FC2ブログ
2017 07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 09
やる夫ブログヘッドライン



【お気に入りサイト新着記事】 【カテゴリー一覧】

    
   
【最新エントリ】



スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




カテゴリー「スポンサー広告」内の最新記事

だ

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | はてなブックマークに追加

やる夫が薔薇屋敷に監禁されるようです 第三回 

115 : ◆86z7qPaqJU :08/11/30 01:23:46 ID:Dx8G1gWt
 

        _,.-‐'" ̄|`<ニ=- 、__
      ,ィ'イ    /|   ヽ    \
    .// |    / |    ヽ      \
   ./!  !  |   | |     \__    \
.ヾ、__| |  |  |__,.-┤ |      _,>‐'´了
  \| |_|  |   ノ__`ー、_,.‐'"_ _,.--┴、         ~  前回のあらすじ ~
    ヾ\_`了  f./二フ_,.-‐'"´ //     l′
    V,r'ミリ   ``7/´   _,rく/    |       カロリーメイトばかりだと飽きるのであった。
     lf`フ′   //   /|  `ー、_  ト、
    .|!|.トー──'"7  / └─ヵヾ `ー、__\
     .レ,ハ  r==_、_ ̄ ´       、_} `   {``
    l'′ヽ ヽ/  }       レイ  ト、  ``ヽ、
      ぐヘ ニニ´    _,.-='´ \_ `ーヾヾ  \
      __」 \     _,rくヽヽヽ     ̄`ー、_,
    /    `ァァ'ア´  ヽヽヽヽ
   ///       | |ヽヽ   ヽヾヾゝ







116 :名無しのやる夫さん :08/11/30 01:25:08 ID:Dx8G1gWt
 
  l/:/ ̄ ̄ />.ィ::r~1:::|ー'^⌒^⌒^⌒^⌒^ー、::.::.::.::.:
/::/ヽ  /イ:/ /|└‐┘ノ             ` ー、::.
‐ヘ?| |/ ./::/ //  ̄ ̄´/    /              \
  ? |  /::/ / ' ′|| |   |     ヽ ヽ ヽ
     |/::/ .' | |   || |   | |     | |  | l
__   <::/∨  | |   |丁 ト 、 | |     | ∥  | |      一日おきにヤクルト……
三>' ニニ、ヽ  | |   | |  \ \ ト、   | ハ  | |      いいえ、いっそ毎日……
二 イ::.::.::.::\\| '、 |弋了fぅミメ\l \  仁 T 7ヽ′     
::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.\\ \ \ ` ー<     ヽ イfテァ//イ      
二丶::.::.::.::.::.::.::.::.:ヽヘ  \ \      | }/`^ニ厶イ      
::.::.\\::.::.::.::.::.::.::.::.::ト、 ヽ ` 一      ′  _/__/  / ブツブツ   
::.::.::.::.\\::.::.::.::.::.::.::|∧  l |  ヽ==‐   > ――<\  ブツブツ
::.::.::.::.::.::.\}::.::.::.::.::.::.|::.:|  | ト、   _  ´::.::.::.::.::.::.::.::.::.::
ニ、 ::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.:ノヽ|  | |::.::.:7''´::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.

                     _____  
           r⌒ヽ、   .  / ー  ー\
          / \  \. / ( ●) ( ●)  
         _/ / ヽ   /     (__人__) \   (謝り慣れたせいか、やる夫の口が達者で助かったお。
        〈__/  . |  |       ` ⌒´   |    水銀燈の気が変わらないうちにスタコラサッサだお!)
             /  .\     i⌒\   /    
            ./   / ⌒ヽ, _.ヽ  .\/    
        .__   r  /     |/ー、\   \ 
       ."ヽ |  i,        ノ   .\^   i
         .| ヽ./ ヽ、_../   /     .  ヽ、__ノ
         .i /  //  ./   
         .ヽ、_./ ./  /    
             ./ /      
           .ノ.^/   ダッ
           |_/  







117 :名無しのやる夫さん :08/11/30 01:27:04 ID:Dx8G1gWt
 
         /__f〆:::::::::::::::::_y=ー¬冖¬―-\       /
         / .{f7::::::::: イ厂  ;′         `\    / /
        /__{f|:::::/  l l  |      ヽ  ',  ヽ  / /
.       /〈匚/イト\   | |  |       ',  i  ヽ∨ /
      /   ̄7 |l|___}〉 ∥|   | {      |   |     ∨
.     /   //  |:| ̄  | || l   | | ト      | ∥u ;    ', Y
    /   , / l  |:|    l┼ヽ\ ||| \  |ハ / | | |: l::.
  /   |:| |  |:|',   |ヽー=≧x、ヽ ゙, //_」./l  | ||:リ:.:  まったく、どうして水銀燈がこんな事を……
/     |:| |  |:| ヽ  |U 弋_リノヾ'ー |/ィ,T7/ /j / /::.::  
       |:| |  |:|  ト  ヽ   ̄      ゝ' /´ |::::/::イ::.:
    /   |    | \ \ u          / /::.::.::.::.:/_
 \/    ∧    |\   ̄   ___,. ' /´::.::.::.::.::.::.<二
___ \   / ∧    トU \      ̄` イ   |::.::.::.< ̄ ̄ ̄,
::.::.::.::\\/ /.::.ヘ   ∨>=>  _ ∠::.::.:|  |::.::.::.::.::.>   ,、
::.::.::.::.::.::.` <´\ヘ.  ∨::/∧:ト\く___|  | ̄ ̄ー―::.::.::.::.


     /:::::::::,::::::l::::ト、:::::::::::::::::::\ ::::::::::: !::::::::::::::::: \ 三三
    /::::::::::::l::::::ヽ::\\::::::::::ヾヽヽ _:::::::|::::::::::::::::::::::::ヽ 三三
    ':::/::::::::ノ:::人:::\:\ ヽ-‐:::ハ!´ ヽ :: l:::::::::::::::::::::::::::::∨三
    |::l!:::::::/::::|, -‐、'l ヽ-ゝ ゝォ=、=ァ:::ノ::::::::::::::::::::::::::::::::∨..
    |::ハ::::/:イ::|_,.= 、\     r:::ハリ イ::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::゙ 三   しょうがないよ。あの人達の中にはお父様の親戚も
    ゞ! V/::::ハ! ハリ!       ゝ- ' j/!イ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::|,,/  いるんだ。下僕に任せて下手な物を出されたら、
     /へ:::::l:|  -'            /|:::::::::::::::::::::::::::::::::::: l    僕達の品位が疑われる……
   /  l:::ヽ:::ヽ ヽ            / ':::::::::::::::,:::::::::::::::::: ノ
      ヽ:::::トー`   _ _         /:::::::::::::::/:::::::::::::::::,      あと水銀燈、毎日ヤクルトだと
       ):::ヘ     -         /:/::::::/:::/:::::::::::::::/      結局一緒じゃないかな……
       /::!:::::ハ.              /:/::::::ハ:::::::::::::::::, ´
       /::ィ::::::::::ヽ..          /:/:::::/ ノ:/!::l::ハ::/
      ,ノ/|::::::::::::!::!へ _ _    レ''!::/ ,/|リハリ ' 







118 :名無しのやる夫さん :08/11/30 01:30:16 ID:Dx8G1gWt
 
    /_{f7.::::::::::〆                 \
   / __{f7.:::::::〆   /           \  \
  厶イ7:r-、く  | |    |        ヽ   \
 〈〈__/:ハ::.Vヽ\ | |   |、          |    ヽ
. /ヾィ/ イヘヽノノ | |ヽ  | \   ',    |    | '.   わ、分かってるわよぉ……
/ /://ll |:「´   |{ 丁ヾト、|  ヽ  |!   |    |l |
  |::|  l| |:|    |ヽ弋f==,ミメ、 ' ∥  /ハ     || |   ワンパターンは止めろ、ってことよねぇ。
/|::|  || |:|ヽ   |   、_{._!ンヾ  }ノ|l /厶| , / ハ|   人間って、間食には何食べるのかしら……
  |::|  || |:| \  ヽ   ̄¨`    l/rテミ|/ / / }ノ
  |::|  l| |:|  l \ \         、ヾ' / イl/      お父様の親戚なら、高級感溢れる……
     l|     |   ` -\       ′/  ノ        ステーキはどう?
      |l    |\        ‐-,,、  / /
     ハ    ト、  、      ` イ
    / ハ     l::.\ >_,、   /  |
     / ∧   l:::::/.::7爪  丁   |


       、.::.:.  _ __ __  |
          > '"´            ̄``ヽ、
      /     . -‐.:::::::::::::.:.:.‐-....、 /
      \   ,. '´ .::::::l:l:::i:::::::、:、:::::::::::::く
        .`y' .:.:.:.:::::|:|:::|\::.\ヽヽ:、:::.\
          ,′.:.:i.:.:.:::::|:|‐i一'\::ト、|::|::l::::::::|
         l:l:::::::l::::::::::|::r==ュ、  `十Nl:::;:/!    どこの見張りが片手間にステーキ食べるんだい?
         |:l:::::::l::i:::::::N辷ソ   ,tfソ////    ……それ以前に、君の「間食」の定義にも問題があるね、多分……
         |ハ::::::l::l:::::::| ' ' ' '   、 ゙゙`レイ::|     
          ``l::l:::::::|、    -   ノ::::ハl
              l∧:::::|:.\__ ,. イ::::/
          ,. rryム:::L__ 」_.  |::/
          /.:.:`ヽい';|   ,.ィ介:、 |/`ヽ







119 :名無しのやる夫さん :08/11/30 01:31:01 ID:Dx8G1gWt
 
~ 昼 屋敷内 ~

           ___
       /      \   
      /u  ノ  \  \    ひぃ、ひぃ……
    /   (●)  (●)  \  今日も仕事が大変だお。
    |      (__人__)  u. |   
     \    u.` ⌒´  /



      / ̄ ̄ ̄ \
    /   ̄   ̄ \
  /   (●)  (●) \
  |     (__人__)    |  (お? あれは……
  \     ` ⌒´   /   確か同室の下僕だお。庭で何を……?)
     ̄(⌒`::::  ⌒ヽ
      ヽ:::: ~~⌒γ⌒)
       ヽー―'^ー-'
        〉    │







120 :名無しのやる夫さん :08/11/30 01:31:53 ID:Dx8G1gWt
 
      _j /: : : : : :: ィ_j__r t,___r\ : : : : : : j: : : : ゞ
    r': : :\: : : :;/r′       \: : : ノ: : :,.ィ
    ヽ: : : : :\/_j´   ::;'    │   ~~\: :.∧
     入: : _ .ィr' T   :::l!     ::l:   ,   ∨   ヽ.
    ′ V`´ ,  | _i__/!     ::,' _ /j::::   i: i
 /    {  \l イゝト、l ゝ  ::::/j_./j メ  ノ  l
        ハ  トゝィ,二 ヽ ヽ..ノ ',..二ヽレイ::::ノ .     いく夫登り~!
___   ::ゝ..ゝi! トrtレ!      トィt::! l!j ィ     ,.    ほら、もう一回行くのよ!
  ::::::::::: ヽ__:_ノム ゝ-'   .   ゞ- 少ーゝ . /:::::
____ :::::::: > -..> :::::  rー‐ .  :::: ゝ=--'_´_::::_
  ノ:::::::::....   フ ゝ、   、_ ノ   ,∠ト 、./´::::__
    ̄ ̄ _> ' ⌒`ヽ, -v- 、 ___ .ィ=v ´ ⌒ヽ二二r、_
      /: : : : : :/  へム  _r'_ヽヽ: : : : : :\


    ______
   ,r'.:::::::::::::::::::::::::::::.゙i
   |.|||r'⌒Y⌒γ::|||::.゙i
  .|_─ U ─' ヽ|||:::|  ぜぇぜぇ、はぁはぁ……も、もう勘弁して下さい……
  |(>)  (<) <::::::|   どこまで脱走できるかゲームなんて……
  (⌒(__人__)⌒   @)  毎回黒服の人に殺されそうになるし、命がいくつあっても足りません……
  | U ` ⌒U   U |
   \        /







121 :名無しのやる夫さん :08/11/30 01:32:47 ID:Dx8G1gWt

              〉 んx==冖⌒し'⌒ト}^ヽ、     〃
            厶≠´  / ,  /   丁⌒ヽ.、_  /ハ
         /'/    /  / /'    |  ヽ \≧!{ /
     _,. ‐ ´ .  〃,  / 〃     l|   l  ヽ 「
    「        | |  l| l,. ┼H |、   //|   |   |Y
    |.       N  lNヽハN l{   /77ヽ///   , |∧
    l \      l \{.ィ干ミ  ヽ/ノ厶イハ|/ ///  \
.   \ 了 ヽ ._r<|弋zり      行ミx .厶イ〃    ヽ  ……やれって言ってるの。
      ,.ニ|.___|‐-≧x_>' ' '   ,   弋zり /|/         }  それとも、ここで解体ショーする?
        \  / \         ' '___,厶L_       _,.ィ   うにゅ~を売れば、いっぱいお金がもらえるのよ。
   ぺ      _く   ヽ.\ ゝ,      レ==≠'_ ̄ ̄ ̄ _/
    ッ     ハト\ / .X>--― ' 辷ァく` ‐干‐ァ ̄
           /|イ ̄ ̄に.}ニニミ、     ̄了
             / ハハ  // ト    〉X|   //
        /  /   辷'ノ/  .ト、\//  ヽ  ^ヽ.
    。ィ          /./  ||  ̄    ',    \
    じ


        ______
o * 。◯,r'.::::::::::::::::::::::::::::.゙i   * o
+o + * |.::,r'⌒Y⌒γ:::::::::.゙i o *。
 + * .。 |_ノ '  ヽ_   ヽ::::::::| o *  *。
+ o    |(≡)  (≡) <:::::::|◯  + *   喜んで行かせていただきまぁ~す!
*◯   (::⌒(__人__)⌒:::::: @) o
o 。+   |  ||r┬-|     | o+゜
γ⌒~  \_ `ーlj′   /。*  *。







122 :名無しのやる夫さん :08/11/30 01:34:16 ID:Dx8G1gWt
 
            ,゙)ル ゚。 ゚V//
           ゝ'゚      ≦ ゚ パァン!
           ≧      三 ,
        / -ァ,      ≧=   なんだおアレh
        |  イレ,、     >   |
          \ , ≦`Vヾ ヾ≧  /
           / 。゚ /。・イハ\、l\




           ___
       / ;;;;;;;;;  \ ヒリヒリ
      /u  ノ;;;メ;;;\ \     (え? 近くに蒼星石や水銀燈はいないハズ……
    /   (●);;;;;(●)  \    誰に叩かれたお?)
    |      (__人__)  u. |
     \    u.` ⌒´  /







123 :名無しのやる夫さん :08/11/30 01:35:52 ID:Dx8G1gWt
 
                 __
           イ孑< ̄ヽ   入
          _く  ヽ \ ヽ.  そ\ __
         {  \  ゝ '―‐'‐-弋ヘヽ ノ‐.、
          /丶 、ゝ'        圦ミく   人
        7=-/      ヽ  ヽ  えこl! Y  ノ
       /   /    l l     ',  ', j YYノl! ; :Xー 、
       ∨ / / ; l! l!   | l./!ハ l l ソ.ノ∧   /   掃除の手が止まっているわ。
          ∨  ! ! l! l!! ; .リイ,ィュト! l! |/:∧辷/、  それに、水銀燈の命令に背いて話しもした。
          |! l ', l!斗十ヽソ ' ヘ.ソlノ| l!ノ l    ',  使えない下僕だこと。
       . へ、 ヾ. ', ィ代? ,   ::::::: イ |  l  ',  ',
      /  . .へ ゝY ヘ :::::  _   .イ | l!__ |!  ',  ',
    /   /    ,j /`ー- 、 .._// :| |: ヽ!  ',  ',


                 _,. -ァ――‐-- 、_
                / ノ* , - '^⌒"´`丶、
              / ノ  r'´         ヽ
             /  ノ * ノ    /   ,  、 ヽ
               /   l  l  //  ,  /,  jl i  ',
            /  、_ l   l l l/_/_,ィ// __ム! l l l
             ̄|`lヽj * 〈 l ,lィ'_.ノ'´ノィ' ,ィリ l,' l l  
             ,l l l  { 'l下T::::T' //ナ!;Tリ lj l  …………白饅頭?
             l l  '、  }、' ト 'ー' ´ , 'ーイ /リリ
              l l  ヽ* '、ヽ',""    "ツノノ
            l l l  {  ヾ>、   ‐_,.ィ"l´
             l l l  入  l^ヽミエ二、 l *l







124 :名無しのやる夫さん :08/11/30 01:36:48 ID:Dx8G1gWt
 
           ___
       /      \ じぃ~……
      /u  ノ  \  \
    /   (○)  (○)  \ (この体格、命令の話。ということは、この2人は薔薇乙女かお。
    |      (__人__)  u. |  ……それにこの緑の子、どことなくあいつに似た顔、髪色、真逆のオッドアイ……)
     \    u.` ⌒´  /



   |::::::'::::::::,/::::::/:::::从ヾ,.:::::::!::::::::::::::::f!リ
   |::/::::::::/:::::::::/:::::ィl;l!::::::\:リ:::::ヾリ:::::レ
   |/:::::::/::::::::::、 _:/_|:!ハ:::::::::.,\:::,:/:::::/
   |:::::::/:::::::::/:::, '/ l「 lT:::;/::::j::ィメ、:; '
   |::::/:::::,:::ィ:/,.ォ==lト,、ヾ〃:,.::/メゥ∧
   |::/::j/::/   ハ;;;;lリ  /:::/:/zォイ::|
   |'/´ j/ U  辷ゝ /:::,:::/zォ/::::!|
   |U         ノィ'レ'メハイ::::::::|   …………?
   |   '      '"´/ィ'',ハz/:|! :::::|
   |  ‐.‐  U    イ/ヒメハ/ ,l! :::::|
 i`_ー 、      ,/ハィヒメハイ ,::::l!::::: |
  ヒ  ヽl、 __ ィ !::::::/ハィヒメハイトl!:: l!::::: |
  ト`ヽ \::::ノ !`!!:::iハィヒメ/l!:::|:::::::|! ::, |
  _ ヽ ヽ Y _ノ ∨ハヒハ!:::|::::|:::::::l!: リ |
 ヽ `ヽ  ' |∠__,..lヒメハイ|::::|!:::|!:::::|:::,l:: |
    ,)    |  ,>|ヒメハイ|ト、:::::ヾ::::ヽ::::::|







125 :名無しのやる夫さん :08/11/30 01:39:41 ID:Dx8G1gWt
 
      _ }.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/   /  l   \ー 、:.:.:.:l:ヽ:くr..、
    {:.`:.:.:.:.:.:.:/     l         Y`:.:.:.:.|:..:l/.:.:.:}
     ⌒}:.:.:.:/      |    l    ト、:.:.:.:.l..:.l.:.:.イ
      {_:rュ/ /  /  !ハ   l l l  .::l _}:..ヽ|..:.|:._:小
   /  .V  .l  .:|:  | l  リ:| l .::ハ_:.:.:.リ:...l´.:ィ
  /  ...::/:{ .::| i ..:{::. !   /.::j ./ ノイ:::r‐':./:../:.:_レ
 /  ...: イ .:ハ  ト -┬ヽ、ト:.. / .:イ/jナ7:.不::.{__/:.:‐ァv'
/ /:// :/ トトヽト-ァテ=ミヽト/ノ ィテオく/イVrj、}:.:.{ィ   相手をあまりじろじろ見るものではないわ。
´..:::///    }ヽ ハヘ 赴ソ     ^ 赴ソイi :ト{にソ{^´     翠星石が怯えてしまうじゃない。
..::j//    ノイ /ヽ、   ′     ,リ /_:/⌒´
:/_ --_.ニイ//, -ァ >、  '=' _ /}/´         私は真紅。薔薇乙女、第5人形。
// ̄   /' <_:.ノ..: :`:._ァァ{、.:://:\
>‐`ー- ∠/   { :..:.:, =-Vォ}ソ/ :/:.:.:.:.:ヽ


       ____
     / ;;;;;;;;;  \
   / ─ ;;;;;;;; ─ \
  /   (●);メ;;(●)   \  (第5人形……そういえば今あるだけでも6体いるって蒼星石が言ってたお)
  |      (__人__)    |
  \     ` ⌒´     /







126 :名無しのやる夫さん :08/11/30 01:41:41 ID:Dx8G1gWt
 
  「`ー'′/    /   ヽ、 \ \  ヽl}::.:)、 \
  l_,ィ  / /   l      l 、  l `、 {:|}く\ヽ/
  ノ  ,′ !    {      | l|   |   l ):|} ノ|:「´
.  ヽ∧| , |   | l      | l|  |  l| {:|!::)|:|   蒼星石が、新しい下僕は面白いって言ってたけれど……
   |::l| | |  l  、    | l | _,厶| j| {::|}::} |」
   l:::| `、!|   \ ヽ、 |,.イ,斗予 | |{K!j |.   仕事をおろそかにして命令も守れないような下僕は、
   〈:;小、ヽヽ、T,Zニミヽj  ^ヾrシ | |ァ1 |     外で文字通り馬車馬になっている彼よりも不要ね。
    |  \ヽN {ヾtク         | ト |_|  |   迷惑なだけ、ただの穀潰し。
.   |  |   l \    `-   /!| |::..::.`:┴-、
.     |  |  |  | > 、 __ /::..::|| |::..::..::..::..::..:ト、


       ____
     /   ノ( \
   /  _ノ  ヽ、_ \
  / ノ( ●━━●   \   (穀潰し!?)
  |  ⌒ (__人__) ノ(  |
  \     ` ⌒´   ⌒/







127 :名無しのやる夫さん :08/11/30 01:43:24 ID:Dx8G1gWt
 
             パァン!
                   __
        ノ L ,゙)ル ゚。 ゚V// 〈〈〈〈
       ⌒ ゝ'゚      ≦ ゚〈⊃  ノ
      / ≧      三 ,    |
     /   -ァ,      ≧=    !
     |     イレ,、     > |   /   なんだt
     \    , ≦`Vヾ ヾ≧   /
     /    。゚ /。・イハ\、l /
   /             /
  / _            /
  (___)         /


      _ }.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/   /  l   \ー 、:.:.:.:l:ヽ:くr..、
    {:.`:.:.:.:.:.:.:/     l         Y`:.:.:.:.|:..:l/.:.:.:}
     ⌒}:.:.:.:/      |    l    ト、:.:.:.:.l..:.l.:.:.イ
      {_:rュ/ /  /  !ハ   l l l  .::l _}:..ヽ|..:.|:._:小
   /  .V  .l  .:|:  | l  リ:| l .::ハ_:.:.:.リ:...l´.:ィ
  /  ...::/:{ .::| i ..:{::. !   /.::j ./ ノイ:::r‐':./:../:.:_レ
 /  ...: イ .:ハ  ト -┬ヽ、ト:.. / .:イ/jナ7:.不::.{__/:.:‐ァv'  本当に出来が悪いわね……
/ /:// :/ トトヽト-ァテ=ミヽト/ノ ィテオく/イVrj、}:.:.{ィ   
´..:::///    }ヽ ハヘ 赴ソ     ^ 赴ソイi :ト{にソ{^´
..::j//    ノイ /ヽ、   ′     ,リ /_:/⌒´
:/_ --_.ニイ//, -ァ >、  '=' _ /}/´
// ̄   /' <_:.ノ..: :`:._ァァ{、.:://:\
>‐`ー- ∠/   { :..:.:, =-Vォ}ソ/ :/:.:.:.:.:ヽ








128 :名無しのやる夫さん :08/11/30 01:44:18 ID:Dx8G1gWt
 
             パァン!
                   __
        ノ L ,゙)ル ゚。 ゚V// 〈〈〈〈
       ⌒ ゝ'゚      ≦ ゚〈⊃  ノ
      / ≧      三 ,    |
     /   -ァ,      ≧=    !
     |     イレ,、     > |   /   このアm
     \    , ≦`Vヾ ヾ≧   /
     /    。゚ /。・イハ\、l /
   /             /
  / _            /
  (___)         /


       (::::::::::::::::://    ヽ:::_:::::::::::::::::i  l::::l:::::ハ二))
      >:::::::,.'  ′    |   ):::::::::::::::l  i:::i:::::(、二))
        て::::/   ll  l |  !|   {::::::::::::::::|  l::i:::::::::ハ〈
         しl |  l |  | | _!H‐'フ|/て::::::::::彡ミ::::::::(  !l
         l l  l _L | |ノ  rT´? | (::::::::ミ彡::::::ィ  l|l  
            ll ヽ ´ rr、    ヽ__ソ | l! {::l l::::;:::) |  リ  ……しつこい……
            ハ v)       l l | リ /:://   |  |
            ,' ハ 丶      リ ,| |//´  | |
            |  〉 、 `    lレ' | h、     |  |
            l / ||  > - ィ 〃 | | l7      |  |
            ノ'  |r j / rr、 〃  | | 〈 \    |  |







129 :名無しのやる夫さん :08/11/30 01:45:01 ID:Dx8G1gWt

 
                  __
        ノ L____    〈〈〈〈
       ⌒ \;;;;;/ \   〈⊃  ノ
      / (○);メ;(○)\  |   |
     /    (__人__)   \ノ   !  このクソ人形共! とっとと家に帰せお!
     |      ┃::::::|     |   /  穀潰しならいない方がマシだろーがお!
     \     ┃;;;;;;l    /  /  
     /    ┃ー'    \ /
   /             /
  / _            /
  (___)         /


:/: : : :/-―_´   \//   / /|: : :/ _!_! : : : : :   
ハ: : : :! 〃´ ̄__ `ヽ/ヽノ  // /ヽ//| | ヽ: :l : : : : :   
! ヽ: : ! l| /` _つヽ  | !| / /: :/-┴__- 、 ヽ!: : : : :   
ヽ \!   K´{Ξj !      // /´> ヽ ∨ ヽ: : /   
: :ヽ | | |┴┬ ‐く  ...::::::../  K´{Ξj  ! !ト /! /:
: : : :\| | |l ! ...:::::::::::::::::::::::::::::... ∨  ̄ /〃 / l/: :    
ヽ _: :\        ::::::::::::::::::::::::.「「 ` く /:/: : :   ク、クソ人形……
  ノ   ̄                  | | <´__ /   白饅頭のクセに……
  {                      /
  j \        __           /|       
 {: : : :|\     /´  _ `ヽ     /l  !    「   
 !: : : :!    、  ̄      ̄   < : : l l    ノ   
  } : : |      ー‐┬- <´: : : : ヽ: :! l   /







130 :名無しのやる夫さん :08/11/30 01:45:41 ID:Dx8G1gWt
 
.:.:.:.:.:.:. / /:.:.:./  /   ,     `、        ヽ
.:.:.:.:.:.:/ /:.:.:.く /  |    | l     ヽ     、 ヽ、
:.:.:.:.ノ /:.:.:.:.:.∥  |l l  | l    `、`ヽ    l ヽト、
:.:.:.:{  !:.:.:.::.:;ハ  |l |l  ! |  \   ヽ、\  l|  l| |
::.:.: l  |:::.:.:.::) ト、|ト、|l  } ト、ヽ ヽ、 | l|ヽ ヽ |ヽ l|ノ
::..::.:l  |:.:.:爪,斗七|廾ト-|‐1ヽ }`ヽム-l¬ ∧ノ/ }リ
ヽ.:.:ヽ. ヽ::.}| l ハ/レ=ニミ刈 |  リ  ,.ニ气 l |        ………………
  ):.:rへ_}|/ l| {l f伍}` ノ    狄l ' ハ
  ヽ、!{レ' ///   ゞ='′      ¨´ ∧ |
   ///人           '    八l |
 // /_>ト、_r个、    r¬ _/| ヽ\
// / /: /::..::..::{::..:ヽ.   /::..l`'┴:-:ヘ \
´ /   _工l::..::..::..::..ヾ::..::トァ=く::..::..:l::..::..::..::..::}ヽ、\
ノ   / : : {::..::..::..::..::..:∨{リ廻lト、::.l::..::..::..::./  ヽ、ヾーr- 、


         /    ィ7     ≠″        `¬\
      ,. '     〃   /   /           \
   ,.       rク  /    /             ハ  ヽ
  \   \   jj  /      //     /  / /  |   ゛
    \` 、ヽ {{   .′   /    /  / /   ′    ハ
     \/  V{{  |   -/―--<.  / イ / /       |   
       /  ∧{  |     |子=ミ< ̄ / / イ |    |   ……真紅?
     /  / }} i|     |├び ハ` / //ト |  | |.//   どうしたですか?
    , ′    }}. \   |` ー ′   / ァえメ、`|  | |'/
   /        {{   rf\ ヽ        lじン〃ヘ/  | |′
 /       /バ  {{\        ′  ` / /  / /
        .// {{  }} | \    ‘`    ー 二  イ//
       .//   什jト′ `   _,  r< |}}   / }}
   r―‐、i⌒ヽー  ∨| _,ニヽ__   |   |{{     ヾ!







131 :名無しのやる夫さん :08/11/30 01:47:09 ID:Dx8G1gWt
 
                 __
           イ孑< ̄ヽ   入
          _く  ヽ \ ヽ.  そ\ __
         {  \  ゝ '―‐'‐-弋ヘヽ ノ‐.、
          /丶 、ゝ'        圦ミく   人
        7=-/      ヽ  ヽ  えこl! Y  ノ    
       /   /    l l     ',  ', j YYノl! ; :Xー 、    ……「クソ人形」とは、言ってくれるじゃない。
       ∨ / / ; l! l!   | l./!ハ l l ソ.ノ∧   /    私にそう言った下僕は、あなたで2人目だわ。
          ∨  ! ! l! l!! ; .リイ,ィュト! l! |/:∧辷/、  
          |! l ', l!斗十ヽソ ' ヘ.ソlノ| l!ノ l    ',   生意気な人間の名前、聞いておこうかしら。
       . へ、 ヾ. ', ィ代? ,   ::::::: イ |  l  ',  ',  
      /  . .へ ゝY ヘ :::::  _   .イ | l!__ |!  ',  ',
    /   /    ,j /`ー- 、 .._// :| |: ヽ!  ',  ',


      ___    ━┓
    / ―\   ┏┛
  /ノ  (●)\  ・
. | (●)   ⌒)\
. |   (__ノ ̄  |   2人目?
  \        /   
    \     _ノ    ……まあいいお。やる夫は、やる夫だお。
    /´     `\
     |       |
     |       |







132 :名無しのやる夫さん :08/11/30 01:48:59 ID:Dx8G1gWt
 
      _ }.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/   /  l   \ー 、:.:.:.:l:ヽ:くr..、
    {:.`:.:.:.:.:.:.:/     l         Y`:.:.:.:.|:..:l/.:.:.:}
     ⌒}:.:.:.:/      |    l    ト、:.:.:.:.l..:.l.:.:.イ
      {_:rュ/ /  /  !ハ   l l l  .::l _}:..ヽ|..:.|:._:小
   /  .V  .l  .:|:  | l  リ:| l .::ハ_:.:.:.リ:...l´.:ィ   ……やる夫……
  /  ...::/:{ .::| i ..:{::. !   /.::j ./ ノイ:::r‐':./:../:.:_レ   あなたも「折れない意志」を持っているのは分かった。
 /  ...: イ .:ハ  ト -┬ヽ、ト:.. / .:イ/jナ7:.不::.{__/:.:‐ァv'
/ /:// :/ トトヽト-ァテ=ミヽト/ノ ィテオく/イVrj、}:.:.{ィ    無駄な下僕を嫌々ながらもこの屋敷に置く理由……
´..:::///    }ヽ ハヘ 赴ソ     ^ 赴ソイi :ト{にソ{^´     これからもあなたの意志が折れないのなら、
..::j//    ノイ /ヽ、   ′     ,リ /_:/⌒´       いずれ分かる日が来る……
:/_ --_.ニイ//, -ァ >、  '=' _ /}/´     
// ̄   /' <_:.ノ..: :`:._ァァ{、.:://:\       
>‐`ー- ∠/   { :..:.:, =-Vォ}ソ/ :/:.:.:.:.:ヽ


       ____
     / ノ  \\
    / (●)  (●)\    
  /     (__人__)  \  (今は踏み込むな、ってことかお……)
  |      ` ⌒´    |   
  \           /   
  /              \  







133 :名無しのやる夫さん :08/11/30 01:50:36 ID:Dx8G1gWt
 
     ____
   /      \
  /  ─    ─\
/    (●)  (●) \  ……ところで、外でこき使われているヤツは、やる夫と同じ部屋の下僕だお。
|  U    (__人__)    |  あいつ、掃除や洗濯はしなくていいのかお?
/     ∩ノ ⊃  /   
(  \ / _ノ |  |    
.\ “  /__|  |    
  \ /___ /



  ヽヽ「く´r}-;. :../:::::::/.: .: .: .: .:;-┘.: .: .:j´
    /ハ_/!r'.: .::!::::::::l.: .: .: .:_.:」  ヽ.:」┘
   〈,/  l| l 〕.: .:}::::::/.: .:rソ´! l |  Y
    l  /| l└i::」:;::/.: .:_」l:  |  l l |
   / ハ.|」  〈{zチ}:ツl| l外、l | l l|       
    ! l ハ ヽ  Y:::|'|: | ! }ト,ミ トヽ!ノjノイ      彼の名前はいく夫。雛苺に気に入られてしまった哀れな下僕……
   / l / \ ヽ l::::i|: l |::::ゞ'^ 〈          他の仕事の代わりに、いつも「脱出ゲーム」をさせられているの。
   ! /j  _「_ ̄¨ヽ:l: |」! rァ/          
  .! |/  ノ:. ::::: :. :.`ヽ、 ̄ ¨フ、     _,.ィ_    
  /| | /.: .: .: ,:: .: .: .: .: \:::K }    ///厶   
  !,' l!.: .: ./:: ,: .:l .:l .: .:ヽ.: .:ヽ!」! ,ノ r' T_,ヘ'´
/| :l|:. :/:. ,::::::::l.: .: .: .::|::::. :. :. ̄´}.:. :._:. :.」
 ̄l l |:::::: .: .; ::::::::ヽ .: .: .: ヽ::::. :. :. :j.: .: .:`ヽ〉
:::::| l |.: .: .: .|:::::::::/.: .: .:'::::.、:'´「--‐'.: .: .:::j:┘
ー| l l'´「 ¨ーt:'´ ̄`ヽ::___ソ.: .:j.: .: .:/







134 :名無しのやる夫さん :08/11/30 01:51:51 ID:Dx8G1gWt
 
                 _,. -ァ――‐-- 、_
                / ノ* , - '^⌒"´`丶、
              / ノ  r'´         ヽ
             /  ノ * ノ    /   ,  、 ヽ
               /   l  l  //  ,  /,  jl i  ',
            /  、_ l   l l l/_/_,ィ// __ム! l l l
             ̄|`lヽj * 〈 l ,lィ'_.ノ'´ノィ' ,ィリ l,' l l  ……あんなおばかな命令を与えるのは、
             ,l l l  { 'l下T::::T' //ナ!;Tリ lj l  それこそおばかいちごくらいですぅ……
             l l  '、  }、' ト 'ー' ´ , 'ーイ /リリ
              l l  ヽ* '、ヽ',""    "ツノノ
            l l l  {  ヾ>、   ‐_,.ィ"l´ 
             l l l  入  l^ヽミエ二、 l *l 


  「`ー'′/    /   ヽ、 \ \  ヽl}::.:)、 \
  l_,ィ  / /   l      l 、  l `、 {:|}く\ヽ/
  ノ  ,′ !    {      | l|   |   l ):|} ノ|:「´
.  ヽ∧| , |   | l      | l|  |  l| {:|!::)|:|
   |::l| | |  l  、    | l | _,厶| j| {::|}::} |」    そうね……
   l:::| `、!|   \ ヽ、 |,.イ,斗予 | |{K!j |.    水銀燈でも、あれほど悪趣味な事はしないのだわ。
   〈:;小、ヽヽ、T,Zニミヽj  ^ヾrシ | |ァ1 |
    |  \ヽN {ヾtク         | ト |_|  |
.   |  |   l \    `-   /!| |::..::.`:┴-、
.     |  |  |  | > 、 __ /::..::|| |::..::..::..::..::..:ト、







135 :名無しのやる夫さん :08/11/30 01:54:02 ID:Dx8G1gWt
 
  (::::::::::::::::://    ヽ:::_:::::::::::::::::i  l::::l:::::ハ二))
  >:::::::,.'  ′    |   ):::::::::::::::l  i:::i:::::(、二))
    て::::/   ll  l |  !|   {::::::::::::::::|  l::i:::::::::ハ〈
    しl |  l |  | | _!H‐'フ|/て::::::::::彡ミ::::::::(  !l   ……そうだわ、一応言っておくけれど……
     l l  l _L | |ノ  rT´? | (::::::::ミ彡::::::ィ  l|l  
      ll ヽ ´ rr、    ヽ__ソ | l! {::l l::::;:::) |  リ  今、あなたは命令に背いて話しているでしょう……
        ハ v)       l l | リ /:://   |  |   これは、私と翠星石がこの下僕制度に反対しているから。
        ,' ハ 丶      リ ,| |//´  | |  
        |  〉 、 `    lレ' | h、     |  |   その辺の下僕よりは見所があるみたいだから、
        l / ||  > - ィ 〃 | | l7      |  |   他の薔薇乙女が見ていない時なら、話しても構わないわ。
        ノ'  |r j / rr、 〃  | | 〈 \    |  |


          ____    
        /      \   
       /  ノ    \ \    
     /  (●)  (●)  \  逆に言えば、誰か見てる時なら容赦なく叩くってことかお。
     |  ∪  (__人__)     |  ……それでも、蒼星石や水銀燈よりは優しい方だお。
      \     ` ⌒´    ,/
        /          \ 







136 :名無しのやる夫さん :08/11/30 01:55:25 ID:Dx8G1gWt
 
       ____
     / ノ  \\
    / (●)  (●)\    
  /     (__人__)  \    それにしても、下僕制度に反対? 蒼星石や水銀燈は、賛成ってことかお?
  |      ` ⌒´    |     薔薇乙女も一枚岩では無いようだお……
  \           /   
  /              \  


                 __
           イ孑< ̄ヽ   入
          _く  ヽ \ ヽ.  そ\ __
         {  \  ゝ '―‐'‐-弋ヘヽ ノ‐.、
          /丶 、ゝ'        圦ミく   人
        7=-/      ヽ  ヽ  えこl! Y  ノ    反対しているのは私と翠星石だけ……
       /   /    l l     ',  ', j YYノl! ; :Xー 、   下僕は心から忠誠を誓って、初めて真の下僕になる。
       ∨ / / ; l! l!   | l./!ハ l l ソ.ノ∧   /   強制的に従わせて、そこに絆が生まれる訳も無いのに……
          ∨  ! ! l! l!! ; .リイ,ィュト! l! |/:∧辷/、
          |! l ', l!斗十ヽソ ' ヘ.ソlノ| l!ノ l    ',  ……彼のようになったら、そこで終わりよ。
       . へ、 ヾ. ', ィ代? ,   ::::::: イ |  l  ',  ',  あなたはどうかしらね、やる夫……
      /  . .へ ゝY ヘ :::::  _   .イ | l!__ |!  ',  ',
    /   /    ,j /`ー- 、 .._// :| |: ヽ!  ',  ',







137 :名無しのやる夫さん :08/11/30 01:56:55 ID:Dx8G1gWt
 
~ 夕食時 食堂 ~


    +        ____    +
      +   /⌒  ⌒\ +
   キタ━━━//・\ ./・\\━━━━!!!!
    +   /::::::⌒(__人__)⌒:::::\  +
        |  ┬   トェェェイ     |       今日も仕事の疲労でメシがウマい!!
     +  \│   `ー'´     /    +
     _|\∧∧∧MMMM∧∧∧/|_
     >                  <
   /  ─ /  /_ ──┐ヽ|  |ヽ  ム ヒ | |
 \/  ─ / / ̄ /   /  | ̄| ̄ 月 ヒ | |
  ノ\ __ノ   _ノ   \   / | ノ \ ノ L_い o o



   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ●)(●)   今は薔薇乙女がいないからいいものの……
. |     (__人__)    いたら確実にパァン!だろ、常識的に考えて……
  |     ` ⌒´ノ
.  |         }
.  ヽ        }
   ヽ     ノ        \
   /    く  \        \
   |     \   \         \
    |    |ヽ、二⌒)、          \







138 :名無しのやる夫さん :08/11/30 01:57:48 ID:Dx8G1gWt
 
       ____
     /⌒  ⌒\
   /( ●)  (●)\
  /::::::⌒(__人__)⌒::::: \   お? お前、同室の下僕だったかお。ええっと……
  |     |r┬-|     |
  \      `ー'´     /



   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ●)(●)  ……やらない夫だ。
. |     (__人__)   お前は確か、やる夫、だったか?
  |     ` ⌒´ノ
.  |         }
.  ヽ        }
   ヽ     ノ        \
   /    く  \        \
   |     \   \         \
    |    |ヽ、二⌒)、          \







139 :名無しのやる夫さん :08/11/30 01:58:55 ID:Dx8G1gWt
 
         ____
       /::::::::::  u\
      /:::::::::⌒ 三. ⌒\
    /:::::::::: ( ○)三(○)\    なんでやる夫の名前を知ってるんだお?
    |::::::::::::::::⌒(__人__)⌒  |   昨日はお前と話してないハズなのに……
     \::::::::::   ` ⌒´   ,/
    ノ::::::::::u         \




      真紅が言ってたんだよ。
      命令には従うけど、言いたいことは言う下僕だとか?
          
   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ●)(●)             ___
. |     (__人__)            /      \
  |     ` ⌒´|           /─    ─  \   真紅がそういう事を話す相手……
.  |        }  \      / (●) (●)    \  もう1人の「折れない意志」って、
.  ヽ        }     \     |   (__人__)       |  もしかしてやらない夫のことかお?
   ヽ     ノ       \   \   ` ⌒´     _/
   /    く. \      \  ノ           \
   |     \  \    (⌒二              |
    |    |ヽ、二⌒)、      \         |  |







140 :名無しのやる夫さん :08/11/30 02:00:18 ID:Dx8G1gWt
 
   / ̄ ̄\
 / ノ  \ \
 |  (●)(●) |
. |  (__人__)  |   懐かしいな。「折れない意志」……
  |   ` ⌒´  ノ    1年前に俺がここに来た時、真紅に言われた言葉だ。
.  |         }   俺は命令に何1つ従わない下僕だったんだが、それが珍しかったらしい。
.  ヽ        }
   ヽ     ノ        \
   /    く  \        \
   |     \   \         \
    |    |ヽ、二⌒)、          \


             ____
           /      \
          / ─    ─ \    
        /  (●)  (●)  \  命令に何1つ従わない?
        |  ∪  (__人__)     |  そんなことして殺されないのかお?
          \     ` ⌒´    ,/
           /          \







142 :名無しのやる夫さん :08/11/30 02:03:11 ID:Dx8G1gWt
 

   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ー)(ー)     俺は、お前と違って弱い人間なんだよ。
. | u.   (__人__)     一度でも、命令を聞けば暴力を振るわれないという甘い蜜に気づいてしまったら、
  |     ` ⌒´ノ     いく夫のようにあっさりと屈伏してしまうだろう……
.  |         }
.  ヽ        }     だから、俺が自分を保つ為には、死んでも命令なんかに従う訳にはいかない。
   ヽ     ノ      ……ところが、俺は運が良かったから、こうして生き延びている……
    i⌒\ ,__(‐- 、
    l \ 巛ー─;\
    | `ヽ-‐ーく_)
.    |      l



              / ̄ ̄ ̄ \  ホジホジ
            / ―   ― \      
           /   (●)  (●)  \    
           |     (__人__)      |    運が良かった? どういうことだお?
           \   mj |⌒´     /
              〈__ノ
             ノ   ノ







143 :名無しのやる夫さん :08/11/30 02:04:58 ID:Dx8G1gWt
 
     / ̄ ̄\
   /   _ノ  \     ちょっと遠回りな話になるが……実はみんな、最初は脱出の為に色々考えていたんだ。
   |    ( ー)(ー)    いく夫とできる夫は、薔薇乙女に取り入って、解放してもらうつもりだったらしい。
.   |     (__人__)
    |     ` ⌒´ノ    だが結果は悲惨。いく夫は上手く雛苺に取り入ったが、仕事はより悪化して心が折れた。
   .l^l^ln      }     できる夫は仕事ができることをアピールして取り入るつもりだったが
.   ヽ   L     }      口先だけで生きてきたあいつは何もできず、薔薇乙女の神経を逆撫でした。
    ゝ  ノ   ノ
   /   /   \       
  /   /      \      
. /    /     |ヽ、二⌒)、 
 ヽ__ノ



           ___
       /      \   
      /u  ノ  \  \ 
    /   (●)  (●)  \  逆撫で……考えただけでもゾッとするお……
    |      (__人__)  u. | 
     \    u.` ⌒´  /







144 :名無しのやる夫さん :08/11/30 02:07:23 ID:Dx8G1gWt
 
   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ●)(●)  そして、今はいないが……やってられっか夫というヤツもいた。
. |     (__人__)   こいつは少し変わっていて、仕事なんてやってられないと言い続けることで、
  |     ` ⌒´ノ   薔薇乙女が根負けするのを狙ったんだ。
.  |         }   
.  ヽ        }    命令に従わないという点では、俺と全く同じタイプだった。
   ヽ     ノ    俺は根負けなんて狙ってない、自分の保身の為だったけどな……
   /    く  
   |     \   \         \
    |    |ヽ、二⌒)、          \


                ____   ,
              /     \  -
            / ―   ― \`
           /   (● ) (● )  \   ふーん。それで、やってられっか夫はどうなったんだお?
           |     (__人__)      |
           \ .   `⌒´     /
.           mj~i
           〈__ノ
          ノ   ノ







145 :名無しのやる夫さん :08/11/30 02:08:09 ID:Dx8G1gWt
 
        / ̄ ̄\
      /       \
      |::::::        |    殺された。
     . |:::::::::::     |
       |::::::::::::::    |          ....,:::´, .
     .  |::::::::::::::    }          ....:::,,  ..
     .  ヽ::::::::::::::    }         ,):::::::ノ .
        ヽ::::::::::  ノ        (:::::ソ: .
        /:::::::::::: く         ,ふ´..
-―――――|:::::::::::::::: \ -―,――ノ::ノ――
         |:::::::::::::::|ヽ、二⌒)━~~'´


                ____   
              /     \ 
            / ―   ― \
           /   (●)  (●)  \   え?
           |     (__人__)      |
           \ .   `⌒´     /
.           mj~i
           〈__ノ
          ノ   ノ







146 :名無しのやる夫さん :08/11/30 02:09:44 ID:CF7TsiI5
あっさりと……







147 :名無しのやる夫さん :08/11/30 02:10:46 ID:Dx8G1gWt
 
   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \     
 |    ( ●)(●)    「折れない意志」が真紅に気に入られた俺は、殺される対象にはならなかった。
. |     (__人__)     やり放題の薔薇乙女でも、姉妹のお気に入りには手を出さないらしい。
  |     ` ⌒´ノ    
.  |         }     だから、俺は運が良かった、って言ったんだ。
.  ヽ        }       真紅に拾われたおかげで、今では真紅以外から命令されることも無くなった……
   ヽ     ノ      薔薇乙女が居ても自由に喋れるのは、中々悪くないぞ。
   /    く       
   |     \       
    |    |ヽ、二⌒)         


      _____
    /    u \ 
   /:::::ノ::::::::::::\::::\   
 /  <●>::::::<●>  \  ……やってられっか夫は、誰かのお気に入りにならなかったのかお?
 |    (__人__)   u.  |  
 \   .` ⌒´     /







148 :名無しのやる夫さん :08/11/30 02:12:56 ID:Dx8G1gWt
 
        / ̄ ̄\
      /       \                 残念ながらな……
      |::::::        |                それどころか、ある薔薇乙女が、ヤツを疎ましく思っていた。
     . |:::::::::::     |                
       |::::::::::::::    |          ....,:::´, .  ある日……いつものように命令に背いたあいつに、
     .  |::::::::::::::    }          ....:::,,  ..  薔薇乙女が何の気まぐれか「御苦労様」なんてぬかしやがった。
     .  ヽ::::::::::::::    }         ,):::::::ノ .    
        ヽ::::::::::  ノ        (:::::ソ: .     そして次の瞬間……やってられっか夫は「ジャンク」にされた。
        /:::::::::::: く         ,ふ´..        本来は警告無しだが、死ぬ前に一声かけた、って事だったのか……
-―――――|:::::::::::::::: \ -―,――ノ::ノ――      
         |:::::::::::::::|ヽ、二⌒)━~~'´




         __ ,゙)ル ゚。 ゚V//   パァン!
       /    ゝ'゚      ≦ ゚
      /  u  ≧      三 , 
    /      u-ァ,      ≧=  ジャンク!?
    |       イレ,、     >    その言いかt
     \    u , ≦`Vヾ ヾ≧ 
    ノ       。゚ /。・イハ\、l







149 :名無しのやる夫さん :08/11/30 02:14:02 ID:Dx8G1gWt
 
              / /:::::,. :::´:::;. ,-―ベ" ̄  `
           /  /::::::/:::; イ  |    \ \   \
              /  /:::/:::/ /    |      ヽ  ヽ     ヽ
          /  |:/::::/  :′|  |        ヘ       ハ  
        イ二 >r<   i  |          ,  i  |廴  
      < </ / 不ヽ ヾ\ |  !ヽ  ヽ  \    l   |  |?  
         \__'/ /|::| イ/| \\  \   ヽ  | ィハ  ハ|   お食事時は話も弾むようねぇ、下僕達……
         //  / |::|ー'   |、ヽ \\  \ |l /,.イ/ / / jノ   
      //  /   |::| i    ', >\"\二  ヽ|レゞ'イ/ イ|、    
      /::::/  /   i!::! ヽ   ヽ >イ l!ノ,.`      7  / | >.   
  \.__/::::/  /    /::/   \  \ ` ´        〉/ /
   \ヾ{  /    /::/i    |イ\ \    _,. ィ /イ i\
    / \<..._∠ イ∧   Vヘ.` ー一    ̄ ´/:::| | ト \ ̄ヽ
ー===  ̄:::::::::::::::::ー―ヘ   ∨7`;―::>r―‐:'::.:::| | |:::> `  、



   / ̄ ̄\   水銀燈……
 /   _ノ  \  
 |   (○ )(○ )           ,゙)ル ゚。 ゚V// 
. |     (__人__)            ゝ'゚      ≦ ゚ パァン!
  | U   ` ⌒´|           ≧      三 , 
.  |  U     }  \      / -ァ,      ≧=\   水g
.  ヽ        }     \     |  イレ,、     >  U |  
   ヽ     ノ       \   \ , ≦`Vヾ ヾ≧  _/   
   /    く. \      \  ノ  。゚ /。・イハ\、l \    
   |     \  \    (⌒二              |   
    |    |ヽ、二⌒)、      \         |  |







151 :名無しのやる夫さん :08/11/30 02:15:26 ID:Dx8G1gWt
 
      |:.:.:.:.:.::|:.:./__/_l:.:ヽ:.ヽ\:.:.:.\:.:.: l:.:. , :.:|
      |:.:.:.:.::.:レ´:.l/__-_ i`.|\:.ヽ弋:_十 !.:|:.::/.:.:.|  こんばんは、やらない夫に……やる夫。
      |:.:.:.!/ィく7ァ¨Tヾ、:!  \! ,ォV== 、:./:.:.:.:.!  真紅から聞いたよ、君の名前。
     l:.:.:イ:.: ! ゝうノ   \     tゞrケ j/::..:.:.: !  
      ,:.:.ハ:.ヽ        i     ` ´ /:./.:.:. ,   名前なんてモノの本質を示すには至らない些細なもの。
     !::.:.:..ヽ:_ゝ      __       , 'イ.:.:.: ,.'   でも必要なもの。だから大切にした方がいい……
      ヽ,:.:ヾ:.ヽ!ヘ.   ` ´    ,..イ:.: /.:.:.:/   
       \:ヾ:.| γri 、    . ィ'__レ'j/!:.:.,     名前すら呼ばれないまま死んでいく下僕が、
   __ ,r、  _..ゝ`´  \ ` ´ /  ` ヽj/  _    この1年でどれだけいたか……
   ノ_ヽ!ノ´       _ヽ,_,/__     ` {^Y _j



        ___
       /  ;;;;;;; \ ヒリヒリ
     / ─;;メ;;;;;;─ \
    /  <●>;;メ;;<●>  \.   (1年……この下僕制度は、1年前に始まったのかお?
    |   U(__人__)    |    そういえば、やらない夫がここに来たのも1年前……)
    \    ` ⌒´    /
    /              \







152 :名無しのやる夫さん :08/11/30 02:17:06 ID:Dx8G1gWt
 
        / ̄ ̄\
      /       \
      |::::::        |       今、やってられっか夫の話をしてたところだ……
     . |:::::::::::     |     
       |::::::::::::::    |          ....,:::´, .
     .  |::::::::::::::    }          ....:::,,  ..
     .  ヽ::::::::::::::    }         ,):::::::ノ .
        ヽ::::::::::  ノ        (:::::ソ: .
        /:::::::::::: く         ,ふ´..
-―――――|:::::::::::::::: \ -―,――ノ::ノ――
         |:::::::::::::::|ヽ、二⌒)━~~'´


          ,. -─=ニ_ー- 、        
         / ヽ ヽ.   _≧、マ>_      
         /  l ! l ! }ヽ ((._ィ个、_)).     
        / /   j l j L.j  !   i | ヽ ヽ  /
     /i !   /ィ´ |/,.ィ |  〃| l ヽ ヽ./ /  ……そんなのもいたっけぇ……
      / | い  / ノ,ィ(ぅノ !  / ヽ! j  }  / /    すぐ壊れちゃったから、あまり覚えてないわぁ。
    i | l トト、i{   ー'′/ ,1   / /!ノ  /  
     l ハ ヽく,.ィr,、    ∠ '´ j  /1/i l //.     それで……下僕の惨めさでも新入りに教えていたのかしら?
     \ヽヽヽヾ   /   /   /-ト/ /       哀れな最初の下僕……
       メ T ヽ、 ´   /  ∠-┴ 、    _ 
      {  |   /l> 、._/ ,.イ二=--  \-r-─
      l ハ.| / il  / / /       ヾ  
      ヽ弋 i  l_メ,ィ´ /  ィニT ー 、   〉 







153 :名無しのやる夫さん :08/11/30 02:18:02 ID:Dx8G1gWt
 
   / ̄ ̄\    
 /   _ノ  \  ……まあ、そんなところだ。
 |   ( ●)(●)  
. |     (__人__)____
  |     ` ⌒/ ─' 'ー\  最初のg
.  |       /( ○)  (○)\
.  ヽ     /  ⌒(n_人__)⌒ \  
   ヽ   |、    (  ヨ    |
   /    `ー─-  厂   /
   |   、 _   __,,/     \




          喋るなっつーの!
    ___  ちょっとは学習しろ!
    /    \       ___
  /ノし   u;  \   ;/(>)^ ヽ\;
  | ⌒        ) ;/  (_  (<) \;    
  |   、       );/   /rェヾ__)⌒:::  ヾ;   (反射的につい……
  |  ^       | i   `⌒´-'´  u;  ノ;;   やらない夫が最初の下僕だったなんて、そりゃ驚くお!)
  |          | \ヽ 、  ,     /;   
  |  ;j        |/ \-^^n ∠   ヾ、
  \       / ! 、 / ̄~ノ __/ i;
  /      ⌒ヽ ヽ二)  /(⌒    ノ
 /       r、 \ /  ./   ̄ ̄ ̄/







154 :名無しのやる夫さん :08/11/30 02:19:49 ID:Dx8G1gWt
 
   / ̄ ̄\   
 /ノ( _ノ  \
 | ⌒(( ●)(●)   ったく、こいつらが来ると不愉快でしょうがない。
. |     (__人__)   やる夫、飯は食ったんだし、とっとと部屋に戻るぞ。
  |     ` ⌒´ノ   
.  |         }
.  ヽ        }
   ヽ     ノ        \
   /    く  \        \
   |     \   \         \
    |    |ヽ、二⌒)、          \



       __{〆..:::::::::〆        `  、
    /_{f7.::::::::::〆                 \
   / __{f7.:::::::〆   /           \  \
  厶イ7:r-、く  | |    |        ヽ   \
 〈〈__/:ハ::.Vヽ\ | |   |、          |    ヽ
. /ヾィ/ イヘヽノノ | |ヽ  | \   ',    |    | '.
/ /://ll |:「´   |{ 丁ヾト、|  ヽ  |!   |    |l |
  |::|  l| |:|    |ヽ弋f==,ミメ、 ' ∥  /ハ     || |  不愉快なのはお互い様ねぇ。
/|::|  || |:|ヽ   |   、_{._!ンヾ  }ノ|l /厶| , / ハ|  消え失せなさい、無力な下僕……
  |::|  || |:| \  ヽ   ̄¨`    l/rテミ|/ / / }ノ
  |::|  l| |:|  l \ \         、ヾ' / イl/
     l|     |   ` -\       ′/  ノ
      |l    |\        ‐-,,、  / /
     ハ    ト、  、      ` イ
    / ハ     l::.\ >_,、   /  |
     / ∧   l:::::/.::7爪  丁   |







155 :名無しのやる夫さん :08/11/30 02:22:01 ID:Dx8G1gWt
 
       〈   , -一'"´   _ __ _   ``)
      ヽ/.:.::::::: :., .:.:.::::::::::::::::::::::.:.ヽ 〈
      _ノ´.:.::::::::.:/.:::l::::.ヽ.、:.:.::::::::.ヽ:.:ヽト、
    < .:.:.:.:.::::, .イ .:.:.:j.::lト、トト、.:、:.:.::::::`,:::j::|
      \_, イ .:.::i.:.::::/:/  >ヽ{ ` ー=ュ、l:::|/  
       `i1.:.:.:::|;:ィイ/-‐'´   ,trハYl::〈
          |ト、.:.::|.::::|,ィ〈fオ{`    ゞ' i!::/   ……相変わらず不遜だね、彼は。
         |l.::ヽ.:!.::::l  ""´   ゝ ' ' ノ/    真紅の後ろ楯が無くても、きっとあんな態度なんだろう……
        ト、.::.ミ.:.:::::、     ‐ /l     
            `ヘ.:.い>‐ -- イ:::/
            >⌒`ー- 、_」:/|::/_
       ,rェrr<     , ィ只<^ヽ T:.:ヽ
       レ'^ヽ 人  / /7^j:ト、ノ〉!{:::::.\


        /イ;小ヽノ::/ | | | \ ヽ \  ゙,       l l  ヽ
      〈:{_/:/ |:|`ー'  | |、rr==≧ミメ、  \ i     イ | j   '
        ヾ:/ |:||    | l `_ゝ'ノヾー    |  / |/|.′   l
      //  |:|∧   |  `''" ̄`     lイ=ミメ、lノ  ′| |
     /::/   |:| ヽ   '、          、 ヽ'_ヘ /  / /| |
.    /::/   |::|  \  ヽ        /   ゛''/ イ/ jノ  
   /{:::{    レ′  |`   \   r=ー 、        ハ ノ }    今すぐジャンクにしてやれないなんて、忌々しい……
、  /  ̄   /|   |         ̄`ー'     / / イ     いつまであんな奴をのさばらせておくの、真紅ぅ……
::::V       / |     |             ー ニ´- ' ノ    
―‐ 、 、   /  !   |            イ |        
::.::.::.:..\\′ / l  | ___ \  ,  i´ l  |     
.::.::.::.::.::...\\/  |   |7/::.::.::.::>ト二.   | |  |     







156 :名無しのやる夫さん :08/11/30 02:23:39 ID:Dx8G1gWt
ここで区切りです。読んでくださった方々、ありがとうございました。







157 :名無しのやる夫さん :08/11/30 02:24:49 ID:hl2430i7
乙乙







158 :名無しのやる夫さん :08/11/30 02:25:33 ID:09sZDQKt
面白かったよ
オツ








159 :名無しのやる夫さん :08/11/30 02:25:35 ID:NshPYf+U
乙!







160 :名無しのやる夫さん :08/11/30 02:25:41 ID:i9TMBT1C
乙よぉ







161 :名無しのやる夫さん :08/11/30 02:26:34 ID:FCbJC641
乙っす







162 :名無しのやる夫さん :08/11/30 02:26:50 ID:fuV6pNoM


この画像はこのスレのために存在してたとしか思えないな
http://rozen.no-ip.org/contents/rozen_uploader2/src/1226787236487.jpg
1226787236487.jpg






163 :名無しのやる夫さん :08/11/30 02:27:13 ID:5Us6VtkC
>1、おつ
じわじわといい味が染み出てくる作品だな








164 :名無しのやる夫さん :08/11/30 02:33:34 ID:nO2ukl5y
面白い







165 :名無しのやる夫さん :08/11/30 03:18:30 ID:DuSjnGxX
>>162
このヒナになら踏まれても良いと思った。







166 :名無しのやる夫さん :08/11/30 08:36:28 ID:G8Zo1ye9
ふむう 面白い








167 :名無しのやる夫さん :08/11/30 11:56:44 ID:NxjBNCWE
たまらんな








168 :名無しのやる夫さん :08/11/30 17:56:06 ID:aNNoxcdt
家畜人ヤプーのようなやりきれない感情が沸きあがって来る内容だ
癖になるな








169 :名無しのやる夫さん :08/11/30 18:51:58 ID:wX8mq4AY
次はいつだ?







関連記事
スポンサーサイト
[PR]

デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!




カテゴリー「やる夫が薔薇屋敷に監禁されるようです」内の最新記事

だ

    やる夫板なんてのができてたのか
    [ 2008/12/04 17:09 ] [ 編集 ]
    強く不快にさせられるわけでもなく、
    やるおのボケと突っ込まれ方も面白いし、
    妙に魅力のある作品だよね。
    こういうのはちょいとバランスを崩すと読まれなくなり安いタイプの作品だと思うんで、1は上手いと思う。
    [ 2008/12/04 17:44 ] [ 編集 ]
    短いのがにくいねw
    次が読みたくなる
    >>1乙管理人乙
    [ 2008/12/04 18:07 ] [ 編集 ]
    面白い
    [ 2008/12/04 19:13 ] [ 編集 ]
    こんなに次回が気になる作品は初めてだ

    面白すぎる
    [ 2008/12/04 19:27 ] [ 編集 ]
    何を命令されても「やらない」夫、てことか
    センスあるじゃん
    [ 2008/12/04 19:41 ] [ 編集 ]
    読んでいて飽きない。
    次の展開が読めそうで読めない。
    想像力が掻き立てられて、興味深い。
    [ 2008/12/04 20:26 ] [ 編集 ]
    メシウマ状態w
    [ 2008/12/04 20:59 ] [ 編集 ]
    結構気に入ってるし良作だと思うんだが
    いかんせん短くてちょっと我慢できない耐えられない待ちきれない
    [ 2008/12/04 21:10 ] [ 編集 ]
    面白い故の生殺しのような短さ
    でも、次もかなり期待してます
    [ 2008/12/04 21:22 ] [ 編集 ]
    ※8780
    その発想はなかった
    [ 2008/12/04 21:37 ] [ 編集 ]
    家畜人ヤプーw
    確かにどこか似てる気がする
    [ 2008/12/04 21:40 ] [ 編集 ]
    作者が亡くなったニュースが出た翌日にその名が出るとは>家畜人ヤプー
    [ 2008/12/04 22:58 ] [ 編集 ]
    ようやく作者の書きたいことがつかめ出してきたわ
    雛苺のキャラ付けが上手い。そうだよ、人間はミーディアムだもんな
    緊張感をはらんだローゼンものは久しぶりかもしれん
    [ 2008/12/04 23:35 ] [ 編集 ]
    一回分が確かにちょっと短いからいつも燃焼不足になるwにしても適度にイライラくる銀様と蒼い子は新鮮だ。

    そのせいでかたいしてしゃべってないのに翠が女神のように見えてきた。
    [ 2008/12/05 02:35 ] [ 編集 ]
    先が読めないがなんとなく予想
    やる夫は翠の娘に好かれる
    [ 2008/12/05 03:36 ] [ 編集 ]
    画像のリンク切れてるwwwくやしいのうwww
    [ 2008/12/22 21:37 ] [ 編集 ]
    キムシジャンがいないのかしら
    [ 2009/07/20 21:10 ] [ 編集 ]
    コメントの投稿













    管理者にだけ表示を許可する
やる夫ブログについて
20101110:「やる夫はロス市警の警部のようです」を掲載させていただきます。本当にお待たせして申し訳ございません。これ以降も随時、更新の途絶えていた作品を掲載していきたいと考えております。ご迷惑をおかけして申し訳ありませんが、どうか長い目で見ていただければ幸いです。

20101030:「やる夫のサクラ大戦」にて、記事の掲載順序を誤りました。 作者様、および楽しみにしていた読者様にお詫び申し上げます。 申し訳ございませんでした。

20101004:「やる夫たちが夢の国で遊ぶようです」につきまして、こちらの不具合で記事が切れてしまっております。作者様、及び楽しみに読んでくださっている読者の皆様にご迷惑をおかけしてしまい、申し訳ありません。
一度下書きに戻させていただきます。よろしくご了承ください。
「やる夫で学ぶことわざ」の作者様より、やる夫ブログ用のスポンサー案内をいただきました!本当にありがとうございます!さっそく使わせていただきます!

20100811:皆様、大変ご無沙汰しておりました。ぼちぼち更新を再開できればと考えております。
「やる夫がDQⅢの勇者になるようです」についてですが、コメントを頂けるのは大変うれしいのですが、他作品のコメント欄での投稿はご遠慮願えれば幸いです。
恐縮ですが、ご協力よろしくお願いいたします。

20091222:年末なので順調に更新量が減っております。今日明日はお休み、再開一発目は「やらない夫の超兄貴」になる予定です。作者様、まとめが遅くなり申し訳ございません。

20091208:今週クソ忙しいので、かなり更新が減ります。ご了承ください。

20091116:更新の調子にもよりますが、週末をめどに、カテゴリを追加する予定。前回追加からだいぶ間隔開いたんで、かなり溜まってます。

やる夫ブログについて

姉妹ブログというか同一人物ブログ。
やる夫ブログ(裏)(18禁です)


 ネ タ 投 稿 お 待 ち 
 し て い ま す ! 
(↑結構心から待ってますw)

 ネタ投稿の他、転載お断りの記事、相互リンクのご希望等ございましたら、お手数ですが下のメールフォームよりお知らせください。なお、http:を付けるとエラーになってしまうようなので、ご投稿いただける際にはhttp:を抜いていただきますよう、よろしくお願いいたします。
相互リンクの反映に時間がかかってしまい申し訳ありません。気長にお待ちください。


嬉し泣き
美麗なタイトル画像を描いてくださっているのは、こちらの方々です。
本当にありがとうございます。


七市様
Shadow3_convert_20091008101141.jpg
ハルヒとやる夫、やらない夫の表情が最高のタイトル画像。冬にぴったりの美しい作品です。


1様
http://blog-imgs-15.fc2.com/y/a/r/yaruomatome/yaruoblog_title_convert_20091026144430.jpg
柔らかで暖かい雰囲気がたまらない作品。みゆきさんヤバすぎで管理人狂喜の舞を舞っておりますwww

1様のプロフィールはこちら


65様
securedownload_convert_20091008101321.jpg
同じく「やる夫がチェルノブイリに旅立つようです」より。元ネタの雰囲気をビンビンに伝えるダークな作品。


草葉様
Shadow3_convert_20091008101141.jpg 「やる夫がチェルノブイリに旅立つようです」をモチーフにしたタイトル画像です。物語の後、このタイトルを見て吹きました。

219c0c442.jpg

草葉式


味噌様
yaruoblog_convert_20090519194443_convert_20091008101235.jpg
やる夫ブログ初!物語とタイトル画像のコラボレーション!快く、最高に美しいタイトル画像を描いて下さった味噌様に感謝です!




トンボ様
minamike_convert_20090519194731_convert_20091008101216.jpg
夏にぴったりの逸品を、トンボ様よりいただきました!水着ハァハァ(´Д`;)


トンボのかんさつ日誌


ヒジキ様
nagato_convert_20091008101341.jpg
管理人のツボにはまりまくりの長門!大好きだ!結婚してくれー!



ヒジキ煮


aro様
yaruo_blog_fix_convert_20090210225801_convert_20091008101403.jpg
らきすた勢の見事な描写もさることながら、このやる夫にしてやられました。


Charged time-out


Yutaka様
RMm06_convert_20090127165950_convert_20091008101426.jpg
個人的に水銀燈が一番好きです。タイトルのセンスも◎。本当に有難うございます。





マブチョコ_m様

この魅力的なボディにくらくら!管理人はこの人の同人誌が大好きです!やる夫ブログの記念すべき初タイトル画像。全てはここから始まりました。



うにゃらら大飯店



イチオシ

やる夫がDQⅢの勇者になるようです

自らを成長させる姿に心震える
作品。普通の掛け合いなのに、
自然と笑みがこぼれる構成と
演出は見事の一言。
自分を好きになれる、極上の映
画を見た後のような読後感は、
自信を持って「最高だ!」と賞
賛できる作品です。





過去の「イチオシ」一覧を作りました。
管理人オススメ記事

管理人が抱きしめたいほど好きなやる夫作品

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。