FC2ブログ
2017 09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 11
やる夫ブログヘッドライン



【お気に入りサイト新着記事】 【カテゴリー一覧】

    
   
【最新エントリ】



スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




カテゴリー「スポンサー広告」内の最新記事

だ

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | はてなブックマークに追加

やる夫が薔薇屋敷に監禁されるようです 第七回 

581 名前: ◆86z7qPaqJU :08/12/13 09:13:17 ID:ID:JytxBEQH
 
    .| ヽ | |   .|  .|   | |/  .|.|
    | ヽ| |  |   |   | |′ | |
    |   | |  |    |__| |    |'ト、               ~ 前回のあらすじ ~
    ./ト、_| l`ヽ.  /  |__l__/| \
   / |!\r==ミ_`┬' _∠ニフ/ ,rL__ \      薔薇水晶のお陰でやる夫は立ち直ったのであった。
  /ニl ̄ト、`ヾ ̄/  |   ̄l l´  /   `丁
  '´  } | |  | |   |   | .|  /|    ヽ
  .r'´   ハ、 ト┴、__|__,.--'`|__/ ハ     \_   < 次の投下も土日あたりになるらしいぞ! 遅くてすまんな!
  .ノ   丿 ヘ┘ ー-‐一  / |ヽ       ̄     
     /  |  \   ̄  /   | `ー
           |ト、___,/||    |









582 名前:名無しのやる夫さん :08/12/13 09:14:32 ID:ID:JytxBEQH
 
~ 夜 やる夫達の部屋 ~


     / ̄ ̄\
   /   _ノ  \
   |    ( ─)(●)
   |      (__人__)    「従わされている」か。真紅と翠星石に命令できるのは、
.   |        ノ     俺の知ってる限り「責任者」か「準責任者」くらいだが……
    |      ∩ ノ ⊃    
  /     ./ _ノ      「準責任者」水銀燈の線は薄いと思う。あんなものは名目だろうしな。
  (.  \ / ./_ノ │    管理上重要なポストなら、真紅や翠星石が反対を公言してるのを見逃したりしないだろ?
  \  “ /___|  |     
.    \/ ___ /


          ____    
        /      \   
       / ─    ─ \     なるほど、確かに……
     /  (●)  (●)  \   それに、やる夫は翠星石と水銀燈が口論してるのを見たことがあるお。
     |  ∪  (__人__)     |   あれを見る限り、水銀燈に逆らえないってわけでもなさそうだったし……
      \     ` ⌒´    ,/
        /          \ 








583 名前:名無しのやる夫さん :08/12/13 09:15:47 ID:ID:JytxBEQH
 
          ____
        /     \
      / ⌒   ⌒ \    では「責任者」を追い詰めれば、私達は解放されるということですね。
     /   (●)  (●)  \   そう簡単に上手くいくとは思えませんが……
    |       ´      |
    \      `⌒′    /


   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ●)(●)    そもそも「責任者」が薔薇乙女だったら、勝てるわけないしな……
. |     (__人__)     特に2番目の薔薇乙女"金糸雀"は、今までどの下僕もその姿を見たことが無いんだ。
  | U   ` ⌒´ノ     そうなると、ますます怪しい……
.  |         }
.  ヽ        }
   ヽ     ノ        \
   /    く  \        \
   |     \   \         \
    |    |ヽ、二⌒)、          \








584 名前:名無しのやる夫さん :08/12/13 09:18:20 ID:ID:JytxBEQH
 

   / ̄ ̄\
 / ノ  \ \     だが逆に「責任者」の正体次第では、手の打ちようもある……
 |  (●)(●) |    
. |  (__人__)  |    ……よし、もうちょっと「責任者」を限定しよう。
  |   ` ⌒´  ノ    やる夫、お前にやってもらいたいことがある。
.  |         }
.  ヽ        }
   ヽ     ノ        \
   /    く  \        \
   |     \   \         \
    |    |ヽ、二⌒)、          \


      ___    ━┓
    / ―\   ┏┛
  /ノ  (●)\  ・
. | (●)   ⌒)\    やる夫に……?
. |   (__ノ ̄  |    難しいことは、やらない夫がやった方が……
  \        /
    \     _ノ
    /´     `\
     |       |
     |       |









585 名前:名無しのやる夫さん :08/12/13 09:19:04 ID:ID:JytxBEQH
 

     / ̄ ̄\
   /   _ノ  \   
   |    ( ー)(ー)  
.   |     (__人__)      そうはいかない……即興で思いついたものだが、これはお前にしかできない事だ。
    |     ` ⌒´ノ      それにお前自身、自分で何かを成し遂げられるだけの力をつけた方が良い。
   .l^l^ln      }       いざって時、俺がいるとは限らないだろ?
.   ヽ   L     }        
    ゝ  ノ   ノ    
   /   /   \
  /   /      \
. /    /     |ヽ、二⌒)、
 ヽ__ノ     


         ____
       /      \
      /  u   ノ  \
    /      u (●)  \   で、でも……やる夫は、あまりそういうのは得意じゃなくて……
    |         (__人__)|   いつか身につけなきゃいけないとは思ってるけど……
     \    u   .` ⌒/
    ノ           \








586 名前:名無しのやる夫さん :08/12/13 09:20:37 ID:ID:JytxBEQH
 

        / ̄ ̄\
      /       \                   "いつか"なんて曖昧な言葉は、止めた方が良い……
      |::::::        |                 
     . |:::::::::::     |                 ……明日の朝、もう一度訊くよ。
       |::::::::::::::    |          ....,:::´, .   それで駄目なら、俺も何か別の手を考える。
     .  |::::::::::::::    }          ....:::,,  ..
     .  ヽ::::::::::::::    }         ,):::::::ノ .
        ヽ::::::::::  ノ        (:::::ソ: .
        /:::::::::::: く         ,ふ´..
-―――――|:::::::::::::::: \ -―,――ノ::ノ――
         |:::::::::::::::|ヽ、二⌒)━~~'´

          ____    
        /      \   
       / ─    ─ \  
     /  (●)  (●)  \   ………………
     |  ∪  (__人__)     |
      \     ` ⌒´    ,/
        /          \ 








587 名前:名無しのやる夫さん :08/12/13 09:21:39 ID:ID:JytxBEQH
 
~ 深夜 やる夫達の部屋 ~


        / ̄ ̄ ̄ \
      /   ―   ―\    
  __ /   ( ●)  (●) \       ……やる夫にしかできない事、かお……
   ( |      (__人__)    |       そう言われても……
  \ヽ\__  `⌒ ´__/ \     
    \( ̄ ⌒⌒⌒⌒ ̄⌒ ⌒ ⌒ヽ
     ヽ               \
      \               \



        / ̄ ̄ ̄ \
      /   ―   ―\        中学・高校でイジめられ、大学もFラン……
  __ /   ( ―)  (―) \       やらない夫みたいに、人を引っ張っていく力があるわけでもないし、
   ( |  U   (__人__)    |       いく夫やできる夫みたいに、脱出に向けて何かやってるわけでもない……
  \ヽ\__  `⌒ ´__/ \     
    \( ̄ ⌒⌒⌒⌒ ̄⌒ ⌒ ⌒ヽ 
     ヽ               \
      \               \








588 名前:名無しのやる夫さん :08/12/13 09:22:39 ID:ID:JytxBEQH
 

        / ̄ ̄ ̄ \
      /  /    \\    
  __ /   ( ●)  (●) \       
   ( |  U   (__人__)    |       ……やる夫みたいな弱い人間に、できる事なんか……
  \ヽ\__  `⌒ ´__/ \     
    \( ̄ ⌒⌒⌒⌒ ̄⌒ ⌒ ⌒ヽ
     ヽ               \
      \               \



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

             _,. -―‐¬ス仁ニ、
         ,. '´  _,.-‐'´ トヽ.`戈―-- 、
       /        ヽ  ヽ」  ̄`ヽ   `ヽ、
      / ,  l 、     l  l  ヽ  `、     〉
.      / / l l  |   l|  ヽ  ヽ   ヽ / 
     |l ハ | l | | l |l  |ト、   \  \ ,.イ        『忘れられない』……『悲しくてしょうがない』……
      |l | l |l Nレ匕lヽ l| レヘ、ヽ  ヽ /ヽ |        弱い自分を認めないと、前には進めない……
     lN XヾVイ}LV | l廴}   \/ヽ、  |
     /   リヾ<メ、 ̄l r'´ヾ、 〈 \  \ ヽ、      ……あなたは今、進める……?
    /    <   , ′ ヽ\_入`―ーr――个-- 、
  └―‐- 、 / 冫く    ,.ィヘ、<:/ \  \ヽ  \_>
.       // /!  `‐匕冖-: :`二ニ:-‐冖-..、} ヽ/ヽ
     / / / { l   r=〉: : : : : : : : : : : : : : : `く」_   \

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~









589 名前:名無しのやる夫さん :08/12/13 09:23:14 ID:ID:JytxBEQH
 

        / ̄ ̄ ̄ \
      /   ―   ―\    
  __ /   ( ●)  (●) \       ……弱い自分、かお……
   ( |  U   (__人__)    |       今考えると、あの言葉にはもっと深い意味があったような気がするお。
  \ヽ\__  `⌒ ´__/ \     
    \( ̄ ⌒⌒⌒⌒ ̄⌒ ⌒ ⌒ヽ
     ヽ               \
      \               \


        / ̄ ̄ ̄ \
      /   ―   ―\        
  __ /   ( ―)  (―) \       ……たまには頭を使っても、バチはあたらんお。
   ( |  U   (__人__)    |       朝まで、じっくり考えてみるかお……
  \ヽ\__  `⌒ ´__/ \     
    \( ̄ ⌒⌒⌒⌒ ̄⌒ ⌒ ⌒ヽ   
     ヽ               \
      \               \








590 名前:名無しのやる夫さん :08/12/13 09:25:02 ID:ID:JytxBEQH
 
~ 同刻 「責任者」の部屋 ~

|||||l'      |||l/  |||||||||/r '´イ■■■■■■■■■■■■■■
||||||l    /|l/  |||||||ハ|l.■■■■■■■■■■■■■■■■
|||||| l  /,-|l/=、 ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
|||||| l   ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
ヽ| ■■■■■■■■■■■■■■■■■■'          7、
||■■■■■■■■■■■■■■■―',--―´ ̄//          |  ぼ、僕は……
||||■■■■■■■■■■■   ̄ ̄ ̄  / / / /      |  僕は、支配者なんだ……
||||||.■■■■■■■/ l             /   / /        |   闇に満ちた心を持ち、全てを虐げる支配者……
|||||||.■■■■ -'´‐'´ /               / / |        /    
\||||. /  T-‐' ´   ヽ                  / |      '     ふふ、ふふふ……
  \| l'   ||||ゝ           _,,,、、
ヽ   |l    l|||ハ         t=-‐'´
 ヽ||||l    ||l  ゝ
  ヽ||     ||    ヽ                   /    /
   ヾ           ` -、              〆    /
                   ` ‐、      , ‐'´  \ /


             l / /       _.二ニYス.   /ソヽ/    l |
              jノ イ   _      '     ヽヘイ /_  ヽ    ' :l
             〈 /{/          , _ノ_ノ└'´ \ ヽ l  / j
           {j:.:i  、_ 、      / 厶こr`Y    V>-、/  ,   
               ヽVY〈 ハ         Vしり } '   く7゙/ヽ l /   早くなんとかしないと、いけないのかしら……
              l} ヒr」       ゞー '´     l! ノ , / /
            _, | ゞ' .             /'_./, '
           /´  ',   ヽ       \_f´ ̄`¨ヽ /
           {!  ,.-\   マ二)         |    . : :ヽ, -―- 、
           ゞ、/  : .\   ::.       L-- 、: :/
               入 ̄ , -_‐≧:. 、    _ イ―-ゝ:_/
           /  \/´ . : : 〉   ̄イ⌒ト|   : :/








591 名前:名無しのやる夫さん :08/12/13 09:26:38 ID:ID:JytxBEQH
 
~ 翌朝 やる夫達の部屋 ~

      _____
    /    u \ 
   /:::::ノ::::::::::::\::::\    おはようだお、やらない夫……
 /  <○>::::::<○>  \    一晩考えて、腹は決まったお……
 |    (__人__)   u.  |  
 \   .` ⌒´     /


   / ̄ ̄\
 / ノ  \ \
 |  (●)(●) |
. |  (__人__)  |    そうか……それよりお前、大丈夫か?
  |   ` ⌒´  ノ     寝不足で、やるオ〇ーナみたいな顔になってるけど……
.  | U       }
.  ヽ        }
   ヽ     ノ        \
   /    く  \        \
   |     \   \         \
    |    |ヽ、二⌒)、          \








593 名前:名無しのやる夫さん :08/12/13 09:28:49 ID:ID:JytxBEQH
 
       ____
     /⌒三 ⌒\
   /( ○)三(○)\      脱出の為なら、これぐらい何てことないお。
  /::::::⌒(__人__)⌒::::: \    さあ、善は急げだお。やる夫は今すぐにでも……
  |     |r┬-|     |
  \      `ー'´     /


          ____
         /      \
       /  u   ⌒  \ 
     /      u (●)  \   や、やる夫くん……無理しないで、明日でもいいのでは?
     |           __´_ |   やると決めたのなら、今日やらなくても……
      \    u   .``ー/
     ノ           \







595 名前:名無しのやる夫さん :08/12/13 09:30:09 ID:ID:JytxBEQH
 
                 __
                /   \        いや、できる夫。これも、ある本からの受け売りなんだが。
              /ノ   ヽ_\      
             | (●) (●)|      「明日からがんばろう」という発想からは……
              |  (__人__)  .|       どんな芽も吹きはしない…………!
              l  ` ⌒´  |      明日からがんばるんじゃない……
              {         |      今日……今日「だけ」がんばるんだっ…………!
               {        /         今日をがんばった者…………
          ,-、   ヽ     ノ、       今日をがんばり始めた者にのみ……
         / ノ/ ̄/ ` ー ─ '/ ヽ,     明日が来るんだよ…………!
        /  L_         _( { r-、 ヽ
           _,,二)     〔― ‐}     |
           >_,フ      }二 コ\   Li


          ____
        /     \
      / ⌒   ⌒ \
     /   (●)  (●)  \   ああ……1行で言えば「あしたって、今さッ!」ってことですね。わかります。
    |  U   __´___    . |
    \      `ー'´     /








596 名前:名無しのやる夫さん :08/12/13 09:31:16 ID:ID:JytxBEQH
 
         ____
       /     \
     / ⌒   ⌒ \
    /   (⌒)  (⌒)  \  やる夫くん、すいませんでした。
   |      __´___    . |  あなたの決心に水を差すようなことをして……
   \      `ー'´     /


     ____
   /     \    
  /  ─    ─\     
/   ‐=・=‐ ‐=・= \  ← 寝不足で変なテンションになってるだけ
|       (__人__)    |  
\     ` ⌒´   ,/







599 名前:名無しのやる夫さん :08/12/13 09:32:42 ID:ID:JytxBEQH
 

   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ●)(●)  ……本当に大丈夫だろうな?
. |     (__人__)   じゃあ、お前にやってもらうことは……
  | U   ` ⌒´ノ   
.  |         }
.  ヽ        }
   ヽ     ノ        \
   /    く  \        \
   |     \   \         \
    |    |ヽ、二⌒)、          \

                                     
                       o 。
              / ̄ ̄ ̄\  。    
             / ─    ─ \     ………………
           /  <=>::::::<●>  \   
            |  \ (__人__) /  |  
            \    ` ⌒´ u   / 
            ( r        |  
       | \ ̄ ̄ ̄ヽ○ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
       \ \                   \  
         \ \                      \  
          \ \                        \








600 名前:名無しのやる夫さん :08/12/13 09:36:09 ID:ID:JytxBEQH
 
~ 食堂 ~

       ____
     /⌒  ⌒\
   /( ●)  (●)\      やらない夫が言っていた、「やる夫にしかできないこと」……
  /::::::⌒(__人__)⌒::::: \    それは、蒼星石から「責任者」についての情報を引き出すことだったお。
  |     |r┬-|     |   
  \      `ー'´     /


       ____
     /      \      ……お気に入りになったから、蒼星石も口が軽くなってるかもしれない、ってことだお。
   / ─    ─ \    蒼星石に少し悪い気もするけど、ここは私情を挟んではいけないところだお。
  /   (●)  (●)   \  
  |  U   (__人__)    |   ……さて、そろそろ蒼星石が来る時間だけど……
  \     ` ⌒´     /








601 名前:名無しのやる夫さん :08/12/13 09:36:47 ID:ID:JytxBEQH
 
       ./´::.::.::.::.::/:l::.::.::.::.::.:\::.:`ヽ:::::ヽ
.       ,'::.::.::.::.::.〃∧::l::ヽ::、::.::.ヽ、::.`、:l:
      |::.::.::.フ7¬‐、ヾ、:\>、:|-ヘ::.::.}::!:|   
       {::.::/代了圷ミヽ. \行‐t予l:ノ/::|   
         !::.::.::.:| ゞ-'′  \  辷シ '/:/::./   ……おはよう、やる夫。
       |::.::.::.:ゝ       ,       厶ノ::.;′ 
       ヽ.::.::l|ヽ、    r-、     /::.::/
           \:ト、:j> 、   _,.ィ:´::;:l:: /
             ヽ ` ,.イ `¨´ ト、レ'|/ |:/


     ____
    / ⌒  ⌒  \
  ./( ―) ( ●)  \   お……おはようだお。
  /::⌒(_人_)⌒:::::  | 
  |    ー   U   .|   (あれ? 何か機嫌悪くないかお? いつもならここで雑談混じりに話しかけて……)
  \ u        /








602 名前:名無しのやる夫さん :08/12/13 09:37:53 ID:ID:JytxBEQH
 
         ____
       /::::::::::  u\
      /:::::::::⌒ 三. ⌒\      蒼星石……何か、嫌な事でもあったのかお?
    /:::::::::: ( ○)三(○)\     ギャル夫達がいなくなった以上、寝不足ってわけでも無いだろうし……
    |::::::::::::::::⌒(__人__)⌒  |
     \::::::::::   ` ⌒´   ,/ 
    ノ::::::::::u         \



       〈   , -一'"´   _ __ _   ``)
      ヽ/.:.::::::: :., .:.:.::::::::::::::::::::::.:.ヽ 〈
      _ノ´.:.::::::::.:/.:::l::::.ヽ.、:.:.::::::::.ヽ:.:ヽト、
    < .:.:.:.:.::::, .イ .:.:.:j.::lト、トト、.:、:.:.::::::`,:::j::|
      \_, イ .:.::i.:.::::/:/  >ヽ{ ` ー=ュ、l:::|/  
       `i1.:.:.:::|;:ィイ/-‐'´   ,trハYl::〈
          |ト、.:.::|.::::|,ィ〈fオ{`    ゞ' i!::/   昨日……どうして、来なかったの?
         |l.::ヽ.:!.::::l  ""´   ゝ ' ' ノ/    ずっと、待ってたのに……
        ト、.::.ミ.:.:::::、     ‐ /l     
            `ヘ.:.い>‐ -- イ:::/
            >⌒`ー- 、_」:/|::/_
       ,rェrr<     , ィ只<^ヽ T:.:ヽ
       レ'^ヽ 人  / /7^j:ト、ノ〉!{:::::.\









603 名前:名無しのやる夫さん :08/12/13 09:41:06 ID:ID:JytxBEQH
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

           ,. -──-.. 、
          ,.'´. : : : : : : : : : : .`ヽ
        /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
      /.:.:/.:.:.::/.:.:.ハ.:.:.l.:.:.:.:.:.::.:.:l.:l.:.:.',
       l.:./.:.:.:./.:‐/、 ',.:.ト、__.:.::l.:.:l.:l.:.l.:l
       l/l.:.{.:..レ'l/   リ `ヽ.:`T:/.:l.:.l.:l  行ってらっしゃい。
        l/ N{,r==ミ   r==ヽ:l/.:/.:/リ  夕食時には帰ってきて欲しいな。
         l.:ト、' ' '    ' ' ' 〉:l.:/./     お気に入りになったんだから、夕食くらい一緒に摂るよね?
         l∧.ゝ、 ,r‐ァ _,..イ.イイノ
           ,.ィ´ ヽニノ <l/
          /.:{j ,.イ介ト、  j}ヽ
            /.:.:{j レイXトV  j}.:.:.ヽ

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


       ____
     /⌒三 ⌒\
   /( ○)三(○)\   
  /::::::⌒(__人__)⌒::::: \   ……あ……すっかり忘れてたお……
  |     |r┬-|     | 
  \      `ー'´     /







605 名前:名無しのやる夫さん :08/12/13 09:43:30 ID:ID:JytxBEQH
 
        ,' /.:.:;′/:/.:.:::/:/!::::|::ト、 .:.:.:.:::::::|::|::i .:.::::::::::::::.:
         l/.:.::;'.:.:/./.:::ノ::/ |:::::|::ト、ヽ.:.::::::|:::|::|::| .:.::::.:::::::::::|
        |:l:::::l::::|:::レ':ナナヽ|:::::l::l\ヽ.:‐:十:|十!、.::::::::::::::/  へぇ、忘れてたんだ……いや、別に怒ってないよ。
        lハ::l::::|:::レ'´ ‐- |:::/l/  \::::::|:::|::|::| .:.::::.:::|:./  そうだよね。命令じゃないし、守る必要も無いよね。
            ',l::::|:::|  _  |/       `` ``7!.:.:::::.:::|/.   水銀燈と雛苺の諍いを急いで止めて、
           ト、ト::ト、´ ̄`ヽ     ‐==ミ、 ./:!:.:.::::::::|    夕食に間に合うようにした僕がバカみたいだ。
            ヽ:|:::|::!             /./.:.:::::::::;′  
              `l:::|::ト、    _`_      /::/.:::::::/l/     あ、座る時は500席以上離れて座ってね。
           |:::!.l.:::>、     `   ,..イ::/::::::::/       
           |.::::::/:::/ニ>.--‐ <ニ7⌒:::::/  


       ____
     /ノ   ヽ、_\
   /( ○)}liil{(○)\    
  /    (__人__)   \   ご……500!?
  |   ヽ |!!il|!|!l| /   |
  \    |ェェェェ|     /








606 名前:名無しのやる夫さん :08/12/13 09:45:19 ID:ID:JytxBEQH
 
~ 10分後 食堂の外 ~


       (::::::::::::::::://    ヽ:::_:::::::::::::::::i  l::::l:::::ハ二))
      >:::::::,.'  ′    |   ):::::::::::::::l  i:::i:::::(、二))
        て::::/   ll  l |  !|   {::::::::::::::::|  l::i:::::::::ハ〈
         しl |  l |  | | _!H‐'フ|/て::::::::::彡ミ::::::::(  !l
         l l  l _L | |ノ  rT´? | (::::::::ミ彡::::::ィ  l|l  
            ll ヽ ´ rr、    ヽ__ソ | l! {::l l::::;:::) |  リ   あら、やる夫じゃない……
            ハ v)       l l | リ /:://   |  |
            ,' ハ 丶      リ ,| |//´  | |   ……どうして、食堂の外で食べてるの?
            |  〉 、 `    lレ' | h、     |  |
            l / ||  > - ィ 〃 | | l7      |  |
            ノ'  |r j / rr、 〃  | | 〈 \    |  |


       ____
     /⌒  ⌒\      
   /( ー)  (ー)\     聞く耳持たずで、謝る事も出来ずに追い出されたんだお。
  /::::::⌒(__人__)⌒:::::\    食堂には500席も無いから、それ以上となると外で食うしかないお……
  | U   |r┬ |     |    
  \γ⌒_ξ)'  _ /
   ( ^ノ  ̄     ヽ ハフハフ
  _ _ __      ____
 γξ)ξ)ξ) ノ   / ひと〇ち /
 ー―――――’  / 餃子  ノ








607 名前:名無しのやる夫さん :08/12/13 09:46:25 ID:ID:JytxBEQH
 
      _ }.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/   /  l   \ー 、:.:.:.:l:ヽ:くr..、
    {:.`:.:.:.:.:.:.:/     l         Y`:.:.:.:.|:..:l/.:.:.:}
     ⌒}:.:.:.:/      |    l    ト、:.:.:.:.l..:.l.:.:.イ
      {_:rュ/ /  /  !ハ   l l l  .::l _}:..ヽ|..:.|:._:小
   /  .V  .l  .:|:  | l  リ:| l .::ハ_:.:.:.リ:...l´.:ィ  
  /  ...::/:{ .::| i ..:{::. !   /.::j ./ ノイ:::r‐':./:../:.:_レ   
 /  ...: イ .:ハ  ト -┬ヽ、ト:.. / .:イ/jナ7:.不::.{__/:.:‐ァv'   ……500?
/ /:// :/ トトヽト-ァテ=ミヽト/ノ ィテオく/イVrj、}:.:.{ィ    意味が分からないけれど、新しいこだわり?
´ ..:::///    }ヽ ハヘ 赴ソ     ^ 赴ソイi :ト{にソ{^´  
..::j//    ノイ /ヽ、   ′     ,リ /_:/⌒´   
:/_ --_.ニイ//, -ァ >、  '=' _ /}/´     
// ̄   /' <_:.ノ..: :`:._ァァ{、.:://:\       
>‐`ー- ∠/   { :..:.:, =-Vォ}ソ/ :/:.:.:.:.:ヽ


           ___
       /      \   
      /u  ノ  \  \     こんな変なこだわり持ってるヤツがいるかお。
    /   (●)  (●)  \   実は、かくかくしかじかで……
    |      (__人__)  u. | 
     \    u.` ⌒´  /








608 名前:名無しのやる夫さん :08/12/13 09:47:27 ID:ID:JytxBEQH
 
                 __
           イ孑< ̄ヽ   入
          _く  ヽ \ ヽ.  そ\ __
         {  \  ゝ '―‐'‐-弋ヘヽ ノ‐.、
          /丶 、ゝ'        圦ミく   人
        7=-/      ヽ  ヽ  えこl! Y  ノ    
       /   /    l l     ',  ', j YYノl! ; :Xー 、   
       ∨ / / ; l! l!   | l./!ハ l l ソ.ノ∧   /    ……大体の話は分かったわ。
          ∨  ! ! l! l!! ; .リイ,ィュト! l! |/:∧辷/、   夕食に間に合わなかったのは薔薇水晶にも責任があるし、
          |! l ', l!斗十ヽソ ' ヘ.ソlノ| l!ノ l    ',   ほとぼりが冷めれば蒼星石の機嫌も直るのだわ。
       . へ、 ヾ. ', ィ代? ,   ::::::: イ |  l  ',  ',
      /  . .へ ゝY ヘ :::::  _   .イ | l!__ |!  ',  ',
    /   /    ,j /`ー- 、 .._// :| |: ヽ!  ',  ',


         ____
       /      \
      /  u   ノ  \
    /      u (●)  \   (それじゃ、今何か言ってもヤブヘビになるだけかお。
    |         (__人__)|    困ったお……これじゃアレを訊くこともできんお)
     \    u   .` ⌒/
    ノ           \








609 名前:名無しのやる夫さん :08/12/13 09:49:40 ID:ID:JytxBEQH
 
~ その後 やる夫達の部屋 ~


   / ̄ ̄\ 
 /   _ノ  \   
 |    ( ー)(ー) 
. | u.   (__人__)    ……蒼星石とお前に、そんな事情があったとはな。
  |     ` ⌒´ノ    本の引用までして、明日じゃなくて今日行け、って言っておいてこのザマ……
.  |         }  
.  ヽ        }     タイミングを見誤った俺の責任だ。すまん……
   ヽ     ノ   
    i⌒\ ,__(‐- 、 
    l \ 巛ー─;\ 
    | `ヽ-‐ーく_) 
.    |      l  


 (( (ヽ三/)        (ヽ三/) ))
  .  (((i )   ___   ( i)))      気にすんなお! それこそ、明日があるお!
  / /  /―   ―\   ヽ \     人生、上手くいくことばかりじゃないってことを
  (  く.  /( ●)  (●)\   > )    やる夫はよく知ってるし……
  \ /    (__人__)   \' /     
    ヽ|     |r┬-|    /        この程度で諦めたりしないから、安心して欲しいお!
      \     `ー'´   /  








610 名前:名無しのやる夫さん :08/12/13 09:50:17 ID:ID:JytxBEQH
 

   / ̄ ̄\
 / ノ  \ \
 |  (●)(●) |     ……そうだな。たかが一度の失敗で凹んでるわけにはいかんな。
. |  (__人__)  |    
  |   ` ⌒´  ノ     で、お前……今日の仕事は? 朝飯終わったらすぐ仕事じゃ……
.  |         }
.  ヽ        }
   ヽ     ノ        \
   /    く  \        \
   |     \   \         \
    |    |ヽ、二⌒)、          \


    / ̄ ̄ ̄ \
   /        \         おっと、そうだったお。
 /     ―   ― \       じゃあ一応経過報告はしたから、仕事に行ってくるお。
 | U  ( ●)  ( ●) |       
 \     (__人__) / ))
   リ     ` ⌒´/ ̄/ ̄/ チラッ
  (|        /  / と)
  と|       /  /  /








611 名前:名無しのやる夫さん :08/12/13 09:51:46 ID:ID:JytxBEQH
 

     / ̄ ̄\
   /   _ノ  \   
   |    ( ー)(ー)      あいつも大変だな。
.   |     (__人__)         お気に入りになったのに仕事があるなんて。
    |     ` ⌒´ノ      
   .l^l^ln      }       蒼星石は、やる夫がニート化する事を良しとしないだろう。
.   ヽ   L     }        根が真面目だし……
    ゝ  ノ   ノ    
   /   /   \
  /   /      \
. /    /     |ヽ、二⌒)、
 ヽ__ノ     


     / ̄ ̄\
   /   _ノ  \
   |    ( ─)(●)     だけど、やる夫が心の底では抵抗しつつも、キッチリ仕事をこなすことも
   |  U   (__人__)     蒼星石がやる夫を気に入った理由の一つではあるだろうな。
.   |        ノ      
    |      ∩ ノ ⊃      勿論、それよりは朝飯を一緒に食える相手がいた事の方が嬉しかったんだろうけど。
  /     ./ _ノ       こんなこと本人に聞かれたら半殺しにされるな、たぶん……
  (.  \ / ./_ノ │
  \  “ /___|  |     
.    \/ ___ /








612 名前:名無しのやる夫さん :08/12/13 09:52:50 ID:ID:JytxBEQH
 
~ 同刻 蒼星石の部屋 ~


        ̄>二ツ      ̄ ̄ ` ー-、
       //´ /   ̄`  --── 、 {ツ/二ニ=ー
     //   /     /   ヽ     ` く二ニ=ー
    //    /  l/\|    ||  |    |`ヽ\
  //.    /|   |   |\/   ||  | |   | |  ', ヽ
 / く   __   l | ||十ト、|\.!/L ___!/ .l | !    \\   
 ` ̄ ̄`ヽ >  ゞ\く戈テミ、|/メ-≠/ミ////     ) 〉  ……昨日の話は、それで終わり……
    //   // 人| ゞー'゙ |/ ゝ伐ソj/イ/|   //
   //.   /─- 、∧   '   ` ̄∧/l. !  //
 //    /|\:.__r=≧ 、` ´ ,. イ´ |  ! | 〈 く
〈 く´     //|: : }: : : \} ノ´二/〈__l_,⊥L__ \\
 \\ -=/厶l: : {_-ー 「:} /´: :}/: : : ─-- 、/}. \\


     ヽ‐'"´      . .:.:.:.:.:::::::::::::::::::::.ヽ
     <´         _ _.:.:.:.:::::::::::::::::::/
      \   ,   '"´      ̄  ̄``<
        `y'´ .:.:::li  、        ヽ.:.:.ヽ
      /  .:.:.:,:ji| .:::|、  、 .:.:::ヽ1.::l:::::l:.',     そんな理由が……だから、遅くなったのか。
      ,/ , /l l.:.:::/:::ハ:::l ヽ、_ト、_.:::::l:|::|:::::l.::|      買い食いしてたのなら、迷ってもしょうがないけど。
    / //.:i |.::/::/-‐''`′  >=‐,:リ::|:::::|:::!    
     |::l.:l.:.:|::!/::/z=ュ、   ´7じソ^!:::|:::::|/     そうなると、やる夫には悪いことをしたなぁ……
    N .|:::;V:.:::{ヾ{じソ      `゙´ |::;レ'´ ̄`ヽ
      ヽトト|::::::':.. , , ,  ′   ' ' ' j/      )
         `|.:i .::.ヽ   ー    , イヽ  入_ (   
        l/| .:::.::.> 、 _ , イ,r'‐‐' /.::::.:.``ヽ








613 名前:名無しのやる夫さん :08/12/13 09:54:55 ID:ID:JytxBEQH
 
      /   / .'   ll   l     | l   l i
      .,.イ    '  i i、 |l-、 | | l l | | | l l  !
    / | i   | | l ∥ `|l、 l j | l l | | | l l  |
      l i| | | ,ハ |!  || 刈/l/リ | | | l |  {
      ヽl、 レl 代fr?|∨ {`メィf范}レ| リ   '.
       / ヽトli ゞ-′   ヾ トミyノ l/i′     ……案内役、だったのに……
        /  / '.   〈    `ーrヘ、 l      迷ってしまった、私の所為……
       ./  /   ヽ   ‐ -  `ー' ,.ィ^)|
    __厶- ー ..._  `ゝ、    _厂 ̄}l
     ヾ 、     ` < \ヾー '7 // ̄入
     ノノ        \ ヽ\l/ .′ /  \


                ノ
        ,. - ───く
  ,. -‐ '"´: : : : .:.:.:.:.:.:.:.:.:.`ヽ
"´: : : : : : : ::/ハ: : : : : : : : : : : : :ヽ
: : : : : : l: : :/:ハ::.\: : : : : : : : : : : :',  
: : : : : : l: :/:/ ヽ:':,\: : : : : :l: : : :.:i     いや……こう言っては何だけど、君は本来の仕事を達成してくれただろう?
: : : : : : レ'ナー--ヽL \.:.:.:.:.l.:.:.:.:.l.l
: : : : : :// テテ云tッ   ゝ=.:.l.:.:.:./リ   卑屈になったやる夫を立ち直らせることと、
: : : : : l! ヽ辷ソノ    りソ:ノ.:/ ′   やる夫が危険な目にあったら助けること……
: : : : : l:.:ト、         ーレィイ
:ト、: : : l:.|ヽl       '  ノ.:.|        薔薇乙女ではない君に無茶を承知で頼んだけれど、両方こなしてくれた。
:从: : :.l:.|      -‐ ,.イ.:.:.:|       本当は、やる夫を管理しなくてはいけないのは僕なのに……
  ヽト、:L     ,.ィ.:/.:/l/
  _」    ̄丁 ¨´ l/:./
_ノ   ̄``ヽL____  l/








614 名前:名無しのやる夫さん :08/12/13 09:56:16 ID:ID:JytxBEQH
 
     < 二‐ 、ー-_/ ,   /  /    l      ヽ_ニ―<_
       /:::::_/::::_/ ./ /  ,'   !       !  !  ',   ヽ :\::::__`‐-、
     ∠ィ-,‐'´l// ./ | .|   l      |  l  !    !、::_ヽ_、 ̄``
      /./   / l  !l| l!  l,イ  ∩ | ,l ,l !l |  l    !l ヽ`ー 、_
.   / /     | l | ! -l┼'ト ll ',  .`乂/|ノ廾ナノイ.!|| l !  ヽ、  `ー-、
.  /   /     ,!',! l | |ヾl‐!lニ、ヽ ヽノ/'´r'イΞトlィノ|ノ / !/ |   `i   /  ……気に、しないで……
 ,'   !     ,' ´ヽ|`ヽ! ` いソ`     ヽ)〈ヘ'ly''/'|/l ノ'   !   ,'  ./  
 ヽ 、_.ヽ   /   .| ,l l   ̄       `ヾ='<´\||    !   / /    悪態をつかれるのは、本当に困る……
     \ヽ /    |  !〈|         ′  ///、ノ' /l |    レ' /      
       )ヽ   l  l'ー、     ー       /,r||  /.,ィ'         それに……
      / 〉  |  |  |\              /|  ! |  / / ',       
    _/  /   |  l|   ! _r‐ヽ、     _, -'ヽ、_|.  l|〈  \ ',
._, -' ,, -'" /    l  l.|  .Κ._ ヽ.__`ーィ'"冫 __,∠   l !  `‐ 、_`ー─ ----
‐''´    /     l  !.|  く :::`:´:::::::L 'y-, -': : _> |.l      `', ̄ ̄


        , ':: : : : : : : ::/: : : : : : : : ::/::: : !: : : : :: : : : : : : : : :\
     /: : : : : : : : :./: : : : : : : : :./: : : ハ. : : : : : : : : : :ヽ: : : :::ヽ
     .': : : : : : : : : ,. : : : : : : : :レ':::/: / !:ヾ\: : : : : : :.:!: : : : : :!
    !: : : : : : : : : ::! : : : : : : /ィ:::/   !::| \ヽ::: : : : ::!:: : : :l:::!
.     !:: : : : : : : : :::|: : :_ ,./´, '/--─ ''、l   ゞ::、: :. :.l.: : : :イ.:!
      !::::: : : : : : : ::|: : : : :-ーイ      ヽ.\   \,: :..|::ィ:./'レ'
     !: : :: : : : ::/´|!: : : : :l:.l:.:|  、. _____ ,      ´ /::j: i/ノ  
      〉: l!:::: : :.{ ィ!::: : : :.!:l!::|   `  ̄ `      '=jィ/´     ……やる夫の件が無くても、水銀燈とは
      ハ:l ::::::::メム::!:::::::ハ!`ヽ           / i:ハ       諍いが絶えない、よね……
        l| ヽ ::::ハ:::!::::::| |!         -- イリ l!       
           V ヾ!::::::| l'           .イ::: ' '       水銀燈も、お父様が亡くなってから変わってしまった。
             ハ!: !  ゝ  ___ _, イ::::|::/         以前は、あんな風じゃなかったのに……
          ノ´ \ ヾ.   /'      |::://      
    r v - < _      ヽ   /!      j/ '








616 名前:名無しのやる夫さん :08/12/13 09:58:44 ID:ID:JytxBEQH
 
~ 金糸雀の部屋 ~

                 _,. -ァ――‐-- 、_
                / ノ* , - '^⌒"´`丶、
              / ノ  r'´         ヽ
             /  ノ * ノ    /   ,  、 ヽ
               /   l  l  //  ,  /,  jl i  ',
            /  、_ l   l l l/_/_,ィ// __ム! l l l  それで、チビカナ……
             ̄|`lヽj * 〈 l ,lィ'_.ノ'´ノィ' ,ィリ l,' l l  どうですか、最近のアイツの様子は。
             ,l l l  { 'l下T::::T' //ナ!;Tリ lj l
             l l  '、  }、' ト 'ー' ´ , 'ーイ /リリ
              l l  ヽ* '、ヽ',""    "ツノノ
            l l l  {  ヾ>、   ‐_,.ィ"l´ 
             l l l  入  l^ヽミエ二、 l *l 


   _.   /.: : : : : r冖ー'´ _ /__  /l } 〉
  /, - 、\: : : : : : 」  r-―fヒハヘjハ  」/ {
  !|  / :.`',:. :. . : :  {  'r‐ '´{匕犬シj´ { /!
  亅/  : : .\:. :. : : . : ヽ \/ 寸T¨ヽ\丿:'
   ,' :l :.:./  ` - - _:.ヘ _`¨ー| lー-ヽ \:l   
   | : l .:.,'           ̄└ヘ|__」へハ/j/:|   
   ∨ : l:.l         / ,夫==<l|〈ヘ∨.: .::l   ……あまり、良いとは言えないのかしら。
    V: ::.{.  _ ,     〃!ハ:::::::::} ヾ j |.: ;':/    生活にどうしても必要な事以外では
     ヽ: :ヘ  ,三..       弋Z:ソ  |! /.://    部屋の外に、出ようとすらしないのかしら……
       \ム{ハ::::::ハ      .:.:.:.:.:  /:´.:.' イ
        入 ゞソ  、:.       /.: :/ .: 」
        {.: ハ .:.::   r_、   /ノ.; ' .: .:/ ̄ ヽ
        |:/ /:>‐- ,.__.  ' /f.: .: /.:〉: :  ',
        ,!ー{:. `:.ー:.l/j|\ヘ --/.:, :' .::イ: :   '.







618 名前:名無しのやる夫さん :08/12/13 09:59:47 ID:ID:JytxBEQH
 
              / ,. -‐ ーー --‐- 、 `丶、
          / /           `ヽ   \
           〈 ム. '"´ ⌒⌒ ``ヽ    \  \
          V/   .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. \   ヽ  \ 
          〃.::.::!.l::!.:..:.:.:.;.::/.://.::l:::::::::.`、   ヽ  ヘ
           〃.:::l:::l::|:|::l:::::/:/:://:::ハ.:;.:.:::::.`,   V.:l:l`
         ./:::;:::::l:::l::|:|::l::/:/ //::::/ l:|:l:::::!::!::{!   !:::l:|
        l::l::l:::::|:十ナl:< /::∠_ 」トト、:l::l:::{!   !:::l:|
         |::l::l:::::|:|:|yテ〒ミ/::/´,t==ミ、:ト、::{!   !::::l:!   まったく、しょうがないヒッキーですぅ。
         |::ト:ト、:|:|:| f辷ソ   _f辷シノl:l::l:::{!   !::::l:|   下僕制度なんかで遊んでる暇があったら、
         ``Vハ1:ト、, , , 、    , , , , l::://{!   !:::l::!   学校とやらに行けばいいのに……
           i `ヽ小、   _       ノ//.::{! i .j!:::l::|
           | ‐米 f{:.>.、  `   ,. イレハ.::::{! 米j!::::l::!
          ,/|    ,f{::l::l::>==<__ ノ⌒ヽ:::〉 !〈:::::l::|

                  _  __ __
                 _j  ` ー   r_`r-、_
               , '´ ゝ,.      r r ⌒ 、jニ、ヽ
               /    / \   _j |   ,rr<ァ、ヾj
              '  ,  ノ   ` 、 ゝヽィ'ゝtテン'、ノ
              | //       ,`ニ`!ィ´ ` ~ヾ∧!
              レ/, ⌒        `LYz_ rく_ ノ
             | |    ヽ    "     ゞ\/
              ゞ. __ ,     、___  ,j_ ゝ|    でも、カナにおまかせかしら!
             , ,=l'T',` ̄   、    ` ̄´  ト、 Y    今すぐには無理だけど、ちゃーんと引きずり出して
           i/  ゝヘ     、--,      ,r イ    学校に行かせるのかしら!
           ゝ-'、⌒ゝ.    `       ィ=<´ノ
            __{::::!_--、ゝ 、__   __ ィ' _  /::ヽ
         r' ´   ゝ=--<__r-z二=、ヘ_,ゞ::::ヾ:::::ノー 、
         '       {:::j_ノr::::_イ-fト、::ヽ)´ ̄!:ヾ    ヽ








619 名前:名無しのやる夫さん :08/12/13 10:01:26 ID:ID:JytxBEQH
 
         /    ィ7     ≠″        `¬\
      ,. '     〃   /   /           \
   ,.       rク  /    /             ハ  ヽ
  \   \   jj  /      //     /  / /  |   ゛
    \` 、ヽ {{   .′   /    /  / /   ′    ハ
     \/  V{{  |   -/―--<.  / イ / /       |   ……心意気は認めてやるですが、
       /  ∧{  |     |子=ミ< ̄ / / イ |    |    それは去年も聞いたですよ。
     /  / }} i|     |├び ハ` / //ト |  | |.//    
    , ′    }}. \   |` ー ′   / ァえメ、`|  | |'/      確かにこの1年、ずっと1人でアイツの世話を
   /        {{   rf\ ヽ        lじン〃ヘ/  | |′     してくれた事には感謝してるです。
 /       /バ  {{\        ′  ` / /  / /      
        .// {{  }} | \    ‘`    ー 二  イ//        でも……
       .//   什jト′ `   _,  r< |}}   / }}       
   r―‐、i⌒ヽー  ∨| _,ニヽ__   |   |{{     ヾ!


                   l`ヽ、-―- 、 _
                  /| l  \_  `ヽ、
                 {, '´い  //⌒ヽ   \
               /  ム \{_レr行ミ⌒ヽ   `、
                  l ー'´ ヽ、Vヘ_彡ヘ. ノ    l
               ノ 、_,  `ヾヽ _>彳    |
               「   xx ̄xx  _V    l     l     ま、まだまだ諦めないのかしら!
            lr‐1         》⌒! |   /    カナもそろそろ本領発揮なのかしら~!
            ヽ/7┐ ヾ==彳_,ノ  ノ    /
            _rク/ /     r'⌒ヽ、__ /
         __/)'´ 丿rク{ ̄ _〕仁ニ、  \
       /{{くヽ._,.ィ-‐兀/l:レ―ヘ / ̄`ー- 、
   _, -‐'´  ||厶|¬t┴ / ゚/└rー、ノ,        l








620 名前:名無しのやる夫さん :08/12/13 10:02:37 ID:ID:JytxBEQH
 
   / .,※,...-―:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:::ー-.、  \
    /  /,.:.:.:.:.:.:..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:.:.:.:\※ヽ
    \ /:.:.:.::/:.:.:.::.:.:.:.:.:.:!:.!:.:.:.:.:.\::.:.:.:..:ヽ ',
     /:.:.:.:.:.:/.:.:.:.:.:.:.:../.;イ.:ト、.:.:.:.:.:.:ヽ.:.:.:.:.:ヽ
    ,':.:.:.:.:.:.:!.:.:.:.:.:.:.,:イ:/ ;:/ ヽ.:..:.:.:.:.!:.:.:.:.:.:.'※. 
    !:.:.:.:.:.:.:|.:.:.:.:/.// //   \:.:.:.:.|:.:.:.:..:.:i   
     |:.!:.:.:.:.:.|;∠..-'" 〃゛` ―--\:.!:.:..:.:.::,' }    (……やれやれですぅ。チビカナ自身、気付いてるハズです。
    !ハ:.:.:.:.:.!   _,,  /   、_    /:.:.:./:/∧     翠星石たちでは、もうアイツを更生させられない事に……
    i! \:.:.:\`=''"    `ー=''イ/:.ィ//:.:.     
       }ヾ、_\   '      //´ /:.:.:.     できるとしたら……薔薇乙女とは違う、もっと別の……)
       ト、※,.>-―…―--<7´※ /:.:.:.:.
       !:.r(´.._'' ¨´ ̄ ̄`¨r-┴ 、  /ユュ_:.:.  
       /:.{ 〉ーュ__...::::::::::.r―_`ヽ〈 // {j:.:. 
.     /:.:/{Y´,.-<:::::::::::::::`ー、` ノュ!_j⌒ーリ:.:. 
     /:.:.:! >` ー'、..__>-、_.ノス  ,'  |:.:.  
     /:.:.:.| {~`^ーセ┘!}{} !?x-イ } ,'  


                 /,  -―‐-、\     
                // ,.  -――‐\\   
.             // /::::::::::::::}、ヽ :::: ヽ._>  
         / _」 /:::::::::::_:/ ヽ}___」_,  
.          ∠__`ト辻:::::::'´_/   ノ◯' !     ……いやいや、それは無いですぅ。
           / ::| |l{ ̄ ̄‐◯      }i     あいつらがどうにかするなんて、まさか……
            / ::: | |lト、         ̄Z /l|   
         /:::::::::| |l|__ヽ、       ´ /| l|   
          / :::::::::,i |l| <l ` ー―一 '^!、| l|   








621 名前:名無しのやる夫さん :08/12/13 10:04:29 ID:ID:JytxBEQH
 
~ 翌朝 食堂 ~


     |┃三       
     |┃         
     |┃         
 ガラッ. |┃                    
     |┃  ノ//   ./ ̄ ̄ ̄ \       
     |┃三    /  ̄    ̄  \     さーて、朝飯だお。
     |┃     /  (●)  (●)  \    今日こそ蒼星石にちゃんと理由を説明して、謝らないと……
     |┃     |    (__人__)     |     
     |┃三   \    ` ⌒´    /      
     |┃三   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ \

     ____
   /      \   
  /  \   ,_\    
/    (●)゛ (●) \    ……と思ったら、蒼星石が来てないお。
|  ∪   (__人__)    |    多分、意図的に時間をずらされたんだお……
/     ∩ノ ⊃  /    
(  \ / _ノ |  |      でも、やる夫が悪いんだし、しょうがないお。
.\ “  /__|  |      蒼星石が来るまで待つとするかお。
  \ /___ /








622 名前:名無しのやる夫さん :08/12/13 10:06:45 ID:ID:JytxBEQH
 
~ 10分後 ~

        ___
      /     \
     /─    ─  \   
   / (●)  (●)    \   ……まだかなまだかな~……
   |    (__人__)  ∪   |    
   \  ⊂ヽ∩     /       
     |  | !、_ \     )


         ___
       /     \
      /   ─  ─\
    /    (●)  (●)\  ……学〇の、おばさんまだかな~……
    |       (__人__) ∪|
    \  ⊂ヽ∩     / 
      |  | !、_ \     )
      |  |__ \   /








623 名前:名無しのやる夫さん :08/12/13 10:07:34 ID:ID:JytxBEQH
 
~ 20分後 ~

     ____
   /      \   
  /  \   ,_\    
/    (●)゛ (●) \    
|  ∪   (__人__)    |    ………………
/     ∩ノ ⊃  /    
(  \ / _ノ |  |      
.\ “  /__|  |      
  \ /___ /

     ____
   /      \ ( ;;;;(
  /  _ノ  ヽ__\) ;;;;)
/    (─)  (─ /;;/
|       (__人__) l;;,´     ………………
/      ∩ ノ)━・'/
(  \ / _ノ´.|  |
.\  "  /__|  |
  \ /___ /








624 名前:名無しのやる夫さん :08/12/13 10:09:07 ID:ID:JytxBEQH
 
~ 30分後 ~

       ____
     / ノ  \\
    / (●)  (●)\    
  /     (__人__)  \   あー、腹減ったお……
  |   U  ` ⌒´    |    それでも我慢だお、蒼星石が来るまで……
  \           /   
  /              \  


         / ̄ ̄\
        /      \
       /::::::::::::::     ヽ    ……食ってから待っていればいいのに、蒼星石と一緒に朝飯を食う習慣のせいで
       |::::::::::::::       |    「待たなきゃいけない」って自分ルールができてしまったお……
        ヽ::::::::::    /      ほんと……蒼星石に関わるとロクなことが無いお。
        /::::::::::::   く        
-―――――|::::::::::::::::   \ -―,――――  
         |:::::::::::::::  |ヽ ⌒)








625 名前:名無しのやる夫さん :08/12/13 10:12:00 ID:ID:JytxBEQH
 
       、.::.:.  _ __ __  |
          > '"´            ̄``ヽ、
      /     . -‐.:::::::::::::.:.:.‐-....、 /
      \   ,. '´ .::::::l:l:::i:::::::、:、:::::::::::::く
        .`y' .:.:.:.:::::|:|:::|\::.\ヽヽ:、:::.\
          ,′.:.:i.:.:.:::::|:|‐i一'\::ト、|::|::l::::::::|
         l:l:::::::l::::::::::|::r==ュ、  `十Nl:::;:/!    ……おはよう。
         |:l:::::::l::i:::::::N辷ソ   ,tfソ////    きみは、じつにばかだな。
         |ハ::::::l::l:::::::| ' ' ' '   、 ゙゙`レイ::|
          ``l::l:::::::|、    -   ノ::::ハl
              l∧:::::|:.\__ ,. イ::::/
          ,. rryム:::L__ 」_.  |::/
          /.:.:`ヽい';|   ,.ィ介:、 |/`ヽ

     ____
   /      \   
  /  \   ,_\    
/    (―)゛ (―) \    
|  ∪   (__人__)    |    ……おはようだお。やる夫達にとっては、もう遅い時間だけど……
/     ∩ノ ⊃  /    
(  \ / _ノ |  |      (そのバカが報われる事もあるらしいお……)
.\ “  /__|  |      
  \ /___ /








626 名前:名無しのやる夫さん :08/12/13 10:13:19 ID:ID:JytxBEQH
 
       〈   , -一'"´   _ __ _   ``)
      ヽ/.:.::::::: :., .:.:.::::::::::::::::::::::.:.ヽ 〈
      _ノ´.:.::::::::.:/.:::l::::.ヽ.、:.:.::::::::.ヽ:.:ヽト、
    < .:.:.:.:.::::, .イ .:.:.:j.::lト、トト、.:、:.:.::::::`,:::j::|
      \_, イ .:.::i.:.::::/:/  >ヽ{ ` ー=ュ、l:::|/  
       `i1.:.:.:::|;:ィイ/-‐'´   ,trハYl::〈   
          |ト、.:.::|.::::|,ィ〈fオ{`    ゞ' i!::/    ……結構長い間、待ってたみたいだけど……
         |l.::ヽ.:!.::::l  ""´   ゝ ' ' ノ/    僕が今日、朝食抜きだったらどうするつもりだったの?
        ト、.::.ミ.:.:::::、     ‐ /l     
            `ヘ.:.い>‐ -- イ:::/
            >⌒`ー- 、_」:/|::/_
       ,rェrr<     , ィ只<^ヽ T:.:ヽ
       レ'^ヽ 人  / /7^j:ト、ノ〉!{:::::.\


            , - '',.ニ -‐- ニ、''ヽ
            / /ィ'´ _, .ィ ,ハ. ヽ. \
         ∠_ /',r、‐'  ''´ ⌒\l、 ン
          ,、/`! (●)  (●)  lT´   それはないお。「蒼星石は真面目で几帳面ですから」
          ヽY'〉 , , ,(__人__) , ,  l. |    って、翠星石が言ってたし……
            (`)_}ト、   丶 ,/    ,イ l、   
           r `´ | \  ∨   / |   l、   何より「必ず朝食を摂る」って言ったのは、蒼星石自身だお。
         |    |  l`>-,-<´l  |   l、  
         ∧   |   l `7,、ヽ´/ ,/ヽ   l、








627 名前:名無しのやる夫さん :08/12/13 10:14:37 ID:ID:JytxBEQH
 
       レ'´    ,.-─‐ -⊥__
   r-──┴一''"´          `ヽ
   \  , .-─ ………‐- 、、,,_  /
    `V.:.:/.:.:,:.:.,:l:::.l:.:.:、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:く
      l.:.:.|.:./.://l.:.:ト.、:.\.:.:.:.:.l::.:.:.:',
      l.:.:.|/.:// ヽ:\\_ヽ:_:_|::.:l:.:|    
      l.:.:.l.イ-一'´ `ヽ\`<:.|.:.:l:.:!    ……そんな事、よく覚えてるね。
     |.:.:l:.:i  O      O  .l.:/.:;′   その時「どこを縦読み?」って言われたような気がするけど、
     |.:.:l.:.l           //.::,′    ちゃんと聞いてたんだ……
     l.:.:l:.:.ト、     3   , .イ.:./
       V \::.:.> --- </l/|/


         / ̄ ̄\
        /      \
       /::::::::::::::     ヽ    ……そんな昔の話より、やる夫には
       |::::::::::::::       |    言わなきゃいけないことがあるんだお。
        ヽ::::::::::    /     大体分かってるとは思うけど……
        /::::::::::::   く        
-―――――|::::::::::::::::   \ -―,――――  
         |:::::::::::::::  |ヽ ⌒)








628 名前:名無しのやる夫さん :08/12/13 10:17:04 ID:ID:JytxBEQH
 
          ,. ,. -── -
            , '´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::`ヽ、
       /.:.:.:.:.:.、.:.:.:.:.:..:.:.:.:.:..:.:.:.:.:.:.:.:.\
        , '.:..:.:./:.:.:..:|.:.:.:.:.:.:..:..:..:..:.:.、:..:.:.:.:.:.:ヽ       
      /:..:..:..:/:.:.:..:..:|:.:.:.:、.:.:.:...:..:...:.:l:.:.:.:.:.:.:.:.:i       
    〃!.:..:.:/:.:.:.:.:.|:.:l!:.:.:.:ヽ.:.:.:.:.:.:.:.:|.:.:.:.:.:.:.:.:. |      
    || |:.:.:.:l:.:.:.:.:.:.|:.ハ、:.、:、\.:.:.:.:.:|:.:.:.:.:.:.:.:.:.|      
    || |.:.:.:.|:.:.:.:.:/l7─‐ヾゝヽ\.:.:.|.:.:.:.:.:.:.:.:.}|   いや……ちょっと待って。
    ヽヘ:.{、:!.:|,イ ノ ァd尓7!:.:``.:.:.| }.:.:.:.:.:.:.:l   言わなきゃいけないことがあるのは、僕の方だ。
      ヽゞNハ〉.  ゞ-’ |/:.:.:.:.:.:l:'.:.:.:.ノ/`′       
          ハ'、    /'|:.:.:.:.:.:/:.:.:!/'′          
           ノl:.:\っ   ||:.:.:.l/ `W           
          |.:.:/リヽ_ ... -||:.:/|! ,..ゝ-、           
          ∨/ __ _ _,.ノ V ''´    ,_\__         
           n}イ''"/〔!\  r‐┘_テvぅフ‐ァ
          / ){. / /|ヽ ヽrヘ/J´   ハ


     ____
   /      \
  /  ─    ─\
/    (●)  (●) \
|   U   (__人__)    |   え?
/     ∩ノ ⊃  /
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /









629 名前:名無しのやる夫さん :08/12/13 10:18:15 ID:ID:JytxBEQH
 
       、.::.:.  _ __ __  |
          > '"´            ̄``ヽ、
      /     . -‐.:::::::::::::.:.:.‐-....、 /
      \   ,. '´ .::::::l:l:::i:::::::、:、:::::::::::::く
        .`y' .:.:.:.:::::|:|:::|\::.\ヽヽ:、:::.\
          ,′.:.:i.:.:.:::::|:|‐i一'\::ト、|::|::l::::::::|  
         l:l:::::::l::::::::::|::r==ュ、  `十Nl:::;:/!    その……いきさつは薔薇水晶から聞いたよ。
         |:l:::::::l::i:::::::N辷ソ   ,tfソ////    話も聞かずに、ごめん……
         |ハ::::::l::l:::::::| ' ' ' '   、 ゙゙`レイ::|    
          ``l::l:::::::|、    -   ノ::::ハl
              l∧:::::|:.\__ ,. イ::::/
          ,. rryム:::L__ 」_.  |::/
          /.:.:`ヽい';|   ,.ィ介:、 |/`ヽ


           ___
       /      \   
      /u  ノ  \  \      あれ、そっちから謝られるのは予想外だお。
    /   (●)  (●)  \   そもそも悪いのは迷ったやる夫の方で……
    |      (__人__)  u. |    約束を反故にしてすまんかったお。
     \    u.` ⌒´  /








630 名前:名無しのやる夫さん :08/12/13 10:19:10 ID:ID:JytxBEQH
 
      、::/   .:.   、      `ヽ:::::::/
        ,イ   .:,:.:、ヽ:.. 、ヽ:. ヽ:.:.    Y
.       /,    `/メ、ハ\ヽ,ヘ'´!ヽ:.!  ハ
      l/! i  :.Xf_Tト \  イT::l7!:! .;: !:!  
      ' N ::.: { ゞ=' .:! `  ゞ=' 7.:/: .:lリ   いや、悪いのは僕だ。薔薇水晶に買い食いはしない様に
       l:.:i:.ゝ    r -、     ノィ'::::.〃     言っておくべきだったのに、注意不足で……
          !:ハ:.:\  ゝ-'     〃:::;:'/.   
       _' ヽ:ト:!ヘ.. ___ .. ィi´/:::/レ  
      ,ェヘ`ヽ-‐ '´ ̄ヽ.  lル' レ'   

      ___     
    /      \  
   /  _ノ  ヽ__\    
 /u    (●)  (●) \   いやいや、それを言うと薔薇水晶任せで何も考えず
 |  u     (__人__)    |    むしろ注意不足だったのはやる夫の方で……
 /     ∩ノ ⊃   /
 (  \ / _ノ |  |
 .\ “  /__|  |
   \ /___ / 









632 名前:名無しのやる夫さん :08/12/13 10:22:30 ID:ID:JytxBEQH
 
~ 食堂の外 ~

                 __
           イ孑< ̄ヽ   入
          _く  ヽ \ ヽ.  そ\ __
         {  \  ゝ '―‐'‐-弋ヘヽ ノ‐.、
          /丶 、ゝ'        圦ミく   人
        7=-/      ヽ  ヽ  えこl! Y  ノ    
       /   /    l l     ',  ', j YYノl! ; :Xー 、   今日の朝食は何にしようかしら……
       ∨ / / ; l! l!   | l./!ハ l l ソ.ノ∧   /  
          ∨  ! ! l! l!! ; .リイ,ィュト! l! |/:∧辷/、   ……あら? そんな所で何をしているの、水銀燈。
          |! l ', l!斗十ヽソ ' ヘ.ソlノ| l!ノ l    ',
       . へ、 ヾ. ', ィ代? ,   ::::::: イ |  l  ',  ',
      /  . .へ ゝY ヘ :::::  _   .イ | l!__ |!  ',  ',
    /   /    ,j /`ー- 、 .._// :| |: ヽ!  ',  ',


   / __{f7.:::::::〆   /           \  \
  厶イ7:r-、く  | |    |        ヽ   \
 〈〈__/:ハ::.Vヽ\ | |   |、          |    ヽ
. /ヾィ/ イヘヽノノ | |ヽ  | \   ',    |    | '.
/ /://ll |:「´   |{ 丁ヾト、|  ヽ  |!   |    |l |
  |::|  l| |:|    |ヽ弋f==,ミメ、 ' ∥  /ハ     || |   真紅……慣れないことはするものじゃないって、
/|::|  || |:|ヽ   |   、_{._!ンヾ  }ノ|l /厶| , / ハ|  後悔してるところよぉ……
  |::|  || |:| \  ヽ   ̄¨`    l/rテミ|/ / / }ノ
  |::|  l| |:|  l \ \         、ヾ' / イl/       たまに朝食でもいただこうかと思ったら、この有様。
     l|     |   ` -\       ′/  ノ       入りにくい雰囲気になっちゃったじゃなぁい……
      |l    |\        ‐-,,、  / /
     ハ    ト、  、      ` イ
    / ハ     l::.\ >_,、   /  |                                    いやいや…… >
     / ∧   l:::::/.::7爪  丁   |                                  いやいやいや >








633 名前:名無しのやる夫さん :08/12/13 10:24:41 ID:ID:JytxBEQH
 
       (::::::::::::::::://    ヽ:::_:::::::::::::::::i  l::::l:::::ハ二))
      >:::::::,.'  ′    |   ):::::::::::::::l  i:::i:::::(、二))
        て::::/   ll  l |  !|   {::::::::::::::::|  l::i:::::::::ハ〈
         しl |  l |  | | _!H‐'フ|/て::::::::::彡ミ::::::::(  !l
         l l  l _L | |ノ  rT´? | (::::::::ミ彡::::::ィ  l|l  
            ll ヽ ´ rr、    ヽ__ソ | l! {::l l::::;:::) |  リ  あら……あの2人、もう解決したの?
            ハ v)       l l | リ /:://   |  |   「準責任者」としては嬉しいでしょう、揉め事が1つ減って。
            ,' ハ 丶      リ ,| |//´  | |
            |  〉 、 `    lレ' | h、     |  |
            l / ||  > - ィ 〃 | | l7      |  |
            ノ'  |r j / rr、 〃  | | 〈 \    |  |


   |   |   |           ∥  |   | トヽ
__ |   |、  ト、 {         ||   |   | | |l
ヽ\|   | \ | ヽ\     |.| 厶   /l | ||
__/;ハ ヽ 斗―\l- \\.  /イ/ | //,イ|           
ー'´ ヘ\\ヽ二 \    \/ >┬ ァ| 〃 |            
    ヽ 弋F千 卞、       ^ー'彡/   ∧               ……減った? 違うわ、減らしたのよぉ。
ト     \ `ニ´ ̄"             /   /  '        /.
| l\\  \          〉    / イ   ',     /..::::/   食堂の前でうろうろしてるおばかさんが
| |  \>ー一    __ __,,.   イ  |、    ′ / /.:::/    目障りでしょうがなかったから、思わず、ね……
| |     \        -   /| |\   У /.:::厶
二丶    ト>        /  |  |   \// ̄_,. -‐   
::::::.ヽ\   |::7r―- `=二´    |  |   /     ̄     
::::::::::.ヽ \ |:| |::::::/r‐::共::ト\   |   |一'二二二、、_,.. 








634 名前:名無しのやる夫さん :08/12/13 10:27:25 ID:ID:JytxBEQH
 
           ,ィtvt‐z______
          ,> '´ 、    `丶、_`ヽ、r―‐r、
        //    }ヽ、  ヽ /7/|`ト、_} |
        ///    |l /| |l ト、  } ヽニ∧| ヽニヽ、
      / / l    l/ l| |l | _レ1ト、 ヽ |\ \_ヽ\
.     / / l l |   /  | ,化「 l ハl|   |ハ  ̄丁 \ヽ   
    /  { | ト、l /| イ/ノ 」厶-刋  ,′ l   ヽ、 {ノ   何が「結構長い間、待ってたみたいだけど」よぉ。
     l l  | |{ L斗 l  / 彳」沙′/ /  l|    ト、    その長い間、アイツが諦めて帰るのを待ってたのは
     | |  ! 七´≧弍ヘ/      / イ   |    ヽ.`ヽ  どこの誰なのかしら……
    !ト、\ V´{沙        // l     |ヽ     \
 r、  l ヽヽ、ヾ二、  ヽ _,      |     ト、 \     
__ヽ:\「\ \`ー=ニ   `       |    | ヽ、` r冖、
::.:ヽ.>:;: -―┴―个-、       _∠]   ,イ_,.. ‐'´::.::.::.:.  
::._:/   , -ヘ_厂  、`ヽ ‐- イ、_::.:l , /::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.:


       (::::::::::::::::://    ヽ:::_:::::::::::::::::i  l::::l:::::ハ二))
      >:::::::,.'  ′    |   ):::::::::::::::l  i:::i:::::(、二))
        て::::/   ll  l |  !|   {::::::::::::::::|  l::i:::::::::ハ〈
         しl |  l |  | | _!H‐'フ|/て::::::::::彡ミ::::::::(  !l
         l l  l _L | |ノ  rT´? | (::::::::ミ彡::::::ィ  l|l  
            ll ヽ ´ rr、    ヽ__ソ | l! {::l l::::;:::) |  リ   ……まるで人間ね、蒼星石……
            ハ v)       l l | リ /:://   |  |
            ,' ハ 丶      リ ,| |//´  | |
            |  〉 、 `    lレ' | h、     |  |
            l / ||  > - ィ 〃 | | l7      |  |
            ノ'  |r j / rr、 〃  | | 〈 \    |  |








635 名前:名無しのやる夫さん :08/12/13 10:29:13 ID:ID:JytxBEQH
 
      _ }.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/   /  l   \ー 、:.:.:.:l:ヽ:くr..、
    {:.`:.:.:.:.:.:.:/     l         Y`:.:.:.:.|:..:l/.:.:.:}
     ⌒}:.:.:.:/      |    l    ト、:.:.:.:.l..:.l.:.:.イ
      {_:rュ/ /  /  !ハ   l l l  .::l _}:..ヽ|..:.|:._:小
   /  .V  .l  .:|:  | l  リ:| l .::ハ_:.:.:.リ:...l´.:ィ  
  /  ...::/:{ .::| i ..:{::. !   /.::j ./ ノイ:::r‐':./:../:.:_レ   ……それより、もっと驚くべき事は
 /  ...: イ .:ハ  ト -┬ヽ、ト:.. / .:イ/jナ7:.不::.{__/:.:‐ァv'   あなたが姉らしい助言をしたという事ね……
/ /:// :/ トトヽト-ァテ=ミヽト/ノ ィテオく/イVrj、}:.:.{ィ    
´ ..:::///    }ヽ ハヘ 赴ソ     ^ 赴ソイi :ト{にソ{^´     明日は雨か雪かスコーンでも降ってくるのだわ。
..::j//    ノイ /ヽ、   ′     ,リ /_:/⌒´   
:/_ --_.ニイ//, -ァ >、  '=' _ /}/´     
// ̄   /' <_:.ノ..: :`:._ァァ{、.:://:\       
>‐`ー- ∠/   { :..:.:, =-Vォ}ソ/ :/:.:.:.:.:ヽ


           ,ィtvt‐z______
          ,> '´ 、    `丶、_`ヽ、r―‐r、
        //    }ヽ、  ヽ /7/|`ト、_} |
        ///    |l /| |l ト、  } ヽニ∧| ヽニヽ、
      / / l    l/ l| |l | _レ1ト、 ヽ |\ \_ヽ\
.     / / l l |   /  | ,化「 l ハl|   |ハ  ̄丁 \ヽ    名ばかりとは言え「準責任者」だから、
    /  { | ト、l /| イ/ノ 」厶-刋  ,′ l   ヽ、 {ノ     諍いの種は潰しておきたいだけよぉ……
     l l  | |{ L斗 l  / 彳」沙′/ /  l|    ト、      蒼星石や下僕の為なんかじゃない、私自身の為。
     | |  ! 七´≧弍ヘ/      / イ   |    ヽ.`ヽ  
    !ト、\ V´{沙        // l     |ヽ     \   本当なら、気に食わないものは
 r、  l ヽヽ、ヾ二、  ヽ _,      |     ト、 \          全てジャンクにしてしまいたいのに……
__ヽ:\「\ \`ー=ニ   `       |    | ヽ、` r冖、    
::.:ヽ.>:;: -―┴―个-、       _∠]   ,イ_,.. ‐'´::.::.::.:.   
::._:/   , -ヘ_厂  、`ヽ ‐- イ、_::.:l , /::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.:









636 名前:名無しのやる夫さん :08/12/13 10:31:35 ID:ID:JytxBEQH
 
       | |   |  | ‐、/| !        /   l
       | |   ト . |  |`ト、| .      〃  / /
       ヽ.|\ l ヽト .xィ士.j ト.| /    //  / /,′
        / / ヽ/ ハ.|ヽト辻}小∨j//./_/__,//_/__
     //   // /ヽi|  ^冖^      ‐テ士</-‐ ´   諍いの種が歩いているようなあなたが、よく言うわね……
.     〃   // /|!  |     ,       ト辻}小>‐ /
    /′ // / |l ハ    ′      ^冖^ / /    ……けれど、あなたがそうまでして
.   /   // /  _!ヽ   \  r__,        / /|    「責任者」の命令を守る理由は、やっぱり……?
   '   / | i  /'| ',  | i\        / 厶イ|  
  l l   |,-l |‐厶-ヘ  }  V  >‐z――…/ /'   !   
  | l  / N´ ,. -‐ヽハ  |-く^Y´       ' /\  |!
  | l<⌒ ‐-'---‐'_丿 小丕}|      |/   \.|l
-‐┴'´  \_ ̄  ̄ _/,小辻リ       l ! -――/.'
       | ̄ ̄/ / ヽ{__ソ\   /!l,. -―//


            , ´                 `ーヘ、::.::.:::\} ヽ
          /      , ′            L入::.::.:::__YZ `、
           , ′,  ,  ,  /     ;   |  l  i l    >'´ィ介、`ヽハ
.         // ′/ / ,′    /   ,イ ,′ l ,′/::::/ 川ト、 ヽ::\
        /,' ,′.′.′/,'     /   / l ′ //  \:く  //!h::ヽ ノ:::ノ
          l ′i  l  i  l |   /  ,イ / /  /,′ ,′ヽ∨/ !| lヽ::r‐' !
       八 l  |  | ハ{   / / ノ/_/__/_  /    7′l:||!::| |  
          ヽト、 、 ト二ヽ /レ'   ̄二ニ∠」_ノ /   ,′ / ! ハ:::、 |   
          ` `7ヽ弋なY      '^ぃf{ノ} 彳 /  / /  /:/ ! l ::?   ………………
            ,' ノ ハ ゞ ' ,        ̄´ /   イ ,′ /:::l ハ |::::∨  
          /{ { ′ゝ 〈          _彡 / //  └く!| | |::.::」|
     、     /ハ ヽ、 \   _ __    ー― '´7 //   i   | l `了
     ヾミ≧x \/ /ンーヘ、` ニ`       '′//   l   ハ  /// /
         `ヾミニ∨ '    `> 、 _  -‐ _ _ イ/:l     !  ,′∨厶∠
       ー==≠二7,′   /\ レ'了」斤く:::ノ/::::l    ,′/ ノ三彡'′








637 名前:名無しのやる夫さん :08/12/13 10:33:49 ID:ID:JytxBEQH
本当はもう少し投下する予定だったのですが容量が危ないので、続きは新スレで投下します。
読んでくださった方々、ありがとうございました。









638 名前:名無しのやる夫さん :08/12/13 10:36:06 ID:AVAA68/t
乙。面白かったんだぜ
これのスレではお疲れ様









639 名前:名無しのやる夫さん :08/12/13 10:36:44 ID:YCbekKn9









640 名前:名無しのやる夫さん :08/12/13 10:38:02 ID:r5ntkbWV









641 名前:名無しのやる夫さん :08/12/13 10:51:37 ID:HB/iLOI6
乙~








642 名前:名無しのやる夫さん :08/12/13 10:54:19 ID:czeDNmxw
乙です








643 名前:名無しのやる夫さん :08/12/13 10:55:18 ID:fczdUP1w
おつー








644 名前:名無しのやる夫さん :08/12/13 10:57:30 ID:ZyS9cdwt
乙~








645 名前:名無しのやる夫さん :08/12/13 10:59:25 ID:JEVwt3Q3









646 名前:名無しのやる夫さん :08/12/13 11:06:14 ID:SivT+CZ/
乙。








652 名前:名無しのやる夫さん :08/12/13 11:57:49 ID:JfZJ1tsT
おつーーー








653 名前:名無しのやる夫さん :08/12/13 12:18:33 ID:LAk/9C23
相変わらず面白いな








654 名前:名無しのやる夫さん :08/12/13 12:21:38 ID:8pmfpv9y
乙でしたー








655 名前:名無しのやる夫さん :08/12/13 12:39:18 ID:8Wt1hYh4
おつ








656 名前:名無しのやる夫さん :08/12/13 12:54:05 ID:WndIl/Me
乙ですー








657 名前:名無しのやる夫さん :08/12/13 13:13:08 ID:wXXVi3Y4
乙っす






108ピース 仲直りしようよ 01-760
108ピース 仲直りしようよ 01-760
やのまん
売り上げランキング :


Amazonで詳しく見る
by G-Tools
関連記事
スポンサーサイト
[PR]





カテゴリー「やる夫が薔薇屋敷に監禁されるようです」内の最新記事

だ

    相変わらず面白い
    責任者はやはりあいつだったか
    [ 2008/12/15 17:21 ] [ 編集 ]
    カナ初登場だけど、特に書くことない扱いなのが泣けてくる
    [ 2008/12/15 17:22 ] [ 編集 ]
    実に続きが気になる話だ
    [ 2008/12/15 17:35 ] [ 編集 ]
    できる夫は死なないよな……
    [ 2008/12/15 17:42 ] [ 編集 ]
    面白いな
    なんで面白いのか分からんけど
    [ 2008/12/15 17:52 ] [ 編集 ]
    責任者…
    これで正気に戻ったら生きてはいられないな…
    [ 2008/12/15 17:54 ] [ 編集 ]
    ほんとにな
    なんで面白いかわからんけど面白いわコレ
    [ 2008/12/15 18:28 ] [ 編集 ]
    責任者ってもしかして・・・じ
    [ 2008/12/15 18:38 ] [ 編集 ]
    責任者の正体なんてさっぱり分からないぜ
    [ 2008/12/15 18:45 ] [ 編集 ]
    まるで昼ドラ見てる気分だな
    面白い 乙!
    [ 2008/12/15 19:00 ] [ 編集 ]
    くっそぉ、気になるぜ・・・
    乙乙!!
    [ 2008/12/15 19:25 ] [ 編集 ]
    ばらすぃーは勝利の女神
    蒼星石はチャンスの前髪
    [ 2008/12/15 19:32 ] [ 編集 ]
    「僕が考えた薔薇乙女」って感じだな
    面白いので何の問題もないが

    強いて言うなら
    続き早くKUREEEEEEEEEEEEEEEE!!
    [ 2008/12/15 19:33 ] [ 編集 ]
    や~面白いね、なんで面白いのかはわからないけど

    なんて言ってもばらしーと蒼の娘がかわいすぎるよぉ~~
    [ 2008/12/15 20:59 ] [ 編集 ]
    ちくしょう・・・
    責任者はロー●ンお父様だと思ったのに…
    [ 2008/12/15 21:38 ] [ 編集 ]
    蒼い子かわいい
    ほんっとうにかわいい
    [ 2008/12/15 22:06 ] [ 編集 ]
    責任者……はやくなんとかしないとw
    [ 2008/12/15 22:15 ] [ 編集 ]
    ※9759
    「亡くなった」ってあたりで察しようぜ。

    ジュンの心の樹がきらきーに喰われているとか、
    そういうものか?
    [ 2008/12/15 23:41 ] [ 編集 ]
    >>1乙。このペースだと長くなりそうですね。
    [ 2008/12/16 00:14 ] [ 編集 ]
    続き気になるなぁ
    ふんいきも良くなってきたし
    [ 2008/12/16 01:02 ] [ 編集 ]
    責任者があの調子だと脱出話というよりJの更生話になるのか?
    しかしそれだけじゃ死人まで出してる物語の結末としては弱すぎるな
    一言で言うと先が気になるって事だ、1ふぁいと管理人乙
    [ 2008/12/16 01:10 ] [ 編集 ]
    学○のおばさんw
    懐かしすぎw
    [ 2008/12/16 03:02 ] [ 編集 ]
    ※9810
    オレも思ったwあの歌むっちゃなついわw

    面白いなやっぱり。責任者を更生させるだけでこの話は終わるのか・・登場してないけどきらきーの存在がどうしても不気味だ。あのホラー人形は何かやらかしそうだ
    [ 2008/12/16 05:13 ] [ 編集 ]
    面白いね
    いつも通り短いけど
    読みやすくていいかもね
    [ 2008/12/16 07:10 ] [ 編集 ]
    おもしれえ
    続き続き
    [ 2008/12/16 12:30 ] [ 編集 ]
    *9810,9815
    懐かしい・・・だと・・・?
    俺なんて何かを待つとき必ず出てくるフレーズだというのに
    [ 2008/12/16 21:40 ] [ 編集 ]
    学研の歌なつかしいwww
    いまの子供知らないだろうなww
    [ 2009/01/10 14:26 ] [ 編集 ]
    v-237カナリア初登場v-237カナリアさんv-140v-144v-141v-138
    [ 2009/03/03 17:29 ] [ 編集 ]
    蒼い子がツンデレするのは珍しいな。
    [ 2009/08/06 01:01 ] [ 編集 ]
    コメントの投稿













    管理者にだけ表示を許可する
やる夫ブログについて
20101110:「やる夫はロス市警の警部のようです」を掲載させていただきます。本当にお待たせして申し訳ございません。これ以降も随時、更新の途絶えていた作品を掲載していきたいと考えております。ご迷惑をおかけして申し訳ありませんが、どうか長い目で見ていただければ幸いです。

20101030:「やる夫のサクラ大戦」にて、記事の掲載順序を誤りました。 作者様、および楽しみにしていた読者様にお詫び申し上げます。 申し訳ございませんでした。

20101004:「やる夫たちが夢の国で遊ぶようです」につきまして、こちらの不具合で記事が切れてしまっております。作者様、及び楽しみに読んでくださっている読者の皆様にご迷惑をおかけしてしまい、申し訳ありません。
一度下書きに戻させていただきます。よろしくご了承ください。
「やる夫で学ぶことわざ」の作者様より、やる夫ブログ用のスポンサー案内をいただきました!本当にありがとうございます!さっそく使わせていただきます!

20100811:皆様、大変ご無沙汰しておりました。ぼちぼち更新を再開できればと考えております。
「やる夫がDQⅢの勇者になるようです」についてですが、コメントを頂けるのは大変うれしいのですが、他作品のコメント欄での投稿はご遠慮願えれば幸いです。
恐縮ですが、ご協力よろしくお願いいたします。

20091222:年末なので順調に更新量が減っております。今日明日はお休み、再開一発目は「やらない夫の超兄貴」になる予定です。作者様、まとめが遅くなり申し訳ございません。

20091208:今週クソ忙しいので、かなり更新が減ります。ご了承ください。

20091116:更新の調子にもよりますが、週末をめどに、カテゴリを追加する予定。前回追加からだいぶ間隔開いたんで、かなり溜まってます。

やる夫ブログについて

姉妹ブログというか同一人物ブログ。
やる夫ブログ(裏)(18禁です)


 ネ タ 投 稿 お 待 ち 
 し て い ま す ! 
(↑結構心から待ってますw)

 ネタ投稿の他、転載お断りの記事、相互リンクのご希望等ございましたら、お手数ですが下のメールフォームよりお知らせください。なお、http:を付けるとエラーになってしまうようなので、ご投稿いただける際にはhttp:を抜いていただきますよう、よろしくお願いいたします。
相互リンクの反映に時間がかかってしまい申し訳ありません。気長にお待ちください。


嬉し泣き
美麗なタイトル画像を描いてくださっているのは、こちらの方々です。
本当にありがとうございます。


七市様
Shadow3_convert_20091008101141.jpg
ハルヒとやる夫、やらない夫の表情が最高のタイトル画像。冬にぴったりの美しい作品です。


1様
http://blog-imgs-15.fc2.com/y/a/r/yaruomatome/yaruoblog_title_convert_20091026144430.jpg
柔らかで暖かい雰囲気がたまらない作品。みゆきさんヤバすぎで管理人狂喜の舞を舞っておりますwww

1様のプロフィールはこちら


65様
securedownload_convert_20091008101321.jpg
同じく「やる夫がチェルノブイリに旅立つようです」より。元ネタの雰囲気をビンビンに伝えるダークな作品。


草葉様
Shadow3_convert_20091008101141.jpg 「やる夫がチェルノブイリに旅立つようです」をモチーフにしたタイトル画像です。物語の後、このタイトルを見て吹きました。

219c0c442.jpg

草葉式


味噌様
yaruoblog_convert_20090519194443_convert_20091008101235.jpg
やる夫ブログ初!物語とタイトル画像のコラボレーション!快く、最高に美しいタイトル画像を描いて下さった味噌様に感謝です!




トンボ様
minamike_convert_20090519194731_convert_20091008101216.jpg
夏にぴったりの逸品を、トンボ様よりいただきました!水着ハァハァ(´Д`;)


トンボのかんさつ日誌


ヒジキ様
nagato_convert_20091008101341.jpg
管理人のツボにはまりまくりの長門!大好きだ!結婚してくれー!



ヒジキ煮


aro様
yaruo_blog_fix_convert_20090210225801_convert_20091008101403.jpg
らきすた勢の見事な描写もさることながら、このやる夫にしてやられました。


Charged time-out


Yutaka様
RMm06_convert_20090127165950_convert_20091008101426.jpg
個人的に水銀燈が一番好きです。タイトルのセンスも◎。本当に有難うございます。





マブチョコ_m様

この魅力的なボディにくらくら!管理人はこの人の同人誌が大好きです!やる夫ブログの記念すべき初タイトル画像。全てはここから始まりました。



うにゃらら大飯店



イチオシ

やる夫がDQⅢの勇者になるようです

自らを成長させる姿に心震える
作品。普通の掛け合いなのに、
自然と笑みがこぼれる構成と
演出は見事の一言。
自分を好きになれる、極上の映
画を見た後のような読後感は、
自信を持って「最高だ!」と賞
賛できる作品です。





過去の「イチオシ」一覧を作りました。
管理人オススメ記事

管理人が抱きしめたいほど好きなやる夫作品

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。