.::/:.}ヽ ',
     ,'  ///!l .::j.:lイ仔くヽ/,.イ,.ム:.', l
    ,   '〈/f`| l ::l`' ゞゾ '´ rャjノ::.l:. | やる夫!大切な役割のあたしを忘れてるんじゃないわよ!!
    |  l:l :!:{、| l ::|        マソハ: |:: | あんたは知らないかもしれないけど、たっくさん補足して
    |  l:l::i个| l ::l!     l⌒ヽ′} .:}:.l:: l あげたんだから!!!!
    |  lハ:l::{::', ::::{、   ヽ.ノ  /.:/::.l:: l
    l !:|:::',::',::ヽ:::ヽ\._    /.:/::::/l::;!
.     ',::{:{、:::ヽ\:\;ゝ `「:フ´!::::/;:::/ 〃
.     ヾハj>''´ ヽ ト、_..上くイ::::{ {::{/             
    /⌒ヽ、\ ` \-ー ̄\ヾ                
   /     ヽ \\    \´ ̄`ヽ、                        
.   l     ',  \\   \  __| \



       ____
     /ノ   ヽ、_\
   /( ○)}liil{(○)\ 誰だお!?
  /    (__人__)   \ 
  |   ヽ |!!il|!|!l| /   |
  \    |ェェェェ|     /






109以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2008/07/06(日) 14:50:35.10 ID:Ai+S0fq00

.          /7/:_:_:_:,:、:_: : : : : : 、: : :ハ: :.i 涼宮ハルヒさんですよ♪
          'イ:`:7:77 !:i:、ニ、ニ:lニ: !l: :ハ ずっとやる夫さんのヘルプをしてくれてたんです。
.          l |: :.:!: i:T l:ト、ト、:下、l: :i: |:レ':∧
         ヘ: :V:N 、ヽ `卞ト、 }: レト.!:/:!:ハ
.           ヾ: ト==' .   bソ レ':i: :ハ:{:.:ハ
              }: :ヽ n t_ァ   /: :爪: : :V.:ノリ あんたたち人間じゃないわね!SOS団に…>
           _ノ/: :l「| ト、__ ..ィ7: :ノ- 、: : :ハ  ヒナ入るのーーーー!!>
.         .ィ:´: /: ;イレ ム_ /:/´    i: : :ハ 私も入るかしら!!>
.     //: : .:/: /V .ニY /: :/ /   |:.: : :ハ
     レ' l: :.:〃V .イ  rり レ'ニ -‐   l:.:.:.: : : }
      レ'-‐ ´ :/_.ィ′ /'´      /:.:.:.: : :/



       ____
    /      \
   /  ─    ─\   あ、ありがとうだお…(初対面で気さくすぎだお…)
 /    (●) (●) \  じゃあ、気を取り直して…
 |       (__人__)    |  
 \     ` ⌒´   /   
,,.....イ.ヽヽ、___ ーーノ゙-、.
:   |  '; \_____ ノ.| ヽ i
    |  \/゙(__)\,|  i |
    >   ヽ. ハ  |   ||








110以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2008/07/06(日) 15:08:24.38 ID:Ai+S0fq00

            ...:::´:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`::...、
          ..::´:::::::::::::::::::_____::::::::::::::::::::::::::\     や る夫!!
        /:::::/:::::::::::/´      `\::::\::ヽ::::::ヽ  
.      /::::::::::l:::/:::/.-::::´ ̄ ̄ ̄ `::::-.ヽ:::::ヽ::';:::::::::',   あんた、もう、始めちゃっていいの?
.     ,.':;. -─ 、/::::::/::::::/:::::::::::::::::::::::::ヽ:::::::ヽ::::::V──┐
     /::::},.─ャ 7:::::://:::;イ::j:::::::';::::::::::::::::::::';:::::::|:::::::::.-、_」',
.    /::::::`ァ´ ':::::_j_j__/ |:::|';::::::ヽ:::::';::::::::::::'::_;:|_::::l  ヽ:::::!
   ,′::/>、_」:::::::l::|:::|`ヾ:!、ヽ:::::',\|ヽ;:イ::l::::|::|::::::ト._,.ベニ. _‐、
    |://::::::/ ,|;::::::N∨-- 、 ` \:ヽ ヘヾ-f?ノ!:::::j:|',ヽ::::::| ヽ\
   i´/:::::::; ' ./.|:';::::V/ヒワ‐ミT   ``  'イう-ミ:ハ:〉::/::トヽ \   ∨
   |イ:::!:::::/ ハ. |:::ヽ::'. マ-ツソ       vヾシ//::/::::|ノ::ヽ、ヽ
   |.||::|::/  i::::`:';:::::::ヾ、`¨´           `¨´,/:;::'::::::l:::|:::小∠._
   lハ:l::ー、.」::::::::::';:::::::',     、_’_,.  ∠イ:::::::::/::/:/リ´-┐ ,!
    |:||::::::|:::::::::::::::、:::::'\    「ヽ    _. イ:/:::::/::/:/ /`ヽ/ /
     ヾヾト:|::::::::::|/ 、:::',、::'.丶、_| | __.  '´l/イ::::://イ  /`ヽ'^ヽ、_
.         ヽ:::::::|   \ヽヾ!  .| |   ∠ィ´/::/l.イ |  ′   `l    `
       ,〈 \:!',    ヾ、l____」 |__ _| ,シ'    l. l. ′   /
.      / ', ', ',.      |_/ '´-‐-.',__|    / / ′  /
.      i′ ', ', ',.     |_,/   ー-|フ_!   / / /  .i^i'


           ___
       /      \    えっと、たぶんこれで全員だお……
      /ノ  \   u. \     
    / (●)  (●)    \   
    |   (__人__)    u.   |   
     \ u.` ⌒´      /   
    ノ            \
  /´               ヽ







111以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2008/07/06(日) 15:15:12.63 ID:Ai+S0fq00
            _... --…-- .._
         _..イ´:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::>..._
       /::::::::::::::> ´ ̄_二ヽ:::::::::< ̄ト、     ふーーーーーん。
      ,.'::::::::::::::/  _.ィ´::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽニ,、\   
.     /::::::::::::::/  /::::|:::::::::::::::ヘ:::::ヘ、::::::::::::::ヽ.フ:::ヽ  ほら!本なんか読んでないで、
     /:/::::::::::! ,.'::::::::::|::::::::::::::::::ヘ:::::'.べ. ̄::::::: ヘ、:::::ヽ 出てきなさい!!!
    ,r'´:::::::::!:::::| /::::::!::::::!::::::::::::::ト、:!∨|  ヽ::::::::::::',∨::::ヘ
.   /:::::::::::.斗:::::!'::::|:::|::::::l:.:::::::::::::| |l. |::| ,.ィミマ:::::::::ト.V::::::ヘあんた忘れられてるわよ!!!
.  ′::::/ ィ!::::::';::::|:::|::.斗:─‐-::l リ ,!ノん.ヘ lハ::::::::| ',∨:::::::.
  |::::::〈  ハ::::::ハ:::,イ:::::| V:::::::/    マ_ハ. lハ::∧ 〈::::|ヽ:}
  |::::::::ヽ__! |::::::::,〈.N\;Lム::/      ヾ-'  ,:/::::! !::| l:!
.   !:::::::::::| 〉‐ハ:::::::::::| ,ィ,xr,えヘ`      、   /'.::::Lノ:::! !|
   ';:::|:::::lイ:::j. |V::::::∧{〈从._))ヘ     _. ヘ   l:::::::::::l;′リ _,.、
   ';:l:::/ l::/ !::V:::::::ヘ` ヾ.厶'   r ´   `'.   ,'::::::|::::l. ,' ̄,. ,.ィ
    }:::l. Y  ;::::iヘ::::::::::\      ヽ.    } ./:::::::::!::::!,′.ノ '⌒',_
.   /:::::. / /:::::ヽ.\:::::::::\        `   ´ /:;:::::::/|::::||    ̄ _)、
.   ,′::::Y\/::::::::::::::::::\:::::::::\ー-------':::∧::/ !:::ハ    ̄ , j
  |:::::::/::::::::::|:::::::::\:::::::::`丶、::\>  `二ゝ-' .._';!  !/  ∨     {'
  |::::/:::::::::::::|:::::::::::::::\::::::::::::::>ヘ、/        ヽ '    ∨-- . 

    ____
   /      \    まさか、引越しおばさんこと、河原美代子マザーかお?
  /  ─    ─\  (芝生の話に出すんじゃなかったお……)
/    (●)  (●) \
|       (__人__)    | 
/     ∩ノ ⊃  /
(  \ / _ノ |  |  
.\ “  /__|  |  
  \ /___ /







112以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2008/07/06(日) 15:20:26.10 ID:Ai+S0fq00

          , -=―=―- 、 _    
       〃⌒>'´  /    丶`ニ=‐'
       ./ ,′// , ´ /  j } ヽ \        ………
      / l  | i l / /// ,イ ハヽ ヽ
      ノ,イ八 l レ_j/∠∠///∠Ll }ヘ
    <ノ .∧ l  ムrt=k`  ィ=、ルレ′j 
      / イ Vヘ. ヽVr!   jr/ムイ{   
     ´ W^{ゝヘ ハ.ヽヽ _ ' /〈リヽ
         j八 }ヽ ヘ、   j`<ミ\
          リ朽\!`{7|::::::::::>ミ;>,
          ノ \- 厶]:::::::::: }::/:/
       r=<    V三|::::::::::| |/:/
       /‐-、 \   ∨メ、::::ノ V、
   .   /_j   , X \   ヽ {´   /
       〈  ´  \\  >ヘ、___,イヽ
       `、   ヽ \.>j    ハ│
        {     ∨  `ヽ、_,/∧|
        lヽ  勹'´      // l !
        |∧ 〃     /Y」_│',



       ____
     /      \    ん??
   / ─    ─ \  なんかユキちゃんに良く似た幻が見えるお…
  /   (=)  (=)  \  
  |      (__人__)    | きっともうやる夫は幸せすぎて頭がアレになっちゃんだお…
  \     ` ⌒´     /








113以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2008/07/06(日) 15:26:00.16 ID:Ai+S0fq00
                    _.. - .._
                   _.. - ,ニ-冖 ⌒ 冖-ニ - _
               / ノ´,. .‐.: : : ̄: :、:‐. 、`ヽ \
            /   //: :./: : : : : : :l: : : :.\ヽ \
             <  ヽ/: : : :/: : : : : : /: :.l: : :、: : :ヽ/   >
              丶、/: : : ::/: : : : ::::〃:/:.|:: : :.l: : : :.', /
              l:l: :-:、l.: :::::::://://:∧:::._;l:-!: l:.|!   やる夫!!!
             ,l:l: : : ::|><__/ ' / '_,. へ:.|: l: :|::!l   現実に帰ってくるですぅ!
             l:.|:|: : : ::lz=ュ   ′ z=ュ.リ:://: l   いまさら逃げてどーするですか!!
            l: :Nヽ: : :ヽ     '       /:://: : :.l
             l: : /il ヽ、ヽヽ   /二ヽ  / '// ̄`ヽ!
             l: /   il  li、``  |   |  /' li:.   ヽ
              l:/    il   li `丶、ヽ-- ,' ィ .il  li::.    ヽ
            ,/     il.※.li    ,.ィ`不ヽ、 il.※.li::::::..   ヽ


       ____
     /ノ   ヽ、_\
   /( ○)}liil{(○)\ はっ!!!!!
  /    (__人__)   \ ほんとに、まさか、本物の……
  |   ヽ |!!il|!|!l| /   | ユキちゃんかお????????
  \    |ェェェェ|     /







114以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2008/07/06(日) 15:31:04.91 ID:Ai+S0fq00
     /.:.:.         \
      /:,:.:.:  /   ヽ    \
    /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`ー  ……ただいま、やる夫くん……
    /!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ   私はデジタル情報の破片にされ、WRB上に分散されていた…
  /イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l }   でもやる夫くんの小説を使って、体の再構築を行うことができた…
  N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j    まさかWEB上に私が分散していたことが分かって、小説をばら撒くなんて、
   ヽム:.} c;_j    c;リ ル iレヽ     さすが、やる夫くんだと思う…
      `ヘ:ゝ    .'    小/      
        ヾ:{>、 _ ィ<}/|/       
    _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_

            ____
  +        ./ \  /\ キリッ   朝飯前だお!
        / (●)  (●)\     やる夫の小説、読んでくれたのかお?
      /   ⌒ノ(、_, )ヽ⌒  \   (意味がまったく分からないから、イイ顔だけしておくお)
      |      `-=ニ=-      |.  
      \      `ー'´     / +






116以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2008/07/06(日) 15:35:41.00 ID:Ai+S0fq00
     ー=ァ'´/ /.., ´  〃  /   ヽ:..   ::::::ヽ   
     /イ/ .:/ .::/: .::/ /  .,′   ..:ハ::..  :::::::::  やる夫くんの本…読みたい…
     〃 / .:/ .::/:: .:::/.:::l:::  ::| {:.  .::::|::::::::::::   l WEB上では、断片しか呼んでいない…
      /' ,′.:::l .:::l::.__:/ !:/{:::. .::! ::ヽ:.  ::::|::::::::::::::.....| でもこれからは…毎日一緒…
     | ::/:::j ::::l:::::/゙`i:ト ',:::..::::l、.:::!ヽ::...:::|:::::::::::::::::::|  
     l ::{:::!ハ::::|代尓ミkハ::::::::iム七弋 :::l:::::::::::::::::::l  たくさん話したいことが出てくると思うから…
     ∨N':::ヽ:{' rf;;;i./` \:::{ ィテ与、:j::::,::::::j :::八 覚悟…してて…
         l :::::lヽゝー'       rf;;j /リ::,' :::/:/l:!
        ハ::::::l ///    '    ''‐ ' /:::/:::/}/. リ
        _,∧ .::ト、     _    ///:::/:::/ノ
         ,∧:ヽ \        ィ':/;イ(: 、
         ___         
        /⌒  ⌒\         ━━┓┃┃
       /(  ̄)  (_)\         ┃   ━━━━━━━━
     /::::::⌒(__人__)⌒:::: \         ┃               ┃┃┃
    |    ゝ'゚     ≦ 三 ゚。 ゚                       ┛
    \   。≧       三 ==-    ま、毎日、一緒と聞いたら鼻血が!!!!!!
        -ァ,    血   ≧=- 。    
          イレ,、       >三  。゚ ・ ゚
                                      ふぇええん、誰か救急車をー!!>
                                      輸血するなら、ヤクルトあるわよぉ>
                                         だいぶたまってたみたいだな>
                                               噴水なのーー!!>
                                                きれいかしら!!>
                                           さ!料理を食べるわよ!!>
                                                 いただきますぅー>
                              血液型を調べるのが先だろ…常識的に考えて…>


やる夫で楽しむ村上春樹【短編小説編】】  ~FIN~






118愛のVIP戦士@全板人気トナメ開催中 :2008/07/06(日) 15:37:13.29 ID:7t9k/jE80








119以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2008/07/06(日) 15:39:05.76 ID:Ai+S0fq00
      / .,※,...-―:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:::ー-.、  \
    /  /,.:.:.:.:.:.:..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:.:.:.:\※ヽ
    \ /:.:.:.::/:.:.:.::.:.:.:.:.:.:!:.!:.:.:.:.:.\::.:.:.:..:ヽ ',
     /:.:.:.:.:.:/.:.:.:.:.:.:.:../.;イ.:ト、.:.:.:.:.:.:ヽ.:.:.:.:.:ヽ
    ,':.:.:.:.:.:.:!.:.:.:.:.:.:.,:イ:/ ;:/ ヽ.:..:.:.:.:.!:.:.:.:.:.:.'※.
    !:.:.:.:.:.:.:|.:.:.:.:/.// //   \:.:.:.:.|:.:.:.:..:.:i
     |:.!:.:.:.:.:.|;∠..-'" 〃゛` ―--\:.!:.:..:.:.::,' }やれやれですぅ。
    !ハ:.:.:.:.:.!   _,,  /   、_    /:.:.:./:/∧
    i! \:.:.:\`=''"    `ー=''イ/:.ィ//:.:.
       }ヾ、_\   '      //´ /:.:.:. こんな損な役のオファー、受けるんじゃなかったです。
       ト、※,.>-―…―--<7´※ /:.:.:.:.
       !:.r(´.._'' ¨´ ̄ ̄`¨r-┴ 、  /ユュ_:.:.      あたしなんて、出演すらしてないのだわ!!!>
       /:.{ 〉ーュ__...::::::::::.r―_`ヽ〈 // {j:.:.  まぁまぁ、常識的に考えて落ち着けくところだろ、真紅>
.     /:.:/{Y´,.-<:::::::::::::::`ー、` ノュ!_j⌒ーリ:.:.  
     /:.:.:! >` ー'、..__>-、_.ノス  ,'  |:.:.
     /:.:.:.| {~`^ーセ┘!}{} !?x-イ } ,'  |:.
.   /:.:.::.,'  !    !  | }{} ! i!   ト、  |:.
.   /:.:..:./  !    ,' }{} ! |   | ヽ   !:.:.
  /:.:./   ト   イ }{} ∧   | 〉  ハ:.


やっぱりオチてないんですが、、、、これにて終了です!
またまた長い話にお付き合いいただき、ありがとうございました。話短くできねえwww
支援いただいた方々もありがとうございました!!!!
(シベリアさんwwwお久しぶりですww)







120以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2008/07/06(日) 15:50:13.59 ID:u8M02XK70
乙 おもしろかったぞ







121以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2008/07/06(日) 16:10:24.94 ID:jcfQ58WhO








122以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2008/07/06(日) 16:14:28.62 ID:U5iPe8ZN0
乙!






一億三千万人のための小説教室 (岩波新書 新赤版 (786))
一億三千万人のための小説教室 (岩波新書 新赤版 (786))高橋 源一郎

岩波書店 2002-06
売り上げランキング : 33892

おすすめ平均 star
starこの本が一つの小説のよう
star「著書が書いた」ことは間違いない!
star面白すぎ!!

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
関連記事
スポンサーサイト
[PR]





カテゴリー「やる夫で学ぶ」内の最新記事

だ

    なんだまたこいつか
    最初のコメントから調子のってるよな

    まとめブログにのったからハナタカダカーってやつかい?
    1的注釈なくなったがキモいwwww
    文章力ないじゃないか

    管理人さん晒しお疲れ様です^^
    [ 2008/07/07 18:43 ] [ 編集 ]
    どこを縦読み?
    [ 2008/07/07 19:18 ] [ 編集 ]
    すまないが全く面白くない
    村上春樹がそこまで好きじゃないからかもしれないが、
    いったい何がしたいのか分からなかった
    [ 2008/07/07 21:24 ] [ 編集 ]
    村上春樹好きになりかけたけどこいつのせいでやっぱりやめといた、いやおかげかな
    [ 2008/07/08 21:27 ] [ 編集 ]
    村上春樹好きだけど…
    ~楽しむスレには向かない作家だと思う
    [ 2008/07/08 21:38 ] [ 編集 ]
    全然読めてない
    解釈が浅すぎて目も当てられない
    東京奇譚集一万回読んで出直してこいスレ主
    [ 2008/07/09 01:53 ] [ 編集 ]
    前回は比喩の>>1的解釈だけ、今回は>>1の読書感想文。
    >>1は人の文章の面白さを人に伝えようとする前に「自分の文章は面白さを伝えられているのか?」って疑問を持ったほうがいい。
    大体何故やる夫で紹介しようと思ったのか。
    村上春樹の素晴らしさを伝えたいって目的と、やる夫スレっていう手段が全然合ってない。
    やる夫は最後にちょっぴり感動させるっていうのがお約束になってて、ストーリーだけ見るとあまりに陳腐。
    そういう陳腐なお芝居で村上春樹の面白さを表現できるのか、まずそこから考えるべきではなかったのか。
    科挙スレみたいにお約束のストーリー展開の中で伏線張って納得させてくれる説得力を盛り込もうとしない。そんなつまらない内容しか作れない奴が小説を紹介しようなんて片腹痛い。
    [ 2008/07/09 06:22 ] [ 編集 ]
    ここまで、1を褒める内容がないことにワロタ
    まとめブログで珍しくね?






    [ 2008/07/09 17:35 ] [ 編集 ]
    一人の作家について学ぶってのはこういう形式ではやりにくいんじゃないかな。
    やる夫と同時進行で自分も小説読むのなら面白く感じられると思う
    [ 2008/07/09 20:00 ] [ 編集 ]
    やりたいことが良く分からない。
    村上春樹の小説の紹介をしたいのか、ストーリーを進めたいのか。
    村上春樹初見のやつには意味不明。村上春樹好きなヤツや、ネット上の評論家wには解釈が浅い、ストーリーが糞と言われる。
    みんなも言ってるように、読みながらじゃないと多分楽しめない。あとは昔に読んで懐かしく思うやつぐらいか。

    個人的には、象の消滅が出てこないのが不満。
    [ 2008/07/09 22:07 ] [ 編集 ]
    やる夫ブログの米って記事へのアンチが多い希ガス
    [ 2008/07/11 02:10 ] [ 編集 ]
    コメントの投稿













    管理者にだけ表示を許可する
やる夫ブログについて
20101110:「やる夫はロス市警の警部のようです」を掲載させていただきます。本当にお待たせして申し訳ございません。これ以降も随時、更新の途絶えていた作品を掲載していきたいと考えております。ご迷惑をおかけして申し訳ありませんが、どうか長い目で見ていただければ幸いです。

20101030:「やる夫のサクラ大戦」にて、記事の掲載順序を誤りました。 作者様、および楽しみにしていた読者様にお詫び申し上げます。 申し訳ございませんでした。

20101004:「やる夫たちが夢の国で遊ぶようです」につきまして、こちらの不具合で記事が切れてしまっております。作者様、及び楽しみに読んでくださっている読者の皆様にご迷惑をおかけしてしまい、申し訳ありません。
一度下書きに戻させていただきます。よろしくご了承ください。
「やる夫で学ぶことわざ」の作者様より、やる夫ブログ用のスポンサー案内をいただきました!本当にありがとうございます!さっそく使わせていただきます!

20100811:皆様、大変ご無沙汰しておりました。ぼちぼち更新を再開できればと考えております。
「やる夫がDQⅢの勇者になるようです」についてですが、コメントを頂けるのは大変うれしいのですが、他作品のコメント欄での投稿はご遠慮願えれば幸いです。
恐縮ですが、ご協力よろしくお願いいたします。

20091222:年末なので順調に更新量が減っております。今日明日はお休み、再開一発目は「やらない夫の超兄貴」になる予定です。作者様、まとめが遅くなり申し訳ございません。

20091208:今週クソ忙しいので、かなり更新が減ります。ご了承ください。

20091116:更新の調子にもよりますが、週末をめどに、カテゴリを追加する予定。前回追加からだいぶ間隔開いたんで、かなり溜まってます。

やる夫ブログについて

姉妹ブログというか同一人物ブログ。
やる夫ブログ(裏)(18禁です)


 ネ タ 投 稿 お 待 ち 
 し て い ま す ! 
(↑結構心から待ってますw)

 ネタ投稿の他、転載お断りの記事、相互リンクのご希望等ございましたら、お手数ですが下のメールフォームよりお知らせください。なお、http:を付けるとエラーになってしまうようなので、ご投稿いただける際にはhttp:を抜いていただきますよう、よろしくお願いいたします。
相互リンクの反映に時間がかかってしまい申し訳ありません。気長にお待ちください。


嬉し泣き
美麗なタイトル画像を描いてくださっているのは、こちらの方々です。
本当にありがとうございます。


七市様
Shadow3_convert_20091008101141.jpg
ハルヒとやる夫、やらない夫の表情が最高のタイトル画像。冬にぴったりの美しい作品です。


1様
http://blog-imgs-15.fc2.com/y/a/r/yaruomatome/yaruoblog_title_convert_20091026144430.jpg
柔らかで暖かい雰囲気がたまらない作品。みゆきさんヤバすぎで管理人狂喜の舞を舞っておりますwww

1様のプロフィールはこちら


65様
securedownload_convert_20091008101321.jpg
同じく「やる夫がチェルノブイリに旅立つようです」より。元ネタの雰囲気をビンビンに伝えるダークな作品。


草葉様
Shadow3_convert_20091008101141.jpg 「やる夫がチェルノブイリに旅立つようです」をモチーフにしたタイトル画像です。物語の後、このタイトルを見て吹きました。

219c0c442.jpg

草葉式


味噌様
yaruoblog_convert_20090519194443_convert_20091008101235.jpg
やる夫ブログ初!物語とタイトル画像のコラボレーション!快く、最高に美しいタイトル画像を描いて下さった味噌様に感謝です!




トンボ様
minamike_convert_20090519194731_convert_20091008101216.jpg
夏にぴったりの逸品を、トンボ様よりいただきました!水着ハァハァ(´Д`;)


トンボのかんさつ日誌


ヒジキ様
nagato_convert_20091008101341.jpg
管理人のツボにはまりまくりの長門!大好きだ!結婚してくれー!



ヒジキ煮


aro様
yaruo_blog_fix_convert_20090210225801_convert_20091008101403.jpg
らきすた勢の見事な描写もさることながら、このやる夫にしてやられました。


Charged time-out


Yutaka様
RMm06_convert_20090127165950_convert_20091008101426.jpg
個人的に水銀燈が一番好きです。タイトルのセンスも◎。本当に有難うございます。





マブチョコ_m様

この魅力的なボディにくらくら!管理人はこの人の同人誌が大好きです!やる夫ブログの記念すべき初タイトル画像。全てはここから始まりました。



うにゃらら大飯店



イチオシ

やる夫がDQⅢの勇者になるようです

自らを成長させる姿に心震える
作品。普通の掛け合いなのに、
自然と笑みがこぼれる構成と
演出は見事の一言。
自分を好きになれる、極上の映
画を見た後のような読後感は、
自信を持って「最高だ!」と賞
賛できる作品です。





過去の「イチオシ」一覧を作りました。
管理人オススメ記事

管理人が抱きしめたいほど好きなやる夫作品

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。