FC2ブログ
2017 09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 11
やる夫ブログヘッドライン



【お気に入りサイト新着記事】 【カテゴリー一覧】

    
   
【最新エントリ】



スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




カテゴリー「スポンサー広告」内の最新記事

だ

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | はてなブックマークに追加

やる夫が薔薇屋敷に監禁されるようです 第八回 

1 : ◆86z7qPaqJU :08/12/14 12:12:07 ID:ID:4A3lN5s++
 
        俺が誰かって?
        ちょっとだけ名前出てきただろ?
     | 
   / ̄ ̄\                    ~ 今までのあらすじ ~
 /   _ _\
 |     ・  ・ }     薔薇屋敷の薔薇を摘んでしまったやる夫は、薔薇乙女・蒼星石に目をつけられ、
. |  @  (__人__)    罰として薔薇屋敷で働く下僕になってしまった。しかし薔薇屋敷の日常はあまりにも過酷で、
  |     ` ⌒´ノ     最初は必ず脱出すると意気込んでいたやる夫も、同じく脱出を考えていたいく夫が
.  |         }      水銀燈の逆鱗に触れ殺されたことにより、悲観的な考えに囚われるようになってしまう。
.  ヽ        }     その後、薔薇水晶の叱咤により立ち直ったやる夫は、再び脱出を決意する。
   ヽ     ノ      屋敷の「責任者」の正体を突き止め抑えることで、脱出か解放の糸口にしようと
   /    く       考えたやらない夫がやる夫にした提案とは、蒼星石から情報を引き出す事であった……
   |     \  
    |    |ヽ、二⌒)、



やる夫ブログさんにまとめていただきました
http://yaruomatome.blog10.fc2.com/

前スレ
やる夫が薔薇屋敷に監禁されるようです
http://yy700.60.kg/test/read.cgi/yaruo/1227907941/







2 :名無しのやる夫さん :08/12/14 12:12:49 ID:ID:4A3lN5s++
 
     ____________
    ヾミ || || || || || || || ,l,,l,,l 川〃彡|
     V~~''-山┴''''""~   ヾニニ彡|       次は土日・・・・・・!
     / 二ー―''二      ヾニニ┤       確かにそう言ったが・・・
    <'-.,   ̄ ̄     _,,,..-‐、 〉ニニ|       今回 まだ いつの土日かの
   /"''-ニ,‐l   l`__ニ-‐'''""` /ニ二|       指定まではしていない
   | ===、!  `=====、  l =lべ=|
.   | `ー゚‐'/   `ー‐゚―'   l.=lへ|~|       そのことを
    |`ー‐/    `ー――  H<,〉|=|       どうか諸君らも
    |  /    、          l|__ノー|       思い出していただきたい
.   | /`ー ~ ′   \   .|ヾ.ニ|ヽ
    |l 下王l王l王l王lヲ|   | ヾ_,| \     つまり・・・・
.     |    ≡         |   `l   \__   我々がその気になれば
    !、           _,,..-'′ /l     | ~'''  次の投下は
‐''" ̄| `iー-..,,,_,,,,,....-‐'''"    /  |      |    昨日 今日ということも
 -―|  |\          /    |      |   可能だろう・・・・・・・・・・ということ・・・・!
    |   |  \      /      |      |







3 :名無しのやる夫さん :08/12/14 12:14:46 ID:ID:4A3lN5s++
 
~ 食堂 ~

       ____
     /⌒  ⌒\
   /(ー )  (ー )\.  
  /::::::⌒(__人__)⌒:::::ヽ    やっぱり、心のわだかまりが溶けるのは良いもんだお。
  |     |r┬ |  (ヽ |    コーヒーも一段と美味く思えるお。
  \γ⌒=/⌒ヽ_(⌒ |/ 
  / ( ^=/   /  ヽ ノ\
  | / ,(⌒ヽ/   \
  ヽ_ノ ー '    


        ,' /.:.:;′/:/.:.:::/:/!::::|::ト、 .:.:.:.:::::::|::|::i .:.::::::::::::::.:
         l/.:.::;'.:.:/./.:::ノ::/ |:::::|::ト、ヽ.:.::::::|:::|::|::| .:.::::.:::::::::::|
        |:l:::::l::::|:::レ':ナナヽ|:::::l::l\ヽ.:‐:十:|十!、.::::::::::::::/
        lハ::l::::|:::レ'´ ‐- |:::/l/  \::::::|:::|::|::| .:.::::.:::|:./ 
            ',l::::|:::|  _  |/       `` ``7!.:.:::::.:::|/.   大袈裟だなあ……結果だけ見れば、
           ト、ト::ト、´ ̄`ヽ     ‐==ミ、 ./:!:.:.::::::::|    500席空きが1席空きに戻っただけじゃないか。
            ヽ:|:::|::!             /./.:.:::::::::;′
              `l:::|::ト、    _`_      /::/.:::::::/l/     一喜一憂してたのは、僕も同じだけどさ。
           |:::!.l.:::>、     `   ,..イ::/::::::::/      
           |.::::::/:::/ニ>.--‐ <ニ7⌒:::::/  







4 :名無しのやる夫さん :08/12/14 12:15:03 ID:ID:4A3lN5s++
 
         ____
       /      \
      /  u   ノ  \
    /      u (●)  \   (……と上手くいったところで、蒼星石には訊くことがあるお。
    |         (__人__)|    気が引けるけど、やる夫だけじゃなく、やらない夫の為でもあるし……)
     \    u   .` ⌒/
    ノ           \


          ____
       / \  /\  キリッ
.     / (ー)  (ー)\      ところで蒼星石、ちょっと訊きたいことがあるお。
    /   ⌒(__人__)⌒ \ 
    |      |r┬-|    |     (やらない夫と話した通りにやるだけだお、大丈夫だお……)
     \     `ー'´   / 
    ノ            \







5 :名無しのやる夫さん :08/12/14 12:15:24 ID:ID:4A3lN5s++
 
..       /`ヽミ_ミミミミ.ミミミミミ_彡: :‐''": : : : iヘ
      , : : : : :l: |: : 「 ̄: : : :'; : : : \: : : : : : : l: ,
      |: : : : : |: !: :ト、: : :ト、: :ヽ:. : : :.ヽ.| : : : : |: |
      |: : : : : |: l : | ヘ: : .';.ヽ: : ヽ: : : : l: : : : : |: |
      |、: : : :.|: l : |  ヽ : ヽ ヾ,,..\‐テ: : : :. :.|: |
       |:ハ: : : : 「| ̄!`   \: ´ _ヾ,.ニゞ: : : : : :| :|    君が、僕に訊きたいこと?
      ′ヽ: ト、 k`rェ‐ュ、  ``´}k. zリイ : : : : : !|   何だろう……答えられる範囲で良ければ。
          \:.ヘ`ゞ-`'     ` "´.|: : : /:l:ハ|
            |`.ヘ''''  ` _    ```l: : :/: ./. ′
           lルヽ`> 、 ___,.. イ´.|/:/ル/
           __,ヽィ-イ >ュ ''´ _ルソ`>、
          /´:.:.:r '//イ/| ト<"´ // ):.:.:.ヽ



      / ̄ ̄ ̄\
    / ─    ─ \     下僕を集める理由を教えて欲しいんだお。
   /  (●)  (●)  \.   やる夫もここに来て随分経つけど、なんでやる夫だけじゃなく
   |    (__人__)    |   やらない夫のように働かない下僕まで必要なのか……
   \    ` ⌒´    /   
   /              \







6 :名無しのやる夫さん :08/12/14 12:15:52 ID:ID:4A3lN5s++
 
       ./´::.::.::.::.::/:l::.::.::.::.::.:\::.:`ヽ:::::ヽ
.       ,'::.::.::.::.::.〃∧::l::ヽ::、::.::.ヽ、::.`、:l:
      |::.::.::.フ7¬‐、ヾ、:\>、:|-ヘ::.::.}::!:|   
       {::.::/代了圷ミヽ. \行‐t予l:ノ/::|   
         !::.::.::.:| ゞ-'′  \  辷シ '/:/::./    ……ただの、僕達の道楽だよ。
       |::.::.::.:ゝ       ,       厶ノ::.;′   その答えじゃ不満かい?
       ヽ.::.::l|ヽ、    r-、     /::.::/    
           \:ト、:j> 、   _,.ィ:´::;:l:: /
             ヽ ` ,.イ `¨´ ト、レ'|/ |:/


         ___   
       /     \          
      /   \ , , /\
    /    (●)  (●) \    ええっと……もし薔薇乙女の道楽だって言うなら、
     |       (__人__)   |     真紅と翠星石は嫌々この制度に従う必要は無い筈だお。
      \      ` ⌒ ´  ,/   
.      /⌒~" ̄, ̄ ̄〆⌒,ニつ  ……この屋敷は端的に言えば、カースト制度に基づいてるお。
      |  ,___゙___、rヾイソ⊃   あいつらが逆らえないヤツがいて、そいつが薔薇乙女に命令してる、
     |            `l ̄     って考えるのが普通だお。
.      |          |







7 :名無しのやる夫さん :08/12/14 12:17:32 ID:ID:4A3lN5s++
 
      |:.:.:.:.:.::|:.:./__/_l:.:ヽ:.ヽ\:.:.:.\:.:.: l:.:. , :.:|
      |:.:.:.:.::.:レ´:.l/__-_ i`.|\:.ヽ弋:_十 !.:|:.::/.:.:.|
      |:.:.:.!/ィく7ァ¨Tヾ、:!  \! ,ォV== 、:./:.:.:.:.!
     l:.:.:イ:.: ! ゝうノ   \     tゞrケ j/::..:.:.:: !   強気な態度、それにカースト制度なんて言葉が出てくるあたり、
      ,:.:.ハ:.ヽ        i     ` ´ /:./.:.:. ,   まるで、テンプレを読んでるみたいだけど……
     !::.:.:..ヽ:_ゝ      __       , 'イ.:.:.: ,.'
      ヽ,:.:ヾ:.ヽ!ヘ.   ` ´    ,..イ:.: /.:.:.:/    ……それで?
       \:ヾ:.| γri 、    . ィ'__レ'j/!:.:.,
   __ ,r、  _..ゝ`´  \ ` ´ /  ` ヽj/  _
   ノ_ヽ!ノ´       _ヽ,_,/__     ` {^Y _j


     ____
   /      \ ギクッ 
  /  \   ,_\     
/    (●)゛ (●) \   あいつらが逆らえないヤツとなると、「責任者」か「準責任者」に限られてくるお。
|  ∪   (__人__)    |  
/     ∩ノ ⊃  /    だけど「準責任者」が重要なポストなら、水銀燈が真紅達の反対を見逃す筈は無いお。
(  \ / _ノ |  |     それに、翠星石が水銀燈と言い合っていたところを見ると、
.\ “  /__|  |     水銀燈には全く逆らえないってわけでもなさそうだお……
  \ /___ /







8 :名無しのやる夫さん :08/12/14 12:18:23 ID:ID:4A3lN5s++
 
          _____            つまり、下僕制度を強要してるのは「責任者」だお!
        / \ / \          それを隠して薔薇乙女の道楽と偽るのは、「責任者」と下僕制度に
      / (●) (●)\         繋がりがあるってことを、下僕に知られたら困るからだお!
     /    (__人__)   \,                     ,. ‐- .. _
     |       |::::::|     |                   /  __  `` ー- 、 
     |       |::::::|     |               , ィ/   ゝヽ ̄ヽ ー- '
     \       l;;;;;;l    /"             _ / { {ヽ、_   ヽ' ノ_,.〉    
       \    `ー'    \_ -ァー- 、_ ... -‐ '    ヽヽ、 `>、..ノ=┘
       /j >-‐ ' ´/ /   /    /   _ノ      \ `ー '!           
   , -‐ 7´/{⌒|  / _/   j                  >‐'






           ___
       /      \   
      /u  ノ  \  \     (……なんか気付かれてたっぽいけど、やらない夫の言った様にできたお。
    /   (●)  (●)  \   「責任者」は誰か、という質問にはどうせ答えてくれないだろうから、
    |      (__人__)  u |    遠まわしに「責任者」関係の情報を抜き出す作戦……)
     \    u.` ⌒´  /








10 :名無しのやる夫さん :08/12/14 12:20:20 ID:faAmo5fa
やる夫がんばれ







11 :名無しのやる夫さん :08/12/14 12:20:21 ID:ID:4A3lN5s++
 
    〈   , -一'"´   _ __ _   ``)
    ヽ/.:.::::::: :., .:.:.::::::::::::::::::::::.:.ヽ 〈
    _ノ´.:.::::::::.:/.:::l::::.ヽ.、:.:.::::::::.ヽ:.:ヽト、
  < .:.:.:.:.::::, .イ .:.:.:j.::lト、トト、.:、:.:.::::::`,:::j::|   ……答える義務は無いけど、これぐらいなら言ってもいいかな。
    \_, イ .:.::i.:.::::/:/  >ヽ{ ` ー=ュ、l:::|/  
     `i1.:.:.:::|;:ィイ/-‐'´   ,trハYl::〈    困るのは当然だよ。「責任者」が下僕制度を布いている、と下僕に知られて
       |ト、.:.::|.::::|,ィ〈fオ{`    ゞ' i!::/   殺されでもしたら、この屋敷はお父様に引き続きまた管理者を失うことになる。
       |l.::ヽ.:!.::::l  ""´   ゝ ' ' ノ/   
      ト、.::.ミ.:.:::::、     ‐ /l     まあ、下僕制度が僕達ではなく「責任者」の道楽だってことを
          `ヘ.:.い>‐ -- イ:::/       見抜いたのは評価するけど……それだけだね。
          >⌒`ー- 、_」:/|::/_
     ,rェrr<     , ィ只<^ヽ T:.:ヽ
     レ'^ヽ 人  / /7^j:ト、ノ〉!{:::::.\


          ____    
        /      \   
       / ─    ─ \     
     /  (○)  (○)  \   ……え?
     |  ∪  (__人__)     |   
      \     ` ⌒´    ,/
        /          \ 







13 :名無しのやる夫さん :08/12/14 12:21:37 ID:ID:4A3lN5s++
 
       ./´::.::.::.::.::/:l::.::.::.::.::.:\::.:`ヽ:::::ヽ
.       ,'::.::.::.::.::.〃∧::l::ヽ::、::.::.ヽ、::.`、:l:
      |::.::.::.フ7¬‐、ヾ、:\>、:|-ヘ::.::.}::!:|   
       {::.::/代了圷ミヽ. \行‐t予l:ノ/::|   
         !::.::.::.:| ゞ-'′  \  辷シ '/:/::./   ……なに?
       |::.::.::.:ゝ       ,       厶ノ::.;′   訊かれたことに答えてあげたのに、何か不満かい?
       ヽ.::.::l|ヽ、    r-、     /::.::/
           \:ト、:j> 、   _,.ィ:´::;:l:: /
             ヽ ` ,.イ `¨´ ト、レ'|/ |:/


       ____
     / \,, ,,/\
   /( ●) (●)|||\     "下僕制度が「責任者」の道楽"……だけかお?
  /::::::⌒(__人__)⌒:::U\   
  | U   |r┬-|     |   頑張って、あんなにいっぱい台詞も覚えたのに……
  \      `ー'´     /







15 :名無しのやる夫さん :08/12/14 12:23:25 ID:ID:4A3lN5s++
 
     ヽ‐'"´      . .:.:.:.:.:::::::::::::::::::::.ヽ
        <´         _ _.:.:.:.:::::::::::::::::::/
         \   ,   '"´      ̄  ̄``<
           `y'´ .:.:::li  、        ヽ.:.:.ヽ
         /  .:.:.:,:ji| .:::|、  、 .:.:::ヽ1.::l:::::l:.',    
         ,/ , /l l.:.:::/:::ハ:::l ヽ、_ト、_.:::::l:|::|:::::l.::|    ……そうだよ?
       / //.:i |.::/::/-‐''`′  >=‐,:リ::|:::::|:::!    一体、何を企んでいるんだい?
        |::l.:l.:.:|::!/::/z=ュ、   ´7じソ^!:::|:::::|/
       N .|:::;V:.:::{ヾ{じソ      `゙´ |::;レ'´ ̄`ヽ
         ヽトト|::::::':.. , , ,  ′   ' ' ' j/      )
            `|.:i .::.ヽ   ー    , イヽ  入_ (   
           l/| .:::.::.> 、 _ , イ,r'‐‐' /.::::.:.``ヽ

          ____    
        /      \   
       / ─    ─ \  
     /  (●)  (●)  \  (……落ち着いて考えるんだお。
     |  ∪  (__人__)     |   今の話から何か別の情報が……)
      \     ` ⌒´    ,/
        /          \ 







16 :名無しのやる夫さん :08/12/14 12:25:39 ID:ID:4A3lN5s++
 
      ____   ,
    /_ノ   ヽ_\ -
   /( ●) ( ●)\`
 / ::::::⌒(__人__)⌒:::::\    ……あ! さっき蒼星石は「殺されでも」って言ったお!
 |        ̄      |    薔薇乙女には下僕なんかじゃ到底勝てないのに……
 /     ∩ノ ⊃   /
 (  \ / _ノ |  |      それに「壊す」じゃなくて「殺す」って表現を使ったってことは……
 .\ “  /__|  |      「責任者」は薔薇乙女じゃない……人間かお?
   \ /___ /



       ,゙)ル ゚。 ゚V//
       ゝ'゚      ≦ ゚ パァン!
      ≧      三 , \   
    / -ァ,      ≧=/ \  人間なら話をすれば分k
     |  イレ,、     >    |  
      \, ≦`Vヾ ヾ≧  ,/
      /⌒。゚ /。・イハ\、lィヽ
      / rー'ゝ       〆ヽ
    /,ノヾ ,>      ヾ_ノ,|
    | ヽ〆        |´ |







17 :名無しのやる夫さん :08/12/14 12:27:18 ID:ID:4A3lN5s++
 
 〃///ヾ    i ll  i ! l   i   l |  l  ヽ  ヽ
. i:|//i::i  》  /| li  !メ l   l   ! i  |   ',   ',
 〆i !:L〃  i ', | !  | l ト,   !  /  l  ! i  }   !
// / |:|'" i  斗弋T、‐- ', | ヽ !  /i /! /! !  l.  } |
/ i |:l  ',  i弋ゝ‐-Y=、丶` ',.| /_.!ム、/_l /  /  ハ !
.  | !:l   ∧. !  ヒ_q )_ヽ   レ'  レ' 7 メ  .イ / l !
.  l |:|.   ,ヘヘ               ,r‐‐tァ/ /| ,/   レ    随分と饒舌じゃなぁい? 白饅頭の下僕……
.  l l」   i  ヽゝ:::::::::::..      ゞ゚ノ//ノ |,イ       
  !    ト、           ! .:::::..´ソ"   l:」   ,-'´
  i    |. 丶      、_ ,、_ ´    /',  ,    //
.  ',    ト、  ゝ .     ‐/ フ_,, ィ ´  !,〃 ,..-'´:∠_
.   ',   |::::`:‐-.、`> . _ / /l´ ゙!i   lイ/:::::::::::::-= 二、_
、___ヘ   !::::::;ィ;==,‐、 ;_/ / !  !|    |::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::ff《ヘ  i::≪::::::〃!,ィ´`‐-ヾ、l_/_il    l、::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::ゞ》 ヘ. ト、::::゙彳/ゞ/r‐---、i/´::::|  /:::\:::::::::::::::::::::::::::


         ___
       / ⌒ ;;;;;;⌒\
      / (○);;メ;(○) \   
    /     (__人__)   \   ………………
     |      `Y⌒y'´    |   
      \       ゙ー ′  ,/
      /⌒ヽ   ー‐    ィヽ
      / rー'ゝ       〆ヽ
    /,ノヾ ,>      ヾ_ノ,|
    | ヽ〆        |´ |







18 :名無しのやる夫さん :08/12/14 12:28:30 ID:ID:4A3lN5s++
 
     ヽ‐'"´      . .:.:.:.:.:::::::::::::::::::::.ヽ
     <´         _ _.:.:.:.:::::::::::::::::::/
      \   ,   '"´      ̄  ̄``<
        `y'´ .:.:::li  、        ヽ.:.:.ヽ
      /  .:.:.:,:ji| .:::|、  、 .:.:::ヽ1.::l:::::l:.',    
      ,/ , /l l.:.:::/:::ハ:::l ヽ、_ト、_.:::::l:|::|:::::l.::|    水銀燈……それに、真紅?
    / //.:i |.::/::/-‐''`′  >=‐,:リ::|:::::|:::!    盗み聞きなんて趣味が悪いね。
     |::l.:l.:.:|::!/::/z=ュ、   ´7じソ^!:::|:::::|/
    N .|:::;V:.:::{ヾ{じソ      `゙´ |::;レ'´ ̄`ヽ
      ヽトト|::::::':.. , , ,  ′   ' ' ' j/      )
         `|.:i .::.ヽ   ー    , イヽ  入_ (   
        l/| .:::.::.> 、 _ , イ,r'‐‐' /.::::.:.``ヽ


                 __
           イ孑< ̄ヽ   入
          _く  ヽ \ ヽ.  そ\ __
         {  \  ゝ '―‐'‐-弋ヘヽ ノ‐.、
          /丶 、ゝ'        圦ミく   人
        7=-/      ヽ  ヽ  えこl! Y  ノ      迂闊だったわね、蒼星石……
       /   /    l l     ',  ', j YYノl! ; :Xー 、   下僕制度についてならともかく、
       ∨ / / ; l! l!   | l./!ハ l l ソ.ノ∧   /   「責任者」の事を勘繰られるのは困るのだわ。
          ∨  ! ! l! l!! ; .リイ,ィュト! l! |/:∧辷/、
          |! l ', l!斗十ヽソ ' ヘ.ソlノ| l!ノ l    ',  「下僕を集める理由」から「責任者」の話まで、
       . へ、 ヾ. ', ィ代? ,   ::::::: イ |  l  ',  ',  上手く話を誘導したみたいだけれど……
      /  . .へ ゝY ヘ :::::  _   .イ | l!__ |!  ',  ',
    /   /    ,j /`ー- 、 .._// :| |: ヽ!  ',  ',







19 :名無しのやる夫さん :08/12/14 12:29:10 ID:ID:4A3lN5s++
 
         ____
       /::::::::::  u\
      /:::::::::⌒ 三. ⌒\     
    /:::::::::: ( ○)三(○)\     (下僕制度に反対してる真紅が止める……
    |::::::::::::::::⌒(__人__)⌒  |    そんなに触れられたくないことなのかお?)
     \::::::::::   ` ⌒´   ,/ 
    ノ::::::::::u         \



         「ソ´ _  -‐乂辷ツイ ‐- 、 ̄ヾス┐
          「シ, ´   _________   丶  《j
          /´  _, ィシ」' ┘' ┘゙'┘'┘レゝ、  丶巛、
         /_, ィ」 |┘´ |        l   ´K_トz、 《|\、
       /l_./-' ´i   l       i     |  lー込水、」 〉
       ゝイ」  |     l|       ;     ;      L小ハ    その小賢しい悪知恵……
      〈/イ|  l |   !i       i   ___l!    |  迷ノ    あなたが考えたわけでもなさそうねぇ。
      〃」|l  ',  `ト|、',、   , イ´ 厶| i  i,   K. ゝ
     /´廴」 !,   、「l 卞ミ、     〃イ刀下 , |  州丈     ……また、あの下僕かしらぁ?
ト    〈  / ,ハ 、  ゝゞ= ' 丶.,.. イ´ ゝ=1,  /i  个ゝ、   本当におばかさぁん。脱出なんて考えるだけ無駄なのに。
」::::\ \l! / ト ´'  、 \     ,      / :イ |   i | \  
::::::::::::\{| ; : :!: : : : : :T:´:、  ‐-‐  _∠ ィ´: : :i!: : : ハ !  〉
:::::::::::::::::>- 、 |: : : : : : i : : l≧: x :≦i´!: : /: : ;':|: : : : i     







20 :名無しのやる夫さん :08/12/14 12:29:41 ID:ID:4A3lN5s++
 
       〈   , -一'"´   _ __ _   ``)
      ヽ/.:.::::::: :., .:.:.::::::::::::::::::::::.:.ヽ 〈
      _ノ´.:.::::::::.:/.:::l::::.ヽ.、:.:.::::::::.ヽ:.:ヽト、
    < .:.:.:.:.::::, .イ .:.:.:j.::lト、トト、.:、:.:.::::::`,:::j::|
      \_, イ .:.::i.:.::::/:/  >ヽ{ ` ー=ュ、l:::|/  
       `i1.:.:.:::|;:ィイ/-‐'´   ,trハYl::〈
          |ト、.:.::|.::::|,ィ〈fオ{`    ゞ' i!::/   ……そういえば、やる夫もまだ諦めてなかったんだよね。
         |l.::ヽ.:!.::::l  ""´   ゝ ' ' ノ/    水銀燈の言う通り、僕を出し抜こうとしたところを見ると、
        ト、.::.ミ.:.:::::、     ‐ /l     誰が入れ知恵したのか大体の想像はつくけど……
            `ヘ.:.い>‐ -- イ:::/
            >⌒`ー- 、_」:/|::/_
       ,rェrr<     , ィ只<^ヽ T:.:ヽ
       レ'^ヽ 人  / /7^j:ト、ノ〉!{:::::.\

          ____    
        /      \   
       / ─    ─ \      
     /  (●)  (●)  \     ……それは、その……
     |  ∪  (__人__)     |     
      \     ` ⌒´    ,/    
        /          \ 







21 :名無しのやる夫さん :08/12/14 12:30:47 ID:ID:4A3lN5s++
 
        ,' /.:.:;′/:/.:.:::/:/!::::|::ト、 .:.:.:.:::::::|::|::i .:.::::::::::::::.:
         l/.:.::;'.:.:/./.:::ノ::/ |:::::|::ト、ヽ.:.::::::|:::|::|::| .:.::::.:::::::::::|
        |:l:::::l::::|:::レ':ナナヽ|:::::l::l\ヽ.:‐:十:|十!、.::::::::::::::/
        lハ::l::::|:::レ'´ ‐- |:::/l/  \::::::|:::|::|::| .:.::::.:::|:./   君はただの「手段」に使われたようだけど、
            ',l::::|:::|  _  |/       `` ``7!.:.:::::.:::|/   人付き合いは考えた方が良くないかな?
           ト、ト::ト、´ ̄`ヽ     ‐==ミ、 ./:!:.:.::::::::|     余計な事に首を突っ込みすぎると、寿命を縮めるよ。
            ヽ:|:::|::!             /./.:.:::::::::;′  
              `l:::|::ト、    _`_      /::/.:::::::/l/     君の相棒にも、そう言っておいて。
           |:::!.l.:::>、     `   ,..イ::/::::::::/
           |.::::::/:::/ニ>.--‐ <ニ7⌒:::::/  


     ____
   /      \   
  /  \   ,_\     
/    (―)゛ (―) \    わ、分かったお、伝えておくお……
|  ∪   (__人__)    |    
/     ∩ノ ⊃  /    (あわよくば「責任者」の正体まで分かるかと思ってたけど、結局何も分からず仕舞いだお。
(  \ / _ノ |  |       それどころか、逆に首を絞める結果になって……すまんお、やらない夫)
.\ “  /__|  |      
  \ /___ /







22 :名無しのやる夫さん :08/12/14 12:32:34 ID:ID:4A3lN5s++
 
~ 夜 やる夫達の部屋 ~


   / ̄ ̄\
 / ノ  \ \
 |  (●)(●) |     GJだろ、常識的に考えて……2つも収穫があったじゃないか。
. |  (__人__)  |    
  |   ` ⌒´  ノ   まず、「責任者」の道楽だって言葉を引きずりだせた。
.  |         }    蒼星石がまだ嘘をついている可能性もあるが、蒼星石が
.  ヽ        }    「これぐらいなら言ってもいい」と言った以上、事実だと思って良いだろう。
   ヽ     ノ        
   /    く  \        \
   |     \   \         \
    |    |ヽ、二⌒)、          \


           ___   ━┓
         / ―  \  ┏┛
        /  (●)  \ヽ ・
       /   (⌒  (●) /      「まず」って言っても、他には何も言われなかったと思うお。
       /      ̄ヽ__) /       途中で真紅と水銀燈に口止めされたせいで……
.    /´     ___/
    |        \
    |        |







23 :名無しのやる夫さん :08/12/14 12:33:15 ID:ID:4A3lN5s++
 
     / ̄ ̄\
   /   _ノ  \
   |    ( ─)(●)   それこそがもう1つの収穫なんだよ。
   |      (__人__)   真紅達が、そこでお前と蒼星石の会話を切ったってことは……
.   |        ノ      
    |      ∩ ノ ⊃    
  /     ./ _ノ     
  (.  \ / ./_ノ │
  \  “ /___|  |     
.    \/ ___ /


         ____
       /     \
     / ⌒   ⌒ \    やる夫くんか蒼星石のどちらかが、薔薇乙女や「責任者」にとって
    /   (⌒)  (⌒)  \   不都合なことを言った、あるいは言いそうになった……ということですよ。
   |      __´___    . |
   \      `ー'´     /







24 :名無しのやる夫さん :08/12/14 12:33:50 ID:ID:4A3lN5s++
 
   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \    
 |    ( ●)(●)           
. |     (__人__)            会話内容から考えると、お前の発言が疑わしいな……
  |     ` ⌒´ノ            
.  |    .    }     ____    "「責任者」が人間"……もしくは
.  ヽ        }    /      /    "人間なら話をすれば"のあたりか。
   ヽ     ノ    /     /  
   /    く     /     /   
   |     \    /     /   
    |    |ヽ、二⌒)___/    


          ____
        /     \
      / ⌒   ⌒ \     両方ということも考えられますね。
     /   (●)  (●)  \  何にせよ、「責任者」の正体を絞り込むには十分な材料では?
    |      __´___    . |
    \      `ー'´     /







25 :名無しのやる夫さん :08/12/14 12:34:52 ID:ID:4A3lN5s++
 
       ____
     /⌒  ⌒\ ホジホジ
   /( ●)  (●)\       "「責任者」が人間"ってバレるのがマズいのは分かるお。
  /::::::⌒(__人__)⌒::::: \      蒼星石が言ってたように、下僕に殺されたらマズいし……
  |    mj |ー'´      |     
  \  〈__ノ       /      でも"話をすれば"がマズいってどういうことだお?
    ノ  ノ


     / ̄ ̄\
   /   _ノ  \
   |    ( ─)(●)
   |      (__人__)      そもそも誰かと会話されたら困る人間、とか……?
.   |        ノ      
    |      ∩ ノ ⊃      いやいや、会話されたら困る人間って、どういう人種だよ……
  /     ./ _ノ       喋ったら殺されたりするのか? 下僕じゃあるまいし。
  (.  \ / ./_ノ │     
  \  “ /___|  |     
.    \/ ___ /







26 :名無しのやる夫さん :08/12/14 12:35:35 ID:ID:4A3lN5s++
 
                ____   ,
              /     \  -
            / ―   ― \`    会話されたら困る人間……
           /   (● ) (● )  \   どうでもいいけど、やる夫は昔そうだったお。
           |     (__人__)      |
           \ .   `⌒´     /
.           mj~i
           〈__ノ
          ノ   ノ


   / ̄ ̄\
 / ノ  \ \
 |  (●)(●) |
. |  (__人__)  |    ……は?
  |   ` ⌒´  ノ
.  |         }
.  ヽ        }
   ヽ     ノ        \
   /    く  \        \
   |     \   \         \
    |    |ヽ、二⌒)、          \







27 :名無しのやる夫さん :08/12/14 12:36:05 ID:ID:4A3lN5s++
 
            ___
        /      \
       /ノ  \   u. \ 
     / (●)  (●)    \    ……もしかしたら、関係あるかもしれませんよ。
     |    __´___    u.    |    一応、話してもらえませんか?
      \ u. `ー'´       /
     ノ           \
   /´               ヽ


     ____
   /      \   
  /  \   ,_\    
/    (―)゛ (―) \    ……やる夫にとっては黒歴史だから、あまり話したくないけど……
|  ∪   (__人__)    |    もう昔のことだから、必要なら話してもいいかお。
/     ∩ノ ⊃  /    
(  \ / _ノ |  |      
.\ “  /__|  |      
  \ /___ /







28 :名無しのやる夫さん :08/12/14 12:37:32 ID:ID:4A3lN5s++
 
        ____
.      /      \
    /─    ─  \     やる夫は中学・高校時代、ずっとイジめられていたお。
.  / (●) (●)    \.    特に中学の時は酷いもんで、一時期引きこもっていたこともあったお。
.  |   (__人__)       |
  \   ` ⌒´     _/   それで……引きこもってると、外界のことが何もかもわずらわしくなるんだお。
    |           \   今だから分かるけど、あれは厨二病の一種だお……
    | |         |  |
    | |         |  |



        / ̄ ̄\
      /       \
      |::::::        |      ほう……それと、"会話されたら困る"ことに、何の関係があるんだ?
     . |:::::::::::     |     
       |::::::::::::::    |          ....,:::´, .
     .  |::::::::::::::    }          ....:::,,  ..
     .  ヽ::::::::::::::    }         ,):::::::ノ .
        ヽ::::::::::  ノ        (:::::ソ: .
        /:::::::::::: く         ,ふ´..
-―――――|:::::::::::::::: \ -―,――ノ::ノ――
         |:::::::::::::::|ヽ、二⌒)━~~'´







29 :名無しのやる夫さん :08/12/14 12:39:24 ID:ID:4A3lN5s++
  
     ___     
    /      \  
   /  _ノ  ヽ__\     後からカーチャンに聞いた話だけど……
 /u    (●)  (●) \   その時のやる夫には、話しかけるのも躊躇われたそうだお。
 |  u     (__人__)    |   
 /     ∩ノ ⊃   /    話しづらいっていう意味じゃないお。下手に刺激すると、
 (  \ / _ノ |  |      取り返しのつかない状態になるかもしれない、ってことだお。
 .\ “  /__|  |
   \ /___ / 


       ____
     /     \
   / _,ノ  ⌒ \    取り返しのつかない状態……自殺したり、事件を起こしたり、ですね。
  /   (●)  (●)   \   感受性の高い子供だと、発狂したり、植物状態になったりするケースもあります。
  |       、 ´        |   何分多感な時期ですから、あなたのお母様の判断は正しかったと言えますね。
  \       ̄ ̄    /
  /           \







30 :名無しのやる夫さん :08/12/14 12:40:16 ID:ID:4A3lN5s++
 
   / ̄ ̄\
 / ノ  \ \
 |  (●)(●) |    つまりお前は、「責任者」がヒッキーの中学生だって言いたいのか?
. |  (__人__)  |    んなバカな……
  |   ` ⌒´  ノ
.  |         }
.  ヽ        }
   ヽ     ノ        \
   /    く  \        \
   |     \   \         \
    |    |ヽ、二⌒)、          \


          ____
       / _ノ  ヽ_\
.     / (ー)  (ー)\       だからどうでもいいって言ったお。これはあくまでのやる夫の話だお。
    l^l^ln  ⌒(__人__)⌒ \     それに、「責任者」が引きこもりである証拠なんて何一つ無いし……
    ヽ   L   |r┬-|    | 
     ゝ  ノ  `ー‐'   /      そう、何一つ……何一つ……
   /   /          \    ……あれ?
  /   /             \   
. /    /         -一'''''''ー-、.
人__ノ        (⌒_(⌒)⌒)⌒))







31 :名無しのやる夫さん :08/12/14 12:41:11 ID:Bf6SnI9g
なんという勘だ







32 :名無しのやる夫さん :08/12/14 12:41:26 ID:ID:4A3lN5s++
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

                -‐   ̄ ̄ ̄    、
             イ   ハ  l              、
           ∠∠、  /| |  | {         ヽ\
         __ ィ≠¬:::i l /ート l  l ヽ  \        '. \
        /イ;小ヽノ::/ | | | \ ヽ \  ゙,       l l  ヽ
      〈:{_/:/ |:|`ー'  | |、rr==≧ミメ、  \ i     イ | j   '  まったく、忌々しいわぁ……
        ヾ:/ |:||    | l `_ゝ'ノヾー    |  / |/|.′   l  何が多忙よ、ただ引きこもってるだけじゃない……
      //  |:|∧   |  `''" ̄`     lイ=ミメ、lノ  ′| |
     /::/   |:| ヽ   '、          、 ヽ'_ヘ /  / /| |  それで、蒼星石。お父様の薔薇を踏みにじった
.    /::/   |::|  \  ヽ        /   ゛''/ イ/ jノ  下衆な輩っていうのはこの醜い白饅頭ぅ?
   /{:::{    レ′  |`   \   r=ー 、        ハ ノ }    いいわぁ、徹底的に痛めつけて生き地獄を見せた後、
、  /  ̄   /|   |         ̄`ー'     / / イ     肢体を引き裂いてジャンクにしてあげる……
::::V       / |     |             ー ニ´- ' ノ
―‐ 、 、   /  !   |            イ |
::.::.::.:..\\′ / l  | ___ \  ,  i´ l  |
.::.::.::.::.::...\\/  |   |7/::.::.::.::>ト二.   | |  |

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

        __>┴く二` ー-、_
   ___≦ァ了 /    / ─ 、ヽ,ィ_
 /, -─ ¬// // / //    \ V<_
. ヽ′   / レイ | l /,イ| | .j | l|l  |\   ……『この引きこもりが』……
  \ ./   レル/`ト、fトv!∧,ィ//j |  トヾ、
    >く  -彳! ィテァ、レ' ivr≠ミノ//,イ    それは「責任者」にでも、言ってあげて……
二/≠二,イ  /ハ  ̄  , {些メiイレレ |
//广Z__\//〃 、   ー-  _ノjレ   !
/.::/::::::::::::::V:\| ≦\ __ -‐〃/:. l  |
..::::::|::::::::::::::::::\__:^::入:气朮こ〈イ:::. |  |

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~







33 :名無しのやる夫さん :08/12/14 12:43:09 ID:ID:4A3lN5s++
          ____    
        /      \   
       / ─    ─ \  
     /  (●)  (●)  \  ……ってことを言われたような気が……
     |  ∪  (__人__)     |  水銀燈はそんな「責任者」のことを良く思ってない様子だったけど……
      \     ` ⌒´    ,/
        /          \ 




        /ノし (○)  ヽヽ  
       /  ^ (⌒  (○)/  それを先に言えよ……!
      /       ̄ヽ__) /
      /     ____/
      /   ;/(○)三(○)
    /   ;/   (__人__) ヽ;   い、今思い出したんだお……
  /   ;|       `⌒″ ui  でも、引きこもりの厨房なら、やる夫達でも勝てる筈だお……!
  i   ; |   ;j        |;  
  ヽ   \    n⌒)  /;
   | \  (⌒ヽ/ ./  ノ `i
   |   \  ̄_/ ̄ ̄ ノヽ.
   |    ;/ ̄   ̄ ̄ ̄   |







34 :名無しのやる夫さん :08/12/14 12:45:26 ID:YsbSbYhD
急展開だ・・・







35 :名無しのやる夫さん :08/12/14 12:46:31 ID:ID:4A3lN5s++
 
       ____
     /     \
   / _,ノ  ⌒ \  
  /   (●)  (●)   \  ですが百歩……いや、千歩ぐらい譲ってそうだとしても、
  |       、 ´        |   中学生とは限らない。精神年齢が低い大人、という場合も……
  \       ̄ ̄    /  
  /           \



    / ̄ ̄\
  / ─  ─\
  |   (●)(●)|
 . |.  (__人__) .|   ならばこの疑惑を確信に変える一手、俺達の手で打とうじゃないか。
   |   ` ⌒´  ノ   今思いついたことだが、やってみるだけの価値はあるハズだ。
 .  |.       .}    上手くいけば、「責任者」の場所まで特定できる……!
 .  ヽ        } 
 /   ヽ     ノヽ
./ /   ∩ノ ⊃|  |
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
 . \ /___ /







36 :名無しのやる夫さん :08/12/14 12:48:32 ID:ID:4A3lN5s++
 
~ 翌日 昼過ぎ やる夫達の部屋 ~


                 /:.:.:.:.)三三三三三三く_
      rー-v一'⌒ヽノj:.:.: , イ  ̄ ̄` <三三三ニ)
      |匸7:.:.:.:.:.:.:/_7:.:/:r┘/        ヽ、三〔_
    /人/:.:.:.:.:.:.ハ7:.:.:.:.:.〈  ′     、   ヽ三フ
    \V{:.:.:.:.:. /ニ7.:.:.:.:.:_:ノ, l  |    、ヽ  ヽ ∨ 〉
     └う:.:.:.:.{三{:.:.:.:.:.:ヽ l | lト、\ヽ ヽ` 、`、Vニヽ、     ……相変わらず、狭い部屋なのだわ。
      / {:.:.:.:.:.|三|:.:.:.:.r‐'∥ l | ',丶 l 川 l | l | !  ヽ\     
    // ∧:.:.:.:.l三l:.:.:.:ヽ |ヽ」斗-ヘ }ノ,エZ{ノ/リヘ\ \ヽ   とりあえず、紅茶を淹れて頂戴。あとポッキーも。
.    | l / ヽ、:.:Vニヽ:.:r个ト,ィfl圷  ` 化ノケハ  `ヽ>└′
   l|,'   「ヽ{lHlリ:{ 小 ` ゞ ′    八ヽ\
   |V  ,'  l| | ` <7/ | lヽ、    , .′, 仆 ヽ \ヽ
    `7 /  ,イ |    l├ヘヽ―ヘ、__,.:'⌒ヽ `、`、 ヽ\
    /   / ||   | |:./ヽ\::.::rヘ::.::.::.::.::\ヽ \ \ヽ



   / ̄ ̄\   こっちから誘ったんだから
 /   _ノ  \  文句を言うな……
 |   ( ●)(●)  
. |     (__人__)____
  |     ` ⌒/ ─' 'ー\  客のクセにふてぶt
.  |       /( ○)  (○)\
.  ヽ     /  ⌒(n_人__)⌒ \  
   ヽ   |、    (  ヨ    |
   /    `ー─-  厂   /
   |   、 _   __,,/     \







37 :名無しのやる夫さん :08/12/14 12:50:18 ID:ID:4A3lN5s++
 
      _ }.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/   /  l   \ー 、:.:.:.:l:ヽ:くr..、
    {:.`:.:.:.:.:.:.:/     l         Y`:.:.:.:.|:..:l/.:.:.:}
     ⌒}:.:.:.:/      |    l    ト、:.:.:.:.l..:.l.:.:.イ
      {_:rュ/ /  /  !ハ   l l l  .::l _}:..ヽ|..:.|:._:小
   /  .V  .l  .:|:  | l  リ:| l .::ハ_:.:.:.リ:...l´.:ィ  
  /  ...::/:{ .::| i ..:{::. !   /.::j ./ ノイ:::r‐':./:../:.:_レ  
 /  ...: イ .:ハ  ト -┬ヽ、ト:.. / .:イ/jナ7:.不::.{__/:.:‐ァv'   さて……私に頼み事なんて、珍しいわね?
/ /:// :/ トトヽト-ァテ=ミヽト/ノ ィテオく/イVrj、}:.:.{ィ    それも2人揃って。
´ ..:::///    }ヽ ハヘ 赴ソ     ^ 赴ソイi :ト{にソ{^´  
..::j//    ノイ /ヽ、   ′     ,リ /_:/⌒´   
:/_ --_.ニイ//, -ァ >、  '=' _ /}/´     
// ̄   /' <_:.ノ..: :`:._ァァ{、.:://:\       
>‐`ー- ∠/   { :..:.:, =-Vォ}ソ/ :/:.:.:.:.:ヽ


              
             真紅こそが、突破口の要になる。
       / ̄ ̄\
     /  ヽ_  .\  
     (●)(● )   |         ____
     (__人__)      |           /      \
     l` ⌒´    |      /─    ─  \   
    . {         |       / (●)  (●)   \  やらない夫のお手並み拝見といこうかお。
      {       /      |     (__人__)      |  
      ヽ     ノ、     \    ` ⌒´     ,/
     / |/\/ l ^ヽ     /7          l─、
     | |      |  |    |l         | |








38 :名無しのやる夫さん :08/12/14 12:51:25 ID:ID:4A3lN5s++
 
   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ●)(●)   実は……「責任者」に会わせて欲しいんだ。
. |     (__人__)  
  |     ` ⌒´ノ   
.  |         }
.  ヽ        }
   ヽ     ノ        \
   /    く  \        \
   |     \   \         \
    |    |ヽ、二⌒)、          \


       ____
     / \,, ,,/\
   /( ●) (●)|||\
  /::::::⌒(__人__)⌒:::U\   (ええ!? いくらなんでも率直だお……)
  | U   |r┬-|     |
  \      `ー'´     /







39 :名無しのやる夫さん :08/12/14 12:52:56 ID:ID:4A3lN5s++
 
  「`ー'′/    /   ヽ、 \ \  ヽl}::.:)、 \
  l_,ィ  / /   l      l 、  l `、 {:|}く\ヽ/
  ノ  ,′ !    {      | l|   |   l ):|} ノ|:「´
.  ヽ∧| , |   | l      | l|  |  l| {:|!::)|:|
   |::l| | |  l  、    | l | _,厶| j| {::|}::} |」     ……その話は、随分前に断ったと思うけれど。
   l:::| `、!|   \ ヽ、 |,.イ,斗予 | |{K!j |.     どうして今更?
   〈:;小、ヽヽ、T,Zニミヽj  ^ヾrシ | |ァ1 |
    |  \ヽN {ヾtク         | ト |_|  |
.   |  |   l \    `-   /!| |::..::.`:┴-、
.     |  |  |  | > 、 __ /::..::|| |::..::..::..::..::..:ト、


   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ●)(●)    「責任者」の正体が掴めた以上、
. |     (__人__)     ここでまごついている必要も無くなったんでな。
  |     ` ⌒´ノ   
.  |         }     (もちろんハッタリだが……)
.  ヽ        }
   ヽ     ノ        \
   /    く  \        \
   |     \   \         \
    |    |ヽ、二⌒)、          \







40 :名無しのやる夫さん :08/12/14 12:53:51 ID:ID:4A3lN5s++
 
   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \    
 |    ( ●)(●)             悪いが、もう全部分かっているんだよ。
. |     (__人__)            
  |     ` ⌒´ノ             「責任者」は引きこもりで……
.  |    .    }     ____     下僕制度を布いているのは、あくまでも道楽。
.  ヽ        }    /      /   
   ヽ     ノ    /     /  
   /    く     /     /   
   |     \    /     /   
    |    |ヽ、二⌒)___/    



          /.:.:.:::::::/ `7:.:::::::._ノ        \.:.::::::::::::ノ  
          ).:.::::::/  /::::::.(   ,   /   ヽ 、  \.::::::(  
         ノ.:.::::::/  /::::::::.ノ  |  l     !  ! ヽ. !::::ノ  
         〔.:::;:;:;;;! /.!::::::( i  .!  !|     |  |  .:| |:/
          /).:.;:;;;;| //|:::::::ノ |  | .:||    |:. l:. .::.l | |  >
        j〔.:.:;;;;;;;.レ/ |::,:イjト、| j| ::|ト、   !::.:/::.:.:/ .! |      ……昨日の話ね。
         l |>、.:;;:|_」ん1ート‐y-、l  ト、 /-/仆イ::./l/       蒼星石が余計な事を言ったのだわ。
         | |ン}.:;;:V,旡、l |,ィr=?>、`   ,ィ=ミ,〉 ij:/ _ __
          | |  `ト、〈f薇f〉|ヾ込ソ      辷ソソ l/1\      \
          ! !   \`Y」:.i |        '    / :ト  \     \
       | |l    \リ:.| |L._     く\ , イ  | \/ ̄ ̄ ̄ /
       | ||       ,イ:| l|::.:.:.:.``ヽ.__>、\|   1/|━━━━|
       | ||     _「 `ト、|:::::::.::. i.:.::l朮ト、>‐'つ/  .!  Pocky |
       | ||    /.:| 」二二乃.:|.:::|薔jソ ,ィ戈 .:.:::|━━━━|







41 :名無しのやる夫さん :08/12/14 12:55:24 ID:ID:4A3lN5s++
 
   / ̄ ̄\
 / ノ  \ \/`i
 |  (●)(●)./  リ  
. |  (__人__)..|  /      しかも、厨二病全開の中学生で、引きこもり。
  |   ` ⌒´ リ  ヒ       だからお前たちは、ヤツを腫れ物のように扱っている。
.  ヽ     //  ,`弋ヽ   デリケートなそいつに気をつかってるのか……
   ヽ  - ′.Y´  , `ヽ`.l
   /〈  `ー〈::....ノ   V   (中学生だという点に関しては、何の確証も無い。カマをかけているだけだが……
   | ヽ_ー 、 `ヾ_/ //    このまま進めてどこかで真紅が動揺すれば、それは真実だという証明になる)
    |    フ-、`ー┴‐-〃
         `ー‐一′


          , -─- 、
        /      \
      /            ヾ´ ̄ ̄ ̄`ヽ
    /     _,, --─-、|i、,,_    \
    .!    ./   ,. '    |ヽ\\     l
    |    /  / /   、 |.  | l     |r==-、
   {,|   /// / / /l  i. | l、   |,、|_   lヾi_ //
    />、i l l |,,/,/l |  | _l,,,,l|_ヽ、{fjゞ,),  /:|\V/
   ヾニ||! | | |/l/lソ |  l /|/ |j | iヾソイ7 /i:|、ヽ|´
     /:/l | | |伐ゞ l、!//ィ升'芍l |`l´ /=|::| ヽ\    ………………
     /:/i |:|川 込ソ    辻少| | |/ /:/  l\:ヽ
    <;イ |:| .||、''''' ____ '''' | |/  ./:/  /   }::|
     /|  | (|!ニ、l´    〉_/| |゙ヽ /:/|  l   ヾ'
   //|  |,ノ {(|      /、-‐| | / ` |  |
   // l  |{|゙ゝ、7ヽ,,__,,/ヽ、__| | /    |  |
  _l/_/ r''〉'、_!ノ´, , 、 i /彡''゙´、\ rニ|l |ヽ







42 :名無しのやる夫さん :08/12/14 12:56:50 ID:ID:4A3lN5s++
 
     / ̄ ̄\
   /   _ノ  \   
   |    ( ●)(●)     そして、これはずっと前から思っていたことだが……
.   |     (__人__)      下僕制度が始まったのが、1年前。
    |     ` ⌒´ノ      薔薇乙女のお父様、すなわち桜田が死んだのも、1年前。
   .l^l^ln      }                 
.   ヽ   L     }       偶然にしては、出来過ぎじゃないか?
    ゝ  ノ   ノ    
   /   /   \
  /   /      \
. /    /     |ヽ、二⌒)、
 ヽ__ノ     



                 /:.:.:.:.)三三三三三三く_
      rー-v一'⌒ヽノj:.:.: , イ  ̄ ̄` <三三三ニ)
      |匸7:.:.:.:.:.:.:/_7:.:/:r┘/        ヽ、三〔_
    /人/:.:.:.:.:.:.ハ7:.:.:.:.:.〈  ′     、   ヽ三フ
    \V{:.:.:.:.:. /ニ7.:.:.:.:.:_:ノ, l  |    、ヽ  ヽ ∨ 〉
     └う:.:.:.:.{三{:.:.:.:.:.:ヽ l | lト、\ヽ ヽ` 、`、Vニヽ、
      / {:.:.:.:.:.|三|:.:.:.:.r‐'∥ l | ',丶 l 川 l | l | !  ヽ\   
    // ∧:.:.:.:.l三l:.:.:.:ヽ |ヽ」斗-ヘ }ノ,エZ{ノ/リヘ\ \ヽ  ……偶然よ……
.    | l / ヽ、:.:Vニヽ:.:r个ト,ィfl圷  ` 化ノケハ  `ヽ>└′ そういうこともあるのだわ……
   l|,'   「ヽ{lHlリ:{ 小 ` ゞ ′    八ヽ\
   |V  ,'  l| | ` <7/ | lヽ、    , .′, 仆 ヽ \ヽ
    `7 /  ,イ |    l├ヘヽ―ヘ、__,.:'⌒ヽ `、`、 ヽ\
    /   / ||   | |:./ヽ\::.::rヘ::.::.::.::.::\ヽ \ \ヽ
   ,' ′ / /|| /ヽ\::.::.::.) ){廴r-、__::.:rく  \ ヽノ /







43 :名無しのやる夫さん :08/12/14 12:58:50 ID:ID:4A3lN5s++
 
         
   / ̄ ̄\ 
 /   _ノ  \     ……1年前、桜田が死んだ。そして、下僕制度が始まった。
 |    ( ●)(●)    それを布いた「責任者」は引きこもり。しかも、まだ中学生。
. |     (__人__)     
  |     ` ⌒´ノ    一般的に言えば、「責任者」はどうしようもない駄目人間。
.  |         }       しかし、薔薇乙女はそれに付き従っている。
.  ヽ        }     特に水銀燈は、そんな「責任者」を良く思っていないのに。
   ヽ     ノ      
    i⌒\ ,__(‐- 、     薔薇乙女が絶対的に従う人間と言えば、桜田ぐらいだろう。
    l \ 巛ー─;\   では、桜田と同様の権力を持つ中学生、とは誰か?
    | `ヽ-‐ーく_) 
.    |      l  



       | |   |  | ‐、/| !        /   l
       | |   ト . |  |`ト、| .      〃  / /
       ヽ.|\ l ヽト .xィ士.j ト.| /    //  / /,′
        / / ヽ/ ハ.|ヽト辻}小∨j//./_/__,//_/__
     //   // /ヽi|  ^冖^      ‐テ士</-‐ ´
.     〃   // /|!  |     ,       ト辻}小>‐ /
    /′ // / |l ハ    ′      ^冖^ / /  
.   /   // /  _!ヽ   \  r__,        / /|   …………!
   '   / | i  /'| ',  | i\        / 厶イ|   
  l l   |,-l |‐厶-ヘ  }  V  >‐z――…/ /'   !   (見透かされている……!
  | l  / N´ ,. -‐ヽハ  |-く^Y´       ' /\  |!    まさか、本当に全て……!?)
  | l<⌒ ‐-'---‐'_丿 小丕}|      |/   \.|l
-‐┴'´  \_ ̄  ̄ _/,小辻リ       l ! -――/.'
       | ̄ ̄/ / ヽ{__ソ\   /!l,. -―//







44 :名無しのやる夫さん :08/12/14 12:59:54 ID:ID:4A3lN5s++
 
   / ̄ ̄\
 / ノ  \ \/`i
 |  (●)(●)./  リ      現代日本で下僕制度なんて通じる訳がないのに、
. |  (__人__)..|  /       ストッパーである桜田が死んで、その権力を引き継いだ中学生が
  |   ` ⌒´ リ  ヒ       下僕制度を布いて、やりたい放題やってる……
.  ヽ     //  ,`弋ヽ    と考えると、恐ろしい程に辻褄が合うんだな、これが。
   ヽ  - ′.Y´  , `ヽ`.l
   /〈  `ー〈::....ノ   V   つまり、「責任者」とは……
   | ヽ_ー 、 `ヾ_/ //
    |    フ-、`ー┴‐-〃
         `ー‐一′


.:.:.:.:.:.:.:.:.//:.:.:.;ノ               \       
.:.:.:.:.:.:. / /:.:.:./  /   ,     `、        ヽ      
.:.:.:.:.:.:/ /:.:.:.く /  |    | l     ヽ     、 ヽ、   
:.:.:.:.ノ /:.:.:.:.:.∥  |l l  | l    `、`ヽ    l ヽト、  
:.:.:.:{  !:.:.:.::.:;ハ  |l |l  ! |  \   ヽ、\  l|  l| |  
::.:.: l  |:::.:.:.::) ト、|ト、|l  } ト、ヽ ヽ、 | l|ヽ ヽ |ヽ l|ノ  
::..::.:l  |:.:.:爪,斗七|廾ト-|‐1ヽ }`ヽム-l¬ ∧ノ/ }リ
ヽ.:.:ヽ. ヽ::.}| l ハ/レ=ニミ刈 |  リ  ,.ニ气 l |        
  ):.:rへ_}|/ l| {l f伍}` ノ    狄l ' ハ       ……ダ、ダメ……
  ヽ、!{レ' ///   ゞ='′      ¨´ ∧ |       
   ///人           '    八l |       ダメよ、それは……!
 // /_>ト、_r个、    r¬ _/| ヽ\      
// / /: /::..::..::{::..:ヽ.   /::..l`'┴:-:ヘ \    
´ /   _工l::..::..::..::..ヾ::..::トァ=く::..::..:l::..::..::..::..::}ヽ、\    
ノ   / : : {::..::..::..::..::..:∨{リ廻lト、::.l::..::..::..::./  ヽ、ヾーr- 、 
  /: : : : : `ヽ、::..:;:-'´丁ヾニシ::..`T:ー::-:r'′     `l /  ∧
. /: : : : : : : : : : /´::..::..::.l!::..:| |::..::../::..::..::.\       レ' | / /







45 :名無しのやる夫さん :08/12/14 13:01:14 ID:ID:4A3lN5s++
 
          _____   
        / \ / \                 桜田の娘だお!
      / (●) (●)\                (いいとこ取りで決まった……!)
     /    (__人__)   \,                     ,. ‐- .. _
     |       |::::::|     |                   /  __  `` ー- 、 
     |       |::::::|     |               , ィ/   ゝヽ ̄ヽ ー- '
     \       l;;;;;;l    /"             _ / { {ヽ、_   ヽ' ノ_,.〉    
       \    `ー'    \_ -ァー- 、_ ... -‐ '    ヽヽ、 `>、..ノ=┘
       /j >-‐ ' ´/ /   /    /   _ノ      \ `ー '!           
   , -‐ 7´/{⌒|  / _/   j                  >‐'





  `つ::::::::::::::/   |       !    〉::.........    ゙.  ゙, ∧/ ̄\勹ト|
  (::::::::::::::::/   ; |    i|   |   {:::::::::::::::::::::.... |   ! 厂 ̄ヽ\〈,ノ
     ̄`j:::::′   i |    ||  | |__∧::::::_::::::::::::::::| __ | /   _ノ i\
     弋| |   ! |    ||   ルイ /厂/!ハ)::::::::::::/アr=ミ、:::::::/_/  i |\
       | |   i ヘ   | | イ j/斗=≦、 し-、:::::ゞtヘ}l:::::::::::`!  ||:::::|
       ||  i ,..ゝ‐、| !/  〃 i!‐r‐yヘ「 | ん:::`iヾ='ァ':::::r―1   l |:::::|
       ヽ\ ヽ〈 ニ=ミ       弋 ー' 丿||  く:::!  /::::::::::) | |  ! \|
        \ ー-\《 トヘ       " ̄`  | | | (:/ /::::r―'′ | | !    …………え?
            ハ ゝ'           u   | | |  | /::://    | |  |
            | :.   ヽ         リ| !/ /      | | |    む……娘……?
            | ヽ.    つ       ///! |′        | i |
             | /ト          ,. //  ̄| 「|_         | ! |
               / /| |   > _r' ´ //   | | ||        |   |
           / /|j_ イ     ,≧ //   | | | ̄ト 、     || |
             //r ´     r乞マ〉/   ||\  \   |   |







46 :名無しのやる夫さん :08/12/14 13:02:58 ID:ID:4A3lN5s++
 
       なんでそこで「娘」なんだよ!
       「子供」だろ、常識的に考えて!
    ___
    /    \       ___
  /ノし   u;  \   ;/(>)^ ヽ\;
  | ⌒        ) ;/  (_  (<) \;      
  |   、       );/   /rェヾ__)⌒:::  ヾ;  す、すまんお……
  |  ^       | i   `⌒´-'´  u;  ノ;;  女子中学生だったらいいな、って思って……
  |          | \ヽ 、  ,     /;     
  |  ;j        |/ \-^^n ∠   ヾ、
  \       / ! 、 / ̄~ノ __/ i;      
  /      ⌒ヽ ヽ二)  /(⌒    ノ
 /       r、 \ /  ./   ̄ ̄ ̄/



                 __
           イ孑< ̄ヽ   入
          _く  ヽ \ ヽ.  そ\ __
         {  \  ゝ '―‐'‐-弋ヘヽ ノ‐.、
          /丶 、ゝ'        圦ミく   人
        7=-/      ヽ  ヽ  えこl! Y  ノ    
       /   /    l l     ',  ', j YYノl! ; :Xー 、    な、何よ……
       ∨ / / ; l! l!   | l./!ハ l l ソ.ノ∧   /   
          ∨  ! ! l! l!! ; .リイ,ィュト! l! |/:∧辷/、   「全部分かっている」なんて、ハッタリじゃない……
          |! l ', l!斗十ヽソ ' ヘ.ソlノ| l!ノ l    ',
       . へ、 ヾ. ', ィ代? ,   ::::::: イ |  l  ',  ',
      /  . .へ ゝY ヘ :::::  _   .イ | l!__ |!  ',  ',
    /   /    ,j /`ー- 、 .._// :| |: ヽ!  ',  ',








47 :名無しのやる夫さん :08/12/14 13:03:24 ID:Q/MnvDYu
馬ww鹿wwww野wwww郎wwwww







48 :名無しのやる夫さん :08/12/14 13:04:57 ID:Bf6SnI9g
ああ ハッタリってことまでばれたww







49 :名無しのやる夫さん :08/12/14 13:05:38 ID:ID:4A3lN5s++
 
     / ̄ ̄\
   /   _ノ  \
   |    ( ─)(●)
   |      (__人__)   ゴホン、少し話が変な方向に行ってしまったが……
.   |        ノ    
    |      ∩ ノ ⊃    さっきの焦り様からすると、
  /     ./ _ノ     「責任者」が桜田の子供……しかも息子であるのは間違いないようだな。
  (.  \ / ./_ノ │
  \  “ /___|  |     (結果的に上手くいったが、危ない橋だった……こんなのは二度と御免だな)
.    \/ ___ /



  ヽヽ「く´r}-;. :../:::::::/.: .: .: .: .:;-┘.: .: .:j´
    /ハ_/!r'.: .::!::::::::l.: .: .: .:_.:」  ヽ.:」┘
   〈,/  l| l 〕.: .:}::::::/.: .:rソ´! l |  Y
    l  /| l└i::」:;::/.: .:_」l:  |  l l |
   / ハ.|」  〈{zチ}:ツl| l外、l | l l|
    ! l ハ ヽ  Y:::|'|: | ! }ト,ミ トヽ!ノjノイ
   / l / \ ヽ l::::i|: l |::::ゞ'^ 〈         
   ! /j  _「_ ̄¨ヽ:l: |」! rァ/         ……無様なところを、見せてしまったのだわ……
  .! |/  ノ:. ::::: :. :.`ヽ、 ̄ ¨フ、     _,.ィ_  
  /| | /.: .: .: ,:: .: .: .: .: \:::K }    ///厶
  !,' l!.: .: ./:: ,: .:l .:l .: .:ヽ.: .:ヽ!」! ,ノ r' T_,ヘ'´
/| :l|:. :/:. ,::::::::l.: .: .: .::|::::. :. :. ̄´}.:. :._:. :.」
 ̄l l |:::::: .: .; ::::::::ヽ .: .: .: ヽ::::. :. :. :j.: .: .:`ヽ〉
:::::| l |.: .: .: .|:::::::::/.: .: .:'::::.、:'´「--‐'.: .: .:::j:┘
ー| l l'´「 ¨ーt:'´ ̄`ヽ::___ソ.: .:j.: .: .:/







50 :名無しのやる夫さん :08/12/14 13:06:55 ID:bmb1b2lX
まあ、結果オーライって事でw







51 :名無しのやる夫さん :08/12/14 13:07:26 ID:JSOfNR7R
バレたけど新情報掴めたし結果オーライ?







52 :名無しのやる夫さん :08/12/14 13:08:10 ID:ID:4A3lN5s++
 
   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ●)(●)    正直、お前が焦らなかったら終わりだったよ。
. |     (__人__)   意外とメンタル面、脆いんじゃないか?
  |     ` ⌒´ノ   
.  |         }
.  ヽ        }
   ヽ     ノ        \
   /    く  \        \
   |     \   \         \
    |    |ヽ、二⌒)、          \


                          亡=-、} } 川¬ ァ、::.::N:}
                     ∠二二ミYl |l i/// }ヽ.ソ:|
                  __彡三三,> ⌒ ル'// ハ (::.:|
                   .  , ´ -─=,∠ _  \ '// / } _ノ::ト、    
                /, /     /´ ̄`゙卞;? // イハ〔::.::/:::::ト、  
            / //       i ヘ、  ゝ__X イ/  }ノ:/::::::::|:::了   ……う……
          /   { i       |ヽソ      ___ソ  イ〆:::::::::/::.:ノ 
            { i   弋¬ー‐-,-、|  ,  ´ ̄   /:':::::::::::/::〔_     (あ、あの子よりはマシよ!
            >‥=二./:::::::X´   _,  ‐≦彡::::::::_;:<:广《__}}    上っ面だけのあの子より……)
           ∠  --‐一く::::::::::〃  /:::孑_=≦二匸ノ_.ィ〃! 》´
                >:::廴__ ` <  ⌒ヾ;一 ''´ l {{ l {!







53 :名無しのやる夫さん :08/12/14 13:09:14 ID:oWkKBGpg
不人気可愛いなwwww







54 :名無しのやる夫さん :08/12/14 13:11:09 ID:JSOfNR7R
真紅を手玉に取るやらない夫がかっこよすぎる件







55 :名無しのやる夫さん :08/12/14 13:11:28 ID:ID:4A3lN5s++
 
   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ●)(●)   ……俺の仕事は、ここまでだ。
. |     (__人__)   やる夫、後はお前が話した方が良いだろう。
  |     ` ⌒´ノ   
.  |         }
.  ヽ        }
   ヽ     ノ        \
   /    く  \        \
   |     \   \         \
    |    |ヽ、二⌒)、          \


          ____
       / \  /\      真紅……「責任者」が中学生のヒッキーだからこそ、やる夫は会いたいんだお。
.     ./ (●) (●) \ 
    /     (__人__)   \.   やる夫も、中学生の時は引きこもりだったんだお……
    |      ` ⌒´     |    「責任者」がどういう理由で引きこもってるかは分からないけど、
     \           /    かつて同じ境遇にいた者としては「責任者」を説得して、外に出してやりたいんだお。
    ノ            \.







56 :名無しのやる夫さん :08/12/14 13:12:59 ID:ID:4A3lN5s++
 
      _ }.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/   /  l   \ー 、:.:.:.:l:ヽ:くr..、
    {:.`:.:.:.:.:.:.:/     l         Y`:.:.:.:.|:..:l/.:.:.:}
     ⌒}:.:.:.:/      |    l    ト、:.:.:.:.l..:.l.:.:.イ
      {_:rュ/ /  /  !ハ   l l l  .::l _}:..ヽ|..:.|:._:小
   /  .V  .l  .:|:  | l  リ:| l .::ハ_:.:.:.リ:...l´.:ィ  ……ふぅ、落ちついたのだわ。
  /  ...::/:{ .::| i ..:{::. !   /.::j ./ ノイ:::r‐':./:../:.:_レ  
 /  ...: イ .:ハ  ト -┬ヽ、ト:.. / .:イ/jナ7:.不::.{__/:.:‐ァv'  それで、説得? そんなものは、建前ではなくて?
/ /:// :/ トトヽト-ァテ=ミヽト/ノ ィテオく/イVrj、}:.:.{ィ    彼に下僕制度を廃止させれば、あなた達は解放される……
´ ..:::///    }ヽ ハヘ 赴ソ     ^ 赴ソイi :ト{にソ{^´    というのが、本当の狙いかしら?
..::j//    ノイ /ヽ、   ′     ,リ /_:/⌒´      
:/_ --_.ニイ//, -ァ >、  '=' _ /}/´         
// ̄   /' <_:.ノ..: :`:._ァァ{、.:://:\       
>‐`ー- ∠/   { :..:.:, =-Vォ}ソ/ :/:.:.:.:.:ヽ


     ____
    / ⌒  ⌒  \
  ./( ―) ( ●)  \  もちろん、それもあるお。でも、真紅だって今の状況を望んでいない筈だお。
  /::⌒(_人_)⌒:::::  |   本当は下僕制度なんて取っ払って、「責任者」を外に出してやりたいんじゃないのかお?
  |    ー       .|
  \          /







57 :名無しのやる夫さん :08/12/14 13:15:44 ID:ID:4A3lN5s++
 
                 /:.:.:.:.)三三三三三三く_
      rー-v一'⌒ヽノj:.:.: , イ  ̄ ̄` <三三三ニ)
      |匸7:.:.:.:.:.:.:/_7:.:/:r┘/        ヽ、三〔_
    /人/:.:.:.:.:.:.ハ7:.:.:.:.:.〈  ′     、   ヽ三フ
    \V{:.:.:.:.:. /ニ7.:.:.:.:.:_:ノ, l  |    、ヽ  ヽ ∨ 〉
     └う:.:.:.:.{三{:.:.:.:.:.:ヽ l | lト、\ヽ ヽ` 、`、Vニヽ、    ……それもハッタリ? けれど、下僕制度が、
      / {:.:.:.:.:.|三|:.:.:.:.r‐'∥ l | ',丶 l 川 l | l | !  ヽ\   彼の引きこもりの原因の一つであるのは、事実だわ。
    // ∧:.:.:.:.l三l:.:.:.:ヽ |ヽ」斗-ヘ }ノ,エZ{ノ/リヘ\ \ヽ  
.    | l / ヽ、:.:Vニヽ:.:r个ト,ィfl圷  ` 化ノケハ  `ヽ>└′ だけど、あなた達が彼に危害を加えない、という保証が
   l|,'   「ヽ{lHlリ:{ 小 ` ゞ ′    八ヽ\          無いじゃない……
   |V  ,'  l| | ` <7/ | lヽ、    , .′, 仆 ヽ \ヽ      
    `7 /  ,イ |    l├ヘヽ―ヘ、__,.:'⌒ヽ `、`、 ヽ\
    /   / ||   | |:./ヽ\::.::rヘ::.::.::.::.::\ヽ \ \ヽ


   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \   
 |    ( ●)(●)     俺達は本当に話すだけだ。
. |     (__人__)    その証拠に丸腰で行くし、「責任者」の半径10m以内には近寄らん。
  |     ` ⌒´ノ    
.  |         }     
.  ヽ        }
   ヽ     ノ  mm  
   /    ̄ ̄ ̄ つノ   
   |    | ̄







58 :名無しのやる夫さん :08/12/14 13:17:30 ID:ID:4A3lN5s++
 
         ___ 
       /     \
      /   ─  ─\    
    /    (●)  (●)\   ……なんで10mなんだお?
    |       (__人__) ∪|   
    \  ⊂ヽ∩     /   (ちなみに10kmじゃないお)
      |  | !、_ \     )
      |  |__ \   /


                 __
                /   \
              /ノ   ヽ_\     
             | (●) (●)|   
              |  (__人__)  .|    話せる距離……かつ、それだけあれば、仮に俺達が「責任者」に
              l  ` ⌒´  |   襲いかかっても、真紅が俺を仕留める方が早いってことだ。
              {         |   
               {       /     こっちから話に行こうっていうんだ、これぐらいの条件は必要だろ?
          ,-、   ヽ     ノ、  
         / ノ/ ̄/ ` ー ─ '/ ヽ,
        /  L_         _( { r-、 ヽ
           _,,二)     〔― ‐}     |
           >_,フ      }二 コ\   Li







59 :名無しのやる夫さん :08/12/14 13:19:19 ID:ID:4A3lN5s++

       (::::::::::::::::://    ヽ:::_:::::::::::::::::i  l::::l:::::ハ二))
      >:::::::,.'  ′    |   ):::::::::::::::l  i:::i:::::(、二))
        て::::/   ll  l |  !|   {::::::::::::::::|  l::i:::::::::ハ〈
         しl |  l |  | | _!H‐'フ|/て::::::::::彡ミ::::::::(  !l
         l l  l _L | |ノ  rT´? | (::::::::ミ彡::::::ィ  l|l  
            ll ヽ ´ rr、    ヽ__ソ | l! {::l l::::;:::) |  リ  流石と言うべきかしら。よく考えてあるわね、やらない夫……
            ハ v)       l l | リ /:://   |  |  
            ,' ハ 丶      リ ,| |//´  | |   ……そちらが2人なら、こちらも翠星石を一緒に連れていくわ。
            |  〉 、 `    lレ' | h、     |  |   それでもいいなら、明日にでも……
            l / ||  > - ィ 〃 | | l7      |  |
            ノ'  |r j / rr、 〃  | | 〈 \    |  |

   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ●)(●)     ……まあ、いいだろう。翠星石も下僕制度には反対だし、説得という事なら文句は言うまい。
. |     (__人__)   
  | U   ` ⌒´ノ     ついに会えるのか、俺をここに1年も閉じ込め続けた「責任者」に。
.  |         }     長かったが俺はやったぞ、やってられっか夫……!
.  ヽ        }
   ヽ     ノ        \
   /    く  \        \
   |     \   \         \
    |    |ヽ、二⌒)、          \







60 :名無しのやる夫さん :08/12/14 13:20:18 ID:ID:4A3lN5s++
 
~ 夕食時 ~


               いやぁ良かった良かった!
       / ̄ ̄\  お前の集めた情報のお陰だ!
      /    _ノ  \
      |    ( ⌒)(⌒)                   ____     
      |     (__人__)                 /       \    いやいや、やらない夫こそあの真紅を
     |      `。⌒ソミヾ ゚            /  ⌒   ⌒ \   手玉に取るとは、見事な手腕だお!
       |       イリ ),丿 ;    ∫    /   (⌒)   (⌒) \          
       )      。} )ノ。             |    ⌒(__人__)"⌒ |   
    /⌒ヽ、    ノ'゜(    ∫       \、    ` ー゚´  ,/          
___|   | \_Y´  丶  ゚      __/" \、 ; ー゚ "。  \ ∫   ∬     
| |   |    |   Y`⌒ヽ、 ; ゜  ∬   | | /  ,r'うi=ョ=ョ=ョ=と)\          
| |   |    | /゙\,ィ゙i=ョ=ョ=ョ=ョ  | | / _/ ⌒ノ\ ____ ,⊂ノ゙、ヽ  i= 
| |    |   〆   /"  \ ____ /  .| | |   ゙/~  └‐─‐‐とソ   ノ
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  └─‐┘ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


          ____
        /       \
      /  ⌒   ⌒ \     でも、あまり言いたくないけど……
    /   (●)   (●) \     明日、やる夫が説得に失敗した場合はどうするんだお?
    | U  ⌒(__人__)"⌒ |
    \、    ` ー゚´  ,/
 __/" \、 ; ー゚ "。  \
| | /  ,r'うi=ョ=ョ=ョ=と)\
| | / _/ ⌒ノ\ ____ ,⊂ノ゙、ヽ
| | |   ゙/~  └‐─‐‐とソ   ノ
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄







61 :名無しのやる夫さん :08/12/14 13:21:59 ID:fOIuX1gD
逆転裁判風とは上手いな、作者。







62 :名無しのやる夫さん :08/12/14 13:22:00 ID:ID:4A3lN5s++
 
   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ⌒)(⌒)     大丈夫だ、「責任者」も所詮中学生だって分かったからな。
. |     (__人__)      道楽程度で下僕制度を布いてるのなら、何度も訪ねれば、
  |     ` ⌒´ノ      良心の呵責に耐えかねて折れるか、ウザくなって折れるかのどちらかだ。
.  |         }      
.  ヽ        }        俺達の解放は決まったようなもんだ、ハハハハハ!
   ヽ     ノ        
   /    く  \        \
   |     \   \         \
    |    |ヽ、二⌒)、          \


       ____
     /⌒  ⌒\
   /(ー )  (ー )\.  
  /::::::⌒(__人__)⌒:::::ヽ   (……こんな明るいやらない夫、初めて見たお。
  | U   |r┬ |  (ヽ |   けど無理もないお、1年以上願ってきたものがようやく叶おうとしているんだお……
  \γ⌒=/⌒ヽ_(⌒ |/     ただ、食堂で大声で話して、万が一薔薇乙女に聞かれたら……)
  / ( ^=/   /  ヽ ノ\
  | / ,(⌒ヽ/   \
  ヽ_ノ ー '    







63 :名無しのやる夫さん :08/12/14 13:23:05 ID:LBHrBi8x
どう見ても利かれてるフラグです本当に(ry







64 :名無しのやる夫さん :08/12/14 13:23:13 ID:Bf6SnI9g
なんという失敗フラグ







65 :名無しのやる夫さん :08/12/14 13:23:33 ID:bmb1b2lX
一瞬に気の緩みが……







66 :名無しのやる夫さん :08/12/14 13:23:57 ID:HLg2FvSM
ああ……







67 :名無しのやる夫さん :08/12/14 13:24:02 ID:JSOfNR7R
ああ、聞かれていません様に…







68 :名無しのやる夫さん :08/12/14 13:24:21 ID:ID:4A3lN5s++
 
    _ ノ/ / //       /        ヽ、ヽノl__
_ ̄ -― ´/   /     /  ′       \    V´<_
        //   /  / /  /             丶   V´ヽ
     ./// /   ′ /  l  l        l    l  ヽ   !\ \
   /  l/| l  ! !   ! /l  l  l    ! l   l  !    !  l、
 /    l/! ! l `/ト l ! /l  !  / !   l l  l l  ト ヽ
          l/! l /_l_ !`ヽl ト、 !〃ヽ ∧ / !  l l   ! ヽ\
            >、!∧! r三、ヽ!ヽ! lヽ/{!/_!/!_/   ! !  ! !  
/     ///l ヽ 、! ・ ノヽ  レ′!V´,r=_-‐、ヽ ! / / / !l       ……楽しそう、ね……?
〉  / / / i 、!     ̄     j∧〈:i´r=ミ:〉/l/ /! /! / !
/ /     / ∧_|               Vl/ト彡l/// l/ l/  !
:::::`ヽ、   / / / ハ         ′   ヾ二 メ/l/        !
:::__::::\/ / |/  ヽ、    `  -   、_ノ /ノl /
::::::\`ヽ:\  l     >、             ̄∠ ノl/   l    l
:::::::::::::∨.:::::::\! <´_ \ _  -‐__ ´ //.::::′   !    l
:::::::::::::::l:::::::::::::::ヽ<´:::\`ヽ _ `V´  `ヽ:::::/l:.        !


         ___
        /⌒  ⌒\         ━━┓┃┃
       /(  ̄)  (_)\         ┃   ━━━━━━━━
     /::::::⌒(__人__)⌒:::: \         ┃               ┃┃┃
    |    ゝ'゚     ≦ 三 ゚。 ゚                       ┛
    \   。≧       三 ==-
        -ァ,        ≧=- 。
          イレ,、       >三  。゚ ・ ゚
        ≦`Vヾ       ヾ ≧
        。゚ /。・イハ 、、    `ミ 。 ゚ 。







69 :名無しのやる夫さん :08/12/14 13:26:06 ID:ID:4A3lN5s++
 
   / ̄ ̄\
 / ノ  \ \
 |  (○)(○) |     ば……薔薇水晶……
. |  (__人__)  |    
  |   ` ⌒´  ノ
.  | U       }
.  ヽ    U   }
   ヽ     ノ        \
   /    く  \        \
   |     \   \         \
    |    |ヽ、二⌒)、          \


l //    || l | |   | |   _  | | |l  | |  |   | l
 | |     || | | | |  ||! |  {f^i} j l j /!  l ||. |  l! |. l
 | !  |   |.! l_L」」__ | ! |、   }!//|/|/ |  /リ|l |  /'l !i !
 |l !  |  | 「|N lNヽミ! lト 、   l{./77=! /iヘ、 |! | / リ l |
..∧ ', ト、 |_>''了¬-、ゝ  ヽ /イ`ー} {l/イノ_}ハY! /   | |
/   ヽ! N ヽ. { f'l!j } ヽ    ヘ  { \Y´__,.イ/ノ|    | |
     | l   ッゝ-‐'一   i   ヽ \__],.ノ / j| |     | !   話は聞かせてもらった……
     | ト、            {!    \_,.>く /| |        !   
     | |ハ         ゙       、__》.' ,| |          ……「責任者」に接触する、と言うのなら……
     | |ーヽ         -─-       /‐' | |          見逃すわけには、いかない……
     | |   \       :::       /.  | |          
     | |   _> 、         イー-、  | |         
     | |  _>、 └`ー 、 __ ,. -=´-┘_,∠、 | |       
      | | <   `ー'⌒ヽ `く_ _」 ̄    >| |    
     //   `ヽ、     〉 /      /  | |







70 :名無しのやる夫さん :08/12/14 13:26:43 ID:CqzEo7EM
はい、アウトー!!







71 :名無しのやる夫さん :08/12/14 13:27:58 ID:Bf6SnI9g
あらあらららららww







72 :名無しのやる夫さん :08/12/14 13:27:59 ID:LBHrBi8x
なんということでしょう\(^o^)/







73 :名無しのやる夫さん :08/12/14 13:28:21 ID:ID:4A3lN5s++
 
   / ̄ ̄\
 /  ノ   \
 |  (○) (○)|    ま、待て! 俺とやる夫は薔薇乙女のお気に入りだ!
. |   (__人__) |     俺たちを殺せば真紅と蒼星石が黙ってないぞ!
  |U  ` ⌒´  ノ
.  |  U      }
.  ヽ     U }
   ヽ     ノ        \
   /    く  \        \
   |     \   \         \
    |    |ヽ、二⌒)、          \


.:::::_イ      |!     |      |  ハ l ト l l     |   l ヽ. 
  ハ    i l i   ハ l __  ! ハ. |_.ィ |-j─l!   | ハ!   l_ \
..イ | |   i ! ! !  l l | ! ( ⌒ゝ_l ィ_!´|,ニVノ_)从!ゞ ! ! |  ,. '´ ,.
 レ'| |   | !::!ニ!ハ二!二_ヽlー|/'fー'(V≦(オjノ:::∧. ∨  {  く   
   l l.  | i::lヾ __V.=!≦ `ヽ! ` -、._`'≦乂_:/ ∨    ゝ、  ヽ  『薔薇乙女のお気に入り』……
    l l ハ 丶 ゝく'´l -f!ハ         ̄`ーヽ!  Y:   !:: \  
   l ゝヽ  | ゝ、  ゝ-‐'           ゝ=´ Vjハ:::   !::     「責任者」に仇なす下僕は、排除する……
   ゝ  \ ハ         ヽ          ヒイ!::   !::::    それは……薔薇乙女の、義務……
..--ュ/ \ |  ハ         _ -_,       /!::::::!::   i:::::   
テ /'    ::|  ::::ハ         ー        /::|::::: !:.   i::::::::  そして、お気に入りにも、限度がある……
//    .:::|  :::::/:::ゝ、             イ__::| :::::!::   |:::::::  1年以上いるあなたが、知らない訳は無いでしょう……
../     .::::::|  :::/::::::::::|::>-__        r⌒フ__  ヽ:::!::   レ ´:
    :::::::::| :::イ :::::::: |::/  ノ_>ーr-√ __∠_ : : : `フヽ:::::/: : : :
     :::::::::|::::/::::::::::::::,::::〉:⌒≦_ー-`V´: : : ::/: : : ∠::::::/: : : : : :







75 :名無しのやる夫さん :08/12/14 13:29:43 ID:ID:4A3lN5s++
 
   / ̄ ̄\   う……
 /   _ノ  \  
 |  U ( ○)(○)             ___
. |     (__人__)            /      \
  | U   ` ⌒´|           /─    ─  \
.  |        }  \      / (●) (●)  U \   そ、そういえば、
.  ヽ U   U  }     \     |   (__人__)       |  あの時蒼星石が……
   ヽ     ノ       \   \   ` ⌒´  U  _/   
   /    く. \      \  ノ           \    
   |     \  \    (⌒二              |   
    |    |ヽ、二⌒)、      \         |  |


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

       .l |.:|.:l.:::l.:| .::|.:.::l::::|:::|.:.:::|:::ト、 .:.:::::.\
      | |.:|.:|.:::ト|、.:|.:.:l:::::|:::|.:.:::|:::|::::ト、:.:.::::/
        `V.{.:l.::lrr?l:::/l.::ナナ:::::l:::l:::l::::::::Y´
         V .:N じソl/ l/rr=ミ.:::!:::!::::::,′
           `11' ' ',    」いシ.l/::l:/.::::/   そうだね……度が過ぎれば、壊すよ。
         |.:ト、       ' ' '/:::.:,.::,:::/   
         |.:!::::>、`    _ノ;.:::/:/ノ     初めて僕と君が会った時のこと、覚えているかい?
         l::::/l:/´ 丁二l:::::.:/´ ̄ユ、     水銀燈は手加減したけど……あんな慈悲は無いと思っていい。
         l:/ ',rチ7´ 」 |:::/ノ´~~ヽ」
         ' r='7::::フ fシ' l/      ヽ
         〃 /.:::/ fシ′    ',   ヽ

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~







76 :名無しのやる夫さん :08/12/14 13:30:23 ID:bmb1b2lX
や、やらない夫ォーー!







77 :名無しのやる夫さん :08/12/14 13:30:36 ID:ID:4A3lN5s++
 
         :/ ̄ ̄\: 
       :/   _ノ  \:
       :|    ( ●)(●):   す、すまんやる夫、俺が調子に乗って大声で言うから……
       :|    u(__人__)     食堂なんて公共の場所で言うことじゃないだろ、常識的に考えて……
       :|     ` ⌒´ノ  
       :|         }:    
       :ヽ        }: ガクガク
        :ヽ     ノ: ブルブル
         /    く  


       ____
     /      \     
   /  ヽ、_  _ノ  \    
  /   (○) (○)   \   ……何を言っているんだお。まだ終わった訳じゃないお!
  |   ::⌒(__人__)⌒::   | 
  \       ^       /







78 :名無しのやる夫さん :08/12/14 13:31:32 ID:O2OOa2iv
やる夫の見せ場くる?







79 :名無しのやる夫さん :08/12/14 13:32:27 ID:ID:4A3lN5s++
 
「諦めたらそこで試合終了だよ」ってのがお前の好きな言葉だろーがお!
簡単に諦めるんなら、最初から夢見させるようなこと言うなお!
              ____              
             /     \          ┃ ┃┃
           /ノし' "\ , 、/゙\           ┣━    ╋┓
          / ⌒(( ◯)ヾ'(〇)ヽ         ┃      ┃┃ ┃┃┃
          |     "⌒(__人__)⌒゙l                      ┛
          \      `i ヾ/´ /            / ̄ ̄\
          /´⌒ ̄ ̄"⌒`ヽ ィ´`ヽ─-一、      /  ;_ノ||||||\
          ヾ、ー;──(ゝ,〆  ト'ー一'~′    人,    ( ゚)( ゚)     ぐへぇ、すまん……
            ̄l"        l         __ノ⌒;て_ \  (__人__)   でも俺達が薔薇水晶に勝てる訳……
             |         _|_-─≠ ̄三≠/ ( ̄゜ |  `⌒´ノ   
             l           ̄  __-─=ノ Y`       ;   
             l, _       __≠─ ̄         ヽ  ;      }
             /   、、 〆"´              ヽ   ;  ノ 
            (´ ⌒ ̄ ̄ソ⌒l               /    く  
            `ー───~″            /´ `ー-一´`ヽ  
                                  /  、       , } 


        ̄>二ツ      ̄ ̄ ` ー-、
       //´ /   ̄`  --── 、 {ツ/二ニ=ー
     //   /     /   ヽ     ` く二ニ=ー
    //    /  l/\|    ||  |    |`ヽ\
  //.    /|   |   |\/   ||  | |   | |  ', ヽ     ……『夢見させるようなこと』……
 / く   __   l | ||十ト、|\.!/L ___!/ .l | !    \\ 
 ` ̄ ̄`ヽ >  ゞ\く戈テミ、|/メ-≠/ミ////     ) 〉  ……前ばかり見ていると、足元が御留守になる……
    //   // 人| ゞー'゙ |/ ゝ伐ソj/イ/|   //   当たり前の事にすら、気付かない……
   //.   /─- 、∧   '   ` ̄∧/l. !  // 
 //    /|\:.__r=≧ 、` ´ ,. イ´ |  ! | 〈 く         これから大仕事をしようというあなた達がそれでは、
〈 く´     //|: : }: : : \} ノ´二/〈__l_,⊥L__ \\     先行きも不安になる……
 \\ -=/厶l: : {_-ー 「:} /´: :}/: : : ─-- 、/}. \\






81 :名無しのやる夫さん :08/12/14 13:33:10 ID:bmb1b2lX
……おや?







82 :名無しのやる夫さん :08/12/14 13:33:24 ID:HLg2FvSM
マジで引き込まれるなこのスレ。
「ぐへぇ」がマジで駄目駄目さ伝わってきてワロタ







83 :名無しのやる夫さん :08/12/14 13:33:59 ID:bSUwEcic
肝心なところで「やれない」からやらない夫なんだろ







84 :名無しのやる夫さん :08/12/14 13:34:12 ID:a8Hmlwn5
ほらばらすぃーは薔薇乙女じゃなくてがんさk







86 :名無しのやる夫さん :08/12/14 13:35:16 ID:ID:4A3lN5s++
 
     //    //  / , /   , /    ',     ! .
    ./ /     /イ   '  ' / ,'  //! l    |i    |
    / /     |||l  |i | |l l  | i|| l  |l ! || i
    | {       ||||  || | |l | _| ||l |  |l ! |l |,   ′
    ヽト     |{||  |ト |_|l l {._l小|ヽ\ _,||斗 7 「|   /
      ヽ`二丶 ヽい. ヽ ヽ \ ト|、|_,.ィヘ,ィ'廾j示、ノノ // 
           \、 \\ \示ミ.ヽ| \/{,仟坏Y'} |,イ.ィ_,ノ   ……だから、注意しなさい……
          ,ハ|   | !\i ゞ=^     ト{_辻少jノ'/^| | |
          _/ ノ   | | ∧   ノ   ` …=ヘ || |    "薔薇乙女"に聞かれたら、おしまい……
 ‐=_,ニ  ̄   /  _厶⊥ l l\ ` .__,  ー′ | l | |   
 /  _,   ´   |   }| l | }| l丶. `ニ ´    /| l| |
  /      _/ゝ┬‐iしノ ノ ノ | |ヽ>--‐=≦´,--| |∧ ヽ
/       {    |  く_/ーヘ.||     |\∨-‐| |{ l |ヽ

   / ̄ ̄\
 /   ノ   \
 |  (○) (○)|     終わりだ、終わり……何もかも……
. | メ  (__人__) |     
  |#=   ` ⌒´  ノ     ……注意? 何言ってんだこいつ……
.  |  U      }
.  ヽ     U }
   ヽ     ノ        \
   /    く  \        \
   |     \   \         \
    |    |ヽ、二⌒)、          \







87 :名無しのやる夫さん :08/12/14 13:36:47 ID:JSOfNR7R
ああ、やっぱりばらしーだ…







88 :名無しのやる夫さん :08/12/14 13:36:58 ID:CqzEo7EM
忠告か
ばらしーナイスフォロー







89 :名無しのやる夫さん :08/12/14 13:37:02 ID:Bf6SnI9g
例外か







90 :名無しのやる夫さん :08/12/14 13:37:03 ID:LBHrBi8x
あぁ、あくまで薔薇乙女の義務だからか・・・・・・
薔薇水晶は薔薇乙女じゃないし







91 :名無しのやる夫さん :08/12/14 13:37:22 ID:ID:4A3lN5s++
 
       ____
     / \,, ,,/\
   /( ●) (●)|||\    ……そういうことかお。
  /::::::⌒(__人__)⌒:::U\   まったく、焦らさないで欲しいお……
  | U   |r┬-|     |
  \      `ー'´     /



   / ̄ ̄\ 
 / U _ノ  \   
 |    ( ー)(ー) 
. | u.   (__人__)   ………………?
  |     ` ⌒´ノ  
.  | U       }   ……ま、待て……やる夫、どういうことだ……?
.  ヽ  U   U }   な、何でお前はそんなに、落ち着いている……?
   ヽ     ノ   
    i⌒\ ,__(‐- 、 
    l \ 巛ー─;\ 
    | `ヽ-‐ーく_) 
.    |      l  







92 :名無しのやる夫さん :08/12/14 13:37:48 ID:bmb1b2lX
首の薄皮一枚で助かったか……







93 :名無しのやる夫さん :08/12/14 13:38:39 ID:O2OOa2iv
これがもし他の奴らだったら\(^o^)/になってたんだな







94 :名無しのやる夫さん :08/12/14 13:39:20 ID:ID:4A3lN5s++
 
         ____
       ./ ⌒  ⌒\  ププッ    
      /  (>) (<)\      あの冷静沈着なやらない夫が、こんなことにも気付かないとはお笑い草だお。
    /  ::::::⌒(__人__)⌒ \    
    |        ` Y⌒ l__   |    薔薇水晶は"薔薇乙女"に聞かれたらおしまい、って言ったんだお。
    \       人_ ヽ /     だから、薔薇水晶に聞かれても何の問題も無いんだお。
     /,        ヽ \





             (ヽ三/) ))
         __  ( i)))
        /⌒  ⌒\ \
      /( ●)  (●)\ )
    ./:::::: ⌒(__人__)⌒::::\    だって……薔薇水晶は贋作だから!!
    |    (⌒)|r┬-|     |
    ,┌、-、!.~〈`ー´/   _/
    | | | |  __ヽ、   /
    レレ'、ノ‐´   ̄〉  |
    `ー---‐一' ̄








95 :名無しのやる夫さん :08/12/14 13:39:39 ID:HLg2FvSM
アウトー!







96 :名無しのやる夫さん :08/12/14 13:39:54 ID:LBHrBi8x
やる夫また余計なことをwwwwwwwwwwwwwwwwwww







97 :名無しのやる夫さん :08/12/14 13:40:15 ID:JSOfNR7R
や、やる夫ォーーーーー!!!







98 :名無しのやる夫さん :08/12/14 13:40:46 ID:oWkKBGpg
アウトーーーーーーーーー







99 :名無しのやる夫さん :08/12/14 13:41:10 ID:a8Hmlwn5
死んだ・・・







100 :名無しのやる夫さん :08/12/14 13:41:19 ID:CqzEo7EM
はい墓穴







101 :名無しのやる夫さん :08/12/14 13:41:23 ID:bSUwEcic
だめだこいつ・・・ww







102 :名無しのやる夫さん :08/12/14 13:41:25 ID:bmb1b2lX
や、やる夫ォォーー!
お前ってヤツはーー!







103 :名無しのやる夫さん :08/12/14 13:41:38 ID:Bf6SnI9g
やwwるww夫www







104 :名無しのやる夫さん :08/12/14 13:41:54 ID:ID:4A3lN5s++
 
 ) )
( ( 
人  コック(初登場)
゚A゚ )    ↓              他の下僕の方々(初登場)
 ̄ ̄|                          ↓
 / /|  (⌒`⌒)
__|   |__|         ∧ ∧
σσ   ( ・A・ )         (,,゚Д゚ )               ∧■∧  ∧∧
=================    ||| /  | \≠/ ●( ・A・ )  |||  ( ・д・ ) ( ゚Д゚ )
            |    |||(,,_/ .| ̄ ̄ ̄ ̄ |     .|||  (    ) (|  |)
            |     l三三三l . ̄ ̄|| ̄ ̄ l三三三|   |  |  |   |  |~
            |      ||        ||      ||    (__(__)  し`J




::::::::|:: | !:::::ハ ー-!::!|、..|_   ハ::::|  |!::   /'|::::      / |        !
::::::::| | !::::| |::::  |:: | 「 `| ヽ::|!  ハ::: / |::___    /          !
::::::::| | !::::| |:::l !|: !|__ ゝ ! |::|\ ! l: /   !'⌒ヾ   /           '
::::::::| | !::::| |:::l! | !` >lト! 、\| | | | '   ! ,__ノ  /  /:::|!    '  /
  /::! ! l∨  ゞ! | ヾ! l/_ヽ!::!::ヽ!l\!|     'f'' ___ /  /:::: |!      ,
::/ |::i ,'      ヾ!   _|  レハ/ヽ∨l    / !_/ヽ`メ:::::::: '    ./ /
 : |:: |             ゝ、 __./      ィ !/j/<_.|::: /    / /
 ' |:: |::::                   |!|: | !フ レ!   / / .'
/:: |:: |::::                   |!|: :Vトーく/  /j//       ………………
ー:::|:: |:::::  ノ し ←              Vハフ:::丁ノ "´ヽヽ'
ー...|:: |::::::   ⌒              /レ<|::: |    \\  
ゝ_j::: ! :::::::                  、_jノ::: |.       \\
_:|:: |_::::::::::             - 、    イ |::: |         .\\
ヽ::|:: ト、\ :::::::..         _      / |/!::: |.           \\
:::: |:: | \ー⌒\_ ::...          イ   / |::: |             .ヽ \
:::: |:: |\ \    \ー-.、     /:::::::!   / .!:  |                ヽ \
:::: |:: |\\  ,--、  \ ヽー─く :::::::::::!  /  !:  !              / ノ
:::: |:: |  \ ̄::::::V   \|  / \:::  /.   !:  |              / /







105 :名無しのやる夫さん :08/12/14 13:42:41 ID:X8l92CCJ
オワタ







106 :名無しのやる夫さん :08/12/14 13:43:23 ID:bmb1b2lX
こっちみんなw







107 :名無しのやる夫さん :08/12/14 13:43:36 ID:CqzEo7EM
あwwwおwwwすwwwじwww







108 :名無しのやる夫さん :08/12/14 13:43:53 ID:HLg2FvSM
おい鍋wwww







109 :名無しのやる夫さん :08/12/14 13:44:08 ID:ID:4A3lN5s++
 
         ____
       /      \
      /  u   ノ  \
    /      u (●)  \   ……あれ? 何だお、この空気。
    |         (__人__)|   そういうことじゃなかったのかお?
     \    u   .` ⌒/
    ノ           \

     / ̄ ̄\
   /   _ノ  \   
   |    ( ー)(ー)      
.   |     (__人__)     ……なるほど。動揺してると、案外気付かないもんだな。
    |     ` ⌒´ノ     教えてくれてありがとう、やる夫。
   .l^l^ln      }     
.   ヽ   L     }      ……お前の事は忘れない。
    ゝ  ノ   ノ    
   /   /   \
  /   /      \
. /    /     |ヽ、二⌒)、
 ヽ__ノ     








110 :名無しのやる夫さん :08/12/14 13:44:21 ID:78xHDbg/
さすがやる夫
やらない夫に出来ない事をやってのける
そこにシビレルアコガレル







111 :名無しのやる夫さん :08/12/14 13:44:40 ID:vjI0OnpT
( ゚д゚ )







112 :名無しのやる夫さん :08/12/14 13:45:13 ID:bSUwEcic
いやいや、お前たち二人ともバラしー折檻されろよww







113 :名無しのやる夫さん :08/12/14 13:45:25 ID:ID:4A3lN5s++
 
       ____
     / \,, ,,/\
   /( ●) (●)|||\    
  /::::::⌒(__人__)⌒:::U\    え……
  | U   |r┬-|     |
  \      `ー'´     /



 |   、 ヽ ノ// / / /  l  /i i |! l、 lヽ \ \\
 ヽ   \ \ / / / /! . | |`||゙||. |'i │、 | !、 ゙、 、ヽ\
  /\    \ \/ l | l i | |,,,||,,||、| | |. ! l! |ヽ |、ヽ\ゝ`
. / / /\    \ \{ / | | |、 |:゙ ..:;〉゙ゞ;、 |`| !l | | 、  ヽ
/ /l/   /\   ヽ\\ |l |、|V ̄`゙''-、゙ ヽ! |!ヽゞ''i  l  ゙、
/ ! / / / \  \\\ ヽ        〈 |(仆j、 |、| !    
//| / .// / ! lヽ ヽ \\、 ノ し        j、/ソ〉 | !|、|    ……どうせ、贋作……
/ ノ//// / l | }   !ヽヽ ヽ ⌒       ´ ̄、ノ゙、ヽ| j     作られて、ごめんなさい……
 / / / / / l | l   } ヽ\ ヽ     -─-ニ  / 、\      
/ | / /.// ! l |  l | l ヽ !          /ヽ  l\\_  
 イ ///  / /'j  l | l .ノ/       /ヽ    ヽ `ー-、ヽ
/ |// /  //l | /  l ! |  /  __ /   \   \   | |
/ / /  //l /   l l/ /''‐-‐┴-、ノ⌒''ー'´ヽ、ヽ    \  | |







114 :名無しのやる夫さん :08/12/14 13:46:32 ID:Bf6SnI9g
なんかショック受けてるww







115 :名無しのやる夫さん :08/12/14 13:47:11 ID:h2OuAnPk
死にそうな人がころころ変わるなwww







116 :名無しのやる夫さん :08/12/14 13:47:29 ID:ID:4A3lN5s++
 
              _______
           : ./ /  #  ;,;  ヽ
           /ノ  ;;#  ,;.;:: \  :
        :  /  -==、   '==-  ..:::::|     ああ、今気付いたお……
              | ::::::⌒(__人__)⌒ :::::.::::| :   贋作扱いされたら、そりゃ怒るお……
        :  ! #;;:..  l  |    .::::::/     
           ヽ.;;;//;;.;`ー‐'ォ  ..;;#:::/
            >;;;;::..    ..;,.;-\
          : /            \   ハァハァ....



   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ●)(●)   決める所で決まらないヤツだよな、お前って……
. |     (__人__)    絶対人生損してるぞ、その性格……
  | U   ` ⌒´ノ   
.  |         }
.  ヽ        }
   ヽ     ノ        \
   /    く  \        \
   |     \   \         \
    |    |ヽ、二⌒)、          \







117 :名無しのやる夫さん :08/12/14 13:48:39 ID:bSUwEcic
人のこと言えないぞ、やらない夫







118 :名無しのやる夫さん :08/12/14 13:49:20 ID:ID:4A3lN5s++
 
   / ̄ ̄\
 / ノ  \ \
 |  (●)(●) |    ……でも、いいのか? 薔薇水晶も薔薇乙女と同等の権限を持ってる以上、
. |  (__人__)  |   俺達の事を見て見ぬフリするわけには……
  |   ` ⌒´  ノ
.  |         }
.  ヽ        }
   ヽ     ノ        \
   /    く  \        \
   |     \   \         \
    |    |ヽ、二⌒)、          \


        __>┴く二` ー-、_
   ___≦ァ了 /    / ─ 、ヽ,ィ_
 /, -─ ¬// // / //    \ V<_   
. ヽ′   / レイ | l /,イ| | .j | l|l  |\     ……小学校で、勉強したでしょう……?
  \ ./   レル/`ト、fトv!∧,ィ//j |  トヾ、
    >く  -彳! ィテァ、レ' ivr≠ミノ//,イ      「義務」と「権利」は違うもの……
二/≠二,イ  /ハ  ̄  , {些メiイレレ |       私が権利を行使しなかったから、と言って……
//广Z__\//〃 、   ー-  _ノjレ   !       何かを言われる道理は無い……
/.::/::::::::::::::V:\| ≦\ __ -‐〃/:. l  |
..::::::|::::::::::::::::::\__:^::入:气朮こ〈イ:::. |  |







119 :名無しのやる夫さん :08/12/14 13:50:37 ID:HLg2FvSM
ばらしー好きだ結婚してくれ







120 :名無しのやる夫さん :08/12/14 13:50:57 ID:5lE71D1e
ばらしーかわいすぐる








121 :名無しのやる夫さん :08/12/14 13:50:58 ID:ID:4A3lN5s++
 
              _______
           : ./ /  #  ;,;  ヽ
           /ノ  ;;#  ,;.;:: \  :
        :  /  -==、   '==-  ..:::::|     なら……なんであの時は教えてくれなかったんだお?
              | ::::::⌒(__人__)⌒ :::::.::::| :   ほら、散歩の帰り道で……
        :  ! #;;:..  l  |    .::::::/     
           ヽ.;;;//;;.;`ー‐'ォ  ..;;#:::/     (やべぇ、1レス挟んだのに回復しねぇ……)
            >;;;;::..    ..;,.;-\
          : /            \


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

             _,. -―‐¬ス仁ニ、
         ,. '´  _,.-‐'´ トヽ.`戈―-- 、
       /        ヽ  ヽ」  ̄`ヽ   `ヽ、
      / ,  l 、     l  l  ヽ  `、     〉
.      / / l l  |   l|  ヽ  ヽ   ヽ /
     |l ハ | l | | l |l  |ト、   \  \ ,.イ     例え……私が、薔薇乙女では無くても……
      |l | l |l Nレ匕lヽ l| レヘ、ヽ  ヽ /ヽ |     薔薇乙女と、同等の権限を持つ以上……
     lN XヾVイ}LV | l廴}   \/ヽ、  |
     /   リヾ<メ、 ̄l r'´ヾ、 〈 \  \ ヽ、   「責任者」……については、何も話せない……
    /    <   , ′ ヽ\_入`―ーr――个-- 、
  └―‐- 、 / 冫く    ,.ィヘ、<:/ \  \ヽ  \_>
.       // /!  `‐匕冖-: :`二ニ:-‐冖-..、} ヽ/ヽ
     / / / { l   r=〉: : : : : : : : : : : : : : : `く」_   \

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~







123 :名無しのやる夫さん :08/12/14 13:52:29 ID:ID:4A3lN5s++
 
     '                             \≧_
  /                                 'トー 、
!/               /'/‐/-./ i                    ヽ:::: \
\    /:/   ::レ人 /|_|:/_ l! |`V \ ,ィ  r、             |\:::: \
、 \ //     ::/  V i「 !フ:`ヾ.ヽ! ヾV|ト ,/ !   , ,       |  `ー―
/ ノ     ......:::/:::      ' `レハ!ヾ ∨ |l i\!__ / /    /  !
フ'/    ::::::::::::::/:::::::     `   '       Vメ/!ゝ∠_イ  / / /! ト,,     ……月日は百代の過客にして、
 '    ':::::::::::::/!::::::::::                  |! Vγャ-> / /!/ 'V\\    行かふ年も又旅人也……
   ´:::::::::::::イー:、:::::::::::               , |! |!V≦ハ/ノ       \\
 :::::::::::::/:/:__`ー‐i::::::::::               ′ヾ ゝ<..イ            \  同じ立場、同じ状況でも……
:::::::::::, ' r-‐'´ ト'ーゝ::::::::       ‐ 、     `´lハ:: !                同じ答えだとは、限らない……
::::::/::_入,. -- ゝ  ヽ:::::..                ゞ_ノ |:: |               
/::::/\ ヽ V^\  lー- 、         _,. ィ::´  |:: |
::::: , :::::::::ゝ: :\: : : : ー 、  ヽ     _ イ'´::::::|::::::  |:: |
/__/ \: :`: : : : : : |   Yフ´〈 ::::::! ::::::: |::::::  |:: |


               
       / ̄ ̄\    要は気まぐれってことか?
     /  ヽ_  .\  
     (●)(● )   |         ____
     (__人__)      |           /      \
     l` ⌒´    |      /─    ─  \    かっこつけても中身スカスカ、っていう状況まで
    . {         |       / (●)  (●)   \   あの迷った時と同じだお。
      {       /      |     (__人__)      |  
      ヽ     ノ、     \    ` ⌒´     ,/
     / |/\/ l ^ヽ     /7          l─、
     | |      |  |    |l         | |







125 :名無しのやる夫さん :08/12/14 13:54:33 ID:ID:4A3lN5s++
 
../: ;:::::::: ::::::/: : .:::::l .:::|、: : :|.:::i::: : _: : .::l::. :|::: : :|:::|::. : l : |::::::. : | :| : :
.l: l :::i::: ::::::l |: .:::::::| ::;|::;:\|:::::|r'´ヾi .:::l|:: :|:::: : |:::|:::::. :|: :|::::::: .:|: |: :
.| l| :::|::::::::::| | .:::::::;l.:::l|:::|:. :|\ト:: : :/.:::/|::::l|::::: l|:λ:::. |:. :|::::::: :|:: | : :
.|:l.| :::|l::::::::| |゙.:‐-:A,,|_|::|:::.|l::::l|\ /:::/ |::/.|:::::/.|/ |:::: l::::|::::::::::|:::;l: : :
..l| l:::::|.|:::::::|l| :::::/ .|:| ゙|ト:、|::| |::::.゙ト:/ |/,,|=:/‐|゛'''|:‐:|-:|、:::::::l|:::l: : :
 ゙..l::::|λ::::l':|:::::lヾ=l|,=-l、l:|、| |:::::λ゙rl'´ |7_''=≡''|-/|/|:::::::/.|:/:. : :
  ヘ:|l :〉::::::l|::::| ヘ ゙{: : il ヾ、  |::/ ゙{、、,,}/:l ゙l´{lソ}/}、 ゙}:::::イ |/::::. :    (……1年間も続いた下僕制度を断ち切るのは、
   〉 ハ:::::|l:::|゙l ゙ ゞ: :': :ノ.゙  ゙'   ヘ`゙l、 ヘ ゙i,}ニ'ソ/ ノ|:/ |./: :::::::.    この人間達かもしれない……
   ./:/: : ヾlヘ:|::|.  ゙´ ̄`       \ ヾ、ヾ二'_ノ/'´ |.': : :::::::::.
   //: : ..::::/ .::::l       ,      ヽ、._,>.ィ'゙\   ||.: : :::::::::    そう思わせてくれたから……協力してあげる。
  /': : : .::::/ .::::::ヘ      ヽ       ,,   ,}l  \ -|:|: : ::::::::   私の"お父様"の望みを叶える為に……)
  /': : : .:::/: .:::::::::::丶      _       ゙''-‐''   ., |.゙´|:|: : :::::::
 / : : : .:/ : .:::::::::::::::::::\    ` ゙''''''''        /--‐''|:|: : ::::::
./ : : : .:/: : .:::::::::::::::::::::::::〈.ヽ、   ゙        ,.イ : : .::::::::_|:.| : :::::
'‐'''゙´ ̄ ̄`゙''‐-.、_:::::::::::,rヘ. :゙lヽ.   __,, -‐ ‐-'ァ:'' : ..::::/,ハ::| : :::
:: : : : : : : : : : : : : `ヽ、く;;;:::::\ヘ-`'''ヾi´:: : : ;/ : ,r''´ ̄`゙`ニ=l:ヘ: ::


     ____
    / ⌒  ⌒  \
  ./( ―) ( ●)  \   (……なんか凄い見られてるお。
  /::⌒(_人_)⌒:::::  |   人生に2回あるモテ期の1つ目だったりして)
  |    ー       .|
  \          /








127 :名無しのやる夫さん :08/12/14 13:56:15 ID:ID:4A3lN5s++
ここで本日の投下は終了です。読んでくださった方々、ありがとうございました。
あと前スレの埋めに協力してくださった方々、重ねて感謝致します。







129 :名無しのやる夫さん :08/12/14 13:57:09 ID:LBHrBi8x

にしてもやる夫は相変わらず空気読めないなw








130 :名無しのやる夫さん :08/12/14 13:57:19 ID:mtOFXiyI
乙です~







131 :名無しのやる夫さん :08/12/14 13:57:48 ID:vjI0OnpT
おわっちゃった・・・
乙でごわす








132 :名無しのやる夫さん :08/12/14 13:57:51 ID:DCj+/r2p
乙っす







133 :名無しのやる夫さん :08/12/14 13:58:07 ID:bmb1b2lX

やる夫、それは勘違いだ







134 :名無しのやる夫さん :08/12/14 13:59:39 ID:h2OuAnPk
乙ー
ばらしーとちゅっちゅしたい







135 :名無しのやる夫さん :08/12/14 13:59:43 ID:HLg2FvSM


これもう終盤入っちゃうの?







136 :名無しのやる夫さん :08/12/14 14:01:25 ID:oWkKBGpg

展開速いな
いや、まだ楽しませてくれるはずだ







137 :名無しのやる夫さん :08/12/14 14:06:47 ID:vXa5bV/Q
おつ







138 :名無しのやる夫さん :08/12/14 14:14:36 ID:PcFLprUn


今日も面白いな







139 :名無しのやる夫さん :08/12/14 14:15:03 ID:MjSzGEJ1

一週間後と勘違いさせられたぜww







141 :名無しのやる夫さん :08/12/14 14:23:30 ID:JSOfNR7R
ちょー乙ー!!
ハラハラさせる展開で手に汗握っちゃいました







142 :名無しのやる夫さん :08/12/14 14:28:19 ID:CqzEo7EM

次回ついに責任者か……







143 :名無しのやる夫さん :08/12/14 14:33:51 ID:/uj5mptF
乙。
こういう展開は面白いが心臓に悪いなwww








145 :名無しのやる夫さん :08/12/14 14:51:09 ID:YsbSbYhD
乙!







「ひきこもり」救出マニュアル
「ひきこもり」救出マニュアル斎藤 環

PHP研究所 2002-06
売り上げランキング : 132464

おすすめ平均 star
starひきこもりは怠け病である
starひきこもりは、なまけではない。
starよくわかっていらっしゃいます

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
関連記事
スポンサーサイト
[PR]





カテゴリー「やる夫が薔薇屋敷に監禁されるようです」内の最新記事

だ

    やる夫が実に邪魔ばかりしてるなwww
    やっぱり責任者はアイツなんだろうな
    続きに期待
    [ 2008/12/16 16:37 ] [ 編集 ]
    >>1乙。「転換点」か・・・
    [ 2008/12/16 16:43 ] [ 編集 ]
    あぁ,なんか収束してきた感じ
    うまいな,面白い
    >>1乙管理人乙
    [ 2008/12/16 16:58 ] [ 編集 ]
    引きこもりの中学生…
    いったい誰なんだ…
    [ 2008/12/16 17:02 ] [ 編集 ]
    amazonwwwwwwwwwwww
    [ 2008/12/16 17:05 ] [ 編集 ]
    今回も何とか生き延びた。
    オリジナルだから作者の『飽きた』で殺される可能性もあるからこのシリーズは油断できん。
    [ 2008/12/16 17:17 ] [ 編集 ]
    一気に核心に迫ってきたな
    面白すぎる
    次回に期待
    [ 2008/12/16 17:31 ] [ 編集 ]
    BGMが逆転裁判の尋問シーン的なイメージだった
    [ 2008/12/16 17:47 ] [ 編集 ]
    コレがアマゾンクオリティかwwwwww
    [ 2008/12/16 17:54 ] [ 編集 ]
    wktkwwww
    早く続き見たいww
    [ 2008/12/16 18:34 ] [ 編集 ]
    ついに大きく話が進んだな、単なる更生話ってオチではなさそうで少し安心した
    面白さを維持したまま完結してくれるのを切に願う
    [ 2008/12/16 19:38 ] [ 編集 ]
    やらない夫楽観的だな。元中二病の俺としては説得なんか通じないと思うが。
    [ 2008/12/16 20:37 ] [ 編集 ]
    ばらしーかと思って安心してたらきらきーだった展開とか欲しいが
    プロの読者達をだませんだろうなぁ
    [ 2008/12/16 21:53 ] [ 編集 ]
    前から気になってたけどアマゾンの商品って誰が選んでんの?
    管理人?それともほんとにアマゾン?
    毎回空気読みすぎてて吹くんですけどwwwww
    [ 2008/12/16 22:56 ] [ 編集 ]
    Amazonのはまとめブログの作者撰なのか!?
    流行のアフォっーやつ?
    [ 2008/12/16 23:44 ] [ 編集 ]
    急展開だなw
    wktkが止まらないwww
    [ 2008/12/17 01:07 ] [ 編集 ]
    ※9891
    それアフォやない、アフィや
    [ 2008/12/17 01:49 ] [ 編集 ]
    あーもうばらしー可愛いな惚れ直した。次のローゼン本はばらしーをいっぱい登場させよう
    [ 2008/12/17 03:32 ] [ 編集 ]
    ※9914
    アニメを原作に登場させるのは難しい気が・・・


    多分、きらきーとばらしーに関しては作者とテレビ側で齟齬があったと思っている。
    [ 2008/12/17 09:37 ] [ 編集 ]
    ばらしー株がぎゅんぎゅん上がるよ
    俺の胸はきゅんきゅんだよ
    ばらしーかっわいいよぅばらしぃっ!

    ……ふぅ
    [ 2008/12/17 23:08 ] [ 編集 ]
    バラ処女は休載になったね
    [ 2008/12/18 10:53 ] [ 編集 ]
    10kmじゃない吹いたwww
    [ 2008/12/21 23:32 ] [ 編集 ]
    コメントの投稿













    管理者にだけ表示を許可する
やる夫ブログについて
20101110:「やる夫はロス市警の警部のようです」を掲載させていただきます。本当にお待たせして申し訳ございません。これ以降も随時、更新の途絶えていた作品を掲載していきたいと考えております。ご迷惑をおかけして申し訳ありませんが、どうか長い目で見ていただければ幸いです。

20101030:「やる夫のサクラ大戦」にて、記事の掲載順序を誤りました。 作者様、および楽しみにしていた読者様にお詫び申し上げます。 申し訳ございませんでした。

20101004:「やる夫たちが夢の国で遊ぶようです」につきまして、こちらの不具合で記事が切れてしまっております。作者様、及び楽しみに読んでくださっている読者の皆様にご迷惑をおかけしてしまい、申し訳ありません。
一度下書きに戻させていただきます。よろしくご了承ください。
「やる夫で学ぶことわざ」の作者様より、やる夫ブログ用のスポンサー案内をいただきました!本当にありがとうございます!さっそく使わせていただきます!

20100811:皆様、大変ご無沙汰しておりました。ぼちぼち更新を再開できればと考えております。
「やる夫がDQⅢの勇者になるようです」についてですが、コメントを頂けるのは大変うれしいのですが、他作品のコメント欄での投稿はご遠慮願えれば幸いです。
恐縮ですが、ご協力よろしくお願いいたします。

20091222:年末なので順調に更新量が減っております。今日明日はお休み、再開一発目は「やらない夫の超兄貴」になる予定です。作者様、まとめが遅くなり申し訳ございません。

20091208:今週クソ忙しいので、かなり更新が減ります。ご了承ください。

20091116:更新の調子にもよりますが、週末をめどに、カテゴリを追加する予定。前回追加からだいぶ間隔開いたんで、かなり溜まってます。

やる夫ブログについて

姉妹ブログというか同一人物ブログ。
やる夫ブログ(裏)(18禁です)


 ネ タ 投 稿 お 待 ち 
 し て い ま す ! 
(↑結構心から待ってますw)

 ネタ投稿の他、転載お断りの記事、相互リンクのご希望等ございましたら、お手数ですが下のメールフォームよりお知らせください。なお、http:を付けるとエラーになってしまうようなので、ご投稿いただける際にはhttp:を抜いていただきますよう、よろしくお願いいたします。
相互リンクの反映に時間がかかってしまい申し訳ありません。気長にお待ちください。


嬉し泣き
美麗なタイトル画像を描いてくださっているのは、こちらの方々です。
本当にありがとうございます。


七市様
Shadow3_convert_20091008101141.jpg
ハルヒとやる夫、やらない夫の表情が最高のタイトル画像。冬にぴったりの美しい作品です。


1様
http://blog-imgs-15.fc2.com/y/a/r/yaruomatome/yaruoblog_title_convert_20091026144430.jpg
柔らかで暖かい雰囲気がたまらない作品。みゆきさんヤバすぎで管理人狂喜の舞を舞っておりますwww

1様のプロフィールはこちら


65様
securedownload_convert_20091008101321.jpg
同じく「やる夫がチェルノブイリに旅立つようです」より。元ネタの雰囲気をビンビンに伝えるダークな作品。


草葉様
Shadow3_convert_20091008101141.jpg 「やる夫がチェルノブイリに旅立つようです」をモチーフにしたタイトル画像です。物語の後、このタイトルを見て吹きました。

219c0c442.jpg

草葉式


味噌様
yaruoblog_convert_20090519194443_convert_20091008101235.jpg
やる夫ブログ初!物語とタイトル画像のコラボレーション!快く、最高に美しいタイトル画像を描いて下さった味噌様に感謝です!




トンボ様
minamike_convert_20090519194731_convert_20091008101216.jpg
夏にぴったりの逸品を、トンボ様よりいただきました!水着ハァハァ(´Д`;)


トンボのかんさつ日誌


ヒジキ様
nagato_convert_20091008101341.jpg
管理人のツボにはまりまくりの長門!大好きだ!結婚してくれー!



ヒジキ煮


aro様
yaruo_blog_fix_convert_20090210225801_convert_20091008101403.jpg
らきすた勢の見事な描写もさることながら、このやる夫にしてやられました。


Charged time-out


Yutaka様
RMm06_convert_20090127165950_convert_20091008101426.jpg
個人的に水銀燈が一番好きです。タイトルのセンスも◎。本当に有難うございます。





マブチョコ_m様

この魅力的なボディにくらくら!管理人はこの人の同人誌が大好きです!やる夫ブログの記念すべき初タイトル画像。全てはここから始まりました。



うにゃらら大飯店



イチオシ

やる夫がDQⅢの勇者になるようです

自らを成長させる姿に心震える
作品。普通の掛け合いなのに、
自然と笑みがこぼれる構成と
演出は見事の一言。
自分を好きになれる、極上の映
画を見た後のような読後感は、
自信を持って「最高だ!」と賞
賛できる作品です。





過去の「イチオシ」一覧を作りました。
管理人オススメ記事

管理人が抱きしめたいほど好きなやる夫作品

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。