FC2ブログ
2017 07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 09
やる夫ブログヘッドライン



【お気に入りサイト新着記事】 【カテゴリー一覧】

    
   
【最新エントリ】



スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




カテゴリー「スポンサー広告」内の最新記事

だ

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | はてなブックマークに追加

やる夫が薔薇屋敷に監禁されるようです 第六回 

326 : ◆86z7qPaqJU :08/12/06 22:02:50 ID:eiU9eVVP
 
          /  !'"´1   ∨゙ト、
            __!   l   l.    ', ', 丶 ,1
        /! ',   ',  _」  .  l l  / !
       、 / { ',     T´ ヽ    ! l /. l,
      ',ヽ{  ', ',   l   ヽ  | 'l  l」                   ~ 前回のあらすじ ~
      ヽ \ ', ',   |     l   _」. l  j ハ
       ヽ `ヾ . ',  !    y ´ !└'´/l, \             いく夫がジャンクにされたのであった。
          l、  ヽヽ ヽ、_ノ ./"フ / 」゙ヽ,、ヽ       
        l に~'';―=;ヽ l  /ニ,´r'´ /::::::::゙ヾ;、
         /入`'‐ニ~ニ‐'´ l   」_j ,イ:::::::. . .. ::!
       // } \ '、_l__   l  / l / lj‐;: :::::::::::l       < 某所で「毎回短すぎる」という意見をいただいた!
       /´ 〈 :. ::ヽ ',  `゙ニ´- - " /ノ ', . ::: :::'、,. -‐┐     これからも不定期投下だと思うが、
            ヽ、::::::::ゞ、 '"´-‐   , ヘ;ヘ '、:. . .. .. ..:. :.:ヽ、    おそらく長くはならんだろう! すまんな!
            / ::{ rrゝ,、   /ヽヽソ,  j;ー、_:::::::::::;;;:::-
         _ノ: ::::::', !!!l !  ̄「~    ',',lソ //    ̄ ̄  







327 :名無しのやる夫さん :08/12/06 22:03:29 ID:mrn+b5Ql
待ってました。
ガンガッテクレ








328 :名無しのやる夫さん :08/12/06 22:03:49 ID:eiU9eVVP
 
~ 翌朝 食堂 ~


       〈   , -一'"´   _ __ _   ``)
      ヽ/.:.::::::: :., .:.:.::::::::::::::::::::::.:.ヽ 〈
      _ノ´.:.::::::::.:/.:::l::::.ヽ.、:.:.::::::::.ヽ:.:ヽト、
    < .:.:.:.:.::::, .イ .:.:.:j.::lト、トト、.:、:.:.::::::`,:::j::|
      \_, イ .:.::i.:.::::/:/  >ヽ{ ` ー=ュ、l:::|/   「死んだ者の意志を引きずるのではなく、背負うこと」……
       `i1.:.:.:::|;:ィイ/-‐'´   ,trハYl::〈    言葉にすると陳腐だけれど、実に重いね。
          |ト、.:.::|.::::|,ィ〈fオ{`    ゞ' i!::/   
         |l.::ヽ.:!.::::l  ""´   ゝ ' ' ノ/    君、できる夫、やらない夫……君の部屋には
        ト、.::.ミ.:.:::::、     ‐ /l      変わった下僕達が集まるね。もちろん、良い意味でさ。
            `ヘ.:.い>‐ -- イ:::/       
            >⌒`ー- 、_」:/|::/_     
       ,rェrr<     , ィ只<^ヽ T:.:ヽ
       レ'^ヽ 人  / /7^j:ト、ノ〉!{:::::.\


           ___
       /      \   
      /u  ノ  \  \    その褒め言葉も……
    /   (●)  (●)  \  どうせ「反抗する者を、力尽くで徹底的に従わせ」たいからだお。
    |      (__人__)  u. |   素直に喜ぶ気にはなれんお。
     \    u.` ⌒´  /







329 :名無しのやる夫さん :08/12/06 22:04:31 ID:eiU9eVVP
 
..       /`ヽミ_ミミミミ.ミミミミミ_彡: :‐''": : : : iヘ
      , : : : : :l: |: : 「 ̄: : : :'; : : : \: : : : : : : l: ,
      |: : : : : |: !: :ト、: : :ト、: :ヽ:. : : :.ヽ.| : : : : |: |
      |: : : : : |: l : | ヘ: : .';.ヽ: : ヽ: : : : l: : : : : |: |
      |、: : : :.|: l : |  ヽ : ヽ ヾ,,..\‐テ: : : :. :.|: |
       |:ハ: : : : 「| ̄!`   \: ´ _ヾ,.ニゞ: : : : : :| :|    ……やる夫、なんだか卑屈になったね。
      ′ヽ: ト、 k`rェ‐ュ、  ``´}k. zリイ : : : : : !|   まだそんな気は無いって言ったじゃないか。
          \:.ヘ`ゞ-`'     ` "´.|: : : /:l:ハ|   
            |`.ヘ''''  ` _    ```l: : :/: ./. ′
           lルヽ`> 、 ___,.. イ´.|/:/ル/
           __,ヽィ-イ >ュ ''´ _ルソ`>、
          /´:.:.:r '//イ/| ト<"´ // ):.:.:.ヽ


;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;       ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;        ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;         ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;           ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;     /⌒ヽ    ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;   「まだ」……ってことは、いずれ殺されるってことだお。
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;    . (    )    ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;   ジワジワ痛めつけるのが、そんなに楽しいかお……
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;     /  /ノ      ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;     /  j{_)       ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;   ´θ^θン)u        ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;







330 :名無しのやる夫さん :08/12/06 22:05:59 ID:eiU9eVVP
 
       、.::.:.  _ __ __  |
          > '"´            ̄``ヽ、
      /     . -‐.:::::::::::::.:.:.‐-....、 /
      \   ,. '´ .::::::l:l:::i:::::::、:、:::::::::::::く
        .`y' .:.:.:.:::::|:|:::|\::.\ヽヽ:、:::.\
          ,′.:.:i.:.:.:::::|:|‐i一'\::ト、|::|::l::::::::|
         l:l:::::::l::::::::::|::r==ュ、  `十Nl:::;:/!    ……「折れない意志」はどうしたの? つまらないよ、やる夫……
         |:l:::::::l::i:::::::N辷ソ   ,tfソ////    そんな事があった後じゃ、無理も無いかもしれないけどさ。
         |ハ::::::l::l:::::::| ' ' ' '   、 ゙゙`レイ::|
          ``l::l:::::::|、    -   ノ::::ハl
              l∧:::::|:.\__ ,. イ::::/
          ,. rryム:::L__ 」_.  |::/
          /.:.:`ヽい';|   ,.ィ介:、 |/`ヽ


       , -────- 、
     /. : : : : : : : : . .  \
    /:: : : : : : : : : : : : : : :. \
  /:: : : : : : : : : : : : : : : : : ::.  \   ……そんなもの、やる夫は最初から持って無かったんだお。
/:: : : : : : : : : : : : : : : : : : : ::.;   \  やる夫はお前らと違って血の通った、ただの人間なんだお……
|::.: : : : : : : : : : : : : : : : : : : :.::.:;    |  
|::.: : : : : : : : :.: :. : : : : : : : : : : :.::    |
\::.: : : : : : .:.: :.: : : : : : : : : : :.::  /
  \:.:、: : : ::ヽヾ:.: : : : : : 、::.  /







331 :名無しのやる夫さん :08/12/06 22:07:26 ID:eiU9eVVP
 
    _」こ二二 二__ __⊥_
   /;;;:;:;:;:;:;::::::.:.:.:.:.:.:.        〉
  /;;;;;;;:;:;::;:;.:.:.:.:.,.-── ‐‐─-<
  \;;;;;;:;:;:;:;:., ィ:7::l:i .:.:.:.::::::.:.:.ヽ.:.:.\
   `,n;;;;/.:.::/::::jiト、 .:、.:.:::::::.:.l:::.:.l::.ヽ
    ノ V .:::/,,_/:ハトト、 .:ヽ.:::.:::|.::::j::::/   重症だね、これは……
  rん7‐、).:ノ::/イ二ニヽミ、 ィ二j:::/::/
. / o ̄ `Vヽ::〈〈fでソ`  ,rジソ !;.::/    ……それじゃ、今日は……昼から、仕事をしなくていい。
/     .:.V 〉:::, ' ' ' '  `  ' ' /::/     そんな調子じゃ、役に立ちそうもないし。
     .:.:.::V.:::::ト、  ~~ , イ::/
    .:.:.::::ハヾトん> -- <l/l/_      外に出て気分転換でもしてくれば、少しは気が晴れるだろう?
   ̄\.:/:jこ{   ,ィ勺>.、 ヽこト、


         ____
       /      \
      /  u   ノ  \
    /      u (●)  \   外って言っても、やる夫は庭ぐらいしか出れないし……
    |         (__人__)|   怖いお兄さんがいっぱいいるのに、気分転換できるわけないお。
     \    u   .` ⌒/
    ノ           \







333 :名無しのやる夫さん :08/12/06 22:09:19 ID:eiU9eVVP
 
             ,.. -―- ..、_
               ,.::'´::.::.:::/::.::.::.::.::`ヽ、
             /:::/::.::.:;:'::.::.::.::.:}::.::.:、::.:::ヽ
          /::.:::/::.::.:/::.::.::.:::/ハ::.::.::ヽ::.:::`、
          ,'::ヽ⊥_:_厶彡'::://l::|::.::.::.::';::.::、ヽ  
           |::.::.:「:::┬=ニ>く l∧ヽ、::.::.:l::.::.:Vl  
         l|:::/ |::.:::l:|「えメミ、 |ト V:_::.::.::|::.::.:::l:|   そうじゃなくて、屋敷の外。
        ノ|:人」::.:::|:l ゞミン  |l  ヽ:`ヽ|:l::.::;:l:|   僕が、そういう命令を出すよ。
        ´ j从:::|:::|:トゝ     丶 芯刈:/::|::/〃
       _rヘ_}人:l::l   丶 _′`‐'/:/::l::|ー'′ 
      /7rぅ 、廴_ヽト\    >=彳:::|::|    
       rう:.:ヽrヘヽく  `メこて´V{   |::l::|/


         ____
       /::::::::::  u\
      /:::::::::⌒ 三. ⌒\     
    /:::::::::: ( ○)三(○)\     え!? や……屋敷の外!?
    |::::::::::::::::⌒(__人__)⌒  |    そんな事したら、やる夫が水銀燈やお兄さん達に殺されてしまうお……
     \::::::::::   ` ⌒´   ,/    
    ノ::::::::::u         \







334 :名無しのやる夫さん :08/12/06 22:11:08 ID:eiU9eVVP
 
         7:7,' .:.:/::/::/_ ',::ト、::\.: ̄.:``リ::!:::::l::::::::::|
        |::|:l .:./:/.:7''"´ ',| \::>rr=そl:::!:::::!::::::::::!
        |::|:l.:.:l/:::/,r=ニミ`    ヽ込ソ/l::|:::::!:::::;::;′
        l/トト、.l.:::::,ヽ.いソ       ''|::|.:::l:::/:/   ああ、言ってなかったっけ……
           `ヽ:::::.ヽ ̄  `      |::|::::l/l/     君はもう僕のお気に入りなんだ。
            |.:ト、:.\   o    ,. イ:/::/      僕が出した命令には、もう水銀燈でも文句は言えない。
            |::| |:::::::「> --r<__ノl/::/ヽ _
           「ハ^V^,:|:::::::|__ノ ̄``Y⌒ l/  ,rクヽ
          |し'ヽV^ 、.:::L_ _ ノ人ヽ _ ,rク' ´⌒ヽ


       ____
     /      \
   / ─    ─ \
  /   (●)  (●)   \   ああ、なるほど……
  |      (__人__)    |  
  \     ` ⌒´     /








337 :名無しのやる夫さん :08/12/06 22:13:11 ID:eiU9eVVP
 
       ____
     /ノ   ヽ、_\
   /( ○)}liil{(○)\
  /    (__人__)   \    っておおおおおおおおおおおい! 初耳だお! いつの間に!?
  |   ヽ |!!il|!|!l| /   |
  \    |ェェェェ|     /


        ,' /.:.:;′/:/.:.:::/:/!::::|::ト、 .:.:.:.:::::::|::|::i .:.::::::::::::::.:
         l/.:.::;'.:.:/./.:::ノ::/ |:::::|::ト、ヽ.:.::::::|:::|::|::| .:.::::.:::::::::::|
        |:l:::::l::::|:::レ':ナナヽ|:::::l::l\ヽ.:‐:十:|十!、.::::::::::::::/
        lハ::l::::|:::レ'´ ‐- |:::/l/  \::::::|:::|::|::| .:.::::.:::|:./   それ、ノリツッコミって言うんだっけ?
            ',l::::|:::|  _  |/       `` ``7!.:.:::::.:::|/.   
           ト、ト::ト、´ ̄`ヽ     ‐==ミ、 ./:!:.:.::::::::|    昨日の夜、公言しておいたんだ。君は知らないだろうけど。
            ヽ:|:::|::!             /./.:.:::::::::;′   やっぱり、水銀燈は不満そうだったよ……
              `l:::|::ト、    _`_      /::/.:::::::/l/
           |:::!.l.:::>、     `   ,..イ::/::::::::/
           |.::::::/:::/ニ>.--‐ <ニ7⌒:::::/  







338 :名無しのやる夫さん :08/12/06 22:14:45 ID:eiU9eVVP
 
       、.::.:.  _ __ __  |
          > '"´            ̄``ヽ、
      /     . -‐.:::::::::::::.:.:.‐-....、 /
      \   ,. '´ .::::::l:l:::i:::::::、:、:::::::::::::く
        .`y' .:.:.:.:::::|:|:::|\::.\ヽヽ:、:::.\
          ,′.:.:i.:.:.:::::|:|‐i一'\::ト、|::|::l::::::::|  
         l:l:::::::l::::::::::|::r==ュ、  `十Nl:::;:/!   それより……君はまだ、この辺りの地理に明るくないんだよね。
         |:l:::::::l::i:::::::N辷ソ   ,tfソ////   そうすると、君1人じゃ散歩もままならない……
         |ハ::::::l::l:::::::| ' ' ' '   、 ゙゙`レイ:|     
          ``l::l:::::::|、    -   ノ::::ハl    けど、僕は生憎と「用事」があって、君の案内はできないんだ。
              l∧:::::|:.\__ ,. イ::::/     
          ,. rryム:::L__ 」_.  |::/
          /.:.:`ヽい';|   ,.ィ介:、 |/`ヽ


       ____
     /_ノ   ヽ_\
   /( ●) ( ●)\    (……用事? なら好都合だお!
  /::::::⌒(__人__)⌒::::: \    外に出たらとっととスタコラサッサだお!)
  |     (  (      |
  \     `ー'     /







339 :名無しのやる夫さん :08/12/06 22:15:14 ID:eiU9eVVP
 
        / .:/:.:.::::::,r'´.:.:.:.:::::::.:.:.:.::::::::::.:.:. :.、\
      / .:/:.:.:::::::/.:.:.::::::::::.::.:.:.:::::::::.:.:..、..:.:.:.、:.ヽ\
     ,/ .:i:.:::::::::::|i.:.::::, ,ィイハト、:::::::::::::.:.`ヽ.:.:\:.\\
     l .:.::|::::::::::::||::::/::/ハ!;;::::::ヾ::::::::::::.:.:: ト、.:.:.:!:::::.:.i |
     | .:.::::|::::::::::::|!:/:://^i!;::::::::::ト、::::::::::.:.:|l:ヽ:.: |::::.:.| |
     |.::::::::|::::::::::::|/,イ/  |/\:.::i! \:::::::.:.l!::::!.i|l:.|:::!:|
      !.:::::::l:.::::::::,iイ/ー- 、、,_ ヾ! _,、ゞ-‐ト、:|ノ川:イリ
      !.:.::::!::::::::::|, - ==-ュ、    , .-=ュリ::ノ::!:/   ……だから、案内役に他の子を付けるよ。
      ト.::::::!:::::::::| `ヾ{dじリ >   <7いb;;7'::::/    逃げ出そうとしても無駄だからね。
      l/ヽ.::!:::::::::!   ´ ̄         ̄`/:;イ     
         \:::::::ト.、         ′    /:::/|     
      __, ィ´\:::!. \、     )‐'   , イ/l/7L_
    ,イ ^ヾ    ヾ!  \` ー -‐ '"´l/::/   「j「ト、
   //.:^ヾト厶         _\_ /   |:/   「j ト7:.ヽ


       ____
     /      \
   / ─    ─ \
  /   (●)  (●)   \  ですよね。
  |      (__人__)    |
  \     ` ⌒´     /






341 :名無しのやる夫さん :08/12/06 22:15:50 ID:vYTeshOj
ですよねーw







342 :名無しのやる夫さん :08/12/06 22:17:00 ID:eiU9eVVP
 
        ,' /.:.:;′/:/.:.:::/:/!::::|::ト、 .:.:.:.:::::::|::|::i .:.::::::::::::::.:
         l/.:.::;'.:.:/./.:::ノ::/ |:::::|::ト、ヽ.:.::::::|:::|::|::| .:.::::.:::::::::::|
        |:l:::::l::::|:::レ':ナナヽ|:::::l::l\ヽ.:‐:十:|十!、.::::::::::::::/
        lハ::l::::|:::レ'´ ‐- |:::/l/  \::::::|:::|::|::| .:.::::.:::|:./ 
            ',l::::|:::|  _  |/       `` ``7!.:.:::::.:::|/.  さあ、そうと決まればまずは朝食だ。
           ト、ト::ト、´ ̄`ヽ     ‐==ミ、 ./:!:.:.::::::::|     食事も大事な活力源だし、怠ってはいけないよ。
            ヽ:|:::|::!             /./.:.:::::::::;′
              `l:::|::ト、    _`_      /::/.:::::::/l/    あ、座る時は1席空けて座って。
           |:::!.l.:::>、     `   ,..イ::/::::::::/
           |.::::::/:::/ニ>.--‐ <ニ7⌒:::::/  


       ____
     /⌒  ⌒\
   /( ●)  (●)\     
  /::::::⌒(__人__)⌒::::: \     ……少しでも外に出られるなら、良しとするかお。
  |     |r┬-|     |   今日は朝からガッツリ食べておくお!
  \      `ー'´     /







343 :名無しのやる夫さん :08/12/06 22:17:41 ID:KYXWmIu5
お隣まであと一歩







344 :名無しのやる夫さん :08/12/06 22:18:04 ID:9Ws7V0jM
ついに一席に…








345 :名無しのやる夫さん :08/12/06 22:18:40 ID:xbKH0uI6
>>339
どうでもいいけど、この蒼のAAは可愛すぎる







346 :名無しのやる夫さん :08/12/06 22:18:58 ID:eiU9eVVP
 
~ 昼過ぎ エントランス ~

               ___
          _, -' ´___\
     ,  '´ _,-'´, -――- ゝ、
    /  ./ /      l ト、\
   \__/ /l / /  , /l'| ト、l ',
     l | / l/|7ニイ´/〃| -L.l !   
     l | l | ┬::cr / / ┬c」 |   ……あれ? やる夫、こんなところで何してるです?
      l | l !  l:::::::j  '   l::::j.! /   蒼星石から聞いた話だと、今日は外出するとかなんとか……
      l | l l⊂⊃‐       ‐⊂/
      ! | |ヽ|        -   リ
      ! | lゝ、      n /|
      ! | |::::::::::ー┐ r‐:::l !´l. |


      / ̄ ̄ ̄\
    / ─    ─ \      
   /  (●)  (●)  \.   ああ、翠星石かお。すぐにでも外に出たいのはやまやまなんだけど……
   | U  (__人__)     |   
   \    ` ⌒´    /    
   /              \







347 :名無しのやる夫さん :08/12/06 22:21:09 ID:eiU9eVVP
 
      ___     
    /      \  
   /  _ノ  ヽ__\    
 /u    (●)  (●) \   ……実は、蒼星石が直々に、案内役の子を連れて来てくれるらしいんだお。
 |  u     (__人__)    |   それで玄関で待ってろって言われたんだけど、一向に来る気配が無いんだお……
 /     ∩ノ ⊃   /
 (  \ / _ノ |  |
 .\ “  /__|  |
   \ /___ / 


           //:.://:.:.:/:./:,:|:.:l.:|:.:L ノト、_/仕〉
        //:.:.:l/:.:.:/:./:/ l:/:ハ:.ん八_У  
          |:{:.:.:.:.|:.∠斗' /l:/-‐弋l:.:;.:.:.l:|
        レ!|:.:.:l|化7抃 / ャ圻ァ|/:.://         ははぁ、要は待ちぼうけですか。
         入:.:.ヽヾ‐'  ,  ゙ーシ:./く`ヽ.        可哀相なヤツですね……
         //77代ー   r ァtrヘ彳| |:ヾVノ:`ヽ       
.      /:.;ハ_ノ/__》:.「 >‐ァ仁ヽ〉//:ヽ`´ヽ:.:.:.\    
    /:.:/ ://:.:」_|:.ノ人__,仆v 厶!|:_:.:.:\:.:.:\:.:.:ヽ   
   /:.:/:.:.:. `/   }`´i}ー 1  ト、「  `ヽ:.:\:.:.:ヽ:.:.:ヽ







348 :名無しのやる夫さん :08/12/06 22:21:51 ID:xbKH0uI6
待ちぼうけー待ちぼうけー







349 :名無しのやる夫さん :08/12/06 22:22:38 ID:eiU9eVVP
 
                 ___
            , 二¨-―-- 、`丶、
            /_ ..-――-.. 、十ヽ\
         //::.::,:.:.:./::/::.::.l::.::`ヽ、\ヽ
            〃::/:::/:.:.:/::/::.:/::|::.:、:.::.::ヽ ハ `、
        l::.:::l:: ,':l:::/::/::.:/::;小:::l::ト、::.:V l ヽ   
         {::.:::|:::l::|::l::/::.:/::/:/:_j⊥l::ヽ:!}  \  蒼星石は真面目で几帳面ですから、あまり誰かを
.        ハ::.::l:::|┼く:/::/ /'´ノ ヽ:∨::.:l |  /  待たせるようなことはしないです。
        〈 l::.:|:::l::|∠、ノ   , =≡V::.::/|/   
        ヽヘ::ヽ::V⌒゙  ,   "゙ / :::,'  l〔     きっと、何か事情があるですよ。気長に待つですぅ。
        /rヘ::\ ゛゛ rーヘ  彡: /  /:::ヽ
         l冫/ }`ヽミヽ、ヽ、ノ, イ:`7十/::.::.:l
        // /:::_rヘ_`二√ __〉/  レヘ::}


      ___    ━┓
    / ―\   ┏┛
  /ノ  (●)\  ・
. | (●)   ⌒)\     事情、かお……
. |   (__ノ ̄  |
  \        /     あ、そういえば、前にもこんなことがあったような気が……
    \     _ノ
    /´     `\
     |       |
     |       |







350 :名無しのやる夫さん :08/12/06 22:22:50 ID:mrn+b5Ql
そこへウサギが跳んで出て~







351 :名無しのやる夫さん :08/12/06 22:24:33 ID:lBDrweIo
転ぶ木の根っこー







352 :名無しのやる夫さん :08/12/06 22:24:56 ID:eiU9eVVP
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

      |:.:.:.:.:.::|:.:./__/_l:.:ヽ:.ヽ\:.:.:.\:.:.: l:.:. , :.:|
      |:.:.:.:.::.:レ´:.l/__-_ i`.|\:.ヽ弋:_十 !.:|:.::/.:.:.|
      |:.:.:.!/ィく7ァ¨Tヾ、:!  \! ,ォV== 、:./:.:.:.:.!
     l:.:.:イ:.: ! ゝうノ   \     tゞrケ j/::..:.:.: !  すみません、お待たせしました。
      ,:.:.ハ:.ヽ        i     ` ´ /:./.:.:. ,   「責任者」は非常に多忙である為、ここに顔は出せないとのことです。
     !::.:.:..ヽ:_ゝ      __       , 'イ.:.:.: ,.'   ですから、私の独断で「準責任者」の方に来ていただきました。
      ヽ,:.:ヾ:.ヽ!ヘ.   ` ´    ,..イ:.: /.:.:.:/
       \:ヾ:.| γri 、    . ィ'__レ'j/!:.:.,
   __ ,r、  _..ゝ`´  \ ` ´ /  ` ヽj/  _
   ノ_ヽ!ノ´       _ヽ,_,/__     ` {^Y _j

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


       ____
     / ノ  \\
    / (○)  (○)\    ああ、思いだしたお。蒼星石が「私」って言ってた頃だお。懐かしい……
  /     (__人__)  \  
  |   U  ` ⌒´    |   ……あの時は、待たされて、あげく殺されそうになって、下僕になって……
  \           /   なんだか、やる夫の不幸の先々には常に蒼星石がいるような気がするお。
  /              \  







354 :名無しのやる夫さん :08/12/06 22:26:12 ID:Sr4dpGor
蒼のお気に入りとか羨ましいな チクショー







355 :名無しのやる夫さん :08/12/06 22:27:12 ID:eiU9eVVP
 
      ___     
    /      \  
   /  _ノ  ヽ__\     
 /u    (●)  (●) \   ……それはともかく、蒼星石が連れてくる案内役の子って、どんな子なのかお。
 |  u     (__人__)    |   「他の子」って言ってたから、やっぱり薔薇乙女かお?
 /     ∩ノ ⊃   /    
 (  \ / _ノ |  |      もしかして、翠星石がそうだったり……
 .\ “  /__|  |
   \ /___ / 


           _ -―´ ̄ ̄ ̄`ヽ、
          ,/ ,===''⌒''== 、、
        / ,=          ヽ
       /  ,='  _  ∧_ _,,
      /,,_ {i ,~ ~  /´ ハ^、_
        ヽi} / /   / ヽ_/ ヽ__,,\  
         { | _|__,,/ /  ̄ \ヽ.   冗談じゃないですぅ。
         ヽ | _|∠_// ┬―ゥ ヽ   なんで翠星石が白饅頭の道案内なんかしなきゃいけないですか。
          |`、ヽ.__ノ    ヽ-‐' _/  
  r"      | |{i t    _     / |
 (   =‐'  | | i} > 、___ヽノ_ ,ィ リ| l| |
  ゝ-'     // i} / }-‐斤ヒl、__| l| |
    r、   //,,i} //}} l|》o《|! {{`lヽ







356 :名無しのやる夫さん :08/12/06 22:28:13 ID:fVy/UiGW
そのまさかだったり







357 :名無しのやる夫さん :08/12/06 22:28:19 ID:vYTeshOj
そうだったら嬉しいな







358 :名無しのやる夫さん :08/12/06 22:28:21 ID:eiU9eVVP
 
 (( (ヽ三/)        (ヽ三/) ))
  .  (((i )   ___   ( i)))
  / /  /―   ―\   ヽ \    冗談じゃないもクソも、冗談だおwwwwwww
  (  く.  /( ●)  (●)\   > )  
  \ /    (__人__)   \' /     蒼星石は「素直で良い子」だって言ってたし、
    ヽ|     |r┬-|    /       間違ってもどこかの性悪人形のことじゃないおwwwwwww
      \     `ー'´   /  


     ヽ、  ヽ   |   |   /
   ヽ、  ヽ     __ へィ  /   __
    ヽ.  r .ィ  ̄:::::::`ヽ、___そ r'、 ヽて
   \   r',イ/::;::::i、::\:::::、ヽ.`i Yヽ.イ そ
   __`   i:,': /;':/ ヽ:ム:::::!:|:K ノ`,'7      しょ、性悪人形!? 翠星石のことを言ってるですか!?
  i´r_7、ヘ_ ||:::|7/v ゝ'<',:::|:!j |V_,イ_|__  
  ゝイ/j_\_!!、{ フ// _,.-、Vイ  !|、`ヽ:::::::| {   クソ人形だの性悪人形だの、蒼星石のお気に入りになったからって
    `ヽ. ¨''|ヽ:i// F‐ ¨`ヽイ イ'.: \:`i.:.l {    調子に乗ってんじゃねーですよ、下僕の分際で!
    ^ヘ`'‐i.:Yゝ、_i_,. イ、_| ||.:, イ ヽ!.:.',
.        V  /__}j<iY | !ヽ:::::\ \!
      } / ,イ´ r'{__ lj ! 〉:{\:::::ヽ







359 :名無しのやる夫さん :08/12/06 22:29:57 ID:eiU9eVVP
 
      ____   ,
    /_ノ   ヽ_\ -
   /( ●) ( ●)\`
 / ::::::⌒(__人__)⌒:::::\
 |        ̄      |    お? そうこうしてる間に、蒼星石が来たお。
 /     ∩ノ ⊃   /
 (  \ / _ノ |  |
 .\ “  /__|  |
   \ /___ /


               / ノ´,. .‐.: : : ̄: :、:‐. 、`ヽ \
            /   //: :./: : : : : : :l: : : :.\ヽ \
             <  ヽ/: : : :/: : : : : : /: :.l: : :、: : :ヽ/   >
              丶、/: : : ::/: : : : ::::〃:/:.|:: : :.l: : : :.', /
              l:l: :-:、l.: :::::::://://:∧:::._;l:-!: l:.|!
             ,l:l: : : ::|><__/ ' / '_,. へ:.|: l: :|::!l    こら、無視してんじゃねーですぅ!
             l:.|:|: : : ::lz=ュ   ′ z=ュ.リ:://: l   薔薇乙女に逆らって良(ry
            l: :Nヽ: : :ヽ     '       /:://: : :.l
             l: : /il ヽ、ヽヽ   /二ヽ  / '// ̄`ヽ!
             l: /   il  li、``  |   |  /' li:.   ヽ
              l:/    il   li `丶、ヽ-- ,' ィ .il  li::.    ヽ
            ,/     il.※.li    ,.ィ`不ヽ、 il.※.li::::::..   ヽ







361 :名無しのやる夫さん :08/12/06 22:32:07 ID:eiU9eVVP
 
    _」こ二二 二__ __⊥_
   /;;;:;:;:;:;:;::::::.:.:.:.:.:.:.        〉
  /;;;;;;;:;:;::;:;.:.:.:.:.,.-── ‐‐─-<
  \;;;;;;:;:;:;:;:., ィ:7::l:i .:.:.:.::::::.:.:.ヽ.:.:.\
   `,n;;;;/.:.::/::::jiト、 .:、.:.:::::::.:.l:::.:.l::.ヽ
    ノ V .:::/,,_/:ハトト、 .:ヽ.:::.:::|.::::j::::/   ごめん、遅くなっちゃったね。
  rん7‐、).:ノ::/イ二ニヽミ、 ィ二j:::/::/    ……あれ、どうして翠星石がいるの?
. / o ̄ `Vヽ::〈〈fでソ`  ,rジソ !;.::/
/     .:.V 〉:::, ' ' ' '  `  ' ' /::/    
     .:.:.::V.:::::ト、  ~~ , イ::/
    .:.:.::::ハヾトん> -- <l/l/_     
   ̄\.:/:jこ{   ,ィ勺>.、 ヽこト、


                 /,  -―‐-、\     
                // ,.  -――‐\\   
.             // /::::::::::::::}、ヽ :::: ヽ._>  
         / _」 /:::::::::::_:/ ヽ}___」_,   
.          ∠__`ト辻:::::::'´_/   ノ◯' !     通りかかっただけですぅ。そういえば、庭に行く途中だったです。
           / ::| |l{ ̄ ̄‐◯      }i    
            / ::: | |lト、         ̄Z /l|     それより蒼星石、お気に入りの下僕の躾ぐらいしっかりしておくです。
         /:::::::::| |l|__ヽ、       ´ /| l|    やる夫が、翠星石のことを性悪人形だなんて言いやがったですよ……
          / :::::::::,i |l| <l ` ー―一 '^!、| l|   







363 :名無しのやる夫さん :08/12/06 22:32:49 ID:eiU9eVVP
 
         _⊥  -‐    ── ‐-  ̄``ヽ
         〈    , - ── ──- 、、    /
        ヽ,.'´   .:.:::::;::::::.::::、.:::::::::.:.:.:.`く
        /:!    .:.:::;:::/::ハ.::ハ:l::::::..:.!:::::::.ヽ
         /.:.l   .:.:::ノ/:/  l::| |:ト、::.::::!.:::::ハ:!
       ′.:l  ,.ィ::レ'´ ̄`ヽ リ >く/.::::/l ′ その物怖じしない態度があるから、お気に入りにしたんじゃないか。
        i:::l:::', .:::l:::|,.ィテテヽ   ,.ィハV:.:::/:/   
       i:::l:::::',..:::l:::|ヽ辷ソ_   fリノ!::/:/    ……それでも、翠星石が不快に思ったのなら
       l::ハ.:.ト、:l:::|. ' ' ' '   ` ' 'ノ1"´    僕の管理が甘いってことだね。ごめん、翠星石……
         VVハ::::ト、     ー‐ '/.:::!
            「 ';:::|_ ``ーr ‐く::::::::::|
         ノ  ';::lニに7ニヽ ∩ハ::!


             _,. -ァ――‐-- 、_
            / ノ* , - '^⌒"´`丶、
          / ノ  r'´         ヽ
         /  ノ * ノ    /   ,  、 ヽ
           /   l  l  //  ,  /,  jl i  ',    ……多分、躾けて言うこと聞くようなタマじゃないですけど。
        /  、_ l   l l l/_/_,ィ// __ム! l l l  
         ̄|`lヽj * 〈 l ,lィ'_.ノ'´ノィ' ,ィリ l,' l l   ……忠告ですが、同じ態度で水銀燈に接したりしないことです。
         ,l l l  { 'l下T::::T' //ナ!;Tリ lj l   やる夫なんて、2秒で壊されちまうですよ?
         l l  '、  }、' ト 'ー' ´ , 'ーイ /リリ   
          l l  ヽ* '、ヽ',""    "ツノノ     
        l l l  {  ヾ>、   ‐_,.ィ"l´ 
         l l l  入  l^ヽミエ二、 l *l 







364 :名無しのやる夫さん :08/12/06 22:33:50 ID:eiU9eVVP
 
         ___
       /     \
      /   ─  ─\
    /    (●)  (●)\  
    |       (__人__) ∪|    ……え? 忠告?
    \  ⊂ヽ∩     / 
      |  | !、_ \     )
      |  |__ \   /


                    ´ ̄ ̄ ̄ ̄`丶、
      ____ ,.   ´      _, --一- 、_\
        l               ,. -‐ ´※    米 ` ヾ、
       \        / r ´  _,. -匕 ̄ ̄`ー 、 ※ヘ
        \   _/r‐┘r‐ ′         }丶、ハ 、
         \ />、 _ノ /  //   _ ノ     l   V∧\
              /`   {  /  X ∠ _  ´    /  /    |\}/ 
            ,′   f /  /  /   //  ∧ i  ハ ヘ   
         /     _」 ,′ ! ∠ >--ィ_, イ / / ハ |  l   ト、  
          /    {  l   l 卞テ=rミ / / / 、{  }\ /  } |  
       / /  f  ハ  ∧ 弋tツ ノ /´  ミ二' 7 ァ 、 リ`|  ……それじゃ、邪魔したですね。
        / /    }  ゞ、   ト、         下りアイ / ,イ/ |  せいぜい外の世界を満喫して来やがれですぅ。
        //     ( ※  ∧、 \_     ,!    ̄/ 〃 //    
      /′      }   l l \ ̄   r=_,   // ̄7       ふんっ……
      /        ,1  + }/、  \    _  ィ´  } 米 / 
    /       /{  ※ ! \   7  ̄/  /   !  {1
    /     f?rう 1 +  }   \__1 '、リ  /   } + f | 







366 :名無しのやる夫さん :08/12/06 22:35:13 ID:eiU9eVVP
 
      ___     
    /      \  
   /  _ノ  ヽ__\    
 /u    (●)  (●) \  あ、翠星石……なんなんだお、あいつは。下僕の分際とか言った癖に、
 |  u     (__人__)    |  忠告だとか、満喫してこいとか……
 /     ∩ノ ⊃   /
 (  \ / _ノ |  |     ……それはそうと蒼星石、すまんかったお。
 .\ “  /__|  |     まさか謝らせることになるとは思ってなかったお。今度からは気をつけるお。
   \ /___ / 


        ,' /.:.:;′/:/.:.:::/:/!::::|::ト、 .:.:.:.:::::::|::|::i .:.::::::::::::::.:
         l/.:.::;'.:.:/./.:::ノ::/ |:::::|::ト、ヽ.:.::::::|:::|::|::| .:.::::.:::::::::::|
        |:l:::::l::::|:::レ':ナナヽ|:::::l::l\ヽ.:‐:十:|十!、.::::::::::::::/
        lハ::l::::|:::レ'´ ‐- |:::/l/  \::::::|:::|::|::| .:.::::.:::|:./ 
            ',l::::|:::|  _  |/       `` ``7!.:.:::::.:::|/.  気にしなくて良いよ。君をお気に入りにした時、
           ト、ト::ト、´ ̄`ヽ     ‐==ミ、 ./:!:.:.::::::::|   こうなる事は明々白々だったからね……
            ヽ:|:::|::!             /./.:.:::::::::;′
              `l:::|::ト、    _`_      /::/.:::::::/l/    むしろ、君はそうじゃなくちゃいけない。
           |:::!.l.:::>、     `   ,..イ::/::::::::/      媚を売ったりしないところが、気に入ったところの1つだし。
           |.::::::/:::/ニ>.--‐ <ニ7⌒:::::/  







367 :名無しのやる夫さん :08/12/06 22:36:51 ID:KUggfMtH
蒼の笑顔がいちいち可愛い







368 :名無しのやる夫さん :08/12/06 22:37:32 ID:eiU9eVVP
 
      |:.:.:.:.:.::|:.:./__/_l:.:ヽ:.ヽ\:.:.:.\:.:.: l:.:. , :.:|
      |:.:.:.:.::.:レ´:.l/__-_ i`.|\:.ヽ弋:_十 !.:|:.::/.:.:.|
      |:.:.:.!/ィく7ァ¨Tヾ、:!  \! ,ォV== 、:./:.:.:.:.!   それと……翠星石の事だけど。
     l:.:.:イ:.: ! ゝうノ   \     tゞrケ j/::..:.:.: !   翠星石と真紅は、下僕制度に従わされている一方で、
      ,:.:.ハ:.ヽ        i     ` ´ /:./.:.:. ,    この制度に反対しているのは知ってるよね?
     !::.:.:..ヽ:_ゝ      __       , 'イ.:.:.: ,.'   
      ヽ,:.:ヾ:.ヽ!ヘ.   ` ´    ,..イ:.: /.:.:.:/     だから、下僕の分際なんて貶めるような事を言いながら、
       \:ヾ:.| γri 、    . ィ'__レ'j/!:.:.,       満喫して来いって応援するような事も言う……二律背反だね。
   __ ,r、  _..ゝ`´  \ ` ´ /  ` ヽj/  _ 
   ノ_ヽ!ノ´       _ヽ,_,/__     ` {^Y _j


       ____
     /      \       
   / ─    ─ \       そういえば、そうだったお……
  /   (●)  (●)   \    ……性悪人形だなんて言って、悪いことしたお。
  |  U   (__人__)    |    後でやる夫も謝っておくかお……
  \     ` ⌒´     /    







369 :名無しのやる夫さん :08/12/06 22:39:39 ID:eiU9eVVP
 
      / ̄ ̄ ̄ \ 
    /   ̄   ̄ \  
  /   (●)  (●) \   (……「そうだった」なんて言ったけど、「従わされている」のは初めて聞いたお。
  |  U  (__人__)    |     ということは、少なくとも真紅や翠星石に命令できるヤツがいるってことだお。
  \     ` ⌒´   /    それじゃ、下僕制度を作ったのはそいつなのかお……?)
     ̄(⌒`::::  ⌒ヽ       
      ヽ:::: ~~⌒γ⌒)
       ヽー―'^ー-'
        〉    │


           ___
       /      \   
      /u  ノ  \  \     (……やる夫の頭では、考えるだけ無駄かもしれんお。
    /   (●)  (●)  \    結構重要なことかもしれないし、後でやらない夫に相談してみるかお)
    |      (__人__)  u. |    
     \    u.` ⌒´  /








370 :名無しのやる夫さん :08/12/06 22:42:04 ID:eiU9eVVP
 
            ____
  +        ./ \  /\ キリッ
        / (●)  (●)\      ……さて、話が横道にそれていったけど、そろそろ本題に戻していいかお。
      /   ⌒ノ(、_, )ヽ⌒  \   
      |      `-=ニ=-      |    やる夫が外出する為の、案内役っていうのはどこだお?
      \      `ー'´     / +     さっきから、どこにも見当たらないけど……



  ,'  . .:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.:./:.:. |:|::.: |:.、:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ:.:.:`、:.:.:.:.:.:.:l
. !..:.:.:.l:.:.:.:,':.:.:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.:./:.:.:./l:|::.:.: |:.:ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`、:.:l:.:.:.:.:.:.l.:ト
 {.:.:.:.:.|:.:.:.:l:.:.:.:.:.:.:.:.:l:.:.:.:./:.:.:,イ:;ハ::.::、:.:.: \:.:.:.:.:.:.:.:.:l:.:.:.|:.:.:.:.|:.|:| 
. l::.::.:.| .:.:.|:.:.:.:.:.l:.:.:.|:.:.:/:.:.:///_入:_ヽ:.\ヽ、:<´l ̄:|:.:.:.:.|:.l:| 
  |::.::.::!::.: |::.:.:.:.:.|:.:.:|/;:∠イ/´   ヽ\:\ ヽ、 ,.=キミ!:.:.:.//l/ 
.  l::.::.::.::.::l::.:.::.:.:.l//  _, -==rミ\\:ヽ 个tク}〃 :;〃 /   
.  `、::.::.::. |::l::.∠イ::.| < V弋ス┤     ヽ └- ' リ::/  /    僕がここに来た時から、ずっといるじゃないか。
    `、::.:: l::|::.::.::.:|::.:ト、  ヾニ-‐'         イィ′
     ll::.::.|::|::.::.::. |::.lヽ\           /   /l:|        ……君の、後ろにね……
    ||::.::l::.|::.、::.::l::.`、`ヽ             ,   /::N
      lト、:レヘ::.|::.::.\::ヽ、           ̄  /::.::.;′
      \ ヽl::.::.::.::|ヽ:> 、       /!::.::.: ,′
           |::.::.::.:l `ヽ、 `¨¬ー-‐'´|/|::.::.:/
          ヽ::.::.:「 ー- 、   ト、     !::.:/







373 :名無しのやる夫さん :08/12/06 22:43:54 ID:eiU9eVVP
 
 < 二‐ 、ー-_/ ,   /  /    l      ヽ_ニ―<_
   /:::::_/::::_/ ./ /  ,'   !       !  !  ',   ヽ :\::::__`‐-、
. ∠ィ-,‐'´l// ./ | .|   l      |  l  !    !、::_ヽ_、 ̄``
. /./   / l  !l| l!  l,イ  ∩ | ,l ,l !l |  l    !l ヽ`ー 、_
 /     | l | ! -l┼'ト ll ',  .`乂/|ノ廾ナノイ.!|| l !  ヽ、  `ー-、
./     ,!',! l | |ヾl‐!lニ、ヽ ヽノ/'´r'イΞトlィノ|ノ / !/ |   `i   /
!     ,' ´ヽ|`ヽ! ` いソ`     ヽ)〈ヘ'ly''/'|/l ノ'   !   ,'  ./   ………………
_.ヽ   /   .| ,l l   ̄       `ヾ='<´\||    !   / /
 \ヽ /    |  !〈|         ′     、ノ' /l |    レ' /
   )ヽ   l  l'ー、     ─-       /,r||  /.,ィ'
  / 〉  |  |  |\              /|  ! |  / / ',
/  /   |  l|   ! _r‐ヽ、     _, -'ヽ、_|.  l|〈  \ ',
-'" /    l  l.|  .Κ._ ヽ.__`ーィ'"冫 __,∠   l !  `‐ 、_`ー─


       ____
     /⌒  ⌒\      
   /  ○  ○ \
  /::::::⌒(__人__)⌒::::: \    ………………
  |     |r┬-|     |
  \      `ー'´     /   







374 :名無しのやる夫さん :08/12/06 22:44:30 ID:Sr4dpGor
ばらしーキタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!!!







375 :名無しのやる夫さん :08/12/06 22:44:59 ID:fVy/UiGW
これは意外w







376 :名無しのやる夫さん :08/12/06 22:45:42 ID:eiU9eVVP
 
      |:.:.:.:.:.::|:.:./__/_l:.:ヽ:.ヽ\:.:.:.\:.:.: l:.:. , :.:|
      |:.:.:.:.::.:レ´:.l/__-_ i`.|\:.ヽ弋:_十 !.:|:.::/.:.:.|
      |:.:.:.!/ィく7ァ¨Tヾ、:!  \! ,ォV== 、:./:.:.:.:.!
     l:.:.:イ:.: ! ゝうノ   \     tゞrケ j/::..:.:.: !  彼女は普段屋敷内を放浪してるから、なかなか見つからなくて……
      ,:.:.ハ:.ヽ        i     ` ´ /:./.:.:. ,   というのが、遅れた言い訳かな。
     !::.:.:..ヽ:_ゝ      __       , 'イ.:.:.: ,.'
      ヽ,:.:ヾ:.ヽ!ヘ.   ` ´    ,..イ:.: /.:.:.:/    名前は、薔薇水晶。
       \:ヾ:.| γri 、    . ィ'__レ'j/!:.:.,     彼女の屋敷での権限は薔薇乙女のそれと同等だから、
   __ ,r、  _..ゝ`´  \ ` ´ /  ` ヽj/  _   気に障るような事はしない方が身の為だよ。
   ノ_ヽ!ノ´       _ヽ,_,/__     ` {^Y _j


     ____
   /      \
  /  ─    ─\
/    (●)  (●) \   ……権限が"同等"? 
|   U   (__人__)    |   ってことは、厳密には薔薇乙女じゃないのかお?
/     ∩ノ ⊃  /
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /







377 :名無しのやる夫さん :08/12/06 22:46:51 ID:eiU9eVVP
 
            __ __
        ,.. -‐':.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.::: 、
      /:.:.:.:.::.:.:.:.:.::.:.:.:.::.:.:.:.::.::.\
      ':.:.:.:.:/:.:.:.:|:.:.l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:...:.:.ヽ
     ':.:.:.:.:::':.:.:.:.:.:.:|:.:.|:!.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:..:.',
    .'.:.:.:.:./:.:.://ハ:.:|:lヾ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l.:.:.::|    察しが良いね。
    l:.:.|:.:.レナナ'‐  l:.ト! \:.__:.:.:.:|.:.:.:|    薔薇乙女は、お父様によって作られた7体の人形を指す……
    |:.:.:ィ升Krォァ=、 ヾ!\´ _ゝ_ ` .:, .:.:.,'    水銀燈、金糸雀、翠星石、僕、真紅、雛苺……そして7番目。
    |:.:.ハ:.:|  辷'ノ   丶 イt::_iヾレ:.::.::,   
    |:.:.:.:l:.| ::::::        ゞ-' !:.:.:.:.:イ     対して、薔薇水晶はお父様のお弟子さんによって作られた、
    l.:i:.:.:.|ヽ.    _  ′ :::::  ハ:..:./      薔薇乙女とは似て異なるもの。けれど薔薇乙女と比べても
     |:l:.:.:.|:.:.\     ̄    イ:::::/       遜色ない能力があるのは、周知の事実……
    .ヾ!.:,|ハ..:.:.|ゝ、  _ ...ィ/:.:.レ:j/
   _ _ _ゞ\ー- 、   |:./レl:.:..:/ 
  _レーハヽ     ヽォ_ー 、. |:.:/


      / ̄ ̄ ̄\
    / ─    ─ \     
   /  (●)  (●)  \.    
   | U  (__人__)    |    ……親戚みたいなもんかお。だから、"同等"の権限を……
   \    ` ⌒´    /   
   /              \







378 :名無しのやる夫さん :08/12/06 22:47:49 ID:xbKH0uI6
なんと……ばらしー出るとはな







379 :名無しのやる夫さん :08/12/06 22:48:42 ID:eiU9eVVP
 
           ___
       /      \   
      /u  ノ  \  \     
    /   (●)  (●)  \   ……ちなみに、チェンジとかできないのかお?
    |      (__人__)  u. |    ちょっと怖いんだけど……
     \    u.` ⌒´  /


      、::/   .:.   、      `ヽ:::::::/
        ,イ   .:,:.:、ヽ:.. 、ヽ:. ヽ:.:.    Y
.       /,    `/メ、ハ\ヽ,ヘ'´!ヽ:.!  ハ
      l/! i  :.Xf_Tト \  イT::l7!:! .;: !:!   ……そんなことは無いと思うけど。
      ' N ::.: { ゞ=' .:! `  ゞ=' 7.:/: .:lリ   彼女が嫌なら、他の薔薇乙女でも良いよ。
       l:.:i:.ゝ    r -、     ノィ'::::.〃    
          !:ハ:.:\  ゝ-'     〃:::;:'/.    ……確実に手が空いてる薔薇乙女も、一応いるし……
       _' ヽ:ト:!ヘ.. ___ .. ィi´/:::/レ    
      ,ェヘ`ヽ-‐ '´ ̄ヽ.  lル' レ'   







381 :名無しのやる夫さん :08/12/06 22:51:53 ID:eiU9eVVP
 
      ____
     /_ノ ' ヽ_\
   /(≡)   (≡)\      じゃ、その子を呼んできてくれお!
  / /// (__人__) ///\    真紅でも、まだ見ぬ金糸雀とやらでも……
  |     |r┬-|      |
  \     ` ー'´    /



       〈   , -一'"´   _ __ _   ``)
      ヽ/.:.::::::: :., .:.:.::::::::::::::::::::::.:.ヽ 〈
      _ノ´.:.::::::::.:/.:::l::::.ヽ.、:.:.::::::::.ヽ:.:ヽト、
    < .:.:.:.:.::::, .イ .:.:.:j.::lト、トト、.:、:.:.::::::`,:::j::|
      \_, イ .:.::i.:.::::/:/  >ヽ{ ` ー=ュ、l:::|/  
       `i1.:.:.:::|;:ィイ/-‐'´   ,trハYl::〈
          |ト、.:.::|.::::|,ィ〈fオ{`    ゞ' i!::/    分かった。じゃあ呼んでくる。
         |l.::ヽ.:!.::::l  ""´   ゝ ' ' ノ/   
        ト、.::.ミ.:.:::::、     ‐ /l      水銀燈だけど。
            `ヘ.:.い>‐ -- イ:::/
            >⌒`ー- 、_」:/|::/_
       ,rェrr<     , ィ只<^ヽ T:.:ヽ
       レ'^ヽ 人  / /7^j:ト、ノ〉!{:::::.\







383 :名無しのやる夫さん :08/12/06 22:53:18 ID:eiU9eVVP
 
      ____
     /_ノ ' ヽ_\
   /(≡)   (≡)\     いやぁ、可愛い子に案内してもらえるなんて、嬉しいお!
  / /// (__人__) ///\    蒼星石もなかなか粋な事をするお! 感謝感激だお!
  |  U  |r┬-|      |
  \     ` ー'´ U  /


             ,.. -―- ..、_
               ,.::'´::.::.:::/::.::.::.::.::`ヽ、
             /:::/::.::.:;:'::.::.::.::.:}::.::.:、::.:::ヽ
          /::.:::/::.::.:/::.::.::.:::/ハ::.::.::ヽ::.:::`、
          ,'::ヽ⊥_:_厶彡'::://l::|::.::.::.::';::.::、ヽ  
           |::.::.:「:::┬=ニ>く l∧ヽ、::.::.:l::.::.:Vl    
         l|:::/ |::.:::l:|「えメミ、 |ト V:_::.::.::|::.::.:::l:|     ……そうだろう? 僕なりに考えて、彼女を選んだんだ。
        ノ|:人」::.:::|:l ゞミン  |l  ヽ:`ヽ|:l::.::;:l:|     「素直で良い子」なのは間違いないから、
        ´ j从:::|:::|:トゝ     丶 芯刈:/::|::/〃    そう怖がることは無いよ。
       _rヘ_}人:l::l   丶 _′`‐'/:/::l::|ー'′ 
      /7rぅ 、廴_ヽト\    >=彳:::|::|    
       rう:.:ヽrヘヽく  `メこて´V{   |::l::|/







386 :名無しのやる夫さん :08/12/06 22:54:43 ID:eiU9eVVP
 
    / /   /               ̄ ̄  ヾーく__   --―
  / /   ./  、    |       l         \ト __二ニ
/  /    /    \   |       |     |     | ヽ \
  /.    /|    |   . |      |     |     |   \\
/  .    /' | | |     卜.|    |    |    ∥|    \\
.        |  | | T 卜| |\ | j   |;!    ∥|       \ ヽ
 ー― 、   |  | |.斗女 | | | \/‐―ォイ / | |!||        ヽイ
   \ >  / ハ ヾハ:::::ヽ」、|/ /マ 7ミ| / j //||       /|  ………………
      ̄  //  \ | ゞ--' //ハ∨匂イ} |//|||       / /
.  .´     /      ∧     、  ヾミZ少 / /| ||    ./ /
       /ー― 、 | |\    、 _     /|/| | ||  / /
     ∧\   ーr―‐;>        /;¬|  | | / /
     /|  | ー一 \\::::::/` --  ´匕/ l|  | | \ \ _
    ./ :|  |    ┌‐┤/ _)二 ̄ //>―    ̄ ̄ ̄ ̄/、


          ____    
        /      \   
       / ─    ─ \  
     /  (●)  (●)  \  (ていうかまったく喋らないけど、案内とかできるのかお、この子……)
     |  ∪  (__人__)     |
      \     ` ⌒´    ,/
        /          \ 






389 :名無しのやる夫さん :08/12/06 22:56:24 ID:eiU9eVVP
 
       ____
     / ノ  \\
    / (●)  (●)\    
  /     (__人__)  \   ……とにかく、行ってくるお。
  |   U  ` ⌒´    |    折角外に出られるのなら、いつまでも立ち往生しててもしょうがないし。
  \           /   
  /              \  


           ,. -──-.. 、
          ,.'´. : : : : : : : : : : .`ヽ
        /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
      /.:.:/.:.:.::/.:.:.ハ.:.:.l.:.:.:.:.:.::.:.:l.:l.:.:.',
       l.:./.:.:.:./.:‐/、 ',.:.ト、__.:.::l.:.:l.:l.:.l.:l
       l/l.:.{.:..レ'l/   リ `ヽ.:`T:/.:l.:.l.:l  行ってらっしゃい。
        l/ N{,r==ミ   r==ヽ:l/.:/.:/リ  夕食時には帰ってきて欲しいな。
         l.:ト、' ' '    ' ' ' 〉:l.:/./     お気に入りになったんだから、夕食くらい一緒に摂るよね?
         l∧.ゝ、 ,r‐ァ _,..イ.イイノ
           ,.ィ´ ヽニノ <l/
          /.:{j ,.イ介ト、  j}ヽ
            /.:.:{j レイXトV  j}.:.:.ヽ







390 :名無しのやる夫さん :08/12/06 22:57:49 ID:9Ws7V0jM
蒼からのお誘い…やるお死ね








391 :名無しのやる夫さん :08/12/06 22:58:21 ID:7u07rAqp
そのうち一緒に寝たりとか・・・・・・







392 :名無しのやる夫さん :08/12/06 22:59:37 ID:eiU9eVVP
 
~ その後 ~


       〈   , -一'"´   _ __ _   ``)
      ヽ/.:.::::::: :., .:.:.::::::::::::::::::::::.:.ヽ 〈
      _ノ´.:.::::::::.:/.:::l::::.ヽ.、:.:.::::::::.ヽ:.:ヽト、
    < .:.:.:.:.::::, .イ .:.:.:j.::lト、トト、.:、:.:.::::::`,:::j::|
      \_, イ .:.::i.:.::::/:/  >ヽ{ ` ー=ュ、l:::|/  ……さて、やる夫も送り出したし……
       `i1.:.:.:::|;:ィイ/-‐'´   ,trハYl::〈   「用事」の支度をしないと。何も起こらないのが一番だけどね。
          |ト、.:.::|.::::|,ィ〈fオ{`    ゞ' i!::/   
         |l.::ヽ.:!.::::l  ""´   ゝ ' ' ノ/    いく夫が水銀燈に消されて、雛苺は敵意を剥き出しにしている……
        ト、.::.ミ.:.:::::、     ‐ /l      お気に入りに手は出さないのが原則。けど、水銀燈はそれを破った……
            `ヘ.:.い>‐ -- イ:::/      
            >⌒`ー- 、_」:/|::/_
       ,rェrr<     , ィ只<^ヽ T:.:ヽ
       レ'^ヽ 人  / /7^j:ト、ノ〉!{:::::.\


     ヽ‐'"´      . .:.:.:.:.:::::::::::::::::::::.ヽ
     <´         _ _.:.:.:.:::::::::::::::::::/
      \   ,   '"´      ̄  ̄``<
        `y'´ .:.:::li  、        ヽ.:.:.ヽ
      /  .:.:.:,:ji| .:::|、  、 .:.:::ヽ1.::l:::::l:.',     多分、雛苺は「自分の玩具を水銀燈に壊された」ぐらいにしか
      ,/ , /l l.:.:::/:::ハ:::l ヽ、_ト、_.:::::l:|::|:::::l.::|      思っていないだろうけど、それでも諍いの種には成り得る。
    / //.:i |.::/::/-‐''`′  >=‐,:リ::|:::::|:::!    
     |::l.:l.:.:|::!/::/z=ュ、   ´7じソ^!:::|:::::|/     後先考えずにやってくれたよ、水銀燈は……
    N .|:::;V:.:::{ヾ{じソ      `゙´ |::;レ'´ ̄`ヽ  口論が暴力に発展する前に止めるのは、誰だと思ってるんだか。
      ヽトト|::::::':.. , , ,  ′   ' ' ' j/      )
         `|.:i .::.ヽ   ー    , イヽ  入_ (   
        l/| .:::.::.> 、 _ , イ,r'‐‐' /.::::.:.``ヽ







393 :名無しのやる夫さん :08/12/06 23:00:22 ID:KYXWmIu5
それが「用事」か






395 :名無しのやる夫さん :08/12/06 23:00:39 ID:lBDrweIo
中間管理職のジレンマっすか







396 :名無しのやる夫さん :08/12/06 23:01:06 ID:q3luFuh8
いく夫がお気に入りなの忘れてたわw







397 :名無しのやる夫さん :08/12/06 23:01:56 ID:n4rDCOEb
でもドール間じゃ水銀燈が最強だからな







398 :名無しのやる夫さん :08/12/06 23:02:09 ID:eiU9eVVP
 
~ 庭 ~


    r───────-、
.   ヽ,.ヘ、__,. '⌒,ゝ    l
. ヾ`く     /./ヽ.  |
  /\_]|  |「_ ∠_ _」 │
 「::==。lニニ「:==。=::|r=、 |
 ヽ:::: ̄:l  l:::: ̄:::::ノ||^!| |      よう、新入り……っと、もう違うか。すっかり下僕に馴染んだようだしな。
  l  ̄ L___.」 ̄ ̄  ||ン│      
   ! ⊂ニニニ⊃  .∧.  ト、     俺のことを覚えてるか? 量産型ゲルググみたいな扱いじゃないだろうな?
    !   --     / ヽ !:::\
  __,∧____./   >|:::::::::`ー
 ::::::::::::| \      / l:::::::::::::::
 :::::::::::::l.  \  ./   l:::::::::::::::
 ::::::::::::::l   ンく    l:::::::::::::::

          ____    
        /      \   
       / ─    ─ \     と、とんでもないですお、シャア専用ゲルググですお。
     /  (●)  (●)  \   あの時の黒服さん、ご無沙汰してますお。
     |  ∪  (__人__)     |
      \     ` ⌒´    ,/   
        /          \ 







399 :名無しのやる夫さん :08/12/06 23:02:41 ID:mrn+b5Ql
ライデン専用だったりしてw







400 :名無しのやる夫さん :08/12/06 23:04:32 ID:eiU9eVVP
 
    r───────-、
.   ヽ,.ヘ、__,. '⌒,ゝ    l
. ヾ`く     /./ヽ.  |
  /\_]|  |「_ ∠_ _」 │
 「::==。lニニ「:==。=::|r=、 |
 ヽ:::: ̄:l  l:::: ̄:::::ノ||^!| |      外出だそうだな? 話は聞いてる。
  l  ̄ L___.」 ̄ ̄  ||ン│      門を開けてやるから、ちょっと待ってな。
   ! ⊂ニニニ⊃  .∧.  ト、     
    !   --     / ヽ !:::\    ……短い時間だが、楽しくやってこいよ。
  __,∧____./   >|:::::::::`ー   次はいつ出れるか、分からないんだからな。
 ::::::::::::| \      / l:::::::::::::::
 :::::::::::::l.  \  ./   l:::::::::::::::
 ::::::::::::::l   ンく    l:::::::::::::::


       ____
     /⌒  ⌒\
   /( ―)  (―)\     付き添いが怖いんで、楽しいかどうかはともかく……
  /::::::⌒(__人__)⌒::::: \     ま、ぼちぼちいきますお。ありがとうございますだお。
  | U            |
  \               /







401 :名無しのやる夫さん :08/12/06 23:06:01 ID:eiU9eVVP
 
~ 土手 ~

       ____
     /⌒  ⌒\
   /( ●)  (●)\     この川……お世辞にも綺麗とは言えないけど、あの陰鬱な屋敷に閉じ込められてると
  /::::::⌒(__人__)⌒::::: \    こんな水でも綺麗に見えてくるから不思議だお。
  |     |r┬-|     |
  \      `ー'´     /


     ____
    / ⌒  ⌒  \ チラッ
  ./( ―) ( ●)  \
  /::⌒(_人_)⌒:::::  |    ……これで、解放されたら言うこと無いんだけど……
  |    ー       .|
  \          /







402 :名無しのやる夫さん :08/12/06 23:07:04 ID:eiU9eVVP
 
             _,. -―‐¬ス仁ニ、
         ,. '´  _,.-‐'´ トヽ.`戈―-- 、
       /        ヽ  ヽ」  ̄`ヽ   `ヽ、
      / ,  l 、     l  l  ヽ  `、     〉
.      / / l l  |   l|  ヽ  ヽ   ヽ /
     |l ハ | l | | l |l  |ト、   \  \ ,.イ
      |l | l |l Nレ匕lヽ l| レヘ、ヽ  ヽ /ヽ |         ………………
     lN XヾVイ}LV | l廴}   \/ヽ、  |
     /   リヾ<メ、 ̄l r'´ヾ、 〈 \  \ ヽ、
    /    <   , ′ ヽ\_入`―ーr――个-- 、
  └―‐- 、 / 冫く    ,.ィヘ、<:/ \  \ヽ  \_>
.       // /!  `‐匕冖-: :`二ニ:-‐冖-..、} ヽ/ヽ
     / / / { l   r=〉: : : : : : : : : : : : : : : `く」_   \


       ____
     /   ノ( \
   /  _ノ  ヽ、_ \      ……へーへー、分かってますお。
  / ノ( ●━━●   \     どうせ逃げたところでお前に殺されるのがオチだお。
  |  ⌒ (__人__) ノ(  |    ったく、屋敷の外なんだし嫌味ぐらい言わせてくれお……
  \     ` ⌒´   ⌒/







404 :名無しのやる夫さん :08/12/06 23:08:48 ID:qswMzp00
すっかりやさぐれちゃって・・・・・・・・







403 :名無しのやる夫さん :08/12/06 23:08:37 ID:eiU9eVVP
 
      / ̄ ̄ ̄\      
    / ノ.    ヽ、 \     
   /  (●)  (●)  .\   あ……ダメだお、こんな調子じゃ……
   |    (__人__)    |   今日は気分転換に来たんだから、もっと気楽に……
   \    ` ⌒´    ./   
   /              \   


        ̄>二ツ      ̄ ̄ ` ー-、
       //´ /   ̄`  --── 、 {ツ/二ニ=ー
     //   /     /   ヽ     ` く二ニ=ー
    //    /  l/\|    ||  |    |`ヽ\
  //.    /|   |   |\/   ||  | |   | |  ', ヽ
 / く   __   l | ||十ト、|\.!/L ___!/ .l | !    \\
 ` ̄ ̄`ヽ >  ゞ\く戈テミ、|/メ-≠/ミ////     ) 〉  ……『もっと、気楽に』……
    //   // 人| ゞー'゙ |/ ゝ伐ソj/イ/|   //
   //.   /─- 、∧   '   ` ̄∧/l. !  //
 //    /|\:.__r=≧ 、` ´ ,. イ´ |  ! | 〈 く
〈 く´     //|: : }: : : \} ノ´二/〈__l_,⊥L__ \\
 \\ -=/厶l: : {_-ー 「:} /´: :}/: : : ─-- 、/}. \\








405 :名無しのやる夫さん :08/12/06 23:09:30 ID:eiU9eVVP
 
         ____
       /::::::::::  u\
      /:::::::::⌒ 三. ⌒\     
    /:::::::::: ( ○)三(○)\     しゃ、喋った!?
    |::::::::::::::::⌒(__人__)⌒  |
     \::::::::::   ` ⌒´   ,/ 
    ノ::::::::::u         \


        __>┴く二` ー-、_
   ___≦ァ了 /    / ─ 、ヽ,ィ_
 /, -─ ¬// // / //    \ V<_
. ヽ′   / レイ | l /,イ| | .j | l|l  |\
  \ ./   レル/`ト、fトv!∧,ィ//j |  トヾ、
    >く  -彳! ィテァ、レ' ivr≠ミノ//,イ   ……『喋った』……
二/≠二,イ  /ハ  ̄  , {些メiイレレ |
//广Z__\//〃 、   ー-  _ノjレ   !
/.::/::::::::::::::V:\| ≦\ __ -‐〃/:. l  |
..::::::|::::::::::::::::::\__:^::入:气朮こ〈イ:::. |  |






408 :名無しのやる夫さん :08/12/06 23:12:26 ID:eiU9eVVP
 
      /   / .'   ll   l     | l   l i
      .,.イ    '  i i、 |l-、 | | l l | | | l l  !
    / | i   | | l ∥ `|l、 l j | l l | | | l l  |
      l i| | | ,ハ |!  || 刈/l/リ | | | l |  {
      ヽl、 レl 代fr?|∨ {`メィf范}レ| リ   '.  
       / ヽトli ゞ-′   ヾ トミyノ l/i′    ……外に出てから、ずっと……嫌味、皮肉、愚痴……
        /  / '.   〈    `ーrヘ、 l
       ./  /   ヽ   ‐ -  `ー' ,.ィ^)|     なんて……脆弱、高慢、醜悪、無能……そして、可哀相な人……
    __厶- ー ..._  `ゝ、    _厂 ̄}l
     ヾ 、     ` < \ヾー '7 // ̄入
     ノノ        \ ヽ\l/ .′ /  \


          ____
         /.:.:.:.:.:.:.:.:: \
       /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.. \
     /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::   \   (……やっと口を開いたと思ったら、酷い言われ様だお。
.     |.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::; U |    翠星石もビックリの毒舌だお……)
     \.:.:_,.:.:ヾ丶.:.:.:.:;_.  /  
     /.:.:..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.. ´⌒ヽ
    /;.:.:.:.:.:.:.:、.:,,.:.:.:.:.:.:.:.:.::     ヽ







409 :名無しのやる夫さん :08/12/06 23:13:11 ID:KYXWmIu5
ドSwww







410 :名無しのやる夫さん :08/12/06 23:13:56 ID:q3luFuh8
ひでえ言われようwwwww







411 :名無しのやる夫さん :08/12/06 23:14:48 ID:xbKH0uI6
自分からは喋らないのかと思えば……

こいつも性格悪いなーw







412 :名無しのやる夫さん :08/12/06 23:15:02 ID:eiU9eVVP
 
     //    //  / , /   , /    ',     ! .
    ./ /     /イ   '  ' / ,'  //! l    |i    |
    / /     |||l  |i | |l l  | i|| l  |l ! || i
    | {       ||||  || | |l | _| ||l |  |l ! |l |,   ′
    ヽト     |{||  |ト |_|l l {._l小|ヽ\ _,||斗 7 「|   /
      ヽ`二丶 ヽい. ヽ ヽ \ ト|、|_,.ィヘ,ィ'廾j示、ノノ //
           \、 \\ \示ミ.ヽ| \/{,仟坏Y'} |,イ.ィ_,ノ   ……そして「あれ」も無くした……
          ,ハ|   | !\i ゞ=^     ト{_辻少jノ'/^| | |    なのに……あなたは、生きている……
          _/ ノ   | | ∧   ノ   ` …=ヘ || |   
 ‐=_,ニ  ̄   /  _厶⊥ l l\ ` .__,  ー′ | l | |    ……なぜ……?
 /  _,   ´   |   }| l | }| l丶. `ニ ´    /| l| | 
  /      _/ゝ┬‐iしノ ノ ノ | |ヽ>--‐=≦´,--| |∧ ヽ
/       {    |  く_/ーヘ.||     |\∨-‐| |{ l |ヽ


       ____
     /      \
   / ─    ─ \
  /   (●)  (●)   \   ……いきなり何の話かと思ったら、そんな話かお。
  |  U   (__人__)    |   つまらんヤツだお……
  \     ` ⌒´     /







413 :名無しのやる夫さん :08/12/06 23:15:11 ID:7OrjDz8z
ホントにドSしかいないな







414 :名無しのやる夫さん :08/12/06 23:15:55 ID:Sr4dpGor
あれってなんぞや







418 :名無しのやる夫さん :08/12/06 23:17:18 ID:eiU9eVVP
 
      ___     
    /      \  
   /  _ノ  ヽ__\     
 /u    (●)  (●) \   
 |  u     (__人__)    |   「あれ」って、「折れない意志」のことかお?
 /     ∩ノ ⊃   /     やる夫が「折れない意志」を無くしたのに、生きている理由……
 (  \ / _ノ |  |     
 .\ “  /__|  |     
   \ /___ / 


     ____
   /      \ ( ;;;;(
  /  _ノ  ヽ__\) ;;;;)
/    (─)  (─ /;;/   ……いく夫みたいに、「折れない意志」が無くても生に執着するのは、当然のことだお。
|       (__人__) l;;,´     だから、あいつも薔薇乙女の言いなりになってたんだお。
/      ∩ ノ)━・'/
(  \ / _ノ´.|  |      やる夫も同じで、生きるのに特別な理由なんか無いお……
.\  "  /__|  |
  \ /___







419 :名無しのやる夫さん :08/12/06 23:19:57 ID:eiU9eVVP
 
l //    || l | |   | |   _  | | |l  | |  |   | l
 | |     || | | | |  ||! |  {f^i} j l j /!  l ||. |  l! |. l
 | !  |   |.! l_L」」__ | ! |、   }!//|/|/ |  /リ|l |  /'l !i !    
 |l !  |  | 「|N lNヽミ! lト 、   l{./77=! /iヘ、 |! | / リ l |
..∧ ', ト、 |_>''了¬-、ゝ  ヽ /イ`ー} {l/イノ_}ハY! /   | |   
/   ヽ! N ヽ. { f'l!j } ヽ    ヘ  { \Y´__,.イ/ノ|    | |    ……意志は折れて……
     | l   ッゝ-‐'一   i   ヽ \__],.ノ / j| |     | !   ……現実から逃げて……
     | ト、            {!    \_,.>く /| |        !   意味の無い生を、享受し続ける……?
     | |ハ         ゙       、__》.' ,| |          
     | |ーヽ         -─-       /‐' | |          ……無意味、無価値……
     | |   \       :::       /.  | |          死ねば、楽になるのに……
     | |   _> 、         イー-、  | |       
     | |  _>、 └`ー 、 __ ,. -=´-┘_,∠、 | |         
      | | <   `ー'⌒ヽ `く_ _」 ̄    >| |    


                  __
        ノ L____    〈〈〈〈 
       ⌒ \ / \   〈⊃  ノ
      / (○) (○)\  |   | 
     /    (__人__)   \ノ   ! 
     |       |::::::|     |   /   お……お前なんかに何が分かるんだお! 人間でもない癖に!
     \       l;;;;;;l    /  /   
     /     `ー'    \ /     意志が折れても、現実から逃げても……
   /             /       やっぱり、死にたくないんだお! 人間だから、しょうがないんだお!
  / _            /       
  (___)         / 







420 :名無しのやる夫さん :08/12/06 23:21:13 ID:aMxjHUL5
耳が痛くなるな







421 :名無しのやる夫さん :08/12/06 23:22:25 ID:eiU9eVVP
 
    / /   /               ̄ ̄  ヾーく__   --―一
  / /   ./  、    |       l         \ト __二ニ =一
/  /    /    \   |       |     |     | ヽ \
  /.    /|    |   . |      |     |     |   \\
/  .    /' | | |     卜.|    |    |    ∥|    \\
.        |  | | T 卜| |\ | j   |;!    ∥|       \ ヽ
 ー― 、   |  | |.斗女 | | | \/‐―ォイ / | |!||        ヽイ
   \ >  / ハ ヾハ:::::ヽ」、|/ /マ 7ミ| / j //||       /|  ……同じ、人間でも……
      ̄  //  \ | ゞ--' //ハ∨匂イ} |//|||       / /   折れない人間、逃げない人間も、いる……
.  .´     /      ∧     、  ヾミZ少 / /| ||    ./ /
       /ー― 、 | |\    、 _     /|/| | ||  / /       後ろしか見ていない、あなたとは違う……
     ∧\   ーr―‐;>        /;¬|  | | / /        前に進める人間……
     /|  | ー一 \\::::::/` --  ´匕/ l|  | | \ \ _
    ./ :|  |    ┌‐┤/ _)二 ̄ //>―    ̄ ̄ ̄ ̄/、
――   _|   j_ -― ヾ\  / /イ__/   ー―---   </\ \


            ___
       /      \
      /ノ  \   u. \ 
    / (●)  (●)    \   やらない夫やできる夫のことかお!?
    |   (__人__)    u.   |   そんな氷の精神をインプットしたような人間なんてそうそう……
     \ u.` ⌒´      /
    ノ           \







422 :名無しのやる夫さん :08/12/06 23:26:26 ID:eiU9eVVP
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

       ____
     /     \      
   / _,ノ  ⌒ \    
  /   (●)  (●)   \    ……やらない夫さんや私は、ここに居る期間が長いですからね。
  |       、 ´        |   強がる、忘れる……そういった自分の心が痛まない方法を知っているんです。
  \       ̄ ̄    /   
  /           \

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


       ___
    /      \      ……氷の精神? あ、あれ? 何か変だお。
   /u  ノ  \  \    
 /   (○)  (○)  \  やらない夫もできる夫も、ショックを受けてたお。
 |      (__人__)  u |  けど……やる夫みたいに愚痴ったりしなかったお……
 \    u.` ⌒´  /    







423 :名無しのやる夫さん :08/12/06 23:29:36 ID:eiU9eVVP
 
         ____
       /      \      あいつらは、それでもなんとかして前に進もうと、足掻いてたのかお。
      /  u   ノ  \     それをやる夫は、冷たい態度だと思って勘違いして……
    /      u (●)  \   
    |         (__人__)|   「死んだ者の意志を引きずるのではなく、背負うこと」って……
     \    u   .` ⌒/    前に進むことなのかお?
    ノ           \


        ̄>二ツ      ̄ ̄ ` ー-、
       //´ /   ̄`  --── 、 {ツ/二ニ=ー
     //   /     /   ヽ     ` く二ニ=ー
    //    /  l/\|    ||  |    |`ヽ\
  //.    /|   |   |\/   ||  | |   | |  ', ヽ
 / く   __   l | ||十ト、|\.!/L ___!/ .l | !    \\
 ` ̄ ̄`ヽ >  ゞ\く戈テミ、|/メ-≠/ミ////     ) 〉  ……さあ……
    //   // 人| ゞー'゙ |/ ゝ伐ソj/イ/|   //   
   //.   /─- 、∧   '   ` ̄∧/l. !  //
 //    /|\:.__r=≧ 、` ´ ,. イ´ |  ! | 〈 く
〈 く´     //|: : }: : : \} ノ´二/〈__l_,⊥L__ \\
 \\ -=/厶l: : {_-ー 「:} /´: :}/: : : ─-- 、/}. \\







425 :名無しのやる夫さん :08/12/06 23:31:00 ID:eiU9eVVP
 
           ___
       /      \       
      /u  ノ  \  \     やらない夫は忘れようとしてたし、できる夫も強がってたお。
    /   (●)  (●)  \   ……でも裏返せばそれは、忘れられない、悲しくてしょうがないってことだお……
    |      (__人__)  u. |   
     \    u.` ⌒´  /    


             _,. -―‐¬ス仁ニ、
         ,. '´  _,.-‐'´ トヽ.`戈―-- 、
       /        ヽ  ヽ」  ̄`ヽ   `ヽ、
      / ,  l 、     l  l  ヽ  `、     〉
.      / / l l  |   l|  ヽ  ヽ   ヽ / 
     |l ハ | l | | l |l  |ト、   \  \ ,.イ        『忘れられない』……『悲しくてしょうがない』……
      |l | l |l Nレ匕lヽ l| レヘ、ヽ  ヽ /ヽ |        弱い自分を認めないと、前には進めない……
     lN XヾVイ}LV | l廴}   \/ヽ、  |
     /   リヾ<メ、 ̄l r'´ヾ、 〈 \  \ ヽ、      ……あなたは今、進める……?
    /    <   , ′ ヽ\_入`―ーr――个-- 、
  └―‐- 、 / 冫く    ,.ィヘ、<:/ \  \ヽ  \_>
.       // /!  `‐匕冖-: :`二ニ:-‐冖-..、} ヽ/ヽ
     / / / { l   r=〉: : : : : : : : : : : : : : : `く」_   \







427 :名無しのやる夫さん :08/12/06 23:32:22 ID:eiU9eVVP
 
      ____
     /      \     
   /  _ノ  ヽ、_  \      や、やらない夫、できる夫、すまんかったお……!
  /  ト旡≧/ /≦乏  \     お前らも辛かったのに、やる夫1人で当たり散らして……
  |   | |(__人__)| |   |    やる夫は、何が大事かちっとも分かってなかったお!
  \  | | ` ⌒´ | | /
   ` ー------─― ´


 < 二‐ 、ー-_/ ,   /  /    l      ヽ_ニ―<_
   /:::::_/::::_/ ./ /  ,'   !       !  !  ',   ヽ :\::::__`‐-、
. ∠ィ-,‐'´l// ./ | .|   l      |  l  !    !、::_ヽ_、 ̄``
. /./   / l  !l| l!  l,イ  ∩ | ,l ,l !l |  l    !l ヽ`ー 、_
 /     | l | ! -l┼'ト ll ',  .`乂/|ノ廾ナノイ.!|| l !  ヽ、  `ー-、
./     ,!',! l | |ヾl‐!lニ、ヽ ヽノ/'´r'イΞトlィノ|ノ / !/ |   `i   /
!     ,' ´ヽ|`ヽ! ` いソ`     ヽ)〈ヘ'ly''/'|/l ノ'   !   ,'  ./  ……『何が大事か』……
_.ヽ   /   .| ,l l   ̄       `ヾ='<´\||    !   / /   
 \ヽ /    |  !〈|         ′     、ノ' /l |    レ' /      ずっと前……そんな歌が、あった……
   )ヽ   l  l'ー、     ─-       /,r||  /.,ィ'        ……あなたは、知らないでしょうけど……
  / 〉  |  |  |\              /|  ! |  / / ',
/  /   |  l|   ! _r‐ヽ、     _, -'ヽ、_|.  l|〈  \ ',
-'" /    l  l.|  .Κ._ ヽ.__`ーィ'"冫 __,∠   l !  `‐ 、_`ー─






432 :名無しのやる夫さん :08/12/06 23:34:09 ID:eiU9eVVP
 
../: ;:::::::: ::::::/: : .:::::l .:::|、: : :|.:::i::: : _: : .::l::. :|::: : :|:::|::. : l : |::::::. : | :| : :
.l: l :::i::: ::::::l |: .:::::::| ::;|::;:\|:::::|r'´ヾi .:::l|:: :|:::: : |:::|:::::. :|: :|::::::: .:|: |: :
.| l| :::|::::::::::| | .:::::::;l.:::l|:::|:. :|\ト:: : :/.:::/|::::l|::::: l|:λ:::. |:. :|::::::: :|:: | : :
.|:l.| :::|l::::::::| |゙.:‐-:A,,|_|::|:::.|l::::l|\ /:::/ |::/.|:::::/.|/ |:::: l::::|::::::::::|:::;l: : :  
..l| l:::::|.|:::::::|l| :::::/ .|:| ゙|ト:、|::| |::::.゙ト:/ |/,,|=:/‐|゛'''|:‐:|-:|、:::::::l|:::l: : :
 ゙..l::::|λ::::l':|:::::lヾ=l|,=-l、l:|、| |:::::λ゙rl'´ |7_''=≡''|-/|/|:::::::/.|:/:. : :  ……心が折れそうでも、負けない事……
  ヘ:|l :〉::::::l|::::| ヘ ゙{: : il ヾ、  |::/ ゙{、、,,}/:l ゙l´{lソ}/}、 ゙}:::::イ |/::::. :
   〉 ハ:::::|l:::|゙l ゙ ゞ: :': :ノ.゙  ゙'   ヘ`゙l、 ヘ ゙i,}ニ'ソ/ ノ|:/ |./: :::::::.   ……現実から目を背けて、逃げ出さない事……
   ./:/: : ヾlヘ:|::|.  ゙´ ̄`       \ ヾ、ヾ二'_ノ/'´ |.': : :::::::::.  
   //: : ..::::/ .::::l       ,      ヽ、._,>.ィ'゙\   ||.: : :::::::::  ……他は忘れたけれど、今のあなたには……
  /': : : .::::/ .::::::ヘ      ヽ       ,,   ,}l  \ -|:|: : ::::::::  これでも、十分過ぎるくらい……
  /': : : .:::/: .:::::::::::丶      _       ゙''-‐''   ., |.゙´|:|: : :::::::  
 / : : : .:/ : .:::::::::::::::::::\    ` ゙''''''''        /--‐''|:|: : ::::::
./ : : : .:/: : .:::::::::::::::::::::::::〈.ヽ、   ゙        ,.イ : : .::::::::_|:.| : :::::
'‐'''゙´ ̄ ̄`゙''‐-.、_:::::::::::,rヘ. :゙lヽ.   __,, -‐ ‐-'ァ:'' : ..::::/,ハ::| : :::
: : : : : : : : : : : : : `ヽ、く;;;:::::\ヘ-`'''ヾi´:: : : ;/ : ,r''´ ̄`゙`ニ=l:ヘ: ::


       ____
     /      \
   /  _ノ  ヽ、_  \
  /  o゚⌒   ⌒゚o  \    ……わざわざハッパまでかけてくれて、ありがとうだお、薔薇水晶……
  |     (__人__)    |    やる夫はまだ意志を折らずに、やっていけそうだお。
  \     ` ⌒´     /







433 :名無しのやる夫さん :08/12/06 23:34:57 ID:RlCOMCUU
ここでなぜ90年代の名曲がw






437 :名無しのやる夫さん :08/12/06 23:37:27 ID:RlCOMCUU
http://jp.youtube.com/watch?v=MDXtNBc0ml0
いつ聞いてもいい曲







438 :名無しのやる夫さん :08/12/06 23:37:43 ID:eiU9eVVP
 
.:::::_イ      |!     |      |  ハ l ト l l     |   l ヽ.      
  ハ    i l i   ハ l __  ! ハ. |_.ィ |-j─l!   | ハ!   l_ \____
..イ | |   i ! ! !  l l | ! ( ⌒ゝ_l ィ_!´|,ニVノ_)从!ゞ ! ! |  ,. '´ ,. --──
 レ'| |   | !::!ニ!ハ二!二_ヽlー|/'fー'(V≦(オjノ:::∧. ∨  {  く \ :::::ヽ
   l l.  | i::lヾ __V.=!≦ `ヽ! ` -、._`'≦乂_:/ ∨    ゝ、  ヽ ::::::::::::::: 
    l l ハ 丶 ゝく'´l -f!ハ         ̄`ーヽ!  Y:   !:: \  `ー- .   ……横で、悪態をつかれる度に……
   l ゝヽ  | ゝ、  ゝ-‐'           ゝ=´ Vjハ:::   !::   ー─-    この手で、あなたを壊したくなる……
   ゝ  \ ハ         ヽ          ヒイ!::   !:::      
..--ュ/ \ |  ハ         _ -_,       /!::::::!::   i:::::        それなら、元の方が……
テ /'    ::|  ::::ハ         ー        /::|::::: !:.   i::::::::.       苛々させない分、まだ良いでしょう……?
//    .:::|  :::::/:::ゝ、             イ__::| :::::!::   |::::::::__ゝ_..   
../     .::::::|  :::/::::::::::|::>-__        r⌒フ__  ヽ:::!::   レ ´: : : : : : :   ……それだけ……
    :::::::::| :::イ :::::::: |::/  ノ_>ーr-√ __∠_ : : : `フヽ:::::/: : : : : : : : : :
     :::::::::|::::/::::::::::::::,::::〉:⌒≦_ー-`V´: : : ::/: : : ∠::::::/: : : : : : : : : : : :


         / ̄ ̄ ̄ \
      /   :::::\:::/\  
     /    。<一>:::::<ー>。  壊し……す、すいませんでしたお。
     |    .:::。゚~(__人__)~゚j   もう嫌味なんて言いませんお。だから許して……
     \、   ゜ ` ⌒´,;/゜
    /  ⌒ヽ゚  '"'"´(;゚ 。
   / ,_ \ \/\ \  
    と___)_ヽ_つ_;_ヾ_つ.;._







440 :名無しのやる夫さん :08/12/06 23:39:28 ID:RlCOMCUU
ひねくれてネガティブなことしか言わない人は
周りもネガティブにさせるだけだもんね







441 :名無しのやる夫さん :08/12/06 23:39:55 ID:eiU9eVVP
 
     //    //  / , /   , /    ',     ! .
    ./ /     /イ   '  ' / ,'  //! l    |i    |
    / /     |||l  |i | |l l  | i|| l  |l ! || i
    | {       ||||  || | |l | _| ||l |  |l ! |l |,   ′
    ヽト     |{||  |ト |_|l l {._l小|ヽ\ _,||斗 7 「|   /
      ヽ`二丶 ヽい. ヽ ヽ \ ト|、|_,.ィヘ,ィ'廾j示、ノノ //
           \、 \\ \示ミ.ヽ| \/{,仟坏Y'} |,イ.ィ_,ノ 
          ,ハ|   | !\i ゞ=^     ト{_辻少jノ'/^| | |  ……気分、次第……?
          _/ ノ   | | ∧   ノ   ` …=ヘ || |
 ‐=_,ニ  ̄   /  _厶⊥ l l\ ` .__,  ー′ | l | |
 /  _,   ´   |   }| l | }| l丶. `ニ ´    /| l| |
  /      _/ゝ┬‐iしノ ノ ノ | |ヽ>--‐=≦´,--| |∧ ヽ
/       {    |  く_/ーヘ.||     |\∨-‐| |{ l |ヽ


       ____
     /      \
   /  _ノ  ヽ、_  \
  /  o゚⌒   ⌒゚o  \   ……ほんと、勘弁してくださいお……
  |     (__人__)    |
  \     ` ⌒´     /







443 :名無しのやる夫さん :08/12/06 23:43:22 ID:eiU9eVVP
 
~ 夕刻 ~

        ___  
      /     \  
     /  ⌒  ⌒ \        久々のアイスは美味いお! 思わず3本も食っちまったお!
    /   (⌒)  (⌒) ヽ、      
   l  、" ゙)(__人__)"  ,,)       あ、日も落ちてきたし、そろそろ帰るかお?
   \     。` ⌒゚:j´ ,/ jυ゙|
    /⌒ヽ          ヽ、 |__|
    l            \n||  ← 特別に貰ったお金で買った
    |    l'       r、 ( こ)


             _,. -―‐¬ス仁ニ、
         ,. '´  _,.-‐'´ トヽ.`戈―-- 、
       /        ヽ  ヽ」  ̄`ヽ   `ヽ、
      / ,  l 、     l  l  ヽ  `、     〉
.      / / l l  |   l|  ヽ  ヽ   ヽ /
     |l ハ | l | | l |l  |ト、   \  \ ,.イ       ……もう、こんな時間……?
      |l | l |l Nレ匕lヽ l| レヘ、ヽ  ヽ /ヽ |       夕食時には、屋敷に着いていないと……
     lN XヾVイ}LV | l廴}   \/ヽ、  |     
     /   リヾ<メ、 ̄l r'´ヾ、 〈 \  \ ヽ、     ……結構、歩いたし……帰り、間に合う……?
    /    <   , ′ ヽ\_入`―ーr――个-- 、
  └―‐- 、 / 冫く    ,.ィヘ、<:/ \  \ヽ  \_>
.       // /!  `‐匕冖-: :`二ニ:-‐冖-..、} ヽ/ヽ
     / / / { l   r=〉: : : : : : : : : : : : : : : `く」_   \








444 :名無しのやる夫さん :08/12/06 23:46:54 ID:eiU9eVVP
 
       ____
     /ノ   ヽ、_\
   /( ○)}liil{(○)\      結構歩いたのは誰のせいだお!
  /    (__人__)   \    出店を見つけるなり、あっちへフラフラ、こっちへフラフラ……
  |   ヽ |!!il|!|!l| /   |    しかも金を出すのはやる夫かお!
  \    |ェェェェ|     /



        ̄>二ツ      ̄ ̄ ` ー-、
       //´ /   ̄`  --── 、 {ツ/二ニ=ー
     //   /     /   ヽ     ` く二ニ=ー
    //    /  l/\|    ||  |    |`ヽ\
  //.    /|   |   |\/   ||  | |   | |  ', ヽ
 / く   __   l | ||十ト、|\.!/L ___!/ .l | !    \\
 ` ̄ ̄`ヽ >  ゞ\く戈テミ、|/メ-≠/ミ////     ) 〉  ……いいでしょう……
    //   // 人| ゞー'゙ |/ ゝ伐ソj/イ/|   //   どうせ、あなたのお金じゃない……
   //.   /─- 、∧   '   ` ̄∧/l. !  //
 //    /|\:.__r=≧ 、` ´ ,. イ´ |  ! | 〈 く      あと……立ち直らせた分の、代金……?
〈 く´     //|: : }: : : \} ノ´二/〈__l_,⊥L__ \\
 \\ -=/厶l: : {_-ー 「:} /´: :}/: : : ─-- 、/}. \\







445 :名無しのやる夫さん :08/12/06 23:47:18 ID:RlCOMCUU
満喫しすぎw







446 :名無しのやる夫さん :08/12/06 23:48:13 ID:Sr4dpGor
なにそのデート







447 :名無しのやる夫さん :08/12/06 23:49:31 ID:eiU9eVVP
 
           ___
       /      \   
      /u  ノ  \  \     そ、それを出されると……
    /   (●)  (●)  \   とにかく、道案内よろしく頼むお。
    |      (__人__)  u. |    テキトーに歩いてきたせいで、やる夫はここがどこか、サッパリだから。
     \    u.` ⌒´  /



   |亅 |―‐l‐| |-、_|_   ! !   {   |  l !   | .|   |
ヽ  ! | !ヽ l__! |    ! `l | ト、  `  l  | l   l  !   !
 ヽ l l/  ∨ `7ーr‐-、ヽ l V.∧     /__,//  /  l   l
   ト!   l  /  |仆 l \`  ヽ、  .{ / 7  / / |  l
.       ! |   lノ | ./     ヽ、/トr‐t-、/ /  l /
       ゝ,ヽ  _,ノ /        |>、 ( ラ> '  ! /
           ´´ ̄ ̄            ト、r、ノノイ┐ l/
                        ヽr‐'ー-′
                          /         ……任せ…………
  U ←                '´ l         
                         /
、                    ̄`¨  /
:.ヽ、_                   ´ /
:.:.:.:ヽ ̄`ー‐- 、          /
:.:.:.:.:.:.     :.:(          ′







448 :名無しのやる夫さん :08/12/06 23:49:46 ID:fVy/UiGW
いちゃいちゃすんなw







449 :名無しのやる夫さん :08/12/06 23:50:24 ID:aMxjHUL5
迷子フラグ






451 :名無しのやる夫さん :08/12/06 23:51:12 ID:B5jGTCKT
おいwww







453 :名無しのやる夫さん :08/12/06 23:51:59 ID:xbKH0uI6
その汗はなんだwwwwww







452 :名無しのやる夫さん :08/12/06 23:51:41 ID:eiU9eVVP
 
     ____
    / ⌒  ⌒  \
  ./( ―) ( ●)  \
  /::⌒(_人_)⌒:::::  |   ……あれ、返事が無いお。また、だんまりかお?
  |    ー    U  .|
  \          /


    _ ノ/ / //       /        ヽ、ヽノl__
_ ̄ -― ´/   /     /  ′       \    V´<_
        //   /  / /  /             丶   V´ヽ
     ./// /   ′ /  l  l        l    l  ヽ   !\ \
   /  l/| l  ! !   ! /l  l  l    ! l   l  !    !  l、
 /    l/! ! l `/ト l ! /l  !  / !   l l  l l  ト ヽ
          l/! l /_l_ !`ヽl ト、 !〃ヽ ∧ / !  l l   ! ヽ\
            >、!∧! r三、ヽ!ヽ! lヽ/{!/_!/!_/   ! !  ! !
/     ///l ヽ 、! ・ ノヽ  レ′!V´,r=_-‐、ヽ ! / / / !l       ……よく見たら……ここ、知らない……
〉  / / / i 、!     ̄     j∧〈:i´r=ミ:〉/l/ /! /! / !       知らない場所を、案内できる訳、無い……
/ /     / ∧_|               Vl/ト彡l/// l/ l/  !      
:::::`ヽ、   / / / ハ         ′   ヾ二 メ/l/        !      ……ふふ……さあ、どうするの……?
:::__::::\/ / |/  ヽ、    `  -   、_ノ /ノl /            
::::::\`ヽ:\  l     >、             ̄∠ ノl/   l    l
:::::::::::::∨.:::::::\! <´_ \ _  -‐__ ´ //.::::′   !    l
:::::::::::::::l:::::::::::::::ヽ<´:::\`ヽ _ `V´  `ヽ:::::/l:.        !







454 :名無しのやる夫さん :08/12/06 23:52:01 ID:KYXWmIu5
開き直ったww







455 :名無しのやる夫さん :08/12/06 23:52:10 ID:lxSKGiQy
どうしようもねぇwwwwwww
ばらすぃー、頼むから弁明頼むぜwwww







456 :名無しのやる夫さん :08/12/06 23:52:22 ID:aMxjHUL5
かっこつけんなw







457 :名無しのやる夫さん :08/12/06 23:52:44 ID:vYTeshOj
なんだよ、こいつらもいいコンビだなw







458 :名無しのやる夫さん :08/12/06 23:53:29 ID:mrn+b5Ql
こうなると、水銀燈が怖いなあ……







459 :名無しのやる夫さん :08/12/06 23:53:55 ID:eiU9eVVP
 
       ____
     /ノ   ヽ、_\
   /( ○)}liil{(○)\     えぇ!? 自慢気に言うことかお!
  /    (__人__)   \    ミイラ取りがミイラになってどうするんだお!
  |   ヽ |!!il|!|!l| /   |
  \    |ェェェェ|     /


     丶`ヘ、 _〈:i7 ___
          ̄f〈_j-'´   _ >- 、
        / ̄ ` ー         \
      /          、       ヽ, _
     /  / / /     l   `丶、  fニ{ )_  -- ‐ ァ
    /  /  l / .| /   l      /ー辷ソ二 ´-‐ ' ´
   /イ / , l /、`ト、   l l/!  l   | '´ | ト、`ヽ、       私にだって、知らない所くらい、ある……
  / l/!  l l 个ト、l ハ /レ l 小   ト、 ヽ lヽ\ソ\     
    |! |  l 代しソ !  V⌒ヽj_ノr- 、_l _ヽハ|ヽ\  ̄`      ……買い食いを続けていたら、迷っていた……
 rイ/ 丶jト} xx / lノ{    ∨〉 } | フ〉ヽ ! |\ ヽ       薔薇乙女には、よくあること……
  \!   〈: :ヽ   '   ヽ.___ノ/  , ィノ_:>-、!  ヽ、` ー- 、
   }\   }. : : .\ヽ       イ / /: : :_._  : >┐ ` ー 、 \
   |  l  ト、:. /:. : ト. .__  ィ::{ - l〉.:/.: : `´:  ̄{ _    / /
   /  」  ヽ:厶:_.: : : :, ィ行 イ::::l  /:V_:.: : : :    〉ヘ┐ _l: /






461 :& ◆/p9zsLJK2M :08/12/06 23:55:03 ID:8QpP1Ttj
薔薇乙女にはよくあることwww







462 :名無しのやる夫さん :08/12/06 23:55:15 ID:lBDrweIo
よくあっちゃ駄目だろうw







463 :名無しのやる夫さん :08/12/06 23:55:27 ID:qswMzp00
よくあることなのかよ!www






465 :名無しのやる夫さん :08/12/06 23:56:08 ID:aMxjHUL5
いかん、頬に××をつけただけなのに萌えてしまう







466 :名無しのやる夫さん :08/12/06 23:56:28 ID:eiU9eVVP
 
~ 同刻 薔薇屋敷 ~


      `l '` :/l //  //     ヽ   ヽ l\ ./l,.l
      ll /l ̄ //  / l'     |ヽ   ヽ ̄ l' ヽl
      /.`/   ./,l'   l' .l       l    |  l, ヽ
    /  |    l   |, l |    /||  ,   l,  l  
   /   l l,   |l   .|ヽ l .l    //l' /l  /  /  
 /     ヽl、  .l‐l 、l、 l ヽl、ヽ  , '/.l//_/l  / /     本当に悲しいの、水銀燈。
/       l, /ヽ l. ゝ,r==t ``ヽ//',r==t、、 ,'l/' |/      決まりを破ったらいけないことぐらい、
l        .l,/ /ヾl`'´| l;;;;l !       | l:;;;l iヾ / l /_     翠星石にバカバカ言われてるヒナでも分かるの。
l ===、、 .ヽ="==',l-、ヾ、,ノ     ヾ、,ノ _,/==/  ,
\ ___ ゛`ヾー==ハ´           ヽ==ゞ、〆"    それも守れない水銀燈は、すごくバカに決まってるのよ。
    ゝ`ヽ、ヘ__>>、     r‐,     /l< ´_`ーゝ
    ー〆`   `7_,へ` 、  ` '  ,、_'´へゝ'´  ヽ=
     `ー'´  , 、    ̄ `.l ー -‐l´    `, -、  '"`

           ,ィtvt‐z______
          ,> '´ 、    `丶、_`ヽ、r―‐r、
        //    }ヽ、  ヽ /7/|`ト、_} |
        ///    |l /| |l ト、  } ヽニ∧| ヽニヽ、
      / / l    l/ l| |l | _レ1ト、 ヽ |\ \_ヽ\
.     / / l l |   /  | ,化「 l ハl|   |ハ  ̄丁 \ヽ 
    /  { | ト、l /| イ/ノ 」厶-刋  ,′ l   ヽ、 {ノ   
     l l  | |{ L斗 l  / 彳」沙′/ /  l|    ト、     出来の悪い妹にバカと言われても、腹も立たないわぁ。
     | |  ! 七´≧弍ヘ/      / イ   |    ヽ.`ヽ   
    !ト、\ V´{沙        // l     |ヽ     \    あんな下僕に夢中になって、おばかさぁん……
 r、  l ヽヽ、ヾ二、  ヽ _,      |     ト、 \     
__ヽ:\「\ \`ー=ニ   `       |    | ヽ、` r冖、
::.:ヽ.>:;: -―┴―个-、       _∠]   ,イ_,.. ‐'´::.::.::.:.  
::._:/   , -ヘ_厂  、`ヽ ‐- イ、_::.:l , /::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.:






468 :名無しのやる夫さん :08/12/06 23:58:45 ID:eiU9eVVP
 
      、::/   .:.   、      `ヽ:::::::/
        ,イ   .:,:.:、ヽ:.. 、ヽ:. ヽ:.:.    Y
.       /,    `/メ、ハ\ヽ,ヘ'´!ヽ:.!  ハ
      l/! i  :.Xf_Tト \  イT::l7!:! .;: !:!   やめるんだ2人とも! 今戦えば、取り返しのつかない事になるよ!
      ' N ::.: { ゞ=' .:! `  ゞ=' 7.:/: .:lリ   
       l:.:i:.ゝ    r -、     ノィ'::::.〃    ずっと前……僕達は買い食いをして知らない場所に迷い込んで、
          !:ハ:.:\  ゝ-'     〃:::;:'/.     でも励まし合って帰る事ができた……僕達は仲が良かったから!
       _' ヽ:ト:!ヘ.. ___ .. ィi´/:::/レ      そんな辛くても楽しかった思い出を忘れてしまったのか!?
      ,ェヘ`ヽ-‐ '´ ̄ヽ.  lル' レ'   


          /'::::rァー^ー^ー^ヽへ、:::::::::::\::::::V┐、
        /{:/    |  l!  `ーヘ>、::::::::ヽ:::::V┐',
        ,' /   /|  ||  | |  |  | `L>、::::ヽ:::::V! !
      l l ! | ! | | | | ||  ||  | || (>、:::ヽ:::}). !
        | l! |  |l  | |l| ! || ! | |_ |  |  `L_;::イ勹\!         ……そんな事もあったわねぇ。
        || |!|  ||  | |!| | |lイ「 レ1 /| l| {>||<}\\        けれど、それも昔の話……
       || ', 、 l|ヽ. l! |lリ´」斗ヤ刋 /! | |   〈\\ ヽ \
      ヽ ヽヘ {>ヽ{リ ´ `辷'ソ //l! ,'. /  | 《. \\ ヽ `ヽ、
         ヾ<ヽヘ';)     ノ' ,'./ /  || 》\ \\ ヽ  `ヽ、
           |:! |lハ〈    _    // / ,  | l《  》 《  》 ヽ   `ヽ、
          |:! ! |l ヽ、 ´ー   //'´| /  | |  《   》 《   ヽ     \
           〃 | /! |/ ||`iヽ-//'⌒| / /⌒''⌒ヽ.  《     ヽ     ヽ
        /〈 ノ' | | || | |://:::::::::l'′/::::::::::::::::::::ヽ    i     ヽ    







469 :名無しのやる夫さん :08/12/06 23:59:06 ID:vYTeshOj
昔もやっぱりあったのねwwwww







470 :名無しのやる夫さん :08/12/06 23:59:40 ID:mrn+b5Ql
本当に良くあることなんかいwww







471 :名無しのやる夫さん :08/12/06 23:59:44 ID:9Ws7V0jM
迷子になったことあんのかよwww







472 :名無しのやる夫さん :08/12/07 00:00:18 ID:XsuDXl7Y
いい話風に見せかけた単なるうっかりじゃねーかw







473 :名無しのやる夫さん :08/12/07 00:00:51 ID:ytWAchiM
駄目だこいつら……







474 :名無しのやる夫さん :08/12/07 00:01:29 ID:CXlJ57dH
 
                _ _rvェュ
           _rv'⌒X>'´: : : : : :ヒ= 、
        ___rレvュ-√: : : : : : : : : : | :ヽ\
       />'´: : : : :/rヘニ>‐- 、:_:_:_:_ヽ:__>'
.      〈r┘: : : : : : //ひヘノ`ーヘ仁ニ=-┘「丶、
       | : : : : : :/ ノ l ヽ ヽヽ、、└ヘj>! } }       ごめんなのよ、蒼星石。
      r'X : : ;ィ7イ7| ト、ト、l | | l l| l| | ∨ 〈     
    rク :l //:/ )| | l | | | | | l ?|-|‐┤! ,'ハ くミヽ     ヒナのおもちゃを壊した水銀燈を
   └'ー-く/:/_ノ | | | |_l | l | | l |」l_l_ ノ,'/! /\`ヽ\    ぐっちゃぐちゃのジャンクにしないと、
      /彡∨ ハ |l ヽX´ヽ、}ノ }ノ '  ̄`///^ヽ /人リh l   ヒナ、おさまらないのよ?
    く\ //l l | Yヽ ,x≡  ,   "" { レイ彡' }ニ彳り
      `ヽレ-ヘヽミ}ヘ.′ "゙  r ^   / くんイ}ノ‐<_
     ー个==彡仏‐ ヽ、  ヽ ノ , イ{/rク^7マ⌒)厂
         `て(=≠7乙厶>¬冖´ {_V/: : : : \



 |::| /:/l::ハ::.     | |.|   |l  |    |   |  |  |    ',  ヘ
 |::l'::/ |::|_ノ::〉  / | | |   | | |l    |   |  |  | l   |  ハ
. /√l トr-イ   |-ト、|| | l |l  |   |  |  | |   |   | l
/:/ l |::|  |  | \|`\ト、| | |  |  /; / | /l |   |   | |
:/  | |::l   l   |气f><ヽ|、\ , l  /// |./ ノ /   /  .ハ |  ……蒼星石、そういうことよぉ。
   | |::|  ヽ  |  ゙{ l! }`ヾミ  ∨//厶-―<./   /   / | |
   | |::|   ト、 l  ヾー<        斗=ミ、_/ /}  /   |ノ  あなたの玩具を壊した事なんて、水銀燈は
   | |::|    | \             _( リノ ''// /ノ/      これっぽっちも悪いなんて思っていないの。
  | ヾ    |               `¬ /  /イ|   
  !      |\           /   ∠ イ   L|        そんな私が憎くてしょうがないって言うのなら……
    |     |  \      ―-;     /  |  ィ  /.      さっさとかかってらっしゃい? 第6人形、雛苺……
.   l    ト、  \            <    |// /. : : :
   |   |::::::`::ー- >  _  イ   |  |: : : : : _ -
.__∧    |::::::::/二二[]二.ヽ |    イ    |: : : : : : : : : : :







476 :名無しのやる夫さん :08/12/07 00:04:03 ID:CXlJ57dH
 
~ あっという間に2時間後 ~


             _,. -―‐¬ス仁ニ、
         ,. '´  _,.-‐'´ トヽ.`戈―-- 、
       /        ヽ  ヽ」  ̄`ヽ   `ヽ、
      / ,  l 、     l  l  ヽ  `、     〉
.      / / l l  |   l|  ヽ  ヽ   ヽ /
     |l ハ | l | | l |l  |ト、   \  \ ,.イ       ……こっちが、屋敷……
      |l | l |l Nレ匕lヽ l| レヘ、ヽ  ヽ /ヽ |
     lN XヾVイ}LV | l廴}   \/ヽ、  |       ……たぶん……
     /   リヾ<メ、 ̄l r'´ヾ、 〈 \  \ ヽ、
    /    <   , ′ ヽ\_入`―ーr――个-- 、
  └―‐- 、 / 冫く    ,.ィヘ、<:/ \  \ヽ  \_>
.       // /!  `‐匕冖-: :`二ニ:-‐冖-..、} ヽ/ヽ
     / / / { l   r=〉: : : : : : : : : : : : : : : `く」_   \

        ____
.      / u    \
    /─    ─  \
.  / (●) (●)    \.   迷うこと2時間。ようやく知ってる道に着いたお……
.  |   (__人__)  U    |
  \   ` ⌒´ u   _/    薔薇水晶……実は、全然道に詳しくないお?
    |           \
    | |         |  |
    | |         |  |








477 :名無しのやる夫さん :08/12/07 00:04:04 ID:1/WDxPAW
だんだん破滅の予感が…







478 :名無しのやる夫さん :08/12/07 00:05:13 ID:pBVqrLwU
夕食の時間は…







479 :名無しのやる夫さん :08/12/07 00:06:36 ID:CXlJ57dH
 
. /: ;:::::::: ::::::/: : .:::::l .:::|、: : :|.:::i::: : _: : .::l::. :|::: : :|:::|::. : l : |::::::. : | :| : : |:.:
'.l: l :::i::: ::::::l |: .:::::::| ::;|::;:\|:::::|r'´ヾi .:::l|:: :|:::: : |:::|:::::. :|: :|::::::: .:|: |: : : :|:
| l| :::|::::::::::| | .:::::::;l.:::l|:::|:. :|\ト:: : :/.:::/|::::l|::::: l|:λ:::. |:. :|::::::: :|:: | : : : |::.
|:l.| :::|l::::::::| |゙.:‐-:A,,|_|::|:::.|l::::l|\ /:::/ |::/.|:::::/.|/ |:::: l::::|::::::::::|:::;l: : : : :|::
.l| l:::::|.|:::::::|l| :::::/ .|:| ゙|ト:、|::| |::::.゙ト:/ |/,,|=:/‐|゛'''|:‐:|-:|、:::::::l|:::l: : : : : :|:
. ゙ .l::::|λ::::l':|:::::lヾ=l|,=-l、l:|、| |:::::λ゙rl'´ |7_''=≡''|-/|/|:::::::/.|:/:. : : : : :
  ヘ:|l :〉::::::l|::::| ヘ ゙{: : il ヾ、  |::/ ゙{、、,,}/:l ゙l´{lソ}/}、 ゙}:::::イ |/::::. : : : :
   〉 ハ:::::|l:::|゙l ゙ ゞ: :': :ノ.゙  ゙'   ヘ`゙l、 ヘ ゙i,}ニ'ソ/ ノ|:/ |./: :::::::. : : :    ……全く、知らない訳では無い……
   ./:/: : ヾlヘ:|::|.  ゙´ ̄`       \ ヾ、ヾ二'_ノ/'´ |.': : :::::::::. : : :   屋敷の周りくらいなら、案内できる……
   //: : ..::::/ .::::l       ,      ヽ、._,>.ィ'゙\   ||.: : ::::::::::.. :  
  /': : : .::::/ .::::::ヘ ///   ヽ    /// ,,   ,}l  \ -|:|: : ::::::::::::..   ……半径、10mくらい……
  /': : : .:::/: .:::::::::::丶      _       ゙''-‐''   ., |.゙´|:|: : ::::::::::::::.
. / : : : .:/ : .:::::::::::::::::::\    `             /--‐''|:|: : :::::::::
/ : : : .:/: : .:::::::::::::::::::::::::〈.ヽ、            ,.イ : : .::::::::_|:.| : :::::::::::
‐'''゙´ ̄ ̄`゙''‐-.、_:::::::::::,rヘ. :゙lヽ.   __,, -‐ ‐-'ァ:'' : ..::::/,ハ::| : :::::::::::
::: : : : : : : : : : : : : `ヽ、く;;;:::::\ヘ-`'''ヾi´:: : : ;/ : ,r''´ ̄`゙`ニ=l:ヘ: :::::::::::


       ____
     /ノ   ヽ、_\
   /( ○)}liil{(○)\
  /    (__人__)   \   屋敷から目で見える範囲じゃねーかお! この引きこもりが!
  |   ヽ |!!il|!|!l| /   |
  \    |ェェェェ|     /







480 :名無しのやる夫さん :08/12/07 00:07:01 ID:VS2bFIvk
なんかかまいたちの夜にあった、遭難EDを思い出すなw







481 :名無しのやる夫さん :08/12/07 00:07:54 ID:uA7ivIOb
駄目だ・・・・・
でもなんかかわいいから許す







482 :名無しのやる夫さん :08/12/07 00:08:11 ID:KlM+cswN
ニヤニヤがとまんねぇ







483 :名無しのやる夫さん :08/12/07 00:08:28 ID:CXlJ57dH
 
        __>┴く二` ー-、_
   ___≦ァ了 /    / ─ 、ヽ,ィ_
 /, -─ ¬// // / //    \ V<_
. ヽ′   / レイ | l /,イ| | .j | l|l  |\   ……『この引きこもりが』……
  \ ./   レル/`ト、fトv!∧,ィ//j |  トヾ、
    >く  -彳! ィテァ、レ' ivr≠ミノ//,イ    それは「責任者」にでも、言ってあげて……
二/≠二,イ  /ハ  ̄  , {些メiイレレ |
//广Z__\//〃 、   ー-  _ノjレ   !
/.::/::::::::::::::V:\| ≦\ __ -‐〃/:. l  |
..::::::|::::::::::::::::::\__:^::入:气朮こ〈イ:::. |  |


         ____
       /::::::::::  u\
      /:::::::::⌒ 三. ⌒\     
    /:::::::::: ( ○)三(○)\    (「責任者」……! 前にやらない夫と話した、「抜け道」のキーワードだお。
    |::::::::::::::::⌒(__人__)⌒  |    いや、むしろキーパーソンと言うのが正しいかお……)
     \::::::::::   ` ⌒´   ,/ 
    ノ::::::::::u         \







484 :名無しのやる夫さん :08/12/07 00:08:49 ID:EMQ7ck+n
10km……
徒歩二時間だから、結構広いような。

なんというか、二人とも小学生みたいだなwww
これで、罰則がたいして厳しくなければ、笑って見ていられるんだが……







486 :名無しのやる夫さん :08/12/07 00:09:27 ID:4+ScXXT0
>>484
半径”10m”








487 :名無しのやる夫さん :08/12/07 00:09:51 ID:KWh48hBx
>>484
10mだぜ







488 :名無しのやる夫さん :08/12/07 00:09:53 ID:EMQ7ck+n
orz







490 :名無しのやる夫さん :08/12/07 00:11:29 ID:CXlJ57dH
 
          ____    
        /      \   
       / ─    ─ \  
     /  (●)  (●)  \   その、薔薇水晶……
     |  ∪  (__人__)     |   ちょっと訊いていいかお?
      \     ` ⌒´    ,/
        /          \ 


     //    //  / , /   , /    ',     ! .
    ./ /     /イ   '  ' / ,'  //! l    |i    |
    / /     |||l  |i | |l l  | i|| l  |l ! || i
    | {       ||||  || | |l | _| ||l |  |l ! |l |,   ′
    ヽト     |{||  |ト |_|l l {._l小|ヽ\ _,||斗 7 「|   /
      ヽ`二丶 ヽい. ヽ ヽ \ ト|、|_,.ィヘ,ィ'廾j示、ノノ //
           \、 \\ \示ミ.ヽ| \/{,仟坏Y'} |,イ.ィ_,ノ
          ,ハ|   | !\i ゞ=^     ト{_辻少jノ'/^| | |    だぁめ……
          _/ ノ   | | ∧   ノ   ` …=ヘ || |   
 ‐=_,ニ  ̄   /  _厶⊥ l l\ ` .__,  ー′ | l | |
 /  _,   ´   |   }| l | }| l丶. `ニ ´    /| l| |
  /      _/ゝ┬‐iしノ ノ ノ | |ヽ>--‐=≦´,--| |∧ ヽ
/       {    |  く_/ーヘ.||     |\∨-‐| |{ l |ヽ







491 :名無しのやる夫さん :08/12/07 00:12:17 ID:pBVqrLwU
だめでした\(^0^)/







492 :名無しのやる夫さん :08/12/07 00:12:30 ID:KlM+cswN
何この子、艶っぽすぎるだろ…







493 :名無しのやる夫さん :08/12/07 00:14:08 ID:CXlJ57dH
 
       ____
     /⌒三 ⌒\
   /( ○)三(○)\
  /::::::⌒(__人__)⌒::::: \  まだ内容も言ってないのに……
  |     |r┬-|     |
  \      `ー'´     /


             _,. -―‐¬ス仁ニ、
         ,. '´  _,.-‐'´ トヽ.`戈―-- 、
       /        ヽ  ヽ」  ̄`ヽ   `ヽ、
      / ,  l 、     l  l  ヽ  `、     〉
.      / / l l  |   l|  ヽ  ヽ   ヽ /
     |l ハ | l | | l |l  |ト、   \  \ ,.イ     例え……私が、薔薇乙女では無くても……
      |l | l |l Nレ匕lヽ l| レヘ、ヽ  ヽ /ヽ |     薔薇乙女と、同等の権限を持つ以上……
     lN XヾVイ}LV | l廴}   \/ヽ、  |
     /   リヾ<メ、 ̄l r'´ヾ、 〈 \  \ ヽ、   「責任者」……については、何も話せない……
    /    <   , ′ ヽ\_入`―ーr――个-- 、
  └―‐- 、 / 冫く    ,.ィヘ、<:/ \  \ヽ  \_>
.       // /!  `‐匕冖-: :`二ニ:-‐冖-..、} ヽ/ヽ
     / / / { l   r=〉: : : : : : : : : : : : : : : `く」_   \







494 :名無しのやる夫さん :08/12/07 00:15:44 ID:CXlJ57dH
 
        ___
      /     \
     /─    ─  \     ……バレてたのかお。まあ、そう簡単に分かるとも思って無いお。
   / (●)  (●)    \   また機会があれば、その時にでも……
   |    (__人__)  ∪   |   
   \  ⊂ヽ∩     /    あ、やっと屋敷が見えてきたお。外から見るのは久しぶりだお……
     |  | !、_ \     )



.:::::_イ      |!     |      |  ハ l ト l l     |   l ヽ.      
  ハ    i l i   ハ l __  ! ハ. |_.ィ |-j─l!   | ハ!   l_ \____
..イ | |   i ! ! !  l l | ! ( ⌒ゝ_l ィ_!´|,ニVノ_)从!ゞ ! ! |  ,. '´ ,. --──
 レ'| |   | !::!ニ!ハ二!二_ヽlー|/'fー'(V≦(オjノ:::∧. ∨  {  く \ :::::ヽ
   l l.  | i::lヾ __V.=!≦ `ヽ! ` -、._`'≦乂_:/ ∨    ゝ、  ヽ :::::::::::::::   
    l l ハ 丶 ゝく'´l -f!ハ         ̄`ーヽ!  Y:   !:: \  `ー- .   …………? 
   l ゝヽ  | ゝ、  ゝ-‐'           ゝ=´ Vjハ:::   !::   ー─-
   ゝ  \ ハ         ヽ          ヒイ!::   !:::         ……様子が、おかしい……
..--ュ/ \ |  ハ         _ -_,       /!::::::!::   i:::::        
テ /'    ::|  ::::ハ         ー        /::|::::: !:.   i::::::::.       
//    .:::|  :::::/:::ゝ、             イ__::| :::::!::   |::::::::__ゝ_..   
../     .::::::|  :::/::::::::::|::>-__        r⌒フ__  ヽ:::!::   レ ´: : : : : : :
    :::::::::| :::イ :::::::: |::/  ノ_>ーr-√ __∠_ : : : `フヽ:::::/: : : : : : : : : :
     :::::::::|::::/::::::::::::::,::::〉:⌒≦_ー-`V´: : : ::/: : : ∠::::::/: : : : : : : : : : : :







495 :名無しのやる夫さん :08/12/07 00:17:41 ID:CXlJ57dH
 
~ 屋敷 ~

      ____
     /_ノ ' ヽ_\       やっと帰ってこれたお。
   /(≡)   (≡)\      もう夕食の時間はぶっちぎってるけど……
  / /// (__人__) ///\    
  |     |r┬-|      |    (あれ、夕食? 何か忘れてるような気が……)
  \     ` ー'´    /


          ____    
        /      \   
       / ─    ─ \  
     /  (●)  (●)  \   って、なんだおこれ。
     |  ∪  (__人__)     |   屋敷の壁に大穴が空いてるお……
      \     ` ⌒´    ,/
        /          \ 






497 :名無しのやる夫さん :08/12/07 00:18:40 ID:KlM+cswN
ヒナか銀様か、はたまた…







498 :名無しのやる夫さん :08/12/07 00:18:50 ID:KWh48hBx
2人が暴れてるのか







499 :名無しのやる夫さん :08/12/07 00:20:14 ID:CXlJ57dH
 
      /   / .'   ll   l     | l   l i
      .,.イ    '  i i、 |l-、 | | l l | | | l l  !
    / | i   | | l ∥ `|l、 l j | l l | | | l l  |
      l i| | | ,ハ |!  || 刈/l/リ | | | l |  {
      ヽl、 レl 代fr?|∨ {`メィf范}レ| リ   '.
       / ヽトli ゞ-′   ヾ トミyノ l/i′     『壁に大穴』……
        /  / '.   〈    `ーrヘ、 l
       ./  /   ヽ   ‐ -  `ー' ,.ィ^)|       ……もしかして……?
    __厶- ー ..._  `ゝ、    _厂 ̄}l
     ヾ 、     ` < \ヾー '7 // ̄入
     ノノ        \ ヽ\l/ .′ /  \


             / /         |     |   |  {::{   ノ::;ハ |:|
            /  /        | l   | ハ   | }  ヾニィf′| |:|
        /  '        | | !  j/イ  川     |:|   | |:|
          /  |       | | |/} _L.// |      |:|   | |:|
        '    ||      / | /イ/ィ゙´〃 |   /|:|  | |:|
       l|   ||ヽ    / 〃 / イ_ソ 彡'′ |    , l::|   | レ
       | |     l ヽ \  {           ,   /| レ'   |       ……あら? 白饅頭の下僕に……
       ||ヽ  ト、 >≧            / / |     |       薔薇乙女の贋作、薔薇水晶じゃなぁい?
      |ヽ \ \ ヾヘ_ソ ,           //  |    |
          |\|\ >|  \      ィ         |    |        外出だって聞いたけどぉ……
          |:| 八  { ヽ    ∠ ィ´      |    |l\      随分と、遅いお帰りねぇ……?
   _     |:|  \ \\ _           |    ハ \
   \: : : .ー- レ    | ` ー┬‐<             l    厶┴ 、
    \: : : : : .` ー-|   | / `  ァー--‐く -‐7   /.:::::::::::..\
―――‐ `ー- 、: : : : :|   |./     / / /:「」:.ヽ′   /.:::::::::::::::::::::







500 :名無しのやる夫さん :08/12/07 00:21:20 ID:uA7ivIOb
やる夫逃げてーーーーーー
その水銀燈はアニメ版ぽい








501 :名無しのやる夫さん :08/12/07 00:21:29 ID:EMQ7ck+n
うわ、ひどいな。







502 :名無しのやる夫さん :08/12/07 00:23:01 ID:CXlJ57dH
 
         ,゙)ル ゚。 ゚V//
       ゝ'゚      ≦ ゚  パァン!
      /≧      三 ,     
    / -ァ,      ≧=\    あれ、水銀燈の羽が折r
    |   イレ,、     >  u. | 
     \ , ≦`Vヾ ヾ≧ /
        。゚ /。・イハ\、l


    /// /   イ l  | |  | |   ヽ ヽ ヽ、
ィニニ〔ゝノ_ノ   / ヽ\ヽヽ  | l    |l  |l  ヽ
'´/ /| |7   r/'´ ̄ヽゝニヽ-ヽヽ  │ | | ヽ ヽ
イ/ / ! | |   ||-ャ─-,ニ、ミ‐`ヽ、ヽヽ / / /  | ヽヽ
/ / / j |   l| `ー='-ニゝヽ`   |ノメ、/l  │ l | l
./  / / ヽ   l|           ィ_ミヽ`リ ハ || |
'  / /   ヽ  l          l、'rヽj`ァ' メ | / リ    門限を過ぎても平然と戻ってくるなんて、
  `,´l    lヽ ヽ         /ノ `'’,イ  /イ       いい度胸じゃなぁい? 下僕の癖に……
  /| |   |  `丶ゝ    ー、ー- 、    lノ  ,イノ  
. /│|   |          ニ ´   ノ イ |        これからどうなるか、分かってるわよねぇ?
/  ! |   !  、           ィニィ | |lハ
  | !   |   _`ト_、 _     , イ    ! |ル'   ,イ
  ハ ヘ  |‐'  ̄,.ィ´ヘ` ー- イ  |    |l |    /│







503 :名無しのやる夫さん :08/12/07 00:23:44 ID:uA7ivIOb
死亡フラグ
こりゃあちんだな・・・・・・・







504 :名無しのやる夫さん :08/12/07 00:25:04 ID:CXlJ57dH
 
 < 二‐ 、ー-_/ ,   /  /    l      ヽ_ニ―<_
   /:::::_/::::_/ ./ /  ,'   !       !  !  ',   ヽ :\::::__`‐-、
. ∠ィ-,‐'´l// ./ | .|   l      |  l  !    !、::_ヽ_、 ̄``
. /./   / l  !l| l!  l,イ  ∩ | ,l ,l !l |  l    !l ヽ`ー 、_
 /     | l | ! -l┼'ト ll ',  .`乂/|ノ廾ナノイ.!|| l !  ヽ、  `ー-、
./     ,!',! l | |ヾl‐!lニ、ヽ ヽノ/'´r'イΞトlィノ|ノ / !/ |   `i   /
!     ,' ´ヽ|`ヽ! ` いソ`     ヽ)〈ヘ'ly''/'|/l ノ'   !   ,'  ./   ……水銀燈……その傷……
_.ヽ   /   .| ,l l   ̄       `ヾ='<´\||    !   / /
 \ヽ /    |  !〈|         ′     、ノ' /l |    レ' /       誰と……?
   )ヽ   l  l'ー、     ─-       /,r||  /.,ィ'
  / 〉  |  |  |\              /|  ! |  / / ',
/  /   |  l|   ! _r‐ヽ、     _, -'ヽ、_|.  l|〈  \ ',
-'" /    l  l.|  .Κ._ ヽ.__`ーィ'"冫 __,∠   l !  `‐ 、_`ー─


   / __{f7.:::::::〆   /           \  \
  厶イ7:r-、く  | |    |        ヽ   \
 〈〈__/:ハ::.Vヽ\ | |   |、          |    ヽ
. /ヾィ/ イヘヽノノ | |ヽ  | \   ',    |    | '.
/ /://ll |:「´   |{ 丁ヾト、|  ヽ  |!   |    |l |
  |::|  l| |:|    |ヽ弋f==,ミメ、 ' ∥  /ハ     || |   
/|::|  || |:|ヽ   |   、_{._!ンヾ  }ノ|l /厶| , / ハ|   ……出来の悪い、6番目よ……
  |::|  || |:| \  ヽ   ̄¨`    l/rテミ|/ / / }ノ
  |::|  l| |:|  l \ \         、ヾ' / イl/         ……蒼星石が止めたせいで、
     l|     |   ` -\       ′/  ノ        ジャンクにはできなかったけど……
      |l    |\        ‐-,,、  / /
     ハ    ト、  、      ` イ
    / ハ     l::.\ >_,、   /  |
     / ∧   l:::::/.::7爪  丁   |







507 :名無しのやる夫さん :08/12/07 00:28:04 ID:CXlJ57dH
 
     //    //  / , /   , /    ',     ! .
    ./ /     /イ   '  ' / ,'  //! l    |i    |
    / /     |||l  |i | |l l  | i|| l  |l ! || i
    | {       ||||  || | |l | _| ||l |  |l ! |l |,   ′
    ヽト     |{||  |ト |_|l l {._l小|ヽ\ _,||斗 7 「|   /
      ヽ`二丶 ヽい. ヽ ヽ \ ト|、|_,.ィヘ,ィ'廾j示、ノノ //
           \、 \\ \示ミ.ヽ| \/{,仟坏Y'} |,イ.ィ_,ノ   ……彼女を、ジャンクにできなかったから……?
          ,ハ|   | !\i ゞ=^     ト{_辻少jノ'/^| | |    それとも……妹を、その手で捻じ伏せた自己嫌悪?
          _/ ノ   | | ∧   ノ   ` …=ヘ || |
 ‐=_,ニ  ̄   /  _厶⊥ l l\ ` .__,  ー′ | l | |    ……どちらにしても……それで、白饅頭、贋作……
 /  _,   ´   |   }| l | }| l丶. `ニ ´    /| l| |   私達を罵倒して、八つ当たりなんて……
  /      _/ゝ┬‐iしノ ノ ノ | |ヽ>--‐=≦´,--| |∧ ヽ   哀れで滑稽なお人形ね……水銀燈……
/       {    |  く_/ーヘ.||     |\∨-‐| |{ l |ヽ


              / /:::::,. :::´:::;. ,-―ベ" ̄  `
           /  /::::::/:::; イ  |    \ \   \
              /  /:::/:::/ /    |      ヽ  ヽ     ヽ
          /  |:/::::/  :′|  |        ヘ       ハ  
        イ二 >r<   i  |          ,  i  |廴  
      < </ / 不ヽ ヾ\ |  !ヽ  ヽ  \    l   |  |?  
         \__'/ /|::| イ/| \\  \   ヽ  | ィハ  ハ|   あらぁ……?
         //  / |::|ー'   |、ヽ \\  \ |l /,.イ/ / / jノ   "贋作"って言われたのが、気にいらなかったぁ?
      //  /   |::| i    ', >\"\二  ヽ|レゞ'イ/ イ|、    だって、本当のことじゃなぁい……
      /::::/  /   i!::! ヽ   ヽ >イ l!ノ,.`      7  / | >.   
  \.__/::::/  /    /::/   \  \ ` ´        〉/ /       ……水銀燈はねぇ、今とっても機嫌が悪いの。
   \ヾ{  /    /::/i    |イ\ \    _,. ィ /イ i\      目の前のおばかさんをジャンクにすれば、
    / \<..._∠ イ∧   Vヘ.` ー一    ̄ ´/:::| | ト \ ̄ヽ  少しは気が晴れるかもしれないわねぇ……
ー===  ̄:::::::::::::::::ー―ヘ   ∨7`;―::>r―‐:'::.:::| | |:::> `  、







508 :名無しのやる夫さん :08/12/07 00:28:59 ID:KWh48hBx
殺伐としてんなあ…







509 :名無しのやる夫さん :08/12/07 00:29:15 ID:EMQ7ck+n
さあ、どうなる?







510 :名無しのやる夫さん :08/12/07 00:31:06 ID:CXlJ57dH
 
       ____
     / \,, ,,/\
   /( ●) (●)|||\    あ、あのぅ……
  /::::::⌒(__人__)⌒:::U\   とりあえず、喧嘩は良くないと思うお……
  | U   |r┬-|     |
  \      `ー'´     /


  (( (ヽ三/)        
   .  (((i )   ___    
   / /   /_ノ   ヽ_\  
   (  く   /(⌒)  (⌒)\     それより薔薇水晶も水銀燈も、結構動いた後だから腹減ってると思うお。
   \ `/::::::⌒(__人__)⌒:::::\    ここは厨房に行って、使う頻度が落ちて山ほど余ったカロリーメイトでも……
     ヽ|  U     ̄      |/
       \          U   /







511 :名無しのやる夫さん :08/12/07 00:31:54 ID:0OFP00Sl
カロリーメイトかよwwww






513 :名無しのやる夫さん :08/12/07 00:33:46 ID:CXlJ57dH
 
    _ ノ/ / //       /        ヽ、ヽノl__
_ ̄ -― ´/   /     /  ′       \    V´<_
        //   /  / /  /             丶   V´ヽ
     ./// /   ′ /  l  l        l    l  ヽ   !\ \
   /  l/| l  ! !   ! /l  l  l    ! l   l  !    !  l、
 /    l/! ! l `/ト l ! /l  !  / !   l l  l l  ト ヽ
          l/! l /_l_ !`ヽl ト、 !〃ヽ ∧ / !  l l   ! ヽ\
            >、!∧! r三、ヽ!ヽ! lヽ/{!/_!/!_/   ! !  ! !
/     ///l ヽ 、! ・ ノヽ  レ′!V´,r=_-‐、ヽ ! / / / !l      ……そうね……
〉  / / / i 、!     ̄     j∧〈:i´r=ミ:〉/l/ /! /! / !      水銀燈は、お疲れの様子……
/ /     / ∧_|               Vl/ト彡l/// l/ l/  !      私が勝つのは、目に見えている……
:::::`ヽ、   / / / ハ         ′   ヾ二 メ/l/        !     
:::__::::\/ / |/  ヽ、    `  -   、_ノ /ノl /           ……行きましょう、やる夫……
::::::\`ヽ:\  l     >、             ̄∠ ノl/   l    l     
:::::::::::::∨.:::::::\! <´_ \ _  -‐__ ´ //.::::′   !    l
:::::::::::::::l:::::::::::::::ヽ<´:::\`ヽ _ `V´  `ヽ:::::/l:.        !


       /       ′        | ',  ト、    \ ヾヽ
      /          |          |  l  l| '.    ヽ l:::ト、
.      /       |  l| |         , |  |  リ  l|   l |:::ト \
      / / |    |l | | ゙ 、    /jノ  | _厶-┼ハ   | |:::| l\\
     ′/ |    | || ヽ \    ′斗≦/__,,.. レ゙ l    l |:::| l ヽ:ヽ
    l l|  l    |_」 L,,..≧ \ {   才ヘヽ 〕/ノl   ' |:::| | ',::',
    | ハ | '、   イ´ヽ> 、弋  ヽ       ̄"''´ イ  /  |:::|  l  }:::|  ……薔薇水晶ったら、本当におばかさぁん。
    |{::∧|  \  l<⊥ゝ '"            / /| |:::|   l ノノ  理由をこじつけて逃げるなんて。
   /.::/ |    \丶 "´       ヽ        /  r1  `´    l
.  /.::/ ∧   l | ト >         __,,      厶|     |   |    命拾いしたわねぇ、贋作……
\{::::{ / ヽ   ? |¬         ー= ´ 彡       '  |     |  | /
: . \∨ト、  \  \ト--\        ´`       /   l     | //   
: : : . \|: .\ |` ‐- \  /` ┌‐-、         ィ l  |    |/. :/ /
: : : : : : : : : . ヽl    |  .′r┤   ,\____,、<__|__ l  |    |: ://. :
ー-  _ : : : : : :|    |  l  ||   | /⌒ヽ::.::`¬ ||   |     l /. : : :
:::::::::::::::::>_''ニ|     |  l  ∨  ノ´ / ̄ ヽニ ヽ|l   l    .'´_  -一
::::::::::://. .::.::.|     ト.⊥__〈      ´  / ⌒ヽヾ\ l   ,′:::::::::::::::::







514 :名無しのやる夫さん :08/12/07 00:36:53 ID:CXlJ57dH
 
      ____
     /      \     
   /  _ノ  ヽ、_  \      
  /  ト旡≧/ /≦乏  \    もうやめてくださいお……
  |   | |(__人__)| |   |   屋敷の壁だけじゃなくて、やる夫の胃にも大穴が空きそうだお……
  \  | | ` ⌒´ | | /
   ` ー------─― ´


.:::::_イ      |!     |      |  ハ l ト l l     |   l ヽ.      
  ハ    i l i   ハ l __  ! ハ. |_.ィ |-j─l!   | ハ!   l_ \____
..イ | |   i ! ! !  l l | ! ( ⌒ゝ_l ィ_!´|,ニVノ_)从!ゞ ! ! |  ,. '´ ,. --──
 レ'| |   | !::!ニ!ハ二!二_ヽlー|/'fー'(V≦(オjノ:::∧. ∨  {  く \ :::::ヽ
   l l.  | i::lヾ __V.=!≦ `ヽ! ` -、._`'≦乂_:/ ∨    ゝ、  ヽ :::::::::::::::
    l l ハ 丶 ゝく'´l -f!ハ         ̄`ーヽ!  Y:   !:: \  `ー- .
   l ゝヽ  | ゝ、  ゝ-‐'           ゝ=´ Vjハ:::   !::   ー─-   (……これで水銀燈の心は、
   ゝ  \ ハ         ヽ          ヒイ!::   !:::         私への憎悪で充ち溢れる……
..--ュ/ \ |  ハ         _ -_,       /!::::::!::   i:::::        下僕への罰則も、有耶無耶に……)
テ /'    ::|  ::::ハ         ー        /::|::::: !:.   i::::::::.    
//    .:::|  :::::/:::ゝ、             イ__::| :::::!::   |::::::::__ゝ_..
../     .::::::|  :::/::::::::::|::>-__        r⌒フ__  ヽ:::!::   レ ´: : : : : : :
    :::::::::| :::イ :::::::: |::/  ノ_>ーr-√ __∠_ : : : `フヽ:::::/: : : : : : : : : :
     :::::::::|::::/::::::::::::::,::::〉:⌒≦_ー-`V´: : : ::/: : : ∠::::::/: : : : : : : : : : : :







515 :名無しのやる夫さん :08/12/07 00:37:35 ID:tdn3SGO2
ばらしー優しすぎワロタw







516 :名無しのやる夫さん :08/12/07 00:38:48 ID:XsuDXl7Y
口では散々にやる夫を貶しておいてピンチの時には体を張って助けるとは・・・・・・ある意味ツンデレwww







517 :名無しのやる夫さん :08/12/07 00:38:49 ID:KWh48hBx
ばらしーいい娘すぎるwww







518 :名無しのやる夫さん :08/12/07 00:38:54 ID:pBVqrLwU
なんという心配り







519 :名無しのやる夫さん :08/12/07 00:39:29 ID:CXlJ57dH
             ,. -ー' 二二二 ー- 、
            //: ̄__:::::::::::::::: ̄`:::ヽ
.         /〃'::::::/´ノ〉):_ノ_ノ::::::::::::::::::\
         //´::::::__,ィ:ゝ-':__,:::-──- 、::::::::::ヽ
         /゙::::::::::/ ̄ ̄\ ヽ\  ヽ \::::::::ハ__
         !:::::::/ヽ      ヽ ', ヽ  \ ヽ>,仁》
      _ |::::ハ  ',       l }   ! !  ',<ノ||\         必死な薔薇水晶に免じて、
      《ニハ_ゞ、 \ \    ! ||  | |__ || l | \>        一回だけ見逃してあげるわぁ……
       ソ|| \\ \ \   | .从,ィ匕Lィ|| | | 〈´
.        | ', \\,.>一ゝ, |/ /,ィチzノノ | | l  |ヾ        本当に命拾いしたのは、誰かしらね……
        ハ \ \ィチ乏ラミヾ'   ` ̄ / //   l ',)    , 
 ̄:::`ヽ、  〈/|:} ヽ,\ \ ̄   、     / // /  l ヽ  /::::/
/:::;:ィ:::::\ //|  |\\ `ゝ    -= '  /!// /   !   ∨:::::::::':
:::/:::::ハ::::∨ム'〉 「`::ゝ,\_个 ーtヽ_ /─ヘ,ィ' l   |l  /::::__::::\
::::::://__;/:::::|  |::::::::::ヘ   !:::::| |::::ハ;:::::_::_:::ヽl   l| 〈::::::::::\:::
:/;::///::::::::::: ! / :::::::::::::} |:::::::l! !/  ∨ } /::::/ / ハ`ゞ 、::::\

       ____
     /      \
   / ─    ─ \     ……何言ってんだお、あいつ?
  /   (●)  (●)   \    まあいいかお。薔薇水晶、厨房に行くお……
  |      (__人__)    |
  \     ` ⌒´     /








520 :名無しのやる夫さん :08/12/07 00:40:03 ID:ytWAchiM
ばらしー、イイ子じゃあないか……







521 :名無しのやる夫さん :08/12/07 00:40:03 ID:0OFP00Sl
やる夫気づいてねぇwwww







522 :名無しのやる夫さん :08/12/07 00:42:16 ID:CXlJ57dH
ここで区切りです。読んでくださった方々、ありがとうございました。
次の投下予定日は決まっておりませんが、順当に行けば次の土日あたりになると思います。








523 :名無しのやる夫さん :08/12/07 00:42:40 ID:pBVqrLwU
乙!







524 :名無しのやる夫さん :08/12/07 00:42:45 ID:tdn3SGO2
水銀燈はばらしーの意図に気づいてたのか







525 :名無しのやる夫さん :08/12/07 00:43:47 ID:0OFP00Sl
乙っす







526 :名無しのやる夫さん :08/12/07 00:43:48 ID:KWh48hBx
乙!
今回はばらしーが全部持っていったなw








527 :名無しのやる夫さん :08/12/07 00:43:50 ID:ytWAchiM

う~む、脱出にはやる夫の成長も不可欠か?
今のままだと途中でコケそう







528 :名無しのやる夫さん :08/12/07 00:44:25 ID:Rt9aj8uc
おつ







529 :名無しのやる夫さん :08/12/07 00:44:52 ID:XMi+Tbg/
乙です
やる夫はローゼンの世界にいてもまったく違和感ないな







530 :名無しのやる夫さん :08/12/07 00:44:59 ID:sob1ZGe1
乙っす!







531 :名無しのやる夫さん :08/12/07 00:45:06 ID:93dtBHUO








532 :名無しのやる夫さん :08/12/07 00:45:53 ID:XsuDXl7Y
乙彼








533 :名無しのやる夫さん :08/12/07 00:46:34 ID:9SnXYXqe
乙です







534 :名無しのやる夫さん :08/12/07 00:46:43 ID:FuYT5Fg+
乙です







535 :名無しのやる夫さん :08/12/07 00:46:53 ID:KlM+cswN
乙カレー







536 :名無しのやる夫さん :08/12/07 00:47:01 ID:tdn3SGO2
おっつー








537 :名無しのやる夫さん :08/12/07 00:47:03 ID:O/DWc6bX



…今回も金糸雀は出なかったwwwww







538 :名無しのやる夫さん :08/12/07 00:57:34 ID:y7hI0BkT
オツカレー







539 :名無しのやる夫さん :08/12/07 01:06:08 ID:JygZT3wz
いちおつ!
まだ出番がないとかカナらしくてニヤニヤしちまう







540 :名無しのやる夫さん :08/12/07 01:35:38 ID:F8pH2pM2
乙です







541 :名無しのやる夫さん :08/12/07 04:36:58 ID:o8bXbYEo
いいな面白い、乙

今更だけどいく夫の「燈様」は不味かったな…
よりにもよって銀だもの(燈様→とうさま→お父様)

決まりを破ってまで下僕を瞬殺したのもそのせいなんじゃ…







542 :名無しのやる夫さん :08/12/07 06:12:51 ID:gB309M3J
金糸雀どんなポジなんだろw









543 :名無しのやる夫さん :08/12/07 07:56:14 ID:BWnkgQlp
おもしろかった







544 :名無しのやる夫さん :08/12/07 11:59:14 ID:X7GauK7p
全体的に理不尽な物語だな、でも面白い







545 :名無しのやる夫さん :08/12/07 13:59:51 ID:9SI+c0cw
ばらしーを好きになれるスレと聞いて







鈍感力
関連記事
スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!




カテゴリー「やる夫が薔薇屋敷に監禁されるようです」内の最新記事

だ

    >541
    なるほど。

    この話、どこに転がるか分からなくて面白いな。
    にしてもやる夫、もう2人もフラグ立てやがったw(翠はまだ…だよね)。
    [ 2008/12/09 17:04 ] [ 編集 ]
    ばらしーがツンデレてくれるスレと聞いて。
    ああもう、ばらしーかわいいよばらしー。
    [ 2008/12/09 17:06 ] [ 編集 ]
    >>1乙管理人乙
    おもしれえなー今後も期待
    [ 2008/12/09 17:14 ] [ 編集 ]
    蒼い子はいいこ
    [ 2008/12/09 17:22 ] [ 編集 ]
    ヒロインは蒼い子……と思ったらばらしーもかよ
    [ 2008/12/09 17:40 ] [ 編集 ]
    あああああ銀様にお仕えしたぃぃぃぃぃ
    [ 2008/12/09 18:11 ] [ 編集 ]
    面白いな
    [ 2008/12/09 18:22 ] [ 編集 ]
    止めに入った蒼い子が死亡なんてこと無いよね?
    [ 2008/12/09 18:28 ] [ 編集 ]
    1乙
    管理人も乙
    おもろかった
    [ 2008/12/09 18:38 ] [ 編集 ]
    ばらしーがヒロインってなんか見たことあるな……とおもったら遺跡か
    [ 2008/12/09 18:53 ] [ 編集 ]
    一見ばらしーがやる夫をかばった良い話に見えて、
    実は迷子の原因は自分な件。
    [ 2008/12/09 19:03 ] [ 編集 ]
    最初から面白かったけど
    徐々にクオリティが上がってきてるな
    今一番楽しみな作品
    [ 2008/12/09 19:08 ] [ 編集 ]
    ばらしーかわいいよばらしー
    [ 2008/12/09 19:08 ] [ 編集 ]
    ばらしー株が鰻の滝登り
    [ 2008/12/09 19:59 ] [ 編集 ]
    まぁ遅くなったのは案内役のせいだけどなw
    [ 2008/12/09 20:05 ] [ 編集 ]
    ジュンが出てないのが気になる。
    [ 2008/12/09 20:34 ] [ 編集 ]
    やっぱりやる夫はモテモテ何ですねちくしょおおおおおおおお!!!!!!!


    まあ俺にはクラピカがいるからいいんだけどね^^

    [ 2008/12/09 20:51 ] [ 編集 ]
    Saga2といいばらしーかわいすぎワロタ
    [ 2008/12/09 21:37 ] [ 編集 ]
    やる夫スレでここまで面白いと思ったのは初めてだ
    作者も管理人も頑張ってくれ
    [ 2008/12/09 21:43 ] [ 編集 ]
    俺のハートの中で薔薇水晶がキュンキュン急上昇
    [ 2008/12/09 23:36 ] [ 編集 ]
    ギャグでなくて、シリアスに黒い雛苺というのもいいものだ
    [ 2008/12/10 00:07 ] [ 編集 ]
    黒い雛は妙に不気味だな。

    にしてもばらしー優しすぎワロタwきらきー好きのオレも揺らいでしまった
    [ 2008/12/10 01:29 ] [ 編集 ]
    アマゾン自重wwww
    [ 2008/12/10 11:06 ] [ 編集 ]
    面白いなー こういうストーリーは大好きだから
    このクオリティを最後まで維持してほしいよ
    [ 2008/12/12 02:51 ] [ 編集 ]
    ばらしーも良いけどきらきーが見たい
    [ 2008/12/16 21:32 ] [ 編集 ]
    ばらしいたけ
    [ 2009/01/04 01:16 ] [ 編集 ]
    今更だけど鈍感力に吹いた
    [ 2009/01/10 13:05 ] [ 編集 ]
    最近真紅出てない・・・まそこんとこi-168i-170i-168i-173
    [ 2009/03/03 17:20 ] [ 編集 ]
    このコメントは管理者の承認待ちです
    [ 2012/08/20 02:08 ] [ 編集 ]
    コメントの投稿













    管理者にだけ表示を許可する
やる夫ブログについて
20101110:「やる夫はロス市警の警部のようです」を掲載させていただきます。本当にお待たせして申し訳ございません。これ以降も随時、更新の途絶えていた作品を掲載していきたいと考えております。ご迷惑をおかけして申し訳ありませんが、どうか長い目で見ていただければ幸いです。

20101030:「やる夫のサクラ大戦」にて、記事の掲載順序を誤りました。 作者様、および楽しみにしていた読者様にお詫び申し上げます。 申し訳ございませんでした。

20101004:「やる夫たちが夢の国で遊ぶようです」につきまして、こちらの不具合で記事が切れてしまっております。作者様、及び楽しみに読んでくださっている読者の皆様にご迷惑をおかけしてしまい、申し訳ありません。
一度下書きに戻させていただきます。よろしくご了承ください。
「やる夫で学ぶことわざ」の作者様より、やる夫ブログ用のスポンサー案内をいただきました!本当にありがとうございます!さっそく使わせていただきます!

20100811:皆様、大変ご無沙汰しておりました。ぼちぼち更新を再開できればと考えております。
「やる夫がDQⅢの勇者になるようです」についてですが、コメントを頂けるのは大変うれしいのですが、他作品のコメント欄での投稿はご遠慮願えれば幸いです。
恐縮ですが、ご協力よろしくお願いいたします。

20091222:年末なので順調に更新量が減っております。今日明日はお休み、再開一発目は「やらない夫の超兄貴」になる予定です。作者様、まとめが遅くなり申し訳ございません。

20091208:今週クソ忙しいので、かなり更新が減ります。ご了承ください。

20091116:更新の調子にもよりますが、週末をめどに、カテゴリを追加する予定。前回追加からだいぶ間隔開いたんで、かなり溜まってます。

やる夫ブログについて

姉妹ブログというか同一人物ブログ。
やる夫ブログ(裏)(18禁です)


 ネ タ 投 稿 お 待 ち 
 し て い ま す ! 
(↑結構心から待ってますw)

 ネタ投稿の他、転載お断りの記事、相互リンクのご希望等ございましたら、お手数ですが下のメールフォームよりお知らせください。なお、http:を付けるとエラーになってしまうようなので、ご投稿いただける際にはhttp:を抜いていただきますよう、よろしくお願いいたします。
相互リンクの反映に時間がかかってしまい申し訳ありません。気長にお待ちください。


嬉し泣き
美麗なタイトル画像を描いてくださっているのは、こちらの方々です。
本当にありがとうございます。


七市様
Shadow3_convert_20091008101141.jpg
ハルヒとやる夫、やらない夫の表情が最高のタイトル画像。冬にぴったりの美しい作品です。


1様
http://blog-imgs-15.fc2.com/y/a/r/yaruomatome/yaruoblog_title_convert_20091026144430.jpg
柔らかで暖かい雰囲気がたまらない作品。みゆきさんヤバすぎで管理人狂喜の舞を舞っておりますwww

1様のプロフィールはこちら


65様
securedownload_convert_20091008101321.jpg
同じく「やる夫がチェルノブイリに旅立つようです」より。元ネタの雰囲気をビンビンに伝えるダークな作品。


草葉様
Shadow3_convert_20091008101141.jpg 「やる夫がチェルノブイリに旅立つようです」をモチーフにしたタイトル画像です。物語の後、このタイトルを見て吹きました。

219c0c442.jpg

草葉式


味噌様
yaruoblog_convert_20090519194443_convert_20091008101235.jpg
やる夫ブログ初!物語とタイトル画像のコラボレーション!快く、最高に美しいタイトル画像を描いて下さった味噌様に感謝です!




トンボ様
minamike_convert_20090519194731_convert_20091008101216.jpg
夏にぴったりの逸品を、トンボ様よりいただきました!水着ハァハァ(´Д`;)


トンボのかんさつ日誌


ヒジキ様
nagato_convert_20091008101341.jpg
管理人のツボにはまりまくりの長門!大好きだ!結婚してくれー!



ヒジキ煮


aro様
yaruo_blog_fix_convert_20090210225801_convert_20091008101403.jpg
らきすた勢の見事な描写もさることながら、このやる夫にしてやられました。


Charged time-out


Yutaka様
RMm06_convert_20090127165950_convert_20091008101426.jpg
個人的に水銀燈が一番好きです。タイトルのセンスも◎。本当に有難うございます。





マブチョコ_m様

この魅力的なボディにくらくら!管理人はこの人の同人誌が大好きです!やる夫ブログの記念すべき初タイトル画像。全てはここから始まりました。



うにゃらら大飯店



イチオシ

やる夫がDQⅢの勇者になるようです

自らを成長させる姿に心震える
作品。普通の掛け合いなのに、
自然と笑みがこぼれる構成と
演出は見事の一言。
自分を好きになれる、極上の映
画を見た後のような読後感は、
自信を持って「最高だ!」と賞
賛できる作品です。





過去の「イチオシ」一覧を作りました。
管理人オススメ記事

管理人が抱きしめたいほど好きなやる夫作品

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。