FC2ブログ
2017 09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 11
やる夫ブログヘッドライン



【お気に入りサイト新着記事】 【カテゴリー一覧】

    
   
【最新エントリ】



スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




カテゴリー「スポンサー広告」内の最新記事

だ

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | はてなブックマークに追加

やる夫が薔薇屋敷に監禁されるようです 第四回 

170 : ◆86z7qPaqJU :08/12/01 00:28:17 ID:KuR8BVPn
 
           _,.-‐' ゙̄ト-l ̄\___   /|
       |\,rくヽ    |  ヽ  l ト、 / |
       .|  \l l     |  ヽ  ヽ∨.  |            ~ 前回のあらすじ ~
       ト、    l l_  |   ヽ_,//  |
        .| |    | l_  ̄ヽ  / //_  |     やってられっか夫がジャンクにされていたのであった。
        | リ   _/r‐ミ、  `T´ ∠>`ーイ    
        レ┴二ニ='ーr'l´ ̄  \ ̄l l´ ̄|
      ≧ |.     | |  __,r 个 、_l |   |    
       |`ァ‐r 、  ト‐'´   !  `L_l^\
        |/  ト `ー┘ -‐' 二 ̄    ト、 \   < 投下は完全に不規則らしいぞ! すまんな!
      /// ノ              /-ヘ┬` 
     / / rく__{ヽ_         ,ィ'  /  \
     ´}   | r┴‐‐ァァ-ニ=-┬'ニ´┴i /    \







171 :名無しのやる夫さん :08/12/01 00:28:51 ID:KuR8BVPn
 
~ やる夫達の部屋 ~


     |┃三       
     |┃         
     |┃         
 ガラッ. |┃                    
     |┃  ノ//   ./ ̄ ̄ ̄ \       
     |┃三    /  ̄    ̄  \     やれやれ、一触即発だったお。
     |┃     /  (●)  (●)  \   やらない夫もそんなにムキにならなくても……
     |┃     |    (__人__)     |     
     |┃三   \    ` ⌒´    /      
     |┃三   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ \


   / ̄ ̄\      |┃┃
 /   _ノ  \  三 |┃┃
 |    ( ●)(●)   . |┃┃て
. |     (__人__)    |┃┃ て
  |     ` ⌒´ノ  ...|┃┃(    巻き込んで悪かったな。けど、やってられっか夫はいい奴だったんだ。
.  |         }  三 |┃┃     それを殺した水銀燈を前に冷静ではいられないだろ。
.  ヽ        }     .|┃┃
   ヽ     ノ三   .|┃┃ピシャ
   /    く  \  .|┃┃
   |     \   三....|┃┃
    |     |ヽ、二⌒) .|┃┃







172 :名無しのやる夫さん :08/12/01 00:29:19 ID:KuR8BVPn
 
    ______   
   ,r'.:::::::::::::::::::::::::::::.゙i  
   |.::,r'⌒Y⌒γ:::::::.゙i 
  .|_─    ─' ヽ::::::|    今日も疲れました……
  |(=)  (=) <::::::|    仕事が終われば自由だっていうのが、唯一の救いですね。
  (⌒(__人__)⌒   @)    この時間だけは、ゆっくりしても怒られないし……
  |   ` ⌒´     |  
   \        /  


          ____
        /     \
      / ⌒   ⌒ \    いやぁ、僕も今日は頑張りましたよ!
     /   (●)  (●)  \  1日でダンボールを100個運ぶノルマを見事、50個まで達成しました!
    |      __´___    . |
    \      `ー'´     /







173 :名無しのやる夫さん :08/12/01 00:30:10 ID:KuR8BVPn
 
   / ̄ ̄\
 / ノ  \ \
 |  (●)(●) |
. |  (__人__)  |   半分しか終わってねーだろ!
  | U ` ⌒´  ノ    薔薇乙女に怒られるぞ、常識的に考えて……
.  |         }
.  ヽ        }
   ヽ     ノ        \
   /    く  \        \
   |     \   \         \
    |    |ヽ、二⌒)、          \


         ____
       /     \
     /  ノ   \ \    そりゃあ怒られましたけど……
    /   (⌒)  (⌒)  \   いつもは30個とかなんで、これでも頑張った方なんですよ。
   |  U   __´___    . |   いつまでも口だけ口だけって言われたくないですからね。
   \      `ー'´     /








174 :名無しのやる夫さん :08/12/01 00:31:22 ID:KuR8BVPn
 
    ______   
   ,r'.:::::::::::::::::::::::::::::.゙i  
   |.::,r'⌒Y⌒γ:::::::.゙i 
  .|_ ノ    \' ヽ::::::|    今更ですけど、僕も真紅様に気に入られて、
  |(●)  (●) <::::::|    やらない夫さんみたいにニート生活をしたかったですよ。
  (⌒(__人__)⌒   @)    ……あ、これ褒め言葉ですから。
  |   ` ⌒´  U  |  
   \        /  


   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \      分かってる。ここではニートこそが勝ち組だからな。
 |    ( ●)(●)
. |     (__人__)     (薔薇乙女を様付けで呼ぶようなヘタレを
  |     ` ⌒´ノ      真紅が気に入る訳無いだろ、常識的に考えて……)
.  |         }
.  ヽ        }
   ヽ     ノ        \
   /    く  \        \
   |     \   \         \
    |    |ヽ、二⌒)、          \







175 :名無しのやる夫さん :08/12/01 00:32:20 ID:KuR8BVPn
 
   / ̄ ̄\
 / ノ  \ \
 |  (●)(●) |    ……あれ? 誰か足りないと思ったら……
. |  (__人__)  |   ギャル夫はどうした? 食堂にはいなかったが。
  |   ` ⌒´  ノ
.  |         }
.  ヽ        }
   ヽ     ノ        \
   /    く  \        \
   |     \   \         \
    |    |ヽ、二⌒)、          \


         ____
       /     \
     / ⌒   ⌒ \   先程楽しそうに出かけていきましたよ。
    /   (⌒)  (⌒)  \  多分、別室のギャラない夫くんやニダ夫くんと、朝までバカ騒ぎするのでしょう。
   |      __´___    . |
   \      `ー'´     /







176 :名無しのやる夫さん :08/12/01 00:34:16 ID:KuR8BVPn
 
           ___
       /      \      ギャル夫……あのリア充っぽい、チャラチャラしたヤツかお。
      /u  ノ  \  \    
    /   (●)  (●)  \  バカ騒ぎとは、修学旅行気分で楽しそうだお……
    |      (__人__)  u. |   やる夫はとても今の状況を楽しむ気にはなれんお。
     \    u.` ⌒´  /



   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ●)(●)  美味い飯も食えるし、時間が経てば友人もできる。
. |     (__人__)   この環境に一度慣れてしまうと、抜け出せないのかもしれない……
  |     ` ⌒´ノ   
.  |         }   だけど、俺はやる夫と同じ意見だ。最後まで脱出を諦めるつもりは無いぞ。
.  ヽ        }
   ヽ     ノ        \
   /    く  \        \
   |     \   \         \
    |    |ヽ、二⌒)、          \







177 :名無しのやる夫さん :08/12/01 00:35:04 ID:KuR8BVPn
翌日の朝  

        ___
      /      \
   /          \
  /   ⌒   ⌒   \     昨日は腹いっぱいでよく寝れたお!
  |  /// (__人__) ///  |     それにギャル夫とかいうヤツが帰ってこなかったから、
. (⌒)              (⌒)    寝るスペースも少し大きめに取れたし……
./ i\            /i ヽ 



       ____
     /      \
   / ─    ─ \
  /   (●)  (●)   \  (おっと、蒼星石だお! 口チャーック!)
  |  U   (__人__)     |  
  \     ` ⌒´     /







178 :名無しのやる夫さん :08/12/01 00:35:29 ID:4UVKVcdv
まさかの遭遇。






182 :名無しのやる夫さん :08/12/01 00:38:18 ID:KuR8BVPn
 
..       /`ヽミ_ミミミミ.ミミミミミ_彡: :‐''": : : : iヘ
      , : : : : :l: |: : 「 ̄: : : :'; : : : \: : : : : : : l: ,
      |: : : : : |: !: :ト、: : :ト、: :ヽ:. : : :.ヽ.| : : : : |: |
      |: : : : : |: l : | ヘ: : .';.ヽ: : ヽ: : : : l: : : : : |: |
      |、: : : :.|: l : |  ヽ : ヽ ヾ,,..\‐テ: : : :. :.|: |
       |:ハ: : : : 「| ̄!`   \: ´ _ヾ,.ニゞ: : : : : :| :|   ……ああ、おはよう、やる夫……
      ′ヽ: ト、 k`rェ‐ュ、  ``´}k. zリイ : : : : : !|   今日も早起きだね……
          \:.ヘ`ゞ-`'     ` "´.|: : : /:l:ハ|
            |`.ヘ''''  ` _    ```l: : :/: ./. ′
           lルヽ`> 、 ___,.. イ´.|/:/ル/
           __,ヽィ-イ >ュ ''´ _ルソ`>、
          /´:.:.:r '//イ/| ト<"´ // ):.:.:.ヽ


       ____
     /      \
   / ─    ─ \    ………………
  /   (●)  (●)   \  
  |      (__人__)     |  (なんか、テンション低くないかお?)
  \     ` ⌒´     /






184 :名無しのやる夫さん :08/12/01 00:39:34 ID:KuR8BVPn
 
       .l |.:|.:l.:::l.:| .::|.:.::l::::|:::|.:.:::|:::ト、 .:.:::::.\
      | |.:|.:|.:::ト|、.:|.:.:l:::::|:::|.:.:::|:::|::::ト、:.:.::::/
        `V.{.:l.::lrr?l:::/l.::ナナ:::::l:::l:::l::::::::Y´
         V .:N じソl/ l/rr=ミ.:::!:::!::::::,′
           `11' ' ',    」いシ.l/::l:/.::::/   流石に、2度も同じ轍を踏むことは無いか……
         |.:ト、       ' ' '/:::.:,.::,:::/    また叩いてあげようと思ったのに。
         |.:!::::>、`    _ノ;.:::/:/ノ
         l::::/l:/´ 丁二l:::::.:/´ ̄ユ、   ……いいよ、今くらいは話しても。
         l:/ ',rチ7´ 」 |:::/ノ´~~ヽ」
         ' r='7::::フ fシ' l/      ヽ
         〃 /.:::/ fシ′    ',   ヽ


       ____
     /⌒  ⌒\
   /( ●)  (●)\
  /::::::⌒(__人__)⌒::::: \   ……やっとやる夫も認められてきたってことかお?
  |     |r┬-|     |  
  \      `ー'´     /







185 :名無しのやる夫さん :08/12/01 00:41:29 ID:KuR8BVPn
 
   /.:::::::::::::::::::::::::::  -┬―  ―-  :::::::::::::::::::::\    勘違いしない で欲しいな。朝食が食堂でかつ君がこんな
   \ /.:::::::::  ´/   ! l     \  `ヽ、::::::::::::::::\   朝早く起きてこなければこんなこと絶対に言わないよ。
    ヽ _/  / /   /! ト、         \ \:::::::::::::_ヽ 部屋から食堂に来る道中では同室でも無ければ誰にも
       / l   !/ / l !、 \     !  ヽ ヽ /    会うことはない。だから食堂で最初に会った場合の挨拶は
        ! 、!_l_l∠ _   ! l \ \   !、  l  ハ     決まって朝の挨拶「おはよう」だ。大体挨拶ができない者は
      l  l ̄!_‐_-`ヽ、! !  、ヽ ヽ__l_ヽ ! / !      社会で生きていけやしないしそれは至極当然の行為だろう。
      !  !  ト、 !イj !ヽ  !    ̄_-ヽ! ∨ /  l       だから必ず朝食を摂る僕はここで絶対に挨拶をする事になる。
      l  ハ. ヽ ゞ= '    ヽ 〃斤j 「>/ ′ /      「おはよう」という意味の挨拶をした場合返ってくる言葉は
        ! l ヽ、\       .    `¬′// / /         9割以上の確率でやはり「おはよう」という意味を持つだろう。
        ! !  ト、 ̄    _        _/  / /        なぜならそう返ってこないと言った側が不愉快になるから。
          !  ! \     `     〃 / ′         昨日のように君が挨拶を言いかけて僕が叩くならともかく
        ヽ!  !   >  _   -‐ ´// /          無言の挨拶が返ってくるのは僕としても極めて不愉快なんだ。
        / Y⌒> ´ .::::::::::::::::::`>―‐ <   /       僕は不利益になるような事はあまりしたくない。分かる?


          ____
       / ノ  \\
      / (●)  (●)\
    / ∪  (__人__)  \        
    |      ` ⌒´    |        どこを縦読み? 誰が読むんだお、こんなの……
     \ /⌒)⌒)⌒)   //⌒)⌒)⌒)
    ノ  | / / /   (⌒) / / / /  (全然元気だお……やる夫の勘違いだったみたいだお)
  /´    | :::::::::::(⌒)  ゝ  :::::::::::/
 |    l  |     ノ  /  )  /
 ヽ    ヽ_ヽ    /'   /    /
  ヽ __     /   /   /







186 :名無しのやる夫さん :08/12/01 00:43:05 ID:KuR8BVPn
 
       ____
     /      \ 
   / ─    ─ \     
  /   (●)  (●)   \   でも……それならやる夫だけじゃなくて、
  | U    (__人__)    |   他の下僕の人にも朝の挨拶くらい……
  \     ` ⌒´     /



       ./´::.::.::.::.::/:l::.::.::.::.::.:\::.:`ヽ:::::ヽ
.       ,'::.::.::.::.::.〃∧::l::ヽ::、::.::.ヽ、::.`、:l:
      |::.::.::.フ7¬‐、ヾ、:\>、:|-ヘ::.::.}::!:|   
       {::.::/代了圷ミヽ. \行‐t予l:ノ/::|   
         !::.::.::.:| ゞ-'′  \  辷シ '/:/::./  他の下僕? こんな時間に起きてくる物好きは君と僕ぐらいだよ。
       |::.::.::.:ゝ       ,       厶ノ::.;′  昨日は水銀燈が来たけれど、いつもなら彼女は朝抜きだから。
       ヽ.::.::l|ヽ、    r-、     /::.::/
           \:ト、:j> 、   _,.ィ:´::;:l:: /
             ヽ ` ,.イ `¨´ ト、レ'|/ |:/







187 :名無しのやる夫さん :08/12/01 00:44:18 ID:KuR8BVPn
 
        ,' /.:.:;′/:/.:.:::/:/!::::|::ト、 .:.:.:.:::::::|::|::i .:.::::::::::::::.:
         l/.:.::;'.:.:/./.:::ノ::/ |:::::|::ト、ヽ.:.::::::|:::|::|::| .:.::::.:::::::::::|
        |:l:::::l::::|:::レ':ナナヽ|:::::l::l\ヽ.:‐:十:|十!、.::::::::::::::/
        lハ::l::::|:::レ'´ ‐- |:::/l/  \::::::|:::|::|::| .:.::::.:::|:./  元気な朝は蒼星石のベーコンから、なんてね……
            ',l::::|:::|  _  |/       `` ``7!.:.:::::.:::|/.  僕に翠星石みたいな台詞は似合わないか。
           ト、ト::ト、´ ̄`ヽ     ‐==ミ、 ./:!:.:.::::::::|   
            ヽ:|:::|::!             /./.:.:::::::::;′   あ、座る時は20席以上離れてね。
              `l:::|::ト、    _`_      /::/.:::::::/l/    
           |:::!.l.:::>、     `   ,..イ::/::::::::/
           |.::::::/:::/ニ>.--‐ <ニ7⌒:::::/  


      _____
    /    u \ 
   /:::::ノ::::::::::::\::::\  
 /  <●>::::::<●>  \   いちいち言われなくても分かってるお……
 |    (__人__)   u.  |  
 \   .` ⌒´     /







188 :名無しのやる夫さん :08/12/01 00:44:55 ID:KuR8BVPn
 
~ 昼 ~

        ___
      /     \
     /─    ─  \   
   / (●)  (●)    \    (ふぅ、これで洗濯物は全部干せたかお……
   |    (__人__)  ∪   |     おっと、休んでたらまた怒られるお)
   \  ⊂ヽ∩     /       
     |  | !、_ \     )



    / ̄ ̄ ̄ \
   /        \   
 /     ―   ― \      (えーと、次の仕事は……
 |    ( ●)  ( ●) |        薔薇に水をやれ? なんか他の仕事に比べて妙に簡単そうだお)
 \     (__人__) / ))
   リ     ` ⌒´/ ̄/ ̄/ チラッ
  (|        /  / と)
  と|       /  /  /







189 :名無しのやる夫さん :08/12/01 00:46:37 ID:KuR8BVPn
 
~ 庭 ~

       _____
    /    u \ 
   /:::::ノ::::::::::::\::::\   (でも、やる夫をここに閉じ込めた原因であるこの薔薇に水をやれなんて……
 /  <●>::::::<●>  \   仕事を命じた奴は嫌がらせをしてるとしか思えないお……)
 |    (__人__)   u.  |  
 \   .` ⌒´     /


         ____
       /      \
      /  u   ノ  \
    /      u (●)  \  (さーて如雨露はどこに……ゲエッ!?
    |         (__人__)|   あれは水銀燈と翠星石だお! こんなところで一体何を……)
     \    u   .` ⌒/
    ノ           \







190 :名無しのやる夫さん :08/12/01 00:49:04 ID:KuR8BVPn
 
             ,. -ー' 二二二 ー- 、
            //: ̄__:::::::::::::::: ̄`:::ヽ
.         /〃'::::::/´ノ〉):_ノ_ノ::::::::::::::::::\
         //´::::::__,ィ:ゝ-':__,:::-──- 、::::::::::ヽ
         /゙::::::::::/ ̄ ̄\ ヽ\  ヽ \::::::::ハ__
         !:::::::/ヽ      ヽ ', ヽ  \ ヽ>,仁》
      _ |::::ハ  ',       l }   ! !  ',<ノ||\    何よぉ、そんなにムキになっちゃって……バカみたい。
      《ニハ_ゞ、 \ \    ! ||  | |__ || l | \>     酷く傷んだ薔薇なんて、無くて当然じゃなぁい?
       ソ|| \\ \ \   | .从,ィ匕Lィ|| | | 〈´    雑草と同じで、他の薔薇の命を吸い取ってしまう……
.        | ', \\,.>一ゝ, |/ /,ィチzノノ | | l  |ヾ   庭師のあなたがそれを知らない筈無いでしょう?
        ハ \ \ィチ乏ラミヾ'   ` ̄ / //   l ',)   
 ̄:::`ヽ、  〈/|:} ヽ,\ \ ̄   、     / // /  l ヽ 
/:::;:ィ:::::\ //|  |\\ `ゝ    -= '  /!// /   !   ∨:::::::::':
:::/:::::ハ::::∨ム'〉 「`::ゝ,\_个 ーtヽ_ /─ヘ,ィ' l   |l  /::::__::::\
::::::://__;/:::::|  |::::::::::ヘ   !:::::| |::::ハ;:::::_::_:::ヽl   l| 〈::::::::::\:::
:/;::///::::::::::: ! / :::::::::::::} |:::::::l! !/  ∨ } /::::/ / ハ`ゞ 、::::\

               _rー-'⌒^⌒'ー-、_
              r'´r、_r'^;ォ冖-、     ト、
             /¨フ::///l::ヽ\`Z l } >
             〉/:://l::/::|::.::l:ヽ::ヽ〉|∨        しっかり育ててやれば、元の綺麗な姿になるです!
             ,イ/:://::l|:l::.:レ';:l|_」⊥|〉 |l 八       それをあろうことか引っこ抜くなんて……
              l;ハ::.|:l::.」Hx/::.;ノ,ォ示:l〉〃{::l:|
             |:::ヾl:找オ   ゞイ:{   )|:ト、           「 ̄`ヽ   
             ∧;」::|ヾ`′'_ , ∠:{   厶l_|::\            〉   _〉  
            / /  l::/>z 、 ,.ィ刋 ノ:.:.:.:.:ヽ、/ ̄二ニヽ、_  // ̄
              / /l  〃/::.:;r-‐介v' /;.:.:.:.:.:.:/7:W´: : : レヘ/レ' /
          / // /::l/r个ヽ/| |/ //:.:.:.:.:.//: : : : : : :;: -'´ /
          !/{  {::./:./}|  /∥ //:.:.:.:. ∧/L: :rヘ/  ,.イ
           /::/  V:.:.:.{ニ{ / | | |:.:.:.:.:/ __从| /  /: :|
          /::.::/   /:.:.r仁{ | /  〉ヾ、:√   ̄`丶、/|/||
.      /_rr'フ〉   〉:r佐/__〉  〉 `r个 、     \ |
     /::/ {{ /:.{    V└冖-ヘ/|   ヽ=彳 ∨/`丶、__Уト、







191 :名無しのやる夫さん :08/12/01 00:49:09 ID:8R8LL2Ak
離す席が前より十席分少なくなってるな







192 :名無しのやる夫さん :08/12/01 00:50:03 ID:KuR8BVPn
 
    /_{f7.::::::::::〆                 \
   / __{f7.:::::::〆   /           \  \
  厶イ7:r-、く  | |    |        ヽ   \
 〈〈__/:ハ::.Vヽ\ | |   |、          |    ヽ
. /ヾィ/ イヘヽノノ | |ヽ  | \   ',    |    | '.
/ /://ll |:「´   |{ 丁ヾト、|  ヽ  |!   |    |l |
  |::|  l| |:|    |ヽ弋f==,ミメ、 ' ∥  /ハ     || |  お父様は最期に、薔薇を絶やすなと仰ったのよぉ?
/|::|  || |:|ヽ   |   、_{._!ンヾ  }ノ|l /厶| , / ハ|  一面に広がる美しい薔薇の姿……お父様の願い。
  |::|  || |:| \  ヽ   ̄¨`    l/rテミ|/ / / }ノ  
  |::|  l| |:|  l \ \         、ヾ' / イl/      それなら、ジャンクなんて邪魔なだけじゃなぁい?
     l|     |   ` -\       ′/  ノ        惨めな姿を晒すくらいなら、消えた方がマシよねぇ……
      |l    |\        ‐-,,、  / /
     ハ    ト、  、      ` イ
    / ハ     l::.\ >_,、   /  |
     / ∧   l:::::/.::7爪  丁   |


    ヽ   l /  /         \ ヽ   /
     ',   {/   /  /   :l      ` 、 !  /
     ヽ  〉.:.: /  /   .:/.:  l.:. ヽ   l|/l
       Y .:.:. /.:  /  .:./,イ ハ.:. ...:|   :|:.:.:| 
       | |.:.:. l.:.:. // , イ.:.//:.:/  \.:.:| ...:|:.:.:|    お父様はとても丁寧に薔薇を育てていたです!
       | |.:.:. |`'lメ∠_////__, -ー'ヾ:|:  :|:.:.:l    薔薇がどんなに傷んでも、それを摘み取るようなことは
       |、ヽ.:.:ヽィ圷ミ    ィ圷ヾ.:.:.:|::.::l    しなかった筈ですよ!
       | lヽ\| 弋r:シ      弋r:シ |.:.:.:ノ:.:.:.',
      /.:|  \ヽ;::::::::    ,  ::::::::::::ノ_/ |.:.:.:.:':、
       /.:.:.l   | 弋    ,. _    フl  /.:.:.:.:.:.:ヽ
      /.:.:.:.:ヽ  ヽ __ >、___  `_,.ィ< /  /.:.:_.:.:.:.:',
     /:./:`∧  | |` ̄ \ヾ/ノ ̄ ∨  {'´: : : : :\.:.\







193 :名無しのやる夫さん :08/12/01 00:50:37 ID:KuR8BVPn
 
           ,ィtvt‐z______
          ,> '´ 、    `丶、_`ヽ、r―‐r、
        //    }ヽ、  ヽ /7/|`ト、_} |
        ///    |l /| |l ト、  } ヽニ∧| ヽニヽ、
      / / l    l/ l| |l | _レ1ト、 ヽ |\ \_ヽ\
.     / / l l |   /  | ,化「 l ハl|   |ハ  ̄丁 \ヽ 
    /  { | ト、l /| イ/ノ 」厶-刋  ,′ l   ヽ、 {ノ   ……まあいいわ……
     l l  | |{ L斗 l  / 彳」沙′/ /  l|    ト、    おばかさんの翠星石と意見が合うなんて思ってない……
     | |  ! 七´≧弍ヘ/      / イ   |    ヽ.`ヽ  合わせようとも思わないわぁ。
    !ト、\ V´{沙        // l     |ヽ     \
 r、  l ヽヽ、ヾ二、  ヽ _,      |     ト、 \     
__ヽ:\「\ \`ー=ニ   `       |    | ヽ、` r冖、
::.:ヽ.>:;: -―┴―个-、       _∠]   ,イ_,.. ‐'´::.::.::.:.  
::._:/   , -ヘ_厂  、`ヽ ‐- イ、_::.:l , /::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.:


            / ノ´,. .‐.: : : ̄: :、:‐. 、`ヽ \
         /   //: :./: : : : : : :l: : : :.\ヽ \
          <  ヽ/: : : :/: : : : : : /: :.l: : :、: : :ヽ/   >
           丶、/: : : ::/: : : : ::::〃:/:.|:: : :.l: : : :.', /   
           l:l: :-:、l.: :::::::://://:∧:::._;l:-!: l:.|!    こっちからお断りですぅ!
          ,l:l: : : ::|><__/ ' / '_,. へ:.|: l: :|::!l    水銀燈のどあほう!
          l:.|:|: : : ::lz=ュ   ′ z=ュ.リ:://: l   
         l: :Nヽ: : :ヽ     '       /:://: : :.l
          l: : /il ヽ、ヽヽ   /二ヽ  / '// ̄`ヽ!
          l: /   il  li、``  |   |  /' li:.   ヽ
          l:/    il   li `丶、ヽ-- ,' ィ .il  li::.    ヽ
        ,/     il.※.li    ,.ィ`不ヽ、 il.※.li::::::..   ヽ







194 :名無しのやる夫さん :08/12/01 00:52:22 ID:KuR8BVPn
 
         ____
       /::::::::::  u\
      /:::::::::⌒ 三. ⌒\     
    /:::::::::: ( ○)三(○)\    (……水銀燈はどこかへ行ったようだお……
    |::::::::::::::::⌒(__人__)⌒  |    っと、それより仕事をしないといかんお。如雨露はどこに……)
     \::::::::::   ` ⌒´   ,/ 
    ノ::::::::::u         \



          、__ー────t-_- 、__
        , ':.:.:.:.:.:\    ´ li ヽ  f 「`ー、
      /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\        ヾヽ  \
   , イ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\       l }   \
  ./.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:../:.:.:.:.:.:..:.:.:ヽ _ヽl!/_  l }     \
  /:.,ィ :..|:.:.|:.|:.://ヽ:.ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:\. l!ヽ  l }   ゝ  \       
 '::// :.:.|::.:|:.レ:/__  ヽl:.:.:.:.: .:.:.::.: l     l }    __    \     
  l:.| {:.:.:.:|、:.l/ィ´ ̄ ´  lト,:.:./ :.:.:.:..:.!,    l }    _     \    
 丶! ヽ :.|乂./ __    ヽV:.:.:.:.:.:.::/i    l }   √ .:.: ̄ ̄ ` ヽヽ   ……如雨露は、裏の倉庫ですぅ。
    へ!i.ソ ,,== ゝ   /:.:.:.:.:.::./ f! /   l }__ノ : .:.:.:.:|  ___\!  
     r           /イ:.:.:.:.:./ = .=  l }ハ:.:.:.:.:.:.:.:.|!/       
     丶  _      '/:.:.:. _イ / i! ヽ /ノ:.::.:.:.:.::.:.:.:|         
       \``   _,ノ-‐ ' ノ /      / ).: .l:.:.:.:.:.:.:.:|
        ヽ.       /       / ):.:.:.: |:.:.:.:.:.:.: |        
        / ` ー─┐  '!l!/_   / フ:.:.:.:.: | :.:.:.:.:.:.:|
        /i!ヽ ノ  rー イ/ ヾ  / 7:.:.:.:.:.:.:.:ヽ:.:.:.:.:.:ヽ  







195 :名無しのやる夫さん :08/12/01 00:52:54 ID:KuR8BVPn
 
         ____
       /      \
      /  ─    ─\
    /    (●)  (●) \
    |       (__人__)    | 
     \      ` ⌒´   ,/ .
    ノ           \ 





         ____
       /      \
     / ─    ─ \
    /   (●)  (●)   \
    |      (__人__)    |
    \     ` ⌒´     /
    /           \ 







196 :名無しのやる夫さん :08/12/01 00:54:30 ID:KuR8BVPn
 
             ,.'"´    ̄ ̄``ヽ、
              / ,. -‐ ーー --‐- 、 `丶、
          / /           `ヽ   \
           〈 ム. '"´ ⌒⌒ ``ヽ    \  \
          V/   .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. \   ヽ  \ 
          〃.::.::!.l::!.:..:.:.:.;.::/.://.::l:::::::::.`、   ヽ  ヘ
           〃.:::l:::l::|:|::l:::::/:/:://:::ハ.:;.:.:::::.`,   V.:l:l`
         ./:::;:::::l:::l::|:|::l::/:/ //::::/ l:|:l:::::!::!::{!   !:::l:|  ……水は上から掛けないで、下の方にあげるです。
        l::l::l:::::|:十ナl:< /::∠_ 」トト、:l::l:::{!   !:::l:|  薔薇が傷んでいても、絶対に摘んじゃいけないです。
         |::l::l:::::|:|:|yテ〒ミ/::/´,t==ミ、:ト、::{!   !::::l:!  それに気をつけて、仕事をするですよ。
         |::ト:ト、:|:|:| f辷ソ   _f辷シノl:l::l:::{!   !::::l:| 
         ``Vハ1:ト、, , , 、    , , , , l::://{!   !:::l::!
           i `ヽ小、   _       ノ//.::{! i .j!:::l::|  
           | ‐米 f{:.>.、  `   ,. イレハ.::::{! 米j!::::l::! 
          ,/|    ,f{::l::l::>==<__ ノ⌒ヽ:::〉 !〈:::::l::|
        / .!   ! ,fレ'/``V,ィ介入      〈   〉:::l::|


           ___   ━┓
         / ―  \  ┏┛
        /  (●)  \ヽ ・
       /   (⌒  (●) /     ……確か、翠星石と真紅の前なら喋っていいんだったかお。
       /      ̄ヽ__) /
.    /´     ___/       なんで、やる夫が水をやりに来たって知ってるんだお?
    |        \
    |        |







197 :名無しのやる夫さん :08/12/01 00:55:20 ID:KuR8BVPn
 
         _,. -ァ――‐-- 、_
        / ノ* , - '^⌒"´`丶、
      / ノ  r'´         ヽ
     /  ノ * ノ    /   ,  、 ヽ
      /   l  l  //  ,  /,  jl i  ',  
    /  、_ l   l l l/_/_,ィ// __ム! l l l  その仕事を言いつけたのは、翠星石ですぅ……
     ̄|`lヽj * 〈 l ,lィ'_.ノ'´ノィ' ,ィリ l,' l l  
     ,l l l  { 'l下T::::T' //ナ!;Tリ lj l  いつもは翠星石が水をあげてるですが、今日はこれから用事があるです。
     l l  '、  }、' ト 'ー' ´ , 'ーイ /リリ   それで真紅に相談したら、お前かやらない夫に頼めと言われたです……
      l l  ヽ* '、ヽ',""    "ツノノ    
    l l l  {  ヾ>、   ‐_,.ィ"l´ 
     l l l  入  l^ヽミエ二、 l *l 



      ,゙)ル ゚。 ゚V//  パァン!
     ゝ'゚      ≦ ゚
    ≧      三 ,\    
  / -ァ,      ≧= \   ほう、ちょっとはアテにs
  |  イレ,、     >   |
  \ , ≦`Vヾ ヾ≧  /
     。゚ /。・イハ\、l







199 :名無しのやる夫さん :08/12/01 00:56:07 ID:KuR8BVPn
 
                 /,  -―‐-、\     
                // ,.  -――‐\\   
.             // /::::::::::::::}、ヽ :::: ヽ._>  
         / _」 /:::::::::::_:/ ヽ}___」_,  
.          ∠__`ト辻:::::::'´_/   ノ◯' !   やらない夫が仕事するなら、あいつに任せてますぅ。
           / ::| |l{ ̄ ̄‐◯      }i    お前は消去法で選んでやったのに、自惚れてんじゃねーです。
            / ::: | |lト、         ̄Z /l|   
         /:::::::::| |l|__ヽ、       ´ /| l|   まったく、なんでお前みたいな生意気白饅頭に……
          / :::::::::,i |l| <l ` ー―一 '^!、| l|   


          ____    
        /  ;;;;;;;;  \   
       / ─ ;;;;;;;; ─  ノ( 
     /  (○);;メ;(○) ⌒  …………
     |      (__人__)     |
      \     ` ⌒´    ,/
        /          \ 







201 :名無しのやる夫さん :08/12/01 00:57:09 ID:KuR8BVPn
 
~ 夕食時 食堂 ~

                 __
           イ孑< ̄ヽ   入
          _く  ヽ \ ヽ.  そ\ __
         {  \  ゝ '―‐'‐-弋ヘヽ ノ‐.、
          /丶 、ゝ'        圦ミく   人
        7=-/      ヽ  ヽ  えこl! Y  ノ    
       /   /    l l     ',  ', j YYノl! ; :Xー 、   やらない夫、またそれだけしか食べないの?
       ∨ / / ; l! l!   | l./!ハ l l ソ.ノ∧   /  健康な成人男性がそれで足りるとは思えないけれど……
          ∨  ! ! l! l!! ; .リイ,ィュト! l! |/:∧辷/、
          |! l ', l!斗十ヽソ ' ヘ.ソlノ| l!ノ l    ',
       . へ、 ヾ. ', ィ代? ,   ::::::: イ |  l  ',  ',
      /  . .へ ゝY ヘ :::::  _   .イ | l!__ |!  ',  ',
    /   /    ,j /`ー- 、 .._// :| |: ヽ!  ',  ',


   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ●)(●)   今の俺はニートだからな……あまりがっつくのも悪いだろ。
. |     (__人__)   
  |     ` ⌒´ノ    それに全然働かないから、実はそれほど腹減ってないし。
.  |         }
.  ヽ        }
   ヽ     ノ        \
   /    く  \        \
   |     \   \         \
    |    |ヽ、二⌒)、          \







202 :名無しのやる夫さん :08/12/01 00:58:28 ID:KuR8BVPn
 
       (::::::::::::::::://    ヽ:::_:::::::::::::::::i  l::::l:::::ハ二))
      >:::::::,.'  ′    |   ):::::::::::::::l  i:::i:::::(、二))
        て::::/   ll  l |  !|   {::::::::::::::::|  l::i:::::::::ハ〈
         しl |  l |  | | _!H‐'フ|/て::::::::::彡ミ::::::::(  !l
         l l  l _L | |ノ  rT´? | (::::::::ミ彡::::::ィ  l|l  ……こんなやり取りを繰り返すのも、何度目かしら?
            ll ヽ ´ rr、    ヽ__ソ | l! {::l l::::;:::) |  リ  あなたが来て、もう1年……
            ハ v)       l l | リ /:://   |  |  
            ,' ハ 丶      リ ,| |//´  | |   今でも、この屋敷から出たい?
            |  〉 、 `    lレ' | h、     |  |
            l / ||  > - ィ 〃 | | l7      |  |
            ノ'  |r j / rr、 〃  | | 〈 \    |  |


        / ̄ ̄\
      /       \
      |::::::        |                 ……本心を言うと、働かずに世話になり続けて……
     . |:::::::::::     |                ここで暮らした方がいいんじゃないかと思うこともある。
       |::::::::::::::    |          ....,:::´, .
     .  |::::::::::::::    }          ....:::,,  ..   だけど、俺が昔読んだ本に、こんな言葉が書いてあった。
     .  ヽ::::::::::::::    }         ,):::::::ノ .    「諦めたら、そこで試合終了だよ」って……
        ヽ::::::::::  ノ        (:::::ソ: .     
        /:::::::::::: く         ,ふ´..
-―――――|:::::::::::::::: \ -―,――ノ::ノ――
         |:::::::::::::::|ヽ、二⌒)━~~'´







203 :名無しのやる夫さん :08/12/01 00:59:17 ID:nZn0HcKV
やる夫は仕事をしていて、やらない夫はニートか
普通の作品なら立場が逆なんだが、これはこれで興味深い







204 :名無しのやる夫さん :08/12/01 00:59:36 ID:9vKyuUQB
先生・・・







205 :名無しのやる夫さん :08/12/01 00:59:43 ID:KuR8BVPn
 
       | |   |  | ‐、/| !        /   l
       | |   ト . |  |`ト、| .      〃  / /
       ヽ.|\ l ヽト .xィ士.j ト.| /    //  / /,′
        / / ヽ/ ハ.|ヽト辻}小∨j//./_/__,//_/__
     //   // /ヽi|  ^冖^      ‐テ士</-‐ ´
.     〃   // /|!  |     ,       ト辻}小>‐ /
    /′ // / |l ハ    ′      ^冖^ / /  人は、忘れる生き物よ。
.   /   // /  _!ヽ   \  r__,        / /|    大切な事も、そうではない事も。
   '   / | i  /'| ',  | i\        / 厶イ|  
  l l   |,-l |‐厶-ヘ  }  V  >‐z――…/ /'   !    そんな言葉なんて……
  | l  / N´ ,. -‐ヽハ  |-く^Y´       ' /\  |!
  | l<⌒ ‐-'---‐'_丿 小丕}|      |/   \.|l
-‐┴'´  \_ ̄  ̄ _/,小辻リ       l ! -――/.'
       | ̄ ̄/ / ヽ{__ソ\   /!l,. -―//


   / ̄ ̄\   
 /ノ( _ノ  \
 | ⌒(( ●)(●)     確かに一冊の本に書かれた、何気ない一言だったかもしれん。
. |     (__人__)   けど俺は今まで、厳しい状況になった時はあの言葉を思い出して乗り越えてきた。
  |     ` ⌒´ノ   
.  |         }    何も知らない癖に……お前に何が分かるんだよ?
.  ヽ        }
   ヽ     ノ        \
   /    く  \        \
   |     \   \         \
    |    |ヽ、二⌒)、          \







206 :名無しのやる夫さん :08/12/01 01:02:19 ID:KuR8BVPn
 
                 /:.:.:.:.)三三三三三三く_
      rー-v一'⌒ヽノj:.:.: , イ  ̄ ̄` <三三三ニ)
      |匸7:.:.:.:.:.:.:/_7:.:/:r┘/        ヽ、三〔_
    /人/:.:.:.:.:.:.ハ7:.:.:.:.:.〈  ′     、   ヽ三フ
    \V{:.:.:.:.:. /ニ7.:.:.:.:.:_:ノ, l  |    、ヽ  ヽ ∨ 〉
     └う:.:.:.:.{三{:.:.:.:.:.:ヽ l | lト、\ヽ ヽ` 、`、Vニヽ、
      / {:.:.:.:.:.|三|:.:.:.:.r‐'∥ l | ',丶 l 川 l | l | !  ヽ\   ……ごめんなさい。
    // ∧:.:.:.:.l三l:.:.:.:ヽ |ヽ」斗-ヘ }ノ,エZ{ノ/リヘ\ \ヽ  けれど、絶対無理よ……ここから出るのは。
.    | l / ヽ、:.:Vニヽ:.:r个ト,ィfl圷  ` 化ノケハ  `ヽ>└′
   l|,'   「ヽ{lHlリ:{ 小 ` ゞ ′    八ヽ\
   |V  ,'  l| | ` <7/ | lヽ、    , .′, 仆 ヽ \ヽ
    `7 /  ,イ |    l├ヘヽ―ヘ、__,.:'⌒ヽ `、`、 ヽ\
    /   / ||   | |:./ヽ\::.::rヘ::.::.::.::.::\ヽ \ \ヽ


   / ̄ ̄\
 / ノ  \ \/`i
 |  (●)(●)./  リ     それでも諦めん。残念ながら俺は「折れない意志」があるからな。
. |  (__人__)..|  /      それを保証したのが誰か、知らんとは言わせないぞ。
  |   ` ⌒´ リ  ヒ      
.  ヽ     //  ,`弋ヽ   ……それに、俺1人では無理でも……2人なら分からん。
   ヽ  - ′.Y´  , `ヽ`.l 
   /〈  `ー〈::....ノ   V
   | ヽ_ー 、 `ヾ_/ //
    |    フ-、`ー┴‐-〃
         `ー‐一′







207 :名無しのやる夫さん :08/12/01 01:03:20 ID:KuR8BVPn
 
      _ }.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/   /  l   \ー 、:.:.:.:l:ヽ:くr..、
    {:.`:.:.:.:.:.:.:/     l         Y`:.:.:.:.|:..:l/.:.:.:}
     ⌒}:.:.:.:/      |    l    ト、:.:.:.:.l..:.l.:.:.イ
      {_:rュ/ /  /  !ハ   l l l  .::l _}:..ヽ|..:.|:._:小
   /  .V  .l  .:|:  | l  リ:| l .::ハ_:.:.:.リ:...l´.:ィ  
  /  ...::/:{ .::| i ..:{::. !   /.::j ./ ノイ:::r‐':./:../:.:_レ  
 /  ...: イ .:ハ  ト -┬ヽ、ト:.. / .:イ/jナ7:.不::.{__/:.:‐ァv'  2人……彼のこと?
/ /:// :/ トトヽト-ァテ=ミヽト/ノ ィテオく/イVrj、}:.:.{ィ   確かに彼も、あなたと同じ「折れない意志」がある。
´ ..:::///    }ヽ ハヘ 赴ソ     ^ 赴ソイi :ト{にソ{^´    けれど、どこまで抵抗できるかしらね……
..::j//    ノイ /ヽ、   ′     ,リ /_:/⌒´   
:/_ --_.ニイ//, -ァ >、  '=' _ /}/´     
// ̄   /' <_:.ノ..: :`:._ァァ{、.:://:\       
>‐`ー- ∠/   { :..:.:, =-Vォ}ソ/ :/:.:.:.:.:ヽ





          ____
        /       \
      /  ⌒   ⌒ \
    /   (●)   (●) \   (なんかやらない夫と真紅は難しそうな話してるし、関わらない方が良さそうだお。
    |    ⌒(__人__)"⌒ |   それより、久々のラーメン超うまいおwwwwwwww)
    \、    ` ー゚´  ,/
 __/" \、 ; ー゚ "。  \
| | /  ,r'うi=ョ=ョ=ョ=と)\
| | / _/ ⌒ノ\ ____ ,⊂ノ゙、ヽ
| | |   ゙/~  └‐─‐‐とソ   ノ
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄







208 :名無しのやる夫さん :08/12/01 01:04:50 ID:KuR8BVPn
 
~ やる夫達の部屋 ~

            ___
       /      \
      /ノ  \   u. \    ラーメンうまいとか言ってる場合じゃなかったお!
    / (●)  (●)    \  気がつけば、ここに来て2日も経ってるお!
    |   (__人__)    u.   |  トーチャンとカーチャン、心配してないかお……
     \ u.` ⌒´      /
    ノ           \


   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ●)(●)  今のところは大丈夫だろう……
. |     (__人__)   数日連絡がとれないなんて、一人暮らしにはよくあること、らしいぞ。
  |     ` ⌒´ノ  
.  |         }
.  ヽ        }
   ヽ     ノ        \
   /    く  \        \
   |     \   \         \
    |    |ヽ、二⌒)、          \







209 :名無しのやる夫さん :08/12/01 01:06:36 ID:KuR8BVPn
 
 その頃、やる夫の実家では―――



   母さん、新聞とってくれ。
                               ,. -‐―――‐-、 はいはい。
   / ̄ ̄\                    γ::::::::::::::::母::::::::::::::ヽ、
 /   _―  \                   /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ      
 |  ─(●)(●)                γ:::::::::人::::人::人::::人::::::::ヽ  割と放任主義なやる夫 の両親は、
 |     (__人__)                (:::::::::/ ─    ─ \:::::::)  おそらく1年経っても息子の状況に
 |     ` ⌒´ノ                \:/   (⌒)  (⌒)  \ノ   気付くことは無いだろう……
 |         }                   |      (__人__)    |   
 ヽ        } ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\ \    ` ⌒´     /   
  ヽ     ノ                   \ \       /     
   /    く \ |__| _ ..._.. ,        ___ \      (__ノ
   | 父  \ \ \ /        |\_____ \
    |    |ヽ、二⌒)、^        |  |ヽ、       ノ|







210 :名無しのやる夫さん :08/12/01 01:08:18 ID:KuR8BVPn
 
 場面は戻って、やる夫達の部屋―――

       ____
     /      \
   /  _ノ  ヽ、_  \    
  /  o゚⌒   ⌒゚o  \   いつか逃げ出してやろうとは思うものの、突破口も見つからないし……
  |     (__人__)    |   外からの助けにも期待してたんだけど、無理そうだお。
  \     ` ⌒´     /


        / ̄ ̄\
      /       \
      |::::::        |                  ここは陸の孤島だからな。
     . |:::::::::::     |                 用事がある人間以外はまず立ち寄らない。
       |::::::::::::::    |          ....,:::´, .   仮にその人間がこの屋敷の状況を知っても、
     .  |::::::::::::::    }          ....:::,,  ..    それを警察には言えやしない……
     .  ヽ::::::::::::::    }         ,):::::::ノ .
        ヽ::::::::::  ノ        (:::::ソ: .      言えば、どうなるかは目に見えてるからな。
        /:::::::::::: く         ,ふ´..
-―――――|:::::::::::::::: \ -―,――ノ::ノ――
         |:::::::::::::::|ヽ、二⌒)━~~'´







211 :名無しのやる夫さん :08/12/01 01:09:10 ID:KuR8BVPn
 
            ___
        /      \
       /ノ  \   u. \ 
     / (●)  (●)    \   やる夫くん、元気を出してください。
     |    __´___    u.    |  やる夫くんとやらない夫くんなら、いつかきっと脱出できますよ。
      \ u. `ー'´       /  
     ノ           \


    ______   
   ,r'.:::::::::::::::::::::::::::::.゙i  
   |.::,r'⌒Y⌒γ:::::::.゙i 
  .|_\    /' ヽ::::::|   そうですよやる夫さん、僕達もいざとなったら協力しますから!
  |(●)  (●) <::::::|   手伝えることがあったら、何でも言ってください!
  (⌒(__人__)⌒   @) 
  |   ` ⌒´     |  
   \        /  







212 :名無しのやる夫さん :08/12/01 01:09:59 ID:ij1UPQ7G
>>211
いくおが信用ならねぇw








213 :名無しのやる夫さん :08/12/01 01:10:13 ID:KuR8BVPn
 
      ____
     /      \     
   /  _ノ  ヽ、_  \   
  /  ト旡≧/ /≦乏  \   お前ら……知り合ったばかりのやる夫に、そこまで……
  |   | |(__人__)| |   |   やる夫は絶対やってやるお! 今に見てろクソ人形共!
  \  | | ` ⌒´  | | /
   ` ー------─― ´


   / ̄ ̄\ 
 /   _ノ  \   
 |    ( ー)(ー) 
. | u.   (__人__)   単純なヤツ……
  |     ` ⌒´ノ   それでも、理詰めで考えて行き詰まるよりはマシか。
.  |         }
.  ヽ        }    一応期待してるぞ、やる夫……
   ヽ     ノ   
    i⌒\ ,__(‐- 、 
    l \ 巛ー─;\ 
    | `ヽ-‐ーく_) 
.    |      l  







214 :名無しのやる夫さん :08/12/01 01:11:52 ID:KuR8BVPn
ここで区切りとします。読んでくださった方、ありがとうございました。







215 :名無しのやる夫さん :08/12/01 01:13:03 ID:/ppyeGNe
うーい、乙







216 :名無しのやる夫さん :08/12/01 01:14:19 ID:Ge4UTzko
乙~







218 :名無しのやる夫さん :08/12/01 01:15:47 ID:cqsXvJmf
乙っす

「どあほう」は前フリだったんですねw







221 :名無しのやる夫さん :08/12/01 01:19:58 ID:9RZ1xAAk
>>198
どっかで見た組み合わせだな







222 :名無しのやる夫さん :08/12/01 01:21:17 ID:9RZ1xAAk
乙~







223 :名無しのやる夫さん :08/12/01 01:21:51 ID:y3fg8kyN
乙です







224 :名無しのやる夫さん :08/12/01 01:23:06 ID:k7iGH0SH
乙彼様







225 :名無しのやる夫さん :08/12/01 01:24:54 ID:78ztoQaM
お疲れさんです







226 :名無しのやる夫さん :08/12/01 01:26:47 ID:R6QTPKZV








227 :名無しのやる夫さん :08/12/01 01:30:53 ID:8R8LL2Ak
乙 次も期待して待ってる







228 :名無しのやる夫さん :08/12/01 08:56:23 ID:FER0pH2G








229 :名無しのやる夫さん :08/12/01 23:31:09 ID:K6lUpWuR
1乙です

>>221
翠星石がやる夫のせいなようです だったかな?








ジョウロ:Fiskarsジョウロ10リットル
ジョウロ:Fiskarsジョウロ10リットル
-
売り上げランキング : 11172


Amazonで詳しく見る
by G-Tools
関連記事
スポンサーサイト
[PR]





カテゴリー「やる夫が薔薇屋敷に監禁されるようです」内の最新記事

だ

    乙~
    しかしホントに短いなw
    [ 2008/12/05 17:01 ] [ 編集 ]
    短いから読みやすいな
    [ 2008/12/05 17:16 ] [ 編集 ]
    やらないおも、薔薇人形に情が移ってしまえば、
    もうここから逃げられなくなるんだろうな。
    まさしく薔薇の鉄条網に囲まれた屋敷だな。
    [ 2008/12/05 17:54 ] [ 編集 ]
    オリジナルって良いな…
    先が全然読めない
    短くて読みやすいしホントに楽しみだ
    [ 2008/12/05 18:10 ] [ 編集 ]
    >>203
    >やる夫は仕事をしていて、やらない夫はニートか

    ちょっと違うな。
    やる夫が懲役刑で、やらない夫が禁固刑だ。
    禁固の方が罰が重い。
    [ 2008/12/05 18:15 ] [ 編集 ]
    amazonじょうろwwww
    [ 2008/12/05 18:20 ] [ 編集 ]
    もう少し長けりゃな・・・
    [ 2008/12/05 19:14 ] [ 編集 ]
    いく夫とできる夫は絶対裏切るだろw
    [ 2008/12/05 20:08 ] [ 編集 ]
    わからん、先がまったく。
    wktkしとくわ
    [ 2008/12/05 20:10 ] [ 編集 ]
    ああんもう楽しみというか一気に読みたいというか
    週刊漫画を読み終えて来週が楽しみな気分だ
    週刊読んでないけど
    [ 2008/12/05 21:22 ] [ 編集 ]
    薔薇乙女たちのキャラ分けが見事だなあ。
    特に前スレだけど雛苺にぞっとした。
    [ 2008/12/05 21:30 ] [ 編集 ]
    読みやすい・・・
    今まであったようでなかったカタチ?みたいでいいなw
    [ 2008/12/05 23:00 ] [ 編集 ]
    責任者って誰なんだろうな…?
    [ 2008/12/05 23:36 ] [ 編集 ]
    ニートであることが一番格好いいってのは珍しい
    久々に期待できる作品
    短すぎるのが玉に瑕だが
    [ 2008/12/06 00:33 ] [ 編集 ]
    毎回思うんだが、何で名無し同士のアンカ先レスって載ってないのが多いの?
    [ 2008/12/06 02:16 ] [ 編集 ]
    最後の翠星石がやる夫のせいでのコメが気になるな。何に対してなんだろう
    [ 2008/12/06 08:17 ] [ 編集 ]
    いまだにカナリア編がでてない大学いくぜスレか。
    一瞬そんな雰囲気を思ったけどどうも違う気がする。
    [ 2008/12/06 08:39 ] [ 編集 ]
    コメントの投稿













    管理者にだけ表示を許可する
やる夫ブログについて
20101110:「やる夫はロス市警の警部のようです」を掲載させていただきます。本当にお待たせして申し訳ございません。これ以降も随時、更新の途絶えていた作品を掲載していきたいと考えております。ご迷惑をおかけして申し訳ありませんが、どうか長い目で見ていただければ幸いです。

20101030:「やる夫のサクラ大戦」にて、記事の掲載順序を誤りました。 作者様、および楽しみにしていた読者様にお詫び申し上げます。 申し訳ございませんでした。

20101004:「やる夫たちが夢の国で遊ぶようです」につきまして、こちらの不具合で記事が切れてしまっております。作者様、及び楽しみに読んでくださっている読者の皆様にご迷惑をおかけしてしまい、申し訳ありません。
一度下書きに戻させていただきます。よろしくご了承ください。
「やる夫で学ぶことわざ」の作者様より、やる夫ブログ用のスポンサー案内をいただきました!本当にありがとうございます!さっそく使わせていただきます!

20100811:皆様、大変ご無沙汰しておりました。ぼちぼち更新を再開できればと考えております。
「やる夫がDQⅢの勇者になるようです」についてですが、コメントを頂けるのは大変うれしいのですが、他作品のコメント欄での投稿はご遠慮願えれば幸いです。
恐縮ですが、ご協力よろしくお願いいたします。

20091222:年末なので順調に更新量が減っております。今日明日はお休み、再開一発目は「やらない夫の超兄貴」になる予定です。作者様、まとめが遅くなり申し訳ございません。

20091208:今週クソ忙しいので、かなり更新が減ります。ご了承ください。

20091116:更新の調子にもよりますが、週末をめどに、カテゴリを追加する予定。前回追加からだいぶ間隔開いたんで、かなり溜まってます。

やる夫ブログについて

姉妹ブログというか同一人物ブログ。
やる夫ブログ(裏)(18禁です)


 ネ タ 投 稿 お 待 ち 
 し て い ま す ! 
(↑結構心から待ってますw)

 ネタ投稿の他、転載お断りの記事、相互リンクのご希望等ございましたら、お手数ですが下のメールフォームよりお知らせください。なお、http:を付けるとエラーになってしまうようなので、ご投稿いただける際にはhttp:を抜いていただきますよう、よろしくお願いいたします。
相互リンクの反映に時間がかかってしまい申し訳ありません。気長にお待ちください。


嬉し泣き
美麗なタイトル画像を描いてくださっているのは、こちらの方々です。
本当にありがとうございます。


七市様
Shadow3_convert_20091008101141.jpg
ハルヒとやる夫、やらない夫の表情が最高のタイトル画像。冬にぴったりの美しい作品です。


1様
http://blog-imgs-15.fc2.com/y/a/r/yaruomatome/yaruoblog_title_convert_20091026144430.jpg
柔らかで暖かい雰囲気がたまらない作品。みゆきさんヤバすぎで管理人狂喜の舞を舞っておりますwww

1様のプロフィールはこちら


65様
securedownload_convert_20091008101321.jpg
同じく「やる夫がチェルノブイリに旅立つようです」より。元ネタの雰囲気をビンビンに伝えるダークな作品。


草葉様
Shadow3_convert_20091008101141.jpg 「やる夫がチェルノブイリに旅立つようです」をモチーフにしたタイトル画像です。物語の後、このタイトルを見て吹きました。

219c0c442.jpg

草葉式


味噌様
yaruoblog_convert_20090519194443_convert_20091008101235.jpg
やる夫ブログ初!物語とタイトル画像のコラボレーション!快く、最高に美しいタイトル画像を描いて下さった味噌様に感謝です!




トンボ様
minamike_convert_20090519194731_convert_20091008101216.jpg
夏にぴったりの逸品を、トンボ様よりいただきました!水着ハァハァ(´Д`;)


トンボのかんさつ日誌


ヒジキ様
nagato_convert_20091008101341.jpg
管理人のツボにはまりまくりの長門!大好きだ!結婚してくれー!



ヒジキ煮


aro様
yaruo_blog_fix_convert_20090210225801_convert_20091008101403.jpg
らきすた勢の見事な描写もさることながら、このやる夫にしてやられました。


Charged time-out


Yutaka様
RMm06_convert_20090127165950_convert_20091008101426.jpg
個人的に水銀燈が一番好きです。タイトルのセンスも◎。本当に有難うございます。





マブチョコ_m様

この魅力的なボディにくらくら!管理人はこの人の同人誌が大好きです!やる夫ブログの記念すべき初タイトル画像。全てはここから始まりました。



うにゃらら大飯店



イチオシ

やる夫がDQⅢの勇者になるようです

自らを成長させる姿に心震える
作品。普通の掛け合いなのに、
自然と笑みがこぼれる構成と
演出は見事の一言。
自分を好きになれる、極上の映
画を見た後のような読後感は、
自信を持って「最高だ!」と賞
賛できる作品です。





過去の「イチオシ」一覧を作りました。
管理人オススメ記事

管理人が抱きしめたいほど好きなやる夫作品

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。