FC2ブログ
2017 09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 11
やる夫ブログヘッドライン



【お気に入りサイト新着記事】 【カテゴリー一覧】

    
   
【最新エントリ】



スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




カテゴリー「スポンサー広告」内の最新記事

だ

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | はてなブックマークに追加

やる夫が薔薇屋敷に監禁されるようです 第十回 

382 :名無しのやる夫さん :09/01/07 22:05:09 ID:4XU7ZGuI
 
              _,,  ___,,;z
         ,  ,,.-''´ ´ ̄     `‐-、_
       ,, /l-'´             _ '"┐
       /∨   、、iヽi、        / /  丶          ~ 前回のあらすじ ~
       {     ヽ`ヘヽ   ____ イソ/  ',
       ト、   , -―― ゝ''"´     `ヽ、   ',       ジュンのピンチに雛苺が登場した。
        ',ゝ、l                ',   lィ
      lミ、 { _,,..-‐一ノ  ヽー‐;;ニ_ ̄丶 {   l
      | ` |'  ,-;=;ヽ     "ゞソ、゙ゝ  ',   イ
      ',  | "‐"´  , '             l   |
       ゝ |      '           |  j
       ヽ{      '''__        /゙ヽ/    < 原稿は終わったが薔薇屋敷は終わってない。
          (ヽ    '´,,.._ `ヽ       ト、)}       俺達のやる夫スレはこれからだ!
        i{ ',               _} /,'            
           i-ヘ             _ノゝニソ           
         `‐へ   _,,,...     ´ l
       j´  ̄ ̄ ヽ             {
      ´       ',          i







384 :名無しのやる夫さん :09/01/07 22:06:47 ID:4XU7ZGuI
 
 30分前―――


     / ̄ ̄\ 
   /   _ノ  \
   |    ( ─)(●)
   |      (__人__)    …………
.   |        ノ     
    |      ∩ ノ ⊃    
  /     ./ _ノ     
  (.  \ / ./_ノ │
  \  “ /___|  |     
.    \/ ___ /


         ____
       ./ ⌒  ⌒\     
      /  (>) (<)\    どうしたんだお、やらない夫。
    /  ::::::⌒(__人__)⌒ \   これから「責任者」に会うからって、ガラにもなく緊張してるのかお?
    |        ` Y⌒ l__   |
    \       人_ ヽ /
     /,        ヽ \







385 :名無しのやる夫さん :09/01/07 22:07:51 ID:4XU7ZGuI
 
   / ̄ ̄\ ヒソヒソ
 /   _ノ  \
 |    ( ●)(●)     ……やる夫。どうやら俺達、尾けられているようだぞ……
. |     (__人__)  
  |     ` ⌒´ノ   
.  |         }
.  ヽ        }
   ヽ     ノ        
   /    く         
   |     \          
    |    |ヽ、二⌒)         



   / ̄ ̄\   何故尾けているのかまでは知らん。
 /   _ノ  \  でも良い理由ではないよな、常識的に考えて……
 |   ( ●)(●)  
. |     (__人__)____
  |     ` ⌒/ ─' 'ー\
.  |       /( ○)  (○)\  え゛ッ
.  ヽ     /  ⌒(n_人__)⌒ \  
   ヽ   |、    (  ヨ    |
   /    `ー─-  厂   /
   |   、 _   __,,/     \







386 :名無しのやる夫さん :09/01/07 22:09:09 ID:4XU7ZGuI
 
         ____
       /      \  ヒソヒソ
      /  u   ノ  \
    /      u (●)  \  ど、どうするお? 真紅と翠星石に言って……
    |         (__人__)|  
     \    u   .` ⌒/
    ノ           \


   / ̄ ̄\
 / ノ  \ \
 |  (●)(●) |       いや、待て。尾けている奴……仮に「X」とするが、
. |  (__人__)  |     このXは俺達が気付いてることに気付いてない(ややこしいが)……
  |   ` ⌒´  ノ      だから俺達はXに気取られないようにしつつ、奴の行動を逆手にとってやろう。
.  |         }
.  ヽ        }
   ヽ     ノ        
   /    く         
   |     \          
    |    |ヽ、二⌒)         







387 :名無しのやる夫さん :09/01/07 22:10:41 ID:4XU7ZGuI
 
       ____
     / \,, ,,/\     
   /( ●) (●)|||\    逆手に……?
  /::::::⌒(__人__)⌒:::U\   やる夫達は今、余裕のある状況とは言えないお。
  | U   |r┬-|     |  そんなXとかいう奴に構ってる暇あるのかお?
  \      `ー'´     /


     / ̄ ̄\
   /   _ノ  \   
   |    ( ー)(ー)     逆だ。今だからこそ、懸念事項は潰しておきたい。
.   |     (__人__)     
    |     ` ⌒´ノ     俺達を尾けるってことは、正当な方法で「責任者」に会えない奴だろ?
   .l^l^ln      }        そんなヤツが考える事って、大体想像が付くじゃないか。
.   ヽ   L     }        極端な例だが『「責任者」の場所は確認したので、後日暗殺に伺います』
    ゝ  ノ   ノ       だったらどうする? 今のうちに捕まえておかないと、俺達の計画もパーだ。
   /   /   \
  /   /      \
. /    /     |ヽ、二⌒)、
 ヽ__ノ     








389 :名無しのやる夫さん :09/01/07 22:11:58 ID:4XU7ZGuI
 
            ___
       /      \
      /ノ  \   u. \   ……なるほど。確かに「責任者」は多くの恨みを買ってるだろうし……
    / (●)  (●)    \  でも、Xを引きずり出す方法ってあるのかお……?
    |   (__人__)    u.   |
     \ u.` ⌒´      /
    ノ           \


    / ̄ ̄\
  / ─  ─\
  |   (●)(●)|    「責任者」はヒッキーなんだから、俺達はおそらく密閉された空間で会うんだろう。
 . |.  (__人__) .|    Xはそこに入れない訳だから、「責任者」に何かするとしたら俺達のスキを突いて
   |   ` ⌒´  ノ    部屋に入ってくる必要がある……
 .  |.       .}  
 .  ヽ        }     俺達のスキ……つまり、常に周りに気を配っているであろう真紅や翠星石ですら、
 /   ヽ     ノヽ    「責任者」や「部屋の入口」から注意をそがれるような状態……
./ /   ∩ノ ⊃|  |
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
 . \ /___ /







391 :名無しのやる夫さん :09/01/07 22:13:53 ID:4XU7ZGuI
 
 そして―――

 {      / /     l \_     l:::::::l    |二二1
  つ   /  ,    l  |   ]     l:::::::l   イ〔V  | |
 └‐t  /   l    | l  |  l {      l:::::::|     | ∨/
    L. l !  |    l| N  l_廴 ィ   ,ィヱヘ   匸. | l
     | l  l l | N ナマ彡ャ‥Y|_ 〈ヘ{そリ   | l |
       !l  トl,イ、.| jノ  ハrい 八 L. ト-r'  r イ !| ヽ   ……最低……最低よ、あなた……
      l|ヽ ヽiYf:ハ     ゞ‐'  | イ |/::::/ _ノ | l !ヽ|
          liヘり    .:::::::::::. .l |l  !:::/ //   | ! |    あなたを信じた、私が馬鹿だった……!
          l l.::::.ヽ _ 、     l l |  !//     ! l |
          | ヽ、 ′    _//イ  |´       | l l
         / /| ` 、  r'´ // ̄| lフ       l l  !
         //| l / ̄, ィ、 //:::::::l |ーt.     l| !

                 __
                /   \
              /ノ   ヽ_\  
             | (●) (●)|    騙す方も悪いけど、騙される方も悪いと思います。
              |  (__人__)  .|     なんつってな。
              l  ` ⌒´  |   
              {         |    
               {       /      (出てこいや……! 「X」っ……!)
          ,-、   ヽ     ノ、  
         / ノ/ ̄/ ` ー ─ '/ ヽ,
        /  L_         _( { r-、 ヽ
           _,,二)     〔― ‐}     |
           >_,フ      }二 コ\   Li

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~







392 :名無しのやる夫さん :09/01/07 22:14:23 ID:bxnAYIb8
こんなやり取りが







393 :名無しのやる夫さん :09/01/07 22:15:29 ID:4XU7ZGuI
 
         ____
       /      \      ……で、ちょっとした騒動を起こしたわけだけど……
      /  u   ノ  \    ちょっとしたってレベルじゃねーお! もっと上手くやれお、ヒヤヒヤしたお!
    /      u (●)  \
    |         (__人__)|   ハァハァ……で。やらない夫はここまで予想してたのかお?
     \    u   .` ⌒/   Xができる夫で、雛苺がここに来ることまで……
    ノ           \


   / ̄ ̄\
 /  ノ   \        できる夫かもしれんとは思った。俺達が今日「責任者」に会うことを
 |  (○) (○)|        知ってる数少ない人間だからな。それでも、どこかで情報が漏れた可能性もあるし
. |   (__人__) |          断定はできなかったんだが……
  |U  ` ⌒´  ノ
.  |  U      }       けど、雛苺の方は予想外にも程があるだろ……
.  ヽ     U }
   ヽ     ノ
   /    く
   |     \
    |    |ヽ、二⌒)







395 :名無しのやる夫さん :09/01/07 22:16:16 ID:4XU7ZGuI
 
           / ̄ ̄ ̄ \
         / ノ  ,.、  ヽ \
        / ;;;(○):::::(○);;;; \    クソッ! たかが人形が1体増えたところで!
    ∧、  |      __´___ U  . |    「責任者」と共にジャンクに成りなさい!
  /⌒ヽ\\ U   `ー'´    /
  |( ● )| i\.ヽヽ、___ ーーノ゙-、.
  \_ノ ^i |  '; \_____ ノ.| ヽ i
   |_|,-''iつ |   \/゙(__)\,|  i |
    [__|_|/  >  ヽ. ハ  |   ||
     [ニニ
     └―'


|||||||l'     ||||||,ヘ|||||||||||||/=|||||-=ー‐_'´ ヘ|ヽ‐--::::――┴―‐|/
||||||l      |||||/ |||||||||||/-,,'´|||l''´' ´  ̄_  l|||0.|======ヘ||||/
|||||l'      |||l/  |||||||||/r '´イ||l==r ̄`ヽ ̄T|||r'       |||/
||||||l    /|l/  |||||||ハ|l.   ||'| ,' , ○ヽ ゝ||,        |/
|||||| l  /,-|l/=、 |||l/ l||l.   |ヘ l ゝ、ノ l /´||||       /
|||||| l/',´ 'l/,=ヽヽl/ ,,-ゝ|l:   ヽヽ_,,,==ゝ-' |||'          '´
ヽ|||| r r'´ r't ̄0ヽ||l〆,,, --ゝ|l=、   ̄ ____, -‐'´,'          7、
|||T|| ||l.l、 || l l ヘヽ||l' ̄   ヽ`ー--―',--―´ ̄//          |
|||||.` ヾヾ- ヽ ゝ`'´ノl|l       ̄ ̄ ̄  / / / /       |   ひぃぃぃ…………!!
||||||.  ヾハ ヽゝ'´,// l             /   / /        |   た、助けて、誰かぁ……!!
|||||||.  /ヾ ヘ_, -'´‐'´ /               / / |        /
\||||. /  T-‐' ´   ヽ                  / |      '
  \| l'   ||||ゝ           _,,,、、
ヽ   |l    l|||ハ         t=-‐'´
 ヽ||||l    ||l  ゝ
  ヽ||     ||    ヽ                   /    /
   ヾ           ` -、              〆    /







396 :名無しのやる夫さん :09/01/07 22:16:31 ID:ECILRNs1
危険な賭けだな~







397 :名無しのやる夫さん :09/01/07 22:17:35 ID:bxnAYIb8
JUM情けなさ杉www







398 :名無しのやる夫さん :09/01/07 22:17:44 ID:4XU7ZGuI
 
      / ̄ ̄\
    /ノ(  ゝ 、_,ノヽ
    | ⌒(( ●)::(●)    待て、できる夫……!
.    |     (__人__).    俺達の計画を知ってながら、一体どういうつもりだ!?
     | U ` |::::::::|´ノ.    
      |    `⌒´ }.
       | u     }
      |  u    ノ


       ____
     /     \
   /  _ノ ,、ヽ、_  \
  / ;;;(◯)::::::(◯);;; \   どういうつもり?
  |      __´___     .|   見れば分かるでしょう。「責任者」を殺せば、私達は解放されるのですよ?
  \      `ー'´     /
  /          \







400 :名無しのやる夫さん :09/01/07 22:19:16 ID:4XU7ZGuI
 
   / ̄ ̄\
 / ノ  \ \/`i
 |  (●)(●)./  リ
. |  (__人__)..|  /      こいつがどうしようもないクズならそれもアリだったかもしれんが、
  |   ` ⌒´ リ  ヒ       実際は話せば分かる人間だったんだ! 時間をかけて、うまくやる予定だったのに……
.  ヽ     //  ,`弋ヽ
   ヽ  - ′.Y´  , `ヽ`.l  大体殺して解決を図るなんて、それじゃ薔薇乙女と同じだろうが!
   /〈  `ー〈::....ノ   V
   | ヽ_ー 、 `ヾ_/ //
    |    フ-、`ー┴‐-〃
         `ー‐一′

       ____
     /     \
   / _,ノ  ⌒ \      いいえ、違います。薔薇乙女は自分たちの欲求のままに下僕を殺す。
  /  ;;;(◯)::::::(◯);;; \    しかし私は全ての下僕の解放の為に彼を殺すのです。
  |       、 ´        |
  \       ̄ ̄    /      私がやらねば、誰がやる。そう神の啓示があったのですよ……
  /           \








401 :名無しのやる夫さん :09/01/07 22:19:59 ID:4XU7ZGuI
 
待ってくれお、
やらない夫!      / ̄ ̄\
     ____   /ノ L \ /\
   /      \  |  ⌒ ( ●)(●)
  /  _ノ  ヽ、_ \|     (__人__)   ,∩__   何が神の啓示だボケ!
/ o゚((●)) ((●))゚o|     ` ⌒´ノ   fつuu  お前の自分勝手な妄想だろうが!
|     (__人__)    |         }.   |   |
\    ` ⌒´    ヽ.        }___|   |
 /  ̄\   / ̄ ̄ ̄ .ヽ     ノi     丿
 |  ヽ、 \/  /(⌒)       ξ) ̄ ̄ ̄
     \ ./  / /         |


       ____
     /      \
   / ─    ─ \       明らかに今のできる夫は正気じゃないお。
  /   (●)  (●)   \   まるで何かに憑かれたような……
  |      (__人__) U  |
  \     ` ⌒´     /







402 :名無しのやる夫さん :09/01/07 22:20:17 ID:bxnAYIb8
実際JUMは殺されても文句言えないようなことしてるよな







403 :名無しのやる夫さん :09/01/07 22:21:16 ID:4XU7ZGuI
 
       ____
     /     \
   /  _ノ ,、ヽ、_  \
  / ;;;(◯)::::::(◯);;; \   ……いえ、私は私自身の意志で行動していますよ、やる夫くん。
  |      __´___  U  .|   早くここから逃げなさい……そうでないと、あなたにも消えてもらうことに……
  \ U    `ー'´     /
  /          \


            ___
       /      \
      /ノ  \   u. \     はぁ……? ほ、ほら、やっぱり変だお!
    / (●)  (●)    \   下僕のやる夫達を解放するとか言いながら、消えてもらう?
    |   (__人__)    u.   |   支離滅裂じゃないかお……お前に何があったんだお!
     \ u.` ⌒´      /
    ノ           \








406 :名無しのやる夫さん :09/01/07 22:22:46 ID:4XU7ZGuI
 
       ____
     /U    \
   /  _ノ ,、ヽ、_U \
  / ;;;(◯)::::::(◯);;; \   は、ははは! 細かい事を……だから神の、神のお告げがあったのですよ!
  |  U   __´___     .|   人間を消し去れとのお告げが!
  \    U `ー'´   U /
  /      U   \



       / ̄ ̄\  ……人間を消し去る?
     /  ヽ_  .\
     (●)(● )   |         ____
     (__人__)      |           /      \
     l` ⌒´  U |      /─    ─  \     また大きく出たお……
    . {         |       / (●)  (●)   \   何か悪いものでも食ったのかお……?
      {       /      |     (__人__)  U   |
      ヽ     ノ、     \    ` ⌒´     ,/
     / |/\/ l ^ヽ     /7          l─、
     | |      |  |    |l         | |







407 :名無しのやる夫さん :09/01/07 22:24:35 ID:4XU7ZGuI
 
 ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::  .:;;;;: ,,:;;;;;;;;;;;;:::::;;;;;;;;;;;;;:;;;;;;;;::::::::.          .,,,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::
 ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;   ..;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::;;;;;;;;;;;;;;:;;:::.:....         ,,,:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::    ....::
 ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;   ..:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::;;;;;;;::::::::::..          .,,:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::   .....::::::::
 ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; ,:, .:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::;;;;;;;;;;;;;:::: プシュウウウウウ  ,;;;;;;;;;;;;;;;;:::   ,,,:::::::::::::
 ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; :;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;____:::::::      ..,,:;;;;;;;;;;::::   ....::::::::::::::::     ..,,;;
 ;;;;;;;;;;;;;;;;;;     ..:;;;;;;;;;;;;;;;/     \:     ..,,:::;:::::     ...:::::::::      ,,;;;;;;;
 :;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:,,  .:..:;;;;;;;;/  _ノ ,、ヽ、_  \ ...       ....:::::::     ..,,,,:;;;;;;;;;;;;;;:
 ::::::;;;;;;;;;;;;;;:.:;;;; ..  ./ ;;;(◯)::::::(◯);;; \ 下僕を解放して、人間を消し、;;;
 ::::::::::::::::::::::::::;;:,:;;;;;;:,|  U   __´___     .| 消し、消して完結……?;;;;;;;;;;;;;;::::
 ::::::::::::::::::::::::::::::;;;;;;;;;\      `ー'´   U / ....:::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::
  :.-.、、:.、:::::::::::::::;;;;;;;/           \::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::


          ____
         /      \
       /  u   ⌒  \
     /      u (●)  \
     |           __´_ |  ……あ、あれ? 私はどうしてこんな所に?
      \    u   .``ー/
     ノ           \







408 :名無しのやる夫さん :09/01/07 22:25:26 ID:4XU7ZGuI
 
        l               ,. -‐ ´※    米 ` ヾ、
       \        / r ´  _,. -匕 ̄ ̄`ー 、 ※ヘ
        \   _/r‐┘r‐ ′         }丶、ハ 、
         \ />、 _ノ /  //   _ ノ     l   V∧\
              /`   {  /  X ∠ _  ´    /  /    |\}/
            ,′   f /  /  /   //  ∧ i  ハ ヘ
         /     _」 ,′ ! ∠ >--ィ_, イ / / ハ |  l   ト、
          /    {  l   l 卞テ=rミ / / / 、{  }\ /  } |
       / /  f  ハ  ∧ 弋tツ ノ /´  ミ二' 7 ァ 、 リ`|   こいつ……今更シラを切るつもりですか!
        / /    }  ゞ、   ト、         下りアイ / ,イ/ |   なんてヤローです!
        //     ( ※  ∧、 \_     ,!    ̄/ 〃 //
      /′      }   l l \ ̄   r=_,   // ̄7
      /        ,1  + }/、  \    _  ィ´  } 米 /
    /       /{  ※ ! \   7  ̄/  /   !  {1


          / `、   ``丶、.>.|、 _,i´((Y)ヽ    |>
        /    ヽ、      ヾ´_,!ヾー-  ト、  ?
        l     / ``丶-、._  ヾ `'ー-ー'i ヽ? !
          |    /       ``丶ヽ   _,,.-`'"   !
          |    /           _,,.`ュニ=.,、      l
        |   / _,ュ-‐-     ´  _,,..,,_ `i    .l    い、今のうちにふんじばってやるのかしら!
         !  /    _,,_        ,r'´;;;;;ヽ\ l ,r'ヽ .l    逃げられたら困るのかしらー!
           ! ./  ,r'´;;;;;;ヽ      ト、;;;( j /  |/
          ヾ ! .,' .ト、;;;( j      ゞ、,__,ノ  l!  ノ
        ⊂  ヾ!.、 .ゞ、_,ノ   i         i!/
           i´'、                , イ-ー-、
       ⊂   l ! .ヽ     γ⌒ヽ    / |!_,,..r‐''_,,.-‐-
           ヾ  丶  U  ヽ  !  , -'!-,rニ"-'-ニ二,
            ., -'"  ` r- ,,__,, ィー‐-l´    __,,,,... |
          _,,r´ _,..、-z='、  i/ヾ,_,l,,_   !-‐ニ´'  _,,|







409 :名無しのやる夫さん :09/01/07 22:27:12 ID:4XU7ZGuI
 
      _ }.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/   /  l   \ー 、:.:.:.:l:ヽ:くr..、
    {:.`:.:.:.:.:.:.:/     l         Y`:.:.:.:.|:..:l/.:.:.:}
     ⌒}:.:.:.:/      |    l    ト、:.:.:.:.l..:.l.:.:.イ
      {_:rュ/ /  /  !ハ   l l l  .::l _}:..ヽ|..:.|:._:小
   /  .V  .l  .:|:  | l  リ:| l .::ハ_:.:.:.リ:...l´.:ィ
  /  ...::/:{ .::| i ..:{::. !   /.::j ./ ノイ:::r‐':./:../:.:_レ   …………!?
 /  ...: イ .:ハ  ト -┬ヽ、ト:.. / .:イ/jナ7:.不::.{__/:.:‐ァv'   
/ /:// :/ トトヽト-ァテ=ミヽト/ノ ィテオく/イVrj、}:.:.{ィ    2人共、待って! この感じ、薔薇乙女……?
´ ..:::///    }ヽ ハヘ 赴ソ     ^ 赴ソイi :ト{にソ{^´      外……でも、遠くないわ……!
..::j//    ノイ /ヽ、   ′     ,リ /_:/⌒´
:/_ --_.ニイ//, -ァ >、  '=' _ /}/´
// ̄   /' <_:.ノ..: :`:._ァァ{、.:://:\
>‐`ー- ∠/   { :..:.:, =-Vォ}ソ/ :/:.:.:.:.:ヽ


      `l '` :/l //  //     ヽ   ヽ l\ ./l,.l
      ll /l ̄ //  / l'     |ヽ   ヽ ̄ l' ヽl
      /.`/   ./,l'   l' .l       l    |  l, ヽ
    /  |    l   |, l |    /||  ,   l,  l
   /   l l,   |l   .|ヽ l .l    //l' /l  /  /
 /     ヽl、  .l‐l 、l、 l ヽl、ヽ  , '/.l//_/l  / /
/       l, /ヽ l. ゝ,r==t ``ヽ//',r==t、、 ,'l/' |/     やっぱり……近くにいるの!
l        .l,/ /ヾl`'´| l;;;;l !       | l:;;;l iヾ / l /_     ぜったい逃がさないのよ!
l ===、、 .ヽ="==',l-、ヾ、,ノ     ヾ、,ノ _,/==/  ,
\ ___ ゛`ヾー==ハ´           ヽ==ゞ、〆"
    ゝ`ヽ、ヘ__>>、     r‐,     /l< ´_`ーゝ
    ー〆`   `7_,へ` 、  ` '  ,、_'´へゝ'´  ヽ=
     `ー'´  , 、    ̄ `.l ー -‐l´    `, -、  '"`







410 :名無しのやる夫さん :09/01/07 22:28:40 ID:4XU7ZGuI
 
~ 庭 ~
 
     / 〃 t(⌒´  ̄          ̄   ヾ一;、/ | ,
.    /   {し_)     /  i         ヽ   ノイ  ′ !
    /    /./ / / 〃     ハ | i  ∥   ゙,   ∨ /  j|
  /  / / , ,  ″: | |i  ?| |∥ ,  | i  ' /|   〃
    / イ | | ∥||| || ,..⊥l | |∥ |! | |  /' |  ||
   /   | | | ∥|l| | {f'´|メ | |∥ |! l/  /  |  ||
 /   /| ∥ | j⊥ヘ¬ ム)) |∧_/|_l_/j! /  /  i |  ||   ……あの下僕……抵抗する……?
    /  | 八 ∨{ ィrァミ くヾ ノ' 斗┬ャミ /  ,   i|  l|   使えないわ……
   /   ヽ |ヘ トヽいYレ' ノ    ゝツノ / ′  l   l|
 /      イ  |`ヾ二 イ ,      / イ  i  |   l   でも……「責任者」の場所は、分かったもの……
      //  | 下 乙  ,._    / / |  |     |
      /__/  イ  |{>‐、 `    / /l | |  |   |
    / K⌒Y´  し¬ \ (>z<:/ />| |   |     l


  / `ー〈  `` ヽ            '¨´ `ヽY/´ ヽ
/    ノノ         /  |    !    ,)) |  |
     ((´     /  /  ./1  !  .::,′   .((  |  |
    //    /./ ,イ .:/ | ,′.::/i::.   l.::| |  |  !
   .//,′ ,.イ:/__/_/ .:ノ) / /|_.:./_」:: .:/ /l.:| |  |  !
  // i  /.::ハ 7仁l7X / /´l//二「.:/l/ リ ',. |  |   それなら、雪華綺晶が直接……
 /l/ |/|/.:/′Vf.{.い.},':!〃  ィ.ヒiシフ:l::::l.:.   ! |  |
/       /((ヽ こノ   ,     ̄`,'.::.:|::.  | | |  |   ……待っていて、籠の中の小鳥さん……
    .:/   /.:.::))了´   _ _     /.::.:::i |  | | |  |   今すぐ、解放して差し上げます……
   .::/   /.:.::/:::/\  `ー   , .イ.:.::::::| |  | |_/ /
  .:::/   /.:.::/.::/:.:ヽ  ̄`ヽ__∠ ̄`7.:.:::l/  | |<
.:.::::/´ ̄`ー─- 、.:::::>    ) _, イ.:.:.::::L_LL_ \







412 :名無しのやる夫さん :09/01/07 22:30:33 ID:4XU7ZGuI
 
     //    //  / , /   , /    ',     ! .
    ./ /     /イ   '  ' / ,'  //! l    |i    |
    / /     |||l  |i | |l l  | i|| l  |l ! || i
    | {       ||||  || | |l | _| ||l |  |l ! |l |,   ′
    ヽト     |{||  |ト |_|l l {._l小|ヽ\ _,||斗 7 「|   /    『解放して差し上げます』……
      ヽ`二丶 ヽい. ヽ ヽ \ ト|、|_,.ィヘ,ィ'廾j示、ノノ //     人はそれを、余計なお世話と言うわ……
           \、 \\ \示ミ.ヽ| \/{,仟坏Y'} |,イ.ィ_,ノ
          ,ハ|   | !\i ゞ=^     ト{_辻少jノ'/^| | |    ……あの可哀相な小鳥の面倒を見るのは、
          _/ ノ   | | ∧   ノ   ` …=ヘ || |    私や、あなたじゃない……
 ‐=_,ニ  ̄   /  _厶⊥ l l\ ` .__,  ー′ | l | |
 /  _,   ´   |   }| l | }| l丶. `ニ ´    /| l| |
  /      _/ゝ┬‐iしノ ノ ノ | |ヽ>--‐=≦´,--| |∧ ヽ
/       {    |  く_/ーヘ.||     |\∨-‐| |{ l |ヽ


 /   ,_{:::__ )ヽ、_                 ,,イ、ヽ_,-、ノ
  /   ゝ_jヽ   `                 r-r_イ\
:/   f r- '              ,、             ト-、.ヽ  \
      ゝ二ゝ'    /      / |   i    j      !  ノ ノ\ \
      / //     / ,    / /_ l  /   /!     ! ` T     ヽ ヽ
     / //i    / /  ,イ  λf' j ,ィ   / |!   /│ |     |  |
    / ///  ,,/j_/- /-l、i_/,ノj / / l j_/!_|_  //l |  |      |  |   薔薇、水晶……!
  / / l   / /∧ /-f,j│fイ/ / iリ+/,. =j_/!/,リ   |.     |  |
/ /   !∧ !,ノ  トヘ_`少V j/   イ´ir,ノ/ / l     |     .|  |  (……どうして、ここに……?
/      `' ´   /、jfLー- '_/     ` ̄   ∧,│  、, i    │ |   それに何故、私の名前を……?)
           /\_f~ζ´    <i        /ノ| |   |、ヽ   ノ /
         /: : : : ヽ.       _      /: : .| |   |-! |  ̄_,/
        / : : : : : />ーr  ` ´  ..ィー-'ゝ: .| !   ト| |\
      /: : : : : : : / \   `ー-、<ノ  /: : リ|   |│|ヽ `ー -、
   /⌒`ヽ-、_/´ヽ  ノ\.   .ノ   ::く: : : : : : ! __.│| |   ̄ ̄\\







413 :名無しのやる夫さん :09/01/07 22:31:52 ID:4XU7ZGuI
 
~ 「責任者」の部屋 ~


   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ●)(●)
. | U   (__人__)    おいおい……真紅と雛苺、一体どうしたんだ?
  |     ` ⌒´ノ    血相変えてどっかに行っちまったぞ……
.  |  U      }
.  ヽ        }
   ヽ     ノ
   /    く
   |     \
    |    |ヽ、二⌒)


           |    /  _,. -ー ' ´ ̄` ー 、  \    /
           ヽ   l /  /         \ ヽ   /
            ',   {/   /  /   :l      ` 、 !  /
            ヽ  〉.:.: /  /   .:/.:  l.:. ヽ   l|/l
              Y .:.:. /.:  /  .:./,イ ハ.:. ...:|   :|:.:.:|
              | |.:.:. l.:.:. // , イ.:.//:.:/  \.:.:| ...:|:.:.:|   こんな状況になって出てくるですか、7番目……
              | |.:.:. |`'lメ∠_////__, -ー'ヾ:|:  :|:.:.:l   翠星石も行きたいところですが、ジュンと下僕を
              |、ヽ.:.:ヽィ圷ミ    ィ圷ヾ.:.:.:|::.::l   放置しておくわけにもいかんですぅ……
              | lヽ\| 弋r:シ      弋r:シ |.:.:.:ノ:.:.:.',
             /.:|  \ヽ;::::::::    ,  ::::::::::::ノ_/ |.:.:.:.:':、
              /.:.:.l   | 弋    ,. _    フl  /.:.:.:.:.:.:ヽ
.             /.:.:.:.:ヽ  ヽ __ >、___  `_,.ィ< /  /.:.:_.:.:.:.:',
            /:./:`∧  | |` ̄ \ヾ/ノ ̄ ∨  {'´: : : : :\.:.\







414 :名無しのやる夫さん :09/01/07 22:32:19 ID:4XU7ZGuI
 
            ___
        /      \
       /ノ  \   u. \
     / (●)  (●)    \   ……段々思い出してきました。
     |    __´___    u.    |   そうか、私は彼女に操られて……
      \ u. `ー'´       /
     ノ           \
   /´               ヽ


           , '´.: : : : .: .: .: .: .:_/´_, - 、
   _.   /.: : : : : r冖ー'´ _ /__  /l } 〉
  /, - 、\: : : : : : 」  r-―fヒハヘjハ  」/ {
  !|  / :.`',:. :. . : :  {  'r‐ '´{匕犬シj´ { /!
  亅/  : : .\:. :. : : . : ヽ \/ 寸T¨ヽ\丿:'
   ,' :l :.:./  ` - - _:.ヘ _`¨ー| lー-ヽ \:l
   | : l .:.,'           ̄└ヘ|__」へハ/j/:|    何があったのか、よく分からないかしら……
   ∨ : l:.l         / ,夫==<l|〈ヘ∨.: .::l   でも、さっきあなたから出ていった気持ち悪いもの……
    V: ::.{.  _ ,     〃!ハ:::::::::} ヾ j |.: ;':/     それと関係あるのかしら?
     ヽ: :ヘ  ,三..       弋Z:ソ  |! /.://
       \ム{ハ::::::ハ      .:.:.:.:.:  /:´.:.' イ
        入 ゞソ  、:.       /.: :/ .: 」
        {.: ハ .:.::   r_、   /ノ.; ' .: .:/ ̄ ヽ
        |:/ /:>‐- ,.__.  ' /f.: .: /.:〉: :  ',
        ,!ー{:. `:.ー:.l/j|\ヘ --/.:, :' .::イ: :   '.







416 :名無しのやる夫さん :09/01/07 22:33:53 ID:4XU7ZGuI
 
          ____
         /      \
       /  u   ⌒  \     あれに操られていたようですが……それ程深い洗脳では無かったみたいです。
     /      u (●)  \   あなた達が私の発言の矛盾を指摘した事で、
     |           __´_ |   私が自分自身に疑問を持ったのが解けるきっかけになったのかと。
      \    u   .``ー/
     ノ           \


    / ̄ ̄\
  / ─  ─\
  |   (●)(●)|    洗脳とは、恐ろしいが……手遅れにならなくて良かったな。
 . |.  (__人__) .|    
   | U ` ⌒´  ノ    ……しかしお前を利用してジュンを殺そうとするとは、小賢しいヤツだ。
 .  |.      U.}     一体何者だ? 何の目的でお前を……
 .  ヽ        }
 /   ヽ     ノヽ
./ /   ∩ノ ⊃|  |
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
 . \ /___ /







421 :名無しのやる夫さん :09/01/07 22:36:45 ID:4XU7ZGuI
 
                   _____
            /  ̄     ?\〉 ̄¨¨'' ‐、
          ,. ァく _v_          ヽ, 、     ヽ.
        /:::ゝァ 、'^        ヾヘノ      ヽ、
       ,イイ ::::/::`´`¨ゝ、 =ジ      ヽ.-、     \
.      ///:::::::|::::::::::::::`:‐:'‐ァォ _v_   Ykヽj、     ヽ、
.       //∧::::;ノ、__,ィ_ァ-::::::::::`ヽ ルヾ     'v、-―‐‐ャ''¨´   操られていたという話が本当なら、それはおそらく
     /イ i::: Y:::::::___;/-:ァ、:::::::::::ゝ、__    ュィY、:::::::::::ヘ      薔薇乙女、第7人形の仕業ですよ。
      |:::|,ハ::::|::! ´::::/__/ |:i!|:!::::_`::7´v_    'Y K::::::::::::::ヽ
      | ;:::::::::::::|、|ィ7,イtrァ!|!|:!::{,、Y'、_ヾ     K::::::::::::::::::ヽ   さっき、その下僕から抜けた気配の感じが、
      |ハ:::、::、ヘVY ^yゾ |!!l:|::::}j |`ゝ〉    zY j::::::::::::::::::::::ヘ  薔薇乙女のモノにとても似てたですぅ。
      ヽ ヽ',ヽヽ〉 '    ,イイ,'::ノ!! |::{_j ィァ   ",ハ:::::::::::::::::::::::ハ  でも、他の薔薇乙女のどれとも違うですから……
         `ーく    /////' !'!:j_}`'^'     Y、::|!_:::i! ハ:::::;ハ
             `ヽ__,...'´´  /: !ゝlVソ   Yソ |ノ/'ヘ?'ハ`}'リ !
.                `ヽ.  /::::::_rゝ'    ___,.ィ':/::::::::::レ:::`'::::::|
                 ゝ '゙ `ゝイ/k     |},`´ :::::::::::::::::::::::::::


       ____
     /     \
   / _,ノ  ⌒ \     やはり、彼女は薔薇乙女だったのですか……
  /   (●)  (●)   \    うっすらとですが、「雪華綺晶」という名前を聞かされたような気がします。
  |       、 ´     U  |   そして目的は、「責任者」を初めとした、人間を消し去る事だとも……
  \       ̄ ̄    /
  /           \







423 :名無しのやる夫さん :09/01/07 22:37:59 ID:4XU7ZGuI
 
          ____
        /     \
      / ⌒   ⌒ \    どうやら私は「脱出したい」という心に付け込まれて、操られたようです。
     /   (●)  (●)  \   彼女は「責任者」の場所を知らないようでしたから、
    | U     ´      |   下僕を利用してそれを知るつもりだったのでしょう……
    \      `⌒′    /


         ____
       /::::::::::  u\
      /:::::::::⌒ 三. ⌒\
    /:::::::::: ( ○)三(○)\    できる夫が、やる夫達の事を知ってたのが不運だったお……
    |::::::::::::::::⌒(__人__)⌒  |   でも、さっきのでそいつにここを知られたんじゃ……
     \::::::::::   ` ⌒´   ,/
    ノ::::::::::u         \







424 :名無しのやる夫さん :09/01/07 22:39:39 ID:4XU7ZGuI
 
~ 庭 ~

                 __
           イ孑< ̄ヽ   入
          _く  ヽ \ ヽ.  そ\ __
         {  \  ゝ '―‐'‐-弋ヘヽ ノ‐.、
          /丶 、ゝ'        圦ミく   人
        7=-/      ヽ  ヽ  えこl! Y  ノ
       /   /    l l     ',  ', j YYノl! ; :Xー 、    ……見つけたわよ、第7人形。
       ∨ / / ; l! l!   | l./!ハ l l ソ.ノ∧   /    自分の手を汚さずに事を済ませようなんて、
          ∨  ! ! l! l!! ; .リイ,ィュト! l! |/:∧辷/、   つまらない真似をしてくれたものね……
          |! l ', l!斗十ヽソ ' ヘ.ソlノ| l!ノ l    ',
       . へ、 ヾ. ', ィ代? ,   ::::::: イ |  l  ',  ',
      /  . .へ ゝY ヘ :::::  _   .イ | l!__ |!  ',  ',
    /   /    ,j /`ー- 、 .._// :| |: ヽ!  ',  ',


     / 〃 t(⌒´  ̄          ̄   ヾ一;、/ | ,
.    /   {し_)     /  i         ヽ   ノイ  ′ !
    /    /./ / / 〃     ハ | i  ∥   ゙,   ∨ /  j|
  /  / / , ,  ″: | |i  ?| |∥ ,  | i  ' /|   〃
    / イ | | ∥||| || ,..⊥l | |∥ |! | |  /' |  ||
   /   | | | ∥|l| | {f'´|メ | |∥ |! l/  /  |  ||   ……5番目のお姉様に……
 /   /| ∥ | j⊥ヘ¬ ム)) |∧_/|_l_/j! /  /  i |  ||   6番目のお姉様……
    /  | 八 ∨{ ィrァミ くヾ ノ' 斗┬ャミ /  ,   i|  l|
   /   ヽ |ヘ トヽいYレ' ノ    ゝツノ / ′  l   l|   薔薇水晶も入れて3対1、ですね……
 /      イ  |`ヾ二 イ ,      / イ  i  |   l
      //  | 下 乙  ,._    / / |  |     |
      /__/  イ  |{>‐、 `    / /l | |  |   |
    / K⌒Y´  し¬ \ (>z<:/ />| |   |     l







425 :名無しのやる夫さん :09/01/07 22:41:29 ID:4XU7ZGuI
 
    |    \      /  |
    |     \r rイ   |
  「 ̄  , ィ´ ̄`7ハ^X^ヽ  ̄`7
  」   ,//  //i::l::ノノl l:、  /
/ L_//, イ/::l:|::|:|::|ノノ::|:Vコ
    /|:.|.:|::|`ト、,|:|::|.|::|_;:イl::lヽ ヽ
     |.:!::|::|::!:0′.:.:::::.: 0′ |   \     こ、これが第7人形の……雪華綺晶?
  .:.:.::::|     .:.:::::::::::.:.:.    l:.:.   ヽ   なんだか、水銀燈よりおっかなそうなのよ……
_.:.:.::::::::l       /ヽ    /::::.:.:.   /
二三三ヽ      ⌒    / ==ニイ
``>.::::フ^rrー - 、 _, -─-、ニ二<
 l::/   |:にニニ >>ェ<ニ二::| `ヽ
 〈    `ー一'77^トト ー一'  /
  >  /    //  l:| i  i    〉


  / `ー〈  `` ヽ            '¨´ `ヽY/´ ヽ
/    ノノ         /  |    !    ,)) |  |
     ((´     /  /  ./1  !  .::,′   .((  |  |
    //    /./ ,イ .:/ | ,′.::/i::.   l.::| |  |  !   ……驚きましたわ、6番目のお姉様……
   .//,′ ,.イ:/__/_/ .:ノ) / /|_.:./_」:: .:/ /l.:| |  |  !   舞台から降りた筈の人形が、まさかの再出演ですもの……
  // i  /.::ハ 7仁l7X / /´l//二「.:/l/ リ ',. |  |
 /l/ |/|/.:/′Vf.{.い.},':!〃  ィ.ヒiシフ:l::::l.:.   ! |  |   ……けれど、あなたが既に私の名をご存知だということには
/       /((ヽ こノ   ,     ̄`,'.::.:|::.  | | |  |   もっと驚いてしまいました……
    .:/   /.:.::))了´   _ _     /.::.:::i |  | | |  |
   .::/   /.:.::/:::/\  `ー   , .イ.:.::::::| |  | |_/ /
  .:::/   /.:.::/.::/:.:ヽ  ̄`ヽ__∠ ̄`7.:.:::l/  | |<
.:.::::/´ ̄`ー─- 、.:::::>    ) _, イ.:.:.::::L_LL_ \







426 :名無しのやる夫さん :09/01/07 22:43:39 ID:4XU7ZGuI
 
          ,、、=/  , ‐=ゝ、-,
         ,=//- ,-'llll|/ ̄` ヘ ゝlll:.::l:.
      ..,,、/llゝ@<〆l/`´     |  、< -―-、
     ,:ll;/  〆'´ゝノlll/llll/;;;/;;;;=  ヽ'´'´ /(
  ,..,:ll/  /ノ)‐-'´/ヽヽ ヽ `='ゝ=‐-ゝ/ /
  :ll/   /ノ'/ノヽヽ lヽ丶 丶ヽヽ ヽヽ`'´`l / ./┐
  \  /丿/ノ`´l ヽl ヽ ヽ _〆l l l l / // //>
   .:ll>、/:ノ /:)l l l l l  l-' ,==t l / l /l` // //
  ,:l|/ l |ノ l||)| l l l l ll ´(:::::ノ`/l'´( `┤/'/ __    エンジュが教えてくれたのよ。
  |/_ l ll) /ll) l | l l〆l l    ` ´ >/<=/|_//      薔薇水晶、エンジュは何でも知ってるのよね?
     ヽヽ‐ゝ' l l '´ ,r=t、 、     |,ヘ=/'´`- '´
      ヽ/ノl/ヾl l ll '(:::::)   r ,  , U,ー/
      /'´l  \ヽゝ,-´     ノ  ヽ=ー'´` 、
     (ー‐)===///ゝ‐- =ソ  _,-ゞ`'``ゝ,`ヽ
       ̄),='´=l/、/'´ ̄  ヽヽ/' 、 ̄`ヽ'  lー-`l


        ̄>二ツ      ̄ ̄ ` ー-、
       //´ /   ̄`  --── 、 {ツ/二ニ=ー
     //   /     /   ヽ     ` く二ニ=ー
    //    /  l/\|    ||  |    |`ヽ\
  //.    /|   |   |\/   ||  | |   | |  ', ヽ
 / く   __   l | ||十ト、|\.!/L ___!/ .l | !    \\   ……仰る通り……
 ` ̄ ̄`ヽ >  ゞ\く戈テミ、|/メ-≠/ミ////     ) 〉
    //   // 人| ゞー'゙ |/ ゝ伐ソj/イ/|   //   "私の"お父様は、博識ですから……
   //.   /─- 、∧   '   ` ̄∧/l. !  //       7番目の薔薇乙女、雪華綺晶も例外ではなく……
 //    /|\:.__r=≧ 、` ´ ,. イ´ |  ! | 〈 く       ……私も聞いたのは、つい最近ですけれど……
〈 く´     //|: : }: : : \} ノ´二/〈__l_,⊥L__ \\
 \\ -=/厶l: : {_-ー 「:} /´: :}/: : : ─-- 、/}. \\







427 :名無しのやる夫さん :09/01/07 22:44:47 ID:4XU7ZGuI
 
       (::::::::::::::::://    ヽ:::_:::::::::::::::::i  l::::l:::::ハ二))
      >:::::::,.'  ′    |   ):::::::::::::::l  i:::i:::::(、二))
        て::::/   ll  l |  !|   {::::::::::::::::|  l::i:::::::::ハ〈
         しl |  l |  | | _!H‐'フ|/て::::::::::彡ミ::::::::(  !l
         l l  l _L | |ノ  rT´? | (::::::::ミ彡::::::ィ  l|l   ……? どういうこと?
            ll ヽ ´ rr、    ヽ__ソ | l! {::l l::::;:::) |  リ   
            ハ v)       l l | リ /:://   |  |    あなたのお父様……私達のお父様の弟子、
            ,' ハ 丶      リ ,| |//´  | |    槐がこの屋敷に来ているの? なぜ今更……
            |  〉 、 `    lレ' | h、     |  |
            l / ||  > - ィ 〃 | | l7      |  |
            ノ'  |r j / rr、 〃  | | 〈 \    |  |


      \   \ ,.イ  /         ヾ、./
       / __,rッ'´   /  /      i    i ゙ヾ
      厶r'゙7      /   i      l     l   ト、
    /   !/    /   !        l     !   l `
   /    |! l    |   i| l     j |   l   !
 /     l |  i _,|rt─┼{i.   ‐/‐/- 、 /!   j     蒼星石が呼んでくれたのよ!
/__ ___      \!、 \_ij,.==ニ  \_//ム.._/メ  /      ボロボロになっちゃったヒナを直す為に……
{-─ ‐- =- 、.__,.ト ソミ〈 { .ィr }       ´{ .ィr Yz_,イ
\_,.=ニー- 、.._く ` くi.__ ゞ-'′   ,    ヾ..ン ' ハシr=_,ニ
  r─二ニー-干ーzく       .____.     fニ_ -┘
  ヽ=ヘ三ニ-\___/\           ,.ヘニ-‐=ニ
      ` ー-ュ-─<ニ>_、._   _,.. <ァ'了--= _
       /      >トr| `¨ ´ト‐<r'´ ̄ \こ>‐







428 :名無しのやる夫さん :09/01/07 22:46:26 ID:4XU7ZGuI
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

       ,  -‐ ,.'"´       、`ヽ、
     /   /   i    リ ヽ 、  \
        /    .:レ′   j  i !.:.   i
         l    .:/   , /  i .::|:::.:l  |
        ノ    ,.ィイ.:::/  .::l.:|:|::::::|:::. ト、
        彳  ,ィイ 1:|::,'  .:;ィイハi::::::|::.:.:.ヽ|
       |.:.:|, イ‐リ-トト、::.;ィイ仁=ト-ヾ::::.:.:.ト、
       ト、:i { r‐ェテ ヽl/ ''テェ‐ァ .:!.:ト、:;!/       体の調子はどうだい、雛苺。
          ヾ::、    ,        !/::/      上手く動かない部分があったら言ってくれ。
          仆    :j 、      イ:/
             `、   _ _     /i,ハ
            ヽ  ー `   / .|;;;:;:|
             `ト、 ___ /   !;;:/、
              /.::::| ヽ   /   l::::.:.L
          , .イ .:.::::|    ,/  /.:.:::,! ``i::.、


    r': : :\: : : :;/r′       \: : : ノ: : :,.ィ
    ヽ: : : : :\/_j´   ::;'    │   ~~\: :.∧
     入: : _ .ィr' T   :::l!     ::l:   ,   ∨   ヽ.
    ′ V`´ ,  | _i__/!     ::,' _ /j::::   i: i
 /    {  \l イゝト、l ゝ  ::::/j_./j メ  ノ  l       ちょっと体が重いけど、大丈夫よ!
        ハ  トゝィ,二 ヽ ヽ..ノ ',..二ヽレイ::::ノ .       エンジュのお陰で助かったの!
___   ::ゝ..ゝi! トrtレ!      トィt::! l!j ィ     ,.
  ::::::::::: ヽ__:_ノム ゝ-'   .   ゞ- 少ーゝ . /:::::
____ :::::::: > -..> :::::  rー‐ .  :::: ゝ=--'_´_::::_
  ノ:::::::::....   フ ゝ、   、_ ノ   ,∠ト 、./´::::__
    ̄ ̄ _> ' ⌒`ヽ, -v- 、 ___ .ィ=v ´ ⌒ヽ二二r、_
      /: : : : : :/  へム  _r'_ヽヽ: : : : : :\







429 :名無しのやる夫さん :09/01/07 22:47:34 ID:4XU7ZGuI
 
        厂 ̄ ‐-ニ´ ̄`丶、   ヽ
      ,イ   /         `、    \ ___ ノ \   !
     // , /          、    `ー-― <   ヽ  |
    / / / '         l     l       ヽ\   丶  \!
  / // /       !   |    |       \丶   \  |
‐十'′/ /       l  ト、   |     \  \     ヽ、 L       薔薇乙女に適合できる部品が
 .|l  { l  ,′   l  ハ |`、  ト、     ヽ <⌒ヽ、_   ∨厂`丶、   作れるかどうか、些か不安だったが……
  .ヽ、ヽ|  l   l   | { l |   ヽ  、丶、 ヽ \\ l }  ̄二7′   l   僕の腕もまだ捨てたものじゃないな。
      l  |  |   | レ七ニ二 ̄\丶  }ヘ |\ ` / 厶   ハ !   |
     ヽ、l ト、\ ヽ\=キtぞラ  }ノ/ j/  了/ ̄   /  }∧   l |   ……では、恩着せがましくてすまないが……
       .\ヽ`ヽ、 \__ ̄      /    -ヘ/レヘ /_,  l   | ト  彼に何かあった時は、よろしく頼む。
        ヽ}  `7ー一′          ,′     {´ ̄`ヽ、い |
               /                 /        V了\   り
           └-- 、     ,        l       ∨   〉
                  `ーこ ̄     ,    |     /  ハ
.                  ヽ     , く     l   /   / ヽ
                  `一'´/ ∧   / /    /   \


    _r'ニVニXニV^V^Vヽr冖、_
    (>'´: : : : : : : : -‐兀  ̄ ̄`¨¨: : :ニゝ
    ヽ: : : : : : : : :_/厶く:: : : : : : : : : :厶
  ._rク′: : ;:r<>'´ / ヽ>、 : : : : : ∧ム
 .{∠ : : : /ノ了 / ,' ll 「ヽ>、 : : ノ: :ヽ]
   .!: //l /l l |  | l||l | | l!`マ: : : :_:_〉   それは分かってるのよ。
    ∨ノ川 { | ィ¬ハ l | | r廾 l| l }) /      ……でも、どうして今頃「ジュンを守って」なんて言うの?
   /, ' |l | l | ,ィfた j l l,ィf心 リ| / V\
    〉〈  ヽソハ V:丿 ,  V::ノ八V / / 〈
   ヽY^ヽ、>彡    .   く二>彳 ∨
   く_≧ミゝ`てニ>r - ィ升≦ <ミン´







430 :名無しのやる夫さん :09/01/07 22:49:16 ID:4XU7ZGuI
 
    ,  -‐ ,.'"´       、`ヽ、
  /   /   i    リ ヽ 、  \
     /    .:レ′   j  i !.:.   i
      l    .:/   , /  i .::|:::.:l  |     これまでは、彼が師の息子だということで僕は口を出さなかった……
     ノ    ,.ィイ.:::/  .::l.:|:|::::::|:::. ト、    しかし薔薇水晶の話によれば、最近は人が何人も死んだり
    彳  ,ィイ 1:|::,'  .:;ィイハi::::::|::.:.:.ヽ|    薔薇乙女が傷つけ合ったりと、良くない事件が続いているそうだね。
    |.:.:|, イ‐リ-トト、::.;ィイ仁=ト-ヾ::::.:.:.ト、
    ト、:i { r‐ェテ ヽl/ ''テェ‐ァ .:!.:ト、:;!/   ……これが第7人形、雪華綺晶を目覚めさせる事になるかもしれない。
       ヾ::、    ,        !/::/     そうなれば、彼の身に危険が及ぶのは間違いない……
       仆    :j 、      イ:/
          `、   _ _     /i,ハ     雛苺は、師が遺した言葉を覚えているか?
         ヽ  ー `   / .|;;;:;:|
          `ト、 ___ /   !;;:/、
           /.::::| ヽ   /   l::::.:.L
       , .イ .:.::::|    ,/  /.:.:::,! ``i::.、


      _j /: : : : : :: ィ_j__r t,___r\ : : : : : : j: : : : ゞ
    r': : :\: : : :;/r′       \: : : ノ: : :,.ィ
    ヽ: : : : :\/_j´   ::;'    │   ~~\: :.∧
     入: : _ .ィr' T   :::l!     ::l:   ,   ∨   ヽ.
    ′ V`´ ,  | _i__/!     ::,' _ /j::::   i: i       ええっと……「薔薇を絶やさないで欲しい」って言われたの!
 /    {  \l イゝト、l ゝ  ::::/j_./j メ  ノ  l       だからヒナも、時々お水をあげてるのよ?
        ハ  トゝィ,二 ヽ ヽ..ノ ',..二ヽレイ::::ノ .     翠星石みたいに上手じゃないけど……
___   ::ゝ..ゝi! トrtレ!      トィt::! l!j ィ     ,.
  ::::::::::: ヽ__:_ノム ゝ-'   .   ゞ- 少ーゝ . /:::::
____ :::::::: > -..> :::::  rー‐ .  :::: ゝ=--'_´_::::_
  ノ:::::::::....   フ ゝ、   、_ ノ   ,∠ト 、./´::::__
    ̄ ̄ _> ' ⌒`ヽ, -v- 、 ___ .ィ=v ´ ⌒ヽ二二r、_
      /: : : : : :/  へム  _r'_ヽヽ: : : : : :\








431 :名無しのやる夫さん :09/01/07 22:50:17 ID:4XU7ZGuI
 
       ,  -‐ ,.'"´       、`ヽ、
     /   /   i    リ ヽ 、  \
        /    .:レ′   j  i !.:.   i
         l    .:/   , /  i .::|:::.:l  |
        ノ    ,.ィイ.:::/  .::l.:|:|::::::|:::. ト、
        彳  ,ィイ 1:|::,'  .:;ィイハi::::::|::.:.:.ヽ|     そう……その意志を継いだ薔薇乙女達は、薔薇を愛し、育んだ。
       |.:.:|, イ‐リ-トト、::.;ィイ仁=ト-ヾ::::.:.:.ト、    しかし同じ薔薇でも、その咲き方に一つとして同じものは無い。
       ト、:i { r‐ェテ ヽl/ ''テェ‐ァ .:!.:ト、:;!/    世界に一つだけの薔薇なのだからね……
          ヾ::、    ,        !/::/
          仆    :j 、      イ:/
             `、   _ _     /i,ハ
            ヽ  ー `   / .|;;;:;:|
             `ト、 ___ /   !;;:/、
              /.::::| ヽ   /   l::::.:.L
          , .イ .:.::::|    ,/  /.:.:::,! ``i::.、

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 < 二‐ 、ー-_/ ,   /  /    l      ヽ_ニ―<_
   /:::::_/::::_/ ./ /  ,'   !       !  !  ',   ヽ :\::::__`‐-、
. ∠ィ-,‐'´l// ./ | .|   l      |  l  !    !、::_ヽ_、 ̄``
. /./   / l  !l| l!  l,イ  ∩ | ,l ,l !l |  l    !l ヽ`ー 、_
 /     | l | ! -l┼'ト ll ',  .`乂/|ノ廾ナノイ.!|| l !  ヽ、  `ー-、
./     ,!',! l | |ヾl‐!lニ、ヽ ヽノ/'´r'イΞトlィノ|ノ / !/ |   `i   /  ……でも、咲き方の違いは、諍いを生んだ……
!     ,' ´ヽ|`ヽ! ` いソ`     ヽ)〈ヘ'ly''/'|/l ノ'   !   ,'  ./   それは、あなた達も良く知っている筈……
_.ヽ   /   .| ,l l   ̄       `ヾ='<´\||    !   / /
 \ヽ /    |  !〈|         ′     、ノ' /l |    レ' /
   )ヽ   l  l'ー、     ─-       /,r||  /.,ィ'
  / 〉  |  |  |\              /|  ! |  / / ',
/  /   |  l|   ! _r‐ヽ、     _, -'ヽ、_|.  l|〈  \ ',
-'" /    l  l.|  .Κ._ ヽ.__`ーィ'"冫 __,∠   l !  `‐ 、_`ー─







432 :名無しのやる夫さん :09/01/07 22:51:26 ID:4XU7ZGuI
 
  「`ー'′/    /   ヽ、 \ \  ヽl}::.:)、 \
  l_,ィ  / /   l      l 、  l `、 {:|}く\ヽ/
  ノ  ,′ !    {      | l|   |   l ):|} ノ|:「´
.  ヽ∧| , |   | l      | l|  |  l| {:|!::)|:|    ……確かにそうだわ。
   |::l| | |  l  、    | l | _,厶| j| {::|}::} |」    傷んだ薔薇があれば、水銀燈は摘み、翠星石は育む……
   l:::| `、!|   \ ヽ、 |,.イ,斗予 | |{K!j |.    下僕制度だってそう。賛成する者と反対する者……
   〈:;小、ヽヽ、T,Zニミヽj  ^ヾrシ | |ァ1 |
    |  \ヽN {ヾtク         | ト |_|  |
.   |  |   l \    `-   /!| |::..::.`:┴-、
.     |  |  |  | > 、 __ /::..::|| |::..::..::..::..::..:ト、


             _,. -―‐¬ス仁ニ、
         ,. '´  _,.-‐'´ トヽ.`戈―-- 、
       /        ヽ  ヽ」  ̄`ヽ   `ヽ、
      / ,  l 、     l  l  ヽ  `、     〉
.      / / l l  |   l|  ヽ  ヽ   ヽ /
     |l ハ | l | | l |l  |ト、   \  \ ,.イ        雪華綺晶も同じよ、真紅……
      |l | l |l Nレ匕lヽ l| レヘ、ヽ  ヽ /ヽ |         ただ、咲き方が違うだけ……
     lN XヾVイ}LV | l廴}   \/ヽ、  |
     /   リヾ<メ、 ̄l r'´ヾ、 〈 \  \ ヽ、
    /    <   , ′ ヽ\_入`―ーr――个-- 、
  └―‐- 、 / 冫く    ,.ィヘ、<:/ \  \ヽ  \_>
.       // /!  `‐匕冖-: :`二ニ:-‐冖-..、} ヽ/ヽ
     / / / { l   r=〉: : : : : : : : : : : : : : : `く」_   \







433 :名無しのやる夫さん :09/01/07 22:52:53 ID:4XU7ZGuI
 
  ヽヽ「く´r}-;. :../:::::::/.: .: .: .: .:;-┘.: .: .:j´
    /ハ_/!r'.: .::!::::::::l.: .: .: .:_.:」  ヽ.:」┘
   〈,/  l| l 〕.: .:}::::::/.: .:rソ´! l |  Y
    l  /| l└i::」:;::/.: .:_」l:  |  l l |
   / ハ.|」  〈{zチ}:ツl| l外、l | l l|       この得体の知れない7体目も、
    ! l ハ ヽ  Y:::|'|: | ! }ト,ミ トヽ!ノjノイ       お父様の意志を継いでいるの……?
   / l / \ ヽ l::::i|: l |::::ゞ'^ 〈
   ! /j  _「_ ̄¨ヽ:l: |」! rァ/           それなら……
  .! |/  ノ:. ::::: :. :.`ヽ、 ̄ ¨フ、     _,.ィ_    何故、お父様の息子であるジュンに弓引く様な事を?
  /| | /.: .: .: ,:: .: .: .: .: \:::K }    ///厶
  !,' l!.: .: ./:: ,: .:l .:l .: .:ヽ.: .:ヽ!」! ,ノ r' T_,ヘ'´
/| :l|:. :/:. ,::::::::l.: .: .: .::|::::. :. :. ̄´}.:. :._:. :.」
 ̄l l |:::::: .: .; ::::::::ヽ .: .: .: ヽ::::. :. :. :j.: .: .:`ヽ〉
:::::| l |.: .: .: .|:::::::::/.: .: .:'::::.、:'´「--‐'.: .: .:::j:┘


./   ( r='          l  l    |    lートゝl   l
    /っ7     /  /  /|   |    |      | rf'' |  |
    //'/´   /  /!  /=|  /   ハ     l | `l.  l  |
    ///    /l /  //  /l l /!  / |   l | | |   |  l
  /// l   //‐l─/‐|l-/,ノl / / |_i-/─!- / /| ! |  l  |     5番目のお姉様……今の血生臭い状況を、
_/// | ! / ,| ハ. /ニ´|! |'´ヽl/  |l,. -='テ /l/ |l  l  | ,|     お父様が望んでいると思いますか……?
 /  |/ヽl /' /lミニ ' ,ソ / '   'トf_',ソ´ /! |  i |  ハ |
´        ,ヘ |l ̄、´ノ       ̄   /' | |  | |  | i !    ……1番目が、下僕を壊した……
         / `ヽl`(´     !       /´ l !   |l !__,|  |      怒った6番目は、1番目と戦った……
       /'    \ _  ー'   _, イ_  | !  | l |-─‐'
      /    /<´  lヽ__  _/l ̄`フ  |l   | | l`ヽ、     そんな事になった、元凶はだァれ……?
   , -‐く、  _,,.、/   \  ̄`Y  ̄ /    l|   | l | ` ‐-、\
 /´_  ` ´   \_,/´   (´    `ー-、_, -‐-、,i -‐-、   ヽ\
__ヽ´ノ `ヽ              )            __ _)    //







434 :名無しのやる夫さん :09/01/07 22:53:59 ID:ZCagXabV
人が死んでるんだよなぁ







435 :名無しのやる夫さん :09/01/07 22:54:43 ID:4XU7ZGuI
 
      _ }.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/   /  l   \ー 、:.:.:.:l:ヽ:くr..、
    {:.`:.:.:.:.:.:.:/     l         Y`:.:.:.:.|:..:l/.:.:.:}
     ⌒}:.:.:.:/      |    l    ト、:.:.:.:.l..:.l.:.:.イ
      {_:rュ/ /  /  !ハ   l l l  .::l _}:..ヽ|..:.|:._:小
   /  .V  .l  .:|:  | l  リ:| l .::ハ_:.:.:.リ:...l´.:ィ
  /  ...::/:{ .::| i ..:{::. !   /.::j ./ ノイ:::r‐':./:../:.:_レ
 /  ...: イ .:ハ  ト -┬ヽ、ト:.. / .:イ/jナ7:.不::.{__/:.:‐ァv'   元凶……下僕制度を作った「責任者」……!
/ /:// :/ トトヽト-ァテ=ミヽト/ノ ィテオく/イVrj、}:.:.{ィ    それで、あなたは彼を……!?
´ ..:::///    }ヽ ハヘ 赴ソ     ^ 赴ソイi :ト{にソ{^´
..::j//    ノイ /ヽ、   ′     ,リ /_:/⌒´
:/_ --_.ニイ//, -ァ >、  '=' _ /}/´
// ̄   /' <_:.ノ..: :`:._ァァ{、.:://:\
>‐`ー- ∠/   { :..:.:, =-Vォ}ソ/ :/:.:.:.:.:ヽ


       /   / // l/i /  l ,! ,  |   !   ||.:i 人式i| |
        /   /   ,イ /   l  )/   l  /   / l|::|! /^Y^i |
      ,/  / 1 !(( /  ,rr=' l/  /l  /  / / l::|  _ノノi |
      /  /  | |:.:〉こ二仆 l /1 / l /  / / |.:|(( _ ノ  |
    ,/ /   | |:〈{ (Y) ) )}l/ l / ─‐- 、./ / /^i^7     |.   ……それだけじゃないの……
    / /     〉トト、ト、こ ニソ    r==ミ、 ヽ| ,/ / |/     ,′ そこから生まれたものも、ぜぇんぶ……
   ,/ /     // V^l/ ー‐'′     { ,fか} 〉i::/ / /   , /
  / /     //  l{ _)           ゞ‐‐ < :/ィイイ /   / / |   残しておけば、きっとまた不幸になる……
 ,/ /    //  |,.ヘ   ヽ _,      /   / /   / / !   みんな、みんな……
 ′/   人//  /(⌒) 、          ,.ィ:/   / /   / /  .:|
  / /    >イ   入L1 >‐──一<⌒/   / //!// /  . :.|






439 :名無しのやる夫さん :09/01/07 22:57:20 ID:4XU7ZGuI
 
  / `ー〈  `` ヽ            '¨´ `ヽY/´ ヽ
/    ノノ         /  |    !    ,)) |  |
     ((´     /  /  ./1  !  .::,′   .((  |  |
    //    /./ ,イ .:/ | ,′.::/i::.   l.::| |  |  !
   .//,′ ,.イ:/__/_/ .:ノ) / /|_.:./_」:: .:/ /l.:| |  |  !   ……お父様の言う「薔薇」は、きっと私達、薔薇乙女の事。
  // i  /.::ハ 7仁l7X / /´l//二「.:/l/ リ ',. |  |   だって薔薇乙女だけなら、諍いは起こらなかったわ……
 /l/ |/|/.:/′Vf.{.い.},':!〃  ィ.ヒiシフ:l::::l.:.   ! |  |
/       /((ヽ こノ   ,     ̄`,'.::.:|::.  | | |  |   ……だから、彼もそこから生み出たものも、必要無いモノ。
    .:/   /.:.::))了´   _ _     /.::.:::i |  | | |  |   そうは思いませんか、お姉様方……
   .::/   /.:.::/:::/\  `ー   , .イ.:.::::::| |  | |_/ /
  .:::/   /.:.::/.::/:.:ヽ  ̄`ヽ__∠ ̄`7.:.:::l/  | |<
.:.::::/´ ̄`ー─- 、.:::::>    ) _, イ.:.:.::::L_LL_ \


                      __ 、_
          xサ==- 、  _,z≠゙⌒ヾハ`ヽ
           非 ̄`ヾ、 Y7´ -‐   j }  ト、
          jヲ二厶小=ん^)z、  ≠   ナ
          ≠´         `ヾく-‐ <
        / ,   ,    、、 、 ヽハヽ 、{
.          l{〃/〃 jl    } } } ! !l ! l `个=- 、  そんな事、無いの!
          八{ {{{ 八  ハ ノノノ 川 斗==  -=}  お庭の薔薇も、薔薇乙女も……
       ./ 人ゝ乂ゝ ヽ.{ノ≧、ノノム=、-‐   ミメ   ジュンも、下僕も、黒服の人達も……
       {´/ノ f心 !jイ} ....... 乂ハ 辷彡f=ニ三ミイ
       \ん ハ{ミ込、 cっ  ゚人=彡}≦こメ
         ヽ._メる}=z≧=ァ 1W (≠くY三ミ}
           ヽリア´x=くァァク==こノハ辷ヲ







440 :名無しのやる夫さん :09/01/07 22:59:27 ID:4XU7ZGuI
 
       | |   |  | ‐、/| !        /   l
       | |   ト . |  |`ト、| .      〃  / /
       ヽ.|\ l ヽト .xィ士.j ト.| /    //  / /,′
        / / ヽ/ ハ.|ヽト辻}小∨j//./_/__,//_/__
     //   // /ヽi|  ^冖^      ‐テ士</-‐ ´
.     〃   // /|!  |     ,       ト辻}小>‐ /,   あなただって、下僕を使って人を消そうとした癖に……
    /′ // / |l ハ    ′      ^冖^ / /   エゴイズムという言葉が、あなたにはぴったりだわ!
.   /   // /  _!ヽ   \  r__,        / /|
   '   / | i  /'| ',  | i\        / 厶イ|i    あの下僕が言っていた『人間を消し去れ』……
  l l   |,-l |‐厶-ヘ  }  V  >‐z――…/ /'   !    それは下僕の体を借りた、あなたの言葉だったのね。
  | l  / N´ ,. -‐ヽハ  |-く^Y´       ' /\  |!
  | l<⌒ ‐-'---‐'_丿 小丕}|      |/   \.|l
-‐┴'´  \_ ̄  ̄ _/,小辻リ       l ! -――/.'
       | ̄ ̄/ / ヽ{__ソ\   /!l,. -―//


  /   ゝ_jヽ   `                 r-r_イ\
:/   f r- '              ,、             ト-、.ヽ  \
      ゝ二ゝ'    /      / |   i    j      !  ノ ノ\ \
      / //     / ,    / /_ l  /   /!     ! ` T     ヽ ヽ
     / //i    / /  ,イ  λf' j ,ィ   / |!   /│ |     |  |  居場所の分からない「責任者」が消えれば、
    / ///  ,,/j_/- /-l、i_/,ノj / / l j_/!_|_  //l |  |      |  |  後は楽なもの……
  / / l   / /∧ /-f,j│fイ/ / iリ+/,. =j_/!/,リ   |.     |  |
/ /   !∧ !,ノ  トヘ_`少V j/   イ´ir,ノ/ / l     |     .|  |   ……でも、他の下僕達が邪魔をして……
/      `' ´   /、jfLー- '_/     ` ̄   ∧,│  、, i    │ |   溢れた気配からお姉様達に、
           /\_f~ζ´    <i        /ノ| |   |、ヽ   ノ /   雪華綺晶の事を気取られた……
         /: : : : ヽ.       _      /: : .| |   |-! |  ̄_,/
       / : : : : : />ーr  ` ´  ..ィー-'ゝ: .| !   ト| |\
      /: : : : : : : / \   `ー-、<ノ  /: : リ|   |│|ヽ `ー -、
   /⌒`ヽ-、_/´ヽ  ノ\.   .ノ   ::く: : : : : : ! __.│| |   ̄ ̄\\







441 :名無しのやる夫さん :09/01/07 23:02:02 ID:4XU7ZGuI
 
  「`ー'′/    /   ヽ、 \ \  ヽl}::.:)、 \
  l_,ィ  / /   l      l 、  l `、 {:|}く\ヽ/
  ノ  ,′ !    {      | l|   |   l ):|} ノ|:「´
.  ヽ∧| , |   | l      | l|  |  l| {:|!::)|:|
   |::l| | |  l  、    | l | _,厶| j| {::|}::} |」    こちらにとっては嬉しい誤算だわ。
   l:::| `、!|   \ ヽ、 |,.イ,斗予 | |{K!j |.    7番目の薔薇乙女を見つけるどころか、
   〈:;小、ヽヽ、T,Zニミヽj  ^ヾrシ | |ァ1 |    その浅はかな野望も、ここで阻止できるのだから。
    |  \ヽN {ヾtク         | ト |_|  |
.   |  |   l \    `-   /!| |::..::.`:┴-、
.     |  |  |  | > 、 __ /::..::|| |::..::..::..::..::..:ト、


      /   / .'   ll   l     | l   l i
      .,.イ    '  i i、 |l-、 | | l l | | | l l  !
    / | i   | | l ∥ `|l、 l j | l l | | | l l  |
      l i| | | ,ハ |!  || 刈/l/リ | | | l |  {
      ヽl、 レl 代fr?|∨ {`メィf范}レ| リ   '.  ……『操る力』は、人の心の弱みに付け込む……
       / ヽトli ゞ-′   ヾ トミyノ l/i′    人形の私達が、負ける道理は無いでしょう……
        /  / '.   〈    `ーrヘ、 l
       ./  /   ヽ   ‐ -  `ー' ,.ィ^)|     多勢に無勢だけど……悪く思わないで、雪華綺晶……
    __厶- ー ..._  `ゝ、    _厂 ̄}l
     ヾ 、     ` < \ヾー '7 // ̄入
     ノノ        \ ヽ\l/ .′ /  \







442 :名無しのやる夫さん :09/01/07 23:02:32 ID:4XU7ZGuI
 
          j} _ ..∠ ≧=≠ー≒=辷z、_      _
         ≠´              `く≠≦´_
.        , '                  〈、⌒ヽ
       /, ,   / ,               キヽ.
        ///〃 / / /     }}川 i|!  i  } ハ
.       jハl|∥{ { {  {     ノノ川 jj|  j / / j}_,
.       l{八 ヽヽヽ \   //ノノノノノ}  /〃//      こ、怖いけど負けないのよ!
        八 、ヽ、 x≦ミヽ、{ { ≧=ミ.ノ/ノ_厶斗-‐=    ジュンを守るって、エンジュと約束したんだから!
      /  ゝ≧ミyィ゙j:i}  `  ´{゙j:;;!ii}ゞ≧=彡ヘ-‐=
.   /  /{ミ辷彡}oー ' ,     ーo' {ミ辷__彡}二ニ
   {  / , ゝー=人""  cっ   "" °{ミ辷__彡}-‐=
    \{ / /{辷彡}>  .. __    イj从ミ辷_彡ノ==
     `{ { f´≧=彡'´ ̄`ヽ_」    jァァ' ゞ=个辷ニ


     / 〃 t(⌒´  ̄          ̄   ヾ一;、/ | ,
.    /   {し_)     /  i         ヽ   ノイ  ′ !
    /    /./ / / 〃     ハ | i  ∥   ゙,   ∨ /  j|
  /  / / , ,  ″: | |i  ?| |∥ ,  | i  ' /|   〃
    / イ | | ∥||| || ,..⊥l | |∥ |! | |  /' |  ||   ……いいでしょう、お姉様方……
   /   | | | ∥|l| | {f'´|メ | |∥ |! l/  /  |  ||   これも、運命の糸車……
 /   /| ∥ | j⊥ヘ¬ ム)) |∧_/|_l_/j! /  /  i |  ||
    /  | 八 ∨{ ィrァミ くヾ ノ' 斗┬ャミ /  ,   i|  l|   ……屋敷の運命も、私達の運命も……
   /   ヽ |ヘ トヽいYレ' ノ    ゝツノ / ′  l   l|   ぐるぐる、ぐるぐる……廻っていく……
 /      イ  |`ヾ二 イ ,      / イ  i  |   l
      //  | 下 乙  ,._    / / |  |     |
      /__/  イ  |{>‐、 `    / /l | |  |   |
    / K⌒Y´  し¬ \ (>z<:/ />| |   |     l







443 :名無しのやる夫さん :09/01/07 23:04:08 ID:4XU7ZGuI
 
~ 「責任者」の部屋 ~

     /,   ' /    /   /!l |    `  、       \   /
.     // / /   /__∠. 斗‐ | l、  | l  ` 、    ` く::\
    /イ /| ′ ///二ヽ!  | | \ | |  ,|  \      \:ヽ
     | / l| l/ ,イ:'〈 f!ハ '|l l! !__ メ、'  / !  .:l:\    ヽ冫
     l'′l| l //::,′ |l:::}   l l|´ ,二ヽ \/ /  .:;'::::::::\  /
     {   | 'l..:/:::,'  、ゝ'′   l | 〃「「`ヽ/ X  .:::/:::::::::::::::`Y
         ! l:::l::{ "" `     l|   | !::::::i}/  .::/::::::::::::::::::::,′  ……このあたりだよね。
.          l |:ハ   !       ゝtzノ'   .:/:::::::::::::::::::;/    さっき銃声がしたのって……
         l|::∧  _     """ `ー/  .:/:::::/::::::::〃
          |:':/::>、 ヽ __  - ´::::::;::::::'::::::/::::::://
          }/l:/  ヽ.__/ ̄ ー=<彡::;:::イ/::::::://
          / /′ /イ/       イ::/:/::;:イ '


         / .{f7::::::::: イ厂  ;′         `\    / /
        /__{f|:::::/  l l  |      ヽ  ',  ヽ  / /
.       /〈匚/イト\   | |  |       ',  i  ヽ∨ /
      /   ̄7 |l|___}〉 ∥|   | {      |   |     ∨
.     /   //  |:| ̄  | || l   | | ト      | ∥u ;    ', Y
    /   , / l  |:|    l┼ヽ\ ||| \  |ハ / | | |: l::.   
  /   |:| |  |:|',   |ヽー=≧x、ヽ ゙, //_」./l  | ||:リ:.:   屋敷の中から聞こえてくるなんて、どういう事……?
/     |:| |  |:| ヽ  |U 弋_リノヾ'ー |/ィ,T7/ /j / /::.::   銃を持った黒服の連中は、みんな外にいるハズ……
       |:| |  |:|  ト  ヽ   ̄      ゝ' /´ |::::/::イ::.:
    /   |    | \ \ u          / /::.::.::.::.:/_
 \/    ∧    |\   ̄   ___,. ' /´::.::.::.::.::.::.<二
___ \   / ∧    トU \      ̄` イ   |::.::.::.< ̄ ̄ ̄,
::.::.::.::\\/ /.::.ヘ   ∨>=>  _ ∠::.::.:|  |::.::.::.::.::.>   ,、
::.::.::.::.::.::.` <´\ヘ.  ∨::/∧:ト\く___|  | ̄ ̄ー―::.::.::.::.







444 :名無しのやる夫さん :09/01/07 23:05:48 ID:7tPuAmp9
まだ波乱がありそうだな







445 :名無しのやる夫さん :09/01/07 23:06:26 ID:4XU7ZGuI
 
                 _,. -ァ――‐-- 、_
                / ノ* , - '^⌒"´`丶、
              / ノ  r'´         ヽ
             /  ノ * ノ    /   ,  、 ヽ
               /   l  l  //  ,  /,  jl i  ',
            /  、_ l   l l l/_/_,ィ// __ム! l l l   蒼星石に、水銀燈……やっぱり来たですか。
             ̄|`lヽj * 〈 l ,lィ'_.ノ'´ノィ' ,ィリ l,' l l    実は、かくかくしかじかで……
             ,l l l  { 'l下T::::T' //ナ!;Tリ lj l  
             l l  '、  }、' ト 'ー' ´ , 'ーイ /リリ  
              l l  ヽ* '、ヽ',""    "ツノノ
            l l l  {  ヾ>、   ‐_,.ィ"l´ 
             l l l  入  l^ヽミエ二、 l *l 


     ヽ‐'"´      . .:.:.:.:.:::::::::::::::::::::.ヽ
     <´         _ _.:.:.:.:::::::::::::::::::/
      \   ,   '"´      ̄  ̄``<
        `y'´ .:.:::li  、        ヽ.:.:.ヽ
      /  .:.:.:,:ji| .:::|、  、 .:.:::ヽ1.::l:::::l:.',    
      ,/ , /l l.:.:::/:::ハ:::l ヽ、_ト、_.:::::l:|::|:::::l.::|    ……そう。
    / //.:i |.::/::/-‐''`′  >=‐,:リ::|:::::|:::!    ついに7体目が目覚めたんだね……
     |::l.:l.:.:|::!/::/z=ュ、   ´7じソ^!:::|:::::|/
    N .|:::;V:.:::{ヾ{じソ      `゙´ |::;レ'´ ̄`ヽ
      ヽトト|::::::':.. , , ,  ′   ' ' ' j/      )
         `|.:i .::.ヽ   ー    , イヽ  入_ (   
        l/| .:::.::.> 、 _ , イ,r'‐‐' /.::::.:.``ヽ







446 :名無しのやる夫さん :09/01/07 23:08:04 ID:4XU7ZGuI
 
|||||||l'     ||||||,ヘ|||||||||||||/=|||||-=ー‐_'´ ヘ|ヽ‐--::::――┴―‐|/
||||||l      |||||/ |||||||||||/-,,'´|||l''´' ´  ̄_  l|||0.|======ヘ||||/
|||||l'      |||l/  |||||||||/r '´イ||l==r ̄`ヽ ̄T|||r'       |||/
||||||l    /|l/  |||||||ハ|l.   ||'| ,' , ○ヽ ゝ||,        |/
|||||| l  /,-|l/=、 |||l/ l||l.   |ヘ l ゝ、ノ l /´||||       /
|||||| l/',´ 'l/,=ヽヽl/ ,,-ゝ|l:   ヽヽ_,,,==ゝ-' |||'          '´
ヽ|||| r r'´ r't ̄0ヽ||l〆,,, --ゝ|l=、   ̄ ____, -‐'´,'          7、
|||T|| ||l.l、 || l l ヘヽ||l' ̄   ヽ`ー--―',--―´ ̄//          |   
|||||.` ヾヾ- ヽ ゝ`'´ノl|l       ̄ ̄ ̄  / / / /       |
||||||.  ヾハ ヽゝ'´,// l             /   / /        |
|||||||.  /ヾ ヘ_, -'´‐'´ /               / / |        /
\||||. /  T-‐' ´   ヽ                  / |      '
  \| l'   ||||ゝ           _,,,、、                 アワワワワ…
ヽ   |l    l|||ハ         t=-‐'´                  ヒトコワイヨ、ソトコワイヨ…
 ヽ||||l    ||l  ゝ


     , -イ         rヘ_rヘ`ヽ
    /,  ∧       r'´, -ー-ミヽ\
  //   人    ry'/   、 \}-ヘ
  〃   /  `、   | l    ノY二ヽ
  l , '´     ヽ、[_,>‐¬ (^く外イ〕
 |/   ー-‐     く::.::.::./ヽ_Yくr彡
  l | rf夭、ヽ     `ヽ、ヽヘ    `┬ヘ     折角、この下僕達には心を開いてくれたと思ったのに……
=,ミ} {rク小 `    -‐ `{ |_,. -‐' _〕     また元通りになっちゃったかしら……
 { ,' `=′    ク示ミxヽ ┬'  ̄l
‐ ┴--、  ,     {Y夕ル   |  |/
     l      `¬′ _/-ーヘl /
 ̄`丶 / ` ー、        ヽ、   /'´
    `、ヽ、     \/ ̄ ̄フー<ハ
      l  |フ ┬r<`ー‐'′ /  l
     |=ニ /:/|::ト、}ト、    /   }







447 :名無しのやる夫さん :09/01/07 23:08:46 ID:7eP6Kmdi
JUMww







448 :名無しのやる夫さん :09/01/07 23:10:19 ID:4XU7ZGuI
 
            ___
       /      \
      /ノ  \   u. \        その……すまんお蒼星石。
    / (●)  (●)    \      あれだけ「責任者」に関わらないよう注意されてたのに、
    |   (__人__)    u.   |      こんな事になってしまって……
     \ u.` ⌒´      /
    ノ           \


       〈   , -一'"´   _ __ _   ``)
      ヽ/.:.::::::: :., .:.:.::::::::::::::::::::::.:.ヽ 〈
      _ノ´.:.::::::::.:/.:::l::::.ヽ.、:.:.::::::::.ヽ:.:ヽト、
    < .:.:.:.:.::::, .イ .:.:.:j.::lト、トト、.:、:.:.::::::`,:::j::|
      \_, イ .:.::i.:.::::/:/  >ヽ{ ` ー=ュ、l:::|/  ……それについては、色々と訊きたい事もあるけど……
       `i1.:.:.:::|;:ィイ/-‐'´   ,trハYl::〈   やる夫達がやらなくても、いずれは通る道だったかもしれない。
          |ト、.:.::|.::::|,ィ〈fオ{`    ゞ' i!::/   
         |l.::ヽ.:!.::::l  ""´   ゝ ' ' ノ/    所詮、外の世界と一生断絶して生きていくなんて無理な話だ。
        ト、.::.ミ.:.:::::、     ‐ /l       僕も水銀燈も、予感めいたものはあったからね……
            `ヘ.:.い>‐ -- イ:::/
            >⌒`ー- 、_」:/|::/_
       ,rェrr<     , ィ只<^ヽ T:.:ヽ
       レ'^ヽ 人  / /7^j:ト、ノ〉!{:::::.\







449 :名無しのやる夫さん :09/01/07 23:12:04 ID:4XU7ZGuI
 
      / ̄ ̄ ̄\      
    / ノ.    ヽ、 \     
   /  (●)  (●)  .\    え、でも……蒼星石と水銀燈は、
   |    (__人__)  U |    下僕制度に賛成してたんじゃなかったのかお?
   \    ` ⌒´    ./   
   /              \   


       ./´::.::.::.::.::/:l::.::.::.::.::.:\::.:`ヽ:::::ヽ
.       ,'::.::.::.::.::.〃∧::l::ヽ::、::.::.ヽ、::.`、:l:
      |::.::.::.フ7¬‐、ヾ、:\>、:|-ヘ::.::.}::!:|   
       {::.::/代了圷ミヽ. \行‐t予l:ノ/::|   薔薇乙女の僕達ですらジュン君の言う事を聞かなくなったら、
         !::.::.::.:| ゞ-'′  \  辷シ '/:/::./   ジュン君が益々外の世界に目を向けなくなると思ったんだ……
       |::.::.::.:ゝ       ,       厶ノ::.;′
       ヽ.::.::l|ヽ、    r-、     /::.::/      だけど僕らは、真紅や翠星石と違って不器用だ。
           \:ト、:j> 、   _,.ィ:´::;:l:: /     下僕制度に従う為には、冷徹になるしかなかった……
             ヽ ` ,.イ `¨´ ト、レ'|/ |:/







450 :名無しのやる夫さん :09/01/07 23:14:04 ID:4XU7ZGuI
 
   / ̄ ̄\ 
 /   _ノ  \   
 |    ( ー)(ー) 
. | u.   (__人__)    いや、本当に悪かったのは俺だ。Xを引きずり出すことでこうなる事も考えるべきだった。
  |     ` ⌒´ノ    もうちょっと、良いやり方があったのかもしれない……
.  |         }    今まで思うままやってきて、こんな所まで来た結果が、ご覧の有様だよ……
.  ヽ        }    
   ヽ     ノ      (しかも後で真紅に言い訳しなきゃいけないし、散々だな……)
    i⌒\ ,__(‐- 、    
    l \ 巛ー─;\ 
    | `ヽ-‐ーく_) 
.    |      l  


           / ̄ ̄ ̄ \
         / ノ    ヽ \   
        /   (●)  (●)  \    私が操られてさえいなければ良かったのに。
       |  U   __´ _    . |    なんたる醜態でしょうか……
        \       ̄   U /  
      ,,.....イ.ヽヽ、___ ーーノ゙-、.  
      :   |  '; \_____ ノ.| ヽ i  
          |  \/゙(__)\,|  i |
          >   ヽ. ハ  |   ||







451 :名無しのやる夫さん :09/01/07 23:14:17 ID:bxnAYIb8
なんだって







452 :名無しのやる夫さん :09/01/07 23:14:55 ID:TR2yZIfl
ごらんの有様……だと?







453 :名無しのやる夫さん :09/01/07 23:16:01 ID:4XU7ZGuI
 
|||||||l'     ||||||,ヘ|||||||||||||/=|||||-=ー‐_'´ ヘ|ヽ‐--::::――┴―‐|/
||||||l      |||||/ |||||||||||/-,,'´|||l''´' ´  ̄_  l|||0.|======ヘ||||/
|||||l'      |||l/  |||||||||/r '´イ||l==r ̄`ヽ ̄T|||r'       |||/
||||||l    /|l/  |||||||ハ|l.   ||'| ,' , ○ヽ ゝ||,        |/
|||||| l  /,-|l/=、 |||l/ l||l.   |ヘ l ゝ、ノ l /´||||       /
|||||| l/',´ 'l/,=ヽヽl/ ,,-ゝ|l:   ヽヽ_,,,==ゝ-' |||'          '´
ヽ|||| r r'´ r't ̄0ヽ||l〆,,, --ゝ|l=、   ̄ ____, -‐'´,'          7、
|||T|| ||l.l、 || l l ヘヽ||l' ̄   ヽ`ー--―',--―´ ̄//          |
|||||.` ヾヾ- ヽ ゝ`'´ノl|l       ̄ ̄ ̄  / / / /       |
||||||.  ヾハ ヽゝ'´,// l             /   / /        |
|||||||.  /ヾ ヘ_, -'´‐'´ /               / / |        /
\||||. /  T-‐' ´   ヽ                  / |      '   ソトコワイヨ
  \| l'   ||||ゝ           _,,,、、                   ソトデタクナイヨ…
ヽ   |l    l|||ハ         t=-‐'´
 ヽ||||l    ||l  ゝ


          /'::::rァー^ー^ー^ヽへ、:::::::::::\::::::V┐、
        /{:/    |  l!  `ーヘ>、::::::::ヽ:::::V┐',
        ,' /   /|  ||  | |  |  | `L>、::::ヽ:::::V! !
      l l ! | ! | | | | ||  ||  | || (>、:::ヽ:::}). !
        | l! |  |l  | |l| ! || ! | |_ |  |  `L_;::イ勹\!        引きこもって、支配者になるなんて夢を見て……
        || |!|  ||  | |!| | |lイ「 レ1 /| l| {>||<}\\       本当に、本当におばかさぁん……
       || ', 、 l|ヽ. l! |lリ´」斗ヤ刋 /! | |   〈\\ ヽ \
      ヽ ヽヘ {>ヽ{リ ´ `辷'ソ //l! ,'. /  | 《. \\ ヽ `ヽ
         ヾ<ヽヘ';)     ノ' ,'./ /  || 》\ \\ ヽ 
           |:! |lハ〈    _    // / ,  | l《  》 《  》 ヽ
          |:! ! |l ヽ、 ´ー   //'´| /  | |  《   》 《  
           〃 | /! |/ ||`iヽ-//'⌒| / /⌒''⌒ヽ.  《    
        /〈 ノ' | | || | |://:::::::::l'′/::::::::::::::::::::ヽ    i  







454 :名無しのやる夫さん :09/01/07 23:17:58 ID:4XU7ZGuI
 
.       /  《ゞツ辷ー           ニ 二 ̄ `ベ((_) 、\
      / / ((¨´   ̄        l     iト、   ∨  }  i
.     / / (__))    i   i | i l i| |li||il| | i   }  ,′|
     ' /     | i| l   i | | l l| |li||il| | l i /  {   ,
    〈 {  /  i| l| | l i | | l l| |li||il| | l i {  ヽ   ヽ
     , ', /  l| l| | | l | ))i l i| |li||il| | l lハ   .   }
      ハ i {   il| l| l |, =彳|! l| ,」li⊥⊥⊥L! l ト  }  ,′   ……夢は……
    / l i ヽ  il| ! | | r{辷ト、 | | l| | l⊥⊥_! l | l l }ヽ  /!     夢のままの方が、幸せなのに……
.  /′ ! i  ト 、ハl| l/バY^ト{ | リi イf弐_ケ`l ヽl  / /  //
/ /   }∧ ヽ ヽヽ ゞ弋ソソ      ` 冖'^ ∧ l  { /  / ′
. /   /  ,  ) } ハ ` ̄))  . .       / }ハ ハ  ' |
 ′ (     } / // ∧ ((   _ ._     イ イ '、ハ l  !
      ヽ  / /  {   /  > 、  ` ´   イ ノ/,小、 \j l  、
      丿 '/{  ヽ { .ィ`Y´ > .. <ノ⌒´// i| `丶、\ヽ \


:/: : : :/-―_´   \//   / /|: : :/ _!_! : : : : :   
ハ: : : :! 〃´ ̄__ `ヽ/ヽノ  // /ヽ//| | ヽ: :l : : : : :   
! ヽ: : ! l| /` _つヽ  | !| / /: :/-┴__- 、 ヽ!: : : : :   
ヽ \!   K´{Ξj !      // /´> ヽ ∨ ヽ: : /    ……!?
: :ヽ | | |┴┬ ‐く  ...::::::../  K´{Ξj  ! !ト /! /:    
: : : :\| | |l ! ...:::::::::::::::::::::::::::::... ∨  ̄ /〃 / l/: :     な……なんですか、こいつ!
ヽ _: :\        ::::::::::::::::::::::::.「「 ` く /:/: : :    
  ノ   ̄                  | | <´__ /  
  {                      /
  j \        __           /|       
 {: : : :|\     /´  _ `ヽ     /l  !    「   
 !: : : :!    、  ̄      ̄   < : : l l    ノ   
  } : : |      ー‐┬- <´: : : : ヽ: :! l   /







455 :名無しのやる夫さん :09/01/07 23:20:38 ID:4XU7ZGuI
 
       ____
    /      \  
   / ─    ─ \    こ、こいつです!
 /   (●)}ili{(●)::::::\   私を操り、『人間を消し去れ』と囁きかけてきた
 |  U    __´___ ::::::::::::::|   薔薇乙女、第7人形……雪華綺晶!
 \    `ー'´ ::::::::::: /
,,.....イ.ヽヽ、___ ーーノ゙-、.
:   |  '; \_____ ノ.| ヽ i
    |  \/゙(__)\,|  i |
    >   ヽ. ハ  |   ||


   /       ヽ ヽ     \、 _
  /        /\ \  、  ノr、L,
. /      _  ´ .::ノ`ヽ、.... \..フ  ハュ、
∧.    / ./::;;- ´     `丶、.. ゝヘ」八}
{::i::::. / .:::/"´  - 、      \「 「ヽ「    き……雪華綺晶!? なんでここにいるのかしら!
'、:、:::/.  .::::/   、、、.._\__,     トV「 /〉    真紅と雛苺は何してるのかしら!
.ヘ::V::::r'⌒i{   ´r弋い    -‐ v:::コ/V   
. \::::ゝr/__    弋フ    ,rぃ//ヒソ     
  _.>‐i{ _>┐``    , ヒ/´          
. ヽ_ ‐ "´  `ヽ   , ‐、_ ´ "ハ \         
. /       、 ヽ ゝ_ノ .∠. `ヽj}         
/         ┴-  /







456 :名無しのやる夫さん :09/01/07 23:23:12 ID:4XU7ZGuI
 
       /   / // l/i /  l ,! ,  |   !   ||.:i 人式i| |
        /   /   ,イ /   l  )/   l  /   / l|::|! /^Y^i |
      ,/  / 1 !(( /  ,rr=' l/  /l  /  / / l::|  _ノノi |
      /  /  | |:.:〉こ二仆 l /1 / l /  / / |.:|(( _ ノ  |  真紅? 雛苺? うふふ……
    ,/ /   | |:〈{ (Y) ) )}l/ l / ─‐- 、./ / /^i^7     |.  
    / /     〉トト、ト、こ ニソ    r==ミ、 ヽ| ,/ / |/     ,′ 誰が、駒鳥殺したの……?
   ,/ /     // V^l/ ー‐'′     { ,fか} 〉i::/ / /   , /   それは私と、雀は言うの……
  / /     //  l{ _)           ゞ‐‐ < :/ィイイ /   / / |
 ,/ /    //  |,.ヘ   ヽ _,      /   / /   / / .!
 ′/   人//  /(⌒) 、          ,.ィ:/   / /   / /  .:|
  / /    >イ   入L1 >‐──一<⌒/   / //!// /  . :.|


           ,ィtvt‐z______
          ,> '´ 、    `丶、_`ヽ、r―‐r、
        //    }ヽ、  ヽ /7/|`ト、_} |
        ///    |l /| |l ト、  } ヽニ∧| ヽニヽ、
      / / l    l/ l| |l | _レ1ト、 ヽ |\ \_ヽ\
.     / / l l |   /  | ,化「 l ハl|   |ハ  ̄丁 \ヽ 
    /  { | ト、l /| イ/ノ 」厶-刋  ,′ l   ヽ、 {ノ     ……真紅が、あなたに負けた……?
     l l  | |{ L斗 l  / 彳」沙′/ /  l|    ト、      ふん、面白い冗談だこと……
     | |  ! 七´≧弍ヘ/      / イ   |    ヽ.`ヽ    おめでたいジャンクだわね、7番目。
    !ト、\ V´{沙        // l     |ヽ     \     
 r、  l ヽヽ、ヾ二、  ヽ _,      |     ト、 \     
__ヽ:\「\ \`ー=ニ   `       |    | ヽ、` r冖、
::.:ヽ.>:;: -―┴―个-、       _∠]   ,イ_,.. ‐'´::.::.::.:.  
::._:/   , -ヘ_厂  、`ヽ ‐- イ、_::.:l , /::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.:







457 :名無しのやる夫さん :09/01/07 23:24:19 ID:4XU7ZGuI
 
 待ておやらない夫、
 やる夫達じゃ……  / ̄ ̄\    法螺吹いてんじゃねーぞ!
     ____   /ノ L \ /\   真紅がお前なんぞに負ける訳ねーだろ常考!
   /      \  |  ⌒ ( ●)(●)       
  /  _ノ  ヽ、_ \|     (__人__)   ,∩__  
/ o゚((●)) ((●))゚o|     ` ⌒´ノ   fつuu 
|     (__人__)    |         }.   |   |  
\    ` ⌒´    ヽ.        }___|   |  
 /  ̄\   / ̄ ̄ ̄ .ヽ     ノi     丿 
 |  ヽ、 \/  /(⌒)       ξ) ̄ ̄ ̄
     \ ./  / /         |


     ヽ‐'"´      . .:.:.:.:.:::::::::::::::::::::.ヽ
     <´         _ _.:.:.:.:::::::::::::::::::/
      \   ,   '"´      ̄  ̄``<
        `y'´ .:.:::li  、        ヽ.:.:.ヽ
      /  .:.:.:,:ji| .:::|、  、 .:.:::ヽ1.::l:::::l:.',    
      ,/ , /l l.:.:::/:::ハ:::l ヽ、_ト、_.:::::l:|::|:::::l.::|    7番目の人形、雪華綺晶か……
    / //.:i |.::/::/-‐''`′  >=‐,:リ::|:::::|:::!    
     |::l.:l.:.:|::!/::/z=ュ、   ´7じソ^!:::|:::::|/     下僕を使って、ジュン君に危害を加えたらしいね。
    N .|:::;V:.:::{ヾ{じソ      `゙´ |::;レ'´ ̄`ヽ  なら、君をこのままにしておく訳にはいかない……
      ヽトト|::::::':.. , , ,  ′   ' ' ' j/      )
         `|.:i .::.ヽ   ー    , イヽ  入_ (   
        l/| .:::.::.> 、 _ , イ,r'‐‐' /.::::.:.``ヽ







458 :名無しのやる夫さん :09/01/07 23:26:11 ID:4XU7ZGuI
 
  / `ーァ!|   `ー                トヘ-ヘ´  |
./   ( r='          l  l    |    lートゝl   l
    /っ7     /  /  /|   |    |      | rf'' |  |
    //'/´   /  /!  /=|  /   ハ     l | `l.  l  |
    ///    /l /  //  /l l /!  / |   l | | |   |  l   1番目、2番目、3番目、4番目……
  /// l   //‐l─/‐|l-/,ノl / / |_i-/─!- / /| ! |  l  |   
_/// | ! / ,| ハ. /ニ´|! |'´ヽl/  |l,. -='テ /l/ |l  l  | ,|   お姉様方……威勢がいいのは口先だけ……?
 /  |/ヽl /' /lミニ ' ,ソ / '   'トf_',ソ´ /! |  i |  ハ |   仕掛けてこないのは、彼がいるから……?
´        ,ヘ |l ̄、´ノ       ̄   /' | |  | |  | i !
         / `ヽl`(´     !       /´ l !   |l !__,|  |
       /'    \ _  ー'   _, イ_  | !  | l |-─‐'
      /    /<´  lヽ__  _/l ̄`フ  |l   | | l`ヽ、
   , -‐く、  _,,.、/   \  ̄`Y  ̄ /    l|   | l | ` ‐-、\


|||||||l'     ||||||,ヘ|||||||||||||/=|||||-=ー‐_'´ ヘ|ヽ‐--::::――┴―‐|/
||||||l      |||||/ |||||||||||/-,,'´|||l''´' ´  ̄_  l|||0.|======ヘ||||/
|||||l'      |||l/  |||||||||/r '´イ||l==r ̄`ヽ ̄T|||r'       |||/
||||||l    /|l/  |||||||ハ|l.   ||'| ,' , ○ヽ ゝ||,        |/
|||||| l  /,-|l/=、 |||l/ l||l.   |ヘ l ゝ、ノ l /´||||       /
|||||| l/',´ 'l/,=ヽヽl/ ,,-ゝ|l:   ヽヽ_,,,==ゝ-' |||'          '´
ヽ|||| r r'´ r't ̄0ヽ||l〆,,, --ゝ|l=、   ̄ ____, -‐'´,'          7、
|||T|| ||l.l、 || l l ヘヽ||l' ̄   ヽ`ー--―',--―´ ̄//          |
|||||.` ヾヾ- ヽ ゝ`'´ノl|l       ̄ ̄ ̄  / / / /       |
||||||.  ヾハ ヽゝ'´,// l             /   / /        |
|||||||.  /ヾ ヘ_, -'´‐'´ /               / / |        /
\||||. /  T-‐' ´   ヽ                  / |      '
  \| l'   ||||ゝ           _,,,、、                  ビクッ
ヽ   |l    l|||ハ         t=-‐'´
 ヽ||||l    ||l  ゝ







459 :名無しのやる夫さん :09/01/07 23:27:49 ID:4XU7ZGuI
 
  / `ー〈  `` ヽ            '¨´ `ヽY/´ ヽ
/    ノノ         /  |    !    ,)) |  |
     ((´     /  /  ./1  !  .::,′   .((  |  |
    //    /./ ,イ .:/ | ,′.::/i::.   l.::| |  |  !   ふふ……特に、1番目……
   .//,′ ,.イ:/__/_/ .:ノ) / /|_.:./_」:: .:/ /l.:| |  |  !   絶対に彼を巻き込みたくないわよね、水銀燈……
  // i  /.::ハ 7仁l7X / /´l//二「.:/l/ リ ',. |  |
 /l/ |/|/.:/′Vf.{.い.},':!〃  ィ.ヒiシフ:l::::l.:.   ! |  |   ……狂う程の愛は、やがて壊れ……
/       /((ヽ こノ   ,     ̄`,'.::.:|::.  | | |  |   いつしか、別の感情に変わってしまった……
    .:/   /.:.::))了´   _ _     /.::.:::i |  | | |  |
   .::/   /.:.::/:::/\  `ー   , .イ.:.::::::| |  | |_/ /
  .:::/   /.:.::/.::/:.:ヽ  ̄`ヽ__∠ ̄`7.:.:::l/  | |<
.:.::::/´ ̄`ー─- 、.:::::>    ) _, イ.:.:.::::L_LL_ \


    /    ,  /     // |    j、    /!     / /´ |:::!:::\  
    /  /  / .i│    //  j    /i !  / |   /:: /i   l::::!ヽ::::\:
   /  //   i  l l     //  /l    /_j_|_/ |  く:::::: く_l_  |::::!、 \::_:
  /  i /   |   l l   ,/  / j_,. ィ´// /  l    `ーr-.::` -:::j:::! \!ヽ
  i  ,l l   l  ヽ! _ /   ./ ./  /_/,レ''=/ /i      ノ   ` ーイ:::|   ヾ
  l  /l l   i、  /`jィ   / / , イ jr }_,. ,/ /    /      |::::|   
  l  |ヾi    |ヽ.イ´ _ゝ_ j  / / ー` ´ ´,ノ /    /!        |::::|        
  ! │ ヾ.   l! ヽ!イ,iriヽ'   ´         /   /,j. |        |:::::ト       …………!?
  ヽ,l   \ {! V ゝ '、               /  /,/│!     /|:::::| \  
   `    >_\ ゝ   ヽ         /_/    |/     ∧|:::::|  \
        /::::,へ. \   r= -   /' ´      ,/     /  L_::!   
      /::::/  | ` ーゝ               /,,j    /    \  
      /::::/  |    \.            ./ //   人      \ 
     /:::::/   /!    |!へ.     _ . -‐'     //    /  \
     `─'  /ノ|    |!  ` ー--r‐、ー.、,, ==//   ィ_.    \








460 :名無しのやる夫さん :09/01/07 23:27:51 ID:n/NeS2Kk
そういえばこの薔薇乙女達は『契約』はしてないんだっけ?







461 :名無しのやる夫さん :09/01/07 23:28:36 ID:4XU7ZGuI
 
 /   ,_{:::__ )ヽ、_                 ,,イ、ヽ_,-、ノ
  /   ゝ_jヽ   `                 r-r_イ\
:/   f r- '              ,、             ト-、.ヽ  \
      ゝ二ゝ'    /      / |   i    j      !  ノ ノ\ \
      / //     / ,    / /_ l  /   /!     ! ` T     ヽ ヽ
     / //i    / /  ,イ  λf' j ,ィ   / |!   /│ |     |  |   
    / ///  ,,/j_/- /-l、i_/,ノj / / l j_/!_|_  //l |  |      |  |   ずぅっと、あの庭から見ていました……
  / / l   / /∧ /-f,j│fイ/ / iリ+/,. =j_/!/,リ   |.     |  |
/ /   !∧ !,ノ  トヘ_`少V j/   イ´ir,ノ/ / l     |     .|  |   惨めな下僕を殺してあげても、
/      `' ´   /、jfLー- '_/     ` ̄   ∧,│  、, i    │ |   貴方の呪縛は消えないのに……
           /\_f~ζ´    <i        /ノ| |   |、ヽ   ノ /
         /: : : : ヽ.       _      /: : .| |   |-! |  ̄_,/
       / : : : : : />ーr  ` ´  ..ィー-'ゝ: .| !   ト| |\
      /: : : : : : : / \   `ー-、<ノ  /: : リ|   |│|ヽ `ー -、
   /⌒`ヽ-、_/´ヽ  ノ\.   .ノ   ::く: : : : : : ! __.│| |   ̄ ̄\\


     ____ 
   /_ノ  ヽ、\
  / (● ) (● )\    ……どういうことだお?
/    (__人__)   \   愛? 呪縛?
|      ` ⌒´    |  
/     ∩ノ ⊃   /
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  |\ /___ /|







463 :名無しのやる夫さん :09/01/07 23:30:14 ID:4XU7ZGuI
 
          ,. ,. -── -
            , '´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::`ヽ、
       /.:.:.:.:.:.、.:.:.:.:.:..:.:.:.:.:..:.:.:.:.:.:.:.:.\
        , '.:..:.:./:.:.:..:|.:.:.:.:.:.:..:..:..:..:.:.、:..:.:.:.:.:.:ヽ       
      /:..:..:..:/:.:.:..:..:|:.:.:.:、.:.:.:...:..:...:.:l:.:.:.:.:.:.:.:.:i     ……水銀燈のお父様への愛は、僕達の中でも最も深かった。
    〃!.:..:.:/:.:.:.:.:.|:.:l!:.:.:.:ヽ.:.:.:.:.:.:.:.:|.:.:.:.:.:.:.:.:. |    だからお父様が亡くなった後、水銀燈は心の拠り所を求めていた……
    || |:.:.:.:l:.:.:.:.:.:.|:.ハ、:.、:、\.:.:.:.:.:|:.:.:.:.:.:.:.:.:.|      
    || |.:.:.:.|:.:.:.:.:/l7─‐ヾゝヽ\.:.:.|.:.:.:.:.:.:.:.:.}|     そして白羽の矢が立ったのが、お父様の息子であるジュン君。
    ヽヘ:.{、:!.:|,イ ノ ァd尓7!:.:``.:.:.| }.:.:.:.:.:.:.:l    つまり、彼の望みはお父様の望み。それが水銀燈の信条なんだ……
      ヽゞNハ〉.  ゞ-’ |/:.:.:.:.:.:l:'.:.:.:.ノ/`′   
          ハ'、    /'|:.:.:.:.:.:/:.:.:!/'′          
           ノl:.:\っ   ||:.:.:.l/ `W           
          |.:.:/リヽ_ ... -||:.:/|! ,..ゝ-、           
          ∨/ __ _ _,.ノ V ''´    ,_\__         
           n}イ''"/〔!\  r‐┘_テvぅフ‐ァ


          / /           `ヽ   \
           〈 ム. '"´ ⌒⌒ ``ヽ    \  \
          V/   .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. \   ヽ  \ 
          〃.::.::!.l::!.:..:.:.:.;.::/.://.::l:::::::::.`、   ヽ  ヘ
           〃.:::l:::l::|:|::l:::::/:/:://:::ハ.:;.:.:::::.`,   V.:l:l`
         ./:::;:::::l:::l::|:|::l::/:/ //::::/ l:|:l:::::!::!::{!   !:::l:|
        l::l::l:::::|:十ナl:< /::∠_ 」トト、:l::l:::{!   !:::l:|
         |::l::l:::::|:|:|yテ〒ミ/::/´,t==ミ、:ト、::{!   !::::l:!   ……水銀燈……
         |::ト:ト、:|:|:| f辷ソ   _f辷シノl:l::l:::{!   !::::l:|   やっぱりまだ引きずってたですか、お父様のこと……
         ``Vハ1:ト、, , , 、    , , , , l::://{!   !:::l::!
           i `ヽ小、   _       ノ//.::{! i .j!:::l::|
           | ‐米 f{:.>.、  `   ,. イレハ.::::{! 米j!::::l::!
          ,/|    ,f{::l::l::>==<__ ノ⌒ヽ:::〉 !〈:::::l::|
        / .!   ! ,fレ'/``V,ィ介入      〈   〉:::l::|







464 :名無しのやる夫さん :09/01/07 23:32:00 ID:4XU7ZGuI
 
     / ̄ ̄\
   /   _ノ  \   
   |    ( ー)(ー)  
.   |     (__人__)      だからジュンを見下しながらも、「準責任者」として従ってたんだな……
    |     ` ⌒´ノ      ただ無意味に下僕を殺して楽しんでる訳じゃなかったのか。
   .l^l^ln      }      
.   ヽ   L     }       ……いく夫は、逆鱗に触れただけかもしれんが。
    ゝ  ノ   ノ    
   /   /   \
  /   /      \
. /    /     |ヽ、二⌒)、
 ヽ__ノ     


                -‐   ̄ ̄ ̄    、
             イ   ハ  l              、
           ∠∠、  /| |  | {         ヽ\
         __ ィ≠¬:::i l /ート l  l ヽ  \        '. \
        /イ;小ヽノ::/ | | | \ ヽ \  ゙,       l l  ヽ
      〈:{_/:/ |:|`ー'  | |、rr==≧ミメ、  \ i     イ | j   '
        ヾ:/ |:||    | l `_ゝ'ノヾー    |  / |/|.′   l  
      //  |:|∧   |  `''" ̄`     lイ=ミメ、lノ  ′| |   
     /::/   |:| ヽ   '、          、 ヽ'_ヘ /  / /| |   ……蒼星石……
.    /::/   |::|  \  ヽ        /   ゛''/ イ/ jノ   また余計な事を……
   /{:::{    レ′  |`   \   r=ー 、        ハ ノ }     
、  /  ̄   /|   |         ̄`ー'     / / イ      
::::V       / |     |             ー ニ´- ' ノ      
―‐ 、 、   /  !   |            イ |
::.::.::.:..\\′ / l  | ___ \  ,  i´ l  |         
.::.::.::.::.::...\\/  |   |7/::.::.::.::>ト二.   | |  |
::.::.::.::.::.::.::.:..\\_,l   |/.::.::.:/ ´ 小:ト\| l  | 







465 :名無しのやる夫さん :09/01/07 23:33:13 ID:4XU7ZGuI
 
            ___
        /      \       
       /ノ  \   u \     水銀燈と雪華綺晶……
     / (●)  (●)    \    同じ目的の為とは言え、手段が違うばかりに争ってしまうなんて。
     |    __´___    u.    |   まるでゲームのようです……それもとびきり残酷な。
      \ u. `ー'´       /
     ノ           \
   /´               ヽ


    /// /   イ l  | |  | |   ヽ ヽ ヽ、
ィニニ〔ゝノ_ノ   / ヽ\ヽヽ  | l    |l  |l  ヽ
'´/ /| |7   r/'´ ̄ヽゝニヽ-ヽヽ  │ | | ヽ ヽ
イ/ / ! | |   ||-ャ─-,ニ、ミ‐`ヽ、ヽヽ / / /  | ヽヽ    ……ふん。面白い事を言うじゃない、下僕の癖に。
/ / / j |   l| `ー='-ニゝヽ`   |ノメ、/l  │ l | l   これがゲームだって言うなら、勝つのは水銀燈……
./  / / ヽ   l|           ィ_ミヽ`リ ハ || |     
'  / /   ヽ  l          l、'rヽj`ァ' メ | / リ   あなた達……その愚図を連れて、外に出てなさい。
  `,´l    lヽ ヽ         /ノ `'’,イ  /イ     この出来の悪い妹には、キツめのお仕置きが必要みたい……
  /| |   |  `丶ゝ    ー、ー- 、    lノ  ,イノ       
. /│|   |          ニ ´   ノ イ |
/  ! |   !  、           ィニィ | |lハ
  | !   |   _`ト_、 _     , イ    ! |ル'   
  ハ ヘ  |‐'  ̄,.ィ´ヘ` ー- イ  |    |l |    







466 :名無しのやる夫さん :09/01/07 23:34:37 ID:4XU7ZGuI
 
      ,゙)ル ゚。 ゚V//   パァン!
      ゝ'゚      ≦ ゚
      ≧      三 ,\     
    /-ァ,      ≧=)\    え、もしかして助k
    | イレ,、     >_) ∪|
    \, ≦`Vヾ ヾ≧  / 
      | 。゚ /。・イハ\、l    )
      |  |__ \   /


             / /         |     |   |  {::{   ノ::;ハ |:|
            /  /        | l   | ハ   | }  ヾニィf′| |:|
        /  '        | | !  j/イ  川     |:|   | |:|
          /  |       | | |/} _L.// |      |:|   | |:|
        '    ||      / | /イ/ィ゙´〃 |   /|:|  | |:|    
       l|   ||ヽ    / 〃 / イ_ソ 彡'′ |    , l::|   | レ   勘違いするんじゃないわ、おばかさぁん。
       | |     l ヽ \  {           ,   /| レ'   |        
       ||ヽ  ト、 >≧            / / |     |     あなた達がそこにいると邪魔だってこと。
      |ヽ \ \ ヾヘ_ソ ,           //  |    |     さっさと行きなさぁい、白饅頭の下僕……
          |\|\ >|  \      ィ         |    |
          |:| 八  { ヽ    ∠ ィ´      |    |l\
   _     |:|  \ \\ _           |    ハ \
   \: : : .ー- レ    | ` ー┬‐<             l    厶┴ 、
    \: : : : : .` ー-|   | / `  ァー--‐く -‐7   /.:::::::::::..\
―――‐ `ー- 、: : : : :|   |./     / / /:「」:.ヽ′   /.:::::::::::::::::::::







468 :名無しのやる夫さん :09/01/07 23:36:00 ID:4XU7ZGuI
 
           ___
       /     \   
      /u  ノ ;;メ;\  \    わ、分かったお……
    /   (●);;メ(●)  \  皆、ジュンを連れて逃げるお!
    |      (__人__)  u. | 
     \    u.` ⌒´  /


      / ̄ ̄\        
    /ノ(  ゝ 、_,ノヽ     
    | ⌒(( ●)::(●)    
.    |     (__人__)    よ、よし! ほら立てクソガキ!
     | U ` |::::::::|´ノ.     ここにいるとマジで死ぬぞ!
      |    `⌒´ }.    
       | u     }    
      |  u    ノ







469 :名無しのやる夫さん :09/01/07 23:37:05 ID:4XU7ZGuI
 
|||||||l'     ||||||,ヘ|||||||||||||/=|||||-=ー‐_'´ ヘ|ヽ‐--::::――┴―‐|/
||||||l      |||||/ |||||||||||/-,,'´|||l''´' ´  ̄_  l|||0.|======ヘ||||/
|||||l'      |||l/  |||||||||/r '´イ||l==r ̄`ヽ ̄T|||r'       |||/
||||||l    /|l/  |||||||ハ|l.   ||'| ,' , ○ヽ ゝ||,        |/
|||||| l  /,-|l/=、 |||l/ l||l.   |ヘ l ゝ、ノ l /´||||       /
|||||| l/',´ 'l/,=ヽヽl/ ,,-ゝ|l:   ヽヽ_,,,==ゝ-' |||'          '´
ヽ|||| r r'´ r't ̄0ヽ||l〆,,, --ゝ|l=、   ̄ ____, -‐'´,'          7、
|||T|| ||l.l、 || l l ヘヽ||l' ̄   ヽ`ー--―',--―´ ̄//          |
|||||.` ヾヾ- ヽ ゝ`'´ノl|l       ̄ ̄ ̄  / / / /       |    ま……待って……
||||||.  ヾハ ヽゝ'´,// l             /   / /        |    こ、腰が抜けて……置いてかないでぇ……
|||||||.  /ヾ ヘ_, -'´‐'´ /               / / |        /
\||||. /  T-‐' ´   ヽ                  / |      '
  \| l'   ||||ゝ           _,,,、、
ヽ   |l    l|||ハ         t=-‐'´
 ヽ||||l    ||l  ゝ


           |    /  _,. -ー ' ´ ̄` ー 、  \    /
           ヽ   l /  /         \ ヽ   /
            ',   {/   /  /   :l      ` 、 !  /
            ヽ  〉.:.: /  /   .:/.:  l.:. ヽ   l|/l
              Y .:.:. /.:  /  .:./,イ ハ.:. ...:|   :|:.:.:|
              | |.:.:. l.:.:. // , イ.:.//:.:/  \.:.:| ...:|:.:.:|     チビカナ、お前もついていくです。
              | |.:.:. |`'lメ∠_////__, -ー'ヾ:|:  :|:.:.:l     お前はジュンの世話係なんですから、
              |、ヽ.:.:ヽィ圷ミ    ィ圷ヾ.:.:.:|::.::l     あいつの傍にいる義務があるですよ。
              | lヽ\| 弋r:シ      弋r:シ |.:.:.:ノ:.:.:.',
             /.:|  \ヽ;::::::::    ,  ::::::::::::ノ_/ |.:.:.:.:':、
              /.:.:.l   | 弋    ,. _    フl  /.:.:.:.:.:.:ヽ
.             /.:.:.:.:ヽ  ヽ __ >、___  `_,.ィ< /  /.:.:_.:.:.:.:',
            /:./:`∧  | |` ̄ \ヾ/ノ ̄ ∨  {'´: : : : :\.:.\







470 :名無しのやる夫さん :09/01/07 23:39:43 ID:n/NeS2Kk
このジュンは本編の第一話より情けないなw







471 :名無しのやる夫さん :09/01/07 23:40:50 ID:4XU7ZGuI
 
           /   /   `丶、 \::::/ゝ二火::::\イ   ハ
             l / /       _.二ニYス.   /ソヽ/    l |
              jノ イ   _      '     ヽヘイ /_  ヽ    ' :l
             〈 /{/          , _ノ_ノ└'´ \ ヽ l  / j
           {j:.:i  、_ 、      / 厶こr`Y    V>-、/  ,
               ヽVY〈 ハ         Vしり } '   く7゙/ヽ l /    翠星石……それに、蒼星石も残るのかしら?
              l} ヒr」       ゞー '´     l! ノ , / /   
            _, | ゞ' .             /'_./, '     水銀燈はああ言ってるけど……
           /´  ',   ヽ       \_f´ ̄`¨ヽ /        あいつは強いのかしら、カナでも分かるくらい……
           {!  ,.-\   マ二)         |    . : :ヽ, -―- 、
           ゞ、/  : .\   ::.       L-- 、: :/
               入 ̄ , -_‐≧:. 、    _ イ―-ゝ:_/
           /  \/´ . : : 〉   ̄イ⌒ト|   : :/


  ,'  . .:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.:./:.:. |:|::.: |:.、:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ:.:.:`、:.:.:.:.:.:.:l::`、
. !..:.:.:.l:.:.:.:,':.:.:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.:./:.:.:./l:|::.:.: |:.:ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`、:.:l:.:.:.:.:.:.l.:ト、:|
 {.:.:.:.:.|:.:.:.:l:.:.:.:.:.:.:.:.:l:.:.:.:./:.:.:,イ:;ハ::.::、:.:.: \:.:.:.:.:.:.:.:.:l:.:.:.|:.:.:.:.|:.|:| l|
. l::.::.:.| .:.:.|:.:.:.:.:.l:.:.:.|:.:.:/:.:.:///_入:_ヽ:.\ヽ、:<´l ̄:|:.:.:.:.|:.l:| l|
  |::.::.::!::.: |::.:.:.:.:.|:.:.:|/;:∠イ/´   ヽ\:\ ヽ、 ,.=キミ!:.:.:.//l/ リ
.  l::.::.::.::.::l::.:.::.:.:.l//  _, -==rミ\\:ヽ 个tク}〃 :;〃 /   
.  `、::.::.::. |::l::.∠イ::.| < V弋ス┤     ヽ └- ' リ::/  /    大丈夫、僕達は負けないよ。
    `、::.:: l::|::.::.::.:|::.:ト、  ヾニ-‐'         イィ′      ジュン君を守る為だもの。
     ll::.::.|::|::.::.::. |::.lヽ\           /   /l:|       
    ||::.::l::.|::.、::.::l::.`、`ヽ             ,   /::N        やる夫……明日もまた、一緒に朝食を摂ろう。
      lト、:レヘ::.|::.::.\::ヽ、           ̄  /::.::.;′        その時こそ、隣の席に座ってくれないか。
      \ ヽl::.::.::.::|ヽ:> 、       /!::.::.: ,′
           |::.::.::.:l `ヽ、 `¨¬ー-‐'´|/|::.::.:/
          ヽ::.::.:「 ー- 、   ト、     !::.:/







473 :名無しのやる夫さん :09/01/07 23:41:20 ID:7S6N74WX
蒼、その言葉は死b(ry







474 :名無しのやる夫さん :09/01/07 23:41:50 ID:ZCagXabV
あれ?今死亡フラグ立たなかったか?







475 :名無しのやる夫さん :09/01/07 23:42:14 ID:bxnAYIb8
皆一斉にデレ始めたー







476 :名無しのやる夫さん :09/01/07 23:42:19 ID:4XU7ZGuI
 
         ____
       /::::::::::  u\
      /:::::::::⌒ 三. ⌒\      ……こんな時に何言ってんだお、蒼星石……
    /:::::::::: ( ○)三(○)\     お前、まさか……
    |::::::::::::::::⌒(__人__)⌒  |
     \::::::::::   ` ⌒´   ,/ 
    ノ::::::::::u         \


      / ̄ ̄\        
    /ノ(  ゝ 、_,ノヽ     
    | ⌒(( ●)::(●)    早くしろやる夫!
.    |     (__人__).    ってかジュンが動けないから、
     | U ` |::::::::|´ノ.     お前が背負っていけ!
      |    `⌒´ }.    
       | u     }    
      |  u    ノ







479 :名無しのやる夫さん :09/01/07 23:43:51 ID:4XU7ZGuI
 
        ,' /.:.:;′/:/.:.:::/:/!::::|::ト、 .:.:.:.:::::::|::|::i .:.::::::::::::::.:
         l/.:.::;'.:.:/./.:::ノ::/ |:::::|::ト、ヽ.:.::::::|:::|::|::| .:.::::.:::::::::::|            お前がやりゃいいだろーがお! >
        |:l:::::l::::|:::レ':ナナヽ|:::::l::l\ヽ.:‐:十:|十!、.::::::::::::::/             俺のジャンルじゃないだろ常考!>
        lハ::l::::|:::レ'´ ‐- |:::/l/  \::::::|:::|::|::| .:.::::.:::|:./ 
            ',l::::|:::|  _  |/       `` ``7!.:.:::::.:::|/.  ……さて、と。
           ト、ト::ト、´ ̄`ヽ     ‐==ミ、 ./:!:.:.::::::::|   
            ヽ:|:::|::!             /./.:.:::::::::;′  水銀燈が人間を大事にするなんて、
              `l:::|::ト、    _`_      /::/.:::::::/l/     世にも珍しい場面も見れたことだし……
           |:::!.l.:::>、     `   ,..イ::/::::::::/
           |.::::::/:::/ニ>.--‐ <ニ7⌒:::::/  


      /: : //: : / : : /: :/: : : ノ: : |: : !ヽ: : ヽ ヽ  ヽ
    /: : : /: : /: :/: : /: : /: :i ∧: : :|: :ヽ!  } /\ヽ
    ! i : : !: :/: :/: : /: : /ィ: : /: : ヽ: :!: : : ! Y_  ヽヽ
    .!: :| : : !/、_/_/ _ィ//: : /∧: : : : !: : : : } | `ヽ、 ヽ!
    ! ハ: : |./> ̄/ ノ :入〈  !: : : : !: : : :! /!    `ヽ!
    |〉、ヽ ! ゙ミミ三、  //  `〈__! : : /: : : :イ: :!       「責任者」だから? お父様の息子だから?
    | 「ヽ!`ゝ:::       ミ、、_  〉へ : : :ノ :|: :|       それだけですかねぇ~?
    | | ヽヽ  ::::  l    ::: `゙゙=ミ/: :/:/ /: ! : !       お父様の面影を重ねてたりしてぇ~……
    | | ヽ \    !ーァ   ::: /://  /: : |: :|
    ! .\   \ `´    ,イ⌒ア^〉  /| : : !: :!
   /|   }-、,-、__}>r-ァ´ ̄ / /  /: :! : : |: :!








480 :名無しのやる夫さん :09/01/07 23:44:49 ID:7eP6Kmdi
翠星石ww







481 :名無しのやる夫さん :09/01/07 23:45:02 ID:z6GU5JEm
こいつらw







482 :名無しのやる夫さん :09/01/07 23:45:23 ID:4XU7ZGuI
 
         _rxvxvxvxャ―- 、
        ,ィf>^厂{爻}勹⌒^下ミ `ヽ、
     rfフ::.::.::.:_`ー'^ー'::.::.::.::.::.::.::ヽ>、ヽ
   _fヲ::.::.rxtタ^⌒^⌒^X≧z::::.::.::.::.:::圦ハ
  /r‐v':r彡 |l| l|l| l il li l l| !l| l|トミk::.::.::.:Vfハ
 {〈 ィ/^ ,1l l|l !|l| |l|| |l | l | l |l| ! |ヽ>、::.:V! l|
 `7/ // ll| |l| |l!| |l!| l| l | l | |l| ! |//^ヽ:/⌒》   ……鬱陶しい双子だこと。
/丁7 l| l l|l |l| |l!| |l!| |l |l l|l | |l| | |トミ=彳|厂´|   そんな事どうでもいいじゃない……
レ⌒l| l| | |l| !l| !l| |l | || |l |l| | l|! | |レ⌒ヽ|レ⌒!   
  /|l |l! |仆ミ」l l| l |、」 斗 ヒて {{ィ/77ハ\j   それより、あなた達はともかく……
. //lハト、ヽf予tぇミ     xfぞ牙ァ '/// l |! | |   どうしてこんなのまで残ってるのぉ?
/// 7∧ヽハ ゙ー'′     ゙ー' //ハ /! j l | |
〃 // ハ/小.""   、.   "" /〈// l|| | ! |
″{ { ,' // |l ヽ、   -      /// ハ | | | ト、 , 
⌒ヾメ、/,'_川 |`丶、    , イ // ,'l lル' l| | ∨
:―::.::厂:.:.:/// |!| l|l /`fT!^ヽ ̄} ' / | |l \_!」 /


                            ___
       __,、           ≡      /      \                私は先程の銃を持っていますからね。
    〃ニ;;::`lヽ,,_           ≡  /⌒  ⌒    \          彼らとは違うんです。
    〈 (lll!! テ-;;;;゙fn    __,,--、_  .. / (●)  (●)    \  ≡    
   /ヽ-〃;;;;;;;llllll7,,__/"  \三=ー|    __´___        |    ≡   及ばずながら、加勢させていただきますよ。
   >、/:::/<;;;lllメ   \ヾ、  ヽTf= \   `ー'´      /
  j,, ヾて)r=- | ヾ:   :ヽ;;:     | l |  l  ''t        || >        ≡
 ,イ ヽ二)l(_,>" l|    ::\;::    | |  |  ヽ,,-‐、i'  / V
 i、ヽ--イll"/ ,, ,//,,    :;;   l //  l く> /::l"'i::lll1-=:::: ̄\
 ヾ==:"::^::;;:::/;;;;;;;;;:::::::::::::: :::::ゞ ノ/   L/〈:::t_イ::/ll|─-== ヾ
  \__::::::::/::::::::::::_;;;;;;;;;;;;;;;;;ノノ   ヘ   >(゙ )l:::l-┴ヾ、ヽ  )







483 :名無しのやる夫さん :09/01/07 23:46:33 ID:WjnGTxsu
ちょwwwwwww







484 :名無しのやる夫さん :09/01/07 23:46:38 ID:ZCagXabV
できる夫何故そこに……







485 :名無しのやる夫さん :09/01/07 23:47:21 ID:4XU7ZGuI
 
  /_f〆..:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::..\
 / _{f7.::::::::fメ}ー'^ー'^ー'^ー'^ー'^ー'マ}:::::.ヽ
  _{f7.:::::fメ厂               `マ}:::',
 {f7.:::fメ厂 |    | |     |   l     マ}ヘ
 {l:::::/ノ  i |  ∥| l|  |l |   l | |l   ハ
 {l:::/ノ  | | l  | | ||  |l |   | | l| l |lハ
 |:/ノ l| ∥| |l | | |l  ハ.∥  | | 斗‐| |l |
 小、 |l 丁 T¬l┼l l| / |∥ イ∥ ; l | |   
 |:トヽ lヘ |r=┼=ミヽ'j/  ノj >=fT7// ハl |、    ……あ、そう……
 |:| 〉〉、ヽヾ弋ゞ'ノヾ     ''ゞ'シ // / | ∧ヽ
 ト =〈ヽ \\" ̄     l!     イ / l |/| 〉〉   3対1が3.01対1になったところで変わらないから
 ヽ 〉〉 \_         ′  u // ′l ::|.//    どうだっていいけど……邪魔だけはしないで欲しいわぁ……
 :l\厶 -イ   \   ____,.    // /  l |:l'/| 
 :| ィ / ∥ トr ヽ ` ニ´   イ ,  / /∠゙イ|:ト、
 イ | |  }レ' {  ヘ  __, < / / / / ; | |:|.|:|:i:
  | | |_丿  |   ',::::::::::::::: 厶./ / / 厶| |:|.|:|i:i
  ゝヘノ⌒ヽ       V⌒ー┐::/ ///-/::::..\iヾi:i

       ____
    /      \  
   / ─    ─ \
 /  (●)}ili{(● )::::::\   私、銃を持っても0.01ですか……
 |       __´___ ::::::::::::::|   
 \    `ー'´ ::::::::::: /
,,.....イ.ヽヽ、___ ーーノ゙-、.
:   |  '; \_____ ノ.| ヽ i
    |  \/゙(__)\,|  i |
    >   ヽ. ハ  |   ||







486 :名無しのやる夫さん :09/01/07 23:49:06 ID:7eP6Kmdi
できる夫哀れww







487 :名無しのやる夫さん :09/01/07 23:49:08 ID:z6GU5JEm
実際銃弾余裕ではじかれたしな







488 :名無しのやる夫さん :09/01/07 23:49:15 ID:89XE5AU1
死亡フラグがドンドコ乱立してるw







489 :名無しのやる夫さん :09/01/07 23:49:28 ID:4XU7ZGuI
 
     / 〃 t(⌒´  ̄          ̄   ヾ一;、/ | ,
.    /   {し_)     /  i         ヽ   ノイ  ′ !
    /    /./ / / 〃     ハ | i  ∥   ゙,   ∨ /  j|
  /  / / , ,  ″: | |i  ?| |∥ ,  | i  ' /|   〃
    / イ | | ∥||| || ,..⊥l | |∥ |! | |  /' |  ||   
   /   | | | ∥|l| | {f'´|メ | |∥ |! l/  /  |  ||   
 /   /| ∥ | j⊥ヘ¬ ム)) |∧_/|_l_/j! /  /  i |  ||   ……3対1……さっきと同じ……
    /  | 八 ∨{ ィrァミ くヾ ノ' 斗┬ャミ /  ,   i|  l|   けれどあなた達も、あの3人のように……
   /   ヽ |ヘ トヽいYレ' ノ    ゝツノ / ′  l   l|   
 /      イ  |`ヾ二 イ ,      / イ  i  |   l  
      //  | 下 乙  ,._    / / |  |     |   
      /__/  イ  |{>‐、 `    / /l | |  |   |   
    / K⌒Y´  し¬ \ (>z<:/ />| |   |     l


           / ̄ ̄ ̄ \
         / \   / \   
        /  (●)  (●)  \     四捨五入されて消えてしまいましたが……
    ∧、  |      __´___    . |    先手必勝、ジャンクにしてあげましょう!
  /⌒ヽ\\ U   `ー'´    /    
  |( ● )| i\.ヽヽ、___ ーーノ゙-、.  
  \_ノ ^i |  '; \_____ ノ.| ヽ i     
   |_|,-''iつ |   \/゙(__)\,|  i |
    [__|_|/  >  ヽ. ハ  |   ||
     [ニニ
     └―'







491 :名無しのやる夫さん :09/01/07 23:50:44 ID:4XU7ZGuI
 
      _  [][]
      |  |                `     '
      |  |__  __           、   ノヾ     '
      |  ___|  |__|           )ヽ/  ヽ、ノ|ノ´
      |  |             /\     `r      r'
      |  |           / /     )     (
       ̄       ___/ /    , '´⌒`Y´⌒` 、        ,、    /
              |___/          ,              キ人_,/
            `                  _  [][]         )  て
             \ ,,_人、ノヽ          |  |           /´⌒Y,.
              )ヽ    (            |  |__            \
           - <       >        |  ___|    __
              )     て           |  |       |__|
             /^⌒`Y´^\            |  |               /\
                                ̄              / /
                                         ___/ /
                                        |___/



           / ̄ ̄ ̄ \
         / \   / \   
        /  (●)  (●)  \     ……やったか!?
    ∧、  |      __´___    . |    
  /⌒ヽ\\ U   `ー'´    /    
  |( ● )| i\.ヽヽ、___ ーーノ゙-、.  
  \_ノ ^i |  '; \_____ ノ.| ヽ i     
   |_|,-''iつ |   \/゙(__)\,|  i |
    [__|_|/  >  ヽ. ハ  |   ||
     [ニニ
     └―'







493 :名無しのやる夫さん :09/01/07 23:51:14 ID:bxnAYIb8
なんというテンプレ的死亡フラグ







494 :名無しのやる夫さん :09/01/07 23:51:20 ID:7eP6Kmdi
また死亡フラグww







495 :名無しのやる夫さん :09/01/07 23:51:23 ID:ZCagXabV
それはやってないフラグ







496 :名無しのやる夫さん :09/01/07 23:51:36 ID:dpssCzXe
(やってない)







497 :名無しのやる夫さん :09/01/07 23:51:37 ID:vMUlbqC1
絶対にやってないw








498 :名無しのやる夫さん :09/01/07 23:51:52 ID:WjnGTxsu
ダメすぎるwwwwwwwww







499 :名無しのやる夫さん :09/01/07 23:52:14 ID:4XU7ZGuI
 
 |::| /:/l::ハ::.     | |.|   |l  |    |   |  |  |    ',  ヘ
 |::l'::/ |::|_ノ::〉  / | | |   | | |l    |   |  |  | l   |  ハ
. /√l トr-イ   |-ト、|| | l |l  |   |  |  | |   |   | l
/:/ l |::|  |  | \|`\ト、| | |  |  /; / | /l |   |   | |
:/  | |::l   l   |气f><ヽ|、\ , l  /// |./ ノ /   /  .ハ |
   | |::|  ヽ  |  ゙{ l! }`ヾミ  ∨//厶-―<./   /   / | | 
   | |::|   ト、 l  ヾー<        斗=ミ、_/ /}  /   |ノ     …………!?
   | |::|    | \             _( リノ ''// /ノ/     イ
  | ヾ    |               `¬ /  /イ|    /:/
  !      |\           /   ∠ イ   L|   /. :/
    |     |  \      ―-;     /  |  ィ  /. : :/
.   l    ト、  \            <    |// /. : : :/ -―ァ
   |   |::::::`::ー- >  _  イ   |  |: : : : : _ -―<_
.__∧    |::::::::/二二[]二.ヽ |    イ    |: : : : : : : : : : : : : : : :


       / 厶=ミ ∠__   `      ´── {f以}〉)\
.       /  《ゞツ辷ー           ニ 二 ̄ `ベ((_) 、\
      / / ((¨´   ̄        l     iト、   ∨  }  i
.     / / (__))    i   i | i l i| |li||il| | i   }  ,′|
     ' /     | i| l   i | | l l| |li||il| | l i /  {   ,
    〈 {  /  i| l| | l i | | l l| |li||il| | l i {  ヽ   ヽ   ……うふふ、ふふ……
     , ', /  l| l| | | l | ))i l i| |li||il| | l lハ   .   }   
      ハ i {   il| l| l |, =彳|! l| ,」li⊥⊥⊥L! l ト  }  ,′  駒鳥さんは、弓と矢羽で殺された……
    / l i ヽ  il| ! | | r{辷ト、 | | l| | l⊥⊥_! l | l l }ヽ  /!    ……玩具では、死んであげられないわ……
.  /′ ! i  ト 、ハl| l/バY^ト{ | リi イf弐_ケ`l ヽl  / /  //
/ /   }∧ ヽ ヽヽ ゞ弋ソソ      ` 冖'^ ∧ l  { /  / ′
. /   /  ,  ) } ハ ` ̄))  . .       / }ハ ハ  ' |
 ′ (     } / // ∧ ((   _ ._     イ イ '、ハ l  !
      ヽ  / /  {   /  > 、  ` ´   イ ノ/,小、 \j l  、
      丿 '/{  ヽ { .ィ`Y´ > .. <ノ⌒´// i| `丶、\ヽ \







500 :名無しのやる夫さん :09/01/07 23:52:47 ID:z6GU5JEm
このできる夫はできない子。







501 :名無しのやる夫さん :09/01/07 23:54:01 ID:4XU7ZGuI
 
:/: : : :/-―_´   \//   / /|: : :/ _!_! : : : : :   
ハ: : : :! 〃´ ̄__ `ヽ/ヽノ  // /ヽ//| | ヽ: :l : : : : :   
! ヽ: : ! l| /` _つヽ  | !| / /: :/-┴__- 、 ヽ!: : : : :   
ヽ \!   K´{Ξj !      // /´> ヽ ∨ ヽ: : /   
: :ヽ | | |┴┬ ‐く  ...::::::../  K´{Ξj  ! !ト /! /:
: : : :\| | |l ! ...:::::::::::::::::::::::::::::... ∨  ̄ /〃 / l/: :     当たった筈の弾がすり抜けたです!
ヽ _: :\        ::::::::::::::::::::::::.「「 ` く /:/: : :     どういう体してやがるですか、あいつ……
  ノ   ̄                  | | <´__ /     ヒッポ〇ト星人じゃあるまいし!
  {                      /
  j \        __           /|       
 {: : : :|\     /´  _ `ヽ     /l  !    「   
 !: : : :!    、  ̄      ̄   < : : l l    ノ   
  } : : |      ー‐┬- <´: : : : ヽ: :! l   /


       \,::イ::|::/:/.::::::ト、:::ヽト、::::::::::i::l:::::|:::.:.i::|
          i.::i:::|/ー-、/ \::.\`> -‐'':|:::.:.|::|
           |:::|:::!/:::::''ー==z、 ヾ:、´,、-=ュ!::!::::::l/  r‐ 、 
         l:、!::ト、::〈ヾ_トッツ    〈じソ7l/:::/:/  !   |
            !::ヽ:::`:、. , , ,    ′ , , , , /.:/:/  /   ! 
         ヽ.::ヽ:::.\    r ┐    /:,:::イ  /   /      アストラル(霊体)だとでも言うのか……
            \ト、:::::: .、  ー′ , イ:::/l仁ニ7   /⌒ヽ     でも、それじゃ君も攻撃できないんじゃないかな?
             \Nト> ー‐<'´ ̄17.:.:.:ノ   ,イ!  ノ⌒!
              _ノイ厂   (´ ̄ `ー'   イソ  /  /ヽ
              /イ夊刄   `ゝ─-、    > -‐< _ノ /
           ,イ7!ノネ;l/;/  /ソ.:.:.:.:〈/ 「ヽ ̄`ニ   >、/ヽ
             /ノj 〉;/,};;;/  /j}.:.:::::::::::i  \`Tにコソ´`Y^7
          /.ノj./;/j} |;;|  ,/ソ'.:.:.:::::::::::|    \。〉仁ここソ








503 :名無しのやる夫さん :09/01/07 23:55:06 ID:4XU7ZGuI
 
  ', l /fi;  ,' ,  ,'    l ,' '  |  l. | l { l ハ ! 八ハ ', ',!|  |l  ,',|
  ', l '、_'  l , l i    |l ,'|  jメシi l l八!ヽ| |l|__jLlキ i l ハ  ' ,'  , i |
   ',  / | l | |  ハ  |',.l ', ('´ | l | l  ,.ィサ「l_,_」_, ハ メl |  l,/ ,'| l|
   l ∨', | | | |,ィzx、 |八 、 f{i, l、l /', ,ィ'´ !,:',ィ:'"::::`F/l/ l |  / / l l|
   | l ',|l トl、'^ヘ、l  ヽ{li} |ヽ∨`リ .:,:'/:::::f'i}::::::::}リ/ノ l , -┼y' l|
   | /!  、N ハ. l',  {メ、 , -‐fヾ'、j ','、  _'ム:::::::`'::::; イ/ /ん/  / /}  |、 
   |,' |  ', ∨'、',| ヽ 仏メーこミ、,ヽ  ヾ:  `" ` ― '´/ソ |' /`ー;' ,'| ハl
    '/ |   '、,ト、ヾハl `l_fi,く(ン、リ7   ';,       ,' ,' ハ/   l / 、 / l|    ……それは、どうかしら……?
   ,'  |    |丶/ヽ.|、``>一'_'ノ     ' ,     ノイ /メ/ /⌒ト、  ヽ l|
  /,' /|    |  /丶ノ、ゞく{ ̄´       ` ′ _, ィ /´l|//イX!  |   (_土--
  ,' l ,' l i || ,'  _L,__ヾj{L...,、 ゝ,===-" ´ノ ,' /|f リ|l/Li /|  ,. ノ |
. / l,'  、 l l ' /  rナヽ )``ゞ、`  ` ― _ ニ´  /イリ / ル八/|/ ナ´   ',  
/   |  ', l l {   fメ、 Yゝイ`l`` ‐- 、、__ , イr―メ、__ソ/ ヽj/ ,'   f'「
   ,ト、 ', ', ', 、  | ト) l( ヾi、ヽ、:.:.:.:., - 、_j:..i:.l:./ヽ /丶、/ / /| ;    、L、


                  .
                    \..                /
                     \\..            //
                      \\... o |    //
                       \ \  。/ / /
                     ヽ   \  \ .。 /
                         ヽ\    /
                     - -二         二 - -   ガッ!!
                       o        \ 。
                            o  \  \. 
                      / /。/     \ \.
                    / /     `~´   \\
                   //    / 。         \\
                 //                  \
                /






505 :名無しのやる夫さん :09/01/07 23:56:23 ID:4XU7ZGuI
 
       レ'´    ,.-─‐ -⊥__
   r-──┴一''"´          `ヽ
   \  , .-─ ………‐- 、、,,_  /
    `V.:.:/.:.:,:.:.,:l:::.l:.:.:、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:く
      l.:.:.|.:./.://l.:.:ト.、:.\.:.:.:.:.l::.:.:.:',
      l.:.:.|/.:// ヽ:\\_ヽ:_:_|::.:l:.:|     おっと、危ない危ない。好きに実体化できるのか。
      l.:.:.l.イ-一'´ `ヽ\`<:.|.:.:l:.:!     
     |.:.:l:.:i  O      O  .l.:/.:;′    (真紅や雛苺と同じ、茨使い……でも威力は段違いだ。
     |.:.:l.:.l           //.::,′      力押しを続ければ、先に僕の鋏が悲鳴を上げるか……)
     l.:.:l:.:.ト、     3   , .イ.:./
       V \::.:.> --- </l/|/


              / /:::::,. :::´:::;. ,-―ベ" ̄  `
           /  /::::::/:::; イ  |    \ \   \
              /  /:::/:::/ /    |      ヽ  ヽ     ヽ
          /  |:/::::/  :′|  |        ヘ       ハ  
        イ二 >r<   i  |          ,  i  |廴  
      < </ / 不ヽ ヾ\ |  !ヽ  ヽ  \    l   |  |?  
         \__'/ /|::| イ/| \\  \   ヽ  | ィハ  ハ| 
         //  / |::|ー'   |、ヽ \\  \ |l /,.イ/ / / jノ    どいてなさい、蒼星石……!
      //  /   |::| i    ', >\"\二  ヽ|レゞ'イ/ イ|、    
      /::::/  /   i!::! ヽ   ヽ >イ l!ノ,.`      7  / | >.   
  \.__/::::/  /    /::/   \  \ ` ´        〉/ /
   \ヾ{  /    /::/i    |イ\ \    _,. ィ /イ i\
    / \<..._∠ イ∧   Vヘ.` ー一    ̄ ´/:::| | ト \ ̄ヽ
ー===  ̄:::::::::::::::::ー―ヘ   ∨7`;―::>r―‐:'::.:::| | |:::> `  、








506 :名無しのやる夫さん :09/01/07 23:57:55 ID:7tPuAmp9
蒼の顔がひどいw







507 :名無しのやる夫さん :09/01/07 23:58:19 ID:4XU7ZGuI
 
              , '
             〆
           //
           ノ /
          /  i
          ,i  |i
         ,'  |i
         i|   |i
        i|   .|i
        |    .i、
        ゝ     i、
        .i|      ゝ   ザンッ
         .i|      丶
         .i|       \
          .i|        丶
          .i|        丶丶、、,,
           i|         \ゞ`
            i|、       `\ 、、,
             ゝ       `丶`\ゞ
               \  ,.   ミ\丶 `
                 `;丶\丶  、`丶
                       \ 丶
                           \


           / ̄ ̄ ̄ \
         / \   / \     
        /  (●)  (●)  \     流石は水銀燈、剣を使った強烈な一閃……
    ∧、  |      __´___    . |    今度こそやったのでは?
  /⌒ヽ\\ U   `ー'´    /    
  |( ● )| i\.ヽヽ、___ ーーノ゙-、.  
  \_ノ ^i |  '; \_____ ノ.| ヽ i     
   |_|,-''iつ |   \/゙(__)\,|  i |
    [__|_|/  >  ヽ. ハ  |   ||
     [ニニ
     └―'







508 :名無しのやる夫さん :09/01/07 23:58:56 ID:7tPuAmp9
できる夫テメェw







509 :名無しのやる夫さん :09/01/07 23:59:04 ID:z6GU5JEm
水銀刀持ってるのか







510 :名無しのやる夫さん :09/01/07 23:59:09 ID:ZCagXabV
だから一々やってないフラグ立てんなwwwww







511 :名無しのやる夫さん :09/01/07 23:59:09 ID:WjnGTxsu
できる夫だまれw







512 :名無しのやる夫さん :09/01/07 23:59:13 ID:bxnAYIb8
お前の一言が攻撃をダメにしてるw







513 :名無しのやる夫さん :09/01/07 23:59:47 ID:4XU7ZGuI
 
              , '´ ̄f令y、__
                /  /rヘミイヽ  `丶、
          / / //// {{ /    \
        , '´ /〃////〃 / / / ,   Y7
       ,  '´  ///〃/{//^X / // / , /  {レ示、
   , '′,  / //〃/rク不=彳// / //  ハミ処}ヘ
 ./  / / //〃7=ゞ杉'′〃 /‐く /  /`7  ヽ
   /  /f了 /〃ハ         r采/}// /    |   ……何かしました? お姉様……
 イ //__〉廴几// rヘ  r、 '  〈沙'}彡'´/ /   l |
 / / , ! {/ └ク`ー′ハ `ー'     / / / ∧   |  |
  / / l 〕   しrヘ ┌┘`¬ァ冖7´  / / /   l  |
 / / |/ 7⌒) //―廴rヘ、└勹  / / /  l|   l  |
  ,′ ,'レ'´   ` ̄}_〉 ̄\/7Z_人  厶__ i  ハ  l|  |
 /、 / j       `ー―く/     }'´ / l  | |  `、


  l/:/ ̄ ̄ />.ィ::r~1:::|ー'^⌒^⌒^⌒^⌒^ー、::.::.::.::.:
/::/ヽ  /イ:/ /|└‐┘ノ             ` ー、::.
‐ヘ?| |/ ./::/ //  ̄ ̄´/    /              \
  ? |  /::/ / ' ′|| |   |     ヽ ヽ ヽ
     |/::/ .' | |   || |   | |     | |  | l
__   <::/∨  | |   |丁 ト 、 | |     | ∥  | |
三>' ニニ、ヽ  | |   | |  \ \ ト、   | ハ  | |      ……ふぅん……撃っても駄目、斬っても駄目ねぇ。
二 イ::.::.::.::\\| '、 |弋了fぅミメ\l \  仁 T 7ヽ′ 
::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.\\ \ \ ` ー<     ヽ イfテァ//イ       さぁて、どうしようかしらぁ?
二丶::.::.::.::.::.::.::.::.:ヽヘ  \ \      | }/`^ニ厶イ   
::.::.\\::.::.::.::.::.::.::.::.::ト、 ヽ ` 一      ′  _/__/  /    
::.::.::.::.\\::.::.::.::.::.::.::|∧  l |  ヽ==‐   > ――<\
::.::.::.::.::.::.\}::.::.::.::.::.::.|::.:|  | ト、   _  ´::.::.::.::.::.::.::.::.::.::
ニ、 ::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.:ノヽ|  | |::.::.:7''´::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.
::.::.:\::.::.::ニ ==-::.〔  |  | |::.::.ハ::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.







514 :名無しのやる夫さん :09/01/08 00:01:06 ID:rwXZwlrf
 
         \  /:.:/:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.l:.:\ ヽ \
          ヽ/:.:.:/:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/:./:/:.:.:.:.!ヽ ヽlヽ
            /:.:.:.:|:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:///:.:l:.:.:.:|:.:ヽ / l
.           |:.:.:.:..|ィ‐_-_、_. -///;ハ:.:|:.:.:.:!:.:.:.V   l
.           |l:.:.:.:.N r‐ァ-、` ̄  メ/‐-ヽ|、:.:|:.:.:.:|   _」 
            ハ:.:.:.:l  弋:ソ  /´ ィ=‐、、\/:.:.:./-r ´
          /:.li \_\      ,   弋:ソ '´/:.:.:./:.:.:.l    ふ、2人とも余裕かましてる場合ですか!
.      __ /:.:.li   il、   , -- ‐、   _/:.:./:.:.:.:.:!     こっちからの攻撃だけ当たらないなんて……
     /´‐-、ト,:./:li ※ il:.:\ {__   }  ア ̄/l:.:.:.:.:.:l:.l   
.   /  ‐-〈//li  il:.:.:.:.:.> 二ニ´ィ:li ※〃:.l:.:.:.:.:.:.l:l     とりあえず、戦いながら打つ手を考えるです!
   l  `ニ7'´: :.li   il ̄ ̄ _\ノヽ._l:li   il-lユ‐_-、:.:!l   翠星石も如雨露で応戦するですぅ!
  r‐l   |フ!: : にli  il〃 ̄  ィトK\  li  ilこ|ー‐  |:.:.:.l 
  |〉l  イ _): :.にli※/ \///)l:l l:l ヽli. ilこ!|二  /:.:.:.:.:!  
/>にLイ<:.:にli /´     //(!|:| L!==li※!こl./  /!:.:.:.:.:.:.l
丁L__|ーLノ:.:.:.にX      // )!|:|   ハ ilこ! l  /ヽl:.:.:.:.:.:.:l

                        
                            ___
       __,、           ≡      /      \               
    〃ニ;;::`lヽ,,_           ≡  /\  /    \              ふふふ、私もお手伝いします!
    〈 (lll!! テ-;;;;゙fn    __,,--、_  .. / (●)  (●)    \  ≡      戦力外だなんて言わせませんよ!
   /ヽ-〃;;;;;;;llllll7,,__/"  \三=ー|    __´___        |    ≡   
   >、/:::/<;;;lllメ   \ヾ、  ヽTf= \   `ー'´      /
  j,, ヾて)r=- | ヾ:   :ヽ;;:     | l |  l  ''t        || >        ≡
 ,イ ヽ二)l(_,>" l|    ::\;::    | |  |  ヽ,,-‐、i'  / V
 i、ヽ--イll"/ ,, ,//,,    :;;   l //  l く> /::l"'i::lll1-=:::: ̄\
 ヾ==:"::^::;;:::/;;;;;;;;;:::::::::::::: :::::ゞ ノ/   L/〈:::t_イ::/ll|─-== ヾ
  \__::::::::/::::::::::::_;;;;;;;;;;;;;;;;;ノノ   ヘ   >(゙ )l:::l-┴ヾ、ヽ  )







515 :名無しのやる夫さん :09/01/08 00:02:04 ID:cW+b7+sN
駄目だこいつ…(ry







516 :名無しのやる夫さん :09/01/08 00:02:34 ID:rwXZwlrf
 
        ,' /.:.:;′/:/.:.:::/:/!::::|::ト、 .:.:.:.:::::::|::|::i .:.::::::::::::::.:
         l/.:.::;'.:.:/./.:::ノ::/ |:::::|::ト、ヽ.:.::::::|:::|::|::| .:.::::.:::::::::::|                食らいなさ……ギャアアア! >
        |:l:::::l::::|:::レ':ナナヽ|:::::l::l\ヽ.:‐:十:|十!、.::::::::::::::/ 
        lハ::l::::|:::レ'´ ‐- |:::/l/  \::::::|:::|::|::| .:.::::.:::|:./ 
            ',l::::|:::|  _  |/       `` ``7!.:.:::::.:::|/    ……打つ手、か……
           ト、ト::ト、´ ̄`ヽ     ‐==ミ、 ./:!:.:.::::::::|    
            ヽ:|:::|::!             /./.:.:::::::::;′   正攻法だと……ちょっと、勝てないね。
              `l:::|::ト、    _`_    U /::/.:::::::/l/       何か案はあるかい、水銀燈?
           |:::!.l.:::>、     `   ,..イ::/::::::::/
           |.::::::/:::/ニ>.--‐ <ニ7⌒:::::/  


       __{〆..:::::::::〆        `  、
    /_{f7.::::::::::〆                 \
   / __{f7.:::::::〆   /           \  \                    健やかにー……きゃぅぅ!  >
  厶イ7:r-、く  | |    |        ヽ   \                   その程度なの、お姉様…… >
 〈〈__/:ハ::.Vヽ\ | |   |、          |    ヽ
. /ヾィ/ イヘヽノノ | |ヽ  | \   ',    |    | '.
/ /://ll |:「´   |{ 丁ヾト、|  ヽ  |!   |    |l |   
  |::|  l| |:|    |ヽ弋f==,ミメ、 ' ∥  /ハ     || |   実体が無い薔薇乙女……
/|::|  || |:|ヽ   |   、_{._!ンヾ  }ノ|l /厶| , / ハ|   あえて言うなら、蜃気楼ってところねぇ。
  |::|  || |:| \  ヽ   ̄¨`    l/rテミ|/ / / }ノ
  |::|  l| |:|  l \ \         、ヾ' / イl/      でも……蜃気楼ならどこかに本体があるものだけど、
     l|     |   ` -\       ′/  ノ        雪華綺晶にそれがあるとは限らない……
      |l    |\        ‐-,,、  / /
     ハ    ト、  、      ` イ
    / ハ     l::.\ >_,、   /  |
     / ∧   l:::::/.::7爪  丁   |







517 :名無しのやる夫さん :09/01/08 00:02:38 ID:hAJcDf3L
できない気配がムンムンとww







518 :名無しのやる夫さん :09/01/08 00:02:39 ID:x9s5PeBe
何処からその自信がwww 







519 :名無しのやる夫さん :09/01/08 00:03:11 ID:x9s5PeBe
翠もダメな子wwwww







520 :名無しのやる夫さん :09/01/08 00:04:57 ID:e+4b6ltq
銃は最後の武器だってばっちゃが言ってた。







521 :名無しのやる夫さん :09/01/08 00:05:00 ID:rwXZwlrf
 
  / `ー〈  `` ヽ            '¨´ `ヽY/´ ヽ
/    ノノ         /  |    !    ,)) |  |
     ((´     /  /  ./1  !  .::,′   .((  |  |
    //    /./ ,イ .:/ | ,′.::/i::.   l.::| |  |  !
   .//,′ ,.イ:/__/_/ .:ノ) / /|_.:./_」:: .:/ /l.:| |  |  !  
  // i  /.::ハ 7仁l7X / /´l//二「.:/l/ リ ',. |  |   ……そんなもの、探すだけ無駄なのに……
 /l/ |/|/.:/′Vf.{.い.},':!〃  ィ.ヒiシフ:l::::l.:.   ! |  |   大人しく「責任者」を差し出せば……?
/       /((ヽ こノ   ,     ̄`,'.::.:|::.  | | |  |   
    .:/   /.:.::))了´   _ _     /.::.:::i |  | | |  |
   .::/   /.:.::/:::/\  `ー   , .イ.:.::::::| |  | |_/ /
  .:::/   /.:.::/.::/:.:ヽ  ̄`ヽ__∠ ̄`7.:.:::l/  | |<
.:.::::/´ ̄`ー─- 、.:::::>    ) _, イ.:.:.::::L_LL_ \


       ____
    / ||| ;;  \  
   / /メ  ;;;;ヽ \ ハァハァ
 /  ;;;;;;ノ)}ili{(○ )::::::\   
 |#;;; U  __´___ :::×:::::::::|   (……本……体……? 彼女に関連する、物体……
 \ メ  ||`ー'´ ::::::::U /     何か、あったでしょうか……?)
,,.....イ.ヽヽ、___ ーーノ゙-、.
:   |  '; \_____ ノ.| ヽ i
    |  \/゙(__)\,|  i |
    >   ヽ. ハ  |   ||







522 :名無しのやる夫さん :09/01/08 00:05:43 ID:4lJXOLIz
できる夫、頑丈だなw







523 :名無しのやる夫さん :09/01/08 00:06:17 ID:rwXZwlrf
ここで区切りです。読んでくださった方々、ありがとうございました。








524 :名無しのやる夫さん :09/01/08 00:06:49 ID:ohB0bmR8
こ、ここで・・・だと・・・
乙!








525 :名無しのやる夫さん :09/01/08 00:07:05 ID:zHCENoHP
乙です乙です







526 :名無しのやる夫さん :09/01/08 00:07:22 ID:Cq0P1Lib
ここで終わりかよ!
乙!








527 :名無しのやる夫さん :09/01/08 00:07:35 ID:hAJcDf3L

できる夫かてぇwww







528 :名無しのやる夫さん :09/01/08 00:07:52 ID:fQd8HfzA
おつかれさーん
次はいつだい?







529 :名無しのやる夫さん :09/01/08 00:07:53 ID:3/WuxMi3
乙!

できる夫……逆転の鍵になるのか?







530 :名無しのやる夫さん :09/01/08 00:08:02 ID:4lJXOLIz
乙でした。







531 :名無しのやる夫さん :09/01/08 00:08:20 ID:x9s5PeBe



できる夫、戦力外の汚名返上できると良いなww







533 :名無しのやる夫さん :09/01/08 00:08:54 ID:cW+b7+sN

次回こそはできる夫活躍するのかな







534 :名無しのやる夫さん :09/01/08 00:09:00 ID:W/5mLUov
終わりか
乙!







535 :名無しのやる夫さん :09/01/08 00:09:36 ID:cXzVwZwB
乙っす







536 :名無しのやる夫さん :09/01/08 00:10:27 ID:rwXZwlrf
次は、来週中にできるといいなと考えてます
最終回が近いです、多分








537 :名無しのやる夫さん :09/01/08 00:11:24 ID:fQd8HfzA
らじゃー
がんばってなー 待ってるぜー







538 :名無しのやる夫さん :09/01/08 00:12:41 ID:1TSC86PK
乙です
次回も楽しみにしてます








539 :名無しのやる夫さん :09/01/08 00:15:21 ID:IZmUOOCo
乙よぉ







541 :名無しのやる夫さん :09/01/08 00:18:13 ID:zQvTRH2a
乙です






魔法少女アイ参
魔法少女アイ参
GPミュージアムソフト 2008-12-19
売り上げランキング :

おすすめ平均 star
star企業姿勢としてどうなのか
star擁護不可能
starこのディスクは…

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
関連記事
スポンサーサイト
[PR]





カテゴリー「やる夫が薔薇屋敷に監禁されるようです」内の最新記事

だ

    ヒッポルト星人懐かしいwwww
    [ 2009/01/10 20:53 ] [ 編集 ]
    久々にキタ━━━━(・∀・)━━━━!!
    やっぱりこのシリーズは面白いわ
    [ 2009/01/10 21:15 ] [ 編集 ]
    できる夫わろたw
    [ 2009/01/10 21:19 ] [ 編集 ]
    そこでヒッポリト星人って・・・www
    [ 2009/01/10 21:21 ] [ 編集 ]
    ごらんのありさまwww
    [ 2009/01/10 21:44 ] [ 編集 ]
    できる夫がんばれwww
    [ 2009/01/10 21:48 ] [ 編集 ]
    できる夫がんばれ!
    [ 2009/01/10 22:16 ] [ 編集 ]
    ヒッポリト星人なんてわかんねぇだろw
    コールタールにされてしまうw
    [ 2009/01/10 22:36 ] [ 編集 ]
    んん?ごらんの有様がどうかしたの?
    [ 2009/01/10 22:53 ] [ 編集 ]
    やはりこのシリーズはいいな。引き込まれる。

    あと管理人カテゴリミスってるよ。
    [ 2009/01/10 22:55 ] [ 編集 ]
    Amazon自重www
    [ 2009/01/10 23:09 ] [ 編集 ]
    できないできる夫吹いたw

    「庭から見ていた」という事は本体は薔薇か薔薇園そのものか…?次回に期待するっす>>1
    [ 2009/01/10 23:51 ] [ 編集 ]
    あ…本体庭園にあった白b…
    あれきらきーなんでこんなとこr
    [ 2009/01/11 00:00 ] [ 編集 ]
    白ba..か?
    [ 2009/01/11 01:18 ] [ 編集 ]
    なんて気になる終わり方wwwww
    [ 2009/01/11 04:34 ] [ 編集 ]
    白bar..
    [ 2009/01/11 04:41 ] [ 編集 ]
    あー、だからできる夫なのか
    [ 2009/01/11 06:06 ] [ 編集 ]
    できる夫活躍の予感……!?
    [ 2009/01/11 07:01 ] [ 編集 ]
    できる夫ファイトwww
    [ 2009/01/11 10:41 ] [ 編集 ]
    このコメントは管理者の承認待ちです
    [ 2009/01/11 21:58 ] [ 編集 ]
    このドールズどうなるんだろうなー
    特に蒼と水は殺しているからなー
    それともこのまま円満かなー
    まあここまで大変満足にしてくれたんだからどんな結果でもいいか
    [ 2009/01/14 02:09 ] [ 編集 ]
    完璧なローゼンメイデンストーリーになってるのがちょっと残念
    [ 2009/01/16 19:59 ] [ 編集 ]
    このコメントは管理人のみ閲覧できます
    [ 2009/01/17 20:49 ] [ 編集 ]
    えぇい続きはまだか!!
    [ 2009/01/29 00:53 ] [ 編集 ]
    乙!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!
    [ 2009/03/05 18:18 ] [ 編集 ]
    上の投げぇv-416 v-416v-418
          v-417
          v-420

          v-421
    [ 2009/03/05 18:21 ] [ 編集 ]
    コメントの投稿













    管理者にだけ表示を許可する
やる夫ブログについて
20101110:「やる夫はロス市警の警部のようです」を掲載させていただきます。本当にお待たせして申し訳ございません。これ以降も随時、更新の途絶えていた作品を掲載していきたいと考えております。ご迷惑をおかけして申し訳ありませんが、どうか長い目で見ていただければ幸いです。

20101030:「やる夫のサクラ大戦」にて、記事の掲載順序を誤りました。 作者様、および楽しみにしていた読者様にお詫び申し上げます。 申し訳ございませんでした。

20101004:「やる夫たちが夢の国で遊ぶようです」につきまして、こちらの不具合で記事が切れてしまっております。作者様、及び楽しみに読んでくださっている読者の皆様にご迷惑をおかけしてしまい、申し訳ありません。
一度下書きに戻させていただきます。よろしくご了承ください。
「やる夫で学ぶことわざ」の作者様より、やる夫ブログ用のスポンサー案内をいただきました!本当にありがとうございます!さっそく使わせていただきます!

20100811:皆様、大変ご無沙汰しておりました。ぼちぼち更新を再開できればと考えております。
「やる夫がDQⅢの勇者になるようです」についてですが、コメントを頂けるのは大変うれしいのですが、他作品のコメント欄での投稿はご遠慮願えれば幸いです。
恐縮ですが、ご協力よろしくお願いいたします。

20091222:年末なので順調に更新量が減っております。今日明日はお休み、再開一発目は「やらない夫の超兄貴」になる予定です。作者様、まとめが遅くなり申し訳ございません。

20091208:今週クソ忙しいので、かなり更新が減ります。ご了承ください。

20091116:更新の調子にもよりますが、週末をめどに、カテゴリを追加する予定。前回追加からだいぶ間隔開いたんで、かなり溜まってます。

やる夫ブログについて

姉妹ブログというか同一人物ブログ。
やる夫ブログ(裏)(18禁です)


 ネ タ 投 稿 お 待 ち 
 し て い ま す ! 
(↑結構心から待ってますw)

 ネタ投稿の他、転載お断りの記事、相互リンクのご希望等ございましたら、お手数ですが下のメールフォームよりお知らせください。なお、http:を付けるとエラーになってしまうようなので、ご投稿いただける際にはhttp:を抜いていただきますよう、よろしくお願いいたします。
相互リンクの反映に時間がかかってしまい申し訳ありません。気長にお待ちください。


嬉し泣き
美麗なタイトル画像を描いてくださっているのは、こちらの方々です。
本当にありがとうございます。


七市様
Shadow3_convert_20091008101141.jpg
ハルヒとやる夫、やらない夫の表情が最高のタイトル画像。冬にぴったりの美しい作品です。


1様
http://blog-imgs-15.fc2.com/y/a/r/yaruomatome/yaruoblog_title_convert_20091026144430.jpg
柔らかで暖かい雰囲気がたまらない作品。みゆきさんヤバすぎで管理人狂喜の舞を舞っておりますwww

1様のプロフィールはこちら


65様
securedownload_convert_20091008101321.jpg
同じく「やる夫がチェルノブイリに旅立つようです」より。元ネタの雰囲気をビンビンに伝えるダークな作品。


草葉様
Shadow3_convert_20091008101141.jpg 「やる夫がチェルノブイリに旅立つようです」をモチーフにしたタイトル画像です。物語の後、このタイトルを見て吹きました。

219c0c442.jpg

草葉式


味噌様
yaruoblog_convert_20090519194443_convert_20091008101235.jpg
やる夫ブログ初!物語とタイトル画像のコラボレーション!快く、最高に美しいタイトル画像を描いて下さった味噌様に感謝です!




トンボ様
minamike_convert_20090519194731_convert_20091008101216.jpg
夏にぴったりの逸品を、トンボ様よりいただきました!水着ハァハァ(´Д`;)


トンボのかんさつ日誌


ヒジキ様
nagato_convert_20091008101341.jpg
管理人のツボにはまりまくりの長門!大好きだ!結婚してくれー!



ヒジキ煮


aro様
yaruo_blog_fix_convert_20090210225801_convert_20091008101403.jpg
らきすた勢の見事な描写もさることながら、このやる夫にしてやられました。


Charged time-out


Yutaka様
RMm06_convert_20090127165950_convert_20091008101426.jpg
個人的に水銀燈が一番好きです。タイトルのセンスも◎。本当に有難うございます。





マブチョコ_m様

この魅力的なボディにくらくら!管理人はこの人の同人誌が大好きです!やる夫ブログの記念すべき初タイトル画像。全てはここから始まりました。



うにゃらら大飯店



イチオシ

やる夫がDQⅢの勇者になるようです

自らを成長させる姿に心震える
作品。普通の掛け合いなのに、
自然と笑みがこぼれる構成と
演出は見事の一言。
自分を好きになれる、極上の映
画を見た後のような読後感は、
自信を持って「最高だ!」と賞
賛できる作品です。





過去の「イチオシ」一覧を作りました。
管理人オススメ記事

管理人が抱きしめたいほど好きなやる夫作品

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。